FC2ブログ
現在、名古屋市某所に隠棲中、
前回の名古屋遠征のときに、食べ損ねたモーニングを堪能しつつ
荷物をまとめて、本日の目的地へ移動の準備をしています。

なぜ名古屋にいるか、
それは昨日のお話になります。

昨日朝は4時30分に起床。その後はブログの更新などをしたり
身を浄めたりしてから
6時50分頃に宿を出ます。お世話になりました。
そして、浅草橋駅前のコメダ珈琲でモーニングをいただいてから、
7時25分発の総武中央線の三鷹行きにのり
秋葉原7時28分発の山手線に乗り換えて東京へ
東京駅で新幹線ホームに向かいますが、
ここが、滅茶苦茶込んでいます。
これが、マスコミなどで報道されているアレです。

とりあえず、7時47分発の新大阪行き、のぞみ301号に乗ります。

浅草橋駅で新幹線のチケットを買おうとした段階で、
指定席はとれなかったので、自由席でしたが、
無事に席を確保することができました。
D列ですが、この日は広島には行かないので大丈夫です。

新横浜を過ぎたあたりでウツラウツラして、気がつくと新富士でした
久しぶりのD列でしたが、富士山は麓部分しか見えません。
残念。

9時28分に名古屋駅着。
しばし時間をツブしてから、
10時33分発各駅豊橋行きに乗って、尾頭橋駅へ
10時36分に駅着。この駅で降りるのも初めてです。
周囲は、おはDの人たちがいっぱいです。


駅から新幹線や貨物線の方面に歩き、
貨物線の踏み切りに、ドラゴンズ選手の絵が描かれている
新幹線の高架下のあたりが、旧「ナゴヤ球場正門前駅」跡です。
新幹線の高架ごしにドラゴンズのロゴが描かれた建物が見えます。
そして、その建物を左に見ながら進んでいくと、
途中、ピッチング練習の音が聞こえてきます。

野球の音です。

そして、斜め前には、露橋スポーツセンターが見えてきますと、
真横に見えました。ナゴヤ球場です。
ナゴヤドームではありません、ドームができる前の
ドラゴンズの本拠地、ナゴヤ球場です。
現在はドラゴンズのファームのゲームを中心に行われています。

そう、今日は、カープ戦応援は一休みして
ウェスタンリーグのドラゴンズvsタイガース戦を観戦します。

実は、当初は鎌ヶ谷に行って、ファイターズvsベイスターズのゲームを
見ようと思って、前回マリーンズのゲームを見るために千葉に遠征したとき
下見までしてきたのですが、
この日に吉田輝星投手が登板するとのことで
25日の段階でチケットが残りわずか。

たぶん当日に行ってもチケット確保は難しいだろう
と、いうことで直前にこちらのゲームにふりかえました。

鎌ヶ谷も概観を見ただけですが、よさそうな球場で
楽しみにしていましたが、そちらはまた機会を作っていきます。

と、いうかスゴいな、人。

チケットがゲーム開始の二時間前から買えるとのことですし、
同じ日にナゴヤドームで一軍のタイガース戦もあるので、
11時前くらいに行けばいいかな、と思っていましたが
10連休と、ドラゴンズファンをナメてました。

敷地に入るところで、いつもの二礼二拍手一礼、
野球の神様にご挨拶をしてから中へいきます。

まずはチケットを購入して、10時45分に一般列に並びます。
ほとんどが青い人たちですが、ちらほら黄色い人もいます。
横には、選手寮の昇龍館も見えます。

何度か列整理で移動して、結局11時35分に列が動いて入場。
いよいよスタジアムに入ります。
内野だけの5000人収容のスタジアムですが、
開場時間と同時に入ったので、いい席を確保することができました。
と、いうことでバックネットの斜め横の席を確保します。

内野は土、外野は芝で、いいコントラストです。
外野の向こう側には住宅街が広がるという、
商業地に野球場があるのが当たり前な現在としては、
なかなかレアな風景が広がりますし、
かつての席も残っていることもあいまって昭和の風情を醸し出します。

そして、内野の売店へむかいます。
店舗は一つですが、メニューはなかなか充実しています。

まずは「球場三食」で日下が食べたナゴ球パスタのあんかけです。
自席で美味しくいただきました。

感想はまた後日、当、ブログにて。

さらに、タイガースのシートノック、ドラゴンズのシートノックを見てから
グランド整備が入りまして
30分にバッテリー発表。

ドラゴンズはピッチャー梅津選手、キャッチャー石橋選手で
ルーキーバッテリーです。
ドラ1ルーキー梅津選手は、病み上がりで今まで調整などがあって
プロ初登板。ここでそれなりの結果を出してほしいものです。
タイガースはピッチャーガルシア選手にどよめきがおきます。
昨年までドラゴンズの選手ですからね。
キャッチャーは長坂選手です。

55分にスタメン発表。
タイガースは
8島田 6熊谷 9伊藤隼 7高山 3山崎 D片山 4板山 2長坂 5藤谷
育成ドラフトのルーキー片山選手がスタメンです。
というか、クリンナップが豪華です。
ドラゴンズは、
4高松 7溝脇 5石川駿 3モヤ Dアルモンテ 8近藤 6石垣 2石橋 9友永
クリンナップの豪華さはこちらも負けていません。

ドラゴンズ小笠原二軍監督と、タイガース平田二軍監督が
メンバー表交換
スタンドから「ガッツー!!」という声がとびます。

ON YOUR MARKSがあって、
「平成最後のナゴヤ球場での始球式になります」というアナウンスがあっての
始球式があってから

定刻にプレイボールです。

1回表、タイガースの攻撃
先頭島田選手に対する梅津選手の初球は148km/h
いい球来てます。
でセカンドへの強いゴロを高松選手がポロッとしますが、その後すばやく送球しアウト
続く熊谷選手にはストレートのフォアボール
隼太選手はファーストゴロで2アウトランナー2塁から、
高山選手のあたりはサードへのバウンドが高いゴロで
送球を焦った石川選手が暴投をして、その間熊谷選手が還って
タイガース先制です。
続く山崎選手もフォアボールで出して1.2塁になりますが、
育成ルーキーの片山選手をレフトフライに討ち取ってチェンジです。

タイガース、1塁コーチャーに山田コーチで3塁コーチに中村コーチですかね、

1回ウラ ドラゴンズの攻撃
先頭高松選手、続く溝脇選手と連続でセカンドゴロ
石川選手はフォアボールで出ますが、
モヤ選手がショートゴロで16球でチェンジです。

ドラゴンズは、1塁コーチ、荒木コーチ、3塁コーチ、英智コーチで
「あらきー」っとチビッ子が声援をおくっています。

2回表 タイガースの攻撃
ドラゴンズは、梅津選手に変えて、濱田達郎選手をマウンドへ。
濱田選手も、ケガで育成再契約になった選手です。

先頭板山選手、続く長坂選手と連続空振り三振、
藤谷選手を見逃し三振で、三者連続三振で三凡です。
すげぇ。

2回ウラ ドラゴンズの攻撃
先頭アルモンテ選手。
チビッ子のリードで、アールモンテッ ドドンドドンドンと盛り上がりますが
SSBから空振り三振
近藤選手センターフライ 石垣選手空振り三振で、こちらも三凡です。

3回表 タイガースの攻撃
先頭島田選手のセカンドゴロ、送球がそれて、一塁のモヤ選手なんとかおさえます。
続く熊谷選手はSBBSFBからフォアボールで出ますが
続く隼太選手に対する初球で走り、盗塁失敗。
さらに隼太選手は、にげる変化球に泳いで三振です。
濱田選手、このボールを効果的に使えています。

3回ウラ ドラゴンズの攻撃
先頭ルーキーキャッチャー石橋選手、ファーストへのファールフライ
友永選手7球粘りますがピッチャーゴロ
高松選手はサードへのバントを決めて、難しいあたりを
三塁の藤谷選手が悪送球。(判定はヒット)
ただ溝脇選手への二球目で盗塁を企画しますが、失敗しチェンジです。

4回表 タイガースの攻撃
先頭高山選手セカンドゴロから
続く山崎選手の強いあたり、モヤ選手が飛びつきますが、その下を鋭く抜ける
ライト前ヒットで出塁
片山選手が、外への変化球に体勢崩して三振
板山選手、ファーストフライでチェンジです。

4回ウラ ドラゴンズの攻撃
先頭溝脇選手、サードへのあたりを藤谷選手が見事に捌いてアウト
石川選手はきれいなセンター前ヒットで出ますが、
モヤ選手のセカンドゴロが4-6-3の併殺になります。

5回表 タイガースの攻撃
先頭長坂選手を背中へのデットボールで出しますと
藤谷選手は三振できってとりますが、
島田選手のピッチャーへのボテボテのゴロで快足飛ばして内野安打
さらに、熊谷選手が見事な流し打ちでライト前に落として満塁から
隼太選手が鮮やかに引っ張る強い当たりで
長坂選手、熊谷選手が還る2点タイムリーになって
3点目です。
高山選手の3球目はワイルドピッチで隼太選手進塁しますが
セカンドゴロでチェンジです。


5回ウラ ドラゴンズの攻撃
タイガースはこの回から、谷川選手をマウンドにおくります。
先頭アルモンテ選手の強いあたりは、ショートへの鋭い打球で
ショートがとれずに結果センター前ヒット。
続く近藤選手に対して二球連続で、頭付近に投球が行き
少し騒然とする球場。マウンドに内野陣が集まります。
7球目にアルモンテ選手が走って、アウトになり、近藤選手も見逃し三振
サインミスですかね? さらに石垣選手も空振り三振で、チェンジ。
ドラゴンズは3回4回5回と、ランナーを出しながらも
三人で攻撃を終えています。
ファンにはたまらない展開です。

ここで、グランド整備と抽選会がありますので、
その時間を利用して、売店にいって、バリそば(カレー)を買ってきて、
6回のタイガースの攻撃を見ながらいただきます。

そばは軽やかな食感とカレーの濃さがなかなかいい感じでした。
詳細な感想はまた後日です。

6回表 タイガースの攻撃
先頭山崎選手はショートゴロでたおれますが、
片山選手がうまい流し打ちでレフト前に運んで出塁
さらに板山選手がストレートのフォアボールで出ると、
長坂選手が左中間をやぶる二塁打で、片山、板山選手が還る
二点タイムリーになります。
藤谷選手ファーストゴロ、島田選手センターフライでチェンジですが、
これでタイガース5点目、5-0です。

6回ウラドラゴンズの攻撃
先頭石橋選手がフォアボールで出塁すると、
友永選手が左中間を真っ二つに破る二塁打。
ただし、この当たりで石橋選手が還れずに、オイオイなどと声が
スタンドから飛びますが、
高松選手のセカンドえの難しい当たり、
送球がそれて内野安打になりますし、
ファーストが後ろにそらす間に石橋・友永両選手が還って、
2点返しました。高松選手は二塁にすすみノーアウト二塁です。
続く溝脇選手は見逃し三振で、スタンドから「振れよぉおおおお!」と檄がとびます。
が石川選手のショートゴロを熊谷選手がそらして
その間、高松選手が還って、1点追加です。
ここで、タイガースは石井選手をマウンドへ。
盛り上がるスタンドで、自然発生的に応援歌が歌われますが、
モヤ選手用の外国人汎用曲じゃないですね。
モヤ選手空振り三振
お隣の人は「「オレノウタジャナイ」とか思ってるんじゃない」
などと言って盛り上がっているので、噴き出してしまいました。
アルモンテ選手の送球がそれて、石川選手はセカンドへ
そして、アルモンテ選手がフォアボールで出塁したところで、
タイガースは福永選手をマウンドへ
スタンドからは自然発生的にサウスポーチャンテが流れてきて
盛り上がりますし
二球目のレフトへのファールのライナーを
ブルペンキャッチャーがナイスキャッチしてこちらも盛り上がりますが
近藤選手、見逃し三振です
おい おい 近藤 です。

タイガースは2つのエラーが失点につながったのがイタいところです。


7回の表 タイガースのラッキーセブン。
六甲颪は流れませんでした。
ドラゴンズはこの回かから三ツ間選手をマウンドにおくります。
先頭熊谷選手をフォアボールで出しますが、
隼太選手のショートゴロで6-4-3の併殺
高山選手ピッチャーゴロでチェンジです。

7回ウラ ドラゴンズのラッキーセブン。
この日は、ジェット風船が配られて、それを飛ばしますが
てっきり「燃えよドラゴンズ」が流れてからだと思っていたのに
燃えドラはなしでした。
先頭石垣選手三球で空振り三振から、石橋選手が右中間を破る二塁打で出ますが
友永選手センターフライ 高松選手ファーストゴロでチェンジです。

8回表タイガースの攻撃
ドラゴンズは、マウンドに山本選手をおくりもキャッチャーは武山選手に交代です。
公称167cm71㎏の山本選手を見て
後ろのマダムは「ずいぶんちっちゃい子がきたわねー」などと言ってます。
が、体全身を使う躍動感あるフォームと、
おたけびげあげながらの投球は気迫を感じます。
先頭山崎選手は三塁線を鋭く抜く二塁打で出しますが
片山選手の二球目のファールチップが武山選手に直撃
武山選手が守備位置付近で歩きながら痛みと戦ってる間、
「武山選手、治療のためしばらくお待ちください」と場内アナウンス。
「治療って」と場内に笑いが起きます。
片山選手はセンターフライ、板山選手三振
長坂選手フォアボールのところで、
藤谷選手の打席で代打荒木選手です。
チビッ子が「代打荒木??」などと盛り上がりますが
「なんだ~そっちの荒木か~」
そりゃ、荒木コーチはタイガースの代打に出ないでしょ。
荒木選手はレフトフライでチェンジです。
ランナー2人出しましたが、0に抑えました。

8回ウラ ドラゴンズの攻撃
代打に出た荒木選手がファーストに入って、
ファーストの山崎選手がサードに入ります。
さらにピッチャーは飯田選手です。
去年のGWにカープvsホークスのウェスタンのゲームを見に行ったとき
カープが逆転したときのピッチャーも、当時ホークスの一員だった
飯田選手だったなぁ。などと思い出します。

先頭溝脇選手がセカンドゴロで倒れたあと
石川選手がレフト前にきれいにはじき返して出塁。
石川選手、この日2安打のうえ、全打席で出塁です。
つづくモヤ選手。ライト前ヒットで1.3塁
アルモンテ選手のレフト前ヒットで、石川選手が還り、2点差です。
アルモンテ選手の代走に杉山選手。
そして、近藤選手の打席ですが、代打松井佑介選手が
レフト前に運んで、モヤ選手が還って同点です。
三塁側スタンドから湧き上がる燃えよドラゴンズです。
さらに石垣選手の代打にベテラン藤井選手
「藤井~、ゲッツーだけはやめろよ~」などと酔っ払いの声がしますが、
藤井選手のボテボテのファーストゴロはピッチャーの野選を誘って
逆転しました。ここでも燃えドラです。
タイガースは、ここで飯田選手にかえて、歳内選手をマウンドへ。
武山選手ライトフライ、友永選手セカンドゴロで、追加点はないですが、
ドラゴンズ4連打で逆転しました。

9回表 タイガースの攻撃
ドラゴンズは、マウンドに福選手をおくります。
さらに代走で出た杉山選手がそのまま指名打者に
松井佑選手がライトに、ライトの友永選手がセンターに
代打の藤井選手がレフトに、レフトの溝脇選手がショートに入ります。
タイガースは打順よく1番からです。
島田選手がフォアボールで出塁すると、熊谷選手がきっちり送ります。
ここで隼太選手の打席ですが、代打の俊介選手がセンターフライで2アウト。
高山選手をデッドボールで出しますが、この日二安打の山崎選手を
空振り三振にきってとって、ゲームセットです。

両チームとも守備のミスがそのまま失点につながった感じです。
やっぱ野球は守りですね。

にしても、ゲームも楽しければ、選手のプレイも良く
スタンドでは濃いファンのトークも楽しくて、
1000円でこれだったら、地元の人は来るなぁ、と思いながら
球場をあとにします。

面白いゲームとの出会いに感謝しつつ、野球の神様に二礼二拍手一礼
次は、カープのゲームも見たいなぁと、再訪を誓って
尾頭橋駅を目指します。

16時21分浜松行きで、金山駅へ
そこで地下鉄名城線に乗り換えて、16時27分のナゴヤドーム矢田行きに乗って、栄駅へ
そこで東山線に乗り換えて16時37分の藤が丘行きで新栄駅に行き

徒歩でこの日お世話になる宿に入って、
洗濯をしたり、黒豚ぎょうざ酒場 米吉 CBC前店さんで、餃子とか
麻婆豆腐とかでハイボールをいただいたり、
ブログの更新をして、夜をすごしたというわけです。



勝利投手 山本(1勝3敗0S)
セーブ 福(0勝0敗1S)
敗戦投手 飯田(0勝1敗1S)
本塁打 なし

観衆数 3743人
試合時間 3時間25分






ってことで。(´・ω・)ノシ






本記事で平成最後のブログ更新になります。
いろいろと大変お世話になりました。

平成は世間的にも、僕自身もいろいろありました。
特に、私は平成元年からオシゴトをはじめたので
感慨も一入ですが、良い時代をすごすことができました。
心から感謝しております。

次におあいするときは令和です。

皆様にとりましても良い時代になりますことを
心よりお祈りしております。

宜しければ、
令和もおつきあいのほど、お願いいたします。
スポンサーサイト



現在も東京某所で朝をむかえています。

身を浄めて、荷物整理をして、
これから本日の目的先に向かいます。

どちらに行くかは、明日のブログをお楽しみに。


昨日は、負けてしまいました。
いいところまで行ったんですがね。
と、いうこてで、振り返りたくないのですが、ノルマなので消化します。

前日の勝利に酔って、宿近くの串カツ「田中」さんで祝杯をあげます。

このまま波に乗ってほしいものです。

ブログの更新をしながら、僕たちは勉強ができない
川柳少女 みだらな青ちゃんは勉強ができない 
○○生活、けいおん
といったところを堪能してからおやすみなさいzzz

翌朝は5時起床

7時30分に近くの大戸屋さんで朝食をいただきます。
500円で、焼き魚あり、納豆、海苔、卵、おしんこ、大根おろしという
和朝食メニューを堪能できて、コスパ的にもいい感じです。

その後もブログの更新をしたりしてから、
身を浄めてから、カープの赤いボクサーパンツ、
赤のアンダーシャツの上に26 HIROSEのホームユニという
戦闘服に着替えてからその上にパーカーを羽織って

朝10時過ぎに宿を出ます。
Kitacaをチャージしてから、総武線でお茶の水へ。

神保町で、お仕事で必要なものをお買い物しますが、見つからなかったので、
さらに都営新宿線で新宿三丁目に出てお買い物。
結局見つからなかったので、一旦持ち越しで、
新宿三丁目駅から副都心線にのって、渋谷へ
そこから、銀座線にのって表参道へむかいます。

地下鉄から地上にでると、いきなり、スワローズの今年のスローガンが
大書されている城南信金が視界に入ってきて、
スワローズの街だなぁ、という感じを強くします。

さらにスワローズの幟とか幕も多くて、気分が上がります。

プロ野球のゲームまではまだ時間があるので、
そこまでお店は出てませんが、何軒か野球観戦のお供を
販売しているお店があります。
こういうのもテンションが高くなります。
秩父宮ラグビー場の横を通って、12時45分くらいに到着

神宮球場のバックスクリーンのところから敷地に入ります。
そちらで野球の神様に昨日の御礼をしつつこの日も面白いゲームを
見ることができますように、とカープの健闘を祈って、二礼二拍手一礼。
今日も宜しくお願いします。

野球の神様に昨日の勝利のお礼をしてから、2礼2拍手1礼してから
内野特別席のチケットを1500円で購入。

この時間は六大学の春季リーグ、早稲田vs明治のゲーム終盤です。
まずは、「球場三食」のなかで、ちなヤク女子のつばみちゃんが食べていた
水明亭のうどん(つばみちゃんとは違ってカレーうどんでしたが)に
温玉をトッピングして、いただきます。
伝統の味、美味しかったです。感想は後日。
ゲームは、明治のプロ注森下選手の好投などもあり、明治が勝利
続いて、慶応-法政のゲームを観戦します。
六大学野球の熱気とアツい応援は、何年か一度には見ておきたいところ。
と、いうことでの観戦です。

1年ぶりの六大学戦です。
バックネット裏での観戦ですが、吹奏楽とかの応援がド迫力です。

ゲームは終始法政ペースですすみます。
慶応が、粘りを見せますが、結局逃げ切ったゲームです。

昨年は、慶応-立教のゲームを見て、慶応の応援団近くの
内野席で、周りはほぼOBか関係者なので、濃い会話もありまして、
今年はバックネット裏だったので、そういうのはありませんでしたが、
スコアつけているおじさんが3人くらいいました。

やはり、東京六大学、面白いです。
(とはいえ、前日の睡眠不足と、うどんでお腹がくちくなったので、
途中、ヲちてしまう時間もありましたが…ww)

16時20分にゲームセット。両校のエール交換を聞きながら
一旦バックネット裏をあとにして、今度は内野席の一塁側にむかいます。
この日は、内野ss指定席です。

16時35分頃に開場したので、まずは一番ゲートから中へ入ります。
まだ中では法政の応援団が、足場とかの撤収作業をしています。
ということで、ライト側ポールのそばで待機をして
そして、撤収終了とともに、自席に向かいます。

まずは自席を確認。一塁と二塁を結ぶ線の延長上という
いい席です。しかも前から20列目という好席です。
ただ、周囲はほぼスワローズファンですが、
落ち着いて観戦できそうです。

と、いうことで、荷物を置いてから売店へ。
昨日は、内野席グルメだったので、今日は外野を攻めます。
ブラックライトに反応するスタンプを手の甲におしてもらって
外野へ。
ビールの売り子さんがスタンバイしています。

一通り売店をチェックしてから、昨年まで「麺や秀雄」さんがあった場所に
今年からできたHUBさんで、石井コーチのポークプレゼを購入。
アツアツのをすぐいただきたかったので、こちらでいただきます。

ナニコレ、球場で食べるレベルじゃないよ。スゴいです。
「ブレゼ」は、フランス料理の調理法で蒸し煮のことです。 豚肉
を蒸し煮にしてじっくり調理することで、柔らかく仕上がってます。
詳細の感想はまた後日。

まだお腹に余裕があるので、マックドゥさんで
宮崎鶏丼を購入して、自席に戻っていただきます。

こちらも美味しかったです。
感想はまた後日。

6大戦が押したこともあって、若干あわただしい印象。
食べ物のところとか、通路とかが混雑している気がします。
ゆったり回りたいんだったら、六大戦がないときに早く行ったほうがいいですかね。

17時30分、パトリック・ユウさんと、つば九郎のかけあいを見ます、
つば九郎は天皇賞ハズしたそうです。あと菊池選手の昨日の1000本安打を
祝ってくれました。

そして、スタメン発表。
カープは3番長野選手のところで盛り上がり、
さらに4番誠也選手のところで、地鳴りのような感じで声がおきます。
誠也選手が4番にかえってきました。さらに五番はファーストに入る
龍馬選手です。
スワローズは1番に塩見選手、5番に村上選手です。

その後BGMにあわせて、ノリノリなつば九郎とか、
PassionのパフォーマンスがはじまるのでBGMが途切れると
メットをたたきつけてキレたりという小芝居を見たり
キレキレのつばみのダンスを堪能したり
メンバー表交換、始球式があって、プレイボールです。

この日、カープの先発はジョンソン投手、スワローズの先発は高梨投手
クリスー、頼むでぇえええ
あと、高梨選手も浦添行ったときに、間近で見ましたが
ゲームで見るのは、札ド以来です。

あと、自席から、バッターボックス見ると、
右バッターは真横からの視線になり、ボールの高低とかはしっかり見えます。


1回表 カープの攻撃
先頭広輔選手、FBから三球目をレフトフライ
菊池選手も、FBからの三球目をライトフライ
長野選手はBSFBからの四球目をハーフスイング取られて
空振り三振で三凡です。

11球でおえる高梨選手、立ち上がりは上々です。


1回裏 スワローズの攻撃
先頭塩見選手、SBFBFBFと7球粘りましたが、
内角低めの真っ直ぐに見逃し三振
青木選手は、きれいにピッチャーのあしもとを鋭くぬく
センターへのヒットで出塁しますが、
山田選手空振り三振 バレンティン選手セカンドゴロでチェンジ

22球要しましたが、ジョンソン投手もまずまずです。



2回表 カープの攻撃
大歓声で迎えられた誠也選手、レフトの頭上を抜いて
フェンス直撃の二塁打になります。復帰後初安打がいきなりのツーベースです。
また、地鳴りのような大声援で盛り上がります。
さらに龍馬選手の打席は攻めろ!チャンテで盛り上がり
高梨選手のワイルドピッチで誠也選手は3塁にすすみます。
が、龍馬選手、インローの難しい球をボテボテのサードゴロ
安部選手ショートフライ 野間選手セカンドゴロでチェンジです。

このノーアウト3塁を生かせなかったのが、カープ的にツラくなります。


2回裏 スワローズの攻撃
先頭村上選手、見逃し三振で1アウトとってから
続く荒木選手。初球空振りで0-1から、バットが一閃
レフトへの打球はぐんぐんのびてスタンドインです。
ええええ
スワローズ先制で、東京音頭です。ああああああ
西浦選手ファーストゴロから、中村選手が逆らわないバッティングで、
ライトへのヒットになります。
が、高梨選手サードフライでチェンジです。

先制されてしまいました。

ま、序盤ですから。などと思い直して、応援、応援

ドドドンあらきっ ドドドンあらきっ のコールに
帽子をとって挨拶する荒木選手です。

3回表 カープの攻撃
先頭石原選手、ハーフスイングを取られて3球三振
ジョンソン選手、BSSBの2-2から5球目を空振りの三振
広輔選手セカンドゴロで三凡です

PASSIONのパフォーマンスと、トルクーヤの気ままなダンスを見てから
3回裏 スワローズの攻撃
先頭塩見、セカンドライナーで1アウトから
青木選手のレフトへのあたりはグングン延びて、スタンドインです。
ああああああ
「あれではいるんだねー」と周囲の人。
また東京音頭です。あああああ
山田選手はレフトフライにうちとりますが、
バレンティン選手、2-2からバット一閃、
打球は伸びてバックスクリーンに飛び込みます。
えええええええええ
また東京音頭です。
村上選手はセカンドゴロでチェンジですが、
一回にホームラン2本飛び出ました。
あーおーきっ、あーおーきっ、のコールに帽子を振って応じる青木選手
ばーれんてぃん ばーれんてぃん のコールに
帽子をとってぺこっと一礼するバレンティン選手です。

グランド整備後
4回表 カープの攻撃
先頭菊池選手サードフライ、続く長野選手の三塁側ファールゾーンにとんだフライで
村上選手と中村選手が交錯して転倒しますが、村上選手が捕球して2アウト
誠也選手は、セカンドの左をゴロで抜くセンターへのヒットで出塁して
西川選手の打席、SFFFからの5球目、バッテリーが油断している隙をついて
盗塁を決めますが、龍馬選手は低めのおちるボールを空振り三振でチェンジです。

Passionメンバーとファンのチビッ子の交流があって、
4回裏 スワローズの攻撃
先頭荒木選手はBBBSから一度もバットを振ることなくフォアボールで出塁
西浦選手はきれいにはじき返すセンターへのヒットで1,3塁
ここで、マウンドに内野陣が集まり、佐々岡コーチもでてきます。
ライトスタンドから、バジリスクチャンテが流れてきて盛り上がるなか
中村選手がBBFBから5球目を見送りフォアボールで満塁
高梨選手は一度もバットを振ることなく3球三振。
「ここは、何もやらんほうがいいよ」と後ろの人
さらにルパンチャンテが鳴り響きます
塩見選手は、カウント2-1からの4球目をショートフライ
青木選手は、BBFFでカウント2-2から高めのボール球を空振り三振
チェンジです。

サンキュー、クリスぅううううううう

ベンチ前で円陣が組まれて
5回表 カープの攻撃
2文字応援歌で盛り上がるなか、先頭安部選手がライトへのヒットで出塁すると
さらに2文字応援歌で盛り上がる野間選手もセンターへのヒットで
ノーアウト1.2塁。
マウンドに内野陣が集まりますし、レフトスタンドからは攻めろチャンテです
石原選手は初球、二球目とバントを失敗し
スリーバントを試みるも失敗して1アウト
そしてピッチャージョンソン選手の打順に、代打バティスタ選手で
飛ばすチャンスで盛り上がります。ひぃろっしまぁ!!
が、バティスタ選手、一度もバットを振ることなく
3球三振です。
「代打で出てきて、見逃し三振はいかん」と後ろの人。そのとおり
広輔選手はBSBBSのカウント3-2からの6球目を
いい当たりしますが、ライトフライでチェンジです。

あああああ、高梨選手は、マウンド上でグラブをポーンとたたきます。

スワローズの4回ウラもそうですが、
こういう場面を攻めきれないのがツラいです。

EZ DO DANCE つば九郎の空中くるりんぱ 失敗があってから
5回裏 スワローズの攻撃
カープは、代打のバティスタ選手がそのままファーストに入り、
ファーストの西川選手の打順にキャッチャーの翼選手が、
キャッチャー石原選手の打順にピッチャー菊池保選手が入ります。
が、菊池保選手、山田へのカウント0-1からの二球目を
バックスクリーン左に放り込まれます。あああああああああああ
東京音頭ですもぉおおおおおおおお
バレンティン選手は、大振りで空振り三振、村上選手はファーストゴロ
荒木選手はBBSBSからフォアボールを選びますが
西浦選手空振りの三振でチェンジです。

ここでの一点追加はデカいです。

ザ・対決のコーナーのタイミングで、煮込みと、青木選手のサワーを購入
自席で美味しくいただきました。


6回表 カープの攻撃
先頭菊池選手、空振り三振 長野選手ライトフライから、
誠也選手セカンドの頭を越えるライトへのヒットで出塁します。
誠也選手、復帰最初の試合で猛打賞です。
が、翼選手、空振三振でチェンジ


6回裏 スワローズの攻撃
先頭中村選手、ファーストへのファウルフライ
高梨選手の代打の太田選手。ファイターズから移籍した同士の交代ですが
セカンドゴロ 塩見選手セカンドゴロで、スワローズは
このゲーム初めての三凡です。

カープ カープ カープっひろーしまー
ひーろしーまーかぁーあーぷー

と盛り上がって、
7回表 カープの攻撃
スワローズはピッチャーに代打が出たので、
ハフ選手がマウンドにあがります
先頭安部選手、ショートゴロから、
続く野間選手の打球、ショートの西浦選手がよく抑えますが、
俊足の野間選手を警戒してか送球が乱れて
野間選手は二塁にすすみます。よしよし
ここで、ピッチャーの打席なので、代打に下水流選手です。
頼むでぇえええ、ずるぅうううううう
チャンススーパーが流れるなか、下水流選手は空振り三振
ただ、続くバティスタ選手のバット一閃
ボールはレフトスタンドへ飛び込みます。

うぉおおおおおおおおお。
周囲はヤクルトファンが多い中ですが、思わず立ち上がってしまいました。
そして宮島さんです。バンザーイ バンザーイ バンザァアアアアアアイ!!!
「今日、ホームラン見るの9本目だわ。東京ドームで4本、神宮で5本」
と後ろの人。
話を聴いていると、神宮に来る前は、東京ドームで、
ジャイアンツvsベイスターズのゲームを見てきたそうです。
ここで、さらに少しでも追いつきたいところですが、
広輔選手ライトフライでチェンジです。

東京音頭で盛り上がったあと、
バーティッスター バーティッスターのコールに対して
帽子をとって、ぺこっと一礼するバティスタ選手です。

7回裏 スワローズの攻撃
菊池保選手に代打が出たので、レグナルト選手がマウンドにあがります。
先頭青木選手、右中間の深いところに飛ぶツーベースで出て、
山田選手は、キャッチャーへのファウルフライできりますと、
マウンド上に集まる内野陣
そして、バレンティン選手を申告敬遠で塁を埋めると
チャンステーマ4で盛り上がるライトスタンド。
村上選手は空振り三振
荒木選手は、FBBBSのカウント3-2から、6球連続でファールで粘りますが、
12球目をショートフライでチェンジです。
こーすけぇえええ。

僕らのカープを歌ってから

8回表 カープの攻撃
スワローズは近藤選手をマウンドにおくります
さらに、サードには村上選手に代えて、大引選手が入ります。
先頭菊池選手のあたり、背走した青木選手が一旦グラブにおさめますが、
ポロッとこぼして、菊池選手は2塁へすすみます。
大盛り上がりで、打席には長野選手が入りますが、サードゴロ
続く本日3安打の誠也選手で、最高潮に盛り上がりすが、BSBBから
敬遠ぎみのフォアボールで1,2塁になります。
が、翼選手、安部選手と連続して空振り三振です。ああああああああ

このノーアウトでスコアリングポジションに進んだランナーを生かせないのって
何度目ですかね。

一塁側ベンチ前で、青木選手を待つ近藤選手に
ごめんなさいをする青木選手。そのあと二人で抱き合ってます。

8回裏 スワローズの攻撃
カープは中村恭平選手がマウンドにあがります。きょんぺー、がんばれー!!
先頭、西浦選手は空振り三振
続く中村選手の打席。中村悠平vs中村恭平です。
ああ、まぎらわしい。ついでに村中恭平も連れてこいよ
とか思いますが、そんなことを考えていたのがよくなかったのか
中村選手はフォアボールで出塁
いやな予感がしますが、
大引選手は、ピッチャー恭平選手のグラブを弾く強いあたりでしが、
しっかりと捌いてピッチャーゴロ。
塩見選手は高めの真っ直ぐでバットをへし折ってセカンドフライ。チェンジです。


9回表 カープの攻撃
スワローズは、マウンドにクローザーの石山選手をおくります。
さらにバレンティン選手にかえて、田代選手がレフトに入ります。
「和尚!?」「和尚!?」という展開になってほしいのですが、
先頭野間選手、サードへのファールフライ
続くはピッチャー恭平選手の打順なので
代打で岩本選手です。が空振り三振
バティスタ選手ショートゴロでゲームセットです。



ああああ、残念。

と、いうことで敗者はさっさと立ち去ります。
高梨選手のヒーローインタビューを聞きながら、
信濃町駅を目指します。

そして、21時25分の総武線で浅草橋へ。
浅草橋ではどこも寄らずにおとなしく宿に戻ったのでした。


今日のゲームは、
スワローズも得点はすべてホームランによる一発のものなので
効率的な得点ではなく、チャンスをつぶす場面も多かったですが、

それ以上にカープがスコアリングポジションに進んだランナーを
返すことができなかった。
3度もそんな場面がありましたから、
ストレスもたまりますね。

もう少しつながりが出るといいなと思いつつ、

でも、投手陣の後ろはそこそこだったところをポジりながら、
今日は、カープ戦観戦は一休みして、

明日の甲子園へむかいたいと思います。





勝利投手[ ヤクルト ] 高梨 (2勝2敗0S)
敗戦投手[ 広島 ] ジョンソン (1勝3敗0S)
セーブ[ ヤクルト ] 石山 (1勝1敗5S)


本塁打
[ 広島 ] バティスタ2号(7回表2ラン)
[ ヤクルト ] 荒木2号(2回裏ソロ)、青木5号(3回裏ソロ)、バレンティン7号(3回裏ソロ)、山田哲7号(5回裏ソロ)


観衆数 30643人
試合時間3時間7分




ってことで。(´・ω・)ノシ
今シーズン初の東京遠征で、昨日今日と7ヶ月ぶりの神宮。
現在、東京某所に滞在中。
これから、今日のゲームに備えて出陣準備です。

そして

勝ったのぅーーーーーーーーーーーーー!!

自分的ツアーの緒戦を取りました。
さらに、チームは8連勝。4月の不調時に重ねた借金を
返済いたしました。

ともあれ、めでたいということで、恒例でございますので、
みなさん御斉唱お願いいたします。

♪宮島さ~んの神主が~ おみくじひいて申すには   
今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち ♪
♪宮島さ~んの神主が~ (ウゥ~! ワッショイ ワッショイ)   
おみくじ引いて申すには~ (ウゥ~! ワッショイ ワッショイ)   
今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち♪ 
バンザーイ! バンザーイ! バンザーイ!!!

♪カープ カープ カープ広島 広島カープ   
空を泳げと 天もまた胸を開く   
今日のこの時を 確かに戦い   
遙かに高く 遙かに高く  栄光の旗を立てよ   
カープ カープ カープ広島 広島カープ   


勝ちに行くのが 選ばれた者のさだめ   
一投一打が 勝負の全て    
闘志をつくし 闘志をつくし  
今ここで花と咲けよ   
カープ カープ カープ広島 広島カープ   


鍛え抜かれた 精鋭の技と力     
その意気愛して 見守る我らの   
明日へ続く 明日へ続く  
きりのない夢であれよ   
カープ カープ カープ広島 広島カープ    

晴れのあかつき 旨酒を酌み交わそう    
栄光手にする その日は近いぞ   
優勝かけて 優勝かけて  
たくましく強く踊れ   

カープ カープ カープ広島 広島カープ ♪  

バンザーイ! バンザーイ!! バンザーイ!!! 


そんなゲームとかの振り返りです。


Don't Stop Passengers
元号跨ぎ、Crazy Go West tour 2019の期間中

ずっと空港の駐車場におくと、駐車料金がスサマジイことになるので、
鉄道で新千歳を目指します。
さらに10日間、広くもない駅の駐車場に車をおきっぱなしなのもなんなんで
朝7時15分にタクシーをよびます

タクシーは25分に来て、駅には35分着。
待つことしばしで、小樽行きの列車が到着です。

駅では交換と3両で来た車両を切り離すので、しばし停車。
8時2分に出発。朝早かったので、車内では軽くヲちます。

その後、小樽で快速エアポートに乗り換えて、
普段より混んでいる車内に、連休の初日を感じながら
新千歳空港駅には、10時42分着。
空港は混雑していますが、テレビとかで見た、搭乗手続きに
1時間かかるとかではありません。

と、いうことを確認して、買い物をしてから
保安検査場を通過して、中の制限区域で早いお昼のために
お寿司をいただいて、また腹的に余裕があるので、
スナッフルスが空港限定でだしている
オムパンとレアチーズシューをいただきました。

それぞれ大変大変おいしゅうございました。

そして、12時10分に機内へ。
機内ではいつものように爆睡です。
14時到着予定が、少しだけ早くついたようです。

羽田空港駅では、14時11分発、特別快速 印旛日本医大行きに乗ります。

途中で雨が降ってきた感じ。おい、やめてくれよ。
で、浅草橋駅に14時46分着。
小雨がパラつくなか、宿には50分に到着。そのままチェックイン。

そして、しばしまったりしてから、身を浄めて
戦闘服である赤いアンダーシャツ、デニム柄のカープボクサーパンツ
そして、白のホームユニ26HIROSEに着替えて、その上から
NIKEの真っ赤なパーカーを身にまとって出陣です。


浅草橋16時03分発の総武線列車に乗って、
信濃町へ。車内ではアカい人も、緑の人もちらほら。
あと、デーゲームが終わったところか
オレンジの人ものってましたね。

信濃町に到着すると、一気に野球気分が盛り上がります。
と、いうかすれ違う、おびただしい大学生。
今日は、昼は、六大学の野球でしたね。明日行こうかな。

そんなことを考えながら、「君の名は。」ですっかりイメージが
上書きされた神宮外苑を歩きます。
神宮外苑からも、球場のナイターに灯が入っている様子がわかります。

国立競技場の進捗状況も前回着たときよりも完成に近づいています。
屋根の部分の特徴的な構造を見ると、できてきている感がスゴいです。

そんな国立競技場の威容を見ながら歩くと、
途中で室内競技場があって、赤いユニフォームの人が溜まっていますが
カープの選手がアップとかしているのかな?
と横目でみながら球場です。

球場の敷地に入る前に、球場にむかって二礼二拍手一礼
野球の神様に、面白いゲームとカープの勝利をお祈りしてから、中へ。

球場についたのは、会場予定時間の16時30分過ぎです
入り口で、この日は「Aoyama Day2019」なので、金券抽選券などの入った
スワローズのユニフォーム柄の袋をいただきます。
青山商事は、スワローズのオフィシャルスーツサプライヤーです。

でも、青山商事って、本社は福山だよねー
ってことは、カープも応援しているってこと?と勝手に都合よく解釈。

そして、まずは自席にむかいます。
ああ、芝の緑がきれいです。
この日は直前まで六大学のゲームがあったので、
この時間の練習はなく、入念にグランド整備が行われています。

席は、三塁線の内野側延長線上です。
一塁側しかとれませんでしたが、いい席です。

と、いうことでこの日は、内野の売店をシバきます。
去年まで、ジャックダニエルのカクテルと、アメリカンバーベキューのお店、
「BRICKYARD by W.L.H」さんがあった場所は
「つばめ食堂」に変わっています。
あの名店もなくなりましたので、神宮も様変わりをしています。

そんなことを感じつつ、ぐるっとしばいて、
結局つばめ食堂さんで、「哲人のナンバーワンカレー」を購入。
飲み物も買いたかったのですが、カレーが平皿で持っていくのに難儀しそうなので、
まずはカレーだけ持って自席に戻っていただきます。

下ではスワローズの選手のアップがはじまりました。
浦添では、ほんとうに近くで見ることができた選手だということで
勝手に親近感がわいています。
つば九郎も一緒にストレッチをしています。
そんなのを見ながら食べるカレーはさいこうだなぁ。

で、まだお腹にだいぶ余裕があるので、
じんカツを、ジンれもでいただきます。

両方とも美味しかったです。

それぞれの感想はまた、後日です。

カープの選手も出てきてキャッチボールをはじめました。
つば九郎ともなじんでいます。いよいよです。

で、17時30分過ぎると、パトリック・ユウさんと、つば九郎のかけあいです、
つば九郎は「AOYAMA DAY」なので、ジャケット着用で登場しますが
「こんなAOYAMAはいやだ」というお題で、
パトリック・ユウさんに「スポンサーをイジりますか!!」などと言われます。
さすが、畜ペン。

そして、スタメン発表。
この日も誠也選手はスタメンから外れて、
3番長野選手、4番バティスタ選手 5番龍馬選手の
クリンナップで、6番が翼選手です。
一方スワローズは1番は太田選手。札ドで見て以来です。

さらにPassionのパフォーマンスと、キレキレのつばみのダンスを堪能したり
国歌を歌ったり、メンバー表交換、さらに、
青山のイメージキャラクターである三浦友和さんの始球式
「♪百恵ちゃん~のだん~な、み~う~ら~ともかず~♪」とつぶやくのも忘れません。
そんなのがあって、プレイボールです。

この日、カープの先発は床田投手、スワローズの先発はライアン小川投手
どんなゲームになることやら。


1回表 カープの攻撃
先頭広輔選手のファウルフライは上空の強い風に流されますが、
太田選手が転倒しながらも好捕します。
うしろのチビッ子集団が、「なんちゃってファインプレーだ」などと
盛り上がります。
続く菊池選手は三球目をサードゴロ
長野選手は、FSからの三球目のストレートを見逃し三振で三凡です。

10球で締めるライアン小川選手。調子よさそうです。


1回裏 スワローズの攻撃
先頭太田選手はレフトフライ、青木選手ショートゴロ
山田選手ショートゴロで、こちらも12球で三凡です。

床田選手もいい感じです。

2回表 カープの攻撃
先頭のバティスタ選手センターフライから
続く龍馬選手の鋭いあたりは、1塁手の右を抜こうとするあたりでしたが、
村上選手が横っ飛びで抑え、ベースカバーの小川選手につないでアウト。
いいプレイが出ました。
翼選手は落ちる球に空振り三振でまた三凡です。


2回裏 スワローズの攻撃
先頭のバレンティン選手は見逃し三振。不服そうな態度のバレンティン選手。
ただ、雄平選手がきれいにセンターへはじき返して、両チーム通じて初ヒットで出塁
西浦選手のサードゴロで2アウトランナー2塁になって、
ルパンチャンテで盛り上がります。
続く、さきほどファインプレイがあった村上選手
フォアボールで1,2塁になりますが、
中村選手空振り三振でチェンジです。

床田選手、しのぎました。


3回表 カープの攻撃
2文字応援でおくられた野間選手サードゴロから、
安部選手、左中間の難しいあたり、青木選手はグラブにあてますが、
ツーベースで出塁
床田選手ショートゴロですが、先制のチャンス
ただ、広輔選手、空振り三振でチェンジです。
「三球三振かよ~」と後ろのチビッ子

PASSIONのダンスがあって、
3回裏 スワローズの攻撃
先頭小川選手、ピッチャーライナーを見事なフィールディングで好捕
続く太田選手はレフトへきれいに運ぶヒットで出塁 しますが、
青木選手、山田選手と連続で空振りの三振でチェンジです。


4回表 カーブの攻撃
先頭菊池選手がセンターへのヒット
これが菊池選手通算1000安打で、
一塁べース上で相手のマスコット、つば九郎から花束を贈られてます。

ちなみに、29歳1カ月、933試合目での到達は、
球団OBの山本浩二さん(30歳6カ月、1047試合目)、
衣笠祥雄さん(29歳4カ月、1149試合目)を上回るそうで

菊池選手は、「(OBの兄貴分)新井さんもここで2000安打。
お兄ちゃんといっしょ。近づいていければ」と話したそうです。
どんだけ新井さん好きだよ。

これを得点につなげてほしいのですが、
長野選手ライトフライ バティスタ選手サードゴロ
龍馬選手サードフライでチェンジです。


4回裏 スワローズの攻撃
先頭バレンティン選手のファールボールを
私の4列前の人がナイスキャッチをして盛り上がりますが、
ライトへのヒットで出塁します。
続く雄平選手がピッチャーにとらせる見事送りバントで1アウト2塁
チャンステーマが流れますが、ただし西浦選手の打席で、
床田選手の2塁けん制にランナーバレンティン戻りきれずタッチアウトです。
ナイス!!けん制!!
チャンテから普通の応援歌に変わって、西浦選手見逃し三振 、チェンジです。

ここで、AOYAMAの抽選がありますが、当然外れます。残念。
でも、ここで運を使わなくてよかった。と前向きに切り替えて。

5回表 カープの攻撃
先頭翼選手ショートゴロ 野間選手、安部選手と連続してセカンドゴロで
三凡です。

PASSIONのEZ DO DANCEとつば九郎の空中くるりんぱがあってから

5回裏 スワローズの攻撃
先頭村上選手ショートゴロ、中村選手のあたりもボテボテながらショートへ。
これを広輔選手がランニングスローでアウト
小川選手空振り三振でこちらも三凡です。

対決コーナーと、つば九郎バズーカーで盛り上がります。
そして、明日の先発、カープはジョンソン選手。たのむで~ジョンソン~
スワローズは高梨選手です。
浦添でも見ましたが、ゲームで見るのは札ド以来です。


6回表 カープの攻撃
先頭床田選手ファーストゴロ、広輔選手ショートゴロから
菊池選手のあたりはサード強襲の内野安打。1001安打です。
そして、 長野選手のあたりは、右中間のフェンスを直撃する
タイムリーツーベースです。

チョニキィィィィイイイイイイイイイイイイ!
宮島さんじゃぁあああああああああああ、
バンザーイ バンザーイ バンザーァァァアアアアイ!!
周囲はスワローズファンが多いので、カンフーバットカンカンはなしですが
追加点がほしいところですが、バティスタ選手空振り三振でチェンジです。


ちょーおーのっ ちょーおーのっ
と盛り上がるレフとスタンド三塁側スタンドにむかって、
帽子をとって深々と礼をする長野選手に盛り上がります。
いーぞーいーぞーちょおのっ!!


6回裏 スワローズの攻撃
先頭太田選手レフトフライ、青木選手ピッチャーゴロを床田選手が好フィールディングで
2アウトから
山田選手のあたりはレフトの龍馬選手の頭上を超えます。
龍馬選手の足が一瞬とまったので、スタンドイン??とあせりますが、
フェンス直撃の二塁打となります。
♪ひーろしーまーたーおーせー♪ と
マルチテーマAで盛り上がるライトスタンド、
ここで一塁は空いているので、バレンティン選手を申告敬遠で1,2塁
雄平選手と勝負です。
チャンステーマ3で盛り上がるライトスタンドと一塁側
床田選手を応援するために地鳴りのように歓声がおきる
レフト側三塁側で、スタジアムは騒然としますが、
ストライク・空振り・ボールボールボールの3-2から
雄平選手を空振り三振!チェンジです。
思わず出るキャッチャーの翼選手のガッツポ。
これは、アツいです。
さすが、アツ!!

床田選手ナイスピッチ。
前にマツダに見に行ったタイガース戦の時とかで
見ていた人が言っていて、再認識したのですが
「こういうところで、三振とれるピッチャーってありがたいよな」です。

床田選手、頼もしい。

この回で投球数は100球です。


そして、カープラッキーセブンで
♪カープカープカープっひろーしまー
ひーろしーまーかーぁーぷー♪
と歌ってから

ピン後チャン有になるか。
7回表 カープの攻撃
龍馬選手5球ファールで粘りますがライトフライ
翼選手はフライをピッチャーがとろうとますが、ゆずって、
そんなときに転倒したりして、結局キャッチャーフライ
野間選手見逃し三振でチェンジです。

そして、「くっ×ばー× ×っみ×ーり」と東京音頭の笠の舞を見てもりあがって
これを見るのも7ヶ月ぶり。
でも、これ以外で東京音頭の笠の舞は勘弁だな。
と思いながら、

7回裏 スワローズの攻撃
カープは床田選手が続投です。
先頭西浦選手が逆らわないバッティングでセンター前へ運びますが
村上選手はレフトフライを上げて1アウト
続く中村選手選手、ネクストには代打に備えて荒木選手が入りますが、
バントの打球を床田選手迷わずセカンドに投げて、
ランナーをアウトにします。
ここで、ピッチャーの小川選手がそのまま打席に入りますが
小川選手はBBBSSから一度もバットを振ることなくフォアボールを選んで1,2塁
ここで、前の前の打席でヒットがある太田選手の打席です。
ライトスタンドからは、いま~ここで~きめろよ~オ~♪ と
チャンステーマ4が流れてきて、
レフトスタンドからは激励の歓声が飛び、再び騒然としますが、
太田選手は空振り三振でチェンジです。

とこたぁああああああああああああああああああ
すげぇえええええええええええええええええええ

ぼくらーのーかぁーあーぷー♪と歌ってから
8回表 カープの攻撃
先頭安部選手の打席で、ネクストに誠也選手が登場して
盛り上がります。安部選手はサードゴロ
そして、代打誠也選手のですが、FBBFBの3-2から
ハーフスイングを取られて空振り三振
広輔選手の1.2塁間の当たりを山田選手が華麗に裁いてチェンジです。

誠也選手の姿を見れたのはデカいです。


8回裏 スワローズの攻撃
カープは床田選手に代わってフランスア選手がマウンドにあがります。
スワローズは2番からの好打順ですが、
青木選手 山田選手と連続して空振りの三振
バレンティン選手は ファーストへのファウルフライでチェンジ
三凡です。



9回表 カープの攻撃
スワローズは、小川選手に代わり、マクガフ選手をマウンドにおくります。
にしても、床田選手119球 小川選手110球と
両チームとも先発投手が100球を超える好投手戦でした。

先頭菊池選手のふらっとあがった当たりはショートが背走して追いますが
センターへポテンヒットになって
さらに、盛り上がるなか、長野選手がライト前へ運んで1.3塁になります。
カープは長野選手にかえて代走に曽根選手
バティスタ選手の打席の初球に盗塁を決めます。
攻めろチャンテで盛り上がるなか
バティスタ選手は一度もバットを振ることなくストレートのフォアボールを選び満塁
マウンドに集まる内野陣です。
そしてチャンススーパーで盛り上がりますが
龍馬選手はセカンドゴロで4-2-3のダブルプレー
あああああああああ
ただ、翼選手がレフトへきれいに運んで、曽根選手が還って追加点です。
宮島さんじゃぁああああああ
ワッショイワッショイ
ここで、スワローズは1イニング三安打のマクガフ選手をあきらめて
ハフ選手をマウンドにおくります。
野間選手は1-0からショートゴロでチェンジです。

PASSIONの神宮の風~に♪がある間
つーばっさー つーばっさーのコールに
ミットを上げて応じる翼選手です。
いーぞーいーぞーつーばっさー!!



9回裏 スワローズの攻撃
カープは守護神の中崎選手をマウンドにおくります。
ママ!? ママ!?ってならないようにしてほしいものです。
あと、代走の曽根選手がそのままライトにはいります。

先頭雄平選手BSFFの1-2から空振り三振
広輔選手が小刻みにジャンプしながら守備にそなえています。
あぁ^~コースケがぴょんぴょんするんじゃぁ^~
西浦選手はそんな広輔選手のところにゴロを売って2アウト
続く村上選手のファーストゴロ。
から揚げと、ゴロッケです
捕球体勢に入ったバティスタ選手の前で大きく跳ねる
イレギュラーヒットで出塁。
油がはねたよ です。
さらに、中村選手の代打で大引選手
ここで、代打のコールがおくれたり何だりがありまして、
ほんの少しゲームがとまります。
がすぐにゲーム再開
大引選手、昨年のGW遠征で、中崎選手から
同点2ラン打ってるんだよな。
ゲームはその後坂口選手のタイムリーでサヨナラ負け
したんだよなぁ、などと昨年のことが思い出されます。

そして、大引選手はBBBSSの3-2から
一度もバットを振ることなくフォアボールで出て1,2塁
温玉はいらないよ です。
さらにピッチャーのハフ選手に代えて荒木選手が代打に出てきて、
1塁走者大引選手に代走で田代選手。
さらに川端選手がネクストに入ります。
夏祭り♪で盛り上がるライトスタンド1塁側ですが、
SBSからの4球目を空振り三振でゲームセットです。

サンキューザキ!!

ママ、この唐揚げおいしいよ。
優良店認定
閉店ガラガラ
赤字脱却

です。

宮島さんからのハイパーユニオンでフゥ↑フゥ↑します。

そして、この日のヒーローインタビューは
床田選手です。

いいヒーローインタビューでした。
と、いうことで、大満足をして、自席を立ちます。

トイレに並んでいると、
「今日のヒロイン、長野だろー」
「でも、床田は苦しい時から、カープ支えてきたから」
「ズムスタだったら2人ヒロインだったよなー」
なんて会話が聞こえてきて、心地いいです。

という、思いを胸に、球場にむかって二礼二拍手一礼
野球の神様に今日の面白いゲームとカープの勝利を感謝してから
球場をあとにします。

信濃町駅から総武線に乗って、浅草橋へ、
串カツ田中で、一人打ち上げをしてから
この日の宿へ戻ったのでした。

投手戦をとるのはデカいですし、
菊池選手~長野選手の流れでチャンスが作れたり、
決めることができるのはいいです。

後は広輔選手とバティスタ選手の打率がもう少し
あがってくれれば、などと思うのですが。

あと、東京についたときは雨が落ちていて、ゲーム中も心配でしたが、
むしろゲーム前から青空が見て来たのはよかったのですが、
この日は風が強くて、本当に寒かったです。

だから、ユニフォームの上に着たパーカー脱げませんでした。


S 0 - 2 C

勝利投手 床田 4勝1敗0S
敗戦投手 小川 0勝3敗0S
セーブ 中崎 1勝2敗3S

観衆数30592人

試合時間3時間13分


ってことで。(´・ω・)ノシ
今日から、新天皇陛下ご即位がらみでの
10連休になっている人が多いということで、

高速道路の渋滞予想だったり、飛行機や新幹線の空席予想だったり、
混雑する空港の様子だったりと、
そんな記事を目や耳にすることが多いです。
みなさんのご予定はいかがですか?

私は、現在東京某所に隠遁中です。

これから、「元号跨ぎ、Crazy Go West tour 2019」と題して
野球三昧の日々を堪能する予定です。

6月も、現在とっているチケットだけでも、
6月2日のマツダでのタイガース戦
11日~13日の札ドでのファイターズ戦
15.16日の楽天生命パークでのゴールデンイーグルス戦
22.23日のマツダでのバファローズ戦と

なかなか濃い感じの遠征の日々ですが、

4~5月はそれを超えます。

詳細はまた後日、当ブログにて事後報告をさせていただきますが、

カープの一軍戦を4試合、二軍戦を1試合
カープの絡まないパ・リーグの一軍戦を2試合、
ウエスタンリーグのゲームを2試合
さらに、見ることができたら、学生野球も堪能をします。
当然ゲームも楽しみますが、ゲーム以外の食べ物だったり
雰囲気だったり、いろいろと味わいつくしたいです。

当然長期にわたる遠征となるので、
野球以外にも、封切直後の映画を見たり、買い物をしたり
球場以外の名物とかもいただく予定です。

さらには、久々の深夜バスのお世話にもなりますし、
初めていく球場も2箇所ありますし、
初めてお世話になる空港も二つ
初めて入る温泉もひとつあります。

平成から令和にかけて、世間も慌しく動くでしょうが、
そんなところで、これからちょこっと
あちこち行ってますので、

よろしければ、ブログのほうおつきあいいただければ
ありがたいです。


では、いってきます。


ということで。(´・ω・)ノシ

昨日、長万部のDELIさんで、カレーを食べた話しを披露しましたが、
そちらから家に帰る途中に立ち寄ったのが、
長万部温泉です。

長万部温泉は普段使う国道五号線から、街中へ入って
さらに函館本線を越えたところにあります。

駅の裏に出て道を少し走ると、こぢんまりとした旅館やホテルが
固まって営業している場所があって、ここが、長万部温泉です。

函館方面から見ると、おくのほうにあるのが丸金旅館です。
車を駐めて、中へ入って湯銭を払いますと、
赴きある感じのフロントとか、廊下がいい感じです。

廊下を進み、ゆ、と大書された紺の暖簾をくぐって
脱衣場に入ると、貸切の模様です。
いいぞいいぞ。



ということで、浴室の中へ行きますと、木の饐えたような香りがふわんと漂います。
これは、いい温泉の香りです。

この植物の香りが強い温泉ってのが、まずは好印象。
見ると、壁や屋根が木で葺かれていますし、湯槽も檜で四角く区切られています。
壁の上の部分とか、天井とかが木で葺かれていてなごみます。

そんな湯槽を満たすお湯は、淡く碧褐色がかった半透明なお湯です。
しかも、塩分がいい感じできいています。
少し温度が低めなのも、長湯ができそうでいいですし
檜の湯槽からお湯があふれ出て床を満たしているのもいいです。
お湯に身を沈めると、軽くぬるっとするのも、モール泉っぽい温泉である
こちらならではです。

あー、くつろぎます。

内湯を存分に堪能したのちに、向かったのが露天です。
露天はスペース自体も湯槽もそんなに広くなく、
壁も高いので、開放的という点にはかけますが、
石造りの湯槽が落ち着いた感じですし、
軽く舞い込む粉雪も旅情を盛り上げてくれます。

なにせ、長万部温泉で、露天を楽しむ事が出来るのは
こちらだけだそうです。

あー、こちらも、いい温泉だなぁ。
外は氷点下の中、身を沈めると、身体が蕩けます。
さらには、湯の香も盛大に漂えば、
お湯の中には、湯の華が舞っている様子も見えます。

ただ、やはり、湯温は少々控えめ。
夏場に来ても、しっかりと長湯できそうです。


にしても、普段素通りをしていた長万部の町に
こんなひそかにいい温泉があるだなんて、
侮れません、長万部。

今度は泊まりで利用したいものです。


ちなみに、長万部は天然ガスでも有名で、
現在も町内で供給されていますが、
天然ガスの試掘中に発見されたのが、この長万部温泉だそうです。

なるほど。




ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。



ということで。(´・ω・)ノシ
☆「DELI 57」(山越郡長万部町長万部57)

ニヶ月前のお話しです。
用事があって函館に行きましたが、
かえりは比較的ゆっくり戻って来れそう。
と、いうことで、昼食は長万部でいただきます。

この日は祝日ということで日曜定休のお店にも
行くことが出来ます。

で選択したお店が、「DELI57」さんです。
こちら、日曜定休ですが、祝日は営業をしている
ありがたいです。

こちら、北海道の情報誌「Ho」(ぷらんとマガジン社 刊)に載っていて、
そのクラッシックなフォルムに気になっていたお店ですが、
たいてい長万部を通過するのが営業時間のあとか
日曜日。ということで、なかなか行くことが出来ませんでしたが、
念願叶うです。

お店は駅前通りから一本入った路地にあるので、
少し分かりにくいですが、無事発見。
ベージュ色ベースの外装に、濃漆茶色の窓枠と広めの窓とか
作り付けの棚とその上のオブジェとかが
ヨーロッパのオシャレなカフェ風で、
シャッター街のなかで少し異彩を放っています。

では中へ。

中も喫茶店風な感じですが、外見ほどではなく、
小ぎれいな日本の喫茶店な感じで、これはこれで落ち着けそう。

昼食時で常連さん風が数組談笑されてますが、
こちらどうぞ、と2人掛けのテーブル席に通されます。

メニューを吟味すると、カレー絡みでいうと
カレーが700円、カツカレーが950円です。
ここは、カツカレー一択です。

オーダーして軽く周囲を見渡しながら待つことしばし。
内装は絵画とか小物とか飾られていますが、
チョイチョイレトロなものがあるのが、
店内の様子とよく馴染んでいます。
談笑されている常連さん風と、お店の方の明るい声が
BGMがわりで、そこにしだいに調理の音がまじると
カレーの香りが漂ってきます。
この時間がたまりません。

で、よい香りとともに登場しました。
白く丸いお皿にのったのは、たっぷりのご飯と
ご飯にカツを覆い隠すイキオイで乗った
明るい濃褐色の見るからにドロっとしたカレーです。

ご飯にカツを覆い隠すイキオイと書きましたが、
ご飯は全く見えませんし、
ほんのすこし、チラッとキツネ色の表面を見せているのが
おくゆかしいカツです。
その少しだけでも、その衣の立ち方とかから
サクサクで美味しいやつたどいうのが、想起できます。

皿には赤い字で「長万部食堂」と書かれています。
かつて長万部駅のド真ん前にあった老舗食堂で、
道路拡幅工事の影響で惜しまれつつ閉店したお店です。
そこのレシピを親族が引き継いで出しているのが、
このカツカレーです。

そんなイイはなしも、カレーを盛り上げますし、
赤い福神漬けもいい色合いです。


では、まず一口いただきます。
見た目通りの、トロッとしたカレーは、
最初に野菜由来の甘みがきますが、すぐにしっかりとしたコクに旨味がきます、
そして、スパイスとか小麦を焦がした成果なのか
さわやかな酸味や苦味もよくて、焦げを旨味に昇華させています。
そんな重奏的な味わいを楽しんでいると
しだいにジワジワくるスパイス感です。

そして、酸味や苦味の効果か、
その見た目よりも嚥下すると、スッと消えて
しつこく残らないところもスゴいです。
舌触りもなめらかだし、小麦が使われているカレーとしても
レベル高いです。

そして、カツです。
このカツ、カレーからサルベージをしますが、
カレーから持ち上げる段階で伝わる厚さです。
かじりつきますと、カレーで少ししなっとなっているものの
でもサクッとした歯触りがいい感じで、
衣も立っているところもよく、
中の肉も分厚いだけでなく柔らかいですし、
ほの甘く肉滴もたっぷり。いいお肉を使っています。
これが、カレーとの相性がよくて、たまりませんね。


で、カツカレーのようなトッピングがある系のカレーだと
具はそちらにまかせてしまうのが多いのですが、
カレーにもたっぷりの玉ねぎに、豚肉が入っていて、
カレーに溶け込んでいる旨さの要素が固まりで口の中にはいってくる
愉悦を楽しむことができます。

受け止めるご飯もしっかり美味です。
福神漬けもいいスプーン休め。

ともかく、美味しいカツがデカいので、
満腹中枢も満たされる感じで、

大満足でごちそうさまでした。


☆「DELI57」(山越郡長万部町長万部57)
☆営業時間☆12:00~16:00
☆定休日 日曜日 ☆駐車場 有り



ラジオにあったコーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については左の欄のカテゴリー「印度化計画」をクリックしてくれれば、
見ることができます。



ってことで。(´・ω・)ノシ
先日のタイガース2連戦中に、ズムスタでいただいたものです。

まずは6日。

8ヶ月ぶりのズムスタの威容に感動しつつ、9時前に列に並び、
11時丁度に列が動いて、5分後くらいに入場です。

この日は、一二塁の延長線上の内野自由席。
屋根の下で、通路から3列だけ内側といういい場所を確保。
高いところなので、風もここちよいです。

まだ、下ではカープの選手が守備練習をしていますが、
朝は7時前に、三宮の宮本むなしさんで定食をいただいただけなので
いい感じにお腹が減っています。

そこで、まずはぐるっとコンコース一周
と思ったのですが、この日の席からコンコースに降りる階段のところに
あったのが、「カープうどん SINCE1957」と書かれている店舗です。

しかも、すでにたくさんの人が、うどんをすすっています。

とはいえ、そこまで人が並んでいません。
なら、これです。
2019年の初ズムスタにふさわしいメニューです。

カープマンガの中興の祖にして、カープ女子マンガのさきがけ
「球場ラヴァーズ」(石田敦子さん著 少年画報社 アワーズコミック)の中に、
東京でOLをしているカープ女子基町ねーさんが、
帰省したとき向かったマツダスタジアムで、
カープうどんといえば全部のせじゃろ。
全部のせいったるー!!って感じで、まずはカープうどんを食べていました。

久々に、ねーさんリスペクトです。

さらに、ここは久々の全部のせです。

このところ、新しいメニューに浮気すること多かったのですが、
原点に立ち返ります。

と、いうことで自販機で食券を購入。
厨房の見えるカウンターに出します。

すると、手早く麺を茹でて、具をのせて、汁をかけて、といった
一連の作業を ナイスなチームワークでこなしています。
そして、注文してすぐに厨房内から出てきます。

黒い地に、赤い筆記体で、Carpと書かれた発泡スチロールの丼に
淡い褐色半透明の澄んだ汁。そしておだやかそうな麺を覆い隠すように、
大きいお揚げさん=きつねと、天ぷらがのり、
さらに、お肉の色もいい感じです。

カープうどんのレギュラーメニューは、
きつね、肉、天ぷらなので、その全部が乗っているので
全部のせです。

Cとピンク色で書かれたかまぼこもいいですし、
丼の中を緑色に彩る小口切りの葱もいいです。
これを慎重に自席まで運んでいただきます。

では、まず麺からすすりますと、細めの穏やかな麺は、
階段を上ってきたので、もとからやわらかめのところ
さになやわらかめになっています。
とはいえ、軽く歯ごたえもあるので、しっかりと麺の味わいを楽しめます。
ま、やわらかいうどんはやわらかいうどんの良さもありますし、
この淡い汁の色とあいまって、博多うどんみたいです。
小麦のあじもしっかりしていて、まずはほっとします。

汁も、見た目通りの淡白さがありながらも、さりげない甘さとともに
いりことかの出汁の味が効いていて、醤油の味わいを盛り当てて、
しみじみと美味しい。麺を引き立ててくれる味です。
しかも、麺がこの汁を軽くすっていて、いい味がましてますし。
細めの麺なので、よく汁に絡んで、それぞれを美味しくしてくれます。

具で一番上に載っているのが、きつねです。
薄めですが、ふっくらとジューシーさがあって、
それ自体も大豆のあじがしっかりするうえに、
甘じょっぱい味付けがされています。
軽く噛むだけで、きつねにつけられた味とともに
うどんの汁をすって複雑なあじになっていますし
麺の上を覆う大きさがあるので、この味を十分堪能できますし、
箸でつまんだりすると、丸い油の粒が汁の表面に散って
いい感じです。


天ぷらは揚げたてではなく、作り置きながらも、
汁についていないところは、 軽くサックリとしていて、
汁についているところはトロっとしています。
サックリとトロっの二層構造 がいい感じですし、
中に入っている干しエビも香ばしくて、いいアクセントです。

そんな天ぷらも、トロトロになるにしたがって、
油とかも汁にとけこんで美味しくなるのもいいです。

肉は牛すじ肉を長時間、柔らかく煮込まれたもので、
味付けは濃い醤油が土台となって、しっかりと甘じょっぱいです。
赤身の部分も牛肉ならではのしいあじを感じつつ
やわらかさと、肉滴を堪能できますし、
脂身の部分は半透明になって、ふわふわな食感に味の濃さとともに
コラーゲンが感じられます。
そんな脂身部分の赤身部分の違いも楽しめれば、
しみ出てくる肉滴が、甘じょっぱい汁とあいまって、
いい感じになってます。
この肉も、スープに独特のコクや旨味を加えていて、
こちらも脂が汁に丸く細かい粒を浮かべます。

Cのマークが入ったカマボコとか、上に散らされたネギも
目に鮮やかなだけでなくいいアクセントになっています。

そして、気がつくと、肉のエキスと脂、天ぷらの油、
揚げからの油などが汁の表面上に浮かんで、
最初は澄んでいた汁が美味しくギラついています。
こころなしか、どろっとしてきた気もします。
うどんにまとわる淡白ながらもしっかりとした味わいの汁が
これらの具によって味わいが複雑になる この変化、たまりません。
全部のせを食べるときの醍醐味です。

と、いうことを再認識しながら、舌ヅツミを打ちながら完食。

ぷっはー、ごちそうさまでした。

やっぱりズムスタは、カープうどんです。


と、人心地ついたところで、再びコンコースをぐるっとしますか。


と、いうのは、実はプレイボールの前にあと一品食べたいと
狙っていたものがあるからです。
それを食べるための腹減らしをかねてのお散歩です。

それは、気になるのが、カレーメニュー。

今年のカープのHPで、リニューアルされた球場めしのページを見ていて
気がついたのです。

あれ、今年って、カレーない??

はなおかさんも、おやじのおつまみさんも、TEPPANさんも
HP上には、カレーの文字がありません。
例年、カレーメニューが他球場に比べておさえめな
マツダスタジアムですが、

今年は、レギュラーのカレーメニューなしか!!

と思った数日後、選手プロデュースメニューの第一弾が発表されまして、
そこで、「野間峻祥」選手プロデュース
野間2海老とチキンのココナッツカレー
が販売されるとのこと。

タカヨシー!!!

例年、野間選手のプロデュースメニューは
カレー系メニューでしたが、昨年は違いましたが、1年ぶりの復活です。

これはノマノマイェー!!です。

さらに、後日同じページを見ると

「菊池涼介」選手プロデュース 
水・金・地・火・木ドッテンカレーが
販売されるとのこと。

これは予期せぬ援護射撃です。


とはいえ、カレーう℃℃℃~ん って、選手プロデュースメニューの
第二段が発表されたタイミングで販売を終了した記憶があります。

ならば、今回の連戦で両方食べておこう。

と、考えて、初日は、菊池選手です。


ちなみにに、コンコースを一周したときに、
肉のはなおかさんにカレーライスとチーズカレー、カツカレー、から揚げカレーが、
ピザのこもちづきさんに、ナンカレーなどが売られているのを発見。

今年は今日・明日以外で、あと6ゲーム、ズムスタに来るので、
その時のお楽しみができました。よかったよかった。

そして、むかったのが、KOI Court9さん。

KOI Courtさんは、カープ選手プロデュースメニューを
提供していお店で、主食系からスイーツまで
メニューはバラエティーにとんでいます。
今年は、主食系では、
・會澤翼選手 :「大人の味/翼のさっぱり塩豚トロ丼」
・小園海斗選手:「タレが好き!ドラ1小園の焼きつくね鳥丼」
と、菊池選手のカレー
おつみま系で
・一岡竜司選手:「蒲刈藻塩が決め手 竜司の竜田揚げ」
スイーツ系では、
・田中広輔選手:「広輔のロイヤルミルクティーソフトヘルメット」
・野村祐輔選手:「のむすけの超濃厚ミルクソフトヘルメット」
があります。

ということで、ドッテンカレーを食べて、
カープが勢いよく勝って、
菊池選手も活躍してくれればいいなぁ、
という願いをこめて買いにいきます。

列に並んで、待つことしばし。

店舗前には、日よけのすだれがあるのがありがたいです。
この時点でカレーの香りが漂ってくるので気分があがります。

ということでまつことしばしで、順番が来ましたが、
セフルレジです。進化してるなぁ。

中ではスタッフの方がかいがいしく働いています。
こういう頑張りを見ると、期待も高まります。

黒地で、赤くCarpと書かれた発泡スチロールのお皿に
ご飯を覆い隠すように、黄褐色のカレーがたっぷり
中には緑色の野菜も見えます。
さらにこちらは完全にごはんを隠すように
黄色いスクランブルエッグが、
皮のしっかりしていそうな濃い赤褐色なソーセージが2本ついてます。

これは、うまそうです。

ではいただきます。

カレーが水分大目のシャバシャバな感じなので
ご飯にいい感じでしみています。ということで、ご飯と一緒にいただきますと、
野菜由来の甘みと、さわやかな酸味があって、癖のない味です。
水分多めのカレーですが、味が薄いわけではなく、
しっかりとしたコクや旨みがあります。
そして、すっきりとした後味ながら、スパイス感が残響のように
残ります。これは美味しいです。

中に入っている青菜は、ほうれん草かな?しっかりと
バターとかで炒めれているのか、塩分強めでインパクトあります。
菜独特の緑の味もカレーの穏やかさにあってますし、
味付けとともに、甘めのカレーにいいアクセントです。
さらには、たっぷりのチキンも入っていて、
軽く噛むとほどよい歯ごたえがいい感じで
滋味あふれる肉滴と、肉自体の味が、カレーの中でも光ります。

たっぷり乗ったスクランブルエッグは、
鮮やかな黄色が目に鮮やかで、出来合いのものですが、
そんなのを感じさせない、ふわっふわトロトロな食感。
どっしりとした濃厚なコクとほの甘い卵の味が、
カレーのスパイス感の中で穏やかさを演出。

ドライ風なソーセージは、濃い味わいでほどよい塩分がインパクトありますし、
燻製の香りの強さが野性味あふれます。

表面の皮がしわしわで、噛み応えがしっかりしているところも
うれしいですし、これが、カレーによくあいます。

そして、しだいに食べるにまかせて混ざってくると、
ご飯にしっかりしみ込んだカレーとのミクスチャー感とともに
蓄積されてきたスパイスの刺激に卵の穏やかさ
ソーセージのインパクトと、このカオスになっていくのが
いい感じ。これは宇宙をいただいてます。

ちなみに、カレーのお供は、自席の近くにある、
あげますまきますがんばります さんで買った
広島レモンサワーです。

ああ、この酸味、たまりませんね。

軽く浮いてきた汗を着ている赤いアンダーシャツの袖でぬぐいながら、
「ごちーそーさまでした」

高い所から選手を見下ろしながらゆったりと食べるカレーは、
改めて開放的でいいなということを再認識してから
応援にそなえたというわけです。


ちなみに、菊池選手は、昨年も、球団スローガン
「℃ ℃℃(ドドドォー!!!)」にちなんだ
カレーう℃℃℃~んをプロデュースしてました。
こういう姿勢、好きですよ。

と、この日はゲームも勝って大満足でした。


翌7日

前日は菊池選手のカレーだったので、
この日は野間選手のカレーです。

その前に、ライトスタンド方面のカープショップでお買い物をすませると
お店を出てすぐ横。イベントをやっていることが多いかば広場
(かばもしっかり、今年のドッテンバージョンになってました)には、
「世羅町」わがまち魅力発信隊 が来場しています。

昨年もわがまち魅力発信隊の屋台では、
美味しいものにたくさん遭遇。

昨年は神石高原町、府中町、そして、こちら世羅町でした。

カープの公式ホームページを見ると。

「本日4月7日(日)は、わがまち魅力発信隊として、
「世羅町」の皆様がご来場されます。」と書かれています。

書いたとおり、去年も7日に世羅町の人が来たんですよね。

そして、こちらも、ど迫力な「世羅牛丸焼き」が焼かれています。
ぶっとい牛肉の塊と、時おり火柱を挙げながら焼かれる
牛肉から漂う香りがなんとも美味しそうです。

さらには、分厚い漫画で出てくるようなキロ超の牛の厚くカットされた
お肉を網焼きしたり、でかいトングでひっくり返したりしています。

今回もカレーがメインなので、胃にもスペースが空けられそうな品物で
昨年食べていないものをチョイス。

昨年は「世羅牛コロッケ」と「アスパラ一本揚げ」をいただいたので、
今年は満を持して、世羅牛丸焼きです。

列に並んで購入。透明のプラパックに入ったのは、
シェラスコ的にスライスされたお肉がたっぷり入っています。
この暖かさ、いいですね。

そして、カープショップで買った荷物、世羅牛丸焼きを持ったままむかったのが、
今年新規出店をした「1.2.3.フォー↑」さんです。

こちらは店名のとおり、フォーをメインにしたお店ですが、
それ以外に、揚げワンタンスープとか、
アジアン焼き鳥(トムヤムクン風、グリーンカレー風、タンドリー風)とか
東南アジアにこだわった品物がいっぱいですが、

こちらに、野間峻祥選手プロデュースの
野間2海老とチキンのココナッツカレーが売られているのです。

と、いうことでご購入。手際よくもりつけられて登場です。
甘い香りがエスニックな気分を高めます。
これはうまそう。

さらに、

「パクチーと、レモングラスペーストはお好きにどうぞ」
とのこと。

カウンターにある銀の容器にパクチーがたっぷり入っていて
それがかかけ放題とか、なんていいサービスなんでしょう。
その横には、プラのケチャップ容器に入った、レモングラスペーストです。

ということで、パクチーを多めに、レモングラスペーストも軽くふって
自席に戻ります。

両手がふさがっているので、いったん荷物を置いてから、
これまた、近くの「あげます・まきます・がんばります」さんで
広島レモンサワーを購入です。

では、いただきます。

黒い色で、赤くcarpと書かれた発泡容器のカレー皿には、
ご飯を覆い隠すように、
明るい赤味がかった、橙褐色をしているカレー。
海老やパプリカやトマトの赤と、パプリカの黄色と
レタスの緑がいい色合い。
さらにトッピングしたのが、緑のパクチーとレモングラスペースト
この赤系統の色と、緑系統などの色の組み合わせがいいです。

ココナッツミルクとかナンプラーなどがほのかにいい香りですし、
たっぷり盛られたパクチーも香り高い。気分があがります。

ズムスタで、パクチーの香りって初めて嗅ぐかもしれません。
こうやって新しい風が入ってきます。

では、いただきます。

先日いただいた菊池選手のカレーと比べて、粘度が高いです。
スプーンですくうと次第に口、鼻に近づいてきて、
エスニックな香りも盛大になります。
口にすると、甘い食べ口が穏やかです。
昨日食べた菊池選手プロデュースのドッテンカレーは、
野菜由来の甘みですが、こちらは穏やかな
ココナツミルク由来の甘さですが、そこまで主張せず
あくまでも穏やかにカレーに働きかけています。
だから、ココナツミルク苦手な人でもいけるかもしれません。

カレー自体に、野菜由来のさわやかな酸味とともに
しっかりとした旨みやコクがあります。
このオレンジ色はトマトの色。たっぷりトマトを感じます。
カレーにはトロみがついて、トロトロな外見の
イメージどおりの美味しさです。
この穏やかなほの甘さを楽しんでいると、
しだいに辛さが蓄積されてくるところもいいです。
とはいえ、この辛さも自然で穏やか
スパイス使いもとんがってなく、さりげない主張です。

味的にも、香り的にも、ビジュアル的にもすばらしいですし、
だからといって緊張を強いる感じではない。

どこか郷愁を感じる懐かしさがあります。

具もチキンが、口に入れるとほんの少しだけ抵抗しますが
軽く力をくわえただけでほろっとなりますし、
ジューシーな肉滴もあって、淡白ながら滋養あふれる味
これが、カレーとなじみます。

海老も固めに素揚げされた上に、ナンプラーとかがまぶされているのか、
表面は軽く抵抗がありますが、歯で噛むとすぐにプリっとした食感に、
じわっと出てくる淡白ながらも海の豊かな味を楽しむと
ナンプラーの香りが強くただようという凝った味です。

パプリカも肉厚でしっかりと緑の味わい。
トマトも、カレーにも溶けている味が固まりできますし、
酸味と旨みが強いのがいいアクセントになりうれしいですし、
レタスもしゃくしゃくで、カレーの刺激を緩和してくれます。

そして、追いパクチーです。
ヤフオク!ドームのエスニックカレーショップでは
追いパクチー200円でしたが、こちらは入れ放題。
この、香り、この味。

レモングラスのペーストもさわやかながら東南アジアの風
広島から世界へ飛ぶことができます。

と、いうことで食べ進めていきます。

レモンサワーもすすみます。


そして、本日は、追いパクチーという投の助っ人に加えて
世羅牛という打の助っ人もいます。

塩コショウと、タレが、焼かれた牛の野趣に富む味わいを
堪能できますし、肉滴もたっぷりでます。
中が半生でほんのり赤いところも美味ですし、
ま、あの牛肉ですから、うまくないはずがないのです。
素材がしっかりしていて、調理もしっかりしていれば
うまいです。

前回いただいたので、今回は断念したアスパラの一本揚げですが、
躊躇なくかぶりつきますと、軽い衣のさっくりとした食感を楽しむや、
すぐに鮮烈な緑のあじわい。ほんのりアマく、
かつなかから出てくるお汁は、爽やかな苦味を感じます。

さらにかじると、しっかりとした自然のあじわいで、
これは新鮮なアスパラでなくては出せません。

アスパラは足が速いさくもつで、収穫をしたそばから
すぐに劣化してしまいますが、この味わい。
そんなのを思い出しました。

アスパラも牛も美味しい世羅町です。

そして、この牛がカレーにもサワーにもあうのです。

と、いうことで、それぞれうまいうまいいいながら完食です。
ごちそうさまでした。


カレーに関しては、全体的に穏やかな感じなので、
もう少しエスニック方面に針を振ってもいいかなとも思いますが、
エスニック初心者の食べるであろう球場メニューなので、
これくらいでもいいのかな。と思いますし、
ズムスタでこれが食べられるようになったことにまず感謝。

神宮やヤフオク!ドームでも、本格的な東南アジアエスニックを
いただくことができますが、そういうのに追随するこの動きは
断然支持します。

と、いうことで、次はアジアン焼き鳥の
グリーンカレー風かな。

などと楽しみが増えました。




ということで (´・ω・)ノシ
今回の遠征で、球場以外で食べたものです。

広島に向かう朝は、7時台の新幹線で移動の予定。
宿で無料朝食を食べては間に合いません。
ということで、身を浄めて、戦闘服をまとって、
出撃準備は万端。6時20分に宿をチェックアウトしてから
向かったのが、三ノ宮駅近の宮本むなしJR三ノ宮駅前店さんです。

「宮本むなし」さんは、関西圏と中部圏中心に展開をしている
定食屋さんです。

三宮の店舗は24時間営業、年中無休です。

宿からも駅からも近いのがありがたいです。

では店内へ。

チェーン店っぽい清潔そうな店内は、
すでに先客がいます。大学生風の3人組です。
食べている定食が美味しそうです。

4人がけのテーブル席に腰をおろしてメニューを吟味。
「ごはんおかわり自由!!※定食に限りご飯のおかわりができます」
の文字がありがたいです。
定食、丼、うどん、カレーなど、よりどりみどりで目移りしますが、
さらに行った時間帯には、朝食も選択できます。

朝食は、目玉焼きとウィンナー定食と
和定食(シャケと納豆)の二品

これは、和定食です。
ということで、和定食(シャケと納豆)をオーダー

店内には、カウンター席とテーブル席がありまして、
新規にまたお客さんが登場です。
土曜早朝から、お客さんがそこそこってなかなかやります。
テーブルにあるのは、醤油とソースと楊枝。
このシンプルさもいいです。

そんな感じで待つことしばしで登場しました。

メインは小ぶりな焼き鮭で、同じお皿にはヒジキ煮が乗っています。
あと、味付け海苔・冷や奴・漬け物・生卵・納豆
ご飯・味噌汁です。ご飯はおかわり自由です。
(が、この日は球場めしがあるので、ご飯は一膳です)

では、いただきます。

味噌汁でのどを開いてから、まずは焼き鮭
焼き鮭は小ぶりながらも、表面に浮き出た油で、
軽くクリスピーな感じになっていますし、
ほっこりとした身は、深い味で
塩味もちょうどよく、鮭の味を盛り上げますし、
なにより、表面こそ少しだけ歯ごたえある感じながら
中はふっくらしているという、
丁寧にあぶられた様子が伝わってくる味です。
これは、いい。ほかほかご飯にもベストマッチで、
その小ぶりな外見とはうらはらに、いい感じの焼き加減です。
あなどれません。

納豆は丁寧に丹念にかき混ぜてからご飯へ。これもいいです。
納豆の粒は中くらいですが、存在感があります。
いいですね。

冷奴も小さいながら、やさしい味ですし、
漬物ものりも、焼き鮭、納豆などとともに
ザ・日本の朝ごはんです。

そして、しめは生卵を利用して
玉子かけご飯です。
残った納豆もいれて、
お醤油を黄身のハートにロックオンで
これがいいしめになるんです。

と、いうことでごちそうさまでした。
朝から丁度いい感じでお腹が満たされたということで、
駅へ向かって、三宮駅から7時の地下鉄で新神戸へ。
そして、新幹線へと向かったのでした。


夕食です。

8ヶ月ぶりのズムスタで、8ヶ月ぶりのカープの生勝利
さらに、床田選手と誠也選手のヒーローインタビューを聞いて、
坂倉選手のセルフ水掛けを見てから、勝鯉ビールをいただいて

球場にむかって、2礼2拍手1礼をして野球の神様に感謝をしてから
この日の宿へ。

チェックインをすませてから、この日は菊池のドッテンカレー以降
何も入れていない。
しかも、せっかくの広島、食べるものが全部球場飯というのもなぁ
と思って、宿の近くでお好みでも食べよう。と
宿近のお店ガイドを見ていたると
「辛部」の文字を発見。

あれ、これって、新久千映さんの「まんぷく広島」(メディアファクトリー刊
コミックエッセイ 旅の案内人 川上さん)に出てきたお店じゃね?
でも、あれって十日市だったような気が

で、調べると、その宝町店がやどから歩いてすぐのところにあるという。

広島名物で夕食を楽しむことができます。
ならば、ここに行かんとねぇ。

と、いうことできめました。
平和通の横断歩道を渡り、歩くことほんとすぐで到着。
つけ麺本舗辛部 宝町店 さんです。

「辛部」さんは広島市内で複数店舗を展開されている
広島つけ麺を代表するお店です。

広島つけ麺は、麺やチャーシューなどと共に、
茹で野菜やゆで卵が具材として添えられていて
しょうゆベースのつけだれに唐辛子・ラー油・
酢・ごまなどの入った辛口のたれでいただくのが特徴です。

広島つけ麺の麺、野菜、つけだれで構成される世界は、
店によっていろいろなバリエーションがあるそうですが、
こちらは、お店の名前どおり、
辛さにこだわりを見せたお店とのこと。

辛いの好きだから、これは楽しみです。

赤と黒基調のオシャレな外装のお店に入ると、店内は奥行きがあります。
手前にテーブル席が、奥に厨房とカウンターがありまして、
店内は7割程度の入りなので、
おひとりさまの私はカウンター席に腰を下ろしてメニューを吟味。

つけ麺、のりねぎつけ麺、のりかつおつけ麺、辛部らーめんからの選択ですが、
今回はのりねぎつけ麺をいただきます。
量は、普通一玉を
そして、辛さですが、目安表に細かく書かれていて、
0~3倍の普通 4~6倍の辛い 7~9倍の中辛
10~15倍の大辛 16~20倍の激辛 21~25倍の超辛 26~30倍の猛辛
からの選択です。

辛さには自身ありますが、はじめてのお店なので、
6倍を選択

さらにカープの勝利を祝して、生ビールで乾杯です。

まずは、生ビールが登場。ああ、喉がきもちいいです。

そして、いよいよつけ麺の登場です。

周囲を鈍銀色に縁取られた丸いお皿に盛られた麺は
ちらっと見える程度。
と、いうのは、高く盛られたねぎのインパクトに
たっぷりと散らされた海苔が目にも鮮やかで、
これだけで食欲も増しそうです。

麺も、卵麺ならではの鮮やかな黄色がいい感じ。

透明なガラス容器に入ってきたつけだれは、
表面にたっぷりごまが浮いていますし、ラー油もたっぷり入っていて
そこには唐辛子がたっぷり目に沈殿しています。
6倍なのに、このラー油の多さが、辛部さんの辛部ならではの特徴です。

では、いただきます。

軽くつけていただきますと、
見た目どおりのツルツルシコシコ麺です。
この喉ごしのよさがいいです。
さらに味も穏やかで、そんな穏やかさが
刺激的なつけだれにぴったりです。山ほど盛られたねぎとか
海苔ともいいハーモニーをかなでるようにつるつるっと入ってきます。

そして、このつけたれですが、かるく混ぜると沈殿している
唐辛子が浮いてきて、刺激が強くなります、
「まんぷく広島」にもあったのですが、辛いのを頼むと
層になったラー油の固形ぶんのせいで
具が沈まなくなるそうです。
「まんぷく~」の中で、新久さんは、編集カトーさんが注文した
18倍を食べて、目や口からビームを発してました。

そんなつけだれに浸して食べる麺や野菜には、
このたれの適度な粘度のある辛みがうまく絡まります。
粘り気がこのたれのポイントです。

ただ、辛いだけではなく、だしの味もしっかりと感じられる
奥行きの深さがあります。

そして、辛いものは、ビールにもあうのです。

と、いうことで、一気呵成にごちそうさまでした。
美味しかったです。

また、広島に遠征したときにこちらの宿にお世話になるでしょうから
その時、また再訪して、もう少し辛さを上げて
いただきたいと思います。


翌7日は6時起床。荷物をまとめて、身を浄めてから、
戦闘服に着替えてからチェックアウトです。
この日は、朝7時に宿を出るシャトルカーでまずは駅へ。

駅で降りて、広島駅南口にある「駅膳」さんで
朝食をいただきます。

広島で朝食というと、広島市発祥の喫茶店のモーニングがありますが、
和っぽい朝食を食べることができるお店がいまいち少ない

そんななか、発見したのが、こちらです。
あさ6時20分から営業しているありがたいお店です。

広島東郵便局の手前にお店があります。
入り口の看板には、朝定食AM6:20~AM9:30定食/丼物AM11:00~PM2:00
居酒屋PM5:00~PM11:00と書かれています。
いろいろと使い勝手がよさそうです。

赤いのれんに白いのれんが特徴的な外観のお店の中へ入ります。
中に入ると、朝7時を過ぎたばかりなのに、混雑しています。

朝食メニューは三種類
さば定食、鮭定食、目玉焼き定食で、
ご飯おかわり一杯無料。コーヒー付き(セルフサービス)で
全メニュー500円です。

と、いうことで、私はこの日も鮭定食を注文。
トッピングで、納豆と生卵も注文します。

ご飯は大盛りか、中盛りか聞かれましたので、
中盛でお願いします

店内の厨房近くに、コーヒーサーバーがあって、
そこから暖かいコーヒーをセルフサービスで入れられます。
そんなコーヒーを入れて、飲みながら待つことしばし。

お店の壁にはカープのユニフォームなどが飾られていますし、
カープのナイターがある日は、営業時間がかわるなどと書かれています。

四角いお皿には、中ぶりな鮭と生野菜がのっています。
その他小鉢の冷奴に、味噌汁と、お漬物が付いています。

ま、それぞれ美味しかったですが、
こちらも鮭の焼き方がいい感じで、
身がふっくらとやわらかくも、しっかりと美味しいのに加えて、
皮の部分の香ばしさと油ののりが、スゴくて、
皮だけでもご飯なんばいもいけてしまう感じ。

同じようなメニューでも、それぞれのお店によって
個性があるな、と実感をしたというわけです、

ごちそうさまでした。
店内には、広島カープの部屋もあったので、
次はゲーム後にこちらで一人祝勝会ですかね。

なんてことを考えながら、球場へむかったのでした。


が、ゲームはタイガースの西選手に完封されてしまう惨敗。

とぼとぼしながら駅に向かい、
駅から、17時発の空港行きのシャトルバスで空港へ。

この日の飛行機は、19時15分発の羽田行きANA686便
羽田で新千歳行きANA3829便に乗り継ぐために、
空港で何かいれましょう。

と、いうことで、かなわさんで、穴子弁当を買って食べます。

穴子は小ぶりで、かつ固めに蒸し焼きされていましたが、
しっかりと穴子のじわじわと来る淡白ながらもしっかりとした
うまみを味わうことができましたし、
ご飯にも穴子のたれがしみていて、このたれのご飯と
穴子の組み合わせって、いいですね。

空港の中でもこういうものが食べられるとは嬉しいです

と、大満足して、機内の人となったわけです。



ってことで。(´・ω・)ノシ
振り返りたくないのですが、ノルマなので消化します。

前日の勝利に酔って、宿近くのつけ麺「辛部」さんで
美味しいつけ麺で祝杯をあげます。

このまま波に乗ってほしいものです。

さらに、洗濯やブログの更新をすませたりして、
鬼滅の刃で梶さん新曲を堪能してから、僕たちは勉強ができない
川柳少女 みだらな青ちゃんは勉強ができない けいおん
といったところを堪能してからおやすみなさいzzz

翌朝は6時起床

荷物をまとめて、身を浄めてから、カープの赤いボクサーパンツ、
赤のアンダーシャツの上に26 HIROSEのホームユニという
戦闘服に着替えてからチェックアウトです。お世話になりました。

この日は、朝7時に宿を出るシャトルカーで
まずは駅へ。

駅でおりて、ほぼ駅ナカといってよい立地の
「駅膳」さんで、和朝食をいただいて、エナジーチャージ
美味しかったです。

そのまま、スタジアムへむかいます。
この日は昨日よりも30分早いゲーム開始です。
入場時間こそかわりませんが、天気予報は媒体によってですが、
一時雨の予報もあります。

ならば早く行って、内野自由席の屋根の下を確保せんとねぇ。

と、いうことで、途中赤ローソンで買い物をしたり、
ドッテンverの看板で写真をとったりしながら
球場には7時50分到着。

野球の神様に昨日の勝利のお礼をしてから、この日も面白いゲームを
見ることができますように、と2礼2拍手1礼してから列にならびます。

さすがにこの時間に入ることができたということで、最初から
ブルペン横といういい場所でした。いいぞいいぞ
RCCラジオの新里カオリのうららか日曜日などを聞きながら
軽くヲちますzzz
9時45分にいったん列整理。ゲートはすぐそこで、
前には30列くらいの人しかいません。

そして11時に開門。11時05分に着席。
後ろから4列目の通路横。バックネット裏のいい席です。
下では、カープのバッティング練習も終わりかけていて
タイガース選手がアップをはじめています。

しばし、そういう姿をぼーっと見てから、コンコースを一周。
まずは、昨日チェックをしていた、新作のカープネクタイと
Tシャツなどを購入。その他もろもろのお買い物をして
久々にカープショップで万超えのお布施をいたしました。
さらに、昼食を仕込みにいきます。

まずは、1.2.3.フォー↑さんで、野間²海老とチキンのココナッツカレー
そして、この日は、ライト側のかば広場に
世羅町がわがまち魅力発信隊として来場。
1年前もお世話になったねぇと思いながら、今年も豪快な
「世羅牛丸焼き」や「世羅産米粉唐揚げ」などのなかから、
昨年食べることができなかった、世羅牛丸焼きを購入。

ほくほくしながら、自席に戻っていただきました。
どちらも美味しかったです。ごちそうさまです。

13時に先発ピッチャー発表。タイガースは西投手
カープは九里投手です。
さらにスタメン発表。
タイガースは、昨日の北条選手、近本選手にかえて
鳥谷選手、ナバーロ選手が
カープは昨日の長野選手、堂林選手にかえて
安部選手、龍馬選手がスタメンに入ります。

それいけカープをもてから13時20分に平野選手、堂林選手に花束贈呈。
その後、スラ様と黒子さんがモー娘。の曲とかで踊るさまをもてから
プレイボールです。


1回表 タイガースの攻撃
先頭鳥谷選手は、2球目の高めのボールをセンターフライ
糸原選手はショートゴロ。糸井選手はフォアボールで出しますが
大山選手は、bbssからの5球目をサードゴロでチェンジです。
九里選手、16球でなかなかいい立ち上がりです。


1回裏 カープの攻撃
先頭広輔選手、SBからの三球目を広輔選手にぶつけて、出塁
「何しょんならぁああ」「オリックスへかえれぇええ」などと周囲の人
続く菊池選手、初球を三遊間真っ二つのレフト前ヒットで1,2塁
野間選手はショートゴロで、1塁ランナーの菊池選手はアウトになりますが1,3塁
チャンススーパーで盛り上がるなか
誠也選手はストレートのフォアボールで満塁です。
マウンドに集まるタイガースの内野陣
さらにチャンススーパーで盛り上がるなか
打席には松山選手ですが、初球に手を出して、
一塁ゴロで3-6-1のダブルプレー、チェンジです。
おいおいおい

これが、あのゲッツーで流れが変わったとならなければいいなぁ
と思ったのですが、その不安は的中します。
(さらに、そのあとのゲームまで引きずるとは神ならぬ私は気がつかなかったわけですが)


2回表 タイガースの攻撃
先頭福留選手セカンドゴロ、ナバーロ選手ファーストの横を鋭く抜かんとする
ゴロを松山選手がダイビングキャッチ。ナイスまっちゃん
中谷選手FFbFBの2-2から見逃し三振で三凡です。
途中、バットのグリップエンドにあたるファールがあり、
これがデットボールかと騒然としますが、
とりあえず、3凡です。テンポいいです。


2回裏 カープの攻撃
最初の打席から2文字応援歌で盛り上がる安部選手の打席ですが
空振りの三球三振
會澤選手、ライナーでレフト前へ飛ばすヒットで出塁しますが
龍馬選手ライトフライ、九里選手ピッチャーゴロでチェンジです


3回表 タイガースの攻撃
先頭、梅野選手がセンターへきれいにはじき返すヒットで出塁
昨日からバッティング好調です。
西選手がピッチャー前にきっちりとバントをきめて
鳥谷選手がレフトに打ち上げたフライに対して、
龍馬選手の追い方がアヤしかったので、「おい、大丈夫か」の声が飛びます
が2アウト。なんとかしのいでほしいですが、
続く糸原選手が1-1からレフトへきれいに強いあたりを運んで、
先制タイムリーヒットになります。
ああああああああ
六甲颪が響きます。
糸井選手は見逃しの三球三振でチェンジになります。

先制されましたが、まだ序盤で1点です。
昨日のように打線が奮起すれば

と、この時は思っていたのですが…

3回裏 カープの攻撃
先頭広輔選手FFFBから空振りの三振
菊池選手、初球をセンターフライ
野間選手、ピッチャー西選手のグラブを弾く強いあたりを打ちますが、
いい感じにショート前に転がって、チェンジ。3凡です。


4回表 タイガースの攻撃
先頭大山選手がライトへのファールフライでアウトから
福留選手のショートへの強いあたりを広輔選手がファンブル
ああああ、何しょんならぁあああ
ナバーロ選手空振り三振で2アウトになりますが、
中谷選手がレフト前ヒットで 1,2塁
梅野選手のあたりは、センター、ライト、セカンドの間で
誰かのグラブに触れますがとれずににポトリとおちて
これがタイムリーヒットになります。
盛り上がるビジパフォです。あああ、六甲颪ぃぃぃぃい
西選手、空振り三振で、チェンジですが、
ミスと不運なあたりで1点追加です。

でもまだ序盤。点差は2点、昨日のような(以下略


4回裏 カープの攻撃
先頭誠也選手、ライトフライから
松山選手のあたりはライトの右を抜く二塁打
「おい、さっき打てやぁああああ」と周囲の人
ただ1アウト2塁。ここで1点でもかえしてほしいところですが、
安部選手、會澤選手と連続して見逃し三振です。
ああああああああ

5回表 タイガースの攻撃
先頭の鳥谷選手高めの球を強いゴロ。これを名手菊池選手が弾きますが
アウトですが
続く糸原選手の強いあたり、菊池選手横っ飛びしますがとどかず
そのまま外野を転々として二塁打になります。
糸井選手センターへのスライス気味のフライを野間選手がナイスキャッチで2アウト
ただ、大山選手2-0から、レフトの左へ飛ぶタイムリーツーベースで
3点目です。ああああああああ、六甲颪ぃいいいい
3点連続で、2アウトからの失点です。
ここでマウンドに内野陣と畝コーチ。
そして、九里選手に変えて、レグナルト選手がコールされます。
ビジパフォから流れる「蛍の光」に、「蛍の光は聞きたくない」と、
球場三食の日下っぽくつぶやいて、
チャンス襲来が鳴り響くなか続く福留選手ですが、
ライト前へのあたりがタイムリーになります。
ああああ、六甲颪ぃいいいい
しかも、タイガース、今季初の4点目です。
ナバーロ選手はBBBFから見逃しフォアボール
中谷選手は7球粘った末にフォアボールを選んで満塁
ここで、好調梅野選手ですが、サードゴロで、安部選手がサードベースを踏んで
チェンジ。長い攻撃が終わります。

とはいえ、まだ3点差。次ぎの回に期待です。
5回裏 カープの攻撃
先頭龍馬選手、BBBSのボールカウント3-1から5球ファールで粘ったあげく
ショートの左を抜くレフト前へのヒットで出塁
次はピッチャーのレグナルト選手の打席なので、代打に昨日ヒットが出た:堂林選手ですが、
空振りの三振で1アウト
広輔選手はレフトフライ、菊池選手はセカンドフライでチェンジです。

ライナーは出るのにねぇ。


CCダンス、スライリーバズーカーを経て


6回表 タイガースの攻撃
カープはレグナルト選手に代打が出たので菊池保選手がマウンドにあがります。
先頭、西選手をピッチャーゴロ、鳥谷選手をショートゴロ
糸原選手をファーストゴロを松山選手が弾きますが、
菊池保選手のナイスベースカバーと連携でアウト。チェンジです。久々の3凡です。


6回裏 カープの攻撃
先頭野間選手セカンドフライ 誠也選手センターフライで2アウトから
松山選手がFBBBからフォアボールを選びますが
安部選手、セカンドゴロでチェンジです。

タイガースのラッキーセブン。黄色い風船が乱舞するのを見てから
7回表 タイガースの攻撃
先頭糸井選手のあたりは、高いバウンドのゴロになりますが、
菊池選手が処理するときにすでに糸井選手は一塁へ
続く大山選手はゴロでショートの左をぬくレフト前へのヒットで 1,2塁
ここで福留選手が見事送りバントを決めて2,3塁
チャンスわっしょい で盛り上がるビジパフォ
ナバーロ選手はBSSから落ちる球を空振りでバッターアウト
ただし、中谷選手にサード横をするどく抜くタイムリーヒットで
タイガース追加点です。六甲颪で盛り上がるビジパフォ
「おい、アベ、しっかりとれや」と周囲の人。
梅野選手空振り三振でチェンジになりますが、
また2アウトからの失点です。

それいけカープで、風船をピューッととばしてから
7回裏 カープの攻撃
先頭會澤選手、ライトフライから
龍馬選手、きれいなライトへのヒットで出塁
ここで打席はピッチャーの菊池保選手に代わり、バティスタ選手です。
バティー、頼むでぇええええええええ
ただ、バティスタ選手見逃し三振 、続く広輔選手空振り三振でチェンジです。


8回表 タイガースの攻撃
ここでカープはルーキーの島内選手をマウンドにおくります。
が、いきなり、ピッチャーの西選手をフォアボールで出します。
続く鳥谷選手ファーストゴロで、ランナーの西選手がアウトになります。
が、松山選手の送球がそれて、2塁でアウトをとるのが精一杯。
ベース上の近いところにいけば併殺をとれたかもしれないあたり。
こういう、細かいミスが目立ったゲームです。
鳥谷選手に代走の植田選手がおくられますが、糸原選手の打席で
植田選手に盗塁を決められます。
「ありゃ、かんぜんにフォームぬすまれてんな」と周囲の人。
さらに糸原選手のセンター前ヒットで 1,3塁
糸井選手のライトへのタイムリーヒットで、植田選手が還って追加点です。
1塁ランナー糸井選手に近本選手が代走におくられます。
大山選手はセカンドフライで2アウト
ただし、続く福留選手のあたりは、ファーストの横をゴロで抜いてから
外野へ転々とするあたりで、2点タイムリーツーベースになります。
六甲颪で盛り上がるビジパフォに対して、
「まつやまぁ、それ、とめれやぁ!!」と周囲の人。
2塁ランナー福留選手の代走に江越選手がおくられます。
ここで、ナバーロ選手がファーストゴロで長い攻撃が終わります。
終盤の3得点はデカすぎです。
しかも、タイガース、今季初の2桁安打です。
もー、カープ、サービス良すぎです。

8回裏 カープの攻撃
ナバーロ選手にかえて山崎選手がファーストに入ります。
そして、代走の植田選手がショートに、近本選手がセンターに
江越選手がライトに入り、センターの中谷選手がレフトに入ります。
カープは上位打線なので、一矢を報いてほしいところですが、
菊池選手は右中間の深いところまで飛ばしますが、ライトフライ
野間選手は空振り三振、誠也選手はセンターフライで三凡です。


9回表 タイガースの攻撃
カープは菊池選手にかえて、上本選手がセカンドに
誠也選手にかえて曽根選手がライトに
翼選手にかえて、坂倉選手がキャッチャーの守備につきます。
先頭中谷選手キャッチャーフライ、続く梅野選手サードゴロで2アウト
そして、西選手が打席に入ると盛り上がるスタジアムです。
西選手は一度もバットを振ることなく見逃し三振で三凡ですが、
このまま完封されるのか。


9回裏 カープの攻撃
先頭松山選手ショートフライから、安部選手にライトへの二塁打が出ます。
あああ、それもさっきの打席でだしてよぉ
坂倉選手空振り三振、西川選手、サードのファールフライで
ゲームセットです。


と、いうことで、敗者はさっさと去ります。

球場を出るとき、野球の神様に2礼2拍手1礼をささげてから
足早に駅に向かいます。

そのご、17時の空港行きのバスに乗るためです。

駅に向かう間、RCCラジオを聞きながら歩きますが、
解説のかたが、「西はよかったけど、初回の松山に一本でれば
展開は違ったかもしれない」などというのにうなずきながら
駅へむかったのでした。

しかも、そのあとまだ、今日にいたるまで、カープの勝ちを
見ることができない身としては、

やはり、チャンスを貪欲にものにすることと
ミスをしないこと、しても挽回することが改めて大切だなと
実感したというわけです。


その後は、ANAの飛行機を乗り継いで、北海道に戻り、
ニュースで鈴木知事の当選を知ったり、スマギャン~東京ブギーナイトという
いつものアニラジはしごをしながら、

自宅についたのは、8日になっていました。



T 9-0 C

勝利投手[ 阪神 ] 西 (1勝1敗0S)
敗戦投手[ 広島 ] 九里 (0勝1敗0S)

観衆数 31798人  試合時間 3時間12分





ってことで。(´・ω・)ノシ

今シーズン初の広島遠征で、8ヶ月ぶりの広島。
現在、広島市中区某所に滞在中。
これから、今日のゲームに備えて出陣準備です。

そして

勝ったのぅーーーーーーーーーーーーー!!

今シーズンは始まったばかりですが、
いまひとつ調子の上がらない中、久々の快勝です。

ともあれ、めでたいということで、恒例でございますので、みなさん御斉唱お願いいたします。
♪宮島さ~んの神主が~ おみくじひいて申すには   
今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち ♪
♪宮島さ~んの神主が~ (ウゥ~! ワッショイ ワッショイ)   
おみくじ引いて申すには~ (ウゥ~! ワッショイ ワッショイ)   
今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち♪ 
バンザーイ! バンザーイ! バンザーイ!!!

♪カープ カープ カープ広島 広島カープ   
空を泳げと 天もまた胸を開く   
今日のこの時を 確かに戦い   
遙かに高く 遙かに高く  栄光の旗を立てよ   
カープ カープ カープ広島 広島カープ   


勝ちに行くのが 選ばれた者のさだめ   
一投一打が 勝負の全て    
闘志をつくし 闘志をつくし  
今ここで花と咲けよ   
カープ カープ カープ広島 広島カープ   


鍛え抜かれた 精鋭の技と力     
その意気愛して 見守る我らの   
明日へ続く 明日へ続く  
きりのない夢であれよ   
カープ カープ カープ広島 広島カープ    

晴れのあかつき 旨酒を酌み交わそう    
栄光手にする その日は近いぞ   
優勝かけて 優勝かけて  
たくましく強く踊れ   

カープ カープ カープ広島 広島カープ ♪  

バンザーイ! バンザーイ!! バンザーイ!!! 


そんなゲームとかの振り返りです。

前日4月5日は、職場の年度初め会議など、いろいろありましたが、
そこらへんを片付けてから、1時間有給をいただいて、職場を出ます。

休憩時間に新千歳のHP見たら、A駐車場は満車、B駐車場は混雑状態。
と、いうことで早めに新千歳に言っておきたかったのです。

と、いうことで空港には17時30分着。
AもBも駐車場は空です。遠征の行きはスカイマークですが、
帰りはANAなので、A駐車場を利用。
混雑していますが、運よくA-14、空港連絡橋入り口の近くを確保
14は大瀬良選手の背番号。幸先いいです。

その後、搭乗手続きをすませてからCAFE GREEN Tokachi さんで、
地鶏とハイボールのセットでお腹を満たします。

時間になったので、機内へ。
この日の飛行機は、スカイマークの178便
ファイターズジェットでした。

入り口ドア横には、SKYMARK 737と書かれたユニフォーム。
機内の椅子ヘッドレストカバーも、青のファイターズカラー
さらに、機内では、ウエスギ専務verのファイターズ賛歌が流れてます。

野球に行く気分が高まります。

ま、機内では、いつものように爆睡するのですが。
目が覚めたら、外は夜景がきれい。
翼よあれがヒョーゴの灯だ、トゥラトゥラトゥラァアアア!!

定時に神戸に到着。神戸空港は着陸からボーディングブリッジまで
近くていいですね。
その後は21時40分発のポートライナーで三宮へ。
21時58分に三宮着。その後、近くのファミマで買い物をして
宿にチェックイン。こちら、3月の倉敷~下関遠征のときも
お世話になりました。宿が駅近なのがありがたいです。

そして、宿では、ブログの更新をしたり、
小泉さんの梯子をしたり、すのはら荘とかフルバを見たりして
就寝ですZzz

そして翌6日。5時に起床。身を浄めて、準備をして
赤いアンダーシャツ、デニム柄のカープパンツ、
赤いソックスに26HIROSEのホームユニフォームを身にまとい
6時20分にチェックアウト。お世話になりました。

宮本むなしさんで、朝食。
朝定食の鮭の焼き加減がいい感じでした。

三宮で7時の地下鉄で新神戸へ。
新神戸駅の新幹線ホームからは、生田川沿いの桜がきれいです。

新神戸で7時25分発ののぞみ95号博多行きにのりこみます。
Aの席を確保することが出来ました。
ここも、3月の倉敷、下関遠征以来です、

ということで、ホームのセブンイレブンで買った氷結を飲みながら
車窓を味わいます。

トンネルとトンネルの間の何気ない集落に
桜が咲いていたりして、いいですね。

3月のメットライフドーム遠征のときも、ZOZOマリン~パレスタ遠征のときも、
桜がきれいでしたが、今年は開花してからの気温が低めなので
桜の見頃が長く続いていいですね。
軽く酔いが回って見る車窓はサイコーです。

新倉敷までは起きてましたが、その後軽くヲちて
気がついたら、東広島を過ぎたところでした。

そして、新幹線のA席を確保した最大の理由である
マツダZOOMZOOMスタジアムが見えます。
これだこれ。この景色です。

軽く手を合わせてから、カープロードにいるファンの数をチェック。
早く出たかいがあって、それなりの人数しかいないのでありがたいです。

8時37分広島駅着。
駅には、アカい戦闘服に身を包んだ人がいますね。
中には、紫の戦闘服や青黒の戦闘服を着ている人もいます。
今日、エディスタでサンフレvsガンバ戦があります。

そして、カープロードを歩きます。8ヶ月ぶりです。
JR沿いの看板も今年verになっています。
新井さんが、レジェンド枠に入ってる。

さらに、イラスト看板がドッテンverになっています。
いいですねー。

そして、一塁側の入り口を目指します。
また、この地に帰ってきました。
ズムスタよ、ワタシは帰ってきた!! です。
球場の敷地に入る前に、球場にむかって二礼二拍手一礼
野球の神様に、面白いゲームとカープの勝利をお祈りしてから、中へ。

すでに列はできていますが、最後尾にそのまま並びます。

スポーツ新聞とかを見たり、RCCの「週末ナチュラリスト 朝ナマ!」を
聞きながら、時間をすごします。
というか、周囲の会話が全部広島弁なので、
帰ってきた感半端ないです。

9時55分に一旦列整理で前につめますが、
一塁側のブルペン真横で、キャッチャーがミットをいい音たてています。
あと、目の前が報道関係者入り口で、
入っていく安仁屋さんを見たりして、これはいいですね。

さらに並んで、11時丁度に列が動いて、5分後くらいに入場です。

この日は、内野自由席ですが、一二塁の延長線上。
かつ、屋根の下で、通路から3列だけ内側といういい場所を確保。
高いところなので、風もここちよいです。

まだ、下ではカープの選手が守備練習をしています。

そんなのをボーッとしばし見てからまずは、カープうどん全部のせで
腹ごしらえ。そして、コンコースを一周します。
まだ、飲食系のお店はあまり開いていませんが、
ショップなどで明日の買い物に備えてチェックです。

そして、腹ごなしをかねて、コンコースを数周。

12時になると、内野自由席以外の席にも入ることができまして
その旨のアナウンスが流れます。
この時間なら、飲食のお店もやってます。

と、いうことで、腹もこなれかけてきたので、Koi Court9さんで、
「菊池涼介」選手プロデュース
水・金・地・火・木ドッテンカレーを購入。
さらに、あげます、まきます、がんばります。さんで、
広島レモンチューハイを購入です。

タイガース選手のバッティング練習を見ながら
それぞれ自席にもどっていただきました。
美味しかったです。感想はまた後日。

そして、タイガースの練習も終わって、カープのシートノック
さらにタイガースのシートノックになりますが、
13時30分に、先発ピッチャー発表
カープは床田選手。タイガースは岩貞選手。
両サウスポー対決です。

さらにスタメン発表があります。ドッテンverの映像もいいです。
ていうか、誠也選手、ふざけすぎですww
そして、カープ、6番は長野選手。
8番サードに堂林選手が入るアナウンスで

歓声がおきます。

堂林選手、スタメンが1年ぶり、サードのスタメンは3年ぶりだそうです。

あと、主審は橘高さんでした。
ブラウン~!!、ベースを投げろ~!!

そして、それいけカープも、ドッテンバージョンです。

八嶋智人さん、徳井義実さん、槙原敬之さん、
風見しんごさん、田中卓志さん 山根良顕さん、水田わさびさん
谷山紀章さん、谷原章介さん 丸本莉子さん、チャラン・ポ・ランタン
ヤルキスト、二宮真琴さん 内藤哲也さん 小林克也さん、尾関高文さん
宇治原史規さん 西村瑞樹さん
といったところでの新バージョン。

デーモン閣下 堂珍嘉邦さん、島谷ひとみさんの不在は
少々さみしいです。

そして、TSSの市場アナが始球式をする旨アナウンスされ、
曽根選手、植田選手に花束贈呈。

さらに、スラ様と黒子が、USAとか、RYUSEIを踊るさまで見ながら
ほっこりしながら、メンバー表交換があって、
市場アナの始球式はワンバンでしたがストライク。
なんでもソフトボール経験者だそうです。

そして、14時丁度にプレイボールです。



1回表 タイガースの攻撃
先頭、ルーキーの近本選手、9球粘りますが、ショートゴロ
続く北條選手 キャッチャーへのファウルフライ
糸井選手空振りの三振で三凡です。
床田選手、先頭の近本選手に10球要したので、18球かかりましたが、
ナイスピッチング
「久々じゃない、最近のカープで、初回三人でしめたのって」
と周囲の人。そうかもしれません

1回裏 カープの攻撃
先頭広輔選手、初球を打ち上げてショートフライ
菊池選手、一球目空振りの後の次の球をセカンドゴロ
「ノマノマイェー♪」でもりあがって、野間選手
高めの変化球をきれいにセンターへ運んで出塁します。
流石、リーグ打率上位。好調です。
が、続く誠也選手が初球を打ち上げてショートフライでチェンジです。

2回表 タイガースの攻撃
先頭大山選手、続く福留選手と、連続してレフトフライ
ただ、大山選手のときは、長野選手がほかの野手を指差してましたし、
福留選手のあたりはスライス気味の難しい当たりで、
なんとかワンハンドキャッチでした。
「長野は、打ってくれればええんじゃ」と周囲の人
中谷選手は6球目を強打しますが、強い当たりが床田選手のグラブにおさまって、
ピッチャーゴロで三凡です。

2回裏 カープの攻撃
先頭松山選手ファーストゴロでアウトから
大盛り上がりの中打席にはいった
長野選手、BSBBの3-1から、一度もバットを振ることなくフォアボールで出塁
會澤選手センターフライで2アウト
ここも盛り上がる堂林選手が1.2塁間きれいに抜くライトへのヒット1,3塁
で、床田選手のあたりはピッチャーゴロになりますが、
これを岩貞選手、中谷選手が連続して悪送球
その間、長野選手が還ってきて、先制です。
え、何、何って感じで得点がはいりますが、
ここは周囲の人とカンフーバットカンカンしてから
宮島さんです。バンザーイ バンザーイ バンザァァァァァァアアアイ!!!
なおもランナー2.3塁。ここで、チャンススーパーが流れますが、
広輔選手は空振りの三振でチェンジです。

が、先制点はありがたいところです。


3回表 タイガースの攻撃
先頭、糸原選手のレフトに抜けようというあたりを広輔選手が横っ飛びでとめて
そのまま大遠投をしますが、これを松山選手がとれず、初のランナーをだします。
「えー、これ、エラーなの?」「あのあたりはヒットじゃないんだ」
「でも、ノーヒットノーラン継続するから」なんて周囲で盛り上がりますが、
梅野選手の当たりは横っ飛びする堂林選手の右を抜く
レフトへのヒットで、1,2塁になります。が、ここから床田選手粘りを見せて
岩貞選手送りバントをしますが、床田選手の好きフィールディングで
2塁ランナーの糸原選手がサードでアウト
近本選手、北条選手と連続で、ライトフライでチェンジです。

ああああ、よくしのぎました。




3回裏 カープの攻撃
先頭菊池選手、初球をライトフライで1アウトから
2文字応援歌に送られた野間選手、体勢を崩しながらも
センターへ上手く運んで出塁。
そして、誠也選手レフトへの当たりは、レフトが動かないので、
レフトフライかと思ったら、そのままスタンドインです。
うぉおおおおおおおおお、せいやぁあああああああ
ここでもカンフーバットカンカンカンで
宮島さんじゃぁあああ ワッショイワッショイ
さらに、松山選手も、体勢を崩しながらもセンターへ上手く運んで
今シーズンの初ヒットです。
が、長野選手、ショートゴロで、6-4-3のダブルプレーです。ああああ
「そんなとこで、アライさん継承せんでええのに」と周囲の人。

とはいえ、2点追加です。
ドドンドドンドンすずーきせいや
ドドンドドンドンすずーきせいや
と盛り上がるライトスタンドにむかって、帽子を脱いでぺこっと一礼する
誠也選手です。
いーぞーいーぞーせいや!!

グランド整備があってから、

4回表 タイガースの攻撃
先頭糸井選手 BSBBから一度もバットを振ることなく四球で出塁
床田選手、初の四球です。
が、大山のファーストゴロで、糸井選手が二塁でアウト
さらに、福留選手、中谷選手と、連続の空振りの三振でチェンジです。


4回裏 カープの攻撃
先頭會澤選手、フォアボールで出塁、続く堂林選手のサードゴロで翼選手が二塁でアウト
床田選手はきっちりと送りバントを決めて、2アウト2塁
広輔選手が初球のストライクから4球連続でボール。
一度もバットを振ることなく出塁して1,2塁から
菊池選手のあたりは、北条選手の左を鋭く抜くレフトへのタイムリーヒットになって
堂林選手が還ります。
宮島さんです。バンザーイ バンザーイ バンザーイ
野間選手はセカンドゴロでチェンジですが、この追加点はありがたいです。

キックーチー キックーチーの声に手を振って応じる菊池選手に盛り上がります。
いーぞーいーぞーキックーチー


5回表 タイガースの攻撃
先頭糸原選手、レフトへはじき返すヒットで出塁
梅野選手は、バントでおくろうとしますが、サード堂林選手が
バントシフトで不在の一塁へボールを投げます。
何しょんならぁああああああああああ
これで、2,3塁になって、打順はピッチャーの岩貞選手なので
代打に上本選手が起用されて、ビジターパフォーマンスシートからは、
「レッツゴー レッツゴー レッツゴーうぇーもーとー」とチャンス襲来で
盛り上がるなか0-2からセンターへきれいに運んで、
走者一掃のタイムリーヒットになります。ああああああ。
続く、近本選手が見事送りバントを決めてなお、1アウト2塁です。
「ちゃんすワッショイ」で盛り上がるビジパフォです。
が、ここで、北條選手、糸井選手と連続で空振り三振でチェンジです。
床田選手、頼もしい。

「こういうところで、三振とれるピッチャーってありがたいよな」
と周囲の人。そうそう、そのとおりです。


5回裏 カープの攻撃
タイガースは、代打に出た上本選手がセカンドに入って、セカンドの糸原選手がサード
サードの大山選手がファースト、ファーストの中谷選手がセンターに入って、
センターの近本選手が退いて、ピッチャーに藤川選手です。
先頭の誠也選手、SBSBBの3-2から一度もバットを振ることなく
フォアボールで出塁
続くは、前の打席で今季初安打の松山選手ですが、
カウント2-1からバット一閃
ライトへの大きな当たりは、ライトが途中で追うのをあきらめて
そのままスタンドインです。

うぉおおおおおおお、まっちゃぁああああああん!!!

宮島さんじゃぁああああああ ワッショイワッショイ
周囲の人とカンフーバットをカンカンします。
長野選手、SBFの1-2から見逃し三振で1アウト
続く會澤選手、カウント2-2からバット一閃
ボールは左中間のスタンドに吸い込まれます。

うぉおおおおおおお、つばさぁあああああああ!!!
宮島さんじゃああああああ バンザーイ バンザーイ バンザーイ
周囲の人とカンフーバットカンカンカン
続く堂林選手、「攻めろ!」チャンテで盛り上がりますがショートゴロ、
床田選手は一度もバットを振ることなく3球三振で
チェンジです。

が、3点の追加点はデカいですし、
不調の、松山、翼、両選手にホームランが出たのがデカイ。

隣の人はスマホを見ながら
「わ、サンフレも三点目入れとる!」「どうした、サンフレ」なんて会話をしてます。
広島です。

松山選手は、この回で退いたので
いーぞーいーぞーまっつーやまーの声が飛び
つーばっさー つーばっさー の声に応じる翼選手に盛り上がります。
いーぞーいーぞーつーばっさー!!

長いグランド整備の間、CCダンスがあって、
スライリーバズーカタイムがあって、
私は、目の前でCCダンスを踊ったお姉さんからハイボールをかって
6回表 タイガースの攻撃
松山選手が退いて、サードの堂林選手がファーストに入って
サードには安部選手が入ります。
先頭大山選手は1.2塁間をゴロでぬくライトへのヒットで出塁
さらに、福留選手にはストレートのフォアボールで1,2塁
床田選手、球数はすでに100球を超えてます。
が、中谷選手空振りの三振、糸原選手ショートゴロで6-4-3のダブルプレー
このピンチもしのぎました。


6回裏 カープの攻撃
タイガースは尾仲選手をマウンドにおくります。
先頭広輔選手 BBFBの3-1からフォアボールで出塁
続く菊池選手はショートの左をゴロで抜くレフト前ヒットで1,2塁
チャンススーパーがひびくなか、野間選手はファーストゴロで、
菊池選手が2塁でアウトの1.3塁。
ここで誠也選手に「スリーランホームランもう一本!!」とコールが飛びますが
誠也選手の1-1からの当たりは、これまたレフトが足を止める
左中間への3ランホームランになります。
「本当に打ちよったぁ」と周囲の人。

宮島さんです。バンザーイ バンザーイ バンザーイ!!!
続く、安部選手 フォアボールで出塁
ただ、長野 空振り三振で2アウト
「ツーランホームランもう一本」とコールが飛びますが、
會澤選手も空振り三振でチェンジです。

すずーきせいや ドドンドドンドン と盛り上がって
誠也選手が帽子を取って挨拶します。
いーぞーいーぞーせーいーやっ

ラッキーセブンで、六甲颪とともに風船ぴゅーっを見てから
7回表 タイガースの攻撃
カープは、一岡選手をマウンドにおくります。
先頭梅野選手が、レフトへライナーで運ぶヒットで出塁すると、
上本選手のサードへの強いあたりを安部選手がはじいて、1.2塁になります。
ここで、タイガースは、ピッチャーの打順なので、代打に鳥谷選手です。
が、鳥谷選手 見逃し三振、続く北條選手ライトフライ
糸井選手ファーストゴロで0でおさえます。

カープラッキーセブン。久々に風船ピューをしてから
7回裏 カープの攻撃
タイガースは、尾仲選手にかえて、守屋選手をマウンドにおくります。
さらに、ライトに江越選手、キャッチャーに坂本選手です。
先頭堂林選手ショートゴロ、一岡選手の代打バティスタ選手が見逃し三振
広輔選手が空振り三振で3凡です。


8回表 タイガースの攻撃
カープは、ピッチャー中田選手、キャッチャー石原選手と
バッテリーを入れ替えます。
先頭大山選手レフトフライで1アウトから、
福留選手、のカウント1-2からの当たりは、バックスクリーンに飛び込む
ソロホームランです。
がバックスクリーンのビジョンに、祝1000打点達成の文字が出て
スタジアム全体から拍手がわきおこります。
「廉もわかってるよなぁ、演出を」などと周囲の人。
中谷選手セカンドフライで2アウトから
糸原選手をフォアボールで出しますが、坂本選手空振りの三振でチェンジです。


8回裏 カープの攻撃
福留選手に代わって、センターの中谷選手がレフトにはいりますし、
センターには植田選手が入ります。

カープは、菊池選手に代打曽根選手。
曽根選手は当たりがよすぎて、ライトへのフライ。
野間選手空振りの三振から誠也選手が1.2塁間をゴロで抜くライト前ヒット
代走が上本選手です。兄弟で近いなぁ。
安部選手センターフライでチェンジです。


9回表 タイガースの攻撃
カープは菊池保選手がマウンドにあがります。
菊池選手の代打曽根選手がライトに、誠也選手の代走上本選手がセカンドに入ります。
先頭上本選手、センターフライ
守屋選手の代打に新人の木浪選手ですが、空振り三振
北條選手サードゴロでゲームセットです。



と、いうことで勝ちました。

この後、床田選手と誠也選手のヒーローインタビューを聞いて、
坂倉選手のセルフ水掛けを見てから、

勝鯉ビールをいただいてから、

球場にむかって、2礼2拍手1礼をして野球の神様に感謝をしてから
この日の宿に向かったのでした。


床田選手の2年ぶり勝利と、一岡、中田、菊池保の1失点ピッチング
という投手陣に、
今シーズンまだ調子のあがっていない松山選手と會澤選手の復活ホームラン、
スタメン堂林選手にもヒットが出て、
菊池選手にもタイムリー、好調野間選手はマルチヒット
誠也選手はツーランとスリーランで猛打賞
という攻撃陣。

守備はマズいのが、いくつもありましたが、

それは修正して、明日以降もがんばってほしいものです。





T 3 - 10 C

勝利投手 床田 (1勝1敗0S)
敗戦投手 岩貞 (1勝1敗0S)
本塁打 [ タイガース ] 福留1号(8回表ソロ)
[ カープ ] 鈴木4号(3回裏2ラン)、松山1号(5回裏2ラン)、會澤1号(5回裏ソロ)、
鈴木5号(6回裏3ラン)

観衆数 31777人
試合時間 3時間20分





ってことで。(´・ω・)ノシ
現在、神戸で朝を迎えています。
これから、広島に向けて出陣です。

チームの調子はよくありませんが、そんなときこそ
がんばって後押しできるような声をだしてきます。

そんな模様は、また後日、当ブログにて。


先週の、マリーンズvsゴールデンイーグルス
ベイスターズvsファイターズ戦で、球場以外で食べたものです。

ZOZOマリンスタジアムでゲームを見終えてから、
バスで幕張本郷駅に出てから、総武線でこの日の宿がある
浅草橋へむかいます。

そして、宿でチェックインしてから、夕食を
ゲーム前は、カレーだモツ煮だ、とあれこれ食べましたが、
ゲーム中は、ジャンボメンチを食べただけなので、
いい感じで空腹です。

で、最初は串カツの×中が近くにあるので、
そこでいっかなー、と思ったのですが、
ふ、と見た宿のお勧めのお店の掲示物に
「洋食 大吉」の文字を発見。

洋食って、球場では味わえないようそです。
と、いうことで、即決。宿から歩いて5分ほど。
大通りから少し脇に逸れた路地に黄色い看板を発見。

こちらです。
階段を下りて地価へむかいます。地下に広がるのは昭和のレストラン的な空間です。
昭和の、というところがポイント。緊張をしいるわけでなく、
ほっと出来るところがよく、懐かしさも感じます。
店内はにぎわってますが、お一人様である旨をつげると
カウンター席に通してくれました。ありがたいです。

しかも、奥の開いているテーブル席は、
次々と予約の団体さんでうまっていきますし、
お一人さまでもことわられている人もいます。
いいタイミングでお店に入れてよかったです。

と、いうことでメニューを吟味。

オーソドックスな洋食メニューがずらっと並んでいて、
最初は揚げ物一品と何かつまめるもの。
ならカツかな、と思ったところ、
「レバーフライ」の文字を発見。これこれ。下町っぽいじゃないですか。
さらに、オーダーを考えている横を通り過ぎたのが、
ナポリタンです。ああ、これ、食べたい。

パスタと、揚げ物のそれぞれの力を楽しむことができるので、
この組みあわせでいきましょう。

お酒もいろいろ、生ビールも各種ありますが、
ここは、角ハイボールをいただきます。

出てきたハイボールをいただきます。これは、しみます。
ハイボールをチビチビしながら
軽く周囲を観察すると、カウンター上にはバスケットに入った
食器一式。さらに、ソースとかが備え付けられています。

カウンターなので、広めの厨房がよく見えますし、
中では、コックさん帽と白衣がビシッときまった方々が
チームワークよくてきぱきと働いています。

この活気ある厨房。これだけで美味しいご飯の前奏曲です。

店内を見ると、みなさん楽しそうに談笑されています。
なかには、お相撲さんの2人連れがいたりして、
ここも下町です。

そんなことを観察することしばしで、レバーフライが登場。
粗めに挽かれたパン粉の衣がピンッとたっていて
狐色にからっと上がっています。
そえられたキャベツやレモンも昔ながらの洋食風で
これはいいです。

では、まず軽くソースをかけてから、いただきますと、

サクッとした軽やかな衣の食感をあじわうとすぐ
しっかりとした歯応えのレバーです。
このレバーは、薄めにカットされていますが、存在感バツグン。
濃い味は、レバーならではの血あいっぽい野趣にとみながら
その味がクセとかを感じない
レバー嫌いな人でも、いけるだろうな、という
素材もいいのでしょうし、丁寧な仕上げです。

濃い味と軽やかな衣の組み合わせが絶妙ながらも
下町を感じるところが、こちらならではなのかな。
ホッとできるあじです。

レモンをふってさわやかにしていただいてもいい感じです。

これは、レバー下町風ステーキとかも、美味しいでしょうね。
頼みたくなります。

と、楽しんでいると、ナポリタンが登場。
ケチャップのいい香りがたまりません。

綺麗なトマトの色がいかにも美味しそうで、
一口いただきますと、口の中いっぱいにやさしい酸味がある
ケチャップの味がひろがります。

さらに、魚介類の味もしますが、
これは具に入っている海老とかの影響も強いですね。
この複雑な味がまずはお気に入り。

中太の麺は、少しは歯ごたえを残す感じでゆでられていて
小麦のあじもしっかりしますし、濃いめの味を受け止めています。
美味しいんだけど、昭和の味わいで懐かしさも感じます。それぞれハイボールにもよくあいます。

ああ、美味しかった。ごちそうさまでした。


ちなみに、あとで知ったのですが、こちら、
池波正太郎先生も愛したお店だそうで
著書の中に「洋食大吉」というタイトルのエッセイもあるそうです。

ああ、どうりで。


浅草橋の宿は、よくお世話になるので、
今後もまたくることになるでしょう。

次はデミグラスソースの味を楽しんでみたいです。



そして、平塚で野球を見終わって、この日の宿、川崎でまったりとします。

そして、翌日、北海道へ帰る日の朝ですが、
お世話になった宿の無料朝食がパンのみということで、外に朝食をとりにいきます。

京急川崎の駅前に宿をとったので、チェーンの牛丼屋さんなど
選択肢は豊富ですが、今回はパス。
向かったのが、新しい高層のオフィスビルに入っていながら、
古っぽい店構えと、暖簾がいい感じでこすけていて、
店頭のショウケースや、ボードのメニューがおいでおいでしているお店、
島田屋さんです。

こちら、開店が6時なのがありがたいです。
一昨年の冬の大お祭りの時に訪問して以来16ヶ月ぶりです。

ガラスサッシのドアを横開きして入店。
ビルの外観からは想像できないぐらい昭和を煮染めた味わいの店内で
これだけで大好物で大成功です。

中には横に長いL字のカウンターがどんとあって、
その横にテーブル席があります。

店内の中心はこのカウンターで、1人で黙々と食べる先客が一名。
私はその短い辺の方の隅に腰を降ろしてメニューを見ますが
メニューが、多いです。

カウンター席ですが、席の上とかカウンターの中に短冊がズラッと並んでいます。
ひと通り見るのもケッコウ大変です。
定食は、納豆定食みたいな、一品料理+ご飯とか、豚生姜焼き定食などの炒め物、
メンチカツなどの揚げ物、刺身定食や煮魚定食など魚系などがあり
バラエテイーに富んでいます。

酒のツマミ系一品料理もいろいろあって、冷しトマト、冷やっこ、目玉焼き、
玉子焼き、マカロニサラダ、きんぴらごぼう、おひたし、ごまあえ、ポテトサラダ、
などなど、充実してます。

飲みものは、ビール、お酒、焼酎、ウイスキーの他、
自家製の果実酒など。これは目移り必至です。

さらにオススメ品がホワイトボードなどに書かれています。


ということで、豚汁定食と、マカロニサラダ、味つけのり
さらに瓶ビールを注文します。

豚汁定食は、朝のタイムサービスでご飯、豚汁、納豆、生卵、お新香で
520円というお得なメニューです。

これだこれだ。

まずは出てきた瓶ビールをコポコポとコップに注いであおります。

あああ、しみます。

続いて登場したのが、マカロニサラダです。
黒い小皿に入ったのは、穴あきではないツイストタイプの
太めのマカロニがしっかりとしていますし、
絡まるソースは豊かな色合いで、見るからに濃そうです。

千切りにんじんとキャベツが入っていますが、
見た目どおりの濃い味付けで、しっかりと旨いです。
マカロニは、穴あきではいぶん、小麦感をしっかり味わうことができて、
これも酒や飯がすすむ立派な一品です。
美味しいつきだしです。

マカロニサラダをつまみながらビールをチビチビやっていると
残りの定食が登場しました。
トレーの上にはゴハン、豚汁、納豆、生卵、お新香が乗せられています。
さらに海苔は袋入りのが2袋のってます。

まずは豚汁をいただきますと、
淡い穏やかなあじわいで、薄味に感じますが、
深みがあるので、物足りない感じはしなくて、
むしろ、この深みがもっともっと味わいたくなるタイプ。
豚肉も豚汁にしては厚みのあるものがゴロッと入っていて、
ここからも、汁の味を複雑にしてくれるのかな。
エキスが固まりで入っているので、うれしいですし、
ほの甘いところもいいです。

大根やにんじんなど野菜もタップリで
それぞれ滋養ある穏やかな味。
この野菜の味も汁に染み出ています。
軽く七味をふって、味わいかえるのもいいです。

御飯は大きめの茶碗にケッコウたっぷり入っていて、
固めに炊かれていますが、これが美味しい。
海苔でいただいても、納豆でいただいても、
卵でいただいても、それぞれの味をひきたてる名優です。
納豆も少し粒が大きめ。葱があらかじめかけられていて、
からしもついています。

まずは、しっかりとかきまぜてから、たれを入れてさらにかきませす。
そして、からしを入れてかきまわして、ご飯にのせます。
ツーンとしたカラシの感じがイイ塩梅で、ご飯が進みます。
こちらも海苔で巻いていただきます。うん。うまいです。
そして、残った納豆をかけてから、卵かけご飯でいただきます。
黄身のハートにロックオンするのは忘れません。

卵かけご飯も美味しいなぁ。
海苔でまくのもいいです。

シンプルな付け合せの白菜の漬け物も
しみじみと美味しかったですね。

当然、ビールにも会います。文句なしです。


と、次第にお料理もビールもなくなってまいりまして、
楽しい時間は、やはり儚いです。
が、大満足で、ご馳走様でした。

島田屋さんの朝呑み恐るべし。なるほど!これが川崎の島田流ですか。
こちらの島田流を堪能させて貰ったであります。

と、知波単風か秋山殿風になるのは、
16ヶ月前にガルパンを連チャンで見たあとに、
初めてこちらのお店を訪れた体験があるから
仕方がないです。


と思いながら、宿へと戻り、帰道にそなえたのでした。


ちなみに、後で調べたのですが、
こらちは、昭和50年創業だそうです。あの雰囲気も納得です。

川崎に行くときはまたお邪魔したいと思います。

というか、こちら以外にも雰囲気のある居酒屋さん(しかも30日にも営業)を発見しましたし、
あと、食のデパートコシバさんもありますし、川崎はいい街です。
探せばまだいろいろありそうですし、改めて気に入りました。

あと、京急川崎駅そばに、キンコーズもあったので、
今度はこちらのキンコーズも試してみたいと思います。
多分定宿から一番近そうなキンコーズなので…


あと、前回、こちらを訪れたときに地元に戻って本屋さんで、
今柊二さんの「かながわ定食紀行」の5が出ているのを発見。
読んで見ると、本の中で今さんが「チキンヤーン定食」をたべていて
こちらもウマソウでした。

やはり再訪するしかないです。




ということで (´・ω・)ノシ
2019.04.05 パレスタめし
現在、神戸某所に隠棲中。
明日、明後日の今シーズン初ズムスタでの
今シーズン初カープ戦に備え
体力を温存しています。

っていうか、「きのう何食べた」のドラマって、
テレビ大阪は一周遅れなのか~、楽しみにしていたのに、

ま、その代わりに、ラーメン大好き小泉さんの
ドラマ~アニメのはしごをして、うさを晴らしたいと思います。

明日き天気は上々の予報、明後日は不安定のようですが、
ま、ワシが喝を入れたりますけん、
がんばってつかーさい。

詳細は後日当ブログにて語ります。

では、ここからがタイトルの記事です。

先日、バッティングパレス相石スタジアムひらつかでいただいたものです。

ほぼ開場時間の11時30分に、スタジアムに入って、
左打者の入るバッターボックスの斜め後方の席に陣取ります。
そして、定位置を決めたところで、内野コンコースをぐるっと一周。
独特のアーチ状の柱が印象的です。

同じ総合公園内には、湘南ベルマーレの本拠地Shonan BMW スタジアム平塚がありまして、
当ブログで何回も話題にしている『ぺろり!スタグル旅』能田達規さん著
ヒーローズコミックス 小学館刊の中では、
総合公園内のBMWスタジアム周辺グルメに舌鼓をうつエリちんと、ハルさんの姿がありまして、
同じ敷地内なので、そんなのに遭遇できるかな??
とも思ったのですが、球場周辺に出店はなしです。

球場内には売店のスペースが複数あって、
それぞれのスペースがちゃんと埋まっています。いいですね。
バスに乗っている時、飲食物を持っている人が多かったので
何もなかったらどうしよう、と思ったのですが、
杞憂でした。
飲食はファースト側の奥に、うどん・そばのお店が、
サード側の奥に、ラーメンのお店がそれぞれあって、
それぞれその横には、メンチカツバーガーとか、フライドポテトとか焼きそばとか、
フランクフルトとか、おにぎりなどを売るお店が
さらに横には、グッズなどを売るお店があります。

カレーがなかったのは残念ですが、
ファームの施設ということを考えるとなかなか充実してるといってよいでしょう。


まずは一食目でお蕎麦をいただきます。

メニューはそれぞれうどんとそばで、
かけ、たぬき、月見、天ぷら、天玉があります。
ここは天玉そばです。

オーダーをしたら、たっぷりのお湯の中で、ゆがかれて、
ちゃっちゃと湯切りをして、白い発泡スチロールの容器に入れて
汁をはって、そして、かき揚げ、生卵を添えて登場です。きたこれ、いいぞいいぞ!
ネギはセルフで入れ放題。多めにいれて、
さらに、この日の気温も低めなので、七味も多めにふります。

この発泡スチロール越しのあたたかさがいいです。

店舗前には、簡易飲食コーナーがあって、
3人ぐらいの人がそばやうどんをすすっていますが、
せっかくの球場なので、自席に戻っていただきます。
濃い灰色をした麺と、しょうゆの色が濃い汁さらに、麺を覆うように入ったかき揚げと、
白身の端のほうが白く変化している卵です。
まずは蕎麦をすすります。お蕎麦は柔らかめにゆでられていて、
ちゅるちゅると啜ることができます、

蕎麦の味もしっかりしながらもこのやわらかさは
小麦とかも入っている感じですかね。穏やかな味です。
汁は関東のそばらしく、濃い色の汁の外見ならではの醤油ベースのかえしの味わいがたっていて、
旨いというよりホッとする味わいです。かきあげも具が多めで、作りおきなので、サックリとはいかずに
ややしっとりとした感じです。

具の玉ねぎの甘い味もよければ、蕎麦自体を食べ進んでいくうちに、
溶けていく衣を楽しんでよしという感じ。
衣が溶ければ、汁に油の玉が浮かびますし、
それにともなって、汁の味も変わってきます。
こういうのもこの手のそばを楽しむときの醍醐味です。

上に乗った多めの葱もシャキッと清涼。
七味も濃い汁にパンチを与えるようにジワジワッと効いてきて、
軽く汗が出てきます。

穏やかな蕎麦をすすって、濃い味の汁を楽しんで、
溶けるに任せたかき揚をかじる。
そういう、ほっとできる味わいは、コレコレと思いますし、
球場で食べるってのがまたいいんです。
球場の雰囲気と、このほっとできる味わいはたまりません。

そして、最終盤。
卵の入ったそばではいつもこうですが、
すこしの麺と汁とまるっと残った卵の黄身を「てゅるん」といって
黄身だけを味わう如月食いです。

きゆづきさとこ さんのマンガ、「GA芸術科アートデザインクラス」で、
キサラギちゃんこと、山口如月ちゃんが月見うどんを食べる時に、
月見うどんの卵は最後まで残しておいて、
おつゆと混ざらないようにしながら、これが一番の愉しみといった時に、
「キサラギ、蛇みてー」と つっこまれているシーンを思い出します。

そんなキサラギストの私です。

玉子の黄身のとろんとした味わいと、濃い汁の組み合わせという
しっかりとした味わいが口の中を満たす。
幸せなひと時です。

ああ、美味しかった。

ファイターズの選手の練習を見ながら食べるそばは
最高です。

ちなみに、こちら他の売店もそうですが
「平塚料理飲食連合会」さんが経営されています。

あと、店の前に、年季の入った看板がありましたが、
そちらには、元祖、特製天ぷらうどん、そば
と書かれていますが、その下には「カレーライス」と書かれていまして

ああ、カレーも食べたかったねぇ。

朝飯を抑え目にしたので、そば一杯なので、まだ入りそう。
と、いうことで、再び一塁側売店へ。

そちらで、メンチカツバーガーと迷ったのですが、フライドチキンバーガーと、生ビールを購入します。

そして、自席に戻っていただきます。

こちら、お店で調理されたのを袋に入れて持ってきたと思われます
が、フライドチキンはジューシーですし、
衣がしっかりとしていて、軽やかながらいい味わいで
淡白なお肉の味をひきたてています。
味付けはシンプルですが、軽くマヨネーズもいい味をだしていますし、
バンズからはみ出たレタスのシャッキリとした歯ざわりと、
青い味わいも肉や衣のあじを盛り上げます。

サーバーから告がれた生ビールにもよくあいます。

あっという間に食べました。ごちそうさまでした。


そして、5回が終了して、グランド整備が入るタイミング。
内野が前面土のグランドなので、時間がかかります。

と、いうことで今度は三塁側の売店をチェックします。


が、

すでにラーメン屋さんは店じまいしていました。
(その後、自席に戻る途中で、そばやうどんの容器を持っている人と
何人もすれ違いました。ならば、ゲーム前にラーメン食べて
ゲーム中はそば・うどんのほうがいいのかな)

と、いうことで、お隣でから揚げとサワーを購入。

歯ざわりがしっかりとした、カリッとした食感の衣をかむと
なかからちゃんと下味がつけられたお肉が登場。
この淡白ながら、滋味あふれるところがいいですね。
やわらかいところもいいですし、あっという間に
四個完食です。

サワーともよくあいます。

ごちそうさまでした。


と、いうことで、ラインナップは、充実した地方球場のメニューですが、
こういうのでいいんだよ。と、大満足。

また再訪したいな、と思いました。


ってことで。(´・ω・)ノシ
2019.04.03 ZOZOマリンめし
先日のZOZOマリンスタジアムでいただいたものです。

12時30分に球場入り。
かずさ屋さんを見ながら、外野自由席の、屋根の下で
かつ、通路から4列だけ中に入った。好位置を確保!!

しばし、ゴールデンイーグルスのバッティング練習を見たのちに
12時50分、サンマリンさんにいきます。

そう、この日、ZOZOマリンの外野ビジター自由席を買って
クリムゾンレッドの只中に入って、
結果としては、ノリノリでゴールデンイーグルスの応援を
してしまうのですが、

ま、チレフト側は、チケットがとりやすかったのと、
マリーンズの応援のガチさと、あの運動量の中に入るのは
覚悟と体力がいりそうということもあったのですが、



ということで、念願かなって、サンマリンさんへ。

前回、ZOZOマリンの外野席に行った(当時はQVCマリンでしたが)時は、
カツカレーをいただいて満足して、モツ煮はスルーしてまして、
その後、カープ戦で行こうとしたときは、外野席のチケットはとれず
他のゲームでもなかなか外野は敷居が高かったのですが、
えーい、がまんならん。です。

マリーンズファンの合間を抜けて、センター裏へむかうと、
サンマリンさんは、あたりまえだの大混雑。
ですが、この日の最大の目的はここ!!
なので、おとなしく並びます。

階段の下のほうまで行くと、木と木の間から
砂浜と海が見えますし、さらに後ろでは
MDAのチビッコたちが、今日のイベントの最終確認をしていたり
リハーサルをしていました。

さらには、前にはビジョンがあって、スタジアム内部の模様も見えます。
だから、スタメン発表とかは、このビジョンごしに見ることになったのです。

そんな感じで待ち時間はさして長く感じなかったのですが、
とにかく、前のカップルが
「おまえ、めっちゃ肩こってんじゃね」モミモミ
「えーそんなことないよー」
「まじ硬ぇじゃん、肩にベニヤでもはいってんじゃねー」モミモミ
「あー、キモチイイ、じゃおかえしで、私ももんで上げるね、エイエイ」
なんて感じで、25分間ずーっとベタベタしていて
その直後にいたのはツラかったです。

と、いうことがありましたが、ぶじ順番が来ました。

で、モツ煮カレーライスもあって、これもモツ煮とカレーの
両方が楽しめるのですが、せっかくの外野席なのでモツ煮をたくさん食べたい。
と、いうことで、ビーフカレーとモツ煮をそれぞれ単品でオーダー。

自席に戻っていただきます。

まずは、カレーから

カレーはこげ茶色で、濃いドロっとしたフォルムがいい感じ。
一口いただくと、甘い食べ口で、この野菜由来の甘さとさわやかさが
印象いいです。
さらにはビーフカレーのビーフエキスが強く、
牛から出た濃厚な旨みがぶっとい感じで、
ビーフシチューとかデミグラソースにも通じるヨーロピアンタイプ。
この濃さがいい感じです。
そして、この動物系の旨みをさりげなくささえる
さわやかな香草から出た酸味や苦味も
味わいを複雑にしています。
具はほとんど見えませんが、さまざまな素材が溶けているのが
強く伝わってきます。
そして、食べるとふわんとさわやかな食後感があるところも
素敵ですし、さらに食べ進めていくと、スパイスがジワッとあがってきて
野外で食べることとあいまって、美味しく食べ進むことができます。

濃いカレーがご飯も盛り上げます

が、この日は、少しご飯をセーブしながらカレーを食べ進めます。


それは、もつ煮があるからです。

円筒形の紙のもつ煮込の容器は、そこまておおきくありませんが
手にずしっときて、この暖かさがいい感じです。

カウンターで七味をぱらぱらとふっていまして、
そのほんのり赤く染めたところもいいです。

淡い色合いの薄茶色のモツがてんこ盛りですし、
もつの合間から見える、同系色の味噌の色をした穏やかそうな汁。
上に散らされた小口切りのネギもいいですね。

では、いただきます。

もつならではの一癖が強く感じされながらも
基本淡白さがあって、この味の差がいいですが、
軽く噛むだけで、モツからあふれてくる肉滴とともに、
淡白ながらもしっかりと旨みがとけている
味噌に生姜がかるく効いている汁の味わいとあいまって、
ただでさえ、美味しいモツがより美味しく変化してます。
モツ自体は、ほぼ腸の部分しかありませんが、やわらかく煮込まれていながらも、
独特のプルプルクニクニっとした感触は残っているので、
飽きずに食べることができます。

汁も最初は淡くあっさりした味に感じられましたが、
食べ進めていくうちに、その味の複雑さに惹かれます。
なんなんだ、この旨み。
シンプルなようでいて、深いのです。

バクバク食べることができます。

さらに体がポカポカしてくるのは、生姜と散らした七味のせいですか。
この味はたしかに唯一無比。
モツ煮スタジアムの中でも、一番好きな味で、秀でた存在です。

で、モツ煮といえば、さまざまな具も魅力ですが、
にんじん、大根などもやわらかくそれぞれ美味しいですが
とにかく、モツの量がたっぷりで、主役であることを主張しているので、
安心して肉中心に食べ進めることができますし、
この複雑な味わいにネギのシャキッとした味わいもさわやかです。

肉も野菜も汁もそれぞれめちゃくちゃウマければ、
それぞれのバランスもいい。

そして、カレーを食べ終えた後すこし残していた
ご飯にもあいます。

球場三食のなかに、主人公の日下がモツライスを食べるシーンがありまして、
持つライスはかっこむようにして食べると旨いと言ってましたが、
これは、わかります。

さすがモツ煮スタジアム、
選手やファンがかぶる帽子のMは、もつ煮のMです。

前々回は波奈エクスプレスさん、前回はフードコートチバさんでいただきましたが、
そちらよりも美味しいもつ煮に大満足です。

これで、三大もつ煮に二つを制覇です。
ちなみに、3つのもつ煮は
•バックネット裏の「フードコート千葉」にある「千葉もつ煮込み」
•一塁側2階席の裏(4階)にある「ストライク」の「かずちゃんのもつ煮込み」
•バックスクリーン裏にあるサンマリンにある「曽根会長のもつ煮込み」

あとは、ストライクの煮込みも気になりますし、
外野席入り口の「かずさ家」さんにも、煮込みがありました。
こちらも気になります。

と、いうか、サンマリンさんには「カレー煮込み」なるメニューもあるので、
これは、また、今シーズン中にzozoマリンに戻ってこなければいけないなぁ、

と、大満足で、野球観戦に。


グランド整備の時間を利用して買いに行ったのが、


マリーンズレモンサワー です。


昨年は「マクレモンサワー」の名前で売られていましたが、
今年の球団スローガンは「マウエ」なので
サワーはどうなるのか、と思ったところ、
名前を変えて残りました。

(あと、2回以降からしか飲めないところも継続です。)

注文するとオリジナルのカップにはいった、
たっぷりの冷凍レモンとサワーです。
この見た目だけで気分が上がります。
マウエ↑に行けそうです。

ストローですすりますと、さわやかなレモンチューハイの味が
入ってきまして、この濃いレモンの味が、
その場でスクゥイーズしたレモンサワー張りで
酸っぱさで目が覚める、ここならでの懐かしい味です、
一緒に買ったビックメンチともよく会うのですが、
こちらの実力は味が次第に変わってくるところです。

入っているのは、冷凍レモンで、これが溶けてくると、
さらにさわやかな酸味が強くなってくる。

さらにはストローでつぶすと、ほぼレモン。
これはすごいです。
甘さも酸味もレモンの味もどんどん濃く感じるって、
すごいです。

「マクレ」は2018年のスローガンだから、
2018年しか飲めないのかなと思ったところ
再開できたということで、この美味しさに乾杯です。

美味しかったですよ!

ちなみに、後日球団hpを見ましたら、

レシピにこだわったオリジナルレモンサワーを販売します!!
マリーンズレモンサワーは店舗ごとに内容が異なりますので、ご注意ください。(下記販売店舗参照)
(レシピA)冷凍レモンVer:冷凍カットレモンがたくさん入ったレモンサワーです。
(レシピB)塩レモンVer:クラッシュ塩レモンとフレッシュレモンが入ったレモンサワーです。

と書かれていまして、

次はレシピB、飲まなきゃ。

ならやはれ今シーズン、もう一度ZOZOマリンに行かなくては
と強く決意して、またまたゴールデンイーグルスの応援に戻ったのでした。



ってことで。(´・ω・)ノシ
現在、川崎市某所に隠棲中、
島田流朝食道をキメてから、楽しい思い出を反芻しつつ荷物をまとめて、
北海道に戻る支度をしております。

なかなかよい遠征でした。

そんな昨日のお話です。


朝は4時30分に起床。その後はブログの更新などをしたり
朝食をとったり身を浄めたりしてから
9時10分頃に宿を出ます。お世話になりました。
そして、浅草橋駅で、9時22分発の総武中央線の三鷹行きにのり
秋葉原9時24分発の山手線に乗り換えて東京へ
東京で、9時38分発の熱海行きに乗ります。

戸塚を過ぎたあたりでウツラウツラして、気がつくと茅ヶ崎でした
茅ヶ崎の発車メロディーって、希望の轍なんですね。なんてことに関心。
途中、桜もきれいです。

10時45分に平塚駅着。この駅で降りるのも初めてです。
発車メロディーが笹のはさらさらなのは、七夕の街ならではです。

駅の北口にあるバス4番乗り場にむかって、
10時55分発の平63系統、横内経由田村車庫行きのバスに乗ります。
ベイスターズのユニフォームを着ている人もいます。
こういうの見ると、テンションがあがります。

そして、バスに乗ること10分程度で、到着です。
平塚球場バス停で下車すると、すぐにスタジアムの威容が見えます。
伝統を感じる建物で、上には平塚球場と大書されていて、
下のほうに、バッティングパレス相石スタジアムひらつかとかかれています。
敷地に入るところで、いつもの二礼二拍手一礼、
野球の神様にご挨拶をしてから中へいきます。

まずはチケットを購入して、11時10分に一般列に並びます。
ここらへんはジョギングコースになっているのか、多くの人が走っています。
そして11時30分に列が動いて入場。
入場口の横では、は知野直人選手と益子京右選手の両ルーキーが
抽選であたった人にサインをしています。

ベイスターズのファームの土日のホームゲームでは
土曜日は、抽選であたった人と選手の写真撮影会が
日曜日は、抽選であたった人が選手からのサインプレゼントが
あるようで、この日は知野選手と益子選手だったようです。

そんなのを横目にスタジアムに入ります。

内野だけで8000人収容のスタジアムですが、
開場時間と同時に入ったので、いい席選び放題です。
と、いうことで左打者の入るバッターボックスの斜め後方の席に陣取ります。

内野は土、外野は天然芝で、いいコントラストです。
特徴的な照明塔などがインパクトあります。

そして、内野コンコースをぐるっと一周。
独特のアーチ状の柱が印象的ですし、
コンクリで囲われた空間から見える桜の花がきれいです。

飲食はファースト側の奥に、うどん・そばのお店で、
サード側の奥に、ラーメンのお店がそれぞれあって、
その横には、メンチカツバーガーとか、フライドポテトとか
焼きそばとか、フランクフルトとか、おにぎりなどを売るお店が

さらに横には、グッズなどを売るお店があります。

カレーがなかったのは残念ですが、ファームの施設ということを考えると
なかなか充実してるといってよいでしょう。
まずは一食目でお蕎麦をいただきます。
ごちそう様でした。美味しかったです。

さらに、また入る余地があるので、フライドチキンバーガーを
ビールでいただきます。こちらも美味しかったです。
感想の詳細はまた後日、当、ブログにて。

ファイターズのバッティング練習が終わると
今度はシートノックですが、ノッカーが飯山コーチです。
おお、ゆうじぃ!! ただまだギコちなくて、
若干ミスする場面もあって、ほほえましいです。
12時15分にシートノックが終わると、ちびっ子が登場。
このときのコーナーの仕切りをした、
湘南ケーブルネットワークのマエダカオリさんによると
松原少年野球部のちびっこで、
これから、少年野球シートノック体験があるとのこと。

セカンド、ショートの守備位置に入ったちびっ子に
ベイスターズのコーチがノックをする企画で、
ノッカーが柳田コーチ、ボールを受けるのが知野選手
補佐が益子選手です。さっきサインをしていた二人です。

ちびっ子はほぼほぼきちんととって、知野選手にむかって
しっかり投げれていました。
こういう体験も忘れられないだろうなぁ。

さらに、湘南ケーブルネットワークチャレンジタイムで
選ばれたファンがスピードガンに挑戦するもので、
この時のキャッチャーも知野選手です。

「チ、チノちゃんを酷使しないで…」球団「うるさいですね」

って感じで酷使される知野選手です。

が、それぞれアットホームでいいイベントでした

25分にそれぞれが終わり、グランド整備が入りまして
30分にバッテリー発表。

ファイターズはピッチャー吉田侑選手、キャッチャー黒羽根選手で
元ベイスターズのキャッチャーのコールがあったときに、スタジアムがどよめきます。
ベイスターズは、ピッチャーバリオス選手、キャッチャー山本選手です。

45分にスタメン発表。
ファイターズは、
6平沼 3今井 D渡邊 9海老原 5野村 7姫野 8万波 2黒羽根 4難波

海老原選手、野村選手、万波選手と三人のルーキーを
先発に起用です。

ベイスターズは
8乙坂 9関根 D山下 7細川 3飛雄馬 5伊藤 6狩野 2山本 4大河
大河選手、飛雄馬選手、細川選手、狩野選手、山本選手など
昨年の8月に横須賀で見た人も多く、
こちらは、伊藤選手がルーキーで起用されます。

ファイターズ荒木二軍監督と、ベイスターズ万永二軍監督が
メンバー表交換をしてから

定刻にプレイボールです。

1回表 ファイターズの攻撃
先頭平沼選手がきれいにセンター前にはじきかえして出塁
さらに盗塁を企画する平沼選手を刺そうと
ベイスターズの山本選手が悪送球で
ランナーは三塁へ
つづく今井選手、いい当たりながらもセンター正面のフライ
渡邊選手見逃しの三振と2アウトまでいきますが
海老原選手のあたりが、1.2塁間をゴロでやぶるヒットで
平沼選手が生還。ファイターズ専制です。
「すっすめーふぁいたーず、しょおりのおっとこー」と
三塁側から歌声がして、バンザーイバンザーイバンザーイの三唱です。
さらに、野村選手のあたりは左中間を破る二塁打で、
一塁ランナーの海老原選手が還って、追加点です。
姫野選手空振り三振で、終わりますが、ファイターズ2点先制です。

そうそう、この日はボールボーイも先ほど登場したちびっ子がつとめてます。
こういうのもいいですね。

1回裏 ベイスターズの攻撃
先頭乙坂選手が、カウント3-2から、レフトのライン上に
落ちる2塁打で出ると、続く関根選手、2-0の三球目を強振
すると打球はレフトの頭上を越えてそのままスタンドインです。
吉田侑選手9球で追いつかれました。
さらに山下選手の打席、レフトへライナーで飛ぶファールボールに
ブルペン待機のピッチャー陣が逃げ惑う姿に笑いがおきたり、
自打球を受けて、「うわーっ」という叫びに球場がシーンとしたり
いろいろありましたが、結局フォアボールで出すと、
黒羽根選手がマウンドに行きます。
さらに吉田侑選手の悪送球を
黒羽根選手がボディーストップでとめて、
ドスッという音が響きますが、ランナーは二塁へ
細川選手の強いサードへのあたりを野村選手はじいて、
その後たて直すも、ファーストへ悪送球でとれません
が、飛雄馬選手キャッチャーへのフライ
そして、山下選手がけん制でアウトになると
ルーキー伊藤裕選手、7球目を打つと
バットは鈍い音をたててサードへのファールフライです。
これは折れましたかね。

なんとか同点で凌いだ吉田侑選手です。

2回表 ファイターズの攻撃
先頭万波選手、緩い変化球に体が泳いで空振り三振
続く黒羽根選手、ベイスターズファンからも大拍手がおくられて
「くろばねーっ!!おかえりーっ!!」などの声もとびますが、
万波選手と同じように変化球に泳がされて空振り三振
難波選手は3-2からの見逃し三振です。
三者連続三振。バリオス選手の本領発揮です。

2回裏 ベイスターズの攻撃
先頭は、私の実家近くの高校出身狩野選手ですが、ライトフライ
続く山本選手サードゴロ、大河選手も緩いショート前のゴロですが、
これをサードの野村選手が軽快に捌いてアウト。三凡です。

吉田選手も立ち直ってきましたかね。

3回表 ファイターズの攻撃
先頭平沼選手ショートゴロ 続く今井選手も変化球にタイミングがあわず三振
ただ、2アウトから渡邊選手がセンター前にうまく運んで、
さらに海老原選手の二球目に盗塁を決めて
2アウトランナー2塁から、海老原選手の打球はライトの頭上を越えて
フェンスに到達する2塁打で、渡邊選手が還って追加点です。
野村選手はレフトフライに倒れますが、早々に追加点です。

ここで、通り雨のせいで軽く民族大移動がおきます。

3回裏ベイスターズの攻撃
先頭乙坂選手、空振り三振、続く関根選手2-2からのファールチップを
黒羽根選手が捕球して、三振、山下選手は一塁ゴロで今井選手がそのまま
ベースを踏んで、三凡です。

4回表ファイターズの攻撃
先頭姫野選手 ショートゴロ、続く万波選手もショートゴロ
黒羽根選手はピッチャー強襲のあたりですが、バリオス選手が
なんなく捌いて、三凡です。

4回裏ベイスターズの攻撃
先頭細川選手、1-2から沈む変化球を空振り三振
飛雄馬選手、伊藤裕選手と連続してサードゴロで三凡です。

5回表ファイターズの攻撃。
先頭の難波選手、ファーストへの難しいあたりですが、
難波選手快足を飛ばして内野安打をもぎとると、
平沼選手の技ありのセンター前ヒットで、1.3塁になります。
さらに、今井選手のレフト前ヒットで難波選手が還って
追加点です。さらに、渡邊選手への二球目がワイルドピッチで
ランナーがそれぞれ進塁。
渡邊選手のサードゴロで、本塁につっこんだ平沼選手がタッチアウトに
続く、海老原選手のピッチャーゴロで、本塁につっこんだ今井選手が
タッチアウトになり、攻撃がチグハグな感じになりますが、
野村選手のサードへの当たりを伊藤選手がエラーをして
その間、渡邊選手が還って追加点です。
姫野選手は、セカンドゴロで、大河選手がポロッとやりますが、
たてなおしてバックハンドトスで、野村選手をアウトにして
チェンジです。長い攻撃でした。

5回裏ベイスターズの攻撃
先頭の狩野選手のサードへの強い当たり、
足に当てたか、はじいたかして、ボールはファールグランドを転々として
その間狩野選手は2塁にすすみます。
ベイスターズ久々のランナーですが、
山本選手空振りで三球三振。黒羽根選手がこぼしたので
振り逃げを企画しますが、アウト。
続く大河選手の打席で、ワイルドピッチの間、狩野選手は三塁へ、
大河選手は9球粘りますが10球目をショートゴロ。
ショートの平沼選手は、サードランナーを目で牽制して
ファーストでアウトにします、
さらに乙坂選手の当たりは当てただけのピッチャーゴロで
チェンジです。


ここで、グランド整備ですが、その時間を利用して
トイレと買い物。
ゲーム前は、一塁側だったので、三塁側に行きますが、
ラーメンはすでに店じまい。
その他のメニューもだいぶんなくなっていたので
結局から揚げとレモンサワーを購入。

自席に戻る途中に、そばもって歩いている人がいたので、
ゲーム前、ラーメンにして、このタイミングで
そばだったな。と考えたりして。

あ、から揚げもサワーも美味でした。

6回表、ファイターズの攻撃
ベイスターズは、ピッチャーに赤間選手、
キャッチャーに西森選手をおくります。
赤間選手は、Hikaru選手とともに、白崎選手、高城選手との
交換トレードで、バファローズから来た選手です。
さて、どんなピッチングをするのか。

先頭万波選手をセンターフライに討ち取りますが、
続く黒羽根選手の当たりにショート飛びつきますが、
とどかずにセンター前ヒットに、
続く難波選手の当たりもショートが横っ飛びして
グラブを掠めますが、レフト前で、
さらに、平沼選手の右へのファールライナーが
一塁側のブルペンで座っている選手を直撃
わらわらといすもって選手が逃げますが結局弱い当たりにファーストがジャンプしても
ぎりぎりとどかず、ライト前の落ちます、
今井選手の高いファールフライを
西森選手見失いますが、コケながらも無事キャッチ
渡邊選手センターフライでヒット三本でますが、
無得点です。

6回裏ベイスターズの攻撃、ファイターズは吉田侑選手にかえて
ルーキーの西村選手をマウンドへ、わが大学の後輩じゃないですか。
先頭関根選手をピッチャーゴロ、山下選手をキャッチャーのファールフライ。
黒羽選手はしっかり抑えて、細川選手はファーストゴロです
「もー、見てねーもん、ボール」と周囲の人です。

ファイターズのラッキーセブン。流れるファイターズ賛歌は
ウエスギ専務verです。
7回表ファイターズの攻撃
先頭海老原選手がサードゴロ続く野村選手への二球目がデッドボールになり出塁しのすが、
姫野選手のピッチャーゴロが1-6-3のダブルプレイです。

ベイスターズのラッキーセブン。熱き星たちよが流れて
7回裏ベイスターズの攻撃。
先頭飛雄馬選手がセンターへふらふらっと上がったあたりが
万波選手の前に落ちて出塁。万波選手は距離感つかめなかったが
最初から前進はしてませんでした。前進してればあるいわという当たりでしたが、
ベイスターズ1回以来のヒットでの出塁。代走に本日大活躍の知野選手です。
ただし、伊藤裕選手、ピッチャーゴロ
狩野選手はでっかいファールをライトポールの右側にうちまして
そんなのもあってかフォアボールで出塁しますが、
西森選手空振り三振、大河選手、6球粘って7球目を見逃しの三振でチェンジです。

8回表ファイターズの攻撃
ベイスターズは代走の知野選手がショートにはいって、
ショートの狩野選手がファーストにはいります。
さらにピッチャーは櫻井選手です。
先頭の万波選手3-1からの5球目を見てフォアボールで出塁
続く黒羽根選手、2球失敗しますが、3球目をしっかりサード前に転がして
バント成功です、
続く難波選手のセカンドゴロの間、万波選手、サードへすすみますと、
平沼選手の当たり、知野選手がとびますが届かずにレフト前タイムリー。
ファイターズは万波選手が還って、1点追加です。
今井選手は、サードのファールフライに倒れてチェンジ。

終盤での1点はダメ押しになるかな。

8回裏ベイスターズの攻撃。ファイターズはピッチャー井口選手。
井口選手は大学が東農大オホーツクということが注目されますが、
高校は武相高校で神奈川出身。地元の選手です。
先頭乙坂選手をフォアボールでだすと、続く関根選手
待って引き付けてから引っ張るいいバッティングで
ライトへの二塁打です。
山下選手のセンターフライは犠牲フライに十分。
サードランナーの乙坂選手が還って一点追加です。
さらに細川選手の打席で井口選手のワイルドピッチの間、関根選手は三塁へ
ただ、細川選手空振り三振、知野選手見逃し三振で
最小失点に抑えます。

9回表 ファイターズの攻撃 ベイスターズは齋藤選手をマウンドへ。
先頭渡邊選手がセンターオーバーのツーベースで出塁すると、
海老原選手センターへの強い当たりは真正面。野村選手空振り三振で
2アウトになりますが、
ここから姫野選手がレフト前にはこび、
万波選手のあたりは広く開いた一二塁間をごろでぬくライト前ヒットで、
渡邊選手がかえります。さらに、黒羽根選手のライト前の間に
姫野選手還って、2点追加
難波選手はセカンドゴロでチェンジですが、
ここでダメ押し点です。

熱き星たちよが流れてから、
9回裏 ベイスターズの攻撃 ファイターズはライトに岸里選手
ピッチャーに田中豊選手です。

先頭伊藤裕選手、初球をショートゴロ
続く狩野選手、初球をサードゴロ
さらに西森選手0-2からのボールをセカンドゴロで
ゲームセットです。


先発のバリオス選手、途中までよかったのですがね
あと、打線。はファイターズが先発全員の16安打
平沼選手4安打、渡邊、海老原、黒羽根、難波選手がマルチヒットというのに対し、
ベイスターズは、関根選手だけマルチの、トータル4安打じゃ
得点も入らないですね。

記録に残らないエラーもあったりして、

ポジハメの畏友T氏が、ド×カ×ク×ザ×ナ×ク×ーズと
くさすことしばしですが、なんかわかった気持ちが


以前横須賀で見たファームのゲームと違って
dianaのパフォーマンスも、花火もなかったですが、
横須賀とはまた一味違うよさを感じることができて
いい平塚遠征でした。

と、大満足して、16時32分のバスに乗って、平塚駅に戻り
16時49分発の小金井行きに乗って
この日の宿がある川崎へ向かったというわけです。

そうそう、茅ヶ崎は、上り線ホームの発車メロディーは
希望の轍のイントロでした。下り線ホームはサビの部分でしたね。



F8-3DB

勝利投手[ ファイターズ ]吉田侑(2勝0敗)
敗戦投手[ ベイスターズ ]バリオス(0勝1敗)
本塁打 [ ベイスターズ ] 関根2号(1回裏2ラン)

観衆数 1113人 試合時間 3時間15分


ってことで。(´・ω・)ノシ