2007.10.31 今週のカレー
☆スパイシキッチンCoco Nut Punch
(旭川市緑が丘2条4丁目10-7)


気が付いたらフリーペーパーになっていた
旭川で歴史があるタウン誌が「asatan」で
新店を探すためにぺらぺらと見ることが多いですが
ある日見ていて気になったのが、こちらのお店です。

医大の前から少し奥に入って
アパートとかが建て込んでいるなかに店舗を発見。
中に入ると、若い人が結構いて、にぎわっている感じでした。

酒瓶がずらっと並び、ボードウォークのような感じに
板が張られているカウンター前の椅子に腰をかけて
最初のお店ということに敬意を表して、
定番の「チキン・野菜」
辛さは1番から10番まであるなかで、中をとって5番
トッピングは目玉焼きでオーダーをします。

はたして待っていると、いい香りとともに
カレーが登場。
スパイシーな香りですが、ちょっと嗅いだ感じでは
ルーカレーっぽい香りがしたのがまず面白いなぁと感じました

あまりそういうのってないですよね。

そして、濃いオレンジの非透明系スープを
一口すすると、まず最初にアマさがきて
そのあと、次第に辛さと刺激がくるタイプで
しいて例えるならば、旭川の人気店クレイジースパイスの
スープカレーっぽい甘さと刺激のハーモニーを感じて
複雑な、満足いく味です。
ちなみにクレスパっぽい甘さということで
玉葱由来の甘みなのでしょうか。
しかし、口にすればするほど、摂取すればするほど
刺激がまさってきて、汗もかくというのが
いい感じですわ。

具材にはいった、ホクホクのジャが芋・
甘いにんじんやカボチャ・
油が染みこんだ上にジューシーななす
といった、スープカレーの具材としては
きわめてオーソドックスなのですが
それが、みないちいちウマかったです。
このスープならば
キャベツとかも合いそうですね。

鶏もジューシーでしっかりと鶏本来のウマミがでていて
皮がパリパリなのといいコントラストでした

カレーもお米も両方ウマかった。

それでトッピングの目玉焼きですが
スープに入ってこないでライスの上に乗ってまして
黄味は半熟、しかもそれがなんと2つも
僕みたいな半熟卵至上主義者にとっては
とてもウレしいですねー。

最後はライスを残ったスープに投下して
目玉焼きの黄身をつぶしながら
濃厚なハーモニーで頂く。

至福の瞬間です。

願わくば、目の前にこれだけ酒瓶が並んでいるということで
オイシイジントニックとかで、このカレーを
頂きたかったですね。

それで、ここまでスープカレーがウマくて
しかもルーカレーっぽい香りもいい感じだったということなので
次はルーカレーにもチャレンジをしたいと
思います。

大学の近所には、オイしいカレー屋さんがある
というのが、一般的なような気がします。
それで、旭川医大付近のカレー屋といえば
今まではインドが定番でしたが
なんかいい選択肢が増えました。

ホテル医大前やアパートがあるところなので
車が止めにくいところが
難と言えば難なのでしょうか




☆CHIRO(旭川市川端町6条12丁目)


こってりとした茶色非透明系スープのカレーを
食べることが出来るのが、こちら
この日は、ヤマダ電気内の宮脇書店に
「実録!関東昭和軍4」「GIANT KILLING3」とかを
買うために行く途中に寄りました。
宮脇もCHIRO同様、駐車場に余裕があるので、
地方から出て行く身としてはありがたいですね。
ドアを開けると、OL風の二人連れが食事を楽しんでおられまして
そんな中、タイルが張られたカウンターの前にある
スタイリッシュな折りたたみのイスに着席し
チーズ・トマト・野菜の3番をオーダー。
スポーツ新聞のレッドソックス優勝の記事とかを読みながら
待っていると、おくから
ナベを金属のお玉でたたく、カンカンという音と
野菜を油通ししているのか、ジャーって音がしてきて
相変わらずいい感じです。
出てきたカレーも、ルーカレーに近しい感じの濃厚なスープと
辛めに設定をしたので、スパイシーで複雑な香辛料が
いい感じです。
それで、チーズで野菜が覆われていたので、一見すると
何がなにやらわからないのですが
つついてみて、あ、これが、ジャガいも、あ、これがトマト
あ、これが、ニンジン、あ、これがブロッコリー、
って感じでわかるのですが
看板のトマトは湯むきされたヤツがゴロンと一個入っていて
トマト自体のウマミも濃厚なスープにあっているのに加えて
これが刺激的なカレーを和らげてくる役割もあり、
よい感じです。また、これまたウマ味が濃縮されたような
ホコホコのジャガイモや、ジューシーでかむとウマミが
しみ出してくるナスに、アマいニンジン、野菜野菜した
アオい味がこれまた濃厚スープにあっているブロッコリーと
いちいち大満足。
しかも、その野菜がチーズマッチングをしていて
スープカレーのスープとしてはややコッテリ目のスープに
よく合っていました。
カレー自体は刺激的だったのですが
スープの中に入っている玉ねぎとかのアマさや
トマトやナスのジューシーさ、
ニンジンやジャガイモの優しいあじ
ブロッコリーのアオい野菜を食べている感を満たしてくれる味
それを包むチーズのマイルドさとかに
いちいち、いやされながら
結局おいしくいただきました。
新メニューでオムカレーがありまして
このカレーならルーカレーでも食べてみたい、ということで
次回はオムカレーにチャレンジします。




あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければコメント欄で教えてください。

当ブログによせていただいたコメントは、さしさわりなければ
番組内で紹介させていただきます。



あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


カレー莫迦一代のナビゲーター「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー
スポンサーサイト
2007.10.31 駅前の歩き方
先日、当ブログで話題にした
久住昌之さん原作・谷口ジローさんマンガの
「孤独のグルメ」は、食べ歩きをテーマとした
マンガの傑作ですが
この話しが好きな人なら、きっとハマるであろう
これまた傑作が
森田信吾さんの「駅前の歩き方」(講談社モーニングコミックス)
です。

若手小説家と、若手編集者があちこちの地方都市を
取材だったりその他だったりで歩きながら

その地その地に伝わるご当地で愛されている
いわゆるB級グルメを
偶然発見しながら食べていくという
マンガで、作品の中では
「常食」と呼ばれていまして

現在みたいに、ご当地B級グルメが話題になる前から
「行田フライ」とか「伊那ローメン」とか
「富士宮焼きそば」を取り上げているという
現在の流れの先鞭をつけたマンガだと
僕は解釈しているのですが。

そんな、マンガでも取り上げられていたのが
長崎の「トルコライス」です。


10月29日 オンエアー 第135回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
での、コーナー「富良野印度化計画」であります。

トルコライスとは、このマンガだけでなく
最近では大手コンビニチェーンのお弁当メニューとしても
デビューをしたりしてで
最近に有名になりつつある料理ですが
お皿に半々に盛ったピラフとスパゲティーナポリタンの上に
トンカツをのせて、カツの上にデミグラスソースをかける
といったボリューム満点の料理で
ライスがバターライスになったり、カレーピラフだったり
デミグラスソースの代わりにカレーがかかっていたりと
お店によってバリエーションのあるものの
長崎では、多くの洋食屋や喫茶店で目にすることが出来る
超定番メニューです。

バターライス・トンカツ・デミグラスソースと聞くと
北海道民の我々にしてみれば
ほぼ根室でしか食べることが出来ないご当地メニュー
「エスカロップ」とか思ってしまうのですが

日本の西端長崎と
日本の東端根室で

同じようなメニューが違う名前である、というのも
なんかおもしろいです。

エスカロップの語源は仔牛の薄切り肉のグリルを意味する
イタリア語「エスカロッピーネ」が語源なのですが

「トルコライス」の語源はよくわからず

最初は、トンカツのかわりにシシカバブをのせていた
という説とか
三つのモノが食べられるということで
三色旗を意味するトリコロールがなまったとする説
かつて海外から北珍しいものに「オランダ~」とつけていたように
トルコも海外をイメージする言葉だったという説
(そういえば、これまた根室限定の食べ物で
「オランダせんべい」もありました。)

といった説がある、いまだ定説はないとのこと。
ここらへんも謎ですけれども、なんかおおらかな時代の
産物という感じがしてほほえましいところです。

さて、トルコライスをさらに進化させた料理が
名古屋にあるそうです。

その名も「トルコランチ」

名古屋市にあるAIUEOというお店は
400種類のメニューがあるのと、盛りがいいので
市民にも有名なお店だそうですが、

こちらのメニューがトルコランチだそうです。

正体はトマトソースのパスタと
ピラフと、ハンバーグとカレーライスが
直径40センチ以上のお皿に
どんと盛られている一品です。

良く読んでください。
カレーライス、と、ピラフ、ですよ。

ライスが重なっているじゃないですか
それでなくてもこれと別にパスタもあるのに

どんだけ炭水化物をとればって
メニューではないですか。


でも、これが腹ペコの学生にはありがたいのですよね。


それと、こんなところでもきっちりと
自分の仕事を果たすカレーのけなげな姿を見ると

やっぱ、カレーってすげぇなぁ、などと
思ってしまうのです。


残念ながら、こちらのお店はまだ行ったことはないのですが
機会があったら、チャレンジをしてみたいメニューであります。



あと、寡聞にしてここらへんでトルコライスを食べられる店は
知らないのですが、エスカロップなら富良野では「麦秋」
芦別では「宝来軒」で食べることが出来ます。

よろしければ。


あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。

当ブログによせていただいたコメントも、さしさわりがなければ
番組内で紹介させていただきます。


あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


カレー莫迦一代のナビゲーター「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー
ダルビッシュ投手、沢村栄治賞
受賞おめでとうございます。

北海道日本ハムファイターズが沢村賞を受賞するのは、
前身球団から数えても初めてのこと
(といっても、パの投手が受賞対象となったのは1989年からで、
受賞をしているのは、近鉄の野茂、西武の石井、西口、松坂
ダイエー~ソフトバンクの斎藤和が二回、杉内)だけで
東映~日ハムに在籍経験があり沢村賞受賞経験者は、
沢村賞を受賞したあとに巨人から移籍してきた
伊藤芳明と高橋一三の2名ですから

どれほどスゴいかというのがわかります。

今回の受賞が、日ハムのシリーズ連覇の
勢いづけになってほしいと思うのは
ファンの欲目でしょうか。


さて、

函館の旧跡は、平野部にあるのも多いですが
山にあるのも多くて、これまた油断をしていると
あしがヘロヘロになってしまいます。

一ヶ月以上前に訪れた碧血碑もそうですし、

この日に回った、高龍寺、称名寺、実行寺も
それぞれ坂の途中などにあって
とくに虐殺された会津藩士の慰霊碑がある高龍寺は
坂の上の方にあり
市電の駅から行くためには
必ず坂を上り下りするはめになります。

しかもこちら、寺の裏にあたる墓所には、
箱館で種痘を行った中川五郎治や
勝海舟を庇護した渋田利右衛門の墓があるということもあり

かつて探したこともあったのですが
あまりの急坂と、前回訪れたのがお彼岸の時期で墓参をしている人も多く
墓でウロウロする行為が不審に見えたら…、という思いもあり
途中で墓の探索を断念したことがありました。

が、その時振り返って見た
函館の海は綺麗でした。


話しを戻して
ということで、歩いて函館の町を巡ると
足がイタくなること必至なので
温泉は欠かせません。

と、いうことで、寺周りと、五稜郭周りと
カレー屋さんに行ったあとに訪れたのが

山内温泉長生湯です。

本年度67湯めです。

湯の川電停と、湯の川温泉電停の
間くらいにある、老舗の温泉が
山内温泉長生湯で

永寿湯温泉の次に行ったからというわけではないですが

入り口も、使い込まれた湯銭をはらう番台も
脱衣場の籐の篭も秤もロッカーも鏡もボスターも
すべてが古いのですけれど、その使い込まれている感が
かえって親近感を持つことが出来ます。
リアルラーメン博物館みたいで、
軽くタイムスリップ出来ます。

浴室に入ると、中央にドンとあるのが、
楕円形の湯槽でして、楕円形の1/3~1/4くらいのところに
直線で仕切りがあって
小さい部分が浅く、大きい部分が深くなっていまして

とりあえずアツいのが湯の川のスタンダードですから
小さくて浅い部分にじっくり入っていました。

床にお湯が描いた模様も
天井に蒸気とかが描いた模様も

両方使い込まれた感があって
いい感じです。

あちこちを眺めていると、
ふと、男湯と女湯のしきりに目がいきす。

と、いうのも、

HBCラジオ「朝刊さくらい」のコーナー
「桜井宏の三枚おろし」の火曜日
「舘浦あざらしの朝から旅日記」のなかで

この温泉の事が話題になったのですが

海豹氏が、男湯と女湯の仕切りが磨りガラスであることを
強調していたことで、桜井さんと盛り上がっていたところ
少々森理恵さんがヒキ気味だったのを
思い出したからですが。


そんなユルいところが
これまた昔ながらの温泉って感じがします。

この後、交互にアツ目の(といっても永寿湯の
低温よりはアツくないですが…)湯槽と
ヌル目の湯槽に入ったりしているうちに

足の疲れもなんかとれたような感じが。

これまた温泉マジックですね、。

その後、ホテルで休養をとったあと
千代台町の「チャーリースープカレー工房」
「Charie soup curry Koo Boo」で
絶品のスープカレーをいただいて
更に回復をしたのでした。


ヌルく浅い温泉ヲタ(温い温泉と湯船の浅い温泉が好きという意味で可)の
「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー中
♪10月29日オンエアー 第135回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」の
番組内でオンエアーをした曲です♪



♪「七転八起☆至上主義」 KOTOKO
TV「ハヤテのごとく!」Op

ゴリゴリのドラムンベースっぽいビートにのせて
強烈な音圧を感じる、シンセがみっちりと詰まった感じで
マイナーコードで進行するサウンドに
一瞬、今までのKOTOKOさんが持つイメージとは
違和感を感じる人もいるかもしれません。
が、ユーロビートっぽいヒズんだシンセでの
メジャーコード進行な旋律が入ると、
ハイスピードで、ハイテンションなままに進む
いつも通りの彼女のワールド。
かわいらしくも伸びやかな声も、
要所要所ではいるメロディアスなピアノの音も、
そんなワールドを盛り上げていく
いいアクセントになっている感じで
この曲にあっています。
バスドラがズンズンとビートを刻んでいき
要所要所で16分音符や32分音符とかで
チキチキと盛り上げていくところなんて
番組の主人公のように、
真っ直ぐ、一直線にすすんでいくイメージですね。
歌詞で多様されている四字熟語も
ライムがきっちりと決まるみたいで
いい感じに使われています。
間奏が開けたところのサビで
リズムを抑えめにしていくところと
その後の元気いっぱいに歌うところとかとの
コントラストも秀逸。
とにかく全部聞くと元気になること請け負いの一曲です。
今週付けのオリコンチャートで、初登場8位、
「CDTV」でも9位でした。
プロモーションビデオは朝霧公園で撮影したそうですが
ジャケ写は、ルスツ高原で撮影した旨
Air-Gの土曜6時からの番組「コトコノコト」で
KOTOKOさんがお話されていました。



♪「Pray」 水樹奈々
 「MASSIVE WONDER」カップリング
TV「魔法少女リリカルなのはStrikerS」挿入歌

壮大なスケールの旋律を
みっちりとしたシンセサイザーで描き出す
打ち込み系のイントロではじまり
ここにストリングスやギターが絡んでいく
彼女が得意としている世界の音楽に
水樹さんの、奔放にしていさましく、広い音域の声で
ろうろうと歌い上げるところが、
まずはこの曲の聞かせどころ。
歌声のバックにも流れるストリングスの対旋律や
テンションがあがる感じで使われている
ピアノとかの16分の音
単なるビートを刻むのではなく、
リズムのアレンジも一筋縄ではいかない感じも
面白くも盛り上げています。
サビの後半の旋律がこれまたカッコイイ。
イントロよりも更に高いテンションで盛り上がる
ギターサウンドにストリングスがばっちりのっかる
壮大な間奏も、ピアノ・ストリングス・シンセの
重ねるところから、音をブッと無造作に切るところも
曲にアクセントをつけていて、効果的です。
前だけをみて、信じるものだけを信じて飛ぶ。
背中をおしてくれるような前向きなメッセージも
聴いていると、テンションがあがっていいです。



♪「七色の空を」 SONOROUS
「FURANO History Factory」10月のマンスリーパワープレイ
 OVA「ARIA The OVA~ARIETTA~」Ed

ARIAという番組のエンディングに使われているから
というわけではないでしょうし
むしろ、この番組の世界観とも重なるのですが
聞く時間帯で言うと夕焼けとかの似合う時間、
もしくは、まだ町が完全に眠りからさめてはいない
朝焼けとかが似合うような
すこしまったりとした時間帯に聞くのと
非常にいい感じの曲です。
しかも紅葉の時期とかには
さらによく似合う曲なのです。
この曲をオンエアした最初の頃は、丁度そういう
時間帯にあたっていたのですが
さすがに5週にわたりかけていると
最後の方はすっかり日が落ちた時間に
かかることになりました。
と、いうことで、番組の秋を彩ったこの曲を
この枠でおかけするのも、本日が最後であります。



♪「Last Arden」 茅原実里
「君がくれたあの日」カップリング

茅原さんの雰囲気のあるボーカルに導かれる
ミディアムテンポの曲で、クールな感じのシンセサウンドではじまり
最初はおさえめにしていたビートを
次第にビートを強めに入れていくとともに
音の厚みもましていき、曲がもりあがっていくという構成がいいですね。
また、曲の盛り上がりに従って、ボーカルもしっかりとした声で
歌いきるところとかにも、彼女の歌のうまさを感じ、
サビの部分でろうろうと歌いきっているところは、
クールななから可愛らしさが垣間見えます。
音が厚くなっていく過程でも発揮をされるのですが
これまた、シンセにからみつくようなストリングスの
サウンドとの親和性やマッチングの妙が
楽しめる曲であります。
間奏のダイナミックなストリングスワークから
ビートをオフにする構成は、うまさを感じました。
2曲とも茅原さんのクールバージョンの歌声の曲でして
彼女のあと一つの持ち味である優しい歌声をも
このCD内で聞きたいなぁなんてのは、
贅沢な願いでしょうかね。
まぁ、多分近いうちに、この間発売された
アルバムを購入する予定ではあるのですが。



♪「True Blue」 後藤沙緒里
TV「スカイガールズ」Ed

メジャーコードの進行に乗っかった
グロッケンの音とかストリングスの旋律が
まずすごくさわやかな世界を描いている
アップテンポなナンバーでして、
カッティングのギターやブラスアンサンブルでの音も
16分音符でふわふわと動くシンセの音とか
リズムにいい感じでアクセントをつけるタンバリンの音も
そんなさわやかな世界をもり立てている
スゥェーディッシュポップのテイストにあふれた
旋律、アレンジともに気持ちよい佳曲です。
ここに後藤さんの少々舌足らずながらも
カワイくもまじめで誠実そうな歌声が乗り、
サワヤカに前向きにがんばっていこうという
曲調やメッセージにもぴったりとあっていて
良い世界と雰囲気を作りあげています。
間奏部分のギターとかも、シンセの使い方や
ブレイクの使い方もそれぞれ「おっ」と思わせる
ウマさもありますし、
歌詞の中に出てくる、上昇とか光を目指してとか
怖くない、といったフレーズも耳に残る感じで
印象的に使われているところとかも、
作品世界のメッセージにもつながりまして、
これがまたいいです。
総じて、暖かい聴後感を持つことが出来る曲です。



このような曲をかけているFHFですが
リクエストも受け付けています。

リクエストは、このブログのコメント欄でも
受け付けます。

よろしければ。


「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー中
2007.10.29 国鉄再建
FHF
という言葉もナツカシイ響き
というか歴史上の言葉になりました。

かつては、旧国色のディーゼルカーの横っ腹に
白ペンキでスローガンが書かれた車両なんてのも
目にしたこともあったのですが。

国労や動労が強かったころの話しですね。

10月29日オンエアー 第135回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
放送を終えました。

僕が、鉄道に興味を持った時期に、ハマった本に
宮脇俊三さんの名作「時刻表2万キロ」があります。

これは紀行作家になる前、まだ出版社の編集者時代の
宮脇俊三さんが、国鉄の営業全区間2万㌔を
完全乗車するというルポで

特に日本全国くまなく鉄道で旅をしているはずの氏が
全線を乗ると決めた時点で、まだ残っている路線ですから
いずれもヒトスジナワではいかないヤツを
全部やっつけていくという様が、
この話し的には最大の見せ場なのです。


最近の本ですが、マンガ「鉄子の旅」でブレイクした
国内全部の鉄道駅を踏破した、横見浩彦さんの著作
「JR全線全駅下車の旅~究極の鉄道人生 日本縦断駅巡り」
(KKベストセラーズ 刊)にも通じる、半分修行めいた旅が

鉄道にそれほど興味のない人だとしても
面白く感じるのではないかなと思うのですが。

あと、この本の中で宮脇さんが乗っているのが
現在廃線になっている路線が非常に多く
過去をナツカシム視点でも面白く読めます。


が、この旅行の頃から当然国鉄合理化は
問題となっていて「特定地方交通線」という言葉は
文中にもたくさん出てきます。


国鉄が、分割民営化されるまでの、いわゆる
「日本国有鉄道」になったのは、
1949年6月1日です。

かつて政府事業として鉄道省や運輸省鉄道総局が行っていた鉄道事業を、
行政機構からわけ、独立採算制で運営をするために発足しました。

そして発足直後に95000人の人員整理に着手をしますが
当然国鉄の労働組合と衝突します。

この時期に起きたのが

1949年7月6日に起きた
国鉄総裁下山定則が死体で発見された、下山事件
1949年7月15日に起きた
三鷹駅構内で無人列車が暴走し、死傷者十数名を出した、三鷹事件
1949年8月17日に起きた
東北線松川駅付近で列車が転覆し、3名が死亡した、松川事件
です。

これは、現在のところも犯人はわかっておりませんが
当時は、労組員やその背後の共産党の犯行とされ、

折からのレッドパージの流れと世論を煽るのにも
利用をされました。


さて、そんなダークサイドもある国鉄ですが

戦後になって、特急列車、一等車(現在のグリーン車)
食堂車などの営業が再開し

戦前は軍部から「変電所が攻撃されると、運行が出来なくなる」
という理由で横やりが入ってすすまなかった
幹線の電化もすすむようになり

かつ1964年には東海道新幹線が開業するようになり
日本の高度経済成長をある意味支えた形になりました。


ところが、高度経済成長の結果ともいえる
自動車の普及にともなうモータリゼーションの進展による鉄道離れ
都市への人口集中による、地方ローカル線の不振に加え
電化や首都圏などの鉄道の複々線化、
新幹線の敷設などにかる経費の増加といった要因から
1964年に赤字となり、この年は繰越利益でカバー出来たのですが
66年度決算では完全に赤字に転落します。

これに加えて頻発する労働争議の対策としても、
後に分割民営化へとつながる遠因となりました。

話しを戻して

そのような国鉄の赤字が問題となった1968年に
国鉄諮問委員会が意見書を出しますが
このなかに
1. 営業キロが100㎞以下で、鉄道網全体から見た機能が低く、沿線人口が少ない。
2.定期客の片道輸送量が3000人以内、貨物の1日発着600㌧以内
3.輸送量の伸びが対抗輸送機関を下回り、旅客・貨物とも減少している

と、された路線を、「使命を終えた」として指定します。
これが、いわゆる「赤字83線」です。

ところが、これは地元との協議の折り合いが付かなかったり、
反対運動の盛り上がりなどで1972年まで
15線135㎞が廃止になるにとどまります。

北海道内で該当したのが、
根北線 (斜里~越川 間)
札沼線 (新十津川~石狩沼田 間)
胆振線 (京極~脇方 間)
函館本線 (美唄~南美唄 間)

でした。


しかし、この期間中にも
鉄建公団によるローカル線の建設が続行され
結局128㎞の赤字ローカル線が開業するという
矛盾した状態となります。

この間北海道で開業したのが
白糠線 上茶路~北進間です。


この矛盾した取り組みや
日本列島改造をスローガンとした
田中角栄氏が総理に就任すると
「赤字の地方線撤去は論外!」ということで
頓挫してしまいます。

が、そうこうしている間に赤字はふくれ
そんな反省から
1980年に「国鉄再建法」が成立し、
赤字ローカル線を特定地方交通線として指定し
1983年から1990年まで、廃止されバス路線に転換するか
第三セクターとして転換することになりますが
この時の路線も、偶然か83線でした。

北海道内では、
国鉄全線の中でも一番最初の
1983年10月23日に廃止された
白糠線(白糠~北進 間)を皮切りに

1985年4月に廃止された
相生線(美幌~北見相生 間)
渚滑線(渚滑~北見滝ノ上 間)
万字線(志文~万字炭山 間)
同年7月に廃止された
岩内線(小沢~岩内 間)
興浜北線(浜頓別~北見枝幸 間)
興浜南線(興部~雄武 間)
同年9月に廃しされた
美幸線(美深~仁宇布 間)

1986年11月に廃止された
胆振線(伊達紋別~倶知安 間)
富内線(鵡川~日高町 間)

1987年2月に廃止された
広尾線(帯広~広尾 間)
同年3月に廃止された
瀬棚線(国縫~瀬棚 間)
湧網線(中湧別~網走 間)
士幌線(帯広~十勝三股 間)
羽幌線(留萌~幌延 間)
 ここまで、国鉄、以下はJR北海道
同年7月に廃止された
幌内線(岩見沢~幾春別 間)
   (三笠~幌内 間)

1988年2月に廃止になった
松前線(木古内~松前 間)
同年4月に廃止になった
歌志内線(砂川~歌志内 間)

1989年4月に廃止になった
標津線(標茶~根室標津 間)
   (中標津~厚床 間)
同年5月に廃止になった
天北線(音威子府~南稚内 間)
名寄本線(名寄~遠軽 間)
    (中湧別~湧別 間)
同年6月に廃止になった
池北線(池田~北見 間)

が、該当します。

その後も、道内では
1994年5月に
函館本線(砂川~上砂川 間)
深名線(深川~名寄 間)

が廃止されています。

なんだか、このブログで登場したような地名も多いですね。

特に白糠線の上茶路~北進間なんて
わずか10年余の運命ですし
開業時期が遅かったこともあり
鉄道敷設技術も上がっていたおかげで

廃止されて20年以上たつ現在でも、
本当に多くの橋脚跡を見ることが出来ます。



で、これも以前当ブログで書いたのですが

インフラの整備については
多少の出費をかけたとしても、維持をするのが
国なり地方公共団体なりの役割だと思うのです。

鉄道などでの赤字を、赤字を垂れ流していると考えるか
インフラの維持のための費用と考えるかで
だいぶん違ってくるような気がします。

確かに鉄建公団を立ち上げ、
国鉄の赤字ローカル線を増やした人ではありますし
その利権のいかほどかが、彼や彼の関係者に
入ったのかは推測するしかないのです。

しかも、地域のインフラの整備は、官の上からだけの
与えられるのを待つだけではなく
地域の協力などがあればあるほど
相乗効果でそれらの存在価値というのは
高まってくるのだということは
忘れてはいけない論点だと思います。


と、いうことをふまえたうえで

田中角栄氏が「日本列島改造論」で論じた

「赤字の地方線撤去は、論外。私企業と同じ物差しで国鉄の赤字を論じて再建を語るべきではない」

との主張は、同調出来るのですが。


そんなことを考えたり
並行してすすめられた三公社の民営化を
十分検証することが

民営化された郵政事業の評価や今後を見据え
良いなら良いで継続すればいいし
場合によっては別の法案を考えることをはじめとして
行政の今後されるかもしれない改革とかを見ていく目と
つながっていくのだと思います。

歴史に学ぶというのは
このようなことではないでしょうか。


と、いうことで、鉄道の話しはひとまず終了

次回からまた違うテーマとなります。
よろしければ、おつきあいのほどお願いします。

ごきげんよう。



元鉄道ファンの「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー中
函館市立博物館五稜郭分館の閉館まで
カウントダウンが始まりました。

と、いうことで、先日に函館へ行きまして
あれこれ回ってきたのです。

まぁ行ったのは、五稜郭と、お目あての、五稜郭分館
そしてその周りのタワーとかの施設とともに

前回函館に行ったときに行くことが出来なかった
高龍寺、称名寺、実行寺といった
箱館戦争で、主に旧幕府方で戦い、戦死した兵士を
祀っている寺を中心に廻ったのですが

その日の朝、観光の気合い入れで
朝一で行ったのが湯の川の「永寿湯温泉」でした。

定宿某横インがこの時にサービスの朝食の開始を
実験的に6時45分からにしていたおかげで

朝食をとってから函館市電の始発に乗ることに成功。
この15分の差はデカいので
是非このサービスは続けてほしいところです。

おかげさまの、始発に乗り込んだら
中には遺愛の生徒が6名と大妻の生徒が一人
そしてあと二人の一般客と僕、という感じでした。

ゴトゴトと小気味いい音を立てて走る電車に
揺られること30分ばかりで、湯の川温泉の電停に到着。

湯の川温泉は大きいホテルが建ち並ぶ通りは
啄木亭とかがある湯浜通りと
海沿いのを走る国道、漁火通りの二本が有名ですが

その丁度あいだで、漁り火通り沿いの公園の裏手
住宅街の中にあるのが、「永寿湯温泉」です。

本年66湯目です。


外観は、こぎれいな小さめの銭湯で
横でネコがまどろんでいるのもなんかカワイイです。
湯銭をはらう場所も、脱衣場もこぎれいな感じで、
木の札の靴箱とか金属札の衣類ロッカーとかには、
昔の匂いは感じますが、同じく湯の川にある老舗の
「日の出湯」とか「山内温泉長生湯」のような
構える感じですありません。
入ると、タイルもキチンとしている奥に長方形の湯槽が三つ
カランやシャワーこそ蛇口ではなく、
押したりレバーを捻ったりするタイプですが
谷地頭温泉のように温泉が床に模様を描いていたり
日の出のようにそもそも湯槽の原型すら止めていず
前衛彫刻みたいになっているタイプでもないです。

が、入り口のネコに始まり、いろいろなものに油断をしていると
ガブっと一気に喰われてしまうのが、ここ永寿湯温泉。

僕もすっかりヤられてしまいました。

が、この時点の僕はそんなこと知る由もないのです。


試練はこれから。

三つの湯槽には、右から「低温」「中温」「高温」とかかれていて
試しに「低温」に入ったのですが

ア、アツい

と、いうか、イタい。


全然低温じゃないよ、こりゃ

僕は、風呂にはいる時は、当然のように眼鏡をかけていないので、
一瞬表示を間違ったかと思ったほど。

間違ってない、僕は。
こっちの日本語の方が間違ってるよ。

例えるならば、吹上露天の湯の、上の湯なみだ。

でも、実はこの表示が正しかった。
「中温」はさらにイタい。表示には46度と書いてあったけど
これはウソでしょう。

そして
「高温」はくるぶしまで足をつけた時点で
体が危険信号を出す始末。
47度以上って書いてあったけど、
以上ってなんだよ、以上って…。


お湯は湯の川温泉独特の、しょっぱいくて透明のお湯なのですが
湯の川でもアツいのでも有名な「日の出湯」の下の湯槽も
ここまでアツくはなかったです。

で、この時に僕一人しか浴室にいなかったということで
窓を大きくいれて、せめて室温を下げてから
なんとか低温にしばし浸かれるようになって
しかも体がなれてきたということで
中温のも肩まで浸かるのに耐えて
でも、高温はついに脛から先は入れられませんでした。

で、こちらに限らず熱い温泉に入るとそうなのですが
肩まで浸かって湯が落ち着くと耐えられるのですが
出るときに体を動かすと、体でお湯が攪拌されて
また痛いという。

入る時に「アツツツツツ」って入って
出る時は「イタタタタタ」って出る

まぁ、アツい湯が好きな人はここら辺がたまらないのでしょうが
僕は、ヌルくアサい温泉ヲタでいいです。

湯からあがり脱衣場で完敗してしまった脱力感から
一人でぼーっとしていると


「♪羽田発、21時 さぁいぃしゅうびぃ~ん♪~
あたしの~明日へ~ 飛~びた~つ~の~♪」


という、名も知らぬ歌手の演歌が
しみます。

見ると足の先は真っ赤になっていましたしね。



が、さすがに温泉マジック
ぼーっとしたのが過ぎると、体がシャッキリしてきて
この後は、いつも以上のテンションで
あちこち回れたのでした。



ちなみに、函館から富良野に帰る途中、つけっぱなしにしていた
カーステのAMラジオが「歌めぐり・風だより」になりましたが

全くの偶然でこの曲が流れてきまして、

この番組のパーソナリティー、「ローズリンコちゃん」こと、
3代目コロムビアローズさんの9月発売の新曲
「最終便」という歌だと言うことが判明しました。

これも巡り合わせみたいなものですかね。


この番組でもそう感じましたし、
「FMリベール」で夜とかにやっている
演歌歌手の番組を聞いていても思うのですが
最近の演歌歌手は
しゃべりの声がカワイイですね。


「歌めぐり~」も、演歌が流れるのを聞くまでは
アニラジかと思ってしまいました。


ヌルく浅い温泉ヲタ(温い温泉と湯船の浅い温泉が好きという意味も可)
で、結構。な「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー中
いよいよ明後日から日本シリーズです。

日ハムはヒルマン監督のロイヤルズ監督就任とか
高田GMのスワローズ監督就任とか
さまざまな動きがありましたが、
金子誠選手会長が「ヒルマン監督のメジャー監督就任を祝おう」みたいに
言っているとか言っていないとか…

なんとかいい形でシリーズに突入してほしいものです。


さて
プロ野球の、レギュラーシーズンが終わった時は
このオカタのご高説をタマワラナケレバ
終わった気がしないです。

というか、日本シリーズに向けての
一服の清涼剤というか…、なんというか…


最初に報知新聞の報道です。

「巨人・渡辺恒雄会長(81)は22日、来季の日本一奪回のために、積極的な補強に乗り出す決意を示した。都内で「来年はペナントもクライマックス(シリーズ)も日本シリーズも勝ち抜く。そのために何をしてもいい。補強は当たり前だよ」と強い口調で語った。
 今季は5年ぶりにリーグ制覇後、日本シリーズ出場権を争うCS第2ステージで中日に3連敗。日本一への夢を断たれた。「(中日の)落合監督がしっかりしていたし、負けるべくして負けた。いい教訓じゃないか、これは。これを教訓にして反省して、来年に生かさないようなら巨人はおしまいだ」と悔しさをにじませた。
 そのうえで「原君もペナントレースで優勝したんだから、来年に向けて戦力を補強して。まあ(敗戦は)経験だよ」と、来季3年目を迎える原巨人に有効な補強を加え、リーグ連覇と日本一を目指す覚悟だ。
 具体的な補強プランについては明かさなかったが、ここ数年の外国人選手については「十何年言い続けている。クロマティ、ちょっとローズとペタジーニ。ほかは全部失敗している」と不満ものぞかせた。
 また、今季から導入されたCSについて「制度はよくないが、作った以上は仕方ない」と話していた。 」


ついで、日刊スポーツの記事です。

「巨人の渡辺恒雄球団会長(81)が22日、都内のホテルでクライマックスシリーズ(CS)第2ステージで屈辱の3連敗を喫し、今季の幕を閉じた原巨人に対し、不満を大爆発させた。まずはCSの存在を否定し、原監督と中日落合監督の采配を比較して敵軍の監督を持ち上げ、自軍の監督をこき下ろした。さらに、ふがいなかった外国人選手にも怒りの矛先は向き、フロント批判まで展開する暴走ぶりだった。
 大勢の報道陣が集まったホテルのフロアで、渡辺会長のダミ声が響き渡った。5年ぶりのリーグ制覇を果たしながら、CSで3連敗して日本シリーズ出場権を逃しただけに「制度がよくない。リーグ優勝はなんの意味もない。おれがオーナーの時は絶対に反対した。誰がどうしたか知らねぇが、こんなくだらん制度をつくった」と次から次へと不満をぶちまけていった。
 CS制度の次にやり玉に挙がったのが、原監督の采配だった。第2戦に投手の川上にバスターを決められたことを挙げて「これは作戦ミスだよ。作戦ミスが3日続けば負けるんだよ。ベンチワークが敗因か? それもある。あいつがしっかりしてるんだよ、落合が。落合の方が頭が良かったんじゃないかな」と一気にまくし立てた。「原君もリーグ優勝したんだから。来年に向けて戦力を補強して。来年は勝ち抜くことだ」と、散々こき下ろした後に、フォローにならないフォローをした。
 返す刀で、フロント批判も展開した。不振続きの外国人補強に言及。「こんなバカな状況で補強しないでいられるか。おれは十何年、言い続けているが、ろくな外人がいない。クロマティ、ちょっとローズとペタジーニぐらい。全部間違っている。それが分からねぇ、フロントがどうかしてるわな。だから負けるべくして負けるんだよ」とめった切り。「これを教訓にして来年、生かせないようなら、巨人はおしまいだな。だけど、おしまいになると、野球が全部つぶれるな」と時折、声を荒らげながら、約7分間の“大演説”を締めくくった。
 確かにCS制度の改革の余地はあるが、敗戦が決まった直後での批判は負け惜しみ以外のなにものでもない。ましてや球団トップの人間が、自軍の監督批判は論外。シーズン中間報告やリーグ優勝報告では絶賛していた原監督の采配も、たった3試合のCSでの敗戦で、あっさり手のひらを返して猛批判。白けムードが漂った。大権力者の傍若無人な発言がチームの士気を弱め、巨人人気を低迷させていることに、まだ気がついていないようだ。【小島信行】」

抑えめの「スポーツ報知」の報道に対して、
批判的な「日刊スポーツ」の報道と
両紙の立脚点の違いが、明確に出ているような気がして
この対比は少々おもしろいと思ったのですが

いかがでしょうか。


あと、
10月23日の「日刊スポーツ」紙を見ていたら
読売の外国人については、
パウエルとホリンズとゴンザレスは
退団が濃厚で、
姜と李とオビスポが残留の見込み。
だそうです。

なるほど。


因みに同じ日の同紙には
FA資格選手一覧68人の名簿が載っていました

昨年もやったのですが、
有資格選手にしめる、そのチーム出身者数を調べますと
[オリックス・楽天は、それぞれ
オリックス・近鉄に入団した選手を含んでいます]

[自チーム出身者数/FA有資格者数] 他チーム出身者名
日ハム   [3/4]中嶋聡
ロッテ   [7/8]高木晃次
ソフトバンク[3/3]
楽天    [3/8]河本育之・福盛和男・吉田豊彦・山崎武司・関川浩一
西武    [4/5]江藤智
オリックス [2/6]吉田修二・清原和博・北川博敏・村松有人
中日    [6/9]デニー友利・平井正史・上田佳範
阪神    [2/3]下柳剛
横浜    [5/7]工藤公康・種田仁
広島    [6/6]
ヤクルト  [3/3]
※ 石井一、小宮山、ローズは他球団の経験もありますが
  出身球団と同一ということでカウントしています。

黒田、佐々岡、高橋、新井、前田、緒方と6名を揃える
広島は、さすがという感じですが
ある時期大型補強をしていたというイメージが強い
ソフトバンクは、FA有資格者の
本間と松中と柴原の3名とも
生え抜きなんですね。


これに対して

巨人は
自チーム出身 高橋由伸
他チーム出身 前田、小坂、木村、谷、大道
と、 [1/6]という
やはり、昨年同様、12球団で一番FA選手有資格者で
他球団出身者が多い、という結果になりました。

育成の大切さを
改めて考えさせられます。


ただし、前述の報道でわかる通り
トップの考えはかわらないようだ、
ということで
ここしばらくのところ、巨人が獲得に乗り出しそうだ
としている選手として
名前が挙がってきているのが

ベイスターズのクルーン・
スワローズのラミレスにグライシンガー
マリーンズの小林雅・
カープの新井

だそうです。

全ての願いが叶ったら、

さらにどこのチームだか、わからない
ヌエのような
オモシロいチームになりそうですね。

(ということで、我が敬愛する阪神タイガースは、
そんなオモシロチームのオモシロ補強に追随するような、
新井も福留もとる、といった路線を目指すことより
じっくりと若手を育成する方に目を向けて欲しいものです)


少々ヒネた野球ファンのナビゲーター「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー
2007.10.24 今週のカレー
☆ラッキーピエロ函館中央店(函館市若松町17)

「ラッピ」の愛称でも知られていますが、
函館限定(正確に言うと、北斗市や七飯町にも店舗はありますが)の
超人気ハンバーガーショップで、
グレイのメンバーやYUKIさんが通ったことで
ことさら知名度全国区の有名店になりました。
僕自身、グレイがブレイクする前から、函館の知人に紹介されて
ウマイウマイと食べた記憶があり、個人的にも
佐世保バーガーを別格とすれば、
北のラッピに南のJefだと思っています。

そんなラッキーピエロで、ハンバーガーと並んで
看板メニューになっているのが、カレーなのです。

ハンバーガーチェーンのカレーでしょ
などと思ってナメてはいけません。

今回、僕は宿の近くでもある、函館駅前ボーニモリヤの
ウラにある店舗に行きまして
こちらの名物ハンバーガー「チャイニーズチキンバーガー」に
敬意を表しまして、この日は「チャイニーズチキンカレー」を
オーダーしました。

「チャイチキ」こと「チャイニーズチキンバーガー」は
甘酸っぱく味付けされたタレにアツアツの揚げたてチキンをくぐらせ
それをレタスなどとともにバンズに挟んだものですが、
その揚げたてチキンをカレーにのせたのが
チャイニーズチキンカレーなのです。(そのままで、スイマセン)

運ばれてきたカレーは、まず外観は普通のルーカレーに
大きいチキンが4つ乗っていまして

見るからにウマそうです。

一口ルーを口にすると
見た目から想像されるようも更に複雑な味わいにビックリです。

「お、チーズ」「ん、ガーリック」
「それと、この後味のさわやかさはフルーツ由来かなぁ」
などと一口、二口食べ進めていく中に
その都度カレーの香辛料の刺激の陰に見え隠れする複雑なハーモニーに
すっかりヤられてしまいます。
丁寧に作られていることが、食べただけで伝わってくる
このルーだけで、まずは十分満足です。

しかも、この激ウマのルーに
さっくりと軽やかな歯ごたえで、衣があげられていて
なおかつ中のチキンがみずみずしくもジューシーな
チャイニーズチキンが良くあうのです。

最初はひさびさのチャイチキということで、ルーのかかっていないヤツを
単独で食べて、ウマさを確認して、そしてルーをつけて
いただきました。甘酸っぱいタレと、カレールーの組み合わせですから
タレとカレールーがケンカするかな、と思ったのですが、全くの杞憂で
相乗効果でむしろオイしくなっている感じでした。

しかも使われているお米も、産地を明記していまして
そんなメニューにたがわない美味しさで、ルーやチキンを
しっかりとうけとめています。

総じてスゴい満足感のあるカレーで
これが685円なのですから

ほんとうに、これと、ハセストの焼き鳥弁当が常食である
函館市民がウラヤマシイです。


そんな、僕がカレーをほおばる横で
おばぁちゃんがカツ丼[もメニューにあります]を食べていました。
幅広く地域の人に愛されているところも、ほほえましいです。

強いて言えば、このカレーでビールをいただきたかったのですが
まぁ、テイクアウトにすればいいのですよね。
次回やってみます。



☆soup curry bar ASANOTUKI(函館市本町11-9)

函館は、市内に史跡が多く、歴史的な理由から
独自の文化が育まれたといったところも魅力なのですが
ラッキーピエロに代表される独自のファーストフード店や
ハセガワストアに代表される独自のスーパーなど
といった生活のレベルまで、北海道の他の市町村と比較して
さまざまな独自性があって、そんな面白さやあこがれみたいな気持ちが
僕がしばしば函館に足を運ぶ理由でもあるのですが

「タウン情報誌jam函館」なんていう
面白いタウン誌の存在も、ウラヤマシイところであります。

書き手や編集の人がノリノリで雑誌を作っているところが
コラムとか後記とかのはしばしから
伝わってくるのがいいですね。

函館とか、「十勝毎日新聞」がある帯広とか、
札幌発信ではない情報が定着している町っていいですね

さて、函館旅行の常でいつものように市内で
「jam函館」を買って、ぺらぺら読んでいたところ
「ランチの食べられるお店」みたいなコーナーで発見したのが

五稜郭の近くに店舗を構える、こちらの「アサノツキ」さんです。


住宅地の中に店舗がり
重い扉を開けると、少々薄暗い店内は、
淡い緑色にぬられているコンクリ打ちっ放しで
中には自転車やスケートボードがおかれた
スタイリッシュな感じのする店内。
BGMのダルな感じがするローテンポなハウス系ミュージックも
そんな雰囲気をもりたてています。

中央におかれた4人がけの机にすわり、ランチタイムということで
700円のランチをオーダーします。
待っている時は、そんな店内を見ながら、厨房から流れてくる
玉葱を炒めるアマい匂いがして期待もふくらみます。

そして登場したカレーは、南インドっぽい
ターメリックの黄色に、ココナッツミルクの白がまざった
レモン色の超サラサラの緩いスープ寄りのカレーがルーカレーみたいに
ご飯といっしょに、盛られて登場です。

まず一口スープを口に入れると、ココナッツ由来と
玉葱からでたアマみを感じ、お腹にやさしいなぁと感じました。

そんなカレーをもり立てる具は鳥ですが、
これまたジューシーでこくのある感じのオイシイ鶏肉。
カレーをうけとめるご飯も、産地を指定して仕入れたものだそうですし
やさしいカレーに味わいがあるお米が
よくあっていて、両方とも美味しかったですね。

しかも、ヤサシイヤサシイといいながら、食べ終わる頃には
しっかり汗をかきましたし。

サラダの野菜も、野菜ってかんじのアオい味が良かったですし
ナンプラーっぽい味のする個性的なドレッシングにもあっていました。
このカレーで、ドリンクとサラダがついて、満腹になって
700円という価格は、やはり、リーズナブルでいいです。



☆チャーリースープカレー工房(函館市千代台町11-9)

北海道内で、文明開化発祥の地ともいえる函館には、
以前から「五島軒」「小いけ」といった老舗店がありましたが
最近では「吉田商店」「ヨシダ☆ストア」「カリーハウスカリフォルニア」
「アサノツキ」といった地域に根ざした新興勢力に加えて
「ラマイ」「ばぐばぐ(がオープンしているのに今回気がついて
ビックリしたのですが)」
といった札幌からの支店のオープンが加わって

カレーを食べる選択肢が広がっているのですが

そんな新興勢力のなかで、以前から気になっていたのが
こちらです。

「Charie soup curry Koo Boo」の看板は
市電からもハッキリ見えて、前回は行けなかったので、今回こそはと
いきごんでの来店でした。

ガラガラと横開きのドアを開けると
少々薄暗い店内は、中華と和が不思議に混在している空間でした。
カウンターの白木は和のテイストですが
カウンターと対峙する背の高い椅子は中華っぽい
茶色い壁や、籐のランプシェードも不思議なエスニック感を
醸し出していて、壁に飾られている雑多なCD群とともに
ワクワクする気持ちになります。

こちらは、まず4種類のスープ(ベーシックなカルマ、魚貝類のマンダラ
トマトやバジルの効いているハラミタ、ココナッツのきいたシャンティ)から
スープを選択し、そして、鶏、豚、餃子、温玉納豆などといった具材を
選択して
そしてライスの量、辛さ、トッピングを選択するというスタイルで

僕は、この時最初に言った店ということに敬意を表して
スープはカルマ、具材はケーバ(鶏)、
辛さは、ここから追加料金になるという
ダイアローグ+α(3番)(しかもここからピッキーヌが入ります)
トッピングには舞茸と温玉をチョイス。

果たしてしばらくして、いい匂いとともに出てきたのは
非対称形の細長いナンみたいな形の白いお皿に乗った
ターメリックライスと、これまた非対称形の
不思議な形のボウルみたいな白い器に入った
非透明、オレンジ色のスープでした。

一口すすって、味がどっしりしていていい
辛いだけでなくて、しっかりと複雑なコクもあって
でもクドいのではなく、トマトの酸味のお陰か
スッキリしているところもあり
これは、好みの味です。

しかも具材ですが、看板のチキンはデカいやつがゴロンと
はいっていて、ジューシー。
他の具材もトッピング以外には
キャベツ・セロリ(このアクセントがまたいいです)、
素揚げされたナス、レンコン、インゲン、にんじん、カボチャ
これがいちいち野菜の持つ本来の味で
しっかりとスープをうけとめていますし、
衣がつけて揚げられたオクラの天ぷらも良かった。
しかも、トッピングの舞茸も衣を付けて揚げられた
天ぷらで出てきましたし、天ぷらが入ったスープカレーは
最初は衣がサクサク、スープがしみて、あとでテロテロになるというのが
やはりたまらないですね。

ターメリックライスにも良く合います

いつもの通り、最後は残ったスープと具材のかけらに
残ったターメリックライスを投入
とっておいた温泉卵とともにかき混ぜてたべながら
サッポロ黒ラベルをグイッと飲む。

至福の一時であります。

そんなホロよい気分に
「ミスターロンリー」などのスタンダードナンバーの
レゲエバージョンといった、ユルいBGMや、
時折、ドアの外でするチンチン電車の通過音がなんともマッチして
和めますね。

旭川のお気に入りカレー店「寝釈迦」閉店の前夜に
こうして新しいお気に入りのカレー店に巡り会えるというのも
カレーの神様の思し召しでしょうか。

ちなみに、こちらは中華料理出身だ、とのことで
次はギョーザのスープカレーあたりで
リベンジを果たしたいかと。



☆スープカレー ゆうじ(岩内町字宮園307-1)

今回4度目の訪問ですが、こちらのブログには多分初登場。
久々の来店ということでしたので。

岩内の中心地から少々外れ、岩内高校のそばで
周囲は住宅街というところにポツンとあって、
住宅街にも馴染んでいる感じのこぢんまりとしたお店ですが、
4度訪問するくらいですから、やはり好きなお店なのです。

ただ、あまり岩内という場所柄、頻繁に行くことも出来ないのと
カリー小屋、ビスターレ・カナといった未食のカレー屋が
あったということで、久々の訪問ということになったのでした。

それで、町のちっちゃな洋食屋さんといった風情の
明るい店内で、何を頼もうかと思いメニューを見ところ
メニューにある「ラビオリ」の文字と、前日食べた
チャーリーのウマいカレーのことを思い出して
唯一ラビオリが食べられるカレーであるミックス
辛さは、ここから追加料金という11番をチョイス

オーダーをとりに来た方が、
「うちの11番、食べたことありますか?」と聞かれまして
「はい」などと答えましたが、こう聞いてくるということは
辛さにも期待ができるということです。

はたして出てきたカレーですが

スープは、濃いオレンジ色のスープに
焦がしバジルが浮いているイタリアン寄りのタイプで
色も濃ければ味も濃厚、ただし、全くくどく感じずに
むしろサワヤカなのは、やはりトマトのおかげですか。

メインは大きいチキンに加えて
一匹まるまる入ったエビ、カニのつめ、ヒル貝といった
シーフード、

そしてラビオリと野菜がはいった
そんなミックスですが、

僕自身、なかなかスープカレーで
シーフードを食べることの少ない身にとっては新鮮でした。

エビもカニも貝もそれぞれの味がスープのコクにまけていません。
このチキン高騰の折なのに入っているおおぶりなチキンは
中までしっかりと柔らかく、オイシクいただけるしろもので
これまた、カレーにあっています。

が、
それ以上に驚いたのが、野菜の味なのです
ブロッコリー、インゲン、オクラといった
緑色の野菜は、すごく青い野菜を食べているということを
実感させてくれる、野菜そのもののウマ味が出ていまして
なんだか食べればたべるほど健康になる感じ。
イモも、サツマイモとじゃがいもの
両方が入っていまして
輪切りされたサツマイモは素朴にアマいですし
ゴロンとはいっているじゃがいもは
オイしい揚げイモもかくやという感じの
ホクホクさと、じゃがいものもっている旨味が
凝縮されていて、さすが羊蹄を近くにひかえる地域の
ジャガイモだなーと、感心することしきり

そんな野菜の旨味がいちいち感動的なカレーでして

これを目当てでたべたラビオリも
イタリアンよりなスープには、ぴったりとハマって
当然大当たり。

いつもどおり最後にはご飯を投入してたべましたが
最初にたべたシーフードから出てきた味が
残り香のようにふわんと出てきて、
なんかシーフードのリゾットをも思わせる
そんな変化も楽しいスープカレーです。

で、食べ始めた頃はそうでもなかったのですが
大満足のうちに食べ終わった頃には
唇がヒリヒリしてきて
胃の腑にもどよんという辛いカレーを食べたとき特有の
重い感じがココチヨイ、

こんな感覚は久しぶりです。

本当はこの前の道をまっすぐ行くと
峠を越えて蘭越やニセコの温泉へいく
パノラマラインで、通ろうと思ったのですが

この日は積雪のため峠が閉鎖されていました。

もうそんな時期です。



あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければコメント欄で教えてください。

当ブログによせていただいたコメントは、さしさわりなければ
番組内で紹介させていただきます。



あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


カレー莫迦一代のナビゲーター「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー
今朝、桂木町の根室本線の踏切で
がっしりとした三脚に大きいカメラをつけて
列車の来る、滝川方向に構えている人を
目撃しました。

アングル的には、紅葉の清水山をバックに
列車をおさめられそうで
なかなかウマい場所を見つけたな、と
思ったのです。

今年は本当に紅葉がキレイですから
そういう写真も映えるでしょう

秋の富良野の魅力の一つです。

さて
先日、山香食堂で「唐揚げ定食」を食べていました。

たいてい僕はここでは、手前の座席に座って
座敷に上がることはないのですが、

この時、座席には、二人連れの観光客風の女の子が座っていたので
奥の座敷にいったのでした。

で、こちらの唐揚げ定食は
安いのに、ボリュームがたっぷり。
唐揚げは衣が堅いタイプというで好き嫌いがわかれるかもしれませんが
僕は好きです。
そして、中の鶏肉はすごくジューシーなのです。

唐揚げ以外には、この日は
生野菜と、くたくたに煮込まれた肉じゃがと
キムチと、みそ汁がついてきて

ご飯の量が多いこともあって
満腹になりました。

ふぅ。

と、見ると、座席に座っている女の子の二人連れは
「富良野オムカレー」を注文していて

「♪」

食べる前に、写真をとっていました。

きっとブログにでものせるのでしょうか。

結構、最近あちらこちらで目にする光景です。

私の当ブログは
写真とかない味けのないブログですまんですのう。



10月22日 オンエアー 第134回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
での、コーナー「富良野印度化計画」であります。

上で見られたように
食のトライアングル研究会や、各店舗の方をはじめ
さまざまな人の努力によって
富良野オムカレーは定着をしています。


当コーナーは、ラジオふらの唯一といってよい
カレーの町富良野を盛り上げようとした
カレーに特化したコーナーなのですが
富良野オムカレーの主役は、やはりカレーとともに
オムレツです。


そもそもオムレツとは
「Omelet(te)イギリス Omeletteフランス
掻き立てた鶏卵を塩・胡椒などで調味し、紡錘形に焼いた料理。
また、肉、玉葱などを細かくきざんで油でいため、卵焼きの皮で包んだ料理」
[広辞苑]

だそうです。

塩・こしょうで味付けをした卵を
フライパンにバターをといて焼くというのが基本形。
いわゆるプレーンオムレツです。

フランスではホイップクリームのように泡立てて焼くため、
とてもふんわりと焼きあがり、味付けも甘く作られる
スフレリーヌという料理法もあります。

砂糖の入った卵焼きみたいな味なのでしょうか。
ちなみに我が家では卵焼きには砂糖が入っていましたね。


また、
鉄鍋にたっぷりのバターと卵と具をいれて
ひっくりかえさずにこんがりと焼き
ピザのように切り分けて食べるのが
スパニッシュオムレツもあります。


僕自身、プレーンオムレツやスパニッシュオムレツは、
外食するようになってから口にした料理で
それ以前は、もっぱらオムレツといえば
挽肉、玉ねぎを炒めて卵でくるんで
ケチャップで味付けをしてオイしくいただくという。
おうちのオムレツでした。
これは日本独特のようです。

それで、「美味しんぼ」にも「庖丁人味平」にも
オムレツが料理人の修行として大切だというエピソードが
出てきます
(「味いちもんめ」には、だし巻き卵を作るのが大変といった
エピソードが出てきたような…、うるおぼえですが)

ま、卵を焼くこと自体、単純のようですが、
非常に温度管理が難しい。
焦がす事無く、中心部が固まりきらないでふんわり、
とろとろ状態、という仕上がりを得るためには、
フライパンの使い方、バターの量、火加減の調節などの
基本的な調理作業に総合的な技術が必要となり、
プロの調理人がこれの習得をするのには
オムレツが最適といったところなのでしょうかね。


また、これまた日本での亜流になるのですが

挽肉と玉葱炒めの替わりに
ソース焼きそばいれた、オムソバ
(僕は、関西資本のお好み焼きチェーン店で
食べたのが、最初に食べた記憶なのですが)

ソバでなく、チキンライス・バターライスを入れたものが
オムライスです。


オムライスの発祥にも諸説あって
東京銀座煉瓦亭で出された
溶いた卵に白飯をまぜてオムレツのように焼くものとか

大阪心斎橋北極亭で出された
ケチャップライスを卵でくるんで出したものが
その発祥と言われております。


また、これも僕が物心ついてからのトレンドになりましたが

ラーメンウェスタン映画「タンポポ」で出てきた
皿に載ったチキンライスに
半熟のオムレツをのせそれを目の前で切ると
あっという間に半熟状の卵に包まれた
オムライスが出来るというもので

こちらは、タンポポの監督伊丹十三さんのいきつけ
たいめいけんでのメニューがもとになっているそうです。

グルメ番組とかでも、卵がライスを覆う瞬間というのは
ある意味見せ場になりますからね。

そんな奥の深さがあるのが
オムレツならびにオムライスですし

そんなオムレツやオムライスの一大潮流になれるかというところで
オムカレーの今後も、オイしくいただきながら
見守っていきたいなぁと思っております。


あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。

当ブログによせていただいたコメントも、さしさわりがなければ
番組内で紹介させていただきます。


あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


カレー莫迦一代のナビゲーター「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー
♪10月22日オンエアー 第134回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」の
番組内でオンエアーをした曲です♪


♪「LOVE★GUN」 平野綾
ラジオ「RADIOアニメロミックス」主題歌

アッパーテンポのイキオイある楽曲で、
ドラム、ベース、ギターがサウンドの屋台骨を支えていて
そこに、ハウスっぽい、少々引きつった感じの
シンセの音が旋律を奏で、バックもハウス独特の
みっちりと詰まった感じのシンセサウンドという、
ビートの決まり方はロック、
主旋、バッキングのフロント部分はハウスという、
ハウスとロックのいいとこどりといってもいい
クロスオーバーの妙を感じる曲です。
間奏部分のドラムビートは単なるエイトビートではなく
全体的に煽っている感じがして
ブレイクも気持ち良くキマっています。
これにのる平野綾のボーカルが、また進化した感じで
普通のボーカルもそうなのですが
ラップっぽい部分のライムの決まり方とかもウマくなっていて
ハイハイという、かけ声も可愛いです。
また、かけ声の部分も、リズムをブレイクっぽく
ビートをオフにしたりと加工していて
ここもいい感じでして
曲、ボーカリストのテクニックや存在感があいまって
元気のなれる曲です。
今週付けのオリコンチャートで、初登場6位でした。
「CDTV」でもプロモーションビデオが流れましたが
他の楽曲と、全く違和感がなく見ることが出来ました。



♪「夏空グラフィティ」 いきものがかり
 「AQUARiUS Vitamin guard」CMソング

アッパーテンポで元気な曲調と、
曲に負けないくらい元気なボーカルが
突き抜けた感じで直球のメッセージをたたき込むという
「おお振り」のカップリングにふさわしいし
「アクエリアス」のCMにもふさわしい曲です。
白い雲、真夏のときめき、太陽といった
歌詞も夏ど真ん中といった感じです。
夏をモチーフにした曲のキモは
元気なビートのうらに見え隠れする
マイナーコード進行の部分だと思いまして
それが夏の日差しが作り出す強烈な陰影や
夏の終わりや夕暮れに感じるせつなさと
つながるような気がしています。
ま、僕が勝手に思っているだけですが
と、いうことで、この曲も、マイナーコードと
メジャーコードの部分がいいバランスででてきていて
マイナーコード進行の部分が
夏のセツナサまでをも感じさせてくれて
そんなところもいいですね。
間奏の少しせつなげなギターとか、バックのストリングスや
グロッケン、最後に入るハモンドっぽい音も、夏らしいです。
それにしても、こんな真夏の曲を盛秋の今聞くと
遙か昔のアルバムを開いたような
気恥ずかしい感覚になるのは、僕だけですか。



♪「七色の空を」 SONOROUS
「FURANO History Factory」10月のマンスリーパワープレイ
 OVA「ARIA The OVA~ARIETTA~」Ed

癒しと船が、テーマの一つとなっているようなこの曲で
楽器の音にも、SONOROUSさんの歌声にも
それぞれいい気持ちをもらうことができるのですが
楽器が奏でる譜面に書かれている音以外にも
弦がたてるキュッという音とか
胴にあたるカツッという音までも
素朴にあたたかく、船にのっているかのような
感覚をもたらしてくれます。
最初はピアノのソロではじまって
次第に歌やストリングスなどが入って伴奏も分厚くなるのですが
途中、間奏あけから、ふ、とピアノと歌だけにもどって
そこから、また次第に伴奏を厚くしていくという
そんな曲の構成が、寄せては返す波のようです。
うまいですね。



♪「I‘m Waiting for Man」 SUEMITSU&THE SUEMITH
「Sagitarius」カップリング

ルー・リードのボーカルで知られる、60年代に活躍した
アメリカのロックバンド「THE VELVET UNDERGROUND」
のカバー曲ですが
オルゴールの響きに導かれた
生ピアノとギターやベースの重ね方や
ぶつかり合う和音がUKっぽいです。
ヴェルヴェッツは、アメリカのバンドですが
ボゥイやピストルズといったイギリスのミュージシャンにも
影響を与えているので、そう聞こえますね。
歪んだギターとかコーラスがアシッド感じを出していて
アレンジされてS&TSZっぽくなっているところがさすが
危険な感じが漂う裏町を思わせるような
猥雑な感じの音の重ね方とか、なんともたまらない魅力があります。
ピアノやタンバリンで通奏低音のように一定に刻まれる八分音符の単調なビートにのる
オフ気味のビートで、リムの音をカンカン鳴らした
ドラムのビートとかが、ルーズな感じでカッコいいですし
最後に三連符を連打するところとかも効果的です。
これまたカップリング曲同様に青春の懊悩を感じてしまいますし
それに加えて、ピアノサウンドが一環して前面に出ているところが
やはり「のだめ」のカップリングです。



♪「絶世美人」 絶望少女達〔風浦可符香、木津千里、木村カエレ、日搭奈美〕
(CV野中愛、井上麻里奈、小林ゆう、新谷良子)
TV「さよなら絶望先生」Ed

ジャジーなスゥインビートに
これまたジャジーなベースライン
ホーンセッションとかも小気味よい
映画音楽っぽくも、昭和歌謡っぽくもある曲ですが
なんで猟奇的な曲と、こういった曲調って
親和性があるのでしょうか。
また三味線っぽい音がフィーチャーされているところも
大正ロマンっぽくも、デカダンっぽくもあり
これまた、猟奇的な匂いを喚起する役割を果たしています。
しかも怪談のBGに使われるような音も
効果的に使われていて、全体的に盛り上げています。
四人の個性的な歌声も、曲に馴染んでいる感じですし
「シャフト」が手がけたアニメの楽曲のクォリティーの高さと
かつての様々な音楽界のムーブメントを換骨奪胎する姿勢は
60年代なサイケな曲調の佳曲「黄色いバカンス」をはじめとした
「ぱにぽにだっしゅ」で証明済みなのですが、
改めて、センスの良さを感じましたね。



このような曲をかけているFHFですが
リクエストも受け付けています。

リクエストは、このブログのコメント欄でも
受け付けます。

よろしければ。


「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー中

2007.10.22 長州ファイブ
FHF
とは、幕末期に長州がイギリスなどに派遣した
伊藤博文(俊輔)、井上馨(聞太)、山尾庸三、
遠藤謹助、井上勝(野村弥吉)の5名のことで
ロンドン大学の顕彰碑に
「Choshu Five」と書かれていることに
由来しています。
が、この言い方がメジャーになってきたのは
2003年に顕彰碑が建てられたり
2006年に映画になったりといった
最近のことですかね。

萩や下関のおみやげでも
「長州ファイブ」と冠されたものが増えているようです。

あぁ、久しぶりに萩に行きたいなぁ。


にしても、伊藤、井上(馨)に比べると
造幣局の長をつとめ、大阪の造幣局の桜を公開した遠藤や
東大の前身の一つ、工学寮の創設者である山尾といった
功績こそはあるものの、
やはり地味な印象は否めない残りの三人ですが

鉄ヲタ的には、やはり井上(勝)ははずせないのです。

10月22日オンエアー 第134回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
放送を終えました。

それで、先週は日本の鉄道開通の話をしましたが
人を乗せての営業で、かつ蒸気機関の鉄道で最古が
新橋~横浜間ですが

貨物で、かつ馬車(牛車?)鉄道の最古が
北海道の現在の泊村にある、茅沼炭鉱軌道でして、
1856年に発見された石炭を効率的に運ぶことを目的とされ
1866年に測量を開始し、途中箱舘戦争の影響で、建設が中断されたものの
事業は新政府に引き継がれ、1869年に開通しました。
当初は木に鉄を張って補強したレールが使われたものです。

新橋~横浜・京都~神戸・釜石鉱山鉄道に続き
1880年に開業した官営幌内鉄道もそうですが
北海道と鉄道開発って、非常に先端をいっていることが
わかりますね。

で、その後も京都~大津間の鉄道開通などがあったのですが
西南戦争による財政窮乏と
軍による予算の取り合いなどで
なかなか鉄道敷設がままならない状況になったところで

伊藤博文や岩倉具視などが、民間資本を用いての鉄道敷設を
主張するようになり、

結果、作られたのが半官半民の「日本鉄道」(にっぽんてつどう)でした。
ちなみに初代社長をつとめたのが
西郷隆盛の幼なじみであり、彼が名前を間違ったおかげで
「隆盛(たかもり)」の名前が定着することになった
吉井友実でした。

この「日本鉄道」は、当時の日本の輸出産業の花形、生糸の産地
群馬県と、東京を結ぶ路線(現在の高崎線と両毛線の一部)を造り、
その後、東京と青森を結ぶ路線(現在の東北本線)や
太平洋周りで日暮里岩沼間を結ぶ路線(現在の常磐線)
宇都宮から日光を結ぶ路線(現在の日光線)などを
相次いで、開通させます。

この「日本鉄道」は、政府の保護を受けたおかげで
営業成績も良く、それ以降、山陽鉄道、九州鉄道などが
相次いで開通することになます。

が、この私鉄ブームにストップをかけたのが
「日露戦争」でした。

日露戦争で強国ロシアが鉄道の大量輸送で
戦を有利に進めようとしたことに危機感を感じた政府は
国による一元的な管理を求めるようになり

1906年、西園寺公望内閣によって
「鉄道国有法」が作られるようになります。

ちなみに1919年地方鉄道法を作り
翌1920年に鉄道国有法を改正したのが
同じく政友会の原敬内閣です。

政友会の党是みたいなものが
鉄道の重視ですからねねさもありなん。

ちなみに紀行作家「宮脇俊三」さんの父親で
「黙れ事件」で、「黙れ長吉!」と佐藤賢了に言われた人物
「宮脇長吉」氏も、政友会の議員でした。
(政友会の議員の前は、陸士の教官などをつとめる
軍人で、佐藤賢了は教え子であったそうです。)

つくづく鉄道に縁があるというか、なんというか。


鉄道黎明期に活躍した人物が
井上勝です。


長州の武士、井上勝行の三男として生まれ
そのご野村家に養子に入り、野村弥吉と名乗ります。

で、伊藤、井上らとイギリス留学をしたのは前述の通り
(伊藤・井上は、四国艦隊砲撃の知らせを聴いて
慌てて帰国しますが。)

ロンドン留学期に、鉱山技術、鉄道技術などを学び
帰国後に新政府に出仕

新橋~横浜の鉄道敷設をはじめ、東海道線・日本鉄道などの
鉄道工事で陣頭指揮にあたり、他の植民地化されたアジア諸地域よりも
外国の資本・技術の導入を最小限におさえた
鉄道事業の基礎を作った人物であります。

その後鉄道局長や鉄道庁長官などを歴任します。

また、鉄道の国有化を主張して、
「日本開化小史」で知られる経済学者で
両毛鉄道の社長田口卯吉と対立し、民営鉄道促進という方針に憤り
鉄道庁長官を退官しています。

また、小野義真・岩崎弥之助らと、ヨーロッパ農法に基づいた
農場を作りますが、

この農場は、小野、岩崎、井上の3名の名字の文字一字をとって
「小岩井農場」といわれます。


さて、このような鉄道が日本の産業をリードすることになり
それは戦後も変わらないのですが、

それは、また、来週以降のお話となります。


よろしければ、おつきあいのほどお願いします。

ごきげんよう。



元鉄道ファンの「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー中
翌日、定宿某横Iンで
食べ放題のオニギリを食べて
(某横Iンのパンが大好きなGMクンは、
「ここは、パンはないっスか」とか
最初は言っていました。
が、ここの他の店舗よりも気合いを入れたみそ汁には
舌鼓をうっていました。)



8時にホテルを出て、本日の目的は、野中温泉。


途中旧国鉄相生線「北見相生駅」や
ここに展示されている旧国鉄色のディーゼルカーキハ22とかを
車から見たりしながら、野中温泉へ。

で、当初入ろうと思っていたところは、朝10時営業ということで
最初は、オンネトーのあたりを散策して
時間をつぶしたりもしたのですが
手持ちぶさたになったということと、
考えれば、以前もGMクンと二人で野中温泉に来たと言うことで
(その時は、民営国民宿舎野中温泉別館でお湯につかりました)


改めて趣向を変えることに決定。



で、野中温泉に次ぐ候補だった

芽登温泉へ。



国道241号線を軽快に
車を走らせていると


「♪」

GMクンの携帯が、鳴りまして
出ると、親御さんからの電話のようです

GM「え、どこにいるって、今、足寄」

「!」


旭川近辺にいるとおもって電話をかけたGMクンの
親御さんはさぞびっくりされたでしょう。



さてさて、そんなこともありながら
いつものダートの道を走っていると


芽登温泉に到着。

65湯目であります。

こちらは、
昨年、平野部では桜が散り終わった時期に訪れて
予期せぬ満開の桜に遭遇をした温泉でした。

が、今回は紅葉の時期です。

常連さんと、宿の方の会話を聞くと
常「いやぁ、紅葉きれいだねぇ」
宿「なんも、もう少し早ければまっときれいだったのに」

だそうです。

でも十分きれいでした。

で早速露天風呂に行くと
当然のように紅葉風呂になっていまして
まずはそれがよかったです。

で、露天風呂で葉っぱとか入ってくるところって
結構キタナイところが少なくないのですが

ここは、全然そんなところがなかった。

お湯が透明に澄んだお湯というのもあるでしょうし
それ以上に宿の方が丁寧に清掃をされているのだろう
ということが伝わってきて

これだけでいい気持ちになりました。

透明なお湯はすこしヌルッとする感じなのに加えて
ほのかに硫黄臭もして

そんな奥ゆかしいお湯で
十分つかるとしっとりと、肌になじむ感じです。

静かな温泉には
ヌカナン川のせせらぎだけが
響く感じでいいですね。

前回一人でこちらに行った時は
僕の横で、へびが蒸気に癒されるように
気持ちよさそうな顔して、湯気を浴びていましたが



で、大満足で服を着て、脱衣場から出ると、
浴室には僕らしかいなかったのですが
フロントではたくさんの常連さん風の人が
談笑をされていまして

そんなところも地元の人に愛されている感につながって

これまた好印象でこちらをあとにしました。




そしてこの後は、清水の蕎麦の名店「目分料」で
新そばをいただこうという趣向でした

が、外まで人が並んでいる様子や
決して狭くない駐車場に車を止めることが出来ない。


このあとラジオの収録もあるということで
時間が読めなさそうなので撤収をし


新得の国道沿いにある、とんかつと豚丼の店「喜兆(きっちょう)」で
〈二色(味くらべ)ろーすかつ定食〉1,280円。をいただきます。

ここらへんでは珍しい八丁味噌だれと、
ポン酢おろしの食べ比べを楽しめる
みぞれトンカツとみそとんかつの
合い盛りの定食を食べたのでした。


なかなかカラット揚げられているエッヂが効いた感じが
オイシイくジューシーなとんかつに加えて
みそ汁とかゴハンもいい感じでした。


こちら、かつては「とんかつのみしな」
だったのですが、
営業許可書をみたら
「(株)新得そばの館」とあったので

「そばの館」の系列店ととらえていいのでしょうかね。

食べ終わって満腹を抱えて外に出ると
SL「D-51」がお出迎えってのも
なかなか風情があっていいものです。



と、いうことで、満足のうちに富良野に帰り
GMクンと分かれて、その足でラジオの収録に行ったのでした。


さぁ、雪降る前に
まだまだ走りますよ。



元鉄道ファンの「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー中
朝7時に富良野を旅だち
山田温泉をあとにしたわれわれ、
次に向かったのは糠平でした。

と、いうことで幌鹿峠を越えたのですが
峠はうっすらと積雪状態。
ますますスタッドレスで良かった。と
確信をいたしました。

特に、不自然な形についている轍を
いくつも見てしまうと
そう思いますよね。

車内でもそんな轍を見つけては
大盛り上がり。


糠平では少々時間的余裕があったので
今年は小雨の影響でまだ水没をしていないらしい
(ここもまた、不確かな伝聞情報でスマンのう)
タウシュベツ橋を見に行こうと思って、
水没しているか確認するために
車を止めて、三の沢橋梁を歩いて渡って
糠平湖の湖岸に到着。

三の沢橋梁は、糠平の町中から3㎞くらいの場所にある
旧国鉄士幌線跡のコンクリート製アーチ型橋梁で
糠平市街からは旧士幌線の跡が遊歩道として整備されています。

だから、橋の上も歩いて渡ることが出来ます。

そして、この先、幌加・十勝三股方面は
廃線跡を利用して、トロッコが走っています。



で、橋を渡ったところから湖に向かって降りるところがありますが
湖岸から、見える時は対岸に
はっきりとタウシュベツ橋梁が見えるのです。

が、この日はイマイチはっきりと判別できなかった。

と、いうことで、きっともう沈んでしまったのだろうと判断し
ここをあとにしました。


あとで確認したら、一部頭は出ているものの、ほぼ水没している状態
だったようです。
まぁ、それならば、わざわざ泥濘を歩くこともなかったかなということで
納得しました。



その後は、昼食にカレーを食べるため弟子屈へ車をすすめます。

足寄湖のところも、阿寒横断道路も、
これまた、いくところいくところで
とにかく紅葉がきれいでした


弟子屈のスープカレーの名店「つじや食堂」で食べたカレーは
過日当ブログで書いたとおり、オイシイものでした。

その後は、日ハム・ロッテ戦をBGMにしながら
中標津~標津を経由して
標津の海岸沿いには、久々に見た「国後島」に興奮しながら
山道に入って、根北峠をこえて

本日の第二の目的地、越川橋梁へ。


越川橋梁は正式名称を「幾品川第一橋梁」と言い、
旧国鉄根北線のための橋梁です。
昭和14年(1939年)年に完成した、
全長147m 高さ20mの堂々たる10連アーチ橋でした。
しかし、鉄道は通ることがなく、
加えて昭和48年(1973年)の国道244号線の拡幅工事のために、
橋脚が2本撤去されてしまって今に至ります。

が、ほとんど人工物がない山の中を走っていて
突然出てきた古代遺跡のような面持ちのアーチ橋には

やはりギョッとします。

しかも、標津側からくると、本当に峠独特の森林しか
何十分も視界に入らない中に
唐突に登場ですからね。

標津付近からうとうとしていたGMクン(彼は、富良野朝7時出発という
無茶な企画のために、6時前に旭川を出てきていますので、むべなるかな)
も、サスガに目を覚まして、写真を撮っていました。


こちらのアーチ橋をみたあとに

畑の中に唐突に浮かぶようにたっている
中斜里の甜菜糖工場を見たり

秀峰斜里岳を背負った
西洋の教会を思わせる清里のじゃがいも焼酎工場を見ながら

野上峠を通って

川湯の町中、屈斜路湖湖畔を通って
そして国道との合流点へ。


僕は、かつて6年ばかし弟子屈に住んでいたことがあったので
どこを通っても懐かしいです。

特に川湯市街とかは、本当に10年ぶりくらいでしたから。


ただ、屈斜路湖畔と国道の合流点って
辻谷食堂から15㎞で
まっすぐくれば15分なのですが
根北峠と野上峠の二つの峠を越えて
3時間近くかけるという、


「鉄子の旅」の横見さん的には普通の行程でも、
キクチが激怒するような

「水曜どうでしょう」だったら大泉さんが「バカじゃないの」と、
激怒するような行程なんですよね。


と、いうような、オモシロドライブをしながら
到着したのが、本日三つ目の目的地、三香温泉
本年64湯目です。


弟子屈の温泉というと、川湯温泉や硫黄山のイメージが強いせいか
硫黄泉という印象を受けますが

弟子屈市街にある摩周温泉や
屈斜路湖畔の仁伏温泉・古丹温泉など
単純泉も多く、
こちらもそうです。

遠景に屈斜路湖が見える名物大露天風呂に入ると、
お湯のやわらかな感じと、ほんのりと漂う
木の饐えた香りがいい風情です。

脱衣場のところにあってパチパチとはぜる音をたてながら
燃えている槇ストーブも、そんな風情にはぴったりです。

温泉こそは、われわれ二人のまた貸しきり状態でしたが
4.5台の車が止まっていたということで

きっと別れを惜しんで宿泊をする人たちが
結構いたのでしょうか。

ま、宿泊できないのは残念ですが
こちらのお湯に入ることができたということに満足をし

ブログの情報で未確認なのですが
信じるならば、売却先を探しているということなので
どこかの篤志家の方が買ってくれることを
強く信じて

こちらをあとにしました。

そして夕焼けの美幌峠をこえて
北見についたら6時過ぎ

そのまんま、夜の町に繰り出して、
Patioという肉屋経営の焼き肉屋さんで
舌鼓をうったのでしたが

焼き肉もウマかったのですが、それ以上に
定食のメニューの安さに仰天。

いつかお昼に来てリベンジをしたいかと思いながら
ホテルへ戻り

この日、朝が早く、移動距離も多かったということで
北見の夜は早々にふけていったのでした。



元鉄道ファンの「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー中
2007.10.20 10月の風景
10月になって、めっきり秋が深まってきたのですが
色が変わるのは木の葉だけではない。

赤からオレンジに変わったのが

郵便局の看板でした。

JPという愛称?も誇らしげな感じなのですが

(でも、前回のロゴチェンジからそんなに間がないですよね?
この費用って総額おいくらなのでしょう…などとツッコミもしつつ)
どんなもんだろうと思っていたのですが

何の気なしに先日定額小為替6000円分を買いに行った時

「手数料600円です」
と、言われて
「あ゛―」
と思って、改めて認識をしたのでした。


先日、ラジオふらの水曜午後8時からやっている
「お気に入り探偵組」のパーソナリティー「さえきち」嬢が
ラジオふらのの事務所でぷりぷり怒っていたのですが

1000円の定額小為替について
手数料が100円に…

これなら、現金書留のほうが
安くなります。

民営化した直後の郵便局で
便利さよりも不便を真っ先に
実感してしまったというわけです。


「定額小為替の手数料をスゴく値上げます」
などとあらかじめ、ワカリヤスイ形で言っていれば

更に猛烈なイキオイで反対する人とかも
少なくなかったし、支持を集められたり
したのではないでしょうか。


ま、いくら今まで何十年も手数料が据え置きであったとしても
なんか、このタイミングで、この割合で感はあります。

「真っ向サービス」の言葉どおりになれば良いのですが




僕が北海道に来たその年の5月に
隣町のJR線が廃止になったりとか

次に住んだ町も、そんな廃線を
抱えていたりとか

北海道に来て、2つの町と1つの市に住んだのに
どこにいっても「廃NTT(=かつてNTTだった建物)」以外
見たことがなかったりとか


そのようなものばかり見ていると

民営化によってよくなることは?などと
思うのです。


確かに経済効率は大切ですけれども、
例えば地方でサービスを供給することこそが
インフラの整備だと考えていくと

経済効率の一言で言えないのでは、と思います。

難しいのですけどね。


地方での郵便局がなくなっているようですし

僕には「郵貯旅行」の趣味はありませんが
なんだか釈然としないのですね。


鉄道がなくなる、郵便局がなくなるといった
経済効率優先の政策、そんな政策を以前の為政者は
「イタミに耐えて」などといいましたが
そのイタミこそ、永遠に続くイタミなのです。

どうなるのでしょうか…

ナビゲーター「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー
北海道日本ハムファイターズ

日本シリーズ進出



おめでとうございます!!



いえね、先日は、番組の収録のために
ラジオふらののスタジオに行って、
収録をすませた時に、付いていたPCの
「YAHOO、一球速報」をチラ見したら

0-6のスコア

「あぁ、終わったなぁ」
と、その瞬間思ったのでした。
千葉ロッテのピッチャー成瀬選手が
6点もとられることはない、という先入感があったのでね。

が、よく見たら

6点とったのは、日ハムじゃないですか。

マジですか。


しかも成瀬投手からホームランを打ったのは、セギノール選手ですよ。
やっぱり信じ続けるということは、大切ですね。

シンジテマシタ~

簡単に言える言葉ですが、信じることというのは、
本当に大切なのですね。




それにしても、レギュラーシーズンで全く勝てなかった相手に
勝利をする。

成瀬~小林宏~清水直なんて、すごい豪華なリレーも
ものともしなかったのですからね。
[まぁ、ハムもダルビッシュ~グリンという豪華リレーでした
それにしても、両方とも一試合の投手リレーではないですね]

小林が足をつって緊急降板をした試合でも、勝てなかった日ハムが
成瀬の投げたロッテに勝ったのです。

シーズン後半から調子を崩していて、ポストシーズンでも
今ひとつだったセギノールが、
ある意味、試合を決めて、シーズンにケリをつけるような
ホームランを打つ。


野球の神様というのは、なんとも味なことをするものです。


こうなったら、やはり十二球団一ホームランの少ないチームと
十二球団一ホームランの多いチームの日本シリーズになって

日本一ホームランの多いチームを破ってほしい

なんて、欲張りすぎですかね。




さて、
勝ったあとの常なのですが

スポーツニュースをハシゴして見ようと思って
テレビをザッピングしていたら
「めざましテレビ」の「めざまし学習帳」のコーナーでした

そこで、陸自のコンサートのリハーサルの模様が出てきて

を、

と思って目をとめました。


というのも、
16日の産経新聞にこんな記事があったからなんです。


大砲の発射音を演奏に生かす「自衛隊の大砲を使ったコンサート07」が20日、東京都練馬区大泉学園町の陸上自衛隊朝霞訓練場で開かれる。
 演奏されるのは、チャイコフスキーの「大序曲1812年」。楽譜では、フランス軍に勝利したロシア砲兵部隊の活躍を表す大砲の音が指定されているが、通常は大太鼓やシンセサイザーなどで代用されている。
 主催する東部方面総監部広報室によると、今回は楽譜に忠実に、4門の105ミリ榴弾砲(りゅうだんほう)で曲中計29発が発射される。3年前に同訓練場の観閲式で演奏をしたところ反響を呼び、3年ごとに行われる観閲式で毎回実施する予定という。
 ほかに、火縄銃の射撃音が織り込まれたベートーベンの「ウェリントンの勝利」を楽譜通りに日本初演奏。現在の自衛隊の銃では音響が軽く演奏が成り立たないため、作曲当時の射撃音に近い旧式のライフルを使用する。
 弾はいずれも空砲。同広報室は「儀式でしか使わない礼砲部隊の大砲を、古式ゆかしく撃つのは珍しい。雰囲気を味わってもらえれば」と話している。
 入場無料で午後1時から。問い合わせは東部方面総監部広報室(電)048・460・1711。



チャイコフスキーの「大序曲1812年」は、
ナポレオン軍の侵攻を防ぎきったロシア軍の様子を
とびきりの愛国心をもって描いた傑作です。
ナポレオン軍とフランスの進攻をあらわす「ラ・マルセエイズ」
次第に圧倒しつつあり、最後に高らかに響き渡る「ロシア国歌」
そして、その橋渡しになるのが大砲の音です。

ちなみに「ロシア国歌」の部分が帝国主義を賛美する、という理由で
旧ソ連では、改作されて演奏されていたという
因縁もある曲です。


僕も高校時代に、所属していた吹奏楽部で
かつてバスドラムの演奏をしたことあります。

なにかのコンサートでも実際に空砲を使ったという話しは
聞いたことがありましたし、
笑い話で、演奏していたら実弾で、
コンサートホールの屋根が抜けたなんて
話しも聞いたことがあります。


実際に目の当たりにして、耳にするのは初めてでした。

テレビで流れたのは
そんな長い部分ではないですが
ロシア国歌が高らかに流れる、キモの部分で
そこだけを聴いても、すごくいい感じでした。


確かにチャイコフスキーの時代とは大砲の種類が違いますから
実際にチャイコフスキーがイメージした音とは異なるのでしょうが
でもイメージは伝わってくる。

バスドラムや銅鑼の音を重ねて
音を近づけようとしたのが、僕の高校時代ですが

本物の迫力には、改めてかなわないなーと思ったのです。

ま、残念ながら演奏会に行くことは出来ませんが

またなにかの場面でみたいなと思ったのでした。



野球も音楽も等しく好きな「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー
ずっと土日なく働いていたわけですが
取り敢えず、仕事が一山超えて
土日にまとまった時間が取れるようになりました。

というか、一ヶ月ぶりに土日が普通に休めるようになりました。

となったら、いくところは一つ。

温泉しかありません。

(いや、カレー屋とか、廃線や廃墟とか、イベントとか
大型書店とか、マニア系ショップとかもあるのですが
本当に温泉は2週間くらいご無沙汰でした。)


と、いうことで、畏友GMクンを誘って
兼ねてから計画をしていた
山田温泉と三香温泉に行くことに。


このブログをご覧の方なら今さら説明するまでもありませんが
山田温泉も三香温泉も今年度一杯で
今の湯守の方が辞めてしまうとのこと。


三香温泉のほうは某ブログで「売却する」みたいなことが
書かれていたのですが、真相はよくわからず
山田温泉も、どのようになるのかが
全くわからないのですが。


でも、取り敢えず行けるうちに行っておかなければ。
かつ、平年は九月一杯の山田温泉
今年のクローズは十月二週目の週末までという

週末って何日??


そんなことを確かめるすべもなく

こちらもまたあやふやな情報のもと
引き回されるGMクンこそ可哀想ですが

「ダメなら、糠平の中村屋に行くべ」という
共通認識のもと出発。



ちなみに前日に雪の予報があったということで
前日の夜6時55分、仕事の終わったその足で
大あわてで古いスタッドレスの履き替えをしてもらって

翌日、美瑛でちらちら雪が降る中
朝の7時に果敢に夏タイヤで富良野に来たGMクンとともに出発。


富良野も、夜中こそは雪が降ったようで
スキー場の上の方もうっすらと雪化粧していて

芦別岳の谷には霜降り肉のさしのように
雪が積もっていて

路面も濡れているのですが

とくにどうってこともなく、この後は
狩勝峠もまったく雪はなく、かえって晴れていて
快適なドライブです。


「マツダの看板で左折」といった
ウラミチをGMクンに指南し、
岩松湖とか佐幌湖ってもわからんよなといった
地元民のか知らない地名を駆使しながら
車を走らせると、

調度この時期が紅葉のピークなのでしょうか

どこへいっても美しい紅葉が朝日に光って
キラキラしています。

しかも、ここしばらく、いつ行っても霧だった記憶しかない
(だからこそBGMのFJYが映えたのかも…)
扇が原展望台の前とか後も、まったくピーカンの青空

GMクンは「ここ、通るときっていつも晴れっスね」
と言っていました。彼が晴れ男で僕が霧男ってことでしょうか。


折しもこちらも紅葉がめちゃくちゃきれいだったくらいなので
おもわず展望台でおりて、秋の盛りの十勝平野の景色を堪能したりしました。

ただし紅葉のトンネルの中
車を走らせ、駒止湖のあたりになると、
うっすらと雪が残っていました。

ってことで
スタットレス正解か?と思いながら

いつも通り観光客や大型バスで混雑している
然別湖畔温泉を抜け
紅葉を湖面にうつす、本当に美しい然別湖を横目に車を走らせると、

つきました
本日の最初の目的地、山田温泉。
本年度63湯目です。

日帰り入浴の開始である朝の9時ちょっと過ぎに
行ったということで
温泉を楽しむのは我々二人だけ。

貸しきり状態ということで、思い切り窓を開けて
もうもうの蒸気がたつ感じで外気をいれて
露天気分を味わったり

大小湯温の違う湯船をじっくりと味わったりして

当然温泉そのものも肌で味わい、口でも味わい
ナトリュームっぽい味に前日の酒でダルくなっている胃袋を癒して

といった、山田温泉ならではの楽しみをしました。

ほんとうに、こちらは、いかにも、温泉温泉していて
臭いからしてパンチが効いているという感じではないのですが

シミジミとあとからジワジワ効いてくる
そんな感じの温泉で
肩肘張らずに癒されることができる温泉です。

当然、休憩室のオイシイオイシイ水も堪能して

大満足のなか、少々の寂しさを感じて
あとにしました。


ただ、この週末で締めるといっているわりには
全然そんな気配がないのです。

ひょっとして、こちらは期待していいのでしょうか。



ちなみに後日に見た、どなたかのブログに

「山田温泉は明日(14日、ani註)までの営業だそうです
(6月まで休業)」

と書いてあったのですが
どうなんでしょう。6月まで休業ってことは
ひょっとして、期待をしていいの????


ヌルく浅い温泉ヲタ(温い温泉と湯船の浅い温泉が好きという意味に非ズ、)の
「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー中
2007.10.17 今週のカレー
☆辻谷商店・つじや食堂(弟子屈町湯の島3丁目)

僕自身、釧根管内で食べた中では
最も好きな(といっても、まだこちらの店には今まで2度しか訪れていませんが…)
スープカレーを出してくれるお気に入りのお店が、こちらで
今回は、2年ぶりくらい3度目で、畏友GMクンとともに訪れました。

国道沿いにある道の駅「摩周温泉」のすぐ真横にありますので
場所的にもわかりやすいせいと

結構広い店舗の半分が、エスニックの小物とかCDを売っている場所
ということで、観光客風の人が買い物をしている
横をすり抜けながら、テーブルに到達。


そこで、メニューを吟味し
といっても、「チキン」「野菜」「南インド風」の3種類ですが
GMクンは基本のチキンのスープカレーを
僕は、今まで食べたことのなかった
南インド風スープカレーをチョイスしました。

BGMのインド風音楽や、置いてあった谷口ジロー氏のマンガ
(「坊ちゃんの時代」シリーズが全部ありましたが
僕は、気分的に「孤独のグルメ」を選択。
(これ、僕は単行本版も文庫本版も持っているのですが、
久々に「モノを食べる時はね、誰にも邪魔されず、自由で、
なんというか救われてなきゃあダメなんだ。独りで静かで豊かで……」
といった、「となりの801ちゃん」でもネタにされていたセリフを
味わいたかったので))に心を癒していると


果たして、見るからにインドの食器っぽい銀色のお皿に載って
登場しました。


で、こちらのスープカレーは、基本は黒っぽいスープの色と、
カツオだしっぽい味の、
どちらかというと和っぽいテイストも
ちらほら感じられる、
パンチの効いたガツン系の感じの味なのです。

だから、あっさり系よりもガツン系が好きなGMクンも満足するのでは
と思っていました。

案の定、GMクンは大絶賛。

そして、今回僕が注文をした南インド風は、
ココナツミルクの味が前面に出てきて、
そのスープの黄色さが見るからにマイルドで、
味も、まず口いれるとマイルドさが
そしてあとからガツンとしたパンチのあるスパイスの味が
ちゃんと出てきて、

これは、ウマいわ。


GMクンも「一口いっスか」とかいって、スープを口にしましたが
GMクンは、僕よりもココナツミルク大好きということもあって
こちらも大絶賛をしていました。

しかも、具のチキンもホロホロの柔らかさなのに
しっかりと味があってグッド
芋は芋でも長芋っていう変化球もウレシイです。

二人とも無口になりながら夢中でほおばって

最後はライスの上のレモンをきゅっと絞って
味にバリエーションをつけながら
スープのなかにいれて
かき混ぜながら、完食。

しっかりと汗だくになったのは言うまでもあません。

GMクンは最後まで食べても、両方とも気に入ったようで
「ここいいっスね~」とご満悦の様子で

一緒に行ったかいがあったというものです。


あと、先日弟子屈に住んでいた時の知人に会って
旧交を温めたのですが
その知人の中学生時代の同級生が辻谷の人ということで
ビックリでした。




☆寝釈迦(旭川市永山)

週末に遊びに行っていたせいで
すっかり寝釈迦に行ける日がなくなっていたのに気がつきました。

火曜は寝釈迦の定休日
水曜は8時からラジオの本番
木曜は7時からラジオの収録
金曜から、ちょっとまた旅に出る

ってことで、この日しかないじゃん。
と気がついた日に行ってきました。



本当は、あと2回行って
インドのサラサラなカレーの「チキンビンダルゥ」と
お気に入りの「さっぽろすぅぷ」を食べよう
と、思っていたのですが

はからずも、この日が
現店舗での最後のチョイスになる
ということで、
サッポロすぅぷかと、チキンビンダルゥの
どっちにしようかなぁ、と思いながらお店に入って、座ると

透明のデスクマットの下に
「キーマカレーオリジナル」の文字が

「キーマカレー」って、しばらくレギュラーメニューから
外れていたメニューじゃないですか。

と、いうことで最初の決意はどこへというイキオイで
即決

現店舗で食べる最後のカレーは「キーマオリジナル」になりました。

藤野美奈子のマンガを読みながら待っていると

スパイス由来のいい匂いとともに
久々のキーマカレーが登場。

大きめのミルクボウルのような底の深い器に
たっぷりの濃いオレンジ色のキーマカレーと
そのまんなかの白身がかたまりきっていなくて
透明の部分がある半熟卵。

って、このビジュアルだけでまずノックアウト。

まずは、寝釈迦のカレー独特のスパイシーな匂い
ガーリックとトマトと他のスパイスのバランス
ゴリゴリとした粗挽きされたスパイスの
粗野でいて野卑でないというスパイス遣い、
もう、たまりませんね。

具材の大きめに粗挽きされチキンのひき肉は
たんぱくにカレーをうけとめながら
鳥といういい味を出していますし
おくらの緑が目に鮮やかなのに加え食感はユニーク
ヒヨコまめのほっくりとした食感も
このカレーを盛り上げています。

というか、チリコンカルネとか
タコスミートとか
挽肉料理の中の豆の食感ってのも
僕のツボでもあるのです。


そして、最後のシメはやはり
ライスをぶちこんで
とっておいた半熟卵の目玉焼きとともに
最後、かき混ぜて食べる。

で、これって見た目はよろしくないのですが

次第に卵の黄身が固まっていって
濃厚になっていくのに加えて

あら引きされたスパイスでスープに沈殿してしまった奴が
直にライスに絡むのが、うまいし衝撃的

なおかつ、スープやスパイスのウマ味を余すとこなくいただける
といったことで、やめられないのです。

と、いうか、僕が貧乏性なだけかもしれませんが
(自宅で作ったルーカレーの鍋にご飯をいれて
加熱してカレーピラフっぽくして食う感覚と通じてるのか…)
ともかく、やめられません。

ここに足を踏み入れるのは最後ということで
この空間をしっかりと目に焼き付けておこう、と思いながら
周囲を見渡しつつカレーを味わったつもりだったのですが、
食べ終わった時には
しっかり、口の中をヤケドしていました。



さて、花咲大橋のところに開店する「寝釈迦っぽい店」は
どのような表情を我々に見せてくれるのでしょうか。


という期待をこめつつ

寝釈迦をあとにしたのでした。

こちらは21日を持って閉店となります。



ありがとう寝釈迦
さようなら寝釈迦



あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければコメント欄で教えてください。

当ブログによせていただいたコメントは、さしさわりなければ
番組内で紹介させていただきます。



あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


カレー莫迦一代のナビゲーター「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー
モロヘイヤ・キアヌ・高野豆腐・水菜
エリンギ・生湯葉・牛蒡・インゲン豆(キドニービーンズ)
オクラ・白シメジ・餅巾着・大根・餃子
タラの芽・キクラゲ・舞茸・長芋・春巻き
里芋・サツマイモ・ヒヨコ豆(ガルバンゾ・ダール豆)
もやし・ちくわ・納豆・インゲン・揚げ春雨・パプリカetc…etc…

上の一貫性のない食材の羅列は何か


ほんの一部ですが
これら、いままで僕がオイシクいただいた
カレーの食材であります。



10月15日 オンエアー 第133回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
での、コーナー「富良野印度化計画」であります。



ということで、どのような食材であっても
その広い懐であまねくウェルカムをする
素敵な料理が、カレーなのですが


先日読んだ「NHK 食彩浪漫」に


かの美食の巨人「北大路魯山人」氏が主宰した「星岡茶寮」の
初代料理長を祖父に持ち
ご自身も、新宿の「新宿割烹中島」のご主人である
中島貞治さんの
まかないカレーのメニューが紹介されていました。


そのタイトルが
「闇カレー」

まかない、というにはもったいないような
美味しそうなカレーの写真の右肩には

「残り食材が主役として大活躍。
何が入るかはその日のお楽しみ」


そして

「「さいの目の豆腐やえび芋のくずがはいってたりすることもあるよ。店で余った食材や野菜の端っことか何が入っているかわからないから“闇”カレー。いろいろな食感のものが入ると楽しいね」と中島さん。白身魚やイカのげそ、火が通りにくい野菜などはソテーしてからカレーに加えて煮るといいそうだ。味のまとめ役は特製ソース。
「いまいちのカレーにウスターソースをかけたりすることがあるでしょう?これでカレーがぐっとおいしくなるんだ」」

との説明が続きます。


もう、これだけでオイしそうです。

材料・作り方は以下の通り。


☆材料(4人分)
ゆでたけのこ…60㌘
そら豆…4~5さや
菜の花…4~5本
(上の三品は、この日の余り物の食材だそうです)
鳥もも肉…1枚(250㌘ 一口大に切る)
新じゃがいも…300㌘
にんじん…1本
カレー粉…大さじ3
カレールー(市販のもの)…約150㌘
特製中島流ソース
 醤油…大さじ5
 バルサミコ酢…大さじ5

ご飯…適宜
塩・サラダ油



☆作り方
1 たけのこは5㎜厚さのいちょう切りにする
  そら豆はさやからはずし、皮を剥く
  菜の花は3~4㎝の長さに切る
  新じゃがいもは皮ごと固めに塩ゆでし、半分に切る
  にんじんは皮を剥いて一口大の乱切りにする

2 フライパンにサラダ油をひいてねっし、鶏肉を炒めて焼き目をつけて取り出す。

3 2のフライパンで新じゃがいもをこんがり焼き目がつくまで焼く

4 鶏肉と3を深鍋に移し、水1㍑を加えて強火にかけ、アクが浮いたら取り除く。

5 中火にして、にんじんとカレー粉、刻んだカレールーを加えて煮る。
  カレールーが溶けてなじんだら、たけのこ、そら豆、菜の花を加えてさらに煮る。

6 特製ソースの材料を小鍋にいれ、どろっとするまで煮詰める。
途中アクが浮いたら取り除く。

7 皿にご飯を持ってカレーをかけ、ソースを好みでかける。




ポイントは食感を残したい食材をあとに入れるところで、
これは、他の食材を使った時も応用可能です。

あと、特製ソースが、和とイタリアンの折衷という感じで
なかなか興味深くもウマそうであります。


もし、よろしければ
おためしあれ。



あと、このカレーとは、全く関係ないのですが

富良野市内の某有名スープカレー店H(仮名)の店頭に
「店舗を移転し、その間N(仮名)で営業します」という内容の
貼り紙がしてありまして


NはNで「10月×日から営業をします」、という内容の
貼り紙がしてあったのですが、


現在はどちらの貼り紙もはがされています。

しかも、Nの店頭には
「貸店舗」という紙が貼られています。

どうなっているのでしょうか???

真相を知っている人がいたら
コメント欄にでも、教えてください。


あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。

当ブログによせていただいたコメントも、さしさわりがなければ
番組内で紹介させていただきます。


あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


カレー莫迦一代のナビゲーター「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー
♪10月15日オンエアー 第133回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」の
番組内でオンエアーをした曲です♪


♪「Virgin‘s high!」MELL
TV「スカイガールズ」Op

ドラムンベースに通じる、ベースラインやドラムやリズムマシンのビートに
ゴリゴリとしたギターと、コンピュータで加工した声での
英語のラップが乗っかる、ハードコアな匂いが炸裂しています。
Aメロがマイナーコード進行で
これもクール。メジャーデビュー作のRed fractionあたりと
共通する音楽世界を持つ曲かな、と思いながら聴いていると
Bメロの後半からサビでメジャーコード進行になりまして、
「お!」と思います。
全体的に、大人っぽい都会的な感じがする曲ですが
さびのあたりがI‘veの歌い手さんに共通するような
カワイラシイ声になったりと、全体的に明確なコントラストがあります。
特に繰り返しのサビをビートを抜いて
カワイラシク歌うところ
そして、次第にバッキングが濃くなっていって
16分・32分のリズムで盛り上げていって
そして対比し、爆発させるように
奔放に歌うといった、ここらへんの仕掛けはいい感じですね。
バランス感覚が優れていますし
今まで受けていたゴリゴリ一辺倒からきちんと進化している印象を受けて、
やるものだなぁと思いました。



♪「笑顔が素敵さ」 SunSetSwish
「ありがとう」カップリング

16ビートのミドルテンポのナンバーです。
エレキピアノ・エレキギターのワウの効いた優しいサウンドに
ストリングス・ビブラフォン・トライアングル、ウィンドチャイム
ドラムのリムショットあたりの使い方が非常にウマいのと
あわやかで甘く、ささやくようなボーカルで
ファルセットも効果的で、コーラスのハモり方も独特、
そんな相乗効果で、優しくなれる曲です。
聴いていると、自然AORなんて言葉も浮かんできますし
コードの使い方や、サビ前のCメロの歌い方とかは
どこかファンクっぽい匂いもします。
「ケミストリー」もこんなナンバーを器用に歌いますが
音楽の土壌が共通しているのかもしれません。



♪「七色の空を」 SONOROUS
「FURANO History Factory」10月のマンスリーパワープレイ
 OVA「ARIA The OVA~ARIETTA~」Ed

僕の知人がこの番組を聴いていて
この曲を「あの曲はいい曲だよなぁ」などとひとしきりホメたあと、
聴いた感想として「大貫妙子さんみたいな声。」と言っていましたが、
至言。彼女の吐息のような呼気が大目に混じった
アマくも、どこか伸びをしているネコのような感じの歌い方は
大貫妙子さんのようでもあり、矢野顕子さんのようでもあります。
そんな声が穏やかな作品世界にも、よくにあうのです。
先日、このCDと同時に購入した
OVA「ARIA The OVA~ARIETTA~」の
DVDを見たのですが、当然のように
予想通りに、穏やかな作品世界にハマっていて
暖かい気持ちになりました。



♪「記憶の鎖」 結城アイラ
 「残酷よ希望となれ」カップリング

シンセで作られた音とわかるのですが
甲高い笛っぽい音が旋律を奏で
この時点で、どこかノスタルジアを感じます。
また、結城さんの透き通るようなサワヤカな声や
これまたさわやかなコーラスもいいですし
ウィンドチャイムの音も効果的に使われています。
サビの旋律もフォークロアっぽい感じで
全体的にはシンセで作った音が重ねられているので
機械的な印象を受けるのですが
旋律の要所要所で使われるフォークロアの音階や
2番の歌のウラにはいっている
フラメンコギターみたいな対旋律とかが
暖かみを加えているような気がします。
間奏のところで、メジャーコードとマイナーコードを
いったりきたりするところなんて
ちょっと面白く、凝っている感じですね。



♪「黙っと休み時間」 岩崎みなみ(CV茅原実里)
TV「らき☆すた」CS

「らき☆すた」の無口娘、「岩崎みなみ」ちゃんの
キャラクターソングで、茅原さんが演じる無口キャラといえば
「涼宮ハルヒ」の「長門有希」が有名で
「長門」も「みなみ」も、それぞれ、番組の中では、ほぼ同じような喋り方
似たような声で演じられています。
それで、長門のキャラクターソングは
キャラクターの会話の延長のようなクールボイスで
歌っているのですが、こちらは、茅原さんのかわいらしい声で
歌われています。
この歌声に、ランティスの歌詞職人畑亜貴さんの詩が加わると
たちまち、彼女の「自分を素直に出すことができなくて
躊躇してしまう」、そんな彼女の内面世界が見えてくる
というか、「あー、これがみなみの心の声だー」と
思えてしまう、ということで、すごいなぁ、と思うし
お二人ともグッジョブ、です、とも思うのです。
あと、茅原さんというと、長門のキャラクターソング以来
打ち込みサウンドとクールボイスの親和性が語られることが多いですが
こんなアコースティックをベースとした
ミディアムテンポの暖かい曲もよく似合いますね。
そんな点でも新たな発見です。
(張飛のキャラクターソンみたいなアッパーテンポの曲も良いですね)



このような曲をかけているFHFですが
リクエストも受け付けています。

リクエストは、このブログのコメント欄でも
受け付けます。

よろしければ。


「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー中
2007.10.15 鉄道の日
FHF
阪神は、CSで敗退してしまいました。

先発の上園投手は「すいません」と言っていますが
今シーズンについては
なかなか枚数が揃わなかった先発陣のなかで
孤軍奮闘といっても良い活躍をした
上園投手がいたからこそのCS進出だと思っていますので

こればかりは攻められません。

なんとか、来シーズンにむけて
先発投手陣、矢野・野口につづく第3の捕手の一本立ち
内野外野陣の高齢化の対策など、立て直しを行って
来シーズンに備えてほしいと思います。


さて、

僕の毎朝のお楽しみ「日刊スポーツ」に、次のような記事が載っています。

「鉄っちゃん」「鉄子」1万人
新聖地は大宮、鉄道博物館オープン

 鉄道ファンの新たな“聖地”、鉄道博物館(さいたま市大宮区)が「鉄道の日」の14日、開館した。13日午前10時ごろから並び始めた鉄道ファンは、午前10時の開館前には約3400人に。開館と同時に、JRの自動改札機と同型のゲートにICカードをタッチして駆け込んだ。開館後も入場者の波は続き、同館は午後1時ごろ、危険回避のため、新たな入場を中止した。この日の入館者は約1万人に達した。
 朝方、気温は10度前後まで冷え込んだが、徹夜組はシートや防寒着にくるまり、開館を待った。「冷え込みが心配でしたが、零下40度でも鉄道写真を撮影される方もいらっしゃるだけに、装備も万全で安心しました」(同館)。前日午後5時から並んだ横浜市戸塚区の高校生安東直輝さん(18)は「自分のようなファンが増えれば、日本の鉄道がもっと活気づく」と目を輝かせた。
 開館式には女優吉永小百合(62)が出席し「映画のロケで日本中の列車に乗ってきたので懐かしさでいっぱい」とあいさつ。近年増えている「鉄子」こと女性のファンも多く、男女比はほぼ半々だった。
 一番人気は、80分の1のスケールで全長1400メートル分のレールを敷いた鉄道模型のジオラマ。200人を30分おきに入れ替えたが、終日満員が続いた。同館には1872年(明治5年)の開業時に新橋~横浜間を初めて走った日本初のSL「150形式蒸気機関車」など計36両が展示され、デゴイチこと「D51」の運転シミュレーターも設置されている。
 同館は毎週火曜日と年末年始が休みで、入館料は一般1000円、小中高生500円。
[2007年10月15日8時33分 紙面から]



一万人の人出で、途中入場制限がかかるなんて
スゴいですね。

昨年に、万世橋の交通博物館に行きまして、
その昭和の香りがする建物や展示物、
そして、味気ない屋上から総武線の線路を見たりするという
そんな風情にも良さを感じてしまって
正直名残惜しかったのですけどね。

名残を惜しんだ身としては、そうそうにこちらも
訪れなくては、と思いました。


さて、

なぜ、この日に鉄道博物館の開館をぶつけたかというと
記事に書いてある通り、昨日は鉄道の日だったからでした。

あれ、この日って昔は鉄道記念日ではなかったっけ

と思ったら、当然それなりの理由があるのです。



10月15日オンエアー 第133回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
放送を終えました。



鉄道記念日の制定は、1922年。
制定したのは当時の鉄道省でした。

その前年に「鉄道開業50周年」を記念して
初代鉄道博物館が開かれたのですが
その翌年に正式に鉄道記念日となりました。

1949年、国鉄の記念日という色合いが強くなったのですが
1994年に、運輸省(現国土交通省)が、
旧国鉄色を弱くする「鉄道の日」として
全ての鉄道事業者が祝う記念日となったのでした。


現在もこの日にぶつけてさまざまなイベントが
行われています。

JR北海道でも、苗穂工場や苗穂運転所
五稜郭車両所などの公開を行いました。

で、この鉄道開業の根拠となったのが
新橋~横浜間の鉄道開業です。



初めて鉄道に乗った日本人は
ジョン・万次郎こと、中浜万次郎とされています。

彼は、その時のスケッチを残していますが
これが幼稚園児並みのデッサン力であり

このことは、
大好きな大河歴史ギャグ漫画「風雲児たち」(みなもと太郎著・リイド社)
の中でも、カラカイのネタにされております。


さて、その後ペリー・プチャーチンと相次いで来日し
開国の扉が、半ば強引に開かれますが

その過程で、1853年、プチャーチンが船上(ディアナ号?)で
蒸気船の模型を見せて
1854年、ペリーが幕府に
蒸気で動く鉄道の模型を謙譲しています。

この鉄道の模型は、模型ですが、時速30㎞以上で走る代物で
乗った日本の武士が、ふるえながら屋根にしがみついていた
と記入されています。

ま、気持ちは良くわかりますよ。


で、この模型に直感で学術的興味を示したのが
佐賀藩です。


佐賀藩は、長崎警備の負担がまず沢山あったのに加えて
台風の被害などで、財政が破綻しかけたのですが

それを藩主鍋島直正が指揮を執った、殖産興業政策によって
救っていくだけでなく、国を強くしていったのですが

ペリーが来る前の年に製鉄の施設である反射炉を完成させ
この蒸気機関車の模型を1855年に完成させた(燃料はアルコールでした)
だけでなく、この後は蒸気船や、アームストロング砲の完成など
日本の産業革命をリードしていく藩となります。


また、教育を重視し、身分に関係なく
優秀なものを取り立てていきました。

この後、新政府になって活躍する
大隈重信・江藤新平・副島種臣らを生み出す土壌を
作ります。



さて、明治新政府が成立して
近代化をした日本の姿をアピールするためには
鉄道が必要であると考えたのが、伊藤博文や大隈などでした。

そして、東京・京都・大阪・神戸を結ぶ路線を敷設しようと
考えますが、軍隊も近代化しなければならず
財政もアヤシイことから、とりあえずモデルケースとして
首都の東京と、港のある横浜間の敷設が決定されます。

ただ、いざ実際に鉄道が敷設することになると、
未知なものに対する不安から、反対運動が起きて
結局、新政府の中心となった薩摩藩の藩邸のさらに沖合の海上に
堤を築いて、その上に線路を引くことにしたそうで

東京~横浜間30㎞のうち、約10㎞が
海上の路線となりました。

現在の東海道線からはなかなか海が見えないのですが
それはその後の埋め立ての成果ですね。

1870年に、測量、そして工事が着工され
その後、伊藤を乗せて試運転を行ったり
1872年5月(西洋暦の6月)に、仮営業という形で品川~横浜間を
運行させて、そして9月12日(西洋暦の10月14日)に
新橋駅で開業式典が行われて、翌日から正式営業が行われました。



本来なら、正式開業は旧暦9月9日、菊の節句の日を予定していたそうですが
暴風雨で延期されたので、この日となりました。

もし、暴風雨が来なければ、10月11日が鉄道の日になっていたのですね。



因みに料金は、上等が1円12銭5厘
中等が75銭
下等が37銭5厘


当時米五升半(10㎏)で37銭だということですから

ま、米の質にも寄りますが、だいたい4000円くらい。
今、新橋~横浜間って400円くらいですから

下等で10倍にあがっているということです。

スゴいですね。


こんな形で敷設された鉄道が
この後もどんどんひろがっていて
日本の富国強兵に寄与していくのですが

それは、また、来週以降のお話となります。


よろしければ、おつきあいのほどお願いします。

ごきげんよう。



元鉄道ファンの「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー中
先日、富良野市ことぶき大学で、講師をつとめるようになった旨の
お話を書かせていただきましたが、

あと一つ似たような依頼がありまして

それが「ふらの市民講座」の講師依頼です。

ふらの市民講座とは?

生涯学習社会の進む現代、市の公民館においても市民の皆様の「学び」をお手伝いするため、さらには参加者同士の交流とふれあいの機会を提供したいと言う目的で、年間計5回に分けて様々な計画を企画し、新聞折込の情報誌を発行、その都度募集・開催をしております。
(富良野市ホームページより)

しかも、こちらはことぶき大学と違って

「ふらの市民講座情報紙 ま~なび」に

「秋の夜長の公民館歴史講座」
というタイトルとともに
講師名として、名前(実名)が載りまして

いろいろなところで「見ましたよ~」などと
言われて少々ハズカシイ思いをしております。


で、こんな本職以外の仕事が舞い込む
今日この頃なのですが
両方とも、なぜ僕のところに依頼が来たかというと

それは実はこのラジオ番組だったのです。

11月に開局3周年をむかえます「ラジオふらの」で、
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)自体は
翌年の4月から始まったのですがもう2年以上を経過し
130回以上の回数オンエアーをさせていただいてます。

それで午後4時からの放送ということで
僕自身が勤務中な時は、収録で番組をお送りすることが多く
なかなか生放送の機会がないので
リスナーさんのリアクションもツカめなかったのですが

こんな話が来るということは、好意的にとらえられていると
解釈してよいのでしょうか。

依頼は両方とも
「普段ラジオでお話されているようなことを
お話しして欲しいのですが」
という内容だったので

僕なんかでいいのかなぁ、と思いながらも
お引き受けしたという次第なのです。


「ことぶき大学」の生徒さん(といっても私より年長の方ですが)にも

「ラジオ毎週楽しみに聞かせていただいています」などと
言われましたし。



ま、これからも自分のペースを守りながら
楽しい番組作りにせいをだしていくことにします。



などとタマにはマジメなことを書いたりもするのです。






ナビゲーター「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー

2007.10.13 大学講師に
なんと、ワタクシ不肖イトー×ani、
大学講師になってしまいました。





いえね、学校教育法で定められているところの
正規の大学ではないのですが…


市の社会教育課や教育委員会が行っている
「富良野市ことぶき大学」は

■ことぶき大学

生きがいを高める学習機会の拡充を図るため、富良野市ことぶき大学を開設しています。
〔ことぶき大学〕  
 喜びと生きがいのある人生観を確立し、高齢者としての役割を認識し、豊富な経験と知識を社会に生かすとともに、自らの生活向上に役立てていただくため開設しています。
(富良野市役所ホームページより)


と紹介をされています、60歳以上の方を対象とした学びの場で

書道や陶芸や絵手紙や詩吟などのクラブ活動
カラオケやパークゴルフなどの同好会活動
フォークダンスやパークゴルフなどのスポーツ活動
といったこととともに
教養学習を行っているのですが

それの教養学習講師を依頼されたというわけです。

先日、その第一回目が終了いたしました。


最初は自分より年上の方に対しての講話という
オコガマシイことに対して緊張をしていたのですが

聴いていただいている方々の、熱心で暖かいな視線に支えられながら
なんとかつっかえつっかえながらも、
無事務め終えることが、出来ました。

それにしても熱意を持っている人間が
知識を吸収しようという意欲は
すばらしいものであるということを
あらためて認識することが出来て
かえって僕のほうこそが勉強になったというか
大変刺激をうけました。

と、いうわけで大変得がたい体験でした。


あと、こちらのほうは二度ほどあります。

その都度、良い出会いがあればと思うのですが。

実は、これだけではないのですね。

それはなにかというと…


ナビゲーター「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー
先日の国体の硬式野球では
愛媛の今治西高高が優勝しました。


僕が高校野球を意識しながら見たときに
眼鏡をかけた理知的な感じのエース三谷投手が
活躍をしていたことから興味を持っていましたが

現在ヤクルトで活躍している藤井投手や

代打本塁打日本記録を持っている高井選手

キャンプ中、ネコにひっかかれたことから
ニャンコという愛称がついた
藤本修二投手がOBとして活躍していますし

昨年に甲子園で活躍した時の原動力、宇高クンも
早稲田での活躍が期待されています。


ちなみに、今回の大会で準優勝だったのが
広島の広陵高校でした。


さて、国体が終われば、明治神宮大会
そして春のセンバツですが


2007年9月13日の、毎日新聞の記事です。


全面リニューアル工事が進む阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開く第80回記念選抜高等学校野球大会の要項が、12日の第1回運営委員会で決まりました。

 10年ごとの記念大会となるため、出場校数は例年より4校多い36校。増枠分は「21世紀枠」「神宮大会枠」に各1、一般選考の東海・北信越、中国・四国に各1充てられます。これを踏まえた内訳は▽創設8年目を迎える21世紀枠が、全国を3分割して1校ずつ選ぶ方法で3校選出▽それぞれ6年目となる神宮大会枠は2校、「希望枠」1校▽一般選考は計30校 となります。出場校を決める選考委員会は、来年1月25日に開きます。

 大会はこれまで開閉会式の司会の担当など、高校生が主役となる改革を進めてきました。新たな改革として今大会から、入場行進では出場校の生徒代表が校名を記したプラカードを持ち、母校の選手を先導します。また、各都道府県高野連で地方大会の公式記録を担当している高校生が、毎日新聞運動部員とともに公式記録員を務め、安打、失策、野選などの判定にあたります。21世紀枠の特別選考委員には新たに作家、あさのあつこさんが就任します。

 【一般選考の地区割り】
 北海道1▽東北2▽関東・東京6▽東海・北信越5▽近畿6▽中国3▽四国3▽九州4

 【大会期日】
 2008年3月22日(土)から4月3日(木)までの13日間(雨天順延)

 【選考委員会】
 1月25日(金)、毎日新聞大阪本社オーバルホール(大阪市北区梅田)

 【組み合わせ抽選会】
 3月14日(金)午前9時、毎日新聞大阪本社オーバルホール

主催 毎日新聞社、日本高等学校野球連盟



と、いうことで、36校に拡大した出場数に加えて、
例年は一般選考の地区割りは
他地区とのバランスを考えて行われていた記憶があるのですが
今年はあらかじめ数が決まったようです。


と、いうことで、北海道の代表は駒大岩見沢で決定。

あとは、21世紀枠か、希望枠に入りそうなのが

今まだ甲子園経験がなく
かつ予選と全道を通じて、二失策と堅守の武修館ですかね。

確か武修館は、釧路江南高校時代に甲子園に出場し
かつて武修館の監督をつとめられた
種市さんが教頭先生をつとめられているはずですが。




来年は、春の大会だけでなく、夏の大会も記念大会ということで、
出場校がふえて、埼玉などが二校になると、かつて書いた記憶があります。


北海道は大会が終わりましたが
他地区ではそれぞれの県の代表が決まり
これから各地区の大会がはじまります

そちらのほうも気にしていきます。


ナビゲーター「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー
2007.10.10 今週のカレー
☆寝釈迦(旭川市永山中央区北4条西4丁目8 国際ビル地下1階)

本当は豊岡のBにとこうと思ったら
こちらがしばらく前を通ってもやっている気配がない…
週末行ってやっていないということは
ひょっとして…
因みにこちらのお店の近くに住んでいる
同志GMクンいわく
「しばらく開いてないっスねぇ…」
とのこと、


ということで、宗旨替えして
一月ぶりなので寝釈迦へ行って

机の上のメニューをみたら

前述したとおり「閉店のお知らせ…」

ってなんだってー

10月21日に閉店ですって

思わずショックなのと
あと何回かしか食べることは出来ないと、いうことで
ひさびさの「ムルギー」を注文

ショックでオーダーの時に辛さ指定するのを忘れたくらいにして
いつもどおり3番にしたのですが

各種の凝ったスパイス遣いから来ている、ウマさの中にも
最初は辛さがじわっときて、夢中で食べているうちに
最後には汗だくになるいつもどおりの独特なスパイシーさ、
ほろほろのチキンやほこほこのジャガイモをはじめとした具のウマさ

しかもこれまた前述したような隠れ家のような
小ぢんまりした店と、アヤシゲナ雰囲気の内装
トモダチの家のような本棚とかもすべて含めて
いい感じであって、それもカレーの味を盛り上げているような
感じでした。



もう、この場所で、このカレーが食べられないということで
口の中をやけどしながら
本当に無我夢中で食べたのです。


今後永山方面に行く回数が減りそうな気がしますし
永山の出張とかあったら昼飯どうしよう。

ま、その時は「とんかつのうえすぎ」にでもいきますよ。

ただ、あと2~3回は行くつもりなので
しばらくはこの欄に寝釈迦の記述が続くでしょう。


にしても、豊林荘・三香温泉・山田温泉
函館市立博物館五稜郭分館
につづき、こちらもだなんて…

にょろーん

ただし、

11月の上旬、花咲大橋周辺に
寝釈迦っぽいカレー屋さんができる
ともかいてあったので
こちらに期待をします。

が、

「寝釈迦っぽいカレエ屋がオープン」って
移転と捉えても良いのでしょうか。

ま、行ったらこちらで感想を書きます。


[後日得た情報ですが
永山の店舗は雨漏りなどがヒドく冬場は乗り切れないので
移転する、旨のことを店主の方がおっしゃられたそうです。]


あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ教えてください。

よせていただいたコメントは、さしさわりなければ
番組内で紹介させていただきます。



あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。



カレー莫迦一代のナビゲーター「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー

スープカレー缶はまだ手に入れてません。

が、しばらくそんなノンキなことを話し続けていったせいか
ショッキングなニュースに遭遇しました。


今年に入って、いい温泉が
豊林荘・三香温泉・山田温泉と
三つなくなるということで
イキオイいろいろと入りに行っています。

また、旭川では扇形車庫が壊され
函館では、市立博物館の五稜郭分館が閉館します。

なんだか最近
そんなニュースばかり耳に入ってくるのですが…



10月8日 オンエアー 第132回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
での、コーナー「富良野印度化計画」であります。


この日は、寝釈迦の話です。

寝釈迦といってもカレー屋さんではありません

パキスタン奥地は仏教の聖地
ガンダーラ仏教芸術の至宝の寝釈迦仏の話です。




ウソです。




旭川市永山にあるカレー屋さんの寝釈迦の話です。


このブログをよくごらんになっている方なら
「また~」と思うかもしれませんが
もしくは、「あずまんが大王」のメガネっ娘水原暦ちゃんなら
「中途半端なボケはやめろよ」と言うかも知れませんが。

と、いうか、このパターンかつて見たぞ、そ思うかもしれませんが。

閑話休題

寝釈迦は、僕にとってはここらへんで一番魅力的な、
スープカレーを食べさせてくれるお店です。

店は少々見つけにくいし
座席も15席弱しかないし
駐車場も広いとはいい難いし
内装はインドの布とか小物が随所にある
少々マニアックな感じがしますし。
一人でお店を営業されているので、混んでいる時に行くと
少々時間がかかる時もありますし

それでも、
と、いうか、だからこそ
お気に入りなのは変わりません。


そんな寝釈迦と、僕は、いつ、どうして出会ったのか…



今から9年前の話しです。

今でもヒマな時にデタラメのドライブをするのですが
かつてしたドライブで、なんとはなしに見つけて入ったのが
そもそものキッカケでした。

確かに、最初に行った時からその雰囲気に
ワクワクしたものです。
(アヤしい雰囲気の店って、何か面白いことがありそう
(濃い店員さんがいる、濃い客がいる、
ヘンな曲がかかっている、ヘンな本がおいてある等等)
な予感がして、とてもワクワクします)

しかも、一口食べて、これは好みのアジだ。

いや、万人受けするアジではないだろうけど
僕は好きなアジでした。

当時は、今ほどアチコチのカレー屋さんを
食べて歩いているわけではなかったので
自信を持ってススめられない、自分の中では
「ま、オレは、スキだけど、ね」
ってレベルでした。


ここで、話は飛びますが


自費出版の印刷物などを頒布するイベントがあります。
参加者数ではコミケことコミックマーケットを頂点にして
全国津々浦々で開催されています。

因みにコミケ(=コミックマーケット)とは、
コミックマーケット準備会が
夏と冬の年に二回開催をしている同人誌即売会
(ごくごく稀に三回開催のことも…)のことで
よく、その他の同人誌即売会も含めて「コミケ」という
こともあるようですが、それは正しい用法ではなく
夏・冬に東京で行われている即売会だけをコミケといいます。

会場は東京都江東区有明にある巨大展示場「東京ビックサイト」
参加者は売り手・買い手・その他(後述)などを含めて
3日間で概算50万人の人が全国はおろか、
海外からも来くるという巨大イベントです。
ちなみに、その他は、コスプレをする人ならびに
それらの写真を撮りに来る人ですが…w

ドラマや映画にもなった「電車男」などでも、
その様子が描写されたので
言葉くらいは聴いたことあるかもしれません。

ただ「電車男」などでの描写はカタよってるところがあって
(テレビ版は特に偏りが大きく、偏見を助長してます。
なんで、フジ系列って報道であれ、ドキュメントであれ
ドラマであれ全部が全部こーなんでしょう…)

会場全部がコスプレで、頒布しているもの全部が
マンガやアニメ、ゲームのパロディーという
わけではないのでして(確かに目立ちますが)
外のジャンルの本や、オリジナルのアクセサリー・ゲームソフト
手作りのドールなども沢山あります。

ここでしか手に入らない本ということでは
例えばプロの評論家の人が、コミケのために書き下ろした評論の本
(たとえば、岡田斗志夫さんとか、唐沢俊一さんといった
プロの評論家が、直接売りに来ています。)とか、
誰がこんな収集をしてるんだといった
マニアックなコレクションの本など

鉄道・軍事・歴史・芸能・グルメ・旅行記といった
ジャンルわけできるものから
ジャンルわけ不可能なものにいたるまで
本当に雑多でありとあらゆるマニアックで濃い本が
一度に手に入る場なのです。



さて、コミケほどの規模ではないですが
道内では大きい規模の札幌つどーむで行われている即売会
「お出かけライブ」に参加した時に、

来てくれた人との話をしたなかで

何かの拍子で、その人が

「寝釈迦ってオイしいですよね。」

と、言ったのでした。

その時に、改めてあー、オレだけがオイシイと
思ってるというわけではないのだなと認識しました。

その方もご自身で運営されているサークル
「スピネル文庫」さん名義で
「旭川のカレーの本」を作られていまして、
僕も購入して読んだのですが
中に、しっかり寝釈迦のことがかいてありました。

改めてその本を見直したのですが、、当時の「寝釈迦」って
今よりもメニューのチェンジが激しかったんですよね。

読めば、今でも当時のことを思い出すことが出来まして
そんな出会いがあるのも、このテのイベントの
楽しみなのです。

寝釈迦の良さを確認できたのも出会いのウチですね。


そんな出会いなどがあった寝釈迦ですが、
先日行ったら、テーブルの上に敷いてある
透明なビニールのテーブルクロスの下、

いつもは新メニューとかが書かれているところに

いや、新メニューもあったのですが

一枚の紙が…

その紙には「閉店のおしらせ」と、書いてありました。

な、なんだってーっ!!

全文を書きますと


「閉店のおしらせ

お食べ忘れはありませんか

とつぜんですが
閉店のおしらせです
アジアンカレー寝釈迦は
10月21日をもって
店じまいとさせて
いただきます

長年のご愛顧本当にどうも
ありがとうございました

2007年秋
アジアンカレー寝釈迦店主」


とありました。

ええええっ!

ただし、その紙には、こう続きがあって


なお11月初旬に
花咲大橋付近で寝釈迦っぽいカレエ屋が
開店する予定です」


と書いてあったので、

完全になくなるというわけではないので
まぁ一安心なのですが

今の店舗で食べるのは今のうち

ということで、あとここで何食、こちらのカレーが食べられるのでしょうか。

ただ、山田温泉はまだギリ入れそうですし
函館市立博物館五稜郭分館も来月初旬までに
行かなくてはならない

と、いうことで、行くところが多すぎなんですけど

あとそのほかに超えなければいけない山も
3つありますし、

どうなることやら。




あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ教えてください。

よせていただいたコメントは、さしさわりなければ
番組内で紹介させていただきます。


あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


カレー莫迦一代のナビゲーター「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー
♪10月8日オンエアー 第132回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」の
番組内でオンエアーをした曲です♪


♪「GOD KNOWS」涼宮ハルヒ(CV平野綾)
TV「涼宮ハルヒの憂鬱」CS

初っぱなから炸裂する西川さんのギターのキャッチーなフレーズに
グッと引きつけられる、アップテンポで
ストレートなロックナンバーです。
ロックっぽいシャウトするような歌い方も
見事にキマっている平野さんのボーカルもスゴいです。
が、このサウンド全体を支えているのは
やはり小田原豊さんのドラムなのかなぁと思っています。
小田原さんといえば僕ら世代では、レベッカのドラマーにして
レベッカ解散後、佐野元春のバックバンドに参加していた
という過去をもち、レベッカも元春も両方好きだった僕としては
ストレートで好きなドラマーです。
芸大出身に裏付けられた確実なテクニックとかツボですね。
かつては小田原さんモデルのスティックまで買ったくらいにして…
で、番組内でのこの曲の設定としては
女子高生バンド「ENOZ」が、学校祭で演奏するということで、
その演奏の画のハマり具合と相まって話題となったのです。
あと、良く見たら4人ともENOZの元ネタである
北海道出身の解散した某ガールズバンドのメンバーに
顔とか似せていたくらいにして…
だから、ギターのフレーズを聴くと
「長門が弾いている…」と思ってしまうのです (…ゴメン) 。
あと、本来の「ENOZ」のボーカル榎本嬢は
門脇舞さんが声を担当していますが
そっちバージョンも聴きたいような(…本当にゴメン)。
あと、ライブビデオ「涼宮ハルヒの激奏」で見せてくれる
平野さんの歌いっぷりも、スゴく良かったですよ。
そんな平野綾さんの本日は二十歳のバースデイであります。



♪「こもりうた」 樹海
TV「恋愛百景」Ed

ストリングス、アコースティックギター
ピアノなどに、エレキギターをフィーチャリングした
ミディアムテンポの爽やかなナンバーです。
ボーカル愛未さんのしっとりとして
吐息混じりのようなせつない声で
歌い上げているところが聴かせどころです。
ずっと鳴り響くピアノの音
スネアのトレモロがアクセントになっているドラム
間奏のエフェクターをきかせたザリッとしたエレキギターの音
アコースティックギターのカッティングを混ぜるところとか
ストリングスで盛り上げる部分とかはすごく効果的です
次第に混ざっていくサウンドで
Cメロからは、完全にエレキサウンドが全面に来るロック寄りの部分ですが
ふ、とアコースティックサウンドが全面に来る部分になって
それぞれがまざりあったり、はっきりと分かれたりをすることで
曲に陰影をつけています。
その不思議な雰囲気から「樹海」という名前がついているのですが
すごいストレートに感動できる曲ですし
メッセージはしっかりと伝わってくる、温かさは彼女らならではです。


♪「七色の空を」 SONOROUS
「FURANO History Factory」10月のマンスリーパワープレイ
 OVA「ARIA The OVA~ARIETTA~」Ed

ピアノの穏やかな音にベースが加わり
そっと、ささやくようなボーカルがふわりとのっかります。
ストリングスの美しい旋律と
6/8っぽい拍子のゆるやかな曲です。
番組のテーマの一つは船なのですが
ストリングスで作りだしている海のような穏やかさと、
ピアノで一定の拍子を刻むところとか
船に揺られているようでも、夕焼けの海の
繰り返す波を見ているようでもあります。
ARIAの曲のクォリティーの高さは
昔のフジテレビの番組「ワーズワースの冒険」のテーマ
「シャ・リオン」でインパクトを与えた
河合絵理さんの起用で実証済み。
曲で癒されている直後に僕のMCと
筋肉少女帯の「日本印度化計画」ですまんのう


♪「Happy Dive」 水樹奈々
 「MASSIVE WONDERS」カップリング
TV「ラジかるッ」Ed

ハイテンションな感じに鳴り響く
ユーロっぽいミッチリとしたシンセサウンドと
バリバリなっているギターサウンド
張りがあって透明感のある水樹さんのボーカル
前向きで元気がでる歌詞、
という、水樹さんの直球ともいうべき
アップテンポなナンバーです。
あと、彼女の曲の魅力は、思わぬコード進行と
転調、それとブレイクとかの使い方でしょう。
間奏部分のシンセの音をおさえめにして
ギターサウンドを全面におしたてた部分とかを
ウマい感じで使っていますしね。
全部があわさって、元気がもらえる
アドレナリンが出てくる感じの聴後感になるのです。


♪「Re MEMBER」 AICE5

9月20日、横浜アリーナでのコンサートで
惜しまれつつ解散をしてしまった
AICE5デス。
アコースティックギターのカッティングに
堀江由衣さん・神田朱未さん・たかはし智秋さん・
浅野真澄さん・木村まどかさんの
5人のユニゾンではじまりまして
エレキが前面に出てくる部分と
アコギのカッティングに乗せて歌う部分との
バランスがスゴくいい曲です。
何度も行ってますが、女の子が複数人で歌っている曲は
ソロのパートとユニゾンのパートの両方があって
キモチヨサにつながると思います。
そんな意味でのソロパートもカワイラシイですし
コーラスも、歌の声と同じ声ではなく
歌で使う声と変化をつけて使っている
ところとか凝っています。さすが声優ユニット。
対旋律もストリングスっぽい音でつけたり
ガリっとしたギターでつけたりと変化をつけて、
オーケストラヒットっぽい音や
ゴーというエンジンの咆哮っぽい音の使い方とかも
ドラムやベースのビートもヒトスジナワではいかない
ビートの刻み方とか、最後のサビで転調加えるところとか
全体的に、音の使い方にすごくメリハリのある
聴いていて元気になる、というか
テンションが上がる曲です。


このような曲をかけているFHFですが
リクエストも受け付けています。

リクエストは、このブログのコメント欄でも
受け付けます。

よろしければ。


「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー中
FHF
三連休の最後の日は
前の二日がいい天気だったのに対して
寒冷前線の影響で、午前中は雨がふっていました。

しかも、少々寒いです。

知人は、先日雪虫に遭遇をしたそうです。




今年は、糠平湖のタウシュベツ橋梁がまだ完全に水没してないほど
降水量が少ない年です。

だから雨は久々なので少々ウレしいのと、
色づきはじめた町中の木々と、よくあっていますし

寒いと暖かいを繰り返していきながら
秋が深まっていくのです。



10月8日オンエアー 第132回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
放送を終えました。


僕自身、出身学科が史学科であるのに加え
大学入試では、「日本史」を選択しました。

まぁ、このブログでもさんざっぱら書いていますが
戦国とか幕末が好きだったからですよ。ええ。

だからそこらへんは勉強しなくてもある程度の得点はトレたのです。

ところが、入試では、世界史が三国志の出題が少ないのと同様
そんなところはまず、入試問題は出題されないのですよ。

しかも出題されやすい近代史は
大の苦手でした。


当時は政治経済とかサッパリでしたから
政治経済っぽくもあり
かつ、マゲの人が出てきたり、武将が出てきたり
志士が出てきたりしない近代史って
どうも食指が動かなかったんです。

が、それでは当然、得点はトレません。


ところが、予備校の合宿の日本史の講義をきっかけに
近代史に興味がわいてきて、しかも点がトレるようになったのです。

もっと言うと、あることを覚えてから、というのが
正しいですが

それはなにか。

それは歴代総理大臣の名前・順番と
退陣理由と、在任中に起きた事件[1つ]を覚えることです。

それをすることで今まで断片的だった知識が
全体的な流れみたいになって見えてきたり
したのです。

しかも、内閣が政争から退陣に巻き込まれていく過程ってのが、
例えば戦国大名同士のかけひきばりにオモシロいのに気がつきました。


だから、一つのことを覚えて
いままでバラバラだった知識が体系化されたのに
気がついたのです。


ちなみに僕自身は総理大臣を
最初の文字をつなげるやり方で覚えました。

具体的に言うと

伊藤・黒田・山県・松方・伊藤・松方・伊藤の並びを

「いくやまいまい」といって覚えるのです。

それで全員の名前と順番を覚えたあとに
(僕が大学受験をした当時は
中曽根内閣くらいまでがおおむね試験範囲だったのでそこまで)

退陣理由、主な事件と重ねて覚えていく。

合宿の3日間でこれをたたきこんだ結果
興味が持てたのに加えて、次第に得意になったのです。

しかも、得意になると、いろいろな問題を解きたくなる
解いていくうちに、確か、同志社か立命館の問題で
こんな問題にあたったのです

「次の総理大臣の死因を選択肢から選びなさい」

なんだってー


ただ、総理の死因の中で特徴的なものは
そのまま事件に直結します。

ハルピンで暗殺された伊藤博文
東京駅で暗殺された原敬と浜口雄幸(浜口は死ぬまでタイムラグがありますが)
五・一五事件で暗殺された犬養毅
二・二六事件で暗殺された高橋是清・斎藤実
東京裁判で死刑となった広田弘毅・東条英機
裁判を避けて服毒自殺をした近衛文麿

なんてことを経験していくうちに
入門書としてお馴染みの学研の歴史群像シリーズの
「秘史内閣総理大臣」あたりを買って読んだりしました。


憲法と内閣制度を並行してすすめていくことが
近代化への道だと信じた伊藤によって

守旧派であり太政官制度を固持しようとする
三条を説得することになるのですが

憲法制定は、明治14年に出された「国会開設勅諭」で規定路線に
そして、その憲法制定のためには内閣で審議しなくては
という論調に持っていった伊藤の作戦勝ちでした。

また、三条を説得するために
英語の「プライム・ミニスター」の約語は
首相・宰相、と決めていました。
「相」は、古代中国からずっと皇帝のもとで政務を司る官職の名前として
使われていた言葉で、首は代表。そして宰相というのは
皇帝の下の最も中心となる官職です。

が、

太政官制度の名前を残す、といった方針で
大化の改新からずっと続いている
「大臣」職も残すことにします。

そこで、内閣を「総理」すなわち代表する大臣ということで
妥協策とも言うべき
内閣総理大臣という名前が出来まして

三条も納得したとのことです。

だから、どこの国の首相も「内閣総理大臣」というわけではないんです。

ちなみに、三条と伊藤は初代総理大臣の座も争った関係です
内閣制度発足当時の政府には
維新政府を作り上げた大久保も西郷も岩倉もいない状態で

名目上のトップは三条でした。
しかも三条は藤原家の直系ということで優遇されていました。
それに対して伊藤は、実務こそは優秀で岩倉、大久保の直系と
目されて入るものの、長州のなかでも決して高い身分とは言えない。

そんな二人のを軸に太政大臣にかわる内閣総理大臣は誰かという
話し合いが行われましたが

話し合いのこう着状態を破ったのは
伊藤の同郷で仲良しの井上馨の
「これからのトップは外国からの電報が読めなくてはダメだ」
の発言とそれを受けたこれまた長州出身の山県有朋の
「と、なればひとりしかいないではないか」
の発言によって、三条を支持する保守派も
伊藤に賛成をします。

その後三条は、内大臣というほぼ名誉職扱いの
天皇の側近になりました。

この内大臣に後に就任したのが
これまた長州出身の桂太郎で
内大臣になったら、首相にはなれない慣例を破り
首相となったので、
憲政擁護運動となるのですが

それはまた、別のお話となります。

と、いうことで、総理・首相・宰相と
いろいろな呼び名があるのは、
日本くらいですし

そのウラには、こんな歴史があるのです。


さて、福田首相は
どのような歴史を刻むのでしょうか。

と、いうところで、内閣制度のお話も
おしまいでございます。

次はまた別のテーマとなります。

よろしければ、おつきあいのほどお願いします。

ごきげんよう。



今月中にデカい山を三つ越えなければならない
「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー中
おおきく振りかぶって、最終話見終わりました。

この話を最終話にもってくるところが
今までの野球アニメと違うところかと

実際のゲームの流れや戦術などについても
今までの野球アニメよりも
細かく分析されていて

結局根性でなんとかしろ
みたいにならなかったですしね。

原作ファンということもあるのですが
本当に、楽しかったですよ。

思わず、見終わった後も
この間買った
DVD見ちゃったくらいにして

あと、カレー「うまそうっ!」

果たして、二期とかあるのかな…



それにしても、HBCは、「ルルーシュ」にしても
「おお振り」にしても

ジーンとしているところに水を差すようなCMを
入れるかなーって思うのですが。




リアル野球では

阪神の三東・水落・田村選手と
ソフトバンクの
田之上・倉野・斉藤秀光選手が
戦力外通告。

田之上・倉野両投手は、スゴくよかった時期があったので
あと一花、とか思ったのですが

ソフトバンクの投手陣はスゴいですからね。

斉藤選手は、楽天からソフトバンクにトレードされたという
珍しい経歴を持つ守備の達人にして、元虎戦士。

これからどうなるのでしょう…。


また、引退については下のような記事も見つけました。



スポーツ報知です。


村田“フクザツ”キング弾!涙で走った36号…佐々岡まさかのラス投
10月7日8時1分配信
◆広島10-1横浜(6日、広島) 

両手に残った感触が逆につらすぎた。静まりかえった球場の中央を、村田が泣きながら走った。「打つのはつらかった。(本塁打を)打ってつらいのは生涯初めてです」佐々岡の引退試合登板で前代未聞の本塁打。皮肉にも、これが単独キングとなる36号ソロとなった。
 試合は0-10。敗戦濃厚な場面の9回2死から佐々岡が登場した。球場は「佐々岡コール」一色。そこへ、本塁打争い35本で中日・ウッズ、巨人・高橋由とトップで並んでいる村田が打席に入った。
 大矢監督「(打席に向かう村田に)ふつうに打ってほしい」
 カウント1-3。5球目の高めボール気味の直球を、横浜の4番がフルスイングで左中間席に運んだ。
 村田「四球じゃ面白くない。ホームランか三振でいいと思っていた」
 4日のヤクルト戦(神宮)では、同じく引退試合だった鈴木健の三塁ファウルフライをわざと落球。今回は村田なりに佐々岡へ敬意を表したのだが、ベンチ裏でも涙は止まらないほど、心の中はせつなかった。
 試合後、ファンのために場内を一周していた佐々岡と、三塁ファウルグラウンドで遭遇。笑顔で肩をたたかれた。
 村田「すみません」
 佐々岡「真剣勝負。打たれて吹っ切れたよ」
 報道陣に囲まれた25番は、「良い経験になりました」と目をはらしながら言った。赤一色で埋まった三塁側のファンからも「村田、ありがとう。ナイスバッティングだったぞ」の声がかかると、村田の瞳からまた涙があふれ出た。


佐々岡さんの人柄の良さと
カープファンのアタタカサがでてますね。

なんだか、このテの話には、本当に弱いです。



さて、話は変わって

ライラックのラストランイベントから、
もう1週間たちましたが、

まだ、スーパーカムイは乗っておりません。


ま、それだけ、仕事とかで忙しいと
解釈していただければ…。



さて、ライラックのラストランを乗りに行くために、
札幌へライラックで行ったのですが

調度、夕方の時間帯でした。


イメージ的に
秋は一年の夕暮れという感じがします。
だからオレンジ色がよくにあう。

しかも夕方ですから
非常にしっくりくる季節です。


深川駅の前後くらいから
ちょうど、時期であったのか
巨大な機械が、蕎麦を刈り取っています。


深川市は市町村別にすると
幌加内町に次ぐ日本で2番目のソバの産地
(3位は江丹別のある旭川市だそうです。)

日本のソバ生産量は約33000トン
そのうちの半分近く、14000トン以上は、
北海道で生産されている。というのも
ご近所でこのような光景を見れば
実感ができます。

そんな景色に、ボーっと思いをはせるのも
鉄道の旅の良いところです。



さて、少ししまえですが
そんな鉄道に関する記事を拾いました。



消えゆく90年の記憶 旭川 扇形車庫の解体進む(09/28 16:19)

【旭川】旭川市内に残る数少ない大正初期のコンクリート製建物、JR旭川駅隣接の扇形(せんけい)車庫の解体工事が進んでいる。半円形よりも大きく扇を広げたような形が特徴で、一九一七年(大正六年)から約九十年間、車両の待機や整備に使われてきた。
鉄骨コンクリート造りで広さ約三千六百平方メートル。中央に転車台を備え、扇形車庫としては道内最大の二十四両を収容した。二○○三年に車両基地が移転して役目を終え、駅前再開発に伴う鉄道高架化のため、取り壊すことになった。
外観の白さと対照的に、内部は蒸気機関車のススで真っ黒。「コンクリートの劣化は激しい」と担当者。解体工事は十月末に終わり、跡地は広場や宅地になる予定。



北海道新聞の記事です。



雨粉・新旭川通りの、道路がクロスするところとから
跨線橋のあたりを、旭川方面に向かって走っていると

次第にカタチになっていく高架と

解体がすすんでいる車庫が目に入って
少々せつなくなります。

確か僕の記憶が間違えなければ
日本で3番目の扇形車庫だったハズです。



で、新聞記事に対する僕の読解力が足りないのかもしれませんが

「鉄道高架化」のために取り壊されて
跡地は「広場や宅地」になるって…


ドウイウコトデスカ????


ま、素直に考えれば、高架化の工事のジャマとなるので
壊して、その跡地を「広場や宅地」にするという
ことなのでしょうが…



数少ない大正初期のコンクリート製建物であるのならば
保存、という選択肢はなかったのでしょうか…

確かにJR北海道の財政面での問題とか
旭川市の財政面での問題とかも
あるのでしょうが…

うーん。

このような、古い建物を
文化的に価値のあるものとして大切にすることこそ
自分の先人の頑張りを目のあたりに出来るということで

お金をかける価値があるのでは、と思うのです。

ススで真っ黒って、それこそが歴史の蓄積ですよ。

うーん。


何年後かに、某ダムが完成して
某世界で一つだけの橋が湖に沈むときも
同じような論調な文章となるのが

今から目に見えているのですが。



ナビゲーター「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー
稲葉選手、首位打者並びに最多安打のタイトル獲得


おめでとうございます。

あと、ハム関係でいくと
ダルビッシュ投手が最多奪三振でした。


それにしても今シーズンのパリーグのタイトルは
楽天の山崎選手の2度目の本塁打王以外は
全員が初受賞という
フレッシュな結果でした。



かと思うと

広島の、倉や石原が成長するまでを支えたキャッチャーで
木村拓也選手のフルネームを知らしめた存在でもあった
木村一喜選手(彼がいたから、キムラタクヤ選手は
キムラタクヤとフルネームでコールされたのです)や

娘の名前が「しおりちゃん」なため
「藤崎しおり」のパパという異名もある
かつては先発もしていましたし
たまにいいピッチングをみせますし
何より若いので期待をしていた
楽天の藤崎紘範投手の戦力外通告の記事が…。



スポーツ新聞を見ながら
セツナクなる時期でもあります。



さて、

ドラフトの結果を見るために買った「日刊スポーツ」の
社会面に、こんな記事がありました。


「劇的VもG銘柄さえず 市場も首かしげる

「5年ぶりにリーグ優勝したプロ野球巨人の「優勝セール関連銘柄」が3日、野球人気の現状を物語るように、さ高の終値531円と、いずれも伸び悩んだ。ビックカメラは前日比2700円高と終値6えなかった。セールを行う伊勢丹は前日比3円高の終値1580円。三越も前日比2円万4600円と上昇したが、優勝との関連性よりも「家電業界の再編に期待した買いが入った」(中堅証券)。市場では「プロ野球人気の低迷を象徴しているのだろうか。5年ぶりの優勝なのに」(大手証券)と首をかしげるファンもいる。」
(10月4日付け 日刊スポーツ 社会面)


そんなに大きい記事ではないので、注意をしないと
読み飛ばすか、見落としてしまいそうになるのですが

読んでいくと?がわいてきます。


これって、プロ野球人気の低迷というよりは

ただたんに、優勝したチームの人気の低迷
ということではないのでしょうか。


ちなみにセリーグ優勝の瞬間を地上波で中継しなかったことに対して
1000件ほど電話が入ったという報道もありました。


まぁすべてが苦情というわけではないのが
救いといえば救いです。


このことに対しては、
以前何度か書いたのですが

テレビ局に電話を入れるようなマスってのは
世間で叩きやすい事件があったら
どんな内容であっても電話をするのだから
そんなに信用がならない。

というところで話を終えてもいいのですが



あと、一つつっこんでいうと。

大切な試合だけが野球ではないぞ。ってことです。

そもそも、野球の中継よりも
普通にお金をかけているゴールデンタイムの番組のほうが
特に東京では視聴率がとれるというので、
東京では今みたいに野球中継が地上波からなくなり

東京からの番組をうつす地方局でも
野球放送がなくなっているのです。

(ま、これも球団を系列に持つテレビ局の判断ですからね…)


と、いうことで、うつすうつさないということを云々するんだったら

見ればいいんです見れば

タダなんだから。

タダで流していても見られないほどってのは
相当だと思いますけどね。

ただ、急にこうなったのではなく
視聴率低下に伴い、
まず、延長をしなくなった

すると欲求不満を持つ一部のファンは
BSCSへと流れるようになり

そして地上波の視聴率が下がり

といった悪循環のうえ

補強の結果ゲームの魅力がなくなった

といったことが、相乗効果で
さらに数字は下がっていったのでした。


しかも、「プロ野球」は流さないのに
しっかり大学野球の放映権を勝ち得ているというのが


またシタタカだと思いますよ。




あと、
今朝の日刊スポーツにはパの観客動員数が載っていまして

( )は昨年の数次です。

①ソフトバンク  2307160人(①2037556人)
一試合平均  32044人 前年比 +13.2%
②北海道日本ハム 1833054人(②1603541人)
  一試合平均  25459人 前年比 +14.3%
③千葉ロッテ   1558430人(④1349656人)
  一試合平均  21645人 前年比 +15.5%
④オリックス   1137186人(③1390231人)
  一試合平均  15794人 前年比 -18.2%
⑤東北楽天    1117369人(⑥ 951723人)
  一試合平均  15519人 前年比 +17.4%
⑥西武      1093471人(⑤1196574人)
  一試合平均  15187人 前年比  -8.6%

パリーグ合計  9046670人(8529281人)
  一試合平均  20941人 前年比  +6.1%


上のような
ソフトバンク・日本ハム・楽天・千葉ロッテといった
パリーグの地方の興行が盛り上がっているという現状を見ると

これってプロ野球人気の衰退なのでしょうかね。

うむ。



あと、こんなニュースを見ると
まだまだ捨てたものではないと
思いませんか。


「ロッテから2日に戦力外通告を受けた黒木知宏投手(33)が4日、さいたま市のロッテ浦和球場で現役続行に向け悲壮な決意を明かした。「自分の気持ちにウソをつかず突き進んでいきたい。人生は長い。楽な方ばかりじゃなく困難に立ち向かっていく方がいい」

 今季1軍登板は1試合だけ。球威の衰えは隠せない。現時点で獲得に興味を示す球団もない。それでも「野球が好きなんで。まだまだ野球をやりたい。僕を必要としてくれるところがあれば喜んで行きたい」。育成選手での契約、さらに韓国、台湾でプレーする可能性についても「それを含めてどこへでも挑戦していきたい。いろんなことがきてもいいように準備します」と言い切った。

 当面は11月7日(ジャイアンツ球場)同27日(ナゴヤ球場)の12球団トライアウトへ調整を続ける。同い年の中村紀は昨オフにオリックスを自由契約となり、中日の育成選手から1軍へはい上がった。今度は自分の番。「ロッテの黒木じゃなくなるけど、黒木っていう野球人は変わらずに生きている。これから第2の野球人生が始まる」。新天地を求めるジョニーの目は、まだ輝きを失ってはいない。

(スポーツニッポン紙 より)




ハムを戦力外通告された井場投手が
台湾プロ野球、興農ブルズで8勝をあげたという
例もありますし。

ちょっと今後も注意深く見守りながら
応援していきます。


やっぱり野球はイイですね。な
ナビゲーター「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー
2007.10.05 来る人去る人
今回のドラフトで日ハムは、
先日のブログでも書いた中田君、浅沼君をはじめとして
6人の高校生を指名ました。

西武に指名された武隈君は東神楽
楽天に指名された寺田君は恵庭出身でしたね。

それにしても日刊スポーツ紙に
北海道内の高校生とドラフトという一覧表が載っていたのですが
それを見たら

田中将大投手の前の道内高校生ドラフト一位って
87年大洋に指名された 盛田幸妃投手(函館有斗)
その前は
73年ロッテに指名された、佐藤博正投手(札幌商)
で、寺田君で4人目なんですね。


あと、中田翔君のところに日ハムのスカウトが
挨拶にいっていましたが新聞で紹介されていましたが

そこにナツカシイ顔が…

テルシーこと
中島輝士さんでした。

彼は、新人選手として開幕戦にスタメン出場したかと思うと
ダイエーの山内孝徳投手から
サヨナラホームランをかっとばしたのが印象に残っています。

現在は、日ハムのスカウトなんですね。

なるほど。


野球人の人生もいろいろです。



そんな話とリンクするのかもしれませんが、

どこのチームであれ
例えば6名指名して全員入団するとすれば、
支配下登録70名いっぱいいっはい使っているチームなら

単純に考えて6名の選手が
球団から出されるということ



もう、そんなシーズンなのです。

新聞記事には、連日のように戦力外の選手の記事がのっていますが

日ハムの鎌倉投手と中村渉投手の名前がありました。

鎌倉投手はひじの故障や、ひじを庇って別の箇所の故障とかあって
7勝した年いがいは
残念な結果となってしまいました。

他にも

千葉ロッテ 黒木知宏
オリックス 吉田修司
西武 河原純一・黒田哲史
楽天 河本・谷中・富岡・徳本・竜太郎
横浜 佐久本

といった選手が戦力外通告を受けています。


吉田選手はたくぎん出身ということで
愛着があるのと(たくぎん野球部最後のプロ野球現役選手です)
今季は2勝をあげ、防御率も2点台なのに
年齢がネックになった。

と、なったら楽天の出番ですか


でも、そんな楽天も
東農大生産学部出身の徳元と
元虎戦士谷中選手と
日ハムに1シーズンだけいた河本選手などが
戦力外


谷中選手とか、佐久本選手は
元トラ戦士ということで
動向が気になりますし

佐久本選手は何かのテレビドキュメントで
トライアウトの様子を見て以来
頑張って欲しいと思っていたのですが…



野球のドラマは球場の中だけではないと思う
ナビゲーター「イトー×ani」がお届けする 
FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
コールサインJOZZ1AS-FM  周波数77.1MHz
北海道富良野市とその周辺で聴くことが出来る
コミュニティーFM局「ラジオふらの」の
毎週月曜日午後四時からオンエアー