FC2ブログ
先日の遠征中、由宇練習場でいただいたものです。

曇天の岩国をでて山陽線で由宇駅へ、
そこから練習場行きのバスに乗り、山間部に入って
目的地に近づく頃になると、バスのフロントガラスに
雨粒が当たるようになります。

バスから降りると、小雨が軽くふっている状態。
ただ、練習場を取り巻く前方のところでは
場所取りをした人がスタンバっていますし、
小型テントも張られています。

ただ、雨の状況がどうなるかわからないので、
いったん売店のある一塁側の木の下に荷物を置いてから
昼食をしいれます。

この日のキッチンカーは2台。
平日でありながら来てくれてありがたいです。
さらに、かつての選手の更衣室で、現在は売店がある
スペースの奥でも、牛丼、カレー、うどんが売られています。

二台のキッチンカーのうち一台は、「まぁちゃんのタコス」さん
一台は「ファミーユ」さんで、
両方とも以前由宇に来た時にお世話になりましたが、
「ファミーユ」さんのメニューに、オリジナルカレーライスがあります。
以前、こちらのカレーパンを食べたことがありましたが、
カレーライスは初めてです。
常設の売店には、ゆうトマトカレーがありますが、
新しいカレーなら、こちらを食べるしかない。
と、オリジナルカレーを購入します。
トッピングも出来るみたいですが、なにもなしでいきます。

「雨、ずっと降っているんですか?」とお店の方に聞くと、
「いやー、さっきから降り始めたんですけど、」とのこと。
なら、あがるかな? と思いながら、木の下でカレーをいただきました。

長方形の四辺がすべて丸く膨らんだ感じの形の
白いプラ容器に入った明るい黄色がかった茶色いカレーは、
素朴な香りが食欲をそそります。
いただきますと、穏やかな食べ口で、ほの甘さがありまして
食べ進めていくと、コクや旨味が出てきます。
大きい具はないですが、肉や野菜のエキスがしっかり
溶けていますし、塩分もしっかり効いていて
美味しいカレーです。
そんなベースに支えられて、
次第にスパイス感があがってきます。
たべすすめていくうちに、ピリっとした感じが
効いてくるのが、いい感じですし、雨の中で食べるっていうのが、
また気分をあげてくれます。

朝は、宿の無料朝食のみで、少し控えめにしていたので
ぺろっと完食しました。


ちなみにこちら、以前岩国とか由宇にお店を持っていましたが、
現在はキッチンカー一本でやっているみたいです。


本日はファミーユ新たな出発をさせて頂くことになりましたことをご報告させてください♡

令和元年8月31日を持ちましてfamillecafeとしての
パン等の移動販売全ての営業を閉店させて頂きました。

9月1日よりFamilleとして移動販売車キッチンカーのみで
今後は営業させて頂くことになりました♡
多くの方にお声をかけていただけたらと(=´∀`)
思っております❤️
黄色の屋根のパン屋・カフェから
黄色の車のキッチンカーファミーユを
今後は末永く宜しくお願い致します❤️


とインスタに書かれていました。

なるほど。


ゲーム前練習が終わって、鳥かごとか撤収されたタイミングで
本来ならグランド整備とか入る時間帯ですが、
そぼ降る雨が少し強くなりました。

そんなタイミングで暇なこともあったので、
もう一品いきましょう。

と、かつての更衣室だったスペースの売店。
奧には「恋活の町由宇 鯉勝食堂」などと貼られています。

こちらで由宇トマトカレーはいただいたことがあるので、
今日は「てぬきうどん」です。

名前が気になります。
注文すると、「麺を茹でるのに、お時間いただきますが」
と言われます。これは全然手抜きではないです。

そして、見ると、麺の色が緑色です。
「神代わかめ使用」とポップに書かれていましたが、
それって、ワカメが具として入っているのではなく、
麺に練り込まれているということですか。
この時点で期待度があがります。

そして、まつことしばしで、てぽざるに入った麺を
ちゃっちゃと湯がいてから白く丸い発泡容器に入れて
さらに、一升のペットボトルから醤油のような汁を
どぼどぼとそのまま注いでいます。

そして揚げ玉と、たっぷりの鰹節をのせて
完成です。手渡されると暖かいです。

一升のペットボトルから直接そそいでいるので、
讃岐うどんのぶっかけ的なのを想像していましたが、
すこし意外です。

濃いめの関東風にも見えるうどん汁にたゆたう
緑色の中細麺がいい感じ。
揚げ玉とか、ゆらゆら揺れる大きめにかかれた
鰹節もいいですし、香りがまずいいなぁ。

と、いうことでまずは麺を一啜り。
まずは、麺がツルツルツルッと口の中に入ってきます。
予想以上のなめらかさがまずはすごいですし、
軽くぬるっとした感じがワカメが練り込まれたせいなのかな。
さらにほんのりと漂うわかめの風味と味が
うどんに良く合っています。
見た目、北海道のローカルフード、クロレラが練り込まれた
グリン麺っぽいですが、味がより明確にワカメよりなのが
面白いです。

そして、濃く思えた汁ですが、たしかにいりこ出汁ベースの
淡い汁が中心の西日本のうどんにしてみたら
独特の黒さですが、これがしっかり薫り高く美味しいです。
醤油がベースになったかえしは、鰹節やみりんっぽい
旨味を感じる事が出来ます。とてもぺっとボトルから
直にドボドボそそいだとは思えません。

さらに、これがしょっぱすぎずにうどんとベストマッチです。
ちなみに、あとで調べたのですが、この汁のベースになっている
醤油の醸造元も、由宇の会社だそうで、
さらに、この麺に練り込まれている神代わかめの神代漁港も
由宇の港で、作用本線のお隣が神代駅ですし、この麺を作っている「ゆうこうはつ」さんも
由宇の会社です。究極の地産地消メニューじゃないですか。

さらに上でゆらゆら揺れている鰹節も見た目的にも香り的にも
味的にもいい感じですし、揚げ玉で汁があぶらっぽくなったり
フワフワになった揚げ玉が麺と違う感触を
口の中にもたらしてくれるのもいいです。

これは全然、てぬきじゃありません。
そして、濃いと思っていた汁も最後までしっかり飲み干して、
ごちそうさまでした。

又、美味しいものに出会えました。
と、雨天ノーゲーム以外は大満足な由宇でした。


とはいえ、由宇は三度目でしたが、最初はゲーム途中で降雨ノーゲーム
次は、バス時間の関係で途中で撤退。
そして、今回ですから、

来年は性根を入れて、岩国に前後泊して
複数回由宇に挑みたいと思いました。




ちなみに、その翌日、鳴尾浜でいただいたのが、
広島駅で買った、ビックリたこめし でした。

鳴尾浜球場は、売店はおろかキッチンカーも出ていない
という情報を得ていたので、最初はちかくのコンビニで
何か買って食べようか、とも思ったのですが、
野球場で駅弁って、ハマスタのシウマイ弁当や
東京ドームの炒飯弁当、さらに、ナゴヤドームのJR東海パッセンジャーの
もろもろの弁当を引き合いに出すまでもなく、
なかなか良い組み合わせです。

そして、広島で駅弁といえば、瀬戸内の海の幸の駅弁。
広島の海の幸といえば、穴子、カキ、たこ。
夫婦あなご飯は何度か食べているので、
しゃもじ牡蠣めしと最後まで迷った挙げ句、
ビックリの文字につられて購入です。

正方形の容器の上を飾る
開けてびっくり!! 食べてびっくり!!
広島名物ビックリたこめし 
◆たこめし◆たこの柔らか煮◆たこの唐揚げ◆広島菜いり
の文字、ユーモラスなたこのイラストが描かれたふたを取ると

斜めに仕切られた容器の広い部分にたこめし。
ただしこの上に、たこのやわらか煮と、たこの唐揚げ、
さらに、錦糸卵とあおのりが振られているので、
たこめしは目視できません。
狭い部分には、広島菜と煮物です。
これは美味しそう。

たこの柔らか煮はしっかりと食べ応えがありますし
柔らか煮の名前の通り、煮すぎると固くなるたこを
柔らかくにて、かつ何時間もたっているのに
やわらかさが維持されている調理法が素晴らしいです。
ほんの少しだけの抵抗感がありながらも
すっと歯が入っていきまし、淡白たこの味をよく生かした味つけで
美味しい蛸を楽しめます。

たこの唐揚げは、ご飯とかの水分のせいで
衣はしんなりとしていますが、でも軽くさっくりさがのこり
中の蛸はたぬりまえのようにぷりぷりです。

錦糸卵や、青海苔の磯の香りでテンションあがる
たこめしですが、たこの滋味がしっかりとご飯にでてます。
入っている蛸のこりっとした感触も、なんか当たりって感じで
楽しいです。

こんにゃく、里芋の煮物もしっかりとした味つけで
ご飯のおかずとして申し分なし

広島菜も、ぴりっとした刺激とシャッキリとした歯ごたえが
美味しいです。箸休めとして、最高の味です。

広島弁当レベルたかし。これはなくなった
おまかせ寿司も食べたかったですね。

と、バファローズの攻撃を見ながら完食いたしました。

ごちそうさまでした。

広島でたこの弁当といえば、三原名物、「元祖珍辨たこめし」ですが、
たこのさまざまなバリエーションを楽しめる
こちらもなかなかな味でした。

本来は新神戸当たりで、淡路屋あたりの駅弁を買って
のぞむべきでしたが、神戸での乗り換え時間が読めないということで
比較的時間に余裕のある広島駅で駅弁をしこみましたが、
これが、結果オーライ。

淡路屋さんの御弁当は行きの新幹線の中で食べたし、
今回いっさい素通りしただけの広島の美味しいものを
楽しむことが出来て良かったです。


ただ、惜しむらくは、鳴尾浜は「酒類禁止」の球場なので、
野球と弁当をつまみにチビチビは出来ないのですが…


ということで。(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト



旭川スタルヒン球場でいただいたものです。

この日は、ゲーム前にスタルヒン像に手を合わせる
栗山監督の姿にビックリしたり、
ミニマルシェのいつも通りの人混みにほっこりしながら、
開場時間の12時丁度にスタジアムに入ります。

この日は三塁側内野指定席でしたが、一番外野よりの
後から4列目の席で、レフトポールが近いです。
下ではホークスの選手がゲーム前の練習をしています。
緑の芝がきれいですし、ライトスタンド越しに見える鎮守の森とか
遠景の山々とか、見慣れた光景ですが懐かしいです。

ぼーっとそういうのを見てから、まずは昼食の調達です。

スタルヒン球場は、売店スペースが2カ所あって、
1カ所には「旭川市公園緑地協会 売店」と看板が出ていて、
もう1カ所には「旭川市公園緑地協会 そばコーナー」と看板が出ています。
「売店」のほうは、柱の奧(バックスクリーン寄り)がカップラーメンやスナック菓子などの軽食とか
飲み物などが売られていて、手前が各種お弁当が売られています。
むかったのは、その弁当スペースです。

スタルヒン球場は、高校野球などアマチュアのゲームも多く
その時でも売店が営業しているのがありがたいですが、
スタルヒン球場の隠れた名物といえば、
ファイターズ戦限定で売られている スタルヒンカレーです。

今のところ、全国のスタジアムカレーの中で、
もっとも美味(私の主観ですが)なのが、スタルヒンカレーです。
食べられるチャンスがあれば、食べておきたい逸品です。

だから、このカレーを食べに、スタルヒンまで行ったといっても過言ではないです。

カレーの横で売られている、「舞茸弁当」も気になりましたが
初志貫徹。700円を支払って、カレーを購入します。
オーダーすると、発泡スチロールの白い箱から取り出してくれました。

ということで、雨が心配なので、さっさと自席でいただきます。
プラの箱越しに伝わる温かさがいいです。

グランドではホークスの選手が練習していますし、
スタジアムDJの八幡さんもいろいろと盛り上げるトークをしています。
この試合開始前のワクワクする雰囲気でカレーを食べられる幸せよ。

まずは、スタルヒンが振りかぶったシルエットや、
スタルヒンカレー Starffin Curryの文字とともに、
GO HARD OR GO HORMなどとか書かれた透明なプラのふたをとると
広がる、食欲をそそる香りです。
カレーの香りとともに、盛大に漂うソーセージの燻煙香にやられます。

白い四角いのプラ容器に、ご飯と明るいオレンジがかった濃い茶色のカレーと
真っ赤な福神漬けが美味しそうです。
ご飯にはパセリが散らされていて、その上に横たわる
威風堂々のソーセージです。このフォルムと香りだけで、絶対美味しいです。

ということで、まずはカレーからいただきます。

サラッとした見た目のカレーは、
ほんのりと、自然で優しい甘さがあります。
カレーの色の濃さの原因にもなっているたっぷりのたまねぎが
丹念に炒められていることと、多種の果物に由来する、甘みとウマ味です、
さらにすっきりとした軽い酸味とたまねぎの甘みに負けない旨みは
トマトに由来です。オレンジっぽい色合いもトマトがたっぷりはいっている証拠。
トマトは、旨みの塊の万能野菜です。
さらには、肉とか動物系の太いコクに旨みが、すごいですし
この土台のバランスのよさがまずは好印象。

そして、食べ口の甘さを感じているとすぐにしっかり来る辛さがきます。
この辛さも、スパイス使いは、ゴリゴリとした直球で、どこかジャンキーです。
野趣に富んだスパイス使いが浮いていないのは、
カレーのしっかりとしたうまみとコクがあるボディーならでは。
さらに、このカレーを個性的たらしめているのは、
結構ハードに使われているガーリックで、
パンチの効いた味が、カレーにインパクトを与えつつ
味わいをしっかりとしめています。

タップリのひき肉は、粒粒が肉肉しく、
ひき肉でありながら、肉滴がじわじわっと出てくる、
お肉のウマさをしっかりと楽しむことができます。
ここから出るコクと旨みが、サラッとしたカレーにもかかわらず、
しっかりとした食べ応えと満足感に繋がります。

このカレーを更に盛り上げるのは
入っているウインナーです。
本数は1本でやや細身の、15センチ級のやつが、
ゴロンと入っています。
この燻煙香ぷんぷんのヤツを口にいれると、
強めの塩分と燻煙が口の中に広がり、肉食感を盛り上げますし
少し柔らかめの皮を噛みちぎると、ぷりっとした歯ごたえとともに
中からは、美味しく味付けられた肉の味とともに
しっかりと肉滴が爆ぜてきます。さすがファイターズ戦限定カレー。
こちらのソーセージもしっかりと日本ハムの製品です。
なんだよ、日ハム製品が売られていない札幌ドームよりも
密着した商売が出来ています。
ほんともう、札×市ときたら…
そして、カレーと一緒に食べると、カレーのパンチの効いた味に
ソーセージのワイルドな味が一つになってたまりません。

ライスもほっこりと炊かれてしっかり美味しく
カレーにもマッチをしていますし、福神漬けもほの甘くいいです。
総じて、球場カレーのレヴェルをこえていて、本当に美味しい。

ま、それもそのはず、こちらのカレーは
旭川を代表するカレー屋の名店さんにして、
ファイターズやMLBファン垂涎のグッズが店中に溢れているお店である
CRAZY SPICE(クレイジースパイス)さんのカレーです。

以前メッツの球団職員をしていたたことから、
ヒルマン監督や新庄選手の通訳をつとめられていて、
現在はファイターズの球団職員の岩本賢一さんが、
渡米前とか渡米中に帰省したときとか
こちらのお店でアルバイトをしていたことがあった関係で、
MLBやファイターズなどの野球グッズが多いのに加えて、
実際にファイターズ関係者が食べにきたりしているために
聖地的に崇め奉られています。

と、いうことで、またファイターズグッズが増えているかもしれませんが
私自身、クレスパは、今の旭川市緑町19丁目にある店舗はもちろんですが、
駅前の地下に店舗があった時代から通っていました。
今は、ボードウォーク風の板張りを踏んだ後に
野球場のような金属でできた青い階段をカンカンと鳴らして上って、
店舗内に入りますと、アーリーアメリカンタッチなおもちゃが
置かれていたりしています。そんな気分をあげてくれるお店です。

店内には、北海道移転後のファイターズユニはもちろんですし、
ストライプにFsと入っているユニフォームはおろか、
帽子がオレンジ色時代のファイターズのユニフォームとか、
青の縦じま時代のユニフォームもありましたし、
歴代のヒルマン監督のユニフォームとか
(縦じまにFs時代のヒルマン監督のユニってここでしか見られないかも)
46番時代の森本選手のユニフォームと、
1番の新庄選手のユニフォームが並べて飾られていたりるところも、コダワリを感じました。

メッツつながりで、ピアザ選手のプロテクターとかも飾られていますし
新庄選手はコーナーにもなってました。

ま、現住所に引っ越してからは行っていないので、
展示とか内装とかは変わっているかもしれませんが、
カレーの方は安心の安定した美味しさで、ほっとします。
ああ、お店のほうにも久しぶりに行ってみたいなぁ。

そして、パンチあるカレーの味わいにビールもすすみます。
と思いながら、一生懸命食べていると、食べ終わる頃には汗ダクになります。

このアマい食べ口に錯覚させられますが、
相当ハードパンチャーなカレーですし
食べ終わったあとも、いつまでもほんのりと、
ガーリックとカレーの香りが残って幸せをかみしめることが出来ます。

ということで、ごちそうさまでした。

と、満足しているはずなのに、しばらく時間がたってから
どなたかが食べている時の、この香りが漂ってくると、また食べたくなるという

中毒性の高いカレーです。


そして、そして、1時間ばかし経過して、すこしお腹に余裕が出来たタイミングで、
今度は売店のそばコーナーに行きます。
狙いはスタルヒンうどんです。
前回こちらを訪問した時はスタルヒンそばだつたので、
今日はスタルヒンうどんです。

ゲームまであと1時間を切ったタイミングですが、
当然混雑しています。少し並んでから注文すると
プラの「天玉」と書かれただ円形の札をいただきます。

中で、手際よく分業制で麺をゆがいたり、丼に汁をいれたりなど
調理をしている人の姿を見なが待つことしばし、
麺箱には須藤製麺の文字が見えます。

そして、登場しました。

こちらは、生卵をボールに、天ぷらをグローブに見立てています。
さらに箸がバットです。
駅の立ちぐいそばみたいなものなので、すぐ出てきていいですね。
あったかい器を持って、空いているスペースでいただきます。

真っ白でたおやかな中太麺と、こいしょうゆベースの汁
さらに、具多目の厚めのかき揚げと、
白身がかたまりかけている生卵です。
これこれ、こういうのでいいんだよ。

七味をぱらっとふってからいただきます。

まずはうどんをすすります。軽くエッジのたっているうどんは
基本柔らかいです。
表面はほんの少し固めで、中はしっかりやわらかい。
そんな少しだけな重層麺ですが、柔らかさが麺の穏やかさですし、
小麦の味もしっかりします。
柔らかい麺をずぞぞぞとすする時に
口内とか喉とかをねぶられる感触がたまりません。

そして、汁は北海道のそばらしく、濃いしょうゆベースの
かえしの味わいがはっきりしていて、メリハリがあります。
旨いというよりホッとする味わいです。

かきあげもカラフルで、具が多くなっています。
以前いただいた時は、白っぽく、ほぼ衣で、
なかにえびが一匹いるタイプのてんぷらでしたが、
リニューアルしたみたいです。
作りおきなので、サックリとはいきませんが、
軽やかな食べ心地の時に食べてよし、
蕎麦自体を食べ進んでいくうちに、解けていく衣を
楽しんでよしという感じ。

衣が解ければ、汁の味わいが変わってきて、
こういうのもこの手のそばを楽しむときの醍醐味です。

ま、有体にいうと、立ち食いそばやのうどんですが、
おだやかなうどんをすすって、口内の快感を味わって、
濃い味の汁を楽しんで、溶けるに任せたかき揚をかじる。
そういう、ほっとできる味わいは、コレコレと思いますし、
球場で食べるってのがまたいいんですよ。
球場の雰囲気と、このほっとできる味わいが、
スタルヒンで名物たりえる理由です。

そして、最終盤。
少しの麺と汁と、まるっと残った卵の黄身を
「てゅるん」といって黄身だけを味わう如月食いです。

きゆづきさとこ さんのマンガ、
「GA芸術科アートデザインクラス」(まんがタイムKRコミックス 芳文社刊)で、
キサラギちゃんこと、山口如月ちゃんが
月見うどんを食べる時に、月見うどんの卵は最後まで残しておいて、
おつゆと混ざらないようにしながら、これが一番の愉しみといった時に、

「キサラギ、蛇みてー」と つっこまれているシーンを思い出します。

そんなキサラギストの私です。

玉子の黄身のとろんとした味わいと、濃い汁の組み合わせという
しっかりとした味わいが口の中を満たす。
幸せなひと時です。

あぁ、美味しかった。

ちなみに、席に戻るこの時点で
既に、ジュンドックとスタルヒンカレーは
売り切れになっていました。スゴいですね。


来年も土日に旭川開催があったら行くつもりです。




ではまた(´・ω・)ノシ
先日、読売ジャイアンツ球場でいただいたものです。

朝は、南多摩の宿、無料朝食をいただきましてから
チェックアウト時間の10時に宿を出て、
南武線~京王線~シャトルバスと乗り継いで、10時35分にジャイアンツ球場に到着です。
いきなり、チケット売り場の横に、
叙々苑の焼肉ライスバーガーの幟とデカいポップのある
テントが出ています。これは美味しそう。

さらに、三塁側の通路前、三塁ベースとホームベースの中間より
少しホームよりの、なかなかいい場所を確保してから、
初めてのスタジアムなので、周囲をぐるぐると観察してまわります。

そして、球場の空気を一通り味わったところで、
まずは三塁側席のバックネットよりのところにある
常設の売店へ行きます。

売店は二軒合って、二軒ともチームカラーのオレンジが目に鮮やか。
ホームよりのお店が、ビールやジュース、ホットドッグ、お菓子などを売っていて、
3塁よりのお店がジャイアンツグッズを販売しています。
現在はタマスタのような、しっかりとした売店のある
二軍施設も珍しくなりましたが、
こちらは、ナゴヤ球場につぐぐらい古くから
常設の球場が出来た二軍施設ではないですかね。

なんてことを考えながら、メニューを選びますが、
この日の、いやこの球場での一食目は決めています。
「メキシカンサンド」です。

「球場三食」(渡辺保裕さん作/アフタヌーンコミックス 講談社刊)で
主人公日下が食べていたメニューです。

と、いうことでビールとともに購入。
手渡される時に「熱いので、持つときは気をつけて下さい。」と、
声を掛けられます。
そんなに熱いかな? と思って軽く触ると、
アツッ!!本当に熱いです。
黄色い地に、赤や緑の三角形で縁取りされた見た目
センターには「ホットな辛さが新しい!!
アラビアン・ブレッド」などと緑や赤の字で書かれています。
この緑、赤の使い方がそこはかとなくメキシコです。

さらに、球場入口のところに出ている叙々苑のテントにいって
焼肉ライスバーガーを購入。こちらも手に持つとあたたかいです。
残暑でギラつく太陽の下にほかほかメニュー2品ですが、
売店で購入したビールとともに、まずはいただきましょう、

最初にメキシカンサンド:350円からです。
外は、ピタパン風で、ケバブサンドっぽい外見です。
美味しそう。さっそくかぶりつきます。

レンジでチンされてアツアツな状態がうれしいです。
かぶりつくと、そんなに固くないです。
「アラビアパンはウマいが、端に行くほどやたら固い」が
日下の感想なので、どんなもんかなと思っていましたが、
そうでもありません。あ、確かに端は固めです。

そんなピタパンのようなアラビアパンの中からは
刺激的なタコスミート風の味付挽き肉です。
ほどよい赤身の味とともに、肉滴がいい感じです。
ベースのピリ辛ソースも、トマトの味がしっかりして
爽やかな酸味やほの甘さと、しっかりした旨味から
隠しきれないスパイスの刺激とともにお肉に働きかけています。
ああ、これは幸せな味わいです。

さらに、細長いウインナーが入っています。
フランクフルトは皮は柔らかめながらも
噛み切る感じは堪能できますし、噛み切ったところで
肉滴がじわっと出てきて、濃くも刺激的なソースに
しっかりと働きかけます。ソーセージもピリ辛で
チョリソーっぽくもあります。

アラビアパンも、そこまで厚さはなくて、
だからこそ、中の具の感触をパン越しに楽しむことが出来ますし
その優しい味わいで具を包み込んでいるところがいいです。
パンにも軽く甘みがあります。

ちなみに包装には
「インドやヒマラヤで食べられている古代の味そのままの
素朴なアラビアパンで、粗挽きポークのフランクに
ピリッ辛い味をきかせたチリドックと、
メキシコ料理の代表として人気のある
タコスに使われるスパイシーなタコスミートを
たっぷりサンド」と書かれています。

暑いですが、この刺激がうれしいです。
ビールもすすみます。


ごちそうさまでした。まだ余裕でいけます。

続いて、叙々苑 焼肉ライスバーガーです。
バンズ状に固められたご飯の食感が
モチモチで、甘いツブツブが口の中でほぐれるのが
いい感じです。

牛肉は、さすがの叙々苑。大きめにカットされていて、
口の中が牛でみたされます。ワイルドな味が口の中いっぱいに広がります。
この肉滴が口の中を幸せにします。
牛肉には、甘じょっぱい味つけがされていて、
醤油ベースのタレでしょうが、ここにガーリックとかも
効いているのか、パンチがあっていい感じです。
肉そのものもウマイですが、その旨さを生かしながらも
さらに盛り上げてきますし、溢れる肉滴とたれの絡んだ
にじみ出る旨味がたまりません。

この濃い牛をしっかりと受け止める
ご飯がいいですし、ピリ辛な牛とライスの組み合わせで
ライスの甘みも引き立ちます。

そして、米にあうものはビールにもあうのです。
こちらもビールがすすみます。
野外で汗だくになりながらビールをいただくのも
今年は最後かな、と思いながら去りゆく夏に乾杯です。


で、ゲームの観戦に入りましたが、
とにかくこの日は暑かった。
編めように持っていった臙脂色の折りたたみ傘を
日傘がわりに使うほどです。
雨傘で買ったのにデビューが日傘としてとか…
(カープレッドの色の傘が無かったので、
近似色の臙脂にしましたが、ゴールデンイーグルスファンが多い
三塁側スタンドなので浮きませんでした。怪我の功名です。
ちなみに傘は、先日台風が接近したときに
無事由宇で雨傘デビューもはたしました。)

そんななかで、当然喉も渇きますので、
3回裏グランド整備のタイミングにビールでも…、と思ったところ
「メキシカンドッグ」なるメニューを発見しました。
これは気になります。

注文してしばしで登場したのが

春巻きより一回り大きいくらいのサイズの、
揚げ春巻き状のものです。
片手で持てるのがいいですし、
これまたビールにあいそうな面構えです。

かぶりつきますと、サクパリッとした食感が
まずはいい感じ。これ、トルティーヤです。
中からはふわふわのポテトサラダが出てきます。
ポテトサラダは、ジャガイモを完全にマッシュした
感じなので、芋感はすくないですが、
その分、ふわふわ感が半端ないですし、
パリパリっとしたクリスピーなトルティーヤと好一対です。
そして穏やかな味だな、と思って食べていると
次第にスパイシーな感じてくるところも面白いです。

食べ進めていくと、タコスミートが登場。
こちらが肉感を楽しむ事が出来まして
ピリ辛な刺激とともに、ソースのベースとなっている
トマトとかの爽やかな酸味とか複雑な旨味を
楽しむ事が出来ます。

そして、このスパイシーなタコスミートを
穏やかに受け止めるフワフワなポテトサラダ。

タコミートとポテトサラダをトルティーヤで巻いて、揚げてあります。
トルティーヤの食感がパイ生地のようでもあります。
この組み合わせが、まずは素敵ですし、
同時に食べると、味が複雑になって、たまりません。

トルティーヤも、パリサクな感触をずっと保っていますし、
これは美味しいです。
そして、こちらも追加で飲んでるビールです。

ああ、汗だくでいただくビールの美味なことよ。

しかもサイズも小ぶりで小腹満たしには丁度いいです。
ごちそうさまでした。

つい、ウカれて、
「♪メ キ シ カ ン ドック~  GOGO~ GOGO~♪」と
鼻歌が出てしまうのは、鼻歌のチョイスでもわかる通り、
私がオッサンだからなのですが。


と、いうことでこの日のスタジアムグルメはこれで打ち止めです。

ゲーム観戦を終えてから、面白いゲームに感謝して
野球の神様に二礼二拍手一礼をしてから

よみうりV通りを歩いて、2009年に在籍していた選手、コーチの手形を見ながら
京王よみうりランド駅へ。

そして、京王よみうりランド16時25分発調布行きで、京王稲田堤へ
稲田堤16時36分発川崎行きで川崎へ
京急川崎17時19分発羽田空港行きで羽田へむかって

18時45分のスカイマーク727便まで少し余裕があるので、
大勝軒でつけ麺をいただいてから、新千歳へと飛んだのでした。



ってことで。(´・ω・)ノシ
現在大阪府大阪市中央区某所で
2日目の朝を迎えています。
身を浄めて、荷物をまとめましたので
これから北海道へもどります。
どうなることやら



ここからが昨日の事柄です。


この日は朝5時50分に起床。台風の様子をチェックしてから、
身辺を整理して、軽く身だしなみを整えてから
6時40分にいったん宿を出まして、
谷町線に乗って東梅田へ。
そこから徒歩で梅田の大坂屋さんで朝ごはんと朝酒でごきげんになって
宿に戻って、帰りの飛行機の時間変更などをします。

その後自室に戻ってブログの更新をしたり
しばしまったりしてから、荷物をまとめたり
身を浄めてから11時25分に宿を出ます。

その後、谷町線~長堀鶴見緑地線と乗り継いで、
ドーム前千代崎駅へ。
ここから歩いて、すぐで京セラドーム大阪です。

大胆に斜めに区切られたデザインが斬新な
四角いビルと、イオンに挟まれた直線の空間に、
巨大なダクトパイプのような銀色の曲線状のデザインが違和感すごく、
メカと怪獣のキメラのような
ウルトラ怪獣のようにも見えて、興奮します。

と、いうことで、まずは球場にむかって、二礼二拍手一礼。野球の神様に
面白いゲームをお祈りしてから、中へ。

外では紀州湯浅DAYということで、少年野球のユニフォームを着た
チビッ子とかがちらしを配っています。

さらに、ステージではB`s Girlsのパフォーマンスが行われています。
近くで見るとド迫力です。
入場開始5分前なので、そのまま待機列に並びます。
そして時間ちょうどに列が動いて、10分後に入場ができます。

入り口のところで、湯浅町のうちわと、観戦ガイド「Bs TIME第11号」を
受け取ってから、まずは自席を確保します。
昨日見たのと近い場所。周囲は水色のホークスユニフォームを
来た人がだいぶおおいです。

席も定めたので昼食の調達。
この日の最初の狙いは「いてまえドッグ」です。
そちらで、吉田正尚選手プロデュースの
いてまえマッチョドッグを購入。自席に戻って売り子さんから購入した
氷結でいただきました。
売り子さんが売っている飲み物のカップのデザインが変わっています。
こういう変化がいいです。
久々のいてまえドッグもボリューミーなだけでなく、
しっかり美味しかったです。
感想はまた後日。

と、いうことで腹もくちくなって、さらにアルコールも入ったので
瞼が下がってきます。

と、いうことで気がついたらヲちていて
目が覚めたら、スタメン発表でした。いかんいかん。

バファローズの先発は山本選手、ホークスの先発は和田選手です。

その後、キッズチアダンスアカデミーのパフォーマンスがあって、
B`s Girlsのパフォーマンスが続きます。

さらに監督同士のメンバー表交換があってから
国歌は大阪市立加美南中学校コーラス部 さん

そして、湯浅のチビッ子がまちかまえる守備位置に、
バファローズの選手が散って
ゲームのはじまりです。

1回表 ホークスの攻撃
先頭明石選手、カウント3-1からバット強振、打球はライト方面に
ぐんぐん伸びてスタンドに入ります。先頭打者ホームランです。すげえ。
われらーのわれらのーソフトバンクーホークスー♪
と盛り上がるレフトスタンドです。
続く今宮選手、ピッチャーへボテボテのあたりですが、
体制崩した山本選手が投げられずに内野安打
グラシアル選手がファーストへの高いバウンドのバントをきめて
アウトの判定に駆動監督がリクエストします。
ビジョンで見ても微妙な感じですが、これがアウトで1アウトランナー2塁
続く柳田選手のあたりは、ライト前への当たりで、
今宮選手が俊足をとばしてホームイン、さらに返球の間に柳田選手は二塁へ進塁
われらーのわれらのーソフトバンクホークス~♪ と盛り上がるレフトスタンド
さらにデスパイネ選手がフォアボールを選んで 1,2塁
さらに追加点のチャンスで内川選手はセカンドゴロで4-6-3のダブルプレー
チェンジです。

あっかーしー あっかーしー のコールに帽子をとってぺこっと頭を下げる明石選手
ドンドンドドン ギータっ!! のコールに帽子を掲げて応じる柳田選手です。


1回裏 バファローズの攻撃
先頭宗選手は低めの変化球を空振りの三振
福田選手は、セカンドの横をゴロで抜くセンター前ヒットで出塁すると
吉田正選手の一撃は、逆方向への力強いバッティングで
レフトスタンドへ運ぶ2ランホームランでバファローズ同点においつきます。
ただ、ロメロ選手、天井に当たる大ファウルフライを
今宮選手と松田選手が追って、結局松田選手が体勢を崩しながらキャッチ
「最初から今宮にまかせ~!!」と鷹ファンの人。
中川選手はセカンドゴロでチェンジです。

まっさーたかー まっさーたかー のコールに帽子を掲げて応じる吉田選手です。


2回表 ホークスの攻撃
先頭中村晃選手は初球をレフトフライ
松田選手は、カウント1-2から空振りの三振
甲斐選手は変化球を見逃し三振で、11球で三凡です。


2回裏 バファローズの攻撃
先頭モヤ選手、ワンバウンドした球に手を出しかけて、
バットをとめますが、これがスイングの判定をとられて、空振り三振
判定に不満げなモヤ選手に「さっさとベンチへひっこめー」と鷹の人。
西村選手はレフトへのクリーンヒットで出塁しますが
安達選手、スライダー気味のボールを空振り三振
そのボールでスタートを切っていた西村選手が盗塁を成功させて2アウト2塁
若月選手はショート左へのゴロ、今宮選手が逆シングルでキャッチして
遠投を決めてチェンジです。今宮選手、守備華麗です。



3回表 ホークスの攻撃
先頭、先ほどの打席でホームランの明石選手ですが
カウント1-2から空振り三振
今宮選手は2球目を打ち上げてライトフライ
グラシアル選手は7球粘りますが、こすったような当たりで
ライトフライ。14球で三凡です。

山本選手、ピッチングにおちつきが出てきました。


3回裏 バファローズの攻撃
先頭宗選手が三遊間をゴロで抜くレフトへのヒットで出塁
福田選手は、キャッチャーに捕らせる見事な送りバントを決めて1アウト2塁
さきほどホームランの吉田選手はカウント1-1からセカンドゴロ
ロメロ選手ファーストフライでチェンジです。


4回表 ホークスの攻撃
先頭、前の打席タイムリーの柳田選手がセンターへきれいにはじき返して
出塁します。
デスパイネ選手はライトフライで倒れてから、
内川選手はレフトの左側へのツーベースで2,3塁になります。
アッコちゃん のチャンテで盛り上がるレフトスタンドです
が、中村選手、7球粘るも、外角のシュートを見逃し三振
松田選手センターフライでチェンジです。



4回裏 バファローズの攻撃
先頭中川選手ショートゴロ モヤ選手ファーストフライから
西村選手はショート左へボテボテの当たり。
これを今宮選手がすばやく捌いてファーストに投げますが、
西村選手の足が勝り内野安打
安達選手は三塁線のがら空きになったスペースに
見事セーフティバントを決めて 1,2塁
「お゛い、せこいことやめーや!!」と鷹の人
チャンテで盛り上がるライトスタンドですが
若月選手はショートゴロでチェンジです。

ホークスもバファローズもお互いに2人ランナー出しますが
そのチャンスをいかせません



5回表 ホークスの攻撃
先頭甲斐選手、ショートゴロ、明石選手、高めのストレートを空振り三振
今宮選手サードゴロで12球で三凡です。


5回裏 バファローズの攻撃
ホークスは、バファローズ打線を初回の2点のみにおさえてる
和田選手にかえて嘉弥真選手をマウンドにおくります。
宗選手、カウント1-1からピッチャーゴロ
福田選手低めの変化球を左中間に打ち上げてセンターフライ
吉田選手はレフトフライ 10球で、バファローズ、初の三凡です。


6回表 ホークスの攻撃
先頭グラシアル選手がストレートのフォアボールで出ると
柳田選手、カウント1-0から右中間を深々と破るあたりで、
タイムリースリーベースになります。
われらーのーわれらのーソフトバンクーホークス~♪
ここで、デスパイネ選手は二球続ける大降りで空振り三振
内川選手は、ライトへの浅いフライで犠牲フライにならず 2アウト
ただ、中村選手はカウント1-1からセンターへはじき返して、
柳田選手が還ってさらに一点追加です。
われらーのわれらのーソフトバンクーホークス~♪と盛り上がるレフトスタンド。
松田選手のレフトフライでチェンジです。



6回裏 バファローズの攻撃
ホークスは甲斐野選手をマウンドにおくります。
ここで、甲斐野選手、
ロメロ選手、中川選手、モヤ選手と
三者連続空振り三振で三凡です。すげぇ。



げ~んか~いな~だ~の~し~おか~ぜに~♪
から風船ピゅー。三塁側内野席からも、結構な数の風船が飛びます。
ラッキーセブン7回表 ホークスの攻撃です。
先頭の甲斐選手、レフトへのヒットで出塁すると、
明石選手が一塁手前に見事送りバントを決めてランナー2塁
バファローズは山本選手にかえて、山田選手をマウンドにおくります。
ホークスは2塁走者甲斐選手に代えて、代走高田選手です。
今宮選手は高めのボールを空振り、三球三振
グラシアル選手は、カウント2-1からバット一閃。
ボールはどんどんのびて、途中でセンターもレフトも足が止まって
スタンド中段に飛び込む2ランホームランです。
柳田選手は空振り三振でチェンジですが、
ここで、2点追加は、イタいです。


あーあーオリックースバッフアローズ♪ と
スカイダンスタイムがあってから
風船ぴゅー

レフトスタンドは、グーラシーアルー グーラシーアルーと盛り上がって
ラッキーセブン
7回裏 バファローズの攻撃
ホークスは高橋純平選手をマウンドにおくります。
さらに代打の高田選手をショートに入れて、ショート今宮選手の打順に
ライト福田選手を、ライトの中村選手がレフトにまわって、
レフトグラシアル選手の打順にキャッチャーの高谷選手を入れます。
先頭西村選手が高めのストレートライトフライ
安達選手は9球粘った末に最後のボールハーフスイングをとられずにフォアボール
若月選手の代打小田選手はフォアボールを選んで 1,2塁
ここで、ホークスはモイネロ選手をマウンドに送ります。
タオルダンスで盛り上がるライトスタンドです。
そして、宗選手カウント2-1からの当たりは、右中間をぬく
2点タイムリーツーベースです。
さらに、福田選手がフォアボールを選んで1,2塁になると、
吉田正選手はレフトフライにたおれますが、
ロメロ選手がライト前に運んで、宗選手が還って、
バファローズ1点差に追いつきます。
中川選手はストレートのフォアボールで満塁になって、
一打逆転の場面ですが、モヤ選手空振りの三振でチェンジです。


8回表 ホークスの攻撃
バファローズは吉田一選手がマウンドにあがります。
さらに、代打の小田選手がセンター、センターの宗選手がサード
サードの中川選手がファースト、ファーストモヤ選手の打順に
キャッチャー山崎選手が入ります。

デスパイネ選手、大降りをして空振り三振
内川選手、低めの落ちる球をひっかけてサードゴロで2アウトから
中村晃選手、レフト線のいいところに落とすツーベース
さらに周東選手を代走に送ります。
松田選手は申告敬遠で 1,2塁から、
高田選手センターフライでチェンジです。


8回裏 バファローズの攻撃
ホークスは武田選手をマウンドにおくり
代走の周東選手がそのままレフトに入ります。
回の先頭西村選手に代打の小島選手は
内角のストレートに根っこで詰まったようなあたりでショートフライ
安達選手、ストレートのフォアボールを選んで出塁しますが、
小田選手へ2球なげたあとの牽制球が
安達選手の顔面にあたり、安達選手がうずくまっています
(ちなみに、顔面にあたったのは、宿に戻って知りました)
そして、安達選手に代走佐野選手がおくられます。
さらに小田選手への4球目に盗塁をきめて、
小田選手のセカンドゴロの間に三塁へすすみます。
ここで、ホークスは押さえの切り札森選手をマウンドに送ります。
バッターボックスには本日タイムリーもある宗選手ですが、
ここはショートゴロに討ち取られます。



9回表 ホークスの攻撃
バファローズは澤田選手をマウンドにおくります。
さらに代打の小島選手がサードに、サードの宗選手がセンターへ
センターの小田選手がライトへ、鈴木昂選手がショートに入ります。
先頭明石選手がライトへのヒットで出塁すると
福田選手のファーストゴロで1アウト2塁
高谷選手、高めのボールを空振り三振
柳田選手は、申告敬遠で1,2塁から
デスパイネ選手、空振り三振でチェンジです。



9回裏 バファローズの攻撃
先頭福田選手一度もバットを振ることなく
内角のストレートに手が出ず見逃し三振
吉田選手は一度もバットを振ることなくカウント3-1から四球を選びますが、
ロメロ選手キャッチャーへのファウルフライ
中川選手、セカンドライナーでゲームセットです。

と、いうことで面白いゲームを堪能したことを
感謝して二礼二拍手一礼をしてから、長堀鶴見緑地線~谷町線と乗り継いで、
宿へ戻って、まったりとすごしたというわけです。



H 6-5 Bs

勝利投手[ ホークス ] 嘉弥真 (2勝2敗1S)
セーブ[ ホークス ] 森 (2勝3敗35S)
敗戦投手[ バファローズ ] 山本 (7勝6敗0S)

本塁打[ ホークス ] 明石5号(1回表ソロ)、グラシアル27号(7回表2ラン)
[ バファローズ ] 吉田正27号(1回裏2ラン)
観衆数 34283人  試合時間 3時間50分





ということで (´・ω・)ノシ
現在大阪市中央区某所で朝を迎えました。
これから、京セラドーム大阪で行われる
バファローズvsホークスのゲームを観戦します。

ちなみに、この宿、2015年のYuki KAJIURA LIVEで
畏友p氏と泊った宿でした。
なつかしいですね。


さて、ここからがタイトルの記事です。


先日は、朝5時50分に目が覚めました。
しばしまったりしてから、7時20分にいったん宿を出て、
麻里布珈琲さんで、朝食。
モーニングセットBをいただきました。
薫り高いコーヒーと、芳醇なトーストなどで
豊かな気分を味わいました。

7時55分に宿に戻ってから、天気を確認すると、
この日、西宮は一日曇りの予報。
ならば、前日チケットをとった京セラドームではなく、
まだ行ったことがない鳴尾浜に行きましょう。

身を浄めてから、今日はタイガースのゲームなので、
セシルフィルダーのデトロイトタイガースのTシャツを着ます。

そして、8時35分にチェックアウト、2日間お世話になりました。
来年、また由宇でゲームがあるときにお世話になります。

岩国駅に行き、スポーツ新聞を購入してから
8時46分発の広行きに乗ります。このまま呉に行くのもいいねぇ、
と考えはしますが、行かないです。野球がオフになったら再訪したいです。
向かいに、カープラッピングトレインが止まっています。
これはテンションあがります。
定時に列車は発車。
途中、岩国や大竹の工場地帯を興奮したり、瀬戸内ののたりとした穏やかな海を堪能したり、
久々の宮島に感動したり、
こうの史代先生の母校、井口高校を確認したり、
Cocos道の西殿の姿をおさめるために訪れた新井口や
草津や古江(ここらへんに、西区出身のこうの先生の出身小学校もあります)
の広電の駅を見ながら西広島で、
赤いユニのカップルが乗ってきます。

カープ戦に行くのでしょう、がんばってつかーさい。
と最初は思ったのですが、
この日のゲームは甲子園です。そのまま2人は甲子園へ
いいなぁ。

そして広島駅に9時38分着。昼食にする予定の駅弁を購入してから、
9時50分発の、のぞみ124号に乗ります。
件のカープユニのカップルだけでなく、タイガースユニの人も乗ってます。
11時05分に新神戸着。地下鉄の西神中央行き11時11分発で、三宮へ
阪神三宮で11時26分発、阪神の直通特急梅田行きで甲子園へ行きます。
車内はアカい人、黄色い人いりまじっていて早速カオス状態です。

そのカオスのまま甲子園へ。
甲子園は入場時間前ですが大混雑。
あ、黄色い吉野家ができています。

多くの人が球場へ向かう中、私はなくなく
鳴尾浜行きのバス停に向かいます。
(この時期の甲子園でのしかもカープ戦とか
絶対チケット手に入らないです。駅にも件は全部売り切れといった旨の
表示が出ていました)

そして、バス停に止まっている11時57分発のバスに乗って
鳴尾浜を目指します。バスは7割り位座席が埋まっています。
バスから見る甲子園もいい感じ。
あ、黄色いローソンが見えます。

そんな感じでバスはどんどんすすんでいきます。
で、武庫川団地を超えて、県立総合体育館のバス停で
多くの人が下車するので、つられて下車します。

が、半分ぐらいの人がバスに残ったままバスは発車し、
降りた人は体育館の敷地へ消えていきます。

??

これ、やっちまったか??

あわててバスの走っていったほうに歩きますが、ここで
完全に道に迷ってしまいます。
で、さっきバスに残った人が歩いているのを見つけたので、
ついていくと、リゾ鳴尾浜でした。ぜんぜん違うじゃん!!

と、いうことで結局工場や倉庫群を戻ります。

あとで県立総合体育館の敷地を通ってそのまま裏に出れは
いけることにいまさら気がついたのです。

と、いうことで、ものすごく遠回りをしてから
ようやく鳴尾浜球場に到着です。
タイガースDEN 虎風荘の表示も見えます。

虎風荘というと、いしいひさいち氏が描いた
どう見ても仲野荘にしか見えない建物に「虎風荘」と看板が出ていて
カケフやオカダが会話しているシーンを思い出しますが
当然そんなことはなく、瀟洒なつくりの建物です。

歓声が聞こえます。そして、敷地に入るところで二礼二拍手一礼
野球の神様にご挨拶をしてから
Tigers Den 阪神鳴尾浜球場と書かれた場所を写真にとってから中へ。
一塁側が人が薄そうなので、後ろから二列目、一番外野よりの場所を確保。
ゲーム開始15分以上たっているので、ゲームは2回の表、バファローズの攻撃です。
雲の合間から、すこし青空が見えます。

ちなみに先攻バファローズは、
遊 太田
二 宜保
一 マレーロ
D T岡田
左 杉本
捕 稲富
右 宮崎
中 根本

後攻タイガースは
右 江越
二 熊谷
左 島田
一 板山
左 俊介
遊 森越
捕 長坂
D 片山
三 藤谷

というスタメン。
タイガースは前日先発が発表されながら、ゲームが流れた
秋山選手がスライド登板をしているようです。

マレーロ選手がレフト前ヒットで出て、
T岡田選手が一二塁間を渋く抜くライト前ヒットででますが、
ラオウ杉本選手がショートゴロで6-4-3のダブルプレー。
稲富選手サードゴロでチェンジです。


二回裏 タイガースの攻撃
バファローズのピッチャーは、ルーキーの富山選手です。

先頭板山選手はライトフライ 続く俊介選手はレフトの左、
ワンバンでフェンスに当てるスタンディングダブルで、1アウト二塁
ただ森越選手、長坂選手、連続で空振り三振でチェンジです。

最後のバッターがキャッチャーだったので、
プロテクターとかつける間、ボールを受けているのが岡崎選手です。

三回表、バファローズの攻撃
先頭宮崎選手、初球をファーストフライ、
続く根本選手、サードフライ、太田選手セカンドゴロで8球で三凡です。

晴れてきて、日差しが強くなってます。
三回裏 タイガースの攻撃
先頭片山選手の強いあたり、セカンド宜保選手が横っ飛びしますが
とどかずにセンター前ヒット、
続く藤谷選手の二球目、富山選手のワイルドピッチで、
片山選手は二塁へ。
ライトから宮崎選手が
「トミ、がんばれトミ!!」と声を張り上げます。
ライトが近いせいもあって声がよく聞こえます。
その後藤谷選手はスライダー気味のボールに空振り三振
江越選手も抜いた球に空振り三振、
熊谷選手ショートゴロで、12球でチェンジです。

攻守交替のときに、バファローズの早川コーチと、
タイガースの日高コーチがなんか話をしてます。
この2人、バファローズでチームメートでしたもんね。

四回表 バファローズの攻撃
宜保選手ショートゴロ、白崎選手サードゴロから
マレーロ選手はショート左を鋭く抜くレフト前ヒットで出ますが、
T岡田選手、空振り三振で、8球でチェンジです。

四回裏 タイガースの攻撃
先頭島田選手、ショートへの強いゴロを打って
太田選手がこれをこぼして、投げることができずに出塁
さらに、板山選手の打席で富山選手のワイルドピッチで二塁へ進塁
板山選手は空振り三振 俊介選手のライトフライで、
島田選手は三塁に進塁しますが、森越選手空振り三振でチェンジです。

五回表 バファローズの攻撃
ラオウ杉本選手、バットがややボールの下に入った感じですが
飛距離が出て、ウォーニングゾーンで、江越選手がキャッチ。
あと一伸び足りませんでした。
稲富選手ファーストへのファウルフライ
宮崎選手サードゴロで、12球で三凡です。

五回裏 タイガースの攻撃
先頭の長坂選手が、センターへきれいに運んで出塁
続く片山選手は一二塁間を高いバウンドのゴロで抜く
ライト前ヒットで一二塁
ここでマウンドに内野手が集まって。ベンチからも
小林コーチが出てきます。
ただ、藤谷選手にストレートのフォアボールを出したところで、
吉田凌選手にスイッチ。吉田選手、以前ハイタッチをしてもらいました。
ピッチング練習をしているときに、マレーロ選手と藤谷選手が談笑してます。
そして吉田選手、先頭の江越選手にもフォアボールを出して、
押し出しでタイガース先制です。
熊谷選手は浅いセンターフライで、犠牲フライにはならず
島田選手のファーストゴロをマレーロ選手がすばやくキャッチャーにおくって
片山選手がアウト。2アウトをとりますが、
板山選手にライト前へ鋭いヒットを打たれて、
藤谷選手、江越選手が還って、二点追加。
俊介選手はフォアボールを選んで一二塁になりますが、
森越選手、ライトの右に飛んだあたりは風に流されますが
宮崎選手がランニングキャッチでチェンジです。


六回表 バファローズの攻撃
先頭根本選手、空振り三振 太田選手、ファーストへのファウルフライ
宜保選手セカンドゴロで、10球で三凡です。


六回裏、タイガースの攻撃
この回から東明選手がマウンドにあがります。
先頭長坂選手がセンターフライ
片山選手がレフトフライで倒れてから
藤谷選手が右中間への飛球、宮崎選手がグラブを出しても届かず
フェンスへボールは転々とし、
その間藤谷選手は三塁に到達します。
さらに江越し選手の3球目を稲富選手がパスボールをして一点追加です。
江越選手はフォアボールで出塁しますが、
熊谷選手をライトフライにうちとって、チェンジです。


七回表、バファローズの攻撃
白崎選手に代打、後藤駿太選手です。
カウント2-2からファーストへ鋭い当たりが飛びますが、ライナーで
グラブにおさまり1アウト
本日二安打のマレーロ選手は空振り三振
T岡田選手は低めのストレートを見逃し三振 13球で三凡です。


七回裏 タイガースの攻撃
バファローズは代打の後藤選手がセンターに入って、
センターの根本選手がレフトへ、レフトの杉本選手がファーストへ
ファーストのマレーロ選手が退いてキャッチャーフェリペ選手
キャッチャーの稲富選手が退いてサードに山足選手です。
さらに、ピッチャーは元阪神の金田選手です。

先頭の島田選手センターフライ、板山選手見逃し三振
俊介選手の二球目の三塁側へのファウルボールが
キャッチボールをしていた岡崎選手のすぐそばに飛んで
岡崎選手があたふたしている様子に和むスタンドです。
俊介選手はセカンドゴロ、11球で1回以来の三凡です。



八回表 バファローズの攻撃
先頭ラオス杉本選手。一球ファウルからの二球目を強振。
ボールはレフトの頭上を越える特大ホームランで、
タイガースの外野陣も全員見上げています。
すげぇええええええ。
続く山足選手のあたりはセカンド左への深いところへ
熊谷選手がしっかりおさえて、切り替えして
すばやくジャンピングスローで一塁へおくりますが、
山足選手の足がまさって内野安打です。
さらに、代打の松井祐選手がライト前にはじき返して
ノーアウト一二塁。代走に高城選手が出ます。
ここでタイガースの内野陣はマウンドに集まって、
香田コーチも来ますが、コーチは最後にがんばれ、みたいな感じで
お尻をぽんぽんっとします。
根本選手セカンドフライ、太田選手サードゴロで
5-4-3の併殺打です。


八回裏 タイガースの攻撃
キャッチャーのプロテクターをつけて宮崎選手が登場。
「宮崎、キャッチャー」などとバファローズファンが反応してます。
代走ででた高城選手がキャッチャーに入り、キャッチャーのフェリペ選手が
ライトに入ります。そして、ピッチャーはエップラー選手です。

先頭森越選手、レフトフライ、長坂選手見逃し三振
片山選手セカンドゴロで10球で三凡です。


九回表 バファローズの攻撃
タイガースは、抑えの伊藤和雄選手をマウンドに送ります。
伊藤選手って、小川東中-坂戸西高から、東京国際大学に入って、
東京国際大初のドラフト指名された選手です。この経歴、親近感を覚えます。
先頭宜保選手空振り三振、
後藤選手は、ライト線に落とすヒットでツーベース。
フェリペ選手、空振り三振でツーアウトから
T岡田選手をフォアボールで歩かせて、
本日特大ホームランを打っている、杉本選手ですが、
見逃し三振でゲームセットです。

【勝利投手】[タイガース]秋山(10勝2敗0S)
【セーブ】[タイガース]伊藤和(0勝0敗1S)
【敗戦投手】[バファローズ]富山(4勝2敗0S)
【本塁打】[バファローズ]杉本 14号

観衆数250人  試合時間 2時間45分

と、いうことで、予想より早くゲームが終わりまして、
このまま宿に入ってもいいのですが、
せっかくチケットがあるので、京セラドームに行きましょう。

と、いうことで、15時22分のバス(実際にきたのが32分でした…)で
甲子園駅へ。一軍戦がまだ佳境なので、球場内は盛り上がっていますが
外は嵐の前の静けさ状態です。
42分にバスが到着。急いで駅へ行きと、ちょうど42分が出て行くところでした。あああ
15時49分発梅田行き直通特急で尼崎へ
尼崎で15時55分発大和西大寺行き準急で16時10分にドーム前着。

独特の威容を味わいながら、野球の神様に二礼二拍手一礼をしてから
中へ入ります。

そして、三塁側内野自由席の通路側を確保すると、

8回表 マリーンズの攻撃です。
沸いているのは、中村奨選手が代打でおくられていたからで、
ど迫力のチャントがドームの天井に反響します。
これこれ。
中村奨選手レフトフライ、レアード選手、ファーストのファウルフライで2アウトから
藤岡選手が9球粘った末にフォアボールを選んで出塁
さらに、荻野選手が レフトへのヒットで1,2塁になったところで、
バファローズは好投の山岡選手に代えて、ディクソン選手をマウンドにおくります。
ここで、大地選手がカウント0-1からセンター前にはじき返して
マリーンズが一点かえします。
続くマーティン選手はショートゴロでチェンジですが、
この終盤の追い上げでテンションあがるレフトスタンドです。

チーハーヤッ! チーハーヤッ!
ダーイーチッ! ダーイーチッ!
と盛り上がるレフトスタンドです。

8回裏 バファローズの攻撃
マリーンズは代打の中村選手がセカンドに入り、セカンドの三木選手がサードに入り、
細川選手がキャッチャーに入ります。
先頭宗選手、沈む変化球に空振り三振
福田選手も、沈む球を打ち上げてレフトフライ
吉田正選手も、落ちる球をひっかけてショートゴロで三凡です。


9回表 マリーンズの攻撃
バファローズは、鈴木昂選手がサード、小田選手がレフトに入ります。
先頭井上選手セカンドフライ、角中選手セカンドゴロで 2アウトから
三木選手の代打、清田選手が初球をライトへ運ぶと、
中村奨選手は三遊間へのゴロ、ショートととがずレフト前ヒットになって 1,2塁
ここで、一発出れば逆転の場面で、レアード選手。
レフトスタンドのテンションもMAXですが、KKBのカウント1--2からストレートを
空振り三振でゲームセットです。



と、いうことでこのゲームも3時間かからずに終了。
野球の神様に明日の再訪を報告してから二礼二拍手一礼、
翌日のチケットを購入してから、ドームを後にして、
5時30分に谷四にある宿にチェックイン。

その後、近場の串揚げやさんで、串をいただいたりして、
夜をすごしたというわけです。



ということで (´・ω・)ノシ
現在も岩国某所で朝を迎えました。
朝食を終えて、身も浄めて、
これからの、カープ戦ではなく、タイガース戦を見るために、
鳴尾浜に出撃をする、準備をしているところです。
天気は本日も悪い予報ですが、
どうなることやら。


そもそも、私が野球とか、同人イベントとか、
ライブとかでの遠征のときに宿泊でお世話になっている
某ビジネスホテルのチェーンですが、
ある野球遠征のときに、9月14日に岩国にオープンする広告が目に入りました。

こちらオープン直後は3950円で宿泊ができます。
最初はただぼーっと見ていたのですが、気がつきました。
9月下旬カープの二軍戦は、ウィークデイしかありませんが、
仕事が薄い日があります。この金曜ならいけます。

有休ならぬ由宇休です。

ただ週末のマツダのゲームのチケットは当たり前ですが
とれませんので、大阪とかで野球を見よう。
と、飛行機のチケットと宿をとったわけです。


が、

が、

前日は、無念の雨天中止でした。
残念ですが、それなりに楽しいこともありましたので、
そんなふりかえりです。


前々日は午前中で仕事を終えて、午後から由宇休をいただいて
千歳へ車を走らせます。
途中、4箇所で道路工事の片側交互通行があって、
少しじれましたが、その他は順調。なんとか15時30分に新千歳空港着。
今回は往復skymarkなので、B駐車場です。
25番の空港連絡近くに駐車できました。
25番といえばやはりアライさんなのだ。


その後、搭乗手続き、手荷物検査を終えて制限区域内へ。
ローソンで軽食を購入しているともうすでに全員のお客様を
機内に案内していますので、並んで機内へ。
お世話になったのは、新千歳16:05分発、神戸行きSKY176便。
機内でからあげクンでハイボールをいただいてから
いつものように爆睡。途中、目が覚めたら、外は夜景が見えます。
18時05分、定時に到着。

その後、18時15分発のポートライナーで三宮へ
18時42分発の地下鉄で新神戸へ

18時52分発の新幹線のぞみ47号で広島へむかいます。
本当は新神戸で駅弁を買いたかったのですが、
乗り換え時間が少なかったので、無理。
車内販売で購入しますが、購入した「秋の彩り弁当」も
淡路屋のお弁当でした。こちらも美味でした。
詳細はまた後日。

そして、この日は珍しく一睡もせずに広島到着の
放送を聴きます。これを聴くと、じきに見えるのがズムスタです。
おお見えますね。ありがたや。
ただ、この日はゲームもイベントもなかったので
真っ暗で明かりがついているのは、トレーニングジムだけでした。
こういうズムスタははじめてみます。いろいろな表情を見せてくれます。

そして広島駅で、広島発、20:09分発のこだま825号に乗り換えて、
20時29分に新岩国着。
ここで、20時54分発のバスで岩国駅へ向かいます。
途中、ライトアップされた錦帯橋の横を走ります。
これもはじめてみました。いいものを見ました。

そして、岩国駅に21時18分着。
宿には21時25分過ぎに到着しました。

そして、宿でまったりしながらすごします。



翌日は、5時00分に起床。
ブログを更新したり、うだうだします。
天気予報を見ると、この時点では雨の降り出しは18時くらい。
なんとかなるかな、などと思いながら
7時35分に宿の無料朝食をすませ、その後
身を浄めてから、赤いアンダーシャツ、赤いカープボクサーパンツ
赤いカープのくるぶしソックス、赤いハーフパンツ
そして26HIROSEのビジターユニを身にまとい
9時45分に宿を出ます。朝刊とかアルコールを購入。
日刊スポーツの一面にすごく大きな文字で「緒方」の文字があったので
何事か!と思ってみると、「緒方 壮絶 V逸」でした。
そう、前日のカープは対ベイスターズ戦、天敵今永投手を攻略しての7-0から
追いつかれて、さらに今村選手がソト選手にさよならスリーランを打たれて
大逆転負け、優勝、そしてV4が完全に消えた日でした。
ああああ
9時56分の下関行き山陽線に乗ります。
広島発の列車に遅れが出ていて、その接続待ちで
ほんの少し遅れましたが、無事出発。
工場地帯の横を過ぎると、蓮根畑があったり、田んぼがあったりと、
ローカル線の風情がいいです。
藤生から通津の間は、瀬戸内海のすぐ横を走って、
たりとした瀬戸内海のおだかな波がいい感じです。

由宇駅に到着したのが、10時04分。
跨線橋にカープの若手の写真が貼られたり、
柱の色が赤くなったりしていて、気分が上がります。

入り口のところでカープ坊やがお出迎え。
カープタウン由宇 の文字も2年ぶりです。

さらに駅前の階段には、スライリーやカープ坊やの階段アートが
あしらわれています。
そんなのを見ながら、駅近くのセブンイレブンでお買い物をしてから
10時48分発のバスを目指していったん戻ります。

すると、カープのユニフォームをまとった
タクシーの運転手さんが談笑されていますし、
カープ坊やとかが描かれたタクシーもあります。
そんなのを写真におさめてから、バスに乗り込みます。

バスは定時に出発。だいたい半分くらいの人の入りです。
2年前は、バスは満員だったので、当初はもう一本早いバスをも
考えたのですが、そのときは土曜日で、今日は金曜日。
ウイークデイなので、そこまでは混まないだろうと思っていましたが
正解でした。

バスは細い道をずんずんすすんでいきます。
棚田には、黄金色の稲穂が頭をたれています。
畦には彼岸花がさいていまして、いい里山の風情です。
ここにも蓮田が多いです。

次第に心細くなる道で、ワクワクします。
富田林球場に言ったときも、由宇みたいと思いましたが、
やはり、こちらの道のうねうねぶりはスゴいです。
などと思いながら、バスがうねうねと進んでいくと、
広島東洋カープ由宇練習場と、カープ坊やが描かれた看板がお出迎えです。

この日はウィークデイなので、路駐の車とかはありませんし、
途中の駐車場もあいていましたが、球場に隣接している
駐車場は満車です。

と、いこうことで、セ界最後の秘境、
21世紀のフィールドオブドリームスと言われる
広島東洋カープ由宇練習場に到着です。
確かに、誰もいなければ、山間に唐突にある球場ですから
さもありなんですが、2年ぶり来ました

ただ、気がかりなのが、バスが由宇練習場に近づくにつれて、
フロントガラスに雨粒が当たりだすこと。
ま、まだ本降りではないから、大丈夫かな
と思って中へ。

駐車場には、タイガースのマークがあしらわれた
黒猫ヤマトの車とかバスがあります。
さらにあがったところで、
野球の神様に二礼二拍手一礼
この日のゲームが無事に行われることと、面白いゲーム、さらにカープの勝利を
野球の神様にお祈りして球場に入ります。

中ではタイガースの選手が練習をしています。
まわりは山に囲まれた フィールドオブドリーム的空間がいいです。

まだ雨が軽く降り続いていますが
前方のところでは場所取りをした人がスタンバっていますし、
小型テントも張られています。

ただ、雨の状況がどうなるかわからないので、
いったん売店のあるる一塁側の木の下に荷物を置いてから
昼食をしいれます。

この日のキッチンカーは2台。平日でも来てくれてありがたいです。
さらに、かつての選手の更衣室で、現在は売店がある
スペースの奥でも、牛丼、カレー、うどんが売られています。

で、この日初めて見るメニューを発見。
それが「ファミーユ」さんのオリジナルカレーライスです。
いぜん、こちらのカレーパンを食べたことがありましたが、
カレーライスは初めてです。

と、いうことで購入します。
「雨、ずっと降っているんですか?」とお店の方に聞くと、
「いやー、さっきから降り始めたんですけど、」とのこと。
なら、あがるかな?と思いながらカレーをいただきました。
美味しかったです。感想はまた後日。

さらに、まだ入りそうですし、小雨が降る中、
私は半そでハーフパンツ姿で、少し冷えてきたので、
うどんをいただきます。うどんは「てぬきうどん」と書かれていましたが
どうしてどうして美味でした。こちらの感想もまた後日。

なんてことを楽しんでいますが、雨脚は少し強くなりましたか。
スタッフの人がマウンドとかにビニールシートを置いています。

そして、12時にアナウンスが入ります。
雨中かな?と思って聞いていると、
「13時に開始時間を遅らせる」とのことです。
ならこの雨は通り雨だと思っているということかな、
などと思いますが、雨は引き続き降っていますし、
12時30分近くになると、キッチンカーも引き上げましたし
帰った人もだいぶいます。

ただ、この時間になると、だいぶ雨脚は弱まりましたし、
タイガースの選手がキャッチボールをしています。

お、これはできそうかな?と思っていると12時43分に
先発ピッチャーの発表、
カープはモンテイージャ選手、タイガースは秋山選手です。
よし、なら覚悟を決めていくか、と改めて赤いレインポンチョを羽織って
折りたたみイスを出して、三塁側にスペース確保にむかうと

「グランドコンディション不良のため、
本日の野球は中止です」とのアナウンスが流れます。

ああああああ

【悲報】(*_*)雨野登板(*_*)
です。

ま、しょうがないですね。

で、赤いレインポンチョを折りたたむために、
屋根のあるところに行って作業をしていると
歓声がおきます。

??

あとで、この日由宇最後の日だった赤松選手が
胴上げされたとのこと。

ああ見れませんでした~

が帰り支度をすませて、クラブハウスか駐車場のところで
出待ちをするファンの方と一緒に
カープの選手、スタッフお見送り。

スタッフの方と「今日、無理ですか」
「レーダー見たら、むりじゃわ」なんて会話をしていたりとか、
選手の方に「頑張ってくださーい」なんて声を飛ばして
選手の方が会釈している様子などを見ます。
岩本選手とか、小窪選手への声援も大きいですが、
特に大きかったのが、赤松選手です。
「あかまつさーん、ありがとー」などと言ってる人もいますし、
テレビカメラも4台、密着取材をしています。
そのうち一台はわれわれの方を撮っています。
ひょっとして、広島のローカルテレビで流れたりしたんですかね


と、いうことで一通りお見送りをすませて、
野球の神様に二礼二拍手一礼をすませたので、
バスにのります。バスは赤い人を積んで、
定時の13時19分に発車。
13時47分発の岩国行きで岩国に戻って
しばしビバークをしてから、

夜は、お好みスタジアム63さんで、美味しいお好み焼きと、
由宇で食べることが出来なかったカープタコスを
美味しくいただいたというわけです。


ということで (´・ω・)ノシ
現在岩国市某所で朝を迎えました。
朝食をすませて、身を浄めたので、
これから、由宇でのカープvsタイガースの
ウェスタンリーグのゲーム観戦にむかいます。

がんばって応援してまいります。


と、いうことで、ここからがタイトルの記事です。


先日の東京ドームでのカープvsジャイアンツ戦でいただいたものです。

12時の開場時間ちょうどにドームに入りまして、

24番ゲート近くの前も左もバーがある
通路横の好場所を確保しました。
そこにシートを敷いて折りたたみのいすを置いて
食事の確保です。

正直な話し、東京ドームでの球場飯って
そこまで期待をしていなかったのです
(××××ー×よりは、マシ って程度です)

だから、下調べもせずにテキトー向かった8月のファイターズ戦で
ブッタマゲタのです。

ナニコレ

バックネット裏コンコースを中心に
「グルメストリート」が出来ています。
こちら、2019年シーズンから新設された
24店舗からなるテイクアウト専門のフードエリアですが、
「札幌蟹工船」「鐵一」など以前から東京ドームで頑張っているお店とか、
「串かつ田中」「塚田農場」など、国内でよく名前を聞くお店から、
タイ、ベトナム、韓国などアジアン料理店やハワイアンもあり、
バラエティ豊かで料理を選ぶのも楽しいです。

早く気が付けば良かった。

と、いうことでまずは一通り見てから、
最初に「DOME Shop 105」さんへ向かいます。
すると、シスタージャビットと、ヴィーナスがお店前にいて
ファンの方と写真をとっています。

なんでも、ヴィーナスプロデュースメニューを買うと
オリジナルフレームでツーショット写真がとれるとか。
そういうサービスもあるんですか。

ただ、そちらはデザートのメニューだったので、
今回はパス。購入をしたのが、
ドームメロンパンサンド(ハンバーグ)です。

ドームメロンパンサンドは、メロンパンの形が東京ドームに見立てた
人気メニューで、グルメストリートができる前から
好評を博していたところから気になっていました。

で、メニューには、ハンバーグ以外に、抹茶クリーム白玉あずき
もありますが、まずはハンバーグからいただきます。

手渡されると、ほんのりと暖かいのがうれしいでする


さらに、タイ料理の「クルン・サイアム」さんです。
こちらは、ガパオライスとか、パッタイとか、トムヤムポテトなど
タイ料理各種ありますが、こちらでは、グリーンカレーを購入。

紡錘形のプラ容器を満たすのは、ほんの淡く緑色がついた
ほぼアイボリーの色合いのカレーです。
これはいいです。
中には具がたっぷり入っていますし、緑色のピーマンや
赤いパプリカの色もいいアクセント。
こちらも暖かさが手に伝わってきます。

と、いうことで自分の確保したスペースに戻って
まずはカレーからいただきます。

透明なプラのふたをとると、穏やかでやさしい
ココナッツミルクをベースとしたいい香りが周囲に流れます。
これはいいです。

紡錘形の容器の半分くらいにライスが入ってますが、
さらさらのカレーなので、ライスのほうまでカレーがしみこんでいて、
ライスのまわりも取り囲んでいます。
ではさっそくいただきます。

口に近づけると、独特なスパイスの香りと、ココナッツミルクの香りだけでも
気分が上がりますし、さらにハーブの香りもします。

口にすると、香り通りのココナツの味わいがまずはいい感じ。
やさしい甘さがオイシイ、上品なグリーンカレーです。
ココナッツミルクの穏やかな味わいに癒されると、
しだいにしっかりとした味わいも感じられます。
単純に甘いのではなく、ベースになっている
旨みやコクがしっかりとしているので、濃さもいい感じです。
甘さとその他の味のバランスが絶妙ですし、
甘さとしょっぱさのコントラストがいいです。

そして、この濃い味わいにじんわりと後から効いてくるスパイスの刺激

味的にも、香り的にも、ビジュアル的にも、
このコントラストが素晴らしいです。
これらのスパイスや具の使い方は、決してケレンミがある感じではないのですが
気持ちよく刺激をします。
スパイス、ハーブが突出しているわけではなく、
ほどよく、ココナッツミルクと調和をしながらも
さりげなく主張をしているって感じなのです。

東南アジア風のグリーカレーですから
エスニック料理ですので、そんなに食べ慣れているわけではありませんが、
食べる時にどこか郷愁を感じる懐かしい味なのです。
これが、魅力です。

そして、カレーの表面に乗っているのは
たっぷりの千切りたけのこで、軽くあまじょっぱい味付けがされていて
シャクシャクな食感と、素朴な味を楽しむことができますし、
その下に隠れているのがたっぷりのチキンです。

これが、本当にたっぷりで、下手したらご飯と同量あるのては、
という量。こんなにたっぷりとチキンが入っているグリーンカレーって
初めてかもしれません。この食べ応えがうれしいです。
そして、量だけではありません。
ほろほろに煮込まれていて、大きめカットなのに
スプーンで簡単に切れますし、口に入れると軽く歯を立てるだけで
ほぐれるようなしっかりとしたヤワラカさと、
ジューシーさで、淡白ながらしっかりとした美味しさがある
肉滴がじゅわっとあふれて出てききて、この肉滴、スープに馴染みます。

当然歯ごたえしっかり目の、ライスともベストマッチ。
上に載っているピーマンやパプリカのアオい味もいいアクセントです。

そして、このカレー、食べ進んでいくと次第に蓄積されてくる
スパイス感。ココナッツミルクの感じは強く香りも味も甘いですが、
甘い甘いと油断をして食べ進めていると
マイルド一辺倒ではなく、スパイスを効果的に使っている事が汗腺でわかります。
次第に汗をかいてきます。これです。グリーンカレー食べてる感が
満たされます。匂いは甘いのに味は刺激的
でも旨みたっぷりで食べるのが止まらない。
ああ、いいですね。

そして、さらさらのカレーなので、最後のほうは
米とカレーがしっかりと混ざってきます。
私は混ざるにまかせていただきます。

美味しかったです。ご馳走様でした。


ちなみに、「クルン サイアム」さんは都内で店舗を増やしている
タイ料理のチェーン店だそうで、

「クルン」はタイ語で「古い都」、
「サイアム」はタイ王国の旧称のことだそうで、

「古くからのタイの伝統を保った都」という意味だそうです。
納得しました。

次はガパオかパッタイも食べたいです。


そして、二品目のメロンパンサンドですが、

前述どおり、メロンパンがドームの天井に似てるから
できた名物メニューです。

まずは大ぶりなメロンパンは、甘いメロンの香りと
バター風味もいい感じ。
表面がサックリとほんのすこし固さがあって、
そして中はふわっとしているバランスに、
パンの醗酵香と甘さとバターのやさしいしょっぱさがいい感じ。
小麦の味もしっかりしていて、
この段階で本当に美味しいメロンパンですが、
今回はこのパンをバンズにしているハンバーガー。

ハンバーグは結構分厚くてボリュームたっぷり。
肉の味もしっかりしていますし、ハンバーグがやわらかく、
肉滴もたっぷりで、肉食べている感が満たされます。
とりまくタレもあまじょっぱくて、ハンバーグだけでも
甘いしょっぱいメニューですが、
このメニュー、バンズがメロンパンです。

このほの暖かく甘いメロンパンと、あまじょっぱいタレと肉の味
食べる前はどんなもんかとおもっのですが、
意外といけます。

あまじょっぱいメニューの新境地というか、
甘み強めのメニューとしょっぱいのが交互にきたり
時間差で来たり、同時に来たりすると
最初感じていたミスマッチが、次第に病みつきになります。
さらに食べ進めていくと、中に入ったハニーマスタードが
これれも甘さとピリ辛の橋渡しをしてます。

キャベツのシャッキリとした感触も悪くないですし、
トータルでありです。

この組み合わせが、ハマるのって、バランスが絶妙なところ
相当試行錯誤したんでしょうね。
まさか人生において、ハンバーグとメロンパンと
同時にかぶりつくことがおきようとは思いませんでしたが、

ミスマッチのマッチングぶりに感服しながら
ぺろっといただいてしまいました。

ご馳走さまでした。


あと、前回来たときも思いましたし、いろいろな人が指摘されているのですが、
東京ドームは、ドリンクの売り子さんのレベルが高いです。

容姿などもそうですが、とにかく一言会話をしようと
話しかけてくれるのです。

前回は、カメラケースにつけていた、かんとり~まぁむ様の
フェルトマスコットについて、
「これ、かわわいいですね」などとコメントくれましたし、

今回も複数の売り子さんから「ありがとうございました」に加えて
「ゲーム勝つといいですね」「最後まで楽しんでいってください」
などと声をいただいたのです。

こういうところ、単純にすげーなー、って思います。




ってことで。(´・ω・)ノシ
現在岩国市某所に隠遁中
明日、由宇であるウエスタンリーグのゲームに
そなえております。
今年初の由宇は、今年最後のウエスタンリーグのゲームです。

思えば、タマスタ筑後、富田林、紀三井寺など
いろいろな球場でカープのゲームを見ますが、
明日は二年ぶりの由宇です。

がんばって応援します。



ここからがタイトルの記事です。

6月15日、新千歳から札幌に入り、21:00頃に宿にチェックイン。
高速を走っている時に、お供にしていた
STVラジオの「ログイン!よるPA」では、パーソナリティーの
北海道一のアニオタアナウンサー藤井さんが、
翌日のスタルヒンで実況をすると語ってます。
なんか親近感です。

そして宿で洗濯やブログの更新をすませてから
ヲちまして、翌朝は6時30分起床。

身を浄めて、荷物をまとめて、宿をチェックアウトです。
お世話になりました。

7時30分に出て、途中ファクトリー前の「半田屋」さんで
朝食をすませてから、札幌インターで高速に乗り
そのまま道央道を通って旭川鷹栖インターへ。
途中、HBCラジオの「朝刊さくらい」~「ナルミッツ!」を聞きます
そのなかでも旭川のお天気情報を流してくれますが、
雨の降り出し、朝の天気予報では6時予報でしたが
5時から降り出すと予報が変わったとか。
ま、どうにかなるでしょう。
旭川鷹栖インターから環状通を通って国道に出て、
公園の総合体育館横の駐車場に車をいれようとしましたが

!!

満車でした。えええええ
まだゲームまで4時間30分あるのに…
河川敷の仮設駐車場しかないかな、
と思いながら一応テニスコートそばの駐車場に行くと

ラッキー。そちらはあいていました。

そこで、しばし仮眠をとってから、11時20分くらいに移動。
なんか陽射しも出てきました。これなら天気大丈夫そうですかね。

護国神社の向かいにあるローソンで、買い物をしてから
スタルヒン球場へ移動です。
ここしばらくスタルヒンへはバスで来る事が多かったので、
久々に護国神社横から歩いての移動です。

スタルヒンの敷地のところでは
幟がはためていたり、横断幕がありますし、
さすが駐車場が満車なのは伊達ではない。
人が一杯で気分があがります。

と、いうことで敷地に入るところで、二礼二拍手一礼
野球の神様に本日のゲームがいいゲームになることをお祈りします。

で、とりあえずスタルヒン像と、スタルヒン球場の表示が
1枚の写真におさまるようにアングルを探していると

何人かの人がやってきて、そのうち一人が紙コップを像に置きます。

誰だ?と思って、その人をよく見ると

!!!!

栗山監督と、球団スタッフの方でした。
スタッフの方にスタルヒン像についてあれこれ語ったり
スタルヒン像に手を合わせたりしています。

か、監督、ゲームの2時間前っスよ。

すげぇえ。

こんな至近距離で、ガードとかされていない監督見るとか、
野球の神様にお願いしていたこの日の運を
初っぱなから全部使い果たした感じです。

周囲の人に「監督~がんばってください~」と言われたり
握手を求める人の求めに応じたりして、監督らは撤収

ああ、びっくりしました。

そんなのにドキドキがとまりません。

その後、あさっぴーが愛嬌をふりまく様子を見たり
ミニマルシェのお店をひやかしているうちに
開場時間10分前になったので、軽く出来ている列に並んで
定時に中に入ります。

この日は三塁側内野指定席でしたが、一番外野よりの
後から4列目の席でした。レフトポールが近いです。

下ではホークスの選手がゲーム前の練習をしています。
緑の芝がきれいですし、ライトスタンド越しに見える鎮守の森とか
遠景の山々とか、見慣れた光景ですが懐かしいです。

ぼーっとそういうのを見てから、まずは昼食の調達です。

スタルヒンといえば、スタルヒンカレーです。
カレーの横に弁当も売られていて、「舞茸弁当」も気になりましたが
初志貫徹。カレーを購入して、美味しくいただきました。

詳細な感想はまた後日です。

さらに練習が続く中、スタジアムDJの八幡淳氏のトーク。
旭川開催のディゲームは、7年ぶりだそうです。
私自身、高校野球を良く見たりとか、
そもそもスタルヒンでプロ野球のゲームを見たのが、
ベイスターズvsドラゴンズのデイゲームだったりした想い出が強くて、
そんなにナイター開催ばかり続いていたっけ。というのが
正直な感想でした。

でも、あのベイvsドラのゲーム、監督は権藤さんと星野さんでした。
平成は遠くなりにけり です。

そして、1時間ばかし経過して、すこしお腹に余裕が出来たタイミングで、
今度はうどんを購入。
スタルヒンうどんを如月食いして、ごちそうさまでした。
ちなみに、この時点で既に、ジュンドックとスタルヒンカレーは
売り切れになっていました。スゴいですね。

13時20分に先発メンバーの発表があって、
ポリーやフレップも一緒になって盛り上げます。
30分に両チームの応援歌のメドレーがあります。
グランド整備が入念にされてから、散水されます。
その間も外野で愛嬌をふりまく、ポリーとフレップです。
46分にRYU-TAさんとYUNAちゃんが出てきてトークしてから
F-GirlSとダンスアカデミー旭川校のパフォーマンスがあります。
このタイミングで照明に灯が入りました。
55分に贈呈式、その後メンバー表交換、国歌斉唱、
ファイターズ選手の選手が守備位置に散ってから
始球式は、少年野球の強豪忠和サンダースのチバくんがつとめます。
見事なピッチングで場内から拍手がわきます。

後ほど、HBCラジオの「ファイターズDeナイト」で聞いたのですが、
忠和サンダースって、元旭川実業の監督をつとめ、何度も甲子園出場を果たした
込山さんが監督をされているそうです。なるほど。

そして、プレイボールです。

1回表 ホークスの攻撃
先頭の明石選手、外角低めの落ちる球に空振り三振
今宮選手も変化球を空振りの三振
グラシアル選手は、センター定位置へのフライで10球で三凡です。


ここで、しょぼしょぼと雨がおち出します。
遠くの山はまだ見えますし、空は明るいので大丈夫かなと思いつつ
一応レインコートを着ます。

1回裏 ファイターズの攻撃
先頭西川選手、四球で出塁
大田選手はストレートに詰まってショートフライでアウトですが、
近藤選手の当たりは今宮選手の左をおそい
今宮選手横っ飛びしますが届かずレフト前ヒットで1,2塁
「じょーがいホームラン ナ・カ・タ!」と盛り上がるライトスタンドですが
中田選手はセカンドフライ
渡邉選手は右中間への大きな当たりですが、中村選手が追いついてアウトです。


2回表 ホークスの攻撃
「先制ホームラン デスパイネ!!」と盛り上がるレフトスタンドですが、
デスパイネ選手、沈むボール空振り三振
柳田選手は7球目をライナーで二遊間の間を鋭く抜く
センター前ヒットで出塁しま。
松田選手はライトフライ 中村選手もライナーでショート左を抜く
レフトへのヒットで1,2塁になりますが、
内川選手、ピッチャーへのライナーを金子選手が捌いてチェンジです。

両軍とも、ランナーをスコアリングポジションまですすめますが
決め手を書きます。


2回裏 ファイターズの攻撃
先頭清宮選手のファーストへのゴロ、内川選手が前にこぼしますが、
掴み直して、自らベースを踏んでアウト
「まず! 出ろ! かーずなりっ!」と盛り上がるライトスタンド
怪我で戦線離脱後、久々の一軍をスタメンでむかえる
石井選手は、9球粘って(後半5球は連続ファウル)10球目を見逃し
四球で出塁します。
が、清水選手の二球目で盗塁失敗
清水選手は3-1からサードゴロで三人でチェンジです。


ここでYUNAちゃんのチビッ子へのインタビューが入って

3回表 ホークスの攻撃
先頭、高谷選手、鋭いゴロでピッチャー金子選手は捕球しそこないますが、
すぐに捕球し直して落ち着いて1アウト
明石選手、2球目をファーストゴロ
今宮選手も2球目の変化球をショートゴロで9球で三凡です。


3回裏 ファイターズ攻撃
先頭中島選手、セカンド横へのライナー明石選手とどかすセンター前へ抜けて出塁
西川選手はファーストゴロが内野安打になって1.2塁
ジンギスカンで盛り上がるスタンドですが、
大田選手3-1からの内角のストレートを
サードゴロにして、5-4-3のダブルプレー、
中島選手は3塁に残ります。
ここで、近藤選手のあたりは、セカンドの横を渋く抜くライト前ヒットで
中島選手が還って、先制点です。
おーいおーいほっかいどー♪
さらに、中田選手は三遊間をぬくレフト前ヒットでなおも1,2塁
ここで、マウンドに選手が集まり、コーチ、通訳もマウンドにむかいますが、続投。
渡邉選手、ファーストへのファウルフライでチェンジです。

少しチグハグなところもありましたが、ファイターズ先制です。

「そーれ、こーんーどー こーんーどー」のライトスタンドのコールに
帽子をとって頭をさげる近藤選手です。


グランド整備があって
4回表 ホークスの攻撃
先頭、グラシアル選手ピッチャーゴロ
デスパイネ選手、レフトへのファウルフライ
柳田選手ファーストゴロをそのまま清宮選手がベースをふんで、8球で三凡です。

テンポのいいピッチングが続きます。


4回裏 ファイターズの攻撃
先頭清宮選手、鋭いライナーがワンバンでセンターにキャッチされ出塁
石井選社は初球でピッチャーへの送りバントを決めると
ファール2球続けた清水選手の当たりは左中間に飛び込みます。
昨日に続いての5号ホームランです。
おーいおーいほっかいどー♪ と、盛り上がるスタンドです。
さらに、中島卓也選手が落ちる球を
綺麗にレフトへ流し打ちで出塁すると、ホークスはミランダ選手に代えて
嘉弥真選手をマウンドにおくります。
西川選手のカウント1-1からの3球目で中島選手が盗塁をきめますが
西川選手、セカンドゴロ、
大田選手のぼてぼての当たりを高谷選手が捌いてチェンジです。


ここで、YUNAちゃんのインタビュー第二弾がはいりますが
スタンドは、しーみーずっ ドンドンドン しーみーずっ ドンドンドン
と盛り上がります。
ボールを受けている清水選手は一旦立ち上がって、おじぎをします。


5回表 ホークスの攻撃
先頭松田選手、ライトフライから、
中村選手、左中間への当たりですが、これを西川選手がランニングキャッチ。
ナイスプレーです。
内川選手は、ライナーでサードの右を抜くレフトへのヒットで出塁しますが
高谷選手、外角の抜いたボールを空振り三振で、12球でチェンジ


5回裏 ファイターズの攻撃
ホークスは、松田遼馬選手をマウンドにおくります。
先頭近藤選手サードゴロから、中田選手がレフトへ力で運んだヒットで出塁。
渡邉選手は2-1から、大きいファウルフライを中村選手がキャッチして捕球して2アウト
清宮選手は3-1からの5球目を見逃しフォアボールで出て、1.2塁
石井選手はカウント2-2から空振り三振でチェンジです。この回も金子投手12球です。


グランド整備と、FガールズのYMCAが入って
6回表 ホークスの攻撃
先頭明石選手、ライナーでセンター前に落とすヒットで出ますが、
今宮選手の三塁線を抜けようとする鋭い当たりを身体を投げ出して
キャッチする石井選手、そのままセカンドに転送して
さらにファーストに転送して、ダブルプレーです。
これは、デカい。
と、思ったら、続くグラシアル選手がガツンと一発。
打ったときにわかるあたりで、そのままレフトスタンド上段に飛び込みます。
げーんかーいーなーだーのー しーおかーぜにー♪ 
と盛り上がってから、
「続けっ 続けっ デスパイネ―!!」とコールの中
デスパイネ選手は 高めのボールをショートゴロでチェンジです。
グーラシーアルー どんどんどん
グーラシーアルー どんどんどん
のレフトスタンドのコールに帽子をさわっつて礼をするグラシアル選手です。


6回裏 ファイターズの攻撃
先頭清水選手 低めの落ちる球を打ち上げてレフトフライ
中島選手のセカンドゴロを明石選手がはじいて出塁。
西川選手がストレートのフォアボールで1,2塁になると、
ホークスは、ルーキー甲斐野選手がマウンドにあがります。
チキチキバンバンで盛り上がるなか、
大田選手はレフトへのヒットを放ちますが、
グラシアル選手の好返球で中島選手が本塁タッチアウト。
2アウトながらまだランナー1.2塁です。
ここで、近藤選手の初球はレフトポールの左への大ファール。
そして、カウント2-2からライトフェンスの上にダイレクトに当たるヒット。
さらに地方球場故か、クッションボールの処置に不慣れな間
近藤選手は三塁へ。タイムリースリーベースです。
おーいおーいほっかいどー♪ と盛り上がるスタンド
続く中田選手は、ショートの左への鋭い当たりのゴロに、
今宮選手が身体を投げ出して飛びついてキャッチ
ここから瞬時に体制を立て直して遠投する今宮選手に対して、
中田選手はヘッドスライディングでセーフ。内野安打になり、
その間近藤選手が還ってさらに一点追加です。
おーいおーいほっかいどー♪ と盛り上がるスタジアム。
ここで、ホークスは泉選手をマウンドにおくります。
渡邉選手はセカンド左をやぶるライトへのヒットで、1,2塁
続く清宮選手がカウント1-2からライトへしぶとく運ぶタイムリーヒットで
さらに一点追加です。
おーいおーいほっかいどー♪
石井選手がSFのカウント0-2から
ストレートを見逃し三振でチェンジですが、
ファイターズ、この回、大量4点です。


げーんかーいーなーだーのー しーおかーぜにー♪から
風船ピューでもりあがってから、
ラッキーセブン
7回表 ホークスの攻撃ですが、
この回からにわかに雨が強くなります。
気が付くと、ライトスタンド奧に分厚い雲が見えます。

柳田選手、センターへの大きなフライ。西川選手はキャッチしてから
フェンスにもたれかかります。
松田選手が、ライトへ綺麗なヒットを放ち、続く中村選手はBBBKKのカウント3-2から結局一度もバットを振ることなく四球を選んで1,2塁
内川選手の打席でいよいよ雨が強くなりますがライトフライ
高谷選手の打席で代打福田選手が登場しますが、セカンドゴロでチェンジです。


ファイターズのロケット7があってから、
ラッキーセブンです。
7回裏 ファイターズの攻撃
高谷選手に代打が出たので甲斐選手がキャッチャーの守備につきます。
先頭清水選手、見逃しで三球三振
中島選手、ファーストゴロを捕球した内川選手がファーストベースを踏んでアウト
西川選手はライト右への二塁打で出塁しますが
大田選手セカンドフライでチェンジです。


ここで、一塁側スタンド後方に見えていた山も
すっかりと雨雲にかくされてしまいます。
.

8回表 ホークスの攻撃
「しっかり しろよ ホークス」
「気合いを いれろ ホークス」と、
レフトスタンドから喝が入れられます。

好投していた先発金子選手に代わって、
高校時代をここ旭川でスゴしていた玉井選手がマウンドにあがります。
これも「フアイターズDeナイト」で聴いたのですが、
佐呂閒町出身の玉井選手が旭川実業に来たのは、
前述の込山さんのスカウトがあったからだとか。
なるほど、地元で頑張って欲しいものですが、
先頭明石選手、センター前へ弾き返して出塁。
明石選手も旭川出身。三塁側ダッグアウトの後くらいに
ホークスの風船がかたまりで何本かあがりましたが、
そこって明石選手の関係者ですかね。
ちなみに、明石選手も忠和小忠和中だそうです。
さらに、
今宮選手がきれいにライトへのヒットを放って1,2塁
代走に高田選手が告げられます。
ここで、この日ホームランを打っているグラシアル選手ですが
レフトへのタイムリーヒットでホークスが一点かえします。
盛り上がるレフトスタンドです。

が、

雨のイキオイがいよいよ強くなってきて、
内野にはさっきからずっと水が浮いています。

ここで、審判が出てきて話したけっか、選手をダグアウトに引き上げさせると、
場内アナウンスで荒天のための中断が告げられます。

そして、10分ぐらい待ちますが、雨脚は衰えません。
内野の水溜りも大きくなりますし、外野ウォーニングゾーンは
池みたいになっています。

そして、主審が出てきて、右手をあげます。

雨天コールドで、ゲームセットです。


その後、近藤選手のヒーローインタビューを聞きながらスタジアムをあとにします。
さらにスタジアムの裏手で、野球の神様に二礼2拍手一礼
本日の面白いゲームとゲームの成立に感謝しながら
スタジアムをあとにして、駐車場に向かう途中にスタジアムから
大歓声が聞こえます。
アナウンスで、「田中賢介選手が~」などと言っているので、
賢介選手が出てきて何かやったのかな?などと思いながら
駐車場に駐めている車に乗り込むと、
賢介選手のセレモニーとともに、杉谷選手が
賢介選手のユニフォームを着て、ピンクのリストバンドをつけて
雨中のヘッスラをしたみたいですね。さすが、拳士選手です。

そんなのを聞きながら車で12号線をひたすら南下。
途中、三笠の道の駅のラーメンやさんで、
餃子と炒飯を食べてからさらにバイパスにはいって、
地元に戻るとちゅうで
HBCラジオ「アキトム」のトムさんが、
噛みトムのコーナーで2500噛みの偉業を達成する場面を
生で堪能することになったのです。


ちなみに、地元についた時には
「ファイターズDeナイト」が終わりかけてました。

はぁ。

疲れたけど、濃い4日間でした。


H 2-7 F

勝利投手[ ファイターズ ] 金子 (7勝7敗0S)
敗戦投手[ ホークス ] ミランダ (7勝5敗0S)
本塁打[ ホークス ] グラシアル26号(6回表ソロ)
  [ ファイターズ ] 清水5号(4回裏2ラン)

観衆数15182人  試合時間 3時間5分




ってことで。(´・ω・)ノシ
北海道に帰ってきました。

現在札幌某所に隠棲中。
本日、旭川でのファイターズvsホークス戦に備えています。
セ・リーグもそうですが、パ・リーグも大詰めで、
緊迫感あふれる一戦ですが。
リーグも違うので、気楽に野球を楽しんできます。

あとは、天気かな。



と、いうことで昨日のお話です。

南多摩駅の近くに朝食がいただけるお店がないということで
そのまま宿の無料朝食のお世話になります。

そして、ブログを更新したり、身を浄めたりして
MGCを見ながら時間をすごして10時に宿を出ます。

南多摩駅10時07分発 南武線川崎行きで稲田堤へ
稲田堤で少し歩いて京王稲田堤駅へ
京王稲田堤駅発10時20分発快速橋本行きで
京王よみうりランドへいきます。

おお、ここ、「球場三食」(渡辺保裕さん著 講談社アフタヌーンコミック)
で出てきました。

で、主人公日下と、日下の予備校の教え子、代田ライナちゃんは
スタジアムに向かうのに、
全283段の階段を登る「巨人への道」を使ってましたが、
私は最初っから、シャトルバスでらくーに行きます。

10時30分発のシャトルバスは、まだ時間が早いせいか
4割程度の込み具合。しかも半分以上がゴールデンイーグルスの
グッズを身に着けています。

バスは、よみうりV通りを進んでいって、ジャイアンツの練習場の
駐車場にいったん入ります。関係者以外立ち入り禁止のところに
入るってレアな体験です。
ゴールデンイーグルスのバスも停まっています。
「仙台からバスで来たのかなぁ」と、ゴールデンイーグルスの
ユニを着た人たちが盛り上がっています。

バスはそこで折り返して、関係者立ち入り禁止ゾーンの外の練習場の横にとまります。

ありがとうございました。とお礼をしてから
歩くとすぐに球場です。

入場券を購入してから中へ
入ってすぐに、面白いゲームに出会えるように
野球の神様に2礼2拍手1礼です。

そして、三塁側の通路前に席を確保。
三塁ベースとホームベースの中間より
少しホームより。なかなかいい場所です。

外野をおおう緑の天然芝がきれいですし、
後ろの丘もいい背景。
ゴンドラとかジェットコースターとか遊具が見えるのも、
異空間っぽくって、祝祭気分が盛り上がります。

ぐるっと一周すると、ファースト側の奥には
サブグランドがあって、そこからあがってきた選手のまわりに
色紙を持ったファンが集まっています。

サード側のブルペンでは、ゴールデンイーグルスの選手がアップして、
その後、レフトスタンド奥のサブグランドで、
ブラジル体操をしています。

さらには、ホワイトボードには本日のファンサービスが
いろいろと書かれています。

そんなのを一通り見てから昼食です。
まずはスタンド後ろにあるショップで、「球場三食」で日下が食べていた
メキシカンサンド、そしてハイボール。
さらには、入り口のところで売っていた、叙々苑のライスバーガーを購入。

11時からゴールデンイーグルスの練習がはじまってますが、
それを見ながら、それぞれ美味しくいただきました。ごちそうさまでした。
感想はまた後日です。

にしても今日は暑いです。久々に日差しが強烈です。

ぼーっと練習とかグランド整備とかを見ながら、
時間をすごします。

12時45分スタメン発表です。

先攻はゴールデンイーグルス
(右)小郷(二)西巻(中)卓丸(指)和田(一)山下(三)内田(左)中村(捕)石原(遊)吉持
先発は池田選手と発表されます。が、のちに変更されます。
後攻はジャイアンツ
(中)松原(遊)湯浅(一)ビヤヌエバ(指)北村(二)若林(左)加藤(三)山本(捕)田中貴(右)立岡
先発はCCメルセデス選手です。

その後、52分にDJの人の紹介でビーナスのパフォーマンス。
ジャビットも来てます。
さらに、55分にはスカパーファーム月間MVPにジャイアンツの松原選手が受賞したので
表彰式があります。
そして、表彰式が終わってから、メンバー表の交換
ここで少し時間がかかっています。
先発が池田選手から、熊原選手に交代することが
発表されます。

13時にジャイアンツオンユアマークスがあってから始球式。
バッテリーともに公募の人で、両方女の子です。
こういうのもいいです。

そして、13時2分にプレイボールです。

1回表 ゴールデンイーグルスの攻撃
先頭小郷選手、低めのボールを見逃し三振、
続く西巻選手、低めのスライダーを空振り三振
卓丸選手も、低めの変化球を見逃し三振 14球で三凡です。

1回裏 ジャイアンツの攻撃
先頭松原選手、続く湯浅選手と連続してセンターフライ、
ビヤヌエバ選手セカンドフライで、13球で三凡です。

両投手ともいい立ち上がりです。

2回表 ゴールデンイーグルスの攻撃
先頭和田選手。ガンバレー!!と一塁側からも拍手がおきます。
が、ハーフ気味のスイングをとられて空振り三振、
山下選手、変化球にタイミングがあわず空振り三振、
内田選手はレフト前にうまく落とします。
両軍通して初ヒットですが、
中村選手も変化球にタイミングがあわず
腰砕けのスイングで空振り三振でチェンジ
メルセデス選手、アウトは全部三振でとります。

2回裏 ジャイアンツの攻撃
先頭北村選手、逆方向へはじき返す強いバッティングですが、
ライトフライ、続く若林選手、センター前にワンバンで落ちる
ジャイアンツ初ヒットです。
が、加藤選手のファーストゴロで、3-6-4の併殺で
三人12球で攻撃終了です。

3回表 ゴールデンイーグルスの攻撃
ジャイアンツは、全部のアウトを三振でとったメルセデス選手にかえて
戸郷選手をマウンドにおくります。
先頭石原選手がきれいにセンター前に運んで出塁
つづく吉持選手がピッチャー前にしっかりころがす送りバントで
1アウト2塁で、さらに西巻選手の打席のワイルドピッチで
石原選手は三塁にすすみますが
小郷選手、西巻選手と連続で空振り三振でチェンジです。

3回裏 ジャイアンツの攻撃
先頭山本選手がストレートのフォアボールで出ると
田中貴選手はリフトフライ
立岡選手のあたりはサードの右で三遊間抜けようとするあたりですが、
サードの内田選手がファインプレーでおさえます。
「一軍で待ってるよ~」
「熱盛だよ、熱盛」などと盛り上がる三塁側です。
山本選手はセカンドに進塁しますが、
さらに松原選手はセカンドゴロでチェンジです。


グランド整備があって、それを利用して、
メキシカンドックを購入。美味しくいただきました。
こちらの感想もまた後日。
4回表 ゴールデンイーグルスの攻撃
先頭卓丸選手、続く和田選手と連続して空振り三振
山下選手のファウルボールが私が座っている三席隣に飛び込みます。
そして山下選手はショートフライで13球で三凡です。


応援メッセージが読まれてから
4回裏 ジャイアンツの攻撃
先頭湯浅選手、落ちる変化球に空振り三振、
ビヤヌエバ選手も空振り三振、
北村選手はきれいにセンター前に運びますが、
若林選手の鋭いゴロを山下選手が軽く捌いて
自分でベースをふんでアウト、チェンジです。

ベンチに戻る山下選手に「山下さーん、ナイスプレー」と
声が飛びます。


5回表 ゴールデンイーグルスの攻撃
先頭内田選手ショートゴロ、
中村選手、石原選手と連続して空振り三振で
14球で三凡です。

ゴールデンイーグルスは、キャッチャーの石原選手で攻撃が終わったので、
ピッチャーのボールを受けるために嶋選手が出てきます。
「嶋さーん!!」「嶋ー!!」と盛り上がる三塁側スタンド


5回裏 ジャイアンツの攻撃
先頭加藤選手が1-2からのボールをレフトフェンス直撃の
ツーベースで出塁。ここでゴールデンイーグルスの三木監督が
審判に何か確認しています。
続く山本選手がレフトフライで倒れたところで
ゴールデンイーグルス、熊原選手から西宮選手にスイッチします。
Gフレアで盛り上がる一塁側スタンドです。
田中貴選手はライト前に運ぶヒットで1アウト1.3塁になりますが
立岡選手、高めのボール気味のストレートを空振り三振
松原選手も二球ファウルのあと三球目を空振り三振です。

「西宮~ ないぴっち~」と声がとびます。


グランド整備があって、ビーナスのダンスパフォーマンスがあってから

6回表 ゴールデンイーグルスの攻撃
ジャイアンツはファーストにマルチネス選手が入ります。
先頭吉持選手センターフライから、小郷選手は右中間を真っ二つに破り
ボールは転々とフェンスへ。その間小郷選手は二塁に到達です。
ここで代打山﨑選手をおくりますが、初球をキャッチャーフライ
卓丸選手はサードゴロでチェンジです。


6回裏 ジャイアンツの攻撃
ここで、代打の山﨑選手にかえて、セカンド松本選手。
さらにマウンドには近藤選手をおくります。
先頭湯浅選手、二球目をレフトポールの左ながらも
外野の後ろのフェンスを直撃する大きな当たりを打ちますが
結局セカンドゴロ、
マルチネス選手は7球粘りますが空振り三振
北村選手ピッチャーゴロで14球で三凡です。


らっくてーん、いーぐるーす らっくてーん いーぐるーす♪
と盛り上がってから、ラッキーセブン
7回表 ゴールデンイーグルスの攻撃です。
先頭和田選手、レフトフライ、山下選手セカンドゴロから
内田選手、1-1からバット一閃
右中間の深いところに飛び込む一発を放ちます。
しかも、芝生がある上まで飛びます。すごい。
盛り上がる三塁側で、つい、盛り上がって
周囲の人とハイタッチをする私です。
中村選手はセカンドゴロでチェンジですが、
ゴールデンイーグルス、先制しました。


とーこんこーめーてー♪と盛り上がって。
その間、ジャビットのバク転があったり、ビーナスのパフォがあって
盛り上がってジャイアンツのラッキーセブンです。

三塁側からの「うっちーだー、うっちーだー」のコールに
帽子をとってぺこっと頭を下げる内田選手です。


7回表ジャイアンツの攻撃
先頭の若林選手がレフトの左をぬくツーベースででると、
加藤選手もライト前ヒットで続きます。
オオオオーオオオオーオオオオーと
Gフレアで盛り上がる一塁側です。
山本選手が三遊間を抜いて、ショートは横っ飛びしますが届かず
ボールはレフトへ転々
その間若林選手が還って、ジャイアンツ同点に追いつきます。
オレンジのアレがくるくるします、
ここで、ゴールデンイーグルスは、バッテリーを交代
ピッチャーは高梨選手、キャッチャーは嶋選手です。
田中貴選手はサード前にきっちり送りバントをきめて
1アウトランナー2.3塁。
勝ちとれ!チャンテで盛り上がる一塁側
ここで立岡選手がセンター前にきれいに運んで
加藤選手、山本選手が還って、ジャイアンツ逆転。
またまたオレンジ色のアレがくるくるします。
松原選手はピッチャー前にバントを決めますが
湯浅選手、センターフライでチェンジです。


グラセンの時間を利用して飲み物を買いにいきます。

そして、8回表、ゴールデンイーグルスの攻撃
先頭嶋選手、高めのストレートを空振り三振
吉持選手はライトへ運びます。ナイス逆方向
ただ小郷選手レフトフライ、松本選手空振り三振でチェンジです。


8回裏 ジャイアンツの攻撃
ゴールデンイーグルスは、ピッチャーに木村選手、
センターに島井選手をいれて、センターの卓丸選手をレフトに
先頭マルチネス選手、7球粘りますが、空振り三振
北村選手は一度もバットを振らずフォアボールで出塁
オーオオオーオーオオオオーオーオオオーオーオーと
ファイターチャンテで盛り上がりますが
若林選手は空振り三振、加藤選手はライト前にぽとりと落としますが
山本選手空振り三振でチェンジです。


9回表ゴールデンイーグルスの攻撃
ジャイアンツは、マウンドに堀岡選手をおくります。
先頭卓丸選手7球粘りますが空振り三振
和田選手センターフライ
山下選手もセンターフライでゲームセットです。


チャンスを生かせたチームと
生かせなかったチームの差が出ましたかね。

でも、ゴールデンイーグルスの二軍戦は
はじめてみましたが、現在首位のチームということもあって
なかなか面白いゲームでした。

次は、利府か森林どりスタジアムで見たいですね。


と、思いながら、球場にむかって、2礼2拍手1礼
面白いゲームに感謝しつつ、

よみうりV通りを歩いて京王よみうりランド駅を目指したのですが、
2009年に在籍していた選手、コーチの手形が
途中にあって、懐かしい名前がたくさんありました。

と、いうかファイターズ関係者、多いな。


こういうのも、いいです。



そして、京王よみうりランド16時25分発調布行きで、京王稲田堤へ
稲田堤16時36分発川崎行きで川崎へ
京急川崎17時19分発羽田空港行きで羽田へむかって

スカイマーク727便でで新千歳へと飛んだのでした。


E 1-3 G

勝利投手〔ジャイアンツ〕戸郷 4勝1敗0S
セーブ〔ジャイアンツ〕堀岡 0勝1敗9S
敗戦投手〔イーグルス〕近藤 3勝5敗1S

本塁打〔イーグルス〕内田 14号

観衆数 932名 試合時間 3時間03分 



ってことで。(´・ω・)ノシ
現在稲城市某所に隠遁中。
ここにくるのは、昨年11月の「ゆるジュン△」以来ですから
10ヶ月ぶりです。

荷物の整理なども終えて、これから、出撃の準備もすませたので、
これから、読売ジャイアンツ球場へむかって
ジャイアンツvsゴールデンイーグルスのイースタンリーグ公式戦に
参戦します。

はじめての球場なので、楽しみです。


そんな話はまた後日。
ここからがタイトルの記事ですが、


カープ、勝ちました。

今年、レギュラーシーズンの東京ドームでのジャイアンツ戦を
勝ちでしめました。
私的にも、今期のカープ一軍レギュラーシーズンの参戦は
最後になるので、勝ちで締めくくってよかったです。

そんなお話です。

前日13日は、定時に仕事を終えてそのまま新千歳へ車を走らせます。
三連休の前日だということで、仕事の昼休憩時間に
駐車場情報を見たら、AもBも満車だとか。

ただ、その後の休憩時間に見たら空になりましたが、
ライブカメラの画像では混雑の様子。

と、いうことで仕事を終えてすぐの出発でした。

途中、支笏湖畔で一箇所工事のために
片側交互通行がありましたが、それ以外は順調にすすみまして、
途中給油をしたりして、結果18時20分ころに新千歳の駐車場着。
途中の駐車場の表示を見ると、両方「空」になってます。まずはよかった。

今回は往復SKYMARKなのでB駐車場です。
入って、空スペースを確認しながら、空港連絡通路へ近づいていくと、
21番のしかも連絡橋近くに、空スペース発見。
これは幸先いいです。中﨑もがんばって復活してくれー、と思いながら
空港へむかいます。

搭乗手続きをすませてから手荷物検査をすませ
制限区域内に入ります。
そして、「島の人」で海鮮丼とハイボールをいただいてから
19時10分発のSky726便で飛びます。

ただ、今回は最初から10分遅れで、搭乗開始が19時10分でした。

ここしばらくまたまたまたまた仕事が詰まっていたのと
三連休をあけるために、残業残業また残業だったのと、
ハイボールがまわったので、機内では速攻オちます。
さらに着陸の衝撃まで熟睡です。

と、いうことで羽田にも10分以上遅れて到着。

21時22分発、エアポート快特 柴山千代田行きで三田へ
21時51分発、西高島平行きで春日へ。

そして22時を少し回った時間に、宿にチェックイン。
その後は、女子無駄とかDrストーンとかお母さんとか見ながら
まったりと夜をすごしました。


そして翌朝は4時30分起床。
この日まずやることは、11番ゲート前の場所取りです。
この日のチケットは立見席なので、なるべくいい場所をとるためには
大切なことです。

と、いうことで5時10分、いったん宿をでてから東京ドームへ。
この時間のドームって初めてです。
朝の空気が気持ちいいです。

5時25分くらいにドーム着。軽く礼をしてから敷地内に入って、
25番ゲート前に場所取りのシートとかが張られているのを見ながら、
11番ゲートにむかいますと、あ、あります。
既に12人くらいの場所取りがされています。

見ると4時30分から場所取りが可能だそうです。なるほど。
と、いうことで持ってきたシートを養生テープで張って
名前を書いてからいったんこちらを去ります。

そして宿へ戻ってすこしまったりしてから
6時55分に朝食のために外に出ます。

そして春日駅近くのお蕎麦屋さんで朝食をすませて、
散歩がてら再びドームへ。
いくと自分が確保したスペースの後ろには
さらに16スペースの場所とりがされています。

7時30分でも30スペース内には入れるということですか。
なるほど。

そして宿にもどって、ブログの更新をしたり
身を浄めてから、デニム柄のカープボクサーパンツ
赤のノースリーアンダーシャツ、
先日福屋さんで買ったカープスニーカーソックスのうえに
カープアロハ、ワーキングハーフパンツと、
準戦闘服に着替えて準備万端
9時55分にチェックアウトです。お世話になりました。

そして軽く買い物をしたあと、水道橋駅下車
途中、第二次大戦で命を落とした野球選手の慰霊のための
鎮魂の碑があったので、手を合わせてから
敷地入り口のところで、野球の神様に、二礼二拍手一礼
本日の面白いゲームとカープの勝利をお祈りしてから
10時30分、三度東京ドームの地に立ちます。

10時35分位にシートを張っている場所につきます。
周囲にはまだそれほど人は出ていなくて、ちらほらという程度。
ま、MAZDAで並びなれているからええんじゃ。へでもないわい。
と、折りたたみいすを出して、スポーツ新聞を読みながら待機です。

にしても、この日はそこまで暑くなくってよかったです。
とはいえ、ひっきりなしに流れる「闘魂こめて」に
洗脳されそうになります。
「球は飛ぶー飛ぶー ド×ムの風ーでー♪」

11時30分くらいに周囲もあらかたそろいまして、
11時47分、列整理の注意のアナウンスが流れます。

そして11時50分列整理で移動。
さらに開場3分前くらいに手荷物点検をしてから
開場時間ちょうどに中へ。

結果24番ゲート近くの前も左もバーがある
通路横の好場所を確保しました。
そこにシートを敷いて折りたたみのいすを置いて
準備万端です。

で、食事の確保です。

前回のファイターズ戦の時にはじめて気がついて
グルメストリートを一通りぐるっと見てから、
タイ料理 クアン・サイアムさんのグリーンカレー
さらにはDS105さんで、メロンパンバーガーです。
DS105さんでは、ビーナスのプロデュースメニューが売られていて
そちらを買った人は一緒に写真がとれるとか
そういうサービスもいいです。

ま、私はノーマルなやつを買ったのですが。

そして、自席でそれぞれ美味しくいただきました。
感想はまた後日です。

さらにカープの練習を見ながらぼーっとしたりしていると
15分に先発ピッチャー発表。

カープはジョンソン選手、ジャイアンツは澤村選手です。
その後、客席がうつされたときに
福王氏のタオルを掲げるファンがおおうつしになったりします。
25分にレジェンドゲストの紹介。本日のレジェンドゲストは篠塚さんです。
30分にスタメン発表。カープは5番長野選手で
オレンジの人も盛り上がっています。
50分ビーナスのパフォーマンスがあって、55分にメンバー表交換があって
ジャイアンツナインが守備に散って
プレイボールです。




1回表 カープの攻撃
先頭龍馬選手、低い球を空振り、三振
菊池選手、ショートへのファウルフライ
誠也選手 低めの球を空振り三振、12球で三凡です。


1回裏 ジャイアンツの攻撃
先頭亀井選手見逃し三振
続く坂本選手低めの落ちる球を体制崩して打って
左中間へ。少し交差しかけますが、レフトフライ
丸選手空振りの三振で、13球で三凡です。

両投手とも磐石の立ち上がりです。



2回表 広島の攻撃
先頭松山選手空振り三振
長野選手サードゴロ 2アウト
メヒア選手空振り三振でまた12球で三凡です。


2回裏 ジャイアンツの攻撃
先頭岡本選手、初球のファウルから4球連続ボールで
フォアボールで出塁。両軍あわせて初めてのランナーです。
さらにゲレーロ選手もフォアボールを選んでノーアウト 1,2塁
Gフレアで盛り上がりますが
大城選手、バントがファウルになったりで、8球粘りますが空振り三振
炭谷選手6-4-3のダブルプレーでチェンジです。


3回表 カープの攻撃
先頭小園選手レフトフライ
続く石原選手、ジョンソン選手と連続して空振り三振 16球で三凡です

ピースサインビーナスダンスがあって


3回裏 ジャイアンツの攻撃
先頭田中俊太選手ショートゴロから、
一人のランナーも出してないパーフェクトピッチングをしている先発澤村選手に
代打が告げられてオレンジ色の人もええええええとか言ってます。
代打の石川選手がピッチャーゴロ 亀井選手見逃し三振で12球で三凡です



4回表 カープの攻撃
ジャイアンツは高木選手をマウンドにおくります。
 黄身だけ~のタン麺~伸び~ろ♪
先頭龍馬選手セカンドゴロ 菊池選手センターフライで2アウトから
誠也選手フルカウントから打った打球がぐんぐん近づいてきて
そのままレフトスタンドにとびこみます。うぉおおおおおおおお。
初ヒットが先制ホームランです。
宮島さんじゃぁああああああ!バンザーイバンザーイバンザーイ!!
周囲の人とカンフーバットをカンカンします。
松山選手空振り三振でチェンジですが、先制しました。

ドドンドドンドンすずーきせいや ドドンドドンドンすずーきせいや
のコールに帽子をとってお辞儀して応える誠也選手です。
いーぞーいーぞーせいやー!!

バズーカータイムがあって
4回裏 ジャイアンツの攻撃
先頭坂本選手を四球で出すと、
続く丸選手、3-2のフルカウントからバット一閃
ライトスタンドへ飛び込みます。ああああああ逆転されました。
オレンジのアレがクルクルしてます。
岡本選手空振り三振、勢いあまってそのまま転倒。ゲレーロ選手センターフライ
大城選手ショートフライでチェンジです。

ドドドンまーるっ ドドドンまーるっのコールに
帽子をとってお辞儀して応える丸選手です。あれ、敬礼じゃない。
あれは広瀬選手のパフォなんでやめたんですかね。

ここで、レジェンドシートの様子がビジョンにうつりますが
そこにうつる大野豊さんの姿に盛り上がる赤い人です。


5回表 カープの攻撃
先頭長野選手セカンドゴロ、メヒア選手ショートゴロ
小園選手セカンドライナーで15球で三凡です


名シーンクイズがあって、
5回裏 ジャイアンツの攻撃
先頭炭谷選手がきれいにセンターへ打って出塁
俊太選手がキャッチャー前にバントを決めて1アウト2塁
ここでピッチャーの打順なので、代打に陽選手、
陽選手はライトフライで2アウトから、亀井選手はレフト前ヒットで1,3塁
ここで、炭谷選手とメヒア選手が交錯したので、
4審判がサード守備位置近くに集まります。
が、オブストラクションがなくても得点はできないとの判断で
13塁で再開しますが、坂本選手の打席で塁ランナー亀井選手が飛び出します。
石原選手が
2塁に投げてタイミング的にはアウトですが、これが悪送球になって、
三塁ランナー炭谷選手生還して、ジャイアンツ1点追加
まだオレンジのアレがクルクルします。
ここで、坂本選手を申告敬遠、さらにGフレアで盛り上がるなか
丸選手フォアボールを選んで満塁
岡本選手の大きなあたりはをレフトを襲いますが、
長野選手がフェンスについてきっちりキャッチ。チェンジです。


6回表 カープの攻撃
ジャイアンツはマシソン選手がマウンドにあがります。
さらに、カープは石原選手の打順ですが代打翼選手です。
ジョンソン選手、5回で100球超えですので、ここでバッテリー交代です。
翼選手はライトフライ
ジョンソン選手の代打に安部選手ですが空振り三振
龍馬選手、ライトへのヒットで出塁
つづく菊池選手の打席7球目で龍馬選手盗塁を決めて
菊池選手も8球目にフォアボールを選んで1.2塁です。
ここで、ジャイアンツは大竹選手がマウンドにあがります。
「大竹~!!空気よめよ~」とアカい人。
飛ばすチャンスで盛り上がるレフトスタンドから三塁側。
ここで誠也選手のあたりがライト右へのタイムリーツーベースで
カープが1点追加です。
宮島さんじゃぁあああああああ ワッショイワッショイ
周囲の人とカンフーバットカンカンカン
さらにジャイアンツは田口選手をマウンドにおくります。
飛ばすチャンスが響くなか松山選手、レフト左を抜くタイムリーツーベースで
菊池選手、誠也選手が還って、カープ逆転です。
宮島さんじやゃぁあああああああ バンザーイバンザーイバンザーイ
周囲の人とカンフーバットカンカンカン
そして、長野選手。「ちょーのー、とどめ刺してくれー!!」
などと赤い人たちの祈りむなしく、空振り三振でチェンジです。

ドドンドドンドンすずーきせいや のコールに 帽子とって礼して応じる誠也選手
ドドドンまつやまどどどんまつやま のコールに帽子とってお辞儀する松山選手です。

いーぞーいーぞーせいや
いーぞーいーぞーまっつーやまー

松山~ありがと~ と誰かが言うのに呼応して
大竹もありがと~ とアカい人です。


6回裏 ジャイアンツの攻撃
カープはジョンソン選手に代打が出たので、
レグナルト選手をマウンドにおくります。
さらに代打の翼選手がそのままキャッチャー入ります。

ゲレーロ選手は8球ファールで粘りを見せますが12球目を空振り三振
大城選手のふらふらっとあがった当たりは、センターとセカンドとショートの
ちょうど真ん中に落ちます。
炭谷選手空振り三振で2アウト
田中俊太選手は詰まったあたりがセンター前へおちて1,2塁
ピッチャーの打順で、代打吉川大選手ですが、レフトフライでチェンジです。


カープ カープ カープひろっしま ひーろしーまーカーアープー♪
と歌ってから、ラッキーセブン
7回表 カープの攻撃
ジャイアンツは中川選手がマウンドにあがります。
先頭メヒア選手セカンド左の深いところへのゴロを
俊太選手がよくおいついて、しかも素早く切り返して大遠投でアウト
ビジョンには「AMAZING!」と出ますが、
「メヒアの足がアメージングじゃ」とアカい人。
小園選手もセカンドゴロ
翼選手はレフトへのヒットで出塁したところで
代打に三好選手です。
ドド ハイ ドド ハイ ドドドド ミヨシッ!!
新しいパターンのコールです。
が、三好選手空振りの三振でチェンジです。


闘魂こめてから、ジャイアンツのラッキーセブンです。
7回裏 ジャイアンツの攻撃
代打の三好選手がサードに入り、メヒア選手の打順に
ピッチャーで中村恭選手が入りマウンドにあがります。
きょーへー、がんばれー!!
亀井選手をフォアボールで出して、
坂本選手は菊池選手の後ろにふらふらっと上がるセカンドフライを
菊池選手がワンハンドキャッチ
丸選手がフォアボールを選んで1,2塁から
岡本選手がセンター前にはじき返して、同点タイムリーになって、
さらにランナー1,3塁
ゲレーロ選手のセンターフライに三塁ランナーの丸選手が
タッチアップで本塁を狙いますが、龍馬選手の好返球でアウト!!
ホームでのクロスプレーに、原監督がリクエスト。
ビジョンにうつる映像では、翼選手のタッチが早そうなので
盛り上がる赤い人たち。そして、判定は覆りませんでした。
いーぞー龍馬ぁあああ!!

燃える赤ヘル僕らのカープで盛り上がってから
8回表 カープの攻撃
先ほど好返球を見せた龍馬選手が左中間を破るツーベースで出ると、
菊池選手、見事ピッチャーに採らせる送りバントをきっちり決めます。
誠也選手は申告敬遠で1.3塁になりますが、
ここで4番松山選手、センター右へのタイムリーツーベースで
カープが勝ち越しです。宮島さんじゃぁああああああああ!
バンザーイバンザーイバンザーイ
周囲の人とカンフーバットをカンカンします。
ここで、松山選手に代走、帰巣本能の野間選手が送られます。
ジャイアンツはデラロサ選手をマウンドにおくりますが、
長野選手にぶつけて、満塁にします。
ここで、ピッチャーの打順。ダグアウトから堂林選手が出てきて
盛り上がる赤い人たちですが、堂林選手は一塁へ。
長野選手の代走です。
そして、代打は坂倉選手です。
「堂林が代打で代走曽根だろー」などと赤い人が言ってます。
坂倉選手がサードゴロ、続く小園選手がピッチャーゴロ。そのままデラロサ選手が
ファーストベースを踏んでチェンジです。
ここで、手をうったのに一点しか取れなかったのが、ちょっともやもやします。

いーぞーいーぞーまっつーやまー!と盛り上がるレフトスタンドです。

8回裏 ジャイアンツの攻撃
カープは菊池保選手をマウンドにおくります。
そして、代走の野間選手がレフト、代走の堂林選手がファーストに入ります。
先頭大城選手センターフライ、炭谷選手の代打重信選手サードゴロ
田中俊太選手空振り三振で15球で久々の三凡です。
1アウト満塁で1点しかとれなかったいやな流れを
断ち切ってくれました。


9回表 カープの攻撃
ジャイアンツは、代打の重信選手がライトに入り、
ライトの亀井選手がファースト、ファーストの大城選手がキャッチャーに入ります。
先頭翼選手ライト前へきれいな流し打ちでヒットを放ちますが、
三好選手、送りバントが小フライになって、これを岡本選手が
ワンバンで処置、セカンドでひとつアウトをとります。
龍馬選手はストレートのフォアボールで1,2塁になりますが
菊池選手空振りの三振、誠也選手センターフライでチェンジです。


9回裏 ジャイアンツの攻撃
カープは、押さえの切り札フランスア選手をマウンドにおくります。
ピッチャーの打順で代打が阿部選手。しんのーすけー!!と盛り上がりますが
阿部選手空振り三振
亀井選手がライトへのヒットで出塁し、代走増田大選手。
坂本選手フォアボールを選んで1,2塁
そして、丸選手が0-2からレフトへヒットで、これで増田選手が還って
ジャイアンツ同点です。あああああああああああ
さらに岡本選手をKBBBの3-1から歩かせて満塁です。
一打サヨナラのピンチですが、
ゲレーロ選手ファーストファウルフライ、
大城選手ピッチャーフライでチェンジです。


10回表 カープの攻撃
ジャイアンツは代打の阿部選手がファーストに入って、
代走の増田選手がレフトに入ります。
さらに、マウンドには鍵谷選手です。
鍵谷選手久しぶりです。
グラブ、ラベンダー色じゃなくて黒になってますね。
先頭の野間選手の当たりは左中間を破る当たりで
返球する時点ですでに野間選手はセカンドベースにいます。
スタンディングダブルです。
ここで、堂林選手はバントの構え。
「ほかに、いい代打いねんだから、堂林に打たせろやー」と赤い人。
しょーたっどーばやっし!!と盛り上がるなか
堂林選手ピッチャー前にしっかりと送りバントを決めて1アウト3塁
そして、磯村選手が代打にコールされます。
「そっかー、磯村いたなー、ごめん緒方ー!」とさっきの人。
飛ばすチャンスで盛り上がるなか、磯村選手の5球目を大城選手がそらします。
帰巣本能の塊、野間選手がホームを陥れます。
うぉおおおおおおおおお!!!たかよしぃいいいいいいい!!
宮島さんじゃぁぁあああああ ワッショイワッショイ
周囲の人とカンフーバットカンカンしたり、ハイタッチしたり
ぐちゃぐちゃになって盛り上がります。
磯村選手はセカンドゴロ 小園選手はセカンドライナーでチェンジですが
これはデカいです。


10回裏 ジャイアンツの攻撃
カープは今村選手がマウンドにあがります。
大臣?? 大臣?? ってならないようにお願いします。
先頭重信選手サードフライ、田中俊太選手センターフライで2アウトから
阿部選手にセンターへのヒットをうたれます。
そして阿部選手はそのままランナーに残ります。
「代走じゃないんだねー」と周囲の人。確かに。
後で知ったのですが、この時にベンチに残っているのは、
山下選手、小林選手、宮国選手だけだったそうです。
そして、増田選手の打席で代打山下選手ですが、サードフライでゲームセットです。


うぉおおおおおおおおお!!!!!勝ったぁあああああああああ

宮島さんで盛り上がってから、ハイパーユニオンでフゥ↑フゥ↑してから
選手の応援歌メドレーを歌って
ヒロインを待ちます。
この日のヒーローインタビューは野間選手。
ただ24番ゲートのお客さんを誘導するアナウンスが大きくて
ほとんど聞こえませんがいいんです。

そして、野間選手の応援歌で盛り上がってから、
再びメドレー。

そして応援団のトークがあってから
レフトスタンドから突如響く、エルドレット選手の応援歌です。
明日の引退セレモニーの予行ですかね。
でも、東京ドームでエルの応援歌が響くのは最後でしょう。

さらに最後ということか、赤松選手の応援歌が響きます。
「走れ、走れ、あっかーまつー!!」からの応援歌。
この曲も今年限れです。

そして、カープカープカープっひろっしま、ひーろしーまーカーアープー♪
と歌ってから、三本締め、

いーぞーいーぞー応援団!!
まで一通りお付き合いをしてから、スタジアムをあとにします。

途中で宣伝もされてましたけど、
csのセカンドステージ、東京ドームに来てもいいかなぁ、
などと思いながら、ドームに正対して、2礼2拍手1礼
野球の神様に面白いゲームとカープの勝利のお礼をして
水道橋の駅に向かいます。

そして、都営地下鉄~京王線~南武線と乗り継いで
20時過ぎに南多摩の宿についたのでした。



C 6-5 G

勝利投手[ カープ ] フランスア (8勝6敗12S)
セーブ[ カープ ] 今村 (3勝0敗1S)
敗戦投手[ ジャイアンツ ] 鍵谷 (0勝1敗0S)

本塁打
[ カープ ] 鈴木27号(4回表ソロ)
[ ジャイアンツ ] 丸27号(4回裏2ラン)


観衆数 46351人 試合時間 4時間21分



ってことで。(´・ω・)ノシ
現在、文京区某所で朝をむかえました。
朝飯を食べて身を浄めて、半戦闘服に着替えたので、
ちょこっと買い物をして、野球にいきます。

今期レギュラーシーズン、ラストの一軍カープ戦
がんばって応援をしてきます。


そんな模様はまた後日、当ブログにて、



では、ここからがタイトルの記事です。


先日のドラゴンズ2連戦、名古屋遠征時の
ナゴヤドーム以外でいただいたものです。

金曜夜 17時までオシゴトをつとめて、千歳にむけて車を走らせます。

19時に前にA駐車場に車を駐めます。
この日、行きはskymarkですが、帰りが中部国際~新千歳の
最終便がANAなので、久々のA駐車場です。

その後、搭乗手続きをすませてから、
滑走路が見える、3Fフードコートに行きます。
そちらでチョイスしたのが、まつじんの単品ジンギスカンと生ビールです。
小ぶりの鉄板で出てくるジンギスカンは、湯気がもうもうと立ち上がり
羊の香りいっぱいです。
口に入れるだけで口中が、羊で満たされて幸せになります。
ああ、この羊の味に匂い、たまりません。
野菜もたっぷり。たれの酸味とかにんにくの味に香り
これもいいなぁ。
この濃いヤツを生ビールで流し込む快感よ。
と、久々の松尾ジンギスカンでしたが、大満足です。

さらに手荷物検査から制限区域内に入って、
SKY766便ですが、使用機到着遅れのせいで出発が25分遅れるとか。
ま、そんなこともあります。

20時10分に機内に入って、

22時47分 特急岐阜行きで、名古屋へ
そこから、地下鉄東山線で新栄へ出て、
そして徒歩で宿に到着。なんとかこの日中にチェックインができました。

翌日、6時過ぎに目覚めてしばしまったりとしてから
栄まで歩きます。さらに名鉄瀬戸線に乗って、
尼ヶ坂駅で降ります。
そこから、北側に10分弱歩いて、周囲はほぼ住宅地で
お店がちらほらある感じですが、
そんななかにあるのが、「常」さんです。
こちら調べたら朝6時30分から営業という有りがたいお店です。

外には、めし とん汁 と大書された看板が色あせて雰囲気ありますし、
店外には手書きのメニューが描かれています。
ファザードのテントに描かれたイラストもとぼけた味があります。

暖簾をくぐってガラガラと扉を横開き。中へ行くと、お店の方と
常連さん風の方が壁側のカウンター席で談笑されています。

店内には対面式のカウンター席があって、
その真ん中にあるガラスケースの中に
「このケースの中は百円物です」「二百円物です」とかかれた表示ともに
おかずがずらりと並んで待っているといます。
これは、ウレしいヤツです。

壁にも品物が書かれた短冊が貼られています。
色々美味しそうです。

ということで、狙いをきめて「あの~目玉焼きを~」
と言うと、「あー、おかず取ってくださーい」と言われました。
と、いうことでカウンター前のガラスケースからおかずをとりだし
これも、なんだか実家に帰った感があります。
そして、さらに、ご飯中と納豆と店外の看板にも大書されていた
とん汁を注文します。

改めて店内を観察すると、お料理の入ったケースの下に
調味料が隠れています。これもいいですね。

と、まつことしばしで、登場しました。
で、受け取ると、目玉焼きのお皿は、熱々です。これはいい。
まずは、野菜分の補充と、お店の看板に敬意を表して
熱々のとん汁から行きます。

あ、しみます。美味しい。
味噌の素朴ながらも深い味にが、前日夜更かしした身にはしみます。
さらに、豚肉も赤身・脂身のバランスが良くて
しっかりといい味しています。
食べやすい大きさにカットされている大根や人参やこんにゃくや牛蒡も
しっかり煮込まれていて、柔らかく
中まで染みた汁とともにいい味です。
葱もシャキシャキでこの深くも素朴な味に
メリハリをつけます。このとん汁だけでもお酒いけそうです。

そして本丸の目玉焼きですが、
こちらも素朴な味です。
お皿がアツアツな位なので黄身はほぼ固まってますが
ほんのり半熟部分もあります。
まずは白身にお醤油をかけて
それで食う飯が美味です。
しんなりしたキャベツもかるくシャキっとして
ほの甘く醤油によくあいます

納豆はいつものように丁寧にまぜてから一気に頂きます。
米、納豆、とん汁、卵 日本の朝食です。
で、納豆ご飯が2/3食べたタイミングで
卵の黄身です。半熟部分がトロッとしているところに
お醤油をかけて、ご飯、納豆とともに口の中へ。

これはいいです。

とん汁で胃の腑におさめて、ごちそうさまでした。

こういう飯やさんは大切ですね。

ご飯も豚汁もすごいボリューミーで

実家のご飯を思いだしました。
いい朝食です。
こういうお店は大切にしなければいけません。

あと、自分的に、こういうお店では、
お酒はマストなのですが、今回はタイミング的に逃しました。

と、いうことでまた来年のナゴド連戦、きっぷがとれて来る機会あったら、
必ず再訪したいと思います。



そして、ナゴヤドームでは、ゲーム前に台湾カレーをいただいたのですが、
この日、一人打ち上げの会場に選んだのが、
名古屋に支店が数軒ある中華の人気店、味仙の今池本店です。

毎年のようにナゴヤに来るようになってから、いろいろと
ナゴヤグルメは食べていたのですが、味仙さんはタイミングが合わずに
まだ来ていません。

ちなみに、ナゴヤ飯本で、参考にする頻度が高いのが、
当ブログで何度か紹介していますが、
「ご当地グルメコミックエッセイ まんぷく名古屋」
コミック森下えみこさん 旅の案内人 大竹敏之さん 共著
KADOKAWA 刊
です。

こちらで、森下さんがふつうのラーメンのようにすすって
ケホッとむせていたのが印象的。

コミックでは名駅前でしたが、せっかくなので本店です。
スタジアムから新栄にある宿の途中にあるので都合もいいです。
と、いうことで、ナゴヤドーム前矢田駅から名城線
さらに本山で東山線に乗って、今池駅へ。

降りてしばらくあるくと大通りから一本入ったところに
お店があります。ゲームが終わったところなので
陽も傾きかけていて、薄暮のなかにお店が浮かんでいます。

店外には、長蛇の列ができていますが、当然並びます。
列には、赤い人が集団でユニフオームのまま来てます。
私は、一応アウエイということで、遠慮して
ナゴヤドームで着替えて来ましたが、
そのままで良かったんだ。

列に並ぶことしばしで呼ばれましたので中へ。
中は広いです。あとで調べたら200席以上あるとか。
私が通されたのは、大きめのテーブル席で
いろいろな人とご相席になります。

で、オーダーしたのは、台湾ラーメン。
昼は台湾カレーなので、台湾がかぶってしまった。
でもいいんです。
さらに、青菜炒めと生ビールです。

オーダーして早くにビール。ビールがしみます。
そして、青菜炒めが登場
こちら、小松菜を強火で一気に炒めたもので、
緑色が目に鮮やかですし、ちらされたにんにくが色的にもアクセント
もうもうとたつ湯気もにんにくの香りがします。

口にすると、緑の濃厚な味が口いっぱいに
広がります。これはいいです。
香り通り、ニンニクの味がしっかりきいていますし、
塩味もパンチあります。青菜に塩、いいです。
青菜から出た汁とか、調味料とかの汁で
半透明な汁で下のほうがひたひたになっているところもいいですし、
これは、立派な前菜です。
ビールも進みます。

そして、小ぶりのどんぶりで登場したのが、待ってましたの台湾ラーメンです。
白い丸いどんぶりの中には、茶色がかった赤褐色の少しとろみついた
ひき肉と、ちらほら見える赤い唐辛子
さらには上に散らされたニラです。
この赤っぽい色味に、ニラの緑がいい色です。

ではスープに箸をつっこんで、麺をすくいます。
麺はシンプルな中太ストレート麺。
色も淡いクリーム色で、そこまで黄色くありません。

唐辛子とかの香りを堪能しながら
いただきますと、美味しいです。複雑なうまみ、
肉のエキスがたっぷりで、まだひき肉は食べてませんが、
この時点で食べてるみたいです。
ただ、そこまでの辛さではないかな。
で、軽くすすりますと、
あ! 来たきた。辛い成分が早速のどを刺激します。

ああ、このことですね。

だいたい激辛って時間差で辛さが来ます。
辛いものは数多いただいているのでよくわかります。
これは危険なヤツです。
思い切りすすって、うっかり気管にはいったら
大惨事間違いなしです。
と、いうことで、ここからは用心モードで丁寧にすすります。

スープは醤油ベース。
そして、ひき肉・にんにく、そしてがっつりと唐辛子で
味が引き締められています。

このひき肉と油が良く絡みますし、
ひき肉の旨みたっぷりで刻んだネギ、
そしてニラの組み合わせが抜群で、唐辛子の辛さが浮きません。
濃厚な旨みが辛さとタッグを組んで押し寄せてきます。
とはいえ相当辛い。

向かいの席の小柄な女性のかたは
台湾ラーメンとともに、青菜炒めとご飯をオーダーしてましたが、
ラーメンの丼が小ぶりなのとあいまって、これはご飯、あうやつです。

チェイサーがわりのご飯。ありです。
ま、私はビールと青菜がチェイサーがわりです。

が食べ進めれば食べ進めるほど、汗が全身から吹き出ます。
外は暑いけど、中はもっと暑かった。
そして額から汗を滴らせながら、
麺を丁寧にすすりながら、
普段、麺食べるときって、無造作にすすっていたんだなぁ。
なんてことに気がつきつつ。

辛~い でもウマ~い
そう、辛いはうまいです。ひーひー。
って感じで、最後の一滴までも汁を残したくないので
完食いたしました。

あー、美味しかった。
少し、翌日のお尻まわりを気にしつつも


次は手羽先・子袋・台湾ちまき・チャーハンも食べたいです
と、いうことで再訪決定です。

と、思いながら宿へ向かいました。

台湾ラーメンは、昭和40年代にこちらのお店が
軽い気持ちで名づけたのが「台湾ラーメン」と名づけたそう。
ちなみに台湾では名古屋式拉麺といわれているとか。


その後は例によって宿でうだうだしておりました。

そして、25日。朝は、近場のお店で厚焼き玉子の定食で朝食をいただきました。
こちら、某食いしん坊サイトでは、7時開店とかかれていたのですが
看板はでていなく、でも併設されているホテルの人が
食事をしているので、ホテルの中からいったら食べさせてもらえました。

と、いうことで、お店の名前は、伏せます。

釜炊きごはんがと、焼きたてのふわふわ卵焼きが美味しかったです。
大根おろしもたっぷりで、ふわふわ卵焼きと大根おろしの組み合わせは
最高です。いま星が生まれた カッ!! です。
卵焼き、ご飯、おみそ汁、漬物、小鉢という
日本の朝食です。ご飯もほかほかでいいなぁ。
お漬物の茄もようしみとる。

と、いうことでご馳走様でした、

ちなみに、メニューはほかにも
・Aセット:トースト&ゆでたまご
・Bセット:トースト&サラダ
・Dセット:サバの塩焼き&玉子焼き
があって、ごはん、みそ汁のおかわり自由でした。



そして、ゲームを終えて、名鉄のμスカイで
中部国際空港へ。

そちらでいただいたのが、

ひやしきしめんです。


しかも登場時間が迫っているので、制限区域内にある
ウィンク•ブルースカイ中央ゲート店です。

手荷物検査場を出て正面のお店で、
土産物メインですが、メニューは少なめながらも、
きしめんとうどんなど軽食をいただくことができます。

ちょい飲みもできますが、このあと北海道で車の運転が待っているので
当然自重。次や次!!

出汁は透明感ある淡い色合いで、ひらぺったい麺がたっぷりです。
かまぼこ、ほうれん草、たっぷりの鰹節が美味しそうです。

まずは平ぺったい麺をすすると、ツルツルっとした食感に加えて、
平べったさからニュルッとした感触があるのが面白いです。
食感だけでなく、程よいコシとか弾力のありますし、
のどごしもいいです。
なにより、麺が平たいので、麺にからむ出汁が麺を美味しくしてます。

そんな出汁は鰹ベースで淡白な見た目に反して、
ベースのかえしはほんのり甘く、しっかり鰹が効いています。
冷たいので、麺のこしが寄り感じることができます。

と、思いながら、つゆまで飲み干し完食。ご馳走様でした。

ちなみに、きしめんを食べるたびに、カーラ教授こと
川原泉さんの「空の食欲魔人」の中の短編
「カレーの王子様」(白泉社/花とゆめコミック)で弘文君が
「きしめんはなにゆえ平べったいのだらうか?」
と「きしめんの殿様」化したのを
思い出すのですが…



蛇足。
この日は疲れていたので千歳から苫小牧へいって
そちらでビバーク。

月曜は定時で仕事だったので、
宿を朝5時に出てマルトマ食堂にむかいました。

納豆 卵 ウインナー 刻んだお新香
たちかま入った味噌汁 ご飯で 470円

5時20分なのに、ほぼ満席ってすげーな。



ってことで。(´・ω・)ノシ
現在、東京都文京区某所に隠遁中
レギュラーシーズンのカープ一軍戦、最後の参戦になります。

がんばって応援します。


と、いうことで、ここからがタイトルの記事です。



先日のファイターズvsバファローズ戦でいただいたものです。

ドームの南入口に、12時05分に到着しました。
が、まだ入場待機列が伸びていますので、そちらで待つことしばし。
結局入場できたのが12時20分頃。
この日は外野自由席なので、通路側の席を確保してから
次はご飯です。

今年になって(というか、昨年の7月以来)行ってなかったのが、
頑固オヤジのカレーさんです。
だいたい札ドに行ったら、頑固オヤジさんと、他のお店と
交互にカレーを食べることにしていましたが、
今年は「フレップのキーマカレー」とか、「ファイターズ選手サロンカレー」とか
そそるメニューが多かったということで後回しになってしまって
結局この時期しかいけませんでした。

と、いうことで、2F通路、三塁側ファールゾーン後方のいつもの店舗に
長蛇の列が出来ていますが、ここは、おとなしく並びます。

オーダーしたのが、中田翔のスタミナしょう(翔)が焼き カレー
中田“しょう”にちなみ、豚の生姜焼きを
たっぷりのせたスタミナ満点のカレー!
と、書かれています。

生姜パワーでSHOW TIMEのポップがいい感じ。

ファイターズは、選手プロデュースメニューは
基本一年限定で、こちらのカレーの選手メニューも
毎年変わります。

で、昨年は、骨付きチキンレッグがごろんと丸ごと入った
大田選手プロデュースの、ぶちウマ チキンレッグカレーを
一昨年は、串刺しされた五平餅が一本まんま入った
大野選手プロデュースの、五平餅カレー
その前の年は、焼肉がたっぷりと入った
近藤選手プロデュースの、近ちゃんの8き肉カレー

さらに、中田選手の出身高校と背番号にちなんで
タコ焼きが6個入っている、翔のスラッガーカレーといった、

どちらかというとブッ飛んだメニューが多い中、
今年の生姜焼きカレーは少しオトナシメかな、と思って
この時期まで食べなかったのですが、

球場グルメは一期一会。頑固オヤジのカレーは尚更です。
今シーズン、多分ラストの札ドなので、これでしめますし、
8き肉、五平餅、チキンレッグはそれぞれ食べていますが、
たこやきカレーは食べることができなかったので
ここで、プチリベンジです。

並ぶ間、否応なしに鼻孔内を刺激し、胃袋までをも刺激する、
漂う濃厚なカレーの香りを嗅ぎながら、
三角屋根の屋台風店舗の上にあるメニュー表を改めて見ます。

主なカレーメニューは、
頑固オヤジのカレー 750円 
チーズカレー 830円
カツカレー 880円
くりやまコロッケカレー 850円
親子カレー 830円
ほうれん草カレー 830円
ハンバーグカレー 880円
えびフライカレー 880円

見たところ、餃子カレーが無くなっています。


オーダーしたのは、『中田翔のスタミナしょうが焼きカレー¥980」
と「くりやまコロッケ¥240」

お店は、今日も女性店員ばかりで頑固オヤジの姿はありませんでしたが
そんな店員さんが、丸い容器に手際よくご飯を乗せて、
カレーをかけてから、ご飯の島に、たっぷりの翔が焼きがのります。
この生姜焼き、器からトングで採る段階ですでに、ベロンとたれさがり
そのお肉のデカさがわかります。
その上に、おろし生姜を添えるのも、芸が細かいです
そして、頑固オヤジのカレーさん名物のゴロンとしたジャガイモです。

福神漬けがのせられて、透明な蓋が置かれてから、
「頑固オヤジのカレー」のシールがはられたのちに白い平たい箱に入って登場です。

さらにお願いした「くりやまコロッケ」と、デュワーズのハイボールとともに携えて、
外野自由席へ戻ります。

ビーフシチューとかにも近い、明るい茶褐色のカレーをまとって
四角くカットされた牛肉や、ジャガイモ、 にんじんなどのがみえて、
見るからに美味しそうです。
福神漬けも下品にならない程度にたっぷりと入っています。

さらには存在感があるのが、しょう(翔)が焼きです。
表面がテラテラに光っています。
トロトロなタレをたっぷりとまとっている
たっぷり肉のボリューム感がいいです。
ジャガイモも存在感たっぷりです。

丸い透明なふたをとると漂ういつものカレーの香りにまじって
生姜の香りがぷーんと周囲に。これは、追いおろし生姜がきいてます。

では、まずカレーから。
ほんのりとした玉ねぎの甘みとか、野菜の旨みが
肉系の濃いコクや味わいにしっかりと働きかけて、重層的に絡み合います。
この複雑で濃厚なコクと旨味がいいです。
複雑な味わいのカレーのベースになっているのが、
明るい茶色の原因はトマトならではの軽い酸味に、しっかりとした旨み。
これが、他の具材から出てきた味を盛り上げます。

このベースに支えられたカレーのスパイシーさが、食欲を増進します。
球場カレーは万人向けにするという縛りがあるので
刺激こそは抑えめですが、食べ進めていくとジワジワと効いてくる感じですし、
球場カレーとしてはスパイシーな感じですし、
ベースがしっかりしていないので、辛味が浮かずに
カレーの味の一部としてしっかりと機能しています。
口にいれたら、またほしくなる味です。
これは「球場三食」(渡辺保裕さん著 講談社 アフタヌーンコミックス刊)の
主人公日下も、絶賛するわけです。
ちなみに、「球場三食」の中では

ジャンクでは / ありつつも
野菜の旨みを / 溶かし込んだ奥深さが / 感じられ 例えるなら
超極上のボンカレー (最大級のホメ言葉)
ウマすぎる……!!

うん、わかるわかる。

そして、しょう(翔)が焼きです。
プラの先割れスプーンでつまんでも、べろーんと
下に垂れます。肉はスライスされていますが
一切れ一切れがデカいです。
そして口にするとブタならではのほの甘さが感じられつつも
これがまず柔らかいです。
赤身部分もスッと歯が入りますし、脂身部分はトロットロです。
赤身部分と脂身部分のバランスもいい感じで、軽く噛むだけで
しみ出てくる肉滴もいいです。
この柔らかい肉に、とろみがついた、醤油ベースの濃いタレの味が
たっぷりと絡んでインパクトあります。
タレの中には、みりんとかガーリックとかが
隠し味に入っていそうな濃い味で、豚肉を盛り上げますし
ぴりっとパンチを与えるのが、タレの中にも入っていて、
さらに追いがけされた生姜です。
生姜のピリ辛さが、濃いタレにも、美味しいお肉にも
良く働きかけて、ただでさえ美味しいのに
ますます美味しくなって、ご飯がすすむ肉になります。
ご飯にもたれは染みを作っていますが、
その部分だけたべても美味です。

この追い生姜、すごいです。

そんなお肉ですが、カレーと一緒に食べても
濃いカレーに負けずにしっかりと良さを発揮しますし、
溢れる肉滴とかしょう(翔)が焼きのタレが、
カレーに働きかけて味をさらに複雑にしてくれます。

昨年食べたカレーは、広島出身の大田選手にちなんで
オタフクソースがついてきて、味変させるタイプでしたし、
一昨年食べた五平餅のカレーは、カレーの上から、
予め味噌ソースがかけていて、独特の味でしたが、
このタレとカレーのミックスも面白いです。

カレーとしょう(翔)が焼きとで口の中が濃くなったところで、
威力を発揮するのが、 頑固オヤジのカレー名物にして、
札幌ドームに遠征をしている他チームのファンをもトリコにしている
ゴロンと一個丸ごと入ったジャガイモです。

いい塩梅にふっらと蒸かされていて、プラの先割れスプーンでも簡単に割れますし
口の中にいれると、大地の滋味あふれるウマさに一瞬でヤられます。
ほっくりとした味わいとほんのりとした甘みがベースになった
素朴ながらも深い味に、優しい気分になれます。
これが、北海道のジャガイモの実力です。
カレーの濃い味を鎮めるために、そのまま食べてよし、
カレーをつけながら食べてよし、崩してカレーと混ぜて食べてよし
バリエーションをつけた食べ方ができて、ここもいいです。

北海道つながりで言うと、コーントッピングとかも、北海道らしいですし、
遠征組の方は喜んでくれるのかな?

ちなみに、前述の「球場三食」の中でも日下は

行列のできるほどの / 人気メニューだが
目を引くのは / この丸ごと1個の / ジャガイモだ

北海道の代名詞 / ともいうべき食材
つまり好素材を / 「どうだ!」と / 丸々預けられたに / 等しい
「高卒ドラ1を / 育成するが / ごとく……」

まずは / そのまま   4分の1…いや / 5分の1程度    ぱく
んー…
芋類には / 一家言ある俺だが / このホクホク具合は / 筆舌に尽くしがたい
ほくほく
舌でマッシュして / 旨味成分を分解し
のみ込めば / デンプン質が / 体中に行き渡るのを / 実感できる
ごく

などといいながら食べ進めていきました。
ワカルワカル


名物ジャガイモがあって、さらにしょう(翔)が焼きがたっぷり乗っているのに、
さらにカレーの中に大降りにカットされたじゃがいもがゴロゴロと入っていまして、
これはカレーがしっかり染みこんでいて、これまた旨い。
肉も、赤みの少し歯ごたえのある部分と脂のトロっとした部分が
いいバランスの角切り牛肉がいっぱい。
にんじんもほんのり甘いです。

トッピングに工夫がされたカレーだと、
カレーには、具が入っていない場合が多いのですが、
この具沢山のところもこのカレーの美味しさと
サービスの良さを物語っています。
カレーだけでも充分美味しいのに、美味しいしょう(翔)が焼きと
美味しいジャガイモも同時に味わえる贅沢なメニュー

さらに、この日はお楽しみが。

それが、「くりやまコロッケ」です。

細かく挽かれたパン粉がびっしりついていて、
綺麗な狐色に揚がっていますがサックリとした
食べ口のあとに、ビックリするようなアマさがきます。
この甘さはスゴいです。さきほどのゴロンと一個
まるごとジャガイモよりも甘い。しかも自然な甘さで
優しさを感じます。
ガッツリ甘口くりやまコロッケです。

このまろやかな味は、いいジャガイモをつかい
丁寧に調理されているのが容易に想像できますが、
シャッチョコバラずに、暖かい気持になれる家庭の味です。
この濃いカレーとコロッケをハイボールで流し込む快感。
いいですね~

添えられている名物じゃがいもに、カレーの中の角切りジャガイモ
さらに、別注でコロッケまでいただいて、イモイモイモのジェットストリームアタック
でしたが、それぞれちがう味で楽しむ事が出来るのが、スゴいです。

カレーの中に入れても美味しいです。

と、いうことで、うっすらと額に浮いた汗をぬぐって大満足です。

ごちそうさまでした。

五平餅とか、タコ焼きとか、チキンレッグとか
頭オカシイ(ホメ言葉)メニューが多い中で、
今年は大人しいじゃん。もっと攻めれば??
などと思って、この時期まで後回しにしていた自分の不明を恥じます。
ああ、もっと早く食べておけばよかった。

そんな、選手プロデュースメニューのクオリティーも高い
頑固オヤジのカレーさんです。


で、本当はここでさらに数品いく予定だったのですが、
頑固オヤジのカレー さんで並んだのが結構な時間だったので、
すでに1時を大幅にまわっていて、まもなくスタメン発表。
と、いうことでここでのもう一品購入は断念しました。



そして、ゲーム中小腹が空いたタイミングで、
本日の外野ライトポール近くの自由席からは
ちょうどど反対の、三塁側内野席奧1F通路にある
「おお~い北海道」さんに行きます。

ヒイキチームのゲームでないとここらへんフリーダムです。

「おお~い北海道」さんは、
以前、「球場三食」(渡辺保裕さん作、講談社 アフタヌーンコミックス刊)
で日下が絶賛していた「おつまみネギ塩ジンギスカン」を購入したり、
ジンギスカン丼を購入して、それぞれ美味しくいただいた記憶があるので、
選手プロデュースメニューが数ある中で、目指したのは、
こちらの「玉井大翔のジンギスカン唐揚げ」です。

さらに、近くの「サブウェイ」さんで
中田翔のデカビタハイボール。を購入。
カレーに続いて、ハイボールも中田メニューで
どんだけ中田推しだよ、と思われそうですが、
今年の選手プロデュースドリンクは、
今までの札幌ドームではあり得なかった趣向なのです。

それは、あの、何飲んでも同じカップしか出てこない
札幌ドームで、はじめてオリジナルデザインのカップが
登場したのです!!!!!
(ま、企画は当然ファイターズ球団でしょうがww)
このカップに惹かれて選手ドリンクです。

そういえば、ナゴドに行った時も、
何飲んでも(以下略)なナゴドで、選プロドリンクだけ
違うカップなので、又吉選手のマンゴーサワーを飲んだ記憶が。

こういうデザインがあるだけで、テンション上がります。

と、いうことで、円筒状紙容器に入った暖かいジンギスカン唐揚げと
ハイボールとを持って自席に戻ります。

では、まずはジンギスカン唐揚げから。
つまむと、肉は大きめです。厚めの肉は、
箸ごしに肉の重さを感じます。
焦げ茶に近い濃い茶色の衣がいい感じで
囓るとカリカリクリスピーな衣
衣からしてスパイシーですが、
その中の肉が軟らかいです。
漂う香り通りの羊独特の獣の味わいと、
繊細な肉の甘みがいいバランスで出ていますし
食べ進めていると羊独特の味が
蓄積されてきます。
羊の野趣に富んだ味わいが口中に広がりますし、鼻にぬける香りもこみで
羊食べている感が満たされます。
この独特な風味が豊かですし、
癖のある味わいが旨みに昇華しているところがたまりません。
肉に付いている下味も旨みを引き立てます。
そしてやわらかいということは、軽く噛むだけで
肉滴があふれます。これはたまりません

さらに、衣のしっかりとスパイシーさに塩分多めなところが
肉を盛り上げます。

ラム肉が平気な人は気に入る1品でしょうし、
酒飲みの好きな味です。これ。
さらに、唐揚げではなく「ジンギスカンザンギ」に名前をかえたら、
道外遠征者ホイホイになるのでは
などと考えたりして。

そう、酒飲みの好きな味、いっしょに飲んでいる
デカビタハイボールにもなまらあいます。

ハイボールをデカビタCで作ってしまうという
大胆なカクテル。中田選手をイメージする
黄金色が綺麗です。

そして、デカビタの味が以外とアルコールにもあいまして、
飲み口は少しケミカルな甘さですが、
飲み進めていくと蓄積されるアルコールの
良い飲み口になっています。

ジンギスカンも旨ければ、ハイボールもいい感じ。

あ~札幌ドームあなどれません。
ああ、美味しかった。こちらも一気にいただきました。
ごちそうさまでした。

と、大満足をして、野球観戦に戻ったというわけです。



ただ、この日、中田選手と玉井選手がイマイチだったのは、
私がこれらのメニューを食べているからですかね。


ってことで。(´・ω・)ノシ
先日観戦した、札幌ドームのゲームです。

この日は、11時32分、さっぽろ駅発の東豊線に乗り込みます。
来たのはファイターズのラッピングトレインです。

開場時間が12時なので、開場時間より少し遅い時間に到着予定。
豊水すすきのをすぎると、列車はほぼ満員です。

福住駅に11時45分に到着。地上に出たところで、
ビル越しにドームが見えますし、
人並みごしに次第にでかく見えるようになります。

地下鉄乗っていたときから気がついていましたが、
再来週からラグビーW杯なんですね。
駅構内から、ドームに行く道とかが飾られています。

今年からできたエスカレーターであがって、ドーム敷地に入る境目で

ドームにむかって二礼、二拍手、一礼                                                                                                                                                                              
この日のゲームが面白くなるように。そして、今年一年の野球観戦で
いいことがたくさんあるように、野球の神様にむかってお祈りしてから
この日はライト側の外野自由指定席なので南ゲートから中へ入ります。

と、いうことで、南ゲートの待機列へ。
開場時間が過ぎたのに、まだ結構な人が並んでいて、
南ゲートの屋根のないところまで、
待機列が伸びていますが、そのままならびます。

そして12時20分くらいに入場。
この日は、FC会員には、田中賢介選手のピンクユニがもらえるみたいです
私はそのまま素通りして、ライト側ポールのほうへ。
外野自由席のビジター自由席との境目の
通路側の席を確保。これで、バファローズの応援も
よく見えます。

席を確保したので、次はご飯です。
今年になって実はいってなかったのが、
がんこ親父のカレーさんですのでそちらへ行きます。

こちらも長蛇の列ですが、おとなしく並びます。
そして、オーダーしたのが、中田翔のスタミナしょう(翔)が焼き カレー
生姜パワーでSHOW TIMEのポップがいい感じ。

中田選手といえば、かつてはたこやきカレーを
出していまして、そちらは食べることができなかったですので
ここで、プチリベンジです。

さにらは、くりやまコロッケと、デュアーズのハイボールを購入。
自席に戻っていただきました。
ごちそうさまでした。感想は後日です。

で、本当はここでさらに数品いく予定だったのですが、
頑固オヤジのカレー さんで並んだのが結構な時間だったので、
すでに1時を大幅にまわっていて、まもなくスタメン発表。

と、いうことで
おとなしくスタメン発表を待ちます。
20分くらいに先発ピッチャーが発表されます。
ファイターズは有原選手、バファローズはアルバース選手です。
そしてスタメン発表。
あ、グランドにバファローベルが登場しました。
べるたそ~!!

そしてスタメン発表があって、応援歌のメドレーで盛り上がる両軍。
バファローズの応援歌で一緒に盛り上がるベルたそがかわいいです。

ベースランニングがあってから、グランド整備
そして龍太さんとYUNAちゃんのトークがあって

メンバー表交換があって、国歌斉唱があって、
始球式があってゲーム開始です。


1回表 バファローズの攻撃
先頭宗選手が 2-0からの三球目をライトへのヒットで出塁
これを福田選手がキャッチャー前に見事送りバントを決めて
1アウトランナー二塁ですが
吉田正選手サードゴロ モヤ選手ショートゴロで
8球でチェンジです。



1回裏 ファイターズの攻撃
先頭西川選手を3-2から四球で出すと、
続く大田選手はライトへ力で持っていく一打で 1,2塁
さらに近藤選手がピッチャー強襲のあたりをアルバース選手が弾いて
結果内野安打になってノーアウト満塁。
ここで中田ジャンプで盛り上がるスタジアムですが、
レフトへの大きなあたりは犠牲フライになって、ファイターズ先制です。
さらに渡邉選手のあたりは、セカンド右を痛烈に破る
ライト前ヒットで、追加点です。
おーいおーいほっかいどー と盛り上がるスタジアムです。
清宮選手見逃し三振 平沼選手サードゴロでチェンジです。

先発有原選手ということを考えるとこの二点はでかいです。


2回表 バファローズの攻撃
先頭小島選手がセンターフライで倒れてから
白崎選手のあたりは、レフトスタンドに飛び込みます。
白崎選手名物ソロムランです。
Oh Yeahバファローズ♪と盛り上がるライトスタンドです。
ただ、つづく西浦選手、鈴木昂選手と連続して空振り三振でチェンジです。

しーらっさきー しーらっさきー のコールに対して
帽子をとって挨拶する白崎選手です。

Born to Loveが流れてから
2回裏 ファイターズの攻撃
先頭宇佐見選手空振りの三振、中島卓選手レフトフライ
西川選手センターフライで三凡です。

3回表 バファローズの攻撃
先頭若月選手ライトフライから
宗選手がフォアボールを選んで出ますが、
福田選手の打席で盗塁を試みますが、失敗。
さらに福田選手ピッチャーゴロでチェンジです。


3回裏 ファイターズの攻撃
先頭大田選手、続く近藤選手と連続して、きれいにライトへのヒットが出て1,3塁
さらに、中田選手のダブルプレーの間にランナーがかえって
ファイターズが1点追加です。
おーいおーい北海道が響きます。
さらに渡邉 ライトへのヒットで出ると
清宮選手は、ショートへ難しいあたりで、これが内野安打
さらにショートが悪送球で2.3塁になります。
平沼選手がライトへもっていってこれがタイムリーになって、
さらに一点追加。おーいおーいほっかいどー♪
宇佐見選手、空振り三振でようやくチェンジです。
5安打で2失点です。ツーアウトから三連打が痛いです


4回表 バファローズの攻撃
吉田正選手、一二塁間まっぷたつ鋭く破るライト前ヒットで出ますが
モヤ選手が1-6-3のダブルプレー
小島選手見逃し三振で、三人でチェンジです。


4回裏 日本ハムの攻撃
先頭中島卓選手、セカンドの左をゴロで破るライト前ヒットで出ると、
西川選手はセカンドの右をぬくライト前ヒットで1.2塁
ここで、バファローズはアルバース選手から神戸選手にスイッチします。
アルバース選手3回0/3 被安打10で降板です。
さらに、大田選手のレフト前ヒットで、中島選手が還って、
ファイターズ追加点。おーいおーいほっかいどー♪
ジンギスカンで盛り上がるなか
近藤選手レフトフライ 中田選手セカンドゴロで2アウトまでいきますが、
渡邉選手のあたりにセンター、足がとまりまして
バックスクリーン左に飛び込む3ランホームランになります。
清宮選手センターフライでチェンジですが、
ここでの4点は致命的です。
わったーなべー ドンドンドン わったーなべー ドンドンドン
のコールに帽子をとって丁寧に頭を下げる渡邊選手と
たーいーしっ ドンドンドン たーいーしっ ドンドンドン
のコールに帽子をとってぺこっと頭を下げる大田選手です。


5回表 バファローズの攻撃
先ほど、ホームランの白崎選手ですが空振り三振
西浦選手はピッチャーゴロ
鈴木昂選手の打順で、代打、宜保選手です。
タオルチャンテ琉球バージョンで盛り上がるライトスタンド。
これを見たいから、この席に座ったんです。
が、宜保選手サードゴロでチェンジです。



5回裏 ファイターズの攻撃
代打に出た宜保選手がそのままショートに入ります。
さらにキャッチャーに松井雅選手が入ります。
先頭平沼選手、7球粘った末にフォアボールを選んで出塁
宇佐見選手はセカンドゴロで4-6-3のダブルプレー
宜保選手の送球がそれますが、2アウト
中島卓選手セカンドゴロで三人でチェンジです。

YMCAがあってから、
6回表 バファローズの攻撃
松井雅選手がライト前ヒットで出塁すると、
宗選手のボテボテのファーストゴロで松井選手が進塁
さらに福田選手のあたりは、右中間を破るタイムリースリーベースになります。
バファローズ1点追加。Oh Yeah! バファローズ♪と盛り上がるライトスタンドです。
さらに、吉田正選手のあたりは、レフトスタンドへ2ランホームランです。
Oh Yeah! バファローズ
モヤ選手ショートライナー 小島選手セカンドゴロでチェンジです。


6回裏 ファイターズの攻撃
バファローズは近藤選手をマウンドにおくります。
先頭西川選手ファーストゴロで1アウトから
大田選手レフト前ヒット、近藤選手ライト前ヒットで1.2塁から
パーフェクトヒューマンで大盛り上がりのスタジアム
中田選手のあたりは、ショートとセンターとレフとの間にふらふらと上がります。
が、これを宜保選手が落球して満塁になります。
渡邉選手ショートライナー、清宮選手ライトフライでチェンジです。


SKYで盛り上がってから、
(手書きメッセージがビジョンにあまりうつらなかったのが、残念)
7回表 バファローズの攻撃
ファイターズは堀選手をマウンドにおくります。
先頭白崎選手空振りの三振
西浦選手の代打中川選手はセカンドゴロ
さらに宜保選手のセカンドへの緩いゴロ、
快速を飛ばした宜保選手にセーフのコールですが、
ここで栗山監督がリクエスト。ビジョンに写る映像に静かになるライトスタンド。
結局判定が覆って、アウトでチェンジです。


ロケットセブンがあって
7回裏 ファイターズの攻撃
代打に出た中川選手がサードにはいって、
サードの小島選手がライト。さらに海田選手がマウンドにあがります。
平沼選手ピッチャーゴロから、
宇佐見選手の打席で代打田中賢介選手です。
スタジアム前面を覆いつくすピンクのユニフォーム
この日一番の盛り上がりです。
が、賢介選手はショートゴロで2アウト
中島卓選手のあたりは、セカンド右を抜こうかというあたりで
よくおさえたのですが、送球がそれて内野安打
さらに西川選手がレフトの左を抜くヒットで、
ボールが内野に戻る間、西川選手は2塁まで進塁して2,3塁
大田選手ライトフライでチェンジです。


8回表 バファローズの攻撃
ファイターズは玉井選手をマウンドにおくります。
キャッチャーには清水選手が入ります。
先頭松井雅選手レフトフライで1アウトから
宗選手、センター前へ弾き返すと、
福田選手8球粘り、結果四球を選んで1,2塁
ここでファイターズは宮西選手にスイッチです。
本日ホームランを打っている吉田正選手がショートフライで倒れますが
モヤ選手のセンター前のあたりで、宗選手還って1点追加です。
Oh Yeahバファローズ♪でもりあがってから、
おもクソ ゴツいの 持って来い♪ と欲球根性で盛り上がるライトスタンド
ここで、バファローズは小島選手に代打山足選手で、
センター前へ弾き返して、さらにこの打球を西川選手がファンブルして
2点かえします。Oh Yeah! バファローズ
最大7点差離れていたのを1点差までおいつめます。
そして白崎選手ですが、サードゴロでチェンジです。
ファイターズの勝ちパから三点ってのは地味にデカいです。

ドドドン山足 ドドドン山足 と盛り上がるライトスタンドに対して
帽子をとってお辞儀する山足選手です。

雪ミクverのファイターズ賛歌があってから
8回裏 ファイターズの攻撃
ここで、バファローズは、代打の山足選手をサードにいれて、
サードの中川選手をライトに入れます。
さらに増井選手がマウンドにあがります。
先頭の近藤選手のあたりは、ライト右のフェンスを直撃
ツーベースになります。さらに近藤選手の代走に杉谷選手
ここで4番中田選手ですが、ピッチャーゴロ
渡邉選手 清宮選手と連続で空振り三振 チェンジです。


9回表 バファローズの攻撃
ファイターズは代走の杉谷選手がレフトに入ります。
さらに秋吉選手がマウンドにあがって、6番の打順に入ります。
先頭中川選手、中途半端なハーフスイングを取られて空振り三振
宜保選手の代打小田選手、空振りの三振
さらに松井雅選手空振り三振でゲームセットです。

そして、ヒロイン 花火などのまえに面白いゲームに感謝して
ドーム敷地出口のところで二礼二拍手一礼
満員の地下鉄に乗って、札幌中心部へと戻ったのでした。

Bs 7-8 F

勝利投手[ ファイターズ ] 有原 (14勝7敗0S)
セーブ[ ファイターズ ] 秋吉 (0勝4敗21S)
敗戦投手[ バファローズ ] アルバース (2勝4敗0S)

本塁打
[ バファローズ ] 白崎2号(2回表ソロ)、吉田正25号(6回表2ラン)
[ ファイターズ ] 渡邉11号(4回裏3ラン)

観衆数 41138人  試合時間 3時間25分




ってことで。(´・ω・)ノシ
現在札幌某所に隠遁中。
今年たぶん最後になるであろう、札幌ドームのゲームを
見終わって、満足をしています。

さて、そんな話はまた後日。

タイトルの記事です。
8月のイベント明けの、水戸・東京ドーム・
ハマスタ連戦のときに野球場以外で食べたものです。

まずは北海道からの移動ですが、13時15分発の飛行機なので、
昼飯は新千歳空港です。

で、ガッツリといきたい気持ちもあったのですが、
水戸の球場でウマいものが待っているかもしれないので
軽めにすませましょう。
と、むかったのが、最近JAL SKYMARKの近くにできた、
きたキッチン内 農家の息子 フライとキッチンさんです。

夏のお祭りのときの上京でこちらの揚げ物が
美味しそうだったので、何か軽く入れるときは
使ってみようと思ったということで、早速の利用です。

お願いしたのは、コーンかきあげ天ぷら コロッケ と 牛乳てんぷら です。
あと別のお店で生ビールを購入して、
ターミナルビル1Fのセンタープラザのいすに腰掛けて
いただきます。
まずは、コーンのかき揚げ天ぷら。
サクッとかぶりつくと、たまねぎが甘いです。
さっくりと軽やかに上げられて食感もさわやかで
さらにコーンが甘いです。たまねぎの甘さとはまた違う甘さで
果物ばりです。これはすごい。
コロッケもサクサクの衣は細かく挽かれたパン粉ですが
しっかりとたっていて、サクサクになってますし、
なかのお芋がホクホクねっとりとしていて
滋味たっぷり。素朴ですが、満足なあじです。
そして、びっくりしたのが、牛乳の天ぷらで
軽くかぶりつくと、さっくりとした衣の中で
ぷるぷるの真っ白いやつが口の中でとろけます
これ、アマいです。そして当然ですがすごくミルキー
真っ白な牛乳豆腐のような栄養の塊と
さわやかな牛乳の味が塊で口の中に広がります。
とろとろさは、やわいクリームコロッケのようでもありますが
塩分はありませんし、チーズのような酸味もない
本当に牛乳の味です。
軽く塩をふって食べると、さらに甘さがきわだちます。

これは、スゴいです。びっくりしました。

それぞれビールもすすみ、まだ北海道から出てもいないのに
いきなり美味しいお見舞いをくらいました。

こういうの、大歓迎です。

さすが、滑走路つきフードコートの異名を持つ新千歳。

まだまだ美味しいものはいっぱいありそうです。

そして、順調に行程はすすんで、ノーブルホームスタジアム水戸に到着。

ただ、ここで食べ物がすべて売り切れというハプニング。

そこで、空腹を抱えて野球観戦。
ゲームが21時9分に終わったので、

と、いうことで、二礼二拍手一礼をしてから、
15分に球場から離脱。
25分発の臨時バスに乗って、47分に水戸駅着。
切符をかって、53分発ときわ92号で土浦へ。
22時30ころに土浦駅東口の宿にチェックインをすますや
駅から宿に行く途中気になっているお店へいきます。

それが、「骨付きがぶり鶏 がぶり亭」さんです。
こちらは、店名にもなっているくらいなので、
骨付き若鶏の素揚げが名物なのですが、
メニューを見ているときに気になったのがありました。
それが、宇和島鯛めし と 宇和島じゃこ天 です。
じゃこ天は地元のカレー屋さんでメニューに入っているので
いただいたことがありますが、宇和島鯛めしは、
「おにぎりあたためますか」などのテレビとか
「創太郎の出張ぼっち飯」などのマンガとかで
見たことはありますが、実物に出会うのは、実ははじめて。

では、これしかないでしょう。

と、はいえ、茨城に一泊するのに、茨城っぽいものがないのも
なんなんで、水戸納豆オムレツをいただきます。

さらにアルコールはハイボールです。

出てきたハイボールをちびちびやりながら出てきたのが、
鯛めしです。
ご飯の上に鯛のヅケが乗っています。
さらに小口切りの京ねぎがちらされています。
まずはそのままヅケでご飯をいただきますが、
鯛のプリプリさと、淡白ながらじわっとくる旨み
さらに西日本のしょうゆならでは軽い甘さと
しっかり効いている出汁です。

ああ、これだけで美味しい。

が、ここからが本番です。

生卵です。
碗の中身を箸でさっとかき回してから、
ヅケの鯛中心にかけます。
歯ごたえがしっかりした鯛の身と出汁の組み合わせだけで美味なのに
ここに濃厚な卵の黄身ですから。
うまくないはずがないです。口福なハーモニーに感激

ご飯もホカホカでほの甘さがあって
この鯛と卵と出汁を受け止めます。

めちゃくちゃうまい卵かけご飯の異名に
たがわないウマさ。

これは、いつか宇和島もいかなければならんですね。


そして、じゃこ天を、まずはそのままいただきます。

さくっとした表面の軽やかな噛み心地を楽しむと
中の食感ももっちりとして、魚の味わいや香りが
ヘルシーでいいです。


この魚の味の濃さ。健康になりそうなメニューです。

さらに納豆オムレツも
箸で割ろうとすると、ふるふるに震えて柔らかいですし、
割ると卵液がとろっと流れて、中には納豆がたっぷりです。
たっぷりの納豆も軽く火が通されてます。
で、火通しされた納豆なので、糸をひかずに
香りも抑えめになります。が、口の中にいれたら
納豆の香りと味がしっかりと主張します。
豆も若干大降りで、さらに味と香りも濃いです。
さすがの水戸納豆。注文してよかった。

それぞれハイボールにもあいます。

と、いうことで、ご馳走様でした。


翌朝は、宿でもとれるのですが、
少ししっかりしたものを食べたくなったので
駅前に出ます。
と、目利きの銀次さんが営業中。こちら24h営業なので、
朝食の利用もできます。あと、さらに朝定食とかなかったかな?

なんてことを考えながらドアを開けて店内へ
朝7時台ですが、4人くらいお客さんがいて
ゴキゲンな感じです。

と、いうことでメニューを見ますが、朝定食、ありませんね
お店の方に聞いてみると、朝食べられる定食は
から揚げ定食だけだとのこと。ならばそちらをいただきます。

あと、せっかくの居酒屋なので、ハイボールもいただきます。

ハイボールをチビチビしていると、定食が登場。
四角なお皿の上に、いい色している大ぶりのから揚げ5つと
千切りキャベツ。さらに別の小鉢には
お新香。そして味噌汁と大き目のお茶碗に入ったご飯です。

こういうのでいいんだよ。です。

から揚げはサックリをとおりこしてカリッとした衣の中に
プリッとした淡白ながらも滋味あふれる
鶏肉です。そして、軽くかむだけであふれる
肉滴もいいです。

鶏の味を引き立てる濃い衣の味もいいです。
ご飯もふっくら、みそしるもやさしい味で、
これがお変わり無料なのがありがたいです。
(朝からそこまで食べないので、おかわりはしませんでしたが)

ご飯にあうものはハイボールにもあうます。

ああ、ゴキゲンな定食です。

ご馳走様でした。

その後、土浦駅10時発の特別快速品川行きに乗ります。
東京駅に11時04分に到着。中央線に乗り換えて
四谷で総武線各停で代々木へ。

代々木会館ビルを写真にとったりして、
(同好の士が数人おりました。さすが旬の人気スポットです)
大江戸線~新宿線と乗り継いで
中5日おいての神保町です。

地上に出るといきなりたくさんの警官隊が
金属製の柵を整備しています。
8月15日の正午前だなぁ、ということを実感します。

そして、第一希望のお店がお盆休みというところで
12時になったので、路地裏で黙祷
さらに第二希望のお店もお盆休み。

そこからすずらん通りを歩きます。
目指したのは、すずらん通りの老舗中の老舗
てんぷらのはちまきさんです。
さらには、「ドラマ 食の軍師」で、本郷と力石がアツくもウザいバトルを
繰り広げた店として、「「食の軍師」戦場グルメガイド」にも登場しています。
創業85年の老舗にして、こちらにお店を移したのも昭和20年。
その独特のフォルムの店構えがまず圧巻です。
お店には行列ができていますが、ここは並びます。
そして、並ぶことしばしで案内されましたので
雰囲気のあるのれんを押して中へ
6人がけの席に通されまして、腰を下ろして
メニューを吟味。まずは、中ビンをお願いしてから、
冷たい番茶を持ってきてくれたスタッフの方に
ドラマの中で、本郷も力石も食べている、穴子天のついてくる、
松天麩羅定食をお願いします。

改めて周囲を見渡すと、大正レトロ調なポスターとともに、
古時計が飾られている店内によくマッチする古びたサインが張られています。
こちらは、井伏鱒二・江戸川乱歩・谷崎潤一郎等の文豪達が通った店とのこと。
納得です。
BGMが低く流れるなか、カウンター内では実直そうな職人さんや、スタッフの方が
小気味よく働かれていて、ここも老舗の店ならでは。

そんなことを考えていると、天つゆと生姜が添えられた大根おろしが来て
ビールが来て、軽く、グビっとしてると、すぐに天麩羅、ご飯、赤だしが登場です。
天麩羅は、えび二匹と野菜天のお皿に加えて、
別皿で、穴子天がふたつ乗っています。
しかも、その上には、軽く結ばれた穴子の骨せんべいです。
ああ、見た目にも美しい演出ですし
見た目だけで美味しいに決まっています。

えび二匹のお皿には、かぼちゃ、ししとう、茄子、蓮根、キス、イカも
乗っています。
これは、アレコレ楽しめそうです。

食の軍師の中では、夜の部で、それぞれ天ぷらの単品をオーダーする勝負でしたが
言ったのが昼ということで、丼か定食しかないということで
定食で軍師気分を味わいます。

まずは、2つあるタネから頂きましょう。
ししとうを軽くいただきますと。うん、美味しい。
軽く塩をふっていただきましたが、サックリとした衣と
中の苦さのバランス。塩で引き立てられるししとうの味もよければ、
衣が軽くつけられているのと、菜種油とゴマ油のブレンドで揚げられているので
爽やかな感じすらする、さっくり感です。

そして、本郷が、恵比寿の陣といった、海老・キスのうち海老です。

軽く塩を振っていたたぐとこれも美味しい。
そこまで大降りではないものの、
身のしまりがよさがよく分かるプリップリの感じと
軽く甘い感じが、さりげない塩と、サクサクの衣で盛り上げられます。
あああ、美味しい海老です。恍惚です。

そして、穴子。あー、ふわっふわな味わいが
衣の味わいと、さっくりとの歯ごたえのアンサンブルの面白さに
揚がっているので、熱されていて、自然な旨みが出てきています。
さりげなく振った塩のいい効果。あー、たまりません。
毎朝築地市場で調達して、店で開かれる活穴子。
カラッと名人芸で揚げられる逸品なので、美味しくてあたりまえです

そして茄子の天ぷら。半面に衣をつけてあげられているのも
芸が細かいですが、サクッとした衣とともに、あげられた茄子ならではの
茄子滴がいいです。ここも軽やかに食べられるのもいいです。
シャキシャキの蓮根も薄めの衣、最初は塩で、続いてタレでいただくと、
別の顔を見せてくれるところがいいです。
続いてイカをたべて、本郷の「イカにハスの花咲くの陣」です。
イカも、淡白ながら旨みが出てくる味わいと、それを支える
軽くもっちりと甘みがいい感じですし、ここにもさっくりとした衣が効いてます。
歯ごたえを楽しむ陣大成功。

そして、今までのどの素材よりも、甘みたっぷりのカボチャは、
天麩羅界のデザートと言っても言いすぎではない。
でも、そこまでではなく、あくまでも自然な甘みです。

そして、キスです。夢でキスキスキスです。
さっくりといただくと、こちらも淡白ながらもしっかりと海を感じます。
最初は塩、続いて天汁でいくと味わいの複雑さが増幅されてたまらんです。
さらに、天汁で海老を食べると、ああ、恵比寿の陣、最高。

二順目はそれぞれ天汁で頂きます。最高ですよ。
海老も穴子もイカも、天汁で、さらに美味しくなります。
大根おろしも生姜もばっちり効いていますし、
ビールにもご飯にもよく会います。
癒しの赤だしもいいなぁ。

そして、しめは穴子の骨せんべいです。

サクッとかじると、軽くかじっただけなのに
口の中が一気に穴子です。
さっくり感と、磯の味わいの絶妙なバランスに
軽く塩がふられているところもニクいです。

骨せんべいというと、「ワカコ酒」の中で、広島で売ってる弁当で
パリポリと骨せんべいを食べているワカコさんも、
「パリパリなのに 堅すぎず絶妙な食感  揚げ物の 香り  
かすかな塩気 揚げ骨が こんなにうまいなんて 」
と、言っている場面が思い出されます。

これは、最大のサービスです。ビールもすすみます。
と、いうことで、ごちそうさまでした。

次こそは、夜の部に訪れて、天ばらと、半熟卵天でいただくしかないな。
というか、これは力石の陣ですが。

大満足で、こちらを後にした後、三省堂、書泉グランデなどをシバいたあと、
三田線に乗って春日へむかい、この日お世話になる宿に入ったのでした。


翌朝です。近くの春日駅そばに
立ち食いそばやさんがあるのを宿に入る前に見ていたので、
そちらに向かいます。

店内にはいると、キレイなお店です。
入り口のところにある券売機で食券を買って、
おくの厨房前カウンターに出します。
オーダーしたのはかき揚げ天そばです。

オーダーが入ると、麺がゆでられて、さらに揚げ物の音がします

カウンターの前には背の高い椅子があります。
腰を下ろして、改めて周囲をみると、木のぬくもりが感じられる明るい店内で
ガラスとかも多様されていますし、足元には荷物を入れられる
バスケットが置いてあります。

店内は、4人くらいの方がお蕎麦を食べています。
作業服の人が多いですかね。

まつことしばしでお蕎麦が登場。
蕎麦ならではのいい色合いですし、細めの麺は
軽くエッジも立っていて、本格的です。

すすりますと、しっかりとコシが有って
さらにすすり心地もいい。
香り高い、いいお蕎麦です。

汁もしっかりとしたかえしの味に
鰹の風味が効いていて、ほの甘さとともに
風味のしっかりとしたお蕎麦にあっています。

かき揚げも、軽い揚がりかたでサックリとした食感と
なかのふんわりとしたところが両立しています。
これも立ち食い蕎麦のレベルをこえてます。

と、大満足で朝食終了です。

こちらもまた来たいお店です。

10時に宿をチェックアウト、お世話になりました。
しばらくしてから田端で天気の子巡礼第一弾。

そして、続いて向かったのが高円寺で天気の子巡礼第二段です。
途中、新宿の光景など見えて、ここもゆっくり時間かけて
まわりたかったと思いつつ、
高円寺着が12時少し前。ここで昼食ですが
何かそれっぽいものはないかな?とうろうろしたところ
天下一品を発見。
天下一品も歌舞伎町のお店が映画の中で出てきました。
ということで決定。店内にはいると、
「愛にできることはまだあるかい♪」と洋次郎氏が歌うメッセージ
なにこれ、タイミングよすぎです。

いただいたのは、チャーハン定食です。
当然ラーメンはこってりです。
「めしばな刑事タチバナ」のタチバナと竹原サンの話を聞いてしまったからには、
こってり以外にはいけません。

最初はこってりの、ラーメンスープの概念を越えた濃厚で
ドロッとした味わいをそのまま少し太めのストレート麺とともに味わった後
たっぷりの唐辛子味噌とか、たっぷりの唐辛子にんにくなどを入れて
濃厚ベージュのとろっとしたスープを赤くしてからいただきますと、これも効きます。

このダブルパンチをふわっと受け止めるのは
ぱらっぱらのチャーハンです。
この組み合わせ、最高ですね。

そしてチャーハン、麺などの組み合わせの中でも異彩を払って
やはりインパクト強いのは、こってりスープ。
好きか嫌いの二択しか許さないこの味わい
妙にクセになるし、何かの機会にむしょうに食べたくなるのです。
だから、「めしばな刑事」を読んでいるときに、何度行きたいと思ったことか。
むしろ、こちらも夜食テロです。

お客さんの一人が、汁をどんどん飲んでいったせいか
「汁なし坦々麺みたいだよ」などといっていましたが、
これも納得の食べ方で、このスープを味わっていて、
スープスープで攻めるとそうなりますよね。

といったところで、残りのスープ、ラーメンと、チャーハンの味で
濃い濃い祭りの口の中をビールで清涼感をもたらせて、
「ごちそうさまでした」

美味しくいただいてから、気象神社を、
お隣の氷川神社とともにおまいりをしたり、
写真をとったりしてから、こちらを辞します。


そして、関内へ移動して、ハマスタ横のホテルにチェックイン。
その後出陣してカープの勝利に酔ったのでした。

とりあえず

そして、翌朝。

日の出町の24時間営業のとんかつやさん
長八さんで朝食です。

伊勢佐木町から日の出町にかけては
深夜から早朝にかけて営業しているお店が少なくないのです。

そして、むかった長八さんは、歴史のありそうな
しっかりとしたつくりのお店です。

オーダーしたのは、朝定食。魚が選べるなかで、
鮭を選択。さらには、とんかつやさんということもあるので
お味噌汁をトン汁に変更。

鮭と大根おろし。煮物 のり お新香
味噌汁 生卵 ご飯。の組み合わせ。

よくぞ日本人に生まれけりです。


そしていったん宿でウダウダしてから
昼食にむかったのが中華飯店さんです。

以前2013年に訪問したときからお店の場所が
少しから宿から遠く、中華街のセンターによっています。

以前むかったのは「食の軍師」巡礼でした。

本郷は「ざっかけない店」と言った、ざっくばらんな感じが
気取っていない、普段使い出来るお店ということでしょう。

扉を開けて中に入ると、店内は新しくなっていますが、
雰囲気は変わっていません。
で、オーダーしたのが、瓶ビールと牛モツ麺です。

相変わらずベイスターズ関連の展示があります。

ビールでのどを潤していますと、
出てきました牛モツ麺。

濃い色のトロットしたスープに、淡い黄色く中太なストレート麺。
そして、たっぷりと入っているモツは牛のハチノス。
それから玉ねぎとか青菜などの野菜が入ったアンが
たっぷりと麺の上にかかっています。

まずはスープから頂きますと、しっかりと肉などから出汁がとられた旨味と
コクの塊のような味わいに、豆板醤とか唐辛子系のピリ辛な味がインパクト強いです。
ベースはシンプルな中華系ラーメンの味わいですが
とろみが付いているので余計味わいが濃く感じます。
そんな濃いスープにはストレートな麺がいい感じに調和していますが、
なんといっても、看板はハチノスですハチノス。
この遠征中に横浜の書店で新作を手に入れた今柊二さんの新刊文庫本にも、
ハチノスを使ったモツ料理を評価していましたが、
ハチノスを使った料理って、どこか高級そうなイメージがありまして、
こんな感じでラーメンにゴロゴロ入っているのは初めて見ました。

そして、濃いあんをまとっているハチノスを一口いただきますと、
まずは軽い歯ごたえこそあるものの、全体敵に軟らかく煮込まれています。
この歯ごたえのあるところと軟らかいところが複雑に口の中で刺激を与えてくれます。

さらにはハチノス独特の高校の生物教科書に出てきた、
ミトコンドリアの模式図のように中にヒダヒダがびっちりとあって、
それがまた歯ごたえや食感を複雑にしてくれてウレしい。
モツ食べている感が満たされます。

そして、味わいですが、こちらもややクセのある味わいが
内臓食べてることを実感させてくれます。
内臓肉独特の臭みが全くないわけではないですが、
このわずかな野趣に富んだ香りがアクセントになっていまして、
肉の処理の巧みさを感じさせてくれます。

食べ進めていくウチにコリコリ感が増してくるのもたまりませんし、
このたっぷりのハチノスに青菜とか、玉ねぎの優しげな味わいが
いいフォローをしてくれます。

ちなみにこちらは牛モツそば以外にも、
牛モツ飯とか牛モツメニューが各種ありますが、
すべてハチノコが私用されているそうです。

そういえば、某兵法書でも、本郷のライバル力石が、
「モツっていうと普通ブタじゃないスか ここのは牛のハチノス(第2胃)使ってて絶品!!」
と言ってましたっけ。

そして、この濃い味にビールがすすみます。
そういえば、力石のオーダーもビールと牛モツ麺でした。
(本郷はシュウマイとエビチリでした)

店内では、お店の方が常連さん風と
ベイスターズの話で盛り上がっていますが、

いままでわれ関せずという感じだった女性スタッフの方が
「昨日行ったときには~」なんて話をしだして、
全員濃いベイのものでしたか。

おそれいりました。


そして、この日は今永選手にひねられてしまいました。
九里選手もいいピッチングをしていたのですが。



翌日です。

宿が中華街から近くで、
朝粥を食べさせてくれるお店が数件あると聞いて、
外へ出ました。

すでに気温は30度超です。あついー!!

第二候補のお店の横を通って、第一候補のお店を目指します。
第二候補のお店の前にも列ができています。
ただ、こちらは7時開店。第一候補のお店は、8時開店なので、
ちょうどいい時間かなと思って、お店の前までいくと、
すでに30人近く並んでます。ダメですね、これは。

で、第二候補のお店に戻ると、こちらは列は10人弱。
並ぶならこちらです。
と、「馬さんの龍仙」に並びました。

と、並ぶこと15分ほどで中へ。
お一人様ということで、一人がけの席に案内されました。

葱と叉焼のお粥とビールをいただきました。
お粥もビールもすぐ出てきました。ありがたい。
お粥はさすがの中華街、
さまざまな出汁の味を感じることができますし、
じっくり煮込まれていた証拠である米の粒がもろもろになっています。
お米に出汁の味がしっかり染み込んでいるので
一口食べただけでも口の中にフワッと広がる旨味です。
ねぎもチャーシューもいい感じ。
朝からこれで飲むビールはいい感じです。

次は、さらに具の多いお粥を食べるぞ。
と、思いながら満足して宿へもどると、
ちょうどサンモニの喝のコーナーがはじまったので
荷物をまとめながら見まして、その後シャワーを浴びたりして
出発準備を整えて10時にチェックアウトです
お世話になりました。

とはいえ、この暑さです。
だから、観光とかは今日はすべてパス。

最初は昼食をすませてから、関内駅近の
ネカフェで涼みながら時間をつぶそうかとも考えたのですが、
それなら、翌日の早朝の飛行機で帰るために抑えた
羽田近くの宿に3時に入って荷物置いたり
シャワー浴びたりしてからハマスタ戻ってもいいじゃん。

と、気がつきました。そうしましょうそうしましょう。

と、いうことでチェックアウトはすませましたが、
そのあとも少しだけウダウダとフロントで
高校野球を見たり、ネットをしたりして
時間をすごします。

あ、明石商業、勝ちましたね。

そして、向かったのはみなとみらい線の日本大通り駅。
目指したのは「サンテオレ 日本大通り店」さんです。

こちらは「サンテオレ」の残り少ない店舗の一つです。
サンテオレといえば、「ドムドム」、「森永ラブ」とならび、
昔はよく見たけど現在は…という話題の時に出てくる名前です。

「森永ラブ」は現在なく、「ドムドム」も少数店舗でのみの経営。
「サンテオレも、」かつて「明治サンテオレ」と呼ばれていた時代は、
100店舗以上あったのですが、現在は、wikiによると10店舗とか。
探しても、公式ホームページもありません。

ワタシが育った街にハンバーガー屋さんが出来たのは小学生の時でしたが、
その時は当然まだお小遣いが少ないので、高嶺の花でした。しかもお店は
お高めなモスでしたので尚更です。
中学生になっても状況はそんなに変わらず、

そして高校進学をして、ある程度お金が自由になった時に、
進学先の高校の最寄り駅に出来たのが、「明治サンテオレ」でした。
その駅周辺の地域唯一のファーストフードでした。
ということで、比較的にぎわってましたし、
その後、部活の帰りとか少し小銭があるときは、
コロッケバーガーと、シェークとかで長い時間だべったものです。
そして、高校時代の部活が終わった帰りとかですから、
アマいのから、ニガいのから、色々な思い出もあります。

ただ、しばらくして、より駅に近いところにマックが開店。
気が付いたらなくなっていました。

そんな思い出のお店が、横浜にあると聞いて、
2年前のカープvsベイスターズ戦の時に、いったのですが、
いった時間がモーニングしかない時間だったので、
コロッケバーガーが食べられなかった。

と、いうことで2年越しのリベンジ叶うです。

コロッケバーガーは、ふっくらとして中のお芋の味も濃厚で
サックリとした衣がいい感じのコロッケに
たっぷりの千切りキャベツとソースの味が
バンズとマッチしている懐かしい味でした。

高校時代を思い出します。

オリオンフライも美味でした。



そして、最終日、羽田空港で朝食に選んだのが
つきじ丸武さんの親子サンドです。

あけると、玉子焼きサンドが3切れと、
チキンカツサンドが3切れ入っています。チキンと卵で親子です。

では、そのチキンカツサンドは中の鶏肉も美味ですし、
しっかりとしたソース味と、さらに衣サックリで
美味しく頂けました。
ほの甘くて、ジューシーで分厚い玉子焼がインパクトある
サンドイッチとともに、いい組み合わせです。

ごちそうさまでした。





ってことで。(´・ω・)ノシ
先日のカープvsベイスターズのゲーム前後、
マツダスタジアムでいただいたものです。

初日です。
この日は、10時03分に広島入り。
その後買い物などをすませて、スタジアムには10時55分に着。

その後おとなしく並んで、スタジアム入りは14時丁度。

ちなみに、この日は、朝、神戸三ノ宮の定食屋で7時15分にいただいてっきり。
何も入れてません。
と、いうことで、内野自由席の場所を確保してから、すぐにむかったのが、
「むすびのむさし」さんです。

流石に14時10分とかに行ったら一番乗りですね。


この日は気温こそ高かったですが、湿度がそこまで上がらなかったので、
さわやかな暑さです。

が、8月の広島ですから、やはりこれをいただきます。


と、オーダーしたのが、夏のむさし名物
氷うどんです。




ということで食券を購入しカウンターに持って行きますと、
流石の開場直後の2時台、「ちょっと待ってて下さいね」と準備にかかります。
待っているあいだ、見るともなしに奧を見ます。
カウンターの奧は厨房ですが、6人ぐらいで手分けして
大量のむすびを作ったり、弁当箱におかずやむすびをつめていて
どんどんと弁当箱に入ったむすびが出来ています。

こうやって、店舗入り口に山と積まれている「むすび」は出来るんだ。
と関心しますし、
とにかく忙しそうで、次々に休むことなく作業が進んでいます。
バックヤードを見ると、美味しい物を用意する人の頑張りが伝わって来ます。

そんな光景を見ながら待っていると登場しました。
緑色の笹の葉のような模様が入っているうどんカップを
覆い尽くすように、いっぱいに入った
1/3くらい汁で茶色くなっている山盛りの削り氷。
氷の山のふもとには、これまたたっぷりの揚げ玉、
さらに逆側のネギとあいだの紅生姜です。
この段階では、麺も、氷を茶色に染めている以外の汁も
見えません。それくらいたっぶりの氷です。
まさに、氷うどんです。ではいただきます。

まずは氷の山にさくっと箸をいれて、麺を掬います。
氷の山に穴を穿つと、そこにはきれいな白い麺と
濃い色の汁がたっぷりです。

麺を箸でつまんで、一啜りすると、
これは、コシが強い。

もとよりむさしのうどんは、柔らかめが多い広島のうどんのなかでも、
こしがある方に分類されて、暖かいうどんであっても、
しっかりとしたコシを感じますが、
これが水でしめられて、さらに、氷で冷やされていますので、
武蔵野うどんばりのコシになっています。
でも、ガシガシで噛み心地を楽しむようなの固さがメインに来るのではなく
讃岐うどんのような堅めの層とやわらかめの層がある
重層的でありながら、あくまでもたおやかなのは、広島の麺です。
麺自体も小麦の味がしっかりして、美味しいですし、
このしっかりとした麺に濃い汁がからんで、美味しいです。

汁は氷が溶けるのを見越してか、やや濃い目。
関東出身、北海道在住のワタシにとってはいい味わいです。
ただ、こちらも、魚系の出汁がしっかり利いていて、
かつ、ほのかな甘さがあって、やはり西日本の汁です。
さらにほのかな酸味を感じます。これ、汁のものなのか
紅しょうがからきているのかはわかりませんが、
これも面白いです。
そして、氷のせいもあってか、清涼感がものすごい。
暖かいうどんの汁とはまた異なる
魅力を発見できるのです。

これに加えて、啜る毎に口の中に氷が入ってきて、冷たさとともに
ショリショリな食感を味わう事も出来ます
これは、面白い。うどん味のかき氷です。

ネギも独特の青い味わいで、
氷だけでは味わう事の出来ない清涼感を与えてくれますし、

あげ玉の食感もサックリカリカリとしていて、氷と別の種類の軽快な刺激を
歯に与えてくれますし、油油している味わいが
清涼なうどんの中で異端な感じですが、
ミスマッチがうどんを複雑にしてくれます。

紅生姜も汁が濃いので、最初は甘さが際立つのでビックリしますが、
しだいに紅生姜ならではの爽やかな酸味が来るというこの味の変化も
面白いです。

食べ進めていくと、どんどん氷のヤマハなくなりますが、
溶けきらないやつが、汁に浮いてそれを麺と一緒にすすって
くちの中でシャリショリの食感を楽しむのも面白いです。
ふやけずに、サクサクがなくならないあげ玉も面白い。
以前、駅前の広島まぜ麺「一平や」さんで食べたのを思い出します。

そして、汁までしっかりのみほして、水をぐびっと飲み干してから、
ああ美味しかった。ごちそうさまでした。

紅生姜と軽く酸味が利いた汁のおかげで、冷やし中華を食べたみたいな
食後咸があるのも、面白い。

とにかく、この組み合わせに脱帽です。さすが店長オススメ。
と、大満足して、お店をあとにしました。


その後、お買い物をしたり、軽く自席でうつらうつらしたりしてから
再びコンコースへむかいます。

向かったのが、「匠の球飯」さんです。
こちら、コンコース三塁側にあって、肉がたっぷりはいった
丼とか焼きそばなど、ガッツリ系のメニューが多いお店です。

と、いうことでオーダーのは、
夏限定「カープ応援夏メニューーの」匠のカレーカルビ丼 800円です。

店頭に行くと、「なまっし~のなまずから揚げ丼」の看板もあります。
これは、二年前マツダに行ったときに、神石高原町のわがまち魅力発信隊の
みなさんが売っていたメニューではないですか、

しかも僕の前後に並んでいる人たちが口々に
「なまず丼ひとつ」「なまず丼二つ」などとオーダーしているので
これは気になります。明日はこれかな。しかも、開場直後にぐるっと一周するなか
多くのお店は開店前でしたが、こちらは早い時間から営業してました。

と、思いながら待つことしばしで、出てきたやつを
受け取りました。

さらに、自席に戻る途中にある正面三塁よりの「SWEEP」さんで、
シャンディーガフを購入、自席にもどります。

では、いただきます。

ふたを取るとわっと漂うカリーの香り

塗りのような赤色があざやかな円形の発泡容器の
2/3を覆うカレーカルビ。上には細めのマヨがかけられています。
さらに横には色鮮やかなレタスです。
カレーカルビは大きくカットされたカルビに
たまねぎとかがまざりゴマがちらされています。

まずはお肉から。
厚めにカットされたカルビは、やわらかくて、
軽くかむだけで、肉滴が出てきますし肉の味が濃厚
牛肉の赤み部分のしっかりとして野趣にとんだ味とともに
たっぷりの脂とあいまって、この濃い味はカルビならでは。
肉のやわらかさとともに、とろける脂も美味です。
そして肉をひきたてるのが、肉に絡まる
カレーベースのソースです。
カレーカルビというので、最初はカルビ大目のカレーだと
思っていたのですが、予想と違いました。
が、これはこれでです。
ピリ辛でスパイシー、香りどおりのカレー感。
カレーはかかっていませんが、これは十分カレー。
大満足な味です。
さらに同じソースで味付けされたたまねぎは、
軽くシャリ感をのこしながらもやわらかいですし、
ピリ辛ソースでたまねぎの甘さがきわだちます。
そして、この牛肉とたまねぎとの組み合わせもいいです。

中にはほっくりとしたジャガイモも入ってて
大地の滋味を感じますし、
これらが、酸味おさえめのマヨネーズに実によくあいます。
上に散らされてゴマとかフライドガーリックなども
香ばしいし、味がさらに複雑にしてくれます。

たっぷりのレタスはシャッキリとしていて
濃い肉の中でさわやかさを楽しむことができます。
ご飯もたっぷりでいいですし、これは美味しいです。

続いてはシャンテイーガフを
シャンティーガフは、ビールをジンジャーエールで割った
ビアカクテルです。

ジンジャーエールで割ることで
ビールの苦味がおさえられて、さわやかな甘みなどが、
美味しいです。
生姜のピリッとした刺激は、
通常のビールを飲んでいても味わうことはできません。

暑いこの時期ならではの美味しいカクテルです。

ビールも美味しいですが、ビアカクテルも捨てたものではありません。
こんなビールの楽しみを知ってしまうと、
またビール沼の深みにはまりそうです。

と、いうことでごちそうさまでした。


その後は、勝鯉ビールに舌鼓を打ったわけです。
ああ、球場でいただく飲み物で一番美味なのは
勝鯉ビールじゃね。



そして、翌日。

球場が開場して、内野自由の屋根の下を確保してから
すぐに向かったのが、前日もお世話になりました
「匠の球飯」さんです。14時から開店しているのがありがたいです。

前日、「カレーカルビ丼」を購入している時から
圧倒的に注文が多かったのが、なまっし~のなまずのかきあげ丼
なまずって食べたことないですね~
ならば行くしかない。

しかも、今シーズンはこの日を含めて食べられるのはあと4日

2017年シーズンでマツダに行った時
たまたま神石高原町がわがまち応援隊
松山竜平選手が美味しそうにたべていました。

今回は磯村選手が食べてます。

と、いうことで注文します。

すると、ご飯のうえにたっぷりタレをかけてくれて
あったかいかき揚げのうえからもタレがかかります。
これは美味しそう。

まずは自席に戻っていただきます。
赤い器に入ったのは、白いご飯のうえの分厚いかき揚げです。
かき揚げというとひらぺったい感じですが
5センチ超の分厚さの立体的で、球状に近いです。
これはすごい。

かぶりつきますと、かき揚げの香ばしさとか
タレの味などが着てから、すぐにナマズです。
カットされたナマズは、身はやわらかくて、ふわっとして
口の中でほろっと身がほどけます。
ほの甘く、じわっと滋味を感じる美味しい白身魚です。
厨房の奥で調理しているのをチラ見したときは
赤い魚を切ってるなという感じですが、
断面見ても白いですし、軽く油も乗っていて
基本はあっさりしていますが、じわっと油が感じられるところも
いいですし、天ぷらにするとそのふっくらさと
衣のサックリの異なる食感が楽しいです。

ま、キスとかアナゴとかも天ぷらにして美味しい魚だし、
近いといえば、アナゴの天ぷらですかね。
それよりあっさりしている感じです。

さらにかき揚げなのでナマズ以外にタマネギとインゲンが入っていて
たまねぎはほの甘く、インゲンは見た目とともに
そのあおい味で、かき揚げに彩りが加えられます。

さらに、かけられているのが、濃い目のしょうゆベースの
特製たれで、この濃い味があっさりのナマズをもりたてます。

これは、想像以上に旨いです。

ナマズの見た目とか、ナマズって名前のせいで
敬遠されますが、これは食べてよかったです。

磯村選手の宣伝PVでも、
ヘルシーとか、ダイエットになどという
キャッチコピーがたくさん使われていたところから
味は?と思っていたのですが、
ところがどうして、美味しいじゃないですか。

淡白な川魚ならではのしみじみとした滋味を堪能できますし、
ナマズもプールで養殖しているとかで、泥臭さも当然なし。
これはうなぎの代用食として注目されるはずです。

鯉の本拠地で食べるなまずはサイコーじゃ

と、いうことで、ごちそうさまでした。

今年は今週末のゲームでしか食べられませんが、
また神石高原町のゲームの時に食べられるので
その時を狙ってみてねいいでしよう。


あと、現在売り出し中の三好選手が選手プロデュースメニューをだすんなら
「匠」つながりで、このお店でしょうね。



そして、カープ選手の練習を見ながらボーっとしながら
軽くヲちるのもいつものことですが、

目が覚めたら軽く胃の腑に余裕ができました。

と、いうことで向かったのが、「カープうどん SINCE1957」と書かれている店舗です。


今年3月に確保したカープ戦のチケットはこの日で終了。
ということで、レギュラーシーズン締めのメニューです。
ちなみに今シーズンの初マツダもカープうどんさんでした。

で、そのときはいつもの全部のせでしたが、
この日は気に成るメニューがあります。

それが、冷やしぶっかけうどんです。
それは、昨日お店の前を通りかかった時に、
今シーズンあと2日。などとメニューの上に張り紙がされていたからです。

そして、今日行った時は「本日限り」と紙がかわっています。

ならば、今シーズン最後のひやしぶっかけうどん 700円です

と、買ったチケットをカウンターに出します。
すると、ナイスなチームワークで厨房内から出てきます。

うどんに軽く七味を振って、うどんを楽しんでいる
たくさんの人を横目に自席に戻っていただきます。
さらに、途中「おやじのおつまみ」さんでカープ応援夏メニューの
スティックカレーパンを購入です。

赤い筆記体で、Carpと書かれた黒い発泡スチロールの丼に白く輝く麺を覆うように、
カープうどんでもおなじみの濃い味わいに煮込まれた肉と、
緑色に彩る小口切りの葱がたっぷり。そして、こちらもたっぷりの天かすと、
麺を1/3くらいおおうとろろが入っていて、
淡い褐色半透明の澄んだ汁がひたひたになる感じでかかっています。

この見るからに涼しげなビジュアルが今の気持ちには
あっています。

ではいただきます。

まずは麺をすすりますと、見た目通りの穏やかで、柔らかい麺です。
冷たいぶっかけうどんですが、暖かいカープうどん同様に
柔らかくて、穏やかな歯ざわりと優しい小麦の味に、
あー、カープうどん食べてるなぁ、と思うのです。
すするうちに、底にある冷たいうどんの汁も一緒に口の中に入ります。

汁は冷たいですが、暖かいうどんと同様に 薄い見た目ですが、
いりことかの魚系の出汁の味がしっかと効いて
複雑な醤油の味わいとあいまって、懐かしさを感じますし
醤油と出汁が作り出す穏やかな味わいは、柔らかい麺とはベストマッチ。

冷やであろうと温であろうと、すするたびにマツダスタジアムに帰ってきたことを
実感させてくれます。

肉は、肉うどんや全部乗せと同様、牛スジ肉が使われてていて、
肉自体が持つ濃くも野趣のある味わいを引き立たせるように、
濃い醤油ベースの汁で甘辛く、時間をかけて煮込まれています。
赤身部分もやわらかく煮込まれていますし、脂身部分はさらにふわふわです。
そんな脂身の部分の赤身部分の味わいの違いも楽しめれば、
じわっとしみ出てくる肉滴が、甘辛い汁とあいまって、すごくいい感じになります。
かるく汁表麺をギラつかせる溢れる脂もいいです。

天かすも、こちらの天ぷらうどんや全部のせでお目にかかる
天ぷらを想起されてくれるしろもので、
サクサクを通りこして、カリカリなクリスピーさで、
これがなかなかふやけないところが、
冷やぶっかけのよいところ。

さらに、麺を食べすすめていくと、自然口に入ってくるのがとろろで、
淡白なようでして、実は滋養の塊。夏場にはふさわしい食材で、
以前食べた温ぶっかけでも、なかなかの存在感ですが、
冷やとなると、うどんとダイレクトにからんで、
食べると涼感を得られるのにくわえて
しっかりと滋養を効かせてくれる感じがいいです。
この麺を覆うとろろと汁が
うどんの味わいをマイルドにしてくれるだけでなく、
汁にもいい感じで働きかけて、マイルドだけど、栄養がありそうという、
食べるだけで元気になれる味になります。

さらには、肉のエキス、天ぷらの油などもくわわって、
うどんにまとわる淡白ながらもしっかりとした味わいの汁にとけこみ
味が変化してくるところは、カープうどんの全部のせばりです。

上に散らされたネギも 、目に鮮やかなだけでなく、
いいアクセントになっていますし、
軽く振った七味唐辛子もびしっと味わいを締めています。

と、舌ヅツミを打ちながら完食。

さらにスティックカレーパンですが、

マツダスタジアムでソフトドリンクをいただくときに
出てくる赤い紙のカップに入って登場。
カップごしでも手に伝わるのが
暖かさです。

HPとか、店頭のpopで見た以上で細長いです。
1本30センチくらいのやつが4本入っています。
色は、黒褐色でパン粉はあまりついていませんが
油でテラテラ光っていてしっかりと揚げられた感じで
カレーの香りもただよいます。

かじるとパンのほの甘さがいいですし、
固めの表面と中のフワフワがいいバランス。
細いのでふわふわ部分は少ないですが、
さらに中心が中空になっているところも
いい感じです。

漂うカレーの香りとおりのスパイシーさも
いい感じですし、ぺろっと4本いただけました。

ま、願わくばもう少しカレー感が強くても
いいかな、でも美味しかったです。


近場のスタンドで、カープレモンチューハイを購入して
いただきながらゲームを待ったのでした。

わがまち応援隊は来てませんでしたが、
初日のかば広場で、何らかのフルーツか
サングリアでもいっとけばよかったかな。


ってことで。(´・ω・)ノシ
現在広島市南区某所に隠棲中。
朝食を済ませ、身を浄めたので、
荷物をまとめたら海峡を越えて北海道へかえります。

ああ、昨日も残念なゲームでした。

昨日は5時45分起床。その後、うだうだしてから
7時に朝食をすませてから身を浄めて、昨日買ったカープトランクスに
赤いアンダーシャツを着てから、カープのキャンプTシャツという
準戦闘対戦となりまして、9時35分にチェックアウト お世話になりました。
9時40分のシャトルカーで広島駅南口へ向かいます。

朝の天気予報のとおり、この間ずっと雨です。
昨日まで、天気は、昼に少しふってあとは曇り予想だったのですが



ま、しょうがないです。
48分に駅についた後、ローソン~フタバ書店で買い物をしてから
スタジアムへむかいます。

朝も早いですし、雨脚も予想以上に強いので
傘差して歩いている人は少数です。
逆に駅に向かって歩いてくる人も少なくないので
やや不安になったりして

東×イ×の完成が2020年の6月なのを確認してから
スタジアム到着。
10時30分、球場の敷地に入る前に、球場にむかって二礼二拍手一礼
野球の神様に、昨日のゲームのお礼してから
面白いゲームとカープの勝利をお祈りしてから、中へ。
雨は降り続いていますが、ブルペン下の屋根のあるところに
並ぶことができました。これはありがたい。

時々激しくなる雨脚を見ながら「今日、大丈夫ですかね~」
「中止になったら、代替はいつですかね~」なんて
会話をしたり、スポーツ新聞を読んだり
RCCの、新里かおりのうららかタイムとか、
戸田恵子 オトナクオリティとかショコラジとかを聴きながら
時間をすごします。

雨は強くなったり弱くなったり。
途中で、どう考えてもこのままいったら野球無理だろう
というくらいの土砂降りになったりもしますが、
午後になると次第に弱くなってきます。
さらに分厚いシートのむこうにはブルペンがありますが
どなたかが、ティーバッティングをしています。

そして、12時45分と55分に列整理。
屋根のあるところから外へ出ますが、
幸い雨はほとんど上がっていて、分厚い雲ごしに
おひさまもぼんやり見えます。

13時45分くらい、周囲の人が立ちだしたのでたって
13時50分くらいに列がつまって、
14時に列が動きます。

入り口のところでますや味噌のステッカーをもらって
内野自由席を目指します。
ライト側、一二塁線上の延長線から少し内野よりの
後から二列目の好席を確保。これなら雨があっても大丈夫です

グランドの槌の部分にはブルーシートが敷かれています。
が、芝生部分とかに水は浮いていないので
これはなんとかなりうですか。

こちらで、荷物を置いてから、遅いお昼に行きましょう。
と、いうことで「匠の球飯」さんで、なまっし~のなまずかき揚げ丼を購入。
自席て美味しくいただきました。
その後席でしばしまったりしたり、スタジアムをうつすカメラにうつったり、
自席でうつらうつらしてから
ブルーシートがどんどん畳まれていったり、グランド整備が
入念に行われているところことかを見ながら
再びコンコースへでて、「カープうどん」さんで、冷やしぶっかけとろろうどんを
「野球にする肉にする」さんで、スティックカレーパンを購入してから
自席でいただきます。こちらも美味しかったです。
感想はまた後日。

そして、中国新聞プレゼンツ背番号物語 37を見たり
17時30分に先発ピッチャーの発表。
カープは薮田選手、ベイスターズは今永選手です。
薮田選手は、458日ぶりの一軍先発。
私は、先月、富田林のウエスタンのゲームで見て以来。
今永選手は、先々週ハマスタで見ました

そして、スタメン発表。この日は長野選手が二番にはいるところで
盛り上がります。
応援歌メドレーで盛り上がって、

45分からそれ行けカープがあってから
50分に贈呈式、どっかんユニを着ているスラ様が、ようかい体操第一を踊ったりして、
55分にメンバー表交換、56分に守備位置に散るカープナイン。
そして、登場曲で投球練習をする薮田選手です。
と、いうか、いまさらですが、なんで帝国のテーマなんですかね。

そして、666番のユニフォームを着たデーモン閣下の始球式です。
閣下~!!私が大学生の時に城西大学であったミサで拝謁して以来の
ナマ閣下です。

閣下は悪魔的暴投で場内をわかせます。

そして、プレイボールです。


1回表 ベイスターズの攻撃
先頭大和選手、2球目の低めのボールをサードゴロ
筒香選手ストレートのフォアボールで出しますが、
ロペス選手空振り三振
ソト選手は8球粘って、その間内野自由席まで飛んでくるファウルもあって
もりふがりますが、結局フォアボールで1,2塁
ここで松山選手が声かけにいきます。
この日の5番、中井選手はセカンドゴロでチェンジです。


1回裏 カープの攻撃
先頭龍馬選手の7球目、ショートへの弱いあたりのゴロですが
大和選手の送球がそれて内野安打になりました。
続く長野選手、二球目をサードゴロで5-4-3の併殺打です。ああああ
誠也選手はBBKBから一度もバットを振ることなくフォアボールで出塁
松山選手はセンター前にはじき返して、1,3塁
翼選手のあたりは、レフト左を鋭く抜くタイムリーツーベースで
誠也選手が生還して、カープ先制です。
宮島さんです。バンザーイ バンザーイ バンザーイ!!!
周囲の人とカンフーバットをカンカンします。
メヒア選手も鋭い当たりでしたが、セカンドライナーでチェンジです、

ただ、ここで一点先制。好投手今永選手から先制点はでかいです。
つーばーさっつーばーさっのコールにミットを掲げて応える翼選手です。
いーぞーいーぞーつーばーさっ

ヒーロー選手と記念写真の抽選があってから
2回表 ベイスターズの攻撃
先頭戸柱選手空振りの三振、柴田選手、ショートフライで2アウトから
バッターボックスは今永選手。
ビジパフォから流れてくるハッピーバースデーのメロディーに
スタジアム全体から拍手がまきおこります。
そんな今永選手は7球粘った末にフォアボールを選んで出塁しますが
梶谷選手をセカンドフライで打ち取ってチェンジです。


ヒーロー選手と記念写真の抽選があってから
2回裏 カープの攻撃
先頭サンタナ選手、ボテボテのサードゴロ
三好選手、定位置ながらも、滞空時間の長いレフトフライ
薮田選手空振りの三振で、11球で三凡です。


JALのチケット抽選会があってから
3回表 ベイスターズの攻撃
大和選手サードゴロ 筒香選手フォアボールで出しますが
ロペス選手、ショートゴロで、6-4-3の併殺。10球しめます。


3回裏 カープの攻撃
先頭龍馬選手がレフト前にワンバンするきれいな流し打ちのヒットで出塁
長野選手はセカンドゴロで、龍馬選手が少しだけ打球にかさなり
併殺は避けて進塁します。
ここで、チャンススーパーが響くなか、
誠也選手がレフト線を破るタイムリーツーベースで追加点です。
うぉおおおおおおお、宮島さんじゃぁあああああ ワッショイワッショイ
マウンドに集まるベイスターズ内野陣です。
松山選手、セカンドベースの後ろでゴロを捌かれて、2アウトながらランナー3塁
翼選手、SBSからの四球目を空振り三振でチェンジです。
でもここの追加点はデカいです。

ドドンドドンドン すずーきせいや! ドドンドドンドン すずーきせいや!
のコールに帽子を取って、ライトスタンドと、一塁側に頭を下げる
誠也選手です。


4回表 ベイスターズの攻撃
先頭ソト選手ライトフライ 中井選手龍馬選手が前進してキャッチしたセンターフライ
戸柱選手ファーストゴロで12球で三凡です。

「いや、去年の薮田が帰ってきたで!!」と周囲の人
わかります。

4回裏 カープの攻撃
先頭メヒア選手ショートゴロ サンタナ選手高めの変化球を
外野らはこびますが、センター梶谷選手が背走してフェンスにぶつかりながら
キャッチします。
三好選手見逃し三振で、こららは8球で三凡です。


ベンチ前でベイスターズの選手が円陣を組んでます。
5回表 ベイスターズの攻撃
先頭柴田選手7球目で四球を選んで出ると
今永選手、見事ピッチャー前に送りバントをころがして1アウト2塁
チャンステーマ0で盛り上がる中
梶谷選手はライトへのヒットを放ち1,3塁
いったんマウンドに集まる内野陣です。
そして、大和選手の鋭い当たりは、ファーストライナーで
梶谷選手戻れず、併殺打となります。
松ちゃぁーん!!ナイスー!!


プレゼントタイムの抽選会があってから
5回裏 カープの攻撃
薮田選手、龍馬選手と連続で空振り三振から
長野選手は高めのボールをレフトへはじき返して出塁しますが、
誠也選手、見逃しの三振でチェンジです。


CCダンスがあって、グランド整備があって
スライリーバズーカーがあってから
6回表 ベイスターズの攻撃
先頭筒香選手をショートフライに打ち取ってから
ロペス選手に初球をレフトへ運ばれると、
ソト選手、カウント0-1からのボールをレフトスタンドに運ばれます。
あああああああああああ
うぉううぉううぉううぉよーこはーべいすたーず
で盛り上がってから、攻めまくれチャンテです、
中井選手は7球粘って8球目を見逃しフォアボールで出塁すると
マウンドに集まる内野陣です。
戸柱選手は初球をライト前へ運んで1,3塁から
柴田選手はライトフライですが、これは犠牲フライに充分です。
ああああ、勝ち越されました。
今永選手は空振り三振でバッターアウトでチェンジですが、
今永選手のピッチングが大崩れしない中
この中盤での逆転はなかなかつらいです。


6回裏 カープの攻撃
松山選手、サードゴロ 翼選手空振り三振 2アウト
メヒア選手ピッチャーゴロで13球で三凡です。


オーオーウウォウウォー ディエヌエーベイスターズ♪
で風船ぴゅーっと飛んでラッキーセブン
7回表 ベイスターズの攻撃
100球を超えた薮田選手にかえて、カープは中村恭平選手をマウンドにおくります。
梶谷選手ショートライナー 大和選手、筒香選手と
連続して空振り三振 16球で三凡です。


かーぷかーぷかーぷひろしま ひーろしーまーかーあーぷーっ♪で
風船をぴゅーっと飛ばし
7回裏 カープの攻撃
今永選手は、100球を超えましたが、当然のように続投です。
先頭サンタナ選手がショートの左を破る
レフトへのヒットで出塁。ここで代走は曽根選手、。
三好選手は送りバントを試みますが
打球を殺しすぎて、2-6-4のダブルプレー。
ファーストの判定をめぐって緒方監督はリクエストしますが、
ビジョンを見ても微妙な感じで、結果判定は変わらず。
恭平選手の打席に代打小園選手ですが、ショートフライで
3人13球で攻撃終了です。


グランド整備があって、ビジパフォから、勇者の遺伝子が流れてきます。
8回表 ベイスターズの攻撃
ピッチャーに代打が出たので、マウンドには菊池保選手があがります。
さらに代打の小園選手がショートに入り、
ショートの三好選手がセカンドに入ります。
先頭ロペス選手サードフライ 続くソト選手ワンバウンドした球を空振り三振
中井選手の代打佐野選手、高めのボールを空振り三振13球で三凡です。


ここで、急に強い雨が落ちてきて、スタジアムは一気に
赤いポンチョの人だらけになります。
8回裏 カープの攻撃
ベイスターズは116球を投げている今永選手が続投。
ライトに乙坂選手、サードに倉本選手が入ります。
龍馬選手、空振り三振から、
長野選手ピッチャー強襲のあたりはセカンドがボテボテになったごろを
捌く間に、長野選手が一塁到達。セーフの判定に今度は
ベイスターズがリクエストですが、これはビジョンを見てもセーフなので
スタンドは盛り上がります。結果判定は変わらず。そして、一塁の代走に
帰巣本能の野間選手です。
ここで、ベイスターズは国吉選手にスイッチ
誠也選手、カウント3-0からまたまたピッチャー強襲の内野安打で
ショートがボールを捌きますが、1,2塁
さらにベイスターズはエスコバー選手にスイッチ
松山選手の打席ですが、エスコバー選手は二塁へのけん制悪送球で
ランナーは2.3塁
攻めろチャンスで盛り上がりますが、
松山選手がインコースのボールをよけたときに
スイングをとられて空振り三振
翼選手がストレートのフォアボールで満塁になりますが、
メヒア選手のショートゴロを大和選手がセカンドに見事なトスで
チェンジです。
あああああああああああああああああ

ここで雨やみます。
9回表 ベイスターズの攻撃
カープは菊池保に代えてフランスア選手がマウンドにあがります、
さらに代走の野間選手がレフトに入ります。
先頭戸柱選手セカンドゴロを三好選手が軽快に捌いて、
柴田選手レフトへのファウルフライを野間選手が
フェンスに体をあずけながらキャッチ
ピッチャーの打席なので代打に細川選手ですが、細川選手にぶつけます。
ただ、梶谷選手空振り三振でチェンジです。


燃える赤ヘル僕らのカープで盛り上がるなか
ビジパフォでは、ヤスアキジャンプがはじまってます。
9回裏 カープの攻撃
ピッチャー山崎選手に、キャッチャー嶺井選手とバッテリー交代です。
先頭、フランスア選手の代打磯村選手はレフトフライ
三好選手見逃し三振で2アウトから
小園選手の代打安部選手がピッチャー強襲の内野安打で出ると
龍馬選手もショートへのボテボテの内野安打で1,2塁。
ここで、本日の背番号物語の野間選手ですが、セカンドゴロで
ゲームセットです。


あああああ、今シーズンのレギュラーシーズン
マツダスタジアムラストゲームをとれませんでした。

薮田選手は1年ぶり以上の登板ということを考えると
ソト選手の一発こそあれ、上々の出来で、
後ろのPは問題なし、

11安打放ちながら2得点の攻撃陣が
やはり歯がゆいゲームでした。

そんなことを考えながら、敗者はさっさと去ります。

球場敷地のところで、この日の面白いゲームと一年間の野球観戦に感謝しつつ
野球の神様に二礼二拍手一礼
そして、南区にある宿へ徒歩でむかったのでした


DB 3-2 C

勝利投手[ ベイスターズ ] 今永 (13勝5敗0S)
セーブ[ ベイスターズ ] 山崎 (3勝2敗30S)
敗戦投手[ カープ ] 薮田 (0勝1敗0S)
本塁打[ ベイスターズ ] ソト34号(6回表2ラン)

観衆数31249人 試合時間3時間15分




ってことで。(´・ω・)ノシ
現在、広島市区中某所で朝を迎えました。
朝食を終えて、身を浄めてから、荷物整理を終えたところです。

そして、勝ちました。

と、いうこで、私が観戦したカープ一軍戦として、令和四勝目
MAZDAでは4月以来の勝ちゲーム、MAZDAで今季2勝目です。


そんなゲームとかの振り返りです。


前日は、本当は早く出るつもりだったのですが、
なんだかんだで仕事がオして、17時25分に職場を出て
千歳にむけて車を走らせます。間に合うかな
さらに、支笏湖畔でエンプティーランプが点灯。
これはピンチです。

が、車がスムースにながれたおかげで
順調にすすんで、千歳市内で給油もすませて
19時05分に新千歳着。

今回は往復skymarkなので、B駐車場。
金曜の夜なので、混雑が心配されましたが、駐車場入る前から
表示は「空」、さらに空港連絡橋近くの
22のスペース車を駐められました。
中村奨選手も頑張ってくれーと思いながら空港へ

その後、搭乗手続きをすませてから、キャッシュディスペンサーでお金を下ろして
手荷物検査から制限区域内に入って、
ローソンで買い物をしていると、すでに
すべてのお客様を機内に案内する時間です。

この日はSKY178便です。中に入ると、タカガールジェットで、
BGMに「いざゆけ若鷹軍団」が流れています。
そんなのを聞きながら、この日の夕食である
ローソンで買ったおにぎりをハイボールで流し込みます。
19時35分、定時に出発。
「強い向かい風のため、到着が遅れる見込みです」という
アナウンスを聞きながら、ほどなくして堕ちます

そして目覚めると、神戸の街です。トゥラトゥラトゥラ!!
21時30分到着予定でしたが、10分少々遅れて到着。
21時50分、神戸空港発のポートライナーに乗って、三宮へ
そういえば、京コンピュータのシャットダウンって今日だよなぁ
富岳になったら、駅名も変わるのかなぁ?などと思いながら
先頭部一人席の車窓を楽しみます。

神戸に22時08分着。この日は三宮駅近くに宿をとっています。
22時20分にチェックインをすませます。お世話になります。
そして、しばしウダウダしながら、サンテレビとかBS11とか
MBSとか見ながら
この日は終了です。

翌日5時50分に目覚めて、そのごしばしまったりしてから
駅近くの定食やさんで朝食をいただいて、

お店行くとちゅうに美味しそうなパン屋さんがあったので、
新幹線内で食べるぶん買ってから、宿にもどります。
その後、身を浄めて、正装であるカープの紺のボクサーパンツ、
赤いノースリーブのアンダーシャツを身にまとって、
その上からカープのアロハシャツを着て、出撃準備完了。
8時20分に宿をチェックアウトです。お世話になりました。

三宮で8時37分発の地下鉄にのり新神戸へ
そこで、8時50分発ののぞみ3号に乗ります。
車内では、パンを食べたり車窓を楽しんだりして、
岡山まではしっかり起きてましたが、
その後うつらうつらして、
気がつくと東広島といういつものパターンです。

で、到着のアナウンスがあったので、出口にむかって、
そちらでマツダZOOMZOOMスタジアムを見ます。
これだこれ。この景色です。

軽く手を合わせてから、カープロードにいるファンの数をチェック。
この日はナイトゲームなので
それなりの人数しかいないのでありがたいです。

10時03分広島駅着。6月以来、2ヶ月ぶりの広島です
駅には、アカい戦闘服に身を包んだ人がいますね。
福屋さんでお買い物をしてから、カープロードを歩いて、
途中、スタジアム横壁画がリニューアル(迂遠表現)されているのを見ながら
一塁側の入り口を目指します。

と、いうかスタジアムと道を挟んだ場所で
工事がすすめられていて、見ると「東×イ×」と書かれています。
マジですか。これはありがたいです。
完成したら、ハマスタ前に続くスタジアム横の「×横×ン」です。

そんなのに軽く興奮しながら、また、この地に帰ってきました。
ズムスタよ、ワタシは帰ってきた!! です。
10時55分、球場の敷地に入る前に、球場にむかって二礼二拍手一礼
野球の神様に、今までの面白いゲームのお礼してから
面白いゲームとカープの勝利をお祈りしてから、中へ。

すでに列はできていますが、11時に最後尾にそのまま並びます。
ブルペンから少しはなれた場所です。

いったん並んだところで、スポーツ新聞を読んだり
RCCの、ドリームガレージ おぎやはぎのクルマびいき
痛快!バッチリラジオ マツダミュージックドライブ
山野秀子のちいさなパティオ
松ちゃん・大ちゃんのふくふくサタデー
とかを聞きながら時間をすごします。

周囲の会話は全部広島弁
あー、広島にいますね。帰ってきました。

気温は高く、日差しも強めですが
風は涼しく、乾燥しているので
そこまで蒸しません。ありがたいです。

12時20分と、35分に列整理があると、チケット売り場の横まで
いくことができました。
ブルペンからは、ティーバッティングの音がしています。
野球の音です。

13時45分くらい、周囲の人が立ちだしたのでたって
13時50分くらいに列がつまって、
14時に列が動きます。

入り口のところでMAZDAのうちわをもらって
内野自由席を目指します。
ライト側、一二塁線上の延長線から少し内野よりの
通路側後方に席を確保。高いところで風もここちよいです。

こちらで、荷物を置いてから、遅いお昼に行きましょう。
と、いうことでむすびのむさしさんで、氷うどんを美味しくいただいてから
スタジアムのコンコースなどをぐるっと一周。

その後席でしばしまったりしたり
自席でうつらうつらしてから
再びコンコースへでて、「匠の球飯」さんで「匠のカレーカルビ丼」を
「SWEEP」さんでシャンディーガフを購入してから
自席でいただきます。こちらも美味しかったです。
感想はまた後日。

そして、中国新聞プレゼンツ背番号物語 55を見たり
(ここで嶋選手を見たことがあのことの伏線となったのか??)
17時30分に先発ピッチャーの発表。
カープは九里選手、ベイスターズは京山選手です。

そして、スタメン発表。この日は菊池選手は自打球の影響でお休みです
応援歌メドレーで盛り上がって、

45分からそれ行けカープがあってから
どっかんユニを着ているスラ様が、ボールをスタジアムに投げ込んだりして
55分にメンバー表交換、56分に守備位置に散るカープナイン。
そして、登場曲で投球練習をする九里選手です。
「攻めろ~!!ひろしま~!!」などと口ずさんだりします。

そして、始球式があって、プレイボールです。


1回表 ベイスターズの攻撃
先頭大和選手の0-1からの二球目のあたりは龍馬選手の頭上を越えます。
龍馬選手はジャンプしますが届かず、
ボールは転々。ツーベースになります。
さらに筒香選手、一度もバットを振ることなくフォアボールを選んで1,2塁。
序盤から「攻めまくれ」チャンテで盛り上がる三塁側ビジパフォです。
が、ロペス、初球を引っ張り鋭くバウンドが高いゴロになりますが、
メヒア選手が抑えて、サードベースを踏んでからファーストへ。
5-3のダブルプレーです。
さらに佐野選手が空振り三振でチェンジです。


1回裏 カープの攻撃
先頭龍馬選手がライト前へのきれいなヒットで出ると、
野間選手のあたりはショートの頭上をこえてセンターへ転々。
ノーアウト1.2塁から、誠也選手はセンターフライで
これが犠牲フライになって、龍馬選手は3塁へ
さらに松山選手の初球ワイルドピッチで野間選手が二塁にすすむと、
チャンススーパーで盛り上がりますが
松山選手が浅いセンターフライでランナーは帰れず
翼選手はフォアボールを選び満塁になりますが、
安部選手ライトフライでチェンジです。あああああああ

ヒーロー選手との記念写真の抽選があってから
2回表 ベイスターズの攻撃
先頭ソト選手 空振りの三振、
戸柱選手ファーストゴロで松山選手が自らベースを踏んで2アウト
柴田選手をフォアボールで出しますが、
京山選手を空振り三振でチェンジです。

ヒーロー選手との記念写真の抽選があってから
2回裏 カープの攻撃
先頭メヒア選手ライトフライ 小園選手、九里選手と
連続で空振り三振 18球で三凡です。

JALチケットプレゼントの抽選があって
(後ろの人が、どっかんユニフォーム着ているファンしか
あたっていないと指摘。なかなか鋭いです)
3回表 ベイスターズの攻撃
先頭梶谷選手見逃し三振 大和選手サードフライで2アウト
筒香選手のあたりはセカンドの右を鋭く破って
安部選手が横っ飛びしますがとどかずライト前ヒット。
ただロペス選手ショートフライで12球でチェンジです。


3回裏 カープの攻撃
先頭龍馬選手空振り三振から、
ノマノマイェイ!と2文字応援歌で盛り上がって
野間選手はサードの左を鋭く破ってレフトの左へ
野間選手は快足を飛ばして二塁に到達。スタンディングダブルです。
誠也選手見逃し三振で2アウトになりますが、
松山選手の二球目、京山選手のワイルドピッチで野間選手は3塁
ここで松山選手はカウント3-2の8球目をライト前に鋭く運びます。
うぉおおおおおおお 宮島さんじゃあああああああ
バンザーイ バンザーイ バンザーイ!!!
周囲の人とカンフーバットをカンカンしているところで
翼選手のバット一閃、打球はレフトスタンド上段に飛び込みます。
うぉおおおおおおお 宮島さんじゃぁああああああ
ワッショイ ワッショイ
続く安部選手はレフト定位置へのフライでチェンジですが
松山君と翼君の活躍でカープ3点先制です。
まっつーやまっ まっつーやまっ
のコールに帽子をとってぺこっと頭を下げる松山選手
いーぞーいーぞーまっつーやまー。
さらに
つーばーさっ つーばーさっ のコールに
キャッチャーミットを掲げて応じる翼選手。
いーぞーいーぞーつーばーさっ!!


グランド整備とプレゼントタイムがあってから、
4回表 ベイスターズの攻撃
先頭佐野選手ライトフライ、
ソト選手のボテボテのあたりそこないは翼選手が捌いてキャッチャーゴロ
戸柱選手にはセンター前へはじき返されますが
柴田選手見逃し三振 19球でチェンジです。


プレゼント抽選があってから
4回裏 カープの攻撃
メヒア選手の鋭い当たりは、 三遊間を破り
大和選手は一歩も動けず、レフトへのヒットで出塁
さらに小園選手もレフト前へのヒットを放ち1,2塁。
ここで九里選手、ピッチャー前に送りバントをしますが、
ボールはサードに送られてメヒア選手がアウトで1アウト1,2塁
龍馬選手はショートゴロで6-4-3のダブルプレー、チェンジです。
あああ


5回表 ベイスターズの攻撃
先頭京山選手ファーストゴロ、梶谷選手ライトフライ
大和選手のあたりは、レフトの頭上を超えてフェンス直撃の二塁打になりますが
筒香選手レフトフライで14球でチェンジです。
九里選手、毎回ランナーは出しますが、
要所を締めるピッチングです、


5回裏 カープの攻撃
この日二安打の野間選手、ストレートのフォアボールで出塁
マウンドに集まる内野陣です
誠也選手、ファーストへのファウルフライ
松山選手、空振り三振で2アウト
翼選手の打席で、野間選手が盗塁を決め
さらに戸柱選手の送球がそれる間、野間選手は三塁へ。
チャンススーパーで盛り上がるなか、翼選手はフォアボールで1,3塁
ここで、安部選手が、ライトへのタイムリーツーベースで
野間選手が返って、追加点です。
宮島さんじゃぁあああああ! バンザーイバンザーイバンザーイ!!
周囲の人とカンフーバットをカンカンしているところで、
先発京山選手は降板、ベンチは藤岡選手をマウンドにおくります。
藤岡選手、札幌ドームで見て以来です。
攻めろ チャンテで盛り上がりますが
メヒア選手センターフライでチェンジです。

どどどん あっべ どどどん あっべ と盛り上がるスタンドに
帽子をとってふかぶかと頭を下げる安部選手です。
いーぞーいーぞーあっ べー!!

グランド整備の間は、CCダンスの時間ですが
この日は「勝利を我らに!~Let's win!」のフルバージョンが流れて
外野のフェンス添いをこの日のスポンサーである
MAZDAの車が走ります。
さらに翌日の先発投手が発表。
カープは薮田選手、ベイスターズは今永選手です。


6回表 ベイスターズの攻撃
先頭ロペス選手セカンドゴロ、
続く佐野選手は一二塁間をゴロで抜くライトへのヒットで出塁しますが
ソト選手のセンターへの大きなフライ、龍馬選手が背走しながら
フェンスに身を預けてナイスキャッチ
戸柱選手ファーストゴロ、松山選手ファンブルしますが、
九里選手に送って チェンジです。



6回裏 カープの攻撃
小園選手ライトフライ 九里選手空振りの三振から
西川選手、二遊間を破るセンター前ヒット。
これが今月42安打目で、月間安打球団タイ記録になります。
ちなみに、記録を持っているのが78年8月の水谷選手と
04年4月の嶋選手です。この日の背番号物語に出てきました。
この日二安打一四球と全打席で出塁している野間選手ですが
ショートゴロでセカンドにボールが送られチェンジです。


オーオーオオーオオー ディーエヌエーベイスターズ♪で
風船ぴゅーを見てから、ラッキーセブン
7回表 ベイスターズの攻撃
柴田選手ボテボテのピッチャーゴロ、九里選手は一度グラブからボールをこぼしますが
アウトにします。
続く藤岡選手に代わり、中井選手が代打に送られますがセンターへのヒットで出塁
梶谷選手、大和選手と連続フォアボールで、カープ満塁のピンチです。
ここでカープは中村恭平選手をマウンドにおくります
筒香選手、カウント1-0からレフトへの2点タイムリー
盛り上がるビジパフォです。
ただ、ロペス選手、レフトへのファウルフライ、佐野選手セカンドフライで
チェンジです。


それ行けカープで風船ピューをしてから
ラッキーセブンです
7回裏 カープの攻撃
ベイスターズは武藤選手がマウンドにあがります。
ピッチング練習の間「ヒ・ロ・シ・マ・ヒロシマGoGoGO!」と盛り上がります。
代打の中井選手がセカンドに入り、柴田選手の打順に武藤選手が入ります。
先頭誠也選手、キャッチャーへのファウルフライ
松山選手セカンドゴロ 翼選手サードゴロ 7球で三凡です。


グランド整備の間遠藤選手がピッチング練習に入ります。
8回表 ベイスターズの攻撃
ピッチャーは遠藤選手がマウンドにあがります。
さらに、セカンドに三好選手が入り、セカンドの安部選手がファーストに入ります。
4番遠藤選手、9番三好選手です。
先頭ソト選手ストレートのフォアボールで出塁
ここでベイスターズは戸柱選手の打順に神里選手を代打に送ると
カープはフランスア選手がマウンドに上がります。
神里選手空振りの三振
武藤選手の代打の細川選手空振り三振から、
中井選手のあたりをメヒア選手が横っ飛びしますが届かず
レフトへのヒットで1,2塁になります。
が、梶谷選手ファーストゴロでチェンジです。


8回裏 カープの攻撃
ベイスターズは平田選手をマウンドにおくります。
また、代打の神里選手がセンターに入り、
キャッチャーには嶺井選手が入ります。
6番神里選手 7番平田選手 9番嶺井選手です
先頭安部選手見逃し三振、メヒア選手7球粘りますがショートゴロ
小園選手ファーストゴロ 15球で三凡です


9回表 ベイスターズの攻撃
ピッチャーはフランスア選手が続投です。回跨ぎですが、頑張れ
さらに、曽根選手がセカンドの守備について、セカンドの三好選手が
サードに入ります。
ビジパフォは回はじめから「攻めまくれチャンテ」で盛り上がりますが
先頭大和選手空振りの三振、筒香選手ファーストゴロ
ロペス選手レフトフライで、三凡でゲームをしめます。

勝ちましたー ビクト鯉ー!!
スラ様もピンク色になってます。

その後、宮島さんで盛りあがって、カープ選手応援歌メドレーで盛り上がって

ヒーローインタビューは九里選手とフランスア選手
クレートさんの通訳にほっこりしてから、
万歳三唱をして、周囲の人に挨拶してから自席から外へ

途中、勝鯉ビールをいただいてから、外へ
球場敷地のところで、この日の勝利と面白いゲームに感謝して
野球の神様に二礼二拍手一礼
そして、宿へむかったのでした。

DB 2-4 C

勝利投手[ カープ ]九里 (7勝7敗0S)
セーブ[ カープ ]フランスア(6勝5敗8S)
敗戦投手[ ベイスターズ ]京山 (0勝6敗0S)
本塁打[ カープ ] 會澤10号(3回裏2ラン)
観衆数 31550人  試合時間 3時間6分



と、いうことで、これから出陣です。

頑張って応援をします。


ってことで。(´・ω・)ノシ