FC2ブログ
現在、東京某所に滞在中。荷物をまとめて、
早朝の北海道に帰る便に乗る準備をしています。

あああ、また、負けてしまいました。
中継ぎが打たれるって、昨日も、前の神宮でもそうでした。
いいところまで行っただけに、やはりくやしいゲームです。
こらTMXのあまんちゅに逃避するしかないですわ。

ということで、あまり振り返りたくありませんが、
この日の振り返りです。

前日は悔しい負け方をしたということで、本日はリベンジを期して
挑みます。
朝は6時過ぎに起床。宿の外で朝食をいただいて、
宿に戻って準備などをします。
そしてそして、身を浄めて、いつものカープボクサーパンツ、
ノースリーの赤いアンダーシャツに、HIRASE26の真っ赤なビジユニをまとって
10時に宿をチェックアウト。いったん駅でお土産を軽くシバいてから
スタジアムにむかいます。

カープロードはいつ歩いてもテンションがあがります。
10時40分ごろにスタジアムに到着。この日も10時開場だったみたいで、
列はできていません。
この日は3塁側なので、巨大スロープのプロムナードをあがって中へむかいます。
スロープの上をおおうあまたの傘がすごくきれいです。

この日もマツダ スタジアム10周年を記念して行われる
ポルトガル共和国アゲダ市「傘まつり」、
カンポマイオール市の「紙花まつり」の最中です。

昨日は紙花祭りのゲートをくぐりましたが、
色とりどりの傘がスロープに影をつくってこちらもきれいです。
写真をとっている人もたくさんいます。

ということで、きれいな傘をみながら、入り口の手前で、
野球の神様に、二礼二拍手一礼。
今日こそ宜しくお願いします。

そして11時15分前くらいに入場。中ではカープの選手がアップに励んでいます。
この日は指定席なので、まだ座席に座れない
ということで、球場でまったりします。

11時30分に座席が開放されたので、自席にむかいます。
この日は、初の3塁側パフォーマンスシートです。
こちらはかつてはビジターパフォーマンスシートでしたが、
ドラゴンズ戦、ベイスターズ戦、スワローズ戦の時は
2/3くらいは、カープファンにも開放されます。
ということで、自席に腰を下ろしますが、
この開放的な眺め…、たまりません。これはいい席です。
願わくば、また座りたいですね。

と、自席に荷物を置いてから、スタジアムのコンコースをぐるっと一周。
まずは、こちらもスタジアムオープン10周年記念の一環で
ポルトガルワインを試飲します。
あー、すっきりとした飲み口がいい感じです。

さらに、この日は「府中市」わがまち魅力発信隊がきています。
ああ、このソースの香りたまのません。
昨晩もお好みを食べようと思ったのですが、
列ができていたので断念をしたのでしたっけ。
と、いうことで「府中焼き」のハーフを購入。

さらにこちらも10周年企画の一環で出展している
ポルトガル料理のお店で、ポルトガル風チキンポテトを購入。
自席にもどる途中でグレープフルーツサワーを買って
自席にもどります。

ああ、たまに吹く風が気持ちいいです。
下ではドラゴンズの選手がアップをしています。
そんなのを見ながらいただきました。あー、両方美味でした。
感想はまた後日。

そして、スタメン発表。
ここまで青い人たちが近くにいる席ははじめて
ド迫力です。

ドラゴンズは、セカンドシュウヘイ選手、キャッチャー松井雅選手が
昨日と違います。
カープは、3番レフト松山選手、5番ファースト新井選手と、
昨日のゲームで代打で結果を出した両選手が
外国人にかわってスタメンです。
サードは西川選手です。


さらに、スライリーが拍手で場内を盛り上げます。
横には今日も、アゲダ市「傘まつり」のマスコットキャラクター、アジタ君がいます。

そしてメンバー交換があって、カープ選手が守備位置について、
プレイボールです。
カープの先発は九里投手、ドラゴンズは大野投手です。

1回表 ドラゴンズの攻撃
先頭京田選手をセンターフライ
続く大島選手をレフトフライ
アルモンテ選手はライトへのヒットで出塁を許しますが、
ビシエド選手セカンドゴロでチェンジです。

1回を8球でしめる九里投手がすばらしいです。
なによりも、初球がストライクってのがいいです。
たまたま昨日見た「球辞苑」で、ランディージョンソンさんが
初球ストライクの効能をといていたのを思い出します。


1回裏 カープの攻撃
先頭広輔選手、8球粘ってフォアボールで出塁
続く菊池選手はストレートのフォアボールで 1,2塁
松山選手も7球粘ってフォアボールこれで満塁です。
誠也選手の打球はショートへのゴロですが、その間広輔選手が生還して
先制点です。
宮島さんじゃぁあああああああ、バンザーイバンザーイバンザーイ
周囲の人とカンフーバットをカンカンします。
続く新井さんもストレートのフォアボールで再び満塁
チャンススーパーが流れるなか
野間選手がセカンドゴロの間に、菊池選手が還って、追加点です。
宮島さんじゃぁあああああああ、ワッショイワッショイ
そして、チャンススーパーが続くなか會澤選手ですが、ライトフライでチェンジです。

カープ、ノーヒットで2点を先制です。

これは幸先いいです。



と、いうことで、ここで時間切れ
続きは後日更新いたします。
スポンサーサイト



現在も広島駅前某所に滞在中
朝食をいただいてから、
荷物をまとめて、北海道に帰る準備をしつつ
身を浄めて本日のカープvsドラゴンズ戦に備えているところです。

先日、負けてしまいました。
先日はじめて魔境ナドゴでの連敗をとめたのですが、
本日はズムスタで対ドラゴンズ戦、今期初の敗戦になってしまいました。

いいところまで行ったんですがね

ま、切り替えて今日も一所懸命応援するけぇ、覚悟しんさい!!

ということで、あまり振り返りたくありませんが、
この日の振り返りです。

この日は、9時20分に広島駅に着くのぞみ97号で
広島に入ります。
新幹線の車窓から、ズムスタが見えます。見るのは、3週間ぶりですが、
ここを目指すのは6週間ぶりです。

あー、球場三食の日下ではないですが、これはたまらない。
今日もいいゲーム、カープの勝ちゲームが見られますようにと
軽く手を合わせます。

と、いうか、すでに並んでいる人もいますし、
カープロードは球場に向かう人もぼちぼちいます。
これは、うかうかしてられんねぇ。

駅にはすでにアカい人とアオい人がおります。
うー、たぎります。

この日は、マツダ スタジアム開場10周年記念イベント
ポルトガル共和国・アゲダ市「傘まつり」、
カンポマイオール市「紙花まつり」が開催されるので、
スロープには、色とりどりの傘が飾られています。
きれいです。

そして、スタジアムの入り口のところで、野球の神様にカープの勝利を祈って
スタジアムにむかって二礼二拍手一礼。
9時40分、列に並びます。この日は、1塁側の入り口から入ります。

こちちらは、紙花祭の紙花で作られたゲートがきれいです。

濃い広島弁での、カープの戦況分析とかが
前でも後ろでもされているのに聞き耳をたてるのが楽しいです。
並んですぐに列整備、テントが近いです。

そして、10時に列が動き出します。
??と思ったら、開場時間が10時になってました。
ということで入場して11時7分くらいに席を確保。

この日は、遠いですが、目の前に、バッターボックスです。
なかなか良い席です。

まずは、カープ選手のバッティング練習を軽く見ます。
そして、まだ空いているうちに、と、グッズショップへ。
それなりのお金をおとして、グッズを購入しホクホクしながら、
場内をぐるっと一周。
バッティング練習をゴツい広角レンズで狙う
女子の一団とかに遭遇。スゴいです。

まだ、お店はあまり開いていませんが、雰囲気はいいです。
この日は「神石高原町」の人たちが来ていて、
人だかりがしています。
てんとう広場では、なまず料理の出店を油木高校の生徒が出しています。
あー、去年も松山選手の押しということで、出していたなぁ。
こちらもいつか食べたいですが、今回はパスです。

そして、ライト側のグッズショップでは、ポルトガル共和国・アゲダ市「傘まつり」、
カンポマイオール市「紙花まつり」の概要が書かれていて、
さらに、ワインの試飲などもしています。
あー、興味がありますね。明日行こうかな、

と、次は、かば広場で、
神石牛の料理が売られています。こちらもそそります。

さらに歩いて、「カープうどん」さんで、
温ぶっかけを購入。近くの立ち食いスペースでいただきました。
美味しかったです。感想はまた後日。

さらにまだ入りそうだったので、かば広場にもどって
神石牛の牛スジ煮込みを購入。
さらに、席に戻る途中、一文字屋さんで広島レモンチューハイをかって
自席にもどっていただきます。

こちらも美味しかったです。感想はまた後日。
そして、うつらうつらしていると、ゲーム前客席をうつすカメラに
捕らえられました。あわてて、「カープが勝つべさ」タオルでアピールします。


13時30分に先発発表。カープはフランスワ投手です。
なんとかゲームを作ってほしいものです。
ドラゴンズはガルシア投手です。
ここまで5勝1敗、防御率は堂々のセ・リーグトップ。
序盤に攻略してくれれば…

さらに、スタメン発表を見ます。
カープは3番バティスタ選手、4番誠也選手、5番エルドレッド選手の
クリンナップです。
6番に翼選手で、8番サードは本日お誕生日の美間選手です。

それいけカープを歌いながら、
本日始球式をつとめるJK油木高校の柿崎さんが西川選手と
キャッチボールをしているさまを見ます。

神石高原町からの贈呈式があります。
おわると、外野では、スラ様がポルトガルのマスコットと
いすとり合戦をしています。和むなぁ。

55分メンバー交換があって、カープ選手が守備位置についてから
柿崎さんの始球式はストライクで、大きな歓声が沸きあがります。


そして、プレイボールです。

1回表 ドラゴンズの攻撃
先頭京田選手、初球ボールから2球目、ライトの頭を超える三塁打です。
あああ、二球でチャンス作られます。
大島選手を見逃し三振にとって、
アルモンテ選手も3-0から、セカンドゴロ。
ただ、ここで、三塁ランナー京田選手がが本塁生還で先制されます。
ビシエド選手もスリーボールまでいますが、
ワンバウンドした球を空振り三振でチェンジです。

初回22球と、ボール球多いですが、なんとか最小失点でくいとめました。
どうなることやら。

1回裏 広島の攻撃
先頭広輔選手、スリーボールまで粘りますが、空振りの三振
菊池選手、初球ボールからの二球目真っ直ぐを打つもライトフライ
バティスタ選手がストレートのフォアボールで出塁
誠也選手がレフト前で出塁し1,2塁。ここで、追いつくチャンスですが
エルドレッド選手が空振り三振でチェンジです。

ガルシア選手もボール球多いですが、要所はしめるピッチングです。



2回表 ドラゴンズの攻撃
先頭平田選手ストレートのフォアボールから
福田選手センター前へのヒットでランナー1,3塁になります。
ビジターパフォーマンスから流れるチャンステーマ2が威圧的です。
阿部選手はファーストフライで討ち取りますが、
大野選手のセーフティスクイズ。アウトになるタイミングでしたが、
フランスア選手の悪送球で得点が入り、なおかつ23塁です。
ただ、ガルシア選手をファーストゴロ、京田選手をショートゴロでチェンジです。

また、最小失点でしたが、ジワッと効いてくるんです、こういうの


2回裏 カープの攻撃
先頭翼選手センターフライ 続く野間選手空振り三振から
本日お誕生日でハッピーバースデイが響くなか出てきた
美間選手がレフトへのヒットで出塁しますが
フランスア選手がサードゴロでチェンジです。


3回表 ドラゴンがの攻撃
先頭大島選手、ファールを三球続けてから、左中間を破るスリーベースです。
ああ、また先頭をロングヒットで出してしまいました。
リンダリンダ、聞きたくないんじゃあ!!
続くアルモンテ選手、1-2からライトへのタイムリーヒットで一点追加です。
あああああああ。
ここで、マウンドに行く美間選手。
二軍でもこういう場面があったのでしょう。
美間選手のアドバイスがあってか、ビシエド選手セカンドゴロ
平田選手にはライトへのヒットを打たれますが、
福田選手のセカンドゴロで、4-6-3のダブルプレー、チェンジです。

この回も最小失点でしたが、ジワジワと離されます


3回裏 カープの攻撃
先頭広輔選手、ショートゴロ 、菊池選手空振り三振
バティスタ選手センターフライで、両軍通じて初の三凡です。


4回表 ドラゴンズの攻撃
先頭阿部選手空振りの三振。
先頭切ったの初めてちゃう?と後ろの人。
続く大野奨選手ショートフライ
ガルシア選手見逃し三振でチェンジ、アランスア投手もここで三凡です。

4回裏 カープの攻撃
先頭、誠也選手。センターへのヒット
続くエルドレッド選手、サードへの強い辺りを福田選手がはじいて1,2塁
翼選手がフォアボールで満塁
ここで飛ばすチャンスです。「ひーろっしまぁ!!!!」
ただ、野間選手、美間選手と連続空振り三振で2アウト
ピッチャーフランスア選手の打順で、代打は新井さんです。
新井さぁぁぁぁあああああああああああああああん!!
ここで新井さんの打球はセンター前へ。
誠也選手、エルドレッド選手が還って2点です。
宮島さんじゃああああああああ。
バンザーイバンザーイバンザァァァアアアアアアアアアイ!!
周囲の人とカンフーバットをカンカンします。
さらに広輔選手の打順。
「ヒ・ロ・シ・マ・ワッショイ」と攻めろチャンスから、飛ばすチャンスに。
最高潮の中、広輔選手はフォアボールを選んで、ふたたび満塁
内野手がマウンドに行きますが、あきらかにイラついているガルシア投手。
ここで、追撃してほしいところですが、
菊池選手空振り三振チェンジです。
ああああああああ

空振り三振の3人の一人でも一本でていれば、流れも変わったのに…


5回表 ドラゴンズの攻撃
カープはフランスア選手に代打が出たので、アドゥワ選手をマウンドへ。
去年とかの九里選手のように便利につかわれていますが、いい選択です。
先頭京田選手、続く大島選手と連続でファーストゴロで2アウトから
アルモンテ選手にセンターにはじき返されますが
ビシエド選手サードゴロでチェンジです。

やはりアドゥワ選手安定しています。



5回裏 カープの攻撃
打順がいいので、ここで何とか対応してほしいところ。
先頭バティスタ選手、横っ飛びをする京田選手の左を抜くレフト前ヒットで出塁
ただ続く誠也選手ライトフライ
エルドレッド選手空振り三振からバティスタ選手盗塁失敗
三振ゲッツーでチェンジです。
あああああああ

CCダンスは、スライリーだけでなく、ポルトガルのマスコットも
油木高校の高校生も踊っています。いいなぁ。

グランド整備の間に、チーズ包み上げを購入。
巨峰サワーでいただきました。ごちそうさまです。

6回表 ドラゴンズの攻撃
先頭平田選手フォアボールで出塁すると、
福田選手のセカンドゴロで平田選手二塁へ
ここで阿部選手に代打亀澤選手。
亀沢選手のセカンドゴロで平田選手は三塁へ。
ツーアウトから、大野選手、センター前にはじき返して、
平田選手が生還して、追加点です。ああああああ
ガルシア選手はセカンドゴロでチェンジですが、
この地味に加点されるところがジワジワきます。


6回裏 カープの攻撃
ドラゴンズ、代打の亀澤選手がそのままセカンドに入ります。
先頭翼選手ライトフライから、
野間選手、レフト前の辺りですが、レフトアルモンテ選手の守備を見て
二塁へ。レフと前ツーベースです。すげぇ
「野間、足やべーなー」
「でもさっき、一本ほしかったなぁ」
と周囲の人たち
続く美間選手のショートゴロで野間選手は三塁に進塁
ここでピッチャーの打順なので、代打に下水流選手。
下水流選手の当たりは、サード深いところへの強い当たりで、
福田選手は逆シングルでおさえますが、遠投及ばず、下水流選手セーフ。
タイムリー内野安打です。
宮島さんじゃあああああああ、ワッショイワッショイ
さらに広輔選手がショートへの内野安打
ここで、一打同点の場面ですが、菊池選手サードゴロでチェンジです。
ああああああ

燃えドラが歌われて、青い風船がピューッと飛んで
7回表 ドラゴンズの攻撃
ピッチャーに代打が出たので、一岡選手がマウンドにあがります。
先頭京田選手、続く大島選手と連続してショートゴロ
アルモンテ選手見逃し三振でチェンジ。三凡です。

それ行けカープを歌ってから、
赤い風船ピゅー。
ただ、風船を膨らませているときに風船に穴が二つ開いているのを発見。
指で押さえながら膨らませますが、割ってしまいました。
周りの人、スイマセン

7回裏 カープの攻撃
ドラゴンズはガルシア選手にかえて、鈴木投手をマウンドにおくります。
この一打に 闘志燃やして 勝利の地へ 駆け抜けろ
広島! 広島! ひ! ろ! し! ま!と盛り上がりますが、
ナゴドでこれっぽっちも打てなかった悪夢が…

先頭バティスタ選手空振り三振
続く誠也選手がフォアボールで出塁しますが、
エルドレッド選手空振りの三振さらに、誠也選手が盗塁失敗
三振ゲッツーです。あああああ


8回表 ドラゴンズの攻撃
1点差ということで、勝ちパターンをつぎ込むカープ
ピッチャーはジャクソン投手です。

が、ビシエド選手フォアボールで出塁
続く平田選手の送りバントをジャクソン選手がエラー
ええええええええええ
福田選手の打席で、堂上選手を代打に。
堂上バントを失敗で2ストライクまで追い込まれますが、
ここでレフトへのタイムリーをうたれます。ああああああああああ
さらに亀澤選手の打席。3塁ビジターパフォーマンスシートから
サウスポーが聞こえます。ああああああああ
ここで、亀沢選手のバントをジャクソン選手が抑えますが、
キャッチャーに投げてセーフ!!フィルダースチョイスで亀澤選手は出塁です。
ああああああああ
大野選手スリーバント失敗、鈴木投手の代打モヤ選手サードライナーで
2アウトをとりますが、京田選手、レフトへのタイムリーツーベース
1塁走者亀澤選手が3塁ベースをけってホームに向かうもアウトでチェンジです。

あああああああここでの3点は痛すぎです。


8回裏 カープの攻撃
ドラゴンズはピッチャーの鈴木選手に代打が出たので、
岩瀬選手をマウンドにおくり、代打の堂上選手がそのままサードに入ります。
先頭翼選手がファーストのファウルフライから
野間選手、右中間へ当たりはぐんぐんのびて、ライトスタンドに入ります。
うぉおおおおお、宮島さんじゃぁああああああ
バンザーイ、バンザーイ、バンザーイ。
カンフーバットをカンカンします。
が、美間選手ショートフライ、ジャクソン選手の代打坂倉選手
キャッチャーフライでチェンジです

9回表 ドラゴンズの攻撃
ジャクソン選手に代打が出たので、藤井皓哉選手がマウンドにあがります。
がんばれコーヤ!!
先頭大島選手をセンターへのヒットで出塁 1塁
アルモンテ選手の打席で、大島選手が盗塁失敗。
ただアルモンテ選手がフォアボールで出塁
アルモンテ選手の代走に工藤選手。
ビシエド選手の打席で工藤選手が盗塁をきめますが、
微視江戸選手は見逃し三振で2アウト
平田選手3-1から申告敬遠で1,2塁ですが、
堂上選手空振り三振チェンジです。
このゲーム、地味に一岡投手に次ぐ無失点です。


燃える赤ヘル僕らのカープが流れてから
9回裏 カープの攻撃
岩瀬投手にかえて、田島選手がマウンドへ。
「陛下?陛下?」って展開になってくれればいいのですが、
さらに代走の工藤選手がそのままレフトの守備へ。

先頭広輔選手、10球粘った末にフォアボールを選び出塁
続く、菊池選手空振り三振
さらにバティスタ選手の代打に、怪我から復帰した丸選手。
「おかえりなさーい!!」などと声もとびますが、
空振りの三振で2アウト。
ただ誠也選手が四球を選んで1,2塁
そして、エルドレッド選手に代打松山選手です。
攻めろ!チャンスから、飛ばすチャンスです。ひーろっしまぁ!!
その松山選手が左中間のフェンス直撃2ベースで、
ランナー2人かえって1点差です。
うぉおおおおおおおおおおお。
松山選手に代わり、代走に安部選手。
一打同点の場面。チャンススーパーで盛り上がるマツダスタジアム。
會澤選手の打球一閃、鋭い当たりが飛びますが、ライトの守備範囲で、ゲームセット


終始、ピッチャーの4球からのずるずるととられた失点
そこまで調子のよさそうじゃなかったガルシア選手を崩せず、
肝心要なところでタイムリーが出なかった打線など
反省点は多いですが、

ま、防御率セ・リーグ1番のピッチャーと、
プロ入り初登板の投手の投げあいが、こういう1点差ゲームだった
というところで、少しだけポジりますか。


勝利投手[ 中日 ] ガルシア (6勝1敗0S)
敗戦投手[ 広島 ] フランスア (0勝1敗0S)
セーブ[ 中日 ] 田島 (0勝2敗10S)
本塁打[ 広島 ] 野間2号(8回裏ソロ)

観衆数31366人  試合時間3時間55分



さぁ、切り替えて今日です今日。


ともかく、今日も、ぶち応援するけぇ、覚悟しんちゃい!!


今日は勝つぞカープっ
今日は勝つぞカーァップッ
今日は勝つぞカァーアップゥウウウウ!!!!!


では。(´・ω・)ノシ
現在広島駅前某所に隠遁中。

明日への英気を養うべく、広島名物とお酒をいただいて、
宿でまったりとしています。

あああ、今日は残念でした。
ピッチャーがいまひとつの出来で、スタメンもそこまで
ではない中、代打の選手がそれぞれタイムリーを売ったりと
健闘はしたのですが



あと一点が遠かった。

ま、詳細はまた明日書きます。

ま、切り替えて明日じゃ明日。
明日も、ばり張り切ってぶち応援しちゃるけ
覚悟しんさい!!


と、いうことで、ここからがテーマの記事です。



千歳方面に用があり、かつ久々の1日オフなので少しゆっくりと時間がとれそう、
ということで、温泉へむかいました。
で、本当は千歳近郊の某温泉に行こうと思ったのですが、
比較的朝早い時間だったということで、まだ営業していません。
そこで、久々に向かったのが長沼町のながぬま温泉です。
ま、ここらへんで温泉というと、午後からしか営業していない某温泉か
こぢんまりした黒湯で有名な某温泉か、ながぬま温泉さんです。

黒湯のほうは、前回ここらへんで温泉に入ったときに寄ったので
順番的にこちらです。

こちらは9時から温泉に入れますので、朝から温泉を楽しみたいという人には
本当にらありがたい施設です。
さらに、札幌などからも比較的近いですし、周辺にはゴルフ場とかスポーツ施設が充実。
塩分強めの東明な薄い褐色の個性的なお湯が気持ちよいのに加えて、
露天やジャグジー、サウナまで完備をしているということで、
人気があって、結構込んでいます。

この日は10時少々前に到着し、券売機で券を買った後に、受付をして
そのまま中に入って、脱衣場の中に入りました。
もう、この時点で、地元の方を中心として何人もの人が待っています。
やはり人気の温泉です。

そして脱衣をすませて中へ入りますと、まずは、内風呂へ。
浴室に入ると、むっとした蒸気とともに感じる湯の香りです。
こちらは、いくつかの湯温を楽しむことができる複数の湯槽があったり、
ジャグジーもあるので、ゆったりとお湯を楽しむことができます。
まずは、普通の湯槽へ。お湯で身体を浄めてから
淡い褐色の澄んだお湯に身を沈めると、あー、いい気分です。
浴室に入った時に感じた木の饐えたような香りが、近づいてきて
いい温泉に入っている気分を高めてくれますし、
ほどよいツルツル感じとともに、お湯で顔をかるくぬぐうだけで
伝わる、パンチのある塩分です。
朝剃った髭のわずかなかみそりまけとか微妙なできものにも
ヒリヒリをしたりとなかなか強烈なお湯であります。
このパンチのある塩分は同じ南空知の北村温泉を思い出します。

続いて選んだのは円形のジャグジー。
行った前後も仕事が溜まっていたせいで
身体全体に倦怠感があるので、軽くほぐしたかったのです。
こちらのジャグジーは、泡のイキオイが強いのと、
湯温が低めなので、長く楽しむ事が出来ます。

そして、露天へむかいます。
溶岩などのゴツゴツとした自然石をいい形で使った湯槽に
ざんざんとそそぎこまれて湯槽から流れ出るお湯がいいですよ。

淡い褐色のついた湯に身を沈めると、あー、いい気分です。
この湯槽を満たすお湯が最高です
ただ、こちらの露天はゴツゴツした溶岩っぽい石は味があっていいですが、
半身浴とかによさそうな高さですわれるところまでその石なので、
ちょっとそのゴツゴツをお尻で直接感じるのが少し厳し感じですか。

そして内風呂で、ぬるめの温度の湯槽に身を沈めたりして
一時間以上、ゆったりと過ごしまして、
外に出て、服を着ながら成分総計を見たら二〇㌘/㎏と書かれています
スゴいです。

さらに外に出て、休憩場のところには、
ボーリングをしている断面図とともに、その地層がいつ出来たのか
その時のこの地域などの北海道の状態はどういう感じだったのか
などと書かれているので、思わずじっくりと見てしまいました。

こういう展示ってなかなかないですね。
と、いうわけで大満足のお湯でした。

そして、休憩場で少しだけまったりしてから
長沼のお蕎麦屋さん、杜若さんで、絶品の天ざるを
いただいてから、久々に長い時間大きい本屋でぶらぶらするために
札幌へとむかったというわけです。





ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。


ってことで(´・ω・)ノシ
現在、脂っこいオシゴト(本職)のヤマを一つ超えて、
某所で、翌日と翌々日、マツダスタジアムで行われる
久々のカープ戦に備えております。

対戦相手はドラゴンズ、対戦成績4勝5敗ながらも、
先日、魔境ナゴドでの連敗をとめたイキオイで、
明日も頑張ってほしいものです。

わしも、ばり気合いいれて、ぶち応援しちゃるけぇ、覚悟しんさいよ!!

さて、ここからが、タイトルの記事です。
5月の大型連休後半の東京で食べたものについてです。

それにしても、もうあれがら20日が過ぎたんですね…

5月5日は、14時台に品川着いて、そこで京浜東北~京急バスと乗り継いで、
宿にむかいます。京急を使ったほうが速いですが、
JRのキップが東京都区内着で、蒲田まで乗れると言うことで、
こちらのほうが少し安いです。

宿で身を浄めたりして神宮へ行き。カレーも美味しければ、
野球はカープの大勝で、大満足。ついつい、スポーツニュースを見ながら
痛飲してしまいました。

ということで、5月6日は、6時に起床。
6時30分くらいに、宿で朝食をいただきます。

こちらの宿は、空港利用の人に便宜を図って、
朝6時から朝食が食べられるので、有りがたいです。
(しかも、空港送迎無料バスは朝4時台から出ているのもありがたいです)
ということで、じゃこを散らしたお粥に
サラダ、キンピラ、醤油などで炒めたこんにゃく、おみそ汁といったところをいただきます。
夏冬の大お祭りの時にはおなじみの朝食です。
あ、5月にはもう温玉はないんですね。
温玉があれば2杯目は、温玉でごはんをTKG風にしていただくのですが
しょうがないです。

ただし、ご飯一膳食べただけなので、
お隣で、畏友GMクンが宇宙一と言ったクロワッサンに
スープに。グレープフルーツジュースもいただくことが出来ます。
ということで、朝から満腹コースでした。

そして、身を浄めて、着替えてから出陣。

この時はまだ予見していませんでしたが、
長い1日の始まりです。

7時に宿を出て、7時10分泉岳寺行きエアポート急行に乗り、
品川で乗り換え。7時29分発の山手線で新宿へ。
新宿には7時46分着。そこから歩いて、新宿ピカデリーへ。

映画館に到着したのが7時55分。
初回上映8時10分からの「リズと青い鳥」を見て大満足。
あー、また機会作って行きたいです。
(が、休みは野球か仕事にほぼ全振で、床屋にもいけないほど
と、いうことで難しいかな??)

その後、近くの紀伊國屋やアニ×イトで時間をつぶしがてら買い物をして
西武新宿線で高田馬場へ。

西武新宿にも、高田馬場にも、ライオンズのポスターがあるので、
そちらを写真におさめたりしてから、髙田馬場でむかったのは、
ドラマ「孤独のグルメ season5」第6話
「東京都新宿区高田馬場のシャン風 豚高菜漬け炒めと牛スープそば」
や、
菅野彰さん×立花実枝子さん著「あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します」
(新書館/ウイングス文庫)に登場した
ミャンマー料理のノングインレイさんです。

ゴローちゃんが、道場での仕事をちゃちゃっとのつもりがもう3時半になってしまい
「どおりで、腹が、がらんどうだ。 よし。店を探そう。」
と、ひとりごちてさんざん探したあげく発見したお店です。

ドラマを見た時に、「あなたの町の…」に出てきた店だ!!
と少し興奮しました。

ドラマでは、ゴローちゃんは、取引先の道場に行った後にいっているので、
駅からの近さがわかりませんが、駅からはほんとうにすぐ。
JR早稲田口の前にある横断歩道を渡ったところにある
ビルの中に入っています。
ここで迷う早大卒って…、…タチバナ、逆にスゴいわ。

店は雑居ビルの中にあります。薄暗く、雰囲気がある中をすすんでいくと

!!

「孤独のグルメ」オンエアの時にはなかった2号店も出来ています。人気です。
そんなこんなで、開店時間少し前に到着。

おお、この入り口だ。あけっぱなしなのもドラマと同じ。
OPENの文字が掲げられていますが、店内はアカリ着いてないし、
そもそも店員さん以外、店内にはいないし、



と、いうことで、近くのコンビニでスポーツ新聞を買ったりしながら
周囲をウロウロしてから、先客が一人入ったタイミングで、
店内に向かいます。

開店時間前に行ったのに、結局開店時間の5分後に入店です。

「イラシャイマセー」と挨拶されて中に入ると、
ナンプラーと酢が混ざったような独特の香り。
店員さん同士の会話がミャンマーの言葉なのがインパクトありますし、

さらに、途中入ってきたスタッフか常連か出入り業舎かよくわからない人も
ミャンマーの言葉だったりと、アウェイ感がきわめて強いお店です。
エスニック料理のお店は何軒も行きましたが、
これは、レベルが高いなぁ。

が、ここでひるんではだめだめ。
と、いうことでメニューを吟味です。

ゴローちゃんは、例によってスサマジイ量を食べてますし、
さらに、ぶらっとQUSUMIで久住さんが食べたメニューもあり、
さらには、「あなたの街の~」にも何種類もメニューが出てきます。

ま、エキゾチックゾーンは行かないです。
シャン料理、初顔合わせゆえ、エキゾチックは遠慮させていただこう。
と、いうゴローゃんの考えを踏襲しました。

ちなみに「あなたの街の~」に出てくるメニューは
菅野さんが絶賛した「魚肉入りおにぎり」をはじめとして
大分無くなっている印象です。

そこで、熟考した挙げ句、
まずは、ドラマのタイトルにもあった、ゴローちゃんが食べた牛スープそば。
それに、久住さんや、菅野さんなどが食べた、豚と米のソーセージをいただきました。
牛スープそばは、店内にも孤独のグルメで紹介された旨が書かれた
ポップが張られています。

あー、アルコールも行きたい。が、どれ頼んでいいかわからない。
久住さんが呑んでたミャンマービールはどれだ、わかんないなぁ。
と、いうことで、ビールは泣く泣く断念です。

店内では、テレビの音声が流れていて、すごくのんびりした感じ。
孤独のグルメ店は結構まわりましたが、ここまで空気管がのんびりしたところは
はじめてかもです。

あ、テレビの横に松重豊さんのサインもあります。

さらに店内のポップでは、『孤独のグルメ』でゴローちゃんが食べた
メニューが紹介されていました。


そんな感じでまつことしばしで登場をしたのは、
「牛スープそば」です。

番組内で、
【牛スープそば(高菜付)】
トロ~リ牛筋 シャッキリ野菜
見た目は地味だが 侮るなかれ!

と、紹介されたものが、目の前で湯気を立てています。
たっぷりの野菜の緑、さらには牛の茶色がいいコントラスト。
濁りの少ない澄んだスープもいい感じ。
ああ、これ絶対美味しいやつです。

まずは、何もトッピングしないでそのまま頂きますと。
初めて食べたのに、懐かしく感じる落ち着く味わいが美味しいです。
まずは、程よい茹で加減の柔らかめの半透明な平麺は
チュルチュルの食感で、口内にも喉にもキモチイイ刺激を与えてくれますし、
麺自体の素朴な味わいもほっとします。

そんな麺に絡むクリアなスープですが、ベースは
大豆系発酵調味料+魚醤っぽい味わいのスープに
出汁の味わいとか、肉由来の旨味が混ざっています。
醤油一辺倒でなく、かつ、ほのかな酸味があるところが、
日本の麺類とはことなりますが、
魚醤だって、国内でも地域によっては料理に使います。
それにしても、あっさりとしたベースに牛の旨味が溶けていて
深い味わいです。

そして具ですけど、まずはトロトロの牛スジですが、
プルプルしてるのを見ながら口に入れますと、とろけます。
あー、こちらもしっかり美味しいです。
時間と手間をかけて準備されたこの柔らかさ。
さらには軽く噛むだけで溢れる肉滴と、スープのミクスチャー。
牛の味わいはスープにも溶けていますが、それが塊で
口の中に入ってくるわけですので、
これは、幸せな塊です。

さらに、パクチーを始めとしたシャキシャキ野菜。
パクチーの香りとクセのある味わいが
あー、この魚醤とパクチーで気分は一気に東南アジアです。
さらにはモヤシや葱なども食感も心地よければ、
口の中にアオっぽい爽快感とかも来て、スープの塩分や牛の濃い味わいを
いい感じで緩和してくれて、また、麺にいきたくなります。
カリカリッとした食感の面白いトッピングもいいです。

米の平麺と、牛筋と野菜のバランスも良く
それぞれ麺にも良く合います。あー、初めて食べたのに
懐かしい味わい。ミャンマー料理恐るべし、

テーブルに置いてある数種の調味料を足しながら、
自分好みにカスタマイズするのもアジア麺の楽しみです。
軽く唐辛子をいれると、味わいがシャープになりますし、
添えられた高菜を加えて少し攻めてみると
益々 味の未知なる世界に踏み込み シャン民族の気分になります


ゴローちゃんも

見た目、フォーっぽいな。
うん。見た目どおり。
等身大のおいしさだ。

それで…。通な食べ方は…。

なるほど、こうなりますか。
うん。なるほど。いい。
シャン通気分にうまさマシマシ。

野菜と肉のシャキトロなせめぎ合いが、
こたえられない。

深いなぁ、シャンの森。

う~ん、もうちょっとミャンマー奥地に踏み込んでみるか。
唐辛子の酢漬けをっと…。
(むせるゴロー)
いかん。深入りしすぎた。

ゴ「すみません。お茶のおかわりお願いします。」
店「はい。」

これも合いそうだ。いい感じ、いい感じ。
これ、いろいろ入れて、育てれば育てるほど、
うまさで応えてくれる。

あっ、あれがあった!

ゴ「すみません。パクチーの追加お願いしていいですか。」
店「はい。」

あ~口の中がエスニック。よ~し。

シンプルで、奥深い味。

最終的な味つけは、食べる人に委ねるおおらかさ。
ミャンマーの人たちの、知恵とやさしさを感じる一杯だ。

と、いいながら食べていましたっけ。

わかるわかる。

ま、私は深い森も行かず、追いパクチーもしなかったのですが。

そして、続いて登場したのが
お肉とお米の皮なしソーセージ(豚)です。

久住さんが「全然写真と違う」と言ってました。ま、そうですね。
メニューの写真ではソーセージつぽかったですが、
実物はソーセージ感のない逸品です。


いただきますと、もっちりとした食感が面白い。
噛むと肉のエキスがじわっと出て来るなど、肉の味わいがしっかり生きていますが、
食べた感じは、脂っこくなくさっぱりとしているところがいい感じです。
白く脂のように見えるものは、米だそうで、この感触もお肉の中で
味といい食感といい、いいアクセントになっています。
さらにピリ辛な味つけもいいですし、
上に散らされている、カリカリ食感のトッピングや葱とのバランスもよく
青菜とかキャベツと一緒に食べても美味しい。

久住さんは「うわっ、これ旨い」と絶賛してました。

にしても、肉と米の作り出す複雑な味わいですが、
お米と肉の皮なしソーセージはシャン州を代表する発酵料理だそうで、
豚肉と炊いたご飯と塩を手でよくほぐし、つぶしながら混ぜ、成形し、
重石を置いて3日間かけて発酵させて作る料理だそうです。

ああ、こちらもビールによく合いそうです。
菅野さんも「普通に美味しい、それってとても大事なことよ」
と言ってました。

と、いうことで、両方とも、とても美味しかったです。
エスニックな味わいが新感覚ながらも、どこか懐かしい味わいが、ツボでした。
懐かしい味わいと感じるのは、ミャンマーの北部にあるシャンが
大豆発酵食品を沢山食べる地域だからというのもあるかもしれません。
ミャンマーというと、高野秀行さんの著作を思い出しますが、
勉強になりました。こちらも行って良かったです。

まだ、
【お茶葉のサラダ】
茶葉が織りなす新食感
アジア感じるフレーバー

と紹介され

ゴローちゃんが

うん。ほぉ、ちょいピリ辛。豆、カリコリ。

トマト、豆、茶葉…。なんだろう、食べたことないのに、
懐かしいような味。

これ、すっごくおいしいんじゃないかな。
サラダというより、スナック食べてるような感じ。

と食べたお茶葉のサラダや。

【シャン風 高菜漬け炒め(豚)】
豚と高菜の相性グンバツ!
こいつぁ 飯が止まらねぇ!

と、紹介されて
ゴローちゃんが

あっ、こちらはガツンとおかず味だ。
ほぉ~ら、合う合う。もち米がおいしい。

高菜がもち米を呼び、もち米が高菜を呼ぶ。
たかもちたかもち止まらない。シャンの攻撃が止まらない。

と食べ進めた高菜漬け炒め、

【イチャクウエ(揚げパン)
と ミルクティーのセット】
甘さ控えめ ミルクティ
揚げパン浸せば しみじみ旨い

と紹介されて

う~ん、チャイっぽい。
つけて食べるのがおすすめって書いてあったよな。
うん。いいね。
日本の発想では、揚げ物をお茶につけないよな。
でも食べてみるとほっこりする。

と食べ進めたデザートも。

(こちらは、菅野さんも美味しくいただいていました)

ふらっとQUZUMIのミャンマーカレーといった
孤独グルメメニューも、

菅野さん、立花さんが悶絶した豆のシャン麺や
高菜炒飯などあなたの町のメニューもまだ残っていますし、
シャン納豆とかも気になるので、
そちらを食べに再訪することでしょう。

まだミャンマービールも呑んでませんしww
ま、エキゾチックゾーンには行きませんけどね。


ただ、2品だけ頼んだのですが、腹にずっしりと溜まったので、
この後の予定に若干支障をきたしましたが…

そして、満腹を抱えて山手線に乗り込んで代々木へ
そこで総武線に乗りかえて、信濃町へ行ってから
六大学とプロ野球のハシゴをするために
神宮球場にむかったというわけでした。


ってことで(´・ω・)ノシ
5月の大型連休後半の、九州東京遠征で食べたものの続きです。

博多の街で、美味しいものにめぐり合って、楽しい一夜でした。

翌日、8時47分の西鉄急行に乗って、途中西鉄二日市駅で乗り換え
9時20分発の大宰府行きに乗って9時25分に大宰府着。

大宰府も久々の訪問でしたが、以前来た時よりも、
観光客でごったがえしていました。外国人観光客が多いのは、
犬山城を訪問した時も思ったのですが、最近の傾向です。
そちらで、世界情勢のことと、仕事のことと、仕事で関係している人のことと、
カープのことの、お祈りをすませてから、国立九州博物館のミュージアムショップが
参道のお土産物やさん街にあったので、埴輪のマグネットなどを買います。
満足満足

そして大宰府駅から、10時30分発のバスでJR二日市駅を目指します。
途中、どっかで見覚えのあるデジャビュを感じる光景だなぁ
などと思いながら車窓を見てますが、

バス路線のすぐ近くに、大宰府高校があることを知ります。
大宰府高校とその周辺って、アニメ化もされた、小箱とたんさんの4コマまんが
「スケッチブック」(ブレイドコミックス/マッグガーデン 刊)の、
舞台になった土地じゃないですが。
はからずも聖地巡礼をしてしまいました。

二日市駅からJRを乗り継いで12時16分に筑後船小屋駅着。

素晴らしい施設と、カープのナイスゲームを見て大満足。
ゲーム後に、球場をあとにします。

17時08分船小屋発の列車でJR久留米駅へ。
久留米駅には、「久留米商業××部、全国大会優勝」といった
横断幕が張られています。
久留米商業といえば、某永遠の17歳の母校ではないですか。

駅前に、巨大なタイヤのオブジェがあったりして、
いろいろな要素、つめすぎです。久留米市。

そして、久留米駅からは、17時27分 竹の子行きのバスで、西鉄久留米駅前へ。
その間も都市の景観が途絶えないという、都会です、久留米。
さらにそこから徒歩で東口にある宿に入ったら18時近い時間でした。

その後は、夕食のために街に出ます。
めざすは、餃子の「五十番」さんです。
こちら、マキ ヒロチさんの「創太郎の出張ぼっちめし」(BUNCH COMICS/新潮社刊)で
福岡に出張の創太郎クンが、いい雰囲気のお店があると
連れて行かれたお店であります。

この話しでは、メインが「らるきぃ」さんで、
そちらで創太郎くんが食べた「ぺぺたま」は、既に頂いていて、
その後も福岡に来るたびに、こちらに来たいなぁと思ったのですが、
用事があるのは基本博多界隈(ライブ・野球・飛行機の乗り継ぎ)
なので久留米は少々遠かった。

と、いうことで来れませんでしたが、晴れて訪れることが出来るぞ
と思って西鉄久留米駅へむかいまして、西口へ。
宿で見た地図を便りにいったのですが

??

あれ、ありません。

ということで、結構広い範囲をウロウロします。
途中で「髙山彦九郎 墓所→」なんて看板を見て
あー、たししかに髙山彦九郎が自刃したのが、久留米でした。
そんなのを思い出しながらも、一向にお店がないです。

しょうがないので、お店があるハズの場所にもう一度戻りますが、
やはりないですね。
念のために、一本狭い路地を入ったところに行きますが、
あれ、あれじゃない?

発見しました。

あー、良かった。

でも、狭い店だし、空いてるかな?と思って紺の暖簾を潜り、扉を横開き
すると、数席空いています。良かった~。

腰を下ろして、まずはメニューのなかから、ビールをオーダーします。
そして、メニューを再吟味、
餃子 450円 / 水餃子 500円 / 酒350円 / ビール 550円
めし 小 100円 / 大 150円 / キムチ 150円 / おにぎり(二個)300円
焼酎(白波)湯割 300円 / コーラ 150円 / オレンジジュース 150円
といったなかから、
餃子と水餃子とをそれぞれ一人前ずつ注文します。

注文を終えたので、改めて軽く店内を見回します。
店内は、そんなに広くなく、コの字型のカウンターのみで、十二席程度、
厨房も狭いですが、中で5人の方がチームワークよく、
かいがいしく調理をされています。
カウンターのむかいに小さなコンロが6台あって、
小さな鉄なべの上で餃子が焼かれています。
全体的に年季の入った店内ですが、活気に満ちているという、
いい店のオーラぷんぷん。大衆酒場という趣が落ち着きますし、
壁には、いろいろな方のサイン色紙も張られています。
藤井フミヤさんのサインがわかりやすいところに、
そうか、藤井さんも久留米です。
ほかにも力士のサインとかあるなー、などと見ていると、餃子が登場。
小さな鉄なべに小ぶりの餃子が9つ入っています。
たっぷりの油で焼かれていて、この時点でもぶちぶちぶちぶちと
油の爆ぜる音がしています。
おー、美味そう。と思ったところで、
双喜紋で縁取られた白いどんぶりに入った水餃子も登場しました。
小口切りの葱の緑がいい色合いです。
こちらも美味そうです。

では、まず、餃子からいただきます。

卓上には、ニンニク醤油と酢醤油と粗挽きされた唐辛子などがおかれています。
まずは、酢醤油と唐辛子でいただきます。

小ぶりながら、箸で持ったときにずっしりとした重さを感じます。
これは、餡がたっぷり入っているということです。
唐辛子を入れた酢醤油を軽くつけていただきますと。

!

これは美味しいです。

皮の食感ですが、鉄板に触れている部分はカリサクッと焼かれていて、
上の部分はモチっと蒸されています。
皮自体の小麦ならではの味わいと、ねっとりとしたグルテンの魔法がかかった
モッチリ感のレベルは相当高いです。
この二重性だけで、いい感じなのに、中の餡からは
たっぷりのアツアツな肉滴が溢れてきて、口の中が
アフアフになります。
これをまずはビールで冷却。
ふー。

にしても美味しいです、これ。
小ぶりなサイズと侮ることなかれ、ずっしりとくる重さが伊達ではなく。
中の餡はみっちり入ってますし、ここに旨味がたっぷり詰まってて
一口齧るだけで、肉滴とともに、具材の旨味が口の中いっぱい広がります。
これは、たまらんです。

カリサクッとモチっ、とした皮が奏でる2つの食感を同時に噛み締めると、
中から旨味が溢れ出てくるという、餃子を食べるときの
至福を一口で堪能することができます。
これはスゴい。

続いて、水餃子。
ついてきたレンゲで掬って、そこに酢醤油をたらして
はくっといくと、ここも、皮の感触がすばらしい。
焼き餃子のモチモチをこえた、とぅるんとした食感
美味しいスープによって、皮はさらに滑らかになっていますし、
なかの餡もスープとの相乗効果で、こちらもアフアフ。
再びビールで冷却です。ふー。

にしても、さっきの皮の感触といい
餡の味わいといい、焼かれた餃子とはまた異なるところが
面白いです。躊躇せずに両方頼んでよかった~

隣の隣くらいに座ったのが、出張風サラリーマンの3人連れ
いろいろとお店の人に聞いているということで、
一見さんと判断したお店の方が、水餃子を出すときに
「タレ、どんぶりに入れて食べてね」といってます。
そういうのもあるのか。

と、いうことで、ある程度自分流に食べ進めで、
餃子が半分くらいになったところで、
酢醤油と唐辛子をスープの中に入れます。

と、

!!

これも美味しいです。

スープのもとからの味が酢醤油などで風味豊かになり、
唐辛子でキリリとしまるという。

このスープごといただくのも、美味しいです。


しかも、食べ進めていくうちに焼き餃子のほうも変化が。

最初から鉄なべに面した部分はパリサクッでしたが、
さらに時間をかけて油で熱されたせいで、カリカリっといた食感になる。

これが鉄なべ効果ですか。

いいですね。
ビールもすすみます。

と、気がつくと、お店は満員になっていましたが、
適度に入れ替わるのが、いいですね。


と、いうことで、私も長尻は避けて、食べ終わったところで、
ビールを流しいれてご馳走様でした。
ほろ酔いで、こちらをあとにします。

ちなみに、こちら2014年に現在の場所に移転をしたそうですが、
そんなのを感じさせない落ち着いたたたずまい。

これはまた、いいお店を発見しました。
次にタマスタにくるときも久留米に泊まって
再訪したいです。


と、カープの勝利と、美味しい餃子とお酒に酔った夜でした。



そして、翌5日のお話しです。

この日は、宿の近くに台湾式粥を食べることが出来るお店があるとのことで、
そちらにむかいます。

朝6時45分くらいに宿を出て、西鉄久留米の駅前を通過して、
国道3号線と直交する太い道を歩くことしばし、
右折して、市場通りに入ってすぐのところに
お店を発見しました。

お店の名前は「SOYS&SOFA」さんです。

一面の大きいガラスに、紺色の暖簾風布という外観からして、
見るからにオシャレなカフェです。
ヒゲのオッサン一人客はそぐわないかな?と思ったところ。
お店の前にバイクが停まって、そこから革ジャンを召されたワイルドな方が店内へ。

ならわたしも便乗して中へいきましょう。

「いらっしゃいませ、お好きな席へどうぞ」
といわれたので、窓の近くの2人掛けの席に腰をおろします。

低い椅子は、すごく座り心地がいいです。
店名のsofaではないですが、ここに身を沈めるだけでもリラックスできます。

と、すわり心地に満足しながら、メニューを見ます。

朝粥は、
プレーン¥380 干しエビ粥 ¥500  煮卵粥 ¥500
台湾セット(朝粥 油条 豆乳) ¥700 豆花セット(朝粥 プレーン豆乳s) ¥680
デザートセット(タルト)(朝粥 エッグタルト)¥530 
デザートセット(ソフト)(朝粥 ミニ豆乳ソフト)¥530
といったところです。

店名のSOYから、豆乳メニューも気になりますが、
ここはオーソドックスに、煮卵粥に、油条をつけてオーダーします。
ここで、プーアール茶が出てきまして、
あー、球場とか、餃子屋とか、宿とかで痛飲したので、
そんなのがスッと溶けていって健康になれそうです。

洋楽のBGMに耳を傾けつつ、改めて周囲を軽く見渡すと、
奥行きがある店内は階段があって、いくつかのフロアーに分かれている感じです。
さらには、階段の上にはカウンター席もあります。
入口付近の棚には雑誌や本が並んでいて、台湾関連の本もあります。
やっぱり朝粥は台湾です。

店内では女性スタッフの方が準備をされています。

ちなみに、バイクのお客さんは私の隣の2人掛けの席に腰を下ろしていて、
干しエビの朝粥と油条をオーダーしてました。

と、待つことしばしで、四角い木のトレーに乗って、
深い色合いの器に入った粥と、小皿にのった刻まれたザーサイ
さらには、白く丸い皿にのった紙に包まれた油条です。
粥の上には、しっかり半分に切られた煮卵が2個のってます。

これは美味しそうです。

では、いただきます。

まずはお粥を一口。
これは、美味しいです。

お米の粒の形がほぼなくなりかけるまでしっかり煮込まれたとろとろのお粥は
鶏ガラ、ホタテ、干しエビのスープで煮込まれていて、
お米の味わいをもしっかり生かす優しく穏やか味わいで、
旨みがじんわり体にしみます。
さらに、旨みが複雑なので、どんどん食べて、さまざまな味の
ハーモニーを楽しむことができます。
とはいえ、中華粥なので、そこまで重い感じではなく、
こちらも、さっきのプーアール茶と同様の感想ですが、
すっと体にしみつつも、体が健康になっていく感じです。

さらには、旨さが主張するのではなく、さりげなく旨いのも
アジア的奥ゆかしさを感じます。

さらに具の煮卵も、半熟仕上げで黄身がとろりとしていて、
この気味も半透明で宝石的な煌きがあります。
さらに黄身自体の味わいも濃厚で、その味を引き立たせるのが
ほんのり香る八角などが利いた調味液。
これをお粥に混ぜて崩しながらいただきますと、
お粥の鶏ガラやエビホタテなどの出汁の香りと混ざりあって
最高です。

そして、台湾朝粥といえば、油条。
こちらを粥に浸してから、齧りますが、
油の味がする揚げパンと、お粥がなんでここまであうのか、という
新感覚。このお粥の滋味が、素朴な味わいのパンと、これまたベストマッチです。

ザーサイも細かく切られた上に、ほんのりゴマが効いていて、
こちらも芸が細かいです。

と、いうことで、朝から大満足です。
気がつくと、私と前述されたお客さん以外に、
カップルが二組御来店です。
人気のお店です。
ご馳走様でした。


次くるときは、店名のSOYに敬意を表して、豆乳か豆花をいただきますか。
などと考えながら、こちらをあとにしました。


久留米の市場とか、寺とかを見ながら宿に戻って、
シャワーを浴びて、身の回りを整えて
7時50分にチェックアウト。お世話になりました。

8時8分の天神行き急行で天神へ。
天神で地下鉄に乗り換えて、博多駅へ。
そちらで、職場等のお土産を買ったり、新幹線の車内でいただく
東筑軒の「かしわ飯」を購入。「折尾名物かしわ飯」の文字と
折尾駅を中心とした鉄道などの絵地図が書かれた掛け紙がいいです。
9時33分発、のぞみ18号に乗ります。
窓際の席は確保出来ませんでしたが、岡山まで、自分の席の窓側のお客さんが
こなかったので、ゆっくり車窓を楽しむ事が出来ましたし、
マツダスタジアムもしっかり見えました。
今月下旬に行くけぇ、待っててつかぁさい。
(というか、行くの、今週末か、つくづく月日のたつのは早いなぁ。)

博多~広島間は久々に乗るので、しっかり起きていましたが、
マツダスタジアムを過ぎると、うつらうつらしてしまいます。

新神戸を過ぎた当たりで目が覚めまして、ちょうどお昼時なので、
かしわめしをいただきました。

東筑軒のかしわ飯は、九州きっての名物駅弁で、
折尾名物と書かれているとおり、もともとは折尾駅の駅弁ですが、
博多駅などでも購入が可能です。ありがたや。

では、紐をはずして、掛け紙をとってから、
経木のふたをとります。この一連の流れが
駅弁を食べる気分を上げてくれます。

そして、ふたをとると、これですひれ。
ほぼ正方形の大きめな器の4分の3をおおうかしわ飯。
ご飯の上に敷き詰められた、鶏そぼろの茶色
錦糸卵の黄色、刻みのりの黒の三色コントラストが美しい。

隅の三角コーナーには、付け合せの
奈良漬、紅生姜、昆布の佃煮、甘い鶯豆がはいっています。
こちらの色合いもいいです。

と、いうことで、まずは、「かしわ飯」の名前に敬意を表して
鳥そぼろの部分からいただきますと、

これです、これ。美味です。
まずは、甘めに味付けられた鶏肉は、しっかりと美味しいですし、
そぼろなので、そんなに肉肉しくないですが、
たっぷりいただくと、滋養あふれる鶏の味わいを
堪能できますし、たまに大きい塊があると
なんか得した気分ですが、

それよりも、やはりご飯の旨さです。
鶏肉がしっかりと味付けされているのに対して、
ご飯はほんのりと甘い味付けです。
が、旨みがしっかりとご飯を支えています。
ご飯自体の旨さを引き立てつつ、しいたけ、昆布、鰹節などで
とられた出汁と醤油やみりんにその他の調味料で
味付けられたご飯がともかく絶品で、
しっかりと味わい深いのに、さりげなく、めちゃくちゃ美味しいところが、
ほんとうにスゴいです。

さらには、駅弁ということで、冷めてもしっかり美味しいところも
この味わいならではなのかな。

駅弁を仕込んだのが、9時、食べるのが12時と、3時間タイムラグがありますが、
ぜんぜん気にならない美味しさです。

そして、これを同時に食べた時の絶妙な味わい。
たまりません。

錦糸卵も繊細なふわふわさがあって、卵自体のやさしい味わいがありつつ
そんなにしっかり味付けされていないので、ご飯の甘さが引き立ちます。

海苔は磯の香りがして、こちらもかしわ飯にベストマッチ。
鶏、卵、海苔と、その味わいの組み合わせこそ違え、
それぞれ美味しい飯との組み合わせは最強です。

と、これだけで食べ進められるのですが、
箸休めの、奈良漬とか、紅生姜とか、昆布の佃煮とか、鶯豆あたりも
いいアクセントになります。

で、こちらも弁当の掛け紙をはずすと同時に開けた
ハイボールともよくあいますね。

折しも、車窓は大阪の街をうつしています。
大阪の街を見ながら食べる福岡の味ってのも
なかなか乙なものです。
サンキュー新幹線。


そういえば、かしわ飯も
「博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?」に出てきたなぁ。
などと思いながらも、新大阪~京都間のところで、完食いたしました。
ごちそうさまでした。

また、こちらもいつかいただきたいものです。


その後もナゴヤ球場のウエスタンリーグ、ドラゴンズとバファローズ戦が行われていて、
満員の球場を見て、テンションが上げたり、

さらには浜名湖のあたりでは3月の「ゆるキャン△」巡礼を思い出したり等、
やはり新幹線は楽しいです。(1/3くらいは寝てますがww)

と、そんな感じで東京入りです。

東京での孤独のグルメ巡礼 は、また後日。




ってことで(´・ω・)ノシ
5月の大型連休後半、
九州へ行く道中から、タマスタ筑後での野球観戦の前後に
いただいたものについてです。

野球観戦の前日は博多で泊まったワタクシです。

5/3は、GW後半初日ということで、新千歳空港の駐車場が大混雑をすることにそなえて、
フライトが14時台の飛行機でありながら、10時くらいに駐車場に車を入れたら、
無事、待たずに入れる事ができました。
しかも、A-24という、ターミナルビルへの連絡通路から比較的近いところを確保。
ラッキーです。
[しかも、タマスタ筑後では、カープの24番、横山投手のピッチングにも
立ち会えましたし]

そして、空港に早く着いたので、改めて空港内をブラブラして時間をつぶします。
最近お気に入りのコミック「前略雲の上より」(画 猪乙くろさん,原作 竹本 真さん
講談社イブニングコミック)を見るたびに
空港ってスゲーなぁ、と思っているタイミングなので、
こうやってゆっくり見れるのはありがたい。
普段なら新千歳に行っても、大空ミュージアムとかは、絶対行かないですから。

しばし、時間をつぶしてから、昼は「キ×カ×ー」さんで昼食。
こちらは、以前、Kalafinaのライブで来道した歌姫s。
なかでも、Hikaru嬢のスープカレー熱にアテられたWakana嬢が、
北海道を発つ直前に新千歳空港で食べたことをブログに載せたお店です。

「HikaruがMCでスープカレーの話をしていて、
もうどうしてもスープカレーを食べないと帰れないっと思って(笑)
新千歳空港で食べました!!」

というコメントがカワイイです。

『Kalafina 10th Anniversary Film ~夢が紡ぐ輝きのハーモニー~』をみてからでは
初めてWakana嬢が生まれた土地に行きますし、
映画の中でWakana嬢がパクついてた
ムツゴロウマンジュウもいただく予定。
なら、Wakana嬢が札幌で食べたものを食べてから行くのは、
縁を感じていいかなぁという感じの選択でした。

中に入ってオーダーしたのは、チキンカレーとビールです。

オーダーを済ませてまつことしばしでまずはビールが登場。
そして、そんなに時間をおかずにカレーも登場です。
空港なので時間が無かったり、急いでる人でも利用しやすい配慮ですか。
この速さということで、あ、察し…って感じですが、ていうか×り×き?

出てきたカレーは、赤が強めな色合いが印象的。
上にはたっぷりな脂の層が出来ていて、2層がはっきりみてとれます。
大ぶりなチキンがドンとセンターに来て、ジャガイモ、人参
エノキ、茄子、ピーマン、ブロッコリーといったところが
赤めのスープに鮮やかな色合いをあたえて、
温玉の白がビジュアルを締めています。
上に散らされた糸唐辛子も雰囲気があります。

では、いただきます。

スープはサラサラで、見るからにスッキリした感じ。
まずは刺激的でシンプルな辛さがきます。
そして、さりげなす旨味かコクがじわっとくるのです。
カレーの表面には多めの脂が浮いていて層を作っていて
これがあるのに、コクがめだたないってのも面白いですし、
辛さはそこまで強くないですが、目立つ感じです。

そして、見た目通りの後味がスッとひきます。
この後に残らずに、ほんのりとスパイス感だけ残って、
次も食べたくなります。

具は、まずはセンターで目立つチキン。
スプーンでもおすと割れる柔らかさです。
口にすると、淡白なチキンの味わいで、肉滴もぼちぼち
じわっとくる旨味があります。
人参も甘いですし、じゃがいももほっこりとした感じ。
エノキのとぅるんとした食感もよければ、
ピーマンや、茹でブロッコリーの青い味わいも刺激的なカレーにあいます。
これらがご飯にあいますし、ビールもすすみます。

最後に、温玉をつぶします。あ、温玉冷たい。
それをカレーのスープに沈めてあたためてから、
ご飯、ビールと一緒に一気にいただいて、

目を閉じて間接…(以下略)という感じで完食

ごちそうさまでした。これでWakana嬢をいただきました。

Wakana嬢は
「私の食べたコチラは辛くて…♪野菜が甘くて…♪…辛かったです!!ヽ(´▽`)/
私は辛いのが好きなので、好みでした!!」

との感想を書いていました。なるほど

そして、その後も空港内で時間を過ごしてから
14時15分、定時に離陸。当然機内では睡眠におちるのですが、
目を覚ましたら島根の上空でした。
しばし窓の外を見ていると、
あれって萩の三角州じゃないですか、機上から見たのは初めてです。
萩に行ったのは、15年以上前のこと、
しばらく萩にも行ってないなぁ…、と思いながら飛行機は
彦島とかを通過して九州へ。

ただ、ここで、「空港の滑走路が混雑しているので、着陸に時間を要します」
とのこと。飛行機は福岡上空、玄界灘を過ぎて、さらにすすみ、
壱岐の手前くらいから再び福岡上空へ、
壱岐から、玄界灘って、…わしらは元寇か!
と心の中でツッこみながら、結局飛行機は15分遅れで到着。

博多空港に降り立つときに「タマホーム」の看板が目に入ります。
「タマホーム筑後」を目指す時まず目に入るのが「タマホーム」って
これは歓迎されているということですか。
(その後、お世話になった宿の前にも「タマホーム」の看板が…
縁を感じました)

軽くむわっとする空気に南国を感じる久々の福岡空港から地下鉄にのって、博多駅へ。
博多駅では筑紫口から外へ出て、歩くこと3分余り。
目指したのは、「博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?」
(新島秋一さん作 秋田書店 チャンピオンREDコミックス刊)に出てきた
「おっしょいラーメン」さん。

「博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?」は、
博多育ちながら、東京に引っ越して東京の高校に通うようになった
博多乃どん子ちゃんと、彼女が駆使する方言の愛らしさにイヤされる
4コママンガです。

「おっしょいラーメン」は、博多に帰省した「どん子」ちゃんが
博多時代の友だち「福岡友子」ちゃんと久々の邂逅をして、
色々と遊んだ後、空腹を抱えて2人で向かったお店です。

博多駅筑紫口からおっしょいラーメンに向かう途中に
マンガに出てきた交番もあります。

店内に入って、券売機でチケットを買おうとすると
何人か前で待っています。
「あー、カウンターでも注文受けますよ」
と言われたので、腰を降ろして、メニューをみます

明太子ラーメン850円 辛味噌ラーメン800円 スタミナもつラーメン 830円
焼豚ラーメン810円 山笠ラーメン700円 ラーメン550円
替え玉100円 ぎょうざ(8個)360円 めし150円
焼豚260円 きむち100円 半熟玉子100円 めんま80円
もやし50円 きくらげ50円 つまみ400円
ご飯セット(ご飯+ぎょうざ5個)230円

といったラインナップですが、
とうぜん頼むのは、山笠ラーメン、麺は
やわめん、普通めん、かためん、バリカタ
はりがね、粉落とし、生麵から、バリカタです
あと、ビールとめしを注文。

待っている間に店内を見渡します。午後5時前と、中途半端な時間ながら
店内は半分位の入りです。
あ、店内に「博多弁の~」に紹介されたというポップが張られています。

んなマンガ見て来よる人とか、おるはずなかっちゃろーもん
いえ、自分そうなんすけど。

すぐにビール登場。喉をうるおします。
あー、南の国で呑むビールは格別です。

さらにしばし待つと、山笠ラーメンがライスをともなって、
登場です。店の前から香っている、とんこつの香りが近づいてきます。
見るからにオーソドックスな博多の豚骨ラーメン。
黒いどんぶりによく映える白濁したっぷり乳化したスープ。
白い海にただようたおやかな細麺。
大ぶりで見るからにやわらかそうなのチャーシューもいいですし、
緑のねぎと、黒いきくらげも彩りとして美しい。
ゴマたっぷりのところと、煮卵が2つなのもいいですね。
早速いただきます。

まずは、何もトッピングせずにいただきます。
細い麺はさすがのバリカタでしっかりとした感触。
小麦の味もしっかりしますし、とにかく、このスープ
見た目通りのトロトロクリーミーな濃厚さとぶっといコクに
旨味がしっかりありつつも、飲み口ならびに、呑んだ後は、
あっさりとしています。
このバランススゴいなぁ。細麺なので、麺にもしっかり絡んで
いいです。

さらに、このスープが麺だけでなく、黄身が半透明に輝くという絶妙な調理加減の煮卵とか
肉滴がしみ出てくる柔らかで、肉自体の味わいも調味のタレとの
バランスがいいチャーシューの味わいともよく合い、
具の味わいの良さをも生かしています。
細目で食べやすく切られた、キクラゲの、こりこりザクザクとした
食感がいいアクセントです。

1/3くらい食べたところで、紅生姜と辛子高菜の登場。
紅生姜は、コミック版「孤独のグルメ」でゴローちゃんが
大手町でとんこつラーメンを食べている時、ベニショー、と親しげに呼びながら
愛でていたほどの名バイプレイヤー
かつてはスープが赤くそまるほど入れていたそうで、「はは、バカだ」などと
自嘲していました。

そして、辛子高菜。
「博多弁~」の中に、「おっしょいラーメンの辛子高菜は本当に辛い」
と書かれて、
どんこちゃんと、友子ちゃんが「~!!!!」とその辛さを再確認していました。

まずはベニショーでチューンナップ。
この味わいがキリっとするところがいいですね。
さらには、辛子高菜。単品でいただくと
「!」
確かに辛いですね。これが辛い辛子高菜です。

スープに入れると、高菜の旨味と辛さがスープに溶けて、
更に違う側面を見ることが出来て、これまた美味です。

レンゲですくったライスをスープに浸していただきます。
これも、泉昌之さん著の「芸能グルメストーカー」(コアマガジン社 刊)で
知った食べ方ですし、ゴローちゃんもやっていましたが
今までのスープに溶け込んだモロモロの旨味をキューッとライスが吸って、
一緒に食べられて、本当に美味しいです。

ビールにもしっかりあいます。

ということで完食しました。
ごちそうさまでした。


イカニモな豚骨香プンプンで、コテコテギラギラな濃いラーメンではないですが、
さりげなく、かつしっかりとした味わい。
かつ、トンコツ自体の良さもしっかりして、
「白濁」の「濁」って食べ物を評するにはどう?って言葉に対しても
その「濁り」が旨さの原因となってくると考えると、「濁」に感謝したくなる味わい。
何度も食べたくなる味です。

と、お店を出ると、店外にも「博多弁~」に紹介されたと書かれたPOPが
貼られていました。なるほど。

駅前できやすいということもあり、また訪問することでしょう。

にしても、博多で食べた最初の博多ラーメンが
Wakana嬢お気に入りの「やまちゃん」さん、そして次が「おっしょいラーメン」と
なかなかなラインナップだと思います。


そして、博多駅から地下鉄にのって、今度は天神を目指します。
天神駅では、宿から遠い2番出口で地上にあがります。
それは、なぜかというと、この出口から直近の西鉄グランドホテルから
天神西通りのカラオケ館などを通過して、きらめき通り西の交差点を通過して、
その次の道を左折して警固公園へ行くみちこそ、
「Kalafina 10th Anniversary Film
~夢が紡ぐ輝きのハーモニー~」のなかで、Wakana嬢が歩いた道ですし、
そのこカラオケ館こそ、Wakana嬢がバイトしていた店です。

おおお、
カラオケこそは行きませんが、ここも感動です。
そして、さらなるお目当てが、
ムツゴロウまんじゅうの「656ムツゴロウマンジュウ 天神店」さんです。

お店は屋台風で、繁華街の路地裏にあるという立地とともに
オシャレなクレープ屋さん風でもあります。

こちらで、映画の中でWakana嬢が激押しだったムツゴロウまんじゅうを購入。

味は、
路地裏ハムエッグ¥150 ミナトカレー¥150 めんたいロック¥200
しろあん¥150 チョコレート¥150 下町バーガー¥150
イタリアンチーズ¥200 くろあん ¥150 カスタード¥150
といったところからの選択。

当然、Wakana嬢が食べた、ハムエッグと、あと個人的に食べたかった
下町バーガーをオーダー。

オーダーすると、保温の容器から出されて、
アツアツのヤツを受け取ると、紙ごしに感じるアタタカサと、
ずしっとした重さにニヤっとします。

「奧でも隣でも食べられますよ」とお店の人に言われますが、
この後もありますので、それを辞して、
この時点でまだチェックインしていない宿へむかいます。

警固公園を横目に国体道路を通って宿に向かいます。
にしても、Wakana嬢のゆかりの地のすぐそばに、
Keiko公園があるというのが、なんともニヤニヤしてしまいます。
(警固公園の読み方は〝けご〟ですがwww)

そして、宿にチェックインをすませて、自室で落ち着いて、
ラーメンを食べたばかりなので、2個はムリですが、
1個ならなんとか…ということで、下で買ってきたハイボールとともに
いただきます。

まずはハムエッグから。
包み紙を開くと、ひょうきんなルックスをしたフワフワなヤツがこんにちわ。
更に、ぷぅんと漂う、甘い小麦ベースの生地と油のまじった香り。
この香りだけで、記憶をひきもどされそうになるくらい
ノスタルジーを感じます。

囓ると、ほの甘いふかふかな生地のなかにふわふわな卵が
たっぷりはいっていて、卵の味わいがやさしいです。
さらには、ハムも、赤い色のハムってのがポイント高い
ワカッテラッシャル感じです。
これらを盛り上げるマヨネーズのやさしい酸味。
マヨと卵とハムなので、どこか卵サラダっぽくもあるのですが、
暖かさがあるので、一線を画していますし、
やはり、この酸味や塩味が
甘い生地のあじわいとあいまって、相乗効果で高め合う感じです。

はー、ハイボールにもあうねぇ。

さらに、宿でいろいろして小腹がへったところで、
フロント横にあるレンジでチンした二個目を
今度はサワーとともにいただきます。

ハンバーグは、肉食欲を満たすしっかりとした
肉って味わいがまずはいいです。
肉の味わいも赤身多めでワイルドな感じで旨いですし、
軽く噛むと、肉滴も溢れてきますし、

さらにこちらのつなぎは卵です。
肉滴りたっぷりなワイルドハンバーグ、ふわふわ卵、甘い生地の
三位一体攻撃にメロメロですし、サワーもすすみます。

と、いうことで、夜食的にも大満足。

わたしがかつて住んでいた富良野にも、「ハムたい」なる名物がありましたが
バリエーション的にも、生地の味わい的にも
こっちのほうに軍配があがるかな?

次は、カレーか、博多奈良ではのめんたいロック
もしくは、甘い系列にいきたいなぁ。

そんなことを考えながら、
最後は宿での「ゆるキャン△」の再放送(しかも温泉回!!)でしめるという、
大満足な博多の夜でした。

どんたくの日でしたが、ほとんどどんたくは見ませんでしたがwww


そして翌日、

最近は余裕がある時は朝食を外で食べるのが
習い性になっているので、外へ向かいますが、宿の無料朝食の準備を見ると、
美味しそうな明太子があります。
流石博多です。これは食べたいな。

と、いうことで軽めに食べようとむかったのが、
宿からほど近くのコメダ珈琲店さんです。

なんで博多くんだりまで来て「コメダ」なのか。
それは、先々週に名古屋で二食モーニングをいただきながら、
小倉トーストはおろか、トーストを食べなかった。
そんなことがあって、宿に行く途中にある「コメダ」を見て
あー、明日の朝は、コメダで小倉トーストのモーニングだなぁ。
などと思ったのでした。

ということでコメダへ。
こちらは朝7時から営業しているところがありがたいです。
開店時間に行くと、すでに1/4くらいの入りです。
早朝なのに、それなりに込んでいます。
中にはジョギング風の人とか、お散歩の途中風の人とかもいて、
名古屋モーニングの風習が、博多にも受け入れられています。

こちらでまずはメニューを吟味。
こちらのモーニングメニューは、コーヒーなどドリンクを頼むと
焼きたてのバタートーストとともに、
A定番ゆで卵 B手作りたまごペースト C名古屋名物おぐらあん
がついてくるモーニングサービス。

ここは初志貫徹で、Cのモーニングをオーダー。

博多なので「西スポ」を読みながら待つことしばし。
新聞、雑誌が各種あるのが、コメダだなぁ、と思いながら
待つことしばしで、登場しました。

バターをたっぷり塗られた、厚切りのパンは
きれいな狐色で、表面ではバターが溶けて、
湯気がたっていい香りが漂います。

焼かれたパンならではの幸せになる馥郁たる香り
これだけでいい朝です。
齧ると、表面のサックリとした感触と中のモチっとした感触のバランス。
さらに、香ばしさとやわらかさ。
やわらかいながらも、しっかりと熱されているので、
ほの甘さも引き立ちますし、暖められた小麦とイーストの発酵香がたまりません。
ああああ、
分厚いので、柔らかい部分が多く、それだけたっぷりの発酵香と小麦の味わいです。

たまりません。

さらにはこちらもしっかりと美味しいバターが拍車をかけます。
香ばしいパンの表面をテラテラと彩るバターの香りに
乳の味と塩味のハーモニーが、ほの甘いパンを引き立てます。
これがモーニングです。

これだけでハッピーなのに、ここにあんこの味わい。
しょっぱいトーストに甘いあんこ。この絶妙なバランス。
たまんないです。誰だこの組み合わせを考えた人は。
すばらしすぎるじゃないですか。

思えば、アンバタとか、大好物ですからね。
実家近くの老舗パン屋さんに行っては食べていた
(こちらのパンは、コッペパンで、バターではなくマーガリンでしたが)
のを不意に思い出したりしてwww

これは満たされました。

そして宿に戻ると、明太子が待っています。
白飯、味飯、お粥、サラダ、ポテサラ、漬物、うめぼし、
明太子、カレー、味噌汁、野菜スープ、といったところから、
白飯、カレー、サラダ、明太子、味噌汁をいただきます。
明太子もカレーも小鉢に小分けされていて、とり易い配慮がいいです。
美味しいし、朝酒にも合います(ダメ人間)

と、大満腹を抱えて、
身体を浄めて、着替えて、8時30分に、中州の宿をチェックアウト。
8時47分の西鉄急行に乗って、途中西鉄二日市駅で乗り換えて
大宰府にむかいました。


大宰府以降のことは、また翌日です。

ってことで(´・ω・)ノシ
五月の大型連休での野球観戦ツアー。
明治神宮球場でいただいたものです。

まずは初日4、入場したのが、ゲーム開始の40分前ということで
自席に荷物を置いて、アチコチ見てまわります。
とはいえ、翌日のチケットが外野席なので、この日しか
内野のお店を見ることは出来ません。

が、ビックリした点がまず二つ。

一つは、「欅」さんとか「水明亭」さんといった
神宮球場に古くから有る老舗の店舗が
すべて外観をリニューアルして、オシャレな感じにしたことです。
ここ数年で神宮球場内部のリニューアルがどんどんすすんでいて、
数年前の段階でも、一緒に行った、東京で大学生をしていたGMクンが
「ここ、オレの知ってる神宮じゃないっス」と言ったぐらい。

そこからさらにシャレオツ化がとまりません。

そんなのに気を取られながら気が付くと三塁側まで歩いてきて、
内野の売店の終わりの所まですすんですきましたが
そんな時にあることに気が付いた。

それは

マンガ「孤独のグルメ」でゴローちゃんがウインナーカレーを買った
バックネット裏の「麺や秀雄」さんがない。



何度か行き来しましたが、券売機もろとも
なくなっていました。

「あの店のない神宮か…」です。

いろいろ変わっていくものです。
(バインミーのお店もなくなっていました。美味しかったのに…
去年訪れておいて良かったです)

そんななかで、初日の球場飯に選んだのが、
今年から出店した「スタジアムカレー」さん。
今年は、神宮球場では、こちら以外に、
孤独のグルメでおなじみの「麺や秀雄」さんに、老舗の「欅」さん、
山中投手のコラボメニュー、山なカレーを売っている
「鐵一」さんがありますが、麺や秀雄さんも欅さんも
鐵一さんも、カレーを食べたことがあるということで、
スタジアムカレーさんへ。

こちらは、基本のスタジアムカレー650円に
さまざまなトッピングをしてバリエーションをつけていて、
絶対勝つカレーやスタミナ肉カレーなども気になりましたが、
チーズカレーです。

こちらも新しいお店ならではの洒落た外見で、いかにも美味そうですし、
球場にカレーはつきものというものの、
カレー専門店ってコンセプトのお店は、
甲子園の「甲子園カレー」以外では、珍しいかもです。

と、いうことで、こちらで「チーズカレー」を注文。
注文をするとかいがいしく、器に入れてくれますし、
チーズは予め溶けているタイプのものを
流しています。これも珍しいですね。

さらに帰り道にある、「ジャックダニエル」ショップで
「ジャックダニエルのソーダ割」を購入して
自席にもどっていただきます。

まずは黒に近い漆茶色の色合いと、マーブル状に模様を作るオレンジ色のチーズが
いい色合いですし、カレーの香りとともにチーズの香りが
漂うのが食欲をそそります。

では、早速いただきます。

スプーンで掬うと、香りがより強くなります。
口にいれると、美味しいです。
黒い色は野菜などをしっかり炒めた上煮込んでいる証左
ほんのりと甘いですし、すぐに深いこくとウマミがしっかりきます。

この土台がしっかりしたところに、刺激を与えるスパイスですが、
スパイスの香りが他の球場カレーとは一線を画する
凝った独特なスパイス使いを感じますし、
その香りどおりの複雑な辛味です。
万人向けなので、そこまで辛さに特化していないですが、
ピリ辛さの刺激は十分大人の味わいですし、
食後にはほんのりとさわやかさも感じる
こちらもスパイスマジックです。

そして、チーズは、予めトロッとさせているのをたっぷりとかけただけあって、
そのかぐわしい香りどおりの乳ならではの濃い味わい。
オレンジのチーズならではの少しだけクセのある香りが
個性的なカレーにはマッチします。

具も、トッピングを選択できるにもかかわらず、
野菜やお肉がしっかりとはいっているところも
うれしいですし
こちらもそれぞれ美味しい。

ジャックダニエルのソーダ割りも、スモーキーフレーバー強い
ジャックダニエルの味わいが強く楽しめて、
これも球場でいただくハイボールとしては出色の味わい。
これは、球場の味ではないです。バーの味です。

そして、カレーにもよく会うのです。

あー、美味しかったです。

チーズがこの予め溶けているタイプということは、
さらに具のトッピングをしても問題はなし、
と、いうことで、次こそは「絶対勝つカレー」をいただきます。

と、決意して、スタメン発表にそなえたのでした。


5回の攻防が終了して、グランド整備とか、
ファンのじゃんけん対決がありますが、このタイミングで小腹が減りました。

と、いうことで、近場の売店で購入したのが、
こちらも気になっていた2018年の新メニュー「じんカラ」です。

注文すると、すぐに出てきます。黄金メット入りにも惹かれますが、
最初なので、ノーマルのカップを注文します。
出てくるとから揚げの頂点に、旗が刺さっている。この遊び心。
いまでも旗は持って帰りました。

さて、一個、ようじを使って持ち上げますと、
一個一個がデカいです。これがまずはウレシイ。
そして、白めの衣は見るからにサクサクな感じに
からっと上げられています。

かぶりつきますと、まずは、カリカリサクサクな衣の感触が
心地よいですし、中からは、肉滴がはじけました。
口の中だけでなく、外にもはじけるかんじで、
この盛大な肉滴の歓迎にびっくりです。
こういうのも初めてです。

そして、肉が柔らかくて、それでいて、弾力もあるという、
衣の食感と好一対
肉自体は、淡白ながらしっかりとした滋味のあるよい鶏肉の味がするのに加えて、
調味もしょうゆベースのたれでしょうか、肉のうまさを生かして
さらに肉を美味しくしてくれます。
この相乗効果がたまりません。

一個、また一個と食べ進めていきますが、本当にこれ美味しいです。
ハマスタのベイカラも美味しかったですが、こちらも負けていない。

日本唐揚協会と共同開発は立てではないです。
ああ、ハイボールともよくいますし、畜ぺんだったら、
「るーびーがすすむ」 とかいいそうです。

ということで、あっという間に完食です。
ごちそうさまでした。



と、いうことで、このあとはゲーム観戦に集中をしたのですが、

気がつくと、瓶ビールの売り子さんが来ませんでした。
あれも、ある意味神宮の名物だったのに

少しさみしーです。


そして、翌日です。

この日の昼は、高田馬場の「ノングインレイ」さんで、
牛汁麺と、ソーセージをいただいて、満腹コース。
というか、ことのほか量が多かったと言うことで、
せいぜいお腹を減らそうと、その後の神宮球場での、六大学戦、
少しだけ張り切って、手をたたいたりをしました。
(「陸の王者♪」とかは歌いませんでしたが…w)、
そのかいあって、少し腹に余裕が。
なかなか空腹まではいきませんが、ここで球場飯もキメないと、ということで、
買い出しにいきましょう。

この日はレフトスタンドに座りますので、
むかったのは、センター近くの外野コンコースの「麺や秀雄」さん。
以前、辛味噌ラーメンを食べて以来。久々の来店です。
その前も、六大学のゲームを見た時、三塁側内野席のお店で ウインナーカレーを食べた
こともありました。

その時は、狙いは「孤独のグルメ」第13話「東京都渋谷区神宮球場のウィンナー・カレー」
巡礼だったので、ゴローちゃんが上半身裸になった
三塁側席の近くの、ゴローちゃんが買ったお店にこだわったのです。

そんなカレー辛味噌ラーメンもいただいていますので、
ちがうメニューにいきましょう。

4時20分頃、開場したので自席に荷物をおいてから、
すでに混雑している中、外野のセンターバックスクリーン近くにある。
お店に向かいます。

麺や秀雄(3塁側)・・・各種ラーメンとカレーライスが主力のお店。この時期は夏季限定の冷たいラーメンも取り扱う。大引選手プロデュースの「ビッキースペシャル塩ラーメン」もこちらで購入できる。

・辛味噌ラーメン 750円
・醤油ラーメン 650円
・味噌ラーメン 700円
・男ラーメン 750円
・ビッキースペシャル塩ラーメン  950円
・肉うどん・そば 650円
・カレーライス 650円
・ウインナーカレーライス 750円
・漁師カレーライス

気になったのが、「男ラーメン」です。これです。

お店は混雑していますが、手馴れた様子で湯切りなどをしているのを見ながらまちます。
奥の方に、お店の看板に描かれたのと同じ顔をした人がいます。
あれが、秀雄さんかな?。そんなことを考えているうちに登場いたします。
使い捨てができる発泡スチロールのどんぶりですが、
赤い模様が書かれているのが芸が細かいです。

穏やかな醤油ベースのスープの色合いと、対比する白いねぎやもやしの間から
見え隠れするきれいな黄色い麺や、ベージュ色したたっぷりのお肉。
さらには、斜め横のところに白い半熟卵がのっています。
カウンターには胡椒と七味がありますので、胡椒を軽くかけて
自席にもどっていただきます。

ではまず一口いただきますと、まずは麺のチュルチュルさがいいかんじで
ツルんとした麺の感触が、スタジアムで食べるラーメンとしては
他のお店とは一線を画しています。
そして、麺の味わいと歯ごたえも楽しむことができます。
ラーメン類は先着40個に限って"生麺"が使われるそうなので、
今回は、それにあたったのかもしれません。

そして、このチュルチュル具合とマッチしたのは、
アッサリ目の素朴な醤油ベースのスープです。
飲み口は軽やかでアッサリとしていますが、
ジワジワっと旨味が出てきて、スープのベースになった
野菜系だったり、肉系だったり、魚系だったりの味わいが
複雑に出てきて、うまさを演出しますが、
でも飲んだあとはスッキリ。
昔ながらの東京ラーメン風です。

そして、男ラーメンの男要素その1、たっぷりのお肉ですが
これが、地味に肉滴がたっぷりで、美味しいです。
やわらかく調理されているところも悪くないですし、
肉自体の、赤身部分と、脂身の部分とのバランスもよくて、
それぞれがしっかり美味しいのに加えて、
溶けた脂とかが、スープにも働きかけて、スープの味を深くしています。
これはいい。

さらに、シャキシャキ感たっぷりのもやしにネギなど、
それぞれがスープにあっていて、なかなか出来が良いラーメンです。

そして、後半のお楽しみ、温玉ですが、
白身部分をいただきますと、しっかり暖かいです。
冷たい温玉が出てくると、少しがっかりしますが、
そんなことはない暖かい温玉に感動?しながら、
スープと一緒に半分だけ如月食いです。

あ、素朴なスープと玉子の濃い味わいが混じって、
美味しいツユがより美味しくなって、体に染みます。

そして、麺、肉、もやし、玉子が溶けたスープを
一気に口に入れられるようにかきこんで


あああ、美味しい。最高です。


ということで、完食してご馳走様でした。


ちなみに、以前食べた名物の辛みそラーメン
かつては、オロチョンラーメンという名前だったそうですが、
名前が変わっていました。何かあったのかな?





ということで。(´・ω・)ノシ

ウエスタンリーグのカープvsホークス戦でいただいたものについてです。

ゲームのあった、タマホームスタジアム筑後は、2016年に完成した
福岡県筑後市にある、ソフトバンクホークスの二軍の本拠地で、
「HAWKSベースボールパーク筑後」ともいいます。
球場と背後にある立派な室内練習場がセットで、
周囲には畑と住宅地しかないなかで、忽然とたっています。

由宇のフィールドオブドリーム感もスゴいですが、
こちらもなかなかです。
ただ、施設などは本当に立派ですし、球場内外のイベントも充実していて
ほとんど最近ゲームが行われている他の二軍球場に行ったことがないので、
比較は出来ませんが、最近の二軍球場はスゲーナーの一言につきます。

羽犬塚で乗り換えた八代行きの列車から見ただけで
うぉおおおおお、となるのだから、近くまで言ったら尚更です。

しかも、駅のホームにおりたつと、2017年度入団選手の巨大ポップがお出迎え
駅をおりても、等身大の選手の写真があって、ハイタッチしてよし、
記念写真をとってよしという感じです。
駅前に大書された「恋愛の神様と若鷹が育つまち」という
キャッチコピーもインパクト強いです。

筑後船小屋駅から当然球場などが見えるので、
迷うことなく進んでいけますが、道路の車通りが結構ある上
信号まで少し歩くのが遠回りする感があります。
とはいえ、そちらに唯一のお弁当屋さんがあるので、
ここって歩く人の便宜もはかっているのでしょう。

そして、いつもの儀式をすませて、敷地に入りますと、
屋台なども出ていますし、人々で賑わっていて、
なかにはキャッチボールをしている少年もいます。
楽しそうです。

そして中に入って、この日の席を確認し荷物を置いてから
むかったのが、球場内のフードショップ「Farm kitchen」のなかで、
一番、三塁側よりの「3」さんです。
球場の中にある、軽食中心の売店です

ゲーム30分前なのに、長蛇の列が出来ていて、三塁側よりの店舗なので
赤い人も多めです。

メニューを見ると唐揚げにポテト、炭火焼チキンに焼きそばなどがありますが、
今回オーダーしたのは「ホークス選手サロンカレー」 です。

「サロンカレー」はヤフオク!ドームにある野球観戦居酒屋 鷹正でも
食べられて、かつ、レトルトパックも販売されています。
そして、「サロンカレーうどん」はタマスタ筑後限定だそうですが、
最初なので、カレーをいただきましょう。
[うどんは一塁側よりのお店での販売でしたし…]
ちなみに、カレー単品で650円、ドリンクセットで800円です。

さらに、地鶏の炭火焼きが目を引いたのでそちらを購入。

カレーはある程度用意されてるのかホットショーケースに
入っていましたが、ちょうどなくなったので、もり立てがいただけました。

ちなみに、炭火焼は、ショーケースに入ったヤツを
そのまま受け取ります。

それと、レモンチューハイを携えて、自席に戻りまして、
グランド整備を見ながらいただきます。

まずは、カレーです。
白く楕円状の器に入ったのは、茶褐色のいい色合いの見た目が
食欲をそそるカレーと、つやつやのご飯。
さらにたっぷり入った福神漬けです。
カレーごしに具がゴロッと入っているのも好感持てます。

では、一口いただきますと、これ美味しいです。
まずは、自然や野菜の味わいがベースになっていて
すぐに、その他の具材ベースのコクとか、肉ベースの旨味などが
重層的に訪れる、しっかりした味わいのカレーです。

この様々な具材が溶け込んでいるところが
一口いただいただけでわかる味わいの複雑さが
まずはお気に入りですし、このしっかりした旨味がベースになって
意外な辛さがききます。このピリッとしながらも
やさしい刺激さがきて、お日様の下でカレーを食べる
喜びを味合わせてくれるのです。

具も、ジャガイモや人参やお肉が多めに入っていて
こちらを食べると、中に溶け込んでいる肉などのあじが
より強調されます。
球場で食べるカレーの中では、具が完全に溶けているタイプも
少なくないのですが、そんなのと一線をかくするところがいいです。
そして、この具もいちいち美味です。
ジャガイモはほこほこ、にんじんはさりげなく甘く、
肉もたっぷり入っていて、満足な味わいです。

この具やカレーがほっこりと炊かれたご飯にベストマッチ。
ご飯の自然な甘さがカレーによって
さらに食欲がますという、この組み合わせはいいです。

そんなしっかりと洗練された美味しさなのに、
どこか懐かしさがある、
どこも奇をてらっておらず、スタンダードな旨さです。

さらに、ハマスタで青星寮カレーを食べた時も思ったのですが、

選手も同じものを食べている、というワクワク感が
より味わいを加えてくれますし、
さらには650円と、他球場にくらべてリーズナブルなのも
いい感じです。

ホークスの選手食堂で人気で、なんでも「投手練習や、試合のない日の
全体練習時のみに出されるメニュー」で、
ある選手は、「あの味は他の店にはない」と語るほど。
工藤監督が就任する時に、選手サロンの食育改革を掲げたそうですが、
その時も「カレーだけは絶対になくさないでほしい」
「ご飯を玄米にしてもいいから残してもらいたい」といったそうで、
そんなエピソードもだてではないと思います。

中村晃選手が休みの日にカレー食うという名目で
練習しに来たりとか、
川崎選手やも和巳選手も大好きって公言してたそうです。

確かにこの味なら納得です。

レモンサワーにもよくあいますし、これはいいなぁ。

そして、カレーを食べきる前に、買ってきた
「地鶏炭火焼き」もいただきます。

四角い容器に入ったこちらは、見るからにプリプリの地鶏が
しっかりと炭で焼かれています。この黒さが頼もしい。
容器をあけたところで、炭の香りが漂いますし、
口の中にいれても、これは炭火ならではの味わいです。

炭火だからというわけでしょうが、中まで火が通っていながらも
けっして焼きすぎて堅くなっていないところがよくて、
柔らかいところ、歯ごたえが楽しめるところ
それぞれ色々な部位があるおかげで歯触りや味の
バリエーションを楽しめますし、何より、それぞれが軽く噛むだけで、
鶏ながらの淡白ながらもしっかりと滋養あふれる味わいとともに
肉滴がじわっと溢れてくるところ。

これはさすがです。
流石鶏王国九州の地鶏です。

しかも、ついてくるのがゆず胡椒で、こちらも芸細です。
ゆず胡椒の鮮烈なあじわいが鶏肉に刺激をあたえてくれて
別の旨さを引き出してくれるのです。
漬けなくても美味シイし、つけて、味わいをかえるのも
楽しくで、最初は半分くらいとっておうて、
小腹が空いたら少しずつ食べ進めようと思ったのですが、
この、シンプルながら美味しい味わいがたまらない。
ペロッといってしまいました。
こちらも。レモンサワーにもよくあって、いい肴です。

とはいえ、おしむらくは、手渡された段階で
すでに容器が冷えていたことでしょうか。

鶏の音度が低くてもこの味わいならば
アツアツならば、どれほど美味しくなるのか。

これは惜しいです。


と、いうことでご馳走までした。
野球観戦も含めて、本当に楽しめる球場だったので、
次来る時は、サロンカレーうどんと、クリスタルサワーや、ギータのハイボールなど
オリジナルのカクテルをいただきつつ、

かえりは、宿に向かうので見送った
船小屋温泉郷行きのシャトルバスにのって、温泉を楽しみたいです。

なんかホークスのユニフォームを着ていると半額になるキャンペーンもあるそうで
悩ましいところですね。

というか、次行くのは来年ですかね。

本当によかったので、絶対再訪します。



ということで。(´・ω・)ノシ
まだ、愛知遠征で、球場以外のナゴヤ各所(一部空港)でいただいたものについて
書いてなかったので、そちらの報告です。

この日は、新千歳では前回神戸の「ロイヤル」がことのほか良かったのと
遅い飛行機なので、若干余裕がある、ということで
「ロイヤル」さんで、スパカツをいただきながらハイボール。
3月釧路に出張した時、「泉屋本店」さんに行ったのですが、
ジャージ姿の高校生が行列を作っていたので、断念した想い出がありましたが、
鉄板でアチアチになっている、スパカツはいいです。
次第にしたの方がカリカリになってくるところもいい感じ。
ミートソースの濃い味わいと、肉厚のカツの脂で口の中が濃くなったところで
ハイボールにもよくあいます。

と、いうことで大満足で手荷物検査を経て、
機内の人となりました。

翌朝、せっかくのナゴヤなので、
朝食は喫茶店とかのモーニングを食べるがね。

と、宿を6時50分過ぎに出て、徒歩5分強
開店時間ちょうどに到着したのが、
宿から一番近い喫茶店の「バロン」さんです。

赤いファサードテントや、煉瓦で出来た植え込みなど
老舗の風格が漂う外観からして、昭和な雰囲気で、
広々とした窓が印象的です。
開店時間に少し速い時間でしたが、店内にアカリがついているので、
扉を開けると、「いらっしゃいませ」と上品そうなお店の方がお出迎え。

「どちらでもお好きな席をどうそ」と言われたので、
スポーツ新聞を手に取ってから、窓際の席に腰を降ろします。

そして、メニューを吟味

モーニングサービスメニュー AM 7:00~AM11:00
のところに、
Aset ゆで玉子+トースト ¥350
Bset ゆで玉子+トースト+ミニサラダ ¥380
Cset ロースハムorベーコンエッグ+トースト+フルーツ+サラダ ¥480
Dset ロースハムorベーコンエッグ+フルーツ+サラダ+サラダ+パンケーキ ¥580
A和朝食 焼き魚+海苔+生玉子+小鉢+ご飯+赤だし ¥580
B和朝食 ハムエッグ+小鉢+ご飯+赤だし ¥600
※アフターコーヒー ¥200

とのことです。
コーヒー トースト ゆで玉子で350円って、安いです。
と、本来ならば喫茶店モーニングなので、A~Dsetからの選択でしょうが
気分的に、和朝食だったので、A和朝食をオーダー。

注文を考えている時から、常連さん風なご年配のお客が
何人か入ってきて、それぞれのお客さんが
マスターとおぼしきお店の方と会話を楽しんでいます。

土曜の朝7時から常連さんが何人も来るって
スゴいです。
スポーツ新聞をちらちら見ながら、改めて店内を眺めると
ひろめの店内は昭和レトロな外観にふさわしい内装で落ち着きます。

ナゴヤの喫茶店ならではの、新聞、雑誌の多さも
居心地の良さに繋がっているかと。

常連さん らしき方々は、マスターとの会話を楽しみながら
モーニングを注文したようです。

待つことしばしで登場いたしました。
塗りっぽいお盆に乗ったのが、
サバの照り焼き、ポテトサラダといった、日替わり(推定)の焼き魚と小鉢
あとは、海苔に生玉子にご飯に赤だしです。
正しい日本の朝食です。ほうじ茶がついてくるところもウレしいです。

ご飯に胡麻が散らされているところも、
気が利いている感じです。

まずは赤だしをいただきます。

ウマい。五臓六腑に染み渡ります。
宿を出る時にちょうど朝食の準備で、この日のみそ汁が赤だしだったようで、
いい香りがフロント内を漂っていて、鼻腔と胃の腑をくすぐっていたので、
これは有りがたいです。
名古屋飯といえば、赤だしだがね。

つづいて、サバの照り焼きをいただきますと、
こちらも濃いタレがたっぷりとかかっていて、
この濃さもご飯がすすむのでウレしいですし、
タレの濃さに負けない鯖自体のしっかりとした味もいいです。
青魚ならではの磯の味わいがありつつも、穏やかな魚の味わいです。
身もふっくらとしていて、ほろっとほぐれるところも
食欲を増してくれます。

ポテトサラダも手づくりでしょう、芋が粗めで
ほのかな甘みとほくほくな感触を
優しい酸味が包み込みます。パンで食べても美味しいでしょうが
ご飯ともあいます。

海苔も、チェーン系牛丼屋の朝朝食よりも
たっぷりと枚数がはいっていまして、贅沢につかえます。
これらとすべてあうご飯は、鯖、ポテサラ、海苔、と楽しんでいって、

朝から焼き魚を食べるのが久しぶりだったのもありますが、
滋養が身体の中に染み渡ります。

老舗のレトロ喫茶でのモーニングを堪能いたしました。
マスターやウェイターの皆さんも、ビシッと決めて接客もいい感じ。
是非再訪したいところ。
その時は、モーニングセットをいただきたいです。



そして、この日のドラゴンズ戦の敗戦を引きずって、
球場でいただいたのが、Coco壱のカレーと、ナゴドモナカアイスだけだったので、
いい感じにお腹が減っています。

そこで、地下鉄で栄駅へ行って、夕食のため入ったのは
こちらもナゴヤの名喫茶店「コンパル 栄西店」です。

「コンパル」さんは、
メディアファクトリーさんの、ご当地グルメコミックエッセイシリーズ
「まんぷく名古屋」(森下えみこさん著作/案内人 大竹敏之さん)で
森下さん、編集カトーさん、大竹さんの三人で訪れたお店です
(訪れたのは、栄東店ですが…)

こちらで、森下さん、カトーさんは、アイスコーヒーと、エビフライサンド、
名古屋コーチンサンドをオーダーしていました。

2人で2品なので、私は1品。
ということで、エビフライサンドとアイスコーヒーをオーダー。
最初は、コーチンサンドをテイクアウトして、それを肴に宿で飲もう
とも思ったのですが、コーチンサンドは、テイクアウト出来なさそうなので
断念いたします。

明るい店内で、スポーツ新聞を読みながら、
(前日のカープが負けたので、野球以外の記事を中心に)
待つことしばしで、まずはアイスコーヒーが出てきます。

ホットコーヒーが白く小さいカップに入って出てきて、
別に氷のたっぷり入ったグラスが添えられています。
この独特なアイスコーヒーは、コンパルならでは。
メニューにも、アイスコーヒーの入れ方が書かれています。

と、いうことで入れ方に従って、コーヒーに砂糖を入れて
丁寧にとかしてから、グラスに注ぎます。

「まんぷく名古屋」の中で、
カップからグラスに入れる時にこぼれがちと書かれていたので
丁寧に入れまして、確かにカップの底から零れますが、
グラスの口が広いので、カップの底もグラスの口の中に入るので
零れずにもれなく入れる事が出来ました。

そして、軽くかき混ぜていただきますと、

あ、コーヒーの香りと味わいが
今までのアイスコーヒーとは違います。
これは、いい方法を知りました。

そんなコーヒーを味わいっていると、
今度はエビフライサンドが登場。

これが、エビフライ三本分入ったエビフライサンドです。
エビフライの断面や、キャベツ、玉子などの色合いが
まずはキレイです。
これは美味しそう。

手にもつと、暖かく、トーストされたパンの感触がいいです。
では、サクッといただきますと、
まずは、パンの外側サックリ中がフワッとした美味しいトーストがあって、
すぐに海老のプリプリさが歯に伝わって来ます。
これはすごい。
キャベツのシャクシャク感や、エビフライの衣のサックリもあいまって
一噛みするだけで、さまざまな歯触りのハーモニーが面白いです。
これだけで、いい感じに加えて、当然の美味しさです。
プリプリ海老の歯ごたえ通りの肉が詰まった弾力と
軽く噛むだけで溢れてくる磯の味わいと
基本淡白ながらしっかりと感じる穏やかな滋味。
さりげなくですが、しっかりと主張する海老です。
そして、この芳醇な海老を包むのがサックサクの衣で
海老と好一対。タルタルソースもいい形でエビフライに働きかけますし、
歯触りだけでなく、味わいとしても、蛋白質な味わいを緩和する
自然に甘いキャベツです。

そして、歯触りではすぐに気が付かなかったのですが、
ふわふわ玉子もほの甘い味つけで
玉子自体の滋養の味わいを生かしています。
このフワフワも食べ進めていくうちに効いてきます。、
そして食べ進めていくごとに、この歯触りと味わいの重奏を
楽しむ事が出来るという。

これは幸せです。

口の中が少し濃くなったところで登場したのが、
香り高く、味も深いアイスコーヒー。

ああ、この組合わせ、最高です。

と、いうことで、あっという間に3個完食です。
ほんの少しだけ夕食には時間が速かったということで、お腹もいい塩梅。
これは、2個目に手を出さなくて、いい判断です。

とはいえ、テイクアウトでエビフライサンドをオーダーして、
店内でコーンサンドを頼んでもよかったかな?

ただ、このできたてを食べることが出来たので、
店内でオーダーして正解。

今度来た時に、コーチンサンドをオーダーして、
何かテイクアウトをしよう。と誓って、
こちらをあとにしました。

ちなみに「まんぷく名古屋」の中では、



「アイスコーヒー こうやって出てくるのって珍しいですね~」 へー
お 慎重ですね

「こういうのはいきおいよく入れたほうがいいんですよ」

えい だー こっちにこぼれがち

ちょっとこぼれねのは気にせずに
あー濃いー

[この方法はアイスコーヒーでもコーヒー本来の
香りを楽しめるようなと考案したそうです]

「エビフライサンド/私大好きなんです」
「具がはみでそう」

断面図 トーストされたパン 玉子焼き エビフライ タルタルソース キャベツ

パンがフワッ
キャベツがシャクシャク
衣がサクサク
エビがぷり
卵がふわふわ

「サンドイッチはテイクアウトもできるんですけど、
食感を楽しみたいなら
やっぱお店で食べるのがいいですよね」


「卵焼きにソースって合うんですね~」
きゅうりもいいアクセント
マヨネーズもあってる

な、コーチン玉子サンド


「この あんこの甘さとバターのしょっぱさって
おいしいですよね~」
「あっ アイスコーヒーに合いますねー」

といった小倉トーストは次回の楽しみです。



と、いうことで宿に戻って、翌日の準備をしまして、
この日は就寝zzzzz


そして翌日です。

前日は喫茶店モーニング(但し和定食)でしたが、
この日はモーニングを頂くことが出来る居酒屋さんがあるとのことなので、
そちらでモーニングをいただきます。

と、いうことで、宿の最寄り駅である地下鉄の丸の内駅から
伏見駅で乗り換えて、栄駅へ。

昨日の夕方も訪れ増したが、さすがに日曜早朝
人はそんなにいません。

地下街のほとんどのお店が閉まっているなか空いているのが、
酒津屋さんです。

栄の駅近で、居酒屋メニューだけでなく、定食メニューも充実しているので
人気なお店ですが、7時から、朝食 というメニューがあるので、
そちらをいただきますか。

と、いうことで7時少し過ぎに到着。店内に入ると、
お店はすでに2人くらい、お酒をたしなんでおります。
こういう雰囲気スキです。

民芸調な椅子に着席してメニューを見ると、
各種定食のところに「朝食 650円」を発見。
これと、レモンサワーを注文します。

店内には、スポーツ新聞があったので、それを見ながら
待つことしばしで、レモンチューハイが登場。
カーッ 朝から店のみってサイコーっ
と、典型的な酒クズ発言が脳内でクルクルします。
が、それもしょうがないよ、全部昨日のナゴドが悪いんだい。

と、思いながらなおもチビチビと飲み進めていきますと、
四角い塗りっぽいお盆にのって朝食が登場です。

これがスゴい。

細長いお皿に、コロッケ(ハーフ) ウィンナー キャベツ トマト キューリ
刻み昆布 梅干しが、
さらに小鉢にはみそ田楽
これと別にのり 納豆 刻みねぎ 玉子の器があって、
ここにご飯と赤だしです。

こりゃぁ、朝から豪勢だ。ちょっとした旅館並です。

まずは赤だしからひとすすり、
ウマい。前日例に依って痛飲したので、こちらが染みます。
(と、呑みながら言う台詞ではありませんがww)

そして、続いて、メインっぽいコロッケにソースを一垂らしして
かぶりつきますと、あつあつなコロッケは、衣サックリ
中のジャガイモホックリという、きちんと手づくりしている感が
伝わるしろもので、中のおいもがほのかに甘いところも好印象。
コロッケとくれば、キャベツだよね。
となりのキャベツと一緒に食べてもしっかり美味です。

赤いウインナーはしっかりと炒められていて、軽く焦げ目が付いてます。
遠足のお弁当とかに入っている懐かしい味わい。
こちらもキャベツとよくあいます。

さらに、梅干しも肉が軟らかくて、自然な酸味が刺激的。
切り昆布もしっかり美味しく、野菜もそれぞれいい感じ。
田楽もこんにゃくのしっかりとした歯ごたえとともに、
味噌は八丁味噌ベースで、ここも名古屋です。

そして、これらが、きちんとご飯のおかずとしてだけでなく
酒の肴としても機能しているのが、
さすがの居酒屋モーニングです。

と、満足しながら、納豆ご飯にして、最後は生玉子をかけて、
黄身のハートにロックオンといいながら
黄身の頂上に穴をあけてから醤油を流し入れて、
そしか、軽く混ぜてからいただきます。

ああ、ワレよくぞ日本人に生まれケリ。です。

最後までいただいてから、赤だしを飲んで
最後にレモンチューハイで胃の腑に収めて

あー、美味しかった。ごちそうさまでした。
チェーン系の牛丼屋や定食屋の朝定食に比べると
少しだけ割高ですが、その分品数が多いので、
これはこれで、オッケーです。

食べている時にも、何人かお客さんがはいってきて、
これからお仕事風の人もいれば、スポーツウェアの人もいて、
定食を食べる人、おつまみでジョッキをあける人と様々で、
こんな日曜の朝もステキです。

と、思いながら、こちらをあとにします。

ここも栄の駅地下ですし、それぞれリーズナブルな価格で
料理もそれぞれ口にあったので、また機会を作って
訪れそうな予感がします。

今度も朝酒かな?



そして、野球観戦を終え、セントレアへ。

軽く小腹がすいているので、麺なら軽くいただけるだろうと
空港ビルの4階をぶらぶらしていると、ちょうちん横丁に
「四代目鍵三郎宮きしめん」を発見。こちにです。

名古屋にきて、まだ今回は麺類を食べていなかったということでの選択です。

大きく雰囲気ある紺ののれんをくぐって、カウンター席に腰を下ろして
宮きしめんをオーダーします。
きしめん以外に、丼ものや、串カツ(みそ)、どて煮などがあって
ちょい飲みもできますが、このあと北海道で車の運転が待っているので
当然自重。次や次!!

カウンター席なので、お店の方がカイガイシク働いている様子がよく見えて
いい感じです。
そんなのを見ながら待つことしばしで登場。

出汁は透明感ある淡い色合いで、ひらぺったい麺がたっぷりです。
宮の文字が入ったかまぼこ、ほうれん草、椎茸、たっぷりの鰹節が
のっかっています。これは美味しそうです。

まずは平ぺったい麺をすすると、ツルツルっとした食感に加えて、
平べったさからニュルッとした感触があるのが面白いです。
食感だけでなく、程よいコシとか弾力のありますし、
のどごしもいいです。
なにより、麺が平たいので、麺にからむ出汁が麺を美味しくしてます。

そんな出汁は鰹ベースで淡白な見た目に反して、
ベースのかえしはほんのり甘く、しっかり鰹が効いています。

かまぼこ、揚げ、ほうれん草、鰹節、椎茸、薬味のねぎも
それぞれ麺に働きかけて、美味しくしてくれます。

名古屋飯の締めがこれでよかった。

と、思いながら、つゆまで飲み干し完食。ご馳走様でした。

ちなみに、きしめんを食べるたびに、カーラ教授こと
川原泉さんの「カレーの王子様」(白泉社/花とゆめコミック)で弘文君が
「きしめんはなにゆえ平ぺったいのだらう 」と「きしめんの殿様」化したのを
思い出すのですが…


次は、土手煮か味噌カツでちょい飲みをしたいものです。


ということで。(´・ω・)ノシ
5月の大型連休後半野球観戦ツアーの最終日。
初日、ホークスとの二軍戦で勝利、2日目、スワローズに大勝と、
この日にカープが、ダメージ残る負け方した以外は
本当にいい連休だったのですが…


ま、ここから振り返りです。

この日は、前日が遅かったので、6時に起床。
6時30分くらいに、宿で朝食。
こちらは空港利用の人に便宜を図って、
朝6時から朝食が食べられるので、有りがたいです。
ということで、お粥にじゃこをのせた和風朝食。
夏冬の大お祭りの時にはおなじみの朝食です。
あ、5月にはもう温玉はないんですね。
そして、畏友GMクンが宇宙一と言ったクロワッサンに
スープに。グレープフルーツジュースで、朝から満腹コースでした。

そして、身を浄めて、いつものカープボクサーパンツ、
ノースリーの赤いアンダーシャツに、
真っ赤なポロシャツを身にまとって出陣。
長い1日の始まりです。

7時に宿を出て、7時10分泉岳寺行きエアポート急行に乗り、
品川で乗り換え。7時29分発の山手線で新宿へ。
新宿には7時46分着。そこから歩いて、新宿ピカデリーへ。

映画館に到着したのが7時55分。映画館の前には、50人くらい列が出来てます。
何かあるんですかね。
8時に開場。中は入ったら「ガンダムthe ORIGINE」の巨大ポップが
あー、今日舞台挨拶があるんですか。それは混むはずです。
しかも、昨日封切りですから尚更ですか。

そんなのを後目に「リズと青い鳥」のチケットを購入。
この後の土日が、仕事・仕事・野球と、完全に全部潰れるので、
この日しか見るタイミングがない。ということで、
この日の午前中に見に行きました。

映画は、本当に最高でした。
キャラクターは魅力的で、動きもキレイ。
音楽の説得力も健在ですし、何より、2人の繊細な関係性と、
不器用なすれ違いがありつつも、
若いしなやかさで、自然に修復されるさまが丁寧に描かれていて
所々で涙が溢れてくる、感動のお話しです。
時間を作って見に行って、本当に良かったです。
詳細な感想はいつか機会があったら…。

その後、近くの紀伊國屋やアニ×イトで時間をつぶしがてら買い物をして
西武新宿線で高田馬場へ。
馬場でむかったのは、ドラマ「孤独のグルメ」や、
菅野彰×立花実枝子さん著「あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します」
(新書館/ウイングス文庫)に登場した
ミャンマー料理のノングインレイさん。そちらで、ゴローちゃんが食べた牛スープそばと
久住さんや、菅野さんなどが食べた、豚と米のソーセージをいただきました。

店員さん同士の会話がミャンマーの言葉なのがインパクトありますし、
途中入ってきたスタッフの人もミャンマーの言葉だったりと、
なかなかアウェイ感強いお店でしたが、両方とも、とても美味しかったです。
エスニックな味わいが新感覚ながらも、どこか懐かしい味わいが、ツボでした。
こちらも行って良かったです。
まだ、孤独グルメメニューも、あなたの町のメニューも残っているので、
そちらを食べに再訪することでしょう。

ただ、2品だけ頼んだのですが、腹にずっしりと溜まったので、
この後の予定に若干支障をきたしましたが…

こちらの詳しい感想もまた後日。

そして、満腹を抱えて山手線に乗り込んで代々木へ
そこで総武線に乗りかえて、信濃町へ行ってから
神宮球場にむかいます。

この日のゲームはナイターでは?と思う方も居るかも知れませんが、
まずの目当ては六大学野球です。
六大学野球の熱気とアツい応援は、何年か一度は見ておきたいところ。
と、いうことでの観戦です。

神宮球場のバックスクリーンのところから敷地に入ります。
そちらで野球の神様に昨日の御礼をしつつ
カープの健闘を祈って、二礼二拍手一礼。
今日も宜しくお願いします。

球場に入ると、前の試合を行っていた早稲田大学の応援団と
チアリーダーが反省会をしています。
そんなのを横目に内野席のチケットを買って球場に入ります。
ゲームは慶応大学vs立教大学。
この日は一塁側の慶応大学サイドに行きます。
(立教には言動に?と思う教授がいるので、避けました
ま、慶応にもいないことはないのですが…)

あー、吹奏楽とかの応援がド迫力です。
「リズと青い鳥」を見た直後に味わう生の吹奏楽の音は染みます。

ゲームは終始慶応ペースですすみます。
そして、周りはほぼOBか関係者。
大型連休最後の日というのもあるのでしょうか
家族連れで訪れているOB風もいます。
「あのこは塾高で」「じゃ、後輩じゃん」とか、
「ピッチャー両方とも志木高なんだ」とか
マウンドに大久保監督が行ったときも
「ほら、大久保ー、ガンバレー」「なんで監督応援するの?」
「いんだよ、大久保、同級なんだから、おら、大久保ー!!」なんて会話も
「俺、見に行く試合、見に行く試合、慶応負けたんだよな~」
「志村さんの時とか」「大森さんの時とかな」
ってのも、なかなかな会話です。

そんな会話も面白く、応援も終始ど迫力。
ゲームは慶応の勝利でおわりました。
やはり、東京六大学、面白いです。

16時05分にゲームセット。両校のエール交換を聞きながら
一旦内野席をあとにして、今度は外野のレフト側にむかいます。
この日は、外野指定席、レフトポールが左手に見える
ファールゾーンでの観戦です。
大型連休でこの日だけ外野指定席が取れたので、
日曜のナイターですが、迷わずチケットをとったのでした。

16時20分頃に開場したので、中へ入ります。
開場予定時間より早いので、有りがたいです。
自席を確認して、荷物を置いてから売店へ。
ビールの売り子さんがスタンバイしています。

一通り売店をチェックしてから、「麺や秀雄」さんで
ラーメンを購入。早い時間に買うと、生麺だということなので、
楽しみです。

そして、ハイボールとともに自席でいただきました。
美味しかったです。ごちそうさまでした。
感想はまた後日。

2ゲーム終わった後なので、入念にグランド整備がされています。
そんなのを見ながら深紅のHIROSE 26 のビジターユニフォームを着ます。
17時10分くらいからアップが開始されます。
そして17時10分、パトリック・ユウさんと、つば九郎登場。
さらに、この日の始球式をする「島茂子」さんが登場。
「城×メ×バー!!」などと声が飛びます。
このタイミングでT○KI○っぽい人を連れてくるとか
なかなかセメた演出です。
つば九郎とのヤリトリも場内の笑いを誘います。

そして、スタメン発表。
カープは3番バティスタ選手、4番エルドレッド選手
5番安部選手で、ライトには髙橋大選手が入ってます。

あれ?誠也選手は??

スワローズは前日死球の青木選手は出場せず、
この日もセンターは上田選手です。

そして、PASSIONのパフォーマンス、メンバー表交換
そして、T○KI○のリーダーっぽい、新人演歌歌手
「島茂子」さんの始球式を経て
ゲーム開始です。
カープの先発は九里投手、スワローズの先発は石川投手です。


1回表、カープの攻撃。
先頭、広輔選手がショートライナー、菊池選手センターフライ
バティスタ選手、空振り三振で、三凡です。

1回裏 スワローズの攻撃
先頭の山田哲ショートゴロ、上田選手センターフライ
坂口選手ファーストゴロで、こちらも三凡です。
石川、九里、両投手、なかなかの立ち上がりです。


2回表 カープの攻撃
先頭エルドレッド選手、左中間を鋭く破る二塁打です。
両チーム初のヒットで、盛り上がるレフトスタンド。
ただ、続く安部選手送りバントがキャッチャーへのファウルフライになります。
チャンススーパーが流れる中で、下水流選手はセンターフライ
高橋大選手は、空振り三振でチェンジです。
あああ。


2回裏 スワローズの攻撃
先頭バレンティン選手を見逃し三振、続く雄平選手をライトフライ
西浦選手をショートゴロでまた、三凡です。

いいですね、九里選手。
.


3回表 カープの攻撃
先頭會澤選手、フォアボールを選び出塁しますが、
九里選手のバントがピッチャーの真正面に行ってダブルプレー
広輔選手はスリーボールからストライクを三球連続で決められて
見逃し三振でチェンジです。

2回、3回とバント失敗がイたいです。
.

PASSIONのパフォーマンスと、いつものトルクーヤを見てから

3回裏 スワローズの攻撃
先頭川端選手がライト前へポテンヒットで出塁
中村選手の打席で、九里選手がワイルドピッチで、川端選手が2塁へ
結局中村選手は、フォアボールで出塁。
続く石川選手がきっちり打球を殺したいいバントを決めて1アウト2,3塁です。
山田哲選手の打席「♪テーテテテ やまーだてつと!!」が3回繰り返されます。
そんななかもショートフライで2アウト
ルパンチャンテが鳴り響くなか、
上田選手ストレートのフォアボールを選んで満塁になりますが、
坂口選手の当たりはレフトフライでチェンジ
九里選手、なんとかピンチを凌ぎます


4回表 カープの攻撃
先頭菊池選手がレフト線を抜くツーベースで出塁すると、
バティスタ選手の当たりはレフトスタンドへ飛び込みます。
やべー、ナイスバッティングで先制です。
宮島さんじゃぁあああああああ、バンザーイバンザーイバンザーイ
レフトスタンドなので、遠慮無くカンフーバットをカンカンします。
続くエルドレッド選手空振り三振
2文字応援の曲が響く中で安部選手も空振り三振
下水流選手がレフト前ヒットを打ちまして、
続く高橋大選手、センターを抜けようかという当たりですが、
上田選手が好捕してチェンジです。
ワーワー「何、また上田か!!」とはなりませんでした。

レフトの守備につくバティスタ選手に
バーティッスター、バーティッスター! と声が飛び
声援に対して、帽子をとって深々と礼をするバティスタ選手。
いーぞーいーぞーバーティッスター!!



4回裏 スワローズの攻撃。先制点をもらった九里選手のピッチングに注目ですが
先頭はのバレンティン選手にレフトスタンドに持って行かれます
あああああああああ、アーチを描かれました
ライトスタンド~1塁側は東京音頭の傘の花が咲きます。
ただ、ここで崩れずに
雄平選手ライトフライ 西浦選手 空振り三振
川端選手ファーストゴロでチェンジです。


ここで、イニング間で「スワローズイケメン総選挙」について
途中経過では、1位山田選手、2位荒木選手、3位坂口選手 だそうです。
この日インタビューを受けていた女性ファンは「上田選手」と言ってました
ワーワー「なに!また上田か!」

.
5回表 カープの攻撃
先頭の會澤選手、センター前へ弾き返して出塁
続く九里選手、今度はきっちりピッチャー前に転がして、見事送りバントを成功。
攻めろチャンテから、チャンススーパーで盛り上がるレフトスタンドですが
広輔選手ファーストゴロ。その間會澤選手は三塁に進塁しますが
菊池選手セカンドゴロでチェンジです。

PASSIOMのEZ DO DANCE と、つば九郎の「空中くるりんぱ」の失敗を見て

.
5回裏 スワローズの攻撃
中村選手センターフライ
ピッチャーの石川選手に代打で送られた廣岡選手空振りの三振
山田哲選手空振り三振で久々の三凡です。

ファン同士の対決ジャンケンがあって、

6回表 カープの攻撃
ピッチャーに代打が出たので、秋吉選手がマウンドにあがります。
この秋吉選手のボールのキレが外野から見てもわかるスゴさでした。
バティスタ選手はレフトへのヒットで出塁します。
ドドンドドンドン♪エルードレッド ドドンドドンドン♪エルードレッド
とレフトスタンドは盛り上がりますが、エルドレッド選手のショートゴロでゲッツー
安部選手はファーストゴロでチェンジです。


6回裏 スワローズの攻撃
先頭上田選手左中間に上がったフライをバティスタ選手がランニングキャッチ
坂口選手、バレンティン選手と連続で空振りの三振で三凡です。
九里選手、好調です。

それ行けカープを歌ってから、

7回表 カープの攻撃
先頭下水流選手、空振りの三振、高橋大選手レフトフライ
會澤選手 空振り三振で、三凡です。
さすが、ジャパンで抑えを経験したピッチャーです。
.
東京音頭で傘の花を見てから
7回裏 スワローズの攻撃
先頭雄平選手がライトへのヒットを放って出塁。
続く西浦選手が打球を殺したいいバントをキャッチャー前に転がし1アウト2塁
川端選手は見逃し三振で2アウトランナー2塁
ここで、中村選手の打席で、代打イケメン荒木選手。
バジリスク甲賀忍法帖チャンテが鳴り響くなか、ライト前ヒットで 1,3塁
さらにピッチャーの打席なので代打に鵜久森選手
ここで、踏ん張る九里投手、鵜久森選手を見逃し三振で斬ります。
いーぞー、クリアレン!!

そして、イニング間に「僕らのカープ」が歌われているのでしょうが、
スピーカーの近くなので、近藤選手のテーマ曲にかきけされて
よく聞こえませんでした。でも、応援リーダーのところにいるのは、やすおさんです。  
8回表 カープの攻撃
スワローズはピッチャー近藤選手、キャッチャー井野選手です。
九里選手の打順なので、代打野間選手。
野間選手はサードへの難しい当たりを快足飛ばしてヒットにします。
さらに広輔選手の打席で盗塁を決めて、ノーアウト二塁。
攻めろチャンテで盛り上がるレフトスタンドですが、空振り三振 に倒れます。
さらに菊池選手はセンターフライ
ここで、一塁が空いているので、バティスタ選手は申告敬遠。
生で申告敬遠見たの、はじめてです。
飛ばすチャンスで盛り上がるレフトスタンドですが、
エルドレッド選手の大きな当たりはセンターフライでチェンジです。

あああああ



8回裏 スワローズの攻撃
九里選手に代打が出たので、ジャクソン選手がマウンドにあがります。
さっきまで、ブルペンで今村投手が作ってましたが、ジャクソン選手なんですね。
さらにレフトのバティスタ選手がファーストに センターの下水流選手がレフトに
代打の野間選手がセンターに入ります。
打順一番からですが、なんとか堪えてくれ~
と、思った矢先、山田哲選手にセンター前に弾き返されます。
続いて、上田選手がピッチャー前にいいバントを決めて、ランナーを2塁に進めて、
夏祭りが鳴り響くなか、坂口選手はレフト前へのヒットで1アウト1.3塁。
バレンティン選手には初球ストライクから四球連続ボールで、満塁です。
ああああああああ、
ただし、こらえるジャクソン選手、
雄平選手が初球に手を出して、ショートゴロ。ダブルプレーでチェンジです。

うぉおおおおおおおお、ジャクソンッッッッッッッツ!!!
サンキュゥーーーーーーッッッッッッッ!!


9回表 カープの攻撃。
スワローズは、近藤選手に代えて、石山選手をマウンドにおくりまして、
5番に。雄平選手にかえて、ライトに田代選手です。
先頭安部選手、空振り三振、続く下水流選手、センターフライ
そして、高橋大選手。「一本出して終われ~!!」の声が飛びますが、
レフト前ヒットで出塁。代走に上本選手が出ます。
ただ、會澤選手が見逃し三振でチェンジです。

PASSIONのパフォーマンスがあって、

9回裏 スワローズの攻撃
ここでカープは満を持して、クローザーの中崎選手をマウンドへ。
レフトの下水流選手がライト 代走で出た上本選手がレフトに入ります。
「この回6番からだから、かえって前の回でランナー出して良かったですよね」
などとお隣の人と軽口を言う余裕もあったのですが、この時までは…

先頭の西浦選手、ファーストへのファウルフライで1アウト
続く川端選手センターフライで2アウト。
ここで、打順はキャッチャーの井野選手なので、代打に大引選手です。
大引選手、今季まだヒットがありません。ここをなんとか抑えてくれと思った
1ポールナッシングからの2球目を一振。
打球はグングンレフトスタンドへ。
来るなー! 来るなー! などの声も飛びますが、
レフトスタンドの前方に飛び込みます。

あああああああああああ
今季初安打が同店ホームランだなんて…

ここで東京音頭はイタすぎです。
さらに田代選手センター前ヒットで出塁。山田哲選手はフォアボールで1,2塁
一打サヨナラの場面で上田選手ですが、サードフライでチェンジです。

最悪の結果は免れましたが





あの一球がイタ過ぎです。



10回表 カープの攻撃
キャッチャーの井野選手に代打が出たので、古賀選手がキャッチャーに入りまして、
大引選手は、サードの守備に。サードの川端選手がファーストに、
ファーストの坂口選手がセンターに入ります。

先頭野間選手。サードゴロ、広輔選手ショートフライから、
菊池選手がセンターの右を抜く二塁打で出塁し、
飛ばすチャンスで盛り上がるなか、
バティスタ選手のセンター前で、菊池選手が生還して、カープ勝ち越しです。
宮島さんじゃぁあああああああ! バンザーイバンザーイバンザーイ
カープはまだ死んどらんけぇ!!
周囲の人とカンフーバットをカンカンします。
そして、ピッチャーの打順なので、代打に誠也選手です。
ここで、盛り上がりを見せますが、誠也選手ショートフライでチェンジです。

でも、1点かえしました。あとはしっかり真もっとクレー。



10回裏 スワローズの攻撃
ピッチャー中崎選手に代打が出たので、今村選手がマウンドにあがります。
が、今村選手、坂口選手、バレンティン選手と、
連続でストレートのフォアボールを与えます。
あばばばばばば
ここでカープは一岡投手にスイッチです。
さらに、バティスタ選手に代えて、ファーストに岩本選手。
スワローズに石山選手に代打でピッチャーの風張選手です。
風張選手は、スリーバントを失敗。この采配がゲームを左右する
となってほしかった。
さらに、西浦選手、空振り三振で2アウトまでとりますが、
川端選手にセンターへの同点タイムリーヒットを打たれて、再び追いつかれます。
あああ、東京音頭が耳にいたい。
ただ、続く大引選手は空振りの三振でチェンジです。

さっき、ザキがビッキーを空振り三振にとればよかったんじゃ!!
などとの声もあがりますが、ここも最悪の結果は免れました。


11回表 カープの攻撃
スワローズは、石山選手に代打が出たので中尾選手をマウンドへ。
先頭安部選手サードゴロで1アウトから
下水流選手がレフト前ヒットで出塁
上本選手はピッチャー前へ見事送りバントを成功。
さらに會澤選手は本日2度目の申告敬遠で、2アウト1,2塁
ここで、好調の野間選手。一打勝ち越しの場面ですが、セカンドライナーでチェンジです。


11回裏 スワローズの攻撃、カープは一岡投手が続投です。
先頭田代選手空振り三振 続く山田哲選手サードへのファウルフライで
2アウトをとってから、古賀選手をフォアボールで出塁させます。
「なんで、難しいバッターとの勝負を選択するかなぁ」と周囲の人
ここで好調坂口選手ですが、フルカウントから坂口選手の打球は
キレイに外野を抜くサヨナラツーベースでゲームセットです。


あああああああああああああああああああああああああああ

負けてしまいましたぁぁぁぁぁ。

スワローズはカープ以上にチャンスを逃していましたが、
カープも惜しいチャンスが多かったですし、
広輔選手、安部選手がノーヒットというところで、
繋がりにくかったカープ打線でした。

中継ぎ~クローザー陣も、一昨日の大勝、昨日の大瀬良投手の完投で
間が空いたせいもあってか、ピリッとしてませんでした。
いつも、お世話になっているところあるので、攻めるわけではないですが、
九里投手が7回1失点と好投していただけに、悔やまれます。


本当にこの日は、
映画も、孤独グル巡礼も、六大学も全部良かった
そんな1日だったのに、
最後の最後でこれですか…(泣)


あああ、敗者は立ち去るのみです。
ヒーローインタビューで盛り上がっている中、球場から駅へむかう
おびただしいアカい人の群に混じります。

そして、球場から立ち去る時に、
次こそは、カープの勝利に立ち会えますように。という気持ちこめて、
野球の神様に二礼二拍手一礼

次に神宮に来るのは9月かな?。
などと思いながら、外苑前駅を目指します。
が、こちらが大混雑。素直に国立競技場前駅に向かえば良かった。

とはいえ、外苑前駅から、青山一丁目駅へ行きそこで大江戸線に乗り換え、
大門で京急の特急三崎口最終にのりかえて、
京急蒲田で、羽田行きに乗り換えて、大鳥居へ。
宿についたら、23時をまわっていました。

朝7時に宿をでて、23時過ぎに戻るという
本当に長い1日でした。




勝利投手[ ヤクルト ] 中尾 (2勝0敗0S)
敗戦投手[ 広島 ] 一岡 (1勝3敗1S)
セーブ
本塁打[ 広島 ] バティスタ6号(4回表2ラン)
[ ヤクルト ] バレンティン10号(4回裏ソロ)、大引1号(9回裏ソロ)

観衆数 30561人  試合時間 3時間58分


次の現地参戦は、5月26日.27日、マツダスタジアムでの、対ドラゴンズ戦、
それが終わったら6月はパ・リーグとの交流戦3試合です。
どちらも、気合いぶち入れて、ばり応援しちゃるけぇ、覚悟しんさい!!



ということで。(´・ω・)ノシ

5月の大型連休後半、福岡~東京遠征のお話しの続きです。

前日4日は、若鯉の大活躍に満足をし、宿がある久留米で餃子に舌鼓をうちながら
夜を過ごしまして、翌5日のお話しです。

この日は宿の近くに台湾式粥を食べることが出来るお店があるとのことで、
そちらで、朝粥をいただきました。
たいへん美味しゅうございました。詳細はまた後日。

シャワーを浴びて、身の回りを整えて
7時50分にチェックアウト。お世話になりました。

8時8分の天神行き急行で天神へ。
天神で地下鉄に乗り換えて、博多駅へ。
そちらで、職場等のお土産を買ったり、新幹線の車内でいただく
東筑軒の「かしわ飯」を買ったりして、9時33分発、のぞみ18号に乗ります。
窓際の席は確保出来ませんでしたが、岡山まで、自分の席の窓側のお客さんが
こなかったので、ゆっくり車窓を楽しむ事が出来ましたし、
マツダスタジアムもしっかり見えました。
今月下旬に行くけぇ、待っててつかぁさい。

博多~広島間は久々に乗るので、しっかり起きていましたが、
マツダスタジアムを過ぎると、うつらうつらしてしまいます。

新神戸を過ぎた当たりで目が覚めまして、ちょうどお昼時なので、
かしわめしをいただきました。美味しかったです。
こちらも感想は後日。

その後もナゴヤ球場の横を通ると、
そちらでもウエスタンのドラゴンズとバファローズ戦が行われていて、
満員の球場を見て、テンションが上がったりもしました。
ナゴヤ球場もいつかいきたいねぇ。

さらには浜名湖のあたりでは3月の巡礼を思い出したり等、
やはり新幹線は楽しいです。(1/3くらいは寝てますがww)

14時26分、定時に品川到着。そこで、少しだけ交通費を節約するために
京浜東北線で蒲田へ。蒲田で京急バスに乗って
大鳥居へむかいます。
途中蒲田のPiOで、たくさんの若い人がいて、
何かのイベントみたいです。
大型連休はそういう催しも多いです。

15時少し回った時間に大鳥居にある宿にチェックイン。
神宮からはやや遠いですが、7日に6時台の飛行機に乗って
北海道に帰らなければならないので、
朝4時台から無料送迎のバスが出ているこちらの宿がアリガタいです。

こちらで身を浄めて、いつものカープのボクサーパンツ
赤いノースリーブスのアンダーシャツを身にまとい、
赤いカープアロハを着込んで出陣です。
16時01分の金沢文庫行きのエアポート急行で京急蒲田へ
京急蒲田で16時08分発の青砥行き特急で大門へ
16時31分発の大江戸線で、国立競技場をめざします。
大江戸線の車内は、赤い人、緑の人、それぞれですが、
緑のユニフォームで完全武装している女子が
青山一丁目で降りたので、なんとなくついていきます。
立ち居振る舞いが、「球場三食」のつばみ嬢っぽかったので、
なんかついていけば、効率的な行き方が出来るかな、という考えからでした。
(ちなみに、大松選手のユニを着ていました)
で、銀座線に乗り換えて外苑前かな?と思ったのですが、
そのまま降りていきましたので、私も従います。

青山一丁目から外に出ると、外苑のイチョウ並木などを通って
神宮球場へ行くアプローチなので、この道もいいです。
そして、半年以上ぶりの明治神宮球場です。

と、いうことで、球場に正対して、二礼二拍手一礼。
野球の神様に面白いゲームとカープの勝利をお祈りして中へ。

この日は内野一塁側の席です。三塁ベース、ピッチャーマウンド
一塁ベースで描く線の延長上の前から20列目といういい席で、
選手とかコーチが近いです。

座席を確認してから、カレーを購入に行きます。
カレーは今年から神宮にオープンしたカレー屋さんですが、
探す時に、内野バックネット裏の売店がリニューアルされていて、
雰囲気が違っているのがちょっと面白いなと思ったり、
内野のスタンドにあった「麺や秀雄」さんがなくなっています。
(外野では健在でした)
「孤独のグルメ」にも出てきたお店ということで、
「あの店のない神宮か」とゴローちゃんっぽくツブヤクのも忘れません。

そして、新しいお店でチーズのカレーと
ジャックダニエルのお店で、ジャックダニエルのソーダ割りを買って
自席にもどっていただきました。ごちそうさまでした。美味しかったぁ。

感想はまた後日。

17時34分、パトリック・ユウさんと、つば九郎のかけあいを見て、
スタメン発表。この日はこどもの日なので、
日本人選手の表記は全部ひらがなでした。
「のま」とか書かれると、ファミスタっほいなぁ、などと思ったりして
(ただし、ゲーム中は普通に表記に戻っていました。
甲子園は、ゲーム中もひらがな表記だったのになぁ)

さらにB'Zの曲に合わせて、エアギターをするつば九郎を見たり、
Passionのパフォーマンスと、キレキレのつばみのダンスを堪能たり
メンバー表交換、始球式があって、プレイボールです。
この日、カープの先発は大瀬良投手、スワローズの先発は梅野投手
どんなゲームになるのやら、

1回表 カープの攻撃
やはり選手が近いですが、廣瀬コーチもすぐそこです。

先頭広輔選手、センターへのヒットで出塁
続く菊池選手の打席で早速攻めろチャンテです。
が菊池選手は空振り三振に倒れますが、スタートを切っていた広輔選手が
が盗塁を決めます。
これが微妙なタイミングで、小川監督はリクエストをしまして
審判が協議している間、ビジョンに映像が流れますが、
これがセーフのタイミングなので盛り上がるレフト、三塁側です。
結局広輔選手はセーフで1アウトランナー2塁
3番バティスタ選手の打席では、チャンススーパーで盛り上がりますが
スリーワンのカウントからャッチャーへのファウルフライで 2アウト
チャンススーパーが流れるなか、誠也選手はファールで3球粘ったすえに、
レフト前に弾き返して、広輔選手が生還して先制です。
宮島さんじゃぁあああああああ バンザーイバンザーイバンザーイ
周囲の人とハイタッチ(カンフーバットを持ってきてはいましたが、
1塁側ということで、出していませんでした。)
続く安部選手はセンターフライでチェンジです。

でも、カープ先制しました。

すずーきせいやっ ドドンドドンドン♪ のコールに
帽子をとってぺこっと一礼する誠也せんしゅに盛り上がるレフトスタンドです。
いーぞーいーぞーせーいーやっ


1回裏 スワローズの攻撃
先頭山田哲選手、ツーストライクからハーフスイングを取られて3球三振
西浦選手、見逃し三振 で、7球で2アウトをとりますが
青木選手にぶつけてしまいます。倒れる青木選手に一塁側は蒼然とします。
「広島倒ーせ、広島倒ーせ、広島倒ーせ」のコールもおきます。
結局青木選手は退いて、代走に:上田選手が出塁します。
メンタル的に大丈夫かな?と思ったのですが、
バレンティン選手セカンドフライでチェンジ。
15球でまとめました。いい立ち上がりです。


2回表 カープの攻撃 スワローズは代走の上田選手がそのままセンターに入ります。
先頭のエルドレッド選手、2-1からバット一閃、打球は左中間の赤く染まったところに飛び込みます。
ふぉおおおおおおおおおお、すげぇえええええ。
宮島さんじゃぁあああああああ ワッショイ ワッショイ
そして周囲の人とハイタッチ。
続く野間選手、デッドボールで出塁
更に會澤選手、もフォアボールで出塁して、1,2塁
マウンドに集まる内野陣です。
大瀬良選手はスリーバント失敗で1アウト
広輔選手にも四球を与えて1アウト満塁になって、
ここで飛ばすチャンテが響いて菊池選手の打席は、ワンボールナッシングから、
ライトオーバーの走者一掃となるタイムリーツーベースで、カープはさらに3点追加です。
宮島さんじゃぁあああああああ バンザーイバンザーイバンザーイ
周囲の人とハイタッチです。
スワローズは、ここで:梅野投手にかえて、風張投手をマウンドへおくります。
風張選手は東農大オホーツク出身で、北海道に縁があります。
風張選手は、バティスタ選手、誠也選手と連続空振りの三振で締めて、チェンジです。

ただ、この回で4点追加です。
ブーラッドォ! ブーラッドォ! のコールに帽子をかかげて答えるエルドレッド選手
きーくーちぃ きーちーちぃ のコールに帽子をとってぺこっと頭を下げる菊地選手です。

いーぞーいーぞーブーラッドォ いーぞーいーぞーきーくーちぃ.


2回裏 スワローズの攻撃
先頭の雄平選手はセカンドへの難しい当たり。菊池選手よくとめたのですが、
無理な体勢でなげたので、送球がそれて内野安打になります。
続く坂口選手は センターへ弾き返してノーアウト1,2塁
ですが、廣岡選手、空振りで三球三振
中村選手ショートフライ
風張選手はいい当たりですが、ライトフライでチェンジです。
「風張ィ~、ナイスバッティング!」などと声が飛びます。
ピンチかと思いましたが拙攻で助かりました。
「あー、真中がヤメタ気持ち、わかるわ~」などと周りの緑色のユニの人。


3回表 カープの攻撃
先頭安部選手の打席で2文字応援がキマしたが、
安部選手、空振り三振で 1アウト
前の打席ホームランのエルドレッド選手センターフライで2アウト
野間選手空振り三振で三凡です。
でも、この回だけで20球近く投げさせました。
これがジワジワっと効いてくればいいのですが。

イニング間で
Passionが「千本桜」でパフォーマンスをしています。
あ、トルクーヤです。生きとったんかワレ


3回裏 スワローズの攻撃
先頭山田哲選手が センター前で出塁しまして、
西浦選手はライトフライで1アウト
上田選手の打席で山田選手が盗塁して、1アウト2塁で
上田選手はライト前のヒットがとびだします。
ここで、果敢に本塁を狙う山田選手ですが、
誠也選手の肩がまさっていて、本塁でアウトになります。
誠也-、すげぇええええええ
そして、バレンティン2-0から、レフトフライに倒れて、チェンジです。


4回表 カープの攻撃
先頭會澤選手、3-1からバット一閃。打球はセンターオーバーのホームランです。
すげぇえええええええぇ。
またまた宮島さんです。ワッショイワッショイ ハイタッチをすませて、
続く打席は大瀬良選手が見逃し三振。
広輔選手はセカンドライナー、
今日はじめての、はじまーりーのかねがーなる♪におくられた
菊池選手はライトフライでチェンジです。

が、この回も追加点をとりました。
こういうのがボディブロウのように効いて欲しいです。


4回裏 スワローズの攻撃
先頭雄平選手、空振り三振
好調坂口選手は、レフト前ヒットで出しますが、
廣岡選手、見逃し三振、中村選手サードゴロでチェンジです。

イニング間に、スワローズイケメン総選挙の告知が流れまして
ファンの女の子にオシの選手を聞いていて、その子は
「廣岡選手です」と言ってましたが、

この時ピッチャー交替と守備位置の交替で、廣岡選手、下げられました。
皮肉ですね。


5回表 カープの攻撃
スワローズは:風張選手にかえて、松岡選手をマウンドにおくります。
松岡選手が7番にはいったので、廣岡選手のショートに西浦選手が入って、
西浦選手のサードには大引選手が入ります。

先頭バティスタ選手見逃し三振から
誠也選手、左中間を深々と破るツーベースで出塁。
安部選手。ライナー性のファールボールをお客さんが素手でとって
歓声がおきます。そして、安部選手はレフト前にはじきかえして、
誠也選手が生還して、また1点追加。
宮島さん バンザーイバンザーイバンザーイ ハイタッチをおえてから
エルドレッド選手サードゴロ
野間選手の叩きつける打球はショートが処理しますが、
野間選手の足がまさって内野安打で1,3塁
さらに會澤選手の打席で、野間選手が盗塁をきめて、
會澤選手はデッドボールで満塁になりますが、
大瀬良選手セカンドゴロでチェンジです。

Passion のEZ Do Dance とつば九郎の空中くるりんぱに気を取られて
安部選手のリアクションを見逃してしまう私です。



5回裏 スワローズの攻撃
先頭大引選手ショートゴロで1アウトから
続く山田哲選手の痛烈な当たりは、レフトのバティスタ選手も見送っています。
スタンド中段に飛び込むホームランで、1点返します。
さすが、トリプルスリー男です。
東京音頭が流れる中、やはり1塁側はスワローズファンが多いことを再認識。
ただ、西浦選手ライトフライ、上田選手セカンドフライでチェンジ
最少失点におさえます。


6回表 カープの攻撃
先頭広輔選手がセンター前へ弾き返しますが、
菊池選手、ファーストのファウルフライ
バティスタ選手、誠也選手と連続して、空振り三振でチェンジです。


6回裏 スワローズの攻撃
先頭バレンティン選手 サードゴロで、安部選手がワンバン投球でアウト
続く雄平選手、セカンドゴロを菊池選手が軽快に捌いて アウト
坂口選手空振りの三振で三凡です。
守りのリズムがいいと気持ちがいいです。


それ行けカープを歌ってから、
7回表 カープの攻撃
スワローズは、ピッチャーの松岡選手にかえて、中澤選手をマウンドへ。
さらに、坂口選手に代えて、川端選手をファーストに入れます。
6番ピッチャー中澤選手 7番 ファースト川端選手です。
先頭安部選手、セカンドゴロ、続く、エルドレッド選手センターフライ
野間選手ピッチャーゴロで三凡です。



東京音頭でライトに反射する傘がキラキラしてキレイだな、などと思ったところで
7回裏 スワローズの攻撃
先頭川端選手、空振り三振 1アウト
中村選手はフォアボールで出塁しますが、
大引選手サードゴロ  山田哲選手ファーストのファウルフライでチェンジです。
.

「僕らのカープ」がレフトスタンドから流れてきます。
8回表 カープの攻撃
スワローズは中村選手に代えて古賀選手がキャッチャーの守備につきます。
先頭會澤選手の打席で笑い声がおこるレフトスタンド。
ジュンさんか、やすおさんが何か面白いこと言ったな?
會澤選手はセンターフライで 1アウトから
ピッチャーの打席で、大瀬良選手がそのまま打席に入ります。
これは、完投をさせるということ。レフトスタンドから拍手が起きますし、
「ホームランホームラン大瀬良~!」とか
「もってこーいもってこーい大瀬良~!」とか
「一発狙え、大瀬良~!」などと盛り上がります。
結局大瀬良選手は見逃し三振でバッターアウトで2アウトから
広輔選手が四球を選んで出塁。
すると、続く菊池選手、0-1からの当たり。レフトのバレンティン選手は
追わずに見送るだけで、レフトスタンドへ飛び込みます。
2ランホームランです。
うぉおおおおおおお、菊地ぃいいいいい。
宮島さんじゃぁああああああ バンザーイバンザーイバンザーイ
更に、バティスタ選手もフルカウントからバット一閃
打球はスタンド上段に飛び込む大ホームランで、カープ10点目です。
宮島さんじゃぁああああああ ワッショイワッショイ。そしてハイタッチです。
誠也選手はフォアボールで出塁して、代走に上本選手が出ます。
安部選手はライトフライでチェンジですが、
ダメ押しの3点を追加しました。

きーくっちー きーくっちー のコールに対して、帽子をとって頭を下げる
菊池選手です。
バティスタ選手は、守備交代のために、いーぞーいーぞーバーティスタ― のみです。



8回裏 スワローズの攻撃
誠也選手の代走、上本選手がレフトに、
レフトのバティスタ選手がしりぞいて、ライトに下水流選手が入ります。

先頭の西浦選手がセンターへのヒットで出塁しますが、
上田選手、レフトフライ バレンティン選手空振り三振
雄平選手レフトフライでチェンジです。

大瀬良選手、スゴいです。



9回表 カープの攻撃
スワローズは中澤選手に代えて中尾選手をマウンドにおくります。
さらに田代選手がレフトの守備につきます。

先頭エルドレッド選手レフトフライ  続く野間選手センター前ヒットで出塁
會澤選手センターフライで2アウト。
ピッチャーの打順ですが、ここも代打が出ずに、
大瀬良選手がそのまま打席に入りまして、再びレフトスタンドから拍手がわきおこります。
大瀬良選手は見逃し三振でチェンジ。

あとは9回のウラのピッチングに集中してくれ。



9回裏 スワローズの攻撃
カープはファーストに岩本を入れます。
スワローズは、ピッチャーの打席なので、鵜久森選手が代打で出ます。
が、ショートライナー
川端選手、レフトフライ 古賀選手、ショートゴロでゲームセットです。


勝ちましたぁ。


カープ、我等のほーこり~♪
と歌って、ヒーローインタビューを待ちます。


この日のヒーローインタビューは大瀬良選手。当然ですね。

勝手なお謙虚な大瀬良選手の人柄が表れた、
いいヒーロー品タビューに盛り上がるレフト側、三塁側です。

そして、選手の応援歌メドレーや、宮島さんとかを聴きながら
球場をあとにします。

敷地から出るときに、野球の神様に二礼二拍手一礼。
今日のお礼と、明日の勝利を祈ってから、球場をあとにします。

そして、ホープ軒を見ながら、大江戸線の国立競技場駅から21時55分発の大江戸線にのり、
大門駅で22時13分発 京急久里浜駅の特急に乗り
さらに京急蒲田駅で、22時35分発、エアポート急行、羽田空港行きにのって、

宿に戻ったのは、22時45分でした。


野球は勝ったし、食べたものは美味しかったしで、
いい1日でした。

願わくば翌日も勝てれば良かったのですが




そんな話しはまた後日です。



勝利投手[ 広島 ] 大瀬良 (4勝2敗0S)
敗戦投手[ ヤクルト ] 梅野 (0勝1敗0S)

本塁打[ 広島 ] エルドレッド5号(2回表ソロ)、會澤2号(4回表ソロ)、
菊池5号(8回表2ラン)、バティスタ5号(8回表ソロ) 
[ ヤクルト ] 山田哲9号(5回裏ソロ)


観衆数30597人  試合時間3時間21分
訳あって、しばらくブログの更新出来ませんでしたので、
たまっていた、ゴールデンウィーク福岡~東京遠征についてです。

前日3日に博多入りした私。
博多空港に降り立つときに「タマホーム」の看板が目に入ります。
これは歓迎されているということですか。

「博多弁の女の子はかわいいと思いませんか」
(新島秋一さん作 秋田書店 チャンピオンREDコミックス刊)に出てきた
おっしょいラーメンをいただいたり、
「Kalafina 10th Anniversary Film
~夢が紡ぐ輝きのハーモニー~」の中で、
Wakana嬢がパクついていたムツゴロウまんじゅうをいただいて、
最後は宿での「ゆるキャン△」の再放送でしめるという、
大満足な博多の夜でした。
宿に入る前にも、タマホームの看板があって、こちらもテンションが上がります。
(どんたくの日でしたが、ほぼどんたくは見ませんでしたww)

そして翌日、宿近くのコメダでモーニングをいただいてから
(博多でナゼコメダなのかの理由はまた後日)、宿に戻って
身体を浄めて、いつものカープのボクサーパンツ、
赤のノースリーのアンダーシャツを着てからカープアロハを身にまとって、
8時30分に、中州の宿をチェックアウト。一泊ですがお世話になりました。

そして8時47分の西鉄急行に乗って、途中西鉄二日市駅で乗り換えて
大宰府で観光やお祈りをすませてから、バスでJR二日市駅へ。

そこからJRを乗り継いで12時16分に筑後船小屋駅着。
駅に着く前に車窓から見える、スタジアムや、ホークスの室内練習場の堂々たる威容に
興奮します。
球場を見ると滾るのはいつものことですが、
初めての球場なので尚更です。

駅に降りると、ホークスの昨年のドラフト氏名選手の等身大写真がお出迎え。
駅の外にもあって、こちらはハイタッチとか出来そうです。

駅から徒歩でスタジアムへ。畑と住宅がある異空間がすごいなぁ。
ここらへんは「華丸・大吉のなんしようと?」で1回見たのですが、
周囲にあるのはお弁当やさんが一軒だけで、コンビニはおろか、
商店すらありません。

タマホームスタジアム筑後の敷地に入る前に、いつもの二礼二拍手一礼
野球の神様に、面白いゲームとカープの勝利をお祈りしてから中へはいりますと、
外も人が溢れていて楽しそうです。
タマスタ筑後のマスコット「ひな丸」もいます。

そんなのにイチイチ興奮していると、外にいながら、
この日のスタメン発表が聞こえてきます。
すると、カープは、センターが赤松選手、ファーストが新井さんです。
ここで盛り上がっている感じの三塁側。
さらには、ショートが西川選手、レフトが堂林選手、サードがメヒア選手。
そして、キャッチャーは中村奨成選手のところでも盛り上がりです。
奨成選手は初めて見ますし、これは、スゴいメンツです。

ちなみにホークスの4番が長谷川選手、
先発が和田投手ということで、ドヨめきがおこるタマスタ筑後です。

そして、スタジアムの中へ。
入り口で、ホークスの2軍選手のクリアファイルと、ビンゴカードをゲット。
ビンゴは外れましたが、座席へ行くと、広いですね、球場自体。
両翼100 メートル、中堅122メートルで
LEDナイター照明も完備。しかも人工芝もキレイです。
自分の席へ行くと、前から5列目ですごくいい席。
そこに荷物をおいてから、「ホークス選手サロンカレー」と「炭火焼」を購入。
両方美味でした。感想は後日。

さらに二軍球場なのに、ファンサービスが充実していて始球式とかもあります。
19.2×6.4mとデカいビジョンもキレイで、広告なども流れます。
そんなのにもいちいち感動しつつ、HIRASE 26のユニフォームに着替えて
12時59分に始球式、そして、定刻すぎてプレイボールです。

1回表 カープの攻撃

先頭の西川選手、投ゴロ、続く赤松選手が四球を選び、この日最初の盛り上がりです。
堂林選手がレフト前に弾き返して一二塁。
ただ、メヒア選手、空振り三振、新井さん見逃し三振と、
序盤、ボール先行する和田投手を攻めきれないカープ打線です。

1回ウラ ホークスの攻撃
カープの先発は加藤投手です。
今ひとつピリッとしない一軍の先発陣にカツを入れられるような
好投を期待したいところ。

先頭の牧原選手。登場曲で「♪水のように~やさしく~花のように~劇しく~♪」と
スタジアムに「甲賀忍法帖」が響きわたって、思わずニヤっとする私。
ただ、このあと翌日も翌々日もこの曲を聴かされるハメになるとは…

そんな牧原選手、ライト前ヒットで出塁しますが、
群馬出身で大学が北海道という何か縁を感じる
育成の周東選手をライトフライ
ユニークなバッティングフォームの塚田選手をセカンドフライ、
長谷川選手を空振り三振と
わずか11球でしとめます。ナイスピッチ。

この日の主審は若手の水口拓弥さんですが、20代のこの審判が
白井審判ばりのいい発声をしまして、ストライクのコールの毎に
マネをする人がいて盛り上がります。

何れ、一軍戦でも主審しないかなぁ。
したら、この日にタマスタ筑後で見た事を自慢出来るのに~

2回表 カープの攻撃
先頭の小窪選手、ショートゴロから、
続く美間選手がセンター前に弾き返します。
が中村奨選手がサードゴロで併殺打。
前の回は27球かかっていたのに、この回はわずか8球で攻撃をしめる和田投手。
立ち直らせちゃったかな?

2回ウラ ホークスの攻撃
吉村選手、サードへのファウルフライ、明石選手、セカンドゴロから
川瀬選手のライト前に抜けようかという当たりを
新井さんが横っ飛びでおさえますが出塁。
続く西田選手の打席で加藤投手のワイルドピッチでランナー二塁から
西田選手も四球で歩かせて、一二塁になります、
ワイルドピッチと四球ってイヤなパターンですが、
谷川原選手をレフトフライできって、チェンジです。
ヤレヤレ

3回表 カープの攻撃
この回から、ホークスは、和田選手に変えて、左の笠谷選手をマウンドへ。
九番の青木選手。あおーきりーくっドドンドドンドンとコールされて
盛り上がるなか四球で出てから、西川選手、ライトフライ。
ただ、赤松選手がセンター前に弾き返して一二塁。
堂林選手の鋭い当たりをショートの川瀬選手が好フィールディングでおさえて
ツーアウトながら一三塁になりますが、
メヒア選手の痛烈な当たりは笠谷選手の足を直撃。
その跳ね返ったボールがそのままファーストへと転がりアウトになります。
残念。

3回ウラ ホークスの攻撃
先頭のバジリスク牧原選手を四球で出すと、
続く周東選手がレフト前ヒット
塚田選手がピッチャー前に絶妙なバントを転がして
ワンナウト一二塁から、長谷川選手にも四球で満塁です。ああああああ
ここで、マウンドに行く美間選手。
ただ、吉村選手を三振、明石選手をセンターフライとなんとかおさえます。
長谷川、吉村、明石って並ぶ打線は、さすがホークス。おっかないですが、
なんとか凌ぎました。

4回表 カープの攻撃
先頭の新井さんがセカンドゴロ、続く小窪選手、フォアボールを選びますが、
美間選手8球粘ったすえに、セカンドゴロ、中村奨選手ピッチャーゴロでチェンジです。

4回ウラ ホークスの攻撃
ここで、カープは、センターの赤松選手にかえて、レフト天谷選手
レフトの堂林選手がセンターに入ります。
川瀬選手 ファースト横を抜くかという当たりを横っ飛びでおさえる新井さんです。
西田選手、空振り三振 谷川原選手見逃し三振で、チェンジです。
三凡ええね。

この時、キャッチャーの谷川原選手が打席にたった直後なのですが
ピッチャーのボール受けに出てきたのって飯田コーチじゃないかな?

5回表 カープの攻撃。ホークスはレフトの長谷川選手にかえて、
ファースト古沢選手
ファースト明石選手がセカンドに、セカンド牧原選手がレフトに入ります。
先頭青木選手、三振振り逃げしますがアウト。
続く西川選手、センター前に弾き返しますが、
天谷選手のショートゴロでゲッツーです。ああああ


5回ウラ ホークスの攻撃
カープは新井さんがしりぞいて、桒原選手が入りましてショートに
ショートの西川選手がサードへ、サードのメヒア選手がファーストに入ります。

先頭牧原選手、空振り三振、周東選手、粘りますが、セカンドゴロ
塚田選手、サードライナーで、この回も三凡です。
いいぞ、加藤投手!!


そして、ここで、グランド整備の時間で、「ウーハーダンス」の時間です。
グランドの中では、三塁側のカープファン、一塁側のホークスファン
それとセンターには、ビールの売り子さんだけでなく、整備員の人や
球場スタッフの人も制服で踊っていて楽しそうです。
パ・リーグの球団らしい、いい企画です。

と、いうか二軍戦なのにここまでファンサが熱心って
初めてです。(鎌スタにはまだ行ったことがないので…)

6回表 カープの攻撃
先頭堂林選手、ショートゴロ、メヒア選手キャッチャーフライ
桒原選手サードゴロで三凡です。

6回ウラ ホークスの攻撃
先頭古沢選手はセンター前で出塁しますが、
吉村選手、ショートゴロ、明石選手、セカンドゴロ
川瀬選手 ライトフライで、加藤投手も悪くないです。

ラッキーセブンの前に、「それ行けカープ」
しかも、バックスクリーンのビジョンに歌詞が出るという
いい仕様です。
そして、7回表 カープの攻撃。
先頭小窪選手、セカンドへのファールフライ
美間選手はセンター前ヒットで出塁しますが、
中村奨選手、ファーストゴロ。その間美間選手、進塁して、
チャンススーパーが歌われますが、
青木選手、三振でチェンジです。

「いざゆけ若鷹軍団」が歌われて、
7回ウラ ホークスの攻撃。
先頭西田選手にレフト前に持って行かれると
谷川原選手が三塁前に送りバントを決めて、
牧原選手にストレートのフォアボールをだしてしまいます。
この時点で加藤選手。100球を超えているところで
マウンドに、内野陣と佐々岡コーチもむかいます。
が続く周東選手にもフォアボール。マウンドに行く美間選手。
行きかけて見守るメヒア選手。
本日2度目の満塁のピンチです。
が、塚田選手がショートゴロで併殺。事なきを得ます。
ふぅううううぅ。

そして、ピンチのあとにチャンスありになるか
8回表 カープの攻撃
先頭の西川選手ショートゴロから、
天谷選手が、ピッチャーへのセーフティーバントで出塁。ナイバン。
そして、堂林選手メヒア選手と連続して四球で満塁。
この間、「お、ま、え、が、決めろ」と極チャンテを歌っています。
内野はバックホーム体制をとりますが、その間を
桒原選手の当たりは抜けて、レフト前へ。
うぉおおおおおおおお、先制点です。
宮島さんじゃぁあああああああああ。
バンザーイバンザーイバンザーイ。
まわりの人とカンフーバットをカンカン
小窪選手は三振に倒れますが、待ちに待っていた先制をいたしました。
いーぞーいーぞーくーわっはらー。の声も飛びます。

8回ウラ ホークスの攻撃
カープは、ここで加藤選手にかえて、藤井選手をマウンドにおくります。
加藤投手は5安打5四球5三振で、無失点というまずまずのピッチング。
二度の満塁を切ることが出来たのが、地味にデカイです。

藤井投手もいいピッチングをしていたのも見たけぇ
なんとかそれが続けられれば…という思い。
先頭の古沢選手を三振にきりますが、
吉村選手を四球で出します。そして代走は快足の曽根選手です。
続く明石選手の打席で盗塁を決めると、明石選手のライト前ヒットで
帰ってきます。ああああああ、同点においつかれました。
続く川瀬選手もフォアボール出だすと、
この日好調の西田選手のあたりはレフトの頭を越えるスリーベースです。
「ああああああ、何しょんならぁああああ」という声が響きます。
ここで2点追加。佐々岡コーチがマウンドに行きます。
「佐々岡~お前が投げろ~」という声が飛びます。
谷川原選手の打席で代打グラシアル選手。
当たりはセンターへのフライですが、犠牲フライには十分で、
また追加点です。
ここで、カープは三人目オスカル選手をマウンドへ。
さらに牧原選手の代打江川選手はショートへの内野安打。ここで代走は幸山選手。
周東選手の打席では
フニクリフニクラの歌詞で
「打とう打とう船小屋で、打とう打とうタマスタで
打とうよ打とうよ打とうよ打とうよー ここーで一発ホームラン♪」
と一塁側で歌われている中、フォアボールで、なおも、一二塁のピンチですが、
塚田選手をファーストゴロに斬って、ようやくチェンジです。
終盤で逆転されて、尚且つ4点ってキツいですね。

9回表 カープの攻撃
ホークスはピッチャーの笠谷選手にかえて、飯田選手をマウンドへ。
また1軍経験のある選手だよ。
さらに、グラシアル選手がライト、幸山選手がライト、
キャッチャーに張本選手が入ります。
先頭は好調美間選手、レフト前に運んで
続く、中村奨選手もレフト前ヒット。奨成選手のヒットが見れて良かった~
そして、9番青木選手の打順で、代打船越選手ですが、
センター前ヒットで、満塁です。
ここで、西川選手。頑張れ龍馬!!
そんな西川選手の打順は左中間を破るツーベースで
走者一掃で、たちまち同点です。すげぇ、
そして宮島さんじゃぁあああ、ワッショイワッショイ
周りの人とカンフーバットをカンカンです。
まだノーアウトランナー一塁なので
天谷選手がピッチャー前に堅くバントを決めると
堂林選手がストレートのフォアボールで出塁して、
メヒア選手の渾身の一発はレフトの左を鋭く抜く二塁打で、
西川選手がかえって逆転です。
ここで、ホークスは笠原選手をマウンドへ。
さらに、桒原選手の左中間をやぶるツーベースで
堂林・メヒア両選手がかえって、
小窪選手のセンターフライをはさんで、打者一巡。
美間選手も左中間を破るツーベースで桒原選手がかえります。
中村奨選手は空振り三振に倒れますが、
一挙7点で逆転です。
二塁打4本でるってのが、勢いあります。
帰るつもりだったのに、これはスゴ過ぎです。

9回ウラ ホークスの攻撃
カープは、オスカル選手にかえて、横山選手をマウンドへ。
私、新千歳の駐車場A-24番に止めて、
止めた番号の選手が活躍するジンクスがあるのですが、
止めた効果はあるのか。

さらにライト船越選手、キャッチャー白濱選手です。

先頭の古沢選手をセカンドゴロに斬りますが、
曽根選手にファーストの右を鋭く破られ、ライトファールエリアを
ボールが転々としている間に曽根選手は二塁へ。
続く明石選手を空振り三振にとりますが、
川瀬選手のセンター前ヒットの間に曽根選手が帰ってきて1点追加。
さらに、西田選手の打席で盗塁を決めた川瀬選手、
西田選手のセカンドへの内野安打の間に帰ってきて2点目。
これで8対6間で追い上げられますが、
張本選手のショートゴロでゲームセットです。
ふぃいいいいいいいい。あぶなかったぁああああああ。



まわりのアカい人たちとハイタッチ。ご苦労様です。

そして、この日GWということで、キッズインタビューがありました。
ヒーローは桒原選手
チビッ子「すきなたべものはなんですか?」
桒原選手「ラーメンです」
大人スタッフ「何ラーメンが好きですか」
桒原選手「何ラーメンとかないんですけど…
    …昨日もたべました」
チビッ子「げんきのみなもとはなんですか」
桒原選手「寝ることです」
大人スタッフ「最後にファンのみなさんに一言お願いします」
桒原選手「明日もがんばるので、応援よろしくお願いします」
大人スタッフ「ありがとうございました」

そんなほのぼのとしたヤリトリにほっこりします。


あー、いい一日でした。
後ろの赤いご夫婦に
「お騒がせしました。」とご挨拶。
「いや、楽しかったですよ。」
「僕明日、神宮なんですよ」
「あー、そうなんですか、どちらからおいでになったんですか?」
「僕、北海道からきました」
「えー、広瀬さんのユニフォーム着てるから、大分の方かと思ってました」
「いえ、こういうのも持ってます」
と、北海道限定タオルを出しますと
「えー、すごい、写真とっていいですか、インスタあげていいですか」
などと聞かれました。

私インスタ映えするみたいです。

そんな楽しい会話があって、球場をあとにします。

17時08分船小屋発の列車でJR久留米駅へ。
そして、久留米駅からは、17時27分 竹の子行きのバスで、西鉄久留米駅前へ。
さらにそこから徒歩で宿に入ったら18時近い時間でした。

その後は、美味しい餃子からはじまる楽しい夜でした。


この日のゲームは、ホークス 残塁12 併殺2に救われたとはいえ、
加藤投手は、ガマンのピッチング。いつか一軍で見たいです。
さらに、美間選手や桒原選手も上で見たいですね。

などと思った。収穫多い一日でした。



勝利投手[広島]オスカル 2勝0敗
敗戦投手[ソフトバンク]飯田 0勝2敗
観衆3113人 試合時間 3時間29分 

次の観戦は、5月26 27日のマツダスタジアムでのドラゴンズ戦い
さらには6月からは交流戦です。
そっちも気合い入れてぶち応援しちゃるけぇ、
覚悟してつかぁさい。




ということで。(´・ω・)ノシ