FC2ブログ
1月に行った温泉のお話しです。

函館からの帰り道、落ち着ける温泉で、
久々に行けるところはどこかな、と、言う選択で
向かったのが、

途中に寄ったのが、ルスツ温泉 さんです。

洞爺湖方面から、留寿都の市街地を目指して
国道230号線を車で走ると、
市街地の手前に、「ルスツ温泉」と書かれた
小さい看板があります。

そこを左折して、駐車場にむかっていきます。
今年は例年よのだいぶ雪が少ないとはいえ、
この辺はそれなりに積もっていますが、きちんと除雪された道をすすむ
こぢんまりとした木でできた建物が見えてきます。
こちらが「ルスツ温泉」さんです。
こちらもきちんと除雪された駐車場には、何台か車がとまっています。

畑の中にぽつんと立つ小屋という風情がいいです。

中に入って、湯銭を支払う券売機を見ると「200円」と書かれています。
こちらは清掃協力金の名目で、二百円で温泉に入れるのです。さすがの村営温泉です。

入り口のところには温泉の概要とか、断面の地層図などが書かれています。
ながぬま温泉みたいです。
こんな展示は、こちらがいい温泉であることを証明してますし、
地元がこの温泉を大切にしようとしている証みたいで、ウレしいです。

施設は木造で、脱衣場にいくと、すでに先客の方が数名いらっしゃいます。
そこで、あいてるカゴに衣類を入れてから、浴室へ。

中に入ったら、インパクトあるのが、強い木の香が漂うことです。
これは、檜葉か檜のかおりです。

浴室内は総板張りでして、建物の外とコミで山小屋みたいです。
この強い木の香りだけでここにきてよかった~ って思うのです。

6人はいればいっぱいになる長方形の湯槽と
カラン4つ。

湯槽はなみなみと碧茶色したお湯が満ち満ちていて
左側の低い所から、ザンザンとお湯が溢れています。
源泉かけ流し、消毒、循環なしの、気持ちいいお湯です。

ということで、かけ湯をして、充分に身体を洗ってから、
肩までつかります。これは、いいお湯です。
湯面が鼻に近くなると、当然湯の香も強く感じることが出来ますし、
近視なので、遠目では見えなかったのですが、お湯を見ると
微細な泡が浮かんでは消えをしています。
だから、お湯に体を沈めてしばらくすると、気泡が体につくのです。

羊蹄山麓では、蘭越の黄金温泉が気泡がつく温泉で、
そこまでは盛大ではないですが、地味に気持ちがよくなる気泡もいいです。
舐めると軽くナトリウムっぽい味がして、ここも気持ちよさを後押しします。

湯船の向こうの窓も大きめに作られており、
窓の向こうの木立がいい感じで見入ってしまいます。
この木に雪がついている風情がすでに、絵画的。
東山魁夷か、円山応挙かって感じです。

そんなに大きくない湯槽が自宅の湯に浸かっているようにリラックスできる
効果をもたらしてくれます。
高い天井も、小さい施設でありながら、開放感があります。

が、この日は日曜とはいえ、最大7人位浴室にいました。
隠れた人気の施設です。

この人気なら規模を大きくしてもいいのかもしれませんが、
大きい施設にしないのは、お湯の出る量に見合った施設という意図があるそうなのです。

かつて、お隣の喜茂別町にも似た様な施設がありまして、
残念ながらこちらはなくなってしまいましたが
立派な施設にしないでいつまでもこのままにしてほしいなと思ったのでした。

としばらく湯を楽しんでから、
函館往復のロングドライブの疲労を回復したところで、
自宅へと戻ったのでした。








ってことで。(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト



☆「すーぷかりーかふかぇ チャーリースパイス 」
(函館市神山2丁目11-15)

1月下旬、函館に用事がありまして、
用事を済ませたあと、蔦屋書店、花の湯、みなと食堂と
函館を満喫した帰り道、文教堂に寄ってから
向かったのが、こちら「チャーリースパイス」さんでした。

函館は、こいけさんや五島軒さんなど、
個性的なカレー屋さんが多い町ですが、
吉田商店さんなど地場のスープカレーやさんも美味しいお店が多く、
その一軒がこちらです。

こちらは、まだ店名が「be*Luck3」だったころも訪れていますし、
今の神山に引っ越す前の「Charlie(チャーリー) スープカレー工房」
(Charlie SOUP CURRY KOO BOO)時代にも
何度か訪れて、それぞれオイしいカレーに舌鼓を打ったのです。

駐車場はそこまで広くないので、用心をして
開店時間5分前に到着。前には2人が待っています。。

早速、中に入りまして、白基調の内装の
明るい喫茶店風の店舗とそれに加えて白いイスやテーブル
積み重ねられているカラフルなボックスに置かれているオシャレな雑貨と

カウンター後ろにずらっと並ぶ酒瓶や
店舗の片隅に飾られた中華テイストの置物が
在りし日の店舗の名残のように見えます。

コップにも水差しにも、それぞれまん丸の氷が入った
お水とともにメニューが登場しました。
メニューを吟味します。

ようこそチャーリースパイスへ!
以下の順序でオーダーして下さい。
スープの種類→メイン具材→辛さ→ライスの量→トッピング

《レギュラーテイストスープ》4種類
★[インディアンテイスト]
 じっくり8時間炒めた玉ネギのコクと甘み〝しっかり系スープ〟
★[トマトテイスト]
 完熟トマトの旨み&焦がしバジルの〝旨み系スープ〟
★[ココナッツテイスト]
 旨みを残しクセほおさえたクリーミーな〝まろやか系スープ〟
★[オリエンタルテイスト]
 爽やかなハーブとカツオ風味の〝あっさり系スープ〟
《スペシャルテイストスープ》2種類 各+130円
★[ポパイテイスト]
 ココナッツテイスト+ホウレン草のコク〝コクまろスープ〟
[レッドテイスト]
 濃厚なエビの旨みがガツンと〝エビうまスープ〟


かつては、食べやすいベーシックテイスト、クセになるあっさりテイスト
焦がしバジルのトマトテイスト、マイルドなココナッツテイスト
の4種から選ぶことができましたが
〔これは、チャーリースープカレー工房時代の
カルマ・マンダラ・ハラミタ・シャンティーに相当するみたいです〕


《メイン具材》
*基本具材=キャベツ・じゃがいも・かぼちゃ・ニンジン・ナス
 オクラ・レンコン
*ベジタブル=(基本野菜)+
 ブロッコリー・しめじ・ヤングコーン・ゴボウ天・
 玉ねぎ天・木耳

・チキンレッグ ¥1180
・ポーク角煮 ¥1120
・手作り鶏つみれ ¥1100
・温玉納豆キーマ ¥1100
・お豆腐ベジタブル ¥1200
・エビ&あさり ¥1370
・ラムしゃぶ&チーズ ¥1370
・ベジタブル ¥1100
・チキンレッグベジタブル ¥1380
・ポーク角煮ベジタブル ¥1400
・ハーブソーセージ ¥1170
・ギョウザ&ギョウザ ¥1270
・舞茸ベジタブル ¥1370
・チーズ&フィッシュフライ ¥1100
・ぷりぷりかき&カキフライ ¥1610


《辛さ》
*4番からタイ産の生唐辛子が入り辛さが増します!!
 0~5番 2~3番で中辛くらいの目安です。 無料
 6~10番 辛い物好きにはオススメ。+50円
 11~20番 超!!辛党向けの辛さ! +100円
 21~30番 激辛大好きな人だけにしましょう! +200¥

※辛さは、その日の体調によっても変化いたしますので、
自己責任でお願いします!!


《ライス》
ライスなし -50円
少なめ(120g) 普通(200g) 無料
大盛り(350g)+110円
特盛り(450g)+220¥

おかわりライス
少なめ 100円 普通 150円


《トッピング》
*各120円
・納豆 ・温玉 ・オクラ3本 ・レンコン3枚
・ゴボウ天3本 ・玉ねぎ天2個 ・サクサクお揚げ

*各180円
・岩のり ・チーズ ・ブロッコリー ・豆腐天
・フィッシュフライ ・ナス盛り3本 ・キーマ
・手作り鶏つみれ2個

*各280円
・もっちり餃子3個 ・鶏皮餃子3個 ・まるごと舞茸
・炙りカマンベール2個 ・殻付きアサリ6個

*各380円
・チキンレッグ ・ポーク角煮2個 ・牡蠣3個
・カキフライ3個 ・ハーブソーセージ ・エビ6尾
・ラムしゃぶ

《スープ大盛り》
レギュラーテイスト +110円
スペシャルテイスト +130円

といったメニューからの選択


前回の僕は、おんたま納豆キーマ、オリエンタルテイスト
辛さ六番、もっちり餃子トッピング。
その前は、ハーブ鶏つみれと舞茸、トマトテイスト
辛さ六番、温玉トッピング、
その前は、とろとろポーク角煮 トマトテイスト
辛さは六番、温玉ともっちりギョウザをトッピング

今回は、舞茸ベジタブル、トマトテイスト、
辛さは五番、温玉トッピングです。


BGMのビートの効いたにぎやか目な洋楽を聞きながら、周囲を軽く観察。

白で統一された店内は、ノスタルジックな木の机や、木の椅子が、
それぞれ真っ白でスタイリッシュ。さらにカラーボックスとか
インテリアなどの小物使いもいい感じです。
ガラスの質が良いということでしょうか、まん丸の氷が
カラカラと心地よい音をたてるグラスの水を飲んだりしながら
待つことしばしで、登場。

黒い茶器のような厚手の陶器の皿に乗る
淡く色づいたターメリックライスと、
皿と同じ色のシンプルな不思議な形の食器に入った
濃厚非透明系明るいオレンジ色のスープが登場。

これです。

スパイスの香りとともにほのかに漂う
たっぷりと散らされたバジルもいい感じです。
この香りを味わいながらまずはスープから

一口目はスープのベースになっている玉ねぎ由来のアマさが来ます。
アマいはウマいです。
さらに、濃厚なコクと複雑な甘みもしっかりとありまして、
アマいのみ口なんだけど、濃厚なコクや複雑な旨味に加え
ほのかに香る独特のスープの仕上げがいいです。

そして、スープのアマみとコクとウマ味といったしっかりとした土台に
支えられて、次第に、はっきりとやってくる辛さ。
飲み口がすっきり系なので直接口にはきませんが
辛いカレーを食べたとき独特の下っ腹に来る辛さです。

さまざまな要素がまじりつつも、さすがのすっきり系
飲み口はサワヤカで、後を引く感じです。

そして、看板の舞茸ですが、わさーっと入ってまして
存在感もあれば、油通しされたことで、より盛大に漂う
香りがたまりません。
口に入れると満たされる香りとともに、
シャッキリとした食感がいいです。
歯でつぶして、繊維がほどけるのが楽しいですし、
そのつど旨味が出てくるのがたまりません。
このたっぷり舞茸、しあわせになります。

きくらげも肉厚で、くにっとした食感が楽しく、
しめじのとぅるんとした感じも味も最高です。
これらのきのこの味に加えて、

素揚げされたカボチャにニンジンもアマアマで、
スパイスの刺激を盛り立ててくれますし

ナスも、なす汁と、スープのバランスが絶妙でウマいです。

レンコンのシャクシャクで野趣に飛んでいるところもいい感じですし、

小芋の素揚げも、ごろっと一個入ってて、ほんのりと芋の素朴な味を
楽しむことができていいですね。

たっぷりのキャベツもアマくてウマくて刺激的なカレーに
アクセントをつけてくれます。

タマネギフライは、楊枝にささっていて、ちゃんと火通しをされていて、
スープにとけている甘みを塊であじわえますし、
ゴボウフライ こきこきの歯ごたえと、
野趣にとんだ味がいいです。

スープの中に入っている輪切りの青唐辛子が
刺激をましてきます。

でもって、中のスープや具が残り四分の一になったところで、
残ったライスを投入してかっこみます。
こうすると、ナンプラー香が強くなります。

そして、最後はいつもどおり温玉にむかいます。如月喰いです。
最後の最後になったところで、卵をてゅるんすることです。

でもって、最後の雑炊状のときにすでに、
具材のゆで卵の黄身はスープに溶いていますので
そこはかとない卵味がするのに加えて、

食べるごとに違う残った具材の旨さに感激したり
食べるごとに違ったスパイスの刺激に感激したりと
一口一口で全く違う表情をきらめくように美しく
見せては消え、見せては消えをしている
最後の最後で、卵の黄身攻撃ですから。

もう、食の軍師でいうところの、シウマイ弁当のあんずのごとく
「金メダル」ですよ。「酔いしれるのだっ」て感じです。

スープカレーの打ち上げ花火って感じで華やかに咲き乱れます。

ということで大満足をしてごちそうさまでした。
甘い飲み口は最後まで変わりませんでしたが
当たり前だの汗だくになっておりましたよ。食べ終わって気が付きました。

さらにしばらくすると、唇がスパイスでヒリついているのに気がつきました。
食べているときにスパイスのヒリつきは感じなかったのに。

そして、3時間後に温泉入るとまた復活する辛さ。

どんだけすばらしいスパイスマジックですか。
こんな時間差攻撃も大好きです。

願わくば、こちらでもそれこそ東アジアテイストの
おつまみメニューとか
ベトナムワインベースのカクテルなどもそそるので、
グラスを傾けたいものです

ただ、ボクが函館で宿泊をするとなるとたいてい町中なので
ちょっと飲みにはいけないのでしょうか。
べすと同じです。

あと、あの四人がけの席に、制服を着た
唯と澪と律とムギが、はしゃぎながらスープカレーに舌鼓を
打っていたんだなー、などと白日夢を見てしまいました。

だから、それは、あんたの駄妄想だってーの。

でも、そんな妄想をする人がこちらのお店を訪れてくれたら
作者冥利につきるというものですが…



☆「すーぷかりーかふぇ チャーリースパイス」
(函館市神山2丁目11-15)
◇営業時間◇ 11:30~15:00 17:30~22:30(L.O.21:30)
◇定休日◇木曜日(祝日の場合営業、翌金曜休)  ◇駐車場◇有り
◇電話◇0138-51-0610







ってことで。(´・ω・)ノシ
先日、大本営こと、中国新聞のカープ番記者のツイートで
ちょっと面白いものがありました。


中国新聞カープ番記者
@chugoku_carp

♯野間峻祥がユニフォームで練習したのはなぜでしょう?
♯carp
ジャージで練習していいことを知らなかった
鈴木誠也からユニフォームで練習しようと誘われたから
ユニフォームが好きだから
ジャージからユニフォームに戻した時に疲れがでるから。

という4択のクイズですが、これに対する回答が

ジャージで練習していいことを知らなかった 44%
鈴木誠也からユニフォームで練習しようと誘われたから 49%
ユニフォームが好きだから 4%
ジャージからユニフォームに戻した時に疲れがでるから。 3%

という結果でした。



正解は、

「ジャージからユニホームに戻した時に疲れが出るから」でした。
野球選手にとってユニホームは特別なようです。
どんなに自主トレを頑張ってもキャンプイン翌日は体に張りが出ると聞きます。
#野間峻祥 は緊張感を保って練習を続けています。#carp
— 中国新聞カープ番記者 (@chugoku_carp) April 19, 2020

だ、そうです。
クイズの作成者やりますね。

選択肢に、いかにもな誠也選手ってところとか、
野間選手がポカをやりそう
ってところでひっかかりますね。

こういう、ワカッテラッシャルツイートと
ひっかかるカープファンというリアクションに
思わずニヤッとしてしまいます。


こういうところに楽しみを見いだせなければやってられない昨今ですが、

先日23日、プロ野球12球団による、
オンライン12球団代表者会議が開催されました。
午前中に行われた「第6回新型コロナウイルス対策連絡会議」での
専門家チームの意見を受けて公式戦開幕について協議をし、
全国に緊急事態宣言が発出されている現在の状況では、
本日の時点で開幕日を設定することはできないとの判断に至りました。

斉藤コミッショナーは会議後の会見で
「5月上旬の連休明けぐらいには開幕日を決めたいという気持ちは強く持ってる。
そのときの状況を見極めながら決めなければならないが、
関係各所との合意形成に向けて努力をしていきたい。
開幕しても最初のうちは無観客でやらざるを得ないだろうが、
国民的スポーツである野球をなんとかファンのみなさんに届けたいという強い思いがあり、
そのあたりのバランスを考えながら開幕日を決めていきたい」
と話したそうです。

さらに、コミッショナーは開幕日を、
来月11日に予定している次の会議で決めたいという意向を示したうえで
「緊急事態宣言の内容がより厳しくなってくれば、
また様子を見ないといけないかもしれないが、
緩和の方向が見えてきた段階で、
前向きに取り組むことになると思う」と語ったそうです。

今後の感染拡大状況で、変化はあるでしょうが、
もし、この形態での開催になれば、80年以上の歴史あるプロ野球で
公式戦が無観客で行われるのは初めてとなります。

確かに感染拡大が一応の収束を見せている台湾プロ野球も
開幕2週間を過ぎましたが、未だ無観客で開催していますし、
関係者の感染が確認されれば試合を取りやめる
方針を出しています。

無観客で開催すると、当然減収が問題となります。
1試合の入場料などの興行収入は1億円以上とされ、
各球団は少なくとも年間50億以上の減収は避けられそうもないといわれています。

感染状況次第で徐々に入場者を増やすプランもあるようですが、
終息の兆しが見えなければシーズンを通して無観客の可能性もあります。
コミッショナーは「今は無観客でも、どう開幕するかという段階。
(観客を)入れるという話は随分、先になるんじゃないか」と見解を示したそうです。

確かに、観客を入れたとしても、厳密に社会的距離を守ると
観客は、満員の1/5程度しか入れられないという試算もありますし、
売店の営業も制限されますので、収入は大幅に下がるのに対して、
かかる支出については、入場時の検温要因や、長くできる列に対するガードマンの増員など
コストが上がることが予想されます。

さらに、リスクはあり、球場内で社会的距離が守られたとしても
球場周辺やスポーツバーなどではファンの密集が予想されますし、
ベンチも密です。専門家チームの賀来満夫氏は
「ベンチでもマスクをつけて会話する、なども議論されている」と明かしました。

さらには、集団の長距離移動もリスクになります。

これらのことを考慮しながら、開催にむけて
努力を継続する姿勢に感謝をしながら

斉藤コミッショナーの、
プロ野球開幕によって「閉塞感のある中で少しでも明るい話題を提供できれば」
と社会的使命を果たすという発言を応援したいと思います。




では(´・ω・)ノシ
2020.04.25 春のコミック
先日、仕事で小樽に行ったあと、
毛無峠経由で自宅へ帰るときに、
国道393号線から、望洋のローソンへショートカットする
いわゆる軍用線が開通していたのに気づきました。

例年は4月下旬まで冬期通行止めなのに
今年は早いです。

さらに、同じく仕事で国道を走っていると、
電光掲示板に、ウポポイが5月29日に開業するとの表示が。
本来ならば4月24日オープン予定でしたが、
こちらは感染症拡大の影響で、オープンがずれ込みました。

そんな雪解けこそ早いものの、なかなか外へと行きにくい今、
やはり、お家でマンガとか読む機会も増えます。

先日、書店に行ったら、食の軍師(泉昌之さん作 ニチブンコミックス 日本文芸社)の
最新8巻が出ていたので、購入をしました。
見たら、最終刊でした。ええええ。
どうりで最近「ゴラク」読んでも載ってないはずです。

ま、話はいつも通り、本郷が粋な食べ方を求めて自画自賛しながらも、
それが実は空回りで、
その自然な粋な食べ方から、勝手にライバル視している力石に逆転負けをして
撃沈する構成が、様式美。

この昭和のノリを令和にも引きずる偉大なるマンネリが
どこかタモリ倶楽部にも通じます。

最後も、いかにもな最終回ではなく、二人が和解したり、旅に出たりとかなく、
いつも通りの淡々としたお話。
ま、そりゃ旅には行かねーし、二人の関係性も変化しないよな。
などと、以前久住さん作品の巡礼記でコミケに出た時、
お隣のサークルが、力石x本郷のBL本で、
自サークルの本を買ってくれたお礼に購入して読んだのを
思い出したりして。

話は、どこか大々的な最終回に、久住さんも、和泉さんも照れているのか、
避けるように、くだらないまま終わってしまいました。

とはいえ、この終わり方なら、またしれっと
雑誌を変えて続いたりするかもしれません。

そもそも本作自体が、「食漫」誌で連載がはじまって、
雑誌の休刊とともに、ゴラクに移ってきたという経緯があります。

これは不定期でいいので、どこかでひっそりと続けてほしいです。
流浪の漫画、食の軍師とかいって。

ま、泉昌之作品デビュー作から出演している本郷には
今後もどこかで会えるでしょう。

ちなみに、食の軍師の件を確認するために、ゴラクのホームページを見たら、
「ノブナガ先生」も終わってました。
(しかも、軍師が終わったのと同じ号で最終回でした)
これで、大和田先生におかれましては、
5月20日、一巻が発売予定の「角栄に花束を」に集中してもらって、

そして、こちらこそ、田中角栄が首相になるまで
連載が続いてほしいものです。お願いしますよ、秋田書店様。


と、寂しいニュースもありましたが、連載終了したマンガについて
嬉しいニュースもありました。

「僕はまだ野球を知らない」の最終巻を読んでいた時です。

「僕はまだ野球を知らない」は、
「犬神もっこす」「ハルロック」の西餅さん作の野球コミックで
野球に関する数字を統計学的に分析した
「セイバーメトリクス」を駆使して、弱小高校野球チームが力をつけてきて、
選手自身にも次第に自信がついていくということを
テーマにしています。

都立浅草橋工業高校の野球部長が物理教師・宇佐先生。
野球が大好きなのに、自身、運動神経がなく、
野球を競技としてプレイすることが出来ず
かつ、野球の指導者である自分の父親に、
野球をすることをとめられていた

ただ、競技者としての野球経験は無いが、
理論と情熱だけは人並み外れてあった。

さらには、この時の野球部監督が体調不良で、
代行監督をまかされたというこで、
球場にセイバーメトリクスに対応できる様々な施設を自費で作り、
的確なアドバイスで、選手の信頼を得て
(かつ、仲違いしている部員たちもまとめたりして)
次第にチームとして、強豪校とも互していく
(練習試合で、Bチームとはいえ、甲子園出場校と引き分けたり)

そんな描写が痛快です。

で、本作のキモになるのが「セイバーメトリクス」です。

これは、アメリカ人スポーツライターであるビル・ジェームズによって提唱された、
野球についての統計学的な分析方法です。

宇佐監督は「統計学を使って勝率を高める非常に有用な理論」と語り、
かつ、グラウンドに埋め込んだ金属探知機による選手データの収集とか、
3Dのモデルフォームと選手のスイングフォーム比較とかで、
選手たちのやる気と実力を引き出していきます。

これで選手が次第に目覚めてきて、自分の可能性を信じて
ひたむきに努力していくというのが、いいのです。

その根底こは、監督の前向きさと、
選手を否定せずに伸ばしていくという
姿勢があるのです。

これで、今まで常識とされていたことを打ち破ることも出来るかも。

そんな勇気さえもらえますし、
親との確執の詳細まで語られたところで、最終回でした。

そんな話が掲載されている最終巻。
雑誌掲載の時点では、隔靴掻痒感が強く、
単行本で追加のエピソードとかないかなぁ、と思いながら読んでまして、
追加オーエピソードこそなかったのですが、
単行本の最後に、続きが書かれるとのこと。

なんですと。

ツイッターを確認すると、こうありました。

西餅お知らせ・ぼくまだ5巻2/21発売
@harurock_mo·2月15日

おしらせ
「僕はまだ野球を知らない」の続編につきまして
12月掲載号で残念ながら終わってしまったぼくまだですが続きを描きます!
どのような形で皆さんにお届けするか現在検討中ですので詳細等決まりましたらまたお知らせ致します
浅工野球部の再始動をどうぞお楽しみにお待ちください


おおおマジですか。

あの、弱きが強きを挫くさまをまた見ることが出来ます。
そして、宇佐監督が親との確執を克服するところまで
見られそうです。

さらに、後日、こんなツイートも


西餅お知らせ・ぼくまだ5巻2/21発売
@harurock_mo·4月15日

僕はまだ野球を知らない続編の
ネームを作成中です

ああ、これは、楽しみでしょうがないです。


両作品ともブログでは何度か紹介済みなので、
面白いので、一応の完結をきっかけに
読むことをおすすめします。







ってことで。(´・ω・)ノシ
2020.04.24 やめました
今回の一連の騒動で、ライフスタイルが変わったことは
少なくないですが、その一つが、
20年来コンビニで買って読んでいた
某、スポーツ新聞をやめたことです。
(遠征先では、たとえば関西・広島遠征ではデイリー
名古屋遠征では中スポを買うこともありますが、
地元にいるときとかは、ほぼこの新聞でした)

現在は、野球の試合がないので、毎日スコアシートを見て
一喜一憂したり、ニヤニヤしたりクシャクシャクにしたりすることも
ないので、いらないといえばいらないのです。
(競馬などギャンブルは興味ありません)
とはいえ、ある程度惰性で、ある程度は買って応援くらいのつもりで
購読をしていたのですが、

4月13日のそのスポーツ新聞の一面が、首相のツイッターに対する批判記事でした。
なんらかの失政で、その瞬間とかで国益を多いに損ねたとかならともかく、
難癖ともいえる記事の作り方に対して、
反射的に、これはいけない。と思ったのです。

ここしばらくの国内の情勢について、このスポーツ新聞が
一面に批判記事を出したのは最初のことではなく、
2月29日に、見出しに「ふざけるな」とデカい文字で
書いたこともありました。

この時から、なんだかなぁ、と思っていたのですが、
4月13日の記事については、前日にこのスポーツ新聞と
系列のテレビ局の報道番組を担当している局アナウンサーが
感染症になった日で、ライバルのスポーツ新聞の一面は
このニュースを伝えるなかでの、記事のチョイス
(H知は、菅野投手が一面でしたがw)
この恣意的な記事の選択で、買う気が失せてしまって
現在に続いています。

確かに、プロ野球やJリーグを始め、
スポーツイベントが軒並み中止・延期という状況下で、
紙面作りが大変なのは理解できますが、
これはどうなのかな?ということです。

デイリースポーツがタイガースクロスワードを一面に持ってきましたが、
それくらいの遊び心があればいいのですが。

もとより私がこの新聞を買っていたのは、
スポーツ・芸能以外の記事が充実していて、
そこまで政治の記事も偏ったイメージがなかったせいです。
(とはいえ、現政権の第一次の時も一面に
「やめろ」と見出しで書いたこともありましたが)

とはいえ、やはりこの会社の14%の株を持っている
某新聞社の影響は強いですし、そういう論調が鼻につくこともありました。

そもそも、こちらに一コママンガを載せているヒトも
私が苦手としているマンガ家の方で、
(スポーツ選手に経緯を払わない作風がワラえずに
批評にもなっていない作品を数多く出しました。
イチロー選手を犬に見立てて、メジャーリーグのどこのチームとの契約にも飛びつくという
一コマを書いたり、
自身が応援している(らしい)チームの絶対的抑えの切り札の選手を
激怒させるマンガを書いたりなど、前科は数多いです)
そこもやだなぁと思っていたポイントなので、
ここでスッパリ切れて良かった良かった。


さらにこの新聞は、その2日後にも政権が配布する
マスクについて揶揄する記事を一面に持ってきました。

ま、この時点はすでに買ってないので、
詳細は読んでいないのですが、なんだかなぁ、です。



と、この件についてはこれでおしまいと思ったのですが、
先日週刊ポストの記事をネットで読んで
このなんだかなぁ、という気持ちが再燃してしまいました。

スポーツ中止で苦境のスポーツ紙、政権批判や芸能重視に舵
という記事です。


この記事の中で、インタビューに同紙の記者が

「系列紙の○○ばりに首相を批判したらネットで絶賛され、
部数も伸びました。これを受けて政権批判の方向に舵を切った」
と語ったとのことです。

さらに、4月14日の記事でについては、
「こちらも大反響でした。ちなみに2月29日の大阪版の1面は
『初甲子園鮮烈デビュー・ボーア全方向弾』と
阪神の新外国人選手を取り上げましたが、
4月13日は『東京に合わせろ』との指示が出て、
東京版と同じ1面になりました」

だそうです。


そうですか。部数が伸びたので、批判記事を一面にしましたか。
部数は大切ですし、きれい事ではなく、
経済が人を動かすのもよくわかるのですが、

そもそもインタビューに出てきた系列紙も、
1940年代には、部数を伸ばすために
日中~太平洋戦争賛美の記事を連発しました。
その新聞が、当時の報道姿勢についての反省もなく、
現在は反戦を是としているという。

そして、ネットで絶賛って本当かな
自分が目にする限りそんなのないぞと思って検索してみると、

ありました。

よくぞ言ってくれた的な書き込みが。
そして、それが結構のこっています。

これは、勘違いしますね。


現政権の施策が完璧であるわけではありませんし、
両手を上げて賛成をしているわけではありませんが、
対案なく批判や揶揄するだけの姿勢は、個人であれ、マスコミであれ、
これこそが不要不急です。

そもそもスポーツ新聞だから、という人も
確かに、スポーツ、芸能をメインにしているメディアは
下衆な部分もあって、それを含めて認めているのですが、
今回のは少し度が過ぎました。

まずこの感染症関連の記事で必要なのは、感染拡大防止であるべきなのに、
最初に感染拡大の阻止ありきではなく、政権批判ありきっては、どうなんでしょう。

日本より感染が遅れた欧米では、感染者も死者もそれぞれ急増しているのは
日本の比ではないのにはかかわらず、
その点には触れずに、政権批判。
日本のケースは、国民の衛生面での意識とか同調圧力などが功を奏している部分も大きいかもしれませんが、
政権の施してきたこともあながち間違いではなかったのでは、とも考えますし、
(欧米との比較をしてそこらへんの検証をしているメディアってないですね。)
政権のとっている政策が、高給取りだから庶民の気持ちがわからないとか
他人事のように感じるというのが、批判の常套句ですが、
当のマスコミが一番他人事で、庶民の心がわかっていないんでしょう。

コロナウィルス肺炎でおなくなりになった芸能人の取材に
大挙して訪れて、3密状態になっているのを、
遺族の方に心配されるなんて、
どんなブラックジョークなんですか。

そうでなくても、マスコミ業界でクラスター化しているケースも多いのに。


と、いうことで現在はスポーツ新聞からは距離をおいています。

ただ、野球が再開したら、またゲームのアレコレを見るために購読するでしょうが、
こちらの新聞でないことは確かです。

が、あとは、ファイターズほぼ一面新聞か、
ジャイアンツほぼ一面新聞は論外としても、
残る1紙(道内の田舎では、ドラゴンズほぼ一面新聞と、
タイガースほぼ一面新聞は手に入らないのです。)
くらいしかないのです。

となると、消去法で、こちらの某スポーツ新聞になるのですが、
こちらの政治記事や4コマもイマイチですが。

とほほほ。



ああ、そうそう、これでBS11の番組欄がある
新聞を毎日読むことが出来ます。




では(´・ω・)ノシ
1月下旬、用事があって函館へ行きました。
前日の用事をすませたので、この日はお買い物とか、
温泉を楽しみましょう。
と、蔦屋書店を冷やかしたあとにむかったのが、
「函館天然温泉 湯元花の湯」さんです。
こちらは、国道沿いにある見た目はスーパー銭湯風ですが、
中は循環も塩素殺菌もしていない温泉です。

中に入って、開放的なフロントにある自販機で券を買い、
フロントで渡しまして、脱衣場へ。
脱衣場に行く前には、食堂も併設されていて、
脱衣場の入り口横にはオイしそうなサンプルが置かれています。
しかも昼飯時ということで、混雑していますね。
当然、脱衣場も混雑をしていますので、まずは浴室の中へ入ります。

広々とした湯槽にまずは身を沈めますと、
淡い碧褐色のお湯が肌になじみます。
湯槽の縁からはお湯がたっぷりと溢れているのもいいですし
タイルには流れた湯の花が模様を描いています。
これはいい成分の温泉の証です。
顔をお湯で軽くぬぐったときに少し口に入りましたが
微妙にナトリウムっぽい味がします。

さらに、こちらのうりは、その露天風呂です。
こちらの温泉の親会社は、造園屋さんだそうで、
「庭園露天風呂」がうりなのです。
10~20人は入れそうな温度の違う湯船が3つ、
東屋風の屋根がついていて、くつろげそうです。
しかも、その他に大きな岩をくりぬいた岩風呂がひとつ。

さらには、その庭の石の配列だったりとか、
丁寧に動物の形など様々な形にカットされて、
庭園というよりは西洋のガーデンといった趣の木が林立し、
こんなの見たことないです。
しかも、とても開放的な作りというのがいいです。
数多くの庭を造ってきたとおぼしき造園屋さんならではの名庭です。

しきいは高いですが、露天部分が広いので、
開放感もあっていいです。

しかも、もう少し遅い時期になれば、花の湯の名に違わない、
季節の花々が咲き誇るというのですが、
これは再訪確定です。

さらに入渠直後ということで、少し体重も気になったので、
サウナでととのったりもいたしました。

ちなみにこの時点、適正体重をキープしております。


と、いうことで大満足。

折しも時間は、昼飯時ということで、
車を七重浜のほうに走らせて、
函館三大食堂のひとつ「みなと食堂」さんで、
絶品のからあげ定食に舌鼓をうったのでした。



ってことで。(´・ω・)ノシ

しばらく間が空いていて、カレーの記事も溜まっているので、
そちらを公開します。

☆「スープカレーすあげ天神(soup curry Suage天神)」
(札幌市豊平区平岸1条18-1-6ルワズィール天神山1F)

1月中旬のことです。
お仕事で札幌出張。それを終えて遅い時間だったのでそのまま宿泊です。
翌日、宿の朝食を食べ終えてしばしまったり。
そして、買い物と昼食に出かけました。
と、いっても、いつものコーチャンフォーミュンヘン大橋ですが、
行く途中に、スープカレーのお店を発見。
開店15分前に着きましたので、そのまま並ぶと
すぐに車が二台着て私の後ろに並びます。
開店時間までに数人が並んで待つことしばし。

開店時間に中へ、お一人様なので、2人がけのテーブル席前の
椅子にコシをおろして

メニューには、オーダーの仕方が書いてあります。

step①スープカレーを、次のページからお選びください。

step②すあげスープ、プラススープ黒のどちからをお選びください。

step③スープの辛さを、①~⑩からお選びください。
 ※⑦~⑩は、ハラペーニョペースト入りです(+¥100)

step④ライスの量を、3種類からお選び下さい。

step⑤お好みで、具材をトッピングできます。
 ※トッピングメニューより、お選びください。

の順番で注文をします。

①スープカレー
パリパリ知床鶏と野菜カレー
【主な具材】ジャガイモ、ニンジン、かぼちゃ、なす、ピーマン、マイタケ、ゆでたまご ¥1,250
ラベンダーポークの炙り角煮カレー
【主な具材】ジャガイモ、ニンジン、かぼちゃ、なす、ヤングコーン、ゆでたまご
¥1,350
野菜タップリベジタブルカレー
【主な具材】ジャガイモ、ニンジン、かぼちゃ、なす、オクラ、ブロッコリー、レンコン
  アボカド、ヤングコーン、トマト、ピーマン、マイタケ、ゆでたまご
¥1,000
チキンレッグと野菜カレー(揚げ or 煮込み)
【主な具材】ジャガイモ、ニンジン、かぼちゃ、なす、オクラ、ブロッコリー、ゆでたまご
¥1,100
海のミルク牡蠣カレー
【主な具材】ジャガイモ、ニンジン、かぼちゃ、なす、ブロッコリー、オクラ、ゆでたまご
¥1,300  ※テイクアウト不可
道産せせり唐揚げカレー
【主な食材】ジャガイモ、ニンジン、かぼちゃ、なす、オクラ、ブロッコリー、ゆでたまご
¥1,170
コロコロベーコンとクワトロチーズカレー
【主な食材】ジャガイモ、ニンジン、かぼちゃ、なす、レンコン、ピーマン、ゆでたまご
¥1,200
お子様カレー
【主な具材】エビフライ、ポテトフライ、ジャガイモ、かぼちゃ、オクラ、ブロッコリー
 ヤングコーン、ゆでたまご
¥650
マンスリーカレー
くわしくは店内popをご覧下さい
¥???


②スープ スープ大盛り +¥100
すあげスープ 旨味のあるクセのないsuage定番スープ or
ぷらすスープ黒 イカ墨ベースをプラスしてコクと旨味がup 
 +¥100

③辛さ 
①甘口②ピリ辛③中辛(おすすめ!)④辛口⑤大辛⑥超辛
mild←              →very spicy
※②ピリ辛が市販のルーの中辛口くらいの辛さです
※これより上の⑦番~⑩番の辛さにはハラペーニョペースト入り(+¥100)
※スープ大盛り(+¥100)

⑤ライスの量 ランチタイムは(大ライス)無料!! ランチタイム11:30~17:00
 小ライス150g 中ライス200g大ライス350g(+¥100)
 ※ライスおかわり/100g[+¥100]/200g[+¥200]/300g[+¥300]

⑤トッピング
◆オクラ

◆たっぷりキャベツ
◆ブロッコリー
◆レンコン
◆ヤングコーン
◆ミニトマト
◇ひき割り納豆
◇ゆでたまご
◇揚げもち    ¥90

◆インカのめざめ(ジャガイモ)
◆ピーマン
◆かぼちゃ
◆ニンジン
◇チーズ on the ライス ←おすすめ
◇チーズ in スープ  ¥120

◆なす
◇愛別産マイタケ ←おすすめ
◇アボカド   ¥150

◆ベジChoice(ベジチョイス)
 ¥90トッピング◆の中からお好きな野菜を4種チョイスできます
◇クワトロチーズ ¥200
◇道産ソーセージ
◇コロコロベーコン ¥250

◇パリパリ知床鶏
◇チキンレッグ(揚げor煮込み)
◇せせり唐揚げ  ¥300

◇炙り角煮  ¥400

といったところです。

コロコロベーコンとクワトロチーズとか、
道産せせり唐揚げといった、魅力的なメニューが飛び込んできます。
以前食べた知床チキンやふわふわ肉だんごと野菜カレー、もうまかったなぁ、

と思いつつも、今回は基本に返って
ラベンダーポークの炙り角煮カレー
ブロッコリートッピング
辛さは4番、ライスは中でオーダーです。

心地よいBGMに耳を傾けながら、周囲を軽く観察。
広めの窓から差し込む光で店内が明るく、 
壁には、ボードウォークのような木が貼られていて、
さらにその上にアメリカのホーロー看板多し。
このレトロな演出があるかと思うと、
天井にはでっかくSuageのロゴが描かれていたたり、
椅子がポップな色合いに塗られていて、
これらが統一感あって、オシャレです。

厨房からは、油が爆ぜる盛大な音と、
野菜が揚げられるいい香りがします。
この音と香りだけでも、ハラペコが更にすすむ、
格好の調味料ですし、
串に刺さっている野菜たちが、それだですでに美味しそうです。

待つことしばしで、登場です。
清潔そうな白い丸いsuageのロゴ入りの器にはいった
半透明の赤味がかったオレンジ色の明るいスープとたっぷりの野菜。
横には、こちらも清潔そうな白い丸いsuageのロゴ入りの
赤米入りでほんのり色づいているご飯が目の前に。

そして、この盛大に漂う香り、たまりません。
スパイシーな香りが鼻孔を刺激します。
そして、こちらもsuageにきたなーと思わせてくれる
串にささった素揚げされた野菜です。お久しぶりです。

さっそく、スープからいただきます。

スープは、食べ口がさわやかな甘さで、
玉ねぎのアマみがベースになっています。
お店の人がサービスで「辛さが足りなければ入れてください」
といって香辛料を置いていったので、ひょっとしたら
辛さ設定は自分でやるのかな?と思うくらいの味でした。が
今回はさすがの4番。すぐにじわっと辛さが上がってきて
次第に辛さが体内に蓄積されてくるのが面白いです。
爽やかさの原因は、スープの色にも出ていますが、
トマトとかがきいてまして、このトマトの味わいが、
ケチャップとかブラウンソースにも通じる、
どこかチープな要素もあって、
そこが、食べる人の郷愁を招きつつ、
食べ手のしきいを低くしているんですが、
ただし、しっかり美味しいです。
更に、この辛さが浮かない感じで、
ベースになる旨味やコクもしっかりしています。
あっさりすっきり系でスイスイいけるものの、
この濃厚な味わいがあって、さらに嚥下した後は爽やかさが残るという。
素晴らしい味わい。さすがの人気店と、納得です。

そして、この日もメインの具材は豚煮です。
こちら、歯で軽く圧を加えるだけて
むにゅっとした食感を残して、ほろほろとほどける
とともに、肉滴、煮汁、カレーがまざったのが
あふれてくる愉悦。たまりません。
豚自体もほんのり甘いですし、薫り高いあじなのに、
この調理方法ですから、魅力ましましです。

さらに、これがなくては「suage」ではない。
串刺しジャガイモは、滋養ある味で、
カレーの刺激を引き立てますし、
色合いも鮮やかならばホコホコの食感触もすてき。
串刺しニンジンは、きわめて糖度が高く
柔らかく煮込まれているので、スパイシーなスープと
好一対です。
大ぶりの南瓜も食べ応えがありますし、
こちらも柔らかく素朴な甘さはニンジン以上
なすは、堅めに揚げられていますが、
油、なす汁、カレーの三位一体攻撃を加えられて、
これは、たまりません。。
水菜しゃっきりとした感触もよければ、
ヤングコーンのつぷつぷした食感もいいですし
このコーンの一粒一粒がまたびっくりするほど甘いです。
トッピングブロッコリー。もりもり これは大正解
ブロッコリーはすみずみまで油がいきわたった幸せな仕上がりですし、
と、食べ進めていったところで、
固ゆでの卵の黄身を半分たべたところで、半分はしっかりスープに溶いて
赤米入りご飯も残り1/3になったので、投入して
ついてきたレモンをしぼってから混ざるに任せながらたべます。

ああ、オイシイフィニッシュです。
ぐっと、食べ終わったあとに、グッとレモンを搾った水を飲みまして、
次は別のメニューも食べたいなと思った
大満足の新店開拓&2020年のカレーの食べ初めでした。


あと、こちら、KINGさんから、ほど近いですね。




☆「スープカレーすあげ天神(soup curry SUAGE 天神)」
(札幌市豊平区平岸1条18-1-6 ルワズィール天神山1F)
◇営業時間◇平日 11:30~17:00 & 17:00~21:30 (L.O. 21:00)
◇定休日◇水曜日 ◇駐車場◇有り





ということで。(´・ω・)ノ
2020.04.20 ですよね
本来ならば、初めての平和リース球場を訪れて、
球場の感想だったり、球場飯の感想だったり、
ホークスやファイターズの選手たちの頑張りだったりや、
鹿児島の維新の史跡についてのアレコレを書いていたはずなのですが。






こちらは、あまりにも、することなくて、
HBCラジオの、スポーツ&ミュージックスペシャル オンリーワンに、
初めてリクエストメールを送って、読まれたりしました。(ニッコリ)
思えば、リクエストが読まれて曲がかかるって、
高校1年生の時、決定!全日本歌謡選抜で小川哲哉さんに名前呼ばれて以来かも。


さて、先日飛行機チケットの払い戻しを兼ねて
新千歳を訪れたのですが、その時千歳線の車窓から
北海道ボールパークFビレッジと、エスコンフィールドHOKKAIDOの建設予定地に
デカい看板が出ていました。

JRの新千歳空港駅にも、エスコンフィールドの看板が出ています。
13日には、起工式が行われたというニュースも流れていました。
2023年に開業予定ですが、あのイベントが一年延期する関係とか、
コロナ禍とかで、今後の工期が気になるところですが、

とりあえずは楽しみに待つことにします。

が、当面は、今年のプロ野球です。


15日のNPBのhpに、

パ・リーグのマリーンズの地方開催2ゲームがzozoマリンで変更されるとのニュースが、
セ・リーグは、スワローズ、ベイスターズのゲームで、本拠地で出来ない予定のゲームが
それぞれ神宮、ハマスタで開催される、とのニュースがのりました。

マリーンズは、地方球場開催がコロナ対策しにくいのが理由。
スワローズとベイスターズは、アレが来年に延期したので
本拠地が使えるようになったのが理由です。

さらに、こんなニュースもありました。

NPBは17日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、
都内で臨時の12球団代表者会議をウェブ上で開催。

斉藤惇コミッショナーが会見に応じ、交流戦の開催を断念することを発表しました。

斉藤コミッショナーは
「先日来、お伝えしていますが、開催日の決定は4月末、5月上旬に行うということは変わってない。5月6日まで7都市のみならず、全国に緊急事態宣言が発出されたということであります」
と状況を説明。そして、
「選手のコンディションを考えると、野球の開催日に関して、5月中に行うのは断念せざるを得ない。レギュラーシーズンの試合数も削減せざるを得ない。日本シリーズまでの日程等々考慮しまして、日本生命セパ交流戦の開催を今年は見送らざるを得ない」
としました。


当初の予定では、交流戦の開幕は5月26日でした。

クライマックスシリーズやオールスターについての討議はなかったそうですが
日本シリーズの開催については「最後の決戦として残しておきたいというのが強かった」
と語ったそうです。

NPBは、4月3日に開いた臨時会議では、開幕戦の日程を白紙にして
4月下旬から5月上旬に決定することを発表していましたが、
こういう結果になりました。


ちなみにHPにはこのようにありました。


引用させていただきます。



2020年日本生命セ・パ交流戦 中止のお知らせ
 一般社団法人日本野球機構は、5月26日(火)から開催を予定していた2020年日本生命セ・パ交流戦の開催中止を決定しましたので、お知らせいたします。

 新型コロナウイルス感染症の影響で開幕遅延を余儀なくされているなか、今シーズンの試合日程を総合的に検討し、判断いたしました。特別協賛社である日本生命保険相互会社様にもご理解をいただき、このたびの決定となりました。

 なお、日本生命セ・パ交流戦を予定しておりました6月14日(日)までの試合開催の中止が決定したものではありませんが、5月末までの試合開催は断念することといたします。
 引き続き、リーグ戦の開幕に向けて検討を重ねてまいります。




これで、今までの観戦予定ゲームに加えて、

5月のマツダでのスワローズ戦
6月のマツダでのゴールデンイーグルス戦
京セラでのバファローズ戦の5試合のチケットが水泡に帰します。

あああああ




ま、現在の感染の拡大を予定考えると、やむを得ない処置です。


ちなみに、台湾ではプロ野球がすでに開幕をしています。
世界1早いプロ野球の開幕です。

韓国も5月1日にプロ野球の開幕を予定しています。

台湾は、現時点で感染拡大を抑え込んでいる状況で、
でも無観客での開催で、ロボット応援団が活躍しているとか。
すでに各チームが5〜6試合を消化していまして、
ちなみに今期LaNewからラミゴを買収して参入した楽天モンキーズが
開幕五連勝で首位だとか。

これ、テレビでみたいです。

ともあれ、関係者の努力に頭を下げつつ、
自分自身も感染源にならぬように注意を図りながら

なんとか、事態が収束に向かってもらって宣言が解除され、
かつ、NPBの開幕をはじめとして
もろもろの自体が快方へむかえることを願うのみです。








ということで。(´・ω・)ノシ
本当ならば、今頃は、
初の鹿児島鴨池→久々の鹿児島観光にむけて
ウッキウキだったのですが、







ということで、お家でかんたんにできる娯楽といえば、
深夜アニメですね。


現在は、はめふら ていぼう イエスタデイなど
再放送も含めると、22/7(再)とか、氷菓(再)とかもありまして、
それぞれ面白く見ています。

昨期も豊作でしたが、今期もなかなかです。

なかでも、今期注目しているのは、ひとつは、「かくしごと」
久米田さんの原作がいいテンポで表現されていて、
気楽に楽しむことができます。
最初は制作は「S」じゃないの?と思っていましたが
全然アリアリアリアリ(ぱにぼにリスペクト)です。

そして、こちら、始まる前から推してましたが、
案の定の面白さ。「波よ聞いてくれ」です。

「波よ聞いてくれ」は、沙村広明さん原作
北海道にあるJFL系列のFM放送局、藻岩山ラジオ局(MRS)が舞台で、
出てくる人物が、主人公のミナレ、ディレクターの麻藤さんをはじめ
皆ヒトクセもフタクセもあって、そんな人々が織りなす物語がバツグンに面白いです。
業界ものとしても秀逸で、同業者の人にもウケてますし、
(ちなみに、私がこの話を読み出したのは、HBCラジオ「ベスト10ほっかいどう」で
パーソナリティーのトムさんと、MAYUさんが激押ししていたので気になったのがきっかけでした)
自分自身も短い期間ですが、コミュニティーFMに関わっていたということもあり、
そういう観点でも面白いです。

にしても、声が個性的でトークセンスがあるっていうんで
素人にラジオパーソナリティーやらせるって、
どこの「Radio Lady」のニコニコおばさんだよ
(「Radio Lady」は茶麻さんの
素人の女子大生が、ひょんなことから新人JK声優とラジオ番組をする、
ユルい4コマです)

アニメも原作のたたみかけるような会話のテンポを
しっかりと昇華させていますし、疾走感が気持ちいいです。
3話で言うと、漸羅とか試験放送とか、セリフで笑わせるところが
このテンポ感ならでは。
ミナレ役の杉山さんも、あの長ゼリフをハイテンションで
演じきってすげーなー。あと、この方北海道出身なんですね
どうりで。

ちなみに第2話を見た時は、コミケカタログを買う直前だったということで、
カタログ買ってから、むしょうにスープカレー食べたくなって、
Voyagerではないですが、すすきのでスープカレーを食べに行ったりして。


と、感心しきりなのですが、
細かいところまでへーっと思ったのが、
ミナレの冠番組(「試験放送かよ!!」)を探す新聞がアップになるシーン。
これが、すごかったです。

MRSの横にAM局のHCBの番組表がありますが、

5:00 朝イチ!◇05宗教
5:10 朝イチ◇生贄ヒロシ
6:30 朝刊あさくら「あざ
   らし上級者向け宿」

なんて書かれているのです。
生贄ヒロシって、朝刊あさくらって
なんて、火曜の朝だよ。

こんな感じで、一日のHCBの番組表が乗っていて
これはすごいです。
思わず何度見もしてしまいます。

ちなみに番組は、
9:00 仙ちゃん美羽の今どきっ!
0:00 カーナビラジオアフタヌーン
4:00 夕刊ブリアキ
5:47 ナイターズファイター
6:30 かほりのオンガク
7:00 オラ・オラ・レディオ
9:00 ファイターズDEネオン!
10:00 荻原由清・セッション22
0:00 ナシゴレン!
1:00 JUNK・爆発問題カーボーイ
と続きます。

これは聴きたいです。

となりのAM局にも「どざんこラジオ」の文字が


こういう遊びが楽しいです。
っていうか、これ原作準拠ですかね。
あと、この番組欄のフォーマットはD新ですね。

そんな細かいネタにも注目しながら、
お付き合いをしていく予定です。



にしても、自分的にはBS11率が低い今期です。

ちなみに10年前の春アニメって、
「WORKING!!」とか、「けいおん!」二期とか、「おお振り 夏大」とか、「ジャイキリ」
なんですよね。

時間たつの、早すぎです。

あああああああ







ということで。(´・ω・)ノシ
本来なら、初めて訪れた藤崎台
(こちらで、熊本工業時代の前田(神)が、バックスクリーン直撃弾を放ったり、
ストライクを入れない相手投手に詰め寄ったりなどの伝説を残しました)
の感想とか、ホークスとファイターズ選手の奮闘とか、
西住流の本場でのココス道修行の様子とかを
ここで云々書き散らしているところですが、




ここからは昨日の続きです。


初FDAと初訪空港X2とモーニングとココス道の
ある意味メインイベントである
聖地一宮でモーニングです。

と、いうことで、身を浄めて、服を着替えてから
7時45分頃、一旦宿を出てから
名鉄一宮駅へ。停まっている名鉄尾西線7時55分発、
津島行きに乗ります。
日曜の朝なので、車両はがら空きです。
2分ほどで、観音寺駅へ。
昨日ココス道のために訪れた、名鉄犬山線大山寺駅同様、
無人駅です。

霧雨のような微小雨が降ったり止んだりですが、
降りてすぐのところにお店があるので大丈夫。
古民家風趣ある一軒家。そんな外観は
カフェには見えませんが、屋根に掲げられた看板に
「珈琲 池田屋」と大書されています。

行くと丁度開店です。入り口の敷石風の石を踏んで
木の扉を横開きして中に入ると、
石敷の床と、コンクリ打ちっぱなしに焦げ茶色の木をあしらった
スタイリッシュな細い通路。
奥へ進むと、広々とした店内は、店内も外装同様和風で
落ち着いた雰囲気です。
板貼りの床で、奥に小上がり席もありますが、
私はお一人さまなので、テーブル席にある
座り心地の良い椅子に腰をおろします。

そしてメニューを吟味。

こちらのモーニングは、
「ドリンクの値段のみでついてくるもの」と、「ドリンク代に追加280円でついてくるもの」があって、

ドリンクの値段だけで
バタートースト
メープルトースト
小倉トースト
シナモントースト
ホットドック
エッグドッグ
クロワッサン
+ポテトサラダ・コーヒーゼリー・スクランブルエッグなど
色々がついてくるモーニングと、

ドリンク代に280円払うと、
キューブトースト:はちみつバター
キューブトースト:焼きショコラ
キューブトースト:パングラタン
キューブトースト:焼きカレー
オーブン焼き:チーズドリア
オーブン焼き:カレードリア
+ポテトサラダ・コーヒーゼリー・スクランブルエッグなどがついてくる
モーニングサービスの2種類です。

さらに、+α メニューとして

+80円:バタートースト、メープルトースト、シナモントースト、クロワッサンを追加
+50円:ゆで卵を追加

といったところ、
本来の趣旨ならば、ここは無料メニューでしょうが、
単品で580円するものが、280円でついてきて、
さらにお料理も追加されるなら、キューブトーストです。
そして、ここは焼きカレーを選択です。

オーダーし終えて、新聞に目を落としつつ、
周囲を軽く観察します。

広々とした店内は、
濃焦茶色の板が貼られた下の部分と、淡いベージュ色の
漆喰塗りのような色の上の部分のバランスがいい内装に、
大きな古時計などのアンティークや、絵画などが飾れていて、
和モダンな趣が落ち着けそうです。

奥の小上がりは広々としたお座敷で、囲炉裏もあります。
カップルや家族連れや学生の団体風が
モーニングしながら、談笑しています。
しかも、次々にお客さんが入ってきます。すごいです。

そんな感じで待つことしばし。
メニューには「オーブンでじっくりと焼くので時間がかかります」
と書かれていましたが、10分少々で登場です。

背の高いカップに入った香り高いたっぷりの珈琲と、
白いお皿に乗った一辺約13センチ程度の立方体という
威風堂々たるキューブトーストは、
食パンをくり抜いた中にカレーと絡んだ熱々のチーズがとろり溶けてます。
カレーとチーズのいい香りが食欲をそそります。
トーストを囲むように、ミニカップに入った
コーンスープ、ポテトサラダ、スクランブルエッグ、コーヒーゼリーです。

これは美味間違いないやつです。

では、いただきます。

が、

??

これ、どうやって食べよう。

予習した時見た画像では、大胆にパンをナイフで切って
キューブトーストの中をお皿に出していましたが、
なんとか出さずに食べられないものか

!!

まず中食べてから、水位(カレー位?)を下げて、
下がったところの耳の部分を食べればいいです。

では。まず中から、チーズの部分を破って
フォークを中に入れて中身を掬うと、
にょーんと、チーズが盛大に白い糸をひきます。
これがいい前奏曲です。

口にすると、あ、これ美味しいです。

野菜由来の甘みとコクに、お肉ベースの旨味がしっかり出ていて
ここに喫茶店のカレーならではの心地よい苦味と
フルーツ由来の爽やかな酸味が感じられて、
太くしっかりした味が好印象。
濃いのに、後味がすっきりしていますし、
あとからじんわりと効いてくるスパイスもいいです。

この濃いカレーの上にのってるチーズも
香り通りの芳醇な味で、濃いものを濃いもので迎撃する
そんな贅沢を楽しめます。

そして、さらに奥に食べ勧めていくと、
中に何か柔らかいものが。

これ、くり抜いたパン生地です。
ふわふわのパンにたっぷりのカレーが
しっかりと染み込んでいて、こんなの美味しいにきまってます。
パンに染み込んだカレーの罪深い味。
たまりませんし、ここにもチーズがトロりと絡みます。

そして、1/4ほど中を食べたところで、外側の容器になっている
耳の部分をいただきます。

外側はサクサクを通り越して、カリカリっとしてます。
オーブンで焼かれているので軽く焦げて香ばしく、
これまたカレーによく会いますし、外のカリサクの部分と、
中のカレーが染みてとろっとなっているところの対比もいい感じ。
にしても、食べ勧めていっても、外側は硬さを保っています。
メニューにある「じっくりと焼くので」の文字は伊達ではないです。

コーンスープもコーンの甘さと豊かな味がたっぷり溶け出す
クリーミーな味でしたし、
ポテトサラダも芋の素朴な味がしっかりでてる
ホッとする味。
たまごは、濃い味をバターの香りと味が盛り上げて、
上にのるケチャップも彩りとともに味的にもよくて、
コーヒーゼリーも苦味の強い大人の味です。

珈琲も、鼻孔をくすぐる蠱惑的な香りと、
軽やかな酸味がいいです。
コクもあってしっかりとしたボディーながら
すっきりとした飲後感は、次々にいきたくなりますし、
風味の豊かさがワイルドなかカレーにもマッチしています。

と、いうことで、完食です。ごちそうさまでした。大満足。

会計を済ませて、外へ出ると、
来たときは空いていた駐車場には6.7台も車が止まってましたが、
地元一宮ナンバー以外に、尾張小牧ナンバーとか、名古屋ナンバーとか
岐阜ナンバーの車が止まっていて、すごいです。

そして、再び名鉄線で宿に戻って、荷物をまとめてチェックアウト、

中部国際空港に行く途中榎戸で降りて、ココス常滑店へ行き
ココス道の修行を終えてから、中部国際空港へ。

そこから北海道へと戻ったのでした。








ということで。(´・ω・)ノシ
本当ならば、今頃ライトアップされた姫路城を見ながら
「ひーめひめひめ~♪」などとウカれて、鼻歌の一つも
カマしていたのですが



くぅううう



そんな気分を少しでも晴らしたい
前回の旅行でいただいたものについてです。

まずは、東室蘭駅の至近距離で、お世話になっている宿からもほど近い
「さっぽろっこ 西口店」さんへ。

店内は入ると正面に厨房と向かい合ってL字形のカウンター席。
さらに何カ所かテーブル席があります。
お一人様なので、カウンター席に腰をおろしてメニューを吟味。

メニューは北の国醤油ラーメン、
北の国味噌ラーメンをはじめ
カレーラーメン、ピリ辛ラーメン、ネギ味噌ラーメン、
バターコーンラーメン、東披肉(トンボーロー)、
五目あんかけラーメンなどなど。

さらに味噌ラーメン、醤油ラーメン、塩ラーメン、
味玉とんこつ、五目ラーメン、チャーシューメン、
五目あんかけ焼そばとバリエーション豊富。

セットメニューはA・焼肉&ラーメンセット、
B・チャーハン&ラーメン、
C・ラーメン&餃子&サラダ&ライスがあります。

で、ここは、王道の炒飯とのセット。
本当はビールかチューハイなどアルコールも飲みたかったのですが、
メニューにないので断念しました。

置かれているスポーツ新聞を見ながら、軽く周囲を観察。

長めのカウンターには、私を含めて6人程度、腰を降ろしています。
お年を召された4人組と、妙齢のご夫婦風です。

卓上にはコショウや唐辛子、お酢などの調味料が用意してありました。

そして待つことしばしで登場しました。
明るい茶褐色のスープに黄色い麺が漂っています。
センターには分厚いチャーシュー。他にももやし、ネギ、メンマといったところが見えます。

チャーハンもしっとりした焼き飯風です。

では、いただきます。
まずは麺を一啜り。これはいい感じです。

中太のちぢれ麺で、固すぎず柔らかすぎずといった
いい塩梅のゆで加減で、ススっていて唇に官能をあたえる
ちぢれ加減と、程よいツルツルさがいいです。
小麦の味もしっかりしますし、どこかなつかしい感じの味わい。
さらに縮れ麺ということは、スープのリフト力もつよいということ。

で、スープですが、
ベースになっている味噌の風味とか、スープの旨味とコクです。
コクやこってりさを感じながらも、ドロッとしているスープが多いなか
サラッとしてます。
このさらっとしつつも、うまみとコクがしっかりありますし、
にんにくのパンチがしっかり効いていて
濃いのですが、嚥下したあと味は、あくまでもまろやかです。

上にのっているチャーシューは、お肉の繊維が口の中で
自然にほどける柔らかさと、繊維のすみずみまで染みこんだ
タレり味わいがいい感じですし、表面の味噌のあじわいと
中のチャーシューを仕込んだ時のタレの味わいの組み合わせが
また面白いです。

モヤシのシャキシャキ食感は歯に心地よいですし、
メンマもくきくきという歯ごたえと味わいもいいですし、
葱の鮮烈さも清涼です。
あ、ゴマも利いていますよ。

チャーハンも、ガーリックの香りがほんのり漂い、
味とともにインパクトが強いです。
とはいえ、この見た目通りのしっとりチャーハンは
口の中でほろっと崩れますし、
家庭的な味が、ノスタルジーを感じます。
先程ラーメンでも味わったてチャーシューもたっぷり入ってます。

このシンプルな味がラーメンにベストマッチで、
ああ、美味しかった。
と、いうことで、最後の最後までスープを堪能をして
ごちそうさまでした。

吹き出る汗を軽くぬぐってこちらをあとにしました。


ちなみに、メニューの裏に書いてありましたが、さっぽろっこはたいしょうグループが経営されているようで、
さっぽろっこやニングルといったお店がグループ店になるようです。

今度は苫小牧のニングルで、カレーラーメンかな?


そして、宿に戻ってまったりです。


翌日は、5時起床。
身体を浄めてから着替えて、6:30から朝食なので、一階の朝食会場へ。
価格帯が比較的安いチェーン系ビジネスホテルでありながら
バイキングが充実しているのが特徴のこちらです。
昨今の情勢でバイキングを取りやめている宿泊施設が多い中、
こちらはバイキング健在でありがたい。

スーパー北斗からはやぶさ、つがるとのりついで、
青森駅で駅弁を購入。

選んだのは、大館、花善さんの、鶏めし弁当です。
これを空港に行く連絡バスの中でいただきます。

バスが動き出して、街中から少し郊外に出たところでいただきます。

掛け紙をはずして、ふたをあけると、このルックスでまずヤられます。
まずメインは、茶色い味付けご飯の上に鮮やかな黄色のそぼろとたまごに、
鶏肉の甘辛煮と、綺麗な桃色の飾り麩と・緑のいんげんと・栗の甘露煮
そして、おかずのコーナーには
がんもどき煮(魚肉(たら)・玉葱・豆腐)
鶏肉のつみれ(鶏肉・玉葱・とんぶり・パン粉)
変わり蒲鉾(魚肉・ほうれんそう・でん粉)
胡瓜漬け・柴漬け・椎茸甘露煮(うえに胡麻がチラされている)・
といったところがこんにちわです。

箸袋から、取り出した箸を割ると、軽く木のいい匂いがします。
この弁当の割り箸は、秋田杉の間伐材を使っていて、美しい木目が入っています。
弁当箱は木の年輪の模様が入った樹脂製ですけど、箸は純正の秋田杉で、
箸なのにしっかり香る杉にまず、感心しながら
ご飯に箸をたてて掴んで頬張ります。

美味しいです。ご飯は冷えていますが、旨いです。
大潟村と大館のあきたこまちを使っているそうで、ふっくらとした米自体も
ほんのり甘くて旨味あります。
炊き加減は絶妙ですし、醤油とか砂糖とかみりんとかベースにした味付けも濃すぎずに、
米とのハーモニーをしっかりと味わうことができます。
鶏の滋味と旨味を生かした極上の出汁がくわわって
噛むたびにうまにが出てきます。これは美味しいです。
炊き込みご飯がつめたくなっても美味しいってのがうれしいです。

鶏肉もしっかりとしたかみ心地で、しみじみ旨いですし、
メインである比内鶏のしっかりとした味わいと、それを生かしつつも
濃い目に味付けて、かつ楽しめる歯ごたえに加えて、
こちらも噛むと、旨みとともに肉滴もあふれてきます。
あー、比内鶏美味しい。
丁寧に作られた卵のそぼろもご飯の旨さを守り立てます。

そしておかずも、一見、実にシンプルですが、
その一品一品が混んでいます。

がんもどきは、豆腐と魚のすり身のベースに、たまねぎがはいって、
ひろうすみたいですし、
ほうれんそうなどでカラフルになっている、花形の変わり蒲鉾でも
ずいぶん手が込んでいて、これもおかずとして旨い。
とんぶりがはいっている芸の細かさを見せている鳥のつみれも
表面が固め、中が柔らかめで、軽く噛むだけで肉滴が出てきます
しいたけもしっかり煮込まれた上、旨味が溢れてきますし、
胡瓜漬けもきちんとした本漬けですし、
柴漬けまでが丁寧な感じがして、旨いです。
こんな感じで、一品一品、芸が細かいのです。
それぞれがいい仕事しています。

そして、ご飯にあうものは、りんごサワーにもあうのです。

しかも、しかし保存料を使用していないので通販はやっていないというのも
スペシャル感を盛り上げてくれます。

そして、最後に栗の甘さに酔いしれて、完食いたしました。
ああ、このシウマイ弁当にも匹敵する充実ぶり。
さすが東北きっての名弁当です。

ごちそうさまでした。

ちなみに以前は、から揚げ鶏飯なるメニューもあって、
いつか食べたいものだと思っていたのですが、
2018年3月限りで終売だとか。

残念。



モーニングの話は次回です。







ということで。(´・ω・)ノシ
2020.04.12 涙の年中行事
4/18 4/19の土日に、ホークスvsファイターズのゲームが
熊本のリブワーク藤崎台球場、鹿児島の平和リース球場と、
私がまだ訪れたことのない2つの球場で開催される。

ということなので、

カープ戦ではないですが、まずは飛行機のチケットを確保してから
ゲームのチケットをとります。

月曜日は朝から外せないお仕事が入ったので、
ゲーム終了目処の時間に間に合う、鹿児島〜羽田、
さらに乗り継げる羽田〜新千歳のチケットを確保。
なんとか、その日のうちに北海道に戻れそうな目処をたてました。

さらに、金曜日は定時+アルファまで仕事が入るので、
新千歳〜神戸の1番遅い便を予約。
宿は、開店直後のサンキューゴメンネ価格3950円の格安で泊まれる
姫路の某ビジホを確保。

姫路の宿に入るのは夜遅くなりますが、
新幹線を使えば、熊本には開場の1時間前には余裕で到着できそう。

そしてゲーム終了後は、そのまま熊本の辛島町で一泊、
翌日新幹線で鹿児島に移動して、ゲームを見てから
羽田経由で新千歳へ戻る。


と、計画はバッチリでした。


が、まずはご承知の通り、ゲームが中止になりました。

それならばそれで、切り替えて、
初めての九州新幹線完乗(筑後船小屋までしか乗ったことがないのです)と、
久々の熊本、鹿児島観光と西住流の本場でココス突撃と洒落こもう。

と、思っていたのですが、

まずは、JALの羽田〜新千歳で予定していた便が欠航。
振替の飛行機が指定されましたが、その飛行機の時間に
今まで予定していた鹿児島〜羽田便が間に合わないので、
鹿児島〜羽田間も振替をしてもらいました。

が、
さらに翌週になって、SKYMARKの新千歳〜神戸の便が欠航。
振替した鹿児島〜羽田便も欠航

と、いうことで、行くことも帰ることもままならなくなったので、
熊本〜鹿児島行きは、泣く泣く中止をいたします。

ンも〜!!

飛行機チケットのキャンセルはやめて
4月中旬の熊本〜鹿児島行きを楽しみに
生活をしていきます。

と以前当ブログに書きましたが、
叶わぬ話となりました。


しかも、4月10日は『プリンセス・プリンシパル Crown Handler』第1章
の公開日。どのみち11日に札幌に行く用事があったので、
用事をすませついで見に行こう。と目論んでいたのですが、
上映館のユナイテッド・シネマのHPを見ても、上映スケジュールに入っていません。

???

それで、映画そのもののHPを見ると、
「近日公開」と書かれています。
例のアレのせいで、公開が延期されたとのことです。


ああああああ


と、とことん、アレに振り回される日々です。
(お仕事も例年よりもヤヤコシイことになっております。)
 

改めて、当たり前のように交通機関が動いて
野球だったりイベントが開催されてたことって、
実は得難いことだったのだなぁ。

と改めて気がつきました。


と、こんな時期ですが、


夏(今年は春)コミ前の風物詩
「分厚い本購入の儀」を昨日、無事終えました。

コミケはないですが、カタログはあるのです。
10時30分過ぎまで、札幌ヲタ街近くの某ビジホでうだうだしてましてから、
やおら出ます。

この時間なら余裕を持って買い物してから、その足でカレーに行けるかな
という考えです。

が、X○ンブックスが開店していません。
見ると入り口に、11時開店で営業している旨の張り紙が。

ちなみに待っている時間で視察にいったら、
とらの○は、12時開店になっています。こんなところまでアレの影響です。

はー、こういうところにも影響が出ています。
緊急事態宣言が出されている地域では、臨時休業の店舗もあるので、
それよりはマシですね。

ちなみにX○ブと、とらは、カタログの売上全額
コミケ準備会に還元することを発表しています。

ま、でなくても、基本札幌で買うときはX○ブです。

前回も×○ンブックスへ。

前々回、夏コミのときは、旭川のアニ×イトでした。
その前は4回連続で、×○ンブックス。
(冬は釧路のアニXイトで買おうとしましたが、完売したので
札幌まで戻って、X○ンブックスで買いました)
その前の冬の大お祭りの時は、立川のオリオン書店で
夏の大お祭りの時は、函館で、
冬の大お祭りの時は、福岡でkalafinaライブのときに買ってました。

札幌で買うときはこちらです。アニ×イトやとらの○が入荷していない時でも、
入荷をしていて無事購入出来たので、少しだけ義理立てしてます。

で開店して速攻でカタログの山から一冊とってレジに並びます。
前に並んでいる人もカタログを持っています。
この時期に自分以外の人がカタログを買う人の姿って
見たことなかったので、新鮮です。

そうそう、×○ンブックスの購入特典
今回もイラスト集とクリアファイルと紙袋と、
一斉点検のときの曲のCDでした。
これはエアコミケが捗ります。(何が?)


その後、「GARAKU」さんのポークフランクとベーコンの炙りチーズのせとジントニックに舌鼓をうった後
(つーか、3回連続で、分厚い本購入の儀とカレーがセットになってます
実は、近場では、とんかつ檍さんも気になったのですが、
この日はすっかりカレー脳でした。
でも、檍さんで蒲田を思い出すのも、コミケ関連の買い物をした日の
行動としてはありでしたかね。)
そのまま千歳で航空券の払い戻しをすませてから、
札幌にとった宿に戻ってビニール袋をはがしてご対面です。


とはいえ、やはりむなしいです。

冒頭の挨拶にある
「GW開催の良いところは、夏・冬とは異なりコミケにしては珍しく
穏やかな陽気が期待されるところです。皆さんといつものコミケット開場で
お会いできることを願ってます」
の一文から、もう「うっ」となってしまいます。
新型コロナ対策について丁寧に書かれているところも、
「うっ」となるポイントです。

さらに、ふ、と中を見たとき目についた、
孤独のグルメパロディーの
「テンタイ→カンソク」さんのサークルカットでも
ゴローちゃんが独り言をつぶやく体で
「気候的には5月のほうが
 過ごしやすくていいな」

などと書かれたカットとか見ると、


ああああ、と思うのです。


ちなみに今回も、昨年の夏、冬に続いて、南ホールが新設されるものの、
夏のアレのせいで東ホールがまるっと使えないので、
日程が4日間、さらに、企業スペース青海に移動しての
変則開催になる予定でした。
(企業スペースは、初日、二日目の二日間開催)

さらには、変則開催ゆえに、警備員などの経費が
跳ね上がったということで、一般参加者も有料。
表紙をめくったすぐのところところに、4日分の参加証がついています。
分厚い本を買った人は参加証を別途買わなくてもいいんです。
(あと、サークル参加者にも別のリストバンド型参加証がもらえます。)

この措置も今回限りだと思ったのですが

そして、鈍器とも呼ばれる分厚い本について「ずしっとした分厚さが頼もしい」
と名言を残したDrモローさんのマンガは、いつもどおり相変わらずの安定のキレ。

ただ、こちらも素直にアハハと笑えないのですが。

ただ、ネタとして面白くキレがあるのは変わりません。
コミケの列整理をオリンピックが対応するというのを聞いて、
開会式の入場で選手が「列通リマース」と言いながら入ってくるとか、

春のコミケは31年ぶり。
夏のボーナスが出ない日程が問題とか、

有明にショッピングモールができる話とか、

定番の東ホールをかえしてほしいネタとか。
(約束通り冬には返してやるよって…
にしても、本当に空調はどうなる??)

相変わらずニヤッとさせてくれます。

でも4日間開催は今回まで、そうだね、次回から三日間に戻るよ

ってネタにも ああああああ となります。
(オチはウケましたが)

自サークルのカットの次に見ますもんね。この漫画は。

表紙イラストは「いとうのいぢ」さん。
鯉のぼりをバックにした浴衣の女の子の
暖色ベースのイラストが
5月って感じです。


背表紙キャラは今回も忍たまでした。
DOUJIN JAPAN 2020のロゴも入っています。


が、やはり、

あああああああああ


です。




ちなみに、この日程だからかもしれませんが、
今回も歴史、スポーツのスペースが激減。
単独ではなく歴史・創作(文芸・小説)という記述で、
一まとめにされてスペースマップに書かれていました。
日本史トータルで2ページないです。
「スポーツ」は、TV・映画・芸能・特撮の中に抱合されていて
野球のサークルも26で4列強。1ページありません。
女性アイドル、アーティストも20。
あ、近くでは、
つかまったアの人もサークルカットで微笑んでます。
「スポーツ」でイベントデビューして、
「長州」「新選組」の頒布物も出した身としてはさみしいですね。
長州のサークルは2、新撰組は4でした。

そんな一抹の寂しさこそあれ、
やはり自分のサークルカットを見ると安心します。

今回「情報」で参加する私も一人ジャンルでした。

ま、イベントがないので、原稿もないですし、
やきうもないので取材もないですが、

来たるべき復活の日に備えて、準備と鍛錬はかかさずに
行っていきます。



と、いうことで、役に立たないコミケ情報です。

参加日は3日目、5月4日(月) サークル名は「東行本舗」
スペースは、南地区、南3ホール“メ”ブロック-8a です。

このブログであれこれ書いた、昨夏のコミケ開けから今まで
野球場で食べたカレーの話をまとめて自費出版物にした
「キュージョーカレーラヴァース」を持ってゆく予定でした。

あと、畏友p氏のサークルでも
自分の原稿を載せてもらった自費出版物を頒布し、
お手伝いもさせてもらいます。

p氏のサークルは、4日目、5月5日(火)  サークル名は「e-V.O.L.」
スペースは、西地区 西2ホール“け”ブロック-37aです。
こちらは、当ブログであれこれ書いた呉・広島の巡礼と
ゆるキャン△の巡礼を載せてもらった頒布物を持ってゆく予定でした。




あと、99回以降のコミケはどうなるのか、
一応カタログには、12/29 30 31 と書かれていますが、
オリンピック延期ということで、また青海ホールを使った
変則4日間開催になるのでしょうか。

さらに100回も東ホールが使えず、8月の開催も出来ない
ということで、今年と同様の日程で
GWに四日間日程で行われるのでしょうかね。


ともあれ、このコロナ禍が早期に収束するために
自分のできることを頑張りながら、祈るのみです。




ということで。(´・ω・)ノシ
アレがなければ、今頃ナゴドであったドラゴンズvsカープのゲームについて、
勝った負けたで一喜一憂して、
負けたら負けたで、グチグチ書いて、
勝ったら勝ったで、ウカれた文を書き散らしていたのだと
思いますが



状況はなかなか好転しませんが、
自分自身のできることをしてから、
一日も早い、好転を祈るのみです。



昨日の話の続きです。


29日は、朝6時に目覚めました。
お世話になった宿は、おにぎりや惣菜を個別包装しています。
この時期ならしょうがないです。
と、いうことで、この宿で食事はいただかずに、
狙いを定めてモーニングへ。


そもそも名古屋のモーニングのコミックエッセイ
「いつか名古屋でモーニングを」
(勝川ユミさん著 イーストプレス社刊 コミックエッセイの森)
を読んでいて、愛知でモーニングを食べたいなー。
という気持ちがこの旅行の原点の一つ。

さらに、名古屋のモーニングには、
こちらもコミックエッセイの森下えみこさん(マンガ)、大竹敏之さん(案内人)作の
「ご当地グルメコミックエッセイまんぷく名古屋」(KADOKAWA刊)
(森下さんも大竹さんも、それぞれ他の著作も楽しく読ませてもらったので、
本当にこの本には影響を受けています。くり返し読んだまんぷくシリーズといえば、
これと、新久千映さんのまんぷく広島が双璧です。)
の中にも、モーニングが取り上げられていて、
そちらのお店もドラゴンズ戦でナゴドに来たときとか寄ったりしていました。


朝、コーヒーを注文すると、トーストとか、ゆで卵とか、ミニサラダとか、
豆菓子とかが無料とか格安でついてきたり、食べ放題だったり、
更に、コーヒーを注文したのに、うどんが出てきたり、わらびもちが出てきたり、
冷やし茶漬けが出てきたりするという
過剰ともいえるサービスが、名古屋のモーニングですが、

これの発祥が、名古屋ではなく、一宮だったのです。
(豊橋説もあり)

1950年代に、繊維産業が盛んだった一宮で
商談などで朝から喫茶店を訪れた人のたるに
店がピーナッツとかゆで卵をつけたのが、起源とのことです。

それが、もとから喫茶店の多かった一宮をはじめとした
中京圏に広がったとのこと。
ちなみに一宮では、向かい同士が喫茶店とか、
三軒先は喫茶店なんて景色も見られるほどで、
そのモーニング文化が、市民の間にライフスタイルとして根付いているとか。

更に喫茶店のサービス合戦に対抗するため
早朝から営業をする一般の飲食店でも、モーニングサービスを
行っているお店も少なくないそうです。

現在は商工会議所を中心とした事業として
「一宮モーニング」の名前でブランド化がされています。

一.一宮市内の飲食店にて提供されること。
二.起源にならって、卵料理を付けること。
三.できるだけ一宮産の食材を使うこと。

が3か条だとか。

ちなみに勝川さんのコミックでも一宮のお店が
三軒紹介されていましたが、
それぞれ開店時間が遅かったり、
公共交通機関で行きにくい場所にあったりと、
この短い滞在では無理でした。

で、あれこれ探したところ、一宮駅近辺にはピンと来るお店はなかったのですが、
名鉄尾西線で一駅の駅チカに良さげなお店を発見。
開店時間も朝8時と、いいですね。

と、いうことで、身を浄めて、服を着替えてから
7時45分頃、一旦宿を出てから
名鉄一宮駅へ。とまっている7時55分発、津島行きに乗ります。
日曜の朝なので、車両はがら空きです。
2分ほどで、観音寺駅へ。
昨日訪れた、大山寺駅同様、無人駅です。
降りてすぐのところにお店があります。
古民家風の外観がいいです。

行くと丁度開店です。中に入ると、外観同様、落ち着いた雰囲気です。
そちらで、モーニングをいただきました。
しかも、次々にお客さんが入ってきます。すごいです。
焼きカレーキューブサンドのモーニングです。
ごちそうさまでした。大満足。
詳細の感想はまた後日です。

帰るときに、来たときは空いていた駐車場には何台も車が止まってましたが、
地元一宮ナンバー以外に、尾張小牧ナンバーとか、名古屋ナンバーとか
岐阜ナンバーの車が止まっていて、すごいです。

名鉄線に乗って、宿に戻って、荷物をまとめて
帰る準備を終えてから9時25分に宿を出ます。おせわになりました。

名鉄一宮駅9時45分発、中部国際空港行き特急で新舞子を目指します。
午前の時間に中部国際空港方面の電車に乗るのは
初めてかもしれません。

10時25分に新舞子駅着。ここでのりかえて
10時37分発、各駅中部空港行きに乗ります。

10時47分榎戸着。ここで降ります。ここも初めて降りる駅です。
めざすは、ここから徒歩15分のところにある
ココス常滑店です。

こちらでココス道の修行を終えてから、
12時17分発各駅停車中部国際空港行きに乗ります。

と、いうか、新舞子からの空港線の各駅停車って、
一時間に二本しかないんですね。


と、いうことで、中部国際空港には、12時26分着。
その後空港で、めいふつ天むす千寿の天むすを買って、
手荷物検査をすませて、制限区域内でwifiの恩恵に預かりながら、
13時55分のSKY765便に乗って、15時40分新千歳着。


さらに平岸でココス道修行をしてから、
充実した2泊3日をしめくくったのでした。







ということで。(´・ω・)ノシ
FDAと言っても、世界的コロナ禍で有名になった
アメリカ食品医薬品局(Food and Drug Administration)ではありません。

やきうのなくなったうさばらしではないですが、
いつシーズンインしてもいいように、イメトレは欠かせません。
時刻表をぱらぱら見ている時に、ナゴド行くのに名古屋空港って
使えないんだろうか。と思って見ると、
名古屋空港に飛んでいるのが、FDAだけ。
FDAの新千歳発着は山形、松本のみで、
丘珠発着も、松本、静岡のみで、それぞれ名古屋便はありませんが、
青森~名古屋便を発見しましまた。

しかも、その直前に名古屋のモーニングのコミックエッセイ
「いつか名古屋でモーニングを」
(勝川ユミさん著 イーストプレス社刊 コミックエッセイの森)
を読んでいて、愛知でモーニングを食べたいなー。
という気持ちが湧き上がってきました。

と、いうことで、まだ行ったことない空港二つと、
乗ったことない飛行機会社で、聖地一宮でモーニングだぁ!!
そして、ついでにココス道だぁ!!と思い、行ってきました。

出発の日は、有給をいただいてから、14:35分に職場を出ました。
HBCラジオ、カーナビラジオ午後一番とかを聞きながら新千歳空港へ。
車は順調にすすみ、二時間程度で新千歳空港へ。
今回は帰りがスカイマークなので、B駐車場。相変わらず金曜なのに空いています。
まずは、次回の九州行きで、飛行機が一便運休振替になったので、
それに接続する、鹿児島発の飛行機も振り替えます。
ちなみにこの時期だったので、振替手数料もなく、無料でした。
(が、このチケットも残念なことに(涙))

で、この日は新千歳便は使わずにJRで移動です。
新千歳空港駅を17:06に出る快速エアポートで南千歳へ。
南千歳で17:12分発 スーパー北斗20号に乗って、
18:16分に東室蘭駅着。翌日のことを考えて、この日の宿は東室蘭です。

夕食は、駅で売ってたら駅弁という気分でしたが、
なかったのと、外は雨がそぼ降っているので、
「さっぽろっこ西口」さんで、味噌ラーメンとチャーハンのセットで夕食です。
美味しくいただきました。

そして、この日は駅チカの某チェーン系ビジネスホテルに宿泊です。
そちらで、ブログの更新をしたり、
恋する小惑星、22/7計算中 理系が恋に×2(BS11とuhb) 防振りとかを見てから
就寝です。Zzz。


翌日は、5時起床。
身体を浄めてから、着替えて、6:30から朝食なので、一階の朝食会場へ。
価格帯が比較的安いチェーンでありながら
バイキングが充実している宿ですが、
昨今の情勢でバイキングを取りやめている宿泊施設が多い中、
こちらはバイキング健在でありがたい。

荷物をまとめて、宿を7時に出ます。お世話になりました。

東室蘭駅7:18発、スーパー北斗2号に乗ります。
いつも車で走るところを汽車ってのが新鮮でいーですね。

9:13分、新函館北斗駅着。新幹線ホームが近いのがいいです。
乗り換えですぐ待っているのが、9:35分発、はやぶさ16号です。
昨年12月に「この世界のさらにいくつもの片隅に」を見に
盛岡に行ったとき以来、久々のはやぶさです。
北海道側は、防音壁が多いので、景色が見にくいですが、
青函トンネルを超えた本州側は防音壁が少ないのでいい感じです。

10:37分新青森駅着。こちらでは30分以上時間があるので、
軽く駅の売店をしばきます。
青森駅よりも空港よりも売店が充実しているのが
印象的。今度、土偶でも買いに来ますか。
新青森駅11:12分発つがる1号に乗ります。 
一駅だけなら、特急券がいらないとのことです。ありがたい。
11:17分に 青森。そちらでお弁当を購入。
選択したのは、大館の「鶏めし」
さらに、りんごサワーで昼食です。
11:30分発の空港連絡バスの中でいただきます。
12:05空港着。初めての青森空港です。
きれいな地方空港です。お土産屋さんが充実しているのもいい感じで、
海産物の水槽があったりするのも、青森っぽいです。
ちなみこちら、作業スピードの速さから「日本一」の呼び声もある
除雪隊「ホワイトインパルス」でも有名ですが、
今シーズンは記録的小雪なので出番はなしです。

すぐに、搭乗手続きを済ませて、手荷物検査をしてから
制限区域内へ。
12:45発の364便にお世話になります。
見ると、今日乗る予定のFDAは、ピンク色の機体です。
今まで赤しか見たことありませんでした。
2列2列の座席配置です。機体はERJ175。小型機です。
ちなみにエンブラエルの飛行機に乗るのははじめてです。
革張りのシートがいい感じ。ヘッドカバーのピンクもかわいいです。
機内誌も、ANやJAには劣りますが、
Aiや、Skよりは立派です。
タイトルのDREAM3776の3776は富士山の標高からきてるとか。
名古屋空港、富士山静岡空港、神戸空港が中心みたいです。

定時に飛行機は離陸をしました。見慣れない空港から見る
外の景色はいい感じです。
が、天気がそこまで良くなかったので、すぐに雲の上に出ます。

と、いうことで、zzzz。

目が覚めると、名古屋上空でした。
ああ、ナゴドがこんな近くに見えます。
上空から見るナゴドもいいですね。
本当なら数週後にここで野球が見れたのですが…

そして、着陸です。
金 銀 緑のFDA機が止まっていますし、
MRJもありますし、セスナ機が数多とか、すげー。
ま、この空港って今までテレビの中でしか見たことなかったのですが、
その映像って、MRJ関連か、
中華航空機の事故映像ですから。

あと、航空自衛隊小牧基地とかも見えます。

14:15分定時に到着。初めての名古屋空港です。
ボーディングブリッジがないので、タラップで地上におります。
茨城空港以来です。

そして、通路を通って空港建物へ。
フィンガーコンコースというそうです。

現在FDAしか飛んでいない空港の割には、
空港施設が充実していますが、それもそのはず
中部国際空港ができるまでは、文字通り
中京圏の空の玄関口だったのです。
なるほど。
ちなみに、ボーディングブリッジも、中部国際ができてから
撤去されたとか。

ここからはバスで市街に出ます。
14時30分発の、名古屋駅行きのバスもありますが、
14時45分発の西春行にのります。

バスに乗ってすぐ、「豊山」という地名が、
豊山といえば、イチローですね。イチロー選手が生まれ育った土地を
通り過ぎながら、西春に15:05着。15時17分発、名鉄犬山線の岩倉行きで、大山寺駅へむかいます。

15時20分、無人駅の大山寺駅で降りて、
こちらから徒歩でcocos道の修行です。
Hpには徒歩3分と書いてありましたが、たっぷり15分くらいかかりました。
「駅から5分は実は15分♪」です。

この日はテイクアウトメニューをオーダー。
そうそう、桃ちゃんのチア姿を写真におさめるのも忘れません。
大山寺駅で、タピオカミルクティーをすすりながら、チーズケーキを食べて
16時06分発、犬山行きの名鉄を待ちます。

待つことしばしで来た電車に乗って、
その後、岩倉駅へ。駅前の桜は、そろそろ散りはじめで、
本当にきれいです。
岩倉といえば、大橋薫・楠桂姉妹ですね。
なんてことを考えながら、16時30分発
尾張一宮駅前行きのバスに乗ります。

バスの車窓からは、郊外型の喫茶店があって
大きく「モーニング」などと書かれています。
さすが、モーニングの聖地一宮です。

30分ほどで、一宮に着。
初めての一宮です。ちなみに、こちらは戸松遥さんと、
後藤邑子さんの出身地です。
この日の宿が駅から3分くらいのところで、
すぐにチェックイン。しばし休息を取ります。

そして、徒歩で名鉄一宮駅へ。そこから、名鉄バスでcocos道の修行へむかいます。
バスの路線図を見ると、起工業の文字があります。
起工業といえば、山内一弘さんと、鳥山明さんの母校です。
なんか、マンガ家と野球選手ゆかりの地にニアミスする今回です。

そんな感じで無事修行を終えて宿に戻りました。

が、雨の中色々歩いたせいで、微妙に疲れて
気がついたらヲちてしまって、起きたら時計は、12時過ぎ。


あああああああ
22/7おわってる〜。最終回なのに~!!

ま、そんなこともあります。



押し武道、花子くんあたりの最終回を見てから
ラテ欄みると、地上波でやってるじゃん。
サンキューサンキュー「めーテレ」!!!!!!!!


と、無事、最終回を堪能することできたのでした。

でも、ふつうは「22/7」から「推し武道」の順で見るのですが、
逆に見るのもまた味なもの。

というか、改めて、音楽っていいよね。
ライブ行きてーなー。

なんてことを考えながら、眠りについたのでした。Zzz



続きは翌日です。







ということで。(´・ω・)ノシ
4月3日に、都内で12球団代表者会議が開かれましたが、
その会議上で、NPBが目標に掲げていた
4月24日の開幕を断念することを明らかにしました。

新たな開幕は4月下旬から、5月上旬になりそうな見込み。
さらにレギュラーシーズン全143試合も確保されず、
削減されることもほぼ確定しました。

今季は、アレの関係で、当初、一週間早い3月20日の開幕を予定していましたが、
3月12日に、4月10日以降に延期が決定
さらに3月23日に、4月24日の開幕を目指すと
方針が変わりましたが、それからの三度目の変更です。



こちら、NPBの公式ホームページからです。

引用させていただきます。


2020年度公式戦開幕延期について(4月3日)
 プロ野球12球団は3日、12球団代表者会議を開催し、前回の会議で目標としていた4月24日の開幕を目指すことは困難であること、また現時点で新たな開幕日を設定することも難しいとの判断をいたしました。

 午前中に行われた第5回新型コロナウイルス対策連絡会議において、専門家チームより「オーバーシュートにはなっていないが感染拡大は収まるどころかますます厳しくなっている。今は感染のピークがどこに来るかもはっきりせず、可能な限り開幕を遅らせることが望ましい」といった現状分析と提言を受けての判断となりました。

 新たな開幕日程については、選手のコンディショニングの問題もあり、慎重に推移を見極めながら4月下旬から5月上旬に決めるよう考えています。

斉藤コミッショナーのコメント
当初、強く希望していた143試合の実施も、ある程度試合数を減らすことも検討せざるを得ないと思っています。その際はレギュラーシーズンの公式戦を最優先に、限りなくシーズンの価値を損なわないよう議論を重ねてまいります。
先の見通せない苦しい状況が続いておりますが、目標を持ってそこに向かって努力を続け、来たるべき開幕の際には、国民の皆さまに元気や勇気を与えられるよう球界一丸となって前進していきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

引用終わり


3月23日の発表から感染症を取り巻く状況は変わってませんし
むしろ悪化している感じ。

NPBにも陽性反応を出す選手が現れて
それを受けて、活動休止になる球団がある状況下では
やむを得ない決定です。

で、この状況下ですこし好転したと言っても、
スタジアムに入ることができるのか、
応援自粛とか、ビール販売自粛だけでなく、
間引きした入場とかになったときにチケットはどうなるのか

と、課題は山積です。


でチケット購入は差し控えていたのですが、
5月のズムスタでのスワローズ戦のチケットは
無駄になるのかならないのか

が当初の課題です。

と、いうことで当面は、ゲームこそなくなりましたが、
飛行機チケットのキャンセルはやめた
4月中旬の熊本〜鹿児島行きを楽しみに
生活をしていきます。

にしても、GWはコミケもないし、野球も怪しい。
何をして過ごしましょうかね。


なんてことを考えつつも、

関係者の努力に頭を下げつつ、
自分自身も感染源にならぬように注意を図りながら

祈るのみです。







ということで。(´・ω・)ノシ
広島でいただいたものの最後です。



普段歩かない私が、呉で結構な距離と
軽いアップダウンのある道を歩いたので、
広島駅に戻ってから、しばしミスドでビバークです。

宿に戻ったら、根っこが張って、戻れなくなるかもしれんからねぇ。

1時間強店内でくつろいでから、9番線ホームに降りて
待っている芸備線のキハ47系のくすんだ朱色の車両に乗ります。
この塗色もなつかしいです。

16時45分、定時に広島駅を列車は発車。
ズムスタの外から見える電光掲示板の
オープン戦のゲーム結果にガッカリしたり、
新幹線の車両基地の様子を見ながら、
そして、矢賀駅を通り過ぎてから、戸坂駅へ。

広島の駅周辺から南側は三角州の上にあるので、平地ばかりですが、
ここらへんまでくると、起伏も激しいです。
と、地元の人と一緒に駅から降りる坂を歩いて、
目的地を目指して歩くこと15分ばかり。
たどり着いたのが、お好み焼きの「キャベツ」さんです。

こちら、当ブログで何度かとりあげていまして、
先日、連載が大団円を迎えた
佐藤両々さんの4コマ漫画「あつあつふーふー」(双葉社 アクションコミックス)
月刊まんがタウン 連載中  の舞台である
お好み焼きやさんの「たまな」のモデルになったお店です。

「あつあつふーふー」は、広島郊外にあるお好み焼き屋「たまな」の看板娘で、
女子高生(現在は女子大生)の玉名蘭ちゃんの日常を描いたお話です。

ヒゲマッチョでも蘭ちゃんとカープを溺愛しているおとうちゃん。
暴走するおとうちゃんの手綱をきゅっと締めるクールなおかあちゃん。
朴念仁だけど、お好み焼きの腕前は一流のお兄ちゃん。
という玉名一家に、ご近所の好実ねえちゃんとか、
同級生でカフェの娘さんの小麦ちゃんや、蘭ちゃんが好意を寄せている
青木くんをはじめ蘭ちゃんの同級生とか、お店の常連さんといった連中が
ニギヤカに日常を盛り上げてくれます。

だから蘭ちゃんは学生なのに学校の場面よりお店の場面ばかりです。
お店でお父ちゃんのモロモロにツッこみをいれつつ
騒々しく仕事をしている蘭ちゃんは輝いていますし、
お客さんには漫才といわれています。
家族だけでお店を切り回しているので(途中から好実ねぇちゃんがパートで入りますが)
家族全員で忙しそうにしてるのもほほえましいです。

そして、文中に飛び交う広島弁もいい感じですし、
読んでいるだけで、お好み焼きが食べたくなること必至。
そもそも蘭ちゃん自身が、ソースのにおいがするので、近くにいると
お好み焼きが食べたくなる存在ですが、
コミックから、ソースの焦げた香りが漂ってきそうです。

何より、私がこのマンガを手にするきっかけになったのが、
2巻の表紙で、蘭ちゃんがカープのホームユニフォームを着て
お好み焼きを食べているのにひかれたからです。

ちなみに蘭ちゃんのお父ちゃんは、カープが勝つと、すぐにいろいろと割引したくなる
「広島カープ誕生物語」の豆腐屋さんみたいです。

とはいえ、読んですぐに内容にも魅了されました。

そんな「たまな」さんにモデルのお店があるというのは
一巻に紹介されていたので知っていましたし、
佐藤両々先生が広島で学生をしていたころの
行きつけのお店だというので、こちらがモデルになったとのこと。

と、いうことで三年五ヶ月ぶりの「キャベツ」さんです。
来るのは二度目ですが、住宅街の中を進んでいくので、
ランドマークが少ないため、本当にこっちなのかなという疑念もわいてきますが、
しばらく行くとお好み焼きソースの香り。

進んでいくと、看板を発見。ファザードの白いテントには
「お好み焼き・鉄板焼き キャベツ」と書かれていますし
そのしたにある、紺ののれんには、白い字で
鉄板焼き キャベツ お好み焼き と染め抜かれています。

これ「たまな」と同じです。
お店の前に坂があるので、イメージしたのと違いますが、確かに「たまな」で「キャベツ」です。

(自宅に戻って、コミックを読むと、「たまな」さんの前にも
軽く坂が描かれてました。気がつかなかったー)

お隣にもキャベツさんがありますが、そちらは宅配のお店とのことです。
コジンマリしたお店が二軒ならんでいるところはどこか微笑ましい感じです。

ガラガラと扉を横開きしてから暖簾をくぐって店内に入ると、活気があります。
そんなに広いお店ではないですが、
カウンターこそ開いてましたが、横のいす席も、小上がりも7分ほどの入。
大きな鉄板の前で、お店の方が、カッチカチ・カッチカチと
ヘラで小気味よいサウンドを奏でています。
いいです、この雰囲気。

カウンター席に腰を下ろして、メニューを見ます。
あ、確かに、安い。マンガの通りです。
基本の野菜で580円。そこに玉子とか、そばとか、うどんとかを入れて
さらにトッピングを重ねれば、確かに値段は上がりますが
でも普通に満腹になりそうなメニューが普段使いできそうな価格で
食べることが出来ます。

これは、マンガの通り、高校生が学校帰りに寄るはずです。

ということで、オーダーしたのは、チャンポン(そば+うどん)玉子 イカ天トッピングです。
こちらは、デフォルトでお肉が入っているので、
マンガの中のように、肉~、とか言わずに大丈夫。
そば玉子が820円 イカ天が150円です。
これで1000円でおつりがくるんです。いいなぁ。

さらに、ハイボールを注文します。

あ、カウンターの奥におでんがあります。
こうやって、おでんがあるのも広島のお店ならでは。
まだ、出てくるのに間がありそうなのですし、
せっかくなので、こちらをアテに
ハイボールをいただきましょう。

と、そこから、卵、大根、牛すじを取ります。
大根の優しいほろ苦さと、
よく染みている出汁の味、
牛すじのとろとろさに、濃い肉エキスの味、
卵の白身の弾力と黄身の滋味
それぞれがよく煮込まれていて
しっかりと美味しいです。

おでんをいただきながら、周囲を軽く観察です。
ウォーターサーバーの上に、両々先生が描いた蘭ちゃんの色紙が。
ここで、看板娘の蘭ちゃんが見ています。
他にも、いろいろな人の色紙もあります、
漫画家の人の色紙とか、両々先生つながりですかね
地味に人気店です。

店内は、テレビの音とお好みを焼く音がBGM。
目の前では、さっきからひっきりなしにお好み焼きが焼かれています。
蘭ちゃんのお父さんがエキセントリックな人だったので、
お店の人に焼かれたらどうしようなどと思っていましたが、
当然そんなことはなく、
こちらの職人さんはおにいちゃんのように寡黙に淡々と
お好み焼きを焼いていました。

お店の方はお揃いの緑のエプロンと、緑の三角巾?を頭に巻いてます。
蘭ちゃんのお店もこうだったなぁ。などと思いながら
失礼にならない程度に、観察させていただきます。

このお好み焼きを作る過程が楽しい。
お店の女性の方(店主のおくさん?)がクレープのように小麦の生地を
うすーくまるーく鉄板の上に広げて、しばらくしてから、
鉄板の上に盛られたキャベツの上にそれを乗せます。
キャベツに蓋をして蒸し焼きにする感じですかる。

さらに別のところで、焼きそばとうどんのミックスだの、
豚肉だのをいためて、ソースで焦げた鉄板をきれいに拭いてから
玉子を割って、少しかたまったところで、黄身を崩す。

そして、そばの上に裏返してプレスしてからのせた生地と、玉子の上にのせます

これは楽しい。やはり。鉄板焼きはライブです。

出前用に何個か作ったあとに、あ、あれが僕用ですかね。

そして、「あつあつふーふー」でも出て来た、お皿でなく、鉄板!
注文取りに来たときも、「お皿にしますか、鉄板にしますか?」と聞かれますが
当然ここは鉄板です。

しかも、鉄板も目の前で、焼かれています。

ということで、カウンターの上に鉄板のしたに敷かれる
木のお皿が出されて、その上に鉄板に乗って登場です。
「鉄板、熱いから気をつけてください。」
はいわかりました。

まってました。

きれいに焼かれたこんもりと盛り上がった一枚です。
玉子の白と黄色や生地の色合いがわかる感じで塗られたソースと
その上に乗るたっぷりの青海苔です。
そういえば、マヨと紅しょうがクリスマス用のトッピングと
コミックでは描かれていましたが。そうか、ここはあくまでも
マヨは邪道なんですね。
ま、ボクもお好み焼きのマヨネーズは、ついていれば食うという感じなので、
無くても全く問題なしです。

カウンターの上には箸もありますが、ここはヘラで食うじゃろ
ちなみに、箸の横にはソース(通常と辛口)、紅ショウガ、ゴマ、コショウ、一味が
置いてあります。

では、いただきます。

と軽く手を合わせて
端のほうをヘラで切ると、簡単に切れます。
重層的なお好み焼きなのに、ここまでさっくりと切れると気持ちいいです。
さらに切ってすくっても崩れません。これはスゴい。

そして、

熱くて、ぶちうまぁ。
です。

たっぷりキャベツはプレスされて水分を蒸気で飛ばしていましたが、
ほどよいしっとり感じと、甘さがきわだっています。
これは絶妙なタイミングで熱されたものならでは火の通し方が絶妙です。

先ほど、調理されるときに、
生地でキャベツを覆ったのちに、ひたすら、ヘラの音をたてながら
キャベツを生地ごと回すように炒めたり、寄せたり、潰したり、動かしたり
といった作業を繰り返すことが、この甘みにつながっているんです。
スゴい。熟練の技です。

焼そばとうどんも、絶妙に火が通っているので
歯応えとかコシもあって、お好みのふっくらした生地の食感と
いい感じでバランスとれていますし、そばがしっかりとした腰を感じることができるのに対して、
うどんは穏やかな柔らかさがあって、
同じ麺でもこの違いが面白いです。
チャンポンって、半分そばで半分うどん、みたいなハーフ&ハーフをイメージしてましたが、
そばとうどんをよく混ぜて作る、まさにチャンポンです。

もやしのショリッとした感じもよし。
玉子全体的な味わいをもまろやかにまとめていいです。

そして、これをまとめる生地は薄くクレープ状ですが、
もちもちっとした食感がいいです。これも
広島のお好みでなければ楽しめないものです。

それにしても、ヘラで切りながら食べ進めていくのも
ライブ感があっていいです。
広島に来ている気分が盛り上がります。
切っていくと豚肉もあって、豚の滋養にとんだ肉って味が
これまたソース味で美味しくなっていますし、
イカ天も、お菓子のイカ姿揚げですが、お菓子のチープさがありつつ
キャベツなどの水分を吸ってしんなりしてますし、
噛みしめるとイカならではの海の味わいがじわっと出ています。
いいアクセントです。
さらに、このイカの味が、キャベツや麺のもうつっていて
ここがまたウマイのです。
 
そして、これらをまとめるソースの味も美味しいです
塗られたソースは、そんなに多くないので、
お好みとか焼きそばとかの味を引き立てて
盛り上げてくれます。ああ、美味しい。

たっぷりの青のりもうれしいです。

そして、食べ進めていっても冷めないんです。
熱々の鉄板は伊達ではありません。良い仕事をしてます。
ああ、美味しい。
ハイボールもすすみます。

ということで、完食いたしました。
ごちそうさまでした。

うん、本当に美味しいお好み焼きでした。
地元の人が言うことに間違いないですね。

次はお好みもいいですが、そのほかのオツマミメニューも気になります。
と、いうことで、再訪を帰してこちらを辞します。

そして、来た時の道の逆がわ、大田川沿いに歩いて、
千足のバス停を目指すと目の前でバスが行ってしまったので、
太田川にかかる安芸大橋を渡ってから、西原駅まで歩きながら、
あーあー、どっかに、蘭ちゃんか小麦ちゃんか好実ねぇちゃんはおらんかのう
などと堕妄想をしながら、

アストラムラインの人となったというわけです。

西原駅から本町へ、そこで市電にのりかえて、的場町電停
宿でまったりしてから。映像研とか見ながら落ちます。乙乙乙

翌朝は、5時に起床。身を浄めて、着替えてから、
5時55分に宿を出ます。お世話になりました。
この時間に出るのは、空港行きのバスが6時20分だから、
その前に飯食べるとこの時間になりますね。
宿近くでこの時間から朝食を食べることができるのが
なか卯なので、そちらで納豆朝定食にベーコンをつけた朝食。

納豆朝定食は、ご飯、味噌汁、納豆、海苔、生卵ということで、
ベーコンを助っ人にして、肉分を補強。
このベーコンが薄いながらもしっかりと、
塩分、脂、燻煙香を楽しむことができるもので、
軽く噛むだけでじゅわっと滲み出る旨味がたまりません。

あと、なか卯の卵はオレンジ色が濃い黄身がいいです。

ごちそうさまでした。


と、いうことで、広島でいただいたものはこれでおしまいです。
ご飯的にも大満足な広島行きでした。



では。(´・ω・)ノシ
この日の巡礼を終えて、しばし宿でまったり。
この日は、カープ分を注入するために、「カープ鳥球場前スタジアム」さんでも行こうと
お店へ向かったところ、
途中で「中華そば陽気 広島駅前店」を発見。
江波の本店は、土曜日は夜のみの営業ということで、
惜しくも入ることのできなかったお店の
支店ですが、目の前に。

のぼりがおいでおいでしています。

これは、江波の敵を猿猴橋でとるです。

と、いうことで店内に入りました。
中は6分くらいの入りです。
入り口の券売機でメニューを吟味。
メニューは中華そばと大盛り中華そば。
それに、おむすび、ご飯、味付たまご。というシンプルなメニュー。

ここに、ドリンクメニューです。

まずは中華そばは決定。ここに、おむすびと迷ったのですが、ご飯。
さらにドリンクは中生ビールで、食券購入。
カウンター席に腰をおろして食券を出します。

そこまで広くなく、細長い店内には、カウンター席のみです。
そちらに、数組のアベックが座っています。
と、いうか、ソロ客自分だけじゃないですか。

そんなことにびっくりしながら、出てきた生ビールで
喉を潤します。かーっ!!いいですね。

厨房では平ザルを使って、器用に湯切りをしている様とかが
さり気なく見ることができます。流石ですね。

と、いうことで、出できたのが中華そばです。
明るい茶色味のこい色合いと、たっぷりの脂が浮いた
見るからにトロッとしたスープ、
白っぽいレモン色したストレート麺。
具材はチャーシューが4枚、ネギ、モヤシのみ。
この飾らない表情がいいです。

箸で麺を探ってすすります。
断面丸いストレート中細麺がすすり心地いいですし、ほんの少し硬めの
麺の茹で方も好みです。このストレート麺に絡むスープは
塩分と脂が強めで、香り通りの豚骨がインパクト強く、かといってクドさがなくて
醤油だれとのバランスがいい感じです。

豚骨をメインに鶏ガラ、野菜が足されることで加わる甘みと優しさが
この複雑なスープの正体です。

具のあっさりとしていながらウマミたっぷりのチャーシューも
いい感じ。脂身が半透明になっているところがトロットしますし、
赤身部分もいいです。
シャキシャキのモヤシと緑のネギもアクセントです。

これらの具も麺やスープとよくあいます。

ご飯といっしょに頂いても、いいですし、
ご飯にあうものは、ラーメンにもあいます。

ああ、幸せです。ごちそうさまでした。

宿から徒歩3分でこの味って、この宿に泊まる
楽しみが増えました。

と、大満足で宿にもどって22/7とか見ながらまったりです。

翌日は、4:50に起床。
身を浄めて、着替えで呉氏Tシャツ姿になります。

6時45分に宿出。目指すは、新幹線ホームの「待合室」です。
こちらは、2018年01月19日にリニューアルオープンされて、
奥にモーニングを食べる事が出来る「カフェ・エスタシオン広島」さんがあります。

と、いうことで入場券を買って新幹線構内へ。
開店時間が7:00なので、少し待ってから、
開転後に店内へ入ります。

「カフェ・エスタシオン広島」さんのモーニングメニューは3種類あって、
和食モーニング ¥390 トーストモーニング ¥520 ホットサンドモーニング¥630

コーヒー、サラダも付いて¥630いうことで、ホットサンドモーニングをオーダー。

ホットサンドは、さっくりとしたトーストの食感と、
中のチーズのトロッとした濃い味に、ハムの燻煙香と
しっかりとした肉の味が美味です。

サラダもシャッキリとした生野菜の味と
凝ったドレッシングもいいです。
ごちそうさまでした。

さらに在来線の構内になる、ハースブラウン広島駅店で、
◆赤ヘルりんごパン: 200円を購入。

7時19分発、広行きに乗ります。
進行方向左側の窓側に腰を下ろして、
まずはマツダスタジアム。この日はオープン戦の最終戦が
この地でホークスを迎えて行われます。
前々日は破れ、前日は同点引き分け。京こそ本拠地で勝って、
オープン戦をいい形でしめくくってほしものです。
と、いう祈りをこめて、軽く手を合わせます
(が結果は(ry)

呉線で坂駅を超えたあたりで赤ヘルパンをいただきます。
こちら、赤ヘルの形をしたピンクのパンです。
りんご風味のふわふわの生地。中はマーブル状の模様がきれいです。
シロップ漬けのりんごが入ってます。
甘さ控えめで美味しいパンです。

赤ヘルりんごパンは人気No.2とのこと。
次の機会があれば、人気No.1のプレミアムカープ坊や(178円)も試してみようと思います。

その後、海や島を眺めながら8時8分に呉駅着。
その後8時15分発の辰川行きのバスに乗ります。
辰川界隈から、三つ蔵、朝日遊郭、二河公園を散策して、
市街地にある自由軒へ行きます。

開店時間に入店。店内は3組のお客さんがいます。
こちらで戦艦大和のオムライスをいただきます。
大和で料理長をしていた人直伝のデミグラスソースを使っているとのこと。

塩分がしっかりきいたデミソースは、ブラウンソース寄りの
昔ながらのあじで、
優しい玉子の味に、穏やかなチキンライスをもり立てます。

ついてきた甘い紅茶もいい感じ。
昭和な味に大満足です。



そして午後も軽く巡礼をしてから
広島市に戻ったのでした。



ということで、続きは後日です。



この世界のさらにいくつもの巡礼でいただいたものについてです。

行きの新千歳で寄ったのが、2015年以来5年ぶりの
札幌シーフード、五十七番寿しさんです。

こちらは、国内線ターミナル2階の海産物土産店「札幌シーフーズ」内の
お寿司屋さんで、道内の名品が集まる「どさんこ産直市場」の奥で営業しています。
穴場的お店なので、たいてい混雑していますが、
この日はありがたいことに空いています。
ただ、混雑していても、立ち食いということで、
サッと食べて帰る人がほとんどなので、昼時以外は
比較的待たずに入れます。

カウンターの上にタッチパネルがあるので、それを使って注文
メニューの値段と合計金額がすぐに表示されます。明朗会計です。

で、あれこれ悩むものいいのですが、
この日は、おすすめ五貫です。

ツブは、肉厚で歯ごたえもしっかり、
このコリッとした歯ごたえがたまりませんし、
生臭さがなく美味しさが凝縮されています。
噛むほどに、甘みが出てくるところも面白いです。

マグロも、油と赤身のバランスもよく、
豊かな味わいで、サーモンのさりげない旨味も好み
ソイの淡白ながら、深い旨味もいい感じですし、
ウニは口の中で溶けます。
ほの甘いシャリとネタの組み合わせもいいですし、
ああ、たまりません。サッポロクラッシックにもよくあいます。

前回はしまっていましたが、17時オーダーストップとのことで
今回は間に合って良かった良かった。

そして、広島へフライト
久々のリムジンバスでの広島入りです。

恋する小惑星、22/7計算中 理系が恋に落ちたので
防ふりあたりを見てZzz

翌朝、5時前に起床。
6時45分に朝食のためにいったん外へでまして、
朝7時からやっている「駅膳」さんへ行きましたが、
広島駅再開発のために、ASSE自体がなくなるということで、閉店してました。

と、いうことで切り替えて、向かったのが、「ekie NORTHエリア2階」の
「ekieBAR(エキエバル)」手前にある「さち福や」さんです。

こちら、早朝7時から10時半までの間で
2種類の「健康朝ごはん定食」を提供しています。

中にはいると、「さち福や」の店内は、新しい店ならではの
綺麗な木が使われている和の店内。

4人掛けの席とカウンター席があります。

お店の方にお好きな席にどうぞ、と言われたので
まだ空いているので、4人がけのテーブル席に腰を下ろして
メニューを吟味します。

和朝食メニューは、鮭の炙り焼き定食と、明太子定食の二種類。
ここは明太子定食です。

まつことしばしで登場します。

看板であるメインの明太子と、ご飯 味噌汁 のり 生卵 お新香
サラダ(レタス) 大根おろし といったところ。
ご飯、みそ汁おかわり自由がうれしいです。

まずは、たっぷりの明太子で炊きたてのご飯をいただきます。
このホカホカご飯はツヤツヤですし、いい具合に炊かれていますし、
明太子はピリからで、卵の一粒一粒まで美味しいです。
ご飯がすすみます。これはいいですね。
サラダもシャキッとしていて、瑞々しいですし、
大根おろしも目が覚める味で、胃の働きを
しっかり励ましてくれます。のりやおしんこが
また、ご飯を盛り上げるのです。
味噌汁も深い味で、これが日本人の朝食です。

そして、ご飯をおかわり。
ご飯おかわりもありがたいですし、
二杯目は、いままだ食べたやつに加えて、
生卵で卵かけご飯です。

ああ、この生卵、濃い味です。健康な卵です。
濃い味の黄身には、濃い口しょうゆがよくあいます
卵かけご飯に、明太子とか、のりとかでアレンジするのも
楽しいです。

と、いうことで完食です。
美味しかったです。


宿に戻って、身を浄めて、着替えてから、
宿近くのコンビニで4月のドラゴンズ戦と、交流戦のバファローズ戦の
チケットを確保。さらに今年初のズムスタで、
グッズをしばきます。

その後、猿猴橋町電停から、広電「江波行き」に乗ります。
ここからは、久々の「この世界のさらにいくつもの片隅に」巡礼です。

江波に到着したのが、12時前。ここで軽く昼食を入れよう、と
広島で人気の有名ラーメン店をめざしたのですが、
土曜の昼は休業でした。残念。

で、江波界隈を散策。
気象館は、コロナの影響でお休みでした。
途中、よさげなお店と「かき」と書かれた幟があったので、
軽く食べられるかな?と思ったのですが、
結構ガチ目なフレンチだったので、パス。

江波港を見てから海天神にお賽銭とお参り

その後江波の電停に向かう途中に、よさげなお店を発見。
名前は「京都一力」さん。
ファザードテントには、うどん・中華そば・おはぎと書いてあります。
白いのれんをくぐって店内へ。

店内は昔ながらの定食屋さんといった感じで
居心地が良さげです。
店内は、先客が数名います。

メニューを見て、何にしようかな~と思います。
うどんのメニューが多いですし、中華そばも気になります。
最初はラーメンでお昼にしようと思ったので、その流れで
中華そばにしようかと思ったのですが、よく見ると
定食の文字を発見。
定食 {うどん 御飯 牛肉玉子とじ 山芋 九五〇円

これです。ピンときました。

注文して人心地ついたので周囲を軽く観察。
テレビでは、生中継のカープ戦が流れています。
本来なら、このゲーム、見に行ってたんだよなぁ
などど想いながら、まつことしばし。

待つことしばしで定食が登場しました。
メインのうどんはたぬきうどん。揚げ玉とワカメとネギがたっぷりでカラフルです。
ここに、ご飯、刻み海苔が乗った山芋とろろ、さらに小鉢に入った。牛肉玉子とじ、
それに玉子とお新香もついてきます。

まずはうどんからいただきます。
澄んだお汁は、お出汁がしっかり聞いていて、やさしいおいしさです。
店名の京都は伊達ではありませんし、この魚系の出汁のきき具合が
西日本のおうどんです。
おうどんは中太麺で、つるつるっと入りますし、
麺は柔らかめ。
ここに、たっぷりの揚げ玉がパンチを与えていますし、
ワカメもネギもいいアクセント。かまぼこもさりげないです。
この汁、この柔らか麺、この揚げ玉とネギと蒲鉾の組み合わせ、
思わずカープうどんを思い出します。

この汁でいただくご飯も美味しいですし、
牛肉卵とじも、甘めの味付けながら、玉子も優しく
牛も柔らかくしっかり煮込まれています。
ご飯にもよくあいます。
とろろをかけても当然しっかり美味しい。
ご飯、とろろ、牛肉玉子とじで他人丼にしても
美味しいです。

ゆで卵が生卵でもいいかなと思いながらも、
ふらっと入ったお店でも大当たり。
大満足のお昼でした。

次回はぜひ中華そばとおはぎをいただきたいと思います。

そして、このあとは、古江方面にバスで行ってから、
広島市街地に戻って、宿でくつろいだあと、
夕食にむかったのです。



続きは後日です。




と、いうことで。(´・ω・)ノシ
この世界のさらにいくつもの巡礼の最終回です。

と、いうか、この段は、別の作品の巡礼が中心になります。


呉から広にかけての巡礼を無事終了。
今回は、アレのせいで大和ミュージアムやてつのくじらかんなどが
のきなみ休館でしたが、その代わりというか、
今まで巡礼では訪れたことがなかった、広界隈をぶらぶらすることができたので
大満足。

広駅から14:03発安芸路ライナーで広島へ戻ります。
軽く運動もしましたし、お腹もくちているので、
瀬戸内のきれいな海を見ながら軽くうつらうつらしながら
広島駅には14:53着。

その後は夕食まで間がありますが、一旦宿にもどると、
そのまま根が生えてしまいそうなので、広島駅構内にある
ミスタードーナツで、しばし時間を潰して、夕食に備えます。

1時間強店内で粘ってから、ホームへ降りて、
16:45分初、芸備線下深川行きのディーゼルカーが
9番線ホームに入線してきているので、
キハ47系のくすんだ朱色の車両に乗ります。
この塗色もなつかしいです。
車内はがら空きで、進行方向左側の席を確保。
列車が定時に発車。張り切って、ズムスタのゲームの結果を見たら、
カープは負けていました残念。
さらに、新幹線の車両基地などを見ながら
鉄道の揺れに身を任せます。

矢賀駅をすぎると景色は一気にローカル色が強くなり
16:55 戸坂着。無人駅です。
近隣の公園には子どもたちがいっぱいいて
それぞれ遊んでいます。井口の公園にも
子どもたちが沢山いましたね。

広島の駅周辺から南側は平地ばかりですが、
ここらへんまでくると、そうとう起伏が激しいです。
と、地元の人と一緒に駅から降りる坂を歩いて、
目的地を目指して歩くこと20分ばかり。

たどり着いたのが、お好み焼きの「キャベツ」さんです。

こちら、当日ブログで何度も取り上げています。
先日、連載が大団円を迎えた
佐藤両々さんの4コマ漫画「あつあつふーふー」(双葉社 アクションコミックス)
の舞台である、お好み焼きやさんの「たまな」のモデルになったお店です。

「あつあつふーふー」は、広島郊外にあるお好み焼き屋「たまな」の看板娘
玉名蘭ちゃんの日常を描いたお話です。

ヒゲマッチョでも蘭ちゃんとカープを溺愛しているおとうちゃん。
暴走するおとうちゃんの手綱をきゅっと締めるクールなおかあちゃん。
朴念仁だけど、お好み焼きの腕前は一流のお兄ちゃん。
という玉名一家に、ご近所の好実ねえちゃんとか、
同級生でカフェの娘さんの小麦ちゃんや、蘭ちゃんが好意を寄せている
青木くんをはじめ蘭ちゃんの同級生にして、お店の常連さんといった連中が
ニギヤカに日常を盛り上げてくれます。

だから蘭ちゃんは学生なのに学校の場面よりお店の場面ばかりです。
お店でお父ちゃんのモロモロにツッこみをいれつつ
騒々しく仕事をしている蘭ちゃんは輝いていますし、
お客さんには漫才といわれています。
家族だけでお店を切り回しているので(途中から好実ねぇちゃんがパートで入りますが)
家族全員で忙しそうにしてるのもほほえましいです。

そして、文中に飛び交う広島弁もいい感じですし、
読んでいるだけで、お好み焼きが食べたくなること必至。
そもそも蘭ちゃん自身が、ソースのにおいがするので、近くにいると
お好み焼きが食べたくなる存在ですが、
コミックから、ソースの焦げた香りが漂ってきそうです。

何より、私がこのマンガを手にするきっかけになったのが、
2巻の表紙で、蘭ちゃんがカープのホームユニフォームを着て
お好み焼きを食べているのにひかれたからです。

ちなみに蘭ちゃんのお父ちゃんは、カープが勝つと、すぐにいろいろと割引したくなる
「広島カープ誕生物語」の豆腐屋さんみたいです。

とはいえ、読んですぐに内容にも魅了されました。

そんな「たまな」さんにモデルのお店があるというのは
一巻に紹介されていたので知っていましたし、
しかも、佐藤両々先生が広島で学生をしていたころの
行きつけのお店だというので、こちらがモデルになったとのこと。

ということで、3年5ヶ月ぶりの「キャベツ」さんです。
こちらで、ちゃんぽん玉子、いか天トッピング、
おでん3品とハイボールです。くーっしみますし、それぞれ美味しい!!
感想はまた後日です。

行きは、芸備線を使いまして、前回は帰りバスを使いました。
そのバスが目の前で行ってしまいましたので、
今回はアストラムラインで広島市街に戻ります。

ほろ酔いでアストラムラインの西原駅まで歩く。
太田川にかかる安芸大橋は長い橋で、何人ものランナーとすれ違います。
川風がほろ酔いにきもちいいです。

西原駅から本町へ、そこで市電にのりかえて、的場町電停
宿でまったりしてから。映像研とか見ながら落ちます。乙乙乙

翌朝は、5時に起床。身を浄めて、着替えてから、
5時55分に宿を出ます。お世話になりました。
この時間に出るのは、空港行きのバスが6時20分だから、
その前に飯食べるとこの時間になりますね。
宿近くでこの時間から朝食を食べることができるのが
なか卯なので、そちらで朝定食の朝食。
ごちそうさまでした。

その後広島駅の自由通路を通って新幹線口へ
バスは8人位を乗せて定時に出発。
私は進行方向左側を確保。マツダスタジアムを見ながら
手を合わせて、今度来るときは、アレがおさまっていると
いいなぁ、と思いつつ、「さよなら、広島」です。

途中、ぼーっと見ている車窓で、北側の山に雪がついてるなと思ったら、
高速入ったら、路肩に雪が残っています。
さらに、空港に入ると吹雪き出しました。ここ3月の広島ですよね。

空港内売店でお土産を買ったりして、制限区域内へ。
お世話になったのはANA1271便。
で離陸のために、羽についた雪を落としたり、融雪剤をつけたりする
そんな作業があったので、結局15分おくれてフライト
この便も空いていたので、窓側席を確保。
とはいえ、この日は天気が良くなかったのですぐに雲海の上に出てしまい。
その後は寝るのですが。

そして、北海道へ。見た感じ、北海道のほうが雪ないねぇ。
そんなことを感じながら、新千歳に到着。

そのあしで、ベスでカレーを食べてから、
自宅へ戻ったのです。


久々の呉広島を堪能できた
2泊3日でした。


次は、野球で行きたいものです。




と、いうことで。(´・ω・)ノシ