☆「Bem Bera network company」
(札幌市中央区南2条西7丁目 M’s SPACE 1F)

1月9日は、FHFの番組が始まって
一番多い回数オンエアされている
Fiction Junctionのライブが
横浜でありまして、行ってきたのです。

その日の朝8時千歳の飛行機で
畏友P氏とともに、羽田へと飛ぶ予定。

ってことは富良野を朝に出たのでは
間に合わないので、

仕事を終えてから札幌に行って
前泊いたしましたが、

そんな日の夜にサッポロ市内の
定期巡航市中見廻コースをとって
「混沌のグルメ」などを購入したあとに
夕食のため向かったのが、

ベンベラネットワークカンパニーでした。

なんたって、こちらは
駐車場がないということで、
札幌に宿泊でもしなければ
なかなかいく機会がないお店なのであります。

ということで、混沌のグルメなどの戦利品を片手に
お店のあるM‘sスペースへ向かうと、

市中見廻をしている時から、
にわかに粉雪が派手に舞い散るようになりまして、

そんな粉雪越しにぼやっとけぶって見える
こちらのレトロなネオンサインが
なかなかいい感じです。

ということで、雑居ビルの中に入り、
低い天井、狭い廊下で
雑然としたのがアジとなっているところを
奥へ奥へと進んでいったところの、

一番奥にあるのです。

もう、このアメリカのダウンタウンっぽい
アプローチだけで、少しだけドキドキですね。

ということで、店内に入ると
大きめのBGMが響いていますし、
おとしめの照明もいい感じなのです。

12席と、さして広くない店内で、
昼飯時とかなら、外に並ぶこと必至の店です。

この日は運良く、僕以外には、数名しか
お客さんがいなかったのですが。

しかも、なんたって、店の外の雰囲気もそうですが、
さらに、サイケっぽくもあるカオスな感じの内装と
雑多に置かれた店内の装飾や小物群が
たまらないっスね。

帰って来たって感じしますね。

と、感慨ヒトシオのまま、
赤い色のカウンター前にある
堅いイスに腰を下ろして、

カード状のメニューを見ます。

これは、YELLOWやWAMUなどと
同じパターンですね。


本日のSOUP CURRYが、

チキンベジタブル 1,050円
チキントマトベジタブル 1,155円
トマトベーコン焼チーズ 1,050円
キーマ温玉ベジタブル 1,050円
チョリソベジタブル1,050円
温玉ナットオクラ1,050円

さらに別のカードに書いてある
本日のSOUP CURRYが、

Bera Bera No.5
あっさりサラサラスープに、モチモチのタイの米麺と
野菜がたっぷり入ったスープカリィヌードル

EPILOGUE
あっさりでコクがある
マイルドなインドネシアスープカリィ

そして、
本日のSPECIALMENUが

いろいろお豆とたっぷりベジタブル1,155円


スープカリィヌードル以外には、
ヘルシーな十六穀米のターメリックライスがセットで
付いてきますし、
目玉焼のライスオンもウレしいです。


トッピングが

☆温泉玉子  ☆クイティアオ(タイ麺)
☆うずら玉子 ☆チーズ ☆オクラ
☆納豆 ☆きくらげ ☆韓国のり
☆マイタケ ☆ホールトマト  各105円

☆エビ餃子 ☆チョリソー
☆岩のり ☆フランクソーセージ
☆ハバネロ1ケ(世界一辛いとうがらし)
☆Wチーズ   各210円


辛さが

0 NOMAL/甘め +0円
1REAL HOT/普通 +0円
2HOT FIRE/辛い +0円
3DANGER/中辛 +115円
4AFTER DEATH/大辛 +115円
5DEVIL/激辛 +220円
6DIABOLO/大激辛 +220円
7ULTRA SEVEN/超辛 +325円


☆もっと辛くしたい方へ☆
ハバネロ1ヶ 210円(世界一辛い とうがらし)


といったところから、

トマトベーコン焼きチーズの
辛さ3で
温玉トッピング。

それと、札幌お泊まりの日の
夜カレーですから、

サッポロ黒ラベルの
生をあわせて

オーダー。


先に来たビールを飲みながら、
BGMに耳を傾けていると、
どうやら、Air-Gのようです。

そんなのを聞きながら、
待つことしばしで

登場っ!!

ヲヲヲヲッ。


赤いカウンターによく映える、
穏やかな色の食器に入ったのは、

タップリの野菜やトッピングの温玉などの具材と

そこに見え隠れする、鮮やかなオレンジ色した
非透明系のスープですよ。


しかも、このバジルの香りも鮮烈な
スパイスの刺激も

たまりまへんですな~。


ということで、

まずはスープを
ずずっと。

を!


!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



こ、
これはスゴい。

口の中に一気に広がる
スパイスの香りに加えて、

すっとした飲み口ながらも
残響のように残る
スープ自体の旨味と
こく。


このバランスが
スサマジイですね。

すいすい飲める飲み口の
スープでありながら、

土台には旨味とコクが
しっかりと支えていることを
証明しているような
そんな絶妙な味わいなのです。

スープの旨味は丹念に素材の旨味をとっている
ことの証明であるのに加えて、

水や素材にもこだわって、

なおかつ絶妙なバランスで火入れとか
しているのに違いない

そんなのが、スープをすするだけで
伝わって来るのです。

このコクと旨味に支えられての
スパイスの刺激なのですが、

辛いです。

が、この辛さがヤミツキになる感じ。

甘いも旨いですが、
辛さとか刺激をも
旨味の一部として昇華させている

旨くてコクあって、
かつ辛くて刺激的といった。

もう、文句なしですよ。



これがサッポロスープカレーですよ。

スープカレー激戦区を勝ち抜いて、
かつ、人気店であり続ける実力が、
このスープだけで実感できます。

しかも、具材ですけど
トマトも、このスープに十分とけこんでいて、
旨味の要素を構成しているのに

さらにごろんとはいっていて、

噛みしめるとまたまた鮮烈な酸味とともに
旨味の塊がぎゅっとでてきて、

これまたスープに新しい顔をあたえてくれて、
幸せになりますよ~。


さらに焼きチーズが、
チーズの焦げたえもいわれぬ匂いが
食欲をます感じで、

このチーズの焦げも
ガスバーナーで焦げ目をつけましたって感じで
うれしいですし、


しかも、チーズ自体も香りの強いタイプなので、

これまた刺激的なカレーの中で
個性を発揮しているのです。


ベーコンもベーコンで、
薄めの長いスライスベーコンでしたが、

これが油染み染みのぎゅっと旨味が
凝縮されているタイプなのでいいですよねー。

しかも、刺激的なスープには
この油がまた彩りを加えてくれますし、


タップリ入ったキャベツの甘みとか
人参のほっこりとした食感

ジャガイモの穏やかな味は、
「混沌のグルメ」の「じゃがバター」のエピソードを
思い出させてくれます。
「何だ、イモが違うのか?」って感じで…

水菜のシャキシャキの食感と青さも
肉厚のピーマンやパプリカの
野菜の塊をくっていると思わせる濃い味も
いいですし、

タップリとはいったつぶつぶの食感と
アマさが際立つコーンとか、
キクラゲのクニクニっとした食感に、
ヤングコーンのポリポリっとした食感も

カレーを魅力的にしていますし、

??

と思ってすくってみたら

!!

クイティアオでした。


このチュルンとした喉ごしも
たまらんです。


スゴイスゴイスゴイ

目玉焼きオンの
ターメリックライスともよくあいますよ。


今年の初スープカレーを
ここまでひっぱって良かった~。


そんな感じで夢中でわしわしと
喰い進めていくと、



当然残りスープ・ライスが
4分の1くらいになるのですが、

まだ手をつけていない食材があります。


一つは、温泉玉子、
一つは、目玉焼き、
一つは、うずら卵であります。


どんだけ卵好きなんだって感じですよね。

わかります。

でも好きなんです。

「孤独のグルメ」(「混沌~ 」ではない本家のほうです)流に言うと
「むっ、卵がかぶってしまった」という感じですが、


いいんだよ。

かぶらせたんだよ、オレは、あえて。

ということで、ライスをスープに投下して、

スープでひたひたになったライスを口にほおばりながら

まずはウズラ卵を噛むと



中が半熟ですよ。

芸細ですね。

でもって

つづいて、スープでひたひたになったライスを口の中に放り込んで
目玉焼きの白身を
べろべろっといただいて、

そして、残ったスープとライスに
思い切って
温泉玉子を割りながら


ワシワシワシワシワシワシっ!!


うおォん。


これは幸せだ。

そして、ビールをグビっと飲むと


汗がさらに追加でだくだくと出てきまして、


これまたうおォんですね。

外に出ると、舞い落ちる粉雪が
火照った体を冷やしてくれて

心地よかったです。


そうそう、こちらは
ウーハーをビンビン響かす感じで
低音の聞いたオーディオがあって、

そこからこの日はAir-Gが流れていましたが

「ヲ、このウッドベースの音が渋く
ビンビンとウーハーを揺するジャズがいいな」
と思いながら、耳を傾けていると、

それが「ハッピー☆マテリアル」のジャズアレンジだったので
思わずスープカレーを吹いてしまいそうになりました。


あなどれんAir-G。



☆「Bem Bera network company」
(札幌市中央区南2条西7丁目 M’s SPACE 1F)
◇営業時間◇12:00~23:00、(LO22:30)
ランチタイム 12:00~15:00
◇定休日◇不定休 ◇駐車場◇無し
◇電話◇011-231-5213





☆「カレーの市民アルバ ヨドバシマルチメディア横浜店」
(横浜市西区北幸1-2-7ヨドバシカメラマルチメディア横浜 B2F)

さて、前日は、ライブに加えて、
その後に訪れた川崎の沖縄料理屋
「がちま家 川崎店」で、
思い切りハッチャケた我々でありますが、

この日は12時40分の飛行機で
千歳へ戻る日程なので、11時くらいに
昼飯食べるまでは、時間が余裕あるということと、

同行者の畏友P氏も
昼に新宿に行けばいいって言っていたということで、

どこか午前中の時間をツブせるところは
ないかしら、と、思案をした時に、

横浜遠征中は、畏友P氏が持ってきた
職人謹製の「けいおん!」の「鉄道マッドムービー」を
ずっと見ていたことで、
二人の鉄分があがっていることもあったのと、

P氏がまだ乗ったことないといったので
「鶴見線」に乗りに行ったのでした。

川崎から南武線に乗って尻手へ。

尻手から南武線の支線で浜川崎へ。

南武線に乗っている時は、主に
川崎市の南武線沿線が舞台となっている
カレカノの話などをしていました。

その後は、浜川崎から扇町へ。
もうこの時点で昭和電工の工場などを見て、
ダイコーフンの二人であります。

その後、浅野に行って、海芝浦へ。
海芝浦でホームの眼下に打ち付ける波の音と
漂う磯の香り。
目の前を横切る輸送船や
ヒトデを見たり、海鳥をみたりで
コーフンもひとしお。

そのあとは、
国道駅に行って、リアルラーメン博物館のような
昭和レトロを満喫しながら、

鶴見駅まで歩いて、
大満足のうちに、横浜でP氏と別れました。

で私が向かったのが、
以前、番組で特集して以来気になっていた
金沢カレーのなかで、
松井選手が高校時代行っていた

カレーの市民アルバが、
横浜駅前にあるので、
行って参りました。

ヨドバシカメラマルチメディア横浜の
地下2階がレストラン街になっていまして、

そこの奥からいい匂いが
漂って参ります。

をを。ここですね。

見た目はまんま大型店舗の
レストラン街のカレー屋さんという

カレースタンド風の外見と内装。


入り口で食券を買って
オーダーするシステムです。


メニューは、

アルバ熟成ビーフカレー 550円
サクサク!トンカツカレー 850円
とろとろオムカレー 800円
ナスたっぷりチーズカレー 830円
昔懐かしウインナーカレー 730円
クリームコロッケカレー 800円
満塁ホームランカレー 1000円
ハンバーグカレー 850円
ぷりぷりエビフライカレー 930円
タンドリーチキンカレー 850円
ダブルカツカレー 1000円
合いがけカレー 800円
唐揚げカレー 800円


トッピングは

生たまご 50円
とろけるチーズ・手作りコロッケ(1個)各100円
皮つきポテトフライ(6個)120円
ウインナー(2本)・半熟目玉焼き・
エビフリッター(5尾)各150円
ナス180円
エビフライ190円
サクサク!とんかつ★300円
タンドリーチキン・ハンバーグ300円
唐揚げ(4個)250円

サラダは、

ポテトサラダ・シーザーサラダ300円
イタリアンサラダ250円


などのメニューが豊富なのです。

うー、目移りするー。

自販機の前で
思案することしばし。



ただ、こちらは
金沢カレーのお店だぞ。

ということなら、
初めての金沢カレーなので定番の
カツカレーにチーズをトッピングして、
オーダーをしました。

しかも、食券出した時に
「今はライス大盛りサービスですけど
どうしますか?」

などと聞かれて、


こちらは、朝の7時にパンを食べて以来、
何も食べていないのに加えて、
京浜工業地帯を無意味に歩き回ったりしたので
お腹がペコちゃんという
うおォんなシチュエーションでしたので、

ノー躊躇でオーダー。


その後、同じく横浜の駅地下にある
有隣堂で買った野球小僧を読みながら、

待つことしばしで、

登場しました。


をををををを


これは。


ステンレスの皿に盛られている
銀色のお皿にタップリともられたライスに
堂々と乗っかる見るからにサクサクそうなカツ。

そして、たっぷりとかかった濃いルーと

タップリの千切りキャベツが
頼もしいですが、

なんてったって、
色が濃いですなー。

濃い焦げ茶色の
洋風カレーのような色合いでありますし、

しかも、薫り高いですね。

ということでワクワクが抑えきれないところで
スプーンを抜いたら、





カツを刺す部分が長めになっている
先割れスプーンでした。

これも金沢カレーならではの
アソビゴコロです。

それにしても、何年ぶりだ
先割れスプーンでものを食べるのって…



ぱくっ


!!!!!!!!!!


うおォん


これは、スゴいですよ。


スパイス遣いが特殊であったり、

店主のコダワリが主張しているといった

そんな系統の味ではないのですよ。

見た目通りのカレースタンドで頂く、
こなれた感じでもあり、
すごくオダヤカでケレン味のない
オフクロのカレー風のほっと出来る味なのです。


しかし、この濃さがたまらないですな。

まずは土台を支えているであろう、
甘み。

これは、玉ねぎなどの野菜をじっくり炒めたのに加えて、
金沢カレーの特徴でもある
カラメルを隠し味として使っている

そんなアマさなのです。

アマいはウマいですね。

こちらは魯山人の名言ですが…。


しかも、ビックリするようなこくが
たまらないところでして、

牛のエキスがたっぷりと
スープに浸み出ていて、
このこくと濃厚さを作り出しているような感じ。

にしても、牛のエキスと
タップリの野菜と
カラメルの組み合わせって、

上質のデミグラスソースのようでは
ないですか。

言われてみれば、
そんな風味にも感じられますから
不思議ですね。。

しかも、つづいてカツをいただくと

!!

サクッ!

ををををを


このサクサク感と
中から飛び出す肉滴の組み合わせも、

たまりまへんな~。

カツカレーを食べる時の
醍醐味ですし、

かつを揚げる油と、肉の中から染み出る肉滴が、
濃厚こってり極旨カレーと組み合わせると


!!!!!


やはり、たまりませんわ。



そんな、カレーに散らされている
チーズが載ったルーに先割れスプーンをつけると


!!


にょーんとチーズが糸を引きました。

これも嬉しいですし
しかも、これまた濃厚でして、
さらにルーに濃さをましていて、

こんな極限まで濃いのが
とにかく嬉しいですね。

が、そんな口の中に
シャキシャキの千切りキャベツが入ってくると


!!!

さわやかですね。

この組み合わせが

たまらないですよ。

たっぷりのライスも頼もしければ、
赤い福神漬けもウレしいですね。

というわけで、ウマイウマイいいながら、
ぱくぱく食べ進んでいくうちに

じわっと汗をかいてくる
そんなスパイスの刺激も

カレーを食べている感を味合わせてくれます。

しかも、最後になると、しんなりしたキャベツも
カレーにまみれて、
具と渾然一体となっていって、

これもこれで
いいのですよね。


と、いうことで完食して

水をくぴっと飲んだのでした。


いやーゴッツォーサマでした。

と、いうことで横浜から羽田直結のバスで

空港へと移動をしました。

リムジンバスの中でも残る
カレーの余韻…


出来れば、これで昼間っからビールとか
イキたかったな~。



あと、金沢カレーといえば、
ライスの上にカツを載せその上にルーがかかっているのが
オーソドックスなパターンで、

こちらは、カツにソースがかかっていないのですが、
卓上に備え付けのウスターソースがあるので、

今度訪れた時には、
そちらも試してみます。




☆「カレーの市民アルバ ヨドバシマルチメディア横浜店」
(横浜市西区北幸1-2-7ヨドバシカメラマルチメディア横浜 B2F)
◇営業時間◇11:00-23:00(L.O.22:30)
◇定休日◇無休 ◇駐車場◇?
◇電話◇045-317-9108








あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。

当ブログによせていただいたコメントも、さしさわりがなければ
番組内で紹介させていただきます。


あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2771




田の中 勇氏(たのなか・いさむ、本名田野中勇=声優)13日、心筋こうそくのため東京都世田谷区の自宅で死去、77歳。東京都出身。葬儀は19日午前11時30分から同区砧2の4の27の東京メモリードホールで。喪主は兄弘(ひろし)氏。(時事通信)

というニュースを見つけました。

また個性的な声優さんが
鬼籍に入られてしまうのですね。

ご冥福をお祈りするとともに、本当にお疲れさまでした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1114-0ac36eed