とりあえず、怒濤の月月火水木金金的
土日返上お仕事期間が、一旦終了しました。
(昨日・今日も実はオシゴトでしたがね…)


また、3週間後から
そんな期間がはじまりますが…。

というわけで、
五月三日以来の完全仕事オフを堪能すべく

遠出をいたしましたが、

いかんせん、これまた仕事の関係で
富良野を出るのが遅くなってしまった…。

午後六時半とかになってしまいましたよ。


ということで、まずは、この日の宿泊地
帯広へむかい、ひた走ったのです。

で、僕のドライブって、
よっぽどのドン詰まりの地に行かず
かつ、日程に余裕がある時は、
可能な限り、行きと帰りと同じ道を走らないという、
ARIAのアリス=キャロルちゃんにも似た
(そんなカワイラシイものではありませんが)
子供じみた自分ルールの選択をしております。


で、日曜午後にラジオの収録があるために、
目的を果たした後の帰りは、最短距離の狩勝峠をこえる。

かつ、
今日は、なるべく早く本日の目的地である
帯広にいかなければならない。

それならば、道東道の利用もやむなし。

と、いうことから、
ほとんど考えなしに、富良野~占冠~トマムへと
ルートをとったのでした。


が、占冠中央の手前を左折してしばらくたって、
妙に前を走る他の車の速度が遅い。

といったことで、
ピンときました。

まさに、この日って「太平洋・島サミット」じゃないですか…

アホですね、私。
さんざんラジオで話しをしていたじゃないですか。

麻生首相をはじめ各国のお歴々がトマムに集まってきているのです。

ってことで、このあとは検問地獄かな~。

ま、車の中にヤバいものを積んでいないのが
せめてもの救いか(当たり前です)

などと思って走っていると、JRトマム駅の前あたりに
「検問にご協力ください」との表示を出した
警察車両が

いよいよおでましなすった。

と思いながら、アクセルから心持ち足を浮かせて
減速をすると、

??

警察車両の横を素通りできました

??

どうやら、ホテルへと向かう車のみの
検問だったようです。

確かに、車で走っている道道から、ホテルまでは
少々距離がありますからね。

ヤましいものを積んでいないとはいえ、
検問を受ける恐怖から解放されて
(それでも、警察はなお多いだろうということで、
速度違反などで捕まるのはまっぴらごめんなので)

安全運転で、帯広へと向かったのでした。


さて、
帯広市街の西側にあるため、
富良野から行くと帯広中心部の手前にあるのが

白樺温泉です。

こちらは、町中の銭湯風ですが、
帯広市内の温泉の多くがそうであるように、

湯槽にはしっかりと、琥珀色のお湯が満ちて
かつ、縁からはあふれております。

ということで、湯銭を払い
廊下から脱衣場にかけて流れる演歌を聴きながら
服を脱ぎ、緊張を流すべく入りました。

第46湯目であります。

隠れた温泉の町帯広は、
アサヒ湯をはじめとして、市中の温泉のレベルが
スゴく高いのですが、

こちらは、その中でも、お気に入りの一つです。

湯槽こそは、一番手前に岩をあしらった
湯槽があるのですが、

あとはこちらも銭湯風です。

が、その中を満たしているお湯がいいですよ。

お湯のしっとり加減というか
湯の中で体をさわると、

葛とか、あんのようなとろみすら感じる
そんなツルッツルのお湯の質と、

軽く腕などにつく気泡と
木の饐えた独特の湯の香にめろめろですね。

ま、このあと、ホテルまで移動しなければならないので、
30分くらいで撤収しましたが、

連日のハードなオシゴトと、
その直後の2時間のドライブ(こっちは自業自得ですが)で、
すっかり疲れた体がラクになりました。


にしても、こちらの温泉を出るときに振り返ると、
建設会社の入り口がありまして、

こちらの建設会社が経営されているのでしょうか。

記憶に間違いがなければ
アサヒ湯も建設会社が経営をしているはず。

なかなか帯広の建設会社は
ワカッテラッシャリマスね。


と、いうことで帯広に止宿。


翌日、朝飯をいただいたあと、
車を根室に向かって走らせました。

この日の目標は、
久々に本場のエスカロップを食べることと、
川北温泉に入ることでした。

ただ、この日はあいにくの天気でして
久々に見た太平洋はどんよりとした鉛色でしたが、

十一時半に根室に到着、
その後ニューモンブランへ行きました。

前回、根室に行った時、昼食のために、どりあんに行ったのですが、
どりあんにしても、ニューモンブランにしても、

重厚な作りの店内に加えて、
皮のついたメニューとか、
流れるクラッシック~イージーリスニングのBGMといい

昭和の喫茶店という趣でいいですね。

この日しいただいたエスカロップも
かかっているソースが少々酸味がきいていて、
カツもしっとりとした衣がいい感じ。
ライスのほんのりとしたお味も、
タケノコのコリコリとした食感も
派手さはないですが、落ち着ける感じの、

シンプルながら味わい深い。

ほっとする味であります。


そして、こちらのお店も
どりあん同様メニューが多いので、

いつものように素通りをするのではなく、
泊まりがけでゆっくりと
食べ比べなどをしたいものであります。

そして、その後くちくなったおなかで、今度は北へ車を走らせます。

野付水道のあたりは、いい天気だったら
国後とかがよく見えたんだろうなーと
思ったのですが、前述通り、この日はあいにくの雨でしたので、

寂しい景色が余計うら寂しくて、

でも、そんな光の具合も、ここらへんの光景を
実は、魅力的に見せてくれるアイテムとなっていたりして。

嫌いではありません。


標津の町を過ぎて、スゴいカッコよい巨大工場(魚の加工場か?)系廃墟などを
横目に見ながら、今度は根北峠へと
向かいました。

そして、つきましたよ、川北温泉に入るところのアオ看板。

よし、いくぞ。

と思って左折をしたら

!!

ゲートがしまっていました。

なんでも
「野火防止のために5月31日まで、ゲートを封鎖します」
とのこと。

にょろ~ん。

ということで、川北温泉をあきらめて

途中、霧雨にけぶる、コンクリの
根北未成線の幾品川第一橋梁(越川橋梁)の
高さ20メートルを超える堂々とした
大橋脚を見たりしながら、
斜里、小清水を抜けて網走へ。

向かったのは、オホーツク温泉翁荘であります。

こちらは露天こそないものの、
半混浴の岩石風呂があるのが特徴。

しかも、低い湯温のかしょはいくらでもはいっていられる感じで、

ま、貸し切りだったということもあったのですが、

軽い眠りに落ちたりしながら
1時間ばかし堪能したのでした。

ということで47湯目でありました。


この日は北見に止宿。

翌日、朝食をすませ、出発し、むかったのは
国民宿舎野中温泉別館でした。

途中北見相生の鉄道公園で旧国鉄色の「キハ2269」などを
ながめつつ、釧北峠をこえて、
到着したのが、九時前ということで、

まずはオンネトーへ。

オンネトーは、雨の中でも
結構多くの観光客のかたが

秘沼のたたずまいを堪能しておりました。

この日もコバルト色の水が
とうとうとたたえられていて、

コバルトって化学的な色だなーと
再認識させられるくらい
鮮やかな色でした。

で、その後野中温泉別館へ

車から降りるだけで、
むわっと漂う硫黄臭に

顔がニヤついてしまいます。

で、中に入って
湯銭を払って長い廊下を、色々な人の色紙を見ながら
歩いた先にあります脱衣場にいきますと、
古い風情がいいのに加えて、
脱衣場は清潔に改装されています。

こんな配慮も好きなのですが、

浴室は入ると、古い風情を残していて、
タマラないですね。

第48湯目です。

まずは、内風呂ですが、壁から床から
湯槽からすべて、釘などを一切使っていない
総カラマツ造りの内湯なのです。
(ま、釘などをつかうと酸にに負けるからでしょうが…)

しかも、洗い場がなくて、

お湯を桶でくんで使うというのが、また
イサギヨクて良いですね。

そんな湯槽を満たすのは、軽く碧みがかった透明なお湯。

口に含むと軽くエグい程度ってのも
また良いですね。

そんな、風情のある内風呂とともに、
広々とした露天風呂が魅力です。

露天風呂は旅館に背を向けると、
土手のような斜面が視界をしめ
その上に、針葉樹林が生えていますが、

ここに霧雨と、霧が風にあおられて
刻一刻と景色をかえていまして

幻想的な景色であります。

そんなのを
ぼーっと見ていたり
個性的な一面木ばりの内風呂を堪能しているうちに

あっという間に、1時間が過ぎていました。


まだまだ、楽しみたいところではあるのですが、

このあと、ラジオの収録を控えているということで

泣く泣く(という気分で)こちらをあとにしました。

その後は、清水の「目分料」で、
暖かい鳥・ゴボウのつゆと、冷たいつゆが同時に楽しめる
合いがけのそばをいただいて、

満腹で狩勝峠をこえたところ、




峠をこえたあたりで、白と黒の車を発見。

お行儀良く走っていたので
何の問題もなかったのですけどね。

ま、警◎にはじまり、×察に終わるってことで。

その後、ラジオの収録をしたのでした。



その後は26日のお仕事を終えた後、
YUBAで「かみふらの丼」を食べ、
フロの日ということで、入館料割引券がもらえる
「フロンティア フラヌイ温泉」へ行きました。

お仕事を終えてから、まったりと入る
しゃっこいお湯もまた、格別ですな~。

第49湯目でした。



ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市・上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2775

リクエストなどは
当ブログのコメント欄でも
受け付けています

よろしければ。
スポンサーサイト
☆「スープカリのお店 香屋 ~こうや~」
(北海道旭川市緑が丘二条四丁目10-7)

ある時、まちBBSを見ていたら、
「ココナッツパンチのあとにも、
スープカレー屋が入った」といった内容の
書き込みを見つけました。

!!

ココナッツパンチ、つぶれたんだ…

また、あそこで、ジントニック飲んでいないのに…


ただ、まあ、その後もスープカレーの店になったということで、
機会があったら行くかな~って感じでしたが、

情報を知った後、4月、5月は
絶賛土日もお仕事期間中ってことで
日帰りで旭川に行った時が5度

その時は、それぞれアジア金星堂×2、奥芝×2、くい亭
にいったので、

なかなかこっちまで出向けなかったんですが、

先日、ラジオでかけるためのCDの買い出しのため
旭川へ行ったとき、
ようやく行くことができました。

旭川医大の前の道を
緑が丘団地に少し入っていくところで

ホテル医大前の横にあります。

あ、看板が替わっている
というのに気がついたのですが、

道が狭いのと、団地の中ということもあり
駐車スペース自体が狭いのに加えて、
向かいも団地の駐車場ということで、

車を停めるのに少々ナンギをするのは、相変わらず。

ココナッツパンチ時代にすでに3度訪れているので、
予期はしていたのですが…。
ま、なんとか停めて店内へ。


ボードウォーク風のカウンター席に
腰をおろすと

なんだか視界が広いですね。

そう言えば、かつてカウンター前にずらっと並んでいた
リキュールやジンなどの
色も形もとりどりの酒瓶とかが
なくなっています。


その後は、新店を訪れた時の常として
メニューをチェック

骨付きチキン 980円
やわらか豚角煮風 980円
ソーセージ 980円
揚げ出し豆腐とゲッソー(イカゲソ) 980円
トマチー&ベーコン(トマトとチーズとベーコン) 980円
ねばねば(オクラと納豆) 980円
もち天 980円
あっさりシンプルベジータ 800円 (野菜)
超(すうぱあ)ベジータ 980円 (野菜+旬のお野菜)
海賊風 1200円
KOUYAチキン 鶏 1200円
 ライスの上にカリカリジューシーの知床鶏を
漢(おとこ)カレー 1200円
ニンニク・ネギ・豚をたっぷりラードで炒めた熱いスープカレー

からカレーを選択。

辛さは
0~3 ぬるい
 ~ふつう~5 中辛
 ~10辛い
 ~25~Ω 許して

という設定。

トッピングは、
スープにトッピング
魚介 400円
チキン・角煮 300円
ソーセージ・ベーコン・納豆オクラ・トマト 200円
揚げ出し豆腐・もち天 150円
チーズ 120円 Wチーズ 200円

ライスにトッピング
目玉焼き・フィッシュフライ 120円
ごぼう唐揚げ 150円


ライスの設定が
ひかえめ ~150㌘
らくらく 150㌘
ふつうM 250㌘
ぐっとくるよ~350㌘
てんこもり +100円

といった感じでした。


メニューは(当然ですが)
ココナッツパンチとは変わっていますが、

前回ココナッツパンチに来たときにも
惹かれたメニューがあり、それがなぜかそのまま
残っておりました。


それが「漢カレー」だったのです。

ニンニクとネギってのが、いいですよね。

タマリマセンよ。


ということで、即決、

辛さは七番、

ライスは普通でオーダー。

後ろには、近くにおつとめの女性のグループが
楽しそうに談笑しておりますが、

そんな音と同じぐらい、

じゅーっという音や香りが
カウンターを隔てた間近にある
厨房から流れてきて、

もうこれだけでワクワクではありませんか。

BGMのレゲエのサウンドに耳を傾け、
ということで待つことしばし

白い清潔な深いボウルのような器に入った
カレーと、

緑色に縁取りされた丸いお皿にのっかった
雑穀入りライスが登場であります。

スープのど真ん中には
堂々とした豚が鎮座ましましておりまして
その上にチラされたガーリックチップも
いいですし、

淡く色づいた雑穀入りライスの上には、
塩味で調理された素揚げのパセリが乗り、
レモンが添えられています。

こりゃーウマそー。


まずは、非透明系のオレンジがかったスープをまずは
スプーンでひとすくい。

スープにスプーンを入れると、たっぷりの溶けた
透明な脂もスプーンにのっかってきて、
いいですねー。

ということで
ぱくっと






!!!

じぃぃぃぃぃぃん


まずは、タマネギ由来でしょうか、
最初に自然なアマさが来るのです

そして、ハーブの独特な香りをまといながら
丁寧にとられたスープのコクと旨みがきて

そして、辛さが来るという

基本スッキリ系ではありますが、
重層的多面的に口腔内や鼻腔内に
刺激を与えてくれるカレーでアリマス。

ココナッツパンチも丁寧なスープカレーの作りを
していたのですが、

そことはるかもしれません。

が、ココナッツパンチが、ルーカレーから
スープカレーへとアプローチした系列の
カレーであるのに対して、

こちらのほうは、
ハーブつかいが独特な感じで、
残響のように香りがいつまでも
まとうのが、いい感じです。

いや、予想を上回る感じで、

これはウマいっす。

しかも、漢カレーですから、
散らされているフライドガーリックは
伊達ではありません。

ウマくてスパイシーなうえに
パンチをあたえてくれるのです。

サクサクな感じもいいんですよ。


そして、メインの豚肉ですが、

これがマタ、スゴいっスよ。
12~15センチオーバー×7センチオーバー×7センチオーバーの
堂々としたしろものが

ででんと鎮座ましましているのです。


この迫力たるや、
スサマジーです。

しかもただデカいだけではなく、
しっかりと柔らかく、スプーンだけでも
全然楽勝で切れますし、

中から染み出てきた豚そのもののウマ味なんて、
ラードをつかって脂通しをしたのもあるでしょうが、

アツアツアフアフウマウマですよ。

しかも、この肉がまとった脂身の量も
いいですねー。

脂がしみしみで、これがカレーとあいまって
口の中がスゴいことになっております。

しかも、その他の具材も
いちいちが、ヤケドしそうなほど、アツアツアフアフです。

なす汁しみしみなナスも、汁とアツいカレーがあいまって
やけどしそうになりましたし、

長ネギも、奥芝の鉄砲仕立てばりの
アツアツアフアフなしろもの。

ジャガイモ・ニンジン・カボチャも
しっかりと油通しがされていて、

素材の旨みやアマみが
最大限に引き出されていて、かつホコホコなしろもの。
アスパラやピーマンのアオさも
いいですねー。

こんな具材に、アッサリ系スープとはいえ
サクサクに揚げられたスライスオニオンチップの
パンチが効いているせいもあって、

すごいベストコンビネーションで食べることができましたし、

雑穀入りのライスも食感ともにいいですねー。

と、いうことで、食べ進んでいく中で、
僕的最後のオタノシミ。

残りのライスをスープの中へと投入し
とっておいたレモンを思い切りキューッと搾って

これまたとっておいた半熟気味の黄身がいい感じの
ゆで卵の黄身をときながら攪拌して、

一気にわしわしッといきます。


おおう、これは脂身だ

これは豚のカケラだ

これはカボチャ

これはナス

これはニンジン

これはジャガイモ

って感じで、いちいちスプーンを口に運ぶたびに

美味しい記憶が思い出されて、
シアワセシアワセになれるのです。

これは、いいですよ。

最後の最後、スープを救うと
沈殿していたガーリックのパンチが
とどめわさしてくれますし、

ノックアウトです。

無条件口福です。


あ~ウマかった~

しかも、そんなに口で辛さは感じないものの
しっかりと目がねの花との接地面あたりか

くもっていました。


そんなのもいいですね。



見ると、後ろの集団もカレーを食べながら
終始盛り上がっておりました。

(たぶん、場所柄か「ラディカルホスピタル」な
人たちでしょう)


そして、大満足なうちに、おうちへと向かったのでした。


ちなみに、後日、asatanを読んだら、

こちらのお店が

「あっさりとした味わいと十六穀米がヘルシー
毎日食べても飽きない味と早くも評判の香屋。基本のスープは牛骨の随が溶け出すまでじっくりと煮込んで、旨みをしっかりと取ることで塩分も控え目に。米は十六穀米にこだわり。トッピングした素揚げの香ばしいパセリも特徴。

エビ・イカ・アサリ・ホタテなどがたっぷりの「海賊風/1200円」
女性一番人気「トマチー&ベーコン/980円」
リゾート風の店内は居心地バツグン。」

などと紹介されておりました。




ドリンクメニューのチェックはしませんでしたが、

できましたら、これらのカレーたちで
ココナッツパンチの時にはたせなかった
オイしいジントニックあたりを
いただけるステキな夜を

過ごしたいものなのですが…





☆「スープカリのお店 香屋 ~こうや~」
(北海道旭川市緑が丘二条四丁目10-7)
◇営業時間◇: 11:00~15:00 17:00~21:00
(土・日・祝11:00~21:00) ◇定休日◇:不定休 
◇駐車場◇有り(難易度高)







☆「ラーメン屋 ワンダー」
(富良野市日ノ出町12の1)

富良野を代表するラーメンの
超有名某店が今年の夏を最後に
営業をやめてしまうという
悲しいお知らせが入ってきました。

ここのラーメン、好きなのに…

そんな悲しいお知らせもある中、
テレビの影響などで、支那虎がブレイクしたりと
富良野のラーメン事情も動いております。

そんなのに呼応したかのように、
富良野・美瑛情報がのっているフリーペーパー
「ガイド情報誌ネイブル NAVEL」6月号の
特集記事3は、「激うまラーメン新店登場」でした。


見ると、

「ラーメン好きにはたまらない、新店が続々とオープンしました。ネイブルが見つけた3店舗をご紹介いたします。
お腹がすいたら「ラーメンが食べた~い」と、小さなお子様から人気も高いラーメンは競争も激しく、激戦区になりやすいのですね。しかし、お好みのお店を見つけた喜びは格別ですね。この3店にはもうすでに行きましたか?
店長もうかうかしてられませんね。お客様の舌は確実に高まっています。さあ飽きのこない、いつでも食べたいラーメンを食べに行きましょう~!今日はどこのお店に行こうかな?どこのお店も最高の満腹感・満足感を感じることでしょう。」

といった記事の下に、3店舗紹介されています。

一軒は、北海道拉麺 豚そばや
一軒は、富川製麺所
そして、もう一軒がワンダーでした。

実は、この記事を見る前に、
豚そばやと、富川製麺所はすでに訪れていまして、

富川はもともとが麓郷の「とみ川」であったということと、
オススメのメニューが「排骨麺」で、
サイドメニューに「排骨飯」があったり
(排骨飯って、僕のような元ローディストには、
タマラナイメニューなんですけど…。
かつてゲゲボツアーで台湾に行った皆さんが、
みんなが目の色変えて追い求めたメニューが
排骨飯でしたものね。
もうそんな記事が「ふぁんろーど」(当時)に載ってから
20年以上たちましたよ…。
雑誌自体もなくなってしまいましたが、この記憶は
きっと、ずっと消えませんね。)
店内のBGMが「ラジオふらの」だったりといったことから

またいつか来るゾーなどと思ったのでしたが。


閑話休題、


そして満を持して訪れたのが
ワンダーでした。

なにせ、こちらは前身?が
「創作家庭料理ワンダー」ということで、
東南アジアや沖縄料理など
エスニックテイストとかが入った料理と
美味しいお酒を楽しむことができたので
お気に入りのお店でした。

そして、あのスープカレー横丁にも
出店をしていたのです。

僕も友人と出かけて
ジントニックの杯をかたむけつつ
幾夜をもスゴしたこともありましたっけ。


そちらがラーメンメインの店となったということですから。

これは楽しみです。

と、いうことで、ナツカシの店舗へ。


奥のボックス席のところは閉鎖されていて
少々狭くなった印象をうけましたが、

これくらいのこぢんまりとした店舗も
いいですね。

二人掛けの木の机の前にある
木のいすに座り、まずはメニューを吟味。

みそラーメン750円
しょうゆラーメン 700円
しおらーめん 700円
スープカレーラーメン 850円

ワンダー風チキンライス 800円(ハーフ 420円)
ワンダー風そぼろご飯 700円 (ハーフ 350円)

ということで、ここに記事をのせるくらいですから、
オーダーしたのは、あたりまえだの
スープカレーラーメン。

辛さは
0~市販の小辛程度
1~小辛
2~中辛
3~大辛
4~激辛
5~ワンダー
の中から、

3をセレクト

そして、ワンダー風そぼろご飯のハーフを
オーダーして

ジャズのBGMに混じる
調理の音に身をゆだねながら、
待つことしばしで、良い香りとともに登場。


これですこれです。


ひさびさのワンダーのスープカレーです。
少し焦茶色がかったものの
オレンジ色があざやかな非透明のスープに
パズルが散らされています。

しかも上には、見るからにジューシーなチャーシューが
ででんと二枚も乗っていますし
麺やらもやしやらキャベツやらが

これまた色鮮やかですな。

と、いうことで、まずはスープを一口。




をを

これは、


なつかしのワンダーのカレーの特徴である
少々クリスピーなスパイスの香ばしさと
独特なコクやウマ味のなじみ具合に加えて

ラーメンのだしや醤油のお味がいい感じです。

NAVELにも、超こだわりのWスープと書かれていましたし、

カレーとベースがケンカしていないところは
なかなか工夫をされたところなのではないでしょうか。

でもって、こんどは麺を

ちゅるん


!!


をを、

この卵麺独特のチュルチュルと口の中へ入っていて
かむとしこしこもちもちな感じが

なんとも個性的なスープに負けていなくて

これも相乗効果で1つの世界を作り上げています。

スゲーなー。

しかも、見るからに切った断面からも
にじみ出た脂などでテラテラしている
チャーシューも

噛むといっそうジューシーですし
染み出る脂や肉の旨み、
表面の香ばしい醤油ベースの付け汁が
複雑なラーメンスープと絡まって

これまた口の中でエラいことになっております。

しかも、醤油味を主張するシャキシャキのメンマに
タップリのキャベツ、モヤシ、ニンジンなども
それぞれ歯ごたえとか野菜自体の味とかが
タマラナク良いです。


しかも、サイドオーダーで注文したのが
ワンダー風そぼろご飯、

これは、東南アジア風に調味された
そぼろや青菜の炒めたものがたっぷりと
ご飯の上にのっているもの。

そぼろと飯をいっしょに噛むと
ナンプラーとかニョクマムとか
気分をインドシナ半島へとトばしてくれる香りが
脳髄を直撃します。

そういえば、こちらがバーだったころ食べた
ナシゴレンとかサテも
ウマかったなー。

そんな酔っぱらった時の記憶をも
思い出したりして…


で、本当に邪道で申し訳ないのですが、

このそぼろご飯をラーメンスープにつけて
食べてみたところ

!!!


ヲヲヲ


こ、これもうま~い。

口の中が、様々な要素で
エラいことになっております。


しかも、食べ進めていくうちに、
スパイスの刺激はどんどんストレートになってまいりして、
麺だけでもウマいんだけど、
心強い援軍が入ればなー…、

ただし、うまいうまいってんでちゅるちゅると
麺をすすっていたので、もう残りはわずかだぞ。

ってことで、
これまた邪道で申し訳ないのですが、
いつもスープカレーを食べている時に
しているように、

残りのスープの中にそぼろご飯を入れて
攪拌して一気に喰ってしまいました。


くーしゃーわせふたたびー。

しかも、さすがの中辛
食べ終わることには汗だくのびっしょりに
なってしまいましたとさ。

ま、こちらは、午前三時まで営業をしているということなので
飲み会のシメのラーメンとかで

またお世話になることが
絶対にあると思うのですが。

あと、定休日のところに
姉妹店である「なんまら」の忙しい時って
書いてあったのも、ホホエマシカッタです。





☆「ラーメン屋 ワンダー」
(富良野町市日の出町12の1)
◇営業時間◇11:00~14:00 18:00~3:00
◇定休日◇不定休(なんまらの忙しい時)◇駐車場◇ ?





あなたのオススメはどこのカレーですか?


あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。

当ブログによせていただいたコメントも、さしさわりがなければ
番組内で紹介させていただきます。


あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2771
2009.05.29 アニキ頼み
野球といえば、
地元富良野高校の野球部が
春の大会で、ベスト4に入りまして、

夏の大会のシード権を獲得しました。

ワタクシ、富良野に住んで十年目ですが、
私がここに住んでから、
富良野高校の夏大会シード獲得は
はじめてですね。

ということで、今年の夏の大会旭川支部のブロック分けは、

旭川工業のヤマと

旭川実業のヤマと

旭川明成と富良野のヤマの
三つのヤマに分かれまして、

富良野・旭川明成のヤマに
シード落ちをした
龍谷とか旭大高とか旭川南とかが
こなければ、

俄然富良野は有利になるのですが。

昨年はブロック決勝まで進出するも
工業高校に負けてしまい
北大会へは進出できませんでした。

今年はどうなる富良野高校野球部。

運命のくじ引きは
6月中旬です。


さて、こちらはプロ野球。

ブラゼルを補強するのは
吉と出るのか、凶と出るのか、

確かに過去、シーツやパチョレック、アリアス、パリッシュあたりは
それぞれ補強になった反面、
パウエルとかコールズとかって
??な例もありますしね。

こう考えると、外国人選手に対して、
迷走気味と言わざるを得ません。

シーズン前のスポーツ新聞の見出し
「メンチ、ディアー超え」ってのを見て、

帰国の早さもディアー越えにならなければ
いいが、などと
3月6日の当ブログに書いていました。

「(前略)
ちなみに今年のスポーツ新聞の見出して一番笑ったのが

「メンチ、ディアー超え」

阪神の新外国人メンチ選手が、
安芸のキャンプで、
かつて阪神に在籍したディアー選手の打撃練習が
あまりにもスサまじかったので、急遽設置された
ディアーネットを超えた
という内容でしたが…

ディアー選手といえば、メジャー通産200本塁打の触れ込みで入団し
キャンプでは前述どおり、絶好調だったものの

いざシーズンに入ってみると、4割に迫る三振率で三振を量産し
2億7000万円の大型扇風機の異名をつけられ
8月に右手親指靭帯断裂で帰国すると、そのまま退団となった、
グリーンウェルとともに、阪神迷走期を代表する
記憶に残る外国人選手ではないですか…

ソッチのほうでディアー超えにならんとえーなー

というのは、たぶんこの見出しを見たトラキチの
共通する感想でしょう… (後略)」


この記事が、今のところ
冗談ではすまされなくなるイキオイでして



どうなることやら。


さて、そんな阪神について
少し前に、
こんな記事がありました。


アニキ史上3人目「200人斬り弾」
5月23日9時45分配信 デイリースポーツ

 七回、金本は追撃のソロアーチを放つ。投手・金子
「オリックス8-3阪神」(22日、京セラ)

 阪神・金本知憲外野手(41)が七回、オリックス・金子から10号ソロを放った。200人目の投手からの一発となり、ローズ、清原に次いで3人目の快挙となったが、試合はお寒い内容。今季初の関西対決に完敗し、1分けを挟んで5連敗。借金も7と膨らみ、5月の勝ち越しもなくなった。
  ◇  ◇
 全身に怒気にも似たオーラを漂わせたまま、4つのベースを踏みしめた。笑顔はない。安どもない。あるわけがない。劣勢の終盤に飛び出した大アーチ。この一撃が眠れる猛虎を呼び起こすことを固く信じながら、アニキはホームベースを踏みしめた。
 1-4で迎えた七回、無死。好投金子がカウント0-1から投じた2球目、真ん中に入った125キロスライダーを白木の相棒が完ぺきにとらえた。中堅右を襲った打球は野手の背走を瞬く間に振り切り、フェンスをまたいだ。ドームを真タテに切り裂いた10号アーチに、沈黙とため息の左翼席がにわかに息を吹き返した。
 広島時代の93年。9月4日の横浜戦(北九州)で三浦からプロ初アーチを放って以来、これが実に200人目の投手からの本塁打。ローズ、清原に次ぐ、プロ野球史上3人目の大台突破だ。
 神懸かり的な打撃でチームをけん引したアニキだが、5月に入ってからは一層厳しさを増した敵のマークに苦しんだ。このカードを前に、オリックス・大石監督も「金本が打てば盛り上がってしまう」と徹底マークを宣言。初回、一死二塁で迎えた第1打席もストレートの四球で歩かされるなど、敵の配球は慎重を極めた。そんな中、たった1球の失投を完ぺきに仕留めた。この集中力と勝利への執念こそが、猛虎の4番の真骨頂だ。
 17本塁打を記録した94年以来、これで16年連続の2ケタ本塁打。“200人斬り”の節目に大きな勲章を添えたが、チームは直後に追加点を奪われて大敗。勝利をもたらせぬ一発を、アニキが喜ぶはずもない。
 試合後の駐車場。200人目からの本塁打であることを知らされたアニキは、厳しい表情のままこうつぶやいた。
 「知らんわ…」
 どんな完ぺきな一発も、勝たなければ満たされない。勝つためなら、つぶれてもいい-。次こそ必ず、白木の相棒で虎党に勝利を運ぶ。


ローズ・清原に続くということですが、

ローズ・清原は、それぞれセ・パ両リーグで
3球団以上在籍の経験があるなかで
金本選手は、同一リーグの
2球団在籍ってことですから、

これもスゴいなーと思ったのですが。

この二百人を見てみると、

一位が
三浦大輔と上原浩治の13本
三位が
川上憲伸の12本
四位が
桑田真澄と高橋尚成と斎藤隆の8本
七位が
石川雅規、藪恵壹・山本昌・野村弘樹の7本
と続きます。


で、この表をず~っと見ていくと、
たとえば
小原沢重頼さんとか渡部高史さん(見てわかるマン)といった
ナツカシイ名前とか

宮出隆自さんなんて、
あーそういえば、ピッチャー出身だったんだ
なんて名前のほかに、

郭李建夫(4本)
中込伸(3本)
弓長起浩・山崎一玄・湯舟敏郎(2本)
葛西稔・星野伸之・
古溝克之・猪俣隆(1本)といった

元阪神のナツカシー名前が
次から次へと

猪俣隆投手なんて、
中山ラマダさんの傑作四コマ
「泣くな!イノマティー」の主人公ですよ
(その中で、山崎一玄投手は
久本雅美に似ているとネタにされていました)
今でもワシントンDCでお寿司を握っているのでしょうか…

古溝克之投手は、
ほりのぶゆきさんの傑作四コマ「荒川道場」で
ピッポリト星人ににているという
ネタにされていましたよ。

こんなのもナツカシーです。

ただ、こういうのを見ると、
やはりアニキは
元広島の選手なんだなー
というのが、

顕著にわかってくるのですが…

にしても、アニキ以外のトラナインの
いっそうの奮起に期待をしたいのですが…



といったそばから、藤川投手が負け投手になってしまいましたし



あと、こんな話を
同じ「ラジオふらの」でボランティアパーソナリティーをしていた
やましたさんやヘイザンさんと
お話できないのも

少々寂しいものです。





ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市・上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2775

リクエストなどは
当ブログのコメント欄でも
受け付けています

よろしければ。
「日経TRENDY」6月号(日経BP社)の
「B級グルメ大戦争」を紹介しましたが、

富良野市の開発型B級グルメ
富良野オムカレーについて、

こんな動きがありました。



5月25日 オンエアー 第215回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
での、コーナー「富良野印度化計画」であります。

私のすみかのそばにあるので
セブンイレブンはよく利用するのですが、

そこでもらったチラシにこう書いてありました。


セブンイレブン×北海道じゃらんコラボ企画
食べて美味しい♪もらってうれしい♪出かけて楽しい♪

「セブンイレブン×「北海道じゃらん」
お出かけGO!GO!キャンペーン 第四弾
富良野編」

セブンイレブンオリジナル
富良野のオムカレー仕立てWソースドリア 360円

乳脂肪分45%の道産生クリームを使った濃厚なホワイトクリームと、カレーソースの2つの味わいを一緒に楽しめるよくばりドリア。飽きずにどんどんいただける。


セブンイレブンオリジナル
富良野のオムカレー仕立て
セブンバーガー 298円

ずっしりと重みを感じるバーガーは、道産小麦「春よ恋」のバンズ、上富良野産豚肉を使ったパテや卵を使用。カレーソースが、それぞれの食材の味をつないでいる。


セブンイレブンオリジナル
富良野のオムカレー 430円

薄焼き卵の下のお米は、富良野産のななつぼし。間には、レンジで暖めてもとろとろ感が残る卵入りだ。シャキシャキしたアスパラガスは、ソースに混ぜてもよし。


ふらのオムカレー応援団
ふらのカレンジャー娘もオススメ!

大好評発売中!
人気の富良野スイーツもヨロシクネ!

「ふらの牛乳をつかったムースシュー」120円

富良野でリスプロデュース「プリンシェイク」189円

で、これらの商品についている
シールを、「じゃらん北海道6月号」についている
ハガキに貼って所定事項を書いて投函すると
抽選で、富良野地方の宿泊施設の券とか
オムカレーなどの商品券とか
富良野の産物などが当たるのです。

これは、なかなか面白いです。

北海道内限定とはいえ、
一ヶ月間、北海道各地のセブンイレブンで

これらのメニューがならぶということは、
その宣伝効果だけでも
相当多いと考えますし、

実際食べて、美味しかったということになると、
富良野に来たときには、コンビニメニューではない、

店舗で出しているオムカレーも食べてみよう
ということになってくれたら、

これまた富良野にとっても良いことだと思うのです。

または、観光客だけではなく地元の人であっても、
このコンビニメニューでおいしさ気づいて

改めて、店舗のほうに行くきっかけと
なってくれれば良いなと思うのです。



先週紹介した「日経TRENDY」誌に載っていた
5箇条には、こうありましたしね。


1、地元の人に愛されなければ始まらない
よそ行きのメニューだと、ほかの地域から客を呼んでも繁盛するのは土日だけ。平日に地元の人が食べてこそ「ご当地グルメ」と呼ぶのにふさわしい。

2、ご当地グルメと「地産地消」を混同しない
特産品の地産地消にとらわれると、制約が多くなり、安易なメニューになってしまいがち。また原価率も高くなり、価格に転嫁せざるを得なくなる。

3、なるべく海産物に頼らない
「老舗型」のご当地メニューの多くは本来、戦後などにぜいたくな食材を使えなかったため、試行錯誤を重ねて考案されたメニュー。海産物を入れるとB級感が色あせ、単価も高くなりやすい。

4、メニューは凝りすぎない
レシピの “決まり事”はほどほどにして、店側が裁量の余地をもつべき。縛りを設けすぎると、味が均質化してしまう。一方、縛りがなさすぎてもご当地らしい特色が薄れる。ほどほどが肝心だ。

5、飲食業界ばかりの利益を追い求めない
目的が町おこしなのであれば、飲食業界ばかりがもうかっても全く意味がない。店同士は本来はライバルではあるが、目先の利益に一喜一憂せずに“呉越同舟”で共通の目的に向かう必要がある。



今後も、富良野オムカレーをはじめとして、

富良野カレー街道をはじめとしたC8のメニューなど
当ブログで、紹介をしたいと思います。

ただ、この放送の収録を終えた後、
「オムカレー」食べるゾーと思って
セブンイレブンに行ったのですが、

つい、関根勤のチキンカレー(関根式チキンカレー(欧風))
を買ってしまいました。


ダッテコッチモウマソウダッタノダモノ。

近々オムカレーもイタダきますよ。






あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。

当ブログによせていただいたコメントも、さしさわりがなければ
番組内で紹介させていただきます。


あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2771
5月25日オンエアー 第215回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」の
番組内でオンエアーをした曲です

♪Set me free   平野 綾
『アニメロミックス』公式サイト-Spring-テーマソング

ギリギリと派手にならされるギターと
ツボツボをびしびしとつく、引きつった感じの
テンションが上がるシンセの音に
奔放なベースラインを支える、
スネアがカンカンとなっているのが印象的な、
パンキッシュなリズムラインといった、
ぐぐっと引きつけられるアップテンポなビートに載せて、
平野さんのボーカルが乗っかります。
こんなド派手な伴奏に負けることなく、
元気元気で一気にツッ走っている
そんな感じの歌声がなんともタマラないですね。
平野さんは、声優としての芸幅の広さが特徴ですが、
自身名義の楽曲の歌唱や声質にはじまって
あまたのキャラクターソングの歌い分けの芸の細かさに至るまで、
歌声の幅や表現力の広さも魅力の一つです。
ちらりと垣間見ることができる
しっとりとした歌もなかなか捨てがたいところでありますが、
やはり、この線の路線の楽曲と平野さんの
親和性について再認識をしたのです。
間奏部分では、シンセサイザーを多様した
ディスコサウンドを意識した部分から、
ギターのカッティングを経て、
そしてギターソロへ自然に流れていく展開も
イントロ同様に支えているビートとともに
カッコいいですね。
是非ともライブで彼女の元気なアクションや
笑顔や汗を見ながら、聴きたい曲であります。
平野綾さんの8作目のシングルにして、
初の両A面シングルでした。
オリコンウィークリーチャートでは
初登場にして最高位が十三位ということですし
今週のフライデーでもグラビアに登場をしていました。
彼女の人気はまだまだ不動なようです。





♪空想庭園  eufonius
「アネモイ」カップリング

穏やかなアコースティックギターの
重奏のようなアンサンブルに
ふわんとしたシンセの音色と、
riyaさんの穏やかでしみ通るような
透明感のある声がすっと入ってきて、
穏やかにも美しい世界を構築しています。
基本、アコースティックギターとか
ピアノの音に、アース系のシンセの音で
伴奏が演奏されているのですが、
途中にはいってくる巨大な機械がきしむ感じの
なつかしい音も、そんな世界には不思議と
ぴったりとマッチをしているのです。
基本静かな世界感をもつ曲ですが、
次第に入ってきて
曲の世界をさらに深く、かつ厚くしている
PCの加工した音についてとか、
途中で、アコースティックギターとの
絶妙な対比とアンサンブルを奏でている
エレキギターの使い方についても、
根底へのアタタカサを感じるのです。
総じて、レトロフューチャーという言葉が
浮かんでくる、そんな独特な世界で、
タイトルがサビ部分で繰り返し歌われることで
印象強く伝わりますし、
空想庭園ってタイトルも
どこかレトロフューチャーな感じですよね。
グループ名の元となった「euphonious(耳に快い)」という
単語ともぴったりとマッチをしております。





♪ Don‘t say “lazy”  桜高軽音部
「平沢唯、秋山澪、田井中律、琴吹紬」
(CV豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子)
「FURANO History Factory」5月のマンスリーパワープレイ
TV『けいおん!』Ed

先週まで、エキセントリックなシンセの音色の使い分けとか
ドラムのビートやギターのフレーズについて書いてきましたが、
ベースラインも、基本はルート弾であるものの
バスドラと連動しながら、リズムを補っていて、
単に八分を弾いているだけではないってのが、
芸の細かいところでしょうし、
間奏部分でのうねるようなベースラインって
ここは澪がボーカルをとらずにすむので、
自分の楽器の腕前の見せ場ってことで、
奔放に弾いているのか。
しかも、このあとの律の四分でアタマ部分にスネアをたたき
裏拍でバスドラをたたく、ドラムのあおるようなビートで
ますますベースなどのイキオイがついてくるなんて…
などと余計な詮索などまでしてしまったりして、
もう、タマりません。
歌詞の「~なんです」って語尾は
ZONEの「大爆発No.1」ではありませんが、
イカニモなガールズバンドものです。
が、歌詞の語尾と語尾とで韻をふんでいるところとかは
今風といえれば今風なのでしょうかね。
オープニング・エンディングともに、
相変わらず、車の中などでヘビロテ中でして、
そんなCDを聴いていると、つい、
カラオケ部分まで、分析をしながら
聴いてしまいますよ。
もしも「けいおん!」の最終回とかで、
メンバーがこの曲を演奏するシーンが出てきたりしたら
(それが、実は唯の見た夢だったというオチであっても…
でもありそうですよね、この展開。)
しかも、それが「ライブアライブ」ばりのクオリティーだったり
したら、なんてことを想像するだけで、
もうニヤニヤがとまりません。
てか、そんな絵を、ぼくに見せてください(切実)
ちなみにこの曲のオリコンチャートやCDTVでの動きは
今までも書いてきましたが、アニソンの敷居が高い
あの『ミュージックステーション』でも、
2009年4月24日から3週連続で、
『Cagayake!GIRLS』とともにトップ10入り。
5月1日の放送では3位を獲得しまして、同番組のランキングで、
声優名義によるアニメソングの最高順位を更新しました。
アニメソング専門サイト『アニメロミックス』(ドワンゴ)では、
「着うた」、「着信メロディ」のいずれも4月21日 - 4月28日集計で
一位を獲得、4月度の月間1位を獲得しています。
そりゃあ、曲のノリとかを考えると
人気出るのもわかりますね。
この曲をパワープレイのワクでかけるのは
今日で最後であります。





♪童話   中孝介
「恋」カップリング

エレキピアノやオルガンのような響きの音
そして、ストリングスのように加工された
シンセサイザーのハーモニーが素朴なイントロに
リズムボックスってのもななんとも
中さんの個性的な歌声がのっかります、
穏やかなスローテンポなナンバーです。
伴奏で活躍するアコースティックギターの
音色との親和性もたまらないところですし、
ストリングスの音色がさび部分で
曲が盛り上がるのに効果的な役割を果たしていますし
中さんの歌声じたいも楽器のように響いておりますから
ドラマチックな展開に負けておりません。
ダイナミックに盛り上がっていくこの曲に
転調が果たす役割が少なくありませんが、
声が高く出されるところになればなるほど、
その独特な歌声の魅力が、
倍音のおおいところであるとか、
その倍音がのびやな歌声で響くところである
ということに気づかされるのです。
ストリングスの音色でしっとりとしめられる
エンディングもさりげなくいいですね。
台湾の歌手・光良さんの楽曲のカバーで、
中華圏限定でリリースされていたアルバム
「花間道」に収録されていまして、
日本では初収録とのことですが、
そんな曲と彼の歌声がマッチするのは、
彼自身が、九州と台湾の間に位置する文化圏に属する
奄美出身ならですですかね。





♪誓い  島みやえい子
映画『ひぐらしのなく頃に誓』主題歌

シンセピコ系列とゴリゴリ系列の音が
追い詰めるように迫ってくるサウンドに
リズムボックスやシンセベースの無機質なビートと
タンバリンの音という不思議な音に
ギリギリとならされるエレキギターが
イカニモI‘veって感じで、まずは気持ちよいです。
島みやさんのボーカルも
そんな伴奏によくあわせたがごとく
最初は無機質っぽい歌声で
言葉を紡いでいますし、
途中に出てくる加工された歌声も
あっているのですが、
曲の盛り上がりにしたがって、
歌声も人のアジのようなものが出てきて
さび部分では島みやさんのボーカルの特徴である
麗しさや伸びやかさが出てきて
曲の世界がさらに深くなっています。
和っぽい旋律は全体的に抑えめですが、
だからこそたまにチラっと出てくると
隠し味のようにキいてきますね。
そんな曲の移り変わりや構成の妙が
さらに明確になるのが、間奏から、間奏あけのところですが、
ゴリっとしたトランス系の間奏がしばし続いたあと、
ふっと、途中のリズムや伴奏が極限までにおさえられて
つぶやくように歌われるところから、
リズムだけを生かしてサビが歌われて、
そのあとに全部の伴奏が入って再び
盛り上がっていくなんて構成は
さすがだなーと思うのです。
随所で見られるスキャットっぽい歌声や
音響効果のノイズ音なども
不思議な世界観を補完しているようで
いいですね。








このような曲をかけているFHFですが
リクエストも受け付けています。

リクエストは、このブログのコメント欄でも
受け付けます。

よろしければ。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17
レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2771

追 作家で評論家の栗本薫(中島梓)さんの
訃報を知りました。
僕らの世代のSF者としては、必ず通る道でありますし、
JUNEでの小説道場や、中島梓名義での
『コミュニティー不全症候群』
『タナトスの子供たち 過剰適応の生態学』といった著作で
示された考え方に、すごく影響を受けた身としては、
当然ですが、すごくショックであります。

まだ56歳なのに…

心よりご冥福をお祈りします。
FHF
富良野近郊を車などで走っていると
ある田んぼは、田植えが終わっていて
ある田んぼは、終わっていないものの
水がはられています。

田植えが終わっていても、
苗は、水面からちょこんと頭を出す程度なので
様々なものを映す水面はよく見えます。

それが、残雪を残す十勝岳連峰や
芦別岳だったりするものですから、

青い空、白い雲とともに、
上下対称に美しい景色を
見ることができるという、

しかも、そんなところに単行運転をしている
ローカル線が景色に入ったりしたら、

もう、たまりません。

この時期ならではの、大好きな景色なのです。

もし富良野界隈を訪れる方は
そんなさりげない美にも注目をしてください。


さて、先週・先々週とお話をしてきました太平洋・島サミットが
無事、終了いたしました。


5月25日オンエアー 第215回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
放送を終えました。

太平洋・島サミットにつきまして
開会自体に尽力をされたり、
それぞれの企画を担当されたり、
警備などを担当されたりと、

様々な人の力によって
無事成功しました。

関係各位の皆様におかれましては、
本当にご苦労さまでした。


そんな
太平洋・島サミットについての新聞記事です。

まずは、北海道新聞の記事からです。

太平洋・島サミット閉会 日本は500億円支援表明 (05/23 14:30、05/23 15:13 更新)
【占冠】上川管内占冠村で開かれていた第五回日本・太平洋諸島フォーラム(PIF)首脳会議(太平洋・島サミット)は二十三日、日本と南太平洋の十六カ国・地域が「太平洋環境共同体」として連携強化を目指すなど会議の成果を盛り込んだ首脳宣言「北海道アイランダーズ宣言」を採択して閉会した。麻生太郎首相は全体会合で、各国・地域に対し環境分野などで今後三年間に総額五百億円の支援を行うことを表明した。
 麻生首相は閉会後、記者会見し「日本の支援は、太平洋の島国を重視し国づくり人づくりに貢献したいとの気持ちを表すもの」と強調。共同議長のニウエのタランギ首相は、太平洋の島国が地球温暖化で国土水没の危機にひんしていることに触れ「今行動しなければならない。島国だけでなく地球の生き残りがかかっている」と訴えた。
 首脳宣言では、日本と南太平洋の各国・地域が「対等なパートナー」として地球温暖化対策などの課題に取り組むことを明記。保健衛生や教育分野で二千人の人材育成を日本が支援することや、日本と島国側が協力して水産資源の保全・管理を進めることなども盛り込んだ。
 島国のインフラ整備のための資金・技術協力や、自然災害に対する保険システムの研究、日本との間で千人超の青少年交流を行うなどの行動計画もまとめた。
 各国・地域の首脳らは高橋はるみ知事主催の昼食会などに出席し、同日夕に占冠村を離れる。


こちらは、毎日新聞の記事です。 

5月24日
太平洋・島サミット:「環境」テーマに思い一つ 首脳らが小学生と交流会 /北海道
 上川管内占冠村で開かれている日本・太平洋諸島フォーラム首脳会議(太平洋・島サミット)は最終日の23日、地球温暖化防止など環境問題に取り組むことをうたった「北海道アイランダーズ宣言」を採択して閉幕した。各国・地域首脳らとの交流会を開いた地元小学生も資源の有効活用などを誓う「島サミット子ども宣言」を採択し、「環境」をテーマに北海道と太平洋の島々の思いが一つになった。【高山純二、横田信行】

◇児童130人参加
 首脳らとの交流会には占冠村のほか、富良野、帯広両市など計10市町村の小学生約130人が参加。16の国・地域ごとに、首脳らにインタビュー。サモアのトゥイラエパ首相は「日本の歌を歌ってほしい」と小学生にリクエストし、自ら英語で歌を披露して場を盛り上げた。
 トゥイラエパ首相に「日本の首相になりたいか」と聞かれた富良野市立富良野小6年の高橋歩君(11)は「ちょっと戸惑ったけど、こんな機会はないと思うので良かった」と笑顔を見せ、バヌアツのナタペイ首相にインタビューした上富良野町立上富良野西小5年の村上由夏さん(10)は「折り紙を作って渡したら喜んでくれた。すごく優しい人」と喜んだ。
 交流会では「限りある地球の資源を大切にする」「日本と外国の人が仲良く暮らせるよう、たくさんの人たちと理解しあう」など4項目の「島サミット子ども宣言」を採択した。

 ◇知事主催昼食会、道産食材を堪能
 知事主催の昼食会があり、各国首脳夫妻とともに国会議員や道議、行政や経済団体の代表が道産食材をふんだんに使った料理を堪能しながら、交流を深めた。
 メニューの1品ごとに道産のホタテやエビ、野菜などを使い、高橋はるみ知事はあいさつで「北海道ならではの自慢の食材を数々使った料理をお楽しみいただき、懇親を深める場となれば幸い」と、食の宝庫をPRした。参加国を代表してタランギ首相が「雪がなかったのが残念。雪の季節にまた来てみたい」と謝辞を述べた。

 ◇アイヌ文化触れ--首脳夫人交流会
 首脳会談中に開かれる夫人交流プログラムでは、「鵡川アイヌ文化伝承保存会」が、アイヌの神事「フッサ・ヘロ」や口琴「ムックリ」の演奏を披露した。
 最後に、参加国・地域の夫人9人らがアイヌ民族衣装を身にまとい、踊りに参加。夫人たちは保存会のメンバーと一緒に手拍子やかけ声を出すと、硬かった表情も一転して笑顔に変わった。
 保存会の片山幹雄会長(61)は「少しでもアイヌ文化を伝えることができたと思う。輪になって一緒に踊ったのは楽しかった」と話した。

 ◇高橋はるみ知事
 世界が抱えている環境問題について、去年(の北海道洞爺湖サミット)に引き続き、緑豊かな北海道で会議が行われ、成果があったのは意義深い。また、国際会議の多い首都圏や大阪にひけを取らない経験ができたと自負している。学術会議など、国際会議の誘致活動をやっていきたい。

 ◇小林豊・占冠村長
 雨となったが、村民手作りの雪だるまに各国首脳夫人が笑顔を見せてくれ、ほっとした。普段通り、手作り感あふれる身の丈にあった、もてなしができた。サミット会場として注目された今回を機に、優れた施設があることを再認識し、訪れる人が増えたらうれしい。
==============
 【昼食会メニュー】
 ◇料理(カッコ内は原産地)
・蝦夷あわび(函館)と長イモ(帯広)のエバンタイユ クーリートリュフ
・天然ホタテ(知内)のグリル、サーモン(えりも)マリネと、イクラのミルフィーユ仕立てディルドレッシング
・いけボタンエビ(噴火湾)のタルタルゆずの香りウニ(根室)を添えて
・ユリ根(美瑛)のロワイヤルガスパチョを流して北海道の野菜たちを添えて
・士別サフォークラム(士別)の香草とニンニクを利かせたパート包み焼き、ホエー豚(大樹)のブレゼマスタード焼き仕立て
・おぼろづき米(北海道)の焼きリゾットにフォアグラポワレをのせて
・マスカルポーネ(北海道)クリームとベリーフルーツ、グラスショコラとキャラメルラスク
・北海道の形をしたパイにフルーツ詰めを添えて
・パン、コーヒー
 ◇飲み物
・食前酒 十勝スパークリングブルーム(池田)
・日本酒 純米大吟醸国士無双(旭川)
・白ワイン ふらのワイン ケルナー(富良野)
・赤ワイン 十勝ワイン シャトー十勝(池田)



このような記事の中で、
少々切り込んだ考察を含む記事が、
朝日新聞にのっていました。



南の島へ援助合戦 島サミット開幕
中国・台湾「国交」狙い

 太平洋の島国の首脳を一同に招く、日本・太平洋諸島フォーラム会議(太平洋・島サミット)が22日、北海道のリゾート地・占冠村トマムで開幕した。歴史的に日本とつながりの深い地域だが、近年は中国の「攻勢」が目立つ。国連での1票や海洋資源の確保に向け、日本は過去最大の財政支援と「環境」を旗印に、関係強化に懸命だ。【五十嵐誠・山崎崇】

 「太平洋を共有する同じ島国のパートナーとして、できる限りお手伝いをさせて頂きたい」。麻生首相は開会のあいさつで、参加した12カ国・2地域の首脳らを前に、「島国」という共通項を強調した。この地域で影響力を増しつつある「大陸国」中国への対抗意識がのぞく。
 日本が中国の猛追を実感したのは3年前・06年5月の前回の島サミットの前月に、中国は同様の首脳会合「中国・太平洋諸国経済開発協力フォーラム」を初開催し、3年間で430億円の支援を表明した。日本のそれまでの支援は年間100億円規模。日本は急きょ、翌月の島サミットで打ち出す支援額を3年間で450億円に積み増した。
 中国が思い切った支援に踏み切ったのは、台湾との勢力争いからだ。中国、台湾のどちらと国交や外交関係を結ぶか‐。ニュージーランドの自治領であるニウエとクック諸島を除く12カ国は現在6カ国が中国、6カ国が台湾と、真っ二つに割れている。
 切り替えも珍しくない。トンガは98年に台湾から中国へ、キリバスは03年に中国から台湾へと変更した。02年に台湾から中国に切り替えた後、05年に再び台湾に戻したナウルの例もある。90年以降、外交関係を変更したのは5カ国に及ぶ。
 人口が少なく、大きな産業が育ちにくい島国は、外国からの援助に頼らざるを得ない。多くの国が、信託統治をしていた米国や、歴史的につながりの深い豪州・ニュージーランド、国際機関などの財政支援を受けてきた。ある外務省幹部は「援助でどちらかにつく、したたかな面がある」と解説する。
 この地域の国々が占める海域は、実に中国が二つすっぽい入るほどの広さがある。経済規模が膨らむ中国にとって、マグロなどの水産資源や、パプアニューギニアなどで採れるニッケル、天然ガスなどの地下資源は垂涎の的。海上交通路確保の狙いもあるとみられる。こうした思惑は、この地域との関係強化を目指す日本も同じだ。
 日本の途上国援助(ODA)額が世界一だった90年代後半は、太平洋の国々にとって日本は最大の援助国だった。だが、日本のODA予算の減少傾向が続くなか、中国の援助が拡大すれば、影響が逆転しかねない。
 昨年、日本が国連安全保障理事会の非常任理事国に選ばれた際、太平洋地域の12カ国はすべて日本に投票した。将来的な常任理事国入りを目指す日本にとって、欠かせない「票田」になっている。

◇日本、対抗策は「環境」◇
 応戦する日本にとって、最大の武器は「環境」だ。23日に採択される「北海道アイランダーズ(島で暮らす人々)宣言」で「太平洋環境共同体」の創設を打ち出すほか、今後3年間で500億円の支援のうち68億円を、太陽光発電や海水淡水化装置の購入にあてる。「新興国の中国にはできない」(外務省幹部)と胸をはる。
 早速、地球温暖化による海面上昇で水没の危機がいわれるツバルのイアレミア首相は22日、麻生首相との会談で、「気候変動は私たちの国にとって非常に重大な問題。(島サミットの)1番目の議題に取り上げて頂き感謝する」。サミットでも、参加者から「海面上昇による影響は国民全体への脅威で、テロのようなものだ」といった意見が出された。
 手厚い支援の背景には、12月にコペンハーゲンで開かれる国連気候変動枠組み条約締結国際会議(COP15)に向けた国際交渉で、日本の立場に理解を求める思惑もある。麻生首相は「国連の交渉の場でも、これまで以上に連携していきたい」と呼びかけた。
 戦前、国際連盟の委任を受け、この地域を「南洋諸島」として統治していた頃からの人的つながりも日本の強みだ。今も日系人が多く住み、今回来日したミクロネシア連邦のモリ大統領も日系4世。曾祖父は人気漫画「冒険ダン吉」(島田啓三作)のモデルとされる。
 ただ、日系人も4世、5世がメーンになり、日本とのかかわりが薄くなっていることも事実。このため、人的交流の活発化も重要な課題で、日本は今回、今後3年間で環境や教育などの分野で計3500人の人材育成を助けることを打ち出した。
 麻生首相は、軍事政権のため唯一、首脳の招待を見送ったフィジーを除く島国の首脳すべてと個別会談に応じた。「陳情合戦になる。きりがない」(外務省幹部)と、過去の島サミットではほとんど2国間会談はなかったが、交流を深めることを優先した。
 個別会談では、「新空港の建設など観光インフラの整備」(バヌアツ)、「下水道システムの拡張」(パプアニューギニア)など、円借款や調査団派遣を次々に約束。政府関係者は「中長期的にはこの地域を取り込んでいくことが、海洋国家日本が国際社会で生き残る手段になる」と語る。
 今年3月に島サミットのあり方について提言をまとめた有識者会合の座長、小林泉大阪学院大学教授も「日本がイニシアチブを発揮して複数の国々をまとめようとする唯一の例だ。」と意義を強調した。



ちなみに、中国と国交を樹立しているのが、
ミクロネシア・パプアニューギニア・フィジー・サモア
バヌアツ(04年に台湾との外交関係樹立声明発表後、直後に撤回)
トンガ(98年に台湾と断交、中国と国交を樹立)

台湾と外交関係を樹立しているのが
パラオ・ツバル・ソロモン諸島
マーシャル諸島(90年に中国との国交樹立→98年に台湾と外交関係樹立)
キリバス(03年に中国と断交、台湾と外交関係を樹立)
ナウル(02年に台湾と断交、中国と国交関係樹立、05年に台湾と外交関係樹立)


中台をめぐる、国交樹立関係については、
先々週もお話をしましたが、

この記事では、
台湾を牽制するためと、資源を確保するために
中国が南太平洋諸国に対する影響力を強化していることについて
言及をしています。

ま、このような援助について、
見出しの「援助合戦」という言葉をはじめ、
「武器」とか「作戦」「戦略」なんていった文脈で語ることについて、
少々青臭い意見かもしれませんが、
野暮な気がしてなりません。

麻生首相ではないですが
「対等なパートナーとして」さまざまな課題を解決するなかで、

相対的に経済的に余力があったり
科学技術がすすんでいるという理由から

支援をするというのが、
理想だと思うのです。

とはいうものの、中国の援助が伸びているのも
事実ですから。

難しい問題であります。

また、中国の援助がのびていることについて

NHKの朝のニュースで、
「島サミット」に関連づけて報道をしていました。

この時にニュースで取り上げられたのが
フィジーでした。

フィジーは、先週も紹介したとおり、
2006年のクーデターによって成立した
独裁色強める軍政首相が、
憲法の停止とか言論統制を行うなど、
独裁色強め、民主化を交代させているということで、

現在の暫定首相や閣僚は招待をしなかったのです。

こんな軍事政権についての対応ということで、
日本は援助を弱めているという側面もありますし、

そこにある意味つけいってように支援を増やしてきたのが
調べていくと、中国であるのですが…



NHKのニュースでは、このことについては
触れずに、

中国のフィジーに対する援助が
のびているということとか、
入ってくるマグロ漁船の大半が
最近では中国船籍のものになったとしか
報道されていませんでした。

また、このニュースは
島サミットの開催に関連した話題であるにもかかわらず
島サミットに暫定政権の代表が招かれていないことも

触れられていませんでした。

わずか30秒くらいあれば、触れることくらいは
できそうなのに…


うーむ。


中国の南太平洋諸国に対する援助額の増額と
同じくらい、この報道姿勢について気になったのですが。


それと、あと一つ海がらみで気になるのは、
太平洋島サミットからはそれますが、
こんな記事です。


「『日本海』の表記は誤り」 韓国人が米紙に全面広告
5月12日13時5分配信 産経新聞

【ソウル=水沼啓子】11日付の米紙ニューヨーク・タイムズに、同紙が日本海について韓国名の東海とせず、日本海と表記したのは誤りだと指摘する全面広告が掲載され、韓国で話題になっている。
 韓国の聯合ニュースによると、全面広告を出したのは、韓国の誠信女子大学客員教授、ソ・キョンドク氏(35)で、4月6日付の同紙が北朝鮮のミサイル発射に関連した記事の中で日本海と表記された地図を載せたことを問題視した。
 英文で書かれた広告は「小さいが重要な誤りを発見した。われわれは韓国と日本の間にある海は、日本海ではなく東海と呼ばれていることをお知らせしたい」と述べ、地図の中で日本海の表記を線で消し、大きく東海と書いている。
 広告はさらに、「過去2000年の間、世界のさまざまな国で東海と呼ばれてきた。東海上に存在する独島(日本名・竹島)もまた韓国の領土と認められてきた。この事実は誰も変えられない歴史的事実」と強調するとともに、「この世に日本海というものはなく、日本海は歴史を歪曲(わいきょく)しようとする日本政府の考えの中にだけ存在する」と非難している。 
 聯合ニュースによれば、「ソ氏は世界で最も権威のあるニューヨーク・タイムズやウォールストリート・ジャーナル、ワシントン・ポストの過去10年間のアジア関連記事を検索したが、東海と表記されたことが一度もなかった」という。
 このためソ氏は「各国政府や企業、国際機関、報道機関で最も多く購読されている、こういった世界的新聞に日本海と誤って表記されていることを正したくて、広告を掲載するようになった」と全面広告を出した理由を説明しているといわれる。



来週は、この記事が、韓国国内でどのように報道されているか
という話と、

この問題について、日本の外務省が
どのような見解をしているかについて
お話をしたいと思います。






チベットに対する提案は以下の通り。
(1987年、アメリカ議会の人権問題小委員会での「チベットに関する5項目の和平案」)

・チベット全土を平和地域とする
・チベット民族の存続を脅かす中国の人口移動政策を放棄する
・チベット民族の基本的人権および民主主義に基づく自由を尊重する
・チベットの自然環境を保護し、回復させる。チベットでの核兵器の製造、核廃棄物の投棄をしない
・チベットの将来の地位について、また、チベット人と中国人との関係について、真剣な交渉を開始する

そして、チベット人による本当の自治権が得られれば独立は求めないと譲歩しました。(1988年、「ストラスブール」提案)



ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へのリクエスト・メッセージは
〒076-0026富良野市朝日町5-17レストランふらの広場内「ラジオふらの」
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2775

リクエストなどは
当ブログのコメント欄でも
受け付けています。

よろしければ。
2009.05.24 人間すげー
今更ですが、少し前に、
こんな話題が出ました。


ねとらぼ:
確かに“読めてしまう”コピペに2ch住人が「人間すげー」と驚く
「なんだこりゃ」と思ってよく“読んで”みると「へー」となるコピペ文章が「2ちゃんねる」に登場し、「人間の脳すげー」と驚く住人が続出。
2009年05月08日 09時19分 更新

「なんだこりゃ」と思ってよく“読んで”みると「へー」と驚くコピペ文章が最近2ちゃんねるに登場し、スレッド(スレ)の本題そっちのけでコピペに関する考察レスが交わされる……なんてことも起きている。

 コピペ文はひらがなとカタカナだけで書かれており、一見すると2chでたまに見かけるうわごとにしか見えない。だがよくよく“読んで”みると、「確かに読める」と、ちょっと驚く。どうして「読める」のかは、コピペ文自体が説明してくれている。

「【ネット】「ウィキペディアが与える影響を調べるため」学生がもっともらしい嘘の書き込み 多数の欧米大手紙がだまされて引用」では、このコピペが2レス目に登場。「読めた」「人間の脳すげー」といったレスが相次ぎ、本題へのレスと入り交じって何のスレなのか分からない状態になっていた。

 コピペが登場したスレには、人の記憶と認識に仕組みについて考察や、読める人と読めない人の違い、現象学的な視点など、さまざまなレスが付いており、日常にちょっとした「ふーん」を持ち込むネットらしい話題になっている。

 読めば分かります。 そのコピペは以下の通り。


こんちには みさなん おんげき ですか? わしたは げんき です。
この ぶんょしう は いりぎす の ケブンッリジ だがいく の けゅきんう の けっか
にんんげ は もじ を にしんき する とき その さしいょ と さいご の もさじえ あいてっれば
じばんゅん は めくちちゃゃ でも ちんゃと よめる という けゅきんう に もづいとて
わざと もじの じんばゅん を いかれえて あまりす。
どでうす? ちんゃと よゃちめう でしょ?
ちんゃと よためら はのんう よしろく





タイトルではないけど

人間すげーですね。

言われてみれば、確かにそのとおり、

にんんげ は もじ を にしんき する とき その さしいょ と さいご の もさじえ あいてっれば
じばんゅん は めくちちゃゃ でも ちんゃと よめる
〔人間は、文字を認識するとき その最初と最後の文字さえあっていれば
順番はめちゃくちゃでも、ちゃんと読める〕
ですよ。

どおりで、仕事とか趣味で文章を作るとき
何度も何度もチェックした文書であるはずなのに、
思い出したように、ひょっこりと誤植がみつかるはずですよ。

こんな脳のメカニズムのせいなのですね。

〔というか、オノレのチェックがアマいだけやろが、
というカゲのツッコミあり…〕

なるほど。


さて、

これが本格的に広がったのが
記事に書いてある通り、
2ちゃんねるですが、

2ちゃんねる自体、
情報量が多いのと、情報の正誤についての
リテラシー能力がとわれるところなどもありまして、
情報を精査するのがなかなか大変な面があります。

かつ、ネガティブな書き込みが多いことで、
眉をしかめる人が多い。

また、2ちゃんねるを舞台とした、
様々な祭りと炎上騒ぎや、犯罪まがいの騒動などが
数多く喧伝されることがあったりして

ここで、書くまでもなく
問題視されているところもあります。



が、

結局はリアルな世界の人の集団とかと同じで

いいやつばかりではないけど
悪いやつばかりでもない

って感じで、

蛇蝎のごとく嫌うことはないのかなと
思っているのです。


ここへ、色々を見に行っている人が、
たくさん人がいるということで
相対的に、地頭がいい人が多いのと

ソース主義が大切にされるので、
リテラシー能力の高まりが
重視されているのだと思います。

これは、今まではマスコミが情報の一元管理を
していた的なことから

双方向的マスメディアと言うべき、
大手メディアを検証可能ななったことが

最大の功績だと思うのですが。

対話的チャットによって、
書き込んでいる人や読んでいる人の思考が深まって、
相乗効果で面白い発想が出たり、ネタが出たりという
ケミストリーが日々おきている場でもあります。


そして、そんなケミストリーによって、
こんな優れた発想ができ、かつ広まったのかなと
思ったのでした。

リテラシー能力を駆使してオツキアイするのは、
大手のメディアから、個人のブログまでと
同じですね。



ま、僕はただ面白いので
たまに覗きに行っているのですがね。






ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市・上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2775

リクエストなどは
当ブログのコメント欄でも
受け付けています

よろしければ
中富良野の「ほしの希」でラーメンを喰ったから
というわけではないのですが、

「ほしの」つながりでその週の週末は
「ほしの灯家」へと向かいました。
第43湯であります。

車を停めて、中に入り湯銭を払い
脱衣場に行った時は、脱衣籠はすべてからっぽ。

期待をして、浴室に入ると、
はからずも、1人だったので
まずは露天でのへーっといたしました。

こちらの露天は、建物を建てる時に
地下から掘り出した岩石を使って作った
オーナーが手作りをしたもの

そんな絶景が見られるわけではないですが、
こぢんまりとした湯槽から見る
満天の星空とか、結構お気に入りです。

ま、行ったこの日は夕方でしたが。


続いて、中に入って、
湯槽からあふれる
濃碧茶色のお湯を楽しんだあと
貸し切りでのへーっとしました。
のへーっと、と言ったら、
基本道南スタイルでして、

貸し切りの気楽さから、
誰に気兼ねをすることなく、
思う存分、道南スタイルを楽しんだのでした。


その後は「KOTOKOノコト」など聴きながら
旭川へむかい、本屋をシバいたあと、
アジア金星堂で
カレーを食べたのでした。



ついで翌週にいったのが、
十勝岳温泉(翁温泉)の
「ヒュッテ バーデンかみふらの」

土日お仕事期間中には
大変重宝をする温泉であります。

五時前に仕事を終わらせたあとに
それっ、て感じで向かいました。

車を停めて、湯銭を払って
中へと進んでいきましたら、

ちょうど何人かのお客さんがあがりかけていました。

脱衣場から中をうかがうと
親子連れのお客さんが一組。

ってことで、中に入ります。
第44湯であります。

そして、床に足をつけると



湯槽からあふれたお湯が
床に層を作っていて

その厚さ一センチ近い。

それだけふんだん、かつ、贅沢に
あふれているのでありますよ。

これはスゴいですね。

ってことで、まずは、

お湯に入りながら外へのドアをあけなければ
露天へいけないという遊び心たっぷりなところが
お気に入りでもあります、露天風呂へ。

こちらの露天も目の前が土手みたいな草の壁なので
正直景色はよろしくないですが、

まだ残雪があるところとか
ふきのとうが芽生えているところとかには
なごみます。

しかも、白金にも通じる、濃碧茶色の
上質なお湯がふんだんにあふれています。

しかも、湯槽のへりには、六〇センチくらいの幅で
ふんだんにお湯があふれているため
湯が七センチくらい層をつくっている


そんなスペースがありまして



ってことは道南スタイルっスね。

スペースにカチッとハマってごろごろいたします。

露天の湯槽に入っては、
外に出てごろごろをして

ってのを繰り返します。

空には白い雲を青い空にかけていった
状態です。


いやー、幸せですな-。


でもって、内風呂に戻ると

さきほどの親子連れのお客さんはあがった模様で、
こちらも貸し切りとなりました。

しばし内風呂も楽しみますが、

こんだけ床にあふれるのお湯の層をみて
だまってはいられません。

こちらでも道南スタイルです。

いやー。ぜいたくぜいたく。

と、ごろごろしているときにふと気がついたのです。

ごろごろしているだけで、頭とかにアセをかいてくる。

この気持ちよさってのは、実は岩盤浴の気持ちよさに
通じるものがあるのではないだろうか。

ってことで、また一つ勉強をした思いで
こちらを後にしたのでありました。


その後は、ゴールデンウィーク開けに開通をした、
知床横断道路よりも、冬季閉鎖期間が長く、
ニセコパノラマラインと並んで開通期間が短い〔推定〕
吹上望岳台線を、今年初めて通って

今年初の大パノラマ景色を堪能したあとに、
美瑛の純平にいって、
タテジマの南海のユニフォームと
赤いツバの帽子を着用した
「あぶさん」の活躍を読みながら

カツ定食を堪能したのでありました。



第46湯は、「奥芝商店 旭川亭」でスープカレーを食べた後、
時刻は午後八時をまわっているものの、
どこかお風呂へ行きたいナーなどと
思った時、

しかも、この日はそぼふる雨なため、星空が期待できず、
露天があるところでなくてもいいや。

といった考えから、割引券を使って行った
地元「フロンティア フラヌイ温泉」でありました。

こちらは「しゃっこい温泉」なのに
次第にあったかくなってくるところが
お気に入りなのです。

で、辛いカレーを食べたあとに
温泉に入ると、辛さの刺激が再現する感じで
くちびるがヒリヒリすることがあるのですが、

この時しゃっこい温泉にはいったのにも関わらず、
次第に、くちびるがヒリヒリしてきたので

改めて、温泉効果ってすごいな~と

再認識をしたのでした。





ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市・上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2775

リクエストなどは
当ブログのコメント欄でも
受け付けています

よろしければ。
☆「奥芝商店 旭川亭」(旭川市旭町1条13丁目2146-14)


絶賛、土日お仕事期間
言い換えると、月月火水木金金期間が
続いております。

が、土日は結局お仕事が五時前にはあがるのです。

ってことで、お仕事を終えて気分転換と
月曜への業務を乗り切る、ある意味気合い入れみたいな感じで、

スープカレーを求めて旭川へ。

だって、ふと目にした「asatan 5月号」の
「店舗情報「EAT!! SHOPS」に
こんな記事を発見したのですから。

「5月のマンスリーカリーは、鴨肉たっぷりでボリューム満点
ステーキ用に使う新鮮な合鴨肉の表面を香ばしく焼いて、旨みを閉じ込めた、ボリューム満点のカリー。鴨肉独特のクセとやわらかい食感が、カリーと良く合う。鴨を焼いたときに染み出た脂で焼く長ネギの風味がおいしさ倍増」

こんな記事をのせるお店といえば、
あそこしかありませんね。

そうです。奥芝商店 旭川亭さんです。

ということで、五時前にお仕事を終えて
旭川にむかって車をはしらせまして

駐車場に車を入れようとしたら、ふだん使っているほうが
もうすでに満車でした。

さすが人気店。


ということで、第二駐車場にむかったところ、
こちらには若干の空きがあったということで、

無事車を停めで、
ぷぅんと漂うカレーの匂いに引き寄せられるように
ふらふらと歩きました。

「カレー」の表札を見ながら
変わらぬタタズマイにニマニマしながら、
もう、オナジミである
古民家を改造した店舗の玄関ドアを
ガラガラと横開き、

ずらっと並んでいる黒い履き心地の良いスリッパに
足をとおすと、

すでに待っている方のうしろで
まつことしばしで、

オヒトリサマの常、
2階のカウンター席に通されました。

が、その前にボクの頭の中は
コンランをしてしまいました。

2階へ上がる前、目に入る、
入り口横のギGUINNESS」と書かれた黒板には、
今月のスペシャル「合鴨のカリー」とともに
「数量限定 牛もつのカリー」と書いてあったのですから。

ここに来るまでは、すっかり合鴨モードでしたが

牛もつですよ。
数量限定ですよ。

うーむ。

これは迷う。


ワタクシ、前回はその月のスペシャルを
その前はレギュラーメニューを
その前はその月のスペシャル、
その前は、レギュラーメニュー
さらにその前は5回連続で、
その月のスペシャルを、食べておりました。


うむ、どうしよう。

が、
牛もつはかつて食ったし、
と自分に言い聞かせて、


ということで、カウンター席に腰を下ろして
こちらのお店の流儀通り、
まずはスープ→具→トッピング→辛さ→ライスの量と種類など
という順番で選択

こちらのレギュラーメニューは

やわらかチキン 980円
プリプリえび 1080円
生鮮野菜 950円
十勝餃子 980円
挽肉と納豆とオクラ 950円
チョリソーとバジルソーセージ 980円



その他数量限定のスペシャルカリーとして
厚切り角煮カリー 1150円
厚切りベーコンとキノコのカリー 1150円
厚切りベーコンとキャベツのカリー 1150円

それと今月のスペシャルの選択肢の中から、

「合鴨のカリー」でファイナルアンサー。


スープは

チキンスープ(トマトベース)
エビスープ(エビベース) +100円

のうちで、

店内にぷぅんと漂っているエビ香が刺激的な
ご推奨のエビスープではなく
スープはいつものチキンスープ、

トッピング1品までなら追加料金無料のマイタケをトッピング。

なんたって、メニューには
「愛別産 幻味舞茸 市場に出回ってる舞茸とは菌種が違うため、他の地域の栽培施設では栽培そのものが難しいまさにまぼろしの茸」
なんてわざわざ書かれているくらいですからね。

こんなノーガキにヨワいワタクシでアリマス。

辛さは
1 睦月 辛くなくても味は逸品
2 如月 一般的に言う普通くらい??
3 弥生 ピリリと旨い
4 卯月 ご家庭のカレーの辛口程度
5 皐月 定番!店長のオススメ! ピッキーヌ赤1本
6 水無月 水無しでもいけるかな? +50円 ピッキーヌ赤1本青3本
7 文月 普通じゃ満足できない方へ +100円 ピッキーヌ赤1本青6本
8 葉月 お口の中がHiriHiri +100円
  ピッキーヌ赤1本青9本 砕きピッキーヌ1g
9 長月 翌日が辛い?? +150円
  ピッキーヌ赤1本青12本 砕きピッキーヌ2g
10神無月 この辛さに神も無い +150円
  ピッキーヌ赤1本青12本 砕きピッキーヌ3g
11霜月 覚悟してください +200円
  ピッキーヌ赤1本青12本 砕きピッキーヌ6g
12師走 師も走るほど辛い!!! +200円
  ピッキーヌ赤1本青12本 砕きピッキーヌ9g

の中から、
+100円の文月を

ライスは、通常の白いご飯をオーダー。


シャレた重たいグラスでお水を飲みながら

ここのところいつ来ても流れている
アコースティックギターのインストルメンタルに
耳を傾けながら

待つことしばしで、良い香りとともに
灰白色の丼のような器に入ったスープ。
ご飯茶碗のような器に入ったご飯には
いつも通りレモンが添えられていて登場。

うむ!


非透明系かつ、
鮮やかなオレンジがかったスープからは、
こちら独特のスパイス使いの香りが
ぷいんと漂ってきて、
もうそれだけでにまにましてしまいますが、


オレンジがかったスープの色に
彩りを与える水菜やカボチャなどの陰には

しっかりと合鴨肉がはいっております。

合鴨の量も多そうだねー。

しかも、スープやニンジンのオレンジとも
水菜やカボチャ、ピーマンの緑とも異なる

白い色の焦げ目がいい感じの
長ネギでありまして、


これは、絶対ウマいわ。

ってことで、
気分も盛り上がってきたのところで、
いつも通りまずはスープを一口。


パクっ








ゥヲヲヲヲヲヲッ!

うんうん。

こ、これデスね

あっさりすっきりとした飲み口から
すぐに、複雑な、旨みとこくに
スパイスの刺激の辛さが
一気に口の中でぶわっと広がります。

このほんのわずかな時間差こそあるものの
そんな時間差がウレしいんだって
って、贅沢さってのが、
オイシスギです。


そして、食べ進めていくうたに
刺激の度合いが強くなってくるのですが、
こちには、「辛いので注意してください」と
わざわざ声をかけられるほどの
生ピッキーヌは伊達じゃないです。

ただ、いたいとか辛さだけが突出をしたという
感じでもなくて、

辛さもうまさの一つの要素そして
受け入れてしまう感じの、

こく旨み辛さの
まさに三位一体攻撃。

口の中のハーモニーは

そのすっきりとした飲み口とあわせて
一口食べてはまた次に、一口食べてはまた次にと
次から次からほしくなるような
やさしくもオイしいお味なのです。

そして、次から次から飲んでいると
たまに
ヲ!という刺激こそ来るものの

それでもスープがあくまでもウマく
その飲み口もスッキリなので
本能の赴くままに、すいすいっと次々飲んでいると

気が付いたら、汗だくになっているという。

口は辛いといってないけど
体が辛いといっている
そんな、口ではなく、体で味わう
スパイスの刺激です。

これこそが、奥芝のカレーの魅力っスよぉ

ヤサシゲだけど刺激的。
旨さを感じなが夢中に食べていると、
気づいたら汗だくにもなる。


一口ごとに違うウレしさを感じさせてくれるような
そんな表情の変化を、一瞬一瞬のうちに見せてくれる
変幻自在なカレーは、奥芝ならではなのです。

しかも今回の具材のメインの一つは
合鴨ですよ、合鴨。

しかも、老舗の蕎麦屋で出てくる鴨南蛮のような
分厚いやつが、ぺろんぽろんと
何枚も入っているのです。

蕎麦屋で食べる鴨南蛮って
最高ですよね。


鴨の野趣にとんでいながら
かつ繊細な味ってのは、

それこそ鴨南蛮とかで味わうのですが、

鴨南蛮のこい醤油ベースのかえしのあじにも
よくマッチをするように

こちらのスープにも
あっていますし、


鴨から染み出た脂が、スープをさらに
複雑かつ、オイしいものにしておりますよ。

こりゃ、ハンパネー。


少々お行儀が悪いですが
ただでさえ、口いっぱいにものをほおばるというのは、
幸福なことですが、

それが、こちらのステーキ用鴨肉なのですから
無条件口福ですわ。

鴨からにじみ出る肉滴や脂と
スープのアンサンブルも言うことなし。

もうこれだけでニヤニヤニヤニヤが
止まりません。

しかも、さらに追い打ちをかけて
ネギが登場するのですが、

ぱくっと加えると


!!!

中から、つるっとアツいやつが飛び出てきて、

思わず落語の「ねぎまの殿様」を思い出す。

「これは鉄砲じたてじゃな」ってかんじで


アツアツの芯がぴゅっと喉の奥に飛び込んできて
アフアフアフとなってしまいますが、

でも、ウマーい。

鴨南蛮でのネギとかえしの親和性同様

こちらもスープどベストマッチ

スープをネギが吸って
これまたエラいことになっています。

しかも、トッピングをした
まいたけの薫り高いこと。

そんなにたくさん入っているわけではないですが、

存在感はバツグンでありますし、
結構個性的なスープにも負けず
むしろ、スープの香りと、きのこの香りの
相乗効果で、トんでしまいそうです。

幻味舞茸おそるべし、です。

定番の具材もいつもどおりおいしい。

スプーンでも無理なくさくっと切ることができるくらい
柔らかに煮込まれているニンジンのアマさとか

固めに調理されているものの
ジューシーな汁と、吸い込んだ脂で
ウマウマアヂアヂになっている
素揚げのなすとか

大胆にカットされていて
そのアマさが強調されている
カボチャの味とか

カレーの表面をおおってその彩りだけでなく
シャキシャキな食感と、体が内側からきれいになりそうな
そんな水菜とか。

これまたアオい味でアクセントをつける
ピーマンとか



いちいち、
わしわしと食べながら 


うめ~な~モ~


喰いすすめていくのです。

で、もって、

スープカレー終盤のオタノシミ
残ったライスを、残ったスープに投下して
思いっきりレモンを絞って混ぜて

ついでに残った水にも軽く絞って


かつてこちらの絶品カレーに黄身がとろんと溶け込んで
陶然としながら食べた温玉は、夢うつつの出来事だと諦めて
固ゆで卵の黄味をカレーに溶かして

一気呵成にかっこみます。



わしわし わしわし

んー、しゃーわせー


そして、そのまま
グラスに手を伸ばして
水を一気に


ぐびぐびぐびっと飲んで


とん


ぷっはー

ふぃぃぃぃぃぃぃぃぃ。


水を飲んで、あせがびゅっと出てくるのも
喰った~感を満たしてくれます。


いんやぁー喰った喰ったぁ


生きててよかったー。

道産子でよかったー。


もー、超シンアワセ~デアリマス。



階段を下りて、お金を払うときに
厨房から思い切り、エビエビした香りが
ぷぃんと流れてきまして

またニマニマしてしまいました。



でもって、このあと行った温泉で
再び唇がヒリヒリとしてきて、

さらにまたニマニマしてしまいましたよ。




☆「奥芝商店 旭川亭」(旭川市旭町1条13丁目2146-14)
◇営業時間◇ 11:00~15:00/17:00~23:00
(22:00LO スープがなくなり次第終了)
◇定休日◇ 不定休 ◇駐車場◇ 有り






あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。

当ブログによせていただいたコメントも、さしさわりがなければ
番組内で紹介させていただきます。


あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2771
先週に引き続き、
「日経TRENDY」6月号(日経BP社)の
「B級グルメ大戦争」の記事です。

今回紹介をするところも、
なかなか示唆に富んだ指摘が多かったですよ。

5月18日 オンエアー 第214回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
での、コーナー「富良野印度化計画」であります。

今回紹介したのは、
「ご当地グルメ編」で
こう書かれています。
「“グルメバブル”ともいうべき空前のご当地ブーム。焼きそば、丼、焼きとり…玉石混淆のメニューから、次なるブレイク必至のB級ご当地グルメを大予測。加熱するブームを巡るメーカーやコンビニのご当地戦略も探った

登竜門「B1」が“食の甲子園”と化す 大乱戦から次に抜け出すのはこれだ。

本文の記事です。

「ワンコイン程度のメニューが立派な観光資源になり、イベントはことごとく人がさっと亜。今や町おこしの代名詞ともいうべきB級ご当地グルメ・停滞する地方経済の救世主として、期待を一身に背負っている。
 成功モデルとして誰もが口をそろえるのが富士宮やきそば。「ご当地グルメが地方を救う突破口になる、という新しいモデルを実証した」(業界関係者)と業界垂涎の的になっている。
 “ポスト富士宮”を目指す人々にとっての登竜門が、B級ご当地グルメの祭典「B‐1グランプリ」だ。参加を希望する団体が後を絶たず、今年から全国を6ブロックに分ける支部制を敷く。今後は支部単位のイベントなども行われる見込みで、「食の甲子園」の様相を呈してきている。
 だがその一方で、成功しているメニューとなかなか芽が出ないメニュー、という優勝劣敗はすでに始まっているようだ。ご当地グルメで町おこしを成功させる秘訣はあるのか。
 まず大前提なのは「おいしいものがあること」(富士宮やきそば学会会長 渡邉英彦氏)。当たり前のようで、実はこれが一番難しい。食材として素晴らしいものがあっても、それは単なる特産品にすぎない。メニューとして成立していなければご当地グルメとは呼べないからだ。
 何とか特産品を生かしたい、とメニューに加えて売り出す「開発型」のご当地グルメは数多い。だが意外なのは「地産地消にこだわりすぎると成功しにくい」(ご当地グルメに詳しい新潟大学の田村秀氏)ということ。コストが高くなりやすいうえに、メニューに制約ができるためカレーやバーガーなど特定のメニューに頼ってしまいがちになる。特に、「カレーは安易に用いられてしまう傾向がある」(カレー総合研究所所長・井上岳久氏)という。
 他地域からの集客のみが目的ならば別だが、ご当地グルメというからには地元の人に愛される必要がある。開発型の難しさはここにあり、「地元の人に支持されるかどうかもわからないのに、一足飛びに売り出すのはおかしい」と井上氏は警鐘を鳴らす。「開発型を町おこしの資源にするのは、実は簡単ではない」(B‐1グランプリを主催する愛Bリーグ事務局長・俵慎一氏)。
(後略)


で、膨張し続けるB‐1グランプリの記事には、
愛Bリーグに加盟している団体とメニューがかかれていますが、

北海道東北支部
富良野オムカレー(北海道)
青森生姜味噌おでん(青森県)
黒石つゆやきそば(青森県)
八戸せんべい汁(青森県)
あいがけ神代カレー(秋田県)
横手やきそば(秋田県)
登米油麩丼(宮城県)
支部加盟
石巻茶色い焼きそば(宮城県)
なみえ焼そば(福島県)

関東支部
上州太田焼きそば(群馬県)
行田ゼリーフライ(埼玉県)
厚木シロコロ・ホルモン(神奈川県)
三崎まぐろ拉麺(神奈川県)
おつけだんご(山梨県)
支部加盟
甲府鳥もつ煮(山梨県)

中日本支部
駒ヶ根ソースかつ丼(長野県)
高岡コロッケ(富山県)
奥美濃カレー(岐阜県)
各務原キムチ鍋(岐阜県)
浜焼き鯖バラチラシ寿司(福井県)
支部加盟
下呂ケイチャン(岐阜県)
めいほう鶏ちゃん(岐阜県)

東海支部
すその水ギョーザ(静岡県)
みしまコロッケ(静岡県)
富士宮やきそば(静岡県)
静岡おでん(静岡県)
袋井宿たまごふわふわ(静岡県)
浜松餃子(静岡県)
支部加盟
四日市とんてき(三重県)

近畿中国支部
高砂にくてん(兵庫県)
姫路おでん(兵庫県)
とうふちくわ膳(鳥取県)
日生カキお好み焼き(岡山県)
津山ホルモンうどん(岡山県)
支部加盟
出雲ぜんざい(島根県)
備後府中焼き(広島県)

九州支部
小倉発祥焼きうどん(福岡)
久留米やきとり(福岡)
小浜ちゃんぽん(長崎)
おおむら天正夢カレー(長崎県)
佐伯ごまだし(大分県)

と、いったところ。


また、開発型メニュー御三家として
カレー・バーガー・コロッケが
紹介されていますが、

カレーで紹介されているのが

スープカレー・富良野オムカレー・しらおいシーフードカレー
なんぷエゾカツカレー・オホーツク紋別ホワイトカレー(北海道)
あいがけ神代カレー(秋田)・安達太良カレー(福島)
土浦ツェッペリンカレー(茨城)・よこすか海軍カレー(神奈川)
清水もつカレー・磐田カレー(静岡)・氷見カレー(富山)
奥美濃カレー(岐阜)・鳥取カレー(鳥取)・門司港焼きカレー(福岡)
おおむら天正夢カレー(長崎)・山鹿薬師馬カレー(熊本)
いちきポンカレー(鹿児島)

といったところ。



この番組で紹介したカレーも
結構ありますね。



こういったなかから、
成功して定着をするために
5箇条がのせられていますので紹介します。

1、地元の人に愛されなければ始まらない
よそ行きのメニューだと、ほかの地域から客を呼んでも繁盛するのは土日だけ。平日に地元の人が食べてこそ「ご当地グルメ」と呼ぶのにふさわしい。

2、ご当地グルメと「地産地消」を混同しない
特産品の地産地消にとらわれると、制約が多くなり、安易なメニューになってしまいがち。また原価率も高くなり、価格に転嫁せざるを得なくなる。

3、なるべく海産物に頼らない
「老舗型」のご当地メニューの多くは本来、戦後などにぜいたくな食材を使えなかったため、試行錯誤を重ねて考案されたメニュー。海産物を入れるとB級感が色あせ、単価も高くなりやすい。

4、メニューは凝りすぎない
レシピの “決まり事”はほどほどにして、店側が裁量の余地をもつべき。縛りを設けすぎると、味が均質化してしまう。一方、縛りがなさすぎてもご当地らしい特色が薄れる。ほどほどが肝心だ。

5、飲食業界ばかりの利益を追い求めない
目的が町おこしなのであれば、飲食業界ばかりがもうかっても全く意味がない。店同士は本来はライバルではあるが、目先の利益に一喜一憂せずに“呉越同舟”で共通の目的に向かう必要がある。


とのことです。

ナルホドと、納得をしながらも、

某社の旅行情報誌が提唱していることと
真逆なところがあって、

これまたおもしろいなーと
思ったのです。



そして、僕らができることと言えば、

やはりカレーを食べて
喧伝することが
応援をすることになるのかなーと

改めて、
思ったのです。

そんなことを紹介している時に、

富良野オムカレーのメニュー化に尽力した
「食のトライアングル(農・商・消)研究会」が、

上川管内地産地消推進会議の中で、
地産地消運動推進功労団体として
表彰をされたそうです。

これは、地産地消推進会議において、
地産地消運動の推進に特に鉱石があった者または団体に対して、
北海道表彰規則に基づく表彰事務取扱要領および
出先機関の長の表彰事務取扱要領に基づいて
決められたそうです。

表彰おめでとうございました。
今後とも「富良野オムカレー」をはじめとした
カレーの取り組みをボクも微力ながら
応援をしたいと思います。




あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。

当ブログによせていただいたコメントも、さしさわりがなければ
番組内で紹介させていただきます。


あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2771
5月18日オンエアー 第214回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」の
番組内でオンエアーをした曲です

♪キミシニタモウコトナカレ  May‘n
TV『シャングリ・ラ』Op

ノリのいいギターの音色を主にしたサウンドに
May‘nさんの声がのっかる冒頭を聴くと、
のっけからハートを掴まれます。
ウタのパートに入っても、吐息混じりのつやっぽさと、
はりのある伸びやかさをもっている歌声ですが、
時に、すねた感じで歌われていたりと、
様々な側面をもたれているMay‘nさんの
ボーカルによって、
基本はメリハリのある歌い方に加えて
パートパートで歌い分けがされている
表現力の幅の広さを、聞く事ができます。
間奏部分のギターのかっこよさとか
間奏あけのリズムオフでサビが歌われる部分とか、
間奏明けのオブリガードで重なるギターのフレーズの
かっこよさなど、構成もなかなか良いなあと思うのですが、
そのほかにも、甲高いシンセの音の8分動きとか、
ギターのソリッドなカッティングの
8分音符の中に16分がアクセントになっているところとか
きゅくの要所要所でギュンと入る音など
聞き手の感性に迫るような喜ぶ細かいしかけも
インパクトがあります。
曲のタイトルにもありますし、
サビなどで連呼される「キミシニタモウコトナカレ」とか
「生きてみろ」といった、印象的にして
前向きになる事ができるメッセージが
脳裏にこびりついてくるようで、良いですね。
May'n単独名義では初のシングルでして
オリコンのウイークリーチャートでは
初登場10位でしたし
土曜日のCDTVでもトップ10入りしてました。





♪東京ポラリス  LONG SHOT PARTY
「あの日タイムマシン」カップリング

キレキレでほっとおくと身体が動き出すような
インパクトがあるフレーズで、
派手に吹き鳴らされるホーンセクションと、
これまたキレキレのビートがビンビンと迫る
イントロ部分からいやがおうにもテンションが上がる
アップビートなナンバーです。
こんなブラスの派手さに負けていない
さわやかな感じのボーカルが伝える
詩的な世界とメッセージが、
一つになって独自の世界を創り上げています。
ワルッぽいブラス群の音色と、
サワヤカなメッセージのバランスが
絶妙で、トータルしてすごく若さと元気さを感じる
そんな曲に聞こえてきます。
ブラス群とサックスが輪唱のように響くのが
印象的な入り方の間奏は、
ダルでルーズで少しハズれたところが
なんともカッコいいサックスソロへと、
繋がっていきまして、
ここらへんは、大人って感じです。
サビ部分のボーカルで伝えられるメッセージも
軽やかながら、心に迫る感じで、いいですけれども、
ここを盛り上げる対旋律のブラスのフレーズも
これまた相乗効果でヤバイくらいいいです。
このジャンルの曲を聴くと、僕自身
改めて、ブラスの音が好きだなーということを
再認識できるのですが、
自意識が固まりつつある、中学校時代から
部活動などで、浴びるように管楽器の音を聴いていたのが
身体に染み付いているからですか、そうですか。





♪ Don‘t say “lazy”  桜高軽音部
「平沢唯、秋山澪、田井中律、琴吹紬」
(CV豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子)
「FURANO History Factory」5月のマンスリーパワープレイ
TV『けいおん!』Ed

最近はすっかり、仕事などの一週間の疲れを癒す存在となった
「けいおん!」でありまして、
オープニング・エンディングともに、車の中などでヘビロテ中です。
先週はドラムのビートと、キーボードのエキセントリックさに
触れまして、その中で、ハイハットの叩き分けについて
少し書きましたが、
実はハイハットだけではなく、
ギターのカッティング部分も、
Aメロのボーカルの入るところはソリッドな音で、
イントロ部分であるとか、
ボーカルに呼応するようにキーボードが
イノセントでキャッチーなフレーズを
弾き鳴らすところでは、
ルーズで派手に弾き鳴らされていて、
あ、ここらへんも連動していて、
ウマいなー、と思ったのでした。
派手なギターソロこそはないですが、
Bメロで対旋律を弾く部分とか、
ブリッジにあたる部分とかで
ギュンと鳴らされるところなども
さりげなくて、いい感じでアリマス。
このギターをあの唯が弾いているなんて…
これも、さわ子先生の
指導のタマモノでしょうか〔違います〕。
(ちなみに、畏友GMクンは「けいおん!で学んだことって
歯でギターが弾けるってことっスね~」などと
おっしゃっておりましたが…)
オリコンのウィークリーチャートは先週同様5位、
先週のCDTVを見ていましたが、
いまだに5位と「カガヤケ」が8位と、
(しかも2曲とも先週よりランクを上げております)
2曲ともトップ10入りをしていまして、
これもスゴいですね。






♪恋の予感  Suara
「舞い落ちる雪のように」カップリング

カップリング曲は、チャイムの音が印象的な
王道のスローバラードでありましたが、
こちらは明るい曲調のミドルテンポなナンバーです。
オルガンっぽい主旋律の音であるとか
ピコポコとしたシンセのサウンドであるとか
グロッケンの音色などがサワヤカなイントロではじまり
そんな曲世界を伝えようとしているメッセージが
補完しているように聴こえる、曲全体の雰囲気もいいです。
また、日本の70~80年代のニューウエーブの女性シンガーにも通じる
ふわんとしたSuaraさんの歌声がこんな曲にはマッチしています。
Suaraという名前は「声」という意味のインドネシア語で
「たくさんの人に歌を聞いて欲しい」という想いが
込められているそうですが、
このふわんとした歌声になんともマッチしていませんか。
それもそのはず、5月にオンエアするには少々季節外れな
クリスマスの歌ではありますが、
曲を聴くと、クリスマスの諸々が
記憶のふちからよみがえってくるようであります。
総じて、曲全体の印象はというと、
こちらも最近はそんな主要ジャンルではありませんが
90年代とかあたりの女性シンガーの作り出す世界感と
強い親和性を感じますし、そんなジャンルの曲が
生息しているのも、このジャンルの音楽が持つ
多様性ゆえで、ここも大切にしてほしいところですね。
カップリング曲同様、チャイムの音が印象的に使われていまして







♪IF:この世界で  CooRie
ゲーム『D.C.I.F. 〜ダ・カーポ〜 イノセントフィナーレ』Op

スキャットのような柔らかなコーラスと
シタールっぽくも聴こえるギターのストロークで
穏やかにはじまったかと思うと
ウインドチャイムの音がきっかけとなって
切れのいいビートと、ストリングスの主旋律が
印象的に響く、カッコいいパートへと
変身をして、ここで、まずは「オッ!」と思いますし、
ピアノの伴奏に支えられたボーカルのRinoさんの
少しだけハスキーで、サワヤカさを伝えられる歌声が
溶け込んでいます。
この歌声を支える、イントロから大活躍な
攻撃的なストリングスのサウンドに加えて、
ウインドチャイム、グロッケン、タンバリンなどの
使い方も、曲にサワヤカさと疾走感を与えています。
基本アップテンポが気持ちいく響く曲ですが、
Bメロ部分であるとか、サビの後半部分などで見ることが出来る
ビートを倍にして、ゆったりと聞かせるところが、
すごく効いてきます。
2番の歌部分の入りのところで、
リズムをバシッと切ったあとに、
アカペラみたいに歌のパートだけになった直後
すっと、ピアノとストリングスを入れて
盛り上げていくところとかもウマいですし
サビ前の学期の積み重ねは、テンション上がりますね。
間奏部分の、チャイム、コーラス、ギターという
イントロを髣髴とさせるサウンドから
ギターのソロへという流れとか
ギターソロをさらに盛り上げるストリングスのフレーズも
いちいちカッコイイのですが、
その後のサビのリズム処理も、
間奏部分で盛り上げるしかけを受けて
効果的に光っていまして、
いちいち構成のかっこよさひ引かれるのですが、
作曲のrinoさんの技に加えて、
アレンジ・サウンドプロデュースを担当している
「ハピマテ」の大久保薫さんの力でもあるのでしょうかね。
「降り積もる桜」ってのは
DC的にはお約束なフレーズでありますね。










このような曲をかけているFHFですが
リクエストも受け付けています。

リクエストは、このブログのコメント欄でも
受け付けます。

よろしければ。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17
レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2771
FHF
桜が終わると、
山の木々や野の草は
いよいよ目に鮮やかな緑色になってきます。
そして、そんな野の草などの色に
黄色いアクセントをつけるのが
あちらこちらで、目につくようになる
タンポポの花です。

このタンポポの黄色が白い綿毛になる頃に
富良野は6月をむかえるのです。

次第に初夏へとむかっていく
いい時期でありますね。


さて、先週・先々週とお話をしてきました太平洋・島サミットが
今週の末より、いよいよ開催されます。


5月18日オンエアー 第24回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
放送を終えました。


こちらは、国際協力プラザのホームページ
国際協力Newsからです。

第5回 太平洋・島サミット開催!

第5回日本・太平洋諸島フォーラム(PIF)首脳会議(通称:太平洋・島サミット)が、この5月22から23日までの2日間、北海道のトマムで開催されます。今月号の特集では、太平洋・島サミットのこれまでの経緯や概要、この地域が抱える課題、これまでの取り組みのほか、日本とのかかわりなどについて紹介します。

太平洋・島サミットとは
 太平洋・島サミットは、太平洋諸島フォーラム(PIF)に加盟する14カ国・2地域と日本の首脳が一堂に会し、太平洋の島国・地域が直面するさまざまな問題について率直に意見を交換し、同地域の発展に共に取り組むため、1997年以降3年に1度、これまで計4回にわたり日本で開催されてきました。

 PIFは独立間もない太平洋の諸島諸国のほか、オーストラリア、ニュージーランドが参加して1971年に発足した地域協力の枠組みです。フィジー諸島共和国の首都スバに事務局が置かれ、2000年の10月までは、南太平洋フォーラム(SPF)と呼ばれていました。現在は、オーストラリア、ニュージーランドを含め、フィジー諸島共和国、キリバス共和国、マーシャル諸島共和国、ミクロネシア連邦、ナウル共和国、パラオ共和国、パプアニューギニア独立国、サモア独立国、ソロモン諸島、トンガ王国、ツバル、バヌアツ共和国の14カ国のほか、クック諸島、ニウエの2つの地域が加盟しています。

太平洋の島国・地域と日本とのかかわり
 PIFに加盟する太平洋の島国・地域は、歴史的に親日的な国が多いことで知られています。特にミクロネシア地域のマーシャル諸島共和国、ミクロネシア連邦、パラオ共和国には多くの日系人が暮らしており、大統領をはじめ、政界や財界のリーダーとして多くの日系人が活躍してきました。

 また、太平洋の島国・地域は、国際連合(国連)や国際社会でのさまざまな取り組みの中で、日本の立場を理解し支持してくれており、国際社会における日本のパートナーとなっています。さらに、日本で消費されるマグロやカツオの約8割は、この地域を含む太平洋水域からの漁獲に依存しているというだけでなく、オーストラリア産の原料などを日本が輸入する際には、重要な海上輸送ルートにもなっています。

太平洋の島国・地域が抱える問題
 太平洋に浮かぶ南の島といえば、“青い海と白いサンゴ礁の楽園”をイメージする人が多いかもしれません。しかし、太平洋の島国・地域では、そうした美しい海洋・自然環境に恵まれていると同時に、その地理・地勢や歴史などに由来する困難や課題も抱えています。

“島特有の課題”とも言うべき困難や課題には、次の3つが大きく関係しています。第1に「狭い」ということです。島国は国土が小さく人口も少ないため、国内市場の規模が小さいといった問題があります。2つ目が、それぞれの国家や国土が広い海洋に「分散している」ことです。また3つ目は主要な「国際市場から遠い」ことです。こうした課題があるため、太平洋の島国・地域は、輸出する際に輸送コストが高くなってしまうという問題があり、経済的に発展していく上で内在的な困難を抱えています。

 そのため、外国や国際機関からの援助に依存せざるを得ず、財政面での構造的な問題となっています。また、最近では、温暖化による水没の危機や廃棄物問題、サンゴ礁やマングローブなどの自然破壊や海洋汚染、台風や地震、津波といった「環境の脅威」にもさらされています。さらに独立間もない国が多い中で、人材を育成するための教育機関や教員などの不足も問題となっています。

日本の取り組み
 こうした困難や課題を抱える太平洋の島国・地域に対して、2006年に沖縄で開催された第4回太平洋・島サミットでは、首脳宣言として「より強く繁栄した太平洋地域のための沖縄パートナーシップ」が採択されました。このパートナーシップのもと、「経済成長」「持続可能な開発」「良い統治(グッドガバナンス)」「安全確保」「人と人との交流」に向け取り組んできました。

 今回開催される第5回太平洋・島サミットでは、「We are islanders−エコで豊かな太平洋」のキャッチフレーズのもと、環境・気候変動、人間の安全保障の視点を踏まえた脆弱性の克服、日本と太平洋の島国・地域の人的交流の強化を主要テーマとして意見交換が行われる予定です。

 特に環境・気候変動については、先ごろ麻生太郎総理とタランギ・ニウエ首相との間で合意した「太平洋環境共同体」構想を通じて、環境・気候変動分野でビジョンを共有し、協力していく関係を構築することが考えられています。


①ミクロネシア Federated States of Micronesia
人口 : 10万人(2006年)
面積 : 700km2(奄美大島とほぼ同じ)
対日輸出 : 5億2,060万円(2007年)
対日輸入 : 15億5,261万円(2007年)
ミクロネシアに住む日本人: 114人(2007年)
日本に住むミクロネシア人: 26人(2007年)

②キリバス Republic of Kiribati
人口 : 10万人(2006年)
面積 : 800km2(対馬とほぼ同じ)
対日輸出 : 1億8,944万円(2007年)
対日輸入 : 7億2,833万円(2007年)
キリバスに住む日本人: 17人(2007年)
日本に住むキリバス人: 9人(2007年)

③マーシャル Republic of the Marshall Islands
人口 : 7万人(2006年)
面積 : 200km2(霞ヶ浦とほぼ同じ)
対日輸出 : 9億9,154万円(2007年)
対日輸入 : 702億4,421万円(2007年)
マーシャルに住む日本人: 70人(2007年)
日本に住むマーシャル人: 10人(2007年)

④パラオ Republic of Palau
人口 : 2万人(2006年)
面積 : 500km2(屋久島とほぼ同じ)
対日輸出 : 33億9,366万円(2007年)
対日輸入 : 7億1,009万円(2007年)
パラオに住む日本人: 320人(2007年)
日本に住むパラオ人: 25人(2007年)

⑤ナウル Republic of Nauru
人口 : 1万人(2006年)
面積 : 21km2(伊豆大島の約4分の1)
対日輸出 : 3,886万円(2007年)
対日輸入 : 2,415万円(2007年)
ナウルに住む日本人: −
日本に住むナウル人: 7人(2007年)

■ メラネシア
⑥パプアニューギニア Papua New Guinea
人口 : 620万人(2006年)
面積 : 46万3,000km2(日本の約1.25倍)
対日輸出 : 978億1,964万円(2007年)
対日輸入 : 179億1,938万円(2007年)
パプアニューギニアに住む日本人: 207人(2007年)
日本に住むパプアニューギニア人: 74人(2007年)

⑦フィジー Republic of the Fiji Islands
人口 : 80万人(2006年)
面積 : 1万8,000km2(四国とほぼ同じ)
対日輸出 : 53億5,428万円(2007年)
対日輸入 : 47億4,076万円(2007年)
フィジーに住む日本人 : 420人(2007年)
日本に住むフィジー人 : 185人(2007年)

⑧ソロモン Solomon Islands
人口 : 50万人(2006年)
面積 : 2万9,000km2(岩手県の約2倍)
対日輸出 : 24億1,461万円(2007年)
対日輸入 : 16億6,220万円(2007年)
ソロモンに住む日本人: 84人(2007年)
日本に住むソロモン人: 26人(2007年)

⑨バヌアツ Republic of Vanuatu
人口 : 20万人(2006年)
面積 : 1万2,000km2(新潟県とほぼ同じ)
対日輸出 : 39億5,161万円(2007年)
対日輸入 : 6億5,007万円(2007年)
バヌアツに住む日本人: 85人(2007年)
日本に住むバヌアツ人: 5人(2007年)

■ ポリネシア
⑩サモア Independent State of Samoa
人口 : 20万人(2006年)
面積 : 3,000km2(鳥取県よりやや小さい)
対日輸出 : 5,400万円(2006年)
対日輸入 : 24億6,313万円(2006年)
サモアに住む日本人: 120人(2006年)
日本に住むサモア人: 69人(2006年)

⑪トンガ Kingdom of Tonga
人口 : 10万人(2006年)
面積 : 800km2(対馬とほぼ同じ)
対日輸出 : 4億969万円(2007年)
対日輸入 : 3億5,771万円(2007年)
トンガに住む日本人: 64人(2007年)
日本に住むトンガ人: 119人(2007年)

⑫クック諸島 Cook Islands
人口 : 2万人(2006年)
面積 : 237km2(徳之島とほぼ同じ)
対日輸出 : 4億4,552万円(2007年)
対日輸入 : 1億8,029万円(2007年)
クック諸島に住む日本人: −
日本に住むクック諸島人: −

⑬ツバル Tuvalu
人口 : 1万人(2006年)
面積 : 26km2(東京都の新島とほぼ同じ)
対日輸出 : 70万円(2007年)
対日輸入 : 20億281万円(2007年)
ツバルに住む日本人: 2人(2007年)
日本に住むツバル人: −

⑭ニウエ Niue
人口 : 2,000人(2006年)
面積 : 259km2(徳之島とほぼ同じ)
対日輸出 : 124万円(2007年)
対日輸入 : 414万円(2007年)
ニウエに住む日本人: −
日本に住むニウエ人: −

データ出典:「政府開発援助(ODA)国別データブック2008」、太平洋諸島センター(PIC)「各国概要」をもとに作成


とのことです。



前回の番組では、
これらの参加国の中で、
「ナウル」と「ツバル」のお話をしましたが、

「ナウル」と「ツバル」はミニ国家とはいえ、
国連加盟もはたしているれっきとした独立国で、

日本も国家承認をしております。
(日本が国家承認をしていない国連加盟国は
「朝鮮民主主義人民共和国」のみです。)


今回島サミットの話題をする時、
「参加している国と地域」
という言い方を今までもしていますが、

日本が国家として承認していない地域が
二つ参加していて、

それが、「クック諸島」と「ニウエ」なのです。


両方の地域とも、
ニュージーランドの自由連合で、

自由連合とは、外交の一部や防衛などの権限を
他国(この場合はニュージーランド)に委ね、
それ以外の権益を自国が持つという約束をされた
国と国の関係のことです。


委ねると書きましたが、連合国同士は対等な関係なので
かつて、帝国主義時代にあった保護国や宗主国などといった関係とは、
帝国主義時代の大国側が、保護国などに内政干渉をする権利や
治外法権を持ったり、経済利権などを握っていたというのに対して、
あくまでも対等な関係であるというのが、かつての保護国・宗主国とは
大いに異なります。

だからこそ、このような国際会議にも参加ができるというわけです。



そんな自由連合ですが、
最初はクック諸島についてのお話しです。

こちらは、南太平洋ポリネシアに点在する
15の主要な島からなり、北部の諸島には6つの環礁、
南部の諸島に珊瑚礁で囲まれた7つの火山島と2つの環礁からなる島国です。
南と北では1000km離れていますが、
面積は全部の島を合わせてもわずか237平方km。
人口の半分以上は首都アバルアのある
ラロトンガ島に住んでいます。

クック諸島は前述どおり、ニュージーランドと自由連合であり
軍事部門はニュージーランドが行っていますが、

それ以外の分野では主権国家と同等の自治を行っています。


1770年、クック船長こと、ジェームス・クックが
ヨーロッパ人として初めて発見し、
(それ以前にプカプカ島と呼んでいたという話もあり、
現在もプカプカ環礁があります)
彼の名をとって諸島名がつけられました。

1888年に、イギリスの保護領となりましたが、
1901年までにニュージーランドへ編入されました。

このいきさつもなかなか複雑で、

クック諸島の住民がニュージーランドの先住民と同じ
マオリ人だということもあっり、
クック諸島南部の島々は1888年に
イギリスがラロトンガ島の酋長と協定を結んで保護領にして、
1901年にニュージーランドの管轄に移しました。

一方でクック諸島の北部では
イギリスが1892年に領有を宣言したものの、
すでにアメリカ人が定住して椰子の実を乾燥させた油脂で
現在でもクック諸島の主産業であるコプラや、
綿花などを生産していて、
アメリカ政府も領有を主張し、どこの領土かは曖昧でした。

ところが太平洋戦争が勃発によって、
南太平洋の島々でのプランテーション経営が危険である
といった理由でイギリスがニュージーランド政庁に命じて
島を買い取らせて、クック諸島の北部も
正式にニュージーランドの一部になりました。

1947年に、今までイギリスの自治領だった
ニュージーランドが独立すると、
ニュージーランド政府はクック諸島の統治をするために、
土地の所有権を明確にしたり
コプラの品質向上をはかりましたが、

ニュージーランドとしては、まぁ、よ
かれと思ってしたことなのですが、
これが原因と鳴って、島民との軋轢が起きて、
クック諸島では自治を要求する声が高まり、
1965年には、独自の憲法や議会が設立、
防衛・外交以外の権限を持つクック諸島政府が誕生しました。

ここにクック諸島は、憲法・議会・首相が率いる政府を
それぞれ持つようになったのです。

そして、政府はニュージーランドとの自由連合を結成し
73年には外交権も持つようになりました。

この時に出された共同宣言では
「クック諸島は独自に諸外国と外交関係を持ち、主権国家として国際機関に加盟する権利」を明らかにしています。

さらに、住民投票と議会で3分の2以上の賛成があれば、
ニュージーランドの同意がなくても
いつでも独立できることにしました。


ただし、クック諸島のなかには独立の動きはありませんし
あえて、ニュージーランドの自由連合という、
複雑な立場を主張したのかという理由ですが、

ニュージーランドとの自由連合となると
クック諸島の住民は、全員がニュージーランド国籍を
持っていることになるので、
これによって、ニュージーランドには自由に出稼ぎに
いけるようになります。

また、ニュージーランドの(一応)国内ということで、
財政援助も受けられるのです。

まあ、名より実をとったという形です。

ちなみに、ニュージーランド政府は、自国が財政難であるため、
クック諸島に対して、早期の自立を求めていますが、
前述した理由から、クック諸島政府は否定的だそうです。

また、クック諸島は、前述の通り、
日本政府は独立国として認めていませんし、
国連にも加盟していませんが、

世界の24ヵ国が主権国家と見なして国交を結んでいます。

24ヵ国が承認をしているといえば
台湾(中華民国)並みなのですが、
(中華民国を承認している国は23カ国)
台湾政府を承認している国が、先週話したナウルとかツバルとか
ではバチカンやパラグアイ、ブルキナファソなど
小さい国ばかりなのに比べて、

クック諸島を承認している国は
フランス、ドイツ、イタリア、スイス、ベルギー、スペイン、ポルトガル、ノルウェイ、ボスニア、バチカン市国、中国、タイ、マレーシア、東ティモール、インド、イラン、南アフリカ、キューバ、ジャマイカ、オーストラリア、ニュージーランド、パプアニューギニア、フィジー、ナウルの24カ国なのに加えて、

EUも公認をしております。

ちなみに日本政府はクック諸島をどう見なしているかというと、
クック諸島の政府は正統なものだが、
ニュージーランドとの自由連合ということで
ニュージーランドと国交を結べばとりあえず十分だし、
独立国なのかどうかいまひとつハッキリしないので、
様子を見ておこうという立場で外交をしているそうです。


なるほど。

あと、余談ですが、
大島渚監督撮影の映画『戦場のメリークリスマス』は
ラロトンガ島で撮影されたそうですし、

2004年に株式会社サンリオの依頼によって
日本国内向けのハローキティ金貨・銀貨が発行されたそうです。





続いて、今回日本とともに議長国をつとめる
ニウエです。

こちらは、南緯19度、西経169度にある国で、
ニュージーランドの北東、トンガの東、サモアの南東にある島国です。
ニウエ島は世界最大のサンゴ礁の島で、
海面上約60メートルに渡って石灰岩の断崖がそそり立ち、
そんな地形がほぼ島全体を縁取っている、台地状の島です。

ニウエ島に最も近いのは
ほぼ真西に420km離れたヴァヴァウ諸島(トンガ)で
ニュージーランドは南南西へ2300kmも離れています。
首都はアロフィ。
主産業が、パッション・フルーツやライム、バナナの栽培と、
ヤシから作るコプラなどの農業や、
切手の販売に観光業という、まあ太平洋の島には
ありがちですね。

ニウエを発見したのもクック船長ですが、
彼はここで現地の人に襲撃されたため
「野蛮人の島」と名付けました。
現地の人にしてみれば、きわめて迷惑な話ですが。

そのあとも宣教師が訪れたり、スペイン船によって
ペルーの鉱山で働かれるために島民が連行されたりした後に、

ドイツとイギリスの南洋諸島進出をめぐる争いに
巻き込まれたりしたため、

1887年にニウエの王はイギリに保護を願い出ます。
が、これは却下されました。
ところが、その後アメリカ・イギリス・ドイツの3ヵ国が
共同保護領としていたサモアからイギリスが撤退することと引き換えに、
ニウエからはドイツが手を引いて、
これで1900年にニウエはイギリスの保護領となり、
翌年ニュージーランドの管轄に移されました。

1903年にニュージーランドの議会代表団が
初めてニウエを訪れましたが、
島民たちはイギリス領にしてもらったつもりなのに
知らない間にニュージーランドの支配下にされたうえ、
クック諸島の一部として扱われていたことに腹を立て、
ニュージーランドとの関係は疎遠になりました。

そして1965年にクック諸島がニュージーランドの自由連合になると、
ニウエはクック諸島から分離して
74年に単独でニュージーランドと自由連合を組んだのでした。

かくしてニウエもクック諸島と同様に、
独自の憲法や議会が設置されました。
外交面ではWHOやユネスコに加盟し、
太平洋諸島フォーラム(PIF)の加盟国になっていまして、

今回来日するのはこの一環ということです。

が、クック諸島のように個別の国と国交を結ぶことは
ほとんどしていなくて、
2007年12月に世界で初めて中国が国交を結びました。


なにしろ人口が少ないということで、
国どころか町としての存続も危いのです。

ニウエは台地上の島ということで、
ココナッツなどの栽培に適した土地が少なければ水も少ないうえ、
ハリケーンが常襲する地帯なので
たびたび壊滅的な被害を受けています。

このため1960年代には5000人以上が住んでいたのですが、
自由連合が結成されたことで島民全員が
ニュージーランド国籍を持つことになったことに加えて、
しかし、ニウエ島には仕事がほとんどないということから、
1960年以前に渡航した人を含めて、
約1万人近くのニウエ人が仕事を求めて、
ニュージーランドに移住し、暮らしているのです。

島の人口の10倍に及ぶニウエ人がニュージーランドで暮らし、
「国」の経済は彼らからの送金に支えられている状況です。


そこで1990年代にニウエが生き残りを賭けて
観光客の誘致に取り組みましたが、

最大の珊瑚礁島とはいえ、台地を中心にした島であるため、
魅力のあるビーチに欠けるため人気が出ず、
訪れた観光客は1年間で1000人足らずでした
(1998年調べのもの)

そのためニウエに乗り入れていた航空会社は
採算が取れずに次々と撤退し、
2001年には唯一の定期便だったトンガ航空も
運航を止めてしまいました。

そこで、ニウエでは首相が中心となって
国営航空会社を設立して観光客を運んで来ようとしましたが、
野党は国の財政破綻に拍車をかけると猛反発。

議会に内閣不信任案が提出されて賛成10否決10の同数で
否決され、再提出の可否をめぐって裁判沙汰にしていました。

こんなゴタゴタに嫌気がさした国営航空の重役たちは
辞めてしまいました。

首相は新たな出資者を求めて世界を回っていましたが、
2004年にはニウエ史上最悪といわれたサイクロンが襲来し

国営ホテルが吹き飛ばされてしまいました。


現在ではニュージーランド航空がフライトを再開して、
国営航空騒動は一応のおさまりを見せましたが、
飛行機は週に1便しか飛ばないということで、

いったんニウエに足を踏み入れたら1週間は滞在しなければならず

しかも、さきのサイクロンで壊滅的な被害を受けた首都アロフィが
内陸部に移転して再建中ではあるのですが、

サイクロンを機に島を離れる人がさらに増えています。


将来、移住者が減少するのを期待して
ニュージーランドの政府はニウエの経済に多額の投資をしてきましたが、
援助金の効果の悪い使い方や、
サイクロンによる被害などがニウエの経済発展を妨げているのが現状です。


また、かつての切手ように最近の小国の財政をささえているのが、
インターネットのカントリードメインですが、
ニウエに割り当てられている「.nu」を売った収益のうち
150万米ドルがニウエには還元されました。
が、教育や医療充実のための還元を求めるニウエ政府に対して
アメリカの購入をした団体は、「収益はネット普及のためだけに使う」と
拒否をしてるというのも、
今日的な話題ですね。

ちなみに「nu」ドメインのアダルトサイトは
のべ294万7800ページあり、世界第4位。
ちなみに日本の「jp」はのべ270万0800ページですので、
この多さとスゴさは、わかりますね。


そんなクック諸島とニウエであります。

ちなみに、自由連合は、ニュージーランドと
ニウエ・クック諸島との関係だけではなく、

自由連合盟約が結ばれている、
アメリカ合衆国と、
今回の太平洋・島サミット参加国でもある
ミクロネシア連邦、マーシャル諸島共和国、パラオ共和国の3国との
関係もそうです。

ただ、この参加国は、国家としての独立が承認され、
国連加盟もはたしているところが

ニウエやクック諸島との大きな違いですが、

経済援助を与える代わりに、期限付きではあれ
軍事と外交はアメリカが統轄するというところには
代わりがありません。



さて、このような多様な国々の代表が
来日をする今回の太平洋・島サミットですが、

先日、こんな動きがありましたので
最後に紹介をします。

2009.05.11
島サミットにフィジー招待せず 独裁色強める軍政首相
【ナンディ(フィジー)9日共同】日本政府は、北海道占冠村で22、23日開催の、日本と太平洋島しょ国による「太平洋・島サミット」に、フィジー軍事政権のバイニマラマ暫定首相や閣僚を招待しないことを決めた。日本政府筋が9日までに明らかにした。
 同政権は憲法停止や言論統制など独裁色を強めており、民主化を後退させている現状や国際社会の対応などを考慮して決めた。
 オーストラリアなどを含む太平洋島しょ国会議(PIF)が2日、フィジーの加盟資格を停止したばかりで、島サミットでの扱いが注目されていた。フィジー側は官僚レベルの出席で調整を進めている。
 同国では2006年のクーデターで国軍司令官のバイニマラマ氏が暫定首相に就任したが、今年4月、控訴裁判所が暫定政権を違法と判断。同氏はいったん辞任したが、控訴裁判断を無効にするため、イロイロ大統領名で憲法を停止、暫定首相に再就任し、総選挙も14年まで先送りした。
 島サミットはPIFと日本が意見交換する場で、1997年以来、3年ごとに開いている。 2009/05/09 16:30 【共同通信】


太平洋・島サミット、フィジー軍事政権は招待せず
【シドニー=岡崎哲】日本政府が太平洋の16の国・地域を集めて22~23日に北海道で開く「太平洋・島サミット」に、フィジーの軍事政権の閣僚を招待しない方針を決め、フィジー側に伝えていたことが分かった。
 フィジー外交筋が9日明らかにした。
 日本は、外務省や首相府から文民の次官級を派遣するよう要請している。
 島サミットは1997年に始まり、首脳を招待するのが通例。フィジーでは2006年のクーデター以降、軍事政権の独裁支配で民主化が遅れている。
(2009年5月9日20時34分 読売新聞)






チベットに対する提案は以下の通り。
(1987年、アメリカ議会の人権問題小委員会での「チベットに関する5項目の和平案」)

・チベット全土を平和地域とする
・チベット民族の存続を脅かす中国の人口移動政策を放棄する
・チベット民族の基本的人権および民主主義に基づく自由を尊重する
・チベットの自然環境を保護し、回復させる。チベットでの核兵器の製造、核廃棄物の投棄をしない
・チベットの将来の地位について、また、チベット人と中国人との関係について、真剣な交渉を開始する

そして、チベット人による本当の自治権が得られれば独立は求めないと譲歩しました。(1988年、「ストラスブール」提案)



ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へのリクエスト・メッセージは
〒076-0026富良野市朝日町5-17レストランふらの広場内「ラジオふらの」
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2775

リクエストなどは
当ブログのコメント欄でも
受け付けています。

よろしければ。
2009.05.17 広島とともに
今期の広島カープは、
巨人には比較的相性が良いものの、
ほかのチームに取りこぼしたりして、

なかなか歯がゆい感じではありますが、

巨人の投手陣の年俸だけで
全支配下選手の給料が出る広島が
健闘をしているというのは

私のような、
口を開けば「オカルト」「UFO」「民俗学」「畸人研究」とともに
「広島カープ」の話しかしない
畏友GMクンの影響を受けて、ファンとなったものならずとも、
興味があることでしょうし、

どこかプロ野球と、プロスポーツの球団経営について
示唆をあたえているような気がします。


また、パでもっとも年俸の安い
楽天が首位を争う健闘も、同様ですね。



さて、プロ野球よりも年俸の格差が激しいのが
サッカーですが、

佐藤拓也さんというライターの方が書かれた
先日のスポーツナビの記事であります。


水戸、強化費8000万円チームの奮闘
貧乏クラブの好調を支えるもの
2009年5月12日(火)

「ウチのチームなら2チーム作れるよ」
 某サッカー専門誌で取り上げられた、選手年俸の特集の中で、1億6000万円の日本人Jリーガーを見つけた水戸ホーリーホックのクラブ幹部が、笑いながらこうつぶやいた。水戸の今季の強化費は、およそ8000万円強。今季でJリーグ参入10年目を迎えるものの、いまだにリーグ最低水準のままだ。A契約選手はわずか6人。さらに財政的な問題でJクラブで唯一、シーズン前にキャンプを行わなかったという厳しい経営状態を強いられている。

 そんな貧乏クラブが、今季は快進撃を続けている。第15節終了時点で、7勝3分4敗の5位。昇格争いに加わる勢いを見せているのだ。ただ上位につけているだけではなく、その戦いぶりも特筆すべきものがある。現在、リーグ3位タイの23得点を挙げていることからも分かるように、J2でも屈指の攻撃サッカーを繰り広げているのだ。リーグ最低水準の強化費のチームが、娯楽性の高い攻撃サッカーで結果を出している。この事実にこそ、大きな価値があると言えるだろう。

■就任2年目で開花した木山監督の「攻撃サッカー」
 シーズン開幕前の水戸の評価は、決して高いものではなかった。昨季のチームの中心であったDF平松大志(FC東京)、MF赤星貴文(浦和レッズ)、MFパク・チュホ(鹿島アントラーズ)らが移籍したことにより、チームの評価はむしろ低いものであった。そんな前評判を覆すように水戸は奮闘を見せている。

 この好調を導いているのが、木山隆之監督だ。水戸を率いて2年目、37歳のJリーグ最年少監督が水戸に植え付けたものは「攻撃サッカー」。自身「点を取ることやゴールシーンをたくさん作れるサッカーが、いいサッカーだと思っている」と語るように、ゴールに向かっていく意識を、選手たちに強く持たせることに時間を割いた。それまでの水戸は守備的なイメージが強かったが、木山監督が就任すると一変、攻撃的なチームへと生まれ変わることとなった。

 しかし、その改革が最初からうまくいったとは言い難い。「ドラスティックに変えようとしすぎた」と指揮官が振り返るように、急激な変化に選手たちは戸惑いを隠せず、昨シーズンは第1クール終了時点で最下位に沈み、リーグワーストの28失点を喫するなど苦しいスタートとなった。それでも監督は「これでいいのかな?」「本当に自分のやっていることは正しいのかな?」と常に自問自答しながらも、攻撃的なサッカーを貫くことでチームは前進していった。第14節にパク・チュホが加入したこともあり、攻撃サッカーの精度は増していく。第1クール14試合でわずか2勝だったチームが、第2クール以降の28試合では11勝を挙げ、確かな手ごたえをつかんだままシーズンを終えることとなった。

 今季の序盤戦での好調の陰には、去年からの攻撃サッカーの蓄積を抜きに語ることはできない。「昨シーズン、継続できたことが一番大きいと思います。失敗したことも、良かったことも、全部がためになっているし、チームの力になっている」と、木山監督も自信に満ちた表情で語っている。

■「ポゼッションは死語」という発言の真意
 木山監督の考え方は独特だ。「シンプルかつ合理的なサッカー」が、監督の理想。第12節のサガン鳥栖戦後には「僕はポゼッションという言葉自体が、サッカーの世界では死語だと思う」と持論を説いている。

「守備的なチームというのは、ボールを保持するためのポゼッションをする。でも、攻撃的なサッカーをするチームというのは、ゴールに向かうポゼッションをする。ポゼッションに長いパスも短いパスもなく、ボールを前に運ぶことが一番大事なこと」

 この発言だけでは、誤解されるかもしれないので補足すると、木山監督は中盤でボールを回すことを決して否定しているわけではない。ただ、日本のサッカーは、つなぐことに満足してボールを前に運べないことが多く、ゴールに対する意識が希薄になってしまう。だが言うまでもなく、サッカーはゴールを奪うスポーツ。そのためにも「もっとボールを前に進めるべき」というのが、監督の考えなのである。

 実際、水戸のサッカーには、木山監督の考えが色濃く反映されている。シンプルに前線にボールを入れてから攻撃を展開。単調になることも多いが、縦パスを重視し、執拗(しつよう)にゴールに迫る攻撃は、相手DFにとって厄介なことこの上ない。パスをつないでもシュートまで行けない日本代表とは、対照的なサッカーを繰り広げている。これまでの15試合のうち、無得点はわずか1試合のみ。この数字からも、木山監督の目指すサッカーが浸透していると言えるだろう。

■理想を下支えする「9年間の歴史の力」
木山監督が掲げる理想のサッカー。それを下支えしているのが「9年間の歴史の力」である。藤村昇司統括本部長は「過去9年間の蓄積がチームの力となり、また、サッカー界の中での信頼につながっている」と語る。前田秀樹前監督が5年間じっくり若い選手たちを育て上げてチームの基盤を築き、そして選手の獲得についても「マネーゲームでは勝てない」(鬼塚忠久前強化部長)ため、無名ながらも伸びしろのある選手に白羽の矢を立ててきた。

 その顕著な例が、現在、得点ランキングトップの9点を挙げ、チームの好調をけん引している荒田智之だ。大学時代は関東2部の専修大学でプレー。他クラブが獲得を躊躇(ちゅうちょ)している間に契約にこぎつけた。そのほかにも、昨年は菊岡拓朗や小澤雄希らを獲得。プロ入り前にはまったくの無名だった彼らが、現在の水戸を支えている。毎年、選手を引き抜かれながら、それでも才能豊な選手が次々と出てくるのも、9年をかけて築いてきたスカウティングのノウハウがあればこそである。

■「水戸から羽ばたきたい」という思い
 さらに、そうした選手たちの後押しとなっているのが「水戸で活躍すれば羽ばたける」という意識だ。田中マルクス闘莉王(浦和)をはじめ、冨田大介(大宮アルディージャ)や小椋祥平(横浜F・マリノス)など元々無名だった選手が水戸でのプレーを評価され、羽ばたいていった例が多い。そうした選手たちの後に続こうと、選手たちは目を輝かせている。開幕前、ある選手はこう言っていた。「やっぱり選手として、もっと上に行きたい。そのためにも水戸で結果を出さないといけない」。クラブは、財政的に選手を引き止めることができないだけに、逆に選手たちの可能性は広がっているのだ。

 実際、毎試合のようにスタジアムには、J1クラブのスカウト陣が訪れ、選手たちのプレーに目を光らせている。そんな目の前に広がる可能性をつかむためにも、水戸で結果を出そうと選手たちは躍起になっている。一方で、クラブを取り巻くそうした状況は、出場機会を求める他クラブの若い選手たちが、水戸を選択する理由にもなっている。今季は高崎寛之(浦和レッズ)、森村昂太(FC東京)、キム・テヨン(愛媛FC)といった、所属チームでは出番に恵まれないながらも若く才能のある選手たちが「水戸から羽ばたきたい」という思いを胸に、期限付き移籍でやってきた。彼らもまた、現在のチームの骨格を担っており、その胸に秘めた希望がチームを支えているのである。

■エースの荒田が戦線離脱 それでも水戸の挑戦は続く
J2得点ランキング首位の荒田智之(手前)が負傷離脱。水戸はこの難局をどう乗り切るか。【佐藤拓也】 金はなくとも心は錦。理想を追い求める木山監督と、希望を胸にやってきた選手たちが融合したからこそ、奏でられている攻撃サッカーのハーモニー。2つの思いが、今季の水戸の好調を支えている。

 だが、すべてが順風満帆(まんぱん)というわけではない。第12節の鳥栖戦では、エースの荒田が骨折し、3カ月の戦線離脱を余儀なくされるというアクシデントに見舞われてしまった。続く第13節のヴァンフォーレ甲府戦は、カウンターサッカーに切り替え、何とか勝ち点1を獲得したものの、第14節の湘南ベルマーレ戦では通常の攻撃サッカーで挑み、1-5の大敗。荒田不在の大きさを痛感することとなってしまった。

 指揮官は、荒田不在の影響について「否めない」と認めた上で「今いるメンバーで攻撃的なサッカーをする工夫をしていかないといけない」と肩を落としながら語った。「補強をしたくても資金がない」(木山監督)チーム事情の中、今後も苦しい戦いが予想される。水戸の快進撃は、このまま“春の珍事”で終わってしまうのだろうか。

 ただ、そうした状況でも、新たな選手の台頭を予感させる空気が、水戸には漂っている。荒田の影に隠れていた、元日本代表FW吉原宏太が健在。吉原以外にも、若く才能のある選手がベンチに控えている。強化費8000万円強の水戸の挑戦。本当の驚きを与えるのは、むしろこれからなのかもしれない。

<了>



序盤でどうも思う通りの戦いができなかった
コンサドーレについて、

テレビや新聞などのマスコミの報道内容が
北海道にいると、自然と耳に入ってくるのですが、

J2に陥落した以降は、比較的、景気の悪い話が
多いのです。

そんなことがいまいち勝ちきれない
要因としている識者が多いようですが、

この記事を読みますと金額の多寡ではなく、
チーム運営に対するポリシーであるとか
フロントが現場をいかに支援していくかという、
姿勢がまずは必要であるということが読みとれ、

コンサドーレをはじめとした、Jチームの経営にも、
示唆をあたえてくれる記事と読めたのですが。

サポーターの皆さん、
いかがでしょうか。



ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へのリクエスト・メッセージは
〒076-0026富良野市朝日町5-17レストランふらの広場内「ラジオふらの」
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2775


リクエストなどは
当ブログのコメント欄でも
受け付けています。

よろしければ
☆「アジア金星堂」
(北海道旭川市東5条11丁目2-1)

現在、絶賛、土日お仕事期間中でアリマス。
とはいうものの、
土日のお仕事は、たいてい午後5時前には片づくので

その後は比較的自由になります

と、いうことで、たいていは、温泉にいくか
旭川などに行くかなのです。

そしてこの日は、旭川へ。
旭川へ行くということで、
本屋をシバいてから
いつものようにアジア金星堂へと
むかったのでした。

車を駐車場に止め、
いつもの「キュウキュウニョリツリョウの席」こと
窓際の2人がけの席にに腰を下ろそうとすると




おや、先客が…

アジア金星堂に来てはじめてでアリマスよ。

ということで、本棚から近い丸い4人がけの席に
腰を下ろします。

「キュウキュウニョリツリョウ」の席には、
「今日のカレエ」の紙が置かれていませんが、

この席には、ビニールのテーブルマットの下に
「今日のカレエ」がおかれているので、
ゆっくりとみることができますよ。

見ると
「本日のカレエ」は「ビンダルウ カタナ」と
「GESO100」

「GESO100」は、かつて(寝釈迦時代?)に
レギュラーメニューであったイカゲソから揚げがのった
ジパングカレエでありまして、

あと、一つの「ビンダルウ カタナ」は

???

こちらのレギュラーメニューは、


◎は定期的においているメニュー
△は不定期メニューだそうです

サッポロタイプ…いわゆる「スープカレー」スタイル
◎サッポロスウプカレエオコイ…フツーな「スープカレー」のスタイル
△ローツェ・チキン…ココナツミルクと粗挽きスパイスの風味

インドシナタイプ…ハープの風味、ココナッツミルクのこく
◎イエローカレエ…ココナッツミルク風味のタイ風スウプカレエ
△トムヤムチキン…エビとチキンのサラサラスウプカレー
△スラバヤチキン…仮想ジャワ風辛味ココナツスウプカレエ

インドタイプ…スパイシー&ホッと
△ムルギー…チキンとジャガイモのシンプルなスパイシーカレエ
△チキンビンダルー…ゲキカラスパイシーの酸味系スウプカレエ

キーマタイプ…ひき肉を使ったカレエです
△キーマオリジナル…チキンひき肉を豆のインド風カレエ
△スラバヤキーマ…チキンひき肉のインドシナ風懐かしさ

ニッポンタイプ…カレーライス的な…
◎ジパングチキン
◎ジパングハロハロ…チキンとポーク
◎ジパングポーク

といったラインナップでして


チキンビンダルーに近いのかな?

と思って、説明書きをみると

ビンダルールーカタナ 900円
Type スウプ
Hot level 4
Comment 骨付きチキンのスウプカレエ
深めに焙煎したスパイスのコクと
ハバネロペッパーのキレのある辛味が
もち味となっています。


とのこと。

これまで私がこちらで食べたローテーションは
「サッポロスウプ」←「グリーンカレエグライダー」←「ぎゅうスジイエロー」
←「サッポロスウプ」←「ヤキブタイエロー」←「チキンサブジ」
←「ローツェ・チキン」←「キーマオリジナル」←「ムルギー」
←「サッポロスウプ」←「給食のカレー&タコライス」←「サッポロスウプ」
←「ジパングカレーのハロハロ」
ということだったので、
店に行く前から、バクゼンと、
「ムルギー」か「キーマ」かなぁなどと思っていましたが

ビンダルーなら、ローテ的にも大いに有りです。

しかも、メニューにあえて「深めに焙煎したスパイスの」などと
書かれる位の自信作だとみましたよ。

ここの独特なスパイス遣いは僕、ツボなんですって。

ってことで、オーダー。


西原理恵子さんの「毎日かあさん」を読みながら
洋楽のBGMにまじってながれる
調理の音に耳を傾けながら



まつことしばしで、

いつもどおりの、アジア金星堂でしか嗅ぐことが出来ない
蠱惑的な僕を魅了してやまない香りとともに
登場しました。

と、思ったっけ




いつも以上にスパイスの香りが強い。


見ると、表面にはマサラが
散らされていました。

これってビンダルーかな?


ま、いいや、
いっただっきまーす。

スプーンをいれると
サッポロスウプなどよりは
トロミが強い感じですね。

サッポロスウプも、
表面が赤味がかったオレンジ色半透明の
層が浮き上がってきて、なおかつとろとろなので

軽く和風の「あん」のような趣ですが、

こちらは、ルーカレーとも少し通じるような
見るからにカレーなのです。

こんなのも、ウレシイですねー。


ただ、
スプーンを入れると、中から中から、
いつもの、赤味がかった半透明のオレンジ色した
油やウマミのかたまりが、上澄みみたいになって
にじみ出てきます。

いいねー

アジア金星堂のカレーはこうでなくっちゃ。


ってことで、まずはスープを一口

ぱくっと



んっ?


ゥヲヲヲヲヲヲゥ!


じぃぃぃぃぃぃん。



これっスよね~。


スプーンで掬って、口元に運ぶと
表面に散らされているマサラが
鼻腔をくすぐって、これもいい感じであります。

また、トロトロな感じは優しいんだけど、


!!!

ヲヲっ

後から、当然スパイスが
しっかり主張してくるという、

しかも、結構強烈な主張だ。

でも、トータルすると、
アジア金星堂のカレーだなあ

こんなバリエーションがありながらも
結局全部がオンリーワンなカレーは
やはりこちらならでは。

唯一無比のカレーなのです。

しかも、看板通りの深い焙煎は
伊達ではないね。

鼻腔をくすぐって、
舌や唇に刺激を与えて、
そんな刺激が脳髄をかけめぐり
陶然となってしまうようです。

そんなスパイスを決して突出させないのが
深いコクと、旨みですし

トマト由来でしょうか、カレーをピリッと
しまったものにする、酸味も

見逃せない要素ですよ。

そもそもビンダルーって、
かつてポルトガルの植民地であり
黄金のゴアとの異名をとる南インドのゴアなどで食べられた
カレー(風煮込みも含む)で、
生姜・酢など由来の酸味が特徴ですからね。

でも、あんまり酢って感じはしないんですよね、
やはり、トマトか生姜かの
サワヤカな感じの酸味なんです。

これは、ハマりますよ。

文句なしっス。



スプーンにのせたライスと一緒に
一気にほおばっても


うめーっスなぁ。


そんな複雑な味わいのカレーに、
ホロホロの骨付きチキンは
いつも通りの柔らかさ、ジューシーさ
骨離れの良さで文句なし。

水菜のシャキシャキなところとか、
コーンのぷつぷつを食べると
アマい汁がジュンと出てくるところとか、
もやしのシャリショリした食感とか、
アマヤワラカイニンジンのお味であるとか、
他店などで普段は、色合いか添え物程度にしか使われていない
ピーマンやパプリカまでもアオい食感ながら
オイしくいただけるしろもので、

ナスの中から染み出てくるナス汁のウマさに加え、
軽く油通しされた皮のクリスピー感の食感と
中のほにょっとした食感のハーモニーが、
それがグンバツスープとからむことで、
ビックリすることになりますよ。

もう、ハンパねーっスなあ。


うめーうめーって感じで
夢中になってカッくらうのです

が、

今回はゲキカラスパイシーです。
ハバネロペッパーです。
Hot level4です。


いつもなら、食べ進めていくうちに
じわじわっと汗をかく程度ですが

唇がひりひりしてくるのと比例して
滝汗が流れ出しますよ。

しかも、こちらに行く前に
温泉に行ったもんだから、

カレー喰って温泉行ったら
血行良くなってひりひりがぶりかえす現象ではないですが

またまた血行が増進中で
ココチよいヒリヒリが
ずっとつきまとって来ます。

いいなー。これも、


円錐台形に盛られていたライスと
そこにのっかっているアチャールも
アジア金星堂ならでは。

ってことで、ライスねスープそれぞれ
残り2/3のところになって、

いつものように、残ったスープにライスを投入し、

半熟玉子の黄味などをからめようとしたら




白身の一部もスゴくやわらかい。

これはウレしいぞ。


しかも半熟卵の黄身が、カレーに熱されて
すごくトロットロに変化している

僕の目の前、器の中で

こんなのも、ここならではでないでしょうか。

なんだかすごい贅沢な卵料理を食べている気分ですよ。

と、感動しながら、
一気にかっこみまして。

水をくいっと飲んで


すぅ。

ぷっはぁぁあ


んまかったー。

大マンゾクっス。


やっぱりアジア金星堂は
僕の道北カレーショップでは
オンリーワンっス。

にしても、「カタナ」ってネーミングは
バイクかスーパーカーからとられたものでしょうか

それとも、それらの元ネタとなった
「刀」からとられたものでしょうか。

謎は残りますが、
店主の方の趣味の一端を
垣間見るような気がしますね。



ということで大満足のまま店をでて
買い物をしてから
お隣の国にある大出力放送局の民謡や
勇ましいアナウンスに悩まされつつも
「アニスパ」を遠距離受信しながら、
富良野へと帰ったのでした。




☆「アジア金星堂」
(北海道旭川市東5条11丁目2-1)
◇営業時間◇11:00~14:00、17:00~21:00(売り切れ次第閉店)
◇定休日◇火曜日、第1第3水曜日 ◇駐車場◇有り







あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。

当ブログによせていただいたコメントも、さしさわりがなければ
番組内で紹介させていただきます。


あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2771
5月11日オンエアー 第213回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」の
番組内でオンエアーをした曲です

♪Miracle Fly  栗林みな実
TV『宇宙をかける少女』Op

リンとしたボーカルと、
シンセの軽やかな音色を支える
リズムボックスのような軽快なビートと
シンセの音がはっきりとしたベースラインの
これまた軽やかな印象受けるリズム隊が
ピアノの音色と合わさって、
全体的に軽みを感じられる曲調で
彼女のサワヤカな歌い方がこの楽曲に
よくマッチしております。
サビへの突入も、
今までよく彼女の楽曲などで聞くことが出来た、
盛り上げのための一小節のタメ的なものがあって
発散できるように開放されるそんな曲調ではなく、
すっとサビへと入っていきます。
最初はそんな構成に?と思っていたのですが、
要所要所のシメの部分などがきっかけとなって
例えば、一番の部分のAメロBメロサビで
盛り上がっていくのではなく、
もっと大きい振れ幅で次第に音が厚くなっていって
曲が盛り上がっていくということで、
より大きいカタルシスを得ることが出来る
そんなところが、進化を感じます。
最初の間奏のストリングスのユニゾンも
そんな聞き方が出来るのですが、
特に二番のサビあけのかっこいいブレイクを経由しての
間奏部分のギターのタギるフレーズと、
間奏明けのつやっぽくもはすっぱにも聞こえる歌声、
そして、次第に曲のテンションがあかると同時に
声のトーンのテンションもあがっていく。
ここで、いいなーと思わせながら、
またふたたびリズムオフになってしっとりとサビを歌い、
リフレインの部分でリズムがはいり
最大限の盛り上がりを見せる。
そんな構成のウマさと、彼女の曲に
歌声の進化を如実に感じることで、
ニマニマしていますます。
ともかく、栗林さんと、作曲の菊田さんGJです。





♪ステレオポニーの旅は続く  ステレオポニー
「泪のムコウ」カップリング

「またたびバンドもの」といえばよいのでしょうか、
バンドの旅をテーマにしている
アップビートなナンバーであります。
カップリング曲とも重なりますが
軽やかなエレキギターの音が印象的な
さわやかでストレートなロックナンバーでして、
ギターのカッティングに、要所要所をしめる
ブラスの音のようにも聞こえる刻みとか、
ドラムとかのビートも軽やかでいいですね。
要所要所に登場するタンバリンとか
グロッケンの音色もいいアジだしてますし、
全体サワヤカな世界をよく盛り上げている
歌声も等身大で、思わず聴くからに
情景が思い出されてくるようなメッセージによく似合う
そんな声だし、前向きな歌い方であります。
後半部分に繰り返されるサビ部分で
リズムをかえたところは、
バンドサウンドならではで、ライブで聴いたら
思わず盛り上がってしまいますね。
カップリング曲をふくめたこのCDは、
平成生まれのガールズバンドとしては史上初の快挙である
週間チャート2位を記録しましたが、
この明るく前向きでサワヤカな曲調ならば大納得です。
またたびバンドものといえば、
爆風の「♪僕らの大きくてすいません号は~」(確か
「ビッグブルーバスブルース」うろ覚えでスマん)とか
サザンの「旅姿六人衆」などを思い出したりもしますが、
真っ先に頭の中に出てきたのが、RCの
「ドカドカうるさいR&Rバンド」だったのは
あいかわらずボクが、ヘビーローテーションで
RCを聴いているからですか、そうですか。





♪ Don‘t say “lazy”  桜高軽音部
「平沢唯、秋山澪、田井中律、琴吹紬」
(CV豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子)
「FURANO History Factory」5月のマンスリーパワープレイ
TV『けいおん!』Ed

イントロのハイハットがルーズに開いた
四分音符の刻みと、ドラムのフィルインを聴くだけで、
あのLEDランプが明滅する映像が
脳裏に浮かんできたり、
Aメロ部分では、澪のキレイな肩や鎖骨のラインと
憂いを秘めた顔で歌うところまでが
自動再生されていまう時点で
ワタクシはダメ人間確定なのですがw
冷静にこの曲を分析すると、
全体的にハードでルーズ目なギターが
まずはかっこいいのと、
ドラムのビートはシンプルながらも、
AメロBメロとサビでハイハットの使い方を
わけているという芸の細かさとか
間奏部分での盛り上げ部分で
ペースラインを複雑にしていくところとか
聴くほどに深さに気付くのですが、
イントロとか間奏で印象的に響く
キャッチーで時にはかわいらしくも
基本エキセントリックなシンセの音が
何パターンも使い分けされているところに
特にウマさを感じてしまいまして、
ことぶき光さんへのオマージュかと
エヴァ信者もかくやの深読みを
してしまったりするのですが…
直前にかけたステレオポニーの曲と比較すると
ヤリスギ間もありますが、
そこがいいんだって。
オリコン初登場二位もすごいですが、
初登場から三週間経過しているにもかかわらず
まだベスト10圏内にいるのは
曲の魅力に負うところが大きいと思いますよ。





♪jellyfish  川田まみ
「Masterpiece」カップリング
TV『とある魔術の禁書目録』挿入歌


16分音符がシャキシャキなって
ゴリゴリパシパシというPCと
切り裂くようにギリギリと鳴るギターが
良い感じでミックスされた
トランス系I‘veサウンド直球どまんなかの楽曲で
ありますが、
Aメロ部分から、聴いてておもしろい感じで
コーラスを入れたりとか、
シンセでふわんとした感じに加工されたボーカルが
効果的に使われていまして
そんな歌声が印象的に響くのです。
jellyfishって「クラゲ」ですから、
そんなのをイメージしてこのような
声の選択と、声質の重ね方にしたのでしょうかね。
間奏も比較的長いのですが、
そんな長い間奏に、それ以前から
ずっと通奏低音のように響く16分の音が
間奏あけでふっときれまして、
シンセの伸びやかな音にのっかることで
歌声の魅力が強調されて、美しく響くところも
どこか深海を感じさせてくれるような
そんな演出でありまして、
カップリング曲同様、今までの川田さんの曲と比べても
よりメッセージ性が強くなったのかなと
思ったのでした。
あと、イントロが1分近くあるので、
オンエアしたときに、何度か聴いていたのにも関わらず
「あれ、これってインストだっけ?」と
少しだけアセってしまいました。テヘ。





♪ひとみのちから  Fiction Junction(VO.YUUKA)
「Parallel Hearts」カップリング

穏やかにして、沁みるようなピアノの響きと、
ピアノの響きを補って楽器のように響く
サワヤカさとつやっぽさが同居した
しっとりと、かつしっかりとした
YUUKAさんのボーカルが
一体となって馴染んで聞こえます。
派手さはないですが、
これが聴きたかったのですよ、とずっと思っていた感じの
やさしくなれる、スローなバラードナンバーです。
しかも、サビ部分であるとか、
意味深なフレーズのところに重なってきたり
間奏部分のスキヤットのような部分に重なる
梶浦さんのコーラスも美しく、楽器のように響き、
これまたナツカシさすら感じるのです。
今まで、FJYもバラードナンバーの佳曲が
あまたありましたが、そんな楽曲を
彷彿させてくれる、いや、凌駕する
そんな一曲でした。待ってました。って感じで。
ま、FJY名義でないのが、残念ではありますが…
そんなことをも考えると、
歌詞の「好きだから、信じていたい」なんてフレーズを始めとして
コミュニケーションとディスコミュニケーションの
狭間の葛藤に揺れるといった歌詞の内容にも
過剰に反応してしまいます。
本来はカップリング曲Parallel Heartsから
オンエアするところなのでしょうが
YUUKAタン好きに免じてカンベンしていただきたい。
カップリング曲もYUUKAタンの歌声で
聴きたいってのも、ファンの欲目ですか。
ちなみにこの曲が、FURANO History Factoryの
オンエアが開始されて、1100曲目と
なりました。







このような曲をかけているFHFですが
リクエストも受け付けています。

リクエストは、このブログのコメント欄でも
受け付けます。

よろしければ。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17
レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2771
書店に行った時にあちこちをグルグル見て回り
「B級グルメ」とタイトルにあれば
よほど高いものでなければ、
(かつ、お財布にそれなりの余裕があれば)

まぁ、購入をしています。

半分は自分のシュミのため、
半分はラジオ番組のネタ探しのためなのですが。

先日書店で目についたのが、
何度かB級グルメの特集をしている月刊誌
「日経TRENDY」6月号(日経BP社)です。

しかも、この号のタイトルが
「次の勝ち組がわかった!
B級グルメ大戦争
○焼きそば、丼、焼きとり…ご当地ヒットの最有力は?
○300円居酒屋、アウトレットスイーツ、新世代横丁が受けるワケ」

ですからね。

即買いして、家でじっくりと読みましたら

なかなか示唆に富んだ指摘が多かったですよ。

5月11日 オンエアー 第213回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
での、コーナー「富良野印度化計画」であります。

コーナーのはじめには、見開きで、このように書かれています。

「食欲の秋ならぬ、「B級グルメの春到来-。そう思わせるようなイベントラッシュだ。
3~4日のさいたま市を皮切りに、ご当地グルメのイベントが目白押し。神奈川県厚木市、静岡県袋井市ではいずれもよそう来場者数を10万人とするなど、非常に大規模なイベントになりそうだ。また、29~31日には、東京・世田谷で最大規模のラーメンイベントが開催される予定だ(詳しくは34ページ)。
食のイベントが急増する背景にあるのは、B級ご当地グルメのチャンピオンを決定する「B-1グランプリ」の存在だろう。優勝経験のある「富士宮やきそば」(静岡県富士宮市)、「厚木シロコロ・ホルモン」(厚木市)は地域に多大な経済効果をもたらし、「ワンコインのご当地グルメで町おこしができる」ということを実証した。
焼きそば、焼きとり、丼、カレー、コロッケ、おでん、バーガー…。今や、全国にはご当地グルメがあふれている。だが、その実、玉石混淆。ブームが過ぎれば、程なく淘汰されてしまうものもあるだろう。
今回の特集では、これまでの町おこしの実績や独自性に加えて、実際に現地でその味を体験した印象から、ご当地グルメのブレイク度を総合的に判定。“ポスト富士宮”になり得る、珠玉のB級グルメを予測した。(後略)」

で、同誌によれば、5月に行われたご当地イベントは
5月3~4日
・第4回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦(さいたま市)
5月5~6日
・第2回神奈川フードバトルin厚木(神奈川県厚木市)
5月9~10日
・よこすかカレーフェスティバル(神奈川県横須賀市)
5月23日~24日
・全国B級グルメスタジアム(静岡県袋井市)

9月19日~20日
・第4回B1グランプリ(秋田県横手市)


そして、これらのイベントの中で扱われている食べ物で、
特に目を引くのが
焼きそば・焼きうどん
焼肉・焼きとり
丼・洋食だそうです、


特に焼きそば・焼きうどんでは
今までのいわゆる
秋田県横手・群馬県太田・静岡県富士宮の
日本三大焼きそばや

B1にも出ている青森県黒石のおつゆ焼きそばに
福岡県小倉の焼きうどん

B級グルメ発掘漫画でもある
「駅前の歩き方」にも出てきました
長野県伊那のソウルフードであるローメンに
(こちらには、富士宮の焼きそばも出てきましたが…)
「極道めし」でも出てきました、新潟のイタリアン

新顔で健闘をしている、オホーツク北見塩やきそば

などに加えて、


兵庫県佐用のホルモン焼きうどんと
岡山県津山のホルモンうどんが、

もともと地元の人が愛食していたということもあり
人気が高まるのではと分析されています。


焼き肉・焼きとりでは、

から揚げ三兄弟と命名された
釧路のザンギ(これも「極道めし」です)
愛媛県今治市のせんざんき
大分県中津市のからあげ



僕も先日室蘭で開催されて訪れました
やきとりンピック出場メンバーの
福島の福島やきとり
室蘭の室蘭やきとり
美唄の美唄やきとり
埼玉県東松山の東松山やきとり
山口県長門市の長門やきとり
福岡県久留米市の久留米やきとり
愛媛県今治市の今治やきとり

などに加えて、

青森県十和田市の
牛のバラ肉と大量のタマネギをしょうゆベースの甘辛いたたれに
からませ鉄板で焼くという
「十和田バラ焼きや」

岐阜県郡上市の「めいほう鶏ちゃん」
が、ブレイクするのではとの分析がされています。



丼・洋食では、

福井や長野県駒ヶ根のソースカツ丼に
岡山のデミカツ丼

根室のエスカロップに長崎のトルコライス
(トルコライスも「駅前の歩き方」に出てきました)

といったのに加えて、

兵庫県加古川では学校給食にもなっている
洋皿にご飯を盛って、カツをのっけて
デミグラスソースをかけた「かつめし」に

岐阜県土岐市の「てりカツ丼」
山形県河北町の「カレー風味カツ丼」
岐阜県瑞浪市の「あんかけカツ丼」が
紹介されております。


これらのメニューはほとんどが
戦前から1960年くらいに
そのルーツを遡ることができる、

いわば知る人ぞ知る
地元密着型のメニューなのですが、


B1グランプリなどで、盛り上げに一役買ったのは
「富良野オムカレー」など、開発型のメニューでもあるのです。


と、いうことで、来週は、同記事より、
「登竜門「B-1」が“食の甲子園”と化す大乱戦から次に向け出すのはこれだ」

という記事などを紹介したいと思います。

よろしければ。



あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。

当ブログによせていただいたコメントも、さしさわりがなければ
番組内で紹介させていただきます。


あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2771
FHF
5月も2週目になると、
富良野の市街地の桜は
すっかり葉桜になってしまいましたし、

国道38号線沿いの東大演習林前の見事な桜も
はらはらと花びらを落としています。

そんななか車で進んでいくと、
走ったあとに桜の花びらが盛大に舞い立ちまして
この時期にしか見ることができない景色の
一つであります。

ただ、八幡丘や麓郷、布礼別や老節布などの桜は
先週末の土日が丁度見頃でした。

このように同じ市内でも、地域によって
桜の開花に差があるのは、盆地に位置する
富良野ならではかもしれませんし

見方を変えると、桜前線の通過を
目の当たりにしているということですか。

なかなか贅沢なものです。


5月11日オンエアー 第213回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
放送を終えました。

先週に引き続き、あと10日と少しで開催される
第五回太平洋・島サミットの話です。

先週は、北海道や外務省のホームページにあった
イベント概要を紹介しました。

ちなみに、こちらは先週紹介できなかった
政府公報オンラインよりです。


太平洋・島サミット

平成21年5月22日、23日に北海道トマムで第5回日本・太平洋諸島フォーラム(PIF)首脳会議(太平洋・島サミット)が開催されます。この会議は、日本と太平洋島嶼国・地域との関係を強化し、同地域の発展に共に取り組むことを目的として1997年より3年ごとに実施されています。今回は、「We are islanders-エコで豊かな太平洋」の標語の下、太平洋環境共同体の構想や、保健、水、教育、防災などが話し合われます。


今までは、沖縄や宮崎や東京で行われていたイベントですが、
それが今年は占冠のトマムで行われるのです。

地元の盛り上がりや北海道での取り組みについて、
新聞やテレビニュースで紹介されることも
増えてまいりました。

まだ、日程の詳細は発表されていないようなので、
どのようなことが行われるかの詳細は
まだ詳しくはわかりませんが、

参考までに昨年はこのような日程で
行われたようです。


5月27日(金曜日) 開会式
第1セッション 議題採択、議題1:「沖縄イニシアティブ」のレビュー
5月28日(土曜日)
第2セッション 議題2「パシフィック・プラン」とPIF加盟国のオーナーシップ
第3セッション 議題3「日本の支援」 議題4「新枠組みのフォローアップメカニズム」
最終セッション 首脳宣言採択
共同記者会見



政府公報オンラインなどにもありましたが
太平洋・島サミットの正式名称は、
日本・太平洋諸島フォーラム(PIF)首脳会議です。

太平洋諸島フォーラム(PIF, Pacific Islands Forum)とは、

1971年に独立間もない太平洋の諸島諸国の他、オーストラリア、ニュージーランドが参加して発足した地域協力の枠組みで、フィジーの首都スバに事務局があります。2000年10月までは南太平洋フォーラム(SPF, South Pacific Forum)と呼ばれていました。

だそうで、PIF加盟国・地域は以下の通りです。


各国・地域名  面積(平方キロメートル) 人口 (万人) 独立年

地域 メラネシア
パプアニューギニア 462,000 517.1(2000年) 1975
フィジー       18,300 83.7(2007年) 1970
ソロモン       27,600  50.6(2008年推定) (注1) 1978
バヌアツ       12,200  18.6(1999年) 1980

地域 ポリネシア
サモア        2,935  18.8(2008年推定) 1962
トンガ         747  10.1(2006年) 1970
クック諸島       237  1.8(2001年)(注2) ※
ツバル         26  0.9(2002年) 1978
ニウエ         259  0.14(2008年推定) ※

地域 ミクロネシア
ミクロネシア     701  10.7(2000年) 1986
キリバス       810  9.2(2005年) 1979
マーシャル      181  5.1(1999年)(注3) 1986
パラオ        488  1.9(2005年) 1994
ナウル         21  1.0(2002年) 1968

オーストラリア 7,741,000  2,137.4(2008年) ☆1942
ニュージーランド 271,000  429.6(2009年推定) ☆1947

(注1)1999年調査、(注2)1991年調査、(注3)1999年調査

※クック諸島およびニウエはニュージーランドと自由連合関係にある自治地域
☆英帝国議会のウェストミンスター法を受諾し独立した立法機能取得年

これは、外務省のHPより転載しましたが


因みに、
富良野市は面積が600.97km² 人口が2,4616人
南富良野町が665.52km²  人口が2,909人
占冠村が 571.31km² 人口が1,272人
上富良野町が237.18km² 人口が 12,206人
中富良野町が108.70km² 人口が 5,658人
でして、

5市町村の合計が  2183.68km² 人口が 4,6661人です。

ということで、富良野周辺6市町村の合計よりも
小さい面積の国・地域が 16の国と地域中、9
(しかも富良野市よりも面積が小さい国・地域が6)
少ない人口の国・地域が、5

中でも最小面積の国家ナウルは
中富良野町の1/5の面積

最小人口の地域ニウエは、
占冠村よりも200人ほど多いだけという

そんなミニ国家の多い地域でもあります。


と、いうことでなかなか耳なじみのない地域でも
あるのですが、かつて、当番組でも
2つの国について取り上げたことがあります。


2007年6月の放送で、ナウルのことを
2008年5月の放送で、ツバルのことを取り上げました。


ナウルについては、
「アホウドリの糞でできた国  ナウル共和国物語」
〔文 古田靖 絵 寄藤文平 アスペクト刊〕を
紹介しながら、
その数奇な国の成り立ちについてお話をしました。


ナウル共和国は、国家として承認を受けている国として
バチカン・モナコに続く、世界で三番目に面積が小さい国で、
面積わずか21平方km、人口1万2000人の、
太平洋南西部のミクロネシアに浮かぶ
珊瑚礁の島国です。

インパクトのある本のタイトル通り、
この国は、サンゴ礁に堆積したアホウドリを始めとする
海鳥の糞と珊瑚などが年月をかけて変化したリン鉱石があり、
19世紀の末に鉱石が発見され、
20世紀の初めに採掘が始まって以来
最盛期には年間200万トンの算出をほこり、
国の一大産業として採掘によって栄えてきました。

リン鉱石は、良質な肥料の材料として重宝され、
それの輸出によって、ナウルの1人あたりのGDPは
アメリカやドイツ並みと世界有数のレベルに達していたのです。

それならば、ナウルの人は鉱山労働に従事をしていたのか
と思いそうですが、それが違いまして、

20世紀初めに燐鉱石の採掘が始まってからは、
ナウル人は鉱山会社から土地使用料や木の伐採許可料などを
受け取るようになりました。

独立前の植民地支配(とか委任統治とか、結構ヤヤこしいですが)
の時代は、燐鉱石の輸出価格に比べてナウル人に支払われる金額は
微々たるものでしたが、
それでも海外から輸入された食糧を購入して
暮らすだけの金はもらえたそうで
働かなくてもよい生活を送ることが
可能になったのです。

そして、鉱山では出稼ぎ労働者が働きました。

第二次世界大戦の後、ナウルが独立すると、
今までの植民地などが上前をピンハネしていた
リン鉱石輸出の莫大な利益は、
すべてナウル人のもとに転がり込むようになりました。

そのおかげで、税金・教育費がタダになったのに加えて、
国民には年金が支給されたことました。

ほぼすべての食料品と工業製品の調達はもちろん、
政府職員を除くほぼすべての労働者は
出稼ぎ外国人に依存しているので、
何もしなくてもお金がもらえる状況には変化なく
ようは、引き続き、国民は働く必要がほとんどなくなったのです。

ナウル人はかつて自給的(レジャー的)な漁業をしていましたが、
それをしなくなったのに加えて、
料理すらも自分たちで作らないという状況になったのです。

ちなみに、この時のナウルの貿易依存度については
輸出、輸入とも110%という世界的にみても異例な値を示しています。

ところが、島のリン鉱石には当然限りがあります。

20世紀後半~21世紀初頭には掘り尽してしまうと言われていたため、
ナウル政府ではオーストラリアにナウルハウスというオフィスビルを建て、
ナウル航空という航空会社を作り、新たな収入源を得ようとしました。

しかし運営は放漫経営でどれも失敗しました。

それならと、今度は、海外からの資金流入と国際金融業の参入を狙って、
ほぼすべての規制を廃し、一大金融センターにしようと試みましたが、

こちらは、マネーロンダリングの格好の抜け穴となったため
アメリカ合衆国からの批判によって、頓挫。

対テロ戦争以降は、オーストラリアが受け入れたアフガン難民などを
引き受けることで、収容料を稼いだり、
外国政府の経済的支援の見返りにしましたが、
今度は、島のホテルは難民で満室となり、

もう一つの主力産業と考えていた
観光客が渡航できなくなってしまいました。


このような、新しい産業育成に向けて
国は手をうとうとするのですが、

それ以前に、
そもそも働かなくてもお金がもらえた
ナウルの人たちに「働く」ということを
教えるところからはじめなくてはいけない。
すなわち、ほとんどの国民が働くことを知らないという現実を
なんとかしなければならないというのが最大の課題です。

政府はこの状況に歯止めをかけるために、
国内の小学校の高学年で働き方を教える授業を行って、
将来の国を担う子供たちの労働意欲を養っていこう
という対策がなされています。

ただしこちらについても、
現在のナウルには、企業がほとんどないのと、
インフラストラクチャーが整備されていないことから、
外国企業の誘致さえままならないという状況のため、

現在労働の主力となるであろう、成人男性に関しては、
何の対策も施せない状況が続いているのです。


そんななか燐鉱石の産出がいよいよジリ貧になり
2003年早々には賃金未払いの外国人労働者が暴動を起こし、
連動して、難民も暴動を起こします。
そんななか、アメリカに入院していた大統領が死に、
政情不安が続く中で、
2月21日、イギリスBBC放送が諸外国からナウルへの通信が
途絶したとのニュースを配信します。

これに対して各国は、テロか、クーデターかと
心配をしましたが、
ようは大統領官邸にたった1台あった
国際通話ができる電話機が資金的な事情で
通信設備が維持できなくなったということなのです。

「国ごと音信不通」という前代未聞の状態に
なってしまったのでした。

政情不安や財政の破綻などは尚続き、
今までも、インフラストラクチャーの整備が
なされていないこということから、
電力不足、燃料不足、飲料水不足などは深刻化しています。

島の大部分は鉱石を獲ったため巨大なクレーター状態で、
人がすめない不毛の土地です。

主たる産業どころか企業も存在しないということで、
現在は諸外国からの援助が唯一の外貨獲得源となっているのです。

また、こちらも後述するツバル同様
海面上昇に悩まされている国でありますが、

それを解決するために国連に1999年に加盟しようとします。

ところが、今まで、資本提携や資金の援助から
ナウルは中華民国を中国の正当な国家と認めていたため
中華人民共和国の妨害にあって、加盟があやうい状況でした。

が、国連加盟をした後の2002年中華民国と国交を断絶し
中華人民共和国と国交を結び、
この時に1億3000万ドルの援助を引き出しました。

ところが、2005年に中華人民共和国と再び国交断絶し
中華民国と復交し、翌年に中華民国の援助で
ボーイング737旅客機を購入したりしていて、

ここら辺の動きもなかなかシタタカな国であります。

ただ、問題の根本は、
資源の枯渇〔または資源採掘のコスト上昇などによる
採算割れによる採掘の停止〕です。

これを何らかの方法で乗り切ろうとするのは、
実は、石炭採掘に依存していた北海道や
筑豊などに、いくらかのノウハウがあると思うのです。

また、石炭採掘のために高層建築がたてられたものの、
現在は無人の廃墟と化してしまった
当ブログで何度か登場しましたけど

軍艦島の姿とも重なったりして…




そして、ナウルが面積世界第三位のミニ国家なら
第四位なのがツバルです。

人口でいうと、バチカンの次に少ないことになります。
〔ニウエは独立国として承認している国が
ほとんどありませんので、のぞきます〕
上富良野の人口よりも少ないですね。


南太平洋のエリス諸島に位置するサンゴ礁の島国で
英連邦王国の一国でもあります。
国名は、ツバル語で「8つの島」という意味で
1978年にイギリスから独立した時に、地域で人が住める島が
8つだったことに由来しています。

そして、この国名には8つの島の人達が協力して
国を作っていこうという意味も込められています。
現地語でTUは「立ち上がる」、VALUは「8」の意味です。

国旗のデザインも、英国連邦をあらわす
ユニオンジャックと、現在人が住んでいる
9つの島を☆で表しいいます。

この国のことをラジオ番組で話すテーマとしたのは、
この国の海抜が最大でも5mと低いため、
海面が上昇したり、地盤の沈下がおこれば、
国の存在そのものが脅かされるということなのです。


もとより、土地がとても貧弱で農業には適していないのに加え、
飲み水に適した水はほとんどなく、
タロイモ、ココナッツ、バナナなどが
自給のために生産されている程度です。

しかも、近年では、潮の高いときには地中から海水が湧き出し、
畑に侵食してわずかながら栽培をされている作物が
被害を受けたりとか、
なけなしの井戸の水も淡水から塩水へ変化しつつあったりと
早急の対策を国は求めております。

また、砂浜が削られたり、海岸の植物が倒されたりなどの
海岸の侵食の進行であるとか
海水温の上昇によってサンゴ礁が白化することで、
魚のすみかが減り、漁獲高が減少。
ツバルで観光とともに主産業といえる漁業にも
大きな影響を与えています。


2004年2月中旬には、異常な高潮によって
島の建物・空港などが侵水しました。

このニュースは日本国内でも報道をされたので
映像をみた人も多いのではないでしょうか。


またミニ国家の多くがそうなのですが、
マニアや収集家を狙って、切手とコインの発行もしていますし
海外からの労働者の送金も財源として大きな部分をしめて

前述のナウルで働くツバルの人も少なくないそうです。

が、ナウルのリン鉱山は前述の状況ってことで
ツバルの労働者を国へかえそうとしています。


また、これまたナウルとの記述と重なるのですが
ツバルも、中華人民共和国ではなく、中華民国を
国家として承認していて、
その見返りとして得ている援助金も
国を支える財源のようです。


また、最近では、
国に割り当てられているトップレベルドメイン名が
".tv"であることを利用して、この「.tv」 をリースすることで、
収入を得るようになり、
この収益をもとに、国連加盟をはたしました。






今回の太平洋・島サミットでも話題となるでしょうが、
日本がこのような諸問題に対して、できることは何か

と、いうことなのです。


ツバルでは、こんな例があります。

ツバル電力公社はツバルの電力供給を担う会社ですが、
今までは、ディーゼル発電でまかなっていました。

ディーゼル発電では、軽油を燃やしますので
二酸化炭素が発生します。

そんなツバル電力公社に対して、関西電力は
2007年5月28日に5,000万円をかけて
出力40kWの太陽光発電設備を設置すると発表して、
2008年2月に運転開始をしました。

この電力で、ツバル約1,700世帯のうち
50世帯の電力がまかなえる予定なのに加えて、

温暖化被害の象徴として、国連に訴えをおこしていた国に
新エネルギー技術を伝える設備が設置されことにも
なったのでした。

世界の問題に対して、何ができるのか
というのを考えることこそが
改めて大切だと思いまし、

そんな遠い国々の抱える様々な問題について
多くの人が認識ができる、よい機会に
今回の太平洋・島サミットが
なってくれれば、と思うのです。




来週も島サミットのお話です。
今回のお話し出来なかった
島サミットの具体的な日程などの追加情報ですとか
参加する国々についてのさらなる紹介を
したいと思います。

お楽しみに。




チベットに対する提案は以下の通り。
(1987年、アメリカ議会の人権問題小委員会での「チベットに関する5項目の和平案」)

・チベット全土を平和地域とする
・チベット民族の存続を脅かす中国の人口移動政策を放棄する
・チベット民族の基本的人権および民主主義に基づく自由を尊重する
・チベットの自然環境を保護し、回復させる。チベットでの核兵器の製造、核廃棄物の投棄をしない
・チベットの将来の地位について、また、チベット人と中国人との関係について、真剣な交渉を開始する

そして、チベット人による本当の自治権が得られれば独立は求めないと譲歩しました。(1988年、「ストラスブール」提案)



ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へのリクエスト・メッセージは
〒076-0026富良野市朝日町5-17レストランふらの広場内「ラジオふらの」
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2775

リクエストなどは
当ブログのコメント欄でも
受け付けています。

よろしければ。
さっぽろのイベントを無事終了し
ドミニカでカレーを食べた後、
知人を家までおくり、畏友GMクンと向かったのが
栗沢温泉でした。


札幌からこちらにむかう時は
たいてい、大谷地~南幌~岩見沢の間は
国道と道道を経由してすすみますし、

富良野から札幌の南部に高速を使わないで
行く時は、早く行くことができるので
重宝をします。

そんな経路から少しはずれた道道88号を
万字~丁未峠~夕張方面に向かっていくと、
「宮村」の集落入口を示す青看板があります。

たいていヲタな僕は、この看板をみると
「直球で行こ~!」などと言ってしまうのですが…。
(元ネタがワカる人は、お友達になりましょう。)

この看板からしばらく行くと、
「栗沢温泉」の案内看板がありまして、ここを右折。

勾配のついた道をしばしすすむと、
少しだけうっそうとした林や山がありまして
そんな山を背おった形で一軒宿が見えます。

札幌から1時間少々で行けるのにもかかわらず、
あたかも十勝の秘湯のような趣が
まずはお気に入りなのです。

「栗沢温泉」は規模はそんなに大きくないのですが、
開湯は1909年と古い歴史を持っていて、

湯温の低さから湧かしていますが
それでも泉質がいいので、
休日とかは結構混雑しています。

湯銭を払って、脱衣場にいくと
先客は、2人程度。

これなら、比較的小さい浴場でも
それなりのスペースはとれるかな…と
思ったっけ



中に入ったら6人くらいの人が…

そういえば、こちら脱衣籠の他に
扉のついたロッカーもあったっけ
(と気付いたのは、出た時でしたが)

ま、ともあれ四十一湯目であります。

で、泉質がいいと前述しましたが
なんたって、軽く硫黄臭がただようところも
いいですが、入った時の
すべすべする感触が、

多分空知の温泉では、こちらだけなのでは
ないでしょうか。

このすべすべが
クセになる感じであります。

湯槽は銭湯風の長方形のものですが
岩がごろんと配置されていたりするところも
なかなかいい感じです。

しかも、カレーを食べたあとに
温泉にいくといつも思うのですが、

唇とかに残った辛さの刺激が
甦ってくるのですよ。

これってね血行が良くなることと
関係があるのでしょうか。

などと考えたりもして、


が、

今回はいかんせん中にいる人が多かった。


と、いうことで、後ろ髪を引かれながら
30分くらいでこちらを後にしたのでしたが

湯銭を払うところで
「早いねー」と言われてしまいました。

ま、今度はもう少し人のいなさそうな時を
狙って、ゆったりとしに行きますよ。


でもって、続いていったのが
十勝岳温泉 カミホロ荘であります。

GW中は、5/3にイベントで札幌に行った以外は
ずっとおシゴトでしたが、

シゴト終了後のお楽しみってことで、
行ったのでした。

なんといってもこちらの魅力は
露天風呂から見える景色が
西向きに開けているということ。

だから、ここからみる夕焼けの景色が
絶品なんですよね。

ニガいお湯も
ヒバ張りの床や壁や湯槽もコミで
サイコーですよ。

この日も夕焼け空を
ぼーっとみながらお湯を楽しんでいると

一緒に湯につかっていた観光客(推定)3人が

「まじヤバい」「まじヤバい」を
連発していましたし。


そんなのを聞くと、
車で30分で、こちらに入りに来ることができる
地元民で良かったな~などと
思うのです。

四十二湯めでした。

ってことで、お湯に満足をしたあと
中富良野の「ほしの希」でラーメンを喰って
自宅へ戻ったのでした。






ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市・上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2775

リクエストなどは
当ブログのコメント欄でも
受け付けています
☆「スープカレー専門店 ドミニカ」
(北海道札幌市中央区南1条西6丁目三谷ビル1階)

畏友GMクンらと
サッポロのイベントに行ってまいりましたが、
行く前から
「イベント終わったらBにいかないっスか」
との彼の発言に賛同をして、
Bに行くのを楽しみにしていたのです。

ってことで、イベント終了後
(イベントでは、当ブログの記事を加筆修正して
冊子にしたものを頒布しました。
お世話になったみなさまにおかれましては、
大変ありがとうございました。)
GMクンらで、近所に車を停めて、
Bに向かったのです。

時間は14時少々前くらい。





店外に7~8くらいが待っております。
サスガGW。

カレーを食べる気満々とはいえ、
午後二時近いのに、しばらく待つのはツラい

ってことで、転進をして訪れたのが、

ドミニカであります。

こちらは東急ハンズの横のある雑居ビルに
店舗があるので、Bからもほど近いのですが、
こちらも、雑居ビルの中にある廊下まで
人が待っていましたが、

待っている人数が2人ってことで
決定をしました。

待つことしばしで、店内に入れました。

赤を基調とした内装に
天井に張られている太さがさまざまな
竹がいい感じであります。

メニューを見ると、
4色のカレーからスープを選ぶのですが、

ここからすべてが始まりました 黄
濃厚でコクの深い味わい 黒
トマトベースのさっぱり系 赤
スパイスわきたつ豆乳のまろやかさ 白

そして、具は

チキンは1000円
野菜850円(黒・赤・白 950円)
トントロ900円(黒・赤・白 1000円)

おすすめメニューの
トロトロポーク

今月のメニューの
ラムロースト

辛さは、10段階からの選択で
6番から追加料金。


しかもこの日は、ドミニカ3周年を祝しての
感謝祭ってことで、

トッピング
(手作り野菜ぎょうざ・野菜のかき揚げ(エリンギの天ぷら)・とろ~りチーズ
パリパリ焼きチーズ・オクラ)
ドリンク
(ペプシコーラ・ジンジャエール・ウーロン茶・
100%ジュース(パイン・オレンジ・ぶどう))
ライス
ライス大盛り

がそれぞれプレゼントされるという
サービスつきであります。

その他のトッピング
フライドオニオン60円・オクラ80円
串玉ねぎ揚げ100円・とろ~りチーズ100円
焼きチーズ 120円・納豆ぎょうざ120円
フィッシュフライ150円・トントロ250円・チキン250円


というわけで、
黒のトントロ・辛さ6番・エリンギ天ぷらのトッピングで
オーダー。

GMクンは赤の豚トロトロ
知人は黒のラムローストを
それぞれオーダー。

こちらのお店にはお客さんの感想が書かれた
ノートもおかれていますが、

そんなのわ眺めたり談笑をしながら
さらに待つことしばしで


登場


おおお。

これは黒い

こんなビジュアルがまずはいいですね。

しかも、この黒さにゴマが散らされているってのが
これまたいーっスね。

でもって、揚げられたタマネギ串が
ささっておりまして、

うーむ。いいっスなー。

ライスはターメリックで色づけされたうえに
タレ付きで照り焼き風に仕上げられた
トントロが乗っています。


ってことで、スープを
スプーンで掬っても、黒いですし
しかも調サラサラですよ。


スプーンですくって、口元までもってくると、
さらに香りがぷ~んと立ち上ってまいりました。


ってことで
ぱくっ



!!!


うぉぉぉぉおおお

こりぁあ、濃いっすねー

そして

!!


か、か、辛い~

比較的早い段階で
辛さのパンチが続いてきいてきます。

濃いのは、コクとウマ味が
ギュッと濃縮されているって感じなので、

辛さが出てきても、
辛さに負けていない感じなのです。
これは、複雑な味とあいまって
辛さと調和が取れている感じなのです。


しかも、こんなスープには、
しっかりとした具のウマ味がいいですよ。

タレ付きで照り焼き風に仕上げられた
トントロは、これ単品でも
絶妙な柔らかさと旨みが
僕的ツボデアリマシタし

このタレの具合が
カレーの濃さにも負けておりません。


器から突き出たような
揚げタマネギくしを引っ張ると、
下から、半分に切られたジャガイモがついてきました。

じゃがいもはホクホクで皮付きなところが
またニクい感じですが、

衣がついて揚げられた玉葱って、
串カツの箸休め的な存在としても好きですし、
単独で食べても、玉葱の甘みが引き立てられるということで
こんなカラくも刺激的なスープにあいまして

いいですねー。

アマいといえば、ニンジンのアマさも
際立ちますしニンジン

これまたカボチャのアマさも
いい感じでありますよ。

ネギとかゴマが散らされているところも
濃いカレーに、タレツキ照り焼き風
濃い味付けの豚トロといったメンツのなかに
一幅の清涼をもたらす
アクセントになってよろししいですね。

ターメリックライスも
そのままカレーに付けて良し

タレがのっかっているところを
カレーに浸して
あわせて食べて良しと

色々なバリエーションで食べることができるってところが
これまたお気に入りであります。


いいですねー
辛いですねー

コクありますねー

パンチありますねー

幸せっスねー


と、いうことで大満足をしながら
最後のしめである
ライスをスープに投下して

攪拌して一気にぱくぱくっと
いきます。


これがウマいんだ。ホントに。


GMクンらもオイしそうに
食べていたということで、良かった良かった。

楽しいイベントを締めくくるってことで

そんなのもコミで大満足でありまして、

このまま栗沢温泉へ向かったのでした。




☆「スープカレー専門店 ドミニカ」
(北海道札幌市中央区南1条西6丁目三谷ビル1階)
◇営業時間◇ 11:00~22:00 (L.O.21:30)
◇定休日◇ ? ◇駐車場◇ ?




あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。

当ブログによせていただいたコメントも、さしさわりがなければ
番組内で紹介させていただきます。


あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2771
追、4月18日のことですが
当ブログでも何度か話題にのぼっておりますが、
元HBCのアナウンサーにして、ファイターズの球団スタッフ
岩本賢一さんの奥様でもあります、モリリンこと森理恵さんが、
「女の子の赤ちゃん出産」 と発表されました。
彼女は、3月29日まで、
生放送で頑張ってらしたんですよね。
ご出産おめでとうございます。
先週、当番組ならびにブログで紹介をした
太平洋島サミットと、北海道ご当地カレーエリアネットワークの
コラボレーション企画です。

この日に僕はシゴトが入ってしまったので
残念ながら行くことができなかったのですが、

北海道新聞で紹介されていました。

「ご当地カレーでPR 島サミット向け道エリアネット(05/03 07:28)

【占冠】カレーで町おこしを目指す道内八地域でつくる「北海道ご当地カレーエリアネットワーク」が二日、結成後初のイベントを上川管内占冠村で開き、五月下旬に同村で開かれる日本・太平洋諸島フォーラム首脳会議(太平洋・島サミット)をPRした。
 イベントでは、札幌、富良野、苫小牧、士別など八地域の特産を具材にしたオリジナルスープカレー二種類を用意した。
 同村の農村公園を会場に一杯五百円で販売し、売り上げの一部をサミットのために寄付した。
 会場を訪れた旭川市の公務員笹原照康さんは「素材の組み合わせが新鮮」と具材たっぷりのカレーを味わっていた。

とのことです。

カレーイベントに関わっている
北海道ご当地カレーエリアネットと
上川管内を結びつける記事が、
「北海道じゃらん」で紹介されていました。

5月4日 オンエアー 第212回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
での、コーナー「富良野印度化計画」であります。


「北海道じゃらん」の5月号です。

見出し文字の下のリードには
このように書かれています。

「じゃらん編集部では、美瑛から占冠まで(6市町村)の国道237号線(一部38号線)を「富良野・美瑛カレー街道」と名づけ、様々な新・ご当地カレーが味わえる食のゾーンを創りたいと考えている。現在『美瑛カレーうどん』『富良野オムカレー』『なんぷエゾカツカレー』の3つが誕生しているので、今年は、何度かドライブに出かけ、ぜひ3食制覇を!」

そして、それぞれのカレーのルールであるとか
メニューを提供している店舗の情報とかが
おいしそうな写真とともに紹介されているのです


リード文の記事は以下の通り
「美瑛カレーうどん」
「こだわり食材 美瑛産豚肉の特徴はなんといってもやわらかく臭みがないこと。麺は強力粉「香麦」を使っているのでコシがありますよ。美しい田園風景とともに味わってください。」
2005年7月2日誕生から累計約8万食
「下川町はうどん、富良野はカレー、じゃあその中間にある美瑛はカレーうどんだ!というひらめきから生まれた「美瑛カレーうどん」は斬新な「つけ麺スタイル」。町の有志たちによる活動熱心な「美瑛カレーうどん研究会」は、さらなるおいしさを目指し、美瑛産豚肉をつかうことを条件に加えるなど、この春、定義・ルールを一心した。」

「富良野オムカレー」
「卵は10軒中9軒が富良野市郊外「大西養鶏場」のものを使用。生か半熟が最も美味です。また、チーズや牛乳、ワインといった特産品も使うことにしています。」
2006年3月20日誕生から累計11万1600食
「市職員による「食のトライアングル(農・商・消)研究会」の仕掛けで誕生した「富良野オムカレー」。スパイス以外の食材は全て地元産でまかない、「大西養鶏所」の卵や「漬物屋ますぞう」の福神漬けといった、地元でしか食べられない食材を使っているお店も多数。」

「なんぷエゾカツカレー」
「道内1~2位の収穫量を誇る南富良野ニンジンは、とにかく甘い!適切に処理したエゾシカ肉はクセがなく、牛肉の赤身にも似た味と食感です。」
2008年5月15日誕生から累計1万食
「北海道の新しい食として注目されているエゾシカ肉を、誰でもおいしく食べられるようにと開発したのが、この「なんぷエゾカツカレー」。試行錯誤の末に生まれた、薄く叩いたシカ肉とカツとカレーのゴールデンコンビ。南富良野の顔になる日も近い。」


そして、それぞれ紹介されているお店ですが、

美瑛カレーうどん
・ペンション&レストラン 丘の宿こえる
・そば天
・お食事処 戀や
・道の駅びえい「丘のくら」
・だいまる
・アンテナショップ香麦
・美瑛産直工房フレッソ(ふるさと市場内)

富良野オムカレー
・くんえん工房Yamadori
・山香食堂
・カフェ&ビストロ パニエ
・民宿・お食事 正直村
・味処 笑楽亭
・朝日のあたる家
・てっぱん・お好み焼き まさ屋
・新富良野プリンスホテル「レストラン十勝」
・レストランR‘s
・レストラン ノルドゥ

なんぷエゾカツカレー
・旅籠や・れすとらん なんぷてい
・食彩茶房 リゾートイン
・居酒屋 あぶり屋
・道の駅南ふらの「ごはん家ラーチ」
・道の駅南ふらの「さっちゃん」
・魚鬼や
・そば処 おち庵


と言った情報にピンときましたら、
まだ書店やコンビニエンスストアで売られていますので、

それぞれの写真を見てお腹をぐーぐーにして

足を運んで、その魅力に
ハマってくれればな、

と思っていますよ。

よろしければ。



あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。

当ブログによせていただいたコメントも、さしさわりがなければ
番組内で紹介させていただきます。


あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2771
当ブログでも何度か紹介をしました
留萌管内にネットワークをしている沿岸バスと、
こちらの会社の今年の目玉商品
「萌えっ子フリーきっぷ」の話を
先日当ブログでしましたが、


5月5日のYOMIURI ONLINE北海道発で
このような記事を見つけました。

沿岸バスのフリー切符「萌えっ子」大当たり

留萌市や豊富町などでバスを運行している沿岸バス(羽幌町)が旅行者向けに企画した「萌(も)えっ子フリーきっぷ」=写真=が人気を集めている。利用者減少を食い止めようとの狙いだったが、留萌市にかけて「萌える」美少女キャラクターを作ったところ、道外からも申し込みが殺到。思わぬ反響に同社も「これを機会に乗客が増えてくれれば」と期待を寄せている。

 同社は国鉄羽幌線(留萌―幌延間)の廃線を受け、1987年から代替バスを運行している。しかし、周辺の人口減少で利用者も年間100万人程度と、廃線時の半分以下に落ち込んでいるという。

 こうした中、旅行客の取り込みを目指して企画したのが「萌えっ子フリーきっぷ」だ。「旅行客用なので遊び心があるものにしたい」と考案。2人の美少女キャラクターは、入社2年目でカラオケ好きのバスガイド、豊岬あゆみ(19)と、実家が牧場で甘いものに目がない南沢みるか(18)で、いずれもエリア内の地名から名付けた。

 発売は5月1日からだが、4月にホームページなどで告知したところ、本州を中心に沖縄などからの申し込みが計約150件に達したという。1日券(2300円)と2日券(3200円)の両方を申し込んだ人も多く、同社は「切符を買った人には、ぜひこの地域を訪れてほしい」としている。

(2009年5月5日 読売新聞)



さて、こちらは、沿岸バスのホームページにある
萌えっ子フリーきっぷの
情報でありますが、

タイトルからしてイカしてますよ。

増毛☆豊富 日本海ふさふさ街道「萌えっ子フリーきっぷ」

ローマ字記述が
Zomo&Houfu Japan2323LIne
“Moekko Free Ticket”
ですから、

増毛(ぞうもう)→豊富(ほうふ)ってことで
ふさふさ街道ですか。

やりますな。


ってことで、ホームページには、こんな文章が続きます。


留萌支庁管内増毛(ましけ)町~宗谷支庁管内豊富(とよとみ)町間、10市町村・総延長228.5kmの当社指定
 バス路線が乗り放題となる広域フリーきっぷ「萌えっ子フリーきっぷ」を発売します。

 ■きっぷ名
  「萌えっ子フリーきっぷ」
  -増毛☆豊富 日本海ふさふさ街道-

 ■発売期間
  2009年5月1日(金)~2010年4月30日(金)

 ■きっぷの有効期間
  2009年5月1日(金)~2010年4月30日(金)
  1日券・2日券とも上記期間内のみ有効。
  4月30日に2日券を使用しても5月1日は使用できません。

 ■運賃
  1日券 2,300円  使用当日のみ有効
  2日券 3,200円  使用開始日より連続する2日間有効
   なお、両きっぷとも小児運賃等の設定はありません

 ■きっぷの効力
 フリーエリア(後述)内の沿岸バス指定路線が乗り放題となります。
 きっぷ表面にあらかじめ使用開始日を記載のうえ、降車のつど乗務員にご提示ください。
 なお、当きっぷは購入後の払い戻しや紛失時の再発行は行いません。
 羽幌沿海フェリーや沿線各施設の提示特典についても後述します。

 ■きっぷのデザイン
 1日券には沿岸バスの停留所(丸板)を持ったバスガイドを、2日券には豊富牛乳のブランドで知られる豊富町にちなんだ牧場の娘を
 それぞれあしらいました。デザインは札幌で活躍するイラストレーターの佐倉はなつみさんが担当しました。
 両キャラクターのプロフィールや画像使用に関するガイドラインを制定しました。 





でもって、ガイドラインのところにあります、
画像の二次使用の条件を見ましたら


沿岸バス株式会社(以下弊社)の発売する「萌えっ子フリーきっぷ」や弊社ウェブサイト上にて公開している画像を元とする二次制作物については、営利目的以外の趣味の範囲で制作・頒布する場合に限り、一切の制限を行いません。
 但し、弊社の停留所表示板(丸板)を始めとする立体物や車掌制服等の衣服類はこの限りではありません。

 二次制作物について、弊社「萌えっ子フリーきっぷ」や元画像のイメージを著しく損なうと判断される場合は頒布を制限させていただくことがあります。また、公序良俗に反する、若しくは第三者の権利を侵害する二次創作物の頒布は許諾いたしません。


 以上を踏まえた上での二次使用については歓迎いたします。事前・事後でも構いませんので使用等の旨をご一報ください。当件に関するお問い合わせEメールアドレス 2323_moekko@engan-bus.co.jp (@は小文字に置き換えてください)

 ■お問い合わせ
  沿岸バス株式会社
   〒078-4103 北海道苫前郡羽幌町南3条2丁目2番地の2
   TEL 0164-62-2051  FAX 0164-62-5544 (担当:営業部 斉藤)



だなんて、なんて太っ腹な会社なんでしょう。

スゴい、スゴすぎです。
沿岸バス。


佐倉はなつみさんの絵も
ワカッテラッシャル感じの絵ですからね。


本州を中心に 沖縄などからの申し込みが
計約150件に達したというのもスゴいですし
佐倉さんのファンもいるのでしょうか、
そんなら保管用に買っていたりして。
ま、使うのもったいないって気分も
わかりますけどね。


真面目な話になりますが、
新聞記事の話にもあるとおり
確かに会社自体は、
「国鉄羽幌線(留萌―幌延間)の廃線を受け、
1987年から代替バスを運行して。
しかし、周辺の人口減少で利用者も年間100万人程度と、
廃線時の半分以下に落ち込んでいるという。」

といった状況を抱えています。

あちらこちらで公共交通機関の苦戦であるとか
廃止などの削減が行われている中で、

このような取り組みは、大いに参考になるのではないかと
思います。


が、ただ、安易に時流に乗っかるのではなく、
沿岸バスみたいな、ワカッテイる企画を
たてるという発想こそ

参考にしてほしいと思うのですがね。



あと、ぬれ煎餅の銚子電鉄や
ひたちなか海浜鉄道の車内でも
このフリーきっぷの広告が打たれたそうです。

それぞれ苦戦を発想で乗りきろうとする両社を
応援したいと思うのです。



なんて話を先日畏友GMクンにしたっけ

彼も大乗り気でありましたので、

今度出かけることにします。


ちなみに、ワカッテラッシャル沿岸バスの
HPはこちらであります。

http://www.engan-bus.co.jp/


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市・上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2775

リクエストなどは
当ブログのコメント欄でも
受け付けています
4月27日オンエアー 第211回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」の
番組内でオンエアーをした曲です


♪スローバラード  RCサクセション

一昨日の当ブログでも書きましたが
忌野清志郎さんの訃報を知りました。

思えば高校生の時、学校祭のライブとかで先輩が演奏をしていた
「雨上がりの夜空に」などのコピーを通じて、
RCの音楽を知ったのです。
思えば、高校時代の学校祭での
「♪どうしたんだ~い」「♪ヘヘイベイベー」が、
僕の人生初のコールアンドレスポンスかもしれません。
その後も、音楽好きな友人や先輩後輩が
口々にすすめたという影響で、過去の作品、
それこそフォーク時代までさかのぼって
聞くようになったのです。
それまでも、ロックバンドのことは知っていましたが、
中学生時代というのが、ちょうど「サザン」「ゴダイゴ」「ツイスト」
の時代であったということもありましたので、
日本のロックバンドは外国のロックバンドと違って、
いわゆる良くテレビとかに出ている人って認識がありました。
また、僕がヒネたニューウエーブ小僧で、
中坊のクセに「ヒカシュー」がとか「プラスティックス」がとか
「P-MODEL」がなどと宣っていた
(だから、「けいおんっ!」のメンバーの名前を「きらら」ではじめて見た時、
一気にヲヲヲっと思ってしまい、それ以来のつきあいなのですが…)ので、
テクノ以外の日本のミュージシャンって、やはり
テレビスター的にとらえていたのです。
そんなテレビスター的ではなく、
なおかつカッコ良いアーティストの曲ということで
意識して聞いたのは、ニューウエーブ・テクノポップの
ミュージシャン以外としての日本のアーティストでは
RCが最初かもしれません。
どうしても、そんなことを思い出すと
高校時代の一ページって
「僕ら、夢を見たんだ とてもよく似た夢を」
って感じに思えてしまうのです。
中でもこの曲は、曲もセツないのですが
歌詞が脳裏にこびりついて離れないのです。
未だに、車も彼女もない時代に、この曲をきいて
「彼女と手を繋いで車の中でねたいなー」
と思っていた時期のことから、
似たような体験をした時のことまでを、
ぶわっと思い出します。
また、この曲をモチーフとした中森明夫さんの
掌編集「東京トンガリキッド」で
この曲の思い出がさらに補強されました。
そんなこともあったので、
一曲目に「スローバラード」をかけたのでした。
思えばFHFでRCの曲をかけるのは最初でした。
「ラジオふらの」の人気番組「ハッスルするっす」が
健在であれば、きっと特集をしてくれたのにと
こちらも残念なのですが…。





♪初恋 limited marble
TV『初恋限定。―ハツコイリミテッド―』Ed

ネオアコっぽいエレキギターのアルペジオで
しっとりとはじまるや、
クレッシェンドを受けての、
16分の軽やかなシンセのピコポコ音が
馴染む感じでミックスされているサウンドが、まずは好印象。
そして、そこに、ある時は舌足らずなカワイラシい感じで、
ある時はお姉さんっぽいしっとりとした感じで響く、
miccoさんのボーカルやコーラスと、よく馴染んでいます。
総じて、明るくポップで、サワヤカで
丁度今時期の、春の風のようなナンバーです。
ただサワヤカ一辺倒というわけではなく、
伴奏部分とかを何度も聞いていると、
ギターが、イントロで使われた音色以外にも、
ザリッとしたイカにもなエレキの音と
アコースティックギターのカッティングと
ギターの音だけでも何種類も使われていたり
(これはギターの菊池達也さんのコダワリでしょうか)
間奏部分の複雑なギター、ベース、リズムの絡め方とか
コーラスの重ね方に加えて、
要所要所でリズムをビシッとキメているところとか、
そこらへんにも曲作りのコダワリのようなものを感じます。
タンバリンで花が添えられている、
ドラムやベースの軽快なリズムの動きとかも
ピアノの音色や刻みとともに
曲に軽みを与えていますし、
一聴するだけでもよい印象を受けますが
何度も何度も聴くことによって、
スルメのように味が出てくる楽曲かもしれません。
マーブルさんの楽曲は全部そうですけどね。
にしても、現在まだ、僕の中では
ひだまりスケッチハードローテーション期間なので
初恋~よりもひだまり~のエンディングの
映像が頭に浮かんでくるのですがw





♪ Don‘t say “lazy” 桜高軽音部
「平沢唯、秋山澪、田井中律、琴吹紬」
(CV豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子)
「FURANO History Factory」5月のマンスリーパワープレイ
TV『けいおんっ!』Ed

ギュンギュンッと鳴り響くギターサウンドと
引き締まったタイトなドラムのビートに
腹にくるソリッドなベースラインと、
キャッチーでエキセントリックなサウンドの
シンセサイザーに、
強がってる感が漂う女の子のボーカルが
のっかるという、
もうなんというか、王道という言葉以外見つかりませんが、
そんなサウンドがまずはストレートに気持ちよく
かつかっこ良いのです。
しかも、実はギュインギュインのギターは
唯ちゃんが弾いている…とか
ソリッドなベースは澪ちゃんが弾いている…とか
このビートを律ちゃんがタタいている…とか
このプログレっぽいエキセントリックなシンセを
ムギちゃんが…
なんて画が浮かんできてしまって、もう、タマリマセン。
スイマセン、ワタクシ、ダメ人間確定ですな。
また、メインボーカルをとっている、澪役の
日笠陽子さんの歌い方が、これまた
わかってらっしゃる歌い方ですし、
頬を赤らめながら、決意をして
緊張と戦いながら歌っている澪の画が
浮かんでくるようで、
ほんとダメ人間ですいまそん。
「スローバラード」のところで、
「「P-MODEL」がなどと宣っていた
(だから、「けいおんっ!」のメンバーの名前を
「きらら」ではじめて見た時、一気にヲヲヲっと思ってしまい」
などと書きましたが、
リーダーで、現メンバーのGt.平沢 進さんに加えて
Ba.秋山 勝彦さん Dr.田井中 貞利さん Keyことぶき光さんが
それぞれいらっしゃったので、
ヲヲヲヲと思ったのでした。
しかも、唯と進って…
へんしか違いませんし…
かきふらいさん、やりますね。





♪PRIDE OF GLORY  水樹奈々
「深愛」カップリング
TV『ラジかるッ』Ed

ズーンと腹底に響く深く低い音の後、
16分音符のシャキシャキしたリズムの音と
深く太いキックの4部音符の組み合わせに
バロックっぽい旋律を奏でるシンセの甲高い音が絡まった
ユーロビートっぽい文法で、曲はすすんでいきます。
全体的にアップビートなダンサブルなサウンドで、
そんなメリハリの効いたサウンドに
水樹さんのハキハキとしながら
伸びやかで艶っぽい歌声が、実によくはまります。
基本キックは4部音符を刻んでいるのですが、
バロックっぽい早いパッセージのところで
シンコペーションのリズムになるので、
リズムが強調されることで、特に印象深く残ります。
間奏部分で、シンセで演奏されているような
バロックっぽい音階をそのまま
エレキギターとユニゾンで演奏したりするところも
これまた伏線的な盛り上がりを感じますし
ナカナカやりますね、こういう音の使い方は好みです。
歌詞も日本語に聞こえる英詞を取り入れていまして、
「Astrogation」の続編にあたる曲でもあります。
そんな言葉遊び的な技の使い方も好みであります。
今まで、水樹さんの歌声の魅力は
伸びやかに朗々と歌われるところにくわえて、
そんなおっとこまえなボーカルをつかいこなしながら
かわいらしくハカナゲにも歌うことが出来る
芸幅の広さにあると思ったのですが、
この曲をきいて、実に低音も伸びやかにでてきて
この低音のさりげないウマさや印象が
高音を伸びやかに朗々と歌われるときに
効いてくるのだなあと、
再認識をしたのでありました。
ウチかえって、またライブDVD見よーっと。





♪集結の園へ   林原めぐみ
『CR新世紀エヴァンゲリオン 〜最後のシ者〜』イメージテーマ

教会音楽のようにも、ゴシックオペラのようにも響く
大仰なアカペラコーラスにはじまって
残酷な~を思わせるようなキレの良いバンドサウンドへ
チェンジをしていく展開ですが、
その冒頭コーラスが、曲中、間奏などで
音が最初はフィーチャーされていきながら、
最後のサビ部分とか、後奏で、
すっかりと融合されてひとつに収斂させていくところとか
上質の小説の伏線を楽しむようで、
まずはウマいですね。
間奏部分では、巨大工場を思わせるような
ノイズがフィーチャーされながら
次第に6/8のビートになっていきながら
ジャジーな響きになっていくのも、
なかなかステキな演出ですが、
(エヴァ曲でジャジーな響きの曲を聴くと
「幸せは罪の匂い」とかを思い出してしまうのですがw)
その後、Cメロを経由して、
そして再びサビへって構成も見事ですよ。
当然林原さんの歌声は、いつもどおりの
鉄板で元気になれるバージョンの歌声ですから、
これはまたいいですし
「おかえりなさい」と「おやすみなさい」というメッセージが
脳裏に刻み込まれますね。
作曲を担当したのは、『残酷な天使のテーゼ』を歌った
高橋洋子さんの実弟、たかはしごうさんです。
彼の楽曲と林原さんの歌声にも、親和性を感じますね。
林原さんの曲に「エヴァンゲリオン」関連のタイアップが付くのは
以外なことに初めてだそうです。
ま、確かにキャラソンとかで歌声を沢山聞いていましたから
そう勘違いするのもナットクですか。
オリコンのウィークリーチャートでは
7位に入っていました。





このような曲をかけているFHFですが
リクエストも受け付けています。

リクエストは、このブログのコメント欄でも
受け付けます。

よろしければ。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17
レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2771
2009.05.05 春爛漫
FHF
週末、気温が一気に上がったことで
気がついたら、桜の花がほころんでおります。

最初気がついたのは、職場から見える公園に植えられている
桜の木でしたが、
え?と思ってあちこちに目を移すと
あちらでもこちらでも
淡い桃色の花を咲き誇らせておりまして、
改めて、気がついたというわけです。

また、少し前から、山とかには、こぶしの白いはなが
ほころんでおりまして、

こぶしの花をみると
「こぶし咲く、あの丘、北国の」
といった、超有名な歌詞のフレーズを
思い出します。

春ですね~。

平地の桜が終わっても、
少し山や丘のほうへ行けば、
丁度見頃の桜の木もありますから
しばらくは楽しめそうでアリマス。



5月4日オンエアー 第212回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
放送を終えました。


今月末に管内で、
大きいイベントがあります。

こちらは、北海道のホームページにあった
イベントの紹介です。



太平洋・島サミット開催

2009年5月22日~23日 占冠村トマム

北の笑顔がお迎えします
ようこそ、パシフィック・アイランズ!

北海道で描く島の未来図

5月22日、23日の両日、占冠村トマムで第5回日本・太平洋諸島フォーラム首脳会議(通称:太平洋・島サミット)が開催されます。

この会議は、「太平洋諸島フォーラム」に加盟している16の国、地域の首脳と日本の総理が一堂に会し、太平洋地域の様々な課題や開発のあり方などについて話し合いを行うものです。

現在、道では、初めて来道される南の国々からの皆様をおもてなしの心を持って、お迎えする準備を進めています。会議の成功に向けて、道民の皆様の幅広いご協力をお願いします。  

● 来道される国・地域(太平洋諸島フォーラム加盟国・地域)
14カ国・オーストラリア連邦、ミクロネシア連邦、フィジー諸島共和国、キリバス共和国、ナウル共和国、ニュージーランド、パラオ共和国、パプアニューギニア独立国、マーシャル諸島共和国、サモア独立国、ソロモン諸島、トンガ王国、ツバル、バヌアツ共和国
2地域・・・クック諸島、ニウエ

1 会議名 第5回日本・太平洋諸島フォーラム首脳会議(通称「太平洋・島サミット」)

2 開催年月日 平成21年5月22日(金)~23日(土)

3 開催地 上川支庁管内占冠村トマム

4 目 的 政治的に独立を達成した太平洋島嶼地域の現在の諸課題の解消に向けたパートナーシップ強化

【参考:これまでの開催状況】
区 分   開 催 日 時  開  催  地
第1回 1997.10.13  東京都
第2回 2000.4.22  宮崎県宮崎市(シーガイア)
第3回 2003.5.16~17 沖縄県名護市(万国津梁館)
第4回 2006.5.26~27 沖縄県名護市(  〃  )


太平洋・島サミット開催に向けての取り組み

○上川支庁
・「富良野スノーフェスティバル」ステージイベントで、島サミットに関するクイズ大会を実施(2月7日)
・上川支庁管内の7つのイベント会場でPRチラシなどを配布(2月7~15日)
・上川合同庁舎に懸垂幕及びカウントダウンボードの設置(2月13日)
・上川支庁管内小中学校等にポスター原画コンテストチラシを配布(2月17日~)
・旭川空港及び道の駅あさひかわに横断幕の設置(3月10日)
・富良野文化会館、上富良野町役場、中富良野町役場及び南富良野町役場に懸垂幕の設置(3月24日)
・上川支庁管内公用車に啓発用マグネットシートの貼付(3月30日)
○占冠村
・太平洋・島サミット占冠村住民会議 準備委員会(12月24日)
・太平洋・島サミット占冠村住民会議 設立総会(1月20日)
・太平洋・島サミット3ヶ月前記念フォーラム(2月23日)
・太平洋・島サミット子どもフォーラム in 占冠(5月2日)

続いてこちらは、
外務省のホームページからです。

平成21年5月22日、23日に北海道トマムで第5回日本・太平洋諸島フォーラム(PIF)首脳会議(太平洋・島サミット)が開催されます。この会議は、太平洋州島嶼諸国との関係を強化し、同地域の発展に共に取り組むことを目的として1997年より3年毎(1997年、2000年、2003年、2006年)に実施されています。
 太平洋島嶼国と日本との間には、政府開発援助、漁業、青少年交流等、さまざまな分野で協力が行われています。ホームページを通して、より多くの皆様にこうした活動を知っていただき、興味を持っていただければと思います。5月開催する島サミットの概要やそれに参加する太平洋諸島の紹介等について、より詳しくご覧いただけます。

日本と南太平洋フォーラム(South Pacific Forum: SPF 注)加盟国・地域は、当時の橋本総理の主導により、1997年東京において第1回日本・太平洋諸島フォーラム首脳会議(通称:太平洋・島サミット)を開催し、首脳レベルでの対話を構築しました。その後、日本は太平洋島嶼国地域との関係を強化し続けており、2000年には森総理の下で宮崎にて第2回首脳会議を開催したのに続き、2003年、2006年には小泉総理が沖縄にて第3回、第4回首脳会議を開催しました。太平洋・島サミットは、太平洋島嶼国・地域が直面する様々な問題について首脳レベルで率直に意見交換を行うことによって、木目の細かい協力関係を構築し、日本と太平洋島嶼国・地域の絆を強化するための重要な会議です。

(注)2000年11月から、南太平洋フォーラムは太平洋諸島フォーラム(Pacific Islands Forum: PIF)に名称が変更されました。

第5回太平洋・島サミット
 日時:2009年5月22日及び5月23日
 場所:北海道トマム
 参加国:日本、ニウエ(以上共同議長国)、他PIF加盟国・地域首脳/外務大臣など

北海道と太平洋島嶼国
 第5回会議の開催地となる北海道は、厳しい気候等の自然環境を克服しつつ経済的・社会的発展を目指しており、太平洋島嶼国と共通する背景を有しています。また、これまで北海道が取り組んできた遠隔地及び過疎地における産業振興政策は、今後の島嶼国の持続可能な開発にとって参考になると考えます。第5回会議では、北海道の主催する歓迎行事等を通じ、北海道道民と太平洋島サミット参加者との交流が行われる予定です。

太平洋・諸島フォーラムとは
 太平洋諸島フォーラム(PIF, Pacific Islands Forum):1971年に独立間もない太平洋の諸島諸国の他、オーストラリア、ニュージーランドが参加して発足した地域協力の枠組みで、フィジーの首都スバに事務局があります。2000年10月までは南太平洋フォーラム(SPF, South Pacific Forum)と呼ばれていました。

PIF加盟国・地域一覧 地域 国旗 各国・地域名 面積
(平方キロメートル) 人口 (万人) 独立年
メラネシア
パプアニューギニア 462,000 517.1(2000年) 1975
フィジー 18,300 83.7(2007年) 1970
ソロモン 27,600 50.6(2008年推定) (注1) 1978
バヌアツ 12,200 18.6(1999年) 1980
ポリネシア
サモア 2,935 18.8(2008年推定) 1962
トンガ 747 10.1(2006年) 1970
クック諸島 237 1.8(2001年)(注2) ※
ツバル 26 0.9(2002年) 1978
ニウエ 259 0.14(2008年推定) ※
ミクロネシア
ミクロネシア 701 10.7(2000年) 1986
キリバス 810 9.2(2005年) 1979
マーシャル 181 5.1(1999年)(注3) 1986
パラオ 488 1.9(2005年) 1994
ナウル 21 1.0(2002年) 1968

オーストラリア 7,741,000 2,137.4(2008年) ☆1942
ニュージーランド 271,000 429.6(2009年推定) ☆1947

(注1)1999年調査、(注2)1991年調査、(注3)1999年調査
※クック諸島およびニウエはニュージーランドと自由連合関係にある自治地域
☆英帝国議会のウェストミンスター法を受諾し独立した立法機能取得年

太平洋諸島諸国ってどんなところ?
―諸島諸国の抱える課題
 青い海と美しい自然を持ち、楽園のイメージが強い大平洋諸島諸国ですが、たくさんの課題にも直面しています。

経済的困難
島国ならではの悩み →人口、国土、市場の小ささ、地理的条件の悪さ(国土の拡散。大規模市場からの隔離)
構造的問題 →外国・国際機関からの援助への依存、公的部門の肥大
環境の脅威 温暖化による水没の危機  廃棄物問題
自然破壊(珊瑚礁、マングローブ、熱帯雨林など)
自然災害(台風、地震、火山、噴火、津波)に対する脆弱性
国境を越えた犯罪 マネーロンダリング等国境を越えた犯罪に対する脆弱性
アイデンティティの揺らぎ 
伝統的文化や社会制度と現代的な制度や価値観の共存の難しさ
一部地域では人種・部族間の争い。多人種・民族社会における共存の模索。
グローバル化の中で取り残されつつある存在
デジタル・デバイド  教育の充実の必要性
独立後間もない国が多く、人材育成の必要性大。
初等教育機関の充実と教員の養成が急務。
高等教育機関の不足。高等教育機会提供のための地理的隔離性克服の要。


なぜ太平洋・島サミットを開催するの?
―太平洋・島サミットの目的
 第5回太平洋・島サミットは次の目的を持って行われます。

これまでの協力関係の評価
 これまでの4回の会議を踏まえて行われてきた我が国とPIF諸国間の協力関係を改めて評価します。

今後の協力分野を探る
 前回のサミット以来の国際社会の情勢変化を視野に入れ、将来の協力の方向性を首脳間で議論します。議題については、現在実施中の有識者会合等を通じて検討しているところです。


と、いうことです。

国名を暗記しようとするときに
ネックにあるのが、アフリカやカリブ海諸国とともに
オセアニアの国々であります。

オリンピックなどの入場行進で国名を聞いて
どこ?と思ったら、たいてい上記三地区ですね。

そんな感じで、なかなかオセアニアの島国とは
なじみがないし、接点もありません。

だから、漠然と

気候とか、いいところなんだろうな~

といったイメージ程度しか
出てこないのですが、

それぞれ、民族も異なれば、習慣とか、
産業とか、独立をした経緯なども、
異なってきまして、
一緒くたに語れないところもあります。

また、
問題点のところでも書かれている通り、
小国ならではの問題点を
抱えているところもあります。

そんな特徴のある
ナウルとかツバルとかの話は
かつて、この番組でも
話題にさせていただきましたが、

来週、再来週と
今回の島サミットの具体的な日程ですとか
参加する国々について

紹介をしたいと思います。

お楽しみに。




チベットに対する提案は以下の通り。
(1987年、アメリカ議会の人権問題小委員会での「チベットに関する5項目の和平案」)

・チベット全土を平和地域とする
・チベット民族の存続を脅かす中国の人口移動政策を放棄する
・チベット民族の基本的人権および民主主義に基づく自由を尊重する
・チベットの自然環境を保護し、回復させる。チベットでの核兵器の製造、核廃棄物の投棄をしない
・チベットの将来の地位について、また、チベット人と中国人との関係について、真剣な交渉を開始する

そして、チベット人による本当の自治権が得られれば独立は求めないと譲歩しました。(1988年、「ストラスブール」提案)



ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へのリクエスト・メッセージは
〒076-0026富良野市朝日町5-17レストランふらの広場内「ラジオふらの」
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2775

リクエストなどは
当ブログのコメント欄でも
受け付けています。

よろしければ。
富良野近郊でもっとも知名度が高く
なおかつ混雑をしているのは、

間違いなく、吹上温泉の
露天風呂だと思います。

例の超有名テレビドラマに登場をし
〔この時は演出の関係で白い入浴剤を入れていましたがw〕
それ以来、人気の温泉になったという。

ま、この人気ドラマの放映時は
僕は北海道でも富良野には住んでいませんでしたので
この人気ぶりには「ふーん」って感じでして
特になんとも思っていなかったのです。

が、近くに住むようになって
朝風呂とかで利用をするようになると

その人気ぶりには圧倒されるのです。

たいてい、いついっても、ここに住んでいるんじゃないか
ってたたずまいの車は停まっていますし、

お祭りの準備でテンパった時に
テンパった頭と、前日から睡眠していないまま、
朝四時とかに行っても

たいてい、常連さんか観光客の方が
くつろいでいらっしゃるのです。


が、ひさびさにあのフィトンチッドと
微妙に硫黄香が混ざった空気を
鳥のさえずりをききながらすいたくなった
ってことで、
いってまいりました。

到着したのは朝六時少し前。
もう少し待てば、吹上温泉白銀荘の朝風呂タイムも
はじまってる時間であります。


こりゃあ混でるだろうな~

駐車場に車をとめたら
先客は、ワゴン車を含めてが三台。

ま、いっかーと思いながら、
残雪がカチカチ凍っていて
滑りやすくなっている上に
滑落したら命に別状があるような

そんなところを進んでいきますと




鳥のさえずりに混じって嬌声が聞こえて参りました。

見ると、足湯を楽しむ風の
男の方一名と女の方二名の三人連れ。

なんだか、服を着て、足湯を楽しまれているかたが
三人いらっしゃる中で、
僕だけまっぱになるってのも
少し気後れするなーと思ったのですが、

その三人は、すぐ出て、足とかを拭きだしまして



あれ

貸し切りじゃぁないっすか、


ということで、三人組とすれ違う時に軽く会釈をして

服を脱いだら、
まずは、たいてい常連さんで賑わっている
上にある、湯温が高い、小さい露天風呂に入ります。

第39湯めであります。

こちらは、アツいを通り越して
イタいと感じることありますし

そんなイタさになれれば
だんだんヨくなってくるんだよなー。

などと警戒をしながら

足をいれる。


と、



あれ、

そんなにアツくない。

見れば、普段ならお湯がじゃーじゃーとアフれている湯口には
軽くセンがされていて
そんなにお湯が出ない感じになっていて

適温であります。

こりゃあ、いい。

ふだんは、上の狭くてアツいお湯と
下の広くて少しだけ入りやすいお湯の
2カ所の湯槽のうち、

上は前述のとおり常連さんで賑わっているので
したでまったりとすることが多いのですが

なんたって、今日はすごくレアな
うどんげの花がどうのこうのってくらいの
貸し切りでありますからね、

下も軽く入ったあとは

ずっと上でのへーっとくつろぎましたし

ちょうど上の湯にも、
浅くなっていてねそべるくらいのスペースもあり

そこで、のへーっと空を見ながら
苦みのあるお湯と
青い空、白い雲がかけていく様子と
鳥のちいちいというさえずりと
フィトンチッドの香りをのせて吹く風を

すべて独り占めにしたのでありました。

いやー、これはいいわ。
これで仕事にもハズミがつくわ。


って感じで50分くらい楽しんだのでしょうか
上の方から、声がしました。

この楽しみは、俺だけ独り占めしちゃいれないな

と、思って、温泉から出て、服を着替えて
駐車場へ向かったのでした。

と、駐車場へ向かってすれ違った人は
カップルさんでした。

貸し切り温泉でいい思い出を作ってくださいと思いつつ

駐車場で車に乗り込みこちらをあとにいたしました。

そして、毎月二十六日は
地元「フロンティア・フラヌイ温泉」のフロの日でありまして
一ヶ月有効の入浴券をもらうため
訪れました。

第四十湯目であります。

そうそうこの日は久々に西の湯にはいったのですが、

冬期閉鎖のサイロ風呂が
解禁になっていました。

こんなところにも、春を感じますね。





ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市・上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2775

リクエストなどは
当ブログのコメント欄でも
受け付けています

追 忌野清志郎さんの訃報を知りました。
思えば高校生の時、学校祭のライブとかで先輩が演奏をしている
RCのコピーを通じて、彼の音楽を知ったのですが
〔ちょうど、「雨上がりの夜空に」がリリースされたくらいの
ころでした。〕
その後も、音楽好きな友人の影響で、過去の作品まで
さかのぼって聞くようになったのです。

いわゆる良くテレビとかに出ているミュージシャンではない
アーティストの曲を意識して聞いたのは、
彼が最初かもしれません。

そんなことを思い出すと
高校時代の一ページって

「僕ら、夢を見たのさ とてもよく似た夢を♪」

って感じに思えてしまうのですが。

五十八歳という年齢も、やはり若すぎると
いわざるを得ないのですが

謹んでご冥福をお祈りさせていただきます。
☆「カフェ・ノラ」(富良野市下五区)

4月も下旬でありますが、
こんな時期になりますと、冬期に営業を縮小していたお店も
次第に夏営業バージョンになってまいります。

そんな一軒が、カフェ・ノラさんなのです。

こちらは、ゴールデンウィークから、
平日も営業をはじめるということで、
そんな初日には、フォークロアコンサートも
行われると、北海道新聞に
書かれておりました。

かつては、僕の好きなユニットである
ザバダックも、こちらでコンサートをしたことが
ありましたっけ。

僕はラジオのボランティアが入って、
惜しくもいくことができなかったのですが…

さて、そんなカフェ・ノラの土日営業最後の週に
訪れました。

ま、休日出勤の時の
一服の癒しであることが多いのですが。

富良野のタマネギ畑と、
大きなタマネギの倉庫と、
タマネギ農家さんしかない地域が、
北海道でも有数の生産量を誇る
富良野市のタマネギ栽培発祥の地、下五区ですが、
そんなロケーションに馴染むように立っている、
築60年の古民家を改装した、ギャラリー&陶芸工房が
『野良窯』 さんでして

そこの一角にあるカフェが、カフェ・ノラさんであります。

HBCラジオ、「ガンちゃんの世界一おもしろいプロ野球の番組」を
聞きながら、車を走らせると
変わらぬタタズマイでむかえてくれます。

カラカラと軽やかな音を立てるドアを開くと

ぷぅんと漂う馥郁たるお香の匂いが
まずは、疲れた神経にシみますね~。

土足のまま、三和土から上へあがるという
少々の背徳感とともに、
キシキシと鳴る木の床を踏み、
中へ入ると、

「いらっしゃいませ~」
と、常連さんとお話をされていた陶芸家の旦那さんと、
カフェを動かしている奥さんの
暖かい笑顔がお出迎えをしてくれます。

昔のお医者さんで使っていたのをリフォームしたという
面白い座り心地のイスに腰を下ろすと

メニューをもってきてくれまして
メニューを吟味。

こちらは、スープカレー800円 も
大正時代のルーカレー800円 も
ラムのあったかキーマカレー
〔夏野菜のキーマカレーの場合もあり〕800円も
それぞれがじんわりとやさしい味をしているということで

すごく安心して頂くことができる
どれも甲乙つけがたくハズレのない
それぞれ富良野で一番のお気に入りの逸品なのです。


前回はキーマカレー
前々回来たときは、日曜限定のラーブカリー
その前に食べたのはインド定食
その前はスープカレーで
さらに前がキーマカレーという
ローテーションであったこともあったのですが、

やはり「日曜限定」という文字につられました。

しかも、このメニューって
冬季限定って銘打っているんじゃなかったっけ…

なんてことも思い出して、
ラーブカリーをオーダーしました。

こちらは、ココナッツミルクが使われた
スリランカ風のカレーだとのことで

古くは小川屋商店に、くい亭
近くでは、アジア金星堂や、美瑛のバーチなどで
ココナッツミルク入りカレーのウマさに
目覚めたワタクシにとっては
ウレしいかぎりであります。

オーダーをしてから
常連さんと、旦那さんの会話や
穏やかに流れるジャズの音色に耳を傾けたり

窓に張られたビニール越しに
五厘刈りの頭髪がちょぼちょぼと伸びるかのように
ほんの少し緑色になった畑をみたり

欄間彫刻のように部屋の間にあいている
飾り窓とか、中の様子を見たりしながら

シュンシュンと音を立てているヤカンをのせた
石油ストーブの風情にも思いをはせていると、

さっきまでカフェにも漂っていたの香の匂いが
スパイスの香りに変わっていきます。

待つことしばしで、いつもの灰白色の鼎のような
三本足の食器に入って、野菜サラダが登場

ガーリックのにおいがウレしい
少しエスニックな風味が漂うドレッシングと
シャクシャクと小気味よい
葉っぱの歯ごたえの感触や
葉っぱのアオさと、ドレッシングとの妙を味わいなっていると

野菜サラダと同じ形で
大きさが2周りほど大きい食器に入って
カレーが登場をしました。




これは、

見た目にも鮮やかな 緑がかった鮮やかな黄色。
しかもそのカレーの色を補う

水菜やピーマンの緑にパプリカの赤が
なんとも調和をしております。

と、いうことで
いっただきまーす

と、カレーを一口。

パク


ヲ?

ヲヲヲヲヲヲヲ!


じぃぃぃぃいいいん


こ、コレハイイ。


まずは、口に入れた直後にぶわっと広がる
ココナッツミルクの穏やかな味わいに
癒されるのです。

これだけで穏やかになれます。

しかも、ココナッツミルクによってもたらされる
複雑なコクやウマ味
そして、忘れてはいけない
ホノかな甘みも、

たまりませんね。

しかも、穏やかなだけではなく、
スパイスの香りがしっかりとでていて
気持ちよく鼻腔に口腔をくすぐるのです。

スパイスが突出しているわけではなく、
ほどよく、ココナッツミルクとマッチをしながらも
さりげなく主張をしているって感じなのです。

しかも、スープを嚥下したあとも、
残響のような旨みにコクが
いつまでもいつまでも
ぼおっと残るという。

やさしい、こちらのお店の方の
笑顔や人柄のような
ヤサシクもアタタカイカレーであります。
スリランカ風とメニューには書かれていましたが
やはり、どこか東南アジア風でもある感じでして

両者の共通点といえば、やはりインド洋の海洋性の
カレーなのかなぁなどと

ぼおっと思いながらも
スプーンは止まりませんね、オイシイので。


しかも、具にはいっている唯一の動物性タンパク質が
ベーコンですが、
少々厚みを残しつつも、小さく、食べやすいサイズに
切られている物の、
かみしめるたびに出てくるおびただしい脂に旨み。
それから、カレーの香りにも決して負けていない、
個性的で、オイシイベーコンを食べていることを実感させてくれる
燻煙の香りが、ハーモニーにアクセントをつけていて
すごく強い存在感をシメしています。

水菜やピーマンは、その彩りだけではなく
シャキシャキな食感もいい。
それと、ココナッツミルクのカレーには
欠かせない、名バイプレーヤーのタケノコも
コリコリシャクシャクとした食感がいいアクセント。
大根もいい感じで、
ほんのごくワズカだけニガみを感じるのですが
それがカレーとマッチしているところが
いいですね。

大根の苦みって、
何となくですが春を感じてしまいます。

そして、コリコリシャクシャクな食感の
具が多いの中で
ヤワラカい食感と独特のウマ味担当の
シメジの存在も有りがたいところ。

そして、畑のど真ん中にたつカフェならではの
オイシイ炊きたてご飯です。

食べ進んでいくと、口では辛さを感じないのですが
中盤くらいからは、しっかりと汗ばんできた。

口で感じず体で感じる
そんなのも刺激的なカレーであります。

てなことを考えつつも、

シメ残りのカレーにライスを残ったライス投入し
一気呵成に

がっつりがっつり
うめーうめーいいながら
夢中で完食。

ぷっはー。

でもって水を一口

んくっと飲んで

人心地つきました。

が、
気がつくとしっかりと汗をかいていまして。

そんなのもいいですね。


たとえば「アジア金星堂」さんみたいに
どのカレーを食べても、どこか共通するホッとする感じが
あるカレーやさんって好きなのですが、

こちらも、いろいろなバリエーションに富んだメニューは
それぞれ光る部分こそ違いますが、

それぞれほっとできるカレーということで
お気に入りですし、

まだまだお気に入りは続きそうであります。


そういえば、カレーをオーダーした時に
「ラーブカリー、今日で終わりなんですよ」って
教えてくれましたが、

また冬の訪れが楽しみでありますし、

夏は夏で「インド定食」があるんですよ。
そちらも楽しみでありますね。

なんてことを考えていると
「いいアスパラが入るので、ゴールデンウィークに
新しいメニューを出します」
なんておっしゃってくださいまして
なんですと、

またいかなきゃいけないじゃないですか〔嬉〕

というわけで、
ゴールデンウィークに行くこと決定。


そのルポはまた、こちらで。


あと、僕がよく購読している、
北海道ローカルの隔月刊誌
「Ho(ほ)」〔ぷらんとまがじん〕誌増刊号が
「まるごと一冊、北海道のはぐれカフェ 北海道、秘湯の果て」
というタイトルのムック本で

「はぐれカフェ」と「秘湯」という二大好物の特集ってことで
ホクホクしながら、買って読んだら

こちらのことが紹介されていました。

よろしければ、ごらんください。





☆「カフェ・ノラ」(富良野市下五区)
◇営業時間◇ 5・6月は、平日9:00~14:30(ラストオーダー14:00)
土日9:00~18:00
7~10月は、全日9:00~18:00(土曜日のみ~23:00)
11~4月は、土日のみの営業11:30~23:00
◇定休日◇ 5月~10月は木曜定休 11月~4月は土日のみ営業 
◇駐車場◇ 有り





☆「タイカレー&バー くい亭」
(北海道旭川市4条・3条仲通り15丁目銀座デパート1F)


旭川などまだ公設市場が色濃く残っている地域が
北海道にまだ何カ所かありますが、
旭川の巣鴨と勝手に私が呼んでいる、
銀座仲見世商店街は、
中心にあるスーパー三番館を中心にして、
もろもろの市場があり、個人商店がありと、
それぞれが昭和の香りを色濃く残している地域であります。

そんななかに、名前からしてレトロスペクティブ感があふれる、
「銀座デパート」という雑居ビルがありまして、
そこの一角にあるのが、「くい亭」さんです。

こちらは、店名にもありますが、
タイカレーをメインとしている、旭川では希有なお店でありまして、

カレー以外のフードメニューもエビパンなど、
東南アジアテイストあふれるメニューが売りであります。

訪れたのは、午後5時30分過ぎ、

ということで、周囲のお店はシャッターを閉ざしていまして、
一瞬アセるのですが、

こちらは定休日の日曜以外はあいております。

ということで、ドアを開けて中に入りますと、
大きめの洋楽のBGMと、おしゃれな洋画風の
BGBがお出迎えであります。


こぢんまりとした店内には、カウンター五席、
四人がけのテーブル一つ、二人掛けのテーブル二つありまして、

焦げ茶色の木張りの床をキシキシ軽く踏みながら、
二人掛けのテーブル席に腰を下ろし
メニューをみますと、

タイ風スープカレー・レッドカレー・グリーンカレー・各750円。
それぞれのカレーに共通してあるのが

チキンのカレー・ポークのカレー・たっぷり野菜のカレー・
ラムのカレー〔これは各メニューとも+100円〕

スープカレーだけにあるのが、
魚と野菜のスープカレー
エビとムール貝のスープカレー〔+100円〕
超激辛スープカレー〔+100円〕

グリーンカレーだけにあるのが、
エビと野菜のグリーンカレー。

ライスは別注文で、並100円 小50円 大盛150円

前回は、エビと野菜のグリーンカレーを、
前々回はチキンのスープカレーをオーダーしまして、
今回は順番からいえばレッドカーなのですが、

久々の来店ということと、三日前に「カフェ・ノラ」で、
ココナッツミルクのカレーである「ラーブカリー」を食べたってことで、

初心に帰って、「たっぷり野菜のスープカレー」をオーダーしました。

打ちっ放しのような白い壁とか、むき出しになったダクトの管とか、
飾られているダーツという、さりげなくオシャレな店内の内装とか、

吉田戦車や村上春樹が置かれている本棚とかを眺めながら、
待つことしばしで、まずはグリーンピキヌーのペーストが登場。

これが、ピリッとしてよいですよ。

そして、ライスとともにカレーが登場。

持ってきてくれた人が言いました「熱くなってますので気をつけてください」

そう、こちらは、石焼きビビンバの鍋を思わせる石鍋で
ぐつぐつなっている感じのスープカレーが出てくるのです。

これは、スゴい。

しかも、色がすまし汁とかを思わせる茶色い半透明な色なのです。

ということで、まずは一口。ぱくっとスープから。

! 

ヲ 

ヲヲヲヲヲ。


これは、すごい。

見た目通りの和風だしを思わせるような、
鳥のしっかりとした旨味が出ている、
すっきりとした飲み口なのに加えて



を 

ヲヲヲヲヲ 


これは、カラい。

香辛料の刺激に、



ヲ、

ヲヲヲヲヲ 

この複雑な香りは、レモングラスやパクチーを使っているかのような
すっきりとさわやかな香り。

この三位一体はスゴいですね。

メニューに
「チキンストックにタイの唐辛子とタイのハープを併せてじっくりと煮込みました。チキンの旨みとタイの香りをお楽しみください」と書いてあるのは
伊達ではありませんね。

しかも具は具で、輪切りになったやつが、
これでもかこれでもかとゴロンゴロン入っている、
なすはジューシーですし、
柔らかく、スープを吸い込んでるのでアヂアヂですが、
ウマーい代物。

タケノコはタケノコ独特のシャクシャクした
歯ごたえを楽しめる感じに残しているのがいいですし、
この断面を見せる切り方もいいですね。

しかも、彩りを加えているパプリカやピーマンもいいですし、

ジャガイモがビックリするくらい甘かったのと、

ブロッコリーもすごく柔らかく煮込まれていて、
これまたビックリするという、
そんな素材の適切な処置もいいですね。

その外見などから、
カレーかと問われれば最初のうちは?ですが、
食べ進めていくとアセもかきますし、
確かにカレーですよ。

タイのスープといえば反射的に思い出されるのが、
トムヤムクンですが、

トムヤムのような酸味はなくて、
旨みと辛みを純粋に楽しみたい人には、向いているかもしれません。

なんてことを考えながら食べ進めていくと、
ライスもスープも残り少なくなったってことで、
ライスをスープに投下して、
攪拌していっただっきま~す。

ふぃー、うんめいね、これは。

ただし、本来ならば、器に口をつけて、
ガシガシと流し込むところなのですが、

器は最後までアヂアヂで、唇をつけただけでやけどをするのが必定なので、
ここは理性で遠慮をしましたが。

ルーカレー・スープカレー・オリジナルカレーで、
それぞれ札幌の名店にも勝るとも劣らないような
そんなカレー地帯の旭川であっても、

このカレーが食べられるのは、ここだけであります。

ということで大満足で車に乗り込んだのでしたが、
こちらはカクテルメニューも豊富ってことですし、

前回市内のホテルにとまった時に歩いてこちらのお店にいって、

ビールとジントニックとグリーンカレーでほろ酔い加減になりながら
活気のある商店街など歩いたのが、気持ちよかったってことと、
サイドオーダーも食べたい心を刺激するメニューが多いので、

何人かでワイワイいいながら、飲みたいお店でもあります。


☆「タイカレー&バー くい亭」
(北海道旭川市4条・3条仲通り15丁目銀座デパート1F)
◇営業時間◇ ランチ AM11:00~PM2:30 ダイニングバー PM6:00~AM1:00
◇定休日◇ 日曜日 ◇駐車場◇ ?






あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。

当ブログによせていただいたコメントも、さしさわりがなければ
番組内で紹介させていただきます。


あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2771