さて先日も書いたのですが
所用があって、帯広へ行ったのです。

が、十勝へ行く時のお楽しみ
糠平・幌加・山田・芽登といった
大好きな北十勝の温泉群へ行く時間はありません。

ただ、市内とその近郊にも
アサヒ湯をはじめとして
グンバツな温泉があるのが帯広のいいところ。


今回、ホテルにチェックインをする前に
車を向けたのが、音更町にある
「丸美ヶ丘温泉、丸美ヶ丘温泉ホテル」です。

小高い丘を上ると入り口が出てきまして、
その中に生えている木々の中を走ると
駐車場と森に囲まれた建物が見えてきます。

湯銭を払って、年季の入った感じで
少し昭和の香りがする建物の中へ進み

脱衣場から浴室へ入りますと。

まずは、浴室のドアを開けた瞬間にわっと漂う
木の饐えた香りがいいですね~

十勝に来たって感じがします。

そして中は、
さすがの日曜日、混雑をしてますね。

それもそのはず。まずは、こちらは
 
全体的に広いのに加えて、

たくさんの人が浸かれる大きな湯槽がありまして、
こちらにはアツめのお湯がざんざんと注がれて
あふれていますし

隅には10人ほどの入れる小さな湯槽が
あるのです。

しかも二つとも源泉が違うので
二種類の温泉を楽しむことが出来る


そんなところが人気のポイントですね。

アサヒ湯はそのお湯のよさでは
グンバツなのですが
いかんせん人気があって混雑しているのと

浴室内が小ぢんまりしているのです。

こちらは広いのに加えて、
露天風呂こそありませんが、
窓からは木々からの木漏れ日が
浴室内にも注がれている
開放的なお風呂なのです。

大きい湯槽には、
十勝ならではの、黒褐色に近いモール泉で
満たされています。

湯槽の中にはジャグジーもあったり
寝湯のように浅いところもあったりして、
木の饐えた、モール泉独特の香りが
かもし出されています。

いいねいいね

もう、この段階で、肌はスベスベです。

でもって、この浴室の隅にあるのが、小さい湯槽ですが
ずっと多くの人が浸かっています

が、運よく二人くらいの人が出たので
浸かりましたら

こちらがまたいい。


大きい湯槽より色こそ淡いですが
黄褐色のぬるい湯があふれています。

ぬるいお湯好きの僕にはタマリマセン。
しかも、ぬるいお湯につき物なのは
気泡です。

十勝のモール泉の中にも
アサヒ湯をはじめとして、
気泡のつきがいいところが多いですから
これは期待できます

と思っているとほどなくして
細かい泡でびっしりになりました。

これはいつまでも入っていたくなる気持ちも
よくわかります。

しかも入っていればいるほど
つるつるすべすべになれそうな
そんなお湯ですから

最高です。

と、いうことで、
十勝の温泉の実力を十分堪能した後に
ホテルに向かったのですが

ホテルで寝る直前に
ういに手のひらをあわせたら

まだしっとりつるつるとした感触が
残っておりました。

すごいですね。
     

その翌日、帯広から札幌へむかい
べすでカレーを食べたあと、
市内で買い物をしてからむかったのが

定山渓温泉の「ホテル山水」さんでした。

フロントから脱衣場へとむかう
じゅうたんをはじめとして

隅々まで清掃が行き届いている
清潔感ただよう館内に
まずはいい気分になりますし

ここの軽く漂う硫黄香の
おくゆかしさと

川のせせらぎの音がいい感じの
野趣に富んだ露天風呂が

お気に入りなのであります。


しかも、この日は休みでありながら
人気の施設であるのですが

すいていたので
思う存分のへーっとすることが出来ました。

ということで
小一時間ばかり滞在して
家へと戻ったのでした。





ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。


現在は道央某所に住んでおります。
機会があれば、またボランティアで
ラジオ番組作りに関わりたいと考えています。

当ブログの左側にあるFHFをクリックすると、
過去の番組内容などを見ることが出来るので、
おおよその番組コンセプトがわかるかと思いますので
興味がある関係者のかたがいらっしゃいましたら
当ブログのコメント欄まで連絡をいただけたら
有り難いです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1226-ca3045ef