FC2ブログ
カープ、野村祐輔選手、FA宣言せずに残留を表明しました。
ゆうすけぇえええええ!!
會澤翼選手、松山選手につづいての残留表明です。
ここにも佐々岡新監督のアドヴァイスがあったとか、
本当にありがとうございます。
来年、再びてっぺんを目指すためにはなくてきならない存在です。
一生懸命応援しますので、がんばってください。

あと、コンサドーレ札幌、YBCルヴァンカップ準優勝です。
先制するも、前半のアディショナルタイムで追い付かれて
さらに逆転されての後半のアディショナルタイムで追い付いて
延長でもともに1点ずつとりあってのPKで
5人目6人目が失敗しての5-4での惜敗でした。

チーム創設史上初のタイトルは、次回の機会となりました。
今回の経験を財産に、今後もがんばってほしいと思います。

ラグビーW杯は、イングランドが、
三連覇を狙った王者ニュージーランドを撃破して
決勝進出です。
猛攻をはねかえすディフェンスなどがアツいゲームでした。

前日深夜は、先日の高校ラグビー決勝の録画が放送されてましたが、
こちらもアツいゲームでした。勝った竜谷高校、山の手高校はもちろんのこと、
敗れたラ・サール高校、遠軽高校にも見所いっぱいで、
深夜ですが、思わず声が出てしまいました。


そんな感じでスポーツのニュースが盛りだくさんなのは、スポーツの秋です。
ところで、秋も深まっていくと、大学駅伝のニュースも多く入ってきます。

一つは、出雲路の出雲全日本選抜大学駅伝です。
國學院が見事初優勝。肉薄する駒澤を突き放すという展開でした。
そして我が母校は、
國學院、駒澤、東洋、東海、青学、立命館に続いて7位でした。
昨年は6位でしたが、五区区間賞をとった小野寺選手以外は
だいたい区間9~10位くらいという結果でした。

わが母校は、このあとは、全日本大学駅伝の出場も決まってますので、
そちらでも挑戦をして、よいコンディションで
箱根の本戦に備えてほしいものです。


そして一つは、箱根駅伝の予選会です。

26日、東京・陸上自衛隊立川駐屯地から国営昭和記念公園までの
21.0975キロのハーフマラソンのコースで行われました。

昨年は95回の記念大会ということで、
予選会からは11校の参加となって、39校で11の本戦を争いました。
昨年から、今年度の関東学生陸上競技連盟男子登録者で、
エントリー者全員が18年1月から19年9月末までに
1万メートル34分以内のトラックでの公認記録を持っていることが条件になりました。
それまでは5000メートルで16分30秒以内の公認記録保持者も
出場できましたが、その参加資格がなくなった影響で。
そんなことも影響してか、参加校は39校に減りましたが、
今年は、43校の参加です。

なかなかの激戦です。

今年は、昨年の箱根でシード落ちをして
13年ぶりの予選会にまわった早稲田大をはじめ
中央大、日体大、日大、東京国際大、神奈川大、明治大、
国士舘大、大東文化大、城西大、山梨学院大、上武大といった
昨年のシード落ちチームに加えて、

専修大、東京農業大、亜細亜大、創価大、筑波大など、
かつて箱根路を盛り上げた学校や、
昨年予選会12位で涙を飲んだ麗澤大や、
最近実力をのばしている駿河台大、武蔵野学院大など、
新旧入り混じってのなかなか激戦でした


ということで、こちらが結果です。

1 東京国際大学10時間47分29秒(3年連続 4回目)
2 神奈川大学10時間50分55秒(10年連続 51回目)
3 日本体育大学10時間51分09秒(72年連続 72回目)
4 明治大学10時間51分42秒(2年連続 61回目)
5 創価大学10時間51分43秒(3年ぶり 3回目)
6 筑波大学10時間53分18秒(26年ぶり 61回目)
7 日本大学10時間54分29秒(2年連続 89回目)
8 国士舘大学10時間55分21秒(4年連続 48回目)
9 早稲田大学10時間55分26秒(44年連続 89回目)
10 中央大学10時間56分46秒(3年連続 93回目)

 ~以上が箱根駅伝出場~

11 麗澤大学10時間57分12秒
12 駿河台大学10時間58分44秒
13 上武大学11時間00分16秒
14 専修大学11時間01分57秒
15 城西大学11時間02分27秒
16 東京農業大学11時間05分05秒
17 山梨学院大学11時間06分14秒
18 大東文化大学11時間06分22秒
19 流通経済大学11時間10分57秒
20 東京経済大学11時間16分21秒
21 武蔵野学院大学11時間16分28秒
22 亜細亜大学11時間19分52秒
23 立教大学11時間23分49秒
24 明治学院大学11時間24分26秒
25 日本薬科大学11時間25分34秒
26 関東学院大学11時間27分13秒
27 慶應義塾大学11時間28分47秒
28 桜美林大学11時間30分55秒
29 平成国際大学11時間38分29秒
30 育英大学11時間49分54秒
31 芝浦工業大学11時間50分16秒
32 東京大学11時間53分54秒
33 東京理科大学12時間05分05秒
34 一橋大学12時間05分44秒
35 帝京平成大学12時間09分27秒
36 学習院大学12時間16分06秒
37 東京工業大学12時間28分15秒
38 東京工業大学大学院12時間33分06秒
39 東京学芸大学12時間34分25秒
40 防衛大学校12時間40分17秒
41 東京大学大学院12時間45分52秒
42 上智大学12時間49分27秒
記録なし 高崎経済大学

テレビ中継を見ると
(今年もSTVは生中継はなかったので、夜のBSで見ました)
一番最初に10人のランナーがゴールしたのは神奈川大
続いて、東京国際大、日本体育大、創価大、明治大、
麗澤大、早稲田大、筑波大、中央大、駿河台大の順で10校がゴール
さらに11番目以下は上武大、専修大、日本大、山梨学院大、国士館大の順で、
これがテレビにでました。

と、いうことで、ひょっとしたら、麗澤・駿河台と
初出場校が二校になるかとも思ったのですが、
残念ながら2校とも届きませんでした。
麗澤は二年連続の次点になりますし、
今年10位中大とのタイム差は26秒で一人三秒弱です。
昨年は1分50秒ですから、タイム差も縮まってますが
残酷ですが、これが予選会のルールです。
勝負の世界は厳しい。としか言いようがありません。

さらに、昨年箱根本戦出場組の
上武大・城西大・山梨学院大・大東文化大が予選落ちです。
山梨学院、上武はそれぞれ連続出場の記録が途絶えました。

そんなのを見ていると、三浦しをんさんの名作「風が強く吹いている」のシーン
そして、この名シーンなども含めて、すべてを見事にコミック化された、
海野そら太さんの描いたそれぞれのシーン
さらにアニメの中での光景も思い出されます。

そして、一方で私の実家近くにある東京国際大学がトップで通過。
さらに、今年旋風を巻き起こしたのが26年ぶりの出場を果たした筑波大学です。
26年前の大会は記念大会だったので、出場校が多く、
その前の出場はさらに5年前。
そのときは、10年連続の出場でしたが、そこから
復活まで30年近くの年月を要したのです。

さらに、当ブログで何度となく話題にしています
「大河ドラマ いだてん」ですが、主人公の一人、金栗四三は
東京高師で陸上に出会いましたが、東京高師こそが
筑波大学の前身なのです。

ドラマの中でも、四三が大学駅伝の立ち上げに尽力する描写がありまして
高師はその駅伝の中で、明治・早稲田・慶応に勝利して
優勝をしています。
そんなシーンも面白く見てましたが、
まさかいだてんのオンエア年に、筑波の箱根出場って、スゴいです。
26年ぶりの返り咲きは、
85回大会で33年ぶりに復活した青学大に次ぐブランク復活です。

そして、全体の53位、チーム5位の川瀬選手は
医学群の学生で、文武両道を体現しています。

競技は違いますが、先日興奮と感動を堪能した
ラグビーW杯の日本代表ですが、中心選手の福岡選手も
ラグビーと学業の両立を目指して筑波に入りました。
医学群ではないですが、日本代表で活躍したのちに
再び医学部を目指したいということから、医学にも生かせることを
専攻としたそうです。

なんか共通点を感じますし、応援したくなります。


と、いうことで、
年明けの令和最初の箱根駅伝本大会出場校は、以下の通りです。

箱根のシード10校 東海大学・青山学院大学・東洋大学・駒澤大学・帝京大学
法政大学・國學院大學・順天堂大学・拓殖大学・中央学院大学

予選会の上位10校 東京国際大学・神奈川大学・日本体育大学・明治大学・
創価大学・筑波大学・日本大学・国士舘大学・早稲田大学・中央大学

関東学連選抜1チームの
計21チームで、箱根路を走ることになります。



ちなみに、個人成績上位25位は以下のとおりです。

1 レダマキサイサ(4) 桜美林大学 1:01:01
2 ライモイ・ヴィンセント(2) 国士舘大学 1:01:37
3 イエゴンヴィンセントキベット(1) 東京国際大学 1:02:23
4 チャールズドゥング(1) 日本大学 1:02:33
5 伊藤 達彦(4) 東京国際大学 1:02:34
6 荻久保 寛也(4) 城西大学 1:03:12
7 米満 怜(4) 創価大学 1:03:19
8 ジェームスブヌカ(2) 駿河台大学 1:03:26
9 手嶋 杏丞(2) 明治大学 1:03:28
10 ボニフェスムルア(1) 山梨学院大学 1:03:38
11 長谷川 柊(4) 専修大学 1:03:51
12 岩崎 大洋(3) 上武大学 1:03:52
13 金丸 逸樹(4) 筑波大学1:03:53
14 藤本 珠輝(1) 日本体育大学 1:03:54
15 森 凪也(2) 中央大学 1:03:58
16 太田 智樹(4) 早稲田大学 1:03:58
17 山口 武(3) 東京農業大学1:03:59
18 坂本 貫登(3) 上武大学 1:04:00
19 西 研人(3) 筑波大学 1:04:01
20 猿橋 拓己(3) 筑波大学 1:04:04
21 ワンブアタイタス(4) 武蔵野学院大学 1:04:05
22 森 淳喜(4) 神奈川大学 1:04:13
23 池田 耀平(3) 日本体育大学 1:04:16
24 横山 徹(3) 日本大学 1:04:19
25 畝 拓夢(3) 中央大学 1:04:20
26 ノアキプリモ(1) 日本薬科大学 1:04:21
27 相沢 悠斗(4) 東京国際大学 1:04:22
28 山口 和也(4) 日本体育大学 1:04:23
29 中川 翔太(4) 日本体育大学 1:04:25
30 井手 孝一(3) 神奈川大学 1:04:27


選手も出揃いましたので、
こちらのほうは、毎年12月上旬に発売されるベースボールマガジン社の
「箱根駅伝 完全ガイド」を楽しみに待ちたいと思います。


選手やチームの皆さんにつきましては、全日本大学駅伝もこのあと控えてまして
調整が至難の業であることは、百も承知ではありますが、
がんばってほしいと思いますし、

個人的なお話しでいうと、わが母校に関しましては、
今年も、すこしでも上位の順位とともに
シード権獲得を目指してがんばってほしいものです。

選手、ならびに監督・スタッフなど、関係者のみなさん、よろしくお願いします。
お正月に母校の走りを応援をするということを楽しみにします。


令和初の箱根駅伝まであと67日



ってことで(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト



☆カレーショップ インデアン まちなか店
(帯広市西2条南10丁目)

帯広に出張でいってまいりました。
その時の同行者が「帯広、はじめてなんです」とのこと。
ならば、ベタな帯広の名物でも食べに行きましょう。

と、いうことで、昼食に行ったのが
帯広を超えて、十勝のソウルフードと言っても過言ではない
「インデアン」のまちなか店さんです。

と、いうことで12時30分頃に入店。 店内は、8割りくらいの入り。混雑しています。

しかも、学生の団体サンや、スーツ姿のお一人様や、若いカップルだったり、
お年を召した夫婦風だったりとバラエティーに富んだ客層です。

僕らは、カウンター席に腰を下ろして、 メニューを拝見。

インデアン ¥399 (380円+消費税19円)(¥294)(280円+消費税14円)
 インデアンルー 仔牛の肉をふんだんに使い、数十種類のスパイスで熟成させたカレーです。辛さも控えめで、お子様から大人の方までおいしく召し上がれます。十勝の定番カレーです。
野   菜 ¥420 (400円+消費税20円)(¥294)(280円+消費税14円)
 野菜ルー 大ぶりなじゃがいもと人参、玉ねぎが入ったカレーです。雄大な北海道と道産子の素朴な優しさを感じさせる味です。
ハンバーグ ¥577 (550円+消費税27円)(¥483)(460円+消費税23円)
 インデアンルー 外はこんがり、中はふっくらと焼き上げたはハンバーグのカレーです。熟成されたインデアンルーと肉厚なハンバーグがよくあいます。
エ   ビ ¥577 (550円+消費税27円)(¥483)(460円+消費税23円)
 ベーシックルー エビがたっぷりで、ぷりぷりとした食感と風味が魅力なカレーです。
チ キ ン ¥577 (550円+消費税27円)(¥483)(460円+消費税23円)
 ベーシックルー やわらかく煮込んだ若どりのムネ肉が大胆に入っています。チキンの美味しさを存分に味わって下さい。
カ   ツ ¥630 (600円+消費税30円)(¥546)(520円+消費税26円)
 ベーシックルー 揚げたてのカツのサクサク感が魅力なカレーです。ジューシーな肉の旨味とカレーがよくあい大満足です。
シーフード ¥703 (670円+消費税33円)(¥588)(560円+消費税28円)
 ベーシックルー エビ、ホタテ、アサリをふんだんに盛り込んだ海の幸のカレーは上品で奥深い味わいです。
 ()内は、ルーと具のみの価格です。
 ※インデアンルー 仔牛の肉をふんだんに使い、数十種類のスパイスで熟成させたカレーです。辛さも控えめで、お子様から大人の方までおいしく召し上がれます。十勝の定番カレーです。
 ※ベーシックルー ビーフのエキスが溶け込んだルーに玉ねぎを加え、旨味と甘味を引き出したシンプルなカレーです。どんな具材にもマッチして、美味しさを引き立てます。
 ※野菜ルー 大ぶりなじゃがいもと人参、玉ねぎが入ったカレーです。雄大な北海道と道産子の素朴な優しさを感じさせる味です。

と、いったカレーメニューと、

トッピングは
カツ 252円 ハンバーグ エビ チキン 189円 チーズ 84円 

辛さの設定は、中辛 辛口 大辛 極辛といったところは
どのお店も変わらず。

メインのカレーはカツカレーで、ルーはベーシック、辛さは中辛
ちなみに、持ち帰りカレーにはトッピングができないものがあります。
それが、チーズです。
今回は店舗で食べる時の特権で、チーズをトッピングします。

座ったのが、カウンター席ということで
中で調理をしている様子を見ることが出来ます。
見ると、持ちこんだ鍋にカレーを注いでいます。
これがインデアン名物。鍋でカレーを持って帰る持ち帰りカレーです。

本当に鍋持って来るんですね。いいもの見ました。
同行者も「すごいですね」と感心してました。

そして、持ち込みの鍋にカレーを入れ終わった後に、
調理がはじまりますが、

丁寧に調理をしている様子とか揚げ物をしている一挙一動が
視界に入ってくるのがいいです。
と、いっても、怪しまれたらいやなのでジロジロは見ませんけど。
ちらちらと会話をしながら、見たりする程度です。
サクサクサクサクサクとすばやい音をたてて、
横には何度も何度もいれてから、仕上げにタテに1回。
カツに包丁が入れられる音が響きます。
このリズミカルな小気味よさと手際のよさがたまりません。

カツの上に四角くて薄いチーズをぺろーんと2枚のせて
カツもチーズも隠れるように、たっぷりとルーをかけています。

と、いうことで待つことしばしでオレンジのトレーの上の
銀色のお皿に乗っかって登場です。

ご飯などを覆い尽くすように明るい焦げ茶色のルーが
カツもご飯もチーズも見えないくらいにたっぷりたっぷりとかかっています。
だから、一般にイメージするカレーのチーズトッピングは
カレーの上にかけられてそれが次第にトロンとしてくる感じですが、
こちにはカツの上に乗せられたチーズのそのさらに上から
ルーがかかっているのでしょう。
一見するとチーズトッピングだとはわかりません。

最初は四角いチーズのフォルムがしっかりわかるのですが、
付け合わせの、卓上に置かれている福神漬けやガリやしその実漬けを
乗せているあいだに 、四角い角はみえなくなって、カツと一体化するという、
わずかな時間ですら変化するところがたまりません。

相変わらずうまそうで、ヤられる香りとビジュアルです。
と、いうことで、まずは一口。ルーをスプーンで掬って「いただきます」。

パンチのある濃さと刺激です。
こってりとした野菜や肉などの旨味が溶け出して、
凝縮された濃さがパンチあるとしか表現出来ないインパクトがあります。
ぎゅっと詰まった旨味の塊とかコクの塊がまずはガツンとくるのです。
たまねぎの甘みと、チーズの濃さがベースとなっているのが、十勝のカレーです。
スパイス遣いが刺激になるのは、カレーの中ではよくありますが、
濃さが刺激になって伝わって来るというのは、あまりありません。
スゴいです。

あとからじわじわっと効いてくるスパイスの刺激もいいです。
そんな濃厚こってりかつ十分スパイシーなカレーを
たっぷりとまとったカツをカレーーの中からサルベージします。

こちらのカツは、カツの短い幅のほうを、平行に包丁を入れているだけでなく、
カツの長い幅の部分にも包丁を入れています。

だから、スプーンにも乗っかるのです。
ただ、小さめにカットされたとはいえ、大降りのカツにもマケズ劣らずのウマさ。
カツの肉部分にも旨味とか肉滴が込められいまして、
噛めば噛むほど、肉のウマ味と肉滴が出てきますし、
サクサクな衣の食感もタップリ味わう事が出来ます。
まな板の上で、包丁を使って切っている時も、
サクッサクッと小気味いい音をたてていました。納得です。

これがたっぷりのチーズをまとっています。
カツを掬うと、チーズが糸をひくのもいいです。
上はカレーの熱さでとろとろになったチーズでしっとりとした衣に
下はまだサクサクさが残っている噛みごこちのバランスも楽しいです。

スプーンをすすめていくうちにトロトロになりかけた玉ねぎであるとか、
牛肉の塊も発見できます。
また、あれ、また、たまねぎだと思って白い長いものをスプーンですくったら
伸びて溶けたチーズだったりというありがたいフェイントもあります。

ウマいウマいいいながら、スプーンをすすめていると玉汗が噴いてきますし、
スパイスが腹にズンときいてきます。
食べ口はあくまでも甘いですし、辛いルーカレーを食べている自覚はないのですが、
吹き出る玉汗は辛口ならでは。舌ではなく、体で感じるからさです。

あと、こちらは福神漬と、ガリと、刻んだ青菜漬の3種類の付け合せを
選べるのもいいです。
ま、下品にならない程度にたっぷりとそれぞれとるのが
ゴローちゃんに教わった僕の流儀。
実はガリが意外とカレーに会うことがわかっていいです。

そして、しだいにカレーもカツもライスも残り少なくなってきます。

そこで、下の御飯によって、カレーが触れていない部分を
あらかじめひっくり返して「寝かす!!」状態にしたカツと
カレーとライスをスプーンに乗せて、一気にいただきます。
ということで完食いたしました。「ごちそうさまでした」

そして完食したあとに、ズンと腹に来るカラサから
でことかには玉汗が噴出しておりますが、これも勲章です。

にしても、このチーズトッピングの濃厚さが味わえる店舗食いをとるか、
ビールとあわせることができる「持ち帰り」をとるか
またしばらく迷いそうです。

同行者もたいそう満足していたので、
案内をした身としてもよかったと思いつつ、

元気を注入して、お仕事へむかったのでした。


ちなみに、夕食は、「いっぴん」で豚丼を食べてから、
「クランベリー」でお土産用のスイートポテトを買うという
べたべたな帯広観光を堪能したのでした。



☆カレーショップ インデアン まちなか店(帯広市西2条南10丁目)
◇営業時間◇11:00~22:00
◇定休日◇? ◇駐車場◇有り
◇電話◇0155-20-1818







ラジオにあったコーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」をクリックしてくれれば、
見ることができます。


よろしければ


と、いうことで。(´・ω・)ノシシ
今年は秋の時期、昼夜の寒暖差が多いおかげで
紅葉が鮮やかで、ドライブをするたびに視線を奪われます。
気温が徐々に低くなり、朝の出勤時とか、
冬の到来を思わせる空気に包まれたりして
寂しい時期ですが、この鮮やかさに目を癒されながら
この季節ならではの光景を堪能します。

現在道内某所に退避中
地元はG20が開催されていて、きっと警備とか規制とかで
ヤヤコシイことになることが想定されそう。
占冠で行われた島サミットのときは国道での検問とかが
結構厳戒態勢だったので、それを意識しての行動で、
さっさと地元をあとにしたのですが、
今日に対して駅周辺とか国道沿いはほぼ規制はなし、
町のHP見たら、花園界隈だけの規制のようです。
なぁんだ。

ま、せいぜい美味しいカレー食べて
温泉とか堪能するから、いいんですが。


ここからがタイトルの記事です。


5ヶ月前のある日、オシゴトが終わらずに
土・日と休日出勤を余儀なくされたのですが、
そんなときの楽しみといえば、やはり仕事明けの温泉です。

土曜日の仕事明け、車を走らせたのは
向かったのが、ニセコグランドホテルさんです。

春なので、そこまで混雑していません。ありがたい、
駐車場に車を入れてからフロントへ。

湯銭をカウンターで支払って、脱衣場へむかいます。
脱衣籠もすうこしか埋まってません。

脱衣場から浴室へ入ると、硫黄の香りがふわっと漂い、
まず雰囲気を盛り上げてくれます。

四角く、上の段と下の段と2つある内風呂の湯槽を満たすのは、
笹濁色がかった碧褐色のお湯で、
おびただしい量が湯槽に注がれて、それが縁からたっぷりあふれて、
あふれたところの浴室の床に湯の華が模様を描いています。
身を沈めると、気持ちいいです。肺の奥から空気がでてきます。
お湯が鼻に近くなるので、湯の香もより近く楽しむことができますし、
かるく口の中に入ると、ほんのりとただようナトリウムっぽい味で
その香りといい、色合いといい、味わいといい、温泉に入っている
満足度があがります。

そして、しばらく暖まったところで、名物の大露天へ行きます。
こちらも広々とした湯槽が笹濁色がかった碧褐色のお湯が満たされています。
巨大な黒い岩がごつごつと周囲に配置されていて、こちらも味わいがあります。

お風呂が広いのでアツいところと、そんなにアツくないところがあるので
頭がかぁっとしてきたら、移動をすればいいし、
ゆったりと楽しむことができます。

大露天風呂の奧にある 大露天から隠れたような場所にある
小さい露天風呂にもいきます。こちらのぬる湯が気持ちいいです。

さらに大きい露天の奥には、ちょうど寝湯のように楽しめる
平らな岩のくぼみもあって、好いているので、こちらもあいています。
と、いうことで、そちらに横たわると、
ああ、背中で感じるお湯も気持ちいいです。
ここならほかのお湯を楽しんでいる人の迷惑にもならないですし、
体の半分が春のニセコの空気で覚まされながら、
もう半分はお湯でホカホカ。血の循環もよくなりますし、
風が心地よく身体を冷ましているところにも玉の汗が浮きます。
開放的で気持ちがいいのにはかわりません。
と、いうことで、気がつくと、軽くオちてしまいました。

ということで、2時間ばかりお湯を堪能して大満足ののちに、
大分疲れも取れた、というところで、あがります。

ホテルの向かいにある甘露水の、冷たい甘さを味わって、
いつものように、 「この水は甘露である」と、
某やんごとなき方風につぶやいて こちらをあとにして、
お家にもどったのです。



そして、翌朝。
仕事が煮詰まって疲れているときは連湯です。

と、いうことでむかったのが、
アンヌプリ温泉湯心亭さんです。
こちらは朝の6時から日帰り入浴をやっている有りがたい施設ですので、
朝風呂でお世話になることは多いです。

(以前は、薬師温泉やワイス温泉も朝風呂を楽しめましたが、
薬師温泉は現在休業中で、ワイス温泉は朝風呂をやめていく久しい
と、いうことで、現在、日帰り入浴の朝風呂は、湯心亭さん一択)

透明なクセのないお湯がいい感じで、
しっとりとしたやさしい湯あたりが、
近くの笹濁色で硫黄香がぷんぷんただよう、ニセコグランドホテルさんとは
大きく異なりますが、双方ともに素敵な魅力があります。
この近距離でこの湯質の差って、地球の神秘です。

そんなことを考えながら、大きい暖簾状の布が雰囲気を出している
和の設えの入り口へ。
重い木の扉についている、自然木の掴手を動かして中にはいると、
軽く香が焚かれているのか、いい匂いがお出迎えです。
自販機で湯券を買って、手渡しをした後
清潔な感じの廊下を歩きお風呂へむかいます。

脱衣場は塞がっていませんし、静かです。

ドアを開けて浴室にはいると、ムッとくる湯気とともに、
どこか針葉樹を感じる湯槽の香りがまざった湯の香がお出迎えしてくれて、
これだけで心がほっこりします。
この針葉樹の香りがこちらの温泉の最大の特徴です。

中はそんなに広い浴室ではないですが、
4m程度の半円形の湯槽からは、透明なお湯があふれて、
これ見るだけでいい気分です。
浴室の床についている、湯が流れた跡が作る模様もいいです。

まずは湯槽に身を沈めるますが、小さい分だけ
湯があふれる勢いもあってザブンという音も混みでいい感じです。
漂う湯の香も、鼻が水面に近くなるので、より感じることができますし、
お湯もしっとりと体を包みます。いいお湯です。
そんな感じで、しばらく内湯を楽しんでから露天風呂へむかいます。

扉をあけて、しっかりとしたつくりの屋根がつけられた廊下を歩いていくと、
スロープになっていて、次第にお湯の中に入っていくという面白いアプローチ。
この緩やかなスロープが遊び心を感じます。

そして、内風呂がこぢんまりとしているのに対して、
露天は広々としています。
火山地帯ならではの、でかくて黒いゴツゴツした庭石みたいのが
ゴロゴロとあって、本当におちつけるいい風情です。

男湯と女湯は、木の塀で区切られていますが、
その境目の部分からは勢いよく、お湯が流れていて、
その音が周囲に響きます。

お湯もつるっとした湯触りがよくて、しっとりとした感じになります。
軽く口に含むと、ほのかな苦味と塩分が感じられるのも、いいお湯です。

中央には、東屋みたいな大きな屋根がついていて、
そこの下に寝転がることができる大きい滑滑の石があります。
ここにごろんと寝転がって湯が湯槽に流れ込む音を聞きながらぼーっとすると

あー、 気持ちいい~。朝からも~しわけない。
流れるお湯に意識を飛ばします。

しばらくしてから、一旦内湯に戻って、身体などを洗ってから
再び半円形の湯槽に身を沈めて、
全身で湯を楽しんで、再び湯の香りを鼻先近くで堪能。

着衣をして、フロントに行くと、
朝食を楽しもうとしている人が、フロントの奥にある食堂で
待ち構えています。いいですね。
以前、こちらに宿泊したときの朝ご飯が
たいへん美味しかったことを思い出しました。


そして、すべてを済ませて外に出まして、外に出ると
朝の空気で改めてシャキッとする気分がいいです。

そして、朝食をとってからおシゴトにむかったのでした。





ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。




では。(´・ω・)ノシ
すごかったです、ラグビー

といっても、
ルールは一チーム十五人ずつでどんな武器も使用可能。
試合前に全員で劇薬入りの日本酒を飲む。
二十分以内に鍵の入ったボールを解毒剤の入る金庫があるゴールに持っていき
解毒剤を飲んだチームの勝ち。
負けたチームは全員死亡。

という、民明書房でおなじみの、羅惧美偉ではありません。

ラグビー日本代表、初の決勝トーナメント進出を果たすものの、
ベスト8で敗退。

迫力あるプレーの数々や、進化する戦術に個々の選手のスキル
流れるようなパスワークやトリッキーなプレイなどに魅せられました。

ラグビーのw杯はゲーム間のインターバルが長いので大会期間が長く、
思えば、9月下旬に、岩国の赤ファンのお好み焼き屋さんで
ロシア戦を見たのが、はるかかなたに感じます。

さらにゲームとのゲームのインターバルの間、
各国の代表選手が日本国内のあちこちでリフレッシュをしたり、
中にはボランティアをしてくれたりと
そんなニュースも流れてきて、改めてサッカーとは違う
W杯の楽しみを実感することができたのです
(サッカーも日本単独開催だったら…?)

父親が好きな影響で、子ども時代
シーズンに入ると、日曜午後は、テレビから流れる大学や社会人の
ゲームを見ていましたし、
通っていた大学は在学中からラグビーがそこそこ強く
(当時、慶応とゲームは組まれてなく、早稲田明治には、
何年か一度勝つというレベルでしたが)
しかも、社会人になってわたった北海道で、
それぞれラグビーが盛んな街で過ごしたということで、
気にしていました。


さらに、我が母校ですが、私が大学を卒業したのちに、
メキメキと強くなっていって、昨年途切れましたが、
大学選手権9連覇の記録を作ったり、
関東大学対抗戦で8連覇の記録を作り、さらに更新中なのは
当ブログでも書きました。

今回我が母校のOBで、日本代表に選出されたのが

堀江 翔太選手(2007年度卒・パナソニック ワイルドナイツ)
ツイ ヘンドリック選手(2010年卒・サントリーサンゴリアス)
中村 亮土 選手(2013年度卒・サントリーサンゴリアス)
流 大 選手(2014年度卒・サントリーサンゴリアス)
坂手 淳史 選手(2015年度卒・パナソニック ワイルドナイツ)
松田 力也 選手(2016年度卒・パナソニック ワイルドナイツ)
姫野 和樹 選手(2016年度卒・トヨタ自動車ヴェルブリッツ)の
7選手で、全大学の中で最多となります。

堀江選手のころこそは、まだ関東でも優勝ができない時代でしたが、
ツイ選手の在学中に、大学選手権で優勝をして
その後連覇を支えた選手たちが、今回のJAPANの主力でした。

そんな選手が桜のジャージを着て駆け回ったのです。

母校の校歌の一節に
「輝く歴史を 新たに書かむ~♪」とありますが、
こんなのも、新たな歴史です。


前述した通り、以前住んでいた富良野市や、その前住んでいた
オホーツク管内の町は、それぞれラグビーが盛んな街で
道内の高校ラグビー中心に生でゲームを見る機会も多く、
(知人に誘われて、富良野在住時代には花園に二度観戦に行きました)

キャプテンのリーチ=マイケル選手は、山の手高校時代とかに
プレイしているところも見ていました。

そんなこともあって、注目をしていたのですが、
予想外の善戦というかなんというか。

代表チーム自体もそうですが、最初に比べて
マスコミの露出度も増えてニュースでも
取り上げられる時間ば早くなり、量は多くなりました。

前回のラグビーワールドカップの時も、南ア戦での勝利などで
プチブームが起きましたが、そこまで長く続きませんでした。

そんな経験もありますし、女子サッカーのなでしこジャパンの盛り上がりとその後もあります。

そんなことは協会側は100も承知で今後も強化を続けてくれるでしょう。


イングランドの関係者が
「今回の日本代表は、今までの積み重ねが正しく花開いた成果だ。
其れを支えた日本のファンも、ラグビーの楽しさと素晴らしさに触れた
ファンでなかった人達も誇りに思って欲しい。
そして次こそは4強でぶつかり合いたいものだ」

と、述べたそうです。

と、いうことで、今後は、国内リーグにも注目して、なおかつチームの底上げもはかる
そんな意味もかねて、とりあえずはこの後の自分の母校を中心とした大学のゲームとか、
代表選手がそれぞれ頑張っている国内でのゲームを
楽しみにしたいと思います。




と、同じスポーツ関連で言うと、秋の深まりを感じるニュースとして
プロ野球の戦力外通告のニュースがあります。

カープは、引退する赤松選手、永川選手に加えて
岩本選手、横山選手、飯田選手の戦力外の発表がありましたが

さらに昨日、庄司選手、船越選手、長井選手の戦力外が
発表されました。
庄司選手、船越選手はそのまま引退だそうです。

庄司選手は今宮選手とともに甲子園で騒がれていた日が思い出されますが、
あれから10年たっているわけです。

さらには、今年曽根選手とのトレードでホークスに移籍した
美間選手の戦力外通告も発表されました。

美間選手もその活躍をしばしば由宇で見ましたし、環境を変えて一花さかせてほしいと思ったのですが、
あと、美間選手は、とうブログで何度となく紹介しているコミック「球場三食」の中で
ズムスタに通うjkが「ミマ(の活躍)はまだかねぇ」などと言ってました。

今後、第二の人生でのご活躍をお祈りしたいですが、
何にせよ、寂しい時期です。



ってことで。(´・ω・)ノシ





まんが家の吾妻ひでおさんが、お亡くなりになりました。
食道がんだったそうです。

吾妻さんといえば、秋田書店系の少年コミック誌で
ナンセンスギャグを書いているときに僕は知ったのですが、
その後、SFの秀作を書きつづけ、
(声高ではないにせよ、SFマインドあふれる、なんでもありなマンガは
吾妻さん、唯一無二のものでした。)
その一方で、マンガやアニメのパロディーを積極的にして、

その特徴ある美少女の表現で、同人誌ブームを牽引し、
そこからロリコンブームが派生しましたし、

現在のエッセイコミック的な日記マンガの先駆者でもあります。
いしかわじゅんさんとのプロレスめいたやりとりも好きでした。

オタク文化が始まるいくつかの特異点がありますが、
あきらかにそのひとつでした。
(コミックマーケットの故米澤嘉博さんも、ファンでしたし)

マンガ表現の深さをさまざまな人から学びましたが、
その一人が吾妻さんですし、
(アルコール依存症の恐ろしさも学びました)
読み手にも下地が無いと楽しめない作風は
もっといろいろな作品に触れなければ、などと思いながら刺激をうけました。

あと、「ブラックジャック創作秘話」(吉本浩二さん作 秋田書店刊)の中で
手塚のパートナーとして描かれている恐持てのk氏と確執があったりなどと
エピソードはつきないのですが。


改めて、ご訃報に接し
心から哀悼の意を表します。
唐突にIOCから、2020年のアレついて、マラソンと競歩について
あそこで開催するのを決めたと、会長の発言がありました。

IOCは、後進国の開催都市が悪条件で強行開催しようとしたときには、
強権発動して止める権限があります。
東京についても、プレゼンを信じて様子見て来たのですが
「有効な対策が立てられていない」と
さじを投げられたことになります。
ま、打ち水やアサガオや降雪機や照り返し減少アスファルトや
早朝のスタート程度では、有効な対策ではないという判断です。

この、交渉以前に根回し(該当都市を除く)だけで結果を発表する、
欧米的覇権主義的な強引さは違和感をおぼえます。
開催都市の首長は「開催都市に協議もなく提案が突如で疑問を感じざるを得ない。」
とコメントしてます。
ただ、この首長の、オリンピック組織委員会会長とかをあてこするような
日本固有の領土での開催提案って

政治家は、予期せぬときの発言に品性が出ます。
(ロシア側の対応が、それなりだったので、なおさら差がついた印象です)


しかも大会開催まで10ヶ月ないこの状況下。
1年以上猶予があれば、プレ大会などを開催することで
問題点の洗い出しができて、よりスムースな運営と
アスリートのためになる大会となったのですが。

IOCもドーハの世界陸上の惨状(ドーハの悲劇と呼ばれてましたw)を見なければ、
高温多湿下での競技開催という状況の悪さに気がつかなかったという
鈍感さがあります。
そもそも、利権のために意地でも開催の時期を変えないのが
根本的な問題です。

ただ、アスリートにとって良好な条件と
盛ったプレゼンテーションをした開催都市側にも
問題がありますし、利権のために意地でも
すべて東京で全てやりたい都側にも問題があって、
これだけで、ヤヤコシイことになります。

ま、正直8月の都内は、日によっては外出することを
控えるような呼びかけの出るレベルですから。


で、代替地として選ばれたのが、
スポーツに敬意をはらわないでおなじみのあそこです。
超ごっつぁんゴールでオリンピックの花形競技が
ころがりこんできた形です。

ただ、こちらもスポーツについていろいろとヤラカシがあるので、
なんか、どっちに転んでもいい未来が見えないという




ただ、東京よりも気候がマシな北海道・東北で、
国際大会とかの経験があって、大規模なマラソン大会の経験もあって、
コースも比較的平坦なコースがとれて、
それなりの宿泊などのキャパがあって
主要空港など他都市や海外との交通アクセスのよさがあって
さらに、オリンピックの他の競技も開催されて
(マスコミで勘違いした報道も見られましたが、
サッカー男女の一次予選は、最初から札幌ドームでの開催が決定されています。
だから、マラソンではじめてあのイベントが来るというわけではないです)
と、考えると、消去法であそこしかないのかな、

という感じです。

本当に何が起きても知らないよ。


現在も夏場に継続的に大規模なマラソンを開催していますが、
スタートゴールが札幌ドームになると、いつものコースと違うので
またコースどりも面倒になりそうですし。



さらに、大会費用について、これからの話になりそうですが、
ネゴシエーションに弱そうな首長と市の幹部で、
現在は、恒設施設以外の運営費負担は組織委が持つべき
と主張していますが、どうなることやら。

またまた市民がいらん借金を背負い込む形になったら、
同情申し上げるとしか言えないのですが。

ただでさえ、ファイターズ移転後のアレの30億近い赤字負担を
背負わされるのが決定ですから。


と、いうこともありますが、
そんなのは、横目でわーわーいうだけなので
気楽なもんですが、
個人的な大問題としては、7月下旬から8月上旬にかけての新千歳です。

今年のアレの期間は、NPBの一軍戦もありませんし、
夏の大お祭りもありませんが、ウエスタンリーグの公式戦はあります。

私は、無事に飛行機と宿がとれたら、
7/25 (土)26(日)は丸亀でのカープvsタイガース戦
8/1(土)2(日) はナゴヤ球場でのカープvsドラゴンズ戦
8/8(土)は由宇、9(日)は三次でのカープvsタイガース戦に
三週連続で参戦することを考えているので、
新千歳に大規模な規制がかかるととても困るのです。

ちなみに、道内関連の日程は
7/22(水)サッカー女子一次ラウンド 札幌ドーム
7/23(木)サッカー男子一次ラウンド 札幌ドーム
7/25(土)サッカー女子一次ラウンド 札幌ドーム
7/26(日)サッカー男子一次ラウンド 札幌ドーム
7/29(水)サッカー男子一次ラウンド 札幌ドーム

これに加えて、
7/31(金)競歩男子20km 
8/2(日)マラソン女子
8/7(金)競歩女子20km 
8/8(土)競歩男子50km 
8/9(日)マラソン男子 

が入ってきて、三週とも見事に競技に重なります。
はたして新千歳が普通に使えるのか、
それとも、函館とかまでJRで行ったほうがいいのか。

個人的にはここが一番悩ましいところです。

どうなることやら。

ちなみに、虚構新聞では、
【速報】東京都、札幌市を24番目の特別区「札幌区」として
編入を検討。IOC提案受け

と流れてきました。

ただ、札幌区にしたら、人口200万級の区誕生で
現在最大の人口である世田谷区の倍以上と、
アンバランスになるので、それぞれの区をそのまま編入して
東京33区になったらどうなるのか、調べてみました。

以下は東京33区の人口順ランキングです。
北区と中央区は両方あるので、札幌市北区を札幌北区
札幌市中央区を札幌中央区としました。


人口(千人) 面積(km2) 人口密度(千人/km2)
1世 田 谷区  929.4  58.1  16.0
2練 馬 区  735.2  48.2  14.9
3大 田 区  734.4  60.4  12.1
4江 戸 川区  693.6 49.9  13.9
5足 立 区  680.3 53.2 12.8
6杉 並 区  579.9 34.0 17.0
7板 橋 区  578.1 32.2 17.9
8江 東 区  515.0 40.0 12.8
9葛 飾 区  452.8 34.8 13.0
10品 川 区  403.3 22.7 17.6
11北   区  351.7 20.6 17.0
12新 宿 区  347.0 18.2 19.0
13中 野 区  338.1 15.6 21.6
14豊 島 区  300.2 13.0 23.0
15札 幌 北区  288.2 63.48 4.5
16目 黒 区  285.1 14.7 19.4
17墨 田 区  266.0 13.8 19.3
18東   区  264.2 57.1 4.6
19港   区  256.4 20.3 12.6
20札幌中央区  243.0 46.4 5.2
21渋 谷 区  231.7 15.1 15.3
22文 京 区  230.2 11.3 20.9
23豊 平 区  222.1 46.3 4.8
24荒 川 区  217.3 10.2 21.3
25西   区  216.0 74.9 2.9
26白 石 区  211.5 34.6 6.1
27台 東 区  205.7 10.1 20.3
28中 央 区  160.9 10.2 15.7
29手 稲 区  141.9 56.9 2.5
30南   区  137.9 657.2 0.2
31厚 別 区  126.3 24.3 5.2
32清 田 区  115.3 58.7 1.9
33千 代 田区  63.1 11.6 5.4


いけるやん、さっぽ○(南区の人口密度からは目をそらしつつ)
というか、人口最小の清田区でも10万人超えるんですね。



ってことで。(´・ω・)ノシ
遅ればせながら、ガルパン4DXを見ました。
「ガルパンはいいぞ!」と思いながら、お気に入りのカレー屋さんへ行くと、
営業日のはずなのに、「本日休業」の表示が、あら珍しい。
と、いうことで、東高校向かいの満腹食堂で素朴なかつ丼をいただいて
大満足な私です。


さて2019年ドラフト会議が終了しました。

今年は佐々木選手が4球団競合
奥川選手と、石川選手が3球団競合でした。

最初に奥川選手の抽選で、高津監督がガッツポーズ
スワローズのくじ引きはずれ記録を11でストップです。
続いて石川選手の抽選。こちらは与田監督がガッツポーズ
昨年の根尾選手に続いての当たりくじです。
さらに佐々木選手の抽選では、井口監督がガッツポーズです。
こちらも昨年の藤原選手に続いての当選です。

そして、カープは森下選手を、ベイスターズは森選手を一本釣りしました。

今回シフトの関係で非番だったので、自宅で見たのですが、
カープのあとに発表されたベイスターズ、
「横浜 もり…」と聞いたとき
えええええと思ったのですが、森選手ということで一安心。
ここでまずガッツポーズ、さらにライオンズの指名が
佐々木選手ということで、単独指名が決定。再びガッツポーズです。
カープは事前に指名することを公言していたのが功を奏してか
競合をさける事ができました。

ここしばらくは職場で見ることが多く、
そのとき、中村選手、大瀬良選手の抽選を成功したときに
一緒に見ていた同僚は転勤したため今年は職場にいませんでしたので、
抽選になったら不安でしたが、無事に抽選にならずに
一本釣り成功です。

さして、カープが指名したのは、以下の選手です。

1位 森下 暢仁(投手・明大-大分商)右投右打
2位 宇草 孔基(外野手・法大-常総学院)右投左打
3位 鈴木 寛人(投手・霞ヶ浦高)右投右打
4位 韮沢 雄也(内野手・花咲徳栄高)右投左打
5位 石原 貴規(捕手・天理大-創志学園)右投右打
6位 玉村 昇悟(投手・丹生高)左投左打

育成1位 持丸泰輝(捕手・旭川大高)右投左打
育成2位 木下元秀(外野手・敦賀気比)左投左打
育成3位 畝 章真(投手・香川オリーブガイナーズ-名古屋商大-広島新庄)右投右打

森下選手は、言うまでもなく大学ナンバーワンピッチャー。
MAX155㌔のストレートに、130㌔台のカットや、落差あるカーブを
持っています。しかもイケメンいままでカープのpにはいないタイプです。
(恭平選手もイケメンですが)
さらに上本選手や野村選手の後輩ということで、野村先輩のFA行使を
くいとめる力にもなるのか??

宇草選手は、常総学院でも活躍をしたパンチ力を秘めた左の巧打者で、
廣瀬コーチや小松広報の後輩です。
(法大野球部のHPで主なOBに廣瀬コーチの名前がなかったですww)

鈴木選手は、186cmの長身から投げ下ろす
MAX150㌔の角度のあるストレートが持ち味。
遠藤選手の後輩です

韮澤選手は好打攻守強肩の内野手で、
先日の高校日本選抜戦ではチームトップの10安打を
放ちました。高橋昂選手の後輩です。

石原選手は、二塁送球タイム1.8秒台、小柄な強肩捕手で
大学リーグでは首位打者もとったことがあります。
岡山の創志学園出身なので、地元といえば地元かな
さらにキャッチャーでイシハラですから、ここも期待です。

玉村選手は、越前のドクターKの異名を持つ
福井県大会の奪三振記録ホルダーです。MAX147㌔で、
質の良いストレートと、スライダー、チェンジアップに加えて
内を突く制球力の持ち主です。

そして、育成ですが、
まずは持丸選手、
指名がきまった時、思わず声をだしてしまいました。
北海道関係では上村選手以来のカープ選手。
(あと、尾形スカウトとか、高橋慶彦さんも北海道出身)
これは、ユニ買うしかないです。
そして、それ着て由宇とかに行くんじゃ。

木下選手は、2年生のときは2年生エースとして甲子園で登板
その後は野手に転向して4番として活躍しました。
大阪の中学校から敦賀気比高って、龍馬選手と重なります。
さらに東出コーチも敦賀気比高です。
ほかにも、天谷さん、斉藤悠さん、横山竜さんと、
福井関係者の多いカープです。

畝選手は、言うまでもない畝コーチのご子息です。
さらには、今回唯一の広島出身者の指名です。

昨年は、投手3名、内野手3名、外野手1名+育成1名の指名で、
一昨年は、投手4名+育成3名、捕手1名、外野手1名の指名でしたので、
今年は、投手3名+育成1名 捕手1名+育成1名 内野手1名+育成1名 外野手1名と
バランスいい指名です。

将来を見据えた良い補強でした。となってくれたらいいなぁ。


みなさんが、カープに入団して、そして馴染んでくれて、
戦力になって、好きになって、ずっといてくれたらいいなと思います。

活躍を期待申し上げます。

あと、森下選手と、宇草選手は、当ブログでも書いてますが
今年の4月神宮で生で見たんです。

六大戦いってよかった。来年も行きます。



また、他チームでは、道内出身者が、
ファイターズ、片岡選手(札日大-東日本国際大)
ドラゴンズ 竹内選手(札創成)
ホークス 小林選手(東海大札幌)
マリーン 本前選手(札光星-北翔大)
などが指名されました、

さらに育成では、
ドラゴンズがリアルグラゼニこと、名大の松田選手を
タイガースが、静岡大の奥山選手を指名
国立大学出身者が複数指名されるのも珍しいかと
さらに、ゴールデンイーグルスは、育成で
ハワイ大学の山崎選手を指名。これも珍しいです。

そんなさまざまなドラマがあった今年のドラフトです。


よーし、来年もキャンプから遠征するぞーっ!!

ってことで。(´・ω・)ノシ
土日おシゴト期間でありました。
そんな時期のお楽しみは近場の温泉で癒されることです。

倶知安の市街から、花園スキー場~五色温泉へむかう、
道々58号線を西側の丘へ上がったところにあるのが
くっちゃん温泉 ホテルようていさんです。
味のある看板を見ながら駐車場へ。
高台に立地していて、周囲を森に囲まれているので、
雰囲気がいいです。

ホテルの建物は、二階だててすが、建物自体が左右に長いので、
広々とした感じ。駐車場も広くて、駐車場の周囲に映えている木ごしに、
羊蹄山が見えます。

混雑している駐車場の奥に車を駐めてから、
玄関入ったところにある、券売機に湯銭を支払い、
フロントに券を出して、浴場へと向かいます。

受付のロビーから、少し行ったところに
休憩スペースがあって、大きいテレビも置かれていますが、
すでに、そこに人が多いです。
靴を脱いで、階段を昇ると、浴室の入り口があります。

この日も手前側が女湯で奥が男湯ですので、奧の扉を横開き。

見ると、たくさんある棚やカゴがある脱衣場は
7程度埋まっています。さすがの休日です。

ということで浴室へ。
扉をカラカラと横開きすると、ムッとする湯の香がお出迎えです。

かけ湯をしてから、浴室内にある浴槽のなかで、
一番大きい湯槽にまず身を沈めます。

あああああ、疲れがとろけていきます。

半透明の微淡黄土色の湯が鼻の近くにくると、
入り口で嗅いだ硫黄系の香りが強く感じる事が出来ていい感じです。
軽くぬるっとするお湯も、気分をあげてくれますし、
小さな気泡が身体に付くところも好みです。
湯槽の縁をお湯が外へと流れていって、
流れていったところがタイルにオレンジがかった茶褐色の模様をつけています。

じゃが太くんがある湯の出口から温泉が出て、
周囲は温泉の成分によって煉瓦色の湯の花が
デコボコを作っていて、
さらにこちらもオレンジがかった茶褐色の模様をつけています。
いいお湯であることの証明です。

と、しばし堪能してから露天へ。

露天風呂は四角いタイル張りの湯槽を中心として、
2階屋上部分をおおう、ベランダかテラスのような構造で、
上は屋根で覆われてますが、テラス自体が広いので
開放感が味わえます。

身を沈めると、こちらもキモチイイです。
湯槽の四方からお湯が溢れていて、
そこがまた変色したり、湯の花がこびりついたりしているのが
こちらもいいお湯を使っている証左。
ここにもニマニマします。

そして、こちら、駐車場に面した部分の塀が、一部低くなっているので
湯船に浸かった状態で羊蹄山が眺められます。
これは、いい配慮です。風呂絵入らずの温泉です。

さらに、この日はひさびさのこちらの温泉ということで
ジャグジーへ。

水風呂と並んであるのがジャグジーで、
それぞれ四角い湯槽で、ジャグジーは3人程度が入れば
一杯になるサイズですが、幸い誰もいないので、堪能します。
あー、こちらがキモチイイです。
泡の刺激は当然心地よいのですが、
湯温が低いので、いくらでも入ることが出来るのです。
しかも、こちらもかけ流しってのがスゴいです。
うつぶせになったりしながら、手足をのばして楽しみます。
ああ、これはいいです。泡でコリがほぐされます。

そして、露天~大湯槽~ジャグジーと
また1サイクル楽しんで、
小1時間ばかり滞在しました

今回私は使いませんでしたが、サウナもありますし、
広々とした洗い場は計10基のシャワー付きカランがあります。
このゆったりとした洗い場もいいです。

と、大満足して、お家にむかったというわけです


ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。


ということで。(´・ω・)ノ
先日のCSファイナル最終戦遠征で
スタジアム以外で食べたものについてです。

まずは金曜日、空港のローソンで買った悪魔のおにぎりと
からあげ君のえび味噌ラーメン味を、ニッカの香るハイボールで
胃の腑に収めます。これで人心地つきました。

宿に入る前に、コンビニで炭酸水などを購入して
21時15分にチェックインをして、翌日のことを考えながら
ジャイアンツvsタイガースのゲームを見たり、
台風情報とか孤独のグルメを見ながら夜をすごしました。

そして翌12日ですが、まだ風雨はそこまでではないですが、
鉄道はのきなみ午後から運休。お店も閉店のお店が多いです。

朝食のために浅草橋の駅前に行きますと
第一候補の喫茶店はもとより、第二候補のチェーン系とんかつ屋も
第三候補の駅そばも、第四候補のチェーン系中華も
第五候補のチェーン系名古屋カフェも、すべて臨時休業です。

やってるのがフ○ッ○ュ○スバ○ガ○と、す○家と、コンビニのみ
しかも松○は、午前6時まで営業していたようす。

と、いうことで、おとなしく宿で無料朝食をいただいたのは
以前書いたとおりです。

さらに夕食はコンビニで買ったカップめんとか確定なので、
昼くらいはちゃんとしたものが食べたい。

ということで、宿を出ると、朝よりも風雨が強くなっています。
宿近くに馬喰町/馬喰横山駅の入り口があるのがありがたい。
そこから地下へもぐって、コーンと黄色と黒のバーで
仕切られていて、一方通行になっていたり、
壁いっぱいにならべられた、国交省の字がプリントがされた
赤白ストライプのコーンを見ながら
馬喰横山駅へ行って、まだ動いている都営新宿線に乗って神保町へ。

10時55分に神保町に到着。外に出ると、人がいません。
土曜の神保町とは思えない。こんなに人のいない神保町はじめてです。

まずは、すずらん通りを歩きますが、
スヰートポーヅは臨時休業の張り紙が
南海は閉じたカーテンの隙間から覗くと中に人がいて
テレビが点いていますが、外に張り紙はなし。

さらに歩いていると、ダ○ソーと、ガ○ト以外は
明かりすらついていません。伊峡も張り紙がされています。

さらに路地裏の喫茶店がのきなみ休業しているのを横目に
歩きすすめて、錦花通りの目的地の行列店に行きますと、
シャッターがおりています。張り紙はありません。

しょうがないので、さらに通りをあるいて
数軒ある本日の候補店の一軒を目指すと

!!!

こちら営業しています。
地獄に仏、台風にくにまつです。

「くにまつ」さんは、広島に本店があって
「キング軒」さんや「きさく」さん「武蔵坊」さんなどとともに
汁なし担々麺ブームの先導役を果たしたお店です。
昨年の夏の大お祭りの準備を終えて神保町をウロウロしている時に
発見をしました。なんでも2017年に東京に進出したとか。
ちなみに、広島で本店に行ったことはないですが、
昨年6月、新幹線東高架下1Fエリアにある「ekie DINING」内の
「くにまつ+武蔵坊」さんで、舌鼓をうちました。

お店に入るとすぐに券売機があります。
汁なし担担麺 汁なし担担麺(元味)
KUNIMAX KUNIMAX(元味)
汁なし担担麺は、芝麻醤を使ったマイルドな担担麺
KUNIMAXは、山椒の痺れもダイレクト、青ねぎたっぷり担担麺
だそうで、無印は2号店の味
元味は、本店の味だそうです。

で、オーダーしたのは無印の汁なし担担麺
さらに温泉玉子とミニライスです。

前回は、ライスを食べることができなかったので、念願かなう。
ただし、ビールなどアルコールは見つかりませんでした。

それぞれのボタンを押して発券して、席に着きます。

スタイリッシュなカウンターのみの店内。
厨房側と、背中合わせの壁側にカウンターがあって、
木のおしゃれないすがあります。奥の席に先客がいらっしゃるので
手前の席に腰を降ろし、食券を手渡します。
お冷はセルフなので、紙コップに注ぎます。

内装はコンクリートの打ちっぱなしがおしゃれです。
木のカウンター席の正面には、
おいしいお召し上がり方の説明書きがあります。
さらに、卓上には紙ナプキン、楊子とともに、
お酢・辣油・タレ・花椒があります。

花器のような細長い非対称系の厚めの陶器の器
色合いは茶と緑が混ざったような趣のある色で、

真っ赤な汁が周りを囲むなかのレモン色の細めの麺。
そしてうえに乗る肉味噌とたっぷりの葱です。
横にはトッピングをした温泉玉子が控えてます。
別添えではなく、最初から一緒に入っています。
この段階で、花椒の香りがたぷりですし、ほかにも八角っぽい香りも
八角の香り嗅ぐと中華マインドが盛り上がります。

では、まずは軽く混ぜましょう。
このようなメニューは食べながら混ざるに任せて、
次第に味が変わっていくのを楽しむ派ですが、
汁なし担担麺は、混ぜてなんぼです。
なるへそ。それがこの国の作法なら従いましょう。
(とはいえ、美味しい食べ方よりはやや少なめの回数ですが)

ということで、まぜていると、挽肉やネギが汁とともに
麺に絡むに従って次第に粘りが出てきます。 この過程が楽しいです。
しかも、混ぜるに従って、花椒のにおいも立ってきます。

いただきますと、ラー油とかがベースになっている汁や
辛味がパンチある味付挽肉の複雑な旨みが、麺に絡んで美味しいです。
辛さ、痺れはマイルドですが、次第に効いてきます
ただ、旨みがしっかりしているので、この辛さと痺れがうれしいですし、
漂う香りどおりの刺激がいいです
麺は細めのストレート麺ということで、汁を連れてきます。
細麺ならではの啜り心地のよさと、モチモチとした食感もいいですし、
タレの奥深い魅力と麺がマッチしています。
挽肉の肉肉している味わいもいい。
たっぷりの青ネギも青いさわやかな味とともに清涼感をもたらします。
さらには、このしっかりとした味わいを土台として、
奔放に鼻腔や口腔を刺激する唐辛子と山椒です。
この辛さが浮いていなくて、美味しさの一部として機能しているのに、
美味しいからどんどん食べて行くうちに、次第に
辛さとシビレで口腔内が麻痺していく感じが、たまりません。

直球で辛さが来るのも好きですが、ジワジワと来る辛さもいいです。

さらには、食べすすめていくうちに、さらに混じってきて
またまた味わいが変わってくるところもいいです。
最後のほうは完全に麺が茶色に染まっています。

ラー油を入れたり、酢や花椒を入れると、
さらに味わいにキレが出てくるので、これもスゴいです。

そして、麺がほぼほぼなくなったところで、
ライスを投入。これをしっかりまぜながら
とっておいた温玉とからめて食べます。

底に沈殿したスパイスが絡むご飯も旨いですし、
それでも刺激が蓄積されてきたタイミングで、
玉子のまろやかな味わいですから、穏やかな気分になりつつも、
次に食べる時の辛さも引き立ちます。

旨くないハズがないです。

ああ、ここにビールがあればねぇ。

と、いうことで、ごちそうさまでした。
しっかりと、麻辣味を堪能いたしました。

これは、僕が「麻辣味」という言葉をしった「ラーメン発見伝」のラーメンデブこと、
有栖涼さんも、えびす顔ですわ。

と思いながらごちそうさまでした。
口の中に残る中毒性のあるもシビシビ感じに満足しつつ、
(このシビシビが翌日まで残ったりするところがいいです)

この日私は、CSのゲームがなかったので、普段着にしている
カープのTシャツ姿でしたが、それで呼ばれたかな。

会計する時に、「ごちそうさまでした」とお礼を言うと
「風と雨が強いので、気をつけてください」などと
暖かい声をいただいたりしました。
本当にご苦労さまです、そちらこそ気をつけてください。

東京では、ここもあるし、Tauのキング軒さんもあるし、
汁なし坦坦麺フリークにはうれしい街です。

ちなみにこちら、後で調べたら、アルコールの持ち込みがオッケーとのこと。
ただでさえ美味しかったのに、これは再訪するしか
ないじゃないですか。本当に神保町は魅力的なお店が
多過ぎです。


その後、神保町駅へ戻る途中に遠回りして、市中見廻り。
エチオピアやオードリーやはちまきなどの臨時休業を確認。
積極的に行きたくなるお店で営業していたのは、
くにまつさんと、キッチンカロリーさんくらいでした。

そして、宿に戻る前、宿近くのミニストップで、
ぺヤング焼きそば、ミミガー、ひじきサラダなど食べ物と
炭酸水、ノンアルビールなどを購入。
ホットコーナーとかお惣菜のところにコロッケあれば
買うつもりですが、コロッケはおろか、揚げ物は全滅でした。

そして、夜に風で揺れるビルと窓をたたく雨音を聞きながら
それらをいただきました。ごちそうさまでした。

13日は台風一過。
6時55分に外へ出て宿近くで朝食です。
外に出ると晴天、早朝なのに強い日差しが出てます。
風がや強いのが昨日の名残です。

天気はよいですが、今回予定していた目的地へ行くと、
13日は交通が復旧し次第開店しますとのこと。
今回は縁がなかったです。ま、浅草橋はいろいろと便利な街なので
またとまります。そのときにおじゃまします。

で、東口方面へ行くと、第二候補のチェーン系とんかつ屋も
第三候補のチェーン系中華も臨時休業のままです。
さらに松○や、バーガーキングも、
昨日営業していたフ○ッ○ュ○スバ○ガ○も、す○家も
のきなみ臨時休業です。

が、やっているお店を発見。コメダ珈琲店です
躊躇なく入ります。

今年のGWのときに、ナゴヤに行く前にナゴヤモーニングで慣らしておこう
ということで、訪問をしました。5ヶ月ぶりの浅草橋のコメダです

コメダのモーニングは、A定番ゆで玉子
B手作りたまごペースト C名古屋名物おぐらあん
の三種類から選択できまして、
5ヶ月前は、Aセットとミニサラダをいただきましたので、
今回はCセットとゆで卵、さらにコールスローをつけます。

きれいな狐色で、表面ではバターが溶けて、
湯気がたっていい香りが漂います。

焼かれたパンならではの幸せになる馥郁たる香り
これだけでいい朝です。

まずは三分の一ほど何もつけずに、
分厚くて表面サクッ、中がフワフワの豊潤なトーストとバターの味を
楽しみます。

齧ると、表面のサックリとした感触と中のモチっとした感触のバランス。
さらに、香ばしさとやわらかさ。
やわらかいながらも、しっかりと熱されているので、
ほの甘さも引き立ちますし、暖められた小麦とイーストの発酵香がたまりません。
分厚いので、柔らかい部分が多く、それだけたっぷりの発酵香と小麦の味わいです。

しっかりと美味しいバターが拍車をかけます。
香ばしいパンの表面をテラテラと彩るバターの香りに
乳の味と塩味のハーモニーが、ほの甘いパンを引き立てます。
これがモーニングです。

さらにゆで玉子があいますし、
コールスローもシャクシャクで新鮮です。

そして、パンは2/3残っているので、そこでたっぷりと
ついてきた餡をぬります。
しょっぱいトーストに甘いあんこ。この絶妙なバランス。
たまんないです。誰だこの組み合わせを考えた人は。
すばらしすぎるじゃないですか。

思えば、アンバタとか、大好物ですからね。
実家近くの老舗パン屋さんに行っては食べていた
(こちらのパンは、コッペパンで、バターではなくマーガリンでしたが)
のを不意に思い出したりしてwww

これは満たされました。

スポーツ新聞を見ながら食べるモーニングの
美味しいことったらないですね。

お店は7時開店ですが、モーニングを楽しむ人の姿が
ちらほらおりまして、地域に密着してます。

と、いうことでご馳走様でした。


そして、宿で荷物をまとめたりして、チェックアウト
メットライフドームを目指します。

そして、メットライフドームで、カレーとお茶漬けなどを
堪能いたしましたが、宿につくと小腹が減ってます。

宿は、東久留米駅の駅前です。
そして駅に降りて宿の方に向かうと、
「ぎょうざの満洲」からほぼ徒歩1分のところが宿でした。

こちら、私の出身高校の近くに工場があって、
(私の卒業後に出来ました)、その工場を中心?として
埼玉県内中心に出店しています。
そして、私の出身高校の裏を流れていた川が今回の台風で
下流で氾濫をして、特殊老人ホームを濁流に沈めました。

そんな縁もあってか、地元に関係するお店で
お金を使いたかったのです。


と、いうことで荷物を置いて速攻でむかいます。
店内は6割方の混み方で、
学生から家族連れから、一人晩酌の年配の方から幅広い客層です。
一人である旨を告げるとカウンター席にとおされます。

そして、メニューを吟味です。

まずは餃子は外せません。あとは、何か一品料理を一皿いただいて
それをつまみにお酒です。

メニューは、とりあえずな一品から、一品料理とかも
相変わらず充実しています。これは目移り必至。

色々とありますが、肉細切りピーマン。
それと、豆腐もいいですね。これだこれ。

レバニラ520円+税、冷奴150円+税
焼餃子230円+税、お酒は、グラスビール320円+税です。

と、注文をおえると人心地ついたので、
メニューをさらに眺めながらぼーっとしていると、
ビールと豆腐が登場。
この速さがいいです。

ビールをあおって、ああ、今、活きている。
お豆腐は大降りで、大豆の味がしっかりとしています。

と、楽しんでいると、矢継ぎ早に餃子が登場。
中ぶりの餃子が6つ、羽根っぽいパリパリぶぶんで
連結したやつが登場。
半透明に透けかけている部分の皮も目にも良く
見るからにプリプリです。
そんなのを横目に、醤油と酢とラー油と七味の小皿と
酢とコショウとラー油の小皿を作ります。
店内の表示によると、

酢6、醤油3、ラー油1が推奨の比率のよう。
なので、それも作りますが、
「孤独のグルメ」のせいで、気になったうえ
通天閣下の香港で出されたことで目覚めては
目下はまっている、酢とコショウです。

まずは、軽くつけてから、熱さに軽快しながらもかぶりつくと、
美味しいです。

皮の焦げた部分がクリスピーで、パリパリです。
そして、蒸されてもっちりとした皮とのバランスも良し。
アンのお肉の肉滴がぶしゅうっと溢れるところ
なかのキャベツにニラの味。

軽く噛むだけで、皮、あん、肉滴のハーモニーが
エンドレスに続きますし、この肉滴と
酢、ラー油、コショウ多めのタレが
働きかけます。

うん、あんの味がはっきりと塩味強めなので
これは醤油なくてもいいですし、
酢がメインでもむせる感じはなく、餃子の餡の塩分と
いい感じでケミストリーをおこしています。

そして、餃子の大きさも一口餃子ほど小さくなく、
かといって、ジャンボ餃子ほど、大きくない、ちょうど良い大きさで、
肉滴のアツアツ攻撃を気にしつつも、頬張って口の中のおさまりが
丁度いいですし、口の中がアツくなったところを
ビールで鎮めるのもいい儀式です。

これは三割美味しいです。

なんて楽しんでいると、肉細切りピーマンも登場です。

こちらも、目にも鮮やかなピーマンと、濃い味の組み合わせが
いいですし、ピーマンの青さもすてきです。
さらに千切りのたけのこもシャキシャキで、
食感だけでなく、味も深いです。
いただくと、濃い味がたまんねーな。

牛の、味を生かしつつ、この濃い味とピーマンの
鮮烈な味わいの組み合わせ。
食感の差も楽しいですし、味つけが濃いながらも素材の味もつたわります。
シミジミ美味しいですし、グラスが空いたので、お変わりした
チューハイがすすみます。

と、お腹もくちくなってきたので、
まだ宵の口ではありますが、ここら辺でお開きです。

大満足。です。

ここから中華大連にはしごしたら、
どこの関東軍っスか。などと思うのも酔っ払いの頭では
ムベナルカナ。


そして、この日は宿でブログをカタカタしたりしながら夜をすごしたのでした。


翌14日。
この日は北海道へかえるだけです。
ということで、東久留米駅9時25分発の池袋行き快速に乗って、
池袋に9時46分着。

その後、昨日買うことができなかった
10時時開店のお店に行って、職場と自分のおみやげ物を購入。
北海道でいただきましたが、ビッくりするほど美味しかったです。

そして、その後は10時7分発の山手線で品川へ、
10時42分発の京急線エアポート特快で羽田空港国内線ターミナルへ

11時10分くらいに搭乗手続きを済ませます。

飛行機は12時20分発SKYMMARK713便なのでこの時間を利用して
少し早い昼食です。

この日は第一ターミナルで、前回は大勝軒だったので、
この日は「Hitoshinaya」さんです。

こちらは、大きいガラスと、木を効果的に使った
和を意識した上品な店構えが特徴のオハャレなお店で、

定食メインの「あさごはん」、丼メインの「どんぶり」
麺メインの「らーめん」ののれんがかかった三つの専門店が
ひとつの軒下でつながっています。
三軒とも、和食の基本である「出汁」にこだわっていて、
出汁を味わう和食を食べることができるのです。

以前、あさごはん、どんぶり
それぞれ食べて、その味にびっくりした経験があるので、
今回はらーめんです。

晒しのような生成りののれんをくぐって店内へ
店内は厨房を囲むカウンター席が中心です。
そこの奥に通されて、
座るとすぐに、お水と、お茶がわりのだし汁が登場です。
他の二店もそうでした。
これが、薄味ながら、ほどよい旨みがある上品な味で
ていねいに取られただしです。

そして、出汁をすすりながらメニューを吟味
メニューは鯛だし鯛くんせいらーめんと、
鯛だしローストくんせいラーメンがあって、
それぞれ単品と、お茶漬けセットがあります。

それで、鯛だしローストくんせいラーメン
お茶漬けセットを注文。

待っている間、改めてメニューを眺めると
出汁の風味と相まった
ひとしなや自慢の和だしらーめん

と書かれています。これは楽しみです。

カウンターの中の厨房では
スタッフの方が無駄のない動きでラーメンにむきあっています。
こういうのを観察できるのも、オープンキッチンのいいところです。

と、いうことでラーメンが登場
白い器と塗りっぽい四角い盆の組み合わせがいいですし、
器はシンプルながらも洗練され、高級感があります

丼には澄んだ汁と、淡いレモン色の細めのストレート麺
その上にのるセンターは肉の赤い色鮮やかな
ロースとビーフ。さらにこちらも目に鮮やかな
水菜、パプリカ、ねぎ、スダチです。

お茶漬けはご飯の上にあられ、昆布、とろろこんぶ、三つ葉、わさびがのり
かけるための出汁も出てきます。
では、ラーメンからいただきます。
すすると、ストレートの啜り心地がよいつるつるとした麺です。
さらには、やわらかめの食感で軽くかむと小麦の味がしっかりしますし、
このアイボリーに近い淡いレモンイエローのところ、
しっかりラーメンの麺です。
これが、するするっと入ってきます。
スープは、鯛だしだけあって、さりげない鯛と昆布のだしの旨みが
しっかり出ながらも、あっさりとした美味しさがあります。
表面には球状に脂も浮いていますが、そこまで脂とかは感じずに、
すいすいと飲んでも、罪悪感無くいただけます。
豚骨ラーメンのようなガツンとくる脂の味を求めていると
物足りなさを感じますが、これが、お出汁の味を
しっかり楽しむことができるスープです。
麺にもあってますし、乗っている野菜のシャクシャク具合もいいです。

そして、上に載るのはチャーシューではなく、
ローストビーフです。
これが、牛ならではのワイルドな味となかのレアっぽい
ほんの少し血を感じる豊かな味とともに
ローストされた燻煙香もさりげなく漂います。

個性強い味ですが、でもこの繊細なスープや麺がおりなす
世界の中でしっかりと主張しているところがすごいです。

お茶漬けには別添えのお出汁をかけると、
ふわっと出汁の香りとともに海苔や昆布の香りもします。
これは美味なやつです。

ご飯の甘さをやわらかく包む出汁とともに
海苔やとろろ昆布の海の味。
さらにさっくりしたあられの食感に
とろろ昆布のトロッとした口当たりがいいです。

最後はわさびを溶かしてツーンとする刺激を楽しんで
ご馳走様でした。

少しバかり値段は高めですが、
このクオリティーなら満足です。

これは、あさごはんやどんぶりでも感じたのですが。


そうそう、「食の軍師」の中では、本郷ではなく
力石がこちらで食べて、本郷がうらやましがるシーンがありました。

と、いうことで、次は鯛くんせいのらーめんを
いただきたいと再訪を誓って、
飛行機の人となったわけです。


ということで (´・ω・)ノシ
先日のメットライフドームでいただいたものについてです。

今回まずいただいたのは、
1塁側内野席エリアのUCCでのみ販売されているバターチキンカレーです。
メットライフドームでカレーというと、
スタジアム外のワゴンで売られているWAKAJISHIカレーとか、
煮た牛肉がたっぷり乗っているライオンズカレーとか、
対戦球団別のトッピングがあるニューフジショップのカレーとか
3塁側限定のCoCo壱番屋のカレーなど
さまざまなバラエティーに富んだカレーがありますが、
まだ未食だったのがこちらです。
UCCさんは、3塁側にも店舗がありますが、カレーがあるのは1塁側だけです。

店頭に行くと、カレーはバターチキンカレーとビーフカレーからの選択
ほかには、ホットドッグが各種あって、こちらも美味しそうです。
が、ここはバターチキンカレーです。

オーダーすると、待つことしばしで提供されます。
紡錘形の白いプラ容器に入った鮮やかなオレンジ色をしたカレーです。
さらに、近くのキリンさんで氷結を購入して自席に戻って
いただきます。

もって移動している時からぷんぷんと漂う
バターとかガーリックが効いたカレーの香りがたまりませんし
ふたをとると盛大に漂います。この香り間違いないです。
ご飯の2/3を覆うオレンジ色も目に鮮やかです。
スプーンですくって口に近づけると、香りがいよいよ強くなります。

カレーは、甘めの食べ口で、まろやかなコクがインパクトあります。
さらにしっかりとした旨みはバターなどの乳製品が主張しますし、
オレンジ色の原因となっているトマトからでた旨みや
肉系などのさまざまな味がしっかりミックスされていますが、
まずはベースのバターが前面に出すぎることなく、
存在感を見せる、このバランスがいいです。

で、食べ口は甘いのですが、次第に複雑なスパイスが
効いてくるのもバターチキンカレーの魅力。
肉や野菜からでた旨みやコクの影でしっかり働くのが
このカレーのスパイスですし、バターとか生クリームなどの
コクとかまろやかさがあるので、そこまで前面に出てないのですが、
ジワジワっと効いてくるところは、技だと思います。
そして、ぷんぷんと漂うガーリックはパンチ効いてますし、
さりげない生姜も素敵です。

というか、このコク・旨みがあるからこその
スパイシーさで、それぞれが支えあって一つの味の世界を
構築しています。

バターチキンのチキンですが、一口大のやつが
いくつも入っています。鳥ならではのさりげない滋味が
染み出てきますし、カレーにも溶け込んでいる鳥のエキスを
塊でいただくことができるのがうれしいところ。
肉もホロッとなるように調理されていて、
このやわらかさや穏やかさがさりげなく刺激的な
カレーとよくあいます。

バターや生クリームとトマトとガーリックと生姜とスパイス
この組み合わせのカレーはインドカリーの定番ですが、
そんなテイストを楽しみつつも、ベースはほっとできる味
と、いうことで、奥深いです。

これはごはんもすすみます。

そして氷結も美味しいです。

と、いうことで完食しました。
ごちそうさまでした。

ちなみに、北海道に帰ってきて、改めてライオンズのHPを見ると
これと、中華麺を組み合わせた秋山選手プロデュースの
SHOWGO MENなるメニューを発見(今更)
あああ、こちら食べておけば良かった。

ライオンズは選手プロデュースメニューは
1年限りではないですが

ねぇ



あと蛇足ですが、調理は甲子園カレー式でした



6回表、ホークスの攻撃中、
ライオンズが小刻みに投手リレーをするタイミングで、
小腹を満たしにいきます。

と、いうことで、むかったのが、新井園本店さんです。
こちらは、狭山茶製造販売の大手新井園さんのお店で、
狭山茶ソフトクリームなどとともに、メインになっているのは
狭山茶茶漬けです。

メットライフドームは、ビールなどの売り子さんに混ざって、
かすりの茶摘娘の装束を着た、狭山茶の売り子さんが客席を廻っていますが、
静岡、宇治と並ぶ日本三大茶の産地ならではです。

♪狭山茶どころ情けに篤い~♪
です。

そんな茶どころならではのお茶漬け。
球場グルメとしては変化球てせすが
スタジアムのご飯でお茶漬けって、他にはないですし、
サラサラっといけそうなので、これは問題なしです。
メニューを見ます
紀州南高梅 鮭 明太子 野沢菜 茶漬けといったところ

前回は鮭をいただいたので、今回は明太子です。
明太喰ぅて、ホークスを喰っちゃるバイ。

と、いうことでオーダーをしますと、

急須に出汁をいれだします。
こちらは、急須で入れた狭山茶で
お茶漬けを作ってくれるのです。
厳密に言うと、急須から茶漉しに入れた葉っぱに
出汁を通してご飯にかけるのですが、
いずれにしても本格的です。

と、いうことで、ホカホカな発泡の丼型の器をいただいて
自席に戻ります。

発泡の丼状容器には、淡い紺色で模様が描かれていて
陶磁器のようで上品です。
では、いただきましょう。

鮭は切り身がまるまる一個乗っかっており、豪快でしたが、
明太子も明太子一腹乗っています。
霰や三つ葉の緑のもいい色合い。
お茶の香りと、上に乗せられた昆布や柴漬けなどの香りが
食欲をそそります。

ではいただきます。
軽く啜りますと、これは美味しいです。

お茶の味に、出汁や、昆布などの具からでた味と
あいまって、すごく上品です。
ベースになっているお茶のすっきりとしたさわやかな味わいで、
お茶漬けですから、あっさりと食べることができますが、
しっかりと旨みがあります。

そして、威風堂々の明太子も、かぶりつくとピリ辛さが
いいアクセントになりますし、豊かな味がたまりません。
皮もしっかりしていて、歯でかむ楽しさがありますし、
明太子の皮を破る食感に、一粒一粒を歯でプチプチする
感触がいい感じです。そしてつぶれるときに広がる
海の味がたまりません。
お茶でさらに温められて少し火が通ったように硬くなったところと
生っぽいところ、さらにその中間部分など
それぞれの味を一度に楽しむことができます。
生もうまいし、火がとおったやつもうまいそんなタラコの魅力を
堪能できます。

他にも、香りを盛り上げるだけでなく、味わいもしっかり磯の味なのが
切り昆布と、たっぷりののりで、これがまたお茶や
出汁やさまざまな具材から出てきた味わいとあいまって、
豊潤なあじわいですし、三つ葉のさわやかな味わいもよし。
霰は見た目だけでなく、サクサクな食感も素敵ならば、
細かく刻まれた柴漬けも、色合いもよければ、
その酸味がきいた味わいも、パリパリとした
食感もすばらしいです。

ああ、これはしみじみ美味しいです。

この日はそこまで飲んだ暮れているわけではないですが、
(でも、売り子のお姉さんから、ハイボールを買いました
そのときお姉さんは「ライオンズ、逆転するといいですね(ハート)」とか
言ってくれたのですが…)
飲んだ身にはありがたい。

さらに春先とか、晩秋の時期には、寒くなることもある
自然共存型のメットライフドームとしては、このアツアツがありがたい
となるかもしれないなーなどとニマニマします。

そして、なんたってお茶漬けです。
肉食系メニューが数多くあって、お酒も各種そろっているので
メートルがあがること必至のメットライフドームですから、
このシメにふさわしいメニューは実にこちららしいメニュー。

ライオンズの守護神といえば、
潮崎、鹿取、森、小野寺、豊田、牧田といったところが
思い出されます。
(元カープのサファテとか、少し前の抑えのヒース投手あたりもいました)
が、そんな歴代の球団史を彩る守護神バリの強力なストッパーが
メットライフドームにいた。

と、私の野球メモに書いておきましょう。

ごちそうさまでした。

今度は、狭山茶を使用した濃厚なソフトクリームも食べたいです。

やっぱりメットライフドーム、食べ物の充実振りは半端ない。

「私を球場に連れてって! 」原作:スーパーまさらさん, 作画:うみのとものさん
(芳文社 まんがタイムKRコミックス刊)の主人公、野原玉ちゃんが
全品制覇したくなるのもわかります。

来年は、1ゲームだけでなく、カードまるっと観戦しつつ、
さらにいろいろと食べたいものです。

では(´・ω・)ノシ
... 続きを読む
現在、東京都下某所です。

身を浄めて、荷物をまとめましたので
これから北海道へもどります。

ここからが昨日の事柄です。

この日は夜中の2時30分までなんとなく起きてましたが、
そのままうつらうつらして、朝5時40分起床。
つけっぱなしの台風情報によると、
台風の影響で、鉄道網がマヒ状態なのに
変わりはありません。

当初は東京駅で朝つけ麺をいただきながら
ついでに北海道へのお土産でも買おうと思っていたのですが、
総武線が動いてないのなら動きようがありません。

と、いうことで、6時55分に外へ出て宿近くで朝食です。
外に出ると晴天、早朝なのに強い日差しが出てます。
風がや強いのが昨日の名残です。

左衛門橋をわたると、神田川の水量が増えていますが、
屋形船は繋留されたままです。
にしてもこの雨量でもこれしか増えないということは
それだけ都内の地下貯水施設が充実しているということでしょう。
正面には総武線の高架が見えますが、黄色いラインの電車が走っています。
サボを見ると「試運転」と書かれています。
これは復旧も近いかな?
さらに浅草橋駅に近づくと、作業服・ヘルメット・安全ベストの集団がいます。
ご苦労さまです。復旧よろしくお願いします。

ただ目的地へ行くと、13日は交通が復旧し次第開店します
とのこと。今回は縁がなかったです。

で、東口方面へ行くと、第二候補のチェーン系とんかつ屋も
第三候補のチェーン系中華も臨時休業のままです。
さらにまつや、バーガーキングも、
昨日営業していたフ○ッ○ュ○スバ○ガ○も、す○家も
のきなみ臨時休業です。

が、やっているお店を発見。コメダ珈琲店です。
ありがたや、今回はそういうお店に救われます。

こちらで、モーニングのCセットとコールスローとゆで卵で
朝食をすませます。ごちそうさまでした。

帰りは国道6号線、江戸通りを通って宿へ。
途中、バス停に並んでいる人を見て、最悪鉄道無理なら、
バスもありだな、などと考えたりします。
歩道には、大きな木の枝や葉っぱ
さらには、看板の残骸と思わしき大きなプラスチック片などを見ると
改めて昨日の猛威がしのばれます。

そして宿へ戻って、ブログの更新をしたりとか、
引き続き鉄道の運行状況をチェック。
西武池袋線や狭山線をはじめ、西武線の復旧は早いです。
さらに東京メトロ、都営地下鉄も間引き運転ながら復旧をしたもよう。
これで、なんとかスタジアムまで行くことができそうです。

というか、運転再開の情報で一番早いのはツイッターでした。
情報の真贋の見極めは難しいですが、早いのはありがたいです。

そして、9時25分ごろに宿をチェックアウト。
2泊3日お世話になりました。

そしてこのあとは、馬喰横山から新宿線
小川町で丸の内線に乗り換えて池袋へ
そこから西武線で西武球場前まで移動をする計画です。

馬喰横山駅へ向かうと、地下通路には
昨日の通路のセンターを区分する黄色と黒のバーと赤白のコーンが
まだおかれています。

馬喰横山駅へ37分くらいに到着。電車は51分着とのこと、
間引き運転が継続しているみたいです。
さらに次の電車は10時11分。昨日とだいたい同じ運行間隔ですか。
ホームでは、本八幡と新宿の間を折り返し運転している旨を
日英中韓の4ヶ国語で間断なくアナウンスされています。

そして、51分の新宿行きで小川町へ。そこで乗り換えて
淡路町から丸の内線です。
丸の内線はほぼ定時で運行されています。
9時58分発の池袋行きで、終点まで。
途中、東京ドームの威容が見えます。本来はこちらも行けたのですが
今回はこちらはあきらめて軽く手を合わせて
タイガースの奮戦を祈ったのですが…

そして池袋に10時11分着。まずむかったのは、
羽田で買うことができない某人気土産のお店ですが
張り紙がされていて、13日は12時営業開始だそうです。

こちらに並ぶことを見越して早めに時間設定をしたのですが
無駄足に終わってしまいました。
そのまま西武線の駅へむかいます

10時20分発 急行飯能行きに乗って西所沢をめざします。
ちょっと走ると台風一過の池袋の街が見えますが、
あの記録的な風雨の翌日、からっと晴れた池袋ですから、
これはリアル天気の子です。

そんなことを考えながらぼーっと車窓を見ながら時間をすごします

10時47分に西所沢駅着。狭山線に乗り換えるために高架橋をわたりますが、
遠景で富士山が見えます。この遠景の富士は、かつてなじんだ景色です。
10時50分に西武球場行きが到着。10時58分に球場駅に到着。
5月以来5ヶ月ぶり、今年三度目のメットライフドームです。

だいぶ時間が早いので、まずはファミマでスポーツ新聞とかでも買おう
と思ったら、ファミリーマートがやっていません。
聞くとお昼から営業とのことです。
こんなところにも昨日の余波があります。

とりあえず、早くから営業をしている売店をひやかしながらぐるっと一周。
「ライオンズ チームストア フラッグス」が大きくなっています。
なんでもこちらは7月開店。それは前回はなかったはずです。
そちらでいろいろ見てから、西鉄の復刻Tシャツを購入。

これで、来シーズン以降カープのからまないメットライフドームでのゲームで
着ていくものが決まりました。

11時45分くらいに列に並ぶ前に野球の神様に二礼二拍手一礼
野球の神様にこの日のゲームが面白くなることをお祈りしつつ
今年一年いろいろなゲームに立ち会えたことに感謝します。
そして15分ほど並んで定時に入場

この日は久々の一塁側です。
内野B指定席の自席を確認して荷物をおいて
用足しがてら買ったティーシャツに着替えてから、
食料を仕入れに行きます。
最初に買ったのは、UCCさんのバターチキンカレーです。
近くのキリンショップで一番絞りを買ってから自席でいただきます。
濃厚な味が美味しかったです。

詳細な感想はまた後日

と、いうことで腹もくちくなって、さらにアルコールも入り
吹く風も心地よいので瞼が下がってきます。

ていうか、天井から下がっている両チームやパシフィックリーグの旗とか
チャンピオンフラッグがほぼ地面と水平になるまで激しくはためいています。

そんなことを考えながら、気がついたらヲちていて
目が覚めたら、スタメン発表でした。いかんいかん。

ホークスの先発は、ホークスがバンデンハーグ選手
ライオンズがのびしろ本田圭佑選手です。

さらに6番バッターがライオンズは山川選手、ホークスがグラシアル選手
8番バッターがライオンズはメヒア選手、ホークスが内川選手と
豪華で、CSにふさわしいオーダーです。
にしても、ここに来るたびに、
玉ちゃんは、玲於奈ちゃんは、猫子ちゃんはおらんかねぇとか、
売り子さんが来るたびに、ファル子さんはおらんかねぇと
思ってしまうのは、私が「私を球場に連れてって」脳だからに
ほかならないのですが。

そなんなことを考えたり両チームの応援歌のメドレーを
きいたりしているうちに、
50分にオープニングパフォーマンス
54分にスタメンの最終確認から国歌斉唱
そして、ゾンビネーション『Kernkraft400』にのせて、
ライオンズの選手が守備に散ります。
どうしても「オオオオオ、オオオオオオオオ、オ、オオ、オ、ヤスアキ」
と口ずさみながら、あの諸々のAAを思い出してしまうのですがww


そして、ゲーム開始です。

1回表 ホークスの攻撃
先頭牧原選手、0-2から変化球を打つもセカンドゴロ
今宮選手1-1からセンターへ逆らわないバッティングのヒットで出ますが
柳田選手セカンドゴロ デスパイネ選手サードゴロ
これを中村選手がポロッとやりますが、取り直して落ち着いて送球、 チェンジです。


1回裏 ライオンズの攻撃
先頭秋山選手、ファンの登場曲に乗せたガンバレー!!の声がいつも以上に響きますが
初球ストレートをセカンドゴロ、
源田選手はウォーニングゾーンのところまで届くレフトフライ
ベイビーシャークの登場曲で盛り上がる森選手は
0-1からショートフライ 8球で三凡です。

両投手ともなかなかの立ち上がりです。


2回表 ホークスの攻撃
先頭中村晃選手はライト右へのあたりですが金子選手がランニングキャッチ
グラシアル選手はチェンジアップをセンターへはじき返して出塁
松田選手レフトフライで2アウト
内川選手の打席、初めて本田選手のバッターに対する初球が
ボールから入りましたが、2-0からサードゴロ、
ただ、中村選手の走塁が高く浮いて
山川選手がジャンプした時に足が離れて出塁で1,2塁
甲斐選手は2-2からのストレートに空振り三振でチェンジです。


2回裏 ライオンズの攻撃
HOME MADE 家族のムカイカゼで盛り上がって中村選手の打席ですがショートフライ
続く外崎選手は初球をセンターへきれいにはじき返して、ライオンズ初安打です。
オジイ自慢のオリオンビール♪で盛り上がって山川選手の打席
ツーランホームランやーまっかわー
アーチをかけろーやーまっかわー
放り込め放り込めやーまっかわーなどと
レフトスタンドもテンションが上がりますが
ハーフスイングを取られて空振りの三振で2アウト
栗山選手のだら気の3球目で外崎選手が盗塁をきめます。
んほぉおお、この甲斐キャノンたまんねぇ
が栗山選手、ボテボテのキャッチャーゴロでチェンジです。


3回表 ホークスの攻撃
先頭牧原選手変化球をひっかけてショートゴロから
続く今宮選手、1-0からバットを強振、
ボールはレフトスタンドへ飛び込む先制ホームランです。
われらーのわれらのー ソフトバンクーーホークスー♪と盛り上がるライトスタンドです。
さらに、うってーうってーうっちまっくれー!!と盛り上がる中
続く柳田選手、センターへのヒットで出ます。
そして4番のデスパイネ選手。初球が大きく外れます。
このゲームではじめてです。が、変化球をレフトフライ
中村晃選手は浅いレフトフライで、栗山選手が前進してキャッチ。
チェンジです。

いーまーみやー ドンドンドン いーまーみやー ドンドンドン
のコールに帽子をとって頭を下げる今宮選手です。

グランド整備やバズーカータイムなどがあって
3回裏 ライオンズの攻撃
先頭メヒア選手 BBSFBBから7球目を空振り三振
金子侑選手のあたりは、今宮選手がグラブをだしますが届かず
センターへのヒットで出塁
「がんばれー!!」で盛り上がって秋山選手はセンターへのヒット1,3塁になります。
チャンステーマ1で盛り上がります。いざ行けチャンスだー 勝利の雄叫び
ただ、源田選手がピッチャーゴロで1-6-3のダブルプレーでチェンジです。
今宮選手の守備のキレと肩の強さ、スゴいですね


4回表 ホークスの攻撃
先頭グラシアル選手、カウント1-0からバット一閃
打球はレフトもセンターも見送って、スタンド上段に飛び込みます。
われらーのーわれらのー ソフトバンクーホークスー♪と盛り上がるなか
外崎選手がマウンドへ行きます。
続く松田選手がセンターへのヒットを放つと円陣ができて、
ピッチングコーチが出てきます。監督がピッチャー交代をつげてます。
ライオンズは平良選手をマウンドにおくります。
内川選手、二球のバント失敗に「しっかりおっくれーうっちーかわー」と
ライトスタンドからコールがおきますが、ハイボールを中途半端な空振り三振
甲斐選手はカウント1-2からレフトのポール際へ
タイムリーツーベースでホークス追加点です。
われらーのーわれらのーソフトバンクーホークスー♪
1チャンステーマで盛り上がります。ワッショイワッショイ
牧原選手はデッドボールで出塁
さらに今宮選手を四球で満塁になりますが、
柳田選手をショートゴロに打ちとり6-4-3のダブルプレーでチェンジです。


4回裏 ライオンズの攻撃
先頭森選手がピッチャーへのボテボテのゴロから
中村選手、サードの頭上をライナーでこえて、レフト線へのツーベース
フラッグトゥビクトリーでもりあがります。
打てー、とのーざき打てー、
外崎選手はライトフライでこれで中村選手が3塁へ
さらに山川選手がカウント2-2からレフトフェンスにあたる
タイムリーヒットでライオンズ1点かえします。
ライオーンオゥオゥオゥライオーン♪と盛り上がって旗が打ち振られます。
さらにチャンスですが、栗山選手の1.2塁間をぬけようというあたりを
牧原選手が横っ飛びで.きゃっちしてからすばやくファーストへなげて
アウト、チェンジです。
どんどんどんやーまっかわー どんどんどんやーまっかわーのコールに
帽子をとってぺこっと頭を下げる山川選手です。


5回表 ホークスの攻撃
先頭デスパイネ選手外角の変化球を打って、それが平良選手を強襲
ピッチャーゴロでアウトをとりますが、平良選手はいったんベンチへ
戻ってきて拍手がわきます。
が、中村晃選手ライトへのツーベースで出ると、オイオイオイとチャンテで盛り上がって
グラシアル選手ですが、ストレートのフォアボール
ここで平良選手から松本航選手にスイッチです。
松田宣サードフライ、内川選手センターフライでチェンジです。

地平を駈ける獅子を見たが歌われてから
5回裏 ライオンズの攻撃
先頭メヒア選手、カウント0-2から
バット一閃、レフとが下がってフェンスにつきますが、
そのまま見送り、ボールはレフトスタンドへ入ります。
ライオーン、オゥオゥオゥライオーン♪
と盛り上がって、
金子侑選手をセカンドゴロに打ちとってから、
ホークスはバンデンハーク選手に変えて嘉弥真選手です。
さきほどマウンドにいた平良選手は八重山商工の出身で
嘉弥真選手は八重山農林の出身です。
こういう縁も面白いです。
秋山選手がレフトへのヒットで出塁
源田選手セカンドゴロでランナーが入れ替わります。
そして森選手の打席で、源田選手が盗塁を成功させます。
源田たまらん、んほぉおお、この甲斐キャノンたまんねぇええ
森選手が変化球を見送りフォアボールを選ぶと
ホークスは高橋純選手をマウンドへ。チャンステーマ3で
盛り上がるなか中村選手も変化球を見送りフォアボールを選んで満塁です。
ここで外崎選手0-1からストレートをセカンドゴロでチェンジです。

6回表 ホークスの攻撃
先頭甲斐選手空振り三振から
牧原選手、左中間を真っ二つにやぶる二塁打で出ると
今宮選手のあたりは、レフトの頭上をこえるツーランホームランです。
われーのーわれらのー そふとばんくーほーくすー♪
柳田選手がBBBKから、フォアボールを選んで出塁
デスパイネ選手は高めのカーブをレフトのフェンスに当てるヒットで出塁
ここでライオンズは小川選手をマウンドにおくります。
中村晃選手は一度もバットを振ることなく四球を選んで満塁
ライオンズはヒース選手がマウンドにあがります。
グラシアル選手がショートゴロで、6-4-3のダブルプレー
チェンジです。


6回裏 ライオンズの攻撃
ホークスは石川選手がマウンドにあがります。
先頭山川選手、カウント1-0から強振し、ボールはバックスクリーンに飛び込みます。
どーすこーい!!と盛り上がります。
が、栗山選手空振り三振 メヒア選手ピッチャーゴロ
金子侑選手セカンドゴロでチェンジです。

やーまっかわー どんどんどん やーまっかわー どんどんどん
のコールに帽子をとって一礼する山川選手です。


げーんかーいーなーだのーしーおかーぜにー♪
から風船ぴゅーがあっての、ラッキーセブン
7回表 ホークスの攻撃
松田選手のファールフライがブルペンに飛び込んで、
それを甲斐野選手がキャッチして拍手がおきるシーンもありましたが、
ショートゴロを源田選手の送球が低くなって山川選手がそらして
ランナー2塁です。
続く内川選手、初球をファーストの前に転がし、
見事送りバントを成功させて、ランナーを3塁にすすめます
ここで、ホークスは甲斐選手の打席ですが、長谷川選手を代打におくります。
チャンステーマ、ガッチャンで盛り上がるライトスタンド
長谷川選手、1-1からライトの右を抜くタイムリーツーベースで
追加点です。牧原選手はセカンドフライで2アウトになりますが、
ヒース選手の暴投でランナーは3塁へ
ここで、今宮選手が2-2からセンターへのタイムリーヒットで
追加点です。
さらに柳田選手がセンターへのヒットで1,2塁になりますが、
デスパイネ選手、空振りの三振でチェンジです。


吼えろーライオンー かっとばせーライオンー♪
で風船ぴゅーっとして
ライオンズのラッキーセブンです。
7回裏 ライオンズの攻撃
ホークスは先ほどファウルフライをナイスキャッチした甲斐野選手がマウンドにあがります。
さらに長谷川選手が甲斐選手の代打に出たので、
高谷選手がキャッチャーの守備につきます。
秋山選手のあたりはセンターへ抜けそうですが、
牧原選手が身を挺して止めてからすばやくファーストにおくってアウトです。
うめぇ。
源田選手もセカンドゴロ 森選手ショートゴロで11球で三凡です。


8回表 ホークスの攻撃
ライオンズは増田選手がマウンドにあがります。
中村晃選手サードフライ グラシアル選手空振り三振で
簡単に2アウトとってから、
松田宣選手の打席。
あっつおーあっつおーあっつーおー
3.2.1.あつおー!!とライトスタンドからコールが飛びます。
で松田選手はレフト左を抜く二塁打で出塁
ガッチャン チャンテで盛り上がりますが
内川選手が見逃し三振でチェンジです。


8回裏 ライオンズの攻撃
ホークスはモイネロ選手がマウンドにあがります。
さらに福田選手がライトで5番、明石選手がファーストで6番
周東選手がレフトで8番に入ります。
先頭中村選手がレフトへのヒットで出塁
外崎選手セカンドフライ 山川選手サードフライで2アウトから
栗山選手がピッチャー強襲への強烈な打球の内野安打で
さらに牧原選手が悪送球で1,3塁に
一塁ランナーの代走は木村選手
ここで、ホームランを打っているメヒア選手ですが
見逃し三振でチェンジです。


9回表 ホークスの攻撃
代走に出た木村選手がライトに、ライトの金子侑選手がレフトに入ります。
高谷選手空振りの三振から、牧原選手がライトへのヒットで出ると
今宮選手の振るカウントからのあたり、
金子選手が追って、フェンスに飛びつきますが
その上をこえてスタンドに入ります。
1試合3本塁打です。すげぇええええ。
柳田選手セカンドゴロ デスパイネ選手ボテボテのピッチャーゴロでチェンジです。
この回、ライトスタンドからはずっとチャンステーマのメドレーが
響いてました。そういうの、いいですね。

9回裏 ライオンズの攻撃
ホークスは守護神森選手がマウンドにあがります。
先頭金子侑選手セカンドゴロ 続く秋山選手、ファウル二球から
三球目を空振り三球三振
源田選手サードフライでゲームセットです。


ホークス日本シリーズ進出決定です。
その後、セレモニーの前にライオンズの選手が挨拶するのを見て
工藤監督の勝利監督インタビューで、
今回の台風被災者に対する発言をしている最中に
球場をあとにします。

今シーズンのNPB はこれですべて終了です。
一年間なかなか楽しかったです。
そんな気持ちでドームにむかって、
野球の神様に二礼二拍手一礼

来年もよろしくお願いします。

自18時18分発西所沢行きを待ちますが、
レオライナーのホーム越しに見える
月齢14.のほぼ満月がきれいです。

そして、西所沢で18時31分発準急池袋行きに乗って、
東久留米へ。そちらでこの日の宿に入ってから


餃子の満洲で、美味しい餃子などをいただいたのでした。

そういえば、お店の近くに中華大連ってあって、
大連から満洲って、どこの関東軍っスか

とか思いながら空を見るときれいな月です。
レオライナーのホームごしに見た月と同じです。


いろいろありましたが、遠征をしめくくる
いい夜です。




H 9 - 3 L

勝利投手[ホークス]高橋純 (1勝0敗0S)
敗戦投手[ライオンズ] 本田 (0勝1敗0S)
本塁打[ホークス] 今宮1号(3回表ソロ)、グラシアル3号(4回表ソロ)、
今宮2号(6回表2ラン)、今宮3号(9回表2ラン)
[ライオンズ] メヒア1号(5回裏ソロ)、山川1号(6回裏ソロ)

観衆数 29146人  試合時間 4時間0分




ということで (´・ω・)ノシ
2019.10.13 ハギビスの日
今回の台風で、被災された方々や関係者の方々につきましては、
心よりお見舞い申しあげるとともに、
不運にもお亡くなりになった方々やご家族、関係者のみなさんにおかれましては、
衷心から哀悼の意を表します。

箱根や秩父などでは、年間降水量の3~4割の雨が1.2日の間に降るという
記録的な自然の猛威の中、
それに対して対策にあたった方々現場で対応された方々におかれましては、
頭が下がる思いです。

現在も救助や復旧にあたっている方々もいらっしゃいます。
本当にご苦労さまです。


現在、東京隠遁三日目です。

台風一過、都内では、青空と陽光が戻ってきましたが、
鉄道などは完全に復旧しておりません。
そんななかですが、朝食をいただいて、身を浄めたので、
これから、所沢までCSファイナルに行ってまいります。

復旧が早い地下鉄と西武線を乗り継ぐと行けそうですし、
東京ドームに比べて良い席を確保したので、メットライフドームです。


さて、以前もこちらで書きましたが、
一般販売初日に無事入手をすることができた、CSファイナルの
東京ドームとメットライフドームのゲームは
本来は二連戦にしたのですが、

行く前から、台風のことが最大の関心事でした。
その勢力の強さから、先週はじめくらいから話題になっていましたし、
予測ではどんぴしゃで三連休に直撃しそう。

水曜日からスカイマークのホームページを見ると
台風19号の影響により、運航への影響が予測される便ということで
土・日の運航のページができていたりします。

でも、土・日ということは、行く日の金曜日と、帰る日の月曜日はセーフですかね。

と、都合よく考えながら、粛々とおシゴトをすすめる私でした。
さらに、移動する前には、最低限飛行機が飛ばずに
火曜日に北海道に帰れなくても大丈夫なように、簡単なおシゴトの引継ぎをします。

ただ、最初はジャイアンツが12日のゲームの中止を発表。
チケットはそのまま13日のゲームで有効になります。
続いてライオンズが12日のゲームの中止を発表。
13日のチケットはそのまま日曜日のゲームで有効みたいです。

う~んまいったなぁ
巨人と獅子で野球がダブってしまった

ま、どのみち12日の野球はなくなったのですが、
飛行機と宿とをとってあるのでとるものもとりあえず上京しました。
タイガースが×けたら、払い戻しがあるしね。
ま、行ってから考える。です。
(ただ、前述の通りタイガースが勝ったので、悩ましい選択をしたのです)

金曜日は、シゴトを定時の少し前に終わらせて
有給もらってから職場を出まして、
途中道路工事の片側交互通行が1箇所あったものの
ほぼ順調に車はすすみ、新千歳到着が18時丁度。
B駐車場の24番の場所にとめて、来年のカープの24番は誰かね?
などと考えながら搭乗手続きをすませて、
手荷物検査を経てから制限区域内に入って
ローソンでから揚げクンと、悪魔のおにぎりと、香るハイボールを買って
すでに全員が登場できる時間なので機内に乗り込みます。
お世話になったのはSKY976便です。
機内のアナウンスでは、台風接近の関係で
若干遅れるとのこと。ま、しょうがないです。

機内でそれぞれを美味しくいただいてから、
いつものようにオちます。ZZZ

着陸の直前に目が覚めまして、若干の遅れで羽田着。
加えて沖止めだったのでさらに時間を要して、
京急の羽田空港駅に着いたのが20時15分過ぎ、
そこで19分発の急行新逗子行きで京急蒲田へ
そこで20時38分発の快速青砥行きに乗り換えて浅草橋へ。

まだ、都内は緩やかな風と小雨程度ですが、
宿へ入る途中に乗っている電車の中では
ひっきりなしに翌日の計画運休の予定についてアナウンスされています。

浅草橋には21時07分に到着
途中コンビニで飲み物や軽食などを買ってから
浅草橋から見える神田川畔に係留されている屋形船の姿を見ながら宿へ。
チェックインを21時15分くらいにすませて、部屋でまったりします。

と、いうか、明日何しよう。

真っ先に、ガルパン4Dでも見に行こうと思いついて、
映画館のHP見たら声優さんの舞台挨拶があるだと!! これは大混雑だろ。
などと思ってさらによく見ると、そのイベントは台風のため中止
さらに、都内の映画館はすべてのきなみ臨時休業でした(当たり前)

この時点でまだ風雨は強くないですが、
午後からの鉄道の運休は予告されています。
ならばちろっと神保町あたり行って飯食って買い物して、
午後は宿でまったりしようかねと思って、
書店とかのHPを見ると、三省堂も書泉も臨時休業です。

ま、行き当たりばったりで、と思いながら
「孤独のグルメ Season8」の高井戸の飯テロにヤられてから
この日は就寝です。

翌12日は5時15分に目覚めました。
報道はそこまでではありませんが、14時過ぎくらいから
鉄道の運休は決定的みたいです。しょうがないです。

で、朝食のために浅草橋の駅前に行きますと
第一候補の喫茶店はもとより、第二候補のチェーン系とんかつ屋も
第三候補の駅そばも、第四候補のチェーン系中華も
第五候補のチェーン系名古屋カフェも、すべて臨時休業です。

やってるのがフ○ッ○ュ○スバ○ガ○と、す○家と、コンビニのみ
しかも松○は、午前6時まで営業していたようす。

と、いうことで、おとなしく宿で無料朝食をいただいたのでした。

その後、10時30分くらいまで、宿でうだうだしてから
11時開店の神保町の某行列人気店を目指します。
チェックアウトからしばらく時間はたっていますが、
宿のフロント横の朝食を食べるスペースには人がいっぱいです。
このあと行き場のこととかあるんでしょう。大変です。

外へ出ると、時折雨や風が強くなったりしていますし、
空気がむっとしているのが、台風接近を知らせています。
宿近くに馬喰町/馬喰横山駅の入り口があるのがありがたい。
そこから地下へもぐると、入り口はコーンと黄色と黒のバーで
仕切られていて、一方通行みたいな表示があります。
さらには、壁いっぱいにならべられた
国交省のプリントがされた赤いコーンです。

床が結露で滑ります。この湿度の高さ、台風ゆえです。

そして馬喰横山駅へ行って、笹塚行きを待つと、
間引き運転がされていて、10時50分発の次は
11時10分などと表示がされています。

10時55分に神保町に到着。外に出ると、人がいません。
土曜の神保町とは思えない。こんなに人のいない神保町はじめてです。

まずは、すずらん通りを歩きますが、
スヰートポーヅは臨時休業の張り紙が
南海は閉じたカーテンの隙間から覗くと中に人がいて
テレビが点いていますが、外に張り紙はなし。

さらに歩いていると、ダ○ソーと、ガ○ト以外は
明かりすらついていません。伊峡も張り紙がされています。

さらに路地裏の喫茶店がのきなみ休業しているのを横目に
歩きすすめて、錦花通りの目的地に行きますと、
シャッターがおりています。張り紙はありません。

しょうがないので、さらに通りをあるいて
本日の候補店の一軒を目指すと

!!!

こちら営業しています。
地獄に仏、台風にくにまつです。

この日私は、CSのゲームがなかったので、普段着にしている
カープのTシャツ姿でしたが、それで呼ばれたかな。

美味しい汁無し坦坦麺と坦坦ライスのコンボを堪能しました。
「風と雨が強いので、気をつけてください」などと
暖かい声をいただいたりしました。
本当にご苦労さまです、そちらこそ気をつけてください。

その後も駅へ戻る途中に遠回りして、
エチオピアやオードリーやはちまきなどの臨時休業を確認。
行きたいお店で営業していたのは、くにまつさんと、
キッチンカロリーさんくらいでした。

靖国通りの古本街もシャッター街です。
二度と見ることができないかもしれない景色の中を
歩いて、11時30分過ぎたのに「南海」さんはさきほどと変わらない様子。
そんなのを見ながら神保町駅に戻ると、
「電車は市ヶ谷駅を出ました」とのアナウンス
これはありがたいです。そして、馬喰横山駅へ
宿へ戻ろうと地下街を歩いていると、チビッ子のケタタマシイ嬌声がします。
なんだなんだ??と思ってみると、
駅の構内で、母親がちびっ子をキックボードで遊ばせていて
興奮したチビッ子がギャーギャー言っているのです。

横では警備の体制に入ろうとしている人もいるのに



そんなのを見ながら、宿近のミニストップで
夕食を買ってから宿には12時くらいに到着。

フロント横のスペースはまだ人でごったがえしています。

もとは、この日は東京ドームで野球を見ることを考えて
宿を連泊にしたのですが、この判断は結果オーライ大正解でした。

宿のフロント横スペースで所在無さげにしている人に対して、
ほんと、すいません、と思いながら自室にもどります。

ちなみにこちらの宿、浅草橋駅と馬喰町駅の馬喰町駅寄りにあって、
羽田にも水道橋方面にも神保町方面にも東京駅方面にも
それぞれ行きやすい場所にあります。
ただ、神田川が隅田川に注ぐ合流点のすぐ側にあるので、
そこが気になるといえば気になりますが、
浅草橋から見た神田川には、多くの屋形船が係留されていたので
大丈夫かな、などと思ったりして。

自室に戻って台風特番を見たり、昼寝をしたり、
ここしばらくにしては珍しくゆったりとすごしていたら

午後6時過ぎですが、震度3の地震があって
宿の部屋がゆら~んゆら~んと横揺れします。
もう、わけがわからないよ状態です。

さすがワルギルプスです。
ま、私の中では、いまだにワルプルギスといえば
アレでもなくファウストでもなく、ベルリオーズなのですが。

さらに強風でこれまた宿が揺れたりしますし、
つけっぱなしの台風情報では、
自分の実家の近くの川とか、自分の出身高校の裏の川とか
出身中学校の横を流れていた川とか、父方の祖父宅の側の川とか
(全部違う川です)の名前がニュースで流れるので、
そのつど、ネットとかであれこれ見たり
ライブカメラなどで、河川の映像をチェックします。
私は、30年前までの20年近く、実家に住んでいましたが、
その時でもここまでの増水ってなかったと思います。


ま、情報を集めても何ができるわけでもないので、
少しでも被害が少なくなることを祈りつつ、
おとなしく通り過ぎるのを待って
今日に備えたわけです。




ということで (´・ω・)ノシ
現在東京隠遁2日目です。
外の風雨はいよいよ強くなってきました。
野球が中止になったので、あちこち行きたいところもあったのですが
それがことごとく休みという(当たり前)

あんなに人のいない神保町は初めてでした。


そんな話はまた明日
ここからがタイトルの記事です。


先日、由宇~鳴尾浜~京セラドーム大阪へ遠征した時
球場以外でいただいたものについてです。

この日は、17時30分に谷四にある宿にチェックイン。

その後、近場の串揚げやさん
「串もん酒場 ひびきや 谷町四丁目店」へ

この日は直前まで京セラドーム大阪で、
沖縄やきそばとか食べていて、お腹的に満たされていたので、
あくまでも雰囲気をあじわう程度です。

大きい看板がインパクトある概観のお店の
階段をのぼって二階へ行くと、
広々とした店内は、テーブル席が中心で、
それぞれパーティーションで区切られていますが、
そこここに落書きがされています。

こちら全席壁に落書きOKなのです。
なかなか面白いサービスで、神保町の老舗喫茶店とか思い出します。
客層もどこか若いです。

オーダーしたのは

紅生姜 蓮根 牛 ナス チーズ といった串ものと、ハイボールです。
さしてスタジアムで飲むことができなかったので、
ハイボール、しみます。
ソースがタップリはいったピカピカの銀色のステンレス容器が登場。
そして待つことしばしで、

「おまちどうさま。ソースつけるのは1回で」という言葉とともに
串が登場です。

それぞれ、淡いきつね色にあげられていて、細かい衣が
びっちりと薄くついていて、それぞれ立っている感じで、
見るからにさくさくです。

では、まず蓮根から、ソースにひたしてソースの中で軽くくるっとしてから
いただきます。

サクッとウマいです。
表面のサクッした衣の軽やかな食感と、
蓮根自体のシャクシャクな噛み心地がいいバランスで、
美味しいですし、ソースともいい感じです。

ソースはウスター系で、爽やかな酸味が感じられる
サラッとしたもので、これが素材の味わいを生かし、
串かつを盛り上げます。
衣の歯ざわりと、衣のさっくりとした歯ざわりのハーモニーが いいです。

続いてナスです。
ナスも衣のサックリした感触と、中身のふわっとしたバランスがいいですし、
淡白ながらしっかりとした味も好きです。
そしてあふれるナス汁です。

牛は、濃い肉ならではの味がいいですし、脂のあじも
いいです。きっとそのまま食べても美味しそうな肉ですから、
これにサックリの衣が着いたカツにして美味しくないはずがない。

チーズの中でトロッととろける濃い味もチープながらも極上。

紅しょうがのピリからがソースの味で変化するところも
サックリした粉との感覚
そして、中のポリポリっとした歯ごたえの組み合わせは
関西で串もの食べてることを実感させてくれます。
ベニショウガとソースって、焼きそばでもお好み焼きでもたこ焼きでも
なんてマッチするんでしょうかね。
ハイボールも進みます。

と、大阪ナイトを堪能して、、
気になるメニューもまだまだありますが
余力のあるうちに帰りますか。

と、いうことで、ごちそうさまでした。

それにしても、ここ、誰かと来たよな―。p氏かな?


翌22日の朝は5時50分に起床。台風17号の様子をチェックしてから、
身辺を整理して、軽く身だしなみを整えてから
6時40分にいったん宿を出まして、谷町線に乗って東梅田へ。
そこから徒歩で新梅田食堂街へ向かいます。

こちらは大阪駅東側JRの高架下にあるディープゾーンで、
老舗の居酒屋を中心にさまざまな飲食店が集まっています。
串カツやどて焼きといった大阪ならではの
食べ物屋さんが軒をつらねる中、
朝ごはんを食べられるお店がその一角にあります。それが「大阪屋」です。
こちらで朝7時から営業しているのがうれしいです。

白いデカいのれんがおいでおいでしています。
太ゴシック体のキリンビールの字がまぶしいです。

店外に出ている黄色い立て看板
朝 定食 納豆ごはん とろろごはん 玉子ごはん
(みそ汁・漬物付) ¥300
お昼定食 
お好きなおかず一品 小鉢物 ごはん 味噌汁 漬物 付 ¥600
そのうえにしっかり、「酒・ビールあります。」と書かれていて
これが頼もしいです。

のれんをくぐって中へ。入り口近くのカウンターは
本来は立ち呑みのゾーンに朝は椅子がでています。
そちらに座って注文です。

玉子ごはんに納豆つけて
鶏天。そして生ビールです。


改めて店内を観察。
時間は、7時15分ほどですが、店内では何人かの
人生の先輩がくつろいでらっしゃいます。
みなさん思い思いのつまみでお酒を飲んでて
罪悪感が薄れます。

と、すぐに生ビールが出てきます。
のどを潤しながら、まつことしばしで登場したのが、
朝定食 玉子ごはん 300円です。
ごはんに、生卵、味噌汁、お新香がついています。
そして注文した納豆もついてきました。
まずは味噌汁をすすります。いりこ出汁がしぶい
アツアツの味噌汁で目が覚めます。
そして、よーく混ぜた納豆で1/3くらい食べたら、
玉子かけご飯にしてかきこみます。
ご飯も濃い黄身の味の玉子も、粒粒がしっかりした味の
納豆もそれぞれおいしいです。

と、かっこんでる途中に鶏天登場。
こちらもアツアツのサクサクで、サックリ衣が軽やかで
なかの鶏肉もジューシーで肉滴がたっぷり
淡白ながらもしっかりとした肉の味が大満足で
これがビールによくあいます。

朝早くからご飯とビールで朝食を楽しむ至福です。
周囲はまったりとした空気が流れていました。

ごちそう様でした。

やはり、大阪のディープゾーン巡りはやめられまへんなぁ。



この日の昼、スタジアムでは、いてまえドッグと、カレーをいただいたので、夜は軽食程度。

近くのファミマでファミチキを買って
ハイボールとともに宿でいただきました。



そして翌日です。
この日は本当は12時15分発SKY173便で
優雅にかえろうと思ったのですが、
その便が台風17号の影響を受けそうということで、
一本早い8時45分発SKY171便に振り替えました。

と、いうことで、宿は6時30分にチェックアウト
そのまま東梅田~大阪~三ノ宮と
地下鉄・JRを乗り継いでポートライナーにのって神戸空港へ
時間的余裕があるので、
まだ食べてない朝食を、空港のうどんやさん
「たもん庵」さんでいただきました。

こちら、セルフの讃岐うどんのお店で、
天ぷらがずらっとならんでいます。
と、いうことで、かけおろしを注文して、
さらにちくわの天ぷらと昆布おにぎりをとってお会計。

お会計後は、セルフの薬味の
きざみネギ、しょうが、天かすを適当に入れて
4人がけの席に腰を下ろして
テーブル上の七味唐辛子を軽くふっていただきます。

麺は、ツルッと口の中にはいってきますし、
ほどよくしっかりとコシがあります。
軽くかむと表面は強めの弾力でむちっと押し返し
そして歯が入るとすっとかめる重層麺です。
小麦の味もしていい感じ。

甘めのしょうゆベースのダシも
イリコがしっかりときいていて、ほどよくうまみがありまして
麺を盛り上げます。
薬味のネギも生姜もいい味です。

昆布おにぎりをパックから出していただきますと、
しみじみ美味しい。こういうのでいいんだよです。

ちくわの天ぷらもゴワゴワと主張する衣は
サックリとしますし、中のちくわも歯ごたえがよく
魚の味もさりげないです。

と、いうことで満足な朝ご飯でした。

あとで調べると、
たもん庵さんは、関西を中心にチェーン展開している
讃岐うどんのお店で、北海道・東北は0軒
東京にも1軒しかないので、あまり馴染みないですが
す○家とか、な○卯でおなじみのあのグループの
お店だそうです。

なるほど


ということで、スタジアム以外でも美味しいものにめぐり合った
楽しい日でした。

にしても、台風には悩まされますね。


ということで (´・ω・)ノシ
現在、これからアレがくる東京某所で隠遁中です。
まだ、都内は緩やかな風と小雨程度ですが、
宿へ入る途中に乗っている電車の中では
ひっきりなしに計画運休の予定がアナウンスされています。

明日はゲームが中止になったので、一日暇。
ガルパンでも見に行こうと映画館のHP見たら
のきなみ臨時休業でした(当たり前)
たぶん、午前中軽く外出をしてから
午後は宿でうだうだしていそうです。

そしてあさってですが、セ・リーグは、ゲームの翌日に振り替え
パ・リーグは、その日のチケットがそのまま有効。
と、いうことでゲームがかぶってしまいました。

さて、どっちのゲームを見ますかね

明日一日ゆっくり考えます。



ここからがタイトルの記事です。


先日、由宇~鳴尾浜~京セラドーム大阪へ遠征した時
球場以外でいただいたものについてです。

まずは岩国の前後です。

19日はフライト直前ギリギリまでお仕事だったので、
大慌てで移動をしてから空港着。
その後、搭乗手続き、手荷物検査を終えて制限区域内へ。
ローソンで軽食を購入しているともうすでに全員のお客様を
機内に案内していますので、並んで機内へ。

新千歳16:05分発、神戸行きSKY176便に乗り込んで
機内でからあげクンと悪魔のおにぎりで香るハイボールを煽ってから
いつものように爆睡。途中、目が覚めたら、外は夜景が見えます。
18時05分、定時に到着。

その後、18時15分発のポートライナーで三宮へ
18時42分発の地下鉄で新神戸へ

18時52分発の新幹線のぞみ47号に間に合いました。
これに乗って広島へむかいます。
で、夕食時なので、最初は新神戸で駅弁を買うつもりでしたが、
乗り換え時間が少なかったので、無理。

そこで、車内販売に期待をします。
待つことしばしで、果たして車内販売の方が来てくれました!!

ラミネート加工されたメニューを見てから、
購入したのが「秋の彩り弁当」です。
こちらが、神戸周辺で絶品お弁当をいくつも出している
淡路屋さんのお弁当でした。ラッキー。

掛け紙をはずして、正方形の経木のふたをとってご対面。
正方形に九等分で仕切られています。

ご飯物が、さつまいもご飯、栗ご飯、赤飯、の三種
秋刀魚山椒煮、牛肉煮、巾着煮、きぬさや、松笠こいも煮、海老旨煮、
昆布巻き、海老天、薩摩芋天、獅子唐天、出汁巻き玉子、鮭塩焼き、
といったおかず力の高い面々に
金平蓮根、小松菜お浸し、はじかみ、焼板蒲鉾、
くるみ甘露煮、といった渋い一品。
そして、デザートに柿餅も入っています。
まずは目に鮮やかでテンションが上がります。

赤飯のささげ豆はなつかしい味。もう30年以上北海道に住んでいるので
すっかり北海道にも甘納豆のお赤飯にもなれましたが、
赤飯はささげ豆です。久々でうまいです。
炊き込みご飯は、穏やかな味で紅葉の色や形をした生麩が
いい色合いと食感を楽しめて、上のサツマイモもホコホコです。
栗ご飯の栗もしっかり甘くて、ご飯はもっちりとしていて
軽くかむだけでやさしい味が伝わります。

牛肉煮はしみじみとアマじょっぱい味が染みこんで、
牛の野趣の富んだ味を引き立てています。
さすが牛のお弁当でおなじみ淡路屋さんです。グリンピースもいい色合い

松笠小芋煮は、里芋がきのこの形に加工されていて芸が細かいです。

エビ天やししとう天やいも天は、それぞれ額面通りで
さめても衣のサックリ感を楽しむことが出来て
具もしっかり美味しい。

出汁まき玉子はほの甘く、玉子のやさしい味と
出汁のおだやかな味のミックスがぴったりきますし、
ふわふわな食感とともに、素敵です。

しゃけ、身の味をしっかり生かせるレベルで
塩がきいていて、おかず力高い
秋刀魚有馬煮も身までほろほろで
ほの苦さとともに秋を感じます。
小松菜煮や巾着煮はようしみとる。しみうまです。
くるみの甘露煮もしみじみとやさしい甘さがうれしいですし、 
かまぼこの歯ごたえはしっかりとしていますし、
キンピラレンコンのピリ辛もいいアクセント。

かき餅もこった外見と素朴なあまさに顔がほころびますし、

これはハイボールもすすみます。

小さな秋見つけた。と思いながら完食しました。
ご馳走様でした。



広島駅で、広島発、20:09分発のこだま825号に乗り換えて、
20時29分に新岩国着。
ここで、20時54分発のバスで岩国駅へ向かいます。
途中、ライトアップされた錦帯橋の横を走ります。
これもはじめてみました。いいものを見ました。

そして、岩国駅に21時18分着。
宿には21時25分過ぎに到着しました。
宿でまったりしながらすごします。


翌20日は、朝はそのまま宿の無料朝食で住ませて
9時45分に宿を出て、山陽線、防長バスを乗り継いで
由宇練習場まで、ウエスタンのゲームを
見に行きましたが、雨天中止。
13時19分発のバスにのって、
13時47分発の岩国行きで岩国に戻って
しばしビバークをしてから、
夕食に行ったのが、「お好みキッチン63」さんです。

こちら、「うえむらちかのカープごはん」(ザメディアジョン)で紹介された
「キッチンスタジアム63。」さんが装い新たに
移転オープンしたお店です。

さらには、7年前から由宇練習場に移動ワゴン車のお店を出している
「まぁちゃんのTacos焼き」が夜に営業をしているお店です。

雑居ビルの階段を上がって、アメリカンな看板とか見ながら
店内へ入ります。

移転オープンだから、うえむらさんのマンガで出てきた
店内とは違うのでしょうが、店内はスポーツバー風で
ホームシアター風の大きいビジョンが印象的です。
ちなみに、この日はラグビーワールドカップの
日本vsロシア戦を流していました。

赤い色とか、MLB的なロゴとかが印象的で
温かみのあるウッディーな床や太い柱とともに
効果的につかわれています。
中にはロフト風なスペースや、ソファー席や、
60年代風のレトロな椅子などもいい感じです。

移転オープンして半年たっていないとか、きれいなお店ですが
落ち着けます。

私はお一人さまということで、背の高いカウンター席に
腰を降ろします。
目の前には巨大な鉄板が、ああああがります。
さすがお好みキッチンです。

まずはメニューを吟味。
まずはハイボールでのどを潤してから
やはり、ここはお好み焼き。
さらに、由宇で食べることができなかった
カープタコスです。

オーダーすると、巨大な鉄板でトルティーヤを焼きだします。
ここからやるのか、さすがお好みキッチン
この鉄板はお好みのものだけじゃなかった。本格的です。

さらに、ミートをのせたり、レタスをのせたり
チーズを乗せたりしている様子を失礼にならない程度に
観察します。ジュージューと大きい音を立てているのも、
ライブ感があっていいです。

横にはソーセージなど、トッピングの具材も焼かれていて、
いい音の原因はこれです。
目の前で焼かれるタコス。
トルティーヤの上でとろけるチーズがいい感じですし、
そこに乗せられる、同じく鉄板で熱されたソーセージです。

さらに、赤いサルサがかけられて、完成です。

では、いただきますと、
表面のトルティーヤが、もともとそこまで硬くないのですが
鉄板で熱されているので、ところどころ、サックリとしていて
いろいろな食感が楽しめます。
風味も良く、素朴な味わいで具材の美味しさを引き立てる
にくいやつです。

中の具ですが、そのソーセージの存在感。
長めのソーセージが美味しい。
腸でできている皮部分を噛み千切る快感から
すぐ溢れて来る肉滴の濃い味。そして、肉自体の
野趣に富みながらもしっかりとした肉そのものの味わい。
さらには、それらを包み込む燻煙香です。いいソーセージです。

このソーセージと別のベクトルで美味しいひき肉です。
ひき肉でありながらしっかりと存在感を示しています。
これはまぁちゃんタコスでも十分美味しいです。

しかも、この濃い味わいをさらに盛り上げてくれるのが
とろーりチーズです。このチーズの味わいも濃厚で
乳の味わいが素敵ですし、これらをピリッと引き締めてくれるのが
サルサです。

そこまで辛いというわけではないですが、
ピリ辛がソーセージにも、肉にも、チーズにも、
働きかけてくれますし、

この濃い濃い味わいにさわやかさをもたらしてくれるのが
シャキシャキのレタスです。
レタスの味わいもしっかりしていて、水分もたっぷり
口の中に清涼感をもたらしてくれます。
この味が一気にくる至福です。

このチョイピリ辛で、たっぷり濃厚な味わいが
ハイボールにあうのです。

炎天下で食べるタコスも美味しかったですが、
店内で食べても美味しいです。

と、食べながら、
お好み焼きがつくられる様子を
さりげなく観察することがでぎます。
キャベツやもやしなどをいためる。薄く円く、クレープ状に生地を広げる
豚肉を炒める。卵を割って、黄身をへらで崩す
そして、それぞれを重ねてからプレスする
なんて一連の作業が手際よく行われています。
BGMは具が炒められるジュージューという音と、
へらと鉄板が奏でるカンカンという音です。
めまぐるしくながれるこの音を聞くと、鉄板焼きはライブです。
このライブ感じ。たまりません。

ソースがたっぷり塗られて、暖められて、芳しい香りを撒いております。
美味しさへの前奏曲第一章です。

そして、そのビジュアルと音が前奏曲第二章
さて、来たヤツをヘラで切っていただきます。
切る時に、ざくざくとたっぷりの野菜を切る感触が
お好み焼きを食べる前奏曲の第三章です。

そして、あつあつなものをふーふーしながら、気をつけて口の中へ。
これです。この味わいです。 たまらんですね~。

たっぷりのキャベツが蒸されて甘いですし、
もやしのシャキシャクの食感や素朴な味もいい感じ。
卵のまろやかな味わいや、薄く繊細な生地にソースがハマりますし、
たっぷりのそばが最初はモチモチで、次第に熱され続けたおかげで
カリカリになってくるところもいいなぁ。
のりの磯っぽい香りや紅しょうがの酸味も、いいアクセントです。
この癖になる味わい。本場で食べると尚更ぜいたくな気持ちです。

あー、美味しかった。

周囲は常連さん風が、濃い方言でお話をしています。
そんななかで傾けるグラスは最高ですね。

と、いうことでほろ酔い気分でご馳走様でした。

また、岩国には来るとして、そのときには再訪します。



そして、21日は、朝5時50分に目が覚めました。

しばしまったりしてから、7時20分にいったん宿を出て、
麻里布珈琲さんにむかいます。
麻里布は岩国駅前の繁華街で、お好みキッチン63さんもあります。

その奥まったところにあるのがこちら。

開店時間前で、丁度スタッフの方が開店準備をしている時に
到着してしまいましたが、
「どうぞお入り下さい」と中へ通されます。

これは有りがたいです。

店の外は、煉瓦作り風のエントランスと
落ち着いた色の壁に、広いガラス窓が印象的。

店内に入ると、カウンター席や、テーブル席や、
ソファー席があって、それぞれの間が広めで
ゆったりとした印象を受けます。
漂うコーヒーの香りに歓迎されます。

「お好きな席にどうぞ」と言われましたので
テーブル席の座り心地の良い椅子に腰を降ろして
メニューを吟味します。

モーニングセットは、
Aセット 珈琲 トースト ゆで玉子
Bセット 珈琲 トースト 玉子料理 サラダ
Cセット 珈琲 ワッフル
Dセット 珈琲 パニーニサンド サラダ
Eセット 珈琲 カツサンド サラダ  の5種類

ドリンクは珈琲の他に、紅茶やオレンジジュース等も選べるようです。
私は、Bセットをそのまま珈琲でオーダーします。

スポーツ新聞で、前日中止になったゲームの記事などを
読みながら、周囲を軽く観察します。

気が付くと、何人かの常連さん風のかたが、店内でくつろいでいます。
年配の方から、カップル風まで年齢層が広いです。

内装は、エントランスと同じく煉瓦が生かされていたり、
ベージュやアイボリーがいい感じで落ち着きます。

窓も広く明るいですし、席と席の間のスペースも広いうえ
それぞれが、自然に間仕切りされています。

ランプや間接照明の暖かい光も店内の落ち着いた雰囲気に
一役買っている感じです。

という感じで周囲を観察しながら待つことしばしで
登場しました。

トーストは、バターたっぷりで、こんがり香ばしさと
ふっくらとした発酵香を堪能できます。これはたまりません。
表面のサクッと感じと、内面のふわっふわ
さらに香ばしさとほの甘さが同居していて、
それがバターの豊かで濃いあじにさりげない塩分が盛り上げます。

スクランブルエッグは半熟部分もあるふわとろさと、
卵の穏やかで奥深い味がたまりません。
サラダも凝ったドレッシングがいい味で
しゃっきりとした瑞々しさもよくて
それぞれがボリュームもたっぷり。

定番の正しい朝食の力を堪能しました。

さらに、自家焙煎のこだわりの珈琲です。

カップから漂う芳しい香りが
口に近づくと、盛大に鼻腔をくすぐります。
一口すると、風味豊かな珈琲が自然に体にしみこみます。
このほっと落ち着く安らぎの味わいは、喫茶店の珈琲ならでは。
レジ横にある焙煎機は伊達ではないです。
すっきりとした飲後感は、次々に口にしたくなりますし、
口にすれば口にするほど、頭がすっきりします。
これは飲む癒しです。

喫茶店ですごす朝の時間って、
とても豊かで、いい一日のスタートが切れそうです。

こちら、ランチメニューには、カレーやパスタも有るそうなので、
今度はまたランチをいただきたいです。
と、いうかまた岩国来たときに、再訪します。



そして、7時55分に宿に戻ってから、天気を確認すると、
この日、西宮は一日曇りの予報。
ならば、前日チケットをとった京セラドームではなく、
まだ行ったことがない鳴尾浜に行きましょう。

さらば岩国また来る日まで
と思いつつ山陽本線の人となり、鳴尾浜を目指したのでした。



ってことで。(´・ω・)ノシ
9月上旬の東京遠征でいただいたものです。

東京への行きは、19時台の飛行機なので、新千歳でご飯をいれたい。
とはいえ、そこまで時間的余裕があるというわけではない。
ただ、前回はコンビニだったので、二度連続コンビニにならず
今回はちゃんとした物を食べたい

と、いうときに有りがたいのが、空港制限区域内のフードコートです。
富良野ラーメンの「とみ川」
十勝豚丼の「ドライブインいとう」と、
礼文の海鮮「島の人」の三軒があります。

今回は「島の人」です。そちらでいただいたのが海鮮丼の竹とビールです。
サーモンは味が濃いですし、帆立は肉厚で弾力があり、
うにのとろける濃厚な甘さと、かにの爽やかな味、
それぞれほのあまくいいですし、
昆布だし醤油いくらはプリプリ。それぞれ鮮烈な味で大満足です。
ビールもすすみます。ごちそうさまでした。

そして東京へ移動。

翌日は、今回の遠征で東京ドームのチケットは
立ち見席だったので、朝5時20分に東京ドームへいって
場所取り。そのご、しばしまったりしてから7時に向かったのが、

源太郎そば 春日店 さんです。
前回ファイターズ戦のゲームを見た時も
こちらにお世話になりましたが、
前回メニューを見て気が付いたのが、
朝定食で玉子かけご飯セットがあったのです。

これは、次来た時に行こうと思っていたところ
早速の再戦です。

店内にはいると、キレイなお店です。
入り口のところにある券売機で食券を買って、
おくの厨房前カウンターに出します。
オーダーしたのは玉子かけご飯セット暖かいそばと
なす天ぷらです。

オーダーが入ると、麺がゆでられて、さらに揚げ物の音がします

カウンターの前には背の高い椅子があります。
腰を下ろして、改めて周囲をみると、木のぬくもりが感じられる明るい店内で
ガラスとかも多様されていますし、足元には荷物を入れられる
バスケットが置いてあります。

店内は、4人くらいの方がお蕎麦を食べています。
作業服の人が多いですかね。

まつことしばしでお蕎麦が登場。
蕎麦ならではのいい色合いですし、細めの麺は
軽くエッジも立っていて、本格的です。

すすりますと、しっかりとコシが有って
さらにすすり心地もいい。
香り高い、いいお蕎麦です。

汁もしっかりとしたかえしの味に
鰹の風味が効いていて、ほの甘さとともに
風味のしっかりとしたお蕎麦にあっています。

なす天、軽い揚がりかたでサックリとした食感と
なかのふんわりとしたところが両立しています。
これも立ち食い蕎麦のレベルをこえてます。

たまごかけご飯は、濃い黄身がいい感じです。
こだわりの卵の卵かけごはんだそうで
最後はしっかりとすすりこみました、大満足で朝食終了です。

そばと玉子かけご飯の組み合わせって、
日本橋のそばよしさんを思い出します。

いいお店を知りました。何より宿に近いのが
ありがたいです。


そして、この日は野球を見終わったら、翌日の2軍戦に備えて
宿のある南多摩へ移動です。

ついたのが8時になるかならないかという時間なので
お腹もペコちゃんです。
と、いうことで、駅前でかつホテル近くから堂々とした
看板が見える、江川亭南多摩店さんへ。

店前の広めの駐車場も結構埋まっていますし、
黄色いのれんをくぐって店内に入ると、
7割くらいの混み方です。

カウンター席に腰を下ろしてメニューを吟味、
気になった油麺と、ビールを注文します。
出てきたビールで喉を潤してあらためて店内を観察しますと、
カウンター席が12、に6人掛けテーブル3卓と
2人掛けテーブル9卓で、空間を広くつかっている感じ
ウェイティングスペースも用意されています、
ファミリー層から学生グループからカップルにお一人様まで
様々な人が丼とむきあっています。

広めの厨房ではせわしなく料理にむきあっているスタッフの方々です。

「油麺 お召し上がりの前に
油麺はスープのない麺です。【特性ダレ】がからめてあります。」
スープもお付けしておりますが、油麺に“かける”為ではございませんので
別々にお召し上がりください。

まずは、そのままお召し上がり頂き
ラー油・お酢・ゴマ・にんにく・一味唐辛子など
ご用意しましたので、お客様のお好みにあわせて
いろいろな味をおタノシミ下さい。

などと書かれた表示をぼーっとみながら
待つことしばしで登場した油麺は
チャーシュー、味玉、メンマ、もやし、ネギ、のりが麺を飾ります。
底の方の麺をサルベージしてからすすりますと、暖かい茹で上げ麺は
中太の縮れ麺でモチモチ感がいいです。
この太さで小麦のほの甘い味を堪能できますし、
さらに縮れ麺なのでしっかりと特性タレを連れてきてくれます。

麺に絡むのは、丼の底にある油をタップリ含んだ特製ダレで、
リフトされて鼻に近づいただけで感じる油のいい香りです。
ベースは醤油でやや濃い目ながら適度な濃さ、
さらにこの醤油をまるくおさめる油の優しい味とともに
両者のバランスが絶妙です。
さらにガーリックが利いていて、これがパンチがあっていいです。

大ぶりのチャーシューは、肉の味とタレの味の塩梅がよく、
アッサリとした味ながらも存在感がありますし、
噛み応えもしっかりしています。
もやしはシャキシャキのみずみずしさが、
麺の柔らかさの中でいいアクセントになっています。
味玉は醤油味の固ゆでで、濃厚や黄身の味もよく、
麺はの歯ごたえもいいです。
海苔も家系ラーメンの海苔の如く、
麺のなかに海をもたらしてくれて、これもいいアクセントです。

途中からは卓上のラー油・一味唐辛子を加え、
刺激的にしてさらに混ざるに任せていただきます。
全体的にタレがからむようになると、
ただでさえ美味なのに、ビールにベストマッチになります。

これは、いいお店です。

と、いうことで美味しく完食しました。

南多摩って、金曜の夜の便で羽田に入ってから、
翌日三多摩とか山梨方面に行くときには便利なのに加え、
八王子とか立川より安いので、また使いそうです。

その時は暖かい麺とか、餃子・炒飯なども
いってみたいです。


翌日は、朝は宿の無料朝食
昼はジャイアンツ球場でそれぞれいただきまして、野球を見終わって、
そして、京王よみうりランド16時25分発調布行きで、京王稲田堤へ
稲田堤16時36分発川崎行きで川崎へ
京急川崎17時19分発羽田空港行きで羽田へむかって

スカイマーク727便でで新千歳へと飛ぶ予定ですが、
飛行機の時間までまだ余裕があります。

この日は第1ターミナル。さらには端の方のSKYMRKの利用
と、いうことでむかったのが、羽田空港店はまだ未訪の
羽田大勝軒さんです。

店内は混雑していますが、ラッキーなことに窓際のカウンター席が
空いていますのでそちらに狙いをつけてから
まず食券を購入です。
大勝軒系列のつけ麺が久々なので、
オーソドックスなもりそばです。

待つことすぐに登場します。早いです。
魚介のかおりが存分に漂う濃い色のスープには
丸く刻まれた葱や四角い海苔が浮いています。
さらに、淡いアイボリー色の中太ストレート麺のうえには
威風堂々のチャーシューです。

では麺をつまみ上げてからスープにくぐらせてすすりますと
冷たいもちもちツルツルの美味しい麺がいいですし、
スープは甘めの醤油ベースで
魚介と豚骨の味がしっかりと効いていて、
軽やかな酸味も感じます。
これが、中太ストレート麺に絡んで、いい化学変化です。

さらに、威風堂々のチャーシューもしっかりとした味と
軽やかな噛み心地があいますし、こちらも味はついていますが、
汁に浸すと旨味も増します。

海苔も葱もいい感じですし、これは人気があるはずです。
なんてことを考えながらぺろっと完食。
麺の入る丼は結構大きかったですが、
軽く完食してしまいました。

そして、スープ割して、次第に濃くなる魚介の味を楽しみながら
ごちそう様でした。

そういえば、こちらのお店、
「食の軍師」(泉昌之さん著 ゴラクコミックス日本文芸社刊)」の中で
こちらと「hitoshinaya」さんと迷った挙げ句、こちらでつけ麺を食べて
「Hitoshinaya」で食べた力石のラーメンが美味しそうで
うらやましがる、なんてシーンで登場しました。

なら次は「Hitoshinaya」さんのラーメンですかね。


その後、新千歳から札幌に入り、21:00頃に宿にチェックイン。
高速を走っている時に、お供にしていた
STVラジオの「ログインよるパ」では、パーソナリティーの
アニオタ藤井アナが、翌日のスタルヒンで実況をすると語ってます。
なんか親近感です。

そして宿で洗濯やブログの更新をすませてから
ヲちまして、翌朝は6時30分起床。

身を浄めて、荷物をまとめて、宿をチェックアウトです。
お世話になりました。

7時30分に出て、途中ファクトリー前の「半田屋」さんで
朝食をすませてから、札幌インターで高速に乗

めしミニ、豚汁小、生卵、納豆、のり、なめこおろし。
さらにチーズインメンチでいい朝食です。

こちらは土山しげるさんの遺作、「流浪のグルメ東北めし」(双葉社刊)の
第1話に登場。かつて自分が住んでいた町の隣町にも
あったのですが(現在はつぶれてしまいました)その時は
特に興味はなかったのですが、土山マンガを見てから
2~3ヶ月に一度程度の頻度で通っています。

ま、土山マンガに出てきたのはめしの半口屋ですがww


そして、そのまま道央道を通って旭川鷹栖インターへ。
そしてスタルヒンへとむかったのでした。


ってことで。(´・ω・)ノシ
2019.10.06 広島遠征めし
8月から9月にかけて月またぎで、
広島での対ベイスターズ戦。スタジアム以外でいただいたものについてです。

30日は、ギリギリに球場に入ったということで、
ローソンで悪魔のオニギリなどを購入して、
ハイボールとともに、機内でいただきました。

あまり機内でものは食べないのですが、
それだけギリギリだったということです。

22時少しまわった時間に三ノ宮の宿にチェックイン
そのまま炭酸水だけ飲んで就寝です。

翌31日、5時50分に起床。
その後7時15分に朝食のために外へ出ます。
むかったのが、宿から徒歩5分で到着する
「宮本むなし」さんです。
「宮本むなし」さんは、関西、中部地区に展開をする
24時間営業の定食屋さんです。
メニューも多くいですし、定食はごはんお代わり自由なので、
地元の人に愛されているご飯処です。

行くと、店内には、楽器を持った若者と、
カップルが定食を食べています。
2人掛けの席に腰をおろして、
メニューをみます。

朝食メニューは4種類からの選択で、
目玉焼きとウィンナー定食か、朝の和定食。
さらに和定食は、鮭・サバ・サワラからの選択ですが、
ここは、和定食の鮭を選択します。

さらに角ハイをオーダーして
待つことしばしで登場しました。
四角いお盆に乗っているのが、
白い細長い楕円のお更に乗った鮭塩焼き。
さらに周囲には、納豆・生卵・冷奴・海苔・漬物
といった小鉢にご飯と味噌汁です。
海苔は「宮本むなし」の看板に描かれたイラスト入りの
袋入りです。

では、まず鮭からいただきます。
鮭はやや小ぶりでしっかり焼かれていますが、
箸に力を入れると軽くほぐれます。
口に入れると、まずは香ばしいです。
皮目の香ばしさがすごいですし、
すぐに訪れるふっくらした身の滋養ある旨さ。
箸に力を入れただけでほぐれる身が
口の中でもほぐれて、旨味が広がります。

その小ぶりで固めな外観から、
そこまで期待してませんでしたが、
これは、嬉しい誤算です。
皮と身の間の旨味がつまった部分も
骨まわりの味もいいですし、
鮭の魅力と旨さがギュッとしまっていて
これは美味しい鮭です。

豆腐も小ぶりですが、大豆の味がしっかりしてます
納豆も、タップリでこの糸引きが心強いです。

かわいい「宮本むなし」の袋入りの海苔も色は薄めですが
しっかりと海の味です。

お新香もいい味で、濃い目の味の味噌汁が
食欲をもりたてます。

最後は卵かけご飯。黄身のハートにロックオンをして
いっきにかき込んで、最後はハイボールで胃の腑におさめます。

ああ、朝から幸せです。
ご馳走様でした。


と、宿に戻る途中に7時30分をまわった時間ですが、
空いているパン屋さんがあります。
すでに何人かのお格さんが入っているので、つられて入ります。
「トミーズ東口店」さんです。

こちら、パンのいい香りがたまりません。
購入したのが、「あん食」です。
食パンの生地にあんがまぜあわされている
独特のパンです。と、購入して
新幹線の中で食べましょう。

8時25分に宿をチェックアウト 
三宮で8時37分発の地下鉄にのり新神戸へ
そこで、8時50分発ののぞみ3号に乗ります。

西明石を過ぎた当たりで、パンをいただきます。
パンとあんこの組み合わせは鉄板ですが、
パンがまずはフワフワで発酵香も良くて
自然な甘さと小麦の味を楽しむことができるいいパンです。
あんこも甘すぎずすっきりした味で、
組み合わせると、破壊的な美味しさです。

これは、いいパンです。
次にこちらの宿に泊まった時もマストかな
次は、宿にあるトースターで温めてもよさそうですし
他のパンも食べたいです。

と、思いながら、あっというまにぺろりと
氷結のリンゴとともにいただいてしまいました。
その後は車窓を楽しんだりして、
岡山まではしっかり起きてましたが、
その後うつらうつらして、
気がつくと東広島といういつものパターンです。

そして、スタジアムにむかってから、この日は、
むすびのむさしさんの氷うどん、
匠の球飯さんのカレーカルビ丼をいただいたところで、
さらに、スタジアム出際に、勝鯉ビールもいただいたので
お腹いっぱいでした。


翌9月1日は宿の近場に朝食ポイントがなかったので、
宿の無料朝食をいただきます。
広島のお味噌の味噌汁がいい感じです。

9時30分チェックアウト 9時40分のシャトルカーに乗って駅へ、
ローソンでスポーツ新とビニ傘 フタバで買いもの、
10時40分に並ぶ 14時に入りました。

スタジアムでは、「匠の球飯」さんで、なまっし~のなまずかきあげ丼
「カープうどん」さんで、冷やしぶっかけとろろうどん
「野球にする肉にする」さんで、スティックカレーパンをいただきました。

と、いうことでこの日はスタジアムのご飯で打ち止めです。

翌2日は、北海道へ帰る日ですが、この日の飛行機は
14時30分福岡発新千歳行きの便。ということで、10時のチェックアウトまで
時間はありますが、ブログの更新が大変だったこともあって
朝食は近場で。宿の近くに「なか卯」さんがあったので、
そちらで、納豆朝定食に牛小鉢とビールをつけて
いただきました。ごちそうさまでした。

10時32分、広島駅発の、のぞみ5号で博多へ。
徳山の巨大工場群までは記憶があるのですが、
目が醒めたら新関門トンネルの中でした。

そして、博多には11時33分着。

博多駅では筑紫口から外へ出て、歩くこと3分余り。
目指したのは、「博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?」
(新島秋一さん作 秋田書店 チャンピオンREDコミックス刊)に出てきた
「おっしょいラーメン」さん。昨年の5月以来1年4ヶ月ぶり2度目の訪問です。

「博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?」は、
博多育ちながら、東京に引っ越して東京の高校に通うようになった
博多乃どん子ちゃんと、彼女が駆使する方言の愛らしさにイヤされる4コママンガです。

「おっしょいラーメン」は、博多に帰省した「どん子」ちゃんが
博多時代の友だち「福岡友子」ちゃんと久々の邂逅をして、
色々と遊んだ後、空腹を抱えて2人で向かったお店です。

博多駅筑紫口からおっしょいラーメンに向かう途中に
マンガに出てきた交番もあります。

店内に入って、券売機でチケットを購入

明太子ラーメン850円 辛味噌ラーメン800円 スタミナもつラーメン 830円
焼豚ラーメン810円 山笠ラーメン700円 ラーメン550円
替え玉100円 ぎょうざ(8個)360円 めし150円
焼豚260円 きむち100円 半熟玉子100円 めんま80円
もやし50円 きくらげ50円 つまみ400円
ご飯セット(ご飯+ぎょうざ5個)230円

といったラインナップですが、
とうぜん頼むのは、山笠ラーメン、麺は
やわめん、普通めん、かためん、バリカタ
はりがね、粉落とし、生麵から、バリカタです
あと、ビールと半炒飯を注文。

待っている間に店内を見渡します。昼食時間帯ということもあって
店内は7割くらいの入りです。
あ、店内に「博多弁の~」に紹介されたというポップが張られています。

んなマンガ見て来よる人とか、おるはずなかっちゃろーもん
いえ、自分そうなんすけど。

すぐにビール登場。喉をうるおします。
あー、南の国で呑むビールは格別です。

おつまみは、取り放題の辛子高菜。
「博多弁~」の中に、「おっしょいラーメンの辛子高菜は本当に辛い」
と書かれて、
どんこちゃんと、友子ちゃんが「~!!!!」となってました。

この日も最初の一口は、そんなんでもないかな、と思いつつ。
すぐにスゴい辛さがきました。辛さを再確認です。
あー、この辛さ、ビールがすすみます。

さらにしばし待つと、山笠ラーメンが炒飯をともなって、
登場です。店の前から香っている、とんこつの香りが近づいてきます。
見るからにオーソドックスな博多の豚骨ラーメン。
黒いどんぶりによく映える白濁したっぷり乳化したスープ。
白い海にただようたおやかな細麺。
大ぶりで見るからにやわらかそうなのチャーシューもいいですし、
緑のねぎと、黒いきくらげも彩りとして美しい。
ゴマたっぷりのところと、煮卵が2つなのもいいですね。
早速いただきます。

まずは、何もトッピングせずにいただきます。
細い麺はさすがのバリカタでしっかりとした感触。
小麦の味もしっかりしますし、とにかく、このスープ
見た目通りのトロトロクリーミーな濃厚さとぶっといコクに
旨味がしっかりありつつも、飲み口ならびに、呑んだ後は、
あっさりとしています。
このバランススゴいなぁ。細麺なので、麺にもしっかり絡んで
いいです。

さらに、このスープが麺だけでなく、黄身が半透明に輝くという絶妙な調理加減の煮卵とか
肉滴がしみ出てくる柔らかで、肉自体の味わいも調味のタレとの
バランスがいいチャーシューの味わいともよく合い、
具の味わいの良さをも生かしています。
細目で食べやすく切られた、キクラゲの、こりこりザクザクとした
食感がいいアクセントです。

1/3くらい食べたところで、紅生姜と辛子高菜の登場。
紅生姜は、コミック版「孤独のグルメ」でゴローちゃんが
大手町でとんこつラーメンを食べている時、ベニショー、と親しげに呼びながら
愛でていたほどの名バイプレイヤー
かつてはスープが赤くそまるほど入れていたそうで、「はは、バカだ」などと
自嘲していました。

まずはベニショーでチューンナップ。
この味わいがキリっとするところがいいですね。
さらには、辛子高菜。
スープに入れると、高菜の旨味と辛さがスープに溶けて、
更に違う側面を見ることが出来て、これまた美味です。

前回は白飯をとんこつビールに浸していただきましたが、
今日は炒飯がおとも。こちらも軽くにんにくの香りが
食欲をさそうしっとり系炒飯で、
ラーメンをしっかり盛り上げてくれますし

ビールにもあいます。

ということで完食しました。
ごちそうさまでした。


イカニモな豚骨香プンプンで、コテコテギラギラな濃いラーメンではないですが、
さりげなく、かつしっかりとした味わい。
かつ、トンコツ自体の良さもしっかりして、
「白濁」の「濁」って食べ物を評するにはどう?って言葉に対しても
その「濁り」が旨さの原因となってくると考えると、「濁」に感謝したくなる味わい。
何度も食べたくなる味です。

と、お店を出ると、店外にも「博多弁~」に紹介されたと書かれたPOPが
貼られていました。なるほど。

駅前できやすいということもあり、また訪問することでしょう。

にしても、博多で食べた最初の博多ラーメンが
Wakana嬢お気に入りの「やまちゃん」さん、そして次が「おっしょいラーメン」と
なかなかなラインナップだと思います。


そして、博多駅から地下鉄にのって、空港へむかい
そちらで買い物などをしてから、
14時25分発新千歳行きSKY773便で北海道へ戻ったのでした。




ってことで。(´・ω・)ノシ
先日の遠征で、京セラドーム大阪でいただいたものです。
まずは21日にいただいたものです。

この日はゲームの終盤から合流したということで、
ゲームを早く見たいのが半分、何か一食食べたいのが半分。

ただ、少し点差が開いているゲームということで
食い気が勝ったので、まずは通路側の席を確保してから
ぐるっと半周。チケットを自席においてきてしまったので、
外野には行けません(行けるけど、行ったら最後戻って来れません 涙)


で、歩いている時に気になったのが、丸○善さんです。
こちら、「球場三食」にも出てきたお店で
そちらで主人公日下が美味しそうにうどんを食べていまして
私も便乗してうどんをいただいたのですが、(冷やしうどん)
メニューをみたら、タコ焼き、唐揚げなどの軽食がメニューで
うどんがなくなっています。

「球場三食」の中で、主人公の日下は
「食いだおれ / そうなほど / ウマいっ!!」と言いましたが
そのメニューがぁぁぁぁぁあああ
いつか暖かいうどんも食べたいと思っていたのに…


ま、京セラドームは、お店ごとなくなった
いてまえスタ丼のお店もありますので、
お店が残っただけよしとしますか。

で、見ると、残った中で唯一の麺類メニューが
「沖縄やきそば」です。
京セラドーム大阪のある大正区は、
区内にリトル沖縄と呼ばれる地域があるくらい
沖縄出身の人が多いですが、それいえの沖縄やきそばなのかな。
と思いつつ、即決です。

オーダーするとしばらくして、四角い紙の箱に入って登場。
コチラのビールを注ぐプラカップなどと同じコンセプトの
ニギヤカなデザインにお祭り気分が盛り上がります。

紙箱ごしに伝わる温かさにニマニマしながら
自席に戻って、マリーンズの攻撃をみながらいただきます。
ふたを開けるとただよう、いい香り。
白い平打ちの麺は、塩ダレかなんかで味つけされた感じで
ソースの色はありません。
麺の中に大きめにカットされたキャベツも見えます。

そして、威風堂々たるプルプルの漆茶色の牛スジと
上に散らされた青ネギです。
箱の片隅に、ベニショーがもいます。
これはいい。

まずは、麺からいただきますと、モチっとした食感がいいです。
素朴で武骨な感じすらする沖縄の平打ち麺は、
適度に強めな弾力と、麺の形が均一ではないことに由来する、
様々な食べ応えを味わう事が出来ます。
沖縄そばでも、存在感がある麺が
出汁のきいた汁ではなく、にんにくが効いた塩ダレっぽい
ソースの中でも大変映えますし、美味しいです。
このニンニクがパンチあっていいですし、
タレもソバを盛り上げます。
大ぶりのキャベツのシャキッとした感触もいいですし、
これだけで満足なのですが、こちらは忘れてはならない
甘だれの牛スジがたっぷりのっています。

上にたっぷり乗っている牛すじは、とろとろに煮込まれていて
煮込んだときのたれをもまとっていますが、
すじそのものの歯ざわりも、麺と違って面白いですし
こちら、旨みの塊です。

口の中に入れた直後は煮込んだたれの味がしますが、
噛むだけで軽くしみでる肉滴。これが、内臓肉独特の
クセがあるのですが、このクセがうれしくも美味しいです。
牛自体、野趣にとんだ味がしますが、その味わいが
強調されています。そんなクセを美味しく感じさせるという
丁寧な調理が伝わってきます。
コクも深ければ、旨味もたっぷり、スジのいいところを
存分に引き出しています。

ふわふわっとしたり、スッと歯が入ったり、モロモロッと崩れたり
しっかりとした食べ応えがクニクニといつまでも
口の中にのこったりと、いろいろな噛み応えのする部分があるのも
牛すじを楽しんでいる感が満たされましてこれはいいです。

これが麺うまく絡みあい、
屋台とかのやきそばとはひと味違った味です。

ま、麺が沖縄そばってのですでに違うのですが、
麺につけられているパンチのある味つけが、
スジのこくや旨味が溶け出したので、別のベクトルになった
濃いタレでさらに変化をすると

これはたまりません。あー、ビール行きたいです。
箱の隅にちょこんと控えているベニショーがも辛すぎず
いい感じで焼きそばを盛り上げます。

と、いうことで、美味しかったです。ごちそうさまでした。


と、この日はゲーム終盤だということもあり、
これくらいで勘弁しといたるわ。

と、いう気分で球場めしは終了です。


そして、翌日。

この日が本番です。12時の開場時間直後に入場。
通路側に自席を確保して、しばらくホークスの練習を見てから
むかったのは、「いてまえドッグ」さんです。

2015年にはじめて行った京セラドーム大阪ですが、
その時にもいただいたのが、大阪ドームを代表するスタジアムグルメ
「いてまえドック」です。

「いてまえドッグ」の特色はなんと言ってもそのデカさ!!
通常のホットドック2本分のビッグサイズで
30センチ超級です。

前回は、はじめての「いてまえドッグ」で、
プレーンのソーセージ2本をいったのですが、

今回は、吉田正尚選手プロデュース、いてまえマッチョドッグです。

こちらは、半分が通常のいてまえドッグですが、
残りの半分が、たっぷりの豚の炙りが入っています。
これだこれだ。

さらに、出てきたら、カウンターの上においてある
ソースを好きにかけていいというシステム。

「ケチャップ」、「粗挽きマスタード」、「ソース」、「マヨネーズ」の定番以外に
「完熟トマトソース」、「チャンキーサルサ」、「チーズ」、「ハニーマスタード」
「バーべキューソース」「デミグラスソース」の計10種類から
好みのを出てきたドッグに好きにかけていいシステムです。

隣の人も豪快に各種ソースをかけています。
私はソーセージ部分に
「ケチャップ」「粒マスタード」「チーズ」「チャンキーサルサ」を
豚カルビ部分には「チャルキーサルサ」「完熟トマト」「チーズ」を
それぞれが混ざったり混ざらないような感じでかけました。

「いてまえドッグ」の魅力は、ビックリするほどの
大きいホットドッグを飽きさせない為の工夫である
数種類のソースがかけ放題のところです。
この長さに対してのこの配慮があっての、
いてまえドッグです。

そして、自席に戻ってから、売り子さんから氷結を購入して
いただきます。
なんか、新しいデザインのカップがいい感じ。
京セラドーム大阪のカップデザインはいつ見ても楽しい柄です。

30センチ超級のパンは固めのバゲットタイプのフランスパンで、
しっかりとした噛み心地と、中のふわっとしたバランス。
そして小麦の味が美味しいです。

そして、燻煙香がいい感じのソーセージはプリプリで、
皮を噛み切る快感と中から溢れてくる肉滴
濃い肉の味が口中に弾けるソーセージと
歯ごたえあるパンとの組あわせの妙。
これがホットドッグです。

ソースはベーシックなケチャップやマスタードもいいですが、
まずは、完熟トマト。ケチャップのさわやかな酸味を
さらに強調をしますし、ソース自体のフレッシュさを堪能できますし、
チャルキーサルサは、食欲を増して、さらに氷結がすすむピリッとくるスパイシーさ。
チーズは、チーズの美味しいところを濃縮した感じの
コクが豊かな濃厚な味で、これが他のソースともよくあいます。
マスタードのピリ辛も刺激的で、いいアクセントです。

そして、この日はマッチョドッグ
分厚い豚バラ肉の炙り焼きが、これでもかとたっぷり乗っています。
この立体的なビジュアルにヤられます。
豚肉が零れないように、慎重にかぶりつきます。
炙り焼きなので、表面は香ばしいですし、
赤身部分はほの甘く脂身部分はトロッとしていて
この両者のバランスもいい感じ。
香ばしさを堪能しながら軽く噛むだけで溢れる肉滴があれしいですし、
豚バラの下には、ポテトサラダが隠れています。
ポテサラじたいは淡白な味ですが、
肉の旨味をしっかり受け止めていますし、
さらにビックりしたのが、この下にも
ソーセージが隠れているところ。
このボリュームすごい。まさにマッチョドッグ
京セラドームの球場飯の堂々4番バッターです。

トマトソースとの組み合わせも濃い肉と爽やかなソースで
無限に食べられそう。

これも、氷結にあいます。。


と、言う感じでごちそうさまでした。

いつ食べても大満足ないてまえドッグです。

以前は、コロッケとか挟んだメニューもあって
そちらも食べたかったので、
いつか復活しないかな。



そして、回が進んだところで、小腹が空いたので、
5Fの売店まで行って、カレーを購入。

私が食べたことあるのが、「Leoc」さんと、「丸善」さんと
「グローブボウル」さん。その他「Sweep」さんとか「なにわのきっちん」さんにも
カレーメニューがありますが、今回選択したのは
「スーパードライドーム」さんです。
こちら、名前の通り、アサヒビールの直営店。
と、いうことに敬意を表して、ビールはスーパードライです。

自席に戻って、紡錘形のプラ容器を覆う透明のプラの蓋を開けますと、
濃焦茶色のカレーが白いご飯の半分以上を覆うように
たっぷりとかかっています。
漂う濃厚なカレーの香りです。
さらにスパイシーさも漂います。

では、一口いただきます。

まずは香りと見た目通りの濃厚な味わい。
黒い外観は、たっぷりと肉のエキスと旨味が溶け込んだ
ヨーロピアンタイプのカレーを思わせて
この肉とか由来のコクと旨味がたまりません。
どこか洋食のフォンのような味も感じます。
さらに、辛さもしっかりしていますし、ふといこくと旨味に
支えられて、スパイスもしっかり効いていて
このほの辛さがいいです。大人の味です。

洋食を思わせるような上品な要素もあるのですが、
食べるのに緊張を強いない美味しさはさすがです。

カレーの中の牛は欠片的な感じですが
しっかりとした野趣に富んだ牛の味と肉滴のありますし、
脂身はトロッとしています。

これが、カレーの中に溶けている牛の味を
引き立てます。美味しいです。

食べ進めていくと、次第に汗腺がユルんできます。
これがキモチイイです。

ご飯にもあいますし、おとものスーパードライも
すすみます。と、いうことで完食。

念願だった2日連続の京セラドームでしたが、
またまた来年も行きたくなる味でした。



ということで。(´・ω・)ノシ
先日、カープvsジャイアンツのゲームを見ている時に
しきりに宣伝をしていたCSのチケット。
煽られて12日(土)の分を購入してしまいました。

その時は、当然、カープの応援をする気まんまん。
ただ、ベイスターズもタイガースもグッズ持ってるからいいかな、
などと弱気なことを考えたら、本当にそうなってしまったのですがw

チケットは、9月28日の11時に一般販売開始でしたが、
用事があったので、11時丁度にコンビニにつけずに
10分ほど遅れて参戦。どうなることやら

と、まずはセブンチケットを操作すると繋がりません。

そこでチケットぴあに切り替えるとつながりました。

さらに三塁側内野D指定席にあきがあって
そこを無事確保できました。

ちなみに、セブンチケットではこの直後つなげてみると
立ち見席以外は全滅
チケットぴあでも、直後に立ち見席以外は全滅に
なりました。

さらに大満足で、自分へのごほうび(何の?)もかねて
京極の野々傘さんでちくたまぶっかけうどん 舞茸天トッピングに
舌鼓をうったあと、オシゴトにむかって、
6時くらい自宅に戻る途中にコンビニに買い物がてら
つれづれに端末を操作すると、
立ち見席も全滅になっていました。

すげーな、CS。

というわけで、大人しくCSはジャイアンツではないほうを応援しつつ
(さらに、13日(日)のメットライフドームでの
パ・リーグのCSファイナルのゲームチケットも無事入手しました。
こちらもセブンチケットではだめで、チケットぴあのお世話になりました)
来シーズンに切り替えるわけですが、

そんなココロモチにピッタリのニュースが入ってきました。

それは2020年シーズンのウエスタンリーグの日程発表です。

7月22日にはNPBから、、交流戦の試合日程と
セントラルリーグの試合日程が発表されていました。

来年は、東京であるアレの関係で、7/21から8/13までのあいだ1軍戦は中断です。
さらに、ナニの関係で本拠地が使えないベイスターズが東京ドームやZOZOマリンで、
スワローズが東京ドームで主催試合を行います。

そんな変化とともに、例年よりも早い3/20開幕で、10/11までゲームがあります。
10日早く始まって、10日遅く終わる感じです。

で、イースタンの日程が発表されるなかで気になったのは、
一軍シーズン中の三週間の空白期間に
二軍戦は行われるのか、ということでしたが。

開催されます!!(歓喜)

この時期は、アレのせいで、セパ公式戦も、夏の大お祭りも
甲子園も時期をずらして開催されるなかで、
二軍戦もなかったらどーしよー。と思ってましたが
杞憂でした。うれしい杞憂です。

しかもカープは、7/25 26は丸亀でタイガース戦
8/1 2 はナゴ球でドラゴンズ戦
8/8は由宇、9は三次でタイガース戦です。
ナゴ球や由宇はともかく、
丸亀や三次はまだ行ったことのない球場です。
しかも丸亀の球場の徒歩圏に自分的使用頻度ナンバー2の
ビジホがあることを発見。これはセットで予約です。

この時期はたいてい、仕事と夏の大お祭りの準備の両立で
ヒイヒイ言っている時期なので、
おそらくこんなに遠征が組めるのは、最後かもしれません。

また、リーグ中断期間以外にも、3/29(日)の尾道である
タイガース戦とかも行きたいです。

あとは、どれだけカープの一軍戦のキップがとれるかに
勝負はかかっていますし、
今年でウェスタンリーグの本拠地を制覇したので
来年はイースタンリーグの本拠地を制覇したいものです
(あと、利府・森林どり泉・浦和・西武第二)
元埼玉県民なのに、埼玉の球場を二つのこしているとか…

イースタンの日程発表もありまして、現時点では、
こちらも中断期間がなく、7月下旬から8月上旬にも
ゲームが組まれていますが、
試合開示時間と使用スタジアムの発表はなし
2020年1月の二次発表を待たなくてはなりません。

が、東日本ということで、よりアのイベントの影響を受けることが多く、
予期できない事態などもあることを踏まえての
苦渋の選択でしょう。しょうがないですね。

試合の変更もありえます。などの記述もありましたし。


ともあれ、
今年は例年よりもオフが長いので
そんなことを考える楽しみを味わいます。

ま、今年同様にカープ戦などをはじめとして、
セ・リーグ各球場でのチケット争奪戦が激しくなること必至ですが。

とりあえず、来年もカープ戦、レギュラーシーズンのゲームだけで
20試合以上の参戦をはじめとして、より多くの球場回りを目指すので、
少し先のことですが、まずはチケット取りからです。


ま、がんばります。


では。(´・ω・)ノシ
広島東洋カープ、70勝70敗3引き分け。
勝率5割ながら、3位タイガースとゲーム差0.5で4位
4年ぶりのBクラスでシーズンを終えました。
今季終戦です。

10試合中三勝すればAクラスのところを2勝8敗
6試合中1試合でも引き分ければBクラスのままのところを
執念の6連勝、
後半のイキオイでは、文句なくタイガースに軍配があがります。

カープがクライマックスシリーズに進めなかったのは、
緒方孝市監督が就任して1年目だった、
平成27年のシーズン以来の4年ぶりです。

三年前は、日本シリーズであのくやしい負け方
一昨年は、ベイスターズ戦のCSでの敗退。
昨年は、ホークスに野球のうまさを見せ付けられる形での敗退で、
今回こそは忘れ物を取りに行くと思ったのですが…

思えば、カープは負ければ優勝の可能性が消える
9月19日のベイスターズとの試合で、
7点リードを守れず敗れたところで、
完全に流れを失って、リーグ4連覇はいうまでもなく、
クライマックスシリーズ進出まで逃す結果となりました。

ま、今シーズンについては、主力選手のFA流出
2ケタ勝利投手の不調、抑え投手の不調
主力内野手の不調などが重なった上に、

アの事件とか
アの事件とか、球団内部でのギクシャクした事件と
それに対するフロントの対応のまずさ、
さらにはファンのやらかしと、これも球団の対応のまずさなど
いやなことを目にすることが本当に多いシーズンでした。

フロントのコンプライアンスが問われるような案件が
あったことについては、猛省していただきたいです。


西川選手や、床田選手の覚醒とか、
誠也選手のタイトルなど、いいこともあったのですが、
マイナスがあまりにも大きすぎたイメージです。

そして、追い打ちを掛けるように
緒方監督の辞任が報じられました。

緒方監督は、五年間で4位1位1位1位4位
しかも、初年度と今年は、3位チームとo~0.5ゲーム差という、
成績を残しました。

短期決戦の成績が、とか、切り替えのタイミングがとか
臨機応変さとかいろいろいわれましたが、
この成績は、カープの歴代監督の中でも
出色のできです。
本人の健康問題もありますし、けじめのつけかたと見ると
らしさをも感じるのですが、
暫く休んでからから、いつの日か、またカープに携わってほしいです。
セ・リーグ三連覇の経験をさせてもらったのは、明らかに緒方監督の功績です。
本当に、本当に、ありがとうございました。


先日は、第一次の戦力外の発表がありました。
岩本選手は、先日由宇に行ったとき、ファンの呼びかけに対して
笑顔で応対していた姿が印象的でしたが、
あれが最後の姿になるとは…

赤松選手だけでなく、岩本選手にあうこともできて、
あの由宇行きって、すごくよかったなと思います。
あと、横山選手は、新千歳の24番スペースに車を駐めるたびに
横山、がんばれ、と思っていたのですが。

ともあれ、今シーズンの野球は終わってしまいました。
久々に長いオフシーズンです。

この後、オフシーズンも翼選手や菊池選手や
野村選手の動向も気になりますし、
新監督とか、首脳陣の組閣も気になります。

カープの選手・監督、コーチ陣、スタッフと関係者の皆さん
一年間本当にごくろうれ様でした。

マツダをはじめ全国の球場を紅に染めたファンのみなさん
お互いお疲れさまでした。
この悔しさを来年晴らしてくれることを切に願い、
来年もまた球場で喉をからして選手の後押しをしましょう。
ファンは信じて応援するだけです。

また1からチームを作り直して、
少し休んでから、秋のキャンプから鍛えて
このくやさしを胸に、来年の飛躍を祈りましょう。
フロントは激反省をして、少しでもモヤモヤを晴らして
来年を迎えてください。



そして、阪神タイガースの選手、スタッフ、
関係者、ファンのみなさん、おめでとうございます。
いい追い上げでした。感動しました。


来年は負けん。それだけ。


来年もキャンプから遠征するぞーっ!!


ってことで。(´・ω・)ノシ