2017.06.30 孤独の牛タン
Kalafina 9+ONEで仙台に行った時に、球場以外で食べたものです。

9時40分に仙台空港で合流した私と畏友p氏
そのまま10時10時33分発の仙石線高城街行きに乗り込んで、宮城野原駅へ。

最近仙台に行く用事は野球野球、たまにライブなので、
仙台駅の次に宮城野原駅にお世話になってます。

前回はいつもの球場側出口ではなく、逆の仙台医療センター側の出入り口を使って
外へ行きましたが、今回は、宮城野原駅の楽天っぷりを見せたかったので、
球場側の出口から、外へ。駅舎の上にのっているイーグルスの巨大ヘルメットを見て
「関内駅的なアレですな」とp氏。ワカッテラッシャル。

曇り空の中、お店を目指します。
仙台医療センターの横を進んでいくと、途中で逆側に
Koboパーク宮城の 観覧車が見えます。「サンキュー観ちゃん」

東北本線の貨物線をくぐって、宮城の萩大通りをすぎて、
住宅街をすすんでいくと、ファミリーマートをこえたあたりから
お店がふえだしまして、さらに進んでいくと、
信号の左側に黄色い看板を発見。

あれです。

牛タンの「萃萃(すいすい)」さんです。

私は、仙台での "Kalafina with Strings" Christmas Premium LIVE TOUR 2016が
あった時に寄って以来、2度目の訪問です。

開店にはまだ少し早いので、近くのセブンイレブンで
お買い物などをしていると、まだ、人はいませんが、良く見ると、開店前ですが、
のれんが出ている模様です。これは、行くしかないです。

店内に入ると、カウンターが5席と小上りには4テーブルがあって。
小上がりのテーブル2と、テーブル席と、カウンター席1が埋まっています。
流石の人気ぶり。

私たちは、小上がりに座ります。前回はカウンターでしたのでいいです。

周囲を観察しているとメニューのところにテール焼きがありませんし、
テール焼きの紙のところに、本日完売しました、と張られています。
今日もテール焼きはない模様ですが、しょうがないです。

そして、お店の人が注文を聞きに来ます
「あの、牛タンセットと、1.5倍一つずつ、あと生ビール2つ」
「1.5倍はライス大盛りで。」

と、オーダーをしました。
今日も、テール焼きにも、タンバーグも有りませんでした。残念。

出てきたビールでこの遠征がいいものになりますようにという気持ちをこめて、乾杯。
そんな広い厨房ではないですが、4人のスタッフの方が
かいがいしく働いております。

そして、次々に入って来るお客さんで、
気が付くと小上がり席が全部埋まっています。
家族連れとか、年齢層の広い団体とかが多い感じです。


まずは冷奴が、続いてとろろが登場
さらに丼ぶりご飯とテールスープが来ました。
ライスは白飯
ゴローちゃんも「牛たんといえば麦飯だが、この店はライスなんだ。」
なんて言ってましたね。

テールスープを出してくれるお店の方いわく、
「熱いから気をつけて下さいね。」とのこと。本当に熱いです。

そして、牛タンの登場です。白地に青紺で幾何学模様のつけられた
お皿の上には、浅漬けの野菜が添えられ、
8枚の牛タンが乗っています。

p氏の1.5倍には、12枚のってまして、p氏は2枚わけてくれます。
サンキューです。

では、ゴローちゃんのように
「仙台に来たからには、
 牛たんにあいさつしとかなきゃな。」

「今日は野球行ってからライブか…。
 球場でいい食事をしてライブを楽しむためにも、
 牛のパワーを注入しておきたい。」

という気分で、いただきます。
軽く手を合わせて

まずは、牛タンから。

番組内で

【牛たん】
タンの厚みは自身の証
その美味しさに舌を巻く

と紹介された逸品。

箸でつまむと、1枚が分厚くて重みを感じて頼もしいです。
表面が脂が浮いていて輝き、見るからにジューシーです。
香ばしさが、口に近づけるとより強く堪能できて、食欲マックスな状態です。
口に入れると、肉の旨みがわっと広がります。
牛タン独特の獣っぽいながらも
他の肉にはない、淡白さも持ち合わせている味わいですし、
柔らかくて弾力感たっぷりなうえに、程よい噛み応えもいい感じで、
口の中で微妙なバランスでほろっとなる肉繊維も
楽しむ事が出来ます。
噛むだけで楽しいのにくわえて
軽く噛むだけで肉滴が溢れてきて、
肉本来の旨さと脂の旨さとダブルで楽しむ事が出来ます。
そして、噛めば噛むほど、旨みがしみ出てくる感じです。


ああ、これ美味しいタンです。
炙られている肉ならではの香ばしい表面と脂由来の煙で燻されたもの独特の味わいと
内側のバランスもいいですね。
これは美味しい。

ほかほか御飯ともビールともよくあいます。
当然、ゴローちゃんのように、ごはんを巻いて食べますが、
これも美味しいなぁ、舌を巻く美味しさです。


そして、その脂を胃の腑におさめる役をもはたす
テールスープです

番組内で
【テールスープ】
しっぽの旨みを引き締める
胡椒ピリリの熱々スープ

と、紹介されたシロモノです。

碗をもってレンゲで飲もうとすると

アチッ
まだ熱いです。これはウレしい。

そして、肉の旨みがあふれながらも、シンプルな塩コショウで
少ししょっぱめに味付けされていて、トータルでほっとする
優しい味わいです。
たっぷりのネギもシャキシャキの歯ざわりと
健康的な味わいもいいですし
堂々としたテールも、柔らかくて、
タンと別の獣っぽい味わいがします。
かるく歯をたてるだけで、ホロっと崩れるのがいいですし、
崩れたそばから、肉の味わいとスープの味わいがまざって
口の中に広がります。

これまた、スゴいです。
しかも、食べ進めていって気が付いたのですが、
ゴロゴロって大ぶりなヤツが、何個も入っていたのですが、
骨が入っていませんでした。
(他のお店は申し訳程度、1こコロンと入っているのにね。)


これまた御飯もビールもすすむ味わいです。

スープでこれならば、焼きで出されたら、どんな素晴らしい味わいなのか、
これは、再訪した時にまたテール焼きを狙わなくては。

そして、箸休めの浅漬けをシャクシャクさ食べますが、
歯応えが気持ちいいですし、自家製ならではのやさしい味わいです。
これが、ゴローちゃんの言ったピンをはれる漬物です。

お豆腐も肉に比べると淡白ですが、
濃厚で、しっかりと大豆の味がするもの。
とろろも、ゴローちゃんばりに
タンにつけたり、御飯にかけたりしながら
変幻自在さを味わうことが出来ます。


周りの人も満足そうで、談笑している声も弾んで響きます。


仙台の牛タンといえば、街の中心部に多くの名店があるなかで、
中心部からは少し外れているにも関わらず、この混雑というのは、
この味が評価されて、こののれんや、黄色いファザードテントにも
あらわれている伝統につながっているということでしょう。


ゴローちゃんは
「ご無沙汰してます。/ おぉ、これはいいタンだ。 / うまい。やわらかみが違う。

塩が効いてる。 / 麦飯でなく、白米なのが納得の味だ。
俺の中に、新しいタンのうまさが / 開発されていく。

こうしたらどうだ?
(タンで御飯を巻いて)

お~これもいい。/ 打てば響くタン。さすが仙台。

この浅漬け、あなどれない名脇役だ。
こいつだけでご飯もいける。
ピンをはれる漬物はそういない。

(さらに、タンをとろろにつけて)

うんうん。/ 麦とろでなしに、タンとろ。
これもまたよし。めちゃよし。」


「ここで、テールスープだ。
 あ~胃の腑にしみる。/ 胡椒が調味料というのではなく、
味の一端をしっかり担っている。

このスープを吸ったネギがまた…

バカに存在感があるな。/うわ。噛んだ瞬間にほぐれた。
これ、うまい。/普通はこれ、おまけみたいな感じで入っているもんだが、
こいつは肉としてしっかりうまいレベルだ。

忘れてた。やっこ。
うんうん。

おお~南蛮味噌ね。/ああ、辛い。でもそれがものすごく嬉しい。

他の客「七味がまた合うんだよ。」

(ゴローも七味をかけて)
「なるほどなるほど。こうなりますか。
変化がついていいぞ。」



と、言って、食べ続けて言ってました。

あああ、この味わいならば納得です。

p氏も「うまいです」といいながら食べ進めています。


だから、

【テール焼き】
「じっくり煮込んで さらに焼く
その手間数は伊達じゃない」と、紹介されて、
ゴローちゃんが

「うわ。どえらいのがお出ましになったぞ。
 焼きっていうより、煮込み的な。

 むほっ! これ、うまっ。/ 牛なのにうまっ! / いいよ、いいよ。

ガッツリ、ニンニク醤油ダレ。/ これはやられた。

それならば…よ~し。
(テール焼きを御飯にかけて)

きたきた。伊達政宗きた。超伊達政宗。

牛テール、ニラ、ニンニク醤油ダレ。そして飯。
つけ入る隙のない猛攻撃だ。こいつはグイグイいける。」



は、食べることが出来ませんでしたが、


「仕上げは…やっぱりこれだ。

あったかい白飯に、塩味牛たん、とろろ。
仙台牛たん戦国時代を生き抜いて
磨き上げられた本物の強さがある。

俺はまだまだ、
君のことを分かっていなかったよ。

「仙台ごちそうさまでした。」

といった、牛タンとろろ丼はしっかりしただきました。



予想をはるかに超えたものにありつけた。
また来ます。

よし。



という、ゴローちゃんの気分を満喫。

やはり、カープ、イーグルスともに、レギュラーシーズン、CSと勝ち目いて、
日本シリーズで対戦していただくしかない。
そんな時に是非寄りたいです。

そして、その時はタン焼きがあるといいなぁ、
などと考えながら、Koboパーク宮城へと向かったのでした。



では。(´・ω・)ノシ

スポンサーサイト
6月24日は、道民梶浦クラスタのグルメストーキング飲み会を
Kalafinaのお三方が訪ねたジンギスカン屋さんで行いました。
さらに、そこから、串カツ屋とBarをハシゴして
久々のこゆいお話しが、大層、楽しかったです。

この二週間前の金曜日、札幌ドームにカープの勝ちゲームを
見に行ったわけですが、ゲーム前に宇宙船札幌ドームの船長見習DJ龍太さんが、
今後のファイターズのゲームをアピールするコーナーがあって、
その中で、「東映フライヤーズ」のユニフォームの
全員プレゼントって言っていました。
ご自身も着ていました。
その時は、ふーん。と思っていました。

さらに、職場のPCで仕事でネットを見ている時とか
フライヤーズのユニフォーム全員プレゼントの、ポップアップ広告が
やたらと出てきます。

えー、でも、6月24日でしょそんな時札幌に行く用事なんて



あるじゃん。飲み会当日だよ。

野球見てから飲み会行ってもアリじゃん。
さらに対戦相手を確認。
パのチームはどこもアツい応援なので面白いなぁと思っていましたが
相手は東北楽天ゴールデンイーグルスじゃないですか。

金曜なら、ピッチャーは美馬投手かな。
ならば見に行ってもいいかな。と、思って
チケットをゲット。

ただし、残っているチケットではイーグルスのビジター応援席は一番安かったのですが、
ちょっと遠慮をして、内野の上の方の席を獲得し


ということで参戦決定。
土曜日ですが、11時過ぎまでオシゴトをしてから、車に乗ってドームを目指します。

この日大谷地で高速降りるまでは好調だったのですが、
その後、すこしコンでいます。ひょっとしたらドームまで続くのか?
と思ったのですが、そんなことはありませんでした。

そして球場近くのイ×ー×ー×ドーに車を入れます。
チケットは捕れたのですが、チケット以上に難易度が高い
駐車場の券はとれなかった
と、いうことで近所の××に車をおきます。
3000円以上買い物をすれば3時間無料なので、
丁度今までタイミングがあわなくて買っていなかった「ミシュランガイド北海道版」を購入。
価格もそれなりだし、荷物にもならないのでいい選択です。

そして、ドームへゾロゾロとむかう人の奈実に混じっていきます。
いつものアーチのところで、2礼2拍手1礼、
野球の神様に対して、「今日も面白いゲームでありますように」と、
祈りをこめて軽く頭をさげます。

そして、いつもの南入口ではなく、西入口から入場しまして、
フライヤーズのユニフォームと、うちわを貰ってから
自席を目指します。
ユニフォームは薄い素材でできていて、
肩口にはT×Tガレージのロゴも入っていますが、
逆側には東映マークも入っていていいです。

12塁の延長線上にある結構高い場所で、
見晴らしがいいですし、ピッチャーのフォームも
横からしっかり見えます。

そして、まずは、腹ごしらえ。
前回はサポーターズキッチン106さんで、イベリコ豚のメンチカツカレーでしたので、
今回は1回おきのローテーション。「頑固オヤジのカレー」さんの
大野奨太の五平餅みそカレーをいただきます。

さらにこのあと車なことを考えてジンジャーエールを買って
自席に戻っていただきます。
面白い組み合わせで、大満足。カレーの感想はまた後日。

この日は、ユニフォーム全員プレゼントなので、
ライトボール付近の数列だけクリムゾンレッドの集団がいますが、
あとはほぼ真っ白です。
そんな様子とか、

バックのビジョンにうつる、東映フライヤーズの
優勝の様子を見たりしてゲームを待ちます。

というか、ビジョンの文字もオレンジ色で、
かつての後楽園球場風ですし、
そもそも対戦ゲームのところには
東映フライヤーズvs東北楽天ゴールデンイーグルス と書かれています。
こういう遊び心っていいですね。

そして、板野友ちんの始球式を見たりしてから、ゲーム開始です。

今日は、フライヤーズ[ファイターズ]の先発が有原投手
イーグルスの先発は美馬投手。

有原投手の投球練習の様子がビジョンに写りますが、
フライヤーズのユニフォームがよく映えます。
そういえば、この企画を紹介する広告に使われたのは
大野選手とレアード選手でしたが、
お二人ともこのユニフォームがよく似合っていた。

とくにレアード選手のハマリっぷり
実際に東映でプレイしていた選手だと言われても
信じるレベルです。

これは東映戦士爆誕です。


そんなことを考えながら、プレーボール。

1回の表、イーグルスの攻撃、
先頭の島内選手がセンターフライでたおれたあと、
続くペゲーロ選手がクリムゾンレッドに染まる一角に
ライナーで放り込みます。

盛り上がるライトスタンド。
「ペ・ギ・イ! ペ・ギ・イ!」の声が鳴り響きます。
続く、ウィーラー、アマダー両選手は、それぞれフライアウト。
.


1回裏 ファイターズの攻撃は
先頭の太田選手が、レフト前へのクリーンヒットで出て
続く松本選手、バンド失敗で追い込まれますが、美馬投手のワイルドピッチで
太田選手が二塁に進塁。さらに本人もライト前に弾き返して一三塁。
ここで、三番西川選手ですが、当たりはセカンドゴロ。
併殺の間、太田選手がかえって、同点になります。
そして、中田選手の打席。

お、いつもの応援にジャンプが加わった。
稲葉ジャンプ風のトランペットの音色にのせての
レフトスタンドのジャンプです。
初めて見ました。前回カープ戦の時はやってなかったよね。
[パーフェクトヒューマンでの中田ジャンプはありましたが]
ただ、中田選手は空振りの三振でチェンジです。


2回表 イーグルスの攻撃
先頭銀次選手がツーベースで、ノーアウトからランナーをだしますが、
続く聖澤選手、藤田選手、三好選手と、頃・ゴロ・フライで倒れてチェンジ

ああ、もったいなや。

あと448拍子で「ひじりさわ」って、言いにくそうでしたw

2回裏 ファイターズの攻撃は、
レアード選手、淺間選手、市川選手と三人であっさり終了。

初回はどうかと思いましたが
美馬投手、やはり安定のピッチングです。.


3回表 イーグルスの攻撃
先頭嶋選手、続く島内選手と倒れた後、
前の打席でホームランをうっているペゲーロ選手がレフト前にヒットを放ち
この打球をレフトの淺間選手が後にそらして2塁へ
ウィーラー選手がストレートのフォアボールで2アウトながら1,2塁
ここで、盛り上がるアカい人たちですが、
アマダー選手が空振り三振!あああああ、ここも要所をしめられます。


3回裏 ファイターズの攻撃
先頭石井一選手、続く中島卓也選手と凡退したあと、
大田選手のショートへの深いゴロが内野安打になって出塁したあと、
松本選手がライトへのツーベースでこちらもツーアウトながら2,3塁
ただ、ここも、西川選手が空振り三振!
こちらは、美馬投手が追加点を与えませんでした。

というか、内野席お立ち台で踊っているファイターズガールって、
マイクをつかって、お客さんを煽っているんですね。
知らなかった。

4回表 イーグルスの攻撃
銀次選手 聖澤選手 藤田選手と三凡

4回裏 ファイターズの攻撃
中田ジャンプにおくられた中田選手がサードゴロでたおれ
続くレアード選手はレフト前ヒットで出塁しますが、
淺間選手、市川選手と内野ゴロにうちとります。

5回表 イーグルスの攻撃
三好選手 嶋選手 島内選手と三凡

5回裏 ファイターズの攻撃も
石井一選手、中島卓選手 大田選手と三凡

6回表 イーグルスの攻撃は期待の外国人トリオでしたが、
ペゲーロ選手 ウィーラー選手 アマダー選手と三凡。



と、いうところで、タイムアップです。
周囲は投手戦を楽しんでいましたが、飲み会に備えて
後髪をひかれる気持ちで球場をあとにします。
残念ですが、しょうかないですね。


と、駐車場から車を出して、この日の宿を目指しますが、
その間も投手戦は続いている様子です。

ま、贔屓チームではない同士の対戦は、ノーストレスで見る事が出来るので、
また、機会をつくっていきたいですね。



と、いうことで。(´・ω・)ノシ
さて、交流戦が終わって、昨日からまたリーグ戦が再開しました。
カープは、タイガース戦で、交流戦のまとめのような
いいゲームをしてくれました。

今後も交流戦の良い経験を生かしつつ
この4日間の休みとった疲労をバネに、
元気に中盤戦に臨んで欲しいものです。


繰り返しますが、連敗以外は、いい遠征だった仙台遠征です。

さて、球場で食べたものですが、前日は、牛タン定食
(私は普通+p氏に牛タン2枚もらう p氏は牛タン1.5倍ライス大盛)を食べてから
すぐに球場にむかったので、最後まで腹が減らない状態だったので、
飲み物以外の飲食はなし。

そして、2日目。この日は宿の朝飯を食べてから、
ドトールで抹茶ラテなどを呑みましたが、お腹はいい感じに減っています。
アップ充分です。

球場一周してお店をチェックしてから実際に購入へ。
p氏はKFCの「ケンタ丼」を食べたがっていましたが、早々に売り切れでした。
スゴいなケンタ丼。
そこで、球場正面ゲートに戻って、ゲート横にある、
イーグルスクラフトビールを購入。

東北の3つのブルワリーと共同で作った
3種類のオリジナルクラフトビール。

原材料と味にこだわり、
ボールパークに最適な味わいを実現した
球団初の「EAGLES BEER」が誕生しました。

ぜひ、野球観戦のパートナーに
EAGLES BEERをお楽しみください。

とのことです。これは、楽しみです。

ゴールデンラガーやホワイトエールもあるなかで
私もp氏も
イーグルスビールゴールデンエールを購入。

球団クラフトビールに先鞭をつけたのは、横浜スタジアムのベイスターズクラフトビールですが
こういう追随する動きはいいですね。

そして二人して、バックネット裏の2Fコンコースへ。
p氏は、ラーメン☆ビリーさんのチャーシューアブラ飯を
そして、私がむかったのは、「メトロ倶楽部」さんです。

昨年の交流戦でKoboスタに来た時は、こちらで「のりもとんカレー」をいただきました。

それは、当ブログで「夏を赦す」「最弱球団:高橋ユニオンズ青春記」
「極貧球団:波瀾の福岡ライオンズ」
「プロ野球12球団ファンクラブ全部に10年間入会してみた!:涙と笑いの球界興亡クロニクル」
など、何冊かの著作を紹介されていただいています長谷川晶一さんの近著、
「このパ・リーグ球団の「野球以外」がすごい!」(集英社)で、
「選手プロデュース弁当の最高峰」と書かれていたからです。

ということで、いただいて、評価に間違いはない。
これは、めちゃくちゃ美味しいカレーだ!!!
と、思って、他のメニューも食べて見たい。と思ったからです。

と、いうわけで1年ぶりの店前へ

メニューを見ると、
のりりもとんカレー 甘口 
則本選手絶賛 やわらかい豚肉とたまねぎをじっくり煮込みました
¥950

青山ビーフカレー ごろっとビーフ 中辛 
ごろっと大きい柔らかビーフが入ってボリュームたっぷり ¥980

という選手メニューが目立つところに書かれています。


昨年来た時は、

厚切り伊達さくらベーコン
哲朗のザ・ホテルカレー 中辛 ¥950

がありましたが、今回はないみたいです。


選手プロデュース以外にも
カツカレー¥900 三元豚を使用したカレーの王道 カツカレー! 中辛
シーフードカレー ¥900
エビ・ホタテ・イカが入った魚介のうまみがたっぷりカレー 中辛
辛!チキンカレー ¥850 スパイシーな大人カレー 本格化にお勧めカレーです。
チーズバーグカレー ¥900
もありまして、いずれも美味しそうですが、


ここは青山ビーフカレーを購入しました。

パッケージで満面の笑みで微笑む青山選手。
則本カレー、ナゴドの福谷カレーに続く、選手プロデュースカレーです。

さらに、こちらも、長谷川さんがおしていた、
阿部カマボコ店のひょうたん揚げ(黒)を購入。
前回Kalafinaのストリングスライブ鑑賞に来た時、
帰りの仙台駅で、ノーマルバージョンを買いましたので、
ここは、球場限定の、黒を買いましょう。

と、いうことで無事購入を完了
カープの打撃練習を見ながらいただきます。

まん丸の容器を持って、青山投手の写真が乗っているふたをとると、
まずは漂う鮮烈なカレーの香りです。

盛り付けも、容器を半分に区切るように、きれいにライスが盛られています。
半円柱みたいな形です。そんなライスの上に
素揚げされたジャガイモ、グラッセされた人参、
茹でたブロッコリー、あめ色の福神漬けなどが上陸しています。
それぞれの色合いが鮮やかです。

そして、逆の半分側には、たっぷりの
ややオレンジがかっているものの濃い褐色のカレーです。
表面に丸く脂が浮いているのもいいです。
しかも、カレーごしに大ぶりなお肉も見えます。
これは期待大です。

では、カレーからいただきます。

あ、これは美味しい。
野菜由来のほんのり甘い食べ口から、太くて深いコクとか、
肉のエキスとかベースになるうまみがきます。
そして、食べ終わるとほんのりと残る軽い酸味もよくて、
これは玉ねぎとかトマトとかが味わいのベースになっている
ヨーロピアンなホテルカレーです。

この極太のうまみって球場カレーを超えるレベルです

そして、この太いコクに支えられたスパイスの香りに味わい。
この複雑なスパイス使いも凝っています。
中辛口なので、そこまで奔放に暴れる感じではありませんが、
甘口ののりもとんカレーよりもさらにジワジワっと体内に蓄積されます。
スパイスがローストさけているのか、ほのかな香ばしさも感じますし、
それが、カレーを食べ終わった後にも残り、口の中から無くなったら、
すぐまたカレーを食べたくなってきます。

これは、スゴいです。

しかも、カレーごしに見える大きい牛です。
たっぷりあるので、まずはひとつにかぶりつくと、
ああ、これも美味しいです。
肉自体がほんのりと甘くて、しかも肉滴がたっぷり出てきています。
口の中での存在感。塊のお肉にかぶりつくという
野生の本能を満たす味わいで、戦いの前に食べるのにはふさわしいです。
さらには、ほのかな野生の肉を食べる感を満たす野趣にとんだ
牛肉ならではの味わい。ああ、いいなぁ。

やわらかいということは、そこからたっぷりの肉滴が出てくるということ。
ただでさえ、表面に浮いている脂ですが、さらにカレーの味わいが複雑になります。

こんなのが、申し訳程度に1かけとか2かけしか入っていないのではなく、
一つ一つが大きいのに、ゴロンと存在感ある感じで
たくさん入っています。うれしいです。

ご飯とあわせても当然しっかりとカレーを受け止めて美味しいです。
ご飯も宮城県産米だそうで、こだわってます。

素揚げされたジャガイモも軽く甘くホコホコ、
バターの香りがするグラッセされた人参は、やわらかくも甘い。
ゆでたブロッコリーのほんのりと塩味が効いたアオい味わいもいいかんじで
それぞれ単品で口直し的に食べてよし、カレーの中に入れて食べてよしです。
福神漬けもあめ色のタイプで、赤い福神漬けもいいですが、
この上質なカレーにはこっちがあっています。
などと思いながらなた豆をポリポリ。

そして、ご飯にもあうということは、ビールにもあうということ。
空は青空、目の前では緑が広がり、野球が行われていて、
開放的な空間や、6月、入梅前のさわやか宮城の空気ともども
最高のご馳走です。
と、ビールで流し込んで、ご馳走様でした。

気がつくと、最後は軽く汗をかいていました。
こんなスパイスのいたずらもうれしいです。

さすが、イーグルスのブルペンを支え続けていた
ベテラン中継ぎ様の味わいです。

これで、青山選手を食ったど~! と大満足

ちなみに、こちら「メトロ倶楽部」さんは、
仙台駅前のホテルメトロポリタンが運営しているそうです。
まさに、ホテルのカレーです。

あ、p氏のチャーシューアブラ丼をp氏が分けてくれまして
こちらも、美味しかった。
球場でJ系って、いいですね。
p氏も僕がわけたカレーを美味しいといってくれました。

さて、これで満腹になったのでしばらく食的には
おとなしくしていましたが、しばらくして小腹がすいたので
いただいたのが、買っていた黒ヒョウタン揚げです。

ひょうたん揚げは、いわゆる"ひょうたん"の形をした
アメリカンドッグ風の食べ物です。
ただ、中がソーセージではなく、かまぼこってのが
仙台らしいですが、

改めてみると、おおお、これは黒い。

ケチャップがついていますが、まずはそのままの味をいただきます。

うん、サックリとした食感を楽しむと、口の中に広がる
ほんのりとしたアマさです。

そして、かじっていくと
竹炭を混ぜて作った 黒い生地に、
紫芋を加えた蒸しかぼこが見えてきます。このコントラストもいい。

なんか、以前食べた普通のひょうたん揚げと比べて
味わいも濃いですし、甘さも強いかな。

普通の色の方が食欲がわきますが、この黒さが頼もしい。
こちらを提供している「阿部蒲鉾店 本店」は、
魚の旨みと歯ごたえを生かした笹かまぼこで幽霊ですが、

揚げたてサクサクのほんのり甘い衣の中に、
宮城県民が大好きな蒲鉾が蒸してボール状に入っている
この料理に見せられないはずがないです

そして、コアの部分にあるかまぼこもしっかり美味しい
ひょうたん揚げの蒲鉾は、熟年された職人さんが一つ一つ丁寧に作る
オリジナルなものだそうです。こりゃいいです。

揚げてあるのに、ほんのりと魚の風味ってのがいいなぁ。

ケチャップをつけると、魚と衣のばらんすもいい感じ
美味しく完食いたしのした。



ちなみに、ひょうたん揚げとのりもとんカレーを紹介した長谷川晶一さんの、
「このパ・リーグ球団の「野球以外」がすごい!」(集英社)は、
なんと、楽天オフィシャルショップでも売られていました。

こういうところも好感持てます。
やはりいいなぁ、イーグルス。


では。(´・ω・)ノシ
出張先の旭川から自宅に戻って
急遽行くことになったカープvsファイターズ戦。
宿に車を置いてから、豊水すすきの駅に向かい
地下鉄で福住駅に行って、徒歩で札幌ドームへ。
周囲にいるアカい人を見るとウキウキします。

球場には、16時前に到着。
開場時間が16時30分なので、長蛇の列に並びまして
開門時間から10分後に入場。
ビジター自由エリアへ向かって、本日は、前から20列目の通路より。
イエローのレフトポールがややじゃまですが
いい席が確保できました。練習しているカープの選手も大きく見えます。

そこでHIROSE 26のビジターユニフォームに着替えてから
買い物に行きます。
まずは交流戦限定のタオルを購入。
昨年のは、残念ながら甲子園でなくしてしまったので、
まず、これはマストです。
そして、ご飯を調達に。自席から、一塁側の裏側をとおってぐるっとまります。

「球場三食」の日下ではないですが、出張先の宿での朝食以外は
なにも食べていない私です。あーお腹が減った。

三連戦のうちで、この日しか参戦できなかったということで、
まずカレーはマストです。
そして、札幌ドームでカレーといえば、「頑固おやじのカレー」さんですが、
前回、2016年日本シリーズで来たときにいただいていたので、
今回は別の店でカレーを食べよう。と、思って、
場内で「スタジアムグルメガイド」というリーフレットをいただきました。

そちらを見ると、2017シーズンNew &イチオシメニューと書かれたコーナーに
サポーターズキッチン106さんの「ビーフカレーイベリコ豚のメンチカツ添え」が
のっています。
「カレーのお供はサクサクのメンチカツ♪」のコピーもいい感じ。

ということで、これに決定です。
「サポーターズキッチン106」さんは、前回日本シリーズのときに
モチモチのナポリタンをいただいて美味しかった記憶があるので
期待できます。

場所は西ゲートの入り口に程近い、1Fコンコースの
ほぼバックネット裏にあります。

時間が早いということもあって、比較的すいているのがありがたいです。
注文すると、まもなくして登場します。

そして、帰りは三塁側のほうからぐるっとまわって自席にもどります。
途中「おおーい北海道」みたいな北海道を前面にオしているお店は
ビジター客の多い一塁側のほうがいいのでは、などと
余計なことを考えたりして、

そして「サブウェイ」のワゴンでハイボールを買ってから
自席に戻って、カープとかの練習をぼーっと見ながら
いただきます。

丸くて、中がライスのスペースと、カレーのスペースと、
福神漬けのスペースと三分割されている白いプラ容器に入った
鮮やかなオレンジがかった色合いのカレー、
そして、パセリの散らされたライスに
横にチョコンと乗っている、狐色のメンチカツ。
そして、あめ色の福神漬けです。

ふたをあけると漂うカレーのいい香りが食欲を加速そせます。

まずは、カレーから。

穏やかな濃い味わいで、軽い野菜由来の甘みや酸味がきてから
太くてしっかりとした肉系のコクが来ます。
この野菜のうまみや味わいを生かしながら肉のエキスをしっかりと出して、
カレーに深みを与えているやりかたって、ホテルの欧風カレーです。
さらに味わいを複雑にしてくれているのが、しっかり効いているガーリックのパンチです。
これらの土台の上で、次第に効いてくるスパイスの香りと味わい。
ヨーロピアンなホテル風カレーでありながら、
しっかりと、パンチがあるところが、カレー食べてる欲を満たしてくれます。

そして、ライスの横に鎮座ましましている、丸いメンチカツです。
細かく挽かれた衣がびっしりとついているタイプで、
エッジの効いた衣のつき方をしているわけではありませんが、
これはこれでいい感じです。

まずは何もつけずにかじりますと、見た目どおりの細かいパン粉の揚げ物特有の
サクッとした小気味いい食感がまずはいい感じ。
さらに中に入っているのが味わい深いイベリコ豚のミンチ肉です。
固めにまとめられたミンチ肉は、肉滴こそ、そこまで出るわけではないですが、
お肉自体の甘みがいい感じですし、ミンチになって、さらにいろいろな香辛料とか
たまねぎなどの味わいとともに、美味しくなっています。
そして、カレーに漬けてからいただきますと、

これは、カレーにあいますね。
いい感じです。

さらに食べ進めるときに「寝かす」食いをするために、
残りの1個を半分に割って、カレーの中に沈めます。

そして、カレーを食べ進めながらメンチをいただきます。
あ、カレーの中に牛肉がはいっていてトロッとなるまで煮込まれています。
この味わい、カレーをささえている、太い肉のうまみの味わいです。

野菜があまり感じられなかったのは、残念でしたが、
当然ほっこりと炊かれたライスともベストマッチです。

ハイボールもすすみます。

ということで、最後に、「寝かす」食いのため、カレーに沈めて、
衣をトロッとさせたメンチカツとともに完食です。美味しかった~
ごちそうさまでした。

ちなみに、こちら、前回来たときは、東京ドームホテル札幌が運営していましたが、
東京ドームホテル札幌の経営権譲渡にともなって、
お店の看板の左下には「札幌ビューホテル大通公園」と書かれていました。

と、いうか、この看板見るまで、東京ドームホテル札幌の経営譲渡とか
知らなかったんですけど。


そのうち、ファイターズの選手が守備練習に入りますが、
ライトに来たのがマツモト○ーこと、松本剛選手と
エースを狙う岡ヒロミ選手。
2人とも外野手でありながら12番と18番の背番号を背負っているのが
面白いなぁ、と思ったのでした。


そして、小腹がすいてきたゲームの途中、YMCAの直前、
ファイターズの攻撃が下位打線だということで 3Fへむかいます。

札幌ドームは、ファイターズの本拠地でありながら
日本ハムのショップが置けない契約なのとともに、日本ハム製品がほぼ売っていない中で、
唯一シャウエッセンドッグを売っている、ホットドックパークさん。

札ドに来ても、ファイターズ球団にお金がおりないのだったら、
せめて親会社の売り上げに貢献しましょう。

お店の前にいくと、プレーンのシャウエッセンドッグの他に、
チーズとかエッグなどのトッピングがはいったものがある模様。
ここは迷わずチーズを購入。サッポロクラッシックとともに持ち帰ります。

そして、自席に戻ってから、カワイラシイ箱に入ったホットドッグをあけて
チーズの香りがぷーんと漂うのを味わってから
ディスペンパックを軽く押しつぶしながらケチャップとマスタードをかけてから
ではいただきます。

パンは、フランスパン風バケットタイプで、
囓りがいのある、しっかりとした外面と なかのもっちりふわっとした食感のバランスが
まずはいいです。
噛み心地とともに小麦を食べているってのが実感できる 味わいです。

そして、中のやや細身ながらもプリプリのソーセージは、流石のシャウエッセン
皮の噛みちぎり感とともに、ちぎると溢れてくる肉滴で
美味しいソーセージの存在感が素晴らしい。
こちらにおつまみソーセージ系のメニューもありましたが、
こちらも行ってみたくなりました。
神宮の例をだすまでもなく、野球観戦とソーセージってベストマッチです。
ほんとうに日本ハムの商品つかって、ガンガンやればいいのに
経営センスが××です。利益や顧客の満足度よりも、自分たちの利権なんですかね。
などと、改めて愚痴りたくなるほどの素晴らしい味わい。

しかも、表面のチーズも薫り高い上に濃厚な味わいで、肉の味わいとは
違うベクトルの味わいの濃さで盛り上げてくれる。
このハーモニーもいいですし
タマネギ、レタスもたっぷりはいっていて、シャキシャキな歯応えと
さわやかな青みのある味わいは、肉とチーズで濃くなっている口内に
別の変化をもたらせてくれて、これりまたいいなぁ。

さらに、ビールにもあうんですよね。
ああ、幸せです。

京セラドーム大阪のいてまえドッグには、インパクトで負けますが、
味だったらこちらのほうが好みです。というか球場で食べるホットドッグとしては
相当レベルが高いかと。

場所が場所なら、頑固オヤジのカレーと並ぶ名物にもなり得るのに
などと思いながら、こちらをあとにします。

そういえば、「球場三食」の中で、日下がうまいうまいといって食べてましたっけ。


あと、球場めしを味わうようになってから、いろいろなチームのホームページに
行くことになったのですが、球団トップページからスタジアムグルメに飛べないのって
ファイターズくらいかもしれません。

こういうところも、不満なんだろうな~

 

では。(´・ω・)ノシ
交流戦、本日雨天ノーゲームになった、ベイスターズvsバファローズ戦を残して、
終了しました。
カープは、勝率、勝利数ともに同率一位でしたが、
直接対決で1勝2敗で、優勝はホークスでした。

ああ、本日のゲームで○か△で、カープが優勝だったのに





ここ一番で勝ちきれないカープと
大一番に底力を発揮するホークスの差が出ました。



交流戦が始まる前は、5割で乗り切れば御の字だと思っていたので
この結果はできすぎです。というか、去年といい、今年といい、
交流戦で貯金ができるって、今までのカープからすれば隔世の感ですが、

ああ、逃した魚は大きい。鯉が逃したものは大きすぎです。



と、は、いうものの、終わったことは切り替えて、
交流戦の優勝は来年のお楽しみ。

これからは、全力でセ・リーグのゲームに挑んでほしいもの。
当然私も一所懸命応援いたします。




と、いうことで、ここからがタイトルの記事です。

こちらも、そんなに振り返りたくないのですが





前日は孤独巡礼 カープ戦 Kalafinaライブ とお腹いっぱいの一日でしたが、
この日は、カープ戦観戦のみです。
しかも、この日は1塁側内野席。ということで遠慮なくアカい格好ができます。

と、チェックアウトの時間ぎりぎりまで宿でまったりとしてから
仙台駅へ。
時間的余裕があるので、ドトールでまったりとします。
周囲に同じようなこと考えているアカい人も少なくないです。
駅東口から徒歩で球場に向かいます。シャトルバスの乗り場にも列ができていますが、
見ると、結構歩いて球場に向かう人も少なくないみたいです。

昨日ライブの興奮さめやらぬまま歩いた道を
逆側に歩きます。
ついでに、前日した「イーグル整骨院って昔からあの名前なのかなぁ」
「カープ豆腐店みたいなもんじゃね」
「したら、イーグルス勝ったら整骨料が無料か」
などと、他愛のない話をしたのを思い出したりして

そして、サンプラザの横を歩きます。
昨日のライブの感想などを言いながら見ると、
この日はゴスペラーズのライブがあるみたいです。
まっすぐの道は、歩道も広くて歩きやすいです。

さらに進んでいくと、球場が見えてまいりました。
いい感じです。

本日は、正面から入るので、ゲートの手前で、
二礼二拍手一礼
野球の神様に面白いゲームと、カープの勝利を祈ります。
そうだ、先日勝てなかったのは、この儀式をしなかったからだ。

これで、今日は勝利です。


…と、
思った時期もありました…



さて、話を切り替えて、
正面ゲートをくぐってからまずむかったのが、オフィシャルショップです。
ここで、職場の同僚で野球話仲間に岸孝之選手好きがいるので、
岸のアイテムでも買っていこうと、広くて高い天井なので、
賑わっているるもののあまり圧迫感のない店内で
ぐるっと、みまわすと、岸選手のイメージカラー水色のマジックペンに
岸孝之と書いてあるグッズを発見。これですね。

そして購入。
レジカウンターの列が機能的だったので、長蛇の列が見る見る裁けていきます。
これは、いろいろと見習ってほしいところがあるなぁ
と思いながら、外で待っている畏友p氏と合流。
「早かったすな」とp氏。カクカクシジカと説明すると
「某札幌の×××××も見習ってほしいですな」とのこと。
ごもっともです。

そして、自分の席にむかいます。
この日は、一塁側内野指定席Bの前から1桁列代です。
ライトの選手が横から大きく見えますね。

結果誠也選手の好プレーをいくつも目の当たりにしたのですが。

そして、自席を確認したところで、昼食を調達に行きましょう。
とチケットを持って再び外へ。

ぐるっと一周して、私は、メトロ倶楽部の「青山のビーフカレー」を
p氏はKFCの「ケンタ丼」を購入しようということで、
まずは遠そうな外野のKFCに向かいますが、ケンタ丼は売り切れということで、
ふたたび正面にもどって、今年から導入された、イーグルスクラフトビールを買ってから
バックネット裏2Fコンコースに戻って
私は、メトロ倶楽部で、狙っていたカレーを、
p氏は、ラーメン☆ビリーの、チャーシューアブラ丼を購入

さらに、阿部蒲鉾店の黒ひょうたん揚げを2本買って自席へ戻ります。

自席でそれぞれ美味しくいただきました。
そうそう、「ラーメン☆ビリー」は宮城県下に何店舗か支店がある
宮城県下でも有名なJ系(G系?)ラーメンチェーンとのこと。
p氏の嗅覚、おそるべしです。

そして、昨日は着ることを自重していたHIROSE 26のユニフォームに着替えて
カンカンも取り出して、応援体制が整います。
周囲もほぼアカい人ばかりなので気合がはいります。


が、


が、


いや、誠也選手のホームランや、翼選手や丸選手のタイムリーは
良かったですし、

岸投手の全球団勝ち投手の権利も阻止しました。

祐太投手もナイピッチでしたが





ジャクソンがぁああああああ。




ま、2日連続で1点差とはいえ、連敗は連敗です。
敗者はさっさと去りましょう。

藤田選手のヒーローインタビューを尻目に
周囲の人に「ご苦労様でしてた」と挨拶してから

「雄×雄×雄×雄×」「クレ×ジーサ×コ×モはNG」とのろいの言葉を吐きながら
インタビューが写されている野外ステージのビジョンを横目に
球場を後にします。

そう入り口のゲートのところで、野球の神様に感謝するため
二礼二拍手一礼
徒歩で仙台駅を目指します。

途中サンプラザの横を通った時は、
「あれ、今日Kalafinaのライブじゃなかったっけ」
「てかゴスペラーズってなんだよ」などと現実逃避をするのもお約束。

その後、この日はゲームが長引いてもいいように20時05分の便を予約してましたが、
もう少し早い便でも大丈夫でしたね。

仙台駅のドトールで再び待ったりしてから、仙台空港へ
そこでお土産をシバいたりしてから飛行機に乗り込んで、
新千歳には定時到着。

KOTOKOのコトなどを聞きながらp氏を自宅に送ってから
私は、時間が遅いので、そのまま札幌で一泊して
翌日早朝地元に戻り仕事へ言ったのでした。


ゲームの詳細については、また後日更新できたらします。


この日のゲーム
カープ3-4イーグルス
勝利投手 ハーマン(1勝0敗1S)
敗戦投手 ジャクソン(0勝2敗1S)
セーブ 松井裕 (2勝1敗20S)
本塁打   鈴木13号(2回表ソロ)

と、いうことで。 (´・ω・)ノシ
今年は雪解けこそ早かったものの、その反動かというほど
気温の上がらない羊蹄山麓です。

そんなこの時期、個人的な最大の行事といえば、夏の大お祭りの当落であります。
結果は土曜日に準備会から発送されるとのことで、ネット上では盛り上がっています。

私、土曜日~日曜日まではカープvsイーグルス戦と
Kalafinaのライブで仙台に行っていましたので、
自宅にはおらず、そうでなくても北海道は到着が遅いから、
その日のうちには来ないだろうな…
そんなことを思いながら月曜日。遠征を終えて同行した畏友p氏をおくって
この日は札幌に宿泊。翌朝6時40分に自宅に到着。

いつもどおり来てないだろうなと、思いながら、
ワタクシが住んでいる集合住宅を出てくるときと入る前に
手を合わせながら念をおくったりして入ったのですが、ありませんでした

月曜日帰った時も儀式をすませても、来てませんでした。
火曜日、水曜日も同様
例年のこの時期はそうなのですが
いつも以上に、一日キッチリとオシゴトをしつつ
自宅に戻ってから、集合住宅の前で二礼二拍手一礼。
さらに自室の前のドア前でもお祈りをしたのち、荘厳な面持ちで郵便受けに対峙します

というか、火も水も自宅に持ち帰りの仕事とか、クリーニングの洋服とか
荷物が多すぎて、きちんと二拍手できなかったのも
要因かもしれませんが…

そして木曜日、この日は手荷物が少なかったので、落ち着いた心持で
二礼二拍手一礼
ドアをあけると、
果たして、玄関の靴の上に大きい封筒が

裏返しになってるので、ひっくり返して見ると、パラフィン紙の窓です。

キマシタワー!!!

当選通知です。

郵便物の窓からは、スペースの番号なども確認できます。

ということで、いつものように、「ヨッシャー」と
ガッツポーズをしたあと小躍りして、大お祭りの神様に祈りを下げます。

6回連続での、自スペースの参加です。

夏は比較的強い私ですが、三年前にヤられまして、
冬は、2008年、2010年、2012年、2013年などに抽選漏れをしていますが、
またまたまたまたまた自スペースでの参加です。

と、いうことで、またあの外も中も熱気で溢れてい
くっそアツくなっている大お祭りへと出向くことができます。

貴サークル「東行本舗」は、日曜日 東地区“X”ブロック-34b
に配置されました。

ああああああ、うれしい。またリアル世界でも、仕事でもがんばれます。

準備会から送られてきた文書を見ると、
東7.東8ホールにサークルが配置されて
西ホールはすべて企業ブースだそうです。

ただ、この配置の変更は、このあとも続くということで
やはり、オリンピックの影響というのが、ヒシヒシと感じられます。


相変わらず、オシゴト関係では結構テンパることも多く
更に新しい仕事が増えたりと、環境が変わったことで慣れない感じですが、
これでまたひとまず、この時の楽しみを支えにしながら、
生きてゆけそうです。

ということで、いっちょ原稿書きも気合いれてがんばりますか。


ちなみに、参加日は3日目、8月13日(日) サークル名は「東行本舗」
スペースは東2ホール“X”ブロック-34bです。

このブログであれこれ書いた、野球場で食べたカレーの話をまとめて
自費出版物にした「球場カレーラヴァーズ」の4巻を持ってゆく予定です。

興味がありましたたら、足を運んでいただければありがたいです



畏友p氏は今回は日程の関係で、申し込みをパス。
畏友GMクンの結果はまだわかりませんが、
わかりしだいこちらで発表させてしただきたいと思います。

夏の大お祭りについての最新情報は逐次こちらで報告していきたいと思いますので
今後もよろしくお願いします。


ということで (´・ω・)ノシ
宮城ツアーは、おおむね満足だったのですが、
カープが二戦連続の1点差で、惜敗ではありますが、連敗してしまったのが、残念でした。

と、いうことで、野球に関してはそこまでふりかえりたくないのですが、
振り返りです。



土曜日は朝5時少し前に、自宅を出て新千歳に車を走らせます。
この時間は車もいないので、快適なドライブです。
6時30分過ぎに、某牛丼店で、朝定食をいただいてすら
新千歳空港に入ったのが、7時過ぎの時間です。

そして、7時50分発のair-do 100便に乗ります。
機内では、いつもどおりの爆睡で、気がついたら着陸していました。

空港着が9時丁度。ここで畏友p氏を待ちます。
9時40分、p氏が到着。やあやあどうもどうも、と旧交を温めて、
仙台空港アクセス線に乗り込みます。
私的には、前回のKalafinaライブのときは新幹線で仙台に入ったので、
昨年の交流戦の楽天戦で使って以来1年ぶりの仙台空港アクセス線です。
ま、そんな感慨こそあれ、クダラナイ話に終始していたわけですが。

そして、仙台駅に到着して、仙石線に乗り換えて、
宮城野原駅へ。

もう、球場へ向かうひともたくさんいて、
昨年とかの興奮を思い出します。

宮城野原駅についたので、外へ。
駅の内部がクリムゾンレッドに統一されているので
野球に来た気分が盛り上がります。
駅の入り口の上にイーグルスのヘルメットがあしらわれている
愛らしい姿を写真に収めて、球場にむかいます。
途中、仙台育英高校のカッコいい外見を見たりとか、しますが、
球場に向かう、アカい人と、クリムゾンレッドの人を尻目に
逆方向へ向かいます。

仙台医療センターの横を進んでいくと、途中で逆側に
このあと野球を見るKoboパーク宮城の観覧車が見えます。
「サンキュー観覧車センパイ」

東北本線の貨物線をくぐって、宮城の萩大通りをすぎて、
住宅街をすすんでいくと、ファミリーマートをこえたあたりから
お店がふえだしまして、さらに進んでいくと、
信号の左側に黄色い看板を発見。

あれです。

牛タンの「萃萃(すいすい)」さんです。

そちらで巡礼をすませてから、
大満足で、来た道を戻って、球場へ。
さっき見えていた観覧車センパイが近づいてきます。
ああ、いいっスね~

途中、テニスの大会があります。前回通ったのは、陸上競技場の横でしたが
裏側にはテニスコートがあるのですね。

この日は、レフト側の席なので、カープグッズは自重して
次にいくKalafinaライブにそなえてのポロシャツの私と、TシャツのP氏です。
まずは、球場についてから、ぐるっと周囲を一周。
前回来たとき同様、やはり盛り上がっています。
見ると、餃子のイベントをしています。
前回はカープうどんとか、新井さんやジョンソンのメニューを
売っていたねえ。
さらに歩いて、楽天のショップを軽くしばいてから、再び外を歩いていると

あ、スラ様です。撮影会みたいです。こういう地方イベントにも
気分があがりながら球場に入ったのは13時20分。

この日は前述したとおり、レフトスタンド側で
10列ぐらい後ろには応援団がいるイーグルスのガチ席です。
ま、ここしかとれなかったのでおとなしく見るのですが…
すぐ近くに観覧車先輩も見えます。
おー、こんにちは、1年ぶりです観覧車先輩。

牛タン定食を食べたばかりなので、球場グルメはパス。
カープの選手が打撃練習をしていますので、しばし見てから

開幕前は、あいからわずスラ様が傍若無人なふるまいで安心します。
どこいっても、通常営業です。

そして、メンバー表交換あって、国歌を歌ったら、
イーグルスの選手が守備につきます。

この日の先発は、カープは、復活の野村投手
今日、勝ちをつけてイキオイに乗ってほしいところ。
イーグルスは真エースこと美馬投手です。

とはいえ、くこの日は、開始前からしとしとと少雨が降りてきて、
「グランド整備に時間がかかるので、開始時間は未定です」
とのアナウンス。
結局、試合開始は40分遅れてプレイボール
「アの人たちが来るから雨なんだよなぁ」
と、P氏と、Kalafinaあるあるで盛り上がります。
ま、K様が本日入りということがライブのMCでわかったので、
「戦犯K田を許すな」とライブ後に盛り上がるわれらです。

そして、2時10分ごろにスタメン発表があったり、
May Jさんの歌イベントがあったりして、
始球式ののちにゲームがはじまります。




と、いうことでここで時間切れ。
続きはまた更新します、
仙台市青葉区某所の宿で、今日のカープvsイーグルス戦に備えて
昨日のライブを思い出しながら、しみじみニヤニヤしとるんじゃ 
状態のイトーです。

もはや、お約束でありますが今回も、過去最高をクリアした安定のライブです。

それにしても、仙台、客層がアツいです。
だから、熱気があふれるライブハウス的なパートは、
本当に盛り上がっています。札幌バリのノリの良さで、
これはKeikoの仙台大好き~!!っていうよなぁ、

あー、このライブに参戦できてよかった。
昨日は完全燃焼しました。
本当にいいライブでした。




この日は、午前9時過ぎに仙台入り。
30分後の便で来る畏友p氏と合流して、
巡礼をすませてから、野球を見ます。

開始前から雨が降っていて、試合開始が40分遅れ
「アの人たちが来るから雨なんだよなぁ」
とKalafinaあるあるで盛り上がりまして、
8回表の攻撃、同点のところで、ライブの時間が迫ってきたので、
後ろ髪を引かれる気持ちで会場に向かいます

あ、何か盛り上がってる様子。イーグルスに追加点が入ったようです。
あああああ

さらに後ろ髪ひかれつつも、会場へ。
野球を開催しているKoboパーク宮城から
ライブ会場の仙台サンプラザまで、徒歩で10分。
だからこそ、ハシゴしようと提案をしたのですが、
天気も回復して、なかなかのライブ日和です。

そして、会場に到着。はじめてのホールに
気分も、あがります。

受付をすませてから、中へ
ホールの中で自席についたのが、17時20分くらい。
この会場は、初めてですが、アリーナ席のいすのアレンジメントが
左右が円形に近い感じで面白いです。
この席から、ステージがどう見えるのか、
そして、この形がどう熱狂に作用するのか楽しみです。

この日は、一階席の前から10列目。ほぼセンターで、ステージが近いです。
国フォも近かったけど、手を伸ばせば届きそうな場所に
ステージがあるのがいいですね。

いつもの梶浦曲のBGMが流れるなか、開演前の注意とかで
ライブ前のフワフワした雰囲気を味わっていると
定時ちょっきりに暗転して、盛り上がり。ライブ開始です。


と、いうことで、ライブの感想やセットリストは
「続きを読む」の下に書きます。よろしければ。


今までも味わったのですが、
9+oneということで、Kalafinaの9年間の歩みを振り返る構成なので
シットリ、じっくりと音楽を聞かせるパートあり、
ライブハウスもかくやという、アッパーチューンでのりのりオイオイパートあり
新旧織り交ぜられたセトリで大興奮のままライブが終了。

その後は宿近くの五橋小路さんで、
打ち上げをしてから、宿にもどったというわけでした。


歌姫s FBMさん、スタッフの方々本当にいいライブをありがとうございました。
参戦されて一緒にライブを盛り上げた方々、ごくろうさまでした。
お互いお疲れ様でした。


ってことで(´・ω・)ノシ





 ↓  続きはこちらから入ってください。
... 続きを読む
2017.06.10 CRAZY WEEK
金曜日、仕事を終えて久しぶりに自宅に戻るとも
月が赤いいろで浮かんでいます、

ストロベリームーンというやつです、

地球と月が一番離れる時の満月、一番小さく見える満月のネーミングです。
スーパームーンの逆です。

ネーミングが素敵ですね。

でも、この赤い月を見るとやはりKalafinaのRed Moonを思い出す私です。


さて、現在、仙台市青葉区某所に滞在中。

まずは、孤独のグルメ巡礼とカープvsイーグルス戦と
Kalafinaライブを終えて、
明日のカープvsイーグルス戦にそなえています。

本日は、カープは少々残念だったものの
あとの二つは当然大満足ないい遠征でした。
明日のカープは勝てればええねぇ。

あいかわらず遠征をするともいろいろ詰め込む私ですが、
というか、今週はいろいろと詰め込んだ一週でした。

まずは、土曜日の東京国際フォーラムでのKalafinaライブツアー。
日曜は、翌日からの仕事の関係で泣く泣く断念、
そして月~木まで、旭川でとまりで出張、

さらに木曜の夜、空きができたので、急遽
札幌ドームで、カープvsファイターズ戦をつっこんで、
金曜朝に帰宅して仕事に行ってから、
土曜に仙台に飛んで、カープvsイーグルス戦と
Klafinaのライブツアー。
日曜にも、カープvsイーグルス戦ということで

カープの1軍戦3試合、ライブ2本と

4月ほどではないですが 。なかなか詰め込んでいます
本当は札幌ドームでのvsファイターズ戦にも3連戦したかったのですが、
おしごとだからしょうがないです。

だから当初の予定からすると

6/3 Kalafinaライブツアー (東京国際フォーラム)
6/4 Kalafinaライブツアー (東京国際フォーラム) 欠

6/6 カープvsファイターズ戦(札幌ドーム) 欠
6/7 カープvsファイターズ戦(札幌ドーム) 欠
6/8 カープvsファイターズ戦(札幌ドーム)
6/9 カープvsゴールデンイーグルス戦(Koboパーク宮城)
6/10 カープvsゴールデンイーグルス戦(Koboパーク宮城)
 →Kalalfinaライブツアー (仙台サンプラザ)
6/11 カープvsゴールデンイーグルス戦(Koboパーク宮城)

ということになりました、

野球を見たすぐのあとのライブとか大丈夫か?? とも思いましたが、
ま、これは、Koboパーク宮城と、仙台サンプラザが至近距離
だからこそ出来た技で、カープの勝敗以外は大満足な
結果でありました。

さて、この次はライブも野球もしばらくお休み
7月下旬にまたまたまたまた広島には行きますが…

そしても8月は、言わずもがなの夏の大お祭りがありますし、

今年の偶数月は、いろいろオカしなことになりそうです。

と、いうことは、また10月も野球を楽しめるということですかね。
そうそう12月はガルパンの劇場版もありますし。

熱中できることがあるというのは、いいことです。


ま、そんな顛末はこのブログでまた語らせていただきます。

よろしければ、オツキアイください。

あと、土曜日は大手町の、
月から水曜日は旭川の
木曜は札幌の
土曜は仙台の、日曜は札幌の
某チェーン系ビジホにお世話になりました、
10日で7泊って、自分史上最大のハイペースだったりします。

ポイントがたまりまくったりもしたりして


ってことで (´・ω・)ノシ
6月7日のこと。
出張で旭川に行っていたのですが、どうやら翌日の仕事が
午前中であがって、午後の早い段階で地元に戻ってきて、
そのまま休めそうな感じでした。

その話を聞いたとたん、宿から一番近いセブンイレブンに行って、
この日のカープvsファイターズ戦のチケットをチェックすると、
外野ビジター自由席に空きがある模様。
これは迷わず手に入れます。

そして翌日。無事午後一時に仕事が終わったということで、
札幌ドームに車を走らせてから、
久々の生観戦での勝ちゲームを味わうことができたというわけです。
あああ。勝つってすばらしい。

岡田投手がナイスピッチ。
あの日シリなどで、やなイメージがある札幌ドームで、
ファイターズを初の三タテです。

ということで、恒例でございますので、みなさん御斉唱お願いいたします。


♪宮島さ~んの神主が~ おみくじひいて申すには  
 今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち ♪
♪宮島さ~んの神主が~ (ウゥ~! ワッショイ ワッショイ)  
 おみくじ引いて申すには~ (ウゥ~! ワッショイ ワッショイ)  
 今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち♪
 バンザーイ! バンザーイ! バンザーイ!!!




♪カープ カープ カープ広島 広島カープ  
 空を泳げと 天もまた胸を開く  
 今日のこの時を 確かに戦い  
 遙かに高く 遙かに高く 
 栄光の旗を立てよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ  

 勝ちに行くのが 選ばれた者のさだめ  
 一投一打が 勝負の全て   
 闘志をつくし 闘志をつくし 
 今ここで花と咲けよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ  

 鍛え抜かれた 精鋭の技と力    
 その意気愛して 見守る我らの  
 明日へ続く 明日へ続く 
 きりのない夢であれよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ   

 晴れのあかつき 旨酒を酌み交わそう   
 栄光手にする その日は近いぞ  
 優勝かけて 優勝かけて 
 たくましく強く踊れ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ ♪ 
 
バンザーイ! バンザーイ!! バンザーイ!!!

そんなゲームの振り返りです。

この日は、13時00分に仕事が終わってから、
札幌に車を走らせます。
途中買い物などもしたので、豊水すすきのの駅近くにある
宿にチェックインしたのが15時10分。
そちらで身を浄めて、カープのパンツと赤いアンダーシャツ
その上にカープアロハ2017とカーゴパンツを着用
東豊線に乗ります。あ、アカい人が早速乗っています。

と、いうことで、福住駅に到着。
この駅に来るのも、昨年の日シリ以来です。

徒歩で札幌ドームへ。
あ,何か他の球場とのアプローチに違いがある感していたのですが、
それって、交通量の多い国道を歩くからですかね。
そんな球場って12球団の本拠地では、こちらだけです。

球場には、16時前に到着。日シリ以来、半年以上ぶりの
札幌ドームです。気分が上がります。
南ゲートとの分離点にある場所のゲート前で、
二礼二拍手一礼です。
野球の神様、よろしくお願いしますよ。

開場時間が16時30分なので、そのまま並びます。
この時点で長蛇の列です。
ああ、この空気感。たまりませんね。

ということで、開門時間から10分後に入場。
この日はどん兵衛dayということで、
カップ麺のつめあわせをいただきました。

そして、ビジター自由エリアへ。
本日は、前から20列目の通路より。
イエローのレフトポールがややじゃまですが
いい席が確保できました。練習しているカープの選手も大きく見えます。

と、周囲でするビリビリ ビリビリって音で
養生テープを持ってくるの忘れたのに気がついた。
痛恨のミスです。

ま、切り替えて、そこでHIROSE 26のビジターユニフォームに着替えてから
買い物に行きます。
あ、スライリーが来てますね。

まずは交流戦限定のタオルを購入。
昨年のは、残念ながら甲子園でなくしてしまったので、
まず、これはマストです。
そして、ご飯を調達に。

「球場三食」の日下ではないですが、出張先の宿での朝食以外は
なにも食べていない私です。あーお腹が減った。
この日いただいたのは、サポーターズキッチンさんの
「ビーフカレーイベリコ豚のメンチカツ添え」と、
「サブウェイ」のワゴンで買ったハイボールです。
両方とも美味しかったです。感想はまた後日。

そして、カープとかの練習をぼーっと見ています。

時間が来たので、スタメン発表。
この日のカープのpは岡田くん。ファイターズのpは浦野選手です。
広島とのゲームで浦野がなげるんじゃねぇ。

後ろのビジョンにうつるファイターズの「倒セ!」のビジュアルが
かっこいいです。
ファイターズのスタメン発表の後に、応援歌を歌うファイターズファンに対して、
後ろのカープ女子は、「応援歌、賢介のしか知らないや」とのこと
うん、ワカルワカル。

そんななか、君が代を歌って、メンバー表交代が行われて、
ちびっこが始球式。

そして、ゲームが始まります。


1回表 カープの攻撃
先頭広輔選手、続く菊池選手と連続して、フォークボールを空振り三振
なんかヤな流れのところを、丸選手のショートゴロが内野安打になって
2アウトながらランナー一塁。
からの誠也選手。
「ホームランホームランせいや!」などと応援しますが、
誠也選手の打球はみるみるのびて、そのままレフトスタンドへ突き刺さります。
先制2ランホームランです。
びっくりしたぁあああ 浦野だけに。
そして、宮島さんの時間じゃぁああああああ。
バンザーイ!バンザーイ!バンザァアアアアアアアイ!!
と周囲の人と、カンフーバットをカンカンしながら、
初回の得点を喜びます。
続く安部選手はセカンドゴロに倒れますが、初回から2得点です。
これは幸先いいのう。

「すずーきせいやっ」どどんどどんどん のコールに
帽子をとってふかぶかと礼をする誠也選手に盛り上がるライトスタンドです。
いーぞーいーぞーせいやっ!!

1回裏 ファイターズの攻撃
「おかだく~ん、フォアボールだけはだめだぞー」との声に
笑いが出る周囲でしたが
先頭西川選手をいきなり歩かせます。
岡田投手、フォアボール うっ、頭が
状態ですが、続く杉谷選手のバットをへし折ってセカンドゴロにきってとって
4-6-3のダブルプレー 2アウト
レアード選手もサードゴロでチェンジです。

立ち上がりは悪くないですねぇ。


2回表 カープの攻撃
先頭エルドレッド選手選手がセカンドフライ
そして、バティスタ選手の登場。もりあがりますねぇ。
「昨日は~、レフトにーホームラン打ったので、
今日はライトに打ってもらいましょう。
もってこいもってこいバーティスタ!!」と応援団さん。
バティスタ選手はフォアボールを選び出塁。
続く松山選手はレフトフライ 會澤翼選手がレフト前に弾きかえしますが、
広輔選手がセカンドフライでチェンジです。

あああ、


.
2回裏 ファイターズの攻撃
先頭中田選手のゴロの打球はセカンドベースの上を通りますが、
そんなのを難なく裁く菊池選手。さすがです。
続く賢介選手の打球は、ライトの誠也選手の頭上をこえますが、
クッションボールをセカンドベース上の広輔選手にストライクのレーザービームで
ライトオーバーなのに、シングルでとめます。
続く大田選手ショートゴロ ここでもバットを折る岡田投手
そして、松本選手を見逃し三振でチェンジです。


3回表 カープの攻撃です。上位打線ですが、
先頭菊池選手ライトフライ
続く丸選手。「どどどん まーるっ どどどん まーるっ」
と盛り上がりますが、レフトフライ
誠也選手はセンターフライでチェンジです。

「外野の守備練習か~」とレフトスタンド。


3回裏 ファイターズの攻撃
先頭市川選手見逃し三振 、続く中島選手空振り三振
と連続三振から
西川選手サードライナーでチェンジです。


と、時間切れになりましたので、本日はここまで。
続きはまた後日更新します。
Kalafinaの前日の、ライブのスサマジサにヤられっぱなしの
私でしたが、本日の午前の便で北海道に帰らなければなりません。

本当は、この日のライブも見ることができるはずだったのに~

あああ

ならば、せめて巡礼を充実させたいねぇ、と思ったときに
ひらめいたのが、こちらです。

朝風呂と朝酒。ドラマの「昼のセント酒」の銭湯に行って、
さらにかるくシゲの食べたもので朝食にすればいいじゃん。
スゴい、沙希ちゃん天才!!

と、むかったのが、御徒町の燕湯さん。
こちらの高温のお湯を楽しんでから、あのメニューで、
「申~し訳ない」をするつもりです。

この日にとまった、内神田と大手町の間くらいの宿を6時40分ごろに出て
神田駅まで歩きます。
5分ほどで神田駅。そこから山手線に乗って2駅で御徒町です。
そこから歩くこと5分たらずで到着です。
というか、ここって、畏友GMクンと、
名店「ぽん多」さんでとんかつを食べるために
ウロウロした場所です。そうですか、ここでしたか。

むかったのは、東京の銭湯では珍しい、朝六時から営業をしている
「燕湯」さんです。
朝六時から営業しているということは、深夜バスとかできた時は
すごく重宝しそうです。
畏友P氏と、FJライブ関係で、大阪から東京の深夜バスにお世話になったとき
こちらも朝6時から営業している大田区糀谷にある幸の湯にお世話になりましたが、
そんな感じでも使えそうです。

銭湯の前に立つと、千鳥破風の瓦屋根が特徴的な
趣ある外観です。これはシブい。

国の登録有形文化財に登録されているのは伊達ではないです。

外には、「わ」と書かれた板があります。
こちら営業中は「わ」と書かれた板=わいた
営業終了したら「ぬ」と書かれた板=ぬいたが掲げられます。
イキを感じます。

入り口ののれんをくぐって、番台のお姉さんに湯銭を渡して脱衣場へ。
朝の七時なのに結構賑わってます。

中へ入ると湯槽は、普通のとジャグジーの2種類があるだけというシンプルさ。
湯槽の奥にある岩山は、富士山の溶岩です。
これも、文化財の対象です。

ああ、テレビのドラマのままです。

さらに壁にはでかでかと描かれた三保の松原と、富士山です。
富士山の絵がお江戸の銭湯です。
また壁画の富士山と浴槽の富士山の溶岩ってのが、いい演出。
ドラマの中では、摩周湖と「北海道 摩周湖」の文字でした。
このペンキ絵に場所を示す字は書かれていませんでした。
たぶん女風呂にあるのでしょうが、そのかわりというか、
ナカジマと書かれています。

この署名こそ、現在は、日本で2人しかいない、銭湯のペンキ画画家の
中島さんかの作品であることの証です。
みの味のあるビジュアルが、いいです。

この日は「ひのき風呂」だそうで、その緑色のお湯に身を沈めます。

確かにアツいです。

が、函館の温泉とかの我慢できないレベルではありません。
というか、これは、気持ちいいです。

ジャグジーも同様の湯温ですが、こちらのアワアワがまたいい感じです。
このアツさと気泡で、ライブの強行遠征とかの疲れが溶けていきます。
ああ、これは気持ちいいねぇ。

と、気持ちよさでうえを向くと、銭湯の天井が高くて開放的です。

と、しばらくお湯を楽しんでから、備え付けのリンスインシャンプーと、
ボディーソープで身を清めてから、またまたお湯につかります。

ああ、朝から申し訳ない。


そんな気分でこちらをあとにしてから、た×松さんを目指しますが、

こちら、今は朝営業をしていない模様です。

くー、残念。

ま、上野ならまた訪れる機会があるかな。


ってことで上ののエキュートの「三代目たいめいけん」で
モーニングをいただいてから、羽田空港にかむかったのでした。



ってことで(´・ω・)ノシ
Kalafinaが10周年を迎える2018年1月23日(火)日本武道館でのLIVEが決定しました。

毎年デビューした日である1月23日には、FC会員限定の
バースデーライブがありましたが、
そうですか、武道館ですか。

これは、仕事休みとっていかなあかんねぇ。

ま、チケットがとれたらなのですか

あと、FC会員対象の土日ライブとかないんですかねぇ。




さて、Kalafinaライブ前の物販で黒ポロシャツを購入し、
チェックインのため宿へむかいます。
この日の宿は、大手町と内神田の間で、一駅ですが、地下鉄を使いましょう。
と東京駅に向かう途中に、TOKIAの地下を通りましたが、
そこで2時過ぎなのに行列ができているお店がありました。

それが、「つるとんたん」さんです。
「つるとんたん」さんといえば、Kalafinaのオフィシャルブログで
Keiko嬢が
「今日はね、もうかれこれ、3年ぐらい『行こう行こう』言っていた場所に行ってきました。
うどん好きのHikaruがね、東京に上京してから一度行ってみたいと言っていたお店で、やっと3人で行けました♪
この大きな器が有名なお店なのでご存知の方も多いかな(´ω`)

Hikaruがメニューを選ぶ時が可愛くって(^^)たくさんあるメニューから悩んでたHikaru君…

Wakanaちゃんは、大好きなサラダを目の前にテンション上がってるし♪

年越し蕎麦ならぬ、年越しうどんにしちゃうぐらいうどんが好きなひぃちゃんと♪
良かったね♪」

と、書いていたお店。

大きい器が有名なお店、ということで特定されていました。

ま、Kalafinaのお三方が行ったのは、東京ビル店ではなさそうですが、
お三方絶賛のおうどんを食べてみたいなぁ、などと思いながらいったん宿へ。

そして、ライブは熱狂のうちに終了。
興奮冷めやらぬなか、ふたたびTOKIAの地下を通ります。
8時50分くらいですが、まだ8人くらい並んでいます。
お腹が減っていたので正直向かいのタンメン屋さんと迷いましたが、
いいライブの締めくくりは、Kalafina飯です。

と、いうことで列に並びます。
前には、日本語ではない言葉を話す男女の4人組が
ワールドワイドなお店です。
しかも私の後ろにも次々と列が伸びていきます。
スゴいですね。
ちなみに、KalafinaのTシャツなりポロシャツなりを着ているのは
私だけなので、Kalafina飯を、などと思っている人は
思ったより少ない模様です。

15分ほど待ってから中に通されます。
その間メニューを見ることができるのがありがたいです。

店内はおとしめの照明がいい感じ。
テーブル席に通されて、改めてメニューと対面します。

大判きつねのおうどん730円
昆布のおうどん730円
若布のおうどん730円
玉子とじのおうどん830円
紀州 梅干のおうどん930円
鶏のおうどん980円
肉のおうどん980円
天扶良のおうどん1,280円
釜あげのおうどん830円
天釜あげのおうどん1,380円
釜玉のおうどん830円
焼き餅のおうどん950円
博多明太子のあんかけ玉子とじのおうどん1,280円
浪花風 脂かすのおうどん950円
京しっぽくのおうどん950円
しゃぶ肉のおうどん1,550円
すき焼きのおうどん1,550円
ちゃんぽんのおうどん1,380円
鴨のおうどん1,280円
牛すじぼっかけのおうどん980円
カルボナーラのおうどん1,380円
つるとん三昧1,890円 きつね、天扶良、肉の三重奏
丹波黒豆 納豆のおうどん(冷・温)950円
山かけのおうどん(冷・温)980円
おろしのおうどん(冷・温)950円
博多直送 明太子のおうどん(冷・温)1,280円
天山かけのおうどん(冷・温)1,380円
天おろしのおうどん(冷・温)1,380円
肉汁のおうどん(冷・温)1,280円
鴨汁のおうどん(冷・温)1,280円
天ざるのおうどん1,380円
ざるのおうどん830円
紀州 梅ざるのおうどん980円
すだちのおうどん840円
海老クリームのおうどん1,280円
貝柱のクリームおうどん1,280円
鶏クリームおうどん1,280円
明太子のクリームおうどん1,280円
クリーム三昧のおうどん1,890円
海老・鶏・明太子・貝柱
カレーのおうどん980円
かつカレーのおうどん1,280円
牛すじカレーのおうどん1,280円
海老フライカレーのおうどん1,280円
カレー三昧のおうどん1,890円
海老フライ・牛すじ・かつ
しゃぶ肉カレーのおうどん 1,580円
鍋焼のおうどん1,580円
味噌煮込みのおうどん 特製秘伝合わせ味噌 1,580円
もつ煮込みのおうどん 1,480円

ほかにも夏限定メニューもありまして、目移りします。
Kalafinaのブログを見ると、Hikaru嬢のうどんは真っ白、
クリーム系か、釜揚げ系ですかね。
Keiko嬢のうどんには、たっぷりのとろろ昆布がのっています。

が、メニューが特定できません。

なら、食べたいものをいただきましょう。
と、肉系のメニューから、脂かすのおうどんと、ハイボールをオーダー
「 おうどんは、1玉から、半玉ずつ追加で3玉まで選べます 」
といわれました。そうか、だからこそのでかい器ですか。

でも、ここは最初なので1玉を選択です。

と、いうことで落ち着いた雰囲気の店内で待つことしばし。
都会のうどんやさんを感じます。
まずは出てきたハイボールで喉を潤します。
あー、ライブあけのハイボール、サイコーです。

お店が広くて、さらに、僕の前に入ったと思われる人の前にも
まだ来ていないので、時間かかるかな、と思ったのですが、
10分かからずに出てきました。
この威風堂々といた陶器の器。
「どうでしょう」の世紀末大革命恋愛大皿を器にした感じで、
洗面器大あるなかにたっぷりの脂かすと葱ととろろ昆布がのっている汁に
泳ぐ白い麺です。これは美味しそう。
出てきたレンゲもデカいです。

まずは、麺をひとすすり。
うん。うまいです。これば行列の理由もわかります。

うどんは麺が太めで、食べごたえあります
基本やわらかめな麺ですが、ほんのりとあるコシがいい感じです。
全体的にゴキゴキな武蔵野うどんとも、コシとヤワの重奏感覚が芸術的な讃岐うどんとも
やわらかさに特化した博多うどんとも違いますが、
この中庸が、西日本っぽいベースの味わいの汁を連れてきてくれて
相乗効果で盛り上げてくれます。
小麦の味わいもしっかりしていますし、これはいいですね。

そして、汁には、具の脂かすからにじみ出た脂が
たっぷりととけこんでいて、淡白さをベースにしている味わいに
深みを与えています。

そして、そこまでくどくないのがこちらの特徴ですかね、
汁にもギラギラと脂が浮いている感じではなく、
あくまでも上品です。

脂かすは、牛の腸を油で揚げてラードを抜いた残りで、
関西ではお好み焼きや焼きそばにも入っていたりしますが、
うどんの具に入れて提供するお店も数多くあります。

かす、という表現はともかく、コラーゲンとかが豊富な食べ物です。
しかも、ホルモンならではのやわらかさを楽しめる部分と、
脂でしっかり揚げられた、かりっと香ばしい部分との
ことなる食感のハーモニーを楽しめる上に、
ホルモンがたっぷりはいっていてボリューム感が増すのも
うれしいです。
さらに軽く噛むだけでじわっと溢れてくる、ホルモンならではの
野趣にとんだ味わいと揚げられたあぶらのあじわい、
さらには、うどん汁もしみこんでいて複雑な味わいが
口の中に広がって幸せになります。

ああ、大阪の食べ物は美味しいですねぇ。

とろろこんぶも、うどんや汁などの味わいを複雑にしてくれて、
これも大阪を感じます。
葱のアッサリとした味わいもいいアクセントです。

さらに汁がうまいので、上品ではないですが、
器を持ち上げてそのまま飲んでしまいます。

と、いうことで、ごちそうさまでした。


「かすうどん」は、基本的にはB級グルメですが、
うどんの高級店として知られる「つるとんたん」にかかると、
かくも上品なメニューになるんだなぁ、と感心し、

次に国際フォーラムに行ったときは、Hikaru Keikoうどんを食べるか、
さもなければ、カレーうどんに行くか

そんな楽しみもできました。


ってことで(´・ω・)ノシ
☆「BEER&Cafe BERG(ベルク)」 )」(新宿区新宿3-38-1 ルミネエスト新宿店 B1F)

「Kalafina“9+ONE”」東京公演のために上京しました。
本来は、2公演見るつもりでしたが、
仕事の関係で日曜の6時までに地元に帰らなければならない。

ということで日曜の公演はなくなく断念。
とっていたSkyMark最終の羽田~新千歳便もキャンセルして、
11:00、羽田便に振り替えます。

ならば、せめて巡礼は充実させよう。と、最初狙っていったのは、
ドラマ「孤独のグルメ」Season6に出てきた、あのお店です。

8時15分新千歳発のSkymark706便で羽田へ。

朝、8時に機内に通されますが、この時間って
Boccaの飲むヨーグルトがまだ入荷されていない時間でした。
せっかくのKalafinaライブツアーなのに、
Keiko嬢の飲むヨーグルトなしで上京ですか。
ま、かわりにニッカのハイボールを購入し、機内でいただきます。
と、このころ忙しかったこともあったので、
機内ではいつもどおり爆睡です。

そして、いつものように千葉上空で目が覚めた。
翼よあれがチバの街だ。トゥラトゥラトゥラぁっ!!
Zozoマリンスタジアムを上から見てから
飛行機は南へ進路をかえて、君津の製鉄所とか、
木更津からのアクアラインを通り過ぎたあたりで
飛行機は旋廻し、アクアラインとほぼ並行して飛びます。

ああ、シン・ゴジラがあらわれないかねぇ。
ま、あらわれて、羽田が閉鎖されたら困るのですが。

でも、「海ほたる」は、「シン・ゴジラ」だけでなく「食の軍師」にも出てきたので
いつかいかなくてはならんですかねぇ。

そんなことを考えながら、無事着陸。この日も5分早くの着陸です。
いいぞいいぞ。

10時01分初、青砥行きの快特で品川乗換え。
でもこのまま目的地に向かうと、流石に早すぎる気がしたので、
エキュートの本屋さんで、「週刊ベースボール」などを購入してから、
山手線で恵比寿へ。

恵比寿駅の東口から、ガーデンプレイス方面に向かいます。
いくまでは、動く通路「恵比寿スカイウォーク」があるのでラクチンです。
そういえば、ここを通るのは16年ぶりです。
そして、その時の目的地である東京都写真美術館の横を通ります。
そう、16年前は、畏友p氏らと、庵野秀明カントクの「式日」を
見に行ったのでした。

その時は、「庵野ェ」と思ったのですが、「シン・ゴジラ」で手のひらがちぎれるほど
返しました。そんな時代を感じる二箇所を2時間以内に通過するのがおもしろい。

ガーデンプレイスを抜けると、いっきに普通の住宅地だけになりまして、
そんななかをすすんでいくと、路地の入り口に、ゴローさんも見た
看板を発見。そちらをまわって少しすすむと
そして、目的地に到着したのが11時を少し回ったあたり、
特徴的なオブジェもあります。
お店の前には人が一人います。30分前でもそうなんですね。
などと思っていると、そのお客さんがお店の前にある
端末を操作してから、お店を去ります。
?
と思って端末を見ると、
なんと11組待ち、と書かれています。
しかも、10組待ちで1時間40分程度待ち時間です。と書かれています。
1時間40分。しかも、番組のなかでは、注文してから
40分待ちといわれていました。
ここで並んで食べていたら、物販に間に合わない。

と、いうことで、泣く泣く撤退です。
本屋で時間つぶさなければ、もっと早く入れたのかな。

と、いうことで、近場の大崎駅にお世話になること必至の
夏の大お祭りの時、コピーをすませてから再訪をいたします。

と、リベンジを決意してから、さて、どこでお昼を食べようか、
と思ったのですが、カレー欲はおさまりません。
近場でどこかで巡礼カレーが食べられないかなぁ、

と、思ったところで、思いついたのが、
「食の軍師」(泉昌之 著 日本文芸社 「漫画ゴラク」連載中)でとりあげられていた
新宿の名城「ベルグ」城です。(コミックでは「ベレク」)

こちらは、新宿駅東口地下街の駅近から新宿方面や歌舞伎町方面へ行く方向へ
改札でてからの150mほどという新宿ルミネエストの地下一階。
新宿駅から直結で行ける至近距離の超一等地にあり、
かつ安くてウマいということで、開店から閉店までの間、
常に混雑をしているので有名なお店です。

こちらは朝から職人さんの注いだビールが安くいただけますし、
サンドイッチなどのフードメニューや名物のソーセージ。
それからスープ類にコーヒーなどのドリンクや各種デザートと、
バラエティーにとんだメニューで、
朝7時からちびりと酒を楽しむ事が出来る酔っ払い天国でもあります。

僕も以前夜に訪れたことがありましたが、
新宿という立地でありながら、この安さとウマさ
と感動したことがあります。
そういえば、4年前、Kalafinaライブを大阪~東京と連戦したときにも訪れました。
それ以来の訪問です。

店の前に行きますと、行った時間は11時30前。
本郷が、モーニングと、ランチサービスの両方がある。
と、いうことは、比較的あいている時間では。
と看破した時間帯です。

とはいえ、当然この日も大盛況。店内は立ち飲みのカウンターと
テーブル席が分かれていて、 軽く酒を飲む人から、きっちり食べる人まで
なんでも来いという状態ですが。
立ち飲みのスペースまで、人が入っております。

どこか、あいてないかね、と思ったら2人掛けのテーブル席が空いている。
と、いうことで、そちらに荷物をおいてから、
料理などを注文をするカウンターに並びます。

こちらのお店は、カウンターで注文をしてから、出てきたものを
めいめい席までもっていくシステムです。

この日オーダーしたのは、こちらの名物、ソーセージの盛り合わせと、
五穀米と十種野菜のカレー
そしてハーフアンドハーフをいただきます。

前回は、レバー独特の野趣に富んだ魅力的な香りと味がうまみに昇華されていている
ピンクが鮮やかなレバーパテと、
濃い小麦と酵母の味がする、ボディーがしっかりとしたパンとの相性に、
サクッと軽やかにいただけるクラッカーとの相性を味わいましたし、
あと、カレーのトッピングにブルストソーセージをトッピングしたのですが、
もっと、たくさんソーセージを食べたいということでの選択です。

待つことしばし、それぞれを受け取って移動。

店内では昼間からビールを飲んでいる人、
コーヒーを飲んでいる人など、様々。
シングルも団体もカップルもこちらも
性別も年齢も様々。これがBERGですし、込んでいる理由の一つ。

では、東京遠征の成功を祈って、かんぱーい。

昼からビールを飲める幸せ。いやー、いいですね。
ビールは、穀物の味わいがはっきりとして、濃厚芳醇。
さらには、スモーキーなフレーバーもいいです。
これが飲むパン的なビールです。

ソーセージ盛り合わせは、
フライドポテトとポテトサラダとザワークラウトが選択できます。と言われまして、
ここは迷わずザワークラウトです。

ソーセージは塩気と脂っけが程よく、
肉の旨味が感じられるソーセージです、
わざとらしく肉肉しくはなく、
お手本のような正しいソーセージといった感じです。

ベルグといえば、ソーセージとレバーパテ。
唇と歯で感じる弾力あふれるやつに歯を立てて、
軽く抵抗するところを一気に噛みきる快感。
とともに、口内にぶしゅっとあふれて来る肉滴

あー、美味しくも、気持ちいい。
これは、すごく本格的です。

肉の味は当然良いので、それがウマさにつながりますし、
肉の味わいあっての肉滴のウマさなのですが、
この、肉を引き立てているのが、独特でワイルドな燻煙香です。
ソーセージを食べる幸せのすべてが詰まっているのではないでしょうか。

つけあわせのザワークラウトは、酸味も塩気もマイルドで食べやすいです。
ザワークラウトというと、酸っぱさとかしょっぱさがとんがって
ツンとした味のイメージでしたが、こちらは、酸味も塩気もおさえめながら
しっかりとキャベツのおいしさが感じることができます。

当然ビールも進みます。

そして、カレーをいただきます。

これが、トレーにのせられた段階でスパイスの香りがプンプンとする
期待の代物です。

見た目は明るい茶褐色で、十種野菜というものの
ゴロンゴロンと野菜が入っているタイプではないですが、
にんじん、カリフラワー、ブロッコリーなどが
細かく刻まれて入っているのが見てとれます。
一見するとキーマカレーみたいです。

押し麦が見え隠れするライスも、いいですよ。


では、こちらも、いただきます。

まずは、ほのかな甘みやさわやかな酸味とともに
しっかりとしたコクとか旨みが複雑に口の中に訪れます。

甘みはたまねぎをはじめ野菜のウマさが染み出した感じで
酸味はトマトや香味野菜由来のものでしょう。

十種野菜の名前は伊達ではありません。
酸味だけでなく旨みが凝縮された野菜の王トマトが働きかけて
十種野菜を見事にまとめています。
刻まれた野菜も、細かいながらもしっかりと野菜の味がします。
あ、豆の味もアクセントになっています。

しかも、キーマカレー風についているとろみも、
小麦粉ではなく、野菜由来のものです。

さらにさまざまな肉系とか乳系のエキスとかが複雑に絡みあい
カレーをウマくしているのが、まずはいい印象ですし、
この濃さとウマさにしっかりと支えられていて、
スパイスの奔放な刺激をささえてくれます。
さりげなく、肉滴がじわっと出てくるひき肉の味わいも素敵ですし
食欲をすすめてくれます。

この刺激とともに各種スパイスをこだわってブレンドした
かぐわしくも魅惑的な香りは、偏屈なマスターの作った
喫茶店のカレーのようでもあります。

そして、さらにこのカレーを盛り上げてくれるのは、ソーセージです。
3本とも、1/4くらい食べ進めたところで、カレーの海に沈めます。
カレーとともにいただきますと、前回こちらでいただいた
ソーセージトッピングのカレーを思い出しますし、
ソーセージからにじみ出た肉滴がカレーの味をより複雑にしてくれて、
あー、これは幸せな味わいです。

しっかりと炊かれたライスも、押し麦などのくにっとした食感などが
この個性的なカレーにあっていますし、
個性的な香りが強いビールにも、カレーとソーセージはよくあいます。

付け合せのピクルスも、いいカレーを盛り上げてくれます。

これらをすべてハーフアンドハーフで流し込んで

ごちそうさまでした。

と、大満足をして、Kalafinaの物販へと向かったのでした。

こちらは、
コーヒー職人・ビール職人・ソーセージ職人・パン職人が
それぞれのプライドをかけて料理にあたっているので、
このような価格と味で勝負ができるそうです。

あと、出入り口の横に「食の軍師」のBERGの回が
ラミネート加工されたやつが張ってありました。
愛されています。

ちなみに「BERG」とはドイツ語で城いう意味だそうです。

あと、前回も書きましたが、どなたかのブログで、

「そこはかとなく漂う左翼感」と書かれていて、なんか納得しました。
新宿には、未だにそのテの店が少なくないですから。
そして、その方は、模索舎に寄って変な本を見た後は必ず寄るそうで
摸索舎で買ったミニコミとかを読むのも、よくあいそう。

ならば、摸索舎大好きな畏友GMクンとかも気に入るかもしれません。



☆「ビア&カフェ BERG(ベルク)」(新宿区新宿3-38-1 ルミネエスト新宿店 B1F)
◇営業時間◇07:00~23:00(L.O.)◇定休日◇無休 
◇駐車場◇ 有(新宿駅ビル・ルミネエスト地下に駐車場あり)◇電話◇03-3226-1288





かつてラジオ内にあったコーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


ってことで(´・ω・)ノシ
現在おシゴトで、旭川某所に滞在中であります。
この旭川でお仕事が続く関係で、明日から札幌であるカープvsファイターズ戦には
参戦することができませんが、せいぜいお仕事先で、テレビ観戦で
応援したいと思います。がんばれカープ!!

さて、ここからが、タイトルの記事です。



北海道で一番オープンの遅い道道ではないかと
一説で言われているのが、倶知安町内と五色温泉を結ぶ
道道58号 倶知安ニセコ線の倶知安町花園からニセコ町五色温泉の区間です。

毎年、開通は5月の下旬までずれこんでいまして、
今年も開通が5月26日でした。

ここを通れば、蘭越の昆布とかをぐるっとまわることなく、
五色温泉まで、20分たらずで行ったり帰ったりする事が出来ます。

と、いうことで、行きますか。

共和の「ゆうじ」さんで美味しいスープカレーに舌鼓をうってから
岩内でお買い物をして。

そして、ニセコパノラマラインのドライブを楽しみます。
今年初のパノラマラインです。
ああ、楽しい道ですし、景色がきれいです。

それほど、山菜採りの車なども出ていないので
快適に走ることができます。
神仙沼のあたりは車がとまっていますが、
その他のところは交通量も少ない。楽しいドライブです。

と、いうことで車を走らせ
新緑を堪能しているうちに到着したのが五色温泉です。
車から降りると、硫黄の香りが漂っていて、
お出迎えしてくれます。いいねぇ。

最初は「山の家」さんに向かいますが、「今季の営業は終了しました」との表示
そうですか、まだでしたか。

と、いうことで、「五色温泉」さんへ向かいます。

厨房で湯銭を払い、久々の廊下を歩いて、
まず、むかったのは、手前にある「大浴場」です。
こちらは、内湯の湯花が結晶化している四角い湯槽と、
展望露天風呂の木の湯槽の気持ちよさがいいです。

脱衣場にいくと、先客は誰もおりません。
これは、ラッキーです。

う中へ向かいますと、内湯は湯槽が二つありまして、
二つとも湯がざんざんあふれていて、湯の花が結晶化したのが
湯槽の縁から床に模様を作っています。
湯槽の縁がボコボコになっているのも、
湯の成分の濃さを物語っています。


そして湯槽を満たすのは軽く碧がかった乳白色の湯です。
身を沈めると、すごくよい湯のあたり方に加えて、
ただでさえ盛大に漂っている硫黄香が鼻に近づいてきて
いい温泉に入っている感がたまりません

ああ、気持ちいいです。

露天は木でできているので、風情がありますし、
湯のかおりとともに木の香りもいい感じ。
新緑の山が目近に迫ってきているのもいいです。
ああ、自然に溶けていく感覚がたまりません。

そして、30分ばかし、温泉を楽しんだ後、
つづいて、奥にあるからまつの湯の脱衣場へいくと、
運よくこちらも先客がいないようです。

中へいくと、小ぢんまりとしていた浴室内は、
湯槽だけでなく、全体的に木造りなので、
さきほどの大浴場の露天よりも盛大な湯の香に混じる
木の香です。これは、たまりません。
お湯も、するっと肌になじみます。

やはり、こちらのお湯は好みですね。

露天も、すべすべの石の湯槽と
目の前に広がるニセコ連峰の眺めに加えて、
この蒼白くにごったお湯と、入ったらしばらく香りがとれないほどの
インパクトある硫黄の香りが、五色のキモです。

しかも、そんな温泉が貸切ですから、最高ですね。
さらに湯温が、先ほどの温泉にくらべて、すこしだけぬるい。
ということで、さらにまったりと温泉を堪能することができますし、
貸切ということで、心置きなく道南スタイルを楽しむことができます。

こちら秋口に行くと、とけるような鮮やかな紅葉を
冬場にいくと、そのそそりたつような雪庇に圧倒されますし、
夕方にいくと、五色温泉の名前は伊達ではない、
さまざまに変化する色合いのお湯に遭遇することができます。

やはりいつか泊まるしかないかねぇ。

というわけで、そんな極上の湯に身を沈めたり、
露天の風情を味わったり、中へもどって道南スタイルを楽しんだりしながら、
一時間ばかり滞在をして、温泉を味わいつくしたのでありました。

そして、開通したての倶知安市街へむかう道道を通って、
自宅へ戻ります。

山菜取りのために入山している車が多いのは、このシーズンならでは、
そんな人がさして広くない道の真ん中を歩いているのも計算には織り込み済みです。

が、そんな前情報だけでなく、自転車でこの道を走破しようとしている人とか
それこそ走っている人とかが予想以上に多く
車一台がようやくすれ違えるような道を丁寧に丁寧に走ったのです。

ま、私が働いている職場の同僚にも、同様な趣味を持っている人もいましので
納得ですか。



ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。

では。(´・ω・)ノシ
現在大手町と外神田の間くらいにある某所の宿で、
仕事が待っている現実へ戻る準備をしつつ、
昨日のライブを思い出しながら、しみじみニヤニヤしとるんじゃ 
状態のイトーです。

というか、何回史上最高を乗り越えるんだ、このアーティストは、
もう、毎回毎回がビックリの連続です。

わくわくホリデーホールのときも感じたのですが、
ホールライブでありながら、演出がド派手なアリーナライブばりでしたし、
熱気があふれるライブハウスの感じもあって、
ライブハウス国際フォーラムへようこそ!! なんてせりふも
脳裏によぎりました。

あー、このライブに参戦できてよかった。
惜しむらくは、今日が仕事の関係で北海道に早めに戻らなければならないので、
参戦できないということ。

さらに、レコーディングの関係で、仙台には、今野師匠だけでなく
櫻田さんも来れないとか…


でも、とりあえず昨日は完全燃焼しました。
本当にいいライブでした。




この日は、午前10時前に東京入り。

巡礼をすませてから、14時開始の物販に備えて、
12時30分に国際フォーラムへ。
前は何度も通っていましたが、中に入るのは2016年1月の
Kalafina LIVE TOUR 2015~2016 "far on the water" Special FINAL
以来なので、17ヶ月ぶりです。

ああ、あがります。
思わず
 ♪国フォのこ~ 「こっ!」  国フォのく~ 「くっ!」
国フォのフォ~ 「フォッ!」 せぇーのぉっ 「こ・く・フォっ!!」
と口づさむのもムベナルナナ

前には80人くらい並んでいますが、品川のエキュートで買った
週刊ベースボールを読みながら待ちます。

結局14時の10分前に列は動き出して、会場に入ると、花束の量が半端ないです。
14時15分くらいに、この日狙いを定めていた、
黒のポロシャツを購入して買い物を終了。
「こりゃ珍しい、Kalafinaの物販にしてはあんまり待たされん」
と周作さんっぽくつぶやいて、この日の宿へ。

ちなみにポロシャツは開演前に売り切れたそうです。
買えてよかった~


この日の宿は内神田で、神田駅と、地下鉄大手町あたりの間くらい。
そちらにチェックインしてから、シャワーで身を清めて
早速買ったばかりの黒いポロシャツを着てから神田駅から有楽町へ。

国際フォーラムから広島県アンテナショップTauまでは道路一本。
徒歩10分程度ということで、時間もあるのでそちらも覗きます。

一階に汁なし坦坦麺のキング軒が来ています。
ああ、お腹がすいていたら、迷わず食べてたねぇ。
しかも、前回札幌でライブに参戦した時も、
汁なし坦坦麺食べたねぇ、などと思いながら、2Fへ。

そちらで、344枚限定のカープと三次のコラボTシャツを購入。
やはり、こちらは避けて通れないです。


そして、開場時間5分過ぎくらいにに会場に到着。

そして、ホールの中で自席についたのが、17時15分くらい。
いつ来ても会場が広くて、天井も高くて気持ちいいです。
ここが、どう熱狂するのか楽しみです。

この日は、一階席の前から10列目代。上手よりの端から2番目の席ですが、
ステージ、思ったより近いです。
チケットの席見たときは、Wakana見切れたらどうしようと思いましたが、
そんなことはなくて、WakanaもFBMで一番上手よりにいた森本さんも
しっかり見えました。

いつもの梶浦曲のBGMが流れるなか、開演前の注意とかで
ライブ前のフワフワした雰囲気を味わっていると
定時ちょっきりに暗転して、盛り上がり。ライブ開始です。


と、いうことで、ライブの感想やセットリストは
「続きを読む」の下に書きます。よろしければ。


札幌でも味わったのですが、
9+oneということで、Kalafinaの9年間の歩みを振り返る構成なので
シットリ、じっくりと音楽を聞かせるパートあり、
ライブハウスもかくやという、アッパーチューンでのりのりオイオイパートあり
新旧織り交ぜられたセトリで大興奮のままライブが終了。

その後は「Kalafina」のブログにも出てきたおうどんやさんの支店で
一人打ち上げをしてから、宿にもどったというわけでした。


歌姫s FBMさん、スタッフの方々本当にいいライブをありがとうございました。
参戦されて一緒にライブを盛り上げた方々、ごくろうさまでした。
お互いお疲れ様でした。


ってことで(´・ω・)ノシ


というわけで、ここからがライブのセトリなどなどです。


 ↓ こちらから入ってください。



... 続きを読む
待ちに待った、「Kalafina “9+ONE”」の東京公演です。

4月末の札幌での熱狂が忘れられずに、
関係ないライブの告知でも、「わくわくホリデーホール」と聞くと、
思わず、あの日のことを思い出してしまう身としては、
武者震いがとまりませんし、
久々の国際フォーラムでテンションもあがります。


このところ仕事が忙しくて、そのせいで、本来は2日とも参戦予定でしたが、
泣く泣く日曜は断念。今日に集中します。
そして、これも忙しいせいで、今日までチケットを引き換えにいけなかったので、
空港近くのローソンでチケットを交換します。

と、

「今日、東京行かれるんですね、お気をつけて」と
お店の人に声をかけてもらいました。

こういう気遣いって、うれしいですよね。




このライブの模様は、また後日、当ブログで
報告させていただきます。



ここからはタイトルの記事です。


☆スープカレー ゆうじ(岩内郡共和町梨野舞納10-49)
土日オシゴト期間です。
とはいえ、午前中にオシゴトが終わったので、
久々に近場でスープカレーをいただきましょう。

そこで、向かったのが「ゆうじ」さんです。

かつては、こちらのお店は、岩内の中心地から少々外れ、
岩内高校のそばの周囲は住宅街にポツンとあって、
住宅街にも馴染んでいる感じのこぢんまりとしたお店でした。

現在は、国道276号を岩内に向かって走り、
バイパスで泊まり方向にむかわず、旧道を走ってしばし、
共和町から岩内に入る手前の国道沿いにあります。

ウッディーな外装の店舗に大きく書かれた
「スープカレー ~ゆうじ~」の文字が目立ちます。

町のちっちゃな洋食屋さんといった風情の明るい店内でした。
移転した新店舗も、喫茶店風の明るい店内です。

車を駐車場に駐めて、金属製の金具がオシャレな感じの
少し重い扉を開けて店内へ。

カウンターの席に案内されたので、そこで腰をおろしてまずはメニューを拝見


STEP1 カレーをお選びください
STEP2 辛さをお選びください
STEP3 ライスは別途100円頂戴しております。

■限定チキンカレー 1000円
 鶏肉・じゃがいも・人参・玉子などが入ってます。
■ハンバーグカレー 1000円
 ハンバーグ・じゃがいも・玉子・野菜などが入ってます。
■シーフードカレー 1050円
 エビ・イカ・ホタテ・ひる貝・アサリ・かに爪などが入ってます。
■ラムカレー 1050円
 ラム肉・じゃがいも・玉子・野菜などが入ってます。
■ポークカレー 1050円
 豚肉・じゃがいも・玉子・野菜などが入ってます。

■ヤサイカレー 1000円
 ヤサイが入ってます。

□ライス 100円

トッピングが
牛すじ(限定)300円  玉子 半身 50円  チーズ 100円  ラビオリ 100円
ナン 150円  チキン 250円  ハンバーグ 250円

辛さは 0~10番 無料 ・ 11~30番 50円
31~50番 100円 ・ 51~100番 150円

と、いう感じ。

そして、この日は、限定トッピング ポークブロック(豚の柔らか煮)300円
と書かれたオレンジの紙があります。
これは決定です。

野菜カレーに、ポークブロックとチーズをトッピング。
辛さは、少しせめて10番をチョイス

窓の外に広がる田園風景をぼーっと眺めなたり、新聞を読んだりしつつ
からんからんと、軽やかで涼しげな音をたてる水差しから
ついだ水を飲みながら、待つことしばしで登場しました。

芳しいにおいとともに清潔そうな白い皿と器に入った
スープとライスがいいです。

トマト由来の明るく濃いオレンジ色のスープに
焦がしバジルが浮いているイタリアン寄りのタイプで
軽く漂うガーリックやスパイスの香りもいいです。
たっぷりのヤサイにポークブロックが存在感あります。

そして、ココットの器のような白い器に入った
たっぷりのチーズです。これが本当にたっぷりある。
「カレーがアツいうちにお入れください」とお店のかた。

ならばそのとおりいたしましょう。
とカレーや具の上にまんべんにふりかけます。

と、いうことでまずは一口。濃い色同様に、味も濃厚です。
トマト由来のオレンジ色は伊達ではない
うまみの塊のトマト由来のガツンとくるウマいアジに
さまざまな具材からとったスープのパンチがいいです。
丁寧にとられたスープのウマ味が まずはくるのです。

しかも、このしっかりとしたベースに支えられてスパイスが暴れます。

土台がしっかりしているからこそのスパイスの暴れ方で
いい形で高めあっている感じです。

この、コク・ウマ・カラのバランスがスープカレーには欠かせませんから
そんな基本に忠実でツボをついた激ウマスープです。

ただし、濃いとはいうものの、くどく感じず、
むしろすっと後にひかず、ふわんと残響のように
香り程度しか残らないいサワヤカな飲後感は、トマトのおかげです。
トマト、バジルとの親和性がぴったりです。

でもって、このレヴェルの高いスープのアジは、
具材から出ているうまみも溶け込んでいなくては出せません。
さらにほんのりと漂うガーリックの味わいもいいかんじ。
トマトとガーリックとチーズで、これはイタリアンです。

だから、チーズトッピングが大正解。
たっぷりの量のチーズは後いれですが、これがいい感じに溶けていて
ことあるごとに糸を引いてくれます。

味もバジルの効いたトマトベースの味とあうこと。
やはりこのトッピングは大正解です。

トッピングのポークブロックも大きな塊ながらも、スプーンで軽く割ることができますし
割るだけであふれて、スープを美味しく味わいを複雑にしてくれる肉滴です。
これだけでうまそうですが、口の中にいれると
お肉の繊維がほぐれるのです。これはすごい。

お肉もほんのり甘ければ、脂身の濃い味わいもいい感じで、
口の中にも肉滴とともに肉の美味しさが広まります。

この肉とカレーの混ざった味わい。いいですね。


そして、いつ来ても驚くのが、こちらの野菜の味です。
三本入ったぶっといオクラと、火入れされてウマくなったブロッコリーと
インゲンと、グリーンアスパラいった緑色の野菜は、
野菜の中から青い野菜を食べているということを実感させてくれる、
新鮮な野菜そのもののウマい汁がじわじわっと出てきて、
なんだか食べればたべるほど健康になる感じです。

そして、このサワヤカな味がカレーの濃さを緩和してくれます。

イモも、素揚げしたジャガイモも、オイしい揚げイモもかくやという感じの
ホクホクさと、じゃがいものもっている旨味が凝縮されていて、
さらに、ほんのりと甘いという
さすが羊蹄を近くにひかえる地域のジャガイモだなーと、感心することしきり
しかも、しっかり甘いサツマイモも入っていて、ジャガイモとの対比が面白いです。

さらに、ほのかに甘いキャベツもスープをすってウマくなってますし、
柔らかでアマくなっているニンジンや、
太陽の恵みろをたっぷりと吸い込んだかぼちゃは、
油通しされたキャベツのアマさも素材のウマさがいかされながら
カレーの具材としてスープの刺激を盛り立てる存在です。

このさまざまな甘さのバリエーションが、辛めにしたカレーを盛り上げます。

共和町は、雷電すいかやメロンで有名な農業の盛んな町ですが、
そんなことを実感させてくれる野菜の旨味がいちいち感動的です。

さらに、米がウマいんです。
お店の外に広がるのは田植えを控えて、水がはられた田園風景です。
さすが、かかしの里共和町と改めて感心してしまうのです。

こちらも、さきほどのジャガイモ同様、新米の季節はさらにさらにオイしくなるのです。

そんな感じで、ウマウマいいながら
次第に汗だくになりながら、食べ進めていって、

で、ライスも残りわずかいつもどおり最後には
ご飯を投入して、残っていたゆで卵の黄身をスープに溶かして
一気にいただきます。

食べ始めた頃はそうでもなかったのですが
大満足のうちに食べ終わった頃には唇がヒリヒリしてきて
胃の腑にもどよんという辛いカレーを食べたとき特有の重い感じがココチヨイ、
こんな感覚もいいです。


でもって、水を飲みまして、
うまかったー。

ごちそうさまでした。

お金を支払い外に出ると、軽く吹く一陣の風が
汗だくの体にキモチイイです。

ということで、この後は、岩内でちょこっとお買い物をして
峠を越えて温泉に入ってから倶知安へもどったのでした。

ちなみに、店舗の所在地である梨野舞納は
道内の難読地名のひとつですが
「リヤムナイ」と読みます。

僕もこっちにきて始めて知りました。




☆スープカレー ゆうじ(岩内郡共和町梨野舞納10-49)
◇営業時間◇ 11:00~20:30 (L.O.20:00)
◇定休日◇ 不定休 ◇駐車場◇ 有り
◇電話◇  0135-62-5500



かつてラジオ内にあったコーナー 「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については 
左の欄のカテゴリー「印度化計画」をクリックしてくれれば、見ることができます。


では、また(´・ω・)ノシ
毎週木曜日のお楽しみ、講談社の週刊「モーニング」誌ですが、
「疾風の勇人」〔大和田秀樹さん作 講談社モーニングコミックス〕の連載が
終了してしまいました。

先週も書きましたが、「疾風の勇人」は、
池田勇人を中心とした、戦後の政治史を描いた作品です。

最終回は、鳩山内閣が成立して、吉田派は冷や飯をくらい、
吉田茂と白州次郎、さらに麻生太賀吉が政界を去るなかで、
いかに巻き返すか、という盛り上がる展開で終わりです。

あああ、残念残念残念。

しかも、麻生太賀吉とともにライフル片手に登場したのが、
若き日の麻生太郎。

さらに、この回に初登場したのが、カストロ、チェ・ゲバラ、
さらに、JFKと、それぞれかっこいい姿で

これからどうやって、話が展開するのか、

池田をはじめとして、吉田学校の面々は、
死闘のすえ、どうやって巻き返していくのか。

そこには、石橋湛山なり、岸信介なりとのアツいバトルあり、
石橋湛山とは、アツい師弟関係もあり。

そして、通産大臣から総理大臣になっていく過程での本領発揮。

さらには、今回マンガに登場したキャラといかに絡んでいくのか、
期待もふくらみますし、
ここからが、もっともっと面白くなるのに~

ああ、ここで、終わるなんて、本当の生殺しです。
無念じゃあ、姉上。

マンガの末にあって、
池田勇人の今後の活躍にご期待ください。
の一言にも、シミジミしてしまいます。


でも、今後の活躍にご期待ください。ってことは、
本当に期待していいの。
「死闘!55年体制編」も
「宏池会爆誕編」も、いずれ、見ることができるの。
本当に、続きを見たいです。お願いします、なんでもしますから 状態です。


と、いうことで、こんな駄文で恐縮ですが、興味をもたれたかたは、
ぜひ手にとって読まれることを強くお勧めいたします。
と、いうことで。(´・ω・)ノシ