先日21万人が出た夏の大お祭りですが、
僕自身も楽しい思いができて満足のうちに帰還。

宿では一旦落ちたあとに見た世界陸上の女子マラソンとか、
おんな酒場放浪記、恋愛ラボなどを見ながら、ブログの更新とか、次の日の準備をしながら、
久々に落ち着いて寝ることができました。

そして、お祭り的には2日目。NHKのニュースを見ていると、
この日は朝の5時代から、気温が30度を超えているそうです。

ちなみに、この日の都内の最高気温は38度超、
最低気温は、午後11時過ぎの30.4度という、
観測史上初の、一日中通しての30度超えだそうです。

昨日もアツかったです。


この日に宿はチェックアウトなので、6時頃からホテルのpcとプリンターで、
即席で作ったポップの出力などをした後、荷物を取りに戻り、
この日も早めに列に並んで七時に朝食をとります。
この日も同士風の人は多いです。
宿のチェックアウトをすませて、荷物を持って7時15分頃出発。

昨日もでしたが、天王洲アイルで乗りこんだのは、埼京線直通。
この日もギュウギュウの電車にのりますが、
このギュウギュウ感も、帰ってきた感を強くしてくれます。

年に数回乗る満員電車の100%が、イベントがらみって、自分自身、田舎ものだのう。
と思いながら、国際展示場前駅に到着。

階段をのぼると、昨日もお世話になりました、ビッグサイトの威容です。
今日も一日よろしくお願いしますという気持ちをこめて、二礼・二拍手・一礼

8時5分前に会場のスペースに入って荷物を確認したり準備をしたりします。
今日も壁の近くので、壁の入場前待機列ができているのを見ながら
昨日荷物をつめるときに、今日使うグッズを仕分けしていたので、
比較的にすぐ終了。

リニューアルされた一斉点検の「まぁえっ、うっしろ、みぃぎ、ひっだり」の歌にあわせて
前後左右を確認したりしながら開場を待ちます。

そして、待つことしばしで開場時間の十時。
昨日同然、明るい音楽が鳴るのと同時に、いつもどおりのぱちぱちぱちぱちと
スタンディングオベーションをするがごとく拍手。

最初の訪問者のかたが、10時15分過ぎ。
この日は歴史のスペースでしたが、歴史の本は間に合わず
前日、「北蝦夷協和会」で頒布していた、久住昌之さんの本で勝負をかけています。

スペースが違うのですが、なかなかのハケ方です。

巻末のリストを見ながら指差して、
何語かわからない言葉でウケている外国のお客さんとか、
「これ使わせていただきます」などといってくれるお客さんなど、
ありがたい方が次々と来てくれます。

さすがシーズン3も絶好調な孤独のグルメ

しかも、朝思いつきで作った「八重の桜」の「山本権八」が、
中の人つながりで「八重、腹が 減ったべ」と言っているポップも
通りすがりの人にウケてくれてこちらも良かった良かった。

ただ、「サークルカット、キルミーでしたよね」
とか、「歴史の新刊は…」などとおっしゃられるお客さんもいたりして、
そんな時は平身低頭、次こそは出します。などといいながら、
冬のお祭りでのリベンジを誓ったというわけです。

いつも来ていただいている常連の方と久々の話をしたり、

楽しい時間です。

さらに、カントリーまぁむ様のフェルトマスコットは
持って行った分がすべて終売。この日も破壊力でした。

そんなこともあったので、30分だけ買い物と昼食購入以外は
ほとんど、スペースに張り付いていました。

ちなみに買い物に東1~3スペースにいきましたが、
こちらも今日はアツかった。というか、こちらもスゴかった。
さすが漢日です。
2つ並んでお誕生席に座っている「孤独のグルメ」本を購入に行ったら、
ひっきりなしにお客さんが入れ替わり立ち代り状態でした。
スゴいなぁ。

ちなみにこの日も前日に続いて21万人の参加者がいたそううです。
なるほど、どうりで、会場もガレリアも混雑していました。

今回は昼飯にケバブサンドを食べようと思って探したのですが、
見つからなかったので、いつもの「フランスドック」のチリ味を購入し、
スペースでいただきます。

あー、いいなぁ、この雰囲気。
最高だなぁ。


と、楽しい時間をすごしましたが、楽しい時間はあっという間に過ぎるもの。

出足が遅かったので、どうなることかと思った新刊も
7割以上さばくことができて、上出来でした。

午後3時も過ぎると、周囲のサークルさんは次第に撤収をしだしまして、
僕もこの日の飛行機の予定があるので、荷物をまとめて、15時40分に撤収。

ただし、その前に、館内放送で、「雨が降っているので、荷物の受付場所がかわります」
とのこと。えー、まじですか。雨の予報はなかったのですが。
ただ、大きく開いている出口越しにもザーザーと音はします。結構な雨のようです。

ということで急遽受付場所が移動。ガレリア内に出来ている待機列に並びます。
ここで、待機列がさくっと出来るのは、並び慣れている参加者と
並ばせ慣れているスタッフの方の阿吽の呼吸ですか。
こんな事態に臨機応変に対応できるスタッフの方って、やはりスキル高いなぁ。

ただし、待機列に受け付け場所作りがおいつかないせいか、しばらく待たされますし、
午後4時の閉会時間を告げるアナウンスを、動かない待機列で聞きます。
ま、その時は、荷物を持って待っている人も、リウムを振って誘導しているスタッフさんも
ふたたびスタンディングオベーションのようにぱちぱちぱちぱちぱちぱちと拍手をします。

いつ動くのか、と思われた待機列はこの後少しして動くようになり、
16時20分に無事荷送りを終了。
そのまま東館から外へ出まして、国際展示場の駅へと向かう途中、
もう一度ビッグサイトを見て、イベントの楽しかったことに感謝をこめて頭をさげて
ビッグサイトの特徴的なフォルムの全貌が斜めの角度で見えるところで
「また、来れますように」との願いをこめて手を合わせてから、帰路に着きます。

国際展示場正門前駅から久々の天王洲乗換えを使って羽田へ。
空港で早い夕飯をいただいたりお土産を買ったりして、北海道に向けて飛んだのでした。

と、いうことで楽しいイベント期間でございました。



お祭りに参加されたかたがたにおかれましては、ご苦労さまでした。


僕自身大変楽しい日々をすごさせてみらいました。

この楽しい日々だったのは、

お祭りでお会いした方々、あなたがたからかけていただいたからで、
その、もったいないような、一言一言は
脳裏に強烈に刻みついておりますし、
有りがたくかみしめております。

みなさんにいただいたお言葉や、見せていただいた行動すべてが、
今後の僕を動かすパワーとなりました。

心よりお礼を申し上げたいと思います。
本当にありがとうございました。

と、いうことで、心の充電も終わりましたし、
冬のお祭りにむけて頑張りたいと思います。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
のパーソナリティーをつとめていた
イトー×aniでした。(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1629-72d7c7c3