☆「soup curry GALLUP」
(函館市松風町6-18 2F)

先日も当ブログで書きましたが、
脂っこいオシゴトが一段落しました。

現在GW期間ですが、ここを含めて、土日のどちらかには
オシゴトが入りまとまって休みがとれません。

と、いうことで気分転換と気合いれをかねまして、
函館へ行ってまいりました。

まー、行程については、前日の温泉三昧にある通りですが、

夕食に訪れたのが、ホテルからすぐ近くにある
ギャラップさんであります。

電車通りから少し入ったところに店舗がありまして、
少々暗いなかに灯りがついてます。

看板を確認してから2階へとのぼりますと、
階段の手すりが流木のような自然木で
いい雰囲気です。

中に入ると、新しくこざっぱりとした感じながら
木の暖かみをよく生かした内装と、
洋楽のBGMが、いい雰囲気を醸し出しています。

すぐにメニューとお水が運ばれてきましたので、
メニューを吟味

こちらのメニューは

ギャラップスペシャル 1280円
ギャラップカリー 980円
やわらかチキンカリー 950円
とろとろ角煮カリー  980円
手ごねハンバーグカリー 980円
シーフードカリー 1080円
野菜カリー 880円
納豆・なめこ。オクラカリー 880円
おこちゃまカリー〔ジュース付〕 580円

あと、メニュー外のメニューとして
キノコとベーコンのスープカリー 1050円

カレー以外のメニューとして
角煮丼  500円


トッピングは

やわらかチキン 角煮 手ごねハンバーグ
厚切りベーコン 300円

エビ・イカ・ホタテ 200円

特製手羽ギョーザ〔一本〕
肉巻きキャベチーフライ〔一個〕 150円

エビ揚げギョーザ〔一個〕 ミニうどん タマゴ 岩のり 
納豆 もち とうふ チーズ アスパラ オクラ なめこ  100円

しめじ きゃべつ 50円

辛さは
0~3 +0円
4 +20円
5 +40円
6 +60円
7 +80円
8 +100円
9 +120円
10 +140円
10~ お声を掛けててください。

ライス 大盛り +0円
おかわり、+100円


スープ
エビスープ +100円
大盛り +100円

と、いった中から、

前回は、函館のセンスを感じるフリーペーパー
「Jam函館」誌に写真入りで紹介されていた
手ごねハンバーグカリー、辛さ7番に、
手羽餃子をトッピングましたが、

その時から気になっていたのが
肉巻きキャベチーフライが入っている
ギャラップカリーでしたので、オーダー。

辛さは6番トッピングは玉子です。

でもって、徒歩圏内のホテルに宿泊している夜カレーですから
当然生もいただきますよ。

ロックなBGMに耳を傾けながら
まずは運ばれてきた生で喉を潤します。

あぶらっこい仕事明けということで浸みますね。

しかも、BGMに混じるのが、
じゃーっという盛大な調理音ですし
調理音にともなって大きくなるスパイスの香りがいい感じです。

そんな感じで待つことしばしで登場!!

白い清潔そうな丸い器に入った
濃いカレーですね。

濃焦茶色のこってりとした感じの
非透明系の濃厚そうなスープです。

ただよってくる感じもルーカレーっぽい香りと
どこかほのかにただようブラウンソースっぽい香り。

このブラウンソースっぽい香りは、
先日いただいた「てら家」とか「藤乃屋」や
旭川の今はなき「チロ」を思い出させてくれます。

結構フォロワーのできているタイプのスープカレーですが
函館で、この手のスープカレーに遭遇するのははじめてです。

と、いうことでまずはスープを一口いただくと
見た目通りのナツカシイ感じの味。

最初に濃い味がきて
嚥下した後に、しばらくするとしっかりと残る
旨味やコクのアンサンブルにふんわりとしたスパイスの香り。

前述したチロなど、ルーカレーからアプローチした系の
お店で今までも見てきましたが、
こってりとした味がまずはいいですな。

しかも、じわっと、確実に
汗腺に働きかけてくるスパイスの働きがいいですよ。

ルーカレーっぽいなーなどと食べていきながらも、

スープカレーの醍醐味であるすいすいと飲むことができて

スープのコクとウマ味と、スパイス遣いのバランスを賞味しながらも
最終的には汗をかくという
いいとこどりなカレーですよ。

しかも具材の肉巻きキャベチーは
前回食べたハンバーグを思い出させてくれるような
ふわっふわのお肉からじわっと肉滴があふれてきますし、

キャベツもアマいし、チーズは濃厚なスープに
更なる濃さをもたらしてくれます。


その他の具材も、
シャクシャクの食感が
これまた濃厚カレーにあっている分厚いれんこんに、

アマアマでホコホコなかぼちゃとか、いも、

茄子汁と染みこんだ脂と、
染みこんだスープのバランスが絶妙ななす

軽く焦がしたのが
旨味を封じ込めているブロッコリーに
これまたしっかりと脂通しをした
盛大な調理音の成果でしょう
オイしいピーマン

刺激的なカレーの中でもありがたい存在の
優しいアマさのキャベツに

この食感も大好きなヤングコーン

それぞれいいです。


そんな感じで喰い進めていって、

ライスもスープも残り四分の一に
なったところでスープに投下。

でもって最後の祭りでありまして

とっておいた半熟ゆでたまごの黄身をスープにとかして
攪拌しながら食もすすめば
ビールもすすむ。

食べ終わった余韻をビールでながしこんで
ゴッツォーサンでした。

次は、カレーメニューの中に唯一ある
「角煮丼」が気になったところでありますので、

角煮の入ったカレーかなぁ

などと思いながら、
ということで大満足でホテルへと戻ったのでした。



☆「soup curry GALLUP」
(函館市松風町6-18 2F)
◇営業時間◇ 11:30~15:00 17:00~22:00
土・日は通し営業
◇定休日◇ 不定休 ◇駐車場◇ 有 
◇電話◇ 0138-26-0110





☆「ラーメン店 なかま」(倶知安町北2条西2丁目23) 

町内の中華料理・ラーメン屋が多い
隠れ中華料理の街が倶知安町です。

何度か当ブログでも書いていますが、
かつてニセコのホテルで働いていた職人さんが独立してできた店ととも、
老舗のシブい中華料理店もあります。

こちらは、倶知安の飲み屋街である「都通」に、
古くからある、老舗のお店で、
倶知安・ニセコにあまたあるラーメンを食べさせてくれるお店の中でも
評判の高いお店で、

僕も何度か行ってほっとさせるオイしさのラーメンや
ご自慢の餃子などに舌鼓をうちました。


ちなみに、富良野時代の知人に
こちらでばったりあったこともあります。


さて、そんな中華の隠れメニュー的な存在に
個性的なカレーのメニューがあるのも、見逃せません。


黄色い地に黒で店名が大書されたのれんを押して
町の大衆食堂といった感じの入り口をあけて中へ。

中は、カウンター席とテーブル席と
小上がりがありますが、

僕はいつものオヒトリサマだったので
カウンター席へ座り、

厨房の上にずらっと張られたメニューに目をやります。



塩ラーメン・正油ラーメン・味噌ラーメン 700円
コーンバターラーメン 800円
のり玉ラーメン 800円〔半熟玉子がうまい〕
ネギピリ辛みそラーメン 850円〔普通麺〕
ネギ辛辛みそラーメン 850円〔とうがらし麺 一度ためして〕
ネギ激辛みそラーメン 950円〔辛いのが好きな人にオススメ〕
チャーシューメン 900円〔人気№2〕
岩のり塩ラーメン 1000円〔どれ食べようか迷ったらこれだ!〕
のり玉チャーシューメン 1000円〔やっぱりこれかな〕
梅塩ラーメン800円〔サッパリ梅風味〕
梅塩チャーシューメン1000円〔人気あります。〕
ネギピリ辛みそチャーシューメン1100円〔これも良いかも〕
Wチャーシューメン 1300円〔ガツクとチャーシュー食べよう!〕
ざるラーメン 600円 〔昆布麺でレもピリ辛スルスルいける〕
ジャンボラーメン1000円 〔麺は2.5玉 スープは2倍 野菜は3倍〕
ジャンボチャーシューメン 1300円 

冬季限定
なべやきラーメン 850円 キムチラーメン〔みそ 正油〕880円
なべやきキムチラーメン 950円  キムチ麺辛ラーメン〔みそ 正油〕 930円

といったラーメンメニューのほかにも、


チャーシューカレーライス 1100円
焼きカレーライス 900円
カレーライス 700円
ちょっとカレーライス 400円

なかま特製チャーハン 800円
半チャーハン 600円

チャーシュー盛り合わせ 1600円
なかま特製手作り餃子 400円 



といったようなメニューがズラッと並んでいるのです。

しかも小上がりには、模造紙に人気メニューランキング
などもあるので、豊富なメニューで一見さんであっても

好みのメニューにアプローチできそうです。


さて、今まではこちらでは
ラーメン・ギョーザ・チャーハンを
それぞれおいしくいただいたのですが、
このブログに書いているくらいですから、この日はカレーです。

しかも、その模造紙のような紙に
人気メニューと書かれているということで

焼きカレーをオーダー。



新聞を読みながら待つことしばし
今まではラーメンのスープのにおいが満ちていた店内に
次第にスパイシーな香りが漂いだしますし

チーンなんと音がするともう期待でワクワクです

というところで、
「アツいから気をつけてくださいね」
との言葉とともに

登場しました。


白い清潔そうなのグラタン皿のような陶器に入り
カレーの上では「ぢぢぢぢ」と焼き音をたてて
チーズがとろけています。

「食の軍師」的ボキャブラリーで言うと
「焼きカレーが歌ってる」というヤツです
〔僕、かってに命名〕

さていただきましょう。まずは、スプーンを刺して引くときの
糸引くチーズはお約束ですが
カレーを楽しむ前奏曲としていいです。


しかも、口に入れると
期待を裏切らない濃厚な味なのです。

まずは濃い色のカレーがしみじみとオイしいです。
倶知安町は農産物の一大生産地ですが
そんな野菜がルーにしっかりとけていて
大きな塊がにくてもさまざまな野菜の味わいが
しっかりとわかり、うまみを出しているカレーです。

さらにしっかりと、スパイシーながら
野菜などの甘みも感じる
重奏的なカレーです。

ウマさと辛さの調和こそが
カレー食いの至福の瞬間です。

そんなウマ味の塊と
これまた、別のベクトルでウマ味の塊である
あつあつのチーズがにょ~んとまとわりついています。

この濃いルーと、濃いチーズの邂逅が
焼きカレーの肝です。

目に鮮やかな上に乗っかっているパプリカも
結構おおぶりのヤツがはいっている
ジューシーな豚肉も

カレーの濃さとあいまっていいです。


と、いうことで、ウマイウマイいいながら
最後のお楽しみが

とっておいた玉子の黄身を
最後にぱくっと、
〔熱さで少々固まっていたのでキサラギちゃんのように
「てゅるん」とはいきませんが〕
周辺のライス、カレー、チーズとともに
ヤケドしないように一気にいただきます。

おいしかったー

そして、しめのお水をくいっとあおって

ここまでがカレーですね。

ごちそうさまでした。




ごっつぉおさんでした。

やはり、なかまにはハズレなしです。



ちなみに、倶知安で名物カレーを食べさせる中華というと
大艦巨砲主義のカツカレーが有名な
起龍さんがありますが、

それって、このお店の向かいで、

いつも、どっちにいこうか、贅沢な悩みをもつのです。





☆「ラーメン店 なかま 」(倶知安町北2条西2丁目23)
◇営業時間◇ 〔月~金〕14:00~02:00(L.O.01:30)
〔土・日・祝〕11:00~02:00(L.O.01:30)
◇定休日◇ 不定休 ◇駐車場◇有
◇電話◇ 0136-22-0660







あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。


ラジオにあったコーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」をクリックしてくれれば、
見ることができます。

かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていた
イトー×aniでした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1303-bb8e559e