先週は、道東某所に滞在中と書きましたが、
滞在していたのは、網走でした。

今年最後の北見石北峠以東への遠征です
ということで、まずは向かったのが

遠軽町の瀬戸瀬温泉にある、セトセ温泉ホテルでした。

以前こちらの温泉に行った時には、
高規格道路は、比布北~上川天幕と
浮島~白滝と
旧白滝~丸瀬布間しか
開通していませんでしたが、

今回は丸瀬布まで全通をしています。

と、いうことで、朝里インターから高速に乗ったら
一気に丸瀬布まで行けてしまうのです。

かつて、道東に住んでいた時、
北見峠をナンギしながらこえたことを考えると
トンネルをヒュっと通り過ぎるだけで
道東についてしまうというのは隔世の感です。

そんな感慨にふけりつつ
車を走らせ

瀬戸瀬の集落を抜けたところで右折。

山道をしばし行くと、

趣とアジのある建物に到着。

古さがアジになっている感じが
まずはいいですね。

外には遠軽の商工会が作った

「祝 遠軽高校 ラグビー部 花園出場
吹奏楽部 全日本マーチングコンテスト出場」

といった紙が張られていました。

湯銭を払って中へ行くと

流し台のところにずらっと並んだ
ポリタンクが壮観です。

そんな風にも愛されている温泉です。

脱衣場へ行くと、先客のかたはいらっしゃいません。
貸切です~、

ということで階段を下りて浴室へいくと

陽光がさしこんでいる浴室のど真ん中に
瓢箪型の湯槽が鎮座ましましております。

そこにはなみなみとキレイなお湯が注がれて、
そのままざぶざぶと溢れています。

湯槽に身を沈めると、アルカリ性単純温泉のツルツルな湯が
しみますね~。

なんで、ここらへんの温泉は
ツルツル分が高いんでしょう。
いいですね。


昔ながらのアジがある建物もそうですが、
一面タイルが張られていて
分厚いガラスで仕切られている内装の造りは
昭和の香りがプンプンとする感じですが、

タイル貼りであるところとかも
ぬかびらの中村屋の内風呂にも通じるような
モダーンな感じに見えてしまうのは

湯主の方の手入れの良さと、
お湯の良さ故でしょう。


しかも、このときは貸切でしたから

ひょうたん型の独特の湯槽でのお湯を楽しんだ後は


湯槽のヘリからザンザンとアフれるお湯を
堪能するための

道南スタイルです。

ふわぁぁぁ、気持ちいい。

と、いうことで、小一時間ばかり滞在をしているうちに
入ってくる人も増えてまいりました。

ってことで、ここらへんで上がりますか、と

出ますと、流しのところにあった
ポリタンクはすべてなくなっていました。

もっていったのですね。どなたかが。

さて、私も、一口流しをヒネって
クピっと飲んで大満足で

網走へとむかいました。


でもって翌日、向かったのが

「芽登温泉」でした。

こちらは初夏とか、遅い桜の時期とか
秋口に訪れたことはありましたが

この時期は始めてですね。

ってことで、先日無念の休館を迎えた
鹿の子温泉を横目に見ながら

ところどころ凍結している道道から
看板の支持に従いながら走りがいのある
楽しい林道に入って
走ることしばしで

到着しました。


十勝の秘湯によくあるタイプ
山林の中の一軒宿です。
赤い屋根にでかでかと「芽登温泉」と書かれているのも
相変わらずです。

湯銭を払って、脱衣場から
浴室へいくと、
軽く漂う硫化水素の香り。

いいよいいよ。

内風呂はシンプルな造りで、大きな湯槽と小さな湯槽があり、
それぞれ透明でキラキラ光るアツい湯と、
入りやすい温度の湯が
なみなみと注がれていて、湯槽の縁から
ざぶざぶとそのまま溢れて流れいます。

いいですねー。

入ると、しっとりと体になじむお湯が
アタタカクからだを包んでくれます。

しかも、こちらも
ツルツルの温泉ですよ

ふわぁ、

朝からいいお湯ですわ。



しかも、内風呂だけではなく
露天もいいのです。

四季の移り変わりが楽しめる大きな湯槽は

さらさらと流れる川のせせらぎが
BGMになっていますし

山間を吹く風が木々をゆらす様も
いいですね。

かつては桜の花を咲かせていた枝には
最後の一葉みたいな感じで
一枚の葉が風にそよいでいます。

この風情、たまらないですね。

ぶわーっ、とイキを吐きながら
露天の中で上を見上げると

雲ひとつない、突き抜けるような青空が広がっています。

ま、青空とはいうものの、
青い色の力がやさしげで穏やかになっています。

さらに空の高さをも感じる

秋の空ですね。


サラサラのお湯と
さらさらと流れる川のせせらぎに
風の音に身をゆだねる瞬間は

とても素敵なひと時です。


そんな風情を満喫して大満足をした後、
内風呂へむかいますが、

ここまでの風情のあるいい温泉ですから、
結構な人気がありまして

床にザブザブと流れているお湯も
気持ちよさそうですが、


たくさんの視線にさらされながら
道南スタイルはチョッとできませんね。


大満足のまま、こちらをあとにすると、

玄関に飾られていて
前回も気になっていた

二人はプリキュアMaxHeartの
「キュアホワイト」と「シャイニールミナス」のお面は
なくなっていました。



でもって、後の日、向かったのは、
倶知安町のホテルようていさんでした。


こちらの軽く気泡がつくお湯と
ヌルッとした感触が

いついっても気持ちよいですね。





ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。


現在は道央某所に住んでおります。
機会があれば、またボランティアで
ラジオ番組作りに関わりたいと考えています。

当ブログの左側にあるFHFをクリックすると、
過去の番組内容などを見ることが出来るので、
おおよその番組コンセプトがわかるかと思いますので
興味がある関係者のかたがいらっしゃいましたら
当ブログのコメント欄まで連絡をいただけたら
有り難いです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1247-acfb4610