訃報の記述が多いですが、
今日も一人そんな残念な記事をかかなくてはなりません。

実相寺昭雄さん

いやー、この方も癌でおなくなりになったとのこと…


僕みたいに、ウルトラシリーズに
リアルタイムには少々間に合わず
〔幼稚園の時に帰マン〕

でもあのころは夏休みといえば
ウルトラシリーズの再放送でした。

そんな子供時代をすごした身としては、

やはりハヤタがスプーンで変身するアレ
〔某同人誌の中では長門有希がやってました(嬉)〕とか

メトロン星人とちゃぶ台のアレとか

「怪奇大作戦」の「京都買います」なんてのも
ありましたね。


あとは、学生時代にガッツリハマった
「帝都物語」か

嶋田久作怖かった。
(佐野史郎とバンドを組んでいた過去をコミで)
リアルであの顔面なら、特撮いらん。と
思いましたもの…。




忘れていけないのは、
北海道は中空知が生んだ鬼才「あさりよしとお」氏の
コミック「宇宙家族カールビンソン」の中で
コロナちゃんが漂着した惑星アニカに住む
原生生物のジッソーくん
額の文字は「実」でいつも顔の前に何か物をかざし
撮影アングルにも凝っている。

そんなのを思い出してしまいます。


あと最近では河崎実カントクとの仕事も多かったようで

いろいろなところで活躍されていたのですが

心からご冥福をお祈りします。



さて、話は変わって

ラジオふらのの看板番組がいくつかありますが
木曜の夜といえば
「BEAT CLUB ラジオショー」
7時から10時の3時間番組で
ナビゲーターの「トール・モリオカ」さんの
達者なおしゃべりや、パーソナリティーの
ミズエさんや、マスコさんとの面白い掛け合いにのせて
本当に幅広い音楽がかかるので、家にいるときは
たいてい聴いています。

で、名物のコーナーがいくつかあるのですが
番組にいついているラジオ妖精の「ビート君」が
辛口トークをカマすところが好きですが
タマに僕もネタにされたりします。

で、この間の放送で久々にビート君が復活したのでしたが

その時に27時間ラジオの話しをしていて
数多いプログラムの中で、朝5時から放送した例の番組のことを、
トールさんとビート君がはなすもんだから
びっくりですよ。

特に
「覆面パーソナリティーっ言ってたけどバレバレだったな」

のビート君の発言と、納得するトールさんには

プロデュースをした僕も
MCをした某李威氏もびっくりですよ。

あー面白かった。

でも、番組名は「アーリー・ボーリー・モーニング」では
ありませんのであしからず。

今日は、こちらの番組では
中島みゆきの宙舟をかけてもらう予定です。


FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
FM 77.1MHz 富良野市と富良野市近郊で聴くことが出来る
コミュニティーFMラジオふらの
毎週月曜日午後四時から五時まで オンエアー中
スポンサーサイト
今朝起きたら、外が急に真っ白になっていました。

それまでもぼちぼち雪は降っていたのですが
ここほどがっつり降ったのは久しぶりです。



で、車を走らせていたら前に入ってきた車が

フリフリと、ボクの目の前で
お尻を振り出しました。



ヲレをゆーわくしてんのか?


いや、違いますね

車のケツに欲情したらイカんですね。


どうやらFRの車だったようで右側の小路から入ってきて
へろへろへろって
3.4回、左右にお尻振ってて…

アブナ。

ま、こんなことから
冬が始まるのですね。



さて、土曜日髪を切りに行ったついでに、狩りをしてきました。
その成果は、徐々に今後のラジオで生きてくるでしょう
(月曜にOAした水樹奈々さんのCDは狩りの成果です)

で、当初は 髪を切ったあとで市内某有名店「R」で
カレーを食べようと思っていたのですが

たまたまつけていたカーステが
旭川シティーネットワークFMリベール
土曜の番組「ZAQのお昼もザックばらんで」
でした。

ZAQは、
ボーカルの遙ちゃん、ピアノの美紗子ちゃん、ギターの南ちゃんの
札幌を中心に活動をしている三人組の女の子のユニットで、

RunTime所属ということもあって
そういう感じのテイストのカワイイ歌を歌っています。

でその番組内に「あさひかわ探検隊」というコーナーがあって
その中で、「スープカレー屋」さんの話しをしてまして…



え、

この間札幌出張の時も行った
「suage」の支店が、ラーメン村のそばにできていて
そこに3人で行ったときの感想などを話しているものですから

急遽永山へ車を向けました。




えー、11月27日オンエアー 第87回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
での、コーナー「富良野印度化計画」であります。

最近「suage」以外にも札幌のカレー店が
旭川に進出していてニギヤカなことになっています。

たとえば、先駆けになったのは豊岡4条の「RAMAY」

それと、3条7丁目の「KANDY SPICE」

あとは、支店ではないものの、なんらかの形で提携しているのが
これまた新店、3条8丁目の「ふわわ」
(こちらは「BUZZ CURRY 札幌本店 花車の本格スープカリーが
食べられるお店」とめいうってます。番組内では「うふふ」とか
言ってしまいました、失礼)

あと、現在はカレーはやめてしまったそうなのですが
「ななつぼし」も、「スパイスボックス」と提携していたハズ。

といったように、新店の新出が多いです。

元から旭川は
「インド」「クレイジースパイス」「シャンティー」
「アンクルペパリー」「カルダモン」「米米亭」といった
ルーカレーやオムカレーの名店が多いのに加え

「寝釈迦」「チロ」「くい亭」「ジャーのほらあな」といった
地元に根ざしたスープカレーのおいしい店も多く

これに対抗する第三の奈美なのかもしれません。

進出する札幌勢、迎え撃つ旭川勢

まさに旭川カレー戦争。

ま、僕らにしてみたら選択肢が増えるので
大歓迎なのですが

あと、相乗効果でそれぞれのお店が
今でもレヴェルが高いのに
さらにさらにおいしくなると
ウレシイです。


なんてお話しをしました。


話しは変わって


最近行ったカレー屋さん


☆ suage 旭川店(旭川市永山12条4丁目 パワーズα2階)

ということで、この間の札幌出張で行ったばかりの、
SUAGEの旭川店。
本店では知床鶏をいただいたので、こちらでは
ZAQメンバーもオしていた。
ルスツもち豚のトロトロ角煮を頂きました。
「みずみずしく、もちもちとした肉質。
ルスツは羊蹄山のふもとに広がる自然が豊かなところです。
美味しい空気の中で育った健康な豚肉をトロトロに煮込みました。」
とのコメントに心も躍るってもんです。
ただし、見た感じ写真にキノコとナスがなかったので
それぞれトッピングして、辛さはここから値段が上がる5番にして
赤米入りご飯とともに注文。

チキンよりも豚肉が入っているせいか
ルーカレーに近く玉ねぎのアマみがよく出ていました。
お店の人がサービスで「辛さが足りなければ入れてください」
といって香辛料を置いていったので、ひょっとしたら
辛さ設定は自分でやるのかな?と
思うくらいの味でした。が
大丈夫、食べ進めていく内に汗だくになり
お金を払うときにはお店の人に
「大丈夫ですか」と言われるくらいの汗だくぶり
(いや、カラいカレー食べたときはいつものことなんだけど…)
でも、直接的な刺激は感じないで、お腹の中で
ボディーブローのようにキいてくるって感じ。

その点、同じ、札幌・旭川と展開している
「KANDY SPICE」とは
対をなすのかなと思いました。

具材のトロトロ豚は言うに及ばず
おくら・スイートコーン・ゆで卵
それからこれがなくては「suage」ではない
素揚げされて串にささったジャガイモ(インカのめざめ)
とにんじんも、ほこほこでおいしかったです。

店内も明るくてファミレスみたいに
軽い気持ちでくつろげることができて

何より、駐車場で心配することがないのが
小さい駐車場のお店が多い、スープカレー屋さんよりは
利点ですね。



☆ 喫茶&スープカリーお店 ふわわ  (岩見沢市3条8丁目)

「あのスープカリー好きで知られる 大泉洋の
推薦するお店、BUZZ CURRY 札幌本店 花車の
本格スープカリーが食べられるお店」だそうです。
花車は、本店はまだ言ったことが無くて、
まだ今ほどカレーカレー言っていなかった頃
イベント帰りにつどーむの近くの支店に入った
記憶がありまして、その時も「トマトトマトしたスープだな」
と思ったのですが、その再来といった感じです。
とりあえず、チキン&野菜を注文
いや、入ってるチキンがデカいね、こりゃ。
普通にクリスマスとか食べるサイズのチキンが
入ってますよ。
他の具は、ジャガイモではなくサツマイモってところが
面白いですし、あとカボチャ・ナス・ピーマン
インゲン・トマト・卵・ブロッコリー・にんじんといった
ラインナップでしたが、とにかくトリのデカさに
圧倒されました。
あと、トマトベースなのでオレンジ色したスープに
浮いているのが、焦がしバジルならぬ
「焦がしクミン」ってのが少し面白かったです。



☆カフェ&ビストロ パニエ(富良野市北の峰町)

オムカレー以前に富良野カレーの
一つの潮流だったのが「黒いカレー」

たまねぎがこってりいためられて
その他の野菜とかが煮込まれている
すごいコクのあるカレーで
こちらだけでなくて、市内の「唯我独尊」さんや、
上富良野の「ウッディーライフ」さんが有名です。

こちらもボクが良く参考にしている樺沢紫苑さんの
サイトでも取り上げられていた店なのです。

ということで今までは、普通にこちらのお店では
黒カレーを食べていたのですが
今回はオムカレーにチャレンジ。

名物黒カレーのコクと、黄色いごはんが
まず合っていてオイシイのに加えて
オムカレーのキモである
オムカレーの「オム」の部分が分厚い。

オムライスでもオムレツでも最近流行の
半熟とろとろのオムも好きなのですが
こちらは、昔の洋食屋サンといった趣の
分厚くってアマい卵が、コクのあるカレーに
その上に散らされたゴマと一緒に食べると
良くあっています。

付け合せの野菜もシャキシャキで
美味しく、こちらもオムカレーを
良く盛り上げていましたし
これを忘れてはいけない、つけあわせの「ふらの牛乳」も
オイシイです。
一皿でお腹いっぱいになりました。



あなたのオススメのカレーはどこですか?
あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?
よろしければ教えてください。

よせていただいたコメントは、さしさわりなければ
番組内で紹介させていただきます。


FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
FM 77.1MHz 富良野市と富良野市近郊で聴くことが出来る
コミュニティーFMラジオふらの
毎週月曜日午後四時から五時まで オンエアー中
朝、スポーツ新聞を見ていたら、
早稲田のスポ科(早稲田大学スポーツ科学部)の
推薦合格者の記事が載っていまして

春の選抜大会で4強に入った尾藤竜一投手(岐阜城北)や
ジャパン選抜にも選ばれた、ハンカチ配り王子(ヲレ命名
日米野球の時に今治名産のタオル地のハンカチを
チームメイトに配って(配らされて?)いたから)こと、
宇高幸治内野手(愛媛・今治西)ら野球で4人、その他も
80人が決まったとのことです。

そうか、宇高クンは早稲田ですか。

今治西高から早稲田大と言えば、古くはメガネをかけていて
いかにも勉強ができそうな三谷投手とか、
(彼の甲子園の活躍で、僕は今治西高校を意識しました)
現ヤクルトで活躍している藤井投手が有名です。

ま、今治西高校と言えば、国公立大学に200人以上
おくり込む、愛媛有数の進学校ですから、
ま、成績的にも問題ないのでしょう。

しかも、自己推薦でのスポ科の受験資格は
評定3.5以上。
国公立200人超の今治西で3.5以上なら
そりゃあ早稲田くらい楽勝でしょう。


それにしても、早稲田大の投手陣では
もうすでに福井投手(済美高校)が決まっていますし

これに、甲子園でベスト4に入った原動力の
尾藤投手

それに加えてハンカチ王子ですから

今年の日ハム指名(できれば揃って入団してほしい)
コンビ以上の強力投手陣になるのではないでしょうか。

大学野球もしばらく楽しめそうです。


FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
FM 77.1MHz 富良野市と富良野市近郊で聴くことが出来る
コミュニティーFMラジオふらの
毎週月曜日午後四時から五時まで オンエアー中

FHF
未だに「ラジオ聴いていますよ」と言われると
なんか、照れてしまいます。

先日「上川館内農村女性のつどい」の時も
そんなこと言われましたしね、

で、先週の水曜日、レストランふらの広場にいると
毎週8時30分からラジオふらので放送している
SMAPファンによる情報番組「心の鏡」の
パーソナリティー、まみさんと
番組の本番前に少しある時間で、話しをしたのですが

その時、なんでも彼女が先週のFHFを聞いてらしたそうで
ご自身がイランに旅行をした時、現地の子どもたちが
「一休さん」のイラスト入りの小物を持っていたという
情報を教えてくれました。
「現地で一休さんとか放送しているのですかね~」
などと彼女が言ったことから
今週のテーマが決定しました。


第87回
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
放送終了いたしました。

しかも、今日は奇しくも「一休さん」のモデルとなった
「一休宗純」のおなくなりになった日なのです。
本当にまったく偶然なのですが。

ということで、一休さんのお話しを少ししながら

そもそも、あの番組でなぜ一休さんの親は
出てこないのか。

それは、この番組は一休さんが後小松天皇の落胤説を
とっているのに加えて、母上は南朝の人間として
描かれています。

この時代の少し前にさかのぼります。

鎌倉時代の後期に発生した、皇統を巡る争いを
幕府の仲裁で解決した文保の後和談によって
大覚寺統と持妙院統が交互に天皇を出していました。

このことを両統迭立といいます。

しかし、それをよしとしなかったのが、後醍醐天皇です。

彼は、幕府を倒し両統迭立をやめさせるために
倒幕計画を練り、二度ほど失敗し、二度目には
本人も隠岐に流されてしまいます。


が、この時期の幕府のトップである執権は、
闘犬と田楽が三度の飯より好きな北条高時
と彼を操る内管領の長崎高資ということに
不満を持っていた地侍勢力である悪党や御家人が
後醍醐に呼応します。

ちなみに91年の大河ドラマ「太平記」では
北条高時を片岡鶴太郎さんが
長崎高資を西岡徳馬さんが
それぞれ怪演されています。


と言う感じで雪崩式に味方が増え
しまいには、幕府の御家人の実力者である
足利高氏や新田義貞も幕府を見限り
結局彼らに攻略されて鎌倉幕府は滅亡します。


ところが、こうして政権を手に入れた後醍醐天皇が
武士を重用しなかったばっかりに
武士の離反者が足利尊氏を頼り
結局2年足らずで彼を京都から追放してしまいます。

そして尊氏は、後醍醐にかわり、両統迭立で天皇になる
予定の人物を天皇として即位させ、彼から
征夷大将軍の位をもらいます。

が、後醍醐も現在の奈良県南部の吉野山中に籠もり
皇位を主張します。

京都の天皇家を区別するために北朝
吉野の天皇家を南朝とよび
ここに、京都と吉野にそれぞれ天皇がいるという
南北朝時代へと突入しますが、

この事態を収めたのが足利義満でして

この南北朝合体の時に皇位を継承したのが
後小松天皇。そしてその2年後に誕生したのが
一休さんというわけです。


そんなことで、両親が画面になかなか登場しない。
しかも、一休さんと皇室が連絡をとらないように
見張りまでつけられたのです。

それが、新右衛門さんこと、蜷川新右衛門親当です。
いい人だと思っていた人も多いかもしれませんし
最終回では一休との別れに対して号泣するのですが
最初は、アニメ版のほうでも一休に懐疑的なシーンもあったりしました。

ちなみに、この蜷川親当は実在の人物ですが
実際の蜷川親正と一休が交流あったのは
彼が出家した智蘊と名乗ったあとだそうです。

そんな、一休さんですが
「タイ」では大人気なのですよね。

ま、同じアジアの国ということもありますし、
タイはなんたって仏教国。
勧善懲悪的なストーリーも国民性にあっていて
親も安心してみせられるとのことです。

で、イランの「一休さん」です

当初、まみさんも「タイあたりの文房具が輸出されたのかも」
などとおっしゃってましたが

調べたところ
「一休さん」はイランでも人気番組だそうです。

いいのかイスラムの国で、仏教の話しを流して
それとも宗教性抜きにして、あの舞台の寺は
日本の昔の学校みたいな翻案がされて
流されているのでしょうか…

寡聞にして、そこまで調べられませんでした。


あと、日本食ブームの話しも
少々しました。

安藤忠雄設計のスシバーって…

行ってみたいかも…



♪ 今 日 か け た 曲 ♪


♪「Justice to Believe」 水樹奈々
ゲーム「WILD ARMS」Op

水樹奈々さん待望の新曲。オリコン初登場4位はさすがです。
聴取後感はひたすらカッコよさが印象に残る曲です。
ユーロビートっぽい16ビートの激しいリズムに
複雑にからみつくベースラインのうねり
それにストリングスとかが細かい動きで
クライマックスにむけて曲を盛り上げていく
そんなアレンジに負けていない
水樹さんの元気な歌声が、ひたすらキモチイイ
シャウトしても決して雑にはならない
しなやかで、ハートに響く歌声というか、
彼女の歌のウマさを再認識してしまいます。
水樹サウンドの王道といってよいでしょう。


♪「Number」野中 藍
11/6 第84回OA「Love@Massenger」カップリング
野中さんがキャラクターにならないで歌うのは
ここ最近になってなのですが
ラジオとかで聞く声と、当然ですが近いので
そこが、いいですね。
舌っ足らずなアマーい声と、すこし音程がユレてる
ところとも、あいぽんこと野中さんの
魅力に感じてしまう。そんな曲です。
スゥイングするリズムと、タンバリンの音がさわやかで
女の子女の子した歌詞とこの曲調が
なかなかあってます。
いまなら野中さんといえばやはり「木乃香」ですね。
でも、「ぱにぽに」っぽい「ネギま!?」ってことで
「一条さん」にも見えたりして…


♪「Chercher~シャルシエ~」KOTOKO
FURANO History Factory11月のマンスリーパワープレイ。
 OVA「マリア様がみてる 3rdシーズン」Ed

まだ、「マリみて」の新作を買っていません。
そろそろ買わなければ
このワクで、この曲をかけるのも最後です。
この曲のカップリングもイイ曲なので、
お楽しみに。


♪「明日になれば」 アツミサオリ
11/13 第85回OA「あい」カップリング

アコースティックなスローなナンバーということで
彼女のデビュー作「びいだま」に似たテイストの曲で
「びいだま」は、青春のアオクサい葛藤とかが
テーマの一つだった名作「げんしけん」のEdだったと
いうことがあったのですが、こちらも「くじ・アン」の曲
ってことで
青春の懊悩とか、イタくセツナい悩みとかを
うつしとっているところも「びいだま」の後継曲
しかも、アツミさんの曲は、諸々の悩みを
個人だけの悩みとしないで
「ぼくら」の悩みとして共有している。
そんな姿勢にも共感しますし
群像劇である、学園モノのアニメーションには
よく似合っています。



♪「働く男」 PUFFY
TV「働きマン」Op

ご存じユニコーンの名曲「働く男」をパフィーがカバー
アレンジが元曲に比べてハードになっているものの
奥田民生氏のはっちゃけたり、けだるかったりする
幅広いボーカルまで、きちんとカバーしていて
なかなかやるなと思ったのですが
ま、パフィーと奥田民生の相性がいいのは
あたりまえですよね。今更改めて気がつきました。
あと、未だにこの曲聞くと
「あ~、土曜の夜だな~」って、気がします。
もう15年以上も前のことなのに…
(この曲は、土曜の11時代のワクの方向性を
決定づけたといっても過言ではない
伝説に残る傑作バラエティー
「夢で逢えたら」のテーマ曲でしたニョロ。)



FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
FM77.1MHz 富良野市と富良野市近郊で聴くことが出来る
コミュニティーFMラジオふらの
毎週月曜日午後四時から五時まで オンエアー中
と、大沢親分が歌って始まった
今日の「サンデーモーニング」の「週刊御意見番」


岡島選手のメジャー入りに対して
張本さんは
「アメリカはなんでもかんでも欲しいんだよ
日本を二軍にしたいんだから」
と聞きようによっては陰謀論者めいた発言を
されていましたが、

でも、正しいような気がします。


でもって、親分や張さんの「喝」「あっぱれ」のかわりに

ご満悦な「×ベ×ネ」氏のインタビューの様子が

彼曰く
「(小笠原の巨人入りは)いい事、うれしい事、いいニュース
ここ何年か、サードは安泰。ファーストにはイスンヨプ
ショートは二岡、…セカンドは…どうなるかね…
まだ足りない…」

って、まだ誰か欲しがりますか

谷と小笠原と門倉だけでは
飽き足りないんですか…

張本氏は「左4枚でバランス悪い」と言っていましたが
バランスの悪い補強は、こちらのチームの
もはやお家芸といっても良い。

ま、今後もこちらのチームのオモシロ補強を
ヌルーい目で斜め見するとしましょう。


あと、例のミスターのスピーチに対して張さんは
「どんどん出てきて欲しい」みたいなことを
言っていましたが…



本人が本心から望むのなら別ですが
あまり引っ張り出さないほうがいいのではないか、というのが、
長嶋氏のスピーチを見たときの僕の素直な感想なんですけど…




FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
FM 77.1MHz 富良野市と富良野市近郊で聴くことが出来る
コミュニティーFMラジオふらの
毎週月曜日午後四時から五時まで オンエアー中
先日、職場のパソコンコーナーにあるパソコンを使って
仕事をしていたら、隣のパソコン席に座った同僚(GY好き)と
お互い仕事しながら、野球の話しをしていましたら、

彼が

「小笠原、ぶっちゃけ、ボク的には巨人にはいらんスね~」
とか言っていたことから、

話しがふくらんで、
どういう野球選手が理想であるなどと、話が広がりだして
気がついたら、彼推奨の
古今東西、僕の作った最強巨人打線
みたいなことを言い出しました。

①9高 橋
②6二 岡
③8松 井
④3落 合
⑤7吉 村
⑥5 原
⑦2阿 部
⑧1江 川
⑨4篠 塚


代打にクロマティー
代走に松本
満塁の時は駒田
あと残りのローテは桑田・上原・西本でまわす。


だそうです。

そうか、二岡かぁ、

いわれて見れば、今までショートって
そんな打つ人いなかったしな…
(それこそ、広岡とかまでさかのぼらないと…)

そんな絵空事を真剣に話すサマとか、
気がつくと仕事をそっちのけで
メモにまで書き出して
(そのメモをみた別のセンパイは
「ナンダコリャ」と言ってました。
あたりまえか。)

そんな様子も含めて
チョッと面白かったので

仕事しながら「ふんふん」と聴いているふりして
実は仕事の横に
カタカタとうってしまいました。

それがコピペされてここにあるっつーわけです。

Tくん、ワリぃ。




で、リアルな野球ではなく、バーチャルな野球でも
やっぱり高校野球マンガがアツい。

今日25日といえば、月刊「アフタヌーン」の発売日。
「アフタ」といえば、「おおきく振りかぶって」

ま、「おお振り」の感想は、ココから入って
http://okiniiri771.web.fc2.com/
ブログまでたどり着くと読めるようです。

でも、「おおふり」と同じくらい衝撃的だったのは

木村紺さんの「巨娘さん」

連載が始まったことでしょう。



木村さんといえばアフタヌーンに「神戸在住」という
リアルでリリカルな話を書いていたお方です。
先日、単行本の9巻が出たばかりで、まとめて読んだのですが
やっぱいいですね。


「アフタヌーン」でリリカルといえば、
ファンタジーは「ヨコハマ買い出し紀行」とかが
あったのですが、あそこまでリアルで、なおかつリリカルという
絶妙なバランスがすばらしい。

主人公の桂ちゃんは、見た目こそ線が細くて、
すごく感受性が豊かで繊細なコなのだけど、
芯がしっかりしていて、周囲の友人をスゴいと思いながらも、
そんなスゴい友人に影響を与えていく。

学生生活の一コマ一コマの中でそんな桂ちゃんと
友人たちの人間模様が、繊細なペンタッチで
丁寧に描かれた背景の神戸の街とともに
叙情的につづられていく。

そんな傑作のマンガなのです。


で、主人公桂ちゃんこと「辰木桂」嬢は、見た目どおりの
大人しくもキ真面目なコで、
周囲の奔放な関西ノリの女の子達には、イジられる女の子。

だから、当然周囲のキワドいシモネタとかにはアタフタする。


僕らはそんな桂嬢のイメージと、
作者木村さんを勝手に重ねていたようで

それが覆されたのが

読みきりで「アフタヌーン」誌に載った「巨娘」でした。


なんつーか、ジョーさんってば、仕事とエッチなことしか
考えていないオットコマエなお方。

そんなギャップをワクワクしながら楽しみながら

「続編とかねーのかなー」
と思ったところの新連載ですよ。

ありがとう木村先生

隔月連載でもついていきますよ。




あと「神戸在住」を読み返していたら
桂嬢の友人の神戸っコの女の子が
「めっっさ」「めっっさ」と言っていて







そういえば、「涼宮ハルヒの憂鬱」の作者
谷川流さんって、大学が神戸で高校は西宮だ。

そっか「鶴屋さん」の「めがっさ」は
兵庫方言ルーツか

でもってあとひとつの「鶴屋さん」の口癖
「ニョロ」は

傑作バラエティー「夢であえたら」
(ダウンタウン・ウッチャンナンチャン・清水ミチコ・野沢直子が
シチュエーションコメディーや、ショートコントをカマす
バラエティーの歴史を変えた名番組)で
松ちゃん扮するへび顔の巡査「ガララニョロロ」の
口ぐせですものね。(平成初期のテレビウォッチャーの常識)
ダウンタウンのお二人は、出身は尼崎ですし。


いやー、そんなことまで読んでて思ってしまいましたよ。

ってことで、機会があれば木村紺さんの「神戸在住」(単行本1~9)
と「アフタ」で連載が始まったばかりの「巨娘さん」
ぜひ見て欲しいですね。




FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
FM 77.1MHz 富良野市と富良野市近郊で聴くことが出来る
コミュニティーFMラジオふらの
毎週月曜日午後四時から五時まで オンエアー中
多分、「週刊御意見番」でネタになった時
その感想を書くと思うのですが
それ以降は、しばらく彼のことは
書かないと思います。


で、タイトルにある小笠原選手のヒゲですが
彼のヒゲをめぐっては
某売新聞の将軍様「×ベ×ネ」様が
容認したかと思いきや、
今度は玄米大好き「×岡タツロー」
(この人かつて「すすめパイレーツ」(江口寿史著 集英社ジャンプコミック)
の中で、「ヤマシタタツロー」のコスプレをさせられていました。
タツロー繋がりで…。にしてもコアですね、江口寿史のネタも)が、
改めて「ヒゲをそれ」みたいなことを言ったそうで、
どうなることやらと思っていました。

車の中で聴いていた「ラジオふらの」の人気番組
「ぐんじ歌のアルバム」でMCの郡司さんも
「チームにうるさがたが多い」みたいに言っていましたが、
本当にその通り。

それで、肝心要の本人の意志はどうか?

「某日刊スポーツ」によると
「ヒゲは、球団のキャラクター商品のイラストにあわせてのばしていて、
愛娘の要求でオフにはそっている」
とのことだそうです…。

となると

ツルンとした顔のガッツが見られるのも
時間の問題なのでしょうか。

あー、そうなると、
そうなったらその時の「週刊御意見番」の感想も
書かなくては…。

ちなみに、彼の背番号「2」を空けるために
現背番号「2」の小坂誠選手に背番号「6」にうつるように
打診をしているとか。
で、小坂も小坂で
土井、篠塚、川相、落合、小久保といった
お歴々がつけた「6」は
荷が重いと言っているとか、いないとか…

こちらもどうなる。



それから、「週刊御意見番」と言えば
気になるのは、「12球団で一番日ハムがキライ」の発言で
一躍有名になった、日大長野クン(って書くと附属高校みたい。
たしかに、検索エンジンに『日大・長野』と入れると
高校のほうが出てきますから…)の、今回のドラフトをめぐる
言動に対する、親分と張さんお二人の感想。
今から楽しみです。

僕は当ブログで、長野久義クンの「野球小僧」誌12月号の
インタビューを紹介して、目標の選手を新庄と答えていたので、
少しは入団の芽はあるのかな、などと書いていましたが。
今朝の新聞の見出しには「長野、一転軟化」などと書いてあったので
どうなるかはいよいよワカラナクナリマシタ。


「アンタなんか、一番大大大大大キライなんだからねッ!」
と最初に言っておきながら、
それが、不器用な照れ隠しだってのに、少しずつ気がついて…

徐々に従順になる



ツンデレか。


それにしても、今思えば
陽も木下もダルビッシュも須永も
最初は、日ハム入団に対して
「難色」をしめしていたんですよね。

それを今成父(息子は今成捕手)などの力によって
入団へこぎつけた。

すごいな、
今成スカウト

にしても、日ハムの若手って
ツンデレ揃いか。

ま、こちらもアタタカイ目で
行方を見守るとしましょう。


あと今朝の新聞でショックを受けたのは
「灰谷健次郎」氏の死亡記事…

遅ればせながら
彼のご冥福をお祈りしたいと思います。



FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
FM 77.1MHz 富良野市と富良野市近郊で聴くことが出来る
コミュニティーFMラジオふらの
毎週月曜日午後四時から五時まで オンエアー中


ガッツが…

ふー

ま、新天地での活躍を祈りましょう。

でも、来シーズン
アベとヨシノブとニオカが調子悪くて
(もしくはケガして)

①中  谷
②遊 木村拓
③三 小笠原
④一  李
⑤左 ゴンザレス(仮=新外人)
⑥右 小 関
⑦二 小 坂
⑧捕 実 松
⑨投 野 口

なんてオーダーになったら
どうしますw

どこのチームだこりゃ。


あと、日ハムが強行指名して
「日ハムは12球団でイチバンキライ」といった
日大の長野(ちょうの)久義外野手(4年・筑陽学園)ですが
ボクが愛読している
「某野球小僧」誌のインタビューで

「新庄選手みたいになりたい」と
答えていましたw

少しは脈があるのかな?。




毎日22日はカレーの日
今日は「カレーの日」です。


えー、11月20日オンエアー 第86回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
での、コーナー「富良野印度化計画」であります。

富良野市で11月22日(水)に
「平成18年度 上川管内農村女性のつどい」という
イベントが無事終了しました。

食のトライアングル(農・商・消)研究会で活動をされている
「富良野カリ~番長」さんから、このイベントのお手伝いを
依頼されまして、「カレーの街富良野を勝手に応援している」と
番組内で公言していることもあったのと、
富良野カリ~番長さんにはいろいろとお世話になっているので、
お手伝いをさせていただくことになりました。

このイベントは、10年以上続いて
「上川管内農村ネットワーク“ほほえみ”」さんが
農村女性の交流と、情報交換、情報発信を目的として行っています。

文化会館が2/3埋まるくらいの大盛況。
そんなたくさんの人の前で喋るのはキンチョーしましたが
ま、見てもらったビデオがウケたので良かったです。

それにしても「富良野カリ~番長」のトークが
流暢なのはサスガでした。

これを契機に、さらに「ふらのカレー」が
広まるといいなと思っています。



で、ラジオのコーナーでは
18日(土曜日)の「北海道新聞」と「日刊富良野」に
載っていましたが、食のトライアングル研究会で、
この事業と並行して力を入れている事業を
2つ紹介しました。

一つは、オムカレーランチ旗ラリー
これは、オムカレーをメニュー化している7店舗で
オムカレーを食べて、ついている
ランチ旗にスタンプを押してもらい
全部あつめて、富良野の情報誌「ネーブル」に
ついている台紙に張ると、市内共通商品券を
もらえるというものです。

オムカレー
市内共通商品券
情報誌「ネーブル」

それぞれの知名度をさらにあげるために
タイアップをしながら頑張っていくというものです。

前回北の峰のカレー屋さんで行っていた
カレースタンプラリーのオムカレー版です。

あとは今日のカレーの日のイベントに
ユリネのカレーをサービスするという
ことなのです。

ここら辺でユリネといえば
芦別市が有名ですが

ところがどうして
富良野も負けていない。

といったことで、市内のカレンジャー
11店舗でユリネのカレーを
提供したというわけです。

カレーは非常に懐が広く
どんな食材もハマる。

ってことで期待をこめて
ユリネかれーのお話をさせていただきました。

食べた感想は後述。


というお話をさせてもらいました。



話は変わって…


最近行ったカレー屋さん


☆ 正直村(富良野市北の峰)

以前こちらのお店に行ったときに、
カレーメニューが「オムカレー」しかなくなっていて
残念な思いをしていたのですが、
本日カレーの日は、「ユリネカレー」500円なりという
サービスを受けることが出来まして、
久々に「正直村」のルーカレーが楽しむことが出来ると
思いまして楽しみに行きました。

ここのルーカレーは、本当にやさしくて
ほっとする味。ケレンミのないスタンダードが
こんなにアタタカイなんてことを
感じることが出来るのです。

で、今日いただいたユリネカレー。
前述のたまねぎのアマみとかが良くでている
アタタカいカレーに、
ほっこりとたかれた、味のあるユリネが
どっさりと入ってまして
カレーにユリネがここまであうとは…

芦別で「ユリネぜんざい」を食べたときにも
ほっこりとしたユリネがおいしくって
「ひょっとしたらカレーにもあうかも…」
と思っていたのですが、ビンゴでした。

しかも、メニューを見たら、
普通のルーレーも復活していました(嬉)

今度また、オムカレーランチ旗ラリーで行くでしょうし
その後にでも久々に大好きな
「目玉焼きカレー」を食べに行きますよ。




あなたのオススメのカレーはどこですか?
あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?
よろしければ教えてください。

よせていただいたコメントは、さしさわりなければ
番組内で紹介させていただきます。


FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
FM 77.1MHz 富良野市と富良野市近郊で聴くことが出来る
コミュニティーFMラジオふらの
毎週月曜日午後四時から五時まで オンエアー中

2006.11.21 宙舟が
FHF
11月19日OAのJ-WAVE早朝5時から放送している
日曜朝の放談「アーリー・モーリー・バード」
ジャーナリストのモーリー=ロバートソンさんが、
独特な切り口で辛口なトークにのせて社会を切る、
聴いていて目からウロコがぽろりと落ちることも
しばしなので、
富良野か東京にいて、起きている時には、
欠かさず聴いています。

畏友の某李威氏とも、よくこの話で
盛り上がったりするのですが…

この日は、少年自殺がテーマで、モーリーさんの
学校をとある事情で放校になった
過去の体験などをふまえながらされていて
いつもどおり、面白く聞いていました。

が、それ以上にビックリしたのが
この日の二曲目が中島みゆきさんの「宙舟」だった
ということで…

私がプロデュースして、某李威氏がMCを
つとめたラジオふらのの特番で、
最後に話したのが「宙舟」の話。

この曲(中島みゆきバージョン)は、旭川の「FMりべーる」で
OAされたのを耳にして、一撃でヤられ
ずっと音源を捜していた曲ということと
現代人への警句ということもあったので

特番の最後の話題にしたのですが



本家「アーリーモーリーバード」でも

かかるなんて…


朝からビックリでした。


第86回
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
放送終了いたしました。

先週は、エスニックジョークの話でしたが
その背景となっているのが、
他国民がある国民をどのような目で見ているか、という
ことでしょう。

最近で言えば、「孔子」がウリナラ起源、ということを
言う人がお隣の某国にはいるらしくって……苦笑
これなら、日ハム優勝もウリナラ起源とか
言われかねませんな。

話を戻して
しかも日本人といえば
船から飛び込みジョークでは
「あなた、飛び込まなくていいんですか?
 ほかの男の人は、みんな飛び込みましたよ」
といわれるくらい
周囲を気にする国民性。

ということで、
日本人が現在どのように見られているか。

そもそも
「世界の日本ジョーク集」(早坂隆著 中公新書ラクレ)
がバカ売れしているのも、
そんな国民性によるものに起因しているのかもしれませんが。


で、「週刊ダイヤモンド」誌に気になる記事が載っていたので
それを紹介しましたが、


まずは、中国米国で知名度が高い
日本人のランキングを紹介。

中国は、
一位小泉首相
二位山口百恵
三位中田英寿
四位高倉健
五位松下幸之助
六位安倍晋三
七位福原愛
八位田中角栄
九位木村拓哉
十位中野良子
という結果、以下
栗原小巻・三浦知良・浜崎あゆみ・酒井法子・村上春樹・大松博文
鳥山明・北島康介・小林光一・藤原紀香・出井伸之・橋本龍太郎

という順序

中田英寿や三浦知良といったサッカー選手が以外で
山口百恵・高倉健・中野良子・栗原小巻といったところとか
浜崎あゆみ・酒井法子ってのが、いかにもですね。
あと、福原愛とか棋士の小林光一・藤沢秀行といった
人が入っているのがいかにもですね。


アメリカは

一位イチロー
二位パフィー
三位小泉純一郎
四位荒川静香
五位王貞治と昭和天皇
七位松井秀喜とオノヨーコ
九位渡辺謙
十位中田英寿と黒澤明

という順番

以下
安倍晋三・ジャッキーチェン・本田宗一郎・イサム=ノグチ
クリスティー=ヤマグチ・北野武・田口壮・坂本九・宮本武蔵
山本五十六・ジェット=リー

といったところ…

イサム=ノグチや、クリスティー=ヤマグチは許すとして
ジェット=リーやジャッキー=チェンはないべって
感じがします。

でも、ここでも中田英寿がランクイン。

すごいですね、ヒデの知名度は。

あと、パフィーは、アニメ化がでかいのですね。
今、一番アツいコンテンツですから。


あとは、日本発のコンテンツで受けているのは
「MXC」という番組で、これが「CSI科学捜査班」や
「スタートレック」と並ぶ人気番組。

でも、これが「風雲!たけし城」ということで
しかも、個人戦なのに、団体戦という設定になってるし
せりふは全部ベタベタなアメリカンジョークに翻訳され
出演者は「インランな売春婦」とか「重度なジャンキー」とか
とんでもない、設定になっていて
出演者はウカつに海外旅行もいけないという
ヒドい仕上がり。

でも、これがウけているとのことです。


しかも、アメリカだけでなく、
ヨーロッパでも、大人気。

ヨーロッパは「タケシズ・キャッスル」というタイトルで
結構忠実に翻訳されているそうです。

だから映画監督として有名になる以前から
たけしの存在は知られていて
ヨーロッパの映画祭に訪れたときに「タケシ」コールが
起きたのは、そのせいだとか…

また、アニメーションが全世界で
放映されているのは有名ですが

キャラクターグッズが世界的に展開している。

ハローキティーにいたっては
サラ・ジェシカ・パーカーとか、マライヤ・キャリーとかも
お気に入り、とのことなんですね。

にしても、
マライヤ・キャリーがハローキティーのラジカセと
ヘアドライヤーをテレビの音楽番組で
愛用グッズとして紹介しているなんて

すごいですね、サンリオ。



♪ 今 日 か け た 曲 ♪

♪「LOVE POWER」Aice5
TV「処女はボクに恋してる」Op
元気な五人の個性が生かされています。
それぞれ一人一人でも歌がうまいのに、この五人が
ユニゾンで歌ったり、ハモったりするのですから、
なんか、聞くからに、ご馳走様でした。
アレンジとか、チャイムの音とかコーラスが
教会音楽っぽいと思ったら、
アコギとピアノだけに伴奏に歌声乗って
さわやかさを演出したり
ベースラインも面白いし、ストリングスやハープを
使ったりと、とにかく凝ったアレンジと
曲にまったく負けていない五人の歌が
よい感じで盛り上がっている曲でした。



♪「桜キッス」 河辺千恵子
TV「桜蘭高校ホスト部」Op

前向きで元気なアップビートなナンバー。
イントロのエレキの旋律とかも耳なじみやすく
そんなストレートなロックに乗る
河辺さんの声がカワイイです。
ブレイクのところのアレンジとか
間奏明けの部分の音や声の処理は
単にビートをオフにするのではなくて
面白いですし、
普通にリズム隊が入ったときのインパクトが
なかなか大きく、これまた佳曲。


♪「Chercher~シャルシエ 」KOTOKO
FURANO History Factory11月のマンスリーパワープレイ。
 OVA「マリア様がみてる 3rdシーズン」Ed

ピアノとかストリングスとかチャイムとかが
効果的に使われていて、KOTOKOさんのかわいらしい声と
曲の世界観を盛り上げています。
上に書いてあるとおり、「マリみて」のEDですが
美しい姉妹愛を存分にたんのーしたあとに
この曲を聴いていて、あんなシーンやこんなシーンを
思い出したりするんでしょうね。
そんな感じで番組にリンクする曲です。


♪「My Dear Love」酒井香奈子
 「そよかぜらいふ」カップリング

舌足らずなかわいらしい声と、
スゥイングするビートに加えて
ブラスっぽいアレンジと、ホーンセクションが入ってる
バッキングによくあっています。
なつかしい曲調の、前曲と同じように
間奏のシンセの音が軽快だなと思ったら
間奏あけのサビはピアノのみにのせて歌う。
そういう細工も心地よいです。


♪「少年の夢」 タイナカサチ
 11/6OA「きらめく涙は星に」カップリング

タイナカさんの美しすぎる歌声に
アコギ・ピアノのバックに絡みつくような
ストリングスの美しいサウンドという
直球ど真ん中のバラードです。
アップビートの曲にのせて
骨太な歌声で歌い上げる元気な前曲と違い、
やさしく魅力的な曲。
一番はパーカッションのリズムを一切オフ。
二番で少しずつ入って、
三番のサビでようやくエイトビートを刻む。
そんな曲全体の盛り上げ方なんて
ウマい演出だと思います。
と、おもったら、
間奏明けのサビでは、またリズムをカットして
ピアノとチェロとボーカルで
サビを歌い上げる。
君の夢は、必ずかなうよ
忘れないで信じる気持ちと
繰り返されていくうちに元気をもらえるような気がします。

先日、某HKの、ほのぼのとしたローカルニュースの中で
何かの記録をうちたてたようで、その時のことを
レポーターは、
「この記録は「世界一の記録を集めた本」に
記載を申請するそうです」
と言っていました。

「世界一の記録を集めた本」って…

さすが、N某K
「×ネ×ブ×ク」って
言っちゃダメなのね。



本日も休日出勤であります。

で、仕事の休憩中に「サンデーモーニング」の
「週刊御意見番」を見ていましたら
張さんこと張本勲さんが、新庄に「喝!」を出していました。

喝の内容ですが、
昨日行われた、北海道日本ハムファイターズの
優勝パレードの時のことのファッションを評して
「最後のファンサービスなんだから
ユニフォームを着てでろ」
といったものでした。

新聞報道によると、そもそも新庄は、メジャーリーグの
優勝パレードのように、全員が私服で、
という提案をしたそうなのですが、
選手が「ユニフォーム」のほうがいい。と
言ったとのこと。(ユニフォームのほうが
市民などにアピールしやすいから、といった理由だったと
思います)

張さんの「喝」には大沢親分も同調的でした。

ま、新庄には新庄なりのこだわりがあったのでしょうけど。

でも、スポーツ選手ということでこのコーナーで取り上げられるのは
多分最後ということで、喝も最後になるのでしょうかね。

本人は、インタビューで「ドラフト6位で指名されたりして…」
などと、言っていましたが

本当になったら
シャレにならないですな。

いやなってほしい側面もなくはないのですけど…。



ちなみに、前日道内のテレビに出ていた
大沢親分は、3000人のボランティアをはじめとした
北海道のファンに「あっぱれ」を出していました。

あと、セ・パ両リーグのMVPの小笠原・福留選手に
「あっぱれ」
ベストナインに一人も選ばれなかった巨人に
「喝」
がつけられていましたよ。

あと、この番組では
「マスターズリーグ」の映像を
毎週見られるのがいいですね。
今週の放送の中で、「アイツ(球が)早いぞ」と言われていたのが
日ハムOBの津野浩でした。


さて
今朝の道内のスポーツ新聞の一面は
日刊スポーツ以外全紙が
昨日の日ハム優勝パレードのことでした。

で、購入した「道新スポーツ」(新聞的に北海道新聞系で
スポーツ新聞としては、サンケイスポーツ系)に
本日札幌ドームで行われる
ファンフェスティバル2006にまつわる
別刷りがついていまして、

読んでいたら、同紙がアンケートで選んだ
日ハムMVPが載っていました。

なんでも「ハム党6542人が選んだ」、とのこと。
「ハム党」って言葉が定着するといいなと思いつつ。
アンケートの結果は…

1位は 1862票で小笠原。
2位は 1192票で新庄
3位は  878票で八木
4位は  514票で稲葉
5位は  481票で森本
6位は  350票で武田久
7位は  336票で田中賢
8位は  307票でダルビッシュ
9位は  219票でマイケル
10位は   82票でセギノール

といった結果でした。
新庄は当然、新人王の八木、シリーズMVPの稲葉
ゴールデングラブの森本といったあたりは
納得なのに加えて、
武田久とか、田中賢介が
僅差とはいえ、ダルビッシュの上に来ているところが
なんともシブいランキングだと思いませんか。

以下は
58票 ヒルマン監督
56票 金子
44票 B・B ・ 全員
26票 武田勝
21票 鶴岡
14票 金村
12票 田中幸
5票 外野三人・紺田・投手陣・中嶋
 3票 マシーアス
 2票 伊藤・佐藤コーチ・淡口コーチ・ブラウンコーチ
 1票 飯山・岡島・押本・川島・清水・高橋・岩本通訳・フロント

といった結果でした。

ちなみにフロントと回答した人は
「高田GMを中心としたフロント」と言っていまして
「コーチ陣の新たな編成および選手のトレード獲得、
ドラフト会議での新人獲得の正確な判断は
12球団トップに評価を与えられるものです。」

とコメントされています。


このアンケートは9月下旬に実施されたものでして
まだ新庄選手以外の去就がはっきりしていない時期ですが
岡島・小笠原と渦中の2人が
トップとラストをしめるというのも
面白いですな。
もうすこし、岡島の評価は
高いのかなと思ったのですが…


2人ともどうなる。

小笠原選手について、「御意見番」のお二人も
「残ってほしいね~」とシミジミ言っていまして
全く同感なのですが

こればっかりはねぇ。



FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
FM 77.1MHz 富良野市と富良野市近郊で聴くことが出来る
コミュニティーFMラジオふらの
毎週月曜日午後四時から五時まで オンエアー中

先日、畏友のGM氏と電話で話していると、


GMクン曰く

「日ハム優勝パレード行かないっスか」
とのこと。

残念、私は仕事なんでございますよ。


聞くと、畏友P氏と一緒に、見に行ったそうで…、

いいなー。

仕事がなければ…

だって、パレードのテレビ中継の時間と
仕事の時間がモロカブリで、
テレビすら、見ることが出来なかったですもの。

しかも、
未だにテレビを見てないですもん。

知ってる情報は、ネットで拾った、15万人が見に行ったという
情報と、新庄の画像くらいですもの。


にしても、新庄選手、あの格好本当に

良く似合いますね。

サスガです。

それにしても、15万の人が喜びを分かち合うなんて
本当に日ハムが北海道に来てくれてよかったと思いました。


ま、このあと帰宅してゆっくりニュースで楽しむことに
しますよ。

あと、道内の人はご存知の通り
本日NHKを含めた各局が
パレードの特番を組んでいたなか
テレ東系のtvhだけは
通常編成で、「宮里藍のゴルフ」かなんかを
やっていました。

こちらもサスガです。


FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
FM 77.1MHz 富良野市と富良野市近郊で聴くことが出来る
コミュニティーFMラジオふらの
毎週月曜日午後四時から五時まで オンエアー中
今週末は久しぶりにゆっくり出来る予定だったのですが、
土日とも仕事が入ってしまいました…

その次の週も週末も
なかなか忙しそうです。

11月も下旬へむかい、めっきりサムくなってきまして
ゆっくりと暖かいおそばでもたぐりたいものです。


で、僕が気にいっている
富良野で食べる温かいおそばといえば、
「十六文(富良野市北の峰)」の「カレー南蛮そば」か
このあいだ久しぶりに行った
「玉屋」(富良野市北の峰)の「てんぷらそば」です。


こちらの天ぷらそばは、
エビとノリの天ぷらが入っているのですが
最大の特徴が、まず、おそばが出てきたときに、
揚げたての天ぷらが、汁の中で、
じゅうじゅうとオイしそうな音を立てていることです。

目や鼻だけでなく、耳でたのしむことができる

こんなのは滅多にないですよ。


当然おそばも汁も、天ぷらもおいしいですし、
特に天ぷらはいい油を使っているんだろうな。って感じです。
田舎そばとのれんにありますが、のれんにイツワリなし。
暖かく、懐かしく、クセになる味なのです。
また薬味も面白いね。普通の七味でないですから。

店内もいかにも日本の蕎麦屋というたたずまいで
一人で行ったので、座敷は遠慮したのですが、
座った4人がけの場所は、まんなかにいろりが
ありました。

店のカウンターの上にすえつけてある
レトロっぽいラジオや時計も、いい雰囲気を醸し出してくれます。

注文をとりにくる人も、すごい上品な方で、
総じて、いいおそば屋さんだと思いますし、
ゆっくりと腰を据えていろいろと楽しむことができるお店です。

あと、僕的ポイントとしては、
レトロ調ラジオから流れているのが
「ラジオふらの」だってことでしょうか。

因みに、この日は、店の中を所狭しと闊歩する
元気な子供二人と、それを容認している
両親がいたので、よく聴くことが出来なかったのですが…。

また気が向いたら
再訪するでしょう。


FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
FM 77.1MHz 富良野市と富良野市近郊で聴くことが出来る
コミュニティーFMラジオふらの
毎週月曜日午後四時から五時まで オンエアー中

小笠原選手MVPならびに、ベストナイン受賞です。
おめでとうございます。

あとベストナインには
稲葉選手と、田中賢介選手と、セギノール選手


ちなみにMVPで言うと、
38年春 苅田久徳選手(東京セネターズ)
62年  張本勲選手(東映)
80年  木田勇選手(日ハム)
81年  江夏豊選手(日ハム)
以来の受賞ですよ。
野手では、張本さん以来。


それと、受賞関係で言えば、あとはシーズンと
プレイオフ・日本シリーズ・アジアシリーズを通じての
活躍で受賞した

八木智哉選手の新人賞。


こちらは、
59年の張本勲選手(東映)
62年の尾崎行雄選手(東映)
67年の高橋善正選手(東映)
73年の新見敏選手(日拓)
80年の木田勇選手(日ハム)
83年の二村忠美選手(日ハム)
96年の金子誠選手(日ハム)
02年の正田樹選手(日ハム)
以来の受賞

にしても、張さんスゴいね。
両方取っている選手なんて彼だけです。


ま、この二人の各賞の受賞については
多分カタいだろうと思ったのですが、


日ハム以外ですごかったのは、

♪ソヨ~ギ エイシン ドドンドドンドン♪

の応援で知られる。

赤いソックス王子こと、

広島

梵英心選手

新人王。

こちらは、私、コモンの母校の所在地
坂戸市が産んだ佐藤充投手と
吉村きんに君こと、吉村裕基選手との
三人の争いを制しての堂々の受賞。

ちなみに、広島で新人王というと、

82年の津田恒美選手
84年の小早川毅彦選手
85年の川端順選手
86年の長冨浩志選手
95年の山内泰幸選手
97年の澤崎俊和選手

といったところで、野手の受賞は2人目。
投手が多いせいか、比較的、受賞者の選手生命が短いのが
気がかりなのですが、
小早川選手バリに、長いこと活躍する
選手であってほしいものです。


あと日本ハム関連で言うと、

ヒルマン監督の残留がほぼ決定的なものの、
ガッツ小笠原選手に加え、セギ様の去就はどうなるのか、

シンジラレナーイナゲットが発売といったところでしょうか。

ナゲットについてはどんなか富良野では確認のしようがないのですが
コンビニとかの流通経路にはのせないのでしょうか

あと、立石投手のスープカレーは
どうなったのでしょうかね

ま、楽しみに待つんですけど…


さて、
11月13日オンエアー 第85回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
での、コーナー「富良野印度化計画」であります。

ここしばらくの「食のトライアングル研究会」の取り組みですが
11月下旬発表のものが多いです。

ということで、今回は暫定的な情報を

一つは白いオムカレー
「新富良野プリンスホテル」の名物白いカレーと
オムカレーのコラボ。
両方ともおいしいので、今から楽しみです。

一つは、新しい富良野カレーマップ。
今までも、カラフルなイラストと多い情報量の、
富良野カレーマップや
これまた、きれいで見やすくて、
カレー賛昧誌にも取り上げられていた
オムカレーマップはあったのですが
それの進化版ということで
こちらも楽しみなのです。

一つは、オムカレー旗カレーラリー
以前、北の峰のカレー店で行われていたスタンプラリーに参加して
様々なカレーの違いを味わいつつ、景品をいただいた身としては
今回も参戦するでしょう。

といったことがらが、もうしばらくすれば
キチンとした情報として出てくるとのことで

今から楽しみではないですか。

「うたがかり」のCD発売も決定しましたしね。

たぶんサンプル版でも手に入れば
すぐにでもその週にOAすることになると
思います。

富良野印度化計画は「うたがかり」を
応援します。



話は変わって…


最近行ったカレー屋さん


☆カフェ・ノラ(富良野市下五区)

二週間あけて二度目の訪問です。
行くとカウンターで常連さん風のひとと、
マスターが談笑されていましたので、今日は
2人がけの席を使わせてもらいました。
メニューを持ってきていただいたときに
「今日は全種類ありますよ」とのこと
前回行った時のことを覚えていてくれたのですね。

ということで、「日本のスープカレー」を注文。
これも、舞えた下手ルーカレーなみにアジがあって良かった。
タマネギ畑の中のカフェということで、
タマネギの甘みが存分に生きているのは
昭和のルーカレーと同様ですが、昭和のルーカレーより
スパイシーな感じがします。
とはいえ、「特殊なスパイスは使わず」と
メニューには書かれていまして、
カルダモンとか、クミンとか、ターメリックとかが
使われていないのですが。
でも、スパイシーだよ。
ま、総じて優しいアジなのですが。

加えて、素材の処理が丁寧なのが好感もてます。
にんじんは、タマネギ同様富良野を代表する農産物なので
そのウマみはふんだんに生きていて
ナスもジューシーでいいのですが、
特に入っている大根がウマい。
僕がひいきにしていて、スープカレーに大根をいれる
市内某店よりも、大根のなじみ具合は、こちらのほうが軍配。
一口大で食べやすいチキンもおいしかったし、
大きい揚げだし豆腐も、よくあってました。

今度はキーマカレーに挑戦します。

この時は、後に予定があったので、すぐに店を出たのですが
機会があれば、コーヒーでもいただきながら
腰を据えてゆっくりしたいものです。



あなたのオススメのカレーはどこですか?
あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?
よろしければ教えてください。

よせていただいたコメントは、さしさわりなければ
番組内で紹介させていただきます。


FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
FM 77.1MHz 富良野市と富良野市近郊で聴くことができる
コミュニティーFMラジオふらの
毎週月曜日午後四時から五時まで オンエアー中

追、おかげで4000ヒット超えました。
  覗きに来て下さったみなさん、
  ブログの設定をしてくれた、アキさんをはじめ
  多くのひとにお世話になりました。

  有難うございました。
FHF
昨日降った初雪は、すっかり積もって
あたりはすっかり冬の趣です。

今週の天気予報を見ても
雪マークが続いているので、
この雪が根雪になるのでしょうか。

それはそうと、北海道日本ハムファイターズ
アジアチャンピオン、おめでとうございます。


ダルビッシュのピッチングは全く危うげ無かったのですが
台湾投手陣を打てないファイターズ打線

特に僕の職場で野球通の同僚(大学時代まで野球部に所属)は
「あの、コンタだかポンタだかってのは
どー見ても打てる気せんなー」とか
言ってました。



今年のオフと来年のキャンプに、どう変わるかが
勝負になるでしょう。


このニュースは、北海道ではトップ近くに報じられていましたが、
全国ニュースでは、サッカーU19の
北朝鮮戦敗北のニュースに負けていましたね。


第85回
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
放送終了いたしました。

先日、僕と畏友のP氏と電話をしている時に
エスニックジョークについての話題になりまして
その時盛り上がったのが、

工業製品の進化

①ドイツ人が発明
②アメリカ人が製品化
(ロシア人が30年前にやっていたと言うだけいう)
③イギリス人が投資
④フランス人がデザイン
⑤イタリア人が宣伝
⑥日本人が小型化もしくは高性能化に成功
⑦中国人が海賊版を作り
⑧韓国人が起源を主張する。

というものだったのです。

そもそも、僕が中学生時代、
生まれて初めて聞いたエスニックジョークは


※レストランで、出てきたビールの中に蝿の死骸が入っていた場合…

イギリス人はビールに手をつけず、何も言わずに金を払って店を出る。
その店には二度と行かない。
アメリカ人は給仕を呼んで事情を説明して新しいのと代えてもらい、
一杯分の金を払う。
フランス人は店長を呼びつけて散々に文句を言い、
新しいのと代えさせる。金は払わない。
日本人は、周囲を見回してみんなが飲んでいれば飲む。
ドイツ人はしばし考えてからアルコールには
殺菌作用があったはずだと思い至り、蝿を取り除いて飲む。
ロシア人はそもそも酔っていて気がつかない。
中国人は「これは珍味だ!」と大喜びし、そのまま飲む。


というもので、中学生ながら
なんか面白いなーと思ったのがきっかけでした。


で、P氏との電話の後に、たまたま書店店頭で見つけ買ったのが
「世界の日本ジョーク集」(早坂隆著 中公新書ラクレ)
でした。

僕が買った時点(9月頃)で15版とかで
帯には「バカ売れ16万部突破」とか書いてあったのですが
いまはもっともっと売れ上げがのびているようで
先日札幌へ出張した時に入った書店には
軒並み面陳平積みされていました。
(この本の中の、ビールの中の蝿のネタ(本の中ではスープにハエ)では
韓国人は、「日本人のせいだ」と叫び、日の丸を燃やすとありましたw
似たようなバージョンでは「日本の陰謀だ」と言い、謝罪と賠償を要求し
日の丸を燃やす。というのもありました。)

といったことでも、最近注目をされているジャンルと
言えるのかもしれません。


そもそも、エスニックジョークの起源は
イギリスを構成する4つの国
イングランド・ウェールズ・スコットランド・北アイルランドの国民性を
誇張しておちょくったもので
たいてい、スコットランドかアイルランドが
オチに使われるのですが

流石、皮肉とウィットの国、イギリス。


それがヨーロッパに広がり

今や全世界に、というものなのです。

このエスニックジョークの前提となるのが以下のような戯画化です。
アメリカ人=独善的・単純・傲慢
ポーランド人=愚か者
スコットランド人=ケチ・抜け目ない
イタリア人=好色、臆病(これは二度の大戦の教訓によりますw)、情熱的
ドイツ人=権威主義・合理主義・クソ真面目
フランス人=好色、グルメ
イギリス人=紳士、堅苦しい、食事まずい
日本人=カメラ、金持ち、ニンジャ・ハラキリ・メカに強い
ギリシャ人=絶倫・男性同性愛者
アイルランド人=ゴルフ好き、執念深い
ロシア人=酒好き・物がない(旧ソ連時代)

ネットで拾ったのにはこんなのがありました。

ある日の新聞に次のような広告が載った。
「以下の本を高額で買取します。

ドイツジョーク全集
イタリア近世近代英雄戦記
イギリスグルメ紀行
ポーランド人の英知
モンゴル海軍の栄光
ソビエト連邦の芸術作品
アメリカ紳士列伝
ユダヤ人の職業倫理
フランス人の貞操
南米の偉大な実業家
メキシコ・シティーの空
無音時代のインド映画
独自文化の国ベルギー
戦闘国家コスタリカ
東西ベトナム戦争全史
アイスランドの森に生きる人
ルクセンブルクのワールドカップ名選手
オランダの謝罪例文集
スペイン人の静かなる祈り
日本を意識しない韓国人
ホームフィールド・アドバンテージ 著:元エクアドル監督

って、スゴイですよね。
イタリアの戦争における英雄は、
古代か、イタリア統一の時のみっていうこととか
コスタリカが、非武装中利の国であるってこととか
エクアドルのサッカー競技場が最も標高の高い競技場であるとか
そんなことが元ネタですね。
よくもここまで…

あとは、こんなのもあります。


「豪華客船が沈没して、多国籍の人々が、救命ボートに、乗りました
しかし定員オーバーで、男の人たちに降りてもらわないと
沈んでしまいます
そこで、船員はいいました」
アメリカ人に対しては、
「飛び込めばあなたはここでヒーローになれる」
イギリス人に対して
「紳士は飛び込むものですよ」
ドイツ人に対しては
「規則で飛び込むことになっています」
イタリア人に対しては
「さきほど美女が飛び込みましたよ」
フランス人に対しては
「飛び込んではダメだ」
日本人に対しては
「あなた、飛び込まなくていいんですか?
 ほかの男の人は、みんな飛び込みましたよ」
ロシア人に対しては
「あ、酒瓶だ」
中国人に対しては
「海に美味しそうな魚がいっぱい泳いでいますよ」
北朝鮮人に対しては
「今が亡命のチャンスですよ」
最後に残った、韓国人に対して言おうとした時、
別の船員がそれを止めました
「何故止めるのですか?」
「やめておけ、後で服が濡れたと謝罪と賠償を要求される」


「世界の日本人ジョーク集」には
こんなのもありました。

車の機密性を試すのに
日本は「猫を入れておいて、猫が窒息したら機密性があると考えます」
ロシアは「猫を入れておいて、猫が逃げなければ
機密性があると考えます」


日本を怒らせる方法
 各国の政治家が集まって
「どうしたら日本を怒らせることが出来るか」について
話し合った。
中国の政治家が言った
「我が国は潜水艦で日本の領海を侵犯した。
それでも日本は潜水艦を攻撃してこなかった。」
韓国の政治家が言った
「我が国は竹島を占領した。
それでも日本は攻撃してこない。」
ロシアの政治家が言った
「我が国はもう長きにわたって北方の島々を占拠している。
それでも日本は攻撃してこない。」
それらの話を黙って聞いていた北朝鮮の政治家が
笑いながら言った。
「そんなこと簡単ですよ。我々が核兵器を日本に使いましょう
そうすれば、さすがの日本も怒るでしょう」
 するとアメリカの政治家が首を横に振りながらこう言った
「無駄だね。それ、もうやったもの。」

ま、こんなジョークをジョークとして
ナガせるような時代が続けばいいですね。

そして

ドイツの応援をするイタリア人
フランスに同情するイギリス人
日本に協力的な韓国人と
「日本を見習え!」という中国人

これらを見ることが出来たのは日韓W杯の最大の功績だろう。

日韓W杯以降でも
こうでありますよう、
エスニックジョークが、いろいろな場面で
差別を助長するのではなく、
話の潤滑油となることを
強く信じて


♪ 今 日 か け た 曲 ♪

♪「Devil in Angel」Pornograffitti
10/30OA「Winding Road」カップリング

コード進行が聴く人の予想を裏切って、
見事にヒネっているところとか
シンプルなビートに聞こえているものの、よく聴くと
複雑にうねるベースラインといい
一筋縄ではいかないドラムのビートといい
それにのっかるボーカルや
歌詞にある偽善や独善といったことを
こともなげに歌ってしまうところ
ここらへんが全部あいまって
ポルノのかっこよさなんでしょうね。


♪「Valkyrja」妖精帝國
ゲーム「舞-乙HiME 乙女戦闘史」Op

中世バロックのおどろおどろしくも大仰な旋律を
奏でるのは、チェンバロ風やオルガン風のキーボードと
これまた大仰な教会音楽風なコーラスが
BDが刻むドンドンという単調なリズムと
ベースラインで作るトランス風なビートに乗っかるというと、
イカにも今風な音楽で
アリプロの片倉さんか、梶浦さんや、光宗さんあたりの
フォロワーという印象を受けますが、
それらの方と大きく異なるのが、
曲にのっかるボーカル、ゆいさんが
いわゆるアニメ声というか萌え声の持ち主ってのが
新機軸でしょうか。
しかもこの世界観の曲に歌い方が
結構ハマっていますし。


♪「Chercher~シャルシエ 」KOTOKO
FURANO History Factory11月のマンスリーパワープレイ。
 OVA「マリア様がみてる 3rdシーズン」Ed

土曜は、ラジオふらのがお休みで、J-WAVEの放送なので
別の局を聴くことも多いのですが、
この間、ラジオを付けたら、「KOTOKOのコト」をやっていました。
当然「シャルシエ」もかかつてましたよ。
でも、多分KOTOKOさんの曲を
日本で二番目にたくさんかけてる番組って
ウチの番組だと思うのですが…(違うか?)


♪「I WANNA GO TO DISKO」
 FHF10月のパワープレイ
「TONIGHT,TONIGHT,TONIGHT,」カップリング

オープニングのテクノっぽいイントロ。しかも今風テクノではなく
80年代のテクノで、YMOみたいでビークルらしくない
と、思ったら、すぐギターの旋律がはいって
あー、ビークルだなーと思ったら、ずっとピコピコ鳴っていて
そのピコピコがYMOでなければ、「トムトムクラブ」か
「フランキー・ゴーズ・トー・ハリウッド」といった趣。
なんか、懐かしすぎるんですけど。
20年前にタイムスリップした感じで、
オーケストラヒッツとか、ボコーダーとかで
遊んでいるのもいい感じで、懐かしい感を盛り上げてくれます。
でも、今の若い人は、これ聴いたら
同じコンセプトで遊んでる「DJ OZUMA」とか
思い浮かべるのでしょうね。



♪「あい」 アツミサオリ
 TV「くじびきアンバランス」Op

すっかり、木尾士目番組御用達のあつみさんですが
前作の「びいだま」よりもアップテンポの曲で
一瞬、えっ、と思うのですが
でも少々舌足らずでカワイラシイ、さわやかな歌声は変わらず
アコースティックギターのカッティングとか
時々はいるハンドクラップの音とか
間奏や対旋律を奏でるハモニカの音とかも
さわやかでかわいらしさをいい感じで演出してます。
と、思ったら、時々使っているブレイクもはっとする感じで
絶妙です。
普段は忘れている、不器用な青春の懊悩とか
甘酸っぱさとか、そういった言葉に出来ない諸々を
思い出させてくれる曲です。

2006.11.12 初雪です
初雪です。

しかも、イキナリこんな降るのかよ、といったくらい
派手に降りました。

いよいよ富良野も冬の始まりです。




さてと、本日いよいよ、アジアカップの決勝ですが
まもなくプレイボールです。


今朝の「サンデージャパン」の「週刊御意見番」を見ていたら

張さんの
「新庄いたほうがいい」発言があったものの、

(関口さんにツっこまれてました。その時の受け答えが
「そりゃあいないより、いたほうがいいでしょう」という
王道のツンデレ台詞でした。)


日ハムに関しては、「あっぱれ」は無し。

大沢親分の始球式がノーバンでキャッチャーにとどいたことには
「あっぱれ」をつけたくせに…
(理由は張さんが始球式をした時は、ノーバンで届かなかった
という理由によるそうです。)

そうそう、広島残留の黒田と、ソフトバンクの行く小久保にも
あっぱれでした。

小笠原も「あっぱれ」な回答をしてほしいものですが。



盛り上がっている野球ですが

先日「栄光のマウンド 早実vs駒大苫小牧」(竹書房 刊)を
読みました。

タイトルこそは早実vs駒苫ですが

それに至るまでの諸々の関係者にまつわる
ルポルタージュ集でした。


例えば、冒頭にあるのが
荒木大輔とともに甲子園を騒がせた
早実 小沢章一の闘病と苦悩の記録

最後まで教え子に囲まれていたなんて
いい先生だったんですね。

この話しで、ぐっと本の中に引き込まれて、

その後の早実の歴史の話。

駒苫・田中投手の師
宝塚ボーイズの奥村監督の
高校時代からプロでの苦闘
そして、ボーイズリーグへの転身。

駒苫快進撃のきっかけを作った
倉敷工業との雨天ノーゲーム再試合。

早実に土をつけることができなかった
日大山形

鹿児島工業

日大三

といったチームのチーム作り。

これらの諸々が
綿密な取材に基づかれて
丁寧につづられています。


多くの人が、沢山の大変をバネに変えて
そして頑張っている

時には、もう本当にダメだと思うし

時には涙も流すけど、

でも、それを順境へと変えていくパワーというのが
本当にスゴい。
人間ってここまで出来るのだ。と
思うことが出来ます。

こんな事例をたくさん知ることが
心を強くすることに役立つのかなぁ、などと

ガラでもないのですが、昨今の自殺の連鎖について
関連付けて思ってしまうのです。


と、

本当に駒苫の事件は残念でした。





おまけ。
野球とは全く関係ありませんが
ラジオふらのの人気番組「サンデーふらの」の
「今日は何の日」のコーナーで
自分のことがネタにされました(嬉)




FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
FM 77.1MHz 富良野市と富良野市近郊で聴くことが出来る
コミュニティーFMラジオふらの
毎週月曜日午後四時から五時まで オンエアー中
先日仕事が終わって、家に帰り
まず電気とテレビを付けると
いきなり画面に写ったのが
曾豪駒〔ジェン・ハオジュ〕の
ホームランシーン。



いきなりのことで、何が起こったか理解できずに、
とりあえず、スーツから着替えもせずに
テレビから情報を読み取ろうとすると
トータルスコアが1-0だとのこと。


取り急ぎ着替えて、夕飯を食べながら
テレビを見ると、ハム打線は
なかなか相手投手雷鵬を打ち崩せずにいる。

というか全然あってない。

というか、レイボーンじゃん。

広島は、もう一度獲得に乗り出したほうがいいんじゃないの
というピッチングの出来でしたが、終盤になんとか、

満塁の時も、通常より心持ち前進しているだけの
LaNewの内野守備隊形に助けられて
1ゴロの間に同点に追いつき、

小笠原のレフトフライで逆転。
(森本のタッチアウトはご愛敬だとしても
それにしても、あるサード守備もアブナッカシカッタ)

そして、テレビ中継は残念ながらここで終了
ラジオでも中継しないので
(HBCにガンバッテホシカッタ)
終夜のスポーツニュースを待ち
それによると
予想通り、武田久―マイケルのリレーで
逃げ切ったのでした。

レフトの川島については、この試合では
結果が出なかったようですが、悪くないオプションだと思います。
今シーズン始まる前、キャンプ中とかの話しを聞くと
いい新人入ってきたなー、と思ったものでした。
使い続けたら、田中賢介バリに化けてくれそうな気がします。

あとは尾崎とか小谷野あたりが
化けてくれれば面白いのですが
(陽や鵜久森は、その次くらいに化けてくれたら…)


にしても、雷鵬のあとに出てきた
魔鋭の、立て続けにフォアボールをだすふがいないピッチングに対し
解説の田淵クンが言った
「今日は阪神時代と同じだねー」
の一言には、ウけてしまいました。

確かに、魔鋭ことモレルは04年の阪神時代は
少々オモシロかったですから。

にしても、魔鋭にしても、雷鵬にしても
未だに、中国って外人の名前に漢字をあてるんですね。
(ユニフォームの背中の文字は違いましたが。
でも、背中の名前が漢字とかハングルってのは
改めてみると新鮮です)

思わず、宋の時代に「ヤリツアボキ」や「チンギスハン」や
「ワンヤンアクダ」に
「耶律阿保機」「成吉思汗」
「完顔阿骨打(マンガ家に非ずw、為念)」
といった漢字をあてていたことを、思い出してしまいましたよ。

ただし、ずいぶんカッコイイ漢字をあてるようになったのが
進歩といえば進歩なのでしょうけど

「卑弥呼」というのも、魏の人が勝手にアてた漢字です。
卑なんて漢字、使わないですよね、人に普通は。
人だけでなく、民族や国名についても
匈奴だとか鮮卑だとか奴国だとか
結構ヒドい漢字をあてていましたし。

それに比べたら、幾分マシになったかと思うわけです。

それともスポーツ選手という職業柄、
そういう強そうな漢字をあてているだけなのかも
しれませんが。

ま、外国人力士に露鵬だ、把瑠都だと名付けている
日本も、実はそんなことを言えないのかもしれませんが。


北海道日本ハムファイターズについては、
是非今日の「チャイナスターズ戦」スッキリ勝った勢いで
(仕事の関係でゲームを見ることが出来ず
試合のデータしか知らないのですが…、
にしても岡島はこれが日ハムで最後の登板なのでしょうか。)
ついでに明日の「週刊御意見番」でも「アッパレ」もらったあと
決勝でもナイスゲームをして
是非アジアチャンピオンになってほしいものです。




追伸

今日、人の優しさに
またふれることができました。
感謝してます。
ありがとう


FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
FM 77.1MHz 富良野市と富良野市近郊で聴くことが出来る
コミュニティーFMラジオふらの
毎週月曜日午後四時から五時まで オンエアー中
日ハム、先勝。
7-1で快勝でした。

ま、レギュラーシーズンを通して
活躍した人については、
変わらず良い仕事していました。

変わったところといえば

サードにこの日は木元
セギ様の代役DHは、稲田
外野のあと一枠には紺田

という選択でしたが…



ま、その他の、伸び代に
期待をしたいところです。

ここがやはり、日ハムの
キャンプでの課題でしょう。


投手陣については、
八木の肩の違和感が気になるものの、
押本と建山がシリーズ中のいい時みたい
でしたので、
本日のLaNew戦も期待できます。
武田勝も、悪くなさそうですしね。


余談ですが、サムソンのサード「趙東贊」は
日本球界に来たら、
格好の新聞ネタですね。

「チョ・ドンチャン」ですもの。

「ドンチャン騒ぎ」なんて新聞見出しになりそうなこと
必至…。


あと、気になるニュースとしては
「はらたいら」さんの訃報ですね。
おなじみクイズダービーで有名なだけでなく
北海道関連で言うと、
昔この方、「北海道新聞」にも
連載をされていました。ブロック紙3社連合(北海道・中日・西日本)での
連載だそうですが…。

ご冥福をお祈りします。



さて、

出張が終わり、札幌から帰ってきたのですが
今回は行きも帰りもJRでした。

以前お話した通り、ドライブが好きな以上に
鉄道が好きな私、

カテゴライズすれば、ユルいテツなのですが

テツとして致命的な欠陥があるのです。

構造的欠陥ともよぶべきことが僕の中に…


それは何か?

それは、

極めてしばしば「キップをなくす」のです。

いや、なくす、というよりは
改札した後、どこに入れたのかを
すぐ忘れる。
ポケットなのか財布なのか
財布じゃなくて鞄なのか
ってカンジで、

見事なくらい。

それこそ、地下鉄やモノレールの券から
今日みたいなSキップまで。

畏友の「P氏」や「GM」クンにも
あきれられながら
「またかよ」「またっスか」などと
いわれるほど。

この日もヤッチャッタ…

いえ、10分くらいゴソゴソとさがすと出てくるのですが

でも、不思議なことに、見つかったポケットに
一回手を入れただけでは出てこない。
二回入れても出てこない
三・四回入れなければ不思議なことに
出てきません。

なぜなんでしょう。

いや、意識している時は、いいんですよ。
でも、ふ、と気を抜いたときなんかは
結構な頻度で忘れます。

病気か?ってほど。

何回、同じ事を繰り返すんだって時間ですよ


しかも、この人、ご存じの通り人より多く鉄道に乗っているから
人よりおおくゴソゴソやっている。

この時間を蓄積すれば、たぶん
何か人類のためにとても有益なことに
使えそうな気がしてならない。



ただし

そんな、そこつものの僕にも、
鉄道の景色は等しくヤサシイ。


僕が育った、埼玉県にも通じるような
新興住宅街のたたずまいや

苗穂運転所の片隅に残る
扇型の車庫や転車台や

豊沼駅から、北海道三井化学などの工場へ
かつて引かれていた廃線跡の
小さな橋脚や

そんないちいちの景色に
朝から魅せられていたのでした。


FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
FM 77.1MHz 富良野市と富良野市近郊で聴くことが出来る
コミュニティーFMラジオふらの
毎週月曜日午後四時から五時まで オンエアー中

森本選手、ゴールデングラブ賞受賞おめでとうございます。

プロ入り初の表彰ということで、二重にめでたいですね。

しかも加えて、田中賢介選手・稲葉選手も
初受賞、稲葉選手は正直初受賞ってのが意外だなと
思ったのですが。(もう2.3度とってそうだったので…)

でもって、外野手は新庄選手とあわせて

3人でゴールデングラブ賞独占。

これは、今から28年前、
黄金時代の阪急ブレーブスの
福本・蓑田・ウィリアムス以来のことだそうですから
スゴさも本物です。

ま、外野陣の固さについては、愛読している「野球小僧」誌でも
折り紙つきでしたから。

とりあえずここまではよかったのですが…

来期の外野陣は、

新庄選手の引退と

坪井選手の自由契約で
(合同トライアウトでは、横山投手(こちらは、古巣横浜が
興味を示してるそうで)ともども注目を集めているそうで

加えて、私が当ブログで推している、

「投げる同人作家」

「ハムの女神様」

「ベルダンディー佐々木」)

こと

佐々木貴賀投手

ともども、新天地で新規一転ということになってほしいものです。)



外野のあと一枠には誰が入るのかという問題と

あとひとつは、この方もゴールデングラブ賞受賞者

ガッツ小笠原選手の去就

(あとセギ様のパスポート問題も気になります。
これが、ワールドカップとかワールドシリーズとかなら
超法規的措置で、あっという間に発給されて、ということに
なりそうな気がするのですが…ローカルな野球リーグだから
ナめられてんのかな、って感じして)

スポーツ新聞の報道を見ると
某在京球団に決まりそう…みたいなことが書いてあって
ウツになるのですが…、

でも、あそこってヒゲだめじゃなかったでしたっけ。

シピンの例を出すまでもなく…

T鼻オーナーこそは、「いい握手をしたい」と言ってるそうですが

問題なのが、NベTネ会長。

この人は、僕の大学の後輩にして(えらそう、当然面識はなし)
某有名金メダリストの旦那をトレードで獲得
(彼の獲得に関しても、来期のこのチームの外野の方針が
「新外人に守らせる以外の2つのポジションを
彼やヨシノブやヤノやシミズなどで競わせる」という、
いつも通りのオモシロい競争
まず、新外人が戦力になることを前提に
ポジションを確約しているところがオモシロいですし
(これがマッチングしなくて毎年アタフタしてませんか?)
この面白競争原理は、移籍してきたベテランも
伸び白のある若手も、等しくダメにするシステムだと思います。
堀田選手なんて、永遠の若手みたいな扱いで、気づいたら
いなくなっていましたし…、
彼が、イデ選手みたいにならないことを祈るのですが)

しておきながらも、
「(補強が)ぜんぜん進んどらん、今のままじゃダメだ」
と言ったそうで。

面白スギです。

しかも、彼が中村ノリやキヨハラに対して言った
面白名言の数々ときたら、枚挙に暇がない。

調子がいいときはもちあげて
調子が悪いと、野球以外の外見とか私生活を問題にする。


ガッツが、そんな野球以外の雑音を
聞かされるような境遇に行く事に対して
まず、心配をするものなのですが…。

そんな野球以外のことで心配させなくても、ねぇ。


それと、
黒田は、広島に残って
本当に良かった。

ね、GMクン



FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
FM 77.1MHz 富良野市と富良野市近郊で聴くことが出来る
コミュニティーFMラジオふらの
毎週月曜日午後四時から五時まで オンエアー中
今日も、札幌の出張先のホテルでブログの更新をしています。
某定宿は、気軽にネットが繋げるのでいいね。
ありがたいことです。

えー、11月6日オンエアー 第84回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
での、コーナー「富良野印度化計画」であります。

一般の方向けのイベントではないのですが、

富良野市で11月22日(水)に
「平成18年度上川管内農村女性のつどい」という
イベントが開催されますが、


食のトライアングル(農・商・消)研究会で活動をされている
「富良野カリ~番長」さんから、このイベントのお手伝いを
依頼されまして、「カレーの街富良野を勝手に応援している」と
番組内で公言していることもあったのと、
富良野カリ~番長さんにはいろいろとお世話になっているので、
お手伝いをさせていただくことになりました。

で、このイベントは、10年以上続いていて
「上川管内農村ネットワーク“ほほえみ”」さんが主催している
農村女性の交流と、情報交換、情報発信を目的として行われいます。

基本的に、管内農産品や加工品などの展示・即売と
話題提供のための発表、講演が中心となります。

で、その後段の「発表・講演」の演題が
「カレーで挑むまちおこし!!」で
富良野市で取り組んでいるカレーにまつわるもろもろを
いろいろな立場の方が発表されます。

例えば、富良野カリ~番長からの、食のトライアングルの
主な活動内容説明
緑峰高校の先生からの、カレンジャー娘の取り組み説明
農業者の方の生産現場からの、カレーの取り組み
農家女性の方の、カレーにまつわる起業の取り組み
食のトライアングル代表の、カレーの活動をしてきた成果と波及効果。

といったことが、具体的な例とともに、発表されます。


で、最後は「うたがかり」の生演奏でしめるという
楽しみなイベントなのです。

なんでも、管内だけでなく、山口県から視察も入り
参加者の数が400名を超えるとのことなので

今から楽しみにしています。

これを契機に、さらに「ふらのカレー」が
広まるといいなと思っています。

というお話をさせてもらいました。



話は変わって…


最近行ったカレー屋さん

☆soupcurry&dining SUAGE(札幌市中央区南4条西5丁目)

定宿がすすきのなので、近場のカレー店、と思ったっけ、
「ばぐばぐ」にしようか、ここにしようか迷ったのですが、
結局昨日もおいしい野菜を食べて大満足だったので
こちらへ。

このお店に来るのは2度目で、東京に系列店出していて、
夏コミでおとなりになった「カレーサークル」の
「東京スープカレー部」がオしていたのも、
「こっちにしよー」と思った一因となった…、ノカ。


こちらは、4人がけの席3つと、カウンター8席の
こじんまりしたお店で、ハウス系のBGと、白木っぽい
テーブルやカウンターがまずいい感じ。

この日は、知床鶏野菜の辛口、チーズとベーコントッピングを
いただきました。

まず店名の「SUAGE」の名にそむかない
素揚げされた具材のおいしさときたら、

なんで、素揚げ素揚げ言ってて、僕に素揚げのコダワリを
アツく語っていらい、僕自身も素揚げという単語に反応してしまう
そうなった張本人の同士で畏友のGMクンが行っていないのか…

とにかくそれぐらい
すあげのもろもろがウマい。

にんじんなんて、にんじんと思えないくらいの甘みだし
ナスはナスですごいジューシーだし
インカの恵みを使っているジャガイモも素材のいい味でてる

しかも、キャベツも、まいたけも(ここ大切)、
ヤングコーンも、オクラも
全部ウマウマでした。

でもって極めつけは、

「焼き鳥、塩にしますか、タレにしますか?」
「いや、スープカレーの中に入れて」

って感じの、ふつうにおいしい焼き鳥やで出てきそうなくらいの
ジューシーでやわらかい、素揚げされた知床地鶏


しかもトッピングで加えたベーコンが大正解。
12センチ×7センチくらいの大きくて
推定1センチはあろうかという厚手で、
しかも香ばしいしやわらかいし

そんなベーコンがベロンと乗ってた。

スゴい。


スープも辛口なんだけど、たまねぎの甘みも生きているところが
またまたいいです。

おいしいスープと、おいしい具材。

しかも、加えて雑穀入ったライスってもんだから、


本当にご馳走様でした。


場所については、住所で言うより、
巨大観覧車、「ノルベサ」の向かいっていったほうが、
道民的にはわかりやすいのかな。

しかも姉妹店suageBARが南1西2-5に…

こちらのメニューには、「野菜たっぷり20品目カレー」
というのがあって18種類の野菜と、揚げもちとベーコンが
食べられるという代物

ヤバい、食べたい。

ということで、こちらもリベンジするでしょう。



☆yellow (札幌市中央区南3条西1丁目)

以前札幌駅から徒歩7分くらいのところにあった時
畏友のp氏と行ったことがあったのですが
移転後は初めてです。

道内外のアーティストから愛されている
一店ですね。

以前行ったときは、赤を基調とした内装にDJブースとか
LPレコードとかあって、すっかり気おされていたのですが

現在は、カウンターこそは赤基調なのですし、
DJブースも健在なんですが。

奥の飲食スペース黒基調になっていまして
単なるカレーヲタでアニヲタの僕的にも落ち着けるようになりました。



この日は最初はオーソドックスに、チキン野菜とか思ったっけ
テーブル上のメニューには
「路地物舞茸と秋野菜のスープカレー」の文字

即決。

オレンジのやさしげな色したスープに
焦がしバジルが散らされている

基本的にイエローのカレーですが

入ってる具はぜんぜん違う。


舞茸・たっぷりしめじ・揚げたさつまいも
かぼちゃ・素揚げのなす・にんじん
ほくほくの芋・レンコン・ピーマン

全部、具はウマかったよ。
本当に…。

しかも、濃厚なスープ。
見た目に比べて飲み口スッキリサワヤカで
本当においしいスープ

と、思ったら

あとから辛さがキターっ

しかも、スルドイやつが。

さすが3.5番。


スープのそこに
なんか沈んでると思って、ジャガイモだべと思ったら


まいたけでした(嬉)

こんなうれしいびっくりだらけの
スープカレー。

でもって最後は
黄色い玄米白米ミックスライスを
投入。

きのこもうまけりゃ、ご飯もウマい。

したら、秋のきのこご飯の趣。

ってか、スープカレーきのこ雑炊のおもむき。


一緒にイタダイタ、ベルギービール
ヒューガルデンホワイトが
香りも味もフルーティー。

これまたおいしかったっス。

でもって、注文したあとに
「ベーコンステーキカリー」

「水餃子カリー」
の文字が。

しかも、温玉トッピッグって…。



でもってここがリベンジポイントで

再訪を誓ったのでした。




☆オーガニックスープ“ころんぼ”(札幌市中央区北4条西4丁目)

食後のアイスと、おいしいルーカレーで有名な名店、
コロンボのお隣の系列店。

ここではチキンのスープカレーを注文。

しっかりとしたチキンレッグと、舞茸と、
にんじん、ブロッコリー、ウマーなじゃがいも

米もウマ。
たまねぎとセロリなどの野菜の味が溶けてる
スープもウマ。

これは、店の看板メニューの

ミネストローネにも相通じるっス。

本当にやさしいスープカレーでした。

次は、ドライカレーとか大豆ひき肉カレーとかに

チャレンジするっス。





あなたのオススメのカレーはどこですか?
あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?
よろしければ教えてください。

よせていただいたコメントは、さしさわりなければ
番組内で紹介させていただきます。


FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
FM 77.1MHz 富良野市と富良野市近郊で聴くことが出来る
コミュニティーFMラジオふらの
毎週月曜日午後四時から五時まで オンエアー中
音楽の快感の本質は
鼓膜や体が、細かくゆすられて
ココロの微妙なところに刺さるように
入り込んでくることだと思うのですが。


本日から出張で札幌です。
で、出張の流れで、ある式典に参加したのですが、
そこで、式典を盛り上げるために高校生の
音楽や演技を見る機会に恵まれました。

と、格好つけてますが、端的にいうと。

本当に、ココロが洗われるくらい感動しました。


たとえば、所サンの「吹奏楽の旅」とかを
見ているだけで、過去のモロモロを思い出して
グっとクルことが、少なくありません。


私、中学・高校と、部活動は吹奏楽でした。
だから、朝から晩から、趣味の時間・学習時間と睡眠以外は
ほとんど吹奏楽漬けだったわけです。


思えば、吹奏楽というのは文化部の中でも、
少し不思議な立ち居地の部活です。


一くくりに文化部とはいいがたい。

僕みたいにモロヲタもいるし〔しかも、少なくない〕
他の文化部にはあまり見られないような、
ミュージシャン志望の少しチャラいのもいる。
音大目指している派手なネーチャンもいる。
ま、芸術系の部活動ですからね。
楽器をやりたいから、中学は運動部だったけど、高校からはじめて
その運動部気質が抜けないままのヤツもいる。

でもって練習は、筋トレあるし、ランニングあるし…

そもそも僕が吹奏楽はじめたのは、
中学校が部活全入で

運痴の僕は運動部など入る考えははなからなく

あった文化部は、吹奏楽・科学・合唱・美術の四つ。

美術は絵が致命的なくらい下手だったので×
合唱は女の部員しかいないので×
科学はなんかフンイキクラいんで×

ってことで、選んだのかせ吹奏楽でした。
私自身、小5までエレクトーンをやっていて
楽譜が読めるというのもあったのですが…。

でもって、仮入部のときに、この年のコンクールの自由曲
「ショスタコービッチの交響曲第五番第四楽章
アレグロノントロッポ」を演奏していて

この曲って、管も弦もヒタスライソガシイ曲。

その時にインパクトあったのが
ティンパニーだったわけです。

この曲は印象的なティンパニーのソロからはじまりますし。

ってことで打楽器を選択したアンイな私。

でも、筋トレとかヤで入った吹奏楽部で
ランニング・筋トレあるとは思いもしませんでした。

ま、そこで人並みには鍛えられたんですけど…。

といことで、活動も少し体育会系寄り。


そんな、本当にサマザマな個性が
顧問や学生指揮者の指揮棒一本に集中して
音楽を奏でていく。

なんてステキな空間で学生時代を過ごさせてもらったのでしょう。



しかも、一般バンドはに入ったら
そのバラエティーには拍車がかかったように広がっていきます。

鳶だろうが、公務員だろうが、主婦だろうが、若社長だろうが
OLだろうが、店員だろうが、音大生だろうが、フリーターだろうが

ともかく、イイ音を出した瞬間の快感。

それは、冒頭に話したとおり、

体のいろいろなところをゆすられて
その波動がココロの繊細なところに
染み込んでいく快感なんです。


だから音楽はやめられない。

そして、生演奏を聞くのもやめられない。



ってことで今日聞いた式典ですが


感動したのは
富山県の南砺総合高校と平高校の郷土芸能発表、邦楽と舞

北海道にない、本州ならではの伝統文化の深みと味を感じました。
バックの水墨画風の合掌造り集落の絵も良かったです。

札幌白石高校吹奏楽部

久々のナマ白石サウンド
神戸震災のレクイエムに圧倒されっぱなしでした。
パーカスが盛りあがって、全体でガンとくるところなんて
鳥肌ものでした。

札幌東陵高校と北海学園札幌高校のマーチング

久々に見ましたが、ステージドリルっていいね。
一糸乱れぬ動きにレヴェル高いなーと思いました。

広島の山陽学園高等部のバトントワリング

20年連続全国金賞は伊達ではない。
すごいきびきびしていながら、キュートな動きに
魂つかまれました。

大阪の関西創価高校の筝曲部

現代筝曲をナマできくのははじめてで
そのバリエーションの広さと、レパートリーの豊富さや
今後の可能性とかに圧倒されました。

釧路江南高校の蝦夷太鼓部

白石とか、東陵・北海札幌同様、まさにココロと
魂を揺さぶられる圧巻の演奏でした。
太鼓の音が、ココロと魂に利くのは、
和洋関係ないですね。


高校生ってスゴい。
まとめて、魂をわしづかみされた気持ちで
ココロがキレイになりました。

明日の仕事も頑張ろう。



FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
FM77.1MHz 富良野市と富良野市近郊で聴くことが出来る
コミュニティーFMラジオふらの
毎週月曜日午後四時から五時まで オンエアー中
FHF
祭りの後は、いつも少しさびしいものです。

普段見慣れた景色も
寂しげにうつります。


第84回
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
放送終了いたしました。

この日は、本当の「ラジオふらの」のお誕生日。
この日をきっかけに、報道のあり方を考えることが出来る
ということで、

昨日早朝の某李威氏との話と少々カブるのですが、

国境なき記者団の話でした。



国境なき医師団とはよく耳にするのですが、
国境なき記者団とは何か。

戦地のムゴさをあらわすエピソードとして、
記者が拉致されたり、虐殺されたりといったことが
よく語られます。

ロバートキャパの名前を出すまでもないでしょうが…

また、拉致・虐殺・拘禁以外にも
様々なケースで報道の自由が侵害され
記者の行動が制限される場合があります。

そのようなケースに立ち向かい、言論・報道の自由を擁護することを
目標に、国を超えて設立された、ジャーナリストによる国際的な
非政府組織(NGO)が、「国境なき記者団」で
1985年、パリで設立されました。

世界中で拘禁・殺害されたジャーナリストの救出と
その家族を支援するのと、

各国のメディア規制の動きを
監視し警告するのが主な活動です。
近年では、インターネット検閲を行ってる
中国のYahoo!やGoogleに対して
検閲をしないように要請などをしています。

また、メディア規制の監視という観点で行っているのが、

2002年以降からはじめられた
世界報道自由ランキングです。




これは、2002年以降毎年14の団体と130人の特派員、ジャーナリスト、
調査員、法律専門家、人権活動家らが、それぞれの国の報道の
自由のレベルを評価するために50の質問に回答し
指標が作成され、その指標に基づいて発行されたリストが
世界報道自由ランキングです。


2006年版は10月24日に発表されたばかりですが

1位が同指数で、フィンランド・アイルランド・アイスランド・オランダ
ついで5位がチェコ
6位がエストニアとノルウェー
8位がスロバキアとスイス
10位がハンガリー・ラトビア・ポルトガル・スロベニア
14位がベルギー・スウェーデン
16位がオーストリア・ボリビア・カナダ
19位がボスニア・ヘルツェゴビナ・デンマーク・ニュージーランド
   トリニダード・トバゴ
という順位で、
他の先進国は

23位ドイツ 27位イギリス 31位韓国 32位ギリシァ
35位オーストラリア フランス 40位イタリア

といったところです。



上位とともに知りたいのが下位

下から10位をいうと

159位 ネパール
160位 エチオピア
161位 サウジアラビア
162位 イラン
163位 中国
164位 ミャンマー
165位 キューバ



ワーストスリーが

166位 エリトリア
167位 トルクメニスタン
168位 北朝鮮

という順位でした。

エチオピアとの国境争いが続くエリトリアと

ニヤゾフ独裁が続き
彼の身長wとカツラの着用wが国家機密にして、報道のタブーである
中央アジアの北朝鮮トルクメニスタンと
本家の北朝鮮

という納得?のラインナップでしたw。

では日本は何位かというと
51位だそうです。

これは2005年からは14位
ランキングが始まった2002年から比べると
25位のランクダウンだそうで。


理由は「排他的な記者クラブ」と
「勃興しつつあるナショナリズム」
だそうで、

前者は、首相官邸や省庁などに設置された
記者室を拠点に、特定の報道機関の記者が集まった
取材組織である記者クラブ制度の存在していて
これが、言論統制や情報操作につながる
中小メディアの締め出しとか
取材関係との癒着などが、健全なジャーナリズムの発達を
阻害してしまうということです。

後者は、新聞記者や新聞社への物理的攻撃があることで

この二つが順位下落の根拠としてます。



確かにこの2つは、今後日本のマスコミが考えなければ
ならない問題ですからね。

日本のマスコミが健全であるために
僕らは何ができるのでしょうか

コミュニティーFMとはいえ、
報道に携わるものとしては
考えなければならないことです。




♪ 今 日 か け た 曲 ♪


♪「きらめく涙は星に」 タイナカサチ
TV「Fate/stay night」Op

タイナカさんと言えば、歌がメチャウマな若手ですが
この太くしっかりとした、説得力のある声も
また彼女の魅力の一つ。
激しいビートと、エレギや複雑なベースやリズムの
動きにかぶさるストリングスやリードギターの
凝った編曲のバックにも、骨太に歌う彼女の歌声は
全く負けていない。
ある意味彼女の武器である高音が曲中にでてこなくても、
スゴくウタのうまい人だって事がわかるし、
カップリングのしっとりとした歌い方と対比するだけでも
彼女の懐の広さにふれることができます。


♪「深呼吸」 Splash Candy
第81回OA「アリス」カップリング、TV「貧乏姉妹物語」Op

カップリングのアリスがアップビートで、少しテクノっぽい曲
一転して、こちらは正統派ミディアムテンポの佳曲。
Bメロのコードの使い方が少々ヒネった感じで、面白い音の
使い方をしていますが、あとはケレンミなく曲はすすみまして
さびのところのメロディーは、歌詞の
「思い出に戻れないから きょうをいき明日をつかもう
かけがえのない君の 宝石は心にある」という
前向きでストレートな内容と補完しあい、
この子の歌い方とあいまって、説得力あるメッセージに
なっています。ま、貧乏姉妹物語のオープニングですからね。


♪「Chercher~シャルシエ~」KOTOKO
FURANO History Factory11月のマンスリーパワープレイ。
 OVA「マリア様がみてる 3rdシーズン」Ed

KOTOKOさんの新曲は、いつも通りの前向きな曲調で
それに直球ストレートなラブソングの歌詞が。
少しバロックっぽい旋律や鐘の音が入っているところが
カトリックっぽいところなのかな。
ただ、出てくる2人が女の子だってことを考えると、
少々テレくさくなったりして。
そこが「マリみて」っぽいのでしょうね。


♪「Love@Massenger」野中 藍

ストレートなユーロビートっぽいっ曲調で
最初はマイナーコードから入って、
サビ前4小節でメジャーコードに変わり
そのままサビに突入するところも
それっぽいですね。
そんなビートやコードにのせて
舌っ足らずなアマーい声で、あいぼんこと、野中さんが歌う
正統派アイドルソングなのに加えて、台詞っぽいふしまわしで歌ったり。
ってことは、声優ソングのある意味正統派なのでしょうね。
前向きで、元気になる歌詞ですし、
いまなら野中さんといえばやはり「木乃香」ですね。


♪「夏のヒーロー」 YUKI
10/25OA「ふがいないや」カップリング

ご存じ、「ジュディマリ」のYUKIさんですが、
スローな曲調や、セツない歌詞によくあったオルガンっぽい音や
彼女の丁寧でしっとりとした歌い方が
夏の終わりの気分を盛り上げてくれます。
特にサビがせつないね、ソーダ水、蝉時雨、はぐれ雲
といった歌詞に出てくる単語の道具立てが、
けだるい、一日中プールではしゃいだあととか
お祭りの後みたいな、けだるい夏の終わりが思い出されます。
睡眠時間が少なくて迎えた後のけだるさと
夏の終わりのけだるさって、少し似ていませんか。
奇しくもOA時は、ラジオふらの祭りの、あとでしたしね。
FHFは道産子アーティストを応援します。



FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
FM77.1MHz 富良野市と富良野市近郊で聴くことが出来る
コミュニティーFMラジオふらの
毎週月曜日午後四時から五時まで オンエアー中


追伸

冬のお祭り

受かりました(嬉)

12月30日

東フ02a

です。

今から頑張ります!
ラジオを終えて、仕事に向かう前に
上富良野へ車を走らせました。



前日は、ゴスペルコンサートが終わったあとに帰宅し
午後8時30分に眠りについて、6時間ほど寝ようと思い
3時くらいに目覚ましをセットしました。

ところが

11時30分に目が覚めてしまいまして
その時聴いた番組が面白くて、
そのままラジオふらのを聴いていたら
何回かは、うつらうつらと波が来たのですが
気がついたら、3時を周り、
結局寝ずに朝になってしましました…。

放送が終わる前までは、緊張と興奮で高ぶっていたのですが
終わると同時にかるく疲れがきてしまった。

広場には、さらにお疲れのスタッフがいる手前、
3時間とはいえ睡眠をとった身としては、ヘロヘロである
とは言えず、

しかもその後、切り替えて、仕事へ行かなければならないということで

気合い入れと目覚ましを兼ねて、「フロンティアフラヌイ温泉」へ。


眠さとかで頭がボーっとしている時に入る
「しゃっこい温泉」(命名、舘浦あざらし氏)は
いいですね。
31度の「しゃっこい」温泉に入ると、
そのぬるさに、眠気もふっとぶってもんです。

それ以上に良かったのが、上富良野へ車を走らせる途中に見た
きれいな日の出でしょうか。

番組が終わり、ぽーっとした頭を抱えながらも、
スタジオを一歩でた時に味わう、清冽な朝の空気と、日の出。

あー、
早朝の生放送っていいなぁ

改めて思ったわけでした。

得難い体験でした。

あと少しだけ、27時間ラジオと、ラジオふらの祭りは続きます。

そうそう、今週の火曜と水曜は、
出張で札幌宿泊になります。

また、カレー屋でも行きますよ。
ラジオふらの祭り、2日目突入です。
私もプロデュースした番組が終了して
大きな荷物を一つ下ろした気持ちです。

ってことで、MCを担当した某李威に
番組のことを書いてもらいましょう。



お早うございます。某李威です。
今日は、FBCコモンさんの紹介で番組を担当させて
いただきました。


お話した内容です。

国家の三要素は、一般に、国土と国民と主権ですが、
広く世界を見渡してみると、実は一筋縄でいくものではないようです。
日本は国家が国家として機能して、公的機関の地位にある人により
それなりの治安が保たれていて、その恩恵を僕らは
あたりまえのように享受しています。
が、世界に目を移してみると、中には国家の存在自体が
破綻してしまっている地域があります。
ニュースによって知らされる汚職、不正、テロ、貧困、
腐敗、それらの原因の根本に国家の破綻しかかっている、
もしくはしているシステムが関わっていることは
少なくありません。
そして、国家の破綻は、その国だけの問題ではなく、
当然地球規模で考えなくてはならない問題です。
ということで、国の形とは何かということについて
お話をしました。


国の形ということで思い浮かぶのは主権の存在による
「民主国家」・「独裁国家」という区分、
もしくは経済体制による
「資本主義国家」「社会主義国家」「共産主義国家」という区分、
他にも「先進国」「新興工業国」「発展途上国」「宗教国家」
といった、さまざまなカテゴライズがありますが、
最近目にして面白いと思ったのが、
ハーバード大の「失敗国家プロジェクト」の成果として
公刊された論文集に寄稿している「ロトバーグ氏」の、
世界の国民国家の分類方法です。

それが強い国家、
弱い国家、
失敗しつつある国家、
失敗国家、
崩壊国家です。

強い国家は、正常に国のもろもろが機能している国。
弱い国家は、国内対立、経済政策の失敗などで、
国民に対する、教育・医療・インフラクチャーの
整備と維持といった、公共財の提供といった
行政サービスが、満足に行えずに、劣化していて、
民族・宗教・言語といったコミュニティー間の緊張が高まり、
都市の犯罪率も上昇するような状態の国。

失敗国家とは、反政府ゲリラの武力闘争が長引き、
内乱状態となり、政府は国土の一部だけを支配、
経済・行政サービスはマヒし、政府を守る軍隊のみが機能している。
だから、通常の警察力が機能を停止、
犯罪的ギャングが都市の街路を闊歩する、
議会や司法制度が正常に機能しない、
汚職や腐敗が蔓延しているような国。

両者の中間に位置しているのが失敗しつつある国いう区分です。

例を出すと、
イスラムゲリラの活動がしばしば報道されるフィリピンは、弱い国家。

例えば、現在も頻繁に戦闘が報道されているイラクや、
核の脅威の中心であった北朝鮮は、失敗しつつある国家。

空爆によって日本のマスコミには出なくなったものの、
今なお先鋭的な軍閥同士の対立が続いているアフガニスタンは、
はっきりと失敗国家

それで、失敗国家へと向かう原因とか兆候としては、
たとえば、資源や援助物資、港湾や空港といった利権などを有する
親分が率いる武装集団が台頭したり
公的機関の地位にある人が、個人的な利益や報酬のために、
公的資源を流用したり、有害廃棄物の投棄・麻薬や動植物の密輸・
海賊や山賊・外国援助の流用・警察や軍の悪用といった
不法活動を行ったりといったことがあげられるのですが、

実際に論文中にある表に、名前があがっているのは
全部で44カ国あります。

これを見て、まず特徴的なのは、北米の国は、
これに該当する国が一カ国もなく、

旧ソ連の12カ国の中で、半分にあたる
6カ国が弱い国家であることです。


例えば、
先日大規模な反政府デモの報道があったばかりのキルギス

金正日も真っ青な独裁者ニヤゾフ一族による支配が続き
中央アジアの北朝鮮といわれているトルクメニスタン。
だって、二ヤゾフ終身大統領(この名前がすでにイイ)ってば

自身がガンの手術を受け禁煙中だからという理由で
国内全土を禁煙にしたり
田舎の人は字が読めないからという理由で
首都と大学以外の図書館を廃止したり
「白鳥の湖」を踊る男性ダンサーの衣装が気に入らないので
バレエ上演を禁止したり
病人は首都に来ればいい、という理由で
地方の病院を閉鎖したり
女性に金歯が似合わないという理由で
女性の金歯を禁止したり
見苦しいからという理由で
若者のヒゲを禁止したり、
ニヤゾフ大統領の身長やカツラ使用のことを
報道することはタブーだし
首都にはほぼ50メートルおきに肖像画や銅像が設置され
その中心には高さ14メートルで太陽の動きにあわせて回転する
黄金のニヤゾフ像があり、
乳製品や牛乳から、服・酒などに
ニヤゾフブランドがある。

って

21世紀の国家か?ここ?

また、
2006Reporters Without Borders
によると、世界で最も報道の自由のない国の一つなどと言われてます。
(残りは、例の半島の国と、エリトリアだそうです)

話しを戻します。

オゾンの「恋のマイアヒ」のヒットで一躍有名となったモルドバは、
ヨーロッパの最貧国
そもそも、なんで聞いたことのない国の歌手が
ルーマニア語で歌っているのかというと、
国自体がルーマニアに隣接していて、
民族もルーマニア系のモルドバ人が中心。
ロシア帝国から、ソ連時代にかけて
ロシア人やウクライナ人が入ってきて。
特に国境警備ということで、ドニエストル川沿いに軍が進駐
モルドバの独立とともに、民族的に対立する、
ロシア系民族が独立を宣言したのが「沿ドニエストル共和国。」
いまだに共産主義の看板をかかげ、国章や国旗には
共産主義の象徴の「鎌とトンカチ」
しかも国章の下や、使用している通貨にはCCCPとあり
我々は、ソ連の一部であるという主張がスゴい。

で、そこがモルドバ国内有数の工業地帯で、
電力の供給源ということで、モルドバは
いよいよ大変なことに。
「ノマノマイェィ」とか
言っている場合ではないですよね。

ただ、ロシアも含め、「沿ドニエストル」を
認める国もなく、
同じように世界のどこから独立を認められていない
スターリニズム下の大グルジア主義で統合された
グルジアの中で独立運動を展開しているものの、
沿ドニエストル同様国際的に未承認な
「南オセチア」と「アブハジア」と手を組んで
「民主主義と民族の権利のための共同体」を作ったのは、
今年の6月のことです。

これが、ロシアの傀儡政権だと主張している
グルジアとかモルドバとかと、
それぞれの闘いを行っているのです。
もともとが、ロシア帝国やソ連政権のもと、
強力に中央集権が推し進められてきた
弊害やツケがここにまわってきたといって
過言ではないです。

ここらへんが、ロシアに弱い国家が多い理由。

ただ、ロトバーグ氏の論文の中の
弱い国家、失敗しつつある国家、
失敗国家、崩壊国家に該当する全44カ国中、
半数近くの、19カ国がアフリカの国です。

しかも、失敗国家は、アフガニスタン以外の6カ国は
コンゴ民主共和・スーダン・リベリア
・シェラレオネ・ブルンジ・アンゴラと、
全てアフリカの国。

だから、それらの国々ではイラク同然の戦闘状態になっています。
そのようなことが日常茶飯事になっていて、
報道すらされない現状があります。

 そして極めつけが唯一崩壊国家とされているのが、
ソマリアです。

アフリカ大陸が右向きの人の顔だとすると、
丁度鼻の部分にあたり、アフリカの角などとよばれている場所です。


 崩壊国家というのもスゴい名前ですが、
それまでの政府指導者は逃亡するか殺されるかして、
中央政府が存在しなくなり、
反政府側も新政権を樹立するほどまとまらず、
軍閥・武装勢力・部族勢力などが群雄割拠して
各地の住民を勝手に支配している状態で、
例えるならば、戦国時代の日本で、
伊達だ毛利だ武田だ上杉だと、やっていたような感じ、
でも戦国武将にはそれなりのビジョンがあったから、
そんな状態よりも、もっとひどい。
政府・警察・軍隊がなく、無法者が闊歩している。
「北斗の拳」のような状態か。

もともとソマリアは、はアフリカに有りがちな、
民族系社会主義国だったのだけど、
10年にわたる内戦のすえ、1991年にバレ大統領が亡命して政権が崩壊。
その後首都を制圧した反政府ゲリラ同士の内乱が続き、
1992年から95年にかけて、アメリカ軍を中心とした
国連の平和維持軍が介入したものの、
軍閥に宣戦布告されたうえ、殺された米兵の遺体を
市中引き回しにする映像を全世界に流されたりしているうちに
95年に撤退。
その後もずっと中央政府は存在せず、
1997年末に和平協定調印のためカイロに集まった
各地の地方政権や軍閥の数は、実に28派に及んだ。
が、しかしこの協定もすぐご破算に。
外国は手を出せず、国際的にも放置プレー状態が続いている。
2000年に誕生した正統暫定政府は、お隣の
ジブチ共和国におかれていたが、周辺7カ国で構成する
政府間開発機構(IGDA)の仲介で、新しい暫定連邦政府が
ケニアのナイロビに発足し、暫定政府を継承した。
 が、国内の統治は回復できず、
本拠地は南西部のバイドアにおかれている。

そんな無政府状態で軍も警察もないのなら、
犯罪でも何でもアリの無法地帯か、と思いそうで、
事実そういう状態の時が続いたのだけど、そんな状況に耐えかねた
イスラム教の聖職者が、イスラム法の秩序に基づき裁判所を運営し、
秩序の維持をはかったというわけで、
この聖職者達が中心となって2006年に作られたのが、
「イスラム法廷連合」
彼らは内戦に嫌気がさしていた民衆の支持を集め、
首都モガディシユを制圧し、南部一帯を支配すると同時に、
バイドア暫定政府に対して攻勢をかけた。


そして、1991年バレ政権が崩壊と同時に、
これまた厭戦ムードから、部族の長が集まって、
戦いが続くソマリアからいち早く抜けて独立を宣言、
内戦に明け暮れる他の地域をよそに安定が続き、
アフリカでは平均以上の平和が保たれている。
民主化も順調に進んで、複数政党制による地方選挙や
総選挙を実施。これまで三代の大統領が就任したが、
政権交代はスムーズで、2003年の大統領選は
わずか80票差の接戦だったものの、
最終判断は最高裁判所に委ねられて、
カーヒン大統領の当選が決まった、
その結果について暴動がおきたりもしないという、
アフリカはおろか、他の弱い国家とかでも極めて珍しいくらい、
国情が安定していながら、
新しい独立国を認めると、自国の民族問題の火に油を注ぐという理由で、
どこの国からも国として認められていない、
かわいそうな北部のソマリランド共和国の支配地域以外は、
ほぼ全土を支配下においたといって良い。

とっくに崩壊して実体がないソマリアを承認している国はたくさんあるのに、
350万人が暮らすソマリランド共和国を公式に承認している国は
存在しないのが、国際世界の面白いところではあるのだけれど。

が、この「イスラム法廷連合 改め イスラム法廷会議」は、
結婚式での西洋音楽の禁止や、ワールドカップ中継の禁止など、
復古イスラム主義的な動きをしているため、
イスラム原理主義が大嫌いなアメリカに、認められるハズもなく、
認めないどころかアメリカは、「イスラム法廷連合」を、
「アル・カイダに関係するテロ組織」と、みなしたり
「平和回復と反テロ同盟」なんて作って対抗しようとして
失敗しているし…。

 といった状況下、国連の安保理は、2006年7月13日、
議長声明で、再び平和維持軍派遣を検討する意向を表明。
国際的放置プレー状態から少しは改善するのかどうか。

日本も国交を結びたくても結ぶ相手がなく
外務省のページの各国・地域情勢のところにも、
「注「ソマリア民主共和国」は、91年に内戦が勃発、
現在に至るまで対立氏族間の抗争が続いており、
全土を実効的に支配する統一政府は存在しない。」
と、書いてあり、
政治体制、内政の欄の 1政体 2元首 3議会 は全て空欄
外交・国防の欄の 2軍事力 の欄も空欄で
当然そんな国はソマリア以外存在しません。

「キッズ外務省」というページにも、はっきりと、
ソマリア(民主共和国)のところには、
「1991年バレ政権が崩壊するまでの名称、
現在は政府が存在しない状況。
その意味では首都モガディシオは「旧」首都である。」
と書いてあります。子供が読む物なのにシビアです。

・で、あと外務省のホームページといえば、
その中に海外安全ホームページがあって、
外国へ渡航する人に対する安全情報というサービスだから、
すごく安全を守るためのアドヴァイスが細かく書かれていて、
読んでいるうちにさまざまな国々で今起きている混乱の一端を
かいま見ることが出来るわけです。

冒頭には、こうあります。

「このホームページに掲載する渡航情報は、
海外に渡航・滞在される方々が自分自身で安全を確保していただくための
参考資料です。法的な強制力をもって、皆様の渡航を禁止したり、
退避を命令したりするものではありません。
同様に旅行会社の主催する旅行を注しさせる効力もありません。
渡航前、滞在中は、常に自分の身は自分で守る 
との心構えをもって、安全対策に努めてください。」

というわけで、あくまでも、勧告なのですけど、
内容がお節介なぐらい事細かくて、その細かさが
非常にその国のリアルを表しています。


そして、国や地域の危険度は、4段階にわけられていて
「十分注意してください」
その国・地域への渡航、滞在に当たって特別な
注意が必要であることを示し、危険を避けていただくよう、
おすすめするものです。

「渡航の是非を健闘してください」
その国・地域への渡航に関し、渡航の是非を含めた
検討を真剣に行っていただき、渡航される場合には、
十分な安全措置を講じることをおすすめするものです。

「渡航の延期をおすすめします」
その国・地域への渡航は、どのような目的であれ
延期されるようおすすめするものです。また、場合によっては、
現地に滞在している日本人の方々に対して退避の可能性の検討や
準備を促すメッセージを含むことがあります。

「退避を勧告します。渡航を延期して下さい」
その国・地域に滞在している全ての日本人の方々に対して、
滞在地から、安全な国・地域への退避(日本への帰国も含む)を
勧告するものです。この状況では、当然のことながら新たな渡航は
延期することが望まれます。

しかもついている地図には危険度が4段階で色分けされている。
前述したソマリアは全土が「退避勧告」の色である
真っ赤に塗られていまして、他にはイラクが真っ赤
アフガンが首都と一部の都市以外はほぼ真っ赤。

あとは、ウガンダ・エチオピア・エリトリア・
コートジボアール・コンゴ民主・リベリア・
インド・パキスタンといった国に、退避を勧告する地域がありまして
これらの地域では、言葉は悪いけど、
一人二人死んだって報道されないような
戦闘が日常化しているというわけです。


ちなみに、ロトバーグの2003年時点の国家区分は以下の通り

崩壊国家と失敗国家は前述したとおり

失敗しつつある国家
コロンビア・イラク・北朝鮮・ネパール・インドネシア
コートジボアール・ジンバブエ

弱い国家
グァテマラ・ハイチ・エクアドル・ガイアナ・ボリビア・
パラグアイ・グルジア・トルクメニスタン・タジキスタン・キルギス
レバノン・ミャンマー・ラオス・カンボジア・フィリピン・マリ
ニジェール・チャド・ギニア・ブルキナファソ・ガーナ・ナイジェリア
中央アフリカ・マラウイ・マダガスカル・ベラルーシ・モルドバ
パプアニューギニア・ソロモン諸島・フィジー

だそうです。


北朝鮮の核の脅威についてでも、
イラクに対する各国の軍の進駐にしても、
センセーショナルに報道されると、
そればかり目がいってしまってその時は大騒ぎになるものの、
報道が終わると、ないことになってしまう。
それどころか、報道のないことは全くないことになってしまう。

でも実際にこれらの国では、こんな書き込みをしている、
今まさにこの時に、先ほど言ったような無法と無法の争いが、
繰り広げられていて、弱者に負担がいっているわけです。


ソマリアの、イラクの、アフガニスタンの、その他、
海外自粛渡航地域のどれほど多いことかということに、
今更ながら愕然するのだけど、
改めてマスコミで報道されていることだけが真実ではない。
わかりやすい形で提供された加工情報ではなく、
自分で情報ソースを持つこと、ネットでもブログでもいいのだけど、
それが大切だということに気がつきます。
こと政治だとか経済だとかって考えると、
難しく考えてしまうのだけど、
僕たちの平和な暮らしに直結していることを考えると、
決して目を背けてはいけない。

僕たちが泣かないために、

僕たちが負けないために。

中島みゆきさんがご自身の歌で言ってます。
「おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールを任せるな」
あなたは誰にオールを任せますか。



♪この日にON Airしたナンバー
♪ EMINEM 「FUCK」 
♪ YES    「Owner Of A Lonely Heart」 
♪ TOTO   「STRANGER IN TOWN」 
♪ Linda Ronstadt 「We Will Rock You」 

♪BGM♪ KRAFTWERK 「TOUR DE FRANCE」



長々と書いてしまいました。
最後まで読んでくれた方
スペースをくれたコモンさん、
どうもありがとう

みなさま、みのりある一日を。

某李威でした。




どうも有難うございました。なかなか読みでがありましたな。
ということで、このあともラジオふらのまつり、張り切って
まいりましょうか。


77.1MHz 富良野市と富良野市近郊で聴くことが出来る
コミュニティーFMラジオふらの
スタジオがある富良野市朝日町「レストランふらの広場」にて
ラジオふらの祭り、開催中
2006.11.05 某李威です
ラジオふらのいよいよ2日目。

今日は番組のプロデューサーを
担当しているコモンです。

ということで、ここからは某李威氏に
バトンタッチします。


おはようございます。

本番前を控えている某李威です。

誰も聞いていないものと想って少々油断をしていましたが

ことのほか多くの人が「ふらの広場」にいて

少々緊張をしております。

昨晩も、3時間くらい寝て

目が覚めたらまだ昨日。

その後、ラジオを聴いているうちに
1時が過ぎて、2時がすぎて、3時が過ぎて

ウトウトすらせずに
今を迎えています。

緊張と興奮をするというのはこういうことかもしれません。

しかも、至近距離で多くの人に聞かれるなんて


ま、なんとか乗り切ります。

お楽しみ下さい。


ありがとうございました。

ということで、本番15分前の某李威氏でした。

77.1MHz富良野市と富良野市近郊で聞くことが出来る
コミュニティーFMラジオふらの。

ラジオふらのまつりは、これからも続きます。
さて、いよいよ本日4日から
5日にかけてはラジオふらの開局2周年記念の
ラジオふらの祭りです。

目玉の27時間ラジオをはじめとして、
ラジオふらののスタジオのあるレストランふらの広場で
さまざまなイベントや出店がおこなわれます。

私もいろいろとお手伝いする予定なのに加えて、
私の畏友「某李威」氏が
5日の朝5時から、国際情勢を切る番組を担当しまして、
そのプロデュース業も大詰めです。

早朝ですが、番組の方にも
耳を傾けてもらったりするとありがたいです。

それからもしお時間あれば、
レストランふらの広場のほうへも
あしをむけて下さい。




さて、話は変わって



ドライブも好きな私ですが

それ以上に好きなのが鉄道なのです。


でも、社会人になると、なかなか自由な時間がないので
少し距離を置いてしまっていて、

それでも前の職場にはテツの同僚がいたので
なんとか細々と保っていたのですが
それもなくなりしばらく遠ざかっていた、
そんな鉄道趣味に、ドップリと回帰したきっかけの一つが


コミック「鉄子の旅」菊池直恵著 旅の案内人 横見浩彦
小学館 月刊IKKI、今月号で連載終了。


そもそもこの話を知って、興味を持ったのは、
朝日新聞のマンガ評で
ただでさえ、鉄道のマンガにってだけで興味深深だったのに加えて

「横見さんの無茶に激しくツッコム菊池さんが
「水曜どうでしょうの大泉さん」とカブる」

みたいな一文で紹介されているのに
興味を持ちまして

鉄道マンガだから
「たびてつ」(=「名物!たびてつ友の会」
山口よしのぶ著 白泉社 ジェッツコミック
ちなみに、私は斎藤ちゃんが好みでした。)
みたいなのかなーと思っていたら…

違うよ。

すげーよ

面白すぎるよ
(「たびてつ」も面白かったけど、その比じゃない)


ってことで、ハマって見ていました。

基本的に旅の案内人にして、JR、私鉄全駅完乗降をなしとげた
トラベルライターの横見浩彦さんが、
漫画家のキクチさんや、編集者のイシカワさんやウエムラさんと一緒に
あちこち濃い鉄道旅行をする。という話が概略なのですが


本当に無茶な横見さんの要求
(第一旅から、久留里線の全駅完降でしたから)
に「わけわかんない」とかいってツッこむキクチさんが

企画を出したヒゲ(藤やん)に対して
「バカじゃないの」ってツッコム

大泉さんみたい。

その横見さんの傍若無人ぶりと

キクチさんのツッコミと

その合間合間に見える旅情が
なんともアジがある大好きなマンガだったのです。

先日無事に連載が終了しました。


単行本でまとめて読みたいというひとは
この先はご遠慮頂いたらありがたいです。




最後の旅は、私コモンの出身地である群馬県の
上信電鉄。

ここは、横見さんが、JR私鉄全駅完全乗降を成し遂げた
「上州福島駅」のある、路線でもあるのですが。

冒頭から鉄子一行(横見さん・キクチさん・編集長・ウエムラさん・イシカワさん)が誰かを待っている風だったので
誰かなぁと思ったら
「ヲレ」だよ。

ページの上に「最後はあなたもご一緒に」って
描いてあったよ。

確かに富良野のGEOでは売ってなかったので、発売日はおろか
その週の土曜日まで、買えなかったよ。

時間ピッタリじゃなかったよ。

で、

これからはいつもどおりの「鉄子」の旅で
インタビューやゲストの人をヒかせるのもいつもどおり

でも、ところどころに入るインタビューとか読むと

「あー最終回なんだなぁ」ってシミジミしてしまいます。

因みに横見さんがNHKの日曜午前の番組に出たことがあって
その時は「テツ&トモ」と、上信電鉄を乗るという企画でした。
(自宅にはその模様のビデオがあります)

そこで、一番「テツ・トモ」の二人にウケていたのが
「南蛇井」駅で、ここで横見さんは
テツ・トモのギター弾かないほうと

「なんじゃい」

「なんじゃい」

と言い合っていて、
たいそう楽しそうでしたが。

味しめたちゃったのね…


ってかんじでいつもどおりの話が進んでいくのです・

そして横見さんの
「鉄道がある限り、俺の旅に終わりはないんだ!!」って

カッコイイせりふも出てきて、

ああ、本当に終わるんだなぁと

面白いんだけど、セツナイという二律背反と戦いながら
ページをくくっていって

最後は「坪尻」を訪れた時とはるくらいの、
セツナイ、いいエンディング。

あー終わったんだと思って

広告のページを見ると

「鉄子の旅」アニメ化


ってヲイ。

思わず声だして、笑いそうになっちゃったよ。

こっちが本当のヲチか。
しかも、主題歌・音楽SUPER BELL”Sって

スゲーな。


「MOTER MAN」か。


つい、最後のいいシーンの柱に書いてある

「当連載は無事終点に到着いたしました。
5年間ご乗車ありがとうございました」
ってイイ文、見逃しちゃったよ。


あー最終回だからって、IKKI買ってよかった。

つーことで、まだまだ「鉄子」とのつきあいは続きそうです。


それから、最後にキクチさんが
「気がつけばあなたのすぐ隣りに
横見さんはいるかもしれません。
マジで。」

と、描いてましたが、
「ふるさと銀河線」のさよならイベントで
かいがいしくあちこちに動く横見さんを
見かけたときには、
本当に感動したんですけど…。


僕が白石涼子みたいなサワヤカなルックスの
女の子だったら、間違えなく声かけたのですけど…





FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
FM77.1MHz 富良野市と富良野市近郊で聴くことが出来る
コミュニティーFMラジオふらの
毎週月曜日午後四時から五時まで オンエアー中
11月4日〔土〕5日〔日〕は

ラジオふらの開局2周年記念

ラジオふらの祭りです


通常の番組の編成ワクを超えた

27時間ラジオをはじめとして、
「ラジオふらの」のスタジオのある「レストランふらの広場」でも
コンサートや出店などの、
さまざまなイベントがおこなわれます。


私は、編成担当ということで、
全体的にどのような番組で27時間ラジオを編成をするかという
お仕事をさせてもらっていまして、
二ヶ月前くらいから準備に関わっていたのですが
月日がたつのは早いものです。

当日も、イベントとかのいろいろなお手伝いする予定です。

加えて、私の畏友「某李威」氏が
5日〔日〕の、朝5時から、国際情勢を切る番組を
担当するので、そちらのプロデュースなどを…。

よろしければ、富良野市朝日町
北の国から資料館隣りの、「レストランふらの広場」へ
足を運んでいただいたり、

朝五時と早朝で恐縮なのですが、
番組にも耳を傾けてもらえたらありがたいです。





話は変わって、



内田百間先生が、意味もなくただ列車に乗ることを
「阿房列車」と呼んでいましたが

その向こうを張って、意味もなくドライブをすることを
「たくらんけドライブ」と自称しています。

前に乗っていたコロナ時代から、無意味で、
車を走らせることだけを目的としたドライブは
好きだったのですが、


現在の車に乗り換えてから、その傾向に拍車がかかったような
気がします。
(車を走らせることだけを目的としてますから
ドライビングテクニックの向上とか、そんなのも
関係ありませんし、ステアリングが、とかエンジンのふかしが
といったことは、いまだによく分かりません。
本当にただ、乗るだけなんです)



きっかけは旭川の病院に検査にいくときに、
最初は行く道とかえる道をかえるとか
遠回りをして帰った。
そして、診察時間の間の時間をドライブでつぶすようになった。

さらに、診察時間よりすごく早く家を出て、
診察の前と後にドライブをするようになった。

といったことを繰り返していて
上川空知管内で、走破した市町村も増やしつつあったうちに

さすが、心身ともにお疲れだった時期、
気がついたら、道内全市町村を新車で通りたい。
とまで、希望がふくらんできて




しかも、仕事こそ忙しいものの、
週末に自由になる時間がまとまって取りやすい2月3月


ということもあったり、

ふるさと銀河線の廃線イベントが重なったりしているうちちに



五月に達成してしまいました…


しかも一月にはじめたことだから
そこまで律儀にしなくても良かったのだけど
町村合併前の218市町村を全部
車で走破したのでした。



加えて

先日のドライブで、今の車に乗り始めて10ヶ月で
40000キロを突破しました。


タクシーか。

ま、これは、先日出させて頂いた「モーニング茶々」でも
お話をしたのですが、
(ちなみに、「モーニング茶々」に関しては、
後日知人数人から、「出てたでしょう」と言われまして
さすが、聴いている人が多い番組だなと思いました。)

今でも休憩なしで、240キロ走るくらいなら
多分大丈夫ですから、一回のドライブ距離が長い長い。

おかげで、あんな温泉や、あんなカレー屋やそば屋や
あんなイベントや、あんなショップに行くことが出来たと
いうわけですが。

でも、そんなドライブよりも好きなのが

最近めっきりしなくなりましたが

鉄道旅行なのですが。



FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
FM77.1MHz 富良野市とその近郊で聴くことが出来る
コミュニティーFMラジオふらの
毎週月曜日午後四時から五時まで オンエアー中
早朝、HTBの文字ニュースを見ていたら、
「新庄選手支援のカレー店が、100円カレー限定発売」という
ニュースを扱っていて、目にとめました。


記事は、以下の通りです。

「日本ハムファイターズの日本一を祝い新庄選手と交流のある
旭川のカレー店が100円カレーを限定販売しました。売上は
すべて地元の少年野球団に寄付します。
 この店は、ヒルマン監督の通訳岩本賢一さんが10年前にア
ルバイトをしていたことから、新庄選手との交流が始まりまし
た。店内には、新庄選手が「野球少年の力になれば」と贈って
くれたユニホームやグローブなどおよそ30点が飾っています。
今回の限定100円カレーも新庄選手の気持ちと同じように売
上を地元のリトルリーグに寄付することで野球少年を応援する
のが目的です。用意した300食は午後3時すぎに売り切れま
した。100円以上を払う客もいて売上は予定の3万円を超える
3万3600円になりました。この売上は11月1日地元の少年
野球団に寄付します。」
(引用 10月31日HTBニュースより)



そう、この店こそが、、10月30日オンエアー 第83回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
での、コーナー「富良野印度化計画」で取りあげた
旭川市川端町の「クレイジースパイス」あります。


前回のF.H.F.で紹介したのは日ハム一のカレー好き
カレー部部長の立石尚行投手でしたが、

外の日ハムでカレーというネタで真っ先に浮かんだのが
こちらのお店でした。



道内関係者がほとんどいない、日ハムの中で
異色の道内スタッフが、ヒルマン監督の通訳さんの岩本賢一さん。

旭川北高校を卒業後、渡米されて、メッツの球団職員となり
新庄選手の通訳もされていました。

そんな岩本さんがアルバイトをしていたのが
「クレイジースパイス」なのです。


かつては、旭川駅前の藤田観光ワシントンホテルの隣のビル
地下に入っていて、列車待ちの時とか行ったことも
多かったのですが(その時はイトーもありませんでしたしw)
現在は川端町一本で営業されているようです。


カレー屋さんの内容については、25日の当ブログに書いた
通りなので、そちらの方がくわしいのですが、概要を書くと


旭川を代表する、オムカレーやルーカレーの超有名店で
カレーは富良野市麓郷のアマい玉ねぎを使ってルーを使っているので
全体的にはアマく感じるものの、実はスパイシーという
不思議なカレーです。
味のある木のドアを開くと、赤い内装と、油がしみた感じが
いい味になっている木の床とすいう全体的にアーリーアメリカンな
感じの店一杯に飾られた
メジャーリーググッズと日ハムグッズ。
新庄グッズとか、ヒルマン監督のサインを初めとした
日ハム・メジャーリーググッズが充実しているのです。
ご本人はじめ、日ハム選手が何人も来店したことがあります。
BB君も来たそうです。


ま、前も書きましたが、旭川、日ハム、カレーと言えば
この店以外はありえません。

と、書いてたら、また行きたくなりました。




話は変わって…


最近行ったカレー屋さん


☆ カフェ・ノラ(富良野市下五区)

地元のお気に入りのカレー屋さんについて
良くない噂を聞いたり、情報をネットで見たりして
落ち込んでいます。

が、そのネットで推されていたのが
こちら「カフェ・ノラ」さん。

「富良野かり~番長」さんのブログを見ても
結構な頻度で行っているようなので
気になっていた一軒です。

比較的、自宅のそばと言うこともあるし

と、いうことで行ってみました。



こちらは「野良窯」という、陶芸家の方がされていて
陶芸体験や、ギャラリーもあり、そのギャラリーが
見渡せる形で併設されているのが「カフェ・ノラ」でした。

築60年の民家を再生してカフェ兼ギャラリーにされていまして、
横開きの戸をガラガラとあけて
玄関から三和土を踏んで入ると「唐蓑」がお出迎え。

受験の時覚えたなー、などという記憶とともに、
日本史の教科書か、博物館などでしかお目にかかれないものが
さりげなくおいてあり、まずそれに目を奪われまして

カフェのほうへ入りますと、

店内は、向かい合った2人がけの席2つと
カウンター席が5の計九席。


最初は「日本のスープカレー」を頼んだら品切れとのこと

次に「夏野菜のキーマカレー」を頼んだら、
こちらも品切れとのこと。

ま、お昼の時間をハズして行った私に非があるのですが

ということで、第三候補であった
「大正のルーカレー」をいただきました。

そしたら

これが、大当たりでした。



アジのあるお揃いの形の器に出されたサラダと
こってりとしたカレーと、ライス。
さすが、陶芸家の店と言うことで、
器へのこだわりが、いい感じで、それだけで期待もふくらみます。
(そういえば、岩見沢「シーズ・ザ・デイ」のお皿も
底に店の名が掘っている、店独自のものでしたし…)


カレーに散らされているナッツがまずいい感じです。
香りも、夕方学校帰りに嗅いだような
懐かしいカレーのにおいがします。

で、口にしますと

玉ねぎ畑のど真ん中にあるというロケーションに裏うちされたような、
玉ねぎの甘味がまず生きています。

で、食べ進んでいくと、丹念に煮込まれていている
いろいろな野菜のハーモニーや、
ニンニクやショウガの味や香りのアクセントが
いい感じです。

僕も、自作する時は、まずおろし生姜と、おろしニンニクは
通常量より大目に入れますから、
ニンニク・ショウガを感じることができるカレーって
好きなんですよね。

柔らかな牛肉もおいしいですし、
総じて、懐かしくも、優しい味がするカレーです。


カウンターで食べていたのですが、
見ると、横の方に、昭和初期の鉄道路線図がありました。
で、面白かったので熱心に見ていると
「昔の地図なんですよ」
などとお店の方に声をかけられてしまいました。

たまたま、その時に読み直していたのが
「鉄子の旅」だったものですから
尚更ですね。


全体的にのどかな雰囲気のお店で
のんびりとくつろぐことができるお店です。

また、今度はキーマとスープを食べて
メニューをコンプリートするために
再訪するでしょう。

ただし、こちら11月からカフェは
土日休営業とのことだそうです。




あなたのオススメのカレーはどこですか?
あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?
よろしければ教えてください。

よせていただいたコメントは、さしさわりなければ
番組内で紹介させていただきます。


FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
FM 77.1MHz 富良野市と富良野市近郊で聞くことが出来る
コミュニティーFMラジオふらので
毎週月曜日午後四時から五時まで オンエアー中