☆カレー気分 (札幌市清田区北野6条2丁目11-4 尾崎ビル1F)

札幌の北翔クロテック月寒ドームで
イベントがあったので行ってまいりました。

月グリの名前で親しんできたのですが
アルファコートにかわり
今は北翔クロテックでして

ネーミングライツとはいえ、
ころころかわるのはどうなのかな?などと
思うのです。

それしさておき、
イベント会場では畏友P氏と合流をしまして
自然、このあとはカレーでも食べに行くべ
という流れになったので


イベント会場近くで、かつ、お気に入りでありながら
ご無沙汰しているという
清田通り沿いの「カレー気分」さんへむかいました。

黄色い壁と赤いドアが
好コントラストだなと思いながら

駐車場に車を置き、二人で中へとすすみます。

こちらは、町の喫茶店みたいに
落ち着く感じで、まずはそこが和みます。

でもって、メニューを拝見。

チキン 道内産の骨なしチキン 920円
チキンやさい 1080円
ポーク 角煮風 990円
ポークやさい 1150円
ラム ラムのミートボール 940円
ラムやさい 1100円
やさい なす ブロッコリー 小松菜 940円
やさい&やさい さらにトマト入り 1100円
ミックス チキン、ポーク、ラムがいちどに楽しめます 1100円
ミックスやさい 1260円
ひき肉 豚ひき肉とコーン、小松菜 990円
ひき肉やさい 1150円
きのこひき肉 豚ひき肉 えのき まいたけ えりんぎ 1070円

すべてのカレーには
たまご 人参 いも しめじ きくらげ 水菜
○○やさいにはさらに
たけのこ なす 隠元 おくら ブロッコリー れんこん
が入っています。


辛さをお選び下さい
0 お子様でもOK
1
2 中辛
3 辛口
4   ぶなんな辛さ
5
6 大辛 辛いものが好きな方におすすめ

12
  マニア向け
30 毒

13以上は +50円
30以上は +100円


ごはんの量をお選び下さい。
少〔半分〕 100g
少なめ  150g
ふつう 200g弱  無料
中盛 250g  +30円
大盛 300g  +50円
超大盛 400g +100円

スープ大盛 +150円

お好みのトッピングをどうぞ

オクラ つぶつぶコーン きくらげ ピーマン 各50円
チーズ たまご 各70円
なす 小松菜 たけのこ ホールトマト ブロッコリー
まいたけ えりんぎ 各80円
ラムボール1ケ 180円
チキン 230円
ポーク 250円
ひき肉 190円



と、いったところ

こちらの奥さんの手作りだそうですが
イラスト入りのメニューがかわいらしいですね。

店舗の白い壁にずらっと下がった
トッピングメニューも、いい感じですね。


で、ワタクシはこのメニューから
こちらで食べたラムのツクネのインパクトが
忘れられなかったのでラムやさい
チーズトッピング 七番を

畏友P氏は、ミックスの七番を
それぞれオーダー

この二人でメシを食べに行くと
かなりの高確率で話題にあがるのが
「孤独のグルメ」ですが
今回もそんな話をしながら
待つことしばし。


出てきたカレーは、
茶器にも通じるような独特の形をした厚手で、
見るからに陶器って感じの食器で供されます。

食器の色がくすんだ茶色なのと
好一対な目に鮮やかなオレンジ色をして
油がキラリと浮いている非透明系のスープ。

やはり、この食器にはいっている
このスープを見ると、
カレー気分だなぁと思うのです。

白いお皿にのった
鮮やかなターメリックライスのコントラストも
いいですよ。

しかも、トッピングのチーズは
別皿に添えられての登場です。


と、いうことで、チーズをざらざらとスープに投下して

スープを一口。

いっただっきま~す



!!!!


ヲヲヲヲヲヲヲヲ


うおォン!!


うおォォォォォォォォォォォォォォン!!!!


これはうーまーいーぞー!!



刺激的なのだけれども、
それを補うコクや深みが
たまらないです。

とはいうものの
嚥下したあとには
ふわんと残響が残るのみという感じの

あっさりしている不思議なウマスープ

が、あくまでも食べ口は
濃いのですよね。

どこか、和風の出汁を使ったスープカレーにも通じる
サワヤカさとか、
洋食のスープのスッキリとした感じにも
通じるのです。

が、

繰り返しますが、
めちゃくちゃウマい!!

いいですねー、
もうこれだけで幸福ですが、

今回のメインは羊です羊。

ラムだっちゃ



失礼



ミートボールで出てくる羊はは、
スプーンで割った瞬間にぷしゅっと
透明な肉滴が出てくるのです

これがイイ!!

この肉滴があふれてくる時点で
もうオイしいこと決定です。

しかも、これが、懐かしい羊の味で、
羊喰っている、獣喰っている感を満たしてくれます。

苦手な人は苦手かもしれませんが

しかも、肉にもしっかりスパイシーな味付けが
されているところがいいですよ。

そんな羊独特の味とスパイスのバランスが
カレーのスパイシーさとあいまって
エスニックな気分を満たしてくれます。


うーむ、ウマいウマい

と、感動しているとP氏が

「これ、うめーっスよ、喰わねっスか」
といって、自分のカレーの中に入っている
豚肉をくれました

豚肉は肉自体の味わいが噛むとしみ出してきて
さらに脂のウマさと
スープが混ざった味わいにやられます。

これはウマい

そして、鮮やかなオレンジ色のスープを彩るのが
焦がしバジルとともに、
どんとはいっているピーマンで

ピーマン・バジルとともにスープを彩る
水菜はシャキシャキで、
目にもオシャレで、しかもオイしいです。

アマいニンジンも、ホコホコなじゃがいもも
シャクシャクな食感のレンコンも、
なす汁がじわじわとしみでてくるなすも
チュルンという食感のシメジもいいのですが

底の方からキクラゲも登場し
このぷりぷりな味わいとウマみの塊ぶりも
すごくあっていますし

後入れしたチーズがすぐにとろとろになって
みょーんと糸を行くのも

濃い味を加えてくれるのも

いいですよいい。

タッパに入った、たまねぎの酢漬けも
さわやかでいいですね。


こちらもすっかりp氏もお気に入りで、

「このタマネギ、箸やすめを超えた箸やすめだ」
「タマネギもおかわりくださーい」

などと言っております。


まったく


しまいには
「カレー気分…なんだかとぼけたネーミングの店だ。」


などと言い出しました。


どんだけ「孤独のグルメ」ウォッチャーなんですか。


でもって、ライスもスープも残り四分の一ほどになったところで

コロンと一個まるまる入っているゆで卵が
黄味はしっかり半熟ということで

こんな濃厚スープによくあうターメリックライスを
投入したあと、黄味と絡めて
オイシクいただきました。


大満足のうちに、会計をすませて
車に乗り込んだわけでした。


はー、オイしかった。


そういえば、店内にも書いてありましたが
こちらは、昨年でオープン十周年を
迎えたとのことだそうです。

開店が1999年ですから。


もう開店から、そんなにもの時間が
流れたわけですね。


と、シミジミしたのです。



☆カレー気分 (札幌市清田区北野6条2丁目11-4尾崎ビル1F)
◇営業時間◇ 月~金 11:30~14:30、17:00~20:30
土・日・祝 11:00~20:30
◇定休日◇ 水曜日、木曜日   ◇駐車場◇ あり
◇電話◇011-885-6331






☆Asian Bar RAMAI 苫小牧店(苫小牧市木場町1-10-10)

用があって、苫小牧に行きました。

用事を終えてホテルに入ると
まもなく夕食時

これは、カレーしかないべ。


しかも、ラマイさんが苫小牧の駅北口に
今年の八月にオープンしたという
話ですからね。


ということで、苫小牧の夜の町に
くりだしました。


駅の北口から歩いてすぐのところに
店舗はありました。


入り口は木の重厚な感じの扉ですが
旭川店などで慣れ親しんだ
流木のようなとってはありません

と、思うと

!!

自動ドアでした。


さて、中へ入ると薄暗い店内というのは
他のお店と共通で
かえってきたという感じがします。

お1人様ということで、壁際にある
木で出来たカウンターに腰を下ろし、
メニューを吟味します。


メニューはこちら

スープカレー インドネシアのスパイスをふんだんに使った

ヤサイ…¥880 野菜いっぱい。ヘルシー志向の方にオススメ
チキン…¥980 じっくり煮込んだチキンはラマイの定番メニュー
ポーク…¥980 トロトロの柔らか角煮風。ラマイの準定番メニュー
ブヒッ…¥980 特選ブタしゃぶ肉がタップリ
ウダン(エビ天2本)…¥980 このお得感!天麩羅屋さんも号泣の一品
タフゴレン(揚げ出し豆腐)…¥980 さらりと揚げた揚げ出し豆腐とスープの相性抜群
ビーフ…¥980 旭川店発祥のメニュー。根強い人気があります
フィッシュフライ…¥980 ジャンボなフライが2枚でクドイほどのボリューム

スープ・サビ・プダス インドネシアの代表的な味
ビーフ…¥980 濃厚な味と柑橘系の酸味が絡みあう不思議なスープ。

でもって
トッピングは
目玉焼き…¥100
チーズ…¥120
タフゴレン(揚げ出し豆腐)…¥120
もち…¥150
ロールキャベツ…¥150円
本日のキノコ…¥200
ウダン(エビ天1本)…¥200
Wチーズ…¥200
ポーク…¥250
チキン…¥250
ブヒッ(特選ブタしゃぶ)…¥250
ビーフ…¥300

スープトッピング
自家製ガーリックオイル
ニンニクの香ばしい香りが一段と食欲をそそる
弱 風味ほんのり ¥50  強 風味しっかり ¥50

スパイシーココナッツミルク
インドネシア産ココナッツミルクで、濃厚な味わいがさらにUP
弱 風味ほんのり ¥50  強 風味しっかり ¥50


ライス
ライスはインドネシアではポピュラーなプシクーニン
数種類のスパイスをベースにココナッツミルク風味にしあげてます。
S150g M300g L400g
ライスおかわり +¥100
キンタマーニ 約900g +¥200

スープ
カイエンペッパーとガラムマサラをミックスした辛みスパイスです。
辛さアップは無料です。
マニス ターゲットはお子様 すこぶる甘い
1 マイルド

3 大人の辛さへ突入 中辛程度



7 常識的な辛党なら、この辺りから


10 結構辛いです。





辛党のかたには絶対オススメのラマイ源泉の生唐辛子
新鮮な生唐辛子の風味がさえ
スープをひきたてる!
その名もラマイチリ!!
有料です。

スカ ¥50 辛さ好きになってきた初心者の方へ
 3~4番位の辛さ
チュバ ¥50 常識ある辛党の為のお試しレベル
 6~7番位の辛さ
プダス ¥50 本物志向の方へ
 10~11番位の辛さ
ルビー ¥100 危険ゾーン突入
パリン ¥100 マニア向け
デヴィ ¥100 神レベル
デヴィフジン ¥100 神も恐れぬこの辛さ
 デヴィの1.5倍



といったラインアップです。

まずは、歩きの夜カレーですから
ビールを。

そして、ひさびさのラマイですし、
しっかりと肉を食べたいということで、
「ビーフ」、辛さは、7番
トッピングは、目玉焼きをライスの上にと
スープにガーリックをお願いして注文。

ま、翌日に誰かにあうという用事は
ありませんからね。


インドネシア風の調度品とかを眺めなたり
民族音楽をベースにしたハウスミュージックに
耳を傾けながら待つことしばして

まずはビールが登場しました。

グビッと行きながら
さらに待つことしばし

待つことしばしで、嗅ぐわしい
蠱惑的な香りとともに登場しました。


うむ。久々です。
この香りがいいんですよね、

周りが微妙に波形になっている
灰色のしもふり状の模様が入った
漆黒のボウル状の器に入った、
油がたっぷりと層を作っている
茶色に近い濃いオレンジ色のスープと、


同じ色のお皿にのっている

鮮やかな黄色なライス。


うむうむ

これがラマイのカレーですよ。


ってことで、
まずはスープを一口

ぱくっと



んっ?


ゥヲヲヲヲヲヲゥ!


じぃぃぃぃぃぃん。



これっスよね~。


一口目は軽くアマみがかかっているのです。
アマくてウマいのです。

このアマミとウマ味は、タマネギ由来のもの。
でも、辛いだけではなくて、コクとか酸味
それからほのかな甘みがあるという

穏やかで濃厚なスープなのです。

色々なところで、インドネシアやバリのコダワリを
見せているお店なのですが
スパイス遣いは、そこまでマニアックで
とっつきにくい感じではない

まさにウマ味のくる落ち着いた濃厚なスープは
他店でいただいたのと同じです。

ただ見た目通りの飲み口に油断をしていると、
すぐさまガツンとしたパンチがきいて
ビックリするような、コクやウマ味を
一気に運んできてくれるインパクトがあって、
そんなしっかりとした味に支えられ、
スパイスもはっきりとした自己主張をすることが
出来るという複雑なタイプ。

ただし、嚥下したらスッと刺激などがひいて、
心地よい刺激と、良い香りのみが
残響として残るという。

スープのコクは、絶対に
オレンジ色のもととなっているトマトのこくに旨み
そして残響にも影響を与えているさわやかな酸味。

これが甘みのもとにもなっている
タマネギとあいまって、
とんでもないことになっているのです。

しかも、今回はガーリックオイルトッピングですから
ガツンとくる度合いが
違ってきますね。

オイルのトッピングですが
フライドガーリックが散らされているところも
口の中であばれる感じでいいです。

濃くて幸せです。


そして、本日のメインは
ビーフですビーフ。

いっただっきま~す。


かぷっ


じぃぃん。

かぶりつくと、旨みが肉滴とともに
じわっと出てくるのです。
そして、しっかりと
繊維がほろほろに崩れる感じ。


そして、噛み応えが
しっかりとしているのです。

この肉滴と刺激的なスープが
よくあっているのです。


しかも、
分厚い連コクのシャクシャクな食感と

ほこほこに煮られているニンジンのアマさ。

スープのそこでいろいろなお味をささえる
キャベツのアマさ。

南瓜の素朴な味と、
素揚げされたアスパラのシャッキリした味

ピーマンのアオい美味しさなどが
すごくいい感じに出ていまして、


これは、厨房から流れてきた
ジャージャーという盛大な音はダテではない
丹念に油通しされていまして、

こりゃーいいいや。


スープが刺激的なので、
これらの具材の持っているアマ味が
いいです。

しかも、ライスは
ココナツミルクとスパイスの効いたという
ここでしかおめにかかれないターメリックライス
ナンクーニンで

このスープの濃厚さとマッチしていて
総じて、いいですな。


それで、いつもどおりしめは、
スープにはいっているゆで卵の黄身を
スープにとかして、
ライスの上に乗った半熟黄身の目玉焼きを
ライスを投入したスープに入れて
黄身を潰して一気にかっ食らう。


んぐんぐんぐんぐっ

うー、幸せ~。

そのまま一気呵成に、

ビールをぐびぐびっと飲んで


すぅ。

ぷっはぁぁあ


んまかったー。

大マンゾクっス。


そのご支払いをすませて外へ。

苫小牧の町はこのとき二度くらいでしたが
首の後ろに汗をかいているってところに
風がきもちいいですなー。





☆「Asian Bar RAMAI 苫小牧店」
(苫小牧市木場町1-10-10)
◇営業時間◇11:30~21:30(L.O.21:00)
◇定休日◇無休 ◇駐車場◇有り
隣のパーラービッグバンの駐車場が利用可
◇電話◇ 0144-84-3650




あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。




ラジオにあったコーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」をクリックしてくれれば、
見ることができます。

かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていた
イトー×aniでした。


現在は道央某所に住んでおります。
機会があれば、またボランティアでラジオ番組作りに関わりたいと考えています。

当ブログの左側にあるFHFをクリックすると、
過去の番組内容などを見ることが出来るので、
おおよその番組コンセプトがわかるかと思います。

興味がある関係者のかたがいらっしゃいましたら当ブログのコメント欄まで
連絡をいただけたら有り難いです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1250-b984af52