☆「soup curry GALLUP」
(函館市松風町6-18 2F)

先日も当ブログで書きましたが、
土日オシゴト期間が無事終了しました。

とはいえ、来月からは、オシゴトこそは
お休みになるものの、
冬のお祭りの準備が本格化するので、
ホイホイと遠出が出来ません。

と、いうことで気分転換をかねまして、
函館へ行ってまいりました。

まー、行程については、後日の
温泉三昧に譲るとして、

函館に旅行をした時にまず手に入れるのが
地元の情報誌「タウン情報誌 Jam函館」です
〔ちなみに、HBCなどでのお気に入りの番組が
やっていない時は、FMいるかを聴くのが
ほとんどですが…〕

そんなJamをホテルで見ていた時に
のっていて、気になったので
まずは訪れたのが、
ギャラップさんであります。

今回宿泊をしたのが、湯の川だったので
市電に乗って、松風町の電停から歩くことしばして、

暗いなかに灯りがついておりまして、

こちらの看板を確認してから
2階へとのぼります。

と、

階段の手すりが流木のような自然木です。

これはスゴい。

中に入ると、新しくこざっぱりとした感じながら
木の暖かみをよく生かした内装と、
洋楽のBGMが、いい雰囲気を醸し出しています。

すぐにメニューとお水が運ばれてきましたので、
メニューを吟味

こちらのメニューは
ギャラップスペシャル 1280円
ギャラップカリー 980円
やわらかチキンカリー 950円
とろとろ角煮カリー  980円
野菜カリー 880円
納豆・なめこ。オクラカリー 880円
おこちゃまカリー 580円
手ごねハンバーグカリー 980円


トッピングは

やわらかチキン 角煮 手ごねハンバーグ
厚切りベーコン 肉巻きキャベチーズフライ 300円

手羽餃子 150円

タマゴ 岩のり 納豆 もち とうふ
チーズ アスパラ オクラ なめこ  100円

しめじ きゃべつ 50円

辛さは
0~3 +0円
4 +20円
5 +40円
6 +60円
7 +80円
8 +100円
9 +120円
10 +140円

ライス 大盛り +0円
おかわり、+100円

スープ大盛り +100円

と、いった中から、

Jamに写真入りで紹介されていた
手ごねハンバーグカリー、
辛さ7番に、
手羽餃子をトッピング。

好きなんだよな~、手羽餃子

しかもスープカレーとともに食べるって
珍しいぞ。

でもって、市電で夜カレーですから
当然生もいただきますよ。

まずは運ばれてきた生で喉を潤します。

ぐびぐびっ

ぷっはー

んま~い

生き返る~

結構ロングドライブについては
苦にならないワタクシでありましたが、
今回はテンパった仕事明けであったのと、
富良野から函館へ移動をしたってことで

温泉でイヤしたとはいえ、
結構コシとかに来ていました。

そんなのとか、
温泉でキモチ良かったこともあり

浸みましたよ。

てな感じで、ビールで喉を潤しながら、
渋いブルースが流れるBGMにまじる
じゃーっという盛大な調理音。

そして、調理音にともなって大きくなる
カレーの香りとともに、

期待も大きくなってまいります。

いいね、はじめてのカレー屋さんでの
このワクワク感は。

そんな感じで待つことしばしで
登場!!


おおおっ

白い清潔そうな丸い器に入った
濃いカレーですね。

雑誌でみたカレーの写真は
半透明系のスープだったのですが、

濃焦茶色のこってりとした感じの
濃厚そうなスープでありますよ。


いいぞいいぞ。

ただよってくる感じも
ルーカレーっぽい香りと
どこかほのかにただよう
ブラウンソースっぽい香り。

函館で、この手のスープカレーに遭遇するのは
はじめてでありますね。


と、いうことでまずはスープを一口。


ぱくっ


!!!


じぃぃぃぃいいいぃん


これはこれは
見た目通りのナツカシイ感じの味。

まずはガツンと濃い味がくるのです。

そして、しばらくするとしっかりと残る
旨味やコクのアンサンブルに

ふんわりとしたスパイスの香り。

この三拍子って、
旭川とその周辺など、上川管内や
札幌だったらアロアロのような、

ルーカレーからアプローチした系の
お店で今までも見てきましたが、

このこってりとした味がまずはいいですな。

たまりまへん。

しかも、じわっと、
ただし確実に

汗腺に働きかけてくる
スパイスの仕事ぶりが

これまたなんとも。


ルーカレーっぽいなーなどと
食べていきながらも、

スープカレーの醍醐味である
すいすいと行ける面をもあじわい

そのスープのコクとウマ味と
スパイス遣いのバランスを賞味しながらも

最終的には汗をかくという

このいいとこどりなカレーが
なんとも言えないのですよ。

しかも具材のハンバーグも
ふわっふわですし、
食べやすい大きさに切るために
スプーンをぷすっとさすと
ぷしーっとでてくる肉滴りが
一瞬でスープを脂っこい感じに
変化をさせる。

うおお。
ハンバーグをぷしっとやっただけで
ぶわっと脂が浮いてきたぞ。

そんな
肉滴がたっぷりなのも

フワフワのおかげですか。

ちなみに「Jam」誌には

「当店は…
ウエストコーストな
正当スープカレー店
です。

食べたお客さんもレシピ
を尋ねる。やわらか食感の
白いハンバーグ

鶏ガラ・豚骨をベースに、20種類以上のスパイスと野菜等を長時
間煮込んだ小細工なしの正当派スープカレーを提供する同店。写
真は、食したお客さん(特に女性)が帰り際にレシピを尋ねる確率
が非常に高いという『手ごねハンバーグカレー』(980円)。見た目
が白くフワフワの食感と、隠し味の味噌を効かせたオリジナリ
ティー満点の一品。ちなみにレシピは…残念ながら極秘。何度も食
べて研究せよ!■新メニュー「手羽餃子」(150円)もオススメ!」

と書かれていまして

これは、食べたくなるよ。


そんな満を持したカレーでしたからな。

しかも、こんなあおりの文句が
大げさではない

そんなシミる味なのです。

カレーの濃さと
ハンバーグの淡泊ながらも
しっかりとした味に
隠し味の味噌がいいです。


その他の具材も、
シャクシャクの食感が
これまた濃厚カレーにあっている
れんこんに、

アマアマでホコホコな
かぼちゃとか、いも、

茄子汁と染みこんだ脂と、
染みこんだスープのバランスが絶妙な
なす

軽く焦がしたのが
旨味を封じ込めているブロッコリーに
これまたしっかりと脂通しをした
盛大な調理音の成果でしょう
オイしいピーマン

刺激的なカレーの中でもありがたい存在の
優しいアマさのキャベツに

この食感も好きだなー、の
ヤングコーン

それぞれいいっスな。

しかも、トッピングをした
手羽餃子ですが、

まずはスープにひたさずに
パクっと

ををを

このサクっとする歯ごたえで
軽く抵抗をするところを
中までかみ切ると

ぷしっと肉滴が溢れてきます。

これだねこれ。

この表面のサクサクパリパリと
中のジューシーさの組み合わせに

鶏肉のあっさりと滋味あふれる味と
中に入った挽肉のしっかりとした味の
組み合わせが

手羽餃子のキモですよ。

しかも、中のニラとかチーズとかが
この挽肉とか、鶏とかとも
ベストマッチ。

手羽餃子 ウマー

そして、これを
スープカレーにひたすと



!!!!


サクサクカリカリの衣っぽい部分が
スープカレーをすって
軽くテロっとするところとか

もっ、たまらんですバイ。


そんな感じでワシワシと
喰い進めていって、

ライスもスープも残り四分の一に
なったところで、
スープに投下。

でもって最後の祭りでありまして

とっておいた
半熟ゆでたまごのキミを
とろんととかして

攪拌しながら


わしわしわしわしわしわしっ


うををををを


うめー


食もすすめば
ビールもすすむ。

ぷっはー、と
食べ終わった余韻を

ビールでながしこんで

ゴッツォーサンでした。


と、いうか普段函館観光にしている時、
定宿としているところから、スグのところに
ありましたので、再訪する機会は
近いかもしれません。

その時は、手羽餃子でその実力を
見極めさせていただきましたので
こちらのオススメである
肉巻きキャベチーズフライのはいった
ギャラップカリーを
いただきますよ。





☆「soup curry GALLUP」
(函館市松風町6-18 2F)
◇営業時間◇ 11:30~15:00 17:00~22:00
土・日は通し営業
◇定休日◇ 不定休 ◇駐車場◇ 有 
◇電話◇ 0138-26-0110





☆「soup curry 一灯庵  南4条店」
(札幌市中央区南4条西13丁目1-13)

函館から一気に富良野へ帰る途中、
札幌で一泊したのですが、

買い物を終えてすすきのの電停から市電に乗り込みまして、
少々遠回りになりましたが、
西線6条の電停を降りて、

住宅街の中をぬけて、西屯田通りを
北向きにあるいていくと

ありました。

昨年七月の失火で閉めてしまった
旧本店に変わって出来たのが、
一灯庵 南4条店でして、

かつての店舗は、古民家を改装した系の
走りともいうべきお店でしたが、

こちらは、一変して、
モダンでスタイリッシュな内装が
まずは、オシャレですね。

なんでも、元イタリアンを改装した、
店舗だそうです。

なるほどー


ということで、

メニューを吟味。

スープカレーは
8種類のスープから選択するのが

まずは迷いますね。

クラッシック 一灯庵が最初に出した、きざみ野菜のたっぷり入った
ブラックポッパー風味のあっさり系列
(きざみ野菜を大きな野菜に変更できます)
バジルソーセージ 1200円
ベーコンキャベツ 1200円
キャベツとレモンパセリソーセージ 1200円
カキ 1100円
ホタテ 1300円

ありがち 焦がしバジルとトマトのこってり系
チキン 1100円
ポーク 1180円
ヴェジタブル 1150円
手作りハンバーグ 1300円
カキ 1150円
カマンベールチーズ 1350円

オリジナル タイと日本のテイストをあわせたサラサラ系
チキン 1050円
ポーク 1150円
ヴェジタブル 1100円
手作りハンバーグ 1250円
ベーコンキャベツ 1200円
カキ 1100円
カマンベールチーズ 1350円

トマト トマトのとろみを残したあっさりイタリアン風
チキン 1100円
ポーク 1180円
ヴェジタブル 1150円
手作りハンバーグ 1300円
カキ 1150円
カマンベールチーズ 1350円

2002年冬 ココナッツミルクが入ったクリーミーな味わい
チキン 1100円
ポーク 1180円
ヴェジタブル 1150円
手作りハンバーグ 1300円
カキ 1150円
カマンベールチーズ 1350円

タイカレー 当店自慢のスープで作るココナッツミルクの入ったカレーは本場をしのぐ美味しさです。3種類スープからお選びください 辛い順に グリーン→レッド→イエロー
チキン 1050円
ポーク 1150円
ヴェジタブル 1100円
手作りハンバーグ 1250円
カキ 1100円
カマンベールチーズ 1300円

ビーンズ トマトと食材の食感を残した中南米風のスパイシースープ
チキン 1200円
ポーク 1300円
ヴェジタブル 1180円
手作りハンバーグ 1350円
カキ 1250円
カマンベールチーズ 1450円

おにぎり 一灯庵と「おにぎりあたためますか」のコラボレーションで誕生
ありがちと2002年冬をミックス
おにぎりチキン 1300円
おにぎりポーク 1400円
おにぎりカマンベール 1500

一灯庵のルゥカレー
ポーク 750円
ビーフ 850円
ジャンボチキンカツ 850円
カツ 870円
手作りハンバーグ 950円
バジルソーセージ 850円
ミックスフライ 1000円
オクラ納豆 790円
目玉カレー 600円

トッピング
100円 ナス まいたけ カリフラワー フライドオニオン
チーズ れんこん おくら たけのこ たまご ごぼうチップ
岩のり かぼちゃ ブロッコリー じゃがいも マカロニ
納豆 オニオンリング

150円 海老フライ イカリング カキフライ2コ 白身フライ
ベーコン いももち かぼちゃもち カキ3コ カマンベールチーズ
カマンベールいももち

200円 手作りハンバーグ

250円 チキン
ソーセージ各種(ガーリック・チョリソー・レモンパセリ・バジル)

300円 ポーク


で、目移りもしますが、
まずは市電でいった夜カレーなので
生ビールを

そして、クラッシックのベーコンキャベツを
オーダーします。

洋楽流れる店内でまつことすぐに
キンキンに冷えたジョッキで
生ビールが登場。

このキンキンの冷え方が
ただものではないですぞ。

泡の上のほうがシャーベット状に
なっているし…

そんなことに感動をしていると



!!!!!


赤いうつわと
おそろいの皿で登場。

中には、微妙にへこんでいて
模様になっているところが
またアジでありますね。

そんな赤い色とよくマッチした
淡いグリーンの半透明系のスープが
よい感じでありますし、

運ばれてきただけで、ぷんと漂う
香りで雰囲気が盛り上がります。

しかも、キャベツがデカいことデカいこと。

8分の1の大きさにくし切りされたものか
器の3分の1ほどを占めているといって
言い過ぎではいりません。

これはすごい

辛さは、
卓上の香辛料で調整をするといった
そんなスタイルもいいですよ。


と、いうことでまずは一口。


ばくっと


!!!!!!!!



じぃぃいいいいいいん



この穏やかな味は

カレーというより、ポトフに近い感じです。


あっさりすいすいといける系の
スープにかかわらず、

しっかりとしたコクとウマ味に支えられて

かつ黒コショウのピリっとした感じも
効いておりますし、

この刺激もポトフっぽいぞ。

冬に向かうこの季節、
ウレしいところですねー。



そして、嚥下した後に、ぽわっと
スパイシーな刺激が残るという


そんなハーモニーがたまりません。

と、いうかポトフに近いという感想を
もったのは、そのメインの具材である

キャベツとベーコンならではなのです。

まずはキャベツ

でかいだけではないよ。

しっかりと柔らかく
テロテロにスープを吸い込んでいながらも、
しっかりとキャベツそのものの甘みも
残しているといったスゴさが

やりますな。

ベーコンも燻煙香のしっかりとのこる
野趣に富んだしろもので

かみしめるとともに脂とともに味が
ぎゅっと染み出てくるという。


極上です。

ナスやカボチャといった脇を固める
そんな具材の処理もいうことなし。

雑穀の入ったライスとの相性も
いい感じなのです。


と、いうことで、
ライス、スープ残り4分の1になったところで

スープにライスを投下して

一気にわしわしわしっと


そして、ビールでぐびっと
一気に流し込んで

ぷっはー

しあわせですう。


と、いうことで大満足のうちに
こちらをあとにして、
再び市電の人となったのですが


西4丁目の駅に着くと

掃除してもなお残る紙吹雪が
強い風に舞っていました。

この日の札幌の最高気温は
三度だったそうですが

熱気はまだ残っていました。







☆「soup curry 一灯庵  南4条店」
(札幌市中央区南4条西13丁目1-13)
◇営業時間◇ 11:00~16:00 17:00~23:00
(ラストオーダー 22:00 
※スープが無くなり次第終了させて頂きます)
◇定休日◇ 月曜日(不定休の休日あり) 
◇駐車場◇ 無し ◇電話◇ 011-562-2559



あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。

当ブログによせていただいたコメントも、さしさわりがなければ
番組内で紹介させていただきます。


あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2771
スポンサーサイト
2009.11.27 週べの楽しみ
毎週楽しみに買っている
週刊ベースボールではありますが、

このあいだのは買うのはツラかったっすね~。

表紙からして、
大見出しの
「ジャイアンツ 奪回!」の
オレンジ色の文字とともに、
札幌ドームのマウンドで抱き合う
選手達の写真ですからね。



でも買ったのですが、


そして、ビールをチビチビやりながら
読んでましたが、

こんな記事を読んでいて、
またくやしさがよみがえってきました。

 本拠地・札幌ドームで宙を舞う敵将。三塁側ベンチの梨田昌孝監督ら日本ハムナインは悔しそうな表情で歓喜の輪をじっと見つめていた。
「すべてファイターズらしい野球ができたとは言わないが随所にはできた。」敗軍の将・梨田監督はこう振り返ったが、日本ハムの投打に粘り強い「つなぐ野球」ができた場面はシーズン中よりも確実に少なかった。
 対戦成績は2勝4敗。白星の数は2つ違うが、日本ハムファンは巨人に負けた気がしていないのではないか。データを見てもチーム打率(F・261 G・254)、安打数(F54 G50)、四死球(F17 G9)は、いずれも巨人を上回る。本塁打数も“超重量打線”と1本しかかわらない(F7 G8)。総得点も日ハムの21に対して、巨人は22。勝っていてもおかしくなかった展開ばかりだったが、決定的に差がついた項目がある。残塁(F49 G33)と三振(F48 G29)、そして、リリーフ陣の失点(F9,G5)だ。
 塁上に走者を出せどもあと1本が出ない。このような展開が続けば精神的に追い込むれる。負の連鎖でバッテリーにも余裕がなくなる。第1戦のターニングポイントとなった5回の守備。武田勝のバント処理ミスからピンチが広がり、坂本に勝ち越し二塁打を許す。打たれたのは決め球でもあるチェンジアップだったが坂本が「データから見て多かった」と話していたように狙われていた。心に余裕があれば、裏をかいた作戦をとることが出来たかもしれない。(後略)

といったかんじで、
このあとも、日本シリーズのゲーム展開が
思い出されてきて、思わず歯がみしてしまう
そんな文章がつづいていまして、

本当に野球って難しくて、

だからこそ面白いのだなあということを


再認識したのでアリマス。

この文章は、
ファイターズファンも必見かもしれません。


そして、またこちらも、
別の意味で、ファイターズファンに
読んで欲しい文章が別の雑誌ですが、
載っていました。


週刊ポスト 十一月二十日号にのった、
永谷脩さんの文章です。

大砲揃いの巨人と互角以上にわたりあえた日本ハム
「ゲリラ野球」は強かった。

 09年の日本シリーズは、誰もが圧倒的戦力を怒る巨人の圧倒的有利を予想した。しかし、日本ハムはその下馬評を覆す善戦を見せた。
 日本ハムには全国区のスターが少ない。あえて挙げるならばダルビッシュ有くらいだ。だが、チームは選手に対し、全国区でなくとも地方の有名人になろうと教育を続けてきた。
 日本ハムかせ札幌に本拠地を移したのは04年のこと。東京ドームの高額な球場使用料に耐えかねていたチームと、球団誘致に動いていた北海道の思惑が一致した。同時に、メジャー帰りの“ベースボールタレント”新庄剛志の入団を実現。新庄はいわば、“劇場型ベースボール”を展開し、観客を魅了した。面白さを知ったファンは次第に増え、スタンドが徐々に埋まっていく。06年には日本一を達成するなどチームも着実に力をつけ、ファンは「自分たちが応援すればチームは強くなる」と確信した。
 球団の方針は「高いカネを払ってまで選手を引き留めない」こと。今年の年俸総額は12球団中8位。札幌に来て6年で5回Aクラスしている割には安い。小笠原道大やセギノールら大砲がいなくなっても、安定した強さを発揮できるのは、ドラフトで獲った高校生を、鎌ヶ谷の二軍グラウンドで2~3年かけて着実に育成するからだ。
 第3戦、巨人の原監督は「空中戦では負けられない」といった。続く第4戦は日本ハムが制したが、そのきっかけは田中賢介の3盗、森本稀哲のスクイズ。この田中、森本の1、2番コンビも、鎌ヶ谷で育った。カネのかかる空中戦を捨て、ゲリラに徹しての地上戦、「繋ぐ野球」での勝利だった。
「繋いで結果を出すと、何とか後に続けようという気になる。1人の力では勝てません。」
 とは前選手会長・金子誠の弁だ。
 厳しい冬に耐える北のファンは健気さが好きだ。いつも全力プレーをする稲葉篤紀を、地鳴りがするほどの“稲葉ジャンプ”で応援し、同じく土の臭いのする小谷野栄一、寡黙な4番打者・高橋信二のプレーにもオリジナルコールでこたえる。
 このシリーズでは、ダルビッシュにも大きな声援が送られた。普段から自分のペースを守り無理をしない男は、故障のためクライマックスシリーズ(CS)の登板を回避。しかしCS第2ステージ、125球の完投後、中1日でマウンドに上がった楽天・岩隈久志の姿に「エースとはマウンドに立つもの」と考え直し、日本シリーズでは緊急登板した。完調とはほど遠い投球にも、札幌の温かいファンは「勝っても負けてもその侠気で十分」と声を嗄らした。スキャンダルで北に追われた二岡、そして共にトレードされた林、2人が見せた古巣へのイジにも、多くの観客が共感した。
 中央にあぐらをかいた巨人に一石を投じた日本ハム。“おらが街の大スター”の活躍に、雪の降り始めた札幌が熱く燃えた。地方が頑張れば頑張るほど、野球は楽しくなる。


なるほど。
良く見ていらっしゃるという感じですし、

このような評価はファンとしても嬉しいところです。

とはいえ、
こんなニュースも入ってきます。


日本ハムと横浜でトレード=坂元、加藤武ら3対3-プロ野球
11月25日11時15分配信 時事通信

 日本ハムの坂元弥太郎投手(27)、稲田直人内野手(30)、松山傑投手(20)と、横浜の加藤武治投手(31)、松家卓弘投手(27)、関口雄大外野手(24)の3対3の交換トレードが成立し、両球団から25日午後、発表された。投手陣を強化したい日本ハムと、中継ぎ陣とセンターラインの補強を目指していた横浜の思惑が合致した。
 9年目の坂元は昨季、中継ぎで6勝(1敗)を挙げたが、今季は0勝2敗だった。加藤武は2006年に最優秀中継ぎ投手に選ばれた実績もあるが、今季は右肩痛などで9試合、0勝1敗に終わった。 

といったニュースとかも入ってきて、

代打で、坪井選手が出た後、
先発が大野捕手や二岡選手の時は、
鶴岡選手が代打にでるくらいの

豊富wな代打陣を誇るファイターズの中で、

稲田選手は貴重ですし、

こんな代打の切り札になるような選手こそが
補強の第一のポイントのような気がするのですが…


ま、稲田選手には、
スワローズにいった川島慶三選手バリの
バリバリとした活躍を期待したいと
思うのです。


弥太郎投手も松山投手も
関東の人なので地元で頑張ってほしいものです。



また、入ってくる三人のうち、
加藤投手には、クワトロK時代の
輝きを取り戻せるようなピッチングを

松家投手は、当ブログでも
その特筆すべき学歴で何度か話題にしましたし、

ファイターズには遠藤良平さんという
センパイも在籍しておりましたが、

それ以上に今シーズンは1軍でも
何試合か登板されていましたので、
来年よりも1軍で活躍が出来るような


そして、ファイターズ初の
育成出身選手になる関口選手は
シーレックスでも伸びしろのある選手として
期待がされていたいうことで、

大いに期待をしたいと思います。


あと、色々な新聞に
国立大トリオなどと書かれていて、
(加藤投手は、みずしな孝之さんの
「ササキ様に願いを」の中でも
学芸大卒がネタにされていました)


ここも面白いところですが…



また、木田投手の加入とか
藤井投手の行き先とか

まだまだ注目することの多い
オフであります。




ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中


番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2771
先日紹介した九州のB1ですが、
当然、ワタクシ自身、会場に行けたというわけではなく、
マスコミの報道でしか知ることが出来ないのですが

そんななかでありがたいルポが
日経にのっていました。

11月23日 オンエアー 第241回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
での、コーナー「富良野印度化計画」であります。

先週来当番組ならびブログで
その面白さを紹介しているのが、
新潮文庫から出ている
「天ぷらにソースをかけますか? ニッポン食文化の境界線」
でして、著者、野瀬泰申さんの
九州B1観戦記がありましたので
紹介します。

11月7、8の両日、久留米で開かれた「第1回九州B-1グランプリ」に行ってきた。今回はお役目があり、大会事務局の決めたスケジュールで動いたため、あんまりうろうろする時間がなかった。

 うろうろする時間がなかったのに飲む時間だけあったのは、どうしてじゃろな。

 というか、今回は富士宮やきそば、八戸せんべい汁、厚木シロコロ・ホルモンがゲスト参加で投票の対象外だったため、愛Bリーグの仲間に多少の余裕があった。勢い「飲むべ」となったのである。

 全国各地でまちおこしをしている仲間が集まって飲むと世間話にはならず、ひたすら地元での出来事を含めた情報交換の場になる。それが面白い。

 ワイワイガヤガヤの傍らで、今後の愛Bリーグの活動についての相談が始まったり、新たな事業の構想が発表されたりと、実に有意義なのである。今回も実り多い会合になった。

 それにしても嬉しかったのは昨年の久留米B-1でやってきた八戸や厚木の皆さんが、いつの間にか久留米の屋台や飲食店の人々と心のつながりを結び、ずっと果物や漬物の交換が続いていたのを知ったことである。

 ある屋台の女主人は「八戸のあの人が来てくれるから」と、そのためにわざわざ店を開け、また別の屋台の主人は会場に差し入れに来てくれた。こんな交わりをこそ大事にしたい。

 さて九州B-1のことだが、一言で表現するとすばらしかった。2日間の入場者は18万人と発表されたが、私の実感としてはもっと多かったように思う。昨年は3つの会場に分かれて開催し街中に人の波が生まれたことを報告したが、今年は中心商店街の空き店舗を使ったイベントがいくつもあり、単なる通路ではなくそこ自体がものすごい賑わいの場になったのである。

 ご当地グルメでのまちおこしを目指す大牟田の高校生たちがやってきて「高専だご」という巨大お好み焼きを100円で販売し、地元紙に大きく取り上げられた。商店街主催のバーガー対決もあったし、手打ちうどん教室にも行列ができた。

 昨年のB-1以降に開店した飲食店がいくつかあり、店頭でいろいろなものを販売して、こちらも賑わった。

 その結果、普段はひっそりとしている商店街がまっすぐ歩けないほどの混雑を呈したのである。

 イベントが終われば賑わいも消える。しかし昨年、今年と続けて中心商店街に往時を思わせる賑わいが再現されたことは、地元の人びとになにがしかのインパクトを与えずにはいまい。関係者と立ち話をしていて、あるいは顔つきを見ていて「変化の兆し」を肌で感じた。久留米で何かが起きようとしている。

 別にB-1のような食のイベントでなくとも、多くの人が集まり動き、時間を共有する仕掛けなら同じような効果があろう。ただ現時点では食のイベント以上に集客力があって費用対効果が高い物が見つからないという現実がある。


 それはともかく「久留米やきとり」の皆さん、ゴールドグランプリ「金の丼賞」受賞、おめでとうございます。「シシリアン・ライス」で出場し、シルバー・グランプリ「銀の丼賞」を獲得した佐賀市の皆さんもおめでとうございます。




だ、そうです。

B級グルメの経済的な効果という
側面に加えまして、


「それにしても嬉しかったのは昨年の久留米B-1でやってきた八戸や厚木の皆さんが、いつの間にか久留米の屋台や飲食店の人々と心のつながりを結び、ずっと果物や漬物の交換が続いていたのを知ったことである。

 ある屋台の女主人は「八戸のあの人が来てくれるから」と、そのためにわざわざ店を開け、また別の屋台の主人は会場に差し入れに来てくれた。こんな交わりをこそ大事にしたい。」

といった感じで、
人的交流と、それぞれが刺激を与えあうという
そんな効果にもふれられていますし、


「その結果、普段はひっそりとしている商店街がまっすぐ歩けないほどの混雑を呈したのである。

 イベントが終われば賑わいも消える。しかし昨年、今年と続けて中心商店街に往時を思わせる賑わいが再現されたことは、地元の人びとになにがしかのインパクトを与えずにはいまい。関係者と立ち話をしていて、あるいは顔つきを見ていて「変化の兆し」を肌で感じた。久留米で何かが起きようとしている。

 別にB-1のような食のイベントでなくとも、多くの人が集まり動き、時間を共有する仕掛けなら同じような効果があろう。ただ現時点では食のイベント以上に集客力があって費用対効果が高い物が見つからないという現実がある。」

といった分析に、
活況を呈したという様子は
素直にウレしい気がします。


先日、北海道日本ハムファイターズの
パリーグ優勝パレードがありまして

十一万の人を集め、前日は
ホテルの確保も大変な状態であったそうですが、

多くの人が集まり動き、
時間を共有するしかけ

という観点では、
同じだな、と感じました。

ファイターズの地域密着の姿勢というのも、
学ぶところがあります。


あと、
おなかがすいたレポートでした。


シシリアンライス…
食べたい…

と、いうか

九州にいって
Bグル三昧をしたいですね。

そうでなくても熊本とかには
魅力的なBグルが多いのにです。

ま、当面は
機会があったら行くことできる
札幌の九州料理の酒場で
我慢することにしますか。


あなたのオススメどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。

当ブログによせていただいたコメントも、さしさわりがなければ
番組内で紹介させていただきます。

あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2771
FHF
本日、勤労感謝の日で、
人によっては、三連休の最終日という人も
いるかもしれません。

ワタクシも、
土日オシゴト期間の理由となっております
大仕事がひとまず終了しまして、

久々の土日休みになりました。

しかもこのあとは
お祭りの準備でまた忙しくなりそうな予感。

と、いうことで道南へ行ってまいりましたが
函館はほとんど雪がありませんでした。

富良野では結構な積雪があったので、
北海道は広いなーと思ったのです。

が、出かける最中に見ていた
朝のテレビの情報番組では、
司会の方が、
「来週は京都から紅葉生中継です」
と言っていました。

北海道も大きいですが、日本は更に広いですね。

そんな勤労感謝の日。
11月23日 オンエア 第241回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
です

先週までは、しばらく三国志や三国志演義の話を
してまいりましたが、

その中で、お知らせ出来なかった
こんなニュースがありました。

「安重根は民族魂のシンボル」=伊藤博文暗殺100年で式典-韓国首相
10月26日17時10分配信 時事通信

【ソウル時事】韓国の英雄、安重根が中国ハルビンで初代韓国統監を務めた伊藤博文元首相を暗殺してから100年を迎えた26日、記念式典がソウルで開かれた。日本の近代化に貢献した伊藤博文だが、韓国では「植民地支配の元凶」。暗殺は「義挙」とされ、安重根も「義士」と呼ばれる。式典に出席した鄭雲燦首相は「安重根義士は誇らしい民族魂のシンボルだ」と称賛した。
 鄭首相はまた「日本帝国主義の象徴だった伊藤博文を狙撃し、韓国人の心意気を満天下にとどろかせた」とも語った。安重根の記念館前広場で開催された式典には鄭首相のほか、安重根の孫ら親類を含む1200人以上が出席。「義挙」をたたえ、万歳三唱し式典を終えた。
 また、ソウル中心部にある文化体育観光省ビルには一般応募で集まった約6000人の顔写真でつくった20メートル四方の安重根の顔の垂れ幕が登場。安重根が主人公のミュージカル公演や、暗殺後、獄中で執筆した「東洋平和論」をテーマにした学術会議なども開かれ、100年の節目を盛り上げている。


こちらは、同じニュースを
韓国の新聞が伝えたものです。


「安重根義挙100周年記念式」、韓中で同時開催
10月26日14時25分配信 聯合ニュース

【ソウル26日聯合ニュース】独立運動家・安重根(アン・ジュングン)が伊藤博文を射殺してから26日で100年を迎え、ソウルと中国・ハルビンで「義挙100周年記念式」が同時開催された。
 ソウルでは午前10時から、南山の安重根義士記念館前の広場で「100年の愛国、1000年の繁栄」を主題に、安重根の略伝朗読、記念公演、記念のあいさつ、独立軍歌斉唱、万歳三唱などの順で記念式が行われた。式には鄭雲燦(チョン・ウンチャン)首相ら政府主要関係者、安重根の遺族17人、独立運動家・家族団体「光復会」の会員、市民ら合計1200人余りが出席した。
 鄭首相はあいさつで、安重根の獄中書「東洋平和論」にある「合成散敗、万古定理(合わされば成功し分裂すれば負ける)」を引用し、「社会統合と均衡発展、先進一流国家の建設こそが、安義士が夢見ていた祖国の本当の自主独立、世界平和、人類共栄の夢をかなえる道」だと述べた。「安義士は韓国の誇らしい民族魂の象徴であり、世界平和を呼び覚ます明かり」だと述べ、その東洋平和と人類共栄の精神は、今も世界の人々に立派な模範となっていると評価した。
 出席者らは式の後、南山の新しい安重根義士記念館建築現場を視察し、工事関係者を激励した。記念館は150億ウォン(約11億6400万円)を投じ、地下2階・地上2階建て、全体面積約3800平方メートル規模で来年10月までに新設される。
 一方、射殺の現場となったハルビンでは、独立記念館とハルビン市の朝鮮民族芸術館が記念式を共催し、光復会会員や同胞ら300人余りが出席した。式場となった朝鮮民族芸術館では、「中国人が見る安重根」資料集の発刊、安重根の銅像除幕式、韓中学会など、さまざまな行事が行われた。


これは例えるならば、
2004年に、セルビアで、
オーストリア皇位継承者暗殺
90年記念をするようなもので

現在のこの両国の関係や、
その他現在のヨーロッパなどでの
国際協調的な風潮を考えれば
あり得ない話しょう。


しかも、特定の思想を持っているような
民間団体が行っているのでなく、
鄭雲燦首相ら政府主要関係者が参加しているという
そんな質のものですから、

この、21世紀の国際関係を重視する世界の中でも
きわめて斜め上を行っているという
さすが韓国というべきな
すごさも分かるのではないでしょうか。


そもそも、伊藤博文は韓国併合に対して、
消極的というか孤軍奮闘とも言うべき反対を
していた人物である、ということを
現在も国民には知らせる教育をおこなっていませんし、

当時の韓国皇帝に尊敬すべき人物として、
伊藤の名前をあげているということを
教えられていないのも、

この暗殺もきわめて偶発的なものであったことも、

一切教えられていません。

これは、歴史って何かなと考えるうえで、
考えされられることではないでしょうか。


しかも、このようなイベントを
盛大に盛り上げているうえで、
現職の首相が、隣国の元首を暗殺した人物を
「安義士は韓国の誇らしい民族魂の象徴であり、世界平和を呼び覚ます明かり」
といって盛り上げている時点で、
国として歴史を「勝った負けた」とか、「やったやられた」
といった極めて単純なとらえ方でしか、
いまだにとらえることが出来ない。

と、いうのも歴史って何かな、
ということを考えさせられるのです。


あった事実を史料から読み出し、
客観的に分析したのちに、結論を導き出す
科学的な学問が歴史であり、

戦いにしても、外交にしても、
それぞれが両国の立場などが
それぞれありますから、

100%の善も100%の悪も
ないはずなのです。

が、自分の求めたい結果を探すために
史料を活用するという、
かの国の歴史の考え方には
やはり首をかしげざるを得ませんし、


それ以前にまだたった1世紀しか経ってない
隣国の元首相の暗殺事件を、
現役首相を招いて盛大に祝って、
国家の事業として皆でお祭り騒ぎすというところも、
なんだかなーと思います。


また、
安重根の遺族が17名参加していまして、
殺した側の遺族がいるということは、
お隣の国には、殺された側の子孫も大勢いる
ということに対する配慮がおおいに欠けている

そんなイベントを行うところに、
国家として、人としてどうなのか
と思ってしまうのです。


中には歴史に対して良識のある韓国人も
いるでしょうが、

繰り返しますが、このお祭りは
国家事業として行われているのです。

来年は日韓併合100年の年です。

どのようなイベントが開かれるのでしょうか。



この安重根の話ではないですが、
韓国の歴史認識について、いくつかひっかかる話が
あるのですが、

日韓関係でよく話題になるのが、
「強制連行」に「従軍慰安婦」という言葉でしょう。

現在普通にこのことに対して
問題視がされていますから、
戦後直後から、
もしくはサンフランシスコ講和会議あたりでは
すでに問題になっているのでは

と、思われるでしょう。

ちがうのですね。

「従軍慰安婦」は1973年に、
千田夏光という作家がした造語ですし、
「強制連行」は、藤島宇内が『世界』(一九六〇年九月号)に寄せた
「朝鮮人と日本人―極東の緊張と日・米帝国主義」という論文が
初出のようです。

ということで、それぞれ
戦争中はもとより、
サンフランシスコ講和会議の時には
なかった言葉なのです。

言葉で定義できないことに対して
大騒ぎをするというのも
??と、
まずは思うのです。

従軍慰安婦についても、
後日お話をする機会があればと思いますが
強制連行の言葉が有名になったのが
1965年に出た『朝鮮人強制連行の記録』(朴慶植著)
です。

朴慶植氏は、一九二二年、朝鮮に生まれ、
七歳の時日本に渡ってきた在日朝鮮人で、
この本を執筆した当時は、朝鮮大学校の教員でした。

この本には、一九三九年から四五年までの間に、
六百万人もの朝鮮人が連行されたとされています。

が、この本の書かれた六五年は
日韓基本条約締結の年ですが、
それまで十四年間に及んだ日韓交渉で、
「強制連行」が一切話題になっていないのです。

言葉として、定義されていないだけでなく
韓国でも問題とされていなかったのが
ここでもわかるでしょう。

が、

この本が出された以降、「強制連行」説が広く流布され、
この本などが重要テキストとなって今日に至っていますし、
この本が出された一九七五年以降からは、
「連行」の「被害者」なる者も名乗り出るようになりました。


この本が書かれた時代的な背景は、
二つありました。

一つは、朝鮮総連が一九五〇年代の末から進めてきた
北朝鮮への帰国事業が行き詰まったことです。

在日朝鮮人の運動の目標は、北の祖国に帰ること、
すなわち「帰国=祖国への貢献」でしたが、これが行き詰まります。

都立大学教授・鄭大均氏は次のように書いています。

「やがて在日たちは「地上の楽園」が北のプロパガンダにすぎないことに気づき、熱病のように拡がった帰国熱は急速に冷め、総連系人士には日本での定住を合理化する新しい根拠が必要となった。朴慶植氏の著書が刊行されたのはこのような時期であり、端的にいうと、それは五〇年代から六〇年代にかけて森田芳夫氏が発表した在日論へのアンチテーゼとして提示されたものである。在日一世の多くは「出かせぎ者」であり、より良い生活をするために故郷の農村を離れ、内地での生活を始めたのだと森田がいったのに対し、「いやいや朝鮮人は自ら好んで日本に渡ったのではなかった」と朴は反論し、強制連行説を唱えたのである。> ‥(中略)‥。

 私は恥ずかしながら、たしかにある時期、在日朝鮮人六十万人は、ほぼ全員が朝鮮半島から強制連行されて日本へ来た人々の子孫だと、漠然と思っていた時期がある。‥(中略)‥。そのうち、あるとき、偶然に、戦前日本に来た人々の大多数は、経済的により豊かな生活を求めて日本にやってきたものであるという説明を読んで、なるほどそうに違いない、そのほうが合理的に説明できる、と思った記憶がある。これは森田氏の実証的な研究の影響下の情報である。特別関心をもって自分で調べる機会がなければ、人はいくらでも誤情報に支配される。」

また、あと1つは、
まさにこの年に締結された、
日本と韓国の戦後処理を協議した
日韓会談と、基本条約に反対をすることなのです。


と、いったようなことが、
次第に、様々なところから明らかになっているので
最近では「強制徴用」という言葉で
語られることになっています。

が、「徴用」自体が「強制」的なものですし、
そもそもこの言葉を考えたとされる北朝鮮には、
「強制」とか「強制的」という熟語をつけて
帝国主義者を断罪するということが、ままあります。


戦争が長期化すると、徴兵が拡大し、
労働力不足が生じます。

それを補うために労働力の統制や動員が強化され、
その過程で朝鮮半島出身の朝鮮人のなかに、
炭坑や建設現場といった劣悪な労働現場に送り込まれ、
重労働を強いられ、精神的苦痛が与えられたり、
食事、賃金などで民族差別的待遇を受けた者がいたのは
あるでしょう。

加えていえば、一九三八年二月からは、
徴兵制の対象外であった朝鮮人にも志願兵制度が適用され、
四四年からは日本人同様、徴兵制も施行されました。

これで、朝鮮半島にいる朝鮮人は総動員体制に巻き込まれ、
犠牲が強いられていたのでありますが、

朝鮮人に対する労務動員は、戦争へ行くことの
代わりでしたし
兵士として戦場に送られることに比べて、
炭坑や建設現場に送り込まれ、
重労働を強いられたことが、
より「犠牲者性」が大きかったといえるのかも
考えるポイントです。

また、朝鮮半島に対する、国民徴用令の適応は
1943年からですから、

徴兵令同様に、戦争の末期であることが
言えるのです。

あと、「強制連行(徴用)」の語を使うのは、
政治的な利用の側面もあるようで、

最も端的にそれをあらわしているのが、

拉致議連事務局長も務める平沢勝栄会長代行が
「日本が拉致問題を提起すると、北朝鮮から『日本は840万人も強制連行したのに、たかが十数人でどうして騒ぐんだ』と言われる。強制連行という言葉が拉致問題で政治的に利用されている」
という指摘でしょう。


といったような戦後に出来た言葉が一人歩きして(させて)
問題を拡大させている例があるのですが、

こちらも現在進行中のことです。


「東海」表記に正す、広報専門家が各国メディアへ資料
11月4日10時57分配信 聯合ニュース

【ニューヨーク4日聯合ニュース】米主要紙のニューヨーク・タイムズとウォールストリート・ジャーナル、ワシントン・ポストに、東海(日本名:日本海)の表記は「日本海」ではなく「東海」が正しいとする広告を掲載するなどの周知活動を行ってきたソ・ギョンドクさん(誠信女子大学客員教授)が、各国メディアに東海関連資料を発送した。これまでの活動と同様、歌手のキム・ジャンフンさんが協力した。
 ソさんは3日、「最近、ウォールストリート・ジャーナルでは地図や記事で『東海』を『日本海』と併記しており、大いに勇気付けられているが、世界的なメディアでは『日本海』だけを表記しているところが多く、これを正すために東海関連資料を送ることになった」と説明した。資料は「東海」表記の正当性とその根拠を英文で紹介しており、ニューヨーク・タイムズ、AP通信、CNN、BBC、ルモンドなど各国の通信社、放送局、新聞社の編集局長約500人にあてて送られた。資料の印刷・発送費用はキムさんが全額後援した。作業はソウルとニューヨークで同時に行われ、留学生らが自発的に参加したという。
 キムさんは「独島(日本名:竹島)と東海にとって一番の大きな敵は、われわれの無関心だ」と強調。国内世論を形成するだけでなく、世界的なメディアで「東海」と正しく表記されるよう、さらに努力していくと話している。
 ソさんはまた、米主要紙のオピニオン欄に「東海と独島の真実」という文章を掲載しようと動く一方、日本の主要新聞社と接触していることも明らかにした。
 ソさんとキムさんは9月にも、国連と各国政府あてに東海広報資料を発送している。


との記事で、以前の当番組でも
似たような記事を取り上げたので

デジャヴュのようにも感じますが、


国連や国際水路機構で定めた、
世界標準地名は『日本海』です。
さらに国際水路機構では、
確定済みのことということで、今更、議論をすることではない。
とされています。

もともと、『日本』海という地名が気に入らないからと、
後付の理由を考えているところが、前述の
歴史とは何か。ということにも通じる問題でしょう。

ちなみに、「ニューヨークタイムズ」も東海の広告を載せただけで、
その直後の記事の中では何事も無いように
日本海となっていたそうです。

そもそも、日本海という地名は
日本がつけたわけでも広めたわけでもない
国際標準地名です。

そして、東海問題についても、
ここ数年に問題が拡大してきました。

と、いうことは以前から問題視されていなかった
ことです。

が、このことについてこの番組でも
何度か取り上げているように、

何度となく、問題視をしているのです。


キム・ジャンフン、16日に独島・東海広報費を寄付
11月13日13時36分配信 聯合ニュース

【ソウル13日聯合ニュース】独島(日本名:竹島)と東海(日本名:日本海)を世界に正しく知ってもらおうと、歌手のキム・ジャンフンさんが16日、3か所に1億ウォン(約780万円)ずつ、計3億ウォンを寄付する。
 寄付金は、キムさんが広報大使を務めるインターネット上で外交活動を行う民間団体「VANK」の海外広報費、韓国広報専門家ソ・ギョンドクさん(誠信女子大客員教授)が進める米ニューヨーク・タイムズスクエアの電光掲示板での独島広報広告費、独島専門家として著名な保坂祐二・世宗大学教授の一般人向け独島教育費に用いられる。キムさんは16日午後、世宗大学で保坂教授とソさんに会い寄付金を渡した後、VANK事務所を訪ねる予定だ。
 所属事務所は「米紙ウォールストリート・ジャーナルが記事と地図に東海と表記するなど、目に見える成果が出ていることから、キムさんは周知活動に拍車をかけることにした」と説明した。国民向けキャンペーンを張った東海広報募金も計画しているという。



VANKは、インターネット上などで、
韓国の広報活動をしている団体でして、
資料や抗議文を各機関に送り続け、
相手が根負けして訂正するまで行われるような、
その過激さがしばしば問題となっています。

が、こちらは民間団体ではあります。

また、キム・ジャフン氏なども個人の立場での
活動ということになっています。

が、



VANKは国が支援をしているというところと、
キム氏が何度となく国家で表彰をしている。
と、いったところで、
これも間接的に国がバックアップをしていて、

国民に知らしめている活動だということを考えると、


少々首をかしげざるを得ませんし、

こんな活動の姿を目の当たりにすると、

同じレベルで広報活動をするのではなく、

科学的に正しい歴史的事実を知らしめることに
少しは国の予算を使っても…
って思いますね。

仕分け仕分け言われて、
厳しい状況ではありますけどね。



と、いうことで、
今週は、少々首をかしげる
100周年の話題でしたが、

来週は普通に祝福できる
100周年のお話をしたいと
思います。



ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄
化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
北海道富良野市・上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒07 6-0026 富良野市朝日町5-17 ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2775

リクエストなどは
当ブログのコメント欄でも
受け付けています。
11月16日オンエアー 第240回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」の
番組内でオンエアーをした曲です


♪「君となら」    松たか子
TV『獣の奏者 エリン』Ed

穏やかな曲調のピアノサウンドに重なる
ハモンドの浸みるような音色の組み合わせに、
松さんのさわやかな歌声がのっかる
ミディアムテンポの楽曲です。
イントロや伴奏での楽器で奏でられる
明るさやさわやかさと、
松さんの肩の力の抜けた自然体に響く
伸びやかな歌声との調和の具合が
まずはいい感じのに加えて
彼女の歌声が一聴すると素朴な感じで
シンプルに響くのですが、
その歌詞に使われている二人称が「キミ」一人称が「ボク」
という、いわゆるキミボク歌であのせいもあるのでしょうが、
歌でメッセージの深さを伝えようとする
表現力の幅をも感じます。
今までも、松さんの歌声といえば、
この伸びやかさと、自然体が魅力でしたが、
この曲はその傾向が一層強くなっています。
週刊文春連載の近田春夫さんの
「考えるヒット」では
「(前略)1番感じたのは勢いである。以前の彼女はもう少し用心深く歌を歌っていた気がする。それがひとつふっきれたというが、歌唱というものをもっとザックリととらえている趣なのだ。料理にたとえるならば煮込みと炒めものの違いだろうか。丁寧であることより直感を重視した歌い方になっているのである。それは自身というものがうらづけとしてあらばこその変化に違いない。勢いが感じられるというのは、要するに、迷いが感じられないということなのだから。(後略)」
などと書かれていて、納得をしたのですが。
そんな歌声を生かす、サビ部分とかの
コーラスワークも秀逸ですし、
間奏部分のサックスのソロと
サビのコーラスが伏線のようになって、
後半部分でのサビなどの後で、
サックスの対旋律とハモンドオルガンの
さりげなく細かく盛り上げている
歌うようなサックスとかもツボですよ。
歌声、楽曲、楽器の演奏、歌詞のメッセージ、
すべてこみで、陽だまりのような響きの1曲です。





♪「以心電信(You've Got To Help Yourself)」   HMO

西洋のパレードような
ファンファーレを思わせる派手な旋律と、
大陸的なサウンドがところどころに散りばめられている
雄大さを持つ曲です。
坂本さんと高橋さんの作曲ですが、
坂本さんによると、
楽曲的にはビートルズのにぎやかな曲に影響され、
華やかさがある式典をイメージしているとのことです。
また華やかな楽曲に前向きな歌詞か乗っかるのが、
この曲のよいところですが、
作詞は細野さんと、ピーター・バラカンさんで、
強烈に響く「♪生まれたままに/生きる自分を/
愛してみよう。♪」というメッセージとか
サブタイトルでもあるYOU'VE GOT TO HELP YOURSELFなどをはじめ、
細野さんは、アメリカの自助運動の影響を受けて、
「自分を助けられない人間に他人なんか助けられない」
と言う想いとともに、
チャリティーソングへの半ば皮肉もこめて作詞したそうなのです。
ただこの曲自体は、国際連合による「世界コミュニケーション年(WCY)」の
テーマ曲として、NHKで頻繁に流されましたが、
そのことに対する皮肉でもあったようです。
深いですね。
高橋さんの色気のあるボーカルもまた
この魅力的なメッセージを伝えるのに
ふさわしいのですが、
ミクの声だと、その無機質な色気が
これまた癒しのように響いて、
強いメッセージが伝わってくるように
感じるのですが。
ちなみに、番組本編でお話をしているテーマは、
中国の三国志でしたが、
そんなのにも実はよくあっているなと、
曲を聴きながら思っていました。





♪「夢幻」  水樹奈々
「FURANO History Factory」11月のマンスリーパワープレイ
TV『WHITE ALBUM』Op 『アニメロミックス』CMソング

迫るようなピアノの繊細な音色と
ボーカルに導かれたドラマチックな音の重ね方に
ギターの骨太さが加わってきて
聴いてすぐに引き付けられるのです。
水樹さんの楽曲では、
ハウス系のシンセミッチリサウンドで
突っ走るような感じの曲が結構ありますが、
そんなサウンドもこの曲の中では
あたりまえだで使われておりますし
一頃から、よく使われるようになって、
これも快楽装置として機能をしている、
ギター・ストリングスの組み合わせも、
この楽曲のなかでもオいしい役割を果たしています。
サビ部分とか、間奏とかで多用されていて、
気分を高揚させてくれるキックの16分音符の
鋭い刻みがアクセントになっていまして、
ここは今までそんなに彼女の楽曲で聴くことが
出来なかったのにって感じです。
そんな今までの音楽の集大成というか、
そんなサウンドの重なり合いが、
彼女の歴史を垣間見るようでもあり、
快楽のツボをつかれまくりな、
エクスタシーを刺激されまくる楽曲なのです。
そんなダイナミックスとバリエーションにとんだ
変幻自在な楽曲によくにあう感じのボーカルが
これまた。、たまらない感じで響くのですよ。
おだやかなパートのさやくような声
そして、ハリのある声とかもすべて含めて、
艶っぽくてよいですね。
こんな声と曲との相乗効果で響くところも
彼女の歴史を垣間見るようです。





♪「通過地点のMUSICA」     長門有希(CV 茅原実里)
「under “Mebius”」カップリング
TV『涼宮ハルヒの憂鬱』CS

甲高くポロンとならされる音や
SEのような音が不思議に響き、
曲がはじまりますが、
冒頭の部分から、3つの音を行ったり来たり
する曲を四分音符の曲にのせていまして、
そんな曲の作り方とリズムのいじり方で
不安定な感じに展開をさせているのが、
まずはひかれます。
冒頭から、リズムはリズムボックスで、
バックはピコ音が中心に響いている、
いわゆるテクノの範疇な音楽ですが、
ベースラインの動きが結構凝り性なところは
好みであります。
カップリグ曲はダイナミックなアレンジの
奔放な展開の楽曲でして、
それに比べてオダヤカでありますが、
これはこれで。なんです。
因みに、カップリングの曲は、甲高い機械っぽい声と
低い地に近い声を使い分けていて、
茅原さんの新境地ともいうべき曲ですが、
その甲高い機械っぽい声がミクっぽいと、
知人から指摘されて、はたと膝を打ったのです。
ミクっぽい機械的合成音を思わせる歌声と、
このベースラインの組み合わせといった凝り方は
リーダー細野さんがベーシストである
YMOにも通じる感じですが。
また、この曲は無機質な感じに響く、
高い機械っぽい声がほとんどで曲は進んでいきますが、
サビの最後のパートでぽろっと心情を吐露するように
地の歌声を披露するところ。
この組み合わせの計算はスゴいですし、
アクセントになっていて、頭にひっかかりを残すのです。
が、それは一瞬だけのもの。
ってのも計算ですか、スゴいですよ。
ぴろりって鳴る、16ビットのファミコンのような
素朴なピコ音を効果音のように使うのも
アクセントとして、ひっかかっていいですね。





♪「悲しいほど青く」     清浦夏実
TV『ささめきこと』Op

そおっと入ってきて、
静謐な空間にも馴染みそうなピアノ、
作品世界にハマる感じで
さりげなく入ってくるストリングスの組み合わせの
穏やかなサウンドで始まるイントロ。
ストリングスアンサンブルの
気高く優美さを感じるような
バイオリンの美しくも甲高い音に
ふわんとささやくような、
透明感な歌声がさらりとのっかる
スローな楽曲です。
最初は、歌とピアノとストリングスで
楽曲はすすんでいくのですが、
次第にアコースティックギターやベースがのっかって
曲世界を広げてゆくところが気持ち良いのです。
清浦さんの歌声の、透明感とふんわりとした
柔らかさの原因はいくつかあるのですが
声の中に息の多さと、このことなどに起因する
艶っぽさなのかなーと思ったのですが、
穏やかな楽曲をこのように丁寧に歌い、
元気な楽曲を健康的に歌うという
そんな歌幅の広さと表現力も好きですね。
この楽曲によくあうのが
ドラムを使わずにパーカッションだけで
リズムを刻んでいるところで、
ボンゴとかリンとなる鈴の音などがまた
穏やかな曲世界のなかで映えます。
ピアノ伴奏だけの2番のはじまりから
歌で曲が広がるという構成も好みです。
歌詞もせつなくて、曲が少しだけ明るい分だけ
甘酸っぱい思春期を思わせる気分とあいまって、
それはそれ、という感じがいたしますね。
間奏部分のアンサンブルの美しさ、
バイオリンとビオラのかけあいのようなフレーズとか
コーラスワークなどの巧みさも光ります。
この曲をパーカッションとともにオダヤカに支えている
シブいウッドベースをひいているのは、
バカボン鈴木さんでした。
こんなところにも、にやっとしてしまいます。
ちみに楽曲には全く関係ないのですが、
彼女のひいひいおじいさんが
昭和の元老、清浦奎吾ってのも、
僕的にはスゴくビックリしたのですが。
来春にアルバムの発売されるそうですが
今から楽しみです。







このような曲をかけているFHFですが
リクエストも受け付けています。

リクエストは、このブログのコメント欄でも
受け付けます。

よろしければ。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2771

追 
当番組でオンエアした「曲の感想」を
ブログで書いてきましたが、その中で、
今年分の中で厳選をした傑作編を作る予定です。
そんな本を冬のお祭りで
置いてもらうことになりました。
一日目 東 ユ 12b「V.O.L.」です。
よろしければ、お待ちしています
富良野地方に冬の訪れを告げるのは、
芦別岳や十勝岳の雪と、

吹上温泉から望岳台までの
冬期間通行禁止のおしらせなのです。

すでに、こちらは「知床峠」よりも早く
通行禁止になってしまいましたが、

そんな十勝岳の登山コースや温泉群に向かっていくと、

凌雲閣やカミホロ荘へ向かう道と
吹上温泉を経て白金温泉へと向かう道との
分岐がありまして、

丁度そんな分岐にあるのが、十勝岳温泉(翁温泉)の
「ヒュッテ バーデンかみふらの」でして、

土日お仕事期間中には
大変重宝をする温泉であります。

五時前に仕事を終わらせたあとに
それっ、て感じで向かいました。

車を停めて、湯銭を払って
中へと進んでいきまして、
脱衣場に入ると、誰もいない様子。

ヤッター、
貸し切りでありますよ。


ってことで、中に入ります。

第98湯であります。

そして、床に足をつけると



湯槽からあふれたお湯が
床に層を作っていて

その厚さ一センチ以上。

それだけふんだん、かつ、贅沢に
あふれているのでありますよ。

これはスゴいですね。

ってことで、まずは、

お湯に入りながら、外へのドアをあけなければ
露天へいけないという遊び心たっぷりなところが
お気に入りでもあります、露天風呂へ。

こちらの露天も目の前が土手みたいな草の壁なので
正直景色はよろしくないですが、

外に出ると、裸眼0.1未満のワタクシでも
ボヤッと星が見えるのです。

これはいいですなー。

しかも、白金にも通じる、濃碧茶色の
上質なお湯がふんだんにあふれています。

さらに、湯槽のへりには、六〇センチくらいの幅で
ふんだんにお湯があふれているため
湯が七センチくらい層をつくっている

そんなスペースがありまして



ってことは道南スタイルっスね。

スペースにカチッとハマってごろごろいたします。

露天に入っては、
ごろごろをして

ってのを繰り返します。


いやー、幸せですな-。

でもって、内風呂に戻ると
未だに誰も入っておらずに、
こちらも貸し切りであります。

そこで、しばし内風呂の湯槽をも楽しむのですが、

こんだけ床にあふれるのお湯の層をみて
だまってはいられません。

こちらでも道南スタイルです。

いやー。ぜいたくぜいたく。

と、ごろごろしているときにふと気がついたのです。

ごろごろしているだけで、頭とかにアセをかいてくる。

この気持ちよさってのは、実は岩盤浴の気持ちよさに
通じるものがあるのではないだろうか。

ってことで、また一つ勉強をした思いで
こちらを後にしたのでありました。

その後は、上富良野の街へ行くと、
丁度演習中で、
暗い中であちらこちらで
ぼうっと、灯りが灯されています。

ご苦労様です。

そんなのを見ながら上富良野の街へ戻って、

富良野らーめん 花道で、
その名物である

富良野赤味噌ラーメンの、縮れた太麺と、
豚骨ベースでピリカラな感じの赤味噌の
クリーミーでマイルドなスープの
絶妙なバランスと、

豚腹飯の小に舌鼓を打ったのでした。



でもって、土日オシゴト期間中の
ツネである、朝風呂ですが、

この日に向かったのが、
カミホロ荘であります。

この日は富良野はそれなりに良い天気でした。
が、自衛隊の演習場を超えた当たりから
なんだかアヤしくなってきた感じですし、

中小屋を超えたあたりではっきりと雪が降ってきます。

しかも、車をすすめればすすめるほど
はっきりと降ってくる、

しかも軽く吹雪いてくる感じの雪。

すごいですね。
これが北海道の二千メートル級の山へ向かう
路ですよ。

ということを感じながら、
無事に到着。

駐車場から強い雪に顔面を凍らせながら。
中へ入って、
湯銭を払って、脱衣場と向かいますが、
脱衣場の中からぷんとにおう
ヒバヒノキの香りですよ。

スゴいですよね~。

ということで99湯目であります。

なかへ行きますと、その湯の香と、木の香が混ざった
そんな香りだけで、
温泉に来た感が満たされるのです。

ふいー。

これがいいんですよ。

と、いうことで、まずは露天風呂へ。

がらっとドアをあけると、

うわっ、サブサブサブサブ。

コリャタマラン、

でもって、湯槽に身を沈めて


あぢあぢあぢあぢ


って、どんなベタなコントですか。

昭和のリアクション芸人のような
反応をしてしまったことに


なにやってんだ…って思いながら
一人ツッコミをしながら、

改めて、湯に身を沈めますと

あ゛~っ

いいですねー。

暖気していない車の中から、
駐車場のあたりを経由していて、

すっかりカラダが冷え切っていたせいで、
熱く感じたのですね。

透明で軽く苦い、
馴染むと、穏やに感じる、
入りやすいお湯なのですよ。


でもって、ぼうっと、外を見ますと、
風がつよく拭いている中に、
軽い雪が舞っていますので、

そんな横から斜めへと流れる雪を
今季はじめて見ました。

もうそういうシーズンですね。

などと思っていると、

!!

演習音が間近でします。

この軽く吹雪いている中で、
ご苦労さまですね。


でもって内風呂に戻りまして、
むっとする木の香と湯の香に圧倒されながら、

お湯のヤサシサを味わいながら、

あーいかった。

と、いうことで、大満足のうちに
こちらをあとにして、
オシゴトに向かったのでありました。






ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市・上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒07 6-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2775

リクエストなどは
当ブログのコメント欄でも
受け付けています

よろしければ。
☆「soup curry porco」
(札幌市東区北14条東1丁目)


札幌へ出張であります。

しかも仕事の関係で駅前に宿泊であります。

と、いうことで、7時過ぎまで真面目にお仕事に励み
ようやく開放されその足でむかったのが、

2年ぶりのポルコでありました。

こちら、人気店なのですが、
駐車場の台数が少ないこともあり、
車で札幌にいくとなると、
なかなか行く機会もなかったのですよね。

ということで、地下鉄東豊線の北13条東駅で降りて
少々薄暗い中を歩くのですが、

歩いている道からはお店の灯りなどが見えないので
ひょっとしてやっていないのでは??という
不安も胸をよぎるのですが

!!

そんなことはなさそうです。

北13条の交差点を過ぎたあたりから
ほのかに漂ってくるカレーの香りが
北へ行けば行くほど強くなってきますからね。

まず、これがスゴいですよ。


と、いうことで到着。

扉を押して中へ入ると、
久々のナツカシイ感じの、
トモダチの家のような感覚。

そうそうこれですよね。

銀色の棚に置かれた雑誌やまんがやミニカーなどの
おもちゃ類、

店名のポルコが豚の意であることを
再認識させてくれる
様々な豚のグッズ類。

これがポルコです。

と、いうことでカウンターの
堅い銀色のオシャレな背の高いイスに腰をおろし

メニューを吟味。

チキンレッグ 950円
鶏もも肉(骨なし) 950円
牛スジ 950円
チキンハンバーグ(チーズ) 950円
豚角煮 1100円
十勝ホエー豚しゃぶしゃぶ 1200円
〔上記は タマゴ・じゃがいも・にんじん・白シメジ・ピーマン 入り〕
チキンベジタブル 1150円
鶏ももベジタブル 1150円
牛スジベジタブル 1150円
チキンハンバーグベジタブル 1150円
豚角煮ベジタブル 1300円
十勝ホエー豚しゃぶしゃぶベジタブル 1400円
〔上記は タマゴ・じゃがいも・にんじん・白シメジ・ピーマン
揚げナス・ブロッコリー 入り〕
シャケなスープカリー 1000円
かきカリー 1300円


辛さは、

0123 ソフトな辛味
~6~9~12~15 といったカテゴリーで分類

ライスは
なし~300㌘まで無料

トッピン具〔と、メニューに書いてあります…〕は
チーズ 50円  ナス100円
メダマ焼き 100円  ハバネロウィンナー 250円
かぼちゃ 100円



まぁ、お仕事終わった夜カレーで
しかも地下鉄で行っていましたので
まずはビールを

と、思って注文したら

ビール終わっちゃったんですよ~

とのこと。

あら、残念。

と、いうことで改めて気を取り直して、


以前こちらのお店を訪れた時は、
店名のポルコに敬意を表して、

ポーク系のスープカリーと、

雑誌ではじめて、こちらのカレーを見た時の
インパクトがあったということで、

チキン系のスープカリーをオーダーしたことがあったので、

今回はメニューを一目見ただけで
ビビビッときた、
牛スジのスープカレーを。

そして、トッピン具には、
メダマ焼きと、
こちらのカレーといえば、
意っぽくまるまる入っている存在感十分のナス。

ライスは200㌘、

辛さは6番で

オーダーストップ!!


BGMの「FM North WAVE」に耳を傾けつつ、
銀の棚においてあった安倍夜郎さんの
「深夜食堂」を読んでいる
〔この本は、家にもあるのですが、
なぜかひかれてしまいましたよ〕と、

カウンターに座っているということもあり、

じゃーっという盛大な調理音と、
その音と共にするぷぅんという
香ばしい香りが…ダイレクトに伝わってきて、


うーむたまりませんなー。

イヤがオウにも
期待でドキがムネムネです。


そんな感じでまつことしばしで、


まずはライスが登場。

!!!

非対称形の白い清潔な皿にのった
淡いレモン色のターメリックライスと、
分厚く切られたレモンが

いい感じでありますね。



続いて、ぷぅんと漂ういい香りとともに

ライスの皿と同じような
白いボウルのような食器に入って、

カリーが登場です。


!!!!!!!!


そのオレンジ色したスープが

まずはポルコのカリーですねー。

脂がスープと分離していたりとか、
粗挽きのスパイスが漂っているような

そんなタイプではなく、
ちょっと身はあくまでも
均質にオレンジ色した
スープなのです。


しかもカレーを覆うように、
黄身が2つ使われている

メダマ焼きが乗っています。


ですよねー。

メダマ焼きってくらいですから
黄身は2つですよね~


しかも、そこからは
20センチ弱の長さの
堂々とした人参が、ツノようにも、
食感のようにもびよんと飛び出ていまして、

そのメダマが2つあるところと
オレンジのとんがりの組み合わせが

ウルトラ超人のようでもありますね。


いいぞいいぞ。


すっかり盛り上がってまいったところで、


まずはスープをぱくっと。

!!!!!!!!



ゥヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲ


これは、


まずは、ガッとしたインパクトが
訪れるのです。

そのウマ味、そのコク、
これが訪れてきて、インパクト強いのです。

そのオレンジ色の原因ともなっている
トマトをはじめとした、野菜や
様々のスープのうまみこく成分が

いっきにおしよせてくる感じなのです。

これはスゴい。


が、インパクト強いというと
クセの強さをも連想させますが、


そんなことなく、
スッとあとひく感じなのです。


すごい。

そして、


!!!!!!


直球でズドンと切れの良い球がくるような
スパイシーさなのです。


「辛さは6番で」
と僕がオーダーした時に、

「辛いの大丈夫ですか~」
と聴かれたのは伊達ではない感じです。

これはカラい。

ただし、カラさがウマい。

カレーの旨味、コクなどにしっかりと支えられて
辛さが突出するのではなく、

辛さがカレーのウマ味の一部分として、
良く機能をしている感じなのです。

よく、辛さのみを自慢しているような
そんなカレーでは、

辛さがウいてしまって、
結局舌や唇だけがヒリつく感じのみが残って
しまうのですが、

そんなことはないのです。

カラいのがウレしくもウマい感じなのです。

しかも、最初口にした時は
結構最後までいけるかが少しだけ不安になるような
辛さでありましたが、

次第に食べすすめていくと、スイスイと
いけるようになってくるのです。

熱い温泉に入った時に、
最初はアチチチチと思うのですが、
次第になれてくるのに似ているかもしれません。

が、やはり、ここも、
辛さだけが突出しているのではなく、
旨味とかコクに支えられている
ってのが大きいのでしょう。

辛くてありがとー。

うまくてありがとー。


と、スープをすすっただけで、
もう大満足ですが、


こんなのは、まだまだ序盤ですよ。


メインは牛スジです。

まずは、内臓独特の
野趣に富んだ感じの無骨な味が

スパイスの刺激とよくあいまって、

これはいいぞ。

ラムのカレーを食べるときも思うのですが、
野趣に富んだ肉ってのが、

スパイスとあうのでありますよ。

しかも、牛スジですから、

そんな部分にくわえての
たっぷりの脂身があるのです。

これが見た目にもぷるぷる

口の中にいれてもぷるぷる


噛みしめるためにコラ~ゲ~ンってかんじで、
歯で、舌で、喉で、
口腔全体でぷるぷるを受け止めるのです。

口福です~

しかも、こんな牛スジが
たっぷり入っておりますからね。

これはすげーや。


でもって、メダマ焼きからにょんと伸びでいる
20センチ弱の長さの人参も
しっかりと油通しされていますので、

アマアマホコホコのしろもの。

ピーマンも肉厚で
噛みしめるたびに、そのピーマン独特の
青臭くもさわやかな感じがありまして、

それぞれが
スープカレーの刺激を緩和しながらも

盛り上げてくれるのでありました。


そしてジャガイモですが、

これまたメークイーンがごろんと
入っていまして、

これがホコホコな噛み心地なだけでなく
軽くねっとりとした複雑な食感ですし、
当然アマい。

人参の微妙な甘さに
ジャガイモの微妙なアマさ。

それぞれがカレーの刺激の
緩衝帯でもあり、
盛り上げ役でもあり。

すごいですね。


トッピングした茄子も、

途中包丁こそ入れられていますが、
1個まるのままごろんと入っていて、

しかも、しっかりと油通しされていて、

茄子自体のみずみずしさ、
それが脂を吸い込んで、
ウマくなっているのに加えて、

スープカリーとともに、口の中にはいってきて、

噛みしめると、これらが
三位一体でじわっと
口撃を加えてくるのです。


うおおおおおおお


ナスいーねー。


と、いうか、
盛大な調理音が伊達ではない証が
これらのしっかりと油通しされて

美味しくなっている、
そんな野菜の使い方の巧みさなのです。

こちらの白い清潔そうな食器とも
つうじるかんりの

トゥルンとした食感の白シメジも
いいですね~。


これらをまずはライスと交互でいただくのですが、

ライスとも組み合わせ的に
よくあいますよね。

ライスをたべ、
スープをすすりながら、
具材を食べていく。


この組み合わせってのが、
いいですよね~。

てな感じで、
食べ進めていきまして、

残り三分の一になったところで、

ライスをスープに投下して、
レモンをぎゅうっとしぼります。

でもって、ここも楽しみでありますが、

まずは、メダマ焼きを1個たべますと


!!!

をを

白身までしっかりウマい。

これも油通し効果でしね。

この香ばしさってのがタマラナイのですよ。

でもって、つづいて黄身をいっこつぶして、
カレーとスープとライスに絡めて


ばぐばぐ


うぉぉぉぉぉ

う~ま~い~ぞ~


ただし、ふつうなら
ここで一気呵成にいくところなのでアリマすが、

ポルコのカリーはまだ楽しみがあるのです。

一見、ゆでたまご、

でもスプーンでかるくつつくと


ぶよん ぶよん

このぶよんがウレしいのですよ。

中がしっかりとやわらかめな半熟の証。


おもいきってぐっとおすと。


ぱかっ


ヲヲヲヲヲヲ

とろっと流れ出す黄身。


これですよこれ。


そして、残しておいたメダマ焼きの黄身もつぶして、

ここでがっつり攪拌をして、



この卵の黄身の助っ人で超濃厚になった
スープとレモンの酸味に加えて、
カレーリゾット状のライスを、


ばぐばぐばぐばぐっと、

一気呵成にかっこむのです。



うぉぉぉおおぉぉぉおぉぉぉぉ!!!!!



これだこれだこれだ。



でもって、レモンを搾った水を
ぐびぐびぐびっと飲んで。


ぷっはー。


いんやー、ウマかったー。

ごっつぉー様でした!!!


行った時間は、
夕食時ではありまして、
僕以外にはサラリーマン風の二人連れと

学生風のお客さんということで、

そんな風情が、読んでいた「深夜食堂」の世界と
どこかシンクロするようでもあります。


あと、カウンターの上には
UCCコーヒーのエヴァ缶がのっていまして
「真希波バージョン」までありました。

ここもすごいなーと思ったのですが、

その他にもメイドのコーヒーなども
あったのですが、

そんなカンカンコレクションの中に

ビックサイト限定の「聖地の珈琲」を見つけて、
思わずニヤっとしてしまいました。



この時ワタクシ、頭はいうまでもなく、
首まで汗ダク、

均質に見えたスープですが、
食べ終わったあとは結構あまたなスパイスが
沈殿しているのを見たりして、

ここもアナドレナイところ。


そんなスパイスマジックで、ほてったカラダに
十一月の札幌の風が
心地よかったのでした。






☆「soup curry porco」
(札幌市東区北14条東1丁目)
◇営業時間◇ 11:30~21:30
(中休み 14:00~17:30)
◇定休日◇ 月曜日(月曜祝日の時は、火曜日休業) 
◇駐車場◇ 有 ◇電話◇ 011-741-0531



あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。

当ブログによせていただいたコメントも、さしさわりがなければ
番組内で紹介させていただきます。


あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2771
2009.11.18 昭和のカレー
かつて、家で食べるカレーも、
学校の給食で食べるカレーも、
学食で食べるカレーも

イメージとして黄色いカレーでした。

で、外で食べたカレーのスプーンが
コップに入っていたのにビックリして
家でもマネたりとか、

庖丁人味平のカレー戦争でも
そんな描写があって、冷たい水を飲んだりと

なんだかナツカシイ思い出が出てくるのです。

そして、こんなことも思い出したのでした。


11月16日 オンエアー 第240回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
での、コーナー「富良野印度化計画」であります。

こんな記事がありました。


ノーベル賞下村さん、母校訪問=65年ぶり、思い出のカレー-大阪
10月14日16時27分配信 時事通信

 ノーベル化学賞を昨年受賞した元米ウッズホール海洋生物学研究所上席研究員の下村脩さん(81)が14日、65年ぶりに母校の大阪府立住吉高校を訪問した。下村さんは同校の中野悦次校長に「転校してきた時、旧友のおごってくれたカレーがおいしくて忘れられない。ぜひ食べたい」とメールで要望。65年前の味を再現した「思い出のカレー」が下村さんに振る舞われた。
 一緒に食事をした同級生によると、下村さんは「こんな味やったなあ。昔はソースをかけて食べたんや」と懐かしみ、戦時中のころを振り返っていたという。 

カレーと聞くと、ノスタルジアをも
思い出させてくれます。

しかも、僕も子供のころは、
カレーにソースでした。

で、カレーとソースの関係について
スルドく考察をしているのが、
当番組でも何度か取り上げました、

野瀬泰申さんの、
「天ぷらにソースをかけますか? ニッポン食文化の境界線」(新潮文庫)
です。

こんな記述です。

「阪急百貨店二十五年史」には昭和十一(一九三六)年から十二年に黄金期を迎えた梅田阪急食堂では、一日の平均客数が四万五千人に上り、三十銭のランチが毎日一万五千食、次いでコーヒー付き二十銭だったカレーライスが一万三千食も売れたと書かれている。三位が二十銭のカツレツで九千食。この当時、どれだけカレーが人気であったかがよくわかる。
さて、私が阪急百貨店の社史を読んでいて目に留めたのは、その次の記述であった。これだけの需要を賄うのに百貨店側が、一日に使った食材は「白米60俵、牛15頭、豚5頭、鶏350羽、卵(4貫入り)三〇個、ソース40石、醤油(3斗6升入)80樽、酢40樽」などであるが、中にでてくる「ソース」とはウスターソースを指す。それを日々40石、つまり一升瓶で4000本(七千二百リットル)も消費しているのである。これを客数の四万五千で割ると、一人当たり百六十㏄になる。
これは、和食、洋食、中華全体の平均であって、和食と中華にはあまりソースは使われなかっただろうから、洋食に限って考えると一人一回当たりソース使用料は恐るべき量になる。一番人気のランチの中身は「エビフライ、ミンチボール、ライス、コーヒー」であったので、ソースを使うとすれば、エビフライだけであろう。
三番人気のカツレツはソースが必需品であるが、カレーにも相当量のソースが用いられていなければ、このな数字にはならない。というのも「ソースで天ぷら」の章で見たように、日本型のウスターソースは明治の大阪で生まれ、大阪には当時から「洋式醤油」「新式醤油」を料理にかけまわす文化があった。カレーにもソースをかけたであろうし、現在の大阪の大衆的なカレーがソースを随伴していることから考えても、どこかの時点で「カレーにはソース」が定型として出来上がっていたはずである。
ともかく「カレーにはソース」と思っている人が「たまには贅沢して卵をのせようか」と考えたとしよう。カレーライスにソースをかければ、「自由軒」のように全体を混ぜるのか、食べる部分だけわそのつど混ぜるのかは別にして、混ぜないと味にむらができる。ならば卵は一緒に混ぜることができる生卵でなくてはならない。ゆで卵では混ざらないのである。
わたしは大阪の「カレーに生卵」という食べ方は、その前に「カレーにはソース」というかき混ぜ型の食べ方があったから成立したのではないかと考えている。かき混ぜない食べ方に、混ぜないと食べにくい生卵が入ってくる余地はなかろう。だからカレーライスを混ぜない東京では生卵ではなく、ゆで卵になったのである。
(中略)
それにしても梅田阪急食堂でのソース消費量は多すぎはしないか、一日四十石ではなく四石だったのなら、現代人はホッとするのである。



とのことです。

なっとく、
ナルホド。

カレーにソースと
カレーに生卵の関連性が

見事に解き明かされています。



それで、下村先生ではないですが、
カレーとノスタルジアの話というと、

僕も学食の粉っぽいカレーとか、
某大手チェーン店(ココイチではないですよ。
ってか、僕が学生のころココイチは東京に
なかったですし…)の缶っぽいカレーとかで

なんぼ腹を満たしたことか…。

そんなことが、かつて学生時代にカネがない時通った
カレースタンドの横を通りかけるときに
ふと思ったりしますし、

帰省やお祭りなどで、
羽田空港に行ったとき、

モノレールや京急の乗り換えのところで
強烈なカレーの臭いをかぐと、

あー東京なんだなー

ってことが再認識されたりして…

カレーっていいですね。



にしても、カレーとは関係ありませんが、
ノーベル賞つながりで、

ノーベル賞受賞の野依氏憤慨 事業仕分けで「スパコン世界一」を否定
11月13日19時32分配信 産経新聞

 政府の行政刷新会議の13日の仕分け作業は、次世代スーパーコンピューターの開発予算に事実上の「ノー」を突きつけた。議論の方向性を決定づけたのは「(コンピューター性能で)世界一を目指す理由は何か。2位ではだめなのか」という仕分け人の発言。結局、「科学技術立国日本」を否定しかねない結論が導かれ、文科省幹部は「日本の科学技術振興政策は終わった」と吐き捨てた。
 次世代スパコンは最先端の半導体技術を利用。ウイルス解析や気候変動問題のシミュレーションなど広範な研究での活用が期待されている。「1秒あたり1京回」という計算速度が売りで、現在、世界一とされる米国製の10倍の速度になる算段だ。平成24年度から本格稼働の予定だが、総額約700億円の国費が今後必要なため、財務省は見直しを求めている。
 この日、口火を切ったのは蓮舫参院議員。その後も「一時的にトップを取る意味はどれくらいあるか」(泉健太内閣府政務官)「一番だから良いわけではない」(金田康正東大院教授)「ハードで世界一になればソフトにも波及というが分野で違う」(松井孝典・千葉工業大惑星探査研究センター所長)などと、同調者が相次いだ。
 文科省側は「技術開発が遅れると、すべてで背中を見ることになる」と防戦したが、圧倒的な「世界一不要論」を前に敗北。同研究所の理事長でノーベル化学賞受賞者の野依(のより)良治氏は「(スパコンなしで)科学技術創造立国はありえない」と憤慨していた。

なんて記事があったのを見かけると

なんだかな~と
思ってしまうのです。






あなたのオススメどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。

当ブログによせていただいたコメントも、さしさわりがなければ
番組内で紹介させていただきます。

あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2771
2009.11.17 霜月半ば
FHF
十一月も中盤にさしかかりまして、
少しずつ寒さがましてくるに従って、

年末が近づくということもあり、
慌ただしくなってくる気がします。

今年もあと五十日きりましたので、
仕事面でも、プライベートでも
やり残したことをそろそろ
整理をしなければなりませんね。



11月16日 オンエア 第240回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
です

先週は、三国志や三国志演義のなかで
よく見ることが出来る、武人としての曹操の姿を
紹介しました。

が「演義」では、主人公「劉備」のライバルに
あたる存在なので、
強さや賢さとともに、
その猜疑心の強さなどが誇張されています。

だから、曹操の話をすると曹操が現れる
といったようなことわざまで
出来たくらいにして…。

ま「うわさをすれば影がさす」と同じような意味ですが…。


そんな曹操、武人としてだけが
曹操のスゴさではないのです。


三国志の時代の前後は、
中国大陸の人口が激減した時代でもありました。

黄巾の乱から続く一連の戦乱、虐殺、農民の離農、
悪天候や疫病などがその原因ですが、
例えば、後漢末の桓帝の時代に5648万を数えた人口が、
三国時代には818万人の半ばになっていて、
およそ7分の1になるまでの減少しているといわれていて、

学者によっては十分の一まで減ったと
主張している人もいます。

ただ、単純に人口が減っただけではなく、
流民が戦いを避けて流浪中に豪族の私民になったので
戸籍を外れたなどの要素も考えることが出来るのです。

が、それでも、後漢の王朝が機能しなくなり
再び晋により統一されるまで、
それ以前の中国史上の前例である秦末の項羽と劉邦のあらそいや
前漢末の赤眉・緑林の乱とか王莽の時代とは
比較できないほど時間がかかっていることや、

この時代の少し後に大陸周辺異民族により大規模な集団移住と
それにともなう諸国の勃興という、いわゆる五胡十六国が
起きていることから、

実数としては、この数字通りではないにせよ、
相当な人口減少と、中国国内に
人口が希薄な地帯が登場しているといって良いでしょう。


このような時代に、中国を統一するためには、
従来の秩序などに頼るのではなく
一種果断な実行力と決断力を兼ね備えたものの活躍は
まさに時代をよく読んだうえでの活動でした。

また黄巾党の主張がある意味で反儒教であったのに対し、
曹操は、当代のインテリですから、儒教的バックボーンがあり
そんな混乱を嫌った面もあるのです。

ただ普通のインテリならば力を得た後は
後漢の復興を考えるところですが、
ここが曹操の面白さというか、リアリストな部分であるというか、
禅譲の形こそとりますが、実質的に王位を簒奪することになります。

ここが後の曹操批判にもつながるのですが、

これは、曹操の祖父が大宦官で政治的には大きな権力をもっていたものの、
宦官は所詮宦官ということで、若い頃とかに
その家柄という点で大いに馬鹿にされていて、
なまじ仕事が出来るぶんだけ、
そのことに対して不満であったのではないかと思います。

だから儒教的常識や道徳を大切にしつつ、
後漢の王室を盛り上げるということには
つながらなかったのでしょうし、

そんなアンビバレンツが
曹操の人間くささというか、魅力かもしれません。


さて、そんな曹操がとった施策ですが、
有名なところから、
まずは棗祗・韓浩らの提言を採用して行ったのが、屯田制です。

屯田とは、戦乱のために耕すものがいなくなった農地を
兵士が農民を護衛しながら耕させる制度でして、

当初は難航をしますが、この制度が軌道にのることで
魏の国力は上がることになります。

屯田自体は、大本は漢の劉邦が、
そして、後漢の劉秀も似たようなことをしていますし、
近くでは、袁紹もとりいれていますが、

あくまでも部分的に行っていたのに過ぎず、

本格的に実施をしたのが曹操でして、
前述した通り、流民の多い時代でもありましたので、
そんな各地の食い詰めた民衆達を大量に集めて、
国力の増強につなけましたし

これは後の様々な王朝もマネをしています。


また、曹操は広げつつあった勢力圏の
境界付近に住む住民や氐族を内側に住ませることで
戦争時にこれらの人々が敵に呼応したりしないようにするとともに
敵に戦争で負けて領地を奪われても住民を奪われないようにし
貴重な労働者はを確保しました。

中でも、烏桓(烏丸)族を中国の内地に住まわせ、
烏桓の兵士を軍隊に加入させたことで、兵力を上げて
曹操軍の烏桓の騎兵は、青州兵とともに、
その名を大いに轟かせることになります。
 
また、従来の官吏登用法は郷挙里選に変えて、
九品官人法という官吏登用法を始めました。

これは官僚の役職を最高一品官から最低九品官までの
9等の官品に分類して、
郡の官吏登用を担当している中正官が
官僚候補を評価して一品から九品までの郷品に分類して、

この郷品を元に官僚への推薦が行って
採用をさせるという制度です。

これは、これとは別に出した
「才を重視し家柄や過去にこだわらず、当時身分の低かった専門職の人々も厚く用いる」といった「求賢令」とともに、
実力による人材登用という方針を明確にしめしたことなります。

同時代としては異例・異質な登用姿勢ですが、
これが、建前にこだわらない、
曹操らしさかなあと思うのです。

青州兵の採用も実力重視のものですしね。


ただ、青州兵に烏桓騎兵に流民を
1つの軍として組織化し、組織的に戦える軍団に
作り替えていくのは容易ではないです。

そこで、曹操の持つ、1つの面である
兵法家としての面が出てきます。


中国ならずとも、兵法といえば
まず真っ先に名前が出てくるのが
『孫子』です。

「百戦百勝は善の善なるものに非ざるなり」
=「百戦百勝したというのは戦上手とは言えない」
「古の所謂る善く戦う者は、勝ち易きに勝つ者なり。故に善く戦う者の勝つや、智名も無く、勇功も無し」
=「簡単に勝てる状況を作って勝つ将軍こそが戦上手なのだ、だから本当に戦が上手な将軍は派手な武勇談も名声も残らないのだ」
「彼を知り、己を知れば百戦して殆うからず」
=「相手を知り、自分を知れば、戦いには勝てる」
「其の来たらざるを恃むこと無く、吾の以て待つ有ることを恃むなり」
=「敵が攻めてこないのをあてにするのではなく、味方の守備が完璧であることをあてにしろ」
「怒りは復た喜ぶべく、慍りは復た悦ぶべきも、亡国は復た存すべからず、死者は復た生くべからず。故に明主はこれを慎み、良将はこれを警む」
=「怒りはやがておさめることが出来るが、滅んだ国は二度と復興しないし、死んだ人は二度と生き返らない。慎重に考えねばならない」

といった、数多くの箴言のような
教訓めいた兵法で知られていまして、

北畠顕家や武田信玄でお馴染みの
風林火山も孫子の一節です。


もともとは、中国の春秋時代、斉で生まれ、
当時新興国であった呉の王に登用された兵法家
孫武の作といわれる兵法書で、
世界でも有名な兵法書です。

孫武を招いた、呉王闔廬(こうりょ)との話では
こんなエピソードがあります。


「わしの側室である女性達で軍隊を編成してみよ」
との命を受けた、孫武は
王の愛妾二人を隊長に部隊を編成しました。

だが、女性達は孫武の指示に一向に従いません。

この時孫武は
「まだ命令の内容が皆によく理解されていなかったのだろう。
命令への理解を欠いたまま、兵に不明確な指示を出してしまったのは
指揮官たる私の落度である」
と言って、指示の内容を何度も繰り返し説いた後に
再び指示を出しました。

しかし女性達は相変わらず孫武を馬鹿にして、
ただ笑っているばかりでした。

すると孫武は
「私は編成の取り決めを再三にわたって説き、皆に申し渡した。
命令が全軍に行き届いていないことや指示の不明確さなどは
私の落度だが、今は指示も命令も間違いなく行き渡っていよう。
それなのに誰一人命令に従う者がいないならば、
その隊長たる者には軍令に背いた責任を問わねばならない」

と言うと、隊長である二人の愛妾を斬ろうとしました。


その様子を見て驚いた闔廬は慌てて
「わしの落度だ。わしに免じて彼女らを許してやってくれんか?」
と止めようとしましたが、
孫武は
「一たび将軍として命を受けた以上、軍中にあっては
たとえ君主の意向といえども従いかねる事もございます」
と言って、願いもむなしく、

隊長と定めた闔廬の愛妾を二人とも斬ってしまいましたた。

そうして残った女性達の中から新たな隊長を選び出して練兵を行うと、
今度こそどのような指示にも背こうとする者は
一人もいなくなったそうです。

なかなか、エグい話ですし、

愛妾をころされた闔廬の心中やいかに
といった感じですが、

このことも含めて、闔廬は、孫武の軍事の才の確かなことを認めて、
正規の将軍に任じ、
その後、呉は隣国の楚を破ってその都にまで攻め入り、
北方では斉、晋を威圧して
諸侯の間にその名を知らしめたのでした。


そんな孫武の兵法書である
『孫子』ですが、

中国春秋時代も混乱の時代でありまして、
この時代を勝ち抜くための知恵が集積されています。


『孫子』の成立以前は、戦争の勝敗は天運に左右される
という考え方が強かったのに対し、
孫武は古今の戦史を研究した結果から、
戦争には勝った理由、負けた理由があり得ることを分析しました。


そして、この勝敗の原因には、戦い方とともに
政治があることに着目しました。
だから、兵法書であると同時に
国家と政治のあり方まで言及しているのが、
特徴なのです。

前述した「百戦百勝は善の善なるものに非ざるなり」
とか、
「国を全うするを上と為し、国を破るは之に次ぐ」
とか、
「兵は拙速なるを聞くも、いまだ巧久なるを睹ざるなり」

などのうことばは、
戦争の勝ち方だけではなく、
戦争長期化によって国家に与える経済的負担を
憂慮する内容ですし、
費用対効果的な発想も国家と戦争の関係から
発せられたものなど、
その後の国家経営戦略までをも
視野に入れているという考え方です。

だから、孫子のならんで有名な
戦略について書かれた、クラウゼヴィッツの
「戦争論」のなかの超有名な一節

「戦争とは他の手段をもってする政治の継続である」
なんて言葉をも思い出してしまうのです。


さて、そんな『孫子』ですが、

1972年に山東省で発見された、
前漢代の書である、いわゆる『竹簡孫子』が発見される前に、
一般的に知られていたのが、
曹操が十三篇に編纂、分類し、
まとめあげたものなのです。

これはオリジナルの『孫子』に加えて、
自身の体験などをも踏まえて、
かつ平易な文章で書くことによって、
わかりやすくしたものなのです。

これを「魏武註孫子」といいます。

しかも『孫子』自体が、
曹操が書いた偽作であるという説もあり、
竹簡孫子が発見されるまでは、
結構信用されていた説でもあったそうです。


とまれ、孫子をテキストとして、
正規兵に加えて、寄せ集めの部隊をも含めた
兵と軍の強化を行ったのが、

曹操の功績といえるでしょうし、

それを支えていたのが、曹操の文章家としての
一面なのです。


そんな、文人としての曹操で特筆すべきは、
漢詩にも卓越をしているということです。

魏の滅亡後、魏の後継である晋も滅んで、
中国は南北朝時代に突入しますが、

南朝の梁の昭明太子は、三歳で論語を読み
五歳で五経を読破したという逸話がありますが、

彼のもとに集った文人とともに、
古今の名文を集めた詩文集を編纂します。

それが文選です。

春秋戦国時代から南北朝時代までの
文学者131名による
800あまりの作品が収録されていまして、

中国古典文学の研究者は必読の本ですし、
日本でも貴族の教養として、
必読の対象になっていました。

これに、息子の曹丕・曹植兄弟とともに、
詩が収録されているのです。

曹操が作った詩は楽府といって、
伴奏と共に歌われた歌詞です。

曹操以前の楽府は文学と言うより音楽が中心で、
そんな楽府に文学的要素を大きく取り入れたのが
曹操でした。

そして、これ以後に、新しい形式である
建安文学が花開く土壌となりまして、
子の曹丕・曹植と合わせて三曹と呼ばれました。


王沈の『魏書』によりますと、曹操は軍隊を率いること三十数年間、
昼は軍略を考え、夜は経書の勉強に励み、
高所に登れば詩を作り、できた詩に管弦をのせ
音楽の歌詞にしたのだそうです。


このようなところも、
三国志の他の英雄とは、違った香りのする
魅力の人物でありますし、

そのような人物ですら一喜一憂し、
さまざまな運命に翻弄されていきながら

運命を切り開いていく様こそが、
三国志の魅力ですし

歴史全体の魅力なのかもしれません。


と、いうことで
三国志の話は
ひとまずおしまいであります。

また機会があったら
まだお話していないこともありますので、

お話をするかもしれません。





ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄
化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
北海道富良野市・上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒07 6-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2775

リクエストなどは
当ブログのコメント欄でも
受け付けています。
11月9日オンエアー 第239回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」の
番組内でオンエアーをした曲です

♪「S.S.D!」    yozuca*
TV『プリンセスラバー!』Ed

民族音楽をも思わせるような
少しだけ不思議な旋律ながらも
さわやかな弦楽器の音と
ザリッとしたハードな感じの
ギターの音との組み合わせが、
斬新な感じのイントロに導かれて
yozucaさんのさわやかな歌声が
のっかり曲がはじまります。
曲全体の持っているイメージの
さわやかさと前向きさというのは、
彼女の今までの楽曲と
相通じるところがあるのですが、
今までは、PCのピコ音とか、
シンセのミッチリ系音の印象が強い
yozuca*さんの曲ですが、
この曲は、リズムボックスっぽい音をはじめとした
PCのピコ音が多用されているところは、
今までと同じような印象を受けるのですが、
それに加えて、イントロの弦の音もそうですが
ギターのザリッとしたバッキングに、
間奏の聴き応えあるソロであるとか、
ドラムの奔放なビートとか
躍動感のあるベースラインなどの
元気さを補う音群とか、
さびの対旋律や間奏部分で
さわやかさを補っているストリングスの音色など
生音がいい感じでミックスされていまして、
そこが新しい感じなのに加えて、
1番・2番のアレンジのバリエーションなど
凝った感じのアレンジワークは、
なかなかの聞き所ですよ。
最後のスキャットのような部分での
ファルセットの入れ方にも好みでして、
全体にレベルの高さを伺えますよ。
『S.S.D!』とは、曲をきけばわかるのですが、
『Sun Shiny Day』の略称でして
タイトル決定の時、当初は『Sun Shiny Day』というタイトルにする
予定でしたが、そのままではつまらないと感じて、
それぞれの単語の頭文字を取り、
さらにタイアップの『プリンセスラバー!』から『!』を取って、
最終的に『S.S.D!』に至ったそうですが、
ぼくはSSDと聞いて、真っ先に
上原甲斐さんの4コマ「こちら☆世界征服同好会!!!」
を思い出しちゃいましたよ。
どう見ても、きらら厨です本当に(以下略)






♪「ミューズ」      山下達郎
『僕らの夏の夢』カップリング
TV『総力報道! THE NEWS』テーマ

ポコポコとパーカッションのようにもきこえる
響きすらするユニークなギターの音色に導かれ、
アコースティックギターの穏やかなカッティングと
エレキっぽい音のカッティングの組み合わせ。
時に切迫した八分音符で迫ったり、
時に伸びやかで魅力的な達郎さんの歌声を
さらに魅力的にする働きをしている
ストリングスの流れるような音の組み合わせに、
スパイスのようにぴりっときいている
ピアノの音色の組み合わせが
まずは聞き所なのです。
ギターの音の魅力を知悉しきったアレンジは
流石でありますし、
達郎さんの歌声の魅力については、
その倍音の豊富さとか、のびやかさに
音域の広さと、それぞれの音域で声が
魅力的に響いているところなど、
なんぼでも語ることが出来るのですが、
とにかくこの楽曲でも伴奏との相乗効果で
美しくひびいております。
間奏部分のストリングスとグロッケンの音色の
組み合わせはAORを感じさせますし、
間奏明けの歌声を際立たせるような
伴奏のアレンジから、しだいにオダヤカながら
メリハリをつけるような感じで盛り上げていくところと、
そのあとのサビの旋律をさまざまなバリエーションで
盛り上げていくというところが、
さすがのウマさを感じるのです。
コード進行がこったところも好みですし
カップリング曲も穏やかな曲ですが、
こちらも曲にこめられた前向きに
頑張っていくといったような
メッセージ性が強く、人生肯定的な楽曲といった
そんなところもいいですね。





♪「夢幻」  水樹奈々
「FURANO History Factory」11月のマンスリーパワープレイ
TV『WHITE ALBUM』Op 『アニメロミックス』CMソング

切迫する八分音符の甲高い音のイントロと、
水樹さんの歌声で盛り上がるかとおもいきや
一瞬ふっとひくような感じに
オダヤカなピアノの音色が響く。
かと思うと直後にエネルギッシュなエレキギターの
音色といった、全体的に波のような
メリハリのついたサウンドが
まずはひきつけられますし、
穏やかな歌声をきかせる部分ではオダヤカに響き、
ギターやストリングスなどが目立つ部分では、
負けずに壮大に響く、そんなバリエーションで
歌うように流麗なサウンドを奏でながら、
時に和のような香りを、
時にサスペンスのような香りをつけているのが、
ピアノで紡ぎ出されている、伏線のような
きらりとした音が通奏定音でして、
実は隠れた聞き所かもしれません。
全体的には、オーケストレーションのすてきさとか、
ストリングスやピアノといった生のような音も
ギターやオーケストラヒットのような
PCで加工された音とかも、
それぞれのアジを生かしていきながら、
曲を盛り上げていくところも、進化を感じますし、
そんな重層的な構成にもメリハリを感じますし、
そんな曲構成に呼応をするような
水樹さんの歌いかたと、歌声の質の幅とか、
表現力の幅広さなどでもメリハリがつけられて、
そんなすべてがひとつになっての
この曲なのですね。





♪「Ⅳ」     志方あきこ
「片翼の鳥」カップリング

古式ゆたかに響く重い教会の鐘と
象徴的に響くねじ巻きの音に
チェロなどの音がインパクトある
大仰なストリングスの音色と、
大きい、博物館の展示されているような
色々な音のでるオルゴールの音色が組み合わされた
不思議な世界の入り口へ入って行くようなイントロに、
無邪気な感じでありながらも、
リンと楽器のように響く甲高い声が
入ってくるのです。
声自体が甲高く響いているので、
コーラスの低い声が映えてくるのに加えて、
リタルダンドの使い方とか、
その後のつぶやくようなメッセージとか
ドアの開閉音のようなSEも効いてきます。
カップリング曲も、土俗的なハチロクのビートでしたが、
3/4のリズムですすんでいく曲の流れが、
擬ヨーロッパ古典の子供の遊び歌のような響きがして、
スネアドラムのマーチのようなビートも
そんな曲をも盛り上げていきます。
さんな曲だからこそ無邪気でイノセントな歌い方が生きるのです。
が、イタズラっぽく呟くパートをきっかけとして、
ハチロクのビートと、ドラマチックなストリングスで
世界が一変するのです。
ここの変化がまずはダイナミックなのです。
ビートが強化されているものの、
使っている楽器はさして変わりはないのですが、
アレンジの巧みさでダイナミックになるところが
聴き所なのです。
甲高い歌声自体はかわりませんが、
だからこそ、ダイナミックスさを伝えることが出来る
そんなところまで計算ずくですごいですよね。
変拍子の使い方も巧みなのですが、
これと、SEのような音との組み合わせが
大胆に曲を盛り上げていますし、
彼女の歌声自体が、次第に盛り上がっていくにしたがって、
無邪気さが残酷さと表裏一体であることを
再認識させられるのです。
やはり葛生千夏さんとかと重なってしまうのですが。
そんなパートからのびやかに
ストリングスとスキャットで盛り上がっていきながら、
教会音楽のようなコーラスというところでも、
カタルシスを味わう事が出来るのですが、
そこから一変して、ストリングスのオダヤカな音色のみを
バックにして、朗々と歌われるパートと
コーラスのこれまた巧みなアレンジ。
そんなパートと無邪気なパートとの
ギャップを考慮した構成がすごいです。
オーケストレーションが大仰になりながら
SEのような音とも、浮くことなく
しっかりとかけあいをしながらまざってきて、
うたかたもしだいに、思いがせまるようになる。
そして、穏やかなパートと、激しいパートが、
寄せては返す波のようでありますし、
そんな波を盛り上げていくロンドのようなコーラスとともに、
ビートが強くなっていくところで、
強迫観念的な感じで盛り上がっていく、
架空の宗教音楽のように響くのです。
ストリングスがめだつアンサンブルのパートがはさまって
ビオラとかチェロとか低めの弦の音が目立つパートも
いい感じですし、
最後のねじ巻きのSEにみちびかれて、
オルゴールの音色に収斂をしていく
そんなひきかたも好みであります。





♪「赤い糸」     Suara
TV『WHITE ALBUM』Ed

エレキギターのせつない旋律と、
マイナーコードの伴奏が組み合わされた
イントロに導かれて、
Suaraさん独特の、ふわっとした声質の中ら
りんとする響きがある麗しい張りのある声がのっかる
ミディアムテンポのナンバーです。
バックで演奏されていて、サビの部分とかの
曲の盛り上げにいい効果をあたえている
ストリングスの対旋律とか
ピアノの音色の響きに加えて、
ベースラインの面白さや
ドラムのビートがさりげなくこっているところとか
なかなか、ウマさを感じますし、
曲全体を通じて、サスペンスドラマで
オープニングミュージック的な
印象を受けるのが、このテーマと
よくあっているような気がしますし、
間奏部分のギターのソロとかも、
イカにもな感じでイイですね。
曲全体的にマイナーコードの楽曲ですが
伝えられるメッセージが、曲がすすむに従って、
前向きになってくるというところも
なかなかいいなと思うのです。
モノクロのジャケット写真に
タイトルと1本のラインだけが
赤というデザインも目につきますね。







このような曲をかけているFHFですが
リクエストも受け付けています。

リクエストは、このブログのコメント欄でも
受け付けます。

よろしければ。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2771



追 今年分の当ブログの曲感想の中での
傑作編をまとめた本を冬のお祭りで
置いてもらうことになりました。
一日目 東 ユ 12b「V.O.L.」です。
☆「アジア金星堂」
(旭川市東5条11丁目2-1)

引き続き、土日返上オシゴト期間であります。

ですが、ラジオパーソナリティーの
ボランティアが続く限りは、
CDを買いに旭川に出向くことも続く
ということで、旭川へ行って、
向かったのが、アジア金星堂でした。


車を駐車場に止め、中に入ると、
いつもの「キュウキュウニョリツリョウの席」こと
窓際の2人がけの席へすわる前に、
その隣のビニールのテーブルマット席の
デスクマットの下におかれている
「今日のカレエ」の紙を見ましたら、

◎チキンプタナ カレーリーフ
(インド風スウプカレエ)

◎ルンブゴレン

とのこと。

チキンプタナ カレーリーフは、
前回も今日のカレエにあったメニューですし、
ルンブゴレンは初見のメニューでありますが、

あまり今日喰いたいって感じで、
ピンっとは来ないぞ…

ということで、
改めて、メニューを見ました。

スウプカレエ とろみのない「カレー」です。

サッポロ型 一般的な「スープカレー」スタイル
1 サッポロスウプカレエ オコイ ③ 1000円
バジル風味の「スープカレー」
サッポロGT ③ 1100
上記オコイのトッピングが一部イカゲソから揚げになります
サッポロベーコン ③ 1050
上記オコイのトッピングにベーコンが入ります
2 トムヤムカレエ ③ 1050
えびとチキンの酸味系サラサラスウプカレエ

トマ・から型 インド風スパイス系トマトの酸味
3 チキンビンダルー ④ 1000
ゲキカラスパイシーのスウプカレエ
ビンダルーベーコン ④ 1050
上記ビンダルーのトッピングにベーコンが入ります

コク・あま型 
4 イエローカレエ ③ 1000
ココナツミルク風味のタイ風スウプカレエ
イエローGT ③ 1100
上記イエローのトッピングが一部イカゲソから揚げになります
5 グリーンカレエ ハーハ デ・ドーン
期間限定のタイ風スープカレー。ハーブが強い
6 スラバヤチキン ③ 1000
仮想ジャワ風辛味ココナツスウプにエビみそのうまみ
スラバヤGT ③ 1100
上記スラバヤのトッピングが一部イカゲソから揚げになります
7 ローツェチキン ③ 1000
ココナツミルクとあら挽きスパイスの風味
ローツェGT ③ 1100
上記ローツェのトッピングが一部イカゲソから揚げになります


カレエ① とろみのある「カレー」です。

ジパング型 コクと旨みのニッポンのルウカレエ ①
8 チキン 700
9 ハロハロ チキン&ポーク 750
10 GESO100 イカゲソから揚げのせカレエ
11 ポーク 750

カレエ②

インド型 じっくり炒めたタマネギのとろみ
12 ムルギー ②~X 1000
  チキンとジャガイモのシンプルスパイスーカレエ

キーマ型 ひき肉を使ったカレエ
13 キーマオリジナル ③ 950
  チキンひき肉と豆のインド風カレエ トマト+ヨーグルト風味
14 スラバヤキーマ ④ 950
  チキンひき肉のアジアンテイスト甘辛さは、ココナツミルク使用
15 黒キーマ  ③ 950
  チキンひき肉のパキスタン風スパイシーカレエ 汁気が少ない。


トッピング
半熟卵 50 揚げ玉プラス 50 チェダーチーズイン 50
コロッケ 2ケ 150円〔1ケ 100円〕

というラインアップ。

辛さ設定は、

0
1  家庭用中辛程度
2  家庭用辛口程度
3  家庭用辛口以上
4  劇的に辛くなる
5  ④の二倍のスパイス
X
という設定でした。


これまで私がこちらで食べたローテーションは
「黒キーマ」←「揚げギョーザカレエV50」←「ビンダルーベーコン」
←「キーマ・オリジナル」←「ビンダルウカタナ」←「サッポロスウプ」
←「グリーンカレエグライダー」←「ぎゅうスジイエロー」←「サッポロスウプ」
←「ヤキブタイエロー」←「チキンサブジ」←「ローツェ・チキン」
←「キーマオリジナル」←「ムルギー」←「サッポロスウプ」
←「給食のカレー&タコライス」←「サッポロスウプ」
←「ジパングカレーのハロハロ」

うむ、しばらく、キーマカレエとか、
ビンダルーとか、ジパングカレエが続いているということで、

本日は基本にもどって、
半年ぶりに「サッポロスゥプ」を

ただ、スウプカレエだけでは芸がないので、
ベーコンでもいただくかなー。

と、いうことで、
「サッポロベーコン」で決めよう。


オーダーするや、時間の関係で、
何人もお客さんが入ってきて、

なかなか愛されている感じではありますよ。



BGMの洋楽と、合間に流れる、
ジャージャーと流れる調理音を聞きながら、

本棚を見たら新しいマンガなどが増えていて、

ダヴィンチに連載されていた時は
楽しみに読んでいたものの、

単行本でまとまって読むのは久しぶりだった
河井克夫さんの「猫と負け犬」を読みながら、
まつことしばしで、

登場!!!


アジア金星堂ならではの
コダワリのスパイス調合の賜物である
蠱惑的な香りと、

円錐台型のライスともに、

僕の眼前に置かれますが



この見るからに
とろっとした感じの
オレンジ色半透明の上澄み部分と
非透明の黄色がかったスープ部分が

微妙に分離しているようないないような

って感じのカレーが

お久しぶりですねー。


そんな色あいに
水菜もコーンもピーマンもパプリカも
よくあっていますね~。

ど真ん中にある半熟卵も
いい感じであります。

そして、これが、いつものサッポロスゥプと
最大の違い。

ベーコンがペロンと三昧も
器の縁にもたれかかっているのでアリマスよ。

いいですねー

アジア金星堂のカレーはこうでなくっちゃ。


ってことで、まずはルーを一口

ぱくっと

!!!!




じぃぃぃぃぃぃん。



これっスよね~。


スプーンで掬って、口元に運ぶと
鼻腔をくすぐるスパイスの香り。

ただし、スパイスが突出しているタイプでは
ありません。

そして、最初はそんなにアツさを感じない
もののしだいにジワジワくるという

今まで何度となくこちらでカレエを食べていて、
これが来た後に、楽しい思い出がたくさん来た
ってことで、

そんなことをも予兆させる
ウレしいアタタカさです。


そして、これまた他のカレエと同様ですが、
スプーンを入れると、中から中から、
さらに半透明の焦茶色色した
油やウマミのかたまりが、上澄みみたいになって
次から次へと、むにじみ出てくるのです。


まずは、がっつりと、濃いのですよね、


旨味、コクにしっかりと支えられた
奔放なスパイス遣いが
まずはガツンとおしよせてきます。

とはいうものの、基本的には
優しいのだけど、パンチがある。

矛盾しているようですが、
そんな表現がピッタリきます。


そして、スプーンで口元へと運んだ時の
香りはダテではありませんよ。

そんな、
もうイカニモなアジア金星堂のカレーなのです。


しかも具材のシャキシャキの水菜は
いつも通りの「こんちわ~」って感じですし、

鶏肉もスプーンでつついただけでポロっと
骨離れの良さを見せながら、
口のなかで、さらにホロホロとなる
やわらかさと

淡泊ながらも、肉の中からじわっと溢れる
旨みが、スパイシーじんわり系カレーの
アクセントとなっているのです。

コーンの一粒一粒にいたるまで
ビックリするようなアマさを主張するところとか、
人参のホコホコにたかれて
柔らかさと甘さがいいかんじなところも
こんなアマさをぴっとしめる
ピーマンやパプリカのアオさ。
こんなバリエーションが楽しいのです、

でもって今日の主役の一つは
ベーコンですが、
燻煙香が「オイラってワイルドだぜ~」と
ハゲシく主張するような
イカニモなベーコンではないものの

口の中で噛みしめると
じわっと脂と煙のまじった
オイしいベーコンだと
主張しているところが、

このオダヤカながら、クセものなカレーには
よくあっています。

結局全部がオンリーワンなカレーは
やはりこちらならでは。

唯一無比のカレーなのです。


辛さはHot level3ながらも
じっとりと汗をかいてくる感触も
たまりません。

ってことで、ライスとスープそれぞれ
残り2/3のところになって、

いつものように、残ったスープにライスを投入。

でもって残していた半熟玉子のうちに
白味をちゅるんと飲んだあと

黄味をからめて一気にかっこみます。


幸せだよー。

そして

水をくいっと飲んで


すぅ。

ぷっはぁぁあ


んまかったー。

大マンゾクっス。

ということで、いつもいつもの大満足で
お店をあとにしたのでありました。

そうそう、本棚には
村上たかしさんの「星守る犬」もありましたが、
こちらは持っているので、

「猫と負け犬」を読んでいたのでした。

やはり、ここは、他のお客さんやお店の人に
迷惑をかけないような時間帯に
(シングル営業ですから、忙しい時間帯に
長居をするのは避けたいのです)
じっくりとマンガ数冊読み切るぐらい
滞在したいな~。






☆「アジア金星堂」
(北海道旭川市東5条11丁目2-1)
◇営業時間◇11:00~14:00、17:00~21:00(売り切れ次第閉店)
◇定休日◇火曜日、第1第3水曜日 ◇駐車場◇有り







☆「味処 笑楽亭」(富良野市幸町7-21)

このところ、寒いですねー。

ま、この時期の寒さで弱音を吐くわけには
いかないのですが、

寒いと外へ出るのがおっくうになりますねー。

そんな時に、夕食を食べに行く時に重宝するのは
家の近くのお店なのです。
(冷え切った車で移動をすることを考えたら、
そんな時間すら、短いにこしたことはありませんし…)

でもって、そんな時期であっても、
(当然夏場とかでもそうですが)
仕事帰りにちょっとよれることが出来て、
栄養バランスのとれたものを食べることが出来る
そんなお店ということで
重宝をしているのが

味処 笑楽亭 さんなのです。

なにせ、こちらは、タップリの野菜から、
オフクロの味に相通じるような味噌汁から、
とにかく食べると満腹になるだけではなく、
その摂取できる栄養のバランスから、
健康になれそうな、そんな定食のメニューが、
僕的お気に入りなのです。


と、いうことと、
現在は当ブログで書いておりますように、
土日お仕事期間であるのに加えて、
平日残業上等期間でもありますので、

ちょいとオシゴトを抜け出して
行ってまいりましたよ。

しかも、このあいだ、ラジオでは、
九州B1グランプリの話題をしたあとということで、
ブログで書いたとおり、
無性にオムカレーが食べたくなったのです。



そう、こちらは、「富良野オムカレー」を
メニュー化しているお店でもあるのです。

と、いうことで、お店のドアをあけまして、
おしゃれな背の高いイスにこしをおろして、
カウンター席でメニューを吟味。


黒板には、この時期ならではの、
旬のお魚の定食もかかれていて、
大いにそそられるのですが。

今日はカレーなんですよ。


そして、定食とならんで、
メニューに書かれている

目玉焼き・ソーセージカレー 800円
ハンバーグカレー 900円
カツカレー 900円
エビフライカレー 900円

といったカレーメニューにもそそられるのですが、

もう、オムカレーで決まっているのです。


BGMのボレロとか、テイクファイブなどが流れる
FMラジオの番組に耳を傾けていると、


まつことしばしで、
よい香りとともに
運ばれてまいりました。

おお。

目の前にどんっと出された時に、

ぷんっ、とスパイスの香りが漂います。

予想よりも香しいスパイスに、
まずはウレしい予感がいたします。

いいぞいいぞ。


濃茶色のルーと、黄金色の輝きが
見るからにいい感じでありますし、

見え隠れする浅緋色した豆や
黄色い卵との色合いも鮮やかな緑色が
アクセントになっているピーマンも、
カレーを盛り上げておりますし、

肉を野菜で巻いて揚げたカツも
見るからにさくっとした感じ。


しかも、いつもいただいている
定食などでもお目にかかる
たっぷりのサラダに、
冷たいパスタではないですか。

これに「ますぞう」さんのつけものが
のっておりまして、

さらにふらの牛乳とアイスクリームですから。


これはウレしいですね。

大人のお子様ランチですね。

しかも、富良野オムカレーの公式HPで見られる
こちらのオムカレーの写真に比べて

がっつりと大盛りだったのです。

HPの写真がオトナシめだったこともあり、
ここもウレしいサービスですね。

と、いうことで、
まずは、見るからに濃いルーを
ぱくっと



!!!!!!!



じぃぃいいいいいいいん。


これは、

オダヤカながら、
落ち着く味でありますよ。

この濃さと、ルーのこくに
カレーの刺激をささえている
タップリの玉ねぎを炒めたお味。

このたっぷりの玉ねぎが
富良野のカレーのキモでありますよね。


濃さと、こくをささえる
自然なほのかなアマさとのバランスが、

カレーの味を引き立てておりますし、

しかも、運ばれてきた段階で
ぷうんと漂ってきた
スパイスの香りは伊達ではない。

定食屋さんとか、洋食屋さんで食べることが出来る
カレーといったカテゴリーのカレーよりも、

少しだけワイルドなスパイス遣いが
好みです。

いいぞいいぞ

スパイスの香りをかいだだけで、
そう思ったのでしたが、

大当たりでした。

濃さ、コク、それを支える
玉ねぎの旨味とほのかなアマみが
カレーのスパイシーさを
しっかりと固めている感じで、

それぞれの相互作用でオイしくなっている

そんなルーカレーなのです。

これは、ウマいわ。


しかも、今日はオムカレーですからね。

この少々濃いカレーが
外見はふわふわ、
なかはトロトロな仕上がりですし、

さすがの「さくらたまご」
味もしっかりと濃い、昔ながらの卵
という感じのするオムと、

その、さらに中の、
淡く黄色くいろづいた、
ななつぼしとおぼろづきのブレンド米に

なんともよく会うのですね~。

カレーの濃さをうけとめるだけではなく、
卵の濃さに旨味、

そして、ライスのしっかりとしたウマさが
カレーを引き立てている

まさにオムカレーマジックなのです。

具に入っている
さり気ないお肉も
ホロホロですし、ヤワラカイ。

ピーマンのアオさの

豆のマメマメした存在感も

きのこの食感も含めて、

すべて良いですよね~。


しかも、見るからにカリっと揚がった
アスパラやニンジンなど地元野菜を
薄い豚肉でまいたロールカツを

一口噛みしめると


サクッ

じわっ


ををををう。


この
お肉の旨味と存在感に、
アスパラ、人参の
シャキシャキとした歯ごたえ。

それと、さりげなく効いている
紫蘇の香りもよいですよ。

総じて、サワヤカなところが、
カレーに良く合いまして、

いいですな~
たまりませんな~。


タップリののっかったサラダも
自家製ドレッシングとか
鰹節などのアクセントなどが
クセになりそうで、

定食を食べているときからしてお気に入りだったのに
くわえて、

このたっぷりさが、ヤサイ不足を自覚している
ワタクシにとってはウレしいですぞ。

「漬物屋ますぞう」の福神漬の
味の素朴さと、濃さもいいですね。

ということで、最後まで一気呵成に
完食をいたしましたら、


食後のオタノシミの
これまた濃厚「ふらの牛乳」

ぐびっ、と一気にのみほしたところで、

登場したのが、もう何回この記事だけで
使っているのかってくらいの表現ですが、

これまた濃い~感じの
バニラアイスです。

アイス自体の濃さも良いのですが、
アイスにトッピングされている
ベリー系の野趣に富んでいるソースも

手作りだそうで、

この細かさすべてふくめて、
暖かさとなって伝わってくる

そんなオムカレーでございまして、

カレーの刺激に、清涼感をあたえてくれる
バニラアイスの甘みと、
ジャムのようなソースの甘酸っぱさの
組み合わせに心を癒しながら、

全部食べて、「ごちそーさま」


満腹を抱えて、再び残業のため
職場へと戻ったのでアリマシタ。


にしても、こちらのオムカレーも食べながら
ビールをいただきたくなるオムカレーですね。


自宅から徒歩圏内なので
考えてもいいかもしれませんが。


あと、BGMで流れていた番組が、
車の中でも響いていました。

と、いうことはBGMは「ラジオふらの」ですか。

と、いうことは、この番組も流れているのでしょうか。

と、いうことで、月曜の午後5時から、
「富良野印度化計画」聞きながら
オムカレーを食べるなら、

こちらってことで、

どっすか?






☆「味処 笑楽亭」(富良野市幸町7-21)
◇営業時間◇ 11:30-21:00 (15時~17時は中休み)
◇定休日◇ 木 ◇駐車場◇ 有り
◇電話◇0167-22-1978



あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。

当ブログによせていただいたコメントも、さしさわりがなければ
番組内で紹介させていただきます。


あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2771
この番組でも、カレー以外のB級グルメについて、
いろいと取り上げていますし、

B1グランプリについての話題も
取り上げていますが、

B1グランプリから派生した
このようなイベントがあったようです。

11月9日 オンエアー 第239回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
での、コーナー「富良野印度化計画」であります。

こんな記事がありました。

久留米やきとりがグランプリ=第1回九州B-1グランプリ-福岡県久留米市〔地域〕
11月9日10時6分配信 時事通信

 福岡県久留米市で7、8日の両日、第1回九州B-1グランプリが行われた。2日間で約18万人が詰めかけ、用意された5万食を平らげて、食欲の秋を満喫した。食べに来た人の投票で決める1位のゴールドグランプリに輝いたのは、地元「久留米やきとり」。くしに刺して焼けば何でも焼き鳥という久留米では、豊富な食材を使うが、栄冠を導いたメニューは、豚の腸を塩焼きにした久留米伝統のダルム、地元産ニワトリのモモとムネのミックス串、牛の丸腸に甘辛く味付けしたゴボウを入れた創作串の丸腸ごぼう串の3本セット。質量のバランスが良かったという。
 久留米焼きとり文化振興会・理事の原田憲一郎さん(38)は、「地元が優勢とはいえ、最後まで気が抜けなかった」「久留米の焼き鳥店のにぎわいが、盛り上がっていけるのではないか」と喜びを語った。2位は、佐賀シシリアンライス(佐賀市)、3位は、久留米ラーメンだった。


ちなみに、こちらのイベントでは、
九州のB級グルメと、
「厚木シロコロホルモン」
「富士宮やきそば」
「八戸せんべい汁」
といったゲストを向かえての
開催でした。


ちなみに、こちらは
大会の公式ホームぺージからです。


参加団体。

1. 小倉発祥焼きうどん (福岡県北九州市)
もちもちした麺とソースの香りが絶品 300円

北九州は小倉の食堂街で、終戦直後の昭和20年頃うまれたとされる『焼うどん』。
はじめは、焼きそばを作ろうとしましたが、そば玉が手に入りにくく、干しうどんを茹で焼いて出したところ、大好評だったのが、発祥の起源とされています。小倉発祥焼きうどんの基本はソース味で、お店によって味の違いが楽しめるのが特徴。モチモチとした麺の食感とともに、初めて食べてもどこか懐かしさを感じさせる味が魅力です。

福岡県北九州市 出展団体:小倉焼うどん研究所
まちおこしを目的に、数々のイベントを行っていたまちづくり団体のメンバーが焼うどんの発祥の起源に着目し、『小倉焼うどん研究所』を設立させました。2002年に行われた「富士宮やきそば」との対決イベント『焼うどんバトル特別編~天下分け麺の戦い~』で一気にブレイクしました。その後も、数々のイベントや企業とのコラボ企画などを行い、『小倉発祥焼うどん』を発信し続けています。


2. 小浜ちゃんぽん (長崎県雲仙市)
新鮮魚介の具沢山。あっさりスープがはまります。 300円

オバマ大統領で知られる小浜には温泉のほかにもう一つ名物があります。それは、日本三大ちゃんぽん(長崎、天草、小浜温泉)の一つに数えられる小浜ちゃんぽんです。今や長崎県内では知らない人はいないといわれる麺の大統領です。小浜ちゃんぽん愛好会が気合を入れて作りあげる渾身の一杯をぜひ皆様に味わっていただきたい!
ちゃんぽんで小浜温泉の活性化を。そう「イエス・ウィー・キャン」!

長崎県雲仙市 出展団体:小浜ちゃんぽん愛好会
明治30年代、長崎四海楼の陳平順が考案したちゃんぽん。長崎茂木港から湯治客が往来する小浜ちゃんぽんでは、大正時代、既にちゃんぽんが食べられていたといわれています。長崎を席巻する「ちゃんぽん番長 率いる小浜ちゃんぽん愛好会!」キャラは濃いが味はあっさりスープで具沢山。どうぞお楽しみに!


3. 久留米やきとり(福岡県久留米市)
ダルムを知らずして、やきとりを語るなかれ。 300円

久留米は人口あたりのやきとり屋の軒数が日本一級で、競争が激しくハズレがないのが自慢です。鶏肉の他、豚、牛、馬、シソ巻きなどの創作串、魚介類や野菜など、バラエティに富んだやきとりが味わえるのが久留米流。ダルム(腸)やセンポコ(大動脈)、馬ホルモン串などを味わえるのは久留米だけ!B級グルメの聖地久留米で、ご堪能ください。

福岡県久留米市 出展団体:B級グルメの聖地(まち)久留米研究所
平成15年から、久留米のB級グルメの代表格「久留米やきとり」をPRしてまいりました久留米やきとり学会が、昨年の第3回B-1グランプリin久留米の開催を機にパワーアップ!今年の9月から「B級グルメの聖地久留米研究所」として生まれ変わりました。ただいま研究員募集中!


4. 行橋名物 元祖味噌だれおでん(福岡県行橋市)
酒にも良し、子供のおやつにも良し。 400円

行橋のみそだれおでんは、戦後間もなく市内のラーメン店が考案して市民に広がりました。
薄味のおでんにたっぷりの味噌だれをかけていただきます。具材は、甲いか、たこ、えびなどの海の幸に玉子、牛すじ、厚揚げ、こんにゃくといった野の幸を加え色とりどりに揃えてみました。
各家庭、各飲食店に伝わる自慢のレシピ、隠し味があります。行橋にお越しいただき、名物元祖味噌だれおでんの食べ歩きを楽しんでみませんか?

福岡県行橋市 出展団体:行橋市商工水産課おでん隊
行橋市商工水産課おでん隊は、市職員で構成するボランティア団体です。行橋の郷土の味を再認識し広くPRすることが目的です。要望があればどこまでも行くことができる足軽いチームです。


5. 佐賀シシリアンライス(佐賀県佐賀市)
ごはんに絡む肉とサラダの味のバランスが絶妙 400円

昭和50年ごろ、佐賀市中心街の喫茶店でシシリアンライスなるものが誕生。1枚のプレート皿に温かいライスを敷き、その上に炒めたお肉と生野菜を盛り合わせ、マヨネーズをかけたものが基本形。まかない料理説、シーフードメニュー説など起源については諸説いろいろ。それから30有余年、お店の定番メニューとして愛され続け、今では20軒を越えるお店で味わうことができ、佐賀市のご当地グルメとしてブレイク中です。

佐賀県佐賀市 出展団体:佐賀市はシシリアンライスdeどっとこむ
某有名旅行雑誌で2009年にヒットする!?ご当地グルメランキング1位に選ばれたシシリアンライス。あっさり系からガッツリ系まで幅が広い未だ謎の多いこの料理を広めて行こうと日々奮闘中です。


6. 指宿温たまらん丼(いぶすき黒豚丼)(鹿児島県指宿市)
指宿の海幸山幸てんこもり、砂蒸し育ちの温玉を添えて! 400円

指宿は九州でも屈指の温泉地であり中でも天然砂蒸し温泉は有名である。その砂蒸しと丼をコラボしたのが「温たまらん丼」です。現在指宿市内15の食堂で提供していますが、決め事は砂蒸し温泉の源泉で作ったトロトロの温泉たまごと地元産の四季折々の海幸山幸を使用する事。指宿市内のいろいろな店が各店で工夫したオリジナルの味を提供しながら湯の町指宿をアピールしています。

鹿児島県指宿市 出展団体:指宿商工会議所商店街活性化委員会
これまで指宿にはご当地グルメなるものがなかった。そこで立ち上がったのが指宿商工会議所商店街活性化委員を中心にしたメンバーである。指宿市観光協会とも連動しながら開発したのが「温たまらん丼」である。その後指宿特産のそら豆を使用した「そら豆スイーツ」の開発に取りかかり現在9品のスイーツを指宿市内の菓子店で販売中である。これからも商品開発を通して地産池消推進に努めていきたい。

7. 厚木シロコロホルモン(神奈川県厚木市)
2008年第3回B-1グランプリ  ゴールドグランプリ受賞 400円

厚木のホルモンは、豚の大腸をひっくり返してぶつ切りにし網焼きにします。そして、ご自慢のニンニク味噌を付けて食べるのが特徴です。脂身を適度に残してあるので、やわらかで絶妙な食感が楽しめます。また、それを各店自慢の味噌ダレにつけて食べると、香ばしくて後引く美味しさです。網焼きにすると丸まってコロコロになることから、シロコロ・ホルモンと呼ばれています。

神奈川県厚木市 出展団体:厚木シロコロホルモン探検隊
 厚木市は、昭和20年ごろから養豚業が盛んで、豚ホルモン焼の店も多く、古くから市民に愛されてきました。その「シロコロ」の美味しさに魅せられた市民が集まって厚木シロコロ・ホルモン探検隊を結成し、地域の街おこし事業として展開中。


8. 佐伯ごまだしうどん(大分県佐伯市)
ごまだしは、まさに佐伯のおふくろの味です。 300円

豊かな漁場として知られる佐伯で古くから作り継がれてきた保存食「佐伯ごまだし」は、昔から地域に伝わる郷土調味料で、これをゆで麺の上にのせてお湯を注ぐだけで食べるのが「佐伯ごまだしうどん」です。
作るのは簡単、なのに口に広がる深い魚の風味…まさに佐伯のおふくろの味です。

大分県佐伯市 出展団体:佐伯ごまだしの会
「佐伯ごまだしの会」は会員29社で活動している団体です。佐伯ごまだしうどんを県内・外に広めるために活動しています。平成21年、愛Bリーグに加盟し、全国に向けた情報発信も始めました。

9. 久留米ラーメン(福岡県久留米市)
地元 久留米の人が愛する久留米ラーメン 300円

久留米は九州の「とんこつラーメンの発祥の地」です。「煮込み半世紀以上」引き継がれるその味は今も昔もみんなの元気、笑顔を呼び起こします。久留米ラーメンはコラーゲンたっぷりのあっさりしたとんこつラーメンで、小さなお子様から女性、お年寄りまで大人気です!『本場 久留米のとんこつラーメン』を是非ご賞味下さい。

福岡県久留米市 出展団体:久留米ラーメン会
全国的には、九州のとんこつラーメンと言えば、博多・長浜ラーメンが有名ですが、久留米が「とんこつラーメン発祥の地」であると同時に、「九州各県のとんこつラーメンのルーツ」でもあることはあまり知られていません。その『とんこつラーメン発祥の久留米ラーメン』を全国の方々に広く知っていただくために新たに結成された団体です。


10. 大村あま辛黒カレー(長崎県大村市)
追かけっこする甘かとと辛かとがうまか隊(たい)! 400円

「長崎街道=シュガー(砂糖)ロード→甘い」と「天正遣欧四少年使節=スパイス→辛い」をキーワードに開発したカレー。口に入れた瞬間!フルーティーな甘さが広がり、あとから追いかけて来るように、スパイシーな辛さが交わって一度口にするとクセになる絶妙な味をかもし出す!
”カレーのテーマソングを歌う小・中学生バンド『ワンミリグラム』のカワイイ曲にのってうまさも倍増!”
CD完成を記念して、抽選で200名様へCDプレゼント致します。”

長崎県大村市 出展団体:大村あま辛カレーうまか隊
『大村あま辛黒カレー』をひっさげて、B級ご当地グルメで愛Bリーグの仲間達と共に各地で行われるイベントに参加し、全国の人々に「大村市はカレーのまち!」をアピールしているイベント好きのボランティア軍団です。


11. 宮崎名物 チキン南蛮丼(宮崎県宮崎市)
宮崎名物チキン南蛮をごはんと一緒に!! 300円

食の宝庫と言われる宮崎の名物料理は数々ありますが、宮崎人なら誰でも知ってる”チキン南蛮”。洋食の顔となっているこの料理を宮崎食文化推進会では、超B-1グルメ料理に仕立てました。
揚げたてでジューシーなチキンのフライを甘酢にからめ、さらにほんのり甘いタルタルソースと一緒に食べれば、新感覚の洋風親子丼の誕生です。和と洋のアンサンブル(調和)をこの機会にお楽しみください。

宮崎県宮崎市 出展団体:宮崎食文化向上推進会
宮崎のイベントのリーダーとして常に出展し、食の大切さや豊かさをアピールする。野外でも本物の料理を食べて満足してもらう。これが私たちのモットーです。


12. 富士宮やきそば(静岡県富士宮市)
B-1グランプリ第一回・第二回で1位!! 400円

見た目は麺とキャベツを炒めただけのように見えるが、食べてビックリ!
ジューシーな豚の背油と魚系のダシが絶妙な風味で、モチモチした麺の食感を引き立てる「富士宮やきそば」。戦後引揚者によって工夫された独特な製法(蒸した後に湯通しせず油をコーティングする)で作る蒸し麺は、他地域で普及している麺と一線を画すものです。鉄板上でその蒸し麺にキャベツ、肉かす(豚の背油からラードを絞った残りかす)を加え、ウスター系ソースで焼き上げ、魚系(鰯や鯖)のだし粉をかけて仕上げるという伝統的な調理法を守っています。

富山県富士宮市 出展団体:富士宮やきそば学会
富士宮市の活性化のため一般市民が特徴のある富士宮のやきそばに気がつき、やきそばの町としてメディアに情報発信しつつ、「富士宮やきそば」として、商標登録をするために奔走した。現在はB級グルメの先進地として各地の町おこし活動にも協力をしている。


13. 日田やきそば(大分県日田市)
パリパリ、シャキシャキの食感?!と秘伝のソースが絶妙! 300円

こんがり焼き上げた茹で麺と、たっぷりのもやし!ねぎ!豚肉!のコントラストにあわせて、秘伝のソースが絶妙のハーモニーをかもし出す。なぜか?!ラーメン屋さんに「やきそば」の文字!そこで作られるやきそばは日田ならではの味。茹でた麺の表面をパリッと焼き、大量のモヤシを投入。この麺のパリパリ、もやしのシャキシャキ感が日田やきそばの特徴。地元で愛されている逸品、ご賞味あれ!

大分県日田市 出展団体:ラーメン・焼きそばで日田を元気にする研究会
日田で長年愛されている、「ラーメン」と「やきそば」を通して、多くの方々に「日田」の良さに触れていただきたく、今以上の味の探求・サービスの向上を目指し、ひいては地域食文化の発展の為活動中。


14. 日南魚うどん(宮崎県日南市) 
低カロリー・高タンパクなヘルシーフード 300円

『日南魚うどん』は、地元に水揚された地どれの新鮮なトビ魚の魚肉で作った『魚のめん』のうどんです。魚うどんは煮込んでも伸びることはなく、逆に麺からダシが出るので、煮込めば煮込むほど美味しくなります。
かの種田山頭火が日南海岸を旅したとき、「水の味も身にしむ秋となり」と詠み、”飲まずには通れない水がしたたる”と日南の水のうまさをほめたといいます。黒潮が運ぶ海の幸豊富な日南の魚とうまい水で作った低カロリー・高タンパク・DHAが豊富なヘルシー食品『日南魚うどん』。お楽しみください。

宮崎県日南市 出展団体:日南市漁協女性部加工グループ
日南市漁協女性部加工グループでは、漁業者が漁獲した地どれの新鮮な魚を原料にして、すべて手作りで、ひとつひとつの商品に愛情をこめ丁寧に水産加工品を製造しています。


15. 田川ホルモン鍋(福岡県田川市)
 炭都「田川」のソウルフード、 田川ホルモン鍋!! 300円

一昔前、石炭のまち「炭都」だった田川。美味くて、栄養満点だったことから、かつては炭鉱で過酷な労働に従事した炭鉱マン達にこよなく愛されたホルモン鍋。
コラーゲンたっぷりのぷるぷるホルモンとたくさんの野菜が味わえるヘルシー&スタミナ料理は、今では女性に大人気!!

福岡県田川市 出展団体:田川ホルモン喰楽歩
半世紀を越える歴史を誇る田川のソウルフード「田川ホルモン鍋」、そして故郷「田川」を全国に知らしめるため、市役所職員が中心となって結成。平成17年には田川市役所職員有志が「田川ホルモンマップ」を作成。平成20年には「田川ホルモン喰楽歩」を結成して、焼肉店や食肉販売店とコラボしながら田川ホルモン鍋を猛烈PR中!!


16. 山鹿薬師馬カレー(熊本県山鹿市)
コラーゲンたっぷり山鹿市オリジナル馬カレー 300円

05年の誕生以来、人気の山鹿グルメ。山鹿で昔から親しまれてきた馬のスジ肉、さらに地元野菜がたっぷり!この特製カレーは市内の5店舗で味わえますが、山鹿には馬肉を使ったコロッケ、ピザ、丼、パスタなどを出すお店もありますよ。

熊本県山鹿市 出展団体:山鹿薬師馬かっ隊
山鹿市の飲食店店主が「お客様をおもてなしする新名物を作ろう」と立ち上がり、熊本名物の馬肉を使ってみんなが大好きなカレーを、各店それぞれの個性を生かした「山鹿薬師馬カレー」を完成させました。
山鹿薬師馬かっ隊は、食を通して、ヘルシー料理、名物料理の研究をしています。そして山鹿市の発展を目指します。


17. 八戸せんべい汁(青森県八戸市)
煮込んだせんべいは、まさにアルデンテ! 300円

煮込んだせんべいは、まさにアルデンテ!準グランプリ連続受賞が、美味しさの証。
八戸せんべい汁とは、肉や魚、たっぷりの野菜などのダシ汁に、小麦粉と塩で作る鍋用の南部せんべい(おつゆせんべい)を割り入れて煮込む鍋料理です。上手に煮込んだせんべいはモチモチ・シコシコとした歯ごたえで、その食感はまるでパスタのアルデンテのよう。初めて食べた方からは、「ビックリ!でも旨い」と言っていただけます。八戸せんべい汁の始まりは、約200年前。八戸地方に伝わる南部せんべい食文化の一つとして、今に受け継がれています。

青森県八戸市 出展団体:八戸せんべい汁研究所
八戸せんべい汁研究所は、2003年11月に旗揚げした市民団体です。せんべい汁提供店マップの発行、県内外のイベントでの振る舞いや、マスコミへの情報提供活動等を行い、全国ブランドに向けた挑戦を続けています。また、同年9月には、「好きだDear!八戸せんべい汁」を歌うトリオ★ザ★ポンチョスがCD全国デビューし、ユニークな歌詞と踊りで話題を集め、B級ご当地グルメソングの草分けとしても注目されています。B-1グランプリでは、超大鍋「ま汁゛ガーZ」での調理も話題となり、2大会連続で第2位(準グランプリ)を受賞。


といったそれぞれのB級グルメが
一同にかいしたということに加えて、

B1グランプリの九州版ということで
オフィシャルの大会です。

このような大会が盛り上がることについては、
今後も応援していきたいと思いますし、

B級グルメとして、地域で埋もれながらも
愛されてきたものが日の目を浴びるというのは、

いいことだと思いますし、

このような郷土の誇るべき歴史を大切にしていたら、
自然にお金が入ってきたと言うのが、
町おこしとしては、真っ当なのかなと思います。

そして、そんな郷土の誇るべき歴史とするべく、
頑張っていく新興勢力については、

やはり地域での愛され方ってのが、
ポイントになってくるのだと思います。

と、いうことで、
今日はオムカレーでも食べるとします。




あなたのオススメどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。

当ブログによせていただいたコメントも、さしさわりがなければ
番組内で紹介させていただきます。

あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2771
FHF
野球シーズンが終わると
良く聴いている、ラジオ番組の編成なども
オフシーズンモードになるのに加えて、

気温も下がっていくということもあり、

少々寂しい気持ちの季節であります。


とはいえ、先週降った雪はどこえやら
といった一週間でして、

イキオイコンデタイヤ交換などをした反面
少し拍子抜けのような感じであります。

そんな冬タイヤをはいた安心感から
十勝岳温泉などへ行ったのですが、

道なりに生えている落葉松の葉が
道路を焦げ茶色に彩っていて、

車が走ると、「ばっ」と舞ったりして、

これもこの季節の風情ですね。

そして、今週は再び気温が下がるもよう。

いよいよ気合いを入れ直して、
冬支度にそなえると致しますか。




11月9日 オンエア 第239回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
です

先週は、三国志の中でも
超人的な活躍の伝説が数多く残る
諸葛亮孔明の話をしてまいりましたが、

「演義」では、堂々主人公ですし、
「三国志」では、これまた主役級の活躍をしているのが、
「蜀」の国ですから、

この国の丞相である諸葛亮の活躍は
最早納得なのですが、

その反面、ワリをくっている印象があるのが、

「蜀」のライバル「魏」であり、
「蜀」の皇帝、劉備玄徳のライバルである
「魏」の皇帝、曹操孟徳なのです。


毎回お話をしてますが、

3世紀、西晋の時代に成立をした正史「三国志」と
5世紀、南北朝時代の宋の文帝の命令でつくられた
裴松之の注と、
14世紀、元末~明初に成立をした「三国志演義」が
ベースになっている、三国志のお話ですが、

正史「三国志」は、

中国の「史記」「漢書」「後漢書」「三国志」「晋書」
「宋書」「南斉書」「梁書」「陳書」「魏書」「北斉書」
「周書」「隋書」「南史」「北史」「旧唐書」「新唐書」
「旧五代史」「新五代史」「宋史」「遼史」「金史」
「元史」「明史」

といった
中国の二十四史の中でも、
少々異色ななりたちをしていまして、

「魏書」「呉書」「蜀書」と同時代に存在した
三つの王朝のことを、並列的に記している
史書をまとめたというところが、
異色なのです。

そして、「魏書」のみ、
皇帝・王のことを中心とした事柄を
年別に記録する「本紀」がもうけられていて、

呉書・蜀書には、個々の人物などの記録である
「列伝」しかありませんので、

そんな解釈のもとで編纂されていますが、
あくまでも3国を並列に記載するというのが特徴です。


が、「本紀」を作られている
「魏」の国は、形式上でも
実質的にも、

正当な王朝として認められていますし、

その「魏」を事実上まとめた人物である
曹操の扱いは、
やはり、別格なのです。


曹操孟徳(155年 - 220年)は
中国後漢末の武将であり政治家で、
かつ詩人です。

孟徳は字名で、沛国譙県(現在の安徽省亳州市)に生まれました。

漢の曹参の子孫といわれ、祖父曹騰は、
後漢の順帝の時から桓帝の四代の皇帝に宦官として仕え、
大長秋まで昇り、それなりの財を築きました。

当時の宦官でも高位の人は、
養子をもらって、自分の家名を存続することが出来て、
このことから、曹騰の身分を知ることが出来ます。

父の曹嵩は祖父の金で太尉の地位を手に入ました。
曹嵩は夏侯氏の出ですが、宦官である曹騰の養子として、
曹氏をつぎました。

そんな家柄の出身である曹操は、
若い頃は、放蕩を好み素行を治めなかったために、
世評はあまり芳しくありませんでした。

その原因の一つが、家柄という点で
大いに馬鹿にされていたことでしょう。

これは後漢に遣えたあとも続きまして、
後漢では若くして有能な官吏として大いに活躍しますが、
所詮宦官の家柄ということで馬鹿にされていたこともあった
のでしょう。

自分の家柄に大きなコンプレックスを持っていたことが、
彼をつき動かす力の一つとなったのです。


曹操が生まれた頃の後漢は
権力を握った宦官とそれを憎む士大夫の間で
激しい暗闘が繰り広げられていました。

この戦いは常に皇帝を握っている宦官が有利でした。
曹操は家柄もあり、宦官には同情的な立場を
とっていましたが、
袁紹と袁術が宮殿を攻めて宦官を皆殺しにしたことで、
曹操の立場も微妙なものとなってしまいます。

そんな時代におきた黄巾の乱の勃発により、
武力を握ることが権力の条件となり、
曹操は潁川で黄巾の乱を鎮圧したことにより
力を誇示することになります。

この時も、宮廷内では慢性化した権力争いが起き、
董卓が乗り込んできたときに、
これを嫌って曹操は帰郷しましたが、

その後、董卓が朝廷を牛耳ると洛陽から脱出して、
各地の諸侯に連合を呼びかけ、袁紹を盟主として挙兵。

連合軍は、あまり戦意も高くないものの、
孫堅らの活躍で、董卓の軍を破りますが、
董卓が洛陽に焦土戦術をかけていった事から戦意を失い、
諸侯は兵を持ったまま各地に散らばっていきました。

三国志の序盤で大切なエピソードです。


事実上この時点で後漢は滅び、群雄割拠の時代となり
董卓は呂布に暗殺されました。

曹操は黄巾軍の残党30万を降して自らの兵力としました。
これが精強をほこる青州兵です。

曹操の実力はこのことを通じて大きく上昇し、
諸侯の間でも注目されるようになりました。

これらの天下制覇の中途で、
徐州の牧陶謙に父親を殺された恨みから、
徐州大虐殺を引き起こしますが、

この時、徐州には鶏や犬でさえ鳴く者はおらず、
死体のため河が堰き止められたというほどの惨状と
いわれています。

この虐殺により曹操は評判をおとし、
『三国志演義』において曹操が悪役扱いされることの
根源となりました。


曹操は呂布、劉備、袁術、張繍らと闘い、
大局では勝利を収めながら、次々と勢力を拡大していきました。

また、曹操にとってプラスになったのは、
196年、荀・程らのすすめで、
長安から逃げてきた献帝を自らの本拠である許都に迎え入れたことです。

後漢の帝室の威光を背後に付けて有利に戦略を展開し、
ライバルの呂布、袁術、張繍といった諸侯を制圧しました。

そして、200年に官渡の戦いで、
河北に勢力をのばしていた、最強の敵である袁紹を破り、
華北(中国北部)を統一、
204年、袁氏の本拠を鄴(現在の河北省臨漳(りんしょう))
を攻め落とし、ここに本拠地を移し、
中原での覇権を打ち立てました。


ここに、曹操の実力は圧倒的な物となり、
対抗するのは、荊州の劉表、呉の孫権、蜀の劉璋、
漢中の五斗米道、関中の馬騰を筆頭とした群小豪族に、
寄る辺の無い劉備を残すのみとなりました。

曹操は三公制を廃止し、自ら丞相となり
天下統一への道を固めると、
15万の軍を南下させ、病死した劉表の後を継いだ劉を降し、
長江を下って呉へ攻め込もうとしました。

呉の孫権軍を率いるのは、周瑜、
この時に呉と、呉と同盟を結んだ劉備の連合軍は
5、6万と推定されますが。
208年12月、両者の間で起きたのが、
赤壁の戦いです。

この戦いで曹操軍は、呉軍の部将、黄蓋の策略に引っかかり
軍船が火攻めにあったことと、
疫病の流行に悩まされたこともあり
撤退を余儀なくされました。

これにより中国全土統一の事業は頓挫し、
その後に劉備が蜀の劉璋を降した事によって、
魏・呉・蜀の三国が割拠することとなりました。

曹操は、213年に魏公、216年に魏王に封じられ、
後漢皇帝が納める帝国内にある王国という形で
魏を建国しました。

ところが、実質的に献帝には権力は無く、
実際には後漢をほぼ乗っ取った形でしたが、
曹操は最後まで帝位にはつかず
後漢の丞相の肩書きで通しました。

このことについて曹操は
「自分は(周の)文王たればよい(文王は殷(商)の重臣として殷に取って代われる勢力を持っていたが死ぬまで殷に臣従し、殷を滅ぼした子の武王によって「文王」を追号された)」として
皇位簒奪の意を示唆したともいいます。

このあとも、蜀の劉備軍などと激闘を繰り返した末、
220年、病気で死去します。

遺言では
「戦時であるから喪に服すのは短くして、墓に金銀を入れてはならず」
と言いました。

死後、息子の曹丕が後漢の献帝から禅譲を受け皇帝となると、
太祖武帝と追号されました。



といった、「正史」でも「演義」でも
武人としての活躍が目立つ
曹操ではありますが、
さらに面白い側面がありますので、

そちらについては、また来週紹介をしたいと
思います。







ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄
化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
北海道富良野市・上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒07 6-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2775

リクエストなどは
当ブログのコメント欄でも
受け付けています。

ファイターズは残念でした。
昨日の試合も11安打で無得点という
らしくないゲームでした…。

とまれ、選手ならびに、球団関係者の皆さん、
ファンの皆さん
一年間ご苦労さまでした。

今年の経験をいかして、
来年の活躍を期待しますし、
来年も応援しますよ~。



さて、来年の活躍といえば、
目前に迫るオリンピックですが、

こんなニュースがあります。

チーム青森がチーム長野を下し五輪代表へカーリング、バンクーバー五輪代表決定戦
2009年11月7日(土)

 チーム青森が、実力を見せつけて2大会連続の五輪代表を決めた。バンクーバー五輪出場をかけたカーリング女子日本代表決定戦は7日、青森市スポーツ会館で3日目が行われた。チーム青森と、常呂高とのチャレンジマッチから勝ち上がったチーム長野が4戦先勝の形式で対戦。チーム青森は08年、09年の日本選手権で優勝しているため2勝のアドバンテージが与えられており、2勝すれば代表に決まるという条件だったが、第1戦は延長戦の末にチーム青森の逆転勝ち。続く第2戦は、前半で8-1とチーム青森が大量リード。第8エンドに12-3となったところで、チーム長野がギブアップして勝利が決まり、2連勝でバンクーバー五輪出場を決めた。

◇第1戦◇
チーム青森 01010 01210 1|7
チーム長野 10101 20001 0|6
 
(チーム青森)石崎琴美-本橋麻里-近江谷杏菜-目黒萌絵
(チーム長野)谷本文子-園部智子-園部淳子-土屋由加子

◇第2戦◇
チーム長野 00010 200××|3
チーム青森 13202 022××|12

(チーム長野)谷本文子-園部智子-園部淳子-土屋由加子
(チーム青森)石崎琴美-本橋麻里-近江谷杏菜-目黒萌絵

 第2戦の第8エンド、チーム長野のスキップ土屋由加子の最終ショットが短く、ハウス(円)の手前で止まってチーム青森に2得点、12-3という大差がつくと、チーム長野は円陣を組んで、試合を続けるべきか、しばらく話し合った。カーリングでは、試合途中でも逆転不可能と判断すると、相手チームに握手を求め、敗戦を認める。いわゆるギブアップだ。
 チーム長野は円陣を解き、チーム青森のメンバーに歩み寄って握手を求めた。それはチーム長野が、チーム結成から13年間、夢見てきた五輪をあきらめ、敗戦を認めた瞬間だった。
 笑顔の中に涙を浮かべたチーム長野の選手たちから「(五輪で)頑張ってきてください」と激励されると、本橋麻里をはじめチーム青森のメンバーも涙をこらえ切れなかった。4年前のトリノ五輪代表決定戦や、日本選手権の決勝で何度も大接戦を演じてきたライバルの気持ちは、チーム青森の選手たちもよく理解していた。両チームの握手と、健闘をたたえ合う言葉のかけ合いはしばらく続き、なかなか表彰式を始められないほどだった。

 試合は予想外の展開を見せた。第1戦は両チームとも正確な技術を見せ合って、延長戦の末にチーム青森が1点差勝ち。第2戦も、同じような接戦が予想された。
 しかし第2エンド、先攻・チーム青森のストーンがハウスに3個入った状態で、チーム長野のスキップ土屋の最後のショットは、まさかのショート。ハウスの手前で止まってしまい、チーム青森は3個のストーンがすべて点になって3得点。カーリングでは、不利な先攻のチームが、2点以上獲ることはめったにない。ここから一気に、チーム青森の大攻勢となった。
 この日はトリノ五輪の時と同じセカンドを務めた本橋は、持ち味の速いショットで、ピンチになりかけると、的確に相手のストーンを弾き出して、たびたびチームに有利な形勢を取り戻した。
 サードに起用された20歳の近江谷杏菜も、大きな差のついていた第8エンドで、コース取りがずれて、当てるべきストーンの脇をスルーしてしまった以外は、ミスらしいミスもなく、ほかのメンバーにまったく引けをとらない精密なショットで役割を果たした。父の好幸氏は98年長野五輪の男子代表。親子二代でのカーリング五輪代表となった。

■整理券が配られた熱戦
 この第2戦は、地元・青森ではテレビの地上波で生中継され、148人の報道陣が取材に集まった。会場の青森市スポーツ会館は、立ち見も含めて最大の収容人数が400人程度の小さな会場だったが、この日は整理券が発行され、満員になった。
 会場内では、ぬいぐるみやTシャツ、携帯ストラップ、銘菓「カーリング娘」など、青森市商工会議所が取り組んだカーリング関連のグッズが販売され、試合会場内には12のスポンサー広告ボードも出た。ドリノ五輪前には考えられなかったことだ。

 バンクーバー五輪に出場する女子の10カ国は、トリノ五輪の時と比べて、はるかに実力が接近している。今年3月の世界選手権では中国が優勝したものの、8月のウィンター・ゲームス(ニュージーランド)では、その中国に、日本(チーム青森)は勝っている。昨年3月の世界選手権では、やはりチーム青森が、優勝したカナダと準決勝で対戦して、延長の末、1点差負けという惜敗だった。メダルの可能性もあれば、予選リーグ落ち(5位以下)の可能性もあるのが現状だ。オリンピックまでの約100日間で、さまざまなアイスの状態への対応力をはじめ、さらなるスキルアップができるか、練習に取り組んでいくことになる。


■目黒萌絵(チーム青森スキップ)
 安心したのが半分、喜び半分なのですが、ここから、また次のスタートラインだと思って、また気を引き締めて頑張っていきたい。チーム長野、常呂高校の分まで、バンクーバー五輪で頑張ってきたいと思います。トリノの時は、2人の先輩(小野寺歩、林弓枝)に引っ張ってもらって出場した五輪。自分の力を出し切れなかった。メンタル面で後悔が残ってしまった大会だった。今回は、最後まで気持ちだけは負けないような、納得のいく試合をしていきたいと思います。

■近江谷杏菜(チーム青森サード)
 2試合目は、自分たちでコントロールする試合ができたので、落ち着いてできた。このチームに入ったのは五輪に行くため。父が長野五輪に出た時は、私はまだカーリングを始めていませんでした。父と同じ舞台に立てるというのはとてもうれしいですし、父はメダルに一歩届かなかったというのもあるので、もっと上に行けるように頑張りたいと思います。

■本橋麻里(チーム青森セカンド)
 前回は4年間をかけてチーム作りに参加することはできなかったのですけど、今回、このチームでは、1年目からいろいろ経験させてもらった。チーム長野に恥じない試合を、五輪ではしたいと思います。1年ごとは短かったですけど、4年というのを考えると長かった。でもこの4年間はとても充実していました。メンタル面が強くなってきているのかなとは思います。

■石崎琴美(チーム青森リード)
 率直な感想としては、ホッとしたという感じはあるんですけど、世界と戦うには、もっと自分のスキルを上げなければいけないと思う。あと約100日、もっと自分にプレッシャーをかけ続けて、さらにレベルアップをはかりたいなと思う。

■山浦麻葉(チーム青森リザーブ)
 きょうの2試合で決めるというふうに思っていた。2試合目は私たちらしい試合ができた。納得のいく、いい戦いができた。きょうで一区切りとは思っていない。来週はパシフィック選手権(長野・軽井沢)もある。私が入ってから優勝できていないので、優勝したいと思う。

<了>



これはスポーツナビの記事ですが、

南富良野出身で富良野高校のOBの目黒さんが、
前回に続いて、二大会連続でオリンピックへと
出場することになりました。

こちらも応援をしたいと
思います。





さて、ここからは温泉三昧です。

下界にすら、雪マークがちらつくようになると、
山にいくのは、ナンギをしますね。

まだ冬道運転になれていませんし

しかも、雪降った日、旭川からかえってきた時に
路外へオチている車を見たりすると
尚更ですよ。


さらに、土日お仕事期間中である
ということで、なかなか温泉へと
ゆけないのですが…

この間、休日出勤が1時頃に終わったということで、
向かったのが、
湯元白金温泉ホテルでした。

もう、この時期は外の露天風呂が
使えない時期でありますので、

おとなしく普通の浴場へ行ったのですが

混んでましたね~

しかもちびっこが結構いて
元気にはしゃいでいたので、

巨石がアクセントになっている
露天風呂へ避難いたしますが、

ここの移動の途中に見る、美瑛川の谷底で
ビビッドな青と、水泡の白が混じって
波濤のような模様を見せて入れる景色は、

いつ見てもすごいですね。

しかも、白金独特の
碧茶色の硫黄香と鉄錆香のまじった
むわんとした空気がただようお湯は、

サイコーですね~。

浮き世の空気から隔絶した
しあわせを感じることが出来ますよ。

ただし、この日は露天も混んでいたのですがね。

露天のお客さんは静かにお湯を楽しむかたが
おおかったので良かったです。

95湯目でした。



そして、その翌週、
これまた休日出勤が午前中に終わったということで、
奥芝でカレーを食べたあとに
むかったのが、

妹背牛温泉 ペペルでした。

こちらも人気の温泉でして、
いつ行っても混雑していますが、

お湯の質はバツグンなのに加えて、
ここの木の饐えた香りがただよい、
気泡の付きも結構好みな、
すこしだけねっとりとした感じのお湯が

好きなんですよね~。

しかも湯の温度が少しだけ低いので、
まったりとできる露天で、

じわ~っとお湯につかっていると、

昼に食べたカレーの刺激が、
カラダが温泉で血行良くなってきたところで、
またまたよみがえってくるところが、

これまたたまんないっスね~。

ちなみに、ペペルとは
アイヌ語の“PE”(ぺ)「水」と
“PERU”(ペル)「泉」を表す造語だそうです。

なるほど。

96湯目でした。



そして、こちらは休日終日出勤の時に
朝風呂で行くことが多い
フロンティア フラヌイ温泉でして、

この日はバーチャル旅館の朝食を体験できる
食堂の向かいにある東の湯でした。

食堂からただよう旅館の朝食の香りが
いいですね~

でもってお湯もまた、
ヌルくて、気泡のつきがよい温泉なので
ありますよ。

しかも、休日の朝に行ったのに、
貸し切りでしたしね。

ただ、行った日が0度以下まで気温が下がり、
粉雪も舞っているということで、

「しゃっこい」湯槽に入っても、
生暖かく感じてしまいましたよ。

そんな体が冷え切る季節でありました、

ということで風呂に入って気合い入れをして、
オシゴトに向かったのでありました。
97湯目でした。


 
それでもって、98湯目は、
こちらも、土日休日出勤朝風呂の定番、
朝の6時から入ることが出来る、
吹上温泉 保養センター 白銀荘であります。

ということで、家を朝の5時40分頃に出ますと、
丁度「山の端」が「少し明かりて」の状態。
夜明けの直前であります。

靄のかかった山々が、
少しずつ明るくなっていく様子を楽しみながら
山へと車を走らせていきます。

一週間前に降った雪は
最早、道ばたなどにしか残っていませんで、

落葉松林の中を走っていくわけですが

道路に落ちた落葉松の葉が、
路面を茶色く染めております。

そんなのもこの時期ならではの
景色です。

ただ、道路に積雪こそないのですが
部分的に凍結をしているので
慎重に車を走らせると、

次第に硫黄の香りがふわんと漂ってきますよ。

いいね。


吹上露天の駐車場に車が三台ほどとまっているのを
目視しながら
到着をいたしました。

入館料の券を手渡すと、
「今は 貸し切りかもしれませんね~」

いや、行ったら、
先客の方がひとりいらっしゃいました。

ということで露天へ行ったのですが
露天はあたりまえだの貸し切りでした。

いやー、
たまらないっスね~

とはいえ、外気温は氷点下。

体が冷え切っていることで、

一番遠い、ゆったりと入れる
湯温の低い岩の湯槽に
身を沈めます。

が、これがよい心持ちですよ。
湯槽に沈む平らな石の上に
体を横たえて、

半道南スタイルで楽しんでおりますと、

鉄香と硫黄香のまじった湯の香りに苦みが
間近に感じることが出来て、
これまたいいですし、

視界には、
真正面に見える
朝日を背負って影になっている
十勝岳の威容、

逆側を見ると、
朝靄の中にぼうっと光る
かけつつある月。

日は東から、月は西へ
という感じであります。


30分ばかり貸し切り露天を満喫して、
中へ戻ると、

先客の方はすでに出られたあとで
こちらも貸し切りでした。

こちらも人気の施設でありますので、
休日の昼とかに行くと、
結構イモアライな時もありますが、

流石、端境期の早朝ということで、

貸し切り温泉になっていますので、

シャンプーなどのにおいもしません。

ヒバの湯槽に身を沈めて、
湯槽や内壁から漂う針葉樹独特の木の香りと
微妙な硫黄香に鉄香がまじった湯の香が混じった
ここでしかかぐことが出来ない
そんなにおいと
木の温かい温もりを感じる
湯槽の感触をも堪能できます。

あーいかった。

と、いうことで、大満足のうちに
こちらをあとにして、
オシゴトに向かったのでありました。






ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市・上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒07 6-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2775

リクエストなどは
当ブログのコメント欄でも
受け付けています

よろしければ。

松井秀喜選手、

ワールドチャンピオンならびに、

ワールドシリーズMVP受賞です。



おめでとうございます。


すごいですね。

しかも、この間番組で、「ゴーゴーカレー」の
紹介をしたばかりなので
尚更びっくりです



と、いうことで、

今週のカレーです。

☆「奥芝商店 旭川亭」(旭川市旭町1条13丁目2146-14)

FURANO Hitory Factoryのパワープレイは
基本、月の最終週に出たシングルの中から
選んでいます。

しかも、基本F.H.F.でかけるCDは
富良野には売っていません。
と、いうことで月の最終週は
旭川へ行く機会が多いのですが、
そういえば、今月はまだ
奥芝に行ってないぞー。

ということで、この日に奥芝行こーと
思ったのでした。


しかも、奥芝飢餓期間を癒す
あさひかわtown情報「asatan」の
店舗情報「EAT!! SHOPS」のページに載っている
奥芝商店旭川亭・今月のマンスリー情報を
いつものように見ていましたら、10月号には、

今が旬の味! 今月のマンスリーカリーはキノコ

キノコ三昧カリー 1200円

愛別産幻味(げんみ)マイタケや、由仁町産原木(げんぼく)しいたけなど、厳選したキノコが8種類入った「キノコ三昧カリー」。ベーススープでキノコを煮込むように作ることで、香りやダシが染み出て、ふくらみのある深い味が完成。


という説明文の上に、

いつものように、美味しそうな写真が…

キノコのカリー…

昨年も食べたぞ。

しかも、去年はきのこが5種類だったハズなのに、

今年は8種類に増えていて、
写真を見る限りでは、
椎茸、舞茸、えのき、シメジ、えりんぎ、なめこ
それと、えーっとえーっと

そんな写真を見たら
矢も盾もたまらず
行きたくなる~。

でも、行く機会がなかったということで、
ジッと我慢の子であったのですよ。



ということで、満を持して、
軽く仕事を終わらせた後、
旭川にむかって車をはしらせました。

駐車場に車を入れ、ナンのヘンテツもない住宅街を
歩いて行くと次第に強くなるスパイスの香り

奥芝さん以外は全部民家というロケーションですから、
住宅街を歩いていることになるのです。

だから、学校からかえってくる時に、他人の家から
夕食の準備をする匂いが漂ってきて
お腹をすかした小中学生の頃の思い出を
郷愁たっぷりに思い出してしまうのは
ムベナルカナなのです。

「カレー」の表札を見ながら玄関から入ろうとすると

外で、「GUINNESS」と書かれた黒板がおでむかえ。

こちらにも、
「愛別町産幻味マイタケ
由仁町産原木椎茸
などなど
8種類のキノコが入ってます」
と言う文字と、

カワイラシイキノコの絵がかかれています。

そんなのを見ながら
古民家を改造した店舗の玄関ドアを
ガラガラと横開きし、

黒い履き心地の良いスリッパに
足をとおし、

待つことなく二階のカウンター席へと通されました。

キシキシと軽くきしむ木の床とか、
階段を踏む感触を楽しみながら、

カウンター席へ腰を下ろします。


でもって改めて
メニューをみますと、

「10月限定
キノコ三昧カリー 1,200円

キノコの味、食感、風味を味わう
だけじゃなく、スープに浸み出た
ダシや香りもまた格別。
数量限定です。どうぞお早めに!
入荷情況(原文のママ)により、
具材が異なることがございます。
詳しくはスタッフまで。」



と書かれていたのです。


ワタクシ、前回から5回前まで連続して、
その月のスペシャルを、
その前はレギュラーメニューを
その前はその月のスペシャル、
その前は、レギュラーメニュー
さらにその前は5回連続で、
その月のスペシャルを、食べておりました。

が、即決です。

食べればわかる
問答無用。

といった、五・一五事件の犬養首相と
海軍青年将校のやりとりのような決断を
頭の中ですませましたら、

お店の方が、

「今月のカリー、キノコ三昧カリーは、今日が最後になっております」

などとおっしゃります。

そんなの言われるまでもなく、
今月のカリーですよ。

でもって、こちらのお店の流儀通り、
まずはスープ→具→トッピング→辛さ→ライスの量と種類など
という順番でオーダー。

こちらのレギュラーメニューは

やわらかチキン 980円
プリプリえび 1080円
生鮮野菜 950円
十勝餃子 980円
挽肉と納豆とオクラ 950円
チョリソーとバジルソーセージ 980円



その他数量限定のスペシャルカリーとして
厚切り角煮カリー 1150円
厚切りベーコンとキノコのカリー 1150円
牛モツカリー 1300円


それと今月のスペシャルの選択肢の中から、

「キノコ三昧カリー」でファイナルアンサー。


スープは

チキンスープ(トマトベース)
エビスープ(エビベース) +100円

のうちで、

店内にぷぅんと漂っているエビ香が刺激的な
ご推奨のエビスープではなく
スープはいつものチキンスープ、

トッピングは、
1品までなら追加料金無料の
A オクラ、アボカド、ブロッコリー、
インゲン豆、ホールトマト、れんこん
舞茸、キクラゲ、キャベツ

B +150円
チーズ、納豆、挽肉、原木椎茸、キタアカリ

C +200円
チキンレッグ、海老、十勝餃子
チョリソー、バジルソーセージ

D +300円
厚切り角煮、厚切りベーコン

から
ホールトマトをトッピング。

七月に食べた夏野菜のカリーに入っていた
ホールトマトのインパクトが
強かったのですね。


辛さは
1 睦月 辛くなくても味は逸品
2 如月 一般的に言う普通くらい??
3 弥生 ピリリと旨い
4 卯月 ご家庭のカレーの辛口程度
5 皐月 定番!店長のオススメ! ピッキーヌ赤1本
6 水無月 水無しでもいけるかな? +50円 ピッキーヌ赤1本青3本
7 文月 普通じゃ満足できない方へ +100円 ピッキーヌ赤1本青6本
8 葉月 お口の中がHiriHiri +100円
  ピッキーヌ赤1本青9本 砕きピッキーヌ1g
9 長月 翌日が辛い?? +150円
  ピッキーヌ赤1本青12本 砕きピッキーヌ2g
10神無月 この辛さに神も無い +150円
  ピッキーヌ赤1本青12本 砕きピッキーヌ3g
11霜月 覚悟してください +200円
  ピッキーヌ赤1本青12本 砕きピッキーヌ6g
12師走 師も走るほど辛い!!! +200円
  ピッキーヌ赤1本青12本 砕きピッキーヌ9g

の中から、
この後は雪が降るか…、という予報の中で、
強めの刺激が欲しかったということで、
+100円の葉月。

ライスは、土日限定の
きのこご飯を
オーダー。


いつもの手にずっしりとくる重さのグラスでお水を飲み、

アコースティックギターのインストルメンタルに
耳を傾けていると、


その時は「ホルストの組曲惑星より木星」でした。
その後注意深く聞いていると「パッヘルベルのカノン」
「イマジン」「ラヴェルのボレロ」「銀河鉄道999」
「なごり雪」といった曲の
のギターアンサンブルアレンジが流れました。

てか、このアーティストって
誰なんだろう…

相変わらずわからないのですが、
ぼーっとそんなことを考えながら

待つことしばしで、良い香りとともに
灰白色の丼のような器に入ったスープ。
ご飯茶碗のような器に入ったきのこご飯には
いつも通りレモンが添えられていて登場。


うむ!

非透明系かつ、
鮮やかな赤味の強いオレンジがかったスープからは、
こちら独特のアレンジをされている
スパイスの香りがぷいんと漂ってきまして、
もうそれだけでにまにましてしまいますが、

赤味の強いオレンジがかった
スープの色に
彩りを与える水菜やカボチャなどの下には、
同系色のニンジンや、緑色を引き立てるピーマン
などの赤・オレンジ・緑といった
派手な色と合い対照的に

淡いアイボリーの
キノコ、キノコ、そしてキノコ
といったキノコ三昧の名にそぐわぬ
キノコっぷりが
いいぞいいぞ。

これが奥芝のカレーだよ。

ってことで、
気分も盛り上がってきたのところで、
いつも通りまずはスープを一口。


パクっ




!!!!





ゥヲヲヲヲヲヲんッ!


これだよこれだよ。

これ喰いたくて、旭川へ来たんですよ。


カレーを出される時に、
「生の唐辛子が入っていますので、
噛まないように、注意してください」
と言われる葉月ならではの
スルドい刺激がビシッと直球できます。


確かに辛さと痛みは感じるところが
同じなはずなのですが、
辛さだけが突出して、イタい感じが
なんだかひっかかりとなって感じられる。
そんなタイプではなく、

辛さがウマさの一要素となっている。

カラいからこそのウマさという感じで、
十分な機能をしているのが、
奥芝のスープのスゴさです。


あっさりすっきりとした飲み口から
辛さとともに、すぐに、複雑な、
さまざまな具材から溶け出した旨みとこくの
味へが出てきて、
一気に口の中でぶわっと広がります。

そんな辛さ、旨み、こくで作り出されている
スープカレーの交響曲というか、
すべてのあじわい自体が、
こちらで、スープを作ったりする時の
様々なテマヒマの結晶であるということが
実感できて、それが、嬉しいですし、
そんなのを味わう贅沢さで、
顔のニヤケが止まりません。

一口ごとに違うウレしさを感じさせてくれるような
そんな表情の変化を、一瞬一瞬のうちに見せてくれる
変幻自在なカレーは、奥芝ならではなのです。

しかも、刺激的なスープが
投入されれば投入されるたびに

口の中は刺激を受けるのですが、
それ以上にウマいのですよ。

口の中から胃の腑へすっと落ちると
その辛さと、辛さをしっかりと支えている土台とも言うべき
コクにウマ味。

そして、嚥下したあとに残響のように残る
幸せな記憶とともに、すぐに次がほしくなって
スプーンをまた運ばせてしまう。

基本すっきり系なので
ウマいものを口いっぱいにほおばりたいという
本能の赴くままに、スイスイといってしまう。

これは、スゴいわ。

美味しさの無限連鎖講だわ。

しかもスパイスの刺激は、
最初っからガツンと来るのですが、
体内には、さらにじわじわと蓄積をされていって、

気がついたら、頭から全身にいたる
汗腺を刺激しているのです。


しかも、今回の具材のキノコは
旨味のカタマリ。


そんな旨味が、一要素となって、
普段のスープよりも複雑な味わいのような
気がしていまして…、

スープを飲むだけで、これだけですから、
具とか食べたらどうなっちゃうんだろう

と期待でドキをムネムネ


こんな鮮烈なカレーと好一対といっても良い
インパクトある具材が、

まずはタップリと入ったきのこたちなのです。

と、いうことでまずは、

目に入ったシメジを


ぱくっと

ヲヲヲヲ、

このぷりっぷりの感触


しかもなめこも
これまたぷりぷりだー。


でもってしいたけを食べると、
肉厚なかんじで、
肉厚ってことばがよく似合う、
まさに肉ってかんじ。

しかも厚切りのエリンギの
シコシコぶりもすげーです。


貝のような食感のフクロタケとか、

わさわさっとはいっていて、
細い1本1本かみ切るたびに

くきくきっとした食感とともに、
旨味と染みこんだスープが
じわっとでてくる
そんなエノキだけとか、

かみ切るのに一苦労するほどはいっていて、
しかも香りといいあじといい、
まさに踊ってしまうようなレベルの
舞茸にユキノシタ。


もう…


ノックアウトっす~。





しかも、

この刺激的なスープと好一対である、

芯までアマいキャベツに加えて、

脂を良く吸って、メチャウマになっている
素揚げのなすび、

あまあまほこほこのカボチャ

ほくほくあまあまの人参といった、

レギュラー陣も手堅いぞ。


今年のファイターズばりに。



でもって本日のトッピングは、
丸ごと1個ごろんとはいった湯むきトマトでして、

旬の時の鮮烈さこそありませんが、
しみじみと美味しく、
かぶりついた時に一瞬来る酸味と、
次第に、トマトのなかのトロッとした部分から
中のトマトならではのウマ味とコクのカタマリを

堪能させていただきましたし、

そんなのがスープに溶けて、

これまたキノコとともに、
ただでさえウマいスープを
さらにウマくしていますよ。

くー、たまらん。


でもって、

今回お願いしたのは
「きのこご飯」ですからね

ほんのりと醤油で色が付けられて
キノコだけではなく、
にんじんの千切りなどが散らされた外見と味は、
それだけで、関西圏で食べる
「かやくご飯」のような趣で
いただけますよ。

なんかおコゲがあるのも
ウレしいサービスでありますし、

これまた繊細なところが
スープカレーによくあいました。


最初は、スープと、ご飯を
交互に食べて、

その味わいを確認して

そして、次にスープにご飯を
ひたしてたべて

絶妙なコラボレーションを
堪能して、

そして、しめは
ご飯を残ったスープに投下して、

思いっきりレモンを絞って混ぜて

固ゆで卵の黄味をカレーに溶かして


ついでに残った水にもレモンを軽く絞って


一気にわしわしっと
かっくらうのです。


軽い酸味と、溶けた卵の黄身と
キノコに極ウマスープに、
ご飯のおこげに

キノコをはじめとした具材のかけらたちが

まさに夢のかけら、

後夜祭のような趣で


くー、もっ、たまらん~

さいこ~っス。




スープにもキノコ

ライスにもキノコ

まさに、お口の中は北海道の秋満喫で

「スープカレーのオクトーバーフェスティバルや~」

って感じです。

(オクトーバーフェスティバルならば、ビールが必須なのですが、
昼だし、車だったので、アタリマエのことで、断念をしています。)



くっ、はあ~

シンアワセェ~、




でもって、このあとに温泉にいったっけ
唇がヒリヒリしたのを思い出し

シアワセを反芻してしまいました。

んー、しゃーわせー

でも、前回キノコカリーを食べた時は
白金温泉でした。

今回は妹背牛温泉でしたが

てか、ワシの行動って
全然1年たっても
進化しとらんのー。





☆「奥芝商店 旭川亭」(旭川市旭町1条13丁目2146-14)
◇営業時間◇ 11:00~15:00/17:00~23:00
(22:00LO スープがなくなり次第終了)
◇定休日◇ 不定休 ◇駐車場◇ 有り
◇電話◇0166-51-1100




☆「Dining bar R‘s」(富良野市北の峰町13-28)

今年の初雪は遅いねー
などとゆうちょーなこと言ってたら、

あっという間に一面の銀世界になってしまった
そんな富良野です。

しかも、現在は、相変わらずの
土日絶賛オシゴト期間中なのであります。

もう、カラダも、ココロも、
凍えそうだよ~。

そんな時に暖めてくれるのが
地元のカレーなのでありますね。

しかも、ただのカレーではありません。
焼きカレーであります。

富良野で焼きカレーといえば、
「ダイニングバー R’s 」さんなのです。

ということで、休日出勤のお昼に
職場を抜け出して行ってまいりました。

そとは、降りしきる雪の
北の峰地区。

あと一ヶ月もすればスキーヤーで
ごったがえすことは必定ですが、

この時期は丁度地元民がゆっくりくつろげる
時期なのかもしれません。

ログハウスのような木をふんだんに使った
こぢんまりとした、隠れ家のような中へ
木のドアを押して入ると、


さっきもいった観光シーズンの端境期であり、
行ったのが午後1時過ぎということもあって、

休日でありながら、
お客は僕一人でした。


ということで三人掛けの
木のイスに腰を下ろして、

メニューを吟味すると、

ランチメニュー 各1000円

富良野オムカレー
美瑛牛のオムハヤシ
オムライス(トマトソース)
焼きカレー
焼きハヤシ

といったラインアップ

ドリンクは、
ふらの牛乳・ホットコーヒー・オレンジ・
ウーロン茶・グレープフルーツ・コーラ・
ジンジャーエール・トニックウォーター・
アイスコーヒー(夏季のみ)
の中から選択で、

アルコールを注文すると
さらに+300円です。


ということで、キーマカレーがかかって
挽肉のつぶつぶの感触とスパイシーさを
とろーり卵が受け止めているオムカレーも
タマらないところですが、

ここは久々ってこともありますし、

なにせ外は粉雪が舞っておりまして、

そんな日には、これでしょう。
焼きカレーであります。

飲み物はトニックウォーターにもひかれましたが、
ここもオーソドックスにウーロン茶。

と、いうことで、オーダーを終えて
あたりを見回すと、

カウンター席三人分と、

三人がけのテーブルと

四人がけのテーブルと

六人がけのテーブルが
全座席といった

こぢんまりとした店内は、

木の暖かみを感じることが出来る内装で

しかも、目につくのが、ところ狭しと張られた、

お店のかたがバリバリのライダーってことを
よく表している、
全国各地をツーリングした際の
仲間たちとの写真や、

北海道内のカントリーサインの
マグネットが目に入ってきます。

窓の外の雪や風に
落葉松がそよぐのもそんな景色には
よく馴染む感じです。


BGMの洋楽に混じって、

時折ジャーという盛大な音がする
調理音に耳を傾けながら、

しかも次第に強烈になってきた
スパイス香に包まれながら、


まつことしばし、

で、
パチパチパチとなにかがはぜるような音をさせながら

登場であります。


!!!!!!!


ををををを

直径15センチくらいの、
グラタン皿というか、スフレカップというか
そんな感じの清潔そうな白くて丸い
食器に入って登場ですが、

軽く焦げていて香ばしい香りのするところと、

まかからチーズがとろけてきていて、
まだパチパチといっているところが

まずは、ニマニマしてしまいます。

カレーの上にチーズやサラミに茄子に、ピーマンの彩りもキレイに
シャレた感じのせられオーブンでこんがり焼いた
アツアツの焼きカレー。

そして、まんなかには、卵が
鎮座ましましておりますよ。



ってことで、いっただっきま~す。

スプーンを表面にぷすっとさして、


!!!


みょーんとのびるチーズが

これまたいい感じではないですか。


ぱくっ


!!!!


あふあふあふあふ

予期していたものの、
相当なあふあふです。

チーズもアツければ、

なかのカレーもアツい。

しかも、アツいだけではなく、
しっかりとコクがあって、
穏やかな感じでありながら

旨味がた~っぷりつまった

喫茶店ORバーで食べる
カレーのようでありますよ。

このコクにウマ味が
たまりませんね、まずは。


しかも、

!!


こちら、カウンターの上には
ずらっと広口瓶に入ったホールスパイスが
並べられていまして、
自家焙煎スパイスを使用したと、喧伝されているのは
ダテではありません。

旨味とこくをしっかりと
スパイシーさが支えているのです。

そんな突出している感じではないですが、
野趣にとんだワイルドさをも感じる
スパイス遣いでありながら、

旨味とこくの邪魔をしていないのです。

しかも、

!!!


次第にじわじわっと汗をかいてくる。

ここがスパイスマジックでありますね~。

でもって、
そんな旨味あり、コクあり、ワイルドなスパイス遣いありの
極旨カレーには、チーズのコクが
マイルドさを補完していて、

これまたいいですぞ。

ワイルド&マイルドなカレーです。

しかも、ピザ風の焼きカレーですから、
見え隠れするホールトマトなんてのも、

カレーの旨味・こく・ワイルドさを
補っているのにくわえて、

厚切りのサラミがいいですね~。

これも、オトコって感じです。

しっかりとくたくたになるまで
油通しをされている茄子も

チーズやカレーによくあっていまして、

茄子って万能なんだなー。

ってか、オレって茄子好きなんだなー

ってことを再認識しながら、

ちょっと中央部分の卵を
よけようとしたら


!!!!!!


ビービービー


エマージェンシーコールがなります。

このアフアフなカレーだということで、
せいぜい黄身が半熟程度だろうと
ふんでいたため、

少しぞんざいに移動をしようとしていた
卵の黄身が決壊しました。


!!!!

ヤバイヤバイヤバイ

最初はここまでアチアチなカレーだから、
てっきり黄身は堅くなっているだろうと
思ったのに、

予想に反して、とろっと
黄身が流れ出てきたということで、
そんなウレしい誤算があったものの、

にしても、それならば、
さいごのオタノシミで
トゥルンとカレーとともに
一気にいただきたい。

人の欲望は限りないですね~


が、とりあえずは決壊を最小限にとどめるべく

まだ手をつけていないチーズの上に
スプーンで窪みを作って
そこへ、まだ流れていない黄身を
緊急避難をさせたあと

流れ出した黄身をライスで拭くようにして、
にょーんと伸びるチーズに
濃厚スパイシーカレールーとともに

一気に口の中へいれますと


!!!!


卵の黄身と
カレーとチーズって

その濃いコクとコクとコクが
お互いをもり立てている、
贅沢な組み合わせですよね


しあわせだ~。


流れでなかった卵の黄身は、
最後のお楽しみにとっておきながら、

アヂアヂと思いながらも、
食べ進める手はトマらない。

ハフハフホフホフ言いながら
食べすすめていきます。

と、カレーのアツさにあいまって、
じわじわと効いてきた
スパイスの刺激とあいまって、

こんどは、汗がとまりませんよ。


ここもスゲーですな。

見ると、窓の外の
落葉松の木がサラサラと流れる風雪で
バサバサと揺れる様子が
絵画みたいですし、


そんな景色をみながらも
僕は汗ダクになりながら
「うおォン 俺はまるで人間火力発電所だ」状態。

これからの時期にはこれくらいアツいカレーが
いいんですよね。


と、いうことで、残りライスとチーズと
茄子とカレーがスプーンにのっかる大きさになった時に

半熟の卵とともに、

ぱくっと。


じぃぃいいいいいん。



あー、おいしかったー。

これならヤケドしても
名誉の名誉の負傷ですよ。

と、いうか、このカレーを前に
食べるスピードをセーブしろとか、無理ですな。

セットのウーロン茶をぐびっと飲みながら

時間を忘れてくつろいでほしいというのが
こちらのお店のポリシーのもと、

そのとおりゆったりとした時間を過ごしながら

オシゴトに戻ったのでした。



富良野スキー場近くの北の峰地区にあるということで、
この地区では、11月末にはスキー場がオープンしますので、

こんな体験をする人も増えるのかナー。


あと、こちらは、「Dininng bar R’s」ですので、
こカレーをアテに、ジントニックをいただいたりもしたいです。


なんてことを考えながら、
車に乗ろうとしたら、

雪に混ざって落葉松の葉がびっしりと
車についていましたし、


職場に戻ったら、同じく休日出勤の同僚に

「カレー喰ったんスか」
と見破られるくらい。

そんなスパイシーさも
魅力ですな。







☆「Dining bar R‘s」(富良野市北の峰町13-28)
◇営業時間◇ 11:30~22: 30(L.O.)
◇定休日◇ 木 ◇駐車場◇ 有り
◇電話◇ 0167-22-1335



あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。

当ブログによせていただいたコメントも、さしさわりがなければ
番組内で紹介させていただきます。


あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2771


追 ありがたいことに ブログのカウンターが800000Hitを超えていました。
思えば、7月25日の当ブログで、70000Hitを数え、
12月5日の当ブログで50000Hitを、
4月11日の当ブログで60000Hitを数えました。

そのときとほぼ、同じになりますが
当ブログを覗きに来ている皆さん、
コメントを寄せてくれたり、
トラックバックをしていただいている皆さん、

ラジオふらのリスナーの皆さん
ラジオふらのスタッフ並びに関係者のみなさん

そして、この人は、別格。
当ブログの立ち上げをしてくれた杏紀さん。

本当に ありがとうございます。

今後もこのペースでいきます。

11月2日オンエアー 第238回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」の
番組内でオンエアーをした曲です

♪「あんりある♡パラダイス」    栗林みな実
TV『けんぷファー』Op

迫り来るギターのカッティングと、
疾走感ある効果音のようなシンセの音に、
キーボードのキラキラと光る高い音と、
16分でピコピコと鳴って、疾走感に拍車をかける音に、
ギターのユニゾンで奏でられる旋律の組み合わせの
イントロから、つきぬけたアップテンポで
突っ走ることで、
聞くからにテンションがあがるのです。
伴奏も旋律と同様にかっ飛んだ感じですが、
そんな伴奏に負けずに元気な、
栗林さんの歌声も、吹っ切った感じの
明るい感じの歌い方でつっぱしっていくので、
曲調によくあっています。
黒神のような自分の感情を少しおさえめにした感じの
大人びた感じの歌声〔それはそれで、彼女の魅力の一つですが〕
ではなく、舞HiMEシリーズのOpの楽曲のような
明るくさわやかに突っ走る感じといえば、
よく分かるでしょうか。
とにかく、明るい曲調とよくあった
前向きの歌詞と、明るい歌声の
三位一体の攻撃で迫ってくるのが
まずは快感ですよ。
二番部分のリズムのいじり方ですとか、
ギターのアレンジやコーラスのアレンジを
微妙にバリエーションをつけるところ、
そして、サビ前に1小節コーラスを挟んで
そこでタメをつくるところなどの、
テンションの上がるしかけが、
イチイチ良い感じで響いていますね。
サビを受けて、コーラスで伝えられるメッセージから
間奏部分のカッコよくノリノリなギターサウンドへと
つっこんでいくところとか、
一転して、ピコ音十六分に2分音符でのばされる
ピアノっぽい音だけが響き、
リズムオフでメッセージが伝えられる部分を経て、
ギュンとしたギターサウンドをきっかけとして、
再びノリノリのさびへとツッこっんで行く展開は
お約束というか様式美。そうです。美なのです。
しかも、普通にイントロとか、サビ部分とかから、
コーラスのつけかたが、工夫されているなーと
思ったら、そのあとに、その部分が伏線であるかのような
かけあいのような凝ったコーラスワークが登場して、
再びサビへと、といった展開も
ごちそうさま。大好物です。
作曲の栗林さんは当然GJなのですが、
編曲の飯塚昌明さんの手法も、なかなかやるものだなあと
再認識いたしましたよ。





♪「右手と左手」      加藤英美里
『update』カップリング

ストリングスの聞くからにさわやかな
明るい感じの響きに加えて、
フワンとしたシンセのサウンドのイントロに
導かれるようにして、
カワイらしい舌足らずっぽい
少しだけひっかかりがあるのが、
魅力の一部となっている歌声が
乗っかる感じの、正当のアイドルポップなのです。
歌詞のわかりやすいメッセージも
これまたアイドルポップの文法で
読み解くと、問題ない感じですね。
そんなメッセージとサビの最後の部分の
高い歌声で開放的に歌われるパートが、
すごく良く映えるのです。
間奏部分のストリングスの部分から
転調をする軽く凝ったアレンジから
再びサビへとすすんでいく展開も
嫌いでないですよ。
脳髄に軽くひっかかる歌声と書きましたが、
これはこれで、という感じで、
ファンにはたまらないのではないでしょうか。
カップリング曲は、なんたって
「英美里、ロック 歌う」ですから、
少しだけ強がったようなはすっぱに響く
歌い方もまたよしって感じでありましたが、
そんな曲との対比でも楽しむことが出来ます。





♪「夢幻」  水樹奈々
「FURANO History Factory」11月のマンスリーパワープレイ
TV『WHITE ALBUM』Op 『アニメロミックス』CMソング

切迫する甲高い音から、
和のテイストや香りのする歌の旋律に、
水樹さんのつやっぽい歌声が
なんともハマているところと、
バックのストリングスの迫るような
8分の伴奏の組み合わせのカッコ良さに
まずはがっとつかまれたあとに、
琴のように響くピアノの音色と
相反するようにギンとなるギターのサウンドの
旋律がはいるわけですから、もうここまでで問答無用で
カッチョいいのですよ。
Aメロ、Bメロを経ていきながら
次第に盛り上がっていきながら、
サビにいくまで、寄せてはかえすような
曲想の付け方から、次第に気合が入っていくように
盛り上がっていく様子も、
なんともテンションがあがるのです。
歌声全体的に、張りがあって、倍音混じりであるのですが、
時に、つぶやくように、吐息混じりになって、
そんな歌声が交互に来るところに
翻弄をされる気持ちよさがまずはキモであります。
間奏部分の雄大なギターサウンドは
プログレロックをも思わせてくれまして、
ここもキモチ良いところですし、
このあとの歪んだギターにのっかる
奈々さんの歌声も、これまた捨てがたい魅力ですし、
16分の細かいパッセージをもしっかりと
歌いこなすような旨さをも魅せていて、
曲の構成の雄大さといい、彼女の歌のうまさによって
広がる世界といい、どこまでいくんでしょうかね。
これからも楽しみにオツキアイをしていきたいと思います。
オリコンウィークリーチャートでは
初登場第3位ということで、こちらも納得です。
あと、先日「少女ファイト」のDVDを見ましたが、
こちらの水樹さんの活躍もなかなかスゴかったです。
特にテーマソングとともに様々なカットが
次々と出てくるところとかは、
原作ファンなら垂涎ものでしょう。
このまま、このオープニングで
ノイタミナで見せてくれーって感じです。
(前半部分の止め絵アニメは、どこか
マリモリーンっぽかったですがw)





♪「Insonnia」     KOKIA
「KARMA」カップリング

おだやかなピアノのように響く不思議なサウンドに
風のようなSEにのせて、
現世の聖歌ともいうべき素朴な旋律を
けれんみ無く歌うKOKIAさんの澄んだボーカルが
のっかるのですが、
次第にハーモニーがつけられることで、
曲自体が厚みを増していきます。
曲自体はあくまでも穏やかに流れていき、
コーラスとかの綺麗さと、ピアノのような音の
組み合わせにまずは引き付けられてしまい、
そんなシンプルな組み合わせながら、
幅広さを感じさせてくれます。
中世の教会音楽に、女性ボーカルは存在しないのですが、
響きはグレゴリアンチャントを想起させてくれますし、
そんな穏やかさと、アリアのようにも響くボーカルには、
穏やかな気持ち良さを感じ、思わずほほえんでしまう、
幻想的で、静謐な響きの楽曲です。
インソムニアと聞くとYMOが浮かんでしまい、
イントロがそれっぽかったので、
尚更?と思ったのですが、曲のアプローチが違うので、
そこが面白いのです。
ちなみに、YMOは英語で、この曲はイタリア語で、
それぞれ不眠症をあらわす言葉でして、
そんな雰囲気にバックの音楽だけでなく、
イタリア語の歌詞もよく馴染んでいますし、
独特な浮遊感というか、架空感をも思わせてくれます。
KOKIAさん自身も、
私が、どうしてinsonniaというタイトルを付けたかというと、あんまりその、眠れない病気という意味ではなくて、眠れない、お月さまとお話するような、そんな夜もあっていいのかなって思っていて。
などといっていまして、やはり、穏やかにに癒されますよ。
カップリングのKARMAが、「業」という
タイトルそのものの、大仰なオーケストレーションと
コーラスワークの組み合わせと、
クラッシュシンバルなどが象徴的に響くオーケストラサウンドと
コンピュータサウンドが組み合わされた、
ダイナミックスな曲展開の楽曲でしたが、
それに比べたら、あくまでもストレートにココロにしみる
そんなサワヤカな聴後感を得る楽曲でして、
この二曲の対比もいいですよ。





♪「星屑のサラウンド」     CooRie
TV『宙のまにまに』Ed

大人びたストリングスアンサンブルに、
ハープが加わった編成で奏でられる旋律と、
バックの凝ったコード進行に、
ピアノの音とか、軽やかなリズムがのっかる
ヨーロピアンポップとか、AORを
想起させる組み合わせのイントロが
穏やかに響くなか、
透き通った感じのCooRieサウンドならではの歌声が
マッチしていて、聞くと安らかになれる、
さわやかな聴後感のある
そんなミディアムテンポの楽曲です。
歌声の心地よさもあるのですが、
伸びやかに響く、ストリングスの対旋律に、
最初はリズムを抑えめにしながら、
次第に盛り上がってゆくところなどの
リズムを主眼にした構成に加えて、
ストリングス、ピアノ、ハープだけでなく
垣間見ることが出来るアコースティックギターの音も
なかなか良いのです。さらに、そのうえ
タンバリンとか、すず(スレイベル)とか、グロッケンなどの
パーカッションの使い方が秀逸で、
きらりと光る感じの使い方がサワヤカさを補っています。
間奏部分の伸びやで小宇宙をも感じるような
ストリングスのサウンドと、
コーラスの組み合わせの曲の広がり。
そして、リズムブレイクをして、
アカペラでサビの冒頭が歌われたあと、
ハープのポロンとした音色をきっかけとして、
弦楽四重奏のようなサウンドとともに歌われる
サビの旋律から、
リズムがはいって、盛り上がりを見せながら
ふたたびサビが繰り返される展開もいいですし、
歌詞で伝えられるメッセージが、
曲調とよくあった感じの
宇宙や星への思いが強く感じることが
できるような感じの組み合わせが
これまたたまりません。
総じて、透き通る歌声によって、
安らかな気持ちへと誘われていく、
満点の星空のような透明度の高い曲です。
なんで青春と星空ってよく会うのでしょうか
そんなことをも思わせてくれましたよ。






このような曲をかけているFHFですが
リクエストも受け付けています。

リクエストは、このブログのコメント欄でも
受け付けます。

よろしければ。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2771

追 冬のお祭り、参加します。
2日目 西 き 06a「東行本舗」です。
ニューヨークヤンキースが
MLBプレーオフ、ワールドシリーズで
チャンピオンに王手をかけました。

僕的には、松井選手の活躍が
気になってしょうがないのですが、

2戦・3戦とたてつづけに
ホームランを打っていて
〔4戦目は凡退しましたが〕

なかなか好調であります。

本日は松井選手のヒットはあったものの
負けてしまいました。
が、これで3勝2敗。

是非、ヤンキースには
チャンピオンになってほしいものです。


そんな、松井選手の活躍を期待しているのは、
僕だけではないのです。

11月2日 オンエアー 第238回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
での、コーナー「富良野印度化計画」であります。

こんな記事がありました。


「金沢カレー」の人気急上昇 ダントツ「壱番屋」を追う
10月21日19時55分配信 J-CASTニュース

 「カレーハウスCoCo壱番屋」は国内外に1200店舗以上を展開し、「カレーの王様」「カレーショップC&C」など数あるカレーチェーンの中でトップを走る。海外を強化する方針で、米西海岸や香港にも数十店規模で出店することも発表している。
 そんな中、石川・金沢発のカレーチェーン「ゴーゴーカレー」の人気が都内で急上昇している。金沢市内の自社工場で作っているルーが「クセになる味」らしく、30歳代の男性を中心にうけている。

■壱番屋に比べるとどこのチェーンも規模は小さい
 壱番屋は「カレーハウスCoCo壱番屋」を国内1177店、海外30店展開している(2009年9月現在)。10月19日には米国西海岸と香港に新たに出店すると発表した。同社はハウス食品の持分法適用関連会社で、ハウス食品と共同で現地子会社を設立する。アジア系が多く住んでいる米国西海岸に5年間で20店、香港に4年間で10店舗の出店を目指す。
 国内のカレーチェーンは、エスビー食品の完全子会社、エスビー・カレーの王様が展開する「カレーの王様」が都内中心に11店舗、コーヒーチェーン「ドトールコーヒー」を展開するレストラン京王の「カレーショップC&C」が京王線沿線に21店舗出店している。三菱商事の社内ベンチャー企業、スマイルズが運営する「トーキョールー」は関東圏に7店舗ある。ほかにもチェーン展開しているカレー専門店があるが、いずれも壱番屋に比べたら規模が小さく、壱番屋が断然トップというのが現状だ。
 ところが、ここにきて首位の壱番屋を猛追し始めたチェーンがある。国内外30店舗を展開する金沢発の「ゴーゴーカレー」だ。

■ドロっとした濃厚なルーにカツとキャベツ
 「ゴーゴーカレー」の基本メニューは、「金沢カレー」。特徴的なのは、ドロっとした濃厚なルー。カレーの上にカツを乗せて、ソースをかけて食べる。つけあわせはキャベツの千切り。ステンレスの皿に盛り、フォークで食べるのが正しい食べ方だそうだ。
 ゴーゴーカレーグループのマーケティング担当者は、
「サブプライムローンで景気が悪化した08年秋から、全店舗で前年対比の売り上げが伸びています」
と好調ぶりを明かす。
 顕著なのが東京・新宿と秋葉原の店舗だ。全18席の新宿総本店は、1カ月の売上げが1000万円を超えているし、全16席の秋葉原店1号店は8月と9月は1300~1400万円だった。08年末にオープンした秋葉原中央通店(21席)も好調だ。
 平均客単価は750~800円。値段は他のカレーチェーンと大して変わらず、安くもないのに不景気下で客足が伸びている理由は何なのか。
 すると前出のマーケティング担当者は、
「クセになる味で、一度食べるとリピートするお客様が多いからでしょう。30歳代男性を中心にリピーターが多く、うちはそれで成り立っているとも言えます。オリジナルの特製ルーは金沢市内の自社工場で作っていて、全国の店舗と一部海外に発送しています。カレーに乗せるカツも手作りです。また、毎月5のつく日に配っている最大200円分のトッピングが無料でつけられる券は、回収率が高く、人気に一役買っていそうです」
といっている。



だそうです。

金沢カレーというと、

ルーは濃厚でドロッとしている
(カラメル等を加えて濃厚でドロッ感を出している)
付け合わせとしてキャベツの千切りが載っている
ステンレスの皿に盛られている
フォークまたは先割れスプーンで食べる
ルーの上にカツを載せ、その上にはソースがかかっている
ルーを全体にかけて白いライスが見えないように盛り付ける

といった特徴で知られていますが、


「ゴーゴーカレー」は、「株式会社 ゴーゴーシステム」が
展開をしているチェーン店です。

石川県金沢市を本社として
石川県、東京都など店舗を展開しています。

社長が松井選手のファンで
〔Hpではヤンキースのユニフォームを着ている
写真を見ることが出ます〕

メジャーカレーとか、
ワールドチャンピオンクラスといったメニューもあり、

店名でもわかるように、
5にこだわった店舗作りをしていて、

5のつく日は「ゴーゴーデー」として、
トッピングサービス券の進呈を
5月5日は、「ゴーゴーバースデー」として、
カレーメニューを割引価格で提供
したりしています。

また、ゴリラのトレードマークをもっていますが、
それも松井秀喜選手っぽく、

一部の店舗には松井選手のサインもあるそうなのです。


そして、松井選手も高校生時代に
よく金沢カレーを食べていたそうなのですが、


星稜高校時代から練習帰りに通ったのは、
「カレーの市民アルバ」の鳴和店だそうです。


にしても、こってりのルーカレーと
カツの組み合わせには
おおいにそそられますし、

北海道では食べることが出来ず、

かといって金沢に行く機会もないので、

来年の一月に、カレーの市民アルバのFC店がでている
横浜に行った時に

寄ってみようと思います。




あなたのオススメどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。

当ブログによせていただいたコメントも、さしさわりがなければ
番組内で紹介させていただきます。

あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2771

追1 野球のつながりのお話ですが、
カープの黄金期にいぶし銀の活躍をし、
監督としても、あまたの若手を育成し、
カープの土台を作ったといえる
三村敏之さんがお亡くなりになりました。

まだ六十一歳だというのに…

イーグルスの編成担当をされていた三村さんの
置き土産がブラウン監督であることを信じ、
来年もファイターズに加えて、
イーグルスとカープは、応援をします。

追2 冬のお祭り、参加が決まりました。
2日目 西 き 06a「東行本舗」です。
2009.11.02 十一月の声
FHF
いやー、昨日のダルビッシュ投手の
力投はアツかったですねー。

コレに意気を感じたナインが
東京でも大暴れをしてくれることを
期待してやみません。


さて、今年も残すところあと二ヶ月となりました。
やり残したことはないでしょうか。

そんな十一月の声を聞くのにあわせるように、
富良野は雪が降ってまいりました。

「ラジオふらの」は、午前5時から午前10時前までと、
夜8時から12時まではJ-WAVEの番組を流していまして、
その中で、関東近郊の山々では紅葉がそろそろ見頃です、
といった放送がされています。

まだ京都の紅葉の時期は2週間くらいあとの話ですが…。

日本は広いですね。

北海道での紅葉の最終ランナーは落葉松ですが、

落葉松が色づきながら、道路に落ち始める時期と、
初雪が舞う時期が重なることが多いので、

きつね色にそまる山と、
さらりと飾る雪とのコントラストが
これまたキレイで、
この時期ならでは眺めです。

いよいよ、冬に備える準備を
本格化する季節ですが、

キレイなものに心を癒しながら、
冬に向かうとしますか。



11月2日 オンエア 第238回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
です

先週は、三国志の時代である後漢末の混乱と
黃巾党の話をしてまいりましたが、

「三国志」のおおもとの話は

3世紀、西晋の時代に成立をした正史「三国志」と
5世紀、南北朝時代の宋の文帝の命令でつくられた
裴松之の注と、
14世紀、元末~明初に成立をした「三国志演義」が
ベースになっております。

正史「三国志」は、

中国の「史記」「漢書」「後漢書」「三国志」「晋書」
「宋書」「南斉書」「梁書」「陳書」「魏書」「北斉書」
「周書」「隋書」「南史」「北史」「旧唐書」「新唐書」
「旧五代史」「新五代史」「宋史」「遼史」「金史」
「元史」「明史」

といった
中国の二十四史の中でも、
少々異色ななりたちをしています。

たとえば、五代史などは、
梁書 ・唐書 ・晋書 ・漢書 ・周書からなり、
それぞれ後梁・後唐・後晋・後漢・後周の国々の
興亡について書かれていて、

同時代に存在した王朝はそれぞれ一つとして、
その変遷についてかかれているのです。

五代時代に中国の中央部以外に展開した
十国については、

「十国春秋」にまとめられていて、
こちらは二十四史には含まれていません。

一つの時代には、一つの国の歴史書という立場で
正史はなりたっているのです。

ところが、「三国志」は
「魏書」「呉書」「蜀書」と同時代に存在した
三つの王朝のことを、並列的に記している
史書をまとめたというところが、
異色ななりたちといえるのです。

ただ、「魏書」のみ、
皇帝・王のことを中心とした事柄を
年別に記録する「本紀」がもうけられていて、

呉書・蜀書には、個々の人物などの記録である
「列伝」しかありませんので、

そんな解釈のもとで編纂されていますが、
あくまでも3国を並列に記載するというのが特徴です。

さて、そんな「三国志」は、
魏書 三十巻(「本紀」四巻・「列伝」二十六巻)
呉書(「列伝」二十巻)・蜀書(「列伝」十五巻)から成立しています。

3世紀末の西晋の時代に
陳寿によって著され、

信頼性の乏しい情報を極力排して、
簡朴で明解な記述を行った文章であるため、
「質直さにおいて司馬相如を超える文章」
(「陳寿伝」に載せる范頵の上表)
「人物評価に見るべきものがあり、記事は公正正確なものが多い」
(裴松之「上三国志注表」)などといった
高い評価を受けています。

なぜ、三つの国の歴史書をほぼ同列で扱ったかというと、

作者の陳寿自身が、蜀の遺臣であったことが大きく、

そして、裴松之も蜀に縁のある人物との関わりが多く、
そんな話を多く拾ったこということで

このあとの「三国志演義」の蜀びいきの原因ともなるのです。


また、「三国志」関連でいうと、

「魏書」の三十巻に、烏丸鮮卑東夷伝があり、
ここに倭人についての記載、すなわた「倭人条」があって、

これが、通称「魏志倭人伝」と通称される部分で、
そこに邪馬台国の記述が見られます。

つまり、卑弥呼の時代と三国時代とは
おおいに重なりがあるので。


余談ですが、後漢書東夷伝の中に
光武帝の時代、倭の奴国王への金印紫綬を授与された話が
ありますが、

そのあとに桓帝・霊帝の時代には
倭国が乱れて歴年主無しとか書かれています。

が、実はこの時代こそが、後漢末の混乱の時代で
霊帝の時代こそ黃巾の乱の時代なので、

まあ、お互い様という感じですが。



さて、そんな蜀の歴史である
蜀書ですが、

蜀書一 劉二牧伝 第一 - 劉焉・劉璋
蜀書二 先主伝 第二 - 劉備
蜀書三 後主伝 第三 - 劉禅
蜀書四 二主妃子伝 第四 -
蜀書五 諸葛亮伝 第五 - 諸葛亮
蜀書六 関張馬黄趙伝 第六 - 関羽・張飛・馬超・黄忠・趙雲
蜀書七 龐統法正伝 第七 - 龐統・法正
蜀書八 許麋孫簡伊秦伝 第八 - 許靖・麋竺・孫乾・簡雍・伊籍・秦宓
蜀書九 董劉馬陳董呂伝 第九 - 董和・劉巴・馬良・陳震・董允・呂乂
蜀書十 劉彭廖李劉魏楊伝 第十 - 劉封・彭羕・廖立・李厳・劉琰・魏延・楊儀
蜀書十一 霍王向張楊費伝 第十一 - 霍峻・王連・向朗・張裔・楊洪・費詩
蜀書十二 杜周杜許孟来尹李譙郤伝 第十二 - 杜微・周羣・杜瓊・許慈・孟光・来敏・尹黙・李譔・譙周・郤正
蜀書十三 黄李呂馬王張伝 第十三 - 黄権・李恢・呂凱・馬忠・王平・張嶷
蜀書十四 蒋琬費禕姜維伝 第十四 - 蒋琬・費禕・姜維
蜀書十五 張宗楊伝 第十五 - 芝・張翼・宗預・楊戯

といった構成です。

ここで、蜀のリーダーである
劉氏の列伝の次に取り上げられているのが、

三国志の英傑の中でも特出した存在である
諸葛亮孔明なのです。

蜀書から三国志演義への変化の中で、
次第にキャラがたち、活躍が顕著になってきました。
映画「レッドクリフ」でも大活躍していました。


三顧の礼で迎えられ、

赤壁の戦いでは、
10日で十万本の矢を集めたかと思うと、
東南の風を吹かせて自軍を勝利に導き、

自説である「天下三分」を実現するといった、
卓越した智謀の持ち主でるだけでなく、

天文にも通じ、占いにより人の天命を知ることが出来るなど
呪術的な能力を持った超人として描写されています。

劉備玄徳の死後は、劉禅を支えるものの、
魏の勢力には押され気味、

そこで軍法にそむいた信頼した部下馬謖を処刑する
「泣いて馬謖を斬る」

五丈原の戦い中、死去した直後も、
諸葛亮孔明の死を察知した司馬懿仲達が、
蜀軍に対して総攻撃をかけようとしましたが、
蜀軍に諸葛亮の姿があり、これに狼狽した司馬懿軍は
慌てて引き上げた。
ところが実はこの諸葛亮は木像であった。といったことから、
後に現地の人間が「死諸葛嚇走活仲達」
(死せる孔明、生ける仲達を走らす)と言った言葉を生みました。



また、南蛮征伐をした時、洪水をしずめるために、
いけにえとして、人の頭を祀るという風習があった村で、
人の頭の代りに、小麦の練り物の内部に
肉を包み込み、人頭に見立て、これを祀ったといわれ、

これが「饅頭」になりました。

他にも、十本の矢を同時に発射することができた連射式の弩
一輪車の起源とされる木牛、四輪車と言われる流馬などの
武器の発明をしたり、

駐留時栽培させた諸葛菜(蕪)・
織物の技術を南蛮民に伝えた諸葛錦・
字を知らない民の教育に使用した紙芝居・
諸葛亮が考案したおもちゃ孔明鎖・
諸葛亮発明の物として孔明灯など

さまざまなものの発明でも知られています。


また、面白いところでは

「孔明の嫁取りを学ぶでないぞ、阿承(黄承彦)の醜女をつかまされる」
という言葉もあります。

諸葛亮は、地元の名士・黄承彦の娘を娶ったのですが
これは裴松之注にある『襄陽記』の中の話で、
黄承彦が「私の娘は色が黒くて醜いが、才能は君に娶わせるに足る」
と言い、諸葛亮はこれを受け入れました。
周囲ではこれを笑って「孔明の嫁選びを真似てはいけない」と
囃し立てまして、
これ以降、不器量の娘を進んで選ぶことを「孔明の嫁選び」と
呼ぶようになったのです。

ただ、これには、
始め黄承彦に嫁にと薦められた時、
黄月英(婉貞)の、容姿は赤毛、色黒、あばた面の醜女と評判を聞いて、
この評判の悪さには逃げ腰でした。
ところが、ある日、黄承彦に招待された孔明は
無碍にも断れず黄家に赴くと、そこには素晴らしいからくり仕掛けの
作り物がいくつもありました。
孔明がこのからくり仕掛けに感心をしていると
「からくりは全て娘(月英)が作ったものです」
と言う話を聞いて、
この様な精巧なものを作れる女性は二人といるものではない。と思い、
孔明はみかけに囚われていた己を恥じ、
かしこまって月英との縁談を心から申し入れました。

そして、婚礼の日に、被り物を取った月英の素顔を見た孔明は
はっと息を飲みました。
そこに居たのは眩いばかりに美しい娘であった。
これはわざと悪い評判を流し、
外見に囚われない夫を求めた黄氏の策だったのでした。

こうして孔明は才色兼備の伴侶を得たのでした。
果たして実際は美女だったのか醜女だったのか…。


そんな幅広く、様々なエピソードがあるのです。




ただし、これは、結構多くの部分が
伝説や、演義による創作が多く、

綸巾を戴き羽扇を手にして四輪車に乗るという外見と、
鬼神や天候をも操り、敵の意図を全て事前に察知し、
天文をもって人の生き死にを知る事が出来るといった
ほぼ完璧な人物として描写されていることから

このような人物像を補う話であることが多いのです。


ちなみに、十万本の矢の話は、
孫権率いる呉の水軍が、戦った時に敵から矢を浴びて、
船が大きく傾いた時に、逆側に矢を受けて傾くのを立て直した
そんな史実にヒントを受けた創作ですし、

そもそも赤壁では、あまり目立った活躍は
していませんし、

天下三分を言い出したのも
孔明ではなく、呉の魯粛ですしね。


「三国志」より「三国志演義」のほうが有名なものですから、
崇拝されたのでした。

ところが、そんな一方で、批判もありまして、

近代中国文学の第一人者である魯迅などは

三国志演義の人物像について、
「人物描写に至ってはすこぶる欠点がある。劉備を温厚な人格者として表現しようとしてむしろ偽善者じみているし、諸葛亮を知恵者として表現しようとしてむしろ化け物じみてしまっている。」
と評しています。

なるほど。
こんな見方も面白いですね。


実際身長にしても、八尺の長身ということで
劉備や張飛より大きいですしね。

実際のところは劉備の忠実な補佐役であり、
その才能こそは素晴らしいが、

その後の伝説でさらに光った人物であるとされるのです。



そんな演義によって、いっそう個性が際立ち
英雄とされたのが諸葛亮でしたが、

悪役とされた人物はさらにすごかった。

と、いうことで来週も
三国志のお話は続きます。



ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄
化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
北海道富良野市・上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒07 6-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2775

リクエストなどは
当ブログのコメント欄でも
受け付けています。

遅ればせながら、
5代目三遊亭圓楽師匠の訃報に接し、
謹んでおくやみを申し上げます。

僕の子供時代、テレビでは
各局とも寄席番組をやっていて
お好み演芸会や、やじうま寄席や、
大正テレビ寄席などとともに楽しみに見ていたのが
笑点でしたし、

まさに他の番組とともに
落語入門みたいな感じで
楽しんで見ていました。

最近笑点こそご無沙汰だったのですが、

毎週楽しみに読んでいる、
週刊モーニング、巻末のコラム
「今週この落語家を聴け!」で、
今週「圓楽一門会」と
三遊亭兼好さんの話題だったので、

尚更シンクロニシティーみたいなものを
強く感じてしまいました。

改めまして、
謹んでご冥福をお祈りします。
ファイターズは、緒戦をおとしてしまいました。

いいところまで行ったのですがね…。

二岡選手のタイムリーとかには、
思わずゾクっとしてしまったのですが

その後に1本でなかったところとか、
リリーフ陣の緊張した様子とかが

なんかシーズン中とは違うなあ、と思ったりして。


たて直して、今日以降の戦いぶりに
期待をしたいと思います。



ところで、先日当ブログで取り上げた、
旭川実業高校卒業の
牧谷宇佐美選手について、

こんな記事がのっていました。


【道スポ】ヤクルト今季退団 牧谷が球団職員に (10/19 10:05)

 ヤクルトを今季限りで退団した牧谷宇佐美外野手(29、旭実高出)が日本ハムの球団職員に転身することが18日、明らかになった。野球教室を運営するベースボールアカデミーの講師として、第2の人生のスタートを切る。

 投手として98年ドラフト2位でヤクルトに入団した牧谷は、強肩、俊足、パンチ力を買われ、01年に外野手に転向した。持ち前の努力で成長を遂げたが、1軍出場機会は、昨年の2試合だけと恵まれなかった。今季は、イースタン・リーグで59試合に出場し、打率・311の成績を残したものの、今月初旬に戦力外を通告されていた。

 日本ハムは、努力家でまじめな性格に着目して、球団職員としてのオファーを出していた。生まれ故郷での再出発を決めた牧谷は、11年間のプロ経験を生かし、道産子選手の育成に力を注ぐ。


牧谷選手の3学年上で
砂川北高校から横浜に入った
〔その後、ダイエー~ロッテへ移籍〕
杉山さんが、現在は日ハムで、
ブルペン捕手兼、二軍マネージャーとして

日ハムの舞台ウラを支えています。

杉山さんも牧谷さんも、
高校時代にその勇姿を見たことあるということもあって、

もう少し現役としての姿を見たかった
という考えもあるのですが、

本人の決断ですから、その決断を尊重して、
日ハムのために頑張ってほしいなと思うのです。


さて、そんな日ハムの今季のドラフトですが、
1位と4位が、埼玉と沖縄のダルビッシュ、
3位が、ダルビッシュの高校時代の1学年下の後輩というのも
なかなか面白いなと思ったのですが、

2位が、小谷野、八木、高口選手の
大学の後輩って、

あいかわらず、こちらの大学の卒業生を
とるチームですね。
〔かつて在籍をしていた阿久根選手もこちらのOBですね〕

野球小僧で、プロ注目選手として
紹介されていた時に、

大学が大学なだけに
とるんじゃねーかなーと思っていたら、
その通りになりました。

ちなみに、小谷野・高口選手とは
高校も同じということ。

小谷野選手とはシニアリーグのチームまで
同じだそうです。



一方畏友GMクンの影響で、我が愛すべきチームとなった
広島ですが、今村と堂林を両方指名出来るという、

そんな上出来なドラフトになりました。


ま、この後に、河内貴哉投手の戦力外の報道などもあって、
彼自身も高校時代からその素質について
騒がれていた選手であったということも合わせて、
育成の難しさについて考えさせられる事例として
そちらも気になるといえば気になるのです…。



一方、阪神でありますが、

ドラフトの指名をめぐって、
スカウトにあわないとか、
もっと上位で指名されたかったとか
まぁ、なんかいろいろあるようで、
このあとの展開がスゴく気になるのですが、

上位で、大学生即戦力投手を
2人指名できたということで、

上出来なような気もするのですが


トラ・ウオッチャーとしては

ドラ1のピッチャーが法政卒ってのにまず目がいきました。


阪神に入った法政卒って

往年の、
江本さん・植松さん・田淵さん
木戸さん・長崎さん・池田さん・西川さん
といったところを
まずは思い出してしまうのです。

江本・西川・長崎選手は
他のチームを経てから、
阪神へ入団した選手ですが…

そうそう、在籍をしただけといえば、
江川さんも、法政卒の阪神OBですか。


そして、近年では、

浅井選手などの野手よりは、
やはり

猪俣・葛西・伊達・安藤投手といった
ピッチャーに目がいくのですが…。

猪俣隆さんも、
葛西稔さんも
安藤優也投手も

ドラ1ですが




あと、

いい大学生ピッチャーがドラフト上位で入団というと
杉山投手と江草投手を同時に指名した時のドラフトを
思い出すので、

なんだか、やはり地味な印象は
いなめなかったりして…

あと、例のキャッチャーの獲得ですが、
対価に見合うだけの活躍をしてくれるのか

というと加えて、

現在伸び盛りの若手がいるのに
そこの補強でいいのか

という思いがあります。


たしかに、球団の収入が増えている中
選手の年棒が抑えられるという
球団の事情もあるので、

獲得に動いたのでしょうか

なんとも複雑な気持ちであります。


ま、このチームは、記憶にある中では
清原、江藤、中村紀、福留、黒田、三浦、グライシンガー
といった人たちの獲得に動いては、
見事に振られたって過去もありまして、

また、獲得に名乗りを上げて
負けるというのもイタいはイタいのですが


ただ、確かに、前述の江本投手ではないですが、
毎年派手なトレードをしていた印象は
いなめないですし、

安仁屋・アルトマン・池辺・辻〔佳〕
島野・東田にはじまって、

田淵・古沢選手との大型トレードの
竹之内・真弓・若菜に

笠間、永尾、野村、山川、弘田、山内新一
長崎といった、

トラの久々の優勝を支えた面々も
他球団からのトレード選手で
ありました。

その後も、柏原とか、田尾とか、
金森とかといった
パのシブい選手をチームの中核に据えていたのは
いなめないのですが、


高橋慶彦、松永浩美といったあたりから
次第にトレード戦略が迷走した感があり
〔長嶋・平塚あたりは、それこそ
柏原、田尾路線の、シブい補強ですし、
現役では、矢野、平野などの良い例はありますが…〕

FA獲得の石嶺、山沖両選手とかをはじめとして、

どれだけトラに来て、存在感なく
選手として引退をしていったのかって話ですよ。

城〔ヤクルト〕、前川〔近鉄〕、杉山〔西武〕、
定詰〔ロッテ〕、石毛〔巨人〕、成本〔ロッテ〕、
横田〔西武〕、町田〔広島〕ってあたりも、
阪神OBですし、

片岡、星野も大活躍とは言い難い…
他の選手と比較しては活躍をしたという感じ。

もとメジャーというと
伊良部投手も思い出されますが

こちらもね…



FAとかで獲得して活躍をしているといえるのは、
なんだかんだいってアニキだけのような気がします。


と、いうことを考えると、

やはり、育成の大切さということを
考えざるをえないのです。

そんなチームになってほしいなー。
無理なのかなー、あのチームには…。




ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2771