【業務連絡】
①わくわくホリデーホールでのKalafina 9+oneライブレポート、更新しました。
よろしければ、見ていただければありがたいです。

②6月10日、11日のカープvsイーグルスのチケットとれました。
ただ、6月10日は、初日の一般売り開始30分後に行ったのに、
ライト外野も1塁側内野も全滅で、レフト側しかとれませんでした。
〔11日は1塁側内野指定がとれました。〕
ということで、この日は朝からKalafinaの9+ONEのTシャツを着て
野球にいけるので、着替える手間が省けてよかったね〔負け惜しみ〕



ちなみに、現在Crazy Aprilの締めくくり、ヨコハマスタジアムでの、カープ戦にそなえています。
昨日は今永くんを攻略して勝ちました。なんとか今日も勝って、2カード連続勝ち越しを
してほしいもの。

一生懸命応援します。





と、いうわけで、ここからがタイトルの記事です。

☆「アジアンスープカリー べす」(札幌市白石区北郷4条6丁目 5-15)

ようやく、ドラマ「孤独のグルメ season6」をリアルタイムで見ることできました。
初回は広島、二話は大阪で見ることできませんでした。

ということで満を持してみたリアルタイムの孤独のグルメですが、
安定した面白さでした。
ただし、さすがの元祖夜食テロ。見ている途中からスープカレーが食べたくてタマラナクなりました。

「カレー…、食べたい」ポンッ ポンッ ポーン!! って感じで。

が、目黒はさすがに遠い。

と、いうことで、札幌で元祖スープカレーを食べよう
と、アタマに浮かんだのが「べす」さんでした。

こちらは北郷通沿いで、旧店舗に比べて、以前サンクスだったところを改装してのオープンなので
駐車場の台数は増えているのがありがたいです。

私が店舗に到着したのは開店の10分前。
前夜の孤独のグルメの影響で、たくさん車がとまっていたら
どうしようか、と思っていましたが、一番ノリでした。

とはいえ、このあと三台くらい車が来ました。

開店時間になったので中へ行くと、木が多様された続いた内装で、
お1人さま、非喫煙ということで、カウンター席に腰を下ろして、
いつもどおりメニューを吟味。

こちらのメニューはレギュラーメニューが

チキンカリー 980円(基本野菜+チキン)
チキン野菜カリー 1080円(基本野菜(ピーマン)+カボチャ、レンコン、おくら、ブロッコリー、チキン)
チキン&かき揚げカリー 180円(基本野菜+チキン+かきあげ)
ハンバーグカリー 980円(基本野菜+ハンバーグ)
きのこカリー 980円(基本野菜+しめじ)
ベジタブルカリー 980円(基本野菜+ブロッコリー多め、かぼちゃ、レンコン、おくら)
ネバネバカリー 950円(基本野菜+刻みおくら、納豆、ひき肉、モロヘイヤ、ナメコ)
フィッシュフライ&焼チーズカリー 980円(基本野菜+フィッシュフライ、焼きチーズ)
モロヘイヤ&アサリカリー 950円(基本野菜+モロヘイヤ、あさり)
貝カリー 1一00円(基本野菜+ホタテ、アサリ)
牡蠣フライカリー 1100円(基本野菜+カキフライ5個)
シーフードカレー 1100円(基本野菜+バーナ貝、エビ、ホタテ、アサリ)
お子様カリー(小学生以下) 450円(にんじん、うずら卵、ピーマン、ミニハッシュドポテト)

土日限定ブタ煮カリー 1100円(基本野菜+豚煮)
ラム煮カリー 1050円(基本野菜+ラム煮)

※基本野菜とは…・にんじん ・キャベツ ・ピーマン ・なすび ・揚げジャガイモ ・バジル ・うずら卵  
※季節によって変わる場合がございます。
スープは通常のスープ以外にもナリアルスープ(+50円)トマトスープ (+50円)に出来ます

トッピングが
温泉たまご 120円
納豆 120円
モロヘイヤ 120円
チーズ 120円
レンコンのはさみ揚げ 120円
ウズラ卵(5ケ) 120円
ベーコン 120円
オクラ 130円
かきあげ 130円
いももち 130円
ロールキャベツ 130円
ハッシュドポテト 160円
ビストロ 160円
温トマ焼きチーズ 160円
焼きもチーズ 160円
豆腐のふわふわ揚げ  160円
あらびきウインナー 160円
揚げチーズちくわ 160円
ベコもちーず 200円
チキン 350円
フィッシュフライ 350円
ハンバーグ 350円
きのこ 350円


ライスは
大盛り(300㌘)プラス50円
特盛り(400㌘)プラス100円
特々盛り(500㌘)プラス150円

辛さが

0番 0.5番 辛み無し1番 1.5番 やや辛口2番 2.5番 中辛3番 3.5番 辛口4番 4.5番 
大辛5番 マイルド 5番 5.5番 
マニアむけ +50円6番 6.5番 +100円7番 7.5番 +150円

ただし、5番の手前に悪魔みたいのがいて
「こっちへおいで ケ ケ ケ 」なんて言ってますし
あなたの体調にあわせて、辛さをお選び下さい。とか、
ここからはマニアの領域です。辛くても怒ってはいけません…。

という警告文もいいです。


この日はゴローちゃんが選んだスープカレーに一番近そうなチキン野菜
辛さは4 トッピングはこれまたゴローちゃんセレクトのいももちと
そして、僕的定番でもある温泉玉子です。


そこで流れるレゲエとかを耳にしながら待つことしばし。
この日は、小さい子供連れが多かったです。
というか、この時点で僕以外のお客さんが4組いましたが、
4組とも子供連れで、いつものべすっぽい雰囲気ではなかったですね。

そんなことを考えていると、料理が到着。
味のある食器にのせられたターメリックライスと
これまた味のある深みの色合いが特徴的な食器のには、
茶色に近く、どこか緑色がかっても見える濃いオレンジ色スープに
これでもかってくらい入っている、たっぷりのバジルと
これまたこれでもかってくらい入っている、たっぷりのゴマが
スープや具材に散らされているのが見える感じで
この油の色がたまりません。
威風堂々のいももちもいい感じです。

その横に飾らされている水菜の緑色も、
茶色に近い濃いオレンジ色するスープとのコントラストがいいです。

しかも、この影に隠れているんです、チキンが

それと、トッピングの温玉が涙型の白い容器で出てきました。

まずはスープからいただきますと、
軽く漂うナンプラーの香りに誘われた、飲み口がいい感じですし
ほんのわずかな時差で、こくや旨みの塊が口一杯に広がります。
このコクと旨味がガツンとした感じのパンチで効いているのが、
べすのカレーの真骨頂です。

トマトの酸味や旨味をはじめとした、野菜や肉などから出てきたしっかりとしたコクと旨味という
土台がしっかりとしているからこそ、奔放に暴れる感じのスパイスの刺激が浮かないでなじみます。

さらに、塩分もいい感じできいています。
しょっぱいと感じる直前まで塩を振り続ける「よしながふみ」さんのマンガで得た知識を思い出したり、
今柊二さん的なボキャブラリーで言うと「おかず力が高い」スープです。
この塩分がガツンと効いてくるのも、べすのカレーの特徴です。

しかも、これだけアマ味と旨味とコクがありながら飲み口がさっぱりとしていますし、
飲み干した後はすっとひいて、残響のように、再びナンプラー香に導かれ、
すべての魅力が漂ってくるという、口の中に入れてから胃の腑に納まるまでの変化が
いつ食べても感動です。

バランスと旨みを堪能したあと残像のように残るウマ味と軽くジンと残る辛さの、
あと引くバランスまでが計算ずくの、たまらないカレーです。
ふんだんに散らされているゴマも健康になりそうで食べてよし香ってよし
このゴマでスープの印象が変わるのもいい感じです。
たっぷりバジルの香りも味わいもいいです。

そして、上にドンと乗っかっているのがいももちで、
まず、こちら、いただきます。

予想以上に表面がさくっとした食感
そして、さっくりした食感の中のもっちりとしたでんぷんたっぷりのいものお味、
サクっとかみ切った直後に、芋ならではの歯ごたえはないですが、
しっかりとする芋の味。いももち、いい。
これがスープに浸かっているのです。
だから、ことのほかさくっと揚がっている表面は
スープに使っている部分がトロットしています。
この差がいいですね。

そんな感じで上の具材を食べていると見えて来ました。
今回の具材のメインのチキンです。
骨付きのチキン、これだけでテンションがあがりますが、

さらに、このお肉がスプーンで軽く力を入れただけで、ほろっとなります。
肉の味わいもしっかりとしていて、淡白ながらしっかりとした味わいが
うれしいですし、骨気ということで獣肉食べている気分で気持ちがあがります。
さらに、旨味もしっかりとしているのに加えて、しっかりと煮込まれたおかげで、
スープのウマ味やこく、スパイスの香りなどが鶏肉の淡白さとあいまって、
味わいを引き立てています。

さらに、しっかりと熱を通しているのに、水分や脂が抜けてパサパサになっていなくて、
旨味を残しつつ、ウマイスープを吸い込みつつというこのバランスの良さに、
丁寧さを感じます。
肉自体の旨さと、肉滴の味わいのハーモニー。この旨味がたまりません。
この骨離れのよさもしっかりとした調理のたまものです。

そんな、メイン具材にも負けないのがこれまたしっかりと油通しがされた大ぶりなじゃがイモで、
この皮がカリカリに揚げられていて噛むとサクッと音をたてて
なかからは、こちらのハッシュドポテトの味に通じるジャガイモそのものの
ホクホクで甘みがうれしくて、これもスパイシーなスープとのコントラスト的にありがたいです。

ニンジンもほっこりと軟らかく調理されていて素材本来の自然な甘味と
やさしい滋養を味合わせてくれるとこもいいです。
それとやや大ぶりの一口大にカットされたところも、
食べやすさというところでいいです。

なす自体から染み出てくるなす汁と、油によってさらにオイしくなっていて、
そんなウマさにスープがあったコントラストのすばらしさ。

スープの塩気とスパイスの刺激を緩和するたっぷり入ったキャベツも
油通しがしっかりされていて、シャキシャキの歯ごたえと、
あまみがあっていいですし、ピーマンやオクラのアオみもいい。
こちらも油とおしがしっかりされています。

あと、ブロッコリーは、スープカレーのなかで、なんでここまでおいしくなるのかという、
独特の素揚げさけたブロッコリーの味わいと
れんこんはしゃくしゃくの歯ごたえにレンコン自体の淡泊な味それぞれが
しっかりとした味が引き出されております。

メインの具材以外にもしっかりと仕事をしているのがべすのカレーの魅力です。

食べ進めていくうちに、いももちがさらに柔らかくなります。
とはいえ、最後まで、さっくりとしてた雰囲気と
油の味を感じることができるのもさすがです。

そして、いつもどおり、ライスが1/3くらいになると
残りの具材とスープにライスを投入しまして温玉の黄身を半分「てゅるん」といただく
キラサギストであるワタクシならではの儀式を普段ならすすめるところですが、
今日はゴローリスペクトということで、軽く攪拌してからいただきます。

こちらの温玉は、すごく黄身が流出しやすいトウフメンタル的な温玉で、
今まで何度となく、食べている途中に、他の具に温玉の黄身をひっかけて
スープに流れ出させてしまう事故を起こしています。
が、今は後入れなので、そんな心配はありません。

ある程度スープで玉子が暖かくなった状態でもいただきたいので、
卵のスペースを空けてから、それぞれの具をいただいて、
軽く攪拌。

あああ、この食べ方もいいですね。
ごちそうさまでした。


こちらのおかず力の強いカリーでもビールかカクテルを一杯飲みたいなー
ま、かなわぬ夢っスよね。

なんて考えながら、お買い物にむかったというわけでした。



☆「アジアンスープカリー べす」 (札幌市白石区北郷4条6丁目5-15)
◇営業時間◇11:30~15:00、17:30~売り切れ次第終了
◇定休日◇木曜、第3水曜  
◇駐車場◇有り◇電話◇ 011-879-8151



かつてラジオ内にあったコーナー 「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については左の欄のカテゴリー「印度化計画」をクリックしてくれれば、
見ることができます。


よろしければ。



ということで。(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
ようやく、カープが勝ちました。
打線も上向きになってきた、ということを信じて、
この調子で、読売三連戦にそなえてほしいものです。

なんて、ゆーちょーなこちを言っている場合ではないです!!

現在札幌某所の宿で、仕事が待っている現実へ帰る準備をしつつ、
昨日のライブを思い出しながら、しみじみニヤニヤしとるんじゃ 状態の
イトーです。

というか、何回史上最高を乗り越えるんだ、このアーティストは、
もう、毎回毎回がビックリの連続です。

ホールライブでありながら、演出がド派手なアリーナライブばりでしたし、
熱気があふれるライブハウスの感じもあって、
ライブハウスわくわくホリデーなんて言葉も出てきました。

あー、北海道にいて、そして、このライブに参戦できてよかった。

しかも、これがあと三回見ることができる幸せです。



この日は、午後2時に畏友p氏と合流。
遅い昼飯ということで、札幌駅北口で汁なし坦坦麺を食べに行きます。
汁なし坦坦麺に温玉からめたり、残りにご飯をいれてまぜたりすると、
広島をおもいだすねぇ。

そして、本屋につきあってもらってからまず物販に向かいます。
時間の前に並びます。列は、福岡とか富山より少ないかな?
そして、時間が来たので、私は、Tシャツとパンフとハーモニーのチケホルを
p氏は、Tシャツを購入してほくほくです。

そのご、畏友tクンと、畏友sさんと合流。
大通り公園で飲みませんか、との提案があって、同調する私たち。
丸井今井の地下でパンを仕込んでから、大通公園へ
ああ、青空の下で飲むワインは最高ですな。

まだ開場時間まで、若干間があるということで、
わしたショップをシバいたりしてから再び会場へ。

物販の列よりも長い列が、ライブ前の気分をアゲてくれます。

そして、中に入って、自分の席へ。
前から1ケタ台のHikaru側の席です。ああ、会場に入った段階で空気がアツい。

いつもの梶浦曲のBGMが流れます。
アッパー曲のときに、体を揺すっている人がいるのにも気分があがります。

そんななか、開演前の注意とかあり、
そんなライブ前特有のフワフワした雰囲気を少しだけ味わっていると
定刻にライブ開始です。


と、いうことで、ライブの感想やセットリストは
「続きを読む」の下に書きます。よろしければ。



9+oneということで、Kalafinaの9年間の歩みを振り返る構成ながらも
シットリときかせつつも、ライブハウスもかくやという、
アッパーチューンでのりのりオイオイパートあり
新旧織り交ぜられたセトリで大興奮のままライブが終了。

その後はp氏、sさん、tクンと、もつ焼きで打ち上げをしてから
宿にもどったというわけでした。


歌姫s FBMさん、スタッフの方々本当にいいライブをありがとうございました。
参戦されて一緒にライブを盛り上げた方々、ごくろうさまでした。
お互いお疲れ様でした。


ってことで(´・ω・)ノシ


というわけで、ここからがライブのセトリなどなどです。


 ↓ こちらから入ってください。



... 続きを読む
この日は、宿のチェックアウトが10時だったので、
野田駅のBook1stで買い物をしても、まだ時間があります。
と、いうことで、甲子園歴史館へ。

感想は過日、当ブログで書いたとおり。600円の価値ありです。
と、いうことで、気がついたら開場時間の12時を過ぎたので、中へ。

昨日は外野レフとスタンドでしたが、
この日の席は、3塁側アルプススタンド。すぐ後ろが通路ということで、
トイレとか買い物とか行きやすい席です。

今日は風こそ強いけど、日差しが強いので、しっかりと日焼け止めを塗ってから
昼食を調達にむかいます。

この日の昼食を調達に行ったのは、アルプス食堂さん。
1塁側 3塁側 それぞれのアルプススタンドの近くにあるお店です。
店前まで行きますと、カツどんなどの丼もの、焼きそば、
そして、うどんをいただけることができるみたいです。
そして、狙っていたメニューはカレーうどんです。

甲子園カレーうどん 700円
甲子園カツカレーうどん 950円

の二種類から選択ですが、
ここは、昨日、カツカレーを食べてタイガースに勝利したというゲンを担いで、
甲子園カツカレーうどんです。
さらに、生絞りレモンチューハイをオーダー

すると、うどん作りと並行して、チューハイを作っていますが、
厨房のおねぇさんが、レモンを手際よく切ったかと思うと、
その半分くらいを力をこめて絞っています。
これだけで美味しいこと確定。

出てきたカレーうどんに、七味をバババッと振ってから
渡されたトレーに乗せて、それぞれを自分の席に戻っていただきます。

漆色の内側がいい感じの容器から漂うは、
カレーの芳しい香りです。
たっぷりの茶褐色のカレーはたのもしいですし、
その上には威風堂々たる狐色のカツです。
この茶系統のビジュアルに、散らされた小口切りの葱の緑が映えます。

では、いただきます。

まずは麺からすすります。
カレーとカツの合間から、カツやカレーと異なる穏やかな白い色合いの、
たおやかな柳腰がちらちら見えていますので、それを手繰ります。

うん。美味しいです。
麺は軽く腰が残るタイプで、武蔵野うどんほどのガシガシ感はないですが
最後のひと噛みの抵抗感が、難波のおうどんです。
これを口いっぱい頬張ると、この食感、口腔内をねぶる感覚が
たまりません。
重層的な歯ごたえと、最後に残る抵抗感が歯などに与える快感
そして、しっかりする小麦の味わいとうどんの魅力を堪能します。
球場飯はここまで進歩しているのです。

そして、うどんを味わっていると自然と口に入ってくるカレーですか
こちらも、しっかりと美味しい。
というか、うどんがカレーをたっぷりつれて来てくれます。
このリフト力、悪くないです。

カレーの汁は、汁の上にカレーを乗せたタイプではなく、
うどん汁とカレーが渾然一体となっているタイプ。
スパイスおさえ目のカレーは粘度も高くクリーミー。

ベースの汁は、関西風のだしの味わい重視で、やや塩気が効いている感じ。
ここに乗るカレーの味わいも、しっかりと肉や野菜から出たうまみ、こく、
それと、ほのかな酸味も感じます。
そんなうまみの要素が絡まって、ぶっとい基礎を作っていますし、
その土台の上でスパイスがしっかりと効いてくれます。

穏やかと思わせておいてじわじわとくる刺激。
大好物です。
しかも、うどんを食べていくうちに自然に口にはいってくる
トロトロに煮込まれた牛肉とか、たまりません。

そしてカツです。
丼の表面を堂々と覆い、衣もパン粉が軽く立っているタイプ。
そして肉厚なのが、箸づたいに伝わってきます。
軽くジャクッと噛むと、肉滴が溢れるお肉と、
歯ごたえのいい衣のバランスがいいです。
カツも肉厚ですし、衣もたっぷり。
ザクザクしているところがカツ食べている感を満たしてくれます。

そして、この衣ジャクジャクのカツをカレーの海に
ぐいっと沈めていく感じ。クリスピーさを殺す背徳感がいいです。

そんなカレーに浸ったロースカツにかぶりつくと
カレーのおかげで、軽くトロッとしつつも
油の味わいを残しているところがウレしいです。

七味を振ったので、辛さもパンチが効いていて、
カツらもカレーにも。それぞれ刺激が増しています。
ああ、美味しいなぁ。


下では、カープの選手がバッティング練習をしています。
ああ、この開放感。たまりません。
空気もオカズです。
ここしばらくは、前日の小雨の甲子園カレー
先週はドーム球場のうどんに、小雨の幕張でのカレー
さらに、雨が降ったりやんだりの由宇のカレーと
晴天下でのカレーって今シーズン初めてです。

そんな空気とともに味わうおいしいカレーを食べつくします。


ごちそうさまでした。



でも、最後に一気に飲んだカレーの汁ですが、
これにご飯をいれたら美味しいだろうなぁ。
さらにカツも残しておいたら、サイコーですね。

ま、それはまた次の課題とします。



そして、ゲームに入ります。

5回裏が終わった時点でダッシュしたむかったのが、
内野コンコースの「甲子園やきそば」さん。
でも、目的は焼きそばではありません。
狙っていたのは、たこせんです。

昨日焼きそばを買いに行ったときにチェックしていたものです。
ここまで、せっかく関西に来ているのに、
コンビニ飯、甲子園グルメ、ファストフードと、
関西っぽいもの食べてない。

ということから決定。

注文すると、二枚の海老センで、たこやきをはさんでから、
天カスとか、ソースとか、マヨとかをかけています。
いい感じです。

ホカホカな暖かさが伝わる紙の包みを受け取って、
帰りにハイボールを買ってから自席にもどりっていただきます。

かぶりつきますと、大きめの海老せんは、予想していたよりも
しっかりとしたパリパリ感があります。
そして、やってくるふんわりしたたこ焼きの味わい。
この食感の違いがまずは面白いです。

海老せんと、たこ焼きですから、予想通りの味。でも、それが嬉しいです。
そんなにタコでも、そんなにエビでもありません。

たこやきはソース味で、淡白な生地の味わいを残しつつも、
しっかりとした蛸の味とプリプリ感が楽しめます。
そして、たこやき自体にしっかりと味がついています。
うれしいソース味です。
かるく紅ショーガの苦味がアクセントになっています。
海老せんと好一対な頼りない噛み応えがまた面白いです。

ここに追いがけしたソースの味とともに、
マヨネーズの味がいい漢字で作用しています。
ソースとマヨの組み合わせはチープな味わいですが、
鉄板です。
天カスもパリパリした海老せんバリに
濃い味わいを追加してくれます。

これは、パリっとエビせん ペロっといける
大人も嬉しい たこ焼きサンドです。

それにしても、関西の料理って、
うどんの出汁とかをはじめとして、基本薄味というか
出汁の味わいを重視する繊細さがあるのに
ソースが加わると、昨日の焼きそばといい、今日のたこせんといい
インパクトがあるくらいのパンチが効いています。

このソースの味わいが関西人のDNAに刻まれているのですかね。


なんてことを考えながら、あっという間に完食です
ごちそうさまでした。

そういえば、メニューに玉子入りもありましたが、今回はプレーンで行きました。
とはいえ、次は玉子入れて行きたいです。


と、完食して、九里投手の好投とカープの打撃に期待をしたのですが











ってことで。(´・ω・)ノシ
先週の今頃は、甲子園でのカープ戦を連荘した私でしたが、
そこで食べたもののお話です。

4/15のことです。

12時の開門と同時に入場。自席を見つけた後、
この時点でまだ小雨が落ちていて、直前まで強めに降った時間もあったせいで、
打撃練習がないということで、

まずは腹ごしらえで向かったのが、外野席後ろの三階にある甲子園カレーです。
甲子園でカレーといえばおなじみの甲子園カレーです。
しかも、HPを見たら、ほうれん草や牛丼の具がトッピングメニューに加わったり、
美味しそうなカツカレーうどんがあったりと、
いろいろとそそるメニューがあるなかで、一番気になったのが、
新製品の甲子園黒カレーです。、

ということで、店舗へGO!

階段を上がると、お店です。このたたずまい、久しぶりです。
メニューを見ますと

甲子園カレー550円
ホルモンカレー 600円
国産牛カレー 800円
甲子園牛すじカレー700円

ロースカツカレー800円 トッピングロースカツ250円
ミンチカツカレー 700円 トッピングミンチカツ 150円
から揚げカレー 900円 トッピングから揚げ 350円
とろけるチーズカレー 650円 トッピングチーズ 100円
トッピング温玉 50円
甲子園黒カレー 650円
甲子園カレー(3種トッピング牛丼の具・ほうれんそう・チーズ)1,000円~

といったラインアップです。

三種トッピングと悩みましたが、初志貫徹で、
黒カレー。

そして、ゲンを担ぐために、勝つを
さらには、とろけるチーズをトッピングです。

奥のほうで、ライスを持ってから、カレーをかけたり
サクサクと音を立ててカツを切ったりしています。
ああ、美味しそう。

ということで、細長い白い発泡の器に入って登場です。
表面をおおうカツとチーズがいい感じです。
後ろのお店で生絞りレモンチューハイを購入。
本当は外で食べたいのですが、外は小雨が止んだばかり。
食べている途中で雨が落ちてきてもいやですし、
打撃練習とかもしていないので、
こちらの横のカウンターでいただきました。

白い器に1/3くらいご飯が見えて、残り2/3のルーの上に
大降りのカツと、アイボリーのチーズが半分半分で、
完全にカレーを覆っています。
福神漬けも下品にならない程度に入っています。

カツの狐色と、チーズのアイボリーの合間から見える
黒いカレーがいい感じで、カレーを隠すチーズを1/3くらいカレーに沈めると
さらよく見えてきます。

思ったより黒いです。
黒いカレーも好きな私にとってはテンションも上がります。
ではいただきます。

うん。美味しいです。
黒いからもっとガツンとくるかと思いきや、
すごくマイルドな味わいです。
この見た目と、味わいのギャップがまずはおもしろいです。
HPには、
「じっくりあめ色にソテーした玉ねぎ、独自にブレンドしたカレー粉や
香辛料などをじっくり煮込んだ味わい深い中辛黒カレーです。」
と、かかれていますが、ソテーされた玉ねぎは伊達ではない。
やさしい甘さがベースになっているのは、玉ねぎのおかげでしょうし、
さらに旨みやコクなどもぶっとくて、マイルドな酸味が
隠し味になっているのは、
玉ねぎ以外の野菜とか、肉から出てきている
さまざまなエキスのおかげです。
これらがベースになって、スパイシーさが生えますし、
さらにじっくりいためられた効果か、香ばしさも
カレーを深い味わいにしてくれます。
食べた後口がさわやかなのもいい感じで、
スパイスの刺激も、体や口腔内に働きかけて、
美味しいカレーを食べている感を満たしてくれます。

さらにカレーには、ほろほろに煮込まれた牛肉もあって、
これもカレーに熔けているエキスの旨みが凝縮された感じで
ほろほろ加減とともにうまいです。

そして、トッピングは大きく三つに切られたカツですが
この表面に軽くたつ衣がいいなぁ
軽く噛むだけであふれる肉滴がいい味わい。
赤身と脂身のバランスと味わいのよいお肉も美味しければ、
衣とのバランスもいいです。
さらには、下半面についているのはたっぷりのカレーで、
表面のさっくりとした感触と、下のすこしやわらかくなる華燭の
ハーモニーもいい感じです。

さらに、カツの横には、とろけかけたチーズがマーブル状のコロニーをつくっています。スプーンで掬うと糸をひくところも愛おしいですし、口にするとしっかりと、乳の味わいで、カレーの刺激を少しだけおさえつつ、今までカレーで味わったのとは別のベクトルの旨味を加えてくれます。乳製品とカレーの組み合わせは、やはりいいですし、
カツにもご飯にもあうだけでなく、
チューハイにもあって、チューハイもすすみます。
あー、最高です。

食べ進めていくうちに、さらにカレーに熔けるチーズ
黒に黄色がかったアイボリーが溶け込むと、
トラ縞に見えます。

これはトラを食って、カツ ということてが。
縁起がいいぞ。と思いながら、完食いたしました。
ごちそうさまです。

生絞りチューハイのカットレモンをかじって締めました。
ああ、美味しかったです。

と、自席に戻ると、小雨は上がった様子で、
野球観戦にふさわしい天気になっています。ありがたい。

そして、そのまま観戦します。
中盤で、カープがリードしている7回の
カープとタイガースのイニング間に向かったのが、
「甲子園焼きそば」です。

こちらは、カレー、焼き鳥と並んで、甲子園三大グルメのひとつ。
とはいえ、たいていカレーとか食べているので
なかなかお腹に収まることはなかったですが、
この日は朝飯を節制したせいで、カレーを食べても
お腹が減ってきた。ということで、初めてのご購入。

いろいろとトッピングがあるようですが、
本日は、プレーンでいただきましょう。

透明なプラの容器に入ったたっぷりの焼きそばは
上に青のりとか鰹節がちらされて、さらに紅しょうがが飾られて
これは、いい見た目ですし、
ずしっとくる重さと、かるく暖かいところがうれしいです。

と、いうことで自席にもどっていただきます。

まずは麺がぶっといですし、シコシコな噛み心地がいいです。
この太めの麺にしっかりとソースが絡みますが、
球場のHPには
「16種類の香辛料とリンゴやトマトの酸味が効いた、尼崎発祥「ワンダフルソース」で仕上げた焼きそばです。」
と書かれているとおり、絡むソースがまずは濃いのですが、
複雑な甘みと酸味と旨みが絡まりあった味わいです。
このソース、スゴいです。
どう見ても、お祭りの露天での焼きそばの見た目ですが、
ソースの味わいの濃さと、太麺のインパクトは、すごいです。
とはいえ、構える感じではなく、ほっと出きる味わいなのです。

しかも、具に入っているのが、たっぷりのもやしにキャベツ
それと豚肉です。
この具が、焼きそばの麺の太さと異なる味わいで
いいアクセントになっていますし、それぞれ甘い味わいとかが
ソースとともに焼きそばを盛り上げています。

表面の鰹節も旨みを出していますし、
青海苔の磯っぽい味わいに紅しょうがの酸味も
イチイチいいです。

と、いうことで、完食いたしました。


ごちそうさまでしたる

食べ物は美味しいし、カープは勝つしで、
いい一日でした。



と、いうことで、翌日たべたものは、また後日
当ブログで書きたいと思います。


ってことで(´・ω・)ノシ
あああ、残念です。
九里投手が好投していただけに、序盤の拙攻が悔やまれます。
ま、野球は失敗があるほうと、流れを呼べなかったほうが負ける
そんなスポーツです。

この日は6時30分に起床。7時に軽く朝食を食べて
ブログをポチポチやってから荷物をまとめて、
身を浄めてから、赤い半そでのアンダーシャツ、カープショップで買ったパンツ
HIROSE26の紅のビジユニを纏います。
この日は最高気温が22度との予報なので、半そでがいいです。
10時に宿をチェックアウト。商店街を通って、阪神野田駅へ。

BOOK1stを軽くシバいてから尼崎行き急行、そして直通快速で甲子園についたのが、
11時前でした。時間が早すぎたせいで、写真をとろうと思っていた
縦じまの自動改札機がある場所はまだ開いていませんでした。残念。
メインストリートを通って甲子園球場へ。
8号門の前で、二礼二拍手一礼。野球の神様にお願いし、カープの選手の活躍を祈ります。
そして写真をとってから、まだ時間が早いので、
今日は、最初から行こうと思っていた甲子園歴史館へ行きます。

ちょっと行くのが早すぎた?とも思ったのですが、ぜんぜん杞憂で、
たっぷり1時間以上堪能することができました。

展示品も、入り口のところの、甲子園全出場校名の書かれているボールだけで、
ごちそうさまです。こういうの大好きです。
高校野球の展示も、阪神の展示もそれぞれいいですし、
阪神の功労者のレリーフのところで、小鶴誠と、石本秀一を発見。
「小鶴じゃ、小鶴がおるぞ」といいながら写真をパチパチ

これだけで大満足なのに、さらに、バックスクリーンビューが公開されています。
甲子園球場の、オーロラビジョンと書かれている、バックスクリーンの
下に入れるのです。
ここから、阪神の選手がバッティング練習をしているのも見えます。
これだけで600円の価値ありですよ。

と、大満足をして、ショップで、ライン引き型の修正テープとか買ってたら、
開場時間の12時です。てせは中へ行きましょう。

この日の席は、3塁側アルプススタンド。すぐ後ろが通路ということで、
トイレとか買い物とか行きやすそうないい敵です。
今日は風こそ強いけど、日差しも強いので、しっかりと日焼け止めを塗ってから
昼食を調達。
この日の昼食は、アルプス食堂の甲子園カツカレーうどんと、生絞りレモンチューハイ
それぞれを自分の席に戻っていただきます。
下では、カープの選手がバッティング練習をしています。
ああ、この開放感。たまりません。
空気もオカズです。

カレーうどんの感想はまた後日。

12時45分、野球場へ行こうが流れます。そしてうどんも食べ終わり、
カープ選手の練習も、バッティング練習以外あらかた終わった感じなので、
内野のコンコースの売店をぐるっとシバきます。
そこで、気になったタイガースバーで、ジントニックを購入。
野球場でジントニックが飲めるなんて。

そして、自席に戻ると13時25分。今日のスターター発表を経て
13時30分。今日のスタメン発表です。
タイガースの今日の1番は糸原選手で、おおおっと声が上がります。
お、球審は白井さんです。

13時55分に六甲颪が流れて、メンバー表交換。
そして、FC代表の人の始球式を経て、プレイボールです。
本日、カープの先発は、ここまで既に二勝している九里投手
タイガースの先発は能見サンです。

1回表 カープの攻撃
先頭の広輔選手がいきなりセンターへのヒットを放ちます。
「こんな一番、阪神にはおらんで」と黄色いユニを着た人が言ってます。
続く菊池選手もレフトへのヒットで出塁して1,2塁
丸選手はショートゴロですが、これが進塁打になって 1アウト2,3塁
続く新井さんの打席で、飛ばすチャンスが流れます。
ひぃろっしまぁ!!
新井さんフォアボールを選んで満塁
誠也選手の打席では、チャンススーパーです。
ここで、きめろ! せーいーやっ!! 
と、誠也選手の打球はレフトへとび、これが先制の犠牲フライになります。
宮島さんじゃああ バンザーイ!バンザーイ!バンザァァァァアアイ!!
周囲の赤い人たちのカンフーバットをカンカンします。
そして、続くエルドレッド選手の打席
ドドンドドンドン エルードレッド! ドドンドドンドン エルードレッド!
のコールにおくられまして、エルドレッド選手はフォアボールで出塁して再び満塁
ただし、続く小窪選手。チャンススーパーが流れますが、
ショートフライでチェンジです。
ああああ

1回裏 タイガースの攻撃
糸原選手見逃し三振 高山選手空振り三振
糸井選手ショートゴロと三凡です。

今日もよさそうです。


2回表 カープの攻撃
先頭會澤選手がレフト前のヒットで出塁し、
九里選手は初球をバント成功でチャンスを作って上位へ
ただ、田中選手 空振りの三振 菊池選手ショートゴロでチェンジです。

能見投手もいい感じです。

2回裏 タイガースの攻撃
福留選手 原口選手を連続でフォアボールで出しますが、
続く鳥谷選手見逃し三振 上本選手ショートゴロ
梅野選手ライトフライでチェンジです。
OKOKいい感じです。

3回表 カープの攻撃
先頭丸選手。二文字応援でおくられます。
おおおおおおおおおー ま・る!
と、センター前ヒットで出塁します。が、
続く新井さんの打球は平凡なショートゴロで6-4-3のダブルプレーです。
「これ、阪神時代の新井さんや」「今日、一番うれしいわ」と、阪神ファン
誠也選手がレフトへのヒットで出塁すると、エルドレッド選手のあたりは
レフトの左を鋭く抜くあたりで2,3塁になります。
が、小窪選手がワンバウンドした球を空振り三振でチェンジです。

あああ、この回も小窪選手です。
というか、新井さんのゲッツーなければ、勢いついた場面ですが。

この回がこの日のゲームをある意味決めた回となりました。

ピンチのあとにはチャンスありになるか

3回裏 タイガースの攻撃
先頭能見さん、続く糸原選手と連続フォアボールから
高山選手の打球は、九里投手のグラブをはじいて、
さすがの菊池選手もまにあわず、内野安打で満塁です。
九里投手この日初安打です。
さらに糸井選手の打球をファーストの新井さんがはじいて、一塁のみアウト
その間ランナーが生還して、同点に追いつかれます。
ああ、六甲颪が響く窮状です。
ただ、福留選手見逃し三振 原口選手レフトフライでチェンジです。


4回表 カープの攻撃
先頭會澤選手がボテボテのキャッチャーゴロ
続く九里選手の打席では、二文字応援です。
オオオオオオオオオー く・り!
10球粘りますが、見逃し三振。
途中でファールになったボールが跳ね返ってフェアグランドに転がっていったのを
拾いにいったりしてました。
「いいね、九里」「やさしいね」などと声があがります。
広輔選手がセカンドゴロでチェンジ

4回裏 タイガースの攻撃
鳥谷選手ファーストゴロ 。ベースカバーに入った九里選手との呼吸もバッチリです。
上本選手セカンドゴロ 梅野選手 空振り三振でチェンジです


5回表 カープの攻撃
菊池選手センターフライ 丸選手空振り三振
新井選手ライトフライで、あっさり三凡です。

5回裏 タイガースの攻撃
タイガースは好投の能見選手に代えて伊藤隼太選手をおくります。
「なんだよ、ハヤタかよ~」などと阪神ファン
ところが隼太選手の打球は1.2塁手の間を鋭く破るライト前ヒットで出塁
九里選手、初めて外野へのヒットを打たれます。
「最初から、ハヤタ使えよ」「さっきと言ってること180度違うで」とさきほどの人。
糸原選手がピッチャー前のバントで送って1アウト2塁
ただ、高山選手ファーストゴロ 糸井選手をピッチャーゴロでチェンジです。

ランナーは出すもののなんとか踏ん張る九里投手。
ここはなんとか援護してほしいものですし、
ここからは中継ぎなので攻略をしてほしいものですが、
結果から言うと、桑原、マテオ、ドリスとつないだタイガース投手陣に対し
このあと、カープにヒットは生まれませんでした。
八回は先頭菊池選手がライトへヒット性の大飛球をとばしますが、
前日に続いて、この日も福留選手にとられていましました。

くぅぅぅぅぅぅぅぅ

さらに、九里投手も六回、七回と、三者凡退にきってとりますし、
7回なんて、上本、梅野、北条と三者連続空振り三振でした。
くぅううううシビレルぅ。

ただ8回裏 タイガースの攻撃
先頭糸原選手を菊池選手の変幻自在の忍者守備の餌食にしまして、
カープ的には、久々の盛り上がりがありましたが、
高山選手をセンター前ヒットで出して、
糸井選手こそ キャッチャーへのファウルフライできって2アウトになりますが、
高山選手に盗塁をきめられて
福留選手には四球を与えて 1,2塁
ここで、打順は原口選手。2アウトだし、今日も昨日も一本でていないし
と思っていたら打球はレフト前へ。勝ち越しタイムリーになって逆転されました。
続く鳥谷選手を九里投手を救援した薮田投手が三振にとります。

そして、9回表 カープの攻撃
エルドレッド選手サードゴロ 代打の安部選手、代打の松山選手
連続で空振り三振 でゲームセットです。


ああああああ。

そのまま、球場をあとにして、
球場むかって、二礼二拍手一礼をしてから
甲子園17時初の伊丹空港行きのバスの人となったわけです。


ま、得点とるべきところでとらなかったら、
こうなりますわね。ってゲームでした。

なんか今までのカープのゲームでもよく見た気が。


ま、九里投手は投球自体悪くなかったですし
次につながるピッチングでした。

野手陣も切り替えて次のゲームにそなえてほしいものです。


明日は勝つぞカープ
明日は勝つぞカープ
明日は勝つぞカープ!!!





ってことで。(´・ω・)ノシ
現在も、大阪市福島区某所で、本日のゲームにそなえている
イトー×aniです。
今日もがんばって応援しますよ。

そして、昨日は、カープ勝ちました。
岡田投手が、セ・リーグ完投一番乗りです。
スゴすぎです。4回まで、パーフェクトでしたし。

ああ、甲子園もサイコー!!

ということで、恒例でございますので、みなさん御斉唱お願いいたします。


♪宮島さ~んの神主が~ おみくじひいて申すには  
 今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち ♪
♪宮島さ~んの神主が~ (ウゥ~! ワッショイ ワッショイ)  
 おみくじ引いて申すには~ (ウゥ~! ワッショイ ワッショイ)  
 今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち♪
 バンザーイ! バンザーイ! バンザーイ!!!




♪カープ カープ カープ広島 広島カープ  
 空を泳げと 天もまた胸を開く  
 今日のこの時を 確かに戦い  
 遙かに高く 遙かに高く 
 栄光の旗を立てよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ  

 勝ちに行くのが 選ばれた者のさだめ  
 一投一打が 勝負の全て   
 闘志をつくし 闘志をつくし 
 今ここで花と咲けよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ  

 鍛え抜かれた 精鋭の技と力    
 その意気愛して 見守る我らの  
 明日へ続く 明日へ続く 
 きりのない夢であれよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ   

 晴れのあかつき 旨酒を酌み交わそう   
 栄光手にする その日は近いぞ  
 優勝かけて 優勝かけて 
 たくましく強く踊れ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ ♪ 
 
バンザーイ! バンザーイ!! バンザーイ!!!

そんなゲームの振り返りです。

前日は、16時50分に仕事をすませてから、
新千歳に車を走らせます。
新千歳には、19時前に到着。
そのまま搭乗手続きをすませてから、佐藤水産のシャケとイクラの弁当と
ハイボールで夕食をすませてから、
19:35新千歳発のスカイマーク178便で、神戸空港へ。

年度初めで、いろいろと忙しかったおかげで、
機内では離陸前から爆睡します。
おきたのは、着陸態勢にはいります。と機内アナウンスが入ったタイミングです。

神戸空港には定時の21:30に到着。
そこから、ポートライナーに乗って三宮へ
三宮から阪神電車に乗って、尼崎へ
途中甲子園が見えます。というか、三宮から甲子園まで、
黄色い人はたくさんいますが、アカい人はほとんどいません。

ということは、今日って


ま、えーわい。
車窓から甲子園球場が見えたので軽く手を合わせて
尼崎着。そこで急行に乗り換えて、野田で降りて、
歩いて宿に入りました。時間は22時45分ということで、
この日は、大阪では「孤独のグルメ」が金曜ではないということで、
メッセンジャー選手におさえられたカープのニュースとか見ながら
そのままおとなしく寝ます。

そして、一夜明けて、この日は、朝5時に目が覚めまして、
7時に朝食を済ませた後、宿でしばしまったりとしたりして
身を浄めたのちに、赤い七部袖のアンダーシャツ、26 HIROSEの真っ赤なビジユニをきて
中に財布とカープポンチョを入れたカープ坊やのボディバックを背負います。

この日は天気は雨交じり。気温は20度以上だという予報なので、
なるべく荷物は少なくしたい。ということで、
これにカンカンとチケットホルダーだけをもって出陣です。

あ、雨が降ってますね。ということで宿で傘を借ります。
宿から阪神線の駅まで、アーケードつきの商店街を通ります。
カープのユニフォーム姿は当然私しかいませんし、
昭和の風情が残る生活感ある商店街は活気がありまして、
そんななかでも、少々浮いている私です。

野田駅に行って阪神電車の急行がきたので、そちらにのります。
あ、野田駅には同士が一人おりますね。
尼崎で、快速に乗り換えます。
トータルで止まる駅は、野田・尼崎・武庫川・甲子園と4駅で
思ったより時間がかかりません。これはいい選択肢かも。
快速には、黄色い人も赤い人もいて気分がたかまります。

そして、甲子園駅から甲子園に向かいます。
駅がきれいになってますね。しかも、自動改札が白地に縦じまだなんて
気合が入っているなぁ。
開場時間よりも早めに着いたので、
明日のバスの時間を確認したりしたのちに、
阪神甲子園球場と書かれている、入場券売り場の前に正対しまして、
二礼二拍手一礼
野球の神様、本日、カープの勝利をなにとぞよろしくお願いします。

にしても、ここに来るまで、ニッカボッカーズや、マスクマンなど
気合の入った阪神ファンの姿を見ると、
帰ってきたな~と思います。
そして、本日はレフト側外野指定席なので、18号門に並びます。
ここはアカい人が多いです。

12時になって開門したので、まずは自席を探します。
いい香りを漂わせている、焼き鳥とかの屋台を横目に
まっすぐ進んでいくと、
!!
緑の芝と、茶色のコントラストがたまらない
祝祭空間が目の前に広がります。

ああ、かえって来ました。

左中間のセンター寄り、前から18段目です。
なかなかいい席です。

この時点でまだ小雨が落ちていますし、直前まで強めに降った時間もあったせいで、
打撃練習はしていません。外野の芝の上で
ピッチャーが、アップだったりトレーニングだったりをしています。

まずは腹ごしらえで向かったのが、外野席後ろ三階にある甲子園カレーです。
そちらで、新製品の甲子園黒カレーと、生絞りレモンチュウハイを購入。
本当は外で食べたいのですが、食べている途中で雨が落ちてきてもやですし、
打撃練習とかもしていないので、こちらの横のカウンターでいただきました。

カレーの感想はまた後日。

自席に戻ると、小雨は上がったようすでてす
座って改めてピッチャーのトレーニングを見ると、
ダッシュをしているのが、九里選手と床田選手。
大きいボールを投げて体幹トレーニングをしているのが、
野村選手です。
あ、丸選手がベンチ前からコーチにノックをうってもらってます。

13時15分に、六甲颪の戸ラッキーアニメバージョンがながれます。
タイガース芸能人バージョンは、直前かななどと思いながら、
13時30分にスタメン発表。
4番鈴木、5番安部、7番天谷という並びです。
カープの先発は二年目岡田投手、タイガースの先発も二年目青柳選手。
数少ないわが母校出身の現役プロ野球選手なんだよなぁ。
カープ戦でなければ応援をしてますが、今日は別です。
軟投派の青柳投手を考慮した打順の組みかえが、いい感じで作用してほしいもの。
そして花束贈呈などがあったのちに、13時55分に流れる芸能人ver.の六甲颪です。
今年は、矢井田瞳さんがメインです。そういえば、宿の部屋番号が815だったなぁ、
などと関係ないことを思い浮かべる私。
八方師匠とか、アンジャッシュ渡部とか、千秋とか、奈々様といったメンバーも
チョコチョコ出てきます。
こういうのが豪華メンバーでできる阪神とか広島とかって、
やはり愛され感の強さを感じます。

周りを見ると、カープファン・タイガースファンそれぞれ半々程度です。
ガチタイガースファンに囲まれなくて良かった~

と、いうことで始球式をへてからプレイボールです。

カンフーバットをかざして、
オー  オーオオオオーオオオー♪ オーオオオオーオオオー

1回表 カープの攻撃
先頭の広輔選手がいきなりセンター前にはじきかえして出塁。
これを菊池選手がピッチャー前にナイスバントをきめますが、
ボールを処理するキャッチャー梅野選手はボールを二塁に投げます。
が、田中選手の足がまさり、一塁二塁オールセーフです。
そして、二文字応援におくられながら登場いたのが丸選手。
オオオオオオオオオー♪ま・る!
丸選手、制球がいまいち定まらない青柳選手からフォアボールを選んで、
いきなりノーアウト満塁です。
そして、ここで四番の誠也選手。
ただ、彼の打球はバットが折れたせいで、ボテボテとなりますが、
これを青柳選手の後逸で出塁します。
カープ先制です。宮島さんじゃ~!!ワッショイワッショイ
二列前にいる赤い人たちとカンフーバットをカンカンと交わします。

つづく、安部選手は低めのチェンジアップにタイミングをはずされて、
空振り三振でたおれますが、
エルドレッド選手は体を掠めるデットボールで出塁です。
追加点です。ここでまた宮島さんじゃ~!!
バンザーイ バンザーイ バンザァァァァァイ!!

そして、この日スタメンに入った天谷選手。
1ボール1ストライクから、バット一閃、打球はセンター前への
2点タイムリーヒットです。天谷ぁぁぁぁぁぁぁあああああ!!!
ここでも宮島さんです。ワッショイワッショイ

続く三割バッター、今年は打てる捕手か?の石原選手は
外角の変化球にタイミングをはずされて空振り三振
ただ、ピッチャーの岡田選手に対して青柳投手は四球連続でボールです。
ツーアウトながら、また満塁になって、打順一巡
1番の広輔選手ですが、この打席はショートフライでチェンジです。

野選1つ、ヒット2本、四死球3つで、4得点です。
時間は20分かけて、青柳選手に32球なげさせました。
昨夜のリベンジなるか。

あっまっやー あっまっやー あっまっやー あっまっやー
のコールに帽子をとってぺこっとスタンドにむかって一礼する天谷選手です。
いーぞーいーぞーあっまっやー


1回裏 タイガースの攻撃
先頭高山選手にスリーボールまでいきますが、結局セカンドゴロ、
上本選手、糸井選手と、連続で空振り三振でチェンジです。
投げたのは16球
ストレートに威力がありそうですし、キレもいいみたいです。
そういえば、糸井選手の登場曲は、今も「SHAKE」なんですね。

2回表 カープの攻撃
先頭菊池選手が大きいセンターフライに倒れたのちに
二文字応援に送られた丸選手が、オオオオオオオオオー♪の
二文字応援が終わらないうちに、センター前へヒットで出塁します。
が、続く誠也選手の打球はセカンドゴロで、ランナー丸選手にタッチしたのちに
ファーストに投げて、併殺、チェンジです。
ああああ

2回裏 タイガースの攻撃
先頭福留選手センターフライ 原口選手レフトフライ
鳥谷選手ピッチャーゴロで三凡です。この回は9球の省エネピッチ

3回表 カープの攻撃
先頭安部選手がライトの右を鋭く破る二塁打です。
続く、エルドレッド選手、天谷選手と連続三振ですが、
続く石原選手に対して、カープ応援団は、飛ばすチャンスで応援です。
タイムリータイムリーいぃしっはらぁ パーパー♪ ひぃろっしまぁ!!
と石原選手は、ストレートのフォアボールで出塁。
同じく飛ばすチャンスで応援される岡田選手の打球はボテボテのピッチャーゴロ。
ただ、この打球を処理する青柳選手の一塁への送球は、一塁手のはるか上へ。
おおおおおお、ここで追加点です。まさかの宮島さんじゃー バンザーイ!バンザーイ!
続く広輔選手は二球目をセンター前へ。ここでも宮島さんです。ワッショイワッショイ
そして、菊池選手の打球ですが、ライト線ぎりぎりのところをライナー性のフライが
飛びますが、これをライト福留選手がジャンピングキャッチです。
体をしばらくその場に横たえていたので大丈夫かなとおもったところ。立ち上がって、
阪神ファンから拍手がおきます。

お、すげー、甲子園のビジョンにリプレイ映像が出ますが、スゴいですね。
敵ながらアッパレです。
「カッケーおっさんやな」「40やぞ、無理すんなや」「つか、若手もこれくらいがんばれや」
と近くの阪神ファン。
ワカルワカル

3回裏 タイガースの攻撃
先頭糸原選手、空振りの三振、続く梅野選手ファーストへのファウルフライ
そして、暴投のあった青柳選手に代打で荒木選手がおくられますが、
内角のストレートに見逃し三振でチェンジです。岡田投手この回13球です。

4回表 カープの攻撃
タイガースはピッチャーの青柳選手に代打を送ったので、岩崎投手をおくります。
先頭丸選手がセンター前ヒットで出塁しますが、
誠也選手センターフライ 安部選手セカンドゴロで2アウト。
ただ、安部選手のセカンドゴロの間、丸選手は二塁へ進塁します。
そして、この進塁が生きました。エルドレッド選手のレフト前への打球で、
丸選手が生還します。ここで変わったピッチャーから追加点です。
これは大きい。宮島さんも絶好調です。バンザーイバンザーイバンザーイ!!!
そして、続く天谷選手の打順で代打:堂林選手です。
今シーズンはオープン戦からいい感じですが、この打席はサードゴロでチェンジ。

ま、追加点はいったからよしです。

ブーラッドォ!ブーラッドォのレフトスタンドからのコールに対して、
ファースト塁上で帽子を掲げるエルドレッド選手です。
いーぞーいーぞーブーラッドォ!!

4回裏 タイガースの攻撃 カープは代打の堂林選手がそのままレフトに入れます。
高山選手サードゴロ 上本選手ショートゴロ 糸井選手セカンドゴロでチェンジ
内野の守備練習で10球で三凡です。

イニング間、リボンビジョンに「本日4/15はから揚げくんの誕生日。31歳になりました」
などと出ます。「からあげくんに誕生日なんてあるんだ」「31年間あるんだね~」
などと後ろの女子のグループがリアクションしています。

5回表 カープの攻撃
先頭石原選手センターフライ 岡田選手見逃し三振
田中選手も見逃し三振でチェンジ。
ランナーを出さないのは、はじめてです。


5回裏 タイガースの攻撃
先頭福留選手の打球はセンター前へ。タイガースはじめてのランナーです。
ファインプレーもあったし、初ヒットも出したということで、
ここで代走の中谷選手をおくります。
原口選手サードの横を抜くかというゴロを安部選手がうまくさばいて
セカンドに入った菊池選手へ。そして、菊池選手はファーストにおくりますが、
ファーストはランナーの足がまさりました。
でも、レフト前になろうとする打球をゲッツーまであと少しにする
カープの内野陣はスゴいです。
そして、鳥谷選手レフトフライは、堂林選手のファインプレーでアウト
「どやったら塁に出れんねん!!」とは近くの阪神ファン。
ただ、続く伏兵の糸原選手の打球が右中間を真っ二つにやぶりフェンスへ
これがタイムリーツーベースになって、一点かえします。
「今日~も阪神は~♪」「それ広島やん」「あかんやつやで」などと件の阪神ファン。
「チャンスだ~ふり~ぬけ~かぁあっとばせ~♪」と盛り上がるライトスタンド
ただ梅野選手の打球はセカンドゴロでチェンジです。

イニング間、グランド整備の時間で、ダンスタイム。
トラッキーがレフトスタンドのカープファンにご挨拶してます。
「トラッキーカワイイ!!」などと声が飛びます。

この間3分40秒。買い物に行くのにはいい時間ですね。

6回表 カープの攻撃 タイガースは、代走の中谷選手がそのままライトへ
先頭の菊池選手見逃し三振。二文字応援に送られた丸選手の打球はレフトにあがります。
いったん下がってから、あわてて前に出てフライをキャッチする高山選手。
「あぶねーなー、高山ァ」「あれがなくなればなぁ」などと阪神ファン
すると誠也選手が レフト前にはじき返して出塁しますが、
安部選手が空振り三振でチェンジです

6回裏 タイガースの攻撃
ピッチャー岩崎選手の打順なので、代打が新井良太選手。
「あー、良太やん」「ほんまや。お兄ちゃん出とらんのにな」などと会話をしてます。
そんな良太選手はセンターフライ
高山選手はファウルフライを堂林選手がナイスキャッチ
上本選手がセンターフライでチェンジ。三凡です。

イニング間に、応援団主導でトランペットにリードされて、
それいけカープを大合唱してから、赤い風船をピューッととばして、
7回表 カープの攻撃
ピッチャー岩崎選手に代打が出たので、松田選手がマウンドにあがります。
先頭エルドレッド選手を見逃し三振にきったあと、
堂林選手がセンターへのヒットを放ちます。
「オレの枡田アナおぉぉぉぉ」「おまえのちゃうやんけ」などとの漫才的な会話もいいです。
石原選手がファーストへのファウルフライ
そして、岡田選手が打席に入ると、
「ピッチャーひっぱるなー、広島クン、後ろおらんのか」
「まだ、球数余裕あるで」などとの会話が。
結局岡田選手は空振りの三振でチェンジ

イニング間に、阪神の風船タイムなので、焼きそばを買いに行きます。
7回裏 タイガースの攻撃
焼きそばもって、席に戻る途中、糸井選手のセンター前ヒットが目に入ります。
が、中谷 原口と連続三振で、2アウト
鳥谷選手はライトへのヒットで出塁し、一二塁になり、
先ほどの打席でタイムリーを放っている糸原選手ですが、
ここは、ショートゴロでチェンジです。

8回表 カープの攻撃
広輔選手、空振りの三振から、菊池選手の打球はセンターオーバーで、
フェンス直撃のスリーベースです。打球が10mくらい近くまで来ました。
すげえ。
ただし、つづく丸選手のショートゴロでつっこんだ菊池選手はホームタッチアウト
この間、丸選手は二塁まで進塁しますが、
誠也選手がピッチャーゴロでチェンジです。


8回裏 タイガースの攻撃
先頭梅野選手、ファーストへのファールフライ
打順がピッチャーの松田選手なので代打に江越選手。
江越選手はワンバウンドした球に空振りして三振
高山選手もカーブタイミングを崩されて空振り三振 チェンジです。
これまで106球。完投できるペースですかね。

9回表 カープの攻撃
松田選手に代打が出たのでピッチャーは藤川選手。
さらに、キャッチャーが岡崎選手に代わって、代打の江越選手が
レフトのポジションにつきます。
八番ピッチャー藤川 九番レフト江越 二番キャッチャー岡崎です。

せーのっ、あっべー! せーのっ、あっべー!
と盛り上がるなか
先頭の安部選手がライト前へはじき返して、出塁
エルドレッド選手は空振りの三振でしたが、
堂林選手の深いショートゴロが堂林選手の足がまさって、内野安打になり1,2塁です。
ここで、チャンススーパーです。
おーおおっおっおっおー おーおおおおー♪
自分的に今年初めて歌うチャンススーパーです。
が、石原選手が空振り三振!スタートを切っていた二塁走者安部選手もアウトで
三振ゲッツーです。
あああ

9回裏 タイガースの攻撃
カープは、エルドレッド選手を下げて、その代わりに安部選手がファーストに
サードには上本選手が入ります。
新井兄弟対決はありませんでしたが、上本兄弟対決です。
奇しくもこの回先頭は上本選手です。が、レフトフライで1アウト
続く糸井選手のつまった打球はサードゴロ。代わったところに打球が飛ぶの法則どおり、
詰まった打球なので軽く処理が難しいですが、なんなくさばきます。
そして中谷選手空振りの三振でゲームセットです。

開幕3連戦はいづれも長いゲームでしたが、
昨日は三時間少しオーバー、今日は三時間をきりました。

そして、宮島さんを歌ってからのハイパーユニオンでフゥ↑フゥ↑してから
先発選手の応援かメドレー。

さらに本日のタイムリーをうった、天谷選手、田中選手、エルドレッド選手の
応援かを歌ったのちに、

「見事~、黒田投手のアナを埋めたといっていい、岡田投手の今後の活躍を~」
ファイトファイト岡田 ×3

のあとに、じゅんさん登場。
「最後まで、熱い声援、ありがとうございます。
今日のヒーローは、なんといっても、岡田投手だと思います。
よくやったよくやったおっかーだー!」
よくやったよくやったおっかーだー!!×3
「はい、明日、はじめてやる応援したいんですけど、
Let's win知ってます~」〔リアクションあり〕
「はい、手拍子。」

踊る風 はずむ大空 真っ赤な太陽
額に流れる 汗は勲章さ
グラウンド 白いボールに 夢を託して
戦う男は 美しい
新たな伝説が
ここでまた生まれる
不屈の闘志と 勇気を 胸に

カープ! 我らの誇り カープ!我らのよろこび
カープ! 願いはひとつ
勝利を我らに! 君は勝つ! Let's Win!

じ「えー、言わせてもらいますけど、もっともりあがってぐさい。」
〔笑い〕
じ「MAZDA行ったことある人」〔たくさん手が挙がる〕
じ「盛り上がってもらわないと、この応援やらないよ
 今年、MAZDAのチケットとるのが、すごく大変で
 他の球場でもMAZDAで盛り上がるこの曲を歌いたいですし、
 明日も買って、これ歌いましょう。」

と、もう一回歌ったのちに
「明日も勝つぞカープ」×3
さらには、
「明日の先発九里亜蓮投手にも是非がんばってもらいましょう」
「ファイトファイト九里亜蓮」×3

明日も勝つぞカープ 明日も勝つぞカープ 明日も勝つぞカープ
パーパー♪ ひぃろっしまぁぁぁぁ!!!
と飛ばすチャンスで盛り上がる。

そして、宮島さん、三本締めをしてから、
「えー、明日も元気におあいしまs」と挨拶終わらないうちから

「いーぞーいーぞーおーえんだん」のコールがおきて、軽くコケるじゅんさん。
甲子園では初勝利なので、関西組がせく気持ちもよくわかる。

改めて、挨拶を最後までして、「いーぞーいーぞーおーえんだん」
で、本日のゲームはすべて終了です。

はー、楽しかった。

岡田投手が完投してくれたおかげで、
また後ろに余裕が生まれます。
いいピッチャーになってくれたねぇ。

今年もこの調子でお願いします。

と球場をあとにして、野球の神様に感謝をささげる
二礼二拍手一礼をしたのちに、宿へと向かったのでした。
野球の神様、カープのみなさん、本当にありがとうございました。


さて、これから出陣です。
カープのみなさん野球の神様、
本日も、どうか宜しくお願いします。


そんな顛末は、またこちらで報告させていただきます。

今日も、勝つぞ、カープ!   
今日も、勝つぞ、カープ!
今日も、勝つぞ、カープ!!!!!!


ってことで。(´・ω・)ノシ
現在も、大阪市福島区某所に隠遁中です。
ここって、阪神の急行で、甲子園まで三駅と、
意外と悪くないですね。

というか、本日、カープ勝ちました。
岡田投手が、セ・リーグ完投一番乗りです。
スゴすぎです。6回まで、パーフェクトでしたし。

ああ、甲子園もサイコー!!

強いてつらいことを言えば、「孤独のグルメ」の新シリーズを
また視ることができないくらいですか。

ということで、恒例でございますので、みなさん御斉唱お願いいたします。


♪宮島さ~んの神主が~ おみくじひいて申すには  
 今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち ♪
♪宮島さ~んの神主が~ (ウゥ~! ワッショイ ワッショイ)  
 おみくじ引いて申すには~ (ウゥ~! ワッショイ ワッショイ)  
 今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち♪
 バンザーイ! バンザーイ! バンザーイ!!!




♪カープ カープ カープ広島 広島カープ  
 空を泳げと 天もまた胸を開く  
 今日のこの時を 確かに戦い  
 遙かに高く 遙かに高く 
 栄光の旗を立てよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ  

 勝ちに行くのが 選ばれた者のさだめ  
 一投一打が 勝負の全て   
 闘志をつくし 闘志をつくし 
 今ここで花と咲けよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ  

 鍛え抜かれた 精鋭の技と力    
 その意気愛して 見守る我らの  
 明日へ続く 明日へ続く 
 きりのない夢であれよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ   

 晴れのあかつき 旨酒を酌み交わそう   
 栄光手にする その日は近いぞ  
 優勝かけて 優勝かけて 
 たくましく強く踊れ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ ♪ 
 
バンザーイ! バンザーイ!! バンザーイ!!!


さて、そんな話は明日書くとしまして、
タイトルの記事です。


先週の今頃はメットライフドームとZOZOマリンスタジアムと
連戦をするために、大井町某所にいましたね。

メットライフドームで、最初にいただいたのは、
竹國うどん・そば さんの、カレーうどん ちく天トッピングでしたが、
13時ぐらいに食べたので、7回くらいに小腹が減ってまいりました。
こういうとき、贔屓チーム以外のゲームだと、
気楽に買い物に行くことができます。

ということで、向かったのが、西安餃子さんです。
こちらは、渡辺保裕さんの「球場三食」〔アフタヌーンコミックス 講談社〕の中で
ドーム〔当時は、西武プリンスドームでした〕日下が、二食目に
食べていたメニューでした。

野球観戦をしているお隣さんが、中座したと思ったら、
いい香りを漂わせて帰ってきました。
野球を見ているとよくあることですが、
そのいい香りの正体が、焼き餃子でした。
ああ、たまりませんね。

そんな呼び水もありで、わくわくしながらお店にむかって、
注文します。
すると、しばらくして、Lionsのロゴがレジェンドブルーで描かれた
白い円筒状の紙カップに入って登場です。
これは美味しそうです。

あと、おしぼり、割り箸とともに、タレももらいました。

ということで、さっそく自席に戻って、
ちょうどいいタイミングでハイボールの売り子さんがきたので、
いっぱいお願いします。

にしても、席のせいかもしれませんが、本当に頻繁に
飲み物の売り子さんが来てくれるのでありがたいです。

まずは何もつけずにひとつツルっといきますと、
これは美味しいです。

まずは皮の食感が、最初はツルッといけるのですが、
軽くかむだけでモチモチしています。
皮が厚いですね。この厚さが楽しい食感を演出していますし、
小麦の味がしっかりしているのもいいです。

中の餡も、肉の味わいがしっかりしていますし、
噛むと熱い肉滴が溢れてきて、口の中を満たしてくれます。
肉もしっかりと美味しいのに加えて、ネギとか生姜とか、ニンニクとかも
さりげなく効いているところもいいです。
さらに肉滴だけでなく、煮込んだときのスープもすっているような気がします。
この素朴な味わいと、小麦・肉・の味わいの組み合わせと、
しっかりとした噛み方で小麦の味わいを楽しむことができるところは、
さきほどいただいた、武蔵野うどんにもつうじます。

二個目からは、タレでいただきます。
とはいえ、小皿とかないので、餃子に直がけで、餃子を茶色く染めます。

そして、二つ目をツルっといきますと、
ああ、こちらも美味しい。

タレは醤油ベースで、酢の味わいがアクセントになっています。
これが、もっちりとした皮にも、素朴な味わいで
ほっとできるあんにも効いて、それぞれを美味しくしてくれます。

これが、ハイボールにあいます。
ああ、うまいです。


と、うまいうまいと食べ進めていって、
あっという間に完食しました。あー、美味しかった。

焼きだと、作り沖の場合は、皮の感触が微妙になるのそうなので、
水で正解でしたが、次は焼きも楽しんでみたいです。

そして、そのまま観戦を続けますが、
ライオンズの野上投手の好投と、ホークスの中田投手の序盤の調子が
いまひとつのところをとらえた点の差を追いつくことができずに
ライオンズの勝利でした。
「チャーミーの~旦~那~ の~がみ りょう~ま~♪」
などと鼻歌まじりでメットライフドームをあとにしたというわけです。



そして、翌日、泊まった大井町は朝から小雨です。
チェックアウトの時間に宿を出て、最初は銀座の伊東屋さんに行き
新年度の職場につかう文具を買う予定でしたが、無かった。

残念。

で、ダメモトで有楽町駅横のビックカメラに行ったら
ありましたね。塞翁が馬です。

そして、国際フォーラムの中を
「こーくーふぉーのーこ~~♪」とか鼻歌交じりに突っ切って
京葉線に乗り込みます。

久々の京葉線です。
前回巡礼で房総特急に乗ったとき以来。
東京駅では、そんなに野球感がありませんでしたが、
南船橋から、大挙して、マリーンズファンの方が乗り込んできました。

外は小雨が続いています。
ダメモトで来ているのですが、この天気でもやるのかな??

海浜幕張駅につくと、野球気分が最高潮。
この駅に降り立つのは、前回QVCマリン時代にカープ戦できた時以来
三年ぶりです。

あの時は、ワールドカップの真っ最中で、
日本が負けた日でしたね。
さらにカープの泥沼の9連敗で、この日も敗色濃厚なのを
エルドレッド選手の逆転満塁ホームランでひっくり返したんだったなぁ。
ああ、思い出します。

球場に行くバスも3年ぶり。
この日の車内アナウンスは石川選手でした。

そして、球場到着。小雨がまだ続いていますが
食べ物を売るワゴン車はたくさんでています。
そんななか、中へすすみまして、まずは自席を確認。
あ、普通に屋根の無いところです。

そこで、まずは内野外周の二階をぐるっとまわろうと、
ぐるっとみわたしていますと、球場ボランティアのおにいさんに、

「あ、そのアロハ、カープのなんすね」などと声をかけられます。
そう、この日は、2泊3日の遠征ということで、着替えがなくなったので、
一昨日マツダで買ったアロハを着ていました。
そこまで、カープカープしてなかったので、気づかれないかなと思ったのですが、
気づく人は気づくんですね。

そして、ぐるっと見て回ります。
いろいろなお店があっていいです。
カレーも数軒で発見しましたが、一番気になったのが、

内野のバックネット裏にありますFoodCourt Chibaさんです。

こちらは、千産千消をかかげて、地元の食材にこだわった料理を
出しているそうです。外には、生産者のこだわりとかが写真入メニューとともに
書かれています。
これは期待大。

中に入って、メニューを吟味。
カレーメニューは
自家製いも豚カレーS450円 M650円
手作りチキンカツカレー S600円 M800円
の二種類から選択です。

ここは二品目も食べたいので、いも豚カレーのSです。
カレーのいい香りが食欲をそそります。
購入をすませてから、福神漬けを軽くとったのちに、
店舗横のたち食いができるスペースでいただきます。

白く細長いプラの容器に入った、黄色よりの褐色のカレー。
もち豚カレーの名前はだてではない、たっぷりの豚肉が入っています。
これはいい見た目です。

まずは、カレーです。

たまねぎのやさしい甘みがまずは来てから、
さりげない肉系の甘みとコクが来ます。
そして、次第に効いてくるスパイスの香りと味わい。
たまねぎの甘みがスパイスを際立たせているところがいいです。
これらの味わいのハーモニーは、そんなに複雑なではなく、
シンプルで、ほっとできる、家庭のカレーを髣髴とさせる味わいです。

そして、中に入っているのが分厚い豚肉です。
肉の甘みがカレーの刺激とあっています。
肉滴もじゅわっと出てきますし、赤身肉のさりげない甘い味わいと
脂身までしっかり美味しい。これがもち豚ですか。

あとで調べたのですが、千葉県産「いもぶた」は
一般的な豚の飼料は約6割がトウモロコシであるのに対し、
「いもぶた」の飼料は約5割をサツマイモを中心とした
イモ類が占めているのが特徴だそうで、
臭みがなく、甘くて美味しいと評判とのこと。

確かに、納得の味わいです。

カレーの甘みを支えている玉ねぎもたっぷり入っていますし、
これが、やわらかくて甘い。
この甘みがカレーに溶け込んでいるのです。

しかもジャガイモもトロッとなるまで煮込まれていて
ほこほこの味わいで、カレーの刺激の中での癒しです。

当然ほっこりと炊かれたライスともベストマッチです。

ということで、完食です。美味しかった~
ごちそうさまでした。

ちなみに、こちらは、千葉市観光協会が運営しているそうです。
なるほど。


と、とりあえず、大満足でしたが、外はまだ小雨。
練習はおろか、球場のベース上とかマウンドにはシートが張られています
自席にはゲーム前までには行かなくてもいいなかぁ、と思うので、
さらにこのあたりをぶらぶらします。

しかも、Sサイズだったということで、
まだ若干ですが、お腹に余裕があります。

マリンスタジアムに来たのは二度目ですが、
アレを食べていません。
そう、もつ煮です。

マリンといえば、もつ煮 もつ煮といえばマリン。
もはや、もつ煮を食べるついでに野球をみる場所であり
もつ煮マリンスタジアムといっても言い過ぎではない

とまでいわれているZOZOマリンですが、
肝心要の美味もつ煮が、外野席でなければ変えないのは承知していました。
でも、なんか、この空間でもつ煮を食べたかった。

ということで、同じスペースをウロウロしていたら、
発見しました。

波奈エクスプレスさん。
メニュー写真の、もつ煮丼の横に単品でもつ煮が注文できると書いてあるのを発見。
これです。

オーダーして、待つことしばし。
マリーンズのロゴの描かれた円筒形の紙の器に入った
モツたっぷりの煮物です。

淡い色合いの茶色のモツに、同系色の汁。
上に散らされた小口切りのネギもいいですね。

では、いただきます。

あ、これは美味しい。
さすが、選手やファンがかぶる帽子のMは、もつ煮のMです。

もつ独特の個性的な味わいとうまみをしっかりと残しつつも、
汁の味わいとあいまって、美味しさに転化しています。
臭みとかまったく無いのところが、丁寧に調理されている感を
楽しむことができます。
しかも、やわらかく煮込まれているので、
肉滴とともに汁の味わいがダブルで楽しむことができます。

モツだから、さまざまな部位があって、
歯ごたえの違いも面白いです。

歯ごたえといえば、中に入っているのはモツ以外には、
薄切りされたこんにゃくですが、これが歯ごたえがしっかりしていて
比較的やわらかめな具の中でいいアクセントです。

この濃い味わいにネギのシャキッとした味わいもさわやかならば
たっぷりと散らされたゴマもいいです。
ゴマが煮込みの味わいを濃くしてくれる感じです。

願わくば、ここに七味があれば…


ま、せんなきことですが。


と、いうことでごちそうさまでした。

外は雨ですが、行くとしますか。


ま、結局このあと、雨は上がったり降ったりを繰り返しながら
イーグルスの岸投手の好投を堪能することになるのです。



野球も面白かったし、食べたものも美味しかった
3連戦でした。


ってことで。 (´・ω・)ノシ
現在大阪市福島区某所に潜伏中のイトーです。
明日からの甲子園でのカープvsタイガースに控えています。

本日は残念なゲームでしたが、また立て直して、
明日はいいゲームを見せてくれることを信じて、
がんばって応援したいと思います。


と、いうことで、ここからは、タイトルの記事です。



4月7日は、JALの15時05分の新千歳~広島便で、
広島空港に17時20分に到着。

広島駅行きのバスも3分遅れの17時33分に出発。

広島駅には、18時26分着。

そして自由通路を通って広島駅南口に18時30分頃通過です。
ここから、マツダZOOMZOOMスタジアムを目指し、6時45分に到着。

この時カープ2回のウラの攻撃の模様から、
スワローズ3回表の攻撃にかけてです。
運よく、北20516列L083の席を確保してから、
オフィシャルショップで今年のアロハとステッカーを購入してから
向かったのが、すぐ横にある
「むすびのむさし」さんです。オープン戦の時も訪れましたが、
行った時間が遅かったせいで、食べることができなかった
肉うどんをいただきます。

こちらは、当ブログでも何度か紹介している
渡辺保裕さんの「球場三食」〈講談社:アフタヌーンコミックス〉で、
12球団全球団のファンクラブに入り、
野球場に行く日は、朝飯も昼飯も抜いて、
三食野球場で済ますマイ野球規則をもっている主人公
日下昌大〈先日の連載で、予備校の日本史講師ということが判明。
どうりで、歴史云々にコダワるはずです。共感持てます〉が、
マツダスタジアムを訪れた時に、三食目に食べたものです。
と、いうことで、前回訪れた時に遅めに言ったのですが、
残念ながら売り切れだったのです。

ということで、階段を昇って店内を目指します。
中に入ると、カープの攻撃中なのにね思ったよりも人がいます。
なかには、テーブル席に座って店内の大型モニターを
観戦している人もいますね。

セルフのお店で食券を購入。
前回は、この券売機に売り切れの札が貼られていました。
今回も、二台有る券売機の入り口よりのヤツには、肉うどんのところに
売り切れ、と札が貼られていたので、えええええ と思ったのですが、
奧の券売機には、張られていなかったので、そちらで券を購入して、
厨房前のカウンターそばにいるお店の人に券を渡して
待つ事しばし。
なかでは、手際よい手つきで、うどんがゆでられ、湯切りされています。
そして一連の流れ作業でねぎや肉も入って、登場です。。
これは美味しそう。
白の地に、バランのような緑色の模様が入り、赤で「むさし」と店名が記されている
円筒型の紙製の器に入ったうどんを受け取ってテーブル席へ。

案内はテーブルら貴が中心ですが、立ち食いのカウンターもあります。
大型ビジョンや、オフィシャルショップのユニフォーム売り場が
よく見えます。

カープうどんもそうですが、
広島の地場のうどんは、薄い色の澄んだダシがいいですし、
醤油とともに、魚の香りが漂うところもいいです。
中で漂う、たおやかな麺の白色と、多めのねぎの緑
それから煮込まれた牛肉の焦茶色のバランスが目にもうれしいです。

一啜りしますと、これは美味しい。
麺は、カープうどんよりも若干こしと噛み応えが強く、
口腔内をねぶります。
この噛み応えが歯にもいい感じでウレしいです。
柔らかい部分と、噛み応えのある部分が重層的にハーモニーをなすところは、
讃岐うどんよりかもしれません。
小麦粉の味がする麺は、歯を積極的に動かすせいか、ボリューム感もあります。

さらにこの麺にあうのが、あっさりしながらも味わい深いツユは、
香り通りのいりことか、魚系から出てきた出汁の味わいが
しっかりときいていて、かえしの醤油のせいか、
ほんのりとした甘さを感じるところと、いいバランスになっています。
この甘くて薄い色のダシが、麺の味わいをひきたててくれます。

具としてタップリのっている、甘く煮込んだ牛肉も
柔らかいですし、肉の野趣に富んだ濃い味わいと、
肉を煮た時の甘じょっぱいあじわいと、うどんの汁の甘い味わいが、
三位一体で牛肉を美味しくしているのです。

これはいいなぁ。
基町ねぇさんが「いったる~」と言いながら食べた
カープうどんは、二回連続で食べて無くて、浮気をしているので
少々気が引けますが、これは、知り合えて嬉しい味で、正解でした。

こちらの店内に、大型ビジョンがありまして、うどんをすすりながら、
1アウトからの、新井、鈴木の連打を見ることができまして、
店内のボルテージもやや上がりです。

エルドレット選手こそ、内野ゴロの進塁打でしたが、
続く小窪選手がレフトへの2点タイムリーです。

うぉおおおおおおおおおお

周りで食べてる人はみんな赤い人なので盛り上がります。

「居酒屋よりええね、ココ」なんて言っている人もいます。ワカルワカル
とはいえ、席は確保しているので、

ブラブラとコンコースを冷やかしながら自席に戻ります。

ちなみに「球場三食」の中では、

〝夕食〟は / 「むさし」の / 肉うどん(620円)
とうがらし 大量の青ネギ  牛肉がどっさり

うどんは / 連食ではなく / 「中一食」の / ローテを / おすすめしたい

む!

「うま……い…」

もちもちした / 麺が…俺の咽頭を / なぶる……


ずずっ  はふっ


ちなみに「むさし」は / 試合がない日でも / 球場外からでも / 入店可能だ(不定休)


なんて感じで食べ進めていきましたね。

確かに、美味しさ、堪能いたしました。


そして、自席に戻って、勝ちゲームも堪能したというわけです。


さて、翌日は、広島発7:40分ののぞみ4号に乗ってまずは新横浜へ。
「さよなら広島」
そこから、新横浜11:09分の横浜線に乗って菊名へ
そこで、11:26分東急東横線 地下鉄副都心線~有楽町線直通の和光市行き急行に乗ります。
途中渋谷で、11:55分発、副都心線~有楽町線~西武有楽町線~西武池袋線経由
急行西武球場前行きにのって、ひばりヶ丘で、咲きに西武球場前につく電車に接続する
快速急行小手指行きにのって、所沢で、西武球場前行きにのりかえて、
結構、複雑なのりかえでしたが、12:45分くらいに西武球場前に到着。

改札口を一歩でるだけで広がる祝祭空間。
これは、たまりません。スゴくいい雰囲気です。
移動販売のワゴンにFCショップにイベントスペースにと、
盛りだくさんなお出迎えです。
イベントスペースのステージでは、ライオンズのチアチームBLUE LEGENDSが
ど迫力のダンスパフォーマンスをしています。

間近でみると激しいですね。
こういうのもいいサービスだなぁ。

この球場入る前から、ワクワクが高まっていく。これがベースボールパークですよ。
わかってますか?××市

入場前に、本日もいいゲームになりますように、と
野球の神様にお願いしてから、中へ。

この球場はネット裏の席以外はライト側、レフト側各1か所の入り口しかありません。
私は三塁側の席だったので、レフト側入り口から中へ。
入り口では、フリースポンチョをいただきました。
袋に入っていないので、すぐ着れるし、ゴミも出ないという配慮がいいです。
ちなみに、こちらは職場のライオンズファンにあげたら
たいそう喜ばれました。

そして、コンコース外周の上り坂を、軽く息が上がるくらい歩きます。
こちら、外野席から内野席に向かって上り坂になっています。
だから、席があらかじめわかっていれば、一度階段をおりてから
移動をするのが楽なのですが、久々なので忘れていました。
と、いうことで、坂を上りながら2カ所の改札を通ります。

メットライフドームではスタンドを囲むようにコンコースがあって、
内野の方へ進んでいくとそのカテゴリーの席の券が必要になります。
前回は、それを知らなかったので、行きたいお店にいけなかったのですが、
今回は学習の成果が生きています。

本日の席は内野指定席Bです。
前回は、改札一箇所を通っただけだったので、いくお店は制限されていましたが、
今回はより多くのお店に行くことができます。

そこで、自席をさがしますと、丁度一二塁間の延長上。
前から15列目といういい席です。しかも前は通路で
座席がないというのもいいです。

と、いい席に満足しつつ、ホークスの選手のバッティング練習も気になりますが、
時間は1時近いということなので、まずは腹ごしらえ。
「野球場へ行こう♪」を聴きながら、今来た階段をまたのぼりまして、
むかったお店が、武蔵野うどんの「竹國うどん・そば」さんです。

階段を上がって、コンコースを歩いて、お店にむかいます。
前には、人が群がっていて、人気を感じさせます。
メニューを見ますと、ちくわ天うどん・そば と、いか天うどん・そば と、
きつねうどん・そば が570円
かき揚げうどん・そば が620円
よくばりうどん・そば と、カレーうどん・そば が720円
でした。

ここは、迷わず、カレーうどん。
さらにはガラス張りの容器の中には、
美味しそうなてんぷらがあるので、ちくわてんぷらをトッピングです。

待つことしばしで登場。

威風堂々のちくわのてんぷらが中央を仕切っていますし、
半分が漆色に近い濃い茶色のカレー。
半分が、いい感じで煮込まれたたっぷりの牛肉の茶色。
そして、刻みねぎの淡い緑色となるとの白とピンクが軽くアクセントです。

軽く全体的に散るように七味を振ってから、
外が黒く、内側が白い器の暖かさを感じつつ、
自席に戻って、さっそくイタダキマス。

まずは、麺をズズッとすすりますと、
ワシワシとしたしっかりとした歯応えがいいです。
昨日食べたむさしのうどんも、やわらかさのなかにコシがあったのですが、
それよりもはっきりわかるガシッとした食感。
これが、関東のうどんです。

うどんの麺はちょっと平打ちっぽい見た目
若干不揃いなところもご愛嬌です。

思えば、群馬に住んでいる祖父母の家に行った時に、ご馳走で出てきたうどんが、
こういううどんでした。
普段お店で出てくるうどんはもう少し柔らかいのですが、
妙に硬くて引っかかりのあるうどん。

思えば、実家の近所に新しくうどんの玉を売るお店ができましたが、
そちらもしっかりとした噛み応えのあるお店なので、
北関東出身の母も父も気に入って、贔屓にした。なんて、
いままで忘れていた記憶の扉も開く、コシを超えた噛み心地でした。

しかも、ベースになっている濃い目のつゆがうどんに染みこんで、
美味しくなっています。
醤油の味わいも、鰹節の味わいもガツンときいている。
西日本的に見れば、クロい汁ですが、これならではの美味しさがあります。

そして、濃い色合いで香り高いカレーです。
こちらも見た目通りの濃い味わいです。
複雑な旨み、ぶっといコク、軽やかな焦げの香り。
そして、スパイシーな香りと心地よいからさです。

ああ、これ、カレーだけでも絶対に美味しい。
それが、濃いうどんの汁と混じって、官能的な味わい。

この濃さがガシガシのうどんを盛り上げてくれます。

さらにはたっぷりのお肉も、単独で食べても煮込まれているおかげで
やわらかいですし、軽く噛むだけで、煮込んだ汁とともに、
肉ならではの肉滴があふれてきて、これが、濃いうどん汁と、
ガシガシのうどんによくあっています。
そして、この濃い味わいが、カレーとあいまって、
口の中で暴れる破壊力たるや。

すばらしいです。ハラショーです。

つけ汁には葱が一杯入ってるのも、清涼な味わいとともに
いいアクセントになっています。

ちくわのてんぷらが若干冷めているのが残念でしたが、
埼玉県を中心に武蔵野うどん店を展開する店舗では、
揚げたてが出てくる模様。
なら、そんなのも食べたいねぇ。

ま、メットライフドームといえば、屋根としたとの隙間から
入り込む風が春は冷たく夏はアツいという、過酷な環境ですが、
春先とか秋口の寒さでは、このアツさはありがたいです。

この日は、そんなにサムくなかったので、
食べ終わるころには、カレーの辛さと、うどんの熱さで
すっかり汗だくでした。

と、いうことで、完食いたしました。


あああ、美味しかった。

と、ドームの天井の下から見える隙間部分を見ると


!!!


すごく桜がきれいです。

そんなのも、このドームの魅力です。
と、再認識して

練習が終わったところで、バックスクリーン裏がガパッと開いて、
そこから外へ機材を搬出する様子とかを見ます。

こういうギミックも好きですね。

ちなみに「球場三食」では


「竹國うどん・そば」の / 埼玉名物 / 手打ちの / 武蔵野うどん /(650円))
 刻みネギ 大量の豚バラ肉 なると ゆでキャベツ
対戦カード別の / メニューもあり 日ハム戦では / ウインナー天と / じゃが天が入ったり
 
ツルツルもちもち / じゃなくて / ガシガシ / まさに男の饂飩!
はふ  はふっ  ずっ ずっ ずっ はふっ

なんていって、食べてました。



うんうんわかるわかる。



ちなみに、これだけでは、当然観戦中には腹が減るわけです。


が、そんな話はまた後日。



ってことで。 (´・ω・)ノシ
これから、ZOZOマリンスタジアムに行ってきます。
マリスタは、カープvsマリーンズの交流戦を見て以来。

心配なのは雨だけです。なんとかもってくれるといいねぇ。



ここからがタイトルの記事です。

セ界最後の秘境、21世紀のフィールドオブドリームスと言われる
広島東洋カープ由宇練習場です。
確かに、誰もいなければ、山間に唐突にある球場ですから
さもありなんですが、
行った時は、日曜日だったので1000人超のお客さんで
盛り上がっていまして、めいめいテントを張っていたり
レジャーシートを敷いていたり、アウトドアチェアーを組んでいたりしたので、
さながらフェスかキャンプ場かテーマパークみたいでした。
というか、早くいけば、寝ながら観戦できます。
どこでもネソベリア状態です。

選手との距離も近いし、声もしっかり聞こえるし、
今年3億8000万円かけて改修したおかげか、施設はきれいだし、
岩国の人は、こういう施設が近くにあっいててなぁ。

かつて、私が大学時代に行った二軍施設といえば、
スワローズの戸田とか、マリーンズの浦和ぐらい
両方、河川敷とかの草野球場にケが生えた程度なので、
そんな時代から見れば隔世の感があります。

と、初めての由宇に感動しながら、11時30分くらいについたわりには、
三塁側のブルペンまで10mくらいという、いい場所を確保できたので、
周囲を散策しがてら、昼食を調達に行きます。

と、ここで、カープの選手が仲良くネットとかゲージを
下げている姿にほっこりしながら、移動販売車などの売店が出ている
一塁側へ。

こちらにも、熱心なタテジマの人たちがネットに張り付いています。

そんな人の背中を見ながら、移動販売車が固まっているエリアを
ぐるっとまわります。
ミニふわふわスライリー滑り台がありまして、
その前に何台が移動販売車のお店が出ています。

地元のタコスとか、地元のパンとかはネットの情報で知っていましたが、
カキクリームコロッケと書かれた移動販売車もあります。

おー、こういうのもええねぇ。
そちらはコロッケだけでなく、カルビ丼などの
ガッツリ系メニューもあるみたいです。

さらに、ぐるっとまわってみていると、「カレー」「うどん」ののぼりをはっけん。
ビジターチームの更衣室を新設したので、
かつてビジターチームの更衣室だった場所を
ガス・水道が使えるように改修して、
簡単な調理が出来るスペースを作ったそうです。

手前では限定グッズなどが売られていて、奥には簡単な調理スペースがあって、
ぶっかけうどん、カップヌードルとともに、
「ゆうトマトカレー 500円」が売られています。
ここで、カレーが食べられるとは。
ポップには、(由宇トマト使用)と書かれています。
地元産品を使用しているコダワリもよし。これは、迷わず購入です。

すると、「カープ由宇後援会」のバッチをつけた叔父さんが
ジャーに入ったライスを楕円形の白いプラスチック容器に入れてから、
ホットプレートの上にある銀色の寸胴からカレーを丁寧に盛ってくれます。

いい香りがするほかほかのを受け取って、
外に出ようとすると、食べ終わったうどんの容器をもって、
お店の人に手渡している光景を見ます。

外に出て周囲を見ると、どうやらゴミ箱がないみたいです。
ならば、この場でいただきましょう。

カレーは、外に出て陽光の下で見ると、
オレンジ色の鮮やかさが際立ちます。いい色です。
白いライスや容器とのコントラストもいい色です。

まずは、カレーから。
うん。美味しい。

まずは食べ口が甘いですし、牛肉系の肉のうまみがしっかり出て
インパクトある味わいです。
この甘さはたまねぎがたっぷり使われている様子。
ほかにもいろいろな野菜が使われてるのがわかります
そんな穏やかでマイルドなハーモニーですが、
際立つのが、トマトの味わいです
カレーがオレンジ色はトマトをふんだんにつかっている証左
このオレンジ色が伊達ではありません。
旨みの塊であるトマトの味わいがカレーの味わいを複雑にしていますし、
酸味がカレーの味わいをまた盛り上げてくれます。
トマトの味に感謝です。

洋風のカレールーをオイしくする三大要素は、
カレーとたまねぎと肉からのエキスですが
そんなのが、がちんこバトル。うまくないはずがないです。

しかも、その他のうまみについても、野菜だったり肉だったりが
十分煮込まれて、丁寧に調理されているおかげで、
カレーーの中に存分に溶け出していることが、
口に入れただけでよくわかります。

洋食のカレーとして上質な味わいです。
食べ進めていくと、スパイスの刺激もじわじわっときて、
しだいに汗が出てきます。

ご飯との相性もいいです。

ただ、こちらって、車で来る事が前提になっているせいか、
アルコールがなかったのが残念。
次に来る時は駅近のセブンイレブンで仕入れていきましょう。

と、いうことで、大満足で完食です。

ちなみに由宇は、瀬戸内海に面するため比較的温暖な気候と、
山口県の東側にあるため山間の入り組んだ地形に立地し
台風などの災害が比較的少なくハウス栽培を無理なく行うことができるので
トマト栽培に適した地域だそうで、40年以上の栽培の歴史があるそうです。

なるほど。

と、小腹も満たされましたので、さらに、オヤツにしようと、
おとなりのファミーユ カフェさんのワゴン車で
揚げたてカレーパンを購入。このホカホカな感じがいいです。
ほかの移動販売車のタコスもコロッケも気になるのです。
(遠征前は、たぶんカレーは食べられないだろうから、
カレーパンとタコスを食べようと計画をしていました)が、
そこまでは入らないということで、次回のお楽しみに残して、自席にもどります。

ファミーユカフェさんは、由宇駅近くにあるパン屋さんで、
こちら、本店では、40種類以上のパンが食べられたり
店内にイートインスペースがあり、ランチも楽しめるという
地元で人気のお店だそうです。

ということで、自席に戻ってから、塹江投手のピッチング練習とか、
ゲームを見ながらしばしして、小腹がすいたので、
いただきましょう。

では、思い切りかぶりつきます。
時間がたっているので、温かさはなくなっていましたが、
衣のカリカリサックリな感触がしっかり残っています。
そして、中のカレーもスパイシーで美味しい。
さきほどのトマトカレーと比較しても負けていないスパイシー感。
さまざまな野菜や肉のエキスが混ざり合っていて、
さめても美味しいですし、塩分もほどほど
そんなベースに乗っているので、ピリッとくるスパイス感が
効いています。

カレー単品で食べてもレベル高いよきっと、
なんでも、本店のランチメニューでカレーを出したりしているそうなので
納得の味わい。今度はランチも行きたくなる
そんなカレーの味わいです。

そして、カレーを受け止めるパンですが、軽く甘くて
小麦の味わいもしっかりしています。
そして、表面ですが、揚げたてとはいえ、食べるまで時間があるにもかかわらず、
脂っこいこともなく、しかも、カリカリサクサクが
維持し続けています。これも計算ですかね。

外の衣、中のカレー、中間のパンの三つの味わいのハーモニーがあって
カレーパンだと思いますし、(焼きカレーパンも好きですが…)
高いレベルで、それを満たしているいいカレーパンだと思います。
いいカレーパンにめぐり合うことができました。

惜しむらくは、パンが小ぶりなので、
この幸せがすぐ終わってしまうことなのですが…。

と、いうことでご馳走様でした。
先日も書きましたが、雨天ノーゲーム以外は大満足な由宇でした。

これで、二軍球場に行くのもアジをしめたので、
今度は、ホークスのタマホームスタジアム筑後にでも
行ってみたいねぇ、などと思いました。

来年土日にカープ戦があったら行くかなぁ。



ってことで (´・ω・)ノシ
私、現在東京某所に隠遁中です。
所沢で、ライオンズとホークスのゲームを見てきました。

こちらも面白かったわけですし、
チャーミー、メットライフドームに来てたんですか。
言ってよ~!!

ま、ライオンズの先発は野上投手ですから、当然といえば当然ですが。


そして、今日のカープも勝ちました。3カード連続勝ち越しです。
しかも、岡田君が、前日の加藤君バリの粘投です。
ああああ、こっちのゲームを見に行きたかった。

ま、チケットがとれなかったのでしょうがないのですが。

りということで、恒例でございますので、みなさん御斉唱お願いいたします。


♪宮島さ~んの神主が~ おみくじひいて申すには  
 今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち ♪
♪宮島さ~んの神主が~ (ウゥ~! ワッショイ ワッショイ)  
 おみくじ引いて申すには~ (ウゥ~! ワッショイ ワッショイ)  
 今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち♪
 バンザーイ! バンザーイ! バンザーイ!!!




♪カープ カープ カープ広島 広島カープ  
 空を泳げと 天もまた胸を開く  
 今日のこの時を 確かに戦い  
 遙かに高く 遙かに高く 
 栄光の旗を立てよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ  

 勝ちに行くのが 選ばれた者のさだめ  
 一投一打が 勝負の全て   
 闘志をつくし 闘志をつくし 
 今ここで花と咲けよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ  

 鍛え抜かれた 精鋭の技と力    
 その意気愛して 見守る我らの  
 明日へ続く 明日へ続く 
 きりのない夢であれよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ   

 晴れのあかつき 旨酒を酌み交わそう   
 栄光手にする その日は近いぞ  
 優勝かけて 優勝かけて 
 たくましく強く踊れ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ ♪ 
 
バンザーイ! バンザーイ!! バンザーイ!!!



そんな加藤君が好投したゲームの話です。

カープの広島での4月上旬のゲーム
チケットが取れたのは、4月7日のスワローズ戦の内野自由席のみでした。
ま、年度初めの金曜だけど、大丈夫やよね~と、のんきに構えていたら、
「イトー×クン、7日の午前中は会議だから。上司の年度当初の訓示とかあるから」
との、中間管理職のお言葉

えええええええええええええ

いつものように、木曜の夜に広島に入って、
万事整えてから、観戦するつもりだったのに…

なんとかならんかねぇ。

と、思ったらJALの15時05分の新千歳~広島便ならば、
広島空港に17時20分に到着できて、そこかにバスで、19時前には
ズムスタに入れることに気がついた。

ならば、これで行くしかないじゃろ

ま、ゲームは途中からしか見れんがしゃーないねぇ

と、全部見るのはあきらめてから、
とった航空券の時間に新千歳空港へ。
飛行機は定時に飛びました。
普段は、A××D× とか S××M×××ばかりなので、
機内サービスのよさに少々緊張したりします。

さらに、この日は、珍しく窓際に席が取れたのですが、
ずっと曇天なので、地上の景色は見れずです。
しかも、機長は、「広島の天気は霧雨です」なんて言うし…

ただ、それでも外を見ていると、飛行機雲が見えます。
すずバウワーはできませんでしたが、なんか、広島近郊で
よく飛行機雲を見るねぇ。

で、高い雲の層を降りたところで、まだ下に雲があります。
そして、この雲の下を出ることなく、着陸。
どうやら雲できなく霧だったみたいです。

濃霧の中、窓の外の視界が数十メートル。
先週は霙だったし、広島空港に来るとなにかあるな。

と思いつつも、飛行機は定時に到着。
広島駅行きのバスも3分遅れの17時33分に出発。

そして、18時20分過ぎに、マツダスタジアムの横を通ります。
あああ、ここで降ろしてくれぇぇぇぇぇぇえ


ま、無理なんですけど。

結局広島駅には、18時26分着。
そして自由通路を通って広島駅南口に18時30分頃通過です。
ここから、マツダZOOMZOOMスタジアムを目指しますが、
同士が予想したより多い。
ゲームが始まって30分たっているのに、ゾロゾロと前も後ろも
人が歩いています。

金曜日ということを考えると、お仕事を終えた人が来たりしてるのかな。
いいなぁ、仕事終えてカープのゲームが見られるだなんて

そんなことを考えながら、歩くカープロード。
思えば、今年も何度かズムスタに足を運んでいますが、
荒神陸橋よりも駅よりの道は、今年初めてで、本当に久しぶり。
選手のプロフィールを目に入れつつもスタジアムへ。

さらに、この日は、少しでも遅い時間に行っても自由席が確保できそうな
三塁側の席に行くために、マツダスタジアムプロムナードをすすみます。
ここを歩くのも久しぶりです。

途中カープウォールの「Carp Zoo Zoo Stadium」に描かれた
アライサングマとか、キクチコウとか、マライオンとか、ナカザキパン太とか、
コリスジョンソンとか、スズキゼブラとか、カピバラとか、ゾウドレッドをみながら
すごーい、君たちは野球が得意なフレンズなんだねとか思いながらも、
球場にむかって、二礼、二拍手、一礼をしてから、入り口を目指します。

ついたのは、6時45分ですが、まだ手荷物検査のところで
列ができています。すごいな。

行った時に、田中選手の応援歌が流れています。
この時間に広輔選手が打席立ってるって



どんだけ、スワローズの1オモの攻撃が長かったの??

そんなことはありませんでした。
カープが丸選手と、新井さんの連打で一点先制している模様。

この回も小窪選手空振り三振 石原選手サードゴロから
加藤選手フォアボールで出た場面です。
広輔選手はデットボールで出ましたが。
広島伝説~の曲で応援された、 菊池選手は空振り三振でチェンジです。

その間、席を探す私。運よく、北20516列L083の席が空いているのを発見。
ぼっち客の特典です。

そちらに席を確保して、まずはお布施と腹ごしらえです。

むかったのは、オフィシャルショップ。そちらでは、今年のアロハとステッカーを購入
本当は、コップのアライさんもほしかったのですが、品切れだそうです。
残念!

そして、つづいて向かったのが、すぐ横にある
むさしさんです。オープン戦の時は、時間が遅かったせいで、
食べることができなかった肉うどんをいただきます。
ああ、美味しかった。感想はまた後日。

こちらの店内に、大型ビジョンがありまして、うどんをすすりながら、
1アウトからの、新井、鈴木の連打を見ることができまして、
店内のボルテージもやや上がりです。

エルドレット選手こそ、内野ゴロの進塁打でしたが、
続く小窪選手がレフトへの2点タイムリーです。

うぉおおおおおおおおおお

周りで食べてる人はみんな赤い人なので盛り上がります。

「居酒屋よりええね、ココ」なんて言っている人もいます。ワカルワカル
とはいえ、席は確保しているので、
ブラブラとコンコースを冷やかしながら自席に戻ります。

4回表 スワローズの攻撃
先頭の雄平選手をセカンドゴロにきったあと、
畠山選手をフォアボールで出します。うーん、フォアボール多いねぇ
と、思ったら、続く中村選手をセカンドゴロにきって、
4-6-3のダブルプレーでチェンジです。

大型ビジョンにうつる、歌舞伎の「あっ! ダブルブレ~イ~!」の
映像がいいです、
カ舞いています。

4回ウラ カープの攻撃は、
先頭の加藤選手空振り三振、田中選手ファーストゴロ
菊池選手サードゴロで、あっさり三凡です。

5回表 スワローズの攻撃
先頭谷内選手ショートゴロ、石川選手空振り三振
大引選手セカンドゴロと、こちらも三凡。
ランナー出さない回ってこれがはじめてでは。
まわりでは、三振をとったあと、ビジョンに写るカ舞吼映像の
「あっ! 三~振~」の声を真似る人多し。
これは、まねたくなります。

5回ウラ カープの攻撃
丸選手がセンター前にはじき返したあと、
新井さんがサードゴロ。これが進塁打になって、丸選手は二塁へ
誠也選手がバットを折られてサードゴロで、2アウトになったあと、
スワローズの石川投手の暴投で丸選手が三塁へ。
ここで追加点がほしいところです。
ただ、エルドレッドは、ファーストへのファウルフライでチェンジです。

ここで、明日の予告先発発表です。
予告先発もカ舞吼映像で、
「明日の予告先発は、あ! こち~らぁ~!」
と発表。
さらにCCダンスで盛り上がります。

先日、ネットで見た記事ですが、
マツダスタジアムはビールの売り子さんが、
全員三井物産系のエームサービスに雇用されているから

ユニホームは、他球場のようにビールメーカーごとに異なるユニホームを着ないで、
全員がエームサービスのユニホームを着ているそうで、
CCダンスも踊るのだそうです。
言われてみれば…

カープの球場飯がバラエティーに富んでいるのも、
エームサービスが一括してプロデュースしているおかげだそうです。

なるほど。

6回表 スワローズの攻撃
坂口選手をツースリーまで行きますが、
一度もバットを振ることなくフォアボールを選んで出塁します。
が、続く山田選手を空振り三振にきったあと、
スタートした一塁走者坂口選手を石原選手が刺します。
三振ゲッツーです。スゲースゲーと周囲も盛り上がります。
そして、バレンティン選手の打球、サードの小窪選手がはじきますが、
ショートの広輔選手がナイスリカバリーでチェンジです。

6回ウラ カープの攻撃
小窪選手センターフライ、石原選手ファーストのファールフライ
加藤選手 ワンバウンドした球を空振り三振でチェンジ

ここで、流れる東京音頭
「くったばれよ××り、くったばれよ××り♪」と歌うお客さんがいるのは、
どの球場でもお約束。

7回表 スワローズの攻撃
雄平選手 ショートゴロ  畠山選手ライトフライから
中村選手の打球は、サードの左側を抜こうとする鋭い当たりでしたが、
ここは、小窪選手が横っ飛びでとってアウト。チェンジです。

そして、ここで、それいけカープ2017年verです。
いつものロザン宇治原さん、ザ・ギース尾関さん、くるり岸田さん、
谷原章介さん、島谷ひとみさん、小林克也さんに加えて、
今年は、槙原敬之さん、鈴木福くん、内藤哲也さん、
わーすたの松田美里さん、塩見大治郎さん、市川弘太郎さんが
新たに参戦しています。

これは、×藤××の出番はないわ。

やはり、オープニングのフルバージョンも見たいねぇ。
見ることができるのは、7月下旬とかかねぇ。

そして、風船をピューっと飛ばして
7回ウラ カープの攻撃
ここでスワローズは石川投手に代わって、村中投手をマウンドにおくります。
先頭の田中選手が空振り三振、菊池選手フォアボールから、
丸選手のセンターに抜けるかというあたりを山田選手がうまく裁いて、
ダブルプレーでチェンジです。
「山田うめ~な~」などと、周りからも声が飛びます。

8回表 スワローズの攻撃
谷内選手に代打大松選手です。
ここまで、加藤選手、フォアボールで毎回のようにランナーを出しますが、
まだ、ヒットも得点もなし。
「ノーノー未遂、大松選手、うっ頭が…」となりますが、
大松選手は、高めの球で空振り三振です。「三振だぞ!!」
そして、打順はピッチャーなので、ここも代打の鵜久森選手。
打球はピッチャー強襲。いったんはじきますが、その後落ち着いて投げてアウト
「初めてのピッチャーゴロ」などとの声が
大引選手もサードゴロでチェンジです。
大松→鵜久森→大引って打線もスゴいな。
一人でも塁に出していれば、次は坂口選手だし。
ヤクルト再生工場健在です。
とはいえ、ノーヒットノーランまであと1回になったこの回の
盛り上がりはものすごいです。

8回ウラ カープの攻撃
スワローズは、ピッチャーに代打を出したので土肥選手をマウンドへ。
そして、九番サードに西浦選手が入ります。

新井さん、ショートライナーから、誠也選手のふらっとあがった打球は
バックした大引選手がとどかずにポテンヒットになります。

さらにエルドレッド選手ストレートのフォアボールを選んで1,2塁
エルドレッドの代走に天谷選手です。
「天谷~」「天谷頑張れー」と盛り上がる周囲。
さらにここで、先ほど今期初安打がタイムリーになった小窪選手
「こくぼ~、1割目指してがんばれ~!」と後ろのお客さん。
このときの小窪選手、打率が一割ありませんでした。
そんな小窪選手はセンター前にはじき前します。
「ナイス、基本はセンター返し!!」「一割乗った~!!」などと盛り上がる周囲。
続く石原選手の打席で、飛ばすチャンスです。
ひぃろっしまぁ!!!
石原選手はライトへの犠牲フライで、一点追加です。
宮島さんじゃぁぁぁぁぁあ ワッショイワッショイ!!
加藤選手の打席で、小窪選手が盗塁成功で2,3塁
ただ加藤選手は見逃し三振でチェンジです。
球審の坂井さんのジャッジが卍っぽかったねぇ。

9回表スワローズの攻撃
代走の天谷選手がレフトに入ります。
「加藤、ガンバレー!!」「ガンバレー!!加藤~!!」と
周辺もヒートアップします。
先頭の坂口選手のバットをへしおって、ショートゴロでワンナウト。
「加藤~!!」「加藤~!!」周囲の盛り上がりも最高潮
続く山田選手がフォアボールを選んで
バレンティン選手の打球は三遊間を破ります。

あああああああ

「バレンティン、空気読めや~!!」
と、ガ×ちゃんばりに叫んでしまいました。

続く雄平選手の打席。
三塁側から流れる「夏祭り」

でも、夏祭りを聞くと、傑作コピペの
女「夏祭り歌いま~す」ワイ「お、ちなヤクか」
女「きーみーがーいたなーつーはーとおいーゆーめーのなkワイ「ワッショイワッショイ!」
女「そーらーにー消えてーった打ちあGワイ「オイ!オイ!そーれ!」
ワイ「やーまーだ!やーまーだ!やーまーだ!やーまーだ!」
女「スタンドー越えて打球は遥かな夢へと続くー行けやーまーだ、新たな時代をー」
女、ワイ「かっとばせー!やーまーだ!」
を思い出してにやにやしてしまいます。

そんな雄平選手のゴロは、
ファーストランナーのバレンティン選手と重なって、
新井さんから見えにくくなったせいで、ライトへと転がり
タイムリーヒットになりました。
東京音頭で傘が舞います。

ここで、加藤投手は降板。周囲では聞いたことのないほどの
大音量の拍手です。

当板したのは、中崎投手です。
バッターは畠山選手
「山賊対決か」などと後ろの人。
そんな畠山選手をライトフライ 2アウト

中村選手はライトへのヒットで出塁して満塁になります。
ここで踏ん張ってくれ~ザキ~!!

打順はピッチャーの土肥選手なので代打の荒木選手。
ここは、センターフライでゲームセットです。

うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉおおお

すげぇぇぇぇぇぇぇええええ

「勝った~」「ヴィクトリー」のカ舞吼映像もいいですね~。

そして、チャンテメドレーで盛り上がるパフォーマンスシート。

お立ち台が用意されて、この日のヒーローを待ちます。

あれ、なかなか出てきませんね。
その間スライリーがあがって、インタビュアーの方に
ツッこまれていて、そんなやり取りもいいです。

そして、登場したのが、われらの加藤投手。

「プロ初登板初勝利、加藤拓也投手です。
おめでとうございます、投げ終えて、率直にどんな気持ちですか」
「すごくほっとしてます 勝てて本当に良かったです」
「勝利が決まった後、笑顔がでましたが緊張しましたか?」
「最初はすごく緊張しました。延長が続いていたので、
最後まで投げきろうと思いました
なんとか勝ててよかったです。」
「ノーヒットノーランまであと少しでしたが」
「会場中の応援が聞こえたので、すごく心強かったです」
「今日は、特にどんなところがよかったですか」
「フォークがちゃんと投げれたところがよかったです」
「立ち上がり、早い段階で援護点をもらいましたが」
「ありがたく、頼もしい先輩たちだと思いました」
「バックの守備の盛り立てもありましたね」
「自分だけの力だけじゃなく、先輩たちに助けてもらって
0におさえてもらいました。」
「初めてのお立ち台ですが、どんなおきもちですか 」
「えー、緊張してます」
「今後はどのようなことを考えていきますか。」
「次は、フォアボールをもっと減らして、ヒットはもっと打たれていいので、
しっかりと投げたいです」

エ×カ様ばりのぶっきらぼうな対応があったので、
どうなることかと思ったら、ふつうに好青年な対応でした。

と、ここでお立ち台を去る加藤投手においかけて
水をかける誠也選手です。

インタビュー中から、後ろに隠れているところを
ビジョンに抜かれていて、周囲の人もウケてましたし、

その後、加藤選手を拭いてあげるスラ様という
ツーショットもいい感じでした。



と、いう感じで大満足。

本当は応援団の盛り上がりに最後まで付き合いたかったのですが、
まだ宿のチェックをすませていなかった。

と、いうことで、ハイパーユニオンでふぅ↑ふぅ↑したあと、
勝鯉ビールを飲みながら、
小窪選手のチャンテを聞きつつ、球場をあとに、

スロープの下で、野球の神様に感謝をささげる
二礼二拍手一礼をしたのちに、
きれいな夜桜を見ながら宿へと向かったのでした。

次にカープのゲームを見るのは、来週の甲子園での阪神戦です。
そのゲームもそうですし、来週一週間も
カープのみなさん野球の神様、
どうか宜しくお願いします。


そんな顛末は、またこちらで報告させていただきます。

明日も、勝つぞ、カープ!   
明日も、勝つぞ、カープ!
明日も、勝つぞ、カープ!!!!!!


と、いいながら、明日はZOZOマリンにマリーンズvsイーグルス戦を
見に行く私でした。

雨、大丈夫かねぇ


ってことで。(´・ω・)ノシ
現在、広島駅近某所に隠遁中です。
ほろ酔い気分で窓の外を見ると、
軽くライトで照らされた夜桜がきれいです。

というか、そんな悠長な話はどうでもいい。

加藤くんすげェェェェェェェェエエエエエエエ!!!!

初登板初先発で、9回1アウトまで無安打無得点とか、
スゴすぎです。震えがきました。

惜しくもバレンティン選手に左前に運ばれて、
ノーノーも、完封、完投も逃しましたが、無事プロ初勝利です。
仕事とか忙しい折でしたが、無理して来てよかったです。

ああ、広島サイコー!!

強いてつらいことを言えば、今日から始まる「孤独のグルメ」の新シリーズが
視ることができないくらいですかね。



そんな話は、また後日、当ブログで書きます。


ここからがタイトルの記事です。


カープ二軍戦を見に行ったお話しを延々書いていますが、
二軍戦の前日は、博多で、鯛茶とホークスvsマリーンズ戦を堪能しました。

朝は普通に起床してから、7時に宿で朝食をいただきます。
そして、身を浄めてからKalafinaの武道館Tシャツ〈赤〉を着てから、
持って行ったアカいリュックにカープグッズ以外のものを入れて、
野球のチケットもFJCのチケットホルダーに入れたくらいにして、
9時30分くらいに宿を出ます。

駅で、土産物を物色してから、乗るのは広島発10:00熊本行きのみずほ613号。
席は、山側だったので、海とか、徳山の工場群などは
そこまで良く見られませんでしたが、
本州や九州の景色を堪能いたします。

そして、11:05分に博多駅着。
そのまま地下におりて、11:12発、姪浜行きの地下鉄に乗って
天神を目指します。

天神に着いたのが、11時18分を少し回ったあたり、
出口を探してから、外に出て、お店に向かって歩いて行きます。

めざすは割烹「よし田」さん。

何度か当ブログで書いておりますが、
kalafinaのWakanaさんが、出身地である福岡を訪れた時のKalafinaの公式ブログで

「そしてお昼ご飯は…
 福岡に来たら恒例の!「よし田」さんの鯛茶漬け!!

 毎回来る度に来させていただいてますが、やっぱり美味しい!\(^o^)/
 いつも鯛茶漬けと天ぷらをいただくのですが、
 今回は初めてイカのお造りも頼んでみることに!ヽ(゚∀゚)ノ

 私はイカはあまり得意ではないのですが、このイカのお造りは本当に美味しかったです!
 イカってこんなに美味しいんだ~♪
 福岡で、美味しいものを再発見しました♪(*^^*)」

と言っていたお店です。

前々回のライブで訪れたときにお隣の席だったお客さんに
「鯛茶のお店に行ってるみたいですよ」と教えてもらって、
でも、その時は既に夜でしかも翌日は定休日。

次の訪れた時は、飛行機の関係でランチタイム終了時間を
博多駅で迎えたので断念

そんなことがあっての、初訪問なるか??


大きい道を少しだけあるいてから、みずほ銀行の角を左に曲がると

!!

もうすでに列が店内にむかって動いています。
開店時間の少し前ですが、店内に入れるみたいなので、
慌てて列にならんで、そのまま店内に入ります。

上品で丁寧な対応のお店の方に導かれて、
テーブル席のある1Fフロアは既に満席みたいです。
2階の座敷席も私の前の人のところで一杯になりまして、
3階まで上って椅子のある座敷席へ。
私が案内されたのは、2人がけのテーブル席です。

はー、落ち着いた雰囲気です。

サラリーマン風の人や、カップル、妙齢の女性のグループと
バラエティーに富んでます。

さて、メニューを拝見。

ランチメニューは、当店名物鯛茶 刺身定食 天ぷら定食 カツ定食の
4種類あってどれも1,050円です。

あと単品で、てんぷらとか、イカのお造りなどが頼めるみたいです。

ま、今回は巡礼なので、鯛茶と、単品の天ぷらを注文しようと
お店の人を待っていると、隣のサラリーマン風のグループと
お店の方の会話が聞こえてきました。

「えーっと、イカのお造りと…」
「すいません、イカのお造り、今日、ないんです…」
「あ、そうなの」

そうか、イカのお造りはないのか。ならKalafinaのお三方が堪能した
再現メニューは出来んねぇ。

とはいえ、あったとしても、お腹のキャパ的にムリなのですが

ということで、当初の予定通り、鯛茶と天ぷらを注文します。
無事オーダーをすませて、改めてメニューやら、周囲やらを観察。

メニューには、鯛茶の食べ方が丁寧に書かれています。
周囲の席は、私が入ったあともドンドン埋まっています。

開店のちょっと前に店に入ったのですが、
もう3階席まで埋まり出すという、人気ぶりに
改めて期待がふくらみます。


で、そこまで混んでいるにもかかわらず、
「お待たせしました~」と言って、予想より早く登場します。

四角い塗りっぽいお盆にのったご飯、胡麻ダレに漬けられた鯛の刺身、
ごまだれの茶色と、そのうえにタップリとかけられた海苔の黒
さらにセンターにワンポイントとなっている、鮮やかな色合いの山葵がいいです。
それから箸休めの漬物までが鯛茶。
そして、別皿に盛られたたっぷりの天ぷらです。
さらには、円い敷物の上には、大ぶりな磁器の急須に入った「かけ茶」と
濃い色合いの小さな丸い蓋付き陶器に入った鯛のふりかけです。
「ごはんのおかわり、申し出てください」といって、お店の方は他のお客さんのもとへ。

これは、美味しそうです。

まずは、お店の指示にあるとおり、胡麻ダレに海苔を混ぜ込みながら
山葵をしっかりと溶かします。
山葵は、醤油やタレなどに溶かさない派ですが、
この国の作法にしたがいます。
そして、しっかりとまざったところで、刺身を一切れいただきます。

まずは口の中に広がるワサビと胡麻の香り。
さらに九州のお醤油ならではの甘さがいかされている
秘伝のタレの味わいもいいですし、これを受け止める
鯛の淡白ながらも、しっかりと残る旨みがいいです。
鯛の歯ごたえも良くて、歯的にも楽しめますし、
この切られた厚さも絶妙で、甘辛く香ばしい胡麻風味のタレを
しっかりと味わう事が出来る厚さで、
噛むと鯛の旨みもしっかり出てきて、この時点でとても美味しいです。
山葵のさりげない刺激も、海苔の磯を感じる味わいもたれといまって効いています。

艶やかにたかれた白いご飯はモチモチで、旨みも甘さもいい感じで、
これと、こく味つけされた鯛の刺身がよくあいます。

それにしても、九州って、胡麻サバといい、胡麻アジといい、胡麻カンパチといい、
胡麻が効いたタレで生魚を和える料理が多くて、
新しい生魚の食べ方に目覚めたのですが、
鯛でもここまで美味いとは。
改めて関心をします。

天ぷらは、エビ4本、キス、茄子、ししとう2本、イカ、カボチャといったラインアップ。
まず4本ある海老から行きますと、

このサックリとした衣とほんのわずかな時間差で
海老のほの甘い滋味溢れる味が広がります。
そして、軽く噛むだけで溢れる海老の旨みが
これまたたまりません。

こののち、天ぷらは、鯛茶の合間にいただきましたが、

シシトウは青い味わいの鮮烈さとともに、
ピリッとくる軽い刺激がサックリとした衣にあってます。
カボチャのほっくりとした歯ごたえとともに
思わずニヤッとする甘さに癒されますし、
茄子は、瑞々しさがあふれていて、サックリとした衣の食感のすぐあとに
ふにょっとした茄子の柔らかい味わいを堪能すると
溢れる茄子滴です。あああ。これいいなぁ。

キスも淡白ながらしっかりとしたお魚の旨さが、
厚い油を通されることで、お刺身とは別の旨さを
味わうことができますし、
イカももっちりとした食感と、自然に溢れる甘み。
ああ、天ぷらでこの味ならば、お造りだったら、どれほどのものか。

これは、再訪確定です。

鯛茶の感想に戻ります。

白飯半分ほどで、で刺身を数切れいただいたら、
白飯に「鯛のふりかけ」を軽くかけて試して見ます。
これが、新鮮な鯛の旨みをそのまま凝縮したようにそぼろにした感じで、
これだけでも美味しい。うまみの塊です。
なんでも、お店で購入できる自信の一品だそうです。

続いて、残ったご飯に刺身を数切れ乗せて
胡麻ダレをかけ、鯛丼にします。
刺身で食べたあとも美味しかったのですが、
ホカホカご飯に、タレのあじがよりしみこみ
刺身にもしっかりなじみます、
海苔や山葵の風味も効いてきまして、これまた美味しい。

ここでご飯一膳目終了。

2杯目をお店の方に頼んでよそってもらい、
残りの刺身を乗せて碗に残ったタレを全部かけ、
その上から熱々の「かけ茶」をたっぷり注ぎ、
文字通りの鯛茶にします。

お茶をそそぐことで立ち上がる新たな香りに
腹は満たされつつあるのに、食欲が加速します。

いただきます。

アツアツのお茶によって、鯛に熱が通って、
軽く火が通った状態になりまして、歯ごたえとか
上品な味わいなどが、変化します。
この差が面白いし、それぞれが美味しいです。
美味しいお茶と、濃いタレの味わいが混ざり合った味わいも
計算つくされた味ですかね。これは、いいなぁ。

しかも、お茶漬けなので、重くなく、ご飯も含めてサラサラといけるのも
贅沢な楽しみです。

そして、最後に再び鯛ふりかけを茶漬けにかけて、
おお、ここでも軽く漂う鯛の香り。
味わいをかえてから、かっこみます。

残りが少なくなるのは、寂しいですが、
お茶漬けはかっこまなくては。

あー、おいしかった!! ごちそうさまでした!!



お店の方もそれぞれ、アットホームな接客姿勢ながら
キビキビと動いていたので、そんなところにも老舗を感じて、
優雅な時間を過ごさせて頂きました。


と、いうことで、こちらを辞したら時間は12時前
そのまま天神のバスセンターから、ヤフオク!ドームを目指しましたが、
よし田があまりにもウマすぎて、ここでお腹いっぱいになった影響で、
久々のヤフオク!ドームでありながら、球場ご飯は何も入りませんでしたwww



と、いうことで。(´・ω・)ノシ
ホークスvsマリーンズの開幕2戦目のゲームを見たり、
Kalafinaの鯛茶を食べたりと、
盛りだくさんの3泊4日でした。

今回のメインの企画は、タイトルにあるゲームでしたが





ま、そんなことがあるのも野球です。


4月1日は、Kalafina鯛茶を食べた後、
ヤフオク!ドームでの、ホークスvsマリーンズのゲームを見てから
新幹線で広島に戻ってきました。

ホークスvsマリーンズのゲームが13時から
カープvsタイガースのゲームが14時から。
博多~広島間がだいたい1時間強。 ということは、ゲームは終わった時間ですが、
なんか、赤い人が少ないねぇ…

ラジオとか忘れてきたので、まったくこの日の
カープvsタイガースの楽しいエープリルフールゲーム(四月×自粛×試合) の
ことは知らなかったのですが…。

そして、駅前の福屋さんでカープグッズをあさったり、
ばくだん屋さんで汁なし担担麺を食べたりしてから、
宿でテレビを見ると、例のエープリルフールゲームのことを知って、
脱力しながら、まったりと夜をすごします。

土曜深夜に見ていたアニメがことごとく終わっていたので、
この日は早々に就寝。



そして4月2日、前日の早寝のおかげで朝5時前に目が覚めました。
7時に朝食をいただいてから荷物をまとめて、
身を清め、この日は気温が10度程度しか上がらない。
しかも雨交じりで雷も…という予報を見て
アンダーシャツの下に長ティーを二枚来て、
その上に、26 HIROSEのユニフォームを着て臨戦態勢が整いました。
8時45分にチェックアウト。お世話になりました。

そして、広島駅に行って、おみやげ街道で職場へのお土産をシバいてから
9時17分初岩国行きに乗り込みます。
広島駅には、すでにズムスタにむかう赤い人がたくさんいて、すれ違います。
これは、気合が入ります。この人たちに一軍の勝利を託して、
岩国行きのレッドウイングに乗ります。

9時17分、に広島駅発。古江や草津を通り過ぎて、
さらに、Cocos道の西殿の姿をおさめるために訪れた
新井口などを通り過ぎて、
久々の宮島に感動したり、大竹や岩国の工場群に興奮したりして、10時11分岩国着。
岩国発10時20分にのりかえると、
景色はいよいよローカル線の風情、。
途中、瀬戸内海のすぐ横を走る区間があったりして、
改めて鈍行列車の移動はいいですね。
由宇駅に到着したのが10時36分です。

初めての由宇駅です。こじんまりした駅ですが、あちこちに張られている
カープタウン由宇 の文字に気分が上がります。

バスの時間までまだ間があるので、
近所のセブンイレブンで、広島ホルホル記事がのっている
デイリースポーツと、この日忘れてきたレジャーシートを購入。

ちなみにデイリーの見出しは「サヨナラ安部打 今年も逆転のコイ
5時間24分の熱戦制した」でした。
ナイスエープリルフールゲームです。

そして、10時55分頃、バスに乗り込みますと、
同士風の人が5~6人乗っています。
広島方面からのJRが11時に来るので、そこでドッと来るのかな?
と思ったら、追加で乗ってきたのは、2~3人。

最近は由宇も混雑していると聞いたのですが、こんなもんかねぇ、
などと思いながら、発車を待ちまして、
バスは定時の11時03分に発車。

そうひう、待っている間、お脚のアカい人と運転手さんが
ずっとカープの前日のゲームの話しをしていました。

そして、バスは細い道をずんずんすすんでいきます。
セ界最後の秘境の名前は伊達ではありません。
ほんとうに心細くなる道で、逆にワクワクします。

途中由宇温泉の横を通りますがも、
お祭りなのか、突然賑わっています。
ド派手な衣装を着た人が歌っています。
演歌歌手の方かな。

などと思っていると、また山道をバスはうねうねと進んでいきます。
そして、路駐をしている車が目立ちだすと、
広島東洋カープ由宇練習場と、カープ坊やが描かれた看板がお出迎えです。

いよいよ来ました。
というか、すごい車の量です。
確かにバスは1日6往復。車でくるのが正解な場所です。
ま、私は車で行きようがないのですが。
ちなみに駐車場には管理をしている人がいて、
1日800円だそうです。

そんなことに感心しながら坂をのぼると、登り切ったところが球場かな
と思えるところに、ユニフォームを着た身体の大きい人を発見

スタッフかコーチかなんかかな?と思って見たら
福井選手でした。

おおおおお、最初からスゴい人を間近で見てしまいました。
タダでさえアガているテンションがマックスです。

そして、球場へ。

まわりは山に囲まれた
フィールドオブドリーム的空間がいいなぁ。
しかも、もういい場所が抑えられています。
マイカー組恐るべし。

試合開始時間の1時間まえくらいにあわせて悠長に来るのは
由宇初心者の私くらいかな?

しかも、小型テントもたくさん張られています。
上級者の方はスゴいなあ。


カープのベンチは3塁側でしたので
とりあえず、三塁側プルペンがすぐ横に見える場所があいていたので
買ってきたレジャーシートをひいて場所取りをすませてから、
腹ごしらえです。

売店が出ているエリアは一塁側なので、歩いて向かうと、
途中で、グランド内でネット類を片づけているスタッフが近づいてきます。
違う、スタッフじゃないよ、選手達だ。
ファームの試合では、練習器具を選手が片付けるんですね。
野間選手とか、岩本選手とかがネットの片づけをしています。
すごいなぁ、などとそんなところにも関心。


一塁側のほうにミニふわふわスライリー滑り台がありまして、
その前に何軒がワゴン車とかでお店が出ています。
地元のタコスとか、地元のパンとかはネットの情報で知っていましたが、
カキクリームコロッケと書かれた移動販売車もあります。

おー、こういうのもええねぇ。
中ではコロッケだけでなく、カルビ丼などのガッツリ系メニューもあるみたいです。
さらに、ぐるっとまわってみていると、「カレー」ののぼりをはっけん。
!! と思って行くと、今年3億8000万円かけて、由宇を改修したのですが、
ビジターチームの更衣室を新設して、かつてビジターチームの更衣室だった場所を
ガス・水道が使えるように改修して、
簡単な調理が出来るスペースを作ったそうです。

中では、うどんとか、カップラーメンとか、グッズとともに
由宇トマトカレーが売られています。

そちらでカレーを購入。
でも周囲にゴミ箱がなかったので、この場でいただいて
食べたお皿を戻します。

カレーは美味しかったです。詳しい感想はまた後日。

さらに、オヤツにしようと、おとなりのファミーユ カフェさんのワゴン車で
揚げたてカレーパンを購入。タコスもコロッケも気になるのですが、
そこまでは入らないということで、次回のお楽しみに残して、自席にもどります。
カレーパンの感想もまた後日。

ちなみにこの日の天気予報は曇り時々雨ということで、
晴れたり曇ったりの天気でしたが、用心して、
持ってきたゴミ袋でリュックをくるんで、
ポンチョを出したりしていると

!!

いきなり大粒の雨が。
持ってきた装備がイキナリ役に立ちます。

というか、ポンチョごしに聞こえる雨音が大きいですし、
なんか跳ねてます。

これ、あられだ。

いきなりの洗礼です。

ただ、これは15分ほどであがり、また晴れ間が出てきます。


その間も黙々とブルペンでピッチングをしているのが、
本日の先発の塹江投手です。受けるキャッチャーは
本日のキャッチャー、ルーキーの坂倉選手。
横で見守りながら、タイミングを見てアレコレアドバイスしているのは、
佐々岡コーチです。

近いな~、選手も、コーチも。

塹江選手が、「次、まっすぐで」とか、「次、カーブで」なんて
キャッチャーにむかって言っているのもよく聞こえます。
こういうのも、二軍練習場の魅力です。

そんななかで、スタメン発表です。

先攻のタイガースが
①6植田
②4板山
③D大山
④5楊川
⑤8伊藤隼
⑥9森越
⑦3西田
⑧2長坂
⑨7緒方
P 小野
というメンバー、バッテリーと三番が期待の新人選手です。

対する後攻のカープは
①8野間
②6桒原
③5ペーニャ
④7バティスタ
⑤9岩本
⑥3メヒア
⑦4美間
⑧2坂倉
⑨1塹江
といった面々で、カープはDHなしで挑みます。

そして、12時30分丁度にプレイボールです。
二軍のゲームを見るのは、大学生時代に戸田で見た
スワローズvsジャイアンツ以来です。

あの時はジャイアンツには、呂明賜とかが、
スワローズにはカズシゲとかがおったねぇ。

とか言ったら、年がバレそうですが(今更)


話を戻して。


1回表 タイガースの攻撃。
先頭植田選手、見逃し三振、つづく板山選手がライト前ヒットで出塁
そして、ドラ1ルーキー大山選手の打球はセカンドゴロですが、
セカンドベースカバーに入った桒原選手が一塁悪送球で、
ゲッツーが捕れず。あああああ

ちなみに、この直後に桒原選手にかえて
ショートに育成の木村聡司選手が入ります。

うしろの家族連れは、「木村って?キムショー?」「違うじゃろ」なんて会話をしています。
しかも、楊川選手をフォアボールでだして、ツーアウトながら1.2塁ですが、
続く伊藤隼選手をファーストファールフライに切って、チェンジです。
はぁ。

1回のウラ、カープの攻撃
先頭の野間選手、初球のボールをセカンドゴロ、続く木村選手空振り三振
ペーニャ選手の強烈なゴロを一度はサードがはじきますが、
落ち着いて走塁してアウト。三凡です。

あっさりはいかんねぇ。
このあと、レフとの守備につく、バティスタ選手と、
キャッチボールをする多田選手が、グータッチ。
そのあと、ちゃんと走れ、というポーズをとる多田選手。
仲ええねぇ。

2回の表 タイガースの攻撃
先頭の森越選手をフォアボールでだして、
西田選手が放ったファールは、自分の見ている場所の5mくらい奧に
飛んできました。が、結局ショートフライ
長坂選手、空振り三振。緒方選手の打球は、ショートとレフトとセカンドのあいだ
「 I got it 」「ガリガリ」の声が飛び交いますが、
結局一番声のデカかったレフトのバティスタ選手がキャッチしてチェンジです。

ここで、中継ぎのピッチャーがベンチからパイプいすを持って出てきて、
ブルペンの横で、ブルペンキャッチャーが座っている横に座りだします。
談笑していて、ここも仲よさそうです。

2回のウラ、カープの攻撃
先頭バティスタ選手がショートゴロから、岩本選手がライト前へのナイバッチ。
さらにメヒア選手がレフト前で続くと、美間選手のライトフライは犠飛になって、
ツーアウトながら一三塁です。
ここで、打てるキャッチャーとして期待の坂倉選手で、打球はレフトへの大飛球。
これは!!と思ったのですが、レフトが追いついて、チェンジです。ああああ

3回の表、タイガースの攻撃
先頭植田選手の打球は左中間への飛球です。
ライトセンターそれぞれ「ガリガリ」「ガリガリ」と声を掛け合いますが、
交錯してまいます。あっぶなぁ。
結局センターの野間選手がボールをおさえてワンナウト。
続く板山選手ショートゴロと、あっさり2アウトをとってから、
大山選手の打球は左中間の深いところへの大飛球。

南無三、と思ったのですが、そのままボールはスタンドへ。
さすが、ドラ1ルーキー様は違うねぇ。

ただ、続く陽川選手を空振り三振でチェンジです。

1.2回は四球を出していた塹江投手で、この回は四球なしで来たと思ったら…

ま、でもゲームは序盤、これからじゃわ。

3回ウラ カープの攻撃
先頭の塹江選手が、センター前で出ました。
ジエンゴはカープ投手のお家芸じゃ。
続く野間選手が空振り三振
木村選手の打球は、ショートへの難しいあたりで、
これをショートがジャッグルをしての内野安打です。
ここは、得点チャンス
そして、ペーニャ選手の打球はセンター前に抜けようか
というあたりですが、あらかじめセカンドのベース寄りに守っていた
板山選手が軽快にさばいて併殺です。
あああああああ

そして、チャンスのあとにはピンチ有り
4回の表タイガースの攻撃。

先頭の伊藤隼選手をフォアボールで出すと、
森越選手がレフト前にはじきかえす。
さらに西田選手がバントでおくって、ワンナウト2.3塁です。

ピンチ。

と、

ここでスコールのような雨が降ってきます。
あああああ

ここで、あわててベンチに戻るブルペン横のピッチャーキャッチャー陣。
そして、途中試合中断のコールがされます。

さっきも強く降った雨が一旦止んだのですが、
そのときは、雲の薄いところがありました。
今回は空を黒い雲が覆っています。
そして、さらに止む気配のない雨。

さらに待ちますが、
しばらくたって降雨ノーゲームが宣言されました。

うん、残念ですがしょうがないですね。

と、いうことで、初めてのカープの二軍戦でしたが、
ま、いろいろ堪能できたので良しとしましょう。

と、バス停に向かいます。
が、13時28分のバスが、15分前くらいに行ったばかりで
次のバスはゲームが終わってから乗ろうと思っていた15時48分のバス。
2時間近く待つのか~、などと思うのですが、
同じようなご夫婦が来て「バスの時刻ってどうですか」と聞かれたので、
「15時48分だから、1時間以ちますね~」「ああ、そうですか」
などと、会話をしているときにひらめいた
「よろしければ、タクシー呼んで、乗り合いで帰りませんか」
「ああ、いいですね」と、話がまとまったので、
「じゃ、車呼びます」と、私が公衆電話でタクシーを呼びに行こうとすると、

そちらのご夫妻が、たまたま話しをしていた、駐車場の管理の方の
車に乗せてもらえることになったので、便乗させていただきました。
ありがたいです。

なんでも、昨日のゲームが駐車場がいっぱいになって、
上の小学校だかのグランドも駐車場としてかりた様子。

「あー、昨日なら1500とか入っとったじゃろね~。
今日は、上の駐車場には車まわさんかったけん、1300くらいじゃろ」

なんて情報も教えてもらいました。

さらに、「由宇温泉でお祭りやってて、どなたか歌っていたんですけど」
と聞いたら、
「そら、京太郎さんじゃ」と教えてくれました。
山口のローカルタレントさんだそうです。


そんな感じで15分ほどの道のりをいろいろな話をきかせてもらいながら
由宇駅までおくっていただいたというわけです。

「これに懲りず、またきて下さい」
「絶対、また来ます、ありがとうございました」
と分かれて、ご夫妻ともわかれて、山陽線の人となります。

その後は、時間に余裕があるということで、
錦帯橋とか、吉川記念館とか、岩国城界隈を散策したり、
岩国駅そばの定食やさんで、ご飯をいただいてから、

岩国錦帯橋空港にむかいANAの便で一旦東京へ。
翌日6時台の飛行機に備えて、大鳥居の宿へはいったというわけです。



と、いうことで、降雨ノーゲームがなければ、本当にいい遠征でしたので、
機会を作って、また、由宇に行きたいと思います



ってことで (´・ω・)ノシ
現在も先日に引き続き、広島に滞在中です。

福岡、野球も食べ物もよかったですわい。
そんな話はまた後日。


先月の、オープン戦と「この世界」キーワードラリーで訪れたお店の話の続きです。

呉から帰ってきて、広島駅から広電に乗って、胡町電停で降りてから
向かったのが、流川にある中華の老舗 天津さんです。
入り口の真っ赤なファサードテントには、白いひげのおじいさんが描かれています。
この使い込まれた感が、伝統を感じます。

入り口の引き戸をガラガラとあけると、味のある店内によく似合う感じで、
カウンター席に常連さん風の人が
お店のかたとの会話を肴に、お一人でお酒をのんでいます。
私もお一人様なので、カウンター席に腰を下ろして、
とりあえず青島ビールと、水餃子をオーダーします。

こちら、新久千映さんの、「ワカコ酒」(ゼノンコミックス/ノーススターズピクチャーズ)
の第123夜 水餃子の回に出てきたお店です。
あと、同じく新久さんの「一人さまよい酒」(コミックエッセイ メディアファクトリー)にも登場していました。

ワカコさんは、

たいていの人が選ぶ / 王道があるとして
たまにはNo.2的な / ほうも手を出したい / わけよ

なんて思いながら、水餃子をオーダーしたので、それにならいました。

すぐに出てくる青島ビールです。この少し癖がある味わいが
異国のビールです。
カウンター席なので、調理をするところを失礼にならない程度に
見せていただいたり、店内をぐるっとまわたしたりして、
芸能人のサインが多いなぁ、などと関心したり、
細長い店内ですが、カウンター席の奥に、テーブル席もあるみたい
なんて様子を見ていると、水餃子がきました。

淡青磁色のシンプルなお皿に乗った見るからにプルプルな水餃子
中の餡が透けて見えるところもいいなぁ。

酢醤油に、底に唐辛子とかが沈殿しているラー油をおとしてから
いただきす。

これは美味しいです。
モチモチの食感もいいですし、
中の餡からもあふれる肉滴が、皮の素朴さとあいまって、
本当に美味しい。
素朴ながらもしっかりと小麦の味がする皮もいいです。

そして、水餃子最大の魅力、そのツルツルの皮です。
口腔内をくすぐるのもいい感じなら
皮のつるっとした感触のまま咽を通り過ぎる悦楽。
たまりません。

そして、食べているうちにビールがなくなったので、
紹興酒のロックをいただきます。
それは、

飲茶 焼餃子 水餃子
今日は / 茹でて / あるほうで
「水」は / 「焼」より / 健康そうだ
ビールで / ハフハフ頬張るより
紹興酒で / 中華として / じっくり味わいたい

といって、オーダーしてぷっしゅーをしたからです。
そう、それと一緒に、白肉天を注文します。
これは、「一人さまよい酒」の中で、押井さんとともに、
新久さんが注文していたメニューです。

まずは紹興酒が登場。
青島ビールも異国感がありましたが、その比ではないです。
これは、いい。餃子にあう癖の強さ。
焼き餃子だと、やはりビールと思いますが、
より穏やかな味わいということで、水餃子といいマッチングです。

ワカコさんも、
うー / ーん
この / ちょっと / クセのある / この香りだよ
これによって
スパイスの効いた餡が にょむ
なろらか皮が つる
 ぷる
 わーっ
何倍も / 香りり高い / 中華おつまみに ぷしゅー     チャイナチャイナ


中華おつまみ。うーん。そのとおり。
町中華という感じのこちらで、ここまで異国情緒を味わえるとは。

そして、楽しんでいるうちに、白肉天の登場。
ホルモンに卵が多めの衣を着けて揚げたものです。
ホルモンの天ぷらは、福島町のお店で食べたねぇ、
などと思いながら、いただきますと。

うん、こちらもおいしい。
さっくりとした衣と、なかのクニクニコリコリのミノの歯ごたえ。
この組み合わせがまずはいいですし、
中からあふれてくる、ミノならではの、
少しだけクセのある味わいが、穏やかな衣に包まれている
このバランスが素敵でした。

ホルモンをこうやって、調理するところが広島味で、
白肉の天ぷらも、広島に来ないとなかなか食べる機会がないので、
さっきまでのエスニックはどこへ
広島に帰ってきました。

こちらも紹興酒とのバランスも良しです、

と、いうことで、お酒も入ったということで、二品で満足です。
ワカコさんが、

寄り道した後には
王道に戻りたくなる
焼きも / いいわね

といった焼き餃子にも惹かれますし、豆腐の天ぷらとか、
チャーハンや麺類なども気になるな。

ま、また広島に来る機会もあるでしょうから再訪する機会もあるでしょう。
と、こちらをあとにしたのでした。


そして、翌日、オープン戦のカープvsスワローズでしたが、
試合時間が2時間41分とあっさり終わったということで、
予想より速く球場を後にして、ズムスタの外周をぐるっと回ります。

室内練習場の横にある、広島カープ誕生物語の像の写真を撮ったりしながら
一旦宿へもどってから、ウサを晴らすというわけではないですが、
ゴーダキングでホルモンバーグなどをいただいたというわけです。
この日お世話になった宿からは、歩いてすぐのところにお店があります。

こちらも、新久さんのコミックや、ガイドブックに取り上げられていました。

外に出ている赤い看板とか、黄色いちょうちんが雰囲気あります。
ファザードテントに描かれた店名のロゴとかイラストのインパクトがスゴいです。
開店前の時間に行ったのに、あかりがついてますし、
お客さんが何人か入っていったので便乗して中へ。

開店直後でまだお客いないのに / 入った瞬間 お肉の香り

とコミックにあった気分を満喫。

中に入ると、「牛の愛 かみしめ 肉喰らえよ」と大書されていて、圧倒されます。


店内のイラストが独特で味わいあります。
新久さんには
「謎の内装はさておき」 と書かれていましたが…

牛の部位別の名前とか、
愛 妊 産  という文字とともに、あのイラストで、
牛の生態がかかれていて、これもスゴいなぁ。

では、まずオーダーはハイボールと、ホルモンバーグ
さらに、厚切り塩タンをオーダーしましたが、品切れとのことで、
和牛タンとスジ煮込みをオーダーします。

ハイボールで咽を潤してから、まずは、スジ煮込み。
濃い味付けが食欲をそそりますし、プルプルな部分と
しっかりと肉の味わいのする部分のバランスがいいなぁ。

そして、大ぶりのタンを焼きます。

ちりちりと音を立てて焼かれる様がいいですね。
次第に表面に透明な脂が浮いてくるところもいいなぁ。

そして、炙りながら軽く色がかわったところで、裏がえして
あとは丁寧にやいていただきます。
軽く炎があがるところもいいぞ。

ああ、美味しい。しっかりと肉滴が表面から流れずに
口の中におさまります。
そして、この野趣に富んだ味わいと、繊維って歯ごたえ。
やはり、タン、好きだなぁ。と改めて実感。
しかも、この味わいがすごくあとを引きます。
そして、ハイボールともよく会います。

と、楽しんでいると、登場したのが、ホルモンバーグです。

小さな鉄のフライパンのなかでジュージュー焼かれながらの登場です。
小ぶりのハンバーグの上に、たっぷり山盛りのねぎです。
いい香りですし、脂が爆ぜいてる様子を見るのも楽しい。

まずは、箸で割ってからいただきますと、内側はやや白い感じです。
そして、断面からちらちら見えるホルモンです。
このホルモンバーグが、大きめのホルモンが
ハンバーグの中に練り込まれているるという味わいのシロモノ
これは美味しい。

このホルモンの味わいが肉滴たっぷりなうえ、ホルモンならではの
個性的な味わいがいい感じですし、
ハンバーグの肉滴たっぷりさとあいまって、
口の中がスゴいことになります。
さらには、その歯ごたえ。

ハンバーグの中にあるホルモンの歯ごたえが波状攻撃で、
歯だけでなく、口腔内をも刺激をします。
これは、たまらん。
ハイボールもすすみます。

コミックには
川上さん「例の / すごいメニュー / 来たよ」
との前置きで到着したのが

ホルモンバーグ ¥780
「ご当地B級グルメ / BEST30」で / 全国Ⅰ位に!

和牛ホルモン(小腸)使用
注意!!実に / やわらかい。たまに / 歯ごたえ
見た目は / 白っぽい普通の / ハンバーグだが / …?


おおう… / 確かに / うまそうじゃ



んんん?      ほにほにほに

ホルモン / まるっと / 入っとる / じゃん
「ホルモンをくだいた / ハンバーグかと / 思っとった!」
これは / 確かに / 全国に誇れる!!


と、いうところで、タンがなくなりましたので、あと一品くらいはいけるかな、

と、ハラミをオーダー。

こちらも美味しくいただきました。

ああ、ほかのホルモンメニューにもひかれるねぇ。
とはいえ、この日は満腹なので断念しましたが、
こちらも定宿から近いので、また来る機会があるでしょう。


と、大満足で宿へと戻ったのでした。


さて、翌日は、広島から北海道へ戻る日ですが、
広島~新千歳の便がせわなくていいのですが、
時間的余裕があるということで、この日は、神戸空港を使います。
広島市街から広島空港までが、50分程度、
広島から新神戸までが大体1時間。
北海道への便数を考えると、新神戸のほうが便利です。

広島駅で職場などへの土産をシバいてから、新大阪行きの新幹線にのって、新神戸で下車。
そこから地下鉄で三宮に出て、向かったのが「神戸キチン」さんです。

こちら、1度お店の前まで行って、開店を待っていたのですが、
開店時間になったら、本日貸し切りという紙が貼られたため、
しょんぼりしながら早めに神戸空港にむかった思いでがあります。

11時30分開店ですが、この日は通常営業の模様です。
雰囲気ある外装のお店。外に並べられている観葉植物もいいです。
重厚な木の扉をあけるお客さんが入っていったので、ついていきます。

中にはいると、実直そうなお年を召したご夫婦がお店を切り盛りしているもよう。
4人掛けのテーブル席に腰を下ろしてから、皮バリのメニューを見せて頂きますが、
頼むものは決まっています。
ランチの肉メニューである、ポークチャップです。

そもそも、こちらのお店に来たいと思ったのは、
マキヒロチさんの『創太郎の出張ぼっちめし』(バンチコミック 新潮社)1巻第4話で、
主人公の創太郎クンが神戸に出張の際、腹を空かせたあげく、
サイトで探して寄ったお店だからです。
そちらで創太郎クンがいただいたのが、ポークチャップでした。

「いらっしゃい / ませ~」
うん清潔感があって上品な洋食屋さんって感じだな!
「こちらの席へ / どうぞ~」

えーと / どれどれ…

ビーフシチュー! / いいね~
エビフライもハンバーグも / 捨てがたい
いや これにしよう! / ポークチャップ
「すいません / ポークチャップ / お願いします~」

なんて言ってオーダーしていました。

オーダーをすると、「新聞どうぞ」と勧められたので、
軽く読みながら、店内を軽く観察。
テーブルは大きめで、その重厚さに伝統を感じますし、
テーブルの間も広めなのでくつろげます。
掲げられている絵とかをはじめとして、内装も外観とおりのレトロな感じで、
落ち伝いたたずまいのお店で、ほっとできます。
先ほど入ってきた女性の方に加えて、数組のお客さんが
立て続けに来店しますが、あくまでも店内は静かです。

最初に登場したのが、周辺が紺で絵付けされたお皿に入った
半透明なスープです。半透明なので、お皿の底の模様も見えます。
中には、細かく角切りされたにんじんや大根などが入っています。
いただきますと、食べ口はすごくあっさりとした味わいながら、
しっかりと肉とかの旨みもでていますし、
飲み続けたくなる味わい。
千切りされた大根や人参も素朴な味わいで、
スープを吸って美味しくなっています。


創太郎クンは、

おお~ / なんか豪華な / お皿に入って / きたぞ!!
コンソメスープかな…?

うん 優しい味~
角切りの野菜がかわいいな~
洋食屋さんのスープって感じ


カランッ!
瞬殺!

なんていって食べていましたが、わかります。
これは、瞬殺の味わいです。


そして、続いてきたのがポークチャップです。
分厚い肉は、表面にも肉滴でギラついていて、これだけでもうまそうなのに
赤みがかった、いい香りのするソースをたっぷりまとっています。
付け合せは、しんなりしたキャベツと、緑の色合いが鮮やかなインゲンと
ほこほこな感じのジャガイモで、この色合いもいいです。

では、ナイフとフォークでポークチャップからいただきます。

これは、美味しいです。

ポークチャップは、ギラついた見た目通りに、肉滴もたっぷりで、
軽くかむだけであふれてくるジューシーさ。
さらに、肉自体がしっかりとした甘みと、かるい甘みがあって、
これが、絶妙な火加減で調理されているおかげで、
柔らかいのに加えて、うまみが最大限に出てきています。
肉の分厚さも、肉食べている満足感を満たしてくれますし、
やわらかいのでしっかりかむ必要はないですが、
かむたびに新たな味わいが来ます。
お肉もよければ、調理方もよくて、これは、うまくないはずがないです。

しかも、トマト風味が強めで、ケチャップっぽくもある
どこか懐かしい味わいのソースは、甘みと酸味と塩味のバランスもよくて、
肉の美味しさを引き立てます。

そして、付け合わせもたっぷり。
ポテトのよさを生かしたホクホクな味わいのホッコリさもよければ、
キャベツはスープと同じくコンソメで煮込まれているので
素材の甘さとともに、吸ったスープの味わいとともに
相乗効果で美味しくなっています。
インゲンのバターソテーも素材の青い味わいと、バターの濃厚さがいい。

というか、この付けあわせ三品とも調理方法が違うってのが、
手が込んでいます。

これら、すべてライスにもあいますし、
こういう洋食をワインでいただきたい。

まぁ、3時間後に車を運転する巳としては自重をしたのですが。


でも手が込んでいるわりには、緊張を強いられずに
食べるとどこか懐かしい味わいが、クセになりそう。
高級だけど、家庭的という、一軒すると矛盾する言葉を
両立させる、これが伝統の味です。


創太郎クンは、


うわ~~~
うまそう~~~!1
おいしくないわけ / ないだろ! ってビジュアル~!

…でも / ポークチャップって / なんだっけ?
シンプソンズの / ホーマーが / よく食べてる / けど…
まっ いっか! ガッ

ん~~~~! うまい~!!
なんてったってこの / 甘辛いソース!
これだけでご飯何杯も / いけるな!
肉も分厚いけど / やわらかくてうまっ!

ってかこのキャベツが / 何かうまい!
コンソメで煮てる / のかな?
ポテトのソテーも / 懐かしい感じ! / うまい!!

ん~~ / 全部 / うまいなぁっ  パク パクッ

完食!    カラッ

「食後のコーヒーですー」
「あ ありがとう / ございます」

満足


という気分を追体験しました。

と、いうことで、大満足をしてから、ごちそうさまでした
 
こちら、1952年三宮センター街で創業し、8年後に現在地で
「神戸キチン」の名で営業を始めた老舗洋食店だそうで、
タンシチューやハンバーグ、チキンのクリーム煮など、
看板メニューはそのころとほぼ同じだそうです

ハイカラな洋食の街、神戸の名前を店名に冠しているのは伊達ではないです。

ちなみに、こちら、カレーとかタンシチューも美味しいらしいので、
また再訪したいです。
ととはいえ、日祝休なのでハードルは高いですが…


そして、こちらを辞してポートライナーにのり神戸空港へ。

途中、就活生でしょうか、新品の黒いスーツを着た、女子の4人組が
いろいろと話しをしているのをホホエマシクみたりしながら
神戸空港へ。

そして、新千歳へとた帰ったというわけです。


ってことで。 (´・ω・)ノシ
2017.04.01 CRAZY APRIL
現在、昨日もブログで書きましたが、またまたまたまた広島市東区某所に滞在中。
これからのKalafinaの鯛茶漬け巡礼&プロ野球のホークスvsマリーンズ戦と
明日の由宇での、ウエスタンリーグ、カープvsタイガース戦にそなえています。
初めての由宇と、ひさびさのヤフオク!どちらも楽しみです。

というか、広島なのに、雪のお出迎えです。
びっくりした~

さて、今日より、いよいよ4月です。

オシゴトのセクションが変わったという事で、
昨年よりも平日に行うシゴトは増えるのに加えて
土日のシゴトが少し融通がきかないようになりそうで
遠征に行きにくくなりました。

さらに、2月・3月が忙しすぎました。
ま、2月には、この世界の片隅にの巡礼、3月にはカープオープン戦とか
ツッこんでいたので、自業自得ではあるのですが…

で、4月からは、少しラクになるかも、と自己暗示をかけて耐えている時期に
丁度、野球のチケット販売が来るのです。

ただし、本命だった、カープのマツダズームズームスタジアムのゲームは
4月は1試合しかとれず、しかも、平日。

オシゴトはテンパってきて、なかなか正常な判断がつきにくい感じ。
そんなモロモロがあったということで、なんか気が付いたら
とれるチケットをいろいろとってました。

さらには、渡辺保裕さんの「球場三食 1」(講談社 アフタヌーンコミックス)の影響とか
大お祭りにもっていく頒布物の取材のこととかもあって、
カープ戦以外にも色々な球場にもいくぞー!!
なんて気合いがはいったこともあったり、

本当はGWの後半で、関東のパ・リーグの球場を回ろうとおもったところ、
逆にそこでは、甲子園のカープvsタイガース戦が捕れちゃったので、

どこで行こうかねぇ、などと考えている時に
4/7こそ、ズムスタでカープ戦を見るのですが、土日である8.9は
チケットがとれないので日程があいてしまい、
丁度そこで、関東でのパの主催ゲームが行われている。
ならここで二試合見るか!!、などとチケットをとったりして、

さらに4月からはKalafinaの全国ツアー
Kalafina ”9+ONE”もはじまります。

そんなモロモロから、4月は冷静さを欠いた遠征日程になりました。

以下の通りです。

4/1 ホークスvsマリーンズ(ヤフオク!ドーム)
4/2 カープvsタイガース [ウエスタンリーグ] (由宇練習場)
4/7 カープvsスワローズ(マツダZoomZoomスタジアム)
4/8 ライオンズvsホークス (メットライフドーム)
4/9 マリーンズvsゴールデンイーグルス (Zozoマリンスタジアム)
4/16 カープvsタイガース (阪神甲子園球場)
4/17 カープvsタイガース (阪神甲子園球場)
4/24 Kalafina ”9+ONE” (わくわくホリデーホール)
4/30 カープvsベイスターズ (横浜スタジアム)

カープの1軍戦4試合、2軍戦1試合
パ・リーグのゲーム3試合、ライブ1本と

なかなか気合いの入る4月であります。


で、5月は、野球二試合程度(5/5 6 甲子園のカープvsタイガース戦)に
とどまりそうですが、

6月にはいると、交流戦でカープは、またファイターズとイーグルスの
北海道・東北での6連戦
しかも、直前には、Kalafinaの国際フォーラムでのツーデイズと
イーグルス戦の最中には、仙台公演があります。

なので、

6/3 Kalafinaライブツアー (東京国際フォーラム)
6/4 Kalafinaライブツアー (東京国際フォーラム)

6/6 カープvsファイターズ戦(札幌ドーム)
6/7 カープvsファイターズ戦(札幌ドーム)
6/8 カープvsファイターズ戦(札幌ドーム)
6/9 カープvsゴールデンイーグルス戦(Koboパーク宮城)
6/10 カープvsゴールデンイーグルス戦(Koboパーク宮城)
 →Kalalfinaライブツアー (仙台サンプラザ)
6/11 カープvsゴールデンイーグルス戦(Koboパーク宮城)

という正気を欠いた遠征日程になりそうです。

野球を見たすぐのあとのライブとか大丈夫か??
ま、これは、Koboパーク宮城と、仙台サンプラザが至近距離
だからこそ出来る技ですが。

8月は、言わずもがなの夏の大お祭りがありますし、

今年の偶数月は、いろいろオカしなことになりそうです。

と、いうことは、また10月も野球を楽しめるということですかね。
そうそう12月はガルパンの劇場版もありますし。

熱中できることがあるというのは、いいことです。


ま、そんな顛末はこのブログでまた語らせていただきます。

よろしければ、オツキアイください。


ってことで (´・ω・)ノシ