先日、「富良野『へそ祭り』ブログ」見た時のことです。

先日の祭りの模様の
写真の中に、懐かしい顔を発見しました。

それが、かつて、一緒にボランティアをしていた
ラジオスタッフだったのです。

ラジオで実況をした。
という内容と写真がのっていました。

ただ説明のところに
「「ラジオふらの」でもお祭り実況中継してくれてましたね!」
とあったのですが、
「ラジオふらの」ではなく、
へそ祭り期間限定のミニFMラジオ「BEAT CLUB」
ではないのかな?などと

少々疑問が残ったのですが、

そんな写真を見ているうちに、
ラジオに取り組んでいた日々が
懐かしくなったというわけです。


さて、引っ越しをきっかけにして、
20世紀からおつきあいしていたせいか、
映らないチャンネルがあったり、
番組とCMの間にノイズが入ったりしていた
テレビを買い換えました。

そしたら、BSが見られるようになりました。

通販の番組が多いのは閉口します(見ていませんが)が、
夜中のアニメを見ることが出来るようになったのと、
パ・リーグのゲームを今まで以上に
見ることが出来るのは、いいことです。

先日などは、NHK-BS、BS11、TwellVで、
パ・リーグの全試合が見ることが出来ました。

パ・リーグの全ゲームを、お茶の間でザッピングできるなんて
いい時代になったものですし、
ファイターズやイーグルスを暖かく見守る立場としては
大変ありがたいことです。

とはいうものの、
地上波で見ることが出来る野球の試合が
激減してしまったのは、寂しくもあります。

かつて、午後七時~八時台の時間帯は
どっかこっかの局で、
必ず野球を中継していましたからね。

ただ、そんなゲームは基本的にジャイアンツをはじめとした
セ・リーグのゲームでしたから、

パ・リーグのゲームを見る機会の増えた現状がよいのかどうかは、
まだまだ考えるところも多いです。

また、ファンサービスとか、観客動員数でも
パ・リーグが元気だという報道が
よくされます。


そんななか、セ・リーグで現在興味深い取り組みが
行われています。

スポーツニッポンの記事を引用します。

「セ・リーグ全球団17日から復刻版ユニで熱戦!
8月17日7時1分配信 スポニチアネックス

セ・リーグは17日から26日の全17試合で6球団が復刻版ユニホームを着用する「グレートセントラル~オールド・ユニホーム・シリーズ~」を実施する。
 阪神は戦後の大阪タイガース時代、巨人はリーグが誕生した50年のユニホームを着用。復刻ユニホームを対戦する両チームが着用し、リーグ全試合で行うのは初の試み。使用したユニホームはイベント終了後にチャリティーオークションにかけ、口蹄疫被害を受けた宮崎県などに寄付される。」


新聞記事にもある通り、
今まで、復刻ユニフォームを各チームが採用するのは
あったものです。

中でも、西鉄ライオンズのユニを来た
片岡選手や中島選手の格好良さには

グッとツカまれたものであります。


ただ、リーグをあげてとなると、
これは初めての取り組みですし、

それこそ、
1989年、野村監督入団時のユニフォームにして、
コバヤカワ・カワグチ・ツダ・オオノ・ササオカ
タカハシヨシヒコ・ショウダ・タツカワ・
などの顔が思い浮かぶ、
最後に優勝した時の広島のユニ

1990年代の黄金時代にして、
イケヤマ・ヒロサワ・フルタ・
カワサキ・イトウトモヒト・イトウアキミツ
といったメンバーが
着用している姿が脳裏に浮かぶヤクルトのユニ

エンドウ・サイトウ・スーパーカートリオなどが思い浮かぶ
懐かしくもスタイリッシュな、
横浜大洋時代のユニは

かつて、実際にテレビなどで
ゲームしている姿も見た物なので、
懐かしさを覚えるのです。


それ以外は、私が生まれる前ですので
なかなか新鮮です。

ユニフォーム自体のシックな色合いも
よい感じですが、
特に、ドラゴンズやタイガースの胸ロゴの
それぞれ現行のものにも通じる
斬新さとかも、いいですね。

意匠という考えが
今より軽視されていた4~50年前に
このデザインをしていたというという
先見性に、脱帽します。


まぁ、タイガースについては、
現在、打線が好調なので、
そう感じるのかもしれませんが。

うむ、こんな喜びを
トラ仲間のヤマシタさんやヘイザンさんと
分かち合いたいよー。


といった感じで、

テレビの中継こそ少ないですが、
野球ニュースなどで、
これらの選手たちの雄姿を
楽しみたいと思います。


また、我が敬愛するファイターズですが、

今年の限定ユニフォームを着用してのゲームは、
調子よかったです。

ただ、ファイターズの限定ユニは、オリジナルのもの。

これまで、練習着としてオレンジのかつての東京時代のユニを
採用したことがありましたが、

ゲームではまだ、ないですよね。


ってことは、ファイターズも
「駒沢の暴れん坊」時代の
東映のユニフォームとかで
ゲームをすれば、

北海道に来た時からだけが日ハムではなく、
北海道以降の日ハムしか知らないファンにも
球団の歴史とかを啓蒙することが出来て
かつ、リスペクトをすることができて

よいのではないでしょうか。



なんてことも、ハマったら
日拓の七色ユニフォームとか
復活させたらいいんじゃネ

ってのは少々ヤリスギですが…


僕は中田の黒いユニフォーム姿や
陽の黄色いユニフォーム姿を
みたいですけどね。




かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
のパーソナリティーをつとめていた
イトー×aniでした。

現在は道央某所に住んでおります。
機会があれば、またボランティアで
ラジオ番組作りに関わりたいと考えています。

当ブログの左側にあるFHFをクリックすると、
過去の番組内容などを見ることが出来るので、
おおよその番組コンセプトがわかるかと思いますので
興味がある関係者のかたがいらっしゃいましたら
当ブログのコメント欄まで連絡をいただけたら有り難いです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1211-37e389df