帝京大学のラグビー部が、対抗戦グループ3連覇をしました。

ラグビー部は、大学が開校されてほどない1970年に創部、
78年に関東大学対抗戦に加盟して以来、
昨年の優勝に続き、また新たな歴史を刻みました。

対抗戦で優勝したことあるのは昨年までで
早稲田、明治、日体、慶応、帝京の5校
連覇となると、早稲田、明治、慶応に続いての4校目で
優勝回数5回を誇る日体大も連覇の経験はないのです。

七連覇を二度経験している早稲田、
四連覇を経験している明治には及びませんが、勢いを感じます。

思えば、僕が帝京大に入った前の前の年に
初めて対抗戦で早稲田に勝って、その翌年に明治に初めて勝ち
赤い旋風の名がついたのはそこらへんからです。
〔そのころ、慶応は帝京は新興校なので、対戦には値しないといって、
対戦を一貫して拒否し続けていたそうですが〕

また、大学の体育の授業でお世話になったのが
当時のラグビー部の監督さんだったこともあり
(岩出監督ではありませんが、為念)
応援をしていたのですが

なかなかその後は勝てませんでしたが、苦節の期間を経ての
昨年の四連覇につづいて、満を持しての対抗戦三連覇です。

ここは、校歌でも歌いますよ。

♪むらさき匂う   武蔵野の
緑あかるく    咲く望み
常に真理の    丘に立つ
我等が母校の   伸びゆくところ
輝く歴史を    新たに書かむ
その眉若き    生命は燃えて
翔ける大学帝京の 校章見よや
いざ 讃えむ日本の
栄光になうわが帝京~♪

「輝く歴史を 新たに書かむ~♪」の一節は、
まさに現在のラグビー部のようです。

まだ、来週の慶応戦が残っていますし
一昨年は全勝優勝だったのですが、
昨年は最終戦で筑波大学に敗れてしまいました。

今年も全勝優勝を決めて、大学選手権前人未到の五連覇に
弾みをつけてほしいと思います。

しかも、レギュラーで、美幌高校卒の大和田選手が活躍しています。
道産子選手が活躍しているところにも、親近感が沸きます。
この後も快進撃を期待して応援します。




ラグビーと駅伝の記事が増えると、冬だなあと改めて実感しますし、
大学だけでなく、高校ラグビーとかも続々と花園出場校が決まる時期です。

先日、スポーツ新聞を見て、ビックリしたのですが、
埼玉県の代表が、浦和高校だったのです。

熊谷工業、行田工業、埼工大深谷、正智深谷、県立深谷と県北の高校が
伝統的に強かった埼玉県で、その壁を破ったのが、
〔県北以外の高校としては昭和46年の朝霞高校以来〕
県内NO,1、というよりは日本でも公立高校屈指の超進学校
浦和高校なのです。

しかも、昨年ので連続出場を決めていた県立深谷とは
この5年、決勝で4回当たり、ことごとく負けてきたそうです。

ということは、決勝まで毎年のように出てきたということです。

すごいですね、浦和高校。

しかも、小林剛監督(39)によれば、3年生は「みんな国立大志望」だそうです。

全国大会は来月27日に開幕する。柴田尚輝主将は
「文武両道を掲げるチームだけど、花園に集中したい。
2勝して年を越すと、すぐセンター試験ですが」

決勝トライを決めた室田浩輔も
「受験のことも考えようと思うけれど、花園でラグビーをすることを優先したい」
と語ったとのこと。

花園の決勝で東福岡に敗退した直後にセンター試験を受けて
そのまま東大に現役合格をした桐蔭学園のラグビー部キャプテンの話も思い出せます。

さらに、練習は週6日、2時間半から3時間。
部としては特段、勉強への配慮はしていないそうで、
小川洋一部長(58)によれば
「年に1人か2人が東大に入る。いま東大、京大、一橋のラグビー部に2~3人いる」。
とのことです。スゴい。
ちなみに、小林監督も、浦和高校ラグビー部のOBで、筑波大を経て
浦和高校の教員をしているとのこと。

このような学校は、やはり応援してしまいますし、
浦和高校つながりでいうと、高校サッカーでは、
ラグビーからサッカーに部活の強化をシフトしている
正智深谷高校を決勝で破って、全国出場を決めたのは、
市立浦和高校。こちらも、現役で国公立100名超の
県を代表する進学校です。

今までは文武両道と聞くと、スポーツくらい譲ってやっても…とも思っていたのですが、
最相葉月さんの「東京大学応援部物語」を読んで、
そんないわゆるエリートの人が、愚直にがんばる物語に、
素直に感動するようになったのです。

この、両浦和高校の全国大会での活躍も目が離せません。

こちらも応援したいと思います。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
のパーソナリティーをつとめていた
イトー×aniでした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1675-a2a49cf0