FC2ブログ
これから、今季レギュラーシーズン最後の遠征、
カープvsベイスターズ2連戦を応援するために
横浜スタジアムに乗り込みます。

ベイスターズは、現在ジャイアンツと熾烈なCS争いをしていまして、
クリンチナンバー3が出ています。
やはり、タイガースとの5連戦を3勝1敗1分で凌いだのが大きい。
特に、タイガースのホーム横浜スタジアムで1勝できたのがきいています。
〔タイガースは対ベイスターズ戦は、甲子園よりもハマスタの勝率が高いので
揶揄するように、こんなことが言われています 為念〕

さらに、ベイスターズ70勝到達は、2007年以来〔大矢監督時代 順位は4位〕
貯金は2001年以来〔森監督時代 順位は3位〕です。

CSのことを考えると、カープとの相性的な面では
圧倒的にジャイアンツなのです〔しかも、菅野、田口、マイコラスが1stステージで登板予定で
2ndステージには来ません。〕

が、あのチームが勝つことが生理的に受け付けないので、
ベイスターズには2年連続のAクラスになってCSに来てほしいのです。


とはいえ、カープもベイスターズ戦の勝ち越しがかかっています。

と、いうことで、今日、明日と、全力のガチで
カープを応援をしたいと思います。

カープはジョンソン投手、ベイスターズは今永投手の先発です。

絶対勝つぞカープ 絶対勝つぞカーァっプぅ
絶対勝つぞカァーアップゥー!!!!!!!!!!!!!!!!



さて、ここからがタイトルの記事です。



エア・ドゥでの新千歳~広島便、自分的乗り納めで、
由宇に行きました。


自分的広島でのレギュラーシーズン最終戦のマツダスタジアム、
持っているチケットが、内野自由席だったので、待ち時間が長かった。
そこで、「TJ Hirashima」誌をペラペラと読んでいましたが、
書評のコーナーで、「うえむらちかのカープごはん」(ザメディアジョン)が
紹介されてました。

そこで、翌日、新幹線に乗る前に、廣文館 新幹線店で購入。
新幹線の中で、楽しく読む事が出来ました。
しかも、行きたいお店がまた増えると言う。
次の広島訪問の楽しみが増えるねぇ、と思ったのですが、
ぐっと惹かれたのが、由宇に行く話しでした。

そして、読んでいるうちに、
「由宇でタコス…、食べたいです」モードに。

さらに調べてみると9月下旬のお仕事オフの23日に
由宇でバファローズ戦がある。
エア・ドゥのHPを見ると、23日新千歳~広島は残席が1
しかも、広島駅前の宿にも空室があります。
24日は仕事ですが、23日のゲームが終わってから岩国~羽田
羽田~新千歳と乗り継げば大丈夫!!
しかも、こちらも、それぞれ残席があります。

というわけで、チケットや宿をポチポチポチっとして、広島に来る事になりました。


広島駅近の宿を朝出て、JRを乗り継いで由宇駅へ、
さらに由宇駅からバスに乗ると、バスはアカい人が一杯です。
4月に来た時は、カープ応援の人は7~8人くらいしか乗っていなかったのですが、
今回はほぼ満員のバスの中、地元民とカープファンは1:9くらいの割合です。
スゴいなぁ。

由宇川沿いの道をずんずんバスはすすみ、
次第に細く急な山道に入っていって、バスは左へ右へ。
そして現地に近づくにつれて増える、路上駐車の数。
ああ、近づいています。

そして到着。

セ界最後の秘境、21世紀のフィールドオブドリームス
広島東洋カープ由宇練習場です。

前回も1000人程度のお客さんが盛りあがっていましたが、
今回はその3~5倍くらいいそうです。
めいめいテントを張っていたりレジャーシートを敷いていたり、
アウトドアチェアーを組んでいたりしたので、
さながらフェスかキャンプ場かテーマパークみたいでした。
というか、早く行って、スペース確保できたら、寝ながら観戦できます。
どこでもネソベリア状態です。

ワタシも前回の反省があったので、自宅から折りたたみの椅子を持ってきました。
さらに、あいているスペースを、ブルペンのマウンド近くに発見したので、
そこに設置してから、昼食を調達に行きます。


前回行ったときと同様、カレーコロッケ、唐揚げ、カルビ丼などの
移動販売車があり、昨年までの更衣室では、ゆうとまとカレーや、ゆうすうどん
などが売られていますが、冒頭にも書いたとおり、狙いは
「まぁちゃんのTACOS焼き」さんのタコスです。
こちらは、5年前から由宇でお店を出している地元のお店で
由宇のグルメでは一番の古株です。

行くと移動販売車の前には長蛇の列がですが、ある意味この日の目的なので
オトナシク並びます。

その間、移動販売車の外で、黒いTシャツの方が
手際よくトルティーヤを並べて、ミートをのせたり、レタスをのせたり
チーズを乗せたりしている様子を観察します。
見ると、作りおきではなく、注文を受けてから焼くようです。
これは時間かかりまして、長蛇の列も納得ですが、
できたてが食べられるのでウレしいサービスです。
時折、ジュージューと大きい音を立てているのも、
ライブ感があっていいです。

横では、おそろいの黒いTシャツを着た女性の方が
カキ氷が売っていて、こちらもなかなか人気の様子です。

で、次第に近づいてくると、移動販売車の中の様子もよく見えます。
お店の中には、ソンブレロをかぶって、カープのビジターユニの
Hiroshimaのかわりに、Tacosと書かれたユニフォームを纏った店長さんが
車の外で、黒いTシャツの店員の方が並べていたトルティーヤを
車の中に備えている鉄板で焼いています。
横にはソーセージなど、トッピングの具材も焼かれていて、
いい音の原因はこれです。

そして、移動販売車の奥で微笑む女性の写真。

これが、昨年、カープが25年ぶりの優勝を決めた5日後に逝去された
店主の奥さんの遺影です。
まぁちゃんタコスも、この奥さんの名前から採られています。

そんなのに少ししんみりしながら、横に出ている看板のメニューをチェック。

まぁちゃんタコス 牛ひき肉とチーズ サルサソースorトマトソース 300
えびカツタコス ぷりぷりエビカツ 350
スペシャル まぁちゃんタコスにベーコンと卵が入ったよくばりメニュー 400
カープタコス まぁちゃんタコスにロングウィンナーが入って食べ応えあり 400
メガトンタコス ボリューム満点のビックサイズ 600

と書かれています。

ここは、カープタコスです。

と、順番が来たので、さきほどカキ氷を売っていた女性スタッフさんに
「カープタコス」とオーダーをして、400円をはらいます。

目の前で焼かれるタコス。
トルティーヤの上でとろけるチーズがいい感じですし、
そこに乗せられる、同じく鉄板で熱されたソーセージです。

さらに、赤いサルサがかけられて、
手際よく軽くまるめられて、紙に乗せられまして、登場。
手渡しされるときに

「熱いので気をつけてください」と件の女性スタッフの方に言われます。

はいはい、と思って聞いていると

!!

本当にアツい。
直前まで鉄板で熱されていたのは伊達ではありません。

ホコホコしながら、確保していた自分の席に戻ります。
目の前では、本日の先発福井投手が熱の入ったピッチングをしています。
がんばれ、エース福くん、と思いつつ
まずは由宇駅近くのセブンイレブンで購入した
ジムビームのハイボール缶をカシュっとあけてのどを潤します。
あああ、この開放感の下でのハイボールはいいですね。

そして、タコスをいただきます。

うん、これは美味しいです。

まずは表面のトルティーヤですが、もともとそこまで硬くないのですが
鉄板で熱されているので、ところどころ、サックリとしていて
いろいろな食感が楽しめるのがまずはいいです。
風味もいいですし、素朴な味わいで具材の美味しさを引き立てる
にくいやつです。

そして、具ですが、まずは、そのソーセージの存在感。
バットに見立てたロングソーセージではなく、
少し長いソーセージが2本入っていますが、このソーセージが美味しい。
腸でできている皮部分を噛み千切る快感から
すぐ溢れて来る肉滴の濃い味わい。そして、肉自体の
野趣に富みながらもしっかりとした肉そのものの味わい。
さらには、それらを包み込む燻煙香です。

ああ、いいソーセージです。

というか、なんで、ソーセージと野球ってここまであうのでしょうか。

これは、ソーセージの入ったカープタコス大正解です。

このソーセージと別のベクトルで美味しい肉が、
地元特産である高森牛のひき肉です。
高森牛は、山口県岩国市周東地域で生産される牛肉の銘柄で、
この肉もひき肉でありながらしっかりと存在感を示しています。
これはまぁちゃんタコスでも十分美味しいです。

しかも、この濃い味わいをさらに盛り上げてくれるのが
とろーりチーズです。このチーズの味わいも濃厚で
乳の味わいが素敵ですし、これらをピリッと引き締めてくれるのが
サルサです。

そこまで辛いというわけではないですが、
ピリ辛がソーセージにも、肉にも、チーズにも、
働きかけてくれますし、

この濃い濃い味わいにさわやかさをもたらしてくれるのが
シャキシャキのレタスです。
レタスの味わいもしっかりしていて、水分もたっぷり
口の中に清涼感をもたらしてくれます。

これらが時間差でくるのではなく、ほぼ同時に来るので
脳の処理能力が追いつかずに、

おーいしぃー!!

という感想になります。
ま、しょうがないです。

そして、このチョイピリ辛で、たっぷり濃厚な味わいが
ジムビームハイボールにあうのです。


ああ、食べ物は美味しいし、天気はいいし、
目の前では野球がありますし、最高です。


野球場で食べるグルメの定番はホットドック。
ホットドッグもあうんだから、当然タコスもあうよなぁ、
ということを改めて再認識。




ちなみに、こちらのルーツは二軍時代、ここで汗水垂らして練習している
丸選手を応援していたことからはじまります。
だから、こちにの方が夕方から営業してるスポーツバーの名前は
「キッチンスタジアム63。(ろくさんまる)」なのです。

だから、丸選手は当然お気に入り、

さらに、お店の方がテレビのインタビューで答えたことによると。

「ルナが何十個と頼んでくれて、小窪選手も大好きです。」
とか
「岩本選手が一番たくさん食べる
 バティスタは意外と辛いタコスがだめ メヒアも
 毎回1人で3個4個食べている」
だ、そうで、

ファンだけでなく、選手にも愛されている由宇の味です。


ちなみに、二軍優勝が決まった時
通常の倍の大きさのトルティーヤに倍の量の具材がトッピングされた
W優勝タコスを1日10個限定で出したとか、

ああ、こちらも食べたかったですねぇ。


ちなみに、こちらに来るきっかけになった「カープごはん」に出てきたのは、
キッチンスタジアム63。さん。 岩国の野球好きが集うお店だそうで、
カープ関連の音楽とか映像がながれているそうです。

こちらにも行きたいねぇ。やはり来年は岩国泊で由宇ツアーを組むかねぇ。


本当に、二軍の球場は侮れません。

やっぱり来シーズンは、鎌スタとタマスタ筑後はマスト、
他にもファームのゲームも沢山みたいです。

あ、当然由宇にも還ってきます。


では。(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト



今朝は、寒いなぁ、と思ったら、喜茂別町で氷点下を記録。

朝から午前中は雲がかかって見えなかったのですが、
午後晴れてきて、頂上が見える羊蹄山も
上のほうは雪化粧をしていました。

こうして次第に秋が深まってゆく羊蹄山麓です。


そんな時期にもうれしいのが温泉です。



ここからがタイトルの記事です。


前日まで、1泊2日の由宇遠征を終えて、
岩国~羽田と乗り継いで、その日の内に北海道に戻ってきたのは、
日曜日に午前中オシゴトがあったからです。

ということで、オシゴトを終えた後、HBCラジオ「ガンちゃんの世界一面白いプロ野球の番組」を
BGMにむかったのが、アンヌプリ温泉湯心亭さんです。

こちらは、透明なクセのないお湯がいい感じで、
しっとりとしたやさしい湯あたりが、
近くの笹濁色で硫黄香がぷんぷんただよう、ニセコグランドホテルさんとは
大きく異なりますが、双方ともに素敵な魅力があります。

さらにほんの少し先には、これまた泉質の異なる「鯉川温泉」さんもありますし、
本当にここらへんの温泉は面白いです。

和のしつらえを強く感じる、入り口にかかる大きい暖簾状の布が雰囲気あります。
重い木の扉についている、自然木の掴手を動かして中にはいると、
香が炊かれているのか、いい匂いがお出迎えです。
自販機で湯券を買って、手渡しをした後
清潔な感じの廊下を歩きお風呂へむかいます。

脱衣場にはあいた籠しかありません。ラッキーです。
直後に職場の健康診断を控えているので、体重を量ると
目標体重よりやや重い感じです。
これくらいなら、当日まで、目標体重に間に合いそうです。

中にはいると、ムッとする湯気とともに、どこか針葉樹を感じる
湯槽の香りがまざった湯の香がお出迎えしてくれて、
これだけで心がほっこりします。
この針葉樹の香りがこちらの温泉の最大の特徴です。

中はそんなに広い浴室ではないですが、
4m程度の半円形の湯槽からは、透明なお湯があふれて、
これ見るだけでいい気分です。
湯が流れた跡、浴室の床についている模様もいいです。

まずは湯槽に身を沈めるますが、小さい分だけ
湯があふれる勢いもあって音も混みでいい感じです。

そんな感じで、しばらく内湯を楽しんでから向かったのが露天風呂です。

扉をあけて、しっかりとしたつくりの屋根がつけられた廊下を歩いていくと、
スロープになっていて、次第にお湯の中に入っていくという面白いアプローチ。
この緩やかなスロープが遊び心を感じます。

そして、露天ですが、内風呂がこぢんまりとしているのに対して、
本当に広々としています。
火山地帯ならではの、でかい庭石みたいのがゴロゴロしていて、
本当におちつけるいい風情です。

男湯と女湯は、木の塀で区切られていますが、
その境目の部分からは勢いよく、お湯が流れていて、
その音が周囲に響きます。

お湯もつるっとした湯触りがよくて、しっとりとした感じになります。
軽く口に含むと、ほのかな苦味と塩分が感じられるのも、いいお湯です。

中央には、東屋みたいな大きな屋根がついていて、
そこの下に寝転がることができる大きい滑滑の石があります。
ここにごろんと寝転がって湯が湯槽に流れ込む音を聞きながら
ぼーっとすると

あー、 気持ちいい~も~しわけない。

まずは、こちらで軽くオちます。最高ですね。
目を覚まして、再び岩風呂の風情を味わいながら、
流れるお湯の音と小鳥の鳴き声に意識を飛ばします。

しばらくしてから、一旦内湯に戻って、再び半円形の湯槽に身を沈めて、
全身で湯を楽しんで、湯の香りを鼻先近くで堪能したのちに、
湯槽の縁で道南スタイルを楽しみます。

ああ、こちらも気持ちがいいです。

それにしても、観光シーズンのこの時期に
こんないい温泉を貸し切れるという幸せに感謝をしていると
またオちてしまいました。

思った以上に、由宇行きが応えているみたいですが、
ま、ゲームに勝ったので、疲労も勲章です。


と、露天、内風呂それぞれ堪能。

そして、すべてを済ませて外に出まして、外に出ると
きりっとした空気で改めてシャキッとする気分がいいです。

ラジオはとっくに「サンデーファイターズ」になってました。
そんなのを聴きながら、途中、昼夜兼用のおでんをセブンイレブンで買って
自宅へと戻ったのでした。


ちなみに今まで入った温泉については左側の欄にある温泉三昧を
クリックしてもらえれば見ることが出来ます。

よろしければ。


ということで。(´・ω・)ノシ

明治神宮球場でカープvsスワローズ2連戦と並行して、
孤独のグルメ巡礼もしましたので、そちらの報告第二弾です。

この日もスワローズに勝利をしまして、大満足のうちに宿へ。
この日は勝利の深酒が過ぎたせいで、翌日はプチ寝坊。

本当は朝食で行こうと思っていた
アノお店には行けずに、結局宿をチェックアウトしたあとの時間に
訪問する事になりました。

泊まっている宿から2番目に近いのが西武新宿駅。(一番は地下鉄の東新宿駅です)
そして、高田馬場から目的地まで、バスが出ている。

目的地の最寄り駅はJR大久保駅なので、本当は宿から現地まで歩くつもりでしたが、
前日までハシャギすぎて疲れたせいで、そこまで歩くのが億劫ですし、
気が付くと小雨も落ちてきたので、これは西武線とバスの乗り継ぎです。

時間はたっぷりあるのでいいのです。

西武線で高田馬場に行き、高田馬場で東中野行きの10時37分発の
関東バスに乗ります。

その間若干時間があるので、コンビニでスポーツ新聞を買ったり、
次回の予習のために「ノングインレイ」の場所を探したりしているうちに
早い時間からバスが待っています。

そして乗り込んで10分ほどして、百人町公務員宿舎のバス停に到着。

そこから歩く事しばしで、見えて参りました。

淀橋市場です。

こちらは、都内に11か所ある中央卸売市場の一つで、
野菜や果物を扱っています。

裏から行ったので、平らな大きい建物がどーんとあって、
車が入っていったり、立体駐車場のようにも見える
独特の形をした建物が、市場然としていていい感じです。


目的地は、
ドラマ「孤独のグルメSeason6」第二話東京都新宿区淀橋市場の豚バラ生姜焼き定食
に出てきた、伊勢屋食堂さんです。

しかも、この回見たときにびっくりしたのですが、
久住さん原作の「食の軍師」6巻 にも登場したお店です。

孤独のグルメと、食の軍師の両方に出た店って、
相当レアではないだろうか。

しかも、今回泊まっている宿からも近いし。
市場の食堂ならば、朝飯を食べに行ってもいいなぁ。

って感じで訪問を決定したのですが、プチ寝坊のせいで
朝飯での訪問ははなしになりましたが、無事訪問です。

せわしなく働いている人とか、車が動いている様子に
少しだけ引け目を感じつつ正門を通ってから左折。
薄暗いなか、事務所のようなコンクリづくりの長屋的建物がありますが、
この佇まいがまず風情あって気分があがります。


ゴローちゃんは

「この時間に開いてる店…どこだ?
モーニングのトーストじゃ物足りない。
米…ご飯食べたい!となると…牛丼の店か…。

えっ?こんなところに…市場?

市場なら早朝からやってる食堂とかあったりしないかな…。

青果市場みたいだな…。
ここで働く人たちが行くような店、ないかな…。

この建物…怪しいな…。

あった!
やっぱりあった! やってるやってる!
うん。この看板とのれんの感じ、グッとくるじゃないか…。」

といって評価してましたし、


「食の軍師」の主人公本郷は、

「こっれっはシブい!! / 映画のセットの如し!!」
「店内の情報が一切なくても / 漏れ出てくる、時の作った / 風格! これぞ市場人が集う
「市場の巣」だ!!」

「このガード下っぽい雰囲気 / 隣は自動販売機コーナーか」
「その隣は…? / うほっ」

「こっれっまったシブい! 愛さずにはいられない店
 店前の雑然までが / ラーメンの出汁になってそうだ!!」

と外観を評価してました。


たしかに、年季の入った飲食店のみがもつ風情は、
リアルラーメン博物館的な感じで、
このくすけた感じは実際に年月の経過を経験しないと出せない味わいです。

紺地に「伊勢屋食堂」と白抜きされた暖簾をくぐり
入り口の刷りガラス戸を横開きして中へ入ります。

ちなみに上にある看板には
「御食事 伊勢家」と書かれていますが、お店的には伊勢屋が正しいようです。

店内に入ると、入り口に比べて少しだけ奥行きがある店内は、
昭和の大衆食堂にあるテーブルと、昭和の大衆食堂にある丸椅子。
周囲の淡いキツネ色の合板っぽい壁といい、
かけられている鳥居形の扁額のようなメニューといい、
こちらもイカニモな作りで、セットのようです。

奧の席にコシを降ろしてメニューを見ます。

ゴローちゃんは
「さて…ここで食うべきものはなんだ?
カツ丼に…、へぇ、生姜焼はバラとロース、両方あるのか。珍しいな。
50円引き。増しと、引きがあるのか。おもしろい。
カレーは月曜、まぐろは金曜。今日は何曜だっけ?
えっ…えっ、何このカレンダーの数。
黒板が今日のメニュー。
おっ、アジフライ。塩さけ定食もいいな。
なるほどこっちは副菜か。ん? トマト酢漬?
アジフライにもひかれるけど、今の気分は労働後の肉。
プラス、小鉢の連打だな。」

という感じで注文をしていましたし、

食の軍師の本郷は、中に入って
「思った通り…いや / それ以上の昭和感」
「デコラ張りのテーブル / …下には油の染みた / 半年前の漫画雑誌
 おなじみの丸イス」
「どこで売っているのか / っていう家庭用大型 / 箱マッチ!
 マッチだよ / マッチ!!」
「スタンダードメニューの / 充実!!ビールに大小が /あるのも心憎い!!
 さりげなく / 鳥居型なメニュー額も / 見落としてはならぬ」
「黒板メニューもイイぞ」

との感想をのべて、続くラーメン屋さんにそなえて、
小鉢三品(生タラコ・ゴーヤスライス/春雨サラダ)を頼んでから、
「定食のライス、みそ汁無しのもできますよ」
とお店の人に言われて頼んだオムレツを堪能していました


そんな逡巡をみていた私、腹は決まっています。

ゴローちゃんが注文した、「豚生姜焼き定食」に小鉢の「納豆」、
本郷が注文した「生タラコ」。だから、小鉢は連打ってほどではありません。
さらには久住さんが注文した「ラージュースとかですか?(笑)」です。


しばらくすると、お店の方が「お客さん、はじめてですか?」と聞いてきますので、
「あ、はい」というと、
お店のカードをわざわざ席まで持ってきて挨拶してくれました。
一見さんには必ず渡しているみたいです。こんなサービスもいいです。

時間帯が11時ということで、店内は市場で働く風の人2人連れが2組と女性のソロ客が一人、
2人組のかたは、楽しそうに談笑されています。

改めて黒板メニューもそそります。
久住さんと松重さんのサインもありますし、
こちらも、五郎さんが食べたメニューが写真入りで紹介されています。

なんでも、個別に注文しても、「五郎さんセットですね」と言われるらしいです。ナルホド。

壁際のヘコ組んだ本棚とか隙間にマンガが置かれているのも
常用している人がいる感を盛り上げてくれます。



そして、お店の方が、鈍い銀色の四角いトレイにのった
お新香を持ってきてくれて、お好きなのをどうぞい言ってくれます。

ゴローちゃんも受けた洗礼です。これはうれしい。

ワタシは、大根と茄子の漬物を選択しました。


番組内では
店員「お漬物どうぞ。選んでください。」
ゴロー「え?」
店「6種類あります。」
ゴ「あぁ…。じゃ、これを。」
店「はい。」

ゴ「いろんな組み合わせの漬物を用意して
客に選ばせるなんて、すばらしいな。
一番いいかげんになりがちなところを。」

などと感想を述べたのちに、胡瓜と白菜を選んでいました。
あー、たまりません。

そして、ラージュースという名(久住氏命名)のビールも来たので、
お新香をポリポリしながらビールをグビッと。

ああ、いい浸かり具合のお新香にビールがあいます。

さらに厨房のほうがいい音と香りがしてきたな、と思ったところで、
定食と小鉢が登場です。

ゴローちゃんほどではないですが、
朝(11時w)からすごいことになっちゃったです。


番組内で
【豚バラ生姜焼】
飯一杯じゃ 太刀打ち出来ぬ
おかわり必死の破壊力!


と紹介されていたものが今、目の前に!

白い清潔そうなお皿に乗っているのが、
厚手で大ぶりの豚肉は出汁でイイ色していますし、
上にのっているたっぷりの生姜もいい感じ。
豚肉の枕になっているキャベツもたっぷりで見るからにシャキシャキ

いい香りもして美味しそうです。

では、まず一口。


うまいです。これは。

まずは肉が分厚くてうれしてですし、表面に乗っている生姜もいい味出しています。
肉自他も、赤身の部分の肉々しい感じに、ほんのかすかに感じる甘さ。
さらには脂身部分のとろけるかんじで、
これを同時に味わう事が出来るバランスの良さ。
大ぶりの肉なのに軽く噛むだけで溢れる肉滴に
口の中をジャマしないいい噛み心地とほどよい柔らかさが
いいお肉つかっている感たっぷりです。

生姜もたっぷりのっているわりに、
そこまで出しゃばらずに、濃くて深い味わいの味噌ベースのタレを
しっかりと盛り上げて豊かな味わいを作っています。
味噌の穏やかながら濃い味わいと生姜のパンチという組み合わせが、最強ですし、
アクセントで入っている小口切りのネギもいい味わい
これが豚肉と組み合わせられると、破壊力バツグン。
ご飯との組み合わせもいい感じで、箸が進みます。
当然巻き食いも試しまして、こちらも美味しい。

このまま行くと、米不足必至で、米騒動が起きそうです。
ご飯おかわりもってこい~!!です。

とはいえ、普通の丼ご飯のわたし。
さらにまだ、小鉢の納豆やたらこが控えております。

ただ、ワタシには、ビールがあります。

というわけでお肉をひとつまみ
ああ、ビールにもあうねぇ。

さらに、お隣に控えしキャベツですが、
上のシャキシャキとみずみずしさを感じる部分と下のタレが染みてしっとりしている部分のバランスがいいです。
というか、こちらも自然な甘さのあるキャベツが濃厚なタレで、シンナリしつつ、甘さも際立ち
めちゃくちゃ美味しくなってまして、攻撃力の増す一品になっていて、
生姜焼きの箸休めによし、単品のおかずとしてもよしです。

すごいなぁ。

このお皿。見た目は素朴で庶民的ですが、計算された一品です。

しかも、それを感じさせずに夢中になって箸を動かさざるをえないような
美味しい味わいがたまりません。

そして、付いて小鉢のたらこ。

このたらこもほっとする味わいで、小さいながら一粒一粒が弾ける感じがいいですし、
そのたび感じる海のあじです。

ああ、こちらもご飯がほしくなる味。

ゴローちゃんは明太子を食べて

ひと口サイズで3切れ。/この店の小鉢は、
ちゃんと小鉢然とした量でうれしい。

このサイズでこの破壊力。/ご飯の劣勢は必至。

なんてひとりごちていしまたっけ。

たらこでも、同じですよ。


さらに納豆です。

ここはゴローちゃんばりに高速でまぜます。
「納豆は混ぜれば混ぜるだけ旨くなる」です。

そしてご飯にのせまして、いただきます。

ああ、この普通の旨さ。素朴な平常の味わいですが、
普通がうれしい。
明太納豆ならぬタラコ納豆にしても美味しいです。

お味噌汁もだしが効いててほっとする味わい。

そして、肉巻きキャベツも、肉巻きライスアゲインも
それぞれ楽しんで、

すべてのご馳走をお味噌汁で、そしてビールで胃の腑におさめて
ごちそうさまでした。


あああぁ、幸せです。



ちなみにゴローちゃんは

「おお~質実剛健。
空腹にずばっとこたえる、
この香りと生姜のパンチ。

やっぱり、豚バラ生姜焼定食は、
定食界でも別格だな。

このタレ。ご飯が進みすぎる。

と、生姜焼きを食べ進め、


う~ん。漬物、ちゃんとうまい。

ああ~味噌汁もいいじゃないか。
ここ、ほんとに誠実な店だ。

と定食の漬物とみそ汁を楽しみ、


更に生姜焼きをたべて

豚バラは飯の巻き食いができるのがいいんですよ。
ほ~らうまい。
つけ合わせのキャベツも、この店では立派なごちそうだ。

最高だ。
9時3分の市場食堂で、生姜焼定食の充実。

うん。うまい。
生姜焼のタレをつけたキャベツ。
これは名もなき一つの料理だ。

うまいという生命の実感。

と名言をくりだしてご満悦。

さらにお代わりご飯で納豆と対峙した時は


納豆は、混ぜれば混ぜただけ
こたえてくれる。

よ~し。

白飯と相思相愛。
地味だが、しっかり仕事する納豆は、
朝ご飯に欠かせない名脇役だ。

最後はやっぱりこいつで…。

町の食堂が少なくなっている今、
こんな定食を食べられる幸せ。
生姜焼でご飯をかっこめる、喜び。

俺は今、生きている。
これ以上、何を望む…。

市場朝食、完食。

との感想をのべていました。


あああ、わかります。味もそうだし、セリフも改めてしみます。
だから巡礼って止められないのですね。



ということで、こちらをあとにします。


ということで、
明太子と

【たけのこ土佐煮】
かじればホッコリ おふくろの味

【トマト酢漬】
おおっと! コイツは!
トマトとお酢のケミストリー

は次回のお楽しみ。

さらに雰囲気が良かった隣の自販機コーナーも除きたいですし
久住さんが食べてたチャーシューメン、食べたい。

本郷が食べた、
ゴーヤスライス/春雨サラダ
ウィンナ切ったのや、玉ネギがザクザク入っていて 家庭ウマい
オムレツもええねぇ。

さらには、お隣あづま家さんのラーメン屋もいかなければ

新宿に近いわりには、土日祝休みで難易度高いですが、
あと、何度か行かなくてはって感じです。



ということで。(´・ω・)ノシ
カープ、私が見届けた、土曜日のマジック2の点灯から、
日曜日はオリックスに敗れて変わらなかったものの
3日後に、無事優勝を決めました。

この日のデーゲームの阪神戦に勝利してマジック「1」。
ナイターで2位の中日が4位のソフトバンクに敗れたため、

優勝が決まりました。

おめでとうございます。

1軍とダブルVです



カープがウエスタンリーグで優勝するのは、91年以来
26年ぶり9度目です。

2軍の今季成績は(今のところ)57勝48敗9分
ウエスタンでは昨季までソフトバンクが、その圧倒的戦力で
5年連続優勝を飾っていました。

今年は、カープとドラゴンズとホークスが首位を争っていましたが
結果、カープ、ドラゴンズが勝率五割以上で、
最下位のタイガースも貯金一桁と、ゲーム差は拮抗をしていました。


カープは、チームの投手防御率こそ、リーグ最下位〔防御率3.79、ちなみに一位は
バファローズの3.20 以下、タイガース3.42 ホークス3.53 ドラゴンズ3.60〕でしたが、

チーム打率.287の圧倒的な打力で打ち勝ちました。
投手で規定投球回数を超えたのはリーグで5人。
カープは4位の福井投手だけでしたが、〔防御率4.29〕

打線ではメヒア選手、坂倉選手、庄司選手、高橋大樹選手がリーグ打率の1~4位を独占し、
〔メヒア.331 坂倉 .298 庄司 .294 高橋大樹 .286〕
本塁打もバティスタ選手が21本塁打でトップタイ
3位がメヒア選手の18本、

さらに安打数、二塁打数、塁打数、長打率のトップもメヒア選手
出塁率のトップが庄司選手、二位がメヒア選手
打点は2位がメヒア選手、4位がバティスタ選手、5位が堂林選手
6位が土生選手といったように、
1軍に負けず打撃が元気でした。

見に行ったゲームでも、美間選手、堂林選手、船越選手、桒原選手がマルチヒットでした。

水本2軍監督は
「チーム全体のレベルが上がっての優勝だったのかなと思います」
とコメントしたそうです。


それらしても、こちらも26年ぶり。

26年前もアベック優勝でしたが、
1軍が25年前に優勝してから、その翌年のアベックVです。

26年前の二軍監督は、三村敏行監督でした。

そして、26年前の一軍監督は、山本浩二監督。
開幕戦のスタメンは、

8前田 4正田 6野村 7アレン 3バークレオ 9山崎隆 5江藤 2達川 1長冨

といったメンバーでした。

さらに年間を通じて活躍したのが、

1番 セカンド 正田耕三 .291 8本 52打点 9盗塁
2番 センター 前田智徳 .271 4本 25打点 14盗塁
3番 ショート 野村謙二郎 .324 10本 66打点 31盗塁
4番 レフト 西田真二 .289 7本 51打点 6盗塁
5番 ライト 山崎隆造 .301 8本 50打点 9盗塁
6番 ファースト 小早川毅彦 .259 7本 39打点 0盗塁
7番 サード 江藤智 .215 11本 31打点 0盗塁
8番 キャッチャー 達川光男 .237 1本 39打点 3盗塁
9番 ピッチャー
先発 佐々岡真司 17勝9敗 防御率2.44
先発 北別府学 11勝4敗 防御率3.38
先発 川口和久 12勝8敗 防御率2.90
中継ぎ 石貫宏臣 5勝1敗1セーブ 防御率1.98
中継ぎ 川端順 5勝1敗1セーブ 防御率2.36
抑え 大野豊 6勝2敗26セーブ 防御率1.17

以上のようなメンバーが主に活躍したメンバーです。

野手では現広島カープ監督の緒方孝市さんや
投手では津田、金石、紀藤、近藤なども頑張っていました。

この年のタイトルは
MVP 佐々岡真司
沢村賞 佐々岡真司
最優秀防御率 佐々岡真司
最優秀勝率 北別府学
最多勝利 佐々岡真司
最多奪三振 川口和久
最多セーブ 大野豊
ベストナイン投手 佐々岡真司

盗塁王 野村謙二郎
ベストナイン三塁手 山崎隆造
ベストナイン遊撃手 野村謙二郎

という感じで、カープの投手が投手タイトルを総ナメです。

さらに野村謙二郎が盗塁王を獲得。
チーム成績では打率などの野手成績は平凡なものの
防御率はリーグ1位の3.23だったことから
高い投手力を持ったチームだったことが伺えます。

しかし打撃面では不安を感じる成績で、
その後江藤、前田、野村、金本、緒方など超主力級スターが生まれはしましたが
主力以外が育たずに、さらに流出したのが、このあとの25年に通じるのです。

くぅううううう。

このときのカープの若手といえば、

1990年のドラフトは小池投手のくじをはずして、瀬戸選手をⅠ位指名
1989年のドラフトは、1位佐々岡 4位前田 6位浅井といったメンバーを指名
1988年のドラフトでは
1位野村謙二郎 内野手 駒澤大学 入団
2位佐藤裕幸 内野手 津久見高 入団
3位畝龍実 投手 NTT関東 入団
4位近藤芳久 投手 東芝 入団
5位江藤智 捕手 関東高 入団

といったところを指名しました。
なかなかドラフト巧者という感じはしますね。

ちなみにカープのウェスタンリーグの制覇ですが

1960年(門前真佐人監督)に初優勝を飾り
67年(米山光男監督)、68年(深見安博監督)、
70年(岡田悦哉監督)、76年(木下強三監督)、82年(阿南準郎監督)、
85年(藤井博監督)の優勝があっての、
91年の優勝でした。

ちなみに、ファーム日本選手権が始まったのが1987年からで
1991年に初出場したときは
ジャイアンツに7-8で負けています。〔MVPは呂明賜選手〕

ということで、10月7日に宮崎で行われるファーム選手権には
たぶんマジック1のジャイアンツか来そうなので
そこでリベンジです。


そして今日のカープのゲームも、鳴尾浜で行われましたが、
そのゲームでは江草選手がプロ選手最後のピッチングでした。

8回から登板し、同じくこの日が引退試合だったかつての同僚で、
引退を表明している阪神狩野選手と対戦。

狩野選手はこの日はDHで先発出場していましたが、ここまでヒットなし。
互いに少し笑みを浮かべながら向き合い、
結果は左翼への二塁打だったそうです。

「狩野が先に1本ヒット打ってりゃ良かったのに。
ガチンコで行ってきれいに打たれましたね」と笑ったそうです。

江草選手がマウンドを降りると、狩野選手が二塁ベースから歩み寄り抱擁。
江草選手はあふれる涙を拭いながらベンチへ戻りました。
試合後は広島ナインに5度胴上げされた後、狩野選手に手招きされ
今度は阪神ナインから5度胴上げ。
「あんな風にしてもらえると思っていなかったので、すごい感激しています」
と感無量の様子だったそうです。

江草選手は後輩へ伝えたいことを聞かれ
「もう一緒にいる子達にはずっと伝えているので特に言うことはないですけど、
頑張ってやってきてこういう最後が迎えられたのがすごい幸せなことなので、
そういう思いを1人でもできる子が出たらいいなと思います」。

プロでの一番の思い出は「今日じゃないですか。今日が一番楽しかったです」と答えました。

ああ、これは終身名誉カープ男子です。

さらに、この日は、タイガースは狩野選手だけでなく、
安藤選手の引退試合でもありました。

そのせいで、徹夜組も出たそうです。

安藤投手は9回2死から登板。つらにこのときのキャッチャーは狩野選手。
4球目で堂林選手を空振り三振に仕留めました。

試合後は「緊張していた。アウトが取れるかなと。堂林が空気を読んでくれて良かった」と笑ったそうです。

安藤-狩野のバッテリーは09年の開幕戦以来
再コンビ結成の機会には
「ありがたいですね」と感謝したそうです。

もう、こういう、プロ野球の神様がもたらしてくれた様々な場面には
ほんとうに涙をもらいっぱなしです。

本当に野球の神様には感謝の言葉しかありません。





ということで、恒例でございますので、
みなさん御斉唱お願いいたします。


♪宮島さ~んの神主が~ おみくじひいて申すには  
今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち ♪
♪宮島さ~んの神主が~ (ゥ~! ワッショイ ワッショイ)  
おみくじ引いて申すには~ (ゥ~! ワッショイ ワッショイ)  
今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち♪
バンザーイ! バンザーイ! バンザーイ!!!


♪カープ カープ カープ広島 広島カープ  
空を泳げと 天もまた胸を開く  
今日のこの時を 確かに戦い  
遙かに高く 遙かに高く 
栄光の旗を立てよ  
カープ カープ カープ広島 広島カープ  

勝ちに行くのが 選ばれた者のさだめ  
一投一打が 勝負の全て   
闘志をつくし 闘志をつくし 
今ここで花と咲けよ  
カープ カープ カープ広島 広島カープ  

鍛え抜かれた 精鋭の技と力    
その意気愛して 見守る我らの  
明日へ続く 明日へ続く 
きりのない夢であれよ  
カープ カープ カープ広島 広島カープ   

晴れのあかつき 旨酒を酌み交わそう   
栄光手にする その日は近いぞ  
優勝かけて 優勝かけて 
たくましく強く踊れ  
カープ カープ カープ広島 広島カープ ♪ 
 
バンザーイ! バンザーイ!! バンザーイ!!!



ということで、次はウェスタン日本選手権とCSです。
(日程的に、応援の参戦は難しそうなので、宮崎にはいけませんが)
どちらも負けないぞー。

そして、一軍も二軍も日本一じゃあああああああああ!!!
そんなもっといい景色を期待しつつ応援を続けます。


今後も勝つぞカープっ 今後も勝つぞカープっ
今後も勝つぞカァアップゥウウウウウウウっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!




ということで。(´・ω・)ノシ
カープ、マジック2を決めました。
と、書くと、先日V8を決めたばかりではないか?などと
おっしゃる方もいらっしゃるかと思うのですが。

違います。

ウェスタンリーグの優勝マジックが2になったのです。

そんなめでたい勝ちゲームに居合わせることができて本当によかったです。

ということで、恒例でございますので、
みなさん御斉唱お願いいたします。


♪宮島さ~んの神主が~ おみくじひいて申すには  
今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち ♪
♪宮島さ~んの神主が~ (ゥ~! ワッショイ ワッショイ)  
おみくじ引いて申すには~ (ゥ~! ワッショイ ワッショイ)  
今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち♪
バンザーイ! バンザーイ! バンザーイ!!!



♪カープ カープ カープ広島 広島カープ  
空を泳げと 天もまた胸を開く  
今日のこの時を 確かに戦い  
遙かに高く 遙かに高く 
栄光の旗を立てよ  
カープ カープ カープ広島 広島カープ  

勝ちに行くのが 選ばれた者のさだめ  
一投一打が 勝負の全て   
闘志をつくし 闘志をつくし 
今ここで花と咲けよ  
カープ カープ カープ広島 広島カープ  

鍛え抜かれた 精鋭の技と力    
その意気愛して 見守る我らの  
明日へ続く 明日へ続く 
きりのない夢であれよ  
カープ カープ カープ広島 広島カープ   

晴れのあかつき 旨酒を酌み交わそう   
栄光手にする その日は近いぞ  
優勝かけて 優勝かけて 
たくましく強く踊れ  
カープ カープ カープ広島 広島カープ ♪ 
 
バンザーイ! バンザーイ!! バンザーイ!!!




そんなゲームについてです。

前日は、新千歳の駐車場が満車だと聞いて、早めに有給をいただいて
職場を出ます。行くと、南千歳~空港間の表示では満車でしたが、
A駐車場に近づくと、列を作って待っている車はありませんし、
入り口の表示は「空」ああ。よかったです。

前回みたいに30分待つことを考えて早めに出ましたがラッキー。
しばし空港でゆっくりした後に、定時になったので
エア・ドゥの新千歳~広島便の乗り納め。

とはいえ、ANAに会社が変わっても、なんだかんだ言って
早く予約をして利用しそうです。


空港から連絡バスに乗って広島駅へ。
おお、マツダスタジアムが見えます。
だから左側車窓の確保はマストです。
今回、マツダには行きませんが、明日の勝利を祈って
軽く手を合わせます。

そして、駅新幹線口から自由通路を通って南口へ。
途中、すごいたくさんの数のアカい人たちにあいます。
時間も時間ですし、この数ってことは、カープ、勝ったかな?

と思いながら宿に入りまして、
宿でカープの勝ちゲームのテレビを見たり、まったりと夜をすごします。



そして翌9月23日

7時に朝食をいただいてから荷物をまとめて、
身を浄めてから、赤いアンダーシャツ、カープのボクサーパンツ
赤いアンダーアーマーのハーフパンツに身を包んでから
カープアロハを羽織り臨戦態勢が整いました。
8時55分にチェックアウト。お世話になりました。

そして、広島駅に行って9時17分初岩国行きに乗り込みます。

広島駅には、すでにズムスタにむかう赤い人がたくさんいて、すれ違います。
これは、気合が入ります。この人たちに一軍の勝利を託して、
岩国行きのレッドウイングに乗ります。

今年の4月2日以来の岩国行きです。
大竹や岩国の工場群に興奮したりして、10時11分岩国着。
見ると、行き先表示板のところにLEDでカープ坊やが描かれてました。
こういうのも、いいです。

岩国発10時20分にのりかえ。
駅には逆方向を目指す赤いユニの一団がいます。
がんばって応援してつかーさい。

景色はいよいよローカル線の風情、。
南岩国駅の裏は、一面の蓮田です。4月には気がつかなかった~
さすが岩国です。

さらに、瀬戸内海のすぐ横を走る区間があったりして、
改めて鈍行列車の移動はいいです。
由宇駅に到着したのが10時36分です。

4月以来の由宇駅です。
入り口のところでカープ坊やがお出迎え。
カープタウン由宇 の文字も久しぶりですが、
4月に来たときよりも、アカい人が明らかに多いです。

バスの時間までまだ間があるので、
近所のセブンイレブンで、広島ホルホル記事がのっている
日刊スポーツと、球場で飲む用のアルコールを購入。

そして、10時55分頃、バスに乗り込みますと、ほぼ満席です。
しかも、9対1でアカい人です。

バスは定時の11時03分に発車。

そして、バスは細い道をずんずんすすんでいきます。
棚田には、黄金色の稲穂が頭をたれています。
畦には彼岸花がさいていまして、いい里山の風情です。
しかも、ここにも蓮田が多いです。

次第に心細くなる道で、ワクワクします。
などと思っていると、また山道をバスはうねうねと進んでいきます。
そして、路駐をしている車が目立ちだすと、
広島東洋カープ由宇練習場と、カープ坊やが描かれた看板がお出迎えです。

セ界最後の秘境、21世紀のフィールドオブドリームスと言われる
広島東洋カープ由宇練習場です。
確かに、誰もいなければ、山間に唐突にある球場ですから
さもありなんですが、いよいよ来ました。

というか、すごい車の量です。
確かにバスは1日6往復。車でくるのが正解な場所です。
ま、私は車で行きようがないのですが。
ちなみに駐車場には管理をしている人がいて、 1日800円だそうです。

そんな駐車場には、バファローズのバスが停まっています。
運転席に、ブルベルのぬいぐるみが置かれていてなんか和みます。

そんなことに感心しながら坂をのぼると、登り切ったところが球場かな
と思えるところに、臨時のサイン会で列ができています。

タダでさえアガているテンションがマックスです。

そして、球場へ。

まわりは山に囲まれた フィールドオブドリーム的空間がいい。
しかも、もういい場所が抑えられています。 マイカー組恐るべし。
聞くと、9時開門とのことです。

さらには、バス組でも、気合入った人はしっかり練習も視たいので
一本前のバスがマストだそうです。
そうなんですね。

前回同様、小型テントもたくさん張られています。
上級者の方はスゴいなあ。
というか、前回よりも明らかに来ている人の数が全然多いです。
めいめいテントを張っていたり
レジャーシートを敷いていたり、アウトドアチェアーを組んでいたりしたので、
さながらフェスかキャンプ場かテーマパークみたいでした。
というか、早くいけば、寝ながら観戦できます。
どこでもネソベリア状態です。

カープのベンチは3塁側でしたので
とりあえず、三塁側プルペンがすぐ横に見える場所があいていたので
持ってきたキャンプ用椅子を置いて場所取りをすませます。
目の前に江草選手のユニフォームを着ている人が2人います。
そんなのを観察してから、腹ごしらえです。

売店が出ているエリアは一塁側なので、歩いて向かうと、
一塁側のほうにミニふわふわスライリー滑り台がありまして、
その前に何軒がワゴン車とかでお店が出ています。
地元のタコスとか、地元のパンに、カルビ丼ののぼりが出ている移動販売車もあります。

今年3億8000万円かけて、由宇を改修したのですが、
ビジターチームの更衣室を新設して、かつてビジターチームの更衣室だった場所を
ガス・水道が使えるように改修して、 簡単な調理が出来るスペースのカレーもあります。

ま、私は、今回の目的のひとつでもあるカープタコスを購入です。

そして、自席にもどって、由宇駅近くのセブンイレブンで買った
ジムビームのハイボールでいただきます。感想はまた後日ですが、
10mくらいの目の前では、この日の先発、福井投手がピっチング練習をしています。
アレコレアドバイスしているのは、佐々岡コーチです。

近いな~、選手も、コーチも。
ピッチャーとキャッチャーの会話もよく聞こえます。
こういうのも、二軍練習場の魅力です。

そんななかで、スタメン発表です。

先攻のバファローズが
①6宗
②5ジョージ
③Dモレル
④8杉本
⑤2伏見
⑥4岩崎
⑦3園部
⑧7吉田雄
⑨9根本
P 山田
というメンバーです。

宗選手が紹介されたときに、「宗じゃんか」とイチローっぽく言うのも忘れません。

対する後攻のカープは
①8高橋大
②4上本
③7堂林
④3エルドレッド
⑤9下水流
⑥5美間
⑦6桒原
⑧2船越
⑨1福井
といった面々で、カープはDHなしで挑みます。

そして、12時30分丁度にプレイボールです。


1回表 バファローズの攻撃。
先頭宗選手、サードフライ、つづくジョージ選手が見逃し三振と
簡単にツーアウトをとりますが、
三番のモレル選手にセンター前に、四番の杉本選手にライト前に
いい当たりではじき返されて、2アウトからランナーを2人だします。
2アウトから、カンカン簡単にいかれるのは、どうかねぇと思いましたが、
伏見選手をセカンドゴロでチェンジです。
モレル選手は好打者なので、やむをえないとしても…
ま、無失点なので良しとしましょう。

ここで、アドゥワ選手がブルペンの折りたたみイスがあるゾーンへ、
アドゥワ、でけぇなぁ。
そして、由宇の私設応援団が盛り上がります。

1回のウラ、カープの攻撃
先頭の高橋大樹選手がフォアボールを選ぶと、続く上本選手がきっちり送り
三番堂林選手です。ボールは左中間への鋭いあたり。
これで、セカンドランナーの大樹選手がかえって先制です。

おおおお宮島さんじゃぁあああああああ。

ただ、続くエルドレッド選手が低目を強振して三振です。
「よく見る光景じゃ」とは周囲の人
続く下水流選手のボテボテのあたりは、ジョージ選手がかかんにつっこんできて
ファーストになげますが、内野安打に
「捕らんきゃ、ファールじゃったねぇ」「じゃねぇ」などと周囲の人
そして、続く美間選手。
二文字応援が来ましたし、そのあとはチャンススーパーです。
が、美間選手はセンターフライで、チェンジです。

堂林選手が守備に就くときに巻き起こる拍手。
自然発生的なこういうのもいいです。

2回表 バファローズの攻撃
先頭岩崎選手をレフトフライ、続く園部選手をライトフライにうちとってから、
吉田雄人選手を落とす球で空振り三振にとります。

それにしても、バファローズは、東海第四の伏見選手といい
北照の吉田雄選手といい、昔から北海道出身が多いですね。


2回裏 カープの攻撃
先頭桒原選手が空振り三振、続く船越選手がレフト前ヒットで出塁
福井選手がピッチャー前にいいバントを決めてから、
飛ばすチャンスを私設応援団が歌う中投じようした大樹選手がレフト前に弾き返し
ツーアウトながら13塁。
ここで、チャンススーパーが歌われて登場するは上本選手ですが、
セカンドフライでチェンジです。

立ち上がりから制球の定まらない山田投手を
なかなか捕らえられない感じです。

このイニング間に、佐藤・中村・横山・戸田といったピッチャー陣が
ブルペンにゾロゾロと出て来ます。


3回表 バファローズの攻撃
先頭宗選手がサードフライ、
ここで、美間選手と、桒原選手がそれぞれ「オッケーオッケー」「オッケーオッケー」と
声を掛け合ったものの接触するという怖い展開。
「全然オッケーじゃね―ぞー、ダレがオッケーなんだよー、声出せ~!」と三塁側のお客さん
続くジョージ選手がセンターへの鋭い打球を
センター大樹選手が横っ飛びでキャッチして、拍手がおきます。
そして2アウトからモレル選手にはセンター前に弾き返されます。
「また、2アウトからランナー出す~!!」とお客さん
ただし、後続の杉本選手は見逃し三振にきります。
ふぅ。

3回裏 カープの攻撃
先頭堂林選手見逃し三振、続くエルドレッド選手、空振り三振
下水流選手、セカンドゴロとあっさり三凡です。
期待のクリンナップを三凡に切って、調子に乗られても困るところです。

このイニング間に、ブルペンに江草投手が登場で、三塁側が湧きます。


4回表 バファローズの攻撃
先頭伏見選手をレフトフライ、続く岩崎選手をセカンドゴロ
園部選手の当たりは難しい当たりの鋭いサードゴロですが
軽快に捌く美間選手で、はじめての三凡です。
思えばこの好守備が次の回の伏線になりましたかね。

イニング間から、長井選手とオスカル選手がピッチング練習に入ります。


4回裏 カープの攻撃。
先頭の美間選手のバット一閃、打球はどんどん伸びて
ライトスタンドにとどきます。
うぉおおおおおお すげぇええええええ
ここで宮島さんです。
続く桒原選手がレフト前、船越選手がフォアボールで連続出塁から
福井選手が手堅く送ります。ナイバン
福井選手の打席で、「せーのっ、ゆぅやぁーーーー」とゆーやコール
さらには「ふくーいゆーや ドドンドドンドン♪ ふくーいゆーや ドドンドドンドン♪」
とコールされます。
これって、一軍ではないですよね。
さらにチャンスハイパーが歌われる中大樹選手がフォアボールで出て、
ワンナウト満塁、絶好の追加点です。
「チャンス生かそー!」と周囲の人
ただし、上本選手センターフライ、堂林選手ライトフライでチェンジです。
結局得点は美間選手のソロホームランの一点だけでした
ああああああああ

このイニング間でヘーゲンス投手がブルベに来て、
恭平投手がピッチング練習をします。


5回表 バファローズの攻撃
先頭吉田雄選手サードゴロ、根本選手ショートゴロから
宗選手の打球はサードショートの後でレフトの前という難しいポテンヒット。
ツーアウトからのランナーですが、ラッキーな当たりなので気にしないで、
と思ったところで、ジョージ選手にライトの右側を破られる2塁打で
宗選手が生還、さらに続くモレル選手のレフト前でジョージ選手還って
同点に追いつかれます。あああああああああ、またツーアウトからです…





次の杉本選手は空振り三振に切って取りますが、
ここでの同点はイタいところです。

このイニング間に、アドゥワ選手と小野選手がピッチング練習を開始

5回裏 カープの攻撃
先頭エルドレット選手サードゴロ、続く下水流選手ピッチャーゴロ
美間選手はショートフライ。大きい声で「ガリガリガリ」と叫ぶ宗選手。
サードがジョージ選手ですから、なるほどです。
カープも、レフトがバティスタ選手の時とかは、日本人プレーヤーも
ガリガリ言ってました。

とにかくここで2度目の三凡です。

ここでグランド整備で少し長いブレイクです。
天谷選手がキャッチボールに出てきます。


「天谷~っ」「天谷さ~んっ」と声も飛びます。人気あります。

そしてブルペンでは、ピッチング練習をはじめる江草投手

6回表 バファローズの攻撃
先頭伏見選手をセカンドのファールフライ、続く岩崎選手をフォアボールで出してしまってから、
園部選手をサードゴロ。ここも抜けようかという難しいあたりでしたが
美間選手が横っ飛びでナイスキャッチでツーアウト
「ミマは打ってよし、まもってよしじゃけ、楽しみじゃねぇ」と周りの人。
そして、福井選手が降板し、ブルペンから走る江草選手の姿に
拍手が起こります。

おおおお、江草選手登板です。
今季で引退を表明している江草選手。ブルペンで見る事が出来るだけでなく
登板する姿も見られるとは。
椅子に座っているプルペン待機のピッチャーも総立ちで拍手でおくります
盛りあがるスタジアム
「えぐさせんしゅ、がんばってくださーい」などと
チビっ子の声も飛んで周囲は和みます。

このラッキーさに感謝していると
打席の吉田雄選手の打球はセカンドへの難しいゴロ。
上本選手がファーストにおくり、エル選手がキャッチャーへ投げて
ランナーの岩崎選手をアウトにします。
ナイスプレーです。

江草投手の登板とビッグプレーがあったあと、
これは報いて欲しいとの願いが通じたか、この回です


6回裏 カープの攻撃
先頭の桒原選手はレフトへのファールフライでたおれますが、
続く船越選手がセンター前に弾き返します。
美間選手もいい感じですが、船越選手も2安打1四球といいです。
そして、打順がピッチャーなので、代打に出たのが梵選手です。
うぉおおおおおおお、梵選手だぁああああ
お隣の人が「梵、兄さんきとるらしいで」「テレビの取材ってそれか」などと
会話をしていますが、今季初の生の梵選手です。
「♪燃えーろ燃えーろ梵~、勝利を目指し走れ~、決め~ろ足とパワーで~ 打て~よ 英心~!!
カット―ばせー そーよーぎっ!!」
の応援歌をここで歌える喜びです。(当然本当はズムスタで歌いたいのですが)

さらに
「そよーぎえいしん ドドンドドンドン♪ そよーぎえいしんドドンドドンドン♪」
と盛りあがったところで、梵選手の当たりはしぶとくセンター前へ
いーぞーいーぞーそーよーぎっ!!

続く大樹選手はサードゴロでツーアウトになりますが、
飛ばすチャンスにおくられた上本選手が四球を選びます。
バファローズは、ここで戸田選手にスイッチ
「トダ?」「タカヤ?」「そこで投げてたやん」などとボケる人たち。
そして、「おーまーえーがーきーめろー!!」と極チャンスで送られた
堂林選手の当たりはレフト前へのきれいな当たりです。
うぉおおおおおおおおお、すげぇえええええええええ
これで、船越、大樹両選手が生還して2点追加です。

宮島さんじゃぁああああ バンザーイバンザーイバンザーイ!!!

続くエルドレッド選手はサードゴロで倒れてチェンジですが、
ここで念願の追加点です。

しかも、このまま行くと勝ち投手は江草選手じゃないですか!!

レフトの守備につく堂林選手に思わずスタンディングオベーションで盛りあがる
三塁側観客ゾーンです。

7回表 バファローズの攻撃
この回から、カープはピッチャーをアドゥワ選手にスイッチします。
先頭の根本選手の当たりはピッチャーの頭を抜けるかという高いゴロですが
長身のアドゥワ選手がはじきながらキャッチ。
ただしこの打球に備えていたエルドレッド選手がファーストベースについてなかったので、
走ってファーストベースに入るアドゥワ選手。間一髪アウトです。
このプレーにも、場内アツい拍手です。
「でかいっていいなぁ」などと周囲の人
続く宗選手はバットをへし折ってファーストゴロ、
ジョージ選手は空振り三振と、三凡です。
「アドゥワ~、福くんよりいーぞー!!」と周囲の人

それいけカープと、チャンテ2「ひ・ろ・し・ま・ひろしまGOGOGO!」で盛りあがって

7回裏 カープの攻撃 バファローズはピッチャーを赤間選手にスイッチです。
先頭の下水流選手はセンターフライに倒れてから、続く2文字応援で盛りあがる
美間選手の当たりが今度はレフトスタンドに飛び込みます。
うぉおおおおすげぇええええええ
ここでまた宮島さんです。ワッショイワッショイ!!

さらに桒原選手、センター前で出塁し、船越選手三振はファールで粘ります。
一球ライナーのファールボールがバファローズのブルペンを直撃。
逃げ惑う様子を見て笑いがおきる三塁側スタンドです。結局船越選手は空振り三振で2アウト
打席にはピッチャーのアドゥワ選手がそのまま入ります。
「アドゥワ打ちそうやな」「カープアカデミー出身やもん」「オイw!!」などという
掛け合いも楽しいですが
アドゥワ選手、いい当たりはしましたがショートゴロでチェンジです。


8回表 バファローズの攻撃 カープはアドゥワ選手続投です。
先頭、本日大当たりのモレル選手をセンターフライ、
杉本選手はセンター前で出しますが、伏見選手をセンターフライ
岩崎選手のサードゴロ、バウンドが短くて難しいあたりを
美間選手が軽快に捌いて、スリーアウトです。
「ホームラン2本打つし、守備もええし、ほんまええ選手やわ」とお隣さん。

8回裏 カープの攻撃 バファローズは、ピッチャーを榊原選手にスイッチです。
先頭大樹選手の代打天谷選手がフォアボールで出塁
続く上本選手がきっちり送りますが、堂林選手が空振り三振、
エルドレッド選手がセンターフライでチェンジです。



そして、実はバスの時間的に余裕を持ってかえれるのはこのタイミングなので、
残念ですが、本日はここで球場をあとにします。

野球の神様、カープの選手のみなさん、楽しいゲームをありがとうございました。
という気持ちをこめまして、2礼2拍手1礼をして
バス乗り場に行きますと、すでに列が出来ています。

15時49分のバスです。待つ事しばしでバスが到着。なんとか座る事が出来ましたが、

この後から来た人は立ちなのでかわいそうですね。
などと思いつつもバスの人になりまして、

バスの車内でカープの勝利を知ります。盛りあがる周囲です。


そして由宇駅に到着。

「由宇駅に人、こんなにおるの、始めてみた」と
後ろの席に座っていた女性がいいます。

そうだったんですね。

ゲームは、
オリックス 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2
広    島 1 0 0 1 0 2 1 0 X 5

○江草34試合4勝1敗 ●山田19試合4勝8敗
本塁打 美間7号(山田)、美間8号(赤間)

という結果でした。

今年引退を宣言している江草投手に勝ちがつきました
(現役最後の勝ちになりました)
ホームラン二本の美間選手と、タイムリー2本で3打点の堂林選手、
一軍でも活躍してほしいものですし、

エルドレッド選手の打撃も復活するのを期待しましょう。


そんな感想を胸に由宇駅で切符を買う列に並んでいると
(券売機は1台しかありませんし、ICカードはお隣の駅までしか使えないので、
バスに乗っている人がみんな券売機にならんでいます)
列車が到着するアナウンスが流れます。

なんとかキップを買って、改札して
16時17分発の岩国行きで岩国駅へ
そこから16時43分発のバス岩国空港へ向かい
16時55分空港着。

17時40分のANA638便で羽田へむかいます。

さよなら、岩国また来る日まで。

窓際座席ではありませんでしたが、瀬戸内海の景色を楽しみつつ
定時より10分早く、18時20分に羽田に到着。

ここまでは順調でした。

が、羽田、20時15分発のAir-DO 037便が、使用機材遅れの関係で10分遅れるとのアナウンス。

ま、これならそこまで遅くないからいいか
と思って、門左衛門さんで天ぷら盛り合わせをつまんで夕食終了。

そして、時間になったので、搭乗手続きをすませてから飛行機に乗り込みます。

変更時間前にお客さんはすべて揃ったようですが、
時間まで待ってのフライト。

そして、1時間くらい飛んだところで、機内放送が流れます。

「千歳上空に、雷雲が発生していますので、しばらく南側上空で待避いたします」

ええええええええ???

ま、しょうがないですか。

結局
20時15分発 21時45分着予定
20時25分発 22時45分着

と、1時間近く、上空で待機していたことになります。


ちなみに、値段が安いものの、北海道に帰り着く時間が遅くて、避けた次の便は、

21時00分発 22時35分着予定
21時15分発 22時53分着。

と、8分遅れで新千歳着。

なんか理不尽ですね。

ま、これも遠征の味わいです。




では。(´・ω・)ノシ。
台風18号で被害を受けました方々、
お見舞い申し上げます。

先日、白老町竹浦のホテルオーシャンさんにお世話になった旨
当ブログに書きましたが、その翌日に台風で避難勧告が出たようで、
いまだに国道に不通区間があるみたいですし、
翌日のテレビニュースでホテルの近くにあるドライブインの
看板のカニ足が落下していて、ビックリしました。

改めまして、お見舞い申し上げます。



話は変わりまして、

このあいだのカープ戦で、エア・ドゥの新千歳~広島便の乗り納めになる予定でした。

が、昨日それに乗って、また広島に来ました。
そして、本日は由宇に行きます。

先日、自分的広島でのレギュラーシーズン最終戦で、
マツダスタジアムへ行きました。
この日も内野自由席ということで、3時間半前に球場の待機列に並びます。
そしその間の時間を凌ぐために、近くの赤セブンイレブンで買った
「TJ Hirashima」誌をペラペラと読みます。

この日は、急遽平和大通り沿い、田中町の宿がとれたので、
そこらへんの美味しいお店でも探そうかね、という考えでした。
時間があるので、結構隅から隅まで読んだのですが、
書評のコーナーで、「うえむらちかのカープごはん」(ザメディアジョン)が
紹介されてました。

これは、うえむらさんが主人公になって、ファンの集まる飲食店とか、
カープにゆかりのあるお店を紹介しながら、
カープの低迷期の苦労話とか、選手やチーム関係者の努力など
球団の歴史を学ぶことが出来ます。
だから単なるグルメガイドというわけではなく、
カープ史としても読む事が出来るそうです。

原作はうえむらさん、マンガは近藤こうじさんが担当しています。

今までは、書店で表紙をちらと見る事があったのですが、なんとなく買わなかった。
でも、書評で気になりました。これは、購入です。

と、翌日、新幹線に乗る前に、廣文館 新幹線店で購入。
新幹線の中で、楽しく読む事が出来ました。
しかも、行きたいお店がまた増えてしまうと言う。
次の広島訪問の楽しみが増えるねぇ、と思ったのですが、

ぐっと惹かれたのが、由宇に行く話しでした。

そして、読んでいるうちに、
「由宇でタコス…、食べたいです」モードに。

さらに調べてみると9月下旬のお仕事オフの23日に
バファローズ戦があるではないですか。
エア・ドゥのHPを見ると、23日新千歳~広島は残席が1
しかも、駅前の宿にも空室があります。
24日は仕事ですが、ゲーム終わってから岩国~羽田
羽田~新千歳と乗り継げば。大丈夫!!しかも、それぞれ残席があります。

というわけで、ポチポチポチっとした結果、現在は広島にいます。

いよいよ今日は由宇でウェスタンのバファローズ戦です。
頑張って応援をいたします。



と、いうことで、ここからがタイトルの記事です。


明治神宮球場でカープvsスワローズ2連戦と並行して、
孤独のグルメ巡礼もしましたので、
そちらの報告です。

前日の勝利に気をよくして、この日は巡礼からの野球です。

宿で出陣準備をすませて、応援グッズのみをリュックに入れて、9時15分くにいな宿を出ます。
宿が東新宿から近いので、そちらから地下鉄に乗ります。
行くと、丁度9時29分発飯能行きが来たので、ラッキーです。
目指す小竹向原には、9時41分に到着します。

駅の出口案内にある地名で
小茂根とか羽沢とかと見えると、高校時代から新井素子に傾倒していたワタシ
「いつか猫になる日まで」とか思い出してしまいます。
とはいえ、この駅には初めて降りる私。まず地上にあがると
本当に住宅街のど真ん中に駅があります。
駅近商店街的なものはありません。

あ、これが、小学校の下にあるトンネルです。すごいなあ。
ゴローちゃんみたいに「くぐっちゃお」とは思いませんでしたが…

この日は目的地で食べる以外にも、神宮グルメも待っているので、控えましたが
いつかはトンネルロールも食べたいです。

さして地図に従って閑静な住宅地を歩く事しばしで
モダンな四角形な建物発見。オシャレです。

孤独のグルメ Season3 第9話
「練馬区小竹向原の、ローストポークサンドイッチ朝食」に登場した
まちのパーラーさんです。

徹夜明けで空腹なゴローちゃんが
「胃袋、エンプティランプ点滅。急がねば・・・
 ヤバい。胃袋が唸りだした。
 何でもいいから、エサを与えないと。

あれ? ここ昨日きた場所じゃ・・・焦るんじゃない。
俺は、腹が減っているだけなんだ。
落ち着け。よし、腹の前に頭を冷やそう。
地下鉄で池袋まで出れば・・・
ん? あれってもしかして・・・何だ、違ったか。
カフェかと思っちゃったじゃないか。

パーラーだよ、パーラー。よしよし、よしよし。」
と言って入ったお店です。

「オレは腹がへったてるだけなんだ」って、原作の名台詞を
松重ゴロー節で聴く事が出来た名場面でした。


こちら、「まちの保育園」と同じ敷地の中に併設されているせいで、
ガラス張りで明るく、柔らかい雰囲気の店舗です。
そんな陽光がさんさんと差し込む待合に入ると、
9時50分ですが、ちょっとしたロビー的な場所にベンチがあって、
そこには、すでに、2組お客さんが待っています。

こちらは、サンドウィッチ類の注文が10時からなので、その時間にあわせて行きましたが、
その前からすでに店内は満員です。

さらにワタシの後から入ってきた家族連れの方が、店舗へ入っていきます?

?

と思って続いていくと、中に名前を書く紙があるみたいです。
なので家族連れの方につづいてそちらに署名

店内は満員で楽しそうに談笑されている方がおおいです。

待合に戻ると、ワタシの後にも次々とお客さんが来て並びます。
ラケットを片手にしたカップルとかもいます。オシャレですね。
さらにパンを買いに来る人も多数で、人気があるのを物語っています。

その間店員さんに、メニューを手渡されます。
これも番組で見たヤツと同じです。ああ、狙っているメニューもありますし
他にも魅力的な魅力がたくさんです。

あと待合に、絵本などがあるのも保育園併設のお店です。

という感じで20分ほど待って、店内に入れます。

パーラーだよ、パ ー ラ ー 。よしよし、よしよし。

と、ゴローちゃんセリフを宣いながら中へ。

売られているバンが並べられていたり
オープンキッチン的な厨房があるので
細くなっている通路を見ながら中へ。

通されたのは店内のほぼ真ん中のテーブル席、
椅子のレイアウトは微妙に変わっていますが、
ゴローちゃんが座っていたあたりの場所です。

広々としたガラス窓以外のところは、白壁と木の色を生かした柱や壁。
さらには籐でできたようにブラインドの組み合わせがいい感じ。
そしてメニューの書かれた黒板が陽光のもとで映えます。
そして、番組では気が付きませんでしたが、天井が高くて、
それも店内を開放的に感じさせてくれます。
椅子とかテーブルも、人気TV番組「ワーズワースの冒険」とかに出てきそうな
オシャレです。
かといって、ケツがカユくなりそうなこっぱずかしさや、極度な緊張を強いる感じはなく、
すっと馴染んで、和める空間です。

そして、オーダーですが、
お願いしたのは、ゴローちゃんも久住さんも
両方注文して絶賛していたサルシッチャセット。
さらには、ふらっとQUSUMIで満面の笑みをたたえて注文していた
「グラスぶどうジュース」です。
「昼間からぶどうジュースを…(笑)」です。

このあとも食べる予定がありますので、2品はキツいかなという判断です。

だから、ゴローちゃんが食べた
ローストポークのサンドイッチ 黒糖ジンジャエール 
ほうれん草とリコッタチーズのキッシュや
久住さんが食べたフレッシュトマトとペコリーのセットは
次回のお楽しみ。

でも、1品くらいならいけるかな?と思ったところで、
おとなりさんに運ばれていたサンドウィッチを見て、
ああ、この量なら頼まなくて正解。と思いました。

ま、ドラマを見た畏友GMクンがやたら行きたがっていたので、
2人で上京する機会があったら、再訪するでしょう。

閑話休題。改めて店内を見回しますと、
やはり落ち着いた店内がいい感じです。BGMのFM J-WAVE(多分)も
いい感じです。

ゴローちゃんの
「明るくていいじゃないか。このパーラー、朝が似合う。」という感想も
納得です。

日曜の朝なので、パソコンに向かっている人はいなかったので
ゴローちゃんの言う
「ほう~練馬らしからぬ光景。」にはお目に書かれませんでしたがww

そして、待つ事しばしで登場したのが、グラスぶどうジュースです。
ボトルが三本登場しまして、こちらから選ぶシステムです。
ワインにはウトいワタシなので、「サルシッチャに合うのはどれですか」と聞いて
オススメされたのを頂きます。
だから銘柄とかはメモできませんでしたが、
一口いただくと、本当に美味しかったです。
ワイン自体も濃すぎず軽すぎず、ぶどうの芳醇な味わいと
さわやかな酸味のバランスがいい感じの美味しいものでしたが、
グラスのうすさや空気を含みやすい形もあいまって
本当に美味しかった。
これは、神咲雫でなくても、表現したくなります。

そんな美味しい「グラス赤ぶどうジュース」を味わいながら
さらにまつことしばしで登場をしました。
サルシッチャセットであります。

番組内で
【サルシッチャセット】
 肉汁あふれる魅惑の腸詰め
 パンと一緒に召し上がれ

と紹介されたものが目の前に

ぶっとい半透明の腸にくるまれたパンパンの
いかにも粗挽き肉って挽肉や香草が
模様を作っています。ああ、これだけでうまそう。
これが炙られて、表面テラテラに輝いています。
添えられているレタスもいい感じで
それぞれが白いお皿によくあっています。

さらに別皿には、パン3種です。

これ絶対美味しいです。

では、まずはサルシッチャから。

サルシッチャは、イタリア語で「腸詰め」のことです。

フォークで刺そうとすると、すでに抗う弾力です。
これはスゴい。
その抵抗を楽しみながらフォークでさすと、すごい肉滴です。
そして、ナイフできるために力を入れる度に肉滴が溢れ出てきます。
もう、この時点で美味しいの確定ですが、力を入れて切ってから
口の中にいれると

!!

ビックリの美味しさです。

まずは、半透明の色合いながらしっかりと固さがある腸の歯ごたえと
中の粗挽き肉のほろほろっとした柔らかさがいい感じ。
固い腸を噛みちぎると、もろもろっと口の中で崩れる
そんなのがまずは面白いですし、あれだけ流れたにもかかわらず
さらにたっぷりの肉滴が隠れているのです。
軽く噛むだけで、たっぷりの肉滴が次から次へとです。
噛みちぎる感触がワイルドですし、いい音もするので、
中の赤身のお肉の味わいもワイルド気分を盛り上げます。

肉自体の味わいもしっかりと赤身に脂のバランスが良く、
外から見てもきれいな色合いでしたが。それが口の中で
ほぐれていって、味蕾をしげきしてくれるのです。
これは幸せな味わいです。

さらに、香草の香りと味もいい感じなら、
これらの肉の味をピリッとひきしめる胡椒とか
さりげなく効いているガーリックもたまりません。

この味の濃さ、おとものパンも進みます。
全体的に、焼き色強めのハードタイプなパンが3種。
クルミのパンは、胡椒のスパイシーさに酸味をも感じます。
あとは、素朴な味わいのハードタイプのパント、やや甘みを感じるパン。
バンも、しっかり歯とアゴを使って楽しむタイプですし、
麦の味わいと、イースターの発酵香が強くて、
かみしめると香ばしい香りがより強く漂い、噛めば噛むほど味が出てきます。
全粒粉っぽいので、穀物ならではの素朴な味わいもして
口いっぱいに広がって幸せな気分です。

サラダは、レタスと水菜をシンプルなドレッシングでまとめた
ストレートな味わいのもので、サルシッチャにあわせて
ドレッシングの加減をおさえめにしているので、野菜のシャキシャキが際立ちますし、
サルシッチャで濃くなった、口の中をサワヤカにしてくれます。

そして、これらがすべて、「グラスぶどうジュース」にあうのです。
あー、最高です。


ゴローちゃんは
「お~~。
 噛んでも噛んでも、肉汁がわいてくる。
 どうやって閉じ込めたんだ。

 う~ん。体に肉が充填されていく。
 肉汁の充実感、略して、肉じゅう実。


 あっ、このパン、素朴。素朴パン。
 肉のあとに嬉しい。

 くるみかぁ・・・
 う~ん、俺は今、リスだ。

 う~ん、うん。うん! サルシッチャ。
 名前が、しっちゃかめっちゃかだが、美味し。」

なんて言いながら食べ進めていきましたっけ。


ちなみに、ローストポークのサンドイッチを食べている時は
「胃袋よ…、ほら、肉だ」と言ってましたが、
これも、「胃袋よ、ほら、肉だ」物件です。


そして、

「よく考えたら、こんな豪華な朝飯、久しぶりだ。
朝の光を感じながら食べる、パーラー朝食。
徹夜あとの、エグゼクティブモーニングイン、練馬。」

という気分を追体験して、ごちそうさまでした。


後では待っている人が居るので、ここらへんでおいとま致しましょう。


と、大満足でこちらを後にしたのでした。


ま、ローストポークのサンドイッチをはじめとした
残りのゴロー&久住メニューも気になりますが、
同じくらい黒板に書かれた夜メニューも、そそります。
夜に来て、「肉屋盛り」とか、トリッパとかで、グラスぶどうジュースをあじわうのも
いいねぇ、と思いつつ。こちらをあとにして、小竹向原の駅にむかい、
そこから地下鉄に乗り込んだのでした。


そうそう、小竹向原の駅のそばに「武蔵野音大、こちら」との看板があって
?と思って見ると、

本当に駅から近くてビックリしました。

「武蔵野音大」は、大学祭にも来た事があったし、
周囲が新井素子作品の舞台にもなっていたので、
「聖地巡礼」(という言葉は当然まだありませんでしたが)のために
ここら辺は、何度となく来ていた所だったんですね。


なるほど。



そして、翌日も孤独のグルメ巡礼をしたのですが、それはまた後日です。


ということで。(´・ω・)ノシ
現在、広島某所に隠棲中。

なんか独特のフワフワした空気が町全体を覆っているようで、
この時期に来ることができて、本当によかったなぁ。

そして、

広島東洋カープ
セ・リーグ連覇


おめでとうございます♪♪♪




連覇となると37年ぶり。

さらには、セ・リーグで複数回の連覇を経験しているのは、
ジャイアンツに加えて、カープもに、なりました。

今年は、開幕のタイガース戦こそ敗れたものの、その後引き分けを挟んで
昨年の11連勝に続く10連勝で、完全にスタートダッシュに成功。
4月8日に同率首位、9日は単独首位に立ちました。

が、4月14日からは、勝ったり負けたりを繰り返し、
サンタテこそはないものの、1勝2敗、2勝1敗を繰りかえし、

5月に入って、久々にドラゴンズをサンタテしたと思ったら、
GWの、4点差を、9点差をひっくり返される
あの悪夢の連続逆転負けです。

しかも、ワザワザ北海道から現地観戦に行ったゲームでした…トホホ。

5月5日には首位から陥落しまして、



と思いました。その後も1勝2敗、2勝1敗が続き、
ドラゴンズにサンタテを喰らったあとの5連勝で
首位に返り咲きし、そのまま交流戦に突入し、
交流戦も最初の2つをとって、結局ここは7連勝。

さらに毎年鬼門の交流戦も、イーグルスとホークスに負け越した以外は
すべて勝ち越し。
個人的に、見に行ったイーグルスのゲームが連敗だったのはイタかったですが、
あれほど苦手にしていて、昨年の日本シリーズでも
残念な思いでしかない札幌ドームで三つ勝てたのはデカかった。

しかも、そのうち一つは運良く仕事が速く終わったので見に行く事が出来たという。
札幌ドームの勝ちゲーム。ワタシ的には貴重です。

そして、ここで首位をとってそこから譲らず、ずっと走ってきました。

8月こそは、月刊勝ち越しを逃しましたが、
9月に入ったら、トドメの9連勝です。

O松選手のアレと、KYな台風などのおかげで、
ホームでの優勝は決められませんでしたが、
台風一過の甲子園で無事きめました。
夏の広陵の敵を討った事になりますかね。

これで、この日の先発野村投手に勝ちが付けば、
アノ決勝も報われたような気がするのですが(贅沢)

この日の甲子園は一塁側も赤いです。
CSが始まって以来、初のAクラス入りをカープが決めて
畏友GMクンと2人で乗り込んだ2013年のCSを思い出します。


そしてこの日のゲーム、私はテレビ観戦でしたが、
中崎投手が投げた球を伊藤隼太選手がショートへのフライ
これを広輔選手がなんなく捌いてゲームセット。

〔思えば、昨年の優勝を決めたゲームも
亀井選手の広輔選手へのショートゴロでゲームセットでした〕

そして、弾けるようにダグアウトから飛び出してくる赤い選手達。
BSで歓喜の場面が流れているところに入る臨時ニュースのテロップ。

あああああ、本当に優勝しました。


最初は球団スタッフに、そして、そのあとは西川選手と野間選手に
担がれて、胴上げからレフトスタンドの応援団への挨拶に参加する
誠也選手。エルドレッド選手におぶられるシーンもありました。

緒方監督の胴上げ。
見ている時は、優勝回数の8回かと思ったら、まだ続く。
なら緒方監督の現役時代の背番号の9回か、とおもったら更に続いて
結局11回でした。

この回数には、特に意味はないと高コーチが言っていて、
なんとなくイキオイで11回、行ったみたいです。
黒田選手と新井さんのアレがあったり、25年ぶりだったりした昨年にくらべると、
選手は少し慣れてきたなぁ、と思って見ていたのですが、
こんなころにうれしさの発露があったのが、人間クサイです。

そして感極まった、緒方監督のインタビューです。

「しびれるような試合展開で最後に中崎がよく試合を締めてくれて。
本当に選手たちを…」と言葉につまり
「本当に…そん」と言うとしばし沈黙。
そして、「本当にご苦労さん!お疲れさん!頼もしい奴らだ、本当に!」
としめられました。

いいインタビューです。

インタビューの中で、
プロ野球選手としての第一歩を歩み始めた甲子園と言いましたか、
1988年 1試合だけ出場して、初安打発ホームランを放ったのが
甲子園だそうです。そんな球場での優勝決定が
また因縁を感じます。

本拠地胴上げを逃したのは残念ですが、このようないいものを
見る事が出来たので、オッケーです。

ま、こうなったら、カープには来年以降も、ハマスタ・神宮・ナゴドで胴上げして
シメでマツダで胴上げをしてもらいましょう。



あ、ベンチには誠也選手だけでなく、赤松選手もいます。
あああああ、こういうのも感動です。

そして、ライトスタンドも三塁側も黄色と白のままです。
勝者をリスペクトする(CSに期する思いもあるのでしょうが)
阪神ファンの態度も素晴らしいです。



さて、今シーズンですが、

昨年の日本シリーズ中に衝撃の発表した通り、
投の大黒柱にして、精神的支柱の黒田投手が引退し、
ドラフト会議では、目玉選手の競合くじ引きにやぶれ、
例年通り、大型の補強も行わなかったということで、
Aクラス予想にはいるものの、首位での予想の人は少なかったです。
(しかも、川口さんとか、大下さんとか、苫篠さんとかカープOBが多かったような…
でも、単なる身びいきではなく、カープOBだからこそ、
しっかり見ていての優勝予想だったのかな、と今にして思ったりして…)

確かに昨年は若手とベテランのケミストリーで掴んだ勝利でしたが、
そのイキオイが続くかどうかということでの、予想だったのでしょう。

ですが、蓋を開けると、
タナキクマルの菊池選手・丸選手・田中選手が額面どおりの活躍をすれば、
4番に座った誠也選手が、4番にふさわしい活躍を見せると、
今まではサブの印象が強かった安部選手までが、一時は首位打者になり
今でも打率成績上位にいるという、活躍ぶりで
気がつけば2年連続の80勝で、現在球団史上2位の勝ち数。
あと4勝で、球団記録にならびます。


とはいえ、今年はオープン戦11位からはじまったんです。

ピッチャー陣では、澤村賞ジョンソン投手の咽頭炎での離脱がありまして、
守護神中崎投手も右側腹部の違和感で離脱。

そこを埋めたのが、昨年の最多勝野村選手に加えて、
中継ぎから先発に回った藪田投手と、先発ローテをまもった岡田投手でした。

今村投手が押さえに回って機能したところで、
一岡投手、ジャクソン投手、中田投手、ブレイシア投手でまわしていきました。

この投手陣に疲れが見えたタイミングでの中村投手の台頭に、
大瀬良投手や九里投手の復活など
かけているピースを誰かが埋めるという、理想的な展開です。

守備については言う事無し。
打線も
タナキクマルアライセイヤエルアベという恐怖の打線に
打てる翼選手も打撃開眼。前田神か?という当たりが何本もありました。
誠也選手離脱後も、アンパンチ松山選手がしっかり代役をつとめ、
他にも、やべーやつバティスタ選手、ガンキャノン岩本選手、
さらに誠也選手をして天才と言わしめた西川選手などが、後にしっかり控え、
帰巣本能の塊、野間選手もグランドセマしと走り回る。

こちらも、それぞれよく打ってよく守ってくれましたし、
それぞれが役割をよく果たして、打線がしっかり線として機能していました。

自分の実力通りの活躍をしてくれた多くのカープ選手達の、ケミストリーが
今回の優勝につながったということです。

さらには、最年長のアライさんをイジったり、松山選手をイジったりする風通しの良さとか、
でもしめるところはしっかりと締めるというケジメのあるチーム。

あああ、本当にカープ、いいチームです。



そして37年ぶりです。

当時の開幕メンバーは
1遊 高橋慶彦
2三 衣笠祥雄
3右 ライトル
4中 山本浩二
5二 三村敏之
6一 水谷実雄
7左 デュプリー
8捕 道原裕幸
9投 池谷公二郎

でして、2年連続3度目のリーグ優勝と
2年連続2度目の日本一に輝いたのでした。
(前の年はあの「江夏の21球」がありました)

当時、ワタシは(あまり強くない)他チームのファンだったので、
その戦力をいいなぁ、と思って見ていた想い出があります。


前回カープが連覇をきめた1980年は
竹の子族が出現したり、ゲーム&ウオッチややルービックキューブやチョロQの
流行があったり、漫才ブームが始まって、「赤信号みんなで渡ればこわくない」が
流行語になったり、アイドルブームがあって、ぶりっこの言葉が流行った年です。
さらに、ニューミュージックブーム全盛期で、チャートを賑わしているなかで、
ワタシはYMOとかテクノポップを追いかけ始めていました。

あああ、

しかも、この年は松坂大輔選手が生まれた年。
いわゆる松坂世代と呼ばれる選手が生まれた年で
東出コーチや、永川選手、梵選手、そして
今年引退を決めた江草選手やもライオンズの木村昇吾選手などが産まれましたが、
梵選手が誕生した6日後に、カープが連覇をきめたそうです。

そう考えると、37年の年月ってスゴいです。



当然この日はスポーツニュースのハシゴです。
何回、広輔選手のショートフライ捕球を見るのか、というイキオイでみつつ
広島ではきっとすげー盛りあがっているんだろうなぁ、と思いながら、
スポーツニュースの中で流れるビールかけの様子を見ます。

ああ、樽酒を緒方監督にかける菊池選手とかいいじゃないですか、
あと、バティスタ選手の「サイコーデース」もいただきましたし、
輪の中に誠也選手もいます。

それぞれの選手がナチュナルに喜びを爆発させながら
仲のよさをアピールしているところを見ていると幸せな気分になります。

本当に優勝して良かったです。

あと、「ユアタイム」見ていたら、
モーリーロバートソンさんが喜んでいて、
ああ、カープファンだったんだ。
確かに育ちだしな、なんてことも関心したりして。


翌日は、広州屋台に行って優勝記念500円ラーメンを頂こうと思って
ニセコに車を走らせたのですが、「本日定休」の看板。

あとで、確認したら、ウイークデイは昼営業だけだったんですね。

残念。

ま、日曜日温泉行く前に行って来ます。


ということで、恒例でございますので、
みなさん御斉唱お願いいたします。


♪宮島さ~んの神主が~ おみくじひいて申すには  
今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち ♪
♪宮島さ~んの神主が~ (ゥ~! ワッショイ ワッショイ)  
おみくじ引いて申すには~ (ゥ~! ワッショイ ワッショイ)  
今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち♪
バンザーイ! バンザーイ! バンザーイ!!!


♪カープ カープ カープ広島 広島カープ  
空を泳げと 天もまた胸を開く  
今日のこの時を 確かに戦い  
遙かに高く 遙かに高く 
栄光の旗を立てよ  
カープ カープ カープ広島 広島カープ  

勝ちに行くのが 選ばれた者のさだめ  
一投一打が 勝負の全て   
闘志をつくし 闘志をつくし 
今ここで花と咲けよ  
カープ カープ カープ広島 広島カープ  

鍛え抜かれた 精鋭の技と力    
その意気愛して 見守る我らの  
明日へ続く 明日へ続く 
きりのない夢であれよ  
カープ カープ カープ広島 広島カープ   

晴れのあかつき 旨酒を酌み交わそう   
栄光手にする その日は近いぞ  
優勝かけて 優勝かけて 
たくましく強く踊れ  
カープ カープ カープ広島 広島カープ ♪ 
 
バンザーイ! バンザーイ!! バンザーイ!!!



ということで、次はCSです。
(日程的に、応援の参戦は難しそうなので、今回はチケット争奪戦には
参加しません。ナクナク諦めます。)
負けないぞー。

この偉業をかみしめつつ
クライマックスシリーズでの活躍
そして、その先に待つもっといい景色を期待しつつ
応援を続けます。



野球の神様、ありがとうございました。
俺たちやったよ~!! ウォおおおおおおおおおおおお!!
カープの皆さん、ファンの皆さんご苦労さまでした。


と、いうことで。(´・ω・)ノシ
苫小牧で泊まりのお仕事が入りました。
が、苫小牧市内の宿がまったくとれませんでした。
私一人だったら、ネカフェでもまったくよいのですが、
同僚もいるので、とりあえずあちこち探して、
ようやく取れたのが、竹浦にあるホテルオーシャンさんでした。

国道36号線沿いの北のランプ停などからほど近くにあって、
全体がガラスで覆われているつくりが異彩を放っているホテルです。

今回は珍しく宿泊なので、まずはお部屋に行きます。
1人ずつで部屋をとったのですが、8畳弱の和室に一人。
フロントとかもそうですが、部屋の中も金庫とか、冷蔵庫とか
お茶セットとかからにじみでる昭和感です。

バイキングの夕食〔美味しかったです〕を終えて時間もあいたので
とりあえず、宿泊者専用大浴場へ行きます。

こちらは本館にある宿泊者専用大浴場と、新館〔カニカニ館〕にある
日帰り客との兼用大浴場の2つののお湯が楽しめるという寸法です。

ということで、夜は新館は日帰りの人もいそうなので、
までは本館の浴場へいきましょう。

脱衣場にいきますと、昭和40年代の温泉分析書が張られていますし、
レトロな体重計も雰囲気があります。
籠は全部空いています。貸切がありがたいです。

浴室に行くと、扇形の小さい湯槽と、L字形の大きめの湯槽があります。
まずは大きい湯槽に身を沈めると、
ああ、これは気持ちいいです。透明ながらほのかに褐色に色づく湯は
ぬるぬるっとしていて、お湯の中で肌をさわる感触が面白いです。
小さい湯槽も同じ感じ。これは、ここらへんの温泉ならではの
いいお湯です。

そして、浴室内に階段があるので、のぼっていくと、
ガラス張りの露天風呂でした。
ガラス張りなので、露天といってよいのかはよくわかりませんが、
気分気分。
浴室の中央に長細い四角い湯槽がありまして、
両端が浅くなっています。
こちらに身を沈めると、あああ、気持ちいいです。
お湯の質がいいのは変わりありません。

そして、ガラス張りなので、外を通るトラックのライトとかが入ってきます。
昼とかなら、海が見えるのでしょうか。
〔後日確認したら、しっかりと海が見えました。
ただ、湯槽に沈んでいるときは、下のほうのガラスが曇っていて無理でしたが、
そこまで見えたら、逆から丸見えってことですよね〕

と、いうことで大満足で、長い夜をすごしたのでした。





さて、朝、7時15分に苫小牧に行くということで、
6時30分に宿を出ます。

その前にお世話になったのが、新館のお風呂です。

まずは脱衣所へ。
さすがの早朝、かごはひとつも埋まってません。貸切です。
ロッカーは、お金が返ってこないタイプだと大書されています。

それでは浴室へ行きましょう。

右には少し大きめの四角い湯槽が一つありまして、
左側の方には小さな洗い場とサウナがありました。
銭湯みたいな雰囲気がいいです。
浴室のサウナもありますが、早朝はやってませんでした。

ということで、四角い湯槽に身を沈めます。
ああああ、染みますねぇ。きもちいいです。
虎杖浜~竹浦あたりの温泉ならではの、ぬるっとした感じ。
本館でもあじわったお湯です。

洗い場の端には、飲用泉の蛇口が設置されていました。
ほんのりとするナトリウムっぽい味わいが、温泉っぽくて、
前日することないので、つい飲みすぎた身にはありがたい。

しばし内湯を楽しんでから、露天風呂へいきます。

露天風呂はそれぞれ湯温が異なる浴槽が3つあります。

まずは岩風呂。
露天で、かつ湯温が内風呂より低いので、いい感じにまったりできそうです。
お湯が流れてくるところも、凝った作りです。

岩風呂と90度の角度で、超音波風呂がありました
こちらも四角い湯槽で、岩風呂風です。
そして、温度はかなり温めです。ぬるぬるも際立ちます。
あまり超音波感がありませんが、思って良く見ると、
端からジェット水流が出ていて、噴水のような湯口もありました。
この辺が超音波なんですかね。

さらに一人では入れる感じの五右衛門風呂。
こちらが熱い浴槽です。
そちらに体育座りしてお湯を楽しみますが、
五右衛門風呂の名は伊達ではない。これは長湯はできないですが、
こんな刺激も目覚めにはいいです。

露天風呂は一階にあるせいか、木製の柵に囲まれており、
ここではオーシャンビューなどの景観は望めません

と、一通り楽しんでから、外へでて、
仕事にそなえるために部屋に戻ったのでした。


ちなみにもう一泊したので、同じコースでまた温泉を楽しみました。
〔北のランプ亭で食べた炭火焼のせいで、体が燻されたせいでもありますが〕

やはり泊まりの温泉はいいです。




ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。

では。(´・ω・)ノシ
今年、最初で最後のナゴヤドーム。
カープvsドラゴンズの決戦の日です。

この日は6時に起床、7時に1度宿を出て、近くのバス停からバスに乗り、飯田町へ。
そこから歩いて、名古屋の喫茶店モーニングをいただきました。
人生初の、名古屋式喫茶店モーニングです。
コスパにも優れて、しっかり美味しかったです。
感想はまた後日。

宿に戻ったのが8時30分くらい。
そこで、喝!アッパレ!を見ながら荷物をまとめてから、シャワーで身を浄めて
赤いカープボクサーパンツ、赤いアンダーシャツ
赤いアンダーアーマーのハーフパンツになって、その上にカープアロハ2017を羽織り
出陣支度もバッチリととのえて、10時過ぎにチェックアウト。

10時11分発、大曽根行きのバスで大曽根を目指します。

途中、名古屋城の外堀の風情がある木々とか、
愛知県庁に名古屋市役所の帝冠建築、
そして名古屋の高級住宅街白壁の街などを通ります。
バスでの移動、大正解です。

そして大曽根駅からはゆとりーとラインでドームを目指します。
車窓からナゴヤドームがフライングで見えるのがいいです。

そして、ナゴヤドーム前矢田駅に到着です。1年ぶりのナゴドです。
にここまで来ると、アオいユニの人多し。
敵地に乗り込むうれしさを感じます。

野球の神様に、面白いゲームが見られて、かつ、カープが勝つように、
2礼2拍手1礼をしてから、球場の敷地内へ

ドアラショーを見たり、拙著の読者様にお声をかけていただいたり、
ドームの外周を一周したり、イオンで週ベを買ったりしてから、
出来た列に並ぶとると12時になりましたので、
ナゴヤドーム特有の入念な荷物の中の奧にまで手を突っ込まれる
手荷物検査を終えて、中へ入ります。

1年ぶりのナゴドに感動しつつ、。この日の席である内野B指定席へ。

前から2~3列目という、びっくりの良い席に満足をして、
カープ選手の打撃練習を見つつ、
アロハから「HIROSE 26」のビジターユニに着替えてから、食事を調達に行きましょう。

まずはエスカレーターに乗って5階へ。
向かったのは、PRESENCE(プレゼンス)さん、
こちらは、唐揚げとか、チーズボールとか、砂肝枝豆盛りとか
おつまみ系の食べ物や選手プロデュースメニューを売っていますが、
今回オーダーしたのは、「大島カレー」です。

店頭のポップには
大島選手がカレーを頬張りながら、
大島カレー ¥900
俺好みのビーフカレー ~チーズ・ソーセージをトッピング~
「辛さ控えめ / なので多くの方に / お楽しみいただ / けるはず!」
などと言ってます。

これは楽しみです。

ということで注文です。
「すいませ~ん、大島カレー一つ」と注文すると
「はーい、カレーひとつ~!!」と奧へオーダーされます。
「森の天使のため息、きのこたっぷりふわふわとろとオムライスデミグラスソースを添えて…」
と注文をしたら
「はい、オムライスっスね」と言われた気分です。
ま、いいですが…


さらにエスカレーターで2Fに降りてから、
コンコースにある「SNACK Third」さんで、「ヒッツまぶし巻」を
お隣の「Drink Third」さんで、「チューハイ倶楽部」をそれぞれ購入。


自席に戻り、続いているカープの打撃練習を見ながら、
まずはカレーをいただきます。


ドアラがプリントされた円柱形の容器に入っています。
Koboパーク宮城ののりもとんカレーとか青山ビーフカレーを思い出しますが
Koboバークのプロデュースメニューみたいに、
大島選手の顔がプリントされたパッケージではありませんでしたが
透明なふたから中の様子がよく見えます。

ほんのりと赤っぽい濃褐色の色合いのカレーに、
ソーセージが載っかっていて、たっぷりのチーズがカレーに溶けています。

では、大島選手のカレーをいただきましょう。
ふたを取ると、カレーのいい香りがぷんと広がります。
濃褐色のカレーがご飯の2/3をおおっていて、マーブル状の溶けたチーズが
いい感じです。よく見るとチーズはご飯の上でも溶けています。
いいですね、こういうの。

では、まずカレーの部分からいただきます。

カレーの味わいは、玉ねぎやその他の野菜などから出てきた自然な甘みとか
トマト系のさわやかな酸味がいいバランスを保ちながら
味わいの基本になっていて、そんな土台の上に展開しているのが
牛肉から出たエキスのような旨みとコクの味わいがいいです。
牛肉由来のしっかりとした味わいにトマトの酸味がくわわると
上質なデミグラスソースみたいにも感じられて、
欧風カレーのベースとしては、申し分なし。

そして、この甘さを生かしつつ、
甘めという設定なので控えめながらもキレがあるスパイス使い

全体的にホッとできる味わいです。

そして、カレーに溶け込んでいるチーズです。
マーブル状の部分を掬うと、盛大に糸をひきます。
口に入れると、濃いカレーの味わいを盛り上げる
チーズのあじわいです。
乳のまろやかな味わいがあって、
カレーの味わいを引き立ててくれる巧みさ。
もう、カレーの中のチーズ好きとしてはたまらないです。
掬っても掬っても糸を引くところもいいですし、
ご飯の上で溶けているところを食べても、
上質な味わいでうれしくなります。

ソーセージは、皮の噛み応えと肉自体の味わいの良さが、
カレーの中の肉の味わいとは別のベクトルが加わってうれしいのと、
たっぷりの肉滴が溢れてきて、
カレーの味わいをさらに複雑にしてくれます。
ソーセージのカレーって、ゴローちゃんが神宮で食べた
アレっぽくもあります。

カレーの中にはトロトロになっている牛肉もはいっていて
脂身の部分のトロトロな感じと、
赤身の部分の野趣にとんだあじわいの組み合わせ。
その濃厚な味わいもしっかりとしていますし、
カレーにとけこんだエキスが塊で口の中に入る快感。
やはりいいですね。

ホカホカなご飯にもあいますし、
ご飯にあう物はお酒にも合う
そして、このいちいちが酎ハイとあって最高です。
カープの練習を見ながら食べるカレーは最高です。

いままでナゴヤドームの客席でカレーを食べるとなると
球場に併設されているCoco壱で買うしかなかったので、
これはありがたいです。ありがとう大島選手。

ちなみに、HPには、
辛さを抑えたビーフカレーに、ソーセージとたっぷり
のチーズをトッピングしました。とろけたチーズが
ルーに絡めばさらにマイルドな味わいに!
幅広い年代の方におすすめのカレーです

普段からカレーをよく食べるという大島選手。

王道のビーフカレーに添えるトッピングには、大島選手好みのシュレッドチーズをたっぷり&食べやすいサイズのソーセージ。
辛さひかえめのカレーなので、多くの方にお楽しみいただけるはず!

なんて紹介されていました。

とはいえ、現在大島選手は、ケガで欠場中ですが…


あと、「PRESENCE」さんは、昨年は「福谷カレー」を出してまして
2年連続で選手プロデュースカレーを出しているということで、
もう、ずっとカレーを売ってもいいんじゃないかな。

なんて思ったりして。

ということで、ご馳走様でした。

と、満足をしてゲームにそなえたというわけです。



ゲームは、すすんで、途中まで、ドラゴンズにリードされていましたが、

それいけカープを歌ってからの、7回表 カープの攻撃で逆転をしました。

応援にも力が入って、小腹がすいたので、
ドラゴンズの7回裏の攻撃を見ながら
買っていた「ヒッツまぶし巻」をいただきましょう。
予め弁当を仕込んでおくと、ゲーム中に中座しなくていいですね。


「ヒッツまぶし巻」は、
渡辺保裕さんの「球場三食」(講談社 アフタヌーンコミック)の中で

中央にうなぎの身
うなぎのひつまぶしを太巻きにして 5つにカット
別パックで味つけうずら2個付き
「抗菌わさびシート」に包まれているのが心憎い

と紹介されて、主人公日下が

「どっ
 どえりゃあウマイがねーっ!!」

と感動したシロモノです。

それが目の前に。


青色が基調なが細長いパッケージは、
縦に、「ヒッツまぶし巻V」と書かれています。下1/3が微妙にくぼんでいて、
色が茶色くなっている。
これは、バットの形をしたパッケージです。
こういう遊び心にもニヤっとします。

でも、HPとかを見ても「V」は無いですが、それは気合いの表れですか。

他にパッケージには、
「うなぎのひつまぶし巻」と書かれていて、
バットを持ってヒットを持っている鰻と
黄色いポンポンを持って応援している鰻のイラストがかわいいです。

では、パッケージをあけますと、
おお、わさび抗菌シートに包まれた海苔巻が登場。
別の包装には茶色に染まったウズラの卵が二個です。
包装を解いていくと、わさび抗菌シートは二重になっています。

ようやくご対面です。

応援しながらでも食べやすいように、海苔巻きになっています。
太巻きサイズで、これまた食べやすいように、5つに着られています。
一つ一つも食べ応えがありそう。
この太巻きと、ウズラの卵の組み合わせ、
これはパッケージだけでなく、ウズラのボールを添えることで、
内側もバットであることをアピールしています。
いいです。こういうの。

ワサビのパックもついていますが、まずはそのままいただきます。

!

どっ…

どえりゃあ、ウマいがねぇえええええええええええ!!!

海苔の海を思わせるいい香りと味わい、それにごはんをくるむ
少し強い歯ごたえを味わっていると、
すぐにタレと刻まれているもののしっかりとうなぎならではの味わいを演じる
鰻の味わいです。
これは、スゴい。球場で鰻が食べられるのもスゴいのに、
それがしっかり美味しいのでしあわせになります。

鰻は三河一色産のものだそうですが、
淡白ながらも奧深い味わいと旨みを楽しむことが出来ます。
しかも、しっかりと香ばしい。この香ばしさは鰻を食べる時の楽しみの一つです。
ひつまぶし巻なので、鰻は刻まれてますが、
弾力があって、歯ごたえもしっかり感じる事が出来るうえ
柔らかすぎず、口の中で、ほろっとほぐれまして、
これは、いい鰻です。鰻の存在感がしっかりとしています。

甘じょっぱいたれは、醤油たれと比べて、甘みを感じます。
とはいえ、クドい甘さではなく、サッパリとして鰻の旨みを引き立てる甘さなのです。
隠し味が味噌とかつかわれていて、って名古屋ならではですか。
このスッとひく濃さが、みっちりと包んでいるご飯にも
海苔にもあうのです。
海苔巻きにして引き立つ味わいです。

夢中になって二きれ食べたので、3切れ目からは
パックのワサビを鰻の上にしぼっていただきます。

と、

ツンとするさわやかに花に抜ける辛味が、甘じょっぱいタレとか、
しっかりとした鰻の味わいや香ばしさに働きかけて、
別の楽しさを提供してくれます。
ワサビ、正解です。

そもそもひつまぶしは、刻まれた鰻が、刻み海苔が散らされたご飯の上に載った料理です
お櫃に入って、最初はそのまま食べますが、
2杯目は、ご飯にまぶして食べるので
櫃+まぶし でひつまぶしになったのです。
海苔もちらされて、ワサビものっかる。

それを大胆に海苔の太巻きにしてしまっただけでなく、
しっかりと美味しい。これはスゴいです。

しかも、味わいがすごくて、それだけで充分勝負出来るのにもかかわらず、
このネーミング。野球場だから、「ヒッツ」
それに、これまた野球城だから、バットを見立てた包装に、太巻きをバットに見立てた
(そもそも太巻きをバットに見立てる発想もスゴいです)のを
強調するうずら卵添えです。
このコテコテが名古屋センスです。
大好きです。この偉大なるB級感。

パットとくれば、ボールですが、
最初は燻製卵かと思ったのですが、
こちらもほんのりと優しい甘さがあります。
こちらは味噌煮でした。これも名古屋だなぁ。

というわけで、一気に五個たべて、ごちそうさまでした。
ひつまぶしのシメはお茶漬けなので、
残り1個を出汁で食べてもいいかもね、
というか、お土産に買っていって、
家でそういう食べ方をしてもいいかも。

などと、朝食で食べた「花ごよみ」さんの冷やし茶漬けを思い出したりして。

途中、この回から登板した一岡投手から、
35億京田選手にヒッツを打たれますが、
4凡で終わりまして、こちらも食べ終わってごちそうさまでした。

球場で食べるご当地グルメはいいですね。
とくにナゴヤドームは名古屋飯系のメニューが多いので、
次来た時も、名古屋飯球場グルメを楽しみたいなぁ、
と思ったというわけです。


では。(´・ω・)ノシ
九月上旬のナゴヤドームでの3連戦を、3連勝でしめました。
魔境といわれる鬼門ナゴドでの3連勝が、カープの今のイキオイをあらわしてます。

私的にも今年最初で最後のナゴド観戦を、勝利でしめました


ということで、恒例でございますので、みなさん御斉唱お願いいたします。

♪宮島さ~んの神主が~ おみくじひいて申すには  
 今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち ♪
♪宮島さ~んの神主が~ (ウゥ~! ワッショイ ワッショイ)  
 おみくじ引いて申すには~ (ウゥ~! ワッショイ ワッショイ)  
 今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち♪
 バンザーイ! バンザーイ! バンザーイ!!!



♪カープ カープ カープ広島 広島カープ  
 空を泳げと 天もまた胸を開く  
 今日のこの時を 確かに戦い  
 遙かに高く 遙かに高く 
 栄光の旗を立てよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ  

 勝ちに行くのが 選ばれた者のさだめ  
 一投一打が 勝負の全て   
 闘志をつくし 闘志をつくし 
 今ここで花と咲けよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ  

 鍛え抜かれた 精鋭の技と力    
 その意気愛して 見守る我らの  
 明日へ続く 明日へ続く 
 きりのない夢であれよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ   

 晴れのあかつき 旨酒を酌み交わそう   
 栄光手にする その日は近いぞ  
 優勝かけて 優勝かけて 
 たくましく強く踊れ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ ♪ 
 
バンザーイ! バンザーイ!! バンザーイ!!!



そんなゲームとか、遠征とかの振り返りです。

前日9月9日は、午前中お仕事だったので、それを終えてから
自宅に戻り、カープアロハに着替えて移動。
ラジオでは、飛行機各社の新千歳出発便の満席便の情報が流れますが、
満席便が多くないですかね。
直前に新千歳の駐車場情報見たら、AもBも満車でしたし…

ま、とにかく行って見ますか。

14時丁度くらいに駐車場周辺に着。
途中、ロングターム駐車場に空きがあるのを確認してから
まずC駐車場は満車。そして、A駐車場もB駐車場も、案の定満車です。
が、A駐車場の入り口に並んでいる車が7台くらいだった。
今回は、行きはエア・ドゥ、帰りはANAなので、これはA駐車場です。

7台なら、行けるかな? と待っていると、20分位待って、駐車場に入れる事が出来ました。
帰ってくるのが、夜9時を回るので、空港駐車場に駐めたいと思っていたのですが、
これはラッキーさんでした。

そして、搭乗手続きと、手荷物検査へ。
手荷物検査も長蛇の列が出来ていましたが、それを終えて、
フライトまで時間があるので、富川製麺所のふらの餃子でビールをいただきます。
昼食を食べていなかったのですが、名古屋ではしっかりいただく予定なので
軽めにおさえました。餃子は皮がモチモチで肉滴もたっぷり美味しくて
ビールにもあっていい感じです。

そしてKalafinaオススメBoccaの飲むヨーグルトを飲んでから
新千歳発 15:20分 中部国際着 17:05分のウエ・ドゥ 136便機内へ。

機内では通路側の席だったので、前回に忘れたネックピローを早速膨らませて
テイクオフの前から軽く睡眠をとります。

そして、目が覚めるとシートベルト着用のランプがついています。
下はどう見ても木曽川揖斐川長良川の木曽三川ではないですか。
こうやって見ると、三つの川が合流したり、州を作ったりと、
複雑な川の様子がよくわかっていいですね。
「風雲児たち」にも出てきた宝暦治水のことも思い出したくらいにして。

機窓の右が伊勢湾、左が知多半島という感じで、地上が近くなって
無事到着です。1年ぶりのセントレアです。
空気がムッとして熱を感じます。これが本州です。
今年は東日本こそ、冷夏傾向ですが、西日本は普通の気温です。
ああ、いいですね、この空気感。

その後μスカイで名古屋駅へ、地下鉄桜通線に乗り換えて丸の内で下車
そこから徒歩で、この日の宿にチェックインをしたのが18時30分頃。
少しだけぼっとしてから、街へ出ますが、
栄へ行くと、アカいユニの人が多いです。表情も楽しそうな人が多いので、
勝ったのかな?と思いながら、明日の観戦に期待をしつつ、
錦で絶品のカレーうどんをいただきました。
感想はまた後日。

そして、20時30くらいに宿に戻って、スポーツニュースを見たりしながら
夜を過ごしました。

翌朝は6時に起床、7時に1度宿を出て、近くのバス停からバスに乗り、飯田町へ。
そこから歩いて、名古屋の喫茶店モーニングをいただきました。
人生初の、名古屋式喫茶店モーニングです。
こちらも、コスパに優れてしっかり美味しかったです。
こちらの感想もまた後日。

宿に戻ったのが8時30分くらい。
そこで、喝!アッパレ!を見て荷物をまとめて、シャワーで身を浄めて
赤いカープボクサーパンツ、赤いアンダーシャツ
赤いアンダーアーマーのハーフパンツになって、その上にカープアロハ2017を羽織り
出陣支度もバッチリととのえて、10時過ぎにチェックアウト。

10時11分発、大曽根行きのバスに乗ります。
速いのは地下鉄ですが、地上の景色を見ながら行きたかったので
バスで大曽根を目指します。

途中、名古屋城の外堀の風情がある木々とか、
愛知県庁に名古屋市役所の帝冠建築などを見る事が出来ます。
地下鉄では味わう事の出来ない名古屋感です。
バスでの移動、大正解です。

そして大曽根駅に到着、ここからはゆとりーとラインでドームを目指します。
アカいユニフォームを着た家族とか、アオいユニフォームを着ている親子連れが
バスを待ってます。ここで気分が揚がってきますし、
乗ってすぐにビル越しのドームが見えます。
この景色もいい感じで、ゆとりーとラインの選択も大正解

そして、ナゴヤドーム前矢田駅に到着です。1年ぶりのナゴドです。
さすがにここまで来ると、人が多いですし、ホームアオいユニの人多し。
敵地に乗り込むうれしさを感じます。

ただ、この日の入場予定は12時で、この時10時50分と、
まだ1時間以上前で、この人数なので、
ひょっとして入場開始時間が早まったかな、と思って球場に向かいます。

野球の神様に、面白いゲームが見られて、かつ、カープが勝つように、
2礼2拍手1礼をしてから、球場の敷地内へ

まず人だかりが出来ているところにむかうと、
ドアラショーでした。

これが、ベタな寸劇と、キレキレの殺陣のアンバランスが
なんとも面白かった。何度も爆笑が巻き起こります。芸達者ですね、ドアラ
時間があっという間にたちました。

まだ、開場まで時間があって、ナゴドの外周を回ったことないので、
球場をぐるっと一周しましょう。

今回、球場内で「大島カレー」を食べる予定なのですが、
いずれ、ここのカレーも食べなきゃダメかな?と、coco壱番屋を除いていると
「あの~、すいません」と声をかけられました

「 ?? 」
知り合いはいないはずなのに、と、思いつつも、笑顔で「はい?」とふりかえると、

「あの~、すいません、夏コミで、球場カレーの本を売ってませんでしたか」
「あ、…はいっ!!」

なんと、拙著の読者様でしたか。
「やはり、あの、おヒゲの感じとかがそうかなーなんて、
あ、僕、夏コミの時は今永のユニ着てて」
「あー、そうなんですか~」
なんて話しから、しばし野球の話しで盛りあがったりして、
こういう出会いも楽しいです。

そちらの方が、5F席、ワタシが内野席ということで、
では、またどちらかの球場で。と別れました。

ビックリです。こんなの初めてです。
少しだけ人気作家気分です。(盛大なカンチガイですが)
でも、こういうのも、ぐるっと回らなければ、なかったことです。

そして、途中でスタジアムの係の人が
「入場開始予定時間は12時です~」とアナウンスしています。
本日はいるゲートの前も30人くらいしかならんでませんし、
まだ15分くらい余裕があるので、イオンに行って
まだ買っていなかった、今週週ベを買ったりして
開場時間5分前に球場に戻ります。

と、列は3重くらいにおりたたまれて、いて、ほぼ赤い人ですが、
そちらに並んで開始時間を待ちます。

去年は11時50分には球場に入れて、12時に座席に入ったのですが、
今年は、厳密に12時開場みたいです。
そして、12時になりまして、ナゴヤドーム特有の入念な荷物の中に手を突っ込まれる
手荷物検査を終えて、中へ入ります。

ああ、1年ぶりのナゴド。
「球場三食」(講談社アフタヌーンコミックス 渡辺保裕さん作)で、
役場とかイオンっぽいと評されていたのを見てから、見ると
確かにそのとおりだな、などと思いつつ、座席へ。

この日は内野B指定席ですが、見ると、
三塁側フェンスが目の前です。
レフトのボールボーイ用の椅子が3mくらい先のほぼ目の前にあります。
これはいい席だ。
カープの選手が打撃練習をしています。そんなのを見つつ
アロハから「HIROSE 26」のビジターユニに着替えてから、まずは昼食を調達に。

最初にエスカレーターに乗って5階へ。
このエスカレーターっても、イオンとか役場っぽいねぇ、と思いつつ
向かったのは、PRESENCE(プレゼンス)さん、
こちらは、唐揚げとか、チーズボールとか、砂肝枝豆盛りとか
おつまみ系の食べ物や選手プロデュースメニューを売っていますが、
今回オーダーしたのは、「大島カレー」です。

さらに2Fコンコースにある「SNACK Third」さんで、「ヒッツまぶし巻」を
お隣の「Drink Third」さんで、「チューハイ倶楽部」をそれぞれ購入して、
自席に戻って、続いているカープの打撃練習を見ながら、
まずはカレーをいただきます。

カレーの味わいがいいです
カープの練習を見ながら食べるカレーは最高です。

いままでナゴヤドームの客席でカレーを食べるとなると
球場に併設されているCoco壱で買うしかなかったので、
これはありがたいです。ありがとう大島選手。
カレーについて、詳細の感想はまた後日。

とはいえ、現在大島選手は、ケガで欠場中ですが…

それにしても、札幌ドーム以来のドーム球場の野球観戦なので、
打球音がよく響きますし、
ティーバッティングの打球がシートにあたる音がすごく響きますし、
このドゴォって音もど迫力です。

あと、この場所って、防球フェンスに張り付いている人が多いです。
サイン色紙を差し出している人も沢山います。
確かに、外野でアップをしている投手が、
用具を持ちながら3塁側ベンチに戻る時に
目の前を通りますので、納得です。

さらに自分のまわりは3人以外ほぼ真っ赤な人で、
会話も盛りあがっています。なかでも、
「セ×ンチケット一般売りの朝10時に行ってもつながらなくて
10分後、ようやく繋がったと思ったら、外野がダメでここしか捕れなかったんです」
「あ、ワタシ10時丁度に繋がったんですが、外野とれなくって」
「ワタシもです」なんて会話で盛りあがっています。
ここって、そんな人ばかりですか。
ワタシも、同じシチュエーションでこの席でした。

他にも、カープの濃い話しで盛りあがっていますし、
「先週、神宮に行ったんですけど、一塁側まで赤かったですよ」
「あー、神宮は東のホームですから」(笑い)なんて会話も聞こえてきます。

ああ、先週のゲームが思い出されます。

そして打撃練習が終わり、今度はドアラが登場。
アカいファンにもサインをしています。ファンサ、いいですね。
そういえば、本日はドアラデーだそうです。

さらに、直前の守備練習に備えて、キャッチボールがはじまります。
このキャッチボールも席からに近いです。
松山選手と野間選手、西川選手と岩本選手、そして、
丸選手がバティスタ選手とキャッチボールしてます。
ってことは、何か今日の先発にあるんですかね。

ここから守備練習。

目の前のレフト守備位置につくのは、松山選手、天谷選手、上本選手です。


13時25分にスタメン発表。
7番ライトバティスタ選手、6番キャッチャー磯村選手に盛りあがる三塁側。
そして、ドラゴンズのスタメン発表。
今年改修されて設置された、オーロラビジョン(106ビジョン)を
フル活用してのスタメン発表がど迫力です。
これはスゴい。

3番遠藤 4番福田 5番藤井と発表されて
「ゲレーロいないねぇ」「昨日のヤツだねぇ」などと周囲がザワザワっとします。

スタメン発表が終わってから、登場したのが、
中京大中京高校のチアリーディング部「SPIRITS」
圧巻のパフォーマンスが繰り広げられます。

「磯村の後輩ガンバレ~!!」「堂林じゃないんかい!」などと周囲のアカい人。

そして、オープニングダンスでは、
「チアドラゴンズ2017」と「チアドラキッズプレミアムクラス」による
「The Blue」のコラボレーションダンス。これも迫力でした。
ドームならではの、残響とかを味わいながらの、パフォーマンスがあって
メンバー表交換。そして、ドラゴンズの選手が守備につきます。

ドアラの耳をつけたチビッコの始球式を経てプレイボール

この日の先発は、カープは、大瀬良投手
ドラゴンズは小笠原投手です。



1回表 カープの攻撃
前回の神宮では、1塁側内野席ということで、ユニフォームも着ず、
カンカンも持たずに、手拍子と声だけで応援をしていましたが、
周囲も応援モード全開なので声を出していきますよ~。
と、気合いが入りますが、

先頭広輔選手、ショートゴロ 菊池選手 空振り三振  丸選手セカンドゴロであっさり8球で三凡です。


1回裏 ドラゴンズの攻撃。久々の1軍先発の大瀬良投手の立ち上がりはいかに!!

先頭の京田選手。登場テーマが流れます。ブルゾンちえみのあの曲にあわせるドラゴンズファン。
おー、これが生「35億」だと感心しますが、
京田選手の打球がサードを強襲。安部選手がファンブルして出塁です。
「安部~っ! 小学生でも捕れるぞ―、と後の人。確かにイージーに見えたんですが。
スピンとかかかっていたのかもしれません。
続く亀澤選手をレフトフライに討ち取りますが、
遠藤選手の打席で、磯村捕手が:パスボールをして、京田選手は2塁へ進塁。
ここで遠藤選手の打球はレフト前に落ちます。ああああああああ
続く福田選手ファーストフライ 藤井選手がサードへのファウルフライで後続を断ちますが、
序盤で失点してしまいました…

エラー絡みなので自責はつかないとはいえ、25球を要した嫌な立ち上がりです。
それにしても、ドラゴンズファンの応援がよく響くこと響く事。
この威圧的な声量と、響くドームの相乗効果が
ナゴヤドームを魔境と言わしめるほどの勝率にしているのではないでしょうか。

あらためで、ナゴヤドームアナドレマセン。


2回表 カープの攻撃
先頭松山選手が、センター前に弾き返します。ナイスアンパンチ。
ただ、続くエルドレッド選手、そして早々の2文字応援でおくられた安部選手と
さらに、バティスタ選手と三者連続空振り三振でチェンジです。
あああああ


2回裏 ドラゴンズの攻撃
先頭松井佑選手をセカンドフライ、続く周平選手をショートゴロとあっさり2アウトとりますが
武山選手をフォアボールで出します。
ただ次はピッチャーの小笠原選手。ここは空振り三振できってチェンジです。

なんとか、1回みたいなバタバタはなくなりました。
このピッチングが続いてくれ~と思いながら
売りに来た「レモンチューハイ」を注入します。
ちなみに、このレモンチューハイ。普通の酎ハイに
棒にささったレモンアイスを入れて
溶かしながら飲むタイプです。こういう遊び心もいいですよ。

3回表 カープの攻撃
先頭の磯村選手のライトの右側を襲う当たりが、ツーベースになります。
続く大瀬良選手は送ろうとしますが、バントが小フライになって1アウト
広輔選手の打席で飛ばすチャンスが流れます。ひぃろっしまぁ!!!
ただ広輔選手はファーストゴロ、菊池選手がレフトフライでチェンジ

なかなかホームが遠いカープです。


3回裏 ドラゴンズの攻撃
先頭京田選手をサードゴロ  続く亀澤選手をファーストゴロ
先ほどタイムリーを放った遠藤選手を見逃し三振で三凡です。
大瀬良選手、ようやく調子を上げてきました。

大瀬良投手の好投に報いるか、
ドアラバズーカ―などがあってから、

4回表 カープの攻撃
先頭丸選手がフォアボールを選び出1塁
続く松山選手の打席で、ドラゴンズの小笠原投手のワイルドピッチでランナー 2塁へ。
松山選手はセカンドゴロですが、この間丸選手は3塁に進塁。
エルドレッドが四球で出塁して、1,3塁
さらに安部選手の打席で、小笠原投手、二つ目のワイルドピッチでランナー2,3塁
安部選手は、チャンススーパーに応えるようにショートへの強く深い当たり。
これをショートが逆シングルで追いつきますが弾いて内野安打。
この間丸選手がホームに還って、同点に追いつきます。
宮島さんじゃぁあああああああ。「バンザーイ、バンザーイ、バンザーイ」
と周囲の人と、カンフーバットをカンカンします。
さらに、ランナー1,3塁から、バティスタ選手がファーストへのファウルフライに倒れて
打席には磯村選手。ここで、ふたたびチャンススーパーです。
ここで・決めろ、いっそむらぁ!!!
ただ、磯村選手が敬遠ぎみのフォアボールで歩かされ満塁。
まだ続くチャンススーパー。ここで・決めろ・おーおっせらぁあああ!!
ただ、大瀬良選手は空振り三振でチェンジです。

でも早い段階で追いつけました。小笠原選手が調子よく感じた分、
二つのワイルドピッチはありがたかったですね。

ドドドンアッペッ! ドドドンアッペッ! のコールに帽子をとって1礼する安部選手に盛りあがります。
いーぞーいーぞーアッ ベ~!!


4回裏 ドラゴンズの攻撃
先頭福田選手、空振りの三振から、藤井選手のレフト左を抜くあたりは二塁打に。
さらに、松井佑ライト前の当たりがタイムリーになって、ドラゴンズ勝ち越しです。あああああ
さらにリンダリンダが鳴り響くなか、周平選手もセンター前ヒットで出塁します。
が、武山選手のあたりはサードゴロで5-4-3のダブルプレー。チェンジです。

なんとか最少失点で凌ぎます。

「本日、満員御礼」とアナウンスが流れます。
「でも、5階席とか空いてるじゃん」と後の人。


5回表 カープの攻撃
先頭広輔選手セカンドゴロ、菊池選手サードゴロから、
丸選手、松山選手と、連続してセンターへ弾き返します。
盛りあがるレフトスタンド、三塁側スタンドですが、
エルドレッド選手が空振り三振です。ああああああああああ


5回裏 ドラゴンズの攻撃
先頭小笠原選手空振り三振、続く京田選手見逃し三振から、
亀沢選手の叩きつけた当たりがファーストの前で高く弾んで内野安打。
しかも、続く遠藤選手の打席で大瀬良投手がワイルドピッチでランナー2塁。
さきほどの小笠原投手のワイルドピッチからの失点が頭をよぎりますが、
大瀬良投手が遠藤選手のバットをへし折って、
ボテボテの当たりを菊池選手が軽快に捌いてチェンジです。

ここで、本日はドアラデー。
「ドアラと対決大玉転がし!!」がありまして、
小学生チームにドアラが敗れました。

ま、この時ワタシはオシッコに行っていたので、
音声だけで情報を得たのですが。


6回表 カープの攻撃
先頭安部選手、空振り三振
続くバティスタ選手がスリーボールからレフト前へ弾き返します。
「バティのヒット久々に見た」と後の人。
磯村選手が空振り三振で、 2アウトから、
今度は大瀬良選手がレフト前ヒットで出塁します、
「ナイスジエンゴー」「ジエンゴはカープPの宿命やからな」と後の人。
ここでチャンススーパーが響いて、ここで、決めろ、コーオッスケェエエ!!!
広輔選手はフォアボールを選んで満塁。
そして、菊池選手の打席ですが、空振り三振!ああああああああ。

「エルとキクチが調子悪いのが、効いてるよね~」などと後の人.


6回裏 ドラゴンズの攻撃
先頭福田選手がレフト前へのヒット。私たちの目の前でワンバンしました。
続く藤井選手はサードゴロで、この間福田選手が2塁へ
松井佑選手は空振りの三振で2アウトになりますが、
周平選手の当たりがまたまた目の前にぽとり。打球にイキオイがなく、かつ三塁線へと
ころがったので、これがタイムリーツーベースになります。あああああ
ただ、武山選手は空振り三振でチェンジになります。

チャンスを生かしたドラゴンズと、生かせないカープという
じれる展開でゲームは終盤へ。

それいけカープを歌ってからの、7回表 カープの攻撃
先発の小笠原選手に代えて、ドラゴンズは岩瀬選手をマウンドへ。
ここで×神岩瀬投手ですか。
小笠原投手にイマイチあってなかったカープ打線。
岩瀬投手とカープ打線の相性が、小笠原投手より良いことを期待です。

と、おもったところで、先頭の丸選手がフォアボールを選んで出塁からの
松山選手の打球が視界から消えます。で、盛りあがるレフトスタンド。
あああ、ホームランです。
あとでテレビで確認したら、ライト4F席に届く、特大ホームランでした。
うぉおおおおおおおおおお、すげぇええええええええ!!!!!
ここで、本日2度目の宮島さんです。「ワッショイワッショイ」
そして、周囲の人とまたまたカンフーバットカンカンします。

ドラゴンズは、岩瀬選手にかえて、又吉選手をマウンドへ。
さらに、近藤選手をセンターへ。センターの遠藤選手をレフトにまわして、
松井祐選手を下げます。
又吉選手は、エルドレッドを見逃し三振でアウトをとってから、
安部選手を歩かせます。バティスタ選手は見逃し三振で2アウト
カープはこの日ツーベースを打っている磯村選手にかえて、
昨日のゲームでの殊勲者の一人、岩本選手を代打におくります。
すると岩本選手の打球はセンター前に落ちます。これで2アウトながら1.3塁。
ピッチャーの打席なので、代打に出たのが西川選手。
飛ばすチャンスで盛りあがるレフトスタンド。ひーろっしまぁあああああ!!
西川選手の難しいセカンドゴロで、セカンドは躊躇なくベースカバーのショートに
トスをしますが、岩本選手のあしがまさって、審判の腕が水平に開きます。
その間サードランナーの安部選手がホームに帰って逆転です!!!

うぉおおおおおおおおお、にしかわすげぇぇええええええええええ
ここで、またまた宮島さん&カンフーバットです。バンザーイバンザーイバンザーイ!!!
カープは2塁走者の岩本選手に代えて、代走に野間選手。
チャンススーパーで盛りあがって登場した広輔選手が
ストレートのフォアボールで満塁になります。
ただ、菊池選手が空振り三振でチェンジです。


ま、逆転しましたから、ヨシとしますか。
まっつーやまー! まっつーやまー! のコールに帽子をとって応える松山選手と
にっしぃかわー! にっしぃかわー! のコールに帽子をとって応える西川選手です。
いーぞーいーぞーまっつーやまー!
いーぞーいーぞーにっしぃかわー!


燃えよドラゴンズが鳴り響いたあとに、7回裏 ドラゴンズの攻撃。
小腹が空いたので、「ヒッツまぶし巻」をツマミながらの観戦です。
カープは大瀬良選手に代打が出たので、一岡選手をマウンドへ。
キャッチャーは石原選手、代走の野間選手がライトへ、代打の西川選手がサードに入って、
サードの安部選手がファーストに入ります。

先頭の近藤選手ショートフライから、続く京田選手の打球はまた、レフト前に落ちて、
レフト線に切れる打球でツーベース。
「こんなあたりさっき見たよねー」「足速ぇなぁ、あいつ」と周りの人。
亀澤選手の当たりは、一岡選手のグラブを弾きますが、菊池選手が軽快に捌きます。
セカンドランナーの京田選手は3塁にすすみますが、
遠藤選手のピッチャーゴロでチェンジ。ここで、石原選手と握手する一岡選手がいいね。


8回表 カープの攻撃
先頭丸選手、空振り三振、松山選手レフトフライから、
バッターはピッチャーの一岡選手なので、代打天谷選手。
盛りあがるレフトスタンドですが、空振りの三振でチェンジです。

又吉投手もいいですね
.
8回裏 ドラゴンズの攻撃。
カープは一岡選手に代打が出たので、マウンドに今村大臣をおくります。
これで、大瀬良~一岡~今村のカピバラリレー完成です。
うしろの、カープ×自×粛×が、「きゃー、いまむらだって~こわい~」などとヌカしてますが、
ここは信用しろよ、ネガなこと選手の近くで言うんじゃねぇよ!!

そして、代打で出た天谷選手がレフトに入り、松山選手が退きます。
先頭、4番でヒットも打っている福田選手がショートゴロ
藤井選手空振りの三振、又吉選手の代打:阿部選手も空振り三振で、三凡です。

さすがいまむー。素晴らしいピッチングです。


9回表 カープの攻撃
又吉選手に代打が出たので、ドラゴンズは皇帝田島陛下をマウンドにおくります。
陛下! 陛下! って展開になるとええねぇ。
先頭安部選手はピッチャーゴロ、続く石原選手はショートゴロから
野間選手の打球はイイ当たりでいたがセンター正面でチェンジ。
さすがの田島選手です。

9回裏 ドラゴンズの攻撃
カープはここで、守護神中崎選手をマウンドにおくります。
先頭はタイムリーも打っている周平選手ですが、セカンドゴロで 1アウト
続く武山選手の代打に工藤選手。すっかり、ハム時代のユニの姿より、
ドラゴンズのユニ姿を見た回数のほうが多いなぁ。と思っていると
工藤選手は空振り三振
さらに近藤選手に代打で先日決勝ホームランを打った谷選手ですが、
空振り三振でゲームセットです。


宮島さんのあとにハイパーユニオンでフゥ↑フゥ↑

そして、松山選手のヒーローインタビューです。

特大のホームランについて
「人生で一番飛びました。完璧でした 最高に気持ちよかったです」と応えて盛りあがり、
4番での活躍についても「何故かわからないですけど、よく出来てます」と応えて盛りあがり
マジック5については「9月全部勝つつもりで、今まで全部勝っているので、
このまま全部勝って優勝決めたいっス。マツダで決めたいと思っているので、
明後日からみんなで頑張って一勝一勝積み重ねていきたいです」と応えて盛りあがり
ファンに対して「毎日スタンドを真っ赤に染めてくださってありがとうございます
僕たちのすごく力になっています、ありがとうございます」と応えて盛りあがり。

ここまでは、普通のヒーローインタビューでしたが、
ここで、インタビュアーさんがが、「いつものは?」と「鹿児島のジイチャン」を細則しますが、
それに対しては「マツダだけにしてください」と固辞してから
「優勝はやく決めたいんで、また明後日からもしっかりした試合して、
 早く優勝決めたいと思いますありがとうございます」と締めました。

そうですか、鹿児島のじっちゃんばっちゃんは広島限定ですもんね。

ああ、いい物を見る事が出来ました。


そして、選手の応援歌メドレーを聴きながら球場をあとにして、

17時48分のゆとりーとラインに乗り込んで、大曽根から17時58分の中央線で金山へ
金山から、18時24分のμスカイで中部国際空港駅へ行きます。
途中フレアスタックが見えます。

空港には18時48分着。停まっている新可児行きの準急には、
イケメン化している織田信長が描かれています。
今年、織田信長が稲葉山城に入り、岐阜と命名して
450年記念だそうで、盛りあげているのだそうです。

そんな写真をとってから空港にむかって搭乗手続きをしますが、
「20時20分までに…」と、書かれていて、
え?フライト時間20時15分なのに…



と、思って見ると、使用機材遅れで、フライト時間が20分遅れに変更になってます



なら、もう少し球場に居れたねぇ



ま、いいですか。

手荷物検査を終えて、「おんな城主直虎」を見ながらまつことしばし、

かえりの全日空の便はさほど混んではいませんでしたが、
アカいユニや、ユニは着ていないもののグッズをもっている同士が
12人ほどいました。

北海道からこれほどの人が行っていたのですね。
カープおそるべし。

そして、結局、飛行機は40分遅れで飛んで
新千歳の駐車場を出る時は22時50分。

その後、スマギャンとか東京ブギーナイトで眠気を飛ばしつつ、
道の横で草とかを食んでいる鹿にビビりつつ、自宅についたのが0時25分。

BSジャパンで、孤独のグルメの「ふらっとQuzumi」を見てから
スポーツニュースのハシゴ。
現地ではよくわからなかった、松山選手の
特大ホームランをみたりしているうちに、
1時をまわったのでここで就寝。

翌日は5時30分に起床してから、朝の準備をすませて
眠い目をこすりつつ、職場にむかいますが、
セブンイレブンで買ったハンバーガーで朝食すませていると、

毎朝聞いている、ラジオニセコの「おはようニセコ」から
オーオオッオッオッオーオーオオオオー♪
と、昨日さんざん叫んだ曲が。

Superflyの「愛をからだ に吹き込んで」です。
一発で目が覚めました。


と、ここまでが遠征だったんだなぁ、と思いつつ
お仕事にむかったのでありました。


それにしても、9月まけなしの9連勝でマジック5です。
魔境ナゴドを3連勝で乗り切って、貯金も35
さらには、今季39度目の逆転勝利 です。
カピバラリレーを中崎が締めて大瀬良選手に勝ちがつきました。

ああ、本当にいいことしかなかった名古屋遠征でした。




ってことで。(´・ω・)ノシ
名古屋滞在2日目です。

初めての名古屋の喫茶店モーニングに舌鼓を打ってから宿に戻って、
本日のゲーム観戦の準備をしているところです。

ところで、昨年の9月10日は、カープが7度目のセ・リーグ優勝を
東京ドーム決めた日です。

中崎投手が投げた球を亀井選手がショートゴロ
これを広輔選手がなんなく捌いてゲームセット。
抱き合う中崎、石原両選手と、ウイニングボールを持って走る新井さん、
そして、黒田選手が新井さんと抱き合って喜びあう。
男泣する黒田選手ともらい泣きする新井さん
緒方監督がカープのセ・リーグ優勝回数と同じ
7回の胴上げをされたあと、流れる涙をおさえながらの
黒田選手の胴上げに、新井さんの胴上げが
機能のことのように思い出されます。

CSの出場はすでに決まって、マジックも6
本日も勝利を積み重ねることができるように、
がんばって応援をしたいと思います。

今日も、勝つぞ、カープッ!!!!



ここからがタイトルの記事
先日の神宮球場の連戦でいただいたものです。



羽田で食べたHitoshinayaの肉膳。
ビックリする位上質で、かつ美味すぎたので
一気呵成にいただいたのですが、これが意外とボリューム有って
3時間以上過ぎても、まだ胃の腑に残っています。

と、いうことで、球場についてから、中をブラブラしながら
腹を減らすのにつとめます。
神宮球場は、作りそのものは、外装の遺跡のような佇まいといい
内装の武骨な作りといい、昔ならではの球場の雰囲気を色濃く残した、
昭和の野球場ですが、入っているお店の外装とかの色合いなどの
リニューアル感が新しい球場にも負けないいい感じで、
伝統と新しさのいい感じのマッチングを見せていて
ぐるっとするだけで楽しいです。

そうこうしているうちに、小腹が空いてきたので、
向かったのが、Banh Mi ☆ Majesticバインミー マジェスティックさんです。

昨年の遠征の時に見つけて、揚げ春巻きをいただいて、
サクサクの食感と、ベトナムっぽい米粉っぽい薄めの皮
さらに具の挽肉、椎茸、筍などの具の味わいのエスニックな感じと
バランスの良さを堪能しました。

その時は、欅さんのカレー牛丼と一緒にいただいたので
揚げ春巻きより重いものは入らなかったのですが、
揚げ春巻きがきちんと美味しかったこともあって、
次回こちらでは、バイン・ミーをいただきたい。と思っていたので
お店を目指します。

バインミーは、ベトナムのバケットサンドウィッチです。
ベトナム料理が食べられる球場って本当に珍しいですし、
バインミーは、ラズヴェル細木さんとか、水谷さるころさんのマンガの中で
両氏とも美味しそうに食べていた姿が印象的でした。

この日は1塁側内野席の高いところで、そこからまず1回側の通路に降りてから
三塁側の通路を目指します。
ゲームも40分前ということで、通路が全体的に賑わっています
そして目的地に到着。
お店の前には列が出来ています。人気があります。

店舗前の色鮮やかなメニューを見ると、
前回頂いた揚げ春巻き、狙っていたバイン・ミー以外にも、
フォーもあります。いよいよ本格的です。

そして、バインミーは、焼肉のバインミー、アボカドとベーコンのバインミー
豚肉と野菜のバインミーがあるので、
今回は「豚肉と野菜のバインミー」をオーダーします。
すると、すぐに外国の新聞っぽい包み紙で
オシャレにラッピングされたものが出てきます。
ほのかに暖かいところがいいです。
自席に戻って、売り子さんが来たのでビールを購入してからいただきます。

コッペパン型のフランスパンが中央で二つに割られて、
たっぷりの野菜と豚肉が入っているのが見えます。
軽く漂う香りもエスニックです。
では、いただきます。

かぶりつきますと、パンはソフトタイプのフランスパンで
表面はフランスパン独特のカリカリサックリした感じがありつつ、
噛み応えもしっかりしていますが、
中は、柔らかめのところが食べやすい。
香ばしくて軽く噛むだけで伝わってくるイーストの味わい。
そしてほんのりとアマイですし、柔らかさの原因になっている、
パン生地にあいているたくさんの発酵穴。
イーストを感じる事が出来ますし、空気多めなところがいいです。
生地もしっかり小麦の味がして、美味しいパンです。

そして、具ですが、
具の厚切りの豚肉は白い色がきれいですし、肉自体もしっとりしていて美味しいです。
これは、煮豚ですかね、沖縄のスーチカーをも想起させてくれます。
肉自体も美味しいのに加えて、ニョクマムで軽く甘しょっぱい味つけがされていて
いい感じです。大根や人参のほんのりとした酸味がいい感じで、
肉ともパンともあいますし、上に乗せられたレタスや中に入ったキューリも
新鮮でシャキシャキな味わいが清涼で、なますとは別の食感に味わいで、
バインミーを盛り上げてくれます。

隠し味のようにほんのりただよう、レバーペーストの味わいとか、
パクチーの香りもベトナム気分を盛り上げてくれますし、
食べ進めていくと端になってくるので、
噛み応えがしっかりとしてくるパンもいいです。
ガシガシたべるパンも美味しいです。

もう少し、レバーペーストとか、ニョクマムをしっかり効かせたり、
パクチーなどのクセの強い野菜が多くても、いいかもしれませんが、
球場で食べるごはんということで、味つけを万人向けにしているのでしょう。
ま、しっかり美味しいのですが。

そしてこれをビールで流し込む気持ちよさ。
そこまでアツくはないですが、とにかく西日がキツくて
汗も噴き出していますので、美味しいものをいただいて飲むビールが
本当に美味しいです。

と、いうことで食べ終わって、ごちそう様でした。

このまま、パトリックさんと、つば九郎のパフォーマンスを
見て野球の気分をアゲるのでした。



そして、翌日。

この日は、小竹向原で、孤独のグルメ巡礼をしたり、
仕事で必要なもの買うために、湯島や秋葉原で買い物をした後、
15時10分に球場入り。

東京メトロ銀座線の外苑前駅から歩いてくると、
途中で、沢山の店頭でおつまみを売っているので
気分が揚がるとともに、かるく小腹も空いてきていいです。

まずは丸選手や広輔選手やエルドレッド選手がバッティング練習をしているので
その様子をボーッと見ながら時間を過ごします。
そして、バッティング練習も後半になってきたタイミングで
この日は外野の売店にむかいます。

再入場口のところで、ブラックライトで光るスタンプを
手の甲に押してもらってから外へ。
2年ぶりの外野の売店へむかいます。

通路は昔ながらのコンパクトさですが、
お店が華やかな色合いで、お客さんも楽しそう。
途中、キリンビールの売り子さんが、
次々客席に出陣して行く様子もみることが出来ます。
こういうバックヤードを見ることができるのもいいなぁ。

そして、外野も歴史のある人気店舗がたくさんありまして、
ウィンナー盛りのルゥジャパンさんは、今日も大混雑。
こちらも惹かれるのですが、今日は他のものを食べるのでガマン。
次回来る時の楽しみにとっておきます。

むかったのは、センターのバックネット裏です。
ラーメンや丼や鶏鉄板焼きが有名な、「マックドウ」さんにも行きたいのですが、
今回はこちらもガマンして、お隣の「後楽」さん。
こちらも混んでいます。

こちらは、名物の焼きそばをはじめとして、
タコ焼きとかフライドポテトとか夜店や縁日を思い出させてくれる
ラインナップが嬉しいですが、今回買ったのは、「焼き鳥」です。
大振りの焼き鳥が2本で350円です。
プラの四角いパックに入れて貰って暖かいやつをもって、再び内野スタンドへ。

戻る時に丁度、スワローズの選手がクラブハウスから球場に入る時間。
たくさんのスワローズファンが入り待ちをしています。
こういう楽しみがあるスワローズファンもいいです。

そしてむかったのが、前日もお世話になった
Banh Mi ☆ Majesticバインミー マジェスティックさんです。
昨日バイン・ミーを買っている時に気になる張り紙がありました。
そこには「ココナッツカレーのフオ― ¥600」と書かれていました。

昨日神宮に来る前は、
カレーとラーメンが名物なあの店で、カレーラーメンを食べようと思っていたのですが、
お店の前に行くと、カレーラーメンがメニューからなくなってました。
あらら、残念。

ということで、そちらで串かつをトッピングしたカレーでも
食べようかとも思ったのですが、
新しいカレーメニューがあったら、そちら優先です。

ということで購入。
今日も行列ができています。
ということで並んでしばしでオーダー。
待つことしばしで登場。
ほかほかの発泡スチロール容器を持って自分の席に戻ります。

両手が塞がってしまったので、飲み物は買えませんでした。
途中、ジャックダニエルを、さまざまなバリエーションで飲ませてくれるお店とか、
カープ戦限定のレッドビールカクテルなどもあって、気になったのですが、
そちらはガマンして、自席に戻ってから、売り子さんからビールを購入。

まずは焼き鳥を1本いただきます。

透明なプラパックを開くと漂ういい香りです。
見た目は昔ながらのいい表情の焼き鳥です。
表面に軽く焦げがついていますし、たっぷりまとわれている濃いタレもいいです。
タレたっぷりなので、下に垂れるのに警戒しながら頂きます。

口元に近づけると、より漂ってくる
タレと肉と炭で炙られた香ばしい焦げの混ざったいい香り。
これだけでいい味わいであることがわかりますが
口に運ぶと、うん、美味しいです。

まずは鶏肉自体のしっかりとした滋養あふれるような味わい。
しっかりと弾力もあるプリプリさで、かつ肉滴もたっぷりで、
遠赤外線で熱されているのか、内側からしっかり熱されているのも
つたわってきます。

そして、表面の軽い焦げも香りを良くしてくれるだけでなく
味わいも複雑にしてくれて、いいです。

そして、こちらの焼き鳥って、所々鶏皮がサンドされていますが
鶏皮も美味しいです。
その食感もよければ、柔らかさだけがいいのではなく
しっかりと美味しいですし、コラーゲンを感じます。

そして、しっかり食感のプリプリ鶏と、柔らかさを感じる皮の
バランスも悪くないですし、食べ進めていくと
タンパク質で満たされます。

このお肉を盛り上げてくれるタップリタレですが、
甘ショッパくて濃厚ですが、くどくなく、すっきりとしているのが、老舗の味わい。
総じていい焼き鳥で、人気があるのも分かります。

以前は、ソーセージ盛りと、この焼き鳥が神宮外野の定番グルメ。
こちらは神宮で創業して40年だそうです。
さすがの味わいで、売り子さんから買ったEBISにもあいますし、
まずは満足をしてから、ハシゴをします。



赤い発泡スチロールの丸い丼型容器を満たす、
明るい黄褐色のスープと、スープの色合いに染められた
麵や、ジャガイモや玉葱やもやし
それらを引き立てる緑色が目にも鮮やかな
レタスや香草。これだけで、まず美味しそうです。

麺を箸で掬います、半透明の平たい麺がいいです。
一啜りしますと、

あ、これ好きな味です。

麺は薄く平べったく、啜るとその柔らかさが分かります。
ツルツルっとした食感がいい感じで、するするっと入っていきます。
表面のツルツルと、麺自体の柔らかさに穏やかな味わいが米の麺ならではで、
麺の後味もさわやか、もったりとしない感じが良い。
この独特の味わいがまずはエスニックです。

さらにスープですが、口に近づけると、ココナッツミルクの香りと
スパイスの香りで気分が上がります。
さらにハーブの香りもいい感じ。
そんな、香り通りのココナツのやさしい甘さがまず最初にきます。
ココナッツミルクのほのかに甘く穏やかな味わいに癒されると、
しだいにしっかりとした鶏肉などから出た旨みやコクなどの
味わいも感じられます。
単純に甘いのではなく、ベースになる旨みやコクがしっかりとしているので、
濃さもいい感じですし、塩分もしっかりと利いています。
トロトロな見た目通りの、しっかりとした味わいです。

そして、そんな旨みやコクもあるのですが、脂分が少ないせいか
飲み口がアッサリとていて、
すっきりとした感じでいただくことができます。
これが、フォーとよく合うのです

味わいで見ても、香りで見ても、そのビジュアルも
すばらしいコントラスト。
ココナツミルクやスパイスが突出しているわけではなく、
ほどよく調和しながら、さりげなく主張しているのです。

ベトナム料理なので、食べなれているわけではないですが、
食べるときに郷愁を覚える味わいです。

具のチキンも、小ぶりながら、口の中に入れると柔らかさとジューシーさがあって
淡白ながらもしっかりとした美味しさがあって、
スープに溶け込んでいる味わいを塊で楽しむことができていい感じ。
肉滴もスープになじみます。

モヤシのシャキシャキも麺とは違う硬さで歯に小気味いいですし、
たまねぎのココナツミルクとは別のベクトルながらも
馴染んでいる甘さとか、セロリのほろ苦さもいい感じ。
レタスや香草のフレッシュな青い味わいも素敵で、
サッパリとしたスープや麺にもよく会います。
そして、ビールもすすみます。
ああ、美味しい。

ただ、ここにご飯を入れたら、またまた美味しいだろうなぁ、
などと思いながらも、米麺だから、いっか、と自分を納得させて
完食いたしました。

そして、残る焼き鳥一本も完食いたしまして、ご馳走様でした。

ラーメンやそば、うどんなどは、球場で食べる定番ですが、
このフォーは、球場麺の新たな展開が予想されます。

神宮球場って、伝統のあるお店の中に
このような球場ご飯に新たな一石を投じるようなお店が出てきて、、
いよいよ目が離せない感じです。

なんとことを思いながら、野球の応援に入ったのでありました。


では。(´・ω・)ノシ
さて、現在名古屋市中区某所に隠棲中です。
1年ぶりの名古屋です。

当然明日、ナゴヤドームである対ドラゴンズ戦に備えるためです。
今期は、最初で最後のナゴヤドームです。

本日も岩本選手の3年ぶりのホームランとかで勝ちました。
これで九里投手8勝目ですし、ここのところ順調なカープなので、
その勢いを続けてくれるように
明日は一所懸命応援します。



ここからがタイトルの記事
先日、ズムスタでのカープvsドラゴンズ戦で食べたものです。


この日は、市内に宿が取れなかったので、東広島市西条の、西条駅前の宿で一泊

朝食バイキングをいただいてから、身を浄めてから、
赤のアンダーアーマーのハーフパンツ、そしてカープアロハ2017を羽織る
準正装になってから、9時20分に宿をチェックアウト
9時35分発、岩国行きのレッドウイングに乗ります。

4人掛けのボックスシートに座りますが、向かいの席にはミスチルグツズで武装した
若い人が座ってきました。
この日はミスチルのライブも広島であるので、
市内では宿が取りにくかったのでしょう。
ワタシは真っ赤な格好をしていますし、こんな呉越同舟もあります。

10時13分に広島駅着。

1ヶ月ぶりのカープロードや赤ローソンを堪能してスタジアムへ。
10時30分くらいに待機列に並び、
週刊ベースボールとか、TJヒロシマとかを読みながら時間を過ごします。

14時丁度に入場。ズムスタの入場開始はゲーム3時間前が多いですが、
このところのゲームは4時間前入場になっています、

内野自由席の、ホームベースのほぼ真後ろ、
後ろから三列目の通路側という好席を確保してから、
カープ選手のバッティング練習を見つつ

HIROSE26のユニフォームを着てから、「むすびむさし」さんに行きます。

こちらでは、2013年、広島から博多に行く新幹線の中で、
はじめて「むすび」を頂きましたし、
ズムスタの店舗では、前回は宮島観光の疲れと、
直射日光にサラされた内野自由席のアツさでヤられたのと、
宮島で食べた牡蠣が腹の残っていたので、涼しい店内でビールのみですが、
前々回は肉うどんをいただきまして、
その独特のコシと淡い汁に濃い肉の味つけのバランスを堪能しました。

前回アツさでヤられて、ビールをのみつつ店内を見ていたら、
「冷え冷えしゃきしゃき のどごし涼」と書かれていた
popを発見。次来て食べるのはこれじゃねぇ、と目星をつけていました。

ということで食券を購入しカウンターに持って行きますと、
流石の開場直後の2時台、「ちょっと待ってて下さいね」と準備にかかります。
待っているあいだ、見るともなしに奧を見ます。
カウンターの奧は厨房ですが、6人ぐらいで手分けして
大量のむすびを作ったり、弁当箱におかずやむすびをつめていて
どんどんと弁当箱に入ったむすびが出来ています。

こうやって、店舗入り口に山と積まれている「むすび」は出来るんだ。
と関心しますし、
とにかく忙しそうで、次々に休むことなく作業が進んでいます。
バックヤードを見ると、美味しい物を用意する人の頑張りが
よりよく伝わって来ます。

そんな光景を見ながら待っていると登場しました。
緑色の笹の葉のような模様が入っているうどんカップを
覆い尽くすように、いっぱいに入った
1/3くらい汁で茶色くなっている山盛りの削り氷。
氷の山のふもとには、これまたたっぷりの揚げ玉、
さらに逆側のネギとあいだの紅生姜です。
この段階では、麺も、氷を茶色に染めている以外の汁も
見えません。それくらいたっぶりの氷です。
これは、すごい。まさに、氷うどんです。
ではいただきます。

まずは氷の山にさくっと箸をいれて、麺をサルベージします。
氷の山に穴を穿つと、そこにはきれいな白い麺と
濃い色の汁がたっぷりです。

麺を箸でつまんで、一啜り。

!!

これは、コシが強い。

もとよりむさしのうどんは、柔らかめが多い広島のうどんのなかでも、
こしがある方に分類されて、暖かいうどんであっても、
しっかりとしたコシを感じますが、
これが水でしめられて、さらに、氷で冷やされていますので、
武蔵野うどんばりのコシになっています。
でも、ガシガシで噛み心地を楽しむようなの固さがメインに来るのではなく
どこかたおやかなのは、広島の麺です。
麺自体も当然小麦の味がしっかりして、美味しいですし、
このしっかりとした麺に濃い汁がからんで、美味しいです。

汁は氷が溶けるのを見越してか、やや濃い目。
関東出身、北海道在住のワタシにとってはいい味わいです。
とはいえ、こちらも、魚系の出汁がしっかり利いていて、
かつ、ほのかな甘さがあって、やはり西日本の汁です。
そして、氷のせいもあってか、清涼感がものすごい。うどんをもりあげていますし、
こちらのぶっかけうどんはまだ頂いた事がないのですが、
ベースは同じでしょうが、暖かいうどんの汁とはまた異なる
魅力を発見できるのです。

これに加えて、啜る毎に口の中に氷が入ってきて、冷たさとともに
ショリショリな食感を味わう事も出来ます
これは、面白い。うどん味のかき氷です。

ネギも独特の青い味わいで、
氷だけでは味わう事の出来ない清涼感を与えてくれますし、

あげ玉の食感もサックリカリカリとしていて、氷と別の種類の軽快な刺激を
歯に与えてくれますし、油油している味わいが
清涼なうどんの中で異端な感じですが、
このミスマッチがうどんを複雑にしてくれます。

紅生姜も汁が濃いので、最初は甘さが際立ちますが、
しだいに紅生姜ならではの爽やかな酸味が来るというこの味の変化も
面白いです。

食べ進めていくと、どんどん氷のヤマハなくなりますが、
溶けきらないやつが、汁に浮いてそれを麺と一緒にすするのも
面白いです。
食べ進めていっても、ふやけずに、サクサクがなくならないあげ玉も面白い。
以前、駅前の広島まぜ麺「一平や」さんで食べたのを思い出します。

そして、汁までしっかりのみほして、水をぐびっと飲み干してから、
ああ美味しかった。ごちそうさまでした。

紅生姜のおかげで、冷やし中華を食べたみたいな
食後咸があるのも、面白い。

とにかく、この組み合わせに脱帽です。さすが店長オススメ。


と、大満足して、お店をあとにします。

そして、オフィシャルグッズショップをしばいたり
球場コンコースをぐるっと一周。
外野のグッズショップで売られている
カープ選手のお面の長蛇の列をみながら
そして、バックネット近くの内野指定席の後方で改めてカープのバッティング練習を見ます。

カープの練習が終盤15時15分ころに後片付けで、
入れ替わり、ドラゴンズの選手が入ってきます。
私は自席に戻ってしばしまったり
17時過ぎたところで、またコンコースを一周。
すべてのお店が開いています。

そして、これくらいの時間になって、少しお腹にも余裕が出てきました。

そして本日二食目を購入するために鉄板×TEPPAN さんへ。
こちらは、店名通り、お好み焼きとか焼きそばなど、
鉄板料理を中心に料理を提供しているお店ですが、
2017年度のズムスタで、唯一カレーが食べられるお店でもあります。

昨年は「肉肉カレー」が出ていて、狙っていたのですが、
ほかのお店に行ってる間にメニューからなくなっていました。
今年は、普通のカレーライスと、カツカレーの中からの選択です。
ここは当然、「ドラゴンズに勝つ」。ということでカツカレー。

カープうどんとか、カープラーメン、それから一昨年食べたカレーなど、
カープの丼料理でおなじみの黒い発泡の容器に赤字でCarpと書かれているやつに
手際よく、ごはん、カレーが盛られて、サクサクといい音を立てて切られた
カツがのせられて登場です。

そして一緒に買ったウーロンハイともに自席に戻って、いただきます。

蓋を開けると白いご飯を1/3くらいだけ見せるようにかけられたカレーは
明るい褐色のトロッとしたタイプで
黒い容器にはえます。
そのカレーの海の上に完全に載っかって堂々の姿をさらしているのが
綺麗なだ円形のカツです。
これは美味しそうです。
 
まずは、カレーからいただきます。
甘さがベースになっていて、次第にじんわりと辛さがくる、マイルドなタイプです。

たべ口の甘さは、玉葱をはじめとした野菜由来のもので
しっかりと美味しいですし、コクも旨みも、さまざまな具材から
しっかりと出てきていて、濃い味で素材の味わいが混ざり合っています。
複雑な味わいのわりには、さっぱりとした感じで
次々に行きたくなります。

そして特筆すべきはカツです。
このカツがまず分厚い。肉の部分だけで、約2㎝近くの分厚さは
球場で食べるカツカレーとしてはあまり見る事が出来ない
嬉しい厚さです。
そして、お肉自他もすごく美味しいです。
この分厚さからくる噛み応えもしっかりしていますし、
お肉もほんのり甘くて、肉滴もたっぷりです。
断面の白も上品で、お肉の線維もきれい。
赤身部分と、脂のバランスもいいですし、
お肉の食感もしっかりしているので、
表面の細かいサクサクの衣との食感との対比もいい感じです。

カレーの上に載っかっているので、表面はサックリのまま。
カレーに接する面は、次第に衣がトロっとしてきていて、
この組み合わせもいいですし、
カレーをたっぷりつけて食べると、カツが甘い食べ口のカレーと
良く合いますし、衣もコロッケの衣っぽくほんのり甘いです。

カレーの中に入っているジャガイモは大ぶりで
ほくほくでほのかに甘い
人参も甘くてやわらかくいてて感じ。
牛肉も大ぶりな感じで、いいお味です。
これらのぐがタップリはいっています。
カツカレーなのに具だくさんなのはうれしいです。

ご飯も美味しくて、カレーやカツとのバランスもいいです

そして最後に寝かせておいたカツをいただきます。
カレーの海に沈めたので、基本衣がてろっとしていますが、
そんななかでサクッとしているのが残るところもいいなぁ、

そんな美味しいカレーを、完食したしまして、
ごちそうさまでした。
今夜もカツ!! という感じで、野球の世界にもどると
食べ終わったタイミングでスタメン発表
4番の新井さんのところで盛り上がる球場です。



さらに、グランド整備と、ドラゴンズの下位打線のところで、
小腹が空いたので三食目を手に入れに行きます。

むかったのは、この日の席からそこそこ近い「肉のはなおか」さん。
いただいたのは牛ヒレ串です。

こちらは肉の串各種をはじめ、様々な肉メニューが充実しています。

さらに、新久千映さんの人気コミック「ワカコ酒」(徳間書店 ゼノンコミックス)
の五巻、SP.1 観戦酒で、ワカコさんがみぃさんとか会社の同僚OLたちと
北星ゼノンズと武蔵野コアミックスのゲームを見にスタジアムに行くのですが、

その中で、
「お肉の串かぁ / お祭りっぽくていいね」
「ビール高っ / 700円…」
「黒毛和牛串 / 1000円…!」
「で でも / せっかくだから
 試合わからない分 / 楽しまなくちゃ」 ふんぱつ ふんぱつ

と呟きながら買って食べるシーンがあるのですが、

この時によった、黒毛和牛の串があるお店こそが、
どう見てもはなおかさんです。

ということでも気になっていまして
このエピソードに気が付いた回から、はなおかさんはチェックしていたのですが、
ワカコさんが食べた黒毛和牛串は、メニューからなくなっていました。

当然このときもなし、
ということで、現在ある一番高いメニューの
牛ヒレ串をオーダー。
ワカコさん同様、生ビールとともに頂きます。

串は大ぶりで、表面は脂でテラッとしています。
牛肉ならではの香りも食欲をそそります。
かぶりつきますと、まずは口の中に広がる溢れる肉滴です。
これはスゴい。

香り通りのしっかりとした味わいが、
口腔内を満たしてくれますし、口の中から鼻に抜ける感触もいい感じ。

赤身部分のワイルドな味わいは、牛ならではの
濃さが美味しい。
脂部分の味わいもこってりとしています。
濃厚な味わいをさらに盛り上げてくれます。
表面の胡椒もピリッと効いて牛の野趣に富んだ味わいを
引き立ててくれます。
全体的に柔らかいのですが、
牛肉ならではのしっかりとした味わいと食感が残している組み合わせもいいです。

ヒレ肉ならではの食感も味わいも素晴らしいですし
肉の美味しさがこの1本に凝縮されています。

そして、肉の味わいとともにかぶりついて串から肉を引き抜く感覚
野生にもどります。

ああ、串から肉を引き抜く感触って、
骨付きの肉にかぶりついて肉を引きちぎる感触の
疑似体験なんだ。

そんなことを感じさせてくれます。

当然ビールにもあいます。

濃い味わいを胃の腑に収めて、口の中が清涼になる感じが、
いつもいつもタマラナイです。


ワカコさんは、
「今日 暑かったから」
「急いできたから」
「陽が沈みきる前に / 外で飲むビール」
ふぐぐ
「なんでこうも / うまいのか」ぷしゅー

とビールを堪能してから

(黒毛和)牛串
高いだけあって
もぎ もぎゅ 
「やわらかくて…」おおお

と食べ進めていってました。
わかるわかる。

ということで、食べ終わりました。ごちそうさまでした。
と、小腹も満たされたので野球観戦に戻りましょう。



このあとは、ゲームも勝ちましたので、
勝鯉ビールでしめた、今年最後の
マツダズムスタでのレギュラーシリーズのカープ戦でした。



ということで、(´・ω・)ノシ
9月は、4月ほどではないですが、チケットが沢山捕れたので、
野球の遠征で忙しくなります。
そこで、遠征以外の土日は、積極的におシゴトをツッこむことになります。

そんな時期のお楽しみは、やはり近場の温泉です。

お仕事が1時前に終わったという事で、
まずは、お昼を食べにむかったのが、「ようてい庵」さんです。
羊蹄山麓は、美味しいお蕎麦屋さんが多くて、
富良野に住んでいた時から、温泉にはいっては蕎麦をたぐっていたのですが、
そんななかでも、好きランキングの上にくるのが、こちらです。
ニセコから真狩に行く道道66号線沿いにあります.
とはいえ、道の駅「ニセコビュープラザ」からは,車で1〜2分くらいで
まだ集落とかが続いているあたりです。

お店の暖簾がしまわれかけています。

!!

「すいませ~ん、1人なんですが」お店の方に聞くと、
あ、お一人なら大丈夫ですよ。とのこと。
ああ良かった。

店内は、カウンター席と,テーブル席ががありますが、お一人さまなので、
カウンター席に腰を下ろして.かき揚げ天もりを注文します。
セルフサービスのお水とお茶を飲みながら、
待つ事しばしで、モリ蕎麦、かき揚げ、蕎麦つゆ、天つゆが
塗りっぽいお盆にのって登場します。

蕎麦は、蕎麦灰色の挽きぐるみタイプで、つやつやしていて、
何もつけずにいただきと、食感のこきっとしたところや、
ぷんぷんと漂う蕎麦の香りがたまりません。

蕎麦つゆは,ほんのすこし甘さがありますが、
かえしの味わいを強調したはっきりとした味わいで、
この素朴な味わいの蕎麦にはよくあいます。

カウンターの上に、小壺に入った、刻みネギや山葵、そして揚げ玉があるので、
山葵やネギで軽く味わいをかえていただきますが、
こうしても美味しいです。

そして、かき揚げですが、角切りされたジャガイモが
たっぷり入っていて、これが素朴な甘さとほっくりした感触が
お木に入りです。
さらには、ニンジンとかグリーンピースにアミエビが
彩りも鮮やかにしてくれるだけでなく、こちらも美味しい。
そして帆立が入っているのも芸が細かいですし、
優しい味わいがジャガイモとあっています。

天つゆにつけても、この甘い食材の味わいが際立って、
素敵な味わいですし、サクサクの天ぷらと、
しゃっきりした蕎麦の組み合わせがいいです。

そして、食べ終わった後、こちらもカアンターの上に常備されている
蕎麦湯をいただきまして、ごちそうさまでした。
ああ、美味しかった。

この日最後のお客になれて良かったという意味をこめて
ごちそうさまでした。とこちらを後にしてから温泉へ。

目指すはニセコグランドホテルです。

ホテルの駐車場に車を入れてからフロントへ。
湯銭をカウンターで支払って、脱衣場へむかいます。
8月下旬で、観光も端境期。本州はまだ夏休みですが、
北海道は学校が始まっていて、大型連休の取れにくいということで
比較的観光客の方が少ない時期です。

盛夏の時期は、リゾートに来ている日本人観光客の方が多く、
スキーシーズンは、外国人スキーヤーでごったがえします。
だから、こちら、ワタシにとっては車で30分圏内なので、ホームですが、
私以外全部外国人で、アゥエイに感じる事も少なくありません。

が、今日はそんなことはなく、
脱衣場にいっても、カゴはそんなに埋まっていませんし、
脱衣場から浴室へ入ると、ふつうに数人の日本人観光客とか地元の方風しかいません。

内風呂の四角い湯槽を満たすのは、笹濁色がかった碧褐色のお湯で、
縁からざんざんとあふれて、床に湯の華が模様を描いています。
かるく口の中に入ると、ほんのりとただようナトリウムっぽい味で
その香りといい、色合いといい、味わいといい、温泉に入っている
満足度があがります。

方まで身を沈めると、このほんのりと漂う硫黄の香りが近くなって
ますます気分もあがりますし、身体に染みます。

しばらく暖まったところで、名物の大露天へ行きます。
こちらも広々とした湯槽が笹濁色がかった碧褐色のお湯が満たされています。
巨大な黒い岩がごつごつと周囲に配置されていて、こちらも味わいがあります。

お風呂が広いのでアツいところと、そんなにアツくないところがあるので
頭がかぁっとしてきたら、移動をすればいいし、ゆったりと楽しむことができます。

そして、この時期ならではのお楽しみが、大露天風呂の奧にある
大露天から隠れたような場所にある露天風呂です。
大きい露天風呂からお湯が流れてくるので、湯温が低めなところも
いいです。ゆったりとすることが出来ます。

この日は、大きい露天も人が居なかったし、小さい方にもいなかった。
そこで、大きい露天から小さい露へと流れる湯の川のようなところで、
道南スタイルを楽しみます。

ああ、背中で感じるお湯も気持ちいいです。
ああ、流れを枕にするのはきもちいいですし、
しかも、このお湯ですから。

ちなみに内湯に戻ると、あふれたお湯が階段状に流れているところがありますが、
そちらで道南スタイルを楽しむ人がおりました。

どなたも考えることは同じです。


ということで、2時間ばかりお湯を堪能して大満足。
いくぶん身体がカルくなったのを味わってから、
ホテルの向かいにある甘露水を飲んでからお家に戻ったのです。



ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。

では。(´・ω・)ノシ

現在、北海道の自宅に戻る支度を整えているところです。

昨日もナイスゲーム。
神宮でのヤクルト最終戦、三連勝でしめました。
私的にも今年最後の神宮観戦、連勝でしめました


ということで、恒例でございますので、みなさん御斉唱お願いいたします。

♪宮島さ~んの神主が~ おみくじひいて申すには  
 今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち ♪
♪宮島さ~んの神主が~ (ウゥ~! ワッショイ ワッショイ)  
 おみくじ引いて申すには~ (ウゥ~! ワッショイ ワッショイ)  
 今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち♪
 バンザーイ! バンザーイ! バンザーイ!!!




♪カープ カープ カープ広島 広島カープ  
 空を泳げと 天もまた胸を開く  
 今日のこの時を 確かに戦い  
 遙かに高く 遙かに高く 
 栄光の旗を立てよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ  

 勝ちに行くのが 選ばれた者のさだめ  
 一投一打が 勝負の全て   
 闘志をつくし 闘志をつくし 
 今ここで花と咲けよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ  

 鍛え抜かれた 精鋭の技と力    
 その意気愛して 見守る我らの  
 明日へ続く 明日へ続く 
 きりのない夢であれよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ   

 晴れのあかつき 旨酒を酌み交わそう   
 栄光手にする その日は近いぞ  
 優勝かけて 優勝かけて 
 たくましく強く踊れ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ ♪ 
 
バンザーイ! バンザーイ!! バンザーイ!!!



そんなゲームの振り返りです。

この日は、身を浄めて、赤いノースリーブのアンダーシャツ、
カープのボクサーパンツ、そしてTAUで買った344Tシャツ。
その上から、Kalafinaのポロシャツを着て9時すぎに出陣です。

この日の最初の目的地は、小竹向原。
こちらで「孤独のグルメ」巡礼をすませてから、湯島~秋葉原で
仕事で必要なものをお買い物。

この日、湯島では落語協会 謝楽祭2017のようで、普段より混雑しています。

そして、秋葉原で買い物を済ませた後、
久々の書泉ブックタワーをしばいてから、
タリーズコーヒーでしばしビバーク
14時30分になったので、日比谷線~銀座線と乗り継いで、外苑前駅へ。
信濃町駅からのアプローチは昨日使ったので、今日は外苑前駅から
神宮球場にむかいます。

外苑前駅で降りて、地上へ。
大きなスワローズの2017年スローガンの「目を覚ませ」が
横断幕になっていたり、モニュメントになっていたり、
ビルに大書されています。
お店の前では、焼きそばとかから揚げとか
さまざまなおつまみが売られています。
こういう盛り上がり、野球に行く気分がアガります。

そして15時10分ころに球場へ。
野球の神様に、良いゲームと、カープの勝利を祈って2礼2拍手1礼
チケットには15時30分頃開場と書かれていましたので、
まずは外周を一周しよう思っていたのですが、
もう球場内に入れるみたいです。
これはラッキー。ということで中へ。

この日は、「~東京音頭の作曲家「中山晋平」の故郷~信州なかのナイター 」
ということで、うちわなどのグッズを受け取ります。

この日は1塁側、内野のS指定席。
バックネット裏2階席の屋根に近いので、大きい影ができていて、
西日の直撃はさけられました。これは、ありがたいです。

下では、丸選手や田中選手がバッティング練習をしていて、
結構なボールをスタンドに放り込んでいて、
注意を喚起する笛がピーピー響いています。

これは良い予兆ですか。

そんな後ろではエルドレッド選手
がティー打撃をしています。
おお、ど迫力です。

ただ、エルドレッド選手は、バッティング練習でバットにヒビが入ってしまい
ひびが入ったバットを叩き割って放り投げていました。こえ~。


バッティング練習をしばし見たあとに
食事を購入。買ったのは、ココナッツカレーのフォーと焼き鳥です。
両方とも美味しうございました。

感想はまた後日。



とのことで、16時30分には、パトリック・ユウさんと、つば九郎の
オープニングトーク。
今日は、中野市食の大使で本日の始球式をつとめる杉浦太陽さんと、
ゆるキャラのえのたんが登場。トークを繰り広げています。

そして、いつものつば九郎の今日の一言です。


「じんぐうでのしあい/のこりすくなく/なりました」
「かーぷせんも/じんぐうでは/ことしさいごです」
「いちはやく/いわせてください」
「かーぷのみなさん/CSならびに/ゆうしょう/おめでとう!!!」
「かーぷのえらいひと!/つばくろうなんですが/10がついこう」
「じゅるすけまっしろ/けっこうあいてます。/そこでどうでしょう」
「ずむしたのしあいまえ/つばくろうの/きょうのひとこと~/やりませんか~」
「おやすくしますよ/ちーむのみなさん/ふぁんのみなさん」
「1ねん ありがとう/ございました。がんばってください。」
と、笑いをとってからしっかり締める。さすがのめくりげいですが、
最後の一枚が、 
「せいやくん/あかまっちゃん/らいねんまってます。/あもーれ!
と、誠也選手と赤松選手へのメッセージ。

ああ、オープニングから感動させてくれます。

最後のあもーれの締めも時事ネタでいいですね。


さらに中野市音楽親善アンバサダー 麻衣さん(中野市出身・久石譲さんの娘)による
「唱歌・故郷」の独唱があって、

スワローズジュニアチア、スパークルズのダンスパフォーマンス。
そしてパッションのダンスパフォーマンス、つばみちゃんのキレキレダンスを堪能します。

でも、神宮で「スパークル」って聞くと、「君の名は。」を思い出しますね。

杉浦さんの始球式があっての
ゲーム開始です。

この日、カープの先発は岡田投手、スワローズの先発は右のアンダースロー
技巧派の山中投手です。

カープは新井さんのかわりに、サード西川選手、
岩本選手のかわりに、ライト野間選手です。

スワローズはキャッチャーの西田選手以外は昨日と同じメンバーです。


1回表 カープの攻撃
先頭、広輔選手がセンターフライ 続く菊池選手がピッチャーゴロ
丸選手がレフトフライで、チェンジ8球で三凡です。

山中選手の変化球を打ちあぐねるカープ打線です。



1回裏 スワローズの攻撃
先頭山崎選手を レフト前ヒットで出します。
「せーのっこーたろー!!」と盛り上がるライトスタンドです。
続く藤井選手があっさりサード前に送りバントを決めます。
そして、バレンティン選手の 鋭い打球が背走する丸選手の頭上をこえます。
このタイムリーツーベースで、スワローズが専制です。
東京音頭で盛り上がるライトスタンド。中山晋平記念ナイターでの東京音頭ですから。
スワローズファンはたまらないでしょう。
さらに4番山田選手はフォアボールで出塁。
坂口選手の打球はファーストゴロで、1類ランナーがアウトになりますが、
ファーストに転送されたとき、足が離れてセーフ。2アウトながら1,3塁
ただ、リベロ選手が空振り三振でようやくチェンジです。

ああ、なんとか最小失点で食い止めました。



2回表 カープの攻撃
先頭の松山選手の打球一閃、ライトスタンドにつきささります。
うぉおおおおおおお、すげぇええええええええ
早速同点に追いつきます。
まわりの人と、ハイタッチをしまくりです。そして宮島さんです。
バンザーイバンザーイバンザーイ!!
続く安部選手もセンター前にはじき返します。
が、西川選手の大きいファウルフライを藤井選手がつかんで1アウト
そして、前日もマルチヒットの翼選手の鋭い当たりがレフトポール際へ。
切れるな、切れるな!! と思いながらボールを追うと、
スタンドインです。うぉおおおおおお、つばさぁああああああ!!
周りの人とまたまたハイタッチ。そして、宮島さんです。わっしょいわっしょい!!
続く野間選手はファーストフライで2アウト
岡田選手の打席では、「ホームランホームランおっかぁだ!!」などとレフとトスタンド。
レフトに大きいファールフライを打ったり、スリーツーまで粘りますが、
空振りの三振でチェンジです。

でも、この回で早速逆転をしました。
「まっつーやまぁ! まっつーやまぁ!」のコールに帽子をとって礼する松山選手。
「つーばっさぁ! つーばっさぁ!」のコールにキャッチャーミットを上げて応える翼選手。
「いーぞーいーぞーまっつーやまぁ」「いーぞーいーぞーつーばっさぁ」


ここで、瓶ビールを売りに来たので補給をします。

2回裏 スワローズの攻撃
先頭の奥村選手のよけたからだにカスッたみたいで、出塁します。
続く西田選手の難しいあたりのショートゴロを広輔選手が捌いて、
菊池選手へ送球。菊池選手とのいいコンビネーションでファーストランナーアウトです。
ここで二塁審判も躍動してます。今日の塁審は敷田さん。
卍は見られませんが、カッコいいジャッジです。
打順はピッチャーの山中選手、送りバントが小フライになって2アウト
前の打席もヒットで出ている山崎選手は今度はライト前にうって1,2塁
ルパンチャンテで盛り上がるライトスタンドですが、藤井選手はセカンドゴロチェンジです。



3回表 カープの攻撃
先頭の広輔選手、左中間を破る二塁打、スタンダップダブルてす。
続く菊池選手の右打ちのバッティングでファーストゴロ、広輔選手は3塁へ
そして、二文字応援に送られた丸選手はセンターへの大飛球。
犠牲フライには十分。ということで、追加点です。
ハイタッチ、宮島さん、バンザーイバンザーイバンザーイ です。
松山選手はピッチャーへのボテボテのゴロでチェンジしますが、
追加点がいただけました。

よっしぃひろ、よっしぃひろ、で敬礼をいただきました。
いーぞーいーぞーよっしぃひろ!!

スハークルズのダンスパフォーマンスがあって


3回裏 スワローズの攻撃です
前の打席でタイムリーを出しているバレンティン選手の打球はショートへの深いゴロ。
これを広輔選手がナイスキャッチ、そして遠投一番、安部選手もよく伸びで
アウトにします。
「安部の守備は安心してみてられるねぇ」と後ろの人。
ただ、続く山田選手の打球はライトスタンドに突き刺さります。
ああ、中山晋平ディ2回目の東京音頭です。
坂口選手の打球はサードゴロ、西川選手が軽快に捌いて 2アウト
リベロ選手はレフトフライでチェンジです。

一発は食らいましたが、しだいに安定してくる岡田投手のピッチングです。



4回表 カープの攻撃
先頭の安部選手の大飛球はセンターが芝生の切れ目のところで捕球します。
西川選手はセカンドフライであっさり 2アウトになりますが、
前の打席でホームランの翼選手、続く野間選手と、連続でフォアボールで1,2塁
ここでピッチャーの岡田選手が打席にたちます。
そして、バット一閃、レフト線を襲います。きれるなきれるな!!!と思っていると、
フェアの判定。打球はレフとの一番深いところへ。
翼選手、野間選手がかえってくる、2点タイムリーツーベースです。
うぉおおおおおおおおお!!! すげぇええええええええ
ここでも、ハイタッチ、宮島さんで盛り上がります。
ワッショイワッショイ!!

スワローズはここで山中選手にかえて、山本選手がマウンドへ
登場曲の浪漫飛行が流れます。一緒に歌っているアカい人もいます。
僕と同世代くらいでしょうか。

さらに広輔選手の打球が今度はライト線を襲いまして、
こちらもライトの深いところにころがるボール。
岡田選手がかえってきて1点追加です。
ハイタッチ、宮島さん、バンザーイ!!バンザーイ!!バンザーイ!!
菊池選手はショートゴロでチェンジしますが、3点追加です。

しかも、ランナーに出た岡田選手は一回ベンチに帰れるという
理想的展開です。


おっかぁだー おっかぁだー で挨拶する岡田選手
こーおっすけぇ こーおっすけぇ で挨拶する広輔選手です。
「いーぞーいーぞーおっかぁだ!!」「いーぞーいーぞー こぉおっすけぇ!!」


4回裏 スワローズの攻撃
先頭奥村選手、ショートゴロ、続く西田選手レフトフライ
ピッチャーの打席なので出てきた代打の渡邉選手をサードフライでチェンジ
初めての三凡、7球でチェンジす。



5回表 カープの攻撃
スワローズは、ピッチャーに代打が出たので近藤選手をマウンドにおくります。
丸選手ショートゴロ、松山選手四球から
二文字応援で送られた安部選手サードフライ 
西川選手セカンドゴロでチェンジです。

パッションとスパークルズのEZ DO DANCEと
つば九郎の空中くるりんぱ〔失敗〕があっての


5回裏 スワローズの攻撃
先頭、この日二安打の山崎選手をサードゴロ
藤井選手はフォアボールで出しますが、
バレンティン選手空振りの三振、前の打席でホームランの山田選手
「ちゃーちゃちゃちゃ♪やまぁだて」のところでセカンドゴロでチェンジ
上位でしたが11球で切ってとります。


グランド整備、パトリック・ユウさんのシャインマスカットサービスなどがあって

6回表 カープの攻撃
先頭の翼選手、本日本塁打とフォアボールです。
そしてこの打席もフルカウントから打球一閃。
バレンティン選手は後ろ向くだけで追いかけません。
本日二本目のホームランです。
うぉおおおおおおおお、つばさぁああああああ すげぇえええええええ
ハイタッチ、宮島さん、バンザーイバンザーイバンザーイです。

続く野間選手、ライトフライ 岡田選手の強い当たりは
ピッチャー近藤選手のグラブを弾くもピッチャーゴロ
広輔選手ハーフスイングをとられて空振りの三振でチェンジです。

つーばっさぁ、つーばっさぁ、のコールにキャッチャーミットを上げて応じる翼選手。
いーぞーいーぞーつーばっさぁ。



6回裏 スワローズの攻撃
先頭の坂口選手の打球がセカンドの左側を襲いますが、
菊池選手がなんなく捌いて1アウト
リベロ選手の打球はライト前へ
奥村選手の打球はファーストの右を抜きますが、ここも菊池選手が捌きます。
「もーっ、菊池大好きぃ!!」とお隣のカープ女子。
西田選手はフォアボールで出塁しますが、
近藤選手の代打大松選手の飛球はファールグランドで西川選手がキャッチしてチェンジ



7回表 「それ行けカープ」を歌って盛り上がってからの
カーブの攻撃
スワローズは近藤選手に代打が出たので石山選手がマウンドにあがります。
先頭菊池選手ライトフライ、丸選手ショートフライ
松山選手見逃し三振でチェンジ。一回表以来の三凡です。


そして東京音頭でもりあがってから 
7回裏 スワローズの攻撃
カープは好投をしていた岡田選手に代えて、一岡選手をがマウンドへ。
レフトには、松山選手に代えて、天谷選手が入ります。
山崎選手見逃し三振、藤井選手の打球は難しいショートゴロで内野安打
バレンティン選手空振り三振  山田選手ファーストへのファウルフライでチェンジ。

ストライクが一球入るたびに大盛り上がりの神宮です。
マツダみたい。
これが9回まで続きます。すごいな、神宮のカープファン。


8回表 カープの攻撃
せーのっ、あっべーっ!の応援に送られた安部選手が空振り三振
ぜったいヒット、にっしぃかわぁ、ぜったいヒット、にっしぃかわぁ
のコールで送られた西川選手がセンター前ヒットで出塁
よくやったよくやったにっしぃかわぁ!!
さらに翼選手の打席で盗塁成功します。
ただ、翼選手、野間選手が連続空振り三振でチェンジ


8回裏 スワローズの攻撃
一岡選手に代えてジャクソン選手ががマウンドへ
先頭の坂口選手をフォアボールで出します。
続くリベロ選手はショートフライできりますが、
奥村選手にセンター前にはじき返されます。
ここで、西田選手をライトフライでしとめて、
ピッチャーの石山選手の代打竹内選手をセカンド正面のゴロでしとめます。

サンキュージャクソン!!!



9回表 カープの攻撃
ピッチャーに村中選手がマウンドにあがります。
「中村恭平~!!」などとアカい人がコールして
「違うって!!」と突込みがあります。
ここでジャクソン選手の打席なので代打堂林選手で盛り上がるスタジアムです。
ショータ、ドーバヤシ、ドン・ドン・ド・ド・ドン♪とコールがおきるなか
堂林選手はフォアボールで出塁。
続く広輔選手もフォアボールで1,2塁
菊池選手サードゴロでファーストランナーがアウトになりますが、
1アウト1,3塁。
ここでチャンススーパーが流れるなか、
丸選手のセカンドゴロの間、堂林選手が生還して、追加点です。
宮島さんじゃあああああ。ワッショイワッショイ!!
そして、天谷選手にに代わり、新井さんが代打におくられます。
「天谷、見たかった~!!」と後ろのカープ女子。
ただし、新井さんで地響きのように盛り上がります。
そんな新井さんがフォアボール選んで2アウトながら 1,2塁
安部選手の代打がエルドレッド選手です。
ここでも地響きのような盛り上がり
スワローズの村中選手の暴投で、ランナー2,3塁になります。
そして、エルドレッド選手のファールボールを私の隣の人がナイスキャッチ。
すげえ。こんなに近くにファールボールが飛んでくるのははじめてです。
ただエルドレッド選手空振り三振でチェンジです。

よっしぃひろ、よっしぃひろ で敬礼する丸選手です。
いーぞーいーぞーよっしぃひろ。


9回裏 スワローズの攻撃
カープはブレイシア選手をがマウンドへおくります。
そして、代打の堂林選手がレフトに、新井さんがファーストに入ります。
先頭、山崎選手ショートフライ 、藤井選手ファーストゴロ
バレンティン選手 ハーフスイングを取られて空振りの三振でゲームセットです。


いゃったぁあああああ、かったぁあああああああ!!!

宮島さんでもりあがったあと、
「勝利をわれらに!~Let`s win!」でも盛り上がります。


そして、この日のヒーローインタビューは翼選手。
昨日はマルチヒット、今日はマルチホームランだから当然です。


翼選手は、一本目も二本目も、なんとか後ろに繋ぐ気持ちで打ったみたいです。
「皆さんの声援のおかげで入ってくれました、ありがとうございました!」
の一言もありがたいです。
打撃好調そうですねのインタビュアーに対しても
「必死になってやってるだけなので」との謙虚な一言。

そして、ファンに対しても、
「どこの球場でもホームのような声援をしてくださっているので、
僕たちは力になっている。ありがとうございます!
熱い声援ありがとうございます!!
優勝に向かって、これから一戦一戦頑張っていきたいと思います
これからも応援よろしくお願いします!」

とのことで、当然盛り上がるスタジアムです。

岡田投手も、6回 86球 2失点と上々で12勝目です。


そして、少し早い時間だったので、
レフとスタンドにあわせて、選手の応援歌メロディーで
盛り上がりますが、

途中で、「すずーきせいや! ドドンドドンドン すずーきせいや! ドドンドドンドン」
のコールのあとに鈴木誠也選手の応援歌です。


あああ、これいいなぁ。


しかも、そのあとは赤松選手の応援歌も。


オープニングのつば九郎の赤松、誠也へのメッセージもよかったですが、
こちらもいいエールでした。

と、「いーぞーいーぞー応援団」まで聞いてから、
球場をあとにします。


神宮の最後のゲームでしたが、今年も応援団のエール交換はなし。
昨年なかったのは知ってましたが、復活はなしでしたが。

そこは少しさびしかったですが、総じていい野球観戦でした。


野球の神様に感謝。球場に向かって、2礼2拍手1礼

国立競技場駅から地下鉄にのって、この日の宿である
東新宿をめざしたというわけでした。





次のゲームは、10日、ナゴドのカープvsドラゴンズ戦です。
こっちもがんばって応援するぞ!!!!




では。(´・ω・)ノシ
東京滞在二日目です。
現在も、本日のカープ戦の応援にそなえています。

昨日はナイスゲーム。私にとって1年ぶりの神宮で
美味しいお酒がいただけました。


ということで、恒例でございますので、みなさん御斉唱お願いいたします。

♪宮島さ~んの神主が~ おみくじひいて申すには  
 今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち ♪
♪宮島さ~んの神主が~ (ウゥ~! ワッショイ ワッショイ)  
 おみくじ引いて申すには~ (ウゥ~! ワッショイ ワッショイ)  
 今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち♪
 バンザーイ! バンザーイ! バンザーイ!!!




♪カープ カープ カープ広島 広島カープ  
 空を泳げと 天もまた胸を開く  
 今日のこの時を 確かに戦い  
 遙かに高く 遙かに高く 
 栄光の旗を立てよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ  

 勝ちに行くのが 選ばれた者のさだめ  
 一投一打が 勝負の全て   
 闘志をつくし 闘志をつくし 
 今ここで花と咲けよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ  

 鍛え抜かれた 精鋭の技と力    
 その意気愛して 見守る我らの  
 明日へ続く 明日へ続く 
 きりのない夢であれよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ   

 晴れのあかつき 旨酒を酌み交わそう   
 栄光手にする その日は近いぞ  
 優勝かけて 優勝かけて 
 たくましく強く踊れ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ ♪ 
 
バンザーイ! バンザーイ!! バンザーイ!!!



そんなゲームの振り返りです。


この日は、新千歳10時40分フライトのスカイマーク機で羽田入り
ということで、9時50分に空港入り。
でもこの日は、C駐車場がすでに満員との表示、
いやな予感がするのですが、B駐車場にいきますと「空」の表示。
ひとまずよかった。

とはいえ、地面には止められず立体駐車場に回されます。
なんか、混んでます。

空港でスポーツ新聞買って、Boccaのヨーグルトをいただいたりしながら
時間が来たので機内へ行って、飛行機は飛びます。

この日は関東近郊は雨が残っていたみたいで、
結構ゆれましたし、雲が低かったので
ようやく見えた下の景色は、海ほたるでした。

羽田には10分遅れの12時30分着。
空港内でちょっと高めでめちゃくちゃ美味しかったお昼をいただいて、
宿へ向かいます。
が、このまま行ったら少しだけ早くつきそうなので、
紀伊国屋で本をシバいてから東新宿の宿にチェックイン。
こちらは地下鉄の東新宿駅に近いのと、
大久保にも近いので、野球にも巡礼にも便利です。

私の前にも、イカニモ野球に行くぞという格好の人が
チェックインしていましたし、おいてある荷物にも
カンフーバットが置かれていました。納得です。

宿で身を浄めて、ヒゲを剃ってから、本日は一塁側内野席のチケットということで、
少しだけ遠慮して、赤いアンダーシャツ、カープのボクサーパンツは身に着けますが、
その上は、紺色の一見カープグッズに見えない鯉のティーシャツという姿です。
日和ますが、一塁側ということで、ホームに敬意を表しての格好です。

そして、歩いて新宿駅についたのが15時30分頃。
さらに信濃町へ。
最初は、宿から近いので、東新宿から行こうかとも思いましたが、
1年ぶりの神宮ですので、地上から行きましょう。

総武線の中から少しずつ散見しだすアカい人たち。
燃えてきます。

そして信濃町15時40分過ぎに到着。アカい人だけでなく、
さすがのホーム緑やアオい人もいてごった返しています。
ここから完全に野球モードです。

「君の名は。」の歩道橋を渡って、球場へむかいます。
この雰囲気、いつきてもたまりません。に

今日は珍しく軟式野球はやっていませんね。


そして球場のバックスクリーン正対する形で二礼二拍手一礼
野球の神様に良いゲームとカープの勝利をお祈りします。

本日の席は1塁側内野A2指定席。
一二塁間のほぼ延長上のラインで、後ろから3列目。
通路からはやや遠いですが、ま、いい感じです。

当初こんな席なんだから当然周囲はコアなちなヤクさんばかりだろうと思って、
紺の鯉Tシャツなど着てましたが、
この場所でも、2/3くらいが赤い人です。
レフトスタンド、三塁側は当然真っ赤。バックネット裏も8割がた赤
そして、ここまでだいぶ赤いのです。

去年も近いところで見て、赤いなー、と思ったのですが、
去年よりもアカが侵食しています。
下ではカープ選手が打撃練習をしています。
「あれ、誰?」「ん、磯村。中京大中京で堂林とバッテリー組んでた」
なんて会話をしているカップルもいます。

まだ若干昼飯が残ってますが、
昨年神宮に来たときに気になっていた
バイン・ミーの焼肉野菜をオーダー。
自席に戻って、売り子のおねぇさんから
一番絞りを買っていただきます。

気温はそこまでアツくないですが、西日が強いので、
ビールが染みますし、バインミーも美味しかったです。
詳細な感想は後日。

そうそう、神宮の内野売店ですが、
お酒を売るお店が増えたような気がします。
それから西日といいましたが、新しい日本青年館が完成していて、
グランドに大きな影を落としています。

あの影の下とか西日がさえぎることができていいですね。

そして、 16:30頃, スタジアムDJパトリックユウさんと、つば九郎の
オープニングトークです。
今日の畜ぺんのめくり芸。
「つばくろうは/にんしんもしてません/でんげきにゅうせきもありません」
と、武井咲さんの結婚ネタをブッこんできました。
相変わらずのタイムリーなネタ拾いとキレです。
16:38頃, スタメン発表。あ、今日のカープの応援団、
太鼓がスネアドラムです。珍しい。

パッションのダンス前につば九郎が丸選手や広輔選手に絡んでます。

そして、パッションやつばみちゃんのキレキリのダンスを見たりして
チビッ子の始球式を経て、ゲーム開始です。

今日のカープの先発は勝ち頭藪田投手
スワローズは、カープが苦手としているライアン小川投手。
カープは捉えることができるのか!!!


1回表 カープの攻撃
先頭の広輔選手の大きいレフトへのファウルフライをバレンティン選手がキャッチ。
続く菊池選手。見逃しのストライクに「アィーーーーーーッ!!」と大きい声が響きます。
今日の主審は白井審判。後ろの人も「白井、声通るなぁ」などといってます。
そして、菊池選手はセンター前にはじき返して出塁
続く丸選手、フォアボールを選んでランナー1,2塁のところで
チャンススーパーが鳴り響きます。ここで!きめろ!まっつーやまぁ!!
4番松山選手打球一閃。右中間を破るあたりで、菊池、丸両選手が生還して、
カープ先制です。
うぉーーーーーーすげぇえええええええ。
周りの人とハイタッチしたり盛り上がっての宮島さんです。
バンザーイ! バンザーイ! バンザーイ!
松山選手も二塁まですすんで、

バッターは安部選手。ドドドン♪アッベ! ドドドン♪アッベと盛り上がりますが、
セカンドゴロで、松山選手は進塁しますがツーアウト。
続く新井さんがストレートのフォアボール。ツーアウトながら1.3塁で
岩本選手ですが、空振り三振でチェンジです。

前回の投球時もそうでしたが、立ち上がりがいまひとつ制球の安定しない小川投手から
序盤で得点できたのがデカいです。
まっつーやまー、まっつーやまー と盛り上がるアカい人たちに対して、
帽子をとって一礼する松山選手に盛り上がります。
いーぞーいーぞーまっつーやまー!!

1回裏 スワローズの攻撃
先頭山崎選手をセカンドゴロ、続く藤井選手こそフォアボールで出しますが
バレンティン選手空振り三振 山田選手センターフライでチェンジです。
150キロ超の球速も出てますし、20球でしめていて
先週見たときよりも上々の立ち上がりです。

2回表 カープの攻撃
先頭翼選手が左中間を破る二塁打で出塁。
続く薮田選手は、スリーバント失敗。最後の打球は1塁線ギリギリのところでしたが
見送られてしまいました。
そして、広輔選手見逃し三振、菊池選手サードゴロでチェンジです。


2回裏 スワローズの攻撃
先頭坂口選手がうまくあわせたバッティングでセンター前へボールを運びます。
続くリベロ選手がセカンドのファールフライ。
中村選手のファールボールが自分の2列うしろ、4席右に
飛び込んできたりもしましたが、ピッチャーへの強いあたり。
薮田選手はボールをはじきますが、なんなくボールを裁いて2アウトランナー二塁
続く奥村選手、ルパンのチャンテで盛り上がるライトスタンドで、
それに応える形でライト前にはじき返して13塁ですが、
小川選手を三振にきってチェンジです。

二安打されながらも無失点の粘りのピッチングです。

3回表 カープの攻撃
先頭丸選手がストレートのフォアボールで出塁しますが、
松山選手センターフライ、安部選手ショートフライ
新井さん空振りの三振でチェンジです。

ここでパッションのキューテイーハニーがあります。
あいかわらず、トルクーヤの謎の踊りが味わいあります。


3回裏 スワローズの攻撃
先頭山崎選手がフォアボールで出塁
藤井選手セカンドフライのあと、バレンティン選手空振り三振の最後のボールのとき
山崎選手が盗塁きめて2アウトながらランナー2塁
続く山田選手もフォアボールで出して 1,2塁になりますが、
坂口選手はセカンドゴロでチェンジ。

この回もランナー二人だして、スコアリングポジションまですすめられましたが、
しのぎました。
球速も球のキレも悪くない感じです。


4回表 カープの攻撃
先頭岩本選手の叩きつけたあたりが内野安打になって出塁
「岩本~!!俊足~!!」なんて声が飛びます。
「岩本、こんなに足速かったっけ?」などと後ろの人も行ってます。
続く翼選手がレフトの左を鋭く破る2塁打でノーアウト2.3塁です。
薮田選手は空振り三振に倒れますが、
ここで飛ばすチャンスです。ひーろっしまぁ!!
そして広輔選手の打球はレフトへのファールフライ。
犠牲フライには十分かというあたりですが、
レフトのバレンティン選手が好返球。
岩本選手が本塁でタッチアウトとなってしまいダブルプレーです。

ああああああああああ。


3回連続で先頭ランナーを出しながらも
得点できないという、
これが悪い流れにならなければいいのですが。



4回裏 スワローズの攻撃
先頭リベロ選手のショートへ難しい打球。
広輔選手がなんとかファーストへ投げますが、
新井さんがポロッとしてしまい、これが内野安打の判定。
チャンスのあとはなんとやらですか。
いやな雰囲気になりますが、ここも薮田選手がふんばって、
中村選手センターフライ 奥村選手空振り三振
小川選手ライトフライでチェンジです。

薮田選手もそうですが、チャンスで小川選手に打順が回ってくるという
スワローズのめぐり合わせです。


5回表 カープの攻撃
先頭菊池選手空振り三振  続く丸選手セカンドゴロで 2アウトから
松山選手が右中間を破る二塁打です。
ここでもチャンススーパーが鳴り響きます。ここで、きめろ、あっべっ!!
が、安部選手ショートゴロでチェンジです。
ああああああ

ここで、パッションのEZ Do DANCEと
つば九郎のくるりんぱチャレンジ〔失敗〕があって

5回裏 スワローズの攻撃
先頭山崎選手センターフライ  藤井選手空振り三振
バレンティン選手ショートゴロでチェンジです。

薮田投手初めての三凡です。

そして、対決コーナーで、カープ女子と、つばめ女子のじゃんけん対決。
つばめ女子がカープ女子を2-0のストレートでやぶります。
その間、バレンティン選手となにやら話しているつば九郎が面白いです。


6回表 カープの攻撃
先頭新井さんセンターフライ 続く岩本選手ファーストゴロ
翼選手セカンドゴロでチェンジ、カープも初の三凡です。

つきあいいいなぁ。


6回裏 スワローズの攻撃
山田選手、坂口選手と連続してフォアボールで出して、ノーアウト 1,2塁
これは、と思ったところで、
リベロ選手、中村選手と連続、空振り三振。
ただ、奥村選手の打席で:ワイルドピッチで、ランナーは 2,3塁に進塁します。
が奥村選手のショートへの難しいあたりを広輔選手がうまく裁いて
アウト。奥村選手のヘッドスライディングも実らずです。
このプレイは、ヒロインで薮田選手も触れていました。


7回表 カープの攻撃
それ行けカープを歌って、風船はないですが、盛り上がります。
先頭がピッチャー薮田選手の打席なので、代打に天谷選手。
天谷選手フォアボールで出塁し、広輔選手がピッチャー前に送りバントを決めます。
チャンススーパーで盛り上がります。ここで決めろ菊池!!
が、続く菊池選手ショートフライ、丸選手キャッチャーへのファールフライでチェンジ。

スワローズの守備から攻撃に変わるたびに、今年のスワローズのスローガンである
「目を覚ませ!!」のコールがありますが、
この回「目を覚ませ!!」とあったあとに
「目ー覚ましてほしいのは、カープ打線だわ」などとアカい人。
うー、わかるわかる。


7回裏 スワローズの攻撃 東京音頭で盛り上がります。
「くったばれ××××♪」と歌っている人もいますね。

ピッチャー薮田選手に代打が出たので、マウンドには一岡選手。
そして、天谷選手はそのままレフとに入って、岩本選手が退きます。
先頭小川選手に代わり、代打武内選手のあたりは、
ファーストへの鋭いゴロ。これを新井さんが好捕して一岡選手にトスしてアウト。
「おっさん、なかなかやるな」と周りの人。
続く山崎選手空振り三振。藤井選手のあたりは難しいサードゴロでしたが、
内野安打で出塁
ただ、バレンティン選手ライトフライでチェンジです。

ナイスリリーフイッチー!!


8回表 カープの攻撃
小川選手に代打が出たのでピッチャーが秋吉投手。
代打の武内選手がファーストに入って、ファーストのリベロ選手がサードに
サードの藤井選手が退きます。

先頭松山選手サードゴロで倒れたのち、
せーのっ、あっべ!! せーのっ、あっべ!!と盛り上がった安部選手の打球は
ライト前への鋭い当たり。
そして、新井さんの打席で球場全体でスゴい盛り上がりを見せます。
ここはマツダか? ってくらい。
ただ、新井さんの打席で安部選手が:盗塁失敗。
新井さんも空振り三振でチェンジです。

ああああああ


8回裏 スワローズの攻撃
一岡投手に代わって今村選手がマウンドへ。
キャッチャーが石原選手。ライトの松山選手が退いて、野間選手が入ります。
先頭山田選手にいきなりレフトへ鋭い打球を運ばれます。
だだ、大臣??
続く坂口選手はレフトフライできるのですが、
リベロ選手の打球はレフとへの深いあたり。
これを天谷選手がジャンプをしますが、届かずに
タイムリーツーベースになります。
だだだだ大臣!
「東京音頭」で盛り上がるライトスタンドです。
さらに「夏祭り」で追加点を後押しするライトスタンド。
これはやばいです。
2塁走者はリベロ選手に代えて西浦選手です。
ただ、中村選手はセンターフライ 奥村選手空振り三振で
なんとか最少得点で抑えます。
なんとか五凡の陣成立、凡じゃないけど。です。


9回表 カープの攻撃
スワローズは秋吉投手に代えて、松岡選手をマウンドへ。
代走の西浦選手がショートにはいり、ショートの奥村選手がサードへ。
そして、カープはピッチャーの打順なので、ここで西川選手です。
そして、西川選手1-0からの二球目、バット一閃
打球はレフトスタンドへ吸い込まれます。ホームランです。
すげぇええええええええええ
ほしいところでの追加点、久々です。
周りの人とハイタッチ&ハイタッチ、宮島さんでもりあがります。ワッショイワッショイ
続く野間選手、セカンドゴロ、天谷選手ファーストゴロから
広輔選手が左中間を破る二塁打です。 あと一点
飛ばすチャンスも鳴り響きます。ひぃろっしまぁ!!!
ただ、菊池選手ライトフライでチェンジです。

にっしぃかわぁーにっしぃかわー
と盛り上がってから、

9回裏 スワローズの攻撃
カープは今村選手に代打が出たので中崎選手をマウンドへ。
先頭武内選手、続く山崎選手と、連続見逃し三振でツーアウト。
ここでピッチャーの打順なので、代打大松選手です。
「おおまつー、くーきよんでくれー!!」と周りの人。
1球1球で盛り上がる神宮。これもマツダみたい。
というか、去年ここまでの盛り上がりがなかったような。
拍手が完全にスワローズの応援を上回っています。

そんな大松選手の打球はファーストゴロでゲームセットです。


いゃったぁーーーーーーーー。


宮島さんから、ハイパーユニオンでフゥ↑フゥ↑します。
ああああ、いいゲームでした。

薮田投手 6回 112球 3安打 7三振 5四球 1暴投 0失点
で堂々の勝ち投手
しかも、リーグ2位13勝!
薮田投手だけで貯金10です。

そして、攻撃陣は、小川投手の立ち上がりをしっかり捕まえて
きっちり先制できたのがよかったです。
あと、西川君のだめ押しもデカかった。

あああ、いいゲームでした。

ヒーローインタビューでも
「ぎりぎりの投球が続いていて、なんとかいい試合を作りたかったですが
今日もぎりぎりの試合で、点を取ってくれた野手の感謝しています。」
とか
「広輔さんの6回のファインプレーには本当に助けられました」
という、チームメートをリスペクトする姿勢がいいですし、
13勝しましたが、というインタビューの問いかけには
「自分たち投手はチームが負けないようにすることしかできないので、
勝てるのは点を取ってくれる野手のおかげです」と
こちらも野手リスペクトでした。

さらに最後には
「どこがホームの球場かわからないくらい、いつも球場を真っ赤に染めてくれる
ファンの皆さんは感謝しています。
チーム一丸となって最後まで駆け抜けるので、応援よろしくお願いします!」

で、締めくくられました。


あああぁ、薮田ぁ、いいピッチャーです。



と、いうことで、いい気分で神宮球場をあとにしました。
信濃町に行く途中に、シュールストロム選手のレプリカユニを着ている
女子を発見。やはり、濃いですね。

そして、緊迫したゲームということと、席が中だったということで、
バインミー以来何も食べてなかったということで
宿に戻る前に、桂花ラーメンで
太肉麺をいただいて、こちらも大満足で
宿へ戻ったというわけです。



と、いうことで、このイキオイで今日のゲームもとってほしいものです。


と、いうことで、またがんばって応援します。


今日も勝つぞ、カープ
今日も勝つぞ、カープっ
今日も勝つぞっ、カーァップ!!!!




では。(´・ω・)ノシ
本日、18時に、神宮で行われるスワローズ戦に向けて戦闘準備中です。
心配していた天気もなんとかなりそうです。

昨日は、巨人戦の連敗から少し立ち直った感じの勝ち方で、
怪我明けから復帰したジョンソン投手も連勝です。
この流れに乗って、本日もいいゲームを展開してほしいものです。

と、いうことで、このあと、一所懸命応援します。

絶対勝つぞカープ! 絶対勝つぞカープ! 絶対勝つぞっ!カーァップッ!!!




さて、ここからが、タイトルの記事です。



夏の大お祭りの巡礼のお話です。

夏の大お祭りの2日目、ワタシ的1日目です。
最後の一斉点検の放送をきっかけに、荷物をまとめます。

パチパチパチと最後の拍手をした4時から後片付けを済ませて、
次の日のスペースに荷物を置いてから会場をあとにします。

そして、この日はゆりかもめに乗って新橋に出て
山手線に乗り換えて御徒町へ行って巡礼。

最初に言ったお店で、中国人の店員さんに
「ウエデタチノミ」といわれたので
二階が立ち飲みスペースなのかな?と思って
二階に行こうとすると
「チガウ!、カイダン!、カイダンデタチノミ!」と言われました。
どうやら二階に上がる階段の途中
踊り場のところで立ち呑みをするみたいです。

ま、この日は一日座っていただけとはいえ、
立ち呑みをするような場所でないとこころたって飲むのはなんかあずましくないので、
こちらをあとにして、向かったのが、
ドラマ「昼のセント酒」第五湯「上野御徒町 燕湯 からのお好み焼き串」に出てきた、
たる松さんです。

こちら、今年の6月、Kalafinaライブ遠征で、「燕湯」で朝湯を堪能したあとに
寄ろうと思って行ったら、朝の営業はしていなかったみたいで、
そのまま上野駅のたいめいけんさんで、朝食セット
卵料理(オムレツor スクランブルエッグ→私はオムレツ)
ボルシチ 石窯パンをいただいたこともありました。

フワフワでバターのいい香りがただようオムレツ
キャベツたっぷりで優しいお味の名物ボルシチ
あたたかい外側の噛み心地がしっかりとしてながらも、
なかがふんわりもっちりしていて、
麦とイーストのいい香りが気持ちよくて、かつ美味しい石窯パン
ああ、あれも美味しかったねぇ。

ちなみに、この日に泊まった宿が、大手町と内神田の間くらいなので、
ライブ会場の国際フォーラムにも、「燕湯」にも行きやすい
いい場所でした。

「燕湯」さんは
千鳥破風の瓦屋根が特徴的な趣ある外観といい、
「わ」と書かれた板〔「わ」いた の意味、営業を終えたら裏返して
「ぬ」と書かれた面が出てくる。「ぬ」いた の意味〕といい、
朝の七時なのに結構賑わっているところといい、
湯槽の奥にある富士山の溶岩でできた岩山といい、
壁にはでかでかと描かれた三保の松原と、富士山のペンキ絵といい、
また壁画の富士山と浴槽の富士山の溶岩ってのが、いい演出。
ドラマの中では、摩周湖と「北海道 摩周湖」の文字でした。
少しアツめの湯温といい、高くて開放的な天井といい

すべて大満足。さすがの登録有形文化財。
ああ、朝から申し訳ない。

と、シゲちゃん気分満喫ののちに、むかったお店でありましたが、
営業をしていなかったというわけです。
HPを見たら、今は、営業時間11時~15時、15時~23時 と書かれていました。
残念。

そんなお店に、満を持してのリベンジであります。

中華料理屋さんから、山手線の高架を挟んで、
アメ横の逆側の道を上野駅方面へ歩きます。
途中、体格のいい黒人の方が何人も立っていてド迫力です。

途中に「たる松 本店」がありまして、
こちらは、魚乃目三太さんによるコミック版の
「昼のセント酒」の燕湯回に出てきたお店ですね。

そんなのを見ながら、上野駅が次第に近づいてくるところで、
お店に到着です。

「全国銘酒たる松」と、大書された看板と、
入り口横の黒板には、おすすめをはじめ、おつまみメニューが
小さい時でびっちり書かれています。
これだけで期待大です。
大きいガラスに格子がはいった入り口の扉をガラガラと横開き
店内は半分くらいのお客さんの入りです。

ちなみに、「昼のセント酒」の中では、シゲちゃんふんする内海が
得意先に提案する企画書を作るために
徹夜をして、その勢いのまま御徒町へと営業に出かけます。

その前の腹ごしらえのために、飲食店を探していると、
銭湯「燕湯」を発見。
時間は朝の7時過ぎの始業前ということもあり、
朝まで残業して頑張った自分へのご褒美に、
「今日は文句なしということで」とつぶやいて、暖簾をくぐって
銭湯を堪能。

そして、朝飯のために訪れたというお店です。

では、メニューを吟味です。
まずは、夏の大お祭りの初日を無事終えたということと、
8月の東京ということで、生。

さらにシゲちゃんが食べて、番組タイトルになった
お好み焼き串はハズせませんが、

それ以外で、すぐ出てきそうな、茄子の煮びたし
あと気になった煮込みと豚バラ串で
とりあえず様子を見ますか。

ドラマでも、働き者然とした女将さんがチャキチャキと働いていましたが、
こちらのお店の方もそんな感じで、小気味いい動きで働いています。
バイト風の若い女の子もいい感じです。

周囲を軽く見渡しても、昔ながらの居酒屋の風情が
落ち着く感じです。
カウンター前に積まれた「高清水」と「酔心」の4斗樽は迫力十分。
飲むには少し早い時間ながらも、半分以上席が埋まっているのも納得です。

ということで、まずは出てきた生で、一人乾杯。
おつかれさまでした。

くぅうううううううううううううううううううう
染みますね。

たまらんです。

そして、ほどなくして登場したのが、
茄子の煮びたしです。

これがほどよくだし汁がしみていて、
だしの味わいと、茄子汁の絶妙なハーモニー。
やさしい味わいの涼しげな一品で、
これだけで、もうたりれません。
しみますね~
上で軽く踊っている鰹節の香ばしさもいいですね。
これだけで丁寧に作られているのが伝わってくる味わいです。

つづいて出てきたのが、
シゲちゃんふんする内海も舌鼓を打っていたお好み焼き串。
お好み焼きの具を細長く整えて串に刺して焼いた物です。
最初は「?」と気になりオーダーしていたメニューですが、
棒アイスとか、つくね串みたいな状態で、延べ板みたいに四角く形成されて
表面が軽く揚げられていて、四角い一枚皿で出てきます。
満遍なくたっぷりかけられている、細かく削られた鰹節ですが、
お好み焼き棒が熱いので盛大に踊っています。
添えられたたっぷりのマヨネーズもいいですね。

まず何もつけずに一口かぶりさきますと、フライみたいな感じはだてではなく、
表面はいい感じでカリッサックリと小気味いい食感です。
そして、すぐに中のフワフワさがつたわってきて、
中身はトロッとしています。

この表面カリサクで、全体にふわっとしていて、
中が軽くトロッとしている感じは、どこかたこ焼きっぽくもあります。
平たく伸ばすのではなくて、ある程度立体的な形になるので
こういう食感なのかな。などと思ったりして、
さらにふわかりのふわは、山芋がたっぷりなおかげです。

とうぜん中の具のキャベツとか葱もいい感じ。
ソースをつけても美味しいですし、添えられてるマヨも
味わいを盛り上げてくれます。

ビールにもあいますし、あーもーしわけないと
シゲちゃんせりふも出てきます。

続いて出てきた豚バラ串です。
昼にかっこんだケバブ丼以来の貴重なたんぱくしつ補給です。

2本あるので、1本はそのままいただきす。
強めに利いている塩コショウと、肉の甘みがいい感じです。
表面でギラついている脂も気分があがりますし、
炭火独特の香ばしさも、美味しさを盛り上げてくれます。
軽くかむだけであふれる肉滴もたまりません。

ああ、この串もいいよ。

そして、2本目はレモンをしぼって
ああ、このさわやかさ、この味のバリエーションよ、
レモンしぼっておいたぞ。って感じ。

これは空気も読んでいます。


そして、登場したのが牛もつ煮込みです。

黒く重厚な茶器のような器で登場。
たっぷりのモツと、もやしや葱や韮がいい色合い。
汁がどこか白っぽいのも面白いし、ゴマの香りがいいです。

横に添えられた銀色の匙もいい感じ。

では、いただきますと、

!

これは、美味しい。
びっくりしました。

基本、お肉はふわふわな感じながらも、軽く芯残る感じで
脂のあじわいを楽しむことができます。
この脂、すごく美味しい。
さらに赤身の部分のかみごたえがさらにしっかりしていて、
歯でも楽しく口腔内をねぶります。
新鮮なモツならではの弾力や、ぷるん、ふわっとした
さまざまな食感とともに、野趣にとみながらも繊細な旨みが
スゴいです。

このニラにパンチを与えているのが、香ばしい焦がしニンニクが利いた
豚骨ベースの味噌味のスープです。
味噌自体は比較的淡白な味わいで、スープ自体もサラッとした感じですが、
豚骨とニンニクの個性的な味わいが濃くて、
相乗効果で美味しくなっています。

牛モツと豚骨の以外な組み合わせ。美味しければいいんです。
そして、さらにアクセントを与えるのがゴマです。

青ネギやニラの滋養ある味わいに、もやしのしゃっきりとした感じ。
すっきりした飲み口のスープですが、
さまざまな具から出てきた重奏的な旨味と
コクのハーモニーがたりません。

ビールにもあいますよ。ああ、申し訳ない。

そんな、絶品のに舌鼓をうちながらも、地味に一品一品の量が多かったのと、
一日座っていただけですが、微妙に疲れがあったり
今までの疲れが微妙に残っている感じ。

ということで、今日はここらへんでお開きにしましょう。

次くるときは、全国銘酒の店ですから、ぜひ日本酒を。

そして、今度は、お刺身とか煮つけとか、アジフライとか
魚系のメニューをせめてみたいです。

と、いうか、コミック版は、本店の「サバ塩焼き定食」を食べていたので
そちらも食べてみましょうかね。

などと考えながら、ホクホクしながら宿に戻って、pop作りとか翌日の準備に
備えたというわけでした。




ということで。(´・ω・)ノシ
2017.09.01 すっご~い
最近、気温が急速に落ち着いてきた羊蹄山麓です。
先日も、朝の気温が7℃ と、8月なのに…
などと思ってしまいました。

暑ければアツイで文句言うし、涼しければ涼しいで
寂しく感じる。

わがままなものです。

夏の大お祭り開けから、二週間ばかし、個人的に偶像崇拝をする修行のため
朝の活動がいろいろと制約されていました。

基本、私、お仕事の日は、7時を少しまわった時間に職場に行って、
朝のもろもろの準備をしてから、本格的にお仕事に入るのですが、
ここしばらくは、朝の準備を果たしてから、一旦自宅に戻って、
そして、偶像崇拝の修行して、英気を養ってから
再び職場に向かうという生活をすごしていました。
(基本、勤務時間は8時05分からなので、なんとか間に合う感じでした。)

そして、そんなイビつな生活なのでプチ苦行ながらも楽しい生活も12日目に突入。
いよいよこの日が最後の修行の日だ!! という火曜日。
朝5時くらいに目覚めて、いつものように、朝のニュースをハシゴしてから
いつものように6時を回ったところで出勤に備えてシャワーを浴びて
出てから身体を拭いて、お仕事に備えようとした6時20分。
つけっぱなしのテレビの画面がいつもと違います。

あれ、へんですわ。

これって…

そう北朝鮮の飛翔体の打ち上げニュースです。

とりあえず、他局もチェック
STVもHBCもHTBもNHK-Eテレも、このニュースの報道です。

まさか…

そのまさかです。

TVhも、同じニュースの報道です。

ええええええ

ちなみにBSを確認したら、
NHKBS1  NHKプレミアム BS日テレ BSTBS BS朝日 BSフジ BSジャパンも
同じニュースです。

ちなみにBS-11は通販、BSトゥエルビは通販から半島のドラマでした。

でも、東京のキー局は全滅です。
(あとで知ったのですが、TokyoMX と 千葉テレビは通販番組だったそうですが…)

そして、6時30分を過ぎても状況はかわりません、

ていうか、着水したのが、えりも沖とか言ってますが、
でも、1000kmも沖合だったら、えりも沖でも、北海道沖でも
千島沖でも、三陸沖でも大差ないような。

えりも沖って聞くと、えりもの数百㎞沖合の
いっても、せめて海溝の手前って感じですが。

そんなツッこみをしつつも、

ふだんは、「おはよう日本」のあのコーナーを見てから職場にむかいますが、
当然臨時ニュースのせいでそのコーナーもないので、
コーナー終了の時間に職場にむかいます。

途中、朝食をすませてから職場に行って、
朝の準備をしながらも職場のテレビをつけると
ほぼ状況は変わっていません。

「おはスタ」の時間ですが、ニュースが続いています。

あああ、今日はダメかねぇ。

ただしNHK Eテレでは「シャキーン」が始まってます。
通常放送が一個でも復活した。
これは、蜘蛛の糸なみですが、わずかな希望か??

ということで職場で仕事の準備をすませたあと、一縷の望みを託して
自宅にもどってテレビをつけます。

すると

!!!

あああ、体操がはじまってます。

すっご~い!!!

ありがとうテレ東、ありがとうTVh



そして、あの内容です。

強キャラ感の塊、ヒグマさんですら諦めたのに
最後まであきらめなかったサーバルちゃん。
この時点ですでにジワジワきてます。

そして、絶体絶命のピンチにかけつける、博士と助手。
博「さぁ、とっとと野生解放するのです!」
助「我々の群れとしての強さを見せるのです!」
のセリフとともに、
流れるオープニングの音楽と、かけつけるフレンズたち。

あああああああああああ。
こんなの良すぎるに決まっているじゃないですか。
それぞれの長所を生かしながら共闘して強い敵にむかう。
アツい、アツすぎます。
大好物な展開です。

そして、救出されるかばんちゃん。
ただし、失われるラッキーさん。ああああぁ、ボスぅ

と思いきや、あの展開でした。
もう、本当にジェットコースターなみに感情をゆすられます。

そして、パーティーと、感動の観覧車のシーンを経ての
かばんちゃんの新たな旅立ちです。
観覧車の、オープニングのオルゴールバージョンとか、
エンディングの曲の使い方もいいですね。

ある意味ロードムービー的な作品ですが、
新しい旅立ちでおしまい。
ポンコツなお話しと思いきや、感動的でさわやかな視聴感でした。

ああ、面白かかった。


そもそも、一見、土朝日朝の子ども向き番組を装いながら、
最初から感じるどこか不穏な空気

設定とか凝ってなさそうに見せかけておいて
散りばめられる伏線の数々。
フレンズの無邪気な表情や行動の中に隠される
本来ヒトはいないっぽい感じなのに、
色濃く残るヒトがいた気配。

思えば、番組当初から流れていたエンディングの廃墟の映像も、
番組内とリンクするような、美しくも、不思議な感じです。
そもそも、私自身、かつては人がたくさんいたのに、
現在は人がいない廃墟の景色が大好物なのも、
惹かれたポイントです。

ある意味ディストピア的な未来が、話しの伏線として
あちこちに惹かれています。

深読みしようとすればなんぼでも出来そうな。
そんな楽しみ方もできますし、

かばんちゃんは、ヒトであることはわかっているのに、
次第にさまざまな証言で積み重ねられるように
証明されていく。そんな謎解き的な楽しみもできますし、

キャラクターの表情だったり、言動だったりが、
いちいち魅力的なのも惹かれます。

いろいろな魅力がいっぱいです。
本当に楽しい作品でした。


さらに、そんな涙涙での視聴の中、ラッキーさんが言いました。

「ヒトの緊急事態対応時のみフレンズへの干渉が許可されているんだ。
生態系の維持が原則だからね」

そうか、緊急事態対応時に
きっちりと対応してくれたわけですね。

改めて、サンキューテレ東、サンキューTVh

因みに、テレ東ではL字画面で北朝鮮関連のニュースが流れて、
ニュースとアニメも場面がリンクする瞬間が
面白い映像としてあちこちに流れていまして
それはそれで楽しかったのですが、

我等のTVhは、L字ナシでの放映でした。
すっごーい。
(途中、竜巻情報は入りましたがwww)

あと、久住巡礼で行ったズーラシアの職員の方が出てきたところとかも
おおおと思いましたし、

アライさんを見て、「アライさんじゃねぇ」とか、
キンシコウを見ては、「キクチじゃ!」とか、
ライオンは「マル」、カピバラは「3兄弟」
ゾウは「エルドレッド」、博士と助手は「コースケ」、とか
そんな偏った見方もしたりしてました。
カープの危機なのだ!!
ウェルカムカパリパークって感じで。

これだから、カープバカって……




と、いうことで、本当に今更ですが、

けものフレンズは
た~のし~。


ということで。(´・ω・)ノシ