年度末でお仕事がたてこんでおりますが、時間を作って
函館へいってまいりました。

市内で観光をするのは、新撰組関連のいつもの定番箇所ですが、
いつきても風格あるたたずまいがいいです。

で、函館の観光とグルメを満喫した翌日にむかったのが、恵山温泉です。

恵山には、恵山温泉旅館、石田温泉などがありまして、
よりどりみどりですが、今回選択をしたのが、
函館市恵山市民センター・恵山福祉センターです。

道道沿いに出ている石田温泉の看板を見ながら左折し、
石田温泉のさらに先に向かうと、雰囲気のあるお堂が見えます。

そして、さらに先には、金色に輝く大きい観音像と、
金色に輝くお堂が見えてきます。

これは、ひょっとしたら、道内では十勝のG王国、胆振のT華園と並ぶ
バブルのあだ花的な「ワンダーJAPAN」的物件である
モンテローザの関連施設でしょうか。

「ワンダーJAPAN」を愛読している身としては、この時点で
テンションがあがります。

さてさて、

こちらは、二つの複合施設で、駐車場は、地元の人の車でにぎわっておりました。
入り口横には、町営の二文字の下に温泉マークが彫られた
小ぢんまりとした石があって、いい感じです。

中に入り、自販機でお金を払いますが、300円というのも安くていいです。
行ったのは、朝10時30分くらいでしたが、
脱衣場も混雑をしていましたし、中にも元気な人生の先輩たちが
声高にお話をしています。

和みます。

さて、浴室に入ると、タイル張りの湯槽からは、
褐色がかった深緑色のお湯が、湯槽からたっぷりとあふれていますし、
お湯が溢れて流れているところが赤褐色に染まっています。

これはいい温泉です。

一方がとんがった台形のような形した湯槽のとんがった部分に
しきりがあって、湯口から流れてきたお湯がたっぷりとたまった
大きい湯槽のほうからお湯が流れてきています。

こっちのほうが、湯温は低いのかな

両方に手を突っ込んで確認をすると、そのようだったので、
まずは小さい湯槽に身を沈めます。

濃いお湯の成分とともに、塩分濃度がパンチのあるお湯です。
これは、気持ちがいい。

人生の先輩がたがくつろいでいるはずです。

しかも、湯温が低いといっても、道南の温泉ですからそれなりの温度で
ちょっとつかるだけで、汗がだくだくと出てきます。

当然、両方の湯槽をあじわうために、高温の方も行きますが、
こちらは2分足らずで退散をしてしまいました。

さすが、道南の温泉です。

ただ、さらに熱いお湯を望むためか、
湯口の直ぐ下で長湯を楽しむ方がいたりして、
ここも道南の温泉ですし、

おもむろにタイルの上にねっころがる人もいます。

これが本場の道南スタイルです。

と、いうことで、いろいろと関心をしながら
つかることしばしで、こちらをあとにします。

なかなかひかない汗をタオルで拭くと
肌がスベスベしているのがよくわかりますが、
体を拭きながら張ってある分析所別表を見ると

ガス成分を除く溶存成分計23.10g/kg。だそうです。

これは、キくはずです。


と、いうことで大満足をしたのちに、
洞爺湖畔の望羊蹄さんで、ハンバーグセットをいただきました。

この穏やかでなつかしい味わいのソースと
ふわふわとした食感のハンバーグはいいですね。

ということで、温泉・グルメを満喫したのちに
真狩あたりから受信できた、ラジオニセコの試験放送を聞きながら
家路へもどったのでした。




ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1421-6efa4404