今週末は土曜日から、畏友GMクンとともに神宮に乗り込んで、
またまたまたまたカープを応援します。
スワローズは相変わらず好調ですし、カープはよくわからない中ではありますが
天気も上々そうですし、楽しみです。
ともかく一所懸命応援あるのみ!! です。

そんなお話しはまた当ブログでしたいと思います。


さて、気づいたらもう10日も前になってしまいましたが、
カープ遠征、マツダズムスタ2連戦、球場の外でも色々な美味しいものを食べましたが、
球場でもおいしいものをいただきました。

まず初日。本当ならば、1年ぶりのマツダスタジアムということで、
久々のカープうどんから行きたかったところですが、
翌日の天気が微妙で、ゲームが行われるかどうかがわからない (杞憂におわりましたが)
ということで、優先してマツダスタジアムで食べたかったカレーからいただきました。

昨年は、選手プロデュースメニューでおなじみの、koi courtさんで
「小窪哲也のチキン南蛮カレー」を
「こ~く~ぼ~の~こ~~~♪」とか歌いながらいただいたので、
今回はいつも食べることができるレギュラ―メニューをいただきましょう。

スタジアム内でカレーを食べられるところは何軒があります。
たとえば、むすび むさし さんでは、カレーうどんを、
鉄板TEPPANさんでは、カレーライス、 豚ロースカツカレーを
それぞれいただける模様。
そんなむさしのカレーうどんに、TEPPANさんのカツカレーとまよったすえむかったのが、
おやじのおつまみさんです。

お店の名前がまずはそそりますし、
球場でおやじでカレーというと、札幌ドームの頑固オヤジのカレー をも
思い出させてくれて、親近感をもてます。

ということで、こちらにします。

メニューは 
 せがれの青春カレー 750円 と、
 せがれの青春カレー チーズ 850円 の2種類
チーズのカレーが食べたい気分だったので、チーズをオーダーして
カウンターでそのまま待ちます。

黒いお皿にご飯を持って、その横にチーズを置いています。
上からカレーをかけて、チーズをトロトロにしてくれようとしているところが
まずは芸が細かくてうれしいです。

さらに濃い焦茶色のカレーをたっぷりとかけた上から、
チーズをまたかけています。
チーズも2種類あるところが、いいです。
カウンターでカレーを受け取って、福神漬けの小袋を持ってから、
カープのオフィシャルスポンサーであることに敬意を表して、
氷点下のスーパードライを買ってから、自分の席に戻ります。

12時30分ぐらいですから、パフォーマンスシートはまた空いています。
下界ではドラゴンズ選手が打撃練習とか、ピッチャーのアップをしています。
空は青空、気温は20度を越えて、高い所ですから、風もさわやかで気持ちいいです。

小袋に入っているから下品な量になりようが無いなと思いながら、
福神漬けをご飯とカレーの境目に添えて
まずはカレーからいただきます。

濃褐色をしたカレーは、見た目通りの濃い味わい。
ベースになっているのが、野菜由来の甘い食べ口に
肉などのエキスから出てきたしっかりとした濃い旨み、
さらには、しっかりと煮込まれたであろうことがよくわかる
重層的なコクがバランス良くていい感じです。
お店で食べても美味しそうな味わいは、
しっかりとした洋食風のカレーでありながらも
上品すぎずに、気楽に食べられる感じです。

しかも外で食べているから美味しさも一入ですし、
外でさわやかな風を感じながら食べているのが
しばらくするとジワジワと効いてくるスパイスです。
コク、旨味、甘さのベースに支えられたスパイスの味わいが
なんともたまらずにいいです。
このスパイスの刺激が「おやしのカレー」たるゆえんですか。

そして、カレーをもり立ててくれるのが、
香りが抑えめながらも乳の旨みがぎゅっと凝縮をされているチーズです。
カレーと乳製品はベストマッチであたりまえなシロモノですし、
多少クセがあったとしても、そこも含めてチーズはカレーをもり立ててくれます。

しかも、すでに表面のもトロトロになっていまして、
淡いアイボリーの色したナチュラルチーズっぽいのと、
ミモレットやゴーダチーズの表面のような鮮やかなオレンジ色のチーズが
カレーの上でマーブル状にまざりあっていますので、
これが美味しくないはずがありません。

さらには、スプーンをカレーの奧までつっこむと、
にょーんと糸を行くアイボリー色のチーズです。
このチーズ。最初に仕込んでいたやつで、見事に溶けています。

こんなチーズとカレーでウマくないはずがないです。

しかもチーズの頼もしい濃い味わいと
カレーの濃い味わいで口の中は濃い濃い祭りなのです。

鯉を見に来て濃い祭りです。 しあわせですね~。

あと、カレーには、カレーに溶け出ている旨味をぎゅっと固めた感じで
牛肉も入っていまして、こちらも煮込まれてトロトロです。
球場のカレーとか、何か看板的なメニューがあると、
カレー自体はそこまで凝らない場合が多いですが、
この牛肉はありがたくも美味しいです。

ご飯との相性もいいですし、福神漬けもいい塩梅です。
改めて球場カレー、あなどれません。
しかも、ビールもすすみます。

温かい日差しの下で飲む、氷点下のビールと、 カレーの組み合わせは最高です。

軽く浮いてきた汗を着ている赤いアンダーシャツの袖でぬぐいながら、
「ごちー、そー、さまーでした」

前回の球場カレーはサッポロドームですし、それ以前は昨年なので、
ひさびさの「青空がおかず」状態のカレーです。
パフォーマンスシートの高い所で、選手を見下ろしながら
ゆったりと食べるカレーは、改めて開放的でいいなということを再認識してから
応援にそなえたというわけです。


そして、翌日。

朝からどんよりとした曇り空で、前日は少々降ったみたいですが、
午前の段階では雨は落ちていません。なら大丈夫かなと
むかったマツダスタジアム。

並んでいる間も雨が落ちてこなかったということで、無事、中に入って
この日は内野自由席だったので、屋根下の席を無事確保。
ほっと一息ついたところで、昨日買った「TANAKA 63」のビジターユニを着て、
ぐるっとコンコースを一周。

そして、すでに列が出来ているということで、並びました。
「カープうどん SINCE1957」と書かれている店舗前の行列です。

「球場ラヴァーズ」の中に、東京でOLをしている基町ねーさんが、
帰省したとき向かったマツダスタジアムで、
カープうどんといえば全部のせじゃろ。
全部のせいったるー!!って感じで、まずはカープうどんから食べにいったのを 思い出します。
それ以来、マツダに行ったら、まずカープうどん、全部のせ 
と決めていますが、今回は前述の事情で今日、カープうどんです。

列に並んでから自販機で券を買って、カウンターに出します。
すると、ナイスなチームワークで厨房内から出てきます。

うどんに軽く七味を振って、店舗脇のベンチに腰をおろしていただきます。
赤い筆記体で、Carpと書かれた黒い発泡スチロールの丼に
淡い褐色半透明の澄んだ汁。そしておだやかそうな麺と、
さすがの全部のせ。中央にお肉と、左右にあげと天ぷらが入っています。
Cとピンク色で書かれたかまぼこもいいですし、
茶色基調の丼の中を緑色に彩る小口切りの葱もいいです。

マツダスタジアム名物といえば、むすびのむさし と並んで、これです。

では、まずはめんからすすりますと、細めの穏やかな麺です。
そこまで腰を強調する感じではなく、基本柔らかいですが、
軽く歯ごたえもあるので、しっかりと麺の味わいを楽しめます。
小麦のあじも感じられますし、この淡白な汁をうけとめるにはいいです。

そして、汁も流石の西日本風、淡白な見た目でありながらも
いりことかが出汁の味がしっかりと効いていて、しみじみと美味しい。
麺の味わいを引き立ててくれる味です。
しかも、麺が細いからこの汁をしっかりとからめてくれます。

牛はスジが使われてていて、
甘辛く、しっかりと煮込まれています。
脂身の部分とかその周辺はトロトロですし、
そこ以外も全体的に柔らかいです。
脂の味わいと赤身の味わいの違いも良ければ、
じわっとしみ出てくる肉滴もいいなあ。
脂身のところは、どこか、コラーゲンって感じです。

つづいて、天ぷらですが、作り置きながらも、汁についていないところは、
軽くサックリとしていますが、
下の方はさっそくトロトロになっています。
このサックリとトロトロが口の中で同時に味わえるのがいいんです。
あー、天ぷら美味しい。
しかも、中に入っている干しエビは、香ばしくて、海を感じることが出来ますし
カルシウムをとっている気分を満たしてくれます。

大きめなあげも、やや薄めですがふっくらと炊かれていて、
甘辛い味付けがやさしくも美味しい。
奇を衒った味わいでないところが優しさを感じますし
ジューシーなのも、いいですね。

さらには、肉のエキス、天ぷらの油、あげの汁などが
すべて淡白ながらもしっかりとした味わいの汁にとけこんで
微妙に味が美味しく変化するところもたまりませんよ。

Cのマークが入ったカマボコとか、
隣で食べているドラゴンズのユニを着た人は、
「これでカープを食うちゃるがや」なんて思っているのかな?
などと余計なことを考えたり、上に散らされたネギも
いいアクセントだなと思いつつ、舌ヅツミを打ちながら完食。

あ-、1年ぶりのカープうどんは今日も美味しかった。

しかも、今にも雨が落ちてきそうな天気でしたから、温かい汁ものは
なおさらありがたいところです。

ちなみに、この日のゲームは勝ちましたが、
昨年もカープうどんを食った日のゲームはとりましたが
翌日のカレーを食べた日のゲームはオトシタ。
2013年もカープうどんを食った日に勝利している。

ひょっとして、カープうどん食った日しか勝てないんじゃろか。
なら、毎食食わんとあかんか??

などと妄想もしたりして。
ただ2013年は、カープうどんを食わなかった日も勝ってるよな。
と自分に言い訳をすることも忘れずに、

そんな楽しい球場グルメでした。



それから、こちらは余談になりますが、

広島入りする前日は岡山に宿泊しましたが、

前回は、おせせわになった宿近くの地酒が揃っている居酒屋「だんだん畑」さんで
名物の黄ニラ料理や三色生麩田楽などを食べて大満足でした。

そこで、今回はデミカツ丼でも、と思いながらも、
ラジオから流れる、丸選手と福井投手のヒロインも気になるぞと思いつつ、
岡山駅へと向かいました。

前回お世話になった宿のチェーンですが、今回の宿の方がより駅に近い。
ということで、むかったのがさんすてです。
通勤帰りの人でにぎわっている様子です。
ワタシだけ遊びに来ててすいませんのう。と思いながら
なんか賑わっている一角を発見。そちらが、麺屋匠さんでした。

見ると、外にはデミカツ丼セットの表示ありました。
ならば、こちらでラーメンとデミカツ丼のセットをいただきましょう。
ということで中に入って見ると、ラーメン屋さんとは思えぬスタイリッシュさ。
ただし、洒落た感じではありながらも、まわりには多くのオジサンもいて
そんな人も浮かない感じです。

ということで、まずはビールビール。
出てきた生ビールで喉を潤します。あー、生き返ります。
メニューを改めて見て、たくみラーメンとデミカツ丼のセットをオーダーします。

お隣の人が美味しそうに餃子を食べていて、こちらにもそそられますし、
鶏の唐揚げとか、おつまみチャーシュー、玉子かけごはんに、チャーシュー丼
にもひかれたのですが、今回のメニューのボリュームが
どれくらいかはかりかねるので、今回は断念。

周囲を見ると、地元風のサラリーマンやOLさん。
それから野球部のカバンをもった高校生のグループなど、
色々な人もいました。カップルで並んでラーメンをすするのも微笑ましいです。

そんな人間観察をしながら待っていると、まずはラーメンから登場。

丼の縁が真円ではなくて、軽く歪んだ感じの凝った形で、
灰白色に淡い青で模様が描かれた丼に入っているのは、
黄土色に近い淡い色合いの非透明系スープに、
たっぷりと乗っている白髪ネギと小口切りのネギです。
玉子、チャーシュー、メンマといった定番具材もいい感じです。

まずは麺からいただきますと、さすがのとんこつベースのラーメン、
ストレートの細麺です。
うん。美味い。麺はやや固めですが、すすりくちがチュルチュルって来て気持ちいいです。
この堅さが小麦の味を感じることになるので、これまた美味しいな。
そして、この麺にあっているのが、醤油豚骨のスープです。
ベースの豚骨が、香り、味わいなどで主張をしていまして、
醤油の味わいとともに盛り上げてくれます。
さりげなくもしっかり主張するのが好みですし、
上の小口切りのたっぷりネギも博多ラーメンに通じます。

メンマはしっかりと醤油で味付けられていて、スープをコクしてくれる味。
太さもシャキシャキな味わいを盛り上げてくれますし、
チャーシューも柔らかくて美味しい
全体的にやさしさと、温かみを感じる味わいです。

と、いうところで、ミニデミカツ丼の登場です。
丼というわりには、白くて、深めのお皿に乗っています。

ライスが見えないくらい、カツがおおっていて、
カツの3/4ぐらいにデミグラスソースがかかっています。
ソースのかかっていない部分のカツを見ると、
粗く挽かれたパン粉のせいで軽くエッジが立っていて
好みのカツです。
しかも、ライスだけではなく、キャベツも下敷きになっている様子です。
上に乗せられているグリンピースかわいらしい感じで、これは美味しそう。
岡山で食べる初めてのデミカツ丼です。

ということでまずはデミグラスソースがたっぷりかかったカツから。
サクッと口の中でのカツをかむ感触が、見た目通りで安心しますが、
それ以上にデミグラスソースが美味しい。
緩めで、明るい色合いのデミグラスソースは、
明るい色の原因にもなっているであろうトマト由来でしょうか、
軽い酸味が感じられた直後に、ほんのりとした甘さと複雑なコクと旨味が訪れてきます。
そして、そこはかとなくスパイシー。これは美味しいです。
普段食べる美味しいハヤシライスなどに比べても一手間二手間かかっている感じです。
メニューか、入り口の能書きには、洋に和の要素を取り入れた
という感じのことが書かれていまして、なんか納得しました。
ラーメン屋さんだから、そんな技法とか、スープをベースにしたり
しているからの和をとりいれたという主張ですか。
うん。わかります。

で、このままでも充分美味しいのですが、ここにカツが加わるのですから
美味しくないハズがありません。
デミグラスソースがカツに合うのは当たり前です。
カツは脂身の少ない薄めの豚肉にと厚めの衣のバランスも良くて、
軽くかむ岳で肉滴が口の中に溢れてきますが
厚めの衣がデミグラソースをしっかりと受け止めてくれます。

そして、当然ですがご飯にもぴったりですし、ビールにも嬉しいです。

さらには、ご飯やカツの下に隠れているキャベツが甘くて、
ビールとともに軽く濃い感じになった口の中を
爽やかにしてくれます。
また、ねっされて少しヘタッてきたキャベツとご飯とカツを同時に
ほおりこむのも美味しいなぁ。

そんな感じで食べ進めていきましたが

ストレート細麺ゆえか、麺がしばらくすると柔らかくなってきます。
しょうがないのかな?と、思っていると、新しくとなりに座った人が、たくみラーメン注文するとき
「麺固めで、」、麺固め、そういうのもあるのたか

という感じで大満足。
軽くほろ酔いになって、ごちそうさまでした。

出るときには、件の「麺固め」をオーダーした連れの方が、デミカツどんを食べていました。
地元の会社帰りのサラリーマン風の方にも、愛されてるメニューです。
そんなのを見て、ほっこりとしながら
また、同じ行程で広島入りするなら、寄ってもいいなぁ
と思いながら、こちらをあとにしたというわけです。

その後は、宿に9時30分に帰還してZZZ
翌日のカープ戦に備えた、そんな楽しい岡山の夜でした。





かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
4/19、マツダスタジアムでのカープvsドラゴンズ戦
カープがドラゴンズに快勝をしました。ああ勝つっていいなぁ。

勝鯉ビールでややホロ酔いになった感じで猿猴橋町電停から、広電の宮島口行きに乗ります。
宿の最寄り電停が銀山町電停ですが、そこを過ぎてもまだ降りません。
原爆ドームと旧市民球場跡を見ながら、原爆ドームにむかって軽く手を合わせます。
広電にのったときはユニフォームを着た人などでにぎわっていましたが、
十日市町を過ぎたあたりで、次第に人が降りて少なくなります。
土橋を過ぎて、天満川の橋をわたって、
均一料金ではなくなる直前の福島町の電停で降ります。

むかったのが、ホルモン天ぷらの「あきちゃん」さんです。

こちらは、新久さんがコミックを担当されてます「まんぷく広島」
(新久千映さん&川上佳代さん 著) (メディアファクトリー刊)
に登場したお店です。

「まんぷく~」シリーズは、全国のウマいものを、
地元のマンガ家さんと、ライターさんのコンビで、地元のグルメを
エッセーコミックにするという企画で、なんか読んでしまいます。

で、「まんぷく広島」に取り上げられた時の話しを見て、「ん??」と思った。
このお店の、ホルモン天ぷら、以外のおすすめメニューである
まるごとコーンの天ぷらって、「ワカコ酒」4巻 85話の「とうもろこしの天ぷら」じゃない?

なら行ってみて確かめましょう。

ということで、降りるのは、当然初めての福島町の電停
歩いてすぐに、大きな保育園が見えますが、その先に看板とお店を発見。
お、回転灯もあります。
住宅街の中にぽつんとあるのには違和感を覚えますが、
中に入ると、団体客さんが盛り上がっています。
ただ、運良くカウンター席の隅が空いているのでラッキーなことに座れました。

いやあ良かった。
ここまで来て入れなかったら何しに来たのかという感じです。
お店はなかなかの盛況ぶりですね。

店内はカウンター6席とテーブル席が3卓で全18席ほどの、
8割方そちらの団体さんで埋まっていますがラッキー。

メニューを見るとコーン天ぷらを発見。お、いただくことが出来そうです。
ということで、まずは生ビールと、ホルモンの天ぷらから
シロ肉とセンマイとハチノスをオーダー。

まずはすぐ出てきた生ビールで、心の中で乾杯をして喉を潤します
球場を出際に勝鯉ビールをいただいてきましたが、
今回球場で飲んだビールはこの一杯だけ。ということで、
染みる美味しさです。

落ち着いたので、改めて店内を見るとワタシの真横には、
鍋のなかに漆黒の出汁がはられていて、中におでんがはいっています。
見本でしょうか、何本か皿の上にも盛られていて、美味しそうです。
が、今日の目当てはホルモン天とコーン天などです。
そちらを食べてお腹に余裕があったらいきましょう。

カウンターの上には、小さいまな板と刃渡り15㎝くらいの小さい包丁が置かれています。
そうそう、これですよ。

などとビールをちびちびしながら、まつことしばしで、
ホルモン天ぷらが登場。
シロ センマイ ハチノスです。

まずは、シロから。出てきた天ぷらが大きいのですが、
それをカウンターの上のまな板と、小さい包丁を遣って切ってから食べるのです。

お、これ、楽しいです。

お店の方は、「そちらの酢醤油に、唐辛子を入れて食べてください」
だそうですが、まずは、軽く塩をふっていただきます。

お、これは美味しい。

揚げたてのホルモンは、弾力があって美味しいです。
歯応えもしっかりあって、にじみ出る旨味がいいです。
白肉の天ぷらは臭みはほとんどなくて、淡白ながらも
お肉の味を感じることができる上品な味わいです。
衣のさくっとした食感と、中のくにゅんとした食感の差も面白い。
こういうホルモンの食べ方もあるんですね。

続いて、唐辛子を多めに入れた酢醤油を薄めの衣にしみこませてからいただくと、
あ、これも美味しいです。
ご飯が進みそうな味だなぁ。当然ビールにもベストマッチです。

続いて、ハチノスを一口いただきますと、表面は軽い歯ごたえこそあるものの、
全体的に軟らかくなっています。
この歯ごたえのあるところと軟らかいところが複雑に口の中で刺激を与えてくれます。

さらにはハチノス独特の高校の生物教科書に出てきた、
ミトコンドリアの模式図のように中にヒダヒダがびっちりとあって、
それがまた歯ごたえや食感を複雑にしてくれてウレしい。
モツ食べている感が満たされます。
ややクセのある味わいが内臓食べてることを実感させてくれます。
このハチノスを食べるのって、横浜スタジアムの横にある
中華飯店のモツそばを思い出します。
これがまた唐辛子入り酢醤油にもあいます。

さらにセンマイです。今までは刺身でしか食べたことがなかったです
てんぷらにするとどうなるのかな?と楽しみにいただくと
あ、これも美味しい。
センマイ独特の、全体的にクニクニとした食感と、
ヒダヒダにある柔突起という言葉が思い出される
細かい突起が与えてくれる面白い感じが
てんぷらになっても生きていますし、
基本淡白ながらもわずかにのこるクセが
ホルモン食べている感を満たしてくれます。

しかもアツアツなところもいいです。揚げたてですから。
それぞれが丁寧に処理されているのがよくわかる。
この肉やホルモンの美味しさだけを揚げている味わいは、プロの技です。

さらには、これらが1つ110円という安さ。いいなぁ、

ホルモン天ぷらについては、ワカコ酒の別の店での話しですが(3巻第68夜)

脂IN油 最強揚げもの
うんまー
ホルモンのこってり脂が
レモンと ポン酢たれで さっぱり緩和され
よけい食欲を そそる味に

との感想を持ちながら、

とまらなーい といいながら、ビールでぷひゅ~をしてましたっけ。

そんなのも思い出す味わいです。
でも、本日のメインエベントは、まるごとコーンのてんぷらです。
ホルモン天なついて、チギモ・ビチ・オビチャクも気になりますが、
次にいきましょう、
と、いうことで、つづいて和牛のショブリシンプルと、
丸ごとコーン天ぷらをオーダーします。

ショブリはあばら骨周りの肉でして、そぎ肉なのでそこまで大きくないですが、
それぞれがほっこりと焼かれています。
お肉自体の濃いエキスに、じわっと染み出てくる肉滴が
軽くかむだけでふわっと出てきています。
たしかに骨の近くのほうが、肉は美味しいですから
肉の一番美味しいところをいただいているのかもしれません。
味付けもシンプルの名にふわしい、塩と胡椒で
それぞれパンチがある感じで効いているのです。
これは美味しい。しかも、けっこうタップリのっています。
上に乗せられている小口切のネギもいいかんじです。

さらに出てきたコーンてんぷらも、たっぷりとお皿に乗っています。

そぎ落とされたコーンの粒に、軽く衣がつけられて
揚げられているのです。
衣が着いてなくて黄色が目に鮮やかな部分もあります。

これは美味そうですし、この出方と盛り付けは
ワカコ酒で出てきたのと同じです。
ということは、モデル店特定でいいのかな。

ではいただきます。

まずは何もつけずにいただきますと、
お、アマいです。

サックリした衣の感触から少し歯ごたえが強くなって
軽くかむと、甘い汁がたっぷりと吹き出てきます。
このプツっとつぶす感触と同時に来る甘さがたまりません。
これは、いいとうもろこしですし、
熱を絶妙な加減で加えたことでなおさらすごい味わいになっています。
しかも、軽い歯ごたえこそはあれ、とうもろこしが柔らかいです。
この甘さ、やわらかさ、衣とのバランス
いいなぁ。

「まんぷく広島」には、あまい!・やおい! と書かれていました。
〔やおい! とは広島弁でやわらかいの意です。為念〕

つづいて、軽く塩をふっていただきますと、
さりげない塩味でますます甘さが引き立てられます。
このアマさはすごいなぁ。

しかも食べ進めていくと、身の削ぎ方で、味わいや
歯ざわりも微妙に違って面白いです。

いろいろな表情を見せてくれます、とうもろこし。


ワカコ酒の中では、


実ごと削いで 豪快に揚げてある

お塩でいただきます

しゃくっ
うんっ 甘い!

天つゆもいいが ここは塩だな

「塩の方が通」「天つゆが正解」
色んな意見があるけれど

甘味が命のとうもろこし
塩でひきたてたいわけよ

中でも天ぷらは
とうもろこしの食感を生かした料理で

これは芯に近いところも、
思ったとおりサクサクで

「塩と甘味という」シンプルな味が
ビールにぴったり上等おつまみ。

ぷしゅしー

天ぷら食べて ビール飲んで
天ぷら食べて ビール飲んで
どんどん進んじゃう

野菜をうまくする塩のすごさ

素材が魅力とうもろこし



などといってます。わかるわかる

という感じで、ビール、天ぷら、ショブリと交互にいただいて
幸せです。
カープも勝ちましたし。

とはいえ、実はこのコーンのてんぷら、予想よりも量が多かった
ということで、ここで、お腹いっぱいになったので、おいとましますが、
これだけたべて飲んで2000円台というのもスゴいなぁ。

街の中心部からやや離れていますが、
まだ、でんがくうどんも、おでんも、せんじがらも食べてないので
また機会を作って訪れたいと思いました。


そして、宿に戻って情報をチェックしていると、
この日は雨だったので広島空港発の便は飛ばなかったのですが、
明日も雨が強くなる予報なので、
早々に明日の便の欠航も決まった模様。

なら、代替はどこかなと思ってLCCの便のホームページを見たら
なんか予約のところへアクセスできない。

それなら、ということで、神戸便のa社の料金を見ますが
40000円台ということで、あきらめて、福岡発のスカイマークを見たら
前日割引で18000円。

あ、これです。

広島から札幌に戻るのに福岡に行くのは妙ですが、
こちらの方が安いので仕方ないです。

ということで、翌日は、広島駅発10時22分発の鹿児島中央駅行き、みずほ605号に
のるべく広島駅へむかいます。
が、宿のシャトルカーの運転手さんが、
「新幹線…、とまってるとか」
ええええ
一瞬凍りつく車内。
乗っていた人は、私以外にも全員新幹線利用を考えていたみたいです。
「いや、私もチラッと聞いただけですが」
なら言うなよ、と思いながらも、結局、車内ではわからずじまい。
車を降りて、駅へ行くと、運行しているのを無事確認。
あー、よかった。
広島空港が使えなくて、新幹線で博多にいけなければ、どうすればいいんだ
と思いました。それこそ当日の神戸便かなとか頭によぎりましたから。

とりあえず一安心。
広島駅で、早いお昼でも仕入れましょう、

むかったのが、むすびのむさし さんです。
こちらは、マツダスタジアムのスタジアムショップ横にもお店があって
広島市民にに親しまれていますが、この日買ったのが、「若鶏むすび」です。

本編ではありませんが、4巻末に、ワカコ酒のドラマロケを広島でやった話がのってて
そのときに出てきたロケ弁がむさしのむすびでした。

しかも、この形は若鶏むすびではないか。
あと、前述の「まんぷく広島」にもお勧めで載っていました。

ということでの選択です。

新幹線にのりこみ、野間選手のホームランが一面に載っている
日刊スポーツを読みながら、車窓をみます。
広島以遠、新幹線に乗るのは15年近くぶりです。

ま、この区間もトンネルが多いのですが、谷間の集落は
中国地方を走っているんだなぁということを感じさせてくれます。
さらには、唐突に出てくる徳山のコンビナート群と海もいいなぁ
煙突の上で燃えているフレアにも工場好き心をくすぐられます。

と、新山口を過ぎたので、早いですがお昼にしましょう。

油のしみがついているかけ紙をはずして、ふたを取ると、
質実剛健を体現したごっついおにぎりと
大降りで立派な若鶏から揚げが視界に広がります。

添えられている、鮮やかな色の枝豆にキャベツ、
さらにオレンジもいい色合いです。

では、さっそくお握りからかぶりつきますと
なつかしい、自分の親の作ったのり弁当を彷彿とさせてくれる
しっとり海苔がうまいです。
そしてご飯もふっくらと炊かれていまして、
塩加減もちょうどいい。これだけでイケるのですが、
1個目かぶりついたのが、種をとったほぐし梅。
しかもさりげなく入っているので、このふっくらご飯と
さりげない塩味と、穏やかな酸っぱさが食欲をそそられます。

では、続いて若鶏にいきます。
ついてきた小袋お塩を振ってかぶりつきますと、
固めの衣がインパクトあります。
味わい自体は素朴で、しっかりと肉のうまさと肉滴のバランスがいいです。
衣が固めなので、しっかりかむことが必要ですが、
するとたくさんの肉滴と旨みが出てくるので、
これはうれしいです。さらには
ほのかな柑橘の香りと生姜のあじわいもして、
素朴な見た目だけではなく、しっかりと凝っているところもいいです。
こんな大ぶりなのが三つ入っていますから、うれしいです。

キャベツもざっくりときられていて大きい無骨な見た目ながら、
パリっと噛むと、ほんのりあまくて、肉の味を穏やかにしてくれます。
枝豆も若鶏に振った塩を軽く振ったこともあり
豆の滋味が引き立てられて、いい感じ。
素朴なウインナーや、若鶏とともに、ビールのお供としても最高です。
おむすびのあとひとつは昆布。
こちらもでしゃばらずにお握りの素朴さをひきたててくれますし、

ぜんぶ食べたあとのオレンジも含めて、
どこか懐かしいんだけど、でも家庭ではだせない味が旅情を守り立てます。
ビールも美味しいです。

そういえば、久住昌之さんが、ご自身の食エッセイの中で、
弁当は、作られてて時間を置くことで、熟成さけていく旨書いていましたが、
そんなのを思い出しました。

ああ美味しいなぁ。

新関門トンネルを出たところで、ご馳走様でした。
おお、小倉だ、「℃りけい」の真理さんや蘭ちゃんはいないかな?
などと思ったのも軽く酔いがまわっている証拠ですか。

にしても、小倉にいたっては、北九州大学にいっている後輩の家に
遊びに言って以来ですから20年以上ぶりです。

そんなことを考えながら、久々の九州上陸を果たしたのでした。

そういえば、ワカコ酒2巻SP2に出てきた夫婦あなごを
ワカコさんは新幹線で食べて、居酒屋新幹線と言ってましたが、
ワタクシは昨年ホテルで食べていた…
いつか居酒屋新幹線を、と思っていたのですが。
思わぬところで居酒屋新幹線を味わいました。

そんなことを考えながら博多駅に到着したのでした。








かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。(´・ω・)ノシ
4/18、マツダスタジアムでのカープvsドラゴンズ戦

延長に入ってから、平田選手にレフトスタンドにたたき込まれて
しょんぼりと宿に向かう私。
久々のパフォーマンスシートということで、声は涸れるし
ムダスクワットで足などもへろへろ。

さらに、この日おさえた宿は、広電の電停からややしばらく歩く場所
ということで、面倒だからタクシーにのっちまえー!!

そちらのタクシーの運転手さんもHIROSE26のユニフォームを着ているワタクシを見て
「いやー、今日は残念じゃったねぇ」
「あと一本が出ないですもんねぇ」
「黒田が投げちょるんだから、もっと頑張らんと」
と、気づいたらタクシーの中で反省会です。
さすが、広島のタクシー。
「ま、明日は頑張ってもらわんとの」の言葉に送られてタクシーを降りて、宿にチェックイン。

この日の宿は、薬研堀通りが平和大通りに出るところにあって、
広島最大の歓楽街流川は目と鼻の先です。
そういえば、タクシーの運転手さんは、
「ま、せいぜい夜、うまー酒でも飲んで楽しんでや」
などと言ってましたっけ。言われるまでもありません。

広島に来るのは年に1回程度ですが、その時のお楽しみといえば、
カープ戦、観光とともに、ワカコ酒場放浪です。

「ワカコ酒」〔新久千映さん著 ZENONコミックス 徳間書店 刊〕
に出てきたお店を巡礼することです。

「ワカコ酒」は、呑兵衛の舌を持って生まれた村崎ワカコ(26)が
一人で居酒屋へ行きが食べたり飲んだりして「ぷしゅー」とするお話です。
この「ぷしゅー」をしている時の、肩の力が抜けた幸せそうな表情が
シンプルな描線であらわされて、いい感じです。

女子版「孤独のグルメ」と評する向きもありますが、
カメラのまわっていない版「おんな酒場放浪記」の、
中でも、カメラマンの古賀ちゃんに近いなぁ、などと勝手に思いながら
楽しみに読んでいる、大好きでオススメの一冊です。

ま、最近はドラマ化もされましたし、夏にはアニメ化も控えているので、
知る人ぞ知る存在ではなくなりました。

この「ワカコ酒」に出てくる店ってモデル店はいくつかあるのですが、
なかなか特定しにくい。

しかも、連載中に作者の新久さんが、東京からもともと地元だった広島に引っ越したということで、
多くが広島のお店〔と推測される〕という完全アウエイのなか、
特定出来たモデル店が何軒かあるので、広島に行ったらそこを攻めようという企画です。

さて、宿に荷物を置いて、薬研堀通りを北上し、最初に向かったのが、鉄板焼きのお店です。
こちらで、オシャレしたパーティー帰りのワカコさんが食べた
絶品のアレを食べようと思ったのです。

右折して、細い小路にはいってしばらくすすむと、マンガでも描写された
特徴あるフォルムのお店を発見。あちらです。

が、お店に灯りが付いていません。
あれ? 土曜日は営業しているはずなのに。

近くまで行くと、
「地ビールフェスタ in ひろしま2015に参加しているので、臨時休業です。
よろしければ、そちらにおこし下さい。」とのこと。
あらら。
でも、お祭りって20時までなんだよなぁ、あと少しで終わりじゃないですか。

ということで、アレはまた次に広島に来た時の楽しみにして一旦断念し
薬研堀通りに戻って、更に北に上がります。

他に、この界隈で巡礼するといえば、昨年、一昨年と連続でふられたあそこかなぁ。
普通に広島のガイドブックなどにも複数乗ってるお店です。
そんな人気店でして、日曜も営業しているということで、
今日に予約の電話を入れて、翌日行く予定だっだのでしたが、
ま、ダメモトで行って見ましょう。

と、薬研堀通りを右折。周囲はいかがわしいお店があり、ひるむ雰囲気ですが、
お店の灯りはついてます。
あれ、外に置いてある看板はなくなったんですね。

カラカラとお店のドアを開けて、
「すいません、一人ですけど、大丈夫ですか」
「いらっしゃい。大丈夫ですよ、どうぞどうぞ」

やりました。これがまさに三顧の礼といか、3度目の正直です。
とにかく、ようやく念願かなって「ぷしゅう」出来ます。

落とし目の照明と自然木が生かされた緩やかな曲線が特徴的な
威風堂々としたカウンター席に腰を下ろして、まずはドリンクメニュー
カープのスポンサーということに敬意を表してアサヒかキリンか迷ったすえ、
キリンの生をオーダー。

ああ、喉に気持ちのいい刺激が走ります。
3時間以上声を出しっぱなしだった身としては、たまりません。

カウンター席ですが少し奥行きがあって、ゆったりとできる感じがいいですが、
圧巻なのが、スタッフの方の背後にある酒瓶の数々です。
広島の地酒が3ケタ種類あるというのは、伊達ではない。
いきなり実力を見せつけられた感じです。

出てきた突き出しは、シャクシャクの玉ネギにパプリカ
さらにほろ良い苦みのゴーヤにツナがマヨネーズで和えているもの。
この憎い味わいと歯ごたえのアンサンブル。
つきだしてコレですから、期待が出来ます。

そして、改めてメニューを吟味します。
お、お目当ての揚げ出しトマトを発見。これで当初の目的が達成できそうです。
そう、こちらは20夜、揚げ出しトマト の回で
ワカコさんが飛び込みづらかったといいながらも、最終的にぷしゅーをする
「ちょっこし」のモデルになったお店なのです。
と、考えながら、まずは早く出そうなじゃこ天と、ピリきゅうをオーダー。

静かに音楽が流れていますが、それ以上に楽しそうなお客さんの声が
いいです。落ち着ける人も、話しをしたい人もそれぞれの自分の時間を過ごすことが出来そうです。

お隣の方が注文したお酒を冷蔵庫に戻すときに、
しゅぽしゅぽと瓶の中の空気を抜いています。
お酒を大事にしている感じが伝わってきます。

ここで、じゃこ天が登場。
じゃこ天は、愛媛県は南予の名物ですが、
同じ瀬戸内海ということで、広島でも作られているもよう。
きつね色の表面と淡いグレーの断面がいい感じです。
口にしてもプリプリの食感も良ければ、生臭さを感じない味わいもいいなぁ。
じゃこ天は、家からほど近くて、愛媛出身の人が営業している
「カリー小屋」で食べて以来ですが、本場のは流石だなという味わい。

続いて出てきたピリきゅうも、キュウリの歯ごたえと、青くも水水しい味わいに
唐辛子やゴマ油がアクセントをくわえていて、こちらもお酒が進むメニューです。

ということで、ここで揚げ出しトマトと、牛すじ煮込みをオーダー。
本命を他のメニューで挟んで、巡礼者と悟られないの陣です。

ビール、ピリきゅう、じゃこ天で軽くぷしゅうをしていると、
スタッフの方が、「今日、ズムスタ行かれたんですか?」と聞いてきます。
この時のワタシの出で立ちは、紺の立て襟のダンガリーシャツでしたが、
その下には、応援の時に来ていたアンダーシャツがそのままです。
さらには、小さい荷物を入れるバッグがなかったので、
カープショップでグッズを買った時の紙袋を持っていましたが、
それだけで見抜くとは。

ま、見るからに一見のオヒトリ様ですから、簡単な推理かもしれませんが。

そこで、ワタシは、「ええ、今日は負けちゃいましたよ~、ヒースがねぇ」などと言ったら、
スタッフの方はワタクシの右隣に座っているカップルのお客さんを指して
「こちらも、ズムスタ帰りで、こちらの方に散々お話は聞きました」
などというではありませんか。

すごい。そうなんですね。

最初は、挨拶みたいな感じで「今日残念でしたねえ」「そうですね~」から始まって
お酒も入っているイキオイで、話しが盛り上がる盛り上がる。

「地元の方ですか?、などと聞かれたので」
「いや、…北海道から来て」
「!!」
などとビックリされてました。そりゃそうだよな。
ファイターズのゲームを応援に広島から来て、ススキノで飲んでる人とかを
偶然発見したらビックリしますよ。

そういえば、タクシーの運転手さんに、「どこから来たんですか」「ええっと、北海道から」
なんて話しをした時もビックリしてました。
その運転手さんが、「仕事の関係で行ってた旭川の焼き肉が忘れられん、毎日焼き肉食うとったわ。」
などと言ってたなぁ

話しをしていくと、そちらのご夫妻も、東京からの遠征組だそうで、
前日見たゲームの感想とかから始まって、濃い話しがとまりません。

と、いうところで、牛スジ煮込みと、揚げ出しトマトが登場。

牛スジ煮込みは、しっかりとした濃い褐色が、じっくり煮込まれたことをアピールしていますし、
揚げ出しトマトは一見揚げ出し豆腐風で、上には、大根おろしがたっぷり。
さらに海苔とか、あられとか、小口切りのネギが散らされています。
ただ、ほんのりと紅色なのが、トマトが隠れている気配がします。
おしゃれです。

あ、そういえば、ワカコさんは日本酒でいただいていたぞ。
そこで、カープ遠征なので「清酒 英心」を出した白蘭酒造をお酒をと思ったのですが、
なかったので、同じく三次のお酒、瑞冠 純吟山廃亀の尾をヒヤで注文します。

すぐに一升瓶からトクトクと注がれて登場。
チェイサーで仕込み水が出てきますし、店内には、チェイサーの効能が書かれた紙が張られています。
ここもお酒に対する愛情が感じられます。

クイッとあおると、軽い米の香りに甘さとスッキリとした感じの飲み口が
爽やかで、後味もひかない感じです。しみじみしみます。美味しいなぁ。

そして、揚げ出しトマトをいただきます。

優しく丁寧な出汁の味、大根のほろ苦み、
そして少しだけ残ったサクッとした揚げられた食感から、

暖められたことによって、爽やかな酸味とほのかな甘味や苦みなどから構成された
複雑な旨味の塊が、にょろんと出てきます。

暖められたトマトが味わいのバランスが良くなって美味しくなるのは、
イタリアンでもカレーでも当たり前ですが、和のメニューでも実力を発揮するとは、
軽く噛むだけで、口の中で旨味が溢れてきます。
しかも、ほんのりとした爽やかな酸味が出汁の穏やかながら深い味で
さらに深められています。相乗効果でめちゃくちゃ美味しい。

揚げ出し豆腐も、淡白ながら、豆腐ならではの滋味あふれる味わいを出汁などがうけとめていますが、
トマトのような複雑な味わいの素材でも、その味わいを
最大限引き立てているところが、この出汁・大根・天ぷらの衣の組み合わせは、本当にスゴいです。

あられと刻み海苔&ネギも、トマトが和にマッチするのだということを
再認識させてくれるかの如く機能します。
これが、揚げ出しトマトです。

この組み合わせを考えた職人さんに脱帽です。

そして、出汁のあじが日本酒によくあうのです。

ワカコさんは、

トマトと言えば 「これとトマトか!?」 って思っても
そつなく何にでも 合ってしまう おりこうさん

だからこそ
揚げて
出汁て
おろしと 海苔と
あられを 添えるとは

ふわ カリッ

よくぞ 思いついて くれました

揚げ物だし ビールかな? と思ったけど
やっぱり 出汁には ポン酒

無限に広がる 和の可能性 
ぷぅしゅー

トマト 酸っぱすぎず 出汁に合う
きっとそんな品種を 選んでいるんだろう


などと思いながらいただいています、
うん、わかりますワカコさん!!


牛スジ煮込みも、見た目どおりのホロホロに炊かれた肉が
口の中で肉滴を溢れさせながら溶けますし、
濃い醤油の旨味とあいまって、濃厚な味わいとなっています。
ゴボウの無骨ながらも、野趣に富んで根菜を食べている感を満たしてくれる味わいや
たまねぎの甘くトロトロな味わいもお肉を引き立ててくれます。

こちらも日本酒にベストマッチです。

お酒も美味しいし、揚げだしトマトをはじめとしたおつまみも全部美味しい。
あああ、楽しい夜だなぁ。
自分が飲んでいるお酒をお隣さんにもすすめたり、
お隣さんのオススメのお酒に舌鼓を打ったりと
メートルもあがると、話しが盛り上がっています。
そんななかで、

「マンガとか読まれますか?」という話しが振られたので、
ワタクシの「ええ、結構読みます」の声に
「あの、ちょっと絵柄とか少女マンガというか、女の子の飲み歩きのマンガがあって…」
なんて話しをしだしました。
ひょっとして…
「それって、ワカコ酒ですか?」
「えー、知ってるんですか?ワタシ、そのマンガ大好きで、広島来るの楽しみにしてたんです。
たまたま昨日寄ったこのお店も、今日も通っているんですけど、
揚げ出しトマトってあって、マンガ思い出しちゃいました」

えええ!!!
今度は私が驚く番です。

「いや、あのマンガに出てきたお店のモデルってこちららしいんですけど」
「ええええ!!」
そして、先方の方が驚く番でした。
というか、知らないで来ていたのか。

すると、そちらの女性の方が、
「こちらのお店、ワカコ酒に登場したお店なんですか?」とお店の方に聞きます。
僕は、そういうのはほとんど聞かない人ですので、聞いてもらうのは珍しい。
すると、お店の方が、
「ええ、そうなんです。1巻と4巻に出てます。」

えええ、またまた僕がびっくりする番です。
宿にかえって、持ってきたワカコ酒の4巻で確認しました。
83夜 クリームチーズの味噌漬けの回です。
メニューではカマンベールチーズの味噌漬けになってました。

ちなみに、ワタシがその時にもっていた紙袋には、1軒目予定していたお店の地図が載っている
「まんぷく広島」で、新久さんが好きなら、これ読むもお勧めしました。
そちらの方は、「東京戻ったら、すぐ買います」とか言ってくれました。


話しを戻して、そんな邂逅があったりとか、

私らもカープトークで盛り上がっていますが、当然お店の方もカープファン。

広島市民球場の最初のゲームと
ズムスタの最初のゲームと、それぞれ親子二代で入場券を持っている。
という話しを聴かせてもらいました。
「額とかに入れてるんですか」と聞いたら
「いや日焼けするので奧に閉まってます」とのこと。本物です。

そんな話しを楽しんでいるとあっという間に時間が過ぎます。

そちらのご夫妻も、5月2日は神宮に来るとのことなので、
「では、5月2日の神宮でまたおあいできたらいいですね」と分かれて
宿に戻ったら、23時を大分まわっていたということです

最初は、揚げだしトマトと広島名物をちょこっと軽く食べて
1時間程度で宿へ帰ろう、とか考えていましたが、時間がすぎるのが早かった。
昨年は、ナイターを終えての府中焼きですから、23時に宿に帰着するのは当然ですが、
デーゲーム終えてから飲み出して、この時間まで粘るとは、
我ながら頑張ったなぁ、という感じです。

ただ、こちらでは、ウニホーレンも、あなご天も、がんすも、
チーズの味噌漬けもまだ食べていません。

ということで、来年も絶対に、再訪 します。

昼はカープ、夜はワカコ酒。最高の夜です。

そして、翌日も野球後にワカコ酒巡礼をしたのですが、
続きについては、また明日のブログで書きます。

よろしければおつきあいください。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。(´・ω・)ノシ
さて、現在広島某所で、フロントで配っている中国新聞をニヤニニヤしながら読みつつ
後は帰るだけということで、北海道へ帰る準備をしているイトー×aniです。

ただ、広島から北海道に向かうのに、なぜか、博多行きの新幹線に乗って、
福岡空港を目指すという謎の行程。

広島が「避難準備情報」を出すレベルの雨降りなので、
予約していた、広島-新千歳が飛ばないのに加えて、
前日予約の神戸\新千歳便とかはアホほど高いので、この選択です。

ま、6月に行くカープvsホークス交流戦の予習だと思えばいいんですかね。


ということで、昨日のブログの続きを書きましょう。


昨日の朝は、ホテルでたっぷりと英気をやしなったあと、
赤いアンダーシャツの上に昨日買ったアロハを着て、10時前に宿を出て、
マツダスタジアムへ。

この日は、雨時々曇りの予報。
もし万が一雨で中止になったら、呉観光に切り替えるためです。
さりげなく、カープ選手が柄になっているところがいいです。

この日は内野自由席なので、早く行けば行くほどいい席になります。
ならば、なんとしても、屋根のあるところを確保しないと。
ということで、10時20分くらいにスタジアム到着。
いつもと違って、正面ゲート前で待つことしばし。

11時に開門したので、内野自由席を目指します。
開門と同時にダッシュをする人にむかって
「雨でぬれていて、大変キケンなので走らないでくださ~い」
とスタッフの声が響きます。そんなのを聞きながら、歩いていると、

ツルっ!

走ってもしないのに滑る、痛恨のミス!!

てへ

内野自由席にむかうと、正面がベンチとバックネットの間あたりで、
一番後ろから三列目の席を無事確保できました。
ここなら、屋根の下なので、少しくらいの雨なら平気です。
しかも、高い場所なので、球場全体がよく見えます。
いい景色です。

とはいえ、土の部分には、大きなブルーシートが引かれていて
シートを避けるようにドラゴンズの選手がキャッチボールをしたり
ダッシュをしたりしています。

今のところ雨はやんでるのですが、どうなることやら。

この日も余裕を持って球場入りをしたので、球場内をぐるっと一周。
というか、そんなに慌てていたわけでもないのに、
ゲーム内容を書き留めるメモを忘れる痛恨のミス

そこで、ショップでカープメモとカープボールペンを買った後に、
「球場ラヴァース」で基町ねーさんが「いったる~」と言った
カープうどん全部のせに舌鼓をうちます。

ああ、久々ですが、美味しいです。
Hi-STANDARD「STAY GOLD」を聞きながらうどんをすする私。
でもこの曲聴くと、北海道を思い出すね。ま、1×8の曲だからということですが。

そして、再び座席に戻って、昨日買った真っ赤な「TANAKA 63」のビジユニを着て、
昨日のパフォーマンスシートでは見にくかった、バックスクリーンの映像を見ます。

あ、「それ行けカープ」だ。

去年のコンセプトをついで、、赤い色をバックに
カープファンの有名人がかわるがわる歌っています。

メンバーは、
奥田民生 小林克也 東ちづる
くるり岸田繁 徳井義実 杉原杏璃
竹原慎二 堂珍嘉邦 島谷ひとみ
風見しんご 水田わさび 宇治原史規
アンガールズ山根 田中宏 長州力
アンガールズ田中 ギース尾関 佐伯三貴
といったところ。

閣下out 奥田民生・島谷ひとみ 1nといったところですか。

さらには、一昨年のオープニングは、カープ選手をファンの漫画家が描いた映像でしたが、
今回も感想のところに、田中宏さんのマンガで
「大きなこえで、ひぃろっしまぁ」というカットが出て来て、
そんなのも思い出させてくれます。

あと、スライリーは今日もいい味です。

ブルーシートが撤去されて、カープの選手も視界の真下、ベンチ前でアップしています。
ああ、中止にならなくてよかった。

本日の先発はカープは、ジョンソン投手、ドラゴンズはドミンゴ投手です。

そして、スタメン発表で、「3番 ライト シアーホルツ」のコールがされると
盛り上がる1塁側内野自由。
いきなりデビュー戦です。
続く「4番 ファースト 新井」のコールにも盛り上がります。
そんなのを聞きながら、気分が高揚してきます。

あ、三塁審判は、白井さんだ。
そんなのも楽しいです。

デカレンジャーのレッド役
さいねい龍二さんの始球式。見事なボールに沸く一塁側スタンドです。
そしてプレイボール

一回表は、先頭大島選手をセンター前ヒットで出しますが、
続く荒木選手のセカンド左への打球、菊池選手の体を投げ出してとった後、
さらに素早く田中選手に送球という破天荒守備が最初から炸裂で併殺です。
バックスクリーンには堂珍さんが大写しになってダブルプレーを称えます。
ホームならではの演出です。
去年はホームランでた時には炎を背負った長州だったなあ。
なんてことを思い出したりして。
そして、エルナンデス選手を空振りの三振にきってとって、無難な立ち上がり。

裏の回、カープは
先頭丸選手、続く菊池選手と連続三振。
そして日本デビューのシアーホルツ選手はセカンドゴロと三者凡退

二回表、ドラゴンズ
先頭の福田選手をフォアボールでだしますが、昨日のヒーロー平田選手をサードゴロで、ここもゲッツー。
そして、続く松井佑選手にセンター前に運ばれますが、高橋選手をレフトフライでスリーアウト。

裏の回のカープ
先頭新井さんが、ストレートのフォアボールで出て、
ロサリオ選手ライトフライのあと、梵選手がレフト前にはこんで13塁
ここで、田中選手がセーフティースクイズを決めます。

おおおお、先取点です。

ここで早くも宮島さんです。
バンザーイ、バンザーイ、バンザーイッ!!

まわりの人ともカンフーバットでカンカンします。
あああ、本当にうれしい。

続く石原選手は見逃し三振で倒れてチェンジ。


3回表のドラゴンズは、
松井雅選手、ショートゴロ、バルデス選手、セカンドゴロから
大島選手のショートの深いところへのゴロ、田中選手がよく裁いて遠投するのですが、
大島選手の足がまさった内野安打。
ただし、続く荒木選手が梵選手真正面のサードライナー。

裏の回のカープ
先頭ジョンソン選手こそサードゴロですが、続く丸選手がセンター前。
久々の丸選手のヒットです。
続く菊池選手がフォアボールで出ると、一死1.2塁。
ここで登場するのが、シアーホルツ選手
「オイオイオイ、タイムリータイムリーシアーホルツ、ひぃろっしまぁ♪」
と、チャンテも出てきて、応援も絶好調
でも、シアーホルツ のコールをどうするかわからないので
やや戸惑う一塁側スタンド。

ただ、シアーホルツ選手はレフトフライ。
そのままチャンテが鳴り響くなかで打席にたつのが新井さんですが、
こちらもセカンドフライでホームが遠いです。

4回表のドラゴンズ
先頭エルナンデス選手がショートゴロ、
続く福田選手のピッチャーがえし、菊池選手が破天荒守備でよく追いついて、
振り向きざまにファーストに投げますが、そこで、新井選手がポロリ。
ただ、打球が難しかったので、内野安打
しかし、続く平田選手がファーストフライ、松井佑選手がセンターフライで攻撃終了。

ジョンソン投手は、必ず一人ランナー出しますが、
ここまで、危なげないピッチングが続きます。

裏の回のカープ
ロサリオ選手、梵選手と連続空振り三振、
外角のボールを同じように空振りするロサリオ選手に対しては、
「同じところくるくるかーい!!」などと声が飛びます。
そして、田中選手がショートゴロ

5回表のドラゴンズは
高橋選手センターフライ、松井雅選手ショートゴロ
バルデス選手レフトフライ。イージーなフライですが
「落とすなよー」などと声が飛びます。
おさむちゃんに厳しい1塁側スタンドです。

裏の回のカープは、石原選手三進、ジョンソン選手ファーストゴロ
丸選手ショートゴロと こちらもあっさり終了。

そしてccダンスを楽しんだあと
6回の表のドラゴンズ
大島選手、荒木選手と連続してピッチャーゴロ、
エルナンデス選手にセンター前に運ばれますが、福田選手ショートゴロ。

6回の裏カープの攻撃
菊池選手がセカンドへの難しいあたり快足を飛ばして、内野安打に
さすが、韋駄天菊池や。
続くシアーホルツ選手がライト前。来日初安打です。
シアーホルツ選手に代走野間選手。これが、後でのドラマの伏線になるとは。
そして、チャンテで、オイオイものあがるなか、続く新井選手のファーストゴロを
福田選手がキャッチャーにおくって菊池選手が挟まれますが、
いろいろあって、謎にセカンドベースに戻ろうとした野間選手がアウトになっています。
あららら

直前から雨足が強くなってきて、しきりにマウンドを気にするバルデス投手。
ここでたたみかけたれやぁぁぁ、と思うところで、
ロサリオ選手に代打小窪選手です。

ここでもチャンテでオイオイ盛り上がります。

さらに、バルデス投手がマウンドを気にしている様子。
あ、ショートのエルナンデス選手がマウンドに行って、足で慣らしています。
審判も、砂を持ってこさせたりしていろいろしていますし、
4審判が集まって、なにやら協議中です。

と、赤いシートが登場してきます。
「ごらんのような天候ですので、ゲームを中断します」とのアナウンス。

CARPのロゴが入った真っ赤なシートで覆われた土の部分。
ま、しょうがないですか。
「あのシートは、ブルーシートより高いやつじゃね」なんて会話も耳に入ってきます。
それにしても、早い時間に行って、屋根のあるところが確保できて良かった~

その間ライト側パフォーマンスシートでは、
緒方監督の選手時代の応援曲や前田神の応援曲を演奏したり、
東出・広瀬・栗原・エルドレッドといったあたりの曲でもりあがってます。
こういうのもいいです。

走れー東出~ 広島でん~せつ~ そうわれらの栗原~ 無限のパワー♪

ただ、雨足がやや強くなってきたので、持ってきたラジオでRCCを聞きます。
すると、同じ日に広島でやっている織田記念陸上の話になっていて、
桐生選手が記録を出せなかったなんている話の流れで、
アナ「解説の山崎さんは、どれくらいで走れるですか」
山崎さん「50メートル5秒7くらいですかね」
アナ「なら11秒台前半というところですか、運動会では敵なしでしょう」
なんて話が展開されていて、なんか、ほっこりします。

ひょっとして、このまま降雨コールドか??

と30分やや過ぎた時間、中断しましたが、雨足が弱まり、シートがはずされて、
ドラゴンズの選手がキャッチボールをはじめます。

「バルデス選手、ここで緊張を切れなければいいんですが」などと
RCCのアナウンサーが言ってます。
そして、ライト側から流れてくる「こーくーぼーのこ~」
ここは当然歌いますよ。
「華麗に流し打ち~基本はセンター返し~、それが~こくぼ~てつや~♪」

と歌った直後、セカンドの頭を超えるヒットです。
おおおお、ここでまた宮島さんです。ワッショイワッショイ!!
まわりのひとと、カンフーバットでカンカンカン

さらに1アウト1.2塁で、このまま足元を気にするバルデス投手につけこんでくれ。
と思ったのですが、バルデス投手ふんばって、
梵選手と田中選手を連続三振にきってとります。

ただ、雨のせいで、マウンドが不安定な条件はカープも同じ。
「燃えよドラゴンズ」が流れる7回表、 
先頭の平田選手をフォアボールでだして、続く松井佑選手もレフト前にはこばれ、
高橋選手が送りバントで1アウト23塁です。
ここで松井雅選手の打席ですが、代打小笠原選手。

ああ、やなバッター来たなぁ。

と思ったところ、ここで踏ん張るジョンソン投手。
小笠原選手を投手ゴロに打ち取り、キャッチャーに投げる
石原捕手がかっちりとブロックをしてランナーアウト!!

谷繁監督がサード側ベンチから出てきて抗議しますが、くつがえりませんでした。
このプレーも大きいなぁ。
スタンドからは「谷繁~、無駄やぞ~」「そんなんやから県工入れんのじゃ~」などの
声がとびます。
谷繁監督がベンチに下がってゲーム再開。
バルデス選手に代打で出た藤井選手がショートゴロで、このピンチをかわします。

7回裏、それ行けカープを歌ってジェット風船。
バックスクリーンに映る映像は、1番だけのバージョンもあるんですね。

そして、ドラゴンズはピッチャー、金子投手、キャッチャー谷繁監督に交代。
先頭石原選手がセンターフライ、ピッチャーの打順ですが、そのままジョンソン選手。
このあとも続投です。ジョンソン選手空振り三振、そして丸選手がレフトフライ。

8回表、ドラゴンズ
大島選手、ショートゴロ、荒木選手、サードゴロ、エルナンデス選手ピッチャーゴロ
と、久々の三者凡退。

8回裏、先頭菊池選手がセカンドフライに倒れたあとに、
ドラゴンズは金子投手から浜田投手にスイッチ。
ピッチング練習の間、野間選手の登場曲 恋のマイアヒが長めにながれて
1塁側スタンドも「ノマノマイェイ ノマノマイェイ ノマノイェーイ♪」にあわせて
カンフーバットをカンカンさせます。

そして、バッターボックスの野間選手カウント1-1から、バット一閃
ボールがライトスタンドに吸い込まれていきます。

やったぁぁぁぁぁぁぁあ、すげええええええええ!!!

これって、シアーホルツ選手の代走がなければ、なかったんです。

思わぬ一発に、宮島さんですワッショイワッショイ。
周囲の人とバットをカンカンさせます。

興奮さめやらぬなか、新井選手がレフトの左に二塁打
そして、続く誠也選手が左中間に放り込みます。

おおおおおおおおおおお、まじかぁぁぁぁぁぁああ!!!

しかも、ここでとまらない。梵選手のレフト前、田中選手のライト右のツーベースで
1アウト2.3塁です。

が、ここで、石原選手が三振、
ピッチャージョンソン選手におくられた代打堂林選手。

たのむぞプリンス

が、ここで見逃し三振でした。
あああああ

でも、8回に追加点3点ってのはデカいです。

9回表、カープのピッチャーは今村投手。久々見ます。

先頭福田選手を見逃し三振。
続く平田選手こそ、フォアボールで出しますが、
続く、野本、高橋と連続三振にとって、ゲームセット。

カープの勝利であります。

私、今期カープ戦の観戦4戦目ですが、初勝利です。やったぁぁぁ。


ということで、
みなさん御斉唱お願いいたします。

♪宮島さ~んの神主が~
 おみくじひいて申すには
 今~日も カープが
 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち ♪
♪比治山さ~んの神主が~ (大きな声で、ワッショイ ワッショイ)

 おみくじ引いて申すには~ (大きな声で ワッショイ ワッショイ)
 今~日も カープが
 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち♪



♪カープ カープ カープ広島 広島カープ

 空を泳げと 天もまた胸を開く
 今日のこの時を 確かに戦い
 遙かに高く 遙かに高く  栄光の旗を立てよ
 カープ カープ カープ広島 広島カープ

 勝ちに行くのが 選ばれた者のさだめ 
 一投一打が 勝負の全て 
 闘志をつくし 闘志をつくし 今ここで花と咲けよ
 カープ カープ カープ広島 広島カープ

 鍛え抜かれた 精鋭の技と力  
 その意気愛して 見守る我らの
 明日へ続く 明日へ続く きりのない夢であれよ
 カープ カープ カープ広島 広島カープ

 晴れのあかつき 旨酒を酌み交わそう 
 栄光手にする その日は近いぞ
 優勝かけて 優勝かけて たくましく強く踊れ
 カープ カープ カープ広島 広島カープ ♪

 バンザーイ バンザーイ バンザーイ。


ハイパーユニオンで、フウ↑フウ↑したり、
選手の応援かめどローで盛り上がっているところで、ヒーローインタビュー
ジョンソン投手の
「世界中のどこにいってもこんなに雨の中に残って応援してくれるファンはいない」
をはじめとした、もろもろの言葉に盛り上がります。

いやぁ、勝つっていいなぁ。

この日の席は、一塁ベンチよりもバックネット寄りだったので、
とりあえずパフォーマンスシートの近くまで移動。

野球の神様~ 俺たちやったよ
うぉーーーーーーーー
うぉーーーーーーーー
うぉーーーーーーーー
をしたあと、

3本締めをして、

いーぞいーぞ応援団。パーパー♪ひぃろっしまぁ、

のコールで本日の野球観戦はすべて終了。

先制・中押し・ダメ押しと理想的に加点をするカープ打線。
久々の気持ちいい勝ちゲームでした。

若手2人のホームランは、中国新聞のスポーツ面で見出しになっていましたし、
緒方監督ではないですが、これで一皮むけてほしいところ、

投手陣の先発ジョンソン投手は言うこと無し。
中継ぎも昨日の中崎・一岡・永川三投手に続いて、今村投手も目処がたったというのが、
大きいです。


この日は、18度程度とそこまで気温が高くなかったこともあり、
飲んだビールは最後の最後での勝鯉ビール一杯でしたが、
やはり、いい野球観戦でした。

一塁側の内野自由席は、メガホンとかはポコポコと鳴らし、
盛り上がりますが、90パーセント以上の人が座ってみているので、
まったりと応援をするのには向いていますし、
雨じゃなければ、もう少し近いところに行きたかったです。

というか、行く度に座りたい席が増えるという、
罪作りな球場です、マツダスタジアム。

と、考えながら、マツダを後にして、ホルモン天ぷらを食べに
市電の人となったのでした。

このあとの予定としては5月2.3日の神宮での対スワローズ戦に畏友GMクンと行き、
下旬には京セラドーム大阪での対バファローズ戦を応援に参戦する予定です。

ってことで。

野球の神様、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。





かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。(´・ω・)ノシ
さて、現在広島某所で、本日のゲームをかみしめながら
北海道へ帰る準備をしているイトー×aniです。

いやー、勝ってよかったぁぁぁぁぁ。
今期、観戦したゲームで初勝利です。
前回、ジョンソン投手を見殺しにしたカープ打線が
今日はつながってくれました。
ジョンソンはまだズムスタでは無失点ですし、
広輔も野間も誠也も、ぶちすごいのぉ。

みなさん御斉唱お願いいたします。

♪宮島さ~んの神主が~
 おみくじひいて申すには
 今~日も カープが
 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち ♪
♪比治山さ~んの神主が~ (大きな声で、ワッショイ ワッショイ)
 おみくじ引いて申すには~ (大きな声で ワッショイ ワッショイ)
 今~日も カープが
 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち♪



♪カープ カープ カープ広島 広島カープ

 空を泳げと 天もまた胸を開く
 今日のこの時を 確かに戦い
 遙かに高く 遙かに高く  栄光の旗を立てよ
 カープ カープ カープ広島 広島カープ

 勝ちに行くのが 選ばれた者のさだめ 
 一投一打が 勝負の全て 
 闘志をつくし 闘志をつくし 今ここで花と咲けよ
 カープ カープ カープ広島 広島カープ

 鍛え抜かれた 精鋭の技と力  
 その意気愛して 見守る我らの
 明日へ続く 明日へ続く きりのない夢であれよ
 カープ カープ カープ広島 広島カープ

 晴れのあかつき 旨酒を酌み交わそう 
 栄光手にする その日は近いぞ
 優勝かけて 優勝かけて たくましく強く踊れ
 カープ カープ カープ広島 広島カープ ♪

 バンザーイ バンザーイ バンザーイ。


ここは、旨酒も酌み交わしますよ(一人ですが…)。



そんな話は明日書きまして、まずは昨日のゲームの振り返りです。

一昨日、四月十七日は、お仕事を追えた後、18時51分のエアドゥーで岡山へ飛びます。
この日の天気は曇り。というか美笛峠を越えたあたりで濃い霧が発生。
地上ですら霧ですから、定時にフライトした飛行機は5分で雲の中です。

窓際の席ですが、ウツラウツラしていると、気がついたら能登半島上空です。
能登半島の形に夜景が見える様子とか、
金沢、小松、福井、姫路といった町の夜景を堪能しながら
飛行機は岡山へ。

翼よ、あれが岡山の灯りだ。トゥラトゥラトゥラぁ!!!

窓外を見ることしばしで、町の灯りも濃くなってくれば、
次第に高度が下がりまして、無事にタッチダウン。
飛行機は速度を落としたかと思うと、すぐに曲がって
ボーディングブリッジへむかいます。

そのまま8時35分発のアクセスバスに乗り岡山駅へ。
2年前に乗ったときは、一向に町の灯りが見えてこないのでやや不安になったものですが、
この日は、ラジオでカープvsドラゴンズ戦を聞いていたのでそれでころではない。
1点差のリードを守りきるかという感じでやきもきしながら
都市郊外のロードサイドショップなど、まちが近づいてくる感を強くしながら、
2年ぶりの大都会岡山に突入です。

この日の宿にチェックインをして、駅ビルをうろうろすると、
地元民がたくさん入っているラーメン屋さんを発見。
そちらに、ラーメンとデミカツのセットがあるので美味しくいただきました。

そのまま岡山駅前の宿に戻ってで一泊。

翌日、岡山発9時51分、のぞみ5号で広島に入り、
途中、マツダスタジアムが車窓から見えますが、後ろに座った女子のグループが
「あー、カープ、練習しとる。まだ入れんのよねぇ」などという声。
ああ、いよいよ来たのです。

この日はいい天気で、岡山駅に向かう途中で、すでに日差しは強く暑いくらいなので、
その後、広島駅についても、軽く暖かい空気が身にまとわりつきます。

ああ、1年ぶりの広島です。

広島駅の南口、百万都市の玄関口であるにもかかわらず、
ステーションデパートの外からすぐ、カープグッズの売店が出ているのもニヤニヤします。
ただ、フタバ書店にローソンができていたり、
昭和の匂いがする一角が再開発で取り壊されてました。
また、来年来たときは変わった姿を見せてくれるのでしょう。
楽しみでもあり、寂しくもあります。

そして、1年ぶりのカープロードです。
やはり、このウカれた祝祭の空気は気持ちいいです。
時刻はまだ10時40分なのに、赤い人たちがたくさんいます。

と、思ったら、SOBUEと書いた青いユニフォームをきたちなDの人もいますね。

赤ローソンで軍資金を調達して、さらにカープロードをすすむと
正面にマツダスタジアムの威容が見えてきて、テンションもマックスです。
カープロードの坂道を登りながら、開場時間前ということで、並んで
11時10分頃に入ります。
ただ、この日の席であるパフォーマンスシートに入れるのは12時からということで、
とりあえず久々のマツダなので、ぐるっと球場を一周します。

あちらしく設置された菊池・丸坊や人形は、早くも写真をとる人で列ができてます。
人気ですね。
ふわふわカープ坊やもリニューアルされていますし、
くる度に何か違うのも、この球場の魅力です。

そして、今まではそんなに時間がなかったということで、コンコースライト側の
グッズショップにしかいってなかったので
はじめて正面玄関のグッズショップに行きましたが、
やはり、こちらは圧巻の品揃え。

特にユニは、品切れ選手〔鈴木誠也・野間はすべてのカテゴリーが品切れでした。〕
以外は、ほぼすべての選手のユニフォームがあります。土生・庄司・高橋・上本といった
若手は当然として、藤井・塹江・飯田といった今年入団の選手もあって、スゴいですね。
ということで、感動しつつも、広瀬選手と田中選手のビジターユニフォームと、
普段使いできそうな、今年バージョンのアロハシャツとか、
こちらも普段使いできそうな、カピバラ三兄弟Tシャツなどを購入してご満悦。
広瀬選手のビジユニは、今年の〔当選したら〕夏コミ用です。
アロハは残り一着だったので、本当によかった。

さらに内野自由席が速攻で埋まっていく様子を見ながら
翌日の予習をします。翌日は内野自由ですから。
そんな感じで楽しい時間をすごした後に、12時になったので
「野球場へ行こう」を聞きながら、ライトスタンドパフォーマンスシートへ。

いってみたら、後ろから三列目です。
応援リーダーのコールがよく聞こえるので、いいだけはしゃげそうです。

見晴らしがよくて、とても気持ちがいい。しかもこの日の気温は20度になりつつあり、
日差しもいい感じです。
野外球場の魅力を満喫できそうな天気です。

Hirose26のホームユニフォームに着替えて、カレーを購入して、自分の席で食べます。
奇しくもBBMで流れるのは、supercellの君の知らない物語
「アレガデネブアルタイルベガ~♪」なんてのを聞きながら食べるカレーも
乙なものです。
というか、この曲といい、モンゴル800とか、FLOWとか、TMRとか
少しだけ懐かしいJ POPが流れているのが味わいかもしれません。

ご飯を食べて少しだけ落ち着いたので、改めて周囲を見ると、
スライリーつなぎを着た2人組みを発見。スゴいですね。
制服姿のJKが制服の上からユニを着ているのも地元ならではの光景ですか。
周囲の会話が広島弁デフォルトなのもいいですね
お、緋鯉会の人が集まっているゾーンにやすおさん発見。
今日も、頼みますよ。

閣下が「広島県民よ、いったいいつ受けるのだ、がん検診」といった、
CMも久々でしたが、続いて、それいけカープが流れます。
僕が座った席からは、バックスクリーンが見えないのですが、
去年のカープファンの有名人がかわるがわる歌うというコンセプトは
変わっていないみたいです。
どう聞いても奥田民生にしか聞こえない声も入ってますから。
ここもいいなぁ。

スラ様の動きもキレッキレで絶好調。
今日は、どーも君と、NHK広島のマスコットしゃもべいが来ているそうです。
そして、梵選手の1000試合出場の表彰式。
贈呈者が高橋建さんとアナウンスされると、おおおおと盛り上がるパフォシート。

そんな感じで、プレイボール
B'zの曲が流れるなかでの黒田選手のピッチング練習。
あああ、いいなぁ。
ここから見えるスタンドがほぼ真っ赤に染まっています。

ちなみにドラゴンズの先発は若松投手です。

一回表、エルナンデス選手を空振り三振、亀沢選手をセンター前ヒットで出しますが、り
続く大島選手を6-4-3の注文どおりのダブルプレーです。
いいねぇ、黒田投手。

その裏は、丸選手、菊池選手が内野ゴロで倒れて、
3番 松山選手。アンパンマンマーチが和みますし、
今年デビューの4文字応援で声援をおくりますが、
センターフライで、この回終了。
若松選手も調子よさそうです。

2回表、4番に入った福田選手が空振り三振
5番ナニータ選手がセンターフライ、平田選手がショートゴロ

裏は、4番新井選手がライトフライ、田中選手がファーストゴロ、
梵選手がセカンドゴロ

3回表、高橋選手が鋭いファーストライナーを新井選手が軽快に裁く
「グスマンなら捕れんかったんちゃうか」などとの声が飛びます。
松井雅選手がレフトフライ、若松選手がショートゴロ、広輔選手は今日も軽快です。

裏の回、先頭の野間選手。
登場曲、O-zonの恋のマイアヒ「ノマノマイェイ♪ノマノマイェイ♪」にのせて
カンフーバットをカンカンするパフォシートです。
そんな野間選手が、センター前。両チーム通じて、初の出塁です。
続く会澤選手がきっちり送りますが、黒田選手がライトフライ、丸選手がピーゴロと
得点にはつながりません。

そして、チャンスのあとにはなんとやらの4回表
先頭エルナンデス選手がレフト前ヒットで出て、亀沢選手が送って
大島選手がセカンドゴロで2アウトになりましたが、
4番売り出し中の福田選手が右中間を破るタイムリースリーベースを打たれます

あああああ

3塁側パフォーマンスシートから流れる燃えよドラゴンズもむなしく響きます。
ただ、続くナニータ選手はショートフライでチェンジ。
先制されてしまいます。

そして、4回裏のカープ
菊池選手が空振りの三振からの、松山選手がストレートのフォアボール
ここで、4番新井選手に期待が集まりますが、
1スリーから外角のチェンジアップをひっかけて、ピッチャーゴロ併殺です。
パフォシートからは
「また、ツラゲかよぉぉぉぉぉ」「そのいつものいらんでー」
「八木に続いて、若松まで育成するのかよー」などの声が飛びます。

このあとのイニング間に、スライリーの誕生20周年を記念した
写真集が発売されて、プレゼントされるとのアナウンス。
タイトルが「遊びつかれた宮島のかえり」って何出してんだkADOKAWA
前の席の人も「遊びつかれたってwww」などと盛り上がっています。

5回表のドラゴンズ
平田選手をセンターフライでワンナウトからの、高橋選手が左中間をやぶる二塁打
続く松井雅選手がレフトフライ、とった瞬間軽く足を滑らす松山選手
「アブねーなー」という声も飛びます。
若松選手がフォアボールを選びますが、
エルナンデス選手をライトフライに討ち取る粘りのピッチング。

裏のカープは
先頭田中選手がライトの右に鋭い当たりの二塁打で出ますが、
梵選手ショートゴロ、野間選手レフトフライと簡単にツーアウト
梵選手に対しては「なんで引っ張るんだよー」「せめて、右打ちしよろー」などと
声が飛びます。
そして会澤選手が歩かされて黒田選手。
この間のタイムリーも思い出されます。ここでジエンゴしてくれーと思いますが、
空振り三振でこの回も無得点。

ここで、久々のCCダンス。
C・A・R・P カープ! C・A・R・P カープ!
波に乗れ~ 波に乗れ~ 波に乗れ~ 波に乗れ~
グルグルグルグルグルグル・・・ ナイスキャッチ!
カープわれらの誇り カープわれらの喜び
カープ願いはひとつ 勝利をわれらに!君は勝つ!
Let's MIN!!

のパフォーマンスで、ビールを売ってるおねえちゃんと一緒に踊るのも、
ひさびさでした。

スラ様だけでなく、どーも君としゃもべえも参加して盛り上がります
NHK広島カープの会 の名前入りの常昇魂の大フラッグも登場。
「どーせなら井上あさひを連れてこいやー!!」などと声がとぶパフォシート。

6回表は
亀沢選手三振、大島選手ショートゴロ、福田選手レフトフライと
上位打線を三人できります。
そして、裏のカープの攻撃
丸選手空振り三振、菊池選手ライトフライと、簡単にアウト二つ献上しますが、
続く松山選手がライトの右に打球をとばして二塁打。
ここで代走が誠也選手で、4番新井選手が、レフト前にはじき返します。
おおおおおおおおお
これは辛くない。
やはり黒田投手のときは打つなぁ、新井さん。 
ここで、広島に来て初の宮島さんです。ワッショイワッショイ!!
続く田中選手がフォアボールを選んだあと、松井捕手の悪送球で13塁。
俄然盛り上がるパフォーマンスシート。

タイムリータイムリー ソォヨォギィ
♪パーパー ひぃろっしまぁぁ!

♪パーパーパパーパパー オイ!オイ!オイ!
 ソヨギ!!ソヨギ!!ソヨギ!!ソヨギ!!
 タイムリータイムリーソーヨーギっ!!
♪ ひーろしまぁっっ!!

このチャンテも盛り上がります。
が、ここで梵選手が空振りの三振。

あああ、前の打席につづて、チャンスで梵退であります。

7回表。燃えよドラゴンズが流れて青いジェット風船がピューっととんだ後の攻撃
先頭のナニータ選手をセンター前ヒットでだしたあと、
平田選手がレフトの左を鋭く抜く二塁打。ノーアウト23塁です。
続く高橋選手が見逃し三振でアウトをひとつとったところで、
松井雅選手に代打小笠原選手。おおおお、久々に見ます。
「おがさわらかよぉ」「魂のフルスイングキターーーーーー」などと声がとぶパフォシート
ただ、黒田投手ここで小笠原選手をセカンドゴロにきってとりますが
ピッチャーにかわる代打藤井選手にセンター前にはじき返されて、また1点追加です。
が、次のランナーはきっちりと丸選手がレーザービームで刺しましてスリーアウト。

裏の回、それいけカープをうたって、風船をぴゅーっと飛ばしたあとに
ピッチャーは浅尾投手、キャッチャーは谷繁監督です。
「キャッチャー、タニシゲ」のウグイス嬢の声に「おおおおお」と沸くパフォシート。

先頭野間選手、続く会澤選手と連続でレフト前ヒット。
ここで、粘投していたくろだ投手に代わって、代打安部選手。

二文字応援も気合が入ります。あっべー!!
ここで安部選手がきっちりと送って、続く丸選手ファーストゴロのあいだに
野間選手がかえって、再び追いつきます。

ここでも宮島さんです。ワッショイワッショイ!!

ただ、この勝ち越しの場面で、菊池選手が空振り三振。なかなか勝ちきれません。

八回表、この回からピッチャーは一岡投手。イッチー頼むでぇぇ
エルナンデス選手、亀沢選手と連続ファーストゴロ
続く大島選手こそセンター前で出しますが、福田選手をライトフライ。

いいですね、イッチー。

裏の回のカープ。ピッチャーは浅尾投手に代わって前にナゴヤで見たゲームでも登場した
又吉投手。
先頭、誠也選手の代打ででた天谷選手がライト前ヒットで出ます。
さすが、明日のカープを担う男です。とはいえ、結構ベテランですがね。
が、新井選手空振り三振、天谷選手も盗塁をして、谷繁捕手の送球もそれますが、
そっちに行ってタッチアウトで気づくとツーアウト。
田中選手がピッチャーゴロで、チェンジです。

このインニグチェンジの間に流れる、結婚式場のコマーシャル
「うらやまし~ うらやまし~♪」のCMソングにのって
「ホームランの出るチームがうらやまし~♪」
「タイムリーの出るチームがうらやまし~♪」などという声が出るパフォシート。

9回表、カープのピッチャーは一岡投手から中崎投手
先頭の谷繁選手をライトフライ、続く平田選手を空振り三振でとりまして、
昨日のナイピッチ中崎か、と思ってからの
高橋選手にフォアボール、ピッチャーの代打松井佑選手にライト前にはじき返されて
2アウトながら、1.2塁
ただ、ここで続く藤井選手を空振り三振にきる中崎投手。

おおおおお、ナイス中崎~

裏の回のカープ。サヨナラが期待されますが、ここでやすおさんが登場。
ここで、全員立つパフォシート。
絶対勝つぞ、カープ。と、梵選手にコールをおくりますが
「残念ながらやり直しです。もっと出るはずです。すげえでっかい声でお願いします」
と盛り上げますが、梵選手サードゴロ、野間選手、会澤選手と空振り三振、

ああああ。ここで延長です。

10回表 カープのピッチャーは永川投手。
エルナンデス選手をレフトフライ、亀沢選手、大島選手と連続でショートゴロ。
いいですね、永川選手。

裏のカープはピッチャーの打順ですので、代打でロサリオ選手。
お、新しい応援歌だ、と思いますが、歌う前にサードゴロ、
続く丸選手セカンドゴロ、菊池選手ライトフライとあっさり攻撃終了。

11回表 カープのピッチャーはヒース投手です。
昨日はひやひやしましたが、今日はぴしっと頼みます。
先頭福田選手、つづく谷繁選手と連続三振。
お、昨日の連続フォアボールと違って今日はよさそうだぞ
平田選手も追い込んだし、
と思ったところの2-2から平田選手のバット一閃
打球がレフトスタンドの看板直撃です。

あああああああああああ、
何しよんならぁぁぁぁぁぁぁ

続く松井佑選手こそ、空振り三振で切ってとりますが、この1点はデカいよ。

裏の回、ドラゴンズのピッチャーは福谷
やすおさんが
「たかだか1点じゃないですか、絶対逆転して、楽しい思い出を作りましょう」
の声に気合も入りまして、
先頭天谷選手レフトフライですが、続く新井選手、田中選手が連続でライト前
1アウト1.3塁で、ここは一打逆転か!!
と思ったのですが、梵選手ファーストゴロ、野間選手空振り三振でゲームセット。

あああああああ
また、延長で負けてしまいました。


なかなか勝てんねえ。

今日のポジポイント
黒田投手はさすが。
一岡投手・中崎投手・永川投手あたりは悪くない。

以上


やっぱり打てないと勝てんねぇ。



それにしても、ホームゲームだったせいか、応援リーダーが全体的に
若い人ががんばってる感じで、親しみがもてましたし、
女の子がトランペットを吹いているのも、旗振ってるのも、いいなぁ。


そして、燃えドラで盛り上がっているのを尻目に
トボトボと宿へもどって、その後巡礼をしているときに盛り上がって
この日23時過ぎまで飲んだくれていたというわけでした。


翌日のことについては、明日書きます。







かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。(´・ω・)ノシ
2015.04.18 巡礼の夜
ああああああああああ
ヒィスゥゥゥゥゥ、何しよんならぁぁぁぁぁぁぁぁ

あ、どうも。カープ観戦を終えて、その後、巡礼も終えて、
広島某所に滞在中のイトー×aniです。

にしてもねぇ

はぁぁぁぁああ

ヒース投手は、昨日もノーアウト12塁からなんとかしのいだし、今日は二者連続三振だったので
なんとかなるかと思ったのですが。

ふぅぅぅぅぅぅぅぅ。

と、いうことで、ここでゲームを振り返りたいところですが、
宿に戻ってきたのが23時を大分まわったところ。

この日の宿にチェックインをしたのが、ゲーム終了して一段落したところなので、19時前後でした。

その後は、ワカコ酒巡礼と、軽い夕食をかねて、流川に繰り出しました。

ただ、一軒目に向かったお店は、臨時休業。
そこで、今まで昨年、一昨年と、2年連続で振られているお店にダメもとで行ったのですが、
この日は入ることができました。3度目の正直ですか。ラッキー。

そちらでは、揚げだしトマトと広島名物をちょこちょこ軽く食べて
1時間程度で宿へ帰ろう、とか考えていました。

で、出てきたビールで叫びっぱなしで、お疲れ気味の喉を潤していると、お店の方が、
「ズムスタ、行かれたんですか?」と話しかけてきたので、
「ええ、今日は負けちゃいましたよ~、ヒースがねぇ」という話をしたら、

「こちらも、ズムスタがえりで、こちらの方に散々お話は聞きました」
とのこと。
お店の方が手にした先で、ワタシの隣の席には、一組のカップルのお客さんが

!!!

最初は「今日残念でしたねえ」から始まって、次第に話が盛り上がりました。

そちらの方〔ご夫妻だそうです〕も、東京からの遠征組だそうで、
昨日・今日とのゲーム観戦をしたそうなのですが、
ワタシが北海道から来たと聞くと大層驚いていました。

カープの濃いお話などが、次から次へと出るわ出るわ。
お酒も美味しいし、揚げだしトマトをはじめとしたおつまみも全部美味しい。

あああ、楽しい夜だなぁ。

そちらのご夫妻と、「では、5月2日の神宮でまたおあいしましょう」と分かれて
宿に戻ったら、23時を大分まわっていたということです。

一人遠征で、今まではこんなことはなかったですね。

ということで巡礼先で痛飲をすることはそんなないのですが、
今日は、そんな楽しい一晩になりました。
ああ、遠征酒でグダグタになるのもいいものです。

と、いうことで時間切れということで、
今日のゲーム内容については明日に振り返りたいと思います。

そして、明日もマツダスタジアムに乗り込みます。

ということで、
明日は勝つぞ、カープっ! 
明日は勝つぞ、カープっ!
明日はかつぞ、かーーーーーぷっっっ!!!!!


あと、予報は雨時々曇りですが、なんとかゲームを開催してほしいものです。






かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした(´・ω・)ノシ
現在、明日からのカープ戦応援にそなえて、岡山某所で潜伏中のイトー×aniです。

あああ、今日は、勝ってよかったぁ。

空港から駅へ行く連絡バスのなか、ラジオで、中崎投手のナイスピッチにひそかに快哉を叫び
ヒース投手にオロオロする自分。

ま、勝ったということで、結果オーライです。
しかも、今季はドラゴンズに初勝利です。

が、もう少し胃薬がいらなくなるようなゲームにならんですかねぇ。

さて、明日、明後日は、マツダスタジアムで、暴れてきます。

と、いうことで、
明日も勝つぞ、カープ! 明日も勝つぞ、カープ! 明日も勝つぞ、カーァプッ!!!!!



さて、ここからが、ここしばらくのカレーです。


☆「洋食の ケニヤ」 (登別市中登別町174-9)

苫小牧に行った帰りのお話。
行きと帰りを別の道を使うのと、帰りに温泉に寄ると言うことで、
登別に行きました。
登別からオロフレ峠を越えて、洞爺湖界隈の温泉を楽しんでから
自宅へ戻ろうというコースをとったときに、
昼食の場所として考えたのが、
洋食のケニヤさんです。

登別東インターから、新登別温泉とかオロフレ峠に行く途中にあって、
気になってはいたのですが、入るのは初めてです。

苫小牧から車を走らせていたので、国道36号線を、登別東インターや登別温泉の方向へ右折。
インターチェンジとか伊達時代村などをやり過ごして、温泉坂を昇っていくと、
それこそ登別駅前の市街地と、温泉街の間くらいにお店があります。
お隣のサンクスもランドマークになるのでしょうか。

はためく、オムライス、カレー、ハンバーグののぼりがおいでおいでしていますし、
駐車場には既に車が何台も駐まっています。
外観も、アイボリー色の壁と、濃い焦げ茶の柱がアクセントになっている
洋風な感じですし、入口から中へ入ると、店内はカウンター席だけでなく
テーブル席、小上がりもあって懐かしめの喫茶店のような雰囲気です。

オヒトリ様ですが、「お好きな席へ」と言われたので、2人がけのテーブル席に腰を下ろして
置かれているメニューを吟味します。

ケニヤおすすめメニュー
オムライス(デミソース) 930円
※ 玉子3個使用、スープ付
ケニヤオリジナルカツカレー 1050円
※ 味噌汁付
手ごねハンバーグ 1250円
※ライス、スープ付
手ごねハンバーグ チーズのせ 1390円
※ライス スープ付
ナポリタンスパゲティー & ハンバーグ 1290円
※スープ付

お食事
カレーライス 780円
ハンバーグカレー 1150円
※ みそ汁付
ナポリタンスパゲティ&カレーライス 1390円
※ スープ付
ナポリタンスパゲティ 880円
オムライスハンバーグ 1290
※スープ付

というラインアップです。

幟ではためいているオムライスも興味ありますし、
オリジナルカツカレーも気になるところです。
ハンバーグとスパゲティの組み合わせも昭和でいいです。

そんな魅力的なメニューが数々あるなかで、
カレーと、こちらも名物っぽいハンバーグの両方がいただけそうな
「ハンバーグカレー」を注文しました。

BGMで流れるジャズの落ち着いた音色に耳を傾けながら、
周囲を観察しますと、
カウンター3席 2人掛けテーブル席1 3人掛けテーブル席2 4人掛けテーブル席3 
小上がり4人掛け席2 というレイアウトで、
観光客風のカップルとか、地元のマダムの3人連れとか、
親子連れとか、お1人様のネクタイしめたビジネスマンなどくつろいでいる様子。
幅広い世代から人気という感じで、いい空間です。

厨房から流れてくる調理の音も、これがタマラナイ前奏曲です。

という感じで待つことしばしで、
陸上グランドのような形をしただ円形の白いお皿の
2/3くらいたっぷり盛られた白いご飯と、2/3ぐらいたっぷり盛られた
濃い焦げ茶色のカレールーです。
福神漬けも嫌みにならないくらいたっぷりと乗っています。

しかも、端の方からうっすらと膜が張りだしています。
このとろとろの感じも昭和のライスカレーで懐かしい感じです。

ということで「いただきます。」
カレーから一口入れると、まず香り通りのこうばしさとともに
とろとろな見た目にふさわしい濃厚なウマ味がきて
そして、刺激的な辛さがきます。

唐辛子と異なる種類の、どこかカレー粉を感じる
ストレートな刺激がウマミを追っかけてくるところがいいです。
見た目は、英国風以上にとろみがついていて、
日本のお家のカレーにも近い気もしますので、
インド風というよりは、洋風かなぁという見た目と一口した感じです。

しかし、辛さは本格派。口いっぱいにほおばると、
ルーに溶けているであろう、玉葱をはじめとした野菜で甘い食べ口です。
そしてすぐに、旨味とこくがきます。 バターや動物系列のぶっとい旨味にコク。
さらには小麦粉でつけられたとろみ。これらがルーの旨味とコクを
強調しています。
さらには香味野菜などの爽やかさとともにスパイス遣いの妙からか
わずかな時間差でカラくなる不思議な味わいでいいです。

トロトロにとけかけている、甘みの原因でもあるたまねぎとか、
コクの原因となっている肉などがトロトロに溶けかけてカレーに馴染んでいます。

だから、洋風カレーな印象が強いです。

そして、本日のメインの具材、ハンバーグを攻めます。
上半分にたっぷりのカレーを受け止めていまして威風堂々です。

表面がほんの少しだけ固めに調理されているので、軽くスプーンを入れますが、
それだけで、透明な肉滴がじわっと出てきます。
これが、ハンバーグのカレーを食べる時の最初の楽しみです。

口に入れると、ふわふわな食感とともに、こちらも溢れる肉滴です。
赤身っぽいワイルドな味わいが肉を食べている気持ちを満たしてくれますし、
しっかりと、かつ食感を残しつつ絶妙な感じで炒められたタマネギは、
ぷりっとしていて、こちらも噛むと甘くていいお味。
そして、さりげなく聞いているシナモンやナツメグ。

ああ、美味しいハンバーグってこうです。
とはいえ、襟を正して食べる感じではなく、どこか温かい味わい。
これは、看板メニューになります。

カレーの濃さに挽き肉の味わいの組み合わせは最高ですし、
流れるギラギラの肉滴がカレーを更に美味しくしてくれます。
当然ライスとの組み合わせも言うこと無し。
洋食屋さんのハンバーグならではの手間が伝わって来ますし、
これが、同じくテマヒマかけられたカレーと組み合わされるのですから
贅沢な料理です。

ちょこんと横に添えられた福神漬けも、辛いカレーを食べる時は必須。
色合いもいいですし、美味しいなぁ。ああ、いとしのナタマメよ

ということで、最後までカレーを楽しんでから、
「ごちそうサマでした」
カラいカレーを食べている常として後ろ頭までアセをかきました。

登別温泉まで来て、カレー??とか思うかもしれませんが、
これはアリな味わいだなぁ、次は、あのオレンジ色が気になる
スパゲッティか、卵3個つかったと書かれている
オムライスをいただこう、と強く再訪を期して、
こちらをあとにしたというわけです。

にしても、なんでケニヤなんですかね。
何かでお店の由来を見たような気もしたのですが、
失念してしまいました。

ま、美味しいからいいですか。




☆「洋食の ケニヤ」(登別市中登別町174-9)
◇営業時間◇ 11:00~17:00(LO)
◇定休日◇ 不定休 ◇駐車場◇ 有り
◇電話◇ 0143-84-2806


あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。


かつてラジオ番組内にあったコーナー 「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については、
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を クリックしてくれれば、
見ることができます。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした(´・ω・)ノシ
☆「SOUP CURRY KING」 (札幌市豊平区平岸3条16丁目1-1 )

オープン戦、札幌ドームでの、カープvsファイターズ戦の2戦目。
昼食を畏友P氏とともに食べてから、ゲームに行こうということになりました。

前日は「べす」でも行こうか、という話しで盛り上がったのですが、
宿に入った時に気が付いた。「この日、べすって休みじゃねえか」
ということで、代替候補を何店かあげて聞いたところ
P氏曰く「その中ならKINGっすね」とのこと。

平日の開店直後の時間ですが、
KINGの店舗横にある駐車場には車が何台も駐まっています。
こちらのお店は、開店前に行ったとしても店舗横だけでなく、
店舗から少し離れた駐車場も満車ってこともザラなのに。

ラッキーさに感謝しながら駐車場に車を入れ
車から降り、ドアを開けてお店の中へ入りますと
カフェのようなキレイでオシャレな店内に迎えられます。

中には、女性のグループとか、男女のグループとか、
向かい合っているカップル客がメインの客層という感じで、
ヤローの二人連れは、僕らだけでした。
大きく明るい窓と、白い内装と、濃焦茶色の床のシンプルですっきりした色調の店内に
白いソファーのような合皮のすわり心地が良いイスとこげ茶いろの机に、同じ色のカウンター
カウンターの前には高い銀色の足した黒い合皮っぽいイス。
カウンターが6席、テーブル席が16席で、
さりげなくテーブルの上には、ちっちゃい観葉植物が置かれています。

さて、メニューを吟味いたします。

チキンカリー 980円
定番のやわらかチキン。皮はパリッパリ!
チキンレッグ、じゃがいも、にんじん、ピーマン、キャベツ、ウズラ
チキン野菜カリー1250円
定番チキンカリーにたっぷり11種類の野菜が入ったカリーです。
チキンレッグ、じゃがいも、にんじん、ピーマン、キャベツ、ウズラ、ナス、しめじ、
れんこん、おくら、ブロッコリー、ヤングコーン、かぼちゃ
ポーク角煮カリー 1030円
豚バラ肉を醤油・酒・砂糖でじっくりやわらかくなるまで煮込みました
豚角煮、じゃがいも、にんじん、ピーマン、キャベツ、ウズラ
ポーク角煮野菜カリー 1300円
ポーク角煮カリーにたっぷり11種の野菜が入ったカリー。
豚角煮、じゃがいも、にんじん、ピーマン、キャベツ、ウズラ、ナス、しめじ、
りんこん、おくら、ブロッコリー、ヤングコーン、かぼちゃ
ラムカリー 1080円
下味をつけ、赤ワインとしょうがでじっくり煮込んでますので、臭みも無く、やわらかジューシー!
ラム、じゃがいも、にんじん、ピーマン、キャベツ、ウズラ
ラム野菜カリー 1350円
ラムカリーにたっぷり11種の野菜が入ったカリー
ラム、じゃがいも、にんじん、ピーマン、キャベツ、うじら、ナス、しめじ、
れんこん、おくら、ブロッコリー、ヤングコーン、かぼちゃ
納豆挽肉カリー 950円
納豆の入ったくせになるカリー
納豆、挽肉、長いも、にんじん、ピーマン、キャベツ、うずら、おくら、ブロッコリー
牛スジ豆腐カリー 1150円
コラーゲンたっぷりの牛スジを和風だしでトロットロになるまで煮込んでいます。
豆腐といっしょにヘルシーにどうぞ!
牛スジ、豆腐、長いも、にんじん、ピーマン、キャベツ、ウズラ、水菜
野菜カリー 1030円
たっぷり11種の野菜が入った体にうれしいカリー。
じゃがいも、にんじん、ピーマン、キャベツ、ウズラ、ナス、しめじ、れんこん、おくら
ブロッコリー、ヤングコーン、かぼちゃ
シーフードカリー 1350円
バターソテーしたシーフードがたっぷり入ってます!
エビ、ホタテ、イカ、アサリ、ムール貝、じゃがいも、にんじん、ピーマン、キャベツ、ウズラ


あと、テーブルの上には、マンスリーカリーの案内があります。

3月のマンスリーカレー
『チャーシュー麺』です!!
なまら美味いスープカレーラーメンです!
自家製チャーシューがたっぷり入ったラーメンはちぢれ麺がKINGのスープによく絡みとってもおいしいですよ~(^.^)
チャーシュー、ネギ、メンマ、きくらげ、舞茸、温泉タマゴ、生麺 ¥120
マンスリーご提供時間 11:00~20:00

なるほど。

辛さの選択が

0番 - 辛さは一切無いです
1番 - ちょい辛です
2番 - オススメの辛さ、中辛です
3番 - 辛口です
4番 - 激辛です
5番 - もっと刺激がほしい方!
6番 (+50円) - ここからピッキーヌ入り
7番 (+50円) - グッジョブ
8番 (+100円) - グレート!
9番 (+100円) - スーパー!
10番 (+150円) - エクセレント!
Jack (+150円) - 辛さのジャンキーです
Queen (+200円) - 辛さ女王様級
King (+200円) - 辛さ大様級
Joker (+250円) - デスソース入り


トッピングの選択が、

ウズラ・温泉タマゴ・納豆・豆腐・オクラ(3本)・ブロッコリー(3個)・レンコン(2枚)
ナス・かぼちゃ・きくらげ・100円
しめじ・まいたけ・小松菜・150円
カゼトッピング (焦がしニンニク+白髪ネギ)・フィッシュフライ
チーズ(ライスON or チーズIN)・200円
餃子・ ソーセージ・挽肉 - 250円
チキンレッグ・ベーコンステーキ - 300円

だそうです。

にしても、デスソースってw…
なめてみたいようなみたくないような…

今回は私は、レギュラーメニューから
牛スジ豆腐カリー 辛さが6番 温玉トッピング

P氏は、ラム野菜の辛さ6番 ライス大盛りをそれぞれオーダー。

BGMの懐かしめの洋楽に耳を傾けながら、
P氏と前日のカープ戦の反省とか、今日のゲームは勝つといいね
なんて話しをしながら待つことしばしで登場しました。

淡いカフェオレ色に縁取られたアイボリーの
まん丸なお皿と、セットのような柄の器がオシャレですが

スープの色が、非透明系の極めて明るいオレンジ色に
乳白色を混ぜた感じのなんともやさしげな色合いです。

散らされている緑色を保った焦がしバジルもいいです。

スパイスの香りと、どこかラーメンスープっぽい香りが混ざって
鼻腔をくすぐるのもタイプです。
ライスは押し麦の入ったターメリックライスで、
目に優しい黄色が、淡い色合いのお皿の上で輝いています。

と、いうことで、まずはスープを一口
イタダキマス

これはウマい。

見た目はクリーミーな乳白色っぽい色なので、
最初からこってりとしたコクがくるのかなぁと思いきや、
その外見に反して、最初にかつお節っぽいサワヤカな感じの飲み口がきて、
次第にこってりとしたコクや、軽く酸味が利いたウマ味のパンチが
ビシッと訪れてきます。

大きな特徴は、ガツンと鰹節系のだしの味と香りが訪れてくるところです。
この鰹節の聞き具合は半端ないです。

今回オーダーした、牛スジ豆腐のカリーは、牛スジを和風ダシで煮込んでいますから、
この煮込んだ和風ダシが、スープにもいい影響をあたえています。
この和風だしに、ガツンと効く鰹節がいいんです。
しかも、こちらは一見すっきり系列の飲み口のスープなので、鰹節も引き立ちます。

さらに、コンマ何秒の差で、スパイスの刺激がキます、
ベースがしっかりとしていますし、すっきりとした飲み口ながらも、複雑な味わいなので
強い刺激が浮いていないです。
スパイスの刺激が美味しさの一要素としての役割をしっかりと果たしています。

それは、土台となっているスープが しっかりしていることを証明していますし、
この土台こそが、乳白色がかった色の原因である、鳥がらやゲンコツを煮込んでできたコクと
鰹節やコンブからとったウマミがあるスープのダブルスープが、
それぞれの個性を生かしながら決してでしゃばらず、ジャマをしていない味わいのよさです。

さらに、軽い酸味とオレンジ色の原因でしょう、トマトのほのかな酸味交じりの旨みが
さらに味を複雑にしている、是妙な構成のスープです。

飲み口に反して、口の中は、スパイスの刺激とともに
うまみ、コク、などのカレーのウレしい濃さでいっぱいになるのですが、
スープを嚥下すると、残響のように再びかつおぶしっぽい香りが
すっと残るという後味のさわやかさ。

インパクトのあるうま味と、ほのかな香りの残響がありながら
すっとパンチがひく感じです。

見た目こってり、でも飲み口はスッキリ
ただし、スープは濃さとうまみが凝縮されている
でも嚥下てしたらまたスッキリ

そんな、ウマいというかスゴい
いくつもの顔を見せてくれる、洗練されたKINGならでは、匠の味わいです。

そして、メインの牛スジが、たっぷり入っていますし、
半透明のプルプルの脂身が、たまりません。

一口入れたら、口内にひろがる牛スジならではの独特の濃厚でクセのあるおアジ。
カレー自体が、スパイシーな刺激の強さがありますので
これくらいのインパクトのあるほうがお似合いです。

独特のホロホロと口の中で崩れる感じには
ていねいに仕込んだことを実感させてくれますし、
スジの肉の味とともに、噛みしめると中からあふれ出す肉滴
さらに脂身のトロトロプルプルな外見や食感と
かみ締めるとじゅわっと染み出す脂など、
それらが、刺激的な激ウマスープを吸い込んで混ざってきて
更にタマらなくなります。

その他の具材も、
豆腐の淡白ながらもしっかりと大豆の味がして
スープカレーの中でも牛スジとの相性の良さとともに、
濃いスープとの親和性を アピールしています。

輪切りされて軽く脂通しされた長芋のほんのりとした滋味と、シャクシャクの面白い食感

キャベツやにんじんの辛いカレーに癒しをもたらすナチュラルなアマさは
刺激的なカレーだからこそ、甘さが引き立ちますし、何よりもほっとできるウレさと、
カレーに新たな味わいをもたらしてくれます。

ピーマンのアクセントをつける感じのアオさもいいですし、
シャキシャキの歯ごたえの水菜もいいですよ。

途中で、「これどうぞ」とp氏がラムを進呈してくれるので、
ぼくも牛すじを提供します。

あ、ラムも美味しい。
この獣食べているという野趣にとんだ味わいを、

スパイスで最大限魅力を引き出しているところがいいです。
塩で焼くのも悪くないですが、このスパイシーなスープの中での
ラムの存在感も素敵です、

p氏は「牛スジ、美味いっスね」などと言ってます。
そうでしょう、そうでしょう。

ということで、うまうまと食べ進んで
スープ残り1/4、ライス残り1/4になったところで、
いつものように、残ったライスをスープに入れて
まずは鶉の卵の黄身をときながら攪拌していただきまして

ほんとうのほんとうの終盤で
とっておいた温玉を一気に如月喰いです。

「てゅるん」
半熟卵の黄身でマイルドになったとはいえ、
今までさんざん食べ進めていったので、
蓄積された辛さのおかげで唇はヒリヒリしていますし、
頭だけでなく、うなじまでダラダラと汗をかいていますが、これがいいのです。

そして、これもスープカレーのうまさを構成する
一要素である、口直ししの水をんくんくっと飲んで
大満足でス。

軽くヒリつく唇にキモチよい痛痒感を覚えつつ
お店から出たのでありました。


あと、つねに「駅伝脳」で「マンガ脳」な僕は
この店に来て、「キング」と聞くと、

「お前なら 立派な詐欺師に 就職できるでぇ」という名言を残した

「風が強く吹いている」(原作 三浦しをん マンガ 海野そら太)
で箱根駅伝8区担当の「キング」を思い出してしまうのです。

にしても、マンガ版の「風強」ってアニメ化しないかなぁ…
是非見てみたいんですけど。




☆「SOUP CURRY KING (スープカレーキング)」
(札幌市豊平区平岸3条16丁目1-1 )
◇営業時間◇平日 11:30~15:00 & 17:00~23:00 (L.O. 22:30)
土・日・祝 - 11:30~22:00 (L.O. 21:30)
◇定休日◇水曜日 ◇駐車場◇有り 
◇電話◇011-821-0044




☆「SOUP CURRY SHOP MEDICINEMAN」
(北海道札幌市中央区南12条西10丁目1-18グッドビル1F)

カープファン決起集会が、新札幌でありましたが、
その日の午前中は、北村温泉に行って、昼食食べて、
本屋でもしばいてから、この日の宿に入る予定でした。

ただ、この日に行く予定だったお店が臨時休業だったということで、
4年ぶりよったのがこちらです。

久々の来店でしたが、十三時過ぎにいったため人気店であるこちらの
店内は当たり前だの混雑でしたが
待つこと二十分ほどで席につくことができました。

こちら、店名はネイティブアメリカンの「薬草にたけた呪術師」を由来としていまして
店内はアーリーアメリカン調で、店内の飾りとかBGMも雰囲気によくあっています。
ということで、久々感をたっぷり味わいながら、席に座ってメニューを吟味します。

CURRY MENU カレーメニュー
 チキンカレー 表面はカリカリだけど、中はやわらか ¥1130
 ポークカレー じっくり煮込んだトロトロ角煮 ¥1140
 ベジタブルカレー 色とりどりの野菜をふんだんに ¥1020
 シーフードカレー 海の幸のだしと野菜たっぷり(数量限定) ¥1240
 スープカレーヌードル お米で作られた太麺がグッド! ¥810
 ミニマイルドカレー 辛さと量をおさえたお子さま用 ¥260

 ライス 少なめ・ふつう・・大盛り(+¥100)
 ライスおかわり 半ライス ¥50 ふつう¥100 大盛り¥200
 スープ 大盛り(+¥100)お気軽に店員にお申しつけ下さい。

SPICE スパイス 御注文時に辛さをお選び下さい。
 MILD マイルド 辛いのが苦手な方、お子さまにおすすめ。ノンスパイススープ
 REGULAR レギュラー ピリ辛スープ。当店の基本のオリジナル・スープです。
 HOT1 ホット1 メディスンマンワールドにようこそ!まずはここから始めてみては? ¥50up
 HOT2 ホット2 当店自慢のスープにベストマッチの辛さ。¥100up
 HOT3 ホット3 辛いのが得意な方、追求したい方におすすめです。¥150up
 HOT4 ホット4 ガツンとくる辛さの中にもうまみがぎっしり! ¥200up

HOT4以上の辛さもお作りします。気合いを入れたい方、もっと刺激が欲しい方、お気軽に店員にお申しつけ下さい。

LUNCH TIME SERVICE ランチタイムサービス
 月曜~土曜 11:30am~2:00pm(日曜、祝日は除く)
 ・カレーメニュー(スープカレーヌードルを除く)¥100挽き
 ・カレー御注文の方、全ドリンク¥100引き

TOPPING トッピング
お好きなものを1品でも全品でも
 ・岩のり ¥110 ・チーズ ¥110 ・はんぺん ¥110 ・揚げゴボウ ¥110
 ・オクラ ¥120 ・ごまネギ ¥130 ・オクラ納豆 ¥140
 ・エビ団子 ¥170 ・揚げちくわチーズ ¥190  ・イカフライ ¥200 
 ・舞たけ ¥220 ・しめじ ¥220  ・ソーセージ ¥220 
 ・ベーコン ¥260 ・チキンレッグ ¥360


というところの、選択ですが、この日は、「ポーク」の2HOT、ごまネギトッピング。

周囲を観察していると、アメリカの道路標示っぽい店内の飾りをはじめとして、
アーリーアメリカンな気持ちが盛り上がる小物もいいです。
おそろいのTシャツもアジです。
店内は、親子連れ〔三世代〕から、観光客から、
サラリーマンの2人連れから、カレー好きのお一人様から、幅広い客層です。

そう、メディスンマンのキャラクターであるネイティブアメリカンをあしらった
カレンダーが壁に貼られていますが、
こちらを差し上げますので希望があるかたはスタッフまでなどと書かれています。
そんなのを観察したり、スポーツ新聞とかを読みながら、
まつことしばしでよい香りとともに登場をしました。


オレンジ色の半透明系の澄んだのスープに軽く散らされたバジル
そして、たっぷりと入った野菜やそこに隠れているだろう、あまたある具材がいい感じです。
ライスも淡く色のついたターメリックライスで横にレモンが添えられています。

では、「いたーだきーます」
まずはスープを一口。

見ため通りの澄んだ味わいがなんともいいです。
オレンジのベースになっているのはトマトでしょうか、こり軽い酸味が
あっさりすっきりとした飲み口に影響を与えるとともに、スープにウマ味をもたらしてくれます。
トマトは酸味だけでなく、甘みと旨みの塊ですし、この味わいが
存分に出てきているところがまずはいいです。

このあとから追いかけてくるウマ味とこくも素敵です。
この味わいがあくまでもさわやかな感じでスイスイといけます。
チキンスープのようなあっさりながらも、しっかりと味わいを出している
肉系のウマ味とのハーモニーもはずっちりですし、塩分の効き方もさりげなくいいです。
さらに飲み終わったら、ほんのりとただようのは、ナンプラーのような魚系の香り。

この組み合わせがヤミツキになれりそうです。

だからカレースープではあるのですが、この複雑なうまみは
どこか、こだわりのラーメンのスープにも通じる味わいです。

こちらは二毛作店で、定休日に「メディスン麺」という名で
ラーメンを提供していますが、納得です。

ただし、ラーメンスープと違うのは、味わい続けると辛さがしだいに
ボディーブロウのような感じで蓄積されてきます。
この辛さが突出しないのも、スープの持つしっかりとした味わいの強さで
これがあるが故のスパイスの刺激です。

この極上のハーモニーはめちゃくちゃウマい。
一口目の最初の印象はすっきりとさわやかな和食にも通じるようなアッサリとした印象で
ダシのウマ味がまず出てくる感じなのですが
次第にじんわりときいてくるほかのスープのうまみにさすがの2HOTの辛味

こんな波状攻撃僕は大好きです。

すっきりとしたのみ口はスイスイといける感じでありながら、辛味、うまみ、コク
このバランスの絶妙。ささすが札幌のスープカレーはレヴェルが高いですね。

こちらは、名店「マジックスパイス」で修行をされたかたが出したお店なのですが
「マジスパ」よりもすっきりスイスイと楽しむことができるスープです。
〔マジスパはマジスパで、あのカオス感が魅力なのですが〕

しかも、具材もそれぞれが丁寧に調理をされています。

ゴロゴロンと入っている豚角煮は、中までやわらかく煮込まれて
軽くかむだけで、口の中でホロっとなりながら肉滴と、しみこんだカレーを
口の中に流し込んでくれるしろものです。
しかも、山のような野菜を軽く崩したら、その下にもゴロゴロと隠れていました。
このサプライズもウレしいです。

ウマウマのジャガイモは、軽くクリスピーに揚げられた皮と
中のホコホコのバランス・アクセントが好みですし
にょきっと突き出して、皿の中でも存在感がありまくるにんじんも
表面のしっかりと油通されて軽く色が変わっているところと中のやわらかくもアマいのがいいです。
キャベツは軽くコゲがついていまして、キャベツのコゲが味わいに昇華していますし
調理された油の味わいとキャベツ自体のあじわいは、野菜炒めでも食べられるようなもの。
そもそもキャベツ時代もアマいです。

大胆にカットされたオクラとか、肉厚なピーマンとパプリカ
それ自体もジューシーで、しかもスープシミシミで
エラいことになっているナス。
見え隠れするシメジやえのきにも秋のニオイを感じます。

トッピングのごまネギは、油の香りも、ごま自体の香ばしさと、
白髪ネギのシャクシャクとした感触とさわやかな辛味が
スパイシーなカレーにはいいアクセントですし、
KINGの風邪トッピングにもどこか通じる感じで
健康になりそうです。

一気に食べた後残りのライスについてきたレモンを
思い切り絞って、ついでに水にもレモンをしぼって残ったスープに投下

とっていたかたゆで卵の黄身を解きつつライスと一緒にいただきまーす。

うまかったー。

「ごちーそーさまーでした」

と、思ってどんぶりから顔を上げると
ぷんと漂う魚醤系の発酵香りがいっそう強くなります。
ダシのウマ味にも鰹節を感じましたし、そんなに主張しないものの
さりげない魚系っていう奥ゆかしさが、またいいです。

惜しむらくは、ここも生&半熟系の卵のメニューがないんですよね
残念。

次はメディスン麺でラーメンを食べようかなぁ。




☆「SOUP CURRY SHOP MEDICINEMAN」
(北海道札幌市中央区南12条西10丁目1-18グッドビル1F)
◇営業時間◇11:30~15:00、17:00~22:00(月~金)
11:30~22:00(土・日・祝)
◇定休日◇火曜日、水曜日 ◇駐車場◇有り






あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。


ラジオにあったコーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」をクリックしてくれれば、
見ることができます。

よろしければ。




かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした(´・ω・)ノシ
来週の今頃は、カープ観戦ツアー第二段で、広島に乗り込んでいる予定。
チームの調子も少しずつですが上がっているので、どうなることやら。
とりあえずは、一所懸命応援します。

ただ、先週の土日は大変でした。
ゲームの結果もさることながら、本当はゲーム前に食事を済ませてから
応援に専念する予定でしたが、球場入りしたのが17時50分と、
ゲーム開始10分前。これでは、何か買う余裕もありません。

本当は、クレイジーケンバンドの小野瀬さんオススメの
メンチカツが売っているハーベストさんで、メンチカレーを買って
食べようと思ったのですが、そんな余裕はありません。

ただ、さすがの横浜スタジアム。ビールの売り子さんとともに
崎陽軒のお弁当の売り子さんも回ってきます。
なら、席に座りながら、横浜を食らわん!! という作戦です。

本命はカレーでしたが、久住巡礼もしますので、
そんな旅行にはふさわしい夕食といえましょう。
ちなみに、久住昌之と並んで「シウマイ弁当」にウルさい男こと、
畏友GMクン(東京に行ったら「シウマイ弁当」を食べなきゃ死んじゃう病 罹患者)も
うらやましがるところでしょう。
ただ、GMクンとGWに神宮球場にカープ応援に行くのですが、
彼は「神宮は崎陽軒あるから、シウマイ弁当食うっス」と言って
楽しみにしていました。
あと、前回横浜スタジアムに来たときの同行者、畏友p氏は、シウマイ弁等ではなく、
シウマイ10粒を買って食べながら
「どこまでいっても、シウマイだ」などとゴローちゃんっぽく
のたまっておりましたっけ。

ただゲームがはじまったら、来る頻度が減りました。
あれ?、あれほど頻繁に来ていたのに。

3回裏の、2アウトあたりで、ようやく歩いている売り子さんを発見。
呼び止めて、お弁当を購入。
「ハマの炒飯弁当は、売り切れです」
「シウマイ弁等は」「あ、それならあります。」
ああ、よかった。

3回の表は、お弁当をキープしながらカープの攻撃を応援
そして、4回のウラ、売り子さんから買ったシウマイ弁当でモグモグタイムです。

今まで、シウマイ弁当は、新幹線の中〔基本〕とか、寝台列車の中とか、
飛行機の中とか、空港とか、自宅とかで食べていますが、
球場で食べるのは初めてです。しかもハマスタですからテンションがあがるのと、
ハラペコなので、早速いただきます。

ドラマも好調な「食の軍師」では本郷播と力石は、
ビールでいただいていますし、〔このシーンもドラマ化されるのかなぁ??〕
後述しますが久住昌之氏もビールとの親和性を力説しています。
さらには、球場で4月上旬とはいえ、そこまでサムくないので、
ビールでいただきます。

看板であるコダワリのシウマイ(と書くのもこのお弁当のこだわりです)は
「口の中でブタとホタテが組んずほぐれつしている」ウマいもの。
そう、カラシモリの儀も忘れません。
さらには、残ったカラシをかまぼこにもつけて
板カラを作って、ビールのあてにします ウッシッシ
ただし、ハマスタの外野席は、若干狭いので、
手元が狂って、均等にからしはつきませんでしたが、感じ感じ。

あああ、野外で食べるシウマイは美味しいなぁ。
外で食べているということで、列車の中で食べるのとはまた赴きも違いますが、
このお祭りのような空間で味わうシウマイは最高です。
他にも鯖の照り焼きも味わい深い。
小さいながら存在感のある鶏から揚げも、味が染みて飯が進む、
たけのこをしょうゆで煮たヤツに、彩りばかりでなく、味もしっかりおいしい、
玉子焼きとカマボコまで、スゴくオイシイです。

というか、説明が全部「弁当の軍師」のものですが、
これ読んだら、もうそれ以外の表現なんて、思いつかないです。

久住さんの著作「ひとり家飲み通い呑み 」[日本文芸社]の中にも、
其の十 「シウマイ弁当 de 缶ビール 」という項目がありまして、
氏は「崎陽軒のシウマイ弁当の完成度には、何度食べても感心させられる」
と言っているのです。
おかず能力とつまみ適性、ともに最高なのです。

ラズウェル細木さんも「なぜ今日もシウマイ弁当を買ってしまうのか」(集英社)という本を書いて、
ウンチク満載で、取材も綿密にされているということで、読み応えがある本でしたし、
氏なりのコダワリの食べ方たの手順も書かれていましたが、
インパクト的には本郷氏の勝利です。軍師初勝利でないですか。

あと、泉昌之名義で書かれた、伝説のデビュー作「夜行」の弁当箱の形が
「シウマイ弁当」のもので代用出来ると気がついたのが、
梅本ゆうこさんで彼女が自身のブログが書籍化された「マンガ食堂」の中で言及されています。

というか、「夜行」の弁当を再現するっていうのもアレですが、
デビュー作に「シウマイ弁当」のフォーマットを使ったがっかり弁当を持ってくるところが、
最初から久住DNAが炸裂しています。
それにしても、あのがっかり弁当の「ゲッ、これはニクではない、タマネギだ」のセリフは、
「やっぱり男はキンピラゴボウよ」「これは、ちょっとしょっぱい」などとともに、
刻み込まれています。

ただ、まさか「旅になんか出るんじゃなかった」って「夜行」・「天食」と通じる鉄板のオチで
笑わせてもらえる本郷に、四0才過ぎた今に成ってまた巡り会える僥倖とともに、
こうやって、本まで作ってしまうことにビックリです。

あと「やっぱり男はキンピラゴボウよ」と同じフォーマットのコマがあったという
アソビゴコロもタマりません。

そんなことを頭にグルグルさせながら、この時は「野球なんて見るんじゃなかった」なんてことには当然ならずに食べ終わって「ごちそうさま」をしますが、
その間に、ワンナウトから、筒香選手、ロペス選手と連続ヒットで出て、
続く、ハマの使徒バルディリス選手の犠牲フライで、
先制したカープは、あっさりおいつかれます。

前回も、食事を買いに行ったスキにモーガン・梶谷亮選手に
タイムリーを打たれたこともありました。
だから、席を離れなかったのにぃぃぃ。

ただ、この時は、動転だから、まだ勝てるだろう。
などと思っていたのですが、

ああああ、梶谷ぃぃぃぃぃぃい
ああああ、ヒースぅぅぅぅぅぅ

「野球なんて見るんじゃなかった」という気分で、
ホテルに戻ったのは言うまでもありません。


ただ、翌日は切り替えて、
大手町ラーメンで、ごきげんげんちゃんになって、
その余勢をかって名古屋に乗り込む。
シロノワールも美味しいし、いい感じ。

前日と違って2時間前に球場に入りまして、
17時過ぎて、カープの練習時間が終わったので、
まだシロノワールが胃に残っていますが、ゲーム前に食べ物を確保して
ゲームに集中しようという考えです。

が、最初狙っていたCOCO壱のカレードッグが、球場内では買えないということに
この時点で気がつきます。
球場の入り口には、「再入場は出来ません」と書かれています。
球場内からの連絡通路とかもないですし、
外で買ってから球場に入らなければいけないんですね。
やはり、カレーを食うにはハードルが高いナゴヤドームです。

2日連続で、本当はカレーを食べようと思っていたのですが、
両日ともその機会をのがす痛恨のミスです。

だからといって、今まで食べたもので日和るよりは、
何か違うものを食べようということで、球場を一周。
そういえば、開幕前のニュースで、
ナゴヤドームは、今年複数の新店をオープンさせて、
満足度をアップする取り組みをするって書いてあったのを思い出しました。

そこでぐるっとまわって、気になったのが、
「つまみ天下」さんの、鶏皮餃子です。
腹にシロノワールが残っているので、米はいいかなぁ。
あと、ビールがあれば、ゴキゲンです。

自分の席に戻って、ヱビスビールを飲みながら
ドアラが選手と一緒にブラジル体操をしている様子を見ながら
いただきます。

カップの中に、軽く揚げられた小ぶりな鶏皮餃子が
ごろごろっと入っています。
ああ、小麦の皮であんを包んだ餃子ですら美味しいのに、
それが、鶏皮になったら、うまいに決まっています。
うまいものをうまいもので包む相乗効果。
ああ、美味しいなぁ。

ワカコ酒で、手羽餃子を食べたワカコさんも
同じようなこと考えていましたって。

しかも、皮が軽く揚げられているということで、
パリパリになっているのが、また、なかの軽くニンニクの効いた
餡とよくあうのです。

この脂、この肉滴、このニンニク
ビールに会わないはずがありません。

ああ、美味しいなぁ。
ということで、シロノワール効果で満腹です。

さあ、がんばって応援するぞ。

と、思ったのでありましたが…




うん、切り替えて、来週の土日はがんばって応援するぞ!!







かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした(´・ω・)ノシ


今年の初カープ応援遠征。
地味に休みが取りやすい時期とはいえ、ハマスタ1試合、ナゴド1試合にしたのは、
巡礼を考えてことです。

ハマスタで延長12回の末サヨナラ負けをして、4時間30分を超える応援で疲れきった前日。
幸いとこの日の宿が、ハマスタの横なので、なんとか復活をすることできたなか、
朝飯がカレーだったので、ウッカリ大目に食べてしまったりと
軽いミスこそあれ、無事9時45分にチェックアウト

10時関内駅発の京浜東北線に乗って東京駅についたのが10時45分。
そこで、名古屋へ移動する新幹線の切符を買ったりしていると
開店時間の11時に近づいてきますので、大手町へ向かいます。

丸の内口から、JRの高架下にある道沿いに北へ。
大手町味の散歩道と書かれたガード下の道を進んで、
高架下から日本橋側にわたりまして、一気に雰囲気が変わった、
薄暗い大手町のガード下を東京駅の日本橋側へすすんでいくと、
黄色い地に黒でラーメンと書かれた看板を発見。

あれです。

孤独のグルメ「大手町の博多とんこつラーメンライス缶詰付き」に出てきた
「大手町ラーメン」さんです。
確かに、「こんなところにポツンとラーメン屋」です。

外には博多とんこつラーメンの張り紙がありますので、
「トンちゃんしばらく入れてない」 とゴローちゃんっぽくツブやきます。

さらにここで「もう東京駅まで我慢できそうにない 〔って便意じゃあるまいし〕」
ともつぶやいて、気分は「腹が、…減った」 ポンッ、ポンッ、ポーーン♪
と、ドラマ版のゴローちゃん。

ま、正直朝飯を食べ過ぎたせいもあってそこまで空腹ではありませんでしたが
感じ感じ。

確かに、中が見えないタイプのお店でゴローちゃんが逡巡する理由も
かります。この高架下の薄暗いなかで、一軒だけぽつんと開店している
なぞのロケーションお店ですから。

が、僕は「ちそうさ~ん」というサラリーマンこそいないですが、
躊躇なく入ります。

中へ入ると、開店直後ということもあって、先客はお1人。
マンガのとおり、入り口横に自販機があります。
確かに、オススメの「スタミナラーメン」にひかれますが、
私も、ゴローちゃん同様、とんちゃんを入れるべく
「初志貫徹」ぶれることなく、博多とんこつラーメン敢行

こちらへどうぞ、といわれて、カウンター席に腰を下ろします。
カウンター席は、6席程度があって、入り口から3席目を確保。
ほかにも、テーブル席が10席程度で、そんなに広くないです。

机の上には、辛子高菜、すりゴマ、紅生姜、胡椒、おろしにんにく、
酢などが並んでいます。

「これが頼もしいライスのお供になるのだ」です。
そして、横にふりかけもあります。
「これは楽しくなってきたぞ フンフ~ン♪」です。

そして、「とんこつラーメンには半ライスか替え玉がサービスになりますが」
の一言に、「あ、半ライスで」と軽やかに応じます。
ゴローちゃんのこの一言はトラップの入り口ですが、僕は大丈夫。
「得しちゃった」の一言も忘れません。

さらに、店内を観察し、「一刻者」をはじめとして、酒のボトルがずらっと並んでいます。
その横には缶詰もあります。ここまで原作とおり。
ただ、さんまのみそ煮缶がなかったので、さんまの蒲焼をお願いします。

「ふふ 酒飲みの肴で飯を食うのってなんか痛快」
と、いいながら「下戸の大逆襲」と内心で考える
つくづく酒の飲めない日本人であるゴローちゃん。
「ふふ ますます楽しくなってきたぞ」とテンションもあがっています。

この話を読んだときは、ここは巡礼するときは酒やな、問答無用で。と思ったのですが、
前日、やけ酒という名の痛飲をしたのでお酒はパスです。

まずは、さんまの蒲焼缶がお皿に出されて提供されます。
うん。この味です。
たまに食べたくなる、このチープな味わいがたまりません。

ま、このあと、ご飯の相方としてもがんばってほしいので、
ちびちび食べがら、まつことしばしで、
登場したのがとんこつラーメンライス付きです。

すでに出ている、さんまのみそ煮缶とあわせて、
「缶詰が加わったことで/完全食になったぞ」と自画自賛。
僕も、蒲焼缶詰ですが、これはもう完璧な布陣です。

ライスは半ライスといいながら、お茶碗いっぱい入っています。
そして、この香り、たまりません。トンちゃんの香りです。

ゴローちゃんは、ラーメンには、イキナリ胡椒に高菜と紅生姜
紅生姜はご飯にものせて、その上からふりかけをかけまして
「食べる前にいろいろチューンアップするのが、ご機嫌げんちゃん」
と久住節を炸裂させていましたが、まずは、このままのラーメン味を
いただきましょう。

ラーメンはミルキーな色合いのいかにもな豚骨スープに
麺が見えないくらいたっぷりと乗せられたきくらげに、小口きりの青ねぎ
その下に、チャーシューと、味付け卵も見えます。
おー、これこれ。って何がこれこれなのか。

一口麺をすすりますと、固めの極細麺が博多です。
この硬さが、とんちゃんしばらく入れてない身としては、うれしいです。

こちらは、ストレート極細麺と、特注極太麺と、白河手もみちぢれ麺
の三種類のこだわり麺を選べて、
とんこつが極細、スタミナが極太、東京が縮れ麺のようです。

この王道の麺の味わいにぴったりくるのが、
濃厚ながらも、脂でギットリしているけではなく
さわやかでみやすいスープです。
香りは十分のとんこつ香。でもそこまで、とんこつの香りが、
嫌味な感じになっていなくて、美味しさに昇華されています。
あー、美味しいなぁ。

うん、これはいい。

ねぎも、きくらげもたっぷりなところが、この濃厚ながらもスイスイいける
スープとあっていて、ウレしいです。

よし、ここで、辛子高菜と紅生姜を投入。
辛子高菜は、唐辛子の色で真っ赤になっています。
軽くスープの色が変わるのがいいなぁ。

そして、すすると、この濃い味わいをさらに濃くする高菜の味わい
そして、さわやかな味わいをくわえる紅生姜がいいなぁ。

それでカスタマイズをしたやつを一気にすすります。

うん うん 博多 博多 はぐ もぐ

そして、ここで満を持してライスにも行きます。
それは、原作で、ご飯足りなくなる問題
食の軍師では「米騒動」といっていたソレを起こしたからです。

まずは、缶詰でご飯をいただきます。
サンマをほぐして 飯にのせ  「あぐ  ああ コレ 好き」
この安ウマ感 外じゃなかなか味わえないよ
缶詰でこその 家おかず感! 「むぐ」

そして、ラーメンを食べながらご飯です。

辛子高菜もいい 
紅生姜ってのが また米に合うん ですよ
でも とんこつラーメンにもいい。
若い頃 スープが赤くなるほど入れたっけな……ハハ バカだ
でも缶詰はなかなかいいぞ。

ああ、ゴローちゃんリアクションがいちいちしみます。

そして、今度はまだ汚れていない白飯をレンゲでスープにひたして

ズウウ

「うー こりゃ」 ほーら、うまいに決まっている。

と、豚骨スープ浸しご飯を味わいます。

あああ、うまいなぁ。

そして、ゴローちゃん同様に、このとんこつスープ浸しご飯もチューンナップ。

今度はサンマのかけらをのせて
あとはベニショー。
スープにひたして、
「ズウウ」「うっ」 うまい…これもありだな

薬味 ラーメン ラーメンの具
飯 缶詰 組み合わせ無限

まさに自由自在。

と、大満足です。わかるわかる。

それにしてもベニショーって、
パワーショベルで削った丘の上の家で、ビックマネーをたたきつけたりして
どわぁるぅえむぉぐわぁぁぁ~ウォウウォウォウウォウォ~♪
と歌いだしそうな勢いです。


久住氏原作つながりで言うと、とんこつラーメンにライスひたしをヤっているのは
「芸能グルメストーカー」の優香ですね

それに対して、本郷に「かーっ邪道なり!」と言わせてなかったか、久住センセイ

優香が頼むラーメンライス。そのライスをレンゲにとって白いスープをすいこませて食べるという。
本郷播は「邪道」と切り捨てながらも、「げっ、うめぇ」などと言っていますが、

じっさい私も白金のまるきんラーメンに言って「優香」飯を頂きましたが、
「げっ、うめぇ」と オイしくいただきましたよ。
それ以来のとんこつスープ浸しご飯です。

でも、ヲレ北海道で、あほほどこうやってスープにライスをひたして食ってるよな。

そういえば、本郷播が芸能グルメストーカーでした妄想は以下の感じでした。

「優香といえば、噂にのぼった男が数知れないモテモテタレント。
その優香が好きなラーメンが「まる金ラーメン 白金店」
博多ラーメンにライスを頼むという優香のオーダーをまねする。

ラーメンにはうるさい俺(主人公)だ。ラーメンにライスなど邪道!
そう思っていたのだが、こってりスープにごはんがなじむ!
わかった!
優香はああ見えてかなり濃厚!(断言)
過剰に求めてきて、具合もいい!(妄想)
男だったら金玉いくつあっても足りんぞ!!」

バカですねー。
思わずそんなエピソードを思い出す、とんこつスープレンゲひたしご飯です。

ラーメン、ご飯、さんまの缶詰の無限ローテーション。
これは、楽しすぎます。

チャーシューもやわらかくて、肉の味わいがしっかりとしているし
肉滴や脂まで美味しい。

黄身が半熟気味な味付け卵もいい感じですし、終盤を盛り上げてくれます。

薬味 ラーメン ラーメンの具 飯 缶詰 組み合わせ無限
まさに自由自在

です。

そして、ゴローちゃんが
「替え玉がデフォルトなのか、麺少なめ」といってますが、
今の僕には、この麺の量とご飯の量がちょうどいいです。

ということで、半熟卵の黄身ご飯でしめて、ごちそうさまでした。


あああぁ、大満足です。

気がついたら、店内は残り席があと2つという混雑ぶり。
まだ11時20分なのに。

人気店なんですね。

と、なっとくして、ごちそうさまでした。
次来るときは、スタミナ豚骨で、極太麺を食べながら酒盛りだな。
その時には、さんま味噌煮缶があればいいなぁ。

そして、ゴローちゃんみたいな人が来るといいなぁと思いながら、
「ちそうさ~ん」といいながらお店を出ます。


そして、来たのとは違う側の道から東京駅に戻りますが、
有楽町~新橋のガード下にあった「まだん」さん界隈よりも
濃厚な場末感にして、頽廃的なブレードランナー空間。
上にJRのいろいろな路線が走っているので、一日中日が当たらない空間にして、
饐えた空気が流れています。

そこここにある、屋台とか、自転車も不思議な空気を盛り上げます。
この濃厚で不思議な空気。思わず写真を撮ろうとしたのですが、やめました。
それは、路上で寝ている人がいたからです。

よく見ると、そこここに、
人一人入れるだけのダンボールハウスがあります。

ああ、そういうところなんですか。
ここって、東京駅か5分とかからないところなのですが。

ああ、こんなところにも感動しながら、ナゴヤドームを目指して
東京駅に向かったのでした。


ちなみに、お店のデータはこちらです。

店名「大手町ラーメン」
TEL 03-3231-0441
住所 東京都千代田区大手町2-5-18
交通手段 東京メトロ東西線大手町駅下車 B6出口2分 大手町駅から396m
営業時間 [月~金] 11:00~14:50 18:00~22:00(L.O.21:30)
定休日 土曜・日曜・祝日


ちなみにこの日は、カープはドラゴンズに負けてしまいました。

あああ、イッチーィィィィィィィィィィィ!!!
ただ、ワタシはその場面はラジオで聞いていました。
それは、名古屋駅名鉄バスターミナル、22時30分発の新宿行きの深夜バスに乗るためです。

なぜ深夜バスか。

このツアーを考える時に、ひらめいたのが、
深夜バスで早朝に東京行くと、朝限定のあの店にいけるんじゃね
という。

これは、決行するしかない。

と、思って深夜バスを予約。
名鉄のバスセンターで、「聖蹟桜ヶ丘、府中経由、新宿西口行きです」
と聞いて、びっくり。中央高速経由とは聞いていましたけど、そこでとまるんだ。
聖蹟桜ヶ丘といえば、大学4年間通った町です。これも何かの運命ですか。

このバスは4列シートだったのですが、栄のバスセンターを過ぎてから
オちて熟睡して目が覚めたら、八王子インターでした。

その後、夜明け前のなつかしい聖蹟桜ヶ丘駅を見たりしながら
新宿に到着したのが5時40分をまわった時間。
この時間から新宿駅はにぎわっています。
5時47分発の山手線に乗って日暮里へ。

こんな時間帯の山手線なんて、コミケの時に乗って以来です。
でも、普通に込んでいます。これなら10時台のほうが空いています。
日暮里で降りて、6時16分発取手行きの常磐線に乗り換えて
南千住で降ります。

荷物をコインロッカーに預けて、山谷目指して歩きますが、
まだ7時前のこの時間からあいている赤提灯があります。スゴいなぁ。
昭和な空間に入る東京スカイツリーの違和感が面白いです。

泪橋の交差点を超えて、セブンイレブン世界本店を通り越すと
一挙に歩いている人の年齢層があがります。
これが山谷です。

昭和がそのままなレトロな街並みとか。
路上に座り込んでいる老人が朝から見受けられる
独特の空気です。
さすがに朝から酒盛りはないですが、そんなんでもおかしくない雰囲気。

第一話からここって、雑誌もコミックも方向性が定まっていない時期ならではの蛮勇です。

でも、大手町ラーメンから徒歩一分のところにも
ホームレスの人がいたので
20年以上も変わっていないのかな??

駐車場と交番の間を曲がりますと、朝7時前なのに、人が路上に
たむろしています。そして、お店の前に止まっているおびただしい自転車。
はたしてお店は、開いています。

やったぁぁぁぁぁ!!

ここに来るのは4回目。はじめて営業している姿を見ました。
最初は場所のチェックだけでしたが、その後2回、巡礼目当てでした。
お目当てぶた肉いためが夜しか食べられないということで、
夜営業が始まるらしい17時に行ったのですが、
その時、二回とも休業でした。
調べてみたら、最近は夜営業をやっていないことのほうが多いらしい。

なら、ぶた肉いためよりもお店にいくことを優先しよう。
というわけで、今回は朝の7 時前に空腹なシチュエーションを作った
というわけです。
思えば初めてここに来たとき、罵声とともに、人が人を何発も殴る
ボクッボクッという音がしました。
それにビビって、逃げるように帰った私とその時の同行者、畏友p氏でした。
そんなこともありましたが、この日はそんな様子はない。

そう、孤独のグルメの記念すべき第一話
「東京都台東区山谷のぶた肉いためライス」のお店 
きぬ川さんです。

よし、ここまできたら勇気をもって中へいこう。

ゴローちゃんが
「焦るんじゃない 俺は腹が減って いるだけなんだ
腹が減って死にそうなんだ。"めし屋"は...どこでもいい、
"めし屋"はないのか

ええい!ここだ 入っちまえ」
と入ったお店です。

この掲載当時からほぼそのままの店構え。
ただ暖簾が妙に白く新しい感じです。
初めてきたのにも関わらず、なんともきたかように感じる
既視感の風景。
これが巡礼の醍醐味です。

すりガラス越しに人の姿が見えます。

ええい!ここだ、入っちまえ。
とのれんをくぐって、アルミサッシのドアをガラガラと横開き

中には4人がけ程度のテーブル席が4つあって、
それぞれの席に一人ずつ人がすわっています。
僕もそのなかで、納豆をかきまわしているおじさんのななめ前の席に
こしを下ろして店内を見ます。

お店には、あのマンガの女性をそのまま20年経過したような女性のかたが
注文にきました。

「何つくりましょうか。」

店内に貼り出されたメニューには「豚肉炒め」「豚汁(小)」「御新香」「御飯(中)」
などの文字が。これは、いけるのか?

ゴローちゃんは
「俺はできるだけ物おじせずハッキリという。注文を聞きかえされるのはやっかいだ。」
といってますので、私も、物おじせずにハッキリといいます。
「ぶた肉いためとご飯ください」
「ごめんなさい、今、お肉はできないんですよ、卵と、魚」

がーんだな。

「夜のみ」と書かれているメニューはなかったので、ひょっとしたら、
と思ったら、やはりないですか。残念。
ウインナー炒めは、メニューにすらありませんでした。

それで、魚という気分ではないので、
「卵は何ありますか」
「目玉焼きと、卵焼き」
ハムエッグは、昼飯に日暮里で後づけインペリアルをする予定なので、
この日はパス。
メニューにオムレツとあって、僕の斜め前の人がそれっぽいものを
食べていたので、「オムレツ」といったら、「オムレツもない」とのこと。
なら、このおじさんが食べてるのは、これなのか?
と思って「じゃ、卵焼きと、味噌汁」と注文をします。

おかずは、ガラスケースにも入っていて、そこのがなくなったものから終了
というルールがあるみたいですし、
お店のかたもも高齢なので、複数メニューは難しいのかな。
「何かつける?、納豆とか、おしんことか」
「お新香は」「きゅうりと、だいこんと、ほうれんそうのおひたし」
「きゅうりで」


注文を終えて、出てきた番茶を飲みながら周囲を観察します。
静かな空間をさわやかにするのが、NHKおはよう日本の
上條アナです。そんなニュースを見たりしながら食べている
お客さんは僕以外に4人。そのうち3人が帽子をかぶっています。
これが、ある種の美意識です。

そして、さらに入ってくお客さん。
席に着かずに、ガラスケースの中をじっくりみたり、
おひたしにかつおぶしをかけたりしています。
なんだか、ここだけ時が止まっているかのようだ。

などと、孤独のグルメ台詞を頭の中でグルグルさせていると
朝食が来ました。

うわあ、朝からなんだかすごいことになっちゃったぞ。
とはなりません、豚がありませんでダブりようがないです。
れにしても、前のおじさんが食べていたので気がついていましたが、
このプレーンオムレツような卵焼きの色がきれいで
くずすのが、惜しいかんじです。

お店のかたが、「ケチャップ、かけます?」というので「はい」と言うと、
目の前でたっぷりかけてくれて、ますますオムレツっぼいです。
ご飯はつやつや
マンガには、ライス、量多し。と書かれていますが、大振りのお茶碗に
ぎゅうっと詰め込まれています。
これで「中」ということなので、大盛りだったらどんなことになるんでしょうか

きゅうりのお新香もいい感じですし、蜆汁もうまそうです。

では、いただきます。

卵にはしをつけると、お、ふわっふわです。
そして、箸でわったところから、軽く湯気がたちます。
これって、おそばやさんとかで出会うことができる
あの、卵焼きです。
もう、この時点で美味しいこと確定。

中身のふわとろさで、口の中にいれると軽くとろけます。
濃い黄身の味わいが熱されて複雑になったところに
白身が熱された穏やかな味わいがかさなる。
卵のやさしい味わいが生かされています。
蕎麦屋の出汁がきいているタイプではないですが、
素朴に美味しい。
表面の微妙な硬さと、中のやわらかさのバランスもいいですし、
ケチャップの味をもうけとめてくれます。
でも、このやわらかさと味わいならば
しょうゆと、大根おろしで、星を生んでみるのもいいかも。
予想以上の美味しさに満足しながら
蜆汁をいただきますと、

迂闊に飲むと火傷しそうなほどに熱々なのがうれしいですし、
前日はバスの中で寝られなかったらどうしよう。ということと、
カープが負けたので自棄酒半分で、バスに乗る前から車内まで
大目にお酒を飲んでいたので、この胃腸状態で
しじみじるの滋養あふれる味わいがありがたい。
食の軍師に出てきた
しじみじるは体にいい体にいい です。

ご飯も、少し水分多めな感じですが、しっかりと美味しいですし、
きゅうりのおしんこも正解でする

ぶたづくしではないですが、漬かりぐあいもちょうど良くって、
すっごく爽やかな存在です。

この組み合わせの王道朝食でヘルシーな気分。

しかも、食べている途中に入ってきたお客さんが、
ガラスケースを覗いたあと、
「鯖と、お新香と、ご飯の中」
「どうします」
「持ち帰りで」と会話をして

おおおお、生、持ち帰りだ。

「持ち帰り! そういうのもあるのか」
と右腕で頬杖をつきながら呟くのも忘れません。
いいみの見せていただきました。

ということで、全部いただきまして、
「ふう、うまかった...」

腹ははちきれそうだ...さすがに朝から食いすぎた。

とはなりませんでしたが、お会計をすると、これで500 円って、お得です。
なにより全部の品がしっかり美味しかった、
この外見にシチュエーションと味のギャップが
このお店を第一話に選んだ理由ですかね。

「なんだかあったかくて いい店じゃないか」
というゴローちゃんの感想を思い出します。

しかし結局 この店の中で食う客ってのは ほとんど飯より酒の客なんだな。

とゴローちゃんが思った飲み客は、この日はいませんでしたが、
また再訪したときは、お酒いただいてみたいなぁと
強く思って、

おれはゆったりと店を出る。
おそらく...俺はあの店には不釣り合いな客だったんだろうな...。


ようやく明治通りに出た。
タクシーが来れば乗ろう。
来なければ歩いて地下鉄日比谷線の三ノ輪駅に出ればいい。
そう思った。

俺は得体の知れない奇妙な満足感を味わっていた。

ま、僕の得体の知れない奇妙な満足感は、
孤独のグルメの単行本に出てきたお店をコンプリートしたことによるものです。

などと思いながら、南千住に戻ったのですが、
あさ7時過ぎのこの時間に長居できるお店って、
ネットカフェくらいないですね。

と、いうことでネットカフェでしばしまったり、
11時になったので、常磐線にのって、三河島。
三河島から歩いて日暮里繊維街を目指します。
目指すはあの店ですが、
お店の前に行ったら、ショーケースに板が張られている!!
見ると、4月4,5日、都合で、臨時休業します。
との張り紙が張られています。

がぁぁぁぁぁん
またですか。

というわけで、漫画『孤独のグルメ』に登場店コンプリートとはなりませんでしたが、
次の上京の楽しみが増えたぜ。

と一人ごちて、日暮里を後にしたというわけでした。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした(´・ω・)ノシ
現在は、先日のナゴヤから深夜バスで移動し、早朝の巡礼を終えて、東京某所に潜伏中
あと一つ昼に巡礼をカマしてから北海道へかえるイトー×aniでございます。


あああ、昨日のカープvsドラゴンズも、返す返すも残念です。
今季初遠征、連敗です。2日とも接戦だったのになぁ

が、ま、言ってもしょうがないので、観戦記です。

10時関内駅発の京浜東北線で東京を目指します。
東京についたのは10時45分。まだ巡礼時間にはやや早いので、
先に新幹線の切符をおさえてから、巡礼場所である大手町へ向かいます。

その後大手町で「とんちゃん」を入れて大満足。詳細はまた後日。
東京駅へ戻る途中の道も独特な雰囲気があります。

そして、のぞみ31号で名古屋へ。
この日は窓際の席を確保することが出来ましたが、
あいにくの雨天ということで、いまいち景色を楽しむことは出来ませんでした。

名古屋に着いたのが、13時49分。
新幹線と一緒に買った乗車券が、名古屋市内有効なので、
中央線に乗り換えて大曽根駅を目指します。
13時53分発高蔵寺行きに乗って、大曽根駅。
そして、14時10分発高蔵寺行きゆとりーとラインにのって、
ナゴヤドーム矢田駅を目指します。

今までは地下鉄で向かいましたが、次第に近づくドームというのは
気分が高揚してきます。

駅で降りて、地下鉄のように、ドラゴンズ選手やドラゴンズの歴史がお出迎え
というのはありませんが、見えるドームだけで、テンションが高くなります。

開場時間が16時なので、球場前のイオンの本屋さんで週ベを買ったり、
コメダ珈琲で、シロノワール〔ミニ〕を食べたりして時間をつぶします。
が、もうすでにこの時点でアカいユニフォームを着ているお客さんが
ボチボチいます。
あ、あの家族連れ〔推定〕は6人全員がカープユニです。気合が入ってるなぁ。

16時を回ったので、ドームへ。
入り口に近づくと
「中日ドラゴンズの山井大介です。ナゴヤドームへようこそ」といった
アナウンスが流れます。
今日の先発だからか、それとも通年のサービスなのかはわかりませんが、
QVCにいったときのシャトルバスで流れた選手の声といい、
こういうサービスはいいです。

中へ入りまして、7ヶ月ぶりのナゴヤドームです。
この日の席は5階のパノラマA。この時間に来ている人はさすがにいません。
トイレで赤いアンダーシャツとHIROSE26のユニフォームに着替えて、
自席を養生テープで動かないように固定。
ナゴヤドームの椅子は跳ね上げ式が多いので、今日スクワットするかどうかは
未定ですが、一応念のためです。備えあれば憂いなし。
カープの選手が、バッティング練習、ティーバッティング、守備練習、
ストレッチなどをしているのを見ながら、こういう準備をするのも楽しいです。
バックスクリーンにうつる「強竜再燃」が、「竜投再燃」にならんかなぁ、などと妄想。

ただ、この席はレフトスタンドが遠いですね。早々に赤く染まるレフトスタンドを見て
ややさびしくもありますが、ここでもがんばって応援です。

17時過ぎて、カープの練習時間が終わったので、
まだシロノワールが胃に残っていますが、ゲーム前に食べ物を確保して
ゲームに集中しようという考えです。

が、最初狙っていたCOCO壱のカレードッグが、球場内では買えないということに
この時点で気がつきます。
球場の入り口には、「再入場は出来ません」と書かれています。
球場内からの連絡通路とかもないですし、
外で買ってから球場に入らなければいけないんですね。
やはり、カレーを食うにはハードルが高いナゴヤドームです。

とりあえず近場で鶏皮餃子などを買って、自分の席でヱビスビールを飲みながら
ドアラが選手と一緒にブラジル体操をしている様子を見ます。

そして、時間になって国家斉唱。
猪高中の合唱部が綺麗なハーモニーを聞かせてくれます。
歌の力を感じます。ヘンな楽器のアレンジよりもいいです。

そしてゲーム開始。今日のドラゴンズの先発は山井投手。
昨日好調な野間選手はボテボテのピッチャーゴロですが、
続く菊池選手のバット一閃。打球は伸びて真っ赤なレフトスタンドに突き刺さります。
おおおおおおお。専制ホームランです。
さすが破天荒菊池。初回から宮島さんです。

隣の人が盛り上がってスクワットをしだすので、僕も便乗します。
養生テープで固定しておいてよかった。

続く丸選手は四球で出ますが、盗塁失敗。
その後グスマン選手がライト前ヒットを放ちますが、
今日のスタメン6割バッター岩本選手がショートゴロで攻撃終了。

チグハグな面もありますが、昨日よりよくないか。


カープの先発はジョンソン投手。前回のスワローズ戦の好投再現なるか。
1回ウラは、先頭大島選手がセカンドゴロでワンナウトをとるも、
続く荒木選手に、ライト前に運び、ヒット。すかさずスチールを決めて
1アウト二塁です。二塁にランナーを背負うのは初めてのジョンソン投手
ランナーが気になる様子でチラチラしています。
が、平田選手をファーストファールフライにとると、
ルナ選手をフォーボール。当然、初めて出したフォアボールです。
そして続く、現在売り出し中の福田選手が
ショートの左の鋭く抜こうかというあたりを田中選手が横っ飛び、
そのままセカンドにグラブトスをしてスリーアウトです。
すげぇぇぇ、こぉすけぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ


二回表は梵選手、ファールで7球粘りますが、結局三振
さっき、ショートの難しいあたりを裁いた田中選手がセカンドゴロ
石原選手がセンターフライで三凡

二回ウラは、レフト前ヒットで出た先頭エルナンデス選手を
藤井選手が送りますが、武山選手ショートフライ、山井選手三振で切ります。

三回表は、
ジョンソン選手が空振りの三振、野間選手がセカンドゴロで、2アウトから
菊池選手が、レフトへのツーベース、さらに丸選手がレフトへのタイムリー
これで、2点目です。
ここも宮島さんです。わっしょいわっしょい

続くグスマン選手はショートゴロで倒れます。

ちなみに、この日はラジオを聴きながらゲーム見てましたが、
CBCのアナウンサーショートエルナンデスのことを「エルドレッド」と言ってましたww

ジョンソン投手。この2点でなんとか逃げ切れないかなぁ。

が、なかなかそうはウマくいきません。
先頭の大島選手は、ピッチャーゴロに討ち取りますが、
続く前の打席でもヒットを放つ荒木選手に、ライト前にはじき返されます。
そして、一塁牽制がボークをとられて、荒木選手は2塁へ。
平田選手に四球を選ばれて、ワンナウト1,2塁から、ルナ選手がタイムリー 
ランナー1,3塁から、福田選手がライトへの大きい犠牲フライで同点です。

ああああ

続くエルナンデスをショートゴロで攻撃をきりますが、追いつかれてしまいました。


ただ、この日の山井投手、そこまで本調子というわけではなさそうなので、
早い段階で打ち崩してくれー、と攻撃に期待。

ただ、四回は表も裏も三者凡退

五回は、先頭石原選手がショートゴロで1アウトとられた後に
ジョンソン選手がセンター前ヒット。
前のゲームもそうでしたが、バッティングもいいです。
続く野間選手のショートゴロをエルナンデス選手が好捕。
野間の足なら内野安打か、というあたりでしたが、間一髪でアウトでした。
そして、本日すでに二安打の菊池選手ですが、ここは三振で攻撃終了。


五回ウラ、大島選手ショートゴロ 、すでに二安打している荒木選手が 空振り三振
続く平田選手にストレートのフォアボールを与え、しかも平田選手がすかさず盗塁。
ただルナ選手が セカンドゴロで攻撃終了。

6回表、丸選手ショートフライ グスマン選手 ピッチャーゴロ
岩本選手 ショートゴロと、しだいに山井選手に翻弄されつつあるカープ打線。

六回ウラは 先頭福田選手が レフト前ヒットで出て、それをエルナンデス選手が送りますが
藤井選手がレフトフライ 2アウト、武山選手が粘りますが、ショートゴロで 攻撃終了

続くラッキーセブンは、両者とも三者凡退です。


と、いうことで、ここでタイムアップ。続きは後日更新をします。




と、いうことで、

今日は勝つぞ~カープッ
今日は勝つぞ~カープっ
今日は勝つぞ~カープ~!!!!!!






月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。(´・ω・)ノシ
現在も引き続き横浜某所で隠遁しながら、
本日のナゴドでのゲームにそなえているイトー×aniでございます。
つーか、宿の窓からハマスタ見えるって、やはりすげーなぁ。


あああ、昨日のカープvsベイスターズは、返す返すも残念です。

が、ま、言ってもしょうがないので、観戦記です。


仕事をお昼で終えて、千歳についたのが、14時20分。
飛行機は15時発なので、フライト時間には楽勝です。
地元では売ってなかった「食の軍師4」を買ったり、
昼に何も食べてなかったので、軽食をとったりしながら
フライト時間をまちます。

が、搭乗手続きをすませたのちに、
「機材到着遅れのため出発が5分遅れます」

なんだかいやな予感がします。
ここしばらく、何度このアナウンスに泣かされたことか。

ただ、この日はこれ以上の遅れはなく、
無事16時45分に到着。
機内では、いつものように軽く落ちて、気がついたら茨城上空。
お、那珂ちゃんが見えます。
今日はいい天気だったので景色もいいです。

本日は北からアプローチする経路なので、東京湾に出たらそのまま湾岸を飛びます。
逆側の座席だったら、ビックサイトがはっきり見えたでしょう。

そんなこんなで、無事到着
16時53分発、横浜駅行きのリムジンバスに乗り込みます。
京浜工業地帯をつっきる高速経由なので、
鶴見線的な景色を堪能できていいです。

あ、桜が咲いています。
今年はじめてみた桜はJFEスチールの桜でした。
その後も埠頭にずらっと並ぶガントリークレーンを見たりして
バスは快適にすすみまして、横浜駅には17時30分に到着
そこで17時36分発、大船行きの京浜東北線に乗ります。

横浜駅のホームあたりで、ベイスターズのスタジャンを着ている人が
ぽつぽつと増えてきますし、京浜東北にはカープユニの人もいます。
ああ、滾ります。
17時40分に関内駅着。おおお、一年ぶりの関内駅です。
発車メロディーが「ベイスターズ」の曲ってのがいいですね。
外に出ると、ベイスの巨大なヘルメットとDBスターマン、DBきららのポップが
おでむかえ。

私はここからハマスタを通り過ぎて、17時45分にこの日の宿にチェックイン。
すぐに広瀬ユニに着替えて球場にむかい、
開始5分前に、自分の席に座ることができました。
よかったよかった。

その間もあちこちにいるベイスユニを着ている選手を見ては、
「を、ポジハメくん(*^◯^*)だ。」「ポジッてるポジッてる(*^◯^*)」などと
心で盛り上がるのも忘れません。

ということで、四年連続のハマスタです。

中に入ると、外野ファンスの上にLEDリボンビジョン電光掲示板が出来た以外は
その階段の急さとか、いつ行っても、初めて行って興奮した時のことを思い出します。

そう、最初にいったときに感じたのは、
ドカベンの高三夏、神奈川県大会決勝。明訓、白新戦で、
横浜のフェンスはとてつもなく高い的なことが書かれいたのを思い出したのです。

レフト白山フェンスを駆け上がって打球ををキャッチするも肩から落ちる。
この時、不知火「横浜スタジアムは日本一高いフェンスだぜ」といった、あのシーンです。
さらにかけあがって、打球をとった白山はそのまま落ちますが、
なおボールを離さないのを見て、山田「こ こんなプレー見たことない」
里中「敵ながらあっぱれだ」とすっかり賞賛モード。
立ち上がらない白山のために救急車が呼ばれ、不知火も「シロ~~~」と叫んで駆け寄りました。
そんな不知火に対して、試合続行が絶望になった白山がいった一言。
「不知火さん甲子園行ってください」
ええ話しですね。ハマスタの外野フェンスを見ると、いつもこの話を思い出します。
今は、そんなフェンスの高い球場はあちこちで見ることができますが、
ハマスタができたばかりのこの時代に、このフェンスの高さは画期的でした。

さて、席を確保して〔レフトポールの近くで、前から7列目という好席〕
席のよさにも興奮しつつも見ると、レフト側外野席は真っ赤です。
ライト側は真っ青で、さすがホーム。しかも好調横浜ですからなおさらですか。

さて、ゲームに入ると、今日のベイの先発は高崎投手。
野間選手、菊池選手と連続三振。丸選手ショートゴロであっさり終了。
う、札幌ドームでのオープン戦を思い出します。

カープの先発は前田投手。なんとかここで勝ち星をつけてほしいもの。
1回ウラは、若武者関根選手がファールで粘る粘る
お隣のサラリーマン風の人が
「マエケン300球ペースだな」などと言ってます。
結局セカンド後方にふらふらっと上がったフライを菊池選手が華麗に裁きます。
最初から破天荒守備です。
「菊池~さっきの三振、許したる~」といった声も飛びます
続く石川選手がグスマン選手の右を抜くライト前ヒット
「グスマンじゃなきゃ取れたんじゃね~の」との声も飛びます。
ただ、続く梶谷選手をセカンドフライ、筒香選手をセカンドゴロで
きってとります。
「もー、全部菊池んところ打たせろよ~」とお隣さん。

二回表はグスマン選手が四球を選ぶものの、続く松山選手が併殺打
「今までの広島かよ~」梵選手が三振。
二回ウラは、ロペス選手の大飛球を松山選手が好捕
「あんなプレー、出来るんだ~」「さっきのゲッツー許そう」とレフトスタンド
バルディリス選手ライトフライ、倉本選手ファーストゴロ

球場を一周するウエーブを楽しんだあと、
三回表は、
会沢選手二ゴロ、田中選手投げゴロ、前田選手二ゴロと三凡
三回ウラは
黒羽根選手三振からの、高崎選手にストレートのフォアボール
ただ続き関根選手は一塁ファールフライで石川選手を三振。

ちなみに、この回石川選手の打順で、
スコアボードの大型ビジョンに石川選手を応援するファンがうつりますが、
石川タオルを上下逆に掲げる、痛恨のミス。

ちょっとナゴみます。

そして、四回表、野間選手が俊足を飛ばした内野安打で
菊池選手が送って、丸選手三振のあとに、グスマン選手が
スリーボールから、バット一閃
左中間を破るタイムリーヒットで先制です。

公式戦初の宮島さんです。
バンザーイ バンザーイ バンザーイ
周りの人とバットをカンカンするのも忘れません。
今日はいけるか

ただ4回のウラ、

売り子さんから買ったシウマイ弁当でモグモグタイムでしたが、
その間に、ワンナウトから、筒香選手、ロペス選手と連続ヒットで出て、
続く、ハマの使徒バルディリス選手の犠牲フライで、
あっさりおいつかれます。

やはりあなどれない、ベイス打線

5回表
梵選手三振、会沢選手セカンドゴロから、打撃の調子がイマイチあがらない
田中選手がセンター前ヒット。しかも高崎投手のワイルドピッチで
田中選手三塁まで進みますが、つづく前田選手
レフとスタンドの「いいバッター来たで」「ジエンゴしてくれー」の声もむなしく、
空振り三振。

五回ウラ、黒羽根選手三振、高崎選手セカンドゴロと簡単にツーアウトとったものの、
続く関根選手がライト前、そして、盗塁を決めた後に、
石川選手のタイムリーで追加点

ああああ

続く梶谷選手こそレフトフライにきってとりますが、ゲームをひっくり返されます。

ただ、ピンチのあとにはチャンスあり。
6回の表 二文字応援で「のっまっ!」におくられた野間選手が
ツーベース。菊池選手が送って、ワンナウトランナー三塁。

ここで、丸選手
♪パーパーパパーパパー オイ!オイ!オイ! ヨシヒロ!!ヨシヒロ!!ヨシヒロ!!ヨシヒロ!! タイムリータイムリーヨーシヒロぉっ!!♪ ひーろしまぁっっ!!とチャンテもなりひびきますが、丸選手がサードライナー、
野間選手が飛び出していてゲッツーです。
あああああああ

六回ウラは
筒香選手レフトフライ、ロペス選手ファーストフライ、バルディリス選手三振
と、六表の残念攻撃を忘れさせる早い守備。

ヒューヒューとジェット風船膨らませる音がひびきまして、
♪カープ、カープ、カープっひろしまー、ひーろしーまーかーあーぷー♪
と歌いますが、七回表は
グスマン選手ライトフライ 松山選手セカンドゴロ、梵選手セカンドゴロ。

続くベイスターズのラッキーセブン。
打ち上げられる花火がきれいです。
今年初花火です。野外球場は、これがいいなぁ。
倉本選手ピッチャーゴロ、黒羽根選手三振と、あっさりツーアウトとるも、
ピッチャー高崎のところで、代打で出た松本選手がセンター前にはじき返します。
さらに、関根選手がライト前でツーアウトながら1.2塁
つづく石川選手もライト前にヒットをうちますが、ここで野間選手の
レーザービームが炸裂。本塁で、松本選手タッチアウトです。

すげぇぇぇ、野間選手

いいプレイが出たあとは、えてしてゲームが動くもの
8回表、東京緋鯉会のじゅんさんが、気合の立っての応援。
みんな立ちます。
ピッチャーは国吉投手。
会沢選手三振のあとに、田中選手が内野へのボテボテゴロに
気迫のヘッドスライディングで内野安打をかちとります。

しかも、国吉投手のワイルドピッチでランナー二塁。
ここで、100球をこえた前田選手にかわって、代打岩本選手。
今期4打数3安打、打率七割五分です。
「キタよ、七割バッター!!」とレフトスタンド

♪パーパーパパーパパー オイ!オイ!オイ! イワモト!!イワモト!!イワモト!!イワモト!! タイムリータイムリーイーワモトぉっ!!♪ ひーろしまぁっっ!!
チャンテも響いて絶好調。
ですが、ここで岩本選手三進る
ただ、ツーアウトから野間選手が、
タイムリースリーベースをかっ飛ばします。

これで、同点です。

みんなで歌う宮島さんです。バンザーイ!バンザーイ!バンザーイ!

それにしても、野間選手
一打席目こそ三振ですが、二打席目内野安打
三打席目ツーベース 四打席目スリーベースと
あと、ホームランが出ればサイクルヒットです。

そして、あのレーザービームですから
「もう、新人王、野間でいいよ!!」との声がレフとスタンドから飛びます。

続く、菊池選手の打席では、
「おーまーえーがーきーめろーーーーきぃくっちぃ!!」
とチャンテが流れますが、菊池選手三振。

前の二打席が連続で犠打だったのが影響してるのかな。


そしても八回ウラ
「ピッチャー、ザガースキー」などとお隣の方が言い出して、
「いやー、いいですねー、ザガースキー見たいですね」などと盛り上がりますが、
ここは、ナカーザキー、ではなく中崎投手。
先頭の梶谷選手こそ、レフト前ヒットで出しますが、
続く筒香選手、サードゴロ、ロペス選手三振、山崎選手ショートゴロで上々のピッチング。

9回表、カープはクリンナップです。
ベイスターズは国吉投手にかえて田中投手。
が、ここは丸選手、ファーストゴロ、グスマン選手、ピッチャーゴロ
松山選手ショートゴロ とゴロの山。

せっかくのやすおさんの仕切りなのに。

9回ウラ 中崎投手が続投
先頭倉本選手ライトフライ、続く黒羽根選手がフォアボール。
ここで俄然盛り上がるハマスタで、代打後藤選手がセカンドゴロ
関根選手が三振と、中崎投手踏ん張ります。

ちなみに、この回から、レフトに鈴木誠也選手が入りますが、
キャッチボールをそらしたり、送球を暴投してベンチに入れたりと
「せいや~、だいじょーぶかぁ」などの声がとびます。
10回の表、ベイスターズはエレラ投手が登板
初めて見るピッチャーですが
梵選手ショートフライのあと、会沢、田中と連続三振です。

10回のウラ、カープはここでザガースキー投手。
お隣さんと盛り上がります。
石川選手、梶谷選手と連即三振。筒香選手こそ四球で出しますが、
ロペス選手をセンターフライできってとります

11回表、ピッチャーの打順ということで、新井選手登場。
ベイスターズのピッチャーは小林投手です。
新井選手の登場に俄然盛り上がるレフとスタンド。
ここで、新井選手が四球を選んで、代走天谷選手。
つづく野間選手、バントを失敗したのちに、見逃し三振。
野間選手、調子よかったんで、打たせてもよかったのでは??
ただ、この間天谷選手快足を飛ばして2塁へ。

応援席は、緒方テーマからの、ブチブチカマセヨ
ひーろっしまぁ で盛り上がります。

が、菊池選手ライトフライ、丸選手敬遠からの、
ピッチャーは加賀さんこと加賀投手
丸、天谷のダブルスチールがきまりますが、グスマン選手ショートゴロ。

11回のウラ。ここで、時間が10時をまわったので、鳴り物応援が禁止。
でもベイスターズの応援は迫力あります。
カープは一岡投手
飛雄馬選手、倉本選手を連続三振、黒羽根選手をライトフライで
安定のピッチング。

そして、12回表。最終回です。
緋鯉会のやすおさん登場。
「おい、」「せいや、」「うて、」
「すずきせいや、」「おまえは、」「ぜったいうてる」
の声に押されますが、鈴木誠也選手は空振り三振。

続く梵選手には
「梵選手」「野球は」「ワンナウトからです」
これで、センター前にはじき返す梵選手。

ただし、コール前にショートゴロをうつ会沢選手が倒れて
続く田中選手
「やっぱり野球は」「ツーアウトからです」

ただし、田中選手はファーストゴロでチェンジ

カープの勝ちがなくなりました。

そして、ウラの回、カープは満を持して、ヒース投手を投入。
が、井出選手レフト前、関根選手がおくって
石川選手がライト前、ワンナウト1.3塁からの
梶谷選手のセンター前で、サヨナラ負けです。


あああああああ、ヒースぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ

ゲーム終了は10時35分。そのまま、さっさと宿へと戻ったら
時間は10時40分です。宿が近いのだけが救いでした。
その後、ヤケ酒をしながら、翌日の巡礼と野球観戦に備えたというわけでした。


今日のポジポイント
ザガースキーをはじめとした中継ぎがよかった。
昨日まで致命的なのがあったが、今日はエラーがなかった。
野間が、ホームラン出ればサイクルヒットだった。惜しい。


今日気がついたこと
崎陽軒の売り子は4回以降は来ない。
気温13度、風速5メーターのナイターなら、
アンダーシャツのしたにヒートテックでなんとかいける。




このあとは、巡礼をすませた後に新幹線に乗って名古屋へ向かいます。
そして、この同一カード三連敗の悪夢を払拭すべく
またまた頑張って応援いたしたいと思います。


と、いうことで、

今日は勝つぞ~カープッ
今日は勝つぞ~カープっ
今日は勝つぞ~カープ~!!!!!!






月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。(´・ω・)ノシ
2015.04.02 年度替わりに
現在横浜市某所に潜伏中。

今期初カープの公式戦応援のためですが、
あああ、負けてもおたぁぁぁ、
ヒースぅぅぅぅ、何しよんならぁぁぁあ、

最後まで、希望を捨てずにゲームを見ていたのですが、
延長12回の裏、サヨナラ負けです。

ああああ、

だから、現在は、野球がやりそうなニュースから逃避して
MXテレビのアニメを視聴しています。

いやー「苺ましまろ」は癒されるね。

そんなゲーム観戦記については、また明日書きたいと思います。

話はかわって、

私、朝は、「おはよう日本」と「どさんこワイド朝」をザッピングしながら
仕事などの支度をしておりますが、
3月30日から、NHKは新しい体制で「おはよう日本」がはじまりました。
5時からは合原アナ6時30分からは和久田アナが担当します。
その他、音楽や一部コーナー、コーナーの担当者もリニューアルされました。
そんな6時35分からの、リニューアル「おはスポ」の第1段。
最初のニュースは黒田投手の復帰1勝目でしたが、
冒頭の映像で映ったのは、

「おっかえっりなっさい、くーろーだ!」

と絶叫している緋鯉会のやすおさんの姿でした。

うつったのは、わずかでしたが、
朝から、こんなの見せられたらテンション上がるに決まっているじゃないですか。

さあ、今日の敗戦は切り替えて、明日も名古屋でカープ戦だ! 頑張るぞ!!

このような形で新しくなるものもありますし、
終わってしまうものも多いのがこの時期です。

ラジオで、長年続いた番組の終了相次いだのが、今年の3月の特徴でしょうか。

福山雅治魂のラジオ については、12月の段階で番組終了が発表されていたので、
ふーん。という感じでした。
ま、こちらは、番組自体の放送期間は15年ですが、
前身の福山雅治のオールナイトニッポンの担当期間を含めると
21年4か月続いたことになります。

ま、僕等はどちらかというと、福山さんのラジオは魂よりも
トーキングFMのほうをよく聞いている人なのですが。

そして、先日、番組の改編期ということで、HBCラジオのホームページを見たら、
終了番組 のところに、
林原めぐみのHeartful Station (土 25:00~26:00)
とあるではありませんか。

ええええええ、

慌てて色々調べたら、ネット局として終了するのではなく、
番組自体が終了するとのことです。

マジですか!!

小学校高学年の時から、ふとした拍子で聴いたラジオが
大人の世界をかいま見る背伸びをした気分になったことからラジオが好きになって、
高校~浪人時代くらいをピークにアレコレと聞いていたのです。
「ラジアメ」こと、「ラジオはアメリカン」のネタで、高校の先輩とアツく語りあったことも
今となっては良い思い出です。

そして、浪人をしている時に、何の気なしに東海ラジオの
「mamiのラジカルコミュニケーション」を聞いて
そのおもしろさから、遠距離の聴取に目覚めたものの、
大学時代はラジオ全体から離れていたのですが

一人暮らしがはじまったことで、すべての時間帯で
好きにテレビを見ることが出来るという環境になり
一時期、ラジオから離れた時期があったのです。

が、職場の転勤によって、家から車で2時間かけて
かつて所属している吹奏楽団の練習に、週一で出かけたことがあったのです。

その時の車が、CDが壊れているカーステしか搭載されてなく
FMも入らないと言うことで、 聞くともなしに、AMをザッピングをしながら聞いていたら
土曜深夜の文化放送にチューニングがあって、ラジオから流れてきたのが
「佐竹・林原の無法塾」だったのです。

で、これを聞くとはなしに聞いてから
かつてラジオに熱中していた時期のことを、はっきりと思い出して
トークの軽妙洒脱さと内容の濃さで、再びハマったのです。

その後、色々な番組を聴いたのですが、林原さんのラジオも入ってました。
北海道は、HBCでハートフルもブギーナイトも普通にオンエアされていたので、
雑音リスナーにならずに住んだのです。

そうそう「雑音リスナー」という言葉も
林原めぐみさんのラジオ、「ハートフルステーション」で知りました。

そう。かつては、インターネットラジオなんてものもありませんでしたから
いかに聴取条件がいいところで聞くかが勝負で、本当に聞きたい番組の時は、
ラジオを持って部屋の中をウロウロするのは当たり前、
時には寒空の下、ベランダで聞いたりしていました。
うむ、あの頃は、ワカかったね。

そんな、ラジオに戻ってきたきっかけの一つのハートフルですが、

「皆さんこんばんは、林原めぐみです。一週間のご無沙汰いかがお過ごしだったでしょうか」
から、「神戸の風の吹かせつつ今夜も60分、めぐみに付いて来い!」、
ではじまり、
「来週も絶対チューニングしろよ! バイバイ」

これが、ずっと変わらず25年近く続いていたのです。

何年か開いて聞いても、変わらぬ空気が流れていて
ふるさとに帰ってきたかのような存在はありがたいでしたし、
はがきを大切にしているというポリシーや、林原さんのプロ精神を垣間見ることができることも含めて、
様々な点で好きだったなぁ。

最終回は私、出先でしたが、当然聞かせて頂きました。
あー、懐かしい。この場所がなくなるのは、寂しいですがしょうがないのかな。

ちなみに、番組内で、AM KOBEをお聞きのかた限定といってましたが、
ハートフルの後番組が東京ブギーナイト。
神戸の風を吹かせることはできませんが、
よろしかったらおつきあいください。などといってました。

ブギーナイトと、ハートフルでは色合いが違いますが、残っていただけるのはありがたいです。

こちらも機会があったら聞くことになるでしょうが、
ひとまずはお疲れ様でした。



そして、あとひとつ。文化放送で、11年、人気番組で有り続けた
A&G超RADIO SHOW~アニスパ!も、終わりました。

こちらは、「ハートフル」が終わるということで、いろいろネットで調べているときに知りました。

当然北海道ではネットされていなかったので、こちらはずっと雑音リスナーでしたし、
文化放送はK国のバかみたいな出力のラジオ番組と戦わなくてはならず
苦戦しましたが、それを乗り越える面白さがありました。

浅野さんと、鷲崎さんのギリギリをしばしば超える奔放なトーク。
これがスリリングでたまらなかったですし、
このコンビ芸はどのパーソナリティーも成し遂げることができない
すばらしいレベルでした。

本当に楽しかったのですが、終わってしまうのです。


ちなみに、パーソナリティーの一人、浅野さんは、ご自身のブログで
このように振り返っています、


11年間の生放送、本当にいろいろなことがありました。
振り返ると、「アニスパ」という番組から受けた影響の大きさに、
自分でもちょっと驚きます。
約570回、そのつど迷ったり悩んだりしながら
生で2時間の番組をした経験は
これからもずっとわたしの中に、
それこそ、本人さえ意識できないような細かなところにまで
永遠に残り続けるのだなあと思います。
「話すこと」「伝えること」を考え続けた、
とても濃密な11年間でした。

番組は、いつか終わるもの。
11年間、ずっと大人気番組でいられたこと、
本当に誇らしいです。
アニスパを愛してくれて、応援してくれて、ありがとう。
またきっとどこかで、


うん、このまたきっとどこかで、の言葉を信じて、
さらに面白いラジオを作ってくれることを期待して、
これからもラジオリスナーでありたいと思います、








かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした(´・ω・)ノシ