☆「未来カレー こりす(Future Curry Koris)」
(札幌市中央区南3条西6 ARK36ビル 1F)

カープが札幌に来て、大暴れをしてくれるとあの時は信じていた金曜の晩
小樽での出張を終えてから地元に帰って出直すのもなんなんで、
そのまま札幌に出て買い物、食事をしたあと、前泊して翌日のカープ戦いに備えよう。
と、資生館小学校のほど近くに宿を取りました。

夕食はホテルの近くをブラブラと歩いている時に発見をした
「未来カレーこりす」さんです。

おおよそ、カレー屋さんの外観にはふさわしくない(失礼)スタイリッシュな入り口と、
名前がひっかかっていたのです。
前回は、別のものを食べたということで、素通りしましたが、
この日はここでカレーを食べるのだ、と意気込んでお店へ。

近くに来るだけで漂うカレーのにおいに誘われ、
無機質なタイル張りの壁に、木とステンレスとガラスが組み合わされた
センスあるドアには、赤・青・黄・白と、色とりどりで
さまざまなロゴが使われた店名が張られています。
うんスタイリッシュだ。

ということでそんなドアを押して中へ。

打ちっぱなしを白でぬったような内装の店内は
木の床や、白木のテーブルに椅子もいい感じで未来という店名とか、
店名と連動しているような青い外観よりも温かみを感じます。

窓際の2人掛けのテーブル席に腰を下ろして
メニューを吟味します。

チキンカレー  ¥750
チキンと豆のカレー ¥800
チキンのほうれん草りカレー ¥850
バターチキンカレー ¥850
Very hotチキンカレー ¥850
ラムカレー ¥850
ラムのほうれん草カレー ¥950
Very hot ラムカレー ¥950
豆のカレー ¥700
豆のほうれん草カレー ¥800
Very hot 豆のカレー ¥800
シーフードカレー ¥850
Very hot シーフードカレー ¥950
ベジタブルカレー ¥750
ベジタブルのほうれん草カレー ¥850
ひき肉とオクラのカレー ¥800
ひき肉とオクラのほうれん草カレー ¥900
Very hot ひき肉とオクラのカレー ¥900
スナギモカレー ¥750
スナギモのほうれん草カレー ¥850
Very hot スナギモカレー ¥850
 カレーのハーフサイズ 各金額から¥200off

辛さは
No.0 sweet
No.1
No.2
No.3 hot
Very hot No.1 Very hot
Very hot No.2
Very hot No.3 Very Very hot

Rice & Bread
ライス 小¥150 並¥200 大¥250
自家製焼きたてパン ¥250
チーズパン ¥300
シナモンシュガーパン ¥380
ハムとクリームチーズのディップ ¥500


といったところ。

初めてのお店というところで、オーソドックスに
バターチキンあたりを行こうかなと思ったのですが、
気になる食材があります。

スナギモです。砂肝。

砂肝は、その独特な食感が好きなので、
焼き鳥を食べに行くとたいていオーダーするメニュー
しかも、先日小樽のハラールさんで食べたカレーで
南アジア風カレーと砂肝の親和性を味わったので、
ここでも食べたくなったのです。

さらにほうれん草のカレーもその濃厚な味わいが好みで
スナギモとのハーモニーを味わいたくなった
ということで、スナギモのほうれん草カレーのNo.3をライスで。
ミニサラダと生ビールをつけてオーダーです。

感じの良い女性の店員さんが持ってきてくれたビールを飲んで
ぷしゅーーーーをしながら周囲を見回すと、
窓辺に置かれた ガラスのオブジェとか、
吊り下げられたスタイリッシュなライトとか、
大きい翼の扇風機からでるゆるやかな風に揺れるモビール、
アーチ型の外窓などに、未来を感じますが、

あとは飾られた観葉植物といい、
ずらっと並んだ酒瓶といい、
あとは忘れてはいけない、店内のあちこちに飾られている
小りすのオブジェなどに、温かみがあります。

などと観察しているうちに大きくなってくる調理音と、カレーの香り
気分が高まってきたところで、サラダが登場。

漆黒の器に入ったサラダは、器と緑の野菜のコントラスト。
そして、上に乗っかっているにんじんのスライスがいい色どりの
シャキシャキの野菜にかかっているのは個性的なドレッシング。

これがまたビールにもあいますし、カレーを待ち焦がれる身には
ありがたい前菜です。

そして、満を持してカレーが登場します。
清潔な丸い真っ白のお皿に乗せられたライスと、
レコード盤のような漆黒の円盤状の器に盛られたのは
深緑色がかった濃いオレンジのカレーです
このたまねぎがたっぷりといためられたもったりした感じは
いかにもなインドカレーですし、
上に散らされた生姜もいい感じです。

まずは、カレーから一口いただきますと、
まずは、濃いですね、味わいが。
バターやヨーグルトなどの乳脂肪系の脂の味とか、お肉から出てきたエキスなど
この濃さがうれしいんです。北インド風カレーたべてる感があじわえます。

そして、ルーの中にもすりおろされた感じで形も確認できる
たっぷりたまねぎから出ている甘みとか
オレンジの原因になっているであろう、トマトをはじめとした
香味野菜から出ている軽やかな、酸味に旨みという
複雑な味わいと濃さに、序盤からノックアウトです。
さらにはニンニクのパンチが濃さに厚みを与えてくれます。
このニンニクの効き具合もいいですよ。
これは、美味しいです。

さらには、このしっかりとした濃い味わいのベースを土台にしていますので、
スパイスの刺激も生えるのです。
奔放に暴れるのです。

まさに、北インドを食らうです。

そして、具のスナギモです。
こりこりっという、この食感がいいのです。スナギモのきもは
まずはこの食感の気持ちよさです。
この歯ごたと、臓器を食べている感を満たしてくれる独自の味わい。
飲み屋でも、この歯ごたえと味わいとお酒のマッチングが恋しくて
必ずオーダーするくらいですが、この歯ごたえだけでなく、
独特の濃い内臓肉ならではの味わいが、濃いカレーにも負けていません。

ピーマンの青い味わいも、こいカレーの中では一服の清涼。
上に散らされた生姜も、カレーの中にもふんだんに入っているのでしょうが
改めてしゃりっとした食感と、刺激的な味わいが
カレーに別のアクセントを与えてくれまして
こんな重奏的な攻撃もうれしいです。

しかも、この濃いカレーをライスがしっかりと受け止めていて、
味わいを補強してくれます。
これはいいです。

と、いうことで、カレーを食べ食べ
ライスも食べたべしながら、最後はカレーの器にライスを入れて
軽く拡販しながら、カレーの器のそこに沈むスパイスまでも、
こそぐように余さずいただきまして、

ビールで流し込んで。ぷっしゅーーーーー

ごちそうさまでした。

はー、うまかった。


大満足で、この日の宿へと戻りました。

ま、今回は、最初ということで、オーソドックスなオーダーでしたが、

なんでもパンもおいしいらしいです。
このもったりとした北インド風カレーには、確かにパンもあいそうです。
ということで、そんなパンも食べたいですし

こちらのお店は、サイドメニューも豊富で
しかも気になるものだらけ。

これは、今度は呑みをメインに来るしかないですかね。

あと、こちらで働かれているのは、お二人とも日本の方です。
最近、某チェーン店をはじめとしてインドとかネパールの人をやとった
カレーやさんが増えていますが、日本人だけで、
ここまで本格的で、なおかつ日本人の舌にあう
(日本人だからあたりまえですか)インドカレーを出すおみせって
札幌でもはじめてかもしれません。

と、いうことで、近いうちに再訪しそうです。





☆「未来カレー こりす(Future Curry Koris)」
(札幌市中央区南3条西6 ARK36ビル 1F)
◇営業時間◇水~月 11:30~15:30 17:00~24:00(L.O.23:00) 
◇定休日◇火曜日 ◇駐車場◇無し ◇電話◇ 011-252-3333





☆「SOUP CURRY KING」(札幌市豊平区平岸3条16丁目1-1 )

さて、いよいよこの日はカープ戦。気合いれのために向かったのが
美味しい昼カレーを食べることができるKINGさんです。
前回は半年前の秋に飲み会の翌日に訪れまして、
その前は、畏友p氏とともに向かいましたし、
その前は出張がてら、「花のズボラ飯」を探しがてら札幌市内を走り回ったときによりました。

開店の15分前に到着すると店舗横の駐車場も開いています。
こちらのお店は、開店前に行ったとしても店舗横だけでなく、
店舗から少し離れた駐車場も満車ってこともザラなので警戒をして
早く行ったカイがありました。

と、思ったらすぐさま僕がとめた車の横に車が入ります。
やはり油断がならないですね。

車から降り、ドアを開けてお店の中へ入りますと
カフェのようなキレイでオシャレな店内に迎えられます。

大きく明るい窓と、白い内装と、濃焦茶色の床のシンプルで
すっきりした色調の店内に白いソファーのような合皮の
すわり心地が良いイスとこげ茶いろの机に、同じ色のカウンターカウンターの前には
高い銀色の足した黒い合皮っぽいイス。

カウンターが6席、テーブル席が16席で、
さりげなくテーブルの上には、ちっちゃい観葉植物が置かれています。

2人がけのテーブル席に腰を下ろして、メニューを吟味いたします。

チキンカリー 900円
やわらかく煮込んだ骨付きチキンを仕上げにパリッと揚げてます。
チキン野菜カリー1100円
上記のチキンに11種類の野菜を加えた栄養・ボリューム満点のカレーです。
ラムカリー 1000円
ラムは下味を付け、赤ワインとショウガでじっくり煮込んでますので、臭みも無くとってもやわらか。
ラム野菜カリー 1200円
上記のラムに11種類の野菜を加えた栄養・ボリューム満点のカレーです。
納豆挽肉カリー 950円
納豆・挽肉・長いもの入ったくせになるカレーです。
牛スジ豆腐カリー 1050円
和風ダシでとろっとろになるまで煮込んだ牛スジはコラーゲンたっぷり!豆腐と一緒にヘルシーに。
野菜カリー950円
11種類の野菜が入った体にうれしいカレー。素材のうまさを引き出してます。
シーフードカリー 1250円
エビ、ホタテ、イカ、アサリ、ムール貝をバターソテーしています。


あと、テーブルの上には、マンスリーカリーの案内があります。


6月のマンスリーカリーは
厚切りベーコンとパリッパリ小松菜のカリー ¥1250
厚切りベーコン・小松菜・きくらげ・キャベツ・ジャガイモ・にんじん
ピーマン・温泉たまご。

なるほど。

辛さの選択が
0番 - 辛さは一切無いです
1番 - ちょい辛です
2番 - オススメの辛さ、中辛です
3番 - 辛口です
4番 - 激辛です
5番 - もっと刺激がほしい方!
6番 (+50円) - ここからピッキーヌ入り
7番 (+50円) - グッジョブ
8番 (+100円) - グレート!
9番 (+100円) - スーパー!
10番 (+150円) - エクセレント!
Jack (+150円) - 辛さのジャンキーです
Queen (+200円) - 辛さ女王様級
King (+200円) - 辛さ王様級
Joker (+250円) - デスソース入り

トッピングの選択が、
ウズラ (5個)・温泉タマゴ・納豆・オクラ・ブロッコリー・ナス・しめじ・キクラゲ‐100円
小松菜・カゼトッピング (焦がしニンニク+白髪ネギ)チーズ(ライスON or チーズIN)・餃子 - 150円
ソーセージ・挽肉 - 200円
チキンレッグ - 250円

だそうです。

にしても、デスソースってw…なめてみたいようなみたくないような…

前回は、ヒレカツ野菜カレー 辛さ5番で 風邪トッピング
その前が牛スジ豆腐カリー 辛さが6番 温玉トッピング
その前は、1月のマンスリー㊤和牛もつカリー辛さは6番、温玉はデフォルトで入っているのでトッピングなし
その前は野菜カリーの温玉トッピングをその前は、ラムカリーの温玉&カゼトッピングを
それぞれいただいていました。

ということで、今回はマンスリーメニューの
ベーコンとパッパリ小松菜のカリーです。

なにせ、この日は決戦の日、ハムならぬベーコンを食うことで
勢いをつけようという目論見です。

トッピングは、いつもの温玉はカレーにすでに入っているので、
この日の決戦に備えた気合入れということで風邪トッピングを辛さ4番でオーダー。

BGMで流れるノーランズなどの70~80年代の
洋楽などに耳を傾けながら待つことしばしで登場しました。

淡いカフェオレ色に縁取られたアイボリーのまん丸なお皿と、
セットのような柄の器がオシャレですがスープの色が、
非透明系の極めて明るいオレンジ色に乳白色を混ぜた感じのやさしげな色合いです。

たっぷりの野菜と上を彩る白髪ねぎの合間から見え隠れする
散らされている緑色を保った焦がしバジルもいいです。

スパイスの香りと、どこかラーメンスープっぽい香りが混ざって
鼻腔をくすぐるのもタイプですし、
カゼトッピングのおかげでゴマ油の香りもいいです。

ライスは押し麦の入ったターメリックライスで、
目に優しい黄色が、淡い色合いのお皿の上で輝いています。


と、いうことで、まずはスープを一口「イタダキマス」

これはウマい。
見た目はクリーミーな乳白色っぽい色なので、
最初からこってりとしたコクがくるのかなぁと思いきや、
その外見に反して、最初にかつお節っぽいサワヤカな感じの飲み口がきて、
次第にこってりとしたコクや、軽く酸味が利いたウマ味のパンチがビシッと訪れてきます。
さらに、ガツンと鰹節系のだしの味と香りが訪れてきます。
一見すっきり系の飲み口のスープは鰹節も引き立ちます。

さらに、コンマ何秒の差で、スパイスの刺激がきます。
この日は少しだけからさは抑えたものの、この強い刺激が浮いていないですし
スパイスの刺激が美味しさの一要素としての役割をしっかりと果たしている。
それは、土台となっているスープがしっかりしていることを証明していますし、
この土台こそが、乳白色がかった色の原因である
鳥がらやゲンコツを煮込んでできたコクと鰹節やコンブからとったウマミがあるダブルスープが、
それぞれの個性を生かしながら決してでしゃばらず、ジャマをしていない
さらに、軽い酸味とオレンジ色の原因でしょうトマトのほのかな酸味交じりの旨みが
さらに味を複雑にしている、そんな構成のスープです。

飲み口に反して、口の中は、スパイスの刺激とともにうまみ、コク、などの
カレーのウレしい濃さでいっぱいになるのですが、
スープを嚥下すると、残響のように再び鰹節っぽい香りがすっと残るという
後味のさわやかさ。
インパクトのあるうま味と、ほのかな香りの残響がありながら
すっとパンチがひく感じです。
見た目こってり、でも飲み口はスッキリ
ただし、スープは濃さとうまみが凝縮されている
でも嚥下てしたらまたスッキリ。

そんな、ウマいというかスゴいいくつもの顔を見せてくれる、
洗練されたKINGならでは匠の味わいです。



そして、たっぷりと入った分厚いベーコンにかぶりつきます。
このメニューは以前もマンスリーメニューになっていて、
そのとき僕はレギュラーメニューをいただいていたのですが、
お隣さんが食べていて、気になっていたのですが、
こういう形で再会できるとは、本当にありがたいことです。

この勢いで、ハムも食い付くさん、とばかりに分厚いベーコンにかぶりつくと、
表面のクリスピーな食感と香ばしさがまずはいいですし、
スープカレーの香りにも負けないしっかりとした燻煙香。
そしてにじみ出る燻煙香でワイルドな味わいになった肉滴
分厚いベーコンを食べるときの楽しみがいっぱいです。

西部の荒くれ男がキャンプで無造作に刺して、
焚き火にあぶったようなワイルドなベーコンです。

この脂がスープに溶け込むと、さらにスープの深みが増します。

そして、パリッパリの小松菜の食感もいい食感とともに
素上げされた脂によって引き立てられたアオい味わいがたまりません。

その他の具材も、甘みがおさえめながらもとろっとろにやわらかくなっている人参に
この時期ならではの甘みの宝庫ともいうべきかぼちゃ
ほこほこに滋味を感じる旬のジャガイモにさりげなくやさしい甘さのキャベツと
ぶっとくて、なす汁と揚げ油があふれてくるナスなど
刺激的なカレーに癒しをもたらすナチュラルな野菜のアマさは
辛さのあるカレーだからこそ引き立ちますし、
何よりもほっとできるウレさと、カレーに新たな味わいをもたらしてくれます。

ピーマンのアクセントをつける感じのアオさもいいですし、
シャキシャキの歯ごたえの水菜もいいです。
オクラはぶっといヤツが2本入っていますし噛み切るときのねっとりとした感触が
これまたカレーに変化を与えてくれます。

さらには、きくらげ、ペンギンの皮説(by吉田戦車)を裏づけするような
分厚くて歯ごたえもくにくにっとたっぷり味わえる
そんなきくらげもいいのに加えて、

口の中をさっぱりとさせてくれるカゼトッピングの
ごま油で和えられた白髪ねぎのしゃきしゃきとした清冽な味わいにスープに
浮き沈みをしているローストガーリックのこくもおいしくて、
スープにさらなるパンチと刺激を加えてくれます。
パワーがつきます。これは。

こんなスープには押し麦入りターメリックライスがよくあいます。
ということで、うまうまと食べ進んでスープ残り1/4、ライス残り1/4になったところで、
いつものように、残ったライスをスープに入れて
まずは鶉の卵の黄身をときながら、カレーと卵の味わいとともに
ほんとうのほんとうの終盤でとっておいた温玉とともに
しだいにライスとスープを馴染めながら一気に如月喰いです。

「てゅるん」

半熟卵の黄身でマイルドになったとはいえ、
今までさんざん食べ進めていったので、蓄積された辛さのおかげで
唇はヒリヒリしていますし、頭だけでなく、うなじまでダラダラと汗をかいていますが、
これがいいのです。

そして、これもスープカレーのうまさを構成する一要素である、
口直ししの水をんくんくっと飲んで「ごちそうさまでした」
大満足です。

軽くヒリつく唇にキモチよい痛痒感を覚えつつ
カープvsファイターズ戦に備えて、前線基地に移動しました。


あと、つねに「駅伝脳」で「マンガ脳」な僕はこの店に来て、「キング」と聞くと、
「お前なら 立派な詐欺師に 就職できるでぇ」という名言を残した
「風が強く吹いている」(原作 三浦しをん マンガ 海野そら太)で
箱根駅伝8区担当の「キング」を思い出してしまうのです。

にしても、何回も言っていますけど、マンガ版の「風強」ってアニメ化しないかなぁ…
是非見てみたいんですけど。


☆「SOUP CURRY KING (スープカレーキング)」
(札幌市豊平区平岸3条16丁目1-1 )
◇営業時間◇平日 11:30~15:00 & 17:00~23:00 (L.O. 22:30)
土・日・祝 - 11:30~22:00 (L.O. 21:30)
◇定休日◇水曜日 ◇駐車場◇有り 
◇電話◇011-821-0044




あなたのオススメはどこのカレーですか?
あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?
よろしければ、コメント欄などで教えてください。


かつてラジオ内にあったコーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については左の欄のカテゴリー
「印度化計画」をクリックしてくれれば、見ることができます。




かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1606-a1e7f65b