さて、現在静岡某所で、本日・先日の勝利をかみ締めながら
北海道へ帰る準備をしているイトー×aniです。


いやー、よかった。本当に。

今年、生で見たゲームは8試合ありましたが、戦績が3勝5敗と
今年の観戦初ゲームであった、ナゴドでのドラゴンズ戦と、
先日のベイスターズ二連戦以外は全部負けゲームでしたから、
本当に勝つってすばらしい。

しかも、今年とかのGWのドームなどで、さんざん煮え湯を飲まされまくったジャイアンツ戦、

さらに、ピッチャーは緒戦は銭、じゃなくて杉内投手
そして、二戦目は道産子の敵である菅野投手をノックアウトしての勝利ですから、
勝利の凱歌もなおさら高らかです。


では、今日も歌わせていただきます。


♪宮島さ~んの神主が~
 おみくじ引いて申すには
 今日もカープが 勝~っち勝~っち
 勝っち勝ち 
 大きな声で、わっしょいわっしょい
 大きな声で、わっしょいわっしょい
 今日もカープが 勝~っち勝~っち
 勝っち勝ち ♪ 

バンザーイ バンザーイ バンザーイ 


さて、二日間を振り返ります。

一昨日、九月十三日は、お仕事を追えた後、六時十五分のエアドゥーで岡山へ飛び
そのまま岡山駅前で一泊。岡山空港も、岡山での宿泊も初めてです。

翌日、新幹線で広島に入り、午前中は、畏友p氏のオススメもあって、
呉で観光を楽しみました。
詳細はまた後日、当ブログで書きます。


その後、広島に戻って、歩いてマツダスタジアムへ。

広島駅の南口、百万都市の玄関口であるにもかかわらず、
ステーションデパートの外からすぐ、カープグッズを売る店が出ていて、
これだけカープが市民に愛されているということです。
さらには、球場に向かう道も、今までは新幹線の車窓から見ただけでしたが、
実際に歩くと、野球場へ向かうざわざわとした空気がさらに濃縮されています。

この空気、これだけでも、広島来て、よかった~って感じです。

野球場に続くワサワサした空気を吸うのは、八月のハマスタ以来1ヶ月ぶり。
やはり、このウカれた祝祭の空気は気持ちいいです。

しかも正面にマツダスタジアムの威容が見えてくるとテンションもマックスです。

赤いローソンなどを表敬訪問したり、こちらも新幹線から見ただけの
カープロードの坂道を登りながらスタジアムに入り、
この日の席のパフォーマンスシートに荷物を置いた後
とりうえず初めてのマツダなので、ぐるっと球場を一周します。

いろいろな席が楽しそうで、いろいろな席でゲームを見たいなぁと思いながら、
「球場ラヴァース」で基町ねーさんが「いったる~」と言った
カープうどん全部のせに舌鼓をうち

グッズショップに行って、東京でも、名古屋でも、横浜でも買えなかった
広瀬選手のレプリカユニフォームと、カープカンカン帽を購入し、着替えたのちに、
ライトスタンドパフォーマンスシートへ。


応援リーダーのコールがよく聞こえるので、いいだけはしゃげそうです。

さらにここは、高くて選手こそはやや小さいですが、
見晴らしがよくて、とても気持ちがいいです。
気温は30度超えていますが、高いところということで、吹き抜ける風がいいです。
やはり、野外球場の魅力は素敵です。

今年は、ナゴド・東京ドーム・サツドと、先日のハマスタまでは、
全部ドーム球場でしたから。

ドームはドームで雨天中止とか、アツ過ぎとかサム過ぎの心配をしなくて助かりますが、
この風とこの開放感でやる野球はやっばりいいなぁ。
と再認識しながら、待つことしばしで始球式。

今日はカープOB池谷さんが会長をつとめる赤い羽根協会の共済ゲームということで、
ベースにも選手のユニフォームにも赤い羽根があしらわれていますが

池谷さんのアプローチでちびっこがストライク始球式。
スタンドからも拍手が起きます。



先発はカープはバリントン投手、ジャイアンツは杉内投手です。

一回表から、坂本長野両選手をおさえるものの、阿部選手のヒット、村田選手にぶつけて、
ヨシノブ選手にフォアボール。満塁の大ピンチも、
ロペス選手をフライアウトでなんとかしのぎ、

その裏は、丸選手の1塁失策で出た後、菊池選手が送ったものの、キラ・エル選手が
外野飛・内野ゴロであっされと攻撃終了。

続く2回表は、ボウカー選手の二塁打を寺内選手が送って、
ここで、まさかの杉内選手のタイムリー。1点先取されたのちの
二回の裏は、乗ってる杉内投手の前に3凡。
これは、ランナーがでない貧打バージョンのカープか

と思った三回表、村田選手のヒットこそは出たものの、4人でしめて、
徐々に調子が上がってきたバリントン投手。
ここに呼応したのが、カープ打線。

石原、バリントン両選手こそ凡退したのち、丸選手の四球に菊池選手のヒット。
2アウトからは得点できないんだよなぁ、と思いながらもキラ選手に声援をおくると

!!!

強振一閃、ライトスタンド目指してボールが飛んできます。
こい、こい、こーい。

ライトはそうそうにあきらめています。

キマシタワー!!
キラ選手のスリーランホームランです。

宮島さんも熱唱します。

しかも、のちにホテルでスポーツニュースを見たら、
あとすこしで、パフォーマンスシートに飛び込むあたりでした。

これで、本格的に生き返ったバリントン投手。
4回5回は三者凡退、6回こそ乙女村田選手にソロホームランを打たれますが、
直後の6回裏、痛そうなデットボールを受けるキラ選手。
そして、騒然となるライトスタンド。
さらに先ほどホームランを打った乙女村田選手が、エルドレッド選手のあたりをエラー。
ここで、梵選手のタイムリーでとどめをさします。

またまた宮島さんです。

その後、横山投手が阿部選手にヒットを打たれ、
永川投手がロペス選手にヒットを打たれ、
ミコライオ投手が、藤村選手を四球で出すものの、

それぞれあとは凡退に切って取り、0で抑えて勝利です。

やりましたー。


ということで、試合終了後は、やっぱりカープがナンバーワンなハイパーユニオンで
フゥ↑フゥ↑したり、選手のテーマ歌ったり、宮島さんを歌ったりと、
勝った余韻に浸りながら、楽しい時間をすごしました。

それにしても、ホームゲームだったせいか、応援リーダーが全体的に
若い人ががんばってる感じで、親しみがもてましたし、
女の子がフラッグを振っているのもはじめてみました。

5回裏の

C・A・R・P カープ! C・A・R・P カープ!
波に乗れ~ 波に乗れ~ 波に乗れ~ 波に乗れ~
グルグルグルグルグルグル・・・ ナイスキャッチ!
カープわれらの誇り カープわれらの喜び
カープ願いはひとつ 勝利をわれらに!君は勝つ!
Let's MIN!!

のパフォーマンスで、ビールを売ってるおねえちゃんと一緒に踊るのも、
はじめの体験ならば、生で選手の登場曲を聴くのも初めて。
ってか、エルドレット、なんでAKB??
あと、天ちゃんは、モモクロですか。

さらには、チャンスのところとか勝利のところに写る
かきふらい先生や、石田敦子先生のアニメーションにも
胸アツになります。

そして、この日の応援リーダーの勝利後の一言

「ここ10年くらいで、もっとも大切な九月です!!」
「ぜったいに、ぜったいに、ぜったいに CSに行きましょう」

そうですね、そのとおりです。

そして、最後は、3本締めのあとに、
いーぞいーぞ応援団。のコールで本日の野球観戦はすべて終了。

予想通り、いいですね、マツダスタジアム。
一発でお気に入りになりました。

ということで、この日の宿に着いたのは、18時をやや回った時間でした。

そして、そこで英気をやしない、翌日のゲームに備えたのですが、
そちらにつきましては、また明日書きます。








かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1644-2b694ec6