お祭りが終わったということで
カレー屋さんだけではなく、
温泉へもゆっくりといけるようになったのですが、

31日に富良野に帰ってきて、1日は
ただ1日酒をのんでスゴしましたが

松のとれぬうちから
まずは初温泉もキメないと

と思いながら、むかったのが
白金温泉だったのです。

で、第1候補は銀瑛荘だったのですが

銀瑛荘は三が日おやすみってことで、
第2候補であった
湯元白金温泉ホテルへ
むかったのでした。

こちらは清潔感にとんだ感じの内風呂と
絶景露天風呂とかが

お気に入りなのです

夏限定の川沿いの露天風呂も
いいのですが、

ただ、こんな魅力がいっぱいということで
ツネに混雑しているのですね。

と、いうことでもこの日も
こんでいるであろうことを想定して
行ったのですが

!!

脱衣場の籠は三つくらいしか埋まってませんし、

露天へ行ったら



貸し切りでした。

ここで貸し切りって
相当恵まれているのですけど。

新年早々、温泉の神様に
愛された感じです。

ま、十分くらいしたら
ほかのお客さんも来たのですが、

それでも、静かな感じでお湯を楽しむことが出来たので
よかったですよ、

濃い碧茶色したお湯に、
青空を背景に、軽く風に舞う粉雪に
断崖絶壁の姿とか、

崖下のコバルトブルーと
白い波濤のコントラストがいい
渓谷美などが

やはりいいですね。

ということで、今年の初湯でした。

その後、旭川へ出向いて、
今年初ラーメンを、
「八海」さんでいただきました。

ここの塩とんこつに
紅ショウガをいれて、

とんこつのコクと紅ショウガのさわやかさとの
コントラストをあじわいながら、

いつも、八海サイコー
トンコツサイコーと思うのです。



でもって、この時期は
なんでも、なんとか初めなのですが

御用始めの朝に
気合い入れのために朝湯にむかったのが

吹上温泉白銀荘でした。

なんといっても、こちらは
24時間入れる吹上露天を除けば

ここらへん界隈で一番朝早くから
入ることが出来る温泉なのです。

白銀荘が朝6時から
フロンティア フラヌイ温泉と、
カミホロ荘は、朝7時から
凌雲閣は、朝8時から

ですからね。

ということで、朝6時前に富良野を出て
6時半くらいに到着しましたが、

その前に驚愕の真実。

なんと、この厳冬期で早朝の吹上露天の駐車場に
車が7台も駐まっていたのですよ。

スゴいですね。

最早、車の中に寝るというのは
専門誌も出ていましたし、

昨年、吹上露天を訪れた時に
いかに冬の車の中で温かくすごすかという
蘊蓄とか情報交換をされているのを

目の当たりにしたのです。

どうやら、普通のバンとかの中で
寝るのも、
一過性のブームではなさそうです。



と、いうことで、そんなのを横目にしながら
白銀荘へ。

外は-8度、舞う粉雪と
こちらの温かくて、
いつまでも入っていられるような
大露天風呂の
くみあわせがいいですね。

こちらも人気の使節ということで、土日の昼とかに行ったら
イモアライなのですが、

早朝に行くと、ゆったりと入れて
お気に入りですね。

てな感じで、
今年の温泉三昧が
始まったのでありました。

ちなみに、このまま、職場へ向かったら、
同僚に
「イト-さん(仮)、朝、上富を車で走っていたって
××さんがみていたみたいですよ、
また朝から温泉ですか」

などと、言われてしまいました。

バレテ~ラ



ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市・上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒07 6-0026 富良野市朝日町5-17 ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2775

リクエストなどは
当ブログのコメント欄でも
受け付けています
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1111-03354173