2011.09.23 秋ですね
と書いて早々、こんなニュースを見つけました。

北海道・旭岳で初冠雪…平年より3日早く
読売新聞 9月22日(木)14時11分配信

 台風15号の接近に伴って、北海道上空には10月上旬並みの寒気が入り、大雪山系の旭岳(2291メートル)で22日、初冠雪が観測された。
 旭川地方気象台の発表では、観測は昨年と同じ日で、平年より3日早い。
 また、同山系の黒岳(1984メートル)でも、初雪が降った。黒岳ロープウェイを運行する「りんゆう観光」によると、やはり昨年と同じ日の初雪。山頂に近い避難小屋「黒岳石室」周辺では、午前3時頃からみぞれが降り始め、30分ほどで雪に変わった。同5時半には、気温が氷点下1度、2~3センチの積雪になったという。


そうですか。初冠雪ですか。


この大雪山系の冠雪のニュースも、
この時期になるとやたら増えている
スタッドレスタイヤのCM同様に、
短くも印象深い秋の風物詩の一ページです。

こんなニュースをかさねながら秋が深まり
あっという間に冬になるのです。

そんな季節の変化も、嫌いじゃないですよ。



さて、そんな秋の楽しみはいろいろありますが、

僕的には、読書、食欲の秋とならんで、
スポーツ観戦の秋です。



そんな時期に、こんなニュースを目にしました。



高校野球秋季大会:地区大会 富良野、45年ぶり全道大会 /北海道

◇函館大有斗・東投手が無安打無得点
 来春のセンバツ出場校選考の参考資料となる第64回秋季北海道高校野球大会(道高野連、毎日新聞社主催)は19日、4地区で8試合あり、新たに旭川、十勝、釧根の各地区で代表5校が決まった。旭川地区では富良野の吉田拓也投手(2年)が昨夏の北北海道大会で優勝した旭川実を完封で破り、45年ぶり6回目の全道大会進出。十勝地区では白樺学園がコールドで夏の北北海道代表の貫禄を見せつけたほか、帯広柏葉は逆転勝ちで46年ぶり10回目の全道大会に駒を進めた。釧根地区は釧路工、武修館が全道大会進出を決めた。函館地区では、函館大有斗の東祐輔投手(2年)が松前との2回戦で無安打無得点試合を達成した。【近藤卓資、横田信行、山田泰雄】

◇強豪を完封し笑顔
○…「借りは返そうと思っていた」。昨年の地区代表決定戦で旭川実に敗れていた富良野の伊藤彰浩監督は、強豪に快勝し、してやったりの表情。原動力は被安打3で完封したエースの吉田拓也投手(2年)。「直球で押し、低めに丁寧に投げられた」と笑顔を見せた。17日の3回戦で134球を投げていたが、18日が雨天順延になり、いい休養になったようだ。今春の旭川実との練習試合で八回まで0点に抑えて完投勝ちしていただけに、伊藤監督も「期待通りに投げてくれた」と満足そう。45年ぶりの代表に「長かったですねえ」と感慨深げだった。



僕は富良野に10年間住んでいましたので、自分の実家の次に
長く住んでいた街になりますので、
そんな町の高校の活躍には、目が行ってしまいます。


この時期の富良野の高校生といったら、
高校ラグビーが主役でした。

今年の富良野高ラグビー部も、緒戦で美幌を破り
準決勝でも、北見北斗に、22対22のタイスコアで、
抽選の結果、富良野が決勝戦に進出していますから
大健闘をしています。

ちなみに決勝は、24日。相手は、これまた僕が以前住んでいた
遠軽町にある遠軽高校です。

富良野が勝てば7年ぶり3度目の花園
遠軽が勝てば2年連続7度目の花園です。

こちらは僕も仕事が休みなので、見に行く予定です。


と、盛り上がるラグビーですが

その反面、僕が富良野に住んでの10年間の富良野高校の野球部といえば、
秋の大会に限らず、春も夏も含めて、
惜しいところで、旭川南にまけるとか、工業にまけるとか
私立にやられるとか、そんなのの繰り返しでした。

が、今回は緒戦の明成と、決勝の実業と
私立二校を撃破しての全道大会ですから、スゴいです。

また、準決勝の相手は、同じ富良野市の富良野緑峰高校。
さらに、上富良野町の上富良野高校は
旭川東を破り、旭川実業に惜敗するという結果でしたので、
富良野勢は大健闘をした大会でした。

そしてそんな大会の頂点に立った富良野は、
45年ぶりの秋大会ですからね。

部員諸君や、伊藤監督、齋藤部長をはじめとした
関係者の方々の頑張りには心から敬服しています。

おめでとうございます。



ただ、今年の秋大会は、45年ぶりの富良野だけでなく、

46年ぶりに出場する帯広柏葉
28年ぶりに出場する北見商業
23年ぶりに出場する天塩といった
久々の学校から

静内、札幌龍谷といった初出場の学校
昨年初出場で、2年連続出場の
女満別といったフレッシュな学校も
出てきていますから、

今までの大会よりもバラエティーに富んだ
出場校が見ることのできる大会です。

開幕は、10月3日からです。

こちらも仕事の休みの時に見に行きたいです。


そんな、富良野高校の活躍から目が離せませんし、

これらの学校の健闘にも期待をします。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていた
イトー×aniでした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1350-08bb2f7c