☆カレー気分 (札幌市清田区北野6条2丁目11-4 尾崎ビル1F)

梶浦由記さんのライブ、『Yuki Kajiura LIVE vol.#8"Spring 2012"』から
帰道のために、羽田を出たのが11時過ぎで、千歳についたのが、13時少々前。

なら、昼食は札幌でカレーでも食べようということで、
べすさんに向かったのですが、駐車場があたりまえだの大混雑で
止めるスペースがありませんでした。

そこで、転戦して向かったのが、べすからそう遠くなく、
かつ、二人ともお気に入りでありながらご無沙汰しているという
清田通り沿いの「カレー気分」さんへむかいました。

こちらを訪れたのは、2010年12月、月寒であったイベント以来です。
そのときも、畏友P氏とともにむかったのでした。

運よく店舗前の駐車場が開いたので、車を入れて、
黄色い壁と赤いドアが好コントラストだなと思いながら
二人で中へとすすみます。

こちらは、町の喫茶店みたいに落ち着く感じで、まずはそこが和みます。
お店も7割り方の込み方で、地域に根付いている店という感じです。



まずはメニューを拝見。

チキン 道内産の骨なしチキン 920円
チキンやさい 1080円
ポーク 角煮風 990円
ポークやさい 1150円
ラム ラムのミートボール 940円
ラムやさい 1100円
やさい なす ブロッコリー 小松菜 940円
やさい&やさい さらにトマト入り 1100円
ミックス チキン、ポーク、ラムがいちどに楽しめます 1100円
ミックスやさい 1260円
ひき肉 豚ひき肉とコーン、小松菜 990円
ひき肉やさい 1150円
きのこひき肉 豚ひき肉 えのき まいたけ えりんぎ 1070円

すべてのカレーには
たまご 人参 いも しめじ きくらげ 水菜
○○やさいにはさらに
たけのこ なす 隠元 おくら ブロッコリー れんこん
が入っています。


辛さをお選び下さい
0 お子様でもOK
1
2 中辛
3 辛口
4   ぶなんな辛さ
5
6 大辛 辛いものが好きな方におすすめ

12
  マニア向け
30 毒

13以上は +50円
30以上は +100円


ごはんの量をお選び下さい。
少〔半分〕 100g
少なめ  150g
ふつう 200g弱  無料
中盛 250g  +30円
大盛 300g  +50円
超大盛 400g +100円

スープ大盛 +150円

お好みのトッピングをどうぞ

オクラ つぶつぶコーン きくらげ ピーマン 各50円
チーズ たまご 各70円
なす 小松菜 たけのこ ホールトマト ブロッコリー
まいたけ えりんぎ 各80円
ラムボール1ケ 180円
チキン 230円
ポーク 250円
ひき肉 190円


と、いったところ

こちらの奥さんの手作りのイラスト入りのメニューがかわいらしいです。
今までは、店舗の白い壁にずらっと下がったトッピングメニューがありましたが、
それは見当たりませんでした。

で、ワタクシは前回は、こちらで食べたラムのツクネのインパクトが
忘れられなかったのでラムやさいチーズトッピング 七番をいただきましたが、

今回はひき肉きのこの七番を

畏友P氏は、前回同様、ミックスの七番、ライス大盛りをオーダー

その時P氏が、「えー、トッピングはホールトマト」と言ったので、
私もツラれて、ホールトマトをトッピング。

もう、あれから一週間がたったなんて、まだ実感できませんから
ライブ直後の興奮はおしてしるべし。

そんなライブの感想を言いながら待つことしばしで、

出てきたカレーは、茶器にも通じるような独特の形をした厚手で、
見るからに陶器って感じの食器で供されます。

食器の色がくすんだ茶色なのと
好一対な目に鮮やかなオレンジ色をして
油がキラリと浮いている非透明系のスープ。

やはり、この食器にはいっているこのスープを見ると、
カレー気分だなぁと思うのです。

白いお皿にのった鮮やかな色合いの
ターメリックライスのコントラストもいいです。

と、いうことで、スープを一口。

いっただっきま~す

一口、口に入れると、そのギラっとしたた脂が浮いた感じの見た目とは
少しだけことなる、ほんの少し和風テイストの漂う
あっさりすっきりして、軽く甘さを感じる飲み口ながらも、
口の中では、刺激的でそれを補うコクや深みがたまらないです。

とはいうものの嚥下したあとには
ふわんと残響が残るのみという感じの
あっさりした食後感が漂うという、
口の中でいくつもの変化や表情を見せてくれる
不思議で重曹的なウマスープ

あくまでも口の中では濃いのです。
どこか、和風の出汁を使ったスープカレーにも通じるサワヤカさとか、
洋食のコンソメなどのスープのスッキリとした感じにも通じるのです。

が、繰り返しますが、めちゃくちゃウマい!!

しっかりとしたスープには、さまざまな具材からあふれ出た
コクとウマ味がきいていてパンチあります。
表面のギラっとした浮いている油のウマ味も濃くていい感じです。

純粋なウマミとコクがオイしくしているスープとそれが調和している。
このウマミやコクがキリっと引き締まっていて
よいバランスを保っているスープは、巧みの技です。

しっかりとしたウマミとコクや軽く漂う甘みに支えられているので、
あとから、しっかりとしてキレのある、スパイスの刺激を口内だけでなく
身体で感じられるようになるのです。

が、嚥下したのちには、いつまでも、こく、ウマ味などの
しっかりと主張をした味わいが残らずに、
すっきりとした飲み口や印象のみがふわんと漂うのです。

この口の中で変化することで、何重にも違う印象をもたしてくれて、
一口一口が楽しいってカレーはそうないです。

こちらは、開店が1999年で、その後もずっと人気店であり続けたのは
このスープの魅力ゆえでしょうし、
店主の方のこだわりと技が溶けている渾身のスープなのです。

いいですねー、

もうこれだけで幸福ですが、

今回のメインはひき肉ときのこです。

ただでさえオイしいスープをさらにオイしくしてくれる
ウマミの塊です。

ひき肉料理が入ったカレーというと、肉滴が
ぶわっと出てきて幸せになりますが、
こちらも、いかにも肉という香りとともに、
肉自体の味わいのよさとともに
ひき肉でありながら、一口ほおりり込むだけでよくわかる、
スープに流れ出ている透明な肉滴とスープが混ざった絶妙な味わいが
たまらなくいいです。

この表面の脂も、ひき肉からとけだしたものですかね。

当たり前のことですが、ひき肉なのに一粒一粒がしっかりと肉という
主張をしているいい味なのです。

これはウマい

たっぷりと入った三種のきのこ類もうまみの塊。

しめじは食感とうまみを存分に楽しむことができます。
まさに味しめじという感じ。
エリンギの歯ごたえも、きのこというよりは貝類といっていいほどの
シコシコとした感触と、そしてうまみの塊ならではの味。

舞茸もそのきのこの名前どおり、香りといい味わいといい
舞ってしまうレベルのウマさです。

ただ、ここで、独特の存在感を発揮しているのが、
クニクニした食感とともに、プリッとした、歯を立てた時の食感が
すごくしっかりとしているプリプリな感じがハンパない、きくらげ。

吉田戦車さんの漫画「甘えんじゃねえよ」の中で
みっちゃんのママがみっちゃんに、
キクラゲをペンギンの肉と騙してからかう話が在りました。

そんなことを思い出すくらいプリプリな食感です。

これらがまた、絶品スープとあうことあうこと。


そして、鮮やかなオレンジ色のスープを彩るのが焦がしバジルとともに、
どんとはいっているピーマンで、肉厚で歯ごたえもしっかりしていて
ピーマンならではの緑の味も濃いのです。

ピーマン・バジルとともに緑でスープを彩る水菜はシャキシャキで、
目にもオシャレで、しかもオイしいです。

アマく、食べやすい大きさにカットされているニンジンも、
ホコホコな食感でほんのりと甘みがあるじゃがいもも
シャクシャクな食感のレンコンも、
なす汁がじわじわとしみでてきて、絶品スープとまざって
とてつもなくオイしくなっているなすも
濃い味を加えてくれるのもいいですよいい。

さらに、トッピングをしたトマトも、ウマ味の塊です。
スープがオレンジがかった理由にもなっているでしょう、
ふんだんに溶けているであろうウマ味が
塊になって目の前に存在をしています。

かぶりつくと、中からはじゅわっとあたたかいおつゆが
あふれてくるのに加えて、このさわやかな酸味とさりけない甘みと
パンチのあるウマ味が、スープの味をさらに複雑にしてくれます。

タッパに入った、たまねぎの酢漬けも
さわやかでいいですね。

こちらもすっかりp氏もお気に入りです。

この二人でメシを食べに行くとかなりの高確率で話題にあがるのが
「孤独のグルメ」でして、前回もそんな話で盛り上がったのですが、

このときは絶賛ドラマ放映中ですし、
東京ではライブのカタテマで聖地巡礼をしたわれわれですから、
さらに話が盛り上がること

「このタマネギ、箸やすめを超えた箸やすめだ」
「タマネギもおかわりくださーい」

などと言っております。

ちなみに、P氏は、この玉ねぎを再現しようと自宅でがんばったそうです。

お前さんやるじゃない。

しまいには
「カレー気分…なんだかとぼけたネーミングの店だ。」
などと前回同様に言い出しました。

どんだけ「孤独のグルメ」ウォッチャーなんですか。


でもって、ライスもスープも残り四分の一ほどになったところで

コロンと一個まるまる入っているゆで卵が黄味はしっかり半熟ということで

こんな濃厚スープによくあうターメリックライスを投入して、
「レッツゴーフィーバータイム!!」〔CV能登麻美子〕

半熟の黄味とライスとスープを絡めてオイシクいただきました。

見るとp氏も同じような食べ方をしていました。

と、いうことで完食
大満足のうちに、会計をすませると

お店の奥さんが、「いつもありがとうございます」といって送り出してくれましたが、
この方の笑顔って、いつきても変わらずに
すごくいい笑顔なのです。

接客も丁寧ですし、そんな人柄があらわれているカレーでもありますし、
この方の笑顔に癒されるのも、こちらのお店の魅力のひとつかもしれません。

頭からも汗をかきながら、車に乗り込みました。

で、その後、まっかり温泉に行ったのですが、温泉でまったりとしていると、
辛さがふたたびじわじわっとあがってくるという
気持ちよさを体験したのでした。





☆カレー気分 (札幌市清田区北野6条2丁目11-4尾崎ビル1F)
◇営業時間◇ 月~金 11:30~14:30、17:00~20:30
土・日・祝 11:00~20:30
◇定休日◇ 水曜日、木曜日   ◇駐車場◇ あり
◇電話◇011-885-6331






☆「アジアンスープカリー べす」
(札幌市白石区北郷5条9丁目 1-1厚別通り沿い)

ライブの3日後は春分の日でしたが、札幌の北翔クロテック月寒ドームで
イベントがあったので行ってまいりました。

月グリの名前で親しんできたのですがアルファコートにかわり
今は北翔クロテックでして、ネーミングライツとはいえ、
ころころかわるのはどうなのかな?などと思うのです。

さて、札幌のイベントを終えて、お昼を食べようと思ってむかったのが、
二日前に駐車場がいっぱいで断念をした、べすでした。
この日も駐車場満杯だったらどうしようと思いつつ、
頭の中で、第二、第三の候補を浮かべつつ行ってみたら、
運よくあいておりました。

8ヶ月ぶり 昨年七月以来のべすであります。
前回は、今回同様一人べすでした
その前、四月に、畏友P氏、畏友GMクンと一緒。

その前は、一人で行きましたが、
前々回も、その前も
畏友GMクンとつるんでいってましたし、

P氏ともいろいろなスープカレー屋さんに行っている
ワタクシですが、
今回も一人べすです。

店舗前の駐車場に車を入れ、店内に入ると、
明るい時間帯に行ったとしても店内の照明が落としめなので、
心地よい薄暗さが印象的で
不思議な魅力にあふれるスープカレーを食する舞台装置として効果的です。
と、何度となく書いていますが、

こちらに遅い時間に行ったことってないですね。



いつもどおりメニューを吟味。

こちらのメニューはレギュラーメニューが

チキンカリー 930円(基本野菜+チキン)
チキン野菜カリー 1030円
(基本野菜(ピーマン)+カボチャ、レンコン、おくら、ブロッコリー、チキン)
チキン&かき揚げカリー 1030円(基本野菜+チキン+かきあげ)
ハンバーグカリー 930円(基本野菜+ハンバーグ)
ネバネバカリー 900円(基本野菜+刻みおくら、納豆、ひき肉、モロヘイヤ、ナメコ)
フィッシュフライ&野菜チーズカリー 900円
(基本野菜+フィッシュフライ、焼きチーズ)
きのこカリー 930円(基本野菜+しめじ)
ベジタブルカリー 950円(基本野菜+ブロッコリー多め、かぼちゃ、レンコン、おくら)
モロヘイヤ&アサリカリー 900円(基本野菜+モロヘイヤ、あさり)
貝カリー 1000円(基本野菜+ホタテ、アサリ)
牡蠣フライカリー 1030円(基本野菜+カキフライ5個)
シーフードカレー 1100円(基本野菜+バーナ貝、エビ、ホタテ、アサリ)
お子様カリー(小学生以下) 420円
(にんじん、うずら卵、ピーマン、ミニハッシュドポテト)

土日限定
ブタ煮カリー 1050円(基本野菜+豚煮)
ラム煮カリー 980円(基本野菜+ラム煮)

※基本野菜とは…
・にんじん ・キャベツ ・ピーマン ・なすび ・揚げジャガイモ 
・バジル ・うずら卵  ※季節によって変わる場合がございます。

スープは通常のスープと、ココナッツでコクをプラスした
ナリアルスープが選択出来ます。

トッピングが
温泉たまご 100円
納豆 100円
モロヘイヤ 100円
ごぼう揚げ 110円
チーズ 110円
レンコンのはさみ揚げ 110円
ウズラ卵(5ケ) 110円
オクラ 120円
かきあげ 120円
いももち 120円
ロールキャベツ 130円
ハッシュドポテト 130円
温トマ焼きチーズ 150円
焼きもチーズ 150円
豆腐のふわふわ揚げ  150円
あらびきウインナー 150円
揚げチーズちくわ 180円
チキン 300円
ハンバーグ 300円
きのこ 300円

ライスは大盛り(300㌘)ぷらす50円
特盛り(400㌘)プラス100円
特々盛り(500㌘)プラス150円

辛さが
0番 0.5番 辛み無し
1番 1.5番 やや辛口
2番 2.5番 中辛
3番 3.5番 辛口
4番 4.5番 大辛
5番マイルド 5番 5.5番 マニアむけ +50円
6番 6.5番 +100円
7番 7.5番 +150円

ただし、5番の手前に
悪魔みたいのがいて
「こっちへおいで ケ ケ ケ 」
なんて言ってますし
あなたの体調にあわせて、辛さをお選び下さい。

とか、

ここからはマニアの領域です。辛くても怒ってはいけません…。
という警告文もいいです。


で、こちらで僕が前回注文したのは、「チキン&かき揚げカリー」
辛さ4.5番 温泉たまごトッピングでオーダー。
前々回は「豚煮カリー」
温トマ焼きチーズと、温泉たまごをトッピング辛さ4番
その前の回は「とんかつと野菜のカリー」
温トマ焼きチーズと温泉たまごトッピング 4.5番
その前の回は「かき揚げ&チキン」 
レンコンの肉挟み おんたまトッピング 4番
その前回はGMクンのオススメ「ラム煮カレー」の3.5番
その前は「チキン&かき揚げ」に
その前は「ラム煮カレー」
その前は「フィッシュフライ・焼きチーズ」
さらに前は「チキン&野菜」というローテーション

今回は、席があくのを待っているときに目に入ってきた
壁にかかっていたメニューである
「ローストチキンのオリーブオイル焼きカレー」ってのが気になった。

ということで、このカレーの辛さ4.5番、温泉たまごとごぼう揚げトッピングで
オーダーをいたしました。

ゆったりとしたレゲエのBGMを耳にしながら待つことしばし。

味のある食器にのせられたターメリックライスと
これまた味のある深みの色合いが特徴的な食器のには、
茶色に近く、どこか緑色がかっても見える濃いオレンジ色スープに
これでもかってくらい入っている、たっぷりのバジルと
これまたこれでもかってくらい入っている、たっぷりのゴマが
スープや具材に散らされているのが見える感じで乗っているのが
看板のローストチキンです。

その横に飾らされている水菜の緑色も
茶色に近い濃いオレンジ色するスープとの
コントラストがいいです。

「ローストチキンのオリーブオイル
焼きカレー」と表示されていたので、

ひょっとしたら、門司あたりのチーズがかかった「焼きカレー」などとも思ったのですが
そんなことはなく

「ローストチキンのオリーブオイル焼き」カレーでした。

ってことで、まずはスープをぱくり

軽く漂うナンプラーの香りが好みですし
まずはさりげなく甘い飲み口が口内に訪れて、
ほんのわずかな時差で、こくや旨みの塊がどどんと訪れてきて
口一杯に広がります。

ナンプラー香ただようのはだてではなく、香りに導かれたコクも旨みも
ガツンとした感じのパンチが効いている感じです。
スパイスがガツンとくるのは結構ありますが、こく・旨みがガツンと来るのは、
いいスープカレー屋さんの証です。

トマトの酸味や甘みをはじめとした、野菜や肉などから出てきた
しっかりとしてこい旨みに支えられていて
奔放に暴れる感じのスパイスの刺激とかもいいのですが、

アマ味と旨味とコクがありながら飲み口がさっぱりとしているのがいいんです。

しかも、そのこく旨みに負けていない塩の使い方。

しょっぱいと感じる直前まで塩を振り続ける
「よしながふみ」さんのマンガで得た知識を思い出したり、
今柊二さん的なボキャブラリーで言うと
「おかず力が高い」スープです。

そんな塩分が、攻撃的に感じないのも
アマ味とともにしっかりとしたコクやウマ味に
支えられたゆえんです。

そして、飲み干した後はすっとひいて、
残響のように、再びナンプラー香に導かれ、
すべての魅力が漂ってくるという、
口の中に入れてから胃の腑に納まるまでの変化が、
いつ食べても感動の味なのです。

バランスと旨みを堪能したあと残像のように残るウマ味と
ジンと残る辛さのそあと引くバランスまでが
計算ずくであるかのようで、たまらないカレーです。

ふんだんに散らされているゴマに加えて、
たっぷりバジルの香りもいいです。


メインの具材は大降りなローストチキンです。
この大きさなら、ナイフが登場したのも納得ですが
あえてスプーンできっていただくのが、いつものオレ流

しっかりとした歯ごたえと、かるくかむだけであふれる肉滴
そして、カレーの刺激的な味わいをうけとめながらも
しっかりと、ウマさを主張する淡白な味わいと
ほんのりと漂うオリーブオイルの香り。

これらは、単品でいただいても美味しいのですが
スープの中でほぐれると旨味がスープに溶け込むようで
これまたいいんです。

そんな、しっかりとしたメインにも負けないのが

これまたしっかりと油通しがされた大ぶりなじゃがイモで、
この皮がカリカリに揚げられていて噛むとサクッと音をたてて
なかからは、こちらのハッシュドポテトの味に通じる
ジャガイモそのもののウマ味が出るところもいいです。

ニンジン本来の甘味とやさしい滋養という感じを
味合わせてくれるとこもいいですね。

なす自体から染み出てくるなす汁と
油によってさらにオイしくなっていて、
さらに、そんなウマさにスープがあったコントラストのすばらしさ。

スープの塩気とスパイスの刺激を緩和する
たっぷり入ったキャベツのあまみと、ピーマンやオクラのアオみ

それからブロッコリーは、スープカレーのなかで
なんでここまでおいしさを発するのかという
独特の素揚げさけたブロッコリーのうま味と

れんこんはしゃくしゃくの歯ごたえにレンコン自体の淡泊な味

それぞれがしっかりとした味が引き出されております。

メインの具材以外にもしっかりと仕事をしているのがべすのカレーの魅力です。

そして、いつもどおり、ライスが1/3くらいになると
残りの具材とスープにライスを投入しまして
温玉の黄身を半分「てゅるん」といただく
キラサギストであるワタクシならではの儀式をすすめようとします。

こちらの温玉は、すごく黄身が流出しやすい
トウフメンタル的な温玉で、今まで何度となく
食べている途中に、温玉の黄身をひっかけてしまって
スープに流れ出させてしまう事故を起こしています。

そんなのが頭に働いたので、ずっと、さまざまな具材で
卵をブロックしていました。

が、食べている過程で、卵の下のほうの黄身が敗れて
少しスープに流れ出しています。

なかなか難しいです。
そこで、その後は一気にかき混ぜて
卵の黄身を受け止めるべくドトウのようにかっこみます。

「レッツゴーフィーバータイム」〔cv田村ゆかり〕です

そして、「てゅるん」をしようと、べすの基本野菜のウズラ卵も黄身を
注意深く割りますと、この日の黄身はいつもの半熟。

うずらって野菜じゃないよねというツッコミとともに
おいしいからいいのです。

ごちそうさまでした。

こちらのおかず力の強いカリーでも
ビールかカクテルを一杯飲みたいなー

ま、かなわぬ夢っスよね。

あと、出入り口のところに何気なく、ニセコ産ジャガイモの箱が
おかれていました。

これはイモまでウマいはずです。






☆「アジアンスープカリー べす」
(札幌市白石区北郷5条9丁目1-1 厚別通り沿い)
◇営業時間◇11:30~15:00、17:30~22:00
◇定休日◇木曜、第3水曜  ◇駐車場◇有り
◇電話◇ 011-879-8151





あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。


ラジオにあったコーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」をクリックしてくれれば、
見ることができます。

かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていた
イトー×aniでした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1419-63d308f0