先日紹介した、白老温泉の記事が
室蘭民報にのってました

引用します


白老温泉ホテル隣接地、GW前に高級ホテルオープン
【2012年2月22日(水)朝刊】

 白老町日の出町の日帰り入浴施設「白老温泉ホテル」を経営するコニサーオイル(本社札幌)は、隣接地に一泊3万5千円の高級温泉ホテル「ピリカレラホテル」の建設を進めている。4月27日にオープンする。

 50平方メートルの客室は和洋室となっており、全部で6室。それぞれに、植物起源の有機質を含んだモール温泉の入浴設備と庭が付く。夕食は「札幌価格」で1万5千円から2万円のメニューを提供、白老牛はじめ虎杖浜産の海の幸などが並ぶ。北海道遺産にも選定されているモール温泉と食事を通して顧客満足度をアップさせたい考え。

 フランスが発祥とされ、郊外や地方の宿泊施設を備えたレストラン「オーベルジュ」をコンセプトにしているという。

 和風庭園の先に宿泊棟、レストラン棟、受付ロビー棟の3棟を構え、総床面積は約670平方メートル。外壁はレンガ造り。宿泊者のみの対応で、日帰り入浴は受け入れない。

 従業員は10人弱となる見込み。中国語、韓国語、英語、日本語の4カ国語が話せる中国人男性はフロアスタッフの一人。道内外はじめ中国の富裕層などを主な顧客として想定している。

 泉源からわき出る温泉水のミネラルウオーター「肌ぴりか水」を「ホテルの水」として活用する。

 白老温泉ホテルは3月5日に日帰り入浴を中止し、その後解体される。
(富士雄志)


そうですか、どこかで見ましたし、以前こちらでも書きましたが、
日帰り入浴はなしですか

あの風情も好きでしたし、やはり、「白老温泉ホテル」のうちに行っておいてよかったです。



さて、そんな白老温泉とのわかれをした翌日に向かったのが
蟠渓温泉 蟠岳荘さんです。

こちらの温泉はすごくひさびさにお邪魔することになります。

国道沿いの温泉旅館がならんでいるあたりの真ん中ほどに立っています。

建物の規模とか、全体的にこぢんまりとしながらも
蟠渓の「ひかり温泉」さんや、北湯沢の「かわせみ」さんにも通じる
玄関の上の屋根の配置など、堂々とした風格のある入り口がいいですね。

湯銭を箱の中に入れて、きちんと掃除がいき届いている廊下を歩き
脱衣場へ入ると、午前中の時間帯だったということで先客は誰もいません

貸切です

清潔そうなタイル貼りの湯槽からピカピカのお湯が
ざんざんとあふれています。

これはいいです。
浸かると蟠渓ならではのしっとり感がいいです

外がよく見える大き窓からは、たっぷりと陽光がさしこみ
窓外は、オサル川の景色が一望できます

まだ、雪は残るものの、なんとなく暖かい日差しが季節の変化を感じます。

貸切ということで、道南スタイルも堪能し、
湯面から立ち上がるもやの様子をも観察したりして、
1時間ばかりたっぷりとお湯を楽しみ、こちらをあとにしました



その後日、仕事が隼上りしたのでむかったのが、
鯉川温泉です。

駐車場に車を置いて、外に出ると、気温は氷点下2度
寒さのピークは過ぎましたので、これくらいの気温でも暖かく感じます。
そんななかたたずむ、昔ながらの建物の風情がまずはいいです。

見ると、車が結構とまっています。


中に入って、湯銭を手渡して、ぎしぎしと鳴る、昔の学校っぽい廊下を
歩いているときも、窓ごしに見える雪景色

脱衣場に入ると、スキーウェアがあったり、普段着があったりと
バラエティーにとんでいます。

中はなかで、湯槽のへりが黄褐色に変色しているところに
その満たしている淡い青みがかった碧色のお湯という
大好物なシチュエーションで、お年をめした方から、若い人から
さまざまな客層の人がお湯を楽しんでいます。

天井の明り取りの窓とその周辺は、
長年の湯気で変色をして、独特な模様を作っているのもいい感じです。

湯槽からはざんざんとお湯があふれてきていますし、

お湯の表面から立ち上がる湯気やもやが
フラットな視線で見ることができて、温泉番組のようで、いいですね。



露天は露天で、こちらにも何人も先客がいらっしゃいました。
滝から流れる水の音と白い雪の組み合わせが風情あります。

しかも、普段なら滝見の湯なのですが
この日の滝の前には、盛大に雪庇がせりでていて
これも豪快な、この時期ならではの景色を作っています。



ということで内風呂、露天ともに計一時間ばかり堪能をして
着衣をしていると、地元の方が話しに花を咲かせていました。

そんな観光客から地元民まで、さまざまな方に愛されているなということを
再認識して、自宅へ戻ったのでありました。



ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1411-c7d3c204