土曜日のお仕事ですが、午後二時からと中途半端な時間。

となると、午前中はどこかに遠出ができるかな、と考えたときに
頭に浮かんだのが、
「マルトマ食堂で何か食べたい…」
ということでした。

よし、ならマルトマさんで何か食べて、胆振の温泉に入ってから
お仕事に行こうじゃないか

ということで、まずはマルトマ食堂さんへ車を走らせます。
時間は朝六時、車内のBGMであるHBC土曜日早朝の
諸々の宗教放送にこころを癒しながらw苫小牧へ。


八時半過ぎくらいにマルトマ食堂さんに到着。

前々回、ホッキハンバーグ定食をいただいた時は
少々早い十一時台でしたが、軽く混雑していましたし、
前回は海鮮丼をいただいた時は、七時前でしたが、
このときも混雑していました。

その時は、今までこちらのお店で見たのとは、
明らかに違う客層でした。
市場とかその周辺で働いている人たちが中心です。

ただ、そのような人たち100%だけではなく、
しっかりとカップルもいました。
これは、函館朝市の食堂を観光ノリで行く感覚なのかなぁ

このときも、そんな働くおじさんたちと、
観光客風の人たちが半々くらいでした。

そんなことでテーブル席はいっぱいだったので、カウンター前へ

目の前のガラスケースの中にいれられた
アツアツっぽいお惣菜がまぶしいです。

僕を誘っているのです。

これと、ご飯と味噌汁とか頼めばいいのかなぁ、

でも、そんなオーダーとかしている人とかはいなそうだなぁ、
定食のメニューから頼めばいいのかなあ

他にも気になるメニューもあるなー

しかも、前回は丼モノ、前々回は定食、その前は丼モノ、
さらに前はカレーだったなー

なんてのが、頭の中でグルグルしている中で、
テーブル席に座っているネジリハチマキのオジサンがいいました

「海鮮ミックス丼」

そんなときに、僕もつられていってしまいました

「海鮮ミックス丼、こっちも、」

俺は、孤独のグルメのゴローちゃんか!!

てか、それ前回も頼んだよ。

ただ、まぁ、前回もオイくいただいたので、
まぁいいやと待つことしばしで
まずはかにの足がたっぷり入ったお味噌汁とお新香が登場

そして、味噌汁をちびちびやっていると、
海鮮が光り輝いていてピカピカのヤツが登場しました。

いただいた海鮮丼はホッキはもちろんのこと、
うにやイクラも新鮮でぷちぷちあまあまとろとろでしたし
ネギトロもサーモンも、新鮮でおいしかったっすね

朝からこんなゴージャスなもの食べてバチがあたらないか
ってレベルでした

恐るべしマルトマ食堂

海鮮丼というと、先日に積丹のお食事どころみさきさんで、注文して、
美味しく賞味させていただいたのを思い出しますし、

そのときもこれまた先日購入した「極道めし」
(作 土山しげる(協力・大西祥平) 双葉社刊)の中で、
刑務所の中で、丼飯について、オイしそうに語る達人である「丼王」が
海鮮丼について否定的見解がのべられていたのも思い出しました。

が、それは、醤油、わさびの小皿の扱いに困ったり、
ライスの上に刺身がのっていても、結局別々に食べてしまうといった
観点での話しでした。

ただ、「丼王」は、シャバに出たら真っ先に食べたいのは
「海鮮丼」だと語っていました。

それは、刑務所では生ものが食べることができないから
という理由でしたが。

そんなことを考えながら、オイしく完食いたしました。

だだ、前回、こちらを訪れたときも書いたのですが、
カウンター上とかガラスケースの中の単品メニューについて、
マルトマ食堂のHpで再確認をしたのですが、

220円足すことで、で定食にできるそうです。
(普通ライス+お味噌汁+お漬物)

これは、次回こそ、マルトマに行った時に絶対試します。
これは、自分への伝言です。


さて、その後、満腹の気分を市場の景色を見ながら
さらに満たしたりしながら時間を消費し

九時半につくように向かったのが

蟠渓温泉の「伊藤旅館ひかり温泉」さんです。

そろそろ紅葉が始まりはじめていた北湯沢を越えて
蟠渓温泉の市街地に入ると、現在は営業休止中の健康センターがあって、
そこの近くにあります。

北湯沢の「かわせみ」さんもそうなのですが、
こちらも、明治年間に創業ということで、
北海道の寺社に見られるような屋根のつくりなど、
老舗の風情がいいです。

入り口には、「入浴の方は上の缶に料金を入れ 御入浴してください」
と書かれています。かわせみもそうだなぁ、と思ったのですが、
湯守の人がいましたので、その方に湯銭を手渡し中へ

昔の学校風の木の廊下、自炊用の炊事場や
スナック風のカウンターなどがあって、いい雰囲気です。

脱衣場に行くと、誰もいない様子で、貸切の模様です。

浴室に入ると、半分に切った楕円状態の湯槽があって、
湯槽には、透明なお湯がたっぷりと満たされていて、ざんざんと溢れています。

微妙にナトリウムっぽい味のするお湯もいいですし、
壁に書かれている「観光マップ」もいいあじです。

にしても、ひかり温泉音頭って、いいアジですよ。

こちらの浴場には、ヌル湯とアツ湯がありましたし、
これはまったりできます。
当然道南スタイルも楽しみました。


そして、しばらくしてから向かったのが、

露天風呂風の石風呂です。

周囲にめぐらされた塀こそは高いですが、太陽の光がたっぷりと差し込んで
気持ちいいです。

湯槽の中央にある大きな岩からお湯が注ぎ込まれているのも
いい感じです。

と、いうことで、小一時間ばかり滞在し、大満足のうちにあがりまして

お仕事へと向かったのでした。



翌日は、お仕事がオフということで、旭川へ行って、カレーを食べました。

その後にむかったのが、久々の「フロンティア フラヌイ温泉」です。

こちらのヌル湯も、いつまでも入っていられそうなところが
最高です。

クセになるので、また行きたいな。






ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1356-59198ce1