FC2ブログ
現在も、東京某所に隠棲2日目です。
本日はこのあと、平塚に行って、ベイスターズvsファイターズの
イースタンリーグのゲームを見てくる予定です。

平塚球場は行くのはじめてなので、大変楽しみです。
そんな話は、また当ブログでしたいと思いますので、
よろしければおつきあいください。

ここからがタイトルの記事です。


この時期、うちの職場は年度末ということで、
送別会が連荘ではいりまして、金曜も例外ではありませんでした。

が、飲み会は9時前に終わったので、そのまま帰宅して
一旦、布団に直行。深夜2時30分に目覚めて、
「風が強く吹いている」の最終回を見て、大感動をしてから
そのままuhbの「ニュース&ウェザー」を見ながら、
今回の遠征の荷造りに入りました。

テレビの画面には、東京の天気のところに雨のマークがチラチラしていて
気になりますが、ま、なんとかなるかな?
12という感じで、何度となく荷物を確認。

その後、身を浄めてから、仕度を整えて
4時40分に自宅を出ます。

気温は氷点下10度近く。
夜明け直前の静謐な空気が気持ちいいです。

さらに、ほんの少しだけ明るく、雲ひとつない空を背負う
羊蹄山の山影と、浮かぶ下弦の月がきれいです。

最初は東山魁夷の絵画のような、薄墨色の世界を
車ですすんでいくと、ほんの少しずつ、世界に色が入ってきます。
この時間帯のすきなところです。
支笏湖畔を走る頃には、朝焼けがきれいで、
薄茜色に染まる山々と湖のおりなす光景が、息を呑むほどで
車をとめてしばし見入ってしまいました。

そんなこともありながらも千歳市内に6時20分に到着。
市内で朝食を食べてから、6時50分に空港駐車場に車を駐めます。
この日は往復スカイマークなので、B駐車場です。
さすがの早朝、空港連絡橋入り口の近く、
24番に車をとめることができました。

その後搭乗手続きを済ませてから、空港内でしばしまったり。
定時になったので、スカイマーク706便に乗り込みます。

機内では、いつものように爆睡。
目が覚めたら、「着陸態勢に入った」旨のアナウンスははいりましたが、
雲の中だったので油断していたら、そのまま着陸。
雲、低いみたいです。

定時よりも早く羽田に到着。その後は
10時4分発の空港快速で浜松町へ
浜松町からは10時24分発の快速で東京へ
そこからは10時38分の府中本町行きで市川大野へ行きまして、

鎌ヶ谷スタジアムを表敬訪問。
今日、平塚でベイスターズ戦がありますが、
残った若手がトレーニングしています。

ゲームではPWの時に訪問予定なので、
軽く見てから、また市川大野駅に戻って、
そこから、11時51分東京行きの武蔵野線で市川塩浜へ
さらに12時09分発の京葉線にのりかえて、海浜幕張駅に到着です。

昨年の交流戦でのカープ戦以来10ヶ月近くぶりの幕張です。
NPBのゲーム以外にも、幕張メッセのイベントもあるので、
いつものように混雑している駅。

大混雑の海浜幕張駅から、スタジアムへ行くシャトルバスに乗り込んで、
石川歩選手の車内アナウンスを聞いたりしていると
見えてきました。水色のコロシアム

ずらっと並ぶ屋台車のあいまからスタジアム敷地へ。
当然、ここで二礼二拍手一礼です。
野球の神様、今日も面白いゲームと、あとカープの勝利をお願いします。

そして、12時25分にスタジアム入りをして、12時30分に自席へ。
この日は外野自由席なので、通路から3列くらい内側のところが
あいているので、そちらに腰を下ろします。
左中間のレフトより後方。上には屋根があって、
雨が落ちるかもしれない天候の中ではありがたいです。

そして、12時50分、サンマリンさんの、
煮込みとビーフカレーを買いに行きます。

サンマリンさんは、あたりまえだの大混雑。
ですが、この日の最大の目的はここ!!
なので、おとなしく並びます。

で、ビジョンがありましたし、後ろでは
MDAのチビッコたちが、今日のイベントの最終確認をしていたり
リハーサルをしていたので、退屈しなかったのですが、
前のカップルが
「おまえ、めっちゃ肩こってんじゃね」モミモミ
「えーそんなことないよー」
「まじ硬ぇじゃん、肩にベニヤでもはいってんじゃねー」モミモミ
「あー、キモチイイ、じゃおかえしで、私ももんで上げるね、エイエイ」
なんて感じで、25分間ずーっとベタベタしていて
その直後にいたのはツラかったです。

と、いうことがありましたが、無事購入。
自席で美味しくいただきました。ご馳走様でした。
詳細な感想はまた後日。

そんな感じで並んでいる13時25分にスタメン発表。
そしてマリーンズのスタメン発表。
球場内の重低音が腹に来る音響も、クッキーカット式スタジアムを
円形状におおうライトの光のきらめきもいい演出で、ライブ会場みたいです。
ビジョンにうつる映像もパイレーツオブカリビアンっぽい
帆船と、荒波がかっこいいですし、
マリーンズサポーターのど迫力のチャントも感動です。
マリーンズの1番高卒ルーキー藤原君の発表は、
サンマリンにならんでいるお客さんからも歓声が沸きます。

その後NDAのチビッコがスタジアムいっぱいにひろがっての
パフォーマンスがあってから、

13時45分 M☆SPLASHのパフォーマンス
記念品贈呈を見て、ファーストピッチを見て
メンバー表交換をしたり、長いウイングビジョンに
控え選手の名前が出てくる様子を見たら、
マリーンズ選手がスタジアムに出てきます。

プレイボールです。

マリーンズの先発はボルシンガー選手、
イーグルスの先発は美馬選手。

ところで、今回は、サンマリンのもつ煮を食べるために
外野のチケットをとったのですが、
ホーム側のチケットよりもとりやすそうなので、
応援外野自由席のチケットで、
2014年の交流戦
エルドレッド選手のグランドスラムが、カープの9連敗をとめた
あのゲーム以来の外野席ですが、

当然周囲はクリムゾンレッド一色。
で、応援団の席にも近く、ゲーム開始前とか
全員が立つので、私も立ちまして

さらにイーグルスの応援を気合入れてやっってしまいました。
カープ以外の応援をするって、
だいぶ前の札幌ドームでのファイターズ以来です。

イーグルスの応援団。今日はトロンボーンいませんが、
スネアドラムがいます。

そんなことを気にしながらプレイボール


1回表 ゴールデンイーグルスの攻撃
先頭田中選手、ショートゴロ、続く茂木選手、浅村選手と、
連続して、空振りの三振。
ボルシンガー選手いい感じです。

たのむぞたのむぞみーままなぶー!!
と、マウンドにコールをおくって、
(ミマユウキと言いそうなんっちゃったのは内緒です)

1回裏 マリーンズの攻撃
先頭ルーキー藤原クン見逃し三振
続く加藤選手、7球粘りますが空振り三振
を喫する 2アウト
中村奨選手、ピッチャーへの強いあたりを
美馬選手がうまくさばいてチェンジ。

美馬選手も調子いいです。


2回表 ゴールデンイーグルスの攻撃
先頭島内 8球粘った末にフォアボールで出塁
続くウィーラー選手センターフライ
おいおいおいおい
銀二選手の打席で島内選手が盗塁失敗
「何やってんのよー!」と周囲の人
銀次選手はファーストゴロでチェンジ
ノーアウトのランナーを生かせませんでした。


2回裏 マリーンズの攻撃
先頭アジャ井上選手センターフライ 続く角中選手セカンドゴロから、
レアード選手、右中間のあたりで、連携がもたつく間に二塁へ。
さらに、バルガス選手の右中間前のあたり、オコエ選手がとどかずに
タイムリーになります。
地鳴りのように盛り上がるライトスタンドです。
2アウトから新助っ人コンビで専制しました。
田村選手ピッチャーゴロでチェンジです。


3回表 ゴールデンイーグルスの攻撃
先頭ブラッシユ選手、フォアボールを選んで出塁
続く嶋選手、一球ファールから、ピッチャー前にバントをきめますが、
これをボルシンガー選手が悪送球で2,3塁になります。
続くオコエ選手の初球。
バット一閃、打球はどんどんライトスタンドへ近づき、
吸い込まれます。逆転3ランホームランです!
思わず周囲の人とハイタッチです。
らーくてんらーくてんいーぐるーす
2.1.バーンをやってから、
続く田中選手の打席
カーズキッタナカカズキ!!と盛り上がりますがショートゴロ
茂木選手の打席では、モギッモギッモギエイゴロと盛り上がります。
レフトへのきれいなヒットで出塁
続く、浅村選手「た・た・き・こ・めー!!」と盛り上がるなか
ライトへのヒットを放つ 1,3塁
続く、島内選手の打席は「ここで打てチャンテ」で盛り上がりますが、
ファーストゴロで、サードランナーの茂木選手がホームで刺されて2アウト1,2塁
さらにここでうてチャンテが続く中、ウィーラー選手
SSBBBの3-2から外角のスライダーに空振り三振でチェンジです。

ライトの守備につくオコエ選手に
オコエッ ドドドン オコエッ ドドドン のコール。
オコエ選手がぺこっと頭を下げると
さらに盛り上がって、バーン でしめます。


3回裏 マリーンズの攻撃
先頭藤岡選手、セカンドゴロを浅村選手が逆シングルでうまく裁いて 1アウト
藤原選手はレフトフライ、加藤選手のファーストへの強いゴロに銀次選手とびついて
そのまま塁に入ってチェンジで、三凡です。


4回表 ゴールデンイーグルスの攻撃
先頭、先ほど好守備を見せた銀次選手、フォアボールで出塁
続くブラッシュ選手、捕手へのファールフライ。
嶋選手は、右中間をやぶる二塁打で、銀次選手は快足を飛ばして本塁を狙いますが、
ここはマリーンズの連携がまさり本塁でアウト。
先ほどホームランのオコエ選手。
「オコエー、さっきのー!!」などと声がとびますが
ファーストフライでチェンジです。


4回裏 マリーンズの攻撃
先頭中村奨選手ショートゴロ 、
アジャ井上選手のあたりはセンター、ショート、セカンドの間にふらっとあがりますが、
茂木選手がおさえて2アウト
角中選手は、空振り三振で先ほどに続いて三凡です

ここで、シードルを売りにきたお姉さんからシードルを購入。
これ、去年も美味しくいただきました。

謎の魚を釣るエアFISHINGがあってから、
5回表 ゴールデンイーグルスの攻撃
先頭田中選手ストレートのフォアボールを選んで出塁
これで、2回から4回連続で先頭打者がフォアボールで出塁してます。
ここらへん今日のボルシンガー選手の調子を物語っているような。
続く茂木選手がきっちりと送りバントをきめて
浅村選手はセンターフライで倒れますが、
島内選手フォアボールで出塁して2アウトながら 1,2塁になります。
ここで野手陣がマウンドに集まります。
ウィーラー選手のかっこいいテーマを歌っていると
ウィーラー選手センターへはじき返します。1点追加です。
ハイタッチをしてから
らーくてんらーくてんイーグルース 3.2.1.バーン
と盛り上がります。
ここで、マリーンズはボルシンガー選手に代えて、高野選手をマウンドへ。
フィーバーテーマで盛り上がるなか
銀次選手、サードの横を鋭く抜くレフト線のタイムリーツーベースで
さらに追加点です。バーン!!!
牛タンチャンステーマがきました。
Go Go Go イーグルス 杜の都の牛タンパワー
スタミナ満点 止められない ワッショイワッショイ
イーグルス伝統の4.4.8拍子もいい感じです、
そんな曲におくられて
ブラッシュ選手はフォアボールを選び 満塁
さらにチャンテは続き嶋選手ですがセカンドゴロでチェンジです。

が、この回3つのフォアボールがからみ、2点追加です。

ドドドンウィーラー ドドドンウィーラー 帽子をとってペコッと頭をさげて
ドドドンぎんじっ ドドドンぎんじっ 帽子をとってペコっと頭下げてから
バーン

5回裏 マリーンズの攻撃
先頭は前の打席タイムリーのお膳立てをしたレアード選手
SSBでカウント1-2からバット一閃、打球はドンドン近づいてきて
レフトスタンドへ飛び込みました。
「SUSHI BO----------------------------Y!!」と場内DJも盛り上がります。
あああ、幕張でも握られました。
続くバルガス選手7球目をライトの右を抜く二塁打
内野陣がマウンドに集まります。
田村選手のセカンドゴロで、バルガス選手は3塁へ
藤岡SFBFFBの2-2からセカンドへの内野安打で
バルガス選手が還って、追加点です。
藤原選手ライトフライ 加藤選手ファーストゴロでチェンジです。

グランド整備が入り、氣志團の曲で、踊ろうぜ!!と盛り上がる中
お買い物。サンマリンさんで、レモンサワーとビックメンチを購入。
そとでは、7回に備えてリハーサルをしているMDAのチビッコたちが見えます。
ひんなの身ながら美味しくいただきました。

6回表 ゴールデンイーグルスの攻撃
マリーンズは、高野選手に代えて西野選手をがマウンドにおくります。
先頭オコエ選手空振り三振から、田中選手はピッチャー強襲のあたり
セカンドがバックアップしますが、田中選手の足がまさり内野安打
茂木選手フォアボールで1,2塁になって、
われらの願いチャンテで盛り上がるなか
浅村選手ライトフライでアウトから
島内選手ストレートのフォアボールで満塁になります。
と、ウィーラー選手のあたりは右中間をやぶり
走者一掃のタイムリーツーベースになって、
三点追加です。ここでもハイタッチで盛り上がります。
が、ウィーラー選手、オーバーランで挟まれて
最後はベースカバーに入った井上選手にタッチされてチェンジです。

が、これは、ダメ押しになるかな
ドドドンウィーラー ドドドンウィーラー
と盛り上がって、


6回裏 マリーンズの攻撃
イーグルスは好投の美馬選手にかえて、青山選手をマウンドにおくります。
先頭中村奨選手ファーストフライ  アジャ井上選手、ファーストファウルフライ
角中選手セカンドゴロで三凡です。

青山選手がきっちり三人でしとめました。


らーくてーん いーぐるーす らーくてーん いーぐるーす
と風船飛ばしを見てから
7回表 ゴールデンイーグルスの攻撃
マリーンズは種市選手をマウンドへ
さらに、岡選手が加藤選手に代わってライトに入ります。
先頭銀次選手、四球で出塁しますが、ブラッシュ選手のセカンドゴロが
4-6-3のダブルプレーになります。
もってこーいもってこーいしーーーーまっ!!
とレフトスタンドが盛り上がる中、
嶋選手のあたりが ぐんぐんのびてスタンドインです。
「ほんとに持ってきちゃった!!」と周囲の人。
続くは、本日一本でているオコエ選手
「ルイルイ♪」と盛り上がりますがショートゴロでチェンジです。

これはいいダメ押し点になりますかね

ドドドンしーまっ ドドドンしーまっ
のコールにマスクをとってぺこっと一礼で応じる嶋選手に盛り上がります

マリーンズのラッキーセブン
MDAのメンバーが盛り上げて、風船ぴゅー。

7回裏 マリーンズの攻撃
イーグルスは森原選手をマウンドにおくります。
先頭、レアード選手、空振り三振
バルガス選手レフトフライで2アウトから、
田村選手に代わり、鈴木大地選手がおくられると、
ライトスタンド中心に大歓声がまきおこり、
そんな勢いのまま大地選手は、レフトへのきれいなヒットで出塁
さらに、藤岡選手に代えて清田選手をおくり、またまた盛り上がるスタジアムです
が、清田選手は空振り三振でチェンジです。
「モーリー ナイスー」とレフトスタンドから声が飛びます。

みんなでれっつダンスのあと
8回表 イーグルスの攻撃
マリーンズは、代打の2人にかえて吉田選手がキャッチャーに
平沢選手がショートに入ります。
先頭田中選手、レフトへのきれいなヒットで出塁
モギッモギッモギエイゴロッ!!と盛り上がるなか
茂木選手ライトフライ 
た・た・き・こ・め! と盛り上がるなか
浅村 空振りの三振
ここで島内勝利の一打 と盛り上がる中
島内選手もレフトフライ 3アウトチェンジ


8回裏 マリーンズの攻撃
ゴールデンイーグルスは、ハーマン選手をマウンドにおくります、
さらにショートに、茂木選手にかえて村林選手が入ります。
先頭藤原選手センターフライ。続く岡選手。登場曲が「エースを狙え」でなくなってます。
が「レアード、岡って、どんだけファイターズだよ」と周囲の人。
岡選手はライトへのファウルフライ
中村奨選手セカンドゴロで三凡です。

中継ぎはほぼ磐石です。


9回表 ゴールデンイーグルスの攻撃
マリーンズは東條選手をマウンドへ。
三木選手がショートに入って、ショートの平沢選手がライト、
ライトの岡選手がセンターに入って、藤原選手が退きます。
今日はヒット出ませんでしたね。
タオルをまわしてLet's Go ホームランと盛り上がりますが、
ウィーラー選手センターフライ
銀次選手ファーストゴロ
ブラッシュ選手サードゴロでチェンジ
久々の三凡です。


9回裏 マリーンズの攻撃
ゴールデンイーグルスは、松井選手をマウンドにおくります。
ドドンドドンドン まつーいゆうき ドドンドドンドン まつーいゆうき
と盛り上がるレフとスタンド。
さらに、ルーキー辰己選手がライトに、
ライトのオコエ選手がレフトに入り、島内選手が退きます
と、ここからが松井選手すごかった。
4番井上選手 5番角中選手 6番レアード選手と、
三者連続三振で、きっちりとしめます。

と、いうことで、ールデンイーグルスの勝ちをこの目でおさめ
球場をさります。球場に二礼二拍手一礼してから、京成バスに乗って幕張本郷駅へ。
目の前に目つきがアレな京成パンダが張られてます。
帰りのバスは西野選手と清田選手のアナウンスでした。

幕張本郷駅のニューディで、ピーナッツ最中を買ってから
17時49分発三鷹行きの総武線に乗って浅草橋の宿へ。

荷物を置いてから、駅近くの洋食屋さんのレバフライと
ナポリタンでハイボールをいただいてから
宿でまったりとしたというわけです。

このゲーム、マリーンズ投手陣は、
とにかくフォアボールが多すぎでした。
しかも、5回も先頭打者をフォアボールで出すところとか、
なかなか難しいゲーム展開になります。

ま、楽しいゲームでした。

E9-3M

勝利投手[ ゴールデンイーグルス ]美馬 (1勝0敗0S)
敗戦投手[ マリーンズ ]ボルシンガー(0勝1敗0S)
本塁打 [ ゴールデンイーグルス ] オコエ1号(3回表3ラン)、嶋1号(7回表ソロ)
[ マリーンズ ] レアード2号(5回裏ソロ)

観衆数 29002人 試合時間 3時間15分


ってことで。(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト



【祝】球春到来であります。

現在、都内某所に隠遁中です。

来年度はシフトの関係で、今年度よりも土日の自由度が増します。
と、いうことで去年以上に野球観戦に励みたいと思っています

そんなレギュラーシーズン公式戦の祈念すべき1発目は、
Zozoマリンスタジアムで行われた、マリーンズvsゴールデンイーグルス戦でした。
(カープ戦は、ただでさえ、MAZDA 開幕戦という要素があるのに加えて、
相手はジャイアンツ。と、いうことで、チケットがとれるはずもなく
とはいえ、3/30.31は仕事もウスい。ということで遠征はツッこみたいという
ことでのZOZOマリンでした。
そうそう、明日は平塚で、ウェスタンリーグ、ベイスターズvsファイターズ戦を
見たいと思います。

初めてのスタジアムなので、こちらも大変楽しみです。


それぞれ詳細につきましては、また当ブログでご報告させて
いただきたいと思います。


ここからが、タイトルの内容です。


☆「SOUPCURRYKING」(札幌市豊平区平岸3条16丁目1-1)

アニメ「風が強く吹いている」感動の最終回でした。
ああああ、久々に青春を感じる良作でした。

最初は海野そら太先生の絵のイメージが強かったので、
キャラクターに違和感がありましたが、
上書きされるごとく慣れていきました。

そして、現在は、あの画で、あの声で、あのシナリオで
それぞれ再生されるという、このアニメとの親和性、
すばらしいです。

そんな「風が強く吹いている」の終わらないうちに
行っておきたいお店がありました。

 


3月上旬のある土曜日、この日のシゴトが夜からだったので、
午前中は散髪をしたり、お買い物に行ったりしてから向かったのが、
KINGさんです。

到着したのが、開店10分前。
駐車場にはすでに1台入っていまして、

ゾロゾロと私の後に列ができ出しまして
結局開店前に10人以上が並ぶ、いつものKINGの開店前です。
時間になったので、スタッフの方に従ってお店の中へ入りますと
カフェのようなキレイでオシャレな店内に迎えられます。

お一人様ということで、カウンター席に案内されます。
女性のグループとか、男女のグループとかが中心です。

ではいつものようにメニューを吟味いたします。

チキンカリー 980円
定番のやわらかチキン。皮はパリッパリ!
チキンレッグ、じゃがいも、にんじん、ピーマン、キャベツ、ウズラチキン
野菜カリー1250円
定番チキンカリーにたっぷり11種類の野菜が入ったカリーです。
チキンレッグ、じゃがいも、にんじん、ピーマン、キャベツ、ウズラ、ナス、
しめじ、れんこん、おくら、ブロッコリー、ヤングコーン、かぼちゃ
ポーク角煮カリー 1030円
豚バラ肉を醤油・酒・砂糖でじっくりやわらかくなるまで煮込みました
豚角煮、じゃがいも、にんじん、ピーマン、キャベツ、ウズラ
ポーク角煮野菜カリー 1300円
ポーク角煮カリーにたっぷり11種の野菜が入ったカリー。
豚角煮、じゃがいも、にんじん、ピーマン、キャベツ、ウズラ、ナス、
しめじ、りんこん、おくら、ブロッコリー、ヤングコーン、かぼちゃ
ラムカリー 1080円
下味をつけ、赤ワインとしょうがでじっくり煮込んでますので、臭みも無く、やわらかジューシー!
ラム、じゃがいも、にんじん、ピーマン、キャベツ、ウズラ
ラム野菜カリー 1350円
ラムカリーにたっぷり11種の野菜が入ったカリー
ラム、じゃがいも、にんじん、ピーマン、キャベツ、うずら、ナス、
しめじ、れんこん、おくら、ブロッコリー、ヤングコーン、かぼちゃ
納豆挽肉カリー 950円
納豆の入ったくせになるカリー
納豆、挽肉、長いも、にんじん、ピーマン、キャベツ、うずら、おくら、ブロッコリー
牛スジ豆腐カリー 1150円
コラーゲンたっぷりの牛スジを和風だしでトロットロになるまで煮込んでいます。
豆腐といっしょにヘルシーにどうぞ!
牛スジ、豆腐、長いも、にんじん、ピーマン、キャベツ、ウズラ、水菜
野菜カリー 1030円
たっぷり11種の野菜が入った体にうれしいカリー。
じゃがいも、にんじん、ピーマン、キャベツ、ウズラ、ナス、しめじ、
れんこん、おくらブロッコリー、ヤングコーン、かぼちゃ
シーフードカリー 1350円
バターソテーしたシーフードがたっぷり入ってます!
エビ、ホタテ、イカ、アサリ、ムール貝、じゃがいも、にんじん、ピーマン、キャベツ、ウズラ

あと、限定メニューやマンスリーメニューがあります。

辛さの選択が
0番 - 辛さは一切無いです
1番 - ちょい辛です
2番 - オススメの辛さ、中辛です
3番 - 辛口です
4番 - 激辛です
5番 - もっと刺激がほしい方!
6番 (+50円) - ここからピッキーヌ入り
7番 (+50円) - グッジョブ
8番 (+100円) - グレート!
9番 (+100円) - スーパー!
10番 (+150円) - エクセレント!
Jack (+150円) - 辛さのジャンキーです
Queen (+200円) - 辛さ女王様級
King (+200円) - 辛さ王様級
Joker (+250円) - デスソース入り

トッピングの選択が、
ウズラ・温泉タマゴ・納豆・豆腐・オクラ(3本)・ブロッコリー(3個)・レンコン(2枚)
ナス・かぼちゃ・きくらげ・100円しめじ・まいたけ・小松菜・150円
カゼトッピング (焦がしニンニク+白髪ネギ)・フィッシュフライチーズ(ライスON or チーズIN)・200円
餃子・ ソーセージ・挽肉 - 250円
チキンレッグ・ベーコンステーキ - 300円


だそうです。

にしても、デスソースってw… いつ見ても気になります。
最近は、昔ほど辛さに対して積極的ではなくなったので、
たぶん挑戦することはないでしょうが…

ということで、今回はラム野菜カリー
辛さ三番。温泉卵と小松菜トッピングでオーダ

一心地ついたので、BGMの洋楽に耳を傾けながら、改めて周囲を軽く見渡します。

大きく明るい窓、白い内装、濃焦茶色の床というシンプルですっきりした色調の店内に
白いソファーのような合皮のすわり心地が良いイスとこげ茶いろの机に、
同じ色のカウンターカウンターの前には高い銀色の足した黒い合皮っぽいイス。
カウンターが6席、テーブル席が16席で、
テーブルの上には、ちっちゃい観葉植物が置かれています。

ポスターこそはなくなっていましたが、藍井エイルさんのサインも張られています。

厨房からは調理音といい香りが漂ってきて
気持が高ぶりますが、

待つことしばしで、淡いカフェオレ色に縁取られたアイボリーのまん丸なお皿と、
セットのような柄のオシャレなボウル状の器に入ってカレーとライスが登場。

スープの色は、明るいオレンジ色にアイボリーっぽい乳白色を
混ぜたような色合いの非透明系白濁スープです。

スパイスの香り、豚の脂やエキスっぽい香り、鰹節の香りが
混ざって鼻を刺激します。
やさしげな色合いで、普段よりも明るくて白味が強い
黄色がかったスープの中には
人参やピーマン、ブロッコリーなどがアクセント的な色鮮やかさ。。
色味的にはスープとかぶりますが、温玉、うずらの玉子や
キャベツもいい感じです。

ライスは押し麦の入ったターメリックライスで、目に優しい黄色いものが、
淡い色合いのお皿の上で輝いています。

と、いうことで、まずはスープを一口イタダキマス

クリーミーな乳白色っぽい見た目なので、
こってりとしたコクがくるのかと思いきや、
カツオ節っぽいサワヤカな感じの飲み口が最初にきて、
次第にコクや、軽く酸味が利いたウマ味のパンチが訪れます。

カツブシの味わいは、旨味のエッセンスのみが抽出され、
いかにもなカツブシ味ではなくて、旨味のみが抽出された感じ。

そして、すぐにスパイスの刺激が来ます、味わいのベースがしっかりとしているので、
飲み口はすっきりしていますが、複雑な味わいの旨味があって
スパイスが主張するトンガった刺激が浮きません。
スパイスの刺激が美味しさの一要素として、機能しています。
このベースこそが、乳白色がかった色の原因である、
しっかりと下処理をした鳥がらや、トンコツや、ゲンコツを煮込むことで
でてきた濃厚なコクと
鰹節やコンブ、煮干しなどからとったウマミがあるスープのダブルスープです。

スープを形作る素材の個性を生かしながら、
一つ一つの味が決してでしゃばらず、ジャマをせずに馴染んでいる
美味しさとコクの深さです。

さらに、トマトのほのかな酸味交じりの旨みが、味を複雑にしています。
最初は比較的あっさりとした印象を受ける飲み口に反して、
口の中は、スパイスの刺激とともに うまみ、コク、などの
カレーのウレしい濃さが次第に溢れてきます。

そんな白濁スープは濃厚ですが、飲み口とともに、
後味もすっきりとしていて、
抽出されたエッセンスが前面に出てきているのですが、
後味はすっきりというところもいいですし、
カツオブシなののフワンとした残香もキモチイイです。

そして具材ですが、豚の角煮のようなゴロッとしたラム肉は、
中までとろりとやわらかく煮込まれていて、
軽く噛むだけで、濃厚なラムの味がでてきますし、肉滴もたっぷり。
口いっぱいにひろがる、この獣の味がたまりません。
肉滴とミックスされたスープの味もよければ、
これを受け止めるライスとの相性が抜群です。

トッピングした小松菜は、素揚げされてサクサクパリパリで、
ブロッコリーばりの歯触り。
脂吸って、青い味が引き立てられます。
キャベツは本来の甘いあじが素揚げされて
焼きそばとか回鍋肉とかで味わった
炒められたきのキャベツのような味で、
これまた濃厚スープにもご飯にもあいます。

素揚げのシメジは、そのうまみといい、食感といい 香ばしさといい。
凄みを感じます。
南瓜は、やさしいほっこりとした食感と
爽やかな甘さ。ややねっとりとしたところも優しい味です。
ナスは、しっかりと油とカレーをすって
しっかり美味しいです。
ジャガイモも爽やかなもったり感が素敵ですし、
ブッコリーの香ばしさは、札幌スープカレーの愉悦の一つ。
人参もあまくて、肉厚のピーマンもいいっすなぁ。

これが、やや濃い目に味付けられた押し麦入りのターメリックライスと
良くあうのです。

ここにウズラたまご。そしてトッピング温玉。
色合いは地味ですが、いいよこれ。

ということで、うまうまと食べ進んでスープ残り1/4、ライス残り1/4になったところで、
いつものように、残ったライスをスープに入れて
まずは鶉の卵の黄身をときながら混ざるにまかせていただきまして
ほんとうのほんとうの終盤で、とっておいた温玉を一気に如月喰いです。

半熟卵の黄身でマイルドになったとはいえ、今までさんざん食べ進めていったので、
蓄積された辛さのおかげで軽く唇はヒリついていますし、
頭だけでなく、うなじまでダラダラと汗をかいていますが、これがいいのです。

口直しの水を飲んで、
唇が軽くヒリつく、キモチよい痛痒感を覚えつつごちそうさまでした。


「迷わずに今~♪」と鼻歌交じりで、こちらのお店を
あとにしたというわけです。

「風が強く吹いている」の放映期間中に行くことが出来て
大満足です、そんなアニメ版の強情なKINGもいいですが、

「お前なら 立派な詐欺師に 就職できるでぇ」名言を残した
海野そら太のコミックバージョンのKINGも忘れないで下さい。


☆「SOUP CURRY KING (スープカレーキング)」(札幌市豊平区平岸3条16丁目1-1 )
◇営業時間◇平日 11:30~15:00 & 17:00~23:00 (L.O. 22:30)
土・日・祝 - 11:30~22:00 (L.O. 21:30)
◇定休日◇水曜日 ◇駐車場◇有り ◇電話◇011-821-0044


ラジオにあったコーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については左の欄のカテゴリー「印度化計画」をクリックしてくれれば、
見ることができます。



ってことで。(´・ω・)ノシ
急に休日の仕事がキャンセルになって、スケジュールがあいたところ、
オープン戦の日程をチェックしたら、メットライフドームのゲームを見つけたので
速攻でチケットをとりました。

メットライフドームは、その特異(ほめ言葉)の構造のおかげで
日本一球場めしが美味しいドームです。

大お祭りのときに、メットライフドームの球場グルメ本を買いまして、
その時に作者(?) の方に「オススメって何ですか?」と聞いたら
L'sクラフトのピザ。とのことでした。

ですよね~!! 

当ブログで再三再四紹介をしている
「球場三食」(渡辺保裕さん作、講談社アフタヌーンコミック刊)でも
日下がゲキオシをしていました。

さらには、大お祭り3日目、自分のブースで、
ライオンズのユニフオームを着た人に猛プッシュされたのが
浅村選手の牛すじカレーと、メヒア選手のパワープレート。

メットライフドームに行ったアカツキには、
これの何れかを食べたいものだと思っていましたが、
全部三塁側のものだから、食べられずに血涙を流しました。

メットライフドームは1塁側と3塁側の行き来が出来ないので、
3塁側のチケットがなければ、3塁側の売店には行けません。

そんな残念さを残したまま、浅村選手はゴールデンイーグルスへ移籍。

楽パーで、メトロ倶楽部さんが、浅村選手のカレーとか
作ってくれないですかねぇ。

ただ、今回は、無事三塁側の席を入手。
しかも、L'sダイニングのさらにバックネット寄りです。
これはナイスです。

と、ホクホクしながら、改めてライオンズのホームページを見ると、

3月19日(火)対千葉ロッテ戦より2019シーズンの「ライオンズボールパークグルメ」が販売開始となります!2019シーズンも12球団最大級の70以上の店舗と1,000種類以上のメニューをご堪能ください。

また、国内No.1売上の海外ビール「ハイネケン」のドラフト(生ビール)を販売するショップが新規オープンいたします。ヨーロッパで売上・販売量No.1、世界192カ国以上で販売されているインターナショナルプレミアムビールをぜひお楽しみください。

なお、一部店舗・商品については4月2日(火)の開幕戦から販売となります。埼玉西武ライオンズ公式サイト、そのほか球団公式メディアなどで詳細を発表していきますので、お楽しみに!

と書かれています。よしよし。

ただ、その下に、

4/2(火)からオープン予定の店舗
場所 3-1 店舗名 L's CRAFT 
場所 1-1 店舗名 L's SPORTS BAR BRICKS
と書かれています。


えええええええええ

「球場三食」で日下はオープン戦のゲームでピザ、食べてたじゃねぇかぁああああ!!

思わず、その足でコンビニにむかって、
PW中のライオンズvsゴールデンイーグルス戦の
3塁側内野席を買ってしまいました。

あと、選手プロデュース弁当、プロデュースグルメも
4/2から販売とのことです。


ま、そんなこともあります。

ただ、

3月19日(火)・20日(水)・21日(木・祝)・23日(土)・24日(日)にメットライフドームで開催されるオープン戦5試合で、「埼玉西武ライオンズオリジナルステッカー(非売品)付き勝サンド」を数量限定で販売いたします。

との記事も発見。

これは「球場三食」の中で日下が球場外にあるメニューだからと
スルーしたヤツですが、今はドーム内でも買えます

なら、これは購入です。

さらに、まだまだメットライフドームには、魅惑のグルメがいっぱいです。

と、いうことで気を取り直してドームへGo。

開場時間前についたので、まずは、改札口からも見える移動販売のワゴン車を
ぐるっと一周。この時点で美味しそうなものがいろいろあって、ワクワクします。

前回は、その移動販売ワゴン車群からは離れた、
銀色に輝くドームに向かって並ぶ待機列の横にあった
「WAKAJISHI CURRY(若獅子カレー)」が売られている
ライオンズカラーとロゴのキッチンワゴンカー「Lions KITCHEN」は、
移動販売ワゴン車群のセンターに位置していました。

ああ、このカレーも美味しかったねぇ。

そんなことを考えながら開場時間にドーム中へ

ベイスターズの選手がバッティングや守備の練習を見ながら
初の三塁側売店をぐるっとまわります。

一塁側と同じお店でも、違う品揃えだったりが面白いです。
で、一通り見たところで、まずは1品目に
「L's Diner」さんの「ライオンズカレー」を購入です。
自席からも近くに、オシャレなレンガ作りを基調とした
「L’sダイニング」と呼ばれる複数の店舗が入ったエリアがありまして、
B1Fには「L's Bar」さん、2Fには「L's CRAFT」さんがありますが、
その間にあるのが「L's Diner」さんです。
「L's CRAFT」さんの一件もあったので、ピザにも惹かれたのですが、
ここはカレーを購入。

シーズン前のせいか、無地の円筒形の器に入ったのは、
ご飯を隠すようにたっぷりと盛られた明るい褐色のカレーに、
表面積の1/3近くをしめるいい色合いの牛肉。
さらには、半球状にカレーを飾るポテトサラダです。

散らされたパセリもいい感じ。

自席に戻って、ベイスターズの練習を観ながらいただきます。
今年3食目の球場カレーです。

まずはカレーから。芳醇な香り高さを楽しみながら口にすると
甘くおだやかな食べ口のカレーです。
甘さに加えてさわやかな酸味もしっかりとして、
玉ねぎやトマトなど野菜の甘さ、酸味、旨みに加え、
リンゴとかも入っているのかな?
果物の甘みや酸味なども感じられる、マイルドな味がまずは良しです。
この穏やかなベースと、お肉由来の濃い旨みにコクの組み合わせ
バランスがいいですし、
のどを過ぎた後も口の中にふわんと残る爽快さがいいです。
このさわやかな感じも、ベースの果物、野菜が利いているおかげですか。
ただ、そんな感じで何口も食べ進めていくと
気がつくと頭にまで汗をかくというさりげないながらも
しっかりとしたスパイス遣い。ここもレベル高いです。

そして、たっぷりのっている牛肉ですが、
パンチのある複雑な甘塩っぱさがインパクトあります。
BBQソースのベースは、醤油でしょうが、まずは塩分が効いていて
メリハリのある味の土台になっていますし、
甘さも、たぶん砂糖由来でして、果物、野菜由来のカレーの甘さとは
違うベクトルの甘さがあり、これを食べ比べるのも面白いです。
お肉自体もしっかりとジューシーで、牛ならではの野趣にとんだ
お肉の味わいも楽しめます。こんなのがたっぷり乗っているのがうれしい。
カレーと、醤油ベースの味付けの牛の組み合わせというと
カレ牛を想起させますが、お肉のインパクトはカレ牛以上。

そして、この手のカレーのお楽しみはミックスしていただくことですが、
これが、当然美味しいです。
カレーの中の肉的な旨みが塊で補完されますので、
味付けがさらに濃くなりますし、
異なる甘みの競演が複雑な味わいをよび、
さらに甘さが呼び水になって、独特なスパイシーさが
強調されるという効果もあり。これはスゴい。

牛が単なる具ではなく、味付けのラストピースにもなっています。
ポテトサラダも滑らかな舌ざさわりと、まろやかでほっとする味が
この楽しいカレーを盛り上げます。

受け止めるお米もしっかり美味しく、
食べ手を飽きさせないですね。すばらしい。

と、一気に食べてしまいました。

はー。

美味しかった。

ごちそうさまでした。

と、腹の皮がたるむと、遠征中の常の寝不足ゆえ
うとうとしてしまいました、

が、メンバー紹介のときの応援団のトランペットで目が覚めて
思い出した


勝つサンド、買ってない。

サンドイッチだったら、どのタイミングでたべてもいいので
買っておこうと思ったところ、カレーの完成度にまんぞくしてしまって
そのままうつらうつらしてしまったわたし。

両軍のスタメン発表後、あわてて球弁のワゴンにいきましたが



売り切れでした


残念!!

と、ここで気を取り直して、
なら、別のものを買おう。とむかったのが、
「宮木牧場」さんです。

こちらも「球場三食」で取り上げられていたお店で、
日下の朝食は、こちらでした。

と、いうことでそれにあやかって、肉巻きおにぎり棒を購入。
ちなみに、三塁側では日下があと一品かっていたカルビ串は
売られてませんでしたし、
メヒアのパワープレートのところには
4/2日から発売というシールが張られていました。

周囲の人も、ローストビーフ丼とか、カルビ丼とともに
肉巻きおにぎりを買う人多し。

人気のメニューです。


さらに、こちらも「球場三食」登場店で、
こちらは一度来ています、「西安餃子」さんで、
以前は水餃子を食べてますので、今回はねぎ塩餃子を購入です。

そして、自席に戻っていただきます。

まずは肉巻きおにぎり棒からです。
透明の細長いプラ容器に入って登場。
写真をとろうとすると、滴り落ちるたっぷりのタレです。
手についたり、周囲を汚したりはしませんでしたが、
これは油断ならないヤツです。

と、いうことでしっかりタレをきってから、
かぶりつきますと、まずは滴るほどかけられて
濃い目の甘じょっぱいタレで味つけされた
豚肉がぐるっとまかれています。
豚肉は軽やかでさりげなさがありながら、
しっかりと美味しい肉の味です。

これが日下の言ってた、埼玉は内陸県だから魚より肉
という味です。

さらには、なかのお米は、餅米でしょうか、
モチモチっとしたなめらかさがあって、
この弾力は、形状ともあいまってきりたんぽとかを想起させます。
そんなこと日下も言ってましたか。

ジューシーなお肉にもっちもちのご飯の組み合わせの妙。
さらにタレの美味さの組み合わせに感服です。
これは、私以外の人もこぞって買っていくはずです。

と、大納得しているところに、新井園のお茶売りのお姉さんが登場。

メットライフドームは、すごく頻繁にビールなどの売り子さんがきます。

「私を球場に連れてって! 」原作:スーパーまさらさん, 作画:うみのとものさん
(芳文社 まんがタイムKRコミックス刊)の登場人物、ファルコさんはおらんかねぇ

などと妄想したりしますが、

そんな売り子さんに混ざって、
かすりの茶摘娘の装束を着た、狭山茶の売り子さんが客席を廻っていますが、
静岡、宇治と並ぶ日本三大茶の産地ならではです。

現在、若干酒量をおさえる期間ということで、はじめて、球場茶を購入です。
と、いうか暖かいお茶が150円って安いですね。

購入すると、熱か伝わりにくい素材の紙カップに
ティーバックを入れてから熱湯をそそいで、
飲み口が少し開いたふたをしてから手渡してくれます。

この日は、そこまで気温は高くないですが、
外はポカポカ陽気で、お日様が当たるところは上着一枚脱ぎたくなるレベル。
とはいえ、ドームなのでお日様はあたらず、さらに隙間風が吹き込むので
ダウンジャケットは脱げません。

そんな気温のときには、ありがたいお茶のぬくもりです。

さて、ねぎ塩餃子をいただきましょう。
黒いプラのトレー上に、小ぶりなやつが行儀よく8個並んでいまして、
そのうえにはたっぷりの塩だれで和えられたネギがのって、
さらに糸唐辛子が散らされています。

では一口。皮目の焦げがさっくりと香ばしくそれをあじわうとすぐに
中の餡の肉肉しい味を楽しむことができます。
かるく噛むだけで肉滴が溢れてきて、口の中を満たしてくれます。肉の美味さをもりあげる生姜とか、ニンニクの味もいい感じで、
肉滴とともに訪れる、ニンニクなどのパンチある味の組あわせが、
いい餃子ならではですし、餃子の醍醐味である
皮、餡が織り成す重奏的な愉悦を楽しめます。

以前いただいた水餃子は皮が厚めでしたが、こちらは薄め。
でも、小麦の味をしっかりと感じます。

そして、今回はたっぷり乗っているネギ塩です。
ネギは餡の中にもはいっていて、餡の味にアクセントをつけてますが
それが、たっぷり餃子自体をおおうようにかかっていますし、
塩だれでやわらかくなりながらも、鮮烈なネギの味が
残って、シャキッとしている部分もあり、これがたまりませんし
餃子の味を複雑に盛りあげます。
塩味のインパクトに、ネギの辛さに、さらに刺激を与えるのが
糸唐辛子で、見た目がきれいなだけでなく、しっかりとピリ辛。

この組み合わせ、うまくないはずがないです。
一個一個が小ぶりなので一口でぱくっといけますし、
そのつどに幾層にも積み重ねられた味のハーモニーを味わいながら
肉滴が一気に口の中に広がるという

いい餃子です。本当に

と、満足しながらお茶です。
お茶のすっきりとしたさわやかな甘みがしみます。
「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす」です。
♪ン狭山茶どころ情けにアツい~♪です。

これで口の中がさっぱりとしての餃子ってのが
また美味です。

と、いうことで完食。

ごちそうさまでした。



やっぱりメットライフドーム、食べ物の充実振りは半端ない。

前述した「私を野球場に連れてって」の主人公、野原玉ちゃんが
全品制覇したくなるのもわかります。

今年は、あと1ゲームは確実に観戦しますが、
余裕のある時に、さらに何ゲームか観戦しつつ、
さらにいろいろと食べたいものです。


では(´・ω・)ノシ
オープン戦が終了し、明明後日よりいよいよシーズン開幕です。
今年はキャンプ参戦、オープン戦での遠征など
去年より積極的だったので、シーズンインへ近づくのが
身を以て感じることが出来ます。

ちなみにカープは、16試合たたかって、8勝4敗4分
勝率.667で、オープン戦首位でおえてます。
昨年、一昨年と11位でしたが、今年は上出来過ぎ。
防御率は3.42で、バファローズ、ドラゴンズ、イーグルスに続いて4位ですが
打率が.242で、9位、盗塁が8で10位ですが
得点は、ジャイアンツ、スワローズに続いて3位と、
ここらへんの数字があらわれているのでしょうか。

不安もたくさんありますが、またあの一喜一憂する季節を
楽しみたいと思います。

そんなオープン戦のしめくくり
3月24日に観戦したゲームについてです。

前日は、休日出勤。7時30分から13時30分まで
珍しく単純肉体労働を続けて、腕も足もパンパンですし、
握力もおぼつかなく全身ヘロヘロですが、なんとかシゴトを終えて職場を出ます。
職場を出る時に見た新千歳の駐車場表示は、全ての駐車場が「満」の表示。
ま、なんとかなるかな。と、思いつつ、
飛行機は18時の便ですが、新千歳に向かいます。
この日のドライブのお供はNHK FMの「アニソンアカデミー」
この日は2011年のアニソンランキング投票結果発表でしたが、
7位に、fiction junctionの「stone cold」が入って、軽く、うっ、頭が 
アニアカめ~、オレをコロす気か~!!状態になりながらも
ストンコ体操をしてしまう私…

この日は、道もすいていて、さらに路面もしっかり出ていたので
快適なドライブです。15時15分に新千歳着。
この日は、行きAir-Do 帰りANA。
しかもアサイチの便で帰って来てすぐシゴトなので、
A駐車場に車を入れたいところですが、当然駐車場表示は「満」

その間「アニアカ」から流れる
secret base~君がくれたもの~(10 years after Ver.)
/本間芽衣子(茅野愛衣)、安城鳴子(戸松遥)、鶴見知利子(早見沙織)
My Dearest/supercell
SHOOT!/RO-KYU-BU!
コネクト/ClariS
とかを聴いているうちに10分待ち程度で入れました。

さらに、運よくA-14のところに開きスペースを発見。
これって、普段駐めているところよりもいい場所じゃないですが
ものすごく幸先がいいです。

搭乗手続きをすませてから、まだフライトまで2時間以上ありますが、
朝からの重労働でヘロヘロなので、
雪印パーラーのソフトクリームと、伊藤園のニッポンの炭酸水で
しばしマッタリします。

おとなりには、桜の刺繍が入ったカンタベリのリュックを持って
桜の刺繍が入ったウェアを着た女性が、ずっと熱心に
ラグビーの動画を見ています。この人って、ジャパンの選手ですかね?

この日お世話になるのがAir0Do32便 羽田空港行きです。
「使用機材到着遅れのため、15分遅れての出発です」とのアナウンス。ま、いいですか。
18時05分頃から機内へ入り、18時15分定時にフライト。
機内ではいつものようにZZZ
目を覚ますと千葉県某所上空です。
翼よあれがチバの灯だ、トゥラトゥラトゥラァッ
この日は結局15分遅れで到着です。
さらに機内の席が7列のどまん中だったので
でるのが遅れたことができて、20時に外へでまして、
無料送迎バスにのって、20時30分過ぎに着。
この日の宿にチェックインしてから、コンビニでこの日の夕食を仕入れ
宿では、ブログの更新をしたりして、就寝ですZzz

そして翌24日。4時40分に起床。
6時15分に宿で、おかゆにじゃこをいただきまして、
白飯に温玉で卵かけご飯風にして、ポテトサラダ、サラダ、ミートボール味噌汁
そして、お隣で宇宙一クロワッサンと、グレープフルーツジュースもいただくという
大お祭りの朝みたいな朝食で満足です。

その後、身を浄めて準備を整えて8時25分に宿を出ます。
そして、8:30分発快速エアポート急行泉岳寺行きで品川へ
8:51分発の山手線で池袋へ
9:32分発の準急飯能行きで、西所沢で
10:17分発の西武球場行きで、10:24分到着。

久々のメットライフドームです。
すでに多くの人で賑わっている広場をぶらぶらします。
そして、この日の目当ての一つであった、ショップに初めて行きますが、
ライオンズは、全選手のユニフォームが売られているわけではなく、
ワッペンで圧着するみたいなので、
とりあえずこの日はライオンズのユニを買うのは延期です。

時間前に、まずはドームにむかって2礼2拍手1礼。
野球の神様にご挨拶をしてから、列に並んで、
開場時間とともにドームに入ります。

この日は、初体験の3塁側です。
今までは、外野か1塁側しかなかったので、どんな景色が見えるのか楽しみです。
さらに、内野グランドがしっかり見えますし、
L's ダイニングのすぐ横。
さらには真横に電子オルガンのお姉さんがいて、
生演奏を楽しむことが出来ます。

これは、ビクターの子会社・ビクトロンによって
西武ライオンズ球場が開設した約40年前に製造されたものです。
その後ビクトロンはローランド社に吸収され、
オルガンにはローランドのエンブレムが付けられてます。

そんなオルガンの生演奏を常時味わうことが出来る
唯一のスタジアムがこちら。

そんなのも体験できるって、なかなかよい席です。

と、満足して、初の三塁側売店をぐるっとまわりましょう。

この日は、お目当てにしていたL,s CRAFTこそはまだ営業をしていませんでしたが
(後日HPでこの事実を知った直後に、
反射的にPWのメットライフドーム遠征をツッこみました。
当然、席は三塁側です。)ぐるっと一周。
一塁側と同じお店でも、違う品揃えだったりが面白いです。
で、一通り見たところで、まずは1品目に
L's Dinerさんの「ライオンズカレー」を購入。

ベイスターズの練習を観ながらいただきました。
今年3食目の球場カレーです。美味しかったです。ごちそうさま。
感想はまた後日。
腹の皮がたるむと、うとうとしてきますが、

12時25分にスタメン発表で目が覚めます。
ベイスターズは、DHを使わずに、さらに8番にピッチャーです。
オープン戦最後のゲーム。実戦に備えてのお試しです。

さらに、その後、ライオンズとかのシートノックとか見続けます。
と、軽くウトウトしたせいか、まだ入りそうな感じ。

そこで、西安餃子さんの、ネギ塩餃子、さらには
球場三食メニューでまだ未食の、肉巻きおにぎり棒をかって、
シーノックを見ながらそれぞれいただきました。

ごちそうさまです。こちらの感想もまた後日。

51分にメンバー表確認をしてから、プレーボールです。

ゾンビネーションにのせて、ライオンズの選手が守備につきますが、
ついヤスアキジャンプをしたい衝動にかられる私。
しかもベイスターズ戦だしね。
ここでライトスタンドが揺れていたらウケるのですが、
さすがにそれはなかったです。

ライオンズの先発は、武隈選手。
ベイスターズの先発は、井納選手です。

よーこはまー べーいすたーず~♪
とライトスタンドが盛り上がって。

1回表 ベイスターズの攻撃
先頭、楠本選手、初球ストライクを見逃しから、
一度もバットを振ることなくフォアボールを選んで出塁
続くソト選手レフトフライから
宮崎選手、バットを一度もふらずカウント2-2からの5球目を
レフト線をぬくツーベースで2,3塁になって、
4番筒香選手1-1からの3球目をライトへうまく運んで
ベイスターズ先制です。
おーおおーおおーおおー よーこはまべいすたーず♪
さらに、ロペス選手のショートゴロの間にサードランナーの宮崎選手が生還して
追加点です。
おーおおーおおーおおーよーこはまべいすたーず♪
続くHikaru選手は空振り三振で倒れますが、ベイスターズ2点先制です。

つーつっごおーっ、つーつっごおーっ
の声援に帽子をとって挨拶する筒香選手にもりあがるレフトスタンドです。

1回裏 ライオンズの攻撃
先頭、金子侑選手 1-0からの2球目をサードフライ
源田選手、1-1からの3球目セーフティバントを試みますが、上げてしまってもピッチャーフライ
周囲からはあーーーーーっという声とかため息がでます
「人にやさしく」で「ガンバレー!!」と送られた秋山選手。
ファールからのファーストゴロ 3アウトチェンジ。1回7球で三凡です。

井納選手、立ち上がり好調です。

2回表 ベイスターズの攻撃
大和選手、サードゴロ 、井納選手セカンドゴロ
桑原選手、ショートライナーで、三凡です。

武隈氏も立ち直ってきました。


2回裏 ライオンズの攻撃
オジーじまーんーの オーリオーンピーィルッ!!のレフトスタンドからの大声援におくられて
先頭、アグー山川選手、3-2から、ショートの右を鋭いあたりをうちますが、
これを大和選手が横っ飛び&大遠投でアウト、歓声がおきます。
続く森友選手、初球を打ち上げてセンターフライ
外崎選手が8球面の高めのをピッチャーゴロでチェンジ。
また三凡です。


3回表 ベイスターズの攻撃
先頭、楠本選手、サードゴロ、続くソト選手レフトフライから
宮崎選手、レフトへのヒットで出塁。
ここで、代走に倉本選手をおくりますが、
筒香選手空振り三振でチェンジです。

バズーカ―タイムがあって、


3回裏 ライオンズの攻撃
ベイスターズは、レフト筒香選手にかえて宮本選手
代走の倉本選手がそのままサードにはいります。

先頭栗山選手、ど真ん中のフォークを打つもショートフライ
倉本選手が出てきますが、大和選手がキャッチします。
つづくおかわりクン中村選手が
逆方向へのいい当たりの、ライトへのヒットで出ます。
ライオンズ初ヒットで、旗がはためきます。
木村選手がセンター寄りのショートゴロを大和選手がうまく捌いて
ファーストランナーの中村選手がアウト
続く金子侑選手の打席で、木村選手が盗塁をきめますが
金子侑選手は沈むボールに空振り三振。
反動でこけそうになってます。
この日のライオンズは、左バッターのこういう空振りが多かった。
井納選手のキメ球がキレている感じです。


4回表 ベイスターズの攻撃
先頭ロペス選手が 2-0から外角のストレートを打ちますが、
ファーストライナー 。
続く、Hikaru選手、センターフライから
大和選手、3-2からファールを4球つづけて、9球粘ったすえに
フォアボールで出塁しますが、
井納選手は見逃し三振でチェンジです。


4回裏 ライオンズの攻撃
ベイスターズはロペス選手に代えて、ファーストに佐野選手
「なんだよ、横浜、クリンナップもう引っ込めるのかよ」と周囲の人。
本当だ。
源田選手ショートゴロ 秋山選手セカンドゴロ 2アウト
山川選手ライトフライ。11球で三凡です。

この時点で13時55分。まだ1時間たっていません。
早いな、ペース。


5回表 ベイスターズの攻撃
先頭桑原選手の強い当たりを中村選手が、グラブにおさめているように見えましたが、
実は弾いていて出塁
続く、楠本選手、ライト線へ強い引っ張りで二塁打 2,3塁
ここで、「大きな声でソートッ!!」とチャンテ0で盛り上がって、
ソト選手はショートゴロ。その間に桑原選手が生還して、1点追加。
おーおーぅおーうおーよーこはまべいすたーず♪
と盛り上がるレフトスタンドです。
「絶対勝つぞベイスターズ!!」とさらに盛り上がりますが、
倉本選手、レフトフライ 宮本選手センターフライでチェンジですが
この追加点は大きいです。


5回裏 ライオンズの攻撃
ベイスターズはソト選手に代えて、セカンド中井選手です。
森友選手、空振りの三振、外崎選手セカンドフライから、
栗山選手が1-2から見てフォアボールを選んで出塁
おかわりクン中村選手は、2-0のカウントのところで、5球連続ボールに
Hikaru選手がマウンドへいきます。
が、中村選手、三遊間をきれいにぬいてレフト前ヒットで1,2塁
さらに、木村選手、センターとレフトの間のタイムリーツーベースで
ライオンズが1点かえします。
「オゥオゥオゥラーイオーンラーイオーンラーイオーン♪」
と盛り上がるドームです。
なおもランナー2,3塁から金子侑選手ですが、ファーストゴロでチェンジです。

きーむーらっ きーむーらっ、のスタンドのコールに帽子をとって、
ペコっと頭を下げる木村選手に拍手がおきます。
いーぞーいーぞーきーむーらっ!!

さらにメットライフエクスサイズなどがあって、
6回表 ベイスターズの攻撃
ライオンズは、先発の武隈氏に代えて、大石選手をマウンドにおくります。
先頭の佐野選手、一二塁間をきれいに抜いたライト前へのヒットで出塁すると
続くHikaru選手はストレートのフォアボールで1,2塁
大和選手は初球送りバントをしますが打ち上げて
キャッチャーへのファウルフライで1アウトになりますが、
井納選手の代打柴田選手が1-0から左中間真っ二つを破りフェンスに到達する
2点タイムリーツーベースを打ちます。
オーオーゥオーゥオー ヨーコハマベイスターズと盛り上がって
さらにチャンテ1で盛り上がった桑原選手
ストレートのフォアボールで1,2塁にしたところで
ライオンズは、小川選手をマウンドへおくります。
大石選手、15球中5球しかストライクが入らずに降板
「これが、最後に見る姿かもしれん」と周囲の人。
チャンテ2で盛り上がった楠本選手、代わった小川選手から一二塁間をゴロで破る
ライトへのヒットで出塁して満塁にすると、
中井選手がセンター前へのタイムリーヒットでさらに一点追加です。
オーオーゥオーゥオー ヨーコハマベイスターズと盛り上がります。
チャンステーマ3で
パラリラパラリラ わっしょいわっしょいから、攻めまくれ、
我らの星よーこーはーまー!!と盛り上がるなか、
倉本選手、サードへのファウルフライ、
宮本選手ピッチャーゴロで
長い攻撃が終わります。

いーぞーいーぞーしーばーたっ
なっかーいーなっかーいー
と盛り上がるライトスタンドです。

ここらへんから、三塁側スタンドにbluelegendsのみなさんが
4/4の全員プレゼントであるチャンピオンマントを羽織って
盛り上げています。

カッコいいなぁ。

6回裏 ライオンズの攻撃
代打の柴田選手が大和選手にかわりショートに入り
大和選手の打順に、ピッチャのエスコバー選手が入ります。
エスコちゃ~ん!!
先頭源田選手、ど真ん中の真っ直ぐを打つもサードへの鋭いライナーで1アウト
「やりゃ出来んじゃんくらもと」と周囲の人
続く秋山選手、空振りの三振で5球で2アウトをとって、
打席は右バッターの山川選手ということで、
ベイスターズは右腕の三嶋選手をマウンドへ。
三嶋選手の投球練習の時に、ずっと山川選手の登場局の
オジーじまんのおーりおんびーる♪ が流れて
三嶋選手の登場曲みたいになってるのがシュールです。
山川選手は空振り2つから、4球連続のボールで、出塁しますが
森友選手、3-2の7球目をセカンドゴロでチェンジです。

ベイスターズのラッキーセブンの風船ぴゅーがあってから
7回表 ベイスターズの攻撃
ライオンズは田村選手をマウンドへおくります。
登場曲はクイーンのI Was Born To Love You
稲葉監督ですか。
先頭佐野選手をレフトフライ、続くHikaru選手を伊藤光キャッチャーフライ
で簡単に 2アウトとりますが、
三嶋選手の代打、大洋戦士戸柱選手をフォアボールで出すと
ライオンズは、齊藤大選手をマウンドへ。
WANIMA の「やってみよう」が流れます。
柴田選手を空振り三振できってとってチェンジです。

ライオンズ、ラッキーセブンのセレモニー
「吼えろ~ライオン~ かっとばせ~ライオン~
吼えろ~ライオン~ 西武~ラーイーオーンーズ~♪」を経て、
7回裏 ライオンズの攻撃
ベイスターズはパットン選手をマウンドへ。
将軍? 将軍?? という展開にならないように。
先頭外崎選手をファーストゴロに討ち取り
栗山選手こそフォアボールで出しますが、
本日二安打の中村選手を3球三振 、木村選手も空振りの三振でチェンジ
17球できってとります。


8回表 ベイスターズの攻撃
ライオンズは増田選手をマウンドにおくります。
先頭桑原選手は7球粘った末に空振りの三振
続く楠本選手は落ちる球をショートゴロ
中井選手には、サードの横を鋭く抜くツーベースで出しますが、
倉本選手レフトフライでチェンジです。

8回裏 ライオンズの攻撃
ベイスターズはここで山崎選手をマウンドへ
ヤスアキジャンプで盛り上がるライトスタンドです。
ヤ・ス・ア・キ!!
先頭金子侑選手はセカンドへの難しいゴロ、
俊足の金子選手を警戒してか、あせった中井選手の悪送球で出塁
源田選手、外角の真っ直ぐを打つもピッチャーゴロで
ランナー金子選手がアウトになって1アウト1塁
秋山選手がライトへのヒットで1,3塁になって、
チャンテで盛り上がる中
山川選手、見逃し三振、森友選手サードゴロでチェンジです。

ライトスタンドから、勇者の遺伝子が流れてきて、
9回表 ベイスターズの攻撃
ライオンズはヒース選手をマウンドへ。
宮本選手空振りの三振、佐野選手センターフライ
Hikaru選手ライトフライで、10球で三凡です。

ここまで、中継ぎ、抑えのピッチャーは両チームとも磐石です。


9回裏 ライオンズの攻撃
ベイスターズは国吉選手をマウンドにおくります。
さらに、Hikaru選手に代えて、キャッチャー嶺井選手。
ベイスターズは、これで楠本、桑原両選手以外
全員かえました。
先頭外崎選手、ショートゴロ 栗山選手セカンドゴロ
この日二安打の中村選手をファーストのファールフライでゲームセットです。


両球団ともピッチャーはそれぞれ
好投を見ることができましたし、
特にベイスターズは、強力山賊打線を1に抑えたところ、
ライオンズは武隈氏に先発としての目処がたったところが
デカかったですかね。

さらにベイスターズは、DHも使わずに、いろいろな選手を
実戦の場に送れたところがデカかったですかね。

いい感じにシーズンに入れそうです。

そんなことを考えながら球場をあとにして、
二礼二拍手一礼。面白いゲームを野球の神様に感謝してから
ドームをあとにして、
16時10分発、急行池袋行きで、宿へ戻るべく
この日のゲームをしめたのでした。



勝利投手 井納 敗戦投手 武隈
観衆数 16414人 試合時間 2時間54分


ということで。(´・ω・)ノシ
現在、隠遁中の東京で朝を迎えました。
そして、夏、冬の大お祭りでお世話になっている朝食を入れてから
これから出陣です。

今回は贔屓のチームではないので、気楽に観戦します。

そんな様子はまた後日、当ブログにて。

よろしければおつきあいください。


では、ここからは、タイトルの記事です。


☆「カレーショップコロンボ 築地本店」(室蘭市築地町89-107)

苫小牧に用事があってそのまま宿泊。

この日、地元では選挙でしたが、そういうことで
久々に0票確認が出来ませんでした。残念。

ま、気を取り直して、朝は「マルトマ食堂」で唐揚げとご飯納豆生卵
漬物みそ汁マカロニサラダの小鉢 430円なりのゴキゲンな食事をキメて
そのままアヨロ温泉でボーッとしてから、
登別のツタヤと室蘭のツタヤをハシゴ。
(なんか、登別のツタヤは3月31日に閉店するそうですが)
お買い物をしていると時間となったので、向かったのが、

「カレーショップ コロンボ」室蘭市築地町にある、
室蘭では数少ないルーカレー専門店で、初訪問になります。

室蘭駅前から、白鳥大橋方面にむかって、
港大通りを車で走っていると、店舗を発見。

黒いかわいらしい感じの三角屋根と、黄色に赤文字の看板が特徴的です。
看板には、横向きのカーボーイかガンマン風のイラストが描かれています。
つながった白い建物には、介護施設を運営する会社みたいですが、
自然食品のお店と描かれています。

中に入ると、「コロンボへようこそー」とスタッフさんがお出迎えしてくれます。
入り口直ぐの券売機で食券を購入するみたいなので、
券売機のメニューをチェックです。

くせになる辛さ、それが〝コロンボカレー〟
人気No.1 カツカレー 850円
人気No.2 ザンギカレー 780円
人気No.3 ハンバーグカレー  800円
人気No.4 チキンカレー 740円
コロンボカレー 580円
ソーセージカレー 720円
野菜カレー 730円
フィッシュフライカレー 780円
エビカレー 850円
エビフライカレー 1,050円
シーフードカレー 92-円
モツカレー 950円
シーフードDXカレー 1,280円
ミートDXカレー 1,280円
スペシャルDXカレー 1,590円
ワンコインプレートカレー 500円

トッピング 生卵50円 にんにくチップ100円
チーズ100円 オクラ100円 納豆100円
ソーセージ140円 チキン160円 ザンギ200円
フィッシュフライ200円 ハンバーグ220円
カツ270円 エビ270円 エビフライ(3本)480円

と、書かれています。気になるメニューはいろいろありますが、
モツカレーに惹かれましたので、その食券を購入。

辛さは
1カラ普通 2カラ中辛 3カラ辛口 4カラ大辛
5カラ激辛 6カラ 7カラ 8カラ 9カラ 10カラ
あなたは何カラまで挑戦できるか!?
カラニスト募集中!
※挑戦は自己責任でお願いいたします

6辛以上は1辛毎にプラス20円

と、ありますので、4辛でお願いします。

カレーの香りがしなければ、どこかカフェのような雰囲気の店内。
黒いカウンター席と、デザイン性のあって背の高い椅子に腰を下ろして、
注文を終えてBGMの洋楽を耳に入れながら
改めて軽く周囲を見渡すと、
黒を基調とした内装の店内には、ところ狭しと、大食いチャレンジや
激辛チャレンジ達成者の写真が貼られています。

こういうのも、いい感じ。

店内には、カウンター席とテーブル席で、24席。
カウンター上には、福神漬けと、ガリがあります。

そんな感じで待つことしばしで、いい香りとともに登場しました。

白い細長いお皿、ピカピカのご飯には、濃褐色のカレーが
たっぷりとかかっています。このコントラストがいいですし、
その上にはたっぷりのモツです。

福神漬けと、ガリは、両方とも、
下品にならない程度にいきましょう。

カレーは、ドロっとしていて、野菜などが全部溶けきっている系で、
粘度はしっかりあるのですが、もったりとはしないという
絶妙な按配です。この濃密な味は、最初はほの甘く、
続いて、濃厚なコクが訪れてきます。
ベースになっている豚骨出汁から出て来るコラーゲンのおかげの
濃厚さがたまりません。
野菜は全部溶けきっているので、具としては入っていませんが、
この濃厚さには、野菜も大きな役割を果たしていて、
具としての野菜はないものの、しっかりと野菜を感じることができます。
となりの野菜直販の看板は伊達ではありません。

そして、最初のマイルド甘さ、続いて複雑な旨味という
変化を味わっているうちに、蓄積してくるのが、スパイシーな刺激です。
カレーの中にも、粗めに挽かれたスパイスの粒も見えるくらいで、
しだいにヒリつく感じが強くなります。
3カラでも結構きます。

そして、唯一の具であるモツですが、
これがクニクニの食感もいい感じならば、モツ自体は淡白な味ですが、
軽くかむだけで肉滴が染み出てきて、いいモツを使っていることが
伝わってきますし、モツ好きにはたまりません。
これが、たっぷり入っているところもいいです。

お米もピカピカな見た目とおりの
香り高い味で、炊き具合もよく、カレーをもり立てますし。
福神漬けやガリもいいスプーンやすめです。

と、いうことで、完食です。
ごちそうさまでした!

お隣さんのカレーは、銀色のお皿で出てきてましたが、
この看板に、銀色のお皿と、濃厚なカレーというと
つい帯広のインデアンを思い出してしまったりして。

さらに、カレーでコロンボと言えば札幌駅近、
国際ビルの「カリーハウス コロンボ」を思い出しますが、
特に関係はないみたいです。

と、食べ終わってお店を出る時には、
作業服を着た人とか、背広を着た人とかで
にぎわっていまして、愛されている感にほっこりしながら、
こちらをあとにしたというわけです。

白鳥大橋の展望台のほうにも支店があるようなので、
そちらみ訪れてみたいです。


☆「カレーショップコロンボ 築地本店」(室蘭市築地町89-107)
◇営業時間◇
11:30~14:30(ラストオーダー14:00)
17:00~21:00(ラストオーダー20:30)
◇定休日◇ 年中無休 ◇駐車場◇ 有り



かつてラジオ内にあったコーナー 「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」をクリックしてくれれば、
見ることができます。

よろしければ。



ということで。(´・ω・)ノシ
現在、都内某所に隠棲中。
本当は仕事が入っていたのですが、それがキャンセルされて
急に予定があいたので、オープン戦のために上京してます。
(カープ戦はチケットがとれなかったのと、あと一つ理由がありますが、
それは、また後日)

と、いうことで、明日は倉敷以来のオープン戦です。

(ま、今週はオープン戦、来週は某パのチームの開幕三連戦のど真ん中の日に、
初遠征の平塚球場、再来週は、ズムスタでのカープ戦。
いよいよ、野球観戦シーズンが本格始動です。)

さて、そんなオープン戦で、倉敷マスカットなどに遠征した時に、
球場以外で食べたものです。

8日は、新千歳空港に17時20分頃着。
搭乗手続きをすませてから、「豚丼のいとう」さんで、
豚皿のちょいのみセットで、早い夕食です。
相変わらず、こちらの豚はウマいです。
こっとりと濃い味にまけないほの甘さを感じる豚。
さらに脂身もしっかり美味しくて、そままパクパクいけますが、
途中、山椒パウダーや生姜パウダーで味をかえつつ、
ハイボールで流し込む快感よ! です。
山椒パウダーは、豚丼ではポピュラーですが、
生姜パウダーは、流石というか、わかってらっしゃる味です。

と、食べ終わったあと、さらに、ボーディングブリッジ近くのローソンで
からあげクンRedを食べて、夕食完了です。この程度でいいのです。

あと、次回スカイマークを使う時は
近くにあったサンドイッチ屋さんのロースとトビーフのちょいのみセットを
試してみたいです。

その後スカイマークで神戸空港へ
ポートライナーで三ノ宮に到着して、飲み物などを買ってから、
20時45分頃にチェックインして、宿で一泊

そして翌9日。5時に起床。6時30分に宿を出て
朝食のために三宮駅方面に向かいます。
この日は本当は関西ローカルの定食屋さんで朝食をいただく予定でしたが、
そこを探すことが出来ず(そのあと、移動時に発見しました。次回リベンジ予定です)
さらに、以前、三ノ宮駅に来た時お世話になった、
全国展開をしている定食屋さんに行きましたが、そちらが改装中。

と、いうことで、第3候補だったのが、高架下にあるこちら
麺家三ノ宮店さんです。

「うどん・そば」の看板に誘われて、高架の下をすすみます。
結構奧?までいったところで賑わっているゾーンがあって、そちらがお店です。
7時前ですが、結構混んでます。

店頭には、写真入りの特大メニューがありますが、これがデカいです。
種類が多くて迷いますが、よく見ると、下の方に、朝定食を発見。
麺(うどん・そば)、ご飯、生卵、お漬け物。これですこれ。
こういうのでいいんだよ。です。

で、券売機で「朝定食」の券を買おう
と、思った所、となりに「朝きざみ定食」の文字が

???

ここは、謎を解明するために、注文しましょう。

と、いうことで食券を購入して、
「うどん・そば」と書かれた暖簾をくぐり入店です。
店内には常連らしきおっちゃんや、
シゴト前の会社員風の人が数名、
すでにそばやうどんを啜ってまして、大体8割程度の入り。
人気のお店です。


こ綺麗なカウンター越しに食券を手渡しすると、
「うどん・そば、どっち?」と聞かれますので、
「あ、うどんで」とお願いをします。

そのカウンターの奧では、お店のかたが、調理開始です。

店内は厨房前の立ち喰いカウンターの他、
店内壁際と中央に立ち喰いスペースがあります。
わたしは、厨房に背を向けるかたちで、中央の立ち食いカウンターに居場所をさだめて
待つことわずかで、登場です。

おうどんの上に、刻みネギと、きざみ厚揚げ、そしてかまぼこがのった
シンプルなおうどんです。これがきざみです。
さらには、ゆかりの入ったおにぎりが添えられています。
こういうのでいいん(以下略)

受け取りカウンターの横には天かすもあるので、
それも匙一杯分程度いれてから、自席にもどっていただきます。

麺をひと啜り。これは穏やかでほっとできる味です。
讃岐と看板にかかれていますが、そこまでの固さや弾力はないものの
軽く表面の固さ、中の柔らかさ、さらに芯のコシという
讃岐ならではの重層構造を感じる事が出来ますし、
このやわいところが、関西のおうどんという感じがします。

大阪のうどんもどちらかというとコシ重視ですが、気分気分。

自然な小麦の味も堪能できますし、さらに、この汁。

淡い色合いのこの汁は、いりことかかつおぶしの味がしっかりキマっていて、
複雑な香りや風味の豊かさとあいまって、これぞ関西味です。
が、最初にもかいたとおり、穏やかでほっとできる味です。

たっぷりのった刻みもやわらかく焚かれていて、
それ自体が滋養を感じますし、さらにうどんの汁がしみこんで、
しみじみと美味しくなっています。

お揚げさんが刻まれたことで、汁が染みこみやすくなってますし、
自然に口に入ってくるところもいいです。

薄くかわいいかまぼこも、彩りだけでなく、
しっかりと味を楽しむことが出来ます。
葱のシャッキリさと味わいも素朴な味に鮮烈さをくわえてくれます。

そして、おにぎりをパクつきますと、
ご飯が汁にしっかりあって、こちらも美味です。

途中で、卓上にある調味料から七味をふりますと、
ピリッと効いて、辛うまです。

と、いうことで一気にいただきました。ごちそうさまでした。
いい朝食でした。

ちなみに、今年は上半期だけであと2回、三ノ宮の宿を利用するので、
その時とかには朝定食をためしてみたいです。

あとで調べたら、こちらJR西が経営されているようです。


そして、倉敷で野球を見てから、下関へ移動。

メチャ空腹ではないですが、小腹がへった状態。

最初は下関の駅弁でも、と思って
駅構内をグルグルしたのですが、売って無かったので
同じく駅構内のYou Meタウンで、地場っぽいお総菜を探しましたが、
特にピンとくるものがなかったので、そのまま宿へむかってチェックイン。

とはいえ、プチ空腹は続いています。
と、いうことで、豊前田商店街へ。
無料案内所があって、夜の町はこれから盛り上がる感じでしたが
ピンと来るご飯ところがなかったので、
国道に出て、宿にチェックインする前、横を通ったときに、
何人かお客さんがいた、ラーメン屋さん「○龍」さんに入ります。
赤い看板がインパクトありますし、入る前からとん骨の香りがぷんぷんで
いいお店の雰囲気が伝わって来ます。

と、はいえ、8時をまわった時間帯で、
倉敷で午後3時過ぎに藤田さんのおにぎりとかも食べていたので、
軽くいれたいなか、豚骨ラーメンはキツいかな?

と、いうことで食券のところで少しだけ逡巡しましたが、
ここは炒飯をオーダーして

入ってすぐカウンター席にコシを降ろして、軽く周囲を観察。
広めの店内と、広めの席で、テーブル席にカウンター席があるので、
1人でもグループでもゆっくり座ることが出来そうです。

改めてメニューを観ると、焦がしニンニクと、マー油が入ってる黒ラーメンや
「まあまあ辛いっ」と書かれた赤ラーメンも気になります。

さらに、カウンターの端っこに辛子高菜があって、
ご自由におとりくださいと書かれています。
さすが関門海峡を隔てたら北九州です。
と、いうことで小皿にとってつまみます。
このピリッとした辛さ、博多でおっしょいラーメンを食べて以来の刺激です。
これは、ラーメンにも炒飯にも合いそうです。

待つことしばしで火と脂と鍋とオタマが奏でる
カンカンジャッジャッという音が店内に響くとおもうと
いい香りが漂ってはきます。

そして、登場です。これこれ。こういうのでいいん(以下略)
軽く茶色くなっていて、脂でしっかりとコーティングされている
しっとり系の炒飯で、具もさりげなく彩りをつけています。

一口いただきますと、ほっと出来る家庭的な味です。
しっとり系の炒飯で、脂が米を盛り上げていて
懐かしい味のなか、胡椒がピリッとキいた
メリハリある味がきれがありますし、
今回お酒は飲みませんでしたが、ビールとかがすすみそうな味です。

と、いうことで、あっという間にごちそうさまでした。

なんだお腹、空いてンじゃん。と再認識してから
宿にもどったというわけです。


さて、翌朝。この日は、唐戸市場でモーニング。と思っていましたが、
あいにくの雨。ということで、昼飯。午前中は高杉晋作のゆかりの地を歩いて、
いつもより多く階段をのぼりおりしたせいで、足が棒です
(ちなみに、痛みは3日とれませんでした。)
さらに、実は前日ゲームが早く終わったら、夕食に利用しよう
と思ったお店に、ゲームが長引いたせいで、行くことが出来なかった。

ならば、この日の昼にリベンジして、短いながらも充実した
下関滞在のしめにしよう。

と、向かったのが、春帆楼茶寮さんです。

こちら、本店は、伊藤博文とも縁が深く、
下関講和会議の時の会場としても利用された
下関を代表する名店です。

以前下関を訪れた時に、実際に会談の行われている部屋に入り
その机、椅子などの調度が、よく歴史絵画で観るのと同じで
昂奮をしたものです。

が、その時は、当然ふくなどはいただかずに、
ただ観光をして終わりでした。

そんな本店は、敷居もお値段も高いですが、
こちらのお店は、少しだけリーズナブルなお値段で
ふくを楽しむ事が出来る。というわけです。

そこでまずは大丸へ。

7Fがレストラン街ですが、エスカレーターがスゴく混雑しています。
昼飯時で、これが全員レストラン街へ行くのか?
と、若干不安になりましたが、
6Fの催事場での催し物で多くの人がおりました。

でも7Fに行く人も少なくないです。

で、春帆楼茶寮の店舗前へいくと、結構人が並んでいます。
中には、ベイスターズのユニフォームを着たカップルと
カープのユニフォームを着たカップルもいます。
高杉晋作のゆかりの地を巡ったときにはいなかった
野球雨中止難民がここにいました。ここは私も大人しく並びます。

途中「カジタニさ~ん」とよばれた時に、
カープのセイヤとキクチのユニフォームを着たカップルが返事をします。
ベイのユニではなく、カープユニでカジタニさんって
ちょっと面白いな、と思いながらも、
梶谷選手も島根出身。中国地方に多い苗字です。

待つことしばしで呼ばれましたので中へ。

オーダーしたのは、茶寮ふぐ御膳です。
あと、ビールもお願いします。

待つことしばしで登場です。
これはスゴい。

メインは、藍色の中皿に盛られたとらふく薄造り
まんなかには、皮に、アサツキが飾られていて
目にも鮮やかです。

さらに天ぷらは野菜が目立ちますが、メインはふく
そのた汁椀の中もふく
ご飯もふくの香りがほんのりします。
ほかに、小鉢と和風デザートがありますが、

ほぼふく尽くしといってよいです。

これは、贅沢だ。

では何もつけずにふくを1枚つまんで
すき透った色合いを堪能してから口に入れます。

!!

この香り、ものスゴい。
馥郁たる味と香りが、鼻から抜けるのが快感です。
何度も味わいたくなる快感。たまりません。

味も淡白ながらもしっかりと上質さが
舌にも嬉しいです。歯ごたえもきもちいいですし、
軽く噛むと心地よい弾力とともに
口腔内に広がる香りと味です。

このさりげなく、控えめながらも主張する味が
ふくの最大の魅力です。

紅葉おろしでいただくと、さわやかな酸味とぴりっとした辛さが
あさつきをまくと、しゃっきりとした清冽さが
それぞれふくを盛り上げます。

いいなぁ。幸せです。
陶然としてしまいます。

皮もコリコリとした感触と、濃い目の味が、
身とのよいコントラストです。

天ぷらもいい揚げ具合で、
衣の軽やかさと中の具の温かさの組み合わせという
天ぷらの醍醐味を堪能できますし、

あたためられたふくが、またいい味です。
こちらも淡白ながらも滋味あふれる複雑さがありまして
サックリ衣のなかから、旨さの固まりが出てきます。

汁には、骨付きのふくがはいっていて、
骨回りの美味しいところをちゅーちゅー吸うのも
若干お行儀は悪いですが、やめられませんし、
ほんのりとふくで味が付いたご飯との組み合わせもいいです。

小鉢の酢の物もさっぱりいけますし
和風デザートのわらびもちもシミジミうまい。

それぞれの味にビールがすすみます。
にしても、このゴージャスなセットが
2000円台だなんて、アリガタすぎです。

と、いうことでご馳走様でした。

堪能をしたあと、下関駅のおみやげ街道で
お土産を吟味してから小倉駅に出て、そこから新幹線で
東京に移動をしたのでした。

ちなみに、春帆楼さんは、明治時代に
日清戦争の講和会議の際に会場として使われた歴史をもつ名店とは前述しましたが

また、古くから禁止されていた河豚食が解禁される
キッカケとなったエピソードも知られています。

1887(明治20)年の暮れ、伊藤博文が春帆楼に宿泊した折、
海は大時化でまったく漁がなく、打ち首覚悟で禁制だった
ふぐを御膳に出したところ、

下関の庶民が愛食しているふくを
若き日、高杉晋作らと食べて、味を知っていた伊藤は、
初めてのような顔をして「こりゃあ美味い」と賞賛。
翌1888(明治21)年には、当時の山口県令の原保太郎に命じて
禁を解かせ、春帆楼はふぐ料理公許第一号として
広く知られるようになったそうです。

そんな歴史を感じることができる、上質なランチでした。


そして、この日は新幹線で移動。
夕食は、都内の宿で駅弁を食べましょう。

ということで、新幹線から京浜東北線に乗り換える
品川駅で駅弁を購入。

選択したのは、今年の1月から販売がはじまった
「江戸甘からあげ弁当」です。

江戸の街並みの絵を背景に、大きく「からあげ弁当」と書かれています。
「江戸甘」「江戸甘味噌入りだれ使用」とも書かれているパッケージを開けます。

パッケージの裏面には、
江戸甘味噌の誕生秘話と、諸説有りとしながら、
「あさりの和え物」と「昆布の佃煮」、「福神漬け」の3種類の食材が
東京ゆかりの食材だと書かれています。

そして中には、江戸甘味噌たれで和えられた唐揚げ3個と、
プレーンな唐揚げが2個入っています。

更に茹でキャベツと人参にアサリの煮付を混ぜて、
チリソースで和えたものと
山椒入り昆布佃煮、べっこう色の福神漬け、
調味料としてマヨネーズと唐辛子が入っています。

唐揚げからいただきますと、
冷めてながらもなおジューシーさを感じる唐揚げは
なかなかやるなという味ですし、
あっさりと食べることが出来るプレーンの唐揚げと
こってりと濃い味と甘さが唐揚げを引き立てる
江戸甘味噌との対比も素敵です。

マヨネーズをつけて食べると、まろやかで濃厚な味と酸味が
味をもり立てますし、唐辛子を掛けてぴりっと刺激を強くするのも
美味しいです。

キャベツとアサリの和え物も、
チリソースのピリ辛さがご飯がすすみますし、
山椒入り昆布佃煮の辛さもいい飯の伴。

さらに、辛くなった口の中をさっぱりとしてくれるのが
自然な甘さの福神漬け。
今回カレーはありませんが、ピンでもいけます。

ちなみに、江戸甘味噌は、江戸幕府を開いた徳川家康が、
出身地の三河の「八丁味噌」の旨味と京都の「白味噌」の上品な甘さを兼ね備えた
味噌を作れと命じて誕生したと言われています。
一般的な辛口米味噌と比べて、
麹が2倍、塩分が半分という配分で、甘みが強く、
熟成期間が10日程度と短いのが特徴だそうで、
2003年に東京都の地域特産品に認定されているそうです。

なるほど


こちらも伝統を感じるいいお味でした。

この旅行を締めくくるいいご飯でした。


と、いうことで。(´・ω・)ノシ
先日の倉敷マスカットスタジアムでのゴールデンイーグルスvsライオンズ戦で
いただいたものです。

この日は、会場時間の11時を少しまわった時間にスタジアムに到着。
いつもの2礼2拍手1礼の儀式で
野球の神様にご挨拶をしてから、スタジアムに入ります。

なかでは、ライオンズの選手がバッティングや守備の練習。
この日は内野自由席。三塁側のブルペン真横の最前列を確保したところで
まずは、外周をぐるっとまわります。

外に出るときの、再入場券を受け取って
県内外の屋台や、PRのブースが出ていてにぎわっている
「おかやまベースボールパーク」をひやかします。
昨年も同様のイベントがあったようで、
そちらの模様をネットの記事で見たときに
「備前カレー」なるものがあって、楽しみにしてましたが、
今回は残念ながらそちらの出展はないようです。
ですが、何品かめぼしをつけてから、今度は球場内を一周。

広めのコンコースには、常設の店舗として使用できるスペースが
2階と3階で、8箇所くらいあります。
地方球場では、コンコースに折りたたみの机をだして
仮設のように出店しているところも多い中、本格的です。
こちらにはカレーを提供しているスペースもあります。
よしよし。

と、いうことで、2箇所、カレーメニューのあるお店がありましたが、
最初に見た「交通グリル」さんのスペースで、ビーフカレー¥550なりを購入。
オーダーすると、ジャーからご飯を、保温容器からカレーを
そして、福神漬けを添えて出してくれます。

では、自席に戻って、いただきます。

ふたをとると、この漂う香りがまずいいです。
白く細長い発泡容器に入った
ほんの少しオレンジ色がかった、明るい褐色のカレーが
半分ほどご飯を隠すように盛られています。
カレーからは野菜などの具のフォルムも見えます。
福神漬けもいい色合い。

では、いただきます。

さわやかな甘い食べ口のカレーで、すぐに軽やかな旨みやコクが来ます。
次第に、酸味やスパイスの刺激など、カレーならではの
複雑な要素が出てきます。
酸味や甘みはカレーの色や香りにも影響を与えているであろう
野菜の味が出ているものですし、
旨み、コクは動物性蛋由来で、これらがバランスよく絡み合っていますし、
まろやかでホッとできる美味しいカレーです。
食べ進めていくうちに軽くヒリつくダイレクトな辛さが
口腔内に訪れるのも、野外で食べるカレーとしてマッチしています。

牛肉は、ひき肉状のものが入っていて、
こげ茶色したひとつひとつから、カレーにも溶け込んでいる
牛ならではのワイルドな味を、しっかりと楽しむことができます。
ジャガイモやにんじんも、それぞれほくほくのやわらかさで
プラスプーンもすっと入ります。
素材が持つ自然の甘さとほっとできる味を感じますし、
たまねぎはとろとろに煮込まれていて、いいです。
ご飯もこのカレーをしっかり受け止めて美味ですし、
福神漬けもいい箸休めならぬスプーン休め。

備前カレーを期待していましたがの、十分美味です。

さらに、
2mくらい真下にあるブルペンからはシュルシュルという投球音と
パシーンという小気味いいミットの音がします。

打撃練習のボールもどんどんとんでいきます。
空は青空、時間によっては、雲ひとつない快晴の時間帯もあって、
日差しが強いので、カレーのスパイス効果とともに汗もかきます。
そんななか、打撃練習や守備練習をみつつ食べる
カレーの美味しいことよ。

今年2食目の球場カレーですが、1食目はグランド整備を見ながらだったので、
実質初の球場カレーです。

あー、美味しかった。ごちそうさまでした。

ちなみに、このカレーの交通グリルさんは、近くにある
岡山ゴルフクラブ、帯江コースのレストランを運営しているとのこと。

なるほど。


さらに、練習をぼーっと見続けます。
と、朝食を押さえ目にした効果か、まだ入りそうな感じ。

と、いうことで、おかやまベースボールパークへ。

ゲームまでまだ1時間以上ありますが、にぎわっています。
「ぺろり!スタグル旅」(能田達規さん作 ヒーローズコミックス 小学館刊)
のなかで、岡山に遠征したエリさんと、ハルちゃんが、
岡山のファジャフーズの興奮するシーンがありましたが
そういうのを思い出します。

で、高梁市のB級グルメ「インディアントマト焼そば」と迷った挙句、
「三枝」さんの、つやまホルモンうどんを購入。

待っている間に分厚そうな鉄板のうえで、豪快にホルモンとか
玉ねぎとかをいためています。
さらにうどんをいためたり、特性のタレをかけたりと、
このパフォーマンスを見るだけで、購入してよかった~。
お祭り屋台でよく見る透明のプラ容器をぱんぱんにに膨らませる
アツアツのやつを手渡されます。
こういうのが、いちいちうれしいです。

さらに、そのお隣にある「絆屋」さんの黒豚塩タン串を購入。
30センチ超の長さのくしにかわいらしい豚タンがささっています。
焼いているときに、「レモンどうします」と聞かれたので、「お願いします」
と、いうと、霧吹きでレモンをかけてくれます。
さらに、「容器入れますか?」と聞かれますが、手持ちにします。

球場にもどると、フィールドでは、
ゴールデンイーグルスのシートノックがはじまってます。
そんなのを見ながらいただきます。

まずは、豚塩タンから。
軽くただようレモンがいい香り
かぶりつくと、コリッとした食感に
肉自体のやわらかさがいい感じですし、
軽くかむだけで口の中に広がるタンならでのは
淡白ながらもしっかりとくる獣モツの味わいです。
さらに肉滴もいい感じですし、
ピリッとこの味をしめる塩加減もよければ、
レモンの香りも味もいいアクセントで爽やかです。

長い串は、肉を串から引き抜く気持ちよさを
存分に堪能させてくれます。
噛んで串から肉を引き抜く作業って、
骨付き肉から肉を引き離す疑似体験だと思ってますので
これは野生に戻りますし、
長い串を横にガシガシするところで、
タイガー・ジート・シンをつい思い出してしまうのは、
私がオッサンだからです。ご勘弁を

にしても、ゴールデンイーグルスのシーノックを見ながら食べる
牛たんならぬ、おかやま豚の塩タンというのも、乙なものです。

続いては、津山ホルモンうどんです。

特製のタレでいいツヤのある茶色に色づいた太めの麺や玉ねぎ
さらに緑の葱や韮、濃い茶色のホルモンが
透明なプラ容器のふたを押し上げています。
このパンパンさが頼もしいです。
ではいただきます。

まず麺をいただきますと、やわらかくいためられています。
このやさしい歯ざわりがうどんならではです。
甘めの味付けで、醤油ベースの穏やかなタレの味は
どこか、焼肉のタレ的でもあり、ニンニクとかの
パンチも感じますが、全体的にホッとします。
食べていくと、軽くピリッとするところがアクセントとして
効いてます。
満遍なくしっかり炒められて、味がしっかりしみこんでいるところも
いい感じで、こう炒められているかげで
うどんはどこまでもおだやかな柔らかさです。

さらに、ホルモンです。
国産牛のミックスホルモンを1人前80グラム以上入れること、
また厚みがあって広い大型鉄板で焼くことが
「津山ホルモンうどん」を名乗るための必須条件だそうですが、
たっぷりとはいっているホルモンは、
麺より前に調理されているせいもあって、
脂がじわじわっと染み出てくるふわふわのやわらかさ
ところどころ自身の脂で軽く揚げられたみたいになっているところもありますし、
淡白な味とあふれる肉滴は、すごく美味しくて
これは、いいホルモンを使っています。
この淡白ながらも脂たっぷりホルモンと、濃いタレの組み合わせが最高です。

玉ねぎもシャキシャキさを少し残しつつも
やわらかく炒められていますし、葱や韮も
甘みが引き立てられる火の通し方で、
やわらかい麺やホルモンのなかで、歯ざわりが楽しいです。

にしても、どこかデジャヴを感じる味だなと思いながら
食べていてひらめきました。

これ、ジンギスカンの締めのうどんに通じる味です。
素朴なところが地元の人に愛されているのも共通でしょう。

と、納得しつつ、ごちそうさまでした。


ちなみに、津山は8世紀に牛馬の市が開かれて以来、
牛馬の流通拠点だったそうで、
肉食が禁忌であった時代でも、滋賀県彦根とならんで
健康のために、薬として肉食をする「養生喰い」の本場だったそうです。

明治維新直後も、すぐには牛肉は流通しませんでしたが、
神戸の外国人は津山があったので、牛肉の入手は
横浜ほどは苦労しなかったとか。

そんな歴史があって、ホルモンも自然と食べられて
50年以上前からホルモンをうどんに入れるホルモンうどんを
出すお店もあるとか。

なねほど。

こちら、本店はお好み焼きやさんだそうで、
そちらも訪れてみたいです。

ごちそうさまでした。

と、12時33分にスタメン発表からのもろもろの儀式、そして野球観戦に備えたのです。

さらに6回のぐるぐるタイムと、グランド整備のときに
空いた小腹を満たすために、3階コンコースへ。

そちらには、倉敷マスカットに常設でお店を出している
「藤田おにぎり茶屋」さんがあります。そちらで買ったのが、
鳥そぼろのおにぎりと、ハイボールです。

手渡されたときにずしっとくる重さが頼もしい。

6回うら終了後、ライオンズのセレモニーを見ながら
もぐもぐタイムです。

硬めに炊かれた味がしっかりしたお米は
ほの甘さがありますし、固めに握られていますが
口の中でほろっと崩れるところがウマいです。
お米はさめても美味しい県産米を使用しているとかで
なっとくですし、鳥そぼろもしみじみもと美味しい味わいです。

で、固めに握られているおかげで手に感じる充実感。
こんなのもウレしいですし、ハイボールにもよくあうのです。

と、いうことで、あっという間にご馳走様でした。
小腹はいいあんばいで埋まりました。


次くるときは、こちらとともに気になった
地場に根ざしたパン、サラダパンかな?


などと思いながら、ゲーム観戦を再開したのです。



と、いうことで、大満足な倉敷マスカットスタジアムグルメでした。



願わくば、翌日下関でも球場めしが食べられればよかったのですが





ということで。(´・ω・)ノシ
2019.03.16 東行三昧観光
20年近く前になりますが、
ワタクシは、高杉晋作の評伝や小説などをまとめた「東行三昧」と、
下関・山口湯田・美祢などの観光ガイドである「東行観光」の
2冊の頒布物をだしたことがありまして、

幸いそれなりの好評をいただいた記憶があります。

その原体験があるから、現在も細々と
活動を続けているのです。

先日、その本の取材のためにまわった以来、
20年以上ぶりに、下関の幕末関連の史跡を
かけあしでまわってまいりました。

(野球? なんすかソレ?)

下関に到着した時には、雨は落ちてこなかったのですが、
夜半から降り続く雨が止まず、
当初は、唐戸市場とかにくりだして、朝食を食べようと考えていたのですが、
結局宿で、6時20分頃に、無料朝食をいただきます。
(かわらそばが出てきたのが、下関っぽいです)

そして部屋に戻って、テレビやPCで情報収集

好転しない天気予報に、球団の公式をはじめ、
いろいろな人のツイートとかをみているうちに時間は経過。
公式には、まだなにも情報は出ていません。

それでも、ヤフー・リアルタイム検索を見ていると
ぼつぼつ現地入りしている人が居るようです。
なかでも、雨の中この日のイベントの準備をしている
スタッフの様子を写真付きであげてくれている人もいて、
こういう現地の様子がわかるツイートって本当にありがたい。

スタッフの人もこの後の天気の回復を信じて
イベント準備をしているし、まだいたこともない球場ということで、
とりあえず、球場までは行くか~

と、思った9時32分。
「結局中止だって」というツイートが。
さらに、ベイスターズの公式に行くと、

3/10(日) 横浜DeNA 対 広島のオープン戦は中止
TEAM 2019/3/10
3月10日(日)にオーヴィジョンスタジアム下関で13:00開始予定のオープン戦 横浜DeNAベイスターズ 対 広島東洋カープの試合は、雨天のため中止になりました。

なお、この試合の振替開催はございません。


とのこと。


あああああああああ。

なら、とっとと東京に行くか、とも考えたのですが、
せっかくの下関。ゲーム見るよりも早い新幹線に乗ることができるので
午前中ぐらいは観光をして、
さらにふくでも食べてから移動しよう。

と、いうことで、意脳ただたかっ!!
遠征の意味をリセットして、下関の町へGO!!!

とはいえ、唐戸とか壇ノ浦とか長府とかまで範囲を広げると
時間が足らないので、あくまでも駅周辺に限定です。
それでも結構お腹いっぱいで充実した観光が楽しめるのが下関の懐の広さです。

当ブログのタイトルのところにもおります高杉晋作が、
長州征伐によって台頭した守旧派俗論党政権打倒のために
挙兵した回天義挙の地が現在の下関市域です。

下関(馬関)は、海上交通の要所であり、経済的な役割も大きく、
長府藩領であるものの、萩藩の出張所もあります。
さらには、多数の武器、金品、食べ物などが保管されてます。

「是よりは長州男児の腕前お目に懸け申すべく」と
実美にタンカを切ってから、80人程度の手勢で
長府の功山寺で挙兵した晋作らは、
馬関の会所を襲撃し、次第に勢力を拡大することになります。

結果的に俗論党政権を倒して、藩論を討幕に戻して
ここから討幕勢力が整うことになります。

海軍総督として、丙寅丸で戦闘指揮をとった四境戦争でも
小倉の戦いなどでは、下関も大切な役割を果たしますし、
この戦い中に病んだ肺を悪化させ、
その後療養し、なくなったのも下関です。

ということで、見所十分です。

9時50分にチェックアウト。お世話になりました。

まずは宿に近くて、インパクトあるところから
ということで、むかったのが、日和山公園です。

こちらは馬関海峡ににらみを効かす
威風堂々たる高杉晋作像があります。

途中、下関天使幼稚園とかを見ながら
延々階段をのぼりますが、これ、本当にキツかった。
前回来た時はちょっとキツい程度でしたが、
今回は途中数回休憩をして、
最終的に「風強」の王子みたいな呼吸になりながら
なんとか登頂成功です。

ひさびさにご対面です。ご無沙汰しています。

宿からそう遠くなかったので、昨日のうちに行っとけば良かったですかね。
(でも、前日は予定より遅くなったということで、夕食をとる場所を探して
彷徨ったあげく、そんな余裕はなくなっていました。)

というか、高杉さんが、
野球もええけど、顔を出したまえ、と呼んだのか
なんて妄想をするのも、半分クライマーズハイで、半分史跡ハイ。

続いてむかったのが、こちらも近場の光明寺。
こちらは、久坂元瑞が各地の浪人などを引き連れ、有志隊を結成し
長泉寺を宿舎にしたのちにうつったのが、こちらです。
有志隊は、長州に亡命していた公卿中山忠光を総帥に戴き、
こちらを本営としていたことから、「光明寺党」と呼ばれ
高杉晋作が奇兵隊を結成した際、その母体となりました。

さらに、東光寺。
こちらは、功山寺挙兵ののち、馬関の萩藩新地会所を襲撃し、
近くの了円寺にたてこもりましが、隊員が増えたことで、手狭になったことで
本陣を移したのが、こちらです。
高杉晋作や伊藤博文も当寺に寝起きしたといわれます。

こちらは、本当に宿のウラでした。

往時をしのぶものはありませんでしたが、
雰囲気のある立地がいいです。

あと、ディフォルメされたウルトラマンの石像と
赤御影石のアンパンマン像がありましたね。
赤いアンパンマン

ま、まつやまぁあああああ。


と、野球中止を引きずりながらも、次です次。
豊前田商店街を駅に向けて歩きます。
味わい深い商店街です。

コザとか那覇の裏町ほどではないですが、
西日本ならではというか、いい感じにコンクリが褪せた建物に
雰囲気を感じます。

駅前は、小奇麗になっていて、以前来たときとはまったく違って
違う町に来たような印象だったのに、裏に入ると
過去の記憶がよみがえってきます。

と、歩くことしばしで、大歳神社に到着。

こちら源平合戦で、平家追討のため西国へ下った源義経が、
戦勝祈願を行った地に、義経の祈願のありさまを見た漁民が
神を祀ったことが由来の神社です。
義経が壇ノ浦で勝利して以来、武運長久の神として知られ
奇兵隊旗揚げの軍旗が奉納されたりしましたし、
道路沿いの大鳥居は1862(文久2)年に白石正一郎が
攘夷必勝を祈念して奉納したものです。

堂々たる大鳥居の柱には『白石正一郎』の名が刻まれています。
こちらも100段以上の階段を上ります。
というか、ここまで全部小高い丘の上です。
足がキツいですが、景色はいいです。

こちらで手を合わせてから、下関駅へ。

下関駅からは、バスを利用
6番乗り場から、10時56分発の川中豊町経由石原車庫前行きの
サンデン交通バスに乗りまして、国道191号線を走るバスに
10分ほど揺られます。

そして、到着したのが了円寺
前述したとおり、功山寺決起後の高杉たちが
馬関の萩藩新地会所を襲撃した後にたてこもったお寺です。
本堂内の柱には、挙兵軍の兵士たちがつけた刀疵が残っているそうです。
(見ることはできませんでしたが。)

そこから10分ほど歩くと、桜山神社があります。
鳥居をくぐってすぐ横に七卿史跡の碑があります。
1863(文久三)年に起きた八月十八日の政変により、
尊攘公卿の三条実美を始めとする七卿が、
「京都妙法院」をあとに、「長州」へ逃れてきまして
そのときにこちらにも立ち寄ったことを示す碑です。

石段を登り、境内へ。
長州の諸隊の名前が書かれた幟がはためいていまして、
一番奥には、高杉晋作、吉田松陰の名がかかれています。

社殿に向かい手を合わせてから、ぐるっと一周

奥にある招魂社は、1864(元治元)年、
高杉晋作の発議により創建された日本で初の招魂場で、
当初は、下関戦争で戦死した奇兵隊士を弔うものでしたが、
四境戦争、戊辰戦争の戦死者に、吉田松陰、久坂玄瑞、山県有朋を中心に、
約400柱の幕末維新などで没した志士が祀られています。
1mほどの角材型の霊標が高さ立ち並んでいる姿は、感動ですし
苗字を持たない庶民の若者も多くいるところが、身分を問わない
奇兵隊の精神と重なります。

さらに、こちらが靖国神社のモチーフとなっています。

続いて、高杉晋作療養の地へ。
裏道へ入って、山陰本線の下をくぐる細い道を通ったら
碑があります。

高杉晋作は、1866(慶応2)年7月、四境戦争のなかに肺を患い
10月には病状が悪化して、桜山神社近くに「東行庵」と名付けた小屋で、
恋人おうのと野村望東尼の看病を受け静養していましたが、
それがこちらです。
個人のお宅の塀の一部に碑が建てられているだけなので、
昔の面影はありませんが、由来を知ると赴き深いですし、
桜山神社や厳島神社からの距離の近さを考えると、
ここに思い入れがあったことが伝わります。

あと、高杉晋作の遺骸は、下関市吉田町の清水山の麓に葬られ、
そこで、恋人おうのは「梅処」と号し、
現在「東行庵」と呼ばれている庵室を建立して、ここで晋作の菩提を弔いました。
この東行庵という居号は、こちら、桜山の療養地から受け継いだものです。

あと、厳島神社からは表示があったのですが、
桜山神社から行くと表示がなかったので、
少しわかりにくかったです。

さらに少し歩くと、厳島神社です。
こちらは、「平家一門」が安芸の「厳島神社」の分霊をいただいて
守護神として戦中に祀っていました。
境内には1866(慶応2)年「小倉戦争」に勝った戦利品として
「奇兵隊」が「小倉城」から持ち帰った大太鼓があって、
鐘のように飾られています。
社殿こそは焼失してしまって、現在復旧中ですが、
とりあえず手を合わせます。

あと、厳島神社といえば、宮島さんです。
今日もカープは勝~ち勝~ち勝っち勝ち♪
そんなお祈りもしつつ、大鳥居へ。

厳島神社の鳥居の脇あたりには
萩藩新地会所跡の碑が立っています。
萩藩新地会所跡は、功山寺決起後、晋作たち正義党が
萩藩の俗論派打倒のために最初に襲った場所で、
実質的決起の場所です。
歴史的にもここが大きな転機となりました。


隣に「高杉晋作療養の地」という案内板が出ています。ちなみに、
ここらへんの下水溝のふたに、武田菱が描かれています。
これ、高杉家の家紋です。

しばらく行くと、碑があります。

肺を病んで、おうのらに看病してもらいましたが、
晋作に妻、雅子が下関に来ることになり、
上新地の林算九郎宅に移りました。

雅子の看病のかいもなく1867(慶応3)4月14日、
27歳8か月(文献によっては29歳)の熱く、
激しい生涯をこの地で終えました。

こちらには、真新しいお供え物もたくさんあって、
現在でも愛されている感が伝わってきます。
こちらで、手を合わせてから、国道9号線に出て、
そして、下関駅へむかって歩きます。

しばらく歩くと、白石正一郎旧宅跡があります。
荷受問屋で富をなした白石正一郎は、
52歳の時に晋作に出会って、その意気にほれこみ
維新の志士への援助をし、坂本龍馬もなんども訪れたりしています。
自身も勤王商人と呼ばれるように奇兵隊の隊士となったり
晋作を支えましたが、その奇兵隊こそが、白石家で結成されました。

だから、ここは奇兵隊結成の地でもあります。

ちなみに、維新後は、以前からあった借金もあり、
商いをやめ、赤間神宮の宮司としてその生涯を終えました。

白石正一郎旧宅跡は、現在は中国電力のビルが建っていて、
碑も中国電力により作られたようです。

と、いうことで、一通り見て回ったので、駅に戻り
大丸に行って、大丸に入っている春帆楼茶寮で
美味しいふくをいただいて、
天気こそはずっと雨が降り続いていましたが、
とりあえず満足な下関行きだったと、いうわけです。


では。(´・ω・)ノシ
3月9日に観戦したゲームについてです。

前日は、1時間有休をいただいて、15時35分に職場を出ます。

この日は、道もすいていて、さらに路面もしっかり出ていたので快適なドライブです。
途中、給油をしたりして、17時20分に千歳着。
空港内駐車場は「混」の表示。ま、金曜だからそうですよね。
この日はA駐車場に車を入れます。
行きこそはスカイマークですが、帰りがANAなので、
A駐車場のほうが近いです。

さらに、運よくA-12のところに開きスペースを発見ラッキーです。

搭乗手続きをすませてから、「豚丼のいとう」さんで、
豚皿のちょいのみセットで、早い夕食です。
相変わらず、こちらの豚はウマいです。
濃い味に、山椒パウダーや生姜パウダーで味をかえつつ、
ハイボールで流し込む快感よ! です。

さらに、ボーディングブリッジ近くのローソンで
からあげクンRedを食べて、夕食完了です。この程度でいいのです。

あと、次回スカイマークを使う時は
近くにあったサンドイッチ屋さんのロースとトビーフのちょいのみセットを
試してみたいです。

この日お世話になるのがスカイマーク518便 神戸空港行きです。
16時05分頃から機内へ入り、16時25分定時にフライト。
機内ではいつものようにZZZ
目を覚ますと兵庫県某所上空です。
翼よあれがヒョウゴの灯だ、トゥラトゥラトゥラァッ
この日はフライトが順調で20時25分に到着予定のところ
15分早く到着です。さらに機内の席が通路側前方だったので
早く外にでることができて、20時15分のポートライナーに間に合いました。

で、三宮駅には20時35分過ぎに着。
途中のコンビニで飲み物を買って20時45分にこの日の宿にチェックインです。
宿が駅近なのがありがたいです。

そして、宿では、ブログの更新をしたり、このすばを見たりして
就寝ですZzz

そして翌9日。5時に起床。
6時30分に麺家三宮さんの立ち食いうどん・そば で、朝食。
関西のおうどんの美味しさに舌鼓をうって満足です。

その後、身を浄めて準備を整えて8時10分にチェックアウト。
お世話になりました。
こちら、4月のマツダや甲子園遠征のときにも
またお世話になります。

三宮で8時24分発、播州赤穂行きの新快速に乗りこみます。
混雑してます。
9時30分に相生着。9時32分発岡山行きに乗りますが、
結構たくさんの人が乗り込んで、新快速はガラガラになります。
ウォーキングのイベントがあるのか、
そういう格好のお年を召したかたが少なくないです。
ちなみに乗ったのは湘南色の113系。さすがものを大事にするJR西です。

その後もほぼ満席状態で岡山へ。
岡山で糸崎行きに乗って、10分ほどで、中庄駅。
こちらが、倉敷マスカットスタジアムの最寄り駅です。
駅に着く前から、球場が見えます。立派な球場にテンションが上がります。
駅は新しく立派な建物です。
「帰りの切符をお求めくださ~い」とJR西日本の職員が
早くから出てきています。
構内の広告や地図を見ると、陸上などの強豪、倉敷高校の最寄り駅だそうです。
駅から出てしばし山陽本線沿いに歩いて、左折すると
真っ正面に見えるマスカットスタジアムの威容です。

駅からあるくこと10分ほどで球場着。
水色をベースにした外壁と、グレーの柱が
落ち着いた色合いで、赤いオブジェのようなファサード状の
柱がいいコントラストになっています。
信号をこえたところで、2礼2拍手1礼。
野球の神様にご挨拶をしてから、スタジアムに入ります。

なかでは、ライオンズの選手がバッティングや守備の練習。
この日は内野自由席。三塁側のブルペン真横の最前列を確保できました。

では、外周をぐるっとまわりましょう。
外では、「おかやまベースボールパーク」と題して、
県内外の屋台や、PRのブースが出ていてにぎわっています。
昨年も同様のイベントがあったようで、
そちらの模様をネットの記事で見たときに
「備前カレー」なるものがあって、楽しみにしてましたが、
今回は残念ながらそちらの出展はないようです。
ですが、何品かめぼしをつけてから、今度は球場内を一周。

隣接するサブグランドでは、イーグルスの選手と、ライオンズの選手が
それぞれアップをしています。呉越同舟です。

こちら地方球場ですが、座席もコンコースもそれぞれ立派なしつらえで、
広めのコンコースには、常設の店舗として使用できるスペースが
2階と3階で、8箇所くらいあります。
こちらにはカレーを提供しているスペースもあります。
よしよし。

と、いうことで、まずは「交通グリル」さんのスペースで
ビーフカレー\550なりを購入。
そして、自席に戻って、いただきます。
2mくらい真下にあるブルペンからはシュルシュルという投球音と
パシーンという小気味いいミットの音がします。

打撃練習のボールもどんどんとんでいきます。
空は青空、時間によっては、雲ひとつない快晴の時間帯もあります。
そんななか、打撃練習や守備練習をみつつ食べる
カレーの美味しいことよ。

今年2食目の球場カレーですが、1食目はグランド整備を見ながらだったので、
実質初の球場カレーです。

あー、美味しかった。感想はまた後日。

さらに、練習をぼーっと見続けます。
と、朝食を押さえ目にした効果か、まだ入りそうな感じ。

と、いうことで、おかやまベースボールパークに行って
「三枝」さんの、つやまホルモンうどんと、「絆屋」さんの黒豚塩タン串を購入。
グランドでは、ゴールデンイーグルスのシートノックがはじまってます。
そんなのを見ながらいただきました。

にしても、ゴールデンイーグルスのシーノックを見ながら食べる
牛たんならぬ、おかやま豚の塩タンというのも、乙なものです。

ごちそうさまです。こちらの感想もまた後日。

12時33分にスタメン発表。
この日は山陽新聞社創設140周年記念とか、OHKの50周年記念だったり。
さまざまなイベントがあります。
そんなイベントの一つである、フォトコンテストの表彰があったり、
花束や記念品の贈呈。記念品は岡山のお米きぬむすめ。
県の副知事さんが贈呈役です。
受け取るのは、ライオンズは秋山選手、ゴールデンイーグルスは福井選手です。
おお、福くーん!! 今年はユニフォームかうよ~!!

51分にメンバー表確認をしてから、始球式。
このゲームの主催者の一社、ネッツトヨタ岡山のえらい人。
センダミツオ様、のアナウンスに少しだけスタジアムがザワつきます。

そして、プレーボールです。

ライオンズの先発は、ドラ1ルーキー松本選手。
ゴールデンイーグルスの先発は、美馬選手です。


1回表 ライオンズの攻撃
先頭、金子侑選手。ボテボテのあたりそこないのゴロが
いきなり、セカンド浅村選手へ。
オープン戦でライオンズ、ゴールデンイーグルス初対決でしたが
最初の打球が浅村選手に飛ぶってのも因縁ですね。
結局この打球が内野安打になって出塁。
レフトスタンドで旗がふられます。
続く源田選手の大飛球、レフトウォーニングゾーンまで飛びますが、1アウト
秋山選手はきれいにライト前にはじき返して1.2塁になりますが、
森選手の打球はセカンドゴロ。今度は浅村選手、すばやくさばいて
4-6-3のダブルプレーでチェンジです。


1回裏 ゴールデンイーグルスの攻撃
先頭島内選手、2球目をライトへ運んでヒットで出塁しますが、
続く藤田選手、1-2からの4球目を見逃し三振。
浅村選手の打席。レフトスタンドからは、拍手もブーイングもなく、
穏やかな感じです。浅村選手は6球目を打って、ショートゴロ。
6-4-3のダブルプレーでチェンジです。
松本選手、12球できってとります。なかなか出だし好調です。
ライトスタンドからは、キレのいいトロンボーンの音も聞こえます。

2回表 ライオンズの攻撃
先頭外崎選手、SBBBの3-1からフォアボールを選んで出塁。
続く、栗山選手セカンドゴロ、中村選手ショートゴロから
木村選手がセンター前ヒットで、1.2塁になりますが、
呉選手の打席。呉選手は、岡山の共生高校出身なので、凱旋先発です。
レフトスタンドは、
う~~~う~~~う~~~う~~~とうなり声があがったり、
せーのっ うっ うっ うっ ううううううう~~~~ という感じに盛り上がります。
が、センターフライでチェンジです。

2回裏 ゴールデンイーグルスの攻撃
先頭、新外国人ブラッシュ選手は、「湘南の風」で登場。
誰のチョイスですかね? ショートフライでアウト。
銀次選手は、去年までの応援歌が鳴り響く中。
5球ファールで粘りますが 10球目のストレートをセンターへ打ち上げ。
続くウィーラー選手も、今までの応援歌です。オイオイオイオイ
が、外角の真っ直ぐを打ちあげてレフトフライでチェンジ。
三凡できってとります。
あと、この回は目の前で2年目の伊藤選手がアップをしてました。


3回表 ライオンズの攻撃
先頭金子侑選手。BBBSから、一度もバットを振ることなくフォアボールで出塁
続く源田選手、初球をレフト線を抜く鋭い当たりで、ツーベースになって 2,3塁
「たーのむーぞキャープテーンあっきーやまー!!」の声援の送られた秋山選手、
セカンドゴロに倒れますがその間に金子選手がかえって、西武先制です。
オーオーオーラーイオーンラーイオーンラーイオーン♪と旗が振られて
盛り上がるレフトスタンドです。
源田選手も三塁にすすみ、 1アウト3塁から、森選手も早いカウントから
打球をセンター前にはじき返して、2点目です。
オーオーオーラーイオーンラーイオーンラーイオーン♪と旗が振られて
さらにもりあがり
「おーまえもつーづけーとーのっさきー!!」とレフトスタンド。
外崎選手も、レフト線を鋭く破るツーベースで、森選手がかえって3点目です。
オーオーオーラーイオーンラーイオーンラーイオーン♪があって、
栗山選手ショートライナーで2アウトから
レフトスタンドは、
「ホームランボール欲しい人~!!」「ウォオオオオオオオオ!」というやり取りでもりあがってから
「もってこーいもってこーい なっかーむらー!!」との大コール
中村選手はサードゴロでチェンジです。

でも、ライオンズ、3点先制です。

もーりとーもやー!! もーりとーもやー!!のコールに手を上げて応じる森選手
あっきーやまー、あっきーやまー
とっのーざきー とっのーざきー のコールにそれぞれ帽子をとっておじぎをする両選手に
それぞれ盛り上がるレフトスタンドです。

3回裏 ゴールデンイーグルスの攻撃
ブルペンでは野田選手がアップしてます。
先頭オコエ選手。去年変わったルイルイの応援歌にのって
あたりはサードへボテボテのあたり。中村選手が軽快なフィールディングを見せますが、
オコエ選手の足がまさって内野安打で出塁。
足立選手、セカンドゴロの間、オコエ選手2塁へ。
続くルーキー、じっちゃんの名にかけて、の渡邊佳選手、
おどるポンポコリンにのせて登場しまして、ショートゴロの間、オコエ選手は3塁へ。
島内選手はSBBBからフォアボールを選んで 1,3塁になりますが、
藤田選手センターフライでチェンジです。


4回表 ライオンズの攻撃
先頭木村選手、ライトへのファウルフライ、呉選手ファーストゴロから
金子侑選手、センターへのヒットで出塁しますが、源田選手の打席で盗塁失敗でチェンジです。


4回裏 ゴールデンイーグルスの攻撃
先頭浅村選手1-2から見逃し三振
ブラッシュ選手は2-2から、見逃し三振
銀次選手は 高めのストレートを打つもレフトフライでこの回も3凡です。

松本選手、14人を内野安打1、四球1、4回無失点の
すばらしいピッチングです。
.

5回表 ライオンズの攻撃
ゴールデンイーグルスは、美馬選手にかえて
古川ユーリ!!!!!!!!!!!選手がマウンドにあがります。
先頭源田選手、ショートフライから、
秋山選手、センター前ヒット、森選手、外崎選手連続でフォアボールで満塁です。
レフトスタンドからは、
♪打てー、くりーやま打てー、くりーやま打てー♪と
Flag to Victoryで盛り上がるなか、
栗山選手は、3-2から押し出しのフォアボールで、
オーオーオーラーイオーンラーイオーンラーイオーン♪で旗がはためいて盛り上がる。
続く中村選手がサードゴロの間に、森選手がかえって、
ライオンズが追加点をあげます。
オーオーオーラーイオーンラーイオーンラーイオーン♪旗パタパタがあって、
1塁の中村選手にかえて、代走は佐藤選手。
続く木村選手のあたりはショートゴロでチェンジです。
ライオンズ2点追加点です。


5回裏 ゴールデンイーグルスの攻撃
ライオンズは好投の松本航選手にかえて野田選手。
代走に出た佐藤選手が中村選手のサードに入ります。
ウィーラー選手セカンドライナー オコエ選手、ファーストのファウルフライ
足立選手ライトフライで3凡です。

グランド整備と、グルグルタイムがあって、
その間にコンコース三階で、軽食を調達。
サラダパンと迷いましたが、ふじたおにぎり茶屋さんで
鳥そぼろのおにぎりとハイボールを購入

6回表 ライオンズの攻撃
先頭呉選手、右中間をやぶる二塁打で出塁。
ご当地選手の活躍に盛り上がるレフトスタンドです。
続く、金子侑選手、1-1からライト前へはじきかえし、
呉選手が長駆し生還します。
オーオーオーラーイオーンラーイオーンラーイオーン♪ 旗パタパタで盛り上がって
源田選手ファーストゴロ、秋山選手の代打にルーキーの山野辺選手サードゴロで、
金子選手が2塁アウトで山野辺選手がのこります。
さらに、森選手の打席で、山野辺選手が盗塁をきめますが、
森選手ショートゴロでチェンジです。

6回裏 ゴールデンイーグルスの攻撃
ライオンズはピッチャー野田選手にかえて森脇選手、
キャッチャー森選手にかえて岡田選手。
レフトの金子侑選手がセンターへ、秋山選手の代打山野辺選手がセカン
セカンドの外崎選手がライト、ライトの木村選手がレフトにはいります。
踊るポンポコリンの登場曲は、じっちゃんの名にかけて、
ルーキーの渡邊佳選手ですが、センターへはじきかえして出塁。
島内選手はレフトフライにたおれますが、
藤田選手がセンターへのヒットで出塁 して1,2塁
ここで、ライオンズのブルペンは、田村選手が作りだします。
さらに浅村選手の打席。
杜の都の牛タンパワー!!で盛り上がるライトスタント。
この曲、今年から聞けないかと思っていたので、
感慨深いです。
浅村選手がフォアボールで満塁になります。1塁の代走に茂木選手。
そして、ブラッシュ選手はセンター前にはじきかえし、
タイムリーになって、渡邊佳選手、藤田選手が生還。
ゴールデンイーグルス2点かえします。
らっくてーん、いーぐーす らっくてーんいーぐるーす♪ と盛り上がるライトスタンド

さらに、1塁ランナーの代走にドラ1辰己選手。
銀次選手はセカンドフライにとりますが、
ウィーラー選手は、ライト前、オコエ選手はレフト前への連続タイムリーで
ゴールデンイーグルス4点目です。
足立選手に代打の山下選手がおくられまして、
ライオンズも森脇選手から、齊藤大選手にスイッチ。
山下選手7球粘りますがレフトフライでチェンジです。

ここでもぐもぐタイム。
さきほど買ったおにぎにを美味しくいただきました。
細かい感想はまた後日です。

ライオンズ、ラッキーセブンのセレモニーを経て、
7回表 ライオンズの攻撃
ゴールデンイーグルスは、
浅村選手の代走茂木選手がショート、ブラッシュ選手の代走辰己選手がライト、
足立選手の代打山下選手がそのままキャッチャー 、サードの渡邊佳選手がセカンド、
サードに渡辺直選手、ファーストに内田選手が入ります。
先頭外崎選手がショートゴロで倒れたところで、
レフトスタンドからは
「オコエせんしゅにむかって打てるように~っ
くーりやまくーりやまくぅりやまぁあああ!!」というコールです。
が、栗山選手センターフライ
選手が佐藤:センターへのヒットで出塁すると、
「どかんと一発きーむーらっ!!」の声援に応えて、
木村選手が三遊間をゴロで抜くレフトへのヒットで1,2塁
さらに
「呉っ呉っウーネンティン!!」のコールで
呉選手は、BBBSから一度もバットを振ることなくフォアボールで 満塁
ここで、金子侑選手に変えて、代打:愛斗選手。
ここで、チャンステーマ4が響くレフトスタンドです。
オーオオーオオー あいとっ!!
ただ愛斗選手2アウト満塁からのレフトフライでいす。残念。チェンジ

♪らっくて~んイーグルース らっくて~んイーグルース
のあとに風船ぴゅ~っがあって、
7回裏 ゴールデンイーグルスの攻撃
代打の愛斗選手がそのままセンターに入ります。
先頭、ぱっぱぱらりら、渡邊佳選手センターフライから、
島内選手 センター前ヒットで出塁。代走に、
地元関西高校出身のルーキー小郷選手です。
続く、渡辺直選手がレフトへのヒットで1,2塁。
モギッモギッモギエイゴロのコールにおくられて(このコールも残ってよかった)
茂木選手がセンター前へのヒットで、小郷選手がかえって
タイムリーになります。
ただ、渡辺直は3塁を狙って、セーフの判定でしたが、
リクエスト検証の結果、アウトになります。
ドラ1ルーキー辰己選手がフォアボールを選んで1.2塁
ライオンズは齊藤大に代えて田村選手をマウンドにおくります。
内田選手がフォアボールを選ぶ 満塁
ここで、ウィーラー選手に代えて、代打卓丸選手。
一発逆転の場面ですが、田村選手ふんばって、センターフライでチェンジです。


8回表 ライオンズの攻撃
ゴールデンイーグルスは、古川選手に代えて、石橋選手をマウンドへ 
さらに代走のルーキー小郷選手が、そのままレフトに入ります。
ブルペンには平井選手が入ります。
先頭源田選手が 一度もバットを振ることなくフォアボールを選んで
源田選手に代走、金子一選手です。
続く、山野辺選手がきっちりと送りバントでおくり、1アウト2塁
岡田選手がSBBBから一度もバットを振ることなくフォアボールを選んで1,2塁
続く外崎選手に代打鈴木選手ですが、ファーストゴロでダブルプレー。チェンジです


8回裏 ゴールデンイーグルスの攻撃
ライオンズは、田村選手に代えて平井選手をマウンドにおくります。
さらに、金子一選手がそのままショートへ、鈴木選手がそのままライトに入ります。
先頭オコエ選手、ファーストフライ、続く山下選手サードフライで
簡単に2アウトをとりますが、続くルーキー
パッパパラリラ渡邊佳選手が、センター前ヒットで出塁し、
さらに地元関西高校出身のルーキー小郷選手がレフト前ヒットで1,3塁
杜の都の牛タンパワー♪で盛り上がる中
渡辺直選手が登場。
ブルペンには増田選手と小川選手が入ります、
渡辺直選手は4球連続ファールで粘りますが、
セカンドゴロにきってとります。
ルーキーでチャンスをつくりますが、平井選手がしのぎました。

9回表 ライオンズの攻撃
ゴールデンイーグルスは、石橋選手にかえて
今年の押さえ候補ブセニッツ選手をマウンドに
先頭栗山選手に代打駒月選手がおくられセカンドライナー
続く佐藤選手がピッチャーゴロで簡単に2アウトをとりますが、
木村選手がライトへのヒットで出塁すると、
地元共生高校出身の呉選手。
レフトスタンドはう~~~う~~~う~~~と盛り上がりますが
これを受けて、センターへはじき返して1,2塁
ここで続く愛斗選手が右中間を破るタイムリースリーベースで、
木村選手、呉選手がかえって、ダメおしの2点追加です。
おーおおーおおーーおーおーおー、かーずーきっ!!
と、チャンステーマ4で盛り上がるなか、
金子一はピッチャーゴロでチェンジ。

同じく2アウトから連打を打たれたブセニッツ投手、
ここは粘りきれませんでした。

9回裏 ゴーデンイーグルスの攻撃
ライオンズは、平井選手に代えて増田選手をマウンドへ。
先頭茂木選手セカンドゴロ、
ドラ1ルーキー辰己選手見逃し三振
内田選手センターフライの三凡でゲームセットです。

ライオンズ勝利で盛り上がるレフトスタンドの中、
私はスタジアムをあとにします。

途中、共生高校のグランドコートを着た一団に遭遇。
呉念庭、廖任磊両選手というOBがライオンズにいますので納得です。
共生高校は、来年度から野球部員の募集をしないことを発表しましたが、
呉選手のがんばりに刺激を受けて、それぞれのプレーに
生かしてほしいものです。

スタジアムにむかって、二礼二拍手一礼
面白いゲームを見ることができたことを野球の神様に感謝して
中庄駅へむかいます。
16時53分発姫路行きで、岡山へ行き、
岡山駅17時28分発博多行きのぞみ39号で小倉へ向かいます。

のぞみ39号は、福山駅を停車しますが、
福山でアカい人、アオい人が結構乗り込んできます。
この日、カープvsベイスターズのゲームがありまして、
観戦してそのまま小倉経由で下関に移動するであろう人でしょう。いいなぁ。

この日もA列の座席だったので、
車窓から見えるマツダスタジアムに手を合わせて、
今年一年これからお世話になります。とご挨拶。

広島の町並みとか、徳山のフレアスタックを見たりしているうちに、
関門海峡を越えて、小倉へ。ここで在来線にのりかえ。
19時発の下関行きで、門司の交流直流切り替えポイントの
交直セクションで車内の電気が消えるのを久しぶりに体験をしたりして、
下関に到着したのが、19時15分。

そこから徒歩で宿を目指して、チェックインしたのが、19時40分頃。

時間的余裕があれば、下関観光をしたいところでしたが、
途中で中継ぎが連打食らったりして時間を食ったということで、
観光はあきらめます。オイ!、××、○○、△△△ッ△
おまえらのせいやぞ!!
ここから夕食に出かけたりして、下関の夜を過ごしたのでした。


3/9(土) ゴールデンイーグルス5-8ライオンズ
勝 松本航 S 増田 敗 美馬
観衆数 11971人  試合時間 3時間35分

ということで、翌日は待ちに待った、下関でのカープ戦だったのです






詳細はまた後日です。ということで。(´・ω・)ノシ
先日、地元の書店に行ったとき、マンガ雑誌の棚を、ふと見たところ

!!

「月刊まんがタウン」誌(双葉社 刊)の表紙、
蘭ちゃんじゃないですか!?

しかも、
「復活です!
広島が舞台の純情ラブコメ あつあつふーふー
待ってました 看板娘!!」
の文字も表紙に躍っています。

作者の佐藤両々先生が体調を崩されて、休載が続いて数年経過していたので、
オトナの事情的な何かがあるのかなと思っていましたが、
連載復活とのこと。すごくうれしいです。

主人公の蘭ちゃんは、短大を卒業して、OLさんになってました。
が、お父さんや常連さんとの関係性は変わらず。この世界です。

あー、また牛田にお好み食べに行きたくなる~

連載休止の期間中、カープは優勝し、さらに三連覇中なので、
お父さんが、弱いカープにキレるシーンは減りそうなのが少し残念
という、贅沢な悩みこそあれ、今後が楽しみです。

佐藤先生のツイッターを見ると

「休載中、心身共にどん凹みしていた時も「待っています」の声に本当に救われる思いでした。 正直まだ連載に不安もありますが、何より続きが描けて嬉しいです。宜しくお願いします。」
「ひたすらしんどくて描けなかった時期はありますが、それでもどれも続きを描きたい気持ちもありましたので続きが描けて嬉しいです。 あつあつふーふー、最後までお付き合い頂けると嬉しいです。 」

と、書かれていまして、
本当に連載再開に感謝をしたいです。最後までおつきあいします。

毎号連載ではないですが、
体調に気をつけつつ、無理のない範囲でいいので、
今後も楽しい作品を届けていただきたいと思います。



神戸の朝です。

朝食を終えて、いよいよ倉敷にむかってGoです。
本日、天気もよく、気温も高めということで
いい野球日和になりそうですが、

問題は明日の下関の天気ですか…


ま、運を天にまかせて、とにかく西へむかいます。

そんな顛末はまた当ブログにて。報告させていただきます。


ここからが、タイトルの記事です。


苫小牧に所用があって行きまして、そのまま宿泊
氷点下16度の中、朝7時前から観光客の人が行列を作るマルトマ食堂に並び、
店内で、観光客風の人が、マルトマ丼とか、ホッキカレーとかを食べているなか
私は、唐揚げ、納豆、生卵、小ライス、みそ汁
(と注文すると、スパサラと沢庵もついてきます。)で
しめて420円ナリのゴキゲンな朝食をいただいて、大満足をしてから、
車を走らせ、むかったのが、虎杖浜温泉のアヨロ温泉です。

こちらは、朝8時から営業をしているのでありがたいです。

駐車場に車を入れて、おりると
爽やかな磯風と、波の音がお出迎えです。

朝はけあらしの苫小牧港でしたが、陽光がさしてきていい朝の海です。
この日は、そこまで風や波が強くなかったので、穏やかな音ですが、
いつ来ても雰囲気を感じます。

玄関の横には、地場の農産物が売られていますし、
季節によっては、駐車場から見える前浜には、たくさんの魚の干物が
太陽の光を浴びていた光景もありました。

そんな景色も思い出してほっこりしながら
券売機に湯銭を払い、新しいカウンターに、チケットを渡します。
カウンターの上にも、地場産品がならんでいます。
この、売店と渾然一体となった作りは好きです。

大きな成分分析表も、温泉の品質に自信がある証拠。

そして、複雑なパイプで作られた源泉井の施設とか、
湯を守る神様の木像などをみながら、脱衣場へ。
中に入ると、脱衣かごは3割方埋まっています。
朝の訪問でしたが、相変わらずの人気です。

そして、浴室へ。むっとする湯気と共に、漂う湯の香がいつもながらいいです。
こちら、大きめの中温湯と、小さめの高温湯と低温湯の湯槽があって、
その他、普通のジャグジーと、寝ながら入れるジャグジーもあります。

まずは、中温域の内風呂へ。
ほんの碧褐色に色づいたお湯は、軽くヌルつくとろんとした感じで
湯面に近づくと、あたりまえですが、湯の香がより一層鼻腔をくすぐります。
さらにはじっとしていると、たっぷりと肌につく細かい気泡です。

ああ、これ最高です。

続いて寝ながら入れるジャグジーへ。

寝湯は、建て替える前は、ただたんに寝るタイプで、大好きだったのですが、
今は、噴出される泡が足の裏を刺激するフツーのタイプになりました。

とはいえ、泡をあてると、ゆったり出来ないので、泡を当てないようにして
湯槽によこたわります。
ああ、これも気持ちいいです。
ジャグジーのおかげか湯の香がより盛大に漂いますし、
かるく塩っ気があるところとコミで、入って気持ちいいですし、
温泉に入っている気分を満たしてくれます。
こちらの湯温が少しだけ高いので、
しばらく、こちらで横になったところで、
露天へむかいます。

露天のスペースで立つと、高い竹の塀ごしに
太平洋が見えます。
しかも、ここでも波の音がします。

扇形がベースらにった感じの岩で出来た湯槽は
龍がお湯を吐いていますが、このお湯の音と波の音の組み合わせになごみます。

湯槽を満たすお湯も内湯同様に、最高ですし、
湯の香に混じる磯の香りと、BGMの波の音は、こちらならではで
幸せになります。

ちなみに内風呂にはカランのかわりに、お湯をすくう湯だめも、
かつてと同じ風情で残っているのがいいです。

とはいえ、できれば、ジャグジーでない寝湯も
かつての建物から引き継いでくれればよかったのですが。

そして、この日は、ゆったりとすごすことができますので、
しばしお湯を堪能。

ああ、気分が晴れます。

と1時間30分ばかり滞在して、
この日は、室蘭のツタヤで買い物をしてから、コロンボでカレーを食べて
そして、夕方からの仕事に備えたのでした。


あと、かつてのアヨロ温泉といえば、
野菜や海産物やお惣菜を売っていたのは、改装前からでして、
今回もいろいろ売られていましたが、

天ぷらまであと少しかな。


ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。



ということで。(´・ω・)ノシ
オープン戦のシーズンです。
現在は、神戸市三宮某所に隠遁中です。

明日の、倉敷マスカットスタジアムで行われる
ゴールデンイーグルスvsライオンズ戦、
明後日の、オーヴィジョンスタジアム下関で行われる
カープvsベイスターズ戦にそなえています。

地方球場のオープン戦って、昨年草薙で体験しましたが、
お祭りみたいですごく楽しかった思い出があります。
しかも、初めての球場が2つ続くとなると、
楽しさも二倍二倍です。

ただ、このツアー、土曜はゴールデンイーグルスvsライオンズ戦だし、
日曜は、バックネット裏で、周囲の人の状況を見てですが、
ホエールズのユニを着る可能性が高そう。

ま、そんな遠征はじめもありですか。

こちらも詳細は当ブログで紹介をさせていただきます。

と、いうことで、待ってろ倉敷!!待ってろ下関!!

ここからは、タイトルの記事です。


☆「Masala Curris」(函館市松風町14-3)

先日、温泉三昧で久々に温泉の話しを書きましたが、
カレーの話もたまっています。

と、いうことで、野球場以外で食べたカレーのお話しです。

川汲温泉に行った前日、函館の宿に入ったのが
6時くらいですが、そこから、前回函館に行った時に
食べたいと思ってお店チェックをしながら
行けなかったお店が、松風町にある。

泊まっている宿が朝市そばだったので近いです。

市電で松風町電停で降りてお店を探すことしばしで
発見しました。

暗い中ですが、淡い水色の色合いの建物がぼおっと浮いています。
どこか外人住宅のような色がいいセンス。
灯りや外に出ている看板もオシャレ。

扉を開いて店内へ入りますと、
カウンターとテーブル席があて、先客にカップルが
数組くつろいでいました。
私はお一人さまなので、
キッチンに面したカウンター席にこしを下ろしてメニューを吟味です。


ご注文の流れ
1カレーの種類、サイズをお選びください>2お好みの辛さをお選びください。
>3お好みのトッピングをお選びください

カリスカレーCurris Curry 名物無水カレー 初めての方へ店主オススメメニュー
鶏もも肉・たまねぎ・トマト・にんにく・しょうがを
じっくりコトコト煮込み、厳選した数種のスパイスと
特製ミックスソースで仕上げた無水カレーです。
S 約140g ¥650 M約200g ¥750  L約260g ¥850
XL約320g ¥950 2XL約400g ¥1,100 3XL約500g ¥1,200
バイブスカレー Vives Curry店主のきまぐれ   
ペースト状にした数種類の野菜が
ベースのヘルシーカレーです。
具材は店主のバイブス次第です!! 限定10食
※バスブス次第に、ご用意出来ない場合もございます。ご了承ください。
S 約140g ¥650 M約200g ¥750  L約260g ¥850
XL約320g ¥950 2XL約400g ¥1,100 3XL約500g ¥1,200
カリスサンド ¥500 カリスカレーと、トローリチーズが絡み合う絶品ホットサンド
カリそば ¥750 焼きそば用の麺にカリスカレーを絡めた新感覚麺!
※通常ひと玉、2玉は200円増し。

辛さ
ココティー(甘口) お子様や、辛いのが苦手な方へオススメ。
サンチェス(甘辛) 海野が苦手だけど、少しだけ辛味が欲しいという方へ
ベレス(中辛) 一般的な中辛。当店のスタンダードな辛さです
ブジュ(大辛) もう少しピリッと刺激が欲しい、辛めがお好きな方に
シズラ(激辛) そろそろ口の辺りがピリピリしてくる頃。後から辛さが効いてきます。(+50円)
ケイプルトン(わや辛) さんくち食べたらボヤ騒ぎです +150円
ボンティキラー(爆辛) ひとくち食べたらもう火事です。+300円
※激辛:シズラ以降にはハバネロソースが入ってます。

トッピング
100円トッピング
・とろ~り炙りチーズ ・素揚げレンコン ・きざみオクラ
・素揚げアスパラ ・素揚げナス ・素揚げ長芋 ・素揚げブロッコリー
・半熟ゆでたまご ・素揚げピーマン ・温泉たまご ・素揚げキャベツ
・溶き卵
150円トッピング
・とり皮ちゃん(とり皮唐揚げ) ・ひきわり納豆 ・粗挽きウィンナー ・ハッシュドポテト
200円トッピング
・焼きトマト ・きのこたち ・海老フリッターorソテー(3尾)※5尾300円
・自家製ピクルス

メニュー表に書かれたものの他に
壁に掲げられた黒板などに本日のバイブスカレーと気まぐれトッピングが
いっぱい書かれています。

メニューは大別して、無水カレーのカリスカレーと、
野菜ベースで店主の気まぐれメニューのバイブスカレーがあるようです。
その他にホットサンドのカリスサンドと、
焼きそばの麺にカレーを絡めたカリそばもあって、それぞれそそられますが、

初めて訪れたお店なので、今回は名物のカリスカレーのサイズはM
辛さはブジュで、素揚げナスと温泉卵をトッピング。

注文を終えて改めて周囲を見渡すと、
レゲエとかトランス系のBGMが雰囲気あり
先ほど通り、カップルが3組談笑しています。
店内の内装やインテリアも、レコードとか飾られていたりなど
外装同様凝った感じで、オシャレオーラが出ています。
そりゃカップルも来るよな。

そんなことを考えながら待つことしばしで、
カレーが登場です。

白いお皿の半分くらいご飯、半分くらい、黄色がかった茶褐色の
カレーで、鳥を十分煮込んで、繊維がホロホロになっているもの。
漂うスパイスのガツンとする香りもパンチあります。
ライスにかかっているパセリも雰囲気ありますし
温玉の白もカレーに映えます。

では、まず一口。

これは、美味しいです。
無水カレーで、鳥の繊維などがはっきり見えるタイプですが、
以外とさらっとした感じで、未来派カレーこりすさんのような
もったりとした感じも、カラバトカリーさんのパサッとした
感じとも、それぞれ一線を画していて、いわゆるキーマカレーっぽい感じです。

ただ、さらっとした感じではあるものの、お肉から出たエキスとか、
たまねぎとか野菜の甘さやトマトの酸味やうまみ、
さらに、にんにくのパンチとか、しょうがの切れのよさが
ほどよくミックスされていて、これはいい味わいです。

このしっかりとしたミクスチャーがベースになっているので、
辛口にしたスパイスも尖がって刺激します。
これは、香りどおりです。

無水カレーを看板に掲げているのがよくわかる。
鶏肉や野菜の旨味とかがぎゅっと詰まっています。
ハーブ系の野菜や、生姜などが、サッパリ感があり、
肉などからでるコクや旨味の強さや、ガーリックのパンチと
両立しています。これはスゴいです。

ほろほろになっている鶏もも肉も、カレーに溶けている
旨みのエキスが固まりになって口の中に入ってきますし、
ほろほろになっているのに、しっかりと肉滴を感じます。

トッピングをした素揚げのナスは、柔らかい噛み応えながらも、
軽く噛むだけで、ナス自体の旨みたっぷりのナス汁に、
調理をしたときにたっぷり吸い込んだ油に、
さらにカレーの味がミックスされたのが、染み出てきて
カレーの中のなすを食べる醍醐味を堪能させてくれます。

食べ進めていくうちに、卓上にあったフライドガーリックを
軽く散らしていただくと、
カレーの中でも主張するガーリックに援軍がきた様相で
さらにパンチがまされて、これまた美味しいです。

受け止めるご飯もしっかりと美味しい。

と、食べすすめていくと、しょうがやスパイスの効果で
胃や汗腺が刺激される熱さがありまして、
次第にじわじわと汗がでてくるところも、美味しいカレーの証拠。
舌とともに、体で感じるカレーです。

と、いうことで、しめは温玉をつぶして、
カレーとともに一気にいただきます。
刺激的なカレーとマイルドな味でとろとろな卵の黄身の組み合わせが
玉りません。

ああ、美味しかった。ごちそうさまでした。


函館は、日本のカレー史にも名を残す五島軒にはじまって、
小いけさんのようなルーカレーの名店、
吉田商店やチャーリースパイスのような地域に根ざすスープカレーのお店
そんな魅力的なカレーがいろいろある地域ですが、

また個性的でお気に入りなお店を見つけました。

次は、野菜ベースの「バイブスカレー」や、
季節ごとの気まぐれトッピングもいただきたいですし、
「カリソバ」とかも気になるなぁ、などと思いながら
再訪を近い、市電の人となったわけでした。

あと、こちら、お店の名前が、ちょっと
アノマロカリスとか、ヘメロカリスっぽいなぁ、などと思ったりもして




☆「Masara Curris」(函館市松風町14-3)
◇営業時間◇ 火~日 11:30~15:00,18:00~21:00
◇定休日◇ 毎週月曜日、毎月第3日曜日 ◇駐車場◇ 有り


かつてラジオ内にあったコーナー 「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については左の欄のカテゴリー「印度化計画」をクリックしてくれれば、
見ることができます。


よろしければ。



ということで。(´・ω・)ノシ
大型連休期間中前半の、神宮と甲子園のカープ戦チケット
それぞれ2日分確保しました。
途中あいている日がありますが、
そこは、鎌ヶ谷とタマスタに行く予定。

宿もおさえたし、あとは飛行機と、後半の予定かな。
航空機もまだ若干余裕があるようなので、早めにおさえます。

こうやって、シーズンへのわくわくが募っていくわけです。

そんな野球シーズンのわくわくの前奏曲である
キャンプの話しがしばらく続きましたが、
1月末あたりからいった温泉やカレーの話しが
たまってますので、そちらを少々。

オシゴトがオフの休日。
オシゴトを終えて函館まで走ってそちらで一泊。
翌日は美原でお買い物をしてから、産業道路を湯ノ川方面へ。

函館空港やトラピスチヌ修道院の横を通って、
目指したのが、川汲温泉旅館です。

こちらは南茅部方面に向けて車を走らせてしばらくいくと右側に看板が出ています。
右折して坂をのぼると白壁っぽい風情のある建物がお出迎えです。
横を見ると祠がありまして、ここにも風情を感じます。
この時はまだ雪が残っていました。
雪の積もる祠もまた雰囲気があります。

清潔そうなカウンターで湯銭を手払いして
大きいガラスから陽光がたっぷりと差し込んでいる
ロビーなどを横目に奥の脱衣場へむかいます。

建物はそれなりに年代がたっているようですが、
壁などが、丁寧に、かつモダンな感じでリフォームされていて、
きれいですし、廊下も掃除が行き届いていて、清潔です。

脱衣場に行くと先客はだれもいません。これはラッキーです。
浴室の中に入ると、硫黄のような湯の香りがほのかに漂って気分が高揚します。
直線に区切られた湯槽は左右に二つあって、
それぞれの縁は木でできていて、ここも落ち着ける感じですが、
その縁からは透明できらきらしたお湯が、白い石と黒い石がしかれている床に
ざぶざぶとあふれているのです。

これは、スゴい。

両方お湯に入りましたが、小さいほうが少し湯温が高く
大きいほうが湯温が低い。と、いうことで、小さいほうに少し入って
その後大きいほうにまったりとつかることにします。

ロビーでも感じたのですが、浴室も窓が広く、
たっぷりの陽光が差し込んできて、
透明なお湯が、ますます輝いて見えていいですね。

しかも湯口は竹を使った花器のような、風情のあるものでしたので、
こんな微に入り細にいったところまでのこだわりも素敵です。

あー、気持ちいい。

そして、誰も居ない温泉のお楽しみ。
道南スタイルです。
背中に感じる新鮮なお湯がほんとうにキモチイイですし、
蒸気が微小な飛沫のようになって空中を浮遊しているのもいい感じですし
上を見ると、ドームのような天井も個性的です。

そういえば、こちらは箱館戦争時の土方歳三が浸かったという
話も残っておりますので、
道南スタイルのまま、さまざまな妄想をしたりして。

やっぱりスゴいです、函館。

あと、川汲温泉〔読み方はかっくみおんせんですが〕
川○み、と書くと、某「アーサー王」的な、セイバーさんの
中の人みたいです。

ということで、川○みの暖かい中にはいって、十分癒された後
「ガンちゃんの世界一面白いプロ野球の番組」を聴きながら
地元へ戻ったというわけです。


さて、その翌週の日曜日。午後3時くらいまでシゴトがあった
ということで、やや半端な時間があきましたが、
少々オシゴトが詰まっていたのでお疲れ気味を癒すべく、向かったのが
くっちゃん温泉ホテルようていさんです。

倶知安の市街から、花園スキー場~五色温泉へむかう、
道々58号線(花園~五色間は、冬季通行止め)を
西側の丘へ上がったところにあるのが
くっちゃん温泉 ホテルようていさんです。
木でできた味のある看板を見ながら駐車場へ。
高台に立地していて、周囲を森に囲まれているので、
雰囲気がいいです。

ホテルの建物は、二階だててすが、建物自体が左右に長いので、
広々とした感じ。駐車場も広くて、駐車場の周囲に映えている木ごしに、
羊蹄山が見えます。
この日は、残念ながら、頂上が雲に隠れています。

日曜ということで、アタリマエのように混雑している
駐車場の奥に車を駐めてから、
玄関入ったところにある、券売機に湯銭を支払い、
フロントに券を出して、浴場へと向かいます。

受付のロビーから、少し行ったところに
休憩スペースがあって、大きいテレビも置かれていますが、
すでに、そこに人が多いです。
靴を脱いで、階段を昇ると、浴室の入り口があります。

この日も手前側が女湯で奥が男湯ですので、奧の扉を横開き。

見ると、たくさんある棚やカゴがある脱衣場は、7程度埋まっています。

ということで浴室へ。
扉をカラカラと横開きすると、ムッとする湯の香がお出迎えです。
ああ、いいです。

身体を洗うため、かけ湯をしてから、浴室内にある浴槽のなかで、
一番大きい湯槽にまず身を沈めます。

半透明の微淡黄土色の湯が鼻の近くにくると、
入り口で嗅いだ硫黄系の香りが強く感じる事が出来ていい感じです。
軽くぬるっとするお湯も、気分をあげてくれますし、
小さな気泡が身体に付くところも好みです。
湯槽の縁をお湯が外へと流れていって、
流れていったところがタイルにオレンジがかった茶褐色の模様をつけています。

じゃが太くんがある湯の出口から温泉が出て、
周囲は温泉の成分によって煉瓦色の湯の花が
デコボコを作っていて、
さらにこちらもオレンジがかった茶褐色の模様をつけています。
いいお湯であることの証明です。

と、しばし堪能してから露天へ。

露天風呂は四角いタイル張りの湯槽を中心として、
2階屋上部分をおおう、ベランダかテラスのような構造で、
上は屋根で覆われてますが、テラス自体が広いので
開放感が味わえます。

身を沈めると、こちらもキモチイイです。
湯槽の四方からお湯が溢れていて、
そこがまた変色したり、湯の花がこびりついたりしているのが
こちらもいいお湯を使っている証左。
ここにもニマニマします。

そして、こちら、駐車場に面した部分の塀が、一部低くなっているので
湯船に浸かった状態で羊蹄山が眺められます。
これは、いい配慮です。風呂絵入らずの温泉です。
ま、この日は曇っていたせいで、山頂部は雲で覆われていたのですが…

さらに、ジャグジーへ。

水風呂と並んであるのがジャグジーで、
それぞれ四角い湯槽で、ジャグジーは3人程度が入れば
一杯になるサイズですが、幸い誰もいないので、堪能します。
あー、こちらがキモチイイです。
泡の刺激は当然心地よいのですが、
湯温が低いので、いくらでも入ることが出来るのです。
しかも、こちらもかけ流しってのがスゴいです。
うつぶせになったりしながら、手足をのばして楽しみます。
ああ、これはいいです。泡でコリがほぐされます。

そして、露天~大湯槽~ジャグジーと
また1サイクル楽しんで、
小1時間ばかり滞在しました

今回私は使いませんでしたが、サウナもありますし、
広々とした洗い場は計10基のシャワー付きカランがあります。
このゆったりとした洗い場もいいです。

と、大満足。
家から車で10分足らずで、このようにいい温泉があるのが
本当にありがたいです。


ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。


ということで。(´・ω・)ノ
先日の札幌ドームでのファイターズvsベイスターズ戦で
いただいたものです。

この日は、11時10分くらいにドームに到着。
いつもの二礼2拍手一礼の儀式をすませてからドームに入ります。
自席を確認してから、まずはドームを一周。

で、この席はフィールドや選手に近いのはいいのですが、
階段の上り下りが激しくて、降りている段階で疲れそうです。
朝食の「つきさむ温泉」でのバイキングがまだ
お腹に残り気味だということもあり
これは、買い出しは1回かな?

そんなことを考えながら、とりあえずコンコースをぐるっと一周。
札幌ドームは、どこのチケットであってもコンコースが一周できるのが
いいです。

が、まず最初に目に入ったのが、過去のチャンピオンフラッグが
壁にテープか何かで貼られている様子です。

これ、常設じゃないんですね。
多くの道民に感動を与えたファイターズの栄光すら
常設させていただけないという、札幌ドームの徹底ぶり。
これだから…

などと少しだけ気分が沈みながらも、球場内の祝祭空間は
楽しいです。

で、最初の候補に考えていたのが、鐵一さんの「あいがけカレー」
幸い、自分の席近くの通路にあったのでグルっと一周して
特に気になるメニューがなければ、こちらで。
と、抑えも決めたところで、バックネット裏コンコースから、
三塁側、レフト側と通って一周、見てまわります。

で、最初に目に入ったのが、「銀座LION」さんの
「牛すじカレー」です。昨年にはなかったメニューです。

さらに、近くの「プリンスホテル」さんには、
「チキンカレー」があるのを発見。これも新メニューです。
新メニューが二品あるとは、これは今年の札ド遠征も楽しくなりそうです。

と、思ったら、昨年キーマカレーをいただいて
美味しかった思いでのある「お米食堂」さんの場所に
ラーメン屋さんがあります。

ああ、去年のうちに食べておいて良かった。ナイス判断、オレ。
やはり球場めしは一期一会です。
あと、「おーい北海道」さんの新メニューも美味しそう。

さらに、頑固オヤジのカレー、さんに、早速長蛇の列が出来ている様を見ながら
メニューのチェック。
まだオープン戦なので、選手プロデュースメニューはなく
レギュラーメニューだけでした。
実は、くりやまコロッケも、コロッケカレーもまだ未食ですが、
ま、今年は、交流戦のカープ戦で、最低あと3回は来るし、
今日はそこまで焦らなくても良し。

と、いうことで列を見ながら移動して、
スタート位置に戻ります。

この中なら、「銀座LION」さんの牛スジカレーかな?
と、いうこで「銀座LION」さんへ。

牛スジカレーをオーダーすると、「カレー1つ~」と、中のスタッフの人に
声をかけます。

でまつことしばしで、円筒形の容器に入って登場。
ホカホカなものが手渡されます。温かさが頼もしいです。

さらに飲み物ですが、最初は適当にソフトドリンクを買ってかえろう
と、思った所「モスバーガー」さんで、ノンアルコールビールがあるのを発見。
これです。

と、オーダーしてすぐに蓋付きの容器で手渡されます。
「イトーさんともあろう人が、ここで、ビールをキメないとは」と、
脳内力石のセリフが響きますが、
うるせー。車なんだよ!!しょうがねーだろ。

と、セルフツッコミをして自席に戻り
持ってきたポケットラジオを1286MHzにあわせて
「ガンちゃんの世界一面白いプロ野球の番組」をBGMに
いただきまーす。

蓋をあけると、漂う洋食ならではの高貴で芳醇な香り。
濃焦褐色の見るからにとろっとしたルックス。
表面に軽く丸く浮いた脂と、黄色い分離。
これは、たまらないです。

カレーの入った中皿をとると、下のライスが入った
円筒状の器にたっぷりのご飯と、福神漬けがいい塩梅でこんにちわ。
では、たっぷりとかけまして、いただきます。

一口目からり、濃いカレーのルックスに違わぬ
しっかりとした味です。
肉の太いしっかりとした旨味がベースになっていて
分厚いコクがいい感じです。
この、デミソースにも通じる肉のエキスが
たっぷりとでているところが、まずいいですし、
さらに、玉葱などの野菜から出た甘さとか、
爽やかな酸味がいいバランスで心地よくて、
さらに、スパイスの刺激もほど良く、
これらの要素が複雑に絡み合って、ハーモニーを奏でる
典型的な洋風カレーです。

これはいいぞ。

そして、たっぷり入っている牛すじです。
固まりで、赤身の部分はしっかりと煮込まれている証左
軽く歯でおすだけでほろっと崩れますし、肉のエキスが奔流になって
さらにあふれて、口の中でカレーとあいまって、
味わいがより複雑になります。これスゴいです。
さらに、脂身の部分も柔らかく、
プルプルしたり、クニクニしたりしている食感も
楽しいですし、モツの脂ならではの
脂脂した濃い味もまた良く、これまたカレーを美味しくします。
赤身部分、脂身部分、濃い肉滴と脂の複雑な食感と
味の差に変化。この組み合わせがスジの醍醐味。

玉葱も、カレーにとけているだけでなく
具として大きめのとろっとしたのがはいっていて
その優しい甘さと、食感もいいです。

これがご飯にもよくあいますし、
ノンアルビールもすすみます。
福神漬けもいいアクセントで、それぞれサイコーです。

3月上旬のオープン戦なので、屋内なのはありがたいですが、
これを炎天下の球場で、生ビールいただきながら食べたら
また、別の味わいがあるんだろうな、

なんてことを考えながら、完食いたしました。

グランドではベイスターズの選手の練習がおわったところ。
球場で食べるカレーとしては今年2食目ですが、
1食目の沖縄セルラースタジアム那覇では、
練習を終えたあとのグランド整備を見ながらのカレーだったので、
野球がはじまるワクワクとともにいただいた
久々のカレー。大満足でした。

ごちそう様でした。

今年も、また、どういう球場メシに、球場カレーにあえるのか
好ゲームとともに、期待が膨らんで楽しみです。


ちなみにこの後は、バイキング、カレーですっかりお腹がくちくなったのと
階段の上り下りが大変だということで、
食べ物はこれでうちどめになりました。


次の札ド、再訪は遅くても6月。
新しいメニューはまた何かありますかね。

そんなのも楽しみです。


ということで。(´・ω・)ノシ
今年初のプロ野球観戦です。

できればオープン戦とはいえ、2019年もカープのゲームからはじめたかったのですが、
3/9(土)、福山でのカープ戦のチケットが取れなかった代替で、
3/10(日)下関でのカープ戦の前に、カープ以外のゲームを見ることが決定。

さらに今は3月。

オシゴトが年度末ということでいよいよ立て込んできて、
野球の遠征をツッこんだ土日以外で休めるのが3月3日のみ。

ならばここも野球をツッこもう。

と、いうことで、今年の野球観戦はじめは、札幌ドームになりました。

午前中は、温泉とか買い物があるので、朝5時15分に自宅を出ます。
札樽道を走っているときに、でっかく真っ赤な朝陽が視界に入ります。
息を呑む綺麗さですが、この色って、このところ飛散量が増えている
PM2.5のせいでもあるのかな?

そんなことを考えながら、余市で乗った高速を大谷地インターでおりて、
まずは今朝の第一目標である「つきさむ温泉」へ。

こちらでは、朝湯と朝食バイキングが1500円で楽しむことができます。
それを知って来たいと思っていました。

この日は11時過ぎくらいまでに札幌ドームに行けばいいし、
その直前まではコーチャンフォーだし。
2箇所からも、それぞれ近くていいので、決定です。

と、いうことで、朝から温泉入って、
脳内軍師とともにバイキング食べて、食後も温泉入って、
と、大満足な2時間を過ごしました。これはいいわ。
極楽へ一直線の幸せコースです。
また札幌ドームでデイゲームがあるときに
楽しみたいです。

朝湯が9時までなので、その時間につきさむ温泉を辞して、
コーチャンフォーでお買い物です。
そして、美しが丘通りのコンビニで買い物とかしてから
札幌ドームの駐車場に車を入れたのが、11時10分くらいです。

オープン戦ということで、本当に久しぶりに
ドームの駐車場をとることができました。アリガタヤ。

駐車場からドーム敷地に入る境目で、
ドームにむかって二礼、二拍手、一礼
この日のゲームが面白くなるように。そして、今年一年の野球観戦で
いいことがたくさんあるように、野球の神様にむかってお祈りしてから
この日は1塁側の内野指定席なので南ゲートから中へ入る。

と、いうことで、南ゲートの待機列にらびます。

ああ、これも久しぶり。

一塁、ライト側の入り口である南ゲートなので、
ベイスターズの人たちが沢山います。

「お、ポジってるポジってる!」と心で思いながら
20分ほど待機列にならぶと開場時間になって
さらに10分ほど待ってから、中へ入ります。

まずは、自席を確認。
この日は、ファーストの守備位置の後ろぐらい、
一塁側スタンドの前から8列目という好席です。
ファイターズファンが多いですが、ベイスターズファンもいて、
ホエールズ時代の46番の三浦選手のユニフォームを着ている女性もいますか。

荷物を置いてから、グルっと一周。

まだ、選手プロデュースメニューとかは売ってませんが、
それぞれにぎわっています。

あれ?去年、美味しいキーマカレーを食べた
お米食堂がなくなってる??
そんな変化もあります。

頑固オヤジのカレーはいつもながらの人気で、
すでに列ができています。
この日は、レギュラーメニューだけですし、
今年はカープが札幌に来るので、最低あと三回は来ること確定。

と、いうことで今日はあんまりガッつかずにいけます。

で、今年、お米食堂のキーマカレーはなくなりましたが、
頑固オヤジのカレーと、鐵一さんのあいがけカレーは健在です。
さらに今年から?、LIONさんが牛スジカレーを、
プリンスホテルさんがチキンカレーを発売しています。

と、いうことで、LIONさんの牛スジカレーと、
さらにモスバーガーさんでノンアルコールビールを見つけたので
それぞれ買って自席にむかいます。

そして自席に戻って、
HBCラジオ「ガンちゃんの世界一面白いプロ野球の番組」を
聞きながら、いただきました。

美味しかったです。

ドームでラジオって、番組を聴いているときに
多くのリスナーさんがやっていることですが、
私自身、ドームでガンせか聞くのは初めてです。

しかも、このあとのHBC「サンデーファイターズ」
解説がガンちゃんなんです。
と、いうことで遠目に岩本氏を見たりしながら
12時25分からスタメン発表。

先発P ベイスターズは今永選手、ファイターズは金子選手です。
そして、ベイスターズ。9番にルーキーの伊藤裕選手。
今日、筒香選手、大和選手、桑原選手はベンチです。
さらに、ファイターズ。
4番大王、5番清宮選手です。
7番にルーキーの野村選手、9番にルーキーの万波選手です。
ガンちゃんは、ほぼ同時に
「緊急速報です!!」などと番組内で言ってました。

さらに、スタメン発表から応援歌のメドレー。
ファイターズは4番王選手、6番谷内選手、7番野村選手、8番石川亮選手
9番万波選手と、この時点で応援歌がないので、
汎用テーマが続きます。
(ゲームの後で、王選手の応援歌が発表されました)

さらにRyu-TAさんと、高橋さんのトークがあってから
新入団選手、新加入選手、スタッフの紹介ということで、
ドラフトで指名された8人に、バファローズ、スワローズから来た3人と新外国人選手
さらに、コーチ2名が出てきます。

と、「木田さん、お腹デカっwww」と木田コーチを見た後ろの女子。
確かにぽっこりとしたお腹が目立ちますww

12時53分に花束贈呈からメンバー表交換
さらに国歌を歌ってからスタートキッズが出てきて、始球式。

ジュニアファイターズのメンバーということでさすがのナイスピッチングに
拍手がおくられます。
と、いうか、神里選手、空振りのタイミング、遅かったね。

で、プレイボールです。

ライトスタンドから流れてくる
♪よーこはまー ベーィスターズー
 しょぉーりのぉ かがやきぃー めざしてー♪

の歌声にじぃんとします。

あと、一塁コーチ近いなぁ。
と、いうか、球界随一のシブヤ系ファーストコーチャーこと、
永池コーチじゃないですか。

と、いうことで、ファイターズのユニフォームが似合いすぎてる
金子選手。どんなピッチングを見せてくれるのか。

1回表 ベイスターズの攻撃
イーヤーサッサーの応援歌におくられた
神里選手、1-2からの内角のストレートを見逃し三振
続く柴田選手、ファーストの右を抜こうとするあたりを
清宮選手が横っとびでとめて2アウト
ソト選手は1-1から外角の変化球を打ってショートゴロでチェンジ。
金子選手、清宮選手の好プレイもありましたが、
11球でしめます。いい立ち上がりです。


1回裏 ファイターズの攻撃
ベイスターズのマウンドには、復活を期すサウスポー今永選手です。
先頭、この日DHの西川選手、
1-2から高めのボールを空振り三振
続く中島選手、ファウル2球から、
レフト前へはじき返して出塁
さらに大田選手もセンター前にきれいなヒットで1,2塁
ただし、王選手見逃し三振、清宮選手の難しいセカンドゴロ
柴田選手が回りこんで、アウトにします。
「清宮ぁ、もう少し足があれば~」と後ろの女子。

今永選手、ランナーは出しますが、0に抑えます。

2回表 ベイスターズの攻撃
先頭ロペス選手、2-2からの7球目を空振りの三振
宮崎選手は、ライトへの大飛球。これをフェンスにぶつかりながら
万波選手がナイスキャッチ。盛り上がるドームです。
さらに倉本 ど真ん中のストレートをレフトフライにして
チェンジです。
この回もロペス選手に7球要しましたが、14球で三凡です。

2回裏 ファイターズの攻撃
応援リーダーが女性です。
先頭谷内選手、見逃し2つの0-2から、
ボールとファールをはさんで、レフトへのヒットで出塁
ただ、続く野村選手がライトへのファウルフライ
石川亮選手、万波選手と連続して空振り三振でチェンジです。

先頭こそヒットで出しましたが、今永選手もいい感じです。


3回表 ベイスターズの攻撃
先頭細川選手、一度もバットを振ることなく3球三振。
続くHikaru選手が2-2からレフトフライ
伊藤裕選手がセンターフライで三凡です。

この回も12球と、テンポいいピッチングです。
次の回で交代しますので、3回を完全に抑えたことになる
金子選手。見事です。

3回裏 ファイターズの攻撃
先頭西川選手、初球をボテボテのピッチャーゴロ
続く中島卓也選手、8球粘って3-2にしますが、
外角低めの変化球に空振り、キャッチャーがコボしますがアウト。
大田選手も空振りの三振で、今永選手、初の三凡です。

4回表 ベイスターズの攻撃
ファイターズはピッチャーの金子選手に変えて
ロドリゲス選手をマウンドへ。
さらに、大田選手に変えて、センター杉谷選手です。
先頭の神里選手、セカンドゴロ、
続く柴田選手がショートゴロ 2アウト
ソト選手 6球粘るも、空振り三振でチェンジです。


イニング間に、ソフトドリンクの売り子さんがきたので、
パインシークァーサーのソーダをお願いすると、
売り子さんの教育係的な人が、アレコレとアドバイスをしています。

そういえば、イニング間のファールボールに対する注意喚起をする
スタッフもどこか不慣れな感じです。

オープン戦は球場スタッフのトレーニングの場でもあるわけです。

4回裏 ファイターズの攻撃
先頭王選手、ライトへの大飛球で盛り上がりますが、
ソト選手がおさえて1アウト。
続き清宮選手のあたりはセカンドへの深いあたりで、
柴田選手投げてもセーフで、結局、内野安打になります。
ちなみに、この時清宮シフトがひかれていて、ボールは
セカンドベースの一塁よりを守っていた倉本選手の
前に転がりましたが、倉本選手はセカンドのカバーに走るという
なぞのプレーがありまして、結局柴田選手がとって
まにあわなかったというプレーがありました。
ただ、谷内選手センターフライ、野村選手空振り三振でチェンジです。

今永選手もこの回でマウンドをおりましたが、
散発4安打の無失点。これは復活のきっかけですかね。

あと、野村選手とか、万波選手の打席で
ビジョンにうつる選手の生年月日を見て
「ミレニアムベイビーなんだねー」とシミジミ言っている
後ろの女子でした。

5回表 ベイスターズの攻撃
ファイターズは、2番ショート中島選手にかえて、石井選手を
4番、レフト王選手に変えて海老原選手をおくります。
この日3人目の新入団選手です。
先頭ロペスショートゴロから、
宮崎選手が、3-2から レフト前へはじき返します。
変わったばかりの海老原選手は飛び込みますが、打球は落ちて
ベイスターズ初安打です。
が、続く倉本選手のファーストゴロでゲッツーです。
ああああ

くぅらぁもぉとぉおおおおお
と、叫ぶベイスターズのユニの人です。


5回裏 ファイターズの攻撃
ベイスターズは好投の今永選手にかわって、背番号19番がマウンドにいます。
ええ、
アナウンスもされました。ここで山崎選手の当番です。

ライトスタンドからはアカペラの
♪オオオオオ オオオオオオオ オオッオオッオオ
ヤ・ス・ア・キ!!にのせてヤスアキジャンプです。
テンションがあがります。

先頭石川亮選手ショートゴロ、続く万波選手見逃し三振
西川選手、セカンドゴロ、9球で三凡です。

さすがです。今年も手ごわそうです。


6回表 ベイスターズの攻撃
ファイターズは、杉浦選手をマウンドにおくります。
「遺紺試合か?」「三嶋だせ~!!」などと、ベイスターズの人。
先頭細川選手、1-0から、レフトへの痛烈なあたりがツーベースになります。
盛り上がるライトスタンド。
おーきなこえでーひっかーるー!!とチャンテ0が流れます。
「ベイスターズの応援って、かっこいいよね」とファイターズ女子。
ただ、Hikaru選手、6球粘ってカウント2-2からワンバウンドした球を空振り三振
伊藤裕選手センターフライ
神里選手カウント2-2から高いボール球を空振り三振でチェンジです。
ライトスタンドからは、
ゆーきやっ、ゆーきやっ、ゆーきやっ、ゆーきやっ とチャンテ1
かみざと~ かみざと~ かっとばせーかーみざと~ とチャンテ2の
チャンテ3曲流れましたが、無得点です。

ああああ


6回裏 ファイターズの攻撃
ベイスターズは三上選手をマウンドへ。
店長から神様へのリレーです。かしこみかしこみ~
先頭石井選手のセンターへ抜けようとするあたりを
セカンド柴田選手がダイビングキャッチをしますが、
とめるのが精一杯で1塁はセーフの内野安打で出塁し
杉谷選手が初球で見事送りバントを決めて1アウト2塁になります。
ここで、ジンギスカンで盛り上がるレフとスタンドです。
海老原選手が:外角の落ちる球をセカンドゴロでランナーは三塁へ。
ただ、清宮選手サードへの鋭いあたりを裕季也選手がナイスプレーでアウト。
チェンジです。

オーオーウオウオー DeNAベイスターズ♪
と熱き星たちよ。で盛り上がったあと
7回表 ベイスターズの攻撃
ファイターズは、ピッチャーに玉井選手、
キャッチャーにルーキーの田宮選手です。
このゲームファイターズ4人目のルーキーです。
ベイスターズはこの若い2人を攻略したいところですが、
柴田選手、カウント3-1からセカンドゴロ
ソト選手ピッチャーゴロ
ロペス選手カウント3-0からファール二球はさんで見逃し三振でチェンジ
三凡です。

ロケット7があってから、
7回裏 ファイターズの攻撃
ベイスターズは、マウンドにパットン選手をおくります。
将軍!!将軍!!
さらに、セカンドの柴田選手にかえてルーキーの知野選手。
ベイスターズも2人目のルーキーです。
さらに、ライトのソト選手にかえて、楠本選手 
ファーストのロペス選手にかえて中井選手です。
ベイスターズにユニフォームを着た中井選手、
生で見るのは初めてです。

ファイターズは先頭谷内選手に代打田中賢介選手をおくりますが、
初球をショートへのファウルフライで1アウト
野村選手のあたりは変わったセカンドへのゴロ
「チ、チノちゃん、セカンドゴロとらないで~」「うるさいですね」
って感じで2アウト
さらに田宮選手、空振りの三振でチェンジです。
将軍!!将軍!!

勇者の遺伝子がライトスタンドから響くなか、
8回表 ベイスターズの攻撃
ファイターズは玉井選手にかえて、福田選手をマウンドにおくります。
ファイターズ、5人目の新入団選手です。
さらに代打の田中賢介選手がセカンドに入ります。

この回はルーキーバッテリー。なんとかこの回に突破口を作ってほしいもの。
「ピッチャー、ちっちゃいねー」と後ろの女子。

先頭宮崎選手ストレートのフォアボールで出塁
さらに、宮崎選手に代走で宮本選手がおくられます。
が、続く倉本選手の打席で宮本選手、初球から盗塁を試みますが
アウトです。あああああああ
さらに、倉本選手、2打席連続のファーストゴロ で2アウト
前の打席でツーベースの細川選手は、セカンドフライでチェンジです。

上杉専務のファイターズ賛歌が鳴り響いてから
8回裏 ファイターズの攻撃
ベイスターズは、エスコバー選手をマウンドへ。
エス子ちゃんやないかーい!!
そういえば、今日のHBCラジオサンデーファイターズの解説は
エスコちゃん大好きガンちゃんじゃないですか。
これは聞かなくては。と、ラジオをつけると、案の定テンション高めでした。
実況の山内アナ、ヤマちゃんは、何回元ファイターズって言うんだろう。
先頭万波選手、ライトへのファウルフライ
続く西川選手に代打の横尾選手が見逃し四球を選びますが、
石井選手、杉谷選手と連続空振り三振でチェンジです。

こちらも、今年も手ごわそうです。


9回表 ベイスターズの攻撃
ファイターズはピッチャー秋吉選手、キャッチャー實松選手に交代。
先頭Hikaru選手がセンター前ヒットで出塁
「さっき、一本出せよー」と後ろの人
続く伊藤裕選手がライトフライ
神里選手の代打佐野選手がセカンドゴロで、これがゲッツーになりチェンジです。

これで、ベイスターズの勝ちは無しです。


9回裏 ファイターズの攻撃
ベイスターズは三嶋選手をマウンドへ
「遺紺試合だー」「おせーよー」と後ろの人
さらに、キャッチャーに大洋戦士戸柱選手
代打の佐野選手がライトにはいって、ライトの楠本選手がセンターへ。

先頭海老原選手、ピッチャーゴロで1アウト
続く清宮選手、1-0からファウルを打ちますが、その後球団スタッフが出てきて
ベンチに下がります。
「治療のためお待ちください」のアナウンスが流れた直後
代打に近藤選手が出てきます。
「え、どうしたの?」「大事じゃなければいいけど」と周囲の人。
結局、近藤選手、田中賢介選手と連続でショートゴロでゲームセットです。


両球団ともピッチャーはそれぞれ好投を見ることができましたが、
打つほうは少し寂しい結果に終わったのでしょうか。

とくにベイスターズは、ファイターズが若手中心の中で
なんとか、かきまわしたりが出来なかったところが、
今後の課題でしょうかね。

そんなことを考えながら球場をあとにして、
二礼二拍手一礼。面白いゲームを野球の神様に感謝してから
車に乗りますと、HBCラジオでは、
ガンちゃん、山ちゃん、フッチーのクロストークで
盛り上がっていました。

そんな感じでこの日のゲームをしめたのでした。

なかなかいい野球はじめでした。



DeNAバッテリー
今永、山崎、三上、パットン、エスコバー、三嶋 - 伊藤光、戸柱

日本ハムバッテリー
金子、ロドリゲス、杉浦、玉井、福田、秋吉 - 石川亮、田宮、實松


観衆数 15210人 試合時間 2時間30分






ということで。(´・ω・)ノシ
現在、今季初のオープン戦を終え(ファイターズvsベイスターズ)たところです。
結果については、また後日、当ブログにて。

今シーズン、オープン戦はこのゲームを入れて、
4ゲームを観戦予定

ただし、カープ戦は下関でのカープvsベイスターズの1ゲームだけで、

あとは、
今日のファイターズvsベイスターズ
それから、倉敷でのゴールデンイーグルスvsライオンズ
メットライフドームでの、ライオンズvsベイスターズ
の3ゲームです。

だから3月は、ベイスターズ3ゲーム、ライオンズ2ゲーム、
カープ、ファイターズ、ゴールデンイーグルス1ゲームを見てから、
シーズンに入ることになります。


そして、先々日より3月に突入。

今年は、2月下旬から暖かい日が続いたのと、
全道的に例年よりも降雪量が少なかったので、雪どけも早く、
さらに3月も穏やかな天気の日が続きそうな予報です。

そんな3月のデカいオシゴトといえば、
今季のマツダスタジアムのチケット争奪戦です。

例年通り、今年も3月1日の午前中には、ハズせないオシゴトが入ります。
昨年も書きましたが、毎年この日はハズせないオシゴトが入るのです。
もおおおお。
コンビニでのチケット販売開始は10時からなのですが…。
(ただ、20分前に来店してもつながらない人多数、という状況でした)

例年同様、なかなか厳しかったです。

今年、例の5万人、抽選券争奪合戦に象徴されるように、
カープのチケットについては今年も大変です。

職場でも「あれ、マツダ、並びに行ったんじゃないんですか??」などと言われましたが、
シゴトある平日には、休めないですよね。
行きたかったのですけど…

カープが好調なことも、ファンが増えることも嬉しいんですが、
チケットの取りにくさはね~、痛し痒しです。
(これは、横浜スタジアムとかでも同様です)

今年、チケット取得の方法が変更される時に、
コンビニ売りについてのアナウンスがなかったので、
どうなるかヤキモキしたのですが、
コンビニ売りについては、例年通りの様子で
一先ずは、ホッとしたものです。

で、シゴトを終えて有給をいただいて
12時10分にコンビニへ。

広島のコンビニでは、並ぶことすらままなない状態だったようですが、
幸い、訪れた近場のセ○ンイレ○ンには、
並んだり、操作している人はいませんので、そのままマルチコピー機を操作。

チケット→セブンチケットと押すと、

ピンクの画面で、
申し訳ございません。
ただいま、回線が大変混雑しております。
しばらくしてからご利用ください。

の文字が出ます。

それを何度か繰り返したあと、

ふ、とチケットぴあのボタンを押したら、繋がりました。
お!! と思ってすすむと
ゲームの日程とチケットの内容が書かれた画面に行きますが、
クリックすると、結局売り切れという表示に。

9月までの土日の全ゲームをチェックしましたが、
結局全滅でした。

と、いうことで、もう1回セブンチケットへ。

セブンチケットならば、売り切れは初めのほうの画面に
売り切れと表示されますので、ロスは少なめか。

ということで、ここからはマルチコピー機の
チケット セ×ンチケット 混雑画面 閉じる
の繰り返し。

セブンチケットの画面にたどり着けないのは、いつものことなので
ここは根比べすが

中止→チケット→セブンチケットと連打して、

セブンチケットの画面になって、
野球→セントラルリーグ→広島カープ→
月指定→日日指定→座席していの画面で、

ここでも混雑画面が出ます。

そこで、内野自由席→混雑画面→戻る→内野自由→混雑画面→戻る
と繰り返し連タッチしていると、

申し訳ありません。只今、大変混み合っております。
「終了」ボタンをおし、しばらく経ってからもう一度お試しください。(503)
という白画面に

そして、終了ボタンをおすと、
また、チケットかコピー機かなどを選択するボタンです。

ま、やるんですけど。

中には、申込画面までいって、電話番号まで入れて、最後の確認まで行ったのに
はじかれたのはなかなか衝撃的でした。

が、そんなのを繰り返していると
15分ほどで、4月6日(土)7日(日)のタイガース戦のチケットを確保!!

さらには、6月の交流戦のバファローズ戦、8~9月のベイスターズ戦など
結果、今年はズムスタのチケットを8枚確保しました。

1時過ぎると、若干セブンチケットが軽くなりましたが、
土日のチケットがそろそろ全滅になりそう。そんなタイミングで、引き上げます。

当日、その後ネットを見ても、「つながらない」「売り切れた」という
コメントばかりだったりしていたので、
下手したら、今年は一枚もズムスタのチケットは手に入れられないかな
と思っていたのですが、

これは、嬉しい誤算です。

ああ、ありがとう、セ×ンチケット。

にしても、さすがにゴールデンウィークのゲームと、巨人戦は、
最初から手に入りませんでした。
ハケるのが早かったですね。みんな考えることは同じです。


と、いうことで遠征の軸が決まったので、
その他の球場のチケット取りの算段を錬ります。

これも楽しいです。

そして、4月の遠征については、
宿も(二日目は市内に宿がとれましたが、
初日は広島県内はとれずに行きの空路の関係で神戸を)
そして、飛行機もおさえました。

最初は単純にセブンチケットがつながったことに昂奮して、
つい日曜のデイゲームもおさえましたが、
翌、4月8日って、絶対に休んだり、遅刻が出来ない日です。

どうしようかな~と思案をしたあげく、
19時15分に、広島空港を出るANAで羽田へ。
そこで乗り継いで、羽田を21時30分に出る便で
新千歳に23時05分に戻る経路をとることにしました。

カープ遠征で、乗り継ぎを使うのは初めてですが、
今年はこのパターンも多用しそうです。


ということで、鯉の遠征の季節がはじまります。

カープ戦を心の支えにもろもろ乗りきっていきます。
ことしも、頑張って応援するぞー!!


そんな顛末は、また当ブログにて。



ってことで。(´・ω・)ノシ
2019.03.02 琉球大衆食堂
沖縄で、巡礼、球場以外でいただいたものです。

この期間、昼食は基本球場で食べて、
そのほか、べんり屋、プラウマンズ、ジャッキーの「ぼっち飯」巡礼をすませて、
あいているところは、オキナワンフーズでうめよう計画。

そこで、最初は漠然と
初日昼 セルラー那覇のカレーと、夜 べんり屋
2日目 朝 プラウマンズ 昼 北谷と宜野湾、夜 ジャッキー
3日目 朝 早朝営業の定食屋 昼 コザ 夜 酒場か定食屋
4日目 朝 早朝営業の定食屋 昼 浦添

という感じで行こうと何軒かあたりをつけていました。
さらに、宿が美栄橋なので、松山にも国際通りにも行けます。

そんなそばの店でテキトーに、という感じです。

2日目昼までは順調でしたが、宜野湾で何も食べられなかったところで、
少し歯車が狂いました。

バスは、旭橋方面にむかって走ります。
最初は宿近くの若松入口で降りて、宿に戻って立て直そうと考えました。
が、まずはとりあえず旭橋を目指したのです。
ジャッキーで遅い昼飯も悪くないねぇ

が、農林中金前バス停にさしかかるところで、
黄色く堂々とした「みかど」の看板を発見。

ピンッときました。

みかど、本当は3日目の夕食に考えていたお店なのですが、
ま、いついっても問題なしです。

バスを降りて店へ。

入口看板に大書された
「おふくろの味 沖縄家庭料理の店」のフレーズが頼もしいです。
これはあらがえません。

入口横のショーケースに入った品々もそそられます。
これだこれだ。

と、いうことで、入口横の大きいガラス扉を横開きして入店。
このガラス扉にかかれた「弁当」も気になります。

この日、高速バスの車内、
高速に乗る前に、上間の、比嘉商店 宮城スーパーの中で
朝の7時前なのに、お客さんで満員。
調べたら、こちら午前6時開店で、
店内に、イートインもあるという。

そういうお店がいいんですよ。俄然興味が湧いてきました。

そんなのを見ているので、沖縄のお弁当も気になるのです。


話しを戻して、
オヤツの時間になろうかという時間帯ですが、
半分くらいお客さんで埋まっています。

店内はカウンター席とテーブル席がありますが、
「どちらでもお好きな席にどーぞー」と言ってくれたので、
2人がけのテーブル席に腰を降ろして、メニューを吟味します。
入口のショーケースの中にも魅惑のメニューだらけでしたが、
メニューもそれが満載です。

定食や丼もののご飯ものも、
沖縄そば、焼きそば、うどんなどの麺類も、
さらにはチーズバーガーサンドやエッグサンドなどの
パンもあります。

そういえば、「まんぷく沖縄」(てらいまきさん著 旅の案内人松永多佳倫さん
コミックエッセイ メディアファクトリー刊)では大食漢の編集カトーさんが
食べていましたっけ。

考えた結果、オーダーしたのは、
当店おすすめ料理の中から、ちゃんぽん(みかど風)です。
このあと、ステーキを食べるかもしれないので、
おかずを別途注文するのはおさえて、
どうせ、また那覇に泊まる時は、こちらか、旭橋のホテルを使うこと必至
なので、良かったら、その時にも訪問しようという考えです。
(結局ステーキ食べたのは前述した通りですw)

注文が終わったので周囲を鑑賞いたします。

カウンターの上にも、ずらっとメニューが下がっています。
このメニューの充実具合。

さらに南国チックなガラののれんがさがり、
その向こうでは、店員のおばさんたちがせわしなく動いています。
沖縄の大衆食堂はそのようにおばちゃんが店員として働いているお店がおおく
「あんまー食堂」(お母さん食堂)と呼ばれていまして、
一大ジャンルになっています。

私、今まで沖縄に来たときは、基本朝、夕がついているところだけだったので、
行ったと言えば、沖縄そば屋か、酒場か、市場か、
Jef A&Wといったファストフードか、
と、いったところなので、沖縄の魅力の一つである、定食屋さんは
はじめてだったのです。

そんなおばちゃんたちが、楽しげに世間話をしつつ、
カイガイシク働いています。
野菜がリズミカルにカットされる音、具材が火と油で炒められる音、
鉄鍋が煽られる様子なんてのがいい前奏曲です。

お客さんも地元風の人もデカイスーツケースを転がしてきた
観光客風の人もそれぞれ料理を待ったり、食べたりしていますし
その表情は、こころなしか穏やかです。
BGMのテレビの音もそんなのんびり穏やかな空気をもり立てます。

と、待つことしばしで、ちゃんぽんの登場です。

これです、これ。沖縄のちゃんぽんです。

平たいさらの上にのっかった、ところどころ半熟な玉子でとじられた
緑の青菜とか野菜の彩りがいい感じです。
そしてこの下には、ご飯があるんでしょう。

そう沖縄でのちゃんぽんは、玉子でとじた肉野菜炒めを
ご飯の上にのせた料理です。
麺の上に野菜とかイカとかエビとかカマボコが乗った
リンガーハットとかで食べられる長崎ちゃんぽんとは
別カテゴリーの料理です。

お味噌汁もついてきて、600円は安いです。

では、いただきます。

ご飯と一緒になるようにスプーンですくって一口。

これは美味しいです。

玉子のまろやかかつ濃い味わいと、甘じょっぱい味つけが
まずはいい感じです。
食べ進めていくと、青菜の鮮烈な味わいに
キャベツの自然な甘さ、玉葱の柔らかさと甘み、
人参の滋養を感じる味といった野菜軍がいい働きですが、
個人的に驚いたのが、肉です。
ポークランチョンミートだと思っていたら、
コンビーフでした。しかも、ジャガイモのもろっとした
ほっこり味のあるので、これ、コンビーフハッシュです。
コンビーフのB級ながらも濃い味が、その他の野菜のなかでも
存在感を発揮しています。

そして、しょう油、酒、砂糖などの甘辛味なので
これらの具材も生きますし、そしてとじる玉子のまろやかさ。

ご飯がすすむ味です、これ。

そえられたみそ汁も、素朴なほっとする味で、
それぞれ一気呵成にいただいてしまいました。

ごちそうさまでした。

と、いうことで、宜野湾で何も食べられなかったのを晴らす
満足の結果で、宿まで歩いて向かったのでした。


翌朝、この日は、端から、宿近くの沖縄定食屋さんで頂く予定。
その名も「いちぎん食堂」。

こちらは、24h営業のお店なので
朝から

宿を6時30分位に出て、ゆいレールや久茂地川に添って旭橋、県庁前方面に
むかって5分弱歩くと到着です。


家庭料理の店 いちぎん食堂と大書され、
入口には24 OPEN いらっしゃいませ と書かれた
うさぎがお出迎え。
そば処(名護直送)名護そばなんて看板もあります。

店内に入ると、早朝ですが、5~6人のお客さんが。

入口に券売機がありますので、そちらで食券を購入。
この食券のボタンだけて7×9で63ありますし、
その周辺にもおすすめが貼られていたり、
ホワイトボードにメニューがマジックで書かれていたりと
混乱必至です。

メインは、一品料理+ご飯類の定食。
さらに、ちゃんぷるー各種、汁物、魚料理など
これも定食になりますし、
丼ものカレーもあります。
沖縄食堂の定番、Aランチ、Bランチ、Cランチもあります。
Aランチは、ハンバーグ、えびフライ、アジフライ、チキンからあげ、目玉焼き、ポーク
Bランチは、ハンバーグ、えびフライ、野菜コロッケ、とんかつ、目玉焼き
Cランチは、ハンバーグ、野菜コロッケ、魚フライ、目玉焼き
さらに、ロブスターとか、ステーキとか
ヘビーなものもあります。
山羊汁もある意味ヘビーです。
さすが24時間営業のお店。

あと、名護そばや、ソーキそば、中華そばなどの麺類もあって
迷うこと必至ですが、

今回は、ゆし豆腐の定食を選択。

厨房に面したカウンター席と、
向かい合わせのカウンター席と、
テーブル席に小上がりがあります。

私はお一人さまなので、向かい合わせのカウンター席に腰を降ろします。

スポーツ新聞があったので、てにとりながら眺めつつ
周囲を観察。
沖縄のスポーツ新聞はギャンブル欄がないので、
薄いし、そのぶん安いです。
前日那覇バスターミナルのファミリーマートで購入したとき
いつものように140円とか出したら、
けげんそうな顔をされました。

カウンターの中ではかいがいしく働くスタッフの方の姿が。

そしてカウンター上にも赤枠で囲まれたメニューが
ずらっと並んでいます。
私は注文決まってましたが、これは迷わせに来るやつです。

さらには、あちこちに観葉植物が並び
冷蔵庫の上とかには酒瓶がずらっと。
これは、お酒、朝からイきたくなります。

そんな感じで鑑賞していると、登場しました。
ゆし豆腐の定食です。

お碗状の容器にはいったたっぷりのゆし豆腐。
ほの淡いベージュの色合いと、穏やかな汁の澄んだ色。
上に散らされた万能ネギの色合いもいいです。
これに、お茶碗のご飯。
さらには小皿にのった、ポーク玉子と千切りキャベツ。
傍らにはコーレーグースも乗ってます。

沖縄だなぁ。

では、まずレンゲですくって、ゆし豆腐から。

ん、これ美味しい

ゆし豆腐とは、豆腐ににがりを加えたあと
型にいれないで、かつ固める前にすくい上げる
緩めのおぼろ豆腐のような豆腐で、
沖縄では長寿食として伝統的に食べられています。

これが、前評判通りの、スゴくやさしい味です。

豆腐じたいが柔らかい素材ですが、
固まりかけなので、ものすごくユルユルで
フワッフワな食感。
口の中でスッと消えながらも、
濃厚な大豆の味は堪能できるという、
たまらない美味しさです。

豆腐自体が美味しくなくては、成立しない。
豆が好きなので、こういうのとか呉汁とかは大好きです。

固まりかけで、基本モロモロな食感ですが、
たまにわりとしっかりめに固まったところもあったりして、
そういうころでは、なめらかな豆腐ならではの
繊細さを味わうことも出来ます。

そしてなんといってもこの出汁が穏やかな味で
そこまで主張しないですが、とにかくウマいです。
ベースはあっさり鰹。でもインパクトがありまして
旨味が濃いです。

さらに昆布とか、動物系の旨味もたっぷりで
豊かなあじわいながらも、ベースはあっさりと食べることが出来ます。
豆腐自体もしっかりと味があるので、
豆腐の味と出汁の味とがミックスされると、
これが本当に美味で、翻弄されます。

沖縄では、このゆし豆腐を二日酔いや体調の悪いときにも食べるのですが、
これは納得の味です。

ちなみに、コーレーグースがついてきたということで、
半分くらい食べすすんだところて、軽く振ってみると

!!

これまた味わいが深化します。

お料理の隠し味にお酒やみりんをいれて味を深めますが、
ダイレクトに泡盛を入れるんですから、美味しくならないハズがない。
さらに、島唐辛子のピリっとした味わいが
淡白な豆腐の味にも働きかけて、複雑さがまします。


ああ、これ美味しいです。

さらについてきたのが、ミニポーク玉子と、
千切りキャベツにドレッシング。

ポーク玉子食べても、沖縄に来た感がマシマシですし、
ポークの独特の味が、懐かしいです。
千切りキャベツにかかっているドレッシングも凝った物ではなく
懐かしさを感じます。

それぞれご飯もすすみます。


と、いうことで、完食です。
朝から沖縄マンキツ大満足コースでした。

ごちそうさまでした。

ちなみに、いちぎん食堂でゆし豆腐が味わえるメニュー
単品のゆし豆腐、ゆし豆腐定食に加えて、
ゆし豆腐を沖縄そばに載せた「ゆし豆腐そば」があります。

ゆし豆腐そばも食べて見たいものです。

と、店外へ出ようとすると、

本当に朝からステーキ食べている人がいます。
都市伝説じゃなかったんだ。


ああ、ステーキも食べたいなぁ。


宿にもどると、この日本番をむかえる沖縄マラソンの参加者と思われる人たちが
宿の無料朝食のカレーをパクついていました。


かれーも美味しそうです。



3日目の夜。1日カープ三昧ですっかり満足。

そんなに歩かなかったので、体力も温存されてます。

そこで、この日、当初夜は、みかどさんに行く予定でしたが
すでに訪問したので、みかどさん近くの大衆食堂、三笠さんを訪問です。

かてつはみかどさん同様、国道58号線沿いにあったのですが、
入っていた建物の取り壊しということで、すこし歓楽街の中の
奥まったところへお引っ越しをしたそうです。

訪れたのがまだ明るい時間帯でしたが、

一番ディープな歓楽街で、
無料案内所もあります。

野球の遠征でよく宿泊するところでは、
博多の中州、札幌のススキノ、広島の流川と
無料案内所のあるところが多いですね。

そんなのを横目に歩くこと15分で到着です。
黄色い地に、赤い花などの絵があしらわれ、
お食事処三笠 と大書された看板です。
「沖縄の家庭料理」というキャッチコピーもいいです。

入口のところには営業中の看板が。いいぞいいぞ。
店内へ入っていくと、夜なので、地元の人や観光客風の人が
それぞれくつろいでいます。いいです。

2人がけのテーブル席に腰を降ろしてメニューを吟味。

定食は、
すき焼き、焼肉、豚カツなどの定番から
ちゃんぷるメニューもあります。
丼物や(三笠風)ちゃんぽんも
麺類は、焼きうどん、焼きそば、沖縄そばで、
やきうどんや焼きそばには、半ライスとスープが付くようです。

その他、炒飯、カツカレー、カレーライスもあって、
ビーフスープ、みそ汁には、ライス付きと書かれています。

こちらにも、ハムエッグサンド、チーズエッグサンド ベーコンエッグサンドが
あります。

ちなみに、この日頼もうと思っていた「ゴーヤーちゃんぷる」(ライス・スープ付)には
ヘチマの煮込みとともに、
季節料理と書かれています。

そこで、きいてみると、ゴーヤーちゃんぷるーはオッケーみたいでした。
よかったよかった。

と、いうことで、再度店内を鑑賞します。


調理場が望める、カウンター席6席と、
テーブル席24席のある店内
そこまで広くないですが、7割方埋まっています。
いい感じです。
カウンター席の上部には、ズラッと並んだメニュー札がさがっていて、
これぞ沖縄の大衆食堂です。
卓の上には、醤油、ソース、食卓塩、コショウ、七味唐辛子などが
ありましたが、私のすわる席には、マーガリンはなかったような気が…。

カウンターの中では、いい音をたてて調理がされています。
そして、まつことしばしで登場したのが、
お皿の上にたっぷり乗ったゴーヤーちゃんぷるー
さらにご飯、スープ、お漬け物です。

ゴーヤーちゃんぷるーからは湯気が立ち上がっています。
たっぷりのゴーヤーに細切りポークが入っています。
では、まずいただきましょう。

ゴーヤーが固まっているところをはしてつまんで
口の中へいれますと。

あ、美味しいです。

さわやかなほの苦さとシャキシャキの食感は
ゴーヤーの最大の魅力ですが、
このほの苦さにたっぷり旨味がたまりません。
濃い味つけを吸い込んだ島豆腐も、
素材からも新たな旨味を滲ませているポークも
これは、いい組み合わせです。
この濃い味付けで、ごはんが進みますね。

飯にあうものはルービーにもあいますが、
この日はパスしてます。

みそ汁もお漬け物もいい箸休め。
すべて大満足な味です。

にしても、ゴーヤーの旬は夏。
旬でなくてもこれだけ美味なのだから、
旬の時期に来たらどうなんだろう、
と妄想もふくらみます。

実は、私自身沖縄に数度来てますが、
いずれも冬の滞在なので、今度は夏の沖縄も
訪れてみたい物です。

そして、食べ進めていくうちに、ひらめして
ゴーヤーちゃんぷるーにもコーレーグスを掛けて食べると

これも美味しーさー。
沖縄の素材を沖縄の調味料でいただく幸せです。

と、いうことで、完食。ごちそうさまでした。

ちなみにこちらは、1966年頃の開業で創業50年をこえています。
ビルの老朽化による取り壊しに伴い国道沿い移転したとのことで、
席数は40席から31席に減ってしまったそうですが、
移転前のお店で使っていたものでまだ使えるものはそのまま使用しているとのこと。
さらに厨房が席から見えるスタイルも引き継いだそうで、
常連さんが愛した以前の店内の雰囲気も残っているようです。
この地元の人たちからも、観光客からも
たくさんの人たちに愛されているスタイルは、ずっと続いてほしいものです。

と、大満足で、松山の歓楽街をふらふらしたというわけです。


おまけ。


翌日の朝、本当は欲張って遠征しようと思ったのですが、
ブログの更新とかで外出できず。
宿の無料朝食をいただいたのですが、
ここに、ボロボロジューシーがあって、
これが、軽く酒の入った身にはありがたい
染みる味ですし、
葱とヨモギがあといれできるタイプ。
ヨモギを多めに入れると薬効のあらたかっぽくなるのが
マジックです。
前日はポーク玉子もあった。
あなどれないです、沖縄のビジホ



そんな食事でも大満足な沖縄だったというわけです。




ということで。(´・ω・)ノシ