温泉のところでも書きましたが、
平常を守る立場としては
いつもと同じく週末に遊びに行き
お金をおとそうと考えているので、

今までと同じペースで温泉、カレーを味わっています。

ブログ内容も平常と少々赴きが違っていますが、
しばらく行ったカレー屋さんについて
名前などを紹介をしたいと思います。




☆VOYAGE (ヴォイジュ)
 札幌市北区北22西5-2-32 第11松井ビル 1F
 営業時間 11:30~(L.O.22:45)日曜営業
 定休日 無休  駐車場 有り
 電話 011-758-2500



☆函館麺厨房あじさい 紅店
 函館市豊川町12-7 函館ベイ美食倶楽部
 営業時間 AM11:00~PM10:00(LO)
 定休日 第三木曜日 駐車場 有り
 電話 0138-26-1122



☆すーぷかりーかふぇ チャーリースパイス
 函館市神山2丁目11-15
 営業時間 11:30~15:00 17:30~22:30(L.O.21:30)
 定休日 木曜日(祝日の場合営業、翌金曜休) 駐車場 有り
 電話 0138-51-0610



☆アジア金星堂
 旭川市東5条11丁目2-1
 営業時間 11:00~14:00、17:00~21:00(売り切れ次第閉店)
 定休日 火曜日、第1第3水曜日  駐車場 有り
 電話 0166-25-1503



☆スープカレー藤乃屋
 札幌市南区藤野3条2丁目1-53
 営業時間 [火~金] 11:30~15:00 17:00~21:30
 土日祝 11:30~9:30 定休日 月曜日 駐車場 有
 電話 011-593-7170



☆SOUPCURRY WAMUW(ワムウ)
 住所 帯広市西1条南5丁目17-6
 TEL 0155-26-0165
 営業時間 11:30~15:00
 休み 不定休  駐車場 有り



☆スパイスカレー専門SPICE&HERB 米々亭
 旭川市6条通12丁目
 営業時間 11:00~20:30 (O.S.20:00)
 定休日 木曜日   駐車場 有り
 電話 0166-22-2921



といったところでした。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。


スポンサーサイト
平常を守る立場としては
いつもと同じく週末に遊びに行き
お金をおとそうと考えているので、

今までと同じペースで温泉、カレーを
味わっています。

ブログ内容も平常と少々赴きが違っていますが、
しばらく行った温泉について
名前などを紹介をしたいと思います。



函館市 富岡温泉 富岡温泉センター
 函館市富岡町1丁目23番7号
 営業時間: 大浴場 6:00~20:30

八雲町 八雲温泉 おぼこ荘
 北海道二海郡八雲町鉛川622
 日帰り入浴営業時間: 10:00~21:00

滝川市 江部乙温泉 えべおつ温泉
 滝川市江部乙町西12丁目8-22
 日帰り入浴 火曜~日曜:9:30~21:30
 月曜日(祝祭日の場合は翌日)16:00~21:30

札幌市 定山渓温泉 ホテル山水
 札幌市南区定山渓温泉東3丁目
 日帰り入浴 12:00~19:00(土曜休前日は15:00まで)

浦幌町 留真温泉 うらほろ留真温泉
 浦幌町留真177
 日帰り入浴 11:00~21:00

中標津町 中標津温泉 中標津温泉保養所
 中標津町東20条北8丁目
 日帰り入浴 7:00~21:30

北見市 北見温泉 ポン湯北見温泉三光荘
 北海道北見市留辺蘂町泉360
 日帰り入浴 9:00~21:30


といったところです。

どちらもよい温泉でした。

かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。
2011.03.26 ぽぽぽぽ~ん
先日NHKのニュースを見ていましたら、
大船渡高校と、田高校の合格発表の様子が流れていました。

で、合格した感想を聞かれて、語る受験生のバックで、
合格が決まったうれしさからか歌い出した、
女子中学生たちの数人の歌声が聞こえてきました。

その歌が

「♪楽し~い~ なかま~が~ ぽぽぽぽ~ん♪」

だったのです。

悲惨なニュースが続く中
少し和みました。



僕は「みんなのたぁ坊」の作者さんの絵だと思っていましたし、
友人は「リリーフランキー」さんだと思っていたそうですが、


「愉快な仲間がポポポポ~ン♪」のイラスト作者は
倶知安町ご出身のyukkyさんというかただそうです。

1979年、倶知安町のご出身だそうです。

ぽぽぽぽ~ん♪



さて、倶知安つながりでいうと、
こんな記事が北海道新聞に載っていました


引用します。

外国人客消えた

震災、原発事故余波 ニセコ直撃

ゲレンデ閑散 ホテル予約4割減

冷める投資熱 大型開発は「継続」

 東日本大震災の影響が、国際的なスキーリゾートである後志管内ニセコ地区を直撃している。特に福島第1原発の事故で、外国人スキー客が激減。不動産買収の商談で訪れていいた外国人投資家たちも次々に帰国してしまった。ただ、投資ブームをけん引する香港などの大手資本は予定通り大規模開発を行う意向。地元関係者は「ニセコは安全という正しい情報が外国に伝われば、観光も投資も回復するはず」と期待を込める。(経済部 町田誠)

 「約70件あった外国人の宿泊予約が、ほとんどゼロになった」。倶知安町山田でコンドミニアム約100室を開発したオーストらレア系のニセコアルパインデベロッツメント(ニセード、倶知安町)のジョナサン。マーティン社長は表情を曇らせる。
 国内有数の規模を誇る同地区の東急系スキー場 ニセコグラン・ヒラフも、例年なら3月いっぱいスキーヤーでにぎわうが、今年のゲレンデはまばら。とりわけ客の半分をが経営する占めていた外国人は皆無に近い。
 マレーシア資本のYTL社がニセコ町東山で経営する二つのホテルも、震災後の宿泊予約は前年比で4割減。宿泊客の半数程度を外国人が占める顧客構成が裏目に出た。前地尊之統括総支配人は「外国人に『日本は危ない』という印象を持たれ、ニセコまで敬遠されている。国外で積極的に宣伝した効果で1~2月の宿泊は好調だっただけに、この落差はショックだった」と話す。
 ニセコを去った外国人は、観光客だけではない。倶知安町花園地区で、香港資本のPCPD社が経営するHANAZONOスキー場では、約60人の外国人スキー指導員の9割が、3月末の契約切れを待たず帰国した。「故郷の親から『日本は危ない。帰って来い』といわれたようだ」と上原子次郎ジェネラルマネージャー。同町ひらふ地区の飲食店街では外国人客が姿を消し、早々と根気の営業を打ち切った店も少なくない。
 香港や中国などからの投資マネーの流入にも急ブレーキがかかった。約50室のコンドミニアムを建設中の札幌の建設業者は「あと5、6室で完売だったのに。(投資マネーの流入が)完全にストップした」と肩をおとす。
 今年の公示地価で、倶知安町花園地区付近の上昇率が全国2位を記録したのは、ここ数年で約50棟ものコンドミニアムが建設されたことが原動力となったが、震災を機に新規の商談はほとんど中断した。
 ただ、ニセコ地区での投資ブームをけん引する大手資本は、今のところ冷静だ。リゾート開発で今後一千億規模の投資を予定するマレーシア資本のYTL、香港資本のPCPDの両社は、北海道新聞の取材に対し、いずれね「構想に変更はない」と名言した。
 PCPDはコンドミニアムや別荘のショールームを五月にも着工する計画を明らかにし、「販売開始は早くても今年末なので、それまでには顧客の不安は解消される」(グループ会社の東福寺なおみ執行委員)となる。
 地元業者でつくる観光振興組織ニセコプロモーションボート(NPB)が外国人の会員に、ニセコが福島第1原発から600㌔以上離れていることを示す地図と、札幌り放射線測定数値は問題ないとする国の資料をメールで送ったところ、香港の旅行業者から「不安が解消された」との返信があった。
 NPBの青木智一事務局次長は「ニセコの之の魅力は変わらない。原発事故が収束し、地道に情報発信すれば観光客は戻り、投資も続くはず」と話す。



とのことです。



この記事は、北海道新聞の記事でありながら、
倶知安町などが、泊原発から三十キロ県内にあることに
対する問題点とか、海外でどのようにとらえられているかが
ほとんどふれられてませんでした。

原発からの近さにも重きを置いていて
避難されている方もいるでしょうがね。


地元後志教育局雇用のAETも緊急帰国したようですし


まったく。


ただ、

こんな論調もあるようです。


地元の方のブログでは、



「日本は情報を隠していますね、(ヒラフの)外国人はほとんど帰国しています。」
「3月の外国人の予約300人ほどキャンセルだそうです」と語る外国人の声を紹介し、

こちらのお宅に来ている外国人一家が早く帰ってこいなどとの連絡を受けたりなどの
地元の様子を伝え、

その上で、どのようにして対策をしていくかという地元の人もスタンスが
紹介されています。


そして、
「3月16日朝。昨夜の寿司屋はカウンターに日本人2人、そしてテーブル席は外国人で一杯だった。こういった外国人が「北海道は、ニセコは安全だよ」と言ってくれるのが一番効果的だろう。子供の笑顔から元気を、明るさをもらおう。」

と結ばれていますが、



まったくそのとおりだと思います。

まずは、現地の方々の無私の頑張りに、
すがるしかないのですが、
福島の原発の問題がいち早く解決しますように。

そして、北海道での原発に対する問題点が一つでも多く解消されて
平常の北海道、そして日本になり、

そして、日本全体が
一日も早く今までのような日本に戻りますように。



「東日本大震災」などでの被害にあわれました皆様へ

不幸にしておなくなりになったかたがたにおかれましては、
ご冥福をお祈りいたしますとともに、

被災された方々、およびご家族、ご親族、ご友人、
その他関係される全ての皆様に心よりお見舞い申し上げます。

可能である限り、行方不明の方が一人でも多く
命あって生還いたしますように。

その他、被災地で生活されているかたがたにおかれましては
一日も早く被災地が復興し、平穏な日々が戻ってきますように。

心よりお祈りしております。




 

かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。
2011.03.25 新井△
本来ならば、本日がプロ野球の開幕の日でしたが、
未曾有の国難ということで、延期になり、
その日程について、パ・リーグとセ・リーグが
同一日程で開幕をすることが、
ようやく決定いたしました。

こちらは、デイリースポーツの記事です。

引用します。


新井会長、男泣き!セパ同時開幕に「感謝」
デイリースポーツ 3月24日(木)17時4分配信

 労組・プロ野球選手会の会長を務める阪神の新井貴浩内野手が24日、セ・パ同時開幕決定の一報を受け、遠征先の広島市内の宿舎で会見を行った。まずはプロ野球の開幕問題で世間を騒がせたことに「ファンの方にはおわび申し上げます」と陳謝。そして選手会の意見が認められたことについては「大変、大きな決断をしていただき、選手会の意志を理解していただき感謝しています。12球団の選手会が団結して意志を表示し続けたことが大きかったと思います」と語り、会見では目に涙浮かべ、声をつまらせていた。


続いて、こちらは
スポーツニッポンの記事です。


新井会長ファン思い涙「12月になってもやり抜く」
スポニチアネックス 3月25日(金)7時0分配信

◇セ・リーグ4・12開幕決定

 魂の叫びが届き、願いは通じた。セ・パ同時開幕。日本プロ野球選手会の新井貴浩会長(34=阪神)の目は潤み、何度も言葉を詰まらせた。

「まずは(東日本大震災の)大変な時期に、プロ野球の開幕問題でお騒がせしたことをおわび申し上げたいです」

 セ・リーグ臨時理事会の開幕再延期の決定を受けて広島市内で会見した新井会長は冒頭で深々と頭を下げた。ここまで混迷を深めたことは未曽有の災害に苦しむ人々の気持ちを考慮すれば、本意ではなかった。だからこそ、最初に謝罪の言葉が口をついた。その上で、こう続けた。

 「セ・パ両リーグの方に大変、大きな決断をしていただき感謝しています。一致団結してくれた。ファンの声、選手の声が届いたと思います」。ようやく、選手会が望んだ「英断」が下された。

 セが17日に3月25日の強行開幕を決めたことで、世論は反発。「選手会の声はファンの声」と信じ、新井は先頭に立ってNPB側に再考を訴え続けた。22日には文科省を訪れる重責も担った。同時に、一選手としてグラウンドにも立ち続けた。実直で、思い詰める性格でもあるだけに、眠れない日々が続いたことは想像に難くない。それでも、「被災者の方たちのことを考えたら、僕のことなんて何ともない」と多くを語らなかった。

 開幕日が当初から3週間近くずれ込むことで、開幕以降はタイトなスケジュールを強いられる。ただ、新井会長は追加の要望は出さない方針で、「144試合、クライマックス、日本シリーズを絶対にやり遂げます。それは(NPB側に)伝えていますし、12球団の選手会長に再確認した総意です」。野球協約上、12月1日から翌年1月31日までは参稼報酬期間に含まれないが、「万が一、12月になってもやり抜くということです」と、選手会の意思をあらためて強調した。

 ▽参稼期間 参稼報酬(年俸)支払いの対象となる稼働期間のことで、野球協約第87条の(1)に毎年2月1日から11月30日までの10カ月間と定められている。そのため選手は通常12月1日から1月31日の2カ月間は「オフシーズン」が保証されている。



選手会長の新井選手は
ファンの声や選手の声を最大限尊重しながら、

自分のことよりも、プロ野球のあり方と
球界全体のイメージのために、
無私の心で、粉骨砕身努力されたと思います。

その努力だけで賞賛にあたいしますし、
この働きだけで、今シーズンに与えた新井選手の貢献は非常に大きく、
忘れることができないでしょう。


これは、札幌ドームで行われる阪神との交流戦に
「新井△」の応援ボードを作って持っていくしかないです。


さて、
この決定まで、さまざまな思惑があったようです。


夕刊フジの記事です。


引用します。


巨人開幕強行失敗の舞台裏 読売政界パイプも通用せず 
夕刊フジ 3月25日(金)16時57分配信

 世論の猛バッシングを受けながら早期開幕へ強行突破を図ろうとして失敗、24日のセ・リーグ理事会で白旗を上げた巨人軍。迷走したセ・リーグの結論はパ・リーグに右へ倣えで、4月12日同時開幕、東京電力・東北電力管内のナイターは4月いっぱい中止、延長は3時間半を超えて新しいイニングに入らないことで落ち着いた。巨人軍が急転撤退した裏には、政界絡みの大誤算がある。 (夕刊フジ編集委員・江尻良文)

 4月いっぱいは東京ドームではデーゲームも行わない-。巨人・清武英利代表は“完全撤退”を明言した。「基本的にはナイターの時間帯に需要が高まるとはいえ、ナイターと類似の電力使用があれば、控えていただきたい」と蓮舫節電啓発担当相からダメ出しされていた巨人は、ここでもあっさり白旗を上げている。最後の出方が注目されたが、予想外の豹変ぶり。いったい、どうしたことか。球界関係者がこう明かす。

 「巨人の大誤算は、テレビ朝日出身の民主党代議士、監督官庁の文部科学省の笠(浩史)政務官との間で話がついたと、早とちりしたことだろう。笠氏は、選挙区が神奈川9区で巨人の選手が多く住んでいる川崎の麻生区などが地盤。そんなこともあって、日頃から巨人とのホットラインがウワサされている」

 そもそも、今回の開幕問題大騒動は18日に突然出された、プロ野球界の監督官庁、文部科学省・鈴木寛副大臣名での通達が引き金だ。

 「(1)厳しい電力事情を踏まえ、計画停電が行われている東京電力・東北電力管内以外の地域で試合を開催するよう、可能な限りの努力をお願いします」「(2)特に、東京電力・東北電力管内の地域では、夜間に試合を開催することは厳に慎むようお願いします」

 この通達を受け、当初の予定通り25日開幕を強行しようとした巨人は翌19日、東京・大手町の球団事務所でセ・リーグ緊急理事会を招集させた。その結果、「セ・リーグの開幕を29日に延期する」「東京・東北電力管内では4月3日までデーゲーム。4月5日以降は減灯ナイターにする」と軌道修正した。

 が、巨人軍の誤算は、笠浩史文科大臣政務官と事前にコンタクトを取り、政府が開幕日の決定に介入しないと踏んでいたことだ。笠氏自身、自らのホームページで、セ・リーグが19日の臨時理事会を開く前に「見直しの方向性」に関して助言を求めてきたことを明かしている。

 同時に、「私が文科省の政務官としてセ・リーグの開幕を承認したという報道がありましたが、承諾した事実はございません」と、29日開幕に同意したことを全面否定している。

 その上、23日はさらに高木義明文部科学相、蓮舫節電啓発相から、相次いでダメ押しの厳しい注文と意見が出た。「4月いっぱいのナイター中止」「セ・リーグが4日間延期することにどういう議論があって、どういう根拠があったのか? 選手の意見をくみ取っていない。新井会長が言うこと(4月12日にセ、パ同時開幕)にすべて賛成です」と。

 この裏には、巨人側の動きとは全く対照的で、政界人脈をフル活用した選手会の周到な根回しが見え隠れする。文科省の鈴木寛副大臣と元労組日本プロ野球選手会長の古田敦也氏のホットラインは「2人の蜜月関係は我々でも知っている公然の秘密」と、前出の球界関係者は明かし、さらにこう語る。

 「選手会の石渡顧問弁護士は民主党と太いパイプがある。蓮舫節電啓発担当相が有名になった、あの事業仕分けのメンバーにもなっていたほどだ。こういうコネクションがあれば、どうやっても巨人に巻き返す策はない」

 自民党政権下ではキングメーカーを自任していた巨人・渡辺恒雄球団会長も新たに打つ手はなかったのだろう。「開幕を何日にしろってのは、お上が決めることかよ! 日程は我々自身が決める」と言い放った滝鼻卓雄オーナーの言葉も今となっては虚しい。26日の12球団オーナー会議を前にして、面目丸つぶれの撤退となった。



なんとも、裏側のドロドロした感じが、

この球団とオーナーや球団会長らしく

香ばしいなぁと思いませんか。



また、今回のプロ野球選手会長を絶賛した大臣とは

こんなこともあったようです。




こちらは少々古い記事ですが、

日刊スポーツの記事です。



引用します。



巨人渡辺会長、蓮舫議員を「バカな女」

 巨人軍は1位たれ! 巨人渡辺恒雄会長(83)が23日、支持率急落中の民主党を引き合いに、チームへ2年連続日本一指令を出した。都内ホテルで、財界人による激励会「燦燦会」を主催。あいさつで壇上に立つと、昨年の蓮舫参議院議員らによる事業仕分けに言及した。「愚かなタレント出身の女性議員が、なんで1番じゃないといけないのか、2番じゃダメなのかとバカな発言をした。国民の働く人々の気持ちを傷つけた。バカな女がいるもんだ」と、一気にまくしたてた。

 スーパーコンピューター関連予算を巡る、同議員の発言に触れたものだった。その上で「巨人は1番じゃないといけない。2位じゃいけない。それが巨人に与えられた宿命です」と厳命した。最後はラミレスを呼び寄せて、一緒に「喜んで~」と、今季のラミレスのお立ち台での決めぜりふまで熱演。長嶋終身名誉監督も出席する中、“絶口調”でチームを鼓舞していた。
2010年3月24日8時48分


なんだか、コドモのケンカのようで、
これが日本を代表するマスコミの領袖が考えた
ギャグだとしたら、

一回りしても笑えないのですが。



ちなみに、今朝、仕事で車を走らせていた時
カーラジオから流れてきたHBCラジオ「朝刊さくらい」の
「スポーツ プラス ワン」のコーナーで、

北海道日本ハムファイターズのチームスタッフで
旭川ご出身の岩本賢一さんが、

今回の開幕をめぐる問題について、
特定の球団がとか、人物がではなく
プロ野球関係者すべてが、なんらかの責任を感じなければならず、
当然僕も責任を感じています。

といった旨の発言をされていて、

いち早く、さまざまな現状にあわせたパ・リーグのチームのスタッフが
ここまでいうか、と、その見識に感動をしたのです。


が、

当事者がこうですからね

まったく。


ちなみに、このような捨てゼリフのような発言も
されています。



デイリースポーツの記事です。

引用します。

滝鼻オーナー、終始険しい表情
デイリースポーツ 3月25日(金)9時19分配信

 巨人・滝鼻卓雄オーナーは24日、都内で取材に応じたが終始、険しい表情だった。
 セ・リーグの臨時理事会については「報告は受けました」。セは29日に延期していた開幕日を4月12日に再延期。だがそれについて具体的に明言することを避けるように「あさってのオーナー会議で全部、言いますから」と言い切り、車に乗り込んだ。
 同オーナーは22日にはナイター自粛や開幕時期について配慮するよう求めた文科省などに対し「日程は我々が決める。おかみ(政府)が決めることじゃない」と“反論”。これにプロ野球選手会会長の阪神・新井が、遺憾の意を表明するなど物議を醸した。
 滝鼻オーナーが26日のオーナー会議でどんな発言をするのか。注目を集めそうだ。


この言いたいことについては、

またおっかけて、
取り上げたいと思います。


お楽しみ?に
 

かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。
2011.03.20 平常力
「東日本大震災」などでの被害にあわれました皆様へ

不幸にしておなくなりになったかたがたにおかれましては、
ご冥福をお祈りいたしますとともに、

被災された方々、およびご家族、ご親族、ご友人、
その他関係される全ての皆様に心よりお見舞い申し上げます。

可能である限り、行方不明の方が一人でも多く
命あって生還いたしますように。

その他、被災地で生活されているかたがたにおかれましては
一日も早く被災地が復興し、平穏な日々が戻ってきますように。

心よりお祈りしております。




昨日、当ブログで、

「世論の賛否両論は十分、理解している。私も多くの方から意見を頂いた。復興のメドがつくまでじっと待てばいいのか。国難の時こそ真剣勝負を見せるのが責務。野球を通して日本に、世界に元気を与えるのが(球界の)使命だ」
とのコミッショナー氏の発言を紹介し、

「世論の賛否両論は十分理解している」発言があって、
わずか数日で熟慮された結論が撤回されることは
ないのでしょうねw

などと書きましたが、

さっそく動きがありました。


毎日新聞の記事です。


引用します。



<プロ野球>世論、政府の反発に押され セ開幕延期
毎日新聞 3月20日(日)0時0分配信

 世論と政府の反発の強さに、ついにセ・リーグも「25日開幕」をあきらめた。

 17日に「予定通り25日に開幕」と発表するや、ファンだけでなく、多くの選手たちからも反発の声が上がった。日本野球機構(NPB)やセの各球団事務所には、抗議のメールや電話が相次いだ。18日には、NPBの監督官庁である文部科学省から「東京電力・東北電力管内でのナイターを厳に慎む」ことなどを要請された。

 セは19日午後2時から約4時間にわたる緊急理事会を開催。ヤクルトがパと同じ4月12日開幕を主張するなどしたが、レギュラーシーズン144試合とクライマックスシリーズ(CS)を予定通り行うには、3月25~27日の各球団3試合分の延期で文科省の理解を得たいとする意見が多数を占め、「29日開幕」に落ち着いたという。そのうえで、延長戦をしないなどの節電対策も打ち出した。

 会見したセ理事長のヤクルト・新純生球団常務取締役は「文科省と相談しながら、指導に沿う形にした」と語り、「これで選手とも一つになってやっていけると期待したい」と、開幕延期を求めていた労組日本プロ野球選手会にも理解を求めた。【高橋秀明】




そうですか、
4日も動かしましたか〔皮肉〕


なんだか、ミエミエのアリバイ作りですね。

さらに、ナイターの解禁が四月上旬ってのも
昨日書いたとおり時期尚早だと思いますし、

このナイター解禁と設定している日は
東京ドームの開幕戦の日程と重なるのです。


横浜やヤクルトに平日デーゲームをやらせて、
自分たちの主催ゲームは、客の入りの良いナイトゲームにすると
思われても仕方のない日程です。


まったく、もう…


先日、NTV系「ズームインサタデー」の番組内で
ご実家が被災されている福島出身の
巨人、鈴木尚選手のスピーチがうつりました。

が、実は、このスピーチ自体が
先日の渡邊氏の発言があったパーティーの席上のものでした。

鈴木選手の心中いかに…


巨人サイドとしては、電力を四割削減して行うと
発表していますが、

それでも、計画停電が継続する見込みが
きわめて強い時期、計画停電の範囲に含まれない地域で、
停電で不便を余儀なくされる地域の2000~3000世帯分の電気を
消費することに違いはないのですが。


このあと、セ・リーグ、もしくは巨人軍サイドに
さらなる歩み寄りが見られるといいなと思っています。


どうなることやら。



さて、先日も書きましたとおり、
私自身、直接、害を被ったわけではないのですが、
〔私の実家は、計画停電の範囲内ですが〕
そんなもののつとめとして、
後方支援というか、平穏な日常のために
何をしようかと考えています。

さて、多くの人がそのようなことを考えて
行動をしていると思うのです。

そんなとき、呼んでいる北海道新聞に
以下のようなコラムが乗りました。


引用します。



私たちができること  香山リカさん寄稿

「あなたの力が必要」その日のために

 東日本大震災の発生を受けて、本紙生活面でコラム「ひとつ言わせて」を連載している精神科医の香山リカさんに、「私たちができること」と題して一文を寄せてもらった。

精神科医 香山リカさん

 これを読んでいるあなたは、とりあえず今は安全な場所にいるのだろうか。

 だとしたら、どういう状況であるかにかかわらず、まずは「私は、大丈夫」と自分に声をかけ、安心させてあげてほしい。

 もちろん、親族や友人と連絡が取れなかったり避難所や病院にいると聞かされたりして、「とても、自分を安心させるなんて無理だ」と思う人もいるだろう。懸命の救援活動の映像を見ながら、「自分のことなんて、今はとても考えられない」と憤りにも似た気持ちを抱く人もいるかもしれない。

 それでも私は、「まず自分を励まして」と言いたいのだ。

 日本を襲った未曽有の大惨事。今はこの国に住むほとんどの人たちが、この大災害に関する情報、そしておびただしい映像に連日、接し、これまでとは違った毎日を送っている。たとえ直接、大きな揺れを感じたり津波を目撃したりしていない人でも、かなりリアルな「疑似体験」をしていると言っていい。

 そうなると、私たちの心は、被災地にいる人にも匹敵するような大きなダメージを受ける。そこには心の傷、つまりトラウマも発生する。実際、テレビの映像だけから深刻なトラウマ後遺症が発症した例が、アメリカの同時多発テロの後、いくつも報告されている。

 眠れない。不安で胸がザワザワする。気持ちが落ち込んで無気力になる。逆に、「何かしたい」と思い、目的もないまま動きまわってしまう。人と話していてもやたらとイライラする。これらは、すでに心が深刻な傷を受けていることを意味している。

 被災地で実際に大きな打撃を受けた人が無数にいるのに、そこから離れた場所にいる人までが、トラウマで心身を病んでしまったらどうなるだろう。助けの手を差しのべるべき立場にいる人が、心のケアを必要とするようになる、といった事態は、何としても避けなくてはならない。

 これからは、日本中がお互いを支え合い、励まし合って、立ち直っていかなくてはならないのだ。そのためにも、まずすべきことは、自分で自分を守ること。そうできる人は、ゆっくり体を休め、食事をきちん取り、お風呂に入って体をあたためる。「被災地の人に申し訳ない」と思う気持ちもわかるが、そうやって自分を維持することが直接、被災していない人の義務だと思う。

 「あなたの力が必要」と言われるその日に備え、自分の生活と健康を守る。それが今、私たちにできる最大限のことなのではないだろうか。


ちなみに、こちらは北海道新聞のHpです。

記事を読むことができます。


http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/saigai_dekirukoto/


まだ、被害の全貌をつかむことができない
未曾有の災害ですから、

気の張っている人も少なくないです。

が、前回阪神淡路大震災の時に、ある程度復興の目処がたったときに
問題になったのが、「こころ」の問題です。


被災者、復旧に当たった人は当然のことです。
そして、「こころ」の問題は、マスコミなどで情報を得た人にも及びました。



そんなことから、対策も大分すすみましたし
その後も新たなケースは出てくるでしょうが

以前よりは上手に対処できるでしょう。


そうやって人は進歩をしてきたのです。


上記の香山さんのコラムはまさにそのとおり、
専門家の立場で、わかりやすく対処の方法をしめしています。



また、先日、ふ、としたことで
HBCラジオを聴いていると

カーナビRadio午後一番のなかで、
メンタルヘルスの大切さについて紹介する
お便りが読まれていまして、

これも、なるほどなと思ったのです。



まとめると、

◆1.今こそ自分自身のメンタルケアを。

◆2.テレビの視聴には気をつけてください。*特にお子様、感受性の強い老若男女の方々。

◆3.今一番に必要なのは、身の安全を確保することです。

◆4.非常時に最も大切なのは、人とのコミュニケーションです。

の四点だそうで、

これも共感できます。


ちなみに、こちらは
カーナビRadio午後一番!の番組Hp内

山根あゆみさんのブログに紹介されています。

http://www4.hbc.jp/ayumi/list.php




と、いうことで、僕は何をできるかを考えつつも、
普通に日常をおくっていきます。





かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。
「東日本大震災」などでの被害にあわれました皆様へ

不幸にしておなくなりになったかたがたにおかれましては、
ご冥福をお祈りいたしますとともに、

被災された方々、およびご家族、ご親族、ご友人、
その他関係される全ての皆様にお見舞い申し上げます。

可能である限り、行方不明の方が一人でも多く
命あって生還いたしますように。

その他、被災地で生活されているかたがたにおかれましては
一日も早く被災地が復興し、平穏な日々が戻ってきますように。

心よりお祈りしております。



さて、私自身、直接、害を被ったわけではないのですが、
そんなもののつとめとして、後方支援というか、
平穏な日常のために、何をしようかと考えています。

さて、多くの人がそのようなことを考えて
行動をしていると思うのです。


こんなニュースがありました。

デイリースポーツの記事です。


引用します。


巨人・渡辺会長25日開幕を厳命!開幕問題を一刀両断
デイリースポーツ 3月17日(木)9時41分配信

巨人・渡辺恒雄球団会長が16日、3・25のシーズン開幕を厳命した。都内ホテルで行われた燦燦会で「明るい活力を持って、国民の大衆に見せることができるのはプロ野球選手」と、被災地復興のために全力プレーをみせるよう選手に要望した。
 「東日本巨大地震復興支援」として会を始め、壇上に立った渡辺会長。開幕問題に触れ「開幕を延期しろとか、プロ野球をしばらくやめろとか俗説がありましたが、大戦争のあと、3カ月で選手から試合をやりたいと声があり、プロ野球を始めました。フェアプレー、緊張した試合をすれば見ている人は元気が出て、エネルギーが出て生産力が上がる」と力説した。
 燦燦会には約200人の財界人が集まった。大震災に配慮し、選手へのサインや記念撮影の禁止が放送されると、マイクを奪い「だれが言ったんだ!何でも禁止させればいいってもんじゃない。後で懲罰する!」と怒鳴り散らした。
 会長の意見にほかの球団幹部も同調。滝鼻オーナーは「放射能が飛んでくると言っていたが、あれが野球ができない数値なのか。もっと科学的に考えたほうがいい」。清武球団代表も「条件が許せば25日にやりましょうということ」と強調した。



こちらは、夕刊フジの記事です。


引用します。



渡辺会長×選手会全面戦争再燃、25日強制開幕でスト必至
夕刊フジ 3月17日(木)16時57分配信

★「被災者に勇気は思い上がり」
 25日開幕を巡り、労組・日本プロ野球選手会(新井貴浩会長=阪神)vs巨人・渡辺恒雄球団会長の全面対立が再燃。パ・リーグ存続の危機から球界再編、10球団1リーグ制度の動きに反対して、選手会が史上初のストライキを敢行した、2004年以来の非常事態。選手会が再びストライキも辞さずの危機が高まっている。

 15日のセ、パ理事会でそれぞれセ・リーグが予定通りに25日開幕を強行、パ・リーグは開幕を延期することを決定した。が、労組・選手会が12球団実行委員会に対し、東日本大震災の深刻な影響を考え、「セ、パともに開幕を延期してほしい」と緊急提案。セ、パともに開幕延期の流れになっていたが、16日になって事態は急変した。

 この日の財界G党による巨人軍激励会で巨人・渡辺球団会長が25日開幕の正当性を強調。セ・リーグはあくまで当初の予定通り25日に開幕することになった。パ・リーグは被災した仙台を本拠地にする楽天の深刻な状況を考え、開幕延期、セ、パ分離開幕が決定した。この裏にあるのが、巨人・渡辺球団会長と労組・選手会の確執再燃だ。

 セ・リーグが理事会で25日開幕を決めたのは、巨人が予定通りに開幕することに固執したからだ。が、実行委員会での選手会の緊急提案で白紙状態に戻った。この事態に怒りを爆発させたのが、巨人・渡辺球団会長だったことは、容易に想像がつく。

 というのも、04年のシーズン中に起きたオリックスと近鉄の合併に端を発した球界再編、10球団1リーグ制度の動きを阻止したのが労組・選手会だからだ。西武・堤義明オーナー、オリックス・宮内義彦オーナーが巨人・渡辺オーナー(当時)に対し、「パ・リーグは存続できない。1リーグ制度にしてほしい」と懇願。巨人・渡辺オーナーが了承して、球界再編は必至の情勢だった。が、当時、古田敦也会長だった労組・選手会が「12球団2リーグ制度堅持」を訴え、史上初のストライキを敢行して成功。現在に至っている。

 選手会が勝利したのは、「たかが選手の分際で」という渡辺オーナーの発言が、決定的な追い風になったからだ。世論が渡辺発言に猛反発、選手会を熱烈支持したのだ。今回、選手会が要求する「セ、パともに開幕延期」が実現すれば、またまた球界のドンと言われる渡辺球団会長の面目は失われることになる。そういった背景によるセ・リーグの25日開幕強行決定といえる。

 しかし、選手会サイドも「まだ復興のメドも立っていないこの時期に野球をすることが許されるのか。開幕することで、被災者に勇気と元気を与えるというのは、思い上がりだ」という基本姿勢を崩していない。ストライキも辞さずの強硬姿勢をちらつかせているという。セ・リーグが当初予定通りの25日開幕。パ・リーグは延期という、分離開幕ですんなりと一件落着とはいきそうにない情勢だ。球界は重大局面に直面する大危機を迎えている。 (夕刊フジ編集委員・江尻良文)



まずは、この渡邊氏の発言については

プロ野球の開催がこの後どのようになるのであれ、
決して忘れてはならない発言だと思ってください。

氏は、今までも数多くの野球界を揺るがすような
物議をかもす発言をしておりました。

が、今回の発言は、それと並ぶだけでなく、
日本人の生活のあり方についても、軽視した
問題ある発言であると考えます。


さて、
今回の問題についてですが、

確かになんでもかんでも自粛あり気という
風潮はよくないです。


しかし、震災自身で、毎日毎日千人近くの死亡者数が
増加して数えられているように、
まだ、被災地では、多くの被害が連日のように出ています。

余震や、原発の問題などもあわせて
まったく予断のならない状況です。

さらに、関東地方を中心として、計画停電によって
生活にさまざまな制約や支障が出てきている中で、
計画停電が実施されていない地域である文京区や渋谷区などで、
多量の電力が消費されるプロ野球の興行をすることの
整合性についてどう考えるのかという問題が第一にあるでしょう。

東京ドーム一日稼動することで
4000~6000世帯分の電力を消費するという説もあります。


ま、こんなことについては
数多くの人があちらこちらで論評されているので

ここでは今さら書きませんが、


氏が論拠としている一つが、
「開幕を延期しろとか、プロ野球をしばらくやめろとか俗説がありましたが、大戦争のあと、3カ月で選手から試合をやりたいと声があり、プロ野球を始めました。フェアプレー、緊張した試合をすれば見ている人は元気が出て、エネルギーが出て生産力が上がる」
という発言です。

この中にある
「大戦争のあと三ヶ月で選手から試合がやりたいという声があり」
という発言は、

事実ですが、どうもミスリードを誘おうとしているように聞こえます。



たしかに、日本のプロ野球は
1945年のオープン戦を最後に一旦中止されます。

そして、1945年8月にむかえた終戦の三ヵ月後
11月23日に職業野球=プロ野球の試合が行われます。


ただ、時期は11月です。


11月のことですから、当然レギュラーシーズンではありません。


11月から12月にかけて、4ゲーム、東西対抗戦が行われました。
だから、ゲーム数は一日一試合です。

これが、氏のいうところのプロ野球の復活で、
レギュラーシーズンが復活するのは、
翌年1946年の4月をまたなければならないのです。


だから繰り返しますが、
悲惨な戦争がおわって、わずか三ヶ月で
プロ野球が復活したという発言は、本当ですし、

このプロ野球のゲームが戦後の人々に
勇気を与えたというのも事実なのです。

選手が動員されて集まらないなか、東西対抗で行われた試合は
6000人弱の人が熱狂したといわれています。

また、野球復活のために、多くの人が
苦労の末に、GHQと交渉したことについても、
決して忘れてはならないことで、
このような人たちの頑張りがあって、
現在僕らは野球文化を享受できていると思っています。

が、

この発言自体が、多くの人に、
三ヶ月でレギュラーシーズンがはじまったかのように聞こえ、
ミスリードをまねく意図で話でいるとしか考えられないのです。



さらにこのときの観客数は6000人弱。
6000人の人が動くのも一大イベントですが、
現在の数万人集めるプロ野球の開幕興行では
考えられない数字です。



一日1試合で4試合と、レギュラーシーズンで一日3試合を

30000人、40000人入る試合が3試合と、6000人弱の試合が1試合を

それぞれ同列に比較できると思いますか?



当然ですが、このときの試合はデイゲームです。


そして、たしかに1945年の8月以降の状況は
多くの混乱は残り、かつ餓死者が出たりと
悲惨な状況ではありましたが、

悲惨さの決定的な原因となった戦争については明らかに終わり
再びおきることはありえず、
終戦三ヶ月してそれなりの安定を見せている時期であります。


戦争が終わって三ヶ月。

震災がおきて二週間足らずでまだ予断の許さない現況である


これだけでも決定的な差であると思うのです。



せめて、歩み寄り策として、西日本の球場を使って、
デイゲームで行うという案でも示されれば、
考える余地はあったでしょう。


そんな案はセ・リーグの理事会では
一切でなかったようです。


まったく…






あと、セ・リーグの開催を支持したコミッショナー氏については

「世論の賛否両論は十分、理解している。私も多くの方から意見を頂いた。復興のメドがつくまでじっと待てばいいのか。国難の時こそ真剣勝負を見せるのが責務。野球を通して日本に、世界に元気を与えるのが(球界の)使命だ」と発言をされていました。


この発言も、忘れてはならない発言であると思います。

「世論の賛否両論は十分理解している」発言があって、
わずか数日で熟慮された結論が撤回されることは
ないのでしょうねw

どうなりますか。




かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。
2011.03.13 無題
3月11日に発生いたしました、「東日本大震災」と
「中信越の地震」にて被災された方々、およびご家族、ご親族、ご友人、
その他関係される全ての皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、

不幸にしておなくなりになったかたがたの
ご冥福をお祈りいたします。

また、被災されたかたがたにおかれましては
一日も早く平穏な日々が戻ってきますように。



私自身、道央某所の職場におりましたが
幸いなことに横揺れを数分間感じ程度でした。

が、ぐんにゃりとした横揺れが数分間続くというのは
初めての体験でした。


その後職場で同僚がつけたテレビで
東北~北関東の惨状を目の当たりにしたのです。


言葉になりません。



今思うのは
冒頭にも書きましたが、

被災された方々、およびご家族、ご親族、ご友人、
その他関係される全ての皆様に対するお見舞い

不幸にしておなくなりになったかたがたのご冥福

被災されたかたがの一日も早い平穏な日々の回復です。




そして、以前当ブログでも書いたのですが、

このような事件の時に、毎回のように問題になっていることがらが、
ひとつでも多く改善されますようにということです。



たとえば、

被災者の方の心にムチを打つようなインタビューをする
マスコミが現れませんように

とか、

救助活動の邪魔になるような轟音をたてて
取材陣のヘリが飛びまくりませんように

とか、

国を挙げての災難に対して、嘲笑や呵呵大笑をするかのような
インターネット上などでの中傷などの書き込みが
ありませんように

とか、

災害のドサクサにまぎれて
犯罪をたくらむ人が出ませんように


などです。

ただし、官房長官が記者会見で
「ヘリの取材は自粛してほしい」
と指摘したとおり、なかなか難しいところは
あるそうです。
〔ちなみに、今までの批判や官房長官の一言が奏功して
現在は一社しかヘリを飛ばしていないという情報もあります。〕

こんな非常事態にこそ、人々の民度は現れると思っています。


僕自身も冷静に
何かできることをしたいと思っています。




あと、こんな記事を見つけました。

産経新聞の記事です。

紹介します。



政府、後手の対応 首相視察が混乱拡大との見方も
産経新聞 3月12日(土)23時26分配信

福島第1原発1号機の爆発について説明する枝野官房長官=12日午後8時43分 首相官邸(栗橋隆悦撮影)(写真:産経新聞)
 菅直人首相は12日夜、福島第1原発について「一人の住民も健康被害にならないよう全力で取り組む」と強調した。ただ、原発で爆発が起きたことで、政府の危機管理能力が問われることになった。「最悪の事態を想定」(枝野幸男官房長官)してきたはずなのに、退避指示の範囲を徐々に広げた。爆発の事実を発表したのも発生から2時間以上たってからで、官邸の混乱ぶりがうかがえた。

 しかも首相が12日朝現地を訪れ、1時間近く視察したことは現場の作業を遅らせる一因になったとの指摘もあり、責任を問われかねない。

 「国民の安全を第一に考えて対策を取ってきた。周辺住民が健康被害に陥らないよう全力を挙げたい」

 12日夜の会見で、首相は原発への対応をこう強調した。ただ、爆発とは言わず「新たな事態」と形容するにとどまった。

 首相は12日午後の与野党党首会談で原発に関し「危機的な状況にはならない」と強調していた。会談中に官邸側は「会談後、首相と官房長官の会見を行う」と発表した。爆発が起きたのは会談の最中だった。

 会談終了から1時間半以上たって単独で会見した枝野氏は首相が会見をいったんキャンセルした理由について「首相は、メディアを通じてメッセージを伝えるのは大変重要だと思っていたが、それ以上にこの事象(爆発)にしっかりと対応することが重要だとなった」と釈明した。

 12日朝、首相は原発視察に先立ち、記者団に「現地で責任者ときっちりと話をして、状況を把握したい。必要な判断は場合によっては現地で行うかもしれない」と意気込みを語った。

 政府関係者によると視察は首相が突然言いだした。枝野氏も12日未明の会見で「陣頭指揮を執らねばならないという強い思いが首相にあった」と説明した。

 しかし、現場はすでに放射性物質の一部放出をしなければならない事態に陥っていた。そこに首相がヘリコプターから降り立ったため、現場担当者も首相の対応に追われた。

 退避指示も当初「風向きなどを考えて」として3キロから始まり10キロ、20キロと範囲を広げた。枝野氏は「専門家が詳細な分析をしているので、周辺住民は落ち着いて対応してほしい」と言いながら、退避指示の拡大などのメディアへの情報提供が遅いことには「間違いのない情報を伝えないといけないから」と強弁した。


どう思われますか。





かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。
☆「札幌スープカレー マグマ」
(札幌市中央区南16条西9丁目1-1 松名ビルリブレ山鼻1F)

2011年の初スープカレーですが

「ここは、マグマできめよう」と、
コンビにでナメコ汁を注文するときの
「孤独のグルメ」のゴローちゃんばりの決意で
午後五時に向かったにもかかわらず、

スープ切れの「Close」の看板

にょろ~ん

でヘコんでしまったことが
ありました




そんなリベンジろをしようと思っている旨を
畏友p氏に話したとこ、一緒にいくことになりました。


前回こちらを訪れたのは一昨年の12月

このときは畏友GMクンと一緒に行っていました。


すすきのでおちあったふと、
チンチン電車に乗って、「静修学園前」で下車。


歩くことしばしで、

窓の無い外装に加えて
雰囲気のあるコルクっぽい木が張られている
ドアをあけて中に入ると

小ぢんまりとした店内に穏やかな照明とか

スタイリッシュなカウンターやテーブルが
オシャレな空間を作り上げていて、

以前行ったときの記憶が
一揆によみがえってまいりました。

といったところで、メニューを吟味



■たっぷりお野菜カレー900円
メインの具はたっぷりの新鮮お野菜です。
■とうふと野菜のカレー900円
マグマの定番メニュー。あげとうふがスープにからみます。
■鶏ムネと野菜のカレー900円
マグマのオリジナルスパイスで味付けしたジューシーな鶏ムネ肉のカレーです。あっさりとした中にも美味しさがしみ込んでいます。
■そぼろ納豆カレー950円
スパイシーな鶏そぼろと納豆の組み合わせがベストマッチのカレーです。
■きのこと豆腐と野菜のカレー1050円
ヘルシーで食物繊維もたっぷり摂れます。
■鶏モモと野菜のカレー1050円
ほろりとほぐれる位に柔らかく仕上げた骨付きチキン。スープカレーのベーシックともいえるカレーです。
■ディアボロチキンカレー1100円
ディアボロとは子悪魔風の味付けを意味します。鶏ムネ肉を香り高く、そして柔らかく仕上げたカレーです。
■とろぷるコラーゲンポークカレー1100円
もっちりぷるぷるのポークのカレーです。この食感はレアです。
■たっぷりぷりエビカレー1200円
たっぷりの海老がエビ好きにはたまらないカレーです。
■マンスリーカレー
毎月の限定カレー。黒板をご覧ください。
■メガ盛りマグマカレー1600円
あれもこれも一度に楽しめるお得でボリュームたっぷりのカレーです。
*鶏モモとお野菜のベースにスープは大盛りです。下のメニューの具から2つチョイスしてください。
たっぷりお野菜 / あげムネ / あげとうふ / 鶏モモ / たっぷりエビ
ディアボロチキン / そぼろ納豆 / コラーゲンポーク

スープ
■「スパイシーなノーマル」
■魚介類の旨みを強調した「コクのネロ」2種類

辛さレベル
■-5~0番 辛いのが苦手な方やお子様でもOK
■2~3番 ご家庭のカレーの中辛くらい
■5~6番 ご家庭のカレーの辛口くらい
■19番まで ここまでは無料です
■20~39番+50円 激辛ワールドへの入口
■40~59番+100円 辛さを求めてやまない方へ
■60~99番+150円 もはや辛さフリーク
■100~149番+200円 香りまでHOTです
■150~199番+250円 ご用心!ご用心!
■200~499番+300円 名付けて「極み」!?
■500~エンドレス更新中+500円

トッピング
*その他ご希望がありましたらスタッフにお尋ねください。
■ディアボロチキン250円
■とろぷるコラーゲンポーク250円
■ぷりぷりエビ250円
■鶏モモ250円
■あげとうふ200円
■あげムネチキン200円
■きのこトリオ150円
■とりそぼろ150円
■とろけるミックス焼きチーズ150円
■納豆100円
■おくら100円
■切干大根ときくらげのナムル100円
■イモもち50円
■カリカリハッシュドポテト(ご飯にON!)100円
■カニクリームコロッケ(ご飯にON!)100円
■スープ大盛り150円

*ランチタイム(11:00~15:00)にはソフトドリンクが付きます。

ということなので、僕は、
前回は、ディアボロチキンカレー
ノーマルスープ 15番

その前は「きのこと豆腐のカレー」の
ネロスープ 30番を食べていましたので、


今回は違うものをということで、

とろぷるコラーゲンポークカレーネロスープ、20番
ハッシュドポテトのトッピングをオーダーしました。

ちなみに畏友p氏は、
「ここは、基本に帰って」などというので
てっきりチキンか野菜を頼むのかと思いきや

ディアボロチキンカレー 20番
ネロスープをオーダー

って、基本がディアボロですか。

それは、結構な変化球だと思いますよ。

ま、いいですけど。


あとは、夜のチンチン電車カレーですから、
ハートランドの瓶を注文しました。


出てきたビールで乾杯し、
草っぽいハーブの強い香りを堪能しながら
BGMのJAZZに心を癒しつつ談笑していると

登場。


ヲヲう。

コレは!

黒いっスね~!!

ことらのスープカレーはノーマルスープも
相当濃い色をしていますが、

ここまで黒いスープカレーは珍しいです。

雑誌などで目にしたマスターの発言によると
「コクを求めて作り上げたら、黒くなってしまった」
だそうです。

これは期待大ですよ。



と、いうことで、まずは一口。

を、


!!!!!



うおォン


うおォォォォォォォオヲヲヲヲヲヲヲンっっっ!!



これは


飲み口がスッキリとし、さらっとした印象でありながら

しっかりとしたコクもありつつ
スープ自体にパキッとしたキレもあり

そんなコクやキリに感心をしていると、辛さが直撃ですよ。


「魚介類の旨みが~」などとメニューに書かれると
ラーメンのスープでもそうですが、
エグ味や生臭さのことを魚介類の旨みと称している
場合があるので、油断がならないのですが、

こちらのネロスープは、そんなことは当然ありません。

魚介類のウマ味だけが、純粋にでています。

上品なすまし汁とかでもそうですが、
カツオ出汁がばっちりキマっていながらも
生臭さを感じずにウマ味だけを感じます。

このスープなら魚介類系が苦手な人も
ぜんぜん大丈夫でしょうし、
むしろおいしいというのではないでしょうか。

ここまで、魚介類の生臭さを消しながらも
魚介類の旨みだけを取り出して、

かつ生臭い部分もウマ味に昇華させていくように変化させる。

ここに、お越せの方のテマヒマが
容易に想像できまして、

黒いはウマいです。

最近食べるラーメンでも、黒いスープのラーメンがあって
結構、ハズれがないので、
その黒さにニマニマしてしまうことがあります。

黒いはウマいです。


そんな深み、コク、ウマ味の土台がしっかりしているからこそ
直球の刺激的なスパイスの辛さが生きてくるのです。


あと、こちらの水はニセコから汲み出してくる
甘露水を使っているとのことです。

「この水は甘露である」と
某ヤンゴトナキ方がおっしゃった
あのお水ですよ。

樺沢紫苑さんの本(多分)で
東京でスープカレー屋を出した時に
一番苦労するのは水の違いで、
なかなか北海道と同じ味が出ない
といった内容を書かれていたのを思い出しました。

それくらい、スープにとって水のウマさは肝心なのです。

そんなコダワリがいいですね。



そして、具ですが、

豚肉の角煮は、まさにとろぷるこらーげんの
看板の通り、この名前にすべてが集約されている

筋の隅々までしみわたった
柔らかで穏やかなやさしげな肉につけられた味

さらに豚の塊を煮込んだときのお楽しみといえば
その染み出てくる脂です。

旨みがしっかり出てくる豚自体のジューシーな味わいが
あるからこそ、豚肉の味付けにも、カレーにも
負けずに、ほのかなアマさを発揮しながらも、

この脂が、カレーに新しい味を加えてくれます。

このアマさは、カレーがスパイシーなだけ
コントラスト的にありがたいです。

これは大当たりです。


トッピングのカリカリハッシュドポテトも同じでした。

ハッシュドポテト、好きなんですよね。
朝マックとかでなんぼお世話になったことか。

中で細かくさいころ切りにされた
芋が口の中でホロホロと崩れる感触が
タマらないのですが、

スープにつけて、スパイシーにすると
さらにそんなハッシュドポテト独特の
魅力が映えてきます。

さらに、ジャガイモは北海道のジャガイモといった
ホクホクで甘みがあって、これもスパイシーなスープにいい。

分厚いレンコンもシャクシャクとした食感と
その淡白な味がカレーの中で光ります。

そして、辛いカレーを食べるときに
前述の豚ではないですが、アマさがコントラストになる
野菜群がありがたいですが、
ビックリするような、
ニンジン・カボチャの甘み。

それと、鮮烈な緑の味がいい感じである
オクラやピーマンの味わいなど。

具材のウマ味ここに極まれりです。


にしても、辛いっスね。

食べれば食べるほど汗が滴ってきて

気がついたら、汗だくになっていました。

さすが20番。

三月で少しずつ春に近づいているものの
まだ、寒い北海道は、汗だくになるくらいが
いいですよ。



そして最後はお約束の
ライスの投下と攪拌していただいた。

こりゃーウマいや。

残念なのは、卵が入っていないことですが


ま、しょうがないですね。



てな感じで
んぐんぐんぐっと一気に食べつくして

ビールをぐびぐびぐびっと一気にあおって、


ぷはぁ


またまた滝汗が出てきました。



てな感じで、満腹を抱えて
「歩いて、地下鉄日比谷線の三ノ輪駅に出ればいい」
って感じで、2人で、行啓通の電停まで
歩いたのでした


そういえば、このロケーションで「マグマ」といわれると、

「僕は、マグマ♪、だめガマンできない♪!」
なんて北海道出身の解散したバンドルの歌詞が、
頭の中、ぐるぐるするのは、いつものことです。

なんたって、このバンドのベースの方は、
この店からほど近い、静修高校のOGですしね。

畏友p氏と一緒にライブに行ったことも



いや、昔のおハナシですよ。



そういえば、前回とか行ったときに
狙っていた水餃子のカレーは
メニューから外れていました

何かあったのかな?




☆「札幌スープカレー マグマ」
(札幌市中央区南16条西9丁目1-1 松名ビルリブレ山鼻1F)
◇営業時間◇ 11:00~15:00/17:00~21:00
(スープがなくなり次第終了)
◇定休日◇ 水曜日 第3木曜日 ◇駐車場◇ 有り
◇電話◇011(511)1701












あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。

当ブログによせていただいたコメントも、さしさわりがなければ
番組内で紹介させていただきます。



ラジオにあったコーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」をクリックしてくれれば、
見ることができます。

かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていた
イトー×aniでした。


現在は道央某所に住んでおります。
機会があれば、またボランティアでラジオ番組作りに関わりたいと考えています。

当ブログの左側にあるFHFをクリックすると、
過去の番組内容などを見ることが出来るので、
おおよその番組コンセプトがわかるかと思います。

興味がある関係者のかたがいらっしゃいましたら当ブログのコメント欄まで
連絡をいただけたら有り難いです。
札幌にスープカレーを食べに行った翌日です。

前回、一軒茶屋でカレーを食べたときに
近くなので行こうと思ったものの、
行けなかった松原温泉へいきました。

札幌の本屋で買い物をし、ヴォイジュでスープカレーを食べたあと
国道274号線から337号線に入り、
しばらく行くと、国道沿いに看板があります。

長沼から千歳にかけての田園地帯の中、
右折をすると、砂利道になりまして、
少し奥に入ったところにあって、
建物の近辺が木々に囲まれているのが雰囲気あります。

湯銭を払って、中に入ると、小ぢんまりとしていい感じです。

脱衣場から浴室へ行きますと、
温泉独特のむわっとした香りに包まれます。

中には湯槽が二つあって、奥の少し大きい湯槽には
先客がいたので、手前の小さい湯槽に入ります。

ざんざんと流れるお湯が
茶色いです。

というか、黒に近いですね。


湯槽の底が見えないぐらいで、
白老温泉まではいかないですが、
嬉しくなるお湯の色です。

入って見るとお湯がぬるぬるしていて
気持ちいいです。

壁には「食塩泉」と書かれていますし、
湯槽の横には、二本の飲泉用の蛇口と
プラスティックのマグカップがあります

こちらにも「食塩泉」と「重曹泉」と書かれています。

まずは食塩泉のほうをいただきます。

おおお、この塩分の多さが
胃にききますね、

長沼の温泉も、北村の温泉もかくやって感じの
塩分の濃さは、胃にも肌にも
よさそうです。



ついで、重曹泉を

こちらは軽く硫黄っぽい感じの香りが漂う
胃にやさしい感じの味で

前日結構飲んでいたので、しみますよ。




肌がつるつるしてくるのとか
お湯の感触を楽しんでいると、
奥の湯槽も空きましたので
そちらのほうに身を移しますと


ををををを


こちらも気持ちいいですわ。

奥に黒いゴツゴツした岩があって
ここから、波のように褐色の湯が
ザンザンと出てきます。

壁には、飲泉用の蛇口同様、「重曹泉」と書かれていて、
「食塩泉」より褐色の色合いが淡いですが

こちらも、ヌルヌルの湯の当たり方と
肌がツルツルになる感じがいいです。

そんなに派手にきく感じではないですが
じわじわとしみてくる感じでして

一時間以上、のへっとしておりました。

千歳は「祝梅温泉」も褐色のツルツルになる温泉ですから
地味にいい温泉の多い、地域であります。



さて、この後日
勤務先が警備の関係で
定時に帰らなければならなくなりました。

そこで、自宅に帰る前に足を向けたのが

倶知安の名店「籔富」さんです。

なんといっても、こちらのお店は
3月6日をもって休業してしまうのです。

もっちりとした独特の食感のある
二八の太めの平打ちという独特の麺が、

なつかしい感じのする
ここでしか食べることができない麺なのです。

引越しする前からも通ってましたのに



残念。

と、いうことで、お別れをかねて
大好きな「とり天そば」を食べたのです。

ごろくごろんと入っている
上品な鳥のてんぷらと、

個性的な麺と、しっかりとした汁とのバランスが
絶妙なのですけど、

もう味わえないのですね

ということで、最後の味を舌に刻み込ませるように
味わってから、

まだ日が明るいので向かったのが、
ニセコグランドホテルです。

にしても、定時に退勤をして
そばを食べて、かつ夕暮れの中で
温泉を楽しむことができるという

改めてすんでいる場所のロケーションの良さに
感謝をします。

さてさて、肝心の温泉ですが、
こちらは、僕もお気に入りの温泉ですが

ここ数月は訪れてませんでしたし
この時期にはいるのは本当に久しぶりです。

相変わらず、広々とした露天に
笹濁色がかった碧褐色のお湯がいいですね~

それにしても、この時期のニセコの温泉ですから

外国人客が多いのです。

で、最初に露天に行ったら
僕と、日本人のグループと
外国人のグループが一組ずつでしたが

五分もしないうちに
次々に外国人グループのかたがこられて

しかも日本人グループのかたが
内風呂に戻られたので

気がつくと、露天でお湯を楽しんでいるのが
二十人超えていましたが、

僕以外は、僕が理解できない言葉を
話すという状態。


なんだ、これは、

この間、僕がウトウトしていたら

この変わりようにびっくりするでしょう



周囲は、彫りの深い顔族の人ばかりという

逆テルマエロマエですか



それにしても、露天風呂を楽しむ外国人の方々も

湯槽に身を沈めるときに

「AHHHHHHAAAAAA!!!」


と言っていました。


アフタースキーで温泉を楽しんで

湯槽に身を沈めるときに「あ゛ぁぁぁぁぁっ」という
外国のかたがた


これは日本の習慣が広がったと解釈して
いいのですかね

おそるべき平たい顔族の入浴文化。



ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。

現在は道央某所に住んでおります。
機会があれば、またボランティアで
ラジオ番組作りに関わりたいと考えています。

当ブログの左側にあるFHFをクリックすると、
過去の番組内容などを見ることが出来るので、
おおよその番組コンセプトがわかるかと思いますので
興味がある関係者のかたがいらっしゃいましたら
当ブログのコメント欄まで連絡をいただけたら
有り難いです。
誰が、

浪人生が通っている予備校であるとか
出身高校であるとか、

高校時代の部活動、ひいては、
現在の容姿の特徴や性格などを
知りたいのかなと思うのです。

いえ、先日の大学入試であった
カンニングについての問題ですが。

確かにカンニングは、よくないことですが、

この事件を、国会で現在行われている大切な答弁よりも
先に報道する理由がいまだに理解できません。

しかも、マスコミュニケーションによるニュースでは
報道されないために、知りえないことがらを知ろうとしたり、
複数の報道を比較、検証するために、
インターネットのニュースサイトへ行くと

また、このことについて詳しくなってしまうという、

堂々巡りであります。


こんなマスコミのあり方について
良く読んでいる週刊文春 2月24日号のコラム
「新聞不信」に、このような内容がのっていました。



引用します。


シャワー・ジャーナリズムに物言い

“シャワー・ジャーナリズム”という言葉がある。豪雨のように一時に大量の報道が集中することで、まさにこのところの新聞はシャワー・ジャーナリズムそのものだ、と言いたくなる。
 大相撲の八百長問題が一面から社会面、スポーツ面に溢れる日があるかと思えば、次はエジプトのムバラク大統領の辞任が、一面、海外面、そして社会面を覆い尽くす。まるで、一つのボールに全員が群がってしまう下手くそなサッカーの試合を見ているようだ。おかげで、菅直人首相などは、ずいぶん助かっているのではないだろうか。
 各紙そろってのシャワー・ジャーナリズムに目を通していて感じるのは、報道する側に自省が少ないことだ。たとえば、八百長問題を例にとってみよう。なるほど、五回に及ぶ連載企画・読売新聞の「偽りの土俵」や、毎日新聞の「土俵際の国技」、朝日新聞「汚れた土俵」(いずれも上中下)など、大相撲周辺の人びとの証言をもとに、本場所中止に至る混乱ぶりや、八百長が行われてきた背景などが書かれている。
 しかし、これらの記事でまったく触れられていないのは、各紙の相撲担当記者をはじめとするジャーナリズムが何をしてきたか、という点だ。
 本場所が始まると、どの新聞も当日の取組を丹念な報じてきた。さらに記者たちは、各部屋や力士たちの間に分け入って、情報を得てきたはずである。そんなとき、八百長の噂や、不自然な一番には、一度も出くわさなかったのかというのか。親方や力士たちには、これまで、どんな質問をしてきたのだろうか。
 八百長問題だけではない。エジプトの市民デモでもそうだ。こうした事態に至る前には、ムバラク政権の内実は、日本ではほとんど報じられなかった。「独裁体制の終焉」「革命」「民衆の新たなネットワーク」などとはしゃぐ前に、少しは自らの姿勢を省みる必要はないのだろうか。
 読み応えのある紙面を作るのは、取材記者の一つの疑問であり、その答えを求めようとする一つ一つの質問である。それを欠いたとき、新聞記事は、発生した事態を次々追いかけ騒ぎ立てるだけの“情報のシャワー”と化してしまう。大相撲や中東情勢に限ったことではない。


このコラムは、いつつも読んでいると、
はたとひざを打つように共感することが
多いのです。


で、このコラムについては、
タイトルが「新聞不信」ですから
新聞を俎上に乗せています

が、

内容的には、すべてのマスコミに共通する内容です。


シャワー・ジャーナリズムについては、
さまざまな事件のたびにいわれていますが

一向に改められる気配がありません。


しかも、マスコミの取材のあり方についても
さまざまな批判がありますが、

これもなかなか改められません。



しかも、先日のニュージーランド地震では
このようなこともあったそうです。


こちらはJ-CASTニュースの記事です。

NZ大地震で日本人記者逮捕? 病院取材で不法侵入か
J-CASTニュース 2月24日(木)18時12分配信

 ニュージーランド南部のクライストチャーチ付近で起きた地震で、20人以上の日本人を含む数百人の行方不明者の捜索が続くなか、日本人が思わぬ形で現地メディアに取り上げられていることがわかった。「病院に侵入しようとした記者が逮捕された」というのがその内容だが、大使館は、まだ事実を確認していない模様だ。

■「身分証明書ないと逮捕」と警告
 ニュージーランド通信(NZPA)やテレビジョン・ニュージーランド(TVNZ)などが、2011年2月24日にカンタベリー地域保健局の話として報じたところによると、2月23日夜、日本人記者2人が逮捕、または身柄を拘束されたという。その理由は、地震で救出された人にインタビューをしようと、多数の被災者が収容されているクライストチャーチ病院に侵入しようとした、というものだ。記者がどのようにして警備をくぐり抜けたかは不明で、病院には保健局の警備や警察が配備されたという。

 また、地元ニュースサイトの「スタッフ(stuff)」が地元警察の話として伝えたところによると、非常線や夜間外出禁止令を破ったとして、市内で3人が逮捕されたといい、そのうち1人が外国メディアに所属。後に3人は釈放されたという。

 現地警察では、2月23日の18時30分(日本時間2月24日0時30分)から、4つの大通りに囲まれた市内中心部を立ち入り制限区域に設定。安全や治安の維持が目的で、「有効な身分証明書を持たない者が立ち入った場合、誰でも逮捕する」などと警告していた。

■記者は「制限区域」の存在を知らなかった?
 経済紙「ナショナル・ビジネス・レビュー」が2月24日未明(日本時間)に掲載した記事によると、在ニュージーランド日本大使館は逮捕についての情報を得ておらず、担当者は

「(逮捕の報には)驚いた。彼ら(逮捕されたとされる記者)が、どの程度制限区域について知っていたか分からない」

とコメント。記者が制限区域そのものについて認識していなかったか、仮に制限区域に侵入したとしても、逮捕されるとまでは考えていかなった可能性もありそうだ。

 J-CASTニュースでも、日本大使館に逮捕の事実に対して問い合わせているが、2月24日18時(日本時間)時点では、コメントは寄せられていない。

 なお、前出のクライストチャーチ病院は制限区域内で、語学学校のビル崩壊現場で、右足切断手術を受けた上で救出された奥田建人さん(19)も収容。2月23日の朝日新聞夕刊を皮切りに、各社が続々と奥田さんのインタビューを掲載している。



同じく、こちらもJ-CASTニュースの記事です。


引用します。


脚切断被災者へのインタビュー フジテレビは「無神経」なのか
2011/3/ 2 19:20

ニュージーランドの地震で日本人28人を含む多数の行方不明者が出ている問題で、ワイドショーのレポーターが被災者に対して行ったインタビューに批判が集まっている。救助の際に右足を切断する重傷を負った男性に対して、スポーツが出来なくなってしまったことに関する感想を聞いたことが「無神経」などと猛烈な批判を浴びており、集中砲火状態だ。
このニュースは中国の地方紙でも伝えられ、「取材を受ける人の心情を考えておらず、視聴者からは怒りの声があがった」と伝えている。

■脚が挟まった際の様子を、比較的詳しく聞く
批判を浴びているのは、2011年2月25日に、フジテレビ系のワイドショー「とくダネ!」で放送された電話インタビュー。同番組の大村正樹リポーター(43)が、ビル倒壊現場から救出され、右脚を切断する重傷を負った専門学校生の奥田建人さん(19)に救出時の様子を尋ねる中で、脚が挟まった際の様子を、比較的詳しく聞いた。やり取りをそのまま書き起こすと、このような具合だ。

大村レポーター: 脚が挟まっていた?
奥田さん: はい。
大村レポーター: 脚は、やっぱり痛かったですよね?
奥田さん; ええ…、最初は。
大村レポーター: 最初は痛くて、やっぱりだんだん時間とともに変わってくるんですか?
奥田さん: そうですね。
大村レポーター: どんな風に?
奥田さん: やっぱり、感覚がないというか…。
大村レポーター: 感覚がなくなった?
奥田さん: 慣れたというか…。わかんないですけど。
大村レポーター: その時の様子は、あなたは、しっかり記憶はしてます?
奥田さん: うーん、ちょっと、麻酔とか打ったたので、あまり覚えてないです。


■「これまでね、スポーツも色々出来ていた訳ですよね?」
特に批判を浴びているのが、脚の切断に関するくだりだ。なお、奥田さんは、高校時代にはサッカー部のキャプテンを務めていた。

大村レポーター: 脚を切断するというのは、あなた自身は覚悟されてたんですか?
奥田さん: そうですね。大体してましたね。
大村レポーター: あー、そうですか…。今ね、自分の体が目の前にある訳ですけれどね、これまでね、スポーツも色々出来ていた訳ですよね?
奥田さん: うーん、そうですね…。あまりまだ、何も考えられてないんですけど。とりあえず、命あったので。うーん、本当に助かって良かったね、って。あと、早く助かってない人も助けてほしいと思います。
放送直後から、スポーツに関するくだりについて、「無神経な質問」といった批判がツイッター上に噴出していた。
この件は、海外にも「飛び火」している。2月28日には中国紙「杭州日報」が、「フジテレビのインタビューが、人々の怒りを巻き起こしている」などと伝えており、脚を切断したことについての質問には「人々は、びっくり仰天した」などと伝えている。

■メディア側から反論も出ている
3月1日には、この中国での報道をさらに「サーチナ」が引用し、コメント欄は日本のメディアに対する批判の声であふれている。
なお、この批判には、メディアの側から反論も出ている。例えば2月26日にニューズウィーク日本版のウェブサイトに掲載されたコラムでは、
「このインタビューとメディアスクラムの問題は分けて考えるべき」
としながらも、
「インタビュアーがむりやり言葉を引き出そうとしているわけでもないし、足を切断したという相手の状況にそれなりに配慮した聞き方をしている。プロの記者が奥田君に話を聞いて『足切断』について聞かないことはありえない」
と主張。このコラムに対しても、ツイッター上では、メディアの常識と視聴者の常識の違いについて指摘する批判的な声や、コラムの趣旨に賛同する意見など賛否両論で、議論はさらに広がることになりそうだ。



とはいうものの、

空港で、犯罪を犯した人であっても
災害にあった人であっても

同じような口調で問い詰めるレポーターのありようを

マスコミによって伝えられているのを見ることを常としているので、
あまり好意的に解釈できません。


しかも、この人は四月からはじまる
uhbの新番組でMcをすると、新聞広告に載っていました。


取材の姿勢とかどうなのかな、と余計な心配をしてしまいます。


しかも、フジテレビといえば、
こんなこともありました。


こちらもJ-CASTニュースの記事です


引用します。



「K-POP人気は韓国政府の操作」 木村太郎氏が「爆弾発言」
J-CASTニュース 2月28日(月)19時42分配信


 少女時代やKARA、BIGBANGと、いわゆる「K-POP」アイドルが次々と日本に上陸し、音楽市場を席巻している。だがその人気は、韓国政府が裏で仕掛けたものではないかとの発言内容がテレビ番組で流れ、波紋を呼んでいる。

 その主は、キャスターの木村太郎氏だ。韓国の文化を海外に紹介する機関がインターネット上で、ある「操作」をしてK-POPアイドルの知名度アップを図っているというのだ。

■ネット口火に人気を広げていくプロモーション
 木村氏の発言は、フジテレビの情報番組「Mr.サンデー」でのものだ。2011年2月6日の放送で、「K-POPにハマる女たち 韓流男子にひかれるワケ」と題した特集が組まれた。司会の宮根誠司が、日本でヒットを目指す韓流タレントたちは母国で徹底したレッスンを受けてくる点に触れると、木村氏は「レッスンだけじゃないんですよ」とした後で、

「韓国政府の中にブランド委員会というのがあって、K-POPをブランド化しようとすごく力を入れている」

と話した。つまり、国を挙げてK-POPを売り込んでいるというのだ。さらに木村氏は、「ユーチューブ」などネットの動画投稿サイトにあるK-POPアイドルのプロモーションビデオ(PV)に関して、ブランド委員会が広告代理店を通じて再生回数を上げさせていると主張した。

 実はネットによる宣伝活動は、K-POPのプロモーションに欠かせない。音楽ジャーナリストの古家正亨氏は2010年11月16日放送のNHK番組「クローズアップ現代」で、「(K-POPは)あえて映像だったり、音楽の情報発信をネットを通じて拡散させて、実際に見てみたいという思いにさせて、そこからショービズに発展させていくという手法を使っている」と説明した。ネットでの「流行」を口火に、ブームを起こしていこうとの作戦だ。このため、動画サイトでのPV閲覧数が多ければ、「話題のアーチスト」として人気が広がるということだろう。


■動画再生5000万回の女性グループ
 ユーチューブに投稿されたK-POPスターのPVを見ると、確かに閲覧回数がずば抜けているものがある。例えば女性グループ「ワンダーガールズ」の曲は、再生回数が5000万回に迫ろうかという勢いだ。少女時代のヒット曲「Gee」韓国語版は約3700万回で、ほかの歌手を見ても1000万回以上は珍しくない。J-POPの場合、AKB48の「ヘビーローテーション」が約2400万回だが、嵐やExileといったヒットメーカーでもユーチューブに限ればPV閲覧数はそこまで多くない。日韓の音楽マーケティング上でのネット戦略の違いかもしれないが、海外向けを見越した英語の歌詞ではなく、韓国語で歌っているPVでこれほどの再生回数というのは驚きだ。

 木村氏が指摘した組織の正式名称は「国家ブランド委員会」で、2009年1月に大統領直属の機関として設置された。韓国への理解を世界で深めてもらうため、国としてのブランド力を上げる取り組みが主眼だ。ウェブサイトには、韓国の政治経済や文化、国際貢献活動、ビジネス、先端技術を幅広く紹介している。「国家ブランドによってその国の国民、企業、商品への評価も変わります」と、ブランド向上をとても重視している様子がうかがえる。「韓流」を取り上げた個所もあるが、内容は一般的な説明で、K-POPの最新情報まではカバーしていないようだ。

 木村氏の発言に、韓国のマスコミも反応した。韓国・中央日報は2011年2月28日付の記事で、国家ブランド委員会の事務官のコメントを紹介。「大衆文化を国家がコントロールするのは常識的にありえない」と不快感をあらわにしたとしている。



日本の大衆文化を国民に見せないように
コントロールをしている国の事務官の言っていることですから、

なんというか、

質の悪いコントのようですが…

しかも、このタイミングで
同じフジテレビの番組で

韓国の食材が使われたピザが一番売れていると流れたのも、

これもネタか、と思わせるのですが



このようにマスコミ自体が恣意的に
情報を操作する恐ろしさについて

常に自覚的でなければならないなと思うのです。



ちなみに「新聞不信」では菅首相が救われているむね
書かれていますが



カンニングなどの件では、外務大臣が
救われているのかもしれません。


こんなことがあったのです。


時事通信の記事です。

引用します。


前原外相、在日外国人から献金=政治資金規正法に抵触―野党は辞任要求
時事通信 3月4日(金)17時24分配信

 前原誠司外相は4日午後の参院予算委員会で、在日外国人から政治献金を受け取っていたことを明らかにした。前原氏は「返金し、政治資金収支報告書を訂正したい」と述べた。しかし、政治資金規正法は外国人からの政治献金を禁じており、自民党は前原氏に辞任を要求。民主党内からも前原氏の責任を問う声が上がった。「政治とカネ」に絡む有力閣僚の不祥事が表面化し、菅政権にとって打撃は極めて大きい。
 予算委で前原氏は、自民党の西田昌司氏の質問に答え、事実関係を認めた。前原氏によると、同氏は京都市内の飲食店経営者から2008年に5万円の献金を受け取っていた。この経営者との関係については「政治の世界に入る前から親しくし、特に私が政治の世界に出てからも一生懸命応援いただいている」と説明した。
 西田氏は献金額について「過去4年間、5万円ずつ計20万円ではないか」と追及した。前原氏は「全体像を調べてしっかり対応したい」と述べたが、西田氏は「責任を取って辞任すべきだ」と要求。菅直人首相にも前原氏の罷免を求めた。
 前原氏はこの後、首相官邸で首相に謝罪。首相は徹底調査するよう指示した。引き続き外務省で記者会見した前原氏は、献金について「そういう形で頂いているとの認識はなかった」と釈明した。また、「全て私の責任だ」と述べるとともに、「全体をよく調べた上で、どのように判断するか決めたい」と語った。 


ちなみに、この日のNHKの九時台の一時間のニュース番組で
この事件については四分しかふれてません。


件のカンニングや、熊本の殺人事件について
解説を加えるのではなく、

なぜ、外国人からの献金が違法なのかとか、

外務大臣がそのような献金を受けることの重大性について

それこそ解説員のかたをまねいて
懇切丁寧に話しても、

決して重くならないような大切な問題だと
認識をしているのです。


このことについて、軽く流すようでは
現政権も、スルーするマスコミも

いよいよ、どうなんだと
思ってしまいます。






ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」でした

かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめておりまして、

現在は道央某所に住んでおります。
機会があれば、またボランティアで
ラジオ番組作りに関わりたいと考えています。

当ブログの左側にあるFHFをクリックすると、
過去の番組内容などを見ることが出来るので、
おおよその番組コンセプトがわかるかと思いますので
興味がある関係者のかたがいらっしゃいましたら
当ブログのコメント欄まで連絡をいただけたら
有り難いです。