2010.04.18 再開します
しばらく、引っ越しのバタバタで、
ネットがつなげない状態でありました。

ちなみに、現在、寝るスペース程度は確保でき
最低限の生活と、仕事ができる道具こそ
引っ越し荷物の中から出てきたのですが、
バタバタはまだ続いておりまして、

家にあるPCは、まだ引っ越し荷物の
箱の中であります。トホホ。

ただし、ばたばたとあわただしい日々というのも
余計なことを考えずにすむ。ということで
悪くないもので、

この喧噪のなかで、今まで五年間、
毎週月曜日にマイクの前に座っていた
日々というのが

すっかり遠い昔のように感じるようになったのです。


下手に時間に余裕があったりしたら、
絶対に振り返ってしまうので、

そんな意味では、慌ただしく日々が過ぎていくのは
ありがたいものです。


ということで、四月に入って三分の二近くたった
このタイミングで、久々にブログを見たのですが、

何件かの書き込みがありました。


予想をしていなかったこともあり、
本当にありがたいことです。

大変感謝をしております。

そんな書き込みに勇気づけられたこともありまして、

以前ほどのペースでは出来ないのに加えて、
番組自体の情報は、そもそも番組がないので
お届けすることできず
身辺雑記的な内容になってしまいますが、

少しずつですがブログは、
再開をしたいと思います。



さて、最後の放送を終えて、
(番組の直前には、わざわざ来てくれた
ヘイザンさんの励ましのことばをいただいたくらいにして…
ありがたいものです)
もう、ここに来ることもないのかな~
などと思いながらスタジオを出て、
車に乗り込んで、引っ越し準備が整っていない家へと
帰る途中、

ふと、空を見上げると、

ぽっかりと、奇麗な白い月が浮かんでいたのです。


現在も忙しさの中に感傷的な気持ちが
溶けている感じです

そして、番組最終回であるこの時も、
引っ越し準備にかまけていたこともあり、
最後の放送という実感もわかぬまま
番組終わってしまったのですが、

白い月を見て、なんだか締めくくるには
良い晩だし、最後にもいいものを見ることができて
優しい気持ちになれたということで、

天の運行の妙に感謝をしました。


また、
新居に越してバタバタの激しかった四月三日に、
ご飯を食べに行った店先で
何の気なしに、新聞のラジオ欄を見ると、
白石涼子(終)って書いてあったんです。

うそー!
白石涼子の聞かなきゃ☆そん♪Song!、終わっちゃうの!!

当然、この晩は、
自宅できましたよ、最後の放送を。

で、番組内で白石さんの話を聞いていて思ったのですが
白石涼子の聞かなきゃ☆そん♪Song!って、
2005年3月31日に番組がはじまって、
2010年4月3日に番組が最終回を迎えました。

因みにF.H.Fは、
2005年4月4日に番組がはじまって、
2010年3月29日に番組が最終回を迎えるという

途中涙声になりかかりながらも
気丈に明るくふるまううりょっちの声を聞きながら、

そんなところで何か勝手に
シンパシーを感じてしまいました。

ま、こんな相変わらずな日々ですが、
よろしければまたおつきあいのほど
よろしくお願いします。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
のパーソナリティーをつとめていた
イトー×aniでした。

現在は道央某所に住んでおります。
機会があれば、またボランティアで
ラジオ番組作りに関わりたいと考えています。

当ブログでおおよその
番組コンセプトがわかるかと思いますので
興味がある関係者のかたがいらっしゃいましたら
当ブログのコメント欄まで連絡をいただけたら有り難いです。


追 
当番組終了後に、当ブログであるとかに
コメントをよせていただいた皆さんには
どれほどの感謝の言葉を重ねても

足らないくらいなのですが

本当に心より感謝をしております。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1161-42b29f72