4月になったというのに、今日も雪がしんしんと降っていました。
しかも、先日の異常に発達した低気圧。

そのせいで、道内あちらこちらで事故が起きていました。
地元の倶知安町八幡と京極の間の国道も通行止めになっていましたし、

中富良野では、バスの横転事故。

道内あちらこちらでおきた事故がニュースで報道されていました。
とその中で、当別町の中学校の体育館の屋根が飛ばされたニュースが流れました。

「強風で体育館の屋根剥がれる  4月4日 18時3分
 低気圧に伴う強風で、北海道当別町の中学校の体育館では屋根の一部が剥がれました。
 4日午前9時半ごろ、北海道当別町の弁華別中学校で、体育館の周りに屋根の一部が散乱しているのを職員が見つけました。
 職員が確認したところ、縦16メートル、横20メートルほどある屋根のひさしの一部が剥がれていたということです。
 学校は春休み中で、体育館に人はいなかったため、職員や生徒にけがはありませんでした。
弁華別中学校の木村優校長は「まさか、こんなものが飛ぶとは思いませんでした」と話していました。
町の教育委員会は、天候を見ながら屋根の剥がれた場所を修復することにしています。」

そんなニュースをぼーっと見てたのです。

が、

この屋根のはがれた体育館、どこかで見たことあるぞ。

どこで?

どこで?


!!

ZONEの「夢ノカケラ」のPVで、4人が走るシーンのところで出てきた学校だ。


なんだか、久々に夢カケのPVを見たくなりました。

そんな春ですが、年度はじめのお楽しみといえば、4月1日のねた合戦です。


今年、世間的に最大のヒットは、グーグルマップでしょう。

こちらはJ-CASTニュースの記事です。


引用します。


NHKと民放に驚愕ニュース ツイートのおぞましすぎる中身とは
J-CASTニュース 4月1日(日)17時32分配信

 2012年4月1日のエイプリルフールを迎え、多くのネット関連企業やツイッター利用者が「ネタ合戦」に興じている。中には非常に手が込んだものもあるものの、一部には発言が過激過ぎて批判を浴び、謝罪・撤回に追い込まれるケースもあった。

■グーグルの驚く仕掛け
 日付が変わった直後から話題を呼んでいるのが、グーグルマップだ。画面右上の衛星写真と地図とを選ぶボタンに「ぼうけん」という表示が追加され、地図が往年のテレビゲーム「ドラゴンクエスト」風になるというもの。また、ところどころにスライムやドラキーといった、おなじみのキャラクターが「生息」していることも確認されている。それ以外にもグーグルでは、モールス信号で仮名入力ができる仕組みを発表している。

 アニメにこだわったのが、レンタルサーバーなどを提供しているさくらインターネットだ。「2次元の採用、はじめました」と題する採用ページを開設し、アニメキャラクターなどの「2次元」から人材募集をしている。募集要項によると、「広報アイドル」などを募集しており、応募資格には
「業務上発揮できる機会はあまりありませんが、魔法や超能力など、 特殊技能を使える方は優遇いたします。戦闘能力の高い方も同様。3次元に来られる方に限ります」
 とうたっている。

 通信大手も負けてはいない。KDDI(aug)は、ばねが入った手袋型のスマートフォン「MAKYU01」を発表。「大リーグボール養成スマートフォン」という触れ込みで、スペックの欄では
 「連続使用時間:10分の通話に対し3時間の休憩を推奨」
 「外部接続:気合い / 根性」
とうたっている。

■スポーツ紙が大誤報!?
 ツイッターでも「ネタ」の披露が相次いだ。福岡ソフトバンクホークスの公式アカウントは、
「本日、秋山監督の現役復帰に関する記者会見を行います。先日のバッティング練習でも2本の柵越えなど、その打撃は健在。守備は一切なしのDH、代打専門とはいえ、 49歳での現役復帰はもちろんNPB最年長です」
とツイート。これを日刊スポーツが「4・1 秋山監督現役復帰?! 」と言う見出しで記事にし、公式アカウントも「ニッカンさん、なんてことを!(笑)」と苦笑していた。

 一方、NHK広報局のアカウントは、
「本日、NHKと全ての民放が合併して国営放送になりました。今後は日本放送会社木履連盟(NHKPR)として、着物を着たアナウンサーが青い背景の前で、やや絶叫気味にニュースをお伝えする予定です」
と北朝鮮のアナウンサーを連想させるツイートをした。これが批判を浴び、
「一部の方に非常に不快な思いをさせてしまいました。思慮不足でたいへん申しわけありませんでした」
と陳謝。ツイートを削除することになった。


後ろのNHKのツイートが一番テレビや新聞などでは報道されていましたが、
インパクトが強かったのは、やはりグーグルマップです。

僕も、「ぼうけん」をクリックして、毒の沼だらけの北海道とか
森のなかに道が通っている倶知安界隈を確認してしまいました。

やるね、グーグルマップ。

こんな楽しい4月1日ですが、やはり、この日の行事としてはずせないのが、沿岸バスのHPです。

羽幌町に本社があり、国鉄羽幌線の代替をはじめとして、
増毛から豊富までの、日本海沿岸地域を中心とした
交通を広く支えているバス会社が沿岸バスです。

この時期の沿岸バスのニュースは
もう、このブログでは定番ネタです。

いままで紹介をしたのは、2ちゃんねるのユーザーを対象にした
バスツアーをはじめとした、特殊ツアー

行先を小幌駅にするというツウな選択や
羽幌炭坑で栄えた産業遺跡をまわるツアーに「黒歴史」と名づけ、
そこをめぐるバスに「スペランカー号」というネーミングするセンスが、
マニア心をくすぐります。

また、増毛行のチョロQをつくって
ナンバープレートにはご丁寧に「け―2323」(け ふさふさ)と
書いてしまうような芸のコマかさといったところが、
イチイチ、ツボなのですが、

こちらエイプリルフールには、ウソ広告を出すことでも知られています。


三年前は、「バスメイド」に、「阪神電車 羽幌線・名羽線 直通運転開始!」
坂神名ん羽(なんば)線4月1日開通!
坂神埋田(Umeda)⇔沿岸春萌(Harumoe)⇔沿岸葉簿炉(Haboro)と、
「想定の斜め上を行くおトクなきっぷ↗
増毛☆豊富 日本海ふさふさ街道「萌えっ子フリーきっぷ」」
※頭髪の増毛効果はたぶんありません

という、三つの記事をイラスト入りで載せたうえ
1・2の「詳細を見る」をクリックすると、
「ここまでご覧いただきましてありがとうございます
今日は4月1日エイプリルフールですが
沿岸バスの「萌っ子フリーきっぷ」は5月1日に本当に発売いたします」
という表示がでました。


一昨年のエイプリルフールの沿岸バスのホームページを見ると

女装男子ファン向け「オトコの娘フリーきっぷ」を発売します!
名前が「アリア・ケー」

初山別村にあるバス停の名前だそうですけど、
それと同時に、まんまビッグサイトの場所ということで、わかってらっしゃる。

そして、ほんちゃんの企画は萌えっ子フリーきっぷ
セカンドシーズン はじまります との文章のもとに、きっぷの概要とともに、
詳細なキャラクター設定が書かれていました。

しかも、オトコの娘フリーきっぷのキャラクター、
アリア・Kの設定も、清川ありあのキャラクターの中で生きています。

やはり職人のお仕事だなあと思いつつ関心することしきり。


そして、昨年は、3.11の件があったので、世間が自粛ムードの中

「絶対領域 きっぷ はじめました。萌えの定義はよくわからないけど,
スカート姿の男の娘の運転士やニーソックスのバスガイドがいても良いと思いました。
(沿岸バスの中の人)」

そして、そんなエープリルフール企画と連動しているのが、
「萌えっ娘フリー切符」の3rdシーズンでした。




そんな沿岸バスの4月1日

今年は、こんな記事がのっていました。


2009年(平成21年)4月1日・エイプリルフールの衝撃の発表以来、毎年1,000名以上のお客様に ご愛顧いただいている、沿岸バス広域周遊きっぷ「萌えっ子フリーきっぷ」。見た目のかわいらしい デザインとは裏腹に周遊エリアの広さやお得感から話題となり、新聞・雑誌・2ちゃんねる等様々な メディアで取り上げていただきました。
 今年は、西の横綱・神戸新聞社が誇るいまいちな(?)アイドル「いまいち萌えない娘」が参戦! 「いまいち萌えないっ娘フリーきっぷ」として、券面を飾ります。


前々回の阪神とのコラボレーション以来の、
関西とのコラボレーションです。

しかも、「いまいち萌えない娘」フリー切符のデザインも
結構、それっぽくてかわいらしかったので、ネタにしては、いいですね。

しかも、絶景領域・萌えっ子フリーきっぷとの連動企画も忘れない。

ただ、こちらにも爆弾がしかけられています。


4月1日の後日の公式沿岸バスHPです。

2012年(平成24年)4月1日付けで発表した「絶景領域・萌えっ子フリーきっぷ4thシーズン
「観音崎 らいな」のデザインを諸般の事情により下記のとおり変更いたします。

旧) スクール水着

新) 上半身:セーラー服  下半身:スクール水着

  以上、よろしくお願い申し上げます。





諸般の事情って、完全にわかってやっているでしょう、これ。

このセンスがいちいちたまらんですね。

やはり沿岸バスからは目が離せませんし、毎年言ってますが、
やはり時間を作って、今年こそ畏友p氏や畏友GMクンと、合宿に行かなきゃいかんっスね。


よろしければ、こちらへ飛んで見ることを強くオススメします。

http://www.engan-bus.co.jp/




かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていた
イトー×aniでした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1423-2f3ec495