以前、p氏とライブのために阪を訪れたとき、
「何か食べたいものない?」って聞いたら
「かすうどん」といいまして、それから気になったメニューです。

2013年12月、Kalafinaのクリスマスライブで大阪に行った時、
昼食の第一候補であった西成のお店にふられたということでむかった、
難波にあるインデアンカレー南店
そこでは、美味しく、濃く、刺激的なカレーに舌鼓をうって
大満足で店を出ました。その時、お隣の店舗を見たら行列ができていて、
そちらがかすうどんのお店「KASUYA」さんでした。

あー、それなら、ここもいずれいかなきゃな、と思って以来、
念願かなっての来店であります。

南海のラピードβで南海なんば駅まで向かい、そこまでの同行者畏友Tクンとわかれて、
畏友p氏とともに、法善寺をめざします。
店舗は「法善寺水掛不動尊表参道」にありまして、
向かいには法善寺が見えますが、それ以外は普通の商店街です。

インデアンカレーと、こちらの店舗の間にある細い路地に
入り口があります。
前回着たときは行列ができていましたが、このときは
店内には、5人ほどしかいないので、余裕で入れます。

外装にトタンがあしらわれた雰囲気のある店は、
カウンターのみで、鰻の寝床的な細長い店内に12席があります。

そこの席に腰を下ろして、まず私は、初めてなのでオーソドックスな
「かすうどん」600円と、前回千とせさんで、関西のうどんとのマッチングにびっくりした
思い出で があるたまごかけごはんをオーダー。
p氏は、かすうどんの大盛り、かすも大盛りで、
たわらおにぎりをトッピング

つきっばなしのテレビがいい感じです。
店内にはローカルタレントさん?などの色紙が貼られているのも
雰囲気です。

待つことしばしでうどんが登場。
「肉かす」とは、牛の腸をじっくとり脂で揚げたもので、
余分な油分や水分が抜けて肉の旨味が凝縮されますし、
まわりはカリカリと香ばしく、中はぷるぷるとした独特の歯ざわりが特徴だそうです。
南河内の方面で食べられる料理とのこと。
はじめていただくので楽しみですが
まずは、うどんを啜りますと、うん、うまいです。
この前の週に博多でうどんを食べましたが、あれに通じる
やわらかさとともに、内側に芯的な歯ごたえのある部分があって、
博多とも、讃岐とも明らかに異なる噛み応えのハーモニーは、
典型的大阪うどんです。
淡い色合いで、出汁もしっかり効いているつゆも、
このうどんとよくあいますし、ほのかに柑橘系の酸味や風味も感じます。
そして、やはり特筆すべきは肉かすです。
外側はしっかりと揚げられているのでカリッサクッとした食感を感じますし、
噛むと内側から脂がじわっと滲んできます。
ホルモンの魅力はそのしっかりこってとりした味わいですが、
火がしっかり通っているので脂が出ていて、ほんのりと甘みがあります。
脂が出ているおかげで、しつこさは感じません。

うどんと一緒に油かすを口へ流し込むと、この微妙な歯ごたえがいいです。

この脂がお汁にもしみ出ていて、味わいを複雑にしてくれます。

うどんもうまければ、出てきた玉子かけごはんも
オレンジ色の気味がきれいな生玉子とご飯。
しかも、お醤油は、先日肉吸い小玉を味わって、その美味しさに目覚めた
千とせのものでした。
玉子の濃厚な味わいと、魚系の出汁っぽい味わいがキモになっている
醤油の組み合わせが、ホカホカご飯のなかで辛み合います。

ああ、美味しいなぁ。

同行のp氏も大満足の様子。
後日うどんのだしなどを自分へのお土産に買っていましたが、
「肉かすとか売ってねぇかなぁ」などと探していました。
京阪天満橋のスーパーにはなかったなぁ。

今度訪れた時は、トッピングメニューも食べてみたいと思います。

ごちそうさまでした。

ただ、今回オーダーしたビールが通ってなかったので、
今度はビールとともに味わいたいです。


そして、ライブを大満足で終えたあと、この日も関西っぽい店に行きたい
ということで、一旦谷四の駅から地下鉄にのって、向かったのが天王寺。
「天王寺って天王寺きつねか、うぽってか」などと言うp氏。
Mioという名前の駅ビルのなかの「でんがな」というお店へ。

ビルの中のお店とはいえ、外にも席があって、
そちらでもご同輩がくつろいでいて、いい雰囲気を
かもしだしています。
これは良さそうです。

まずは、生をオーダーして、2人でかんぱ~い!!
ライブ前、カープ戦を見ながら飲んでいたのですが、当然ライブですっかり抜けてまして
さらに汗かいてますので、染みますね。いやー、美味しい。

そして、まずは5本セット(牛・チキン・ウインナー・なす・たまねぎ)と
土手焼きをオーダー。

テーブルの上に銀色の四角いソースをいれた器と、
キャベツが入っている銀色のお皿です。

ジョッキのビールをまずはグビッとのんで、喜んでいる喉に、
サラサラのウスターソースのついたキャベツをポリッといくと、
キャベツの甘さをソースが引き立てます。
ウマイね。この堂々としたキャベツ。
ソースをつけただけの生のキャベツなのに、なんでこんなに美味しいのか。
ソースの味わいがビールにもよく合います。ああ、大阪だなぁ。

そして、小皿で提供される土手焼きと、
銀色のパットに置かれる5本の串。
明るいきつね色した衣は、だるまさんほどではないですが、
使われているパン粉が細かめで、しっかりついています。

まずは串とソース面を水平にして、半面たっぷりとつくように
ソースの海に沈めて、半分がソース色、半分がカツの色になるようにして
ウインナーにかぶりつきます。

うん、うまいです。これですこれ。大人のおやつです。

衣のサックリ軽やかな感じと中の具の味わい
これを包み込むソースの味わいにまとめられて
いいですね。ビールにもあいます。

牛の濃い味わいも、チキンの淡白ながら噛むとじわっと味わいがでてくるところも
なすのしっかりとした汁とソースなどの組み合わせ、たまねぎはほっこり甘くてにんまりします。
あああ、いいなぁ。

七味をぱらりと振ったどて焼きも美味しい。
串ででてくるところは八重勝と同じです。
うん、このほんのりと甘い味わいが、んま~い です。

続いていただいたのは、紅ショウガです。
この衣越しに見える赤い色合いからして、たまりません。
こちらもソースを反面につけていただきますと、

うん、紅ショウガの刺激がソースの甘さで引き立ちますし、
サクサクの衣とパリパリの歯ごたえのバランスがいいなぁ。

よし、このタイミングで追加した、ちゅーりっぷも瑞々しい味わい。

ビールもすすみます。

さらに、牛肉吸を注文して、2人でシェアしますが、
玉子はp氏が、譲ってくれました

ああ最高です。

ということで時間は22時近くなってきましたし、明日もあるので
今日はこれくらいでおいとましましょう。

ごちそうさまでした。あー美味しかった。


そして、宿へ戻ってブログの更新などをしてこの日は落ちたのでした


その他に行ったお店については、また別の機会に書きます。




かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。 (´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
大阪のライブ2日目です。
マチネ、ソワレの日です。

このライブのことを発表した梶さんがつい言った
「ちょっとマチネ~」という、せりフを思い出します。


この日は、9時半くらいに、同行者である畏友p氏のお買い物のため
いったん天満橋へ。
天満橋に来るのも初めてです。

その後、谷四で美味しいカレーをいただきます。

今回、谷四に宿をとったのは、会場に近いという理由でしたが、
ネットで検索をしていたら、この界隈がカレーやさんが集まっている
地域だってことを知りました。

裏谷四なんて言葉もあるくらいで

そんななかで休日営業をしている一軒で絶品のカレーをいただきまして、
12時に会場入りをします。

そして、少し余裕があるので、物販でTシャツを購入して
トイレで着替えてライブにそなえます。

ライブそのもののセットリストなどについては、
「続きを読む」の下に書くとしまして


その後は、いったん宿にもどって、夜の部に備えたのでした。


と、いうことで

梶浦さん、歌姫s FBMさん、スタッフの方々本当にいいライブをありがとうございました。
参戦されて一緒にライブを盛り上げた方々、ごくろうさまでした。
お互いお疲れ様でした。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。 (´・ω・)ノシ




というわけで、ここからがライブのセトリなどなどです。

 ↓ こちらから入ってください。

... 続きを読む
ライブの興奮いまだ冷めずの状態で
北海道へ戻ってきましたイトー×aniです!!

大阪のライブ無事おわりました。イエ~イ!!♪♪

ライブ自体は、3月のKalafina武道館以来、
梶浦さんの演奏を見るのは、1月のFictionjunctionClubのスペシャルライブ以来です

そして、今回もすごく楽しかったし、いっぱい感動しました。
梶浦さんやKalafinaのライブにはずれなしです。


では、まずは土曜日のことから。

この日は、同行者である畏友p氏のとった飛行機が、8時25分発ということで、
前泊した藻岩の宿を5時50分に出て、
軽く朝食を入れてから、6時20分にp氏と合流。
そして、この日のもう一人の同行者の畏友Tクンを東札幌でひろって、新千歳空港へGO!
この車内から、朝6時台にもかかわらずテンションが高いワレワレ。
ま、久々のライブですからね。

新千歳でp氏が氏のツイッターのフォロワーさん(カープファン)への土産を買ったりしながら
手荷物検査を通過して、出発カウンターへ。
出発カウンター内では、この日お世話になるジェットスター機がボーディングブリッジに付いてないで
とまっているので、ひょっとしてバス移動か?などと危惧しましたが、杞憂でした。

しかも、ほぼ定時に到着した関西国際空港もLCC用ではないボーディングブリッジに尽きます。
「こっちにおりるのはじめてです」とはp氏。
ここにくると、「けいおん!」の劇場版の話をするのは、ヲタの宿命です。

そして、南海特急ラピードβに乗ってなんばへ。
なんばで、一旦Tクンとわかれて、われわれは法善寺でかすうどんに舌鼓をうち、
さらに、ジュンク堂で本を買ったりしたのちに、地下鉄にのって宿へ。

チェックインをすませると、この日は物販で特にほしいものがなかったので、
開場時間まで時間があきました。
しかも、今回の宿が開場まで歩いて10分かからないという超至近距離。
さらに、テレビではたまたまカープvsベイスターズ戦をやっているのでそのまま2人で観戦。
とてもライブ前の行動とは思えません。

が、見始めたときに4-4だったのが、
この日中継ぎに転向したモスコーソ投手から先頭の新井さんのヒットをきめる。
代走赤松選手が盗塁を決めて「お、監督、代走赤松を覚えたな」とお約束のせりふを口ずさんだところでの
エルドレッド選手のホームラン。
うおーーーーーー、とか言いながらホテルでハイタッチをしてから宮島さんをうたって、ふたたびハイタッチ。
バンザーイ!バンザーイ!バンザーイ!
さらに、ヒットででた田中選手を石原選手のライトオーバータイムリーでかえして
「インチキキター!!」などといいながらまた宮島さん&ハイタッチ。ワッショイワッショイ
さらに丸選手のフェンス直撃ツーベースで、またまた宮島さん&ハイタッチ!!
結果この回、4点追加。
こらモスコーソやなくて、モスコイやな などと言うわれら。

カープもジョンソン投手からスイッチした、大瀬良・中崎両投手がベイスターズの上位打線を
3凡3凡できってとりまして、カープ勝利です。
やったぁぁぁぁ!  宿の一室でテレビから流れてくるハイパーユニオンにあわせて
フウ↑フウ↑する二人。そして、宮島さんです。やっぱりカープがナンバー1!!!

ほんとにこれ、ライブ前か、と思いながら、
このまま天王寺で打ち上げに繰り出してもいいよね、なんて軽口も出たりして。

まぁ、ライブ手には行くに決まってるんですが。

ええ心持になったところで、開場時間も迫っているので会場にむかいました。

大阪のNHKホールは初めてのハコですが、威風堂堂とした外観が圧倒的。
しかも、すぐ横には高床倉庫の実物大復元もあったりして、これも雰囲気あります。
曲線を多用したデザインは、どこか「東京モード学園」みたいです。
会場前にも、広いビル内スペースにも、ライブ目当ての人がいて、改めて野球モードからスイッチが切り替わります。

17時24分になかにはいりますが、このはじめて入るハコがいいなあ。
この高ぶりは「舞い上がる 高揚感♪」って感じです。

そして開場時間になって会場へ入って待つことしばし。
この高揚感はいつきてもたまらないです。

p氏も、「台湾公演や、FBMライブのTシャツを着ている人もいますよ」と教えてくれます。
気合入ってますね。
(ちなみに、この日ワタクシはいつもの「Signal Tシャツ」 p氏は、「Kaji Fes Tシャツ」でした)


ライブそのもののセットリストなどについては、
「続きを読む」の下に書くとしまして


ライブ終了後も、興奮しながらライブの感想を語り合うとともに、
「ま ではじまって ろ で終わる人が出てこないかなぁ」
「と ではじまって ち で終わる人だろ、いい加減にしろ」
などとウカれた会話をするのも、NHKという会場のなせる業です。


その後、天王寺にある串揚げ屋さんで、楽しい時間をすごすことができましたが、
その前までの睡眠不足もあって、宿にもどったら、気づいたらオちてしまいました。


と、いうことで

梶浦さん、歌姫s FBMさん、スタッフの方々本当にいいライブをありがとうございました。
参戦されて一緒にライブを盛り上げた方々、ごくろうさまでした。
お互いお疲れ様でした。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。 (´・ω・)ノシ




というわけで、ここからがライブのセトリなどなどです。

 ↓ こちらから入ってください。
... 続きを読む
Yuki Kajiura Live Vol.♯12の全日程が終了しました。
あとは、北海道へ帰るだけのイトー×aniです。

あああ、昼公演・夜公演と連続で行きましたが、
どちらも最高でした。脳から変なものが出るレベルで会場を出て
そのままに串揚げに舌鼓を打った後、宿に戻って明日の準備をしながら
まったりしています。

ライブの話はまた後日。

その前にひとつ報告があります。



この時期、個人的な最大の行事といえば、夏の大お祭りの当落であります。
結果は土曜日に準備会から発送されるとのことで、ネット上では盛り上がっています。

金曜日~日曜日まではカープvsホークス戦で福岡に行っていましたので、自宅にはおらず
そうでなくても北海道は到着が遅いから、その日のうちには来ないだろうな…

そんなことを思いながら日曜日。
いつもどおり来てないだろうなと、思いながら、
ワタクシが住んでいる集合住宅を出てくるときと入る前に
手を合わせながら念をおくったりして入ったのですが、ありませんでした。

そんな週明けの月曜日、いつもどおりに、ゲンをかつぐ意味で
いつも以上に品行方正に、一日キッチリとオシゴトをつとめて、
かれります。
住宅の入り口で、恒例の拍手を打って、手をあわせて礼をしてから

ワタクシの住居は集合住宅の入り口に郵便受けはなく、
各戸の玄関に郵便受けがついているタイプです。

階段を上がって、玄関まえでも、二礼弐拍手一礼。
玄関ドアについている郵便受けの口は、閉まってます。
今日も来ていないのかな…と思いながら玄関のドアを開けると

この日もないですね。
ま、そんなこともあるかな。

さらに水曜日も同じ儀式をしてみるものもこの日もなし。

ここまで、着てないのは珍しいなぁと思いつつ、木曜日。

この日こなかったら、どうしようなどと考えながら、
いつもどおり、集合住宅の前で二礼二拍手一礼。
さらに自室の前のドア前でもお祈りをしたのち、荘厳な面持ちで郵便受けに対峙します

そして、ドアをあけると、
果たして、玄関の靴の上に大きい封筒が

見ると、パラフィン紙の窓です。

キマシタワー!!!

当選通知です。

きっちり郵便物の窓からは、スペースの番号なども確認できます。

ということで、いつものように、「ヨッシャー」と
ガッツポーズをしたあと小躍りして、お祭りの神様に祈りを下げます。

昨年の冬に続いての自スペースの参加です。

夏は比較的強い私ですが、昨年はヤられました。
ただ、昨年は弱い冬を克服しまして、そんな冬に続き、2年ぶりに自スペースで
夏のお台場に立ちます。

と、いうことで、またあの外も中はクッソ熱い
大お祭りへと出向くことができます。


ただ畏友p氏は残念ながら落選。GMクンは今回都合で申し込んでいません。
一スペースということですが、ありがたいです。

相変わらず、オシゴト関係では結構テンパることも多く
更に新しい仕事が増えたりと、環境が変わったことで慣れない感じですが、
これでまたひとまず、この時の楽しみを支えにしながら、
生きてゆけそうです。

ということで、いっちょ原稿書きも気合いれてがんばりますか。


ちなみに、参加日は1日目、8月13日(金) サークル名は「東行本舗」
スペースは東5ホール ノ-41bです。

このブログであれこれ書いた、野球場でのカレーの話をまとめて
自費出版物にした「球場カレーラヴァーズ」の2巻を持ってゆく予定です。
よろしければ。


それで、お祭りについての最新情報は逐次こちらで報告していきたいと思いますので
今後もよろしくお願いします。




かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。(´・ω・)ノシ
現在YukiKajiuraLIVE♯12のために、大阪某所潜伏中のイトー×aniです。
いやー、ライブ最高でした。いついっても同じこと言ってますが、
最高以外の言葉がでてきません。

なんてはなしは後日書くとして、


先週の今頃は福岡で野球を見ていましたが、そんなときに
球場で食べたもろもろです。
2日目は12時開場なので直後に球場に入場。

そして、TANAKA 63 のユニフォームを羽織って、
3Fコンコースに向かいます。目的は3番ゲートの近くホークスカフェ2

開場すぐの時間でしたが、お昼時ということで、
なかなかの賑わいを見せています。

さてメニューを見ますと、

ご飯メニューは、
ビーフカレー ¥700 セットサラダプラス¥150
カツカレー ¥850 セットサラダプラス¥150
レッドカレー[交流戦限定] ¥950
牛ロースとチキン南蛮のコンボ ¥950
オムライス ¥900 セットサラダ プラス¥150
柳田選手のチキンライス バイカバオ ¥950
マツダ選手のステーキ丼 ¥1100 セットサラダ プラス¥150
 各ドリンク付き プラス ¥200

他に、串系のおつまみメニューとかドリンクなどがあります。
昨日の勝利につつげるようにゲンを担いで、カツのメニューはいきたい。
で、交流戦限定のレッドカレーにもおおいにひかれました。
限定という言葉に弱い私ですし、レッドはカープの色
しかも、ご飯のうえにはたっぷりの千切りキャベツと
半熟黄身の目玉焼きが乗っています。

うー、これは美味そうです。

が、多分カープ戦が次にヤフオクドームであるのは2年後。
ならば、最初ということで、レギュラーメニューをいただきましょう。

ということでカツカレーをオーダー。
自分の席に戻って、ホークス選手の守備練習を見ながらいただきます。

黒く丸いプラの器の中にたっぷりのごはんと、白いところがわずかしか見えないくらい
たっぷりと、明るい茶褐色をしたカレーがかかっています。
カツは全部カレーにおおわれていまして、このフォルムもいいです。

カツカレーは肉をカツに依存して、エキスしか感じられないようなカレーが多い中
大ぶりな肉がゴロンゴロンと何切れも入っているがいいです。
たっぷりの福神漬けも頼もしいです。
ではまずカレーとご飯の相性を楽しみましょう。

一口いただきますと、トロッとしたカレーならではの
野菜のやさしげな味わいとまろやかな甘みがきます。
そして、はっきりとした重層的な肉系の旨みとこくが
メリハリのきいた感じで訪れてきます。
甘さ、旨み、コクのバランスがとれているうえ、上品な味わいで
この旨みの要素のとけこみ具合は、ヨーロピアンタイプで、
どこかホテルとかのカレーを思わせてくれて、ニマニマします。
そして、しっかりとスパイシー。食べ進めていくうちに
蓄積してくる辛さもウレしいです。

カツも衣がたっている感じではないですが、さっくりとした
食感が残っていますし、軽くかむと出てくる肉滴に
肉自体の甘さがいいです。
この衣のさっくりした感じが次第にカレーでテロっとしてくるのが
球場だけでなくでも、カツカレーの魅力です。

ごはんも美味しいし、前述した通りお肉がゴロゴロ
しかも、いちいちやわらかいのがいいですし、
お肉を味わうと、カレーのエキスの中の肉分が補強されたみたいで
ありがたいです。
と、いうことで、大満足。ごちそうさまでした。

別のところで買った氷点下ハイボールにもあいます。
ああ、いいなぁ。

あー、真昼間から、野球選手見ながら食べるカレーと、
飲むハイボールは最高です。


ちみなに前日。昼に食べたうどんが、微妙に残っているので
あまりガッつりいけない。

そこで、ホークスカフェで購入したのが、
宮崎県の知る人ぞ知る名物『肉巻きおにぎり』です。

ヤフオク!ドームは、九州の球場だけあって、広く九州の
ご当地グルメが多いのがいい感じです。

透明なプラの容器に大ぶりな奴が2個入っています。
さて、購入をすませて、席に戻りますが、
いい感じにホカホカです。

普通のおにぎりは海苔でご飯と具を包むところを
薄くスライスされた豚肉でご飯を包んであるところにニマニマします。
この肉にたっぷりとタレが染み込んでいて、テラテラと照りがあるのも食欲をそそります。
さらに、ゴマが散らされているのもいいフォルム。

かぶりつきますと、肉はジューシーな美味しさとタレの味わい。
そして、モチモチとしたご飯の感じがまずはいいですし、
肉の味わいとタレのバランスもよければ、この深い味わいのタレが
ご飯にも浸透していて、モチモチの感じに加えて、風味豊かな味わいを堪能できます。

ご飯は少しうるち米が混ざっているのか、もっちりとした食感が頼もしいし、
ゴマの風味も香ばしい。

この濃い味わいがビールにもありますねぇ。

さらにこの日購入したのが、博多なんこつ天です。

グルメワゴンにある「豊島蒲鉾」さんは、「竹ちくわ」で有名です。
ワゴンでも、焼きたての「竹ちくわ」が売られまています。
魚介類の練りものづくりが盛んな九州は、味のいい蒲鉾、天ぷら、ちくわなど
美味しいものがたくさんです。

とくに店頭で、ねんりん屋のバームクーヘンよろしく、ぐるぐると回りながら
焼かれているのが食欲をそそります。

が、この日は、なんこつ天です。
これは、魚のすり身に鶏軟骨を混ぜ一口サイズに揚げてあります。

さて、こちらもいただきましょう。生ビールのおともでいただきます。

ぷにっと程よい噛み応えが美味しい白身です。
蒲鉾の美味しいお店は、道内でもアチコチたべてきた私ですが、
そんな猟師町の蒲鉾にも匹敵する美味しさ。
淡白さな中にしっかりとした旨みがあって、ほのかな塩分が効いています

さらには、中にしっかりとした軟骨のコリコリがアクセントです。
軟骨自体も美味しければ、軟骨の大きさがいろいろで、
食感の違いが出てくるのも面白い。
唐辛子がピリピリ辛いところも、食欲をそそりますし、
ビールにもあいます。

店自体は昭和二十九年十月、博多堅粕でてんぷらを製造する店として
営業を始められたそうで、昭和三十三年より蒲鉾の製造を開始し職人たちが手をかけ、
情熱をかけた味わいはじっくりと幅を広げ奥行を深め、
農林水産大臣賞を始め数々の賞も受賞されているそうです。

パッケージにも農林水産大臣賞をとった旨大書されています。

思わずもう一つ買って、ホテルでのつまみにしてしまいました。
それくらい感動的な美味しさでした。


ああ、お腹に余裕があれば、ネタ的には、「松坂大輔弁当」を食べてみたかったし、
ネタ抜きでは、折尾のかしわ飯を食べたかった。

これは、また行くしかないですなぁ。


あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。


かつてラジオ番組内にあったコーナー
「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。

かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした(´・ω・)ノシ
カープ、球団創設4000勝であります。

ヤフオク!ドームのカープvsホークス戦の2戦目が終わったあと、
緋鯉会のやすおさんが、「明日勝てば4000勝」と言ってから2戦目で達成しました。

おめでとうございます。

そして、あのアツかったヤフオク!ドーム

まだ、あの勝利の瞬間が脳裏からこびりついて離れなかとです。

なんかヒロシみたいになってしまいましたが
野球以外にも楽しいことがたくさんありましたが、
やはり、目的とした巡礼が出来たのが大きいです。

初日は、空港に13時過ぎに到着してそのまま地下鉄の空港線で
中洲川端駅で乗り換えて、到着したのが呉服町駅
当然降りるのは初めてです。

この日は福岡は30度まで気温があがりましたが、
風が強かったのと、この時点で気温が27度くらいだったので、
予想していたほどの熱さではありませんでした。
ま、当然北海道よりむっとしますが。

そして、地図を見ながら、明治通りを右折して、細い道に入ります。
そしてすぐに、あの特徴のある外見の建物と大きい提灯を発見。
ここですね。

「ドラマ 孤独のグルメ season4 真夏の博多出張スペシャル
福岡県福岡市博多区中洲の鯖ごまと若どりのスープ炊き」で、
プレゼンに行く前のゴローちゃんがうどんをすすった、「みやけうどん」さんです。

大きい格子戸も、茶色い板張りの外見も、庇の瓦も、
使い込まれた紺地ののれんもいい雰囲気だなぁ。風情に、圧倒されます。

「うどん…。
 うどんか…。ちょっと入れてくか。
 ここは、あえて、ラーメンじゃなしに。」
と、ゴローちゃん台詞を宣いながら、格子戸をカラカラと横開きして
中へ行きます。

渋いテーブル席にこしをおろして、店内を見渡します。
奧にはカウンター席とテーブル席があって、入り口のよこには
小上がり席があります。

テーブル席の前にある丸いイスに腰を下ろして、メニューを見ます。
壁に貼られたメニューは
色紙に「うどん そば 三百三十円」
横には、トッピングメニューである「えび天・ごぼう天・丸天 八十円」に、
きつね 八十円 玉子八十円 いなり 一ケ五十円 と貼られています。
それぞれが変色しているのが、時代を感じます。

ここは、ゴローちゃんと同じメニューをいただきましょう。
ということで、「丸天うどんと、いなり」というと
「稲荷はいくつですか?」と聞かれたので、「一つでお願いします。」とオーダー。


待っているあいだにさりげなく店内を観察。


店内も、店構え同様に、その濃い色の板張りといい、
つかいこまれたのれんといい、カウンター前の丸いいすといい、
昭和の世界にタイムスリップしたかのようなレトロ感がいいなぁ。
幾多の人がここでうどんをすすったのでしょう。

テーブルが微妙に傾いているのもいいです。
ゴローちゃんが番組内で
「渋いなあ。 斜めってるぞ。このテーブル。」ってのもよくわかります。

そんなテーブルの上には丼に盛られたネギと、容器に入った七味があります。


小上がりには女の人が2人で、テーブル客も女の1人客の人が3人
それぞれうどんと向き合っています。

孤独のグルメの廻転寿司の回ではないですが、
「なんだ女性の一人客ばかりだ。」って感じです。

「孤独のグルメ」のポスターもありますし、松重さんのサインも発見。
などと観察していると本当にすぐに登場しました。

黒いティーシャツを着たお店の方がもってきてくれましたが、
孤独のグルメでは、店主は小松政夫さんでしたね(笑)

上品に澄んだ薄色の半透明の汁にぶっといおうどん。
上には威風堂々という風情で、淡いきつね色をした丸天がうどんを被っています。
あー、これは絶対にウマイ。

横には三角形のおいなりがちょこん。こちらも東京のいなりよりも色が淡いです。

まずは何も入れずに、うどんをすすりますが、うん。うまいです。
極太の麺をすする時の麺の存在感と、軽く噛むときのやららかさの
ギャップがうれしいです。
もちもちな食感と、讃岐うどんとかでアレコレいわれているコシが
きわめてすくない麺の柔らかさは、ホッとする味わいです。
讃岐のかみ始めは抵抗するものの、とちゅうでやわらかくなり
パスタのアルデンテの如く最期でまた抵抗感があるという楽しい重層構造の麺も
楽しいですし、味わいあるのですが、このふわっとした柔らかさが
なんともいわず癖になります。
小麦のあじもしっかりしますが、そんなにえばっていない
どこかホッとする、素朴で飽きない味わいが、本当に美味しい。

この麺にあっているのが、淡白な汁です
出汁がとっかりとられていて、旨味が出ていますし、
これに薄口の醤油がいい感じですし、ふんわりとした麺をさらに優しげに包む
この汁がうどんにあっています。
葱をいれても、この汁が葱にもはたらきかけて、
葱の鮮烈さを残しながら、優しく柔らかにしてくれます。

そして、丸天です。
このまるてんが、うどんと比べるとしっかりとした歯ごたえ。
でも柔らかいんです。が、うどんとの対比でしっかりとした感じ
このわずかな差がうれしいですし、素朴ながらもこちらも
しっかりと魚の旨味を感じる事が出来ます。

これは美味しい。

番組の中では、
【丸天うどん】
湯気の向こうの美味なる世界
たっぷりネギ乗せ ズズッといこう!

と紹介されて、

ゴローちゃんが

「太麺。澄んだつゆ。福岡スタイル。
 いただきます。

 そうそう。
 こっちのうどんって、やわいんだよな…。
 でもそれがまた、悪くない。

 うん。丸天、優しい歯触り。」

といって、大満足のようす。

そして、続いておいなりをいただきましょう。

かぶりつくと、うん美味しい。
そして、この酢が効いているところが、東京の稲荷とはちがいます。
かみしめると、揚げの甘さがないところもちがうなぁ。

番組内では、

【いなり】
酢飯際立つ三角いなり
甘くはないぜ お嬢ちゃん!

と、紹介されて、

「ん? 甘くないんだ。
 でもこれはこれで…。

 う~ん…。
 そこはかとなく、うまい。」

と、いいながらこちらも大満足な食べっぷりでした。

そして、汁に七味を散らしてまたうどんを食べましたが
七味が淡白なあじわいにピリッとエッジをきかせてくれて
これもいいなぁ。

今まで東京で福岡のうどんを食べたことはありましたが、
初めて本場で食べた福岡うどんは、予想以上の大満足のあじわい。
この時間がとまったような空間で味わったのも
美味しさに拍車を掛けてくれたようなきもしますが、
本当にうまかった、大満足であります。

と、いうことで完食。「ごちそうさまでした」

また、いつか来たいなぁ。でも次のカープ戦が公式戦で福岡であるのは、
再来年何だよなぁ、などと思いながらこちらをあとにして、
この日の宿へと向かったのでした。

ちなみにこちらは、昭和29年創業。開店して60年近い歴史と伝統のあるお店なのです。
なんでも武田鉄矢さんもお気に入りだとか。

わかりますね。


さて、この日は宿にチェックインをした後、ドームで野球を見て、
その後も巡礼に施行と考えたのですが、宿にある天神に戻った時点で時間がもう
10時をだいぶまわっていた。

行きたいお店はまだ営業していますが、応援でハシャギすぎたので、
この日は体力の限界です。
ということで、そのまま宿にもどった私でした。



翌日、昼はデーゲームの前にヤフオク!ドームでカレーをたべまして、
ゲームの勝利、そしていつものセレモニーを済ませてから
宿にもどると7時くらいです。では、巡礼にむかいましょう。
と、むかったのが、中州です。

流石の西日本、7時を結構過ぎてもまだ明るいですが、
そんな中で、個性的な通りを発見。この奧に行くと、

「真夏の博多出張スペシャル
 福岡県福岡市博多区中洲の 鯖ごまと若どりのスープ炊き」に出てきた
一富さんがあります。

「人形小路」と書かれたシブい小路にマッチする風情のある店構えですし、
小路の電信柱の上にあるトランスと
それをとりまく電線の複雑な絡み具合も、無機物でありながらどこか生き物みたいで
不思議な空間です。

プレゼンテーションを終えたゴローちゃんが、

「中洲か…。せっかくだからこのまま、調査しに行ってみるか。
なぜか、ノスタルジックな気分になるね。旅情ってやつ?
ここは…。うん。いい感じ。

へぇ。ますます、いい感じ。和食に、洋食。
なんだか、腹が、減ってきた。

よし。入ったあたりにちょいとそそる寿司屋があったな。
博多で寿司も悪くない。ん? ここは…。

でもなあ。もろ飲み屋だし。いかん。つかまえられちゃった。」

というのもよく分かります。

私は8時過ぎにお邪魔しました。
先客のかたがびつしりと入っていてカウンターは2席しか空いていません。
そこに腰をおろして、まずは瓶ビールをオーダー
瓶ビールの袴には5円玉が忍ばせてあります。5円とご縁をかけたニクい気配りです。
出てきたビール枯れた喉を癒しながら店内を見回します。

広めのカウンターの中は板場で、ご主人お一人が調理に獅子奮迅の働きを見せています。
ほかに女性の方がお二人、かいがいしく働いていらっしゃいます。
店内はカウンター8席、小上がり8席と、そう広くない店内ですが、満員なので忙しそうです。

お通しをつまみつつ、鯖ゴマと、鯵納豆をオーダー。
ゴローちゃんは

「この店は、 ごま鯖じゃなくて、鯖ごまっていうのか。
せっかくの博多。鯖は入れておこう。
あとは…鯖納豆に、鯵納豆。
へぇ!
おっ!
鯖茶漬け。一応、〆候補。
若どり…のスープ炊きと来たか。
水炊きじゃなく、スープ炊き。
やられた。それしかない。
よし。 若どりのスープ炊きメインで組み立てよう。
明太子も添えようか?

おきうと…。 福岡県人のソウルフード。そそるなぁ!
う~ん…。
茶わん蒸し。 変わりって、どう変わってんだ?

ふぅ…出てきたの見て、余力あったら、おきうと。 」

なんて言ってましたね、楽しみです。

ただ、こちら料理すべてご主人が作られているので
やや時間がかかる模様です。


「どーも。お待たせしてすいませんね、よろしかったら、こちらご覧ください」
といって、回ってきたのが、松重さんと久住さんのサインに、
「孤独のグルメ」のドラマ台本に、いろいろな写真などです。
生の台本は初めて見ましたので感動ものです。

そんな感じで待っていると、まず登場したのが、鯖ゴマです。まってました。
ここで、ビールから霧島の水割りにスイッチです。
これは、鯖を擦りたてのゴマで和えたもので、初めて食べましたが
めちゃくちゃウマいです。

ほかのお客さんの「今のおススメはなんですか」という質問に対して、
「やっぱり青魚ですかね」などと言ってましたが、わかるわかる。
あぶらがたっぷり乗った生の鯖がまずぷりっとしていて美味しいですし、
これが香ばしいゴマでたっぷりと和えらていて相乗効果でといつもなく美味しくなっています。
こちらの鯖は他とは違って味付けはされておらず、甘味の強さが九州を感じる醤油と
刺身の上にのせたわさびで食べますが
このシンプルな味わいが鯖とごまの組み合わせを最大に引き立てています。
これは鮮度に自信がないとできないですし、今まで食べた鯖の刺身の中では断トツの美味さです。

番組では、
【鯖ごま】
香るごまをば 身に纏い
鯖の美味しさ ここに極まる
と紹介されまして、ゴローちゃんは
「さ~て、博多メシ。 口火を切るのは、鯖ごまだ。

 う~ん! きたきた、鯖きた! この店いいぞ!
 う~ん。飯にもグッド。 ごまがめっちゃ働いてる。
 鯖とごま。飯、醤油。 付け入る隙がないほどうまい。

 今日は、もう勝ったな。 」
と言いながら食ってますが、わかるわかる

この刺身を食べなきゃ博多で飲んでいる意味がないって感じの美味しさです。

続いて登場したのが、鯵納豆です。
こちらは、鯵のたたきにたっぶの納豆を和えたものです。
この組み合わせも初めてですが、鯵の食感やうまみに、納豆の香りや味わいが働きかけて
別次元の美味しさになっています。
ひき割り納豆はご主人が丁寧な仕事で作ったものですし、
納豆の個性的な味わいをしっかりと受け止める鯵のゴッツイ旨味と新鮮さがあってのもの。
ここまで納豆と鯵があうとは思いませんでした。
ゴローちゃん同様「美味しくな~れ、美味しくな~れ」と祈りを込めてかき混ぜると
これまた猶更美味しいです

ニコニコしながら食べてるのを見て、「美味しいでしょう、ご飯が欲しくなる味ですよね」
とご主人に言われましたが
「はい!鯵の食感に味わいと、納豆の香りの組み合わせが良いですね
ごはん、ほしいんですけど、雑炊があるのでガマンします」といって、若鶏のスープ炊きを注文。

ちなみに番組内では
【鯵納豆】
正統派 飯の友
混ぜれば更に進化する

と紹介されて、ゴローちゃんは

「そこへ、鯵納豆だ。
 納豆は混ぜれば混ぜるほどうまくなる。 こいつを先に…。
 納豆をかき混ぜるという行為、それは祈りだ。
 こんなもんか…。
 ほ~ら。祈りが通じた。異様にうまい!

 納豆が鯵を受け止めて、包み込み、 でも、鯵に華を持たせている。 」

と思いながら食べていますが、わかるわかる。
ただ、この時点では、まだ青唐辛子がでてこなかったので

「う~ん。う~ん。おお、きたきた!
 なるほど! こういう攻め方もあり。アリキックだ。」

は体験できませんでしたが。

そして、鯖ゴマ、鯵納豆と焼酎でゴキゲンなところに登場したのが
若鶏のスープ炊きです。

これです、コレ!

番組内で
【若どりスープ炊き】
旨さ ふつふつ スープ炊き
食べて最強 ひとり鍋

と紹介されて

「九州発祥の大発明品、 柚子胡椒、ここで登場。

 おお、ウマッ! 夏鍋もいい。 ナツナベーゼ福岡。何だか、リッチ。
 うん。この布陣、完璧だ。 全部うまい。
 全部の味が噛み合って、 俺をかんじがらめにしているようだ。
 福岡卍固め。」

という感想をゴローちゃんは持っていますが、わかるわかる。

博多名物の「水炊き」の淡白さを残しながら、
出汁の旨みを濃くしたものという感じの鍋です。
具は、鶏肉、つくね、砂肝、レバーに春菊、ネギ、キャベツ、豆腐、えのき、シメジなど、
鶏肉が柔らかく、旨味が濃いです。鳥独特の臭みもなく
いい鳥を使ってるんだろうなーという美味しいです。
例の甘さ強めのポン酢でいただくと、旨味が増す感じ。
温まってほっとします。

柚子胡椒もピリッと効いています

そして、鍋と同じぐらい楽しみなのすが、番組中でゴローさんが旨そうに食べていた雑炊です。

番組内では
「よし。まだいける。 とどめの茶漬け〆か。
鯖、鯵、鰯、鮭。 どれでいくか。
えっ? あれが茶漬け? 半分は丼…ちょっと重いか。
ありゃ? おにぎりは一口サイズ。
あれが、ソースカツ丼。
おいおい。驚きの必殺技が残っていたぞ。
どれもこれも、 あとからあとからうまそうだ。 」

などと逡巡しながら注文したものでした。

ということで、たぺ終わった鍋を出してお願いします。

頼むことしばしで鍋が戻ってきました。ふたを開けるとそこには黄金色の雑炊が。
そして小口ねぎの緑と紅ショウガの赤というカラーコーディネートもすばらしい。

「うまい!」
食べるとこのスープにほかの具材から染み出てきた深い味わいと卵の滋味が
しっかりとごはんにしみこんでいて、しみじみと美味しいです。
しかも、小口切りのねぎや、紅ショウガが色合いだけでなく、
味わいとしてもしっかりと効いてきます。
これはたまらん。最高のしめです。

番組では
【若どりスープ炊きの雑炊】
この絶妙なる玉子感
ひと口食べれば 旨さに悶絶!

と、紹介され

「ほう。紅しょうが…感じ、感じ。 そうだ。福岡には高菜もあった。
 くわぁ~! 想像以上だ。 グレート、デリシャス、ワンダフル。
 ダメだ。何を言っても気取っているようで。
 でもこれ、もの凄く美味しいです。

 よく聞くと、博多弁って強いようで優しい。
 そして、やや前のめりのリズムが心地いい。
 博多弁、飯が進むBGMだ。 福岡、熱かぁ。
 ごちそうさまでした。 」

と言ってます。わかるわかる。
何から何まで美味しかったし、敵地福岡で勝ったゲームの占めとしては
最高のお店でした。

勝った後、緋鯉会のやすおさんは、中洲でおあいしましょう。
などと言ってましたが、このお店にも赤いユニフォームを着ている人がいて
そんな人と話で盛り上がるのも楽しい夜です。

だから、回りが博多弁ということにはなりませんでしたが。
大満足のうちに全部いただいて「」ごちそうさまでした
そして、

「ご縁がありますように、か…。
 いや~終わってみれば、いい店だった。
 大当たりと言っていいだろう。
 へぇ~! 屋台って、こんなふうになってるのか。
 あっ! さっき、明太子頼むの忘れてた。
 まぁ、いいか。福岡、また来るさ。 」

と思いながらこちらを後にしたというわけです。

 また機会があったら、こちらを再訪したいです。そのときは
鯵納豆でご飯を食たいですし、久住さんが食べたおきうとも行きたいですし
番組内で、

「変わり茶わん蒸し」
椀の中身に気取りなし!
シンプルイズベストの茶わん蒸し

と紹介されて、
ゴローちゃんが

見た目は普通だ。 う~ん。味も、普通にうまい茶碗蒸し。
ん? なめこ? なめことな。 え? まさか、なめこ、のみ?
銀杏、椎茸、鶏肉、なし。 これは確かに変わってる。
でも、ならば変わりと言わず、 なめこ茶わん蒸しと名乗れば…。
まあ、東京人がケチをつけるのはお門違いだな。
おいしいから、オッケー。

と思ったのも追体験したいです。


にしても、この日の中洲はカープのユニの人多し。
カープのゲームを追いかけて、広島に行っては流川
名古屋に行っては栄、札幌に来た時はススキノ、
そして今回の中州といっていますが、気が付くと図らずも
無料案内書があるようなところばかり行ってますが、 偶然だぞ。


そして、最終日にむかったのが、大濠公園。

「創太郎の出張ぼっち飯」(マキヒロチさん著 新潮社 バンチコミック)に出てきた
らるきぃ に行くためです。
この話はマキヒロチさんの朝ごはんコミックにして、ドラマ化も予定されている
『いつかティファニーで朝食を』(新潮社 バンチコミック)のスピンオフです。

主人公の吉田創太郎は、『いつか~』のヒロイン麻里子の元カレで、
なんでフラれたかもわからない鈍感な人物ですが、
出版社の営業社員として、書店のあるところなら津々浦々出かけたときに
名物も食べていくうちに、少しずつ内面が変わっていく

といった内容です。そんな創太郎が福岡出張で紹介されたお店がらるきいさん。

この日は10時20分頃に宿を出て、10時45分にお店に到着しましたが、
開店15分前のこの時点で
50人近い人が行列を作っていました。 おそるべし

福岡でパスタといえば、ここ。というお店だそうで、
マンガの中では、博多華丸大吉がおすすめといってましたが、
王貞治さんをはじめとしたホークス関係者や幾多の芸能人もお気に入りだそうです。

オーダーしたのは、創太郎くんと同じぺぺたまとトースト
そして、ビールです。

ピリ辛な味わいとふんわり卵の組み合わせがパスタの味にばっちり、
ピリ辛な上に、ラー油をトッピングすると、また味わいがかわるのがいいです。
もちもちのトーストと一緒に食べるのも美味しければ、トーストにパスタソースをつけるのもオッケー
こちらも初めて食べる食感にヤられてしまいました。
ごちそうさまでした。


でも、結局福岡行って二品麺料理食べましたが、
本場の豚骨ラーメンは食べませんでした。

こんな旅もいいですよね。




かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした(´・ω・)ノシ
いやー、博多ん人は人情に厚かトね。
昼も夜も、博多はアツいバイ

という、インチキ九州弁も絶好調なイトー×aniです。

さて、現在、福岡市天神某所で昨日のゲームをかみしめながら
北海道にかえる準備をしています。

いやー、勝ってよかったぁぁぁぁぁ。ホークスに連勝です。
しかも、今年の交流戦でセのチームでホークスに勝ち越したチームは
カープだけです。すげぇぇぇぇ。
これが、あのファイターズになすすべもなく負けたチームとは思えません。

今期、観戦したゲームで6勝目です。
今期、これで観戦成績が6勝4敗で、勝ち越しが2になりました。

と、いうことで、みなさん御斉唱お願いいたします。

♪宮島さ~んの神主が~
 おみくじひいて申すには
 今~日も カープが
 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち ♪
♪比治山さ~んの神主が~ (大きな声で、ワッショイ ワッショイ)
 おみくじ引いて申すには~ (大きな声で ワッショイ ワッショイ)
 今~日も カープが
 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち♪



♪カープ カープ カープ広島 広島カープ

 空を泳げと 天もまた胸を開く
 今日のこの時を 確かに戦い
 遙かに高く 遙かに高く  栄光の旗を立てよ
 カープ カープ カープ広島 広島カープ

 勝ちに行くのが 選ばれた者のさだめ 
 一投一打が 勝負の全て 
 闘志をつくし 闘志をつくし 今ここで花と咲けよ
 カープ カープ カープ広島 広島カープ

 鍛え抜かれた 精鋭の技と力  
 その意気愛して 見守る我らの
 明日へ続く 明日へ続く きりのない夢であれよ
 カープ カープ カープ広島 広島カープ

 晴れのあかつき 旨酒を酌み交わそう 
 栄光手にする その日は近いぞ
 優勝かけて 優勝かけて たくましく強く踊れ
 カープ カープ カープ広島 広島カープ ♪

 バンザーイ バンザーイ バンザーイ。


と、いうことで、いつも通り旨酒も酌み交わしました(一人ですが…)。


そんなゲームなどの振り返りです。

昨日、六月十三日は、朝11時に宿を出て、天神のバスターミナルから
からヤフオク!ドーム方面のバスにのります。

そして、バス停をおりて、ホークスタウンモールを通って球場へ。

この日のレフトスタンドは指定席。ということで時間的に余裕があるので、球場周辺を
ぐるっと一周します。
ふわふわハリーくんなどを見ながら、お祭りのような空間を堪能していると、
すぐ裏が海で、近いのを実感。千葉のQVCマリンを思い出します。

そして、まだ時間的余裕かあるので、王貞治ベースボールミュージアムに入ります。
こちらは、王球団取締役会長の偉業を展示したもの。
王貞治歴史館は、ラーメン博物館のような、昭和の空気を閉じ込めた感じで、
野球がアツかった時代の空気とともに王氏の選手時代の偉業を感じることができます。
中華五十番ののりんをくぐっていくアプローチも面白いですし、
子供時代に野球の本で繰り返し読んだ、王選手のエピソードを思い出します。
そういえば、自分の父親はジャイアンツファンですが、
天性のスター性あふれる長島より、ひたすら努力をかねる王のほうが好きだ
などと言っていたっけ。そんなのも思い出しました。
(長島選手のアレも努力のたまものなのですがね)

さらにこの日の企画展示、柳田&今宮展を見たり、
記録館で荒川道場の様子をみたりします。
こういう展示もいいですね。

そして、今まで見たこのテの展示館のなかで、スゴいなと思ったのが2つ。
1つは、89スタジオという、選手のボールの速さとか、牽制のスピードを
実感したり、自分のスイングスピードや球速をはかったりなど
いろいろ野球体験ができる89スタジオです。
これは、面白い。親子連れの人も、
ホークスのユニフォームを着た人、カープのユニフォームを着た人も
それぞれ野球を楽しんでいます。

そして、あと1つはその立地というか、
展示と展示をつなぐ廊下から球場内が見えるのです。
開場2時間以上前の練習の様子を見ることができるのも
ここだけではないですかね。
はじめてホームチームのバッティング練習を見ました。

そんな感じでミュージアムを楽しんで、さらに、この日は柳田選手の応援イベントの日で、
ステージイベントも行われていました。
たくさんの人が写真をとっています。人気者です。
あー、カープ男子柳田選手。カープに来てくれんかのぅ。

そんなのを見ながら開場時間を過ぎたので、球場に入ります。
バックスクリーン全体にWelcome ヤフオク!ドームのメッセージが出ます。
背景の遺跡っぽい映像もいいです。
「野球場へ行こう」を聞いたりしながらカープ選手のバッティング練習を見ます。
この日も、レフトスタンドまで打球が届くたびに拍手が起きます。

そして、TANAKA 63 のユニフォームを羽織って、
3Fコンコースで球場カレーを購入。
別のところで、氷点下ハイボールも購入して、昼食にしましょう。
ホークス選手の守備練習を見ながらカレーに舌鼓をうちます。
あー、真昼間から、野球選手見ながら食べるカレーと、飲むハイボールは最高です。
お隣さんが梅が枝餅を食べているのも福岡らしい。
梅が枝餅というと、金八先生パート2の1話を思い出すオッサンなワタシ。

そして、メンバー紹介と、選手の応援歌メドレー。
ソフトバンクの新マスコットふうさんも相変わらず怪しいです。
昨日は畜ぺんこと、つばくろうに蹴られるよなぁ。と書きましたが、
この日は連日参戦をしているスラ様も華麗なローキックをカマしていました。
それだけにとどまらず、ハリーホークのもっていた大きいメガホンで
殴打をしています。すげーな

しかも、スラ様、オープニングでDJがトークをしているときも、
ハニーズの人に自分着ているユニフォームをかぶせるという
セクハラ行為にも及びます。やりたい放題か、スラ様。
この日もDJの人ももてあましてる様子。

その後、ハニーズのオープニングセレモニーとか、メンバー交換とか
始球式などをこなして、時間になりましたのでプレイボール

本日のカープのピッチャーはジョンソン投手。彼のピッチングを見るのは、
前週のバファローズ戦い以来で、今シーズンだけで5試合目です。
しかも、大崩したゲームって見てないので期待しながら応援します。
ホークスはスタンリッジ投手と、この日も怖いピッチャーの登板です。

1回表 カープの攻撃は、先頭の丸選手がセンターフライのあと、
続く菊池選手がライトを越える三塁打。相手の打球の処理にも助けられた感じです。
応援は早速、オイ!オイ!ひーろっしまぁ!!と盛り上がるなか
シアーホルツ選手の大飛球がレフトスタンドに近づいてきます。
こいこいこーーーーーーーーい!!!
入ったぁぁぁ、ホームランです。この日も歌える宮島さんです。
バンザーイバンザーイバンザーイ。周りの人と、カンフーバットをカンカンします。
あああ、いいなぁ。
続くエルドレッド選手がセンターフライ、松山選手が右中間を破るツーベースで
チャンスをつくりますが、6番誠也選手がセンターフライで攻撃終了。
でも、初回2点を入れました。守備位置についたシアーホルツ選手に
「ネぇイっトぉ!」「ネぇイっトぉ!」「ネぇイっトぉ!」「ネぇイっトぉ!」
と声がとぶと、ぺこっと頭を下げるシアーホルツ選手に、盛り上がるレフトスタンド。
いーぞーいーぞーネイト!!

1回裏 ホークスの攻撃
先頭の中村選手をセカンドフライでショートゴロ、
続く川島選手をピッチャーゴロ。先日は1回ワンアウトからのピッチャーゴロを
黒田投手が暴投をしてピンチをつくりましたが、この日は大丈夫
さらに、柳田選手のサードのバウンドの難しい高いゴロをヒットにしてしまいましたが、
4番内川選手をピッチャーゴロにしとめます。立ち上がりいいですね。

それにしても、川島選手を見たのは、かつてファイターズにいたときに、
札幌ドームで見て以来です。
あと、ホークスの選手が紹介されるときに、「××県出身」などというのも面白い。
中村選手が埼玉県朝霞市出身だって、はじめて知りました。
ま、高校が帝京なので、ある話ですが。
それにしても、京セラドームに行ったときも、佐藤達也選手が
大宮の高校から北海道の大学に進学したのも知りましたし、球場で得られる情報は
いいですね。

2回表 カープの攻撃
先頭田中選手が ライトの右を破るツーベース出ますが、
続く木村選手ファーストゴロ、石原選手空振りの三振
丸選手セカンドゴロであっさり攻撃終了。
.
2回裏 ホークスの攻撃
先頭の李大浩選手こそ レフトへのヒットで出しますが、
続く松田選手はレフトフライ、江川選手はショートゴロ
今宮選手をセカンドゴロ 3アウトチェンジ

場内アナウンスで
「この日は、アサヒビールの提供で、ホークスが勝ったら、ルーフオープンショーと
花火を行います、」と流れるとと
この日も「カープが勝っても、屋根開けーやー!!」とレフトスタンド。

続く3回表 カープの攻撃
先頭の菊池選手がショートゴロ、続くシアーホルツ選手がショートフライで2アウトから
エルドレッド選手がセンター前、松山選手が レフトの左をやぶるツーベース。
ここで、誠也選手が、ライト前へのタイムリーを放ち追加点です。
追加点です。宮島さんです。ワッショイワッショイ。
続く田中選手にも期待が集まりますが、センターへの大飛球は柳田選手の守備範囲でした。
でも、ここで追加点はデカいです。
「せーいっやぁ」「せーいっやぁ」のコールに頭を下げる誠也選手に
盛り上がるレフトスタンドです。
.

3回裏 ホークスの攻撃
先頭高谷選手を空振りの三振、続く中村選手をストレートのフォアボールで出しますが、
盗塁を石原捕手がさします。その後、川島選手がライト前にヒットをうつものの
柳田選手を空振り三振にしとめます。
この時点で球数が60球近いのが気になりますが、調子がいいです。

4回表 カープの攻撃
先頭木村選手がピッチャーゴロ 続く石原選手が粘ります。
途中に真下に落ちた打球が変な回転でファーストのほうに転がります。
この打球はファールになりますが、レフトスタンドからは
「出た!インチキか!!」などと声がとびますが、結局三振。
ただ、続く丸選手の打球がぐんぐんのびて、ライトスタンドへ向かいます。
行け!行け!いけぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ。
球はライトスタンドに入ります。やったぁぁぁぁぁぁぁぁ
ここでまたホームランです。宮島さーん。ワッショイワッショイ!!
「マルムランキターーーーーーーーーーー!!!」
そして、続く菊池選手がレフトの左をやぶる二塁打。
ただ、シアーホルツ選手がレフトフライにたおれて、チェンジです。
でも、昨日みたいにまたジワジワと追加点です。ジワジワとホークスを離します。

ドドドンよしひろ!ドドドンよしひろ!ドドドンよしひろ!ドドドンよしひろ!
のレフトスタンドのコールに敬礼でかえします。
うぉぉぉぉぉぉ、盛り上がります。



4回裏 ホークスの攻撃
先頭内川選手がセカンドゴロ、続く李大浩選手がファーストフライ
松田選手が三振をして、初の三者凡退です。

5回表 カープの攻撃 ホークスのピッチャーは二保選手にスイッチ
先頭エルドレッド選手、ライトフライから、松山選手がストレートのフォアボール
ここで松山選手がまさかの盗塁でタッチアウト。これってサインかな
それとも誠也選手のサイン見落としかな?
ただ誠也選手もフォアボールで出た後、田中選手がライト前ヒット。
ああ、松山がおったら追加点じゃったのう。
さらに木村選手がピッチャー強襲。ここは二保選手が無難に裁いてチェンジ。
ああ、残念でた。

5回裏 ホークスの攻撃
先頭江川選手 センター前、続く今宮選手 空振り三振
高谷選手に代打吉村選手。おお、吉村きんに君だ。
石原選手のパスボール間に江川選手が2塁へ
ただ吉村選手はセカンドゴロ、中村選手がサードゴロで、この回も無得点。
この中村選手の打球も難しいところでしたが、木村選手の好守好送球でアウト。
キムショー、すげぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!

このあと、グランド整備のあいだにアチチダンス。
レーザー光がとびかうのも、珍しいです。
レフトスタンドは、「パリーグ倒ーせ パリーグ倒ーせ パリーグ倒ーせよー♪」
などと盛り上がります。

6回表 カープの攻撃 キャッチャーに代打が出たので、
この日もキャッチャーは細山田選手。
バッテリーがかわったところで追加点がほしいなぁ
と思ったところで
先頭石原選手 レフト前に打球を運んで、続く丸選手もセンター前。
ノーアウト12塁から菊池選手がレフトの左をやぶる二塁打で、
追加点です。宮島さんです。ワッショイワッショイ
続くシアーホルツ選手もライト前にタイムリー。エルドレッド選手もセンター前にタイムリーです。すげぇぇぇぇ、この連打。
レフトスタンドの盛り上がりもすさまじいです。
宮島さんの神主がぁぁぁぁ、バンザーイ、バンザーイ、バンザァァァァァァイ。
ナイスなかおしです。わっしょいわっしょい
さらに二保投手に代わった松山選手がフォアボールを選んで、ノーアウト満塁です。
タイムリータイムリーせいや、パーパー ひぃろっしまぁぁぁぁぁ!!
ただし、誠也選手、田中選手と連続三振。木村選手がショートゴロでチェンジ。

それにしても、3点はいったからいいようなものの、
ノーアウト満塁から点がとれないってのは、課題です。

6回裏 ホークスの攻撃
先頭川島選手 セカンドゴロから、柳田選手 フォアボール。
内川選手がショートゴロで2アウトから、李大浩選手が右中間を破るツーベース。
そして、松田選手のときにジョンソン投手がワイルドピッチで、1点とられます。
ああああ、
ただ、松田選手がフォアボールを選んだあと、江川選手ショートライナーで攻撃終了。
 
7回表 ジェット風船をぴゅ~っとしてからのカープの攻撃は石原選手。
ピッチャーは、寺原投手にスイッチ
「ここで寺原かよぉぉぉ」とローテーション投手の登板に
レフトスタンドから声が飛びます。
ま、交流戦が終わったら日程があきますから、そこを考えての調整登板でしょう。
でも、この寺原投手も崩して、なんとか打線に自信をつけたいところ。
それにしても、寺原-細山田って、どこのベイスターズですか?
細山田選手は吉村選手にかわってだし、4番は内川選手だし。
にしても、ここらへんの選手の顔は、すべてみずしな孝之さんのマンガで
脳内再生されるのですが。

石原選手がフォアボールを選びますが、丸選手のセカンドゴロが併殺打。
続く菊池選手がライト前ヒットででますが、シアーホルツ選手がショートフライ。

でも、このあと菊池選手に一発が出れば、サイクルヒットです。

7回裏 ホークスの攻撃。若鷹軍団にあわせて、レフトスタンド以外から
一斉に飛ぶ黄色い風船がすごいです。
が、今宮選手ショートゴロ 、細山田選手センターフライ
中村選手ショートゴロと三者凡退

8回表 広島の攻撃
ここから、応援リーダーがじゅんさんになります。
「えー、先頭エルドレッド選手には、レフトにもってきてもらいましょう!!
 あ、この日もよろしお願いします」(笑い)
「えー、今のみなさんの声なら、ラッキーゾーンくらまでしか届かないので、
もっと大きい声でお願いします」
と言ったところで先頭エルドレッド選手がセンター前ここで、代走:梵選手。
「えー、梵選手にもがんばてもらいましょう。がんばれがんばれ梵」
続く松山選手がセンター前にヒット。ここで代走赤松選手。
盛り上がるレフトスタンド。
「梵選手が代走に出たときと、赤松選手が代走に出たときの、
みなさんのテンション、違いすぎです」(笑い)
「赤松選手にもガンバってもらいましょう、それがんばれがんばれあーかまつー!」
そして、続く誠也選手に対して、
ドドンドドンドン すずーきせいや! ドドンドドンドン すずーきせいや!
と盛り上がりますが、送りバント失敗で、1アウト1,2塁
「はい、ここは梵選手お疲れ様ってことですね。
タイムリータイムリーこーーすけぇ!!」
ここで、田中選手がフォアボールを選んで満塁
バッターの木村選手に、パーパーひぃろっしまぁ、からのお前が決めろ!!へのメドレー
これに応えた木村選手がファーストへのタイムリー内野安打で追加点です。
宮島さんです。ワッショイワッショイ!!
ただ、続く石原選手の併殺打で、3アウトチェンジ

そして、チャンスのあとにはピンチあり


8回裏 ホークスの攻撃 ピッチャーは大瀬良選手です。
代走の梵選手がサード、サードの木村選手がファーストに入ります。
先頭の川島選手の代打高田選手をサードゴロを梵選手がファンブルします。
「おい、また大瀬良のあし引っ張るのかよぉぉぉぉぉ」
「大瀬良がかわいそうだろぉぉぉぉお」とレフトスタンド。
続く柳田選手をファーストゴロ、内川選手をレフトフライで2アウトまでこぎつけますが、
李大浩選手にタイムリーツーベース、松田選手にタイムリーセンター前で
2点とられます。
あああああああ、
続く江川選手にもピッチャー強襲ヒットで12塁
この後、ベンチに引っ込む大瀬良選手。治療のため少々お待ちください。
と場内アナウンスが流れます。
この間内野陣がマウンドにあつまりますが梵選手・田中選手・菊池選手のなかで
一人だけ大きい木村選手という画にちょっと和みます。
結局大瀬良選手は交代。ここで中崎投手です。

ざきぃぃぃぃ頼むでぇぇぇぇぇ!!!

バッターは、今宮選手にかえて、明石選手です。
北海道旭川市出身 のアナウンスにのせて登場した明石選手を
見逃し三振にきってとる中崎当初。

ザキィィィィィィおっけーじゃぁぁぁぁぁ!!!

9回表 広島の攻撃 ホークスはピッチャー森福選手が登板。
応援リーターはやすおさん

「なんかー5点リードしていて、安心しきっている感じですが、
5点のリードぐらいで安心できるチームではないですよね」(笑い)
「もっとたくさん点とってもらいましょう。レッツゴーレッツゴーよっしぃひろ!」
と、コールをかけたところで、丸選手のバット一閃。
打球は見る見るかづいてきて、レフトポールにぶつかります。

やったぁぁぁぁぁ、丸選手の一試合二本塁打です。
宮島さんです。バンザーイバンザーイバンザーイ

そして、続く菊池選手
やすおさんは「1点とることができました。
ただ6点とって、まったりとしている場合ではありません。
もっと点がとれるように応援をしましょう。レッツゴーレッツゴー菊池!」
と、ここで菊池選手打球がレフトにとびます。

おお、サイクルヒットか??

ああ、ボールはポールの奥側に行ってしまいました。
残念。

そして、菊池選手はショートライナー。
続く野間選手が「ぱぱぱぱぱぱぱぱぱーーーーのっま!」と二文字応援歌にのせられて
レフト前ヒット。つづく梵選手のサードゴロを松田選手が悪送球。
そして打席には赤松選手。
「みなさん、ご存知のことと思いますが、赤松選手。今期初打席です!!
どでかい声で、赤松選手を応援しましょう。」と盛り上がりますが、
赤松選手セカンドフライ、そして「すずーきせいや ドドンドドンドン」と
応援された誠也選手がショートゴロでチェンジ。

センターの守備位置で二度目の敬礼する丸選手がいいあじです。

9回裏 ホークスの攻撃。カープは回跨ぎで中崎投手

がんばれがんばれ中崎
先頭細山田選手の代打福田選手をファーストファールフライ
続く中村選手をレフトフライ。
高田選手を空振り三振でバッターアウト ゲームセット

ああああ、勝ったぁぁぁぁぁぁ!!!

カープ、連勝です。

スターフラッシュで暗転する球場内でのプレイバック映像に盛り上がるレフトスタンド。

選手の応援歌メドレーで盛り上がります。

そして、ヒーローインタビューは菊池選手。

ありがとうございます
(9回記録)狙ってたが最後きれてしまった。ついてなかった
なかなかチームを引っ張っていけてなかったので、今日は自分と丸でチャンスメイクできたと思う
(チーム最多安打)波に乗れたと思う
(連勝)オープン戦でも勝ってるイメージがなかったので、明日も勝ってすかっとしたい
(ファンに対して)常に満員なので、最近違和感がない
(明日へ向けて)明日勝ってきりよく終わりたい
応援よろしくお願いします!

といった言葉に盛り上がります。
僕と丸で盛り上げていくといった言葉が力強いです。
ああ、これから2人とも調子を上げてくれたらいいなぁ。


その後、まずはじゅんさんが登場。
「最後まで熱い声援、ありがとうございました。
ヒーローインタビューでも言ってましたが、カープ、ホークス相手に二連勝です」
〔ワーーーーーー〕
「みなさか、盛り上がりたいないんじゃないですか、〔笑い〕大丈夫か福岡
カープ、ホークス相手に、二連勝でぇぇぇぇぇぇぇす!」
〔ワーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!〕
「よくやったよくやったカープ」からの宮島さんで盛り上がったあと
やすおさん登場。
「最後まで熱いご声援ありがとうございます。ここで、今日のヒーローたちを
一人ずつほめていきたいと思います。」〔ワーーーーーーーー〕
「最初にミサイルみたいなホームランをふった、シァホ」
「人間って「シァホ」のホって言うときに、体が浮くんです」
そしてシアーホルツ選手のテーマにあわせてジャンプ
「みなさんよく動いているんで、よくできましたといいたいですが、90点です。100点目指してがんばりましょう」〔笑い〕
もう一回シアーホルツ選手のテーマにあわせてジャンプ
「オッケー、すばらしい100点です、これで明日もドデカイホームランを打ってくれるでしょう」
じゅんさん「そして、見事な追撃タイムリーを打ってくれた鈴木誠也選手
 パンチがあって、肩つよくて、そしてイケメン。
 明日も誠也選手に引っ張って言ってもらいましょう」
「明日もたのむぞせいや、明日もたのむぞせいや、明日もたのむぞせいや!」
やすお「本日2本のホームラン、2本目はポール直撃の丸選手も
 しっかりほめましょう。よくやったよくやったよっしひろぉ」
「豪快に打ちまくれ、颯爽とかけまわれ、輝け丸佳浩頂つかみとれ~♪」
じゅん「そして、この人も今日のヒーロー。先発クリスジョンソン投手
 チェコよりも、ミンチーよりも、ルイスまではいかないかな〔笑い〕
 でもすばらしいピッチングでした。レッッゴーレッツゴージョンソン」
やすお「そして、最後にもう一人、菊池選手。ヒーローインタビューでも言ってましだ
 菊池選手がひっぱらなければダメ!西武ドームから上り調子で菊丸頼りにしてます
 レッツゴーレッツゴーきくち」

そして、それいけカープをうたってからの
パーパーパパパパーオイオイオイで宮島さん。

「先日は、お忙しい土曜日にもかかわらず、
熱い声援、ありがとうございました。
カープ連勝を記念して、今から、すっげぇこと言いますよ。
交流戦限定ですが、貯金1です。 〔もりあがり〕
これんらどんどんすげぇレベルですげぇ話があがります。
今日、首位の読売なんちゃらが負けました〔盛り上がり〕
首位までゲーム差4.5です。
そして、もっともっとレベル上がりますよ。
明日、カープが勝つと、交流戦限定ではありますが、背・リーグ1位です〔盛り上がり〕
さらに、明日カープが勝つと、球団創設以来通産4000勝です。〔盛り上がり〕
で、昨日、この球場で、5年ぶりの勝利、2010年以来の勝利っていいましたが、
連勝をするのは9年ぶりです」(盛り上がり)
「最後にすげー爆弾ひとつ落としますよ。昨日勝って、今日勝って、
そして明日も勝つと、史上初です」(ウォォォォォォォォォォォォォォ)

じゅん「明日の先発、がんばってもらいましょう、がんばれがんばれ福井」
からの、ハイパーユニオンで、フウ↑フウ↑です。

やすお「本日は最後の最後まで、お付き合いありがとうございました。
明日も試合があります。
また明日も大きなご声援をよろしくお願いします。連勝できるように三本締めをしましょう」

と、3本締めをして、いーぞいーぞ応援団。パーパー♪ひぃろっしまぁ、

のコール。

最後の締め一言
「今日はご苦労さまでした。このあと、みなさんまた元気に夜の街、中州であいましょう」(笑い)
「本当にご苦労さまでした」

とのコールで大満足で野球観戦が終了。

ああ、よかった。いい思い出がたくさんできました。

この楽しい思い出をくれたヤフオク!ドームに二礼二拍手一礼をしてから
バスを乗り継いで中州に繰り出して、

孤独のグルメ巡礼を無事すませたのでありました。
でも、やすおさんの言葉ではないですが、中洲の町にも
たくさんユニフォームを着ている人がいて、ほっこりしました。
巡礼先にもいました。そんな話はまた後日。


ちなみに、次にカープのゲームを見るのは、夏の大お祭りと、脂っこい仕事を終えた後の
8月最終週、ハマスタでのベイス戦です。
その時も気合をいれて応援するぞー。

とりあえずはテレビ桟敷かな。
ってことで。

野球の神様、ありがとうございました。
今日。そして、これからもよろしくお願いします。





かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aiでした。(´・ω・)ノシ
いやー、福岡は暑かバイね。
もう、ここは夏っタイね。

という、インチキ九州弁も絶好調なイトー×aniです。

さて、現在、福岡市天神某所で昨日のゲームをかみしめながら
今日の応援の準備をしています。

いやー、勝ってよかったぁぁぁぁぁ。
今期、観戦したゲームで5勝目です。
これで観戦成績が5勝4敗で、初めて勝ち越しました。

と、いうことで、みなさん御斉唱お願いいたします。

♪宮島さ~んの神主が~
 おみくじひいて申すには
 今~日も カープが
 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち ♪
♪比治山さ~んの神主が~ (大きな声で、ワッショイ ワッショイ)
 おみくじ引いて申すには~ (大きな声で ワッショイ ワッショイ)
 今~日も カープが
 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち♪



♪カープ カープ カープ広島 広島カープ

 空を泳げと 天もまた胸を開く
 今日のこの時を 確かに戦い
 遙かに高く 遙かに高く  栄光の旗を立てよ
 カープ カープ カープ広島 広島カープ

 勝ちに行くのが 選ばれた者のさだめ 
 一投一打が 勝負の全て 
 闘志をつくし 闘志をつくし 今ここで花と咲けよ
 カープ カープ カープ広島 広島カープ

 鍛え抜かれた 精鋭の技と力  
 その意気愛して 見守る我らの
 明日へ続く 明日へ続く きりのない夢であれよ
 カープ カープ カープ広島 広島カープ

 晴れのあかつき 旨酒を酌み交わそう 
 栄光手にする その日は近いぞ
 優勝かけて 優勝かけて たくましく強く踊れ
 カープ カープ カープ広島 広島カープ ♪

 バンザーイ バンザーイ バンザーイ。


と、いうことで、いつも通り旨酒も酌み交わします(一人ですが…)。


そんなゲームなどの振り返りです。

昨日、六月十二日は、お仕事の休みをいただきました。
この前日に家に戻ってスーツから、カープアロハに着替えて
あへあへカープ応援オジサンに変身。苫小牧で一泊したのちに、
10時25分のスカイマーク772便福岡空港行きを目指して千歳に走り
無事登場。今回も19番登場口付近で福岡弁が飛び交っています
ここから九州ははじまっているなぁ。

この日は窓際から二番目。松前ぐらいまでは、はっきりと見えていましたので、
おきてますが、その後は海に出たので、条件反射でウツラウツラ。
目が覚めて、外が陸地、九州かな?と思ったらちょっと違う感じ。
さらに再び陸地が見えたときにはっきりわかった。
あれは戸畑の掘り込み港だ。
学校の地理の授業とかまじめに受けていてよかった。

と、いうことで九州上陸です。トゥラトゥラトゥラぁ!!!
を無理やりしたのちに、次第に高度が下げまして、無事にタッチダウン。

2ヶ月ぶりの福岡空港。でも着陸するのははじめてです。
速度を落としたおもったら、すぐ空港のボーディングブリッジに着きます。
これは、早い。岡山空港なみです。

そのまま13時16分発の筑前前原行きに乗り込んで
きれいな車両を堪能。そして、中洲川端で乗り換えて呉服町。

こちらで、久々の孤独のグルメ巡礼をすませて
バスにのって天神へ。
上品なおじいさんが乗ってくると、クッキングパパのキャラみたいに見えます。
さすが福岡バイ。

書店で時間をつぶしてから、チェックインの時間にあわせて宿にはいります。

そして、軽くシャワーを浴びた後に、
赤アンダーシャツを着てユニフォームをもって、
天神のバスターミナルからヤフオク!ドーム方面のバスにのります。
すると、天神北から、カープのユニを着た一家や、ホークスの
ユニを着た人が乗り込んできます。
もう、ここから勝負が始まっているみたいです。
改めて敵地に来たんですね。

ホークスタウンにむかうまで、高速に乗りましたが、なんか街がもやって見えます。
なんでかな?と思ったら、なんか黄砂が観測されたみたいです。
改めて、九州に来ていることを実感します。

そして、バス停をおりて、ホークスタウンモールを通ります。
いままで、ある事情でここらへんの資料は数多く見ていましたが、
通るのは初めてということで、感動します。
あ、HKTの劇場がある。そこには10人くらいの人が並んで座っています。
しかも、さらに歩くとZeppがあります。ここにも若い人がたくさんいて
そんな場所なんだなぁ、とあらためて実感していると、
真正面にドームが見えます。

おおお、今までは写真でしか見たことないドームが目の前に。
この威容はいいですね。


この日のレフトスタンドは自由席。ということで開場30分前から並びます。
あたりまえですが、周りはアカい人で一杯です。
その間も、「カニザレスええで、広角やねん、カニだけに」
なんて会話を聞きながら待つことしばし。
「開場を10分早めまーす」とのことで、4時20分に列が動いて
25分くらいに球場に入ります。ああ、ただでさえ球場に入るときはワクワクしますが、
はじめての球場ということでなお更です。
レフト側外野席で、通路の横を確保。応援団のコールもよく聞こえますし、いい席です。

バックスクリーン全体にWelcome ヤフオク!ドームのメッセージが出ます。
背景の遺跡っぽい映像もいいです。
「野球場へ行こう」を聞いたりしながらカープ選手のバッティング練習を見ます。

ああ、いいですね、この祝祭空間。

レフトスタンドまで打球が届くたびに拍手が起きます。

そして、TANAKA 63 のユニフォームを羽織って、
3Fコンコースをグルッと一周します。
そして、明日食べる球場カレーを下見したり、
夕食の肉巻きおにぎりとか、博多なんこつ天なとを購入。
この、コンコースの部分をぐるっと一周できるのがいいですね。

そして、メンバー紹介。ソフトバンクの新マスコットふうさんも
怪しい動きをしています。これは、畜ぺんに蹴られるよなぁ。
しかも逆立ちしたままぴょんぴょう跳ねるところが実にキモい。

この日は広島からスラ様も参戦しています。
相変わらず動きもキレッキレで絶好調。
スタジアムDJの人も若干もてあましてる感じです。

後ろの通路を歩いているちびっ子が「あ、スライリーだぁ」人気ありますね。

その後、ハニーズのパフォーマンスとか、
独唱の君が代とかを聞いたり、
「YOH」のネームがはいったユニフォームで登場した吉田羊さんの
始球式などのセレモニーをこなして、時間になりましたのでプレイボール

本日のカープのピッチャーは黒田投手。彼のピッチングを見るのは
4月以来です。
ホークスは最近やや調子をおとしているとはいえ、
やはり怖い攝津投手です。

1回表 カープの攻撃は、先頭の丸選手が三振
続く菊池選手がショートゴロ、シアーホルツ選手がレフトフライで
あっさり三者凡退

1回裏 ホークスの攻撃
先頭の中村選手をセカンドフライできってとるものの
続く福田選手のピッチャーゴロを黒田選手が悪送球。
さらに、柳田選手がライト前に運び1アウト1,3塁。しかも、すかさず盗塁を決めます。
4番内川選手はショートゴロで、ランナーは動けず、2アウトをとりますが
続く李大浩選手に、男気を注入してしまいます。
「おい!男気注入いらんぞぉ」とレフトスタンドから声が
2アウト満塁です。ここで「ギンギラギンにさりげなく」のテーマにのせて
松田選手が登場。ライトスタンドも盛り上がります。
が、黒田投手はショートゴロできってとり、広輔選手がポロっとやりますが、
ファーストにおくって 3アウトチェンジ
ふー。なんとかピンチをしのぎました。

2回表 カープの攻撃
先頭エルドレッド選手 センターフライ 、続く松山選手がセカンドゴロと
この回もあっさりかと思ったところで、
誠也選手が センター前にはじき返して初安打。
「こーすけー、続けー」のコールがとぶなか、
田中選手のバット一閃。打球はのびて、「いけーいけー」の声がとぶなか
ライトスタンドに届きます。
やりました、広輔選手の先制ツーランです。
周囲の人と、カンフーバットをカンカンさせてから、宮島さんで盛り上がります。
「バンザーイ バンザーイ バンザーイ」
ピンチのあとにはチャンスありですね。
昨日の寝不足のせいで、ややテンション低めでしたが、一気に目が覚めました。
続く梵選手はセカンドゴロ 3アウトチェンジですが、
念願の先制点です。守備位置で頭を下げる広輔選手に歓声がとびます。

.
2回裏 ホークスの攻撃
先頭の明石選手をストレートのフォアボールで出すものの
続く今宮選手のセカンドゴロを菊池選手が見事なグラブトスでゲッツー。
菊池ぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ
そして、高谷選手のセカンドゴロで3人できってとります。

場内アナウンスで
「この日は、そば焼酎雲海の提供で、ホークスが勝ったら、ルーフオープンショーと
花火を行います、」と流れるとと
「カープが勝っても、屋根開けーやー!!」とレフトスタンド。

続く3回表 カープの攻撃
先頭石原選手が レフト前にはじき返すと、
続く丸選手 ライト前に。菊池選手がバントで送ると
シアーホルツ選手 ショートゴロの間にサードランナーがかえって、
カープが1点を追加します。

追加点です。宮島さんです。ワッショイワッショイ。

続くエルドレッド選手 サードファールフライで3アウトチェンジですが、
貴重な追加点です。
.

3回裏 ソフトバンクの攻撃
中村選手センターフライ 福田選手 セカンドゴロ
柳田選手センターフライ と、初めての三者凡退です。

エンジンかかってきましたか。

4回表 カープの攻撃
先頭松山選手が センターの浅いフライを柳田選手がダイビングキャッチ。
レフトスタンドからは、「ギータ!!そのプレーはカープに来てからやってくれー!!」
と声が飛びます。
が、続く誠也選手の飛球がどんどん近づいてきます。
こいこいこーーーーーい!!!
やりまた、ここでホームランです。宮島さーん。ワッショイワッショイ!!
「アド街ムランキターーーーーーーーーーー!!!」
続く田中選手 セカンドゴロ 梵選手 サードゴロでチェンジ。
ただし、ジワジワとホークスを離します。


4回裏 ホークスの攻撃
先頭内川選手が レフト前にヒットをうちますが、
続く李大浩選手がサードゴロ。これが5-4-3とわたってダブルプレー。
松田選手が三振をして、この回も三人で攻撃終了。

李大浩選手のテーマにあわせて、
デーオ・ヒデーーーーオ! 野茂が投~げれば大丈夫♪
などと歌うレフトスタンドです。


5回表 カープの攻撃
先頭石原選手が 空振りの三振、続く丸選手がフォアボール
菊池選手がサードゴロ、シアーホルツ選手がショートゴロでこの回の得点はなし。

5回裏 ホークスの攻撃
先頭明石選手 レフトへのファウルフライ、続く今宮選手 サードへのファウルフライ
高谷選手ピッチャーゴロ で三者凡退です。

このあと、グランド整備のあいだにアチチダンス。
レーザー光がとびかうのも、珍しいです。


6回表 カープの攻撃
先頭エルドレッド選手 センター前に打球を運んで、
続く松山選手の ボテボテのサードゴロ間にエルドレッド選手がすすんで 1アウト2塁
この打球はなかなか難しかったですが、松山選手の足が遅かった。
「おっそいおっそい、アンパンマン遅い」とレフトスタンド。
続く誠也選手が、松田選手のエラーで出塁。
「いーぞいーぞーマーッチィー」とレフトスタンドから声が飛びます。
続く田中選手は ファーストゴロでしたが、二塁に送球する間に
エルドレット選手が生還して、カープ1点追加です。
ナイスなかおしです。宮島さんで、わっしょいわっしょい
1塁に残った田中選手が盗塁をしますが、アウトでチェンジです。

それにしても、この日のカープは、点がほしいところで、
最低限ですが、加点できるところが、なかなかしたたかです。


6回裏 ホークスの攻撃
先頭中村選手 レフト前、続く福田選手 レフトフライ
柳田選手が レフト前で 1,2塁、久々のピンチですが、
内川選手のショートゴロ、6-4-3とわたってダブルプレーです。

ここってところでダブルプレーがとれるのも、黒田投手すごい。


ここまで粘りのピッチングをしている黒田投手をさらに楽にしたい7回表 
ジェット風船をぴゅ~っとしてからのカープの攻撃は梵選手。

ホークスのピッチャーは攝津投手から嘉弥真投手に。

代わり端を捕らえくれーという願いが通じたか、梵選手がライト前ヒット
続く石原選手が送って、打順は1番バッター。
オイオイひぃろっしまぁ!!
チャンテも響きますが、丸選手セカンドゴロ、菊池選手セカンドフライで攻撃終了。


7回裏 ホークスの攻撃。若鷹軍団にあわせて、レフトスタンド以外から
一斉に飛ぶ黄色い風船がすごいです。
打順も五番からとホークスファンも盛り上がりますが、
先頭李大浩選手 空振り三振 。松田選手 一塁のファウルフライ
明石選手 空振りの三振とあっさり終了。
球数はまだ90球代で、これは8回も行けそうです。


8回表 広島の攻撃
先頭シアーホルツ選手が 左中間を抜けてフェンス直撃の二塁打。
二塁のシアーホルツ選手に代走野間選手。
「ノマノマイェイ、ノマノマイェイ」と盛り上がるレフトスタンド
続くエルドレッド選手がレフトフライ 1アウトのあと、5番松山選手にかえて
代打、小窪選手です。
「こーくーぼーのーこーーーー」「こーくーぼーのーくーーーー」
「こーまーぼーのーぼーーーー」「大きな声で こーくーぼっ!」
レフトスタンドの盛り上がりは絶好調。そしてそのまま
ぱーぱー♪ ひぃろっしまぁぁ
そんな小窪選手はストレートのフォアボール

そして、この日ホームランをうってる誠也選手、田中選手ですが、
誠也選手はサードゴロ 、田中選手はレフトフライで得点ならず。

そして、チャンスのあとにはピンチあり


8回裏 ホークスの攻撃
先頭の今宮選手ショートゴロ、続く高谷選手の代打高田選手を三振でしとめますが、
あたっている中村選手にレフト前に運ばれ、さらに福田選手がセンター前
柳田選手は3ボール2ストライクまていくのですが、結局フォアボールで
ツーアウトながら満塁です。
バッターは4番内川選手。
これは、ヤバい。
「クロダー、ガンバレー」「クロダー、がんばってー」などの声が
しきりにレフトスタンドから飛びます。
そして内川選手に投じた低めのスプリットフライになってセンターに飛びます。
背走した丸選手の足は止まっている。大丈夫。センターフライです。
あああああ、なんとかしのぎました。


9回表 広島の攻撃 ホークスはキャッチャーの高谷選手に代打が出たので、
キャッチャー細山田選手です。
「ホソヤマダーーーーー」などとレフト側も盛り上がります。
そして、この回、応援リーダーは、われらのやすおさんです。
コールをする前に梵選手がファーストゴロで1アウト
そしてやすおさん
「5点リードしていますが、野球は何が起こるかわからないスポーツです。
この回もたくさん点数がとれるように応援しましょう。〔ワーーーー〕
最近、野球見ていて気がついたんですが、1アウトからゲームって動くんですよね
みなさん、立って! オイ!」「おい!」「もっと大きな声で、オイッッ!」「オイッッッ!」
「ヒット打ってね、いっしぃはらぁ、」「ヒット打ってね、いっしぃはらぁ」
このヒット打ってね、ってのも久々だななどと思っていると、
石原選手のバット一閃。打球がどんどん近づいてきます。
こい、こい、こい、コーーーーーーイ!!!!!
そして、レフトスタンドに打球が入ります。
キターーーーー、石原選手今期一号です。
「インチキ、キターーーーー!!」などとレフトスタンドも大盛り上がり
ここでも宮島さんです。ワッショイワッショイ、バンザーイバンザーイバンザーイ!!
そして、やすおさん、
「丸選手にも続いてもらいましょう。ヒット打ってね、よっしぃひろ!」
ただ、丸選手、ここはファーストゴロで2アウト
つづく菊池選手には
「ヒット打ってよっ!!きっくーちぃ!」「ヒット打ってよっ!!きっくーちぃ!」
「yoh! Yoh!きっくーち!」「Yoh!Yoh!きっくーち!」と盛り上がりますが、
菊池選手は ショートゴロでチェンジ


9回裏 ホークスの攻撃。カープはピッチャーを中崎投手にスイッチ。
セーブがつかない場面ですが、ここはキッチリおさえてほしいところ。

がんばれがんばれ中崎
先頭李大浩選手 セカンドゴロ 、続く松田選手 空振り三振
明石選手の代打江川選手も空振り三振でバッターアウト ゲームセット

ああああ、勝ったぁぁぁぁぁぁ!!!

カープの選手をあおりにスライリーがレフト守備位置まできます。
そして、スラ様にあわせて盛り上がるレフトスタンド。

そして、そんなスラ様に対してコールをおくるやすおさん。
さらに「スライリー選手にぃ、大きい声でぇぇぇぇ
 何かやれ、何かやれ、スーライリー!!」「なんかやれ、なんかやれ、スーライリィ」

いったん帰りかけるスラ様が再びレフト守備位置に戻ってきて、
客席を煽ります。そして、盛り上がったところの頂点で、
くるくるっと前転を決めます。

盛り上がるレフトスタンドですが、ここに悲劇が。

スラ様の目がとれました。

【悲報】スライリー、また、目とれる!!【定期】
です。

ああああ。でも、面白い。

そして、ヒーローインタビューは黒田投手。

ありがとうございます
粘り強く投げていればこういう展開になると思っていた
相手打線も良い打線だが、粘り強く投げていればなんとかなると思っていた
(ホークスは)足も使えるし一発もあるし手ごわい打線だと思っていたが、自分のピッチングができればと思っていた
初回は自分のミスでバタバタしたが、自分のピッチングができてよかった
自分のボールを信じて低めにボールを集めて内野ゴロを打たせようと思っていた
自分のいままでやってきたこと、そして自分のボールを信じて投げるしかないと思った
(交流戦で)いいピッチングができてきたと思うし、チームがこれから浮上していけたらいいと思う
(ファンに対して)マツダスタジアムに変わらないくらいの声援をもらい、自分たちの力になってくれたと思う

といった言葉に盛り上がります。

その後、ハイパーユニオンで、フウ↑フウ↑したり、
選手の応援歌メドレーで盛り上がっているところで、
やすおさんのありがたいお言葉です。

「今日のヒーローをしっかり、一人ひとり応援して、この後のゲームにつなげましょう。
まずは、先制の2ランを打った広輔選手。
よくやったよくやったこーすけ 
赤く燃え上あがる 夢見みたこの世界で 
研ぎ澄ませそのセンス 打うてよ広輔♪」

「そして、でっかい4号ホームランを打ってくれた誠也選手。
よくやったよくやった誠也
頂上突撃 誠也 命燃やせ 誠也
強く 高く 跳ねろ若鯉
熱く燃えろ 誠也 熱く燃えろ誠也 ♪」

「そして、個人的な話になっちゃいますけど、
これが一番うれしかった。石原が打ってくれると幸せだなぁ (笑い)
では、夢の二試合連続ホームランを目指して
ホームランホームランいっしぃはらぁ!
南の夜空に赤く輝く いちばん星 広島に優勝を運ぶ 石原慶幸♪
かっとばせー、いっしはらぁ」

さらに、
「今から、すっげぇこと言いますよ。嘘っ!!って感じで喜んでください。
この球場で、5年ぶりの勝利、2010年以来の勝利です」(盛り上がり)
「もう一回いいますよ。なんとカープ、今日の勝利が、
この球場での5年ぶりの勝利です」(ウォォォォォォォォォォォォォォ)

「5年間ためにためたうっぷんをはらしましょう。」(手をあげて上をむいて)
「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ」(ウォォォォォォォォォォ)
「5年間、本当に長かったなぁ、うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ」(ウォォォォォォォォォォ)
「これからとりかえすぞ。すげえでっかい声で、うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ」
(ウォォォォォォォォォォォォォォ!!!)

「カープの戦いぶりについてガタガタ言う人がいますが、まだ6月です。
始まったばかりです。巻き返しのチャンスはいくらでもあります。
ガタガタ文句ばっかりいってるのは、楽しくない。
これらも楽しんで、カープの勝利を応援していきましょう。」

そして、3本締めをして、いーぞいーぞ応援団。パーパー♪ひぃろっしまぁ、

のコール。

最後の締め一言

「いいぞいいぞ応援団!なんていわれるとか、思ってなかったんですが」(笑い)
「今日はご苦労さまでした。このあと、みなさん中州であいましょう」(笑い)
「本当にご苦労さまでした」

とのコールで大満足で野球観戦が終了。

出口に向かっていくコンコースの通路でも、誰かがそれ行けカープを歌うと
大合唱になったりしました。こういうのもいいです。

と、思いながらバスを乗り継いで宿へ戻ったのでした。

天神の宿の近くには屋台がたくさんでていますが、そこにも
たくさんユニフォームを着ている人がいて、ほっこりしました。

ってことで。

野球の神様、ありがとうございました。
今日。そして、これからもよろしくお願いします。





かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aiでした。(´・ω・)ノシ
これから、敵地福岡にむかって飛び立ちます。
昨日も後味悪い負け方をしてしまいましたし、ホークスは絶好調

でも、ここが復活のきっかけとなってほしいなぁ、という願いをこめつつ
一所懸命応援をしてまいります。

そんな様子は、また当ブログで書くことにいたします。



さて、ここからは温泉三昧です。



土日にボチボチと仕事が入るようになって、なかなか遠出が出来なくなりましたが、
ならば近場の温泉に行きましょう。
しかも、ゴールデンウィークを過ぎたら、入れるところも増えます。

ということで、むかったのが、黄金温泉です。
こちらは5月~10月までの半年限定の温泉です。
しかも、この日は結構気温があがるもようです。
ということで、広々とした駐車場に車を入れて、
湯銭(というか、清掃協力金です。あくまでも個人宅の温泉に入れてもらうという
かたちになりますからね。)を、手払いして、

手作りの脱衣場の中に行きましたら、脱衣籠は空だけでした。
ラッキーです。

こちらは、内風呂露天もすべて手作りですが、
ゴツゴツした岩で作られた壁もいい感じです。
湯槽のへりが、温泉の成分で自然とかるく丸くなっているところがいいですし、
中を満たして溢れている濁った碧茶色のお湯の香りもよければ、
身を沈めると、これまた気持ちいいです。


そして、お楽しみが露天風呂ですが、こちらも広々としていいです。
こちら、温泉のボーリングを新規でしたところ、湯温があがったのですが、
それでも、他のところに比べればややぬるい感じです。
そしてヌルい温泉といえば、気泡の付きが良いことが多い。

こちらも例外ではありません。

内湯は温泉を酸化させないために、
湯槽の中にお湯を出していることなのですが
ここからの炭酸が、一定周期に、ぶくぶくぼこぼこっと出てくるのです。
あー気持ちいいなぁ。
露天も30秒ぐらいじっとしているだけでびっちりと気泡が腕とかにつきます。
これがほんとうに気持ちいいです。

目の前には、ニセコ連邦の山々が広がっていますし、
背景には羊蹄山も見えます。そんなのもいいなぁ。

岩でしきられた大きい湯槽もいいですし、
その横にある五右衛門風呂や寝湯も気持ちいい。
しごとが溜まってオツカレ気味だったので、本当に染みますし
入っている間に軽くオちてしまいました。
あー、周りに人が居なくてよかった。

と、いうことで小一時間ばかり
1人温泉を堪能していたところにお客さん登場。
彼にも1人温泉のすばらしさを提供すべくこちらを後にしました、


続いてこちらも土日のお仕事終了後むかったのが
鯉川温泉です。

こちらは、昔の学校のようなアジのある建物と、
使い込まれた感じが伝統という言葉をも感じる湯治場のような浴室と

滝を見ながらはいる露天風呂と
それぞれをみたす、濃碧色のお湯がいいですね。

湯槽からたっぷりのお湯があふれているところが
酸化して色がかわったり、湯槽の縁が湯の花で丸くなっているのもいいです。

この日も珍しくすいていたので、フィトンチッドの香りと、
滝から流れる気持ちのいい音に涼しい風が
お湯で火照ったからだをなぜてくれます。
いいですね。

内風呂もお客さんがいなかったので、ふつうにいいおを堪能しながら
道南スタイルでも楽しませていただきました。
うえを向くと、今で何十年もかけ湯気が描いてきた天井の模様を
しっかりと見ることができます。天窓も雰囲気あります。

ということで、鯉川温泉を堪能。
カープ カープ カープ 鯉川 鯉川 おんせ~ん♪
などとでたらめな歌も口をつきます。

あー、いいお湯でした。

こちらは、湯心亭・ニセコグランドホテルと、お気に入りの温泉の近くですが
それぞれ泉質が異なっているのは、やはり温泉マジックです。








ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。


かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした(´・ω・)ノシ
☆「喫茶 軽食 あとむ(ATM)」(虻田郡倶知安町北4条西2)

ある日、普段より少しだけ仕事が早く終わったので、
閉店が早いお店で夕食をとりましょう。
とむかったのが、あとむ(ATM)さん。

倶知安は、朝の7時から営業をしている飲食店が数軒あり
単身者の公務員とか、作業関係の人が食事をしてから仕事へ向かいます。
朝の7時代から車が何台もとまっている、そんな一軒がこちらです。
ただ、そのせいか、閉店時間がやや早め。
ということで、行けるときにいっておこう。というところです。

お店に入ると、珍しく先客の方がいらっしゃいません。
今までお店に寄ったときは、必ず常連さんがらしき人が
コーヒーを飲みながら会話を楽しんだり、マンガを読んだりしていました。

そう、こちらのお店のあと一つの特徴は、明るい店内に落ち着いたインテリアと、
おびただしいマンガの数々です。
マンガ喫茶といっても言い過ぎではないです。

では、今日は何を食べようかな。と、フードメニューを見ます。

①ランチ
 ハムエッグランチ 580円
 ハンバーグランチ 750円
 えびフライランチ 750円
 かつランチ    700円
 生姜焼きランチ  680円
 ひれカツランチ  750円
 いかフライランチ 800円
 野菜炒めランチ  680円
 さば味噌ランチ  700円
 鮭フライランチ  700円
 鳥照焼きランチ  700円
 あじフライランチ 700円
 ハムエッグフライランチ 650円
 五目かけごはん  600円
 カツ丼      800円
②カレー
 えびカレー    800円
 かつカレー    700円
 ハンバーグカレー 800円
 エッグカレー   680円
 ポークカレー   600円
 イカフライカレー 800円
③パスタ
 ミートソース   550円
 イタリアン    550円
 ナポリタン    550円
 ミーとハンバーグ 650円
④ピラフ&チャーハン
 ドライカレー   550円
 チャーハン    550円
 ミートチャーハン 600円
 えびピラフ    650円
⑤麺類
 カレーうどん   530円
 鍋焼きうどん   680円
 焼きうどん    600円
 焼きそば     550円
⑥その他
 トースト     280円
 ホットケーキ   400円
 サンドイッチ ハム&タマゴ 450円
 サンドイッチ ミックス   500円 

あと、10時まで、モーニングセットがあるようです。


前回に訪問したときは、コストパフォーマンス的にも大満足なカツカレー。
その前はエッグカレーを注文して、
明るいこげ茶色のルーをおおうような半熟黄身の目玉焼き×2の
ルーと半熟カレーの組み合わせに舌鼓をうちましたが、
この日もお昼をいただいてなく、早い夕食でしたので、
気になっていたハンバーグカレーをいただきます。

BGMとともに流れるUHBのニュースを見たり、新聞を読みながら
待つことしばしで、登場しました。

丸くて鮮やかな深紅のお皿に乗っかったのは、
明るいこげ茶色のカレーと、白いライス
そして、たっぷりのカレーに隠れていながらも、堂々と存在感を示す
ハンバーグです。

新鮮そうな野菜のサラダもついてきました。


さて、まずは、カレーからいただきましょう。

口に入れると、最初に甘みがやってきます。これは、この地域のたまねぎや
トマトがルーのベースになって支えているさわやかなそんなうまみ、
それと、こくがさりげない感じの食感のカレーです。

ルーとともに口に入ってくるカットされてくたくたに煮込まれた
たまねぎの味わいが、カレーの甘さとウマさとこのこくに
あらわれていますし、ルーの旨味を支えているたまねぎが、
たっぷりと入っています。

さらに、ほんのりとしたあま味は、野菜だけでなく、
肉的なエキスもたっぷりとけこんでいることが想像できますし、
かといって、カシコマッテ食べる感じではない、ほっとできる喫茶店のカレーです。

ただ、食べ口はアマいのですが、時間差で、
ヒリつく感じのスパイスの刺激が訪れてきます。

そして、嚥下した後に、ふわんと、うまみやコクとあまさが残るとともに
ヒリッとした心地よい刺激も残ってそのつど幸せになれる味わいなのです。

中にはいっているジャガイモやにんじんやお肉も
やわらかく、旨みがあふれる感じに
ほこほこに調理されているホッとできる代物なのです。

そんなさりげなく、工夫が凝らされているカレーの中に
隠れているのがハンバーグです。

注文してしばらくすると、厨房の奧からジューっと
肉を炒める音が流れてきまして、この時点でおおいに期待。
表面が少しだけ固めに調理されたハンバーグは、
全面にルーをまとっているもののしっかりと美味しいです。
軽くかむだけで肉滴がじゅわっとあふれてくるやわらかいお肉でして、
ふわふわの食感とあわせて、ハンバーグを食べるときの、
肉と肉滴のアンサンブルをしっかりと味あわせてくれるのです。

しかも、このハンバーグが、スパイシーなやさしいカレーと結びつくとたまりません。
ハンバーグにもまけずに、なお刺激的に働きかけるスパイスもいいです。

ライスとからんでもいいですし、ハンバーグとの組み合わせはいいです。
中からあふれてくる肉滴がルーにも影響して、いいケミストリーをおこしてくれます。

カレーのウマさにハンバーグの味がのり、
カレーもハンバーグから出る肉滴によってさらにうまくなって
そして、米のふっくらとした味わいが、三位一体で口の中を満足させてくれます。
これはオイしい。

新鮮そうな野菜のサラダもおいしかったです。
というわけで、全部いただきまして、
「ごちーそーさまーでした。」

甘い甘いと食べていたのですが、
お店を出たときには、首の後ろから汗が流れましたし、
この唇や口腔内の軽くヒリつく感触がしばらくのこったのは、
なんだかうれしかったです。




☆「喫茶 軽食 あとむ」(虻田郡倶知安町北4条西2)
◇ 営業時間◇7:00~19:00 ◇定休日◇日曜日  
◇駐車場◇ 有り ◇電話◇ 0136-22-3501





☆「お食事処 味しん食堂」(室蘭市中島町2-27-6)

土曜日はオシゴトでしたが、比較的早く終わったので、この日は東室蘭へ。
東室蘭で夕食を食べるといえば、焼きとりか、カレーラーメンです。
今日は、気分がカレーラーメン。ということでこの日の宿の近くにある「味しん」さんを訪問。
味わいのあるのれんをくぐって扉をガラガラと横開き。

中に入ると、テーブル席にもカウンター席にも何人か先客の方がいらっしゃいます。
ということで、木の自然な木目とか形を生かしたカウンターの
奧のがあいているので、腰を下ろして、メニューを吟味。

・焼きそば750円 
・ジャンボ焼きそば860円 
・みそラーメン650円
・塩ラーメン650円
・チャーシューメン860円
・大盛りラーメン800円 
・カレーラーメン700円
・かつ定食1100円 
・海老フライ定食1100円 
・焼き肉定食 1100円 
・チキンかつ定食1000円
・かつ丼1000円 
・肉丼1000円 
・天丼 1000円 
・かつカレーライス900円
・カレーライス650円 
・ライス150円 
・小ライス100円

とありました。

このラインアップだけ見ると、お食事処といって定食やカレーもありますが
ラーメン、焼きそばがメインのようです。
そして、この日もカレーラーメンを注文します。

そして、談笑するお客さんや、張られている室蘭カレーラーメンのポスターなど、
周囲の様子を観察しながら、カウンターの形や木目が面白いなぁ、と思いつつ、
中でかいがいしく調理をされている様子を見つつ、
「室蘭民報」を読みながら待つことしばしで登場しました。

やってきたのは、お盆に載せられたラーメンと小ライスです。
ラーメンからは焼きとりと串が威風堂々と丼からはみ出しています。
カレーならではの独特の香りも素晴らしいですし。

これは、うまそうです。

持ってきてくれたお店の人は
「揚げニンニクもつかってください」と言って、
カウンターの隅にあったニンニクを近い場所まで持ってきてくれます。
これもいいですよ。

メニューには、
「室蘭三大名物がてんこ盛り カレーラーメン 「カレーラーメン」「うずらの卵」「やきとり」と、室蘭三大名物が丼の中にてんこ盛り、豚のバラニクをじっくりと焼き上げ、特製の甘だれにからめた「室蘭かぜやきとり」、あえてカレーライスに近づけ、小さなライスが付いて二度おいしい。お好みで揚げニンニクを散らしてお召し上がり下さい。」
と書かれています。

カレーラーメンと室蘭焼きとりと、うずら卵。
道内唯一のうずら卵生産農家が室蘭にあるので、室蘭の名物だそうです。

では「いたーだきーます。」
レンゲを使ってスープから一口いただきますと、これは、いいです。
軽く甘い飲み口のあとに刺激的なカレーの旨さがきます。
しっかりと取られた出汁の旨みと塩分などの味わいのバランスが
しっかりとしたラーメンスープという土台を巻き込む形で、
カレーがいい塩梅で盛り上げています。

カレーでラーメンというとカレーヌードル的なジャンキーなイメージがあります。
確かにカレー粉には、いろいろなものをジャンクな味わいにする不思議な力がありまして、
カレー粉にかかると全てのものにジャンクでナツカシサがある、
美味しい魔法がかかります。

これは素晴らしいです。

このちょっと見はジャンクでチープながらも、
よくよく味わうとしっかりとした味わいで、
飽きずにいつまでも食べることが出来るのは、
重層的な構造のスープならではでしょう。

アッサリとした飲み口で、
トロっとしているイメージのあるカレーラーメンのスープながらも、
比較的サラっとしています。
このサラッとアッサリしているしている飲み口にもかかわらず、
しっかりと旨みやコクが来るのはスゴいです。

そして、飲んだ後はふんわりと残響のように味わいが残るという、
クドくない代物なのです。

たっぷりの玉ねぎなどの野菜もこのスープに味わいが溶け出しています。
スープカレーほど、襟を正すかんじではないですが、
しっかりとウマいので、当然文句はありません。

野菜もたっぷり入ってていい感じです。
せん切りされた人参とか、ほうれん草などもいい感じですか、
特筆すべきは、ポテトフライと、ブロッコリーです。
ポテトフライがジャンキーな風味に拍車をかけていますが、
これも不思議にあっていて思わずニヤっとしてしまう味わい。
さらに、ブロッコリーですが、
スープカレーに入ったしっかりと素揚げされたブロッコリーにメロメロな私ですが、
こうやってしっかりとゆでられて中まで美味しくなっている
ブロッコリーもウマいです。

カレーに入っていて、素揚げのブロッコリーではないタイプで、
ここまで美味いブロッコリーって出会ったことなかったです。

そして、室蘭名物シリーズ、その一の室蘭焼きとり。
焼きとりといいながら豚肉なのは、室蘭の名店で食べた
至高の一品を思わず思い出すような、しっかりとした焼きとりでした。
しっかりと甘しょっぱいしっかりとしたタレもしみていて、
この濃いタレにも負けていないカレースープ。
こちらも相乗効果でお互いの味を引き立てています。
肉はぷりぷりだし、肉滴がじわじわっとにじみでるタイプだし、
焼き鳥の醍醐味である、肉をくわえたまま串から肉を引き抜くという
野生を思い出させる動きをして、気分はワイルドになります。

そして室蘭名物シリーズその2のウズラ卵も
しっかりと黄身まで熱が入っていましたが、味わいふかかったです。

そして、麺ですが、淡い黄色い少し太めの麺で、
もっちりとした味わいがいいです。
軽くカレースープを吸って膨らむところもいいなぁ。

そして、麺を1/3ほど食べ終わったのちには、本日のお楽しみ。
添えられてきた白いご飯です。
これをスープカレー風に最初はラーメンスープにひたして、
うー。これはうれしいラーメンライスです。
泉昌之さんの現在入手が難しい「芸能グルメストーカー」で
ラーメンライスを頼んだ優香の気持ちがわかります。
レンゲにご飯を乗せて、スープにひたしていただきますと。
これもジャンクな味わい。たまらないです。

豊橋のカレーうどん的に麺とライスのコラボレーション。
ただし、こちらは豊橋カレーうどんのようにライスが隠れているタイプではなく
ライスは別盛りですが、この炭水化物の組あわせがうれしいです。

そして、中盤からスープに投入した揚げガーリックも
スープにパンチを与えてくれて、楽しいバリエーションのひとつ。
この揚げガーリックを細かく刻んだのもいい工夫です。
いーんだよ、明日は誰にあう用事もないんだから。
と、最初は遠慮がちに入れていたにんにくですが、後半は
結構大胆に入れていました。うー、さらにうまいしこりゃ効きそうだ。

あー、美味しかった。「ごちそうさまでした。」

ちなみに、僕が食べている間も、ひっきりなしに お客さんが
入れ替わりたちかわり入ってきたのです。
愛されていますね。地元の方に

ちなみにそちらのかたがたは、焼きそばとか定食をオーダーされてました。
今度はそっちを食べたいなぁ、と思いながら
東室蘭の夕景の中、風に吹かれながらこの日にお世話になる宿へむかったのでした。




☆「お食事処 味しん食堂」(室蘭市中島町2-27-6)
◇営業時間◇ 11:00~15:00 17:00~20:00
◇定休日◇月曜日 ◇駐車場◇ 有り
◇電話◇0143-44-8736





あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。


かつてラジオ番組内にあったコーナー
「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。

かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした(´・ω・)ノシ
2015.06.07 難波めし
先週は、京セラドームでしたが、来週はヤフオクドームに遠征します。
夏休み前最後の遠征になりそうです。
ホークスが絶好調なのに対して、カープは相変わらず…

なんとかチーム状態を上げて交流戦をしめてほしいですが、
そんなチームの力となるべく、がんばって応援をしてまいります。

レポートはまたこのブログでいたします。



さて、先週、京セラドーム大阪でのカープvsバファローズ戦のときに、
いろいろなものを食べましたが、
串かつ・球場飯以外に食べたもののお話です。

まずは土曜日。バファローズに勝利して、三本締めで気分よく
宿に戻ります。時間は6時30分前。八重勝さんの前にも
だるまさんの前にも、長蛇の列ができています。
昨日や今朝のうちに行っておいてよかったです。

さて、今日はどこに食べに行きましょうか。と、考えながら、まずは通天閣界隈をうろうろ。
すると、にぎやかなところから少しだけ離れた場所に
赤い提灯に香港と書かれているのを発見。

近づくと、歴史を感じる赤いファザードのテントと、
半円形にかけられた、赤い暖簾のかけ方がいい感じ。
この雰囲気、大阪ミナミに思わぬドエライ名店発見か、と食の軍師の本郷のように思いながら中へ。

カウンターのみの店内。奥に常連さん風のお年を召したカップル
そして、手前にお一人さま風。
私はそちらの方から2席あけて手前に腰を下ろします。

壁面には、びっしりと定番中華のメニューが書かれていますが、
麺という気分ではないので、チャーハンと餃子をオーダー。
肉団子とかから揚げもひかれますが、まずはド定番からです。
そう、忘れてはいけない瓶ビールです。

出てきたアサヒスーパードライをコップに注ぎながら
まずはのどを潤します。

ぷっはー。今、私、生きている。

ずっと喉をからしてスクワットしていた身に染み渡ります。
あああ、球場ビールも美味しいけど、そとの空気も感じることができる
街の中華でのビールもいいです。

ビールをいただきながら、周囲を観察。
壁の色やズラッとならんだメニューがくすんだ感じなのは
何年も油や煙で燻され、コーティングされたんでしょう
歴史を感じます。

後ろに並べられた酒瓶とか、徳利とか、民芸品とか、中華っぽい護符とかも
この壁にあっています。

そんな感じで、ぼーっと店内を見ていると、
お店の方が具を切る軽快な包丁の音をさせていたかと思うと、
炒飯の鍋振りをしています。
ジャージャーという炒めるいい音と、
ガンガンガンガンという、リズムを刻む中華なべと鉄のお玉のハーモニーを耳でたのしみつつ、
鍋降りの美技を見せていただきます。

そして店中が焼飯の香りで満たされたところで
登場です。

龍の絵と、双喜紋と、香港とかかれた雰囲気のあるお皿にのった
脂でテカテカになって輝いているチャーハンです。
おそろいの柄の碗には、葱が浮いた中華スープが入っています。
ああ、いいなぁ。

では、いただきます。

口にしますと、しっとり系の焼き飯っぽい炒飯です。
ふわっとした食感もいい感じです。
味は塩・胡椒がしっかりと利いていて、疲れた身にはありがたいですし
ビールにもよくあいます。
たっぷり入った叉焼や、ニンジン、葱に、ふわふわの卵といった
バイプレイヤーたちも、炒飯を盛り上げてくれます。
美味しいし、このお店の雰囲気にあっている余所行きではない、
家庭的な味わいは、一発でお気に入りになりました。
中華スープもいいなぁ。

そして、餃子が登場。
皮が焦げがアクセントになっているクリスピーな見た目がいいですし、
お店のご主人が小皿に、酢をたっぷりとラー油をひとたらしして
「そのままか、これで食べてみてください。」といってくれました。
では、まずはそのままいきましょう。

皮が見た目とおりサクっときまして、しかも中はモチモチしています。
噛むと、中から肉滴がジュワとあふれてきて、ああ、これは美味しい餃子です。
中のあんも葱や韮やニンニクが利いているので、元気を回復しそうな味わい。
ゲームに勝ったので気分は高揚していますが、体はやはり疲れていますので、
この餃子がありがたい。

お店の方が作ってくれた、酢ラー油も試してみますが、
この肉肉しい餃子に酢がさわやかに盛り上げてくれます。
ビールも美味しいです。
ああ、いいなぁ。

店内では常連さんと店主の方の会話と調理の音のみが響く空間で過ごすことができる幸せ。
これも遠征の醍醐味です。

ということで、お料理がなくなりましたので、残ったビールをくいっと呷って
ごちそうさまでした!

ほろ酔いで、まだ明るい外に出てると
正面に通天閣の威容が圧巻です。

ああ、河島英五か上田正樹の歌が出てきそうだなぁ、と思いながら
宿へ戻ったのでした。




そして、翌日。2日間お世話になった宿を9時45分にチェックアウト。

「百合子のひとりめし」の第一話に出てきた「日吉食堂」さんの跡地にある
串かつ横綱 の金色の巨大ビリケン人形のニヤニヤをちら見しながら
地下鉄の動物園前駅へ。

堺筋線にのって日本橋駅でおりまして、歩いて
今日の最初の目的地、「千とせ」さんに向かいます。

丁度10時少し前なので、あちこちのパチンコ・パチスロやさんの前には長蛇の列です。

さらには、なんば花月の前とかをみながら
コテコテの大阪ミナミの雰囲気を体感しながら、お店には10時10分に到着。
すでに4人が並んでいます。すごいな。

そういえば、ここに行く途中でも体格のいい若者二人連れが
「肉吸いオゴったるから」「ほんま!!」なんて会話をしていたなぁ。

店先の雰囲気も、軒やゆ庇のつくりとか、細かい丁度とか、
窓のつくりなどに伝統を感じます。
かべのくたびれた感じもいいですね。

後ろにも人が並びだしました。
そんな感じで待つことしばしでのれんが出てきます。
真っ白ののれんの中に味のある字体が踊っています。

中は外観通りの落ち着いた感じで、いかにも下町のうどん屋さんの風情です。
お一人様なので、相席上等。他のお一人様のお客さん同様、
六人がけのテーブル席に腰を下ろしてメニューを拝見。
壁にかかった木の札がいい味わいですが、ここは肉吸いと、小玉です。
このあと、京セラドーム大阪で「いてまえドッグ」も食べますから、こんなもんで。
肉吸いは、肉うどんのうどんぬき、小玉は卵かけご飯の小盛です。
こちらは、肉吸い発祥のお店です。

注文を終えて、出てきたお茶を飲みながら改めて見ると、
テーブル席のみの店内で、4人がけの席が3つくらいですか。
そんな広くない店内なので、開店前に並んでいた人でも
後ろのほうの人は入れない模様です。

人気店です。

しかも店内に「肉吸い」と大書されて左下に
「これほど深い、これほどに知らせねばならない
 味覚の世界のあることを銘記せよ」と書かれた額がありますが、

魯山人の署名があります。

ろ、魯山人ですか。すごい。

そんなことを関心していると厨房からいい香りが流れてくるや
運ばれてきました。

茶色く縁取られた土壁色の厚手の丼の中を満たす澄んだ汁、
さらに、たっぷりの牛肉の茶色と上に散らされた緑の葱がきれいです。
横には、薄い青磁のような色でふちどられたご飯茶碗のなかの
ごはんとセンターに鎮座ましましている輝く卵

そして、小皿の大根のきゅうりのお漬物です。

まずは肉吸いから、いただきます。

汁をすすると、関西系の上品なおうどんの汁のあしです。
カツオと昆布の関西風出汁の味にヤられます。
最近ハマっている「英国一家 日本を食べる」の影響で、
出汁の複雑さについて改めて、スゴいなぁ、と考え直している私ですが、
そんな私の舌を直撃。
とはいえ、イヤみなほど利いているわけではなく、あくまでもさりげない。
この塩梅もいいです。
関西独特の薄口しょうゆともいい相性で、風味最高、飲み口最高です。

これは美味しい。

そして、たっぷりのお肉です。
牛バラ赤身肉独特の食感が優しいですし、かみ締めるとジワっと
肉滴とともに、しみこんだ極ウマな汁が出てきます。

そして、この肉滴が出汁とあいまって、旨みがうまく溶け合うのです。
肉からのエキスというと、アクとかも心配ですが、
スープは澄んだままで変わりません。肉のエキスだけが旨みとして
スープに働きかけているのです。
ああ、いいですね。
葱がシャキシャキなのも鮮烈です。

そして、ここまで上品な感じなのに、家庭的な温かみを感じるのです。
これは、ハマる味です。

軽く七味をふって、刺激を加えたりしながら、肉吸いを1/3くらい食べたところで、
続いて卵かけご飯です。

小というわりには、みっちりとぴかぴかのご飯がつまっています。
これも大阪流のサービスですか。

まずは外の白身を周囲のご飯とまぜなから、軽くまざったところで、
黄身のセンターに箸で穴をあけて、黄身のハートにロックオンと、
横に置かれている「大阪千日前肉吸い千とせ 玉子かけごはん醤油」をかけます。

そして、ざくっとご飯と混ぜて

うん。美味しいです。
醤油のせいか、少し魚っぽい味わいもいい感じですし、この濃い醤油が
玉子の黄身の味わいを引き立てています。

肉吸いと交互に食べてもいいですし、
肉吸いの肉をご飯の上にのせても、贅沢牛丼風でこちらもよし。
自由自在です。

そして、肉吸いも残りわずかになったところで、
肉吸いの中に沈んでいた半熟玉子をいただきます。

まずは、半分かじって、如月食いの気分を味わったのちに、
スープと混ぜて、半熟卵、青ネギ、牛のバランスの絶妙さをおじをいます。

卵かけご飯を、玉子の溶けたスープで流し込んで

ごちそうさまでした。


これは、昨日みたいに、カープの勝利に酔いしれて
一人痛飲した朝にウレしいメニューです。


そもそも肉吸いは、お笑いの聖地『なんばグランド花月』から歩いてわずかな
こちらのお店に、二日酔いで来た花紀京さんが、舞台前に来て、
「肉うどん、うどん抜きで」と注文したことから、肉吸いが生まれたそうです。

花紀京さんは、元吉本新喜劇の座長で、
チャーリー浜さんや間寛平さんの師匠で、彼らも師匠に習って食べたとか。
さらに、トミーズなどの大物芸人も若手時代に食べたり
ダウンタウンの浜田雅功の好物だったりなので
いつしか“これを食べたら売れる”というジンクスが誕生したそうです。

なるほど。

と大納得しながら、ごちそうさまでした。

ということでこちらのお店をあとに、京セラドーム大阪に向かったのですが、
外に出ると、行列が30人くらいまで伸びていました。

まだ11時前なのに…

でも、それが納得な味でした。


ちなみに、前述の
魯山人の詩には続きがあるようです。


飽きるところから新しい料理は生まれる
いいかね、料理は悟ることだよ、拵(こしら)えることではないんだ
料理は自然を素材にし、人間の一番原始的な本能を充たしながら、
その技術をほとんど芸術にまで高めている
自然の栄養価値、栄養の集成が味の素である
すべて本来の持ち味をこわさないことが料理の要訣である


なるほど、深いです。
さすが魯山人。




かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした(´・ω・)ノシ

遠征の前日、遠足前日の如くワクワクしながら準備をしていて、
飛行機のチケットよし、カンカンよし、
風船よし、ラジオよし、
ユニフォームよし、アンダーシャツよし、
チケットよし、チケットホルダーよし、

なんて確認をしている時にふと思いました。

レフトスタンドの席とったけど、カープ側ってレフトスタンドでよかったっけ



パの球場って、札ドも、Kスタも、プリンスドームも
レフト側がホームだった気が…

でも、QVCマリンはライト側に黒い集団がいたなぁ、
京セラドームはどっち。

あ、ビジターはレフト側でした
よかった。

もし、レフト側がホームだったら、もっていったカープのユニを封印して、

♪チャーラチャッチャッチャーラチャッチャ
チャーララララー T !  
チャーラララチャラララ HOMERUN KING !
とか、T岡田選手の応援歌を歌いながら
タオルダンスをしなければならないのか…

などと妄想をしてしまいました。


かように初めて行く球場は緊張するものですが
ワクワクも大きいです。

そんな感じで乗り込んだ京セラドーム大阪

まだ、少し串かつが残っていますが、カレーなら入ります。
ということでお店をぐるっとまわります。

最初は。ホームページで見た
グローブボールさんで売られている選手プロデュースメニューに、
小谷野選手プロデュースの「栄ちゃんのカレー焼きそば」があるので
これかな、と思って店舗をのぞくと、この日はなかったみたいです。

ブランコカリー、カリビアン風はあったのですが、
シーフードというところで、見送りました。
小谷野選手なら思い入れもありますが、ブランコ選手じゃね

ということでグルッと一周しようとしたのですが、
途中で「ここから先は内野チケットがないと入れません」の表示が。

こちらも西武プリンスドームと同じ形式ですか。
残念。

ということで折り返してさらにゆっくり探すと、

STADIUM BAR by LEOC.さんのメニューにカレーを発見。
これです。

メニューを見ると
カレーは
・こくトロ極みカレー ¥650
・ヒレカツカレー ¥900
・ハムカツカレー ¥900
他に、
・炭火焼き鳥丼 ¥700
・豚スタミナ丼 ¥700
・極うま牛丼 ¥700
・チキンスティック 400円
・揚げたこやき ¥500
昔ながらのナポリタン ¥500
焼きそば ¥500

といったところです。
他にもBarだけに、焼酎水割り ¥500をはじめとして
お酒も各種そろっています。

ここは、軽く串揚げが残っている身としてはシンプルな
コクとろ極みカレーとビールをオーダー。
白い楕円形のブラの容器に入ったルーの色は
見るからに黒にちかい褐色で味わいがあります。

自分の席にもどって、バファローズの選手がアップをはじめているのを見ながら
いただきます。

うん、食べ口の甘さがいい感じですし、白いプラの容器について
うすくなっているところは濃いオレンジ色です。
さりげなくさわやかな酸味と旨みも感じることができます。
ここらへんは、玉葱の甘みとトマトの旨みが混じったベースと
なんともいえない香ばしさがいい感じ。
玉葱をしっかりいためた香ばしさに加えて、スパイスとか小麦とかも
しっかりいためた香ばしさです。
この香ばしさからくるビターさが大人な味わいです。
野菜や果物由来のコクに加えて、お肉から出てきたエキスも
カレーを濃くしてくれます。さらに炒めた感じのスパイス遣いが
三位一体で味覚にうったえてくれます。
このさまざまな要素をやさしさでくるんだような
ホッとさせてくれる味わいがいいです。

これがたっぷりとかかっていますよ。

さすが、コクとろ極みカレーです。

しかも、具ですが、やわらかいお肉が多いです
軽くかむだけでエキスと滴があふれてきます。これはいい
さらに玉葱もトロトロな奴がたっぷりと入っています。

具としても美味しいですし、これがカレーの旨味のもとになっています。
カレーにも溶け込んでいるのが塊であるのですから
これはうれしいです。
お米も美味しければ、
この濃さに端休めの福神漬けもありがたいですし、ビールにもベストマッチ。
ああ、いいですね、球場カレー。
複雑で味わい深さがいい感じで、侮れません。

食べ終わるころは、軽く汗かくのもいいです。

ということで、ご馳走様でした。


満腹を抱えてゲームを観戦して、無事勝利を見届けたわけでした。




そして、翌日。

この日も10時30分開店の店にいっていったん大阪グルメを堪能
さらにこの日はメニューにお米もあった。

しかも、この日のゲームは13時開始。
ということで、ついに練習のときは満腹のままでゲーム開始。
ただ、せっかく京セラドーム大阪まで来て、アレを食わないわけにはいかないです。
ということで、普段よりも一所懸命スクワットをして腹を減らす作戦です。

ただ4回にT岡田選手の一発が出て、
バファローズの西投手は崩れる気配がない。
そしておなかはもやっとしてきます。

でも、以前ハマスタで飯を買いに行ったとき、
梶谷選手、モーガン選手に一発あびたんだよなぁ、
でも、そうならないように5回裏、バファローズが
6番からの打順のときにむかったのが、まるぜんさんです。

そう、ここで食うべきメニューは、京セラドーム大阪名物
いてまえドッグです。

お店の前に行って、メニューを見ます。

※いてまえドッグ 700円
・キリン一番搾りフローズン 750円
・ハードシードル 550円
・たこ焼 550円
・チョイス唐揚げ(ネギ塩/ヤンニョム/タルタル/ゆずぽんジュレ) 450円
・ソフトクリーム 400円
・フロート 450円

といったところ。ここは問題なく「いてまえドッグ」です。
「いてまえドッグ」の特色はなんと言ってもそのデカさ!!
通常のホットドック2本分のビッグサイズで
30センチ超級です。

具はソーセージとコロッケから選ぶことができて、
ソーセージまたはコロッケを2本か、
ソーセージとコロッケのハーフアンドハーフから選択できます。

が、はじめての「いてまえドッグ」ですから、ここはプレーン。ソーセージ2本です。

さらに、出てきたら、カウンターの上においてある
ソースを好きにかけていいというシステム。

「ケチャップ」、「粗挽きマスタード」、「ソース」、「マヨネーズ」の定番以外に
「完熟トマトソース」、「チャンキーサルサ」、「チーズ」、「ハニーマスタード」
「バーべキューソース」「デミグラスソース」の計10種類から
好みのを出てきたドッグに好きにかけていいシステムです。

隣の人も豪快に各種ソースをかけています。
私は、「ケチャップ」「粒マスタード」、「チャンキーサルサ」に
「チャルキーサルサ」「完熟トマト」「チーズ」を
それぞれが混ざったり混ざらないような感じでかけました。

うん。見るからに美味しそうです。

本来ならば座席に戻って食べたいところですが、
この日の席が奥のほうだったので、断念。
横ではちびっこが丸めた紙で野球をしていますが
そこの横でいただきます。

パンは固めのバゲットタイプのフランスパンで、
しっかりとした噛み心地と、中のふわっとしたバランス。
そして小麦の味が美味しいパンです。

そして、ソーセージがプリプリものです。
皮を噛み切る快感と中から溢れてくる肉滴。
これがホットドッグです。

そして、ソースはベーシックなケチャップやマスタードもいいですが、
まずは、完熟トマト。ケチャップのさわやかな酸味を補って
ソース自体がフレッシュになる感じですし、
チャルキーサルサもビールがすすむピリッとくるスパイシーさ。

そして、チーズは初めて食べましたが、チーズの美味しいところを
ぎゅっと濃縮した感じの濃厚な味で、これが他のソースともよくあいます。

でも、これだけかけても、まだ半分しかかけてないんですね。

と思いながらも、なんとか完食。
うん、おなかいっぱいです。昼とか、これだけでもオッケーなボリュームです。
おかげで、この日の夕食はビールだけで食べなかったくらいにして、
それくらい満腹になるしろものです。

話のネタにもなりますので、バファローズ戦観戦の際にははずせません。

次、いつ来るかわかりませんが、次はコロッケとか他のソースとかに
チャレンジしたいと思います。



なお、内野席にいる場合は席に戻る際にチケットチェックがありますので、席を離れる際にはチケットをお忘れなく!


あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。


ラジオにあったコーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」をクリックしてくれれば、
見ることができます。

かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした(´・ω・)ノシ
先週は大阪で、「何だよカープ、強ぇじゃん」などと言ってウカれていましたが、
現在はシュンとしています。

しかも、この三連戦、北海道の民放では珍しく全試合放映していましたが
おかげで、翌日職場に行くと、会う日と会う人に
「昨日も残念でしたね」などといわれて、さらにシュンとしてしまいます。

ま、この三連戦はなかったことにして、また今日から切り替えて
イーグルス戦をがんばってほしいものです。




そんなファイターズ戦の前のカードはバファローズ戦
京セラドーム大阪に野球観戦に行った時、
その前後に色々と食べることを計画しました。

特に、京セラドームで食べる色々な物と、
百合子のひとりめし巡礼はお楽しみにしていました。

「百合子のひとりめしは」は、先日復刊ドットコムから出版された
久住昌之さん原作、ナカタニD.さんマンガです。

離婚してはじめてひとり飯をするようになった象(すがた)百合子さんが、
どきどきしながら、ひとり飯者としてのスキルをあげていくマンガです。
一人で初めての飲食店に入る緊張感を体験させてくれますし、
安定の久住作品。食の面白さを色々な角度から、よく描いてくれるので、
今回の巡礼のラインアップに加わりました。

さて、この日は以前ブログで書いた通り、新今宮の駅に到着したのが21時過ぎ。
そこから、ジャンジャン横丁にいく階段を下りる。
ここって「咲」の中で、姫松高校の愛宕妹と末原がが会話をしている
回想シーンに出てきたところです。
図らずも聖地巡礼をしてしまいました。

そこから、翌日の目的地である「八重勝」が閉店準備をしているのを横目に、
5分ほどで宿に到着をしたのですが、新世界は串カツ屋だらけでして、
人が並んでいる店も、そうでない店もそれぞれありますが、
途中に「だるま 動物園前店」に列が出来ているのを
横目に見ながら、そういえば朝ご飯を食べたあとは、
新千歳空港でサンドイッチしか食べていないのに改めて気が付きました。

そもそもこの界隈が、串カツ屋さんだらけなのは、昭和四年に「だるま」さんが
始めた串カツが元祖みたいで、
それが広まって今ではほとんど新世界のソウルフードになっています。

なら、ここは「だるま」さんにも行って、翌日の「八重勝」と食べ比べをするしかない。
ということで宿チェックインをすませると、すかさずお店へ。
ソースの二度付けは 禁止やで!!
と大書されているおじさんの看板がインパクトあります。

先ほど出来ていた列がだいぶ短くなっていて、2人くらいしかいません。
この時間にしては、回転が速いみたいです。
ということで並ぶと、後にも何人も並びますが、10分程度で店内に入れました。

まずは生ビールと、串カツ、紅ショウガ、牛タン、レンコンをオーダー。
すると出てきたのが、ソースの入った銀の入れ物と
銀の小さいボウルに入ったザク切りのキャベツです。

一昨年末にKalafinaのライブがサンケイホールブリーゼでありましたが、
その後に寄った梅田地下の「七福神」さん以来です。
そういえば、ぶらり横丁の再開発の話しはどうなったのでしょうか。
あの空間にもう一度身を投じたかったなぁ。

話しをもどして、このキャベツですよ。
ジョッキのビールをまずはグビッとのんで、ああああ、喉が喜んでいます。
そして、サラサラのウスターソースを軽くすくうようにして
キャベツにつけてポリッといくと、キャベツの甘さをソースが引き立てます。
あー、ビールがしみます。
ソースをつけただけの生のキャベツなのに、なんでこんなに美味しいのか。
しみじみと、大阪に来たことを強く実感。
もうすでに楽しい大阪の夜です。

そして、銀色のパットに置かれる4本の串。
明るいきつね色した衣は、使われているパン粉がきめ細かいせいか、
みっちりとついているのが印象的で、
形だけ見ると、元祖串カツなんて小さいアメリカンドックのようでもあります。

まずは串とソース面を水平にして、半面たっぷりとつくように
ソースの海に沈めて、半分がソース色、半分がカツの色になるようにして
かぶりつきます。

うん、うまいです。これですこれ。
衣は以前食べた七福神さんや、ホワイティー梅田の鳥の巣さんで食べたやつよりも
サックリとして軽やかな感じですし、
このサックリとした衣の歯ごたえと中の肉から出てくる
アツアツな肉滴と、肉のうまみに脂のあじわい。
これがソースのあじとあいまって、最高です。

あああ、いいなぁ。

続いていただいたのは、鳥の巣でみつけて、七福神でも狙っていた物の
食べることが出来なかった紅ショウガです。
この衣越しに見える赤い色合いからして、たまりません。
こちらもソースを反面につけていただきますと、

うん、紅ショウガの刺激がソースの甘さで引き立ちますし、
サクサクの衣とパリパリの歯ごたえのバランスがいいなぁ。

よし、このタイミングで追加の注文です。
えーと、なすびと、トマトと、牛ヒレをお願いします。

そしてレンコンもシャックリとした食感に
軽やかさを加える薄くても存在感のある衣。
そして、ソースの味わいもいいですし、
はじめて食べる牛タンも、タン独特の味わいと
肉滴に加えて、歯ごたえが、衣の軽やかさとあっています。
これもソースがいいですね。

ビールもすすみます。

そして、出てきたのが、牛ヒレです。ヘレ肉ですヘレ肉。
うん、牛の柔らかさが串カツの中でも生きてますし、
ナスビは穏やかな茄子汁に顔が緩みます
そして、トマトから出てくるのがアツアツなお汁です。

これはビールで冷却しなければ。
でも、このさわやかな苦みとソースの味わいも
問題なしです。

ああ最高です。

ということで時間は22時近くなってきましたし、
あまり腹パンパンにするのもなんですし、明日もあるので
今日はこれくらいでおいとましましょう。

ごちそうさまでした。あー美味しかった。

ちなみに、「だるま」さんは、昭和4年(1929)に新世界にて創業した
元祖・串カツ専門店で、先述のソースやキャベツに関することなど
新世界の串カツスタイルの多くが、このお店発祥となっているそうです。


そして、宿へ戻ってブログの更新などをしてこの日は落ちたのでした。


翌日。7時に宿の朝めしを軽く食べて、
野球観戦に必要な道具だけ赤いリュックにつめて、
10時15分くらいにやどを出ます。
そして、「百合子のひとりめし」巡礼場所の八重勝へ。

こちらは「百合子のひとりめし」二食目 ジャンジャン横丁の串カツ
に出てきたお店です。

百合子さんが一人飲み屋さん、初体験
ではいったお店です。

漫画の中でも若者が、「あ、今日、空いとるやん」「ホンマや ラッキー」
といったお店だけあって
開店前から20人くらいが列を作っています。
オトナシク並びながら、百合子のひとりめしをさりげなく読んだりして
巡礼アピール中。でも、そんなのしなくても、ふつーに人気店です。

待ってる間もにぎやかな感じでいろいろな人が通り過ぎています。
土曜日の日常をおくっている人もいて、街は活気がある感じで動いています。

この新世界とかジャンジャン横丁の雰囲気に圧倒されて、
百合子さんは
「たしかに独特の スゴイとこね 立ち呑み屋さんが いっぱいでどこも満員
 女子がひとりで 来るとこじゃ ないかも…
 ここも 無理っ
 なんか足が 疲れて きちゃった ホテル帰ろっ かな…」
などといってます。

でも、百合子さんは、若者の声に押されて、
「ふー
 よし! 百合子 行け!!」と言って中へ入りましたが、

一人飯上級者の井之頭五郎氏は、
孤独のグルメ第7話「大阪府大阪市北区中津のたこ焼き」のなかで、
「うーん
やたらと いい臭いが たちこめている」
「ああ… お腹が もやっと してきた」
といいながらも、
「入るにはひるむなあ この雰囲気…」
と思い
「ああ…俺の座る 場所がどこにも ない街」
などと言って、結局ホテルまでタクシーで戻っています。

ここもずぼら屋とかの看板があるので、新世界です。

うん、百合子さんの勝ちですか。

なんてことを考えながら待っていると開店の時間です。
まってました。

カウンター席に腰を下ろして、まずは生とどて焼きを注文します。
朝10時30分ですが、どうせ球場でも飲むからええんや。

ほどなくして出てきた生を百合子さんのごとく
…ごくり ごくり ごくり…
ンマ~~~~い
できた じゃん アタシ! エライっ!
とのどを潤すと、
八重勝と書かれたお椀の上にどて焼きが三本おかれます。

うん。ウマい。

とろとろになっている牛スジ肉を
白味噌やみりんなどで煮込んだものですが、
お肉の柔らかさとスジならではの野趣に富んだ味わい
そして、白味噌・味醂由来の、自然な甘さが
お肉の味わいとなんともあっています。
そして、コテコテな旨みの組み合わせがビールにも
目の前にあるたっぷりの生キャベツともあいます。

カウンター席に腰を下ろしているので、中の様子がよくわかるのですが、
目に付くところにある四角い銀色の調理器具のなかで
グツグツいっているのは伊達ではありません。
目の前で美味しくなっているのがウレしいですし、
たくさん串が並んでいますが、次から次へと注文されて
出て行きます。
うん。いいなぁ、カウンター席。

百合子さんもお店では
「ふーん、甘味噌なのね 想像と全然 違う…」と思いながら
帰ったときには
「でも「どて焼き」って 意外なおいしさだったナ
ちょっと甘くてさ 味噌仕立てで」
「目の前で グツグツ やってたやろ?」
「うん、あれって オトナの駄菓子 だねっ」
などとお気に入りなんっていました。わかるわかる。

そして、3本あるのもうれしいです。
一本目を食べつくしたあたりで、次の注文です。
ここは、巡礼ならではの、百合子さんオーダーメニュー。

「すいませぇん
グリーンアスパラ 一本となすび一本 えび一本と玉子 一本下さい」

そうだ、あと今日もカツようにゲン担ぎで
「あ、あと串カツ」
とオーダーをして、どて焼き二本目もぐもぐしながら
あらためて周囲を観察。
目の前で、おびただしい具につなぎをつけて、衣をつけて
油で満たされたなべの中にすべり落としています。

じゅわじゅわと爆ぜる具合がしだいに変化していって、
それに応じて職人さんが軽やかに手際よく油の中で具を泳がせています。
鉄板焼きもライブですが、串カツもライブです。

衣は、だるまみたいにびっちりつける感じではありません。
比べると、やや厚いかんじですかね。

そして、目の前の銀色の油きりパットに乗せてくれます。
「あいつから気をつけてください。」
まぁ、串ごとアツアツの油の中を泳いでいたのですから当然です。

と、串を軽くさましてから、まずはでてきたアスパラから。
昨日同様、銀色の器のさらっとしたソースを半面にたっぷりつけていただきます。
うん。確かに衣はやや厚めでサックリしていますが、
こころなしかふっくらしています。
この衣の半面ソースを吸い込んでいまして、
そんな衣の味わいと中まであつあつの青い味わいにくわえて
たっぷりのアスパラの滴がいい感じです。
しゃおっ とアスパラの味わいを堪能したあとは、エビです。

エビは注文が入ると目の前で殻をむいて串をうっています。
この直前まで殻を向かないところが、鮮度と関係あるのでしょうか
こちらもソースをつけたあと、さくっといきますと、
ビックリするほどプリプリです。歯ごたえがうれしい抵抗で
このぷりっとした抵抗を噛み切ると海のエキスがあふれてくる。
ああ、たまりません。
衣のバランスもよければ、ソースにもあいます。

さらになす汁たっぷりのなすといい、
牛たべている感じを満たしてくれる串カツといい、いいなぁ。

そして、百合子さんが格闘した玉子です。

「うわ 玉子って… 
 うずらかと 思ったら ニワタリなの!? デ…デカ!!
食べにく~
 …でも ンマ~~~~いっ」

と百合子さんがいっていましたが、いかがなものか。

こちらは、中の味が淡白なのが必至なので、全面にソースをしみこませて
いただきます。

うん。ンマ~~~~い。

固ゆでの白身や黄身と衣、ソースの按配がよくって、
庶民的なスコッチエッグです。

串も美味しければ、ビールもいい感じです。
ああ、幸せだなぁ。

とはいえ、このあとは野球もありますし、球場グルメもありますので
後ろ髪をひかれる思いですが、こちらをあとにしましょう。

ごちそうさまでした。

ああ、こんどはもう少し時間的制約のないときに訪れて
串カツとビールで腹パンパンにしたいなと思いながら

「飛び込んで みれば
 あったかい じゃない…」
と、ゴローちゃんに聞かせてやりたい、百合子さんの感想をひとりごちながら

こちらをあとにしたのです。

そう、あと、翌日は、一食目 新世界のハンバーグ定食 に出てきた「日吉食堂」の
跡地を通って球場に向かいました。
ちなみに、現在は は串カツの横綱があって、でっかいキン色のビリケン人形が
ニヤニヤ笑いをうかべています。

まぁ、それっぽい雰囲気のお店で肉吸いを食ったからええか。







かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした(´・ω・)ノシ

北海道に帰ってきましたが、昨日のゲームはシビれましたねぇ

いやー、勝ってよかったぁぁぁぁぁ。
カープは今期三度目のサンタテにして、久々の三連勝。
私自身も、今期、観戦したゲームで4勝目です。
ついに今年の観戦成績が4勝4敗の五分になりました。

福君~、シア~、松山~
ああああああ、もう、最高じゃぁぁぁぁぁ!!!

ということで、みなさん御斉唱お願いいたします。

♪宮島さ~んの神主が~
 おみくじひいて申すには
 今~日も カープが
 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち ♪
♪比治山さ~んの神主が~ (大きな声で、ワッショイ ワッショイ)
 おみくじ引いて申すには~ (大きな声で ワッショイ ワッショイ)
 今~日も カープが
 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち♪



♪カープ カープ カープ広島 広島カープ

 空を泳げと 天もまた胸を開く
 今日のこの時を 確かに戦い
 遙かに高く 遙かに高く  栄光の旗を立てよ
 カープ カープ カープ広島 広島カープ

 勝ちに行くのが 選ばれた者のさだめ 
 一投一打が 勝負の全て 
 闘志をつくし 闘志をつくし 今ここで花と咲けよ
 カープ カープ カープ広島 広島カープ

 鍛え抜かれた 精鋭の技と力  
 その意気愛して 見守る我らの
 明日へ続く 明日へ続く きりのない夢であれよ
 カープ カープ カープ広島 広島カープ

 晴れのあかつき 旨酒を酌み交わそう 
 栄光手にする その日は近いぞ
 優勝かけて 優勝かけて たくましく強く踊れ
 カープ カープ カープ広島 広島カープ ♪

 バンザーイ バンザーイ バンザーイ。


ここは、旨酒も酌み交わします(一人ですが…)。


そんなゲームなどの振り返りです。

昨日、五月三十一日は、宿を9時40分くらいにチェックアウト。

この日は、なんばにある10時30分開店のお店にむかいます。
店に着いたのは開店20分前ですが、すでに4.5人並んでいます。
この日もおとなしく列に並んだあと
こちらで絶品の肉吸いと小玉を堪能したのちに、難波から阪神電車にのり、
ドーム前で降ります。

こちらも初めて降りる駅ですが、タイガースの80周年関連のポスターが
そこここに貼られています。
そして、駅からそのままイオンにいけるみたいで、到着したのが11時ややすぎた時間。
昨日寄ったことで勝ったことから、この日もゲンをかついで、
駅前のイオンにある未来屋書店を一周します。
そして、開場時間を過ぎたので、この日はイオンの二階からドームへ行くアプローチ。

真正面にドームが見えますし、階段アートでバファローベルが描かれています。
ベルたそ~

そして球場に入ります。途中で
「新井、カープ行って絶好調やな、
あっこまでええとは思ってなかったわ。昨日もとりあえず真ん中なげときゃ
ええんちゃう、とか思っとった」などとオリファンの人が話しでいるのを聞きながら
昨日と同じ、外野上段席ということで、5階まで階段をあがって、
「野球場へ行こう」を聞きながら中へ入ります。

下のほうではカープの選手がバッティング練習をしています。
高いところから急な角度で見下ろすって
そこまでないので新鮮だなぁ、と思いながら、この日は肉吸いが効いているので
そのままTANAKA 63 のユニフォームを羽織ってぼーっと見ています。

そしてカープのバッティング練習が終わったので、
この日もぐるっと売店のあたりを一周。

そして、メンバー紹介のときにライトスタンドを盛り上げるベルたそです。
生ベルたそだ。ベルたそ~
しかも、バファローズファンの選手テーマメドレーのときも、
曲やコールにあわせて、煽ったり、クルクルと踊ったりしています。
ああ、ベルたそ~かわええんじゃぁぁぁぁ


その後、この日はオリオンビールとのタイアップデーということで、
琉球国祭り太鼓のエイサーでチムドンドン。久々のエイサーは下っ腹に来ます。
いいなあ。
そして、この日もBsGirlsの歌つきのパフォーマンス。
あれ、シアーホルツ選手が、ストレッチとかダッシュをしてる
さらに、エルドレッド選手もダッシュをしながら、BsGirlsの背中を見てます。

なんだ、ここにキラ選手の影響が出ているんですか。

さらに、ゆがふバンドの女声ボーカルと三線で奏でる君が代とかを聞きながら、

そんな感じで、プレイボール

バファローズ先発は西投手です。今期も調子悪くないんだよなぁ。

1回表 カープの攻撃
先頭田中選手、空振り三振、続く菊池選手ショートゴロ 、
丸選手がショートゴロでチェンジ。西選手いい立ち上がり。

カープの先発は福井投手。岡山で聞いたラジオでのナイスピッチと、
前回見た神宮で飛んだ印象が半々。今日はどっちの福井投手か。

1回裏 バファローズの攻撃
先頭西野選手、ファーストゴロ、続く安達選手ピッチャーゴロ
三番糸井選手こそ、ストレートのフォアボールでだすものの、カラバイヨ選手をセンターフライ。
無難な立ち上がりなものの、
西野、安達とスリーボールまでいったので、球数の多さが気になるところ。

2回表 カープの攻撃
先頭の新井選手がレフト前に運んで、盛り上がるレフトスタンド。
新井さんが打つと盛り上がります。
ただし続く、シアーホルツ選手、エルドレッド選手、松山選手と
三者連続の空振り三振です。

ドーム内に響く、「ストラックアウトーーーーー」のコールがむなしく響きます。

とはいえ、バファローズも
T岡田選手 空振り三振、 原選手 セカンドフライ、川端選手空振り三振
川端選手には結構粘られますが、最後はアウトコースの沈む球を降らせます。

一回に比べて、落ち着いてきました。
これは、西投手の好投に引きづられていますか、福井投手。
というか、ここんところのカープ若手投手陣はそんなのばかりです。
大瀬良投手も、野村投手も
相手のピッチャーがパカパカ打たれると、律儀にお付き合いするし、
もー。

後ろでは、「T岡田のTってタカヒロのTやんな、本名やと思ってた」
「どんな名前やねん」「いやハーフとか」「ハーフでもTはないやろ」
「藤子不二男的な」「それも本名ちゃうで」なんて会話がされています。

3回表 カープの攻撃、會澤選手空振り三振、木村選手、ファーストゴロ
田中選手が空振りの三振で三者凡退。
でも、田中選手が8球粘ったところで、西投手の投球数が、福井投手を上回ります。
これが後半でジワジワ効いてきます。
「キムショーって、行司か」「そら木村ショウノスケや」「にぃぃぃしぃぃぃ、きむぅぅしょぅぅぅう」
「そら呼び出しやんけ!」なんて会話で盛り上がる後ろの方々

3回裏 バファローズの攻撃
先頭 駿太選手がセンター前にはじきかえしますが、
続く伊藤選手がバント失敗。西野選手がセカンドゴロでランナー交換
その西野選手が盗塁を決めるも、安達選手のセンターフライ。

4回表 カープの攻撃は
菊池選手レフトフライ 丸選手空振り三振、新井選手ショートゴロで三者凡退。
「新井、12球団で一番年俸の安い4番、ちゃうの?」「ようやっとるわ」
入場した時のオリファンもそうですが、やはり4番新井のインパクトは強いです。

4回裏 バファローズは怖いクリンナップ。
糸井選手がセカンドゴロ、カラバイヨ選手が空振り三振と
二人をきったところで、T岡田選手のバット一閃 打球はライトスタンドに吸いこまれます。
ああああああ
ただ、続く原選手がサードファールフライ。

でも西投手の出来なら、この一点はデカいか。

5回表 カープの攻撃は
先頭シアーホルツ選手、続くエルドレッド選手、松山選手と
連続空振り三振です。二回の攻撃の再開ですか。

しかも、バファローズの伊藤捕手。昨日のマズい守備があったせいか
松山選手に西投手が投じた落ちる球を体でとめます。

5回裏 バファローズの攻撃は、
川端選手セカンドフライ、駿太選手サードファールフライ
伊藤選手がレフト前に運ぶも、西野選手ショートゴロにきってとります。

6回表 カープの攻撃
會澤選手がセンターへの大飛球。盛り上がりますが、駿太選手の守備範囲。
続く木村選手、田中選手と連続の空振り三振。

西投手、ここまでで12奪三振です。

一点リードの6回裏 バファローズの攻撃は
安達選手センターフライ、糸井選手空振り三振
カラバイヨ選手ショートゴロで三者凡退。
「俺のカラバイヨーーーー」などと絶叫するオリファンに
遠くの席で、「お前のちゃうで」と冷静なツッコミが入ります。

ここまで粘りのピッチングをしている福井投手にこたえたい7回表 
ジェット風船をぴゅ~っとしてからのカープの攻撃は打順良く二番から

菊池選手がいい当たりのセカンドライナーをとばすもアウト。
ただ、続く丸選手がフォアボールを選んで、
新井選手が空振り三振したあとのシアーホルツ選手がセンター前に運びます。
この打球が前進してきた駿太選手の前で大きくはねて頭の上を超えます。

おおおおおおおお。

京セラドーム大阪の怖さはこのボールの跳ねです。
カープの選手がバウンドの処理でヤらかさないか、心配していましたが
ホームチームの駿太選手に出た痛恨のミスで一点いただきました。

ここは宮島さんです。
バンザーイ バンザーイ バンザーイ

ここまで13三振を奪っている西投手の前に沈黙をしたまま終わるかと思いましたが、
同点に追いつきました。

ワッショイ!ワッショイ!

続くエルドレッド選手のいいあたりはショートライナーですが、
追いつきました。

そして7回裏のバファローズの攻撃は
ホームランを打っているT岡田選手て゜すが、彼をセカンドゴロにしとめると、
原選手をショートフライ川端選手をセンターフライに討ち取ります。

福井投手、追いついてもしっかりとしたピッチングです。

そして8回表 カープの攻撃
好投しながらも球数が多い西投手にかわって、
佐藤達投手が前日に続き登板します。
そして代わり端の先頭松山選手がカウント2-2から振ったバット
ボールがこっちに来ます。

おおい、来い来い来ぉぉぉぉぉい
そしてボールはライトスタンドへ。

やりました~逆転です

ここでは喉が枯れるまで宮島さんです。

バンザ~イ!バンザ~イ!バンザ~~~~イ!!!!!!
「鹿児島の~」「おじぃちゃぁぁぁぁん!!」などの声も飛びます。

続く會澤選手、セカンドゴロ 、木村選手見逃し三振
田中選手レフトフライ でそのごはうちとられますが、逆転しました。

8回裏 バファローズの攻撃
この回から、野間選手が松山選手にかわり守備に入ります。
ピッチャーは福井投手が続投。

先頭駿太選手をサードファールフライにきるも、
続く伊藤選手をフォアボールで出します。
ここでバファローズは代走小島選手。

前日は盗塁死している小島選手、今日はきっちり盗塁を決めますが、
二塁にすべりこんだ時にどこか痛めた様子。
「小島選手、けがの治療のためしばらくお待ちください」のアナウンスに
「そんなの関係ねー!、そんなの関係ねー!」などとレフトスタンド。
そして、続く西野選手もフォアボール。
1アウト12塁です。

ここで、カープは福井投手に代えて誰か
レフトスタンドからは「永川だけはやめてくれー」と声がとびますが、
ここで、場内アナウンスされた投手は中崎投手。

おおおお、ここで抑えの投入です。
気合の入る中崎投手。安達選手に内角のシュートを投げ込みますが
それがサードゴロで、木村選手の強肩もあってダブルプレーです。

うおぉぉぉぉぉお、ザキぃぃぃぃ、しょうごぉぉぉぉぉ 最高じゃぁぁぁぁぁ!!!

9回表 バファローズは塚原選手に投手を交代しまして、
あと、キャッチャーを山崎選手に変えて、カープの攻撃
先頭菊池選手がショートゴロ、丸選手フォアボールののちに
声援が大きくなる新井選手
「ここは、誰がリリーフでもあと一点ほしいよなぁ」などの声がとぶなか
新井選手はショートゴロで6-4-3の綺麗なゲッツーです。

はい、ツラゲ、いただきました。

そして
9回裏 バファローズの攻撃、ピッチャーは誰?と思ったところでの、
中崎投手回またぎです。
昨日も、今日も前の回もよかったですし、球数投げてないからの判断でしょう。

守備はシアーホルツ選手にかえて、誠也選手。
誠也選手がレフトに入って野間選手がライトです

そして、ここからがオリックスのクリンナップです。頑張れザキ!!
先頭糸井選手、見逃し三振 。おおおお
続くカラバイヨ選手、ショートゴロ。すげぇぇぇぇ
そして、本日ホームラン一本のT岡田選手を空振り三振で
ゲームセットです。

勝ったぁぁぁぁぁぁ!!!

ああああ、勝ったぁぁぁぁぁぁ!!!

宮島さんや、選手の応援歌メドレーで盛り上がっているところで、
ヒーローインタビュー。本日のヒーローインタビューは松山選手の

今年初めていい仕事ができたと思う
ありがとうございます
(HRについて)いい感触で、入ってくれと思いながら走っていた
(福井が)頑張ってくれてたので、先頭だったので何とか塁に出ようと思っていた
最近結果が出ずに調子を落としていたので、今日は強い気持ちで出ていたのでよかった
交流戦でいつも苦しい戦いなので、今年は交流戦で優勝目指して、
シーズンも優勝目指して頑張っていきたい


といった言葉に盛り上がります。
鹿児島のー、おじぃちゃーん。こそありませんでしたが、
今期苦しんでいる松山選手のヒロインにスタンドも大盛り上がりです。


いやぁ、勝つっていいなぁ。


この日の席も、応援団のコールがほとんど聞こえない席でした。
だから、コールもだいぶズレていたので、近くの一緒に盛り上がった人に
ご苦労さま、といってわかれてから昨日の、鉄のとびらに向かいますが、
この日は係の人が立っています。あら、これはだめですね。

と、いうことで出口にむかうと、応援団のコールが聞こえてきましたので、
外野席へむかうと、ちょうどハイパーユニオンです。
やっぱりカープがナンバーワン!!でフウ↑フウ↑しおわったら
やすおさんのありがたいお言葉です。

「交流戦、まだまだ続きますし、
たくさんヤマがきますけど、優勝したら、シーズン優勝したかのように
盛り上がりましょう」  ワーーー
「みんなでビールかけ、絶対やりましょう」  ワーーーーー
「えー、みんながやれやれウルさいので、
勝利を体いっぱいで表わすので見てください。
三連勝してどんなに、どんなにうれしいか、表現します。」  ワーーーーー
「結構、負けてる感じでいたけど
なんだよ、カープ、すげーつえーじゃん」  ワーーーーーーー
「カープが強いって!!とてもしあわせだなぁ」  ワーーーーーーー
ここで、みんな手を上げて
「駄目、しっかりあげて」笑
「野球の神様、俺たち、三連勝やったよー」
「ウオーーーー」ウオーーーー
「ウオーーーー」ウオーーーー
「最高にすげーでっけー声で ウオーーーー」ウオーーーー

「では今日は最後までありがとうございました。
また、絶対どこかの球場でおあいしましょう」

いーぞいーぞ応援団。パーパー♪ひぃろっしまぁ、

のコールで本日の野球観戦はすべて終了。


ああ、やはり勝つって素晴らしいです。


帰りの飛行機が伊丹から飛ぶので、時間が早いJR大正駅に向かいます。
すると近鉄の帽子をかぶった人がずっと
新井選手のテーマを大きい声でうたっています。

カープの応援の面白さに目覚めたんでしょうか、
いいことです。

環状線から見える京セラドーム大阪に軽く二礼二拍手一礼。
ありがとうございました。

大阪で阪急にのりかえて、蛍池でモノレールで空港へ

伊丹から新千歳行きの飛行機にのりこんだというわけでした。

巡礼も行きたい店も全部いけたし、カープは連勝
あああ、本当に楽しい2泊3日でした。


このあとの予定としては
6月にはヤフオクドームでの対ホークス戦を応援に参戦する予定です。

ってことで。


野球の神様、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。





かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。(´・ω・)ノシ