2008.06.30 本日、大祓
FHF
本日6月30日は
大祓(夏越の祓)です。

神社の氏子が、茅で作られた大きな輪の中を
左回り、右回り、左回りと
三回通って、汚れを祓う行事が有名ですね。
(こちらは、12月末の年越の祓でも行う神社もありますが)

茅の生命力が神秘的な災いを除く力を持つと
考えられていたことの行事です。


大祓というと、とかく大晦日の一連の行事と連動した
12月末の年越の祓えが有名ですが


6月もあと7時間あまりで終わり
まもなく7月になろうとしている
いわば一年の折り返し点です。

このあいだ、年を越したばかりのような
感じがしていたので

時の流れの速さに
改めて気がつかされるのです。


6月30日オンエアー 第169回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
放送を終えました。

しばらく、サミット関連の情報をお届けしていましたが

サミットよりも、更に生活に密着する
ニュースが入ってきました。

ここしばらくの道新の記事です。



道議会、支庁改革条例可決 午前4時、議場に徒労感(06/28 14:06)

第二回定例道議会は二十八日早朝、現在の十四支庁を九総合振興局と五振興局に再編合理化する「道総合振興局設置条例案」を本会議で採決し、与党会派の自民党・道民会議と公明党の賛成多数で原案通り可決、閉会した。
 道は来年四月一日の施行を目指しているが、道議選選挙区に関する公職選挙法の一部改正が前提となるため、施行期日はなお流動的だ。
 採決では、自民党・道民会議の藤沢澄雄(日高管内)、石塚正寛(留萌市)、松浦宗信(根室市)の三氏が会派の方針に背いて反対した。いずれも振興局となる地域の選挙区選出だ。一方、民主党・道民連合は「賛否を問う段階まで審議が深まっていない」(幹部)として、全員退席・棄権した。共産党は反対した。
 このほか、会派として反対した中間会派のフロンティアで、八田盛茂氏(小樽市)が賛成に回った。
 高橋はるみ知事は閉会後の記者会見で「過去に思いをいたしながら、前に一歩ずつ進まなければならない。これは北海道の生き残りをかけた改革だ」と述べ、百年間近く続いた十四支庁を再編する意義を強調した。
 このほか、道議の費用弁償を減額する「議員報酬条例改正案」、「アイヌ民族を先住民族と位置づける決議案」など議案十九件と、道路整備に必要な財源の確保を求める意見書案十四件を、いずれも原案通り可決した。
 定例会は二十七日が会期末の予定だったが、道総合振興局設置条例案について審議した同日の道州制・地方分権特別委で、民主党が知事の出席を求めるなどしたため、調整に手間取り、会期を一日延長。閉会が二十八日午前四時五十分までずれ込んだ。
 公選法の改正は、支庁再編後も現行の支庁単位で定める道議選の選挙区割りを維持できるようにするもので、道議会与党が施行の前提条件として求めていた。


支庁改革条例可決 与野党、責任押し付け合い(06/28 14:17)

 第二回定例道議会は、支庁制度改革関連条例案をめぐる与党の自民党・道民会議と野党の民主党・道民連合の攻防で、本会議の採決が二十八日早朝までもつれ込み、五年ぶりの“徹夜議会”となった。与党から造反組が出ることで採決の行方が注目されたが、民主党会派の退席・棄権で、あっけなく幕切れ。後味の悪い結末で、議場には徒労感だけが残った。
 条例案が本会議で採決されたのは、空が白み始めた二十八日午前四時二十分。傍聴席は振興局に格下げとなる日高や桧山管内の住民など百人で埋まったが、ヤジや怒号が飛び交った数時間前の委員会とはうってかわり、静かに審議を見守った。
 民主党の退席方針決定で、圧倒的多数での条例案の可決が確定的となり、緊迫するはずの本会議場は、居眠りやあくびを続ける議員の姿が目立った。
 「審議を引っ張るだけ引っ張っておいて、最後は逃げた」「無責任野党そのものだ」。本会議終了後、自民党の会派控室では、民主党への恨み節があちこちから聞こえた。
 一方の民主党側も「支庁再編に対する道の熱意が最後まで伝わってこなかった」「自民党は条例案の中身よりも、知事のメンツをつぶさないことを優先させた」と反論。それぞれ徹夜議会の責任をなすりつけ合った。
 道議会の論議が日付をまたいで徹夜議会となったのは、堀達也前知事時代の二〇〇三年三月、産業廃棄物循環的利用促進税(産廃税)条例案を採決、否決して以来。
 同年四月に発足し、現在二期目の高橋はるみ道政下では初めて。振興局に格下げとなる地方からの根強い反対の声に加え、昨年四月の道議選で、自民党が議席を減らす一方、民主党が議席を伸ばし、与野党の勢力が接近したことが、徹夜議会となった背景にある。


支庁再編きょう可決 自民「造反なら処分」(06/27 06:59)

 十四支庁を九総合振興局と五振興局に再編する支庁制度改革関連条例案は、道議会会期末となる二十七日の本会議で、与党会派の自民党・道民会議と公明党などの賛成多数で可決する見通しとなった。二十六日に自民党が条例案への賛成を機関決定したほか、公明党も賛成する方向で最終調整している。
 同日開かれた自民党の議員総会では、原田裕会長が、決定に背いた「造反議員」を規約にのっとって処分対象とすることを明言。地方の反発が根強いことについては「(支庁再編で)影響を受ける地域への具体的対策の実行に私としても、会派としても責任を持つ」と述べ、理解を求めた。
 振興局に格下げとなる選挙区選出の三人が条例案に反対する意向を明言したが、同会派からの反対が五人以下なら、採決の結果には影響しない状況だ。
 第二会派の民主党・道民連合も同日、条例案に対する対応を協議。同条例案が付託されている道州制・地方分権特別委員会で、あらためて高橋はるみ知事の出席などを道側に要求することを決めた。条例案には反対する方向だが、会派としての判断は二十七日に持ち越した。
 公明党は二十七日の議員総会で賛成を機関決定する方向。中間会派のフロンティアは反対する見通しだが、一部は賛成もしくは棄権する可能性がある。
 一方、二十六日の道州制・地方分権特別委は、各会派の内部協議などの影響で開会が同日夜まで遅れ、実質審議を翌二十七日に持ち越した。
 道側が、民主党の要求に苦慮していることもあり、条例案の委員会採決と本会議開会が、大幅に遅れる可能性も出ている。


支庁再編可決 これが百年の計なのか(6月29日)

 現在の十四支庁を九つの総合振興局と、その出先となる五つの振興局に変える支庁再編の条例が、道議会で自民、公明の賛成多数で可決された。
 百年続いた仕組みを変える条例だ。北海道の将来を見据えた「百年の計」とすべき見直しだろう。
 それにふさわしい、内容の濃い検討と議論を踏まえての可決だったのか、強い疑問が残る。
 振興局となって道職員が減る地域は過疎に拍車がかかる。再編で痛みを強いられる。
 地域の反対を置き去りにして与党は採決を決め、民主は棄権した。議論すべきことはまだあった。責任ある対応とは言い切れまい。
 道の姿勢にはそれ以上に反発が強い。何より、不信を募らせる地域と道の間に亀裂が生まれ、対話も滞りかねないことを憂慮する。
 道と市町村、地域のかかわり方を見直し、道内での分権を進めるはずの見直しが逆に市町村との対話を閉ざすものになりかねない。
 改革の意義が揺らいでいる。
 高橋はるみ知事は「北海道の生き残りをかけた改革だ」と強調した。しかし、生き残りを言うなら過疎の地域こそ深刻ではないか。
 知事はこれから難しい舵(かじ)取りを担わねばならない。その重さをしっかりと認識すべきだろう。
 道は来年四月の再編実施を目指している。それまでに、反対する地域の理解を得られない場合でも、見切り発車するのだろうか。
 今度こそ地域が納得できる対応を地域に示さねばなるまい。そのうえで十分に話し合い、それでも合意が難しければ実施を遅らせる決断があってしかるべきだ。
 早急に示すべきなのは、知事が約束した地域振興条例の具体的な中身だ。振興局の新しい組織、職員削減数、それにかかる年数などの詳細も必要になる。
 分権と並ぶ再編の狙いは道の行財政改革だった。財政悪化の負担をどれだけ地域にツケ回しするか。そう取られることを懸念したのか、詳細は後回しになっていた。
 道議会の議論の前提と言える、こうした内容すらまだはっきりしていなかった。地域の怒りはもっともで、あきれるばかりだ。
 条例の可決より、これから地域の理解を得て進める方がよほど難しい。地域の痛みを分かち合う対応を示さない限り、失った信頼を取り戻せはしない。
 北海道と地域の将来構想をもとに道の組織や市町村との関係、行財政改革の進め方を考える-。この原点を忘れ、道の機構改革で終わるなら地域の切り捨てでしかない。

北海道の行政組織が
100年ぶりに大きくかわるというのに

それほどの論議がないという批判もありますが


そもそも、支庁に代表される
北海道の行政組織と本州の行政組織が違うのは

どのような歴史時経緯があったのでしょうか。

1868年(明治元年) に、
新政府は蝦夷地に箱館裁判所を置くことを決めて、
直ぐにその名を箱館府と改めました。

但し、戊辰戦争のひとつ函館戦争によって
「蝦夷共和国」が成立をしたために
すぐに蝦夷地は新政府の下に統一されなかったのは
過日、番組でもお話をし、当ブログでも
話題にしました。

箱舘戦争の終結、すなわち榎本武揚総裁の五稜郭の降伏後、
蝦夷地は1869年(明治2年)に北海道と改称され、
11国86郡がおかれました。

11国は以下の通り

渡島国 後志国 胆振国 石狩国 天塩国 北見国
日高国 十勝国 釧路国 根室国 千島国


現在の富良野市周辺は、石狩国にあたりまして

札幌郡 夕張郡 樺戸郡 空知郡 雨竜郡 上川郡
厚田郡 浜益郡 の8郡がおかれました。

現在の石狩・空知・上川が、全部
石狩国だったわけです。



その後、館藩(松前藩)領以外を管轄する
開拓使が設けられてから北海道の開拓は本格化しました。
1870年(明治3年)、根室国の花咲郡、根室郡、野付郡が
東京府に編入されたが、同年末に廃止。


明治4年(1871年)廃藩置県が行われ
最初はほとんどの藩が県になったことで
館藩の旧領(爾志郡・檜山郡・津軽郡・福島郡)に
館県が設置されます。

同年9月 館県は道外の弘前県などと合併、
弘前県(青森県)の一部となり消滅。

明治5年(1872年)10月 福島郡など四郡(旧館県)が
青森県から開拓使に移管しました。

渡島半島の南部が開拓使に移管することで
北海道全域が開拓史の所管となります。


開拓使は当時の民営化の国策に乗っかるかたちで
1882年(明治15年)に廃止され、
代わりに函館県、札幌県、根室県の3県が
設けられることになりました。
しかし、行政効率の悪さから1886年(明治19年)には
再び統一行政機関として北海道庁が置かれるようになりました。


また1878年に郡区町村編制法が出されまして
いままでは、地理的な区分にすぎなかった郡が
行政機関として復活しました。

この法律は、いわゆる三新法の一つですが
府県の下に郡を置いて、郡長を任命する事を定めました。
この制度下の郡は自治体ではなく、
郡長以下は中央政府の官僚でした。
郡の役人が勤務する役所は、郡役所といった。

1890年に郡制が公布され、
郡は府県と町村の中間の地方公共団体として規定され、
郡会が置かれ、郡会議員が選挙されました。

その後1921年には郡制廃止法が発布され、
1923年に郡会が廃止され、1926年に郡長と郡役所が廃止されるまで
郡は行政組織として機能をしていたのです。


一方、北海道では、少ない人口と広い土地という特殊性から
郡よりも更に広域な役所を、ということから
支庁が設置されるようになったのが1897年、
その後、北海道で市制が施行された1922年、
支庁が再編されて14支庁となり

そして、今日の状態になるのです。

この時に少々面白い混乱もあって

かつて水系でわけた郡と
生活圏でわけた支庁があわずに

郡と支庁の名前があっていないのが
富良野周辺なのです。

だから、富良野周辺の上富良野・中富良野・南富良野は
空知郡なのです。

またさらに南の占冠は
沙流川・鵡川の水系ということで勇払郡なのですが

上川支庁にはいっています。


そして、戦後ですが、
1947年5月3日に施行された地方自治法では、
北海道の支庁も含めて都道府県の事務を分掌する出先機関は
各都道府県が条例で定めることとなりました。

現在では地方事務所・支庁のほか、
地方振興局・行政センター・県民局などの
名称を用いている府県もあります。

その他また、一部の市町村のみに
出先機関を設置している都府県もあり、
出先機関を設置していない府県もあります。

北海道と同じく支庁という名称を使っているのは
山形県もそうですし

現在道州制をにらんでか

東北地方の県では、広域連合化の動きが
目立っています。


当ブログでも
鉄道の廃止、郵便局の民営化、限界集落などを
話題にしていることなのですが

行政サービスの低下は最もさけるべきことでしょう。

先日、岩波ブックレット722
「信号機の壊れた「格差社会」」
(佐高信・雨宮処凛・森岡孝二共著)を読みました。

多くの衝撃と多くの示唆を
与えられたのですが


佐高さんの文章に以下の部分があります。

引用させていただきます
「JR東日本の羽越線脱線事故(二〇〇五年一二月)は、私の地元の山形県の庄内町でのことでした。あの事故は、突風で車両が横倒しになったものです。JR東日本は、突風が原因だ、というんです。「ふざけるな」と私は思いましたね。突風なんて、あの地方では私が生まれる前から吹いているんです。いま急にはじまった気象現象じゃないんです。いったい、何を考えているのか。
そうしたら、元JR東日本の松田昌士氏が本を書いていて、それを読んで納得しました。
次のような趣旨のことがかいてあるんです。
「民営化して、コストを下げなければならない。コストを下げるために車両を軽くする、車両の軽量化を進めた。それでこすとを下げることに成功した。国鉄時代だったら技術陣がうるさくて、それは出来なかっただろう。」
国鉄時代、なぜ技術陣がうるさかったのか。それは安全性がゆるがせにされる、と思うからうるさく言っていたわけです。安全を考えると、これ以上軽くしたらだめだ、ということです。「国鉄時代ならできなかった」、その「安全性」をコストのために突破してしまったのです。そしてそのことを民営化を推進した本人が自著のなかで告白しているのです。
よく考えたら、素人にだってわかりますよね。車体を軽くしたら、当然、弱くもあるし、倒れやすくもなるでしょう。だから技術陣は軽くしてはいけない、とうるさく言っていたわけですよ。そんなことも重要視せずコストカットしていったわけです。だから命が大事とか、安全第一とかいうのはまったくのデタラメなのです。

筆者註)上の記述に佐高氏の事実認識違いがあります。詳細は後日、当ブログにて、お知らせします。事実認識違いの記事を紹介し、関係各位にご迷惑かけしたことを、お詫びします。(7月6日 記)

田原総一朗氏が二〇年前に書いた本があります。そのなかで彼は「自分も国鉄民営化には反対だ」と言っているんです。本の中に次のようなことが書いてあります。北海道のある町の町長がこう言ったというのですよ。国鉄は赤字だ、赤字だというけれども、それでは、消防署は赤字だからなくそうといいますか?警察は赤字だからやめようといいますか?と。そうですよね。警察や消防を赤字だからなくす、とは絶対に言いませんよね。国鉄―流通だって同じで、これはライフラインの問題なんです。それは赤字・黒字でははかれないもののはずです。(後略)」


これは、実は国鉄の問題だけではなく
地方のインフラクチャー、
教育とか、郵便とかにも
共通する問題なのです。

それぞれ、赤字だからなくすのか、

と、いう問題で

警察・消防と同列で考えて欲しい問題だと思います。

そして、支庁の問題も実は同列かもしれません。

先々週の当ブログ「ルピナスの花咲く」でも
書いたのですが、

交通機関と、支庁所在地を奪われ
教育の機会や地方郵便局がなくなっている

檜山管内の人の思いやいかに

と、思うのです。

(もうすこし
問題を、楽観的に受け止められれば良いのかもしれませんが
郵便も、JRも当初喧伝していたほど
地方にとっては良い方向にいっていないので
どうしても悲観的な考えになってしまうのです。

しかもボク自身北海道で三つの町で暮らしていましたが
いずれの町も中心部には、廃NTTの建物が
そびえ立っていたので、なおさらなのです)



さて、

来週はいよいよサミット本番
と、いうことで、来週はサミットについて
先週まででお話できなかったことについて
お話させていただきたいと思います。



ダライ・ラマ14世の、チベットに対する提案は以下の通りです。
(1987年、アメリカ議会の人権問題小委員会での「チベットに関する5項目の和平案」)

・チベット全土を平和地域とする
・チベット民族の存続を脅かす中国の人口移動政策を放棄する
・チベット民族の基本的人権および民主主義に基づく自由を尊重する
・チベットの自然環境を保護し、回復させる。チベットでの核兵器の製造、核廃棄物の投棄をしない
・チベットの将来の地位について、また、チベット人と中国人との関係について、真剣な交渉を開始する

そして、チベット人による本当の自治権が得られれば独立は求めないと譲歩しました。(1988年、「ストラスブール」提案)



I LOVE HOKKAIDOな「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日、来週からは午後五時からオンエアー

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2787

リクエストなどは
当ブログのコメント欄でも
受け付けています。

あと、来週から放送時間がかわります。
いままで、169回分とも月曜の午後4時からおおくりしていましたが

来週から、1時間遅くなって
月曜日の午後五時からおとどけすることになります。

よろしければオツキアイのほど、お願いします。


追 夏のお祭り
三日目 東 ポ06 b
「東行本舗」です。
スポンサーサイト
高校野球北北海道大会、旭川支部予選が終わりました。

北大会へ駒をすすめたのは、
旭川実業・旭川龍谷・旭川工業の三校、


地元の、富良野高校は、決勝で工業に
負けてしまいました。

残念。


富良野球児の諸君、ご苦労さまでした。



ただ全国的に見ると
いよいよあちこちで、都道府県予選が
始まりまして、

高校野球のシーズンへ
突入をしていくのです。



さて、プロ野球ですが

交流戦が終わり
セ・パ両リーグのレギュラーシーズンが再開しました。

なかでも、埼玉西武ライオンズの初戦は
埼玉県高校野球の聖地
県営大宮球場で行われましたし

二戦目・三戦目は
西武ドームで開催される
ライオンズクラシックシリーズです。

このゲームをプロ野球のニュースなどでその映像を見て頭に浮かんだのが
「ぼくの西鉄ライオンズ」
というマンガです。

これは、「博多っ子純情」で知られています
長谷川法世さんのマンガのタイトルでありますが
そんなタイトルを久々に思い出したのが

今年のライオンズクラシックシリーズで
西鉄のユニフォームを着ることを

記者会見で発表した時に
片岡選手と中島選手が実際に着たのを見た時
からなのです。


僕自身、虎以外のユニフォームで一番トキメクのが
西鉄のユニフォームなのです。


球界のご意見番、豊田泰光さんが、
ライオンズは、正式な球団史に前身球団の九州時代のことを
いっさい触れていないということについて

ことあるごとに嘆かれていたのですが、
今年になって変わりましたね。

球団名に地名を入れたり、
大宮でも試合をするといったあたりの時は
単に時流にのった、というイメージでしたが

何かが変わったのでしょう。


そんな一環での、西鉄ユニフォームの復活です。




最初は、このイベントでもスーパーバイザーをおつとめである
豊田泰光さんがこのユニフォームをきて
記者会見に参加されていまして

この時は、
「OB戦みたいだなー、まぁこんなもんかなぁ」
といったのが、正直な感想でしたが


現役選手である、片岡・中島両選手が着るのを見ると


やはり、格好よくて、僕の目には間違いがなかったという
感じてしまいました。

まぁ、ナイキのスゥォッシュがワンポイントみたいに入っているのが
ご愛嬌なのですがね。



かつて、埼玉県民でありながら、昔からの虎好きで、
今はイキオイで公・楽天・広島を応援してるいのですが

レプリカユニフォームとか出たら、買ってしまいそうなイキオいです。

とくに大久保コーチとかのハマりぶりは
尋常ではなかったのですが

似合いすぎていて



それにしても、
この球団名変更・大宮での興行・
西鉄ユニフォームの復活と

現在の快進撃が、リンクするような気がして
なりません。



交流戦終盤で少々イキオイは止まりましたが

十二球団位置の本塁打数を誇る打線は健在。

しかも、和田・カブレラが抜けたのにも
イキオイはこの二人がいるとき以上

他球団からの補強といえば、石井一と岡本ぐらい
(種田とか三浦貴とかもいますけどね)

二人ともピッチャーですし、

ブラゼル・ボカチカといった大砲に
ハズれがなかったのもでかいですが

GG・中島・中村といった、
生え抜きで一発があるバッターが育っていて


相乗効果か、細川あたりにも一発が期待できるように
なっています。


かと思うと、片岡のような往年の西武野球を
彷彿とつさせてくれるような選手も健在です。

スタメンで起用されている選手も
石井義以外は、ほぼ生え抜きというのは
スゴいなと思います。


ちなみに石井義は、
川口市出身で高校は浦和学院ですから
これまた地域密着的選手といえますし

前述の三浦貴選手とは
高校時代の同級生です。
(三浦貴選手は、与野市(現さいたま市)出身ですが…)



育成の効果と、2軍をよく知っている渡辺監督が
ぴったりとマッチングした感じですね。


「かぶりもの」や、「キモティー」といった
キャラつくり路線は正直?ですが

日本プロ野球のあり方に示唆をあたえてくれる
取り組みです。


ってことは、日ハムも
「駒沢の暴れん坊」時代の
東映のユニフォームとかで
ゲームをすれば、

北海道に来た時からだけが日ハムではなく、
北海道以降の日ハムしか知らないファンにも
球団の歴史とかを啓蒙することが出来て
かつ、リスペクトをすることができて

よいのではないでしょうか。



なんてことも、ハマったら
日拓の七色ユニフォームとか
復活させたらいいんじゃネ

ってのは少々ヤリスギですが…



そんなヤジウマ的ながら
楽しいことを夢想してしまうのです。



ヌルく浅い野球ヲタの、
「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2787

リクエストなどは当ブログのコメント欄でも
受け付けています。
富良野緑峰高校の野球部は残念でしたが
富良野高校の野球部は旭川支部大会、決勝進出です。

明日は旭川工業戦、
富良野高校の健闘をお祈りします。



さて、話は変わって僕の、例年の
仕事(本職)のサイクルですが、
7月の上旬が一年で一番忙しいのです。

それはもう、7時に職場に行って
自宅に帰りつくのが九時過ぎになるのが
当たり前なくらいで

それが1カ月前くらいから続きます。


その次に忙しいのが
6月の中旬

それと5月の下旬とか
10月の中旬あたりが

さまざまな仕事がどかどかとやってきて
錯綜する時期なのです。

だから5月~7月にかけては

小さいヤマを越えたら、
また次のヤマがきて

それを越えたら、更に次のヤマが来て

そんな感じで
複数の仕事を交錯させながら
処理をしなければならずに

身体的にも・精神的にも
追い込まれるのです。

(ちなみに、プライベートで忙しいのは
当然8月12月のお祭り準備なのですがw)

ってことで、ひとヤマを越えたら
ケジメをつけるために
少々無理をしてでも、
温泉へと向かうようにしているのですが。

札幌の出張をおえた翌日は、
土曜日でしたが休日出勤でした。



勤務終了後、無理無理行ったのが

北村温泉ホテルです。
第47湯目であります。

かつての「北村ふれあい温泉」とよばれた温泉が
隣接する「北村温泉ホテル」と合併してできたのが
現在の北村温泉ホテルです。

こちらは、鉄サビと硫黄の混じったた湯の香漂う
碧茶色のお湯が魅力的です。
ざんざんと出てきていて
タイルの上に模様を作っております。

しかも、こちらのお湯は、
おとなりの村にある温泉同様
しょっぱいのです。

海水よりもしょつぱいかんじで
料理でこの味だったら
失敗だろう、という味です。

料理が苦手なオンナノコとかが
塩の分量を間違えてしまって

食べられないことはないけど
しょっぱいよなぁ、

でも嫌われたくないから

「ん、いい感じじゃん」

とかいって完食したあとに
口の中にしょっぱさが残る。

そんな塩分濃度の温泉で

これが、お肌に良さそーなのです。


また、明るい感じの内風呂に加えて
露天も広いのですが
竹の柵に覆われているのが残念

目の前に倉庫がでんとあって
視界をふせいでいる妹×牛×泉×ペ×と
同じくらい残念です。


また、ここでお湯に沈むたびに想い出すのは
旧「北村温泉ホテル」のこと。

こちら、露天とかはなかったですし
しかも半地下のようなところにあるので

少々暗いイメージはあったのですが
心なしか、お湯は濃いような感じがしました。


現在は岩盤浴になっているそうで
死んだ子の年を数えるようですが
かえすがえす、残念で

少々セツナクなります。


かつて、札幌にイベントで繰り出すとき、
朝の7時から開いているこちらのお湯で
禊ぎのように気合いをいれてから
出かけたこととか、

楽しい思い出しか想い出せないのですが…


現在も北村温泉ホテルは朝七時間から
営業をしていますが、
すっかりイベント前とかは、
行かなくなりましたね~



と、いうことで
北村温泉をあとにして富良野に帰り、
翌日は朝9時半からオシゴト。

ってことで、この日の朝に出向いたのが
朝8時から日帰り入浴をやっている
凌雲閣です。

こちらに行くときには
ケッコウな山道をしばらく走るのですが

僕自身、そんなに飛ばしてはいなかったのですが
前を走るスピードの遅い車に、道を譲られて

それで、譲られた分だけ早く走らなくては

とか思って、頑張って山道を走ったら

駐車場につくころには
クラッチ板が少々ヘタった

カーボンのコゲたような匂いがするのは
ご愛敬ですか。

というわけで、8時少々過ぎに到着。

湯銭を払って、地下へとむかう階段を下りて
脱衣場から浴室に入ると

貸し切りでした。

第48湯目であります。

こちらは、大きい岩盤がむきだしになった
野趣にとむ内風呂もいいのですが

なんたって、特筆するのは露天から見える景色の素晴らしさ。

登山中しか見ることができないような景色、

目前に十勝岳山系の富良野岳とか前富良野岳の威容が
そびえているのです。

こんなのは、道内ではどんな温泉も見ることができません。

これを見られるだけで
幸せです。

しかもそんな雄大な景色をひとりじめ。

キャラメル色に近い黄土色の
鉄さびと硫黄が混じった匂いがするお湯も

満足に拍車をかけてくれます。

あー、いい温泉です。

こんなところが車で40分で行くことができるのだから

やはり富良野はいいですね。


と、いうことで、
大満足で、休日出勤へと
むかったのでした。

そして、第49湯目は、
「国民宿舎カミホロ荘」でした。

ここは、ヒバやヒノキが全面に貼られていて
木、独特のいい香りがただようのと

西向きの露天風呂から
雲海と夕焼けがキレイに見ることが出来る

そんな温泉なのですが

行った時に、たまたま自衛隊の演習をしておりました。

自衛隊の演習はこの時期に行われて
富良野の市街でも、演習音が響くのですが

演習地から近い十勝岳温泉では

さらに大きい音がしました。

鉄道を見ながら入ることができる温泉といえば
白老温泉ホテルですが

自衛隊の演習音を間近に聞くことが出来るのが
この時期の十勝岳温泉かもしれません。




ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。


ヌルく浅い温泉ヲタ(温い温泉と湯船の浅い温泉が好きという意味も可)
の、「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2787

リクエストなどは当ブログのコメント欄でも
受け付けています。
2008.06.26 今週のカレー
高校野球北北海道大会、旭川支部予選がはじまりましたが
地元の、富良野緑峰高校に続き
富良野高校も緒戦を突破しました。

2校の健闘をお祈りします。

と、いうことで
ここから、今週のカレーです。

☆「SOUPCURRY&BAR GARAKU」
(札幌市中央区南3条西2丁目7番地串鳥2階)

もう、先週の話になってしまいましたが
札幌出張の話が続きます。

出張先のホテルまで訪ねてくれた
畏友P氏と、いっしょにいったのが

ホテル近くにあるこちら。

ススキノ界隈は、なかなかオイしいスープカレー屋さんに
巡り会えずにいたのですが

こちらはなかなか評判が良いということで
イキオイコンテ゛行ったのでしたが


階段をとんとんとあがって
中にはいると、なかなかオシャレな雰囲気のお店。

70年代ソウル・デイスコ・ファンクの
BGに身を沈めながら

ウッドテイストの
落ち着いたインテリアの店内で
洋酒のビンがおしゃれなインテリアのアクセント

まずは、二人してオーダーした
ジントニックで乾杯。

こちらは、
ハーブ豚しゃぶと7種のきのこの森
とろとろ炙り焙煎角煮
やわらかチキンレッグとやさい
炙り生ラムのサイコロペッパー風味
やさい15品目大地の恵み
ロブスターヘッドとシーフードの海
たっぷり7種きのこ
焼きチーズ&ベーコンとまと

といったメニューから
まずはメインのカレーを選び

辛さのカテゴリー
1~6超辛(ピッキーヌ入)
7以上はSTAFFまで相談
から辛さを選び

炙りチーズ、納豆、とうふ、ナス、かぼちゃ
さくさく山芋、あげもち、もっと!きくらげ
温泉卵、くるまふ、ブロッコリー、おくら、90円

しいたけミートボール、炭炙りベーコン、炭炙りウィンナー
5種きのこ150円

やわらかチキンレッグ 角煮250円

といったトッピングを選ぶのですが



私は、ハーブ豚しゃぶと7種きのこの森
辛さ6番に温泉卵トッピングで

P氏は炙り生ラムのサイコロペッパー風味
辛さ5番を選択しました。

待つことしばしで、スタイリッシュな店内によくにあう
黒っぽい深い食器で登場したのが

鮮やかな赤みがかったオレンジの
半透明系スープのカレーです。



こ、コレハ


うまーっ!!


こちらのキャッチフレーズは
てまひま・こく旨・ハートフル
だそうですが

そのとおり、まずは旨さがきて
そして次第にジワジワと
辛さがあがってきて

そして残響のようにコクがのこるという

そんな極上スープなのです。

散らされているゴマやバジルも
刻まれているピッキーヌも

いいアクセントになっています。

20種類のスパイスがバランス良く調合されて
鶏ガラ、牛骨、豚骨、香味野菜をベースに
3日間じっくりと手間ひまかけて作ったスープだそうですが

だてではありません。
コクと旨みのバランスが絶妙です。

しかも、看板に偽りなし

たっぷりとはいったきのこが
プリプリとした歯ごたえが面白いのと
きのこ自体のウマみがでていて

かみしめるといい出汁をかみしめているみたいで

そのつどそのつどオイシイ発見があります。

しかも、道産ハーブ豚がウマいですね。

しゃぶしゃぶの肉だから薄いんでしょうと
思われるかもしれませんが

そんなに厚くなくっても
ちょつと噛むだけで凝縮された豚肉のウマさが
伝わってくるのです。

その他の具材の卵やコーンやパプリカも
歯ごたえと、具材のウマみがいい感じ
水菜もしゃきしゃきですし

にんじんもあまー、ですし

じゃがいもも、北海道の正しいじゃがいもですよ。

それと、面白いのは
クルトンっぽい車麩ですね。

これはイイ。



まさにベストコラボレーションです!


こんな豊穣なスープカリーをシッカリとうけとめる
お米は五穀米をブレンドで
大麦、もちきび、もちあわ、アマランサス、いりごまの
野趣に富んだ食感やウマ味が

個性的なスープカレーと四つに組んでいて
ウマさの寶箱っすわ。

「こっちもうめぇっスよ」
といって、P氏が炙り生ラムをくれたのですが

確かにウマい。

羊の羊羊した味が、個性的なスープとあっていて

これは、ウマいっすわ。


ウマイウマイいいながら、
ジントニックもすすみますし

すっかり大満足をして


ホテルへ戻ったのでした。


にしても、こちらは魅力的なメニューも多い。


と、いうことで、僕の札幌での定宿の近くでもあるので

近く再訪するでしょう。



☆「スープカリー GARAKU」
(札幌市中央区南3条西2丁目7番地串鳥2階)
◇営業時間◇平日/11:30~15:30/17:00~23:30
日祝/11:30~22:00(いずれも30分前L.O.)
※スープがなくなり次第終了。
◇定休日◇不定休 ◇駐車場◇ なし



☆「Spicy Soup Curry LEGON 本店」
(札幌市西区西町南18丁目1-40)

札幌出張の話、最後です。

ホテルはススキノでしたが、仕事場は宮の沢
先日も書きましたが、以前ここらへんでは
なかなかスープカレーを食べさせてくれるお店は
少なかったのですが

先日のヴェロデカに続いていったのが
レゴンさんです。

こちらは、スープカレー横丁に二号店をだして
最近イキオイにのっているお店であります。

宮の沢の駅前から、旧国道五号線沿いを
てくてくと歩くこと五分

セイコーマートの看板が目印ですが
近づくたびに、風に乗って漂ってくる

スパイシーな香りであります。

外を歩いているときにこの香りを嗅ぐだけで
幸せな気分になりますね。

東南アジアっぽい木彫がおでむかえをしてくれまして
一歩店内へはいると、こんどは
ガネーシャ像が。

その横には、お香とかインド綿とかも
売られていますし

店内を見ると、こちらも
東南アジア風から南アジア風まで
ミックスされた「アジアンテイスト」が
まず面白いですね。

カウンター席に腰を下ろし

こちらは、スープが
コクと旨みのある、あっさりとしたスパイシースープの
オリジナル
オリジナルスープにココナッツミルクを加えてまろやかな
ココナッツ
オリジナルスープに納豆を加えて、コクや旨みが倍増という
納豆の三種類から

具も
パリパリチキン、たっぷり野菜とパリパリチキン
たっぷり野菜、トリプルチーズとたっぷり野菜
とろたまベーコン
ソーセージとレタス、ハンバーグ、豚の角煮
あたりから選択できます。

辛さも1から10までの十段階

六番からピッキーヌが
七番からハバネロがはいります。

とろたまベーコンのオリジナルスープ
六番をオーダーしまして

道新を読みながら待つことしばしで

登場しました。

白いスタイリッシュな食器に入って登場

半透明アザヤカなオレンジ色のスープと
すーぷ2/3面を覆う、鮮やかな黄色の半熟ふわふわ卵と
ぺろんと二枚入ったベーコンに
緑色もアザヤカな水菜。

このオレンジ・黄色・緑・ピンクという
コントラストの鮮やかさにまずわくわくします。

魚醤っぽいかぐわしい発酵香もたまりません。

ということで、スープを一口。



ウマー

まずは、スープのコクがいいかんじですし
スパイシーな香辛料遣いもたまりません。

スープにたっぷりと散らされている
ゴマや焦がしバジルもいい感じ。

と、思うと



刻まれたピッキーヌです。

これはキキますね。


しかも、とろたま
の名前に反しない、ふわふわの卵がまた
こんなスパイシーなスープにあいます。

ベーコンも噛めばスープともに
油が燻製香とともに「ぢゅっ」と染み出す

そんな極上のもの。

しかも、ドームの様にスープをおおっている
卵を食べ進めていくと

その下には


野菜がたっぷりと隠れておりました。

しかも、分厚いレンコンは油がしみこんでいて
カレー、油、レンコン自体のうまみの相乗効果で
歯ごたえとともに、すごくおいしかったですし

これまた分厚く着られたかぼちゃなんて
「おばぁちゃんちでたべた煮込みのなかのかぼちゃだー」
なんて思えるくらい、懐かしくも甘く、
咬み応えのある、おいしいものでした。

なす、じゃがいも、にんじんも
しっかりとおいしく、
これまた素材自体がウマいのに
油とともにおいしくなっていますし、

一番底に沈んでいたのが
揚げ出し豆腐みたいに薄く衣をまとった
お豆腐で、これまたスパイシーなスープに

一服の落ち着きをもたらしてくれます。

 
ターメリックライスとも相性がいいですね

BGMで流れるダニエル・パウターの「Bad Day」
(この曲、日ハム金子誠選手の登場テーマですね)
のレゲバージョンも
こんなお店にあっていますし

頭まで汗だく、ってことで
大満足でお店をあとにして

仕事に戻ったのでした。


☆「Spicy Soup Curry LEGON 本店」
(札幌市西区西町南18丁目1-40)
◇営業時間◇⒒:30~15:00.17:00~21:00
◇定休日◇ 水曜休  ◇駐車場◇有り




☆「Asahikawa 棗や L☆VOICE」
(旭川市3条通9丁目POWWOW2F)

奥芝商店・Oasisの開店に続いて
旭川にスープカレーの新風を吹き込むことになるのか
「棗や」が待望のオープンです。

しかも買物公園から東へ一本移動した
緑橋通りから少しだけ入ったところという
駅からも至近距離で、
「富貴堂」あたりで本を選んだイキオイで
行けそうななかなかいい立地。

しかもお仕事で小山を超えた
と、いうことで、

イキオイコンデいってまいりました。

POWWOWはオシャレな洋服やさんで
その奥に鉄製のカンカンと小気味いい音をたてて鳴る階段が
ありまして、

そこをのぼると店舗です。

札幌の本店は、国道36号線沿いにあり
10年近く前にオープンした
いわば、古民家改造系スープカレー屋さんの

くさわけのようなお店です。

内装も古民家にふさわしく
少々薄暗いのですが、そこがアジとなっている

フシギとウマいスープカレーを食べさせてくれる
期待にむねがワクワクするような

隠れ家のような、アジトのような
お店だったのです。

札幌の中央部から富良野に帰る時には
しばしばお店の前を通るのですが

しばらくご無沙汰しておりました。

と、いったわけで
久々の棗やの味にワクワクしながら

お店の中に入ると

白を基調としたスタイリッシユな内装が
いい感じであります。

天井でゆったりと回る
コロニアル風な扇風機、

ウサギの耳みたいなデザインが
おしゃれさをかもしだしている黒いいす

机の上に敷かれている
シルバーのテーブルクロス

これも棗やの新形態だなぁ、という感じで
どこか納得できます。

こんなオシャレなインテリアと
開店祝いのお花がなんともいえずいい感じです。

と、周囲をみながら
メニューを手にしますと

チキンレッグ
チキンボール
トマトキーマ
ニラキーマトーフ
白湯チキン
大豆スペシャル

といった、札幌の棗やでもおなじみのメニュー

しかも、トッピングも豊富に

350円のチキンレッグに炙りチキンレッグ
300円のチキンボールとキーマ
200円のダブルかき玉子
150円の納豆・しめじ
その他
ジャガいも、にんじん、なす、ピーマン、ブロッコリー
ホールトマト、フレッシュトマト、ひよこ豆、豆腐
なめこ、えのき、キャベツ、あげながいも
かき玉子、チーズ(ライストッピングメニュー)
玉子

などの、豊富なトッピングメニューに

目を奪われますが

実は行く前から

ここでしかたべることができず

しかも、ここでそのウマさにめざめた
白湯チキンか、ニラキーマとうふの
どちらかにしようと思ったのですが

熟考30秒

ニラキーマとうふに決定。

トッピングは、お店推奨のシメジをスープに
ライスにはかき玉子をトッピング

辛さは、1.0番

待つことしばしで

いい香りとともに登場

きました。

これですよ。

こちらのカレーは
麻婆豆腐をカレーにするという
不思議なコンセプトのカレーなのですが

妙にマッチしています
くすんだオレンジいろの半透明色した
そんなスープをまずは一口

う、

ウマー


そして、

カラー


深いコクと、スープ自体のウマ味に加えて
キーマからでてくるお肉の旨みもあいまって

アッサリとしたすいすい行ける感じでありながらも
旨みがあって

しかも、カラさが直撃します。

カイエンペッパーのカラさなのですが。

コールスローっぽいサラダも
絶品でありますし

もう、言うことなしっスね。



辛い辛いといいながら
スイスイと食べ終わってしばしたつと

ルーカレーからスープカレーにアプローチをした
そんな濃いスープカレーを食べた
食後感をもたらしてくれる。

そんな不思議なカレーでもあります。

これは、スーリヤ、奥芝とともに
選択肢がふえて、いいことですね。


次回は、ぜひ

かつて本店で食べて
衝撃を受けた
白湯チキンか

ごぼう・きゃべつ、なす
青梗菜、きぬさや、ピーマン、トマト
長いも、シメジ、いも、にんじんのはいった
スペシャルベジタブルに

チキンボールとかトッピングして
いただきたいものです。





☆「Asahikawa 棗や L☆VOICE」
(旭川市3条通9丁目POWWOW2F)
◇営業時間◇11:30~15:00 17:30~19:30(LO)
◇定休日◇ 不定休 ◇駐車場◇有料駐車場有り




あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければコメント欄で教えてください。

当ブログによせていただいたコメントは、さしさわりなければ
番組内で紹介させていただきます。



あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。

カレー莫迦一代のナビゲーター「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17
レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2787
6月23日 オンエアー 第168回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
での、コーナー「富良野印度化計画」であります。

G8、サミットも目前に迫っていますが
C8、カレーサミットも目前にせまっております。

と、いうことで先週に引き続き
カレーサミットのお話であります。

こちらは
「北海道農政事務所のHP」からです。


旭川市で北海道カレーサミット(C8)が開催されます

北海道カレーサミット実行委員会では、6月27日(金曜日)・28日(土曜日)に旭川市において、北海道内8地域のご当地カレーが集結する「北海道カレーサミット(C8)」を開催します。
この催しは、「北海道洞爺湖サミット(G8)」を契機に、地域の食材を生かしたご当地カレーを通じ、地域の振興や、地産地消の推進による環境保全をアピールすることを目的としています。
開催中は、食と環境に関するパネルディスカッションや道内8地域のご当地カレーの友好調印式が行われるほか、ご当地カレー、上川の農畜産物を使ったサラダ、デザートのバイキングなどが楽しめます
1日目:6月27日(金曜日)
【時間】 18時00分~20時10分
【場所】 ベルクラシック旭川3階「オーロラ」(旭川市本町2丁目)
【内容】
1、スペシャルパネルトーク~カレーで北海道を元気に~
コーディネーター:
内田純一氏(北海道大学)
パネラー:
ヒロ中田氏(北海道じゃらん)
安保芳久氏(北海道環境財団)
飯沼巌氏(北海道カレーサミット実行委員長)
2、C8カレーランチバイキング
札幌市(スープカレー)、富良野市(オムカレー)、美瑛町(カレーうどん)、苫小牧市(ホッキカレー)、白老町(シーフードカレー)、士別市(ラム肉スープカレー)、羽幌町・苫前町・初山別村(日本海えびタコ餃子カレー丼)、南富良野町(エゾカツカレー)
【参加費】 2,000円(チケットは全て前売り。以下にて販売中)
北海道新聞旭川支社1階受付(旭川市4条通1丁目)
旭川屋cafeAS(旭川市4条通8丁目買物公園旭川屋内)
【定員】 200名
【お問い合わせ先】 (有)百景広告社 北海道カレーサミット事務局(TEL:011-823-8800)

2日目:6月28日(土曜日)
【日時】 11時00分~16時00分
【場所】 JR旭川駅駅前広場(旭川市宮下通り8丁目)
【内容】 ご当地カレー屋台バイキング、カレー一皿(ハーフサイズ)400円(ライス別売)


ついで、こちらは朝日新聞の記事です。

「北海道カレーサミット」開催へ ご当地の味、8種競演(朝日新聞)

道産食材を生かした「ご当地カレー」を売り出す道内8地区の関係者らが27、28日、旭川市内で「北海道カレーサミット」を開く。北海道洞爺湖サミットを前に、環境保全もテーマとなる。地産地消が浸透すれば、遠い地域から食材を運ぶ必要が薄れてエネルギー消費の削減につながると訴える。首脳会議さながらの熱い議論が展開されそうだ。
 「C8」。カレーサミットの愛称は「Curry(カリー)」の頭文字と参加8地区を掛け合わせた。「G8」と呼ばれる首脳会議に似せた。サミット初日は8地区の関係者が「華麗(カレー)なる友好調印式」に臨む。「カレーの魅力を道内外、世界へと発信しよう」を掲げた大会宣言も採択する。
 遊び心が満点の企画だが、サミットにかける思いは真剣そのものだ。
 参加地域は「スープカレー」の発祥の地・札幌市、「富良野オムカレー」を考案した富良野市、「士別ラム肉スープカレー」を売り出す士別市、「美瑛カレーうどん」の上川支庁美瑛町も加わる。
 さらに「苫小牧ホッキカレー」の苫小牧市、「白老皿貝のカレー」の胆振支庁白老町、「なんぷエゾカツカレー」の上川支庁南富良野町、「日本海えびタコ餃子(ぎょうざ)カレー丼」を作った留萌支庁の羽幌町、初山別村、苫前町が名乗りをあげた。
 道内は地域経済を引っ張る基幹産業が衰退し景気低迷にあえぐ。観光客誘致を掲げる地域は多いが、効果的な手立てがなかなか見いだせないでいる。カレーの具材はラム、エゾシカ肉、コメ、タマゴと地域の名産がほとんどで、「地産地消の『ご当地カレー』が北海道を元気にする」と8地域の関係者らが実行委員会を作り、サミット開催に動いた。
 初日の27日は、旅行雑誌「北海道じゃらん」の編集人で「ご当地グルメ」の開発に熱心な中田博人さんや北海道環境財団の安保芳久さんらが討論。「ご当地カレー」をどう売り込むかだけではなく、地産地消が環境への負荷を軽減させることを訴える。
 27日は、旭川市本町2丁目の「ベルクラシック旭川」で午後7時から、8地区のカレーを有料のバイキング形式でお披露目する。28日は旭川駅前広場に特設屋台を設け、市民向けに有料の試食会を開く。27日だけは事前に試食チケットの購入が必要。問い合わせは事務局(011・823・8800)へ。(綱島洋一)


だそうです。

カレーの可能性を見いだすことが出来る
良いイベントになりそうな予感が

これらの記事を見るだけで伝わってきます。



僕自身、仕事の関係で行けないのが
かえすがえす残念なのですが

旭川に行く機会がある人は
訪れてみては如何でしょうか。




あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。

当ブログによせていただいたコメントも、さしさわりがなければ
番組内で紹介させていただきます。


あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


カレー莫迦一代のナビゲーター「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2787
FHF
放送日の二日前である6日21日は、
夏至でした。
一年で昼の一番長い日です。
十五時間以上昼があり
八時間あまりの夜になりまして
冬至はこのまったく逆
八時間の昼と、十五時間の夜

このあいだ、冬至で、そして年を越したような
感じがしていたので

時の流れの速さに
改めて気がつかされるのです。

6月23日オンエアー 第168回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
放送を終えました。

先週木曜日の道新夕刊の「今日の話題」に
こんな記事が載っていました。

「北海道洞爺湖サミットの開催が目前にせまってきた。
 主要議題となる地球温暖化問題担当の内閣官房参与西村六善さん(札幌出身)が講演で「こんな形式の会合はこれが最後になるかもしれない」と語っていた。
 「こんな形式」とは、主要八カ国の首脳だけで国際経済や政治問題について討議することを指している。
 国際情勢が大きく変化する中、サミットの枠組み見直しはもはや避けられない。西村さんはこう言いたかったのだろう。
 今回のサミットは実に三十四回目となる。
 パリ郊外のランブイエで初のサミットが開かれたのは一九七五年。激動する世界経済、とりわけ第一次石油危機への対応を話し合うのが目的だった。
 六カ国で始まった会議は翌年カナダを迎え、九八年からロシアが正式メンバーに加わった。
 今回は主要国のほかに十四カ国が集まり、環境問題の拡大会合に出席する。サミットの変容ぶりを物語ると言っていい。
 フランスや英国はメンバーを現在の八カ国から十三カ国に拡大する構想を打ち出している。実現の可能性は高い。
 その意味でも洞爺湖サミットは大きな転機となるだろう。
 日本が議長国を務めるサミットは洞爺湖で五回目だ。七九年、八六年、九三年は東京で、二〇〇〇年は沖縄で開かれた。
 過去四回に共通するのは、その年にきまって解散・総選挙が行われたことだ。今回はどうか。サミット後の政局からも目が離せない。」

とのことです。

私の職場の同僚が室蘭へ出張に行ったときも
「警備の車両とかがスゴかった」旨の
お話をされていましたっけ。

そんなサミット
正式名称を「主要国首脳会議」(Group of Eight)といいます。

参加は
フランス、アメリカ、イギリス、ドイツ、
日本、イタリア、カナダ、ロシアの8ヶ国の首脳に加えて

その年のEU議長国の政府首脳、
欧州委員会委員長などが、
年1回集まりまして、

国際的な経済的、政治的課題についていろいろと討議する会議です。

「参加」と上に書いた国以外にも
その他の国の首脳や国際機関の代表も
例外的に出席することもあります。

合わせて、数多くの下部会議や政策検討も行われます。


G8(ジーエイト)、主要8ヶ国首脳会議とも呼ばれまして、
一般には「サミット」と呼ばれることが多く、
ロシア参加前は先進国首脳会議、G7(ジーセブン)、
先進7ヶ国首脳会議と呼ばれていました。

サミットという呼称は、首脳の地位を山頂に擬えたものだということは
先週お話いたしました。


主要国首脳会議は1973年のオイルショックと
それに続く世界不況に起源を持ちます。

これらのトラブルによってアメリカ合衆国で、
アメリカ、ヨーロッパ、および日本の財務を預かる政府高官が集まり、
経済的課題を討議する会議「ライブラリーグループ」が生まれました。

1975年、フランスのジスカール・デスタン大統領は、
工業化された6つの主要民主主義国の首脳を
フランス・ランブイエに招待しはじめての首脳会議を開催し、
定期的に首脳会議を持つことを提案しました。

このときの出席者は、
主催国を交代しつつ年1回会議を持つことに合意しました。

こうして、フランス、西ドイツ、イタリア、日本、イギリス、米国で構成される
いわゆるG6が生まれました。

翌年プエルトリコのサンフアンで開催されたサミットで、
米フォード大統領の要請により
カナダが参加したことにより、G7となります。


冷戦の終結に続く1991年に、G7サミット終了後、
ソ連(現・ロシア)とサミットの枠外で会合を行うようになりました。
ロシアは、1994年のナポリ会合以降は
首脳会議のうち政治討議に参加するようになり、
1997年のデンヴァー会議以降は「世界経済」「金融」等の
一部セッションを除き
基本的に全ての日程に参加することになり。
1998年のバーミンガム会議以降は
従来の「G7サミット」に代わり
「G8サミット」という呼称が用いられるようになりました。

さらに2003年のエビアン・サミット以降、ロシアは
「世界経済」に関するセッションを含め、
完全に全ての日程に参加するようになりました。


会議が開催された当初は、
様々な国際的な課題への強い影響力を有していましたが、
近年では影響力の低下とともに
形骸化や単なるセレモニー化が指摘されています。

が、その一方で、国連総会などの外交官レベルの会議に比べ、
各国の首脳会議であるサミットは
決断力・実行力に格段の優位性があるほか、
国連の決議でネックとなることが多い拒否権など
制度的問題点がなく、

国連を補完する意味でも
一定の役割を果たしているという指摘もあります。


今回のサミットで取り上げられる予定の
先住民族の問題など民族対立の問題や
環境問題については、

国内の制度だけをどうこうしてもダメな問題ですので
このような会議である程度のイニシアチブをとることが
必要となるでしょうから

これらの国を超えた問題がたくさんでることで
サミットの重要性が増してくる

となると、今後もますます必要性が
高まってくるでしょう。

ところが、光有るところに影有り

さまざまな問題点も指摘をされていますが


続きはまた来週であります。




ダライ・ラマ14世の、チベットに対する提案は以下の通りです。
(1987年、アメリカ議会の人権問題小委員会での「チベットに関する5項目の和平案」)

・チベット全土を平和地域とする
・チベット民族の存続を脅かす中国の人口移動政策を放棄する
・チベット民族の基本的人権および民主主義に基づく自由を尊重する
・チベットの自然環境を保護し、回復させる。チベットでの核兵器の製造、核廃棄物の投棄をしない
・チベットの将来の地位について、また、チベット人と中国人との関係について、真剣な交渉を開始する

そして、チベット人による本当の自治権が得られれば独立は求めないと譲歩しました。(1988年、「ストラスブール」提案)



来週も国際問題を取り上げる「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2787

リクエストなどは
当ブログのコメント欄でも
受け付けています。
追 夏のお祭り
三日目 東 ポ06 b
「東行本舗」です。
♪6月23日オンエアー 第168回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」の
番組内でオンエアーをした曲です♪


♪「changes」 Base Ball Bear
TV「図書館戦争」Ed

弦の音がストレートに響いて来る
タイトなギターサウンドのイントロに、
ベース、ドラムもシンプルに鳴り、
カッコよくスタイリッシュでケレン味のない
さわやかな楽曲にしあがっています。
Base Ball Bearの曲は、独特なコード進行に
面白さを感じますが、この曲も構成のシンプルさと
面白いコード進行が相乗効果でいい味を出しています。
2番のBメロのスネアドラムとギターのカッティングの
16分音符に引っ張られるビートにのせて歌う部分とかも
ビシっときまってカッコいいです。
間奏あけのビートが強く刻まれて
そのままCメロからサビへ行く流れについては
来る、来る、とわかっていても
ゾクっとくる格好よさで、たまりません。
サビの部分とかが繰り返されることで
詩が訴えかけるメッセージが
強く強く補完されていまして
前向きさとひたむきさがテーマの
番組を締めくくるのにふさわしいです。
同じくアニメとのタイアップ曲である
「おお振り」の「ドラマチック」と
同じテイストを感じます。
オリコンで10位にランクインしまして、
シングル・アルバム通じて初のTOP10入りです。
この曲を聴いたときに
「この後は、uhbニュース&ウェザーです」
なんて「アナウンス」が浮かんでくる人は
お友達になりましょう。
(北海道では「図書館戦争」のあとが、そんな番組です)




♪「Sandglass〜記憶の粒子」 茅原実里
「Melty tale storage」カップリング

ぽろんと鳴るピアノとソロのバイオリンで奏でられる
穏やかなイントロではじまり
シンバルとツリーチャイムで盛り上げられて
ドーンという印象的な音に導かれ
茅原さんのハリのある声がのります。
リズム帯やストリングスのサウンドが
次第に厚くなってくるのに乗じて
ピコピコとしたPCの音が入るかと思うと
同時にアコースティックギターや、
ストリングスのアンサンブルもフィーチャリングされて
さまざまな要素が集まり、絡まって
凝縮されたような感じでサビへと突入していきます。
全体的にはスローに流れる曲世界を持っていまして
アコースティックのサウンドと
打ち込みっぽいビートの融合は彼女の曲の真骨頂。
ただし、いままではシンセとストリングスでしたが
アコースティックギターやピアノの音が
全面に出てきているのも特徴的ですね。
骨太なエレキギターのソロがあって
リズムオフとなったパートで彼女の歌声が響く。
なんてのは、もはや様式美ですがいいですね。
せつなさげな曲に加えて、当然、詩もよくて、
「恋への臆病さを描かいた物語」を
もれなく表現されています。



♪「O2」 ORANGE RANGE
TV「コードギアス反逆のルルーシュR2」Op
「FURANO History Factory」6月のマンスリーパワープレイ

セカイ系という言葉は、
ここ10年くらい、ライトノベルの世界から
その他小説・映画・ドラマの世界などで
時代を席捲した概念でした。
オレンジレンジのバンドとしての立ち居地というか、
メジャーシーンで活躍し、支持を受けているような
そんなバンドの曲が持つ世界とは、
一見すると真逆であるように感じます
が、実は相性がいい、というのが
番組にレンジを起用するにあたっての
最大の収穫でした。
彼らがつむぎだす、小気味いいビートであったり
深く衒学的な歌詞の世界があっての
ことだとは思うのですが。
ちなみにこの週の放送は、日曜日の3時30分から
番組の収録をしましたが、
収録終了をした30分後に
また楽しみにこの曲を聴いたのでした。




♪「風になる ~みんなでウクレレ編~」 つじあやの
「ありえないくらい奇跡」カップリング

つじさんの原点とも言うべき
ウクレレの弾き語りなのに加えて
この曲は映画「猫の恩返し」の主題歌ともなって
ハウス食品キャンペーンソングで
企業のCMソングでもあるので
つじさんの名前を高めた曲でもあります。
そんな曲のウクレレ1本での
弾き語りバージョンです
すっとぼけたといったら
語弊があるかもしれませんが
そこらへんがアジでもあるし、
だからこそ、サビなどでの伸びやかな声が
よく映えますし、
なんともかわいらしい、そんな曲ですね。
つじさんは手が小さいので、
ギターではなくウクレレをはじめたそうですが
21世紀になっても、こんな癒される
懐かしいような曲が作られる天の采配の妙に
感謝をしたい気分です。



♪「crossing days」新谷良子
TV「紅 Kure-nai」ED TV「アニたま」Ed

打ち込み系のビートにのせて
メジャーコード進行で曲がすすんですく
さわやか系アッパービートナンバーです。
サビのところはひきつけられるキャッチーな旋律に、
コーラスワークのウマさが光りますし、
曲全体を通じて感じることができる
さわやかなところが、新谷さんの
キャラクターにもあっています。
彼女の10枚目のシングルで
最初のほうはどちらかというと彼女の独特なアマい声が
バンドサウンドと融合をしているという感じの
楽曲がおおかった印象を受けたのですが、
この曲は彼女のアマい声質はそのままですが
伸びやかでハリが出てきているのに加えて、
16分音符で動く早口のライムのような部分も
しっかりと無理なく自然に歌いこなしていたりとか
ファルセットの部分もきれいにきまっていて
彼女の歌が進化していることを感じます。
曲を担当しているR・O・Nさんは
新谷さんの楽曲をずっと提供をしていまして
彼女のバンドのギターとキーボードも担当しています。
これは、ほかの楽曲も聴きたくなりますね。




このような曲をかけているFHFですが
リクエストも受け付けています。

リクエストは、このブログのコメント欄でも
受け付けます。

よろしければ。


「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17
レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2787


追 夏のお祭り
三日目 東 ポ06 b
「東行本舗」です。
先週のSPAの連載、
坪内祐三さんと、福田和也さんの対談
これでいいのだ!のなかで
こんな話が出てきました。

(前略)
福田「ただ、……実はね、ワタクシ個人的には殺人とかの「三面記事ネタ」ってほとんど興味がないんだよ。というのは、犯罪って、どんどん減ってるんだよね。去年までの統計で、例えば殺人の認知件数は07年が戦後最低でしょ。昭和30~40年代の半分くらい。つまり最近の治安状況は、画期的によくなってるんだよ。マスコミも事件が減ってきているから、一つ一つの事件を大きく扱うのかもしれない。むしろ、興味深いのは、そんなに犯罪が減っているのに「治安パトロール」とか「防犯パトロール」とか、と地域や商店街ごとにグルグルと見回りしている人達がすごく増えたでしょ。そういう過剰や意識に興味が向くよ」
(後略)

と、のことですが

そんな実感が持てずに
なんとなく不安感が増幅されて、

福田さんは、地域防犯パトロールのことに言及されていますが

警察とかの警備もすごくコマかくなっていて
監視社会となっている。

ここらへんも気になるところですが
そんな一因が

こんなところにあるのではないでしょうか



こちらは、

岡田斗司夫さんの近著
「オタクはすでに死んでいる」(新潮新書)です。

岡田さんの著作といえば
いろいろと読ませてもらってますが

近年の「フロン」あたりから
最大のベストセラー「いつまでもデブと思うなよ」
といった著作には正直ぴんと来なかったのですが

こちらは結構なるほどと思うところが多かったです。



最初は彼の出した同人誌で
「ロフトプラス1」でのイベント
「オタクイズデッド」を文章化した
「オタクイズデッド」が底本になっているのかなと
思っていたのですが(こちらも、持ってます)


そこにとどまらず
上質の現代批判となっているのが

しっかり読めたうえ、
考えも深まったということで
ピンときたのだと思います。


この本にこのような内容がかかれています。
少々長い引用ですが、おつきあいください。


(前略)
 しかし九〇年以降、日本は不景気の時代に突入しました。それも「極貧→貧乏→まだ豊かとは言えない」という昭和型の不景気ではありません。「街にはバブル時代の遺産が残っている=かつて日本は豊かだった→しかしいつまでたっても生活は楽にならない→きっと不景気は半永久的に続くに違いない」という、平成型とも言うべき「不景気をこじらせた」状態です。
 このため、子供たちは大人になりたがりません。
 大人だって、チャンスがあれば子供に戻りたくって仕方ありません。
 だって、現実の生活では「明日は今日より苦しいかもしれない」という兆候しか見えないから。年金は破綻して環境汚染は進み、勝ち組と負け組みはますますはっきりして、日本は超高齢化社会に突入する。
 こんなことを毎日聞かされたら、誰だって「大人になりたくない」「早く大人になるのは損」と考えて当然でしょう。
「小学校で『大人社会では当たり前の事件』が起きただけで過剰に拒否する」「若く見られることが何よりの美の基準」
 私たちはいつのまにか、このようなバランスの欠いた思考に慣らされてしまっているのです。
岩村暢子著『普通の家族が一番怖い』(新潮社刊)では、「子供にいつまでもサンタの存在を信じさせたい」という親が急増している、という事実が指摘されています。幼稚園や小学校低学年の子供ではありません。同書には、中高生にも必死でサンタの存在を信じ込ませようとする親の異様な姿が描かれています。
(中略)
親が子供に「大人にならなくていい」「大人になると損だ」と教育しているのです。なぜなら自分たちもそう思っているから。

 さて、さきほど私は「オタク文化が成立するための二つの要素」を述べました。
「日本の大人は子供っぽいので、オタクになる」
「日本の子供文化は大人っぽいので卒業する必要がない」
 今、急激にオタクが増えているのは、オタク・ブームや「萌え」ブームだけのためだけではありません。経済の行き詰まり感が「大人になるのは損」という判断を、全世代・全階層に徹底してしまった。
「大人な判断」「大人の見識」「大人の品格」
 これらの事はいちいち新書などで教わるまでもなく、身につけていることこそ「大人」の証拠でしょう。しかし、そういう「大人の属性」を得たとしてもなんの得があるのか?
あえて苦労を引き受け、常に向上を求める大人の姿勢は、短絡的に見るとあきらかに「損」なのです。そして、そういう「短絡的」なスパンでした、ものを考えられない。短絡的な感情=「今の気持ち」だけで判断することを「自分の気持ち至上主義」というわけですね。
 そのため、オタクの総人口が急激に増えてしまったのです。

「無理して大人になるよりも、楽して子供っぽく得して生きる」
 こりは今の若者の話ではありません。日本の全世代・全階層が無意識に求めている生き方です。
 学校ですぐにキレる親や、病院で医師を吊るし上げる患者。
 コンビニや喫茶店で怒鳴る客や、病的なクレーマー。
 何か問題があると、責任者に土下座させないと気がすまないワイドショー・マスコミ。
 これらはすべて私たち自身、または、すぐ隣にいる「平均的日本人」の姿です。
(後略)




オタクを批判しているつもりが、
実はそれが、オタクを大量発生させているのと
根っこが同じだった。

このことに改めて気がつかされて
目からうろこが落ちた思いだったのでした。



と、考えると、福田氏が述べている
監視社会も、なんともホームルーム的という
感じもしてきます。


岡田氏の文章に戻りますが、
オタク論から現在の世相論へと
発展しているのが、本書ですが

こんな文章でしめくくられています。



「大人になる、というのはイヤなことだけじゃないかもよ」
「老後の不安なく健康で長生きグルメで、ってばっかかんが得るのは、はたして『生きてる』って言えるの?」

 以上、長々とよんでいただいてありがとうございました。






「老後の不安なく~」といったことに疑問を呈したのは
中島梓さんも同様なことを言われていて

僕はそちらの本も読んで、
たくさんの示唆をもいただいたのでした。


と、いうことで、今回の諸々の事件だけでなく
現在のなんとなく、イヤな感じを

読み解くヒントになるかもしれませんので

よろしければ、一読をおススメします。




ヤジウマ的よろずウォッチャー「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2787

リクエストなどは当ブログのコメント欄でも
受け付けています。
「週刊ベースボール」誌でエッセーを連載されていますが、
その中で

「僕が首都大学リーグで優勝したのは22季ぶりで
その時、明治神宮大会に出て」

といったむねのことを書かれていまして

それを見て、改めてビックリしたのです。


そうか、あの日から、それだけの日が
たっているのかと。


僕が大学生のときの86年
わが母校が十五年ぶり二度目の
首都大学リーグの優勝をきめたのです。

71年に優勝したときは
現在帝京高校の野球部監督である
名将・前田監督が4年生のときです。

ただし、前田監督はプレイヤーではなく
コーチャーでしたが、

その翌年、72年に、
後にドラフト1位で阪神に指名されることになる
益山性旭投手が入学します。

益山投手といえば、ドラ一で阪神に入ったものの
後にバッティングピッチャーとなりました。

が、当時の深刻な左腕不足から
85年、バッティングピッチャーから現役に復活したという

紆余曲折の野球人生をおくりました。

ちなみに、85年は
トラキチには、忘れられない
阪神タイガースが優勝をした年でした。

また、阪神タイガース、84年の末に出された
架空優勝実況のときに
胴上げ投手にもなっていませんでしたっけ…。

そんなことでトラキチの脳裏にこびりついている
ピッチャーの一人であります。



また、彼は、大洋から4位指名されたドラフト会議の際に、
司会のパンチョ伊東さんが、益山さんの名前に使われている漢字を
「『性』はセックスの性」と説明されたことで、
会場が爆笑の渦に包まれたことは有名なお話です。

後日パンチョさんは「『性別の性』と言っておけばよかった」
と語り、益山さんに対して謝罪をしたそうです。

また、このエピソードは、阪神1位指名時のものと
語られていますが、それは誤りです。

さて、そんな益山さんを要しても
優勝は出来なかった。


しかも、益山さんの1学年下には
東海大学に遠藤一彦さんがいて、
さらにそのあとには
原・津末・村中・戸田・市川和正といった
甲子園をわかせた球児が入学し

さらに下には、高野光さんがいて

ただでさえ強かった東海大が
ますます台頭をしまして、

東海・日体の二強の後塵をはいすることが多く

僕が大学に入学してからもそんな感じでしたが


ところが、この年は
あれよあれよという感じで優勝

大学の最寄のバス停横にある八百屋にも、
「祝・優勝」と飾られたり
祝賀ムードに盛り上がっていました。

秋の大会ということで、全国は明治神宮大会

僕が小学生のとき、
それこそ、まだ江川さんや植松精一さんが
法政の学生で
松本匡史さんや、早大の応武監督が早稲田の学生だった頃に

父親に何度となく神宮球場につれていってもらって


その応援団のカッコよさとかも含めて

大学野球の雰囲気に漠然とあこがれていた僕としては

大学生になって、神宮で野球の応援にいくというのは

アコガレのシチュエーション

なんてったって、首都リーグは
川崎球場とか日体大健志台球場とかでリーグの試合を
やっていましたからね。


ということで、イキオイコンデでかけていった明治神宮球場。

対戦相手は、東京新大学の覇者、流通経済大

まぁ、試合は結構一方的なスコアでまけてしまったり

少々前に不祥事をおこして応援団が解散をしていたこともあり
流通経済のエールを拍手でしかかえすことができなかったりと

そんなこともありましたが


僕にとっては、楽しい野球観戦の一ページですね。


そんなのから22期ぶりに優勝を経験し
97年の明治神宮大会に出場したのが

ピッチャーが現在楽天の愛敬投手
キャッチャーが前述の里崎捕手といった

強力バッテリーを擁するチームであった
というわけです。

時の流れの速さを感じますね。


さて、大学野球といえば、

先日、全日本大学野球選手権大会がおこなわれ

東洋大学が優勝をしました。


東洋大学の練習場がかつて住んでいた家から近かった
ということもあったので、

たまに練習を見に行ったりしていましたし

当時は誰がだれ、なんてことを意識していなかったのですが

この時に、あそこのグランドで汗を流していたのが
達川さんや松沼兄弟でした。

こちらも優勝したときには、
駅前商店街に横断幕が張られたりしていました。

そんなことを懐かしく思いながら
スポーツ新聞を読んでいると


各年のMVPがのっていました。
MVPは01年から制定されました。

以下の通りです

01年 久保 裕也
02年 木佐貫 洋
03年 脇谷 亮太
04年 福田 聡志
05年 高市  俊
06年 村田  透 
07年 斎藤 佑樹
08年 中倉 裕人

初代の久保さんから
4代目の福田さんまでが

全員巨人の選手というところが

なんとも…
示唆的なのですが


ヤジウマ的スポーツウォッチャー「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2787

リクエストなどは当ブログのコメント欄でも
受け付けています。
もう十日以上の前の話となってしまいましたが
畏友GMクンとミルチで絶品カレーを食べたあと

「カレーのあとは温泉っスよね」

ということで行ったのが、定山渓温泉で一のお気に入り
「ホテル山水」です
第44湯目です。

土曜日にいったので、
結構込んでいるのでは?、
という予想に反して、僕とGMクン以外には
二人しかお客さんがいなかった…

これも、YOSAKAI効果でしょうかね。

と、するとありがたいことなのですが。


いつもどおり、定山渓の山並みを見ながら
極上の露天風呂を楽しみました。



で、その後は、畏友P氏ら友人と合流し
札幌駅そばにある居酒屋「みよし」にて飲み会。


こちらは、九州のご当地メニューをいただけるということで

土山しげるさんの異色の食マンガ「極道めし」で
主人公「相田」が「おいしいものを食べた話勝負」のときにした
「馬刺しの霜降り」や「タテガミの刺身」の
濃厚で、おいしいあぶらを肉のうまみとともに
きゅっとつめこまれた味覚

それから、「美味しんぼ」や「クッキングパパ」でしか
見たことがなかった熊本県の郷土料理「一文字ぐるぐる」の

ワケギのくにくにした面白い食感と酢味噌とのバランスに
舌鼓をうちました。

熊本ではワケギを一文字(人文字)と呼び、
さっとお湯に通して氷水でさらしたあと
ぐるぐる巻くことから
この名前がついたと言われていています。

(僕が「確か「美味しんぼ」に出てきたよなー」とかいったら
間髪いれず「角丸幹事長初登場の回か!」と言った畏友P氏は
スゲーナーと思いました。
ってか僕らって、食の知識は
みんなマンガで得たことですか(苦笑))

そして、これまた絶品、キビナゴのお刺身などで
おいしく焼酎をいただき

楽しいひと時を過ごしたのでした。



そんな翌日、

僕、畏友P氏、畏友GMクンの三人でニセコへ。

中山峠をこえてむかいましたが
途中定山渓のホテル駐車場に
おびただしい警察車両をみて

「あー、サミットも近いんだなぁ」などと
思いながら

中山峠を越えて、
羊蹄の山ろくをぐるっとまわって


本日第一の目的地である、
ニセコ湯元温泉国民宿舎雪秩父に到着。
駐車場へ車をまわすと
そこからは、大湯沼を見ることが出来て
それで、いったん落ちていたテンションが
再び上がります。

建物から「昭和」というオーラが感じられる
「ザ・昭和の国民宿舎」といった趣の外観を眺めながら
券売機で入浴券を買って中へ。

第45湯目です。

脱衣場もそれっぽい雰囲気なのに加えて、
そこから浴室へ行くと

こちらも昭和の趣の湯槽が二つあって

いい感じでありますよ。

そしていよいよクライマックスである
名物の露天風呂へ。


こちらは五つの露天があって
それぞれ泉質や湯温が違っているので
楽しいものです。

まずは、一番大きく、一番建物から離れている
巨大なドーナツ型の露天へいきますと



これは

これはイイっ!

灰白色したお湯と、その色の原因となっている
沈殿した温泉成分。

湯元温泉独特のこの沈殿物を手に取ったり
戯れに顔に塗ったりするのも
ご愛嬌であります。

外はニセコの大自然に鳥の声も静かに響きます。



また、露天で、低温でしかも、浅いので
じっくりと入ることが出来る硫黄泉とかもあって

こちらもいい感じです。

そんなこんなでいくつもの湯槽をはしごしたり
しているうちにあっという間に幸せな時間は
過ぎていきます。



大満足のうちに、雪秩父をあとにして

甘露の水では、ここにきた時の僕ら的お約束
「この水は甘露であるっ!」と
某帝の物まねをしながら飲んだあと



ニセコヒラフにある絶品蕎麦屋「いちむら」さんへ


までは、店舗のスタイリッシュさに目が取られ、
待っている時間も暇が潰せる感じです。

待つことしばしで席が空き

僕は天せいろをオーダーしまして

これまた待つことしばしで
天せいろが登場。



これは

こちらは十割蕎麦と、更科と、二八そばから
選べるのですが

十割蕎麦は、もうこの日のぶんが全部出てしまい
更科はもう少しあとのシーズンからということで

二八そばをオーダーしたのですが

これでもめちゃくちゃそばのさわやかな香りが出ていて
全然オッケーですよ。

二八でこれなら、更科や十割だったら
どうなっちゃうんだろう、って感じです。

しかも抹茶塩でいたたぐてんぷらも
いい感じです。


海老がプリップリなのもよかったですし、

茄子なんか、齧った口から汁があふれ出てくるほど
みずみずしくって、思わず齧った断面を
見てしまいましたよ。

かぼちゃもビックリするほどアマアマですし、

あと、この時期のサービスということで
「うど」の天ぷらが出てきたのですが

これも、季節の鮮烈さを凝縮した感じで、
食べたそばから健康になりそうで
よかったですよ。

そばや天ぷらが絶品ならば
汁も上級品。

食べながら外を見ると
新緑の風が林の若葉を揺らしていますし

天気のよい日は羊蹄の山並みを正面にみながら
風を感じられそうな外に突き出した席も

機会があったら座ってみたいです。

基本、お蕎麦屋さんである和のテイストが根っこにありながら
スタイリッシュでおしゃれってのが

今風のお蕎麦屋さんということで

またまた絶対再訪したいとおもいます。

と、いうことを誓って、
ニセコをあとにしたのでした。


富良野にかえっても、しっかりとスベスベが残ったのが
いいところですし

翌日、シャワーも浴びたし、服も当然全部かえたのに
微妙に硫黄の匂いが残っているのが

湯元温泉クオリティーです。



あとは、お仕事がテンパっている時に

お世話になっている

朝フロンティアフラヌイ温泉。

第46湯目であります。

あー、ここの低温の湯槽はいついっても
いやされます。

が、何か、行った日は自衛隊の行事があったようで

そんな感じの人が結構入っていまして

「連隊長殿も…」

「わが戦車隊も…」

なんてお話をされていました。

さすが、自衛隊の街、上富良野の温泉です。




ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。


ヌルく浅い温泉ヲタ(温い温泉と湯船の浅い温泉が好きという意味も可)
の、「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2787

リクエストなどは当ブログのコメント欄でも
受け付けています。
2008.06.19 今週のカレー
☆「手打ちそば処 おち庵」(南富良野町字落合)

さて、なんぷエゾカツカレーを訪ねて
第三弾は
これまた、パンフレットで気になったお店を
訪れました。

それが「おち庵」です。

どこか気になったのかというと
「エゾカツの衣にはたっぷりのそば粉を使用。」
という一文です。

なんだかそば粉のクレープ「ガレット」とか
そば粉のパンケーキ「ブリヌイ」を思わせてくれまして

これだけで、興味津々

次に行くならココ!と決めていたのですが
いかんせん、こちらは15:00閉店ということなので

休日出勤の合間に時間を作って
行って参りました。

国道38号線を富良野から帯広に向けて走ると
幾寅の集落があり、そこを越えると
落合の集落がありますが


さらに帯広の方に向かうと
向かって左手に
「ソバ」と「エゾカツカレー」ののぼりが
はためいています。

そこを左に曲がると
森の中のログハウスがありましたが、

そこが「おち庵」さんです。

駐車場に車を止めて
ドアをあけると

ザーっという空知川の源流の音と
ぷんっ、と漂う森林の香りが
出迎えてくれます。


外に無造作に置かれている
昔のラジカセなどを眺めながら

重い木の扉を押すと

スリッパに履き替えて
リビングのような部屋へ。

と、犬がお出迎えをしてくれます。

自然木でできたようなテーブルの前にある
座り心地の良いイスに腰をおろして

エゾカツカレーをオーダーしました。

この日は、6月中旬、しかもお昼時であるにもかかわらず
外の気温は12度しかなくて

席の横で、時たまパチッという音を立てて
槇がはぜる音のする素朴な槇ストーブが
いい感じですし、

その横で目を細めて寝ている
猫の姿もカワイラシク和みます。

待つことしばしで来たカレー。

まずはいつもどおり、ルーをぱくり。

お蕎麦屋さんならではのカレーとめいうつのに
相応しい、穏やかでまろやかなカレーです。

中にはいったさいの目に切られたじゃがいもも
食感とかがオモシロイ感じです。

そして、肝心要のカツですが

衣も肉も野趣に富んでいるかんじで
まっている時に、厨房からは
パチパチと盛大な音をたてていたので
期待をしていましたが、
期待にたがわぬ出来のものでした。

荒々しい鹿肉の味に、そば粉の素朴で木訥とした味が
よくマッチしています。

今回付け合わせに添えられていたのは
アスパラや玉ねぎのソテーでして
それぞれアスパラはシャキシャキのみずみずしいもの
玉ねぎはあくまでもアマくて

いい感じでした。

今度は、エゾカツカレーの案内に書いてあって
「山菜・きのこが添えられる」の一文にある

山菜やきのこもいただきたいですね。

と、いうことで、しめにくまささ茶をくぴっと飲んで
ごちさうさまでした。

フィトンチッド香がそよぐ
森の中の駐車場へと
向かったのでした。

お蕎麦屋さんならではのカレーを、
大自然の中でゆったりと味わって。

とパンフレットに書かれていたことを
実感した楽しい時間でした。

☆「手打ちそば処 おち庵」(南富良野町字落合)
◇営業時間◇ 11:00~15:00
◇定休日◇ 火定休  ◇駐車場◇ 有り




☆「カレーのふらのや」(富良野市弥生町1-46)

かつて、富良野を舞台にしたドラマにも出てきた
「野乃花」は、よく、しょうが焼き定食とかを
たべにいったお店なのですが
お店がたたまれていくしばらく

その後に入るといわれていたお店も入らずに
どうなるんだろう、とずっと思っていたのですが

黄色い看板に「カレーのふらのや」とかかれたのを
目にするようになって

期待をしながら待っていましたが

なかなか行く機会がなかった。

前は通るのですけど
しかも、そのつどに駐車場にたくさんの車がとまっているので
そちらも気になっていたのです。

と、いうことで、満を持して
いってまいりました。

かつて野乃花だったときどうよう
明るく陽光がさす店内。

ただし、椅子がウッディー調のものにかわったので
スタイリッシュな印象をうけます。

メニューは
やわらか骨付きチキン・富良野産豚角煮ロール
ふらのや特製道産赤鶏フランク・富良野産納豆&富良野豚挽き肉
道産野菜たっぷりといった、スープカレーメニューや

トンカツカレーなどのルーカレーから

道産野菜たっぷりのスープカレーをオーダー


看板には、「コーヒー・デザート・マンガ」と
書かれていますが

その通り、大きい本棚には
びっしりとマンガがつまっています。

こんなときには好きなマンガをよんでしまいますね。

家にもあるのだけれど
久々に古いエピソードを読みたいと思ったので
ハロルド作石さんの傑作ロックバンドマンガ
「BECK」を読みながら、待つことしばし

重そうな黒銀に輝く食器に入って登場して
やってきました。

明るいオレンジのスープに散らされたバジルが
まずはいい感じですし
プンと鼻孔をくすぐるスパイス香も
これまたいい感じ。

と、いうことで、まずはスープを一口。



これは

うまい。

カツブシっぽい後味がクセになりそうな感じです。

南印度からスリランカのカレーには
モルジブフィッシュが使われているものが
多いのですが、そんな感じですかね。

豚骨、鶏がら、野菜、魚介類から
スープがとられている、とのことですから

こんな凝り方に、大納得。

しかもスパイシーなんです。

スープのうまみと、からさが
いいバランスなんです。

いいですねー。


そして、具のほうですが

まずは、この時期にして、
びっくりするようなアマいじゃがいも。
しかも、中まできれいな黄色が
いい感じです。

こんなウマくてアマいじゃがいもに
お目にかかるのは本当に久しぶりです。

しかも、かぼちゃもアマけりゃ、
たっぷりのキャベツもアマい。

にんじんもほくほくしてますしなすもジューシー
きくらげのくにくにとした食感も
大好きですし

こんがりと素揚げされたブロッコリーも
僕って大好きだのだなぁ、
ということを再認識しました。

しかも、こんなうまうまなスープや野菜を
しっかりとうけとめるのが

富良野米のターメリックライスです。

これが、いいし、健康になるって感じです。

で、いつもスープカレーを食べるときの
閉めなのですが

残ったスープにライスを投下

こうすると、そこに沈むスパイスまで
あますとこなく味わうことが出来るのですが

またまたスパイスの刺激が
鮮烈に復活してきました。

あとで店にもらったパンフレットを見たのですが

「スパイスは、スリランカから輸入した有機栽培スパイスを中心として、オリジナルに配合した自慢のスパイスを使っております」

とかいてありまして、

納得をしました。


大満足をしながら、自転車にまたがり
初夏の夕暮れ時に吹く独特の風に
カレーで火照った体をいやしながら、

家路についたのでした。


かつて、富良野で経営をしていたカレー屋さんでは

ジントニックでスープカレーをいただいて
軽くほてったからだを覚ましながら家路につくのが
なんとも気持ちよかった体験があります。

残念なことに、そのお店は
現在は営業をしてないので

そんなカレーやさんが無かったなか


こちらもビールとかあるので、

今度は歩いていって、ビールでカレーを
試してみます。


☆「カレーのふらのや」(富良野市弥生町1-46)
◇営業時間◇ 11:00~22:00
◇定休日◇ 不定休  ◇駐車場◇ 有り


☆「スープカリーcafe MAJI Ⅱ 柊」
(札幌市中央区南3条西8丁目
島屋ビル地下1F)

現在札幌某所に潜伏中であります。

と、いうかお仕事(本職)の関係で
出張中なのですが。

お仕事はそれなりにハードなスケジュールなのですが
それなりに自由時間もあって

そんな時は、カレーにお世話になります。

といったわけで最初に訪れたのは
北見で無念のニアミスをきっしてしまった

MAJIの二号店、柊です

柊っつーとあれっスか

ツインテとリボンの双子がいて
リボンのほうは、モタモタしていて
そこがイイのに加えて
ツインテのほうが
「早くメニュー決めなさいよ」
とかいいながらも、
「しっかり、味わって食べなさい、
べ、別に、アンタのために作ったわけじゃないんだから
全部のお客さんに喜んでほしい…だけ…」

などといったりするお店っスか。

違いますね、失礼しました。

などとヲタな妄想をしながら
狸小路をもたもたと歩いておりますと
屋根がヤスい感じになって
しかもあたりに焼肉のイイ匂いが充満している
七丁目をこえると

屋根すらなくなる八丁目
そこにありました。

階段をおりて地下へ行くと
少々薄暗く、そこが味になっている店内へ
カウンターに腰を下ろし、早速メニューを。

こちらは、まずスープが
かつお昆布のわだしベースのスープカリーのサリー
トマトベースのこてさらスープカレーのジャマイカ
より濃厚によりハードに仕上げたスープカレーのボンベイブラック
玉ねぎベースのこってりスープカレーの石焼の
四種類から選ぶことが出来て

それぞれのスープに対して
チキン(とろとろとパリパリ)・豚もつ・きのこ・肉団子
納豆・ポーク・牛すじ大根・シーフード・
スペシャル・シーフードスペシャル
の具を選ぶことが出来ます。

もう、これだけでウレしいのです

と、いうことで、以前、北見では
ジャマイカをいただいたので

今回はガツンとしたとこを頂きたい
と思ったので

ボンベイブラックのチキンパリパリ。

辛さは5番から割り増し価格となるので
その直前の4番

そして、トッピングも豊富ですが
フワフワの卵を
ライスは五穀米選択し、オーダー。

ウッディー調の店内やそこに置かれている
木の彫刻や南国っぽい観葉植物に目をやったり
BGMの陽気なカリプソっぽいBGMに
耳を傾けながら、待つことしばしで
重たい、風格のある陶器のような食器で
いい匂いとともに、登場をしました。

濃い茶色の非透明系なスープに入った
カリカリに素揚げされている具の数々と
その上に散らされてローストガーリック。


これはこれは、とてもウマソー

ってことでいっただっきまーす。

スープを一口。

ぱく

を、



ウマー。

とにかく濃厚なカレーだと
ルーカレーからアプローチした感じのカレーが
多くなりがちなのですが、

そんなことはなくしっかりとスープカレーでありながら
どろっとした濃厚なスープ。

最初は北見の玉ネギ由来なのか
おいしい甘味がくるのですが
すぐに、スパイシーさが追いかけてくる。

しかも見た目濃厚なカレー通りに
こってりとしたウマ味もキいています。

そんなスープにチキンの仕上がりもいい
カリカリだし、中はパサパサになっていないジューシーな
鳥の旨みを堪能できる極上の仕上がり。

野菜も、たとえば素揚げのナスは、
少々硬めなのですが、だからこそ
噛み応えもあり、かめばナスのウマ味が
じゅっと出てきます。

かぼちゃも信じられないほどアマいし
にんじんもほこほこ、キャベツもアマアマ
きのこのくにっとした食感もアクセントになっていますし
素揚げの長いももシャクシャクという
歯ごたえがいい感じです。

これに、散らされているローストガーリック。

このあと、僕はホテルへ帰って寝るだけでしたが
仕事を控えていたら、ヤバい量です。

でも、好きなんです、ガーリック。

濃厚スープをさらに濃くしてくれる
ウレしいやつです。

そんな濃厚なカレーのアクセントとなっているのが
半熟状のフワフワオムレツのような、卵焼きです。

こちら、卵は、ライスにもスープにもトッピングできますが
僕はスープにトッピング派
バターの香りもスープとあいまっていいかんじです

そんな濃いカレーには
五穀米の素朴な味がよくにあいます。


と、いうことでひととおり堪能をしたあと
いつもどおり、残ったスープに残ったライスを投下
あえて半分程度のこした
半熟ふわふわ卵とかと絡めながら
一気にたべる。

そこに沈んだスパイスのパンチとともに
またまた、ガーリックにウレしい攻撃を
されました。

と、いうことで、至福のひと時を過ごしましたし

無類の素揚げナス好きであり
無類の柊好きである畏友GMクンは
気に入るのではないでしょうかね。


「やっぱ柊はスッゲーなー」
と日下部みさお(みさきち)の声でひとりごちながら
ホテルへともどったのでした。


☆「スープカリーcafe MAJI Ⅱ 柊」
(札幌市中央区南3条西8丁目
島屋ビル地下1F)
◇営業時間◇ 8:00~23:00(LO22:30)
◇定休日◇ 不定休  ◇駐車場◇ なし




☆Spice Café Verodeca
(札幌市西区宮の沢1条1丁目6-27サンステージ宮の沢1F)
◇営業時間◇11:30~21:00 (LO 20:30)
◇定休日◇毎週月曜・第3日曜   ◇駐車場◇ あり

さてと、札幌では
宮の沢でお仕事でした。

で、ここで一日仕事があるので
当然昼飯も宮の沢です


二年前も仕事で宮の沢を訪れたのですが
その時は、とにかくカレーを食べるお店が
少なかった印象がありまして

ちえりあの玄咲に「スープカレー」の文字があれば言ったり

わざわざ発寒南まで昼食に行ったりしていたのですが


ここ数年のスープカレー情勢は
宮の沢でも極上のカレーが食べられるほどになっています。

三日の滞在で二軒のお店に行きましたが

そのうちの一軒がこちら

「Spice Café Verodeca」さんです。

地下鉄宮の沢駅は、
西友やバスターミナルと直結をしていますが

外に出てすぐのところにあります。

入り口の扉が開放されていまして
店内は、明るく
BGの洋楽も少々大きめなところも
元気があっていい感じです。

見ると、サラリーマン風の人が一人カウンターで
新聞を読んでおりますると、
主婦っぽいグループの方々が
談笑をされています。

平日のスープカレーやさんでは、あたりまえの光景かもしれませんが
土日にしか札幌でスープカレーを食べない身としては

なかなか新鮮な光景です。

なにせ、スープカレー屋さんといえば、
カップルか、若いお客さんって
イメージが強いですからね。


カウンターに腰掛け、メニューを選択。

スープは、あっさり系の「いつもの」と
「黒旨スープ」
これにくわえて日替わりで
「うまトマ」、「こくナッツ」があります。

具は
ジューシーやわ鶏
とろトン煮込み
四季彩ベジたべるの三種

辛さは、1番から8番まで、6番から50円プラス
7番から100円プラス、8番なら150円プラス

トッピングは100円が
芋もち・ウィンナー・フィッシュフライ・レンコン・キノコ
カボチャ・オクラ・チーズ・揚げ餃子・カボチャ・キャベツ・卵
150円が
ハムカツとカマンベールチーズ

もう、これだけでとても迷うのですが

「ベジたべる」という語感に引かれて

黒旨スープの「ベジたべる」の6番、卵トッピングを
オーダー、

置いてある道新とか読みながら待つことしばしで
白く微妙に非対称形なオシャレな食器にはいって

登場しました。

黒いのが油のように浮いているところが
揚げ春雨の白と、いいコントラストになっていて

はじめてみるスープですよ。

「スープはよく混ぜて、お召し上がりください」

と、いわれたままに混ぜてから
スープをぱくり。

を、

おををっ

これは、

ウマい。

黒旨スープとは、こちらで
にんにく・油・長ネギをじっくりと焦がして作った

黒マー油がはいっていますが

これが、スパイシーなカレーに
複雑さをあたえてくれていて、

クセになりそうなコクなのです。

ウマい、

めちゃくちゃウマい。

しかも、具にはいっている
じゃがいもも、さすが北海道のじゃがいも。
にんじんも、かぼちゃもアマいですし

分厚いレンコンの食感に加えて、その滋味も
カレーのうまさをひきたてています。

隠れている揚げ豆腐もしっかりとおいしいですし

わすれちゃいけない、素揚げのブロッコリー。

しかも、トッピングの卵が

溶き卵みたいになっていて

スープに混ざっているのも
初めてみた手法ですし

これまた、ウマいです。

これなら「いつもの」スープも
絶対にウマいに違いない。

ということで再訪を誓ったのでした。


このような、新しく個性的な店が
まだまだ続々でてくるようなムーブメントが

札幌のスープカレーをさらに面白くしていますし


こちらの客層を見ても

一過性の流行ではないことがよくわかります。

☆Spice Café Verodeca
(札幌市西区宮の沢1条1丁目6-27サンステージ宮の沢1F)
◇営業時間◇11:30~21:00 (LO 20:30)
◇定休日◇毎週月曜・第3日曜   ◇駐車場◇ あり


あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければコメント欄で教えてください。

当ブログによせていただいたコメントは、さしさわりなければ
番組内で紹介させていただきます。



あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。
水曜日は、
「FURANO History Factory」の
「富良野印度化計画」の内容を
紹介していますが、

少しだけ気になった案件があっのたで
そちらのほうにふれさせてください。


三回前のこのブログで、東京でおきた
無差別連続殺人とマスコミに対する
私見をのべさせていただきましたが

このタイミングで、私が報道に対して
懐疑の念を抱くきっかけとなった
埼玉・東京での幼女連続誘拐事件の犯人の死刑が
執行されました。



死刑のタイミングに恣意的なものを感じたり
現法務大臣の死刑のペースの速さや
彼の言動との間に、少々コワいもの感じてしまったり

そんな違和感もあるのですが

更に気になったことについて二つだけ。



全局のニュースを見たわけではないのですが、
僕が見たニュースでは、事件の紹介とともに

犯人の住んでいた部屋の映像が使われていました。

しかも、いまだに「無造作に散らかった部屋」とか
言っていますし



あれって、過剰にプライバシーをあおる報道ということで
批判を浴びた映像ではなかったではないでしょうか。
あと、散らかしたのはカメラマンだって
あとだしの情報もありましたよね。

犯人が死刑になったということで、
かつて批判を浴びたような映像を使ったのであれば

その程度の人権感覚しか持たなかったのであるか、
ということで

あの論議はなんだったのだろう、と
思ってしまったのです。


〔しかも、そんなニュースには、人権問題には敏感である
と認識していた、国営放送のニュースも
含まれていました…



ちなみにそんな映像には、当然のように
ビデオの本数などの情報も報道されていまして
まだ、そこを話題にするんだ、とも思ったのですが。〕



また、両方のニュースでも
「現在、この場所は更地になっています」
などと紹介されていましたが、

なんで、更地になったのか

それは、「犯人の部屋の中までをも映す」ことをはじめとした
異常な取材をはじめとしたマスコミにあおられた
過剰なバッシングによって、住めなくなったせいでは
ないでしょうか

このニュースを僕が知ったのは
その日の北海道で最大の売上げ部数を誇る新聞の夕刊ですが

その記事には

「東京都あきる野市にあった(中略)死刑囚の自宅は壊された。家族や親類の多くも婚約の破談、離婚、退職に追い込まれたという。」
「父親は(中略)自殺した」

などと書いてあったのですが

これもマスコミの過剰な報道にアオられた人達による
バッシングが原因ではないですか。

バッシングがあったときには
それなりに批判的な論調があったものの、

結局このような報道はなされています。

このようなことに無自覚であるのならば
今までの論議はなんであったのかな、と
繰り返し思ってしまいます。


犯行は残忍で許せないものです。

まだ被害にあった女の子が行方不明の段階だったとき

すごいたくさんのビラが当時、僕が住んでいた家の
最寄駅をはじめとして、張られていたのを
目の当たりにしています。

そのときから犯人に対する怒りは
ただテレビで事件を知っている人よりは
リアルに感じているつもりです。



が、これらの報道があってから
このような凶悪犯罪はなくなったのでしょうか。

むしろ、この事件や
神戸の小学生殺人事件から

正義の犯罪者探しといった
推理物のようにおびただしいヒントを
与えるようになったのではないでしょうか。

これで、事態が好転していればよいですが

ほとんど変わっているようには見えないのですが。


少なくとも、この事件の死刑囚や
神戸の事件の犯人についても

「夢、ワイドショー」
などとは言っていません。



過剰な犯罪報道は物事を解決せず
事態をよくない方向へと
もっていってるといった思いを

強くしたというわけです。

この違和感はまだ続きそうですし

どのようにしたらいいのか

自分自身も考えなくてはならない問題です。




さて

話は変わって


仕事(本職)がテンパっております。
様々な仕事が錯綜しているなか、
「あー、すべてを放り出して、
温泉宿に三週間とかこもりて~」
と、思ってしまうのも、人情。

そんな時、先々週訪れた
ニセコのたたずまいが思い出されてなりません。

と、はいうものの
道々に張り付いていた警察車両を見て

しばらくは、こちらへは行けないなぁ
などと思っています。

そんなサミットと関係あるようなないような
こんなイベントがあります。



ここからが
6月16日 オンエアー 第167回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
での、コーナー「富良野印度化計画」であります。

道庁のホームページからです。

「道内各地では、個性豊かなご当地カレーが人気ですが、「北海道洞爺湖サミット(G8)」を前に、全道から8地域のご当地カレーが旭川市に集結し、「北海道カレーサミット(C8)」を開催します。
サミットを契機に、世界に向けて北海道の豊かな「食」と「地産地消」、「地域振興」、地産地消で輸送コストを抑える「環境保全」などをアピールしようというものです。
開催期間は6/27、28の2日間。1日目は旭川市内の式場で、講演会、パネルディスカッション、カレーバイキングなど、2日目は旭川駅前広場に8店のカレー屋台が登場、手軽に各地のご当地カレーが味わえます。
食材王国北海道ならではのご当地カレーの競演です。是非お越しください。
また、北海道洞爺湖サミット開催期間中には、富良野市内の「朝日のあたる家」で「富良野オムカレー(サミット歓迎バージョン!)」(写真)がメニュー化されます。こちらも是非お試しください!
《参加ご当地カレー》
  ・スープカレー (札幌市)
  ・オムカレー  (富良野市)
  ・カレーうどん (美瑛町)
  ・ホッキカレー (苫小牧市)
  ・シーフード(サラ貝)カレー(白老町)
  ・ラム肉スープカレー    (士別市)
  ・エゾカツカレー      (南富良野町)
  ・日本海えびタコ餃子カレー丼
(羽幌町、苫前町、初山別村

1日目
◇日時:6月27日(金)18:00~20:00
◇場所:ベルクラシック旭川 3階「オーロラ」(旭川市本町2丁目0166-51-1111)
◇参加費:2,000円
 ※チケットは全て前売り。北海道新聞旭川支社、旭川屋cafeAS(買物公園)にて発売中です。
 ※チケットに関する問合せは、百景広告社011-823-8800まで。
◇内容:パネルディスカッション、C8協定調印式、大会宣言、ご当地カレー屋台バイキング、上川管内の農畜産物を使ったサラダ・牛乳を使ったデザート、北海道産ドリンクコーナー など
2日目
◇日時:6月28日(土)11:00~16:00
◇場所:JR旭川駅 駅前広場(旭川市旭川市宮前通8丁目)
◇内容:ご当地カレー屋台バイキング
 ※2日目の参加費はありません。ご気軽にお立ち寄りください。
 ※1皿(ハーフサイズ)400円です。(ライス別売り)
 ※数量限定ですので、時間内でもなくなり次第終了となります。ご了承ください。」

だそうです。
来週は、このイベントがどのように紹介されているか

紹介したいと思っています。


あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。

当ブログによせていただいたコメントも、さしさわりがなければ
番組内で紹介させていただきます。


あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


カレー莫迦一代のナビゲーター「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2787
♪6月16日オンエアー 第167回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」の
番組内でオンエアーをした曲です♪

♪「HIKARI」 ELISA
TV「隠の王」Ed

ハープとピアノの穏やかなイントロに
自然と溶け込んだ、澄んでいてハリのある声が
とうとうとたゆたうように流れる
スローバラードです。
ストリングスと、ハープ・ピアノといった音が
次第に音楽に厚みを加えていくという構成や
タムのフィルインの刻みが激しくなったり、
曲の変わり目変わり目のところで
ティンパニーのクレッシェンドが
曲全体を引き締めるように盛り上げたり
これまた曲のキモとなるようなところで
意識的にリタルダンドをかけて
さらに印象をつけていく手法は
クラシック的な要素が上手に使われていて
曲に深みをあたえていますし、
曲の激しい部分と穏やかな部分が
波のように寄せては引いてしながら
一気にクライマックスへいくのは
本当に気持ちいいです。
特筆するのは、やはりそんなオーケストレーションにまけない
ELISAさんのボーカルです。
ストリングスのアンサンブルとかで盛り上げている部分でも
アコースティックな穏やかな部分でも
それぞれにあった歌声で曲を盛り上げているのです。
ELISAさんのボーカルのよさは
この番組によせられた
Pharanさんのリクエストによって知ることが出来ましたので
かえすがえすこのようなことを教えてくれる人は
ありがたいものだなぁと思います。




♪「Sociometry」 KOTOKO
「BLAZE」カップリング
TV「灼眼のシャナII」Ed


16分のビートがシャカシャカ響き
KOTOKOさんの魅力的なボーカルがのっかる
イントロで始まり
同じく16分音符で動くベースラインや
ピコピコとしたシンセの音が印象的な
アップビートの曲です。
と聞くと、I‘veの曲では王道のように
感じるかもしれませんが、
ストリングスの音や生ピアノの音に
近い音が遣われているところとか
全体的にシンセの音がみっちりとツマった感じの曲が多い中
どこか軽いテイストで楽しめたり
かといって、島みやえい子さんの楽曲とかで培われた
ノイズっぽい音の挿入や、ストレオのレンジを
フルに使って声をいじったりしている部分とか
グルーブ感が面白く感じられて
そこが進化している感じです。
あと、全体マイナーコードで曲が進行して
そこらへんがクールなのですが
サビの部分の最後の最後で
メジャーコードに転調をするのが
救いみたいで、曲のメッセージとリンクしていますね。



♪「O2」 ORANGE RANGE
TV「コードギアス反逆のルルーシュR2」Op
「FURANO History Factory」6月のマンスリーパワープレイ

この曲のイントロを聴くだけで
ピクっとするようになるのは相変わらずですが
リズムの複雑さと、ライム部分とかキメのツボをしっかりとおさえたビート
かと思うと、意識的に音韻を崩したり
そんな斜に構えた変幻自在さがハマるのですかね。
ボーカルの表情の意識的なつけかたとか
多くのキャラクターの群像劇である
本作の世界観ともしっかりリンクしています。
スロー部分とアッパーな部分とか
ウマいことマッチつしているところとかは
キレのいい映像世界と
よくマッチしています。



♪「Precious days」 皆川純子
「Forever&ever」カップリング

ライトなテンポの明るいメッセージソングです。
ギターの音がギュンとキメのところで入ってくるのも
キャッチーですし、タム回しとかが印象的なドラムのビートや
ベースラインとかも、ポップスナンバーとして
面白い感じですし、間奏のギターソロとかも
カッコいいのです。
それらが、皆川さんのハキハキとした声に
よくあっていますね。
九十年代にこの手のメッセージソングの名曲が
渡辺美里さんとか永井真理子さんとかによって
歌われていましたが、
そんなテイストの後継者では、
と、いうか、正統アイドルポップも
最近では声優さんの歌の世界にしっかり生きていますし
90年代の女性ボーカルによる
ネオアコブームも、声優さんの歌の世界に根付いている
ジャンルとなっています。
改めて懐が広く、奥の深い業界ですね。



♪「ダイアモンド クレバス」シェリル・ノーム starring May'n
TV「マクロスF」ED


天球の音ともいうべき
キラキラとしたシンセの音や
ポロンポロンと響くピアノの音に導かれた
美しくうるわしい歌声が
おだやかにのっかりますが
ストリングス・アコースティックギター
ベースなどの挿入によって曲世界が
盛り上げられてきます。
と、思うと
アコースティックギターのカッティングや
ツリーチャイムの音に導かれるように
グランジ系のビートになるところが
これまたカッコいいです。
左右のチャンネルから響く
コーラスワークもこっていますし
宇宙を思わせる感じではないですか。
最初の部分の穏やかな美しさと
サビの部分のかっこよさとの
対比も面白いし、耳に残りますね。
あとは、やはり印象的でウマさを感じる
ボーカルで、次回作も早く聞いてみたいと
思わせてくれるのです。
オリコン週間チャート初登場3位。
初動売上ではオープニングテーマである坂本真綾さんの
トライアングラーを上回る4.3万枚を記録しましたし。
この曲がチャート3位にランクインした時
「トライアングラー」はまだ6位であったので、
オープニングテーマとエンディングテーマの
同時トップ10入りを記録したことになります。






このような曲をかけているFHFですが
リクエストも受け付けています。

リクエストは、このブログのコメント欄でも
受け付けます。

よろしければ。


「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17
レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2787


追 夏のお祭り
三日目 東 ポ06 b
「東行本舗」です。
2008.06.16 サミット違い
FHF
6月16日オンエアー 第167回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
放送を終えました。



まずは、先週までお話を続けてきた
ネパールの最新情報です。


最初は11日配信の讀賣新聞の記事です。

 【カトマンズ=永田和男】ネパールのギャネンドラ元国王(60)は11日夜(日本時間同)、夫人のコマル元王妃(57)と共にカトマンズ中心部のナラヤンヒティ王宮から退去した。
 5月28日の制憲議会で王制廃止が決まり、元国王は15日以内の王宮明け渡しを求められていた。
 元国王は退去前、王宮内で記者団に声明を読み上げ、「国民の判断を尊重する」と述べ、王制廃止決定を受け入れる考えを表明した。声明では、主要政党を王制打倒で結束させる転換点となった2005年の直接統治導入にも触れ、「良い意図を持って始めたことだが、良い結果をもたらせなかった」と述べ、無念さもにじませた。
 ナラヤンヒティ王宮は今後、博物館となり、元国王は王冠など宝物類も展示用に明け渡した。ただ、これまで別邸として使用していたカトマンズ北西のナガルジュン宮に当分の間、滞在することが認められた。
 また、元国王の継母(82)と、祖父トリブバン元国王の側室だった女性(91)は、これまで通り王宮敷地内で生活する。
 声明で元国王は、「ネパールを離れない」と亡命を否定。個人資産数十億ドルと言われる富豪でもあり、王制廃止を主導したネパール共産党毛沢東主義派のプラチャンダ議長が「国内に投資して雇用を創出してほしい」と述べるなど、引き続き動向に関心が集まっている。



取り敢えず、ギャネンドラ元国王は、亡命をしないことを
表明しております。

おなかつ
政治に対しても意欲的だとのことだそうです。


こちらは13日配信の讀賣新聞の記事です。


【カトマンズ=永田和男】ネパール共産党毛沢東主義派のナンバー2、バブラム・バタライ幹部は12日、廃位となったギャネンドラ元国王について、「共和制の発展を阻害するべきではない」と述べ、政治とは距離を置くよう警告した。
 元国王は11日、王宮明け渡しに先立つ声明で、「国の利益のために働きたい」と述べ、政治活動への意欲も取りざたされた。毛派最高指導者プラチャンダ議長は王制廃止直後の5月末、本紙インタビューに対し、元国王の政界入りを容認すると明言したが、バタライ氏は「微妙な過渡期にある今、反革命勢力に利用されて欲しくない」と述べ、元国王が反毛派勢力結集の象徴として担ぎ出される事態に警戒を示した。



「国の利益のために働きたい」
と表明する元国王にたいして

新政権がウマくいかなくなったときに
「王政復古」のような反革命的な動きに
利用されたらどうしよう、と考える

連邦政府との思惑が
衝突をしています。

ただし、国王についても、
安閑としていられないかもしれません



13日配信の時事通信の記事です。

【ニューデリー12日時事】ネパールの次期暫定政府を主導する共産党毛沢東主義派のナンバー2であるバッタライ幹部は12日の記者会見で、2001年6月1日にカトマンズのナラヤンヒティ王宮で当時のビレンドラ国王ら王族10人が虐殺された事件について、「次期暫定政府の発足後、調査委員会が組織されるだろう」と述べ、再調査が行われるとの見通しを示した。インドのPTI通信が伝えた。
 この事件は発生直後に設置された調査委員会が、当時のディペンドラ皇太子が酒に酔った末に銃を乱射したとの報告書をまとめたが、国民の多くはビレンドラ元国王の弟のギャネンドラ元国王が関与したと疑っている。王制廃止を受けナラヤンヒティ王宮を11日退去したギャネンドラ元国王は最後の記者会見で疑惑を否定した。



この事件は、王族の晩餐会で
王、王妃、王女、王子、王の妹、弟ら
9人が、ディペンドラ王太子に射殺されたという凶行でしたが

この晩餐会に、ギャネンドラが欠席していたり
ギャネンドラの家族は全員生き残っていたり
周囲を敬語していた国軍が物音に気が付かなかったり
酒によって銃を発砲したすえに自殺をはかったとされる
ディペンドラの後ろから弾丸が入っていたり
死亡した王族の葬儀が事件数日後に
ひっそりと非公開で行われたり

と、そんな怪しいところがあるということで、

元国王の黒幕説が言われ続けていたのです。

だから、調査の結果どのようなことが出てくるかは
今後の話となるのです。


といったように
国際政治は複雑でありますし

これが複数の国家の利害が絡むと
なおさらです。


そのようなために会議が開かれますが

今年の7月7日から9日にかけて
北海道洞爺湖町で開かれる

主要国首脳会議=サミットは

その代表的なものの一つかもしれません。


サミットは、ラテン語の最高点に由来をして
山頂をあらわす英語であったのが

先進民主主義国の首脳があつまる会議を

そうならわしたのから始まりました。


ボクの印象に残っているサミットは
1979年、日本で初めて行われたサミットで

この時も連日のようにテレビで報道をされまして
当時小学生だった弟が

「サミットって何?」
「外国の偉い人がたくさん日本に来るんだよ」
「そんなら、駅のところに外国の人が来るの」
「?」

といっ会話をしたことを覚えています。

そうかつてボクが住んでいたマチの駅のソバには

首都圏にチェーン店を持つスーパーマーケット
「サミット」があったのでした。

まぁ、小学校低学年の発想とはいえ、
思わず吹き出してしまったのですが。

(ちなみにスーパーの「サミット」も
頂点、という意味と、親会社である
住友商事のSUMIT(omo)からとった名前だそうで

そういえば、本社はボクが通っていた予備校の近くに
ありましたっけ…)



そんなのがまず第一の思い出



あとは、その厳重な警備に対してとまどったことですかね。

詳細は後日こちらで書きますが
先日、温泉と蕎麦目当てで、ニセコへ行きまして
その時札幌から、中山峠経由で
ニセコへとむかいましたが



定山渓あたりですでに
モノモノシイ警察車両が出てきておりました。

また、仕事(本職)の関係で、

警察に用をお願いにいこうという
話になった時に


「7月前だったら、だいぶん応援にかりだされているから…」
なんて話になって

ナルホド

と思わずナットクをしたのです。



全国から応援の警察の方が
北海道へ来ておりますから

道内の警察はなおさらでしょう。



話は戻って、86年の東京サミットでの話ですが

首都高を走っていたボクの先輩が、車をとめられて
トランクをあけられました。



先輩は、トロンボーン吹きでありまして
自分のトロンボーン2本と
さらに先輩のトロンボーン1本を
トランクに積んでいたそうです。

トロンボーンのケースは、代替長さ1㍍弱程度で
見るからにライフルとかが入っていそうな
アヤしげなものなのですが



警察「これは何」
先輩「トロンボーンですけど」
警「ちょっと開けて見て」

楽器ケースというのは、
楽器につかうオイルとかグリスなどが入るために
何重にもなっている場合もあり
そんなのをスベて開けさせられて
すごい難儀したのにとどまらず


先輩から預かっていたトロンボーンケースの奥から

「×猥×褻×な×写×真×誌×」
が出てきたこともあり、

スゴく気まずくなったそうです。


かわいそうに。




また、いつか読んだエッセーで
(たぶん原田宗典さんか、東野圭吾さんだと思います)
高層ビルの中を清掃している時、
眼下に要人っぽい黒塗りの車が見えて

「ゴルゴだったら、」なんて話をしながら

手にしていた掃除用モップを
眼下の要人っぽい車めがけて
ライフルのように構えたとたん

バタンとドアがあいて、屈強な人に組み伏された

なんて話もありましたね。




あれ、今週はちっとも歴史の話にならないぞ。

と思っている内に
タイムオーバー、

続きはまた来週であります。




ダライ・ラマ14世の、チベットに対する提案は以下の通りです。
(1987年、アメリカ議会の人権問題小委員会での「チベットに関する5項目の和平案」)

・チベット全土を平和地域とする
・チベット民族の存続を脅かす中国の人口移動政策を放棄する
・チベット民族の基本的人権および民主主義に基づく自由を尊重する
・チベットの自然環境を保護し、回復させる。チベットでの核兵器の製造、核廃棄物の投棄をしない
・チベットの将来の地位について、また、チベット人と中国人との関係について、真剣な交渉を開始する

そして、チベット人による本当の自治権が得られれば独立は求めないと譲歩しました。(1988年、「ストラスブール」提案)



来週も国際問題を取り上げる「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2787

リクエストなどは
当ブログのコメント欄でも
受け付けています。



追 夏のお祭り
三日目 東 ポ06 b
「東行本舗」です。
今回の秋葉原の事件でお亡くなりになったかたがたに対しては
同じく秋葉原を愛するものとして
ご冥福をお祈りしたいと思います。
またおけがをされた方々につきましても
心よりお見舞いを申し上げます。


さて、凶悪犯罪がおきるたびに
デジャブのように繰り返される犯罪報道に
違和感を覚えますが
今回も、今までおきた様々な事件の焼き直しのように
次々と事件の本質や、本質ではないところやで
報道がされています。


あいかわらず、被害者の家や
加害者の家に押しかけるマスコミ報道陣

精神分析家などのもっともらしいご高説を
ありがたがってたれ流す。

(事件翌日の出勤時に聞いていたラジオニュースでは
スポーツ新聞の記事の紹介という体裁をとって
奈良で小一女児誘拐殺害がおきたときに
「珍語」を披露して、しかもその予想が大はずれで
世間の失笑をかっただけでなく「××××タン」と
萌えキャラ化されてしまった某ジャーナリスト氏の文章を
紹介されていまして、
そのジャーナリストの方の名前を聞くだけで
つい吹きだしてしまったのと同時に、
まだこの方の説ってマスコミにとってはありがたいんだーと
思ってしまって、暗澹としてしまいましたが…)

ワイドショーなどは、見ないのですが
朝の出勤準備の時につけている
テレビのニュースを見るだけでも
大仰な音楽、ネガポジ反転、陰鬱なナレーションなどで
事件をセンセーショナルかつショッキングにあおっています。

ニュース報道に大仰な音楽は必要あるのでしょうか

ニュース報道に、容疑者の供述を
あえて陰鬱な口調で読む必要があるのでしょうか

また、今回の事件だけではなく
未解決の事件を報道する時などは

さまざまなヒントを与えて、
現実に人が亡くなっているにもかかわらず
あたかも推理ドラマのように仕立てていく。

そんな報道の必要はあるのでしょうか。


被害者の遺族の方の涙ですら
視聴者が「本当にかわいそう」「絶対に許さない」
といったような感情を増幅させて
カタルシスを味わうように
言い換えると、エンターティナー的な演出に
使われている気がします。

このような報道が抑止力となって、
凶悪犯罪がなくなっていれば良いのですが

そうとはいえないでしょう。



僕自身は、自分が大学生のときに、
自分がかつて住んでいた家から
十キロほどの近くで幼女連続殺人事件が起きて

その事件と、加熱するマスコミ報道をめぐっての
さまざまな人の見解を見ながら
(この加熱するマスコミ報道のあり方については
何冊も著作が出されました)

なかでも、山崎浩一さんの文章などで

それまではマスコミ報道に対して比較的無自覚であったのに
違和感を覚えるようになったのです。


もう、誰かが

「マスコミの報道に影響を受けて
犯行を起こしました」

とでも表明するような事件が
おきなければ

防ぎようがないのではないでしょうか。


いや、実際、今回の被害者も
僕が呼んでいるスポーツ新聞の報道によると
携帯サイトの掲示板に
「夢…ワイドショー独占」などと
書き込んでいたそうです。


で、あるならば
殺人描写のあるドラマを規制するよりは
(これは遺族の心情に配慮した措置であることは
よくわかるのですが)

極論かもしれませんが
「ワイドショー」のほうを
規制するほうが先なのではないでしょうか。


毎回毎回、誰かが猟奇的に殺されている「名探偵コナン」よりも
人が一人も死なない「クラヨンしんちゃん」が
俗悪番組として、やり玉にあげられている昨今ですから

大人にもそんな感覚が麻痺しているのかもしれません。


このような、殺人事件があったら

マスコミがこぞって劇場型犯罪にしてしまって

それを視聴者は見て、

視聴者が見るから、過剰に演出をするというマスコミの

いわば合わせ鏡のような構造について

「殺人を娯楽にする社会」なんてタイトルで
どなたかが新書を出しそうですね。



ちなみに「SPA」誌のコラムのなかで、
西村博之氏がこのように書いています

「(前略)と、まぁ、自殺者を減らす方法というのは、さまざまあると思うのですが、WHOはメディアの報道について注意点を指摘しています。
●特に有名人が自殺した場合には、過度にセンセーショナルに報道すべきではない。
●詳しすぎる報道はできる限り控えるように努力する
●自殺手段やその入手方法を詳しく報道するのは避ける。(後略)」


犯罪報道についても
同様なことがいえるのではないかと
思っています。

本当に、このような記載については
今回限りにしたいのですが。


と、ここまで書いたら

岩手・宮城内陸地震が起きました。

地震でお亡くなりになった方々につきまして
ご冥福をお祈りするとともに、
被害に遭われたかたがたにつきましても
心よりのお見舞いをもうしあげます。

被災地での不安な生活を
助けられる方向で、それぞれの人が
動けるとよいと思います。



こんな体験を他山の石とはしないようにしたい
ナビゲーター「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2787

リクエストなどは当ブログのコメント欄でも
受け付けています。




追 夏のお祭り
三日目 東 ポ06 b
「東行本舗」です。
市内でルピナスの花が咲いています。


僕自身がルピナスの花を意識したのが
鴻の舞の金鉱跡に行った時

廃墟を覆いつくすように咲き誇る花のイキオイを見て

はじめて花名を知ろうと思ったのがきっかけです。


その後も、
万字でも、夕張でも、十勝三股でも
帰ってこない主の帰りを待つように
咲き誇っています。

本来なら北海道には自生していない
ルピナスですから、
そこに誰かが植えたのです。


廃線跡や産業遺跡を探訪していると
どうしても、かつて栄えた集落に
目がいきます。

そして、そんな集落の一つ
美唄の我路が、ある時新聞にのりました。



我路は、かつての映画館であった建物の
映写室だけが残留思念のように残っていて、
しかも蔦がからまっていて
オブジェのような趣になっていたり

かつて美唄炭山がはなやかなりしころの
写真などが数多く飾れている
三菱の記念館とともに

訪れるたびにさまざまな思いを
もたらしてくれる地域なのです。

何?と思って見ると、
そこに書かれていた単語が

「限界集落」

という言葉でした。


限界集落とは、永野大学の大野晃教授が
提唱した概念で

「冠婚葬祭や森林、道路の維持管理など
住民同士の相互協力によって維持される集落機能が
著しく低下した集落。
「65歳以上の高齢者が半数超」のほか、
小規模集落の場合は「働き盛りの壮年人口が4人未満」
と定義される。

過疎化がさらに進めば最終的に無人化して消滅に至る。

国土交通省の調査では、限界集落は全国に7873。
消滅の恐れがあるのは2641に上る。

集落のとらえ方は、町内会単位を目安としている場合が多い。」

という集落のことなのです。


先日の北海道新聞に、次のような記事がありました。

「限界集落」道内に570 道が初調査 「10年後」は4倍(05/24 07:37)

「道は二十三日、住民の半数以上が六十五歳以上で近い将来に消滅の恐れがある「限界集落」についての実態調査結果を発表した。道内すべての「集落」のうち9%にあたる五百七十カ所が「限界集落」で、住民の半数以上が五十五歳以上の「十年後の限界集落」はその四倍、全体の三分の一を超えていた。道は結果を詳しく分析し、今後の過疎対策に反映させる。
調査は、今年三、四月に道内全市町村を対象に初めて実施した。道内の「集落」は、百七十六市町村に二-二百十九カ所、計六千六百二十九カ所あり、うち「限界集落」は五百七十カ所(百十四市町村)だった。管内の集落数に占める「限界集落」の割合が高かったのは桧山管内(41%)と留萌管内(20%)、宗谷管内(16%)で、日本海側で目立っていた。
「十年後の限界集落」は百六十五市町村の二千三百九十六カ所(36%)に上った。調査では、「集落」の定義を「一定の土地に数戸以上の社会的まとまりが形成された、住民生活の基本的な地域単位」とし、どの範囲を一つの集落と見なすかは各市町村の判断に任せた。このため、市町村によって「集落」を町内会単位にしたり小学校区単位にしたりとばらつきがあり、調査結果からは大まかな傾向しかつかめない。ただ、担当の道地域づくり支援局は「過疎対策が北海道の将来にとって重要だということを、あらためて確認できた」としている。
「限界集落」の全国的な状況については、国土交通省が昨年八月に調査結果を発表。調査対象が過疎地指定された一部市町村に限定されており、今回の道の調査とは単純に比較できないが、「限界集落」の全集落に占める割合は全国で13%、道内は8%とされていた。」


道地域づくり支援局の

「過疎対策が北海道の将来にとって重要だということを、あらためて確認できた」

というコメントも
なんだか、ノンキだな~と思うのです。


また、こちらは北海道新聞の社説です。

限界集落 この痛み傍観できない(6月3日)

過疎と高齢化で地域が追い込まれている。 六十五歳以上の住民が半数を超す限界集落の実態調査を道が行った結果、全集落の一割弱、五百七十カ所に達していることがわかった。    
道の過疎懇話会が秋に知事に提出する報告書の参考データとして集めた。二年前の国の調査より二百カ所も一気に増えた。
衝撃だ。限界集落を抱える市町村は百六十カ所が「消滅する」と予測している。百を超す古里を失う事態を放置できない。
限界集落では若者や子供が減り、医療や福祉、教育など公的サービスも、除排雪や買い物など日々の暮らしにも不便を強いられる。
気がかりなのは五十五歳以上の住民が半数を超す「十年後の限界集落」が二千四百カ所近くもあることだ。限界集落の一歩手前だ。
何の手も打たずに人口流出を許せば、道内の九割、百六十五市町村にまで限界集落が増えかねない。
人々が暮らしているからこそ維持できる景観も、水田や山林などの防災機能までもが、人の手が入らないまま失われかねない。
対策を急ぐ必要がある。
全道的な人口減が背景にある。その要因は産業の衰退、都市への仕事や人の集約など複合的だ。
地域の努力で限界集落に陥るのを食い止めることは難しい。過疎地の振興を図る過疎法が時限立法のため二〇〇九年度末で期限切れとなる。その更新は不可欠だ。
留意すべきは、これまでと同じ内容のまま更新しても過疎を止められないということだ。
四次にわたる過疎法で基盤整備などを重ねたものの、限界集落は増え続けたからだ。
道内四町村を含む全国の過疎自治体が昨年つくった全国水源の里連絡協議会は、水洗や通信など新しい基盤整備に加え、空き家を利用した定住対策、農作業を通じた都市部との交流などを提言している。
地域の声を映す、きめ細かい対策づくりが欠かせない。
限界集落だから何もできないのではない。たとえば住民百二十人の渡島管内福島町・千軒(せんげん)地区は逆境をはね返す取り組みを続けている。
農家の自家用だったそばを「千軒そば」に育て、かつて松前藩主が通った旧街道をたどる「殿様街道探訪ウオーク」もつくりだした。
移住組の新住民が地域の資産を生かすよう提案し、住民が乗った。今では「住民に活気が出て、マチの人との交流も芽生えた」という。
活力を取り戻す自発的な動きを、地域を守る柱として大切にしたい。行政も支援の目配りをすべきだ。」


こちらも「衝撃だ」などとは書かれていますが
一流大学を優秀な成績で卒業されたのに加えて
北海道をくまなく取材されている北海道新聞の記者様が
書かれた文章にしては

今更「衝撃だ!」もないものだろう
と、思ってしまうのですが。



さて、先日、「広報紙 ほっかいどう 2008年5月」が
自宅におくられてきました。

それで、中をペラペラと読んだら、
次のようなことが書いてありました。

平成20年度北海道予算について◇主な重点政策◇
それぞれの地域で、夢と希望をもって暮らすことが
できる「安心と活力のある北海道」づくりに取り組みます。

(中略)

安心と活気に満ちた暮らしづくり

「住み慣れた地域で
いつまでも
安心して暮らしたい!」

地域が元気であるために、医療・福祉・子育てなど
安全・安心に満ちた暮らしをしっかり支え、
地域の主体的な取り組みを支援します。

「取り組みの一例」
(前略)

地域づくり:地域格差の是正や
懸案課題の解決にむけた地域の
主体的取り組み、財政再建など
に取り組む市町村を支援します。


なるほど。

これだけみれば
ケッコウなことなのですが

「市町村を支援します。」
ですからね、

道の主体的な取り組みとしての
過疎対策ではないことが
文面から読み取れるのですが…


最近の新聞には高校の統廃合のことものっています。

たしかに、ランニングコストの面を考えたら
学校の統廃合というのは、効率的かもしれませんが

教育に対する投資という観点で考えると

経済効率ばかり言ってられるわけではないと思います。

また、先日は郵便局がセコムに

なんて記事も目にしました。

当時の政府公約は
郵便局の数を維持する、
といった内容ですが、実際北海道内では
多くの郵便局が経済効率の名の下に
休業に追い込まれています。



鉄道や公共交通がなくなり
学校がなくなり、
郵便局がなくなる。

これが経済効率を第一にしなければならない
現在の状況であるならばねどこをどうすれば良いのでしょうか。



僕自身、檜山管内には観光で訪れた程度なのですが
支庁の再編に揺れております。

支庁再編も、経済効率を優先してという面があります。

また、道立病院の縮小も抱えています。
高校の統廃合もあります。

あとは、北海道新幹線が開業した暁には
地域の足である、江差線が廃線になります。

そのような現状を見ると

弱者の生活を脅かす
経済効率優先主義って
何なのかなと、思ってしまうのです。



知床開拓地も
開拓より観光を選択したという側面がありますし

先日トムラウシに行った時にも
「上富村牛小学校」の廃校あとの石碑がありまして
しげしげと見たのですが

トムラウシ地区の開拓も
昭和二十一年に入植がはじまったむねが
書いてありました。

知床と同様ですね。

まぁ、離農者が増えた理由は
国による強制移住ではなく
十勝岳の噴火などだそうですが。


北海道に来ることによって
無残に鉄路を剥がされたあととか
朽ち果てた集落の姿を見たりとかで

これらの問題をリアルに感じることが出来て
その点では、視野が広がりましたが

この対策について、当然僕も真剣に考えなければ
ならないことなのですが

政府や道ができることって
まだあるのではないのかなと
思っているのです。



たまにはマジメな廃墟ヲタの、「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2787

リクエストなどは当ブログのコメント欄でも
受け付けています。

追 夏のお祭り
三日目 東 ポ06 b
「東行本舗」です。
2008.06.13 今週のカレー
☆「インドカレー MIRCH(ミルチ)」
(札幌市中央区南5条西20丁目1-16)

このあいだ、久々に畏友GMクンと遊んだのですが
たいていツルむと、食事はカレーか蕎麦になります。

この時も昼食時に札幌にいる予定となったので
どこがいいかねぇ、なんて話をしているうちに

「ミルチとかいいっスね」の一言で
ミルチ行きを決定

で、人気店に行くときの常で、
たいてい開店時間前には着くように行くのですが
この日は旭川から全部国道でいったために
少々時間がかかり、
結局12時少し前に到着

ひょっとしたら、駐車場すら入れないのでは…
という不安もよぎったのですが

杞憂に終わりました。

この日はYOSAKOIの日だったので
そのせいかもしれません。

と、思っているととたんにまた車が来て
空いている駐車場がすべてふさがってしまったことを考えると

ただタイミングが良かっただけかもしれませんが。

ということでいつものインドっぽいオーラが漂う
ウッドテイストの店内で、メニューを選びますが


こちらは、
チキン・マトン・ビーフ・野菜とインドの豆・シーフード・スープカレー
からメニューを選べます。

いずれも、有機玉ねぎなど野菜のペーストと
20~30種類のスパイスとかが、美味しさの決め手です。

その豊富なメニューに、思わずクラクラしそうですが

GMクンはマトンベイガン。

ボクは前回来た時に
マトンベイガンを食べたので
野菜とダル、を注文しまして

辛さは、ボクが5番、GMクンが3番

2人ともライスでしたが
シェアリングするために
ナンも注文。


待つことしばしで、いい香りとともに
カレーが登場しましたが

まずは目に鮮やかな、明るいオレンジ色の
ルーに目を奪われます。

一口いただきますと…





ウマー。

充分に炒められている
玉ねぎの甘みと

ふんだんに使われている完熟トマトの酸味
それとガーリックやヨーグルトが
アクセントをつけて

そして、時折ピリッときいている
絶妙なスパイス遣い。

ルーには、水を一滴も使われていないということで
そんな諸々のウマ味が凝縮をされている感じです。

もう、これだけで幸せなのですが


やはり具材も一級品

ポテト・ニンジン・しめじ・トマト・タマネギ・ブロッコリーあたりは
それぞれ、ほこほこで、まず野菜自身の味がいいのに加えて、

スパイスワークによって
ますますウマさがひきたてられている感じですし

味だけではなく
それぞれの独特な歯ごたえも楽しめて

たまりませんね。

ダル豆もホコホコになっていて
野菜は季節により若干替わるそうですが

いつ食べてもオイシイということなのですね。


あとで、もらったペーパーを見ますと

それぞれの素材がどこから仕入れられているかという

きのこを、伊達市大滝区[旧大滝村]の
きのこ王国から仕入れているなど、
契約農家の一覧とかも載っていたりして

そんなこだわりも味となって伝わってきます。

ナンも、アッツアツで、外はかりっと
なかはもちっと

そして手で裂くと
なかからバターの匂いがプンっと
ただよってくる

そんな極上のナンでして、
こちらもペーパーによりますと、
ブランド小麦「みのりの丘」を石臼で挽いて
つかっているとのこと。

そんな素材の良さ、バターやナン自体がもつ発酵香、

そして、店内にあるデカいタンドールで
焼きたてをもってきてくれるという。

ナンにウルさいGMクンも
オッケーを出していました。


北海道の素材とインドカレーという調理法
ちょっと聞くとミスマッチのようでいて

実は絶妙なマッチングであったということに
気が付くことが出来たということで

大満足で、お店をあとにしたのでした。




☆「インドカレー MIRCH(ミルチ)」
(札幌市中央区南5条西20丁目1-16)
◇営業時間◇ 11:30~22:00(LO21:30)
◇定休日◇ 月・火定休(除祝祭日)  ◇駐車場◇ 有り



☆「きゃらうぇい ふらの 内
Restaurantまじょらむ」
(北海道空知郡上富良野町字富良野原野1085-42)

本当は「なんぷエゾカツカレー」を
食べに行こうと思ったのですが、
用事が出来てしまい、そこまで時間がとれない。

でも、心の中はもうすっかりカレーで決まっている。

そんな時、市内ではなくて少しだけ河岸をかえて
行きたいようなカレー屋さんがあります。

それが、国道237号線から少しだけ入ったところに
たてものがあり、一階は、物販コーナー
2階がレストランになっているこちらのお店。

とにかくこちらの売りは
カレーのウマさもあるのですが、

眺めの良さもすばらしいです。

お店ホームページには
「味覚と時間と視覚、そんな贅沢な空間がここにあります。
食事の余韻と静かな会話の時間。
また今なお、白煙を吹き上げる十勝岳。
そして、眼前に広がるヨーロッパ的丘陵風景をのんびりと眺めながらの
贅沢なティータイム」

などと書かれていますが

駐車場と麦畑の間に咲き誇るルビナスをはじめとした花々

そして風にそよぐ麦の穂

遠景に見える上富良野の市街

そして、背景のようにそびえる
煙を噴く十勝岳連山ですから。

絶景というより、癒される光景です。


そして、この日は、こちらの名物
燻煙香高いソーセージも食べることが出来ながら
他のオイシイ味覚をも味わうことが出来る

「オムカレー」をオーダー。


待つことしばしで登場しましたよ。


まず見た目に鮮やかな黄色くて
ふわトロでチーズも溶け込んだ
クリーミーなオムの部分と
白いライス
散らされたパセリもオシャレです。

まずは、ルーを一口。



コレハ


ルーは玉ねぎがたっぷりと溶け込んだ感じの
洋風でオーソドックスなルーだなと思いきや
ピリッとスパイシー
そんなメリハリのきいたルーには
絵画のように上に散らされた生クリームも
おしゃれでございます。

こちらのルーは自信の品である
自家製のルーで
下の物販コーナーでも売っております。

そして、オムの部分とともにライスをいただくと


これもよくあいますねー。

オムライスの山の頂上には
ほこほこのジャガイモがからっと揚げられたしろもので

こちらもほのかなアマミやふくよかな味に
素朴な富良野のお味という感じです。

また、
ぷりっぷりで肉滴がはじける感じの
自家製ソーセージも
期待に違わず
ウマいですね。

オムカレーというと、
6箇条の定義をまもっている
「富良野オムカレー」に注目が集まることがおおいですが

その他、「富良野オムカレー」以外の富良野地区のお店が
このようにして、オムカレーをメニュー化するところに

さらなる盛り上がりが期待できるような気がしてなりません。

と、いうことで、このように「オムカレー」を
もっともっと多くの店で出すことが出来たら

いいなぁと思いました。


なんてことを考えながら
ゆらゆらと風にそよぐ麦の穂を見ながら
カレーをいただく幸せを
感じることが出来ますよ。



☆「きゃらうぇい ふらの 内
Restaurantまじょらむ」
(北海道空知郡上富良野町字富良野原野1085-42)
◇営業時間◇ レストラン11:00~16:00(物販は9:00~18:00)
◇定休日◇ 木曜日(7.8月無休)  ◇駐車場◇ 有り






あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければコメント欄で教えてください。

当ブログによせていただいたコメントは、さしさわりなければ
番組内で紹介させていただきます。



あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


カレー莫迦一代のナビゲーター「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2787

リクエストなどは当ブログのコメント欄でも
受け付けています。

追 夏のお祭り、決まりました
三日目 東 ポ06 b
「東行本舗」です。よろしければ
2008.06.11 松戸カレー
今まで、「Ho」(ほ)とか、「スロウ」とか
「札幌のおやぢたちがナビゲーター O.tane」誌を
取り上げました。

いずれも、道内出版物がアカヌケるようになった
そんな話といっしょにしましたが

このようにして道内の出版文化が
東京の出版文化に対抗しうる勢力になってくると

文化の多様性、という観点から
面白いと思うのです。

それは、フリーペーパーも同じです。

6月9日 オンエアー 第166回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
での、コーナー「富良野印度化計画」であります。

富良野・美瑛の情報を取り上げている
フリーペーパーが
「NAVEL(ネイブル)」ですが

今月号を見ると6月15日(日)に「上富良野駐屯地」である
「駐屯地創立記念行事」の告知がのっていました。

ラジオふらのでもポスターが貼られていましたっけ。

祝賀式典とか、観閲行進とか、模擬戦とか、の下に

催し【無料】とあり

戦車試乗・ミニ制服試着記念撮影・バッテリーカー・綿あめ、
といったなかに

「カレーライス配布」

の文字が…





上富良野駐屯地のカレーと言えば…

別の機会に読んだ
こんな本にも載っていて
注目をしていたのです。


それが、株式会社ワールドフォトプレス社 刊
「兵士の給食・レーション ミリメシ食べたい №.1」

です。


ワールドフォトプレス社といえば
月刊「モノ・マガジン」を発行していますし

ミリメシのシリーズでは

当番組の当コーナーでも紹介しましたが

「兵士の給食・レーション 世界のミリメシを実食する」
「兵士の給食・レーション 続ミリメシおかわり!」

という傑作な本を出しています。

古今東西、いろいろな国の軍隊が

戦場とか基地などで食べられている食事を
取り上げているの本なのです。

今までは散発的に扱われていましたが
ここまで豊富な写真と大量の史料に基づかれて
網羅的に扱ったのは、当シリーズがはじめてではないでしょうか。


それで、紹介した2シリーズでは、
カレーは海軍・海上自衛隊の食事というカテゴリーで紹介されていましたが


今回紹介した「ミリメシ食べたい①」では
松戸カレーが紹介されています。

地名を冠したカレーは金沢カレーとか横須賀カレーをはじめ
あちこちでありますが

松戸カレーという言葉になじみがある人は
ごく少数派でしょう

それもそのはず、
陸上自衛隊松戸駐屯地のカレーが紹介されていて

それが、松戸カレーなのです。


以下が記事の抜粋です。

「名物カレーと駐屯地食堂
人気№.1の「松戸カレー」

名前は「駐屯地食堂」といかめしいが
その雰囲気は民間の食堂と違わない
常に食事環境の向上改善が模索され
駐屯地ごとに名物献立が生まれている
ここ松戸駐屯地では、カレーが名物だ。」


では、なんで、上富良野駐屯地の創立記念行事の
カレーがこの記事と結びつくのか。


記事はこう続きます。


「陸自にもあった金曜カレー

駐屯地司令の一声で名物カレーは誕生した

駐屯地にはそれぞれ名物料理が存在しておれ、ここで紹介した松戸駐屯地では駐屯地名を冠したカレーが名物だ。「松戸カレー」は平成8年(1996年)に誕生したが、その背景には当時の駐屯地司令の前勤務地、富良野駐屯地(原文ママ)のカレーが美味だったことがあり、「松戸でも名物カレーを」となったのだ。松戸カレーは他の駐屯地食堂のカレーより多い23品目の材料(他は約15品目)使用。その中には松戸名産のピーナッツ(ピーナッツバター)も含まれる。松戸駐屯地では月に4回カレーが提供されるが、出されるのは金曜と決まっている。海上自衛隊の「金曜カレー」を連想させるが、松戸駐屯地の「金曜カレー」には、一週間の締めくくりという意味合いがあるという。」


記事の中で「富良野駐屯地」となっているのは
ご愛嬌ですが、これは明らかに「上富良野駐屯地」です。


そして上富の駐屯地の影響で出来たカレー

23品目の材料も気になります

「松戸カレーの具材となる野菜は、その素材を活かすため大きめに祭壇される。また季節によっては松戸の特産であるナシを摩り下ろしたのも入れられる。ちなみに詳しい味付けは現場の秘伝で、非公開とのこと。」

とのことわりがあって

①牛バラ肉 ②馬鈴薯 ③ニンジン ④ピーマン(赤) ⑤玉葱 ⑥なす ⑦卸し生ニンニク ⑧卸し生姜 ⑨りんご ⑩カレールウ(辛口) ⑪カレー粉 ⑫豆板醤 ⑬コンソメスープ(チキン味) ⑭トマトケチャップ ⑮カキ油 ⑯ウスターソース ⑰ココナッツミルク ⑱牛乳 ⑲ピーナッツバター ⑳カレーホット  (21)赤ワイン (22)フルーツチャツネ (23)ガラムマサラ

との材料が、ずらっと並んでおります。


これはウマそう。

こんな材料で作られたカレーが

グリーンサラダ・いよかん・牛乳・カレー用薬味(福神漬け・楽京漬けなど)とともに
白いプラ皿に盛られているのです。

これは、

本当にウマそうです。


上富良野の駐屯地から広がった食べ物としては

「豚サガリ」が知られていますが
こちらも他の地域に影響を与えた料理ということで

広がるといいですね。


ウィキペディアにも
「駐屯地開放で見学客に振舞われるカレーが好評を博している。」
とわざわざ書かれているカレーでもあります。
そして、そんなカレーを試食できるという
創立記念祭には、ひかれます。


ただ、この日、私は残念ながら
仕事がはいっているので
行けないのですが…

よろしければ…




あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。

当ブログによせていただいたコメントも、さしさわりがなければ
番組内で紹介させていただきます。


あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


カレー莫迦一代のナビゲーター「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2787
♪6月9日オンエアー 第166回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」の
番組内でオンエアーをした曲です♪

♪「あたしの街、明日の街」 高橋 瞳
TV「図書館戦争」Op

骨太なロックテイストのゴリッとした
エレキギターに導かれた、固いイントロから
一転して穏やかなアコースティックギターのカッティングにのせて
少しだけ甘えた感じのボーカルがのっかる
そんなイントロに導かれるミディアムテンポの曲です。
今までの、言葉のカタマリを吐き出すような
高橋さんの歌い方とは違うかな、と思ったのですが
その前の少しだけ声がハスキーになる部分がきっかけになり
サビの部分はいつもどおりの
青春の懊悩を切々と訴えかけるような
高橋さんの歌声です。
このアンバランスさが
TVなどではよく流れている
サビの旋律を印象的に生かすのと同時に、
おさえめに歌われているAメロやBメロの歌い方と
歌詞の中に散見する、逡巡したり、頑張ろうと思ったり
そんな感情の間で揺れているフレーズのもろもろは
作品の中に出てくる、笠原の心情のようでもありますし
高橋さん自身の表現力の広がりをも感じるのです。
間奏部分開けのCメロで、
全盛期のレベッカのNOKKOとかを彷彿とさせる、
少しハスキー気味にシャウトをする部分から
アコースティックギターのサウンドにのせて
少しだけまた大人しくアマえてスネたように歌い
そして、「捨ててしまえ」をキーワードに
また、シャウトをするという曲構成は
メッセージがダイレクトに迫ってきますし、
作曲・編曲の平出悟さんのウマさ感じます。
高橋さん自身、もともとボクという一人称代名詞が
良く似合う歌いかたをしていますが
一人称代名詞「私」でしっとりと歌う部分でも
オトナの部分を垣間見ることが出来ます。
この作品との出会いが良いケミストリーに
なっていますね。



♪「明日」 平原綾香
TV「優しい時間」Op

今更当ブログで、僕が言うまでもないですが
竪琴や古楽器のように
穏やかに響くアルペジオにのせて
吐息多めの彼女独特の声がまざりあって
彼女だけしか作り出すことが出来ない
独特な世界を構築しています
何かの本で、チェロとテナーサックスは
人の声に近い、なんてことをも思い出させてくれる
そんな声の波長が心のヒダにしみてくるのでしょう。
そういえば、平原さんは、サックスのプレイヤーでもあります。
だから、そんなサックスがにあうような
「スターダスト」みたいな
スタンダードのスローナンバーとかを
彼女のサックスのプレイとともに
聞いてみたいですね。
この曲といえば、富良野を舞台にしましたドラマ
「優しい時間」の主題歌ですが、そんな縁もあってか平原さんは、
来週末6月28.29日に、
富良野スキー場北の峯ゾーンで開催をされます
「Point Green! 富良野音楽祭」の出演も
決定しております。
こちらは、ブログ・コメントネーム「しずく」さんの
リクエスト曲であります。
いつもリクエストありがとうございます。



♪「O2」 ORANGE RANGE
TV「コードギアス反逆のルルーシュR2」Op
「FURANO History Factory」6月のマンスリーパワープレイ

気が付くと、この曲のイントロを聴くだけで
ピクっとするようになってしまいるのは
もう、脳裏まで刻まれたサガというか、
動機付けというか、条件反射というか…
そんな状況には残念ながらあらがえません。
しかも曲をきけば、映像も浮かんできてしまうのは
先週お話をした通りです。
オリコンウイークリーチャートでは
初登場3位でしたし
先週オンエアーをしたブリグリなどとともに
8月の中旬に
ガンダム00と、ギアスの
ダブルイベントがあるそうです。
ってか、その日って、コミケの2日目3日目
なんですけれども…
ファンの方は、ご苦労さまです。



♪「君が光に変えて行く」 Kalafine
「oblivious」カップリング
映画『空の境界 第二章 殺人考察(前)』Ed

ポロンとしたピアノをバックに響く
朗々と歌われるハリのある声が印象的です。
チェロの低い音が流れるヨーロッパ風で
ある意味、教会音楽や中世音楽のようであり
コーラスワークもグレゴリアンチャントを
彷彿とさせるものでありながら
使われている旋律が、どこか和のテイストなのは
ミステリアスで、葛生千夏さんやカワイエリさん
大島ミチルさんといったあたりの
作品世界を思わせますね。
そんな2分以上のいわば前振りの部分を経て
リズムボックスが、工場の重たい機械のような
単調で重厚なリズムを刻み
そのビートにのるエレキギターの音も耳をひくのですが
低くのたうつようなチェロの旋律や
ピアノの刻みも美しく調和しています。
個性的なボーカル同士のかけあいも魅力的でいいですし、
転調をして間奏あけのところは、救いのようにも聞こえます。
全体的に穏やかに流れる、印象的な佳曲です。



♪「Next Season 」栗林みな実
OVA「君が望む永遠 ~Next Season~」Op

のびやかで艶のあるボーカルで歌われる
キャッチーな旋律にまず惹きつけられます。
アッパービートのシンセみっちりサウンドに
ピアノの音やシンセの音が陰影をつけているのですが、
やはり、太い音でのたうつベースラインにのっかる
打ち込みの軽快なビートが、
ところどころで、キーっぽく決める
シンコペーションのリズムにのっけて
うねるような上昇下降を激しく繰り返して
曲世界のテンションを激しく上げる
ストリングスワークが、印象にのこりますし、ステキです。
そんな曲の世界と栗林さんの歌声があっていますし、
聞いているだけでテンションがあがるのです。
そして、テンションがあがりきったところで
間奏では満を持したように
エレキギターのカッコイイ旋律が登場ですから
たまりません。
しかも、間奏あけのさびの部分では
最後の音を高く張り上げて
リンとして朗々と歌い上げると
強く、負けないという、
曲中メッセージを体現したようなボーカルにも
今まで上がりきったテンションが
最後のダメ推しみたいに上がり、こちらまたカッコいいです。
作詞は栗林みな実さんでして、
最近のシンセ×ストリングスのサウンドと言えば
この方、 作曲・編曲は菊田大介さんです。
あと、明日、6月11日は
栗林みな実さんのお誕生日でもあります。
お誕生日おめでとうございます。




このような曲をかけているFHFですが
リクエストも受け付けています。

リクエストは、このブログのコメント欄でも
受け付けます。

よろしければ。


「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17
レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2787
FHF
6月9日オンエアー 第166回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
放送を終えました。

先週から、ネパール情勢を
お伝えしていますが、

内戦にしても、暴動にしても
何か起きたときに、必ず目を通すのが

外務省の「海外安全ホームページ」です。

このサイトをご覧いただく前に

と、いうところをクリックすると

「このホームページに掲載する渡航情報は、海外に渡航・滞在される方々が自分自身で安全を確保していただくための参考情報です。法的な強制力をもって、皆様の渡航を禁止したり、退避を命令したりするものではありません。同様に旅行会社の主催する旅行を中止させる効力もありません

渡航前、滞在中は、常に「自分の身は自分で守る」との心構えをもって、安全対策に努めてください。

外務省では皆様の快適で安全な海外渡航・滞在のために役立つ情報の提供に努めております。ご不明な点などがあれば、お気軽に外務省海外安全相談センターまでお問い合わせください。」

と、書かれているのですが

その注意が微にいり細にいりで

結構ていねいなので、参考にしているのです。


こちらのページによる
ネパールの記述は以下の通りです。

ネパール:制憲議会開催に伴う注意喚起(2008/05/27)

1.ネパールにおいては5月28日に制憲議会選挙後、初の制憲議会が首都カトマンズのビレンドラ国際会議場において開催される予定です。同日、王制の廃止や共和制の宣言が行われる予定ですが、マオイストは独自に共和制の宣言に伴う祝賀行事を行うため、ネパール国内の各地域からカトマンズ市内へ10万人以上のマオイスト関係者を招集する予定です。その際、国王が仮に王宮から立ち去らなっかった場合、マオイストによる王宮への襲撃事件や大規模な抗議活動が発生する可能性も否めません。また、治安機関は、同所において大規模な警備計画を予定していますが、上記状況の場合、不測の事態が生じる可能性も否定できません。

2.また、コングレス党、共産党UMLなどの政党についても、共和制の宣言に伴う独自の祝賀行事などを予定していることから、ビレンドラ国際会議場に多数の支持者を招集する予定ですが、各政党とも最近のマオイスト傘下の人民解放軍(PLA)による一般市民殺害事件に対し大きな不満を持っているため、マオイスト支持者達との間で大規模な衝突が起こる可能性も否めません。

3.以上の状況から、制憲議会が開催される前後の期間、ビレンドラ国際会議場及び王宮付近を訪れることは避けるようお勧めします。その他の地域でも、デモ等を行っている場所あるいは多数の人が集まっている場所に興味本位で近づくのは危険ですので避けてください。また、突発的にゼネスト等の抗議活動が発生する可能性もあるので、最新の治安情報の入手に努めてください。


これは概要ですが、
行くのがキケンな場所についても
4つのカテゴリーにわけて細かく書かれています。

一番危険なカテゴリーから
「退避を勧告します。渡航は延期してください。」
「渡航の延期をお勧めします。」
「渡航の是非を検討してください。」
「十分注意してください。」

ですが、ネパールについては以下の通りです。


ネパールに対する渡航情報(危険情報)の発出(2007/07/27)

●以下の地域
    :「渡航の延期をお勧めします。」(継続)
 ・極西部(アチャム郡、カイラリ郡)
 ・中西部(ロルパ郡、ルクム郡、サリヤン郡、ジャジャルコット郡、カ
   リコット郡、ダン郡、ダイレク郡、バルディア郡、ピュータン郡)
●以下の地域(ルンビニ、チトワン等の観光地を含む)
    :「渡航の是非を検討してください。」(継続)
  ・極西部
   (バジャン郡、バジュラ郡、ダデルドゥラ郡、カンチャンプール郡、
   ドティ郡)
  ・中西部
   (バケ郡、スルケット郡、ジュムラ郡)
  ・西部
   (ルパンデヒ郡、グルミ郡、アルガカチ郡、バグルン郡、ミャグディ
   郡、カピラバストゥ郡)
  ・中部
   (シンデュパルチョーク郡、ドラカ郡、ラメチャップ郡、シンズリ
   郡、カプレパランチョーク郡、ダディン郡、チトワン郡、パルサ
   郡、バラ郡、ラウタハト郡、サルラヒ郡、マハッタリ郡、ダヌシャ
   郡)
  ・東部
   (ボジプール郡、ウダヤプール郡、シラハ郡、コタン郡、サプタリ
    郡、スンサリ郡、モラン郡)
 ●以下の地域(首都カトマンズ、ポカラを含む)
    :「十分注意してください。」(継続)
  ・極西部(ダルチュラ郡、バイタディ郡)
・中西部(ドルパ郡)
  ・西部(シャンジャ郡、ゴルカ郡、パルバット郡、パルパ郡、タナフン
   郡、ラムジュン郡、カスキ郡(ポカラを含む)、ナワルパラシ郡)
  ・中部(カトマンズ郡(首都)、バクタプール郡、ラリトプール郡、マ
   クワンプール郡、ヌワコット郡)
  ・東部(サンクワサバ郡、タプレジュン郡、ジャパ郡、ダンクタ郡、イ
   ラム郡、ソルクンブ郡(ソル地区)、テラトゥム郡、パーチタル郡、
   オカルドゥンガ郡)☆詳細については、下記の内容をよくお読みください。

1.概況
(1)和平プロセスの現状
   2006年11月、政府とマオイスト(毛沢東主義反政府武装勢力)との間
  で包括的和平合意が成立し、11年間に及ぶ人民戦争は終結しました。
  2007年4月、マオイストも参加する暫定政府が成立し、11月22日には制憲
  議会選挙が予定されています。現在、国連ネパール政治ミッション
  (UNMIN)の協力の下、選挙準備が進んでいますが、依然として以下
  (2)及び(3)の不安定要素もあるため、今後の政治プロセスの進展
  を注意深く見守る必要があります。

(2)マオイストの動向
   地方は依然としてマオイストの影響下に置かれ、治安機関は再配置さ
  れたものの、十分な態勢・装備を確保できておらず、治安情勢は改善し
  ていません。また、マオイストは、軍事活動を停止しているものの、地
  方だけではなく都市部においても金銭強要、拉致、誘拐、暴行などの暴
  力行為を継続しており、引き続き市民生活に混乱を及ぼしています。

(3)中・東部タライ地域の治安悪化
   東・中部タライ地域では、2007年1月からインドからの移民を中心とす
  るマデシ人権フォーラム等の過激グループを中心に権利闘争が起こり、
  税関・道路封鎖、ストライキが継続的に発生しています。また、マオイ
  ストや政党関係者との衝突も発生しています。

2.地域情勢

(1)以下の地域
  :「渡航の延期をお勧めします。」
  ・極西部(アチャム郡、カイラリ郡)
  ・中西部(ロルパ郡、ルクム郡、サリヤン郡、ジャジャルコット郡、カ
   リコット郡、ダン郡、ダイレク郡、バルディア郡、ピュータン郡)

   上記の郡は、以前からマオイストの主要拠点及びその影響が強く見ら
  れる地域です。また、治安機関の配置が不十分なため、事件・事故に遭
  遇した場合も十分な支援を受けることが困難です。つきましては、これ
  らの地域への渡航は、どのような目的であれ延期するよう強くお勧めし
  ます。

(2)以下の地域(ルンビニ、チトワン等の観光地を含む)
  :「渡航の是非を検討してください。」
  ・極西部(バジャン郡、バジュラ郡、ダデルドゥラ郡、カンチャンプー
   ル郡、ドティ郡)
  ・中西部(バケ郡、スルケット郡、ジュムラ郡)
  ・西部(ルパンデヒ郡、グルミ郡、アルガカチ郡、バグルン郡、ミャグ
   ディ郡、カピラバストゥ郡)
  ・中部(シンデュパルチョーク郡、ドラカ郡、ラメチャップ郡、シンズ
   リ郡、カプレパランチョーク郡、チトワン郡、ダディン郡、ダヌシャ
   郡、バラ郡、ラウタハト郡、パルサ郡、サルラヒ郡、マハッタリ郡)
  ・東部(ボジプール郡、ウダヤプール郡、シラハ郡、コタン郡、サプタ
   リ郡、スンサリ郡、モラン郡)

   上記の郡は、マオイストの強い影響が認められる地域及び最近治安が
  悪化しているタライ地域です。タライ地域では、2007年1月19日から2月
  8日にかけてマデシ人権フォーラムと治安機関等が衝突し、28人が死亡し
  ました。さらに、3月21日、中部ラウタハト郡では、マオイストとマデシ
  人権フォーラムが交戦し、27人が死亡し、40人以上が負傷しました。つ
  きましては、上記地域への渡航を予定されている方は、最新の治安情報
  に基づき、渡航の是非について十分な検討を行ってください。

充分注意をしてください
とされている地区については
省略をします。

そして、本ホームページに行けば
地図で、どこが危険であるのかも
一目でわかるのです

多くの場合は、
隣国との紛争を抱えている場合で
国境地帯が危険地域だったり

民族の独立運動を抱えている場合で
その民族の居住区が危険地域だったり
するのですが、


ネパールではモザイク状に
危険地帯と、非危険地帯が混在しています。

これは、上記した記事にもありますが

マオイストの拠点となっている場所が
危険な度合いが高いことを
意味しております。

マオイストは、4月の制憲議会選で第1党となった
ネパール共産党毛沢東主義派のことです。
 

1994年にネパール共産党から分派し、
王制廃止などを求めて反政府武装闘争を開始。
毛沢東が中華民国に対してした革命闘争と同じように
農村に拠点を築き、ネパール国軍などと戦いましたが
国軍との戦闘では1万2000人以上が死亡したとされます。
06年に和平協定が締結されましたが、
その後も全国7カ所の宿営地に兵力を温存しています。

また、男尊女卑であるネパールで
マオイストは、女性でも実力次第
で出世できるのです。

そんなところで、貧困層に受け入れられるという
そんな部分もあるようです。


彼らが、武力拠点としていた場所が
モザイク状になっているので

危険地域もモザイク状になっています。

また、反政府武装組織ですから
ネパール政府・国軍に対してのテロも
頻繁にありましたし

資金をかせぐために
観光客から金品を要求することも
ありました。

外務省のページには、こうあります。

マオイストとの遭遇時の注意事項

トレッキングルートでマオイストに遭遇し、通行税名目で金品を要求された場合は自分で対処しようとせず、同伴ガイドなどに交渉させてください。交渉後、やむを得ず通行税を支払う場合は、領収書を受領して他の場所でマオイストに遭遇した場合に提示してください(重複徴収の防止)。また、日本大使館にもその旨お知らせください。


ですから、第一党となったほどですから
マオイストを支援する人は少なくないですが

アンチも少なくないのが現状のようです。


ですから、
下のような記事も、ナットク出来るのです。


30日の産経新聞の記事です。

【バンコク=菅沢崇】ネパールの新憲法を制定する制憲議会は28日深夜、王制廃止と連邦共和制の導入を宣言して新生国家としての第一歩を踏み出した。しかし、新たに国家元首となる大統領の権限については政党間の交渉が難航、29日からの政党間協議に委ねられた。第一党のネパール共産党毛沢東主義派を中心とする新政府は、多難の船出となった。

 開会演説でコイララ首相は「新時代が到来した。国民主権が奪われることはない」と述べた。議会は賛成560、反対4の圧倒的多数で宣言内容を承認。首都カトマンズの街頭には数千人が繰り出し、王宮主塔にあった王宮シンボル旗にかわって、29日朝にはネパール国旗が掲げられた。

 宣言は、ネパールを連邦民主国家として国民主権とする▽王族の特権を一切廃止して一般市民とする▽大統領職に関する規定を考慮しながら暫定憲法を修正するなど5項目で、王宮を国立博物館とすることも盛り込まれた。ギャネンドラ国王には王宮退去に15日間の猶予が与えられる。

 王制を廃して政治的には勝利したものの、毛派などの主要政党の今後には難問が山積している。大統領の権限については、初議会までに主要3党間で「大統領は新憲法で限定される権力を有し、議会決定に従う」とする方向で合意していた。しかし、軍の最高指揮官の権限を大統領と首相のどちらに与えるかなどをめぐっては、28日、各政党間で決着がつかない状態になった。新政府が機能不全に陥る可能性も現れ始めている。」


また、マオイストはマオイストで
別の問題を抱えています。


30日の毎日新聞の記事です。

「私たちはどうなるのか」。ネパール南西部の山奥で軍事訓練を続ける旧反政府武装組織「共産党毛沢東主義派」(毛派)の兵士たちが不安を漏らした。28日、王制から共和制に移行し、毛派主導で連立政権が発足するネパール。だが連立相手の政党勢力は、毛派が部隊を維持していることに警戒感が強く、毛派が求める部隊の国軍との統合にも否定的だ。その処遇をめぐって、新政権の安定を揺るがす火種にもなりかねない、毛派部隊の宿営地を訪ねた。【ダシュラトプール(ネパール南西部)で栗田慎一】

 宿営地は、標高1000メートルの険しい山々と深い峡谷に囲まれていた。07年1月から始まった国連監視下での武装解除で、宿営地内に国連の監視員が常駐。武器は鍵のかかった倉庫に保管されている。ただ、護身用に小型の拳銃などを持ち歩くことは認められている。

 プラティック司令官(34)によると、兵士は約5000人。多くが貧困家庭出身で10代で毛派に「参加」、うち2割が女性だ。

 平均年齢25歳前後の若い兵士たちは、「統合の準備」を名目に訓練を続けている。訓練所は宿営地から徒歩約2時間の山腹にあり、現地語で勝利を意味する「ギート」と名付けられていた。

 「遅れるな」「乱れるな」。兵士たちは監督官が叫ぶ中、山道でランニングをこなしていた。午後になると、木製の「模造銃」を構え、一斉攻撃時の配置確認などを続けた。「きついけど充実している」。21歳の男性兵士は、息を切らしながらも笑顔で語った。

 新政権で首相就任が確実な毛派最高幹部のプラチャンダ書記長は、
「06年の政府との和平合意の際、国軍統合が約束されていた」と主張し続ける。

しかし、国軍は「ゲリラと正規軍では戦い方も思想も違う」と拒否。政党勢力も「別の治安組織を新設する方が現実的」と否定的だ。

 4年前に国軍との戦闘で夫が死んだというビンドゥ旅団副司令官(26)は、「我々は兵士以外の生きる道を知らない。国軍統合がかなうことを願うしかない」と訴えた。



結局まぁ、マオイストが武力闘争でかたなければいけない
正規軍と戦闘をしていた

そんなかつては戦うべき宿敵、かつての敵と統合できるのか
そんな国軍の拒否感が強いのも原因です。


様々な要素が絡まりあって
事態が複雑になっていますが、

そのような時に、当事者に対して
かつての怨恨を越えて、和解した例を示しながら

和平の方向性を提示することが

当事国以外の出来ることでは、と思っています。


さて、ネパールの問題は
また大きな動きがあれば、お話することになるでしょう。

が、それ以上に国際関係の問題で
大きいヤマがやってきます。


次回は、そんなお話をします。



ネパールには亡命チベット人もいるので
関係がある問題です。


ダライ・ラマ14世の、チベットに対する提案は以下の通りです。
(1987年、アメリカ議会の人権問題小委員会での「チベットに関する5項目の和平案」)

・チベット全土を平和地域とする
・チベット民族の存続を脅かす中国の人口移動政策を放棄する
・チベット民族の基本的人権および民主主義に基づく自由を尊重する
・チベットの自然環境を保護し、回復させる。チベットでの核兵器の製造、核廃棄物の投棄をしない
・チベットの将来の地位について、また、チベット人と中国人との関係について、真剣な交渉を開始する

そして、チベット人による本当の自治権が得られれば独立は求めないと譲歩しました。(1988年、「ストラスブール」提案)



来週も国際問題を取り上げる「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2787

リクエストなどは
当ブログのコメント欄でも
受け付けています。
2008.06.08 追悼
畏友GMクンと遊ぶ日

朝、GMクンから
「氷室冴子さんって、お亡くなりになったらしいっスよ」

との言葉、



ま、
マジっスか。


現在こそはしばらく遠ざかっているものの、
自分の、読書傾向に、いわゆるコバルトシリーズとかまでが
守備範囲に入ったのは

間違いなく、氷室さんのおかげなのです。


自分が、高校生の時
新井素子と北杜夫に傾倒している

まぁ、そんな高校生だったのですが、

部活動の時間、いつものように、
新井素子さんのよさを力説していると

後輩から

「新井素子もいいっスけど、氷室冴子もいいっスよ」

と、いわれまして、

「雑居時代 とか知ってます、よければ、読みます」

とか言われて、読み出したのですが

これにハマったのです。

テンポのいい会話に
キャラ立ちの絶妙さ

もう、直球ストレートでやらられました。


と、いったことで
学校の図書室へ行って

「さよなにアルルカン」「白い少女たち」から
「クララ白書」あたりを一気読み

そして、

気がつくと、どっぷりとハマっていたのでした。


ちなみに、その後輩とは
カワイラシイ紺サージのブレザーがよく似合う
オンナノコ

と、いうわけもなく

学ラン・銀縁メガネで

身長が175ある野郎でありましたが



それにしても、放課後の音楽準備室で

コバルト文庫を貸し借りしている

学ランメガネの2人組みって…



アヤしすぎます。



閑話休題。



しかも、高校を卒業した後も

なぎさボーイ・多恵子ガールのシリーズや

海が聞こえるといった一連の話では

やはりキャラのたち具合と
ストーリーの妙に
魅せられていったというわけです。



思えば、「マリみて」にハマっていたのも
氷室冴子さんの洗礼を受けたからかもしれませんし

(あと、「川原泉」さんの「大天使」シリーズの
洗礼ですかね、)



現在、北海道に住んでいるのも、
「雑居時代」とかで描かれている札幌の風景に
漠然とあこがれをもったからなのかもしれませんが…。






まだ、51歳とのことで
その早すぎるご逝去は、残念という簡単な言葉では
あらわすことはできませんが、


ここに追悼の意をこめて

心よりご冥福をお祈りしたいと思います。




「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2787

リクエストなどは当ブログのコメント欄でも
受け付けています。
良かれと思ってしたことが
空回りすることなんて
結構あるものですが

昨日私の職場での朝の打ち合わせで
上司から、

「当たり屋グループが出ているらしいので
注意をするように」

といった主旨の話と、プリントが配られました。



プリントには

「当たり屋」被害の防止について

 下記ナンバー車両による「当たり屋」被害が続出していますので、くれぐれもご注意ください。

【注意事項】
①下記ナンバー車と接触事故を起こした場合は、その場で示談せずに、直ちに警察等へ連絡する。
②警察が到着する前に、自分の氏名・住所・連絡先を教えたり、免許証を見せたりしない。③運転の際には、このコピーを携帯する。(ダッシュボードに入れておく等)
④このナンバーに限らず、走行の際には、急停車されても大丈夫な十分な車間距離を保つこと。
⑤サイドブレーキを引き、ストップランプを点灯させないで急停車する模様。
⑥後方から車両が急接近した時などにも、十分な注意を払うこと。
⑦万が一接触してしまった場合などには、警察に連絡すると同時に、この資料を相手に見えるようナンバーをチェックしてください。これにより逃げていく車両もあるとのこと。

その後、三十二台の車のナンバー
(たいていは×地名×33といったように二桁)が
箇条書きでかかれてあり、

その下には
(合計84台で一種のグループを作り活動しているとの情報です)
と付記してありました。

これって、

マジっスか…


私が学校を卒業して、仕事をはじめてしばらくして、
まったく同様のちらしを職場の朝の打ち合わせで
もらったことがあって

しかも、その時たまたま読んでいた
「別冊宝島(多分)」のシリーズで、
このちらしが荒唐無稽なものであることを
語られていました。

僕の記憶によると、本の中には、
それらの車が廃車になっていたりとか、
実際に「当たり屋のナンバー」とされた車の持ち主が
迷惑をしているなんてルポもありました。

その時から「フーン」と思っていたので

まさか、それから二十年近くたっているのに
絶滅していないのだなぁ、と思いながら
朝からクラクラしてしまったのです。


ちなみに、その読んでいた本には
「良かれと思って配った人によって
広まる、人の善意を利用した愉快犯」
的な記載がされていて
まったくそのとおりだと思いながら
憤慨した記憶もあるのですが。

ちなみに、実際に当たり屋グループが存在しない
というわけではなく、中には法外な損害金・賠償金などを
要求し、詐欺や恐喝などで逮捕されるグループもあるそうです。

が、だいたいは、いわゆる都市伝説の類。

でも、都市伝説が根も葉もないうわさであるのに対し
同じくうわさには変わりないのですが

ファックスやメールなどで
広まるところに

チェーンレター的なタチの悪さを感じます。

この噂の検証をしている立命館大学のゼミのホームページによると



「当たり屋」情報は偽情報なんですか?

 はい。この話は昭和61年(1986)ごろから現在にいたるまで 少しずつ形を変えながら全国に流れている偽情報です。この情報は「当たり屋」の車のナンバーを一覧表にしたリストが付い ていることが特徴的です。情報はチラシの形で流れていましたが、最近では電子メールによるものも見られます。
 しかし、被害の届けはなく、また、リストに記載されている車のほとんどが現在、廃車になっていることが明らかになっています。
 また、情報を読んだあなたは、これがあなたの周囲だけで起きていると思うかもしれませんが、同じ情報が同じ時期に全国を回っているのです。そんな神出鬼没の当たり屋集団が存在しうるでしょうか?

偽情報だと言っている、この情報は信用できるんですか?

 このページは福島大学行政社会学部社会心理学研究室による調査研究の成果に基づいて作られています。(中略)
 私たちは、偽情報がいかにして作られ、人々の間に伝達されていくのかを、社会心理学的立場から研究することを目的としてきました。より一般的な言葉で言うと流言の研究をしていることになります。
 このホームページでは、当たり屋情報が偽情報である可能性についての説明をしています。「当たり屋」の情報が偽情報であるのか、そしてそもそもこのページが信用できるものであるのか、それはあなたがこのページすべてに目を通したうえで、判断してください。
 なおサトウタツヤが福島大学から立命館大学に異動したため、HPも移転して立命館大学にあります。

新聞などで報道されたことがあるのでしょうか?
 私たちの手元には、最も古い記事として1986(昭和61)年 11月18日付の「読売新聞・丹後版」に掲載されたものから、最新の記事として1996(平成8)年11月5日付の「朝日新聞・宮城版」に掲載されたものまで、約15件の記事があります。
 1990年5月30日の「西日本新聞」の記事では、すでにこ の偽情報が4年前の焼き直しのものであること、さらに15台の車のナンバーが追加されていることなどが述べられており、山口県警が全国の都道府県警にデマ情報であることを通知し、この偽情報の打ち消しに躍起になっていることなどが報じられています。
1994年3月24日付の「高知新聞」では、この情報が出回るのは既に4度目であることを指摘したうえで、警察にも取材してこの情報が偽情報であることを報じています。
 また、1996年10月12日付の朝日新聞では、この偽情報がイン ターネットによる拡大をみせていることを取り上げ、「デマメール」が電子社会の「鬼っ子」であると報じています。(後略)

などと、あります。

ちなみにこの文章の全文はこちら

http://www.psy.ritsumei.ac.jp/~satot/rumor/atatest.html

あと、文中に出てきた山口県警のホームページにはこちらです。
http://www.police.pref.yamaguchi.jp/0430/atariya/atariya.htm



このテの現象にタチのわるさを感じるのは、


「法外な賠償金を要求される」などと不安を煽るのと同時に

有益な情報であると思い込ませて、
善意で多くの人に知らせようとする心理につけこもうと
しているところでしょう。

不安をあおって広めるのは
チェーンレターや不幸の手紙と
同一の手法です。


また、チラシに書かれた特定の地域・ナンバーを見て、
「○○(地域名)は運転マナーが最悪」
「△△(地域名)はガラが悪い」などと
偏見を持たれるようになることも
問題点ですね。

ただでさえ、「血液型占い」などがはやったり
「ケンミンショー」的な番組が受ける
そんな「ラベリング」には弱い国民性ですから。

困ったものです。

都市伝説は好きですが、
もっと、ネタ的で笑える

害のないやつがいいですね。



都市伝説もバッチコイの、「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2787

リクエストなどは当ブログのコメント欄でも
受け付けています。
午前中に旭川で用事があって
午後には札幌で用事がある。

しかも、その間に何時間か猶予がある

なんて時に、カレーを食べるのだったら
昨日も書きましたが
滝川のママズキッチンか、
岩見沢のGoYENかシーズザデイか、
美唄のぼぶ
あたりなのですが

温泉に入るのだったら
「北村温泉」か「江部乙温泉」とともに
こちら「妹背牛温泉ペペル」です。

と、いうことで行ってまいりました「妹背牛温泉」
42湯目です。

脱衣場から中へ入ると、
公共温泉風の整った清潔そうな施設で、
人気施設ということで、いつでも込んでいます。

また、露天風呂があるのですが
露天からは米とかを貯蔵する巨大な倉庫が
視界一杯に広がるのです。


と、は、いうものの
僕自身、こちらを結構よく利用するのは

そんな環境であっても、
きわめて和むのです。

ひとつはお湯のせいでしょう。

淡い褐色でヌルっとするお湯と
香ぐわしい感じの湯の香には

いついっても癒されますし

露天のほうは、若干湯温が低いせいか
ヌルっとする温泉独特かもしれません、
気泡のつきもいい感じなのです。

そして、みなさんが本当にキモチよさそうに
入っていて

人気の温泉にありがちな喧騒さが
そんなに感じられないところにあるのかもしれません。

と、いうことで、年に四~五回は
お世話になっています。

今回も気持ちよく
お湯を楽しめました。


で、この翌日は、
前々から、十勝の温泉へ行こうと
思っていて準備をすすめていたのです。

朝七時に通過した、狩勝峠の上は
気温が二度と、六月にしては極めて低いですが

温泉に行くならこれくらいでいいですよ。

峠を越えて、おりきる前のいつもの
スズキの看板横を左折して

糠平・然別・菅野・然別峡・山田といった温泉に行く
僕的には、最近なら普通に国道まっすぐいくより
よく走っているルートをとりましたが

今回の目的はそこではないですもんね。

とかち湖や東大雪湖の湖畔を走りながら
ひたすら北へ。

途中で
「オソウシ温泉」の入り口に
「本日定休」の看板がかかっているのが
目に入ります…

訪れたのが日曜日だったのにです

こちら「オソウシ温泉」は、
最近、競売にかけられていたことが
温泉マニアに知られています。

現在はどうなっているのでしょうか…

本当に「本日」が「定休」なのか

それとも、ここしばらく
「本日定休」の表示が出っぱなしになっているのか

真相は現在もわかっていません。

そんなのを見ながら少々セツナい気分になりながら

廃校の横などをぬけつつ、

車を走らせている道路も次第に勾配が急になったり
しまいには砂利道になったくらいにして

いよいよ気分も盛り上がります。

そして、坂の下に立派な施設が見えてきました。
駐車場の入り口のところには
盛大に湯気をあげている
温泉口みたいのがありまして、

興奮もマックス。

入り口のところには宿泊客の方がいらっしゃって
看板のしたを指差しています。

?、と思いながら指と視線の先を見ると
「てん」が顔だけだしていました。

カワイー

そういえば、くる途中に
結構な数の鹿を目撃しました。

そんな動物にも癒されながら、
期待もマックスで自販機で券を買ってから
いざ脱衣場へ。

脱衣場にいった常
温泉の成分分析表を見ると







成分表の横に
「循環ろ過」と「塩素殺菌」をしていると、
明記されていました…



こちらの施設は、
「循環ろ過」と「塩素殺菌」を批判している
某温泉教授の「ホンモノの温泉」本では
☆五つの評価だったのに…

ショックを感じつつ、露天風呂にいくと
滝のように流れてくるお湯よりもイキオイよく
轟音をたてる渓流の水音が、
秘湯気分をもりたててくれて、
本当にいい感じなのですが

心から残念でした。

と、セツない43湯目でした。

ちなみに、養老牛・妹背牛
そして、こちらと
××ウシ温泉に立て続けに
入ったことになりますね。

〔と書いたら、どこに行ったかバレますかね?〕



ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。



ヌルく浅い温泉ヲタ(温い温泉と湯船の浅い温泉が好きという意味も可)
の、「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2787

リクエストなどは当ブログのコメント欄でも
受け付けています。
2008.06.04 今週のカレー
☆「Soup Curry OASIS」
(旭川市豊岡7条7丁目3-7)

奥芝商店旭川亭に続く、旭川新店開拓シリーズ第二段は
かつて「Bobo」だった場所に新規オープンした
「Soup Curry OASIS」さんです。

「Bobo」は、現在の旭川でいうと
「ココナッツパンチ」系の味が結構僕のツボな
スープカレーを、食べさせてくれるので
またいこうかなぁ、などと思っていたところ

気がつくと、お店が閉まっていて

旭川市民の畏友GMクンに聞いても
「しばらくやってないっスねぇ」という話。

その後、「ココナッツ」が出来て
なんだかウヤムヤになってしまった経緯があります
〔僕の中で〕

そんな場所に出来たというお店なので
どんなもんだろうとおもって行ったのですが

店舗の中が明るいのは、「Bobo」と同じですが、
シングルで営業をされているところが
ちょっと違いますかねぇ

メニューを見ると、
チキンレッグ・たっぷり野菜
ルスツ産もち豚角煮・チーズ入りライスコロッケの
4種類のスープカレーから選択が出来るようです。

そこで、はじめてみたメニューなので
「チーズ入りライスコロッケ」を
オーダーしたのですが
「すいませ~ん、それ、終わっちゃったんですよ」

ま、午後の時間帯に訪れましたし
こちらは数量限定メニューと
メニューにも書いてありましたからね。

そこで、第二候補の「ルスツのもち豚」を
オーダー。

辛さは
1HOT~5HOTの五段階
〔1は甘口 2はピリ辛 3は中辛 4は辛口 5は大辛〕
から選べるので、4HOTを

トッピングは、チキンレッグ・角煮といった
メニューでメインをはるものから
チーズ・ソーセージ・ベーコンといったところから
選べるようですが

今回は、とりあえずトッピングナシで

ライスは200グラムの黒飯入りを
それぞれ注文して

まつことしばしで

白い清潔そうな食器にはいって
登場しましたが



口に入れる前に
まず、香りが特徴的です。

よくこのブログでも
スパイス遣いに特徴があるといったことを書きますが

独特なハーブ遣いに特徴がある
そんな香りです。

セロリと、バジルと

あとは、えーっとえーっと

とにかく他のスープカレーでは
嗅いだことのないような香りが

スパイスの香りの中に
見え隠れしているのです。

これは面白そうです。

と、いうことで、非透明明るいオレンジ色の
スープを一口。

おお

予想通りの面白い味

基本たまねぎの甘みや
スープの持つウマ味が前面に来ているのですが

そこにアクセントを与える
スパイスとハーブの香りが

いい感じです。

そしてきちんと、あとから効いてくる辛味

ルスツのもち豚の角煮も
とろとろで旨みが凝縮されているのに加えて
スープも吸い込んでいるのでスゴいことになっている
脂身に、これまたジューシーな
お肉の部分もすごく柔らかい。

これは極上ですよ。

しかも、その他の具財では
レンコンチップスみたいな揚げられた
スライスレンコンも、スープにつかっている部分と
つかっていない部分のバリエーションを楽しむことが出来て
いい感じ。

ジャガイモもアマけりゃ、にんじんもアマい。
ナスはカタさを残していますがそこがいいですし

素揚げされたブロッコリーなんて、
葉っぱの部分が香ばしくて
めちゃくちゃオイしいですね。

パフリカやオクラに
キャベツとたまねぎも
具財としていい役割を果たしていますし


これに、黒飯入りのライスが
よくあいます。

旭川のおとなりにある米どころ、
東川町のおぼろづきを使用しているそうで

地産地消という観点でも
いいですね。

と、大満足で食べ進めていくうちに
ひょっとして、このハーブは
角煮を作っているときに
使われているものかも、などと
考えたのですが…。

と、いうことで、大満足をして
富良野への帰途についたのでした。

ってことで、次回こそ
早めに言って
ライスコロッケのスープカレーを
いただき、仮説を検証したいと思ったのでした。


☆「Soup Curry OASIS」
(旭川市豊岡7条7丁目3-7)
◇営業時間◇ 11:00~15:00(LO14:30) 17:00~21:00(LO20:30)
◇定休日◇ 不定休  ◇駐車場◇ 有り



☆「Mana’s Kitchen」
滝川市 江部乙町 西11丁目 500番地」

午前中は、旭川で用事があって、
午後は、札幌で用事がある。

その間3時間程度の余裕がある時
昼食場所として重宝するのが、こちらです。

まぁ、本当は、岩見沢のインディアンママスに行こうと思っていたのです。
が、こちらは17時からしか営業しないとの話し。
まぁ、飲み屋街にあるお店なので
しょうがないのかもしれませんが。

FM G‘skyを聴きながら
滝川郊外の田園地帯で車を走らせることしばし

遠くからでもはっきりと見えるカントリー調のたてものに
吸い寄せられるようにいきましたが

訪問時間は、十二時十分前

もう駐車場には結構な車がとまっていました。


中に入ると、改装されたようで
カウンター席が入り口の近くに変わっていましたが
雑誌をすぐとることが出来たので
いいですね。

冊子状のメニューも少々かわったようすですが
机の上にあったメニューに

「オススメ 野菜カレー」
とあったので、こちらの辛口をオーダー。


おいてある「スロウ」とか「スロウの別冊」を読みながら
待つことしばしで
魅力的な香りとともに登場をしました
黒い食器に入った明るいオレンジのスープと
パセリが散らされたライス。

もう、この香りを鼻孔に入れるだけで
ここに来てよかったーとニンマリしてしまう

そんなカレーに久々のご対面をしながら

まずはスープ。

う、

ウマー

ってのはいつものことです。

コクがあって、スパイシーで
ウマみもたっぷりで、センスのある洗練された
スープはここらへんでは他店の追随を許さないでしょう。

15種類の野菜や肉などの食材を使ったスープに
10種類のスパイスを独自に配合したカレーペーストを加えて
作ったスープタイプのカレー 
などと、ホームページにはのっていますが

看板に偽りなしです。

しかも、やはりファームキッチンとして
同業他店が視察にくるようなお店なのですが

お米と野菜がメチャクチャウマいのです。

ナスやにんじん、ジャガイモのウマさは
本当に北海道でスープカレー食って
よかったーという

みずみずしさと素材のすなおで、
そのまま食べても絶対においしい味が

絶品スープとの相乗効果で
エラいことになっているのですから

しかも、アスパラシャキシャキで
かじるとCMみたいなシャキっとした音がして
中から滴がほとばしる。

これがここの真骨頂です。

まぁ、時期がじきだったせいか
かぼちゃは「かぼちゃだんご」でしたが

そんな団子がスープカレーに入ることは
あまりないですが、ウマかったです。

素材がよければ、ダンゴもウマいのでしょうね。

結局いつものように
ウマイウマイといいながら

一気呵成に食って、いつもの
スープにライス投下で食べて

ふいー、

大満足っス。


そういえば、メニューを見ると、
こちらは、釜飯をはじめたそうで

こちらもソソります。

まぁ、以前からフォカッチャも食べたいと
思っていたのですが

やはり、一人とか二人ではなくて、大人数でおしかけて
色々なメニューを頼んでシェアリングするのが
吉ですかね、こちらでは。

大満足のうちに田んぼの中
車を走らせていたら、

田植えの終わった水面を
合鴨が泳いでいまして

そんな景色にも
心が和みます。



☆「Mana’s Kitchen」(滝川市 江部乙町 西11丁目 500番地)
◇営業時間◇ 11時~21時 ランチタイムは禁煙♪
◇定休日◇ 火曜定休 ◇駐車場◇ 有り



☆「魚鬼(イトウ)や」(南富良野町字東鹿越)

僕的、なんぷエゾカツカレーを食べよう
キャンペーン絶賛実施中であります。

(並行して、旭川の新店にも行こうキャンペーンも
実施中であります。)

が、「なんぷエゾカツカレー」のパンフレットを見ると
表紙に使われているのが、こちら
「魚鬼〔本当は一文字です〕や」さんのエゾカツカレーでした。

と、いうことで、二店目は
こちらに決定!!

幾寅の市街をこえて、かなやま湖へ向かう道を
BGMのHBCラジオ「ガンチャンの世界一面白いプロ野球の番組」を友に
軽快に車を走らせまして
走ることしばしで、かなやま湖のキャンプ場に到着。

え?どこ?

最初探したのですが、湖と道々の沿いで
キャンプ場の事務所とかのあたりに

木で作った素朴な看板が見えました。

あ、ここだ。

プレハブっぽい入り口の扉をカラカラと開けて
中に入ると、中には揚げ物のにおいが充満していまして

こちら、コロッケとアイスクリームが売りみたいです。

というか、キャンパーの便宜をはかるために
「板氷××円」「ロックアイス●●円」なんて
張り紙がされていたり、
カップラーメンが販売されている

そんな感じのお店で

食堂的な営業はあくまでも副次的な要素のようですが

でも店内に充満する揚げ物の匂いに
いやがおうでも期待がふくらみます。

僕の横にすわっていた人も
スゴい数のコロッケをかっていってましたし。

そして注文をして待つことしばし

すぐにカレーのいいにおいがしてきましたし
ジューという揚げ物の音もしてきました。

厨房と座っている場所をさえぎる壁が
ほとんどないので、そんな音がつつぬけなところが

いいですよ。

そして、凝った陶器の食器で登場をしたのが
こちらのエゾカツカレー

丼状の食器に、ライスがどん、
そして、カツがどん
その上に自家農園で栽培した旬のオーガニック野菜が
どんとのっております。

まずはルーを一口。



これは

期待を裏切らないやさしい味でありながら
バターのこってりとした味と
ガーリックとかしょうがのパンチと
スパイスの香りがマッチして後押しをしている
感じのルーです。

しかもその上のカツは
衣こそ少々ウスめですが
サクサクで、特に肉がヤワラカイ。

やわらかいということはジューシーという
ことでもあります。

揚げ物は手馴れた感じなのでしょうか。

蝦夷シカのクセのなさと
肉滴の味とかが、カツに閉じ込められている感じです。

そして、お野菜

パプリカとかにんじんもオイしかったのですが

アスパラのシャキシャキ加減が
ママズキッチン級だったことを
特筆しておきましょう。


1日限定10食の特別なエゾカツカレーとのことで
確実に食べるのは早めのほうがいいのかもしれません。

ちなみにこの時の気温は八度でしたが
僕以外のお客さんは
全員ソフトクリームを食べておりました。



☆「魚鬼(イトウ)や」(南富良野町字東鹿越)
◇営業時間◇5、6、9月 9:00~17:00(土日のみ営業)
 7、8月 9:00~18:00(無休)
◇駐車場◇ 有り☆




あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければコメント欄で教えてください。

当ブログによせていただいたコメントは、さしさわりなければ
番組内で紹介させていただきます。



あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


カレー莫迦一代のナビゲーター「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2787

リクエストなどは当ブログのコメント欄でも
受け付けています。
先日「カフェ・ノラ」でカレーを食べていたら
財界さっぽろ社から出されている
隔月刊「Ho」(ほ) 誌の取材がはいったむね
お話をしましたが、

この間、スープカレーを食べに行った
滝川のママズキッチンでは
「スロウ」誌の別冊が店内で販売されていまして
「スロウ」誌も、カフェの特集がされていて

そこに「ママズキッチン」さんが紹介をされていました。

「Ho」や「O.tone」誌以外にも
「スロウ」も、アカヌケタ感じの
道内出版物だなぁ、と、
改めて思ったのでしたが。

このようにして道内の出版文化が
東京の出版文化に対抗しうる勢力になってくると

文化の多様性、という観点から
面白いと思うのです。

6月2日 オンエアー 第165回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
での、コーナー「富良野印度化計画」であります。

それが、あるた出版の隔月刊誌
「札幌のおやぢたちがナビゲーター O.tane」誌の

08号の特集「カレーの誘惑」

札幌の40~50代を中心とした237人の
男性を対象にしたアンケートについて、

先週はお話をしたましたが、
時間切れでお話できなかったことについて

今回はお話しました。


それは、何か

Q7.カレーにまつわる想い出やエピソードを教えてくだい。

これが、なんとも多様なエピソードが
よせられているのです。

「高校時代に教室のストーブの上に置いてある洗面器〔?〕のお湯の中に4時間目からボンカレーを入れておき、昼食になったら弁当箱の白はんにかけ、あつあつのカレーライスを食べた」

「小学校の同級生K君のお母さんの作る牛乳入りの白いカレーは絶品だった」

「街をぶらぶらしていたら、「カリーハウス」という看板が。知らない店だったので、「カレーを食うぞ」と全身カレーモードで楽しみにして店の前に立ったら、「ベーカリーハウス」でガッカリ。「ベー」が電信柱の陰に隠れていた。その後はカレーを求めてそこらじゅうを彷徨いました。」

「学生時代お金が無いときにカレー鍋一杯にカレーを作って何日間も過ごした」

「子供のころ、お袋が作るカレーには、たまに魚肉ソーセージが入ってました。」

「生まれて創めてスープカレーを食べたとき、お店の人に「ルーが水みたいで食べれないからカタクリかなんかで普通のカレーにしてくれ!」と頼んだ。」

「帯広出身です。日本で一番カレーを食べる人種だと思います。」

「必ず自分で作ります。家族には作らせません。」

「いつもおかわりを頼んでいたので、「おかわりの方」と言われた事がある。」

「パキスタン人の家に居候した時毎日カレーだった。」

「福神漬けは重要である。上質な福神漬けがあると、カレーもおいしい。」

「子供の頃はまだカレーはご馳走の部類に入っていた。「今晩はカレーだよ」と言われたり、家に帰ってカレーの匂いが漂ったりしていたら、喜んだものだった。」

「子供の頃、自宅のカレーには必ずウスターソースをかけて食べる習慣でしたが、社会人になり社員食堂でソースを食べようとしたら、ビックリされてからソースをかけるのをやめました。」

「子供の頃には、楽しみだったルーカレー、学生時代には、貧乏金なしのどんぶりカレー・。大人になったら二日酔いにはスープカレー」

「幼少の頃、一番のごちそうは夕食のカレーだった」

「自宅で作る時は市販のルーを数種類ブレンドします」

「かあちゃんの作ってくれた、ジャガイモ、にんじん、ゴロゴロの粉カレーの味が忘れられない」

「ルーカレーは好きじゃない。スープカレーがブームになりカレーが好きになった」

「カレーライスとライスカレーの違いを論争した昔、平和な時代であったとつくづく思う今日この頃」

「ワインがなく、ウォッカを使ってみたら苦いカレーが出来てしまった」

「初めて覚えた料理」

「失敗しても楽しいです」

「カロリーを気にせずに思いっきりカツカレー大盛りを食べたい」

「レトルトカレーが発売された時は感動した」

「キャンプといえばカレー」

「あまり辛くない大衆食堂にあるようなカレーが好きです」



と、いうことで
本当にそれぞれ思い出は千差万別。、

特に、僕の子供時代は
まだ「リンスを洗面器でお湯に溶いていて使用した」世代なので
尚更、コナっぽいルーカレーにも
シンパシーを感じます。


舌や鼻だけで味わう料理ではなく
想い出や郷愁をつかさどる

脳の部分でも味わう料理であり

やはり、いろいろな人にとって特別な存在なのだなぁ

と、あらためて気がついたのでした。



と、いうことで
残りの記事は

それぞれお気に入りのカレー店の紹介だったり

カレーのレシピの記事で、

これまたおいしそうなので
気になる人は、北海道内の書店店頭で

お確かめください。


あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。

当ブログによせていただいたコメントも、さしさわりがなければ
番組内で紹介させていただきます。


あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


カレー莫迦一代のナビゲーター「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2787
♪6月2日オンエアー 第165回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」の
番組内でオンエアーをした曲です♪

♪「Ash Like Snow」 the brilliant green
TV「機動戦士ガンダム00」Op


歪んでギュンと鳴るギターのスルドいカッティングに
お腹にズシンとくる重たいベースライン。
キレのいい、直球ど真ん中のタイトなドラムのビートという、
シンプルでありながら、ミッチリと音が詰まっているので、
迫るような音圧を感じます。
楽器数が少ない分、ごまかしのきかない感じの
骨太でしっかりと組まれたバッキングの演奏に
川瀬さんのボーカルがどんとのっかっていまして
そこが、いいですね。
川瀬さんのボーカルは、どちらかというと
イノセントな感じの印象を受けていましたが
このようなぶっきらぼうさが味になる
そんな歌い方もキマっているので
改めて自分の世界を広く持っているんだなぁ
と思ってしまうのです。
まぁ、歌詞自体が、青春の懊悩をあらわしていながら
それでも立ち向かわなければならない内容なので
こんな歌い方がハマりますし、
彼女のウマさも際立つのでしょうか。
ジャケット写真の彼女の表情も
そんな歌い方をあらわしている感じです。
僕は、ブリグリよりも
トミーフェブラリーにシンパシーを感じてしまう
そんな「ビョーキ」な人なのですが
メガネがなくても全然オッケーです。
(まぁ、僕はダテメガネもアリなので…)
こちらの曲は、当ブログにコメントをよせてくださる
Sumariさんのリクエスト曲です。
どうも有難うございました。



♪「生意気なぼくら」 ROCKY CHACK
「リンゴ日和~The Wolf Whistling Song」カップリング

チャールストンみたいなジャジーなビートと
弦を弾く時に指板にあたる感じの
ピッチカートが印象的なウッドベースに
裏拍を刻むピアノの軽快さが印象深い曲で
カップリングの「リンゴ日和」同様
アーリーアメリカンタッチな
童謡を思わせる曲です。
イノセントな感じのnoe さんのボーカルは
あくまでもアマくTaroさんのボーカルとも
ピッタリなので、そんな曲世界によくあっています。
冒頭とかのスキャットもかわいらしいですね。
バイオリンなどの弦楽器のウラメロに
間奏の口笛とビブラフォンと
タップのようなリズムでスネアをたたく
ブラシワークとかもなんとも
西部の酒場を思わせるような感じでして
これらの楽器が最後のサビの部分で
すべて共演をするという
単純でありながらキく演出もされていまして
これまた作品世界とマッチしている一曲です。
ここでもアレンジの保刈久明さんや、ベーシストの
渡辺等さんの良いオシゴトぶりが垣間見られます。



♪「O2」 ORANGE RANGE
TV「コードギアス反逆のルルーシュR2」Op
「FURANO History Factory」6月のマンスリーパワープレイ

FHF初のオレンジレンジです。
というか、ボク自身初めて購入したオレンジレンジのCDです。
ですから、まさか、オンエアーをするとは
思ってなかったのですが…。
まぁ、動機付けというか、条件反射というか
気が付くと、この曲のイントロを聴くだけで
ピクっとするようになってしまいまして
そんな状況には残念ながらあらがえません。
しかも曲をきけば
映像も浮かんできてしまいます。
当然時代劇っぽいプロモではないですよ
例のオープニングです。
ま、言うまでもないのですが。
オリコンのデイリーランキングでは
しばらく2位ですね、明日発表のウィークリーランキングでは
どうなるのでしょうか。



♪「横顔 ~ acoustic version~」牧野由依
「スピラーレ」カップリング-」
「ARIA The ORIGINATION」挿入歌


弦楽四重奏のようなアンサンブルに導かれて
牧野さんのカワイらしい声と
ポロンとするピアノのに癒される
スローナンバーです。
牧野さんの歌声は、一聴をすると邪気のなさを
第一に感じる、直球のカワイラシイ声ですが、
そんな声質から垣間見える艶やかで、少しだけセツナゲなのか
見え隠れするのが、実は隠れた魅力かもしれません。
特にこの曲は、サビ以外はほとんど
邪気のない寄りのカワイラシイ歌声なので、
聞き逃してしまうのですが、だからこそ
たまにみえる艶やかさとセツナさが、映えます。
しかもストリングスの響きにピッタリとハマっている
ピアノを演奏しているのも彼女です。流石、音大卒。
以前も書きましたが、この歌声と、このピアノですから
やはり、弾き語りをしている姿を見てみたいものです。
DVDの特典とか、こうゆうのが見たいのですけどね。
しかも、この曲は、「ARIA」の後半部分の
クライマックスの感動的なシーンで
効果的に使われるとのこと。
「YOU TUBE」も「ニコニコ」も無縁な僕としては
東京でしかオンエアされていない番組を見るのは
DVDの発売を待つしかないのですが…
今しばらく楽しみにしながら待つとしますか。



♪「NOBODY KNOWS」スガシカオ
TV「×××horic◆継 」Op

ワウワウと歪むようにうなるギターに、
ドラムなどのリズム帯も、ツボを少しだけズラすのが
これまたツボにはまるというリズムパターンで支えて
ヒネクレタ感じでポップにのたうつベースラインとあわせて
ヒトスジナワではイカナイ感じが、キモチいいです。
歌のパートも、楽譜をおこすのがメンドクサそうな
凝ったメロディーラインで
総じて、シニカルな彼の音楽世界そのものですし
気持ちよくビートの波に翻弄されながら
にたゆたうことが出来そうです。
どこかさめているんだけど、
奥底には情念のような炎を感じる。
そんな姿勢がクールでカッコいいではないですか。
ノリつつサメて、サメつつノルってのは
90年代に出てきた概念だと思いますが
それから10年以上たっているのに
色あせずに体現していると思います。
ゆらめくタバコの煙が象徴的に描かれ
背徳の香りが漂うような不思議なトーンで
世界が構築されているこの作品には
やはりこのような曲がマッチしていると思います。
にしても、今週かけた曲は、
ブリグリだし、レンジだし
とどめはシカオちゃんで
なんだか、フツーの音楽番組みたいw。
まぁ、結局は全部、ソッチ系の曲なのですがね。




このような曲をかけているFHFですが
リクエストも受け付けています。

リクエストは、このブログのコメント欄でも
受け付けます。

よろしければ。


「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17
レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2787
2008.06.02 王政の終焉
FHF
6月に入りました。
あと一月で今年も折り返しです。

が、先週は今ひとつ気温が上がらなかったせいか
そんな気分にも乗り切れない一因かと。
まぁ、週末には私的夏のメインイベントが
どうなると、という結果が、まっております…
はてさて、どうなることやら。

6月2日オンエアー 第165回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
放送を終えました。

さて、前回まで、大奥と江戸時代のお話しでしたが、

その間も、世界は動いております。

どうしてもテレビをはじめとしたメディアの露出が少なくなると
もろもろの事件は解決したかのように
勘違いをしがちなのですが、

実際の処は、ミャンマーの問題も
チベット問題も、四川の地震についても

解決をしていないで現在にいたっております。

そんななか、微妙にチベット問題とリンクしそうな事件が
先週におきました。

28日の讀賣新聞の記事です。

【カトマンズ=永田和男】ネパール制憲議会は28日招集され、冒頭、新たな政体を連邦共和制と宣言して、正式に240年続いた王制に終止符を打つ。

 王室に近い筋によると、ギャネンドラ国王(60)は宣言採択後、国民向けの声明を発表して所感を明らかにする。国王は宣言採択で一市民となり、ネパール国内に住むことを認められるものの、国有資産である王宮からの立ち退きを求められる。これまで王制廃止決定の場合の身の振り方について自身の考えを明らかにしておらず、ただちに王宮明け渡しに応じるか、憶測を呼んでいる。

 一方、首都カトマンズでは、制憲議会会場となる国際会議場などで26日起きた爆弾騒ぎに続いて、27日も共和制を祝うコンサートの会場で爆弾が破裂する事件があり、少なくとも1人が負傷した。王制廃止に反対する勢力の関与が疑われており、市内では警官1万人以上が動員されて厳戒態勢を敷いている。

こちらは、毎日新聞の28日の記事です。
 【カトマンズ、ビナヤ・グルアチャリャ、栗田慎一】ネパール新憲法を制定する憲法制定議会の初会合が28日、カトマンズで開かれ、約240年続いた王制を廃止し共和制に移行する。新首相には、4月の総選挙で第1党となった旧反政府武装組織「共産党毛沢東主義派」(毛派)最高幹部のプラチャンダ書記長(53)が選出される見込みだ。

 共和制移行により、国名は「ネパール王国」から「ネパール連邦民主共和国」と改められる。ギャネンドラ国王(60)は一般国民となり、15日以内に王宮から退去する。亡命はせず、国内の私邸にとどまる見通し。

 連立政府は毛派が主導し、他の主要政党すべてが参加する。政体をめぐっては、国王に代わる政治権限のない大統領を設置することで合意。毛派は大統領ポストも求めたが主要政党は拒否し、旧最大政党のネパール会議派を率いるコイララ首相(83)の就任が固まった。

 新首相や大統領の人選は、議会の議決を経ず、主要政党間の事前の非公式協議で固まった。今後の新憲法制定の過程でも、議会での議論よりも政党間の水面下の交渉が優先されるとの見方が強い。

 毛派は武装解除には応じたものの、依然兵力を維持。各政党に毛派への警戒感は根強く、今後、毛派兵士の処遇などをめぐって対立が深まる可能性もある。

 ◇国王、強権姿勢で国民に見放され

 国王の座を追われるギャネンドラ氏は01年6月、王宮内での銃乱射事件で兄のビレンドラ前国王が死亡したことを受け即位した。だが、民主化に一定の理解を示した兄に比べ、あまりにも時代錯誤的な強権姿勢が目立った。王制崩壊の引き金を引いたのは、ギャネンドラ氏自身だった。

 ギャネンドラ氏は05年2月、当時の内閣を解任し直接統治に乗り出した。これが、対立していた毛派と政党勢力が「反国王」で結束するきっかけになった。06年4月の民主化要求デモでは、武力鎮圧を図ったことで国民に見放され、毛派主導の共和制実現への流れが決定的になった。

 ギャネンドラ氏は今後、ホテル経営など即位前の事業を再開し、ビジネスマンとして再起を図る構えだ。だが、国民の間には前国王射殺事件へのギャネンドラ氏の関与を疑う見方もある。王制廃止に伴い、事件の再調査を求める声も高まっている。【栗田慎一】

29日の毎日新聞の記事です。
【カトマンズ栗田慎一】ネパールの憲法制定議会は28日深夜、王制を廃止し共和制に移行する決議案を圧倒的多数で議決し、同国は連邦民主共和国としてスタートした。しかし、国家元首となる象徴大統領の権限をめぐり、各党間の水面下の協議が紛糾、議会の開会が半日遅れた。首相には4月の選挙で第1党となった共産党毛沢東主義派(毛派)のプラチャンダ書記長が就任する見込みだが、今後の新政府の船出に大きな不安を残した。

 王制廃止の決議案に反対したのは、564議員のうち4議員のみ。議長が「2年以内の新憲法制定」を求めると、議員たちは大きな拍手で応じた。

 だが、制憲議会初会合の開始は予定の午前10時半から午後9時過ぎまでずれ込んだ。関係者によると、毛派と第2勢力のネパール会議派との確執が原因だった。

 毛派は当初、首相と大統領の両ポストを求めたが、会議派などの反発で大統領ポストを断念。大統領候補には会議派総裁のコイララ首相が浮上した。各派間で、大統領に政治的権限を与えないことも確認した。

 ところが28日になって、コイララ氏側が大統領権限の拡大を要求し、今度は毛派が反発。各党も交えた協議はだれを大統領にするかにまで逆戻りし、毛派も再び大統領ポストを求め始めた。

 結局、大統領権限は「継続協議」とすることで議会開会にこぎつけ、大統領人事もいったん白紙に戻った。

 一方、会議が始まる直前には、会場周辺で連続3件の爆発が発生し、近くにいた市民ら計7人が軽傷を負った。治安当局は、国王支持者らの犯行とみて男1人の身柄を拘束した。


とのことです。

ネパールと国境を接しているのは
チベットで、チベット人弾圧に対する反発から
亡命をしている人も少なくない国なのです。


さて、僕らはネパールというと、
エベレストをはじめとしたヒマラヤ山脈にある
山岳国家であるというイメージを持っています。

「世界ウルルン」とか、それ系のテレビ番組でも
そのような描写が多いですし、

北海道では、ニセコで妻を殺したネパール人なんて話しもでましたが
やはり、75歳にして、エベレスト登山に成功した三浦雄一郎さんの
直前に76歳のネパール人男性が登山に成功した話しや

三浦さんをはじめとした、エベレスト登頂成功者を支えていた
シェルパがネパール人だったりと

そんなイメージが強いです。

実際に面積14.7万平方㎞で
北海道の1.8倍とさほど広くない面積ですが

人口2589万人と、日本の5分の1の人口を抱えています。

主な産業が、農業と繊維産業と観光
中でも農業はGDPの4割
就業人口の7割が携わっています。

主な農産物は、米・小麦・トウモロコシ・ジャガイモ
黄麻(ジュート)です

また、主な輸出品は絨毯などとともに
電力があげられるのは、

ブータンと同じく
ヒマラヤ山脈を抱える国ならではでしょう。

こう書くといよいよのどかな国を
連想しがちですが

20世紀末の民主化運動を受けての
マオイストの人民戦争(ネパール内戦)や
2001年の王族殺害事件がおきて、

王政が揺らいできていました。

特に2001年の事件以降は、
内戦がいよいよ本格化してきたところでの

今回の王政に終止符をうつというニュースにつながります。



さて、ここらへんの細かい事情は
来週にゆずるといたしまして

21世紀になってはじめて
王政が廃止された国となります。

という風になると、
現在、王政や君主制を標榜している国が
どれだけあるか、

なんてのも気になります。

主だったところでは

ヨーロッパの
オランダ・スウェーデン・スペイン・デンマーク
ノルウェー・ベルギー・イギリスあたりがそうです。

また、アジアでは
オマーン・カンボジア・サウジアラビア・タイ・
バーレーン・ブータン・ブルネイ=ダルサラーム・
マレーシア・ヨルダン

アフリカでは、
スワジランド・モロッコ・レソトあたりがそうです。

また、イギリスのエリザベス二世を女王として
元首としているイギリス連邦の国に
イギリス以外にメジャーなところでは

オーストラリア連邦や、カナダにニュージーランド

他にもアンティグア・バーブーダ グレナダ ジャマイカ
セントクリストファー・ネイビス連邦 セントビンセントおよびグレナディーン諸島
セントルシア バハマ国 バルバドス
ベリーズといった、中央アメリカの国々や

ソロモン諸島 ツバル パプアニューギニア独立国といった
オセアニアの国々があります。

まぁ、国旗の中に、ユニオンジャックがあるのが
オーストラリア・フィジー・ニュージーランド・ツバル

植民地域旗のなかにユニオンジャックがあるのが
クック諸島・ニウエ・トケラウ・ピトケアン諸島・

州旗にユニオンジャックがあるのが
ハワイ州ですからね。

クック諸島とかニウエとか、トケラウについては
ニュージーランドから主権を認められているのですが

日本政府は独立国として認めていない状態で

そのような地域についての情報がくわしい
僕の愛用サイト「世界飛び地研究所」でも

事情の詳細がのべられています。

しかも、これらの国々は現在でも元首である国王の名代として
総督が任命されている国も多いです。
カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなども
そうです。

と、考えると、やはり「コードギアス」の設定で
ブリタニアを持ってきたという時点で

あの番組独特の深まりが出てきたと考えてよいでしょう。

ブリタニアに、総督ですからね。



閑話休題。

また、ルクセンブルクは国家元首が大公である大公国

アンドラ・モナコ・リヒテンシュタインは国家元首が公である公国

UAEを構成する国々や、カタール・クウェートは首長国

また、国王やスルタンを抱かないでも
実質そのような政体の国が

天皇制の日本
大首長を元首とするサモア
ローマ教皇を元首とするバチカンなどがあります。


と、考えると、極端に少数派閥というわけでも
ないようです。



さて、今回ネパールの話しですが、

20世紀に入って、王政・帝政から
かわった国というと

西ヨーロッパでは
第一次大戦後に変わった
ポルトガル王国(1910年)に
オーストリア=ハンガリー帝国(1918年)
ドイツ帝国(1919年)フィンランド王国(1919年)

第二次大戦前後に変わった
スペイン王国(1931年)アイルランド自由国(1937年)
アイスランド王国(1944年)イタリア王国(1946年)
その後にかわった、ギリシャ王国(1973年)
などがあります。

また、ロシア革命で、ソ連が出来(1922年)、
第二次大戦のドイツ敗北によって中欧の国々の王政が打倒されます。
ブルガリア王国(1944年)ユーゴスラビア王国(1945年)
ハンガリー王国(1946年) アルバニア王国(1946年)
ルーマニア王国(1947年)といった国々です。

またアジアでは第一次大戦前に清(1912年)
第一次大戦後にオスマン帝国(1923年)とモンゴル王国 (1924年)
第二次大戦後に
ベトナム帝国(1945年)インド帝国(1950年)パキスタン(1956年)
イラク王国(1958年)イエメン王国(1962年)モルディブ王国(1968年)
カンボジア王国(1970年)セイロン(1972年)アフガニスタン王国(1973年)
イラン帝国(1979年)ラオス王国(1975年)が

王政を廃止しています。

カンボジアは現在王政が復活しましたが。

そして、アフリカ、南アメリカ、オセアニアでは
全部の国が第二次大戦後に変化しています。
エジプト王国(1953年)チュニジア王国(1957年)
南アフリカ連邦・ルワンダ王国(1961年)ナイジェリア(1963年)
ザンジバル王国(1964)ブルンジ王国(1966年)リビア王国(1969年)
ガイアナ・ガンビア(1970年)シエラレオネ(1971年)エチオピア帝国(1974年)
トリニダード・トバゴ(1976年)中央アフリカ帝国(1979年)フィジー(1987年)
モーリシャス(1992年)


といった国々です。

21世紀に入って、王政から離脱する国は

ネパールがはじめて、ということで
今回話題にしましたが

実際にどのような動きがあったのかは

また来週のお話しでございます。



ダライ・ラマ14世の、チベットに対する提案は以下の通りです。
(1987年、アメリカ議会の人権問題小委員会での「チベットに関する5項目の和平案」)

・チベット全土を平和地域とする
・チベット民族の存続を脅かす中国の人口移動政策を放棄する
・チベット民族の基本的人権および民主主義に基づく自由を尊重する
・チベットの自然環境を保護し、回復させる。チベットでの核兵器の製造、核廃棄物の投棄をしない
・チベットの将来の地位について、また、チベット人と中国人との関係について、真剣な交渉を開始する

そして、チベット人による本当の自治権が得られれば独立は求めないと譲歩しました。(1988年、「ストラスブール」提案)



先週の「ギアス」は少々拍子抜けしたものの
日ハム×阪神戦を最後まで見ることが出来たので
まぁあれはあれで、な、「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2787

リクエストなどは
当ブログのコメント欄でも
受け付けています。
仕事のヤマを越えたら、久々に知床へ行こう
と思ったのは、

栂嶺レイ写真集「知床開拓スピリット」柏艪舎を
読んで以来、のどの奥にささった小骨のような違和感を
確かめにいきたいという欲求が

ずっと続いていたからなのです。


この本は、
タイトルには「写真集」とありますが、
丁寧な取材を元にしたドキュメンタリーか半分
そんな取材を裏つけるように
シビアな現状を眼前にたたきつけるような
美しくて、だからこそシビアな写真が半分で
それぞれが補いつつ、説得力をもたせている
心に刺さる本です。


知床というと、まずは大自然があり
その原因として厳しい気象と地形があり
だからこそ大自然ばかりで人を寄せ付けない
イメージがあるのです。

特に、ウトロの更に奥

知床五湖とか、岩尾別温泉のあたりなどは
尚更でしょう。


しかし、かつてそこは
れっきとした開拓地であり
誇りを持った開拓民が
住んでいたのです。

しかもその開拓は、国の事業として
行われたことで

かつての開拓地は、いわば国によって捨てられた


そんな土地が知床にあったことを

綿密な取材と美しい写真に基づいて
僕らに提示してくれた本が
知床開拓スピリット、だったのです。


この本を読んだのは、今年のこと

かつて知床を頻繁に訪れたのは
十年以上前のこと


その当時から熊笹に埋もれるように見える
廃屋には興味があったのですが

そんな謎がいっきに解けただけではなく
国の政策に対してもハラダタシク思ったりしたのが
この本を読んででした。

と、いうことで、
時間が取れたということで
知床に行かなければならないだろう。

これが今回知床行きを決めた理由でした。



さて、
羅臼の町を越えて
峠にさしかかったあたりで
すでに大型バスが何台も何台も走っています。

観光客の多少にかかわらず
眼前に聳え立つ
谷筋に残雪が美しい模様をつける
羅臼岳の美しさ。

毎年のようにこちらを訪れていた
そんな日々をいっきに思い出しました。


そして、峠を越えて
斜里町に入り、峠を下りて

知床自然センターのところを右折します。

すると、どうみても
かつての牧草地にしか見えない土地が
くまざさにおおわれていたり、
下草が伸びていたり

針葉樹の苗が整然と植えられていたりします。

知床自然センターのあたりが、かつての幌別集落です。

そしてそこを行き過ぎて
岩尾別川の谷にいったん下りて
再びあがる、峻険な道を走ります。

この道は、かつては始めて知床に来た平成2年以来
いつ来ても道路工事をしていたのですが

きちんとした舗装道路になっていました。

そして再び登り道をへて
五湖へと向かいましたが

そこらへんが岩尾別の集落です。

熊笹の海に沈みかけるような形で
完全にツブれた廃屋も視界に入ります。

斜里町のホームページには以下の要旨の文章があります。

「昭和39年、知床半島が全国で23番目の国立公園に指定されたことをきっかけに、知床の自然を町民全体で守るべき貴重な財産としての認識が深まりました。昭和52年には、国立公園内の民有地を買い上げ、知床の大自然を守ろうと、「知床100平方メートル運動」をスタート。この運動は、日本におけるナショナル・トラスト運動として、国際的にも高く評価されています。「知床100平方メートル運動」は、平成10年、初期の目的を達し、平成9年から新しく「100平方メートル運動の森・トラスト」がスタートしました。


僕自身の無知なのですが、
日本でのナショナル・トラスト運動の
さきがけであることの舞台になった土地こそが、
旧岩尾別地区なのです。


かつて、命がけでここを開墾し
かつ、誇りを持って不便な生活に耐えていた人は

このような運動をどのような思いで見ているのか。

しかも僕が訪れた時に
目に入ったのは

「夢の森林を再生へ」
といったことが書いてあった看板でした。

夢の森林って

再生って


かつての開拓者に対して
(しかも離農した現在も、
斜里町内で生活をしている人も少なくないのに)
配慮のない、無神経な表現に、
少々クラクラとしてしまったのです。

ちなみに件の町のホームページには
年表がついていましたが

知床の開拓のことについては
ふれられていませんでした。


そんなことをあわせて思いながら、
五湖から知床自然センターへ
車をノロノロと走らせていたら、

丁度大型の観光バスとすれ違おうとしました。


バスは徐行をしました。

見ると、

キタキツネが道の端におりました。

バスとともに、僕も徐行したおかげで
満面の笑みで、キツネを指さすガイドさんと

ガイドさんの指先を見て、ウレしそうに
携帯電話をかざす観光客の姿

などを見てしまいました。


たしかに、眼前にキタキツネかせあらわれる僥倖に
バスガイドさんも観光客の方も
表情がゆるむでしょう。

バスの中の人がどこから来たのかは知りませんが

実際は
観光客の方に、開拓の歴史を語りつぐことこそ
大切なのでは

などと、暗澹なキモチになってしまったのでした。


道路は、どんどん立派になります。

たくさんの人は訪れます。

ただし、肝心要なことの目隠しをされたまま
表面だけを味わう人たちなのかもしれません。


バスの中の光景が
すごく象徴的に見えたのですが。


ふう。

今度は時間のとれる時に
さらにじっくりここらへんを
見ていきたいと思います。

と、再訪を誓って、
知床をあとにしたのでした。



たまにはマジメな廃墟ヲタの、「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2787

リクエストなどは当ブログのコメント欄でも
受け付けています。