ファイターズの、2010レギュラーシーズンが
終了しました。

あとは、マリーンズvsバッファローズの
結果次第ということですが、

気分的に、人事を尽くして天命を待つ
といったところです。


ただ、今シーズンについては

シーズン最初から最後まで
ケガ人に悩まされたシーズンでありましたので、

大健闘だと思いますが。



しかも、こんなニュースも入ってきます。


実数発表後1000万人突破=プロ野球・日本ハム
時事通信 9月26日(日)20時7分配信

日本ハムは26日、西武24回戦(札幌ドーム)で今季の主催72試合を終了し、194万5944人を動員したと発表した。観客動員数が実数発表となった2005年以降の累計は1061万4285人となった。 



昨年に比べたら、動員数は減っているそうですが、

繰り返しますが、序盤の不振を考えると、
それでも、1試合平均すると、
約27000人入っているわけですから

やはり、地域に球団が定着している感が強いです。


昨日行われた最終戦、ファイターズ対バファローズ戦が、
バファローズにとってホーム最終戦であるのにもかかわらず、
観客数が14826人というのを見ると、

北海道のファンのアタタカサを実感出来ます。



また、記録でいうと、こんな記事もあります。

ダル 金田、稲尾に次ぐ4年連続防御率1点台
スポニチアネックス 9月29日(水)7時0分配信

【日本ハム4-0オリックス】日本ハムのダルビッシュが、チーム最終戦に救援登板し1イニングを無失点とした。
 防御率は1・78となり、07年から4年連続防御率1点台。2リーグ制後シーズン防御率を4年連続2点未満に抑えたのは55~58年金田(国鉄)、56~59年稲尾(西鉄)に次いで51年ぶり3人目の快挙になった。また、今季は昨年に続く最優秀防御率、07年以来の奪三振王と2タイトルがほぼ確定。2年連続防御率1位は03、04年松坂(西)以来だが、日本ハムでは前身球団も含めダルビッシュが初めてになる。


先日は、土橋正幸さんに並ぶ、
球団記録の3度目の、シーズン200奪三振を達成したことを
紹介しましたが、

金田氏・稲尾氏・ダルビッシュ投手ですから
プロ野球史に残るような
大記録といって差し支えはないでしょう。


また、こんな記録もありました。


日本ハム、最多犠打を更新=プロ野球
2010年9月24日

 日本ハムは24日の楽天24回戦(Kスタ宮城)で3犠打を記録し、今季のチーム犠打を177とし、1989年(130試合)に中日がマークしたシーズン174犠打のプロ野球記録を更新した。三回に森本、七回に糸井、八回に飯山がいずれも送りバントを決めた。 



ちなみにこのゲーム以降
ファイターズは5つの犠打を決めていますから

計 182に犠打記録を伸ばしたことになります。

スゴいですね。


ちなみに、この前に記録を持っていたのがドラゴンズだというと、

通算犠打日本一の川相選手と二位の平野選手が
そろってドラゴンズOBなので、
さもありなんという感じですが、


89年の中日といえば、
第一次星野政権3年目で
前年度こそ優勝しましたが、

川又・仁村・落合・宇野・立浪・といった内野陣に
大豊・彦野・音・ジョージ=ヒンショー・斎藤・仁村 といった外野陣で
三位になった年でしたので

川相氏も平野氏もいない時代です。

これも、巡り合わせというかなんというか。


また、日ハムとバントといえば

ヒルマン監督時代、
就任直後は極力バントをしないという方針でしたが、

一転して、パ・リーグのチーム犠打記録を作るくらい
バントを多様する戦法に変えたことも
記憶に新しいですし、

近鉄で監督をしていた時には
いてまえ打線を率いていた梨田監督の下で
この記録が作られたということも、

プロ野球の記録っておもしろいなと思います。

(最も、梨田監督は、この手の戦法がもとより好みだったそうですが、
近鉄を采配している時代には、チームにマッチしないので
「いてまえ打線」でいったという話もありますが)



ということで、セもパも
まだまだ目が離せません。




かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。


現在は道央某所に住んでおります。
機会があれば、またボランティアで
ラジオ番組作りに関わりたいと考えています。

当ブログの左側にあるFHFをクリックすると、
過去の番組内容などを見ることが出来るので、
おおよその番組コンセプトがわかるかと思いますので
興味がある関係者のかたがいらっしゃいましたら
当ブログのコメント欄まで連絡をいただけたら
有り難いです。
スポンサーサイト
さて先日も書いたのですが
所用があって、帯広へ行ったのです。

が、十勝へ行く時のお楽しみ
糠平・幌加・山田・芽登といった
大好きな北十勝の温泉群へ行く時間はありません。

ただ、市内とその近郊にも
アサヒ湯をはじめとして
グンバツな温泉があるのが帯広のいいところ。


今回、ホテルにチェックインをする前に
車を向けたのが、音更町にある
「丸美ヶ丘温泉、丸美ヶ丘温泉ホテル」です。

小高い丘を上ると入り口が出てきまして、
その中に生えている木々の中を走ると
駐車場と森に囲まれた建物が見えてきます。

湯銭を払って、年季の入った感じで
少し昭和の香りがする建物の中へ進み

脱衣場から浴室へ入りますと。

まずは、浴室のドアを開けた瞬間にわっと漂う
木の饐えた香りがいいですね~

十勝に来たって感じがします。

そして中は、
さすがの日曜日、混雑をしてますね。

それもそのはず。まずは、こちらは
 
全体的に広いのに加えて、

たくさんの人が浸かれる大きな湯槽がありまして、
こちらにはアツめのお湯がざんざんと注がれて
あふれていますし

隅には10人ほどの入れる小さな湯槽が
あるのです。

しかも二つとも源泉が違うので
二種類の温泉を楽しむことが出来る


そんなところが人気のポイントですね。

アサヒ湯はそのお湯のよさでは
グンバツなのですが
いかんせん人気があって混雑しているのと

浴室内が小ぢんまりしているのです。

こちらは広いのに加えて、
露天風呂こそありませんが、
窓からは木々からの木漏れ日が
浴室内にも注がれている
開放的なお風呂なのです。

大きい湯槽には、
十勝ならではの、黒褐色に近いモール泉で
満たされています。

湯槽の中にはジャグジーもあったり
寝湯のように浅いところもあったりして、
木の饐えた、モール泉独特の香りが
かもし出されています。

いいねいいね

もう、この段階で、肌はスベスベです。

でもって、この浴室の隅にあるのが、小さい湯槽ですが
ずっと多くの人が浸かっています

が、運よく二人くらいの人が出たので
浸かりましたら

こちらがまたいい。


大きい湯槽より色こそ淡いですが
黄褐色のぬるい湯があふれています。

ぬるいお湯好きの僕にはタマリマセン。
しかも、ぬるいお湯につき物なのは
気泡です。

十勝のモール泉の中にも
アサヒ湯をはじめとして、
気泡のつきがいいところが多いですから
これは期待できます

と思っているとほどなくして
細かい泡でびっしりになりました。

これはいつまでも入っていたくなる気持ちも
よくわかります。

しかも入っていればいるほど
つるつるすべすべになれそうな
そんなお湯ですから

最高です。

と、いうことで、
十勝の温泉の実力を十分堪能した後に
ホテルに向かったのですが

ホテルで寝る直前に
ういに手のひらをあわせたら

まだしっとりつるつるとした感触が
残っておりました。

すごいですね。
     

その翌日、帯広から札幌へむかい
べすでカレーを食べたあと、
市内で買い物をしてからむかったのが

定山渓温泉の「ホテル山水」さんでした。

フロントから脱衣場へとむかう
じゅうたんをはじめとして

隅々まで清掃が行き届いている
清潔感ただよう館内に
まずはいい気分になりますし

ここの軽く漂う硫黄香の
おくゆかしさと

川のせせらぎの音がいい感じの
野趣に富んだ露天風呂が

お気に入りなのであります。


しかも、この日は休みでありながら
人気の施設であるのですが

すいていたので
思う存分のへーっとすることが出来ました。

ということで
小一時間ばかり滞在して
家へと戻ったのでした。





ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。


現在は道央某所に住んでおります。
機会があれば、またボランティアで
ラジオ番組作りに関わりたいと考えています。

当ブログの左側にあるFHFをクリックすると、
過去の番組内容などを見ることが出来るので、
おおよその番組コンセプトがわかるかと思いますので
興味がある関係者のかたがいらっしゃいましたら
当ブログのコメント欄まで連絡をいただけたら
有り難いです。
羊蹄山に冠雪がありました。

初冠雪です。
なんでも昨年よりも、例年よりも早いとのことで、

先日までアツイアツイ言っていたのが
うそのように涼しくなっています。


こうして秋へと向かっていくのです。



さて今週のカレーです。


☆カレーショップ インデアン まちなか店
の持ち帰りカレー

(帯広市西2条南10丁目)


所用があって、帯広へ行きました。
引越ししてはじめての帯広であります。

ただ、帯広の市街が目的地ということと、
そんなに時間がなかった。ということで、
温泉もカレーも市街ということで、設定をしました。

そこで行ったりが、久々のWでした。

が、

店頭までいったら

「改装のために臨時休業」

と、いうこと


なんですと~

で、もって、時間がないということで、
新たな店に向けて、車を走らせることもできず
ホテルチェックインの時間も迫ります。

と、いうことで、
どうしよう…と思った時に

以前から考えたことを試してみよう

と思って、ホテルチェックイン後にむかったのが

帯広市民のソウルフードとも言うべき
「インデアン」の最近オープンした、
まちなか店でした。

で、こちらのカレーはオイしくも濃いカレーで、

帯広市民が夢中になるのが
わかるのです。

今回も、夕食時ということもあって、
老若男女、国籍問わずの何人ものお客さんが
カレーを食べながらくつろいでました。

ただし、こちらは
ドリンクメニューにアルコールがないんですよね。


メニューはこちら。


インデアン ¥399 (380円+消費税19円)(¥294)(280円+消費税14円)
野   菜 ¥420 (400円+消費税20円)(¥294)(280円+消費税14円)
ハンバーグ ¥577 (550円+消費税27円)(¥483)(460円+消費税23円)
エ   ビ ¥577 (550円+消費税27円)(¥483)(460円+消費税23円)
チ キ ン ¥577 (550円+消費税27円)(¥483)(460円+消費税23円)
カ   ツ ¥630 (600円+消費税30円)(¥546)(520円+消費税26円)
シーフード ¥703 (670円+消費税33円)(¥588)(560円+消費税28円)
()内は、ルーと具のみの価格です。

と、いったカレーのメニューに加えて、

トッピングは
カツ 252円
ハンバーグ エビ チキン 189円
チーズ 84円

辛さの設定は、
中辛 辛口 大辛 極辛といった
ところ。

で、
今回何を試したのか

というと、

前回こちらで食べている時に常連風さんの人が言った
「持ち帰りで、」の声を聞いで

「持ち帰り、そういうのもあるのか」
と思った
持ち帰りなのです。

メニューにも
「お持ち帰りの場合、容器代 52円 (50円+消費税2円)が かかります。」

とかかれています。


そうです、持ち帰りをすれば
ここのカレーで
ビールをいただくことも出来るのです。



ちなみにHPには

「私どもインデアンでは、お持ち帰りカレールーを販売いたしておりますが、鍋・タッパー類をご持参下さるお客様には、常日頃大変感謝いたしております。
地球にやさしく自然環境を大切にと、お買い求め頂ければ、ありがたいことと存じます。
※容器持参の方、容器代52円はかかりません」

今回はもともとWに行くつもりだったので
タッパこそ持っていきませんでしたが、

そのまま容器代もはらう気で、
お持ち帰りを試したのでした。

でもって、オーダーですが、
前回訪れたときも
カツカレーの大辛をオーダーしまして

ここは、別のメニューを…
とも思ったのですが


反射的に
「カツカレー 大辛で」
と言ってしまいました。


オーダーすると、手早く
調理に入るのですが、

お持ち帰りを注文する席は、
中で調理をしている様子を
横からよく見ることが出来ます。

鍋で丁寧に調理をしている様子とか
揚げ物をしている一挙一動が
視界に入ってくるのがいいです。


と、いうことで待つことしばしで
四角い白いプラの箱に入って

登場!!!


をををををを。

とりあえず、お金を払って
あったか~なプラの箱を持って
ホテルへ。


もう、この暖かさが頼もしいですね。

と、いうことで、ホテルに到着。

ビールの500缶を二缶買って部屋へ。

部屋に入ってもまだホカホカな四角い箱を
ご開帳


ををををををををををを

四角い箱いっぱいに
ご飯などを覆い尽くすように
明るい焦げ茶色のルーが
たっぷりたっぷりとかかっています。

いいねいいいね

テンションもあがります。

カシュッとビールを空けて
ぐびっと飲んでから

ルーをスプーンで掬って

ぱくっ


!!!!!!!


じぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃん。


これですよ。

こってりとした野菜や肉などの
旨味が溶け出して、さらに凝縮されたような濃さが
パンチあるとしか表現出来ないのがインパクトになって
訪れるぐらい、濃いのです。

ぎゅっと詰まった旨味の塊とか
コクの塊がまずはガツンとくるのですよね。

スパイス遣いが刺激になるのは、
カレーの中ではよくありますが、

濃さが刺激になって伝わって来るというのは
あまりありません。

スゴいです。

メニューを見ますと
インデアンカレーのところに

「仔牛の肉をふんだんに使い、数十種類のスパイスで熟成させたカレーです。」

と書かれているのはダテではありません。

しかも、そんなこってりとしたベースに
のっかっているからこそ、
スパイスも奔放かつ存分に
暴れる感じで迫ってくるのです。

あとからじわじわっと、
しかもはっきりと効いてくる
スパイスの刺激もあいまって

これはタマらんです。

そんな濃厚こってりかつ
十分スパイシーなルーとの
邂逅に感動をしながら
スプーンをすすめますと

ルーをたっぷりとまとったカツが
登場します。

カツのたてにも横にも
包丁を入れて、一口大にしているのは

お店で食べるのと同じです。

小さめにカットされたとはいえ、
大降りのカツにもマケズ劣らずのウマさ。

カツの肉部分にも旨味とか肉滴が
ぎゅっと閉じ込められてして
軽くかんだだけで、肉のウマ味と肉滴りが
それこそ大降りのカツばりにぶわっと出てきますし、

サクサクな衣の食感も
タップリ味わう事が出来ます。

まな板の上で、包丁を使って
切っている時も、

サクッサクッと小気味いい音を
たてていましたものね。

この濃くも刺激的でスゴいルーと、
濃厚でサクサクのカツと
オイしいライスの組み合わせで、

スプーンが止りません

しかも、スプーンをすすめていくうちに
ばらばらホロホロになった
お肉までも発見できます。


この濃さとカツのサクサクが
ビールに実によくあいますね。


味気ないホテルの一室が
カレーパラダイスになりました。

この選択に間違いなかった。

やっぱり、帯広はいいね
と再認識をした夜でした。



☆カレーショップ インデアン まちなか店
(帯広市西2条南10丁目)
◇営業時間◇11:00~22:00
◇定休日◇? ◇駐車場◇有り
◇電話◇0155-20-1818




☆「アジアンスープカリー べす」
(札幌市白石区北郷5条9丁目 1-1厚別通り沿い)

帯広からの帰り
現住所までは途中で札幌を経由するのです

しかも、朝に帯広を出たら
丁度、昼前に札幌に付きそうな感じ。

これは、札幌でスープカレーを食べるしかない。
とおもって、高速のインターそばで食べられるカレー
べす へむかったのです。

前回も、前々回も、その前も
畏友GMクンとつるんでいきましたが
ひさびさの一人べすであります。

到着したのが十一時十分

すでに二台ほど車が止まっていますが
車を入れまして、
待つこと二十分で店内へ。

開店時には三十人くらい
並んでいました。

さすが。

店内に入ると、明るい時間帯に行ったとしても
店内の照明が落としめであるので、
心地よい薄暗さが印象的で

ここの不思議な魅力にあふれる
スープカレーを食する舞台装置としては
効果的です。


こちらのメニューは
レギュラーメニューが

チキンカリー 930円(基本野菜+チキン)
チキン野菜カリー 1030円(基本野菜(ピーマン)+カボチャ、レンコン、おくら、ブロッコリー、チキン)
チキン&かき揚げカリー 1030円(基本野菜+チキン+かきあげ)
ハンバーグカリー 930円(基本野菜+ハンバーグ)
ネバネバカリー 900円(基本野菜+刻みおくら、納豆、ひき肉、モロヘイヤ、ナメコ)
フィッシュフライ&野菜チーズカリー 900円(基本野菜+フィッシュフライ、焼きチーズ)
きのこカリー 930円(基本野菜+しめじ)
ベジタブルカリー 950円(基本野菜+ブロッコリー多め、かぼちゃ、レンコン、おくら)
モロヘイヤ&アサリカリー 900円(基本野菜+モロヘイヤ、あさり)
貝カリー 1000円(基本野菜+ホタテ、アサリ)
牡蠣フライカリー 1030円(基本野菜+カキフライ5個)
シーフードカレー 1100円(基本野菜+バーナ貝、エビ、ホタテ、アサリ)
お子様カリー(小学生以下) 420円(にんじん、うずら卵、ピーマン、ミニハッシュドポテト)

土日限定
豚煮カリー 1050円(基本野菜+豚煮)
ラム煮カリー 980円(基本野菜+ラム煮)

※基本野菜とは…
・にんじん ・キャベツ ・ピーマン ・なすび ・揚げジャガイモ 
・バジル ・うずら卵  ※季節によって変わる場合がございます。

スープは通常のスープと、ココナッツでコクをプラスした
ナリアルスープが選択出来ます。

トッピングが
温泉たまご 100円
納豆 100円
モロヘイヤ 100円
ごぼう揚げ 110円
チーズ 110円
レンコンのはさみ揚げ 110円
ウズラ卵(5ケ) 110円
オクラ 120円
かきあげ 120円
いももち 120円
ロールキャベツ 130円
ハッシュドポテト 130円
温トマ焼きチーズ 150円
焼きもチーズ 150円
豆腐のふわふわ揚げ  150円
あらびきウインナー 150円
揚げチーズちくわ 180円
チキン 300円
ハンバーグ 300円
きのこ 300円

ライスは大盛り(300㌘)ぷらす50円
特盛り(400㌘)プラス100円
特々盛り(500㌘)プラス150円

辛さが
0番 0.5番 辛み無し
1番 1.5番 やや辛口
2番 2.5番 中辛
3番 3.5番 辛口
4番 4.5番 大辛
5番マイルド 5番 5.5番 マニアむけ +50円
6番 6.5番 +100円
7番 7.5番 +150円

ただし、5番の手前に
悪魔みたいのがいて
「こっちへおいで ケ ケ ケ 」
なんて言ってますし
あなたの体調にあわせて、辛さをお選び下さい。

とか、

ここからはマニアの領域です。辛くても怒ってはいけません…。

などとも書いてあるのです。

いいですねいいですね

ボクは、前回はかき揚げ&チキン 
レンコンの肉挟み おんたまトッピング 4番
前々回はGMクンのオススメ
「ラム煮カレー」の3.5番
その前は「チキン&かき揚げ」に
そらに前は「ラム煮カレー」
その前は「フィッシュフライ・焼きチーズ」
さらに前は「チキン&野菜」だったので

今回は、
こちらに来たらカリカリクリスピーな
揚げ物メニューは外せない。

最初はフィッシュフライ・野菜チーズかなあと
考えていたのですが、

目に入った張り紙で考えがいっぺん。

その、本日のカレーに書かれていたのが
「とんかつと野菜のカリー」でした。


前の日にインデアンのカツカレーを食べたのに

だって、スープカレーでとんかつって
そんなにないですしね。

しかも、ここの揚げ物のカリカリクリスピーは
僕の好みでもありますし。

ここしかないだろう。ということで、
辛さ4.5番、
そして、トッピングは
前日のインデアンで
チーズをトッピングしようとしたのですが、
「テイクアウトでチーズのトッピングはできません」
といわれたことが、くすぶっていたので

温トマ焼きチーズと

いつもの温泉たまごをトッピングして

チェックメイト。


ゆったりとしたレゲエやアップテンポのスカに
耳を傾けながら、待つことしばし。

店内は混んでいるのですが、
待つことしばしで登場しました。


味のある食器にのせられたターメリックライスと
これまた味のある深みの色合いが特徴的な
食器の中に、

茶色に近い濃いオレンジ色スープに
これでもかってくらい入っている、たっぷりのバジルと
これまたこれでもかってくらい入っている、たっぷりのゴマが
スープや具材に散らされているのが見える感じで

どどん、と乗っている
とんかつが、まずは頼もしいですね。

その上に飾らされている水菜も
茶色に近い濃いオレンジとのコントラストが
いい感じです。


ってことで、
まずはスープをぱくり



!!


うおォン



ゥヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲンっ!!!!



うーまーいー



この味ですよ。この味

べすにきてよかった~


軽く漂うナンプラー香が
いいなーと思いながら、
まずはすっと軽く甘い飲み口が訪れて、

こくや旨みの塊がどどんと訪れてきて
口一杯に広がります。

ナンプラー香ただようのはだてではなく、
そんな香りに導かれたコクも旨みも
ガツンとした感じのパンチが効いている感じです。

スパイスがガツンとくるのは
結構ありますが、こく・旨みが
ガツンと来るのは、いいですね。

トマトの酸味とかスパイスの刺激とかも
いい感じなのですが、このアマ味と旨味とコクがありながら
飲み口がさっぱりとしているがいいんでよよ

しかも、そのこく旨みに負けていない
塩の使い方も、いいです。

しょっぱいと感じる直前まで
塩を振り続ける料理。

そんな「よしながふみ」さんのマンガで得た知識を思い出し、
今柊二さんてきなボキャブラリーで言うと
「おかず力が高い」スープなのです。

塩分を感じながらも、
それが攻撃的に突出をしていないのは
やはり、アマ味とともにしっかりとしたコクやウマ味に
支えられたゆえんです。


そして、そんなコク・旨み・塩分に支えられつつ
決してまけていなくて、
それぞれの個性を発揮している、スパイスの刺激
さすが、辛さ4.5番
辛い旨味ですね~

そして、飲み干した後はすっとひいて、
残響のように、
再びナンプラー香に導かれて、
すべての魅力がふーと漂ってくる。
いつ食べても感動のお味なのです。


バランスと旨みを堪能したあと
残像のように残るウマ味と
ジンと残る辛さの
そんなあと引くバランスまでが
計算ずくであるかのようで、
たまらないのが、こちらのカレーっスね。


ふんだんに散らされているゴマに加えて、
たっぷりバジルの香りもいいですな。


でもって上にのっている具材には、
油通しをしっかりするのが信条か

サックリサクサクを通り越して
さらにカリッカリといった
クリスピーな感じに仕上げられた
とんかつです。

こちらは、フィッシュフライ・かき揚げ・ハッシュポテトと
揚げ物メニューを口にして、

そのカリカリに揚げた火の通し加減が
この濃ゆウマいスープを吸い込むところが
たまらないのですが、

後乗せサクサクって言葉を
思い出すくらいのサクサクを通り越して
カリカリ具合なので

上半面は、ずっとスープにつかず
カリカリの食感を楽しめて
下半面は、絶品スープを吸い込んで、
テロテロになる。

この、揚げ物が入ったスープカレーを
食べるときの醍醐味を味あわせてくれたのです。


とんかつも、いままでの揚げ物と同じ
感動を与えてくれたのか

との思いながら、一口

さくっ

うぉぉぉぉぉぉぉおお

この衣のサクサクとともに
中の肉のウマ味はしっかりと
凝縮をされていますし、

噛むと口内にあふれる
肉滴が

たまりません。

最初は、サクサク

そしてスープを吸った衣がテロテロになるという

ここの揚げ物のスープカレーの醍醐味なのです。

すごいすごい。

そんな、しっかりとしたメインにも負けないのが
これまたしっかりと油通しがされた
大ぶりなじゃがイモで、

この皮がカリカリに上げられていて
噛むとサクッと音をたてて

なかからは、こちらのハッシュドポテトの味に通じる
ジャガイモそのもののウマ味が出るところも、

にんじん柔らかさと滋養にあふれた
ニンジン本来の甘味を味合わせてくれるところ、

なす自体から染み出てくるなす汁と
油によってさらにオイしくなっていて、
さらに、そんなウマさにスープがあわさった
のコントラストのすばらしさ。

スープの塩気とスパイスの刺激を緩和する
キャベツのあまみと、ピーマンやオクラのアオみ

それからブロッコリーのスープカレーのなかで
なんでここまでおいしさを発するのかという
独特のうま味と

れんこんはしゃくしゃくの歯ごたえに
レンコン自体の淡泊な味

それぞれがしっかりとした味が引き出されております。

うーむ。極楽であります。
うーむ。しあわせですなー。



そして、いつもどおり

ライスが半分くらいになると
残りの具材とスープに
ライスを投入して
温玉の黄身とともに
一気にかき混ぜ出
ドトウのようにかっこみます。

べすの基本野菜のウズラ卵も
黄身が半熟なので
さらに幸せな気分を味わう事が出来ます。

うずらって野菜じゃないよね
というツッコミはさておき

いやー

至福のひと時であります。



と、いうわけで、いつまでも思い出し笑いができる
そんな充実感とともに、

こちらをあとにしました。

ちなみにこちら、
アルコールのメニューはビールしかないようなのですが、

このおかず力の強いカレーで
ビールをグビグビッといきたいものです。

ま、ここは、車で行くことしかできず、
ここのそばに
宿泊する施設がないので、
相変わらずかなわぬ夢なのですがね。




☆「アジアンスープカリー べす」
(札幌市白石区北郷5条9丁目1-1 厚別通り沿い)
◇営業時間◇11:30~15:00、17:30~22:00
◇定休日◇木曜、第3水曜  ◇駐車場◇有り
◇電話◇ 011-879-8151




☆「くまごろうcafe」(虻田郡倶知安町字山田72-1)

休日のお仕事は午前中で終わることが多いので
夜には閉店してしまう店に行く機会が
できまして

ずっと、気になっていた
こちらのお店に行ってきました。

そもそも、こちらはニセコ界隈で一番のお気に入りといって
はばからない、「つばらつばら」が移転した
跡地にオープンしたのです。

かつての「つばらつばら」というと
銀色のコンテナを改造したみたいな外装に、
赤いスタイリッシュのドアがついているのが
まずは、目に付くお店でした。

今は二階部分も増築をしております。

まずはこのロケーションに
ひきつけられたのです。

しかも、くまごろうカフェさんは
かつて比羅夫でお店をだされていたという


ここも期待ができますね。

ということで、
仕事を終わらせて、
比羅夫へと走ります。

まずは、
スタイリッシュなドアを開くと、
内装は白い壁が印象的な、オシャレな感じです。

かつてのカウンターは、自然木っぽい一枚板を使った
これまたスタイリッシュなものでした。

現在は、壁のアイボリーがかった白と
床の焦げ茶にマッチするような
重厚な気のテーブルと
布張りのいすがいいですし、

この白と茶の使い方とバランスのよさに
まずはセンスを感じることができて

期待で胸がわくわくします。

コンテナの無骨な外装からは想像できない
内装がまずはいいですしね

四人がけが二つと
二人がけが四つということだけが

この店のつくりを物語っていますが

不思議と狭く感じないのですよね。


という感じで内装も気になるのですが
まずはメニューを。




水を飲みながら、まずはメニューの吟味をいたします。

こちらは、北海道の
北のめぐみ愛食レストランに
指定されてもいますが

そこには、
近年、世界的に注目されている観光地、
ひらふで地元の食材いっぱいの
「ランチカフェ」をひらいています。
餌からこだわった卵など、安全・安心で新鮮な料理を通じて、
地域の魅力をアピールしていきたいと思っています。

と書かれていて、

商品名
デミグラスオムライス
地元の養鶏場から、自家配合飼料で育てられた安全・安心な卵を仕入れ、自然な卵の豊かな風味を活かしたオムライスに仕上げています。お米はもちろん動産です。 食材
米 鶏卵 玉ねぎ ピーマン 提供期間通年

じゃがいもパンのもちもちピザ
商品説明
ピザ生地に、倶知安名物じゃがいもを混ぜ、もちもちした独特な食感を出しています。 食食材 小麦粉 じゃがいも トマト 提供期間 通年


などと書かれていて、それらのこだわりが
よくわかります。

ほかにも
石焼アジアごはんとか
ラップサンドとか
チェダーチーズバーガーとか
フライドポテトチリミート&チーズ

といった気になるメニューもたくさんあるのですが


今日はカレーですわ。カレー

と、いうことで、カレーのレギュラーメニューは

薬膳チキンカレー 850円

ですが、

Today's special!と書かれた黒板には

「ニセコ野菜カレー 800円」とありました。

これはウレしい二択ですね。

でも、薬膳チキンカレーは
いつでも食べられそうということで。

ニセコ野菜カレーを選択。

ボッサのBGMが穏やかな空間に
ゆったりと流れるのに耳を傾けながら

待つことしばしで

登場。


おおおお


この濃い焦げ茶色と、しっかりとただようスパイスの香りが
たまりませんね。

まずはいっただっきまーす。

ぱくっ。


うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ


じぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃん


この穏やかな味わい。


濃厚なコクがずずんと来て
そして、旨味がどどどんとやってくる。

これはいいですな~

しっかりとしたウマ味の基本になっているのも
この羊蹄山麓の大地の恵みゆえでしょうし

このこく、うまみ、しっかりとした味わいという
土台に支えられた

スパイスの刺激もすばらしいですよ。

バランスの妙が最高ですし、

ホロホロになつた肉片が入っているのも
そのウマさの裏づけになっていますよ。

いいねいいね

最高だね。

しかも、具材に入っているのが
水分びっちりで濃厚青味がぎゅっとつまつた
ブロッコリーと

なす汁と来いカレーの組み合わせが
これまたよろしい
ナスと

お日様の光をぐぐっと吸収した
甘みがしっかりと伝わってきた
カボチャと

ごろんと一個まるまる入っている
ジャガイモ、

このジャガイモが、
これまたこの時期にしか味わうことができない
新じゃがならではの

ほこほこほあまあま。


これらのおいしい素材をしっかりと受け止めることができる
そんな濃厚ルーですから。



もうたまらないですね。

これならば


薬膳チキンカレーも期待できそうです。


ということで、
今度は焼く膳チキンカレーをいただきに

再訪するでしょう。




☆「くまごろうcafe」
(虻田郡倶知安町字山田72-1)
◇営業時間◇11:00~16:00(オーダーストップ 15:00)
◇定休日◇不定休 ◇駐車場◇有り
◇電話◇ 090-3117-8529








あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。


ラジオにあったコーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」をクリックしてくれれば、
見ることができます。

かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていた
イトー×aniでした。


現在は道央某所に住んでおります。
機会があれば、またボランティアでラジオ番組作りに関わりたいと考えています。

当ブログの左側にあるFHFをクリックすると、
過去の番組内容などを見ることが出来るので、
おおよその番組コンセプトがわかるかと思います。

興味がある関係者のかたがいらっしゃいましたら当ブログのコメント欄まで
連絡をいただけたら有り難いです。
ペナントレースが佳境をむかえています。

今シーズンは、セ・リーグもパ・リーグも
目が離せない展開です。

我らがファイターズも日々ギリギリの戦いを
しております。

なかでも、ダルビッシュ投手は
言うまでもない獅子奮迅の活躍ですが、

先日は、土橋正幸さんに並ぶ
球団記録の3度目の、シーズン200奪三振を達成しました。

また、今シーズンは
中継ぎ~救援投手のがんばりも
記事になることが多く、

先日のバファローズ戦で、
榊原・林・建山・宮西・武田久の
5投手がお立ち台に上がり
ヒーローインタビューを受けましたが

この日の建山投手は
2番手の建山は今季50試合目の登板で、
さらにはプロ通算430試合登板となり、
芝草宇宙さんを抜いて、
球団歴代第二位になりました。

ちなみに、こちらの歴代1位の記録も
土橋正幸さんです。

改めて、土橋さんのスゴさを実感するとともに

芝草・土橋といった名前とともに
積み重ねられた球団の歴史について
思いをはせてしまいます。

ファイターズもクラッシックユニフォームを
着てくれないかなあ…


さて、毎週金曜日のお楽しみといえば、
週刊ベースボール誌で(北海道では金曜売りです)


今週号は、トップに載っている
桑田真澄さんと前田健太投手の対談とか

ここでも、一つの高校で多くの人によって
受け継がれてきた伝統の重みのすばらしさについて
考えさせられる内容でした。

ペナントレースやタイトル争いの行方についての諸考察

それから、豊田泰光さんの「豊田泰光のオレが許さん!」
石田雄太さんの「閃・球・眼」
綱島理友さんの「ベースボール意匠学」
といった連載陣の読み応えも
手堅いところで、
「ボ共」のネタにこめられた野球に対する想いとともに、
毎週毎週楽しみなのです。

雑誌中程にある
各チームの近況などを伝える
WEEKLY TOPICSのなかで、

一つのお題について
それぞれのチームの選手やコーチなどが答えることで
それぞれの方の素顔を垣間見る事が出来る

LOCKER ROOMというコーナーがあります。

この時のテーマは「アニメ」ということで
どれどれと思ってみまして、

たまたまこの時は雑誌を後ろから読んでいたのですが

バファローズの柴田亮輔選手が
「トトロ」などのジブリ作品と「ワンピース」について
(オリックスの中では、柴田選手と大引選手と小林選手で
ワンピースの問題を出し合っているとか…)

マリーンズの田中雅彦選手が
「ドラゴンボール」について
(練習中キツい時は、早坂選手と「オレに仙豆をくれ」と
言い合っているそうです)

ライオンズの高山久選手が
「ワンピース」について
(ライオンズに「ワンピース会」があって、
帆足選手が会長だそうです)

ホークスの岩嵜翔選手が
「ドラゴンボール」「風光る~甲子園~」「MAJOR」について

ゴールデンイーグルスの松崎伸吾選手が
「ドラゴンボール」について

ファイターズの大野奨太選手が
「スラムダンク」「ドラゴンボール」
「キャプテン翼」「ROOKIES」について

ベイスターズの田中健二朗選手が
「スラムダンク」について

カープの松田翔太選手が
「ドクタースランプ」「幽遊白書」「MAJOR」について

タイガースの福原忍選手が
「キン肉マン」「キャプテン翼」「タッチ」について、

それぞれ語っていて

やはり、「ワンピース」や「スラムダンクなどの」WJ系や、
「MAJOR」などの野球マンガが
強いんだなあなどと思いながら

次のページをくくったスワローズ。

出てきたのが押本健彦選手

彼が語ったのが
エヴァンゲリオンについてでした。

引用します。

「中二で『エヴァンゲリオン』(深夜の再放送版)を見て、感銘を受けたんです。僕はメジャーなアニメにはあまり興味がなくて、エヴァあたりから夜のアニメの魅力にとりつかれました。
 主人公(碇シンジ)が後ろ向きというところがまずよかったですね。中学生って多感な時期でしょう? 僕も「何で人は生まれてきたのか?」とかいろいろ考えてしまうタイプだった。普通アニメの主人公って前向きですが、戦うかどうかで悩んでいる姿に共感できました。あと、機体がガンダムみたいにいかにもロボットじゃなくて、人型というのがすごい。カッコよくてビジュアルにも引き込まれました。」

なんて書いてあるじゃないですか。


すごいな押本投手
確かにエヴァの放映って
彼が中二であった
1996年なんですよね。

にしても、中二でちょうどエヴァ放送って

なんというタイミングでしょうか
感心してしまいました。

あと、この人選の妙も
週ベ編集部のファインプレイです。


ちなみにこのあとは、

ドラゴンズは高橋聡文選手が
「ドラゴンボール」について

ジャイアンツは河野元貴選手が
「ドカベン」について語っておりました。


なるほど、


にしても、

ジャイアンツは、コナン藤井こと
「コナン君」を登場曲にしている、藤井秀悟選手か
登場曲を「ハレ晴レユカイ」にしようとして
球団に止められた西村健太朗選手じゃないのか…

とか、


ファイターズスタッフに
ベルダンディー佐々木こと
佐々木貴賀さんがいれば
何を語るのか…

とか

そういえば、押本選手とのトレードで
ファイターズにきたのが藤井選手だぞ



などとまたイランことまで
考えてしまったわけです。


妄想って楽しいですね。

止まりませんよ。


かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。


現在は道央某所に住んでおります。
機会があれば、またボランティアで
ラジオ番組作りに関わりたいと考えています。

当ブログの左側にあるFHFをクリックすると、
過去の番組内容などを見ることが出来るので、
おおよその番組コンセプトがわかるかと思いますので
興味がある関係者のかたがいらっしゃいましたら
当ブログのコメント欄まで連絡をいただけたら
有り難いです。
2010.09.20 B-1 終了!
B-1グランプリ
無事終了いたしました。

こちらは、毎日新聞の記事です。
引用します。


B-1グランプリ:甲府鳥もつ煮が優勝 43万人来場

 全国各地のB級ご当地グルメの日本一を決める「B-1グランプリin厚木」(実行委、愛Bリーグ主催)が18、19の両日、神奈川県厚木市の2会場で開かれ、優勝は「みなさまの縁をとりもつ隊」(甲府市)の「甲府鳥もつ煮」に決まった。「甲府鳥もつ煮」は鳥のレバーやハツ、砂肝などをしょうゆと砂糖で甘辛く煮た料理。2位は「ひるぜん焼そば」(岡山県真庭市)、3位は「八戸せんべい汁」(青森県八戸市)だった。
 5回目となる今年の「B-1グランプリ」は、初出場の18団体を加え過去最多の46団体が参加した。今回は第1回、第2回を連覇した富士宮やきそば(静岡県)をはじめ、第3回優勝「厚木シロコロ・ホルモン(神奈川県厚木市)、第4回優勝「横手やきそば(秋田県横手市)」を「殿堂入り」として扱い、投票はこれらを除く43品を対象に実施。来場者がはしでお気に入りの料理に投票し、その重量によって、グランプリを決めた。
 会場となったイトーヨーカドー駐車場と厚木野球場は、各地ご自慢のB級グルメのブースが並び、香ばしいにおいがする中、来場者はB級グルメの味めぐりを楽しんだ。今回は初の首都圏開催ということもあり、来場者も過去最多の43万5000人となるにぎわいぶりだった。

 ◇1~10位
1位  甲府鳥もつ煮       4万2110g
2位  ひるぜん焼そば      4万1520g
3位  八戸せんべい汁      3万9600g
4位  津山ホルモンうどん    3万5130g
5位  三崎まぐろラーメン    2万4360g
6位  豊川いなり寿司      2万1690g
7位  黒石つゆやきそば     1万8750g
8位  十和田バラ焼き      1万8230g
9位  みしまコロッケ      1万7850g
10位 オホーツク北見塩やきそば 1万7680g

2010年9月19日


続いて、こちらは
オリコンの記事です。

引用します。


B級グルメの祭典に史上最多43万人 『B-1グランプリ』優勝は「甲府鳥もつ煮」
オリコン 9月19日(日)18時17分配信

 全国から“B級ご当地グルメ”が集い自慢の味を競い合う第5回『B-1グランプリ in 厚木』が18日、19日に開催され、今年のグランプリに『甲府鳥もつ煮』(山梨県甲府市)が選ばれた。続く2位は『ひるぜん焼そば』(岡山県真庭市)、3位は『八戸せんべい汁』(青森県八戸市)だった。次回大会(2011年秋)は兵庫県姫路市に決定。関西圏での開催は初めてとなる。

 初めての首都圏開催となった同大会には初日に主催者発表で約17万5000人、最終日は約26万人が来場。過去最高となる計43万5000人の来場者が、全国各地のB級グルメに舌鼓を打った。地元・厚木の20代カップルは「横手焼きそばと甲府鶏もつ煮を食べて、もうおなかいっぱいです」と満足げに語り、「この大会はテレビなどで見て前から知っていたので、地元に来てくれて嬉しかった」と笑顔を見せた。

 18日の中間発表では1位が「甲府鶏もつ煮」、3位が「八戸せんべい汁」と変わらず。2位には「津山ホルモンうどん」(岡山県津山市)がつけていたが、最終日に同じ岡山の「ひるぜん焼そば」が逆転した。

 1位の「甲府鶏もつ煮」は少量のタレを使って作る照り煮で、甲府市の蕎麦屋では定番のメニュー。出品した団体は市職員が中心となって結成しており、優勝を告げられた時は涙を見せるスタッフも。「ボランティアという考えではなく、市のためになるなら当然という気持ちで、休日返上でここまでやってきた」と感慨深げに語った。

 2位に輝いた「ひるぜん焼きそば」はソースではなく味噌をベースにしたタレで作る甘辛いやきそば。発祥地の蒜山(ひるぜん)は現在真庭市と合併しているが、今回は蒜山エリアの住民有志で参加したという。表彰式には真庭市長も登場し「選挙で当選した時より嬉しい」と顔をほころばせた。

 過去の大会でも常に上位につけていた「八戸せんべい汁」は、今回も優勝はかなわなかったが、『B-1グランプリ』の発起団体でもある八戸せんべい研究所は時折悔しそうな表情を見せながらも「たった5年で日本を動かすイベントになったことを嬉しく思います」と誇らしげに語り、東北新幹線の八戸-新青森間開通と、毎回上位に入る安定した「八戸せんべい汁」の人気などで「食の青森ということで、新幹線に乗って多くの人が来てくれると思う」と地元活性化に期待を込めていた。

 B級ご当地グルメによる地域活性化を目的に開催されている『B-1グランプリ』は今年で5回目。グランプリ獲得後は“人気ご当地グルメ”として地域活性化に一役買っていることで知られている。

■第5回『B-1グランプリ in 厚木』
1位『甲府鳥もつ煮』(山梨県甲府市)
2位『ひるぜん焼そば』(岡山県真庭氏)
3位『八戸せんべい汁』(青森県八戸市)
4位『津山ホルモンうどん』(岡山県津山市)
5位『三崎まぐろラーメン』(神奈川県三浦市)
6位『豊川いなり寿司』(愛知県豊川市)
7位『黒石つゆやきそば』(青森県黒石市)
8位『十和田バラ焼き』(青森県十和田市)
9位『みしまコロッケ』(静岡県三島市)
10位『オホーツク北見塩やきそば』(北海道北見市)

■歴代B-1グランプリ
第1回(2006年)静岡県富士宮市「富士宮やきそば」
第2回(2007年)同上
第3回(2008年)神奈川県厚木市「厚木シロコロ・ホルモン」
第4回(2009年)秋田県横手市「横手やきそば」


今回の大会は、
今朝のズームインスーパーの6時30分台の
トップニュースにが、B-1の結果だったり

NHKの朝のニュースなどでの報道をはじめとして、
テレビや、

朝日新聞で、割り箸の投票で
偏った投票が出るので監視をするようにしたという
新聞報道など

例年よりも事前の報道が多かった気がします。

それだけ大会の持つインパクトが
強くなったということでしょう。

また、今回は初の首都圏開催ということで、
昨年の倍近い人手が出ています。
結果については
初出場の団体の健闘が目立っています。

北海道勢は、
オホーツク北見塩焼きそばが
10位に入賞しました

初出場で、46団体中の10位にくいこんだわけですから
すごい結果ですね。

北見の皆さん、そして入賞団体のみなさん
おめでとうございます。



さらにすべての参加団体、関係者の皆さん
皆さんの努力によって大会が盛り上がったのだと思います。

皆さんの無私の頑張りには、頭が下がる思いです。
本当に、ご苦労様でした。



来年は姫路市
初の関西圏での開催ということで、
これまた人手が予想できそうです。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。


現在は道央某所に住んでおります。
機会があれば、またボランティアで
ラジオ番組作りに関わりたいと考えています。

当ブログの左側にあるFHFをクリックすると、
過去の番組内容などを見ることが出来るので、
おおよその番組コンセプトがわかるかと思いますので
興味がある関係者のかたがいらっしゃいましたら
当ブログのコメント欄まで連絡をいただけたら
有り難いです。
先週は旭川に行ったのですが、
その帰りに久々に寄ったのが

江部乙温泉です。

こちらは昭和の銭湯においがする
ひねって角度をかえるシャワーつきカランなどが
アジがあるのですが、

それに加えて、冷鉱泉が源泉のまま
かけ流されている湯槽もあるんです。

ヌルくいアサい温泉ヲタな僕としては
ロングドライブのときには、こういうのがウレしいですね。


でもって、土日オシゴト期間の楽しみといえば
朝風呂です。

後志地区で朝六時から入ることのできる温泉で
真っ先に頭に浮かぶのが

薬師温泉と、ニセコアンヌプリ温泉湯心亭です。

で、最近は朝晩少し涼しくなっているということと
広い露天を堪能したかったのでむかったのが、

湯心亭でありました。

駐車場に車を入れて
降りたときにわっと舞い立つのが

朝霧の水分をたっぷりと含んだ
緑の香りです。

かつて、夏休みに初めて訪れた
草津とかの高原を
いつも思い出してしまうのです。

この香りをかぐだけで
やさしくなれる。


てなかんじで満足のうちに
自販機で券を買って中へ。

半円形の内湯の湯槽こそ、こぢんまりとしているものの

スロープ状の坂をおりていくという
面白いアプローチをする
露天は広々として、

朝からくつろげますし

湯の香りにまじって、ここでも漂う
緑の香り。

と、はいえ、秋口ということで、
夏場とかに訪れたときに比べると

だいぶんやさしく感じるのですが。

そういえば、こちらに来る道すがらに
見たのは、稲刈りが終わった田んぼでしたし…

季節は確実に移ろっております。

といったことを味わいながら
子一時間ばかり滞在して

お仕事へと向かったのでした。




ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。


現在は道央某所に住んでおります。
機会があれば、またボランティアで
ラジオ番組作りに関わりたいと考えています。

当ブログの左側にあるFHFをクリックすると、
過去の番組内容などを見ることが出来るので、
おおよその番組コンセプトがわかるかと思いますので
興味がある関係者のかたがいらっしゃいましたら
当ブログのコメント欄まで連絡をいただけたら
有り難いです。
☆「Soup Curry SAMURAI. 西野店」
(札幌市西区西野1条9丁目16-5)

午前中、休日出勤のオシゴトを終えまして、
久々に札幌でウマいスープカレーを食べたくてなって
ウズウズしてしまいました。

何件か行くお店の候補はあったのですが、
昼飯の時間からは少しハズれた時間に訪れるとはいえ、
候補のお店それぞれが、
いずれもそこまで駐車場の広い店ではない。

と、いうことで、自宅から札幌に出かける時に
よく利用する札幌西インターから近い順にお店をセめて、

駐車場が開いているお店に入ろう。

と、いう作戦を勝手にたてまして、
一件目に訪れたらいきなり駐車場が開いているという

これは僥倖です。

ということで、西野のsamurai.さんは、
今年の4月にも一度訪れたのですが、
その時に続いての訪問であります。
依然として、本店には行ったことがないのですが
こちらのほうは、もう3回目です。


『甘いは旨い ということを
魯山人に教わりました。
ありがとう魯山人』

といった旨の張り紙も相変わらずでよいですな~

店内へ入ると、ペンキで塗られたような
素朴な白い木目が基調で、
白で統一されている感じの内装が、おしゃれな感じ。

そんな店内によくにあう、
これまたオシャレテーブルとイスの組み合わせの
テーブル席が中心の店内で、

奥には2席ほど掘りごたつ風の小上がり席もありまして

全三十五席の
清潔感たっぷりで開放的な店内が
まずはいい感じです。

メニューを見て
メインの具材を選んで、
辛さとスープの種類を選んで、
ライスの量を選んで
トッピングを選びます

まずはメインの具材は、

●侍.旬菜22品目  \1,150
●侍.スペシャル \1,480
●知床地鶏と野菜 \1,280
●侍.海物語 \1,350
●柔らかチキン1/2&豚角煮 \1,200
●チキン野菜(パリパリ or 柔らか) \1,100
●ベーコン&フランク&焦がしチーズ \1,200
●チキン(パリパリ or 柔らか) \950
●豚角煮と野菜 \1,150
●挽肉納豆と野菜 \1,050
●野菜 \950
●挽肉と野菜 \1,000


から、旬菜22品目を

スープは
●レギュラー
●マイルド(+\100) *数量限定。
●ココナッツ(+\100) *数量限定

のうちから、レギュラーを


辛さは、O番から20番まであるところで、
ルウカレーの辛口食べれる人は辛さ3
5番からぐっと辛くなるということで、
5番を。

トッピングは
●焦がしチーズ(ライスon or スープin) \150
●柔らか大根 \120
●ブロッコリ \80
●オクラ4本 \80
●温卵(ライスon or onスープin) \100
●ホールトマト \80
●きくらげ \80
●納豆 \100
●揚げごぼう \120
●豆だく \120
●いもだく \120
●きゃべだく \120
●森々ブロッコリ \150
●侍.ザンギ(ライスon) \150
●ジャンボバジルフランク \220
●厚切りベーコン3枚 \200
●広島産大粒カキ3個 \250

●焦がしチーズ&侍.ザンギ \250
●焦がしチーズ&ホールトマト \200
●焦がしチーズ&温卵 \200
●焦がしチーズ&厚切りベーコン2枚 \250
●焦がしチーズ&バジルフランク1/2 \250


の中から、豆だくとか、きゃべだくという
ネーミングとか、
メガ舞茸なんてのも気にはなったものの、

やはり、ここは温卵とトッピング。

ライスはオーソドックスにレギュラーサイズを頼みました。


僕が腰を下ろしたのは、
タイルが貼られているカウンターの
前の席ですが、

ランプシェードや小物まで、拘っていて
広口瓶にたっぷりと入っている
香辛料の数々まで、インテリアに見える
オシャレな店内にふさわしい、
洋楽のBGMに混じって、

カウンターですから
時々厨房から流れてくる
盛大な脂がはぜる音と
香ばしくもスパイシーな匂いが

ダイレクトに流れてくるのです。

こりゃあ、タマランですね。

ということで、
まつことしばしで登場~。

深く濃い色の食器に入ったスープカレーと、

玄米入りターメリックライスの取り合わせ。

しかも、ほのかに緑色がかった
鮮やかな半透明でオレンジ色系のスープには、
ゴマとかバジルとかスパイスや脂が浮いておりまして、

この盛大に漂う蠱惑的なスパイスの香りと
このビジュアルですから、

これだけで絶対ウマいに違いない。


しかも、たっぷりと入っている具材は
さすがの旬菜22品目
アジャンタやママスキッチンのように
一個まるごとごろんと入っているという
わけでもなければ、
ベンベラやマジスパのような細切れ系でも
ないのですが、

それぞれの野菜が存在を主張しながらも
お互いを引き立たせて、

器の中でひしめきあっている感じなのです。

これはいいぞ。

そんな具材の中で控えめに隠れている
純白の肌を見せているのは
愛しの温玉ちゃんではありませんか。

いいねいいね

と、いうことで
気分が盛り上がって来たところで、

いつも通りまずはスープを一口



パクっ




ン??

!!!!!!!!!!

ヲヲヲヲ


ゥヲヲヲヲヲヲヲんッ!




こ、これは、


確かにアマい。


新鮮な野菜の持つ自然の甘みです。

まず一口たべた瞬間に
ここまでアマさが出てくるカレーというのも
珍しいですが、
新鮮野菜のアマさということで、
当然イヤ味のあるものではないですし、

次第に口の中で広がってくる
さまざまな具材から溶け出したであろう
スープの旨みとこくのハーモニーとともに、
ウマさの一要素となってくる。

アマさこそあるものの飲み口はさっぱり系列で
雑味はそんなに感じない、

そんな丁寧な仕事ぶりが伝わってくる
スープなのです。


ただ、辛さはましてオーダーしていますから
アマいウマいといって食べ進んでいると、

辛さが徐々にやってまいります。

甘さもウマさなら、辛さもウマさの一要素です。

甘くてウマくて辛くてこくがある
それが口の中でアバれるという、

そんな絶妙なバランスを
計算され尽くしたスープの交響というのは、
スープを作ったり、スパイスを調合したりする時の
僕の想像を超えるような様々なテマヒマの
結晶であることを認識させてくれるのです。

ウマ味と、コクと、辛味と、すっきり感が
絶妙なハーモニーで、
辛さを旨さであるということを
再認識する口の中でのハーモニー。


それでもスープの口当たりはあくまでもアマくウマいので、
ウマさにかまけて、すいすいっと口の中へ運んでいると

気が付いたら、顔や頭だけでなく、
首の後ろとかまで、
汗だくになっています。

口は辛いといってないけど
体が辛いといっている
こちらも、口ではなく、体で味わう
スパイスの刺激です。

「ホラホラ、体は正直だゼ」ってやつですかw

ヤサシゲだけど刺激的。
アマさを感じなが夢中に食べていると、
気づいたら汗だくにもなる。

これはすげーなー。


そんな五ヶ月ぶりのスープに
インパクトを感じながら、
具材に行きました。

なんたって旬菜22品目ですからね。

もうここでも
期待でムネドキです。


目立つところにあるのが、
アオい食感がたまらないピーマンに
これまたやっぱりこの具材って
地味に好きだナーと再認識した、
細かいところまでしっかりと脂がはいって、
ブロッコリーと脂の旨みがベストコラボの
素揚げのブロッコリー。

本当にサッポロのスープカレーに邂逅したお陰で
この素揚げブロッコリーのウマさに目覚めたといっても
言い過ぎではありませんから。
この香ばしさと青さと
甘く旨くスパイシーなカレーが

マッチで~す。


そして、こちらもアマカラスープと
いい対比なアマくヤワらかなニンジンと
ほっとできる味わいのカボチャ

茄子汁じたいが噛むたびにあふれてきて
吸い込んだスープとあいまって
ウマウマアヂアヂの
ととんでもないことになっている素揚げのなす

ほこほこで軽くアマいのがこれまたスープをすって
こちらもエラいことになっているジャガイモと

軽く苦みが残っているところがアクセントになっていて
スープにもおもしろい変化をつける大根。
この大根のカレーを食べるたびに
富良野にいって「カフェ・ノラ」のカレーを
たべたいよーなどと思うワタシであります。

シャキシャキの食感がウレしい
分厚く切られたレンコン、

朝もぎなのかと思わせるほどの
みずみずしさが、口の中ではじけるような
アスパラガス、

しゃきしゃきでくきくきな食感が
根菜を食べている実感をもたらしてくれて、
ソウルストアのぶっといのもスキだけど、
こういうのもいいなと思ったこぼう

一粒一粒の微妙な小さい部分の甘さと
全体的にシャキッとした食感の
コントラストがある
キラッとひかるオイさのヤングコーン


それから、これまたウマ味の塊である
きのこ類に

堅めに残された歯ごたえと
噛んだときの弾力
そしてかみ切った時の滋養あふれる味に
めろめろになってしまう大豆

これまたスープのアマさにさらなるウマ味を加える
シャキシャキのタマネギ

うまみ、コクの塊であって
太陽の恵みを存分に吸い込んで
噛むほどにぎゅっとウマ味が溢れ出す
ホールトマト


彩りでチラされた万能ネギの
ほのかな味わいもいいです。


野菜もウマければ、
食感にコントラストをあたえてくれる
ライスへの玄米の入り方も
ツボでありますね。



一気呵成にわしわしっと食べ進めていくと、
次第に汗が強くなってきます。


しかも、
水菜かな?いや、もしかしたら青唐辛子かも

まてよ、水菜と唐辛子を区別する訓練は
さんざん奥芝で積んできたはず。

これは水菜、水菜。

自分を信じろ-

と思いながら
ぱくっと食べたのが

青唐辛子だったりして、

ま、こんなこともありますよ。

前回も前々回も
全く同じ事をやってましたがね。


なんてイベント付きで
しばし楽しい時間を過ごしますが。

楽しい時間は続きません。

ライスもスープも
残り三分の一。


ここで、

スープカレー終盤のオタノシミ
残ったライスを、残ったスープに投下して

これまた取っておいた温卵を割りながら

一気にかっこみまーす。


んー、しゃーわせー


そして、そのまま
グラスに手を伸ばして
水を一気に


ぐびぐびぐびっと飲んで


とん


ぷっはー

ふぃぃぃぃぃぃぃぃぃ。


くったー、

ウマかったー。

てなかんじで大満足で
駐車場へとむかいますが
残暑厳しい折ってこともあり

汗だくで歩くのは
なかなか大変でしたが、

このカレーの汗と、外の暑さの汗が
混ざる季節も
まもなく終わる北海道なのです。

ということで、この感触を
大切にしましょう。



☆「Soup Curry SAMURAI. 西野店」 (札幌市西区西野1条9丁目16-5)
◇営業時間◇11:00~16:00(L.O. 15:30), 17:00~21:30(L.O. 21:00)
◇定休日◇第2月曜日(祝日の場合 火曜) ◇駐車場◇有
◇電話◇ 011-671-9480








☆「中華の店 起龍」(虻田郡倶知安町北2条西1丁目)

倶知安町は、主要産業は、特産のじゃが芋や、町のゆるキャラ
「じゃが太くん」に象徴されるように
農業の町ですが、
役場・警察・消防署・郵便局・学校といった
どこのまちにでもある施設に加えて、
後志の総合振興局があったり、
自衛隊があったりなどで、
公務員の多い町でもあります。

だから(なんか単身赴任の人も多いってイメージ?)
というわけではないですが、
一人でふらっと入れるお店が多いため
良く訪れるのです。


また、近年では、某超有名ホテルチェーンが
経営を手放した大ホテルがあって、
そこでかつて働いていた料理人の方が独立されて、
倶知安・ニセコ界隈でお店を営業されているそうで、

そのせいか、人口比のわりに、
中華料理屋さんが多いそうなのです。


そんななかでも、こうような流れとは関係なく
倶知安の飲食街「都通り」て
古くから営業されている中華料理屋さんが
こちら「起龍」さんです。

倶知安が生んだロックバンドにして、
今週末も倶知安でライブをする
(その時は、ユニコーンやチャットモンチーも来るという)
スパークスゴーゴーのメンバーも
昔からのお気に入りという情報も
スパゴーファンの間では有名だそうです。

白地に赤で店名の書かれたのれんを押して
いかにも町の中華屋さんといった感じの
味のある入り口をあけて中へ。

常連風のお客さんがカウンターで背中をまるめて
ラーメンをすすっております。

いいですね。このアジ。

で、メニューをみたら、ラーメンなどのメニューもいろいろな
中華屋さんでもあるのですが、
中華以外のメニューも結構充実をしていて、
定食屋さんの趣なのです。

だから、中華系のメニューの評判も
当然いいのですが、

実は、もろもろの定食系やご飯ものの評判も良く、
中華系とともに、人気のあるメニューが
カツカレーなのです。

味ももちろんのこと、
その豪快な盛りには、
青春時代を倶知安でスゴした人は
たいていここのカツカレーの洗礼を
受けているという。



これは、食べるしかないですね。

ちなみにそのメニューの中から
カレー系のメニューは

カレー 700円
大盛り 750円
カツカレー 800円
大盛りカツカレー 950円

でして、

この洗礼という言葉に少々恐れをなしたのもあるし、
もう年も年なんで、

オトナシクw 普通のカツカレーをオーダー。

BGMがわりについているテレビを見ていると
(ってのも、アジですね)
中で「ぢぢぢぢ」と揚げ物をしている音が聞こえてきて

期待で胸がどきどきですよ。


そんな感じで
待つことしばしで

登場。


をををををををををを


大きめの白く丸いお皿には、
たぶん、ライスがどかんとお皿いっぱいに盛られて
その上に、えいやっとカツが
乗っかっているのではないかと

そのシルエットから推測されます。


などと、もってまわったような
遠回しの書き方をするのはなぜか。

それは、そのライス(推測)と
カツ(推測)が見えないくらい、
全面をおおうように、
そして、さらには皿からはみ出さんばかりに
黄色がかった焦げ茶のルーが
これでもかってくらいにかかっているのです。

カツカレーといえば、
カツも2/3くらいは見えるように
ライスも1/4くらいは見えるように
といった

ごきげんような感じの盛り方が
パターンですが、


それを全て覆す。

視界には、カレーと皿しか入らない。

そんなたっぷりとかかったカレーごしに見える
カツとライスのフォルム。

まずはカレーをくわなきゃ

ライスにもカツにも到達できないという
難攻不落、不沈空母のような
大艦巨砲主義のカツカレーなのです


うむ。あっぱれ。

この時点で、こちらのカツカレーには
もうヤられてしまいました。

と、いうことで期待でムネドキ状態のままに
まずはルーを
ぱくり


!!!


じぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃん


まずは、こいですね~

こくとウマ味と、タマネギなどの野菜由来の
ほのかなアマ味がベースになっていて、

まずはガツンとパンチを浴びせるのですが、

それが、ヤサしいパンチです。

攻撃的ではないこの包容力のあるカレーは


ニッポンのカレーですね~


しかも、スパイスがしっかりと香る感じで
食欲をそそられる部分もありながらも


このもったりとした食感の原因になっているのは

こがし小麦ですね~

この
スパイシーでありながらも
ほっとできる食堂系のカレーの
王道を進んでいるカレーです

これは、ヤミツキになることウケアイですよ。


で、ルーをぱくぱく食べただけでは
まだライスにもカツにも
到達できませんよ。


すごいね。このカレーの層。


ということで、フォークで半ば強引に
カツの形にカレールーが隆起しているところを

ぐさっとさして
カツをサルベージいたします。


そして、口へ

サクッ


じぃぃぃぃん。


衣のサクサクさと
衣から滲む油のハーモニーに

カツの肉から滲む肉滴の味わいが


オイしいカツ食べている幸せさを
感じさせてくれますが、

そんなカツが半面全部で


このカレーを受け止めているわけですから、


カレーのこく、ウマ味、辛さと
カツの油、肉のバランスが

全部あいまってエラいことになっています。

この組み合わせを考えた人は
天才ですね。

ほんとありがとう、千葉茂か河金の人って思いますよ。


ほかほかご飯との組み合わせも文句なし。

カツとライスのカレーの組み合わせも
十分楽しめますし、


これはいいですな。

しかも、小麦入りはだてではない。

ウマイウマイいいながらまんなかばっかり食べていると
よこのほうがすこしずつ、まくをはったりしてきて


こんなところもオフクロカレーの神髄です。



いいね。


最後まで王道をいってるね。


なんて感じで、真っ赤な福神漬けまでオイしくいただいて、


さいごに水を一気に飲み干して、


ふぃぃぃぃぃい



ごっつぉおさんでした。



大満足で、こちらをあとにすると、

とうぜん口の中は
名誉の負傷。


カツカレーをほおばったせいで
ヤケドをしておりましたとさ。




☆「中華の店 起龍」(虻田郡倶知安町北2条西1丁目)
◇営業時間◇ 11:00~15:00、17:00〜 19:30
◇定休日◇ 火曜日 ◇駐車場◇なし
◇電話◇ 0136-22-1593





☆「アジア金星堂」
(旭川市東5条11丁目2-1)
相変わらず、現住所近くの
理髪店にはなかなか入りにくいワタクシでありまして、

また十年来いきつけている床屋へ行くために
旭川へ行きました。
ま、髪を切るだけが目的ではなくて、
温泉に入ったり、カレーを食べたりというのも
当然あるのですが。

という感じで前日に髪を切ったあと
一泊して(その日の晩は井泉さんでトンカツをいただきました)
翌朝ホテルで「ジャイアント・キリング」を見てから
チェックアウトをして、
本屋さんで時間をつぶしたりしてむかったのが、

アジア金星堂でした
ということで、7月に訪れて以来

2か月ぶりのアジア金星堂です。

十一時三十分くらいにお店へ行き
車を駐車場に止め、中に入ると、
3組くらいのお客さんが
カレエを味わっておりました。

いいですね。


僕は、いつもの「キュウキュウニョリツリョウの席」こと
窓際の2人がけの席へすわろうとすると、

窓際の2人がけの席は今までは
正方形のテーブルの2辺にイスがあったのですが、
正方形のテーブルが一つ増えて、
横に並んで座れるようになっていました。

そして、その席にはカップルのかたが
すわっておりました。

と、いうことで、センターの丸テーブルの前に
腰を下ろして、

これならばゆっくり見ることができるワイと思いながら
透明のテーブルクロスの下にある
本日のカレエを見ます。



「復活の日! 揚げギョーザカレエ V50  750円」

「スウプカレエとキーマ ハラペーニョSK!
Type スウプカレエ・キーマカレエ Hot Level 3
Taste インド風
インド風のスウプカレエと挽肉のカレエの2種類の
コンビです。肉厚激辛のハラペーニョ唐辛子が両方のカレエ
に入っています」

の文字が。

これまで私がこちらで食べたローテーションは
「キーマオリジナル」←「ビンダルウベーコン」←「サッポスゥプ」
←「ムルギー」←「揚げギョーザカレエV50」←「タンドリィレッドスゥプ」
←「サッポロベーコン」←「黒キーマ」←「揚げギョーザカレエV50」
←「ビンダルーベーコン」←「キーマ・オリジナル」←「ビンダルウカタナ」
←「サッポロスウプ」←「グリーンカレエグライダー」←「ぎゅうスジイエロー」
←「サッポロスウプ」←「ヤキブタイエロー」←「チキンサブジ」
←「ローツェ・チキン」←「キーマオリジナル」←「ムルギー」
←「サッポロスウプ」←「給食のカレー&タコライス」←「サッポロスウプ」
←「ジパングカレーのハロハロ」


ということではありますが、
ここは、スープカレエとキーマカレエの相乗を
ためして見るしかない。
ということで、
「ハラペーニョSK!」をオーダー。


ちなみに前回行った時に、
いつものメニューがリニューアルされている旨書きましたが、
こんな感じになっていました。


Soup curry
とろみのないタイプ

Sapporo type
一般的な「スープカレー」スタイル
(サラサラなスウプ、骨付きチキン、おおぶり野菜、ゆで卵)

1 サッポロスウプカレエ オコイ ③ \1000
(バジル風味のスタンダードタイプ)
2 サッポロGT ③ \1100
(上記サッポルスウプにイカゲソ唐揚がトッピングされます)
3 サッポロツクネ ③ \1100
(上記サッポロスウプにトリつくねがトッピングされます)
4 トムヤムカレエ ③ \1050
  終売しました

South India type
トマト・スパイシーな南印度風スウプカレエ  激辛注意
 (酸味系スウプ、骨付きチキン、おおぶり野菜、ゆで卵など)
5 チキンビンダルー ④ \1000
(あー辛い! あー旨い!「辛党」にぜひ!)
6 ビンダルーGT ④ \1000
 (上記チキンビンダルーにイカゲソの唐揚がトッピングされます)

Coconuts milk type
ココナッツミルクを使用した「こくあま」タイプのスエプカレエ
(濃厚で甘みのあるスウプ、骨付きチキン、おおぶり野菜、ゆで卵、シーフードなど)
7 イエローカレエ ③ \1000
(甘くて辛いタイ風スウプカレエ 鮮やかな色彩も必見)
8 イエローGT ③ \1100
(上記イエローカレエにイカゲソの唐揚がトッピングされます)
9 グリーンカレエ ③ \1100
 (牛肉いりタイ風スウプカレエ ハーブ感が強い 半熟卵入り)
10 グリーンGT ③ \1200
(上記グリーンカレエにイカゲソの唐揚がトッピングされます)
11 ゲーン カリ ③ \1000
(ひき肉の入ったタイ風スウプカレエ 比較的とろみあり)
12 ゲーン GT ③ \1100
(上記ゲーン カリにイカゲソの唐揚がトッピングされます)
13 スラバヤチキン ③ 1000
(仮想ジャワ風ココナツスウプカレエ エビ 揚げ卵入り)
14 スラバヤGT  ③ 1100
(上記スラバヤチキンのトッピングが一部イカゲソ唐揚になります)



Curry
とろみのあるタイプ

Zipang type
コクとうまみのジパングカレエ
(きざみ乗り、または天かすのトッピング 辛さの調節ができます0~×)
15 チキン \700
16 ポーク \750
17 ハロハロ (チキン&ポーク) \750
18 GESO100 (イカゲソから揚げ) \750

North India type
炒めタマネギだけでとろみをつけた北インド風カレエ
(チキンとジャガイモもゆで卵 辛さの調節ができます ②~×)
19 ムルギー  \1000

Keema type
ひき肉のカレエ
3種類のラインナップがあり、そのうちどれかが出ています
(トリひき肉、または合いびき肉、ヒヨコマメ、グリーンピースなど)
20 キーマオリジナル ③ \950
 (とりひき肉と豆のインド風カレエ 半熟卵つき ヨーグルトトマトベース)
21 スラバヤキーマ ④ \950
 (激辛の「こくあま」東南アジア風カレエ 目玉焼きつき ココナツミルクトマトベース)
23 黒キーマ  ③ \950
 (パキスタン風の汁気が少ないスパイシーカレエ 半熟卵つき)


トッピング
半熟卵、目玉焼き 各\50  天かすプラス \50 
チェダーチーズイン \50  つくね棒 \100
コロッケ 2ケ 150円〔1ケの場合は 100円〕

辛さ設定は、

0 当店でいちばん辛くないレベル
 ジパングカレエのみできます。こんでんすみるくトッピングです
1  家庭用カレーの「中辛」程度
2  家庭用カレーの「辛口」程度
3  家庭用カレーの「辛口」以上
4  劇的に辛くなる 調節する場合は\100アップ
5  ④の二倍のスパイス 調節する場合は\150アップ
X 当店で一番辛いレベル 調節する場合は\250アップ


という感じで、
一見さんにもやさしい感じに
カテゴライズされていましたし、

メニューの入れ替えなどにも
お店の方のカレエにタイする
コダワリが垣間見られるようです。



僕の部屋にもあるような親和性のある本棚から
大和田秀樹さんの、「ガンダムさん」を読みながら、

待つことしばし。


隣に座るカップルさんに届けられた
スウプカレエとか、

後ろに座る、モバイルパソコンの
キーをたたくお1人さまに届けられた
ジパングカレエとかが、通り過ぎるたびに

何度このブログで書いたことか、
いつもどおりの、アジア金星堂でしか嗅ぐことが出来ない
蠱惑的な僕を魅了してやまない香りが流れて

もうしんぼうたまらんところで、

ワタクシのも登場しました。

まずは、この香りがいいんですよね、

アジ金よ、私は帰ってきた~

って叫びたい感じですよ。
(「ガンダムさん」を読んでいただけに)


しかも、いつもは円錐台形に盛られたライスの
頭頂部から底辺の部分が
だいぶん大きくなっていて、

その上にはライスが見えないくらい
オレンジがかった黄色いキーマカレーが
たっぷりとのっていますし

いつもの食器にはこれと別に
これまたオレンジがかったスープカレーが
たっぷりとはいっています。

これは、

このビジュアルときたら


もう、これだけで幸せですよ。

思い出しただけでもニマニマしてしまいますよ。


ってことで、まずはスープを一口

ぱくっと




うおォン

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


ゥヲヲヲヲヲヲヲヲヲワワヲヲヲヲヲんっ!


じぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃいいん。



こちらのスウプカレエは、
表面が、赤味がかったオレンジ色半透明の
層が浮き上がってきて、
スープにスプーンをいれると、中から中から、
いつもの、赤味がかった半透明のオレンジ色した
油やウマミのかたまりが、上澄みみたいになって
にじみ出てくるのですが


これは、いつもより、その半透明の上澄みが
すくないぞ。

などと思っていたものの

スプーンを持ち上げるだけで
さらにただようスパイスの香りに

口に運ぶ時、同時に鼻にもだんだん近くなっていって
そんな時に漂う至福感。

そして、さらに口元に運ぶと
はっきりと香辛料が主張をしてきますし、

口に含むと、この複雑なスパイス遣いのカレーが
口の中で幾重にもハーモニーを奏でるのです。

この複雑で独特なスパイス遣いを支えているのが
しっかりとしたコク、うま味、そして
トマト由来のさわやかな酸味なのです。

最初はあくまでも穏やかなウマ味が
口の中に広がって、
次第にわずかな時間差で
スパイスの刺激が訪れるという

この味の変化の妙味

あいかわらずすげーな、アジア金星堂


さらには、
このバランスにヤられていると

ヲヲっ

ハラペーニョSKの名は伊達ではない

攻撃的で、強烈な主張が
味蕾を急襲します。

も、おなかもハラペーニョですから(失礼)
胃の腑までも辛さが直撃するのです。

でも、そんな蟲惑的な香りから、
直接攻撃をしてくるスパイスの刺激から、

さらに今まで蓄積されてきたスパイスの刺激が
じわじわっと上がってもきますから

もう、上に下にの
大騒ぎですよ。

ウレしい大騒ぎですけどね。



しかも、今回はライスの上に
たっぷりのキーマカレエがかかっておりまして、


今度はライスと一緒に
キーマをぱくっ






うおォン

うおをををををををををををんっ



じぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃん



これまた、スープとキーマの差こそあれ

独特にして唯一といってもよい
個性的なスパイス遣いと

それだけが突出している感じではなく
コク、うま味などに
しっかりと内包されていて、
オダヤカさが同時に訪れるという

絶妙なコンツェルトは
こちらも代わりありませんよ。

たっぷりと入ったひき肉の味わいも、
この個性的なルーとの相乗効果で
カレーをオイしいものにしていますし

こちらもハラペーニョが
きいてますよ。

優しいオダヤカと思っていたら
ヤケドするぜ

って感じですか。


でもって、再びスープにもどって、

今度は具材にも手を出すのですが、


ホロホロのチキンレッグといい
シャキシャキの水菜といい
ほくほくのにんじんといい
つぷつぷあまあまのコーンといい
しょりしょりのもやしといい

もう、このハズれないラインナップに
ホッとしますね。

でもって、キーマカレエと
最初はスープカレエを
交互に味わっているのですが、

次第にそれらが
混沌と混じってくると


また新たなカレエが
誕生するかのごとく

化学反応のように
オイしくなってきて、

最後までバリエーションを楽しみながら
一気呵成にいっているのです。


ライスに添えられているアチャールも
アジア金星堂ならでは。



が、楽しい時間は長くは続かない。
目の前にライスに乗ったキーマカレエと
別容器に入ったスウプカレエという

盆と正月が一度に来た状態だったのですが

夢中でぱくぱくたべていると

次第に皿が寂しさを見せてきます。


この残りを食べてしまったら

楽しい時間は終わってしまうんだ。

でも、明けない夜はないように
終わらないカレーはないんです。


ってことで、ライススープがそれぞれ
残り1/4のところになって、

しかも、ライスの上にはまだ少々
キーマカレエが残っている状態で

このカレー祭りを締めるための
最後の儀式へ突入です。


すなわち

この混沌カレエをしめるために、
いつものように、残ったスープにライスを投入し、

撹拌して、感動しながら、
一気にかっこみまして。

水をくいっと飲んで


とんっ

ぷっはぁぁ



んまかった~



アジア金星堂に僕が次訪れるのが
いつになろうとも

この日のことは忘れませんよ。

あと、訪れた日に店内で流れていたBGMは
「クレイジーキャッツ」でしたが、

前々日に鬼籍に入られた
谷啓さんを偲んでの選択だったのでしょう。

また、こちらのお店の方の感性の豊かさに
触れた思いがしました。





☆「アジア金星堂」
(北海道旭川市東5条11丁目2-1)
◇営業時間◇11:00~14:00、17:00~21:00(売り切れ次第閉店)
◇定休日◇火曜日、第1第3水曜日 ◇駐車場◇有り
◇電話◇ 0166-25-1503





あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。


ラジオにあったコーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」をクリックしてくれれば、
見ることができます。

かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていた
イトー×aniでした。


現在は道央某所に住んでおります。
機会があれば、またボランティアでラジオ番組作りに関わりたいと考えています。

当ブログの左側にあるFHFをクリックすると、
過去の番組内容などを見ることが出来るので、
おおよその番組コンセプトがわかるかと思います。

興味がある関係者のかたがいらっしゃいましたら当ブログのコメント欄まで
連絡をいただけたら有り難いです。
先日開催された、
「北海道カレーサミット2010 in 丘のまち美瑛」ですが、
無事終了したそうです。


こちらは、美瑛カレーうどん研究会の
ブログ記事です。

引用させていただきます。

2010年09月04日(土)
快晴の中カレーサミット終了!!
テーマ:最新情報

 当日は約5,000名のたくさんのお客様ご来場頂き、ありがとうございます。お蔭様で提供店全部完売しました。なお後半は完売店が相次ぎ目的のカレーを購入できなかった皆様、申し訳ございませんでした。

 来年は胆振管内で会場・日程はまだ未定です。決定次第ご連絡させて頂きます。楽しい一日を一般の方・出店者・美瑛町内のスタッフの方々ありがとうございました。



こちらは、ご当地グルメを盛り上げている
別海ジャンボグルメ推進協議会さんの、
「別海ジャンボ牛乳&ジャンボホタテバーガー」
ブログの記事です。

引用させていただきます。


「北海道カレーサミット2010 in 丘のまち美瑛」
 9月4日(土)に「北海道カレーサミット2010 in 丘のまち美瑛」が開催され、盛会のうちに終了しました。

「北海道ご当地カレーエリアネットワーク」に加盟する「カレーで地域おこし」をする参加地域が自慢のカレーを出品しました。

 写真は、北海道の新・ご当地グルメの中でも全国的に最も知名度の高い「富良野オムカレー」。

 「富良野オムカレー」は、7月に同じく美瑛町で開催された「新・ご当地グルメグランプリ北海道2010」では、3位を獲得。同グランプリで2位であった「美瑛カレーうどん」、4位となった「南富良野エゾカツカレー」等も出品され、全て完売という結果になりました。

 用意された各地域200食が、店によっては午前中で完売となり、午後から来場された方が食べられないという結果になりましたが、このような食イベントというのは、たいへん難しいものです。

 さて、出店したカレーですが、

(出店エリア)
札幌市    札幌スープカレー
富良野市  富良野オムカレー
士別市    士別サフォークカレー
羽幌町    羽幌えびタコ餃子カレー
南富良野町 南富良野エゾカツカレー
白老町    白老シーフードカレー
苫小牧市  苫小牧ホッキカレー
美瑛町    美瑛カレーうどん

(特別参加)
道産牛肉カレー ※料理研究家 小笠原登志子 先生監修

 全道から9つのカレーが出店しました。

 イベントを開催するというのは、たいへんなことで、上記地域は、日頃から連携や交流を重ねているからこそ、例え離れた地域であってもひとたび集まってこのようなしっかりしたイベントを仕掛けられるのです。

「北海道ご当地カレーエリアネットワーク」の川村会長、松野事務局長を中心としたチームワークと、7月のイベントの続き、全道的な食イベントを成功させた現地美瑛町のボランティアスタッフのみなさんの尽力に敬意を表します。

 来年の開催は、胆振地方の予定とのこと。近隣の方は、ぜひいまのうちから、お出かけを計画されてはいかがでしょうか。


とのことです。

この日は熱帯低気圧も近づくなかでの
準備だったそうで、

そのような方々のお骨折りのかいあって
無事成功裏に終わったとのことで、

そんな様子が伝わってくる記事でした。

来年の北海道カレーサミット2011は、
胆振地方(苫小牧or白老)で開催される予定だそうです。


来年こそは出向いてみたいですね。


さて、そんな地元のイベントも大切ですが、

全国にご当地グルメを知らしめたイベントといえば
今週末に行われる、
こちらのイベントでしょう。


毎日新聞の記事です。

引用します。


B-1グランプリ:B級グルメ日本一目指し、厚木決戦--18、19日 /神奈川
毎日新聞 9月11日(土)11時46分配信

◇過去優勝3品は「殿堂入り」
◇最多46団体参加、経済効果を期待

 全国各地のB級ご当地グルメの日本一を決める祭典「B-1グランプリin厚木」(同実行委員会、愛Bリーグ主催、厚木市、厚木商工会議所、同市商店会連合会後援)が18、19の両日、厚木市田村町1のイトーヨーカドー駐車場と同市厚木の市営厚木野球場の2会場で開かれる。5回目の今年は初めての首都圏開催で、初出展の18団体を含め、全国から過去最多の46団体が参加。来場者数も過去最高と予想されている。【長真一、田中義宏】
 B級ご当地グルメとは、安くておいしい、地域の名物や郷土料理。B-1グランプリは、それらでまちおこしをしようとする市民グループが互いの活動を盛り上げ、地域活性化を図る目的で開催。青森県八戸市の「八戸せんべい汁研究所」の呼びかけで06年、第1回大会が開かれ、これを契機に、参加団体によって愛Bリーグが結成された。
 第1回と第2回は静岡県富士宮市の「富士宮やきそば」が連覇し、B級グルメの一大ブームの火付け役となった。第3回では厚木市の「厚木シロコロ・ホルモン」、第4回では秋田県横手市の「横手やきそば」が優勝、ブームに拍車をかけた。
 富士宮やきそばは、めんの水分を抑え、コシ、歯応えが特徴。豚の背脂からラードをしぼった後の肉かすを入れ、イワシなどの削り粉をふりかける。厚木シロコロ・ホルモンは豚の大腸をボイルせずに裏返し、ぶつ切りにして網焼きに。脂身が適度に残り、甘みとやわらかな食感が特徴。ニンニクみそダレにつけて食べる。
 横手やきそばはモチモチでツルッとした食感の太い角めん。豚ひき肉とキャベツを入れ、秘伝のダシ入りソースで味付け。半熟の目玉焼き、福神漬けのトッピングが合う。
 どの団体も、ご当地グルメで我が街を元気にしようとの思いにあふれている。上位入賞すれば全国ブランドとなって地元への経済効果を期待できるからだ。「富士宮やきそば学会」によると、富士宮市には、やきそば目当てに年間100万人以上が訪れるという。
 厚木シロコロ・ホルモンをPRする「厚木シロコロ・ホルモン探検隊」隊長で実行委事務局実施本部長の中村昭夫さん(47)は「街に来てもらうのが、まちづくりの基本。1位になったお陰で、全国から多くのお客様に来ていただける。感謝の気持ちを込めておもてなしをし、来年以降にバトンをつないでいきたい」と意気込んでいる。
 愛Bリーグの設立憲章には「助け合い」の精神もあり、今回から「誰にでもチャンスを与え、新しい食の発掘を」と、過去に優勝した3品を「殿堂入り」として審査の対象から外した。日本一のB級グルメに輝き、地方の救世主となるのは、どの街の、どの味か--?

 ◇投票は割りばしで 何回でも可能
 グランプリは、来場者が食事チケット(1つづり=100円券×10枚)を購入し、料理(300~500円)を食べた後、気に入った料理の投票箱に割りばしで投票(1ぜんで2票)してもらうルール。投票は何回でも可能で、2日間の集計で最も多く獲得した料理がゴールドグランプリ(1位)となる。優勝団体には「金の箸(はし)トロフィー」が授与される。
 両日とも午前10時~午後4時。チケットは午前9時から販売。両日とも午後3時以降は現金でも料理が買える。チケットは会場内でのお土産の購入や、県内のご当地グルメを集めた同時開催イベント「ロコフードフェスタKANAGAWA」でも使えるほか、30日まで市内指定店舗で金券として利用できる。

 ◇移動支局開設 優勝当て懸賞、新聞配布も実施--ロコフードフェス会場
 毎日新聞は「B-1グランプリin厚木」が開催される18、19の両日、ロコフードフェスタKANAGAWA会場(厚木中央公園)に移動支局を開設する。B-1グランプリの歴史や出展している料理を紹介する新聞などを配布。優勝団体を答える懸賞も実施する。
 また、誕生日や記念日など好きな日付の毎日新聞1面を印刷して提供する「誕生日新聞」のサービスも実施。利用した方からの募金は、毎日新聞社会事業団を通じて寄付される。
 開設時間は両日とも午前10時~午後4時。




とのことです。

ちなみにこちらは、
公式Hpからの記事です。


本大会出展料理・出展団体 2010/07/21
出展料理は以下の通りです。(全46出展)

都道府県 料理名 出展団体

北海道 富良野市 富良野オムカレー 富良野オムカレー推進協議会
北海道 北見市 オホーツク北見塩やきそば オホーツク北見塩やきそば推進協議会
青森県 八戸市 八戸せんべい汁 八戸せんべい汁研究所
青森県 黒石市 黒石つゆやきそば やきそばのまち黒石会
青森県 十和田市 十和田バラ焼き 十和田バラ焼きゼミナール
青森県 青森市 青森生姜味噌おでん 青森おでんの会
秋田県 仙北市 あいがけ神代カレー 神代地域活性化推進協議会
秋田県 横手市 横手やきそば 横手やきそば暖簾会
岩手県 北上市 北上コロッケ 北上調理師会
宮城県 登米市 登米・油麩丼 登米・油麩丼の会
宮城県 石巻市 石巻焼きそば 石巻茶色い焼きそばアカデミー
福島県 双葉郡浪江町 なみえ焼そば 浪江焼麺太国
群馬県 太田市 太田焼そば 上州太田焼そばのれん会
埼玉県 行田市 行田ゼリーフライ 行田ゼリーフライ研究会
神奈川県 三浦市 三崎まぐろラーメン 三浦中華料理研究会
神奈川県 厚木市 厚木シロコロ・ホルモン 厚木シロコロ・ホルモン探検隊
神奈川県 湯河原市 湯河原名物たんたんたぬきの担々やきそば 湯河原担々やきそば会
神奈川県 南足柄市 足柄まさカリー 黄金(きん)のポット 金太郎プロジェクト推進委員会
山梨県 大月市 大月おつけだんご 大月市おつけだんごの会
山梨県 甲府市 甲府鳥もつ煮 みなさまの縁をとりもつ隊
静岡県 富士宮市 富士宮やきそば 富士宮やきそば学会
静岡県 静岡市 静岡おでん 静岡おでんの会
静岡県 裾野市 モロヘイヤ入りすその水ギョーザ すそのギョーザ倶楽部
静岡県 三島市 みしまコロッケ みしまコロッケの会
静岡県 袋井市 袋井宿「たまごふわふわ」 袋井市観光協会
静岡県 浜松市 浜松餃子 浜松餃子学会
愛知県 豊川市 豊川いなり寿司 いなり寿司で豊川市をもりあげ隊
三重県 四日市市 四日市とんてき 四日市とんてき協会
長野県 駒ヶ根市 駒ヶ根ソースかつ丼 駒ヶ根ソースかつ丼会
岐阜県 郡上市 奥美濃カレーひっちゃく棒 奥美濃カレー協同組合
岐阜県 各務原市 各務原キムチ鍋 キムチ日本一の都市研究会
岐阜県 郡上市 めいほう鶏ちゃん めいほう鶏ちゃん研究会
福井県 小浜市 浜焼き鯖バラチラシ寿司 御食国若狭倶楽部
兵庫県 明石市 あかし玉子焼 明石名物ひろめ隊
兵庫県 高砂市 高砂にくてん 高砂にくてん喰わん会
兵庫県 姫路市 姫路おでん 姫路おでん普及委員会
岡山県 津山市 津山ホルモンうどん 津山ホルモンうどん研究会
岡山県 真庭市 ひるぜん焼そば ひるぜん焼そば好いとん会
広島県 府中市 府中焼き 備後府中焼きを広める会
鳥取県 鳥取市 鳥取とうふちくわ膳 鳥取とうふちくわ総研
島根県 出雲市 出雲ぜんざい 日本ぜんざい学会
福岡県 北九州市 小倉発祥焼うどん 小倉焼うどん研究所
福岡県 久留米市 久留米やきとり 久留米焼きとり文化振興会
長崎県 雲仙市 小浜ちゃんぽん 小浜ちゃんぽん愛好会
長崎県 大村市 大村あま辛まっ黒!カレー 大村あま辛カレーうまか隊!
大分県 佐伯市 佐伯ごまだしうどん 佐伯ごまだしの会


新聞記事にもあるとおり
18のニューフェイスを迎えての
大会ということになります。


ちなみに
前回の横手大会に出展した料理は次のとおりです。

都道府県 料理名
北海道 富良野市 富良野オムカレー
青森県 青森市 青森生姜味噌おでん/黒石市 黒石つゆやきそば /八戸市 八戸せんべい汁
秋田県 横手市 横手やきそば /仙北市 あいがけ神代カレー
宮城県 登米市 登米・油麩丼
群馬県 太田市 上州太田焼そば
埼玉県 行田市 行田ゼリーフライ
神奈川県 厚木市 厚木シロコロ・ホルモン
山梨県 大月市 大月おつけだんご
静岡県 袋井市 袋井宿たまごふわふわ /浜松市 浜松餃子 /裾野市 すその水ギョーザ /三島市 みしまコロッケ /富士宮市 富士宮やきそば /静岡市 静岡おでん
岐阜県 郡上市 奥美濃ツインカレー /各務原市 各務原キムチ鍋
兵庫県 高砂市 高砂にくてん /姫路市 姫路おでん
鳥取県 鳥取市 鳥取とうふちくわ膳
岡山県 津山市 津山ホルモンうどん
福岡県 北九州市 小倉発祥焼うどん /久留米市 久留米やきとり
大分県 佐伯市 佐伯ごまだしうどん 佐伯ごまだしの会


参加団体数も第一回の10団体から
2回目の21団体
3回目の24団体
そして記事にも書いてあるとおり
4回目の26団体を経て、

今回は46団体の参加。

来場者もここ三回とも
二十万人を突破しています。


私は、第一回の八戸大会に行きまして
それぞれの味に舌鼓を打ったものです。


今回もシゴトの関係で
行くことが出来ませんが、

あの熱気をもう一度感じたいと
思っていますし、

このように紹介をすることで、
応援したいと思います。


加えて、北海道から出る2団体の健闘も
心より祈っております。

はてさて、どうなることやら。


かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
のパーソナリティーをつとめていた
イトー×aniでした。

現在は道央某所に住んでおります。
機会があれば、またボランティアで
ラジオ番組作りに関わりたいと考えています。

当ブログの左側にあるFHFをクリックすると、
過去の番組内容などを見ることが出来るので、
おおよその番組コンセプトがわかるかと思いますので
興味がある関係者のかたがいらっしゃいましたら
当ブログのコメント欄まで連絡をいただけたら有り難いです。
先週は土日に仕事で
温泉に行く暇がなかったので、

先々週にいった温泉です。

まずは、土曜日のお仕事終了後に向かったのが
約二年ぶりの、支笏湖畔 いとう温泉です。

カラバト・カリーでカレーを食べたあと、
1時間弱ばかりかけて支笏湖へ


支笏湖畔の温泉といえば、丸駒が有名ですし、
前回、支笏湖に行ったときには
丸駒さんにお世話になりました。

丸駒さんは、湖と繋がっているところと
それ故に、湖の湖面の高さによって
温泉の高さもかわって、
時には一メートルを超えるその泉面の高さ。

そして、目線の高さには支笏湖の湖面が広がるという
その野趣にとんだ風情は

なかなかの人気ですが、


そんな野趣のとみかたは
こちらもまけていません。

なんたって、最初のアプローチがスゴい。

丸駒へつながる道道から
この温泉へ向かう横道は、
一気に湖畔へ降りる急坂になっています。

この急さがハンパない。

少々手荒い歓迎ですね。

こちらは、十一月中に冬季休業に入るのですが、
これなら冬場は営業できないのも納得です。

ただし、この急坂を下りると
一気に眼前に支笏湖が広がりますから

いいですよ。

気持ちも高揚します。

ということで、湯銭を払うために
フロントへ。


こちらは、自噴、完全賭け流し、無加水、無加温、循環なしの
ということがフロントに大書されておりまして

生温泉。とうたっていました。

そうでしたそうでした。
生温泉という言葉でこの温泉を
表現しているのでした。

久々の生温泉を見ながら
湯銭を払い、まずはいったん外へ出て露天へ。

脱衣場には三人くらいしか
先客がいないようすです。

と、いうことで服を脱いで
温泉へ。

おおおお

板塀の内側には、
湯槽を形作っているゴツゴツとした石とか、
この温泉の広さと、あと深さはなかなかいいですよ。

しかもたっぷりと満たしているお湯は
さすがの生温泉ですね。
ほんのりと漂う湯の香がいいですよ。


そんな露天はデカさも素敵なのですが
岩一枚へだてるだけて
すぐ隣が支笏湖であるという
そんなロケーションが素敵過ぎる。

少しだけ湖面よりも泉面が高いので
丸駒さんのように湖と繋がっているわけでは
ないのですが、
眺望の良さとかは、これはこれで
いいですね。

これならば、いつの季節に行ったとしても
絶景が楽しめるなど、四季折々の
楽しみができるのだろうってことを
期待させてくれる温泉なのでした。


湖面にたつ波をみながら
お湯につかる贅沢。

幸せっスなぁ。

と、思ったら
五人くらいの団体客の方が登場。

そのかたがたは、温泉で体が火照ったら
支笏湖にそのまま入っていました。

そうか、そういう楽しみ方もできるのですね。


ま、僕はしませんでしたが。

内風呂は露天に比べて小ぢんまりとした感じで
四角い湯槽でしたが、

お湯のよさには変わりなし。

しかもざんざんとかけ流しをされているので、
床についている湯がつけた色も
いいですよ。
しっかりとこちらのお湯も
堪能をさせていただきました。


全体的に丸駒さんよりも
小ぢんまりしているところが

僕的には好みですね。




さて、その翌日、
お仕事を終えて、私用を果たしたあとに
むかったのが、

ワイス温泉 ワイス荘でした。

こちらは、国道5号線沿いに
小ぢんまりとたっている温泉です。

国道沿いには目立つ看板があるのですが、
少し奥まったところにあります。

駐車場にはたいてい車が
難題もとまっておりますが、

この日もそうでした。

地元の方とか、工事関係風の格好を
した人などで、脱衣場は
にぎわっておりました。

中へ入ると
窓から陽光がさしこむ
タイル張りの浴室は広く、

その中央にドドンとひとつ
広い浴槽があります。

しかもプラスチックのパイプから湯が勢いよく注がれたお湯が
湯槽の縁の三方からざんざんとあふれていて、
床のタイルが茶色に変色します。

これは、いいぞ。

お湯は無色透明で、少々熱め
軽くナメると、ほんのりとナトリウムっぽい味で

温泉に入っている気分も盛り上がってます。
肌への感触もいいですよ。

床のタイルをざんざんと流れている
お湯を見ると、
願わくば道南スタイルしたいな~。

ただ、たいてい混雑をしているのです。

ということで、今度は
オープン直後とか狙ってみようかな。




ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。


現在は道央某所に住んでおります。
機会があれば、またボランティアで
ラジオ番組作りに関わりたいと考えています。

当ブログの左側にあるFHFをクリックすると、
過去の番組内容などを見ることが出来るので、
おおよその番組コンセプトがわかるかと思いますので
興味がある関係者のかたがいらっしゃいましたら
当ブログのコメント欄まで連絡をいただけたら
有り難いです。
2010.09.01 週末の美瑛で
僕は北海道に来て20年以上たちますが、
いまだに夏休みの終わりは8月31日という
気がしてならないので、
8月中旬の後半くらいから登校する
児童・生徒さんの姿を出勤時などに見ると
大変だな~などと思うのです。

僕なんかの学生時代は、
甲子園の決勝が終わってから
さてそろそろ宿題でも始めますか…
という夏休みを過ごしていましたが、

北海道の児童・生徒のみなさんは
甲子園の決勝の時は学校だから、
生放送とかで見ることが出来ないんですよね。


先日28日に、ファイターズvsバファローズの
デイゲームをラジオで聴いていました。

この日は京セラドーム大阪でのゲームでしたので
HBCで流れるファイターズの応援実況を
ABCのアナウンサーがされていましたが

「夏休み最期の土日ですね~」などといいながら
ややしばらくして、
「北海道では、もう夏休みは終わっているんですね
大変、失礼をしました」
などと言い直しているのを聞いて、

ま、本州の人の感覚はそうだよな
などと思い直したものです。

そんな8月も過ぎ、本日より9月ですが、
9月になっても、真夏日になるというのは
初めての経験です。

ま、せみの声から次第に
別の虫の声に変わってきたりとか、

しだいに頭を垂れだしてきた
稲穂の様子を見たり、

朝晩に吹く風の涼しさに
秋を感じるものの

まだ暑い日が続く予報です。

そんな、残暑厳しい北海道ですが

この北海道をさらにアツくする
イベントが、美瑛で行われます。


北海道新聞の記事です。
引用させていただきます。

北海道カレーサミット 美瑛 地域のカレー 味わって 美瑛で来月サミット チラシ完成(08/26 15:41)

【美瑛】道内8地域のカレー料理を集め、美瑛町で9月4日に開催される「北海道カレーサミット」のチラシが出来上がり、中心になって準備を進める美瑛町商工会は「地域の食材を使ったご当地カレーを食べ比べてほしい」と来場を呼びかけている。

 サミットは、8市町のまちおこし団体でつくる北海道ご当地カレーエリアネットワーク(事務局・富良野)の主催。今年3回目で美瑛での開催は初めて。

 札幌スープカレー、富良野オムカレー、士別サフォークカレー、美瑛1件カレーうどん、苫小牧ホッキカレー、胆振管内白老町のシーフードカレー、南富良野エゾカツカレー、羽幌えびタコ餃子カレーの8料理を、それぞれ半人前サイズで200食用意し、午前10時から1食5百円で販売する。

 会場はJR美瑛駅前公共駐車場で、美瑛など上川管内中部4町の農産物を販売する「上川まるしぇ」と同時開催。カレーサミットの問い合わせは同商工会(電)0166・92・1175へ。


こちらはイベント案内です。

「道内8地域のカレー料理を集め、地域の食材を使ったご当地カレーを食べ比べられる。
参加料理:札幌スープカレー、富良野オムカレー、士別サフォークカレー、美瑛カレーうどん、苫小牧ホッキカレー、胆振管内白老町のシーフードカレー、南富良野エゾカツカレー、羽幌えびタコ餃子カレー(半人前サイズ限定200食)

主催者 北海道ご当地カレーエリアネットワーク
会場名 JR美瑛駅前公共駐車場
住所 上川管内美瑛町本町1丁目
電話番号 美瑛町商工会 0166・92・1175

開催日 2010/9/4  開始時刻 10:00」


こちらは、美瑛かれーうどん研究会の
ブログからです。

「新・ご当地グルメグランプリ北海道2010in丘のまち美瑛に続き、「北海道カレーサミット2010IN美瑛」が開催されます。道内各地のカレー8地域を集め、ワンコイン500円で提供いたします。 当日は札幌スープカレー井手剛氏も各地域を一緒になってご提供いたしますので、近くへお越しの際には是非お立ち寄りください。 

更に「上川まるしぇINびえい」も同時開催、美瑛の新鮮美味しい農産物も販売しますよ。

日 程:9月4日(土)午前10:00~午後14:00

場 所:美瑛駅前公共駐車場

駐車場:美瑛駅裏側に指定駐車場あります。お止め上歩道橋(フリーロード)を渡ってください。 

提供数:各地域限度200~300食 売れ切れ終了

価 格:ワンコインの500円(ハーフサイズ)

参加地域メニュー
札幌スープカレー(井手 剛氏)
富良野オムカレー(新・ご当地グルメグランプリ総合第3位)
南富良野エゾカツカレー(新・ご当地グルメグランプリ味・コストパフォーマンス部門第1位)
士別ラム肉スープカレー
苫小牧ホッキカレー
白老シーフードカレー
日本海えびタコ餃子カレー丼
美瑛カレーうどん(新・ご当地グルメグランプリ総合2位、味部門2位)



このイベントは、2008年の北海道洞爺湖サミットを
ある意味きっかけにして始まり、

1回目・2回目と旭川市を会場に
行われてきましたが、

今年ははじめての、美瑛町での開催です。

美瑛町では、7月10日・11日i
「新・ご当地グルメグランプリ北海道2010 in 丘のまち美瑛」を
開催し、成功裏に終わったばかりなので

こちらの大会の盛り上がりも期待できますし、
是非成功裏に終わってほしいものです。

この直近の日に旭川~美瑛~富良野方面へ
出かけられる方は、

スケジュールの中に組み入れては
どうでしょうか。

ちなみに私、この日もおシゴトで
当地に赴くことは出来ませんが、

このように紹介をすることで、
応援したいと思います。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
のパーソナリティーをつとめていた
イトー×aniでした。

現在は道央某所に住んでおります。
機会があれば、またボランティアで
ラジオ番組作りに関わりたいと考えています。

当ブログの左側にあるFHFをクリックすると、
過去の番組内容などを見ることが出来るので、
おおよその番組コンセプトがわかるかと思いますので
興味がある関係者のかたがいらっしゃいましたら
当ブログのコメント欄まで連絡をいただけたら有り難いです。