富良野から引っ越しをしたので、
朝風呂で温泉には行けなくなったかな~
なとせと思っていましたが、

拾う神ありって感じで
朝六時から入れる温泉が
近場に二か所ありました。

ということで、休日お仕事期間でも
朝温泉を楽しむことができます。

と、いうことで訪れたのが、
ニセコアンヌプリ温泉湯心亭さんでした。

重い木の扉についている、自然木風の掴手を動かし
中にはいると、

和を意識したスタイリッシュなカウンターが
いい感じです。
まぁ、外から見るからに
でかいのれんがはためいているところも
和を意識した感じなのですが。

自販機で湯券を買って、手渡し
お風呂へ。

脱衣場から中にはいると
半円状の湯槽からお湯が
ざんざんとあふれていて、これ見るだけでいい気分です。

ここが、まず、いいですよ。

しかも湯が流れた跡につく模様も
いいですね。

そして、さらにこちらの露天がいいです。

木目を生かした渡り廊下風の
和のしつらえが感じられる、
壁や屋根もいいのですが、

内風呂から露天へ行くまでが
傾斜になっていて、
じょじょに温泉へとはいっていくという。

こういう遊び心も大好きです。

例えるならば、
小学校とかのプール授業などで
プールに入る前に入る
腰洗槽みたいっていえばわかりますかねー。

そして、露天ですが、

まず広い。

そして、でかい庭石みたいのが
ゴロゴロしているのが、
ほんのりと漂う湯の香とともに、
いい風情を醸し出しています。


ということで、露天、内風呂それぞれ堪能したあとに、

オシゴトへと向かったのでした。

ちなみに、HPには、

湯心亭のもうひとつの魅力は日帰り入浴の時間帯。朝の早い山菜採りの後でも一汗流していただけるように、また一つ一つが泉質の違う温泉の宝庫「ニセコ」のお湯を、より多く楽しんでいただきたいとの想いから、早朝6時から営業致しております。

などとあります。


アリガタヤアリガタヤ。

ちなみに、こちらのおしゃれなフロントの横に
いろいろなオモチャとかおミヤゲが売っているのは、

こちらの経営が、某オイシイので有名な
ハンバーグレストランだからですかね。


さて、この前日に町の広報誌を読んでいて
気がついたのですが、
近場の温泉の、割引券が入ってました。

ってことで、それっ、と向かったのが
ヒラフ某所にある温泉でした。

スキー場の界隈は、ゴールデンウィーク中ということで、
まだまだボーダーとかスキーヤーで混雑をしている中
車を走らせまして、

大きくきれいな
ホテルのフロントのようなカウンターから

中にはいったのですが、

脱衣場の成分分析表を見ると
「衛生維持のため塩素を使用しています。」

とのこと

がーんだな … 出鼻をくじかれた。





ま、入ったんですけどね。


お湯は、湧駒荘を思わせるような
碧褐色のお湯ですし、

近代的な感じのする大きい窓からは、
眼前に羊蹄がどっしりと控えているのです。

しかも、露天からも羊蹄がよく見える。

この風情はなかなか良いのですがね、

大きい窓に張られていて
外から見えるようになっている
天然温泉の文字も

少々景観をジャマしているような感じがして
皮肉なものだなあなどと

思ったのでした。


ただし、春スキーシーズンのニセコですから、
外国人スキーヤー風の人も多かった。


中でも、露天に浸かっていると
見るからにニッポンノオジサンに導かれた

金髪碧眼の青年が登場。


をを、

これはなんという
テルマエ・ロマエ

ってことは向いに見える山は
ポンペイのヴェスビオス火山か

などと一気に妄想テンションが急上昇


ただし、テルマエ・ロマエのルシウスが
日本の温泉は初体験でしたが

その外国人の青年は
オジサンの「どうだ、日本の風呂は」
なんて問いかけに
「ハイ、ダイスキデス」などと
答えていましたが…

ということで、湯上りは
フルーツ牛乳的な乳酸菌飲料で
のどを潤したのでした。



でもって、ゴールデンウィークも
終盤戦、

仕事が早く上がったので、

胆振管内の某有名なお蕎麦屋さんで
天せいろをいただきました。

白木がきれいで上品なつくりの
清潔な店内に流れるジャズの中
いただいたおそばは
大変オイしかったとおもうのですよ。

が、

僕の後ろに座っていた家族連れの子供が二人、
僕とその家族しかお客がいないのをいいことに

どたどたと走り回っていたり、
お店の方の知り合いなのか
店舗と家の間の扉を出入りしたりしだしたのでした。

母親らしい人も、
「ほら、ばたばたしないの」とは言うものの
子供の様子を目で追うでもない感じ…




ここで「孤独のグルメ」のゴローちゃんばりに

「モノを食べる時はね 誰にも邪魔されず、自由で なんと言うか 救われてなきゃダメなんだ 独りで 静かで 豊かで…」
と一くさりたれたり、

ばたばたはしる子供のあしをひっかけたり、

ヘッドロックでもカマしてやろうか
などと妄想はしますが、

とうぜんチキンなのでそんなことはしませんが…


ま、今度静かそうな時間にいって
再び味わいたいと思います

その後向かったのが、
白老温泉ホテルです。

こちらは、独特の漆黒のお湯が特徴でして、


特に、外の露天風呂は温度も低めなので
のへーっと長く入ることが出来るのが
ウレしいところです。


ここの、ここまで黒いお湯はないぞって
思わず顔がニヤけてしまうような
ヌルつきが嬉しいお湯と
木の饐えたような湯の香には

本当に心が落ち着きます。



ただ、こちらは以前、露天から
JR室蘭本線の列車がよく見えるという
テツにウレしい温泉だったのですが

裏にたった建物と木の壁のせいで
そちらは難しくなってしまいましたが


でも、列車の通過する音は
よく聞こえますよ。

(たぶん時間的に、カシオペアだったと
推察されますが…)


そうやって、のへーっと入っているうちに、

再び妄想スイッチが…


このしっこくのボコボコッとイキオイよく
沸いているお湯のなかから

ルシウスがあらわれて…


スパウォーターをあじわっては、

「この温泉の成分を濃縮したものの薬効たるや
なんて体にいいんだ…」

白老牛のゴージャスシューマイを味わっては

「ラビオリを焼かずにむすなんて、
しかも、この中身の肉は、牛か、しかもしびきり上等の…」

ってな感じで、平たい顔族に
敬意を表したりして…


いやいやも長湯をすると
妄想も絶好調でありますな。

そんなイキオイでボコボコっとでてくる
少々ヌルめの温泉に
長時間入りたい人には
ぜひ強くオススメをしたいのが
白老温泉でした。

と、いうことで大満足で
再び車中の人となりました。



ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。


かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
のパーソナリティーをつとめていた
イトー×aniでした。

現在は道央某所に住んでおります。
機会があれば、またボランティアで
ラジオ番組作りに関わりたいと考えています。

当ブログの左側にあるFHFをクリックすると、
過去の番組内容などを見ることが出来るので、
おおよその番組コンセプトがわかるかと思いますので
興味がある関係者のかたがいらっしゃいましたら
当ブログのコメント欄まで連絡をいただけたら有り難いです。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1172-534db917