2012.04.29 祝2000本+2
やりました。稲葉篤紀選手
2000本安打であります。

一本目のヒットってが、1995年(平成7年)6月21日
初打席の2回2死一塁。

広島・紀藤真琴投手と対戦、カウント1-2から
外角高めのストレートをフルスイングするとそのまま
右中間中段に飛び込み、
その後も紀藤・佐藤剛投手からそれぞれヒットを打つという、
猛打賞デビュー

稲葉、紀藤両選手は中京(現中京大中京)の先輩後輩です。

ちなみに、この前にファイターズで2000本を達成したのが、
この日稲葉選手に花束を渡した一人でもある田中幸雄コーチでした。

田中コーチも、最初にヒットを打った相手投手が井上祐二投手という
高校の先輩後輩の関係でした。



こちらはデイリースポーツの記事です。

引用します。



日ハム・稲葉が2000本安打達成 史上39人目
デイリースポーツ 4月28日(土)14時18分配信

 日本ハム・稲葉篤紀外野手が28日、Kスタ宮城で行われた楽天戦の一回、右前先制打を放ち、プロ野球史上39人目となる通算2000本安打を達成した。

 11年5月5日の巨人・小笠原道大以来の金字塔を打ち立てた。初安打はヤクルト時代の1995年6月21日、広島市民球場でのプロ初打席初本塁打。

 快挙を成し遂げた稲葉は、「気負うことはなかったし、チャンスだったからとにかくランナーを返そうという一心だった。賢介(田中選手)がよく走ってくれたよ。(2000本安打については)いい場面で打てたのは良かった。ライトスタンドのファイターズファンだけじゃなくて、楽天ファンの方々にも拍手をいただけてとてもうれしく思います」とコメントした。




こちらは、日刊スポーツの記事です。

引用します。


稲葉2000本!ヤ972+ハム1028記事を印刷する

2000本安打を達成した稲葉は、記念のボードを掲げファンの声援に応える
<楽天3-3日本ハム>◇28日◇Kスタ宮城

 日本ハムの稲葉篤紀外野手(39)が、1回にヒメネスから先制の右前適時打を放ち、史上39人目となる通算2000安打を達成した。初安打はヤクルト時代の95年6月21日広島戦(広島)。プロ初打席で初本塁打した日から16年と312日。全力プレーで日本ハム野球の象徴となったベテランが、杜(もり)の都で、野球人生の節目を迎えた。

 真っ青な空に突き上げられた拳は、誇らしげだった。1回2死一、二塁、カウント3ボールからの4球目。稲葉はヒメネスの148キロ直球を右前へ運んだ。2000安打目は、貴重な先制打。一塁上でガッツポーズし、チームメートたちと次々に抱き合った。

「1打席目に打てるとは思わなかった。その後、チャンスで打てなかったので、実感がわかないけどね」。3、5回と満塁機で凡退し、5打数1安打。チームは今季初の引き分けに終わった。記録達成を申し訳なさそうに振り返るところが、何とも稲葉らしい。

 野球人生の分岐点は、04年オフ。FAでのメジャー移籍が難航し、先行きが見えない中、救ってくれたのが日本ハムだった。「日本でプレーする気持ちがあるなら、いつまでも待つ」。当時GMだった高田繁氏(現DeNA、GM)からの電話だった。日本ハムは育成を重視する球団。多くの反対を押し切って、高田氏が進めた補強だった。だが稲葉は、移籍1年目は打率2割7分1厘、15本塁打に終わり、チームも5位。「必死だった。僕を取ってダメだったと言われるのが嫌だった」。獲得してくれた球団への思いと、ふがいない自分へのいら立ちが、進化を生んだ。

「何かを変えなければ」。翌06年、それまでの実績を捨て、打撃改造に取り組んだ。不調に陥ると決まって手打ちになり、打球が大きく曲がる。「下半身を使って、しっかりと上半身に力を伝えないと」。この一連の動作を確認するために始めたのが、ロングティー打撃だ。本塁の右側に立ち、上げてもらったトスを右翼ポールを目印に、打球が曲がらないよう打ち込む。春季キャンプからキャンプ終了まで連日続けた。現在でも打撃不振になると、決まって行う。今や若手もまねする稲葉の代名詞的なメニューだ。

 獲得に懐疑的だった球団内の評価は一変した。全力でプレーし、常に努力する姿勢が、チームの目指す姿と合致したからだ。背番号41は、日本ハム野球の象徴となった。06年日本シリーズMVP、07年には首位打者。ヤクルト10年間で972本を積み上げた安打数は、移籍8年目で2000本の大台に到達した。

 飛躍の舞台となった北海道で、現役をまっとうするつもりだ。「ボロボロになるまで」と現役にこだわっていた考えは、180度変わった。同期入団のヤクルト宮本から「日本ハムにいらないと言われた時がやめ時。よそには行くな」と説かれたことがある。「そう思っています」と即答。永住も考えるようになった。北の大地で次代を担う選手を育てることが、最高の恩返しだ。

 1歩引いた謙虚さと優しさが、人々を引きつける。ちょっと泣き虫で、だけど頼りになる男。ひとつの目標に到達し「振り返るのは早いけど、長かった。いろいろなことから解放されてホッとした。チームが優勝できるよう、またコツコツ頑張っていく」と穏やかな笑顔を見せた。【本間翼、中島宙恵】

◆稲葉篤紀(いなば・あつのり)1972年(昭47)8月3日、愛知・師勝町(現北名古屋市)生まれ。中京(現中京大中京)から法大を経て、94年ドラフト3位でヤクルト入団。05年日本ハム移籍。06年日本シリーズMVP。07年に打率3割3分4厘で首位打者、176安打でリーグ最多安打。08年北京五輪、09年WBC日本代表。外野手で01年ベストナイン、06~09年はベストナインとゴールデングラブ賞。185センチ、94キロ。左投げ左打ち。今季推定年俸2億円。[2012年4月29日7時33分 紙面から]



ファイターズに入団したいきさつについては、記事にもありましたが
新庄・ダルビッシュなどとならんで、間違いなく、
北海道にファイターズが移転した以降を代表する選手の一人です。


しかも、スワローズ入団に関しては、こんないきさつがあったんですよね。

こちらは、スポニチの記事です。

ファイターズ移籍の記事とともに
引用します。


本命じゃなかった稲葉 野村氏「俺が克則の応援に行ってなきゃ…」
稲葉2000安打達成


 1995年に稲葉がヤクルトに入団した時の監督、野村克也氏は振り返る。「秀でたものは感じなかった。俺が克則の応援に行ってなきゃ入っていないわけだから」

 法大4年の稲葉はそれほど、注目されていなかった。野村氏は当時明大にいた息子、克則の試合を観戦しに神宮球場へと足を運んだ。稲葉は氏の目の前で2度、本塁打を放った。「即戦力の左打者」を求めていた野村氏は縁を感じ、すぐに編成会議で獲得を打診した。

 周囲を驚かせたのは野球への姿勢だ。黙々と鍛錬する姿には24時間、室内練習場でバットを振っているかのような錯覚さえ起こさせたという。

 日本ハムには05年に移籍した。日本ハムが他球団からFA選手を獲得した例は、他にない。本拠地を北海道へ移したばかりの球団には、能力とリーダーの資質を兼ね備えた選手が必要とされた。

 長年スカウトを務めた日本ハムの山田正雄ゼネラルマネジャーは「稲葉はこんなに活躍すると思っていなかった。能力は普通。逆に勉強になった」とプロ入り後の成長に感心する。懐の深いフォームから繰り出すずれのないスイングには、18年目を迎えたプロ生活で積み上げた鍛錬の成果がうかがえる。粉骨砕身の努力を続けられる才をもって、偉業を成し遂げた。


[ 2012年4月28日 15:45  スポニチアネックス]




【2月23日】2005年(平17) 稲葉篤紀「吹っ切れた」 メジャー断念日本ハム入団

 新外国人でもないのに、この時期の入団会見は異例だった。沖縄・名護。日本ハムのキャンプ地で行われた、FA移籍会見には、ヤクルトの主力選手だった稲葉篤紀外野手が出席していた。

「もう吹っ切れた。正式なオファーがなかった悔しさを忘れずに、日本ハムで暴れたい」と稲葉。メジャーでのプレーを夢見てヤクルトからFA宣言。大リーグ数球団が調査に乗り出し、ヒューストン・アストロズなどは非公式だが、関心を示したものの「ずっと返答待ちの状態だった。僕をどうしても必要という思いが伝わってこなかった」とギリギリまで待ったが、自ら交渉ルートを断った。

 かといって、今さら古巣には戻れなかった。ヤクルトは残留なら2年契約年俸1億円の契約を用意していたが、越年すると単年契約で年俸は現状維持の7800万円と態度を硬化させた。「年俸が下がっても、夢を追いたい」とする稲葉との間には溝が生じ、残留の線はなくなった。

 一方、FA宣言直後から関心を示していたのが、日本ハムだった。「獲得すれば必ず戦力になる。メジャーの結果待ちで結構。いつまでも待つ」と高田繁GMは、長い目で“意中の恋人”振り向く機会を探っていた。

 結果的に焦らなかったことが、クリーンアップを打てる外野手獲得の決め手となった。メジャー行きが難しくなった2月に入って「優勝するために自分を必要としてくれる」という評価に心打たれ、北海道へ行くことを決意。入団を決意した。

 単年契約で年俸は6000万円にダウン。ヤクルト時代の背番号41はすでにふさがっており、とりあえず付けたのが58。新人選手が付けるような番号に「僕はここではルーキーですから」と、入団会見を終えたプロ11年生は再出発することを誓い、すぐにチームの練習に合流した。

「新庄(剛志外野手)がファンへの接し方をチームに教え、稲葉が野球に対する姿勢を教えてくれた」。日本ハムの島田チーム統括本部長は、こう言ってはばからない。ファイターズが北海道に移転して3年目の2006年に、25年ぶりのリーグ優勝、前身の東映フライヤーズ以来44年ぶりの日本一を勝ち取った。04年に新庄がメジャーから帰国し入団。野球と言えば巨人という風土を、人気だけでなく先頭に立ってファンサービスをすることで、わずか1年で日本ハムに関心を向けさせた。

 そして05年に稲葉の入団。ヤクルトで3回優勝を経験したトッププレーヤーが、守備につく際に見せる全力疾走をはじめ、野球に対するひた向きさ姿を示すことで若手は大きな影響を受けた。日本ハムは焦らず待つことによって、常勝チームの柱を獲得した。

 10年でハムは6年目。ここまで4年連続打率3割をマークしている。8月で38歳だが、気力はますます充実している。通算2000本安打まであと310本。最近のペースなら40歳までには可能な数字だ。達成すれば、山本浩二外野手(広島)、新井宏昌外野手(南海、近鉄)に続いて3人目の法政大出身者の名球会入りとなる。




だそうですが、

このようなさまざまな人々が織り成す綾が積み重ねられるさまが、
あたかも上質の物語のようでたまらないのです。

ご自身も熱烈なファイターズファンであるえのきどいちろうさんの著作
「F党宣言! 俺たちの北海道日本ハムファイターズ」
のなかに、このような名言がありました。


『野球は毎年、毎月、毎日続いていく大河ドラマなのだ。

 人のつながり、勝負のあやなす物語は途絶えることなく

 連続していく。』


まさしくそのとおりですね。




稲葉さん本日も2本ヒットを打ちまして、
ファイターズも快勝いたしました。

ファンからも、選手からも愛されている人格者
稲葉さんの偉業とファイターズの勝利がうつるスポーツニュースを肴に

今夜は、オイシイビールをいただくことにしましょう。


ともあれ、おめでとうございます。



ちなみに、2012年4月28日(土) 現在の安打数です。☆は現役

順位 選手  安打  実働期間
1 イチロー 3831(1992-2012)日米通産 ☆
2 張本 勲  3085 (1959-1981)
3 野村 克也 2901 (1954-1980)
4 王 貞治  2786 (1959-1980)
5 松井 秀喜 2629 (1993-2011)日米通産 ☆
6 門田 博光 2566 (1970-1992)
7 衣笠 祥雄 2543 (1965-1987)
福本 豊 2543 (1969-1988)
9 立浪 和義 2480 (1988-2009)
10 長嶋 茂雄 2471 (1958-1974)
11 金本 知憲 2466 (1992-2012) ☆
12 土井 正博 2452 (1962-1981)
13 石井 琢朗 2427 (1989-2012)☆
14 落合 博満 2371 (1979-1998)
15 川上 哲治 2351 (1938-1958)
16 山本 浩二 2339 (1969-1986)
17 榎本 喜八 2314 (1955-1972)
18 高木 守道 2274 (1960-1980)
19 山内 一弘 2271 (1952-1970)
20 大杉 勝男 2228 (1965-1983)
21 大島 康徳 2204 (1971-1994)
22 若松 勉 2173 (1971-1989)
23 広瀬 叔功 2157 (1956-1977)
24 秋山 幸二 2157 (1981-2002)
25 清原 和博 2122 (1986-2008)
26 前田 智徳 2104 (1990-2012)  ☆
27 古田 敦也 2097 (1990-2007)
28 松原 誠 2095 (1962-1981)
29 山崎 裕之 2081 (1965-1984)
30小笠原 道大 2069 (1997-2012)  ☆
31 藤田 平 2064 (1966-1984)
32 谷沢 健一 2062 (1970-1986)
33 江藤 慎一 2057 (1959-1976)
34 有藤 道世 2057 (1969-1986)
35 加藤 英司 2055 (1969-1987)
36 新井 宏昌 2038 (1975-1992)
37 野村 謙二郎 2020 (1989-2005)
38 柴田 勲 2018 (1962-1981)
39 田中 幸雄 2012 (1986-2007)
40 駒田 徳広 2006 (1983-2000)
41 稲葉 篤紀 2002 (1995-2012) ☆
42 宮本 慎也 1994 (1995-2012) ☆
43 小久保 裕紀 1980 (1994-2012) ☆


あー、もー、こんなの見たら野球に行きたくなっちゃうじゃないっスか

と、いうことで、GW後半は、東京に野球を見に行くことに決定しました。

今から、超楽しみです。


その模様は、またこちらでお知らせします。







かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていた
イトー×aniでした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1431-a5d3f9eb