遅れましたが、日本ハムレギュラーシリーズ
1位通過おめでとうございます。

25年ぶりですからな。
その時、僕は高1でしたよ。
思えば、その時の埼玉県立坂戸高校生徒会機関紙「飛翔」
その中の3年生一人一言コーナーに

「日ハム優勝、間柴 いよッ!」

というコメントを書いていた上級生がいたことを
不意に思い出しました。


こうなると、プレイオフでも2つ勝って
是非日本シリーズへ。

そして、新庄ではないですが
甲子園で直接対決となってほしいものです。
(過日、当ブログで書いた、旭川三番館の
ビル壁面の絵のように…)


ソフトバンクは新垣が入院して
プレイオフ出場は微妙という記事が載っていました
こんなのも追い風に感じてしまうのは、
私だけでしょうか。



また、高校生ドラフトでは、駒苫田中君こそは
ハズしてしまったものの、ダース君という
これまた濃いキャラの選手を獲得。
本当にアジア人の坩堝という感じに
なってまいりました。(日本・韓国?・台湾・イラン・インド)とね、
こんな楽しいチームは日ハムだけです。

今朝のスポーツ新聞には、誰が用意したのか知りませんが
「ダースベーダー」のお面を持って
微笑むダース君の写真が載っていました。




と、来る人あれば、去る人あり。


今朝のスポーツ新聞に、日ハムがが6選手に
戦力外通告を出したとの記事が載っていました。


先日楽天が永池選手とかに入閣要請をしていたなんて
記事がのっていたので、
もうそんな時期なのだなぁ(季節的にも、彼の年齢的にも)などと
思ったのですが…
(永池選手といえば、みずしな孝之さんの野球4コマ
「ササキ様に願いを」で、勝手に「渋谷系」キャラにされていたのが
今は昔…、という感じですが)


で、見出しを見たら横山ら6選手と書いてあって
2004年最優秀救援で、前回プレイオフ進出時
(というと、日ハムは北海道来て3年で2回
プレイオフに進出したことになる。)
に原動力とも言える大活躍をした、小魔人横山道哉選手
(この人も「ササキ様に願いを」に出てました)
が見出しに来るのは、納得。
その外には、今シーズン中日から来た森外野手(この人中日時代はショーゴーとよばれてましたな)や
岩下・井場・矢野投手とともにあったのが

佐々木貴賀 の名…

え、

えええっ

ハムの女神様が…

佐々木選手といえば、球団の二軍情報誌や
ファンへのサインに、相当達者なタッチで
「ああっ!女神様」の主人公ベルダンディーの似顔絵を描いたために

ハムの女神様とか、

ベルダンディー佐々木とか

投げる同人作家とネット上で呼ばれていたのが

堂高しげるさんのコミック「全日本妹選手権」
中のネタにあったり、交流戦での登板してその時の
テレビで選手紹介にイラスト描いてるところが写ったり
したことで、火を噴いたらしい。といったそうです。



Wikipediaによると「るろうに剣心」の同人誌
出したこともあるそうで…

しかも、Wikipediaで「同人誌」の項目の
関連項目のところに佐々木投手の名前があるし…


そんな野球選手は
大泉洋さんらとともに「スープカレー」の項目の
関連項目のところに名前がのる

立石尚行投手くらいなもんですよ。



ほんと、日ハムの選手って面白杉。


惜しい選手を戦力外通告するものですが

横山投手とともに佐々木投手も
合同トライアウトを受けるとのことなので

横山投手も29歳、佐々木選手は
今期ブレイクした田中賢介選手や
未来のエース(になってくれなきゃ困る)正田樹投手と
ドラフト同期(1位が正田、2位が田中、4位が佐々木でした)
まだまだ25歳と若いので、
どこかの球団の目に止まってくれればと
思うのですが…(楽天とか…)


で、もし万が一ダメな時は

「週刊ベースボール」とかで連載持ったりしないかなぁ

それに加えて、
道内のマスコミはこの人材を逃す手は
ないと思うんだけどなー、


頑張れファイターズ、と、ともに、

当面は、佐々木投手の動向からは目が離せません。



FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)
周波数FM77.1MHz 富良野市とその近郊で聴くことができる
コミュニティーFMラジオふらの
毎週月曜日午後四時から オンエアー中

月曜の放送は、北海道内の温泉の歴史について
生放送でお届けする予定です。
よろしければ
スポンサーサイト
「オムカレー食べたい」
という歌がありまして、

富良野界隈ではちょっと有名な歌なのです。

歌っているのは中富良野町の小学生6人組バンド「うたがかり」

最近小学生が歌っている歌といえば
「たらこたらこ」ですが
CDデビューならこっちのがハヤいハズです。
〔インディーズですが…〕


結成は今から3年前で、
小学生だから卒業したらメンバーチェンジとかもあって
今のメンバーは第4期メンバーだそうなのです。


ラジオふらのでも、マンスリーのいちおしミュージック
〔これに選ばれたら、毎日二回ラジオから流れます〕に
「オムカレー食べたい」と「うたがかりのしごと」の
二曲が選ばれていたので、ラジオふらのを聞く機会がある人は
よく知っていますし、

「ゆうふれ音楽祭」などの地元のロックフェスなど
にも出場しているので、地元での知名度は結構高いです。

先日は「ほくほくテレビ北海道」を見ていたら
「ご当地グルメ」を紹介するコーナーがあって
アナウンサーの女の子が

「今日は帯広市と富良野市です」

なんていうもんだから、もしや…、と思ってみていたら

案の定「オムカレー」で、紹介の冒頭に「うたがかり」が出てきて、
演奏を披露していました。

〔それと緑峰高校の「カレンジャー娘」さんも出てきてました〕

ちなみにこの回紹介された帯広のご当地グルメは
豚丼ではなく「中華ちらし」でした。
まだ未食なので、今度食べに行かなければ

あと、旭川の「バナナ焼き」も紹介されてました。
あれも素朴なアマさが妙にウマいね。
しかもハサミで切ったりするところがまたアジがあっていい。

売っている場所も、昭和40年代が封印されたような地下街ですしね。




閑話休題。




そんな感じで、
知名度が上がってきている「うたがかり」
先日、中富良野町でアマチュアバンドのライブがあって、
それに出ると聞いたので、見に行きました。



町内のアマチュアバンドが集まってのライブということで
「うたがかり」以外は、大人のバンド一つとあとは中学生のバンド
が3~4つ出てました。

で、このライブを後援していたのが、地元の青年たちで
小中学生が中心となって音楽をできる場を
大人の人が作ったり、応援してあげている姿を見て
本当にホホエマしいなぁと思い
文化を支援するってのは、こういうことだよなって
思ったのでした。

だって、お客さんのために、役場とか商工会とかの人が
タダでワタアメとかヤキソバとか作って配ってましたから…

かえすがえすアタタカイ、いいイベントでした。





ちなみに全くの余談なのですが

解散した北海道ガーズロックバンド某「乙」ですが
メンバーチェンジをしたあと、新しく「Tomoka」ちゃんが入りまして、
それを見た中富〔中富良野町の地元での略称〕の知人が

「あれくらいなら、中富にも居ますよ」

などと、言ったのが面白くて
彼女のことを「中富にもいる人」などと失礼な呼び方をしていた
時期があったのですが、その後ライブで間近で見たとき

「ぜってー、中富にゃいねー〔カワイスギルよ、実物〕」

と思ったのですが。



閑話休題


で、肝心の「うたがかり」ですが、
ラジオから流れてくる歌声からもボーカルの子が結構ウマい。
というかツボを心得た歌い方をしてて
演奏もナカナカなレベルですし、
このまま伸びたらスエオソロシイコトニという感じで
期待できるバンドなんです。

でも、ラジオから流れてくるのはCDだから、
生はどーかなーなどと思って
聞いていたのですが…


ウマかった。

本当に

ナカナカヤルな。

特に、最初はボーカルの歌のウマさに気をとられていたのですが

ドラムの子とのハモりとか、キーボードの子〔このこ4年生!〕との
ハモりとかも、本当にきれいで、
ほかのパートの子も、元気なんだけど、演奏はキチンと
丁寧にされていて、そういう点でも安心して
ノリがいい音楽として楽しむことができました。

聞いている中学生も圧倒されたみたいで、
「ウマい」「ウマい」としきりに言っていました。
ボーカルとかの子のボーイッシュなルックスもなかなかイイですしね。


実は中富には、原石がころがっていた。ってところでしょうか。




で、そんな「うたがかり」の出番も無事終わりまして
「うたがかり」のメンバー達も楽器を片付けたら
わたあめのところに並んだり、あっちこっちにちょこちょこと
していてたのですが…



一人の子が遠くにいるメンバーの子に言いました。



「ハルヒ~」


えっ!


えええっ!



しかも「なーにー」とか言う、ボーカルの子



ええええっ!!



そう、ボーカルの子の名前は


春妃〔ハルヒ〕ちゃんと言うそうなんです。


しかも苗字は、栗林さんだそうで…


なんか似たような名前の人の曲

オイラ、ラジオで、たくさんかけてるよ…。





ってことで、さらにさらに「うたがかり」を応援しようと

心に誓って中富良野を後にしたのでした。



がんばれ「うたがかり」




FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
FM 77.1MHz   富良野市とその近隣で聞くことができる
コミュニティーFMラジオふらの
毎週月曜日午後四時から オンエアー中
えー、9月27日オンエアー 第78回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
での、コーナー「富良野印度化計画」であります。


旭川の「ジャーのスープカレーほらあな」
滝川の「Soup Curry Happy Spice」といった
新店を開拓にした時に参考にしたのが

玉木雅人さん 監修の
「カレー賛昧06~07 至福のスープカレー Spice beach」
(有)ティーツーワイジャム 刊
だという話をしましたが、

今回のコーナーは、この本自体を紹介しました。


道内カレーガイドの草創とも言える
カレー賛昧シリーズの第5弾です。

類書には札幌とか、石狩管内中心に紹介されている本が多いのですが、
本書は、全道にわたってお店を紹介、
しかも、扱っているメニューはスープカレーに限らず
ルーカレーも、オムカレーも取り上げています。
このような様々なメニューのカレー屋さんを紹介するという
コンセプトの本はたぶんこのシリーズと、
「1×8いこうよ」のカレー本くらいでしょう。

第5弾というくらいですから、
このシリーズの本は毎年刊行されていまして
そんな形で出されているために、載っているデーターや情報が新しい
また、新店も多く紹介されているので、前述のような新店開拓という
使い方もできるというわけです。

POROCOなどの雑誌で新店が紹介されることが
多いのですが、単行本では珍しい(たぶん、これだけでしょう)
ですし、ありがたいところです。

また、新店が載っている一方で、札幌の「マジックスパイス」とか
富良野で言えば「唯我独尊」といったような老舗が載っていない
というところも、編集方針として新しいと思いました。

ともかく全部で170店が扱われているのがありがたいし
前シリーズで版形がB5版になりまして
当然写真も大きくなりました。
写真おいしそー。



それと、本の「はじめに」の部分にも書いてあるのですが
今までのカレー賛昧シリーズの表紙が黒で写真が載っている
ものであったのに対して、本作からパステルグリーンに
スープカレーのイラストという、大胆なイメージチェンジしていまして
市内国道沿い「ローソン」で見かけたとき
一瞬「別シリーズ?」などと思ってしまいました。

170件のお店のうち、近隣のお店で取り上げられているのが
旭川の「CHIRO」「クッテミレール」「ほらあな」
滝川の「ハッピースパイス」
富良野の「くんえん工房YAMADORI」「メリオール」「山香食堂」
「朝日のあたる家」「正直村」「コーラカンパニー」「オウル」
「バーバリアン」「麦秋」「カフェメローネ」「ワンダー」
「魔女のスプーン」
と、いったところでした。


富良野だったらGEO以外にも、国道沿いのセイコーマートにも
売っていました。興味があれば手にしてみてはいかがでしょうか。

書名は、
玉木雅人さん 監修の
「カレー賛昧06~07 至福のスープカレー Spice beach」
(有)ティーツーワイジャム 刊
定価1000円です。



話は変わって…


最近行ったカレー屋さん


☆ 野乃花(富良野市弥生町)

富良野市内でハンバーグカレーを食べる
自分的強化期間です。
ハンバーグカレーの魅力についてつらつらと
語っていますが、ここでハンバーグカレーを注文して、
来たカレーに乗ったハンバーグを割ると
肉汁(という言い方もなんだかなーと思う時もあるのですが)
とともに、ハンバーグのいい香りがしました。
割った瞬間に立ち上って…。
スゴい。
これがなかなかウマかったのですよ。
ここではいつもカツカレーとか食べていたのですが
ハンバーグもなかなかいいです。
ま、カレーのルーがウマいからなんですけどね。



☆カフェ チロ CHIRO (旭川市旭町)

3回目の訪問。
野菜DX3番 半熟目玉焼きトッピングで
ジャガイモ・にんじん・ピーマン・ブロッコリー・ナス・オクラが
2個ずつ入っていまして…、多分通常の2倍(推定)でしょう。
スープカレーにこんなたくさんピーマン入っているのは初めて

スープカレーのスープには、
スープからカレーへアプローチしていった感じの
おいしいスープがスープカレーになった系のお店と、
カレーからスープへアプローチしていった感じの
おいしいカレーがスープカレーになった系のお店があるのです。
(わかりますかねぇ、このビミョーな言い回しの差は
強いて言えば、ルーカレーの色が強いかあまり強くないか
という差、といえばわかるでしょうか…?)
ここは後者。
なかでも、すごく高いレベルで味が昇華されていまして
やはりおいしいです。
あと、カレーにはやはり半熟卵がいいですね。
僕的にも旭川市内で暫定三位といったところです。

勝手なランキング付けなので戯言だと思ってほしいのですが…

一位は寝釈迦(永山)
二位はポモドーロ(東川)
三位がここで、
僅差でキャンディースパイス(買物公園)・ラマイ(豊岡)
続いて、インド、米々亭、クレスパ…
といったところでしょうか…

寝釈迦・ポモドーロが、スープからアプローチをした系なので
カレーっぽい系列では、一番です。


あなたのオススメのカレーはどこですか?
あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?
よろしければ教えてください。

よせていただいたコメントは、さしさわりなければ
番組内で紹介させていただきます。


FURANO History Factory (F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
FM 77.1MHz コミュニティーFMラジオふらの
毎週月曜日午後四時から オンエアー中
FHF
今日、仕事中買い物をするために車に乗ったら
カーラジオから「今日はなんの日 日めくりミュージック」
が流れてきまして
ぼーっと聴いておりました。

今日はシーボルト事件の日で、それに因んだ曲ということで
遊佐未森さんの
「地図をください」が流れてきまして

車内で爆笑してしまいました。

確かにそうですが…

ナイスチョイスすぎて、笑うしかないという感じです。



さて
第78回放送終わりました。


温泉特集期間の延長で、この日は、
日本以外の入浴習慣のお話をしました。

紀元前1世紀から始まった
中央アジア、中東で始まった高温に加熱した石に
水をかけた蒸風呂に入る習慣が、中東に伝わり
公衆浴場ハンマームとなりました。
そしてロシアや北欧へと伝わりサウナ風呂となったそうです。


言われてみれば、今でも、サウナに行くと、脂ぎったオジサンが
ばしゃばしゃと、「そんなにかけなくっていーだろ」ってくらい
ひしゃくですくった水を、サウナストーンにかけているサマを
良く目にしますね。
僕だけですか…。



さて、一方ヨーロッパです。

紀元前4世紀ぐらいから、ギリシァの諸都市には
共同浴場があったことが知られ
古代ローマでは、蒸し風呂だけではなく
浴槽に体を浸すタイプの浴場も出来まして、
中でも有名なのが、217年に作られたカラカラ大浴場です。
ここには、2000人以上が同時に入浴できたそうです。
またこれらの施設は、単なる入浴施設という側面よりも
最初は官営病院を持たない古代ローマ人の軍とかの
感染予防施設としても使われたそうなのです。

が、大衆化するに従って、次第に社交場として使われるようになり、
浴場で飲酒が蔓延し、退廃の象徴とされたそうです。

ま、ローマの貴族とかの日記とか見てますと、平気で半日とか
浴場で過ごしてますしね。

いーなー

かつて俗悪番組と批判された番組に、しばしば登場したパイ投げも
古代ローマ発祥だそうですし、満腹になれば孔雀の羽を使ってまで
もどしてからまた食べるという貴族のパーティーもローマで行われました。
これらとともに、退廃と堕落の象徴とされたそうです。

これと前後して、ローマでキリスト教が信じられるようになります。


ティベリウス・ネロ・カリグラ・ディオクレティアヌスといった
皇帝によってローマで迫害されたキリスト教が
コンスタンティヌス帝により出されたミラノ勅令で公認され
テオドシウス帝によって国教になります。

そもそもキリスト教は人の快楽を戒めによって規制する側面が強く、
僕らが知っている一般的なイエス像も禁欲の象徴だそうなのです。
ということで、生理的な気持ちよさをタブーとしているなかで
入浴の習慣もただでさえ堕落の象徴であるのに加え
生理的な気持ちよさの追求ということで、
敬遠されるようになったのです。



時は中世

十字軍によって、再び東方から入浴の慣習が
伝わったのですが、
十字軍は、キリスト教とイスラム教の戦い。
そんな十字軍で対戦していた地域であるから、
異教徒の風習ということで
これまた教会が異教徒の風習である。と非難したために
入浴習慣はなくなりました。


また、中世はペストを始めとした伝染病との闘いの時代でもあり
この温床とされたのが、公衆浴場で、風評被害ではないのですが
イメージが悪く入浴を衰退させる原因となったのでした。



ただ、キリスト教の縛りが緩くなる時代である
近世以降次第に条件が変わってきたのに加え
産業革命などで大量な工場労働者が出てきた時代
19世紀のことなのですが

イギリスで1875年「公衆衛生法」入浴が奨励
これにより徐々にバスタブによる入浴が習慣化されるようになる
同じく19世紀にシャワーの発明があって
現在の入浴スタイルが確立されたということなのです。



考えると、1875年というと日本は最早明治時代に入っています。
イギリスに絞っていうと、日英和親条約の締結が1954年で
イメージ的には先進的な欧米列強が後進的な日本を開国させる
という構図がすぐ頭に浮かびますが、

実はそんなに科学力とかも離れていなかったのでは…
という感じがします。

こと、公衆衛生については、日本のほうが先進的だったのではという
感じがしまして、結構意外な感じがします。

となると、
明治時代に意外なほどの科学者が、細菌学とかの分野とかで
世界的な発見をしていますが
それも、そこまで日本とヨーロッパの科学力に
言うほど差が無かったことの表れなのでしょうね。



かえすがえす田沼時代あたりに開国しておけば(そんな動きがあっただけに)
実は日本の歴史も少しは変わったのではないかなぁという思いがします。

まぁ、歴史に「たら・れば」はないのですけどね。




♪ 今 日 か け た 曲 ♪

♪「ピカピカの太陽」 佐倉蜜柑(CV植田佳奈)
 TV「学園アリス」OP
いかにも打ち込みという単調なリズムに乗っかる、
ピコピコとナツカシイ感じで鳴るシンセサイザーってのを
前面に出した音に、舌足らずな蜜柑の歌がのっかった、
正当アイドルテクノ、しかも80年代風味です。
今の時代にこのテがあったか。懐かしく新しい。
これはコレデという気持ちよさがある曲です。
歌っている植田さんのウマさが改めて光ります。
あと、あるときカラオケに行ったら知人
(「おきにいり探偵組」にゲストで出ていました、この人)が
気持ちよさそうに歌っていたのを聴いて、
あーこの曲かけなきゃ~と思ったものです。


♪「runatic summer」 奥井雅美
9/11OA「WILD SPICE」カップリング
歌詞とかサウンドが夏の気分の高揚感を描いたもので、
ちょっと聴くと、良くある感じで全体的に広瀬香美っぽいっスね。
が、やはり元気な奥井サウンドです。
夏の高揚感が強調されればされるほど
それが過ぎたら、サミシサもひとしお…
やはり、夏は失速するものです。
シンセでのオルガンの旋律や、ブラスっぽい音、
ドラムのリズムが複雑さとかで、ボンゴとかコンガとかの
打楽器が使われてなくてもラテンって感じです。
最後にウインドチャイムは使われていますが
にしても、秋の深まり行く季節に聞く曲ではないですか?


♪「明日のプリズム」平野綾
FURANO History Factory9月のマンスリーパワープレイ。
知人に言わせると平野綾は、「普段のしゃべりと、役の時の声と、歌声が
いちいち違うのがイイんだって」と力説しておりました。ナルホド。
先日「SOS団ラジオ支部」のCD第二弾を購入し聞いたのですが
「ENOZ」のモトネタを茅原実里さんは、CDに収録されている対談まで
気がつかなかったそうです。この対談のときも
「英語で書いて」って言われたのにカタカナで書いてたそうですし…
この時間帯にこのワクでこの曲をかけるのは、今日が最後です。


♪「日曜日」Milk Rings
9/11OA「Opening」カップリング 
ラジオ「A&G超RADIO SHOW~アニスパ!~」ED
明日目が覚めたら…という、明日に期待感で胸がワクワクする気持ちが
たっぷりと詰まった歌詞に、軽やかなタッチのポップサウンド
浅野さんのカワイイ歌声と、鷲崎さんのサワヤカなコーラスが
本当にあっています。
個人的には、この曲は、テーマ曲になっているラジオ番組の関係で
土曜に聴くことが多いので、聞くと「あー明日は日曜だなー」と
思います。
今日はもう日曜日 なんて歌詞は、気がつくと番組終わって
ぼーっとしていながら、しばらく経っているときの気分です。
夜中のラジオってなんでこんなに楽しいんでしょう。
そんな気持ちが伝わるような番組が出来ればいいなと
いつもいつも思っています。
ま、月曜にかける曲ではないですかね?


♪「くちびる白昼夢」美郷あき
TV「ストロベリーパニック」OP
ある方が書かれていた楽曲分析のコラムを読んでいますと
「中原麻衣・清水愛」のユニットについて、
「WINKを意識している」と書かれていまして…
言われてみれば…
この曲も、前作同様、哀調をはらんだマイナーな旋律と
打ち込みサウンドの組み合わせとかに、
ユーロビートにのせて無表情に歌う彼女らのサウンドに
どこか、通じる物があるのかもしれません。
しかも、バロック調の間奏といい、間奏とか対旋律とかでの
かっこがいいバイオリンの使い方といい
さらに進化した感じです。歌詞もセツナげでハカナげで
なんともいえず曲にあってていい感じです。


来週・再来週と二週連続で、生放送の予定です。

いよいよ道内の温泉の歴史について語りたいと思います。
旭川から富良野へ帰るときは、市内の西部に用がある時以外は
道道旭川大雪山層雲峡線を通って
東栄高校とか、新しく出来た、東郵便局を通りながら
東神楽の街中へ向かって車を走らせるのですが…
(市内の西部に用がある時は、環状線の一本西側の道を通ります。)


それで、

東神楽の街中を走ると信号が多いので
多くの方がされてると思うのですが
ヨコマク家具のところを左折する
裏道を使うのですが


ある時走っていると、妙に車がゆっくり走っていて
ヌいてやろうか、などと不遜なことが頭をよぎりながらも
その車についていったら





あ、



植え込みの影に
白と黒のツートンカラーの車が…




良かったー

ありがとう、名も無きドライバーさんたち。



HBCラジオを聴いていると
よく交通安全の呼びかけをしていまして

下金山の駅前とかでスピードを出しすぎないようにといった
旨の内容まの放送がしばしばあるので警戒していたのですが、


ここも、そうだったんですね…。



これからもよりいっそうの交通安全に
心がける所存でございます。

みなさんも交通安全に心がけて
ドライブを楽しみましょう。


そんな情報も聞けるのか?
「FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
FM 77.1MHz 富良野市と富良野市近郊で聴くことが出来る
コミュニティーFMラジオふらの
毎週月曜日午後四時から オンエアー中です。
一昨日、頭を垂れる稲穂が風に揺れる美しさに
改めて気がついた田んぽを見て

「わかつきめぐみ」さんのマンガを思い出すとす言ったのですが


ひょっとしたら、「わかつきめぐみ」さんかがイラストを描かれた

「水杜明珠」さんの「ヴィシュバ・ノール変異譚シリーズ」
(集英社コバルト文庫)

かもしれないなーなどと思って…


両方の本とも現在発掘が出来ていない状態状なので
(僕の家の本は、ダンボール箱の中に入ったママになっているのが
本当に多くて…)



イヤハヤ


にしても、僕に「ヴィシュバノール」シリーズの存在を
教えてくれた人は今元気で生活してるのかな~

大きなお世話デスカ



それはさておき、

「わかつきめぐみ」さんのマンガで代表作といえば

「So What?」ですよね。


確かに、傑作です。
大好きな話です。
わかつきさん、というくくり以外でも、
SFテイストな少女マンガというカテゴリーのなかでも
そうとうなトップに来るイキオイで…


ってーかかわつきさんって、擬似世界を描かせたら、
本当にウマすぎるんですって

確かに私は最初は、わかつきさんが私淑していた
「かがみ♪あきら」さんのファンで
鋭角的なあごとかカオのフォルムが
かがみさんに似てるなーという観点で
わかつきさんに興味を持ったのですが…

次第に彼女の不思議ワールドに
引き込まれっぱなしですよ。

で、その不思議ワールドの集大成とも言うべき不朽の名作が
So What?なのです。

現実とありえないフィクションをないまじろにした

ありそうなんだけど絶対無い

絶対無いけど実はありそうな

そんな世界を巧みに書くことができる職人わかつきさんの
真骨頂ともいえるおはなしが
繰り返しになりますが、So What?なのです



ということで、この話は、大切な愛すべきお話なのです
(白泉社から文庫版が出ています宜しければ…)


が…





やはり出会いのインパクトにはかなわない。

僕が、わかつきさんの話で、

一番好きなのは、


月は東に日は西に

なのですよ。

確かにね、今読んでアオクサイといわれれば

ハイソノトーリって言うしかないっスよ。

でも、あの時期のヲレにはスゴいリアルだった。

主人公茗チャンが時折漏らす正論こみの青臭さこそが、
ヲレの原点と言っていいかも。

波乱万丈はないし、あっても予定調和的な
些細なことで危機回避が出来そうな
しかも絶対安全領域にいる少女マンガの中での出来事だし。

でもハラハラしてた。

日常がわかつきさんの細いペンタッチともあいまって
本当に淡々とつづられているのだけれど、

茗チャンがカゼひくとか、
それを浮世離れした(と思わせて、実は健全な良識の人)の母さんが
芝居がかって心配しながら、そこに茗チャンがつっこんだりとか

そんなことで
物語がつづられていって


特に、卒業の時に茗チャンが言ったセリフって
もう連載終わって20年程度たつのに
未だに教訓として、僕の心の中に残ってます。

例えるならば、中島みゆきの「ファイト」の歌詞

「ファイト、戦う君の歌を

 戦わないヤツらが笑うだろ♪」



という一節と同じくらい。

本当に、「月は東に日は西に」に
何回有難うといっても足りないくらいですよ。




いやーこの頃の白泉には

「V☆Kカンパニー」(山口美由紀)さんもありましたし
まさに学園(美術系クラブ)パラダイスか…。


あと、わかつきさんは、単行本の欄外で僕に
ZABADAKを聞いてるのはキミだけじゃないよー
というメッセージをくれた人でもあります。

(同じような存在に、月刊マンガ情報誌「ぱふ」のインタビューで
好きな音楽「ZABADAK」と書かれていた、日渡早紀さんも
そうなのですが…)

あと、先日の当ブログで「ロッキーチャック」の曲をOAしたときに
コメントをした渡辺等さんの存在について気づかせてくれたのも
わかつきさんでしたし…。


今後も不思議テイストな、和華折衷的なお話とか
フツーの学園ものとか幅広く描かれている
わかつきさんを応援したいと思います。




「FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
FM 77.1MHz 富良野市と富良野市近郊で聴くことが出来る
コミュニティーFMラジオふらの
毎週月曜日午後四時から オンエアー中です。
気がつくと、急に夕暮れが早くなっています。


そういえば
気がつくと、急に涼しく感じます。


あまつさえ
気がつくと、夜、家を出ると、寒いと感じます。


そして、昼で陽光が当たっても、風が吹くと涼しいなと思い

気がつくと、重ね着をしてます。



あれだけ、暑くて
あれだけ、夜も開放的でいい気持ちだったのに…


そんなことを考えると

秋は深まる物ですが

夏は失速するものなのだなぁと思うのです。



また来年の夏を楽しみに

秋のよさを味わうとしましょう。





「FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
FM 77.1MHz 富良野市と富良野市近郊で聴くことが出来る
コミュニティーFMラジオふらの
毎週月曜日午後四時から オンエアー中です。
「わかつきめぐみ」さんのマンガの中に、
織物職人さんが出てきて、自然を織物で表現しようと努力する
場面が出てきました。

その中に深みをつけるために表面と内側を違う色の糸を使って
一見するのとよく見るのでは色が違う、という布が出てきました。



で、旭川から富良野に帰ってくる途中に
田んぼで実をつけつつある稲穂を見ながら、
ふ、とそんなことを思い出しました。

一見すると表面は金色にかがやいている
よく見ると、風にゆれるときれいな黄緑が見える。

今まで田んぼをみてそんなこと感じなかったのですが
キレイなものはすぐそばに転がっているというお話です。


そんな実をつけたての頃から気になっていた田んぼですが
しっかりと実をつけて、頭を垂れておりますし、
茎の黄緑も次第に穂の色にとかくなっております。




話は変わって

天竺へ行った帰り、ほろ酔いで帯広の町を歩いていると
秋の日が沈んだあと独特の、茜色に染まる雲
しかも、単に一つの色に染まるのではなく
うろこ雲が一つ一つ茜色、薄紅梅、グレイと
少しずつグラデーションがついて染まっている


そもそも、富良野市内の山部から東大演習林に
国道がさしかかるあたり
木の上とか、道側とかが次第にグラデーションがついて
色づいています。


そのような景色をぼーっと見ていると
秋が深まっているなぁとしみじみと思ったのでした。


秋は深まってゆきます。

紅葉の中で入る露天風呂のいい季節ですね。

「FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
FM 77.1MHz 富良野市と富良野市近郊で聴くことが出来る
コミュニティーFMラジオふらの
毎週月曜日午後四時から オンエアー中です。

私、富良野に住む前には、道東に住んでいまして
その時から、ずっと「カレーマラソン」って、
気になっていたのです。


9月18日オンエアー 第77回放送分
「FURANO History Factory
(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
での、コーナー「富良野印度化計画」であります。

先日9月17日、富良野で「ワイン祭り」がありまして
5千人の人が来たそうです。
そこで「カレンジャー娘」の皆さんも頑張っていたそうなのですが
そのおかげか、結構早くにカレーはハケたそうです。
スゴイスゴイ。

この三連休も昼時に買い物がてら富良野の街を車で走っていますと
「唯我独尊」とか「魔女のスプーン」の前とかに
相変わらずお客さんの列が出来ています。
すごいですね。
改めて、観光客の方の認識の中に
富良野にきたら、昼食はカレーという選択肢が
定着してきたといってもいいと思います。
中には、店の前にたむろしている人たちを見て、
諦めて帰ったような感じの人もいましたし…。


さて、そんな9月17日ですが
道東の北見市端野町で、「カレーマラソン」がありました。

何人かでチームを組んで、カレーの材料である
ジャガイモとか玉ねぎとかニンジンといった材料を取って
それをそれぞれが持ち寄って
最終的にカレーを作って食べるというものです。

順位は関係ないということなので
美味しくカレーを食べるということが大切なのだそうです。

で、今回で21回を数えるということで
すっかり端野の秋の風物詩として定着した感があります。
こういうカレーとの関わりも面白いですよね、
ということで、紹介をさせてもらいました。

そうそう、端野町は僕がかつて住んでいた
遠軽町も、弟子屈町も1時間あまりで着けるということで
興味があったということです。
いつか出たいなーと思っていたということですね。

というか、最初この事をニュースで聞いた時に
アナウンサーの人が「先日、北見市でカレーマラソンが~」
と言っていたので
「えっ?」と思ったのですが

すぐにピンと来た。

「端野町」は「北見市」と合併したんだ。

さすがにまだその呼称は馴染めませんし
だって、
北見市に「海」があるとか(カーリングで有名な常呂町と合併したので)
北見市に「石北峠」があるとか(留辺蕊町と合併したので…、
ちなみに、それで温根湯温泉も北見市になりました)
スゴいですよね。

あと、釧路市でまりもの密漁とか言われても
「?」って感じではないですか
(阿寒湖のある阿寒町が釧路市と合併したため…)

しばらく違和感は続くのでしょう。

なんてお話をしました。




話は変わって…


最近行ったカレー屋さん

☆天竺(帯広市西1条南26丁目)

こちらは開店して7年、帯広のスープカレーの
さきがけみたいなお店です。
決して広い店ではないですが、落ち着いた感じが好印象です。
駅から2キロくらい離れた場所に立地しているので
歩くのは少々難儀するのでしょうか、できれば車でいければ
いいのかな。(この日、帯広に用があったので泊まったのですが
店への行きは駅からバスで、
帰りは酔い覚ましがてら歩いて帰りました)

この日は「曼荼羅天竺」の大辛をいただきました。
まずは上品でトマトの酸味がサワヤカ、
スッキリとした感じのするスープが、飲みやすい。
で、食べたあとには、しっかりとクミンとかの
ゴリっというスパイスの感じが残りました。
さわやかで、美味しくて、そしてスパイシーという
いいスープです。

具は、ニンジンも知床鶏も丁寧な仕上げで
やわらかくてしっかりと具材自身の味も生きている
まいたけなど他の具材も
なかなか美味しかったです。

自慢のルッコラやブロッコリーが入ってなかったのは
少々残念でした(夏のカレーはこれらが入るそうです)
けど、代わりに入ってたキヌサヤもオイしかったです…
(今度は是非夏、このお店にチャレンジします…)

やはり北海道のカレーが美味しいのは
美味しい食材に恵まれているところにあるので

農業王国十勝なら、なおさらです。


この日、私はビールを飲みながらいただきました
(ビールはヱビスでした)ので、
カラさにヨワくなるかなと思ったのですが
(カレーを食べている最中は、酒
(ビールかジントニックであることが多い)
以外の液体は口にしません。
飲みながら食べるカレーがまたウマい、
(飲んだあとシメのカレーもね)
酒が飲めない時は、あえて水とか飲んだら
カレーのカラさに対する耐性が弱くなるので…)
もうすこし、辛くしてもイケたかなと思いました。

ていうが僕の舌がそういう仕様なだけですか?

全体的にすごく上品なスープカレーでした。



☆スープカレーハッピースパイス
 Soup Curry Happy Spice(滝川市大町1丁目)

「カレー賛昧06~07至福のスープカレー」を見て訪れた店第二段
市街地の、しかも国道38号線沿いにある割に
駐車場が5台確保されているので
車で行っても入りやすいです。
明るい内装で、椅子や机の間隔もゆったりしていて
長居するのにも適した、いい感じのお店です。
ちなみに訪れたときに店内に流れているBGMは
FM「ノースウェーブ」でした。

最初は本に写真があったチキンを注文しようと思ったのですが
店に入ってメニューを見たら気が変わり
デラックスの激辛を注文。
だって、こちらメニューを見たら
「チキン・豚角煮・にんじん・ナス・ピーマン・ゆで卵
グリーンアスパラ・カリフラワー・オクラ・ジャガイモ」
と書いてあったので…、思わずそっちに。

カレーが出てきたら、書かれた具材以外には、
ふわふわのえびせんと揚げた春雨が乗っていて、
見た感じは、シャンティーとかガリとかの
いわゆる札幌系スープカレー風

スープはトマトの酸味系がベースになっている感じで
玉ねぎが利いてるものの超あっさりですいすい飲めるスープです。
激辛を頼んだのですが、全体的に香辛料抑え目って感じで
食べ終わったら、ほのかにナンプラーの香りがしました。
(辛さ調整も出来ますし、ココナツベースも出来るそうです)

鳥の処理もいいですし、豚の角煮もしっかりとした
味付けでとろとろ。オクラ・ナス・にんじんといった
野菜もウマみが生きていて、なかなか美味しかったです。

8月にできたばかりということで、更なる今後の進化にも
期待ができるお店です。



☆ボスコ(富良野市北の峰)

よつばと4巻(あずまきよひこ作 角川書店刊)
第24話「よつばとばんごはん」 83頁で、
スーパーに晩ご飯の買出しに行った時に、お金忘れたのに気がついて
たまたまスーパーにいた風花にお金を借りるシーンで

風   花「でもハンバーグですか   いいですね
      ハンバーグ…そうかハンバーグカレーもいいなー…」
      でもお母さんめんどくさがるな
よ つ ば「ハンバーグカレー!?
      ダブルだ!ダブルだ!」
とーちゃん「ダブルだな」
      なんかの日かな
風    「なんですかそれ」

というやりとりがあって、

それを見て以来、妙にハンバーグカレーが食べたくなった
ということがありました。

次のページの

と「でもシーフードは合わん!
  なんだイカとか貝とか!
  肉いれろ肉!!」
よ「そーだ!とーちゃんはいいこという
  にくいれろ!」
風「なんなんだこの親子…」

 というやりとりのシーンを見て
 豚肉とかがごろごろ入ったカレーとかも食べたくなったのですが…


そんな地元のハンバーグカレー食べる期間中

この日は、北の峰、国道沿いの「ボスコ」
メニューにハンバーグカレーはないのですが
こちらの「ボスコカレー」が、ルーカレーに
ハンバーグとエビフライ2尾が乗ったしろものです。

ハンバーグカレーの醍醐味は、ハンバーグにスプーンを入れたとき
滴る肉汁がルーに溢れて、ギラギラになるときだと思うのです。
そして、それを口に入れると混じったルーを味わう
瞬間だと思うのです。

うんウマカッタ。

ここのカレーでこれだけウマいんだから
肉汁大王の異名をとり、「グルメマンガ」にある

「ハンバーグ対決」のような
ちょっとフォークでつついただけで、ジュルジュルと肉汁があふれでる
(という表現が、全く誇張でないところがスゴい)
ハンバーグとカレーで超有名な、札幌市月寒「カリー軒」に行ったら
どうなっちゃうんだろう…、という感じです。
(ここでは、単なるカレーと、ハンバーグランチを食べたことが
あるのですけども、ハンバーグカレーは食べたことがないので…
今度行きたいのですが、ここ日曜定休なんですよね…)

正統派欧風のルーもコクがあるし、えびフライも美味しかった
ライスに揚げ玉ねぎと、レーズンが載っているのも
なかなかいいですし、福神漬けは多分市内の農家の方が作った
「ますぞう」のものではないでしょうか。

欧風カレーで落ち着きたいなら…。こちらも国道沿いということで
駐車場の台数は確保されていますしね。



あなたのオススメのカレーはどこですか?
あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?
よろしければ教えてください。
よせていただいたコメントは、さしさわりなければ
番組内で紹介させていただきます。


「FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
FM 77.1MHz 富良野市と富良野市近郊で聴くことが出来る
コミュニティーFMラジオふらの
毎週月曜日午後四時から オンエアー中です。
昨日の第77回放送をもって、
「FURANO History Factory」でかけた曲が
(含 特番「へそまつりHistory Factory」)

400曲

突破しました。

番組冒頭で「バラエティーにとんだ音楽」などと
のたまっていますが、アーティストの数は151に
なりました。



300回突破の時のブログ(5/10)は
「第58回放送をもって云々」と書いてます、
19回プラスαですから、まぁ100曲増えますね。

300曲突破の時も書いたのですが、
番組開始当初は勝手がわからないので、
ヨソイキ気味に、音楽をかけていて、

主にアニメや特撮の番組などで使われている曲1に対して
その他の曲4という感じで選曲してましたが、
現在はほぼ100%ソッチの曲です。


FRCのブログの番組紹介には
「バラエティーにとんだ曲が多いので、このジャンルの音楽にも
興味をもってもらえたらと思いながらかけています。」
と、書いたのですが、


書いたとおり、この分野の曲がバラエティーにとんでいることに
気がついてもらえたら、ありがたいのに加えて、
他人様の番組でかかるような曲は、そちらにまかせればいいし
ラジオというメディアを好む人と、この番組でかける曲の
親和性が高そうで、新しいリスナー獲得につながれば
という思いは変わっていません。



AMの長寿番組に声優さんとかが
パーソナリティーをつとめる番組が多い。
(たとえば、STV日曜深夜「MAMIのラジカルコミュニケーション」
なんて、僕が浪人の時から続いていますから、
もう20年以上続いてることになります)
ところに、マニアとラジオの親和性の高さが
あらわれていると思います。



で、300曲突破の時もしましたが、
151アーティストのうちで、
OA回数の多いアーティストのベスト10です。



第10位 OA回数7回 水樹奈々・白石涼子
第8位  OA回数8回 ZONE 林原めぐみ
第7位  OA回数10回 美郷あき
第5位  OA回数11回 KOTOKO・栗林みな実
第4位  OA回数12回 平野綾
第3位  OA回数14回 坂本真綾
第2位  OA回数19回 ALI PROJECT
第1位  OA回数22回 Fiction Junction YUUKA


今回もFiction Junction YUUKAが一位でした。
多分、10月のパワープレイもFJYの予定なので
一位の座は不動でしょう。
(ま、好きなんでカンベンしてください。)


あと、前回圏外だった(1回のOA)だった平野綾が4位
前回0だった白石涼子が10位ってあたりが躍進でしょう。


特に、白石涼子は、一回もパワープレイなしでこの順位ですから
それだけアルバム「R」のインパクトが強かった、ってことですね。

ま、興味を持ったのは深夜の彼女のラジオと「ネギま」なんですが…



こんな曲が流れている
「FURANO History Factory
(F.H.F. フラノヒストリーファクトリー)」 FM77.1MHz 
富良野市とのその近郊で聴くことが出来る
コミュニティーFMラジオふらので、
毎週月曜日午後四時から オンエアー中です。
FHF
オソウシ温泉
山田温泉
幌加温泉
芽登温泉

といった、十勝のヒナビた温泉に行った話はよくこちらで
書いているのですが
ほんっと温泉っていいですね。


第77回放送終わりました。
(先週も77回と書いてますが、マチガイでした。失礼しました)

日本には禊という習慣があり、
これが温泉に入ることにつながりました。

温泉地にまつわる伝説・神話の類は非常に多く
発見の古い温泉では、その利用の歴史も古くから

古事記、日本書紀、続日本紀といった歴史書
(本日9月18日は、古事記の編纂が始まった日でもあります)
それから万葉集などの和歌集に残されています。


内容は禊の神事や天皇の温泉行幸などで、天皇以外には、
日本武尊や大国主命が、旅の途中に言ったなんて伝説もあります。

行った場所は
玉造温泉(島根県)、有馬温泉、道後温泉、白浜温泉
といったところです。


有馬温泉(兵庫県)には、舒明天皇や行基が

南紀白浜温泉(和歌山県)は、斉明天皇、持統天皇、文武天皇が

それぞれ行ったそうですし、

道後温泉(愛媛県)は、大国主命が

草津温泉(群馬県)は、日本武尊がいったという伝説がありました。


他にも

伊香保温泉(群馬県)は、万葉集に記録がありますし、

いわき湯元温泉(福島県)は奈良時代に

下呂温泉(岐阜県)は、平安中期の延喜年間に

別府温泉(大分県)は鎌倉時代には既に開湯しているそうです。


ちなみに、道後・白浜・有馬が、日本三大古湯だそうです。



空海や行基が行脚の途中に見つけたなんてお話もありますし

戦国時代には、戦国武将の隠し湯があったりするのです。
隠し湯といえば、まず武田信玄ですが
ライバルの上杉謙信も隠し湯を持っていたそうで

こんなところにもライバル関係が…




で、江戸時代になると、平和な時代ということで
レジャーとしての旅行がある程度認められるようになった

それに加えて

貝原益軒といった本草学者、宇田川榕庵といった蘭学者などが
温泉療法に関する本を書いたり、温泉図鑑などの案内図が
刊行されるようになり、一般庶民にも温泉が身近になりました。

ま、庶民にとっては、遠くの温泉に行くのは

「お伊勢参り」と「医療行為」の2つが

大義名分となったのですが、


ちなみにこの時代は、一般庶民が入る雑湯と
幕吏、代官、藩主が入る殿様湯、かぎ湯が区別されていて
それぞれ「町人湯」「さむらい湯」とよばれていて
各藩は、湯役所をつきって、湯奉行、湯別当などを置いて
湯税をつかさどったそうです。


日本の名湯と言われるところはだいたい
こんな発展をとげてきたそうなんですね。


今回は、ナマ放送ということなので、メールが来ることを予期して
少々ワクをユルく設定したのですが
「しずかさん」からメールを戴きました。
僕も乳頭温泉好きですよ。

あと、番組内で、このブログにせてもらった「3pinさん」の
コメントを、紹介させていただきました。

ありがとうございました。

来週は、海外の温泉入浴習慣についての話をして

再来週(今のところ生放送予定…)では、
いよい北海道の温泉について話をしたいと思います。
お楽しみに





♪ 今 日 か け た 曲 ♪


♪「蜉蝣」 BUCK-TICK
 TV「×××holic」Ed

 懐かしいし、それだけでなく、時代を超えてカッコいい。
 大学生時代に聞いていた時とか太陽レーベル時代の
 トンがった感じをまだまだ保ちながら
 しかも、円熟させるなんて…、スゴスギです。
 番組の直前に読んでた「三浦しをん」さんのエッセイでも
 バクチクかっこいーという話が出てきて
 うんうん、と思います。これまた土曜深夜によく似合います。
 それと、BUCK-TICKのメンバーって僕の出身の
 群馬県藤岡市出身なんですよね。
 祖母の家を訪れるときの途中に寄った、
 JR群馬藤岡駅前徒歩2分にある
 「今井商店」には、まだファンが作った「ひさし君」ぬいぐるみが
 置いてあるのでしょうか…?



♪「風のコトバ」sona
 9/4OA「はらり、ひらり、」カップリング

 イントロの和のテイストな音使い、Aメロは一聴すると、
 メジャーコード進行のミィディアムテンポのポップス
 Bメロで、和っポイ旋律の音が入ってきて、
 ここが橋渡しのような役割を果たして
 和旋律基調のサビにつなげるという、なかなかウマい構成の曲です。
 「はらり、ひらり、」の世界を深めていますし、
 壊れそうな、はかなげな歌い方もよく似合います。
 朝、ラジオふらのの「エリーのアラカルト」を聴いていましたら、
 「はらり、ひらり、」が流れてきまして、
 「ユンソナ」さんの結婚をお祝いして、とのことだそうです。
 遅ればせながらご結婚おめでとうございました。



♪「明日のプリズム」 平野綾
 FURANO History Factory9月のマンスリーパワープレイ。

 FHF始まって以来OAした曲の400曲目です。
 この曲、歌い方は、「God Knows」寄りですが、
 カップリングの曲「ヨロコビの歌」(10/9 OA予定)は
 「冒険でしょでしょ」寄りです。続けて聞くと、
 平野綾の幅の広さを、再認識できるような気が。
 それと、先週水曜日に発表された9/18日付オリコンチャートでは
 初登場13位にランクされてました。
 (16日深夜(17日?)OAの「CDTV」では、25位でしたが…
 「CDTV」って…)、


♪「and you」 ROCKYCHACK
 9/4OA「リトルグッバイ」カップリング。

 カップリングのリトルグッバイは打ち込み中心のサウンドに
 かわいらしいnoeさんメインのボーカルがのっかっていましたが
 こちらは、一転してアコースティック調の落ち着いた曲。
 メインボーカルをとる山下太郎さんの素朴なボーカルと歌詞、
 ピアノとアコースティックギター、
 間奏部分の口笛とか、noeさんのコーラスや
 スキャットとかが乗っかっ たりして
 (スキャットからサビへいくときの音の使い方とか
 本当にキモチイイです。)
 いい雰囲気を醸しだしてして、
 ユニットの可能性の広さを感じさせてくれます。
 男女のネオアコ系のユニットは好きなので今後の展開が楽しみです。
 あと、渡辺等さんがベース弾いてる、この曲…。


♪「ETERNAL LOVE」 エンジェル隊(11人ver)
 ゲーム「ギャラクシーエンジェル」テーマ

 ラジオふらの水曜夕方の情報番組「お茶でへそをわかす」の
 MCを担当しているH田君が貸してくれました。超サンキュー
 この曲につきましては、佐藤裕美バージョンとか、
 飯島真理バージョンとか、影山ヒロノブバージョンとか
 旧エンジェル隊5人バージョンとか、
 本当にイロイロありますが、
 娘。みたいで良かったです。と言っておきましょう。
 嫌いじゃないですよ。
 むしろ何度も何度も聴くとクセになりそうです。
 元々いい曲ですしね、この曲。
 って、これにも「平野綾」出てんじゃん。さすが売れっ子
 にしても、この秋から地上波で流される新作はどーなるんだろー、
 北海道ではやるのかな~、頑張れTVh。
 やれば、多分、見る…



ということで、来週はまた収録ですが
再来週は本職のシフトの関係で生放送になるかもしれません。


決まり次第こちらで連絡させてもらいます。
送電鉄塔のフォルムが好きです。
高圧線を支えているアレです。

妹背牛のあたりとか、苫小牧のあたりとか
等間隔で行儀良く立つ姿を見ると、
ワクワクします。


ところで、
先日ドライブで車を走らせていて
BGMはAMラジオだったのですが、

トークの盛り上がってきたところで、急に入りが悪くなって…


そこには、発電所とそこから派生する多くの送電線群がありまして

変電所も、「帰ってきたウルトラマン」の「エレドータス」が出そうで
好きなのですが、このときばかりは、トークが丁度佳境だったので

「えっ?」
と思ったものです。



あと、先日買った山田五郎さんの本を読んでいると
その中で「ダムマニア」の人がダムについてアツく語ってましたが、
それもワカルワカルって感じで読んでいました。

道内では地味なのですが、たとえば美唄湖なんて
山肌に、まるで60年代の共産国家か、中国の赤壁の戦いの
あったばしょと同定される土地の岸壁のように

びばい湖

と大書してあって、なかなかアジがあるなーなどと
思うのです。


が、ダムが環境に付加を掛ける存在であることは知っているし、
先日もシューパロダムで、鹿島の町が沈む話を書いた通り、
ダム開発には正直「えっ?」と思うのです。



あと、巨大工場群や鉱山を見るのも好きなのですが、
それも、環境に付加をかける存在です。




なんてことを考えると、そこらへんの矛盾に
どうやって折り合いをつけたらいいのかなぁなどと
タマに考えてしまうのですが。


廃墟趣味もそうですよね。






「FURANO History Factory
(=F.H.F. フラノヒストリーファクトリー)」
富良野市とその近郊で聞くことが出来る
コミュニティーFM「ラジオふらの」 周波数77.1MHzにて、
月曜午後4時~5時まで、オンエアー中です。

18日の放送は、生放送でお届けします。



「病みつきになります」

脱衣場に書いてあった手書きの張り紙に、
もう期待度はマックス。

全文を紹介すると

「源泉浴をお楽しみください。病みつきになります」でしたが。




幸せの青い鳥は身近なところにいるのかもしれません。

富良野市とは、南富良野町がガードする形になって
微妙に隣接していない新得町ですが
ここの温泉に行ってまいりました

それまでも新得の温泉は、屈足温泉とか、新得温泉に
行っていたのですが、ここははじめての訪問

「オソウシ温泉 鹿の湯荘」です。


岩松湖へ向かい道道718号線を北上しまして

「入り口には大きな看板があって、そこからダートを7キロ走る」と

予め仕入れた情報にあったので、
カクゴをして看板のところを右折しようとしたら、


イキナリ通行止めの表示。

よく見ると入り口のところに

「道が流れてしまって通れません」

という内容が書いてあって…

何ーっと思いながら、道が流れて云々と手書きしてある
次に書かれた指示に従って
十勝ダムを過ぎて、しばらく行くと、これまた手書きの看板が

そこを右折すると、
まずは林道入り口によくあるゲートがお出迎え。

けっこうな傾斜(帰りは十勝ダムの湖がきれいに見えましたから)と
クルマが一台通るのがようなくな幅の道
そんな道を10分以上走って、ようやく着いたのでした。



温泉について、そんな苦労は一瞬でかき消えました。
(いえ、ダートを走るのは好きなんですよ、後述)



まずは、旅館の外壁には「オソウシ温泉」と大きく書いてあって
芽登温泉を思い出させてくれます。
しかもカウンターから、温泉までずっとただよってる
昭和の温泉宿の匂い。

これでハズレなはずがない。

(というか、この手の温泉には、共通した匂い(物理的な)が
あるような気がしてならないのですが…)

ワクワクして温泉へ行くと、脱衣場にある冒頭の張り紙が
お出迎え。

で、まずは露天に行きまして、源泉風呂は温度が低いので
まず加温してる湯槽にはいったら…



ナニコレ


ツルッツルを通り越して
ぬるぬるしてる、お湯が。

よく、温泉番組見ていると「いや~つるっつるですね」
なんて言っているのですが、そんな比じゃねぇ、

道内でたとえるならば、
丸瀬布の「マウレ山荘」や遠軽の「瀬戸瀬温泉」を
しのいで、
留辺蕊の「滝ノ湯温泉」と肩を並べるか、凌ぐかっていう
レベルでのツルツルっぷりっスよ。

だって、何気にお湯の中で指の腹をこすりあわせただけて
つるつる(というか、それ以上で、指と指が、ヌルッて感じ)がするんだもん。

そんなのなかった…、今まで


で、露天風呂に書かれている効能書きにあったのですが
こちらの温泉はpH10.0以上の強アルカリ泉ということで
(日本最大のアルカリ泉でpH11.7というレベルだそうです)

どうりで…

まずは、そんなお湯のよさにビックリしていたのですが
やはりロケーションもいい。


川のせせらぎ、

湯を沸かしているポーというボイラーの音

こんな音もいいのですが、

まず露天に入って目に付くのは
露天風呂のところにある、コンクリで出来た高さ3メートルくらいの
しきりに温泉を噴いている温泉の塔みたいなのです。

吹き出し口からは、ツララか、ガウディーの彫刻のように
湯ノ花が凝固しています。

こんなのもステキじゃないですか。



で、いよいよ源泉浴ですよ。

半混浴の露天風呂の奥にあるのが、混浴の源泉風呂で
源泉がジャージャー流れ込んでいます。

泉温は28度だそうです。




入った。

うわっ、ツベタっ。

でも、あとからジーンと効いてくる。



確かにこれは、ヤミツキになります。


しかも、温泉の塔からもジャバジャバと温泉が降りかかってくる。
(この塔は、直接湯槽には流れ込んでません。
ってのもゼータクじゃないですか。)



いや源泉浴は、「フロンティアフラヌイ」で
経験をしてるのですが、露天ってのが、コレマタいいんです。

畏友GMクンは「フロンティアフラヌイ」を夏の温泉と言っていましたが、

こちらも是非是非夏にお世話になりたい露天風呂なのであります。




内湯も、十勝奥の、湯槽だけある無骨な湯治場って風情も良かった。
(内湯と露天の間に、シャワーを備えた場所がありましたが)



温泉のすべてに大満足して、服を着ながら脱衣場から外を見ると
直径50センチもあろうかというのフキの葉がゆれています。


こんなのも良くないですか?


しかも、このブログをアップしているのは
温泉から出て8時間たっていますが、
まだ指とかはスベスベしています。


富良野から2時間足らずでこんなところに来れるとは

まさに幸せの青い鳥は、身近なところに居た
ですね。

あと、ダートの先には、ステキなものがたくさんあるんですね。
(これについては以前当ブログで書かせていただきましたが)


おそるべし「オソウシ温泉」でした。





それと

知人が教えてくれましたが、
先日このブログで書いたりょ~ゆ~富良野店は、
「北の国から」の中で
「`95 時代」で、シュウちゃんと純が買い物をするシーンに
出てきたそうです。
それ絡みで言うと、サンホームビデオは、「`95 秘密」で、
シュウちゃんのビデオを借りたお店ですね。

あと、「りょ~ゆ~富良野店」は
「2002 遺言」にも出て来たそうです。




「FURANO History Factory
(=F.H.F. フラノヒストリーファクトリー)」
富良野市とその近郊で聞くことが出来る
コミュニティーFM「ラジオふらの」 周波数77.1MHzにて、
月曜午後4時~5時まで、オンエアー中です。

18日の放送は、生放送でお届けします。
富良野市内で、国道38号線と国道237号線が
重複している区間がありますが、
その道路沿い、富良野高校のハス向かいに
「りょ~ゆ~」がありました。



「菱栄商事」の食品部門並びにスーパー業撤退にともない、
現在取り壊されています。

というか、内装は以前から少しずつ壊していたのですが
外壁は壊し始めてからわずか3日くらいで完全に壊され
気がつけば赤黒い鉄の骨組みだけになってしまい
それらも気がついたら倒されて

一連の作業の呆気なさに少々ビックリしています。


そういえば、ここって「北の国から」の何かのシーンの
ロケを行った場所だったのでは
なかったでしょうか(うろ覚え…)

「北の国から」のロケ地で言えば
同じく国道の重複区間沿いにあった「サンホームビデオ」
(現「セブンイレブン若松町店」の駐車場など)も、
本当に呆気なく、壊されてしまいました。



ふだん見ていてあたりまえだと思っている景色があります。
それが変わることもよくあることです。

景色が見慣れたものであればあるほど
当然違和感を感じるのですが、

気がつくと、次第に記憶に上書きされるように
景色にも馴染んでいって、
かつてそこに何があったのか、
どのような景色だったのかということを
忘れてしまうのです。

まるで、だまし絵の中の11人いた人が
ふ、とした拍子に10人になってしまうように

最初感じた違和感に、次第に慣れていく

サミシイのですが、そうやって新しい記憶と新しい景色が
作られていきます。

富良野だけではなく、全国どこでも
当たり前のように繰り返される光景で、

違和感を乗り越えながら、忘れながら
僕らは日々生活しているのです。




「りょ~ゆ~」跡でせわしなく動く重機を見て
こんなことを思ったのでした。





「FURANO History Factory
(=F.H.F. フラノヒストリーファクトリー)」
富良野市とその近郊で聞くことが出来る
コミュニティーFM「ラジオふらの」 周波数77.1MHzにて、
月曜午後4時~5時まで、オンエアー中です。
「カレンジャー娘」、頑張っているね。
このあいだも、「フォーレスト」で、自作の富良野カレーを
配っていたよ。

えー、9月11日オンエアー 第76回放送分
「FURANO History Factory(=FHF・フラノヒストリーファクトリー)」
の、コーナー「富良野印度化計画」であります。

室蘭のスワンフェスタで頑張っていた「カレンジャー娘」さん。
「カレンジャー娘」さんとは、「ふらのカレー」を盛り上げる
富良野緑峰高校の有志の生徒さんたちで、ハウスのCMにも
出ていました。

で、スワンフェスタの次には、富良野市内、国道38号線と
国道237号線の交差点横にある
「Aコープフォーレスト店」で、新メンバーのお披露目をかねて
「緑峰高校」お手製のカレーを配っていました。

素揚げのカボチャと、大西養鶏所の卵を使った
オムレツとかが乗っかったルーカレーで
素朴な味わいのオイしいカレーでした。
試食コーナーの前で多くの人がカレーを賞味していたということで、
なかなか、好評だったようです。

といった話と


先日購入して読了した
「旅で出会ったローカルごはん」
上村一真さん著、生活情報センター刊
の、内容紹介をいたしました。



「旅で出会ったローカルごはん」は、
北海道から沖縄まで、全国80品を越えるご当地メニューを、
写真とともに実食したルポを紹介した本です。

本の冒頭、「はじめに」のところには、


「「ローカルごはん」とは、その土地で生まれて伝えられ、
今でもしっかり根付いているごはん。
とはいえ、堅苦しい定義なんて抜き。
格式なんて必要ないし、もちろん値段が高くなくたっていい。
伝統の郷土料理から庶民派B級グルメまで、
趣向を凝らした料理でもお手軽テイクアウトでも
「おらが町のご自慢のごはん」と胸を張っていえる食なら、
何でもアリだ。」


と、書かれておりまして、


郷土料理とか、B級グルメといったカテゴリーや、
有名、無名といった知名度にとらわれない姿勢が
まず、いいですね。


ちなみに、本書で紹介されている80品を越える食べ物で、
北海道関連で取り上げられているのが

・札幌のスープカレーと、ジンギスカン、
 (スープカレーは、「ouchi」と「アジョワン」の
 スープカレーでした)

・帯広の豚丼と、ホワイトチョコレート
 (他マルセイバタサンドなど、六花亭の菓子)、

・根室の花咲ガニ釜飯と、エスカロップ(白エスカ 赤エスカ)

・旭川ラーメン、・上川ラーメンといった食べ物で

なんと、1/10を北海道の食べ物。

これらが、なんとも美味しそうな写真と一緒に紹介されていまして、

この調子で、全国の「ローカルごはん」を紹介してくれるのです。

もし興味があったら、是非手にして、
出来ればこの通り食べに行きたい
出来なければ、架空のグルメツアーのガイドにして欲しい
そんな一冊であります。




☆最近行ったカレー屋さん☆


☆Mama’s Kitchen(ママズキッチン 滝川市江部乙)

ここは、僕のおきにいりの店の一つ。
まずは、お店のロケーションにビックリです。
畑の中にポツンと一軒だけあるのです。
それも、そのはず、農家が経営されてるお店なんです。
だから、野菜のウマさは、本当にスゴい。
じゃがいもとか、なすとかの味のしっかりしたことといったら、
本当に、スゴすぎです。
「なすきのこ」といった
「某の某界」の作者みたいな名前のメニューもあります。
時期になったら、カボチャもウマいんですよね。

この日オーダーしたのは、
「チキン野菜、辛口、チーズとフランクトッピング」
野菜だけでなく、トッピングのチーズをまとった
チキンもやわらかくて、そして肉の味がしっかりとしていて
カレーもキチンとしみていておいしかった。

こちらのお店は、カレー以外のメニューも充実しているのですが
カレー以外が充実している店のスープカレーというと、
概してスパイスオトナシメのところが多いのですが、
ここは違う。
スパイスが効いているうえにスープの旨みも楽しめる
そんなカレーが好きな人なら、まずオススメですね。
しっかりと主張する具の味の良さとのバランスも含めて。

次回は、キノコトッピングで行きます。

ちなみに初めて行く人は、国道12号沿いにある
看板を見逃さないようにしてください。


☆ワンダー(富良野市日の出町)

同行した知人がカツカレーを頼んだので、
一口いただきました。(この時を含めて、僕はいつもここでは
スープカレーなので、ルーカレーを味わうのは初めてでした)
揚げたてのカツは、熱くてサクサク。
ルーも、きちんとスパイシーな仕上がりで
カツによくあう。
辛さがあとからじょじょに来る系のカレーでした。
このルーカレーにして、あのスープカレーありって感じです。

あと、この時サイドオーダーで、揚げた「レンコンとゴボウ」を
頼んだのですが、スープカレーに入れたら
これまたウマかったでしたね。
もし行くときあれば、試してみてはどうでしょう。


☆ ジャーのスープカレー ほらあな (旭川市南5条22丁目)

北海道内限定カレー情報誌「カレー賛昧」の最新刊
「カレー賛昧 至福のスープカレー06~07
 Spice beach」
 玉木雅人 監修  (有)ティーツーワイジェム 発行

(表紙が、今までの黒主体から一変して
大幅にイメージチェンジ、パステル調になっていました。
この本もまた日を改めて「富良野印度化計画」で紹介したいと思います)

に情報が載っていたカレー屋さんで、僕は始めての訪問です。

店内に入ると、いきなり「チェ・ゲバラ」の似顔絵がお出迎え。
BGMのレゲエが鳴るなか、南向きに大きい窓が開いている、明るい店内。
コンクリうちっぱなしの内装に、雑貨とかが無造作においてあって
ここも、トモダチの部屋とか、「ヴィレッヂバンガード」とかを
思わせます。
ま、陽光がたっぷり入る明るい店内なので、
「ベンベラネットワークカンパニー」とかと比べると、隠れ家感は
少しウスいのでしょうか。

野菜のスープカレー「スーパーベジタボー」辛さ5番を注文。
こってりとしたカラいスープに、焦がしバジルが浮いてまして
単純なカラさがまず心地よいです。

具にはジャガイモ・オクラ・ニンジン・ピーマン・
インゲン・ナス・カボチャ・卵が入っていまして、
これが、キチンとウマい。
大ぶりなカボチャやジャガイモも
オクラもニンジンも野菜の味がしっかりとしていて
ウマかったです。さすが旭川のカレー屋さん。

なんか、メニューとか店内外の看板とかを見たら、
最近はルーカレーにも力を入れだしているそうで、
このスープなら、ルーも期待できるかなという感じです。

また、再訪して、別メニューに挑戦したいと思います。

ちなみに店名の「ジャー」とは、ラスタの神「ハイレ=セラシエ1世」の
ことだそうで
「セラシエ1世」の異名が獅子神王
だから、レゲエやラスタの象徴がライオンなのだそうです。

なるほど




あなたのオススメのカレーやさんはどこですか?
カレーにしている工夫は何ですか
コメントなどを使って教えてください。

もし差しさわりがなければ、
「FURANO History Factory
 (=F.H.F. フラノヒストリーファクトリー)」
富良野市とその近郊で聞くことが出来る
コミュニティーFM「ラジオふらの」 周波数77.1MHzにて、
月曜午後4時~5時まで、オンエアー中
の番組内コーナー「富良野印度化計画」で
紹介させていただきたいと思います。

あわせてよろしくお願いします。
9月5日、朝の出勤中に、いつものように
「朝刊さくらい、さくらいひろしの今朝の三枚おろし」
火曜日、舘浦あざらしさんの回を聞いていました。
(普段は、「おはようふらの」を聞いているのですが
火曜日の7時40分~50分だけ、HBCを聞いています。
ちなみに、最近「舘浦あざらしの朝から旅気分」って
タイトルがついたようです)

そこで、あざらしさんは
十勝の「山田温泉」のお話をされてまして…

名物の「葉っぱのてんぷら」
(いわゆる山菜以外の食べられる葉っぱを
てんぷらにして出す、山田温泉ならではの名物料理)
の話しといった

「北海道いい旅研究室」
(=あざらしさんが編集している不定期刊行の旅行雑誌。
充実した温泉の記事以外にも内容は相当マニアック)
に載っている話とか、


外にも、今年は雪が多かったせいで建物が崩壊して
復旧に時間がかかったため、オープンが遅れた話とか、
(どおりで前回行った時に、オープンしていなかったハズです。
この時は、「湯元館」にもふられたんですね。)

湯守の浅野さんの体調が芳しくなく
いつ温泉を閉ざしても不思議ではない、

みたいな話をされてまして…

それを聴いているうちに…


「…山田温泉…、…行くっかねぇな~」

という気分になって


行っちゃった、山田温泉




富良野から、糠平・然別方面に行く時のお約束

お昼は清水の蕎麦屋「目分料」


店に入ると、
「9/2に共和の新そば、入りました」
との張り紙が… 

この前の週に僕と一緒に行ったGMクンは残念でした。

前々回は次回回しにして選択しなかったばかりに
前回行った時にメニューに無くて残念な思いをした
「辛味大根そば」があり、注文。


まずは何もつけないで、そばだけでたべたら
いい香りですね。さわやかな味だし。

すりおろされた辛味大根を
半分汁に入れて、残り半分を少しずつそばにつけて食べました。
大根カラいね。でも、そんなカラさにまけない蕎麦。
しかも、大根入れたら、汁の中の鰹節の香りが
ガッときわだってきて、これまた良かった。

蕎麦湯も濃厚でしたし、
全部大満足。


1時15分に店を出るときには
「本日終了」の看板が出てました。
どうりで、店内が、次第にすいてきたハズです。
油断なりません、目分料。




それでもって、
然別湖畔のセマい道をうねうねとヌけながら
到着しました

山田温泉ホテル福原(上士幌町山田温泉)


入ると、ここも「昭和の宿」という感じで
まず、好感触

好きなんだよね、昭和の香りのする宿。

で、温泉のある渡り廊下から
新築になってまして、そのまま浴場へ。


大きくて深い湯槽と、小さくて浅くて、少し温度が低い
お湯の入っている湯槽があって
両方からは、床に透明なお湯が溢れ流れていまして

入ると、両方ともクセの無いお湯がすごい体にシみます。


伝統のあるいい温泉は、湯槽もタイルも
きちんと清掃されているし、多くの人の足や体で
磨かれている。ここにも何人の人が座ったのだろうと
考えるほどたくさんの人が据わったハズなのに
染み付いている湯の花の模様。
あふれ出る温泉の流れのままに
模様がついています。

しみじみと
いい温泉でした。


お湯の出口からじゃーじゃーでる温泉。
出口の脇に、コップが置いてあるので
当然飲みますよ。
温泉に行くたびに、出てくる湯を手にとって
ナメるクセがある、カープ大好きGM君の影響を受けて
とりあえずお湯を口に入れる習慣が出来た私ですが、

当然、ここもしっかりとオンセンの味がします。
胃から健康になりそう。


しかも、最初お風呂には2人、入っていましたが
早くに2人が出たため、その後は当然貸しきり状態

心から、いい温泉でした。


ただし、これがもし旅館の一部が崩壊したせいだったり
管理上のことであるならしょうがないのですが
内壁のプラスティックだったのが
すこしそぐわない感じがしました。


あざらしさんの話しではないですが
この山田温泉が
いつまでも続きますように…。
で、いつか泊まって「葉っぱのてんぷら」も
食べたいな。




そのほかに、最近行った温泉です。

ほしの灯 (美瑛町白金温泉)

ここも、大きい宿ではないですが、そこがまたいいですね、
隅から隅まで手が行き届いている感じで。

フロントとかかが暖かい感じするのは当然なのですが、

それだけでなく手作りの露天風呂にも、
もてなしの心にあふれている気がします。
区切りの板の塀とか、
湯槽の中の丁度いいところに
何箇所も、半身浴になるくらいの腰掛ける
石があって、
これがまたいい。


淡緑色と茶色を混ぜたような色をして
鉄っぽい匂いがするお湯に身を沈めると
あ~、白金温泉、い~な~という感じになります。

あと、ここも貸切でしたし。

いい温泉に一人で入ってるときって
至福の贅沢という感じしませんか?

(先日、フロンティアフラヌイ温泉行ったときも
12時丁度にいったせいか、誰も風呂場には
いませんでした。結構ねらい目かもしれません)

で、温泉から上がって、帰宅の徒に付くために
車に乗っているあいだも
ずっと太ももがぽかぽかしてまして、

そういえば、温泉の成分表見ていたら、
成分総計が5000㎎オーバーって、スゴい数値が書いてありまして…
本当かよ。本当なら、上川管内で僕が行った温泉の中では
一番ですね。
どうりでキモチイイハズだ。



ただいま温泉企画強化期間中の
「FURANO History Factory
(=F.H.F. フラノヒストリーファクトリー)」

富良野市とその近郊で聞くことが出来る
コミュニティーFM「ラジオふらの」 周波数77.1MHzにて、
月曜午後4時~5時まで、オンエアー中です。
FHF
今日は、あちこちのニュースでも取り上げられておりますが
秋篠宮妃紀子様のお誕生日です。


「FURANO History Factory(F.H.F.)」
第77回放送、終わりますた。


それで、新宮誕生と、ご本人の誕生日という
慶事が二つ重なったということもあったのと、

新宮誕生の各国のマスコミでの紹介されかたが
面白かったということもあって

最初の5分程度、皇室制度のおおまかなアラマシ、
海外メディアの反応についてと、世界史の中における
天皇家の特異性について、

〔以下の内容は、主に歴史についてですが、
現行の国で、世襲制君主に政治権力を持たせていないのは、
日本とスウェーデンだけだそうです。ここも面白いところです〕

かつてこのブログで取り扱ったような内容の
話しをしようと思って話しを始めていたのですが、
興に乗ってしまって、とても5分では終わるハズもなく、
気がついたら、番組を通して話し続けてしまいました。


アメリカのマスコミで取りあげられた世界最古の王室、
イギリスのマスコミで取りあげられた2000年続く皇室

このように報道されのほど、
世界史的に見ても例を見ないところは
何に起源を発するものなのか。



そもそも、世界史で出てくる「××朝」というのが変わるのは
王統や皇統がかわることを意味します。
だから、王家の家柄そのものが変わってしまうと言うことです。
(イギリスの歴史は少々異なるのですが…)


中国では、伝説の夏王朝から中華人民共和国まで
何度も国号がかわっていますが、
中華民国より前はそれぞれが王や皇帝の出た
家が変わったということなのです。


学生時代にあれだけ悩まされていたことの
根元は、この王統の断絶や継承の争いそもそもここにあるのです。

それで日本だけ異なる。
それは何故か…



日本の在位中の天皇で、唯一暗殺された天皇がいます。

崇峻天皇という人です。
暗殺した黒幕は、蘇我馬子。

ですが、このあと、女帝推古天皇をたて、推古天皇の甥
聖徳太子こと、厩戸王とともに政治を行っていく。

ここがある意味、豪族蘇我氏と皇室の安定が取れていた時期

また、馬子の死後は、孫蘇我入鹿の専横により、
皇室と一触即発になり
その結果、入鹿が殺されたという事件が
「大化の改新」として知られる、乙巳の変です。
〔この時、後の天智天皇になる中大兄皇子は19歳でした〕

その後、壬申の乱などがあり、実力を見せた天武天皇による
強力な中央集権化もあり
〔天皇という名も、天武からというのが現在で最も有力な説です〕
天皇中心に政治を行う、いわゆる律令政治が
はじまったというわけなのです。



しかし、乙巳の変から大化の改新にいたるまでの協力者であった
中臣鎌足に起源を持つ一族藤原氏が
天皇の権力を利用し、一族の権力を伸ばす、
蘇我馬子のウマくいった手法
名を捨て実をとるという方法をとりいれ

律令制度を継続しながらも、権力伸張をはかる方法をとり、
成功します。これがいわゆる摂関政治

摂政・関白という天皇を補佐する役職となりますが
その実は実質権力を行使します。

この方法が機能したために
それ以降、それがヒナガタとなりました。


初の武家政権である平氏政権も律令制度の範囲内での
権力伸張を望み、貴族的な政治をおこないました。
〔だから、平清盛は、貴族の最高位である
太政大臣となったのです〕

本格的武家政権である源氏政権も
最後まで、後白河法皇に悩まされながらも、
天皇の権威は当然大切にします。

そして以降の幕府は、源氏政権をヒナガタにして、

と、いうことで、皇室制度が江戸時代まで維持でき

徳川政権打倒の大義名分は、
皇室の復権。

ということで明治新政府ができて。

といった流れがあったために、
皇室制度は今日に至るまで、長い間続くことができた

というお話をさせてもらいました。



ま、今考えると、当然5分では話しきれる内容ではありませんでしたね。

あと、新宮誕生に因んで、「帝王切開」の語源が
ローマの皇帝カエサルにあるという俗説が
誤りで、ラテン語で切る、という言葉がカエサルと
誤って訳されたところに理由がある。なんて話もしました。
〔そう伝えている新聞・テレビが多かったもので
だって、ローマ時代に帝王切開したら母体は死んでしまうよ〕


ということで、温泉の話しは次回に回すことになりました。



♪この日かけた曲♪

♪「Opening」  milk rings
ラジオ「A&G 超RADIO SHOW~アニスパ!~」Op

 milk ringsは、アニスパ!のパーソナリティーをつとめる
声優浅野真澄さんと、ミュージシャン鷲崎健さんのユニット。
この2人がされている文化放送の「アニスパ!」といえば、
トークのふりといい、ネタといい、互いのボケ、ツッコミといい
お二人とも、とてもラジオ的な運動神経が良くって、
こんな番組を持ちたいものだなーと、
思っている番組のひとつであります。
浅野さんのボーカルは当然カワイイのですが、
2人のデュエット部分とかは、ラジオのかけあいを聞いているみたいで
あー土曜の夜だなーって、思います。
ま、敵は遠距離聴取を妨害する
某韓国のラジオなんですが…


♪「Hellow Pansy」 mihimaru GT
9/28OA「ツヨクツヨク」カップリング

ツヨクツヨク同様、サビのインパクトが強い曲です。
サビ前の、ブレイクとか盛り上げがあるからこと
開放感を強く感じるんですけど。
リズムのキモというか、気持ちよく盛り上がっているところでの
三連符の使い方にウマさを感じます。
で、ずっと流れている、アコースティックギターのカッティングが
サワヤカなのと、ハンドクラップの音が印象的でした。


♪「明日のプリズム」 平野綾
FURANO History Factory(F.H.F.)9月の
マンスリーパワープレイ

今の平野綾を象徴しているような元気な佳曲
一作目、二作目と徐々に進化していて、この曲も
その延長上にあります。
元気なロックをこう歌いこなしているということで
「God Knows」は、彼女敵にもいい体験だったのでしょう。
「泣きたい今日が笑顔に変わる
涙はいつも明日のプリズム」って
ほんと、そーだよなぁ。


♪「Get Along ~Self Tag Version~」 林原めぐみ
F.H.F.8月のマンスリーパワープレイ「meet again」カップリング

スレイヤーズ無印のオープニングだった曲です。
1995年のことですよ、気がつけば
〔まぁ、そんな企画のCDなんですが…〕
90年代正統アニソンテイストの曲に
新しいめぐさんの風が入ったって感じでしょうか。
元気になれる曲ですな。


♪「最高の片思い」 タイナカサチ
 TV「彩雲国物語」ED

イントロの高音のコーラスにまず圧倒されます。
それぐらい、伸びやかでキレイで澄んだ声の持ち主。
本当に高音がきれいです。スゴい。
しかも、ピアノとボーカルがからむところとか、
その他もろもろのアレンジには、
ぐいぐいと引き付けられます。
雄大な曲で、すごいインパクト。
聞けば、この方、先週の「ミュージックステーション」に
出たそうで、あまり、テレビの音楽番組には興味のない私ですが、
見ればよかったと、後悔しきり…。
このあとが気になるアーティストです。


来週は、生放送の予定です。
よろしければ、メール・ファックスなどいただければ
ありがたいです。
お待ちしてます。



と、ここまで書いたら

「犬丸りん」さんの急逝の報せが…
「おじゃる丸」も好きだったのですが〔にこ坊が好きです。〕
モーニングなどに乗っていた時代から、イラストエッセイとかが好きで
彼女があちこち食べ歩きに行く話しとか…、
思い出のグルメを語る話とか…
とくにこの人の描いた、揚げパンとか三角ケーキとかの絵が
本当においしそうで…
かえすがえす残念です。

つきなみですが、ご冥福をおいのりします。
先日購入した
「夜露死苦現代詩」 都築響一 著 
読了しました。


現代詩というと、すごくカタいイメージがありまして
しかも閉じた世界という感じがしまして

著者の都築さんもこの本の冒頭で
そんなことを書いているのですが



そんな閉じた世界よりも、沢山の世界が
広がっているのが、普通の人などが書いた
言葉の数々です。



例えば「点取り占い」とか

例えば「統合失調症」の方の書き殴った言葉とか

ヤンキーの特攻服の背中に書かれた詞とか

「ラップのライム」の数々とか…

みやげ物やの「湯のみ」に書かれた教訓とか



書いた人情念みたいのが
伝わっても来ますし、

人は、表現をする生き物なんだなぁ
と、改めて思いましたよ。


たしかに、最初はある意味コワいものみたさ半分で
「間抜けなモノ」を笑い飛ばすネタ探し半分で読んでいたのですが
次第にハマっていきます。


それだけでなく
現代詩の閉じた世界に対して、
例えば「ラップのライム」の経済効果が
億単位ということで、

それだけの影響力が、言葉にはあるんだということを
再認識できました。


ま、この本の根底に流れる
都築さんの視点が
例えば「みうらじゅん」さんのように
面白がってはいるが、ただ単にネタにするだけではなく
愛、みたいのが感じられて、
本当に面白い本でした。






ところで、

気がついたら、2000Hitsを超えてました。
遊びに来ていただいた皆さん、
本当に、有難うございます。


宜しければ、今後も
おつきあいいただけたら、
ありがたいです。
高校野球の選抜チームがアメリカ遠征から帰ってきました。

遠征の時にサービス精神の旺盛〔推測〕な駒苫の本間君が
記者の言って欲しいという空気を読んで言ったのが

「メガネ王子」

のフレーズ

しっかりと新聞に載っていました。


メガネといえば、メガネッシュこと東北高校卒業の
真壁君は今何をしてるんだろうと調べたら、
東北福祉大にいるんですね。



因みに、別の日にスポーツ新聞を読んでいたら

「ソックス王子」

の言葉が見出しにあって
「誰?」と思ってみると

ソヨーギエーシン ドドンドッドドン

こと

梵選手でした。

確かにこの間試合見に行ったときも、
カープ・スワローズ、あわせて
一人だけパンツを上げて、赤いソックスを見せてました。

因みに現在ヤンキースの松井選手が
2Aの試合に出ていて、ソックスを見せる見せないで
話題になっていましたが。

にしても、広島は、梵が捻挫から帰ってきたら
今度東出がケガするし、
東出が帰ってきたら
今度は黒田が戦線離脱ですよ。

カープ好きGMクンの無念そうな顔が目に浮かびます。



さてさて、

ベースボールマガシジン社から出ている
「高校野球甲子園優勝物語」という本を
買って読みました。

でそれぞれの優勝校の紹介とか証言も
面白かったのですが、圧巻だったのは

巻末の

「歴代春夏甲子園大会出場全4875チーム全メンバー表」

ですよ。

要は、第一回大会から、今年の夏の甲子園まで
背番号をもらって甲子園の大会に
〔最初は会場は甲子園ではありませんでしたが〕
ベンチ入りした人全部の名簿です。

スゴい。

梵選手の母校、三次高校は甲子園に出てないので
載ってませんが
メガネッシュ真壁君も載っています。

それ以外にも、プロで野手として活躍する選手の
多くが投手出身だったり

夏春夏と三期連続で出ているのに
春だけ名前がなかったりと
いろいろなドラマも推測されます。

野球ヲチをするにはかかせない本です。

まだまだいろいろな味わい方ができそうです。




○その他、最近買った本○

 「山田五郎のマニア解体新書」
  11人の怒れるマニア達+色羽紫+山田五郎〔講談社〕
  鉄ヲタブランド化計画の横見さんが出てるので
  買いました。
  それにしても「鉄子の旅」(小学館ビックコミックスピリッツ
  IKKI連載中)、あと3回で終わってしまうなんて…

 「怪獣の名前はなぜガギグゲゴなのか」黒川伊保子〔新潮新書〕

 「リリー&ナンシーの小さなスナック」
  ナンシー関・リリーフランキー 〔文芸春秋〕

 「夜露死苦現代詩」 都築響一 〔新潮社〕

 「吉田観覧車」 吉田戦車 〔講談社〕
  
                            など


因みに
国体の高校野球で駒苫は、

「ハンカチ配り王子(今、僕が勝手に命名)」

宇高君がいる今治西高校と対戦です。

どんなゲームになるのか、今から、楽しみです。
という大きい看板が、
旭川の銀座通りを歩いていたら、目に入ってきました。

銀座通りと聞いて、地元の人はピンと来たかもしれませんが
かかげられていたのは、
地域密着スーパーの「三番舘」の本店。

こちらの会長、大蔵さんは、道北〔ひょっとしたら、全道的?〕の
トラキチの元締め

であります。

昨年とか、その前とかタイガースが優勝した時も
全店で優勝記念セールをしたり、
優勝記念箱ティッシュを作って配ったりと
スジガネ入りです。

ちなみに、本店の壁には、大きく
タイガースの選手と、ファイターズの選手の
似顔絵がかかれておりまして
いつかはこの2チームで日本シリーズをといった主旨の
アオリ文句が書かれています。

うーん、本当にそんな日が来て欲しい。

とはいえ、そうなったらどっちを応援しよう。


と、実現するのが難しい仮定のことを、
当然のように妄想する、いうなれば「妄想力」が強いのも、
トラキチ歴が長い者のタワゴトというか、
宿命ということで、ご容赦ください。

なんたって、あの日本一の前に出回った
架空優勝のテープとか新聞記事にもに大喜びしてましたから。

だって、最後のピッチャー〔ひよっとしたら中継ぎ〕が

益山性旭さんですよ。

僕の大学の先輩じゃないですか…

当然面識はないのですが



いまだったら、ロッテ里崎捕手とか、楽天愛敬投手とか
プロの選手を輩出してるわが母校ですが

当時唯一のプロ野球選手。
しかもドラ一でのタイガース入りですから

しかもそんなに期待されてながらも
気がつけば中継ぎで、そんなに成果も挙げられず
一度打撃投手になり、
この人も、ドラフト上位と珍しい名前ということだけで
〔だってドラフト会議で、パンチョ伊東さんが
この人の名前の漢字を説明する時に、性は(…以下自粛…)といった
スゴいこと言ったんですよ
みなさんが想像するような…
(でも、今考えるとこの人、現履正社高校出身なんですね
難波のゴジラ、岡田選手の先輩か。
当時は大阪福島商業でしたっけ(うろ覚え))〕
阪神ファンの記憶だけにとどまるのか
〔例 現在滋賀県でスポーツ用品店を営まれているG五郎丸さんとか〕
と思われたのですが

なんと、

左腕が足りないという理由で現役復帰って…

当時のタイガースの楽しい台所事情がしのばれます。
タイガースのそんなところが好きなんですって。



ということで、
今までこのブログ上ではファイターズだカープだ
言ってた私ですが、
当然タイガースには、本当に頑張って欲しいものです。





ってことで、
続いて、最近拾ったネタ②

旭川マルカツ6階「富貴堂」の雑誌コーナーで
雑誌を物色していますと、どこからともなく人の声が…
有線でも、館内放送でもありません。

耳をすまして声の元に近づくと、
めがねをかけて帽子をかぶった人が
「SAPIO」を朗読していました。

旭川ぐらいの大都市になると、このような方にも
遭遇できるのですね。

僕はその後、いろいろな本を物色して、都合2時間程度富貴堂にいて
帰るころにはすっかりその方の存在を忘れていたのですが、
帰りのエスカレーターに乗るとき雑誌売り場の前を通ると
件の方は、まだいらっしゃって
今度は「ゴーマニズム宣言」を朗読されてました。




ネタ③

富良野から旭川へ向かう途中の国道、上富良野あたりで
僕の前を観光客〔推定〕風のカップルが車に乗っていました。

〔カップルなのは、あとで確認できたのですが〕

2人は北海道の秋風がうれしいのか、
しきりに車の窓から手を延ばして
ひらひらと動かしていました。

確かにカップルでいると、何をしても楽しし
共有体験がウツクシイ思い出になるものですね。

ただ、その模様を後ろから見ると

着ぐるみの車から手が生えて動いてる

ようにしか見えずに
これまたちょっと面白かったです。
週刊「SPA」に連載されている、坪内祐三さんと福田和也さんの
対談「これでいいのだ!」の中で
新宮誕生の予定日9月6日が、谷亮子さんの誕生日なので
何かコメントを残しそうといった趣旨の話しをしていまして…


そのとおりでした。


対談は多分2週間くらい前にされているハズなのに…
慧眼ですね。
(また、このあとに1日ずれたら、長渕剛さんと同じ
誕生日になる、とか言っていて、これまた、面白かった…)


今回の一連の報道の中で、最も納得したのが
上記の対談でした。
当然誕生日のことだけを話しているわけでは
なかったのですが…




さて、このような慶事が起きると
必ず海外メディアの反応も報道されます。


これは、「海外でも紹介されているくらいだからスゴい」という
海外崇拝思想の残りか
ただ単に、祝賀ムードの飾りなのか
多分両方だと思うのですけれども。



僕の読んでいる日刊スポーツに、こんな記事が載っていました。


「4日付の英国各紙は紀子さまの出産に関するニュースを
トップ級で報じた。タイムズは、紀子さまが男児を出産すれば
「2000年続いた天皇家の継承問題が、プリンセス紀子の
帝王切開によって解決する」と報じた。その一方で、
皇位継承の本質的な問題は「先送りされる」と分析し、
皇室典範改正問題の論議については「保守的な少数派の政治家に
騒々しく反対されている」と書き込んだ。」


だそうです。


また、北海道新聞によると
アメリカのあるメディアも「世界最古の王室云々」という
記述がありました。

なるほど。



ただし、このイギリスの2000年云々の根拠はどうなのでしょうか


人文科学的な歴史学のアプローチでいえば
長く見ても1800年くらい

皇紀(神武天皇の即位を元年とした紀年法、
成立したのは明治に入ってから
ちなみに、この手の話題で必ず出てくる「皇室典範」も
法として成立したのは1889年です。)でいえば、今年は
2666年ですから、そのどちらとも違う…。

両方の間をとったのでしょうか…
それともそこまで深く考えなかったのか
よくわかりませんが。



で、皇紀といえば、戦時中の1940年に派手に
皇紀2600年祝典が挙行されました。

それで、祝典を盛り上げるために政府は
万国博覧会と、オリンピックの誘致に成功しました。

万国博覧会の会場は、東京の月島に予定されていました
(オリンピックの新しいメインスタジアムが建設される予定の
晴海のすぐそばです)が
当時、東京と月島を結んでいる交通手段は
渡し船しかなかった。

そこで、諸外国に日本の科学技術を見せつけるために
大きい船が橋の下を通る時に跳ね上げて船を通す
可動式の橋で島とつなぎます。



日中戦争の激化にともない、両方とも中止となりました。

それでも橋は完成いたしまして、
これが、勝鬨橋です。
(ちなみに、この区間に渡し船が運航したのは
日露戦勝でわいている時だったので「勝鬨の渡し」と
よばれたそうです。)

ちなみに現在橋は、開かないのですが
石原都知事は、また橋を動かしたいといった趣旨の
発言をされてるようですが…。




余談ですが、

9月6日生まれの人が現在話題になっていますが、
皇位継承者第一位、皇太子様のお誕生日は
2月23日です。

この日生まれの芸能人が

中島みゆき、野口五郎、ブラザー・トム、
亀梨和也、三倉茉奈・佳奈





元極楽とんぼの山本圭一だそうです。


参考までに…



こんな話題も出てくるのか?
「FURANO History Factory
(F.H.F.)フラノヒストリーファクトリー」
富良野市とその近郊で聞くことが出来る
コミュニティーFM「ラジオふらの」
月曜午後4時~5時まで、オンエアー中です。
この夏は、富良野市内のカレー屋さんの前に
行列が出来ているのが目についたような気がします。

それも1軒2軒ではなかった。


これは、まずは地元のお店のそれぞれの頑張り、
それに、カレーで町おこしを企画している
農商消食のトライアングルさんなどの取り組みの
相乗効果なのでしょう。


第75回「FURANO History Factory(F.H.F.)
=フラノヒストリーファクトリー」の
富良野印度化計画です。


そんな食のトライアングルさんと山香食堂さんが
富良野オムカレーをひっさげて
室蘭スワンフェスタに乗り込みました。



室蘭と言えば、製鉄・港に加えて、
最近では焼き鳥の街として有名です。

室蘭の焼き鳥は豚肉、ネギマのネギはタマネギ
それに洋辛子を付けて食べるのが
室蘭スタイル。


2000年の調査によると、
人口あたりの焼鳥屋さんの件数が多いベストスリーが
1位が東松山市(埼玉県)2位が室蘭市(北海道)
3位が今治市(愛媛県)だそうです。


今治市といえば、焼き鳥の町とともにタオルの町でもあります。
最近は中国製の安いタオルにオされていまして、繊維産業の町は
どこも苦しい状況なのでしょうが。

そういえば、盛り上がったうちに終わった、
高校野球の日本選抜アメリカ遠征ですが
チームを結成した時に、今治西高校の宇高くんが
青いタオル地のハンカチを選手に配った
なんて話が紹介されまして、「ま、今治だからな」
と思って新聞を読んでいたら、
案の定、市だかタオル業界の団体の方だかが
宇高くんに持たせたとのこと。なるほど。


それで、堂々一位になった埼玉県東松山市は、
僕の出身高校の隣り町であります。
以前、このブログでも書いたのですが、
ここも鶏肉ではなく、主流はやき豚、しかもカシラ肉です。

(焼き鳥屋の多い町一位と二位は、
実は焼きとんの町なのですね。)

しかも、塩とタレの選択肢は基本的にはなく
薄く塩で焼いたものが出てきて、
これにおのおのがてカウンターとかの上にある
唐辛子で赤くなってニンニクのキいた
辛い味噌だれをつけて食べる。
これが、ビールや焼酎に良くあうんですね。

焼酎と焼き鳥というと、東松山の焼き鳥か
吉祥寺は井の頭公園の入り口にある「いせ屋」の焼き鳥って
思います。

因みに日本で最初に焼き鳥組合が出来たのが
ここ東松山だそうです。



ちなみに、富良野カレー、室蘭焼き鳥
ともに八戸で行われたB1グランプリに出たのですが、
B1では、久留米の焼き鳥も出てまして、
こちらは鳥肉。しかも色んな部分があるのがいい感じでした。
確かに九州といえば「かしわ」の文化圏ですから。


あと、特徴的なのが、焼き鳥と一緒に
キャベツに酢醤油をかけたのを食べるというもので
これまた、なかなかオツなものでした。



それで、スワンフェスタの話に戻りますが
「室蘭焼き鳥横丁」と銘打たれて、室蘭焼き鳥の名店が
並んでる中、ご当地B級グルメのブースがあり
カレーラーメンと並んでお店を出してました。
山香食堂さんも、お手伝いをしていた
富良野緑峰高校のカレンジャー娘さん達も
おそろいの赤いエプロンでかいがいしく
働いていまして、
見ていてほほえましかったです。


お店は沢山の人が並んでいましたし
いろいろな人が覗いているようで盛況のようでした。

僕は1時間半くらいで祭り会場をあとにしたのですが
ある人のブログを見ましたところ、
「オムカレーを食べたかったんだけど
込んでいて食べられなかった」旨書いてあるのがあって、
盛況なのは続いたのでしょう。



「FURANO History Factory」のあと、
緑峰高校の生徒が担当しているラジオ番組「アグリの緑」が
あるのですが
そこでも、スワンフェスタの舞台裏についてお話されてました。
それによりますと、
2日で600食近く売ったとのこと。
スゴいですね。


また、カレンジャー娘さんたちは
くたくたになるまで働きながらも
「くじらん焼」とか「ほたての玉焼」という、
B級グルメを楽しんだり
花火大会も楽しんだり、
観光で、測量山や地球岬、そして帰りには
駒苫にも行ったそうです…。
ご苦労さまでした。

因みに番組内で話されていたドラえもんの花火って、
どんなんでしょう?気になります。



☆最近食べたカレー

福楼(札幌市東区北21条東16丁目)

前回、駒苫の決勝の日に行ったら、臨時休業だった福楼です。
で、当ブログ内で、行ったとしか書いてなくて店の感想がないので
改めて行ってきました。

まず、スープがおいしいんです。
香辛料がゴリゴリ入っていてクセが強いという
感じではなく、オイシいスープって感じです。
注文時に辛さの設定はないのですが
「福」(7種混合スパイス)とか「楼」(9種混合スパイス)
「辛」(カイエンペッパー1種類)という名の、
卓上のスパイスを好みで追加することで、辛さとかを補うことが
出来るので、辛いのが好きな人も大丈夫。
ちなみに僕は「楼」が好きで、カレーを食べながら入れて
味の変化を楽しんでいます。

あと、なんと行っても具です。
この日は、少し遅い時間に行ったせいか
「「餃子」と「三昧」しかありません」と言われたのですが
餃子があれば、オッケー。それぐらいここの餃子は
カレーに良くマッチしてます。
 と、はいうものの、強欲な僕は、餃子・東被肉(これの処理も
良いです。さすがこちらのマスターは、
中華料理出身だけあります。)
鶏肉の入った「三昧」を食べてしまうのですが。

また、この店の餃子カレーををイチオシにしている
カープ大好きなGMクンあたりと
一緒に再訪したいと思います。



あなたのカレーにしている工夫はなんですか?
あなたのオススメのカレーはどこのお店ですか?
よろしければぜひ教えてください。

よせていただいたコメントは、さしさわりなければ
番組内で紹介させていただきます。


ラジオ番組
「FURANO History Factory=フラノヒストリーファクトリー(略称F.H.F.)」
FM77.1MHz 北海道富良野市と、その近郊で聞くことが出来る
コミュニティーFM「ラジオふらの」で
毎週月曜日16時から17時まで オンエアー中です。
富良野のオムカレーが出店するというので
室蘭のスワンフェスタに行ってきました。


スワンフェスタは開会が11時からと
いうことなのですが、滅多に行かない胆振地方の訪問ということで
前から気になっていた「白老温泉」に寄ってから
祭りの開始11時に着くように逆算して
朝6時に自宅を出ました。

夕張経由で行こうと思ったので、
桂沢湖を左折。ひさびさの鹿島地区に
わくわくしながら車を走らせていると、
途中で無惨に林立する新道の橋桁を見て、
見たくない現実を見せられた思いで
一気に興ざめしています。
新しい国道は、新しいダムの付帯事業です。

夕張は新しいダムと新しい道で
また、大切な財産を失おうとしています。
三菱大夕張鉄道の廃線跡にある
無骨なトラスが下についた独特なフォルムの旭沢橋梁跡とか
三弦トラスが美しい森林鉄道の橋梁とか…

平成25年完成って…
今更ダムを作ることとか、そのダムの必要性とか
再評価した上でのダムなんでしょうかね?

鹿島地区の、本当に道と雑草と
木の電信柱しかない光景が
あまりにも変わらないので
不可能なのだけど、本当に
このままでいてほしいと思うのです。

(まぁ、鹿島地区はダムを造ること前提で
人が移動をしたのですけど…)

あ、そうそう夕張について秀逸なサイトを
見つけました。

「ふるさと大夕張」というサイトです。
ぜひ見て欲しいと思います

http://www2f.biglobe.ne.jp/~mst_iida/index.html


で、そんなヤリキレナイ気分がありつつも、
三弦トラスの橋はやはりきれいで

鉄道保存会の方が丁寧に保存しているの客車や除雪車
日本離れした光景のダムと発電所跡を
いつものように横目で見ながら、新夕張のコンビニで
朝食を購入。
食べたあとは、白老に向かいます。

苫小牧のあたりで、着陸態勢に入ったAir-Doの
羽田発12便が…
3週間前、あれに乗って北海道へ帰って来たんですね。



そして着いた「白老温泉ホテル」

ここは、舘浦あざらしさんの本で
「イカスミ色の湯」と評されていた独特のお湯に
興味を持ち、しかも朝7時から営業ということで
通り道なこともあり、まず寄りました。

いやー、浴室は昭和って感じですね。
でも、浴室も半分はガラス張りで
陽光がふんだんにはいってきていい感じです。

そして少々ヌルめの露天風呂が
これまたいい。
イカスミ色、人によってはコーヒー色とも言ってますが
基本は褐色、でも角度によっては濃緑にも見えるという
不思議なお湯が、気持ちいい

と、ぼーっとしていたら、
列車の通過音が…
ここは室蘭本線のすぐ横にあるんですよね。
鉄道の音を聞きながら温泉というのも
いいものです。

露天風呂から横に立っている、木の電信柱が
見えます。

鹿島で見たのと同じですが
こちらは生きてる電信柱です。
どこか無情を感じます。



ま、1時間以上うだうだしましたが
総じていい温泉でした。
ここの名物で話題のなんとかウォーターは買いませんでしたが
こんどは買いたいなと。


温泉を出てしばらく車を走らせると、今度は
札幌行き「北斗星3号」とすれ違いました。


で室蘭へと一路走ったわけですが
スワンフェスタの話は、明日、「富良野印度化計画」で
書きますが、言ってずいぶんニギヤカだなと思ったら
特撮史上最も画数の多いw戦隊もの
「轟轟戦隊ボウケンジャーショー」を
やっていました。



1時間30分くらいお祭りに滞在したあと、
車を今度は札幌へ走らせるため
白鳥大橋目指して半島のさきっぽへ
向かいます。


と、流石、昔からの港町
なんでもないたてものが、すごくレトロで
雰囲気がいいのです。
測量山のロケーションもいいですし
しかも、極めつけは白鳥大橋から見た室蘭の街。
視界の左右に広がる巨大工場群がなんともカッコいい。
夜になったらさぞきれいでしょう。
ということで、夜の再訪を誓って
室蘭をあとにして
札幌へ向かって
カレーを食べて、買い物をして帰ったのでした。




☆この日に買った本☆

○世界飛び地大全 吉田一郎 社会評論社
 これは、以前当ブログや「FHF」番組内でも紹介し
 ネタにしている「国マニア」の姉妹編にあたる本です。
 吉田さんのホームページも良く見ます。

○サルまん サルでも描けるまんが教室21世紀愛蔵版
相原コージ 竹熊健太郎 小学館
 愛蔵番は、一回出て持っているのに…、
しかも、もとのも持っているのに…

○幸福に驚く力 清水眞砂子 かもがわ出版
○紅玉 後藤竜二文 高田三郎絵 新日本出版社
 上二冊は、先日読み聞かせの講演を聴いたとき紹介された本です。

○混浴美女秘湯めぐり 山崎まゆみ 小学館
月刊誌「ビーパル」の連載をまとめたものです。

○裁判長!ここは懲役4年でどうですか 北尾トロ 文春文庫
○アストロ乙女塾 星のプリンキビア 下 本田透
 集英社スーパーダッシュ文庫
○「昭和」を振り回した6人の男たち 半藤一利編著 小学館文庫
○プロ野球無頼派選手読本 別冊宝島 宝島社
○ラジオマニア 三才ブックス
FHF
ブログの内容をまとめてみて思ったのですが
なんか気がついたら、温泉に行ってることが多いっスね。
今更ですが…

FURANO History Factory「F.H.F」
第75回放送終わりますた

よくよく考えると、この番組の中では温泉のことについては
やっていない。
ま、再来週には敬老の日もあるし(この日は生放送を予定してます)
しばらく番組は温泉特集であります。



まずは、歴史の前に、概論的なこと。
温泉の定義とは何かってことで
地面からお湯が沸いたりするのと、それを利用した施設
ま、その通りです。

分類すると火山のマグマを熱源火山性温泉と
地熱や堆積した地層が炭化したときに発する熱などの熱源の
非火山性温泉があるそうです。

で、その温泉を定義づけするのが、温泉法です。

基準は、湯温は25度以上、
溶解成分など指定された成分が入っているもの、
で、実は温泉というと、「お湯」というイメージですが
温泉法によると、温かい水蒸気、その他のガス(天然ガスをのぞく)
も含まれるそうです。うーん。

言われてみれば「水曜どうでしょう」

「闘痔の旅」で一躍有名になった

まんじゅうふかしは、これにあたります。

で、僕が子どもの頃、地理が得意な子どもだったのですが
僕が育った埼玉県には温泉がない。と教えられたのです。
が、現在、埼玉県には温泉はある。

これは、何も竹下内閣のふるさと創生資金を使って
ムリムリ公共温泉を掘ったわけではなく、
(多いですけれども、問題もありますしね…
そんな話はまた後日に)

温泉法が改正されて、25度でも温泉として
認可されたことによるとのことです。納得。



そんな温泉の歴史ですが。
特定できません。

ま、温かいものがれば入ってみたくなりますよね。
それ以前から日本では神道的な価値観から
禊ぎ(水を使った清めです)のための沐浴は
広く行われた習慣でしたから、

で、そんな禊ぎを行う人が温かいお湯を見たら
当然入ってみたくなりますよね。

これが、温泉のルーツです。

個々の温泉の起源を見てみると、
動物が湯浴みしてたもの、
日本神話の神々が湯治したもの
有名な高僧が開いたもの
戦国武将の隠し湯
などなどの伝説に彩られたものが多いですが
かつて温泉は、寺社が管理したり、村の共有財産であったり
したので、ハクをつける必要があったのですかね。

それで、江戸時代、比較的庶民の旅行に寛大になった時代
湯治の習慣も広まります。
今でも、温泉にはいると癒されるのに
満足な医療期間もなく、衛生概念も発達してない時代に
薬効のあるお湯に入るのですから、
気持ちよくってあたりまえではないでしょうか。
しかもほとんど娯楽のない時代ですからね。


そんな温泉の歴史について来週も深く深く
掘って、アツい話題を提供します。
(温泉だけに…w)




♪今日かけた曲♪

♪奥井雅美「WILD SPICE」
TV「無敵看板娘」Op

軽く聞くと、単なる骨太ゴリゴリのロックで
本当にこういうのに、奥井さんの元気なボーカルが
会うねーって感じなんだけど
よく聴くと、アレンジが結構凝っていて
ユーロビートアレンジで気持ちよくなるキモというか
要素をいい感じでミックスしていまして
アップビートの曲なのに16部でギターのリフにあわせて
上下動するキーボードの旋律とかオーケストラヒットとかが
なにか気持ちいいです。


♪sona「はらり、ひらり」
劇場版「遙かなる時空の中で 舞一夜」テーマ

ストレートなラブソングです。
テーマやタイアップを考えると、もうすこし
和のテイストが入ってきても…、とも思うのですが、
間奏の和っぽい旋律を琴の音に重ねて
アコースティックギター、ピアノ、それに
コーラスをかぶせるところとか、ウマいですね。
単に和楽器を入れればいいというわけではなく
たまにチラっと見せるのが、アジです。
サビも印象に残りますしね、
「幸せであるように」って


♪平野綾「Break through」
ゲーム「ふぁいなりすと」Op

元気な曲です。ひたすら
しかも今までの曲の中で、一番地の声に
近いんじゃないだろうか。「Good Knows」とか「でしょでしょ」と
聞き比べてみるとよくわかるのでは。
彼女のトークで彼女にハマった人には
ウレしいかもしれません。
因みに、イントロの旋律とかベースラインとか聴くと
一瞬某道産バンド乙を思い出します。
どうりで、「GoodKnows」がハマるはずです。


♪MARIA「つぼみ」
TV「NARUTO」ED

でもって、続けてこの曲かけちゃったw
しかも、カップリングかけようとして、また一曲目を
かけてしまいました。Air-Gでも
パワープレイになっていました。
もう少しそれぞれのメンバーがキャラ立ちすれば
もっといいような気が…
FHFは道産アーティストを応援します。


♪ROCKY CHACK「リトルグッバイ」
TV「ゼーガペイン」ED

以前かけた「新居昭乃」さんの曲と同じく
これも保刈さんのお仕事でした。
90年代の初頭にテクノに移行するネオアコのミュージシャンが、
多かった時期がありましたが(鈴木さえ子さんとか)
そんなのを彷彿とさせる曲に、noeさんのボーカルと
山下さんのボーカルがユニゾンで歌われるところとか
保刈さんが所属していた「カラク」っぽくもあります。
またnoeさんの舌足らずで少しユーミンっぽい
鼻にかかったかわいらしいボーカルが
不思議な広がりのある作品世界にマッチしています。



ってことで、また来週も温泉にご一緒しましょう。
ブログを開設して4ヶ月が過ぎまして
多くのお店とか、温泉とか、音楽を紹介してきましたが
ここらで、それを一度まとめたいと思います。
音楽篇ですので、もしも聴く機会があれば、参考にしてください。

アーティスト名の後ろの数字はブログに登場した日付です。

☆アーティスト篇

 高橋洋子 8/28 5/22
 mihimaru GT 8/28
 林原めぐみ 8/28 8/21 8/14 8/7
 中川翔子(含む瀧涼音) 8/28 7/31 7/17
 佐藤利奈 8/28
 中原麻衣・清水愛 8/21 7/31
 坂本真綾 8/21 7/31 7/24 7/17 7/10 7/3 5/30
 美郷あき 8/21 7/24 6/5
 新居昭乃 8/21 7/31 6/26
 アンジェラ・アキ 8/14 7/30 6/26 6/12
 Ali Project 8/14 6/26 6/19 6/12 6/5
 白石涼子 8/14 7/28 7/24 7/10 6/19 5/30
 LOREN&MASH 8/14
 MARIA 8/7
 榎本温子・鈴木千尋 8/7
 ROUND TABLE feat Nino 8/7 7/28 7/24 5/15
 涼宮ハルヒ(平野綾) 8/7 7/30 7/28 7/24 7/3
 平野綾 6/12 5/30 5/22 5/15 5/8
 fonogenico 7/31 7/17
 Fiction Junction YUUKA 7/28 5/22 5/15
 Yozuca* 7/24 7/3 5/30 5/8
 長門有希(茅原実里) 7/17
 Mel 7/10
 栗林みな実 7/10 6/5 5/8
 rino 7/10
 いきものがかり 7/3 6/19
 Aice5  7/3 6/19
 橋本みゆき 6/26
 島みやえい子 6/26 6/12
 折笠冨美子 6/19 6/5
 時東ぁみ 6/12
 スペクトラム 6/6
 ユーアンドミーオルガスムスオーケストラ 6/6
 憂歌団 6/6
 RCサクセション 6/6
 佐野元春 6/6
 KOTOKO 6/5
 星井七瀬 5/30
 see saw 5/22
 スガシカオ 5/22
 Coo Rie 5/15
 涼宮ハルヒ・長門有希・朝比奈ミクル
(平野綾・茅原実里・後藤邑子)5/15
 ZABADAK 5/8
 Nirgilis 5/8


ラジオ番組
「FURANO History Factory=フラノヒストリーファクトリー(略称F.H.F.)」
FM77.1MHz 北海道富良野市と、その近郊で聞くことが出来る
コミュニティーFM「ラジオふらの」で
毎週月曜日16時から17時までオンエアー中です。


当ブログを開設して4ヶ月が過ぎました。

今まで、多くのお店とか、温泉とか、音楽を紹介してきましたが
ここらで、それを一度まとめたいと思います。
お店などに訪問する機会があったら、参考にしてください。

固有名詞の後ろの数字はブログに登場した日付です。


◎カレー屋篇

☆富良野市内
山香食堂(緑町) 8/30 6/2
ヒノデダイナー(日の出町) 8/23 8/8 7/5 7/2 5/19
正直村(北の峰) 8/23 6/11
魔女のスプーン(日の出町) 8/8 7/5 5/19
唯我独尊(日の出町) 8/8 5/19
ワンダー(日の出町) 7/5 5/19
やまのどくそん(北の峰) 7/5 6/11
以下
6/11のみ パニエ・バーバリアン・遊走人・朝日の当たる家
コーラカンパニー・かつみ・北峯舎・あるぷ・森の時計
6/2のみ ふらの広場・かりん・野乃花・小玉や・メリオール
5/19のみ 菜野 くんえん工房YAMADORI

☆旭川とその近郊
キャンディースパイス(3条買物公園通) 8/30 8/25 8/2 7/5 5/20 5/13
ななつぼし(3条7丁目) 8/30 8/25 8/2 
寝釈迦(永山) 8/9 8/2 7/5 6/28 5/28 5/20
ポモドーロ(東川町) 8/8 8/2 7/5 5/20 5/13
チロ(旭町) 7/5 5/20 5/13
くい亭(4条15丁目) 7/5 5/20
ラマイ(豊岡) 7/5 5/20
インド(旭町 他) 5/20 5/13
米々亭(6条12丁目) 5/20 5/13
Boku(神居) 5/20 5/13
アンクルペパリー(1条23丁目) 5/20 5/13
クレイジースパイス(川端町) 5/20 5/13
シャンティー(東光) 5/20 5/13
ソレイユ(豊岡) 5/20 5/13
ケープゴット(豊岡) 5/20 5/13

☆札幌市内
カラバトカリー(南区) 8/30 8/23
ポロコ(東区) 8/25 8/23 8/2
福楼(東区) 8/25 8/23
ベス(白石区) 8/25 8/23
マッサーラ(中央区) 8/17 8/15
ベンベラネットワークカンパニー(中央区) 7/23 7/22
札幌スープカレー曼荼羅(西区) 6/19
玄咲(西区) 6/18
ALO ALO(中央区) 6/18
ロイン(中央区) 6/14

☆その他道内
ワムウ(帯広) 8/30 8/29 8/17 7/23 5/28
カトマンドゥー(帯広) 7/23 5/28
カレーリーフ(帯広) 7/23 5/28
黒魔術(釧路) 7/23
辻谷食堂(弟子屈) 7/23
ママズキッチン(滝川) 7/21 7/5
シーズザデイ(岩見沢) 7/5 6/18
天竺(帯広) 5/28

☆道外
うどん(東京都・五反田)8/17


◎カレー屋以外の飲食店篇

目分料(そば・清水町) 8/29 7/22
 まん作(そば・上富良野町) 8/29
 一作(そば・旭川市) 8/29 8/25
 ねぎま(居酒屋・札幌市ススキノ) 8/24 6/18
 Pa`Mi Casa(ドミニカ料理・三笠市)7/21
 十六文(そば・富良野市)7/9 6/11
 麦秋(洋食・富良野市)7/2 6/11
 支那虎(ラーメン・富良野市)6/25 6/2
 小野木(若鶏から揚げ・旭川市)6/18
 木のいい仲間(喫茶店・美瑛町)6/4


◎温泉篇
 糠平温泉「中村屋」(上士幌町)8/29 7/22
 21世紀の森の湯(旭川市)8/26
 五色温泉(蘭越町)8/25
 定山渓温泉「ホテル山水」(札幌市南区)8/20
 小金湯温泉「小金湯パークホテル」(札幌市南区)8/15
 吹上露天の湯(上富良野町)8/6 7/20 7/2 6/25 6/4
 糠平温泉「糠平館」(上士幌町)7/22
 十勝岳温泉「カミホロ荘」(上富良野町)7/20 7/9
 十勝岳温泉「凌雲閣」(上富良野町)7/20
 吹上温泉「白銀荘」(上富良野町)7/20
 フロンティアフラヌイ温泉(上富良野町)7/20 7/2
 からまつの湯(中標津町)6/30
 栗沢温泉(栗沢町宮村)6/18
 幌加温泉(上士幌町)5/28
 芽登温泉(足寄町)5/27



音楽編は、又、後日に



ラジオ番組
「FURANO History Factory=フラノヒストリーファクトリー(略称F.H.F.)」
FM77.1MHz 北海道富良野市と、その近郊で聞くことが出来る
コミュニティーFM「ラジオふらの」で
毎週月曜日16時から17時まで オンエアー中です。