先日旭川に行ったのですが、宿の関係とか、その後の予定とかの関係で
旭岳も白金も天人峡もいけないのです。
ということで、市内で入れる温泉である東旭川駅裏の
「龍乃湯温泉」へ向かいました。

こちらは、旭川を代表する観光施設、旭山動物園からほど近く、
龍神様の夢をみたことから発見されたという由来のある温泉です。

入り口の券売機で券を購入し、脱衣場へむかいます。

街中から近いということで、たいてい混雑していますが
行った時間帯のせいでしょうか、脱衣場に行くと
珍しく僕以外にはお客さんは三人くらいしかいません。

浴室に入りますが、こちらの温泉の最大の特徴は、
四角い湯槽を満たす褐色がかった橙色したお湯なのです。

龍乃湯温泉の泉質は鉄で、これが酸化して鉄錆の色になっているのでしょう。
入浴後身体についた水滴を手でぬぐうと、手がオレンジになるくらいです。
そんな見るからに、お湯の濃さを味あわせてくれるのは
旭川の市街地そばでは、ここくらいでしょう。

こちらは、源泉の温度が低いので、湯を加温、循環しており、
高温と中温の2つがありまして、中温側の湯船の湯温は40℃ちょっとくらい
こちらのほうでしばしまったりしまして、
再び街中へと戻ったのでした。

基本当ブログでは、循環しかない温泉は名前をあげて取り上げませんが、
こちらは、塩素殺菌をしていないのと、
温泉の2つの湯船以外の露天風呂、超音波風呂、水風呂は地下水を使用していると
明記されていてそこらへんが誠実な気がしたのと、
やはり、ホカホカが持続するので取り上げました。
地元の人に愛されているのもよくわかります。




さて、旭川の帰りに寄ったのは美唄の温泉です。
こちらは人気の施設ということで土日はたいてい大混雑しているようです。

一度畏友p氏と一緒に、炭鉱あととか我路の集落などの廃墟を見るついでに
行ったのですが、駐車場すらはいれずにスゴスゴと帰ったこともあります。
ちなみに、その時のp氏との会話。
p氏「どこ行くんスか」
僕「美唄の××の湯だよ~」
p氏「コモリガエルかっ!!」
って、なんで相変わらず守備範囲が広いんでしょう。
歴史・軍事にはじまって、両生類にUMAまで、本当に…

そんなことを思い出しながら駐車場へ向かうのぼり傾斜の道を走り
小高い丘の上へ。

今回は時間が早かったということで駐車場も余裕があります。
と、いうか、パークゴルフの大会をやっていてそちらが
たいそう盛り上がっている様子。

中に入って券売機で券を買ってフロントに出します。
フロントも広々としていますし、さらに天井が高いので開放的です。

1階には、フロントのほかに、お土産ものコーナーとかレストランが、ありまして
脱衣場は2階のようなので、そちらへむかいます。

2階からはまだ午前中ですが団体さんが盛り上がっている声がします。
広めの休憩室が宴会場的に使われている様子で、
先ほどのパークゴルフ場といい、こちらが人気施設であるのがわかります。 

ということで、脱衣場へ向かうと、こちらはそれほど混雑していませんが
日曜の午前中ですがそれなりのお客さんがいる様子です。

中へ行くと軽く木の饐えた香りがしまして、
内風呂の四角い石作りの湯槽を満たす、半透明な淡褐色の湯
肩まで身を沈めると、軽くぬるっとするつるつる温泉です。

湯温もそこまで高くないし、気泡も軽くつくので
これは長居したくなります。

そして、こちらもある意味看板の露天へ。

丘の上にあるということで、視界が開けていて開放的ですし
眼下の道央道とか、美唄工業地帯などもよく見えます。
ごつごつの岩の湯槽もいい感じですし、淡褐色のお湯には
どこから舞い込んだのでしょうか、桜の花びらも浮いています。

しかも、屋根のあるスペースは、洞窟風で、
昼は単なる屋根のある空間ですが、夜になるとライトアップされて
青の洞窟風呂になります。そんな時に来れば、洞窟風呂だけでなく、
夜景や星空などの違った景色に出会えるのでしょうか。

なんてことを考えながら、こちらをあとにして昼食へ向かったのでした。

ちなみに、こちらは塩素殺菌・循環濾過の温泉ですので、名前は掲載しませんが
美唄で温泉といえば、あそこですよね。

でも、そんなに塩素臭はしなかったし、お湯そのものは
悪くなかったのが、人気の秘訣でしょう。


ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1596-fae818ee