2011.12.31 あっさしーん
東京滞在中のホテルで、2chの実況みながらFate/ZEROを見てたときに
「アッサシーン」 って書き込みがあって
思わず本気で飲んでいるビールを吹いたのです。

というのは、国際展示場前駅と東京ビックサイトの間の通路に
さまざまな会社かオしているアニメのポスターが張られていて、
なかで、二期決定という大きい文字とともに
「ゆるゆり」のメインキャラのポスターが張られていました。

メイン4人のポスターが張られていましたが、
ちょっと違和感が

京子と結衣とちなつは、ポスターサイズたてに二枚張られていて
全身が写ってアピールされています。

が、主人公〔自称w〕のあっかりーんは

「2期でも主役だから
 出番が多くて 困っちゃうよぉ」

と書かれているせりふとはウラハラに

ポスター一枚しかスペースがなくて
上申しか描かれていなかった。

ヲイw

面白すぎるだろう。

これが、アニメスタッフの狙いだったらスゴいな~

狙いでなくても、その天然ぶりにスゴ味を感じたりして。

でも、僕だけではなくて、周囲の人も同じ反応をしていました。

ああ、僕はここにいてもいいんだ。

と思った瞬間でした。



ということで、二日目が終了であります。

こちらは、まんたんウェブさんの記事です。

引用します。


<コミックマーケット>2日目は17万人 前年の1万人増 コスプレも華やか
まんたんウェブ 12月30日(金)18時40分配信

日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)81」2日目の30日、前年冬の「79」より1万人多い17万人が来場した。東京都内は最低気温は1度と冷え込む中、会場はマンガファンの熱気にあふれ、思い思いのキャラクターにふんしたコスプレも来場者の目を楽しませた。

 コミックマーケットは、75年から始まったマンガや小説、ゲームソフトなどをテーマにした創作物を持ち寄る「同人誌」の即売会で、現在は夏冬の年2回開催。1日あたりの動員数は最大で20万人に達する日本最大級のイベントとして定着している。

 2日目は、中高生を中心に人気の「東方Project」などの作品をテーマにした約1万1700サークルが参加。人気が集まる壁サークルには行列ができ、スタッフが整理に追われていた。出版社やゲーム会社などが出展する企業ブースでも、限定グッズを求めて、初日と同様に長い列ができた。

 コミケの名物のコスプレ広場では、劇場版アニメ化が決まっている「魔法少女まどか☆マギカ」や「タイガー&バニー」などのキャラクターが目立ち、アニメ「スイートプリキュア♪」やゲーム「ドラゴンクエスト」などのキャラクターも登場し、来場者の目を楽しませていた。

 最終日の31日は、3日間で最も人気がある日とされるオリジナル・創作系が中心となり、約1万1500のサークルが出展する。(毎日新聞デジタル)




なるほど、
私は本日旅行のスペースに座っておりましたが、
そこでも人の多さが実感できました。



さて、この日は朝5時に起床し、ブログの更新だり
身づくろいだり、唐橋ユミのソコダイジナトコなどを聞いたり
なんだりをしているうちに
7時30分になったので、朝食をいただいて会場へ。

この日は8時30分に会場に到着。
その後準備などをして、会場時間の10時を迎えてパチパチパチ

この日は、新刊をもってくることができなかったのですが、
北海道の旅行本は何種類かあったので、
これと、北海道といえば、これでしょうということで
カントリーまぁむ様の「雪ミク」のフェルトマスコットで勝負。

フェルトマスコは、1時過ぎに完売しましたし、
「最後の1個で」といい終わる前にたたみかけるように
「買います」っていってくれるお客さんのリアクションに

こちらのフェルトマスコのパワーの強力な魅力を
再認識したのです。

ま、出ないと思った本もぼちぼち頒布できたということで、
満足をしました。


しかも、僕らのスペースの真ん前に、Kitacaのモモンガがいます。
さらにそのスペースにいるスタッフの方の着ている服の背中には
「KOTOKO」と大書されています。

これは行くっかない、と思っていってみたら、道内のサークルさんが、
Kitacaの本を売っていました。

これだから、鉄道サークルっていいですよね。
「僕も北海道の×××からきました」などといいながら
本を買ってしまいました。

ご本も面白かったです。


しかも、お隣のサークルさん〔夢大陸ラバーズ 様〕は、
北海道旅行とけいおんの聖地巡礼本を作っていました。

そんなお隣との会話も楽しかったですし、僕の狭い北海道情報が
楽しい旅行に思い出を添えてくれたらありがたいです。

そんな楽しい邂逅がありながら、時間は過ぎて
閉会時間の午後4時に

今日の楽しみが数々ある中での、結構上のほうのお楽しみ。

鉄道、メカミリの間の島ならでは、
閉会の放送のあって拍手がされたあとの、
しきりのかたの前説のちの


よ~お

ぱぱぱんぱぱぱんぱぱぱんぱん よぉ
ぱぱぱんぱぱぱんぱぱぱんぱん もひとつ
ぱぱぱんぱぱぱんぱぱぱんぱん

ありがとうございました~

せーのー

ばんざーい ばんざーい ばんざーい

来年もよーしく~


この三本締めと万歳三唱を聞くことができて、
よい年末だなーという思いをつよくしますし、

メカミリ方面でとびかう、制帽もいいですね。

いいものをみさせてもらいました。

ま、明日も残っているのですが


その後、前日設営のために、荷物をおいたのちに、りんかい線にのり
乗り換えの大井町へ。

そして、今宵の打ち上げ会場としたのが

「お食事は大井一 うまい、やすい」
の看板でおなじみ、「ブルドック」さんです。

この日の朝飯はホテルのバイキングでしたが、
お祭りで彷徨したりで、昼飯をとっていなかったので、
あたりまえだのお腹はぺこちゃん。

ここはがっつりと
さらにおいしいもので、明日の気合入れをしたい。

と、いうことでの選択といえば、こちらでしょう。


何年前から変えていないのだろうか、
という疑問ののこるショーケースの中で
昭和という時代の証人となっているような食品サンプルを見ながら、

自動ドアを踏んで中に入ると、時間は五時近かったですが、
常連さんなどでにぎわっております。

あいかわらず、この活気のある雰囲気はよいです。

お一人様だったので、カウンター席に腰を下ろして、

注文したのは、ビールとメンチカツ定食です。

ビールを飲みながら、待つことしばしで到着しました。

しっとりとした濃い狐色の衣にくるまれた
わらじのようなサイズの巨大なメンチカツの下には
たっぷりのキャベツが敷かれています。

しかも、キャベツの隅にはポテトサラダも隠れております。

いいねいいねいいねいいね。

前日の「丸一」さんではありませんが、
こちらも、カウンターから、調理場がよく見えまして、
揚げものをしている三人の方のタタズマイとか
連携の良さなどが、雰囲気があって、いいです。

出てきた味噌汁は大根メインですが、
味わいが豚汁っぽいですよ。これもいいですね。

ま、こちらは、店名こそレストランですが、
そんな気取ったお店でないので、注文をつけなくても、
最初からライスも出てきます。

このライスの量も多いですよ。

カウンターの上には、ソース、しょうゆ、七味、ごま塩、タバスコなど
雑多な調味料が並んでいました。
ここらへんは、キッチン南海にも通じます。

メンチカツは、食べても食べても肉滴があふれてくるものです。
衣はサクサク脂っこい感じはしません。
この肉滴の豊富さはおかず力の強さを感じます。
いいですね。

ライスだけでなく、ビールともベストマッチです。

ただ、人の欲望は限りないもの。
味噌汁が豚汁風ならば、ここは、七味を散らさなければ。

そして、ごま塩があるなら、ライスにかけねば

さらに、かつはかつなら、最後は端の部分を「寝かす!!」食いだ
ということで、最初からソースはかかっていたのですが、
さらに追加でソースをどばどばかけます。

そして、最後はからしをべったりと塗って

このカラウマジャンクな感じがたまりまセブン

というかんじで、メンチのボリュームですでにいっぱいいっぱいだったのですが、
最後まで味のバリエーションを楽しむことができました。

でもって、ビールをグビッとやって、

大満足でアリマス。

そして、ホテルに戻って仮眠をとった後に、「ピンドラ」や「Fate」の最終回を見たり
お祭りの準備をしたりしたのでした。


さて、どんな大晦日になるでしょうか。



ちなみに今日は、

新撰組酔狂パロや、けいおんの新作小説
北のフェルト神「カントリーまぁむ」様の
職人技のフェルトマスコットなどをひっさげて、

お祭り3日目、3月31日(土)
東2ホール U-14b 歴史のスペース。

サークル名はいつもどおりの「東行本舗」です。

マスコットは「まどマギ」のみですが
個数に限りがありますので早めにこられたよろしいかと思います。
よろしければ、足を運んでいただければありがたいです。

その時、ブログみてる故お話していただければ
さらにありがたかったりします。

と、いうことで東京ビックサイトでお会いしましょう。




かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。




追伸 


今日で、今年のブログ更新もおしまいであります。

今年一年、大変お世話になりました。

世間的にも、僕自身もいろいろありましたが、
皆さんのおかげで、たいへんよい一年でした。
心から感謝しております。

と、いうことで、皆様もよいお年をお迎えください。

イトー×ani 拝
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1388-6aa92d7a