コンサドーレに小野選手が合流するのが、6月になるとのニュースがありました。
これは、機会を作って見に行こうかなぁ。

北海道に住んでいると、ローカルニュースや報道バラエティーなどの影響で、
自然に地元チームの情報が入ってくることが多くて、
ファイターズに関しては「FFFFF」など、コンサに関しては「朝からコンサドーレ」などの番組もあります。

さらに出勤時もHBCラジオとラジオニセコをききながら移動をしているので、
「朝刊さくらい」でのコンサドーレやファイターズの情報は耳に入ってきて、
気がついたらJのサッカーチームについてコンサドーレについてが一番詳しくなって
早何年という状態です。
(野球情報ではカープがナンバーワンですが。それはネットであれこれ見ているせいです。
でも、FFFFFのカープ版とか、広島では放送してるんでしょうね。
釣り対決とか見てみたいです。)

そういえば、冬コミでおじゃました、カープサークル「SoWhat?99/100」の人と話したときも、
僕が北海道から来た旨をお話すると、「パはファイターズ応援しているんですか?」などと聞かれました。
まぁ、そう思うでしょう。

さて、話をサッカーに戻しますが、あと1つ、今年厚別かサツドに
コンサのゲームを見に行こうと思った理由がありますが、
それは、カマタマーレがJ2に昇格をしてくるので、生でゲームを見たいなぁ、
と思ったことがあります。

カマタマーレは、その名前もインパクトありますし、
(インパクトではコンサドーレ以上?)、チームのエンブレムにも、うどんがデザインされています。
さぬきうどん1年分で、いしかわじゅんさんがマスコットキャラクターのデザインをしたり、
(このマスコットはなぜか公式で使用されていないそうですが…)
ユニフォームスポンサーのメインが香川県で、
2009年2010年には、「さぬきうどん」 2012年には「うどん県」と
胸に書いてあるユニフオームで戦ったりと、面白いエピソード満載のチームです。

しかも、今年から我那覇選手が加入するんですよね。
我那覇選手といえばフロンターレの中心選手として活躍し、日本代表にも選ばれたのですが、
ドーピング冤罪事件とかケガの影響で昨年まではFC琉球でプレイをしていましたが、
今年からカマタマーレでプレイをするとのこと。
これは、小野vs我那覇のプレイを見に、サツドか厚別に行かなければならないですかね。

ま、我那覇といえば、サッカーよりも、アイマスって人も少なくないでしょうが。

ちなみに、カマタマーレにかわってJ3に陥落したガイナーレでは、
こちらも元日本代表の岡野雅行氏がGMに就任するというニュースも入ってきました。
ガイナーレの社長塚野真樹さんは、ヴィッセル神戸で選手としてプレイしたことある経験があり、
コンサの野々村社長より早く球団経営をしていた元Jリーガーです。
ガイナーレは監督も元ガンバの松波正信氏と、こちらも注目できます。

因みに、カマターマレがJ2昇格を決めた日、
僕はBSでJ2のJ1昇格プレーオフ 決勝を見ていましたが、
その時に気がついたのが、徳島に千代反田充選手がいるということ。

えるたそ、ここにいたんだ。

千代反田選手は、その個性的な苗字で、アビスパ時代から印象に残っていた選手ですが、
アビスパ、アルビレックスではディフェンスの要として活躍をし、
サポーターにも「ちよたん」の愛称で親しまれていました。
その後は名古屋、磐田を経て、現在は徳島の選手です。

しかも、この日の京都戦で先制ヘッドをたたきこんだのが千代反田選手で、
その後も一点を追加し2-0で徳島が京都を下して、J1の昇格を決めました。
四国勢初のJ1チームです。

そんなゲームの勝利をたぐり寄せる先制点ですから、スゴいです。
千代反田選手は
「よく耐えたかなと。1年間、何とか踏みとどまることができた。
あのゴールで、苦労した1年が報われたのかなと思う」と語っています。さらには
「徳島にとっては新しい1ページになる。それはよかった。ただ、J2の4位ですから。
断トツの18位でもおかしくない。ガンバなら戦えるかもしれないけど、
過去を見ても2位、3位、4位で上がったチームは苦労している。
それを分かったうえで何がやれるか。それを考えたうえでみんなでやるしかない。
J1は厳しいと思うけど、みんなで何とかもがいて、
少しでも最後に『今年もいいシーズンになったね』と言えるようにがんばりたい」。
と語っているそうです。

昨年のJ2 2位の湘南も、プレーオフの勝者大分も、1年で降格していますので、
それを踏まえてのインタビューだと思いますが、こちらも応援してしまいます。


ちなみに、米沢穂信さんの「氷菓」シリーズを初めて読んだ時「千反田える」の名前を見て
「千代反田か!」と思ったもので、それ以来勝手に「えるたそ」と呼んでいます。
(ちなみにカープのえるたそは、結構定着しているようですが…、
にしても、エル&キラコンビには、アニメ系のネタにはことかきません。
エルドレッドについていえば、デスノのLネタもありますし、えるたそネタもありますし、
「なぜ裏切った」でおなじみのモルドレッド卿ネタもありますし。
キラは、こちらもデスノのキラネタ(キラ・エルで、デスノ砲とかデスノ打線と命名した人多し)とともに、
種ガンダムのキラヤマト。前述のSoWhat?99/100さんのカープ同人誌「マジで鯉する5秒前!」の中では、
「キラ」について、新世界の神などとデスノネタで盛り上がる中村恭平ら若手に対して、
「キラといえばキラヤマトだろう」とガノタの沢崎コーチがたしなめる一本があって、
ワカッテラッシャルwww。思わず自分のスペースで噴いてしまいました。

それと、僕が作ったキラの応援ボードは、ランカがキラッ☆としているものですが。

余談が過ぎたようです。

ということで、サッカーに関する情報収集も忙しくなりそうですし、
くりかえしますが、やはりサツドか厚別には行かなくてはならなさそうです。

しかも、先日、岐阜に川口能活選手が、磐田に松井大輔選手がそれぞれはいる報道があって、
どのゲームを見に行っていいのか迷う~。
というか、3つ見に行けばいいのかな

ちなみに、ご存知のとおりコンサのユニはご存じ赤黒、
以前は、元の地元だということで応援していたのが、浦和レッズ。
僕の母校はラグビー部が赤い旋風、駅伝チームがファイヤーレッドでおなじみ。
そして現役の鯉キチ。と、考えると、やはり赤に縁があると言わざるを得ません。

ちなみに以前も書きましたが、コンサのユニフォームが赤黒なのは、
コンサドーレの前身である東芝サッカー部のユニフォームが赤黒で、
東芝のユニフォームももともと赤だったのを当時の主将だった石崎さんの提案で、
1990-91から赤黒のストライプになったそうです。
これは、石崎さんが好きなACミランにあやかったものだそうですが、
東芝は、会社が経営破たんをしたため解散してしまった「永大産業サッカー部」の選手を受け入れ、
彼らがチームで主力になりましたが、そのチームのユニフォームも赤黒だったそうです。
「永大」は創部2年で日本サッカーリーグ1部に上がり、
さらに翌年は1974-75の天皇杯の決勝では惜しくも優勝を逃している。という
ジャイアントキリングを起こしているチームです。

〔ちなみに、現役引退した直後のセルジオ越後氏が指導者の第一歩を踏み出したのも、この永大産業です。〕

石崎さんが、ACミランが好き、ということとともにこの永大産業にも敬意を表したことも
赤黒にした理由のひとつでは、と思っています。

ちなみに石崎さんがコンサの監督就任イベントの時に
「石崎が赤黒の元に帰って参りました!」という名言を残しました

野球もサッカーもそうですが、プロスポーツって、それぞれが大河ドラマのような
歴史のつみかさねがありまして、こんなエピソードにふれると、ニヤっとしてしまうのです。

さらには赤黒のユニといえば、「モーニング」連載中の「ジャイアントキリング」。
作者「ツジトモ」氏も北海道のご出身なので、ここらへんも関係しているのでしょうか。

そうそう、ジャイキリといえば、先日岩本ナオさんの
「ジャイキリ読んで〇〇してきました」を買って楽しく読みましたが、
その中でも、岩本さんのあまりサッカーに詳しくない地元(岡山)の親だったり友達だったりも
ファジアーノの情報には詳しかったというエピソードが散見できて、
ニヤっとしてしまいました。

あー、もう、サッカーでも野球でもいいから、早くシーズン始まんないかなぁ。

というか、今年は2月にオリンピックがあるので、またひゃーひゃー言いながら
夜更かししつつ見ること必至ですが。






かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。(´・ω・)ノシ

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1704-d0b50eb0