2010.06.27 格差セ界
今月末は、
おお振りの単行本は発売されるわ、
アフタヌーンでは新しい話が掲載されるわ、

ってことで、ちょっとお祭り状態ですが、


そんなテンションを盛り上げる企画が
発表されました。


こちら
埼玉西武ライオンズのHPから
引用であります。


6月30日 対 北海道日本ハム

6/30(水)大宮
・おおきく振りかぶってDAY
・レオ・ライナがお出迎え!
・スペシャルOBトークショー
・ふあふあキッズパーク大宮版
・ケータイで選手画像GET(トルカ)
・オルガンが奏でる本場の音色!


スペシャルイベント「おおきく振りかぶってDAY」を開催!

(C)ひぐちアサ・講談社/おお振り制作委員会

埼玉県の高校野球を題材にした大人気アニメ「おおきく振りかぶって」(TBS系列)と、埼玉西武ライオンズがタッグを組んで「おお振りデー」を開催!嬉しい限定プレゼントや、特別ゲストも来場し県営大宮球場を盛り上げます!埼玉県における野球の聖地“県営大宮球場”で夢のコラボレーションが実現!


『おおきく振りかぶってDAY』概要
日時 6月30日(水)
内容 
【1】ご来場の皆様に特製メガホンをプレゼント!配布場所:各入場ゲート
※数に限りがございます。予めご了承ください。
【2】西浦高校野球部の声優キャストの皆さんと水島努監督によるミニイベント開催!
時間:試合開始15~20分前場所:球場フィールド
【3】場内アナウンスを「篠岡千代」役の声優・福圓美里さんが担当!
時間:3回ウラ、4回ウラのライオンズ攻撃時
内容:場内ウグイスとして選手名をアナウンスします
【4】「おお振り」ブースでお宝グッズを多数展示
時間:開場時(16:00予定)~試合終了まで
場所:県営大宮球場正面広場内容:原作、アニメのイラストやユニフォームなどを
展示いたします。

※天候等により中止となる場合がありますので予めご了承ください。



だそうですよ。

埼玉で高校野球の聖地といえば、
県営大宮球場ですが、

そこでこの企画って
ワカッテラッシャル広報の方が
いらっしゃるということですよね。

あと副ヘッドのウグイス嬢って
これも聞きたくてタマラナイですが。

こちらはスマギャンできっと感想を言ってくれるでしょうから
来週のスマギャンを楽しみに
待つことにしましょう。


ともかく、かつてのように埼玉に住んでいたら
はせさんじていたイベントでありますね。


と、このようなファン重視のイベントを
パ・リーグのチームが積極的にしている姿を見ると、


今回の交流戦について、あちこちで流れた言説が
改めて思い出されます。



こちらは日本経済新聞 豊田泰光さんの
チェンジアップから引用です。


セ・リーグ 深刻な球団格差

セ・リーグ下位球団はこのままマイナー化していくのか。ヤクルト投手陣がロッテに10者連続安打を喫した夜、広島もオリックスに10人連続安打を喫した。とても日本プロ野球の“メジャー”同士の戦いには見えなかった。

 集客力などリーグ全体の盛り上がりを見せても、セ・パの立場が入れ替わった感がある。私が西鉄に入団した当時は、巨人、阪神を中心とするセにはかなわず、パの監督たちは「せめてグランドでは」と打倒セに血眼になったものだ。

 球宴では西鉄・三原、南海・鶴岡の両監督とも「勝機があれば、最後はエースをつぎ込む」と宣言していた。パにとっては死活問題で、おちゃらけたムードが生まれる余地はなかった。今のセにパの必死さが必要だ。

 今年の球宴も放っておくとお遊びにあるだろう。だからセの原監督は球宴の真剣勝負を宣言し、ベストの編成をしてほしい。まんべんなく選手を出すのではなく、勝利を目指すこと。何より選手が危機感を持ち、本気にならなければいけない。セの盛り返しは球宴の正常化からはじまる。

 セ・パ交流戦はるみんなうすうす感じてはいるけれど口にしてこなかった懐疑を、明るみのもとにさらした。巨人、阪神、中日が、日頃下位相手に積み重ねている勝ち星の価値はいかほどのものか、という懐疑を。

 リーグにメジャーでないチームを抱えることは全体の地盤沈下を招く。大リーグが球団間の貧富の差をいわれながら永らえているのは、過去10年のワールドシリーズで、入れ替わり立ち替わり8球団が世界一になるなど、ファンの気をそらさないようにできているからだ。

 日本でも地道に頑張っている広島あたりが、10年にいっぺんくらいは優勝できるようにしないと、忍耐強いファンもしびれを切らす。

 セの上位は「ルールにのっとって補強をしている」というだろうが、興行としててなりたたなければ元も子もない。オーナーたちで緊急ミーティングを開いてはいかがか。それくらい事態は切迫している。


とのことです。


こちらは、6月17日のデイリースポーツの引用です

パは過去最高記録 交流戦観客動員

 セ・パ両リーグは17日、交流戦の観客動員数を発表し、史上初めて上位6チームをパが独占した結果を裏付けるように、パの観客動員数が過去最高を記録した。一試合平均は前年比8.2%増の2万6126人だった。最も数字を伸ばしたのは、交流戦初優勝を飾ったオリックスで、41.2%増の2万5419人。巨人以外は交流戦負け越しとなったセは、前年比1.3%減の2万7643人。巨人は5.6%増、阪神は5.0%増と健闘したが、残り4球団は軒並みダウンだった。12球団での平均は2万6885人でね交流戦導入6年目で最高の数字となった。


このパの球団の観客数の伸びについては、前述したように
パ・リーグの各球団が力を入れている
ファンサービスも原因にあります。


ただ、このセ・パの球団の強化に差については
スポーツニッポンの6月19日の 渡部節郎さんの
「とことんスポーツ」で

このように分析されています、


引用します。


「くっきりセ界格差 これではファンにあきられる

 交流戦はパ・リーグが1~6位の上位を独占したが、もう一つ珍しいことがあった。セ・リーグ6球団の順位がレギュラーシーズンと全く同じく、巨人、阪神、中日、広島、ヤクルト、横浜の順だったことである。
 これは、何を意味しているのだろうか。パ・リーグでシーズン4位のオリックスが優勝したり、同5位の楽天が最後まで優勝を争ったような波乱が起こらないということは、セ6球団戦力格差がかなりはっきりしている証明と言うほかない。
 広島、ヤクルト、横浜はこれまで、金本知憲、新井貴浩、セス・グライシンガー、A・ラミレス、M・クルーンら多くの大物選手を次々とリーグ内上位球団へ放出してきた。同一リーグでこうした一方通行的な戦力移動が続けば、格差が広がるのは当然だ。せっかく掘り当てた外国人選手、育て上げた日本人選手の高額年俸を払いきれなくなって金満球団に逃げられる流れは今後も続くだろう。それが下位球団から上位へと、一方通行的なところにセ・リーグの不幸がある。
 この10年にAクラスに入った回数が一番多いのが中日で9回、巨人が8回、少ないのは広島0回、横浜3回、その中間はヤクルト6回、阪神5回。この結果、セの勢力図A群が巨人・中日、B群がヤクルト、阪神、C群が横浜、広島と3分化している。AとCはかなりの確立で固定されているから、あとは阪神とヤクルトのどちらがAクラスに入るかだけ、と、想定できる妙味のないペナントレースが繰り広げられているわけで、今期も早くもこの3群パターンの順位にはまっている。
 このままでは、ファンに飽きられるだろう。昨年パに27万人差をつけていた交流戦の観客動員数は今年10万人まで詰まった。年度別でも実数発表になった2005年に342万人まであった差が今年十万人まで縮まった。「人気のセ」は終われる立場にあるのだ。
 戦力均衡のパは、昨年の優勝チーム、日本ハムが最下位に落ちているように、いつでも「混パ」状態だが、かつての「乱セ」は死語に近い。やはり、6球団の戦力バランス崩壊を立て直さないといけない時期だろう。



なるほど。 

パ・リーグの観客動員数のおおさは、
ツボのついたファンサービスもありますが

同一リーグ間の選手の流れについてと
この結果の関連性なんて、

まさに豊田さんの主張されていることの原因であり、

かつオーナーたちで緊急ミーティングをひらいて
いただきたい問題です。


ちなみにここ10年のパ・リーグのそれぞれのチームが
何回Aクラス入りしているかという回数を


この記事的に書くと

ダイエー~ソフトバンク 9回
西武 8回
日本ハム 6回
近鉄 3回
ロッテ 2回
オリックス・楽天 各1回

という感じです。


これだけ見ると格差があるような気が
しないでもないですが

日ハム・楽天が、それぞれ北海道、東北を
フランチャイズにしてから
ここ5.6年の流れを見ると


2004 ①西武 ②ダイエー ③日ハム
2005 ①ロッテ ②ソフトバンク ③西武
2006 ①日ハム ②西武 ③ソフトバンク
2007 ①日ハム ②ロッテ ③ソフトバンク
2008 ①西武 ②オリックス ③日ハム
2009 ①日ハム ②楽天 ③ソフトバンク

ですからね。

ダイエー~ソフトバンク5回 日ハム5回
西武3回 ロッテ2回 オリックス・楽天 1回

という結果です。

だから、パの実力が拮抗してきた歴史と、
活性化というのは、リンクしていると思うのです。


それこそ交流戦までは最下位の日ハムが
現在はオリックスを三たて
ソフトバンク・ロッテには勝ち越しですから。

まだまだ混パですよね


ここらへんの問題は
リーグの活性化とともに日本プロ野球の活性化のため
なんとかしてほしいところです。




かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
のパーソナリティーをつとめていた
イトー×aniでした。

現在は道央某所に住んでおります。
機会があれば、またボランティアで
ラジオ番組作りに関わりたいと考えています。

当ブログの左側にあるFHFをクリックすると、
過去の番組内容などを見ることが出来るので、
おおよその番組コンセプトがわかるかと思いますので
興味がある関係者のかたがいらっしゃいましたら
当ブログのコメント欄まで連絡をいただけたら有り難いです。
スポンサーサイト
サッカー日本代表 
2010サッカーワールドカップ南アフリカ大会
一次リーグ突破であります。

最初はカメルーン戦すら見る気がなくて
たまたまテレビの前でウトウトしていたとき
試合開始直前に目が覚めたので
ぼーっと見ていたのですが、

その試合で一気にヒートアップしました。

ですから、オランダ戦はおろか
デンマーク戦のときなんざ、
七時前に仕事をカタズケテ
その後、自宅で日ハム戦いをテレビで見ながら
そのまま仮眠におちて

そして、バッチリ全部観戦をしました。


いやー、スゴいですね。
陳腐な表現で申し訳ありませんが、

感動しました。


ちなみにワタクシ集合住宅に住んでいますが、
本田・遠藤・岡崎選手がゴール決めたとき

僕もガッツポーズをしたのですが、
下の住宅からもゴツッゴツッという
物音がしましたから、

きっと下でも見ていたんですね。


さてさて、そんな盛り上がりは
戦前では予想できなかったでしょう。


僕が、サッカーを見るときに
参考にしていて、
単行本も買ったコラムが
「TV Bross」に連載されている
サポティスタ・岡田康宏さんの

「サッカー馬鹿につける薬」です。


ここ二号の内容がなかなかしみる内容でした


まずは6/12~号を
 引用させていただきます。
「監督だけ替えても意味がない

「岡田監督を批判するのは簡単だけど、それでは意味がない。意味がないところまで、状況が悪化してしまっている」
 5月24日、0‐2で敗れた日韓戦の翌日、セルジオ越後氏は、「日本サッカー界が崩壊した日」と題したコラムの中で現状の日本サッカー協会のありかたを痛烈に批判した。2002年以降の協会は、代表バブルで金儲けに走り、日本サッカーの普及発展という本来の趣旨を忘れてしまった。その腐った体質はドイツW杯で露呈されたものの、メディアがその検証を怠ったために、日本サッカー界ではそれと同じことが繰り返されていると。
 トルシエ監督は、W杯の代表メンバーからある選手を外したことで脅迫を受けていたとイタリアの新聞で語ったことがある。ジーコが監督を務めたドイツW杯の際には、人数の限られた日本代表帯同スタッフの中に、正しく看板が掲示されているかを確認する広告代理店の人間が入っていたという。オシム監督時代のアジア杯では高原直泰と中村俊輔を代表メンバーに入れることがノルマとして課せられていることが明らかになっている。
 こうして表に出てくるのは代表監督を取り巻く様々な制約やプレッシャーのうちのほんの一握りだ。
 本来、代表チームの強化のためにはアウエーと強豪国との対戦を重ねたいところだが、日本代表が戦う強化試合はスポンサーの冠がついた国内の親善試合ばかりだ。
 また、代表には、Jリーグのようなベストメンバー規定は適用されないはずだが、ジーコ監督の時から、何人かの中心選手がコンディションの良し悪しにかかわらず半ば固定的に起用され続けている現象を見ると、代表監督の選手起用にもなんらかの縛りがあるのかもしれない。
 強化のためにお金が必要なのは間違いではないが、そのお金を得るために強化をないがしろにし、結果的に自らの価値を落としてしまっているのが、今の日本代表が陥っている状態だ。
 日韓戦後の記者会見で、岡田監督は犬飼会長に進退伺いをし、会長から「やれ」と言われたことを自ら明らかにした。これは犬飼会長への当てつけだったまではという見方がある。
 犬飼会長は7月の役員会で会長再選を目指しており、すでに新聞紙上にはポスト岡田・時期代表監督候補として世界的な大物監督の名前が幾人にも挙がっている。役員改選の決定権を持つ委員会の委員長は「オシムって言っちゃった」で自身の責任問題をごまかし会長の座に居座った現名誉会長の川渕三郎氏だ。
 こうした協会の体質が変わらなければ、監督だけ替えても意味はない。」


で、この当時はこの言説がすごいストンとオちて、

これが仮にスポーツの世界とかではなく
国際政治とか戦争の場であったら、

それでも、僕ら国民は
ダまれなければならないのか
ということまで妄想が広がってしまいました。

たしかに、国際政治は国を代表する頭脳と頭脳のぶつかりあいです。

戦争は一定のルールに基づいたうえで〔マリーシアもルールの上と考えます〕
頭と体を使って組織的に行うものです。

だから、そんな国の命運を左右するものまで
広告屋のメシのタネになったら…、



「こわい考えになってしまった...!」
というわけなのです。

だから、負けろと広言している
金子達仁氏の言説にも

そのメッセージが後ろ向きながらも
なんとなく賛同をしていたのです。


が、
そんな自分の考えをひっくり返してくれたのが、

今回の試合ぶりとともに


「TV Bross」6/26~号
に連載されている
サポティスタ・岡田康宏さんの
「サッカー馬鹿につける薬」です。

引用させていただきます。

「負けろ、日本。未来のために

「必然性のない勝利はいらぬ。負けろ、日本。未来のために」
 というのはW杯開幕前に週刊朝日に掲載された金子達仁氏のコラムの見出しだ。ようするに今の日本代表を取り巻く状況を考えたら、しっかりと負けて反省点がはっきりした方が日本サッカーの将来のためには良いのてせはないかという論だ。
 W杯メンバー決定後に会長に進退伺を出したことを明らかにし、壮行試合でサポーターへの挨拶に姿を現さず川口能活にマイクを預けた岡田監督の振る舞い。本番前の強化試合、イングランド戦やコートジボアール戦が日本のテレビ中継の都合にあわせて時間設定され、コートジボアール戦などは真昼の12時にキックオフ時間が設定されたこと、本番前の貴重な練習試合の場でさえも強化より興行が優先されてしまう日本代表の現状。金子氏はこうした現状を強く批判している。そして、南アフリカで勝てばそうした現状もまた肯定されてしまう。だからこそ、日本代表は負けるべきだと。
 金子氏が何をどう言おうと、日本代表はどこかで必ず負ける。もちろん優勝する可能性はゼロではないが、まず間違いなくどこかで負ける。ただ、わざわざ自国の代表チームを負けろ、負けろと逆方向に応援するのもおかしな話だ。
 大切なのは結果と過程とを分けて考えることだ。勝敗は兵家の常、勝つこともあれば負けることもあるる岡田ジャパンがどんだけおかしな強化の過程を辿ったとしても、その日その瞬間にチームが一つにまとまり、いくつかの幸運と相手チームにとっての不幸が重なれば結果を出す可能性は充分にある。それはそれでもちろん喜べばいいし、とはいえ過程で噴出した問題点が解消されるわけではない。より高い確率でより良い結果を残せるようになるため、万全の準備で試合に望めるわうに、その過程は常に見直されるべきだ。
 中澤佑二はドイツ大会の敗因はコンディションの調整の失敗にあったといい、その原因の一つとして真昼間炎天下での親善試合を組まれたことを挙げている。同じくドイツ大会のキャプテン宮本恒靖は調整の過程で「代表チーム、協会、いろんなビジネス的なところがうまくリンクできていたかというと、そうではなかった」と当時を振り返っている。
 残念ながら日本代表は4年前と同じ失敗を繰り返している。4年前のドイツ大会であれほどの惨敗をしたにもかかわらずだ。負ければ何かが変わるだろうというのは幻想に過ぎない、日本代表が勝つなら、もちろん勝手ほしい。だが、どんな結果になったとしても、今後より強いチームを作っていきたいのなら、その過程は大きく見直すことが必要だ。」

と、いうことです。


なるほど。


テレビでニュースキャスターがしたり顔で
どん底の状態からはいあがった
選手や監督の精神力ですね。

がけっぷちに追い込まれたのが
良かったんですね

的な言説が多く流れると

この文章が思い出されるのです。


そんなにたくさんのテレビの報道を
見たというわけではないですが

精神論以上のことを
言っている人はいないというのが
気になります、


また、今回の快挙を
興行としか見ていないのに
どや顔がをしている人の存在というのも

なんか気になります。

アスリートの動きはただたんに リスペクトをする
ってだけではダメなんですかね。


ま、とはいえ、日本代表を応援するのには

変わらないのですが。

かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
のパーソナリティーをつとめていた
イトー×aniでした。

現在は道央某所に住んでおります。
機会があれば、またボランティアで
ラジオ番組作りに関わりたいと考えています。

当ブログの左側にあるFHFをクリックすると、
過去の番組内容などを見ることが出来るので、
おおよその番組コンセプトがわかるかと思いますので
興味がある関係者のかたがいらっしゃいましたら
当ブログのコメント欄まで連絡をいただけたら有り難いです。
引越しをしてからは、
買い物とかで札幌に行くときとか
帰るときなどに寄る温泉の

バリエーションが増えました。


富良野に住んでいた時は
札幌の行き帰りに入る温泉といえば
「北村」か「栗沢」か

もしくは少々足を伸ばして
「ながぬま」か「しんしのつ」

という選択でしたから。


しかも富良野にいる時は
札幌から東側へ行くとなると
時間が三時間はかかるということで、

いざ出かけるとなると
慎重に行き先を吟味しなければならない

そんな感じでした。


しかし、今回の引越しで
札幌の東側も時間とかの気兼ねがなく

あちこちにいくことができるようになりました。

と、いうことであちこちへ貪欲にいっている中で

「ルスツ温泉」や「ゆころ」のような
発見もあったので、

これはなかなかいいことですよ。


今回訪れた赤井川カルデラ温泉も
そんな中のひとつです。

入り口には赤井川村構造改善センター
と書かれています。

でも、それ以上にウレしいのは

「本館は塩素消毒をしていませんので
レジオネラ菌防止のために
湯に入る前にはきちんと体を洗ってください」

といった旨の表示が
脱衣場内に何箇所も張られていることなのです。

この誠実さで、もういい温泉なのだろうな
ということ確定です。


中に入ると、男女のしきりにある
黒いゴツゴツとした天然巨岩に目がいきます。

これもいいぞ、

土曜の昼ということで、
親子連れを含めて何人かの人が
お湯を楽しんでいます。

湯槽にたまった淡い褐色の湯が
ざんざんと縁から溢れ、
床に湯の花で模様を描いています。

いいねいいね

露天へ行っても岩風呂の風情は変わらず
しかも湯槽の縁からお湯が溢れているところも
変わりありません。

しかも人が寝転べる幅で流れています。

と、なると、


これは

道南スタイルですよ。

太陽の光を浴びながらの
道南スタイルは最高ですね。



公共温泉でもこのレベルの温泉があるという
後志管内
すばらしいですね。


さて、その翌日は
お仕事がありませんでしたので、

午前中は部屋の掃除なぞをして
その後気分転換を兼ねて昼食と温泉へ


真狩の田舎家で
エビ天おろしそばをいただいたあと
向かったのが薬師温泉です。

真狩に行く前にもいったあとにも
何件か有名なお店の前を通るのですが、

さすがの昼食時というか、
どこも混雑をしているようでした。

田舎家も込んでましたしね

道の駅なんて、スゴかったですよ。

だから人気温泉である
こちらもスゴいかなと思いながら

車をすすめて、駐車場に車を置くと

それなりに車は止まっていますが
静かな感じ。

こちら名物の深い湯槽の濁り湯には
先客が二名いるだけでしたし、

透明湯にも先客が一人いるだけ、

これは両方ともお湯を堪能できますね。

といった感じで、濁り湯のぬるいお湯と
錆のような湯の香に
疲れた身をゆだね

透明湯ではびっちりと腕などにつく
気泡の気持ちよさに身をゆだねて

あー、いいね、

帰るときは、新緑の木々の中
車を走らせていましたが、
太陽の光線が木々の緑を輝かせていて

そんなきらきら光る緑のトンネルの中
ドライブを堪能したというわけです。


あと、こちらは朝早くから入浴できるので
今度は朝風呂に使わせてもらいます。



ついで翌週の土曜日ですが
午前中仕事を終えて車で支笏湖へ


順調に走っていたのですが
美笛を越えたあたりで

!!

タオルを忘れたー

しかもこのへんには
コンビニなどはありません。

と、なると
より確実にタオルを買うことができる
そんな施設にいかないと


と、いった選択で寄ったのが
丸駒温泉でした、

丸駒温泉名物の
支笏湖とつながっている露天風呂は
百四十センチ超という
水深がスリリングです。

ワタクシ、アサくてヌルい温泉ヲタですが

こんなのも嫌いではないです。

お湯のよさは相変わらずいいですし
午前中の仕事が体を動かす仕事だった
と、いうことで、しっとりてとなじむお湯が
しみじみといいなあと感服したのでした。

それにしても、この時期に人気の温泉へ行くと
どこも結構混雑していますね。


ここも例外ではありませんでした。

そして、翌日
この日はアヨロ温泉へ行こうと思って、
現地には八時くらいに入ったのです。

駐車場には珍しく車がとまっていない

少々不審に思いながらも
車から降りると太平洋のドドドという
波の音が迎えてくれて

一気にテンションがあがります。

が、玄関を見ると
五月三十一日終了
と大書された張り紙が


えええええええええええ


なんで


と思ってよく見ると

建て替え工事で十一月にリニューアルするための
いったん終了のようなのです。

いい温泉が休業して、そのままというのに
何度も立ち会っている身としては、

こちらはそうでなくて
本当によかったと思いました。


ただ、あの昭和の風情があっての
アヨロ温泉だということで、

たとえば帯広のアサヒ湯のリニューアルのような
以前の雰囲気を残してのリニューアルであることを
期待してます。

あと、てんぷら売り場と、アサくてヌルい湯槽は
そのまま残してほしいですね、

で、結局この日は
ニセコの五色温泉へ行きました。


倶知安の街中から五色への道が
開通したので、
そこを利用したのですが、

山菜取りのために入山している車が
多いのは、このシーズンならでは、

そんな人がさして広くない道の真ん中を歩いているのも
計算には織り込み済みです。

が、そんな前情報だけでなく、
自転車でこの道を走破しようとしているひととか

それこそ走っている人とかが予想以上におおく

車一台がようやくすれ違えるような道を
丁寧に丁寧に走ったのです。

でもって、五色に到着。

こちらも混雑をしていましたが、
からまつの湯の露天には
うんよく人がいなかったので

その硫黄の香りがぷんぷんとする
蒼白く濁ったお湯が湯槽のへりから
ざんざんと流れ出ていまする

道南スタイルをするのには
もってこいです。

と、いうことで、
なんだかんだいって一時間ばかり
滞在をして

温泉を味わいつくしたので
ありました。




ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。


かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
のパーソナリティーをつとめていた
イトー×aniでした。

現在は道央某所に住んでおります。
機会があれば、またボランティアで
ラジオ番組作りに関わりたいと考えています。

当ブログの左側にあるFHFをクリックすると、
過去の番組内容などを見ることが出来るので、
おおよその番組コンセプトがわかるかと思いますので
興味がある関係者のかたがいらっしゃいましたら
当ブログのコメント欄まで連絡をいただけたら有り難いです。
☆満龍 (苫小牧市王子町1丁目1-16)

胆振地区は、カレー喰い的に言うと、
苫小牧・室蘭という二大カレーラーメン都市のある地区です。

そんな苫小牧で、有名店「味の大王」とともに
昭和四十年代くらいの早い段階から
カレーラーメンをメニューに入れていたのが、
こちら満龍さんだそうなのです。

と、いう情報を仕入れたので
言ってきました。


苫小牧の駅前通から
一本、王子製紙の工場よりの道を
歩いていくと、
第一洋食店などがありますが

そんな通り沿いにあります。


お店に入りと、メニューを言って
食券を買ってから待つシステムのようです。

で、前述したとおり
苫小牧や室蘭は
カレーラーメン文化圏ですが、

そんな他のカレーラーメンとは一線を画して
独特のカレーラーメンがあるのが、
こちらであります。

カレーラーメンというと
基本醤油ベースなのに対して、

醤油ベースもあるのですが
そのほかに、

カレー味噌ラーメンと

カレー塩ラーメンがあるのです。

それぞれ価格は六百五十円と
なかなかお手ごろな価格なのも魅力ですが、

なんたって、カレー味噌ですよ。

赤味噌仕立てのスープカレーを
おいしくいただいた身としては、
これは楽しみですね。

ということで、味噌カレーラーメンと
生ビールをオーダー。

お店の中へ進んでいくと、
小上がりもありますが

お一人様ということで、六割がた埋まっている
カウンター席に腰を下ろします。

でもってまず出てきたビールをぐびぐびっと
飲みながら視線を前にやると

カウンターの中では
手際よくスープが注がれるさま、

威勢よく野菜がいためられるさま、

勢いよく湯切りされるさまなど

まさにライブと、
最前列で見るお客といった感じで、
調理をされるので、

いやがおうにも期待が膨らみます

でもって盛大に野菜がいためられる音が終わると

とん、と僕の目の前に
登場します。



おおおおおお


たっぷりの炒め野菜に
じっくり味付けされたチャーシューが乗り
その下に黄色い縮れ麺が見え隠れしています。

が、

その具材を包み込むまっ黄色のスープと
昭和のカレーといった趣の香りが
まずはなんだかアタタカい感じでいいですね。

と、いうことで、
まずはスープを


ズズズズ


ををををををを


じぃぃぃぃぃぃん


香り、外観からくる期待を
裏切らない味です。


昭和のカレーにして、
カレーせんべいとかスナックなどにも通じるような
パウダーの雰囲気がただよう香りと味が

ガツンと鼻孔と味蕾を刺激します。


しかもそんなスパイスが浮いた感じがしないのは
しっかりととられたスープのコクと
味噌という調味料の持つ包容力ゆえでしょうね。


味噌とカレーはあう
味噌とカレーはあう

大切なので二回書きました。


しかも、ノスタルジーな感じがあるカレーに

味噌という、それだけでノスタルジーを味あわせる
そんな相乗効果で

あまり体験していない組み合わせのはずなのに
かつてどこかで体験をしたような
懐かしさを感じるという味なのです。


黄色いスープによく絡む黄色い麺の
つるつるとしたすすり具合もいい感じで
刺激的なスープが麺に絡むと
旨さもひとしおです。

もやしやたまねぎのしゃきしゃきで、
かつほんのりと甘い感じも

スパイシーなスープの中で独特の魅力を
発揮しております。


しかも、しっかりと醤油味がしみこんでいる
メンマと、同じくしっかりと調理されている

昔風のチャーシューも

これまた昭和のラーメンでお目にかかったような

そんな味でございます。



これらの要素がすべてあいまって、
懐かし系ラーメンの王道でしょう。

味噌とカレーの組み合わせながら、
味噌からも懐かしさが、

カレーからも懐かしさが漂ってきて

決して今風の味ではないのですが、
学生時代とか食べたら
ヤミツキになった挙句に
美しい記憶になるような味だなあ

などと考える
そんなノスタルジックなカレーラーメン初体験で
ありました、。

でもってスープを飲み干したあとに
ビールを一気に飲み干したあと

噴出す汗もココチヨイですな

あー、おいしかった。



☆満龍 (苫小牧市王子町1丁目1-16)
◇営業時間◇ 10:30~21:00
◇定休日◇ 無休 ◇駐車場◇ ?
◇電話◇ 0144-34-4433






あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。


ラジオにあったコーナー
「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
のパーソナリティーをつとめていた
イトー×aniでした。

現在は道央某所に住んでおります。
機会があれば、またボランティアで
ラジオ番組作りに関わりたいと考えています。

当ブログの左側にあるFHFをクリックすると、
過去の番組内容などを見ることが出来るので、
おおよその番組コンセプトがわかるかと思います。
興味がある関係者のかたがいらっしゃいましたら
当ブログのコメント欄まで連絡をいただけたら有り難いです。
2010.06.13 jam函館が
先週掲載した当ブログの「今週のカレー」と、
「温泉三昧」を見ていただいたら
おわかりかと思いますが、
久々の一日オフになったので、
函館に行ってまいりました。

僕は、函館に行ったら、たいてい、
儀式のように、土方歳三最後の地碑に行き
手をあわせ、

時間のある時は五稜郭なり
碧血碑なりといった史跡を
ゆっくりと見て回るのです。

ま、お約束というか、
温泉とカレーは
ベツバラですがね…。


それらのことと同じくらいに
儀式化をしているのが、
どこぞの本屋さん
(かつては、最後の地碑から至近距離のアシーネ、
こちらが閉店した最近では、
ボーニモリヤのくまざわ書店が多いですね)
にいって、「jam函館」を買うことなのです。

何といっても、その情報量の多さと
情報の一つ一つが地に足のついた感じ。

あとは老舗タウン誌を思わせるような
軽妙洒脱にして、
雑多で遊び心たっぷりのコラムの数々が

読ませる感じですし、

編集の人やライターさんも、
文とか企画とかのセンスがあるし、
好きで書いているのだろうなーという
気持も伝わって来て、好感を持っているのです。


現在、北海道のローカル雑誌では、
札幌発の情報発信ツールである
「poroco」 とか、「O・ton」とか「ho」がありますし、

地方都市でも、帯広から情報を発信している
ソーゴー印刷の、「スロウ」など

地場で頑張っている雑誌も
ありまして、

それぞれセンスの良い編集をしていますし、
読んでいて楽しいので、
応援をしているのです。



が、やはり、今風というか、
アカヌケた感じで、

それはそれで嫌いではないのですが、

札幌のサウン誌で老舗といえば、
イエペとかさっタンとか、
昔のタウン誌の匂いのする雑誌は
なくなってしまいました。

両誌の休刊時期からすると、
北海道ウォーカーとか
北海道じゃらんの進出時期と重なっているので

余波をかぶったのかなぁ
という感じでした。

また、札幌ではないですが、
旭川の情報誌「あさタン」は
フリーペーパーになってしまったのです。


そんな地方で頑張るのがなかなか大変な時代、
昔の古き良き時代のタウン誌を守っているのが
jam函館で、
なかなか函館にいけないと買えないのですが、

行ったら必ず買っているのです。



で、先日函館にいって、「くまざわ」へ行った時も
函館関連の出版物のコーナーを見たのです。

すると



あ、あれ?

jam函館がない…

バックナンバーはあるのに…

ま、まさか

休……


と、思って
宿に戻ったあと、慌ててネットで情報を探しました。

ら、

三月号から
フリーペーパーになっていました。


以下は、この時に見つけた、jam函館代表の、
川崎啓太さんのブログの引用です。


お知らせ
2010年02月15日(月) 00時05分00秒

Theme: jam・MJ・ハコイチ(弊社媒体)

jam函館を読んで、掲載されているお店に行った読者は「必ず笑顔で店から出る」
そんな事を夢みて14年歩んできました。
お客さんがお店に「ありがとう」と言える広告を目指してきました。
意図的に札幌の情報を排除し、よそ見をしていたら何十年住んで居ても
その「良さ」に気づくのが難しい、この「深い街」の良さに特化した媒体作りをしてきました。

jam函館フリーマガジン化のお知らせ

毎度格別のお引き立てを頂きまして誠にありがとうございます。
 私どもの「jam函館」も皆様からのご愛顧いただき、今年で創刊14年を迎えることが出来ました。
同時に「お店と人を楽しく結ぶ」を社是とし内容の充実をはかってきた結果、フリーペーパー(以下FP)が乱立する道南圏でも、部数を下げる事なく『道南No1有料誌』として、中央紙と比べてもまったく遜色ない販売部数を維持してまいりました。
 
しかし、我々の社是とする「お店と人を楽しく結ぶ」を、どうしたら本当に役立つものにできるのか?
特に「結ぶ方法」は今のやり方で良いのだろうか?
 
日々自問自答を繰り返して参りました。
 
我々の役目は「結ぶ」事です。
「結ぶ」とは「お店に行って消費活動をして頂く」。
これを「結ぶ」事と定義しております。
その結果、外食し、飲みに行き、服を買い、美容室に行き…

函館でお金を使う事は楽しいと思って頂く。
それが最も地域へ貢献できる近道とも考えておりました。

コンビニで1500円で弁当とビール買うなら居酒屋で晩酌セットっしょ!
札幌まで行かなくたってオシャレできるっけや!
生協で酒買うなら○○酒店で買った方が旨いし、親身だで。
痩せたい?んじゃ僕らがまず試してくるから。それ見て信頼できる店探してね♪
函館つまんない?んじゃjam読んでよ。マニアックなイベント、お店の情報で溢れてるから!etc

僕らjam函館が一番良く知っている事は「函館は楽しい」という事

でも、情報を250円という紙の集まりの中に留めていて、本当に我々の目指す「函館生活」は実現できるのか?
この不景気に「お店と読者を結ぶ事」が出来るのか?

ゼロから考えました。

jamが無かったとしたら…
14年の不動の実績と経験、情報を持つ弊社が、今から新たに「結ぶ方法」を考えるなら…。

4月号(3月20日予定)発行号からjam函館はフリーペーパーになります♪

もちろん、チラシの寄せ集めにはしません。
記事も今以上に「完全読者視点」です!広告料を頂いても「完全読者目線」です!ごめんなさい。
同時に道南初のwebマガジンも作っちゃいました!
なので、FPでありながら日本中の方が「マガジン」として読めます!
※ただの紙面の画像じゃありません!

僕らは、郷土愛が弱いかもしれません。
街の歴史にも弱いです。市政とか、守備外です。
でも、函館で生活する、遊ぶ、働く事が大好きなんです。

函館で大切な人生を過ごしている読者の方々に、人生をもっと楽しくできる函館の情報を!
マニュアル化できないサービスと料理で我々を楽しませてくれる、色々な飲食店に乾杯♪
陸の孤島でも、最新の流行をもってきてくれる、服屋さん、美容室さん、エステさんに♥

お店、読者に愛を込め「jam函館第2部、始まります」

PS 
弊誌を手に取った皆様が、正しく散財できる様、行くべきお店に行ける様
不況を乗り切るお手伝いになればと思います。




とのことなのです。

だから、フリーペーパーといっても、
クーポン券と、お店の広告のみが、ずらずらと並んでいる
その手のフリーペーパーではなく、

今まで通り、傑作コラムや面白企画に
小説などの連載などといった、
今までの方針を引き継いだままの

フリーペーパー化だそうなのです。


よかった。

これで、また函館で
楽しく遊ぶことが出来そうです。


今後とも僕はj1m函館を応援していきますよ。


ちなみに、ブログについてですが。
よろしければ、あわせてそちらもご覧ください。

http://ameblo.jp/kawasakikei/entry-10458917565.html



また、これは全く別の話ですが、
僕が愛読している、某道内の出版物が

休刊をするなどという
噂も耳に入ってくるのですが




真相は良くわかりません。


かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
のパーソナリティーをつとめていた
イトー×aniでした。

現在は道央某所に住んでおります。
機会があれば、またボランティアで
ラジオ番組作りに関わりたいと考えています。

当ブログの左側にあるFHFをクリックすると、
過去の番組内容などを見ることが出来るので、
おおよその番組コンセプトがわかるかと思いますので
興味がある関係者のかたがいらっしゃいましたら
当ブログのコメント欄まで連絡をいただけたら有り難いです。



追 夏のお祭り、当選しました。
三日目 十五日〔日〕 東2ホールです。
詳細はまて後日お知らせします。
今週のカレーの前に、
北大野球部の続報です。


こちらはスポーツ報知の引用です。

2浪の“マネジャー”7回0封で北大8強…全日本大学野球選手権
6月11日8時1分配信 スポーツ報知

 ◆報知新聞社後援 第59回全日本大学野球選手権第3日 ▽2回戦 北大3―1広島経大(10日・東京ドーム) 今大会唯一の国公立校となる北大(札幌学生)が広島経大(広島六大学)を3―1で撃破。国立大としては1998年の京都教育大以来、史上2校目の大会2勝を挙げた。2浪の末、工学部に入学したマネジャー兼務の苦労人右腕・佐藤輝(あきら・3年)が7回無失点の快投。慶大(東京六大学)は完封リレーで中央学院大(千葉県大学)を破り、13年ぶりに準決勝へ進出した。
 北の秀才軍団が、全国の舞台で歴史に名を刻んだ。9回、広島経大の最後の打者が中飛に倒れると、客席もナインも優勝したような大騒ぎ。8回からリリーフした石山智也は「歴史に名を残せた。うれしい」と跳び上がって捕手と抱き合った。
 立役者は“裏方”の我慢を知る右腕だった。先発した佐藤輝(あきら)は7回を108球で3安打、4奪三振、無失点。自己記録を6キロ上回る最速138キロの直球にスライダー、シュート、チェンジアップを操った。9日夜に宿舎で相手打線を研究。「長打されないように低く、丁寧にと思っていた」。毎回のように走者を背負いながら、本塁は踏ませなかった。
 チーム最年長の23歳だ。「野球をやるなら」と2浪して北大へ。工学部で金属の硬度に関する研究に励み、「全体練習ができるのは週に1、2日」。主務(筆頭マネジャー)も掛け持ち。合宿の宿泊施設の予約や取材の窓口など雑務もこなす。1学年上で1歳年下という微妙な関係?のエース・石山のことは、きちんと「石山さん」と呼ぶ。「初戦の石山さんの好投で自分も、と思えた」とヒーローに続いた。
 昨秋はリーグ最下位だった。新チーム発足時に、「神宮で勝とう」を合言葉に掲げた。4年生が抜け、リーグ戦未勝利投手しか残っていなかったが、佐藤輝は「目標は高い方が良い」と今季、シュートを習得して4勝。捕手から転向して5勝の石山とともに、全国の舞台へと導いた。
 1998年の京都教育大以来12年ぶりの国立大2勝で、国立大の最多タイとなった。「神宮へ行くためにも、今日は頑張らないといけないと思っていた」と佐藤輝。「青年よ大志を抱け」。北大の前身である札幌農学校の初代教頭、クラーク博士の言葉を胸に夢舞台に立つ。



北大4強目前で散る 延長14回サヨナラ被弾…全日本大学野球選手権
6月12日8時0分配信 スポーツ報知

 ◆報知新聞社後援 第59回全日本大学野球選手権第4日 ▽準々決勝 八戸大4x―3北大=延長14回=(11日・神宮) 北の秀才軍団、大善戦もあと一歩及ばず―。今大会唯一の国公立校となる北大(札幌学生)が、八戸大(北東北大学)と延長14回の死闘の末、サヨナラ弾を浴びて3―4で惜敗。国立大として史上初の「大会3勝」は果たせず、ベスト4を目前に散った。八戸大の準決勝進出は6年ぶり2度目。東洋大(東都大学)は初回、4番・鈴木大地(3年)が先制3ランを放つ活躍で創価大(東京新大学)を撃破。2年ぶり6度目の4強入りを決めた。

 「切れてくれ」。北大・佐藤輝(あきら)の祈りは、わずかに届かなかった。着弾点を確認した瞬間、大粒の涙があふれてきた。延長14回1死、田代将太郎へのスライダーは高めに浮いた。打球は右翼ポールを直撃する。ドラマの最後は壮絶なサヨナラ負け。インテリ軍団の挑戦は、ベスト4入りを目前に幕を閉じた。

 「申し訳ない。どうしても勝ちたかった」。1点を追う7回から4番手でマウンドへ。前日に7回108球を投げていたが、疲労は気にならなかった。3者凡退に封じて打線に流れを呼び込み、8回には同点に。八戸大から温存していたドラフト上位候補のエース左腕・塩見を引きずり出した。「すごい投手と投げ合えて、楽しかった」。互角の投手戦。バックも必死に守ったが、力尽きた。

 工学部で金属工学を専攻するチーム最年長の23歳。北大は2年連続で不合格だった。2浪時代は札幌の河合塾に通い、毎日8時間の勉強をしながら、体力強化も怠らなかった。「全国で勝つという目標があったんで」。夢はかなった。北大旋風は鮮烈だった。この日、神宮には早慶戦を超える約70人の報道陣が殺到。史上初の「国立大3勝」を目指すナインに、球場全体が温かい声援を送った。

 主務(筆頭マネジャー)も兼務するしっかり者。思わぬ快進撃に宿泊費用は底をついたが、OBの「現役はカネのことは気にするな」との声に、大会中は野球に集中できた。「帰ってから、請求書が来ると思うんで…」。涙が乾くと、懐具合が気になった。OBの皆様、北大ナインに愛のご寄付を―。



対戦相手の八戸大学の先発ピッチャーは
北海道栄の卒業生でしたし、

レギュラーにも旭川実業と
東海大四を卒業した選手が
おりました。

このあともこの大会も
次のリーグ戦もあります。

各校の活躍を
期待しましょう。




と、いうことで、
今週のカレーです。


☆「一文字咖喱店」
(札幌市白石区本通17丁目南2-4)

札幌に行ってカレーを食べるとなると、
今までは住んでいる場所から二時間以上かかったということで、

定番のとこを定期巡回のように行き、
あまり冒険が出来ないでいました。

が、最近は少しだけ札幌が近くなったということで、
なんか新店もセめたいなーという

そんな気分でありました。


また、車で南郷のあたりを走っているとき、
信号待ちかなんかで、ここのお店の前に車が停まって
なかなかの混雑ぶりに行ってみたい欲が出てきたのと

畏友P氏に確認をしたところ
「なかなかイイんじゃないっスか」
とのことなので、行く機会を
探っていたのですが、

満を持していってまいりました。

ただ、今回は夜カレーですし、
夜カレーといえば、ビールだよなという思いから
車をおいて地下鉄で南郷十八丁目の駅へ。

駅から地上に出ると、イキナリするカレーの香り



ヲヲヲヲ

ここまで香るとは
スゴいっ!

と、思ったっけ、駅前の某Cの匂いでした。

テンションあがりすぎですね。

住宅街のなかをてこてこと歩きながら
十分ばかりで、
次第に街に漂うカレーの香りが
強くなってくるや、

黒地に白い隷書体で書かれた
インパクトのある看板を発見。

ここだここだ。

中に入ると、
こぢんまりとした店内は、
家族連れとかで賑わっております。

僕はオヒトリさまということで、
カウンター席に通されました。

と、すぐにカウンター席も満員に。

人気ある店ですな。

と、いうことで、メニューを吟味。

こちらは、スープカリーと
ルーカリーの両方からカレーを選択できる

そんなシステムのお店です。

メニューは

スープカリー
ベジタブル 900円 
チキンベジタブル 950円
ナスキーマ 950円 
つくねチーズ 1000円
ソーセージエッグ 1000円 
アサリベーコン 1000円
ベーコンエッグ 1000円

ルーカリー
チキン 750円 
ヤサイ 800円 
ナスキーマ 900円
シメジとベーコン 900円 
エビとヤサイ 950円 
シーフード 1000円

ライス中盛 50円 
大盛 100円 
特盛 200円 
スープ・ルー大盛 200円

トッピング
うずらの卵・温玉・納豆・まいたけ・しめじ・
揚げナス・さつまいも・ココナッツミルク 100円
フィッシュフライ・チーズ・エビ団子 150円
ベーコン 200円 ハーブソーセージ 250円

辛さは
1番 普通  2番 中辛  3番 辛口  4番 大辛  5番 激辛

と、いったところからの
チョイス。

初めて行ったお店ということで、
スタンダードにベジタブルから
チキンベジでも、

と思ったのですが
気になったのが、「つくねチーズ」ですよ。

これでも、他の具材の仕上げ方とかも
よくわかるだろう。

ってことで
つくねチーズの温玉トッピング、
辛さは4番で

ヱビスビールとともに、オーダー。


店内に入る前の段階から
鼻孔をくすぐるのは複雑なスパイスとか
スープを調理する時の具材の発する
魅惑的な香りであります。

そんな香りを堪能しつつ、

ジャズピアノの演奏を聴きながら、
時折厨房から流れてくるじゃーっという調理音と
ドラムの音が、まるでセッションをしているようだなー

などと思いながら、
やってきたビールをくぴっ

うぉー
いいねいいね

続いて、待つことしばしで
カレーが登場。


ヲヲヲヲ

威風堂々たる、鈍い漆黒色のお皿と
ラーメンどんぶりのような器。

シブいですね。

ライスの白と上に散らされたパセリの緑もハえますし

スープの濃い茶色にオレンジをさしたような
カラーにもマッチしています。

しかも具材が百花繚乱
食器の中で花開いているようです。

いいぞいいぞ

と、いうことで、まずはスープを

ぱくっ

!!!!!

うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉおン



これは、ウマい

と、いうか、スゴい。

まずは、そのスープの
複雑なコクとうまみのハーモニー

そのこげ茶色した見た目からすると、
ルーカレーからスープカレーに
進化したカレーかなと
思いつつ、

確かに、この濃さに、どかんと口のなかに訪れてくる
コクといったところは、
店に入った時から流れている
香りが実証している、丁寧な
スープ作りのたまもので、
ベースがしっかりしているカレーならでは。

さまざまなエキスが複雑に絡み合って、
それぞれのうまみを生かしながら
口の中を幸せにしてくれる

濃いカレーを食べるときのしあわせを
味わうことができます。

上に散らされたゴマとバジルと糸とうがらしも
いいアクセントになっています。

しかも、このしっかりとしたボディーに支えられたからこその
スパイスの刺激がいいですね。

辛いけど、辛さがウマとの一要素となっている
そんなごくウマスープカレーなのです。

が、それだけではない。

飲んだあと口のサワヤカさと
残響のようにほのかに香るスパイス遣いの妙が

たまらなくて、

手が止まらないのです。

いいぞいいぞ。


ただ、僕はスープを飲みながら
違和感を覚えていました

「チーズとつくねはどこ?」

ちょっと具材をひっくり返しても、
一瞬わからなかったのです。

イメージ的には、棒状のつくねに
チーズがかかっているイメージだったのでね。

ただ、ころんとはいった淡いアイボリーの
肉団子風を発見。

あ、これじゃん。

ということで、さっそくスプーンで
割ることに







割れないよ、これ

力をいれたらその分押し戻される
そんな弾力性に富んだつくねです。

ってことで、飛び散ることを警戒しながら
そらにスプーンの背で押すと



中から半分液状になった白いチーズが、
ぴゅるっと、飛び出てきました

!!


こうきましたか。

いいぞいいぞ。

でもって、スープにひたったやつに
かぶりつくと


あふあふあふあふあふ

中からあふあふのチーズが
出てきますから

それはアツいですよ。

ただ、つくねのしっかりとした歯ごたえも
いいですし、

そんな歯ごたえでありながらも
肉滴とかが
噛むごとにあふれ出てくる

さらに中のチーズの
濃厚なコクをしっかりと受け止めて
相乗効果でエラいことになっておるのです。


すげーすげーすげー

しかも、三つも入っていますよ。

これは、カレーにどうバリエーションを
つけていこうかって考えが
あれこれ湧いてきて、
すごく楽しいですね。



さらに、緑担当のブロッコリーは
最近の札幌スープカレーの主流ともいえる

しっかり素揚げされて、ほんのりとした焦げとともに
うまみが封じ込められた、極ウマのものですし、

同じく緑担当のピーマンも
肉厚であじがぎゅっと
しまったもの。

中央にででんと控える
ニンジンやカボチャの自然で
かつビックリするようなアマさは
スープの辛さにアクセントをつけていますし、

これまたしっかりと油通しをされていて、
お店の焼きそばに入っているような
ザク切りのキャベツの甘味もいいですし

分厚く切られたレンコンの
シャクシャクの歯ごたえと
淡白なお味のコントラスト、

オクラやナスのように
その具材じたいの独特な味に加えて、
スープとのこちらも相乗効果で

やはりトンデモナイことになっています。

これらの濃さがまた、
ライスにあいますよ。

思えば、かつて行った旭川の
カレーやさんも、ルーカレーとスープカレーの
両方を出すし、かつ、こんなボードウォークのような
カウンターだったなー

などと、思い返したりしながら

ビールもすすみます。

が、

ウマイウマイ夢中で喰っていると、
残りが少なくなってまいります。


ということで残り少なくなってきたところで、
とっておいたつくねのチーズを
他の具材とからめてから、
残ったライスを投入し、

攪拌して、ヤワラカいウズラの卵と
とっておきの温玉をからめて


一気にババババっとかっこみます。


くー、うっめー

さいっこー。


でもって、ヱビスを一気に

グビグビグビッとあおりまして


ぷっはー


うまかったー。


汗だくですが、
ココロはサワヤカですね~。


しかも、ホロ酔いの身に
六月の風が心地よいですよ~。


いいねいいね。

持っている携帯ラジオで
KOTOKOノコトを聞きながら、
再び地下鉄の客となったのでした。


うむ。ホロ酔い気分には
チンチン電車のスローな時間経過が
よく似合いますね。

なんてことを考えながら
大通駅あたりで、ポロッと
歯に挟まったスパイスがとれまして、。

口の中が一瞬にしてサワヤカになりました。


ここらへんが、濃いのにもかかわらず
スイスイいける飲み口の原因かな


などと考えたりして、

うむカレーは億が深いです。

あと、開店一年足らずの新しいお店が
どんどんできているという
札幌スープカレーの底力に

安心感を覚えながら大通駅でふたたび
にんまりとしたのです。


あと、カウンターに座った、
僕の両隣のおひとり様のお客さんは、
両方ともデジカメや携帯で
スープカレーの写真を撮っていました。

そんなお店なのだなー

僕も人のことは言えませんが…


☆「一文字咖喱店」
(札幌市白石区本通17丁目南2-4)
◇営業時間◇ 平日/11:00~15:00(L.O.14:30)/
17:30~21:00(L.O.20:30) ※スープがなくなり次第終了。
◇定休日◇ 不定休 ◇駐車場◇ 有り






あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。


ラジオにあったコーナー
「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
のパーソナリティーをつとめていた
イトー×aniでした。

現在は道央某所に住んでおります。
機会があれば、またボランティアで
ラジオ番組作りに関わりたいと考えています。

当ブログの左側にあるFHFをクリックすると、
過去の番組内容などを見ることが出来るので、
おおよその番組コンセプトがわかるかと思います。
興味がある関係者のかたがいらっしゃいましたら
当ブログのコメント欄まで連絡をいただけたら有り難いです。
2010.06.09 北大全国一勝
全日本大学野球選手権大会が開幕しましたが、
札幌六大学代表の北大は、
四国学院大学に勝利し、
全国一勝をあげました。


下は時事通信の引用です。

東海大など2回戦へ=北大は初勝利―全日本大学野球開幕
6月8日20時41分配信 時事通信

 大学野球日本一を争う第59回全日本大学選手権は8日、神宮球場と東京ドームで開幕して1回戦が行われ、優勝候補の一角、東海大(首都)が白鴎大(関甲新学生)に8―1で八回コールド勝ちした。仏教大(京滋)は東北福祉大(仙台六)を2―0で破り、プロ注目のエース大野が12三振を奪い完封した。
 北大(札幌学生)は四国学院大(四国地区)を下し、4度目の出場で大会初勝利。3度目の金沢学院大(北陸)も大院大(関西六)に勝って初勝利を挙げた。北大の勝利は、国公立大として2004年の北九州市大以来6年ぶり。このほか桐蔭横浜大(神奈川)、中央学院大(千葉県)、東日本国際大(南東北)、広島経大(広島六)が2回戦に進んだ。 



こちらは、北海道新聞の引用です。

北大が全国初勝利 エース石山 1失点完投 大学野球(06/09 10:26)

最後の打者を打ち取りガッツポーズで喜ぶ石山(浅利文哉撮影)
 大学野球の全日本選手権第1日は8日、東京ドームほかで1回戦8試合を行い、8年ぶり4度目出場の北大(札幌六大学)は3-1で四国学院大(四国)に逆転勝ちし2回戦に進んだ。創部109年の北大は同選手権で初勝利。国公立大の勝利は2004年の北九州市大以来6年ぶり。北大は10日午前9時から東京ドームで広島経大(広島六大学)と対戦する。
 優勝候補の一角、東海大(首都)が白鴎大(関甲新学生)に8-1で八回コールド勝ちした。仏教大(京滋)は東北福祉大(仙台六)を2-0で破り、プロ注目のエース大野が12三振を奪い完封した。
 北大は先制を許したが、五回2死から連続四球と増山の右安打で満塁とし、福田が死球で押し出し。続く城嶽(きたけ)がファウルで粘った末に遊撃後方へ適時打を放ち、2点を勝ち越した。先発石山は得意のスライダーを駆使し、4安打1失点で完投した。


そして、こちらは
毎日新聞の引用です。

<全日本大学野球>北大初勝利、東海大コールド勝ち 1回戦
6月8日21時23分配信 毎日新聞

 全日本大学野球選手権は8日、神宮球場と東京ドームで開幕し、1回戦8試合を行った。4度目の出場となる北大は四国学院大を破り、旧帝大勢として初勝利を挙げた。13年連続出場の東海大は白鴎大に八回コールド勝ちし好発進。佛教大は先発したエース左腕、大野雄(4年・京都外大西)が東北福祉大を2安打完封。東日本国際大は延長十二回の末に、福岡大を破った。
 広島経大は延長十回、伊藤(4年・瀬戸内)の適時打で三重中京大にサヨナラ勝ち。金沢学院大は大院大との打ち合いを制した。中央学院大は秋吉(4年・足立新田)の好投で九州共立大を破った。桐蔭横浜大は、愛知学院大に競り勝った。 

 ◆大野雄大投手(佛教大・4年)
 ◇圧巻の完封劇「自分の力、全部出せた」
 プロ注目の大型左腕は、最後の打者を空振りで3球三振に切って取ると、体を回転させながら力強くガッツポーズして見せた。
 一回、先頭打者への死球と自身の犠打野選などで無死満塁のピンチ。しかし、ここで相手の4番打者など後続を最速151キロの直球を軸に抑えて切り抜けると、リズムをつかんだ。二回から八回までは3人ずつで片付け、九回の2死一、三塁でも慌てなかった。
 ストレートもさることながら、光ったのはツーシームやスライダーなどの変化球だ。昨秋の明治神宮大会では、直球一本やりの投球で4強入りの原動力になった。しかし、今大会前に東北福祉大が直球狙いでくるとの情報を入手。その裏をかいた配球で、東北福祉大打線から12個の三振を奪ってみせた。
 今秋のドラフトでは文句なしの1位指名候補。「今日は直球だけでなく、大野雄大の全部を出せた。自分の力を見せつけられた」。ネット裏に集まったプロ球団のスカウト陣に向け、強烈なアピールになったのは間違いない。【岸本悠】

 ◇東海大・菅野、緩急自在に88球で8回1失点
○…東海大の菅野(3年・東海大相模)がわずか88球の省エネ投球で、白鴎大を8回1失点に抑え込んだ。一回に自己最速の154キロを記録したストレートに、120キロ前後のスローカーブをまじえた緩急で、打者をほんろう。トーナメントでの連投を意識し「三振にこだわらず、いかに球数を減らすかを課題に投げた」という通りのピッチングで、奪った三振は5個ながら、被安打はわずかに3本だった。白鴎大の藤倉監督も「見下ろされているような感じがした」と、脱帽する内容だった。

 ◇北大、4度目挑戦で待望の初白星
○…創部110年目と長い伝統を持つ北大が、4度目の挑戦でついに初勝利。国公立大の勝利も、04年の北九州市大以来6年ぶりとなる。安達監督は「歴史的勝利です。OBの期待に応えられてよかった」と感無量の様子。4安打1失点で完投勝利を挙げたエース石山(4年・北広島)は、昨秋に捕手兼外野手からコンバートされており、まだ投手になって約半年。「捕手の経験が生きた」と喜んだ。


インタビューにも出てきている安達監督は、
ご自身も北大の野球部時代に
選手権に出場をされていますので、

感慨も一入でしょう。

昨秋は最下位ということで、入れ替え戦を経験しての
今季の成績ということもありますから、

この一勝は大きいですし、つくづく逆境が人と集団を
強くするのだと思うです。


また、今回の全国退会に挑む北大野球部について、
以前、このような報道もありました。


こちらは、スポーツ報知の引用です。

インテリエース石山、北大初勝利を計算…全日本大学野球8日開幕
6月8日8時0分配信 スポーツ報知

 ◆報知新聞社後援 第59回全日本大学野球選手権(8日開幕、神宮球場ほか)
 各地の春季リーグ戦、トーナメントを勝ち抜いてきた26校が、大学日本一を競う。注目は、唯一の国公立大となる札幌学生野球の覇者・北大。理学部数学科に在籍するサイエンス右腕・石山智也(4年)が、全国デビューの瞬間を待ちわびる。好投手がズラリそろった今大会。6日間の熱き戦いが始まる。
 「ボーイズ・ビー・アンビシャス」―。明治10年(1877年)。北大の前身である札幌農学校の初代教頭、クラーク博士の言葉は有名すぎてなんだが、あれから133年。国公立大では唯一の参戦となる北大のエース・石山の野望は少々控えめだ。「まずは1勝です」。
 昨秋までは捕手兼中堅手。だが、投手4人がすべて卒業というチーム事情から、投手転向を決意した。「チームが勝つための最善策だと思い、自分から言いました」
 マウンドに立つのは高校1年以来だったが、春季リーグ戦開幕前にはMAX143キロを計測。スライダーに加えてフォークも習得した。リーグ戦では10戦中7試合に登板し、先発6試合で5勝とフル稼働。昨秋の最下位から、16季ぶり優勝のまぎれもない原動力だ。最高殊勲選手、最優秀投手にベストナインと3冠も獲得。北の大地に、その名をとどろかせ、日本ハムのドラフト候補にも浮上した。
 野球部員の過半数が理系の北大。石山も理学部数学科で「代数学」を専攻するインテリだ。研究と野球の合間には、アルバイトで高3男子に家庭教師をするなど、ごく普通の大学生活を送る。将来について「教師になって、指導者になる夢は変わっていませんが、野球を続けられるのなら、続けたい」と言い切る。大学選手権の舞台は、格好の“就活”の場。社会人入りへ猛アピールするしかない。
 初戦は8日の四国学院大戦(東京D)。過去3度の大学選手権で、北大はすべて初戦敗退している。創部109年目の初白星はエースの右腕に託された。「気持ちを前面に出して投げたい。チーム一丸となって、全員野球で頑張ります」。夢はでっかく、優勝旗の津軽海峡越え。さあ決戦。石山よ、遠慮なく大志を抱け―。

 ◆石山 智也(いしやま・ともや) 1988年9月30日、北海道千歳市生まれ。21歳。小学4年から野球を始め、北広島高では捕手で主将。3年夏は札幌地区予選1回戦敗退。北大には現役合格。昨秋のリーグ戦終了後、捕手から投手に転向。今春リーグ戦では7試合に登板し、5勝1敗、防御率0・71。183センチ、77キロ。右投右打。背番号8。


と、言う感じで注目をされていましたが、

石山投手は、この記事の中でも紹介されていた通り、
日ハムのドラフト候補でもあるんですよね。

こちらは
スポーツニッポンからの引用です。


日本ハム 北大エースに熱視線!
6月8日7時3分配信 スポニチアネックス

 日本ハムが北海道大のエース右腕・石山智也投手(21)を今秋ドラフト候補にリストアップしていることが分かった。石山は地元・北広島高出身。今春の札幌六大学リーグ戦で捕手から投手転向半年足らずで5勝を挙げ最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナインの3冠を獲得。
 山田GMも「面白いと聞いている。一度見てみたい」とし、8日から始まる全日本大学野球選手権の四国学院大戦(東京ドーム)を視察する予定。今秋のドラフト指名、そして同大から初のプロ野球選手誕生の可能性が高まった。


実現したら、本当に面白いなと思いますし、
国立大学卒業の選手が複数いる日ハムならでは?の
補強かもしれません。


毎週楽しみにしている
週刊ベースボールの、読者投稿欄
ボールパーク共和国「ボ共」のネタに

「マツダスタジアムのネソベリアに対して、
松家・加藤・関口が勉強を教えてくれる
マナベリアを作る札幌ドーム」

といった感じのネタがのっていて
クスっと笑ったのを思い出しました。


実現したら、次は、東北楽天の寺田投手の
獲得を目指したりして…
彼は札幌南出身ですし、

コンサには、札南~筑波の
曽田選手が活躍していましたしね。

と、妄想も広がることしきりでアリマス。


北大野球部は、次は、対 広島経済大学です。

北大野球部の今後にも
注目をしたいと思います。


ちなみに、本日、北海道六大学の代表である
函館大学も、東亜大学に勝利しました。

北海道勢ということで、
函大の戦いぶりも注目です。




かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
のパーソナリティーをつとめていた
イトー×aniでした。

現在は道央某所に住んでおります。
機会があれば、またボランティアで
ラジオ番組作りに関わりたいと考えています。

当ブログの左側にあるFHFをクリックすると、
過去の番組内容などを見ることが出来るので、
おおよその番組コンセプトがわかるかと思いますので
興味がある関係者のかたがいらっしゃいましたら
当ブログのコメント欄まで連絡をいただけたら有り難いです。

引っ越したら、函館まで四時間足らずで
行けるようになりました。

と、はいうものの、
しばらく忙しかったということで、
なかなか訪れることが出来なかった。

そこで、ようやく出来た
日曜の一日休みを利用して
訪れたのです。

しかも、函館へ行くとなると、
その途中にある温泉へも
寄るというのが
ワンセットで楽しみになっております。

今回、函館行きの途中に訪れたのが、

濁川温泉の新栄館であります。

こちらは、濁川温泉の中でも
一番古い温泉でして、

お気に入りなのですが、

地熱発電のダクトの下を抜けると
濁川の集落で、

運動会の準備が万端ととのった小学校を
右折してしばらくいくと

一軒の民家のようなたたずまいで
存在しているのが


こちらなのです。

開業は千九百年で
玄関を入ると

←明治館
→大正館

なんて手書きの看板も
いい味をだしています。

湯銭を手払いして、
明治館と書かれた
ほうへむかって、

田舎のばぁちゃんの家に行ったような
デジャブを味わいながら

とことこと狭い階段を降りていくと

脱衣場があります。

脱衣場には、昭和拾年と書かれた
成分分析表がありまして、

さらにテンションのあがるところ。


明治から脈脈と
受け継がれている内風呂は

そして、中に入ると
岩をくりぬいて作られた湯槽と、
そのへりから長年掛けて堆積した
湯の華が床一面赤茶けた色をつけますし、

なんだかその湯の華が湯槽の縁と地面を
一体化させいていて

たまりませんね。

湯気が模様をつけている
壁や天井も込みで

まさに土俗という言葉の良く似合う
そんな湯なのです。

すげーすげー。

こちら、湯槽は三つありまして、その他の二つには
先客の方がはいっていまして
湯治場のようであります。

おお、なんというテルマエ・ロマエ。


と、思ったら

「にぃちゃん、どこから来た」

なんて感じで、
平たい顔族の人が
話しかけてきました。

僕は、あまりそういうのは
得意ではないのですが、

こちらの温泉の効果か、
それなりに会話がはずんだりしましたよ。


しかも、平たい顔族の人が
床にごろんと寝ころびまして、

をを、道南スタイルだ~


さすが、道南。


ちなみに、三つの湯槽とも
同じ湯ですが、

壁際に湯を流していくうちに、
距離と途中の湯溜めとかで
温度差がつく工夫がされています。

平たい顔族の工夫おそるべし。


なんて感じで、
平たい顔族のかたとの会話込みで
テルマエ・ロマエごっこも堪能をして


こちらをあとにして函館へと
向かったのでした。



でもって翌日は、
厚沢部の滝野庵さんで、
もりそば天丼セットに舌鼓をうってから、

奥美利河温泉 山の家へと向かいました。

こちらは北海道道999号美利河二股自然休養村線を
ピリカダム横から十キロ近く
山へ山へと走っていくのです。

999号線ってのがスゴいですね。

途中「熊すべりの磐」と呼ばれる断崖下も通ったり
なかなか山道を走る楽しみを
味わうことができます。

管理棟で湯銭を払って温泉へ。

しかも脱衣場に行ったら
貸切でしたよかしきり

こちらは内風呂も露天も
玉砂利が敷き詰められているのと、

その透明なお湯には
うっとりしてしまうのですが、

特筆すべきは、少々低い湯温と
気泡のつきの良さが
いつまでもはいっていられそうな感じです。

ま、このあとのこともあるので一時間ばかり堪能したのですが…

さらに、沢の奥には
管理棟しかなく、

その後ろが山・山・そして山なのです。

前回は昨年訪れまして、

その時は霧のベールが薄く覆っていた山でした。

今年は雪解けが遅かったせいもあってか、

山の緑がなんとも穏やかなのですね。

でも、これだったら、
絶対に紅葉もきれいでしょう。


その時期に再び訪れることを誓って


こちらを後にしたのでした。






ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。


かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
のパーソナリティーをつとめていた
イトー×aniでした。

現在は道央某所に住んでおります。
機会があれば、またボランティアで
ラジオ番組作りに関わりたいと考えています。

当ブログの左側にあるFHFをクリックすると、
過去の番組内容などを見ることが出来るので、
おおよその番組コンセプトがわかるかと思いますので
興味がある関係者のかたがいらっしゃいましたら
当ブログのコメント欄まで連絡をいただけたら有り難いです。
☆「スープカリー喰堂 ヨシダ☆ストア」
(函館市末広町5-14 アクロス十字街1F)

函館に行ってきました。

函館に行くとなると、
いろいろなところに寄るのが
楽しみなのですが

夕食は、チンチン電車に揺られての
ほろ酔いカレーですよ。

前回、函館を訪れた時は、チンチン電車に乗らずに
徒歩でギャラップへ行きましたが、

チンチン電車で、ぐるぐるへ行き、桃源郷へ行き
カリカリへ行き、チャーリー(は、やや古いですが)へ
行きってのを、していましたが、

一年半くらい大本命の
吉田さんにはいっていません。

しかも、アクロス十字街のヨシダ☆ストアさんに至っては
三年ぶりです。

てなことで、今回は

久々の「ヨシダ☆ストア」に
決定。


そうそう一年半前に吉田商店を訪れた時は

最初は「ヨシダ」へ行こうと思ったのですが、

吉田商店が市電の千歳町電停のすぐそばに
移転をしたという話を聞いて

そっちへ宗旨替えをして訪れたのでした。


ホテルに荷物を置いた後に、
日が伸びて、まだ明るい街を
ごとごとと市電に揺られて移動。

十字街の電停で降りると
そこから、店舗の明かりが見えます。


中に入ると、大きい窓があるので、
外からもよく見えるのですが、
白基調の明るいカフェのような店舗です。

吉田商店が、赤と黒を基調とした
やや薄暗く少しレトロな感じなので、

この差がいいなと思いつつも、

やはり、両方ともスタイリッシュです。



そんな店内には、三組ぐらい
先客さんがおりまして
相変わらずの人気ぶりです。



ということで、メニューのチェックを。



メインメニューとしては

やわらかチキンレッグカレー … 800円
トロっとしたポーク角煮カレー … 980円
大地の恵みキノコベジタブルカレー … 880円
海の恵みシーフードカレー … 980円
豚挽肉と納豆とななめこのネヴァーカレー … 880円
揚げギョウザカレー … 880円
豚挽肉とオクラとガゴメ昆布のネヴァーカレー … 880円
(4月~10月 迄)
プリッとした牡蠣カレー … 980円
(11月~3月 迄)
お子さまカレー … 580円
カレーじゃないよ!汁クィッティオ

辛さは
0 零辛
1 微辛が0円
30円増しの2 控辛、50円増しの3 真辛、
90円増しの4 地辛、120円増しの 5 雷辛、
150円増しの 6 炎辛 180円増しの 7 親辛、
210円増しの8 KENSHIと
240円増しの9 KATSUMIと
270円増しの 10 スーパーKATSUMI

トッピングが
50円の ふ、てんかす、とろろ昆布
80円の味付けたまご、
100円の焼きチーズ、岩のり、ひきわり納豆、きくらげ
ウィンナー、高野豆腐、なす、おくら(キザミ?スアゲ?)
細切りネギ、もち、もちきんちゃく、チャッチャ背脂
130円のチーちく磯辺揚げ、アスパラ
180円のつぶ貝、牡蠣(冬季のみ)
200円のカマンベールチーズ、揚げギョウザ
300円のチキンレッグ

という感じ。

メニューを見ると
トッピングのところは
菜・卵・乳・肉・揚・海・代といった
カテゴリー別に分けられていました。


どこを選んでも目移り必定。

しかも滅多にこのお店には来ることが出来ないということで
熟考しまして



うーん

トロッとしたポーク角煮カレーを
雷辛で

トッピングは
本当は温度玉子を行きたかったのですが、
メニューからなくなっていたので、

麩と、てんかすと、焼きチーズ

それから、ほろ酔いカレーのおともといえば、

サッポロクラッシック樽生

以上をオーダー




待つことしばしでやってきた

サッポロクラッシックをグビッといきます。


いやー、明るいうちから飲むビールって
サイコーっスね~


この三時間前には濁川温泉に行って
お湯を堪能したのですが、

また温泉のホカホカがよみがえってくるかのように、

やっぱりシミます。


で、ビールをくぴくぴやりながら
まっていると

登場しましたよ。

いい香りとともに。


ヲヲっ


コレハ。


まずは白い丼から溢れそうに広がる
具材の数々と、
見え隠れする半透明系の
オレンジのスープという見た目に
圧倒されます。

淡く黄色い色をしたライスの上の
2枚の海苔もいいですね。




まずは、感動のご対面
スープを一口パクっと



!!

ヲヲヲっ

これは

うーまーいーぞーっ!

そして



からいっ!

まずは、ウマ味がストレートに訪れて
それから残響のようにコクが来るのです。

丹念にとられているスープは
裏切らない感じです。


そんなしっかりとしたボディーが効いている
スープにまずは感動なのですが、

そんな土台があってこその、
スパイスの刺激ですよね。

辛いんです。

辛いんですが、

辛さがうまさの一要素として
昇華をしているような


そんな辛さなのです。

すいすいのんで

夢中でぱくぱくいって

そして気が付いたら

辛さによって、現実世界に引き戻される


そんな、辛さなのです。

いいねいいねいいね。


しかも、スープを飲んだあとに
ライスを食べて、

そしてまたスープを口にすると



ほのかな甘みが訪れるのです。


このスープの複雑さが
ヨシダと吉田の真骨頂です。


しかもスープにまけずおとらず具材もいいです。


メインの豚肉は、とろとろで
前回、トッピングにチャッチャ背油をした時の
幸せを思い出させてくれるような、
油が、肉滴とともに、トロっとしみでてきて、

かみしめるごとに
肉滴、油、そして、スープが
渾然一体となって
味蕾を刺激するのです。

これはすごいですね。

極上の豚角煮もかくやっていう
趣ですよ。

しかも、レギュラー的存在である
ジャガイモやニンジンやキャベツやカボチャの、
スパイシーさをいい感じでささえるアマさ

ヤングコーンやナスの
かみ締めるとうまさがキュッと染み出てくる
ミズミズしさに、

ブロッコリーやピーマンの
カレーにアクセントをつけるアオいおいしさは
いうに及ばず、

前回も吉田商店で邂逅をした、きのこたち
しめじに、えのきに、フクロタケも

オイしくいただけるのです。


さらに、
トッピングのチーズが
あちらこちらに
トローリトロリとかかって、

それぞれを、まためちゃくちゃ
美味しくしてくれるのです。


トッピングのてんカスや麩も、
最初はサクっとした感触がのこりつつも
しだいに幸せスープを存分に吸って、
トロトロになるという、

後乗せサクサク
乗せてテロテロを
同時に味わうことができます。

これもよかですよ。


しかも、麩も、てんカスも、
それだけでなくて、他の具材も全部が
ウマカラスープを存分に吸っているということで、

辛さがあとからあとから
ボディーブロウのようにキいてきて

スープ飲んでは、汗が出て

具を食べては、汗が出て

ビール飲んでは汗が出て


気分は、川崎の焼肉屋で

「うおォン!俺はまるで人間火力発電所だ!」
と、のたまう感じです。


サイコーっす

ということで

残ったライスを投入し
残しておいたのり1枚も投入して

攪拌をして

一気呵成にかっこんで

ビールと共に流し込む。


ぷっはぁぁぁっ


クーっ!!



たまらんっス!!


ゴッツァンしたっ!



ということで
汗だくでヨシダ☆ストアをあとにして

薄暮の中、春の風に吹かれながら
市電を待ったのでした。


やっぱり函館サイコーっス




☆「スープカリー喰堂 ヨシダ☆ストア」
(函館市末広町5-14 アクロス十字街1F )
◇営業時間◇11:30~15:00(LO14:30) 17:30~21:30(LO21:00)
◇定休日◇水曜(祝日は営業 翌日休)
◇駐車場◇有り 水道局内1F2F
◇電話◇ 0138-22-8950




☆「SOUPCURRY&BAR GARAKU」
(札幌市中央区南3条西2丁目7番地串鳥2階)

札幌に買い物へ行く用事が出来たってことで、
仕事を終わらせてオオイソギで札幌入り。
そして、買い物をする場所近くに
ホテルをとりました。

と、いうことで、
イロイロとヲ買物をすませたあと
その日に止宿する場所のそば、
前回「yellow」へ行ったということで、
ALO ALOとどちらかと考えたときに
向かったのが

GARAKUでした。

店舗の入ったビルの一階は、
焼鳥の串鳥さんで、ここから流れてくる
焼き鳥のにおいに誘惑されつつ
比較的狭い階段をとんとんとあがっていきますが、

入り口で鳴り響くジャズの音色が、まずは渋い。

ドアを開けて中にはいると、オシャレな空間です。


夕食の時間とジャストタイムということで、
店内は八割がたの入りといったところ。
賑やかな感じですが、

全体的にウッドテイストで
こげ茶色の床にテーブルと
灰白色の合皮っぽいすわり心地のよいイスという
落ち着いたインテリアの中で
洋酒のビンがアクセントになっています。

ボクはお一人さまですが、二人がけの席に
案内をされました。

手荷物を入れるためのカゴを
さり気なく差し出してくれるところも
いいですね。

そんないつもどおりのサービスに感心をしながら
メニューを吟味いたします。


と、
5月のマンスリーカレーは、

『スパイシーキーマと温泉卵のマリアージュ』
~新スタイル~1100円です!

スパイシーなドライカレーにGARAKUのスープを浸して食べる新スタイル創作カレー!!ズバリ美味いです!!
自信作!!

お楽しみに!!

といった文字を発見。

これは!!

行くしかない。

と、いうことでオーダーをしましたら


「すいません、もう今日、マンスリー終わっちゃったんですよ」



なんですと…


と、いうことで
レギュラーメニューをチェック。

ハーブ豚しゃぶと7種きのこの森 1100円
 ハーブを食べて育った道産豚のしゃぶ肉がスープに溶けこみキノコとベストマッチ!!
とろとろ炙り焙煎角煮 1050円
 肉好きにはたまらない!とろとろ角煮を備長炭で炙りました!
やわらかチキンレッグとやさい 1000円
定番、骨付きもも肉とやさい!
炙り生ラムのさいころペッパー風味 1200円
生ラム肉です!うまい!!
やさい15品目大地の恵み 950円
1日に必要なやさいの半分以上がとれちゃいますよ。やさいで元気!
ロブスターヘッドとシーフードの海 1250円
魚貝好きにはたまらない!ロブスターヘッドミソと貝類の出あい!
たっぷり7種類きのこ 950円
香り、食感good! きのこは疲労回復ローカロリー♪
焼きチーズとベーコントマト 1000円
焼きチーズバンザイ!温泉玉子をトッピングしたら最高!

ロブスタースープは、各+100円


といったメニューから
メインのカレーを選び

辛さのカテゴリー
1辛味ほとんどなし
2ちょい辛 3中辛 4辛口 5大辛
6超辛 ピッキーヌ入り +100
7以上はSTAFFまで相談
から辛さを選び

トッピング

炙りチーズ・納豆・とうふ・ナス・かぼちゃ・
さくさく山芋・あげもち・もっと!きくらげ・温泉卵・
くるまふ・ブロッコリー・オクラ  90円
しいたけミートボールフライ(数量限定)
炭炙りベーコン・炭炙りウィンナー・5種きのこ 150円
やわらかチキンレッグ・角煮 250円
といったトッピングを選ぶのですが

前回こちらを訪れた時は、
2月のマンスリー
「道産モツ煮込みカレー
~赤味噌仕立て~ 」

前々回行ったときは、
やわらか煮込みハンバーグ1200円
温泉卵をトッピングし、辛さは五番


その前の回、畏友P氏と一緒に行った時は、

私は、ハーブ豚しゃぶと7種きのこの森
辛さ6番に温泉卵トッピングで

P氏は炙り生ラムのサイコロペッパー風味
辛さ5番を選択しました。


と、いうことで、今回は
焼きチーズとベーコントマト、辛さは5番

そして、オススメもされていましたし、

されていなくても頼むのですが
トッピングは温泉卵で、

ジン・トニックとともにオーダー。


BGMのオールディーズに
耳を傾けながら、
待つことしばし。


最初に運ばれてきた
ジントニックを、くっとアオって
舌鼓をうちつつ、


さらに待つことしばしで


来ました(嬉)


良い香りと
「熱いから、気を付けて下さい」の言葉とともに、
スタイリッシュな店内によくにあう
濃い茶色の板が敷かれた
黒っぽい深い器で登場したのが

鮮やかな赤みがかったオレンジ色の
非透明系スープのカレーです。

アイボリーがかったグレーに、
エメラルドブルーグリーンのラインが入った
お皿にのっかった
シリアル入りのあわい黄色いライスも、いい感じ。

スープの色には
威風堂々としたベーコンのピンクとか
チーズのアイボリー色
ブロッコリーや水菜の緑、
人参やパプリカの赤が、
映えていいです。


ってことで、まずはスープを一口。


ぱくっ





うおォン

ぅヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲん


こ、これはっ

うっまぁーっ!!


まずは、どかんと
パンチの効いたコクに裏付けられた
ごっつい旨味がくるのです。


旨味のカタマリが口の中で
あばれる感じなのです。

そして、そんなコクとウマ味にヤれていると、
次第にジワジワと辛さが働きかけてきて、
次第に辛味に口の中が占領されてきた

と、思いきやスープを嚥下したのちには、

すっと辛味と旨味が引く中にも、
残響のようにコクがのこるという

そんな重層的で重奏的な、
極上スープなのです。

こちらのキャッチフレーズは
てまひま・こく旨・ハートフル
だそうで、

20種類のスパイスがバランス良く調合されて
鶏ガラ、牛骨、豚骨、香味野菜をベースに
3日間じっくりと手間ひまかけて作ったスープだそうですが

だてではありません。
コクと旨みのバランスが絶妙です。

まさしく手間隙を感じるという極上スープなのです。

それぞれが渾然一体と菜って
旨味を作り上げている。

すっと嚥下したあとに、
残響のように残る香りとともに
幸せだった舌の上がすぐにさみしいので

次にもスープを飲んで、

そして、

嚥下しては

また欲しくなって


夢幻連鎖
無条件口福状態なのです。



しかも、具材のベーコンも
いいですよ。

昔の文房具屋で売っている
ちょっと大きめの筆箱に
なんとかおさまるかって感じの
定規大の威風堂々とした
分厚いベーコンで

香りからして、燻煙香をぷんぷんとさせている
そんなタイプではありませんが、

噛みきると中から溢れる
ワイルドな煙にいぶされた
脂と肉の濃縮された旨味が、

その頼もしい歯ごたえとともに
がっつり訪れてきて、
幸せを味合わせてくれるのです。

うー、この堂々としたベーコンが
たのもしいなー。



その他の具材もいちいちオイしいです。

全部の具材がオイしいのに、
強いて一番をあげるとすれば
素揚げをして軽く焦げ目をつけた
ブロッコリーでしょう。

スープカレー店の何件かでお目にかかる手法ですが
この香ばしさは、タマらんですしウマスギです。

むしろこれって、一番おいしく
ブロッコリーを食べさせる方法なのでは
なんて思ってしまうほどです。

まさにベストコラボレーション!


たっぷりと入ったキャベツの甘さも
カレーのスパイシーさを引き立ててくれますし、

赤いにんじんもストレートにあまくて、
しっかりとやわらかく煮込まれています。

たっぷりキャベツのアマさも
刺激的なカレーにはよし。

肉厚なパプリカの見た目は赤だが
食味がアオい感じにして、
さらに自己主張をする
濃いパプリカ自体の味も
刺激的なスープによし。

水菜もしゃきしゃきですし

トマトはそのトマトの酸味と甘みが
口の中にしみだして、
カレーと混じって、口の中を幸せにしてくれる
だけではなく、
カレーにしみだして、スープをさらに
複雑なうま味を加えてくれながらも

幸せをもたらしてくれますし、

ジャガイモのアマさもいいですよ。


で、トマトやニンジンやじゃがいもに
まとわっているチーズも、

最初は、あー、チーズだなー
程度の認識なのですが

食べてくるにしたがって
次第にチーズの存在感が増してくる。

そして、しまいには、

ニンジンもジャガイモもトマトもブロッコリーも
何か、チーズとスープの魔法によって、

それだけで素敵な一品料理としても
味わえてしまうような

そんな幸せさをもたらしてくれるのです。

鶉の玉子は半熟で、
私みたいな半熟厨には
玉らんサービスで、

これまた幸せになってしまいます。

って、何回幸せ幸せ連呼するんだろう。


こんな豊穣なスープカリーをシッカリとうけとめる
五穀米をブレンドのお米は、
大麦、もちきび、もちあわ、アマランサス、いりごまの
野趣に富んだ食感やウマ味が持ち味でして、

個性的なスープカレーと四つに組んでいて
ウマさを補いまくっております。


で、そんなライスもスープも
残り少なくなってきたところで

残りライスを残りスープに入れて

とっておいた温泉卵とともに
攪拌して、いっただっきまーす

んぐんぐんぐ


今までのめくるめく官能的なスープカレーとの思い出が
いっきに凝縮されて
五縠ライスのモチモチ食感や
濃厚な味の玉子の黄味とからまって
口の中に入ってくる~

こりゃうっめーっ



でもって、続いて残った
ジントニックを呷りまして


んくんくんくんくっ



ぷっはー


うまかったー


スープカレーがウマいうちは
死ねんぞぉ!!


ジントニがウマいうちは
死ねんぞぉ!!


(元ネタ「天食」泉昌之 晋遊舎の中の
「ぷはー うめえ!!
ビールが ウマいうちゃ 死ねんぞ!!」ですよ)

などと思ってしまいます。


しあわせだよー

と、すっかり大満足をして

幸せを反芻しながら
ホテルへ戻ったのでした。





☆「SOUPCURRY&BAR GARAKU」
(札幌市中央区南3条西2丁目7番地 (串鳥2階))
◇営業時間◇ 平日/11:30~15:30/17:00~23:30
日祝/11:30~22:00(いずれも30分前L.O.)
※スープがなくなり次第終了。
◇定休日◇ 不定休 ◇駐車場◇ 特約駐車場有り




あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。


かつてラジオ内にあったコーナー
「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
のパーソナリティーをつとめていた
イトー×aniでした。

現在は道央某所に住んでおります。
機会があれば、またボランティアで
ラジオ番組作りに関わりたいと考えています。

当ブログの左側にあるFHFをクリックすると、
過去の番組内容などを見ることが出来るので、
おおよその番組コンセプトがわかるかと思いますので
興味がある関係者のかたがいらっしゃいましたら
当ブログのコメント欄まで連絡をいただけたら有り難いです。
2010.06.01 夜露死苦
夜露死苦というと、
都築響一さんの『夜露死苦現代詩』と
思ってしまいます。

文庫版も出版されます。

ハードカバーも持っているのですが、
買わねば、これは

にしても、珍スポット探訪といい、
この企画といい、

都築さんの視点は
ぼくや畏友GMクンのツボと一致しているので

彼と会話をしているときには
盛り上がること必至なのですが


ちなみに、都築さん以外に
呉智英さんの文章も、
その視点の鋭さに目からウロコがボロボロ落ちることが
多いのです。

こちらは少々前の文章です。





以下、【コラム・断】 難読名と偏差値 by呉智英さん を引用します

新聞では、多数派読者を敵に回したり、不快にさせるような話は書けない。それをあえて書きますから、該当する方は、これは自分のことではない、ほかの誰かのことだと思って読んでください。

 私は複数の大学で講師を務めている。毎年学生名簿を見るたびに、読めない名前が増えたなと思う。特に女子名。子(こ)や枝(え)で終わる読みやすい名前が少なくなり、画数が多く無理読みの漢字を使った名前が多くなった。暴走族のグループ名に多い方式なので、私は「暴走万葉仮名」と呼んでいる。
 まあ、娘にどんな名前をつけようと親の自由ではあるのだが、面白いことに気づいた。暴走万葉仮名の女子学生が多い大学は、あのー、偏差値がね、ちょっと、あれなのですね。難関の某国立医大の教授である友人にその話をすると、うん、うちの女子学生に暴走万葉仮名はまずないな、と言う。超高学歴者ばかりの某有名全国紙の女性記者(子がつく)に同じ話をすると、ああそう言われてみればと、同僚たちの名前を思い起こしてくれた。やはり暴走万葉仮名の女性記者はほとんどいませんね、と言う。

 私は、俗流伝統主義者と違って、子のつく女子名は日本の良き伝統だと言いたいのではない。庶民の女子名に子をつけるようになったのは、明治半ば過ぎ、すなわち二十世紀に入ってからだ。皇族華族の女子名に子がつくのに憧れたのだ。その憧れの是非は今論じない。ともかくも「目標」があった。一方、昨今の暴走万葉仮名の女子名はどうか。独自性・独創性(ホントに独自・独創かどうかはともかく)の追求の果ての「俺様(おれさま)化」である。むろん実績の伴う俺様ならけっこうだが、そうでないことを私は体験的に知ったのだ。

 三浦展『下流社会』で下流の指標の一つとして「自分らしく生きる」が挙げられているが、暴走万葉仮名にもその「自分らしさ」が感じられてならない。



暴走万葉仮名ですか。

確かにそうとしかいえないような
名前が多い昨今を批判的にあらわす
ジャストなネーミングがまずはスゴいですし


呉さんといえば舌鋒の鋭さが売りですが、
発表をされたのが、新聞という媒体もせいかもあって、
穏やかな口調なのですが
内容については、声高に主張するのと
同じくらい響いてくる主張がされていますし、

一言で言うと、普通に読めない名前の子どもは、
親たちの「俺様化」である、という内容には
納得できます。

新聞とかで赤ちゃんがーの写真がのったり
コミュニティーFMで新生児の紹介がされているときに

すごいのがきたりしますからね。

そんな傾向に拍車をかけているのが
芸能人の子どもの名前だったりするものですから



多分よくないことだとは思いつつ、
何がどう良くないかをいえずに

なんだか困ったことだなあと思いながらも、
直接、何がどう困るかということを
表現できないままに、

「誰に迷惑をかけているわけではないのだから
かまわないでしょう」
という反論のみが頭に浮かんできては

沈黙せざるをえずに


違和感だけが広がっていく。


ニュースを聞いたりすると
なんか、そういうことを多く感じる
最近なのです。


困ったものです。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
のパーソナリティーをつとめていた
イトー×aniでした。

現在は道央某所に住んでおります。
機会があれば、またボランティアで
ラジオ番組作りに関わりたいと考えています。

当ブログの左側にあるFHFをクリックすると、
過去の番組内容などを見ることが出来るので、
おおよその番組コンセプトがわかるかと思いますので
興味がある関係者のかたがいらっしゃいましたら
当ブログのコメント欄まで連絡をいただけたら有り難いです