2012.06.06 宮島さん
今年はGWに東京遠征をしてカープのゲームを見た私ですが、
仕事の忙しい期間と忙しい期間との合間ということで、
たまたまファイターズとの交流戦でカープが札幌に来る日が、
仕事が早くあがりそうな予定。

そんな話を鯉人のセンパイにあたる畏友GMクンに話をしたら
「なら一緒に行きますか。」

と、いうことになって、2人揃って連荘でドームに参戦をいたしました。



まずは昨日の緒戦、
普段よりもフォアボールが多くて、昨年の姿をちょっと想起させてくれるものの、
でも無安打にカープ打線をおさえていた吉川投手が二回り目にはいって
東出選手の頭部にデッドボール。

これが危険球と判断され降板した吉川投手にかわり緊急登板した土屋投手を
これでもかというほどに珍しくメッタ打ちするカープ打線。


しかも、土屋だけでなく、榊原、森内といった勝ちゲームをつないでくるピッチャーからも
タイムリーをうつなど、ナイスゲームでした。


先発の大竹投手も思えば札幌ドームで稲葉選手の打球をあてて
骨折したこともありましたっけ

そのときは土日ということもあって、大手を振って参戦をしたのですが
一回も歌えなかった宮島さんをこんなに歌えるなんて。
疲れるほど周囲の人と盛り上がりました。


では、みなさんご一緒に。

♪宮島さんの神主が~ おみくじひいて申すには~

 今日~もカープは 勝~ち 勝~ち 勝っち勝ち~♪


しかも、大竹投手のあと3番手登板した菊地原投手に対しては
「菊地原~ おかえり~」というアタタカい声が。

なかなかいいですね。

さらに言うとGWの遠征は三戦三敗でしたから、今季はじめて
生でカープの勝ち試合を見ました。



ということで大満足のうちにドームをあとにして、畏友p氏と合流。

その後月寒の「きさく」さんなどで、おいしい料理やお酒をいただいて、
その前から飲む気マンマンだったので、その日は押さえていたホテルにころがりこみ
そのままヲちてしまいました。


翌日は、朝5時30分にホテルを出て、いったん地元に戻り
お仕事をすませ、お仕事の終了とともに、ドームに車を走らせますが、
この日急な仕事が入ったので出だしがおくれてしまって、
一回の攻防は車の中で聞いていましたが、なかなか野村投手がいい感じです。

昨日は、GWに東京ドームで苦戦した姿を見た大竹投手の勝ちを見ることができたので
この日は、GWに神宮で苦戦した姿を見た野村投手の勝ちを見ることができるかな??

と思ったっけ、被安打2、投球数が100球未満の野村投手を
降板させてしまったあとに、後続が田中選手にタイムリーをうたれて
負けてしまいました。

野村投手降板の時は、ライト側ビジター応援席からも、「えーっ」という
声が上がっていました。

うーむ。



でも、広島の応援席でつくづく感じたのですが、応援リーダーのコールが
当意即妙で気が利いて的を射たことを言っていますし、すごくライブ感があって、面白いです。

その他の観戦をしている人のイロイロなツっこみも面白い。

この、臨機応変にコールを変えたりするところが、応援席にいて
面白いなーと思ったところですし、
これだから応援ってたまらないですね。

でもま、負けは負けということで、この日二回目の中山峠を越えて
地元へ帰るというわけでした。


ま、今季、カープのゲームをライブで見ることはもうないでしょうから、
今後はしばらく札幌ドームのライトスタンドのビジター席の隣とかにに陣取って
野球を観戦することにします。


あと、野球とはまったく関係ないですが、少し残念なことがありました。
このことは後日ご報告申し上げます。









かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1447-1efe3655