FC2ブログ
現在三宮に隠棲中、朝食を終えて、身を浄めて
したくを整えたので、これから地下鉄~新幹線と乗り継いで
広島にむかいます。

4日目くらいまえまで、土曜の天気予報は雨交じりだったのですが、
なんとか雨は落ちずにすみそうです。ありがたや。

と、いうことで、頑張って応援しまし。


では、ここからがタイトルの記事です。


遅くなりましたが、大お祭りの時に食べた、カレー以外のものについてです。

初日は、羽田空港に午後1時20分に到着をしたので、
遅いお昼にむかったのが、第1ターミナルと京急羽田空港駅の
丁度あいだにある「赤坂うまや うちのたまご直売所」さんです。

お昼には遅い時間ですが、数人が外の椅子に腰を降ろしています。
宿に入る時間は15時からなので大部余裕がありますので待ちます。

こちら、比較的回転が早いので、待つことしばしで自分の順番です。
カウンターのみの店内で、腰をおろしてメニュー吟味。
親子丼、たまご丼もありますが、この日はたまごかけご飯です。
さらにあおさの味噌汁と、生ビールもオーダーします。

内装は細い木を多用した壁の部分と、赤みがかった壁が印象的。
木で出来たカウンターの上には、卵がごろんごろんと入っていて
さらには、長崎の唐人菜、宮﨑のつぼ漬け
それから、くまもんの描かれた卵かけご飯用の醤油に
うちのたまご さんのキャラクターが描かれた卵かけご飯用の醤油に
かつお醤油と醤油だけで3種類。

さらには胡椒とか七味もあります。
この宮﨑、長崎、熊本の共演、さすがはJR九州のお店です。

出てきた生ビールで喉を潤しながら
2種類の漬物をポリポリしていると、登場です。

お盆の上にのった、ぴかぴかのご飯、たっぷりあおさの入ったみそ汁
さらには、ひじきの煮付けとオカカの小鉢、割った卵を入れる碗、
さらには木で出来た卵を乗せる台があります。
これですこれ。

と、いうことでいただきます。

ああ卵の黄身が濃い!この濃さと
黄身のハートにロックオンした甘い醤油がよくあいます。
白身も存在感があって、白身なのに卵の
滋味をしっかり感じます。

卓上には醤油が3種類。ダシが強めだったり、甘みが多かったり、
醤油ならではの味がしっかりしていたりと、
食べ比べるのも面白いです。

当然、無料おかわりの2杯目と
卵2個目はマストです。

有明海あおさの味噌汁も良いアクセント。
あおさと卵で、アーサー玉子です。

あと、こちらって、ご飯おかわりの追加が100円でいただけますし、
卵の追加は50円。

ということで、150円たせば、親子丼と卵かけご飯が
いただけるのです。

天国ですか。

と、いうことで大満足でこちらをあとにしまして、
買い物を2.3すませてから、宿にチェックイン。

ここしばらく、寝不足の日々だったので、しばしまったりとします。

が、うだうだしても腹は減ります。

この日は翌日に備えてあまり体力を消費したくない。
と、いうことで夕飯も近場です。

向かったのが、宿の前を走る大きい道を挟んで斜め向かいにある
どん八食堂 東糀谷店です。

お店の前には、カツカレーと書かれた幟が何本もはためいていて
「からあげ 揚げ立て」と書かれて
からあげ系メニューが載った小さい看板もあります。
お店の入り口奥にある、ショーケースには
美味しそうなお料理がおいでおいでをしています。

渋い色あいのれんをくぐり、大きいガラスが特徴的な扉を横開きして中へ。
店内には、「おすすめ!トンテキ定食」などと張られています。
前回訪れたのは、昨年12月末、冬の大お祭りの時
この時は、結局カツカレーを食べたのですが、
最初の狙いがトンテキ定食でした。

が、入り口横の券売機、トンテキ定食のところには、
「売り切れ」と張られていました。

カツカレーは盛りも良かったですし、
美味しかったのですくわれました。

今回はどうかなと思ったら、果たしてありました。

ちなみに、メニューでは、トンテキ、からあげ、とんかつの定食。
親子丼、カツ丼、ソースカツ丼の丼物
かけそば、もりそば、カレーうどんの麺類や、それぞれのセットとか、
とろろ飯セット、カレー丼セットがあります。

ということで、トンテキ定食の食券を買って、
厨房のところのカウンターに出します。

と、カウンター横に、瓶ビールの冷蔵庫を発見。
追加でお金をはらってビールをオーダー。
冷蔵ケースから取り出して、栓抜き、コップとともに
カウンター席の自席へ行き、座面が木のパイプ椅子に腰を降ろします。

しゅぽん と音を立てて栓を抜いてから
こぽこぽとコップに注いでいただきます。
この一杯のために生きてます。

周囲を軽く見ると、内装は新しめで明るい感じ。
カウンター席三列8席程度、
さらには、奧にテーブル14席程度です。

店内は半分ほどの入り。みなさん静かに料理を待っています。
瓶ビールをコポコポとコップに注ぎながらチビチビやる。
こういうまったりとした空間がいいです。

そんな感じでまつことしばしで登場です。

塗りっぽい長方形のお盆にのった。
中位の丼に入ったご飯、お椀に入った味噌汁。
灰色がかった陶の丸いお皿にもられた
たっぷりの濃い色で肉厚のトンテキです。
横にはタップリのキャベツの森です。
この時点でど迫力です。

まずはトンテキからいただきますと、
濃い見た目通りの濃厚なソースをまとったトンテキは
ソースの味のインパクトがきたあとすぐ訪れる
お肉の心地よい噛み心地です。
じわっとしみでる肉滴とともに、
脂身の少ないロースならではの、さっぱりとした味
こちらも自然な甘さとしっかりとした旨味がきまして、
濃いソースにまけていません。

ソースとにんにくの組み合わせで
すこしピリ辛の濃いソースが豚肉を盛り上げます。

さらに、豚とソースで口の中が濃くなったところに
たっぷりのキャベツもあります。

キャベツとビールで口の中をサッパリさせての
またトンテキという。これは永久機関です。

と、うまいうまいと食べ進めていって、無事完食です。
ああ、美味しかった。ご馳走様でした。

食べることができなかった、から揚げも気になりますし、
その他、気になるメニューが目白押しです。これは、再訪必至です。

夏、冬の大お祭りのたびにお世話になる大鳥居。
飲食のお店が多いようでいて、実は「×××」の本社があるせいで、
居酒屋はともかく、焼き鳥屋とか、ステーキ屋とか、パスタ屋まで、
石を投げれば隠れ×××に当たる状態。

そんな街ですが、またいいお店を発見しました。
こちらで朝食とか、昼飲みもいいかも。と思ったりして。

あと、こちら「東糀谷店」というくらいだから、他にもお店がありますが、
生麦とか、東扇島とか、川崎区夜光とか、
ガテン系のお客が多そうな濃いところに出店しているチェーン店です。
どうりで、このコスパと盛りです。

納得。

そういうのも、楽しいです。



そして翌日。

昼はキッチン南海のカツカレーで大満足。
さらに映画も良かったので、夜は簡単にすませましょう。
と、向かったのが、宿の最寄り駅を降りてすぐにあるガストさんです。

今夜はご飯とかパンとかは食べずに、
おかずだけで、ハイボールをいただきます。

で、オーダーしたのが、
チーズインハンバーグとほうれん草ベーコンです。

出てきたハイボールで喉を潤しながら、最初にきたのが
ほうれん草ベーコンです。

黒い鉄の小さい小鍋のような器に
緑色のほうれん草、さらにピンクのベーコンと
それらの上にはバターがのっています。
ほうれん草やベーコンが調理される香りに、
バターの匂いが混ざっていい感じです。

ほうれん草はしっかりと、濃い緑の味がして、
健康になりそうですし、塩分やバターの味で、
しっかりと美味しいです。
ベーコンは小さくカットされてますが、それなりの厚みがあって、
燻煙香りもしっかり、塩味も効いていて美味しいですし、
これに溶けたバターがつくと、
さらに美味しくなります。

この塩味強め、バターがしっかりしたほうれん草と
塩辛いベーコンの組み合わせはおかず力も強く、
ハイボールもすすみます。

ただハイボールをガブガブ飲むわけにはいきません。
それは、チーズインハンバーグがまってるからです。

と、いうことで、ぢりぢりと音を立てて、
黒い鉄板に乗ったチーズインハンバーグが登場です。

さっそくナイフを入れると、チーズがとろとろっと流れ出てきます。

このビジュアルだけで、たまりません。
チーズの量も多めで、たっぷりとチーズがあふれてくるところが
嬉しいですし、粘度も適度でビジュアル的に工夫されている
目で見て楽しい、チーズインハンバーグ入刀の儀です。

こんなプレリュード、嬉しいにきまっています。

お肉もしっかりとジューシーで、肉滴も溢れてきて、
鉄板をギラつかせますし、噛むだけで肉滴が
口の中に広がってきます。これはいいです。
そして、チーズです。
ハンバーグの中には、チーズがたっぷり詰まってて、
出てきた時のボリューム感もすごいですし、
切っても切ってもチーズ。
食べても食べてもチーズです。
お肉の味、ハンバーグソースの味、そして、チーズの味が
渾然一体となって口の中に快楽をもたらしますし、
鉄皿の上は、チーズがマーブル状に模様をつくる
デミグラスソースに浮かぶ、ハンバーグと付け合わせ、

いい景色ですね。ハイボールともよくあいます。

ああ、美味しかった。ファミレスあなどれません。

と、はいえ、夏休みのファミレスなので、
おだった厨房が騒いでいたのが、
マイナスポイントですが、

ま、しょうがないですかね。


そして、翌日、お祭り参加初日です。
この日は翌日よりもスペースを訪れる人が少ないことをみこして、
午後になってしばらくしてから、他のスペースを冷やかしつつ、
お昼を購入に行きます。

というか、なんだあの、南館の快適さ。ビックリしました。

話しを戻して、自分のいるスペース、西2の
館内に屋台があってケバブ屋さんです。
ここはケバブサンドです。

昼食時からすこし回った時間だったので、ほとんど待たないで
ドネルケバブサンドをご購入。
デカにお肉がくるくる回っているのと、
手際よい作業の様子が印象的です。
ドネル=回転 ですから、この光景見るとテンションがあがります。

そして、自スペースに戻って、いただきます。

肉と野菜でパンパンになったピタパンが頼もしいです。
ほんのりと暖かいのも嬉しいところ。
大口開けてかぶりつきます。 美味しいです。

お肉がほどよい赤身の味わいとともに、ローストされているので、
軽く煙りの香り。さらに回転されている時にムダな脂は落ちているのですが、
軽く出てくる旨い肉滴がいいです。

このヘルシーな味わいがまずは印象的
さらには、たっぷりと挟まれているシャキシャキな感触を残す
キャベツとか玉葱とかトマトも、瑞々しいですし、
肉の味わいと共に、健康になりそうです。

ベースのソースもそれぞれ働きかけていますし、
チーズも軽くとろけて、旨さを複雑にしてくれます。
ああ、これは幸せな味わいです。

まわりのピタパンも、そこまで厚さはなくて、
だからこそ、中の具の感触をパン越しに楽しむことが出来ますし
その優しい味わいで具を包み込んでいるところがいいです。
パンにも軽く甘みがあって自体が美味しいです。

半月状のパンということで食べ進めていくうちに、
ソースがはみ出てきてしまいます。
なんとか口に押し込んで事なきを得ましたが、
少々後半はお行儀がよくなかったですかね。
でも、美味しかったです。

 
食事を終えて、午後はややまったりとイベントをすごしてから、
終了後、翌日のスペースに荷物を置いてから、
初日の打ち上げにまいります。

向かった場所は、蒲田のカレー屋さん、いっぺこっぺさん。
美味しいカツカレーでした。

そして、翌日は予想が的中。忙しくてスペースを離れることが出来ませんでしたが、
結構な冊数を頒布することが出来て、大満足です。

明日もありますが、私はこの日を以て全日程終了です。
と、いうことで打ち上げです。

向かったのが、JR蒲田駅東口から徒歩2~3分、
駅前から少しだけ小路に入った場所にある信濃路さんです。

こちらは、立ち食い蕎麦と
立ち呑みやカウンター呑みができる大衆食堂的居酒屋が
同居している不思議なつくりのお店です。
早朝から営業しているので、いつか朝食をこちらで食べたいものだ
などとも考えていましたし、
JR蒲田駅から宿最寄りのバス停に行くバスも
近くの停留所から発車していますので都合がいいのです。

暖簾を潜って扉を開けると、昭和な店内がお出ましです。
この暖かい味のある佇まいが、蕎麦とかの出汁のふんわりとした香りと
あいまって歓迎されていますね。

こちら、奧に細長い店内で、手前はカウンターだけで
入口のお客さんは蕎麦をすすり、奥はカウンター席と
テーブル一つある定食屋と言った感じで
奥のお客さんは、気持ちよさそうにお酒を愉しんでいます。
盆時期ですが、常連風のお客さんが
ぼちぼちいらっしゃいます。

固定式の動かない椅子は、一部張りが破れて
スポンジが見えたりしますが、そこも味の内です。

メニューもカウンターから見える場所に
びっしり貼られています。これは迷う。
蕎麦、うどんや、カレーから、牛丼、チャーハン、焼き魚、
刺身、揚げ物、サイドメニューに各種定食と、いろいろ
美味しそうなメニューがおいでおいでしています。
お酒はサワー類350円からあり、大瓶550円、小瓶350円。

で、結局オーダーしたのが、納豆オムレツと
土手焼き大根と煮カツです。

そして、生ビールです。

すぐに生ビールが登場。ああ、染みわたります
細胞に水分が染みこんでいく様子がわかります。

土手焼き大根。こちらカウンターの上の目立つところで
グツグツ煮込まれていたまで、気になりますが、

しっかりと出汁が染みこんだ漆茶色に
なじんだスジと大根がいい見た目です。
で、見た目通りよく煮込まれているので、お肉を軽く噛むだけで
繊維が口の中で自然にホロホロとほぐれていきます。
すじのクセのある味がしっかりと旨味のみを残して
濃縮されています。このスジ美味しい。
さらに汁もいかにも継ぎ足し継ぎ足しつくられた感満載の
色味とおりの味で、スジからのウマ味もたっぷり
吸い込んでいて、この汁を受け止めるのが
やわらかく滋味のあるほろ苦さの大根です。

ほんの少しだけシャリ感を残した大根の歯触りに
しっかりとした味がスジとはまた違う感動を与えてくれます。
この組み合わせ、最高です。ビールもすすみます。

そして、納豆オムレツ。
頼むときに、厨房の方に
「醤油味とケチャップ味があるけどどちら」と聞かれましたが
迷わず醤油味です。

そして、黄色い表面にぶつぶつと茶色い斑をつける
納豆の粒が、見るからに美味しいだろこれ。
箸で割ろうとすると、ふるふるに震えて柔らかいですし、
割ると卵液がとろっと流れます。これいいです。
とろとながら絶妙な火の通し加減の卵には
たっぷりの納豆で、こちらも軽く火が通されてます。
で、火通しされた納豆なので、糸をひかずに
香りも抑えめになります。が、口の中にいれたら
納豆の香りと味がしっかりと主張します。
香りが少ないとか思っていたらしっかりと存在感をあらわす
こういう納豆、好きですし、豆の滋味あふれるしっかりとした味を
穏やかな卵が受け止めます。
橋渡しする醤油も素敵です。これもビールにあいますが、
喉が渇いていたのと、あうあうイイながら飲んでいて、
あっというまにジョッキがあきます。

ここで、飲み物をハイボールにします。
これが、納豆オムレツにも、土手焼きにもあいます。

そして、煮カツです。
半熟状態の卵が、出汁でたぷたぷになった、
カツをおおっています。玉葱も半透明の茶色に染まり
くたっとしています。

まよわず箸を入れてまん中から食べると
固まり肉のほの甘さを感じるしっかりとした味に
ほろほろと口の中で溶ける衣、
さらに穏やかな卵のあじと甘い玉葱が
出汁によって纏められて口の中に入ってきます。
これは、お酒もすすみます。

と、いうことで、3品いただいたところで、
ほろ酔い加減でお腹がいっぱいになりましたので、
ごちそうさまでした。

ちなみに「信濃路」は、鶯谷、大森、平和島などで営業されていて、
「信濃路 蒲田店」は、昭和47年創業。
早朝から営業されています。

と、いうことで次に蒲田を訪れた時は
是非コチラで朝酒か昼酒をキめたいな、と思いながら、
こちらをあとにして、バス停に向かったのでした。



では。(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト



現在、三宮某所で隠棲中です。
明日から、今シーズン、レギュラーシーズンでは最後の
マツダスタジアムでのベイスターズ2連戦です。

ガンバッテ応援します。
そんな模様はまた後日、こちらでお知らせします。


と、いうことでタイトルの記事です。

先日のドラゴンズvsカープでいただいたものです。

令和初にして、2019年最初で最後のナゴヤドームです。
と、いうことで気合いをいれて名古屋へ向かいはしたのですが、
初日は、連泊をする宿でうだうだしていたので
スタジアム入りが13時をまわった時間帯になってしまいました。
気を取り直して、この日は久々の大幸横丁でカレーです。

直前まで、ドラゴンズの球団HPを見ても、常設店舗に新しいカレー情報はなし
更には、選手プロデュースのカレーはなし。
と、いうことで今年もCOCO壱か大幸横丁の二択

COCO壱は前回行ったので、2014年8月末以来、
今回は久々の松ぞのさんです。

大幸横丁では、名古屋の名店が何軒か集まっているゾーンで、
かつて、カレーうどんをいただいた若鯱家さんもここにありました。


メニューを見ますと、

みそ串かつ 4本500円
チーズフォンデュ串かつ(3本) 550円
たこから揚げ 500円
とり天南蛮タルタル 単品880円 定食1080円
熟成ロースかつ 単品780円 定食980円
熟成ヒレかつ 単品880円 定食1080円
ナゴヤ金の手羽先 500円


といったところが気になりますし、
カレー関係で言うと
熟成八丁みそカツカレー1080
ドラゴン台湾カレー1080
エビカレー1080
からあげカレー1080
熟成カツカレー980円
北海道産3種のチーズささみカツカレー980円
ビーフカレー780円
おんたまトッピング プラス100円
チーズフォンデュトッピング プラス100円

最初は、前回はカツカレーだったし、
名古屋なのでエビカレーでも、とか思ったのですが、
行ったらメニューが増えています。
前回は、カツカレー・エビカレー・ビーフカレーの三択でしたが。

そして、気になるメニューが、ドラゴン台湾カレーです。
これも名古屋飯じゃないか。

と、いうことでオーダーです。
お一人様だったのですが、あいているのがここしかなかったので、
テーブル席に腰を下ろしてハイボールを飲みながら待つことしばし。

お隣では青いユニフォームを着たカップルが何食べる?なんてはなしをしてます。
そんなのをほほえましい感じで見ていると手渡された呼び出しがなったので
取りに行きます。

丸い皿に、ご飯の島がセンターにまるく盛られて
全部に赤みがかったカレーがかかっています。そして周囲もカレーの海
島のセンターには温玉です。
添えられたサラダは千切りキャベツとコーンがちらほら
さらに小皿に盛られた福神漬けです。これは美味しそう。

ではいただきますと、台湾ミートがたっぷりと入って、
赤みがかったオレンジ色になったカレーは、
見た目どおりの美味しさです。
ベースは穏やかな旨みと玉葱などの野菜や果物の甘みがベースで、
牛のエキスなどの肉由来の、ビーフシチューにも通じる
コクがあるカレーですが、ここに刺激のある台湾ミートです。

辛さのベースになっているのは、唐辛子や山椒の麻辣味です。
ここに、辛さと香りのスパイスが効いていて、
そして、当然辛いだけではありません。しっかりとしたうまみとコクがあります。
土台の旨みがしっかりしているので、辛さが奔放に暴れるという、
美味しくて辛い料理の王道をいっております。
さらには、この味わいをさらに豊かにしてくれるのが、たっぷりのひき肉です。
挽き肉ですが、噛むと肉滴がじわっと出てくるところ、
そして、あふれる肉滴がカレーとかを美味しくしてくれます。
台湾ミートとカレーの親和性がすばらしいです。

これがライスのまわりにもたっぷりありますし
上に散らされた葱もいいです。
小エビは、パリサクなやつが添えられていて
磯の味がアクセントです。
このピリ辛が、ハイボールをすすめてくれます。

食べ進めていって、ライスの頂点の卵の黄身を
キサラギ食いです。これですこれ。
せっかくの名古屋飯風なので、
座席で食べることが出来たら、
ドラゴンズにカレー伝道師はいないですかね

と、いうことでご馳走様でした。

あとは、せっかくのとんかつやさんなので、
揚げ物のトッピングがあれば、さらによかったのですかね。

と、いうことで自席へ。
この日は出やすい席であったにもかかわらず
これで打ち止めでした。




そして、翌日。
メインにするメニューは、台湾丼とまよったのですが、
前日台湾カレー台湾ラーメン食べているので
この日は「肉のスタ(ジアム)飯」さんで、ビシエド選手プロデュースの
ビシエ丼です。まずは、このネーミング、インパクトあります。

さらに、お隣で、又吉チューハイを購入。
ドラゴンズのロゴの入ったプラカップにそそられました。

そして今回は自席に戻っていただきます。

ドラゴンズのロゴの入った円筒状の器に入ったのは、
器の半分以上を覆い尽くす威風堂々のお肉。
さらにはたっぷりのレタスの緑もいい色です。
プチトマトの赤とか、肉に散らされた小口切れの葱もいい感じです。

まずはお肉から。
ステーキソースをまとった厚みのある肉は
そこまで大きくカットされているわけではありませんが、
1枚1枚がしっかりと分厚いので
ステーキ感がみたされます。
肉滴とともに、野趣にとんだ牛のうまみが口の中にあふれますし、
やわらかさとともに歯ごたえもあって。肉食べてる感を
楽しむことができます。脂身までしっかり美味ですし、
ピリ辛酸味もあって、おろしが入ってガーリックが利いた
醤油ベースのソースもいいです。
さらには、同じソースで味付けされたたまねぎは
とろっと柔らかいですし、ほの甘さが肉との対比で
いい味です。牛とたまねぎの組み合わせはいいです。

たっぷりレタスはシャッキリとしていて、濃いお肉の中で
さわやかな味で、口の中を盛り上げてくれます。
ご飯もたっぷりでいいですし、プチトマトも色合い以上に
美味しいです。
ビシエド選手のプロデュースメニュー、美味しさもホームラン級です。
1100円で少々お高いですが、これなら満足です。

続いて、又吉チューハイを。
こちら、提供されるときに、「よく混ぜてお召し上がりください」といわれました。
シャリシャリのマンゴー氷とマンゴージュースがベースになっている
トロピカルな味は、夏に飲みたい味です。
さらに、マンゴーの果肉も入っていて、アルコールというよりは、
美味しいジュースです。が、やはりほのかにアルコールが効いてくるところが
大人の味わいです。ただ、ゴクゴクいけてしまうので、
気がついたら、飲みすぎになってるかもしれません。
これは、危険なヤツです。
ドラゴンズのロゴがはいったプラカップはお持ち帰り
むしろこちらのカップ目当てだったりして。

さて、まだ何か入りそうなので、「紀文」さんのおでんです。
ナゴヤドームの「紀文」さんでは、したらばをいただきまして、
この練り物の美味しさに目覚めました。

と、いうことで、この日はおでんです。

カップにはいったものをいただきます。
まずは出汁をひとすすり。薄味で、ナゴヤ飯というと濃いイメージですが、
意外と西日本寄りの魚ベースの出汁の味がしっかりしています。

大根はこの汁がしっかり染みてますが、
大根の角はしっかり残っています。
しゃっきりとした歯ざわりこそあれ
健康になりそうな美味しい苦味がいいです。
魚河岸揚げはふわふわで揚げたはんぺんのような感じ。
表面の揚げた感触と、中のふわふわの組み合わせが
これもいい食感とお魚味。紀文です。
こんにゃくは、しっかり煮込まれていて
やや堅めな食感で歯もキモチイイ。
そして、ちくわぶです。ちくわぶって、名古屋でもありな食材なんですね。
関東・東北限定だと思ってました。
地元のコンビニおでんを買っても無かったので
久々にこのもっちりとした感じと出汁との組みあわせを
堪能です。
そして、卵はいうまでもなし、おでんの試金石です。

真夏でも空調が効いているドームなので
おでんも美味です。野球場におでんっていい組み合わせです。

さらに、「紀文」さんの軟骨入りつくね
コリコリの食感とふわんとした肉の味
肉滴もジワッと出てきます。
肉の滋味あふれる淡白ながらしっかりとした味に
アマじょっぱい濃いタレがあいます。

ああ、それぞれハイボールにあいます。

と、満腹で野球観戦にそなえたのですが




ががががががか




ってことで。(´・ω・)ノシ
昨日は負けてしまいました。
なかなか連勝とはいかないです。

そんな振り返りです。

前日は今池の味仙で台湾ラーメンを食べて一人打ち上げ、
その後は例によって宿でうだうだしておりました。

そして、25日。朝は、近場のお店で厚焼き玉子の定食で朝食をいただいて
ブログの更新とか、荷物の整理とかをすませて、
身を浄め、本日の戦闘服である、赤いカープのボクサーパンツと
赤いノースリーブのアンダーシャツの上に
HIROSE26のビジターユニです。

そして宿をチェックアウトしたのちに
しばしうだうだしてから、東山線で千種へ。
千種で中央線に乗り換えて大曽根へ。
大曽根でゆとりーとラインにのりかえます。

ゆとりーとラインから見えるナゴドが好きなので
この経路をとる私です。

ただ、この時間はまだ開場時間前なので、
おとなりのイオンで買い物をしたりして時間をつぶしてから
開場時間にスタジアムへ。
スタジアム入り口のところで、二礼二拍手一礼
今日の面白いゲームと、カープの勝利を祈ります。

入り口で協賛の岐阜市のうちわをもらって中へ。

この日は3塁側内野席です。
今日もポールは近いです。

そんなのを確認してから昼食へ。

昨日はフードコートでカレーだったので
今日は座席で食べたい。ということで、
肉のスタ飯さんで、「ビシエ丼」です。この名前いいですね。
さらに又吉チューハイを購入していただきました。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

さらに紀文さんで、おでん(卵 大根 こんにゃく ちくわぶ 魚河岸揚げ)
と、軟骨いりつくねを購入。こちらも座席でいただきました。
美味しかったです。

それぞれ感想はまた後日。

13時30分にスタメン発表。
カープはピッチャー以外昨日と同じ。
ドラゴンズはキャッチャーに大野選手。
ショートに京田選手です。

チアドラのパフォーマンスがあって、
贈呈式があって、メンバー表交換があって、
始球式があって、プレイボールです。



1回表 カープの攻撃
この日の先発の山本選手、4月下旬にナゴ球でのウエスタンリーグの
タイガース戦で見ましたね。あの時も気迫のピッチングでした。

先頭龍馬選手がライト前にはじき返して、
野間選手は空振り三振、さらに大野選手がパスボールをするあいだ
龍馬選手は二塁へ進塁、
誠也選手はショートフライから、松山選手がフォアボールを選んで、
2アウトながら1.2塁です。
ここで、安部選手の辺りが右中間を抜くタイムリーツーベースで
2人還って、カープが先制です。
宮島さんじゃぁああああ! バンザーイ バンザーイ バンザーイ!!
周囲の人とカンフーバットカンカンします。
翼選手はセカンドフライでチェンジですが、初回の2点はデカいです。
あっべー あっべー のコールに帽子をとって応える安部選手です。
いーぞーいーぞーあっべー!!


1回裏 ドラゴンズの攻撃
先頭大島選手セカンドゴロ 京田選手レフトフライ
福田選手サードゴロで16球で三凡です。

九里選手、いい立ち上がりです。
先週は残念でしたが、今週は報われるか??


2回表 カープの攻撃
先頭小園選手センターフライ、サンタナ選手はフォアボールを選んで
九里選手、ファーストストライクをしっかりと送りバントを
一塁線に決めて、2アウトながら2塁
ただ龍馬選手はファーストゴロでチェンジ


2回裏 ドラゴンズの攻撃
先頭ビシエド選手ライトフライ シュウヘイ選手空振り三振
キャッチャーがこぼしますが、一塁でアウト。
ただ2アウトで出た昨日も三安打の阿部選手、
フルカウントからバット一閃、打球はドラゴンズファンがいる
左中間へ飛び込みます。あああああああ
藤井選手はファーストゴロでチェンジですが、
早速一点かえされます。
あーべっ、あーべっ と盛り上がるライトスタンドに
帽子を掲げて応じる阿部選手です。


3回表 カープの攻撃
先頭野間選手、ショートへの深いゴロ、京田選手がよく捌きました 
誠也選手セカンドゴロ、松山選手、センターフライで14球で三凡です。


3回裏 ドラゴンズの攻撃
先頭大野選手セカンドゴロ 山本選手ピッチャーゴロで2アウトから
大島選手はショートの右を破り、小園選手がとどかずセンターへのヒットで出塁
京田選手はセカンドゴロでチェンジです。


バズーカタイムとグランド整備があって
4回表 カープの攻撃
安部選手ライトフライ 翼選手ショートゴロ
小園選手セカンドゴロで15球で三凡です


4回裏 ドラゴンズの攻撃
先頭福田選手、続くビシエド選手と連続でフォアボールで1,2塁
シュウヘイ選手は、三球で見逃し三振をとりますが、
前の打席でホームランを打っている阿部選手のあたりは、
レフトオーバーで、フェンスの上のほうに直接あたる
あと少しで二打席連続ホームランという、同点タイムリーツーベース
さらに、藤井選手にフォアボールを選ばれて満塁
大野選手の当たりは、センターフライですが、犠牲フライには充分。
ピッチャーの山本選手の当たりはサードの頭上へ。
ここで安部選手がコケて打球はレフトへ転々、さらに一点追加です。
大島選手はショートゴロでようやくチェンジですが、
この回、3失点です。

フォアボールが3つというのはいただけないです。


5回表 カープの攻撃
先頭サンタナ選手ライトフライ、九里選手空振り三振
龍馬選手はセンターへのヒットで出塁。
二文字応援歌で盛り上がりますが、
野間選手センターフライでチェンジです。


5回裏 ドラゴンズの攻撃
京田選手のショートへのゴロを軽快に捌いて1アウト
福田選手もサードゴロで2アウトから、
ビシエド選手の当たりはショートの左
小園選手が飛びつきますがととかず、レフトへのヒットで2アウトながら1塁
さらにシュウヘイ選手のあたりはレフトの左を破るツーベースで2,3塁。
ここでカープは九里選手から島内選手にスイッチします。
好調阿部選手はセカンド横を鋭く抜いて、ライトへのタイムリーヒットでさらに二点追加。
藤井選手は空振り三振でようやくチェンジです。


グランド整備とかチアドラのダンシングクイーンがあってから
6回表 カープの攻撃
先頭誠也選手 レフトへのヒットで出塁します。
続く松山選手、三塁側ファウルゾーンの深いところへのフライを
シュウヘイ選手がダイビングキャッチでアウトにします。
安部選手、翼選手と連続してフォアボールを選んで満塁となったところで、
先発山本選手にかえて、福選手がマウンドにあがります。
飛ばすチャンスで盛り上がるなか、
小園選手はボテボテのピッチャーゴロで、誠也選手が本塁でアウト。
サンタナ選手はセカンドゴロでチェンジです。
ああ1アウト満塁を生かせませんでした。


6回裏 ドラゴンズの攻撃
カープは今村選手がマウンドにあがります。
大野選手、福選手と連続で空振り三振
大島選手ショートライナーで15球で三凡です。


かーぷかーぷかーぷひろしま ひろしーまーかーあーぷー
と歌ってから、
7回表 カープの攻撃
今村選手の打席なので、メヒア選手が代打にでまして、
ショート深いところのゴロ、京田選手、横っ飛びで抑えて
大遠投しますが、足がまさりました。
続く、龍馬選手は、レフト左を抜くツーベースで2,3塁
攻めろ チャンテで盛り上がるなか
野間選手、ライトへのタイムリーヒットで1点かえします。
ここで、ドラゴンズは三ツ間選手をマウンドにおくります。
飛ばすチャンテで盛り上がる中
誠也選手はサードゴロで、1塁ランナーの野間選手がアウトになりますが
龍馬選手が還って、さらに1点返します。
さらに追加点の期待が高まる中ですが
松山選手はセカンドゴロで4-6-3のダブルプレー、チェンジです。
でも、ここで2点差に追いつきました。
たっかーよしー たっかーよしー!! と盛り上がると、
野間選手が帽子をとって深々と頭をさげます、
いーぞーいーぞーたっかーよしー


燃えよドラゴンズがあってから
7回裏 ドラゴンズの攻撃
カープは代打のメヒア選手をファーストの守備につかせて、
松山選手の打順のところで、塹江選手を入れてマウンドにおくります。
先頭京田選手をフォアボールで出すと、
続く福田選手のバット一閃、打球はレフトのポールを直撃します。
さらに、ビシエド ライトへのヒットで出塁し
シュウヘイ選手センターフライ、この打席で三塁打が出ればサイクルヒットの阿部選手
空振り三振で2アウトから、藤井選手がセカンドサンタナ選手のファンブルにより
出塁し、代走に武田選手。
ただ大野選手をライトフライにきってとり、チェンジです。


ドアラのバク転成功を見て、ぼくらのカープを歌ってから、
8回表 カープの攻撃
ドラゴンズは代走で出た武田選手がライトに入り
キャッチャーに加藤選手、キャッチャーの打順にロドリゲス選手が入って、
マウンドに上がります。
先頭安部選手に代打三好選手がおくられますが、空振り三振
続く翼選手は見逃し三振
小園選手の代打磯村選手は空振り三振で、13球で三凡です


8回裏 ドラゴンズの攻撃
代打の三好選手がショートにはいって、曽根選手がサードに入ります。、
先頭加藤選手セカンドゴロ 大島選手がセンターへのヒットで出て
京田選手はデッドボール。最初4人の審判での判断は体へのデッドボールでしたが、
与田監督のリクエストで審議した結果、頭へのデッドボールで
塹江選手は退場です。
ここで、中崎選手がマウンドにあがります。
福田選手は空振りの三振でとりますが、
ビシエド選手にセンターのフェンス上部にダイレクトであたる
あと少しでホームランの2点タイムリーツーベースで、ドラゴンズダメ押しです
ビシエド選手の代走に遠藤選手
シュウヘイ選手をセンターフライでチェンジです。

この終盤での2点はキツいです。


9回表 カープの攻撃
ドラゴンズは祖父江選手をマウンドにおくります。
さらに代走の遠藤選手がレフトに、レフトの福田選手がファーストに入ります、
サンタナ選手、見逃し三振 メヒア選手ショートゴロ
龍馬選手、ストレートをはじき返しますが、祖父江選手が
好フィールディングでピッチャーゴロにしとめて、ゲームセットです、



敗者はさっさと去ります。

スタジアムにむかって二礼二拍手一礼
野球の神様に面白いゲームのお礼をしてから
また、来年もナゴドに来れることをお祈りしてから
地下鉄の駅へ。

名城線で金山に言ってから、μスカイで空港へ
むかったのでした。



C 4-10 D


勝利投手[ ドラゴンズ ] 山本 (2勝3敗0S)
敗戦投手[ カープ ] 九里 (6勝7敗0S)

本塁打[ ドラゴンズ ] 阿部5号(2回裏ソロ)、福田14号(7回裏2ラン)

観衆数35980人  試合時間 3時間15分




ってことで。(´・ω・)ノシ
現在、名古屋市中区某所で朝を迎えました。
朝食を終えて、身を浄めてから、荷物整理を
終えたところです。


そして、勝ちました。
と、いうこで、私が観戦したカープ一軍戦として、令和三勝目です。


そんなゲームとかの振り返りです。

前日は17時までオシゴトをつとめて、千歳にむけて
車を走らせます。
月曜日に同じ道を車で走ったとき、道路工事による
片側交互通行が多かったのですが、今回はそんなことは
まったくありませんでした。ありがたや。

19時に前にA駐車場に車を駐めます。
この日、行きはskymarkですが、帰りが中部国際~新千歳の
最終便がANAなので、久々のA駐車場です。

その後、搭乗手続きをすませてから、
まつじんの単品ジンギスカンと生ビールで夕食。
さらに手荷物検査から制限区域内に入って、
SKY766便ですが、使用機到着遅れのせいで出発が25分遅れるとか。

ま、そんなこともあります。

20時10分に機内に入って、

22時47分 特急岐阜行きで、名古屋へ
そこから、地下鉄東山線で新栄へ、
そして徒歩で宿に到着。なんとかこの日中にチェックインができました。


翌日、6時過ぎに目覚めてしばしまったりとしてから
栄まで歩きます。さらに名鉄瀬戸線に乗って、尼ヶ坂の定食やさんで
朝食をいただいて再びやどにもどって、しばしまったり

身を浄めて
正装であるカープのデニム柄のボクサーパンツ、
赤いノースリーブのアンダーシャツを身にまとって、
赤いソックスをはいてHIROSE26のビジターユニフォームを着て
出撃準備は完了。12時過ぎにスタジアムを目指します。

この日は朝飯をいただいたこともあってか名鉄瀬戸線で
矢田駅を目指します。

現在はスタジアムから離れているのでそこまで使われませんが
赤いユニフォームとかの人も数人います。

そして、20分ほど歩いて、ほぼ1年ぶりのナゴヤドームです。
スタジアム入り口のところで、二礼二拍手一礼
今日の面白いゲームと、カープの勝利を祈ります。

入り口で協賛のOKB大垣共立銀行のうちわをもらって中へ。

この日は5Fパノラマシートです。
巨大なレフトポールが間近に見えます。

そんなのを確認してから、昼食へ。

昼食は松ぞのさんの、台湾カレーです。
美味しかったです。感想はまた後日。

ただ出たのがゆっくりだったので、
この時点でスタメン発表がはじまってます。

そして、自席に戻るときに、野間選手の応援歌が聞こえます。
野間選手、スタメンですか。

そして、花束贈呈、始球式などがあって、
試合開始です。
カープの先発は、床田選手、ドラゴンズの先発は柳選手です。

1回表 カープの攻撃
先頭龍馬選手7球粘りますが、8球目を空振り三振
野間選手センターフライから
誠也選手がフォアボールで出ますが、
松山選手の打席で牽制で誘い出されて、2塁でアウト
18球でチェンジです。


1回裏 ドラゴンズの攻撃
先頭大島選手がライトへのヒットで出塁
堂上選手空振り三振 福田選手ライトフライから
ビシエド選手の打席で床田選手がワイルドピッチで大島選手が進塁
さらに、ビシエド選手のセカンドゴロをこの日セカンドに入った
サンタナ選手がトンネルし、その間大島選手が生還して
ドラゴンズ先制です。あああああ
シュウヘイ選手はライトフライで17球でチェンジです。

まだ序盤です。なんとかなる。


2回表 カープの攻撃
先頭松山選手、2-0からセカンドゴロで1アウト
続く2文字応援で盛り上がる中
安部選手のあたりはライトの頭上を越えてフェンス直撃の
ツーベースになります。
さらに翼選手はセンター前へはじき返して 1,3塁
チャンススーパーで盛り上がる中
小園選手のカウント3-1から、レフト左にボールが抜ける
同点タイムリーツーベースです。
宮島さんじゃぁあああ!バンザーイ バンザーイ バンザーイ!!!
カンフーバットカンカンしてからなおも 2,3塁
サンタナ選手はセンター前へはじき返して、
勝ち越しタイムリーになります。
宮島さんじゃああああ! ワッショイワッショイ
床田選手がピッチャー前に見事送りバントを決めますが
龍馬選手空振り三振でチェンジです。

ミスによる失点の直後に逆転です。いい展開です。
こーぞーのっ こーぞーのっ のコールに帽子を取って頭を下げる小園選手
さーんったなーっ さーんったなーっ のコールに帽子をとって
おじぎするサンタナ選手です。


2回裏 ドラゴンズの攻撃
先頭阿部選手にセンター前へ運ばれますが、
藤井選手、木下拓選手も連続でライトフライ
柳選手空振り三振でチェンジです


3回表 カープの攻撃
先頭野間選手、見逃し三振から
誠也選手がレフト前ヒットで出塁
ただ、松山選手セカンドゴロ 安部選手レフトフライでチェンジです


3回裏 ドラゴンズの攻撃
先頭大島選手をフォアボールで出しますが、
堂上選手のピッチャーライナーで大島選手が帰塁できずダブルプレー
福田選手セカンドゴロでチェンジです。


4回表 カープの攻撃
先頭翼選手サードゴロ 小園選手セカンドゴロ
サンタナ選手ファーストフライで三凡です。


4回裏 ドラゴンズの攻撃
先頭ビシエド選手、左中間へのヒットを放ちますが、
セカンドでタッチアウト。これを与田監督リクエストしますが、
判定はくつがえらず。
シュウヘイ選手セカンドゴロで2アウトから
阿部選手、レフトの左を破る二塁打で出ると、
藤井選手が3-1から見送り四球を選んで2アウトながら1,2塁ですが
木下拓選手を空振り三振にきってとります。
ナイスピッチング!


5回表 カープの攻撃
先頭床田選手、0-2からライト前ヒットで出塁
さらに龍馬選手、ジャンプするセカンドの頭上を超える
ライト前ヒットで1,2塁
攻めろチャンテで盛り上がります。
野間選手はきっちりキャッチャーに捕らせる送りバントで1アウト2,3塁
チャンススーパーで盛り上がるなか
誠也選手が3-2からフォアボールを選んで 満塁
ただ松山選手見逃し三振 安部選手ファーストゴロでチェンジです。

ピンチのあとのチャンスを生かせませんでした。



5回裏 ドラゴンズの攻撃
先頭柳選手サードゴロ 大島選手ピッチャーゴロ
堂上選手空振り三振で三凡です。
5回表 床田選手はずっと塁上にいましたが、影響なしです。


グランド整備とダンシングクイーンがあって
6回表 カープの攻撃
先頭翼選手、キャッチャーへのファウルフライ
小園選手ファーストライナー
サンタナ選手サードゴロでこちらも三凡です。


翌日の先発投手が発表になって、
6回裏 ドラゴンズの攻撃
この回からサンタナ選手にかわって、三好選手がセカンドにはいります。
先頭福田選手のあたりはライト前へのヒットですが、
猛然と前進してきた誠也選手がこれを後ろにそらします、
あああああああ
ノーアウトランナー1.3塁
ビシエド選手をフォアボールで歩かせてノーアウト1.3塁
シュウヘイ選手、五球目でバットをへし折りまして、
次の変化球は浅いレフトフライ
この日二安打とあたっている阿部選手を空振り三振
藤井選手は0-1から4球連続のボールで、満塁にして、
木下選手の代打に石垣選手ですが、ライトフライでチェンジ
ここも気迫のピッチングで凌ぎます。


かーぷかーぷかーぷひろっしまー ひーろしーまーかーあーぷー♪
と歌ってから
7回表 カープの攻撃
ドラゴンズは、キャッチャーに代打が出たので、加藤選手がキャッチャーです€。
カープは100球を超えた床田選手に代打坂倉選手ですが、
センターに抜けそうなあたりを堂上選手がナイスキャッチでショートゴロ
龍馬選手、ウォーニングゾーン、センターフェンスの直前まで飛ばす
センターフライで2アウトから、野間選手がショートの左を抜くレフト前ヒット
誠也選手ライトフライでチェンジです。


燃えよドラゴンズで盛り上がってから
7回裏 ドラゴンズの攻撃
カープは菊池保選手がマウンドにあがります。
ドラゴンズも100球超えた柳選手に代えて、代打、京田選手は
セカンドライナー 大島選手サードへの強く難しいあたりですが、
安部選手がナイスキャッチかつ大遠投でアウトです。
堂上選手の代打亀澤選手がセカンドゴロで三凡です。


ドアラのバク転がきまったあと、ぼくらのカープを歌って
8回表 カープの攻撃
ドラゴンズは又吉選手がマウンドにあがり、代打の京田選手が
そのままショートに入ります。
先頭松山選手がセンターへのヒットで出塁
代走には曽根選手。
安部選手が、ピッチャー前に送りバントをきめて 1アウト2塁
翼選手空振りの三振で2アウトから
小園選手、カウント1-2からライト前へのタイムリーヒットです。
キャッチャーへの返球がそれたのを見逃さず、小園選手は二塁を狙いますが
いいボールがきて、タッチアウトです。
でも、この終盤での追加点はでかいです。

こーぞーのっこーぞーのっ と盛り上がってから


8回裏 ドラゴンズの攻撃
カープはフランスア選手をマウンドへ。
代走の曽根選手がセカンド、セカンドの三好選手がサード、
サードの安部選手がファーストに入ります、
先頭福田選手7球粘りますが、8球目を見逃し三振
ビシエド選手ショートゴロ
シュウヘイ選手、空振り三振で19球で三凡です。

フランスア選手も磐石です。


9回表 カープの攻撃
ドラゴンズは祖父江選手がマウンドにあがります
先頭三好選手サードゴロ
ピッチャーフランスア選手の打席なので、代打長野選手
大盛り上がりのナゴヤドームですが、ファーストフライ
龍馬選手セカンドゴロで三凡です。


9回裏 ドラゴンズの攻撃
カープは帰ってきた守護神中崎選手にゲームを託しますが、
先頭、好調阿部選手に、本日三本目のヒットである左中間を真っ二つにやぶり
ワンバンでフェンスに当たる二塁打。
さらに藤井選手にライトへ打ってヒット 1,3塁
大盛り上がりのナゴヤドームで、
加藤選手に代わって代打遠藤選手ですが、
レフトへタイムリーツーベースで、1点献上。
さらに京田選手の大きなレフトへフライで、サードランナーの藤井選手が
生還して1点差、なおも1アウト2塁
大島選手に四球を選ばれて 1,2塁
祖父江選手の代打武田選手はセカンドゴロで2アウトまでこぎつけます。
なんとか凌いでほしいところですが、福田選手にライト前に運ばれて
同点に追いつかれます。床田選手の勝ちが消えました。
あああああああ
ビシエド選手のセンター前へぬけようとするあたりは、
小園選手が横っ飛びで抑えて、無理な体勢からセカンドに投げて
ようやくチェンジです。

この回だけで、4安打、1四球です。ああああああ


グラセンが終わってから、
10回表 カープの攻撃
ドラゴンズは岡田選手がマウンドにあがります。
さらに、石橋選手がキャッチャーの守備について
代打の遠藤選手がレフトに、レフトの福田選手がファーストに入ります。 守備変更:
先頭野間選手空振りの三振から、
誠也選手、レフトのフェンス直撃のツーベースで反攻開始。
攻めろチャンテが鳴り響くなか、
曽根選手の代打にメヒア選手ですが、ドラゴンズは申告敬遠
さらに、極チャンテです。
ナゴヤドームで「お前がきめろ!!」です。
Y監督が不適切といったフレーズがはいってます。
やりますね、応援団。
そんな安部選手はストレートのフォアボールで満塁
翼選手はカウント1-1からライト前へ運んで、誠也選手が生還して
つき放します。
宮島さんじやぁああああああ、バンザーイ バンザーイ バンザーイ!!!

なおも1アウト満塁ですが小園選手三好選手と、
連続して空振り三振 チェンジです。


10回裏 ドラゴンズの攻撃
マウンドには先日初勝利をきめた遠藤選手がマウンドにあがりまして、
代打のメヒア選手がサードに、サードの三好選手がセカンドに入ります。
先頭シュウヘイ選手7球粘りますがセンターフライ
続くこの日三安打の阿部選手ショートゴロ
藤井選手も8球粘りますが、空振り三振 ゲームセット


あああ、勝ちました。

宮島さんのあと、ハイパーユニオンでフゥ↑フゥ↑して
遠藤選手の初々しいヒロインを聞きます。

あああ、ビジターなのに「最高でーすっ!!」って言っちゃったww

そのあと、応援歌のメドレー入って、
サンタナ選手、小園選手、翼選手の応援か歌って、

明日も勝つぞカープ から飛ばすチャンス
がんばれがんばれ九里亜蓮
宮島さんを歌って、三凡締めしてから
イーぞーイーぞー応援団まで、フルで堪能してから

スタジアムをあとにします。

野球の神様にお礼をしてから、今池の味仙で台湾ラーメン食べてから

宿へ戻ったのでした。


C 5-4 D

勝利投手[ 広島 ] 中崎 (3勝3敗9S)
セーブ[ 広島 ] 遠藤 (1勝0敗1S)
敗戦投手[ 中日 ] 岡田 (2勝2敗8S)

観衆数 35993人 試合時間 3時間45分




と、いうことで、これから出陣です。

がんばって応援します。




ってことで。(´・ω・)ノシ
現在名古屋市中区某所で朝を迎えました。
味のある定食やさんで朝食をいただいてから宿に戻って、
この後、身を浄めて、正装に着替えてから、
約1年ぶりのナゴヤドームにむかいます。

そんな話はまた後日。

タイトルの記事です。

と、いうことで、水戸~小石川~横浜野球行脚の
球場でいただいたものですが、
水戸は、ゲーム前にすでにすべてのフードメニューが
売り切れているという、非情事態です。

と、いうことでドリンクでお腹を満たそうとして、
せめてアルコールがあれば、という思いむなしく
オールフリーの350ml缶しかないので、これでしのぎましたが、
これが400円というびっくり価格

いろいろとモヤモヤの残るなかゲームに入りましたが、

ただ途中で再訪した時は、スーパードライと一番搾りの350ml缶を発見。
迷わず、スーパードライの350ml缶を購入しましたが、
こちらも400円でした。足して二で割れば
お祭り的な適正価格ですかね。

ちなみにフードメニューのはいっていたトロ箱のような
ぷら箱には、「大森商店」と書かれていて、飲み物を販売していた人の
IDカードには、水戸観光コンベンション協会とかかれてました。


ゲームを見ているあいだずっと、
「固形がほしいよ~」と思いながら、水戸駅での乗り換えが
わずかだということで、こちらも食べ物は買わず、
結局宿をとった土浦の駅前の「がぶり亭」さんで
夜22時まわっているのにもかかわらず
たい飯とか、納豆オムレツとか豪食したのでした。


そして、翌日は、東京ドームです。

台風の余波か、気圧が不安定な関係で、
豪雨にみまわれてびしょ濡れでドームに入りましたが、
人心地ついたところで、まずは、HPを見て気になっていた
ファイターズ戦限定の「ハム勝カレー」を購入。
さらには、プレミアムモルツを購入して自席に戻ります。

カレーは明るめの濃い茶褐色で、ご飯をたっぷりのカレーが覆っていて、
ご飯&カレー島の上に、狐色で細かいパン粉がびっしりついた
ハム勝が乗っています。

カレーは、甘さ抑えめな食べ口で、かつ穏やかながらも
旨さとコクがいい感じに出ています、
野菜は具として見えませんが溶け込んだ味がカレーに生きていますし、
たっぷりとエキスが溶けこんだ肉ベースの旨味とかコクがしっかり主張しています
さらに、この太いうまみのベースに
時折ピリッとスパイスが刺激してきます

ハム勝は、細かい衣がびっしりついている見た目どおりに
サックリとした食感が歯に気持ちいいですし、軽い衣の下から出てくる
ハムは分厚いです。
最近いろいろなところで見ることが出来る、厚いハム勝です。
サックリとした軽やかな衣と、中身の肉厚なハムの歯ごたえとの
対比もいいですし、食べた感も満たされます。
ハムもどこかチープながらも
懐かしいノスタルジーを感じます。これって、日本ハム製ですかね。

衣が細かくて、軽やかな感じと言うことは、
カレーとの接地面は、トロッとしてくるということ、
この表面サックリ、裏面がトローリというのは
揚げ物ののったカレーを食べる時の
最大の愉悦といっても、過言ではないです。

白いご飯もいい感じですし、
ビールもしっかりすすみます。

と、いうことで、ごちそーさまでした。

美味しかったです。さらに、回と回とのあいだ、
本当は2F外・内野席の界隈のお見せで購入しようと思って
少しウロウロしていたのですが、
その時に、→とともに、「グルメストリート」という
看板を発見。

行って見ますと、東京ドーム内1Fコンコースが
「グルメストリート」となっています。

「グルメストリート」は2019年シーズンから新設された
24店舗からなるテイクアウト専門のフードエリアですが、
タイ、ベトナム、韓国などアジアン料理店もあり、
バラエティ豊かで料理を選ぶのも楽しいです。
早く気が付けば良かった。

あ、京都勝牛があります。ヤフオク!ドームでもありました。

ちなみに、こちらは牛勝とローストビーフのお店で、
勝牛ホームラン丼(牛カツ&ローストビーフ)
ローストビーフ丼、牛ソースカツ丼、牛スジ煮込み丼 などのご飯ものと
単品のローストビーフやローストポーク、牛スジにこみなどがあります。

ここは牛すじ煮込みの単品と、ビールです。
オーダーして受け取ります。ホカホカさが発泡の白い器から伝わります。

七味をふってから近場で立ち食いです。

濃いお味噌の色と、具がしっかり煮込まれている証左
まずはスジからいきますと、プルプルな感じがいいです。
くちに入れてもすじならではの、クセこそ残りますが、
それが、丁寧に調理されたことによって
うまみに転化しています。
そして、この歯応えです。プルプルが気持ち良いですし、
軽くかむだけで、牛の野趣にとんだ味と共に、
味噌ベースの汁の味がじわっと染み出てきて、これは極上の味。
牛すじの煮込みってたぶんベースは関西の料理だと思うのですが、
関西のお店で、なおかつ牛の旨さを熟知している
牛肉専門店の煮込みですから、美味しくないはずがないです。
さらに、大根もすっかり汁の味がしみこんでいて、
見るからにトロトロで、角もとれています。
大根ならではのほろ苦さがありながらも、それが
汁の甘めの味でいいアクセントになります。
ニンジンもいい甘さですし、こんにゃくの歯ごたえもよし。

全体的にしっかりと、トロトロになるまで煮込まれていますし、
甘めの味付けも良くてどこかシチューみたいにも感じます。

散らされたゴマもいいですし、これもビールにあいます。

と、いうことでご馳走様でした。



さらには、あと一品、気になったのが、
バインミーバインミーのバインミーです。

「バインミー」と言えばベトナムの街中の屋台などで
売られているファーストフード、いや、ソウルフードとも言える食べ物で、
フランスパンのバゲットにパテ、野菜、ハーブ類、肉などを挟んだ
ベトナム風サンドイッチです。

ベトナム料理が食べられる球場って最近少しふえてはきましたが
まだ珍しいですし、
バインミーは、ラズヴェル細木さんとか、水谷さるころさんのマンガの中で
両氏とも美味しそうに食べていた姿が印象的でした。

牛肉と豚肉のバインミーがあるので、
今回は「豚肉と野菜のバインミー」をオーダーします。
すると、すぐに外国の新聞っぽい包み紙で
オシャレにラッピングされたものが出てきます。
ほのかに暖かいところがいいです。

コッペパン型のフランスパンが中央で二つに割られて、
たっぷりの野菜と豚肉が入っているのが見えます。
軽く漂う香りもほのかにエスニックです。

かぶりつきますと、パンはソフトタイプのフランスパンで
表面はフランスパン独特のカリカリサックリした感じがありつつ、
噛み応えもしっかりしていますが、
中は、柔らかめのところが食べやすい。
香ばしくて軽く噛むだけで伝わってくるイーストの味わい。
そしてほんのりとアマイですし、柔らかさの原因になっている、
パン生地にあいているたくさんの発酵穴。
イーストを感じる事が出来ますし、空気多めなところがいいです。
生地もしっかり小麦の味がして、美味しいパンです。
さらにキヌアが加えられたのが、こちらのバケットの特徴で、
独特の食感も面白いです。

そして、具ですが、
具の厚切りの豚肉は白い色がきれいですし、肉自体もしっとりしていて美味しいです。
これは、煮豚ですかね、沖縄のスーチカーをも想起させてくれます。
肉自体も美味しいのに加えて、ニョクマムで軽く甘しょっぱい味つけがされていて
いい感じです。大根や人参のほんのりとした酸味がいい感じで、
肉ともパンともあいますし、上に乗せられたレタスや中に入ったキューリも
新鮮でシャキシャキな味わいが清涼で、なますとは別の食感に味わいで、
バインミーを盛り上げてくれます。

隠し味のようにほんのりただよう、エスニックな香りもいいですし、
食べ進めていくと端になってくるので、
噛み応えがしっかりとしてくるパンもいいです。
ガシガシたべるパンも美味しいです。

もう少し、レバーペーストとか、ニョクマムをしっかり効かせたり、
パクチーなどのクセの強い野菜が多くても、いいかもしれませんが、
球場で食べるごはんということで、味つけを万人向けにしているのでしょう。
ま、しっかり美味しいのですが。

そういえば、神宮球場で2年前まで、バインミーのお店があったなー
などと思いながら、ビールとともに完食です。

そして、自席に戻る途中、少しだけさらにうろうろして
9月にドームに行くときに食べるべきカレー屋さんなどを
物色しますが、ゴーゴーカレーがなくなっていました。

令和元年 松井は遠くなりにけり

です。



そして翌日からはハマスタ三連戦。
美味しいものがいっぱい食べられそうな予感なのと、
初日は高校野球を見て出遅れたのでそこまで時間的余裕もないということで
ややセーブ気味に

いただいたのが、三塁側内野席「ハマスタ弁当」と書かれた売店で購入した
崎陽軒の「シウマイ弁当」です。
なんたって、旬ですからね、崎陽軒。
黄色い球場オリジナルの掛け紙がいいです。

さらに、三塁側CRAFT BAY BARさんで、
ベイスターズクラフトビールの2019年の新味
ベイスターズ ヴォヤージュです。

自席にもどっていただきます。

ゲーム前セレモニーなどを見ながら、いただきます。

ご飯とおかずです。
定番中の定番であるシウマイが5つ、
他に玉子焼きとか筍煮、鮪の照り焼きと、鶏から揚げ、カマボコ、
切り昆布に千切りショウガさらに、杏に梅干しといったメンバーです。これこれ。

崎陽軒のお弁当は、シウマイ弁当の白米も、炒飯弁当のチャーハンも
冷めてもしっかり美味しくなるように、計算されて作られています。

そして、崎陽軒といえば、コダワリのシウマイです。
「シュウマイ」ではなく「シウマイ」ってのは、中国の人も言いやすいようにとか、
「ウマイ」を強調したいとか、いろいろ説があるようですが、
それくらいウマイ。メインの豚挽肉はジューシーですし、さりげなく効いている
猿払の帆立貝柱もいいです。またまた道内食材との邂逅です。
泉昌之氏は、食の軍師のなかで
「口の中でブタとホタテが組んずほぐれつしている」と表現しましたが、その通り。
そう、「食の軍師」といえば、当然食べる前のカラシモリの儀も忘れません。

今回は蒲鉾で残った辛子で板カラを作って、
ビールのあてにして、ウッシッシです

このお祭りのような空間で味わうシウマイはいいです。
味わいも5割増しです。 鮪の照り焼きと、鶏から揚げ、カマボコ、
切り昆布に千切りショウガ
たけのこ煮は、そのアマじょっぱい味付けから、おかず力が極めて高く
米不足や米騒動を心配するほどの濃さと、コリコリの歯応えが気持ちいいですし、
厚焼き玉子焼きはふんわりしていて、優しい甘さの美味しさが最高。


さらに、唐揚げは鶏の淡白ながら滋味あふれる
素材のあじを生かしながらも
しっかりとした味付けがいいですし、

鮪の照り焼きも、ほっこりとしていて、自然に身が離れるのもよければ
味もしっかりと磯を感じます。

切り昆布、千切り生姜けといったところまでしっかりと美味しく、
さらには、これがご飯に合うのがいいですね。

と、思いながらも無事完食。


そういえば、シウマイと唐揚げのお皿があった
それもいいなぁ

更に筍があったら
更に魚があったら

なら最初からシウマイ弁当喰えよ

そして、ベイスターズボヤージュです。
濃い色の美しさと、ふんわりとたつ白い泡の対比がまずはいいです。
そして、いただくと、ほのかな柑橘の香りが
さわやかな飲み口になっていますし、
後味のすっきりさにもつながっていますが、
さわやかとか、すっきりというと、軽いイメージですが、
しっかりと太いボディーを感じで、満足感も高いです。

このビールならではの芳醇で濃い味を楽しみながらも
嚥下するとスッと引くというところが
スゴいです。

なんでも、球団発祥の地・山口県産の大麦麦芽を100%使い、
神奈川$県産の柚子の香りを加えた爽やかな風味が特徴の
ゴールデンエールで
下関から横浜まで辿り着いた球団の航海の旅(=VOYAGE)を
コンセプトに、先人への感謝と敬意込めて作られたとのこと。

はー、美味しかったです。

とはいえ、この席、追加で何か買いに行くのは
なかなかツラい席で(ハッピースターダンスの時には
おトイレにいきましたが)トイレで時間いっぱい。
何か買う余裕はなかたので、

ゲーム後は、勝利を祝って、コンビニデザートなどを
食べてしまうわけですが。


そして、2日目です。

この日は、はじめてウィング席の3階に新しく出来た
「ベイサイドアレイ」に行きます。
こちら、球場飯界に毎年革新の風を吹き込んでいる
ハマスタの今年の顔です。
前日は時間的余裕がなかったので…
いくことが出来ませんが念願叶うです。

でこちらで購入をしたのが、ベイまぐろの
おつまみマグロ皿と、青星寮カレーパンです。
まだ、ゲーム1時間くらい前なので、
人が居なかったのですぐ購入できます。
おつまみマグロ皿は、注文が入ってから
鉄板の上で、手早くマグロをいためています。
これはいいや。


さらに、CRAFT BAY BARさんでジャックターと
ミックスナック(燻製)を

ダイナマイトボウルさんで、砂ぎもぽん酢を購入。

この日も席を確認したらど真ん中なので、
ひょいひょい買いに行くことができなさそうです。
と、いうことで、スタジアムに入るなりに購入する
「私を球場に連れてって」(原作 スーパーまさらさん、作画うみのともさん
竹書房KRコミックス刊)の食いしん坊JK野原玉ちゃん作戦です。


では、まずは、カレーパンから。

カレーパンを手渡されるときに、「アツいので気をつけてください」
といわれますが、本当にアツかったです。
この揚げたて感がまずはいいです。

星青寮カレーとおそろいの、BLUE STAR HOTELのロゴがおしゃれな
紙袋を広くと、油でテカテカと輝いています。

これはいいなぁ、表面は濃赤茶色で、パン粉は控えめな感じですが
そのぶんパンの生地じたいがクリスピーな感じです。

ではいただきます。
一口かじると、予想通りのクリスピーな歯ごたえ
サクッを通り越してカリッとなっていて、
このカリッとした層を通り越すと、パン生地の
濃厚な甘みと旨味が訪れてきます。これは美味しいです。

さらにパンの層があついので、この味とか発酵穴とかの
食感なども楽しむことができます。いいな。
そして、カレーの層に到達すると、カレーがピリ辛です。
生地が甘いからよりそう感じるのか、対比されたことで
美味しさが強調されます。

カレーは軽く野菜由来の甘みがきてから、さわやかな酸味とか感じますし、
うまみもコクもたっぷり骨太な感じです。
この複雑なハーモニーがしっかりまとまっているのは
大鍋で料理される寮の味なんだろうなぁ、というのを想起させてくれます。
ガーリックが多めに効いていてカレーにパンチを与えています。
このパンチが効いているところも、体育会系のカレーです。
そして、総じていうと、懐かしい味わいです。

そんなのがたっぷり入っていて
パンもカレーも美味しかったです。



続いてマグロ皿です。
球場飯でマグロという食材は珍しいですが、
神奈川でマグロといえば三崎、とすぐ出てくるぐらいで
神奈川らしい食材です。

そして、マグロ皿は、白い発泡の四角いお皿に上に
集めのカジキマグロの肉を鉄板でソテーして乗せたものです。

で、いただいたのですが、これ肉ですよ。
魚独特の生臭さが極めて少ないですし、脂がしっかりと乗っていながらも
身の味も引き締まって美味しい。さらに脂がのっているとはいえ、
すっきりとした後味なのがいい感じです。
なんでもいったん味噌ベースのたれに漬け込んでから焼いて
焼き終わった後にさっぱりとしたたれをかけています。
さらに脂っぽい部分もありますが、これまでも
しっかりと美味しいですし、食べ進めていくうちに
焼き魚ならではの香ばしさとかも蓄積されて
DHAもたまりそう。
ああ、この健康になりそうです。
これは、勇者のDHA です。

敷かれているキャベツとの相性もいいですし、
この日は主食系メニューはおさえたのでいかなかったですが、
次回は、丼にもいきます。


やはり、ハマスタオリジナルメニューあなどれません。

さらに、ナッツは噛んだ時に感じる
燻煙香が独特で、カリッとした食感が好み。
ナッツの風味がここまで燻煙香にあうとは、これはお酒もすすみます。


ダイナマイトボウルさんの砂肝ぽんずは
コリコリの砂肝がまずはいい味で、ぽんずの名前がありながらも
酢の味は抑え気味で、さわやかに働きかけています
さらに砂肝には、しっかりとしょうゆとかにんにくの味も
しみこんでいるのがいい感じです。これもいい酒のツマミです。
上に散らされた、糸唐辛子や小口ギリのねぎもいいアクセントです。

それぞれ横浜発祥のカクテル・ジャックターともいい相性です。
ジャックたーは、ダークラムと、フルーツとハーブのリキュールを使った
カクテルで、ライムの風味がさわやかで、トニックの鋭い味とともに
ラムの濃さを盛り上げてくれます。
苦みばしった大人の味です。


さらに3日目です。

この日も昨日に続いてウイング席に向かいます。

通路越しに高いところからの景色を見てから、
向かったのが、崎陽軒とキリンのプロデュースの
ハマスタシウマイBarさんです。
熱々のシウマイ各種とお酒を楽しめるお店です。

初日はオーソドックスなシウマイ弁当だったので、
この日は初の変化球、焼きシウマイアリゴ風です。

さらに、シウマイとくれば、餃子。餃子といえばベイ餃子
こちらにも新メニューがあって、それが
ベイ餃子ジンジャーで、こちらも購入です。

さらにPORT FIELD GRILLさんで、
ポートフィールドライスを買って、自席においてから、
アルコールは、クラフトジンジャーハイボールを買います。

と、すべてが2019年メニューです。

席を見たらど真ん中なので、ひょいひょい買いに行くことができなさそうです。
と、いうことで、前日に続いて、スタジアムに入るなりに購入する
「私を球場に連れてって」(原作 スーパーまさらさん、作画うみのともさん
竹書房KRコミックス刊)の食いしん坊JK野原玉ちゃん作戦です。

4店舗とも開場直後に行ったので、並ばずに購入できました。

ではまず「ベイ餃子」から。

焼きたての餃子が入った箱はクラフト素材で、
ラーメンの器にある双囍紋のような模様がブルーで描かれている
中華風な意匠がいい感じ。店舗のデザインともリンクしていて
お洒落で味があるヤツには「GINGER」のシール貼られています。

箱をあけると、おおぶりな餃子が4つ。
餃子の一つ一つがよくある餃子の1.5五倍以上はあります。
このデカい餃子、表面の皮がテラテラと脂で光ってますし、
このフォルムだけで、美味決定。
しかも、皮は。焦げ目がついている部分あり、
透けていて中の餡のニラの緑とかが見えている部分ありで、
これ絶対美味いヤツです。

一つつまみますと、箸にずっしり来る重みが頼もしい。
皮を破かないように注意しながら、
かつ、口の中を火傷しないように慎重にかぶりつきます

まずは柔らかでみずみずしい皮を噛み破ると
外箱を持ったときのアチアチさを彷彿とさせる熱い肉滴が、
口の中で弾けます。
この皮のなめらかさの悦楽を味わうや、
すぐに溢れる肉滴です。

ギュッと詰まっている餡には、豚肉の甘みや旨味がしっかりしていますし、
キャベツの甘みとか、にんにくやニラのパンチが
噛むたびに広がるのです。
豚肉の柔らかさとともに、軽やかな食感がある
野菜などのバランスもよく、このシャキシャキさと
やわらかさとのハーモニーもよし、
にんにくの風味も心地よいですし、この餡がまずはいいです。

そしてさすがのジンジャー。生姜のさわやかで鮮烈な刺激が
スゴいです。
ビッグな肉汁滴るジューシーさはそのまま
たっぷりの生姜でさっぱりとした仕上げになっております。
ジンジャーの風味が強調されていますが、餃子の味とケンカすることなく
お互いを引き立てているところがさすがです。

ジンジャーの風味がしっかりと効いてインパクトがありながら、
そこまで強すぎずにいいバランスです。

さらにベイ餃子の特徴である
餃子そのものに濃い目の味付けがしてあって、
掛けた時と同じような味で食べられるところも受け継がれていて。
タレとか醤油をつける手間がないので
野球観戦にはうってつけです。
というか、商品開発の段階で、観戦に不向きなタレは使わない
と、決められていたようです。そんな味付けもまた絶妙。

官能的な皮も、基本はモチモチとしていますが、
鉄板で焼かれた面の皮はパリっとしていて、一つの皮で楽しめる
この味わいと食感の差もよし。

1つの餃子の大きさが結構大きく、見た目以上に食べ応えがあります。
550円でこの満足感じは、球場の食べ物としては
コスパ的にもなかなかいいです。

そして、皮といい、餡といい、餡の味つけといい、
それぞれビールに合う味を追求したとのことで、
ビール好きにはたまらない一品でしょうが、
この日は、クラフトジンジャーハイボール。
生姜がかぶってしまった。というやつですが、
当然ベストマッチです。
4種類のスパイスを使って手作りした自家製のジンジャーシロップを使ったハイボールは
ほんのりと生姜の風味が漂いますし、
ハイボールとジンジャーの組み合わせが面白いです。
大人の風味が漂います。
さらに飲み進めていくと、生の生姜が沈んでいて。
芸が細かいです。

では、つづいて「焼きシウマイアリゴ風」

アリゴとは、マッシュポテトにチーズを混ぜ合わせたソースのことだそうで。
フランス料理の技法だそうです。
赤く色づいているシウマイの上に、トロトロのソースがかかった外見は
いままで見たことありません。


シウマイは、トマトベースのピリ辛ソースをつけて
焼かれていて、皮がカリカリになっています。

メインの豚挽肉はジューシーですし、さりげなく効いている
猿払の帆立貝柱もいいです。
泉昌之氏は、食の軍師のなかで
「口の中でブタとホタテが組んずほぐれつしている」と表現しましたが、
その味と、ピリ辛のトマトソースの組み合わせがいい感じで
なかの肉とかを引き立てています。

そして、上にかかるマッシュポテトとチーズのソースとの
相性も抜群で、このチーズと鋳物穏やかな味が
シウマイを包むところがまずはいい感じで、
ピリからさと、穏やかさの組み合わせが秀逸です。

この洋風さは、ハイボールをもすすめてくれます。



そして、PORT FIELD GRILLのメニューの中で
「イチオシ」とあったポートフィールドライスです。

穏やかな色のピラフの上に、威風堂々たるソーセージが二本。
ここにミートソースがかかり、ポテサラとスクランブルエッグが
添えられています。

いただきますと、あたたかいピラフは、
パラパラの仕上がり。穏やかでやさしい味がお米にしみこんでいまして
バターの味にほっこりします。
お米は柔らかすぎず硬すぎず、いい感じです。

ソーセージは、そこまで皮の感触が強いわけではありませんが、
軽く抵抗があるところを歯でぱきっと食べすすむと、
肉滴がじわっとわいてくる、ベーシックなタイプで
素朴な味がピラフにあいますし、
ピリ辛なミートソースがソーセージにも
あっています。

ピラフ、ミートソース、ソーセージと濃い目の味のメニューが
続く中、ホッとするのが、
ふわとろのスクランブルエッグと、
ポテサラです。

この組合わせも気分が穏やかになりますし、
こちらもハイボールによくあいます。


と、いうことで完食しました。

ごちそうさまでした。




ってことで。(´・ω・)ノシ
☆「Cuud」(大田区羽田空港3-3-2羽田空港第1旅客ターミナル2F)

大お祭りから北海道に戻る日。
飛行機は午後の便なので昼食は羽田空港でいただきます。
その時に思いついたのが、気にはなっていたものの
なかなかいけずにいた、第1ターミナルにあるカレーうどん専門のお店です。
さらに、この日はスカイマーク。第1だからちょうどいいです。

宿でチェックアウトギリギリまでアレコレしてから
宿が出している空港への無料バスで移動。
その後アレコレ買い物をしてから、むかいました。
第1ターミナルとはいえ、私には比較的縁のない
南ウイングのエリアにお店はあります。

黒基調の外装で、大きなガラスから店内もよく見えます。
「か」と大書されたのれんが印象的です。
中へ入ると、カレーと出汁の香りが食欲をそそります。
11時なので、店内はほぼ満員。運良く1席あいていたので、
そちらに通されます。
店内はカウンター席とオープンキッチンで構成されています。

では、まずはメニューを吟味。
カレーうどん 1,278円 
トマトカレーうどん1,278円+税 
冷やしカレーうどん1,278円+税
ハーフ&ハーフ 1,297円+税

値段は少々お高めですが、期待が出来ます。
ノーマルなのも気になりますが、トマトも気になります。
こんなときは、迷わずハーフ&ハーフをオーダーします。
さらに温玉をトッピングします。

改めて店内を見渡すと、内装は黒が基調で、カウンターも椅子も黒
内装はすすけた黒で、厨房機材もダクトとかはくすんだ鈍銀色というこだわり
おしぼりも店名が白く染められた黒い袋に入っていて、
袋入りなので、ペーパータイプかな?と思ったら
きちんと布製のものでした。しかもいい香りがします。
その下にはエプロンもありまして気が利いています。

中で働くスタッフの人も工夫された導線のもと
テキパキと働いています。

そして、まつことしばしで登場しました。

茶色いお膳の上には黒い丼が二つ
さらに奧には、黒い陶の碗に、ご飯、ピクルス、お出汁です。
あとレンゲも黒でした。

まずおだしを一すすりしますと、すするために
鼻に近づける段階でただよう香りは、鰹節の燻香などを
強く感じますし、口にすると、魚系の風味豊かな味のインパクト強く、
旨味を感じ、塩味とか甘みとかは控えめな感じです。

そして、いよいよ本丸のうどんですが、
レモン色に近い、白みがかった黄色い汁には、
緑と白の葱が散らされています。いい色です。
カレーうどんからいきますと、
すすりごこちが面白いですし、中細麺ですが、
いわゆるイメージするうどんを想像すると
そのギャップに戸惑います。

ツルツルではない表面と、腰とか重層的とかではない
単調な噛み心地。でも、これが悪くないのです。
ツルツルでない表面はたっぷりのカレーをリフトしてくれますし、
噛み心地もモチモチしていて、太めのパスタっぽくもあって、
このカレーとあうと、独特の美味しさを堪能出来ます。

そして、カレーですが、今まで食べたカレーうどんのなかでも、
汁の粘度が高くて、トロトロを通り越しています。
香り高さもいい感じで、見た目通りのまずはコクと旨味が
しっかりとでていて、
旨味のベースが和風だし系でありながら濃いので、肉系ベースの
旨味と同等以上の高い満足感があります。
しっかりとしたコクも、様々な具から出たものですし、
マイルドな味ですが、このベースに支えられて、
スパイスの刺激も奔放で、最初だけは控えめだった刺激が
次第に蓄積されてきます。

さらに、トマトのほうは、赤みがかった汁に水菜の緑とかが映えますし、
色合い通り、トマト由来のさわやかな酸味と複雑な旨味が加わって、
これまた美味です。トマトとスパイスの親和性は百も承知ですが、
和出汁との相性も再認識しました。
そして、麺とあうと、この中太麺とトマト風味で
和風スープパスタのような趣でもありますが、
こちらもしっかりとスパイシー。辛味が蓄積されます。

さらに、ここにご飯を投入ですが、
このカレー麺メニューにご飯いれるって、
僕むけのサービスですか。
美味しい麺だけでなく、ご飯との相性も
楽しむ事が出来ますし、ご飯だけでも美味しいのに
この絶妙なカレーで染まるご飯ですから、美味しくないわけがないです。
麺でいただくよりも、スパイス感が強くなるのも面白い。
ご飯が甘いからですかね。

と、麺、ご飯両方食べ終わったところで、
追い出汁です。
ふつうに淡白で風味がしっかりした出汁だったのですが、
いままでいただいたカレーの芳醇さをひきたてます。
カレーのベースになっている和の部分が誇張されて、
漂う出汁の香りとともに、すっきりとした上品さがある
上質なカレースープです。
なんだこりゃ、これは最後までいただけますよ。

合間合間にいただいたピクルスは、
大根、人参、プチトマト、ズッキーニ、
カリフラワーなどで、
野菜独特の食感も楽しいですし、素材の味に変化をあたえる
ほのかな酸味がカレーを盛り上げます。

これは、最後まで楽しめました。
美味しかったです。


で、どこかに似ているなと思ったら、
羽田第1ターミナルの、北ウイングにあって、
食の軍師にも登場した「HITOSHINAYA」さんです。

調べてみたら、同じ人がプロデュースしたお店だそうで、
どおりで、作りからコンセプトから似ているハズです。
「HITOSHINAYA」さんもお気に入りの一軒なので
こちらも再訪必至です。

しかも朝5時30分からの営業というのも魅力です。

こんど、羽田から早朝の便で帰る時の
朝食はこちらで決まりです!!


☆「Cuud」(大田区羽田空港3-3-2羽田空港第1旅客ターミナル2F)
◇営業時間◇5:30~20:00 ◇定休日◇無休 ◇駐車場◇有り




ってことで。(´・ω・)ノシ

現在東京都大田区某所で隠遁中、
ちょっと長めのお盆休みをいただいての
水戸~小石川~横浜の野球行脚の全日程を終えて、
荷物整理をして、身を浄めたところ。
これから早朝の便で北海道に戻って、そのままお仕事に向かいます。

あああああああ
最後を勝利で締めることができませんでした。

昨日は今永選手が良すぎました。
九里選手も頑張っていたのですが、

そんな振り返りです。

昨日は、ゲームの敗戦と例のニュースに打ちひしがれながらも
なんとかブログを更新。
さらに、翌日の朝10時にチェックアウトなので、
荷物の整理をしたり、3泊してたまった洗濯などをして
夜をすごします。
 
当然、荒ぶるとか、まちかどとかのお世話にはなりますよ。
サンキューBS-TBS

あと、MXでまどマギをやっているので、
こちらもなんとなく見ちゃいますね。


そして昨日。朝6時過ぎに目覚めて、
テレビを見ながらしばしウダウダします。

そして、7時55分、宿の無料朝食はあるのですが、そちらはパス。
宿が中華街のほど近くにあるので、
朝粥のお店で、朝食をいただこうと考えて外へでます。

すでに気温は30度超です。あついー!!

第二候補のお店の横を通って、第一候補のお店を目指します。
第二候補のお店の前にも列ができています。
ただ、こちらは7時開店。第一候補のお店は、8時開店なので、
ちょうどいい時間かなと思って、お店の前までいくと、
すでに30人近く並んでます。ダメですね、これは。

で、第二候補のお店に戻ると、こちらは列は10人弱。
並ぶならこちらです。

と、並ぶこと15分ほどで中へ。
お一人様ということで、一人がけの席に案内されました。

葱と叉焼のお粥とビールをいただきました。
お粥もビールもすぐ出てきました。ありがたい。
お粥はさすがの中華街、美味しかったですし、
朝からこれで飲むビールはいい感じです。
詳細はまた後日。

と、いうことで満足して宿へもどると、
ちょうどサンモニの喝のコーナーがはじまったので
荷物をまとめながら見まして、その後シャワーを浴びたりして
出発準備を整えて10時にチェックアウトです
お世話になりました。

とはいえ、この暑さです。
だから、観光とかは今日はすべてパス。

最初は昼食をすませてから、関内駅近の
ネカフェで涼みながら時間をつぶそうかとも考えたのですが、
それなら、翌日の早朝の飛行機で帰るために抑えた
羽田近くの宿に3時に入って荷物置いたり
シャワー浴びたりしてからハマスタ戻ってもいいじゃん。

と、気がつきました。そうしましょうそうしましょう。

と、いうことでチェックアウトはすませましたが、
そのあとも少しだけウダウダとフロントで
高校野球を見たり、ネットをしたりして
時間をすごします。

あ、明石商業、勝ちましたね。

そして、向かったのはみなとみらい線の日本大通り駅。
目指したのは「サンテオレ 日本大通り店」さんです。

こちらは「サンテオレ」の残り少ない店舗の一つです。
サンテオレといえば、「ドムドム」、「森永ラブ」とならび、
昔はよく見たけど現在は…という話題の時に出てくる名前です。

「森永ラブ」は現在なく、「ドムドム」も少数店舗でのみの経営。
「サンテオレも、」かつて「明治サンテオレ」と呼ばれていた時代は、
100店舗以上あったのですが、現在は、wikiによると10店舗とか。
探しても、公式ホームページもありません。

ワタシが育った街にハンバーガー屋さんが出来たのは小学生の時でしたが、
その時は当然まだお小遣いが少ないので、高嶺の花でした。しかもお店は
お高めなモスでしたので尚更です。
中学生になっても状況はそんなに変わらず、

そして高校進学をして、ある程度お金が自由になった時に、
進学先の高校の最寄り駅に出来たのが、「明治サンテオレ」でした。
その駅周辺の地域唯一のファーストフードでした。
ということで、比較的にぎわってましたし、
その後、部活の帰りとか少し小銭があるときは、
コロッケバーガーと、シェークとかで長い時間だべったものです。
そして、高校時代の部活が終わった帰りとかですから、
アマいのから、ニガいのから、色々な思い出もあります。

ただ、しばらくして、より駅に近いところにマックが開店。
気が付いたらなくなっていました。

そんな思い出のお店が、横浜にあると聞いて、
2年前のカープvsベイスターズ戦の時に、いったのですが、
いった時間がモーニングしかない時間だったので、
コロッケバーガーが食べられなかった。

と、いうことで2年越しのリベンジです。

コロッケバーガーは懐かしい味でした。

詳細はまた後日。

こちらで一時間ほど時間を費やしてから、
みなとみらい線で横浜へ。

横浜ではルミネの有隣堂で本を物色してから
13時58分発のエアポート急行羽田空港行きに乗って
大鳥居駅へ。

さらに買い物を済ませてから、宿にチェックイン。
身を浄めて、本日の戦闘服である、赤いノースリーブのアンダーシャツと
紺のカープボクサーパンツをはいて、HIROSE26のビジターユニをまとってから
宿を後にします。

大鳥居15時21分発のエアポート快速新逗子行きに乗って
横浜で乗り換え。15時45分発、大船行きの根岸線に乗って、
関内駅に15時50分着。
スタジアムを目指します。

横浜公園の看板横で、球場に向かって二礼二拍手一礼
この日も面白いゲームになって、かつカープが勝つように
野球の神様にお祈りしてから中へ。

この日はアマノのスポンサーデイなので
入り口のところで、うちわとノートをもらって入場、
4時丁度に座席に行って自席を確認。
今日は三日で一番いい席で、
二三塁線の延長上より少し後ろ
サードコーチャーとかが近いです。

そして、昨日に続いてウイング席に向かいます。
こちらは、今年新設された席で、現在はライト側しかありませんが、
2020年にはレフト側もできる予定の高いところの席です。

通路越しに高いところからの景色を見てから、
向かったのが、崎陽軒とキリンのプロデュースの
ハマスタシウマイBarさんです。

初日はオーソドックスなシウマイ弁当だったので、
この日は初の変化球、焼きシウマイアリゴ風です。

さらに、シウマイとくれば、餃子。餃子といえばベイ餃子
こちらにも新メニューがあって、それが
ベイ餃子ジンジャーで、こちらも購入です。

さらにPORT FIELD GRILLさんで、
ポートフィールドライスを買って、自席においてから、
アルコールは、クラフトジンジャーハイボールを買います。

と、すべてが2019年メニューです。

席を見たらど真ん中なので、ひょいひょい買いに行くことができなさそうです。
と、いうことで、スタジアムに入るなりに購入する
「私を球場に連れてって」(原作 スーパーまさらさん、作画うみのともさん
竹書房KRコミックス刊)の食いしん坊JK野原玉ちゃん作戦です。

すべて美味しくいただきました。
感想はまた後日です。

4時丁度に入場したので、まだ練習は続いています。
いい感じです。



dianaのパフォーマンスを堪能してから
35分にスタメン発表
カープは、昨日と同じく、3番誠也選手、4番松山選手です。
ベイスターズは、4番佐野選手のところでどよめきがおきます。

本日のスペシャルゲストは、三浦コーチの現役時代に
テーマ曲にしていたリーゼントブギの竹内力さん。
ポイントポイントが火柱のたつ、ド派手な演出で
物理的な熱さが、席まで伝わってきます。

50分に花束贈呈。伊藤選手と、曽根選手です。
そして勇者の遺伝子があって、54分にオーダー交換をして
スターティングキッズが守備についてから
竹内力さんのコールで選手が登場して、
杉山愛さんの始球式があってプレイボールです。

今日の先発は、カープは九里選手、
ベイスターズは今永選手です。


1回表 カープの攻撃
先頭龍馬選手が、4球目をセンターオーバーに運んで
フェンス直撃のツーベースを放ちます。
ここで、攻めろチャンテで盛り上がるレフトスタンド。
菊池選手の打席では、チャンススーパーが流れまして
菊池選手は初球をピッチャー前に転がして、送りバントを成功
続く、誠也選手は本日お誕生日。
ハッピーバースデイがレフトスタンドから流れてきます。
さらにチャンススーパーが流れる中
誠也選手、ストレートを打ち上げてファーストフライ
松山選手はサードゴロでチェンジです。

結果論ですが、カープが三塁ベースまでいったのが、
この回だけでした。二人のどちらかに
タイムリーが生まれていれば、展開が変わったかも
しれません。残念。


1回裏 ベイスターズの攻撃
先頭大和選手センターフライ
筒香選手空振り三振
ソト選手サードゴロで、12球で三凡です。

九里選手もいい立ち上がりです。

山崎選手のグローブプレゼントの抽選があってから

2回表 カープの攻撃
メヒア選手がライトフライで倒れてから
翼選手がセンターへきれいにはじきかえして出塁
三好選手は空振り三振で倒れますが
小園選手もセンターへのヒットで1,2塁になります。
が、
九里選手、KSBFからの5球目、ハーフスイングを取られて
空振り三振、チェンジです。
この回も、チグハグでした


2回裏 ベイスターズの攻撃
先頭佐野選手ファーストライナー、細川選手空振り三振から
戸柱選手がストレートのフォアボールで出塁しますが、
柴田選手、サードへのファウルフライでチェンジです。
この回も18球。九里選手、ランナー出してもいいですね。

スターマンレースがあって、
3回表 カープの攻撃
前の打席でツーベースの龍馬選手ですが、落ちるボールを見逃し三振
菊池選手、低めの球を空振り三振
誠也選手、ショートゴロで、カープ、11球で、初の3凡です。


dianaのバズーカーがありましたが、
Dianaが正面に来ています。これは初めてです。
3回裏 ベイスターズの攻撃
先頭今永選手のあたりは高いバウンドでジャンプする九里選手の
さらに頭上をぬいてからボテボテの状態で菊池選手がキャッチ、
そのままグラブトスして、ランナーはアウト。
このプレーが菊池選手の真骨頂です。
続く乙坂選手ライトフライから、
大和選手はSBFFFFと四球ファールを続けてから、
打球は菊池選手の左を鋭く抜きます。
ジャンプをしても菊池選手は届かずボールはセンターへ。
九里選手、初の被安打です。
が、筒香選手空振りの三振でチェンジです。

ランナー出しても、堂々としています。
頼もしいです。


ドッカーンフライキャッチがあって、
4回表 カープの攻撃
先頭松山選手レフトフライ 、メヒア選手空振りの三振で2アウトから
翼選手はBBSFFBのカウント3-2から、フォアボールを選んで出塁しますが、
三好選手、ショートゴロでチェンジです。
ランナーは出るんですけどね。


Dianaのダンスタイムがあって、これも自席の真正面です。
いい席だなぁ。
4回裏 ベイスターズの攻撃
先頭ソト選手BBBFから五球目を当ててしまいます。
が、佐野選手144km/hのカットボールを見逃し三振
細川選手はピッチャーゴロで、その間ソト選手は進塁しますが、
戸柱選手はレフトフライでチェンジです。
この回もランナーを出しながら後続をしっかり切っています。


勇者の遺伝子とビックフラッグがあってから、
5回表 カープの攻撃
先頭小園選手、続く九里選手が連続で空振り三振に倒れると
龍馬選手は8球粘りますが、ファーストゴロで3凡でチェンジです。


5回裏 ベイスターズの攻撃
先頭柴田選手、空振りの三振から
今永選手、BKKBFFからの七球目をサードゴロ 2アウト
そして、この日九番に入っている乙坂選手が
左中間を破る二塁打で出ます。
カープは初めてスコアリングポジションに進塁を許しますが
大和選手をライトフライでチェンジです。


ハッピースターダンスがあって、
ここのパフォーマンスも近いです。

6回表 カープの攻撃
先頭菊池選手ショートゴロから 
誠也選手はレフトへのヒットを放ちますが、
松山選手空振り三振
メヒア選手はカウント3-0からスライダーに手を出してセカンドフライ
チェンジです。


dianaバズーカーがあって、
6回裏 ベイスターズの攻撃
先頭筒香選手センターフライ ソト選手空振りの三振から
佐野選手の大きいあたりをフェンスについて、誠也選手がジャンプして
キャッチをして、チェンジ。
かと思いきや、このジャッジにラミレス監督がリクエスト。
フェンスに当たって、捕球したというのです。
ここで、審判がビデオ判定。その間映像が流れますが
小さくてわからないねぇ。
と、思ったら、「いえ~ぃ!! よく見えないけど」などと言って
アカい人が笑いを誘っています。
結果、佐野選手はアウト。誠也選手ナイスプレーです。


かーぷ かーぷ かーぷひろーしま ひーろしーまーかーあーぷー♪
と歌ってジェット風船をピューッと飛ばして、
7回表 カープの攻撃
ベイスターズは、神里選手がソト選手に代わりライトに入って、
ロペス選手が細川選手の打順に入ってファーストに
ファーストの佐野選手がレフトに入ります。
先頭翼選手サードゴロ、三好選手、空振り三振
小園選手ショートフライで14球で三凡です。


うおーうおーうおーうおう でぃーえぬえーべいすたーず♪
と歌ってジェット風船がぴゅーと飛んで
7回裏 ベイスターズの攻撃
先頭は前の回の守りから入ったロペス選手ですが、
初球をレフトスタンド中段に運びます。
あああああああああああああ
これを狙っての守備からの交代でしたか。ラミレス監督采配ズバリです。
ただ、戸柱選手センターフライ
柴田選手ファーストゴロ
で、バッターボックスに今永選手が入り、場内から拍手が沸きあがります。
すでに球数110球を超えていますが、まだ無失点なので続投ということです。
今永選手は、一回もバットを振らずに見逃し三振、チェンジです。

ローペースッ ローペースッのコールに帽子をとって頭を下げるロペス選手。
グランド整備が行われる中、僕らのカープを歌ってから

8回表 カープの攻撃
投球数100球を超えている九里選手の打順なので、代打に磯村選手ですが、
初球をショートフライ、
続く龍馬選手、BBKBKFF7球目場って低めのボールをセンターにはじき返しますが、
これを今永選手が好フィールディングでおさえて2アウト
菊池選手ショートフライで三凡です。


8回裏 ベイスターズの攻撃
カープは中村恭選手をマウンドにおくります。
「きょんぺー!!ガンバレー!!」と後ろのカープ女子。
先頭乙坂選手155キロのストレートを見送フォアボールを選び出塁
大和選手が初球をピッチャー前にバントを決めます。
筒香選手、申告敬遠で、1アウト1,2塁になりますが、
神里選手のあたりはショートゴロで、6-4-3のダブルプレー、チェンジです。
と、思いきや、ここでもラミレス監督がリクエスト。
今度はいろいろな角度からの映像がながれて、そのつどに盛り上がる
赤い人たちです。と、いうことで判定は覆らずにチェンジです。
恭平選手、150Km/h超のボールをどんどん投げてきて
なかなかいい投げっぷりです。


9回表 カープの攻撃
ベイスターズはレフトの佐野選手を下げて、桑原選手をセンターに
さらにセンターの乙坂選手をレフトに入れます。
そして、今永選手はこの回もマウンドに上がります。
先頭、誠也選手のセカンドフライで1アウトから
松山選手の当たりはジャンプする今永選手の頭上を越える
高いバウンドの当たりで、これを柴田選手がおいつくも
こぼしてしまって、難しい当たりだったのでセカンドへの内野安打で出塁
カープは代走に曽根選手を起用します。
攻めろチャンテで盛り上がるなか、メヒア選手はカウント1-0から、ショートゴロ 。
これで曽根選手が進塁して2アウト2塁
ここで、初打席にヒットを打っている翼選手です。
飛ばすチャンスで盛り上がりますが、
カウント1-2からの4球目の低めの落ちる球を空振り三振
ゲームセットです。


と、いうことてで、敗者はさっさとスタジアムをさります。

横浜公園の入り口のところで、スタジアムにむかって、
二礼二拍手一礼
5泊6日の野球ツアーの無事と面白いゲームに出会えたことに感謝しつつ
次回はカープが勝てますようにとお祈りをささげて
スタジアムをあとにします。

次、くるのは、来年かなぁ。

そして、関内駅で20時48分発の南浦和行きに乗って、
さらに、横浜駅で、20時58分発、エアポート急行羽田行で
宿の最寄り駅には21時19分に到着。

そのまま宿にもどって、帰り支度などをしたのでした。

今日の試合は今永選手が良すぎた、につきます。
140球で被安打5、与四死球1、奪三振10ですので、
これは、仕方ないですかね。

ま、だからこそ序盤でなんとか攻略できればと
思ったのです。

九里選手も、7回105球、被安打3 与四死球1 奪三振7と
好投していただけに残念です。



と、いうことで次のカープ戦は、
来週の土日のナゴドでのゲームです。

また、頑張って応援します。


C 0-1 DB

勝利投手 今永 (11勝5敗0S)
敗戦投手 九里 (6勝6敗0S)
本塁打〔 ベイスターズ ] ロペス24号(7回裏ソロ)
観衆数 32088人 試合時間 2時間41分



ってことで。(´・ω・)ノシ
現在、横浜市中区某所に隠棲中です。
このあと、ゲームを見てから空港近くの宿に移動します。

昨日はゲームも残念でしたし、残念なニュースも入ってきて
テンションが低下しているのですが、
とりあえず、報告まで。

スタジアムと道路を挟んで向かい合っている宿を
2泊とりましたので、この日は、朝食を日ノ出町の24時間営業のとんかつやサンで
昼食を「食の軍師」ゆかりの宿近の中華料理屋さんでいただくいがいは
高校野球を見ながら宿でウダウダしておりました。

今まで結構スケジュールをつめていたので、
こういうゆったりするのも久しぶりです。

そして、4時25分に宿をいったん出てスタジアムへ。
スタジアム入り口のところで、二礼二拍手一礼
今日の面白いゲームと、カープの勝利を祈ります。

この日は帝京平成大学のスポンサーデイなので
入り口のところで、大学生が作ったフリーペーパーをもらって
35分に入場、座席を確認。昨日と近いです。
少しホームベース寄りですかね。

この日は、はじめてのウイング席に向かいます。
こちらは、今年新設された席で、現在はライト側しかありませんが、
2020年にはレフト側もできる予定の高いところの席です。

席には入れませんが、狙っているのが、
今年からできた新しい店舗が集まって稲
BAYSIDEALLEYさんです。

こちらで購入したのが、BAY MAGUROさんの「ベイまぐろ皿」と
BLUE STAR HOTTELさんの「青星寮カレーパン」です。

さらに、自席近くの「CRAFT BAY BAR」さんで、
ジャックターとベイスターズナッツをかって
さらに、ダイナマイトボウル1号店で
砂肝ポン酢を購入。

それぞれ自席で美味しくいただきました、

dianaのパフォーマンスを堪能してから
35分にスタメン発表
カープは、3番誠也選手、4番松山選手のところで
どよめきがおきますし、
ベイスターズは、8番石田選手、9番桑原選手のところで
盛り上がります。

8番投手も久しぶりなら、9番は復活の桑原選手です。

さらにビジョンには筒香選手のお面をかぶる
誠也選手の姿が写されたりします。

本日のスペシャルゲストは、ダイナミック琉球の
平川美香さんと、エイサー隊のみなさん、
生で聞くダイナミック琉球はすばらしかった。
ぞくっとしました。

50分に花束贈呈。ダイナミック琉球を登場曲にしている
神里選手と、三好選手です。
そし53分にオーダー交換をして
スターティングキッズが守備についてから
選手が登場して、始球式があってプレイボールです。

今日の先発は、カープはモンティージャ選手、
ベイスターズは石田選手です。

1回表 カープの攻撃
先頭龍馬選手は低めの変化球を空振り三振
菊池選手がショート大和選手のの悪送球で出塁し
1アウトランナー二塁ですが、
誠也選手ショートゴロ 松山選手サードフライでチェンジ


1回裏 ベイスターズの攻撃
先頭大和選手、ワンバウンドした球に空振り三振で1アウトから
筒香選手、154km/hをセンターへはじき返されます。
ここでマウンドに集まる選手たち、佐々岡コーチやクレートさんも来ます。
何かあったのかな?
ソト選手、BBFSBFFと七球粘って8球目を見送りフォアボールを選んで 1,2塁
続くロペス選手の初球をモンティージャ選手がワイルドピッチで2,3塁に進塁すると
ロペス選手はストレートのフォアボールで満塁です。
この日五番の伊藤裕選手もBBFFFFで2-2から139km/hの変化球を空振り三振
ここでなんとかしのいでくれ、と思ったところで
戸柱選手への初球をレフトの左に運ばれまして、
2点タイムリーになります。ああああ
熱き星たちよで盛り上がるライトスタンドです。
さらに、「われら~の~星よこは~ま~」と盛り上がって
続く細川選手にも1-0からレフトへ運ばれて、1点追加。
石田選手には151km/hのストレートをショートゴロでチェンジですが、
いきなり四球2つヒット3本で3点はイタいです。
つっつーごー つっつーごーのコールに帽子をとってぺこっと頭を下げる
筒香選手、
ほっそーかわー ほっそーかわーのコールに帽子をとって挨拶する細川選手
とーばっしらー、とーばっしらーのコールにミットを掲げて
応じる戸柱選手にそれぞれ盛り上がるライトスタンドです。


2回表 広島の攻撃
先頭翼選手、セカンド左の深いゴロをワンバウンド送球でアウト
メヒア選手、高めのストレートを打って、センターに抜けるかという当たりを
大和選手がダイビングキャッチでとめて、ファーストへ
メヒア選手もヘッドスライディングをしますがアウト
小園選手は低めのボールをひっかけてセカンドゴロ、8球で三凡です


2回裏 ベイスターズの攻撃
桑原選手、高めのボールを空振り三振
大和選手BFBBからの4球目、153km/hのストレートを見送り四球で出塁
筒香選手、2-1からのボールを強振。ボールは左中間ぐんぐん伸びて
カープの外野手の足もとまり、スタンドにとびこみます。
2ランホームランです。
あああああああ。
ベンチのところで筒香選手、通算200号のボードを受け取ります。
おめでとうございます。
ソト選手、ロペス選手を連続で空振り三振ですが、
この回もフォアボール1つ、ホームラン1本で
2失点です。
つっつーごー つっつーごー と盛り上がるライトスタンド
帽子をとって応じる筒香選手です。


スターマンレースがあって
3回表 カープの攻撃
先頭三好選手レフトフライ。
モンティージャ選手に代打小窪選手が空振り三振
龍馬選手がセンターへのウマい当たりで出塁
菊池選手もレフトへの久々のヒットで1,2塁
チャンススーパーで盛り上がる中、
誠也選手はサードゴロですが、誠也選手の足がまさって、
内野安打となり2アウト満塁です。
ここで、本日の四番、松山選手ですが、ファーストゴロでチェンジ
三者残塁です。
ここで、1人でもかえしておけば~
ま、結果論ですが


dianaバズーカーがあって
3回裏 ベイスターズの攻撃
カープは島内選手をマウンドにおくります。
伊藤裕選手をBBBKから、フォアボールで出します。
戸柱選手は低めのストレートに空振り三振
細川選手はファーストの頭を越えるライトへのヒットで出て1,3塁
さらに石田選手が送りバントを成功させて 2アウトながら2,3塁ですが
桑原選手SSBBBの3-2から外角のフォークを振らせて空振り三振です。
島内選手、しのぎました。


ドッカーンフライキャッチがあって、
4回表 カープの攻撃
先頭翼選手、KBBBから一度もバットを振ることなくフォアボールで出塁
メヒア選手の3球目、石田選手のワイルドピッチで翼選手が二塁へ
メヒア選手は空振り三振、小園選手はセカンドフライ
三好選手は、2-0から一塁が空いているため申告敬遠で1,2塁
ピッチャー島内選手の打席なので、代打に磯村選手で、
磯村選手の当たりはセンター後方を襲いますが、
桑原選手、フェンスに片手をつけながらジャンプしてキャッチします。
ああ、残念。この回ですでに残塁が6です。


4回裏 ベイスターズの攻撃
カープは島内選手に代えて、塹江選手をマウンドにおくります。
大和選手サードゴロ、筒香選手、低めのボールを泳いでショートフライ
ソト選手高めのボールを空振り三振。14球で三凡です。
最速153km/hのボールがいい感じです。


勇者の遺伝子から花火が上がります。
昨日は強風の影響?でなかったビッグフラッグも
ライトスタンドを覆います。
5回表 カープの攻撃
先頭龍馬選手、5球目がライトポールスタンドを巻く大ファウルで
盛り上がりますが、次の内角のストレートを打ち上げてセンターフライ
菊池選手ショートゴロ、誠也選手ライトフライで16球で三凡です。


5回裏 ベイスターズの攻撃
先頭ロペス選手空振りの三振、伊藤裕選手レフトフライで2アウトから
戸柱選手にセンター前にワンバンするあたりで出塁されますが、
細川選手はピッチャーへのイージーゴロでチェンジです。


ハッピースターダンスがあって、
6回表 カープの攻撃
ベイスターズは、佐野がファーストに、柴田選手がセカンドの守備につきます。
先頭松山選手は、ショートの後ろレフト前へ落とすあたりで出塁。
「さっき出してくれー!!」と周囲の人。
が、翼選手が外角のチェンジアップをサードゴロ。
これが5-4-3のダブルプレーで2アウト
メヒア選手は、SSBBFFFFと八球粘りますが、ワンバウンドした球に
空振り三振でチェンジです


Dianaバズーカーがあって、
6回裏 ベイスターズの攻撃
ピッチャー石田選手の打順で、代打に中井選手です。
中井選手は誠也選手の出てきますが
菊池選手がファウルゾーンに出そうになって、キャッチするフライアウト
桑原選手レフトフライ
大和選手にはセンターへはじき帰されますが、
筒香選手ファーストゴロでチェンジです。
3回で被安打2、与四死球0、無失点と、
ナイスピッチングな塹江選手です。


かーぷかーぷかーぷひろしま、ひーろしーまーかーあーぷー♪
から、ジェット風船をピューッと飛ばして、
7回表 カープの攻撃
ベイスターズは石田選手に代打が出たので
国吉選手をマウンドにおくります。
先頭小園選手、FBSBFFBと7球粘った8球目も見送り、
フォアボールで出塁
三好選手は空振り三振にたおれますが、
ピッチャー塹江選手の打順なので、代打に安部選手。
安部選手はファーストゴロですが、ゲッツーを捕ろうとした
佐野選手の送球がそれて、大和選手はようやくおさえますが、
セカンドベースから足がはなれてセーフの判定。
これにラミレス監督リクエストをしますが、
ビジョンにうつる映像に盛り上がるのは赤い人たちです。
結局判定は覆らずに、1,2塁
「そんなんだから、ダメなんだよ!!」とアオい人が喝を入れてます。
攻めろチャンテからチャンススーパーで盛り上がるレフトスタンドです
が龍馬選手がセンターフライ、
続く菊池選手、自身の応援歌から
飛ばすチャンテで盛り上がりますが、
キャッチャーの内野フライでチェンジです。
ああ、もらったチャンスをもりにできません。


勇者の遺伝子で盛り上がってから
7回裏 ベイスターズの攻撃
塹江選手に代打が出たので、レグナルト選手がマウンドにあがります。
さらに、代打の安部選手がサードに入り、
サードの三好選手がセカンドに入り、菊池選手が退きます。
ソト選手のあたりは小園選手の左を鋭く抜くレフト前ヒットで出塁
ベイスターズは代走にダイナミック琉球の神里選手。
佐野選手ライトへのあたりを誠也選手がスライディングキャッチでアウト
前の回から入っている柴田選手、2-0からのあたりは
ライトへぐんぐん伸びていって、途中で誠也選手が向き直って、
ライトスタンドへボールが飛び込みます。
ここで、追加点です。
さらに戸柱選手はセンター前ツーバンするヒットで出ますが、
細川選手、キャッチャーへのファウルフライ、
国吉選手の代打山本選手は空振り三振でチェンジです。
しーばったー しーばったー のコールに帽子をとって
深々と頭を下げる柴田選手です。


グランド整備があって、僕らのカープを歌ってから
8回表 カープの攻撃
ベイスターズは、三嶋選手をマウンドに送りまする
さらに代走で出た神里選手はそのままライトに入ります。
先頭誠也選手、3-1からのあたりはグングンのびて
バックスクリーンにゴンと音を立てて当たるホームランで1点かえします。
宮島さんじゃああああ。バンザーイ バンザーイ バンザーイ
周囲の人とカンフーバットをカンカンします。
松山選手セカンドゴロ、翼選手の代打に出た坂倉選手がファーストライナー
メヒア選手はセンターへのヒットで出塁しますが
小園選手、空振り三振でチェンジです。

すずーきせいや、すずーきせいや のレフトスタンドの声に応じる
誠也選手です。


8回裏 ベイスターズの攻撃
代打に出た坂倉選手がそのままキャッチャーに入ります。
桑原選手、ファーストフライ 大和選手空振りの三振から
筒香選手、フルカウントからバット一閃、
ボールはレフトスタンドへ飛び込むホームランです。
ああああ
続く神里選手をストレートのフォアボールで出しますが、
佐野選手をライトフライに討ち取ってチェンジです。


9回表 カープの攻撃
ライトフェンスポール下のところに
リリーフカーが控えていますが、ここで球場内に流れる
ゾンビネーションです。ええええ、この大差がついている局面で
ヤスアキジャンプですか。
ベイスターズは守護神山崎選手をがマウンドに送ります。
が、先頭三好選手は、セカンドの後ろライトの前にうまい感じで落とすヒットで出塁
2文字応援歌が流れる中、安部選手はレフトフライで倒れますが、
龍馬選手の0-1からの2球目をライトスタンドへ運びます。
宮島さんじゃぁああああ。ワッショイワッショイ
周囲の人とカンフーバットをカンカンして
レグナルト選手の打順なので、代打野間選手ですが、ファーストゴロ、
誠也選手153km/hのストレートを打つもライトフライでゲームセット。

と、いうことで敗者はさっさと球場を去ります。

いつものようにスタジアムに向かって、二礼二拍手一礼
すると、宿へ行く歩道橋の上には出待ちをしている人がいます。
カープのバスがとまっています。

そして、宿について、洗濯機を回してから、
買い物に出ると、丁度カープのバスが出るところです。

明日はがんばってください。
と、思っていて再び宿にもどって、アのニュースを始めて知るのですが

なにしょんならぁ



C 2-8 DB


勝利投手[ DeNA ] 石田 (3勝0敗0S)
敗戦投手[ 広島 ] モンティージャ (0勝2敗0S)
本塁打[ 広島 ] 鈴木23号(8回表ソロ)、西川13号(9回表2ラン)
[ DeNA ] 筒香24号(2回裏2ラン)、柴田2号(7回裏2ラン)、筒香25号(8回裏ソロ)

観衆数 32123人  試合時間 3時間20分




ってことで。(´・ω・)ノシ
現在、横浜市某所に隠棲中です。
宿でたら、すぐスタジアムが見えるって、本当にいいです。
徒歩圏宿さいこー。

そして、
勝ったじゃーーーーーーーーーーーーーん!!

自分が観戦した一軍のゲームとしては、
6月中旬の仙台でのゴールデンイーグルス戦以来、
と、いうこで、私が観戦したカープ一軍戦として、令和二勝目です。

ベイスターズ戦を苦手にしていた大瀬良選手が
完投勝利で今季、対ベイスターズ初勝利にして、3年連続の10勝目
カープは40日ぶりに2位に浮上。
ジャイアンツに離されずについていっていただきたいものです。



めでたいということで、恒例でございますが、
みなさん御斉唱お願いいたします。

♪宮島さ~んの神主が~ おみくじひいて申すには   
今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち ♪
♪宮島さ~んの神主が~ (ウゥ~! ワッショイ ワッショイ)   
おみくじ引いて申すには~ (ウゥ~! ワッショイ ワッショイ)   
今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち♪ 
バンザーイ! バンザーイ! バンザーイ!!!

♪カープ カープ カープ広島 広島カープ   
空を泳げと 天もまた胸を開く   
今日のこの時を 確かに戦い   
遙かに高く 遙かに高く  栄光の旗を立てよ   
カープ カープ カープ広島 広島カープ   


勝ちに行くのが 選ばれた者のさだめ   
一投一打が 勝負の全て    
闘志をつくし 闘志をつくし  
今ここで花と咲けよ   
カープ カープ カープ広島 広島カープ   


鍛え抜かれた 精鋭の技と力     
その意気愛して 見守る我らの   
明日へ続く 明日へ続く  
きりのない夢であれよ   
カープ カープ カープ広島 広島カープ    

晴れのあかつき 旨酒を酌み交わそう    
栄光手にする その日は近いぞ   
優勝かけて 優勝かけて  
たくましく強く踊れ   

カープ カープ カープ広島 広島カープ ♪  

バンザーイ! バンザーイ!! バンザーイ!!! 


そんなゲームとかの振り返りです。


昨日は、マリーンズの勝利を見届けてから、
スタジアムから徒歩圏の宿に戻ってまったりします。

そして、翌朝、源太郎そばで、朝セットに茄子の天ぷらトッピング
さらに缶ビールでご機嫌な朝食です。
その後、ブログの更新などをしたりなどをしてから、
10時に宿をチェックアウト、お世話になりました。
しばらくしてから

後楽園駅から南北線に乗って駒込へ。
駒込で降りるのは、孤独のグルメ巡礼以来ですが
この日は乗り換えです。

山手線に乗り換えて、田端で降ります。
田端駅に着く前から、あみ印食品の建物が見えます。
駅のホームから、田端駅南口にむかう跨線橋にびっしりと
FUN1tokyo!天気の子STATIONのキャンペーンポスターが
張られています。

山手線で唯一の人のいない改札口が田端駅の南口です
渋さを感じる昔ながらの駅舎と、寂しいたたずまいでありながら、
すぐ下とか遠くの高架には鉄道が走りまくる
このギャップがいいです。

駅から外に出ると、同好の士がおります。
というか、朝から7人ほどいます。
そんな人たちをみながらあたりをぐるっと散策をして
写真をとったりしてこちらをあとにします。

そして、続いて向かったのが高円寺です。
途中、新宿の光景など見えて、ここもゆっくり時間かけて
まわりたかったと思いつつ、
高円寺着が12時少し前。ここで昼食ですが
何かそれっぽいものはないかな?とうろうろしたところ
天下一品を発見。天下一品も歌舞伎町のお店が
映画の中で出てきました。そして、店内にはいると、
「愛にできることはまだあるかい♪」と洋次郎氏が歌うメッセージ
なにこれ、タイミングよすぎです。

でチャーハン定食を美味しくいただいてから
気象神社を参拝します。

お隣の氷川神社とともにおまいりをしたり、
写真をとったりしてから、こちらを辞します。

その後東京に出て、そこから東海道線で横浜へ。
横浜には14時前に着いたので、
駅構内にあるベックスコーヒーで、前日神保町で買った本を読みながら
時間をつぶします。

そして、40分過ぎたところで根岸線に乗って関内へ。
関内に来るのはほぼ1年ぶり。時間が時間なので
ベイスターズのユニの人はそんなにいません
が、少しいる人を見ては、ポジってるポジってる(*^○^*)
などと思いながら関内下車。
横浜公園の看板があるところのハマスタは
改装のために青い網などでおおわれています。
こういうのを見ると、2020年のアレが近いことを実感します。

途中のコンビニで買い物をしてから宿に15時丁度に
チェックイン。2泊お世話になります。
こちらの宿は、道路を挟んでハマスタという好立地です。

この後、しばしまったりしてから身を浄めて
正装であるカープのデニム柄のボクサーパンツ、
赤いノースリーブのアンダーシャツを身にまとって、
赤いソックスをはいてHIROSE26のビジターユニフォームを着て
出撃準備は完了ですが、
宿到着のときにつけたテレビの高校野球で
明石商業と宇部鴻城のゲームが佳境で
つい目が行ってしまいます。

そして、明石商業のサヨナラスクイズを見てから、
宿を出ます。

スタジアム入り口のところで、二礼二拍手一礼
今日の面白いゲームと、カープの勝利を祈ります。

1年ぶりのハマスタ。
いろいろとリニューアルされているところもあります。
そんなのを横目に本日の席へ。

この日は、内野三塁側、レフトのポール近くです。
その後、内野コンコースをぐるっと一周して、
三塁側のハマスタ弁当で、話題の「シウマイ弁当」を購入
さらにCRAFT BAY BARさんで、ベイスターズクラフトビールの
ベイスターズボヤージュを購入。

購入しているときにスタメン発表があって盛り上がっています。

カープのスタメン発表と、

そして、ベイスターズのスタメン発表
今年も、映像も音楽もかっこいいです。
うねりの様に盛り上がるファンの声も迫力です。

さらに、この日のゲストは小島よしおさんです。
ベイスターズの連敗とか、この日の日刊スポーツ紙に
本日の先発井納選手と似ていることなどについて
「でも、そんなの関係ねー!!」と言ってます。
さらには、セレモニーピッチで、元高校球児であるにもかかわらず
ワンバンの送球で、「へたこいた~」と笑いをとります。

ここまで計算なんじゃねーの



さらに、花束贈呈、
メンバー表交換、国歌の斉唱
始球式を経てプレイボールです。




1回表 カープの攻撃
先頭龍馬選手、サードフライ
菊池涼選手変化球を大降りして空振り三振
バティスタ選手、ワンバウンドした球に空振り三振
キャッチャーがこぼしますがファーストでアウト、12球で三凡です。
井納選手なかなかいい立ち上がりです。


1回裏 ベイスターズの攻撃
先頭大和選手、カットボールを大降りして空振り三振
筒香選手は高めの球を空振り三振
ソト選手はファーストへのファウルフライで、こちらも12球で三凡です。
大瀬良選手も、上々のたちあがりです。


2回表 カープの攻撃
先頭誠也選手ショートゴロから、
松山選手は左中間を破りワンバンでフェンスにあたるツーベス
続く、翼選手、ハマスタのビジョンに翼選手の顔写真が出ますが
「あの写真、むっちゃ前田ジャン、」と後ろの人。言われてみれば確かに。
そんな翼選手はライト前に運んで出塁 1,3塁です。
「攻めろ!!」チャンテで盛り上がるレフトスタンドです。
そんななか安部選手はファーストゴロで翼選手がセカンドでアウトになりますが、
安部選手はセーフ。その間に広島松山選手が生還して先制点の1点です。
宮島さんじゃああああ、バンザーイ!バンザーイ!バンザーイ!
周囲の人とカンフーバットをカンカンします。
続く小園選手はファーストゴロでチェンジですが、
この先制したイキオイをピッチングにつなげてほしいものです。


2回裏 ベイスターズの攻撃
先頭ロペス選手サードへの深いゴロ、安部選手がワンバウンド送球でアウト
佐野選手の岡山出身、広陵高校プロフィールを見て、
「ノムスケルートじゃん、こっちよりじゃん」と後ろの人たち。
佐野選手はセンターフライ
伊藤裕選手は四球を選んで、大瀬良選手、初めてのランナーを出しますが
洋松戦士戸柱選手をレフトフライでチェンジです。


3回表 カープの攻撃
先頭大瀬良選手空振り三振から、西川カウント1-1からボールが伸びて
そのままボールは風に乗ってスタンド中段に飛び込みます。
うぉおおおおおおおお、宮島さんじゃぁあああああああ、ワッショイワッショイ
周囲の人とカンフーバットをカンカンします。
菊池選手は見逃し三振で バティスタ選手はライトフライでチェンジですが、
一点追加です。
りょおっまーっ、りょおっまーっとスタンドから声が飛ぶと
帽子をとって、お辞儀をする龍馬選手です。
いーぞーいーぞーりょーおっまーっ


3回裏 ベイスターズの攻撃
先頭乙坂選手、初球を引っ張って、ボールは右中間のど真ん中を
破ってツーベースになります。大瀬良選手、初めてヒットを打たれます。
井納選手は見事ピッチャー前に送りバントを成功させてランナー3塁
ただ、チャンステーマ0で盛り上がるなか
大和選手はハーフスイングを取られて空振りの三振
筒香選手はセカンドゴロでチェンジです


ドッカーンフライキャッチがあってから
4回表 カープの攻撃
先頭誠也選手ピッチャーゴロで1アウトから
松山選手のレフトへの浅いフライを前進しながら取ろうとした
佐野選手がポロりとこぼして、出塁。
さらに翼選手のショート横への早いゴロを
大和選手がファンブルして1,2塁
これは思わぬチャンスですが、
安部選手はショートライナー
さらに二塁ランナーの松山選手が帰塁できずにアウト
ダブルプレーでチェンジです。

こういう、相手のミスに付け込むところが
勝利へのポイントになるのに…
しかもゲッツーって、嫌な流れがこなければいいのですが


4回裏 ベイスターズの攻撃
先頭ソト選手、ピッチャーゴロから
ロペス選手がフォアボールで出塁すると
先ほどの回でまずい守備のあった佐野選手は
左中間を真っ二つにやぶるツーベースで2,3塁
チャンステーマで盛り上がるスタジアムですが
伊藤裕選手はファーストフライで2アウト
ただ、チャンステーマ2で盛り上がる中
戸柱選手の0-1からのあたりは、龍馬選手が背走し、フェンスにつきますが
その頭上をライナーでやぶるスリーベースになって、
2人還って、追いつかれます。ああああああ
先ほどの回でツーベースを打っている乙坂選手
2-0から申告敬遠で 1,3塁
さらに井納選手の打席の初球、井納選手が空振りする間に
乙坂選手が盗塁を成功させて 2,3塁になります。
ピンチが続きますが
井納選手ファーストゴロでチェンジです。


勇者の遺伝子から、花火の打ち上げがあって、
5回表 カープの攻撃
先頭小園選手レフトフライから、大瀬良選手、ライトへのクリーンヒットで出塁
「アベもみならえー!!」と声が飛びます。
さらに龍馬選手への五球目がワイルドピッチになって大瀬良選手が進塁
6球目の低いボールを上手くすくって、センター前に運んで、
大瀬良選手が還って追加点です。
宮島さんじゃぁあああああああ、バンザーイ!バンザーイ!バンザーイ!
周囲の人とカンフーバットをカンカンします。
さらに菊池選手への三球目を井納選手がワイルドピッチで、
龍馬選手が進塁しますが、
菊池選手、腰を引いて避けた内角球をストライクにとられて
見逃し三振
バティスタ選手は四球を選んで 1,2塁
さらに誠也選手もフォアボールを選んで満塁になります。
ここでベイスターズは、武藤選手をマウンドにおくります。
投球練習の間、いったんベンチに戻ったバティスタ選手、
二塁に戻るとき、筒香選手とボディータッチをしてます。
チャンススーパーで盛り上がるスタンドですが、
松山選手、ショートへの大フライでチェンジです。

ああ、よく見たやつですよ、これ

ただ、一点追加です。
りょおっまーっりょおっまー と盛り上がるスタンドに
小走りしながら、帽子をとってぺこっと一礼する龍馬選手。
いーぞーいーぞーりょーおっまぁ!!


スマイルショットがあってから

5回裏 ベイスターズの攻撃
先頭大和選手、5球目をショートゴロ
筒香選手初球をセカンドゴロ
応援歌で、「ホームランかっと」のあたりで 2アウト
イントロ最後まで歌わせませんでした。
ソト選手4球目をサードゴロ 10球で3凡です。


グランド整備と、ハッピースターダンスがあってから

6回表 カープの攻撃
ベイスターズは、この回から柴田選手がセカンドの守備につきます。
翼選手ライトフライから
安部選手3-1からバット一閃。ボールはスタンド上段に飛び込みます。
うぉおおおおおおおお。宮島さんじゃぁあああああああ
ワッショイワッショイ、一点追加ですが
「さっき、それ打てやー」などと言ってる人もいます。
小園選手ファーストゴロ 大瀬良選手 一度もバットを振ることなく見逃し三振
でチェンジです。
が、この1点がでかい。となってくれれば良いですが。

ドドドンあっべっ ドドドンあっべっ と盛り上がるなか、
安部選手、帽子をとって頭をさげます。
いーぞーいーぞーあっべー!!

バズーカーがあって、
6回裏 ベイスターズの攻撃
先頭ロペス選手センターフライ、続く佐野選手セカンドゴロから、
柴田選手。ビジョンにうつるプロフィールに対して、
「お前も岡山かい」と後ろの人。そんな柴田選手
0-1からの2球目をライトへきれいに運んで出塁
ここで、今日のゲームで唯一打点をあげている戸柱選手ですが、
レフトフライでチェンジです。


かーぷかーぷかーぷひろしまひーろしーまーカーアップー♪
と歌ってから、この日は強風なのでジェット風船はなしです。

7回表 カープの攻撃
ベイスターズは三嶋選手をマウンドにおくります。
西川選手、低めを上手にすくって、二遊間まっぷたつの
センターへのヒットで出塁
菊池選手は1-0からの2球目を見事ピッチャー前に転がして
送りバントを決めて1アウト2塁
ただ、バティスタ選手セカンドゴロ
誠也選手ショートライナーでチェンジです。


熱き星たちよ~♪から花火があって
7回裏 ベイスターズの攻撃
先頭乙坂選手、抜けそうな当たりを菊池選手が好捕してセカンドゴロ
出ました菊池選手の忍者守備です。
三島選手の代打神里選手がBFFFの1-2から空振り三振
大和選手ファーストフライで13球で三凡です。


8回表 カープの攻撃
ベイスターズはピッチャーに代打が出たので
エスコバー選手がマウンドにあがります。
エス子ちゃんやないかい!!とガンちゃんっぽくつぶやいて
松山選手レフトフライで1アウトから
翼選手がライト前にもってって出塁
ここで、カープは安部選手にかえて、代打に三好選手です。
三好選手はファーストゴロで、セカンドに送られて翼選手がアウト。
小園選手はサードへのファウルフライでチェンジです。


8回裏 ベイスターズの攻撃
カープは代打に出た三好選手がそのままサードに入って、
松山選手にかえて、野間選手がレフトに入ります。
先頭筒香選手の1-0からの2球目は大飛球、
フェンスについた野間選手がジャンプしてキャッチします。
ナイスキャッチです。
「松山だったら、怪しかったよね~」と後ろのカープ女子。
ソト選手、1-1の3球目をセカンドフライ
ロペス選手2-0からの3球目を浅いレフトフライにとって、
8球で三凡です。この時点で大瀬良選手の球数は105球です。
3アウトチェンジ


9回表 カープの攻撃
大瀬良選手の名前がコールされると盛り上がるレフトスタンドです。
が大瀬良選手、ストレートのフォアボールで 1塁へ。
これに、騒然とする周囲です。
さらに龍馬選手がレフトへのヒットで 1,2塁
ただ、菊池選手空振り三振
バティスタ選手キャッチャーへのファウルフライ
誠也選手、フルカウントから7球目
159キロのストレートを空振り三振でチェンジです。

熱き星たちよ、で盛り上がってから
9回裏 ベイスターズの攻撃
先頭佐野選手、ファーストへのファウルフライから
柴田選手にはライトへ運ばれます。2打席連続ヒットです。
が 戸柱選手セカンドゴロで、ランナーの柴田選手がアウト
戸柱選手の代走に桑原選手が出まして、
このゲームでツーベースを打っている乙坂選手ですが、
低めの変化球をひっかけてセカンドゴロ ゲームセットです。


うぉおおおおおおおお。勝ちましたぁあああああああ。
宮島さんで盛り上がってから、

ヒーローインタビューは大瀬良選手です。

疲れましたが、最後大きな声援をいただいて、最高の良い疲れになった
だなんて、いいこと言ってくれるじゃないですか、
さらには、今季ベイスターズ戦0勝2敗からの初勝利に対しては、
特にこの球場でよくやられていたので、何度もやられっぱなしではいけないと思って、
今日は強い気持ちを持ってマウンドに上がった

とか、男気を感じます。

ああ、ありがとうござまいす。


そして、そのあと応援歌のメドレーで盛り上がって、
本日二打点の龍馬選手の応援歌とか
同じく本日二打点の安部選手の応援歌で盛り上がって

いーぞーいーぞー応援団!!
までじっくのと堪能してから
周囲の人と握手。お隣さんは山口から
前の席の人は呉からの遠征組だそうです。
「またマツダであいましょう」といってお互いの労をねぎらって
スタジアムをあとにします。

いつものようにスタジアムに向かって、二礼二拍手一礼

そして、宿につくまえに空を見上げると
十五夜の月がきれいです。

そんないい夜のしめくくりでした。



C 4-2 DB



勝利投手 大瀬良 (10勝6敗0S)
敗戦投手 井納 (3勝5敗0S)
本塁打[ 広島 ] 西川12号(3回表ソロ)、安部6号(6回表ソロ)
観衆数 32140人 試合時間 3時間2分




と、いうことで、これから出陣です。



今日も勝つぞ。カープ
今日も勝つぞ。カープ
今日も勝つぞ。カープ




ってことで。(´・ω・)ノシ
現在、文京区某所に隠棲中です。
宿でたら、すぐスタジアムが見えるって、本当にいいです。
球場近物件さいこー。

このあと、横浜に向かいます。
久々のカープ戦
ぶち気合入れて応援しちゃるけぇ、覚悟しんさい!!

では、一昨日から昨日のお話です。

一昨日は水戸でスワローズvsジャイアンツのイースタンリーグのゲームを見てから
宿のある土浦で、まったり。

本当は水戸でそのまま宿泊したかったのですが
水戸の宿はいっぱいでした。
お盆時期の平日なのになぜ?と思ったのですが、
天皇杯の浦和vs水戸戦があったからですかね。

そんな感じで土浦で一泊。

駅前の24h営業の居酒屋さんで朝食いただいて、
ブログの更新をしたり、身を浄めたりしてから
9時50分にチェックアウト。お世話になりました。


土浦駅10時発の特別快速品川行きに乗ります。
東京駅に11時04分に到着。中央線に乗り換えて
四谷で総武線各停で代々木へ。

代々木会館ビルを写真にとったりして、
(同好の士が数人おりました。さすが旬の人気スポットです)
大江戸線~新宿線と乗り継いで
中5日おいての神保町です。

地上に出るといきなりたくさんの警官隊が
金属製の柵を整備しています。
8月15日の正午前だなぁ、ということを実感します。

そして、第一希望のお店がお盆休みというところで
12時になったので、路地裏で黙祷
さらに第二希望のお店もお盆休み。

結局はちまきさんで、絶品のてんぷら定食で
ビールをいただいたのでした。
これはご機嫌なお昼です。

さらに三省堂とか書泉グランデなどもシバいてから
三田線に乗って春日へ。
この日の宿にチェックインです。

そして、しばしまったりしてから
16時40分頃に、スタジアムにむかおうと宿を出ようとすると

!!!

土砂降りです。

ええ

もっていった折り畳み傘では不安なので
宿で傘を借りて、スタジアムにむかいますが、
土砂降りなうえ、風もすごいので
10分足らず歩いただけで、全身ほぼずぶ濡れです。
そして、緊急避難的に25番ゲートから入れてもらいます。

入り口でこのひのスポンサーである東急ハンズのクリアファイルを
もらったところで、気がついたので、ここで二礼二拍手一礼です。

スタジアムDJの八幡さんの声を聞きながら、
この日は三塁側内野自由席、後ろから2列目の通路側が
あいていたので、そちらに腰を下ろして、
まずは、Dome Shop0.8さんで、ハム勝つカレーを購入。

似たようなものを鎌スタでもいただきましたが、
東京ドームではこの日限定なので、これです。
さらにプレミアムモルトでのどを潤します。

そして、5時25分にスタメン発表。
ファイターズは、田中賢介選手がスタメンです。
今季で引退を表明している賢介選手、
野球人の第一歩を歩み始めた東京ドームでの出番です。

ちびっこのパフォーマンスを見てから
DJ龍太さんとYUNAちゃんのトークを聞いたり
ファイターズガールのパフォーマンスを見てから、
55分に花束贈呈、メンバー表交換
さらに君が代を歌ってから、
自分の登場曲にあわせて投球練習をする杉浦選手と
その曲をかき消すほどのど迫力の
マリーンズの星に願いを です。

すごいな。

三塁側の後方なので、マリーンズの応援も近くて
楽しいです。


そして、プレイボール
1回表 マリーンズの攻撃
先頭荻野選手、続くマーティン選手、連続で空振りの三振から
鈴木選手がライトへうまくおとすヒットで出ますが、
井上選手ファウルフライでチェンジです。

18球で締める杉浦選手、低めのたまがいい感じで決まってます。


1回裏 ファイターズの攻撃
先頭西川選手セカンドゴロ 続く大田選手はウォーニングゾーンのところまで
飛ばすセンターフライ
近藤選手セカンドゴロで13球で三凡です。

佐々木選手もいい感じです。

2回表 マリーンズの攻撃
先頭清田選手がセンター前へのヒット
レアード選手ショートライナー 中村奨選手センターフライで2アウトから
田村選手はレフト前ヒットで1,2塁
平沢選手が四球を選んで満塁になって、
荻野選手は、右中間のセンター寄りへタイムリーツーベースで
3人が生還します。
マーティン選手セカンドゴロ でチェンジですが、
マリーンズが3点先制します。

ちっはーやっ ちっはーやっ とピッチャーに声援をおくってから
おっぎーのっ おっぎーのっ とコール
荻野選手は帽子をとってぺこっと頭を下げます。


2回裏 ファイターズの攻撃
この日の4番清宮選手が空振り三振 渡邉選手ショートゴロから
賢介選手 内角のフォークを見送りフォアボールを選んで出塁
続く王選手がライトへの二塁打になりまして、
ライトからセカンドにボールが帰ってきたところで、
セカンドがボールをジャッグルしますが、
その隙をついて賢介選手がホームを狙いますが、
好返球がかえってきて、タッチアウト。
この審判に栗山監督がリクエストをします。
古畑任三郎の曲に乗せてビジョンに何度か映像がうつりますが、
そのつど盛り上がるレフトスタンド。
途中、栗山監督ににがりきった顔もうつったりして
結局判定はくつがえらず、チェンジです。


3回表 マリーンズの攻撃
先頭鈴木選手、キャッチャーへのファウルフライ
井上選手レフトフライ 清田選手ショートゴロでこの回は7球で三凡です。


3回裏 ファイターズの攻撃
先頭清水選手のあたりはサード右へ抜けそうなあたりを好捕してアウト
中島卓選手のあたりは高いバウンドのゴロですが、
佐々木選手がすばやいフィールディングでアウト
西川選手ショートゴロで、17球で三凡です。


4回表 マリーンズの攻撃
先頭レアード選手、サードフライから
中村奨選手が二遊間まっぷたつのセンターへのヒットで出塁
田村選手はキャッチャーへのファウルフライで2アウトから
平沢選手が、左中間を破るタイムリーツーベースで
中村選手が還って、1点追加。ボールがキャッチャーに送られる間
平沢選手はサードへ進塁
ここで前の打席タイムリーの荻野選手ですが、サードゴロでチェンジです
ただマリーンズ一点追加です。

たーいーがっ たーいーがっ と盛り上がるレフトスタンドに
帽子を脱いで丁寧に頭を下げる平沢選手です。


4回裏 ファイターズの攻撃
先頭大田選手、サードへのライナーをレアード選手がジャンプしてキャッチ
近藤選手セカンドゴロ、清宮選手ファーストゴロでファーストの大地選手が
自分でベースを踏んでチェンジ。14球で三凡です。


5回表 マリーンズの攻撃
ファイターズは4失点の先発杉浦選手にかえて、公文選手をマウンドにおくります。
先頭マーティン選手、代わり端の三球目を
レフトオーバー、フェンス直撃のツーベースになります
さらに鈴木選手がセンターへはじき返して1,3塁
井上選手がレフト前へ運んで、マーティン選手が生還。
マリーンズ1点追加です。
清田選手ファーストフライ
レアード選手のあたりはピッチャーを強襲し、
ボールはセカンドがファーストにおくります、その間ランナーは2,3塁に進みます
公文選手が治療のためにしばらくベンチに戻りますがゲーム再開
中村奨選手、サードゴロでチェンジです。

いーのーうえっ いーのーうえっ と盛り上がるレフトスタンドです。


5回裏 ファイターズの攻撃
先頭渡邉選手空振り三振
賢介選手ライトオーバーのツーベース。
さらに王選手センターへのヒットで1.3塁になります
ライトスタンドがチャンステーマで盛り上がります。
トウキョウ!ドームで!かがやけしーみーずっ!!
が、清水選手空振り三振、中島卓選手セカンドゴロでチェンジです。

グランド整備とYMCAがあって

6回表 マリーンズの攻撃
ファイターズは得点差がありますが玉井選手をマウンドにおくります。
田村選手セカンドゴロ 平沢選手ファーストゴロ
荻野選手センターフライであっさり三凡です。三回以来です。


6回裏 ファイターズの攻撃
マリーンズは佐々木選手にかえて、中村稔をマウンドにおくります
先頭西川選手センターフライ 大田選手サードゴロ
近藤選手、空振り三振で、こちらもあっさり三凡です。


マリーンズの「We Love Marines」があって
7回表 マリーンズの攻撃
ファイターズは堀選手がマウンドにあがります。
ショートスターターあり、大差のゲームでの登板ありで
大変です
マーティン選手見逃し三振 鈴木選手サードゴロ
井上選手ファーストフライで三凡です。


ファイターズ賛歌 怒髪天ver.で盛り上がってから
7回裏 ファイターズの攻撃
この回も中村稔選手が続投です
先頭清宮選手空振り三振 渡邉選手ショートゴロ、平沢選手軽快です。
田中賢介選手レフトフライでまた三凡です。


8回表 マリーンズの攻撃
ファイターズは井口選手がマウンドにあがります
先頭清田選手がライトフライで1アウトから
レアード選手、レフトへはじき返してで塁
中村奨選手センターフライで2アウトになりますが
田村選手7球目をライトへ運んで1,2塁
さらに平沢選手がライトへのタイムリーヒットで追加点です。
荻野選手二球目をセンターフライでチェンジですが、
マリーンズ6点目です。

たーいーがっ たーいーがっ と盛り上がるレフトスタンドに
帽子とって礼をする平沢選手です。

8回裏 ファイターズの攻撃
マリーンズは荻野選手の換えて、岡選手がセンターに、
清田選手に換えて加藤選手がレフトの守備につきます。
王 つまったファーストゴロで1アウトから、
清水選手がセカンドの左をゴロでぬくセンターへのヒットで出塁
代打に横尾選手が出て7球粘りますが、8球目を見逃し三振
西川選手がストレートのフォアボールで1,2塁になって
チャンステーマで盛り上がりますが、
大田選手のピッチャーゴロでチェンジです。


9回表 マリーンズの攻撃
ファイターズは中島選手に代打が出たので、谷内選手がショートに
マーティン選手レフトフライ 鈴木選手ショートゴロから
井上選手の打席に代打角中選手。
角中選手のあたりはセカンド左、セカンド飛びますがとどかず
センター前へ
ただ、加藤選手見逃し三振でチェンジです。


9回裏 ファイターズの攻撃
マリーンズは中村稔選手に代わって南選手ががマウンドにあがります。
さらに、サードに三木選手、レフトに三家選手が入って、レフトの加藤選手が
ライトに入ります。
先頭近藤選手フォアボールで出ますが、
清宮選手見逃し三振 渡邉選手サードゴロ
賢介選手セカンドゴロでゲームセットです。


と、いうことでゲームを堪能してから
野球の神様に2礼2拍手1礼をして
すっかりあがった雨に感謝いながら
徒歩圏の宿を目指したのでした。


F 0 - 6 M


勝利投手 佐々木 (2勝1敗0S)
敗戦投手 杉浦 (2勝3敗0S)
観衆数 29697人 試合時間 3時間19分





ってことで。(´・ω・)ノシ
現在、土浦市某所に隠遁中。

5泊6日の野球観戦ツアーの初日を終えて、
土浦駅前の24h営業居酒屋でご機嫌な朝食をキメてから、身を浄めて、
東京へむかうところです。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          


昨日も面白いゲームでした。
今日もいいゲームが見られるといいなと思います。

と、いうことで振り返りです。

昨日は、朝10時30分に空港駐車場に車を入れます。
この時期だから混んでいることを見越して早めに行きました。
案の定A駐車場は満車でしたが、この日、skymarkを使うために
入れようとしたB駐車場は空きがあります。
と、いうことで空港連絡橋にもそこそこ近い10番のところに
車を駐めて、カープの10番岩本選手は何してるのかなぁ、と思いながら
空港にむかいます。

搭乗手続きをすませて、空港をしばしぶらぶら。
買い物したり、本屋で時間をつぶしたりしたり、
きたキッチンさんで買った揚げ物でビールをいただいたりして、
12時過ぎに手荷物検査をしてから制限区域内に入ります。

そちらでも、軽くハイボールをいただいてから、
13時15分発skymark714便で飛びます。

羽田にはほぼ定時着ですが、上空が荒天のため、
ボーディングブリッジがふさがっているそうで
地上で10分ほどまたされます。

このあとの接続もあるのでじれますが、
なんとか15時5分には外に出られました。

15時11分発の印旛日本医大行きの快特に乗って
品川に15時26分着。
チケットを買っていた15時45分発のひたち19号に間に合いました。

17時05分水戸駅着。
4年7ヶ月ぶりです。
北口に行くと、赤いユニフォームの人がズラッと列を作っています。
そういえば、ひたちの車内にもチラホラいましたが、
この日、天皇杯のホーリーホックvsレッドダイヤモンズのゲームが
Kスタであるのです。なるほど。

ちなみに、ノーブルハウススタジアム水戸行きの臨時バスには、
数人といったところ。

バスは11分発車予定でしたが、20分くらいに来ます。
待っている途中にガルパンのラッピングバスが通り過ぎます。
茨城です。

大工町界隈も前回来て、中華そばやを求めてうろついて以来ですが、
そこから先は未知の領域です。

西団地と、西団地入り口のあいだで
球場の姿が見えます。あれです。

そして50分過ぎに球場前バス停に到着。
入り口のゲートのところで、野球の神様に
二礼二拍手一礼。今日の面白いゲームを祈ります。

入り口の横に誰かの胸像があるのを発見。
見ると、学生野球の父、飛田穂洲さんです。
茨城由来の野球の偉人です。

そして55分にチケットを購入して中へ。
コンコースのところでは売店もやってますね。
そんなのを横目に座席へ。
今、まさに始球式がはじまろうとするところですが、
バックネットウラ、キャッチャーの後方
後ろから二列目通路側を確保

屋根があるので夕立があっても大丈夫です。
外野が天然芝、内野は黒い土のグランドで、
逆台形の照明塔が6基あります。

スコアボードごしに、水戸桜の牧高校が見えます。

そして始球式を見ながら、買出しに行きますと





食べ物全部売り切れだそうです。

うそでしょー。

カレーとか、焼きそばとか、牛タン串とか
メニューはあるけど、実物はなし。
まだゲーム前なのに…



と、いうことでお隣で飲み物を購入。

ドリンク200円と書かれていて、
それっぽいものはオールフリーしかなかったので、
購入すると

400円でした。

はぁ。

ま、気を取り直してゲームです。

1回表ジャイアンツの攻撃
先頭 松原選手セカンドゴロ、続く湯浅選手が四球を選んで
山下選手がライト前ヒットで、13塁
この日の4番は中島選手で、球場が盛り上がりますが、
カウント0-1からバット一閃
打球は、レフトスタンドに吸い込まれます。
オレンジのタオルがぐるぐる回されます。
さらに続く田中俊太選手が四球を選びますが
立岡選手のライトへの浅いフライを塩見選手が前進して
ナイスキャッチ。
岸田選手のセカンドへの強いゴロを
三輪選手がはじきますが、冷静にファーストになげて
アウトです。

ナッカージマー ナッカージマー ナッカージマーの
三塁側スタンドからのコールに対して
一塁のベース上で帽子をふって応える中島選手です。
いーぞーいーぞーーなっかーじまー
と盛り上がる三塁側です。

改めて、やかましく鳴くせみの声が響きながら
まだ蒸し暑いですが、風が涼しい。
これが本州の夏の夕方です。懐かしい。

1回裏 スワローズの攻撃
先頭藤井選手、続く三輪選手とセカンドゴロ
続く塩見選手は七球ねばって8球目を見逃し
フォアボールを選びますが、
坂口選手ショートゴロでチェンジです。

2回表 ジャイアンツの攻撃
先頭マルティネス選手、ショートゴロ
高山選手はフォアボールで出ますが、
松原選手のショートゴロでゲッツー

三人で攻撃を終えます。

パララパッハパーGo GO スワローズ
のパトリック ユウさんの声が響きまして、
2回裏スワローズの攻撃
先頭濱田選手がサードの右をゴロで抜く
レフト前ヒットで、出塁しますが、
続く吉田選手の打席で、吉田選手が空振り三振に倒れ、
濱田選手も盗塁失敗。三振ゲッツーです。
大村選手は四球で出塁しますが、
古賀選手、バントからバスターをするような
独特なホームの選手ですが、センターへの大きなあたり。
これを立岡選手が背走して好捕してチェンジです。

三回表 ジャイアンツの攻撃
先頭湯浅選手、ショートの左を鋭いゴロで抜く
レフと前ヒットで出塁。
続く山下選手。二球目をライトポールの上を越える打球に
盛り上がりますがファール。
山下選手は結局空振り三振。
続く中島選手に対して
「なっかじーまなっかじーまもう一本!!」と
コールが三塁側スタンドから飛びまして、
中島選手は、レフト前へクリーンヒット]
それを濱田選手が打球の処理をもたつく間に
中島選手はセカンドに進塁です。
三塁側スタンドからはチャンステーマで盛り上がる中
田中選手のセカンドゴロで、サードランナーの湯浅選手がアウト
立岡選手が四球を選んで満塁になりますが、
岸田選手をピッチャーライナーでうちとって
ピンチをしのぎます。

三回裏スワローズの攻撃
先頭田代選手が空振り三振
藤井選手が見逃し三振
から三輪選手が四球を選んで出塁しると、
塩見選手の強いショートへのあたり、
ショートの前でバウンドが変わって
グラブにふれるも、ボールはレフトへ抜けていきます。
2アウトながら、ランナー13塁で
バッターは坂口選手。
「グッチー、いっぽんー!!」と声が飛びますが、
坂口選手はセカンドゴロでチェンジです。

グランド整備が入って、

4回表ジャイアンツの攻撃
先頭マルティネス選手サードゴロ
高山選手、松原選手と連続で空振り三振。
初の三凡です。

4回裏スワローズの攻撃
先頭濱田選手空振り三振
吉田選手がピッチャー返し、ピッチャーはグラブに
かすめさせますが、センターへボールは抜けます
大村選手の強いゴロをマルティネス選手がはじきますが
ちょうどセカンド方面にはじいたので、すぐ追いついで
セカンドでランナーをアウトにします。
そして古賀選手、空振り三振でチェンジです。

5回表ジャイアンツの攻撃
先頭湯浅選手、空振り三振
山下選手はセカンドの左のゴロですが
三輪選手よく追いついて、遠投でアウト。
中島選手はフォアボールで歩かせますが、
俊太選手をファーストゴロに打ち取ってチェンジです。


5回の裏 スワローズの攻撃
先頭田代選手、センターフライ
続く藤井選手空振り三振、
続く三輪選手の右中間へのフライは、山下選手がランニングキャッチで
スワローズ、初の三凡です。

で、ここでグランド整備がはいったので、
再び売店に行くと、「仕出 大森商店」と書かれたトロ箱が
おかれていました。
さらに、飲み物のところに行くと

!!

スーパードライがありました。当然即買いです。

うめー!! いままで球場で飲んだどのビールよりうめー!!
にしても、オールフリーも400円でしたが
スーパードライも400円でした。

??

6回表ジャイアンツの攻撃。
先頭立岡選手セカンドゴロ、続く岸田選手、ファーストへのファウルフライ
マルティネス選手センターフライで、
こちらもあっさり三凡です。

6回裏スワローズの攻撃。
ベンチ前で円陣組んでます、
先頭塩見選手サードゴロ、
続く坂口選手、濱田選手、連続で空振り三振で
また三凡です。


とーこんこーめーてー!! と歌われてから
ジャイアンツのラッキーセブンですが、
ジェット風船を飛ばしてるヤツがいました。

サードコーチャーが外野の芝生に飛んで言ったのを拾ってます。
「コーチャーの仕事増やすなって!!」などと声が飛びます。

7回表ジャイアンツの攻撃
先頭高山選手空振り三振
松原選手のライトへのライナーをライト塩見選手は前進しますが、
結局ジャンプして捕球。あぶないあぶない。
続くファースト頭上を抜けようかというあたりは、
大村選手がナイスキャッチで三凡です。

東京音頭が歌われて、スワローズのラッキーセブンです、
つばみちゃんが来て愛嬌をふりまいてますし、
一塁側スタンドは、傘の花がさいてます。

センター、吉田選手は、前の打席に続いて
ピッチャー返しのセンター前で出塁
続く大村選手はライトフライに倒れますが、
古賀選手がレフト前ヒットで一二塁。
ここで打順は9番なので、代打に畠山選手で、
一塁側が一気にもりあがります。

が、畠山選手のピッチャーゴロを
古川選手が軽快に捌いて1-6-3の
ダブルプレイです。

グランド整備が行われいるなか、
スワローズにシートの変更です。

センターの田代選手に代打が出たので
9番にライト渡邊選手、ライトの塩見選手がセンターに入ります。
そして、ピッチャーには中尾選手です。
ジュリアス選手、中尾選手とサウスポーでの継投です。

8回表、ジャイアンツの攻撃
先頭山下選手ショートゴロから、
中島選手、ライトオーバーのフェンス直撃ツーベースです。
中島選手、この日猛打賞です。
ライトの渡邊選手がフェンスにあたる音まで
しっかり聞こえます。
さらに、続く田中俊太選手ですが、
右中間の中島選手とおなじようなコースをボールは飛びますが、
そのままスタンドに入ります。
ツーランホームランです。
オレンジタオルがぐるぐるまわされる
三塁側スタンドです。
が、立岡選手ショートゴロ、岸田選手見逃し三振で
チェンジですが、この終盤の追加点はちょっとキついです。

8回裏スワローズの攻撃
ジャイアンツは鍬原選手がマウンドに上がります。
先頭藤井選手のサードへの強いあたりは、
マルティネス選手が慌てて送球しますが、
高くそれて、中島選手はようやくおさえますが、セーフで出塁。
三輪選手もレフト前にはじき返して、12塁
ここで塩見選手は見逃し三振ですが、
坂口選手のボテボテのサードゴロ、
難しいあたりをなんとかとったマルティネス選手ですが、
そのまま転倒して内野安打。
と、ミスでランナーがたまったところで
濱田選手がセンターオーバーで、ワンバンでフェンスに当たる
ツーベースで、走者一掃、三点を入れましたり。
一塁側スタンドに再び傘の花がさきます。
さらにこの日二安打とあたっている吉田選手を
ストレートのフォアボールで出します。
が、大村選手空振り三振、古賀選手ライトゴロで、
追加点は防ぎます。

9回表、ジャイアンツの攻撃
スワローズは、屋宜選手がマウンドへ。おお、屋宜選手です。
先頭、さきほどマズい守備を見せたマルティネスは
セカンドの右に鋭くとぶ打球は、
セカンド三輪選手のグラブをかすめますが、
ライト前ヒットになって出塁。
ただ、続く高山選手がバントをしますが
ピッチャーの真正面で、1.6.3のダブルプレーになります
さらに松原選手はレフトフライで、
三人できります。

9回裏スワローズの攻撃
ジャイアンツは堀岡選手がマウンドに上がります。
先頭渡邊選手、続く藤井選手と連続して空振り三振。
153Km/hをはじめ、150km/h台のボールをぼんぼん投げます。
続く三輪選手のあたりは、セカンドの右を襲いまして、
俊太選手はよく追いついて、反転して投げましたが
三輪選手の足がまさって内野あだ、
さらに塩見選手、坂口選手と連続フォアボールで
満塁から、濱田選手の難しいショートゴロ
セカンドに投げますが、これが悪送球になって、
1点入ります。傘が舞います。
さらにこの日二安打の好調吉田選手、
これは逆転サヨナラか、と思いましたが、
空振り三振でゲームセットです。


安打数はスワローズのほうが多かったのですが、
ホームランで効率的に加点したジャイアンツの勝利。
ジャイアンツにもミスは出てましたが、
そこにつけこむことができなかったのが
ちょっと残念なところです。

と、いうことで、二礼二拍手一礼をしてから、
15分に球場から離脱。
25分発の臨時バスに乗って、47分に水戸駅着。
切符をかって、53分発ときわ92号で土浦へ。
22時30ころに宿について、近場の居酒屋で
ようやく、お腹に固形物をいれたのでした。







G 5-4 S
【勝利投手】古川(2勝1敗0S)
【セーブ】堀岡(0勝1敗4S)
【敗戦投手】ジュリアス(1勝1敗0S)
【本塁打】G中島2号 田中俊2号
試合時間 3時間09分 観客数 3015人


ってことで。(´・ω・)ノシ
【蒲田】「いっぺこっぺ」のカツカレー 他
夏の大お祭りでいただいたカレーについてです。
それぞれ個性的で美味しかったです。

☆「キッチン南海 神保町店」(東京都千代田区神田神保町1-5 )
大お祭りの一日目。私はサークル参加はしないので、
まずはコピーをします。11時前にコピーを終えて
冊子をベースキャンプにしている宿にいったん置いてから、
京急線~浅草線~三田線と乗り継いでむかったのが、
神保町の「キッチン南海」さんでした。

こちらは日祝定休なのに加えて、盆暮れ正月はお休みという
難易度がタカいお店なのです。
盆暮れは、お祭り絡みで上京することがほとんどで、
その都度、神保町へ来ては、キッチン南海のお休みを確認して、
残念な思いをしていたのです。
学生時代、あれほどお世話になったのに。

ただ、今回の大お祭りは時期が少々早いので
大丈夫かなということで、神保町の駅から階段を上がり外へ。
猛暑と日差しにやられそうですが、
路地にはいって歩みを進めると、さぼうるのあたりから、
軽く漂ってくる中毒性のある濃いカレーの香りです。

細い路地からすずらん通りに出ると、
やはりお昼時列ができています。
が、このためにやってきたのでオトナシク列にならびます。

日差しが項をさしますし、汗も滴りますが、
暑さに耐えて待つことしばしで、
熱気溢れる、さして広くない店内に通されます。

当然、お客さんがびっちりツマっています。

相席のテーブル席に案内されますが、
前にはクールビズのサラリーマンの風二人が、
フライの盛り合わせにパクついています。

で、メニューを吟味します。

こちら、カレーのメニューは
カレーライス…550円
クリームコロッケカレー…700円
カツカレー…750円

これに加えて、定食メニューの
ロースカツライス(1時から)…800円 
イカフライ しょうが焼きライス…750円
チキンカツ しょうが焼きライス…750円
クリームコロッケ しょうが焼きライス…700円
ひらめフライ しょうが焼きライス…800円
エビフライ しょうが焼きライス…800円
エビフライ クリームコロッケライス…850円

カレートッピングは、生玉子50円キャベツ50円 チーズ 100円

1時からのプラスメニューがしょうが焼 250円 チキンカツ250円 イカフライ250円
クリームコロッケ 250円 エビフライ350円

と、目移りしそう。

前回は、定食をいただいたということで、カツカレーをオーダします。
さらに生玉子をトッピングです。

周囲を観察すると、平日ということもあって、僕以外のお客さんのクールビズ率が高し。
前々回は、作業服のかたとかもいたのですが、

さらには、お仕事の一線からみを引いた感じのおとうさんと奥さんといった老夫婦とか、
修学旅行で上京した学生と先生など、バリエーションのある客層ということで、
あたかもどちらかの社員食堂のような感じにはなっていませんでした。
が、皆さん背中を丸めて一心に食事をされているのは同様です。

なんとなく全体的にカロリーっぽい人が多いのも気のせいでしょうかね。


カウンターごしに見える厨房の中は、戦場のようにお店の方がくるくると
忙しそうに働いております。
そんな感じで周辺を気にしながら待つことしばしで登場
皿に狭しと盛られたライスにライスを覆う堂々としたカツ
そしてたっぷりとかかった黒っぽいカレールーと
これまた金沢カレーのように大胆に盛られたキャベツ。
この迫力。タマリマセブン。

学生時代に、古本などを目当てにうろうろしていてお腹すかして、
かつガッツリ食べたい時に寄った思い出までよみがえります。
記憶の扉を開くカレーです。これは、ウマいと、いうかスゴい。

強烈な先制パンチ。しっかりとしたコクやら、ウマ味がパンチの正体ですが。
そんな、スゴくて、ウマい、カレーですが、
緊張感を強いるような味ではなくて、懐かしく、ホットする味でもあるのです。
ルーの黒さの正体でもあると思われるじっくり炒められた玉ねぎなどの
野菜がウマさを濃縮したような味が土台になって、
カレーを支えます。

食べ進めていく内に、汗が噴いてくる、
スパイシーな刺激も心地よいです。

しかも、この濃いルーにぴったり来るのが揚げたてのトンカツです。
とんかつには、たっぷりのカレーがかかってますが、
少々固めのコロモがサクサクして噛み心地も心地よければ、
中からじわっと染み出てくる、カツ食べるウマさとウレしさを堪能出来る
脂もカレーの濃さにまけておりません。

口の中がこってりとした時に力を発揮するのが、
たっぷりの千切りキャベツです。軽くレモン汁をふったキャベツが
濃い口中にさわやかさもたらしてくれて、
再び闘えそうってかんじになるのです。

そんな感じで食べ進めていると、カレーを待っている時に、ぼおっと見ていた
皆さん背中を丸めて一心に食事をされている様子が、
ナットク出来るのです。思わず一心不乱になる味です。

途中で生玉子をおとすと、マイルドながら濃い味が加わり
また複雑な色を見せてくれます。

ちなみにこちらは、カウンターとかテーブルの上に
醤油・ソース・マヨネーズ・ごま塩レモン汁・辛子・ドレッシング(二種類)
福神漬け・キュウリ漬けなどがずらっとならんでいるのです。
テーブルには、この装備がフルであるわけではないですが、
福神漬けとレモン汁にお世話になります。
こんなのもナツカシーです。


そういえば、敬愛する定食研究家の今柊二さんの著作のなかで、
こちらの店では、お客さんの食器がたてるカチャカチャという音が
耳に付くと書いてありましたが、
20席の狭い店内で20人のお客が一斉にかなでるシンフォニーですから、
このカチャカチャは。


そんな感じで、夢中に食べ進め、最後はキャベツもルーでしっかりと
絡め取られたのを残ったライスと、カツとともに
一気にかっ込んだ後、お水を飲んでからごちそうさまでした。


お金を払って、10人以上並んでいる行列の横をすり抜けながら、
カチャカチャの音をBGMに神保町の街へでて
書泉グランデへむかったのでした。

☆「キッチン南海 神保町店」(東京都千代田区神田神保町1-5)
◇営業時間◇[月~金] 11:15~16:00 16:45~20:00 [土] 11:15~20:00
◇定休日◇ 日曜・祝日 ◇駐車場◇ ?



☆「とんかつ檍のカレー屋いっぺこっぺ」(東京都大田区蒲田5-43-7)

大お祭りの一日目を無事終えて、中夜祭です。
前日、改めて見た「天気の子」のおかげでレインボーブリッジを見たくなって、
ゆりかもめで会場から移動します。
そして、新橋で京浜東北線で蒲田に移動。
本来ならここからバスでかえるのですが、今日の夕食はこちらです。

最初は、ちょっとはりこんで、トンカツでも食べようと、
「とんかつ檍」さんに行こうと思ったのですが、
時間は夜7時なので、あたりまえだの大行列。

ただ、ふだんならこちらにも行列ができているはずの
お隣のカレー屋さん、「いっぺこっぺ」さんには列がありません。

ならばこっちです。


と、いうことで、初入店です。

扉を開くと、カウンター席だけの店内。丁度一席あいてます。
卓上にのメニューは、
ロースカツカレー 1000円
ヒレカツカレー 1500円
上ロースカツカレー 1800円
かたロースカツカレー 2000円
特上ロースカツカレー 2300円

だそうです。

入り口のところでおススメと書かれていたので、ロースカツカレーです。
さらには、スーパードライの瓶ビールをお願いします。

出てきた瓶ビールをまずは一口。
ああ、一日蒸し暑いところにいたので、この一口が
細胞にしみこみます。

さらにビールをちびちびしながら
改めて、店内を軽くみまわすと、背景など内装は、
外装と同じく黄色ですが、一列のカウンターは
白木作りで、清潔さを感じます。しかも、その上に
威風堂々にお肉が鎮座ましましています。
席は7席と、こぢんまりしていまして、
カウンター上には、福神漬けだけでなく、ソース、岩塩などが
置かれていて、お隣でトンカツたべたのを思い出します。
カウンターの中では職人さんといった風情の方がカツの調理をしています。

この注文を受けてから、肉に小麦をまぶしたり、卵液に通したり
パン粉を手際よくつけてから揚げています。

こういうこだわりがいいですし、カウンターなので
この職人技が間近で見ることができます。これもうれしいです。

当然失礼にならない程度に見せていただくのですが。

もう一人の店のかたが、白く丸いお皿にご飯を盛って
キャベツを盛ったりカレーをかけたりしています。
それにトンカツをのせて完成です。
と、いうことで待つことしばしで登場です。

ライスとご飯がだいたい半分半分程度に乗っていて、 
そのライスだけの上に堂々のトンカツです。
きれいな濃狐色の粗めに挽かれたパン粉が
ピンピンとたっています。

さらに横にはキャベツも添えられていて、いい感じです。
キャベツ、カツには、カレーはかかっていないのです。

せっかくなので、まずはカツからいただきます。
カツがアツアツなので、用心して半口噛むと、
サックリと心地よい歯触りからすぐに肉のしっかりとしながらも
素直に歯がはいっていくやわらかさ。
そして、びっくりするほどアマいです。ナニコレ。
肉がしっかりとしているのに加えて旨みがすごい。
そしてあふれる肉滴も甘くて美味しいですし、
サクサクの歯触りとやわらかさ、さらにこのぶっとい美味さと
やさしい甘み。これは、特上のとんカツです。
切り口のも薄桃色のきれいさがあって、
脂身は半透明。そんな両方から肉滴が出てくるのですから
たまりません。

さらに残った半口に、軽く岩塩をふると、
ああ、スゴいです。

肉の旨み、脂の甘みを強く感じます。肉と油と塩なのに
こんなにうまいのです。

と、ここまでですでに感動ものですが、
今日はカツカレーですので、カレーをいただきますと、

!!

こちらも旨い。
カツが旨いのは予想通り、ただカレーは予想を上回る美味しさです。
ベースはトロトロの洋風カレーで、
肉からの旨みとかコクがしっかり出てきていて
カレーを美味しくしていますが、こちらのカレーを個性的にしているのが、
たぶんカルダモンとかだと思うのですが、
清冽さを感じる青っぽいスパイス遣いが、あまり見ないタイプ。
その他のスパイスもしっかりしていますし、
そこまで辛さは感じないですが、コク、旨みの組み合わせに
スパイスが働きかけるハーモニーが、カレーを美味しくします。

さらにカレーの中にも具がいっぱい。
豚肉も固まりではいっていて、この肉もカツと同じなのか、
肉滴あふれるもので、カレーに新たな旨みをもたらします。
こういうところのサービスもいいです。

そして、いよいよお待ちかね、カレーでカツを食べるですが

こんなの美味しくないはずがないです。
たたでさえ美味しいとんかつをカレーに浸す
どこか背徳的な楽しみがありつつも、
カレーの旨みがしっかりとカツの旨みを挽きたてています。
1+1が、4にも5にもなるやつです。

そして、しだにいにカレーを浸す面積をふやしていったり
寝かす食いをします。

寝かす食いをして、衣をカレーの水分でトロッとさせても、
衣の奥にサックリとした食感が残っているのは、
さすがのカツです。

キャベツも当然みずみずしくシャキシャキで
カレーにもご飯にもよくあいます。

ご飯もそれぞれの旨さをうしっかりうけとめてすすみますね。

ただ、カツとカレーの組み合わせが無敵すぎて、
さらに、カレーが美味すぎて、
ついカレーのペース配分を間違えてしまいます。

そう、カツとご飯だけが残ってしまいました。
が、大丈夫。

岩塩とソースがあります。


と、いうことで最後は、カツライス風にして
サクサクカツとほかほかご飯とシャキシャキキャベツに
大満足。

ああ、美味しかったです。

絶品カツを塩で食べて、ソースで食べて、カレーで食べて
というバリエーションにとんだ食べ方で、最後まで大満足でした。

これは、すごい。


前日いただいた南海のカツカレーも美味しいし、
アサノのカツカレーも美味でしたが、

こうきたか、という美味しさのカレーを発見しました。

次のお祭りのときは、ヒレカツカレーかな?

などと思いながら、お店を出ると、列が10人を超えていて
お隣よりも長くなってました。

すぐ入れたのは、運が良かっただけなんですね。

などと感じながら、ほろ酔いで、バス停をめざしたのでした。




☆「とんかつ檍のカレー屋いっぺこっぺ」(東京都大田区蒲田5-43-7)
◇営業時間◇11:00~15:00 17:00~21:00
◇定休日◇ 水曜日 ◇駐車場◇ ?

北海道へ帰ってまいりました。

北海道に戻る日の朝、宿まわりは予報にない雨でしたが、
千歳も小雨がつづいていました。
しかも、ボーディングブリッジのあたりで、
きつい空調が効いているくらいに、すごく涼しい。

さらに小雨と軽く風も吹く中、駐めていた車に乗って
車載温度計を見ると、19度って



午後二時ですよ。

東京でた時は、30度超えていたのに

「東京はすげーな」(帆高風)

さらに、寝てても寝汗をかかなくなっていて、
北海道の夏はおわったな、と思いました。

夏の終わりはいつもせつないです。



と、はいえ、また東京に野球を見に行くために飛ぶのですが。

今年も働き方なんたらの影響で、8月13.14.15日は職場を閉めるので、
有給を取って休みなさい。と言われてはい、と従いました。
と、はいえ13日は夏の大お祭りから帰ってきたばかりで、
かつ、冬の大お祭りの申込書を書かなくてはなりません。

すでに16.17.18のハマスタでの、対ベイスターズ三連戦の
チケットと宿は抑えております。
ならば、あと二日も関東に飛ぶぞー。と思った時に見つけたのが、
15日、東京ドームで行われる、ファイターズ、マリーンズ戦です。
(昨年の8月中旬のこの期間、同じカードを札ドで見ました。)

さらに、14日はリニューアルして、来年は1軍戦も予定されている
水戸でイースタンリーグの公式戦があります。
なら、こっちも行っておこう。

と、いうことでの東京~茨城~神奈川の野球ツアーです。
大お祭り終わって、すぐにとんぼがえりですが、

そんな夏の大お祭りが一昨日、ようやく終了しました。

と、書くと、このブログ初見の方は、何ねぼけたことを言っておるのか、
とツッこまれそうですが、

このブログを読まれている方ならばご存知のとおり、
冬の大お祭り(C97)の申し込みが、無事終了したのです。

夏の大お祭りの申し込みまでが冬の大お祭りならば、
冬のお祭りの申し込みまでが夏の大お祭りです。

今年の日程は、2019年12月28日(土).29日(日).31日(月).31日(火)の四日間。
夏に続いての四日間開催です。
ということで、4ヵ月後なので、そこまで余裕ない日程ということで、
冬の大お祭りの申し込みはは夏のお祭り直後に申し込みがあります。
だから、何かとアタフタします。

今回も、東京からは月曜に帰ってきたのですが、
水曜日から野球遠征ということで、
一週間近い遠征で、疲れきっている身体にムチ打って、
月曜日に下書きをすませて、
火曜日はいつもながらの、何度も同じ内容の事を写経のように書きうつす、
振込用紙や申込用紙や短冊や封筒などとの格闘を終わらせた後、
コンビニで申し込み用紙の控えのためのコピーなどをすませまして、

書き間違え、書き忘れはないか、とか、
封筒の中とかに、入れ忘れはないかなど丹念に確認して送金をします。
そして、何度やっても不備がないかドキドキで、
何度も何度も確認をするのですが、
最後は、ええいままよって感じで、

手渡しした後に、
建物から出て、周囲を少々気にしながらも、郵便局に向かい
いつものように、2拝2拍手1拝。

お祭り自体が巨大な信仰心で出来上がっている気もしますし、
年に二回、五十万前後の人が集うというのも巡礼めいています。
と、いうことでの神頼み。

冬もそんな大お祭りに参加ができますように。
という祈りをこめて頭下げて郵便局をあとにしたのであります。


次回ではないのですが、
2020年8月にはメインプレスセンター(MPC)の機能も兼ねて、
東だけでなく、西・南も使えなくなるとのことで、
ビックサイト全館で準備が始まる直前の
5月GWの期間に、西・南・青海を使って、
コミックマーケット準備会、赤ブーブー通信社、COMIC1準備会
コミティア実行委員会、スタジオYOU、博麗神社社務所、character1 JAPANの
7団体共催、「DOUJIN JAPAN 2020(仮)・コミックマーケット98」
として開催するそうです。

準備会の皆さんなどが叡智を結集して、より良い開催の方法を
模索してくれているでしょうし
今回あったモロモロをフィードバックして
より良いイベントにしてくれると信じています。

よろしくお願いします。


さらに、アレががおわった、2019年冬のC99は、
東・西・南とフルにつかえての大お祭りになりますし、

その翌年は、100回記念があります。
(そのころまで、これやってるか?、今のところ止める気は
全くありませんww)


と、いうことで、このあとも頑張って、自費出版物を作って行きます。



あと、畏友p氏も、申し込みを終わらせた模様。

結果が出るのは2か月後の10月下旬です。はたしてどうなることやら。


にしても、2月の夏祭り申し込みと、8月の冬祭りの申し込みと
きっちり半年おきにルーティンのように同じ作業がまわってくるので
季節がめぐっていることを再認識しますし、

冬の大お祭りの申し込みが終わると、北海道の短い夏も終わりだなぁ、と
少しセツなくなったりして。

ということで、
発表の日までワクワクドキドキが続きます。
果たして結果はどうなることやら。
その日まで、ドキドキしながら待ちたいと思います。

そして、当選したアカツキには、また「野球場での食べ物」についての新刊で
みなさんのゴキゲンをうかがえるといいなぁ。

ま、その前に
明日のイースタン、ジャイアンツvsスワローズ戦
明後日のファイターズvsマリーンズ戦
週末ハマスタでのベイスターズ3連戦

8月24.25日のナゴヤドームでのドラゴンズ戦
8月31日9月1日、今年、レギュラーシーズン最後のマツダでの
ベイスターズ戦、
9月14日の東京ドームでのジャイアンツ戦とか、
その他、これからチケットをとるゲームとか、

12月封切の「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」とか、

いろいろな楽しみに元気をもらって、日々乗り切っていきます。




と、いうことで。(´・ω・)ノシ
夏の大お祭りは、本日が最終日ですが、
自分的には、昨日で終了。
宿で身を浄めて、朝飯を食べて、
さらに準備をととのえてから北海道への帰りに備えてます。

今回も最高でした。やはり、大お祭りはいいです。

この日の来場者数は昨年並みの約20万人、
今のところの合計人数は58万人だそうで、
あと一日あるので、過去最多を記録するのは確実です。

確かにこの日も混んでいました。
私がいたのは情報の食べ物のシマだったのですが
開場から1時間くらいとか、そのほかにも
時間によってはウスくなることもありましたが、
本当に人が多くて目の前で人が移動している感じでした。

というわけで、この日の前々日夜から前日の振り返りです。

前日は、自分的初日(大お祭り的日程では二日目)を終えて、
大満足のうち、蒲田のいっぺこっぺさんで、超絶品のカツカレーをいただいから、
バスでベースキャンプである宿に帰還。

その後、気がついたらヲちていたので、
目が覚めてから洗濯をしたり、popを作りとか
ブログの記事書きとかを、BS-TBSの深夜アニメを見ながら
すすめます。サンキュー、荒ぶる季節&まちカドまぞく
さらに、ウツラウツラもしますが、
popの印刷とか、ポスターの印刷とかをして
(宿の向かいにあるセブンイレブンでは、ご同輩が
コピー機の前で奮戦してました。)
そのあと寝られずに、ウダウダと時間をすごして、
3時30分くらいにロビーで出撃準備をしている集団がいたり
朝の5時過ぎには、バタバタガヤガヤと、出撃をしている風の
集団の声が廊下に響いたりしまて。
その後、自分も身を浄めて、荷物整理をして、
本日の勝負服である初日にtauで買ったカープボクサーパンツと、
戦闘服の赤いアンダーシャツを身につけて、
その上にカープのオキナワVerのTシャツと、
七分丈のカーゴパンツを着ます。
さらに、冊子の束の入った重い紙袋など、今日の荷物を持って下へ

6時00分に朝食。今日は、和のほうです。
と、いうことで、お粥、卵かけご飯、サラダ(グリーンサラダ、春雨サラダ、ポテサラ)
ミートボール、お新香、味噌汁をいただいてから、

さらにお隣で、宇宙一クロワッサンにチョコのパン
ソーセージと、グレープジュースで気合を入れます。

6時12分に食事を終了して、その後徒歩で駅まで移動。
6時15分の品川行きエアポート急行に乗って、品川に6時30分着。
途中、すっかりあがりきった太陽が、まぶしい日差しを
車内に届けます。今日も暑くなりそうです。

品川6時35分発の山手線にのって。
大崎には38分着。
6時47分、大崎始発のりんかい線が40分くらいに
ホームに入ってきますので、当然座ります。
この日はちゃんと座ることができました。

ただ、この時間の大崎始発の前方車両って、
そこまで込んでいるイメージはないのですが、
座席はすぐに埋まりますし、
大井町ですでに立錐の余地もない感じになりました。
このルートは最近はお気に入りで活用していますが、
こんなのは珍しいです。
周囲はさすがの三日目。私を含めて周囲の男性率は95%
といったところ

ここでも、今日の入場者の多さが予期できたのかな。

国際展示場駅に7時01分に到着。

今日も、いい天気、風は気持ちいいですが、朝からアツいです。
そんななか歩いてしばしでビックサイトの威容
サークル参加者と一般参加者との分かれ道を進んで、
セミが朝からヤカマしく鳴く中移動です。

そして、メインプロムナードへ。階段をのぼると、正面にビックサイト。
おおお、有明よ、私は帰ってきた!! です。

会場前の神社の鳥居的オブジェのところで、
今日も一日よろしくお願いしますという気持ちをこめて、
二礼・二拍手・一礼

サークルチケットを手渡して、「今日も一日よろしくお願いしま~す」
と挨拶をして、この日のリストバンドを受け取ってから
7時14分に会場のスペースに入って
荷物を確認したり準備をしたりします。

この日も西2ホール。
前日よりも頒布物が多いので、設営に時間かかりますが、
この時間が楽しいです。

この日は、野球場で食べたカレーなどについて、
このブログで書いたものを加筆修正して、一冊にまとめた
「球場カレーラヴァーズ⑥、⑦」と、

昨冬のキュージョーめし①、昨夏の球場カレーラヴァーズ⑤が頒布物。

スペースに人工芝を敷いた後、
前日にホテルのPCで作った、この日のお品書きのpopを飾り
2冊の頒布物に取り上げられたカレーの写真を
A全に拡大したものも飾って
さらに展示棚の上に、東京ドーム以外の
11球場の飲み物のプラカップとか、
カープ+パ6球団のヘルメットアイスのカップとか、
球場でもらったり買ったりしたグッズでスペース内を飾ります。
こういうのが楽しいです。

すると、おとなりなりさんも登場。
今日も一日よろしくお願いしまーす、などと挨拶をしていて
開場時間を待ちます。
スタッフの方に登録チェックをうけまして、
9時30分過ぎには、あらかた準備が終わったので、軽くぐるっと一周です。
いろいろな食べ物のサークルがあって、見るだけで楽しいです。
取り組みがガチなところは、
表紙のインパクトといい、ディスプレイといい
勉強になります。

自スペースに戻ると、
一斉点検放送の音楽の「いないないばぁ」の「わぁお」風の電波ソング。
「♪ みんなの、へいわを、みんなで守る
  一斉点検の じっかんですぅ ♪ 」
なんて音楽にのせて、指差し確認風の踊りをしたり
注意を喚起するスタッフさんを見たりしているうちに
あっという間に時間が過ぎて、

広島東洋カープ、広瀬純選手のビジターユニフォームになります。
夏は今まで愛用している真っ赤なホーム用のユニフォームです。
さらに、ボトムのアンダーアーマーの赤のハーフパンツです。
真っ赤なオジサンになって今日は勝負です。

そして、10時なったので、スタンディングオベーション的に
拍手をします。パチパチパチ

あれ、オープニングの音楽ありませんね。

そして、この日は、1分くらいしたら、すぐに、
漢津波がドドドドと押し寄せます。昨日も近くにいたのに、
津波はおきませんでしたが…
導線が確立したということでしょうか。

津波にむけて、カメラやスマホをかかげる人が
並ぶのは、もう風物詩です。

一昨年は列に向かってお誕生席のサークルの方が
「走ったら、就職できないよ~」「走ったら、一生童貞だよ~」などと言ったり
「顔、覚えたから、本命の本買ったら、遊びに来てよ~」などとも
言ってた人がいました。

津波が10分ほど続いて、場内にも人が増えます。
ボーッと待っている間もなく、お客さん登場

「新刊二冊おねがいします」「あ、ありがとうございます。」
この時間で二部頒布できるなんて、ありがたいです。

今までのこともありますが、ニッチなジャンルなので、
どれくらい頒布できるか、未だに読めないのですが
前回同様いい感じになるのか??

そして結果からいうと、今回も三ケタの部数を頒布できました。

チラッと見ただけで「2部ください」といっていただける方とか
「これもって、メットライフにいきました。また、参考にします」
などともいわれましたし。
「すごーい、読むの楽しみ~」などと、
ほんとうにありがたいリアクションをいただきまして、うれしかったです。
今までの本の感想を言っていただいたり、
「ブログも見てます」なんてことも言っていただきました。
ありがたやありがたや

飾っているプラカップも
「球場によって、いろいろ個性があるんですね」
などといわれます。
私も、ベイスターズは飲み物別のカップがあるのに
×××ー× は一種類しかないんです。
なんてことを説明したりして。
「これ、写真とっていいですか?」などと何人にも聞かれますし、
グッズについてアレコレ言ってくれる人もいます。

そして、当然ですけど、野球とかが好きな人がくるので、
そんな人との会話が楽しいです。
今回も、グッズを身に着けている人では、
ベイスターズファンの方が一番多かったかな
「なんとか首位にくらいついていきたいですね。」
「できれば1.2フィニッシュで」なんて会話をしたり
「僕、金・土・日って、ハマスタ参戦するんですよ」
「えー、僕も行きます」
「お互いいいゲームになるといいですね」
なんて会話をしたりしました。

ついで、カープ、ライオンズの人も多いですね。
さらに会話とかグッズから推測するに、
関西の縦じまのチーム以外球団のファンの方ととと
会話をすることができました。

ちなみに、赤いユニフォームの人とは、本を購入していただいたあと
「昨日のゲームはないっすよねー」なんて話から
今年のアカいチームについてのアレコレ
そして、閉めは「四連覇して、今年こそは日本一」
「頑張って応援しましょう」なんて話をしたり
楽しかったです。

野球が好きって、スポーツが好きっていいなぁ。

イトー×、今、生きているって感じです。

あと常連さんとの邂逅もありがたいです。

歴史時代から律儀に来ていただいているお客さんとは
大河ドラマなどの話でも盛り上がります。
が、そちらの方が実はGファンだと発覚。言ってよー。

また、CSであいましょう、などといって分かれます。

さらには、途中で仕事上の知人が訪れてくるという
サプライズもあったりして、あー、ビックリしたー。

午後も、お客さんはぼつぼつと途切れずに来ます。
お客さんが途切れなかったので、昼食の買出しはなしでしたが、
ぜんぜん問題なしです。
(とはいえ、前日の睡眠不足から、途中ウツラウツラすることも
ありましたがw)

お隣さん(ドラゴンズユニ2人とライオンズユニ1人)の、
球場グルメの本と球場アクセス鉄道の本と中央線貨物の本も
とても面白かったです。

そちらのスペースには、「12球団のユニフォームの人と写真とってるんです」
というマリーンズユニフォームの人が登場。
「ドラゴンズユニフォームの人って、今日初めてです」といって
お隣さんとツーショット写真をとってました。

そんな参加者のかたもいるんですね。



3時台の一斉点検の音楽では、
♪まーえっ(パンパン) うっしろー(パンパン)
 みーぎっ(パンパン) ひっだりっ(パンパン)♪
という感じで、合いの手のように拍手をする人が多発。
これだから情報島って。
当然便乗します。


そんな感じで、楽しい時間が続くのですが、
16時に、閉会の音楽を聴いてパチパチパチ
三本締めと万歳三唱をして、日程のすべてが終了です。
あああ、情報いいなぁ。

その後荷物をまとめたり、机を片付けたりして、16時25分に移動。
16時40分に荷作りをして、最後の大手こと、ゆうパックの列にならびますが、
17時00分には発送終了。そこまで列は長くなく、手早い対応でした。
そして国際展示場の駅に向かいます。

ゆうパックの受付は、西1ホールの外なので、一度ホール内に戻って、
平成最後のビッグサイトを堪能したり、写真とったりしつつ、
いつもの鳥居状オブジェのところで、
会場に2礼2拍手1礼。楽しい日をありがとうございました。
と、いうか、しみじみと、夏も終わりだなぁと
実感をします。

17時17分発の埼京線直通に乗りますが、
ここでも座れるという奇跡。
行きも帰りも座れるりんかい線って三度めてです。

その後は、蒲田の「信濃路」さんで、
煮かつやら納豆オムレツやらどて煮大根と生ビールで一人打ち上げ。

さらに、バスで宿へもどってから、部屋に戻って
気がつくとオちていました。


ともあれ、今回も命の洗濯もできましたし、いろいろな出会いもありまして、
楽しいイベントでした。

お祭りに参加されたかたがたにおかれましては、ご苦労さまでした。
(今日、最終日という方は、お体にお気をつけて、がんばってください。)

僕自身大変楽しい日々をすごさせてもらいました。

この楽しい日々だったのは、
お祭りでお会いした方々、あなたがたからかけていただいた一言一言のおかげですし、
その、もったいないような、一言一言は脳裏に強烈に刻みついております。
有りがたくかみしめております。

みなさんにいただいたお言葉や、見せていただいた行動すべてが、
今後の僕を動かすパワーとなりました。

心よりお礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。



と、いうことで、心の充電も終わりましたし、
次は冬の大お祭りにむけて、野球と巡礼と
本作りなどに頑張りたいと思います。



ということで (´・ω・)ノシ
東京滞在も早四日目。
前日は、大お祭りの自分的初日を満足のうちに終えて
蒲田でカツカレーを食べてから、ホテルでまったり

そして、これからは大お祭りの本番二日目です。
身を浄めたので、この後、最終チェックをして
朝食を食べてから出撃します。

そんな模様はまた後日こちらで書くとしまして、


昨日のことです。

本当に、大お祭りってすばらしいです。
この日もいい一日で、いろいろな出会いや感動がありました。
本当にありがとうございます。


この日は、来場者数が17万人を記録しまして、
昨夏の2日目16万人から1万人増えたそうです。

1日目も、16万人で、昨年並みの入場者数

アレのせいで東展示棟が使えず、南展示棟こそ新設されましたが、
サークルとして使えるスペースが75%になったのに伴って
4日間・2会場での変則開催となったほか、
変則開催にともなう警備などの経費の増加を補うために
リストバンド型の参加証を新たに導入するなど
「初づくし」の大きいお祭りでしたが、
入場者数は順調です。
4日開催で、単純に比較はできませんが…

前日は朝5時に起床、テレビやネットでこの日の天気をチェックしたりして
6時から朝食をいただきます。
朝六時から、大きいカラカラを持った家族連れなどで、
周囲は混雑していました。
その反面。今日も周囲に同士風の人はいません。

今日は、お祭り初日ということで、
畏友GMクンが宇宙一と言ってはばからない、
クロワッサン、それからチョコのパンなどをとってから
ポテサラ、ウィンナー、きんぴら、コーンスープなどをいただいて
エナジーチャージ。グレープフルーツジュースのすっぱさで目を覚ましてから
それに加えて生卵が4個あるので、お隣で卵かけご飯を食べてから
自室に戻って、身を浄めたり、本日の勝負服である
カープパンツとKalafina LIVEのTシャツを着て荷物を持ってから下へ。

6時50分過ぎに宿を出て、その後徒歩で駅まで移動。

大鳥居7時00分発高砂行きで品川に7時17分着
品川7時19分発で大崎に7時22分着に
目の前でりんかい線を一本見送ってから、
大崎7時31分発にそれぞれ乗り込みます。

数回前から使ってますが、京急で品川に出て、山手線に乗り換えて、大崎
そこから臨海線というのは、遠回りですが、いい経路です。
蒲田駅のバス停から蒲田駅の乗り換えとか、
大井町での、京浜東北線からりんかい線ほどの、
大変さはない。まさに急がば回れ。

そして、大崎駅で乗り換えですが、ここらへんで同士の数が
まとまって確認できます。
車内アナウンスによると、臨時ダイヤで運行をしているとのこと。
土日ダイヤから、数便臨時で出ています。

大井町ではそのホームにあふれる人を見て、
ああ、かえってきたなぁ、という感じを味わいます。
が、先頭方面の車両なので、それほどの混雑はなく、
国際展示場駅に7時45分に到着。やはり早いです。

エスカレーター横の壁に張られたこのおびただしいポスターを見ると、
この時点で帰ってきた~って思います。

そして、国際展示場の駅について、人並みにしたがって歩くと見える
ビッグサイトの威容です。ああ、帰ってきました。

そして、しばらくあるくと、いつもの屋根付通路へ。

今期と昨期はBS TBSにお気に入りの番組が何本かあって、
楽しみにしていましたが、アニメの看板は撤去されてます。

階段をのぼると、正面にビックサイト。
おおお、有明よ、私は帰ってきた!! です。

会場前の神社の鳥居的オブジェの横のところで、
今日一日、そして、C95もよろしくお願いしますという気持ちをこめて、
二礼・二拍手・一礼

入り口のところで、チケットを手渡して、
「一日よろしくお願いしま~す」といって
リストバンドを受け取ってから、入場。

8時00分に会場のスペースに入ります。
そこで、荷物を確認したり、チラシをチェックしてから
荷物を受け取って、設営に入ります。

両隣さんにご挨拶をしてから、次回申込書を購入したり、
リニューアルされた一斉点検の「まぁえっ、うっしろ、みぃぎ、ひっだり」
の歌にあわせて、前後左右を確認したりしながら。

そして、待つことしばしで開場時間の十時。

いつもどおりのぱちぱちぱちぱちと拍手をして、
スタンディングオベーションをするがごとく拍手。

直後に、人が流れます。
西館から南館という新しいハコことで、
導線が確立していないのか、ばらばらに人が動いている感じです。

この日頒布したのは、梶浦由記さんとKalafinaのfan book「梶to空」です。

こんな時期だから、行ってないライブの情報とかを
振り返りたいんです。

などと勿体無い一言をいただいたりして、
こういう活動やっててよかったなぁ、と思います。

あと、casaneoのクッキーを差し入れでいただきました。
美味しくいただきました。

そして、今回も破壊力を発揮したのは
カントリーまぁむ様のフェルトマスコットです。

「あー、けっしょうばんちゃん、かわいい」と言って買ってくれたチビッコとか
「以前、ラブライブ、ありましたよね。会社に飾ってます」
などと言ってくれた人がいたりと、

今回委託された分、だいぶハケました。

と、12時00分に、ややお客さんが途絶えたので、
昼食と気になる本を買いに行きましょう。

初めての南館に行きまして、出来立てのきれいさと
しっかりとした空調の利き方に関心したりしました。
が、混雑していますし、1階3階の立体移動は少し大変でした。

ライオンズの球場グルメ本とか、京セラドームでの野球観戦ハウトゥー本とか、
カープのチケット争奪戦本などを購入してから、ケバブサンドを買って
自分のスペースに戻って、いただきながら本をみます。

ということで、買い物的にも大満足。
頒布的にも満足ということで、午後もまったりスゴすことが出来ました。

3時をまわるとお隣さんも撤収準備をします。

ということで、パチパチパチと最後の拍手をした4時から後片付けを済ませて、
4時20分くらいにスペースの整理を全部終えて、
翌日のスペースに荷物を起きます。この日がこで、翌日はう
今回も楽な前日搬入になりました。
そして、会場をあとにしまして、
「明日もよろしくお願いします」と、二礼二拍手一礼

そして、この日はゆりかもめ線で新橋へ。
「天気の子」の影響で、レインボーブリッジが見たかったのです。
さらに京浜東北線線で蒲田に出て、カツカレーとビールでこの日の充実と
翌日からの景気づけで、祝杯をあげた後に、
京急バスで大鳥居へ。
宿に戻ってから、翌日の準備をしたというわけです。


昨日もたくさんの楽しい出会いと思い出をいただきました。
本当にいいイベントでした。

そして、本日の模様の詳細は、また後日書きたいとおもいます。


では、改めて大お祭りの告知です。


今日3日目、8月11日(日)は
自分のサークル「東行本舗」で参戦します。

スペースは、西2ホール う-33bです。

このブログであれこれ書いた、昨夏から
今年の今までの野球観戦時、
野球場でのカレーのことをまとめて
自費出版物にした「球場カレーラヴァーズ⑥⑦」を持ってゆく予定です。
本を作っている途中に、登場する球場が20、紹介したメニューが
36を超えてしまうというのに気がついて、分冊にしました。

⑥は東日本の
旭川スタルヒン球場、札幌ドーム、楽天生命パーク宮城、
ZOZOマリンスタジアム、鎌ヶ谷スタジアム、メットライフドーム、
明治神宮球場、東京ドーム、横浜スタジアム、横須賀スタジアム
の10球場、18メニュー+α

⑦は西日本の
ナゴヤ球場、ナゴヤドーム、京セラドーム大阪、
オセアンバファローズスタジアム舞洲、富田林バファローズスタジアム、
紀三井寺公園野球場、ほっともっとフィールド神戸、阪神甲子園球場
倉敷マスカットスタジアム、MAZDA ZoomZoomスタジアム広島
福岡ヤフオク!ドーム タマホームスタジアム筑後
沖縄セルラースタジアム那覇
の13球場、17メニュー+αを紹介しています。


さらに冬の大お祭りに持っていった、既刊
「キュージョーめし①」を持ってゆく予定です。

紹介するのは、
旭川スタルヒン球場、札幌ドーム、山形きらやかスタジアム、
楽天生命パーク宮城、ZOZOマリンスタジアム、メットライフドーム、
東京ドーム、明治神宮球場、横浜スタジアム、静岡草薙球場
ナゴヤドーム、京セラドーム大阪、MAZDA ZoomZoomスタジアム広島 
福岡ヤフオク!ドーム、タマホームスタジアム筑後
の15球場、45食+飲み物を紹介した冊子です。

興味がありましたたら、足を運んでいただければありがたいです




では、よろしければ、あの伝説の刺さるのこぎりの下で
お会いしましょう。






ってことで。(´・ω・)ノシ
都内某所に潜伏中3日目の朝です。

いよいよ夏の大お祭りの初日です。
朝食をとって身を浄めたので、
この後、最終チェックをしてから出撃します。

そんな模様はまた後日こちらで書くとしまして、
これまでの大お祭り準備などについてです。

一昨日は、早めに職場に行って、引継ぎなどをして
(再来週の月曜まで職場に行かないので)
新千歳に車を走らせます。

支笏湖南岸のところで、数箇所片側交互通行でしたが、
それ以外は比較的順調にすすんで、そして空港駐車場。
この遠征は往復SKY MarkなのでA駐車場です。

24番の空港連絡橋近くに空きスペースがあったので、
そちらに車を駐めてから、搭乗手続き、手荷物検査をして、
ボーディングブリッジ近くでハイボールをいただいて
フライトです。

この日はSKY MARK 712便、定時の11時40分に出発。
ここ数日準備で睡眠時間が少なかったのと、
ハイボールのおかげで機内ではフライト前に熟睡
そして、羽田には、定時の13時20分に到着です。

その後、昼食がまだなので、「うちのたまご」でたまごかけご飯で
昼食をすませて、その後少しお買い物をしてから
京急でやどの最寄り駅、大鳥居へ。
宿には14時50分ごろ着。
この日は疲れているので、そのまままったりとしてすごします。

翌朝は5時くらいに目を覚まします。

6時30分ごろに宿で朝飯を食べます。
この日は、和食。最初はじゃこを散らしたおかゆを食べてから
向かいの7.11で買った4こパックの生卵をおとして卵かけご飯にした
白いご飯を。
さらにおかずに、サラダ、ミートボール、お味噌汁、といったところと

さらに、お隣で、畏友GMクン言うところの
宇宙一クロワッサンやコンソメスープ、グレープフルーツジュースなど、
そこいらへんを一通りいただいてから、少しだけまったりして

8時10分ころ宿を出ると、ちょうど出勤時間か、
ここらへんのオフィスではたらくおびただしい人とすれ違います。
駅で8時16分発の急行に乗ります。
この日は、金曜日ということもあって、車内は働く人で混雑をしています。
品川で乗り換えて、大崎に到着したのが、8時40分を少し過ぎたあたり。
通勤には遅い時間ですが、まだ混雑をしています。
盛大に鳴いているセミが、盛夏です。
クールビズであふれる駅構内から、ゲートシティーへの間
私だけ、こんなんですまんのう、と思いながら、キンコーズに到着。

とりあえず待ち時間なしで、コピー機を借りることができました。
しかも全機あいてます。

そして、表紙の紙を選んでもらってから、8時55分にコピー開始。

最初は8ヶ月ぶりの初期設定に戸惑ったり、コピー紙を無駄にしたりして、
大変でした。

が、相変わらず、スゴいな、自動製本コピー。ビックリです。
8ヶ月ぶりですが、わかりやすいガイドがあったので、助かります。

まずは、表紙をいい紙で刷ってから、
(両面の印刷をするときには、原稿の天地をひっくり返さなければいけません)
それを手差しのところにセット。
そして、原稿をページ数揃えて入れるだけで、
コピー機が勝手に折って綴じてをしてくれるのです。
これは、スゴい。イノベーションってこういうことです。

〔とはいえ、仕上げがA5の本を作るのは、
マニュアルどおりではだめで、係員さんを呼ぶか
A3とかB4のトレイにA4の紙を横に入れて、
手差しトレイに印刷済みの表紙を入れた後、

初期画面の右下にある、応用設定を押して、
E) レイアウトのところで、小冊子を押して
開き指定の「紙折り/中綴じ」のところで、中綴じを押して、
それぞれの閉じ方向(右とじ、左とじ)を選択(縦書きの本は右開き)してから
そこを指定して
再び初期画面に戻って、中の用紙はA4に設定
(これをしないと、表紙の紙だけに次々印刷されてしまいます。
三回連続で、表紙の紙を少し無駄にしてしまいました。必須です!!
さらに手差しトレーのところに紙を入れてから、初期画面を再確認して、
そこでも中の紙を本体のA4のところを指定しないとだめです)、
原稿サイズもA4を押して、
カバーシートはOnにして、表白紙を押してから
(カバーシートをコピーにすると、すでに印刷された表紙にもコピーされてしまいます。)、
印刷をするという少し面倒なことがありますが…〕

結局あれこれ試した結果、コピーを始めたのは9時過ぎましたが、
10時45分に作業終了です。

宿に戻って、折って綴じてという作業がまったくないというのが
すごくうれしくて、画期的です。
1冊が出てくるまで、約28秒程度かかります。

その間、しっかりと折るために人力で本の折り目をしごきます。
このしごく道具も飲料のビンとか、しっかりと固いやつがあると楽そうです。

後ろではガッションガッション言いながら、冊子を吐き出すコピー機
そして作業台がわりの窓際で、冊子の折り目をしごく私。
そこには冷風が出てきているので快適です。

折りしも、昨冬の原稿作成中に読んだ、猫間屋さんの「孤独のゆるキャン△」のせいで、
「うおォン 俺はまるで人間同人誌工場だ」
などと、頭の中に浮かんできたりして。

途中、用紙の交換(3回お願いしました)とか、クリーニングなどがあったので、
10時45分過ぎにすべての作業が終了。
その後の時間を有効に使うことができます。ありがたいなぁ。

ちなみに、48pの本までは綴じてくれますし、
仕上げA5 28pで、一冊あたり16秒かかります。

これらは次回の自分に対する備忘録です。

出来た160余りの頒布物をもって、大崎駅に戻ります。


おもしろ同人誌バザールです。
もう、恒例ですね、このイベント。

そして、いったん宿に戻って荷物を置いてから、
京急~都営浅草線~都営三田線と乗り継いで
神保町で降りてから、昼食は、「キッチン南海」さん。
ああ、このカツカレー、久々で気分が上がります。

その後書泉グランデ、三省堂などでお買い物
そして半蔵門線~千代田線と乗り継いで日比谷へ。
日比谷では、TOHOシネマを目指します。
「天気の子」のIMAX上映で、一番都合がいい上映時間が
こちらでした。
待ち時間に、皇居外苑のたたずまいを見られるのが
いい雰囲気です。

映画は当然、最高でした。
札幌で以前も見たのですが、IMAX やはりスゴいです。

まずは、スクリーン。
視界を超える巨大なスクリーンが、劇場前方いっぱいに広がり
正面には映画世界しかない。
首を左右に振らない限り、前には映画しかない。
正面の視界が全部映画で、リアルを感じます。
視覚だけでも、映画の世界にはいりこんだ臨場感

そして、この世界観を強調する、音響です。
激しい時は毅然として視ている人を感情も身体も揺すり、
やさしくいときは、ふんわりと視ている人を穏やかに包む
そんな感情の起伏に寄り添ったり、リードしてくれる気持ちよさを
味わうことができます。

そういえば、前回IMAX見たのは、「君の名は。」でした。
どんだけ新海作品をIMAXで見てるのか…

大満足で、さらに徒歩で銀座にいって、
ビックカメラやTauや伊東屋やヤマハで、お買い物。
Tauでは、カープのドッテンユニが売っていて
きっと買えないだろうとアキラメテいたのですが…
売られている選手が限られていたので、断念しました。
あと、シャア坊やTシャツも売ってました。

そして、東銀座駅から浅草線~京急と乗り継いで、
大鳥居へ、駅近のファミレスで、チーズインハンバーグと
ほうれん草ベーコンなどでハイボールをいただいて
夕食にしてから宿へ。

仮眠をとってから、翌日の準備をしたというわけでした。



では、改めて本日と明日です。
さて、ここからは大お祭りの告知です。


今日、8月10日(土)畏友p氏のサークルでも
自分の原稿を載せてもらった自費出版物を頒布し、
お手伝いもさせてもらいます。
サークル名は「V.O.L.」 スペースは、西2ホール こ-31bです。

既刊を頒布します。

北のフェルトマスコット職人、「かんとりーまぁむ」様の
フェルトマスコットも委託販売いたします。
こちらも、相変わらず可愛いです。

なお、告知とおり、こちらでの活動は、
今回をもってしばらく凍結をする予定です。


明日3日目、8月11日(日)は
自分のサークル「東行本舗」で参戦します。

スペースは、西2ホール う-33bです。

このブログであれこれ書いた、昨夏から
今年の今までの野球観戦時、
野球場でのカレーのことをまとめて
自費出版物にした「球場カレーラヴァーズ⑥⑦」を持ってゆく予定です。
本を作っている途中に、登場する球場が20、紹介したメニューが
36を超えてしまうというのに気がついて、分冊にしました。

⑥は東日本の
旭川スタルヒン球場、札幌ドーム、楽天生命パーク宮城、
ZOZOマリンスタジアム、鎌ヶ谷スタジアム、メットライフドーム、
明治神宮球場、東京ドーム、横浜スタジアム、横須賀スタジアム
の10球場、18メニュー+α

⑦は西日本の
ナゴヤ球場、ナゴヤドーム、京セラドーム大阪、
オセアンバファローズスタジアム舞洲、富田林バファローズスタジアム、
紀三井寺公園野球場、ほっともっとフィールド神戸、阪神甲子園球場
倉敷マスカットスタジアム、MAZDA ZoomZoomスタジアム広島
福岡ヤフオク!ドーム タマホームスタジアム筑後
沖縄セルラースタジアム那覇
の13球場、17メニュー+αを紹介しています。


さらに冬の大お祭りに持っていった、既刊
「キュージョーめし①」を持ってゆく予定です。

紹介するのは、
旭川スタルヒン球場、札幌ドーム、山形きらやかスタジアム、
楽天生命パーク宮城、ZOZOマリンスタジアム、メットライフドーム、
東京ドーム、明治神宮球場、横浜スタジアム、静岡草薙球場
ナゴヤドーム、京セラドーム大阪、MAZDA ZoomZoomスタジアム広島 
福岡ヤフオク!ドーム、タマホームスタジアム筑後
の15球場、45食+飲み物を紹介した冊子です。

興味がありましたたら、足を運んでいただければありがたいです




では、よろしければ、あの伝説の刺さるのこぎりの下で
お会いしましょう。






ってことで。(´・ω・)ノシ
東京隠遁2日目の朝です。
本日は、これからコピー、製本して、買い物してから
映画でも見てこようかと思います。

そんな話はまた後日。

と、いうことでタイトルの記事です。


仕事のシフトが変則的になった7月のあるお休みの日。
夏の大お祭りの本夏のお祭り前の風物詩
「分厚い本購入の儀」を終えました。

分厚い本の発売当日は、18時までどうしてもハズせない仕事が入っていて、
その仕事のおかげで、ここ数日睡眠時間が削られていて
衰弱している状態。
でも、その仕事のメインはこの日に終わって、
あとは残務処理のみ
ということで、この日はまず美味しいもん食べて、
自宅でソッコウでヲちたいので、
仕事後に車を札幌に走らせることはしませんでした。

そして、翌日。所用があって旭川にむかいましたが、
旭川なら青い袋のあのお店があります。

数ヶ月ぶりに散髪をした後、車を走らせた旭川で、
分厚い本購入の儀の前、昼食のためにむかったのが、
アジア金星堂さんです。

開店時間の10分前に到着したら、まだ車はとまっていません。
と、いうことで、店舗前の駐車場に車をとめて、待つことしばし。

待っている間に、隣のスペースに車がとまります。
そしてしばしで開店。
当ブログには書いてませんが、4月の中旬にも訪れてまして、
それ以来3ヶ月ぶりの店内に入りますと、
2人連れが2組そしてワタシの5人が開店時間に入店。

席は、入ってすぐ左側にある2人掛けの椅子が90度に並んでいる
「キュウキュウニョリツリョウの席」が開いています。
ということで2人がけの椅子席に腰を下ろして、メニューを吟味。

ここで、前回、前々回同様、「お昼のメニュー」がありまして
スープ系のカレーは夜のみの提供になったそうです。

お昼のメニュー
ご注意
スープ系のカレーは夜のみの提供です お昼にはありません。
! のついたメニューは新価格または新商品です

Black roux curry with rice (Japanese style)
ジパングカレー  日本の「黒い」ルゥカレー
 辛さレベル0~×(最辛)のあいだで調整できます

① チキン 900円
!② ビーフ 1000円
③ ビ―ハロ (チキンとビーフ) 950円
!④ GESO100 (イカゲソから揚げのせ) 950円

Spicy chicken curry with rice(Indian style)
ムルギー 北インド風のスパイシーチキンカレー
 辛さはレベル②~X の間で調整できます。
⑤ ムルギー(チキンとジャガイモ) 1100円

Bitter-spicy chicken curry with rice(Indian street style)
ガラムサン インド風のビタースパイシーチキンカレー
 辛さはレベル③~Xの間で調整できます。
!⑥ ガラムサンチキン(骨付きチキンと豆) 1100円
 ムルギーよりもスパイス感を強くし、カレーのとろみは弱くしてます。

Spicy minced meal curry with rice (Indian Style)
キーマオリジナル インド風のひき肉カレー
辛さは③~Xの間で調節できます
⑦ キーマ(トリ挽肉と豆のヨーグルト風味)1100円

Assorted curry with rice (2curries on one dish)
ワンプレート カレー2種盛り合わせ
辛さはレベル①~③までの調節(ジパングのみ)ができます
大盛りは出来ません
⑧ インディラ(ムルギー&ジパングチキンまたはビーフ) 1150円
⑨ アグラ(ムルギー&キーマオリジナル) 1150円
⑩ チャンドラ(キーマ&ジパングチキンまたはビーフ) 1150

Toppings for lunchitime
お昼のトッピング
◇チーズイン(とろけるチーズインルゥ) 100円
◇半熟卵(温玉スタイル) 100円
◇目玉焼き 100円
◇イカゲソ唐揚げ 250円

Rice size
ライス
すべてのカレーにはライス(250グラム程度)がついています
少なめがご希望の方はお申し出ください
ライス大盛り 100円プラス
おかわりライス 200円
といったところです。

そのなかで、目を引いたのが、ガラムサンです。

トロミが抑えめのメニュー。
昼はスウプカレエがないので、スウプカレエよりです
前々回訪れた時に食べたのですが、
忘れられません。

BGMの洋楽に調理音が混ざってくるのに耳を傾けながら、
店内にある、僕の部屋なあっても不自然ではないような
ラインナップの本が並んでいる書架から、 本を取り出して、
読みながら待つことしばし。

まずは、この香りです、
毎回このブログで書いていますが、
アジア金星堂でしか嗅ぐことが出来ない
蠱惑的な僕を魅了してやまない香りが流れて登場しました。

銀色のインド風の金属製の器に入ったのは、
黒っぽいスープ、脂もいい感じで浮いていて
大きめの骨付き鶏の塊がゴロンと入って
横には豆がたっぷりと見えますし、
半熟黄身のゆで卵とか人参、さらに水菜の色合い。きれい

そして、具材の上に盛大に散らされ、かつスープに浮かぶのが
粗挽きされた香辛料がたっぷりです。
この上にはらりと散らされているのも
薫り高い原因になっています。
もう、これだけで幸せで思い出しただけでもニマニマしてしまいます。

ライスは、いつもの円錐台型ではなく、まるくこんもりと盛られていて
横には、アチャールがたっぷり。

見た目、香りをしっかり味わってから、イタダキマス。

カレーをスプーンですくうと、ごくわずかだけトロミがついたアン程度の粘度で
ほぼサラサラです。

スプーンを持ち上げるだけでさらにただようスパイスの香りに多幸感を味わいながら
口の中にいれると、まずはストレートなスパイスの刺激がきて
時間差で軽く痺れる感触。さらには爽やかな酸味と、軽やかな旨さにコクがあります。
複雑なスパイス遣いのハーモニーをまず楽しむと、
旨さやコクのベースになっているのは、
独特な野菜や肉から出たコクにうま味、
ガーリックなどのパンチなどです。

コクや旨味、さらに、キレのあるスパイシーな刺激はすっとヒクのですが、
ジワジワと痺れる感触が残ります。
カレー自体は、コク、旨味をおさえめにして、スパイスのキレを
際立つような調理方法が刺激的です。

そして、口のシビシビが残っているうちにさらに
もう一口。

アジア金星堂らしさはしっかりあるものの、
凡百のカレーではなく、どこかマニアックで、
音源を探せるものなら探してみなというDJのリミックスにも通じるような
普遍的にも感じつつ、でもわかる人にはわかるって感じの
独特で、だからこそ僕を魅了するスパイス遣い。

そんなのが口の中から鼻に抜ける気持ちよさで陶然とします。
そして、堆積される痺れ感

辛さだけではなくて痺れる感じがたまりません。
スープカレー食べてて、口の中が麻辣味で
モワンとするのはめったにないです。

具の大降りな骨付き鶏も、口の中でホロホロとなるやわらかさや
繊維のほぐれかたの良さとともに
肉の中から自然にあふれてくる肉滴の旨みが
特濃のカレーをさらにオイしくしてくれますし、
淡白ながら滋味あふれる鶏の味に
パンチが効いたカレーがあいます。

ほこほこに炊かれた食感が面白い豆の
滋養にとんだ味もいいですね。

カレー単独で味わってから、
ライスとともに味わって、それぞれの魅力を堪能します。
カレーがトンガった味わいなので、ライスの甘さでさらに引き立ちます。

すっかり白身部分が白くなった卵はまだ、黄身は半熟でした。
カレーとライスがまざったやつを
丁寧に黄身を崩さないように食べ進めると美味しいです。

この玉子の黄身の濃さがウマいし、
刺激的なカレーをマイルドにしてくれる
そんなステキな変化によって言うことなしです。
卵とカレーって、最高の組み合わせです。

独特なアチャールも相変わらず、ここならではです。
そして半熟の卵の黄身をときながら皿にこびりついている
カレーや沈殿したスパイスを最後の最後まで味わいつくします。

シビシビが蓄積されてきて
最後は、ライスを投入して、混ざるにませせながら
食べて行くのですが、
なんだか、汁無し担担ご飯を想起したりして
それくらいの痺れ具合。

で、水をくいっとのんで、ご馳走様でした。
ごちそうさまでした、大満足。

と、車に乗り込んでマルカツを目指しますが、
車内でもしばらくは口の中がシビシビする感触が残ります。
これはウレしいお土産です。

そして、数日するとまた味わいたくなる
中毒性です。

ああ、こうきたか、アジア金星堂め。
やはり定期的に行かなきゃダメだなぁ、
と再認識したのでした。

あいかわらず僕のツボです、アジア金星堂

やっぱり、アジア金星堂のカレーは、こちらでしか食べられない
オンリーワンのカレーなんだなあと実感しつつ、
分厚い本を求めに車を走らせたのです。


ただ、昼は食べられないメニューの、すぅぷかれえも食べたいです。
さらには、こちらで飲みたいなぁ。お酒。

やはり、今度夜に訪問するしかなさそうです。

ならばどこ泊ったらいいんですかねぇ。





☆「アジア金星堂」(北海道旭川市東5条11丁目2-1)
◇営業時間◇11:00~14:00、17:00~21:00(売り切れ次第閉店)
◇定休日◇火曜日、第1第3水曜日 ◇駐車場◇有り
◇電話◇ 0166-25-1503





ってことで。(´・ω・)ノシ
現在、東京某所で隠遁中

前日まで、7月末から土日なしで連日12時間超の労働を強いられて
さらに、家では頒布物作りもあったりという修羅場が続いて
睡眠時間も削られていた日々を過ごしていたので、
現在は久々に宿でまったりとしております。

明日は、印刷をしたり、映画を見たりして、
あさってと、11日の夏の大お祭りの本番にそなえます。

そんな様子は、当ブログでご報告させていただきます。

と、いうことでここからがタイトルの記事です


5月の10連休11連戦+αの
本州~九州野球遠征を無事終えて、
北海道に戻ってまいりました。

10連休は、ずっと空港の駐車場におくと、駐車料金がスサマジイことになるので、
鉄道で新千歳を目指しました。
さらに10日間、広くもない駅の駐車場に車をおきっぱなしなのもなんなんで
朝7時15分にタクシーをよんでのスタート。

だから帰りも鉄道です。

最終日は羽田から函館空港に飛んで、
その後、羽田から函館行きの飛行機に乗り、
函館空港からバスで函館駅。

特急北斗で長万部を目指しますが、
時間があるので、駅をグルグルして。
函館みかど弁当で北の駅弁屋さんを購入。

北斗の車内で美味しくいただいてから長万部で乗り換え、
函館本線のいわゆる山線で、倶知安を目指します。

倶知安からバスで自宅着。時間は、16時前です。

と、いうことで連戦の疲れを取るために、温泉へ向かいます。

シフトの関係で、翌日から忙しくなる感じなので、
ここで温泉はマスト。向かったのが、黄金温泉さんです。

連休の最終日なので、車は3台しかない駐車場に車を駐めて、
隣の簡素な作りの建物のカウンターの窓をガラガラと横開き。
すると「いらっしゃいませ」と出迎えてくれます。

湯銭を払ってから、手づくり感あふれる建物へ。
こちらの露天は比較的湯温が低いのに加えて、気泡のつきが気持ちいいので、
疲労から回復するまでまったりと浸かることができます。
だから、露天を堪能したい時は、やはり、こちらになります。

内装のコルクパネルに張られた お客さんの感想が書かれた付箋紙とともに
いい味になっている脱衣場の籠の埋まり方を見ると、
中には、2人ばかりいる様子です。

そして、服を脱いで、内風呂へ。
ドアをガラガラと横開きした時点でただよう、
蒸気まじりの湯の香に歓迎されます。

中には、ゴツゴツとした岩がいい感じで配置されている湯槽です。
身を沈めますと、入り口で迎えてくれた湯の香が盛大にお出迎え、
緑がかった碧褐色のお湯がいいのに加えて気泡のつきがいいのもかわりません。

羊蹄山麓から、ニセコ・蘭越エリアで、
一番気泡のつきがいいのがこちらですし、
気泡がくっついて大きくなって、背中を伝わり上がっていきます。
この時にツルツルッと背中をあがる泡で刺激される感覚も、
きもちいいです。

と、堪能をしたところで、今度は露天へ

岩で区切られた湯槽はそんなに広くないのですが
開ける景色が、正面に見えるニセコアンヌプリということで、
相変わらず開放的で、いい露天風呂です。

まずは、大きくゴツゴツした岩で区切られた湯槽に身を沈めますと、
内風呂よりは湯温が低いものの、湯温があがっています。

続いて、五右衛門風呂風の丸い湯槽へ。
こちらは、湯温こそ高くないですが、じわじわと効いてくる優しい温度です。
そして、二人が並んで入れるサイズの四角い湯槽へいきますと
透明度が高く、軽く硫黄の香りがしますし、
さらにぼーっとしていると、腕など全身にびっしりと気泡がつきます。
体につききらなかった気泡が 体を心地よくくすぐるところろもたまりません。

これが、黄金温泉の醍醐味です。

さらに傘があるので、日差しもさけられます。
と、いうことで、こちらでゆっくりと半眠りになりながらじっくりと浸かると、
楽しかった遠征ながらも、だからこそ無理をしたことで
オリのようにたまった色々な疲れも飛んでいきます。
そんな感じで、途中記憶をなくしながら、
なんだかんだで一時間以上気持ちよい空間に身をおいたのちに、
車に乗ろうと外へ出ると、
火照った体に涼風が気持ちいいです。

ああ、いいお湯にいい空気感
さらには、田んぼから吹く風がいい感じです。

そんな帰ってきた感を強くしてか
自宅へと戻ったのです。

ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。
よろしければ。


ということで。(´・ω・)ノ
プロ野球は、シーズン後半戦が盛り上がっているところで、
私も週末からの夏の大お祭りが終わったら、
ハマスタ・ナゴド・マツダ・東京ドーム・スタルヒンなどに
遠征予定です。

例によってカープ戦だったり、他ゲームだったりしますが、
そんな今シーズンの最中に、
早くも、来年の話しが出て参りました。

NPBから、7月22日に、交流戦の試合日程と
セントラルリーグの試合日程が発表されたのです。

来年度は東京オリンピックの関係で、MPB自体が変則日程になるということで
この時期での発表のようです。

来年は、オリンピックの関係で、7/21から8/13までのあいだ
1軍戦はありません(2軍戦はわかりません。出来ればあってほしいです。)
さらに、オリンピックの関係で本拠地が使えない
ベイスターズが東京ドームやZOZOマリンで
スワローズが東京ドームで主催試合を行います。

そんな変化がありまして、
例年よりも早い3/20開幕で、10/11までゲームがあります。
10日早く始まって、10日遅く終わる感じです。

さらに気になるのは交流戦

今年よりも2週早いの5月26日スタート。

来年のカープは

5/26 27 28 対 ライオンズ MAZDA
29 30 31 対 マリーンズ ZOZOマリン
6/2 3 4 対 ファイターズ MAZDA
6/5 6 7 対 ゴールデンイーグルス MAZDA
6/9 10 11 対 ホークス 福岡ヤフオク!ドーム
6/12 13 14対 バファローズ 京セラドーム

という、今年の日程からマリーンズとホークスの日程が入れ替わって
球場が今年と真逆になったものです。

ということで、来年のカープは、札ド、楽パの
北日本遠征はありません。

ただし、土日には、ZOZOマリンと京セラドームがあるので、
ここは遠征必至
あと、マツダでのゴールデンイーグルス戦のゲームも行きたいです。
(チケットがとれたらですが…、来年もMAZDAのチケット争奪戦は激しそうです。)

ちなみに、札幌ドームに来るセ・リーグのチームは
5/29~31のドラゴンズ
6/9~11のタイガース
12~14のベイスターズ です。


セ・リーグのレギュラーシーズンでは
週末マツダでの開催が13カード
週末マツダ以外での開催が12カードと約半分ずつ。

開幕カードは、マツダでドラゴンズ戦が
3/20~3/22の三連休で実施。
でも、ここも混むでしょうね。

4月前後では3/28.29の京セラでのタイガース戦
さらにはウィークデーですが、3/31 4/1のハマスタでのベイスターズ戦
あたりは参戦したいな、などと考えます。

あと、カープ戦ではないですが、
8/15 16と、週末に新潟で、ベイスターズvsスワローズ戦があります。
新潟にはまだ行ったことないので、万難を排して行きたいところ。
(今のところ、週末に地方開催があるとの発表はここだけです。
他にも週末にどこか地方球場のゲームがあればいきたいです)

さらに、来年、夏の大お祭りは8月ではなく、
5/3~5/6という日程なので、GWの野球遠征は難しいですが、
この後は結構、遠征をツッこめそうですし、
例年ならば、大お祭りの準備で野球どころではない
7月下旬から8月上旬あたり遠征が可能なのですが、
丁度、ここでのNPB開催はないのです。
だから、2軍戦やってほしいんだよなぁ。
(あれば、大混雑で宿代が暴騰している首都圏を避けて
参戦したいと思います。)

あと、夏の甲子園も、例年より後に日程がずれるそうで、
カープ戦がかぶらなければ、こちらも訪問したいです。
というか、地方予選の開催が例年と異なるかどうかは
まだ未定ですが、こちらも全国大会の日程にあわせてズレれば、
7月下旬から8月上旬に高校野球の地方大会行脚とかも面白いです。
いずれにしても、1日野球漬けとか、サイコーです。

なんて、日程表を見るだけでニマニマしてしまいます。

さらに、29日にはパ・リーグの日程も発表されました。
こちら、ファイターズが、札幌ドームがアレで使えない関係で、
6月16日(火)から8月16日(日)まで使用できないとのこと。

釧路、帯広、旭川、に加えて、東京ドームとか、
静岡草薙と、那覇セルラーで行われます。

静岡、那覇は、いずれも土日です。

さらに、4月18.19の土日は、熊本、鹿児島で開催。

ああ、いずれもいきたすぎます。



少し早いですが、そんなことを考える楽しい時期が前倒しでやってきました。

ま、今年同様にカープ戦などをはじめとして、
チケット争奪戦が激しくなること必至ですが。

とりあえず、来年もカープ戦、レギュラーシーズンのゲームだけで
20試合以上の参戦を目指すので、少し先のことですが、
まずはチケット取りからです。


ま、がんばります。


では。(´・ω・)ノシ


☆「カレー クロック江別蔦屋店」(江別市牧場町14-1)

4月のことです。

年度初めで野球の遠征も入ってないので、映画でも見に行こう。
ということで、札幌で夜の「幼女戦記」のチケットを入手。
昼は時間があるので、カレーと温泉と買い物ですが、
カレー欲と買い物欲を満たすべく向かったのが
江別にできた「蔦屋書店」さんです。

「蔦屋書店」は道内では函館に続く開店で、広々とした店内と
本と本以外の商品が混在しているコンセプトの店作りがいい感じ、
どなたかがラジオで行った様子をレポートしていて
いつか訪れたいと思ったのですが、この日行こうと考えている
温泉が新篠津なので、ちょうどいい組み合わせです。

と、いうことで11時にお店着。
一通り軽くシバいた後、フードコートへいきます。
函館の店舗にはないのですが、こちらには広めのフードコートがあって、
いろいろな美味しいお店から選択ができますが、
惹かれたのが、円山に本店があるカレーの名店「クロック」さんです。

こちら、前回行ったときは、開店10分前とかで、
駐車場が満車になるような人気店で、
こちらに行くときは必ず開店時間15分前位に到着するように
車を走らせたりしますが、
その味が、そこまで混まずにいただけます。

近くに行くとすでにぷぅんとかぐわしくも魅力的な
カレーの香りが漂っております。

が、すぐ近くに、汁なし坦々麺の175°DENOさんがあったりとか、
餃子などの点心の江別さいもんさんがあったり、
ハンバーガーのBETWEEN THE BREAD Ebetsuさんがありますし、

さらには、増田うどんプロデュースの増田おはぎさんとか、
回転寿司の函太郎さんががけるomusubi函太郎さんなど、
これは、楽しめそうです。

いろいろなお店に列ができています。人気がありますね。
私は今回オヒトリ様だったということで、
まずはあいているところに席を確保してから
注文に行きます。

Basic クロックのベースとなるカレー
ビーフカレー ¥1,150
ポークカレー ¥1,100
チキンカレー¥1,050
ルーカレー ¥850
お子様カレー ¥500

Special ここで味わう特別なイッピン
ドラキュラ まぼろしのドライカレー が復活★通常のカレーよりやや辛口です
微笑/辛口 悪戯/激辛 失神/超激辛 ¥1,350
人気最強コンボ チーズ/ソーセージ/チーズオムレツ/3種トッピングのセットカレーです¥1,830

Sausage ルーカレーとソーセージのベストマッチ
ソーセージチーズカレー ¥1,450
ソーセージカレー ¥1,200

Vagetable 大地の恵みをめしあがれ
ビーフ野菜カレー ¥1,530
ポーク野菜カレー ¥1,480
チキン野菜カレー ¥1,430

Cheese ベースカレーとチーズのマリアージュ
ビーフチーズカレー ¥1,400
ポークチーズカレー ¥1,350
チキンチーズカレー ¥1,300
チーズオムレツカレー ¥1,230
チーズカレー ¥1,100

Topping 自分流にカスタマイズ
ソーセージ ¥350 チーズオムレツ ¥380
ビーフ ¥400 ポーク¥350  チキン¥300
チーズ ¥250 野菜¥380  生たまご¥70
追加ライス ハーフ¥130 普通¥250 大盛り¥350  と曇りん450

本店とはメニュー構成が違いますが、こういうのが面白いし、
生卵がトッピング出来るっていいです。
洋風カレーと生卵の組み合わせって、
関西のカレーっぽくてうれしいです。

なら、チーズと生玉子のトッピングか、ドラキュラかな
などとも思ったのですが、それは次回の楽しみとして、
卵のフワトロさと、チーズの味わいと濃厚さが強烈な印象がある
チーズオムレツカレーの辛口をオーダー。

フードコートでおなじみのバイブレーションで料理ができたのを
知らせてくれる端末をお借りしてまつことしばし。

フードコートでありながら、雑然とした感じがなく、
ここが書店の一角か、と思わせるような、落ち着いた空間です。

そしてバイブレーションで呼び出しがあったのでとりに行くと、
両手付きのスチールのパンのような、小さいパエリア鍋のような皿で出てきます。
ワイルドな感じです。
ライスの上には、淡いレモンイエローと、見るからにふわふわプルプルトロッとした
感じの美しいオムレツがあります。散らされたパセリもいい色です。
そしてライスとオムレツの島以外を覆うのが、濃茶褐色の、トロみのついたカレーです。

極めて上品なルーカレーですから濃い褐色のベースにもなり、
味わいがほんのり甘かったり、ほんのり酸味があったりそして、
全体的に濃い原因になっているトマトやたまねぎをはじめ、
様々な野菜のエキスが溶け込んでいる味わいの塊がベースで、  
そこに加わるこれまた欧風カレーの命、しっかりと煮込まれて十分に抽出された、
それだけでもきっとオイしい、肉や骨やのたんぱく質系の味わいとあいまって
コクとウマ味のハーモニーを作りだしています。

しかもこのコクの原因は水を使わずに煮込んでいると
何かの本で読んで、そこにもあるのでしょう。
コクがあるのにクドクなくて、サワヤカなカラサとともに
すっと引く感じなのです。このすっと引く感じは果物によって
もたらされたものでしょう。

さらに土台がしっかりしているところで、かぐわしい香りのスパイスが
さりげなくそしてしだいに存在感をましてきて、
それが、口に入れて嚥下するまでの一瞬で
めくるめくように訪れてはひいて、ふわんとした残響が口内にたたずむ。
そして、そんな味わいをまた体験したくて続けて、
食べたくなるという。

一口食べて、手間をかけられていることがわかってしまう
そんなカレーをオイシクしてくれる一手間一手間の過程がいちいちウレしいです。
この脂や塩分のパンチもいい感じなのです。
「にくづき」に「旨」とかいて「脂」です。

そんな先制攻撃に続いて
そして続いてライスの上に鎮座増しましておわします
オムレツに軽くスプーンを入れて、割りますと

軽く湯気が上がると、とろっとした卵とともに、とろとろのチーズが流れてきました。
卵と生クリームが織り成している、淡いレモンイエローのオムレツから流れてくる、
同じ色の卵とともに少し黄色味の強いとろけているチーズです。

そして、さらに割るためにいったんスプーンを引くと
スプーンについたチーズがにゅーんと伸びます。この伸びはスゴい。

以前食べたビーフ・チーズは、ルーがチーズにとけているタイプですが
ルーをライスにかけるために、スプーンをカレーポットに入れたら
こちらの予想を上回る、びっくりするほど糸を引きまして、
感動した体験がありますが、そんなのも思い出しました。

オムレツだけでいただきましたが
淡白な白身の味わいと濃厚な黄身の味わいが
バターによって絶妙に結びつかれています。

このバターの香りがぷんぷんと漂う時点で、ウマいの決定ですが
外の少しだけしっかり火が通されたところと、
なかのふわっふわとろっとろのところのバランスも、
絶妙でうれしい極上オムレツですし、
黄身よりも更に濃厚なのがチーズですし
このチーズの味わいが主張しながらもやさしいのです。

あーもー、こんなオムレツ、うまくないハズがない!

しかも、オムレツを横断してスプーン入れると、
切った幅でチーズが流れてきました。
このチーズの量も凄いな。

こんな繊細かつ大胆にオイしいオムレツと
濃厚カレーの組み合わせです。

濃厚カレーと、別のベクトルで濃厚な黄身ながらも
カレーの濃厚さを穏やかにおさえる味わいは玉りません。

カレーとライスでいただいていたところを
カレーにオムでいただいたりとか、
更に、オムとライスでいただいたりとか、
カレーとライスとオムを同時にいただいてしまう。
なんという贅沢、なんという至福。たまりませんよ

しかも、切ったオムレツをスプーンにのせて口に運ぶたびに
びよ~んと糸を引くチーズもウレしいです。

カレーの濃さと卵の濃さの組み組み合わせもいいですが、
チーズとカレーの組み合わせもどうしてこんなにあうのでしょうか。

カレーのスパイシーさを、チーズが緩和してくれる役割も果たして
これまたタマらんです

カレーをかけたり、口に入れたり、オムを割ったり、
チーズの糸がにょ~んとなったのをたぐったりと
何をしても、笑顔がこぼれてしまいます。これは、脱帽です。

しかも、とろとろに煮込まれていながらも
わずかながら姿を現すたまねぎとか、
以前ビーフチーズを食べながらニマニマした思い出を想起する
やわらかいお肉とかもいいですよ。

と、いうことで、添えられて出てきたラッキョウに福神漬けを
ぽりぽりしながら、ごちーそーさまーでした。
気が付くとうなじから汗がしたたり落ちてきました。
さもありなんです。

と、いうことで、次回は、こちらオリジナルメニュードラキュラか、
さもなければ、まだこちらでいただいたことのないポークに、
生卵をトッピングしてイタダキましょう。

と、強く決意したのでした。

それにしても、DENO坦坦の香りを堪能しながら食べる
クロックのカレーというのも、不思議なものです。


おかげで、夜はDENO坦坦麺に行ってしまいました。




☆「カレー クロック 江別蔦屋店」(江別市牧場町14-1)
◇営業時間◇ 11:00-21:00 ◇定休日◇ 無休
◇駐車場◇有り



かつてラジオ内にあったコーナー 「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については 左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。



よろしければ




ということで。(´・ω・)ノシ
4ヶ月前のお話しです。

江別の蔦屋書店でカレーを食べたりお買い物をしたのですが、
そのあとは温泉です。

で、むかったのが、新篠津村。
以前は、こちら、アイリスとたっぷの湯の2軒がありましたが、
気が付いたらアイリスは閉鎖されていました。

で、こちらへ。

ウィークエンドの昼時なので、駐車場はなかなか混雑しています。
道の駅が併設されている3階建の建物で、
宿泊も出来ます。開放感のあるエントランスゾーンにある
券売機に湯銭を払ってから右手側に進んだ所で受付をします。

更に奥へ進むと、途中にジェラート屋さんがあります。
湯上がりにジェラートとかたまらんですね。

と、いうことで脱衣場へ。
こちら以前訪れた時に、表示に「塩素殺菌・循環」と書かれていたのですが、
現在は、露天風呂のみ塩素殺菌循環で、内風呂は掛け流しだそうです。
では、浴室へ。

むっとする湯気に歓迎されます。
中は、大きめのメインの湯槽や、水風呂、打たせ湯などがあります。
他に、サウナなどもある様子。

湯槽を満たすのは、緑褐色のお湯です。
すごく細かく茶色い湯ノ花が浮いていて
これもいい感じでしたし、盛大に漂う湯の香もいいです。

と、いうことで身を沈めます。

ああ、きもちいいです。
木が軽く饐えたような湯の香が、盛大にただよいますし、
とにかくキモチイイ、リラックスできるお湯です。

湯の中で、肌を撫でると、ツルツルっとした感触に
軽い抵抗感がまじります。
そして、お湯のついた手で顔をかるくぬぐうだけで
伝わる塩分。この感覚、ながぬま温泉とか、北村温泉級です。
軽くなめただけでさらに伝わる塩辛さ。
これは、身体が温まって、湯冷めしないやつです。

湯が近いと、湯の花が舞うのもよく見えます。
この湯の花も多くて、わざわざ壁に
汚れでもゴミでもないと、書くのも理解できます。

さらに大きい湯槽の片隅には、ジェットバスの装置もあります。

そして、露天へむかいます。
露天は岩風呂で、それなりの広さがあります。
囲いのせいで、湯船に浸かると何も見えませんが、
立つだけでしのつ湖を望む事が出来ます。
石狩・空知地区の公共温泉にしては
露天風呂の風情がなかなかいいです。

[かけ流しの北村温泉も妹背牛温泉も
お湯はいいのですが、高い壁があったり
倉庫に視界をジャマされたりと、
露天の風情はイマイチですので…]

岩風呂を満たすお湯も熱すぎず、ぬるすぎず、
ゆったりと時間を過ごすのには丁度よいです。

と、いうことで小一時間ばかりすごしました。

湯槽とか浴室は、あくまでも一般的な公共温泉のそれですが、
お湯は本当に素晴らしいです。


で、帰り際にもう成分分析表を見てみると
「成分総計28.11㌘」って書いてあります。

さりげなく、これもスゴいです。函館の西ききょう温泉で11㌘
谷地頭温泉でも17㌘なのに…

肌もスベスベになった感じがしますし、大満足です。

と、火照ったからだで、エントランスへむかう途中に
待ち構えているウレしいトラップが
イタリアンジェラート リコリコ さんです。
常に10種類以上が楽しめる、地元の野菜や果物をつかったジェラート。
とか聞くと、素通りは出来ません。

くどくなく、あっさりとした味わいながら、
風味はしっかりとしているところが
上質な味わいのスイーツを堪能して、
幼女戦記を見るために再び札幌にむかったのでした。

ちなみにこちら、
源泉温度低下のため、2015年5月に新源泉の掘削工事が始ま
2015年12月21日に、お湯の切り替え作業を実施。
翌12月22日にリニューアルとなったそうで、
この時に、源泉掛け流しになったそうです。

ちなみに、隣接する温泉施設「アイリス」さんは、
この前、2014年11月末で閉館となっています。
何か関係あるんですかね。


ってことで。 (´・ω・)ノシ