FC2ブログ
宿を7時過ぎにチェックアウト。
この日の朝は、宿の無料朝食ではなく、
府中本町駅の、「いろり庵きらく」さんです。

ということで、7時18分、立川行きで、府中本町駅へ。
7時22分に駅着。
府中本町駅は、自分が大学4年生になって、週3日しか学校に行かなくて
オッケーの時とかお世話になりましたが、
かわりましたね。
コンクリートうちっぱなしの無機質な駅というイメージでしたが
立ち食いそばだけでなく、カフェもできてるだなんて。

ま、きらくさんでいただいた、
朝食セット(納豆)(たぬきそば・ごはん・納豆・生たまご)に
トッピングしたかき揚げが、いい感じで美味しかったので、
この日はオッケーです。

その後、7時43分発の立川行きで、立川には7時55分着。
7時57分発高尾行きで8時7分に八王子着。
そして駅構内をぶらぶらしながら、
8時42分発の、「はまかいじ」に乗り込みます。
とはいえ、指定は買えなかったので、自由席ですが。

ただ、通路側ではありますが、座ることができました。よかったよかった。

席に座る前に、いきなりワイングラスで乾杯しているグループがいます。
いいテンションです。

聞くともなしに聞こえてくる会話によると、
横浜のグループのようです。
さすが、はまかいじです。


そのグループが、勝沼ぶどう郷でおりたので、そちらの席に席をうつして、
窓際を確保すると、霊峰富士の姿がはっきりと見えます。

この巡礼中、アホほどお世話になります。
よろしくお願いします。と軽く気持ち手をあわせて。
車窓を堪能していると、10分ほど、9時47分に、第一の目的地山梨市駅に到着です。

そう、こちらは、ゆるキャンの、野クルメンバーが3人そろっての初キャンプの
地ですが、私はそこまで行かずに、野クルメンバーが入った
ほったらかし温泉、(マンガ内では、ほっとけや温泉)とかをめざします。
三人が「しゅっぱーつ」「おーっ」とか言っていた山梨市駅の建物は、
改築のためになくなっていますね。

ちなみに、市営バスの近くまで行くやつは、1時間後ということで、
文明の利器、タクシーに頼ります。
だってー、なでしこちゃんも、あおいちゃんも、ちあきちゃんも、
ましてやしまりんも、斉藤さんもいないのに、
歩いていけますかって話ですよ。

タクシーは、しばし中央線沿いを走ったかと思うと、
結構急な勾配をずいずい進んでいきます。
あー、歩かなくて良かったやつだこれ。

しかも、犬子とあきちゃんが絶望して、ヒッチハイクした坂たるや。
これヤベーやつです。
本当にタクシーでよかった。

と、乗っているときは思ったのです。

とりあえず、ほったらかし温泉の入り口的な
フラワーセンターでタクシーを下ろしてもらいます。

ありがとうございました。

そして、なでしこちゃんが「うわっ / すごい眺め / だよここっ!!」といった場所よりも
高いところなので、眺望絶景
さすが、新日本三大夜景の地。そんなのを堪能してからの、
ほったらかし温泉目指して歩きました。








なんですか、これは。

「ゆるキャン△」の中では、そこまでヒドい描写はなかったのです。

確かにフルーツパーク近道のような絶望的な急坂はないですが、
このだらだらと続くのぼり坂とワインディングロード
たとえるならば、箱根の5区。

まじでくじけそうになりました。

途中、カートのコースとか、ソーラー発電所とか、
窯元とかに一喜しましたがね。

追い抜いていく、自動車勢が、ほぼ山梨県以外のナンバーです。
こいつら、全員「ゆるキャン△」巡礼か、などとも思いながらなんとかGOAL 

ああ、ほっとけや温泉であります。
温泉の感想は、後日温泉三昧であげますが、
最高でした。

そして、なんといっても温玉あげ。
ああ、最高です。
外側のサクッとした軽やかな衣の食感と、中の白身のしっかりとした歯触り
さらに、黄身の濃厚な味わいのバランスがすごいですし、
衣に塩味がつけられているところがなんともニクいです。

「卵揚げただけなのに / うますぎるぞこれ」
「黄身が / とろけるー」
「これ / 湯上りに食ったら / あかんやつやー」
「うん / あかんやつや!!」
「あかんあかん」
なんて感想も、納得です。ビールにもよくあうわ、これ。

そして同時にオーダーしたほうとうは、
鉄なべに入って、グツグツいいながら出てきまして、
梨っこではない私を十分魅了してやまないそれでした。
とろとろカボチャが溶け込んだ汁と、テロテロ平麺が最高や。
これは20分待ったかいもあります。

ああ、山梨最高ズラぁ。

さらに、ほったらかし温泉の敷地内には、伝説のカレー。なるメニューがあって
そちらも気になったのですが、まずこの巡礼は、ゆるキャン△ありきなので、
そちらは、今回はスルーで、次回来たときの楽しみです、
(頼んだ人の見たら、普通に美味しそうだったので…)

と、いうことで、ほったらかし温泉、大満喫をしたところで、
来た道を降りてバス停に向かいます。
帰りは、来た道なので、気持ち的に楽です。

そして、フルーツセンター13時47分発
山梨市駅行きのバスに乗ります。

バスは、快適にワインディングロードを飛ばしていきます。
と、いうか、この道を徒歩で行くって、JKすげーな。
と、あらためて感動しながらバスの乗り心地を堪能。

そして14時に山梨市駅に到着です。

JRは、14時36分発なので、少し余裕があるので周囲を散策。

すると、いまさらですが、こちらが、東武鉄道創設者、根津嘉一郎氏の
出身地だったことを知ります。
ああ、野クルメンバーが、ここまでは笑顔でわたっていた
根津橋にそんな意味があったとは…

そして、14時36分発の中央線に乗ります。
車窓からは、根津嘉一郎翁の銅像も見えます。
私、生を発しまして北海道に渡るまで、23年東武民だったということで、
軽く手を合わせます。

そんなこともありつつも列車は軽快にすすみ、
14時51分に甲府駅着。

そのまま甲府駅南口の宿にチェックインをします。


そちらで、ラグビー早慶戦などをみながらしばしまったりしますが、
この日の巡礼は、これでは終わらない。

夕食に向かったのが、ゆるキャン△5巻で、
なでしこ姉の各務原桜さん
(クールビューティーメガネ ただし、シスコンどうでしょう藩士)
がみつけた、なでしこのバイト先です。

コミックの中では身延町内になっていますが、
モデルは、甲斐市なので、バスでゴーです。

16時30分ごろ、宿を出て、武田信玄の銅像などを写真におさめながら
時間をつぶします。
駅では、星条旗を掲げたパ×な人が個人攻撃誹謗中傷的な演説していて、
少々イライラしますが、待つことしばし(とはいえ、予定から10分遅れ)
で、バスが到着。時間は16時50分過ぎに甲府駅発。

そこから、バスは甲府の中心を走って、県民文化ホールとか、
県立美術館などを経て、貢川団地入り口バス停で下車。
歩くとすぐにお店の入り口の看板を発見します。

が、

この看板には、100mと書かれていましたが、
矢印の方向に何本か道があって、どの道行っても
100m過ぎても店はない。

さらに、ひょっとしたら矢印の方向が逆では?
と思って、逆に行っても店はなし。

そこで思い切って、矢印の方向に100mを無視して
ぐーっと行ったら、



ありましたー。
こんなところにお店が。
感動です。

と、いうことで入店。店内はそここ開いていてラッキーです。
そして、桜さんとなでしこが座っていた席が空いていたので
そちらに腰を下ろします。

と、お隣の席のかたは、子供連れの家族でしたが
「うるさくなるので」といって、席を移ってくれて
「ひょっとして、マンガの??」などと私に聞いてきます。

私はとっさに否定しますが、実はそうなんです。
お隣の4人がけの席に座った家族連れの方は
それきり追求しませんでしたが、そういうと知られているんですかね。

さらに、そちらの身内の方がこちらのお店の方みたいです。
どうりで、会計のカウンターに「ゆるキャン△」の6巻が
付箋ついておかれていました。店内にはポスターも貼られていましたし。

そして、待つことしばしで登場をした
なでしこと桜さんが食べた大海老天重盛りそばセットは
尾頭付きの見た目も豪快ならば、しっかりと美味しかったです。

て、いうことでご馳走様でした。

満腹をかかえて、歩くと少しのところに明かりがついています。
そして、入り口には「ぼんち」と大角されたのれん。

こちちらがお食事処ぼんちさんです。

「ゆるキャン△」の作者あfろさんのコミック
「mono 1」(芳文社刊 KRコミックス)の中で、
やまなしまんぷくふぉとらりーに挑戦するシネフォト部メンバー
という話があって、県内の大盛店を制覇する企画ですが、
そちらに登場したお店です。

それだけでなく、こちらって
秋山瑞人さんの超傑作小説「イリヤの空UFOの夏」(メディアワークス/電撃文庫)
の「無銭飲食列伝」のなかで、水前寺が完食したにとどまらず、
イリヤ(かわいい)と、晶穂(超かわいい)が、バトルをした
「鉄人屋」のモデルになったお店ではないですか。

「晶穂には負けない」「上っ等おおおおおおおっ」
そんなバトルがこの店内で!!!!!

ああ、ここも行ってみたいです。
が、今回はお腹いっぱいなのでよれません。
ただし、また来年とか、甲府によったときに
ぜひよりたいと思います。

というか、園原市のモデルって甲斐市だったんですね。
いろいろと勉強になりました。


帰りは、狙っていたバスが土日休、運休ということで、
タクシーを拾ってなんとか甲府に帰ることができました。

「見て、お腹ぽんぽこ」
と、一人ごちながら宿へと戻って、夜をすごしたというわけです。


この項目続きます。


ってことで。(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト



あんこう祭り、盛り上がったみたいです。
そうですか、参加者15万人ですか。

で、この期間って、忙しい年末のなかで、比較的仕事がウスくなる時期です。
ならば、「あんこう祭りの参戦も可能じゃね」などと思っていたのですが、
11/17~18日に、滝川に泊まりがけでの出張が入りました(血涙)

しかも、土曜日に泊まった宿はBSテレビが入らなかったので
アレとかコレとか見られなかったし…(宿代が安く(1泊朝食付で4300円)てきれいだったのと、
無料wifiと、朝食が美味しかったのが救いでしたが。)

と、いうことでフラストレーションが溜まりっぱなし。
しかも11月は飛行機乗ってません(2018年は2月以来です)
しかも、23~25日の三連休は久々のオシゴトが全くない土日。
12月に入ったら年末まではガチで忙しい。


しかも、10月上旬に、「ゆるキャン△」に関して、
新作のショートムービーと、2期の放送決定と
劇場版が公開されるというニュースが飛び込んできました。
と、いうことは、ここは巡礼とか行くしかねー!!

と、計画したのが、「ゆるキャン△」関係の場所をゆるーく巡礼する「ゆるジュン△」であります。

と、いうわけで、現在、甲府市某所に隠遁中です。
このあと、身延、南部、富士宮方面に向かって出撃します。

が、そんなお話はまた後日。
まずは、初日の話です。

木曜日は、午後からお休みをいただいて
空港に車を走らせます。

ここ数日ですっかり雪景色になったので、心配しましたが、
路面がそこまで凍結していなかったということで、一安心です。
14時過ぎに新千歳に到着。
入り口の手前で、A駐車場「満」B駐車場「混」の表示にビビりますが、
A駐車場の前まで行くと「空」の表示です。ああ、よかった。

A-24に車を駐めてから空港へ。
搭乗手続きを済ませてから、時間的余裕があるので、3Fの飲食スペースへ向かいます。

真っ先に向かったのが、フードコート入り口近くにある
「FIGHTERS DINING ROSTER ~DELI & ROAST~」さんです。

こちらは、新千歳だけでなく、すべての空港、すべての球団で
初めての空港にあるNPBチームの直営店です。

当ブログでもさんざん取り上げたので、ご存知のとおり
ファイターズは、札幌ドームではいろいろとやりたいことができません。
球団の直営店がないフランチャイズって12球団で
札幌ドームだけです。
しかも、国内シェアナンバーワンの食肉会社が親会社でありながら、
この仕打ちって、あんまりではないですか。

そんなのに嫌気がさしての、このたびの北広島移転ですが、
北広島では、札幌ドームで出せない本気を出せることが
いまから楽しみなのですが、
それを一足早く味わえるのでは、という予感がビンビンで
10月オープンのニュースを聞いてから、
行きたくて行きたくてしょうがない状態だったのです。

しかも、冬の大お祭り前に新千歳に行くタイミングはここだけです。
と、いうことでの訪問です。

入り口では、まず席を選んでくださいとの案内があったので、
野球のグラウンドをかたどった大テーブルのレフトポール際に
席を確保してから、メニューを選びます。

14時過ぎということで、まだランチタイムメニューには間に合う模様です。
選手プロデュースメニューとか、
一品料理なども選択できて、ヘルメットポテトとかも
スタジアム気分を盛り上げてくれますが、
ここはランチデリをいただきましょう。

ランチデリは、
2DELI&ROAST ¥1,000~
RICE or BREAD +コールドデリ2品 + ロースト1品

3DELI & ROAST ¥1,200~
RICE or BREAD +コールドデリ3品 + ロースト1品

からの選択です。
とりあえず、2DELIのランチを選択。
そして、デリケースの前で、メニューを選びます。

ローストが
チキンと道産野菜ロースト
ラベンダーポーク 舞茸ソース
ホッケのフライ じゃがいも焦がしバター

コールドデリが
道産野菜とフルーツのサラダ
根菜のマリネ エビとアボカドのレモン風味
秋鮭マリネとじゃがいもとかぼちゃのサラダ
ラムしゃぶサラダジンギスカン風
オホーツク海鮮サラダ山わさびマリね
道産ローストビーフ&シーザーサラダ

といったところからの選択です。

どれも本当に美味しそうですが、
ラベンダーポーク 舞茸ソース
秋鮭マリネとじゃがいもとかぼちゃのサラダ
ラムしゃぶサラダジンギスカン風を選択。

さらにハイボールを頼みます。

手際よく、それぞれの料理が入ったところから、
黒いお皿に取り分けてくれる手際がいいです。
そしてワンプレートにライスがこんもり盛られて、
オーダーした三品が鎮座ましましています。
これは美味しそうです。

ではいただきます。
まずは、カボチャのサラダ
こちら、士幌産ジャガイモのホクホクとした食感に滋味と
カボチャの自然な甘さ、さらにほんのり漂う秋鮭の味わいが
素敵ですし、サラダに刺さるサツマイモチップも
カボチャと違うベクトルのやさしい甘さでほっとできる味わいです。

ラムしゃぶサラダジンギスカン風は、
たまねぎ、キャベツ、紫キャベツなとの
野菜が、それぞれびっくりするくらいシャキシャキいですし、
控えている羊肉は獣味をしっかり堪能できて
シャキシャキ野菜とのコントラストもバッチリ。

そして、もっともびっくりしたのが、ラベンダーポークです。
お肉、焼かれてるはずなのに、食感がふわっふわで
煮込まれているようです。なにこれ、今まで味わったことないです。
表面がかるく炙られているので余計にそのほわっとした
肉の味わいを堪能できます。
舞茸も香ばしくも、その香りに食感と味わいもパーフェクト、
キャベツのほの甘さもいいですし、このジャガイモは
シャドークイーンでしょうか、大地の味わいがしっかりでていて、
ほんのりとした甘さも楽しめます。
カボチャもサラダで味わうのとは別の軽い硬さが
カボチャ食べている感を満足させてくれます。

これはいいなぁ。
そして、これがそれぞご飯にもあいますし、米自体も美味しいです。
そして、お米にあうものは、ハイボールにも会うのです。

あー、最高です。
どのメニューも、それぞれの素材を最大限に生かそうといる
クオリティーの高さを感じました。
これは、野球関係なく、フードコート激戦地であり、
フードコートに空港がくっついているとまで言われている
新千歳空港でも、すごく上位に来るお店です。
ファイターズの本気に脱帽です、

周囲を見ると 大ビジョンでは、DAZNでのJ2のサッカーのゲームが流れてますし、
自席の上にも、モニターがたくさん。
選手ユニフォームの展示とか、野球グッズが陳列されていたり
店内の細かいアイテムが野球由来だったりしますし、
これは、ベースボールカフェとしても、ほんとうに楽しい空間です。

し、いうことで、ごちそうさまでした

ちなみに、店名の「ROSTER(ロスター)」とは
野球用語で試合に出場できる選手枠を意味します。
そんなロスターに自分も成れたかな、と思いながら、
こちらをあとにしました。

そして、ほろよい気分で機内の人に。
乗るのは、Air Do 73D便 16:00発です。
ま、乗ったら乗ったで、機内では爆睡です。
登場直前に買った、無印のネックピローが気持ちよすぎました。

目覚めると、着陸前の東京湾岸。
翼よあれが千葉の灯だトゥラトゥラトゥラの儀をすませて、
向かい風のせいとかで若干遅れますが無事羽田着。

そこからは、18時10分発、新逗子行きエアポート急行に乗って京急川崎へ。
さらに、歩いてJR川崎に行ってから18時35分発稲城長沼行きを見送ってから
18時40分の立川行きに乗ります。

尻手以北の南武線に乗るのは、2016年に、清瀬のみゆき食堂に
巡礼をして以来です。
南武線沿線の景色は、いつ見ても、アニメ版「彼氏彼女の事情」を思い出します。
そういえば、2016年は、カレカノで作家志望の亜弥ちゃんの声を担当していた
本谷さんが芥川賞を受賞されました。

そなんなことを感じながら、南多摩駅に着。

そちらにチェックインして、
宿近くにある「伝説のステーキ屋さん」で
スタミナステーキ、メキシカンサラダ、ハイボールで
祝杯をあげて、悪をすごしたのでした。



次の日の巡礼は、また後日書きます。

ってことで。(´・ω・)ノシ
現在、稲城市某所に隠遁中。
これから山梨方面に出撃の準備をしております。

詳細については、またご報告いたします。

と、いうことで、タイトルの記事です。

☆「レストラン ケルン」(茅部郡森町赤井川106-5 )

用事があって、函館へ行って参りました。
朝食は、宿からほど近いところで、
かつて木古内町で食べられたアレを食べようと思い
開店時間の8時少し前に行ったのですが、お店が開きません。
いろいろなサイトを見たら定休日とかでもなさそうです。
15分ほど待ったのですが、結局開店する気配がないので、断念。
朝市のお店の人にも「もう少ししたら開くかも」などと言われたのですが、
普段6時台に朝食をしている身としては、8時すぎの朝食は少々ツラいです。

で、朝市の中に、海鮮以外の朝定食が食べられるところがあったので、
そちらで目玉焼き定食をいただきました。
そちらは、朝から賑わっておりました。

そして、しばし宿でゆっくりしたり、蔦屋書店で
買い物を済ませたりしてから、
昼食のため向かったのが、森町のケルンさんです。

森町とはいえ、大沼を過ぎて森町のタウンサインが見えてスグ。
森の七飯よりにお店はあります。

国道五号線沿いにあって、さらに道央道の現時点での一番南にある
大沼インターチェンジの函館よりにあるので、函館に行ったり帰ったりする時は、
たいてい横を通るのですが、
いつも駐車場には車が一杯とまっているイメージです。
が、この日は11時10分開店20分前に到着。
さすがに開いてるだろうと思いきや、すでに車がいっぱい。
周囲で待っている人も、外に出ている椅子とかに腰掛けて談笑しています

待っている人は関西弁の人だったり、
「おー、久しぶり」「元気?」と地元の方風だったり、
いろいろな方がいるようです。

お店の入り口横にあった紙に記名して、待つことしばし、
中から出てきたスタッフの方に13の紙のカードを渡されます。
そして、注文をきかれました。

この日は名物ハンバーグもいいのですが、
妙にカレーにひかれました。
こちらのカレーは

①ビーフカレー ¥800 ハーフサイズ¥500
②ハンバーグカレー ¥1,000
③ポークカツカレー 150g ¥1,050
④有頭エビフライカレー ¥1,300

といったところ。

これは、ハンバーグとカレーのいいとこどりで、
ハンバーグカレーです。

オーダーをすませて、
さらに待つことしばしで開店時間にお店に入ること出来ました。

お一人様ということで、大きいテーブル席に案内をされました。
オーダーが終わっているので周囲を軽く観察。
店内は木の温もりが温かい昔ながらのレストランというテイストです。
テーブル席が多いです。

待っていると、次々とジュージューといういい音と、
香りを漂わせながらハンバーグが運ばれていきます。

鉄板で焼かれている肉の音と香りにいやが応にも高ぶってきます。

そして、登場です。
赤で書かれたケルンのロゴのワンポイントがオシャレな
真っ白な丸いお皿に
あー、これは絶対うまいヤツです。1/3くらい盛られた白いご飯を覆う
香り高い黒褐色のカレー。そのセンターには
堂々と島のようなハンバーグが頼もしいです。
たっぷりのカレーをまとったカレー越しの肉の塊もいい感じです。

ではまずカレーからいただきますと、
香りや黒い見た目どおりの香ばしさやほんのりと感じる甘みとともに、
濃厚なウマ味がきまして、さらに穏やかな辛さがきます。

見た目の黒さ通りというか、複雑な旨みの塊が、ガツンとしたパンチになって
口の中に幸せをもたらしてくれますし、
最初の野菜由来の甘い食べ口からおっかけてくるうまみの塊
さまざまな具から出てきたであろう濃厚なコクは、欧風カレー的でもあり、
デミグラスソースにも通じるであろう味わいと色が、
パンチ効いています。

しっかりとした味わいと、
この見るからにレストランのカレーというたたずまいに
軽く感動をします。

そして、本日のメインの具材、ハンバーグを攻めます。
たっぷりのカレーを受け止めていまして威風堂々です。

表面がほんの少しだけ固めに調理されているので、軽くスプーンを入れますが、
それだけで、透明な肉滴がじわっと出てきます。
これが、ハンバーグのカレーを食べる時の最初の楽しみです。

口に入れると、ふわふわな食感にまず感動しますし、
軽くかむだけで溢れる肉滴です。
赤身っぽいワイルドな味わいが肉を食べている気持ちを満たしてくれますし、
そして、さりげなく聞いているシナモンやナツメグ。

ああ、美味しいハンバーグってこうです。
とはいえ、襟を正して食べる感じではなく、どこか温かい味わい。

カレーの濃さに挽き肉の味わいの組み合わせは最高ですし、
流れるギラギラの肉滴がカレーを更に美味しくしてくれます。
最初は透明で、すぐにギラっとする油具合に
背徳のウマさを感じるのです。

脂と砂糖は麻薬です。といった西村しのぶ先生の名言を
思い出さずにはいられません。

前述の通り、カレーはあくまでも洗練された味わい
そこに肉滴が入ってさらにオイシクなりますし、
この肉滴がカレーの味わいを深くしてくれますし
バリエーションをつけてくれながらも、
マロヤカにいただくことができるのです。

当然ライスとの組み合わせも言うこと無し。
レストランのハンバーグならではの手間が伝わって来ますし、
これが、同じくテマヒマかけられたカレーと組み合わされるのですから
贅沢な料理です。

ああ、これは美味しい。この組み合わせ最高です。
これが名物の道産牛ハンバーグです。

さらには、ハンバーグという大物がいるにもかかわらず
カレーの中にゴロゴロと入っているお肉ですが、
こちらもビックリするほど柔らかい。
さらには、赤みと脂身のバランスもよく、野趣にとんだ味わいとともに
しっかりとした肉滴と脂の濃厚な味わいの組み合わせ。

この肉の扱いをよく心得た味わい。
ステーキも食べてみたいですね。

と、うまいうまいと食べ進めていくうちに気がつくと汗だくです。
じわじわっと働きかけるスパイスが汗腺を刺激するところも
いいですよ。


と、いうことで大満足。ごちそうさまでした。

満腹を抱えて、まだ日曜午後はこれからです。

と、いうことで、「ガンちゃんの世界一面白いプロ野球の番組」を聞きながら
後志の日本海側をドライブ。
途中神恵内で温泉に入ったり、久々の当丸峠を越えたりしながら
小樽に入って、3度目の若おかみは小学生を
見に行ったというわけです。

これは、ハンバーグもステーキも食べに再訪しなければいけないです。
でも、いつ行っても混んでるんですが

いつになるのかな。


☆「レストラン ケルン」(茅部郡森町赤井川106-5 )
◇営業時間◇ 平日 11:30~18:30
土・日・祝日 11:30~20:00
◇定休日◇月曜日 ◇駐車場◇ アリ




ラジオにあったコーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については左の欄のカテゴリー「印度化計画」をクリックしてくれれば、
見ることができます。



ってことで。(´・ω・)ノシ
現在稲城市某所に隠遁中。
羽田空港から久々の南武線に乗って移動、
駅で降りて買い物に行った駅併設のスーパーに入ると
BGMが韃靼人の踊りでした。

これって、なんてカレカノ。

そんなシンクロも楽しい東京の夜です。


さて、ここからがタイトルの記事です。


10月上旬、世間的は秋の3連休でしたが、
私は初日は終日、オシゴトをきっちりこなしました。
翌日からお休みをいただいたので、
まずは小樽で散髪をしてから、札幌でお買い物。
さらに岩見沢のハズレ、国道12号沿いにある、
以前から気になっていた「モルパ」さんで、
カツミートのスパゲティーに舌鼓をうちます。

機会があれば、別のメニューもいただきたいです。

この日の宿である旭川に行く途中で立ち寄ったのが、
滝川郊外、国道12号線を深川方面に10kmばかりすすんだところにある
江部乙にあるえべおつ温泉さんです。

国道から函館本線方面に向かって、
江部乙駅のはす向かいに、あります。

年季の入った湯銭を払って中へすすむと、
雰囲気のある脱衣場があります。カゴは2つばかりうまっています。
浴室の中に入ると、むわっとくる湯の香がおでむかえ。
これが嬉しいです。

中は、温泉の湯槽が3つ、他にジャグジーなどや
サウナと水風呂があります。
湯槽はタイル張りで、町の銭湯風です。

さらに、奧の高いところに、高温の温泉湯槽
ゴツゴツした岩がいい感じです。
温泉の湧出口とか溢れる湯槽から床面に
湯の花が描く模様がいいです。
いい温泉の証です

まずは、高温の湯槽へ。
湯の香が鼻に近づいてきて盛大に香るのもいい感じで、
キモチイイです。
湯が注がれている高い湯槽から、下の湯槽へ流れているので、
2つの湯槽の温度差があるところも面白いです。
軽く湯の花が浮いているのもいいお湯の証かと。

こちらは昭和の銭湯においがする
ひねって角度をかえるシャワーつきカランなど
アジがあるのですが、

それに加えて、冷鉱泉が源泉のまま
かけ流されている湯槽がありまして、ここがお気に入りです。
お湯が掛け流されているところが全面なので
全面湯の花の色で染められてしているのが
ヌルくいアサい温泉ヲタな僕としては
ロングドライブのときには、こういうのがウレしいですね。
ここしばらくのおシゴトで、疲れも溜まっておりました。
こういうときには、いつまでも入れるような、ヌルい温泉です。
と、いうことで、肩までつかりますと、最初は冷たさも感じますが、
しだいにジワジワと馴染んで来ます。

軽く白濁したお湯は、湯の花も舞いますし、
ここの気泡のつきもいい感じで、30分くらい
ゆっくりつかることができます。

その間ストレッチなどもするのですが、
これを繰り返したおかげで
少しだけ痛痒感や倦怠感がひいた状態で
旭川に迎うコトが出来たのでした。
やはり、こちらの温泉、大好きです。

その後、旭川では井泉さんの豚カツでビールをいただいて、ご満悦。

さらに翌日、アジア金星堂さんでカレエをいただいて
大満足の連休でした。


ちなみに今まで入った温泉については左側の欄にある温泉三昧を
クリックしてもらえれば見ることが出来ます。

よろしければ。


ということで。(´・ω・)ノシ
先週の日曜は、自分の人生のレベル上げの日でしたが
免許の更新をしてきました。
にしても、手稲のあそこって、
大きい方に洋式便座ってないんですね。
久々の衝撃でしたし、いままで当たり前だったもののはずなのに、
慣れていない感じというのが、久々で新鮮でした。

さらには前日にはタイヤの交換を無事終えまして、
これで峠もバッチリです。

はー。

こうして冬へ近づいていくモノです。

そんな時期の恒例行事と言えば、
来年度のカープのファンクラブ入会ですが、



今年もダメでした(●▲●)

昨年は、ロッピーの仕様のおかげか、細々と18時くらいまで
申込が可能だったようですが、
今年は、午前中の仕事を終えて12時40分に近くのローソンにむかいましたが



受け付け終了の文字が

●▲●

昨年は5000人増
一昨年は12000人増にタイして、
今年は15000人増ということで、少しは期待をしたのですが、
瞬殺だったみたいです。

13時過ぎに公式を見たら
受付は終了しました。の文字が。

ああああ、無念じゃぁ、姉上ぇ!!


ま、でも来年度も応援をするのには、かわりはないのですが。


さて、
日本シリーズが、ホークスの日本一で終わり、
NPBの今期の全ゲームが終了しました。

カープは、ポストシーズンの4連敗クセを
なんとかしなければいけないですね。
一昨年の日本シリーズははファイターズ相手に
○○●●●●
昨年のCSファイナルではベイスターズに
☆○●●●●
今年の日本シーズはホークス相手に
△○●●●●

まずは足下からで、セ・リーグ制覇が目標になりますが、
そのあとのポストシーズンを見据えながら、
リーグでもいい戦いを見せて欲しいものです。



そんななか、カープは、
エルドレッド選手、ジャクソン選手らと、来期の契約を結ばないことを
決定しました。

ジャクソンは、なんといってもあの笑顔。
そして、カープ歴代最高外国人選手であるエルドレッド選手。
チャリドレッドとか、キラ・エルのデスノ砲とか、思い出はようけありますが、
中でも最高の思い出といえば、千葉マリンに行って生で見た
交流戦10連敗阻止のグランドスラムです。
ああ、あの興奮。今でも明瞭に思い出せます。
思えば、あの試合で先頭打者ホームラン打った天谷選手も今年で引退です。

この後どういう選手生活を送ろうとも、応援したいと思います。

そして、願わくば、選手生活を終えた後は、カープと関わるお仕事をしてほしいものですが




そのような事柄もこの時期ならありますが、
来年に備えての、今シーズンの振り返りです。


今年、観戦したカープ戦は、レギュラーゲームが20試合。
ついに大台にのせました。

さらに、カープ戦いはオープン戦2試合、
ウエスタンリーグのゲームを1試合見ました。

で、1軍のレギュラーシーズンのゲームは、
10勝10敗のイーブンでした。

昨年はレギュラーシーズンのみ、9勝8敗で勝ち越し

一昨年は、ポストシーズンこそ、1勝3敗だったので
トータルで。10勝11敗と負け越してしまいましたが、
レギュラーシーズンは9勝8敗でした。

今まで、レギュラーシーズンに絞ると、
4年連続で、観戦ゲーム勝ち越しでしたが、
今年はイーブン。ま、負け越さなかったからええんです。


そんな振り返りの詳細です。

○▽○ カープ戦
3/31(土)vsドラゴンズ @MAZDA ZoomZoomスタジアム広島 ○6-2 勝ジョンソン 敗ジー
 本D福田1号 アルモンテ1号 C丸1号
4/1(日)vsドラゴンズ @MAZDA ZoomZoomスタジアム広島 ○8-3 勝大瀬良 敗 笠原
 本Dビシエド1号2号 平田1号 C下水流1号 丸2号 エルドレッド2号
4/7(土)vsベイスターズ @MAZDA ZoomZoomスタジアム広島 ●2-4 勝バリオス S山﨑 敗ジョンソン
 本 De嶺井2号
4/21(土)vsドラゴンズ @ナゴヤドーム ●3-4 勝 鈴木博(先発ジー) 敗 ジャクソン(先発 ジョンソン)
 本Cバティスタ1号 Dモヤ1号
4/22(日)vsドラゴンズ @ナゴヤドーム ●2-3 勝 ガルシア S 田島 敗 大瀬良
 本Cバティスタ2号
5/5(土)vsスワローズ @明治神宮球場 ○10-1 勝大瀬良 敗梅野
 本Cエルドレッド5号 會澤2号 菊地5号 バティスタ5号 S山田哲9号
5/6(日)vsスワローズ @明治神宮球場 ●3-4 勝 中尾(先発 石川) 敗 一岡(先発 九里)
 本Cバティスタ6号 Sバレンティン10号 大引1号
5/26(土)vsドラゴンズ @MAZDA ZoomZoomスタジアム広島 ● 6-7勝ガルシア S田島 敗 フランスア
 本 C野間2号
5/27(日)vsドラゴンズ @MAZDA ZoomZoomスタジアム広島●7-8 勝 鈴木博(先発 大野雄) 敗 一岡(先発 九里)
 本 D平田4号 C鈴木6号
6/2(土)vsマリーンズ @ZOZOマリンスタジアム ●3-7 勝 ボルシンガー 敗 高橋昂
 本 M井上6号 角中2号
6/3(日)vsマリーンズ @ZOZOマリンスタジアム ●5-7 勝 南(先発 土肥) S内 敗 九里
6/17(日)vsホークス @福岡ヤフオク!ドーム ○13-4 勝 九里 敗 中田
 本 Cバティスタ9号 鈴木9号 Hデスパイネ15号 16号 塚田3号
8/18(土)vsベイスターズ @横浜スタジアム ○4-1 勝 大瀬良 S 中﨑 敗 浜口
8/19(日)vsベイスターズ @横浜スタジアム ○9-7 勝アドゥワ(先発 戸田) S 中崎 敗今永
 本C丸27号 De山本1号 ソト23号 宮﨑22号
8/25(土)vsドラゴンズ @MAZDA ZoomZoomスタジアム広島 ○6-2 勝大瀬良 敗大野雄
 本D平田7号 ビシエド20号 C丸29号 バティスタ20号 鈴木25号
9/1(土)vsスワローズ @明治神宮球場 ○8-3 勝大瀬良 敗 カラシティー
 本 C鈴木27号
9/2(日)vsスワローズ @明治神宮球場 ○7-3 勝 アドゥワ(先発 戸田) 敗石川
 本 Cバティスタ23号 菊池12号
9/8(土)vsドラゴンズ @ナゴヤドーム ●5-6 勝 藤嶋 S 佐藤 敗 大瀬良
 本 C丸35
9/9(日)vsドラゴンズ @ナゴヤドーム ●3-4 勝 祖父江(先発 鈴木翔) S佐藤 敗 ジャクソン(先発高橋樹) 本 C野間5号 會澤13号
9/29(土)vsジァイアンツ @東京ドーム ○8-7 勝 永川(先発 戸田) S 一岡 敗 山口俊(先発 今村)
 本 G坂本16号 17号 田中俊2号

カープ二軍戦
5/4(金)vsホークス @タマホームスタジアム筑後 ○8-6 勝 オスカル(先発 加藤) 敗 飯田(先発 和田)

カープオープン戦
3/17(土) vsゴールデンイーグルス @静岡草薙球場 ●3-5 勝辛島 sハーマン 敗 カンポス
 本 美間1号
3/18(日) vsゴールデンイーグルス @静岡草薙球場 ●4-5 勝岸 S池田 敗 大瀬良

カープ以外のゲーム
7/10(火)ゴールデンイーグルスvsバファローズ @山形きらやかスタジアム 3-2 勝高梨(先発 美間)
 Sハーマン 敗山本(先発 アルバース) 本Bs吉田正12号 E今江6号
7/21(土)ファイターズvsホークス @札幌ドーム 3-2 勝 杉浦 S石川直 敗 攝津
 本F中田18号
8/15(水)ファイターズvsマリーンズ @札幌ドーム 4-1 勝 村田S浦野 敗 酒居
 本F淺間1号 渡邉3号
8/19(日)バファローズvsホークス @京セラドーム大阪 4-8 勝 加治屋(先発 大竹)S森 敗 山田(先発 松葉)
 本H 今宮6号
9/4(火)ファイターズvsライオンズ @旭川スタルヒン球場 3-7 勝 多和田 敗 堀
 本L中村24号 F中田25号
9/17(月)ライオンズvsホークス @メットライフドーム 8-1 勝増田(先発 ウルフ) 敗ミランダ
 本 H上林21号 L栗山7号 中村26号
9/24(日)ゴールデンイーグルスvsライオンズ @楽天生命パーク宮城 3-4 勝ヒース(先発多和田)S増田
敗宋家豪(先発藤平) 本L浅村30号 山川44号 栗山8号 中村27号
10/2(火)ファイターズvsライオンズ @札幌ドーム 2-3 勝 榎田 Sマーティン 敗 マルティネス
 本 F松本1号
 
イースタンリーグのゲーム
8/9(木)ベイスターズvsジャイアンツ @横須賀スタジアム 2-13 勝田口 敗飯塚
 本 G和田16号 De中川大3号 


今年は、昨年に引き続き、カープのレギュラーゲーム、オープン戦、2軍戦を見たのに加えて、
イースタンリーグのゲームも30年以上ぶりに行きましたし、

パ・リーグだけのゲームは、昨年4試合だったのですが、
3試合増えて、7試合見ました。

パ・リーグに関しては、
初めて山形まで足を伸ばした、ゴールデンイーグルスvsバファローズ戦に加えて、
夏の大お祭りの時に「京セラドーム行ってないんですか」の一言に発憤して、
「京セラ」のデイゲームに行って、途中まで見てから、
セのナイターに備える、強硬ダブルヘッダーにしたこともありましたし、
時間が比較的にとれる時期に、メットライフドームや旭川スタルヒン球場といった
夏の大お祭り前には行ってない球場でのゲームに参戦したのも、
夏の大お祭りでのスペースを訪れてくれた人に
後押しされたことがデカかったです。
それにしても、30日間で、ライオンズの勝ちゲームに
4つも立ち会えるとは、改めて、山賊打線恐るべしです。


とにかく、1軍戦レギュラーゲームだけで年間27試合
+ 2軍戦 2試合 オープン戦2試合で、合計31試合というのは
自分史上最高の観戦数です。


で、カープ戦を振り返ってですが、
開幕カードのうち、2戦目、3戦目を観戦して、
ともに勝利と言うことで、幸先いいなと思ったら、3連敗。
さらに、GWの神宮で1つ勝ったと思ったら
そのあとは、まさかの5連敗です。

ドラゴンズ戦は、カープ的にも苦戦しましたが、
自分的にも鬼門でした。
この時期の8敗のうちで、ドラゴンズだけで4つ負けてます。

そんな勝てない時期も続きましたが、
そのあとは交流戦のホークス戦の白星をきっかけに5連勝。

その後ドラゴンズにまたまたまた2つ負けますが、
最後にジャイアンツに一つかって、星を五分に戻して、
さて次の日で勝ち越し、負け越しが決まるという所で、
台風で無念のリタイヤ。そんな感じでした。


訪問した日は土日ということで大瀬良投手が投げたゲームが多かったです。
大瀬良投手8試合(5勝 2敗)
中盤からの日曜はローテのお試し枠ってことで、
九里投手の先発にも4試合(1勝1敗)、戸田選手の先発にも3試合立ち会っています。
(うちリリーフのアドゥワ投手が2勝永川投手が1勝)

ホームランでは、バティスタ選手のホームランを6本
丸選手のホームランを5本、誠也選手のホームランを4本
さらに下水流選手のホームランも見てます。

今年も外国人ピッチャーに勝ちが付くゲームに久々にたちえあえました。

と、いうことで、今年のまとめです。
カープ戦
勝ちゲーム。ドラゴンズ、スワローズ3勝
ベイスターズ2勝
ホークス、ジャイアンツ1勝
負けゲーム ドラゴンズ 6敗
マリーンズ 2敗
ベイスターズ スワローズ 1敗


カープ戦以外 
ライオンズ4勝0敗
ファイターズ2勝2敗
ゴールデンイーグルス1勝1敗
ホークス1勝2敗
バファローズ0勝2敗


投手
大瀬良 5勝2敗
アドゥワ 2勝0敗
永川 1勝 0敗
九里 / ジョンソン 1勝1敗
中﨑 2S
一岡 2敗1S
ジャクソン 2敗
フランスア / 高橋昂 1敗

カープ戦 他チームの勝ちp
鈴木博 ガルシア2
祖父江 藤島 南 ボルシンガー 中尾 バリオス

ホームラン
バティスタ6 丸5 誠也4
會澤 菊池 野間 2
下水流 エルドレッド 1
他チームのホームラン
平田 3 ビシエド2
アルモンテ 福田(D) 嶺井 モヤ 山田哲 バレンティン
大引 井上 角中 デスパイネ 塚田 ソト 山本
宮﨑 坂本 田中俊 1

という感じです。



来年は、まずは沖縄のキャンプに参戦して、(宿は予約しました!!)
さらに、オープン戦も参戦して、

そして、(仕事の部署とシフト次第ですが)出来れば今年を上回るだけ
野球を見る事ができたらな、と思っています。

特に、今年は昨年1ゲームも見ることが出来なかった
タイガースのゲームを見たいです。




では、また(´・ω・)ノシ
☆「SOUP CURRY KING」 (札幌市豊平区平岸3条16丁目1-1 )

アニメ「風が強く吹いている」、面白いですね。
願わくば、もう少しそれぞれのエピソードを掘り下げて、
できれば2クールで…などと思ってしまうのは、贅沢すぎる願いなのですが。
そんなアニメ化が決まってから、行きたかったお店がありました。


10月下旬のある日、前日は所用をすませてから、
札幌で、「若おかみは小学生」を見て大満足。
そんな翌日、買い物し、温泉に入りがてら自宅へ戻るのですが、
コーチャンフォーミュンヘン大橋店で買い物をすませてからよったのが、
KINGさんです。

到着したのが、開店10分前。
駐車場にはすでに1台入っていまして、

ゾロゾロと私の後に列ができ出しまして
結局いつものKINGの開店前です。
時間になったので、スタッフの方に従ってお店の中へ入りますと
カフェのようなキレイでオシャレな店内に迎えられます。

お一人様ということで、カウンター席に案内されます。
お年を召したカップルとか、女性のグループとか、男女のグループとか、
に混ざって、野郎一人客もいます。

大きく明るい窓、白い内装、濃焦茶色の床というシンプルですっきりした色調の店内に
白いソファーのような合皮のすわり心地が良いイスとこげ茶いろの机に、
同じ色のカウンターカウンターの前には高い銀色の足した黒い合皮っぽいイス。
カウンターが6席、テーブル席が16席で、
テーブルの上には、ちっちゃい観葉植物が置かれています。

ではいつものようにメニューを吟味いたします。

チキンカリー 980円
定番のやわらかチキン。皮はパリッパリ!
チキンレッグ、じゃがいも、にんじん、ピーマン、キャベツ、ウズラチキン
野菜カリー1250円
定番チキンカリーにたっぷり11種類の野菜が入ったカリーです。
チキンレッグ、じゃがいも、にんじん、ピーマン、キャベツ、ウズラ、ナス、
しめじ、れんこん、おくら、ブロッコリー、ヤングコーン、かぼちゃ
ポーク角煮カリー 1030円
豚バラ肉を醤油・酒・砂糖でじっくりやわらかくなるまで煮込みました
豚角煮、じゃがいも、にんじん、ピーマン、キャベツ、ウズラ
ポーク角煮野菜カリー 1300円
ポーク角煮カリーにたっぷり11種の野菜が入ったカリー。
豚角煮、じゃがいも、にんじん、ピーマン、キャベツ、ウズラ、ナス、
しめじ、りんこん、おくら、ブロッコリー、ヤングコーン、かぼちゃ
ラムカリー 1080円
下味をつけ、赤ワインとしょうがでじっくり煮込んでますので、臭みも無く、やわらかジューシー!
ラム、じゃがいも、にんじん、ピーマン、キャベツ、ウズラ
ラム野菜カリー 1350円
ラムカリーにたっぷり11種の野菜が入ったカリー
ラム、じゃがいも、にんじん、ピーマン、キャベツ、うずら、ナス、
しめじ、れんこん、おくら、ブロッコリー、ヤングコーン、かぼちゃ
納豆挽肉カリー 950円
納豆の入ったくせになるカリー
納豆、挽肉、長いも、にんじん、ピーマン、キャベツ、うずら、おくら、ブロッコリー
牛スジ豆腐カリー 1150円
コラーゲンたっぷりの牛スジを和風だしでトロットロになるまで煮込んでいます。
豆腐といっしょにヘルシーにどうぞ!
牛スジ、豆腐、長いも、にんじん、ピーマン、キャベツ、ウズラ、水菜
野菜カリー 1030円
たっぷり11種の野菜が入った体にうれしいカリー。
じゃがいも、にんじん、ピーマン、キャベツ、ウズラ、ナス、しめじ、
れんこん、おくらブロッコリー、ヤングコーン、かぼちゃ
シーフードカリー 1350円
バターソテーしたシーフードがたっぷり入ってます!
エビ、ホタテ、イカ、アサリ、ムール貝、じゃがいも、にんじん、ピーマン、キャベツ、ウズラ

あと、限定メニューやマンスリーメニューがあります。

辛さの選択が
0番 - 辛さは一切無いです
1番 - ちょい辛です
2番 - オススメの辛さ、中辛です
3番 - 辛口です
4番 - 激辛です
5番 - もっと刺激がほしい方!
6番 (+50円) - ここからピッキーヌ入り
7番 (+50円) - グッジョブ
8番 (+100円) - グレート!
9番 (+100円) - スーパー!
10番 (+150円) - エクセレント!
Jack (+150円) - 辛さのジャンキーです
Queen (+200円) - 辛さ女王様級
King (+200円) - 辛さ王様級
Joker (+250円) - デスソース入り

トッピングの選択が、
ウズラ・温泉タマゴ・納豆・豆腐・オクラ(3本)・ブロッコリー(3個)・レンコン(2枚)
ナス・かぼちゃ・きくらげ・100円しめじ・まいたけ・小松菜・150円
カゼトッピング (焦がしニンニク+白髪ネギ)・フィッシュフライチーズ(ライスON or チーズIN)・200円
餃子・ ソーセージ・挽肉 - 250円
チキンレッグ・ベーコンステーキ - 300円


だそうです。

にしても、デスソースってw… いつ見ても気になります。
最近は、昔ほど辛さに対して積極的ではなくなったので、
たぶん挑戦することはないでしょうが…

ということで、今回はラム野菜カリー
辛さ三番。温泉卵トッピングでオーダ

一心地ついたので、BGMの洋楽に耳を傾けながら、改めて周囲を軽く見渡します。
ポスターこそはなくなっていましたが、藍井エイルさんのサインも張られています。
などと思いながら待っていると、

淡いカフェオレ色に縁取られたアイボリーのまん丸なお皿と、
セットのような柄のオシャレなボウル状の器に入ってカレーとライスが登場。

スープの色は、明るいオレンジ色にアイボリーっぽい乳白色を
混ぜたような色合いの非透明系白濁スープです。

スパイスの香り、豚の脂やエキスっぽい香り、鰹節の香りに加えて
納豆の香りが混ざって鼻を刺激します。
やさしげな色合いで、普段よりも白味が強いスープの中には
人参やピーマン、ブロッコリーなどがアクセント的な色鮮やかさ。
さらにふんだんに散らされている濃い緑色を保った星型の輪切りのオクラが特徴的です。
色味的にはスープとかぶりますが、長いもや温玉、うずらの玉子や挽き肉もいい感じです。

ライスは押し麦の入ったターメリックライスで、目に優しい黄色いものが、
淡い色合いのお皿の上で輝いています。

と、いうことで、まずはスープを一口イタダキマス

クリーミーな乳白色っぽい見た目なので、
こってりとしたコクがくるのかと思いきや、
カツオ節っぽいサワヤカな感じの飲み口が最初にきて、
次第にコクや、軽く酸味が利いたウマ味のパンチが訪れます。

カツブシの味わいは、旨味のエッセンスのみが抽出されて
前日食べたイエローのカレーもカツブシ香がすごかったですが、
いかにもなカツブシ味ではなくて、旨味のみが抽出された感じ。
これは洗練された感じで、どちらが上とかはないです。好みの問題。どちらも有りです。

そして、すぐにスパイスの刺激が来ます、味わいのベースがしっかりとしているので、
飲み口はすっきりしていますが、複雑な味わいの旨味があって
スパイスが主張するトンガった刺激が浮きません。
スパイスの刺激が美味しさの一要素として、機能しています。
このベースこそが、乳白色がかった色の原因である、
鳥がらやゲンコツを煮込んでできたコクと
鰹節やコンブからとったウマミがあるスープのダブルスープです。

スープを形作る素材の個性を生かしながら、
一つ一つの味が決してでしゃばらず、ジャマをせずに馴染んでいる
美味しさとコクの深さです。

さらに、トマトのほのかな酸味交じりの旨みが、味を複雑にしています。
最初は比較的あっさりとした印象を受ける飲み口に反して、
口の中は、スパイスの刺激とともに うまみ、コク、などの
カレーのウレしい濃さが次第に溢れてきます。

そんな白濁スープも同じですが、こちらはそこまで動物感がないですし、
こちらもエッセンスを抽出していて、
濃厚な味わい。でも後味はすっきりというところも

いいです。というかすごいです。

そして具材ですが、豚の角煮のようなゴロッとしたラム肉は、
中までとろりとやわらかく煮込まれていながら、ラムの味わいが濃厚です。
この獣の味がたまりません。
スープ、ライスとの相性が抜群です。

素揚げのシメジは、そのうまみといい、食感といい 香ばしさといい。
凄みを感じます。
南瓜は、やさしいほっこりとした食感と
爽やかな甘さ。ややねっとりとしたところも
優しい。秋の味です。
ナスは、少し固めですが。しっかりと油とカレーをすって
しっかり美味しい秋なすです。
ジャガイモ、爽やかなもったり感が素敵ですし、
こんな秋が詰まったカレーって最高です。
スープカリーのハロウィンパーティーやー
渋谷で軽トラ倒すぞ

ブッコリーの香ばしさは、ここならでは。
オクラ。表面の油で周辺のスープが透明
人参もあまくて、キャベツ。ぱりぱり
ピーマンもいいっすなぁ。

これが、やや濃い目に味付けられた押し麦入りのターメリックライスと
良くあうのです。

ここにウズラたまご。そしてトッピング温玉。
色合いは地味ですが、いいよこれ。

ということで、うまうまと食べ進んでスープ残り1/4、ライス残り1/4になったところで、
いつものように、残ったライスをスープに入れて
まずは鶉の卵の黄身をときながら混ざるにまかせていただきまして
ほんとうのほんとうの終盤で、とっておいた温玉を一気に如月喰いです。

半熟卵の黄身でマイルドになったとはいえ、今までさんざん食べ進めていったので、
蓄積された辛さのおかげで軽く唇はヒリついていますし、
頭だけでなく、うなじまでダラダラと汗をかいていますが、これがいいのです。

口直しの水を飲んで、
唇が軽くヒリつく、キモチよい痛痒感を覚えつつごちそうさまでした。


「迷わずに今~♪」と鼻歌交じりで、こちらのお店を
あとにして、温泉に向かったというわけです。


あと、この店の紹介をする度に毎回書いていますが、
つねに「駅伝脳」で「マンガ脳」な僕は
「キング」と聞くと、
「お前なら 立派な詐欺師に 就職できるでぇ」名言を残した
「風が強く吹いている」(原作 三浦しをん さん マンガ 海野そら太 さん)で
箱根駅伝8区担当の「キング」を思い出してしまうのです。

にしても、「風強」ってアニメ化では、キングは関西弁ではありませんが。


そんなKingもみたかったです。



☆「SOUP CURRY KING (スープカレーキング)」(札幌市豊平区平岸3条16丁目1-1 )
◇営業時間◇平日 11:30~15:00 & 17:00~23:00 (L.O. 22:30)
土・日・祝 - 11:30~22:00 (L.O. 21:30)
◇定休日◇水曜日 ◇駐車場◇有り ◇電話◇011-821-0044


ラジオにあったコーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については左の欄のカテゴリー「印度化計画」をクリックしてくれれば、
見ることができます。



ってことで。(´・ω・)ノシ
野球で遠征をするために
お休みの日のシフトを軽めにしていた反動とかで、
遠征のない時期は、土日もお仕事になります。


そんな時の癒しは近場の温泉です。

三連休のうち3日ともオシゴトのある、その中日
オシゴトは朝7時30分からですので
ここはいっちょ、朝風呂でも行きますか。

ということで、朝5時30分に自宅を出てむかったのが、
アンヌプリ温泉湯心亭さんです。
こちらは朝の6時から日帰り入浴をやっている有りがたい施設です。
(以前は、薬師温泉やワイス温泉も朝風呂を楽しめましたが、
薬師温泉は現在休業中で、ワイス温泉は朝風呂をやめていく久しい
と、いうことで、現在、日帰り入浴の朝風呂は、湯心亭さん一択)

透明なクセのないお湯がいい感じで、
しっとりとしたやさしい湯あたりが、
近くの笹濁色で硫黄香がぷんぷんただよう、ニセコグランドホテルさんとは
大きく異なりますが、双方ともに素敵な魅力があります。
この近距離でこの湯質の差って、地球の神秘です。

そんなことを考えながら、NHKラジオ第一のマイあさラジオをドライブの友に
車を走らせること、駐車場には、車が結構とまっています。
この時間帯なら観光の宿泊客でしょう。
初秋のニセコも人気になってきました。

そんなことを感じながら、大きい暖簾状の布が雰囲気を出している
和の設えの入り口へ。
重い木の扉についている、自然木の掴手を動かして中にはいると、
軽く香が焚かれているのか、いい匂いがお出迎えです。
自販機で湯券を買って、手渡しをした後
清潔な感じの廊下を歩きお風呂へむかいます。

脱衣場にはあいた籠しかありません。

ドアを開けて浴室にはいると、ムッとする湯気とともに、
どこか針葉樹を感じる湯槽の香りがまざった湯の香がお出迎えしてくれて、
これだけで心がほっこりします。
この針葉樹の香りがこちらの温泉の最大の特徴です。

中はそんなに広い浴室ではないですが、
4m程度の半円形の湯槽からは、透明なお湯があふれて、
これ見るだけでいい気分です。
浴室の床についている、湯が流れた跡が作る模様もいいです。

まずは湯槽に身を沈めるますが、小さい分だけ
湯があふれる勢いもあってザブンという音も混みでいい感じです。
漂う湯の香も、鼻が水面に近くなるので、より感じることができますし、
お湯もしっとりと体を包みます。
いいお湯です。
そんな感じで、しばらく内湯を楽しんでから露天風呂へむかいます。

扉をあけて、しっかりとしたつくりの屋根がつけられた廊下を歩いていくと、
スロープになっていて、次第にお湯の中に入っていくという面白いアプローチ。
この緩やかなスロープが遊び心を感じます。

そして、内風呂がこぢんまりとしているのに対して、
露天は広々としています。
火山地帯ならではの、でかくて黒いゴツゴツした庭石みたいのが
ゴロゴロとあって、本当におちつけるいい風情です。

男湯と女湯は、木の塀で区切られていますが、
その境目の部分からは勢いよく、お湯が流れていて、
その音が周囲に響きます。

お湯もつるっとした湯触りがよくて、しっとりとした感じになります。
軽く口に含むと、ほのかな苦味と塩分が感じられるのも、いいお湯です。

中央には、東屋みたいな大きな屋根がついていて、
そこの下に寝転がることができる大きい滑滑の石があります。
ここにごろんと寝転がって湯が湯槽に流れ込む音を聞きながら
ぼーっとすると

あー、 気持ちいい~。朝からも~しわけない。
流れるお湯の音と小鳥の鳴き声に意識を飛ばします。

しばらくしてから、一旦内湯に戻って、身体などを洗ってから
再び半円形の湯槽に身を沈めて、
全身で湯を楽しんで、再び湯の香りを鼻先近くで堪能。

それにしても、観光シーズンのこの時期に
こんないい温泉を貸し切れるという幸せに感謝をしていると
ガラガラとドアがあいて、朝食前の温泉組でしょうか
何人かが入ってきます。

私は、露天、内風呂それぞれ堪能したので、
ここらへんでおいとましましょう。

着衣をして、フロントに行くと、
ご飯が炊かれた香りなど、
朝食準備中ならではのいい香りが鼻腔をくすぐります。
こちら、フロントの奥に食堂があるのです。
ホテルの朝食、いいですね。
以前、こちらに宿泊したときの朝ご飯が
たいへん美味しかったことを思い出しました。


そして、すべてを済ませて外に出まして、外に出ると
きりっとした空気と、緑の香りが強めの香りで
改めてシャキッとする気分がいいです。

と、オシゴト頑張りますか。と独りごちて
オシゴトにむかったというわけです。

ちなみに今まで入った温泉については左側の欄にある温泉三昧を
クリックしてもらえれば見ることが出来ます。

よろしければ。


ということで。(´・ω・)ノシ
☆「Soup Curry Yellow(イエロー)」
(北海道札幌市中央区南三条西1丁目 12-19 エルムビル1F )

10月下旬のある日、札幌で、「若おかみは小学生」を見て参りました。
映画は大満足。この時は、2度目ということもあって、落ち着いて音楽のほうも
気を配って視聴することができました。
が、途中からやはり作品世界にぐーっと引っ張られて、
最終的に目をウルウルさせて終わったわけです。

で、映画が終わって、時間は19時30分をまわっています。
三省堂書店でお買い物をしているうちに時間が経過して、
夕飯を食べようと思ったお店が、第1候補、第2候補ともに
閉店してしまいました。

で、さらに数件にふられて、「もう、宿の近くの×将でいいや~」
と、思いながらススキノに戻ったのですが、「王×」も
満席で何人か並んでいます。

えええええ。

そして、宿に向かうときにヒラメイタ。
ダメもとでイエローに行って、もしムリならAで蕎麦だな。
と思った所、入り口横のカウンター席が思い切りあいていました。

ラッキー。

ただ、前で待っているカップル2人用の席が空かないので、
そちら、お2人の席があくまで、少しだけ待たされますが、
全然問題なしです。

ということで待つことしばしでカンター席で
高いストゥールに腰を降ろして、カウンター席の上にある
メニューを吟味です。

カリーのご注文方法
①お好きなカリーをお選びください
 ↓
②③ スープ、ライスにトッピングはいかがですか?
 ↓
④⑤ 辛さ、ライスの量をお選び下さい。
 ↓
⑥ ご一緒にお飲み物はいかがですか。

①スープカリー(ライス付き)
 ・基本野菜・ 全てのカリーに入ってます
ナス、ニンジン、ピーマン、イモ、レンコン、うずらの卵)

チキン野菜カリー 1,200円 ダントツ人気No.1
(骨付き鶏もも肉・ブロッコリー・カボチャ・オクラ+基本野菜)
角切り炙りチャーシューとオクラのカリー 1,250円 人気No.3
(皮付き豚バラ肉、オクラ+基本野菜)
豚角煮カリー 1,100円 人気No.4
(付き豚バラ肉+基本野菜)
鶏ごぼう団子と煮込み大根のカリー 1,000円
(鶏ごぼうだんご、大根+基本野菜)
じっくり煮込んだラム肉とBlueHerbのカリー 1,300円
(ラム肉、大葉、みょうが、小葱 +基本野菜)
殻ごと食べられる海老カリー 1,300円
(ソフトシェルシュリンプ、ムキ海老、えび団子+基本野菜)
チキンカリー 1,000円 人気 No.2
(骨付き鶏もも肉+基本野菜)
野菜カリー  1,000円  人気 No.6
(南瓜、ブロッコリー、オクラ +基本野菜)
豆富カリー 900円
(木綿豆富 +基本野菜)
フィッシュフライカリー 900円
(白身フライ +基本野菜)
もつ鍋風スープカリー 1,350円
(道産牛小腸、キャベツ、ニラ+ 基本野菜)
豆富ハンバーグカリー 950円
(豆富、鶏挽き肉 +基本野菜)
ベーコンステーキカリー 1,200円
(ベーコン、キャベツ +基本野菜)
鶏ささみのクリスピーチキンカリー 1,000円
(鶏ささみ +基本野菜)
水ぎょうざのカリー 900円
(水ぎょうざ +基本野菜)

②スープへのトッピング

温泉玉子(人気) 100円
納豆(人気) 100円
とろろ芋 200円
うずらの玉子 (3ケ) 100円
フライドガーリック 100円
クリスピーオニオン 100円
煮込み大根(人気) 150円
木綿豆富(1/3丁) 150円
カマンベールフライ(1ケ) 100円
フィッシュフライ 200円
豚角煮(1ケ) 200円
チキンレッグ 300円
ベーコンステーキ 300円
鶏ごぼう団子(3ケ) 200円
豆(大豆) 150円
オクラ (3本) 100円
ブロッコリー (2ケ) 150円
かぼちゃ (1枚) 100円
キャベツ 150円
舞茸 250円
なす150円
野菜増し(ブロッコリー2+かぼちゃ1+オクラ2) 200円
スープ大盛り 200円

③ライス・トッピング
チーズ(人気) 150円
温泉玉子(人気) 100円
フライドガーリック 100円
クリスピーオニオン 100円
マヨネーズ 50円
マヨガーリック(隠れ人気) 200円
マヨオニオン 150円


④辛さ
1 ポカラ 辛味は入ってません(追加料金なし)
2 ゴレパニ ルーカレーの辛口くらい(追加料金なし)
3 カグパニ 普通の人には辛いかも(追加料金なし)
3.5 ジャルコット 激辛好きはこの変から (追加料金なし)
4 ムクティナート Oh…(追加料金なし)
5 トロンパス /4+刻み&ホールピッキーヌ (+200円)
6~10 辛味スパイスが大量に入るので、スープにトロミが出てきます
(+300円)
11~20 ほとんどの人が完食できません (+400)

②ライス
・ライスなし -50円
・ライス普通盛 茶碗1杯 無料
・ライス中盛 普通盛りの1.5倍 無料
・ライス大盛 普通盛りの2倍 無料

※無料サービスの大盛り、中盛りを残した場合は
100円頂きます。
・ライスおかわり普通盛り 100円
・ライスおかわり中盛り 150円
・ライスおかわり大盛り 200円


といったところです。

オーダーしたのは、もつ鍋風カリー、辛さ3.5
トッピングはなしで。
ハイボールとともにオーダーです。

ハイボールをいただきながら、周囲を軽く観察。

照明落とし目の店内は、カウンターの向いにずらっとレコードが飾られていたり
ライブの告知ポスターなどが貼られており、
DJブースもあって、どこかライブバーっぽい雰囲気があって
ハウス系のBGMとよくあいます。

そして、待つことしばしでいいかおりとともに登場です。

黒い陶器の端とかが、鈍い銀鼠色に縁取られて光る
オシャレな器が印象的で、
中には白濁した明るいオレンジ色がかった非透明系スープです。
そして、白いスープと、白いモツがいい色合い。
ニンジンとニラの色合い鮮やかで映えます。

では、まず一口。
クリーミーな見た目どおりの、とろっと濃厚な味わいです。
スパイスの香りとともにガツンと感じる鰹節の風味がいい感じですし、
出汁がしっかりと存在感のあるあじわいで、このベースとともに、
口に入れると、肉のうまみやエキスがたっぷりと
感じることができます。

このとろっと加減と、ぶっとい肉のエキスは
とんこつラーメンのスープにも通じるところがあります。
スープは豚骨と鶏ガラから、高圧釜で取っているそうで
豚骨と鶏ガラのダブルスープにしっかりと効いた出汁の味わいが、
ほんとうに美味しい。

コクも旨みもしっかりしていて、ボディーのしっかりした
インパクトのある味わいです。
この旨味が口いっぱいに広がり、しっかりとしたボディーが感じられるので
スパイスの刺激と辛さが浮かずに、うまさの一要素として
しっかりと働いています。というか、このスパイシーさが
旨さをさらに引き立てて、また一口、また一口と食べたくなる。
そんなカレーです。


そして、食べ進めていくと、肉の旨味が辛さとともに
次第に蓄積されてくる
飲み口も見た目通り、濃厚なだけでなく、
次第に濃くなる旨さがいいです。

さらに、具のモツですが、これが、ほわほわでくにくにです。
食感のたまりませんが、味わいも
軽くかむだけで、脂とともに肉滴が染み出てきて
口の中に広がります。
モツ自体は、そこまで個性的な具材ではないですが
スープカレーがしっかりあいます。
ニラの青さとともに、美味しくたべさせてくれます。
キャベツの自然な甘さもいいですよ。

カレーはとんこつですし、モツもニラもキャベツも美味しい。
これは確かにモツ鍋だわ。

ならばフライドガーリックトッピングだったな。

その他具材では、
ニンジンも自然な甘みがあって、やわらかく、
スープの辛さとあいまって甘さが引き立つって感じですし。

ブアツイレンコンは、ブアツさゆえに、シャクシャクの歯ごたえが
気持ちよいです。

ナスは、ナス汁と、油で美味しくなっているところ、
カレースープを吸って相乗効果でエラいことになってますし

じゃがいものホクホクしながらアマいのは言うに及ばず

他店では、色合い調整か添え物や味かアクセント的な役割の
ピーマンですら、分厚くて、歯ごたえよくて
かめばピーマンのもつ旨さがしっかりと出てくるので

こんなレギュラーの具材までもしっかりとオイしいところは、
人気店の人気店たる所以。

こちらの九穀米のレモン添えも、
このクリーミーでスパイシーなカレーに
ベストマッチです。

そして、ライス・スープともに
残り1/4になったところで最後のお楽しみ
九穀米を残りのカレーに入れていただきます。

ライスにいろいろなものがからんできて、最後の最後
スープの一滴まで、スパイスの一粒までをも飲み尽くすことができます。


そして、最後にハイボールをあおって、
大満足デアリマス。

と、この日の宿へと戻ったのでした。



☆「Soup Curry Yellow(イエロー)」
(北海道札幌市中央区南三条西1丁目 12-19 エルムビル1F )
◇営業時間◇11:30~22:00(LO21:30)
◇定休日◇ 無休 ◇駐車場◇ 契約駐車場有り
◇電話◇ 011-242-7333





ラジオにあったコーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」をクリックしてくれれば、
見ることができます。


では。(´・ω・)ノシ
テレビでは、連日の日米野球で盛り上がっています。
地上波で野球が見られるのはいいです。

と、はいえ、チーム自体はオフシーズン。
今年は気がかりなこともあるので、静観できないこともありますが、
そんな時期、後ひとつ、来年を思わせるものがあります。
NPBから、11月5日に、交流戦の試合日程が発表されて、
6日には、セントラルリーグの試合日程が発表されました。

まず気になるのは交流戦

来年よりも1週遅れの6月4日スタート。
来年のカープは
  
6/4 5 6 対ライオンズ メットライフ
6/7 8 9 対 対ホークス MAZDA
6/11 12 13 対 対ファイターズ 札幌ドーム
6/14 15 16 対ゴールデンイーグルス 楽天生命パーク
6/18 19 20 対マリーンズ MAZDA
6/21 22 23 対バファローズ MAZDA

最終戦がホークスではないというのに
少し違和感あります。

ということで、今年のカープは、札ド、楽パーと、
北日本遠征があります。

でも、11~13って、高確率で出張が入りそう。

なんで2週ずれたんだよぉおおおおおお!!!

ということで、行ければ札ドに、さらに、楽パーは万難を排しても参戦します。
あと、マツダのゲームも行きたいです。
(チケットがとれたらですが…、今年もMAZDAのチケット争奪戦は激しそうです。)


ちなみに、札幌ドームに来るセ・リーグのチームはカープ以外に
6/4~6のスワローズ
6/14~16のジャイアンツです。



さらにレギュラーシーズンでは
週末マツダでの開催が12カード
マツダ以外での開催が11カードと約半分ずつ。

たぶん開幕戦のころは仕事の融通が利きそうなのですが
地元開催だから、チケット争奪戦がスサマジイだろうなぁ。

ならば最初の参戦でのねらい目は、翌週のマツダでのタイガース戦か
さらには、その次の週、ハマスタのベイスターズ戦かな?

とか、

さらに10連休は、神宮3 甲子園3 MAZDA3 ナゴド1
ここも狙いたいなとか、

大お祭り明けは、ハマスタとナゴド
9月の1週目、翌週のマツダもいいぞ~

なんて、日程表を見るだけでニマニマしてしまいます。


あと、2軍戦も行きたいし、今年こそは鎌スタは
絶対行きたいです。

二軍戦の日程は1月発表。
そちらも楽しみです。


そんなことを考えるのも楽しい時期です。

ま、今年以上にチケット争奪戦が激しくなること必至ですが。

とりあえず、来年こそはレギュラーシーズンのゲームだけで
20試合以上の参戦を目指すので、ガンバって遠征します。


あとは15日のFC申し込みです。
新規会員が15000人ということで、今年も狭き門ですが
大丈夫ですかねぇ…

ま、がんばります。


では。(´・ω・)ノシ
晩秋の伊勢路を舞台にした大学駅伝日本一決定戦、
第50回全日本大学駅伝は
青山学院大学が、出雲路に続き2レース連続で、
優勝して幕を閉じました。

選手の皆さん、関係各位のみなさん、おめでとうございます。
私は出先だったので、2区までしか見ることができませんでしたが、
白熱のレース。用がなければ、最後まで見たかったー。

そしてい、青学については、箱根で学生三冠が決まるのか??
1ヶ月半後が楽しみです。

そして、楽しみといえば、わが母校ですが、

昨年、この大会に出場以来、初の一桁順位の8位になったのに続き、
今年は堂々の5位で、シード権を獲得しました。
今年から、シードの枠が6から8に拡大しましたが、
旧のシードでも枠にはいる好成績。
またひとつ歴史を作りました。

1区の竹下選手が、学連選抜山梨学院石井選手に続き、
2位で2区にたすきをわたし、4区の1年生の遠藤選手が区間3位、
5区の小森選手が区間4位と、それぞれの勢いがあり、
6区までは3位で走っていて、その後も逃げ切った感じです。

さらに区間順位が2桁なのは、アンカーの平田選手(14位)だけで、
あとは全員1桁順位です。

出雲駅伝の6位に続いて、全日本では5位。
昨年も2つのレースで1桁順位でしたが、今年も続きまして、
さらに、昨年の順位をそれぞれ上回りました。

全日本のレースでは、わが母校以外にも、
そのほか、法政大が17年ぶりのシード権獲得。
わが母校とともに、國學院大、城西大が、初シード権
城西大はゴールまで700mのところで明治大をかわしての
シード入り。明治は8秒差でシードを逃すという、
アツいレース展開でした。

ちなみに、出雲駅伝、全日本の2つのレースで1ケタ順位を獲得したのは
以下の5校です。

出雲、全日本優勝の青学
出雲2位 全日本3位の東洋
出雲3位 全日本2位の東海
出雲 全日本 ともに5位の帝京
出雲 全日本ともに8位の城西

これに、
出雲4位 拓殖(全日本不参加)
全日本4位 駒沢(出雲不参加)
出雲6位 中央学院(全日本14位)
全日本6位 國學院(出雲不参加)
全日本7位 法政(出雲12位)
出雲9位 日体大(全日本12位)
全日本9位 明治(出雲不参加)
出雲10位 早稲田(全日本15位)

あたりを軸に
箱根の上位~シード圏争いになるのでしょうかね。


ちなみに、こちらが大会の結果です。

1位 青山学院大 5:13:11
2位 東海大 5:15:31
3位 東洋大 5:15:57
4位 駒澤大 5:17:29
5位 帝京大 5:18:34
6位 國學院大 5:19:50
7位 法政大 5:20:21
8位 城西大 5:20:29
~上位8校シード権獲得~
9位 明治大 5:20:37
10位 神奈川大 5:21:06
11位 日本大 5:21:08
12位 日本体育大 5:21:39
13位 順天堂大 5:22:14
14位 中央学院大 5:22:18
15位 早稲田大 5:23:21
16位 立命館大 5:24:46
17位 京都産業大 5:32:23
18位 皇學館大 5:35:06
19位 愛知工業大 5:38:14
20位 広島経済大 5:40:14
21位 第一工業大 5:40:21
22位 大阪経済大 5:41:44
23位 札幌学院大 5:44:34
24位 新潟医療福祉大 5:46:46
25位 東北大 5:49:34
OP 日本学連選抜 5:26:50
OP 東海学連選抜 5:36:34


箱根に向けて、楽しみが増えました。

と、いうことで、
こちらのほうは、毎年12月上旬に発売されるベースボールマガジン社の
「箱根駅伝 完全ガイド」を楽しみに待ちたいと思います。


選手やチームの皆さんにつきましては、
このあとの調整が至難の業であることは、さまざまなところで
いわれていて百も承知ではありますが、がんばってほしいと思いますし、

個人的なお話しですが、
わが母校に関しましては、今年も、シード権獲得を目指してがんばってほしいものです。

選手、ならびに監督・スタッフなど、関係者のみなさん、よろしくお願いします。
お正月に母校の走りを応援をするということを楽しみにします。


箱根まであと53日



ってことで(´・ω・)ノシ
紅葉が道を覆って車が走ると舞い散ります。
羊蹄山やアンヌプリは冠雪していますが、
まだ平地では、一度だけ雪がチラついた羊蹄山麓です。
とはいえ、何度か出勤時に氷点下だったりと、次第に冬へと向かっています。

そんなこの時期、個人的な最大の行事といえば、
冬の大お祭りの当落であります。
結果は金曜日に準備会から発送されたのですが、
木曜からネット上で発信されたとのことで、当落で盛り上がっています。

私、土曜日~日曜日はお仕事でしたが、北海道は到着が遅いから、
その日のうちには来ないだろうなと、思いながら、
住んでいる集合住宅を出てくるときと入る前に
手を合わせながら念をおくったりして入ったのですが、ありませんでした

月曜日帰った時も儀式をすませても、来てません。

そして、火曜日。いつも以上に、一日キッチリとオシゴトをしますが、
どうかきていますように、という思いで荘厳な面持ちです。

建物の前で礼をしたのちに、自宅前で二礼二拍手一礼
ドアをあけると、
果たして、玄関の靴の上に大きい封筒が

見ると、パラフィン紙の窓です。
パラフィン紙の窓だけど、住所と氏名しか書いてない。

そして、自室で丁寧に封筒を開けて中を見ると、
しっかりと、サークルスペースの番号なども書いてありました。

当選通知です。

ということで、改めていつものように、「ヨッシャー」と
ガッツポーズをしたあと小躍りして、大お祭りの神様に祈りを下げます。

9回連続での、自スペースの参加です。

冬は、2008年、2010年、2012年、2013年などに抽選漏れをしていて
比較的弱いなかでの、5年連続の自スペースでの参加です。

と、いうことで、またあの外はくっそ寒いながらも、
中も熱気で溢れている大お祭りへと出向くことができます。

貴サークル「東行本舗」は、日曜日 東地区“Q”ブロック-50b
に配置されました。

ああああああ、うれしい。またリアル世界でも、仕事でもがんばれます。

準備会から送られてきた文書を見ると、
今年は夏と同様、東1~6 西1.2にサークルが、
冬のイベントでサークルが配置されていた東7.東8ホールには
企業スペースと女子の更衣室になるようです。
ほかに企業は西3.4への配置です。

とはいえ、この配置の変更は、このあとも続くということで
やはり、オリンピックの影響というのが、ヒシヒシと感じられます。

相変わらず、オシゴト関係では結構テンパることも多く
更に新しい仕事が増えたりと、環境が変わったことで慣れない感じですが、
これでまたひとまず、この時の楽しみを支えにしながら、生きてゆけそうです。

ということで、いっちょ原稿書きも気合いれてがんばります。


ちなみに、参加日は3日目、12月31日(日) サークル名は「東行本舗」
スペースは東2ホール“Q”ブロック-50bです。


このブログであれこれ書いた、野球場で食べたカレー以外の話をまとめて
自費出版物にした「球場めしラヴァーズ」改め「キュージョーめし」を
持ってゆく予定です。

興味がありましたたら、足を運んでいただければありがたいです


畏友GMクンは日程の関係で、申し込みをパス。
畏友p氏も当選した模様です。

夏の大お祭りについての最新情報は逐次こちらで報告していきたいと思いますので
今後もよろしくお願いします。


ということで (´・ω・)ノシ
☆カレー気分 (札幌市清田区北野6条2丁目11-4 尾崎ビル1F)

苫小牧に用事がありまして、そのまま宿泊
10時前に宿を出て高速に乗って札幌へ。

当初は買い物をしてから、スープカレーでもカマそうと考えていたのですが、
恵庭IC過ぎてから、事故のために大渋滞をしています。
現場にいったら、センターラインにタイヤがひっかかっていて
上り線にも下り線にもパトカーが何台もとまって
おまわりさんもたくさんいます。
事故の大きさを物語っています。

そのわりには、ハイウェイラジオ恵庭の道路情報では
全く事故についてふれませんでした。
ま、渋滞中でも聞きたいですね、情報

結局10時15分くらいに苫小牧東で乗ったのですが、
札幌南で降りたのが11時15分ほど。

予定では、お買い物を終えて駐車場に車を入れている時間
たぶん、開店時間にはまにあわなそうです。
開店時間過ぎると、込んでて駐車場がちょっとやっかいなんだよなぁ。
ま、しょうがないかなと思いつつも、北野のあたりを車で走っている時に
ぴんっと ひらめいた。

カレー気分があるじゃないか。
開店10分前に到着。久しぶりの黄色い壁がお出迎えです。
まだ店舗の前に車はなし。ラッキーととめると、すぐに一台が来て
私の隣に車を駐めます。
5分前くらいに車から出てまつことしばしで、
「お待たせ致しました。開店です」
と中から女性スタッフの方が満面の笑みで登場。
いらっしゃいませ、おまたせしました
と明るい声で接客されますし、
まずはその声と笑顔にいやされます。

外装の黄色い壁と赤いドアが好コントラストだなと思いながら
ドアを開いて店内へ。

カウンター席のさらに奧
2人がけのカウンター席に腰を降ろしてメニューを吟味

チキン 道内産の骨なしチキン 920円
チキンやさい 1080円
ポーク 角煮風 990円
ポークやさい 1150円
ラム ラムのミートボール 940円
ラムやさい 1100円
やさい なす ブロッコリー 小松菜 940円
やさい&やさい さらにトマト入り 1100円
ミックス チキン、ポーク、ラムがいちどに楽しめます 1100円
ミックスやさい 1260円
ひき肉 豚ひき肉とコーン、小松菜 990円
ひき肉やさい 1150円
きのこひき肉 豚ひき肉 えのき まいたけ えりんぎ 1070円

すべてのカレーには
たまご 人参 いも しめじ きくらげ 水菜
○○やさいにはさらに
たけのこ なす 隠元 おくら ブロッコリー れんこん
が入っています。

辛さをお選び下さい
0 お子様でもOK
1
2 中辛
3 辛口
4   ぶなんな辛さ
5
6 大辛 辛いものが好きな方におすすめ

12
  マニア向け
30 毒

13以上は +50円
30以上は +100円


ごはんの量をお選び下さい。
少〔半分〕 100g
少なめ  150g
ふつう 200g弱  無料
中盛 250g  +30円
大盛 300g  +50円
超大盛 400g +100円

スープ大盛 +150円

お好みのトッピングをどうぞ

オクラ つぶつぶコーン きくらげ ピーマン 各50円
チーズ たまご 各70円
なす 小松菜 たけのこ ホールトマト ブロッコリー
まいたけ えりんぎ 各80円
ラムボール1ケ 180円
チキン 230円
ポーク 250円
ひき肉 190円


と、いったところ

手作りのイラスト入りのメニューがかわいらしいです。
以前見ることができた、店舗の白い壁にずらっと下がったトッピングメニューは、
最近は見当たりませんでした。
前回はひき肉きのこ 辛さは 4番だったということで、
今回は、ラムやさい。まいたけトッピング。辛さは4番、ライスは普通200g弱
です。

注文を終えて、ほのぼのとした洋楽が流れる中、スポーツ新聞を見つつ、
周囲を軽く観察します。
こちらは、そこまで広くない店内ですが、素朴なインテリアといい、
小ぎれいな内装といい、町の喫茶店みたいにくつろぐことが出来ます。
気が付くと、私以外にも、お年を召されたご夫婦とか、
家族連れの方が談笑されています。
地元の人に愛されている感じです。

まつことしばしで、よい香りとともに登場です。


ごつごつとしていて、色合いも渋く、
注ぎ口的なところもある、茶器のような器に入った具沢山カレー
食器の色が渋いので、きわだつ、目に鮮やかなオレンジ色をして
油がキラリと浮いている半透明系のスープ。
やはり、この食器にはいっているこのスープを見ると、
カレー気分だなぁと思うのです。

灰白色の皿の上にのるのは、黄色が目にも鮮やかな色合いの
ターメリックライスです。

さらにシリコーンの蓋がされたガラスのシール容器の玉葱の酢漬け。
これです。これが、カレー気分のカレーです。

食べる前に、シール容器をあけると、
周囲にプーンと漂う酢の香り。これです。これ。

一口、口に入れると、ギラっとしたた脂が浮いた感じの見た目とはことなり、
脂の味わいも抑えめで、和風テイストの漂う、すっきりして、
軽く甘さを感じる飲み口ながらも、しっかりとウマ味があって、
口の中では、刺激的でそれを補うコクや深みがたまらないです。

スープには、さまざまな具材からあふれ出た味がきいていて、
表面の脂のウマ味も濃さをもたらしてくれますし、
ウマミとコクがオイしくしているスープに調和して
よいバランスを保っています。

しっかりとした土台の味わいや軽く漂う甘みに支えられているので、
あとから、しっかりとしてキレのある、スパイスの刺激を
口内だけでなく、身体で感じられるようになるのです。

が、嚥下したのちには、いつまでも、こく、ウマ味などの
しっかりと主張をした味わいが残らずに、
すっきりとした飲み口や印象が残響のようにふわんと漂うのです。

口の中では濃いのですが、和風の出汁を使ったスープカレーにも通じるサワヤカさが
不思議な味わいながらも、巧みの技を感じます。

口の中でいくつもの変化や表情を見せてくれる 不思議で重奏的な
サラサラウマウマスープは
口の中で変化することで、何重にも違う印象をもたしてくれて、
一口一口が楽しいってカレーです。

こちらは、開店が1999年で、その後もずっと人気店であり続けたのは
このスープの魅力ゆえでしょうし、
店主の方のこだわりと技が溶けている渾身のスープです。

いいですねー、

もうこれだけで幸福ですが、
この日の具材はラムです。

この甘み、旨味、コク、濃さ、スパイシーさがありつつも
スッキリサッパリカレーですが、
カレーの濃さと、羊肉の独特の野趣に富んだ味わいが
組んずほぐれつしていて、この組み合わせがタマらんです。
表面が少しだけ固いですが、中がふっくらしていて
赤身部分の、獣肉香や味わいが色濃い部分とともに、脂身の
とろっとした味わいの差異を味わう事が出来ますし、
表面を噛みきるため少し強めに歯を立てると、
個性的な味わいの肉滴が広がります。
あー、獣肉うめー

前述通り、カレーに大変よくあうのですが、
特にカレーの中のクミンシードとのマッチングは絶妙。
「孤独のグルメ」巡礼で行った御徒町のお店で
クミンシードと羊肉の組み合わせの妙をさんざんあじわった身としては
この個性的な味わいの肉と香辛料がお互いに引き立てていて
化学変化を味わう様を追体験することができます。
あー、クミンと獣肉うめー

透明な肉滴はカレーに流れ出てきて、
カレーが混ざった絶妙な味わいがたまらなくいいです。
これも、御徒町で味わったアレです。
肉滴がカレーをさらに旨くします。

トッピングの舞茸は、揚げられた油のおかげで、
表面は軽く香ばしさがありますが、その香ばしさと
舞茸そのもののうまみがミックスされて、舞い踊る味わい。
鼻に抜ける香りもすばらしいですし、
たつぷりと入ったシメジは、旨味の塊。
トゥルンとした食感とプリプリの歯ざわり。
こちらの香りもいいです。
キクラゲも、分厚く肉厚で、これはまさに肉
というか、皮です。動物の皮のようなしっかりとした歯ざわり。 
そんな三種のきのこが、秋のあじわい。
スープカレーのハロウィンパーティーやー。
でも南瓜はレギュラーメニューにも、トッピングにもないんですよね。
残念。
このきのこからもたっぷりの出汁が出ているので、
より美味しく感じることができます。

スープを美味しくしている要素にかぶりつくことができるのですから
当然です。

その他の具材 1/2にカットされたジャガイモは
ほんのりあまく、かつほくほくの食感がやさしく、
滋味もたっぷりな秋の味わいです。
人参は、少し食べ応えを残しつつも絶妙な柔らかさで
しみじみと甘い味わいとともによし、
茄子はきれいな紫色をしていまして、茄子そのものの汁と
素揚げしたときにしみ込んだ油と、カレーの味の組み合わせが
しみじみといいです、。

鮮やかなオレンジ色のスープを彩るのが 焦がしバジルとともに、
どんとはいっているピーマンで このピーマンがしっかりと肉厚です。
ピーマン・バジルとともにスープを緑色に彩る水菜はシャキシャキで、
目にもオシャレで、しかもオイしいです。

そして、豆もほっこりとたかれながら、緑の味わいがいい感じ。

でも、この食感と、カレーのスパイシーさを考えると、
ツブツブコーントッピングしてもいいかも


コロンとまる入っているゆで卵が黄味はしっかり半熟、
スプーンでおすと、ぶよんと、面白い感触がかえってきます。
ということで、こんな濃厚スープによくあうターメリックライスを投入して、
混ぜるにまかせて、味の変化を楽しみつつ、
半熟の黄味とライスとスープを少しずつ絡めてオイシクいただきました。

このなんちゃって如月食いでも十分ウマい。


シリコーンで蓋をされたガラスの器に入った、
たまねぎの酢漬け(クミンなど香辛料入れ)もさわやかでいいですね。
「このタマネギ、箸やすめを超えた箸やすめだ」
「タマネギもおかわりくださーい」 などと、インカ料理を食べに言った
井之頭五郎氏のセリフをつぶやくのも忘れません。

と、いうことで完食。大満足のうちに、会計をすませると

お店の奥さんが、「いつもありがとうございます」といって送り出してくれましたが、
この方の笑顔って、いつきても変わらずに、すごくいい笑顔なのです。
道内外のカレー屋さんにいろいろと足を伸ばしていますが、
ここまでいい笑顔って見たことないかもです。

接客も丁寧ですし、そんな人柄があらわれているカレーでもありますし、
この方の笑顔に癒されるのも、こちらのお店の魅力のひとつかもしれません。

ということで頭からも気持ちのよい汗をかきながら、車に乗り込みまして
お買い物などにむかったのでした。



☆カレー気分 (札幌市清田区北野6条2丁目11-4尾崎ビル1F)
◇営業時間◇ 月~金 11:30~14:30、17:00~20:30
土・日・祝 11:00~20:30
◇定休日◇ 水曜日、木曜日   ◇駐車場◇ あり
◇電話◇011-885-6331




かつてラジオ内にあったコーナー 「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については 左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。

ということで。(´・ω・)
2018.11.03 (●▲●)戦終
広島東洋カープ、福岡ソフトバンクホークスに日本シリーズで破れ、
今季終戦です。

一昨年は、日本シリーズであのくやしい負け方
昨年は、ベイスターズ戦のCSでの敗退。

今期は、セのCSを勝ち抜いて
今回こそは忘れ物を取りに行くと思ったのですが…

ホークス、やっぱりすげーわ。

負けるならねじふせられると思ったのですが、
そんなことなく、細かい野球でヤられました。

カープのミスが多かったのもいなめませんし、
今となっては、そこまで盗塁にこだわらなくても
とも思います。

そういう臨機応変さ
カープにやや足りないのは、こういうところもあるのかな。


が、この経験はきっと来年に生きてきます。
昨年も書きましたが、
若さは、今回みたいな弱さも出ましたが、大いなる強みです。

緒方監督も、昨年、今年の経験から、より短期決戦への
備えを万全にしてから、来年にむけて、
さらに成長をしてくれると信じています。

カープの選手・監督、コーチ陣、スタッフと関係者の皆さん
一年間本当にごくろうれ様でした。
あなた方のおかげで、セ・リーグ三連覇の経験をさせてもらいました。
本当に、本当に、ありがとうございました。
11月上旬まで、普段より1カ月も長く
カープを応援できて、本当に幸せでした。

マツダをはじめ全国の球場を紅に染めたファンのみなさん
お互いお疲れさまでした。
この悔しさを来年晴らしてくれることを切に願い、
来年もまた球場で喉をからして選手の後押しをしましょう。

日本一は次回、また来年じゃあ、来年。
こっから切り替えて行くで。
このくやさしを胸に、来年こそ、大きな忘れ物を取りにいきましょう!!


そして、福岡ソフトバンクホークスの選手・スタッフ。ファンの皆さん
おめでとうございます。
本当にええチームでした。

が、来年またまみえるときは、負けんけぇね!
覚悟しんちゃい!!


と、いうことで、今季最後なので、
それ行けカープでしめます。
ご唱和おねがいします。


♪カープ カープ カープ広島 広島カープ  
 空を泳げと 天もまた胸を開く  
 今日のこの時を 確かに戦い  
 遙かに高く 遙かに高く 
 栄光の旗を立てよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ  

 勝ちに行くのが 選ばれた者のさだめ  
 一投一打が 勝負の全て   
 闘志をつくし 闘志をつくし 
 今ここで花と咲けよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ  

 鍛え抜かれた 精鋭の技と力    
 その意気愛して 見守る我らの  
 明日へ続く 明日へ続く 
 きりのない夢であれよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ   

 晴れのあかつき 旨酒を酌み交わそう   
 栄光手にする その日は近いぞ  
 優勝かけて 優勝かけて 
 たくましく強く踊れ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ ♪ 


やっぱり、来年はキャンプから遠征するぞーっ!!


ってことで。(´・ω・)ノシ
2018.11.02 Hikaru嬢のこと
最近、当ブログの「音楽」のカテゴリーって、
半分くらいは、考えてしまう内容が多いのですが、
今回も、そんなお話です。



Kalafinaのオフィシャルブログにこのような記事がのりました。

同じころにHarmonyのニュースにも似たような記事が載りました。
引用させていただきます。

Kalafinaオフィシャルブログより

いつも応援して頂きありがとうございます。
本日、Hikaruより皆様にご報告させて頂きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『{Harmony会員の}皆様へ』


私、Hikaruは2018年10月20日をもちまして、
株式会社スペースクラフトプロデュースを円満に退社したことを
ご報告いたします。

Kalafinaとして活動を始め、事務所にお世話になり多くの学びがあった10年間、
側にはいつも優しく心強い皆様、関係者の皆様がいてくださいました。そんな皆様と向き合い、音楽を通して全力で会話することが生きがいになっていました。
{側にはいつもあなたがいてくださいました。だからこそ刻むことが出来た瞬間…
宝物です。あなたと向き合い、音楽を通して全力で会話することが
生きがいになっていました。}

もちろん今も国内外、会える会えないに関らず、音楽と言葉、心で
繋がり支えてくださった皆様{あなた}とのあたたかな記憶、縁を大切に抱いて
生きています。

{7月31日のBirthday EvENTの際、ひとりでステージに立ち、向かい合ったことで、}
思っていた以上に、自分には10年間やってきたKalafinaが大きな存在であり、
時間であり、経験でした。{経験だったことを実感しました。}
歌い手としての人生や自分の在り方を考える岐路に立った今、
心から真っ直ぐ表現出来る旅をしていくために自分に必要なものを
探そうと思っております。
厳しい道のりにはなりますが、これを機に改めて自分と向き合い、
皆様{あなた}と誠実に向き合えるように、一歩一歩進んでいく所存です。

この10年間で出逢い、{Kalafina Hikaruを}愛情深く支えてくださった
皆様に心から感謝しております。

本当にありがとうございました。


では、またお会い出来る日まで。        Hikaru

{}内は、Harmony内のHikaruの直筆の手紙より。




10月16日のブログでは

2018/10/16 18:15

皆さん、こんちには。
Hikaruです。
本日からSPICEさんでのコラム第5回の掲載がスタート致します。
http://spice.eplus.jp/articles/211783
お時間がある時に読んでいただけたら嬉しいです。

どんなときでも時間は同じように進んでいて、その中で思うことも、想うことも、そして憶うことも増えていくけれど、それをどう紡ぐかは自分次第なんだと実感する日々です。

♪Hikaru♪

内容は、「若おかみは小学生」を見て泣いた話しとか、
タイムリーなものでしたが、

わずか4日で何があったのか。
ということですね。

ちなみに、コラムを連載しているSPICEによると、

「当SPICEではHikaruによる連載コラム「“Hikaru”のただのヲタ活」を連載しているが、今回の発表を受け連載は一時休載となる。再開を予定しているが時期は未定。」

だ、そうです。


こちらも、少し微妙です。


ちなみに、HarmonyのHPによると、



Harmony会員の皆様へ


いつもKalafina“Harmony”を応援頂きありがとうございます。

10月31日に、会報5号とHikaruから皆様へのメッセージを発送させて頂きました。

皆様におかれましては大変突然のこととなりますが、

Hikaruより、最初に会員皆様にお伝えをしたいという強い気持ちがございましたので、このような形でお知らせすることとなりましたことを何卒ご容赦頂けますようお願い申し上げます。また、“Harmony”におきましては、今後も変わらずWakanaの情報をお伝えして参ります。

どうか皆様の変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

次回以降もWakanaの最新情報につきましては、順次ご案内致します。

会報発送は1月下旬~2月初旬を予定しております。

どうぞ引き続き、Wakanaを宜しくお願い申し上げます。

Harmony事務局




うーん、この一文が、実にあの事務所らしいなぁ、と

またまた暗澹としてしまうわけです。


あのチームがあのチームに三連敗して落ち込んでいるときに
このニュースですから、ダメージもデカすぎです。



ま、でも、これでKeiko嬢同様、早期にYuki Kajiura LIVEで
再会できる可能性が増えたかも、

とポジるしかないですね。


では。(´・ω・)ノシ