2010.09.20 B-1 終了!
B-1グランプリ
無事終了いたしました。

こちらは、毎日新聞の記事です。
引用します。


B-1グランプリ:甲府鳥もつ煮が優勝 43万人来場

 全国各地のB級ご当地グルメの日本一を決める「B-1グランプリin厚木」(実行委、愛Bリーグ主催)が18、19の両日、神奈川県厚木市の2会場で開かれ、優勝は「みなさまの縁をとりもつ隊」(甲府市)の「甲府鳥もつ煮」に決まった。「甲府鳥もつ煮」は鳥のレバーやハツ、砂肝などをしょうゆと砂糖で甘辛く煮た料理。2位は「ひるぜん焼そば」(岡山県真庭市)、3位は「八戸せんべい汁」(青森県八戸市)だった。
 5回目となる今年の「B-1グランプリ」は、初出場の18団体を加え過去最多の46団体が参加した。今回は第1回、第2回を連覇した富士宮やきそば(静岡県)をはじめ、第3回優勝「厚木シロコロ・ホルモン(神奈川県厚木市)、第4回優勝「横手やきそば(秋田県横手市)」を「殿堂入り」として扱い、投票はこれらを除く43品を対象に実施。来場者がはしでお気に入りの料理に投票し、その重量によって、グランプリを決めた。
 会場となったイトーヨーカドー駐車場と厚木野球場は、各地ご自慢のB級グルメのブースが並び、香ばしいにおいがする中、来場者はB級グルメの味めぐりを楽しんだ。今回は初の首都圏開催ということもあり、来場者も過去最多の43万5000人となるにぎわいぶりだった。

 ◇1~10位
1位  甲府鳥もつ煮       4万2110g
2位  ひるぜん焼そば      4万1520g
3位  八戸せんべい汁      3万9600g
4位  津山ホルモンうどん    3万5130g
5位  三崎まぐろラーメン    2万4360g
6位  豊川いなり寿司      2万1690g
7位  黒石つゆやきそば     1万8750g
8位  十和田バラ焼き      1万8230g
9位  みしまコロッケ      1万7850g
10位 オホーツク北見塩やきそば 1万7680g

2010年9月19日


続いて、こちらは
オリコンの記事です。

引用します。


B級グルメの祭典に史上最多43万人 『B-1グランプリ』優勝は「甲府鳥もつ煮」
オリコン 9月19日(日)18時17分配信

 全国から“B級ご当地グルメ”が集い自慢の味を競い合う第5回『B-1グランプリ in 厚木』が18日、19日に開催され、今年のグランプリに『甲府鳥もつ煮』(山梨県甲府市)が選ばれた。続く2位は『ひるぜん焼そば』(岡山県真庭市)、3位は『八戸せんべい汁』(青森県八戸市)だった。次回大会(2011年秋)は兵庫県姫路市に決定。関西圏での開催は初めてとなる。

 初めての首都圏開催となった同大会には初日に主催者発表で約17万5000人、最終日は約26万人が来場。過去最高となる計43万5000人の来場者が、全国各地のB級グルメに舌鼓を打った。地元・厚木の20代カップルは「横手焼きそばと甲府鶏もつ煮を食べて、もうおなかいっぱいです」と満足げに語り、「この大会はテレビなどで見て前から知っていたので、地元に来てくれて嬉しかった」と笑顔を見せた。

 18日の中間発表では1位が「甲府鶏もつ煮」、3位が「八戸せんべい汁」と変わらず。2位には「津山ホルモンうどん」(岡山県津山市)がつけていたが、最終日に同じ岡山の「ひるぜん焼そば」が逆転した。

 1位の「甲府鶏もつ煮」は少量のタレを使って作る照り煮で、甲府市の蕎麦屋では定番のメニュー。出品した団体は市職員が中心となって結成しており、優勝を告げられた時は涙を見せるスタッフも。「ボランティアという考えではなく、市のためになるなら当然という気持ちで、休日返上でここまでやってきた」と感慨深げに語った。

 2位に輝いた「ひるぜん焼きそば」はソースではなく味噌をベースにしたタレで作る甘辛いやきそば。発祥地の蒜山(ひるぜん)は現在真庭市と合併しているが、今回は蒜山エリアの住民有志で参加したという。表彰式には真庭市長も登場し「選挙で当選した時より嬉しい」と顔をほころばせた。

 過去の大会でも常に上位につけていた「八戸せんべい汁」は、今回も優勝はかなわなかったが、『B-1グランプリ』の発起団体でもある八戸せんべい研究所は時折悔しそうな表情を見せながらも「たった5年で日本を動かすイベントになったことを嬉しく思います」と誇らしげに語り、東北新幹線の八戸-新青森間開通と、毎回上位に入る安定した「八戸せんべい汁」の人気などで「食の青森ということで、新幹線に乗って多くの人が来てくれると思う」と地元活性化に期待を込めていた。

 B級ご当地グルメによる地域活性化を目的に開催されている『B-1グランプリ』は今年で5回目。グランプリ獲得後は“人気ご当地グルメ”として地域活性化に一役買っていることで知られている。

■第5回『B-1グランプリ in 厚木』
1位『甲府鳥もつ煮』(山梨県甲府市)
2位『ひるぜん焼そば』(岡山県真庭氏)
3位『八戸せんべい汁』(青森県八戸市)
4位『津山ホルモンうどん』(岡山県津山市)
5位『三崎まぐろラーメン』(神奈川県三浦市)
6位『豊川いなり寿司』(愛知県豊川市)
7位『黒石つゆやきそば』(青森県黒石市)
8位『十和田バラ焼き』(青森県十和田市)
9位『みしまコロッケ』(静岡県三島市)
10位『オホーツク北見塩やきそば』(北海道北見市)

■歴代B-1グランプリ
第1回(2006年)静岡県富士宮市「富士宮やきそば」
第2回(2007年)同上
第3回(2008年)神奈川県厚木市「厚木シロコロ・ホルモン」
第4回(2009年)秋田県横手市「横手やきそば」


今回の大会は、
今朝のズームインスーパーの6時30分台の
トップニュースにが、B-1の結果だったり

NHKの朝のニュースなどでの報道をはじめとして、
テレビや、

朝日新聞で、割り箸の投票で
偏った投票が出るので監視をするようにしたという
新聞報道など

例年よりも事前の報道が多かった気がします。

それだけ大会の持つインパクトが
強くなったということでしょう。

また、今回は初の首都圏開催ということで、
昨年の倍近い人手が出ています。
結果については
初出場の団体の健闘が目立っています。

北海道勢は、
オホーツク北見塩焼きそばが
10位に入賞しました

初出場で、46団体中の10位にくいこんだわけですから
すごい結果ですね。

北見の皆さん、そして入賞団体のみなさん
おめでとうございます。



さらにすべての参加団体、関係者の皆さん
皆さんの努力によって大会が盛り上がったのだと思います。

皆さんの無私の頑張りには、頭が下がる思いです。
本当に、ご苦労様でした。



来年は姫路市
初の関西圏での開催ということで、
これまた人手が予想できそうです。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。


現在は道央某所に住んでおります。
機会があれば、またボランティアで
ラジオ番組作りに関わりたいと考えています。

当ブログの左側にあるFHFをクリックすると、
過去の番組内容などを見ることが出来るので、
おおよその番組コンセプトがわかるかと思いますので
興味がある関係者のかたがいらっしゃいましたら
当ブログのコメント欄まで連絡をいただけたら
有り難いです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1223-bf17eeb7