2013.01.04 AOKY
明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。

今年もよろしくお願いします。




さて、冬のお祭りも、すべて無事終了しました。

まんたんウェブさんの記事を引用させていただきます。


<コミケ83>3日間で55万人 冬コミ最高の人出 3日目は21万人で過去最高
まんたんウェブ 2012年12月31日(月)16時54分配信

 日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)83」が31日に最終日を迎え、3日間の来場者数は55万人と10年冬の52万人を上回る冬のコミケの過去最高となった。最終日となる31日の来場者数は、昨年冬「81」から3万人増の21万人で、今年夏の「82」の最終日と並ぶ、過去最高の人出でにぎわった。コミケを運営する準備会は「初日と2日目が土日に重なり、参加しやすい日程だった」といい、「黒子のバスケ」の脅迫問題などもある中、「何より無事に終わり安心している」と話している。
 コミケは、マンガや小説、ゲームソフトなどさまざまなジャンルの創作物を扱った同人誌の即売会で、75年から始まり、現在は夏と冬の年2回開催されている。
 最終日の31日は、オリジナル・創作系の同人誌、同人ゲームなどを扱う約1万1500サークルが参加し、首都圏の通勤ラッシュのような状況になった。「シャッター前」と呼ばれる人気サークルの中には、購入希望者の列が1キロ以上でき、午前11時半には用意した同人誌が完売した。
 またコスプレ広場では、アニメ化もされたマンガ「聖闘士星矢」に登場するよろい「聖衣(クロス)」を再現した「聖闘士(セイント)」のコスプレーヤーも出現し、来場者の注目を集めていた。企業ブースでは、最終日だけに商品が品切れになる企業も多く、講談社の「講談社ラノベ文庫」は、ポケットティッシュを配布してその中にミニ小説を入れた独自のプロモーションを展開していた。
 次回のコミケ84は、13年8月10~12日に東京ビッグサイトで開催する予定。(毎日新聞デジタル)

なるほど。
確かに今日は、普段比較的すいているハズの情報のスペース(失礼)をまわっていても
人のなみでうわんうわんしていましたから。

なんど男波に翻弄されたことか。
通勤ラッシュのよう、とか、1Kmの待機列とか、ドンダケー ですか。
スゴいですね。
僕自身、1kmの待機列には並んでないですが、雰囲気は伝わってきました。



さて、この前日ですが、蒲田駅前の「天一」でラーメン・餃子・チャーハンと
ビールをいただいた後、戦利品を読んだり、某巨大匿名掲示板の実況を見ながら
気がついたらおちていましたが、
5時くらいに目が覚めて、ブログの更新をしたのちに、
七時に朝食を食べたり、その後シャワーを浴びたりしながら、出撃準備。

朝9時45分ごろチェックアウトして、蒲田駅から京浜東北腺で大井町におりて乗り換え。
大晦日の10時前なので、京浜東北線の中とか大井町駅は、一般の人も多いのですが、
大井町のりんかい線ホームに向かうエスカレーターは
さすがにたくさんのご同輩の姿を目にします。

この時間帯は、殺人的な込み方はしてなくて、それなりのご同輩の姿で、
込みかた90パーセントくらいでしょうか。
そのままりんかい線で国際展示場駅へと乗り継いでゆきます。

でも、このヲタ波がなつかしいですね。
さらに乗り継いでゆくたびに濃くなってゆく漢の波に
三日目だなーという気分が盛り上がってきます。

国際展示場の駅につくと、いつもの天井から下がる巨大ポップだったりとか、
エスカレーター通路を囲むようなポスターの数々を見ると
故郷に帰ってきたような気がします。
駅をでてスタッフの方の招きに従い、一般列の後ろへ。
列に並ぶと真正面にビックサイト会議棟の威容が見えます。
一般列に並ぶのも本当に久々ですが、待つ間に文庫本などを読みながら
それほど寒くなくてよかったと思つつ
僕は10時過ぎから並んだのですが、当然、ほかの人はもっと前から並んでいるわけで、
当然、寒さとかのダメージも大きいわけで、
そうまでして、きていただいているお客さんを
改めて大切にしなければならないなと思ったのでした。

しばしたつと。列が移動しだします。

「これからはほとんどとまりません。顔を上げて、ゲームはセーブして
移動に集中してくださーい!!」
というスタッフさんの言葉に少しだけニヤっとしながら階段をのぼると、
ビックサイトの象徴会議棟です。

ビックサイトのフォルムの左横に、飛ぶ飛行機を見ながら、
今日も一日よろしくお願いしますという気持ちをこめて
周囲は歩いている人だけなので、僕も歩きながらになってしまいますが
軽く二礼・二拍手・一礼

なんだかんだ言って、10時55分には東館の前まで移動できました。

うわ、この時点では何人着ているかは知らないのですが、やはり圧倒されます。
が、そんなことは言ってられない。友人にお勧めされたサークルをまずは二つしばきます。

ここでさらにテンションがあがってきたということで、そのトキオイで、
情報のスペースをぐるっとシバこうとむかうと、嶋中のサークルに列ができています。

??

と思ってみてみると、「テンタイ→カンソク」最後尾と書いています。

ヲヲヲ、これはっ!
サークルのところまでいくと、「混沌のグルメ」の新刊が出てるではないですか、
すぐに、「最後尾」の札を持ってしまいました。

この札持つと、一般参加している気分がさらにましてきます。
そこで、20分ほど並んで、友人の分と2冊購入。
これは序盤のオススメサークルの本といい、いい買い物が続きます。

しかも、並んでいるときに、いつも私のスペースに来てくれて
頒布物を買ってくださる常連さんに遭遇します。

待ち合わせの約束をしても迷って今う会場で、スペースではないところで会うって
すごい確率ですよね。

常連さんもビックリしているようでした。
〔ちなみに、こちらのかたとは別のお祭りでも、バッタリ遭遇しています〕

そもそも、テンタイ→カンソクさんを見つけたのも偶然ですから
この偶然続きがいいです。

その後情報のところにもあふれる人波をさけながらよろよろと
一回りした後に気になった本ををしばいて、東館終了。

その後は西館へ移動する途中に、「フランスドック」のチリ味に舌鼓を打ちながら西館へ。

西館でも「みにゃもと」や「滝季山影一国際騒動局」をはじめとした
同人誌をメサメサと買ったり、次回のサークル申込書を買ったりして、
遠征中お世話になった荷送りをしたあと、同人誌を読みながらしばしビバーク。

次に来られるとしたら、8月ですし、この光景を目に焼き付けて、
次の祭りまでエネルギーが無くなりそうなときに、
思い出すようにしようという気持ちでいっぱいです。


と、いうことで、さらに何周かまわったあとに、
あっという間に時間は過ぎて、午後4時の閉会時間で、
ぱちぱちぱちぱちぱちぱちと拍手をしたあと

今回は直通バスでそのまま羽田へむかいます。

だから、ビックサイトの正面で頭を下げることはできませんでしたが、
バスの中で、見たびっくりするほどきれいな夕日と、
そんな橙色に染まるビックサイトを見て、
イベントの楽しかったことに感謝をこめて頭をさげてから空港へ。

空港では、チェックをすませたあとに、JR九州のたまごかけご飯やさんで
舌鼓を打ったり〔お店で使えるカードがSUGOCAでした。徹底してます〕

みやげ物をしばいたりしたのちに、登場口に向かいましたが、

??

チェックのときはなんともなかったはずなのに、
出発空港の1時間遅れの表示が。

えええっ

ま、空港のモニターで、奈々様の紅白でのお姿がおがめるからいいか。
と、自分に言い訳をしたのちに、その部分だけをしっかりと見て
しかも、家に帰りつくのが何時になるかわからないということで、
牛タン麦飯を購入し、さらに待ちます。

なかなかこないですね。結局飛行機が飛んだのが90分後、
千歳で自分の車に乗れたのが10時過ぎです。

その後、HBCラジオのアキトムの大晦日バージョンを聞きながら、
二人の軽妙なトークにケラケラ笑いながら
順調にドライブをしますが、喜茂別をこえて京極をこえたあたりで0時をまわります。

ドライブ中に年越しをするのは初めてですよ。

しかも、年が明けたとたんに、唐突に吹雪きだします。
さらに走っていた道路が道道だったということで、満足に除雪もしていないので
何度も吹き溜まりに足元をすくわれそうになります。

足元をすくわれそうになっては、目の前がホワイトアウトして
視界が1メートルも利かなくなって
さらに吹き溜まりに足元をすくわれそうになって、

そんなのを何度も繰り返しながら、年明け直後ということで、
対向車がほとんどこなかったのが救いでした。


ということで、命からがら家にたどり着いたのが、午後12時30分。
あー、生きててよかった。と思いながら、
牛タン麦飯をビールで流し込んだとたんに
オチてしまいました。


と、いうことでもオチはついたものの、楽しいイベント期間でございました。


お祭りに参加されたかたがたにおかれましては、ご苦労さまでした。
僕自身大変楽しい日々をすごさせてもらいました。

と、いうことで、心の充電も終わりましたし、
夏のお祭りにむけて頑張りたいと思います。





かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
のパーソナリティーをつとめていた
イトー×aiでした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1532-d08aa202