仕事が忙しいのには変わりはないですが、
今のところ、土日の休みはとれます。

ということで、甘えさせていただきまして
先週の土曜日は、畏友P氏、畏友GMクンと
共通の知り合いのA嬢の三人で、
札幌で飲もうというお話。

そこで、札幌に移動する前に堪能したのが豊平峡温泉です。

内風呂の今は亡きホロカ温泉旅館を思わせるような
湯の花がこびりついてできた
棚田のようなだんだんもよければ、

露天の湯温が比較的低いところで
かつ、岩がせり出ているところで
擬似道南スタイルを楽しむのも

いいですね。


そんなところでゴロンとしていると

風向きによって、

お、春を感じる青っぽい新緑の香り

お、かるく硫黄香が漂う温泉独特の香り

と楽しむことができますが、

行った時間が行ったということもあって

スパイシーさと、ヨーグルトやトマトなどの
野菜が混じったインドカリーの香りが
この温泉ならではですね。

どの時期に来てもいい温泉ではありますね。


で、この晩は、

畏友P氏、畏友GMクン、畏友A嬢の三人で
ススキノのマルカ商店(○カ商店)で

凝った突き出し産品に圧倒されながら
注文をした絶品のプルホルモンに、塩ジンギスカンに
ホルモン盛り合わせに、レバ刺しに
それぞれノックアウトされてしまいました。

こちらは、同じホルモンを七輪で食べているとしても、
旭川の「馬場ホルモン」で食べているのとは
180度別物なのです。

いやー馬場ホルには馬場ホルの
焼肉を超越したようなある種のアジがあって、
そこが、ツボというか、ハマるのですが

こちらのお料理は、全般として焼肉というよりも
おいしい肉料理を七輪であぶっていただくという
味わいのお料理でした。


ごっつぉーさまでした。


で、その翌日ですが、
畏友P氏、GMクンとともにベすでカレーを食べたあと
最初は石狩金沢にある
ふくろ乃湯に行こうと思ったのですが、

この日はちょうどボイラー修復のためにお休み

ということで、
宗旨替えして向かったのが

しんしのつ温泉のアイリスでした。

ここの強烈にしょっぱい温泉が和みますね~


しかも、ちょうど昼飯時だったということもあり
人気の施設でありながら
比較的すいておりました。

途中、結婚のよさを説くおじいさんとも邂逅しましたが
それはそれで、トンデモ好きな畏友GMクンの
守備範囲でありました。


しのつ湖でのつりバカ対決といった
「どうでしょう」のネタがすきなP氏も

露天から見える赤い鳥居に
どこか民俗学の香りが漂うということで
民俗学ダイスキのGMクンにも

満足していただけました。

いい温泉でした。



ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1297-44d24024