ただいま、現在の部署では一年で一番忙しい季節です。
休日出勤もあたりまえです。
ただ、この日は仕事が午前中にあがることができたということで、
おつかれさまてことで、温泉へ。

ニセコから蘭越の市街地に入る少しだけ手前の
岩内へ抜ける道を北上しますと、
道の傾斜やカーブがキツくなるのと比例して
山の緑が濃くなってゆきます。

季節的にも緑の濃くなる季節ですから、気分がいいですし、
ただでさえ山道を走るのはすきなのですが、この緑にわくわくする気分は
走っているだけで楽しいです。こういう道は。

到着したのは新見温泉

こちら入浴ができる施設が二軒ありますが
今回はゆったりと露天につかりたかったので、手前にある新見本館へ。

愛想のいいスタッフの方に湯銭を払って
脱衣場へ行くと午後の少し早い時間ということで
脱衣籠はすべてからっぽであります。

中へ入ると、タイルにざんざんと流れている
湯槽からあふれる透明なお湯がいいです。

ごつごつとした岩がいい感じであしらわれている
大きい露天風呂も同様。

湯槽に身を沈めると、岩風呂の風情とまぶしいばかりの木々の緑を見ながら
さらさらとした感触のお湯が肌にしみこむようです。

露天の奥には飲泉用のコップがおいてあるので、
のむと、しっかりとお腹にやさしい、
二日酔いの胃袋をやさしく癒してくれる味です。

空は蒼、山は緑で、響くのは、エゾハルゼミなどの虫の音や
鳥の声に、この温泉が流れる水音のみです。

心からゆったりとできます。

思えば、この岩風呂は冬に来ると4m近い雪庇がせり出してくる
豪快な眺めをも見せてくれます。

この緑の中に沈むような露天の風情とを比較的簡単に両方味わうことができるなんて
なんて贅沢なのでしょう。


などと、感慨にふけりながら、
しばらくしてもお客さんは入ってこないということで、
内風呂では、心行くまで、道南スタイルを楽しむことができました。

こちらも気持ちいいですね。

と、いうことで小一時間ばかり滞在をしたら、
脱衣場のほうから声がしてまいります。

僕はすっかりお湯を堪能したということで、大満足で
この気持ちよさを後から来た方にもわけるべく、
脱衣場で着替えをしてから、こちらをあとにしました。

かえりは、蘭越方面からではなく、新見峠を越えてから
パノラマラインを通って倶知安へ戻るルートをとりました。

この道も今季に入って走るのは初めてで、
山道他ならではの楽しさを味あわせてくれます。

ただ、山菜取りの車が狭い道のあちらこちらにとまっておりましたが
まだ、そういう時期であります。




さて、そんな土日お仕事期間の早朝とかにお世話になることが多いのが、
ニセコアンヌプリ温泉湯心亭です。

なんたって、こちらは、朝の6時から
日帰り入浴を受け付けてくれています。

朝霧でけぶるなか、車を走らせますと、
初夏のさわやかなきせつということで、
駐車場にはたくさんの車がとまっております。

重い木の扉についている、自然木風の掴手を動かして中にはいると、
全体的に和とか、デザインを意識した内装がお出迎え。

外見も一階部分の装飾とか、でかいのれんがかかっているところとかも
和を意識した感じです。

自販機で湯券を買って、手渡した後
改装された感が漂う廊下を歩きお風呂へ。

脱衣場に行くと、朝六時代にもかかわらず、
何人もの人がお湯を楽しんでいる様子です。

中にはいると半円状の湯槽からは、透明なお湯が
ざんざんとあふれていて、これ見るだけでいい気分です。
しかも湯が流れた跡、床につく模様もいいですね。

そして、こちらの魅力のひとつが露天風呂
扉をあけて、しっかりとしたつくりの屋根がつけられた
木目を生かした渡り廊下風の
和のしつらえが感じられる、壁や屋根の下歩いていくと

次第に廊下に傾斜がついていって、気が付くとお湯の中に入っていく
面白いアプローチ。

例えるならば、小学校とかのプール授業などで
プールに入る前に入る腰洗槽みたいっていえばわかりますかねー。

そんな露天ですが、まず広い。

そして、火山地帯だからかでかい庭石みたいのがゴロゴロしていて、
これまたいい風情です。

お湯も温まる感じですしほんのりと漂う湯の香もいい感じ。

しかも少しだけ湯温が低い箇所には
寝転がることができる大きい滑滑の石があります。

ここにごろんと寝転がって

あー、気持ちいい~

そういえば、こちらにくる時って、ここしばらくずっと
小雨がそぼ降って降りました。

この日も小雨そぼ降る感じです。

ということで、露天、内風呂それぞれ堪能したあとに
外に出て、車にむかうと、
改めて、高原で漂うフィトンチッドという感じの
強い、緑の香りがいいですね。

そんな空気で胸をいっぱいにしたのちに、お仕事へとむかったのでした。




ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。


かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
のパーソナリティーをつとめていた
イトー×aniでした
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1455-62f6e5fc